兼松株式会社 四半期報告書 第127期第1四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第127期第1四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)
提出日
提出者 兼松株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年8月14日
                          第127期第1四半期(自2020年4月1日 至2020年6月30日)
      【四半期会計期間】
      【会社名】                    兼松株式会社
                          KANEMATSU     CORPORATION
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  谷川 薫
      【本店の所在の場所】                    神戸市中央区伊藤町119番地
                          (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」
                          で行っております。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
                          東京都港区芝浦一丁目2番1号(東京本社)
      【最寄りの連絡場所】
                          (03)5440-8111(大代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    主計部長  藤井 励起
      【縦覧に供する場所】                    兼松株式会社東京本社
                          (東京都港区芝浦一丁目2番1号)
                          兼松株式会社大阪支社
                          (大阪市中央区淡路町三丁目1番9号)
                          兼松株式会社名古屋支店
                          (名古屋市中区栄二丁目9番3号)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/31









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                   第126期          第127期

                 回次                 第1四半期          第1四半期          第126期
                                  連結累計期間          連結累計期間
                                 自2019年4月1日          自2020年4月1日          自2019年4月1日

                会計期間
                                 至2019年6月30日          至2020年6月30日          至2020年3月31日
                           (百万円)           168,416          142,371          721,802

     収益
                           (百万円)           25,220          21,445         110,904

     売上総利益
                           (百万円)            5,779          3,418         26,944

     税引前四半期利益および税引前利益
     親会社の所有者に帰属する四半期(当期) 
                           (百万円)            3,523          2,359         14,399
     利益
     親会社の所有者に帰属する四半期(当期) 
                           (百万円)            1,774          2,677         10,927
     包括利益
                           (百万円)           124,147          130,974          130,829
     親会社の所有者に帰属する持分
                           (百万円)           543,786          529,575          551,671

     総資産
     基本的1株当たり四半期(当期)利益
                            (円)           42.19          28.25         172.43
     (親会社の所有者に帰属)
     希薄化後1株当たり四半期(当期)利益
                            (円)           42.17          28.23         172.28
     (親会社の所有者に帰属)
                            (%)           22.8          24.7          23.7
     親会社所有者帰属持分比率
                           (百万円)            1,808          7,808         24,259

     営業活動によるキャッシュ・フロー
                           (百万円)           △ 1,138         △ 1,815

     投資活動によるキャッシュ・フロー                                                   △ 10,215
                           (百万円)           △ 4,099         △ 9,979

     財務活動によるキャッシュ・フロー                                                   △ 11,590
                           (百万円)           85,295          87,046          91,105

     現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高
      (注)1.国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
         2.収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
           おりません。
         4.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益は、業績連動型株式報酬制度に基づき支給が見込まれる条件付発行
           可能株式を潜在株式とみなして算定しております。
                                  2/31







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
       当社グループは、国内外のネットワークと各事業分野で培ってきた専門性と、商取引、情報収集、市場開拓、事業
      開発・組成、リスクマネジメント、物流などの商社機能を有機的に結合して、電子・デバイス、食料、鉄鋼・素材・
      プラント、車両・航空を中心とした幅広い分野で、多種多様な商品・サービスを提供しております。
       当社はこれらの事業を、取扱商品・サービスの内容に応じた事業区分に分類しており、当社グループ全体は、当社
      に加え、連結子会社93社および持分法適用会社30社の合計123社(2020年6月30日現在)で構成されております。
       当社グループの事業区分ごとの取扱商品・サービスの内容および主な関係会社は、次のとおりであります。
          事業区分             主な取扱商品・サービスの内容                        主要な関係会社名

                  電子部品・部材、半導体・液晶製造装置、通信関連機
        電子・デバイス                                (連結子会社    国内          12 社、海外    7社)
                  器・部品、電子関連の素材・副資材、情報通信技術シ
          ( 23 社)
                                        兼松エレクトロニクス㈱
                  ステム・サービス、携帯通信端末、モバイルインター
                                        兼松コミュニケーションズ㈱
                  ネットシステム・サービス、セキュリティ機器、産業
                                        兼松サステック㈱
                  用プリンター他
                                        兼松フューチャーテックソリューションズ㈱
                                        (持分法適用会社  国内           3社、海外    1社)

