帝国通信工業株式会社 有価証券報告書 第100期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第100期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 帝国通信工業株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2022年6月29日

    【事業年度】                     第100期(自       2021年4月1日         至   2022年3月31日)

    【会社名】                     帝国通信工業株式会社

    【英訳名】                     Teikoku Tsushin Kogyo Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 羽生 満寿夫

    【本店の所在の場所】                     川崎市中原区苅宿45番1号

    【電話番号】                     (044)422-3171(代表)

    【事務連絡者氏名】                     取締役上席執行役員 丸山 睦雄

    【最寄りの連絡場所】                     川崎市中原区苅宿45番1号

    【電話番号】                     (044)422-3831

    【事務連絡者氏名】                     取締役上席執行役員 丸山 睦雄

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次           第96期       第97期       第98期       第99期       第100期

          決算年月           2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高            (千円)     14,329,346       13,207,754       12,499,701       12,022,184       15,109,134

    経常利益            (千円)      1,131,348       1,291,664        748,173       883,375      2,024,517

    親会社株主に帰属する
    当期純利益又は
                (千円)       779,542       953,439       △ 84,105       755,366      1,584,279
    親会社株主に帰属する
    当期純損失(△)
    包括利益            (千円)      1,832,967         49,037      △ 176,342      2,283,298       1,902,288
    純資産額            (千円)     22,133,724       21,663,967       21,202,255       23,063,436       24,348,650

    総資産額            (千円)     26,454,138       25,504,748       24,575,857       27,270,306       29,087,788

    1株当たり純資産額            (円)      2,209.07       2,157.30       2,110.94       2,296.87       2,433.48

    1株当たり当期純利益
    又は1株当たり当期純            (円)       79.44       97.06       △ 8.55       76.74       161.83
    損失(△)
    潜在株式調整後1株当
                 (円)       79.34       96.95         ―      76.64       161.74
    たり当期純利益
    自己資本比率            (%)        82.0       83.1       84.5       82.9       81.9
    自己資本利益率            (%)        3.7       4.4      △ 0.4       3.5       6.8

    株価収益率            (倍)        16.2       12.5        ―      14.3        8.9

    営業活動による
                (千円)       954,900      2,110,386       1,199,341        409,213      1,788,505
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (千円)      △ 904,744      △ 722,244      △ 684,469      △ 973,273      △ 757,383
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (千円)      △ 454,744      △ 501,332      △ 593,882      △ 467,749      △ 648,698
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                (千円)      7,153,027       7,957,424       7,888,063       6,842,532       7,510,033
    期末残高
    従業員数            (人)       1,894       1,819       1,722       1,586       1,605
     (注)   1 2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。第96期の期首に当該株
         式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)及
         び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
       2 第98期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純
         損失であるため記載しておりません。
       3 第98期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
       4 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第100期の期首から適用してお
         り、第100期に係る主要な経営指標等については当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
       5 第100期の1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益の算定上、株式給付信託(BBT)の信託財産として
         株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式を、期末発行済株式総数及び期中平均株式数
         の計算において控除する自己株式に含めております。
                                  2/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第96期       第97期       第98期       第99期       第100期

          決算年月           2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高            (千円)     10,836,014       10,099,547        9,079,255       9,172,843       10,873,733

    経常利益            (千円)      1,077,194        724,893       442,070       762,414      1,005,654

    当期純利益            (千円)       776,581       617,265       338,794       689,112       831,151

    資本金            (千円)      3,453,078       3,453,078       3,453,078       3,453,078       3,453,078

    発行済株式総数            (千株)       10,141       10,141       10,141       10,141       10,141

    純資産額            (千円)     17,665,341       17,535,883       17,157,668       18,070,298       18,391,308

    総資産額            (千円)     21,160,187       20,673,062       20,214,433       21,630,192       22,591,211

    1株当たり純資産額             (円)      1,798.46       1,783.32       1,743.11       1,833.80       1,878.48

    1株当たり配当額
                        30.00       50.00       50.00       40.00       60.00
    (うち1株当たり             (円)
                        ( 5.00  )    ( 25.00   )    ( 25.00   )    ( 15.00   )    ( 25.00   )
    中間配当額)
    1株当たり当期純利益             (円)       79.14       62.84       34.46       70.01       84.90
    潜在株式調整後1株当
                 (円)       79.04       62.77       34.41       69.92       84.85
    たり当期純利益
    自己資本比率             (%)        83.4       84.8       84.8       83.5       81.4
    自己資本利益率             (%)        4.5       3.5       2.0       3.9       4.6

    株価収益率             (倍)        16.2       19.4       34.4       15.7       17.0

    配当性向             (%)        63.2       79.6       145.1        57.1       70.7

                         237       245       235       234       239
    従業員数
                 (人)
    (外、平均臨時雇用者数)
                         ( 29 )      ( 28 )      ( 25 )      ( 27 )      ( 26 )
    株主総利回り             (%)       141.2       139.4       141.5       136.5       179.0
    (比較指標:配当込み
                 (%)       ( 115.9   )    ( 110.0   )     ( 99.6  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
    TOPIX)
                         237
    最高株価             (円)               1,347       1,261       1,252       1,674
                        (1,442)
                         174
    最低株価             (円)               1,042        902      1,018       1,055
                        (1,116)
     (注)   1   2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。第96期の期首に当該株
         式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当
         期純利益を算定しております。
       2 第96期の1株当たり配当額30円は、中間配当額5円と期末配当額25円の合計となります。なお、2017年10月
         1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しておりますので、中間配当額5円は株式併合前
         の配当額、期末配当額25円は株式併合後の配当額となります。
       3   臨時雇用者数(パートタイマー、アルバイト等)が従業員数の100分の10を超えているため、年間の平均人員
         を(    )外数で記載しております。
       4 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。なお、2017年10月1日付で
         普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しており、第96期の株価については、株式併合前の最高株
         価及び最低株価を記載し、株式併合後の最高株価及び最低株価を( )に記載しております。
       5 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第100期の期首から適用してお
         り、第100期に係る主要な経営指標等については当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
       6 第100期の1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益の算定上、株式給付信託(BBT)の信託財産として
         株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式を、期末発行済株式総数及び期中平均株式数
         の計算において控除する自己株式に含めております。
                                  3/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    2 【沿革】
       年月                           沿革

     1944年8月       無線通信機部品の専門メーカーとして、東京芝浦電気㈱(現在、㈱東芝)、日本電気㈱、日本無線
            ㈱ほか2社の共同出資により、資本金15,000千円をもって帝国通信工業株式会社を設立
     1945年8月       長野県上伊那郡赤穂町(現在、駒ヶ根市)に赤穂工場を開設
     1954年4月       大阪市天王寺区に大阪出張所開設(1965年3月大阪府吹田市に移転、営業所に昇格)
     1961年5月       長野県飯田市に関係会社飯田帝通㈱を設立、固定抵抗器部門に進出
     1961年10月       東京証券取引所株式市場第2部に上場
     1961年12月       長野県須坂市、松田電機㈱(現在、須坂帝通㈱と商号変更)に資本参加、コンデンサー部門に進出
     1964年11月       川崎市中原区に関係会社ノーブル・スタット㈱(2002年10月須坂帝通㈱へ吸収合併)を設立、電力
            抵抗器部門に進出
     1966年9月       中華民国桃園県に合弁会社台湾富貴電子工業㈱を設立
     1969年4月       福井県坂井郡丸岡町(現在、坂井市)に関係会社福井帝通㈱を設立
     1971年2月       東京証券取引所の株式市場第1部に指定替え
     1974年5月       長野県木曽郡木曽福島町(現在、木曽町)に関係会社木曽精機㈱を設立
     1975年2月       川崎市中原区に関係会社帝通エンヂニヤリング㈱を設立
     1978年9月       シンガポールに関係会社シンガポールノーブルエレクトロニクス㈱を設立
     1980年4月       アメリカ・イリノイ州に関係会社ノーブルU.S.A.㈱を設立
     1983年2月       香港に関係会社香港ノーブルエレクトロニクス㈱を設立
     1988年2月       タイに関係会社TTKタイランド㈱を設立
            (現在、ノーブルエレクトロニクス(タイランド)㈱と商号変更)
     1991年5月       長野県上伊那郡箕輪町に関係会社ミノワノーブル㈱(2011年4月福井帝通㈱へ吸収合併)を設立
     1995年5月       タイに関係会社ノーブルV&S㈱(現在、ノーブルプレシジョン(タイランド)㈱と商号変更)を設
            立(2012年6月ノーブルエレクトロニクス(タイランド)㈱へ譲渡)
     1997年5月       中華人民共和国上海市に関係会社ノーブル貿易(上海)有限公司を設立
     2005年10月       ベトナムに関係会社ノーブルエレクトロニクスベトナム㈱を設立
     2009年7月       タイに関係会社ノーブルトレーディング(バンコク)㈱を設立
     2012年3月       中華人民共和国淮安市に関係会社富貴電子(淮安)有限公司を設立
     (注)   2022年4月4日に東京証券取引所の市場区分の見直しにより市場第一部からプライム市場へ移行しております。
                                  4/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(帝国通信工業株式会社)及び子会社16社により構成されてお
     り、抵抗器、前面操作ブロック(ICB)、スイッチなどの電子部品の製造販売を主要事業とし、その他機械・設備
     等の製造販売等を行っております。当社及び関係会社の当該事業に係る位置付けとセグメントとの関連は、下記のと
     おりであります。
      なお、次の部門は、「第5経理の状況  1  連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの
     区分と同一であります。
    〈電子部品〉

     〔生産体制〕
       国内生産は、当社及び当社の生産体制と一体となっている国内子会社が行っております。海外生産は、タイ、中
      国、ベトナムで海外子会社が行っております。
     〔販売体制〕
       国内販売は、概ね当社が行っております。海外販売は東南アジア、北米、中国において各々の海外販売子会社が
      担当し、その他地域は概ね当社が行っております。
      以上述べた電子部品の概要は次のとおりであります。

    〈その他〉









      機械設備等の製造販売会社及び環境対応素材の製造販売会社の国内連結子会社2社、ビル及び家屋の清掃会社の非
     連結子会社1社があります。
                                  5/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     連結子会社のセグメントとの関連は次のとおりであります。
     (電子部品)……会社総数             以下の子会社及び当社を含め 14社

        飯田帝通株式会社                       固定抵抗器及び前面操作ブロックの製造
        須坂帝通株式会社                       固定抵抗器、可変抵抗器及び同部品の製造
        福井帝通株式会社                       可変抵抗器、同部品及び前面操作ブロック部品の製造
        木曽精機株式会社                       可変抵抗器等部品の製造及び販売
        台湾富貴電子工業株式会社                       可変抵抗器及びスイッチ等の製造及び販売
        シンガポールノーブルエレクトロニクス株式                       可変抵抗器及び前面操作ブロック等の販売
        会社
        ノーブルU.S.A.株式会社                       可変抵抗器等の販売
        香港ノーブルエレクトロニクス株式会社                       可変抵抗器等の販売
        ノーブルエレクトロニクス(タイランド)株式                       可変抵抗器、前面操作ブロック及びプラスチック成型品
        会社                       等の製造
        ノーブルエレクトロニクスベトナム株式会社                       可変抵抗器及び前面操作ブロック等の製造
        ノーブル貿易(上海)有限公司                       可変抵抗器及び前面操作ブロック等の販売
        ノーブルトレーディング(バンコク)株式会社                       可変抵抗器及び前面操作ブロック等の販売
        富貴電子(淮安)有限公司                       固定抵抗器の製造
     (その他)……会社総数 2社

        帝通エンヂニヤリング株式会社                       機械設備等の製造及び販売
        株式会社エコロパック                       環境対応素材の製造及び販売
                                  6/105












                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
     (1) 親会社
       該当事項はありません。
     (2) 連結子会社

                                              関係内容

                                  議決権の
                     資本金
       名称        住所            事業内容      所有割合
                                      役員の   資金援助     営業上     設備の
                     (千円)
                                                       その他
                                  (%)
                                      兼任   の有無    の取引     賃貸借
                                                  工場用土地
    飯田帝通㈱         長野県飯田市        60,000   電子部品事業          100.0    有    有   ※
                                                  建物を賃貸
                                                      特定
    須坂帝通㈱         長野県須坂市        27,000   電子部品事業          100.0    有    無   ※      〃
                                                      子会社
                                                      特定
    福井帝通㈱         福井県坂井市        30,000   電子部品事業          100.0    有    無   ※      〃
                                                      子会社
    帝通エンヂニヤリング                                              事務所用等
             川崎市中原区        20,000   その他の事業          100.0    有    有   機械の購入
    ㈱                                              建物を賃貸
             長野県木曽郡
                                                  工場用土地
    木曽精機㈱                 60,000   電子部品事業          100.0    有    有   ※
                                                  建物を賃貸
             木曽町
                                                  事務所用建

    ㈱エコロパック         川崎市中原区        36,000   その他の事業          100.0    有    無    ―
                                                  物を賃貸
             中華民国

                    51,530千
    台湾富貴電子工業㈱                     電子部品事業          58.1    有    無   ※      無
                       NT$
             桃園県
    シンガポールノーブル                 1,500千                        可変抵抗器

             シンガポール           電子部品事業          100.0    有    無         無
    エレクトロニクス㈱                   S$                      等の販売
             アメリカ
                      200千                       可変抵抗器
    ノーブルU.S.A.㈱                     電子部品事業          100.0    有    無         無
                       US$                      等の販売
             イリノイ州
    香港ノーブル                                                   特定
                     2,000千                        可変抵抗器
             香港           電子部品事業          100.0    有    無         無
                       HK$                      等の販売
    エレクトロニクス㈱                                                   子会社
             タイ                                         特定
    ノーブルエレクトロニ                480,678千              100.0
                         電子部品事業              有    無   ※      無
    クス(タイランド)㈱                  BAHT             (6.4)
             アユタヤ                                         子会社
             ベトナム                                         特定

    ノーブルエレクトロニ                 4,999千
                         電子部品事業          100.0    有    無   ※      無
    クスベトナム㈱                   US$
             ハノイ                                         子会社
    ノーブル貿易(上海)         中華人民共和国                                         特定
                      350千                       可変抵抗器
                         電子部品事業          100.0    有    無         無
                       US$                      等の販売
    有限公司         上海市                                         子会社
             タイ
    ノーブルトレーディン                 5,000千              100.0          可変抵抗器
                         電子部品事業              有    無         無
    グ(バンコク)㈱                  BAHT            (100.0)           等の販売
             アユタヤ
    富貴電子(淮安)                                                   特定
             中華人民共和国        8,000千
                         電子部品事業          100.0    有    無   ※      無
             淮安市          US$
    有限公司                                                   子会社
     (注) 1  ※印を付した子会社と当社との営業上の取引は、当該子会社の製品を当社で購入しております。
       2  有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       3   議決権所有割合の(           )内は、間接所有割合で内数となっております。
       4   木曽精機㈱、香港ノーブルエレクトロニクス㈱及びノーブル貿易(上海)有限公司については、売上高(連
         結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
                               香港ノーブル          ノーブル貿易(上海)
          主要な損益情報等            木曽精機㈱
                               エレクトロニクス㈱          有限公司
           (1)  売上高
                       1,626,516千円          2,140,353千円          1,954,667千円
           (2)  経常利益
                        124,600          118,649          109,466
           (3)  当期純利益
                         84,403          118,620           82,308
           (4)  純資産額
                        602,459          160,784          584,956
           (5)  総資産額
                        931,517          816,083         1,296,420
                                  7/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (3) 持分法適用子会社及び関連会社
       該当事項はありません。
     (4) その他の関係会社

       該当事項はありません。
    5 【従業員の状況】

     (1) 連結会社の状況
                                               2022年3月31日       現在
             セグメントの名称                            従業員数(人)
    電子部品                                                1,541

    その他                                                  37
     報告セグメント計                                               1,578
    全社(共通)                                                  27
                合計                                     1,605

     (注) 1  従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
         向者を含む)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、アルバイト等)は、当該臨時従業員の総数が従業員数
         の100分の10未満であるため記載を省略しております。
       2  全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
         ものであります。
     (2) 提出会社の状況

                                               2022年3月31日       現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            239  ( 26 )            43.0             19.0             6,094

             セグメントの名称                            従業員数(人)

    電子部品                                               212  ( 19 )

    その他                                                ― ( ―)

     報告セグメント計                                              212  ( 19 )
    全社(共通)                                                27 ( 7 )
                合計                                    239  ( 26 )

     (注) 1  従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、臨時雇用者
         数(パートタイマー、アルバイト等)は、当該臨時従業員の総数が従業員数の100分の10を超えたため、年間
         の平均人員を(  )外数で記載しております。
       2  平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
       3   全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
         ものであります。
     (3) 労働組合の状況

       当社グループにおいては、役職者を除く従業員をもって帝国通信工業労働組合(全日本電機・電子・情報関連産
      業労働組合連合会傘下)が組織されており、提出会社及び主要な国内子会社にその支部をおいております。
       なお、会社と労働組合との間には、特記すべき事項はありません。
                                  8/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営方針

       当社グループは「電子部品の製造とサービスを通じて世界のお客様に満足して頂ける仕事をいつも提供し続ける
      ことにより、豊かな社会の実現に貢献すること」を企業理念としております。
       この理念のもと、可変抵抗器、固定抵抗器、センサー等の電子部品と、顧客のニーズに応えたカスタムユニット
      である前面操作ブロック[ICB]製品を開発、製造、販売してまいりました。ここで培った経験と蓄積された技
      術をベースに、「抵抗器のNOBLEから新生NOBLEへの深化と進化」を長期ビジョンに、Change(チェンジ:革新)、
      Challenge(チャレンジ:挑戦)、Communicate(コミュニケート:連携)の三つのCを行動指針として、これから
      の社会が求める新たな製品や技術に貢献できる部品やサービスを提供していく所存であります。
     (2)  中長期的な経営戦略等

       当社グループの置かれている市場環境は、顧客ニーズの高度化・多様化により、顧客からの要請への更なる対応
      が求められる一方で、EV車などの脱炭素化加速や5Gなどによる電子部品の需要増加が見込まれ、「顧客ニーズに
      合わせた製品ラインナップの拡大」「注力業界への対応力の強化」「時代のトレンドを先読みした製品開発」を目
      指し未来のNOBLEを見据えて、「抵抗器のNOBLEから新生NOBLEへの深化と進化」を長期ビジョンとして、2021年5
      月に中期5ヵ年計画を策定し、以下の項目を中長期的な基本戦略として取り組んでおります。
      ①既存領域の拡大
       省エネ分野、EV分野へのセメント抵抗の拡販、医療・ヘルスケア分野の横展開によるセンサーの売り上げ拡大、
      ソフト(回路)の拡充による既存顧客への売り上げ拡大など、既存業界への製品の横展開を目指します。
      ②顧客ニーズを捉えた新製品展開
       非接触スイッチ、非接触ポジションセンサー、チップ型固定抵抗など、顧客ニーズ・トレンドを捉えた新製品の
      開発を行います。
      ③新領域の確立(チャレンジ分野)
       上記に加え、長期的なチャレンジ分野として、5Gに関連した通信・公共分野への参入など、トレンド分野への
      展開、防災、医療・ヘルスケア、介護分野への参入など社会課題解決への貢献を目指します。
     (3)  目標とする経営指標

       当社グループは、すべてのステークホルダーの視点に立った経営を進め、中期経営計画の着実な実行による市場
      拡大、設備、インフラ、人材投資を含めた次期中期経営計画を見据えた投資計画による適正利益追求、適切な投資
      と株主への安定的な利益還元及び社員への還元と自己資本の蓄積を重要課題として捉えております。その初年度に
      あたる今期実績が自動車関連市場やカメラ関連市場における半導体等の供給不足による生産計画の変更の影響が全
      体としては軽微であったことから、ゲーム機市場向け、自動車電装向け、生活家電向け、医療ヘルスケア向けの全
      ての市場で大きく伸びた結果、中期経営計画で策定した数値目標を上回る結果となりましたので、その実績を踏ま
      えて中期経営計画の数値見直しを行い、一部修正をいたしました。今中期経営計画の最終年度である2025年度の修
      正後の数値目標につきましては、売上高180億円、営業利益17億円を目指します。
       さらに、当社は脱炭素社会の実現のためカーボンニュートラル目標を設定し、グループ全体のScope2におけるサ
      プライチェーン排出量の削減目標を2030年に2020年比50%、2050年には排出量ゼロ(再生可能エネルギー100%)
      を目指します。
                                  9/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (4)  経営環境と対処すべき課題

       今後の経済見通しにつきましては、                 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進み、各国ではウイズコロナ政
      策が拡大し落ち着きを取り戻しつつありますが、一方で、半導体、電子部品や原材料等の需給ひっ迫の影響が継続
      している中、中国において感染が再拡大したことによるゼロコロナ政策を実施した結果、物流の寸断によるサプラ
      イチェーンの混乱が発生しており、先行き不透明な状況が続いております。さらにロシアによるウクライナ侵攻が
      勃発したことにより、地政学的リスクが高まり、半導体や素材等の供給難と価格高騰に加えて、貴金属やエネル
      ギー価格の高騰も継続していること等、世界経済の先行きは不確実性が増大しております。
       当社グループの属するエレクトロニクス業界においては、経済回復やデジタル化が進展しており需要の拡大基調
      が顕著となってきております。環境規制によりEV等の環境対応車へのシフトが早まる可能性があり、自動車関連市
      場向け部品の需要が拡大しており、また、ゲーム機市場向け等全体的に受注は堅調に推移しております。一方、半
      導体、電子部品や原材料等の調達難から一部顧客の生産計画の見直しによる納入調整要求や、物流ひっ迫等による
      サプライチェーンの混乱等不安定要因が多く、また、サプライヤーからの価格調整要求も強く予断を許さない状況
      が継続しております。
       このような状況の中、当社グループは、引き続き原価低減のための自動化、省人化を継続的に推し進め、生産効
      率を向上させるとともに、半導体、電子部品や原材料等の調達難や価格高騰に対し、サプライヤーとの生産情報の
      共有や生産効率を上げるための計画生産を実施し、業績への影響を最小限となるよう努めてまいります。
       また、2021年5月に中期5ヵ年計画を策定し、その初年度にあたる今期実績が中期経営計画で策定した数値目標
      を上回る結果となりましたので、その実績を踏まえて中期経営計画の見直しを行い、一部修正をいたしました。そ
      の上で、中期経営計画第2ステップである2022年度~2023年度は、その着実な実行のための基礎となる地固めの年
      と位置づけ、人的投資や設備インフラ投資等による体制強化を図り、将来の事業拡大を見据え積極的な投資計画を
      策定致しました。現時点の2023年3月期通期の連結業績予想につきましては、売上高158億円、営業利益13億円を
      目指します。
       前提となる為替レートはUS$1=¥110を想定しております。
                                 10/105












