株式会社テセック 有価証券報告書 第55期(2022/04/01-2023/03/31)

提出書類 有価証券報告書-第55期(2022/04/01-2023/03/31)
提出日
提出者 株式会社テセック
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2023年6月29日
                          第55期(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
     【事業年度】
     【会社名】                    株式会社テセック
                          TESEC   Corporation
     【英訳名】
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  田中 賢治
                          東京都東大和市上北台三丁目391番地の1
     【本店の所在の場所】
                          042(566)1111             (代表)
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                    取締役  尾亦 利夫
                          東京都東大和市上北台三丁目391番地の1
     【最寄りの連絡場所】
                          042(566)1111             (代表)
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                    取締役  尾亦 利夫
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/78













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第51期       第52期       第53期       第54期       第55期
            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                           7,194       4,159       3,449       7,512       8,743

     売上高              (百万円)
     経常利益又は経常損失
                           1,373         38             2,065       2,513
                   (百万円)                       △ 308
     (△)
     親会社株主に帰属する当期
                           1,047                     1,722       2,255
     純利益又は親会社株主に帰              (百万円)                △ 168      △ 290
     属する当期純損失(△)
                            980               28      1,844       2,265
     包括利益              (百万円)                △ 341
                           10,221        9,597       9,513       11,300       12,907

     純資産額              (百万円)
                           11,159       10,195       10,339       12,890       14,337

     総資産額              (百万円)
                          1,809.38       1,698.96       1,684.04       2,000.54       2,311.81

     1株当たり純資産額               (円)
     1株当たり当期純利益又は
                           185.47                     304.96       399.88
     1株当たり当期純損失               (円)              △ 29.75      △ 51.37
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益
                            91.6       94.1       92.0       87.7       90.0
     自己資本比率               (%)
                            10.6                     16.6       18.6

     自己資本利益率               (%)                -       -
                            6.57                     6.47       6.59

     株価収益率               (倍)                -       -
     営業活動によるキャッ
                            981       478       542             1,445
                   (百万円)                              △ 117
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                             33              30
                   (百万円)                △ 115             △ 825      △ 117
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 248      △ 296      △ 112       △ 58      △ 676
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                           2,556       2,607       3,079       2,233       3,048
                   (百万円)
     残高
                            219       216       218       213       209
     従業員数               (人)
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第54期の期首から適用してお
           り、第54期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
                                 2/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
              回次             第51期       第52期       第53期       第54期       第55期
             決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                             6,772       3,934       3,242       7,414       8,157

     売上高               (百万円)
                             1,132        44            1,972       2,240

     経常利益又は経常損失(△)               (百万円)                      △ 303
     当期純利益又は当期純損失
                              920                    1,643       2,092
                    (百万円)               △ 146      △ 273
     (△)
                             2,521       2,521       2,521       2,521       2,521
     資本金               (百万円)
                           5,778,695       5,778,695       5,778,695       5,778,695       5,778,695

     発行済株式総数                (株)
                             9,558       8,992       8,902      10,520       11,903

     純資産額               (百万円)
                            10,439       9,488       9,661      11,991       13,145

     総資産額               (百万円)
                           1,692.29       1,592.14       1,576.17       1,862.55       2,132.06

     1株当たり純資産額                (円)
                             50.00       20.00       10.00       80.00      100.00

     1株当たり配当額
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     1株当たり当期純利益又は1
                            162.95                     291.00       371.14
                     (円)             △ 25.91      △ 48.46
     株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当
                     (円)         -       -       -       -       -
     期純利益
                             91.6       94.8       92.1       87.7       90.5
     自己資本比率                (%)
                             10.0                     16.9       18.7

     自己資本利益率                (%)                -       -
                             7.48                     6.78       7.11

     株価収益率                (倍)                -       -
                             30.68                     27.49       26.94

     配当性向                (%)                -       -
                              191       189       193       186       182

     従業員数                (人)
                             65.1       42.3       86.2      109.4       148.6

     株主総利回り                (%)
     (比較指標:配当込みTOPIX)                (%)       ( 95.0  )    ( 85.9  )    ( 122.1   )    ( 124.6   )    ( 131.8   )
     最高株価                (円)       2,080       1,695       1,668       3,500       3,930

     最低株価                (円)       1,111        685       685      1,560       1,562

     (注)1.第52期の1株当たり配当額には、創立50周年記念配当10円を含んでおります。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.最高株価及び最低株価は、2022年4月4日より東京証券取引所スタンダード市場におけるものであり、それ
           以前については東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第54期の期首から適用してお
           り、第54期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
         5.株主総利回り及び比較指標の最近5年間の推移は以下のとおりであります。
                                 3/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       年月                           事項
      1969年12月        半導体製造装置および検査装置の研究開発、製造・販売を目的として、資本金100万円をもって東
             京都北多摩郡大和町大字奈良橋に株式会社テスを設立
             トランジスタハンドラ、トランジスタテスタを開発し、製造・販売開始
      1970年3月        テス販売株式会社と国内販売代理店契約を締結
      1972年11月        本社を東京都東大和市大字芋窪(現在地)に移転
      1975年9月        熱抵抗テスタを開発し、製造・販売開始
      1978年4月        インクマーカーを開発し、製造・販売開始
      1980年5月        商号を株式会社テセックに変更
      1980年6月        長野県上伊那郡箕輪町に伊那事業所を設置
      1981年6月        フランス セルジーにヨーロッパ事務所を開設
      1982年2月        アメリカ合衆国 コネチカット州 ダンバリー市にアメリカ事務所を開設
      1983年9月        マレーシア クアラルンプール市に現地法人(子会社)TESEC(M)SDN.BHD.(現・連結子会社)を設
             立
      1984年1月        アメリカ事務所を子会社化し、TESEC,INC.                    (現・連結子会社)を設立
      1984年11月        シンガポール カランバールに現地法人(子会社)TESEC                           SEMICONDUCTOR       EQUIPMENT
             (SINGAPORE)PTE.LTD.          を設立
      1985年8月        ヨーロッパ事務所を子会社化し、TESEC                  EUROPE    S.A.(2001年6月 社名をTESEC               EUROPE    S.A.S.U.
             に変更)を設立
      1988年7月        MS-WINDOWSを採用したディスクリートデバイステスタを開発し、製造・販売開始
      1990年4月        高速トランジスタハンドラを開発し、製造・販売開始
      1991年3月        SOPハンドラを開発し、製造・販売開始
      1991年5月        QFPハンドラを開発し、製造・販売開始
      1992年9月        フォトカプラー一貫機を開発し、製造・販売開始
      1995年4月        ディスクリートデバイスパラレルテスタを開発し、製造・販売開始
      1995年5月        パワーデバイス一貫機を開発し、製造・販売開始
      1997年7月        小信号デバイステスタを開発し、製造・販売開始
             高速スーパーミニハンドラを開発し、製造・販売開始
      1997年11月        量産型QFPハンドラを開発し、製造・販売開始
      1999年1月        ISO9001認証取得(認証機関BVQI、認定機関UKAS、RVA)
      1999年3月        MAPハンドラを開発し、製造・販売開始
      1999年5月        スイッチングタイムテスタを開発し、製造・販売開始
      1999年12月        ICテスタを開発し、製造・販売開始
      2000年4月        店頭登録銘柄として日本証券業協会に登録
      2002年3月        ストリップテストハンドラを開発し、製造・販売開始
      2002年10月        パワーデバイス用高機能ハンドラを開発し、製造・販売開始
      2003年4月        中華人民共和国 上海市に現地法人(現・連結子会社)泰賽国際貿易(上海)有限公司を設立
      2003年8月        TESEC   SEMICONDUCTOR       EQUIPMENT(SINGAPORE)PTE.LTD.               を整理・売却
      2004年4月        熊本県上益城郡益城町田原にテセック熊本を設置
      2004年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      2005年9月        小信号ディスクリート高速ハンドラを開発し、製造・販売開始
      2006年3月        ISO14001認証取得(認証機関BVQI、認定機関UKAS)
      2006年10月        株式会社テセックサービスを吸収合併
      2007年12月        高速ピッカーを開発し、製造・販売開始
      2008年7月        横河電機株式会社よりICハンドラ事業を譲受け
      2008年10月        TESEC   EUROPE    S.A.S.U.を清算
      2010年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に
             株式を上場
      2010年10月        大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場および同取引所NEO市場の各市場の
             統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
      2010年11月        パワーデバイス用高低温ハンドラを開発し、製造・販売開始
      2012年10月        アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ボールドウィンパーク市にTESEC,INC.本社を移転
      2013年7月        東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に
             上場
      2014年6月        MEMSハンドラを開発し、製造・販売開始
      2016年7月        株式会社東京精密とパワーデバイス測定システム「Fortia」を共同開発し、製造・販売開始
      2021年4月        本社社屋においてCASBEE不動産評価認証(Sランク)取得
      2022年4月        東京証券取引所の市場区分見直しに伴い、東京証券取引所スタンダード市場に株式を上場
      2022年4月        新IPD/IPM用テスタを開発し、製造・販売開始
                                 4/78


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
         当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社および子会社3社で構成され、半導体検査装置の製造・販
        売を単一の事業として運営しているため、事業の種類別セグメントおよび事業部門は一括して記載しております。
         当社グループの事業内容および当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

            会社名             関 係                  事業内容

                                ハンドラ、テスタおよびパーツ等の開発・製造・販売およ
      ㈱テセック                   当  社
                                びアフターサービス
      TESEC,INC.                   連結子会社        当社製品の販売およびアフターサービス

      TESEC(M)SDN.BHD.                   連結子会社        当社製品の販売およびアフターサービス

     泰賽国際貿易(上海)有限公司                   連結子会社        当社製品の販売およびアフターサービス

       事業系統図は次のとおりであります。

                                 5/78














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                                関係内容
                                        役員の兼任
                                   議決権の
                     資本金又は
        名称        住所            事業内容       所有割合
                     出資金
                                          当社   資金           設備の
                                   (%)              営業上の取引
                                        当社
                                          従業   援助           賃貸借
                                        役員
                                          員
                                       (名)
                                          (名)
     (連結子会社)
             アメリカ合衆国             当社製品の販売お                      当社製品の販売お

     TESEC,INC.                 千米ドル
             カリフォルニア州             よびアフターサー          100.0     1   2 なし   よびアフターサー        なし
                       1,509
     (注)1.2
             ガーデナ市             ビス                      ビス
                      千マレー

             マレーシア
                      シアリン
             クアラルンプール                〃                なし      〃     なし
     TESEC(M)SDN.BHD.                               99.6     1   1
                      ギッド
             市
                       1,000
     泰賽国際貿易         中華人民共和国        千米ドル

                             〃                なし      〃     なし
                                    100.0     1   2
     (上海)有限公司         上海市           500
     (注)1.特定子会社に該当しております。

         2.TESEC,INC.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%
           を超えております。
           主要な損益情報等                (1)売上高                   1,741百万円
                      (2)経常利益                    413百万円
                      (3)当期純利益                  303百万円
                      (4)純資産額                    481百万円
                      (5)総資産額                    748百万円
                                 6/78











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2023年3月31日現在
                                                    209
               従業員数(人)
     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含むほか、パートタイマーは除く。)であります。
         2.当社グループは、半導体検査装置の製造・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数
           の記載を省略しております。
      (2)提出会社の状況

                                                  2023年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
               182             44.1              19.2           7,458,594
     (注)1.平均年間給与は、税込支払給与額であり、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
         2.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含むほか、パートタイ
           マーは除く。)であります。
         3.当社は、半導体検査装置の製造・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数の記載を
           省略しております。
      (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
      (4)管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金の格差

       ①  提出会社
                                                  2023年3月31日現在
      管理職に占める女性労働者の割合 (注)1                                               2.6%
      男性労働者の育児休業取得率 (注)2                                              100.0%

      労働者の男女の賃金の格差 (注)3                                                -

      (注)1.      「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)の規定に準拠して算出したも
           のであります。
         2.   「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の
           規定に準拠し、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」
           (平成3年労働省令第25号)第71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものでありま
           す。
         3.   「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)及び「育児休業、介護休業
           等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規定による公表義務の
           対象ではないため、記載を省略しております。
       ②  連結子会社

         連結子会社は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)及び「育児休
        業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規定による公表
        義務の対象ではないため、記載を省略しております。
                                 7/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針

         当社グループは、以下のとおり社是、経営理念、行動規範、環境方針、品質方針を定めております。
        <社是>

         Enjoy
         仕事も楽しみましょう
         遊びも楽しみましょう
         生活も楽しみましょう
         人生も楽しみましょう
         物事すべて楽しみましょう
        <経営理念>

         TESECは優れた半導体検査装置を世界中に供給することで社会へ貢献します。
         TESECはソリューションを提供する創造業のトップランナーを目指します。
         TESECは豊かな発想と強い意志を持つ社員を大切にします。
        <行動規範>

         お客様を第一に考え、誠実に対応しよう。
         新しいことに常に挑戦しよう。
         自分の職務に誇りと自信を持とう。
         法令を遵守し、高い倫理観をもって行動しよう。
         信頼され、尊敬される人を目指そう。
        <環境方針>

         当社は、半導体検査装置を製造、販売する企業として、地球環境の保全が人類共通の課題であることを深く認識
        し、環境との共生を目指して環境安全活動を推進します。
        1.当社の活動、製品、サービスにおける環境影響要因とその環境負荷を把握し、環境汚染の予防に努め、環境
         負荷の低減に向けて継続的改善に努力します。
        2.当社に適用される環境関連の法律、条例、及びその他の要求事項を遵守します。
        3.環境目的・目標を設定し、環境負荷の低減、及び環境に配慮した製品開発に取り組みます。
        4.環境方針、環境保全推進状況を社員に周知させ、意識向上を図るとともに、社外に公表します。
        5.社会で実施、推進される環境保全活動に積極的に参画します。
        6.当社の活動、製品、サービスにかかわる環境影響のなか、環境重点テーマとして省エネルギー、省資源、廃
         棄物の削減、環境負荷の高い物質の使用量削減を推進します。
        <品質方針>

        「世界中の顧客から信頼される商品とサービスを提供する」
        1.お客様のニーズを的確に捉え、各種法規則を遵守し、お客様が満足するソリューションを提供し続ける。
        2.品質マネジメント・システムを構築し、マネジメントレビューを通して、システムの有効性を継続的に改善
         する。
        3.この品質方針を実施するために品質目標を設定し、その達成に努める。
      (2)経営環境

         当社グループは、半導体の電気的な特性・性能を評価する「テスタ」、様々な形状のデバイスを搬送し、接続さ
        れたテスタからの測定データを受け設定されたレベルに応じて自動で分類、収納する「ハンドラ」を主力とする半
        導体製造工程を支える重要な製品群を有しています。
         半導体業界におきましては、経済活動の再開を背景とした自動車や産業向け需要、5G化や巣ごもり消費を背景
        としたパソコンやスマートフォン、ゲーム向け需要など、幅広い分野で市場が拡大しています。半導体メーカーの
        投資意欲が継続していることから、足下では過去最高水準の受注残高を抱えておりますが、生産面では、電子部品
        などの調達が困難となっています。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題
                                 8/78

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         半導体産業は、マクロ環境の変化を受けて、新たな成長フェーズに入っています。カーボンニュートラルの実現
        が世界的なコミットメントとなるなか、パワー半導体がキーデバイスとなっています。また、デジタルが社会を支
        え る重要基盤となり、半導体は様々な形でデータを扱う中核的な役割を担っています。今後もデジタル化とグリー
        ン化の方向性で社会変革への投資が継続するならば、半導体市場はいずれの文脈においても長期的な成長が予想さ
        れます。
         一方、当社の内部環境に目を向けますと、従業員の高齢化と人員の減少が進んでいます。デジタルによる業務効
        率改善を進めることは当然として、中長期目線での人財戦略が必須となっています。このような状況において、ソ
        リューションを提供する創造業のトップランナーとなり、優れた半導体検査装置を世界中に供給することで快適で
        安全な低炭素社会に貢献するというミッションを着実に果たすべく、以下のとおり中期経営計画を策定しました。
        中期経営計画「Enjoy2.0」の概要