                  冷凍・乾燥・缶詰フルーツ、コーヒー、ココア、ゴ
          食料                              (連結子会社    国内          10 社、海外    ▶社)
                  マ、落花生、雑豆、砂糖、ワイン、畜産物、水産物、
          ( 29 社)
                                        兼松新東亜食品㈱
                  飼料、肥料、大豆、小麦、大麦、米、加工食品、調理
                                        兼松アグリテック㈱
                  食品、ペットフード他
                                        (持分法適用会社  国内           ▶社、海外   11 社)
                  各種鋼板、条鋼・線材、鋼管、ステンレス製品、一般
       鉄鋼・素材・プラント                                 (連結子会社    国内          13 社、海外   12 社)
          ( 28 社)       鋼材、製鉄・製鋼原料、電池原料、肥料原料、接着剤                      兼松トレーディング㈱
                  材料、溶剤、機能性食品素材、栄養補助食品、医薬
                                        兼松ケミカル㈱
                  品・医農薬中間体、原油、石油製品、液化石油ガス、
                                        兼松ペトロ㈱
                  温室効果ガスの排出権、バイオマスエネルギー、化
                                        ㈱兼松ケージーケイ
                  学・石油化学プラント、製紙機械、通信回線敷設、光
                  ファイバー、電力プロジェクト、船舶および舶用機
                  材、工作機械、産業機械他
                                        (持分法適用会社  国内           1社、海外    2社)
         車両・航空         車載部品・機構部品、航空機および航空機部品、ヘリ                      (連結子会社    国内           3社、海外    7社)
                  コプターおよびヘリコプター部品、ロケット追尾業
          ( 11 社)
                                        兼松エアロスペース㈱
                  務、衛星関連機器・部品、自動車・二輪車および関連
                  部品、産業車両、建設機械、汎用機、鍛造品、鋳造品
                  他
                                        (持分法適用会社  国内           0社、海外    1社)
                  住宅関連資材、中質繊維板、非鉄金属、保険代理・仲
          その他                              (連結子会社    国内           8社、海外    0社)
                  介業、航空・海上貨物代理店業、通関業、不動産管
          ( 15 社)
                                        新東亜交易㈱
                  理・賃貸業他
                                        兼松ロジスティクス        アンド   インシュアランス㈱
                                        (持分法適用会社  国内           5社、海外    2社)

                                        ホクシン㈱
                  海外における多種多様な商品の売買、各種サービスの

         海外現地法人                               (連結子会社             17 社)
          ( 17 社)       提供                      Kanematsu    USA  Inc.
                                        Kanematsu    (Hong   Kong)   Ltd.
                                        Kanematsu    (China)   Co.,Ltd.
                                        Kanematsu    GmbH
     (注)上記のうち、国内の証券市場に株式を上場している連結子会社は、兼松エレクトロニクス㈱(東証一部)および兼
        松サステック㈱(東証一部)であります。
                                  3/31






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)  業績の状況
         当第1四半期連結累計期間(2020年4月1日~6月30日)の世界経済は、全世界的に拡大した新型コロナウイル
        ス感染症とそれに伴う都市封鎖(ロックダウン)、需要および雇用の消失により、歴史的な落ち込みに直面しまし
        た。
         米国においては、感染は全土へ拡大し、米国経済は戦後最悪のマイナス成長となり、2009年以来最長の景気拡大
        局面も終焉を迎えました。サービス業を中心に雇用も大幅に悪化しましたが、過去最大規模の財政政策とゼロ金利
        政策への回帰などにより、金融市場は回復を見せています。欧州においても、イタリア、スペイン、フランスなど
        を中心に感染は拡大し、ロックダウンの影響から経済には深刻な影響が生じています。一方、新型コロナウイルス
        感染症拡大の影響が最も早く表れた中国においては、前年度末に深刻な打撃を受けたものの、いち早く封じ込めに
        成功し、生産面を中心に経済活動を徐々に正常化させてきています。
         わが国経済も、約2ヵ月に及んだ緊急事態宣言とそれに伴う外出自粛などにより、経済活動が大幅に抑制された
        結果、業界ごとの濃淡は一定程度あるものの、リーマンショック後を上回る落ち込みとなりました。
         このような環境のもと、当第1四半期連結累計期間の当社グループの業績は、次のとおりとなりました。