                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下とおりで
     あります    。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1) 市場動向に関するリスク
       当社グループは電子部品の製造販売を主たる事業としておりますが、その顧客のほとんどはグローバルに展開す
      る電子機器セットメーカーであります。世界各地の経済状況やセット(電子機器製品)市場の変化が直接的・間接的
      に当社グループの業績に影響を与えることがあります。
     (2) 特定市場・顧客に依存するリスク
       当社グループはデジタル家電や自動車市場向け売上の比率が高く、これらの市場の変化が直接的・間接的に当社
      グループの業績に影響を与えることがあります。
       当社グループはこれらの市場を構成する顧客に対して幅広く取引を行うように努めておりますが、特定顧客によ
      る市場の寡占化が進むケースもあり、その場合には特定顧客の動向が当社グループの業績に影響を与えることがあ
      ります。
     (3)  製品の欠陥等に関するリスク 
       当社グループは顧客に満足していただける品質の製品やサービスを提供することを企業理念としておりますが、
      不測の事態により顧客に多大な損害を与える場合があります。この場合、顧客から損害賠償を請求される可能性も
      あります。
     (4)  人材確保と育成に関するリスク
       当社グループの継続的な成長は、優秀な人材の確保と育成に大きく依存しております。労働力人口の変化や雇用
      環境の多様化が進む中で、人材の流出防止や新たな人材の獲得が出来ない場合は、当社グループの成長や業績に影
      響を及ぼす可能性があります。
     (5)  特定製品に依存するリスク
       当社グループの主要な製品である前面操作ブロック(ICB)ですが、この製品は顧客の機器の機種別に開発した
      カスタム製品です。従って、顧客の設計開発状況によりその受注成約が左右されることがあります。また、顧客の
      生産計画の変更により当社グループの生産・出荷が影響を受けます。
     (6)  競合に関するリスク
       当社グループは常に国内外の同業他社と競合しております。優位に立ち続ける努力は継続しておりますが、他社
      に先行され優位に立たれ、当社グループの業績に影響を与えることもあります。
     (7)  為替レートの変動リスク
       当社グループの生産及び販売は日本の他、タイ、中国、ベトナム、シンガポール、米国の各国で行われておりま
      す。これらの海外事業所における財務諸表は現地通貨建あるいはUSドル建で作成されており、当社の連結財務諸
      表作成時に円換算されております。従ってこれらの通貨の日本円に対する為替の変動の影響を受けます。
       また日本を含む各事業所の海外取引において日本円の他にUSドル等が使用されているため、それぞれの通貨の
      為替の変動の影響を受けます。
     (8)  情報セキュリティに関するリスク
       当社グループは、事業活動において取得する財務情報、機密情報、個人情報等を、電子情報等の形式で蓄積・利
      用しております。これらの情報の管理は、ハード・ソフト両面において、その都度必要なセキュリティ対策を講じ
      るとともに、基幹システムの冗長化も図っております。しかしながら、コンピューターウィルスによる第三者から
      の攻撃、不正アクセス等によって、保有する機密情報・個人情報の漏洩、基幹システムの障害が発生した場合、当
      社グループの業績および財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (9)  偶発的リスク
       当社グループが事業展開する日本及び海外においていくつかのリスクが潜在しております。
      ①   テロ、戦争、暴動、感染症等による社会的混乱
      ②   政治的、経済的状況の予期せぬ変化
      ③   法律、規制、税制等の変更
      ④   電力、水道等ライフラインの予期せぬ断絶
                                 11/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ⑤   自然災害や火災
       新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進んでおり、各国ではウイズコロナ政策が拡大していますが、中国
      では感染が再拡大しゼロコロナ政策を実施した結果、物流の寸断による物資の不足等引続き不透明な状況が継続し
      ており、当社グループの事業活動に大きく影響を及ぼす可能性があります。当社グループの事業活動に関係する調
      達、生産、物流等の取引先企業において感染が拡大した場合、もしくは所在する地域で感染が拡大した場合、原材
      料、部材、部品等の調達並びに生産の遅れ、顧客企業の事業活動の停滞が影響し、当社グループの経営成績及び財
      政状況に影響を及ぼす可能性がありますが、現在において合理的に予測することは困難であります。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

    (経営成績等の状況の概要)
       当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以
      下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       当連結会計年度の世界経済は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進み、各国ではウイズコロナ政策が
      拡大し落ち着きを取り戻しつつありますが、一方で、半導体、電子部品や原材料等の需給ひっ迫の影響が継続して
      いる中、中国において感染が再拡大したことによるゼロコロナ政策を実施した結果、物流の寸断によるサプライ
      チェーンの混乱が発生しており、先行き不透明な状況が続いております。さらにロシアによるウクライナ侵攻が勃
      発したことにより、地政学的リスクが高まり、半導体や素材等の供給難と価格高騰に加えて、貴金属やエネルギー
      価格の高騰も継続していること等、世界経済の先行きは                          不確実性が増大しております。
       当社グループの属するエレクトロニクス業界においては、経済回復やデジタル化が進展しており需要の拡大基調
      が顕著となってきております。環境規制によりEV等の環境対応車へのシフトが早まる可能性があり、自動車関連市
      場向け部品の需要が拡大しており、また、ゲーム機市場向け等全体的に受注は堅調に推移しております。一方、半
      導体、電子部品や原材料等の調達難から一部顧客の生産計画の見直しによる納入調整要求や、物流ひっ迫等による
      サプライチェーンの混乱等不安定要因が多く、また、サプライヤーからの価格調整要求も強く予断を許さない状況
      が継続しております。
       このような状況の中、当社グループは、引き続き原価低減のための自動化、省人化を継続的に推し進め、生産効
      率を向上させるとともに、半導体、電子部品や原材料等の調達難や価格高騰に対し、サプライヤーとの生産情報の
      共有や生産効率を上げるための計画生産を実施し、業績への影響を最小限となるよう努めてまいりました。
       この結果、当連結会計年度の売上高は151億9百万円(前年同期比25.7%増)となりました。営業利益は16億98百
      万円(前年同期比125.0%増)、経常利益は20億24百万円(前年同期比129.2%増)、親会社株主に帰属する当期純
      利益は15億84百万円(前年同期比109.7%増)となりました。
       セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

       電子部品事業においては自動車関連市場やカメラ関連市場における半導体等の供給不足による生産計画の変更の
      影響が全体としては軽微であったことから、当連結会計年度は前連結会計年度と比較し、ゲーム機市場向け、自動
      車電装向け、生活家電向け、医療ヘルスケア向けの全ての市場で大きく伸びました。
       この結果、電子部品の売上高は145億55百万円(前年同期比26.5%増)となり、営業利益は16億70百万円(前年同
      期比136.7%増)となりました。
       その他の事業においては環境対応緩衝材が半導体関連市場向け、医療機器向けや自動車関連向けに順調に推移し
      ましたが、機械設備の製造販売は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、低調でした。
       この結果、その他事業の売上高は5億53百万円(前年同期比8.1%増)、営業利益は10百万円(前年同期比60.5%
      減)となりました。
       財政状態の状況は次のとおりであります。

       当連結会計年度末の財政状態につきましては、総資産が前連結会計年度末に比べ18億17百万円増加し、290億87百
      万円となりました。その内訳は、流動資産が19億65百万円増加し178億11百万円、固定資産が1億47百万円減少し112
      億75百万円となっております。
       負債は前連結会計年度末に比べ5億32百万円増加し、47億39百万円となりました。その内訳は、流動負債が5億
      32百万円増加し28億92百万円、固定負債は前連結会計年度末並みの18億46百万円となっております。
       これらの結果、純資産は前連結会計年度末に比べ12億85百万円増加し243億48百万円となり、自己資本比率は前連
      結会計年度末の82.9%から81.9%となりました。
                                 12/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (2)  キャッシュ・フローの状況

       当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、次のとおりとなりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       営業活動によって得られたキャッシュ・フローは、17億88百万円(前年同期は4億9百万円)となりました。こ
      れは、税金等調整前当期純利益20億32百万円(前年同期は8億83百万円)、減価償却費7億75百万円(前年同期は
      6億97百万円)、売上債権が1億4百万円増加(前年同期は9億70百万円の増加)、棚卸資産が7億21百万円増加
      (前年同期は76百万円の増加)したことなどによります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       投資活動の結果使用した資金は7億57百万円(前年同期は9億73百万円の使用)となりました。これは、有形固
      定資産の取得に5億92百万円(前年同期は10億48百万円)、投資有価証券の取得に2億1百万円(前年同期は1百万
      円)支出したことなどによります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       財務活動の結果使用した資金は6億48百万円(前年同期は4億67百万円の使用)となりました。これは配当金の
      支払い4億92百万円(前年同期は3億95百万円)、株式給付信託(BBT)等の自己株式の取得1億0百万円(前年同
      期は0百万円)などによります。
       この結果、当連結会計年度の現金及び現金同等物の残高は、6億67百万円増加(前年同期は10億45百万円の減
      少)し、当連結会計年度末の現金及び現金同等物の残高は75億10百万円(前年同期は68億42百万円)となりまし
      た。
     (3)  生産、受注及び販売の状況

      ①生産実績
       当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        セグメントの名称                   生産高(千円)                 前年同期比(%)

    電子部品                             15,024,029                    130.2

    その他                               552,775                   107.9

            合計                      15,576,804                    129.2

     (注) 1  セグメント間の取引については相殺消去しております。
       2   金額は販売価格によっております。
      ②受注実績

       当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
      セグメントの名称             受注高(千円)         前年同期比(%)          受注残高(千円)          前年同期比(%)

    電子部品                   15,599,943           125.8          3,427,806          143.8

    その他                    666,295         133.1           138,278         545.1

         合計              16,266,239           126.1          3,566,085          148.0

     (注)    セグメント間の取引については相殺消去しております。
                                 13/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ③販売実績
       当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        セグメントの名称                   販売高(千円)                 前年同期比(%)

    電子部品                             14,555,751                    126.5

    その他                               553,382                   108.1

            合計                      15,109,134                    125.7

      (注) 1  セグメント間の取引については相殺消去しております。
        2   主な相手先別の販売実績及び当該               販売実績の総販売実績          に対する割合については、総販売実績に対する割
          合が  10%以上を占める        相手先がいないため記載を省略しております。
                                 14/105
















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)

      経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容
       当連結会計年度の経営成績は、電子部品事業においては、半導体等の供給不足に加え、ロシアによるウクライナ
      侵攻による地政学的リスクが高まり電子部品や原材料等の調達難による生産計画の変更や価格高騰懸念はあります
      がその影響が全体としては軽微であったことから、当連結会計年度は前年度と比較し、幅広い市場で好調に推移致
      しました。
       一方、その他の事業においては、環境対応緩衝材が期を通して順調に推移しましたが、機械設備の製造販売は新
      型コロナウイルス感染症の影響を受け、当事業全体では低調でした。
       連結売上高は前連結会計年度と比べ25.7%増加し151億9百万円となり、営業利益は前連結会計年度と比べ
      125.0%増加し16億98百万円となりました。
       当社グループの主要セグメントである電子部品事業を地域別に分析いたしますと、日本では、季節品の暖房機向
      け前面操作ブロックの需要は回復しましたが、第4四半期になり急速に半導体入手難の影響より給湯器向けや自動
      車電装向けは顧客の生産計画変更により売り上げが減少しましたが、医療ヘルスケア向けは安定して堅調に推移い
      たしました。この結果、売上高は73億21百万円(前年同期比17.7%増)、営業利益は8億97百万円(前年同期比
      148.5%増)となりました。
       アジアでは、中国市場向けの可変抵抗器やエアコン用固定抵抗器、デジタルカメラ、ビデオカメラ向け前面操作
      ブロックは、前年度より回復し好調に推移いたしました。この結果、売上高は69億31百万円(前年同期比36.5%
      増)、営業利益は7億93百万円(前年同期比128.8%増)となりました。
       北米では、自動車電装向けの回復がやや遅れましたが、全体的には回復基調で、前年比プラスとなりました。こ
      の結果、売上高は3億2百万円(前年同期比42.8%増)、営業利益は27百万円(前年同期は0百万円の営業損失)
      となりました。
       経常利益については、後半に円安が進行し前連結会計年度は48百万円の為替差損が当連結会計年度は1億59百万円
      の為替差益に転じたこともあり前連結会計年度と比べ129.2%増加し20億24百万円となり、親会社株主に帰属する当
      期純利益は、前連結会計年度と比べ109.7%増加し15億84百万円となりました。
       2021年5月に策定した中期5ヵ年計画の初年度にあたる当連結会計年度の実績が数値目標を上回る結果となりま
      したので、その実績を踏まえて中期経営計画の見直しを行い、一部修正をいたしました。中期経営計画の取組施策
      により、既存領域の拡大や顧客ニーズを捉えた新製品開発を実行し、一部新製品の拡販を今年度より開始し、加え
      て、スタートアップ企業への出資等医療分野への取り組みを強化した結果、医療分野からの引き合いも増えており
      既存領域が確実に拡大しております。また、産業機器市場向け等既存市場への製品の横展開、顧客業界のニーズ・
      トレンドを捉えた新製品開発を進め、既存領域の拡大を目指しております。
       そのうえで、中期計画を3段階に分け、段階毎の売上高・営業利益の目標値を再設定、既存領域の拡大を目指し
      た当連結会計年度の結果を第1ステップとし、基礎となる地固めの年となる2022年度~2023年度を第2ステップと
      位置づけ、その着実な実行のための人的投資や設備インフラ投資等による体制強化を図り、将来の事業拡大を見据
      え積極的な投資計画を策定し、当初計画売上高153億円、営業利益12億円から売上高160億円、営業利益14億円に修
      正いたしました。さらに第2ステップでの体力強化の元、新領域の拡大を目指す2024年度~2025年度を第3ステッ
      プとし、当初計画売上高180億円は変更せず、営業利益を15億円から17億円を目指してまいります。
       当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因として、顧客の設計、製造が外部のOEMやODMといわれ
      る第三者に委託するケースが発生する等により、受注成約に大きな影響を与える要因となり、また、顧客商品の市
      場販売状況についても、当社グループの売上高に大きく影響を与えます。
       また、ロシアによるウクライナ侵攻の動向、新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期、収束後の
      市場ニーズの変化やそれによる材料費高騰や供給問題、金融引き締め等によるインフレの加速、為替の動向等によ
      り、当社グループの将来の業績に影響を与える懸念があります。
                                 15/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (2)  キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報
      キャッシュ・フローの状況の分析
       当社グループの当連結会計年度のキャッシュ・フローは、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経
      営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (経営成績等の状況の概要) (2)キャッシュ・フローの状況」に記
      載のとおりであります。
      資本の財源及び資金の流動性
       当社グループの資本の財源及び資金の流動性として、当連結会計年度末において有利子負債残高が43百万円あり
      ますが、この有利子負債は非連結子会社からの借入金であります。これは当社グループでは財務体質の健全性を堅
      持し、継続的に効率よく事業投資が行えるよう本社にて資金管理を行い、グループ内の資金を効率よく活用するよ
      うにしているためです。
       当社グループの資金需要は主に製造費用、販売費用、設備投資や研究開発費用等であり、これらは日常の営業活
      動によって得られた資金で賄っております。
     (3)  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成され
      ています。連結財務諸表の作成にあたり、期末時点の状況をもとに、種々の見積りと仮定を行っていますが、それ
      らは連結財務諸表、偶発債務に影響を及ぼします。連結財務諸表に与える影響が大きいと考えられる項目・事象は
      以下のとおりです。
       なお、新型コロナウイルス感染症の影響等不確実性が大きく将来事業計画等の見積りに反映させることが難しい
      要素もありますが、期末時点で入手可能な情報に基づいて検証等を行っております。
      ①棚卸資産の評価
       当社グループは、棚卸資産について、正味売却価額に基づき収益性の低下を検討しております。また、一定期間
      を超えて在庫として滞留する棚卸資産についても、簿価を切り下げております。今後の市況や需要動向によって
      は、追加の評価減が必要となる可能性があります。
      ②繰延税金資産
       当社グループは、繰延税金資産について定期的に回収可能性を検討し、当該資産の回収が不確実と考えられる部
      分に対して評価性引当額を計上しています。回収可能性の判断においては、将来の課税所得見込額と実行可能な
      タックス・プランニングを考慮して、将来の税金負担額を軽減する効果を有すると考えられる範囲で繰延税金資産
      を計上しています。
       将来の課税所得見込額はその時の業績等により変動するため、課税所得の見積りに影響を与える要因が発生した
      場合は、回収懸念額の見直しを行い繰延税金資産の修正を行うため、当期純損益額が変動する可能性があります。
      ③退職給付債務及び退職給付費用
       退職給付債務及び退職給付費用は、主に数理計算で設定される退職給付債務の割引率、年金資産の長期期待運用
      収益率等に基づいて計算しています。割引率は、従業員の平均残存勤務期間に対応する期間の安全性の高い長期債
      利回りを参考に決定し、また、年金資産の長期期待運用収益率は、過去の運用実績及び将来見通し等を基礎として
      設定しています。割引率及び長期期待運用収益率の変動は、将来の退職給付費用に影響を与える可能性がありま
      す。
      ④固定資産の減損
       当社グループは、固定資産の減損に係る回収可能性の評価にあたり、資産のグルーピングをセグメント別に行
      い、収益性が著しく低下した資産グループについて、固定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減損し、当該減少額
      を減損損失として計上しています。
       固定資産の回収可能価額について、将来キャッシュ・フロー、割引率、正味売却価額等の前提条件に基づき算出
      しているため、当初見込んでいた収益が得られなかった場合や、将来キャッシュ・フロー等の前提条件に変更が
      あった場合、固定資産の減損を実施し、当社グループの業績を悪化させる可能性があります。
                                 16/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    4 【経営上の重要な契約等】
      特記事項はありません。
    5  【研究開発活動】

     (1)  研究開発の主体、規模
       当社グループにおける研究開発は、主として当社の開発部門があたり、新製品の開発等、技術開発を担当してお
      ります。また、生産における設備の自動化等の開発は、当社生産技術部門が担当しております。
       これらの研究開発にあたっては必要に応じて、他企業等と共同研究開発を行っております。特に当社の提唱する
      前面操作ブロック製品(ICB製品)及び生体系センサー等の設計開発においては、顧客との密接な共同開発が必要
      であり、デザイン等顧客の設計初期段階から顧客と一体となって開発を進めております。
     (2)  目的及び主要な成果
       新製品開発にあたっては、SMDタイプ及びメカトロニクスの原点となるセンサー系製品の開発と、HMI
      (ヒューマン・マシン・インターフェース)の一翼を担うICB製品の開発とに主力を注いでおります。特にセン
      サー用途に使われる抵抗エレメントの新規開発、更なる高精度化、高寿命化を図っております。更に、磁気や光等
      の非接触センサ-にも取り組んでおります。また固定抵抗においては、素材から見直しを行い、コスト競争力の
      アップ及びチップ化を図っております。機器のデザインコンセプトに重要な関わりをもつICB製品は、単にディ
      スクリート製品をプリント基板上に搭載しただけのものとは異なり、当社のエレメント技術・成型加飾技術・プレ
      ス技術等を駆使して一体に形成したものであります。
       その結果、コンパクト化が進展する映像機器事務機器分野においてプロジェクターやデジタルカメラ向けに、多
      岐にわたるICB製品を市場に送り出すことができました。
       更に、当社独自のフィルム技術を応用し、フレキシブル性を生かした3Dデザインに貢献する曲面センサーや、
      医療分野への商品を展開することができました。
     (3)  活動の方針
       事務機器・車載・産業機器・住宅設備・医療・AV機器・ゲーム機に、エレメント技術やICB技術を応用でき
      るよう、環境に配慮した要素技術開発に磨きをかけて参ります。そして、HMIとしての新しいデバイス、スク
      リーン印刷技術や部品実装技術を生かしたフレキシブルなIoTデバイス等の開発に注力し、                                            更に、通信関連やイ
      ンフラ等の新規市場にも、新たなモジュール製品を提案していく所存です。
       なお、当連結会計年度の研究開発費の総額は                    485,178    千円であります。
                                 17/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当連結会計年度の設備投資額は、                600  百万円であります。その主なものは、電子部品事業において合理化投資など
     省力化等機械設備373百万円であります。これらは自己資金で賄いました。
    2 【主要な設備の状況】

     (1) 提出会社
                                              ( 2022年3月31日       現在)
                                      帳簿価額(千円)
                                                        従業
        事業所名        セグメント
                     設備の内容                                   員数
        (所在地)         の名称
                           建物及び     機械装置      土地
                                                        (人)
                                         リース資産      その他     合計
                            構築物    及び運搬具     (面積㎡)
                                      47,003
    本社                 統括業務
                                                         146
                電子部品            182,154     40,211    (15,216)       ―   62,042    331,411
                                                         (15)
    (川崎市中原区)                 施設
                                        ―
                                      41,356
    赤穂工場                 電子部品
                                                         88
                電子部品            274,233     229,019     (52,650)       ―   32,595    577,204
                                                         (7)
    (長野県駒ヶ根市)                 製造設備
                                        ―
                                      3,042
    大阪営業所                 電子部品
                                                         5
                電子部品            8,463      ―    (237)      ―    164    11,671
                                                         (4)
    (大阪府吹田市)                 販売設備
                                        ―
     (2) 国内子会社