        <基盤戦略>

        ・人財 … 人材採用を加速。個々の能力を活かし伸ばせる環境を整備
        ・DX … 3年以内に基幹システムを含む新たな情報基盤の運用を開始
        ・マーケティング … 顧客接点を重層化し、高付加価値製品をグローバルに提供
        ・生産 … 100億円までストレッチできる柔軟な生産体制を構築
        <事業戦略>

        テスタ分野
        ・  国内大手パワー半導体メーカーとの取引維持
        ・  中国市場での顧客開拓とリピート取引獲得
        ・  ほぼ全てのトップメーカーとの取引実績を活かした欧米大手への拡販
        ・  新規開発、協業によるターンキーソリューションの提案
        ・  高電圧・大電流化、工場自動化への対応
        ハンドラ分野
        ・  顧客密着対応による大口顧客との取引維持
        ・  戦略顧客への主力モデル納入による取引拡大
        ・  QFN、SOPデバイスをターゲットとする製品展開
        ・  温度環境試験、工場自動化への対応
        <計数目標>

        ・売上100億円(CAGR10%)、営業利益25億円(同12.6%)へのストレッチ
        <財務戦略>

        ・2022年度からの3ヵ年を第二創業期と位置付け、M&A枠含め40億円の成長投資枠(研究開発等)を設定
        ・配当+自社株買いにより、総還元性向35%を目安として株主還元
        ・半導体業界及び当社固有の不確実性を踏まえ、一定の自己資本を維持
      (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         半導体製造装置市場は、需給バランスの調整に伴うシリコンサイクルの影響により、短期的には変動しつつも、
        中長期的には堅調な成長が見込まれます。当社グループでは、短期的な業績変動は避けられないものの、中長期で
        の持続的な成長の観点から、「売上高」および「営業利益」を経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な
        指標と位置付けております。
                                 9/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     2【サステナビリティに関する考え方及び取組】
       当社グループは中長期的な企業価値向上に向け、サステナビリティに関する取組が重要であると認識しておりま
      す。ソリューションを提供する創造業のトップランナーとなり、優れた半導体検査装置を世界中に供給することで、
      快適で安全な低炭素社会に貢献するというミッションを着実に果たすべく、人材育成や社内環境の整備等に取り組ん
      でまいります。
      (1)ガバナンス・リスク管理

         当社グループは、変化の激しい経営環境下において、企業競争力を強化しつつ企業価値の継続的な向上を図ると
        ともに、コーポレート・ガバナンスを通じて、経営監視体制を充実させ、経営の健全性・透明性・迅速性を高める
        ことを経営の重要課題としてとらえております。ガバナンスについては、コーポレートガバナンス・コードに則る
        とともに、投資家との対話を通じて明らかになった課題について、積極的に議論を進めます。また、取締役会の実
        効性評価においては、取締役会のあるべき姿を定義した上で、各取締役へのアンケートを実施するなど、取締役会
        において将来の企業価値向上を見据えた中長期視点での議論の実施に努めてまいります。
         事業環境においては、ISO14001に基づいた環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、グループ全体の環境マ
        ネジメントサイクルと、拠点・事業ごとの環境マネジメントサイクルを連動させた環境活動を展開しています。ま
        た、年1回のマネジメントレビューでは、その活動内容を報告し、経営トップコミットメントによる環境経営を推
        進しています。
      (2)戦略

         当社グループは人材が様々な価値創造の源泉であると考えており、人的資本を鑑みて投資を行うことで、持続的
        に人的資本やその他の資本を増強することを目指しております。
         サステナビリティの実践に向けて、「組織力」と「人財力」に着目した人材戦略を中心に据え、その向上を図り
        ます。
        <人材育成方針>

         当社グループは、人材を資産(=人財)と位置づけ、中期経営計画「Enjoy2.0」で掲げた事業戦略を確実に遂行
        するため、人材採用を加速しています。安定的な成長を実現するためには、採用を強化し、高水準の人材を安定的
        に確保し続けることが重要と考えております。
         これまでの新卒採用中心の活動から間口を広げ、即戦力となる中途採用にも注力してまいります。
         また、多様性を意識し、女性社員や外国籍社員の採用枠の拡大及び重要ポストへの登用も進めてまいります。
        <社内環境整備方針>

         当社グループは、社員がワークライフバランスを整え、一人ひとりが高いモチベーションを保つことで、最大限
        のパフォーマンスを発揮できる環境整備を推進してまいります。
        「働き方改革」の中で、長時間労働の是正、ワークライフバランスの支援、メンタルヘルス不調の予防、オフィス
        環境の整備を行い、より働きがいのある職場づくりを進めることで、社員の更なる定着化にも繋げてまいります。
      (3)指標及び目標

         当社グループでは、上記において記載した、多様性の確保を含む人材育成方針、社内環境整備方針について、次
        の内容を定めております。
         なお、当社においては、関連する指標のデータ管理とともに、具体的な取組みが行われているものの、連結グ
        ループに属する全ての会社では行われていないため、連結グループにおける記載が困難であります。このため、次
        の指標に関する目標及び実績は、提出会社のものを記載しております。
        <女性活躍推進>

         2030年までに管理職(マネージャー以上)に占める女性労働者の割合を5%にすることを目指し、中長期の視点
        で、女性が活躍できる環境づくりを推進してまいります。
         組織の意思決定に携わる女性管理職を継続的に増やすため、全女性労働者のうち、管理職候補者を2026年度まで
        に20%以上とするKPIを設定し、育成にも注力してまいります。
        ・女性管理職比率 2.6%  (2023年3月31日時点)
        ・全女性労働者における女性管理職候補者比率 12%  (2023年3月31日時点)
        <男性育休取得>

         当社は男性の育児休業制度を導入しており、2022年度の取得率は100%、対象者は1名となりました。
         女性がキャリアを中断することなく継続できる環境を整える一方で、女性だけでなく男性の育児参加も促進する
        ことで、職場や会社全体で育児への理解を深めることを目指し、男性の育児休業取得率を2025年度までに50%以
        上、2030年度までに85%以上とするKPIを設定しております。
         育児休業制度の周知徹底により育児休業の取得を促進し、男女を問わず誰もが活躍できる職場環境づくりを推進
        いたします。
                                10/78



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     3【事業等のリスク】
         当社グループの経営成績、株価および財務状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスクは以下のようなものがあり
        ます。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努め
        る所存です。
         なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであ
        ります。
      (1)半導体市場の変動について

         当社グループは、半導体検査装置の製造・販売を行っておりますが、検査装置の需要は半導体市況の変動および
        半導体メーカーの設備投資動向等に影響を受けます。当社グループでは市場環境の変化に対応するためコスト構造
        の改善を進めておりますが、半導体市場は不安定かつ予測不能であり、市場変動の増大が当社グループの業績に影
        響を及ぼす可能性があります。
      (2)特定顧客との取引について

         当社グループは、世界の大手半導体メーカーを主要な顧客としております。取引顧客数の拡大に向け活動してお
        りますが、主要顧客との取引規模が大きく変動した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
      (3)輸出取引について

         当社グループの連結売上高に占める海外売上高の比率は、2022年3月期においては80.3%、当期においては
        85.2%となっております。海外への販売は今後も当社グループの収益のなかで大きな割合を占めると考えられるた
        め、以下の要因が当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ・外貨建取引について、為替変動により海外の顧客にとって当社グループの製品価格が上昇するリスク。
        ・政治的または経済的な不安定要因、景気後退ならびに経済制裁等により当社グループ製品の輸出に支障が生じる
        リスク。
        ・関税およびその他の障壁が当社グループ製品の価格競争力を低下させるリスク。
        ・一部の国において、当社グループの企業秘密や知的財産権が法律によって適切に保護されないリスク。
      (4)法令・規制について

         当社グループは、事業活動を行うにあたり、輸出入、環境、競争、労働、税制等、様々な法令、規制の適用を受
        けております。当社は、法令遵守のみならず、環境に与える負荷を低減するため、様々な施策に取り組んでおりま
        すが、期待した成果が得られなかった場合や、各種法令、規制に抵触した場合には、社会的信用の低下、課徴金・
        損害賠償の発生、事業の制限等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (5)競争優位について

         当社グループの属する半導体検査装置業界は、国際的な大企業から、高度に専門化し急成長している比較的小規
        模な企業まで、広範囲な競合企業が存在します。当社の競合環境は、コスト構造等で優位性を持つ中国等の新興国
        企業を含め、新たな脅威となる競合他社の出現によって常に変化する可能性があります。
         競合の要因は分野によって異なりますが、製品価格の値下げ要求は概して恒常化しているため、競争が激化すれ
        ば、当社製品の販売価格の下落が予想されます。
         現在の競合他社および潜在的な競合他社のなかには、財務、技術、製造、マーケティング、顧客サポートの能力
        が高く、広範な製品を提供している企業が含まれており、当社グループは必要な投資を競合他社と同程度に行うこ
        とができない可能性があります。
         競争を優位に進めるためには、顧客と密接な関係を保つことが重要な要素であり、その結果、顧客の要求する仕
        様に沿う製品を他社に先駆けて開発し、最短で納入することが可能となります。このような顧客との重要な関係や
        技術の優位性を維持できない場合には、競合企業との価格競争への対応として想定以上の製品価格の引き下げを余
        儀なくされ、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)人材について

         当社グループが競争力を維持し、持続的成長を実現するためには、次世代を担う人材の獲得、育成が重要となり
        ます。人材は価値創造の源泉であるとの認識から、労働環境の改善やモチベーションを高める人事制度の構築に取
        り組んでおりますが、必要な人材の継続的な採用や育成ができない場合や重要な人材が離職した場合には、製品開
        発力や顧客サポートの質が低下し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                11/78

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (7)研究開発について
         当社グループは、技術革新が激しい半導体業界にあって最先端の市場を見据えた新製品の開発を行っております
        が、技術開発には時間とコストがかかり、成功する保証はありません。結果として受注獲得に至らない場合や、新
        製品投入のタイミングが遅れた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (8)部品調達および外注について

         当社グループは、部品の調達および組立・配線工程の外注に関して多数の仕入先・外注先と取引を行っておりま
        すが、特定の部品調達および外注については一部の取引先に依存しております。取引先の事情により部品の調達お
        よび製造工程に支障が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (9)品質について

         当社グループは、国際的品質管理基準であるISO9001などに基づいて品質保証体制の強化を図っておりますが、
        予期せぬ不具合や瑕疵による製造物責任賠償により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)在庫について

         当社グループが事業を展開する半導体検査装置関連事業では、顧客仕様による受注販売が中心であり、かつ、短
        納期の要求を受けることから、顧客からの正式受注によらず、顧客から提示される需要見通しや市場動向を勘案し
        た当社の判断に基づく部品手配・計画生産を行う場合があります。
         部品および製品プラットフォームの共通化により在庫の汎用性を高めておりますが、在庫投資は需要予測と密接
        に関連しているため、見込みに狂いが生じた場合には、過剰な在庫エクスポージャーの発生、陳腐化リスクの増大
        などを通じ、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (11)売掛債権について

         当社グループは、顧客との取引の大部分を代金後払いで販売しております。与信管理等により回収リスクの軽減
        に努めておりますが、顧客の財務問題等により売掛債権の回収が困難となった場合には、当社グループの業績に影
        響を及ぼす可能性があります。
      (12)固定資産の減損について

         当社グループは、所有する固定資産について「固定資産の減損に係る会計基準」を適用しておりますが、外部環
        境の変化等により収益性が著しく低下した場合には、減損損失の計上により、当社グループの業績に影響を及ぼす
        可能性があります。
      (13)保有有価証券の価格変動について

         当社グループは、余裕資金の一部を有価証券にて運用しておりますが、時価または実質価額が著しく下落した場
        合には、有価証券評価損等の計上により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (14)災害等の発生について

         当社グループは、東京都東大和市の本社、長野県上伊那郡箕輪町の工場の他、海外を含む複数の事業拠点を有し
        ております。事業継続計画(BCP)の策定等によりリスクの低減を図っておりますが、これらの地域で大地震や台
        風、パンデミック等の自然災害や、テロ等の社会的混乱が発生した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす
        可能性があります。
         新型コロナウイルスの感染拡大により、移動制限に伴い技術者等の海外派遣が困難となるなか、出荷装置の据付
        マニュアル動画の作成や遠隔サポート体制の強化、時差出勤や通勤手段の柔軟化等により感染拡大の防止に努めま
        したが、現在は、出社体制、海外出張や対面での交流が概ねパンデミック発生前の状態に戻りつつあります。新型
        コロナウイルスの感染拡大は多くの地域で安定していますが、周期的に当社グループの業績に影響を及ぼす可能性
        があります。
                                12/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         ①経営成績の状況
          当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症の行動制限が緩和される一方、ロシアによる
         ウクライナ侵攻の長期化によりエネルギーや原材料価格の高騰、物流の混乱に拍車がかかりました。インフレ鎮
         静化に向け、米国ではハイペースの利上げが進み、欧州も金融引き締めに動くなか、一部銀行の破綻により信用
         不安が表面化しました。中国ではゼロコロナ政策が解除され経済活動が正常化に向いましたが、金融緩和の続く
         日本では数十年ぶりの水準となった円安が輸入物価を押し上げるなど、景気後退への懸念が高まりました。
          半導体業界におきましては、中国経済の失速などからパソコンやスマートフォン向け需要が落ち込みました
         が、車載向けなどで需要が増加しているパワーデバイスは堅調に推移しました。全体として半導体市況は悪化し
         たものの、米国による対中半導体輸出規制等、戦略物資としての半導体のサプライチェーンのあり方が各国で意
         識されるなか、半導体メーカーの中長期的な投資意欲は継続しました。
          このような状況のなか、顧客ニーズに応える製品の開発や投入に注力するとともに、パワーデバイス用テスタ
         やMAPハンドラ、自重ハンドラなどを軸として、顧客基盤拡大に向けた受注活動を展開しました。生産面で
         は、電子部品を中心とした調達難が解消せず、一部出荷計画の遅延や納期要因による失注が発生したことから、
         部材等の先行発注を増やすとともに、代替品利用のための設計変更や複数社購買を進めました。
          以上の結果、受注高は85億85百万円(前期比20.6%減)、売上高は87億43百万円(同16.4%増)、期末受注残
         高は60億42百万円となりました。製品別売上高はハンドラ46億60百万円(同17.1%増)、テスタ26億20百万円
         (同23.4%増)、パーツ等14億62百万円(同3.8%増)となりました。
          損益面は、原材料価格の高騰に伴う影響があったものの、為替が円安に動いたことから利益率が上昇し、営業
         利益は21億33百万円(同22.0%増)、外貨建て資産の評価に係る為替差益の計上により、経常利益は25億13百万
         円(同21.7%増)となりました。また、繰延税金資産および法人税等調整額の計上により、親会社株主に帰属す
         る当期純利益は22億55百万円(同30.9%増)と、22年ぶりに最高益を更新しました。
         ②財政状態の状況

          当連結会計年度末における総資産は、受取手形および売掛金の回収が進む一方、棚卸資産が増加したことなど
         から、前連結会計年度末に比べ14億46百万円増加し、143億37百万円となりました。
          負債は、仕入増により買掛金が増加した一方、繰延税金負債が減少したことなどから、前連結会計年度末に比
         べ1億60百万円減少し、14億29百万円となりました。
          純資産は、親会社株主に帰属する当期純利益の計上に伴い、利益剰余金が増加したことなどから、前連結会計
         年度末に比べ16億7百万円増加し、129億7百万円となりました。
         ③キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、下記の各キャッシュ・フローによる増減により、前連結会
         計年度末に比べ8億14百万円増加し、30億48百万円となりました。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によるキャッシュ・フローは、14億45百万円のプラス(前期は1億17百万円のマイナス)となりまし
         た。これは主に、棚卸資産の増加額、法人税等の支払額などのマイナスを、税金等調整前当期純利益の計上、売
         上債権の減少額などのプラスが上回ったことによるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動によるキャッシュ・フローは、1億17百万円のマイナス(同8億25百万円のマイナス)となりました。
         これは主に、投資有価証券の取得による支出によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動によるキャッシュ・フローは、6億76百万円のマイナス(同58百万円のマイナス)となりました。こ
         れは主に、配当金の支払および自己株式の取得によるものであります。
                                13/78