         新型コロナウイルス感染症拡大による巣ごもり需要の高まりを受け、農産油脂取引や畜産事業などで増収となっ
        た一方、相場下落の影響を受けた飼料取引、緊急事態宣言に伴う外出自粛などにより需要減退の影響を受けたエネ
        ルギー事業などで減収となりました。
         航空機部品取引などが順調な航空宇宙事業や、仮想化やセキュリティ分野などのIT投資需要が堅調なICTソ
        リューション事業などで増益となった一方、外出自粛や営業時間短縮により来店者数が減少したモバイル事業や、
        油価下落により引合いが減少している油井管事業などで減益となりました。
         その結果、収益は、前年同期比              260億45百万円       ( 15.5%   ) 減少  の 1,423億71百万円        となり、売上総利益も、前年同
        期比  37億75百万円      ( 15.0%   ) 減少  の 214億45百万円       となりました。営業活動に係る利益は、売上総利益の減少など
        により、前年同期比         24億54百万円      ( 42.0%   ) 減少  の 33億86百万円      となりました。また、営業活動に係る利益の減少
        などにより、税引前四半期利益は、前年同期比                      23億61百万円      ( 40.9%   ) 減少  の 34億18百万円      となり、親会社の所有
        者に帰属する四半期利益は、前年同期比                   11億64百万円      ( 33.0%   ) 減少  の 23億59百万円      となりました。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

       ①  電子・デバイス

         ICTソリューション事業は、顧客への納入時期延期が影響したものの堅調に推移しました。モバイル事業は、来
        店者数減少に伴い減益となりました。半導体・液晶製造装置取引は、引き続き中国での新型コロナウイルス感染症
        拡大による影響を受けました。
         その結果、電子・デバイスセグメントの収益は前年同期比                           118億69百万円減少         の 437億38百万円       、営業活動に係る
        利益は   9億9百万円減少        の 18億94百万円      、親会社の所有者に帰属する四半期利益は                    8億12百万円減少        の 9億53百万
        円 となりました。
       ②  食料

         食糧事業は、大豆・米等の農産油脂取引は巣ごもり・内食需要の高まりを受けて一部商品は好調に推移したもの
        の、飼料取引の不調により苦戦しました。食品事業・畜産事業は、内食需要を取り込み、食品スーパー向け取引は
        好調に推移したものの、緊急事態宣言により外出機会が大幅に減少した結果、外食向け取引が大きく落ち込み苦戦
        しました。
         その結果、食料セグメントの収益は前年同期比                      9億98百万円減少        の 619億33百万円       、営業活動に係る利益は           11億
        31百万円減少      の 3億61百万円      、親会社の所有者に帰属する四半期利益は                    4億86百万円減少        の 4億41百万円      となりま
        した。
                                  4/31




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       ③  鉄鋼・素材・プラント
         エネルギー事業は、需要が伸び悩む中、国内石油販売取引の採算が良化したことにより減収ながら増益となりま
        した。化学品事業も医薬品取引を中心に堅調に推移しました。一方、油井管事業は、油価下落による掘削需要低迷
        の影響を受け、苦戦が続いています。工作機械・産業機械事業についても自動車産業低迷の影響、また鉄鋼事業に
        おいても自動車向け鋼材取引の低迷や海外ロックダウンによる商談停止の影響を受けました。
         その結果、鉄鋼・素材・プラントセグメントの収益は前年同期比                              111億2百万円減少         の 204億58百万円       、営業活動
        に係る利益は      3億71百万円減少        の 39百万円    、親会社の所有者に帰属する四半期利益は                    24百万円増加      の 2億69百万円
        となりました。
       ④  車両・航空

         航空宇宙事業は、主力である航空機部品取引が順調に推移しました。車両・車載部品事業は、世界的な需要減少
        の影響を受けました。
         その結果、車両・航空セグメントの収益は前年同期比                         17億8百万円減少        の 136億34百万円       、営業活動に係る利益
        は 40百万円増加      の 9億1百万円      、親会社の所有者に帰属する四半期利益は                    43百万円減少      の 5億68百万円      となりまし
        た。
       ⑤  その他

         収益は前年同期比        3億70百万円減少        の 26億5百万円      、営業活動に係る利益は           69百万円減少      の 1億98百万円      、親会
        社の所有者に帰属する四半期利益は                 88百万円増加      の 2億20百万円      となりました      。
       (2)  財政状態に関する説明

       ①  資産、負債および資本の状況
         当第1四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末比                             220億96百万円減少         の 5,295億75百万円        となりまし
        た 。
         有利子負債については、前連結会計年度末比                     49億19百万円減少        の 1,384億75百万円        となりました。現預金を差し
        引いたネット有利子負債は、前連結会計年度末比                       8億80百万円減少        の 509億27百万円       となりました      。 なお、有利子
        負債にはリース負債を含めておりません。
         資本のうち、親会社の所有者に帰属する持分については、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資
        産の増加等により、前連結会計年度末比                   1億45百万円増加        の 1,309億74百万円        となりました。
         その結果、親会社所有者帰属持分比率は                   24.7%   、ネット有利子負債資本倍率(ネットDER)は                      0.4  倍となりまし
        た。
       ②  キャッシュ・フローの状況