                                              ( 2022年3月31日       現在)
                                      帳簿価額(千円)
                                                        従業
         会社名        セグメント
                     設備の内容                                   員数
        (所在地)         の名称
                           建物及び     機械装置      土地
                                                        (人)
                                         リース資産      その他     合計
                            構築物    及び運搬具     (面積㎡)
                                      13,894
    飯田帝通㈱                 電子部品
                電子部品            39,159     11,963    (27,016)       ―    3,768    68,784     5
    (長野県飯田市)                 製造設備
                                        ―
                                      8,481
    須坂帝通㈱                 電子部品
                電子部品            266,017     105,243     (9,736)       ―   14,467    394,209     34
    (長野県須坂市)                 製造設備
                                        ―
                                      87,902
    福井帝通㈱                 電子部品
                電子部品            41,471    142,622     (22,790)       297    30,549    302,843     29
    (福井県坂井市他)                 製造設備
                                        ―
                                     114,677
    木曽精機㈱                 電子部品
                電子部品            543,321     279,121     (18,019)       723    47,173    985,017     78
    (長野県木曽郡木曽町)                 製造設備
                                        ―
                                        ―
    帝通エンヂニヤリング㈱                 機械設備等
                その他            5,978       0    ―     ―     0   5,978    25
    (川崎市中原区他)                 製造設備
                                        ―
                                        ―
     ㈱エコロパック
                     環境対応素材
                その他            23,128     13,484       ―     ―    2,213    38,826     12
                     製造設備
     (川崎市中原区他)
                                        ―
                                 18/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (3) 在外子会社
                                              ( 2022年3月31日       現在)
                                      帳簿価額(千円)
                                                        従業
         会社名        セグメント
                     設備の内容                                   員数
        (所在地)         の名称
                           建物及び     機械装置      土地
                                                        (人)
                                         リース資産      その他     合計
                            構築物    及び運搬具     (面積㎡)
                                      59,397
    台湾富貴電子工業㈱                 電子部品
                電子部品            9,951    16,615     (6,939)       ―   14,360    100,325     46
    (中華民国桃園県)                 製造設備
                                        ―
    シンガポールノーブルエレク
                                        ―
                     電子部品
    トロニクス㈱
                電子部品            30,887     6,316      ―     ―   12,580     49,783     11
                     販売設備
                                        ―
    (シンガポール)
                                      40,129
    ノーブルU.S.A.㈱                 電子部品
                電子部品            8,266      ―   (11,820)       ―    1,868    50,264     6
    (アメリカ・イリノイ州)                 販売設備
                                        ―
    香港ノーブルエレクトロニク
                                        ―
                     電子部品
    ス㈱
                電子部品              ―     ―     ―     ―   27,070     27,070     15
                     販売設備
                                        ―
    (香港)
    ノーブルエレクトロニクス(タ
                                     183,966
                     電子部品
    イランド)㈱
                電子部品            139,950     80,133    (30,304)       ―   13,241    417,292     329
                     製造設備
                                        ―
    (タイ・アユタヤ)
    ノーブルエレクトロニクス
                                        ―
                     電子部品
    ベトナム㈱            電子部品            85,405    276,094       ―     ―   22,631    384,130     329
                     製造設備
                                     [27,045]
    (ベトナム・ハノイ)
                                        ―
    ノーブル貿易(上海)有限公司                 電子部品
                電子部品              ―    3,326      ―      ―   22,175     25,502     11
    (中華人民共和国・上海市)                 販売設備
                                        ―
    ノーブルトレーディング
                                        ―
                     電子部品
                電子部品              ―     0    ―     ―    1,055     1,055    15
    (バンコク)㈱
                     販売設備
                                        ―
    (タイ・アユタヤ)
                                        ―
                     電子部品
    富貴電子(淮安)有限公司
                電子部品              ―   126,269       ―     ―   45,762    172,031     421
    (中華人民共和国・淮安市)
                     製造設備
                                     [9,201]
     (注)   1   帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定等の合計であります。
       2  土地の一部を賃借しております。賃借している土地の面積につきましては、[  ]で外書しております。
       3  現在休止中の主要な設備はありません。
       4  従業員数の(  )は、臨時雇用者数を外書しております。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

      当社グループの設備投資については、中期経営計画第2ステップである2022年度~2023年度は、その着実な実行の
     ための基礎となる地固めの年と位置づけ、人的投資や設備インフラ投資等による体制強化を図り、将来の事業拡大を
     見据え積極的な投資を行ってまいります。さらに業界動向、受注動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しており
     ます。設備投資計画は原則として連結会社各社が個別に策定していますが、計画策定に当たっては提出会社を中心に
     調整を図っております。
      なお、翌連結会計年度における設備の新設計画は、電子部品事業において生産設備投資で8億円、インフラ投資で
     4億円、総額12億円を計画しております。経常的な更新と生産効率の向上を目的とした投資に加え生産能力増強を目
     的とした投資も含まれております。
      また、経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 19/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                                   15,901,600

                計                                  15,901,600

      ② 【発行済株式】

              事業年度末現在           提出日現在

                                 上場金融商品取引所名又は
       種類        発行数(株)          発行数(株)                            内容
                                登録認可金融商品取引業協会名
             ( 2022年3月31日       )  (2022年6月29日)
                                   ㈱東京証券取引所
                                                単元株式数は100株
      普通株式          10,141,833          10,141,833      市場第1部(事業年度末現在)
                                                であります。
                                 プライム市場(提出日現在)
        計         10,141,833          10,141,833             ―             ―

                                 20/105













                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
       当社は、2021年6月29日開催の第99期定時株主総会において、業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT
      (=Board     Benefit    Trust))」の導入を決議し、ストック・オプション制度を廃止したため、新規のストック・
      オプションの付与        を行わないこととしております。
      (1)  会社法に基づき、2019年6月27日第97回定時株主総会終結のときに在任する当社取締役、監査役並びに執行役
        員に対し、株式報酬型ストックオプションを目的とした新株予約権を発行することを、2019年6月27日の取締
        役会において決議されたものであります。(注)1,2
    決議年月日                   2019年6月27日
                        当社取締役                            6名
                        当社監査役                            3名
    付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員                          5名
    新株予約権の数(個) ※                   6
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 600(1個当たり100株)
    内容及び数(株)(注)3,4 ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)
                        1株当り1円(1個当たり100円)
    (注)5 ※
    新株予約権の行使期間 ※                   2020年7月18日から2022年7月17日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格           1,051
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額            526
    額(円) ※
                        ・新株予約権者が当社の取締役就業規則等に定める懲戒の事由に該当し
                         た場合には、新株予約権を行使することはできない。
    新株予約権の行使の条件                   ・新株予約権者が自己の都合により当社の取締役、監査役並びに執行役
    (注)6,7 ※                    員でなくなった場合には、新株予約権を行使することはできない。
                         (但し、自己の都合によるかは取締役会で決定する)
                        ・その他、当社と被付与者との間で締結する契約に定める。
    新株予約権の譲渡に関する事項
                        当社取締役会の承認を要する。
    (注)8 ※
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        ―
    付に関する事項(注)9 ※
      ※ 当事業年度の末日(2022年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2022年5月31
       日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)   1   新株予約権の割当日           2019年7月18日
       2  新株予約権の払込金額の算定方法
         次の算式により算定される1株当たりのオプション価格(C)に新株予約権1個の目的となる株式の株(100株)
         を乗じて得た額
        ⅰ  1株当たりのオプション価格(C)


        ⅱ   株価(S):2019年7月18日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(当日に終値がない場
          合は、直近の取引日の終値)
        ⅲ  行使価格(X):1円
        ⅳ  予想残存期間(T):2年
        ⅴ   ボラティリティ(σ):2年(2017年7月19日から2019年7月18日まで)の当社普通株式の普通取引の各取引
          日の終値に基づき算出した株価変動率
        ⅵ  無リスクの利子率(r):残存年数が予想残存期間に対応する国債の利子率
        ⅶ   配当利回り(q):1株当たりの配当金(2019年3月期の配当実績)÷上記ⅱに定める株価
        ⅷ  標準正規分布の累積分布関数(N(・))
       3 割当日以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割当を含む。以下同じ。)または併合を行う場合には、次
         の算式により付与株式数を調整する。
         調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
         また、割当日以降、調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは合理的な範囲で調整する。
       4  新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、当該端数は
         切り捨てるものとし、金銭による精算を行わない。
       5  新株予約権の行使により株式を発行する場合に増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の規定による資
                                 21/105

                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
         本金等増加限度額に0.5を乗じた額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合は、その端数を切り上げ
         た額とする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を控除した額
         と する。
       6  新株予約権者が権利行使をすることができなくなったときは、当社は、取締役会が別途定める日に、無償で
         当該新株予約権を取得することができる。
       7  当社が消滅会社となる合併契約書が承認されたとき、当社が完全子会社となる株式交換契約書承認の議案並
         びに株式移転の議案につき株主総会で承認されたときは、当社は、取締役会が別途定める日に、無償で当該
         新株予約権を取得することができる。
       8  新株予約権証券は発行しない。
       9  当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
         (以下、「組織再編成行為」という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生の時点において残存
         する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編成対象会社」という。)の新株予約
         権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。
         この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編成対象会社は新株予約権を新たに発行するものとす
         る。ただし、以下の条件に沿って再編成対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとす
         る。
        (1) 新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の種類
          再編成対象会社の普通株式とする。
        (2) 新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数
          組織再編成行為の条件等を勘案の上、本文ただし書きに準じて決定する。
        (3) 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          組織再編成行為の条件等を勘案の上調整される行使価額に上記(2)にしたがって決定される株式の数を乗
          じて得られる金額とする。
        (4) 新株予約権を行使することができる期間
          残存新株予約権の権利行使期間と同じとする。
        (5) 譲渡による新株予約権の取得の制限
          各新株予約権を譲渡するときには、再編成対象会社の承認を要するものとする。
        (6)  その他の条件については、残存新株予約権の条件に準じて決定する。
                                 22/105












                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (2)  会社法に基づき、2020年6月26日第98回定時株主総会終結のときに在任する当社取締役、監査役並びに執行役
        員に対し、株式報酬型ストックオプションを目的とした新株予約権を発行することを、2020年6月26日の取締
        役会において決議されたものであります。(注)1,2
    決議年月日                   2020年6月26日
                        当社取締役                            6名
                        当社監査役                            3名
    付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員                          4名
    新株予約権の数(個) ※                   6
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 600(1個当たり100株)
    内容及び数(株)(注)3,4 ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)
                        1株当り1円(1個当たり100円)
    (注)5 ※
    新株予約権の行使期間 ※                   2021年7月17日から2023年7月16日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格           1,092
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額            546
    額(円) ※
                        ・新株予約権者が当社の取締役就業規則等に定める懲戒の事由に該当し
                         た場合には、新株予約権を行使することはできない。
    新株予約権の行使の条件                   ・新株予約権者が自己の都合により当社の取締役、監査役並びに執行役
    (注)6,7 ※                    員でなくなった場合には、新株予約権を行使することはできない。
                         (但し、自己の都合によるかは取締役会で決定する)
                        ・その他、当社と被付与者との間で締結する契約に定める。
    新株予約権の譲渡に関する事項
                        当社取締役会の承認を要する。
    (注)8 ※
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        ―
    付に関する事項(注)9 ※
      ※ 当事業年度の末日(2022年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2022年5月31
       日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)   1   新株予約権の割当日           2020年7月17日
       2  新株予約権の払込金額の算定方法
         次の算式により算定される1株当たりのオプション価格(C)に新株予約権1個の目的となる株式の株(100株)
         を乗じて得た額
        ⅰ  1株当たりのオプション価格(C)


        ⅱ   株価(S):2020年7月17日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(当日に終値がない場
          合は、直近の取引日の終値)
        ⅲ  行使価格(X):1円
        ⅳ  予想残存期間(T):2年
        ⅴ   ボラティリティ(σ):2年(2018年7月18日から2020年7月17日まで)の当社普通株式の普通取引の各取引
          日の終値に基づき算出した株価変動率
        ⅵ  無リスクの利子率(r):残存年数が予想残存期間に対応する国債の利子率
        ⅶ   配当利回り(q):1株当たりの配当金(2020年3月期の配当実績)÷上記ⅱに定める株価
        ⅷ  標準正規分布の累積分布関数(N(・))
       3 割当日以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割当を含む。以下同じ。)または併合を行う場合には、次
         の算式により付与株式数を調整する。
         調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
         また、割当日以降、調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは合理的な範囲で調整する。
       4  新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、当該端数は
         切り捨てるものとし、金銭による精算を行わない。
       5  新株予約権の行使により株式を発行する場合に増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の規定による資
         本金等増加限度額に0.5を乗じた額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合は、その端数を切り上げ
         た額とする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を控除した額
         とする。
       6  新株予約権者が権利行使をすることができなくなったときは、当社は、取締役会が別途定める日に、無償で
         当該新株予約権を取得することができる。
       7  当社が消滅会社となる合併契約書が承認されたとき、当社が完全子会社となる株式交換契約書承認の議案並
                                 23/105

                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
         びに株式移転の議案につき株主総会で承認されたときは、当社は、取締役会が別途定める日に、無償で当該
         新株予約権を取得することができる。
       8  新株予約権証券は発行しない。
       9  当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
         (以下、「組織再編成行為」という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生の時点において残存
         する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
         法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編成対象会社」という。)の新株予約
         権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。
         この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編成対象会社は新株予約権を新たに発行するものとす
         る。ただし、以下の条件に沿って再編成対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
         約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとす
         る。
        (1) 新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の種類
          再編成対象会社の普通株式とする。
        (2) 新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数
          組織再編成行為の条件等を勘案の上、本文ただし書きに準じて決定する。
        (3) 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          組織再編成行為の条件等を勘案の上調整される行使価額に上記(2)にしたがって決定される株式の数を乗
          じて得られる金額とする。
        (4) 新株予約権を行使することができる期間
          残存新株予約権の権利行使期間と同じとする。
        (5) 譲渡による新株予約権の取得の制限
          各新株予約権を譲渡するときには、再編成対象会社の承認を要するものとする。
        (6)  その他の条件については、残存新株予約権の条件に準じて決定する。
                                 24/105













                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                 (千株)       (千株)                     (千円)       (千円)
    2017年10月1日             △40,567        10,141         ―   3,453,078           ―   5,456,313
    (注) 2017年6月29日開催の第95回定時株主総会決議により、2017年10月1日付で普通株式5株を1株に株式併合いた
       しました。これにより、発行済株式総数は、40,567千株減少し、10,141千株となっております。
     (5)  【所有者別状況】

                                               2022年3月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満
                                 外国法人等
           政府及び
      区分                                              株式の状況
                     金融商品     その他の                個人
           地方公共     金融機関                                計
                                                     (株)
                     取引業者      法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数(人)         ―     18     27     76     62      3   4,208     4,394       ―

    所有株式数
              ―   27,881      1,387     8,516     14,675       18   48,336     100,813      60,533
    (単元)
    所有株式数
              ―    27.65      1.38     8.45     14.56      0.02     47.94     100.00        ―
    の割合(%)
     (注)    自己株式284,471株は「個人その他」に2,844単元及び「単元未満株式の状況」に71株含めて記載しておりま
        す。  なお、当該自己株式には、株式給付信託(                   BBT  )の信託財産として株式会社             日本カストディ       銀行(信託E
        口)が保有する当社株式67,500株は含まれておりません。
                                 25/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                               2022年3月31日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                             所有株式数       除く。)の
           氏名又は名称                       住所
                                               (千株)     総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
    日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                         東京都港区浜松町2丁目11-3                       1,080       10.96
    (信託口)
    THE  HONGKONG     AND  SHANGHAI     BANKING
                         10  MARINA    BOULEVARD     #48-01    MARINA
    CORPORATION      LTD  - SINGAPORE     BRANCH
                         BAY  FINANCIAL     CENTRE    SINGAPORE
    PRIVATE    BANKING    DIVISION     CLIENTS    A/C                            946       9.60
                         018983
    8221-623793
                         (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
    (常任代理人 香港上海銀行東京支店)
    株式会社みずほ銀行                     東京都千代田区大手町1丁目5-5                        477       4.84
    株式会社日本カストディ銀行(信託口)                     東京都中央区晴海1丁目8-12                        377       3.83

    ノーブル協力会                     川崎市中原区苅宿45-1                        324       3.30

    帝通工従業員持株会                     川崎市中原区苅宿45-1                        290       2.95

    菊池 公男                     神奈川県横須賀市                        253       2.57

    株式会社横浜銀行                     横浜市西区みなとみらい3丁目1-1                        224       2.28

    有限会社丸子興業                     東京都大田区田園調布2丁目26-22                        221       2.24

    朝日生命保険相互会社                     東京都新宿区四谷1丁目6-1                        200       2.03

              計                    ―              4,397       44.61

     (注)   1.上記のほか当社所有の自己株式284千株があります。なお、この自己株式については株式給付信託(BBT)の
         信託財産として株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式67千株は含まれておりませ
         ん。
       2.2022年4月4日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において                                          GLOBAL    MANAGEMENT
         PARTNERS     LIMITED    及びその共同保有者である株式会社                スノーボールキャピタル           が2022年3月28日現在で以下
         の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2022年3月31日時点における実質所有株式数
         の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                    住所
                                             (千株)        (%)
                           62  Mody   Road,   Tsim   Sha  Tsui,
        GLOBAL    MANAGEMENT      PARTNERS     LIMITED     Kowloon,     Hong   KongUnit     1112,
                                                 946       9.33
                           Floor   11,  Wing   On  Plaza
                           東京都港区虎ノ門5-12-13
        株式会社スノーボールキャピタル                                         30       0.30
                           ザイマックス神谷町ビル8階
                                 26/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (7) 【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                               2022年3月31日       現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                      ―            ―            ―

    議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―            ―

    議決権制限株式(その他)                      ―            ―            ―

                      普通株式       284,400
    完全議決権株式(自己株式等)                                  ―            ―
                      普通株式      9,796,900
    完全議決権株式(その他)                                     97,969         ―
                      普通株式       60,533
    単元未満株式                                  ―            ―
    発行済株式総数                       10,141,833           ―            ―

    総株主の議決権                      ―               97,969         ―

     (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式給付信託(BBT)の信託財産として株式会社日本カスト
        ディ銀行(信託E口)が保有する当社株式67,500株(議決権数675個)が含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                               2022年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                                自己名義      他人名義      所有株式数
                                                   総数に対する
     所有者の氏名又は名称                所有者の住所           所有株式数      所有株式数       の合計
                                                   所有株式数
                                 (株)      (株)      (株)
                                                   の割合(%)
    帝国通信工業㈱             川崎市中原区苅宿45番1号                284,400         ―    284,400        2.80
          計              ―          284,400         ―    284,400        2.80

     (注)株式給付信託(BBT)の信託財産として株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式                                                  67,500株
        につきましては、上記自己株式に含まれておりません。
     (8)  【役員・従業員株式所有制度の内容】

     (株式給付信託(BBT)の導入)
      当社は、2021年5月25日開催の取締役会において、新たに業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board
     Benefit    Trust))」(以下「本制度」といいます。)を導入することを決議し、本制度に関する議案は2021年6月
     29日開催の第99回定時株主総会(以下「本株主総会」といいます。)において決議されました。
      本制度は、当社の取締役(社外取締役を除きます。以下、断りがない限り、同じとします。)及び執行役員(以
     下、「取締役等」といいます。)の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にし、取締役等が株価上昇
     によるメリットのみならず、株価下落リスクまでも株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値
     の増大に貢献する意識を高めることを目的とするものです。
     (1)本制度の概要

      本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託を「本信託」
     といいます。)を通じて取得され、取締役等に対して、当社が定める役員株式給付規程に従って、当社株式及び当社
     株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下「当社株式等」といいます。)が本信託を通じて給付される業績連動型
     株式報酬制度です。なお、取締役等が当社株式等の給付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時となります。
                                 27/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     <ご参考:本制度の仕組み>

     ① 当社は、本株主総会において、本制度について役員報酬の決議を得て、本株主総会で承認を受けた枠組みの範





       囲内において、「役員株式給付規程」を制定します。
     ② 当社は、①の本株主総会決議で承認を受けた範囲内で金銭を信託します。
     ③ 本信託は、②で信託された金銭を原資として当社株式を、取引所市場を通じて又は当社の自己株式処分を引き
       受ける方法により取得します。
     ④ 当社は、「役員株式給付規程」に基づき取締役等にポイントを付与します。
     ⑤ 本信託は、当社から独立した信託管理人の指図に従い、本信託勘定内の当社株式に係る議決権を行使しないこ
       ととします。
     ⑥ 本信託は、取締役等を退任した者のうち「役員株式給付規程」に定める受益者要件を満たした者(以下「受益
       者」といいます。)に対して、当該受益者に付与されたポイント数に応じた当社株式を給付します。ただし、
       取締役等が「役員株式給付規程」に定める要件を満たす場合には、ポイントの一定割合について、当社株式の
       時価相当の金銭を給付します。
     (2)対象者に取得させる予定の株式の総数

      3事業年度分の上限として152,700株(うち取締役分として124,200株)
     (3)本制度の対象者

      当社の取締役(社外取締役及び監査役は、本制度の対象外とします。)及び執行役員を退任した者のうち「役員株
     式給付規程」に定める受益者要件を満たした者。
                                 28/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】          会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                   株式数(株)             価額の総額(千円)

    当事業年度における取得自己株式                                     1,293              1,704

    当期間における取得自己株式                                      40              55

     (注)    当期間における取得自己株式には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式は含まれておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                    当期間

           区分
                               処分価額の総額                   処分価額の総額
                       株式数(株)                   株式数(株)
                                 (千円)                   (千円)
    引き受ける者の募集を行った取得
                             ―         ―         ―         ―
    自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、会社
    分割に係る移転を行った取得自己                        ―         ―         ―         ―
    株式
    その他(注)1                      10,200         24,847           ―         ―
    保有自己株式数                      284,471        ―          284,511        ―

     (注)   1  当事業年度の内訳は、新株予約権の権利行使(株式数10,200株、処分価額の総額24,847千円)であります。
       2  当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
         買取り及び売渡による株式は含まれておりません。
                                 29/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社は、すべてのステークホルダーの視点に立った経営を進め、中期経営計画の着実な実行による市場拡大、設
     備、インフラ、人材投資を含めた中期経営計画を見据えた投資計画による適正利益追求、適切な投資と株主への安定
     的な利益還元及び社員への還元と自己資本の蓄積を重要課題として捉え、売上、利益の成長を目指し、設備投資、人
     員増強等の取組への投資を勘案したうえで事業成長による1株当たりの利益・配当の増額および、株主の利益の最大
     化と、利益に応じた安定的、継続的な配当を方針としております。
      当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配
     当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。なお、当社は「取締役会
     の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款で定めております。
      上記の基本方針に基づく当事業年度の剰余金の配当につきましては、当期の業績及び今後の事業展開等を勘案し、
     中間配当として1株当たり25円00銭、期末配当として1株当たり35円00銭とさせていただきます。また、中期経営計
     画期間中の1株あたりの年間の配当金を下限60円とする当社配当方針により、次期の配当を1株当たり60円(中間期
     30円、期末30円)とさせていただく予定です。
      なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                     配当金の総額            1株当たり配当額
         決議年月日
                       (千円)             (円)
     2021年11月5日
                          246,454              25.00
     取締役会 
     2022年6月29日
                          345,007              35.00
     定時株主総会
                                 30/105