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         ④生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
           当社グループは、半導体検査装置の製造・販売事業の単一セグメントであり、当連結会計年度の生産実績
          を品目別に示すと、次のとおりであります。
                            当連結会計年度
             品目              (自 2022年4月1日                   対前期増減率(%)
                           至 2023年3月31日)
     ハンドラ(百万円)                              4,581                   17.6
     テスタ(百万円)                              2,193                  △1.5
     パーツ等(百万円)                              1,340                   3.3
          合計(百万円)                         8,114                   9.4
     (注)金額は販売価格によっております。
         b.受注実績

           当社グループは、半導体検査装置の製造・販売事業の単一セグメントであり、当連結会計年度の受注実績
          を品目別に示すと、次のとおりであります。
                                 対前期増減率                    対前期増減率
           品目             受注高                    受注残高
                                  (%)                    (%)
     ハンドラ(百万円)                      4,172        △29.3            2,853        △14.6
     テスタ(百万円)                      3,202        △0.3            2,829         25.9
     パーツ等(百万円)                      1,210        △28.8             359       △41.2
          合計(百万円)
                           8,585        △20.6            6,042        △2.5
     (注)金額は販売価格によっております。
         c.販売実績

           当社グループは、半導体検査装置の製造・販売事業の単一セグメントであり、当連結会計年度の販売実績
          を品目別に示すと、次のとおりであります。
                            当連結会計年度
             品目              (自 2022年4月1日                   対前期増減率(%)
                           至 2023年3月31日)
     ハンドラ(百万円)                              4,660                   17.1
     テスタ(百万円)                              2,620                   23.4
     パーツ等(百万円)                              1,462                   3.8
          合計(百万円)                         8,743                   16.4
     (注)1.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで
          あります。
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                   相手先
                                   至   2022年3月31日)            至   2023年3月31日)
                                 金額(百万円)        割合(%)      金額(百万円)        割合(%)
         TEXAS   INSTRUMENTS      MALAYSIA     SDN.   BHD.
                                    1,340       17.8       3,076       35.2
         INFINEON     SOUTHEAST     ASIA   P/L
                                      -      -      1,226       14.0
         TEXAS   INSTRUMENTS      SEMICONDUCTOR
                                    1,144       15.2         -      -
         MANUFACTURING(CHENGDU)CO.,LTD.
         (注)総販売実績に対する割合が10%未満となる連結会計年度の販売実績及び総販売実績に対する割合は、記
           載を省略しております。
         2.金額は販売価格によっております。
                                14/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
          経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
         す。
          なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。
         ①重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
         ております。詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項) 3.会計方針に関する事項」に記載のとおりでありま
         す。
          財務諸表の作成に必要な見積りは、過去の実績、見通し、その他状況に応じて合理的であると考えられる様々
         な仮定に基づき実施しておりますが、本質的に不確実な事項についての見積りを行う必要性の結果として、困難
         で主観的な判断が要求されることから、実際の業績は大きく異なる可能性があります。
          連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積りおよび仮定のうち、重要なものについては、「第5 経
         理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであ
         ります。なお、繰延税金資産の回収可能性の検討に際しては、半導体製造市場および当社固有のリスク、過去の
         業績推移等を踏まえ、評価性引当額の必要性を判断しております。
         ②経営成績に重要な影響を与える要因

          「第2 事業の状況 3 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
         ③当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          当連結会計年度における売上高は、前期比16%増の87億43百万円となりました。
          ハンドラにつきましては、単価とロットの大きさ、顧客構成の違いから、テスタよりも業績の変動が大きくな
         る傾向があります。受注高は同3割減となりましたが、大手海外半導体メーカーの投資が概ね高水準で継続し、
         売上高は同17.1%増の46億60百万円となりました。出荷地域別では、国内はほとんどなく、海外割合が非常に高
         くなっております。欧米資本の顧客でも納入地はアジア地域が多く、当連結会計年度はマレーシアが6割、米州
         が2割を占めました。
          テスタにつきましては、部品調達難が解消せず、納期要因で失注するケースもありましたが、受注高は前期に
         続き30億円を超える高水準となりました。一方、リードタイムが長期化するなか、売上高は同23.4%増の26億20
         百万円となりました。当社はパワーデバイス向けテスタを手掛けておりますが、日本には有力なパワーデバイス
         メーカーが多いことから、国内売上が一定割合を占めております。成長が見込まれる中国、欧米市場への拡販も
         進めており、当連結会計年度は国内が4割、中国と米州が2割ずつを占めました。
          パーツ等につきましては、ハンドラ改造用のチェンジキットの受注が落ち着いたことから、受注高は同3割減
         となりましたが、売上高は前期並みの14億62百万円となりました。出荷地域は、マレーシアなどハンドラの既納
         入地が中心となっております。
          損益面は、円安による増益効果が固定費増やモデルミックスによる減益影響を吸収し、営業利益は前期比22%
         増の21億33百万円となりました。
         ④資本の財源及び資金の流動性

          当社グループは、運転資金及び設備資金とも基本的には内部資金により賄っておりますが、資金需要が急増し
         た場合等は銀行借入により調達しております。当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、主要取引金融機関
         と10億円の貸出コミットメントライン契約を締結しておりますが、当連結会計年度末における借入実行残高はあ
         りません。
          当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ③キャッ
         シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
     5【経営上の重要な契約等】

         該当事項はありません。
                                15/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     6【研究開発活動】
         当社グループは技術革新の激しい半導体業界にあって、広汎な顧客ニーズに的確に応えた製品を開発し、迅速に
        提供することを基本方針としており、今後の事業の中心となる製品開発を進めております。
         当連結会計年度の研究開発費総額は                348  百万円であり、主な研究開発成果および進行状況は次のとおりでありま
        す。
      (1)  パワーデバイス用新型テスタ

         省エネ、高効率化志向の高まりを背景にパワーデバイスの需要増加が見込まれるなか、新型のIPD/IPMテ
        ストシステムを開発し、市場投入しました。このシステムは、従来よりも幅広いデバイスの測定が可能であるとと
        もに、汎用性の高いプラットフォームを採用したことにより、拡張性、汎用性、フレキシビリティが大幅に向上し
        ております。
      (2)  ハンドラ用オートローダー

         半導体メーカーにおける工場自動化へのニーズが高まるなか、大手主要顧客との継続的な関係を構築するため、
        既納入設備に接続可能な自動供給/回収装置の開発を完了しました。このオートローダーを既存設備に追加するこ
        とで、ユーザーの生産性向上が可能となります。
      (3)  高低温ハンドラ

         自動車の電装化進展に伴い車載向けデバイスの成長が見込まれるなか、高温環境や低温環境におけるテスト需要
        が増加しています。当社は、高精度の温度測定技術を活用し、温度ソリューションを主力機種に順次展開していま
        す。高低温機能を付加することにより、競争力のある後継機の提供が可能となっています。
      (4)  MEMSハンドラ

         MEMSハンドラの拡販およびタイムリーな技術サポートを進めるため、米国企業より提供を受けている測定部
        に関する知見を高めることで、測定ユニットの要素技術を開発中であります。
      (5)  ウェハパラレルテスタ用測定ユニット

         ウェハ工程における複数項目測定の需要が高まるなか、これを実現するウェハパラレルテスタの開発を開始しま
        した。これにより、ユーザーは生産効率化と工場内のフットプリント削減が可能となります。
      (6)  IPD/IPMテスタ用基板・ソフトウェア

         市場からの要望を踏まえ、IPD/IPMテスタの機能強化、メンテナンス性向上、生産効率化のため、新たな
        専用基板およびソフトウェアの開発を開始しました。
      (7)  パワーデバイス向けハンドラ用追加仕様

         パワーデバイス向け自重落下式トライテンプハンドラの拡販に向け、大型デバイスや特殊形状デバイスなどに対
        応可能な追加仕様の開発を開始しました。
                                16/78







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、主に情報設備の更新投資および設計製造強化のため、                                  123  百万円の設備投資を実施いたしまし
      た。
       なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                    2023年3月31日現在
                                        帳簿価額
                                                         従業
       事業所名
             セグメントの
                     設備の内容       建物及び      機械装置       土地                員数
                                              その他      合計
      (所在地)         名称
                            構築物     及び運搬具      (百万円)                 (人)
                                             (百万円)      (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (面積㎡)
                    管理業務施設
                                                          40
     本社                                     1,090
             半導体検査装置                  237       0           17    1,345
                    半導体検査装置
     (東京都東大和市)
                                         (8,317)
                                                          80
                    開発設計設備
                    管理業務施設                                       5
     伊那事業所
                                           37
     (長野県上伊那郡
             半導体検査装置                  59      2           17     117
                    半導体検査装置
                                         (13,394)
                                                          54
     箕輪町)
                    生産設備
     厚生施設
                                           6
     (長野県上伊那郡        半導体検査装置       宿泊施設           -      -            -      6   -
                                         (1,958)
     南箕輪村)
     テセック熊本
                    半導体検査装置
     (熊本県上益城郡        半導体検査装置
                               -      -      -      0      0    3
                    サービス設備
     益城町)
                                          1,134
               合計
                               297       2           34    1,469     182
                                         (23,669)
     (注)帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。
      (2)国内子会社

         該当事項はありません。
      (3)在外子会社

         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
     3【設備の新設、除却等の計画】

         当連結会計年度において、新たに確定した重要な設備の新設の計画は、次のとおりであります。
                                投資予定金額                  着手及び完了予定
            事業所名      セグメント       設備の
      会社名                                    資金調達方法
                               総額     既支払額
            (所在地)       の名称       内容
                                                  着手      完了
                              (百万円)      (百万円)
     株式会社      東京都東大        半導体      次期基幹
                                562      66     自己資金       2022.8      2025.2
     テセック      和市ほか       検査装置      システム
       (注)次期基幹システムの着手年月については、投資予定金額(総額)が取締役会にて最終承認された年月を記載し
        ております。
                                17/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
     普通株式                                            20,000,000

                  計                                20,000,000

        ②【発行済株式】

            事業年度末現在発行数                         上場金融商品取引所名ま
                        提出日現在発行数(株)
      種類         (株)                      たは登録認可金融商品取                 内容
                          (2023年6月29日)
             (2023年3月31日)                        引業協会名
                                     東京証券取引所

                 5,778,695             5,778,695
     普通株式                                             単元株式数100株
                                     スタンダード市場
                 5,778,695             5,778,695

       計                                   -            -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式                             資本準備金
                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        総数増減数                             増減額
                        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                   (株)                            (百万円)
     2000年4月4日(注)               500,000      5,778,695         1,169       2,521       2,138       3,370

     (注) 有償一般募集       500千株
                発行価格  4,675円
                資本組入額 2,338円
                                18/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                    2023年3月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
              政府および
        区分                             外国法人等                  式の状況
                        金融商品取     その他の法
              地方公共団     金融機関                         個人その他       計
                                                       (株)
                        引業者     人
                                   個人以外      個人
              体
     株主数(人)             -      7     36     31     29      3   4,907     5,013      -
     所有株式数(単元)             -    4,498     2,966     1,707     2,027       7   46,527     57,732      5,495

     所有株式数の割合
                 -    7.79     5.14     2.95     3.51     0.01     80.60      100      -
     (%)
     (注)自己株式195,800株は「個人その他」に1,958単元を含めて記載しております。
      (6)【大株主の状況】

                                                  2023年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
        氏名または名称                     住所                      総数に対する所有
                                           (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                              426         7.63
     田中 綏子               東京都渋谷区
                                              332         5.95

     村井 昭               長野県上伊那郡箕輪町
                    東京都千代田区丸の内1-6-6                          186         3.33

     日本生命保険相互会社
                                              177         3.17

     勝田 知男               東京都羽村市
                                              166         2.97

     山村 博               埼玉県所沢市
                    大阪府大阪市中央区備後町2-2-1                          164         2.94

     株式会社りそな銀行
     THE  BANK   OF  NEW  YORK   MELLON    240  GREENWICH     STREET,
                                              125         2.24
     140044               NEW  YORK,   NY  10286,    U.S.A
                    東京都東大和市上北台3-391-1                          118         2.12
     テセック社員持株会
                                              106         1.91

     大塚 佳苗               東京都立川市
                                              103         1.86

     大塚 正樹               東京都立川市
                                             1,904          34.11

           計                  -
      (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2023年3月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                        -            -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -              -

     議決権制限株式(その他)                        -            -              -

                           195,800
     完全議決権株式(自己株式等)               普通株式                     -              -
                          5,577,400             55,774
     完全議決権株式(その他)               普通株式                                   -
                            5,495
     単元未満株式               普通株式                     -              -
                          5,778,695
     発行済株式総数                                    -              -
                                       55,774
     総株主の議決権                        -                          -
                                19/78


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                   2023年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の       に対する所有株
     所有者の氏名または名称               所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)       式数の割合
                                                    (%)
                  東京都東大和市上北台
                                195,800               195,800          3.39
     株式会社テセック                                     -
                  3-391-1
                                195,800               195,800          3.39
          計            -                    -
     2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】  会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

    会社法第155条第3号による取得
                 区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      取締役会(2022年11月15日)での決議状況
                                        150,000           230,000,000
      (取得期間       2022年11月16日~2023年3月31日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     -             -
      当事業年度における取得自己株式                                   76,900           229,766,700
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                     -             -
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     -             -
      当期間における取得自己株式                                     -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                     -             -
    (注)1.当社取締役会において、自己株式の取得方法は東京証券取引所における市場買付とすることを決議しておりま
         す。
       2.有価証券報告書提出日までに取得が完了しているため、提出日現在の未行使割合は記載しておりません。
      (3)【株主総会決議または取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
                                20/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (4)【取得自己株式の処理状況および保有状況】
                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                -        -        -        -
      移転を行った取得自己株式
      その他(譲渡制限付株式付与による自己株
                              11,600      23,420,400            -        -
      式の処分)
      保有自己株式数                        195,800           -      195,800           -
     (注)当期間における保有自己株式数には、2023年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

         当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重要課題の一つとして認識しており、配当につきましては業績推移等
        を総合的に勘案しつつ、安定的な配当の継続を基本方針としております。
         当社は、剰余金の配当につきましては、年1回の期末配当を基本方針としておりますが、中間配当を行うことが
        できる旨を定款で定めております。
         当社は、「剰余金の配当等、会社法第459条第1項各号に掲げる事項については、法令に別段の定めがある場合
        を除き、取締役会の決議によって定めることができる。」旨を定款に定めております。
         当事業年度の配当金につきましては、上記の基本方針および業績を踏まえ、当社普通株式1株につき期末配当を
        100円とすることを決定いたしました。
         なお、2022年4月から開始した中期経営計画「Enjoy2.0」では、計画期間中(3年間)の安定配当と機動的な自己
        株式の取得により、総還元性向35%を目安として株主還元を実施することとしております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                             配当金の総額                  1株当たり配当額
           決議年月日
                              (千円)                   (円)
          2023年5月9日
                                     558,289                    100
           取締役会決議
                                21/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、変化の激しい経営環境下において企業競争力を強化しつつ企業価値の継続的な向上を図ると
         ともに、経営監視体制を一層充実させ、経営の健全性、透明性、迅速性を高めていくコーポレート・ガバナンス
         の構築を経営の重要課題として捉えております。
       ②   企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
         イ.企業統治の体制の概要
          当社は、取締役会の監査・監督機能の強化を図るとともに、経営の透明性と効率性を高め、コーポレート・
         ガバナンス体制の一層の充実を図るため、監査等委員会設置会社形態を採用しております。
         (取締役会)
          当社の取締役会は取締役(監査等委員であるものを除く)4名および監査等委員3名の計7名で構成され、
         監査等委員3名のうち2名を外部から招集しております。取締役会における経営の方針、法令、定款および当
         社取締役会規則に定められた事項およびその他経営に関する重要事項に関する決定、報告を原則毎月1回開催
         するほか、必要に応じて臨時に開催される取締役会で行っております。また、業務執行上重要な事項や諸課題
         については、取締役で構成され、原則週1回開催される経営委員会で審議が行われ、同委員会が社長による業
         務意思決定を補佐しております。
          なお、構成員の氏名等は下記のとおりとなります。
          議 長:代表取締役社長 田中賢治
          構成員:取締役 尾亦利夫、取締役 宮脇浩幸、取締役 渡邊弘一、取締役(常勤監査等委員) 矢崎七三
              社外取締役(監査等委員) 南忠良、社外取締役(監査等委員) 舛川博昭
         (監査等委員会)