         当第1四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末比                                       40億59百万円減少        の 870億46
        百万円   となりました。
         当第1四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第1四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、営業収入の積上げ等により、                                                78億8
        百万円の収入      (前年同期は      18億8百万円の収入         )となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第1四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得等により、                                                  18億
        15百万円の支出       (前年同期は      11億38百万円の支出         )となりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第1四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、短期借入金の返済や配当金の支払い
        等により、     99億79百万円の支出         (前年同期は      40億99百万円の支出         )となりました。
       (3)  経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
                                  5/31



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
         当第1四半期連結累計期間において、当社グループの優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更および新たに生じた問題はありません。
       (5)  研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間における研究開発費の総額は2億5百万円であり、電子・デバイスセグメントにおけ
        るシステムソリューションの開発やストレージ関連の新製品の開発、サイバー攻撃対策の研究等、様々な研究開発
        活動を行っております。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  6/31

















                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                 200,000,000

                 普通株式
                                                 200,000,000

                  計
        ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2020年8月14日)
               (2020年6月30日)                           取引業協会名
                                          東京証券取引所            単元株式数
                   84,500,202             84,500,202
       普通株式
                                           市場第一部            100株
                   84,500,202             84,500,202             -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
                 総数増減数        総数残高                       増減額        残高
         年月日
                                (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                      (百万円)       (百万円)
     2020年4月1日~
                     -     84,500          -     27,781          -     26,887
     2020年6月30日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/31








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          直前の基準日(2020年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                   2020年6月30日現在
                         株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                         内容
                                 -             -        -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -

      議決権制限株式(その他)                           -             -        -

                      (自己保有株式)
                                             -
                              259,500
                       普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)
                                                  単元株式数100株
                      (相互保有株式)
                                             -
                              100,000
                       普通株式
      完全議決権株式(その他)                       84,064,400              840,644
                       普通株式                              同上
                                                  1単元(100株)
      単元未満株式                 普通株式       76,302               -
                                                   未満の株式
                            84,500,202                 -        -
      発行済株式総数
                                 -          840,644           -

      総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が                                         2,600株(議決権26個)、役
         員向け株式交付信託が保有する当社株式が702,500株(議決権7,025個)含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2020年6月30日現在
                                                    発行済株式総数
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
       所有者の氏名
                                                    に対する所有株
                 所有者の住所
                            株式数(株)        株式数(株)         合計(株)
        又は名称
                                                    式数の割合(%)
     (自己保有株式)

               神戸市中央区伊藤町
      兼松㈱                        259,500           -      259,500          0.30
               119番地
     (相互保有株式)
               大阪府岸和田市木材町
      ホクシン㈱                        100,000           -      100,000          0.11
               17番地2
                    -          359,500           -      359,500          0.42
         計
      (注)上記のほか、役員向け株式交付信託が保有する当社株式702,500株を要約四半期連結財務諸表上、自己株式とし
         て処理しておりますが、上記の表には含めておりません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/31






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下「IAS第34号」という。)に準拠
       して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020
       年6月30日まで)および第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)に係る要約四半期連結
       財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/31

















                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度末             当第1四半期連結会計期間末
                          注記
                                 (2020年3月31日)                (2020年6月30日)
                          番号
     資産
      流動資産
                                         91,105               87,046
       現金及び現金同等物
                                         204,920               171,628
       営業債権及びその他の債権
                                         100,766               113,084
       棚卸資産
                                          5,383               4,091
       その他の金融資産
                                         24,580               27,336
       その他の流動資産
            流動資産合計                             426,756               403,187
      非流動資産
                           7              40,756               41,276
       有形固定資産
                                         10,304               10,282
       のれん
                                         23,382               23,396
       無形資産
                                          7,506               7,781
       持分法で会計処理されている投資
                                          1,428               1,345
       営業債権及びその他の債権
                                         28,279               29,459
       その他の投資
                                          7,370               7,414
       その他の金融資産
                                          2,761               2,305
       繰延税金資産
                                          3,126               3,125
       その他の非流動資産
                                         124,915               126,387
            非流動資産合計
             資産合計                            551,671               529,575
                                 10/31