                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考えは、効率的で透明性のある経営を行い、収益性を高め
       ることにより企業価値の向上を図り、すべてのステーク・ホルダーの利益を最大化することを目指し、経営体制
       の整備と監視機能の強化に取り組むことを基本としております。
        取締役及び使用人は社会規範、企業倫理及び法令を遵守して企業活動を行い、コーポレート・ガバナンスを強
       化、向上することで企業価値を高め、信頼される企業として継続的発展を目指します。そのため当社の企業理
       念、経営理念、コンプライアンス基本方針、グループ行動規範を経営の基本方針といたしております。
       ②企業統治の体制の概要及び企業統治の体制を採用する理由

       ⅰ)企業統治の体制の概要
        当社は、上記の基本的な考え方に基づき、コーポレート・ガバナンスを維持するため、以下の企業統治の体制
       を採用しております。
        当社は監査役会制度を採用しており、会社の機関として取締役会、監査役会、会計監査人を設置するとともに
       それを補完するために内部統制委員会、執行役員会を置いております。
        取締役会は代表取締役社長 羽生満寿夫が議長を務めております。その他のメンバーは、水野伸二、丸山睦
       雄、石口和夫の取締役3名と藤野秀美、久古谷敏行の社外取締役2名の計6名で構成し、毎月の定例取締役会の
       他、必要に応じて臨時取締役会を開催して経営方針及び重要な意思決定と業務執行に対する監督等を行う機関と
       して法令、定款、取締役会規則等に基づき、重要事項を付議し、活発な討議を経た上で決議することとしており
       ます。
        当社の監査役会は常勤監査役 畑宮正憲、非常勤監査役 柿沼光利と非常勤監査役 小田切純夫の3名で構成
       しており、うち2名が社外監査役であります。各監査役は取締役会をはじめ主要な会議に出席し客観的な立場
       で、取締役の業務執行を監視しております。監査役会は内部監査室、関連会社監査役との相互連携保持のほか、
       代表取締役との定期的意見交換を通じて相互認識を共有することとしております。
        当社は会計監査人として有限責任監査法人トーマツと監査契約を結んでおり、会計監査を委託しており、公正
       かつ独立した立場から監査を受けております。会計監査人は監査計画を立案し、四半期ごとに四半期レビュー報
       告会を開催し、また期末には会計監査報告会を開催し取締役及び監査役に報告しております。
        内部統制体制として社長を委員長とする内部統制委員会を設け、原則として月1回、社長を議長に取締役が出
       席する中、内部統制・業務監査・リスク対策等全般にわたる方針の決定と対応指示を行う体制をとっておりま
       す。一方、内部統制委員会の指示のもと社長直轄の内部監査室は業務監査部門として子会社を含め内部監査を実
       施する体制としております。内部監査室は監査役会と連携し、監査内容を内部統制委員会へ報告または取締役会
       に直接報告し、内部統制委員会は取締役会経由で監査役会に報告しております。
        執行役員会は羽生満寿夫、水野伸二、丸山睦雄、石口和夫、三井浩二、大江正展、堤正人、佐々木幸、高岡亮
       で構成する中、取締役会の方針に基づき、毎月2回開催され、業務執行の意思決定を行っております。
       ⅱ)企業統治の体制を採用する理由
        執行役員制度を敷いて取締役会による経営の意思決定及び業務監督機能と執行役員の業務執行機能を分離する
       ことにより、経営判断と業務執行の分立を図ることで、相互に統制をかける体制をとっております。
                                 31/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
       ③企業統治に関するその他の事項










       ⅰ)内部統制システムの整備の状況
        内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況は、以下のとおりであります。
        当社及び子会社の取締役および使用人は社会規範、企業倫理及び法令を遵守して企業活動を行い、コーポレー
       ト・ガバナンスを強化、向上することで企業価値を高め、信頼される企業として継続的発展を目指す。そのため
       当社の企業理念、経営理念、コンプライアンス基本方針、グループ行動規範を経営の拠り所とする。
        A.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         取締役及び使用人は当グループの企業理念、経営理念、コンプライアンス基本方針、グループ行動規範に従
        い誠実に行動する。
         内部統制体制として当社代表取締役社長を委員長とする内部統制委員会を設け、内部統制・業務監査・リス
        ク対策等全般にわたる方針の決定と対応指示を行う。社長直轄の内部監査室は業務監査部門として内部監査を
        実施する。
         一方、当社代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、法令・社内規程違反等への対
        応を図る。また、法令や社内規程違反等の早期発見・解決を図るため、当社グループの取締役及び使用人等が
        当社の内部監査室または監査役に通報する制度を設ける。通報を受けた者はコンプライアンス委員会と連携し
        て対応し、当社として公益通報者保護規程に基づき通報者が不利益な扱いを受けることのない体制をとる。
         子会社に対しては、当社の内部監査室が内部統制の有効性と妥当性を確保するため、子会社における内部監
        査を実施し、その結果を内部統制委員会または直接取締役会に報告し、監査役(会)に報告する。
        B.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         当社は、法令・社内規程に基づき、取締役の職務の執行に係る文書その他重要な情報の適切な保存・管理を
        行う。
                                 32/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
        C.当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         当社グループのリスク管理は、内部統制委員会において経営上のリスクを総合的に分析、把握し意思決定を
        図り、また非常時にはそのリスク度合に応じて担当取締役をセンター長とする「危機管理センター」を設け、
        当社グループ全体で対応する体制をとる。
        D.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         当社は、企業価値の向上を目指し、企業経営と業務執行を区分、業務執行機能の一層の強化を図るため執行
        役員制をとる。毎月1回開催される取締役会は経営方針及び重要な意思決定と業務執行に対する監督等を行う
        機関として重要事項を付議し、活発な討議を経た上で決議する。
         取締役会の方針に基づき、毎月2回開催される執行役員会にて業務執行の意思決定を行う。また、国内外の
        代表者が出席し定期的に開催するグローバルな会議において、課題達成の監視、業務執行状況の確認等を通じ
        事業計画の定期的なフォローを行うとともに、経営方針と基本戦略の徹底を行う。
         一方、子会社の重要案件については当社と協働することにより、子会社の取締役の職務の執行の効率を確保
        する。
        E.当社企業グループにおける業務の適正を確保するための体制
         当社の子会社の経営に関しては各社の自主性を尊重しつつ、当社の取締役又は執行役員が全ての子会社の取
        締役又は監査役に就任し、子会社の情報を当社に集約・管理して業務遂行状況を把握するとともに、月次業績
        を当社取締役会及び執行役員会にて確認し、必要に応じて当社から子会社へ訪問し分析、指導を行う。
         また、子会社の取締役からは、当社の担当取締役または担当執行役員に対して職務の執行状況を定期的に報
        告させ、業務の適正を確保するための体制を確保する。
        F.監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項
         監査役会が監査役の職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合は、これを置くこととする。当該使用
        人の人事及び人事処遇等については監査役会の意向を尊重しつつ、取締役会と監査役会が事前に協議の上決定
        する。
        G.監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項及び監査役の職務を補佐する使用人
         に対する指示の実効性の確保に関する体制
         当社は社内規程において監査役を補佐する者は、監査役(会)の指揮命令を最優先にして業務を遂行しなけ
        ればならないとしており、取締役からの独立性を確保する。
        H.取締役及び使用人等が監査役に報告するための体制
         監査役は取締役会その他重要な会議に出席するほか、関係書類の提供を受ける。また、取締役及び使用人な
        らびに子会社の取締役及び使用人等は下記事項について速やかに監査役(会)に報告するものとする。
         なお、この報告についても当社として報告者が不利益な扱いを受けることのない体制をとる。
         (1)    法令に定める事項
         (2)    会社運営に少なからぬ影響を与える事象
         (3)    内部監査室からの監査状況の報告
         (4)    公益通報があった場合、その内容
         (5)    行政当局及び取引所の検査、調査又は命令、勧告、指導等の事実とその内容
         (6)    就業規則で定める懲戒に該当する事実の発生があった場合、その内容
        I.監査役の職務の執行について生ずる費用の処理に係る方針
         監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用
        又は債務の処理等所要の費用の請求を受けたときは、当社はその費用を負担する。
        J.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         監査役(会)は内部監査室、子会社監査役との相互連携保持のほか、代表取締役との定期的意見交換を通じ
        ての相互認識を共有する。また、監査役(会)は必要あれば外部の専門家(弁護士等)を活用できる。
        K.財務報告の信頼性を確保するための体制
         当社及び当社グループが金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統制評価報告制度に適正に対応するた
        め、内部統制委員会の指示のもと、その仕組みが適正に機能することを継続的に評価することにより、財務報
        告の信頼性を確保する体制を整備する。
                                 33/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
        L.その他重要な事項
         当社グループは「コンプライアンス基本方針」および「コンプライアンス規程」ならびに「グループ行動規
        範」において、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切関係を持たず、毅然とした態度で
        対応する旨を定めている。
       ⅱ)リスク管理体制の整備の状況
        上記ⅰ)のCに記載した通りです。
       ⅲ)子会社の業務の適性を確保するための体制整備の状況
        上記ⅰ)のEに記載した通りです。
       ④責任限定契約の内容の概要

        当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役及び監査役(取締役及び監査役であった者を含む)との間
       に、会社法第423条第1項の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することがで
       きる旨定款に定めております。
        また、当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等である者を除く)及び監査役と
       の間に、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。ただし、当該契約に基づく
       損害賠償責任の限度額は、法令が規定する最低責任限度額としております。
       ⑤役員等賠償責任保険契約の内容と概要

        当社は、取締役、監査役ならびに執行役員全員を被保険者として役員等賠償責任保険(以下、「D&O保
       険」  といいます。)契約を保険会社との間で契約しております。保険料は全額を当社が負担しております。
        当該保険契約では、被保険者である役員等が業務に起因して損害賠償責任を負った場合における損害(ただ
       し、法令違反の行為であることを認識して行った行為に起因して生じた損害は填補されないなど、保険契約上で
       定められた一定の免責事由に該当するものを除きます。)等を填補することとしております。
       ⑥取締役の定数

        当社の取締役は10名以内とする旨定款で定めております。
       ⑦取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
       主が出席し、その議決権の過半数を持って行う旨、及び累積投票によらない旨を定款に定めております。
       ⑧株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

       ⅰ)(自己株式の取得)
        当社は、機動的な資本政策の遂行を目的として、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によっ
       て自己株式を取得することができる旨を定款に定めております。
       ⅱ)(中間配当)
        当社は、株主への機動的な利益還元を可能とすることを目的として、会社法第454条第5項の規定により、取
       締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款で定めております。
       ⑨株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
       主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
       ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
       目的とするものであります。
                                 34/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
     男性  9 名 女性    ―名 (役員のうち女性の比率              ―%)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                     (千株)
                              1977年3月      当社入社
                              2007年1月      生産技術部長
                              2012年6月      執行役員生産技術部管掌生産技術
                                    部長
                              2016年4月      上席執行役員生産技術部管掌生産
                                    技術部長
                              2017年4月      上席執行役員生産技術統括生産技
       代表取締役社長
               羽生 満寿夫       1958年11月19日      生        術部長              (注)4      11
                              2017年6月      取締役上席執行役員生産技術統括
                                    生産技術部長
                              2018年4月      取締役上席執行役員事業統括・生
                                    産技術統括生産技術部長
                              2019年4月      取締役常務執行役員事業統括、生
                                    産技術統括
                              2019年6月      代表取締役社長(現任)
                              1981年4月      当社入社
                              2008年4月      執行役員開発部長
                              2008年6月      執行役員開発部管掌開発部長
                              2013年4月      執行役員開発統括開発部管掌開発
                                    部長
                              2014年3月      執行役員開発統括開発部・品質保
                                    証部管掌品質保証部長
                              2015年4月      執行役員品質保証統括国内生産拠
                                    点管掌品質保証部長
        取締役
               水野 伸二      1959年3月25日      生  2015年6月      取締役上席執行役員品質保証統括              (注)4      14
     専務執行役員営業統括
                                    国内生産拠点管掌品質保証部長
                              2016年1月      取締役上席執行役員品質保証統括
                                    国内生産拠点管掌
                              2017年4月      取締役上席執行役員品質保証統括
                              2018年4月      取締役上席執行役員営業統括
                              2019年4月      取締役常務執行役員営業統括
                              2019年6月      取締役専務執行役員営業統括
                              2021年6月      取締役専務執行役員営業統括情報
                                    システム部管掌(現任)
                              1983年4月      当社入社
                              2005年11月      ノーブルU.S.A.㈱代表取締役
                              2011年1月      シンガポールノーブルエレクトロ
                                    ニクス㈱代表取締役
                              2017年4月      営業部長
        取締役
                              2018年4月      執行役員業務統括代理
               丸山 睦雄      1960年11月3日      生                      (注)4       4
                              2019年4月      執行役員業務統括代理、経理室管
     上席執行役員業務統括
                                    掌
                              2019年6月      取締役上席執行役員業務統括(現
                                    任)
                              (他の会社の代表状況)
                              ㈱エコロパック代表取締役
                              1983年4月      当社入社
                              2008年8月      P.T.ノーブルバタム工場長
                              2016年7月      赤穂工場次長兼赤穂工場技術管理
                                    課長
                              2016年11月      赤穂工場次長
                              2017年4月      赤穂工場長
        取締役
               石口    和夫
                     1961年3月5日      生  2019年4月      執行役員赤穂工場長              (注)4       1
     執行役員生産統括
                              2019年6月      執行役員国内生産拠点(赤穂工場
                                    兼飯田帝通担当)赤穂工場長
                              2020年9月      執行役員生産管理部長兼赤穂工場
                                    長
                              2021年4月      執行役員生産統括生産管理部長
                              2021年6月      取締役執行役員生産統括(現任)
                                 35/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                     (千株)
                              1975年4月      東京国税局入局
                              2005年7月      沼津税務署副署長
                              2010年7月      国税庁長官官房東京派遣主任国税
                                    庁監察官
        取締役        藤野 秀美      1957年3月1日      生  2014年7月      甲府税務署長              (注)4       1
                              2016年7月      東京国税局調査第四部長
                              2017年8月      藤野秀美税理士事務所所長(現任)
                              2018年6月      当社取締役(現任)
                              2020年6月      日本道路㈱監査役(現任)
                              1981年4月      労働省(現厚生労働省)入省
                              2005年6月      厚生労働省統計情報部企画課審査
                                    解析室長
                              2013年7月      厚生労働省統計情報部雇用・賃金
        取締役       久古谷 敏行       1957年7月8日      生                      (注)4      ―
                                    福祉統計課長
                              2015年10月      岩手労働局長
                              2018年3月      定年退職
                              2021年6月      当社取締役(現任)
                              1983年4月      ㈱富士銀行(現㈱みずほ銀行)入
                                    行
                              2007年4月      同行広島支店長
                              2009年4月      同行融資・外為事務サービス部長
                              2010年5月      ㈱アヴァンティスタッフ常務執行
       常勤監査役         畑宮 正憲      1960年1月12日      生                      (注)5       1
                                    役員
                              2011年6月      同社常務取締役兼常務執行役員
                              2019年2月      ヒューリック㈱顧問
                              2019年12月      同社退任
                              2020年6月      当社常勤監査役(現任)
                              1981年4月      東京国税局入局
                              2007年7月      新日本アーンストアンドヤング税
                                    理士法人入社
                              2007年9月      税理士登録
               柿沼    光利
        監査役              1958年10月25日      生                      (注)6       2
                              2011年6月      当社監査役(現任)
                              2011年7月      柿沼光利税理士事務所所長(現任)
                              2021年6月      鉱研工業㈱取締役(監査等委員)
                                    (現任)
                              1977年3月      当社入社
                              2002年5月      業務部長
                              2003年6月      経理部長
                              2005年4月      執行役員経理部管掌経理部長
        監査役       小田切 純夫       1953年7月13日      生  2013年4月      執行役員経理管掌              (注)5      11
                              2015年4月      執行役員IR・経理管掌
                              2018年4月      顧問
                              2019年9月      退任
                              2020年6月      監査役(現任)
                            計                            47
     (注)   1   取締役     藤野 秀美及び久古谷 敏行は、社外取締役であります。

       2   常勤監査役       畑宮 正憲、監査役           柿沼    光利は、社外監査役であります。
       3   当社では業務執行機能の強化及び経営効率の向上を図ることを目的として、執行役員制度を導入しておりま
         す。
         執行役員は上記取締役の他、5名で開発統括 三井 浩二、中国販売拠点管掌 大江 正展、業務部管掌 
         堤 正人、海外生産拠点管掌 佐々木 幸、営業部管掌 高岡 亮で構成されております。
       4   2021年6月29日開催の定時株主総会の終結から2年間であります。
       5   2020年6月26日開催の定時株主総会の終結から4年間であります。
       6 2021年6月29日開催の定時株主総会の終結から4年間であります。
                                 36/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
        当社の社外取締役は2名であり、また、社外監査役は2名であります。
        当社は社外取締役及び社外監査役を選任することにより、客観的な経営監視とともに当社の業務遂行の立場か
       らだけでは持ち得ない専門性、幅広い見識・経験等の共有が期待できるとともに、社外取締役においては当社の
       経営、一方社外監査役においては監査業務への反映を期待しております。
        社外取締役 藤野秀美氏は直接企業経営に従事した経験はありませんが、税務分野で長年にわたり培ってきた
       財務及び会計に関する高い見識と経験等を当社の経営に活かすことができるため、当社の社外取締役として適任
       であると判断しております。なお、藤野秀美氏は、本書提出日現在当社の発行済株式1千株を保有しておりま
       す。
        また、社外取締役 久古谷敏行氏も直接企業経営に従事した経験はありませんが、労働行政の分野で長年にわ
       たり培ってきた経験や見識等を当社の経営に活かすことができるため、当社の社外取締役として適任であると判
       断しております。なお、久古谷敏行氏は、本書提出日現在当社の発行済株式は保有しておりません。
        社外監査役 畑宮正憲氏は金融機関における長年の経験と知識及び経営者としての幅広い見識を有しており、
       当社の社外監査役に適任であると総合的に判断いたしました。なお、畑宮正憲氏は、本書提出日現在当社の発行
       済株式1千株を保有しております。
        一方、社外監査役 柿沼光利氏は税理士の資格を有しており、財務及び会計に関する高い見識から当社の社外
       監査役として適任であると判断しております。なお、柿沼光利氏は、本書提出日現在当社の発行済株式2千株を
       保有しております。
        上記以外に社外取締役及び社外監査役と当社との間に人的関係、資本関係、取引関係及びその他の利害関係は
       ありません。
        なお、当社は社外役員4名を株式会社東京証券取引所に対して独立役員として届け出ていますが、社外役員の
       独立性に関する基準は、東京証券取引所が定める独立役員の独立性に関する判断基準及び属性情報を踏まえ、当
       社が以下のとおり定めた独立性判断基準に従い選任を行っております。
        1.当社および当社の子会社の業務執行取締役、執行役員、その他使用人である者、またはあった者
        2.当社を主要な取引先とする者若しくはその業務執行者
        3.当社の主要な取引先若しくはその業務執行者
        4.当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家又は法律専門家
        5.当社の主要な株主
        6.当社の主要な借入れ先
        7.上記2.から6.に過去5年間において該当していた者
        8.上記1.から6.に該当するものが重要な者である場合には二親等以内の親族
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

       統制部門との関係
        社外取締役及び社外監査役は取締役会に出席するほか、相互で意見交換会を行っております。
        なお、監査役は年に数回、会計監査人である有限責任監査法人トーマツから会計監査等の報告を受けるととも
       に会計監査人から毎年、監査計画についての説明を受け必要に応じて情報交換、意見交換を行っております。ま
       た、監査役は内部監査部門である社長直轄の内部監査室と定期的に情報交換を行い、情報の共有化を図るととも
       に監査役の事業所往査に立ち会わせる等連携して監視機能の強化を推進しております。なお、内部監査室の監査
       結果について内部統制委員会から報告を受ける体制をとっております。
                                 37/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
        当社における監査役監査は、監査役会制度を採用しております。監査役会は常勤の社外監査役1名、非常勤の
       監査役2名(うち1名は社外監査役)の3名で構成されてり、財務・会計・法務に関する相当程度の知見を有して
       おります。
        各監査役は取締役会をはじめ主要な会議に出席し客観的な立場で、取締役の業務執行を監視しております。監
       査役会は内部監査室、関連会社監査役との相互連携保持のほか、代表取締役との定期的意見交換を通じての相互
       認識を共有いたしております。
        当事業年度において監査役会を17回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりでありま
       す。
                     氏名       開催回数       出席回数
         常勤監査役(社外)           畑宮 正憲         17回       17回
        非常勤監査役(社外)            柿沼 光利         17回       17回
          非常勤監査役          小田切 純夫          17回       17回
        監査役会では、各々の専門的見地から監査結果について意見交換し業務執行状況について検討いたしました。
       一方、常勤監査役は執行役員会はじめ重要な会議に出席し、必要に応じて説明を求めるなどしております。
      ② 内部監査の状況

        当社の内部監査は社長直轄の内部監査室が行っております。内部監査室は監査役会と連携し、監査内容を内部
       統制委員会へ報告し、内部統制委員会は取締役会経由で監査役会に報告いたしております。
      ③ 会計監査の状況

       a.監査法人の名称
        有限責任監査法人トーマツ
       b.継続監査期間

        63年間
       c.業務を執行した公認会計士

        指定有限責任社員          業務執行社員           三澤 幸之助、五十嵐 勝彦
       d.監査業務に係る補助者の構成

        当社の会計監査業務に係る補助者は、                  公認会計士4名、その他3名であり、公正かつ独立した立場から監査
       を受けております。会計監査人は監査計画を立案し、期末には会計監査報告会開催し取締役及び監査役に報告し
       ております。
       e.監査法人の選定方針と理由、及び監査役及び監査役会による監査法人の評価