          当社の監査等委員会は3名で構成され、うち2名が独立役員である社外取締役であります。監査等委員会で
         は、監査等委員会で定めた監査の方針、職務の分担に従い、法令、定款および当社監査等委員会規則に基づき
         定められた事項等の重要事項に関する決定、報告を原則毎月1回開催する監査等委員会で行っております。
          また、内部監査室および監査法人と随時意見交換や情報共有を行う等、連携を図っております。
          なお、構成員の氏名等は下記のとおりとなります。
           構成員:取締役(常勤監査等委員) 矢崎七三、社外取締役(監査等委員) 南忠良、社外取締役(監査等委
               員) 舛川博昭
         (内部監査室)
          当社は、公正かつ独立の立場で内部監査を実施するために監査等委員会の直轄組織として内部監査室を設置
         しております。詳細につきましては(3)監査の状況 ②内部監査の状況をご参照ください。
         (監査法人)
          当社は、有限責任あずさ監査法人と監査契約を締結しており、独立の立場から会計監査を受けております。
         詳細につきましては(3)監査の状況 ③会計監査の状況をご参照ください。
                                22/78







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         ロ.会社の機関・内部統制の関係
          当社の企業統治体制の概要は次のとおりであります。
         ハ.企業統治の体制を採用する理由





          当社は、取締役会の監査・監督機能の強化を図るとともに、経営の透明性と効率性を高め、コーポレート・
         ガバナンス体制の一層の充実を図ることを目的とし、現在の体制を構築しております。
         ニ.内部統制システムの整備の状況

           当社は、業務の適正を確保するための体制(以下、「内部統制」といいます。)の整備に関する基本方針を
          以下のとおり定めております。
          ・取締役および従業員の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
            当社ならびに子会社の取締役および従業員が法令、定款、社内規程、企業倫理を遵守し行動するための
            指針として経営理念に則った「行動規範」を定め、これを周知徹底する。
            コンプライアンス体制確立のため、コンプライアンス総括責任者(役員)を任命し、コンプライアンスの推
            進、教育を実施しコンプライアンス尊重の意識を醸成するとともに、従業員が法令、定款等に違反する行
            為を発見した場合の報告体制として「社内通報制度」を確立する。
            法令、定款および社内規程の遵守状況および業務の効率性等の監査を監査等委員会直轄の内部監査部門が
            実施し、結果を社長および監査等委員会に報告する。
          ・取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
            「文書管理規程」に基づき、取締役の職務執行に係る情報を文書または電磁的媒体に記録し、保存する。
            取締役は「文書管理規程」により、常時これらの文書等を閲覧できる。
          ・損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            リスク管理体制の基礎として「リスク管理規程」を定め、個々のリスク管理について責任体制を明確にす
            るとともに、組織横断的リスク対応は当社社長が議長を務める経営委員会が行う。
          ・取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            当社は、取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を原
            則月1回開催し、「取締役会規則」および「取締役会決議事項運用基準」による重要事項の決定ならびに
            取締役の業務執行状況の監督等を行う。また、取締役(監査等委員である取締役を除く。)で構成される
            経営委員会を原則週1回開催し、取締役会への付議事項の事前審議を行うとともに、業務執行に係る意思
            決定を機動的に行う。取締役(監査等委員である取締役を除く。)の職務執行については、「組織規程」
            「職務分掌規程」「職務権限規程」において、各々の責任者および責任・執行手続きの詳細を定める。子
            会社においても定時取締役会および随時開催される臨時取締役会において経営の重要事項および個別案件
            の決議を随時行う。
                                23/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
          ・当社ならびに子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
            当社は、子会社から営業成績、財務状況その他経営の重要事項に関する報告を行う体制を定めた「関係
            会社管理規程」および「海外現地法人管理基準」に基づき、子会社の自主性を尊重しつつ、グループ全
            体としての経営管理体制、コンプライアンス体制、リスク管理体制を確立する。
            当社は、子会社がグループ計画に基づいた施策と効率的な業務運営を図るため、子会社への役員の派遣
            を行うとともに定期的に子会社連絡会議を開催し、必要事項を取締役会・監査等委員会に報告させる。
          ・監査等委員会がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合における当該従業員に関する事項な
           らびに当該従業員の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項および当該従
           業員に対する監査等委員会の指示の実効性の確保に関する事項
            監査等委員会がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合は、従業員を配置する。
            当該従業員の任命・異動・評価・懲戒等人事権に係る決定は、監査等委員会の同意を得ることとする。
            監査等委員会の職務を補助すべき従業員は、監査等委員(または監査等委員会)の指揮命令下で職務を
            遂行する。
          ・当社および子会社の取締役および従業員が監査等委員会に報告するための体制その他の監査等委員会への
           報告に関する体制およびその他の監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            当社ならびに子会社の取締役および従業員は、当社および子会社の業務または業績に重要な影響を与え
            る事実、職務上の法令違反または不正な行為その他これらに準ずる事実ならびにその恐れのある事実を
            発見したときは、遅延なく監査等委員会に報告する。
            当社および子会社は、上記の報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由として不利益な取扱い
            を行わない。なお、上記に関わらず、監査等委員会は必要に応じて、当社ならびに子会社の取締役およ
            び従業員に対して報告を求めることができる。
            監査等委員は、職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、監査等委員会
            を原則月1回開催する。
            監査等委員会は、会計監査人から会計監査内容について、内部監査室から業務監査内容について説明を
            受け、情報の交換を行うなど連携を図るとともに、当社経営陣との定期的な意見交換会を開催する。
          ・監査等委員の職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針
            監査等委員がその職務の執行について生ずる費用を請求したときは、当該監査等委員の職務の執行に関
            係しないと認められる場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。
          ・反社会的勢力の排除に向けた体制
            社会の秩序や安全、企業の健全な活動に脅威をもたらす反社会的勢力およびこれに類する団体に対し
            て、毅然とした態度をもって一切の関係を遮断する。
            同勢力からの不当な要求等に対しては警察や弁護士等の外部専門機関と緊密に連携し、組織的に対応す
            る。
          ・財務報告の信頼性と適正性を確保するための体制
            財務報告の信頼性の確保および金融商品取引法に基づく内部統制報告書の有効かつ適切な提出に向け、
            内部統制システムの構築を行う。
            上記の内部統制システムが適正に機能することを継続的に評価し、必要な是正を行う。
        ホ.リスク管理体制の整備の状況

          当社は、法令、災害、環境、輸出管理などのリスクについて、それぞれ必要に応じて担当部署や担当者を定
         め、規程・マニュアルなどの制定ならびに取締役および従業員に対する教育・啓蒙などを行うことにより、リ
         スクの予防、回避、発生時の損失軽減に努めております。
                                24/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
       ③   その他
         イ.取締役の定数
          当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)は、10名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする
         旨を定款に定めております。
        ロ.取締役の選任決議
           取締役の選任決議につきましては、株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の3
          分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、監査等委員と監査等委員でない取
          締役とを区別して行う旨、ならびに累積投票によらない旨を定款で定めております。
        ハ.株主総会決議事項を取締役会で決議できることとした事項
        (剰余金の配当等の決定機関)
           当社は剰余金の配当等、会社法第459条第1項各号に掲げる事項については、法令に別段の定めがある場
           合を除き、取締役会の決議によって定めることができる旨を定款に定めております。
         ニ.株主総会の特別決議要件を変更した内容
          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
         株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定め
         ております。
        ホ.取締役の責任免除
          当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む)
         の損害賠償責任を、法令の限度額において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めて
         おります。
          また、当社は会社法第427条第1項の規定により、取締役(会社法第2条第15号イに定める業務執行取締役
         等であるものを除く)との間で、任務を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結することができ
         る旨を定款に定めております。ただし、当該契約に基づく責任の限度額は、同法第425条第1項に定める最低
         責任限度額としております。
         ヘ.役員等賠償責任保険契約の内容の概要
           当社は、当社の取締役全員を被保険者とする役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しておりま
          す。保険料は特約部分も含め会社が全額負担しており、被保険者の実質的な保険料負担はありません。
           当該保険契約では、被保険者が会社の役員等の地位に基づき行った行為(不作為を含む。)に起因して損害賠
          償請求がなされたことにより、被保険者が被る損害賠償金や訴訟費用等が補填されることとなります。
         ト.取締役会の活動状況
           当社の取締役会では、法令及び取締役会規則に基づき、株主総会議案、四半期及び通期決算、事業計画並び
          に事業戦略等の当社グループ経営に関わる重要事項等について決議しており、当事業年度では、以下の内容を
          含めて決議しております。その他、毎月、各部門からの業務進捗、審議事項の報告を行っております。
           ・利益配分に関する基本方針
           ・自己株式の買付
           ・役員報酬規程の制定及び一部見直し
           ・政策保有株式の見直し
           ・新基幹システム導入
            2022年度における各取締役の取締役会出席状況は次のとおりです。
                  地位               氏名            出席状況
               代表取締役社長                田中 賢治           100%(13回/13回)
                 取締役              尾亦 利夫           100%(13回/13回)
                 取締役              宮脇 浩幸           100%(13回/13回)
                 取締役              渡邊 弘一           100%(13回/13回)
             取締役(常勤監査等委員)                  矢崎 七三           100%(13回/13回)
              取締役(監査等委員)                  南 忠良           100%(13回/13回)
              取締役(監査等委員)                 舛川 博昭           100%(13回/13回)
         (注)2022年4月から2023年3月までに開催された取締役会は13回であります。
                                25/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    7 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率                -%)
                                                       所有株式数
         役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                       (千株)
                                1986年4月      当社入社
                                2005年10月      ハンドラビジネスユニット部長
                                2007年10月      ハンドラビジネスユニットゼネ
                                      ラルマネージャー
                                2008年6月      取締役ハンドラビジネスユニッ
                                      トゼネラルマネージャー
        代表取締役
                                2012年4月      取締役カスタマーサービス部長
                  田中 賢治      1963年10月15日      生                     (注)3       44
          社長
                                2014年11月      取締役営業統括部長
                                 2016年4月      代表取締役社長 営業・技術部
                                      門担当
                                2016年6月      代表取締役社長 営業部門担当
                                2021年6月      代表取締役社長 営業・技術(ハ
                                      ンドラ)部門担当(現任)
                                 1985年4月      当社入社
                                2014年1月      品質保証部長
                                2014年6月      取締役生産管理部長
                                2016年4月      取締役 製造部門担当
                                2018年5月      泰賽国際貿易(上海)有限公司 
         取締役         尾亦 利夫      1961年11月25日      生                     (注)3       18
                                      (中国)董事長(現任)
                                2018年6月      取締役 管理部門担当
                                2021年6月      取締役 管理・品質保証部門担
                                      当(現任)
                                1987年4月      当社入社
                                2015年10月      製造部部長
                                2016年4月      製造部長
         取締役         宮脇 浩幸      1964年4月3日      生                     (注)3       8
                                2018年6月      取締役製造部長
                                      製造部門担当
                                2020年4月
                                      取締役 製造部門担当(現任)
                                1996年4月      当社入社
                                1998年10月      Tesec   Europe 出向
                                2014年1月      営業統括部部長
                                2015年10月      営業統括部長
                                2016年4月      Tesec   Inc(社長)    出向
         取締役         渡邊 弘一      1969年6月27日      生
                                                    (注)3       4
                                2021年4月      テスタビジネスユニット ゼネ
                                      ラルマネージャー(現任)
                                2021年6月      取締役 技術(テスタ)部門担当
                                      (現任)
                                26/78








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                       (千株)
                                1977年4月      ㈱協和銀行(現㈱りそな銀行)
                                      入行
                                2001年11月      当社入社
                                2002年4月      経理部長
                                2004年6月      取締役経理部長
          取締役
                                2008年7月      泰賽国際貿易(上海)有限公司 
                  矢崎 七三      1955年3月8日      生
                                                    (注)4       52
       (常勤監査等委員)
                                      (中国)董事長
                                2009年10月      常務取締役経理部長
                                2016年4月      常務取締役 管理部門担当
                                2018年6月      取締役[常勤監査等委員](現
                                      任)
                                1988年12月      新日本証券㈱(現みずほ証券
                                      ㈱)取締役
                                1993年10月      新日本証券㈱常務取締役
                                1998年5月      新日本ファイナンス㈱(現みず
                                      ほ証券プリンシパルインベスト
         取締役
                                      メント㈱)専務取締役
                  南 忠良      1940年9月12日      生                     (注)4       32
        (監査等委員)
                                1999年6月      イリソ電子工業㈱専務取締役
                                2002年3月      同社退社
                                2004年6月      当社社外監査役
                                2016年6月      当社社外取締役[監査等委員]
                                      (現任)
                                1976年11月      中央共同監査法人(現有限責任
                                      あずさ監査法人)入所
                                2012年6月      同法人退所
         取締役
                                2012年7月      舛川公認会計士事務所所長(現
                  舛川 博昭      1952年9月3日      生                     (注)4       1
        (監査等委員)
                                      任)
                                 2016年6月      当社社外取締役[監査等委員]
                                      (現任)
                                        計                  162
     (注)1. 取締役(監査等委員) 南 忠良、舛川博昭は、社外取締役であります。
         2.   当社の監査等委員会の体制は次のとおりであります。
           委員長 矢崎七三  委員 南 忠良  委員 舛川博昭
        3.       2023年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
        4.       2022年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
        ② 社外役員の状況

          当社は、取締役7名のうち2名を外部から招集しております。
          社外取締役南 忠良および社外取締役舛川博昭の両氏について一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判
         断し、株式会社東京証券取引所が定める独立役員として同取引所に届け出ております。なお、当社株式を南 忠
         良は32,800株、舛川博昭は1,900株所有しております。
          舛川博昭が現任しております法人団体と当社との間に特別の利害関係はありません。また、社外取締役の選任
         にあたっては、当社からの独立性に関する基準または方針は明確に定めておりませんが、東京証券取引所が定め
         る基準を参考にしております。
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門

        との関係
          社外取締役は、取締役会に原則毎回出席し積極的に質疑及び意見表明を行っております。また、常勤監査等委
         員および内部監査担当部門である内部監査室と密接に連携し、内部監査結果の報告を受けるとともに、必要に応
         じ詳細な説明を求め、内容について協議し、重要な事項については取締役会に問題を提起し、改善を図ることが
         できる体制を取っております。また、会計監査人からは会計監査内容及び内部統制の状況等に係る報告を定期的
         に受ける体制となっております。
                                27/78



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ①  監査等委員会監査の状況
         a.監査等委員会監査の組織、人員及び手続き
          監査等委員会は、常勤の監査等委員である取締役1名と非常勤の監査等委員である社外取締役2名の3名で
         構成されております。
          常勤の取締役は、当社の経理部長、管理部門担当取締役を歴任しており、財務・会計・リスク管理に関する
         相当程度の知見を有しております。南社外取締役は、数社の上場会社役員を歴任しており、企業統治・企業監
         査・コンプライアンスに関する相当程度の知見を有しております。舛川社外取締役は、公認会計士として、財
         務・会計・税務に関する相当程度の知見を有しております。
          各監査等委員は、監査等委員会で定めた年度の監査計画と職務分担に従い、監査業務を実施しております。
         b.監査等委員及び監査等委員会の活動状況

          監査等委員会は、原則月1回開催しており、当事業年度においては13回開催しました。各監査等委員の出席
         状況については以下のとおりです。
               区分              氏名           監査等委員会出席状況
             常勤監査等委員               矢崎 七三               全13回中13回

              監査等委員              南 忠良              全13回中13回

              監査等委員              舛川 博昭               全13回中13回

          監査等委員会における主な決議事項は、監査方針・計画、職務分担、監査の実施方法、監査報告書、会計監

         査人の評価・再任、会計監査人の監査報酬の同意、監査等委員の取締役選任議案の同意等であります。主な報
         告事項としては、常勤監査等委員の活動状況、内部監査の実施状況、会計監査人の監査報告等であります。
          各監査等委員は、取締役会に出席し、取締役として意見を述べ、議決権を行使することに加え、取締役の業
         務執行の監査を行っております。常勤監査等委員は取締役および使用人等から受領した報告書等の内容検証、
         会社の業務及び財産の状況等に関する調査、重要な契約書、稟議決裁書類等の閲覧等を行い、適宜必要な措置
         を講じております。
          なお、監査等委員会は、内部監査室および会計監査人と必要に応じて相互に情報交換および意見の交換を行
         うことによって監査の質的向上を図っております。
        ②  内部監査の状況