                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度末             当第1四半期連結会計期間末
                          注記
                                 (2020年3月31日)                (2020年6月30日)
                          番号
     負債及び資本
      負債
      流動負債
                                         172,922               156,709
       営業債務及びその他の債務
                           8              68,164               63,675
       社債及び借入金
                                          6,303               6,572
       リース負債
                                          4,614               6,687
       その他の金融負債
                                          3,393                 568
       未払法人所得税
                                            30               20
       引当金
                                         29,073               29,222
       その他の流動負債
            流動負債合計                             284,503               263,457
      非流動負債
                           8              75,229               74,799
       社債及び借入金
                                         11,251               10,905
       リース負債
                                          2,063               2,040
       その他の金融負債
                                          6,779               6,749
       退職給付に係る負債
                                          1,914               1,927
       引当金
                                          2,385               3,014
       繰延税金負債
                                          1,369               1,261
       その他の非流動負債
                                         100,994               100,698
            非流動負債合計
                                         385,497               364,155
             負債合計
      資本
                                         27,781               27,781
       資本金
                                         26,957               26,930
       資本剰余金
                                         69,540               69,421
       利益剰余金
                                         △ 1,309              △ 1,310
       自己株式
                           10
       その他の資本の構成要素
                                           930               324
        在外営業活動体の換算差額
        その他の包括利益を通じて
                                          6,816               7,679
        公正価値で測定する金融資産
                                           113               146
        キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                          7,860               8,151
        その他の資本の構成要素合計
                                         130,829               130,974
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                         35,344               34,445
       非支配持分
                                         166,174               165,419
             資本合計
           負債及び資本合計                              551,671               529,575
                                 11/31






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                          注記
                                (自2019年4月1日                (自2020年4月1日
                          番号
                                 至2019年6月30日)                 至2020年6月30日)
                          5,6              168,416                142,371
     収益
                                        △ 143,196               △ 120,925
     原価
     売上総利益                                    25,220                21,445
                                        △ 19,510               △ 18,617
     販売費及び一般管理費
     その他の収益・費用
                                          △ 97               △ 13
      固定資産除売却損益
                                           -               △ 14
      固定資産減損損失
                                           378                757
      その他の収益
                                          △ 150               △ 170
      その他の費用
                                           131                558
      その他の収益・費用合計
                           6
     営業活動に係る利益                                    5,840                3,386
     金融収益
                                           68                49
      受取利息
                                           428                388
      受取配当金
                                           497                437
      金融収益合計
     金融費用
                                          △ 708               △ 531
      支払利息
                                          △ 41               △ 69
      その他の金融費用
                                          △ 750               △ 601
      金融費用合計
                                           191                195
     持分法による投資損益
     税引前四半期利益                                    5,779                3,418
                                         △ 1,783                △ 895
     法人所得税費用
                                          3,995                2,522
     四半期利益
     四半期利益の帰属:

                           6               3,523                2,359
      親会社の所有者
                                           472                163
      非支配持分
                                          3,995                2,522
      計
     親会社の所有者に帰属する1株当たり

     四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)                    11               42.19                28.25
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                    11               42.17                28.23
                                 12/31






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                             注記
                                  (自2019年4月1日              (自2020年4月1日
                             番号
                                   至2019年6月30日)               至2020年6月30日)
                                           3,995              2,522
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目

       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                           △ 694              920
       る金融資産
                                             2             △ 2
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                             2              9
       対する持分
       純損益に振り替えられることのない項目合計                                    △ 689              926
      純損益にその後に振り替えられる可能性のある
      項目
                                          △ 1,018              △ 420
       在外営業活動体の換算差額
                                           △ 188               35

       キャッシュ・フロー・ヘッジ
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                           △ 123             △ 296
       対する持分
       純損益にその後に振り替えられる可能性のあ
                                          △ 1,329              △ 680
       る項目合計
                                          △ 2,018               246
      税引後その他の包括利益
                                           1,977              2,768

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属:

                                           1,774              2,677

      親会社の所有者
                                            202               91

      非支配持分
                                           1,977              2,768

      計
                                 13/31









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                 その他の資本の構成要素
                 注記
                 番号                                     その他の包括利
                     資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式
                                               在外営業活動体       益を通じて公正
                                                の換算差額      価値で測定する
                                                       金融資産
     2019年4月1日残高                  27,781       26,882       60,748      △ 1,318       1,865       9,580
      四半期利益
                                     3,523
      その他の包括利益
                                                   △ 893      △ 666
     四半期包括利益                   -       -      3,523        -      △ 893      △ 666
      配当金
                 9                   △ 2,922
      非支配持分株主に対する
      配当金
      自己株式の取得                                       △ 0
      自己株式の処分
      非支配持分株主との資本
                               31
      取引
      株式報酬取引                         16
     所有者との取引額合計                   -       48     △ 2,922        △ 0      -       -
     その他の資本の構成要素
                 10                     2
     から利益剰余金への振替
     2019年6月30日残高                  27,781       26,931       61,351      △ 1,319        971      8,914
                           親会社の所有者に帰属する持分