        監査役及び監査役会は、当社の監査役会規則及び監査役監査基準の規定、並びに監査役会の定める「会計監査
       人の選定及び評価の基準」に従い、会計監査人及び関係者からヒアリング等を行い、会計監査人の品質管理の状
       況、職務遂行体制、監査の実施状況、独立性及び専門性等が適切であるか評価することとしています。
        なお、会計監査人が会社法第340条第1項各号に該当する場合、監査役会は、監査役全員の同意に基づき会計
       監査人を解任する方針です。また、この他、会計監査人が職務を適切に遂行することが困難と認められる等、会
       計監査人として適切でないと判断される場合には、監査役会は、会計監査人の解任又は不再任に関する株主総会
       提出議案の内容を決定する方針です。
        上記に従い、当社の監査役及び監査役会は会計監査人を評価した結果、会計監査人である有限責任監査法人
       トーマツの監査は妥当であり、その体制等についても適切と評価し、再任することが妥当と判断しました。
                                 38/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ④ 監査報酬の内容等
       a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                      当連結会計年度
        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               33,000             ―         36,800             ―
      連結子会社                 ―           ―           ―           ―

        計             33,000             ―         36,800             ―

       b.  監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

                      前連結会計年度                      当連結会計年度
       区 分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社                 ―          1,133             ―          1,133
      連結子会社                6,210            734          6,721            810

        計              6,210           1,867           6,721           1,943

       当社及び連結子会社における非監査業務の内容は、税務顧問業務等であります。
       c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        該当事項はありません。
       d.監査報酬の決定方針

        当社の会計監査人に対する報酬の額の決定に関する方針は、代表取締役が監査役会の同意を得て定める旨を定
       款に定めております。
       e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、会計監査人の監
       査計画の内容、従前の事業年度における職務執行状況や報酬見積もりの算出根拠などを確認し、検討した結果、
       会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意を行っております。
     (4)  【役員の報酬等】

       ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
       a.取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針に関わる事項
          当社は、取締役会において取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針を定めており、その概要は以下
         のとおりです。
          当社の取締役の報酬は、役位を基に役割や責任に応じた報酬体系とする中、業績および中長期的な企業価
         値との連動を重視した報酬とする。取締役の報酬は、固定報酬である基本報酬と短期業績連動報酬としての
         取締役賞与、中長期業績連動報酬としての株式報酬で構成する。また、社外取締役の報酬は、その役割と独
         立性の観点から基本報酬のみとする。
         Ⅰ.基本報酬

            基本報酬は、月例の固定金銭報酬とし、役位を基に役割や責任に応じて他社水準、当社の経営内容、
           経済状況を考慮し、総合的に勘案して決定する。
                                 39/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
         Ⅱ.短期業績連動報酬等としての取締役賞与
            短期業績連動報酬として事業年度ごとの業績向上に対する意識を高めるため、社外取締役を除く取締
           役に短期業績連動報酬としての取締役賞与を毎年一定の時期に支給する。取締役賞与は毎年の事業計画
           で設定した連結営業利益に対する達成度に応じ変動する。なお、各取締役の賞与額は、役位別の基準額
           に達成度による係数ならびに個人の評価に基づく係数を乗じて決定するものする。
         Ⅲ.中長期業績連動報酬としての株式報酬
            中長期業績連動報酬として社外取締役を除く取締役に非金銭報酬等として株式報酬(信託型株式報
           酬)を取締役の退任時に支給する。株式報酬は、中期経営計画の達成度等に連動する業績連動部分と中
           長期の株価向上への動機づけと一定期間の在籍を条件に支給する非業績連動部分により構成する。業績
           連動部分については中期経営計画の業績評価(連結売上高および連結営業利益)に基づく係数により変
           動する。
          取締役の報酬は「固定金銭報酬等」、「業績連動金銭報酬等」、「業績連動非金銭報酬等(株式報酬)」

         により構成し、これらの支給割合は役位を基に役割や責任、業績評価等に基づいて設定するが、概ね固定金
         銭報酬等が7割、業績連動金銭報酬等が1割、業績連動非金銭報酬等が2割。各業績連動報酬の基本報酬に
         対する報酬構成比率は、役割に応じて決定する。
       b.監査役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針に関わる事項

          監査役の報酬は株主総会において決議した額の範囲内において監査役の協議により決定する。
       c.取締役及び監査役の報酬等についての株主総会の決議に関する事項

          取締役の報酬限度額は、2006年6月29日開催の第84回定時株主総会において「1事業年度あたり2億7千
         万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)」と決議いただいております。なお、当該決議に係る取締
         役は6名であります。
          監査役の報酬限度額は、2006年6月29日開催の第84回定時株主総会において「1事業年度あたり3千6百
         万円以内」と決議いただいております。なお、当該決議に係る監査役は4名であります。
          2021年6月29日開催の第99回定時株主総会において、取締役(社外取締役は対象外とします。)に対し3
         事業年度分の上限を124,200株として業績連動型株式報酬制度を導入する決議いただいております。なお、当
         該決議に係る取締役は4名であります。
       d.取締役の個人別の報酬等の決定に係る委任に関する事項

          個人別の報酬額については、取締役の報酬の決定方針に則り、取締役会の諮問に基づき、過半数を独立社
         外取締役で構成する指名・報酬委員会の審議・答申を経て、株主総会の決議により決定した取締役全員の報
         酬の総額の範囲内で、取締役会の委任決議により代表取締役社長羽生満寿夫が決定します。
          代表取締役社長に委任した理由は、当社グループの経営状況等をもっとも熟知し、総合的に役員の報酬額
         を決定できると判断したためであり、決定にあたって、取締役の個人別の報酬等の内容についての決定方針
         の範囲内で指名・報酬委員会の審議・答申を経た上で決定していることから、恣意的な決定はなされず権限
         の適正な行使が行われております。
       ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                  対象となる
                  報酬等の総額
        役員区分                                          役員の員数
                   (千円)
                                                    (人)
                           基本報酬       業績連動報酬等         非金銭報酬等
    取締役
                     133,381         66,951        24,750        41,680           4
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                      3,817        3,763          ―        54         1
    (社外監査役を除く。)
    社外役員                 26,772        26,227          ―        545         5
     (注)1.業績連動報酬等は、当事業年度に係る役員賞与引当金繰入額であります。
        2.非金銭報酬等は、「株式給付信託(BBT)」に基づく当連結会計年度における株式給付引当金繰入額及びス
          トック・オプションとして付与した新株予約権に係る当事業年度中の費用計上額であります。
                                 40/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
       ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等
         連結報酬等の総額が1億円以上ある者が存在しないため、記載しておりません。
       ④ 使用人兼務役員の使用人給与

         該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、資産
       運用のみを目的に保有する株式を「純投資目的である投資株式」とし、純投資以外の事業上の取引関係の維持・
       強化等も併せ持つ政策保有株式を「純投資目的以外の目的である投資株式」として区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社は相手企業との事業上の取引関係の維持・強化等における保有の必要性及び長期的な協力関係による当
        社の中長期的な企業価値の向上や財務面での健全性の維持等を総合的に勘案し、原則年1回、取締役会におい
        て保有の合理性を検討することとしております。その結果、保有の意義が十分に認められないと判断された場
        合には縮減を図ってまいります。
         また議決権の行使については議案が①当社の利益に資するものか②当社の企業価値を毀損させる可能性がな
        いか③当該企業の価値向上に資するか否か等を基軸にして総合的に判断しております。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の
                     銘柄数
                     (銘柄)
                              合計額(千円)
        非上場株式               4            235,202
        非上場株式以外の株式              13            1,927,278
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
                                       ㈱S’UIMINとの資本提携(出資)
        非上場株式               1            200,000
                                       契約による株式の取得
        非上場株式以外の株式              ―               ―          ―
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                      銘柄数     株式数の減少に係る売却
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式              ―               ―
        非上場株式以外の株式               2             31,831
                                 41/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株
                                     保有目的、定量的な保有効果
                 株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                              式の保有
                                     及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                       の有無
                  (千円)         (千円)
                    296,381         296,381
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    加賀電子㈱                                                   有
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                    964,720         735,024
                    50,000         50,000
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    富士急行㈱                                                   無
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                    195,500         294,000
                    106,045         106,045
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱みずほフィナンシャ
                                                        無
    ルグループ                             (定量的な保有効果)(注)            1
                    166,172         169,565
                    100,000         100,000     (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱ツガミ                                                   有
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                    133,000         166,300
                    530,354         530,354
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    鉅祥企業有限公司(台
                                                        無
    湾)                             (定量的な保有効果)(注)            1
                    129,385         67,494
                    118,000         118,000
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱ニレコ                                                   有
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                    104,194         112,572
                    100,000         100,000
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱インフォメーション
                                                        有
    クリエーティブ                             (定量的な保有効果)(注)            1
                    82,100         80,400
                    62,920         62,920
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ヒューリック㈱                                                   有
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                    69,274         82,110
                    12,600         12,600
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    東海エレクトロニクス
                                                        有
    ㈱                             (定量的な保有効果)(注)            1
                    35,443         33,982
                    27,200         27,200
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱ナカヨ                                                   有
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                    31,089         41,833
                     1,155         1,155
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    リンナイ㈱                                                   無
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                    10,591         14,310
                     1,200         1,200
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    第一生命ホールディン
                                                        無
    グス㈱                             (定量的な保有効果)(注)            1
                     2,998         2,282
                     3,300         3,300
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱コロナ                                                   無
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                     2,808         3,144
                      ―       4,200
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱日立製作所                                                   無
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                      ―       21,016
                      ―        606
                                  (保有目的)企業間取引の維持・強化
    日本電気㈱                                                   無
                                  (定量的な保有効果)(注)            1
                      ―       3,951
                                 42/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    みなし保有株式
                当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
                株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                             式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                      の有無
                  (千円)         (千円)
                   514,000         514,000
                                 (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱マキタ                                                   有
                                 (定量的な保有効果)(注)            1
                  2,022,590         2,438,930
                   143,000         143,000
                                 (保有目的)企業間取引の維持・強化
    イビデン㈱                                                   有
                                 (定量的な保有効果)(注)            1
                   865,150         727,870
                   106,000         106,000
                                 (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ヤマハ㈱                                                   無
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                   567,100         637,060
                    86,800         86,800
                                 (保有目的)企業間取引の維持・強化
    ㈱みずほフィナン
                                                       無
    シャルグループ
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                   136,015         138,793
                    16,400         16,400
                                 (保有目的)企業間取引の維持・強化
    京セラ㈱                                                   無
                                 (定量的な保有効果)(注)            1
                   112,864         115,210
    ㈱コンコルディア・
                   207,000         207,000
                                 (保有目的)企業間取引の維持・強化
    フィナンシャルグ                                                   無
                                 (定量的な保有効果)(注)            1
                    94,806         92,943
    ループ
     (注)   1 当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法に
         ついて記載いたします。当社は、毎期、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証しており、その
         検証の結果、現状保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認してお
         ります。
       2 ㈱みずほフィナンシャルグループ、第一生命ホールディングス㈱、㈱コンコルディア・フィナンシャルグ
         ループについては当社株式を保有しておりませんが、㈱みずほ銀行、第一生命保険㈱、㈱横浜銀行が当社株
         式を保有しております。
       3 貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
       4 みなし保有株式は、信託財産として拠出しておりますが、提出会社が議決権行使の指図権を有しておりま
         す。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 43/105











                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

      「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人
     トーマツにより監査を受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
     人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへ参加しております。
                                 44/105













                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              9,063,565              9,803,509
                                                  ※1  3,473,688
        受取手形及び売掛金                              3,264,049
        電子記録債権                               620,094              653,465
        有価証券                                  ―            234,875
        商品及び製品                              1,112,041              1,512,850
        仕掛品                               566,837              761,458
        原材料及び貯蔵品                               682,997              921,880
        その他                               541,546              455,325
                                       △ 4,369             △ 5,175
        貸倒引当金
        流動資産合計                              15,846,761              17,811,879
      固定資産
        有形固定資産
                                  ※2 ,※4  1,942,398           ※2 ,※4  1,857,503
         建物及び構築物(純額)
                                    ※2  1,343,287            ※2  1,330,420
         機械装置及び運搬具(純額)
                                     ※4  635,219            ※4  631,474
         土地
                                      ※2  2,781            ※2  1,020
         リース資産(純額)
         建設仮勘定                               16,950              70,805
                                     ※2  249,837            ※2  284,200
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             4,190,474              4,175,426
        無形固定資産
                                        60,147              47,572
        投資その他の資産
                                    ※3  2,735,032            ※3  2,825,600
         投資有価証券
         長期貸付金                               2,870              2,510
         退職給付に係る資産                             3,932,810              3,682,801
         繰延税金資産                               12,399              11,841
         その他                              494,659              532,580
                                       △ 4,848             △ 2,424
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             7,172,923              7,052,910
        固定資産合計                              11,423,544              11,275,909
      資産合計                               27,270,306              29,087,788
                                 45/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               754,379              881,112
        電子記録債務                               503,172              636,700
        短期借入金                                47,263              43,390
        未払法人税等                               115,427              210,427
        賞与引当金                               334,798              370,333
        役員賞与引当金                                8,000              24,750
                                       597,478              726,067
        その他
        流動負債合計                              2,360,518              2,892,782
      固定負債
        役員株式給付引当金                                  ―            55,197
        退職給付に係る負債                               118,916              120,675
        繰延税金負債                              1,680,574              1,594,020
                                        46,860              76,462
        その他
        固定負債合計                              1,846,351              1,846,355
      負債合計                                4,206,870              4,739,137
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              3,453,078              3,453,078
        資本剰余金                              5,456,313              5,456,313
        利益剰余金                              12,363,761              13,441,666
                                      △ 715,192             △ 790,775
        自己株式
        株主資本合計                              20,557,960              21,560,283
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                              1,029,576              1,117,693
        為替換算調整勘定                              △ 201,542              273,904
                                      1,234,614               871,539
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                              2,062,649              2,263,138
      新株予約権
                                        10,169               1,284
                                       432,657              523,944
      非支配株主持分
      純資産合計                               23,063,436              24,348,650
     負債純資産合計                                 27,270,306              29,087,788
                                 46/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     売上高                                 12,022,184              15,109,134
                                    ※1  8,102,934           ※1  10,082,879
     売上原価
     売上総利益                                 3,919,249              5,026,254
     販売費及び一般管理費
      荷造運搬費                                 245,086              290,634
      役員報酬                                 210,518              221,245
      従業員給料及び手当                                1,049,188              1,108,105
      法定福利費                                 151,469              170,277
      貸倒引当金繰入額                                   905              482
      賞与引当金繰入額                                 126,100              130,433
      役員賞与引当金繰入額                                  8,000              24,750
      役員株式給付引当金繰入額                                    ―            55,197
      退職給付費用                                  2,961             △ 93,634
      旅費交通費及び通信費                                 87,513              99,817
      減価償却費                                 139,507              135,976
                                     ※2  514,841            ※2  485,178
      研究開発費
                                       627,957              698,805
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                3,164,050              3,327,268
     営業利益                                  755,199             1,698,986
     営業外収益
      受取利息                                 39,719              29,226
      受取配当金                                 52,792              71,021
      受取賃貸料                                 57,721              64,355
      為替差益                                    ―            159,862
                                        73,401              38,869
      その他
      営業外収益合計                                 223,636              363,335
     営業外費用
      支払利息                                  2,677              4,131
      固定資産賃貸費用                                 28,268              26,984
      固定資産除却損                                  5,837              4,151
      為替差損                                 48,000                ―
                                        10,676               2,537
      その他
      営業外費用合計                                 95,460              37,804
     経常利益                                  883,375             2,024,517
                                 47/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     特別利益
                                          ―            25,809
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    ―            25,809
     特別損失
                                                    ※3  6,153
      減損損失                                    ―
                                                   ※4  11,400
                                          ―
      固定資産売却損
      特別損失合計                                    ―            17,553
     税金等調整前当期純利益                                  883,375             2,032,772
     法人税、住民税及び事業税
                                       154,971              349,263
                                      △ 36,352              40,236
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  118,619              389,499
     当期純利益                                  764,755             1,643,272
     非支配株主に帰属する当期純利益                                   9,388              58,993
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  755,366             1,584,279
                                 48/105















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     当期純利益                                  764,755             1,643,272
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 633,126               98,366
      為替換算調整勘定                                △ 75,883              520,633
                                       961,299             △ 359,984
      退職給付に係る調整額
                                    ※1  1,518,542             ※1  259,015
      その他の包括利益合計
     包括利益                                 2,283,298              1,902,288
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                2,237,387              1,784,768
      非支配株主に係る包括利益                                 45,910              117,520
                                 49/105
















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                       (単位:千円)
                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
    当期首残高            3,453,078      5,456,313      12,019,692       △ 745,460     20,183,623
    当期変動額
     剰余金の配当                       △ 393,641           △ 393,641
     親会社株主に帰属する
                             755,366            755,366
     当期純利益
     自己株式の取得                               △ 970     △ 970
     自己株式の処分                        △ 17,656      31,238      13,582
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               ―      ―    344,068       30,267      374,336
    当期末残高            3,453,078      5,456,313      12,363,761       △ 715,192     20,557,960
                      その他の包括利益累計額

                その他            退職給付      その他の
                                        新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
                      為替換算
                有価証券             に係る      包括利益
                      調整勘定
               評価差額金            調整累計額      累計額合計
    当期首残高             401,734      △ 94,782      273,676      580,628       11,637      426,366     21,202,255
    当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 393,641
     親会社株主に帰属する
                                                      755,366
     当期純利益
     自己株式の取得                                                  △ 970
     自己株式の処分                                                 13,582
     株主資本以外の項目の
                 627,842     △ 106,760      960,938     1,482,020       △ 1,467      6,291    1,486,844
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計             627,842     △ 106,760      960,938     1,482,020       △ 1,467      6,291    1,861,180
    当期末残高            1,029,576      △ 201,542     1,234,614      2,062,649       10,169      432,657     23,063,436
                                 50/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                       (単位:千円)
                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
    当期首残高            3,453,078      5,456,313      12,363,761       △ 715,192     20,557,960
    当期変動額
     剰余金の配当                       △ 492,665           △ 492,665
     親会社株主に帰属する
                             1,584,279            1,584,279
     当期純利益
     自己株式の取得                              △ 100,429     △ 100,429
     自己株式の処分                        △ 13,708      24,847      11,138
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               ―      ―   1,077,905       △ 75,582     1,002,323
    当期末残高            3,453,078      5,456,313      13,441,666       △ 790,775     21,560,283
                      その他の包括利益累計額

                その他            退職給付      その他の
                                        新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
                      為替換算
                有価証券             に係る      包括利益
                      調整勘定
               評価差額金            調整累計額      累計額合計
    当期首残高            1,029,576      △ 201,542     1,234,614      2,062,649       10,169      432,657     23,063,436
    当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 492,665
     親会社株主に帰属する
                                                     1,584,279
     当期純利益
     自己株式の取得                                                △ 100,429
     自己株式の処分                                                 11,138
     株主資本以外の項目の
                  88,116      475,446     △ 363,074      200,488      △ 8,884      91,287      282,891
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計             88,116      475,446     △ 363,074      200,488      △ 8,884      91,287     1,285,214
    当期末残高            1,117,693       273,904      871,539     2,263,138        1,284     523,944     24,348,650
                                 51/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 883,375             2,032,772
      減価償却費                                 697,281              775,595
      減損損失                                    ―             6,153
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                △ 83,716             △ 279,329
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   608             7,541
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  4,992              28,358
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                  3,000              16,750
      役員株式給付引当金の増減額(△は減少)                                    ―            55,197
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   903            △ 1,941
      固定資産除却損                                  5,837              4,151
      固定資産売却損益(△は益)                                  △ 439             8,022
      投資有価証券売却損益(△は益)                                    ―           △ 25,809
      受取利息及び受取配当金                                △ 92,512             △ 100,247
      支払利息                                  2,677              4,131
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 970,726             △ 104,431
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 76,064             △ 721,543
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 227,228              245,394
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 68,467              21,680
                                      △ 150,488              △ 86,524
      その他
      小計                                 383,488             1,885,921
      利息及び配当金の受取額
                                        91,062              101,690
      利息の支払額                                 △ 2,677             △ 4,131
      法人税等の還付額                                 26,540                ―
                                      △ 89,201             △ 194,975
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 409,213             1,788,505
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の増減額(△は増加)                                 56,340              13,894
      有形固定資産の取得による支出                               △ 1,048,341              △ 592,838
      有形固定資産の売却による収入                                   826             7,512
      無形固定資産の取得による支出                                △ 17,681              △ 7,825
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 1,370            △ 201,542
      投資有価証券の売却による収入                                    ―            31,627
      貸付金の回収による収入                                  1,250               399
      保険積立金の解約による収入                                 43,801                ―
                                       △ 8,098             △ 8,612
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 973,273             △ 757,383
                                 52/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の返済による支出                                 △ 2,624             △ 3,872
      ファイナンス・リース債務の返済による支出                                △ 28,031             △ 26,195
      自己株式の取得による支出                                  △ 970           △ 100,429
      自己株式の売却による収入                                    22              10
      配当金の支払額                                △ 395,263             △ 492,005
                                      △ 40,881             △ 26,206
      非支配株主への配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 467,749             △ 648,698
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 13,721              285,078
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                △ 1,045,530               667,500
     現金及び現金同等物の期首残高                                 7,888,063              6,842,532
                                    ※1  6,842,532            ※1  7,510,033
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 53/105















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
      連結子会社の数                      15 社
       連結子会社名は「第1 企業の概況 3 事業の内容」に記載しております。
      非連結子会社名                 ㈱サンシャイン
       非連結子会社の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等はいずれも小
      規模であり全体として連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないので、連結の範囲から除外しております。
    2.持分法の適用に関する事項

      非連結子会社については、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等に及ぼす影響が軽微で
     あり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社のうち、シンガポールノーブルエレクトロニクス㈱、香港ノーブルエレクトロニクス㈱、ノーブルエレ
     クトロニクス(タイランド)㈱、ノーブルエレクトロニクスベトナム㈱、ノーブル貿易(上海)有限公司、ノーブルト
     レーディング(バンコク)㈱、富貴電子(淮安)有限公司の決算日は12月31日でありますが、連結に際しては、当該決算
     日の財務諸表を使用し、かつ必要な調整を行っております。
    4.会計方針に関する事項