          監査等委員会の直轄組織として内部監査室(室員2名)を設置しており、年間監査計画を毎期策定し、社内
         の各部門監査を定期的に実施することにより、内部牽制機能の充実を図っております。
          また、内部監査の実効性を確保するため、内部監査の結果については、内部監査部門から取締役会及び監査
         等委員会に対し、その都度報告しております。また、内部監査部門は、その他特に報告すべき事項がある場合
         は、各監査等委員・監査等委員会に対し適切に直接報告する体制を構築しており、適宜報告を実施しておりま
         す。
          一方、社外からの監理機能を充実させるため、弁護士事務所、税理士事務所と顧問契約を締結し、法務面、
         税務面の専門的なアドバイスを受けております。また、内部監査室は、監査等委員および会計監査人と必要に
         応じて随時情報交換および意見の交換を行い、連携を高めております。
        ③   会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           有限責任     あずさ監査法人
         b.継続監査期間:26年間

           注)上記は、当社が新規上場した際に提出した有価証券届出書における監査対象期間より前の期間について
             は調査が著しく困難であったため、有価証券届出書における監査対象期間以降の期間について記載した
             ものです。実際の継続監査期間は、この期間を超える可能性があります。
         c.業務を執行した公認会計士

           金子 能周
           田坂 真子
                                28/78

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         d.監査業務に係る補助者の構成

            当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士5名、その他6名であります。
         e.監査法人の選定方針と理由

            当社は、会計監査は、監査品質の維持・向上を図りつつ効率的に行われることが重要と考えています。会
           計監査人の候補の選任に際し、監査等委員会は、この基本的な考え方をもとに、会計監査人の独立性・専門
           性、会計監査人による監査活動の適切性・妥当性を評価項目として会計監査人を評価し、監査等委員会の決
           議を経て株主総会に付議することとしています。
            監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主
           総会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定致します。
            また、解任・不再任に際し、監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当
           すると認められる場合に、監査等委員全員の同意により会計監査人を解任します。この場合、監査等委員会
           が選定した監査等委員は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨および
           その理由を報告いたします。
         f.監査等委員会による監査法人の評価

            当社の監査等委員会は、上記評価項目に則り監査法人に対して評価を行っております。この評価について
           は、職務遂行状況、監査体制等を総合的に勘案し、適任であると判断しております。
        ④   監査報酬の内容等

         a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                       27                       28

      提出会社                             -                       -
      連結子会社                  -           -           -           -

                       27                       28

         計                          -                       -
         b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

           該当事項はありません。
         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針

           該当事項はありませんが、監査日数等を勘案し監査等委員会の同意を得た上で決定しております。
         e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

            監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等の妥当額を検
           討した結果、会計監査人の報酬等の額は妥当であると判断し、会社法第399条第1項の同意を行っておりま
           す。
                                29/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ①  役員報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社は、2022年6月29日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針を決議しており
       ます。
        当社取締役の報酬は、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能するよう、株主利益と連
       動した報酬体系とし、個々の取締役の報酬等の決定に際しては、各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方
       針としております。具体的には、取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬は、固定報酬としての基本報酬
       および非金銭報酬(譲渡制限付株式)により構成し、監督機能を担う監査等委員である取締役については、その職
       務に鑑み、基本報酬のみを支払うこととしております。当社取締役の基本報酬の個人別の報酬は、取締役会決議に
       基づき、月額固定金銭報酬とし、役位、職責、役割、在任年数に鑑みて、他社水準、当社の経営成績、経営方針、
       経営戦略の達成状況および財務状況等も考慮しながら、総合的に勘案して決定する方針とし、月額金銭報酬を支給
       することとしております。また、非金銭報酬等は、譲渡制限付株式とし、原則毎年付与することとしております。
       なお、非金銭報酬等の金額、株数などについては、当社の業績、役位、職責、在任年数などを総合的に勘案の上、
       取締役会で決定することとしております。
        当社の役員の報酬等に関する株主総会の決議年月日は2016年6月29日であり、決議の内容は、取締役(監査等委員
       である取締役を除く)の報酬限度額は、年額150百万円以内、監査等委員である取締役の報酬限度額は、年額25百万
       円以内と決議いただいております。なお、当該株主総会終結時点の取締役(監査等委員である取締役を除く)の員数
       は4名、監査等委員である取締役の員数は3名です。
        また、2022年6月29日開催の第54回定時株主総会において、取締役(監査等委員である取締役を除く)に対する譲渡
       制限付株式報酬制度導入を決議し、譲渡制限付株式報酬は報酬限度額の枠内で年額30百万円以内、普通株式の総数
       は年30,000株以内で支給することを決議しております。なお、当該株主総会終結時点の対象取締役(監査等委員であ
       る取締役を除く)の員数は4名です。
        取締役(監査等委員である取締役を除く)の種類別の報酬等の割合については、定めないものとしております。
       ただし、定性的な観点から、当社と同種類かつ同規模である相当数の企業のベンチマークにおける報酬等総額、そ
       の種類別の報酬割合等も総合的に勘案の上、代表取締役社長および監査等委員会の答申を踏まえ、取締役会で決定
       することといたします。
        取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬額の決定プロセスは、取締役会にて全役員の報酬総額を決定
       し、個人別の報酬額の決定は、代表取締役社長田中賢治氏および監査等委員会(取締役矢崎七三氏、社外取締役南 
       忠良氏、社外取締役舛川博昭氏)に委任しております。取締役会が個人別の報酬額の決定を委任した理由は、当社全
       体の業績等を把握し、各取締役の担当部門について評価できる代表取締役と、客観的立場から評価できる監査等委
       員会により、客観性、透明性ある手続きが可能であると判断したためであり、当事業年度において決定された個人
       別の報酬等の内容は、上記の手続きを経て決定されていることから取締役会で決議された決定方針と整合している
       と判断しております。また、株式報酬の各対象取締役への具体的な支給時期および配分については、取締役会にお
       いて決定することとしております。
        また、監査等委員である取締役の報酬額は、監査等委員の協議により決定しております。
       ②   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                   対象となる
                    報酬等の総額
           役員区分                                        役員の員数
                    (百万円)
                              固定報酬          非金銭報酬等
                                                    (人)
         取締役
                        107           90          17            4
         (監査等委員を除く)
         取締役(監査等委員)
                         8           8                      1
                                              -
         (社外取締役を除く)
         取締役(監査等委員)
                         5           5                      2
                                              -
         (社外取締役)
     (注)取締役(監査等委員を除く)に対する非金銭報酬等の総額の内訳は、譲渡制限付株式報酬17百万円であり当事
        業年度における費用計上額を記載しております。
                                30/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ①   投資株式の区分の基準及び考え方
           純投資目的株式には、専ら株式価値の変動又は配当金を目的として保有する銘柄を、純投資目的以外の株式
          (政策保有株式)には、それら目的に加え、中長期的な企業価値の向上に資すると判断し、相手企業との関
          係・提携強化を図る目的で保有する銘柄を区分しております。
        ②   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
          内容
           取得の際は、取引関係の維持・強化および情報収集等を踏まえ取得是非を判断するとともに、取得後は、配
          当や取引状況等の定量要素に加え、事業戦略上の重要性および取引先との関係性等を総合的に勘案し、毎年取
          締役会において保有継続の可否および保有株式数の見直しを実施し、保有する合理性が確認できなかった銘柄
          については、発行会社との対話等を踏まえ、縮減等の対応を進めます。なお、政策保有株式の議決権について
          は、当社および発行会社の企業価値の向上に資するものか否かを判断した上で行使します。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
     非上場株式                -             -

                      4            323
     非上場株式以外の株式
         (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     非上場株式                -             -             -

     非上場株式以外の株式                -             -             -

         (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     非上場株式                -             -

     非上場株式以外の株式                -             -

                                31/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

         特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                                    保有目的、業務提携等の概要、
                株式数(株)         株式数(株)                            当社の株式の
         銘柄                              定量的な保有効果
                                                      保有の有無
                                     及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  主要販売先との営業取引の円滑化のため
                    10,000         10,000
                                  保有しております。定量的な保有効果に
     ローム㈱
                                  ついては取引先との営業秘密との判断に                      無
                                  より記載しませんが、上記方針に基づき
                      109          95
                                  保有の合理性を検証しております。
                                  DX等の業界動向把握の円滑化のため保
                    98,200         98,200
                                  有しております。定量的な保有効果につ
     ㈱フォーカスシステ
                                  いては取引先との営業秘密との判断によ                      有
     ムズ
                                  り記載しませんが、上記方針に基づき保
                      98         92
                                  有の合理性を検証しております。
                                  メインバンクとの金融取引の円滑化のた
                    118,100         118,100
                                  め保有しております。定量的な保有効果
     ㈱りそなホールディ
                                                      有(注)
                                  については取引先との営業秘密との判断
     ングス
                                  により記載しませんが、上記方針に基づ
                      75         61
                                  き保有の合理性を検証しております。
                                  主幹事証券会社との金融取引の円滑化の
                    21,320         21,320
                                  ため保有しております。定量的な保有効
     ㈱みずほフィナン
                                                      有(注)
                                  果については取引先との営業秘密との判
     シャルグループ
                                  断により記載しませんが、上記方針に基
                      40         33
                                  づき保有の合理性を検証しております。
         (注)保有先企業は当社の株式を保有していませんが、同社子会社が当社の株式を保有しております。
        ③   保有目的が純投資目的である投資株式

                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
     非上場株式                     -           -           -           -

                          7          255            7          254
     非上場株式以外の株式
                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
     非上場株式                     -           -           -

                          6
     非上場株式以外の株式                                -        212  (-)
         (注)「評価損益の合計額」の( )は外書きで、当事業年度の減損処理額であります。
                                32/78





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
     (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しております。
     (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年4月1日から2023年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任                                                   あずさ
     監査法人により監査を受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
     を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人
     財務会計基準機構へ加入し、監査法人及び各種団体の主催する講習会に参加する等積極的な情報収集活動に努めており
     ます。
                                33/78













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         2,489              3,136
        現金及び預金
                                          221               22
        受取手形
                                         2,603              1,891
        売掛金
                                          122              725
        有価証券
                                          221              296
        製品
                                         1,586              2,602
        仕掛品
                                          453              702
        原材料
                                          242              380
        未収消費税等
                                          94              147
        その他
                                          △ 1             △ 1
        貸倒引当金
                                         8,033              9,903
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         2,525              2,505
          建物及び構築物
                                        △ 2,212             △ 2,207
           減価償却累計額
                                          312              297
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                                113              114
                                         △ 100             △ 105
           減価償却累計額
                                          13               9
           機械装置及び運搬具(純額)
          工具、器具及び備品                                726              709
                                         △ 672             △ 662
           減価償却累計額
                                          53              47
           工具、器具及び備品(純額)
                                         1,167              1,134
          土地
                                         1,547              1,488
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          17              18
          ソフトウエア
                                                         66
          ソフトウエア仮勘定                                 -
                                           1              1
          その他
                                          19              86
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         2,994              2,474
          投資有価証券
                                          84              69
          退職給付に係る資産
                                                        102
          繰延税金資産                                 -
                                          198              191
          保険積立金
                                          18              25
          その他
                                          △ 6             △ 4
          貸倒引当金
                                         3,290              2,859
          投資その他の資産合計
                                         4,857              4,433
        固定資産合計
                                        12,890              14,337
       資産合計
                                34/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                          315              387
        買掛金
                                          118              117
        未払金
                                          120              126
        未払費用
                                          200              252
        契約負債
                                          361              179
        未払法人税等
                                          168              196
        賞与引当金
                                          38              37
        製品保証引当金
                                          41              59
        修繕引当金
                                          31              35
        その他
                                         1,395              1,391
        流動負債合計
       固定負債
                                           4              1
        長期未払金
                                          190               27
        繰延税金負債
                                                         8
                                          -
        その他
                                          195               37
        固定負債合計
                                         1,590              1,429
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         2,521              2,521
        資本金
                                         3,370              3,376
        資本剰余金
                                         5,178              6,982
        利益剰余金
                                         △ 202             △ 414
        自己株式
                                        10,868              12,465
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          524              472
        その他有価証券評価差額金
                                         △ 93             △ 31
        為替換算調整勘定
                                          430              441
        その他の包括利益累計額合計
                                           1              1
       非支配株主持分
                                        11,300              12,907
       純資産合計
                                        12,890              14,337
     負債純資産合計
                                35/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                       ※1  7,512             ※1  8,743
     売上高
                                       ※2  4,163             ※2  4,652
     売上原価
                                         3,348              4,090
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
                                          232              280
       販売手数料
                                          66              59
       荷造運搬費
                                          123              139
       役員報酬
                                                         17
       株式報酬費用                                    -
                                          402              464
       給料手当及び賞与
                                          59              66
       法定福利費
                                          46              55
       賞与引当金繰入額
                                          40              59
       修繕引当金繰入額
                                          17              19
       減価償却費
                                          240              348
       研究開発費
       貸倒引当金繰入額                                   △ 0             △ 0
                                          373              447
       その他
                                       ※3  1,600             ※3  1,957
       販売費及び一般管理費合計
                                         1,748              2,133
     営業利益
     営業外収益
                                          29              77
       受取利息
                                          38              36
       受取配当金
                                          223              235
       為替差益
                                          23              29
       投資有価証券売却益
                                          13              16
       その他
                                          328              394
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           5              8
       保険解約損
                                           3              3
       支払手数料
                                           1              2
       その他
                                          10              14
       営業外費用合計
                                         2,065              2,513
     経常利益
     特別損失
                                                       ※4  52
       減損損失                                    -
                                                       ※5  4
                                          -
       固定資産除却損
                                                         56
       特別損失合計                                    -
                                         2,065              2,456
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     332              435
                                          10
                                                       △ 234
     法人税等調整額
                                          343              201
     法人税等合計
                                         1,722              2,255
     当期純利益
                                           0              0
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                         1,722              2,255
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                36/78





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                         1,722              2,255
     当期純利益
     その他の包括利益
                                          30
       その他有価証券評価差額金                                                 △ 51
                                          91              61
       為替換算調整勘定
                                         ※ 121              ※ 10
       その他の包括利益合計
                                         1,844              2,265
     包括利益
     (内訳)
                                         1,844              2,265
       親会社株主に係る包括利益
                                           0              0
       非支配株主に係る包括利益
                                37/78
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  2,521         3,370         3,512         △ 202        9,202
     当期変動額
      剰余金の配当
                                        △ 56                △ 56
      親会社株主に帰属する当期
                                        1,722                 1,722
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -       1,666         △ 0       1,665
     当期末残高                  2,521         3,370         5,178         △ 202       10,868
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分         純資産合計
                  その他有価証券評価                 その他の包括利益累
                          為替換算調整勘定
                  差額金                 計額合計
     当期首残高                   494        △ 184         309         1       9,513
     当期変動額
      剰余金の配当                                                    △ 56
      親会社株主に帰属する当期
                                                         1,722
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 0
      株主資本以外の項目の当期
                        30         91        121         0        121
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   30         91        121         0       1,787
     当期末残高                   524        △ 93        430         1      11,300
                                38/78