                         その他の資本の構成要素
                 注記
                                        親会社の所有者        非支配持分       資本合計
                 番号
                                        に帰属する持分
                    キャッシュ・      確定給付制度の       その他の資本の
                                          合計
                   フロー・ヘッジ         再測定      構成要素計
     2019年4月1日残高                  △ 293       -     11,153      125,246       33,451      158,698
      四半期利益                                -      3,523        472      3,995
      その他の包括利益                 △ 191        2    △ 1,748      △ 1,748       △ 270     △ 2,018
     四半期包括利益
                       △ 191        2    △ 1,748       1,774        202      1,977
      配当金           9                     -     △ 2,922             △ 2,922
      非支配持分株主に対する
                                      -       -      △ 937      △ 937
      配当金
      自己株式の取得                                -      △ 0             △ 0
      自己株式の処分
                                      -       -              -
      非支配持分株主との資本
                                      -       31      △ 31      △ 0
      取引
      株式報酬取引                                -       16              16
     所有者との取引額合計
                         -       -       -     △ 2,874       △ 969     △ 3,844
     その他の資本の構成要素
                 10              △ 2      △ 2      -              -
     から利益剰余金への振替
     2019年6月30日残高                  △ 484       -      9,402      124,147       32,684      156,831
                                 14/31







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:百万円)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                 その他の資本の構成要素
                 注記
                 番号                                     その他の包括利
                     資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式
                                               在外営業活動体       益を通じて公正
                                                の換算差額      価値で測定する
                                                       金融資産
     2020年4月1日残高                  27,781       26,957       69,540      △ 1,309        930      6,816
      四半期利益
                                     2,359
      その他の包括利益                                             △ 605       892
     四半期包括利益                   -       -      2,359        -      △ 605       892
      配当金
                 9                   △ 2,505
      非支配持分株主に対する
      配当金
      自己株式の取得                                       △ 0
      自己株式の処分
      非支配持分株主との資本
                               △ 39
      取引
      株式報酬取引                         12
     所有者との取引額合計                   -      △ 27     △ 2,505        △ 0      -       -
     その他の資本の構成要素
                 10                     27                    △ 29
     から利益剰余金への振替
     2020年6月30日残高                  27,781       26,930       69,421      △ 1,310        324      7,679
                           親会社の所有者に帰属する持分

                         その他の資本の構成要素
                 注記
                                        親会社の所有者        非支配持分       資本合計
                 番号
                                        に帰属する持分
                    キャッシュ・      確定給付制度の       その他の資本の
                                          合計
                   フロー・ヘッジ         再測定      構成要素計
     2020年4月1日残高                   113       -      7,860      130,829       35,344      166,174
      四半期利益                                -      2,359        163      2,522
      その他の包括利益                  33      △ 2      317       317      △ 71      246
     四半期包括利益
                         33      △ 2      317      2,677        91      2,768
      配当金           9                     -     △ 2,505             △ 2,505
      非支配持分株主に対する
                                      -       -      △ 890      △ 890
      配当金
      自己株式の取得
                                      -      △ 0             △ 0
      自己株式の処分
                                      -       -              -
      非支配持分株主との資本
                                      -      △ 39      △ 100      △ 140
      取引
      株式報酬取引                                -       12              12
     所有者との取引額合計
                         -       -       -     △ 2,532       △ 990     △ 3,523
     その他の資本の構成要素
                 10               2      △ 27       -              -
     から利益剰余金への振替
     2020年6月30日残高                   146       -      8,151      130,974       34,445      165,419
                                 15/31