     (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
      イ   有価証券
       (イ)子会社株式及び関連会社株式
         (持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社)
          移動平均法による原価法
       (ロ)その他有価証券
        ・市場価格のない株式等以外のもの
          時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
        ・市場価格のない株式等
          移動平均法による原価法
      ロ   棚卸資産
       (イ)仕掛品、原材料及び貯蔵品
         当社及び国内連結子会社は主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下
        げの方法)を、また、在外連結子会社は総平均法による低価法を採用しております。
       (ロ)商品及び製品
         当社及び国内連結子会社は主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げ
        の方法)を、また、在外連結子会社は主として先入先出法による低価法を採用しております。
                                 54/105







                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
      イ  有形固定資産(リース資産を除く)
        当社及び国内連結子会社は定率法を、また在外連結子会社は主として定額法を採用しております。
        ただし、当社及び国内連結子会社は1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年
       4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物及び構築物        7~50年
        機械装置及び運搬具    5~10年
      ロ  無形固定資産(リース資産を除く)
        当社及び連結子会社は定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアについては社内における利
       用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
      ハ  リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     (3) 重要な引当金の計上基準
      イ  貸倒引当金
        当社及び国内連結子会社は債権の貸倒れによる損失に備えて、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
       念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。また、在外連
       結子会社は主として特定の債権について回収不能見込額を計上しております。
      ロ  賞与引当金
        当社及び国内連結子会社は従業員に対して支給する賞与の支出にあてるため、労働組合との協定に基づく支給
       見込額を計上しております。
      ハ  役員賞与引当金
        当社及び国内連結子会社は役員賞与の支出に備えて、当連結会計年度末における支給見込額に基づき計上して
       おります。
      ニ   役員株式給付引当金
        役員株式給付規程に基づく取締役及び執行役員への当社株式の給付に備えるため、当連結会計年度末における
       株式給付債務の見込額に基づき計上しております。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法
        従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
       しております。
      イ 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
       給付算定式基準によっております。
      ロ 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分し
       た額を費用処理しております。また、数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存
       勤務期間以内の一定年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理し
       ております。
      ハ 小規模企業等における簡便法の採用
        国内連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を
       退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      ニ 未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
        未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整のうえ、純資産の部におけるその
       他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
                                 55/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (5)  重要な収益及び費用の計上基準
       当社グループが主な事業としている電子部品事業における商品又は製品の販売について、顧客との販売契約に基
      づいて商品又は製品を引き渡す履行義務を負っております。
       当該履行義務は、商品又は製品を引き渡す一時点において、顧客が当該商品又は製品に対する支配を獲得して充
      足されると判断しておりますが、「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成
      30年3月26日)第98項を適用し、顧客に商品又は製品を出荷した時点で収益を認識しております。
     (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
       外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
      す。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中
      平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めて計上
      しております。
     (7)  のれんの償却方法及び償却期間
       のれんは発生しておりません。
     (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
       手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
      わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
     (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
      イ 連結納税制度の適用
        連結納税制度を適用しております。
      ロ 連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
        当社及び国内連結子会社は、翌連結会計年度から、連結納税制度からグループ通算制度へ移行することとなり
       ます。ただし、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算
       制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連
       結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 
       2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第
       28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法
       の規定に基づいております。
        なお、翌連結会計年度の期首から、グループ通算制度を適用する場合における法人税及び地方法人税並びに税
       効果会計の会計処理及び開示の取扱いを定めた「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する
       取扱い」(実務対応報告第42号 2021年8月12日)を適用する予定であります。
                                 56/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (会計方針の変更)

    (1)収益認識に関する会計基準等の適用
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
      等を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサー
      ビスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
       これにより、顧客との約束が財又はサービスを他の当事者によって提供されるように手配する履行義務である場
      合には、代理人として純額で収益を認識しております。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      りますが、当連結会計年度の期首の利益剰余金に与える影響はありません。
       なお、当該会計基準の適用が連結財務諸表に及ぼす影響は軽微であります。
       また、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注
      記については記載しておりません。
     (2)時価の算定に関する会計基準等の適用

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
      う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業
      会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新
      たな会計方針を将来にわたって適用することとしております。なお、連結財務諸表に与える影響はありません。
       また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこと
      としました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2019年7月
      4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載し
      ておりません。
                                 57/105













                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日)
     (1) 概要
       投資信託の時価の算定及び注記に関する取扱い並びに貸借対照表に持分相当額を純額で計上する組合等への出資
      の時価の注記に関する取扱いが定められました。
     (2)  適用予定日
       2023年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響
       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      (表示方法の変更)

     (連結損益計算書関係)
      前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業外収益」の「助成金収入」については、金額的重要性が
     乏しいため、当連結会計年度より「その他」に含めて掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前
     連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
      この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」に表示していた                                         「助成金収入」42,059千
     円、「その他」31,342千円は、「その他」73,401千円                         として組み替えております。
      (追加情報)

      株式給付信託(BBT)
      当社は、2021年6月29日開催の第99回定時株主総会決議において、社外取締役を除く取締役及び執行役員(以下、
     総称して「取締役等」といいます。)に対する新たな業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(                                                BBT  (=Board
     Benefit    Trust))」(以下「本制度」といいます。)を導入しております。
     (1)  取引の概要
      当社が定める「役員株式給付規程」に基づき、当社の取締役等に対してポイントを付与し、退任時に当該付与ポイ
     ントに相当する当社株式を給付する仕組みであります。
      将来給付する株式を予め取得するために、当社は株式給付信託(BBT)の信託財産として株式会社日本カストディ銀
     行(信託E口)に金銭を信託し、当該信託銀行はその信託された金銭により当社株式を取得いたします。
     (2)  信託に残存する自社の株式
      信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株式と
     して計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、当連結会計年度末98,725千円、67,500株でありま
     す。
     (3)  総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
      該当事項はありません。
                                 58/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
    ※1.   受取手形及び売掛金のうち、顧客との契約から生じた債権の金額は、それぞれ以下のとおりであります。
                                             当連結会計年度
                                             ( 2022年3月31日       )
        受取手形                                         56,191   千円
        売掛金                                        3,417,496
    ※2.有形固定資産の減価償却累計額

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
                              17,785,589     千円            17,705,194     千円
    ※3.非連結子会社に対する投資有価証券は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        投資有価証券(株式)                         30,000千円                 30,000千円
    ※4.担保提供資産と対応債務

        前連結会計年度(         2021年3月31日       )
                                       担保額によって
                担保に供している資産
                                      担保されている債務
                  期末帳簿価額
           種類                 担保権の種類             内容
                    (千円)
        建物及び構築物              103,723
                             根抵当権
        土地               6,756
                                     該当債務はありません。
           合計           110,479         ―
        当連結会計年度(         2022年3月31日       )

                                       担保額によって
                担保に供している資産
                                      担保されている債務
                  期末帳簿価額
           種類                 担保権の種類             内容
                    (千円)
        建物及び構築物              97,681
                             根抵当権
        土地               6,756
                                     該当債務はありません。
           合計           104,438         ―
                                 59/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
    ※1.期末棚卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま
      す。
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
                                 21,463   千円            10,573   千円
    ※2.研究開発費の総額

                              前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
                                 514,841    千円            485,178    千円
    ※3.減損損失

      前連結会計年度(自           2020年4月1日 至           2021年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日 至           2022年3月31日)

           場所              用途              種類           金額(千円)
                                 機械装置及び運搬具等                      4,680
     長野県駒ヶ根市              機械設備等の製造設備等
                                 無形固定資産                      1,473
       当社グループは主に継続的に収支の把握を行っているセグメント別に資産をグルーピングしております。但し、
      賃貸用不動産及び遊休資産については個別物件単位毎に資産のグルーピングをしております。
       「その他」セグメントにおいて、事業環境の悪化に伴う収益性の低下により、関連設備の帳簿価額を回収可能価
      額まで減額し減損損失に計上しております。
       なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、正味売却価額を零として評価しております。
    ※4.固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
        建物及び構築物等                              ―             561千円
        土地                              ―           10,838
        計                              ―           11,400
                                 60/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)

    ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額
                                 835,255千円               153,171千円
                                   ―            △25,809
         組替調整額
          税効果調整前
                                 835,255               127,362
                                △202,128                △28,995
          税効果額
          その他有価証券評価差額金                        633,126                98,366
        為替換算調整勘定
         当期発生額                        △75,883                520,633
                                   ―               ―
         組替調整額
          税効果調整前
                                △75,883                520,633
                                   ―               ―
          税効果額
          為替換算調整勘定                        △75,883                520,633
        退職給付に係る調整額
         当期発生額                       1,494,385               △263,596
                                △109,392               △256,521
         組替調整額
          税効果調整前
                                1,384,993               △520,117
                                △423,693                160,133
          税効果額
          退職給付に係る調整額                        961,299              △359,984
           その他の包括利益合計                    1,518,542                259,015
                                 61/105












                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                   株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)
    発行済株式
     普通株式                  10,141            ―          ―        10,141
         合計              10,141            ―          ―        10,141
    自己株式
     普通株式(注)1,2                    305           0          12         293
         合計                305           0          12         293
     (注)   1   普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取によるものです。
       2 普通株式の自己株式の株式数の減少12千株は、ストック・オプションの行使に伴う減少12千株及び単元未満
         株式の売却に伴う減少0千株であります。
    2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                              新株予約権の目的となる株式の数(千株)
                      新株予約権の                              当連結会計
      区分      新株予約権の内訳           目的となる                             年度末残高
                            当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                      株式の種類                              (千円)
                             年度期首      年度増加      年度減少      年度末
           2018年ストック・オプ
           ションとしての新株予              ―      ―      ―      ―      ―       702
           約権
           2019年ストック・オプ
     提出会社
           ションとしての新株予              ―      ―      ―      ―      ―       630
     (親会社)
           約権
           2020年ストック・オプ
           ションとしての新株予              ―      ―      ―      ―      ―      8,837
           約権
            合計             ―      ―      ―      ―      ―      10,169
     (注) 2020年新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
    3.配当に関する事項

     (1) 配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                          基準日        効力発生日
                        (千円)         (円)
    2020年6月26日
               普通株式          245,911           25.0    2020年3月31日         2020年6月29日
    定時株主総会
    2020年11月5日
               普通株式                    15.0    2020年9月30日         2020年12月3日
                         147,729
    取締役会
     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり
       決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)            配当額(円)
    2021年6月29日
              普通株式        246,211     利益剰余金          25.0   2021年3月31日         2021年6月30日
    定時株主総会
                                 62/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                   株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)
    発行済株式
     普通株式                  10,141            ―          ―        10,141
         合計              10,141            ―          ―        10,141
    自己株式
     普通株式(注)1,2,3                    293           68          10         351
         合計                293           68          10         351
     (注)   1   普通株式の自己株式の株式数の増加68千株は、単元未満株式の買取に伴う増加1千株及び株式給付信託
         (BBT)による取得に伴う増加67千株であります。
       2 普通株式の自己株式の株式数の減少10千株は、ストック・オプションの行使によるものです。
       3 普通株式の自己株式の株式数には、株式給付信託(BBT)の信託財産として株式会社日本カストディ銀行
         (信託E口)が保有する当社株式67千株が含まれております。
    2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                              新株予約権の目的となる株式の数(千株)
                      新株予約権の                              当連結会計
      区分      新株予約権の内訳           目的となる                             年度末残高
                            当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                      株式の種類                              (千円)
                             年度期首      年度増加      年度減少      年度末
           2019年ストック・オプ
           ションとしての新株予              ―      ―      ―      ―      ―       630
           約権
     提出会社
     (親会社)
           2020年ストック・オプ
           ションとしての新株予              ―      ―      ―      ―      ―       654
           約権
            合計             ―      ―      ―      ―      ―      1,284
    3.配当に関する事項

     (1) 配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                          基準日        効力発生日
                        (千円)         (円)
    2021年6月29日
               普通株式          246,211          25.0    2021年3月31日         2021年6月30日
    定時株主総会
    2021年11月5日
               普通株式                    25.0    2021年9月30日         2021年12月2日
                         246,454
    取締役会
     (注)2021年11月5日開催の取締役会の決議による配当金の総額には、株式給付信託(BBT)の信託財産として株式会
        社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金1,687千円が含まれております。
     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり
       決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)            配当額(円)
    2022年6月29日
              普通株式        345,007     利益剰余金          35.0   2022年3月31日         2022年6月30日
    定時株主総会
     (注)2022年6月29日開催の定時株主総会の決議による配当金の総額には、株式給付信託(BBT)の信託財産として株
        式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金2,362千円が含まれております。
                                 63/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
        現金及び預金勘定                        9,063,565千円               9,803,509千円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                       △2,221,032               △2,293,475
        現金及び現金同等物                        6,842,532               7,510,033
      (リース取引関係)

    ファイナンス・リース取引(借主側)
    所有権移転外ファイナンス・リース取引
    ①  リース資産の内容
      有形固定資産
       電子部品事業における主として生産設備(工具、器具及び備品)であります。
    ②  リース資産の減価償却の方法
      連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                    (2)  重要な減価償却資産の減価償却
     の方法」に記載のとおりであります。
      (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項
     (1) 金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については主として一時的な余剰資金を安全性の高い短期的な預金等で行っておりま
      す。また、資金調達については、自己資金で賄っております。デリバティブは余剰資金の運用とリスクを回避する
      ために利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。
     (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権に係る顧客の信用リスクは、与信管理の基準を定めリスク低
      減を図っております。
       有価証券及び投資有価証券は主として株式であり、上場株式については四半期ごとに時価の把握を行っておりま
      す。
       営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。
       借入金は、主として非連結子会社との取引により生じたものであります。
       営業債権及び営業債務の一部は外貨建て取引であり、為替相場の変動リスクに晒されていますが、当該リスクに
      関しては、回収した外貨を支払いに充てることにより、変動リスクの削減に努めております。
       営業債務は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、資金担当部門が月次に資金繰計画を作成
      するなどの方法により、流動性リスクを管理しております。
       デリバティブ取引は、余剰資金の運用を目的としたデリバティブを組み込んだ複合金融商品と外貨建営業債権に
      係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先物為替予約取引を利用しております。その運用は、複合金融
      商品については市場リスクに対する管理方針に基づき、リスク評価、利回り等を検討のうえ取締役会の決議によ
      り、先物為替予約取引については、取引権限及び取引限度額等を定めた管理規程に従い、担当部門の決裁者の承認
      を得て実行しております。契約先は信用度の高い国内の銀行であり実質的な信用リスクはないものと判断しており
      ます。
     (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
       金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当
      該価額が変動することがあります。
       なお、当連結会計年度末日現在、為替予約残高はありません。
                                 64/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    2.金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                     連結貸借対照表計上額
                                    時価(千円)            差額(千円)
                         (千円)
    (1)  投資有価証券
                           2,657,305            2,657,305                ―
      (*1)   「現金及び預金」「受取手形及び売掛金」「電子記録債権」「支払手形及び買掛金」「電子記録債務」「短期
         借入金」「未払法人税等」については、現金であること、及び短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近
         似するものであることから、記載を省略しております。
      (*2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
              区分           前連結会計年度(千円)
            非上場株式                      77,726
         これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把
        握することが極めて困難と認められるため、「(1)                        投資有価証券」には含めておりません。
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                     連結貸借対照表計上額
                                    時価(千円)            差額(千円)
                         (千円)
    (1)  有価証券
                            234,875            234,875               ―
    (2)  投資有価証券
                           2,545,750            2,545,750                ―
      (*1)   「現金及び預金」「受取手形及び売掛金」「電子記録債権」「支払手形及び買掛金」「電子記録債務」「短期
         借入金」「未払法人税等」については、現金であること、及び短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近
         似するものであることから、記載を省略しております。
      (*2) 市場価格のない株式等は、「(1)                  有価証券」及び「(2)          投資有価証券」には含まれておりません。当該金融
         商品の連結貸借対照表計上額は以下のとおりであります。
              区分           当連結会計年度(千円)
            非上場株式                     279,849
                                 65/105











                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
        (注1)   金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(           2021年3月31日       )
                          1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                           (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
          現金及び預金                 9,063,565            ―        ―        ―
          受取手形及び売掛金                 3,264,049            ―        ―        ―
          電子記録債権                  620,094           ―        ―        ―
          投資有価証券
            その他有価証券のうち
            満期があるもの
            (1) 債券(社債)                   ―      455,432           ―      300,000
            (2) 投資信託                   ―        ―      13,520          ―
                合計           12,947,709          455,432         13,520        300,000
           当連結会計年度(           2022年3月31日       )

                          1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                           (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
          現金及び預金                 9,803,509            ―        ―        ―
          受取手形及び売掛金                 3,473,688            ―        ―        ―
          電子記録債権                  653,465           ―        ―        ―
          投資有価証券
            その他有価証券のうち
            満期があるもの
            (1) 債券(社債)                 234,875        239,359           ―      300,000
            (2) 投資信託                   ―        ―      12,854          ―
                合計           14,165,539          239,359         12,854        300,000
        (注2)   その他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(           2021年3月31日       )
                               1年超     2年超     3年超     4年超
                         1年以内                            5年超
                              2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                         (千円)                           (千円)
                               (千円)     (千円)     (千円)     (千円)
          短期借入金               47,263       ―     ―     ―     ―     ―
                合計          47,263       ―     ―     ―     ―     ―
           当連結会計年度(           2022年3月31日       )

                               1年超     2年超     3年超     4年超
                         1年以内                            5年超
                              2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                         (千円)                           (千円)
                               (千円)     (千円)     (千円)     (千円)
          短期借入金               43,390       ―     ―     ―     ―     ―
                合計          43,390       ―     ―     ―     ―     ―
                                 66/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類
      しております。
       レベル1の時価:         観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の
                算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:         観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に
                係るインプットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:         観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属す
      るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
      時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

      当連結会計年度(         2022年3月31日       )
                                  時価(千円)
           区分
                      レベル1         レベル2         レベル3          合計
    有価証券及び投資有価証券
     その他有価証券
      株式                2,015,896            ―         ―      2,015,896
      社債                    ―      751,875           ―       751,875
          資産計             2,015,896          751,875           ―      2,767,772
      (注)   1 投資信託の時価は上記に含めておりません。投資信託の連結貸借対照表計上額は12,854千円であります。
        2 時価の算定に用いた評価技法及びインプットの説明
           有価証券及び投資有価証券
            上場株式及び社債は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているた
           め、その時価をレベル1の時価に分類しております。一方で、当社が保有している社債は、市場での取
           引頻度が低く、活発な市場における相場価格とは認められないため、その時価をレベル2の時価に分類
           しております。
                                 67/105











                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
     1.その他有価証券
      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                             連結貸借対照表
                     区分                  取得原価(千円)           差額(千円)
                              計上額(千円)
                 (1) 株式               1,887,589           488,042         1,399,547
                 (2) 債券
                  ①国債・地方債等                  ―          ―          ―
    連結貸借対照表計上額が
                  ②社債               227,307          139,443          87,864
    取得原価を超えるもの
                  ③その他                  ―          ―          ―
                 (3) その他                 13,520          4,394          9,126
                     小計           2,128,417           631,879         1,496,537
                 (1) 株式                 12,273          12,692          △419
                 (2) 債券
                  ①国債・地方債等                  ―          ―          ―
    連結貸借対照表計上額が
                  ②社債               516,615          600,007         △83,391
    取得原価を超えないもの
                  ③その他                  ―          ―          ―
                 (3) その他                   ―          ―          ―
                     小計            528,888          612,700         △83,811
               合計                  2,657,305          1,244,580          1,412,725
     (注)    非上場株式(連結貸借対照表計上額47,726千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
        難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                             連結貸借対照表
                     区分                  取得原価(千円)           差額(千円)
                              計上額(千円)
                 (1) 株式               2,002,016           481,040         1,520,975
                 (2) 債券
                  ①国債・地方債等
    連結貸借対照表計上額が
                  ②社債               239,359          139,443          99,916
    取得原価を超えるもの
                  ③その他
                 (3) その他                 12,854          4,394          8,460
                     小計           2,254,230           624,877         1,629,352
                 (1) 株式                 13,880          16,441         △2,560
                 (2) 債券
                  ①国債・地方債等
    連結貸借対照表計上額が
                  ②社債               512,515          600,007         △87,491
    取得原価を超えないもの
                  ③その他
                 (3) その他
                     小計            526,396          616,448         △90,051
               合計                  2,780,626          1,241,326          1,539,300
     (注)    非上場株式(連結貸借対照表計上額279,849千円)については、                            市場価格のない株式等のため、              上表の「その他有
        価証券」には含めておりません。
                                 68/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     2.連結会計年度中に売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

         区分           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
    (1) 株式                      31,831             25,809               ―
    (2) 債券                        ―             ―             ―
    (3) その他                        ―             ―             ―
         合計                 31,831             25,809               ―
      (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、主として従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用して
     おり、一部の連結子会社は、主として従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度を採用して
     おります。
      当社の確定給付制度は、積立型の確定給付企業年金制度と非積立型の退職一時金制度より成っており、双方に退職
     給付信託が設定されております。
      なお、当社は、2018年1月1日に確定給付企業年金制度の一部について確定拠出年金制度へ移行いたしました。
      国内連結子会社は、中小企業退職金共済制度へ加入しており、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用
     を計算しております。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
      退職給付債務の期首残高                             2,068,990     千円         2,132,861     千円
       勤務費用                             116,687              106,578
       利息費用                              19,196              19,763
       数理計算上の差異の発生額                             △1,611               6,771
       退職給付の支払額                             △81,449             △140,000
       その他                              11,047              17,989
      退職給付債務の期末残高                             2,132,861              2,143,965
     (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
      年金資産の期首残高                             4,467,059     千円         5,999,612     千円
       期待運用収益                              19,834              21,080
       数理計算上の差異の発生額                            1,492,911              △256,251
       事業主からの拠出額                              62,944              63,082
       退職給付の支払額                             △55,258              △84,096
       その他                              12,122              16,432
      年金資産の期末残高                             5,999,612              5,759,860
                                 69/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
      退職給付に係る負債の期首残高                               52,033   千円           52,857   千円
       退職給付費用                              15,735              10,680
       退職給付の支払額                             △7,926              △2,406
       制度への拠出額                             △6,984              △7,364
      退職給付に係る負債の期末残高                               52,857              53,768
     (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

      産の調整表
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
      積立型制度の退職給付債務                             1,544,855     千円         1,570,971     千円
      年金資産                            △3,188,342              △3,136,136
                                   △1,643,487              △1,565,164
      非積立型制度の退職給付債務                              714,843              707,097
      年金資産                            △2,885,249              △2,704,059
                                   △2,170,405              △1,996,962
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            △3,813,893              △3,562,126
      退職給付に係る負債                              118,916              120,675