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  2,521         3,370         5,178         △ 202       10,868
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 451                △ 451
      親会社株主に帰属する当期
                                        2,255                 2,255
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 229        △ 229
      自己株式の処分                           5                 18         23
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                        -         5       1,803         △ 211        1,596
     当期末残高                  2,521         3,376         6,982         △ 414       12,465
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分         純資産合計
                  その他有価証券評価                 その他の包括利益累
                          為替換算調整勘定
                  差額金                 計額合計
     当期首残高                   524        △ 93        430         1      11,300
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 451
      親会社株主に帰属する当期
                                                         2,255
      純利益
      自己株式の取得                                                   △ 229
      自己株式の処分
                                                          23
      株主資本以外の項目の当期
                       △ 51         61         10         0        10
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  △ 51         61         10         0       1,607
     当期末残高                   472        △ 31        441         1      12,907
                                39/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,065              2,456
       税金等調整前当期純利益
                                          52              65
       減価償却費
                                                         52
       減損損失                                    -
                                                         17
       株式報酬費用                                    -
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 0
       受取利息及び受取配当金                                   △ 67             △ 113
       為替差損益(△は益)                                   △ 86             △ 117
       投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 23             △ 29
                                                         4
       固定資産除売却損益(△は益)                                   △ 0
                                                        922
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,575
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 695            △ 1,325
                                          62              53
       仕入債務の増減額(△は減少)
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                  △ 170             △ 138
                                           0
       未収入金の増減額(△は増加)                                                 △ 0
                                          18               6
       未払費用の増減額(△は減少)
                                           7
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                                 △ 1
                                                         15
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                   △ 25
                                          40              17
       修繕引当金の増減額(△は減少)
                                           3
       長期未払金の増減額(△は減少)                                                 △ 3
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                   △ 30             △ 24
                                          265               80
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                                         7
       その他の固定資産の増減額(△は増加)                                    -
                                                         8
                                          -
       その他の固定負債の増減額(△は減少)
                                                       1,955
       小計                                  △ 159
       利息及び配当金の受取額                                    65              109
       法人税等の支払額                                   △ 36             △ 619
                                          12
                                                         -
       法人税等の還付額
                                                       1,445
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 117
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                   △ 66              △ 0
                                                        178
       定期預金の払戻による収入                                    -
       有価証券の取得による支出                                    -             △ 425
                                                        110
       有価証券の売却及び償還による収入                                    -
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 1,109              △ 593
                                          382              769
       投資有価証券の売却及び償還による収入
       有形固定資産の取得による支出                                   △ 30             △ 64
                                           0
       有形固定資産の売却による収入                                                  -
       無形固定資産の取得による支出                                   △ 5             △ 82
       保険積立金の積立による支出                                   △ 71             △ 61
                                          75              60
       保険積立金の解約による収入
                                          △ 1             △ 10
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 825             △ 117
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       自己株式の取得による支出                                   △ 0            △ 229
       配当金の支払額                                   △ 58             △ 446
                                          -              △ 0
       非支配株主への配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                   △ 58             △ 676
                                          156              163
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                                        814
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 845
                                         3,079              2,233
     現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 2,233             ※ 3,048
     現金及び現金同等物の期末残高
                                40/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
           連結子会社は次の         3 社であります。
           TESEC,INC.
           TESEC    (M)  SDN.BHD.
           泰賽国際貿易(上海)有限公司
         2.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社のうち、泰賽国際貿易(上海)有限公司の決算日は12月31日であります。連結財務諸表の作成に
          当たっては、同日現在の財務諸表を使用しておりますが当連結決算日との間に生じた重要な取引については、
          連結上必要な調整を行っております。
         3.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ①有価証券
            その他有価証券
             市場価格のない株式等以外のもの
              時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用して
             おります。
             市場価格のない株式等
              移動平均法による原価法を採用しております。
           ②棚卸資産
            製品及び仕掛品
             個別法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用
            しております。
            原材料
             移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を
            採用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ①有形固定資産(リース資産を除く)
             親会社は定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4
            月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)、連結子会社は定額法を採用しており
            ます。
             なお、耐用年数及び残存価額については、主として法人税法に規定する方法と同一の基準によっており
            ます。
           ②無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
            す。
           ③リース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準
           ①貸倒引当金
             債権等の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ②賞与引当金
             従業員賞与の支払に備えるため、将来の支給見込額のうち当連結会計年度の負担額を計上しておりま
            す。
           ③製品保証引当金
             製品販売後に発生する製品保証費用に備えるため、将来発生する費用見積額を計上しております。
           ④修繕引当金
             建物及び付帯設備の修繕に備えるため、修繕計画に基づく支出見込額のうち当連結会計年度の負担額を
            計上しております。
                                41/78


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
          (4)退職給付に係る会計処理の方法
            当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給
           付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。なお、年金資産が退職給付債務を超過している場合
           には、超過額を退職給付に係る資産として計上しております。
          (5)重要な収益及び費用の計上基準
            当社及び連結子会社の顧客との契約から生じる収益に関する主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足
           する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
           製品販売、サービス提供
            据付及び現地での作業を伴わない製品・サービスの提供について、製品の引渡し及び役務の提供により履
           行義務が充足されることから、当該履行義務を充足した時点で収益を認識しております。なお、「収益認識
           に関する会計基準の適用指針」第98項に定める代替的な取扱いを適用し、製品の販売において、出荷時から
           当該製品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識してお
           ります。
            据付及び現地での作業を伴う製品・サービスの提供について、製品の引渡しと当該製品の据付及び現地で
           の作業を単一の履行義務として識別し、製品の据付及び現地での作業が完了した時点で収益を認識しており
           ます。
            なお、収益は顧客との契約に係る取引価格で測定しております。また、取引の対価は履行義務を充足して
           から主として1年以内に受領しており、重大な金融要素は含んでおりません。
          (6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
           おります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は
           純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めて計上しております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (重要な会計上の見積り)

          棚卸資産
          (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                   (単位:百万円)
                       前連結会計年度           当連結会計年度
          製品                    221           296

          仕掛品                   1,586           2,602

          原材料                    453           702

          (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

           棚卸資産は取得原価で測定しておりますが、連結会計年度末における正味売却価額が取得原価を下回って
          いる場合には、当該正味売却価額で測定し、取得原価との差額を原則として売上原価に認識しております。
           正味売却価額の算定にあたっては販売見込みを基礎としており、過去の販売実績に現在の受注状況から予
          想される今後の需要を加味して、棚卸資産の販売見込みを判断しております。当該販売見込みは、半導体市
          況及び半導体設備投資動向等の外部環境の影響を受けるため、市場環境が悪化して正味売却価額が下落した
          場合には、翌期の連結財務諸表において損失が発生する可能性があります。
                                42/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         (会計方針の変更)
          (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
            「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                      2021年6月17日。以下「時
           価算定会計基準適用指針」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第
           27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわ
           たって適用することといたしました。これによる、連結財務諸表に与える影響はありません。
            なお、「金融商品関係」注記の金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項における投資信託に関
           する注記事項においては、時価算定会計基準適用指針第27-3項に従って、前連結会計年度に係るものにつ
           いては記載しておりません。
         (連結貸借対照表関係)

        当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と貸出コミットメント契約を締結しております。この契約
        に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
        貸出コミットメントの総額                          1,000百万円                 1,000百万円
        借入実行残高                           -                 -
               差引額                   1,000                 1,000
         (連結損益計算書関係)

     ※1 顧客との契約から生じる収益
         売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との
        契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)1.顧客との契約から生じる収益を分解
        した情報」に記載しております。
     ※2 期末棚卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま

        す。
                 前連結会計年度                           当連結会計年度
               (自 2021年4月1日                          (自 2022年4月1日
                至 2022年3月31日)                            至 2023年3月31日)
                          65 百万円                         105  百万円
     ※3 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                 前連結会計年度                           当連結会計年度
               (自 2021年4月1日                          (自 2022年4月1日
                至 2022年3月31日)                            至 2023年3月31日)
                          240  百万円                         348  百万円
     ※4 減損損失

         当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
             場所                  用途                  種類
                                          建物及び構築物、工具、器具及び
      長野県上伊那郡南箕輪村                  遊休資産
                                          備品、土地
         当社グループは、事業用資産と遊休資産の区分を基礎とし、独立したキャッシュ・フローを生み出す単位によっ
        て資産のグルーピングを行っております。
         上記の遊休資産については、収益性が低下していることから、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額
        を減損損失(52百万円)として特別損失に計上しました。その内訳は、建物及び構築物18百万円、工具、器具及び
        備品0百万円及び土地33百万円であります。
         なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、建物及び土地については不動産鑑定評価額により評価
        しております。
                                43/78



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     建物及び構築物                                 -百万円                  4百万円
     機械装置及び運搬具                                 -                  0
     工具、器具及び備品                                 -                  0
              計                        -                  4
         (連結包括利益計算書関係)

     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
        その他有価証券評価差額金:
         当期発生額                          68百万円                △34百万円
         組替調整額                         △23                 △50
          税効果調整前
                                   44                △85
          税効果額                        △14                  33
          その他有価証券評価差額金
                                   30                △51
        為替換算調整勘定:
         当期発生額                          91                 61
           その他の包括利益合計
                                   121                  10
                                44/78













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                     5,778           -          -        5,778

            合計               5,778           -          -        5,778

     自己株式

      普通株式(注)                      130           0         -         130

            合計                130           0         -         130

      (注)自己株式の株式数の増加は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
         決議       株式の種類                        基準日           効力発生日
                       (百万円)       配当額(円)
     2021年5月11日
                 普通株式          56       10    2021年3月31日            2021年6月10日
     取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり
         決議       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)             配当額(円)
     2022年5月10日
                 普通株式         451   利益剰余金           80   2022年3月31日         2022年6月9日
     取締役会
         当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     5,778           -          -        5,778

            合計               5,778           -          -        5,778

     自己株式

      普通株式(注)                      130          76          11         195

            合計                130          76          11         195

      (注)1.自己株式の数の増加は、取締役会決議による自己株式の取得76千株による増加分であります。
        2.自己株式の数の減少は、譲渡制限付株式報酬としての自己株式処分11千株による減少分であります。
                                45/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
         決議       株式の種類                        基準日           効力発生日
                       (百万円)       配当額(円)
     2022年5月10日
                 普通株式          451       80    2022年3月31日            2022年6月9日
     取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり
         決議       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)             配当額(円)
     2023年5月9日
                 普通株式         558   利益剰余金           100   2023年3月31日         2023年6月9日
     取締役会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                             至   2022年3月31日)               至   2023年3月31日)
         現金及び預金勘定                          2,489   百万円               3,136   百万円
         預入期間が3ヵ月を超える定期預金                          △255                  △88
         現金及び現金同等物                          2,233                 3,048
                                46/78












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、通常は運転資金及び設備資金とも内部資金により賄っておりますが、資金需要が急増し
           た場合等は銀行借入により調達しております。余剰資金は主に安全性及び流動性の高い金融資産で運用し、
           デリバティブ取引は行っておりません。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

            営業債権である受取手形及び売掛金は顧客の信用リスクに晒されておりますが、与信管理基準に従い、取
           引先ごとの期日管理や残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を定期的に把握しております。ま
           た、輸出取引で生じる外貨建ての営業債権は為替の変動リスクに晒されておりますが、為替変動に応じた価
           格の見直しや円貨建て取引の推進などにより、当該リスクの低減を図っております。
            有価証券及び投資有価証券は主に高格付け債券や流動性の高い投資信託ですが、発行体の信用リスク及び
           市場価格の変動リスクに晒されております。保有限度等を定めた資金運用基準に従い、定期的に時価の把握
           や運用状況の見直しを行っております。
            営業債務である買掛金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であり、その決済時において流動性リス
           クに晒されますが、定期的な資金繰計画の見直しや一定水準の手許流動性を維持することにより、当該リス
           クを管理しております。
          (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
           り、当該価額が変動することもあります。
         2.金融商品の時価等に関する事項

           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
           前連結会計年度(2022年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)            差額(百万円)
                            (百万円)
         有価証券及び投資有価証券                        3,117            3,117             -
         資産計                       3,117            3,117             -

        (※1)現金は注記を省略しており、預金、受取手形、売掛金、買掛金は短期間で決済されるため時価が帳簿価額
            に近似するものであることから、記載を省略しております。
        (※2)一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従い、基準価額を時価とみなす投資信託等が含まれており
            ます。
           当連結会計年度(2023年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)            差額(百万円)
                            (百万円)
         有価証券及び投資有価証券                        3,200            3,200             -
         資産計                       3,200            3,200             -

        (※1)現金は注記を省略しており、預金、受取手形、売掛金、買掛金は短期間で決済されるため時価が帳簿価額
            に近似するものであることから、記載を省略しております。
        (※2)一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従い、基準価額を時価とみなす投資信託等が含まれており
            ます。
                                47/78





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        (注)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(2022年3月31日)
                                     1年超         5年超
                            1年以内                          10年超
                                    5年以内         10年以内
                           (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)         (百万円)
           現金及び預金                   2,489          -         -         -
           受取手形                    221         -         -         -

           売掛金                   2,603          -         -         -

           有価証券及び投資有価証券

            その他有価証券のうち満期
            があるもの
            (1)債券(社債)                    121        1,399          -         -
            (2)その他                    -         -         49         -

                 合計             5,436         1,399          49         -

           当連結会計年度(2023年3月31日)

                                     1年超         5年超
                            1年以内                          10年超
                                    5年以内         10年以内
                           (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)         (百万円)
           現金及び預金                   3,136          -         -         -
           受取手形                     22         -         -         -

           売掛金                   1,891          -         -         -

           有価証券及び投資有価証券

            その他有価証券のうち満期
            があるもの
            (1)債券(社債)                    730         912         -         -
            (2)その他                    -         49         -         -

                 合計             5,781          962         -         -

                                48/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
            金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベル
           に分類しております。
            レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時
                    価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
            レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算
                    定に係るインプットを用いて算定した時価
            レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
            時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞ
           れ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
           (1)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

             前連結会計年度(2022年3月31日)
                                      時価(百万円)
             区分
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
     有価証券及び投資有価証券

      その他有価証券
       株式                        538          -         -         538
       債券(社債)                        -         822         641        1,463
            資産計                  538         822         641        2,002

    (※)「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日。以下、「時価算定
        適用指針」という)第26項に従い、経過措置を適用した投資信託は上表には含めておりません。当該投資信託の連
        結貸借対照表計上額は1,114百万円となります。
             当連結会計年度(2023年3月31日)

                                      時価(百万円)
             区分
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
     有価証券及び投資有価証券

      その他有価証券
       株式                        579          -         -         579

       債券(社債)                        -        1,027          562        1,589
       その他                        478         552          -        1,031
            資産計                 1,058         1,579          562        3,200

           (2)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

             前連結会計年度(2022年3月31日)
             該当事項はありません。
             当連結会計年度(2023年3月31日)

             該当事項はありません。
                                49/78





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
           (注)1.時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
           有価証券及び投資有価証券
            上場株式及び上場投資信託は取引所価格によっており、市場の活発性に基づきレベル1に分類しておりま
           す。
            債券(社債)は市場価格及び割引キャッシュフロー法等で算定された取引金融機関からの提示価格によっ
           ており、クレジットスプレッド等の観察できないインプットを用いて価格を算定している場合はレベル3に
           分類し、その他はレベル2に分類しております。
            非上場投資信託は取引金融機関等の第三者が公表する基準価額によっており、レベル2に分類しておりま
           す。
           (注)2.時価で連結貸借対照表に計上している金融商品のうちレベル3の時価に関する情報
              (1)重要な観察できないインプットに関する定量的情報
                当社において、レベル3の時価に分類される金融商品は、全て第三者から入手した価格を調整せ
               ずに使用しているものであるため、記載を省略しております。
              (2)期首残高から期末残高への調整表、当期の損益に認識した評価損益

                前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                      当期の損益に
                         当期の損益又は
                                  購入、売
                                                      計上した額の
                        その他の包括利益
                                       レベル3     レベル3
                                                      うち連結貸借
                                  却、発行                期末
                    期首
                                       の時価へ     の時価か          対照表日にお
                             その他の
                    残高
                                  及び決済                残高
                        損益に
                                                      いて保有する
                                       の振替     らの振替
                             包括利益
                                                      金融商品の評
                                  の純額
                         計上
                             に計上
                                                      価損益
     有価証券及び投資有価証券
      その他有価証券
       債券(社債)              435      -      5    200      -     -     641        -
                当連結会計年度(2023年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                                      当期の損益に
                         当期の損益又は
                                  購入、売
                                                      計上した額の
                        その他の包括利益
                                       レベル3     レベル3
                                                      うち連結貸借
                                  却、発行                期末
                    期首
                                       の時価へ     の時価か          対照表日にお
                             その他の
                    残高
                                  及び決済                残高
                        損益に
                                                      いて保有する
                                       の振替     らの振替
                             包括利益
                                                      金融商品の評
                                  の純額
                         計上
                             に計上
                                                      価損益
     有価証券及び投資有価証券
      その他有価証券
       債券(社債)              641     △3     △3     △71      -     -     562        -
              (3)時価の評価プロセスの説明