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                              注記
                                   (自2019年4月1日              (自2020年4月1日
                              番号
                                    至2019年6月30日)               至2020年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                            3,995              2,522
      四半期利益
                                            2,109              2,811
      減価償却費及び償却費
                                             252              163
      金融収益及び金融費用
      持分法による投資損益(△は益)                                     △ 191             △ 195
      固定資産除売却損益(△は益)                                       97              28
                                            1,783               895
      法人所得税費用
      営業債権及びその他の債権の増減(△は増加)                                     29,276              34,678
      棚卸資産の増減(△は増加)                                    △ 8,149            △ 12,720
      営業債務及びその他の債務の増減(△は減少)                                    △ 20,875             △ 15,867
      退職給付に係る負債の増減(△は減少)                                       32             △ 28
                                           △ 2,667             △ 1,117
      その他
                                            5,664             11,170
                小計
                                             66             108
      利息の受取額
                                             726              686
      配当金の受取額
                                            △ 622             △ 491
      利息の支払額
                                           △ 4,026             △ 3,665
      法人所得税の支払額
                                            1,808              7,808
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                            △ 713            △ 1,357
      有形固定資産の取得による支出
                                             236              189
      有形固定資産の売却による収入
                                            △ 114             △ 178
      無形資産の取得による支出
                                            △ 91            △ 420
      その他の投資の取得による支出
                                             -              94
      その他の投資の売却による収入
                                            △ 204             △ 78
      貸付けによる支出
                                             34             140
      貸付金の回収による収入
                                            △ 285             △ 205
      その他
                                           △ 1,138             △ 1,815
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                             406            △ 4,210
      短期借入金(3ヵ月以内)の増減
                                            1,089               127
      短期借入金(3ヵ月超)による収入
                                            △ 906             △ 223
      短期借入金(3ヵ月超)の返済による支出
                                             345              -
      長期借入れによる収入
                                            △ 185             △ 466
      長期借入金の返済による支出
                                           △ 2,704             △ 2,313
      配当金の支払額
                                             -              11
      非支配持分株主からの払込による収入
                                            △ 860             △ 953
      非支配持分株主に対する配当金の支払額
                                           △ 1,282             △ 1,944
      リース負債の返済による支出
                                             △ 1             △ 5
      その他
                                           △ 4,099             △ 9,979
      財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                           △ 3,429             △ 3,986
                                           88,941              91,105
     現金及び現金同等物の期首残高
                                            △ 216             △ 72
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                           85,295              87,046
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/31



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
       1 報告企業
         兼松株式会社(以下「当社」という。)は日本に所在する企業であります。その登記されている本社および主要
        な事業所の住所はホームページ(https://www.kanematsu.co.jp)で開示しております。当社の要約四半期連結財
        務諸表は2020年6月30日を期末日とし、当社および子会社(以下「当連結グループ」という。)、ならびに当連結
        グループの関連会社および共同支配企業に対する持分により構成されております。当連結グループは総合商社とし
        て、国内外のネットワークと各種分野で培ってきた専門性と、商取引、情報収集、市場開拓、事業開発・組成、リ
        スクマネジメント、物流など商社機能を有機的に結合して、多種多様な商品、サービスを提供しております。報告
        セグメントごとの事業展開については、「注記6 セグメント情報」に記載しております。
       2 作成の基礎

         当社は「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2
        に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、当社の要約四半期連結
        財務諸表はIAS第34号に準拠して作成しております。したがって、年次連結財務諸表で要求されているすべての情
        報が含まれていないため、前連結会計年度の当連結グループの連結財務諸表とあわせて利用されるべきものであり
        ます。
         要約四半期連結財務諸表は、2020年8月14日に代表取締役社長 谷川 薫によって承認されております。
       3 重要な会計方針

         当連結グループが要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財務
        諸表において適用した会計方針と同一であります。
       4 見積りおよび判断の利用

         要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は会計方針の適用ならびに資産、負債、収益および費用の報告
        額に影響を及ぼす判断、見積りおよび仮定を設定することが義務付けられております。実際の業績はこれらの見積
        りと異なる場合があります。
         見積りおよびその基礎となる仮定は、継続して見直しております。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積
        りを見直した会計期間および将来の会計期間において認識しております。
         要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の見積りおよび見積りを伴う判断は、新型コロナウイルス感染症
        拡大による影響も含め、前連結会計年度に係る連結財務諸表と同様であり                                  ます。
                                 17/31











                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       5 収益
         当連結グループは、「注記6 セグメント情報」に記載のとおり、「電子・デバイス」、「食料」、「鉄鋼・素
        材・プラント」、「車両・航空」の4つを報告セグメントとしております。当連結グループは、顧客との契約から
        生じる収益を主要な財またはサービスに応じて、電子・デバイスを「ICTソリューション」、「モバイル」、「そ
        の他」、鉄鋼・素材・プラントを「エネルギー」、「その他」に分解しております。これらの分解した収益と各報
        告セグメントの収益との関連は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                               (自2019年4月1日                (自2020年4月1日
                                至2019年6月30日)                   至2020年6月30日)
     電子・デバイス