      退職給付に係る資産                            △3,932,810              △3,682,801
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            △3,813,893              △3,562,126
      (注)簡便法を適用した制度を含みます。
     (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
      勤務費用                              116,687    千円          106,578    千円
      利息費用                               19,196              19,763
      期待運用収益                              △19,834              △21,080
      数理計算上の差異の費用処理額                             △110,847              △258,973
      簡便法で計算した退職給付費用                               15,735              10,680
      確定給付制度に係る退職給付費用                               20,938            △143,031
     (6)  退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
      数理計算上の差異                             1,384,993     千円         △520,117     千円
     (7)  退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
      未認識数理計算上の差異                            △1,785,609      千円        △1,265,491      千円
                                 70/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     (8)  年金資産に関する事項
      ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
      債券                                  10%              11%
      株式                                  68              65
      現金及び預金                                   4              5
      その他                                  18              19
      合計                                  100              100
      (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度は72%、当連結会計年度
         は71%含まれております。
      ②長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
      割引率                              主として1.0%              主として1.0%
      長期期待運用収益率                              主として1.0%              主として1.0%
      予想昇給率                              2.0%~3.3%              2.0%~3.3%
    3.その他の事項

      確定給付企業年金制度から確定拠出年金制度への一部移行に伴う確定拠出年金制度への資産移換額は369,265千円で
     あり、その一部は8年間で移換する予定です。なお、前連結会計年度末時点の未移換額19,651千円、当連結会計年度
     末時点の未移換額14,481千円は、未払金(流動負債の「その他」)、長期未払金(固定負債の「その他」)に計上してお
     ります。
    4.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度27,925千円、当連結会計年度27,735千円であります。
                                 71/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
    1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                     前連結会計年度              当連結会計年度
    販売費及び一般管理費の
     役員報酬                      9,124千円              2,236千円
     従業員給料及び手当                      2,967                709
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1) ストック・オプションの内容
    会社名                  提出会社            提出会社            提出会社
    決議年月日                 2018年6月28日            2019年6月27日            2020年6月26日
                   当社取締役         6名   当社取締役         6名   当社取締役         6名
                   当社監査役         3名   当社監査役         3名   当社監査役         3名
    付与対象者の区分及び人数
                   当社執行役員         5名   当社執行役員         5名   当社執行役員         4名
    株式の種類別のストック・
                   普通株式       11,400株     普通株式       12,400株     普通株式       11,800株
    オプションの数(注)
    付与日               2018年7月19日            2019年7月18日            2020年7月17日
                   付与日(2018年7月19            付与日(2019年7月18            付与日(2020年7月17
                   日)以降、権利確定日            日)以降、権利確定日            日)以降、権利確定日
                   (2019年7月18日)まで            (2020年7月17日)まで            (2021年7月16日)まで
    権利確定条件               継続して勤務している            継続して勤務している            継続して勤務している
                   こと。但し、自己都合            こと。但し、自己都合            こと。但し、自己都合
                   以外による退職は除            以外による退職は除            以外による退職は除
                   く。            く。            く。
                    自   2018年7月19日          自   2019年7月18日          自   2020年7月17日
    対象勤務期間
                    至   2019年7月18日          至   2020年7月17日          至   2021年7月16日
                    自   2019年7月19日          自   2020年7月18日          自   2021年7月17日
    権利行使期間
                    至   2021年7月18日          至   2022年7月17日          至   2023年7月16日
     (注)株式数に換算して記載しております。
     (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2022年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。
      ①  ストック・オプションの数
    会社名                  提出会社            提出会社            提出会社
    決議年月日                2018年6月28日            2019年6月27日            2020年6月26日
    権利確定前  (株)
     前連結会計年度末                     ―            ―          10,800
     付与                     ―            ―            ―
     失効                     ―            ―            ―
     権利確定                     ―            ―          10,800
     未確定残                     ―            ―            ―
    権利確定後  (株)
     前連結会計年度末                    600            600             ―
     権利確定                     ―            ―          10,800
     権利行使                     ―            ―          10,200
     失効                    600             ―            ―
     未行使残                     ―            600            600
                                 72/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ②   単価情報
    会社名                  提出会社            提出会社            提出会社
    決議年月日                 2018年6月28日            2019年6月27日            2020年6月26日

    権利行使価格(円)                      1            1            1

    行使時平均株価(円)                      ―            ―         1,566.65

    付与日における公正な評価単
                         1,170            1,050            1,091
    価(円)
    3.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
                                 73/105
















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                  ( 2021年3月31日       )       ( 2022年3月31日       )
       繰延税金資産
        税務上の繰越欠損金(注)2                              921,375千円              730,112千円
        退職給付に係る資産及び負債                              493,295              419,440
        賞与引当金                              87,501              94,343
        棚卸資産                              65,886              69,140
        棚卸資産未実現利益                              69,525              98,552
        固定資産未実現利益                               2,494              1,729
        投資有価証券評価損                              113,512              113,219
                                     139,830              155,266
        その他
       繰延税金資産小計
                                    1,893,422              1,681,803
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △870,492              △636,303
                                    △791,874              △729,507
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注)1                            △1,662,366              △1,365,810
       繰延税金資産合計                              231,055              315,992
       繰延税金負債との相殺                             △218,655              △304,150
       繰延税金資産純額                              12,399              11,841
       繰延税金負債

        退職給付に係る資産                            △1,207,539千円              △1,133,590千円
        関係会社株式                             △63,662              △63,662
        その他有価証券評価差額金                             △377,660              △406,655
        在外子会社の留保利益                             △184,232              △231,448
                                    △66,136              △62,814
        その他
       繰延税金負債合計                            △1,899,229              △1,898,171
       繰延税金資産との相殺                              218,655              304,150
       繰延税金負債純額                            △1,680,574              △1,594,020
     (注)   1.評価性引当額の変動の主な内容は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額の減少であります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                           5年超        合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
       税務上の繰越欠損金(a)             14,093     275,475      14,482     36,114     14,867     566,341       921,375千円
       評価性引当額            △14,093     △225,034      △14,482     △36,114     △14,867     △565,899       △870,492
       繰延税金資産               ―   50,440       ―     ―     ―     442   (b)50,883
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)  税務上の繰越欠損金921,375千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰越税金資産50,883千円を計上し
         ております。当該税務上の繰越欠損金については、将来の課税所得の見込み等により、回収可能と判断した
         部分については評価性引当額を認識しておりません。
        当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                           5年超        合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
       税務上の繰越欠損金(c)            117,071      10,528     31,068     14,867      5,003    551,572       730,112千円
       評価性引当額            △23,262     △10,528     △31,068     △14,867      △5,003    △551,572       △636,303
       繰延税金資産             93,808       ―     ―     ―     ―     ―   (d)93,808
       (c)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (d)  税務上の繰越欠損金730,112千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰越税金資産93,808千円を計上し
         ております。当該税務上の繰越欠損金については、将来の課税所得の見込み等により、回収可能と判断した
         部分については評価性引当額を認識しておりません。
                                 74/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
      主要な項目別の内訳
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2021年3月31日       )       ( 2022年3月31日       )
      法定実効税率                              30.6%              30.6%
       (調整)
        住民税均等割                              1.3              0.6
        外国税額                             △3.8              △2.5
        海外子会社の留保利益                             △1.3               2.3
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △0.4              △0.7
        試験研究費                             △2.0              △1.6
        評価性引当額                            △11.3              △10.2
                                     0.3              0.6
        その他
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                              13.4              19.2
      (賃貸等不動産関係)

      当社グループでは、神奈川県、その他の地域において、工場施設等(土地を含む。)を有しております。
      2021年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は29,453千円(賃貸収益は営業外収益に、主な賃貸費用は
     営業外費用に計上)であります。
      2022年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は37,370千円(賃貸収益は営業外収益に、主な賃貸費用は
     営業外費用に計上)であります。
      また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。

                                                  (単位:千円)
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                          (自    2020年4月1日               (自    2021年4月1日
                          至   2021年3月31日       )        至   2022年3月31日       )
                期首残高                   317,175                 302,610
    連結貸借対照表計上額            期中増減額                   △14,565                 △26,066
                期末残高                   302,610                 276,543
    期末時価                              1,608,814                 1,617,280
     (注) 1  連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
       2   期中増減額のうち、前連結会計年度は減価償却実施(14,565千円)による減少であります。
         当連結会計年度の主な増加は新たに賃貸等不動産となったもの(494千円)であり、主な減少は賃貸用不動
         産の売却(13,150千円)及び減価償却実施(13,395千円)であります。
       3   期末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整を
         行ったものを含む。)であります。
                                 75/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (収益認識関係)
     1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当連結会計年度(自 2021年4月1日                  至 2022年3月31日)

                            報告セグメント

                                              合計(千円)
                      電子部品(千円)            その他(千円)
     日本                     7,321,316            553,382           7,874,699
     アジア                     6,931,443               ―        6,931,443
     北米                      302,991              ―         302,991
     顧客との契約から生じる収益                     14,555,751             553,382          15,109,134
     外部顧客への売上高                     14,555,751             553,382          15,109,134
     2.   顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

       連結財務諸表「注記事項 4.会計方針に関する事項 (5)                             重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりで
      あります。
                                 76/105














                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
      当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の
     配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
      当社の報告セグメントの区分方法は、製造方法並びに使用目的及び販売方法の類似性を考慮して区分しており、
     「電子部品」、「その他」の2つを報告セグメントとしております。
      「電子部品」は、前面操作ブロック、抵抗器、センサー等の製造販売をおこなっております。「その他」は、機械
     設備等の製造販売等をおこなっております。
      電子部品においては、本社及び子会社が所在する地域別に業績評価をおこなっており、その評価単位である「日
     本」、「アジア」、「北米」の3つの地域に区分し補完的に管理しております。
      本邦以外の地域に属する国の内訳は、次のとおりであります。
     (1)  アジア・・・・・・シンガポール、タイ、中国、ベトナム
     (2) 北米・・・・・・・米国
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と概ね同一であります。
      報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
      セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
    3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                           報告セグメント
                                                  連結財務諸表
                                            調整額
                                                    計上額
                    電子部品
                                            (千円)
                             その他         計
                                                    (千円)
                     (千円)
                                            (注)2
                             (千円)        (千円)
                                                    (注)3
                     (注)1
    売上高
     外部顧客への売上高               11,510,290         511,893      12,022,184            ―    12,022,184
     セグメント間の内部売上高
                       5,895       463,245        469,141       △ 469,141          ―
     又は振替高
           計          11,516,186         975,139      12,491,325        △ 469,141      12,022,184
    セグメント利益                  705,739        25,753       731,492        23,706       755,199
    セグメント資産                21,003,180         604,383      21,607,564        5,662,742       27,270,306
    その他の項目
     減価償却費                 666,621        16,095       682,716          ―     682,716
     減損損失                    ―        ―        ―        ―        ―
     有形固定資産及び
                     1,057,177          8,845      1,066,023           ―    1,066,023
     無形固定資産の増加額
                                 77/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
                           報告セグメント
                                                  連結財務諸表
                                            調整額
                                                    計上額
                    電子部品
                                            (千円)
                             その他         計
                                                    (千円)
                     (千円)
                                            (注)2
                             (千円)        (千円)
                                                    (注)3
                     (注)1
    売上高
     外部顧客への売上高               14,555,751         553,382      15,109,134            ―    15,109,134
     セグメント間の内部売上高
                       5,940       423,187        429,127       △ 429,127          ―
     又は振替高
           計          14,561,691         976,570      15,538,261        △ 429,127      15,109,134
    セグメント利益                 1,670,651         10,171      1,680,823         18,163      1,698,986
    セグメント資産                21,934,660         711,516      22,646,176        6,441,612       29,087,788
    その他の項目
     減価償却費                 748,382        13,817       762,200          ―     762,200
     減損損失                    ―      6,153        6,153         ―      6,153
     有形固定資産及び
                      594,510         6,153       600,663          ―     600,663
     無形固定資産の増加額
      (注) 1.電子部品の地域別の内訳は下記のとおりであります。

          前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                    日本      アジア       北米       計      調整額     電子部品合計
                    (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       売上高
        外部顧客への売上高            6,218,557       5,079,491        212,240     11,510,290           ―   11,510,290
        地域間の内部売上高
                   4,132,233       3,455,924          ―   7,588,157      △7,582,261          5,895
        又は振替高
           計       10,350,791       8,535,416        212,240     19,098,447      △7,582,261       11,516,186
       地域別利益又は損失
                    361,383       346,669        △701      707,351       △1,612       705,739
       (△)
          当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

                    日本      アジア       北米       計      調整額     電子部品合計
                    (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       売上高
        外部顧客への売上高            7,321,316       6,931,443        302,991     14,555,751           ―   14,555,751
        地域間の内部売上高
                   5,376,119       4,450,990          ―   9,827,110      △9,821,169          5,940
        又は振替高
           計       12,697,436       11,382,434        302,991     24,382,861      △9,821,169       14,561,691
       地域別利益              897,995       793,134       27,689     1,718,819       △48,168      1,670,651
        2.調整額の内容は以下のとおりです。

                                     前連結会計年度            当連結会計年度
             項目              内容
                                       (千円)            (千円)
      売上高                セグメント間取引消去                    469,141            429,127
      セグメント利益                取引消去差額                     23,706            18,163
                      全社資産及びセグメント
      セグメント資産                                   5,662,742            6,441,612
                      間振替*
      その他の項目
       有形固定資産及び
                      全社資産                       ―            ―
       無形固定資産の増加額
        * 全社資産は、報告セグメントに属さない、当社での余資運用資金、長期投資資産及び賃貸等不動産等であ
          ります。
        3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整をおこなっております。

                                 78/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      【関連情報】
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
     1.製品及びサービスごとの情報
                           電子部品
                                                 その他      合計
           前面操作
                                     その他の
               可変抵抗器     固定抵抗器                       計
                           センサー     機構部品
                                                 (千円)     (千円)
           ブロック                           電子部品
                           (千円)     (千円)
                (千円)     (千円)                     (千円)
                                      (千円)
           (千円)
    外部顧客
          3,486,631     1,952,048     1,791,199     2,196,076     1,223,584      860,749    11,510,290       511,893    12,022,184
    への売上高
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
       日本         中国       その他のアジア            北米       その他の地域           合計
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
        6,626,611         3,764,173         1,439,724          156,127          35,546       12,022,184
     (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

        日本           タイ        その他のアジア             北米           合計
        (千円)           (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
         2,953,261            513,086           678,614           45,512         4,190,474
     3.主要な顧客ごとの情報

      外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

     1.製品及びサービスごとの情報
                           電子部品
                                                 その他      合計
           前面操作
                                     その他の
               可変抵抗器     固定抵抗器                       計
                           センサー     機構部品
                                                 (千円)     (千円)
           ブロック                           電子部品
                           (千円)     (千円)
                (千円)     (千円)                     (千円)
                                      (千円)
           (千円)
    外部顧客
          4,116,352     2,507,382     2,136,241     3,021,484     1,882,365      891,925    14,555,751       553,382    15,109,134
    への売上高
     (表示方法の変更)
      「電子部品」の製品別区分の内、従来の「その他」の比率が高くなってきていることから、当連結会計年度より従来
      の「その他」を「センサー」「機構部品」「その他の電子部品」に細分化して記載する方法に変更しております。こ
      の表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の表示の組替えを行っております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
       日本         中国       その他のアジア            北米       その他の地域           合計
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
        7,742,716         5,106,849         1,978,624          244,994          35,949       15,109,134
     (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

        日本           タイ        その他のアジア             北米           合計
        (千円)           (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
         2,947,971            418,347           758,843           50,264         4,175,426
     3.主要な顧客ごとの情報

      外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
                                 79/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

        該当事項はありません。
                                 80/105













                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

        該当事項はありません。
      (1株当たり情報)

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                              至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
    1株当たり純資産額                               2,296.87円               2,433.48円
    1株当たり当期純利益                                76.74円               161.83円

    潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                76.64円               161.74円

     (注)1.当社は当連結会計年度より「株式給付信託(BBT)」を導入しており、株主資本において自己株式として計上
         されている「株式給付信託(BBT)」に残存する自社の株式は、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利
         益の算定上、期末発行済株式総数及び期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めています。 
         当連結会計年度における1株当たり純資産額の算定上、控除した当該自己株式の期末発行済株式総数は
         67,500株であり、1株当たり当期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は63,363株であ
         ります。
       2.  1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりでありま
         す。
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                              至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
    1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                              755,366              1,584,279

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                 ―               ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                     755,366              1,584,279
      当期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                             9,842,892               9,790,065
    潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する
                                       ―               ―
      当期純利益調整額(千円)
      普通株式増加数(株)                               12,515                5,446
      (うち新株予約権(株))                              (12,515)                (5,446)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後
     1株当たり当期純利益の算定に含めなかった                                  ―               ―
     潜在株式の概要
                                 81/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
         該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                      当期首残高         当期末残高         平均利率
           区分                                       返済期限
                       (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                     47,263         43,390          0.48            ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                       ―         ―         ―          ―

    1年以内に返済予定のリース債務                     31,915         49,280           ―          ―

    長期借入金(1年以内に返済予定
                           ―         ―         ―          ―
    のものを除く。)
    リース債務(1年以内に返済予定
                                                 2024年~2025年
                         15,873         50,153           ―
    のものを除く。)
    その他有利子負債
     預託保証金                     8,472         7,427         0.03            ―
           合計              103,524         150,251           ―          ―

     (注) 1  平均利率については、加重平均利率を記載しております。
       2   リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
         連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
       3 在外連結子会社においてIFRS第16号「リース」を適用しており、「1年以内に返済予定のリース債務」及び
         「リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)」の当期末残高は、本会計基準を適用した残高が含まれ
         ております。
       4 その他有利子負債「預託保証金」については、取引上の営業保証金であり、取引継続中は特に返済期限はあ
         りません。
       5   リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであり
         ます。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          リース債務               40,157          9,995           ―          ―
        【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
     (2) 【その他】

       当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
    売上高            (千円)        3,528,455          7,499,963         11,395,340          15,109,134

    税金等調整前

                (千円)         521,542         1,058,325          1,625,525          2,032,772
    四半期(当期)純利益
    親会社株主に帰属する
                (千円)         422,852          797,096         1,298,469          1,584,279
    四半期(当期)純利益
    1株当たり
                 (円)         42.94          81.35         132.61          161.83
    四半期(当期)純利益
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

    1株当たり 
                 (円)         42.94          38.19          51.21          29.19
    四半期純利益
                                 82/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              4,177,687              4,216,301
        受取手形                                9,857              5,883
        電子記録債権                               589,896              617,735
                                    ※2  3,246,070            ※2  3,309,168
        売掛金
        有価証券                                  ―            234,875
        製品                               495,284              694,514
        仕掛品                               264,989              467,028
        原材料及び貯蔵品                               101,823               98,394
                                     ※2  96,551           ※2  285,211
        短期貸付金
                                     ※2  540,642            ※2  490,685
        未収入金
                                     ※2  217,393            ※2  71,961
        その他
        流動資産合計                              9,740,197              10,491,760
      固定資産
        有形固定資産
                                    ※1  1,457,190            ※1  1,392,063
         建物
                                     ※1  122,099            ※1  113,172
         構築物
         機械及び装置                              332,803              336,083
         車両運搬具                               3,633              1,782
         工具、器具及び備品                               87,426              77,838
                                     ※1  360,570            ※1  347,981
         土地
                                        4,210              34,214
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                             2,367,932              2,303,134
        無形固定資産
         ソフトウエア                               39,848              33,182
                                        8,881              3,084
         その他
         無形固定資産合計                               48,729              36,266
        投資その他の資産
         投資有価証券                             2,619,847              2,692,334
         関係会社株式・関係会社出資金                             4,165,708              4,165,708
                                     ※2  808,138
         長期貸付金                                             2,510
         前払年金費用                             2,167,263              2,446,593
         その他                              429,075              452,903
                                      △ 716,700                 ―
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             9,473,332              9,760,049
        固定資産合計                              11,889,995              12,099,450
      資産合計                               21,630,192              22,591,211
                                 83/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形                                21,046              50,089
                                    ※2  1,164,384            ※2  1,354,494
        買掛金
        電子記録債務                               503,172              636,700
                                     ※2  336,517            ※2  341,588
        短期借入金
                                     ※2  186,890            ※2  197,169
        未払費用
        未払法人税等                                54,597              108,680
        賞与引当金                               203,000              220,000
        役員賞与引当金                                8,000              24,750
                                     ※2  97,686           ※2  175,236
        その他
        流動負債合計                              2,575,295              3,108,709
      固定負債
        役員株式給付引当金                                  ―            55,197
        繰延税金負債                               953,610             1,011,056
                                        30,987              24,939
        その他
        固定負債合計                               984,598             1,091,193
      負債合計                                3,559,894              4,199,902
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              3,453,078              3,453,078
        資本剰余金
                                      5,456,313              5,456,313
         資本準備金
         資本剰余金合計                             5,456,313              5,456,313
        利益剰余金
         利益準備金                              863,269              863,269
         その他利益剰余金
          固定資産圧縮積立金                             69,418              66,368
          別途積立金                            6,185,000              6,185,000
                                      1,735,867              2,063,693
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             8,853,554              9,178,331
        自己株式                              △ 715,192             △ 790,775
        株主資本合計                              17,047,754              17,296,948
      評価・換算差額等
                                      1,012,375              1,093,075
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                              1,012,375              1,093,075
      新株予約権                                 10,169               1,284
      純資産合計                               18,070,298              18,391,308
     負債純資産合計                                 21,630,192              22,591,211
                                 84/105