                当社において、時価で連結貸借対照表に計上している金融商品のうちレベル3の時価のものは、
               全て第三者から入手した価格を使用しております。第三者から入手した価格を使用するにあたって
               は、使用されている評価技法及びインプットの確認等の適切な方法により価格の妥当性を検証して
               おります。
              (4)重要な観察できないインプットを変化させた場合の時価に対する影響に関する説明

                該当事項はありません。
                                50/78





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
         1.その他有価証券
           前連結会計年度(2022年3月31日)
                            連結貸借対照表
                    種類                   取得原価(百万円)            差額(百万円)
                            計上額(百万円)
                (1)株式                 538           217           321

     連結貸借対照表計上
                (2)債券                 912           865            47
     額が取得原価を超え
                (3)その他                 907           611           296
     るもの
                    小計            2,359           1,694            665
                (1)株式                 -           -           -

     連結貸借対照表計上
                (2)債券                 550           564           △13
     額が取得原価を超え
                (3)その他                 206           211           △5
     ないもの
                    小計             757           776           △18
              合計                 3,117           2,470            646

           当連結会計年度(2023年3月31日)

                            連結貸借対照表
                    種類                   取得原価(百万円)            差額(百万円)
                            計上額(百万円)
                (1)株式                 579           217           361

     連結貸借対照表計上
                (2)債券                 606           562            44
     額が取得原価を超え
                (3)その他                 689           462           227
     るもの
                    小計            1,875           1,243            632
                (1)株式                 -           -           -

     連結貸借対照表計上
                (2)債券                 983          1,039            △56
     額が取得原価を超え
                (3)その他                 341           356           △15
     ないもの
                    小計            1,324           1,396            △71
              合計                 3,200           2,639            561

                                51/78








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         2.売却したその他有価証券
           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                   売却益の合計額              売却損の合計額
           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
      (1)株式                       -              -              -

      (2)債券                       -              -              -

      (3)その他                      282               23              -

          合計                  282               23              -

           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                   売却益の合計額              売却損の合計額
           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
      (1)株式                       -              -              -

      (2)債券                      684               27              -

      (3)その他                       84               1              -

          合計                  769               29              -

                                52/78














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
         1.採用している退職給付制度の概要
           当社は、確定給付型の制度として、1988年4月1日より定年退職者を受給対象者とし、支給される退職金の
          一部について適格退職年金制度を設け、1994年12月1日より採用枠を拡大し全部移行いたしました。
           なお、2007年7月1日付で従来の適格退職年金制度を廃止し、確定拠出年金制度及び確定給付企業年金制度
          並びに退職一時金制度へ移行いたしました。
           当社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付
          費用を計算しております。
         2.確定給付制度

          (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の期首残高と期末残高の調整表
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日
                                   至 2022年3月31日)             至 2023年3月31日)
         退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の
                                         △59百万円             △84百万円
         期首残高
          退職給付費用                                 13             47
          退職給付の支払額                                △23             △16
          制度への拠出額                                △15             △15
         退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の
                                         △84             △69
         期末残高
          (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

           に係る資産の調整表
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2022年3月31日)             (2023年3月31日)
        積立型制度の退職給付債務                                 517百万円             497百万円
        年金資産                                △602             △566
                                         △84             △69
        非積立型制度の退職給付債務                                  -             -
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 △84             △69
        退職給付に係る負債                                  -             -

        退職給付に係る資産                                 △84             △69
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 △84             △69
          (3)退職給付費用

            簡便法で計算した退職給付費用                    前連結会計年度13百万円             当連結会計年度47百万円
         3.確定拠出制度

           当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度23百万円、当連結会計年度23百万円であります。
                                53/78







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
         1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度            当連結会計年度
                                 (2022年3月31日)            (2023年3月31日)
          繰延税金資産
           税務上の繰越欠損金(注)2                            390百万円            82百万円
           賞与引当金                             51            59
           未払費用                             9            8
           製品保証引当金                             11            11
           棚卸資産評価損                            196            193
           減損損失                            218            234
           投資有価証券評価損                            163            162
           ゴルフ会員権評価損                             1            1
           繰越外国税額控除                             1            1
           未実現利益                             36            38
                                       42            49
           その他
          繰延税金資産小計
                                      1,122             844
           税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                           △390             -
                                      △695            △602
           将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
          評価性引当額小計(注)1                           △1,086             △602
          繰延税金資産合計                              36           242
          繰延税金負債
           その他有価証券評価差額金                           △121            △88
           退職給付に係る資産                            △25            △21
           外国子会社の留保利益                            △47            △29
           連結調整                            △30            △27
                                       △1            △0
           その他
          繰延税金負債合計                            △226            △166
          繰延税金資産の純額                              -           102
          繰延税金負債の純額                            △190            △27
    (注)1.評価性引当額が484百万円減少しております。この減少の主な理由は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額

         が減少したことによります。
    (注)2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
    前連結会計年度(2022年3月31日)
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                  1年以内                             5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (百万円)                            (百万円)       (百万円)
                       (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     税務上の繰越欠損金(※1)               148      -     131      -      -     111        390
     評価性引当額              △148       -    △131       -      -    △111        △390
     繰延税金資産                -      -      -      -      -      -        -
    (※1)     税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    当連結会計年度(2023年3月31日)

                        1年超      2年超      3年超      4年超
                  1年以内                             5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (百万円)                            (百万円)       (百万円)
                       (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     税務上の繰越欠損金(※2)                -      -      -      -      -      82        82
     評価性引当額                -      -      -      -      -      -        -
     繰延税金資産                -      -      -      -      -      82     (※3)82
    (※2)     税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    (※3)     税務上の繰越欠損金は、将来の課税所得の見込みにより全額回収可能と判断しております。
                                54/78



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
          なった主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (2022年3月31日)            (2023年3月31日)
        法定実効税率
                                        30.39%            30.37%
        (調整)
         評価性引当額の増減                              △14.45            △19.65
         連結調整項目                               △0.07            △2.19
         繰越欠損金の期限切れ                                1.73             -
         その他                               △0.99            △0.33
        税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                        16.61            8.20
         (収益認識関係)

         1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
          前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                品目
                                                      合計
                    ハンドラ           テスタ          パーツ等
      日本                    50         1,211            220          1,482
      中国                   1,335            558           144          2,037
      台湾                    -           -          178           178
      マレーシア                   1,343            -          656          2,000
      欧州                    276            0          18          295
      米州                     1          86           51          139
      その他                    972           266           138          1,378
      顧客との契約から生じ
                         3,978           2,124           1,409           7,512
      る収益
                          -           -           -           -
      その他の収益
                         3,978           2,124           1,409           7,512
      外部顧客への売上高
          当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                                品目
                                                      合計
                    ハンドラ           テスタ          パーツ等
      日本                    61         1,025            203          1,290
      中国                    457           516           159          1,132
      台湾                    -           73          186           259
      マレーシア                   2,868            59          623          3,551
      欧州                    183           85           36          304
      米州                   1,002            588           61         1,651
      その他                    88          271           192           552
      顧客との契約から生じ
                         4,660           2,620           1,462           8,743
      る収益
                          -           -           -           -
      その他の収益
                         4,660           2,620           1,462           8,743
      外部顧客への売上高
         2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

           収益を理解するための基礎となる情報は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項) 3.会
          計方針に関する事項 (5)重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
                                55/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会
          計年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時
          期に関する情報
          (1)  契約資産及び契約負債の残高等
                                  前連結会計年度           当連結会計年度
          顧客との契約から生じた債権(期首残高)                           1,235百万円           2,824百万円

          顧客との契約から生じた債権(期末残高)                           2,824           1,914

          契約資産(期首残高)                             -           -

          契約資産(期末残高)                             -           -

          契約負債(期首残高)                             72           200

          契約負債(期末残高)                            200           252

           契約負債は、顧客からの前受金に関するものであり、収益の認識に伴い取り崩されます。

           前連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、70百万円であり
          ます。
           当連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、165百万円であ
          ります。
          (2)  残存履行義務に配分した取引価格

           当社グループにおいては、予想契約期間が1年を超える重要な取引はありません。また、顧客との契約から
          生じる対価の中に、取引価格に含まれていない重要な金額はありません。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
           当社グループは、半導体検査装置の製造・販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
          す。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                          ハンドラ         テスタ        パーツ等          合計
             外部顧客への売上高                3,978         2,124         1,409         7,512

           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                    (単位:百万円)
              日本      中国      台湾    マレーシア        欧州      米州     その他      合計
              1,482      2,037       178     2,000       295      139     1,378      7,512

             (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
                                56/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
           3.主要な顧客ごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                    顧客の名称又は氏名                      売上高       関連するセグメント名
             TEXAS   INSTRUMENTS      MALAYSIA     SDN.   BHD.               1,340
                                                  半導体検査装置
             TEXAS   INSTRUMENTS      SEMICONDUCTOR
                                            1,144
                                                  半導体検査装置
             MANUFACTURING(CHENGDU)CO.,LTD.
           当連結会計年度(自           2022年4月1日         至   2023年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                          ハンドラ         テスタ        パーツ等          合計
             外部顧客への売上高                4,660         2,620         1,462         8,743

           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                    (単位:百万円)
              日本      中国      台湾    マレーシア        欧州      米州     その他      合計
              1,290      1,132       259     3,551       304     1,651       552     8,743

             (注)1.売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
               2.米州への売上高に分類した額のうち、メキシコへの売上高は1,320百万円であります。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:百万円)
                    顧客の名称又は氏名                      売上高       関連するセグメント名
             TEXAS   INSTRUMENTS      MALAYSIA     SDN.   BHD.               3,076
                                                  半導体検査装置
             INFINEON     SOUTHEAST     ASIA   P/L                   1,226
                                                  半導体検査装置
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

            事業セグメントが単一であるため、報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報の記載を省略
           しております。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                57/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                  至   2022年3月31日)            至   2023年3月31日)
        1株当たり純資産額                              2,000.54円              2,311.81円
        1株当たり当期純利益                               304.96円              399.88円
        (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                  至   2022年3月31日)            至   2023年3月31日)
        親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                1,722              2,255
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 -              -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                        1,722              2,255
        益(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                5,648              5,639
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
        ⑤【連結附属明細表】

         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

          該当事項はありません。
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
      (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     1,619          4,369          6,612          8,743
     税金等調整前四半期(当期)
                           532         1,612          2,025          2,456
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                           466         1,321          1,659          2,255
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          82.67          233.86          293.61          399.88
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                          82.67          151.17           59.76          106.34
     (円)
                                58/78




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   第54期              第55期
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         1,465              1,616
        現金及び預金
                                          221               22
        受取手形
                                       ※1  2,790             ※1  2,206
        売掛金
                                          122              725
        有価証券
                                          95              99
        製品
                                         1,586              2,602
        仕掛品
                                          453              702
        原材料
                                          242              380
        未収消費税等
                                         ※1  79            ※1  295
        その他
                                          -              △ 0
        貸倒引当金
                                         7,056              8,651
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                          310              293
          建物
                                           2              3
          構築物
                                           3              2
          機械及び装置
                                           0              0
          車両運搬具
                                          39              34
          工具、器具及び備品
                                         1,167              1,134
          土地
                                         1,523              1,469
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          17              18
          ソフトウエア
                                                         66
          ソフトウエア仮勘定                                 -
                                           1              1
          その他
                                          18              85
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         2,994              2,474
          投資有価証券
                                          53              53
          関係会社株式
                                          59              59
          関係会社出資金
                                          84              69
          前払年金費用
                                                         88
          繰延税金資産                                 -
                                          198              191
          保険積立金
                                           7              7
          その他
                                          △ 6             △ 4
          貸倒引当金
                                         3,392              2,938
          投資その他の資産合計
                                         4,935              4,494
        固定資産合計
                                        11,991              13,145
       資産合計
                                59/78






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   第54期              第55期
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        ※1  316            ※1  387
        買掛金
                                        ※1  145            ※1  135
        未払金
                                          120              126
        未払費用
                                          111              109
        契約負債
                                          358              159
        未払法人税等
                                          168              196
        賞与引当金
                                          38              37
        製品保証引当金
                                          41              59
        修繕引当金
                                          23              29
        その他
                                         1,323              1,241
        流動負債合計
       固定負債
                                           1              1
        長期未払金
                                          147
                                                         -
        繰延税金負債
                                          148               1
        固定負債合計
                                         1,471              1,242
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         2,521              2,521
        資本金
        資本剰余金
                                         3,370              3,370
          資本準備金
                                                         5
                                          -
          その他資本剰余金
                                         3,370              3,376
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                          114              114
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         1,500              1,500
           別途積立金
                                         2,691              4,332
           繰越利益剰余金
                                         4,305              5,946
          利益剰余金合計
        自己株式                                 △ 202             △ 414
                                         9,995              11,430
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          524              472
        その他有価証券評価差額金
                                          524              472
        評価・換算差額等合計
                                        10,520              11,903
       純資産合計
                                        11,991              13,145
     負債純資産合計
                                60/78







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   第54期              第55期
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                        ※ 7,414             ※ 8,157
     売上高
     売上原価
                                          78              95
       製品期首棚卸高
                                         4,215              4,683
       当期製品製造原価
                                         4,294              4,779
       合計
                                          95              99
       製品期末棚卸高
                                        ※ 4,198             ※ 4,679
       製品売上原価
                                         3,215              3,478
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
                                          488              461
       販売手数料
                                          66              59
       荷造運搬費
                                          95              104
       役員報酬
                                                         17
       株式報酬費用                                    -
                                          297              324
       給料手当及び賞与
                                          59              66
       法定福利費
                                          46              55
       賞与引当金繰入額
                                          40              59
       修繕引当金繰入額
                                          10              11
       減価償却費
                                          240              348
       研究開発費
                                          246              283
       その他
                                        ※ 1,591             ※ 1,792
       販売費及び一般管理費合計
                                         1,624              1,685
     営業利益
     営業外収益
                                          22              61
       有価証券利息
                                          92              276
       受取配当金
                                          206              181
       為替差益
                                          23              29
       投資有価証券売却益
                                          12              19
       その他
                                         ※ 358             ※ 568
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           5              8
       保険解約損
                                           3              3
       支払手数料
                                           1              2
       その他
                                          10              14
       営業外費用合計
                                         1,972              2,240
     経常利益
     特別損失
                                                         52
       減損損失                                    -
                                                         4
                                          -
       固定資産除却損
                                                         56
       特別損失合計                                    -
                                         1,972              2,183
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     321              292
                                           7
                                                       △ 201
     法人税等調整額
                                          328               90
     法人税等合計
                                         1,643              2,092
     当期純利益
                                61/78





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        【製造原価明細書】
                               第54期                  第55期
                           (自 2021年4月1日                  (自 2022年4月1日
                            至 2022年3月31日)                  至 2023年3月31日)
                    注記                 構成比                  構成比
           区分               金額(百万円)                  金額(百万円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                           1,984      40.1            2,299      38.0

     Ⅱ 労務費                           1,133      22.9            1,199      19.8

                                1,829                  2,548

     Ⅲ 経費               ※1                 37.0                  42.2
        当期総製造費用                             100.0                  100.0

                                4,947                  6,047
                                1,094                  1,586
        期首仕掛品棚卸高
         合計

                                6,041                  7,634
        他勘定振替高            ※2            238                  348

                                1,586                  2,602

        期末仕掛品棚卸高
        当期製品製造原価                        4,215                  4,683

     原価計算の方法

      個別原価計算を採用しており、原価差額は期末において製品、仕掛品、売上原価等に配賦しております。
     (注)※1.主な内訳は次のとおりであります。

                                  第54期                第55期
                              (自    2021年4月1日             (自    2022年4月1日
                   項目
                               至   2022年3月31日)              至   2023年3月31日)
             外注加工費(百万円)                        1,585                2,231

             減価償却費(百万円)                          35                45

         ※2.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。

                                  第54期                第55期
                              (自    2021年4月1日             (自    2022年4月1日
                   項目
                               至   2022年3月31日)              至   2023年3月31日)
             研究開発費(百万円)                         240                348