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                    ※1  9,172,843           ※1  10,873,733
     売上高
                                   ※1 ,2  7,058,846           ※1 ,2  8,439,739
     売上原価
     売上総利益                                 2,113,996              2,433,993
                                    ※3  1,934,043            ※3  1,961,595
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  179,953              472,398
     営業外収益
                                     ※1  430,766            ※1  316,327
      受取利息及び配当金
                                     ※1  180,182            ※1  189,795
      受取賃貸料
      為替差益                                 41,123              140,717
                                        24,045               8,590
      その他
      営業外収益合計                                 676,117              655,430
     営業外費用
                                      ※1  1,426            ※1  1,416
      支払利息
      固定資産賃貸費用                                 82,378              117,878
      固定資産廃棄損                                  3,794              2,877
                                        6,056                2
      その他
      営業外費用合計                                 93,656              122,175
     経常利益                                  762,414             1,005,654
     特別利益
                                          ―            25,809
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    ―            25,809
     特別損失
                                                   ※4  11,400
      固定資産売却損                                    ―
      関係会社貸倒引当金繰入額                                 55,100                ―
                                          ―            57,947
      関係会社債権放棄損
      特別損失合計                                 55,100              69,348
     税引前当期純利益                                  707,314              962,115
     法人税、住民税及び事業税
                                        28,000              106,000
                                       △ 9,797              24,964
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   18,202              130,964
     当期純利益                                  689,112              831,151
                                 85/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                       資本剰余金                   利益剰余金
                                         その他利益剰余金
                資本金
                          資本剰余金                           利益剰余金
                     資本準備金           利益準備金
                                     固定資産           繰越利益
                           合計                           合計
                                          別途積立金
                                     圧縮積立金            剰余金
    当期首残高           3,453,078     5,456,313     5,456,313      863,269      72,657    6,185,000     1,454,813     8,575,740
    当期変動額
     固定資産圧縮積立金の
                                      △ 3,239           3,239       ―
     取崩
     剰余金の配当                                           △ 393,641     △ 393,641
     当期純利益                                            689,112     689,112
     自己株式の取得
     自己株式の処分                                           △ 17,656     △ 17,656
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計              ―     ―     ―     ―   △ 3,239       ―   281,053     277,814
    当期末残高           3,453,078     5,456,313     5,456,313      863,269      69,418    6,185,000     1,735,867     8,853,554
                  株主資本         評価・換算差額等

                           その他
                                     新株予約権     純資産合計
                               評価・換算
                自己株式     株主資本合計      有価証券
                               差額等合計
                          評価差額金
    当期首残高           △ 745,460    16,739,672       406,359     406,359      11,637    17,157,668
    当期変動額
     固定資産圧縮積立金の
                        ―                     ―
     取崩
     剰余金の配当                △ 393,641                     △ 393,641
     当期純利益                 689,112                     689,112
     自己株式の取得            △ 970     △ 970                     △ 970
     自己株式の処分            31,238     13,582                     13,582
     株主資本以外の項目の
                           606,015     606,015     △ 1,467     604,548
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計             30,267     308,082     606,015     606,015     △ 1,467     912,630
    当期末残高           △ 715,192    17,047,754      1,012,375     1,012,375       10,169    18,070,298
                                 86/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                       資本剰余金                   利益剰余金
                                         その他利益剰余金
                資本金
                          資本剰余金                           利益剰余金
                     資本準備金           利益準備金
                                     固定資産           繰越利益
                           合計                           合計
                                          別途積立金
                                     圧縮積立金            剰余金
    当期首残高           3,453,078     5,456,313     5,456,313      863,269      69,418    6,185,000     1,735,867     8,853,554
    当期変動額
     固定資産圧縮積立金の
                                      △ 3,049           3,049       ―
     取崩
     剰余金の配当                                           △ 492,665     △ 492,665
     当期純利益                                            831,151     831,151
     自己株式の取得
     自己株式の処分                                           △ 13,708     △ 13,708
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計              ―     ―     ―     ―   △ 3,049       ―   327,825     324,776
    当期末残高           3,453,078     5,456,313     5,456,313      863,269      66,368    6,185,000     2,063,693     9,178,331
                  株主資本         評価・換算差額等

                           その他
                                     新株予約権     純資産合計
                               評価・換算
                自己株式     株主資本合計      有価証券
                               差額等合計
                          評価差額金
    当期首残高           △ 715,192    17,047,754      1,012,375     1,012,375       10,169    18,070,298
    当期変動額
     固定資産圧縮積立金の
                        ―                     ―
     取崩
     剰余金の配当                △ 492,665                     △ 492,665
     当期純利益                 831,151                     831,151
     自己株式の取得          △ 100,429     △ 100,429                     △ 100,429
     自己株式の処分            24,847     11,138                     11,138
     株主資本以外の項目の
                            80,700     80,700     △ 8,884     71,815
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計            △ 75,582     249,194      80,700     80,700     △ 8,884     321,010
    当期末残高           △ 790,775    17,296,948      1,093,075     1,093,075       1,284   18,391,308
                                 87/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1.資産の評価基準及び評価方法
     (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
      ①   子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法を採用しております。
      ②   その他有価証券
       ・市場価格のない株式等以外のもの
         時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しておりま
        す。
       ・市場価格のない株式等
         移動平均法による原価法を採用しております。
     (2)  棚卸資産の評価基準及び評価方法
      ①   仕掛品、原材料及び貯蔵品
        先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
      ②   製品
        総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
    2.固定資産の減価償却の方法

     (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法を採用しております。
       ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附
      属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
       建物            7~50年
       機械及び装置        8年
     (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
       定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基
      づく定額法を採用しております。
     (3) リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 88/105









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    3.引当金の計上基準
     (1) 貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えて、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
      は個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
     (2) 賞与引当金
       期末在籍従業員に対し、7月に支給する賞与にあてるため、労働組合との協定を基準として計上しております。
     (3) 役員賞与引当金
       役員賞与の支出に備えて、当事業年度末における支給見込額に基づき計上しております。
     (4)  役員株式給付引当金
       役員株式給付規程に基づく取締役及び執行役員への当社株式の給付に備えるため、当事業年度末における株式給
      付債務の見込額に基づき計上しております。
     (5)  退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してお
      ります。
      ①  退職給付見込額の期間帰属方法
       退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算
      定式基準によっております。
      ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
       過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した
      額を費用処理しており、数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定
      の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
       なお、当事業年度末における年金資産見込額が退職給付債務見込額に未認識過去勤務費用及び未認識数理計算上
      の差異を加減した金額を超過しており、その差額は投資その他の資産「前払年金費用」に計上しております。
       財務諸表において、未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の貸借対照表における取扱いが連結財務諸
      表と異なっております。
    4.収益及び費用の計上基準

       当社における製品の販売について、顧客との販売契約に基づいて製品を引き渡す履行義務を負っております。
       当該履行義務は、製品を引き渡す一時点において、顧客が当該製品に対する支配を獲得して充足されると判断し
      ておりますが、「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月26日)第98
      項を適用し、顧客に製品を出荷した時点で収益を認識しております。
    5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

     (1)  連結納税制度の適用
       連結納税制度を適用しております。
     (2)  連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
       当社は、翌事業年度から、連結納税制度からグループ通算制度へ移行することとなります。ただし、「所得税法
      等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通
      算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制
      度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号2020年3月31日)第3項の取扱いによ
      り、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号2018年2月16日)第44項の定めを適
      用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。
       なお、翌事業年度の期首から、グループ通算制度を適用する場合における法人税及び地方法人税並びに税効果会
      計の会計処理及び開示の取扱いを定めた「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」
      (実務対応報告第42号 2021年8月12日)を適用する予定であります。
                                 89/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (会計方針の変更)

    (1)収益認識に関する会計基準等の適用
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
      等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービス
      と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      りますが、当事業年度の期首の繰越利益剰余金に与える影響はありません。
       なお、当該会計基準の適用が財務諸表に及ぼす影響はありません。
       また、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認識関係」注記に
      ついては記載しておりません。
    (2)  時価の算定に関する会計基準等の適用

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
      う。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計
      基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな
      会計方針を将来にわたって適用することとしております。なお、財務諸表に与える影響はありません。
      (追加情報)

      株式給付信託(BBT)
       取締役等に対する新たな業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board                                       Benefit    Trust))」について
      は、連結財務諸表「注記事項(追加情報)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
                                 90/105













                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
    ※1.担保提供資産と対応債務
        前事業年度(       2021年3月31日       )
                                       担保額によって
                担保に供している資産
                                      担保されている債務
                   期末帳簿価額
           種類                 担保権の種類             内容
                    (千円)
        建物              103,648
        構築物                74     根抵当権
                                     該当債務はありません。
        土地               6,756
           合計           110,479         ―
        当事業年度(       2022年3月31日       )

                                       担保額によって
                担保に供している資産
                                      担保されている債務
                   期末帳簿価額
           種類                 担保権の種類             内容
                    (千円)
        建物              97,616
        構築物                64     根抵当権
                                     該当債務はありません。
        土地               6,756
           合計           104,438         ―
    ※2.関係会社に対する資産及び負債

       区分表示されたもの以外で関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりであります。
                               前事業年度               当事業年度
                              ( 2021年3月31日       )        ( 2022年3月31日       )
        短期金銭債権                        2,390,090千円               2,475,221千円
        長期金銭債権                         805,268                  ―
        短期金銭債務                        1,251,657               1,457,244
                                 91/105











                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      (損益計算書関係)
    ※1.関係会社との取引高は次のとおりであります。
                               前事業年度               当事業年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
        売上高                        4,177,870千円               5,435,488千円
        仕入高                        4,321,913               5,335,311
        営業取引以外の取引高                         594,340               540,116
    ※2.期末棚卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま

      す。
                               前事業年度               当事業年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
                                  5,775   千円             8,406   千円
    ※3.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        荷造運搬費                          40,877   千円             41,220   千円
        役員報酬                          94,918                99,177
        給料及び手当                         565,222                582,591
        法定福利費                         118,380                125,372
        賞与引当金繰入額                         105,589                102,642
        役員賞与引当金繰入額                          8,000               24,750
        役員株式給付引当金繰入額                            ―              55,197
        退職給付費用                         △ 9,174              △ 96,215
        旅費交通費及び通信費                          45,908                53,386
        租税公課                         109,456                117,451
        研究開発費                         514,841                485,178
        減価償却費                          69,448                64,391
       おおよその割合
        販売費                            18%                 18%
        一般管理費                            82%                 82%
    ※4.固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度               当事業年度
                             (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )      至   2022年3月31日       )
        建物等                            ―               561千円
        土地                            ―             10,838
        計                            ―             11,400
      (有価証券関係)

     前事業年度(      2021年3月31日       )
      子会社株式(貸借対照表計上額                 子会社株式3,351,940千円、関係会社出資金813,767千円)は、市場価格がなく、
      時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     当事業年度(      2022年3月31日       )

      子会社株式(貸借対照表計上額                 子会社株式3,351,940千円、関係会社出資金813,767千円)は、市場価格のない株
      式等のため、子会社株式の時価を記載しておりません。
      (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 92/105


                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
                                   前事業年度              当事業年度
                                  ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
      繰延税金資産
        税務上の繰越欠損金                              671,005千円              561,372千円
        減価償却費                               6,060              9,114
        退職給付引当金                              456,855              480,371
        貸倒引当金                              219,310                 ―
        賞与引当金                              62,118              67,320
        外国税額                              48,968              44,330
        棚卸資産                              39,201              41,453
        関係会社株式評価損                              21,851              21,851
        投資有価証券評価損                              112,495              112,202
                                      49,171              66,361
        その他
      繰延税金資産小計                              1,687,039              1,404,376
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額
                                    △620,565              △467,563
                                    △881,483              △699,639
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
      評価性引当額小計                             △1,502,049              △1,167,202
      繰延税金資産合計                               184,989              237,173
      繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                             △374,165              △406,646
        前払年金費用                             △663,182              △748,657
        関係会社株式                             △63,662              △63,662
        固定資産圧縮積立金                             △30,607              △29,263
                                     △6,981                 ―
        その他
      繰延税金負債合計                             △1,138,600              △1,248,230
      繰延税金負債純額                              △953,610             △1,011,056
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                   前事業年度              当事業年度
                                  ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
      法定実効税率                                30.6%              30.6%
       (調整)
        交際費・寄付金等永久に損金に算入されない項目                                0.1             24.7
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              △15.8              △7.8
        住民税均等割                                1.4              1.0
        評価性引当額                              △11.2              △34.4
        外国税額                                0.6              1.5
        試験研究費                               △2.5              △3.3
                                      △0.6               1.3
        その他
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 2.6             13.6
      (収益認識関係)

     顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、財務諸表「注記事項 (重要な会計方針) 4.
    収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
                                 93/105





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:千円)
                                                      減価償却
       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                      累計額
    有形固定資産        建物            6,791,097       23,288      13,491      87,853    6,800,894      5,408,831

            構築物             525,612       1,458      7,060     10,385     520,010      406,838

            機械及び装置            2,339,937       108,733      22,716     104,834     2,425,953      2,089,870

            車両運搬具              28,216        ―      ―    1,850     28,216      26,434

            工具、器具及び備品            3,288,239       64,218     525,123      71,978    2,827,334      2,749,496

            土地             360,570        ―    12,588        ―   347,981        ―

            リース資産              10,583        ―    6,030       ―    4,553      4,553

            建設仮勘定              4,210     34,214      4,210       ―    34,214        ―

                 計       13,348,466       231,912      591,219      276,902    12,989,159      10,686,024

    無形固定資産        ソフトウエア             130,301       8,681     57,833      15,347      81,149      47,967

            その他              30,045       860    25,270       141     5,635      2,550

                 計        160,347       9,541     83,104      15,488      86,784      50,518

     (注)   1. 当期首残高及び当期末残高については、取得価額により記載しております。
       2. 当期増減額のうち主なものは次のとおりです。
           (増加)
            (機械及び装置)            製造設備の取得(赤穂工場)                  87,482   千円
           (減少)
            (工具、器具及び備品)            金型の廃棄(本社・赤穂工場)                  480,911    千円
        【引当金明細表】

                                                (単位:千円) 
         科目          当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
    貸倒引当金                  716,700             ―        716,700             ―

    賞与引当金                  203,000          220,000          203,000          220,000

    役員賞与引当金                   8,000          24,750           8,000          24,750

    役員株式給付引当金                     ―        55,197            ―        55,197

     (2)  【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                 94/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度             4月1日から3月31日まで

    定時株主総会             6月中

    基準日             3月31日

                 9月30日
    剰余金の配当の基準日
                 3月31日
    1単元の株式数             100株
    単元未満株式の買取り・
    売渡し
                 (特別口座)
      取扱場所           東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
                 三菱UFJ信託銀行株式会社  証券代行部
                 (特別口座)
      株主名簿管理人           東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
                 三菱UFJ信託銀行株式会社
      取次所           ───────
      買取・売渡手数料           株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                 電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による
                 公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載する方法により行う。
    公告掲載方法
                 公告掲載URL
                 https://www.noble-j.co.jp/
    株主に対する特典             なし
     (注)    当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、取得請求権付株式の取得を
        請求する権利、募集株式または募集新株予約権の割当てを受ける権利並びに単元未満株式の売渡請求をする権
        利以外の権利を有しておりません。
                                 95/105











                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
    (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度(      第99期   )   (自    2020年4月1日        至   2021年3月31日       ) 2021年6月29日関東財務局長に提出。
    (2)  内部統制報告書及びその添付書類

       2021年6月29日関東財務局長に提出。
    (3)  四半期報告書及び確認書

       (  第100期    第1四半期)        (自    2021年4月1日        至   2021年6月30日       )
        2021年8月6日関東財務局長に提出。
       (  第100期    第2四半期)        (自    2021年7月1日        至   2021年9月30日       )
        2021年11月8日関東財務局長に提出。
       (  第100期    第3四半期)        (自    2021年10月1日        至   2021年12月31日       )
        2022年2月14日関東財務局長に提出。
    (4)  臨時報告書

       2021年7月2日関東財務局長に提出。
       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会にお
      ける議決権行使の結果)の規定に基づく臨時報告書であります。
       2022年3月25日関東財務局長に提出。
       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第11号(連結子会社に対す
      る債権放棄)の規定に基づく臨時報告書であります。
                                 96/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 97/105



















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   2022年6月29日

    帝国通信工業株式会社
     取締役会  御中
                      有限責任監査法人トーマツ

                         東 京 事 務 所
                      指定有限責任社員

                                 公認会計士       三 澤  幸 之 助
                      業務執行社員
                      指定有限責任社員

                                 公認会計士       五 十 嵐  勝 彦
                      業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる帝国通信工業株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結
    貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連
    結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、帝
    国通信工業株式会社及び連結子会社の2022年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営
    成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
    任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重
    要であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見
    の形成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                 98/105








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    棚卸資産の評価
           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     当連結会計年度の連結貸借対照表において、「商品及                           当監査法人は、「商品及び製品」、「仕掛品」及び
    び製品」1,512,850千円、「仕掛品」761,458千円及び                           「原材料及び貯蔵品」に含まれる電子部品の評価の妥当
    「原材料及び貯蔵品」921,880千円が計上されており、                           性を検討するため、主に以下の監査手続を実施した。
    これらの合計額3,196,189千円は総資産の11.0%を占め                           ・ 「商品及び製品」、「仕掛品」及び「原材料及び貯
    ている。このうち電子部品セグメントにおける棚卸資産                            蔵品」の評価に関連する内部統制の整備・運用状況の
    の残高は、「商品及び製品」で1,510,588千円、「仕掛                            有効性を評価した。評価に当たっては、特に棚卸資産
    品」で691,954千円及び「原材料及び貯蔵品」で915,190                            の販売可能性の低下を適切に帳簿価額に反映させるた
    千円となっている。                            め、算定された評価損レポートに基づき簿価の切り下
     【注記事項】(連結財務諸表作成のための基本となる                           げが行われているかを確認する統制に焦点を当てた。
    重要な事項)4.会計方針に関する事項(1)重要な資産の                           ・ 当期及び過去の棚卸資産の廃棄金額と、対応する過
    評価基準及び評価方法           ロ  棚卸資産    に記載のとおり、棚           去の評価基準日時点で保有していた棚卸資産との関係
                                より評価損計上が必要と考えられる割合を遡及的に試
    卸資産の貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下
                                算し、会社が設定した評価損の方針に基づく評価損率
    げの方法により算定している。               【注記事項】(連結損益
                                と比較を行った。
    計算書関係)※1        に記載のとおり、当連結会計年度の連
                               ・ 会社が作成した評価損レポートの生成過程を、経理
    結損益計算書に計上されている売上原価10,082,879千円
                                室の担当者への質問及び関連データの閲覧により理解
    のうち、10,573千円は棚卸資産評価損である。
                                した。
     電子部品セグメントにおいては、原則として受注生産
                               ・ 当監査法人内部のIT専門家を利用して、会社が作成
    であるが、顧客からの注文にタイムリーに対応するため
                                した評価損レポートが上記にて理解した生成過程や前
    に将来の販売予測に基づいて見込生産を行っている品種
                                提どおりに作成されているかどうかを検討した。な
    もあることから、保有する棚卸資産は必ずしも顧客から
                                お、本検討の前提として、評価損レポート作成のため
    の注文に紐づいていない。したがって、これらの棚卸資
                                の情報生成機能を担っているシステムに関するプログ
    産は期間の経過とともに販売可能性が低下することが想
                                ラム変更やアクセス制限、システムの保守、運用等の
    定されることから、経営者は棚卸資産の評価にあたり、
                                IT全般統制の検討を行った。
    正味売却価額が取得原価を下回っている場合に簿価を切
                               ・ 同IT専門家を利用して、滞留期間ごとの残高及び会
    り下げる方法のほか、期間の経過に伴う販売可能性の低
                                社が定めた評価損率を用いて算定される評価損金額を
    下を帳簿価額に反映させるため、原則として品種ごとに
                                再計算し、会社の評価結果と比較検討した。
    滞留期間に応じて設定された評価損率と在庫金額により
                               ・ 関連する勘定科目に関して、評価損レポートにおけ
    評価損金額を算定して、簿価を切り下げる方法を採用し
                                る帳簿残高合計と残高試算表の残高とを比較検討し
    ている。
                                た。
     棚卸資産評価損は、ITシステムによる自動計算がなさ
    れた後、評価損レポートの生成、当該情報に基づく会計
    システムへの入力というプロセスにより計上される。そ
    のため、ITシステムによる自動計算や評価損レポートの
    生成、入力される在庫の入出庫データ及び出力される評
    価損計上基礎データの管理などに問題がある場合には棚
    卸資産評価損の計算誤りにつながるリスクがある。
     以上から、当監査法人は、「商品及び製品」、「仕掛
    品」及び「原材料及び貯蔵品」に含まれる電子部品セグ
    メントにおける棚卸資産の評価が、当連結会計年度の連
    結財務諸表監査において特に重要であり、「監査上の主
    要な検討事項」に該当すると判断した。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書
    以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責
    任は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の
    記載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内
    容と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そ
    のような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告
    することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
                                 99/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか
    どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
    示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
    することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記
     事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸
     表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証
     拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
     かどうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎とな
     る取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を
     入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     意見に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判
    断した事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表
    が禁止されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利
    益を上回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
                                100/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    <内部統制監査>
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、帝国通信工業株式会社の2022
    年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、帝国通信工業株式会社が2022年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記
    の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、
    財務報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
    制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十
    分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
                                101/105













                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    内部統制監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
    いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
    ある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
     る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び
     適用される。
    ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内
     部統制報告書の表示を検討する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
     は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責
     任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、
    識別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項
    について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以  上

    (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

        会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                102/105










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                   2022年6月29日

    帝国通信工業株式会社
     取締役会  御中
                      有限責任監査法人トーマツ

                         東 京 事 務 所
                      指定有限責任社員

                                 公認会計士       三 澤  幸 之 助
                      業務執行社員
                      指定有限責任社員

                                 公認会計士       五 十 嵐  勝 彦
                      業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる帝国通信工業株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第100期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
    照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、帝国通
    信工業株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点に
    おいて適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
    と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
    て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
    棚卸資産の評価

     当事業年度の貸借対照表において、「製品」694,514千円、「仕掛品」467,028千円及び「原材料及び貯蔵品」98,394
    千円が計上されており、これらの合計額1,259,937千円は総資産の5.6%を占めている。
     【注記事項】(重要な会計方針)1.資産の評価基準及び評価方法(2)棚卸資産の評価基準及び評価方法                                                に記載のとお
    り、棚卸資産の貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定している。                                           【注記事項】(損益計算書
    関係)※2     に記載のとおり、当事業年度の損益計算書に計上されている売上原価8,439,739千円のうち8,406千円は棚卸資
    産評価損である。
     監査上の主要な検討事項の内容、決定理由及び監査上の対応については、連結財務諸表の監査報告書に記載されてい
    る監査上の主要な検討事項(棚卸資産の評価)と同一内容であるため、記載を省略している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書
    以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責
    任は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載
    内容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と
    財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような
    重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
                                103/105



                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告
    することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。 
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止さ
    れている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回
    ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
                                104/105




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                           有価証券報告書
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

    (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

        会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                105/105


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。