             工具、器具及び備品(百万円)                           0                0

             その他(百万円)                         △1                -

                合計(百万円)                      238                348

                                62/78







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          第54期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                         資本剰余金              利益剰余金
                                      その他利益剰余金                  株主資本合
                   資本金                                自己株式
                            資本剰余                   利益剰余           計
                       資本準備金         利益準備金
                            金合計              繰越利益     金合計
                                     別途積立金
                                          剰余金
     当期首残高               2,521     3,370     3,370     114    1,500     1,104     2,718     △ 202    8,408
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △ 56    △ 56        △ 56
      当期純利益
                                           1,643     1,643         1,643
      自己株式の取得                                               △ 0    △ 0
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計
                     -     -     -     -     -   1,587     1,587     △ 0   1,586
     当期末残高               2,521     3,370     3,370     114    1,500     2,691     4,305     △ 202    9,995
                    評価・換算差額等

                               純資産合計
                  その他有価証      評価・換算差
                  券評価差額金      額等合計
     当期首残高                 494      494     8,902
     当期変動額
      剰余金の配当                            △ 56
      当期純利益
                                 1,643
      自己株式の取得                            △ 0
      株主資本以外の項目の当期変
                       30      30      30
      動額(純額)
     当期変動額合計
                       30      30     1,617
     当期末残高                 524      524     10,520
                                63/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
          第55期(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
                                                       (単位:百万円)
                                     株主資本
                          資本剰余金               利益剰余金
                                        その他利益剰余金                 株主資本合
                  資本金                                   自己株式
                          その他資本     資本剰余                 利益剰余          計
                     資本準備金             利益準備金
                           剰余金    金合計             繰越利益    金合計
                                       別途積立金
                                            剰余金
     当期首残高
                   2,521    3,370      -   3,370     114    1,500    2,691    4,305    △ 202    9,995
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △ 451    △ 451        △ 451
      当期純利益                                       2,092    2,092         2,092
      自己株式の取得
                                                      △ 229    △ 229
      自己株式の処分                       5    5                     18    23
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    -    -     5    5    -    -   1,641    1,641    △ 211    1,434
     当期末残高              2,521    3,370      5   3,376     114    1,500    4,332    5,946    △ 414   11,430
                    評価・換算差額等

                              純資産合計
                 その他有価証      評価・換算差
                 券評価差額金      額等合計
     当期首残高                524      524     10,520
     当期変動額
      剰余金の配当                          △ 451
      当期純利益                          2,092
      自己株式の取得                          △ 229
      自己株式の処分
                                  23
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 51     △ 51     △ 51
      変動額(純額)
     当期変動額合計                △ 51     △ 51     1,383
     当期末残高
                     472      472     11,903
                                64/78








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.資産の評価基準及び評価方法
          (1)有価証券の評価基準及び評価方法
           子会社株式
            移動平均法による原価法を採用しております。
           その他有価証券
            市場価格のない株式等以外のもの
             時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用してお
            ります。
            市場価格のない株式等
             移動平均法による原価法を採用しております。
          (2)棚卸資産の評価基準及び評価方法
           製品及び仕掛品
            個別法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用し
           ております。
           原材料
            移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
           用しております。
         2.固定資産の減価償却の方法

          (1)有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
            なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
          (2)無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、ソフトウェア(自社利用分)については社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
          (3)リース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         3.引当金の計上基準

          (1)貸倒引当金
            債権等の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
           権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)賞与引当金
            従業員賞与の支払に備えるため、将来の支給見込額のうち当事業年度の負担額を計上しております。
          (3)退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
           しております。
            退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする
           方法を用いた簡便法を適用しております。なお、年金資産が退職給付債務を超過している場合には、超過額
           を前払年金費用として計上しております。
          (4)製品保証引当金
            製品販売後に発生する製品保証費用に備えるため、将来発生する費用見積額を計上しております。
          (5)修繕引当金
            建物及び付帯設備の修繕に備えるため、修繕計画に基づく支出見込額のうち当事業年度の負担額を計上し
           ております。
         4.収益及び費用の計上基準

            当社の顧客との契約から生じる収益に関する主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常の時点
           (収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
           製品販売、サービス提供
            据付及び現地での作業を伴わない製品・サービスの提供について、製品の引渡し及び役務の提供により履
           行義務が充足されることから、当該履行義務を充足した時点で収益を認識しております。なお、「収益認識
           に関する会計基準の適用指針」第98項に定める代替的な取扱いを適用し、製品の販売において、出荷時から
           当該製品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識してお
           ります。
                                65/78


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
            据付及び現地での作業を伴う製品・サービスの提供について、製品の引渡しと当該製品の据付及び現地で
           の作業を単一の履行義務として識別し、製品の据付及び現地での作業が完了した時点で収益を認識しており
           ます。
            なお、収益は顧客との契約に係る取引価格で測定しております。また、取引の対価は履行義務を充足して
           から主として1年以内に受領しており、重大な金融要素は含んでおりません。
         5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
            外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
           ます。
         (重要な会計上の見積り)

          棚卸資産
          (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                   (単位:百万円)
                        前事業年度           当事業年度
          製品                    95           99

          仕掛品                   1,586           2,602

          原材料                    453           702

          (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

           棚卸資産は取得原価で測定しておりますが、事業年度末における正味売却価額が取得原価を下回っている場
          合には、当該正味売却価額で測定し、取得原価との差額を原則として売上原価に認識しております。
           正味売却価額の算定にあたっては販売見込みを基礎としており、過去の販売実績に現在の受注状況から予想
          される今後の需要を加味して、棚卸資産の販売見込みを判断しております。当該販売見込みは、半導体市況及
          び半導体設備投資動向等の外部環境の影響を受けるため、市場環境が悪化して正味売却価額が下落した場合に
          は、翌期の財務諸表において損失が発生する可能性があります。
         (会計方針の変更)

          (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
           「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                      2021年6月17日。以下「時価
          算定会計基準適用指針」という。)を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に
          定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用す
          ることといたしました。これによる、財務諸表に与える影響はありません。
                                66/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
     ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
                                第54期                 第55期
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
        売掛金                           351百万円                 536百万円
        その他流動資産                           54                 240
        買掛金                            6                 2
        未払金                           66                 59
      2 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と貸出コミットメント契約を締結しております。この契約

        に基づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                                第54期                 第55期
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
        貸出コミットメントの総額                          1,000百万円                 1,000百万円
        借入実行残高                           -                 -
               差引額                   1,000                 1,000
         (損益計算書関係)

      ※ 関係会社との取引高
                                第54期                 第55期
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
        売上高                           531百万円                1,629百万円
        仕入高                           27                 51
        販売費及び一般管理費                           348                 376
        営業取引以外の取引高                           54                 240
         (有価証券関係)

          子会社株式及び関連会社株式
           市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                                  第54期                第55期
                 区分
                                 (百万円)                (百万円)
           子会社株式                               53                53

           関連会社株式                               -                -
                                67/78









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
         1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    第54期            第55期
                                 (2022年3月31日)            (2023年3月31日)
          繰延税金資産
           税務上の繰越欠損金                            389百万円            82百万円
           賞与引当金                            51            59
           未払費用                             9            8
           製品保証引当金                            11            11
           棚卸資産評価損                            180            181
           減損損失                            218            234
           投資有価証券評価損                            163            162
           関係会社株式評価損                            81            81
           ゴルフ会員権評価損                             1            1
           繰越外国税額控除                             1            1
                                       41            43
           その他
          繰延税金資産小計
                                     1,150             868
           税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                           △389             -
                                     △760            △671
           将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
          評価性引当額小計                           △1,150             △671
          繰延税金資産合計                             -           197
          繰延税金負債
           その他有価証券評価差額金                           △121            △88
                                      △25            △21
           前払年金費用
          繰延税金負債合計                            △147            △109
          繰延税金資産の純額                             -            88
          繰延税金負債の純額                            △147             -
         2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

          なった主要な項目別の内訳
                                     第54期            第55期
                                  (2022年3月31日)            (2023年3月31日)
        法定実効税率
                                        30.39%            30.37%
        (調整)
         受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              △0.05            △0.04
         外国子会社からの受取配当等の益金不算入額                              △0.80            △3.18
         法人住民税均等割額                               0.47            0.43
         評価性引当額の増減                              △15.16            △21.93
         法人税額の特別控除額                                -          △1.34
         繰越欠損金の期限切れ                               1.82             -
         その他                              △0.01            △0.18
        税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                        16.67            4.13
         (収益認識関係)

           顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関
          係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                68/78





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
                                                       減価償却
                 資産の         当期首      当 期      当 期      当 期      当期末
       区 分
                                                       累 計 額
                 種 類         残 高      増加額      減少額      償却額      残 高
      有形固定資産                                  18
              建物              310      26            23      293     2,083
                                       (18)
                                        0
              構築物               2      1            0      3     105
                                       (0)
              機械及び装置               3      -      0      1      2      83
              車両運搬具
                            0      -      -      -      0      4
                                        0
              工具、器具及び備品              39      21            26      34      600
                                       (0)
                                        33
              土地             1,167       -            -     1,134       -
                                       (33)
                                        52
                  計         1,523       49            51     1,469      2,876
                                       (52)
              ソフトウェア              17      6      -      5      18      -
      無形固定資産
              ソフトウェア仮勘定
                            -      66      -      -      66      -
              その他               1      -      -      0      1      -
                  計          18      72      -      5      85      -
     (注)1.「当期増加額」のうち主なものは次のとおりであります。
        資  産  の  種  類              内容及び金額
        建       物  給排水衛生設備工事                           5百万円
        工具、器具及び備品
                 テスタオプションユニット                           8百万円
        ソフトウェア         次期基幹システム開発ツール                           6百万円
        ソフトウェア仮勘定
                 次期基幹システム                          41百万円
       2.「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
       3.「当期減少額」のうち主なものは次のとおりであります。
        資  産  の  種  類              内容及び金額
        建       物  減損損失 宿泊施設                          18百万円
        土       地  減損損失 長野県上伊那郡南箕輪村                          33百万円
         【引当金明細表】

                                                    (単位:百万円)
         科目         当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高

      貸倒引当金                    6           0           1           5

      賞与引当金                   168           196           168           196

      製品保証引当金                   38           37           38           37

      修繕引当金                   41           63           45           59

      (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                69/78



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                       9月30日
      剰余金の配当の基準日
                       3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                       (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                       三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                       (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                       三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                        ────
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                       電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子
                       公告することができない場合は、日本経済新聞に掲載する。
      公告掲載方法
                       (ホームページアドレス https://www.tesec.co.jp)
      株主に対する特典                  該当事項はありません。
     (注)当社定款の定めにより、単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以
        外を行使することができない。
          会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権を受ける権利
                                70/78











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第54期)(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)2022年6月29日関東財務局長に提出
      (2)  内部統制報告書及びその添付書類
         2022年6月29日関東財務局長に提出
      (3)  四半期報告書及び確認書
         (第55期第1四半期)(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)2022年8月8日関東財務局長に提出
         (第55期第2四半期)(自 2022年7月1日 至 2022年9月30日)2022年11月10日関東財務局長に提出
         (第55期第3四半期)(自 2022年10月1日 至 2022年12月31日)2023年2月13日関東財務局長に提出
      (4)  臨時報告書
         2022年6月30日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく
          臨時報告書であります。
      (5)自己株券買付状況報告書
         報告期間(自2022年11月1日               至2022年11月30日)2022年12月5日関東財務局長に提出
         報告期間(自2022年12月1日               至2022年12月31日)2023年1月6日関東財務局長に提出
         報告期間(自2023年1月1日               至2023年1月31日)2023年2月2日関東財務局長に提出
         報告期間(自2023年2月1日               至2023年2月28日)2023年3月1日関東財務局長に提出
         報告期間(自2023年3月1日               至2023年3月31日)2023年4月4日関東財務局長に提出
                                71/78












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                72/78




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2023年6月29日

    株式会社テセック
       取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人

                           東京事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                            金 子 能 周
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                            田 坂 真 子
                            業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社テセックの2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対
    照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸
    表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
    会社テセック及び連結子会社の2023年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
    キャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要
    であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形
    成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                73/78








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     棚卸資産の評価の合理性
        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

      株式会社テセックの連結貸借対照表において、「製品」                             当監査法人は、棚卸資産の評価の合理性を検討するた
     296百万円、「仕掛品」2,602百万円及び「原材料」702百                            め、主に以下の手続を実施した。
     万円の合計3,600百万円の棚卸資産が計上されており、連                            (1)内部統制の評価
     結総資産の25.1%を占めている。このうち「製品」99百万                             棚卸資産の評価に関連する内部統制の整備状況及び運用
     円、「仕掛品」2,602百万円及び「原材料」702百万円の合                            状況の有効性を評価した。評価にあたっては、特に棚卸資
     計3,404百万円は株式会社テセックの個別財務諸表に計上                            産の評価に利用する情報の正確性を担保するための統制に
     されている。                            焦点を当てた。
      注記事項「(連結財務諸表作成のための基本となる重要                            (2)棚卸資産の評価の合理性の検討
     な事項)3.(1)重要な資産の評価基準及び評価方法」                             棚卸資産の評価の合理性を検討するため、半導体市況及
     に記載のとおり、棚卸資産の貸借対照表価額は収益性の低                            び半導体設備投資動向等の会社の外部環境について経営者
     下に基づく簿価切下げの方法により算定することとし、                          注  に質問したほか、主に以下の手続を実施した。
     記事項「(重要な会計上の見積り)棚卸資産」                     に記載のと      ・過去時点における将来の販売見込みとその後の販売実績
     おり、期末における正味売却価額が取得原価を下回ってい                             を比較し、差異の要因について把握することにより、販
     る場合には、当該正味売却価額をもって貸借対照表価額と                             売見込みの精度を評価した。
     している。                            ・過去の販売実績、現在の受注データ及び外部機関が公表
      正味売却価額は販売見込みを基礎とした見積りによるも                             している半導体検査装置に係る市場予測を総合的に勘案
     のであることから、経営者は、棚卸資産の正味売却価額の                             し、販売見込みの適切性を評価した。
     見積りにあたっては、過去の販売実績に、現在の受注状況
     から予想される今後の需要を加味して販売見込みを判断し
     ている。当該販売見込みは半導体市況及び半導体設備投資
     動向等の影響を受けることから不確実性を伴い、棚卸資産
     の貸借対照表価額に重要な影響を及ぼす。
      以上から、当監査法人は、株式会社テセックに計上され
     ている棚卸資産の評価の合理性が、当連結会計年度の連結
     財務諸表監査において特に重要であり、監査上の主要な検
     討事項に該当すると判断した。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査等委員会の責任は、その
    他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記
    載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容
    と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのよ
    うな重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
                                74/78


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を立
     案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査
     証拠を入手する。
    ・連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関
     連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
     付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
     ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取引
     や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入手
     する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に
     対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止され
    ている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると
    合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    <内部統制監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社テセックの2023年3
    月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、株式会社テセックが2023年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
    統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告
    に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
    監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
    切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
    係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査等委員会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任

                                75/78


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについ
    て合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにあ
    る。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施する。
     内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用さ
     れる。
    ・財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統
     制報告書の表示を検討する。
    ・内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人は、
     内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任を負
     う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識別した
    内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項について報
    告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以  上

     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                76/78











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2023年6月29日

    株式会社テセック
       取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人

                           東京事務所

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                            金 子 能 周
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                            田 坂 真 子
                            業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社テセックの2022年4月1日から2023年3月31日までの第55期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、
    損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    テセックの2023年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適
    正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要であると
    判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成において対
    応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     棚卸資産の評価の合理性

      個別財務諸表の監査報告書で記載すべき監査上の主要な検討事項「棚卸資産の評価の合理性」は、連結財務諸表の監
     査報告書に記載されている監査上の主要な検討事項「棚卸資産の評価の合理性」と実質的に同一の内容である。このた
     め、個別財務諸表の監査報告書では、これに関する記載を省略する。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査等委員会の責任は、その
    他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載内
    容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と財
    務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような重要
    な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
                                77/78


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社テセック(E02049)
                                                           有価証券報告書
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を立
     案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査
     証拠を入手する。
    ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実施
     に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関
     連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、継
     続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどうか
     とともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を
     適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事項を監査
    上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止されている場
    合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると合理的に
    見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                78/78





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。