                                        10,173                 10,272
      ICTソリューション
                                        29,748                 20,341

      モバイル
                                        15,624                 13,021

      その他
                                        62,931                 61,933

     食料
     鉄鋼・素材・プラント

                                        15,889                 7,857

      エネルギー
                                        15,669                 12,600

      その他
                                        15,315                 13,613
     車両・航空
                                        165,352                 139,640

            報告セグメント合計
                                         2,975                 2,605

     その他
                                        168,327                 142,245

        顧客との契約から認識した収益合計
                                          88                125

     その他の源泉から認識した収益
                                        168,416                 142,371

                合計
      (注)その他の源泉から認識した収益には、IFRS第16号「リース」等に基づき認識した収益が含まれております。
                                 18/31










                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       6 セグメント情報
        (1)  報告セグメントの概要
          当連結グループの報告セグメントは、当連結グループの構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であ
         り、取締役会が経営資源の配分や業績評価を行うにあたり通常使用しており、定期的に検討を行う対象となって
         おります。
          当連結グループは、国内外のネットワークと各事業分野で培ってきた専門性と、商取引、情報収集、市場開
         拓、事業開発・組成、リスクマネジメント、物流などの商社機能を有機的に結合して、多種多様な商品・サービ
         スを提供しております。
          また、当連結グループは、営業部門を基礎とした商品・サービス別のセグメントから構成されており、「電
         子・デバイス」、「食料」、「鉄鋼・素材・プラント」、「車両・航空」の4つを報告セグメントとしておりま
         す。
          各報告セグメントの主な取扱商品・サービスは、次のとおりであります。
         (電子・デバイス)

          電子部品・部材、半導体・液晶製造装置、電子関連の素材・副資材など幅広い製品を開発・提案も含めたサー
         ビスとともに提供しております。また携帯通信端末の取扱いおよびモバイルインターネットシステム、情報・通
         信関連機器やセキュリティ機器の取扱いおよびサービスも展開しております。
         (食料)
          調理食品、フルーツ加工品、農産加工品、飲料原料、畜水産物、小麦、米、大豆、飼料、ペットフードなど、
         原料の安定確保から高付加価値商品を含めた幅広い食品の提供まで一貫して行っております。
         (鉄鋼・素材・プラント)
          各種鋼板、条鋼・線材、鋼管、ステンレス製品などの鉄鋼製品全般の国内・貿易取引、また海外向けの各種プ
         ラント、インフラ整備案件などのプロジェクトや、工作機械・産業機械の販売を行っております。さらに、原
         油、石油製品、ガス、機能性化学品・機能性食品、医薬品・医農薬中間体などの国内・貿易取引を行っておりま
         す。また環境関連ビジネスや排出権関連ビジネスにも取り組んでおります。
         (車両・航空)
          航空機、ヘリコプター、衛星・宇宙関連製品、自動車・二輪車、産業車両、およびその関連部品などの貿易取
         引を中心に事業を展開し、需要・用途に合わせ価値を高めた製品の提案も行っております。
        (2)報告セグメントに関する情報

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「注記3 重要な会計方針」における記載と同一であり
         ます。
          セグメント間の内部収益および振替高は外部顧客との取引価格に準じて決定しております。
          報告セグメントの利益は従来、営業活動に係る利益としておりましたが、他の経営指標との比較可能性を考慮
         して、当第1四半期より測定方法の変更を行っております。変更後の報告セグメントの利益は親会社の所有者に
         帰属する四半期利益です。
          これに伴い、前第1四半期連結累計期間についても報告セグメントの利益を親会社の所有者に帰属する四半期
         利益に変更して表示しております。
                                 19/31








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
          前第1四半期連結累計期間(自2019年4月1日 至2019年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                             その他     調整額
                             鉄鋼・                            連結
                                             (注)1     (注)2
                  電子・
                        食料     素材・    車両・航空       計
                  デバイス
                             プラント
     収益

                   55,607     62,931     31,560     15,342     165,441      2,975       -   168,416
      外部顧客からの収益
                     48      0     15      0     64     24    △ 88     -

      セグメント間収益
                   55,655     62,931     31,575     15,343     165,505      2,999      △ 88   168,416

         収益合計
                   2,803     1,492      410     861    5,568      267      5   5,840

     営業活動に係る利益
     セグメント利益または
                   1,765      927     245     611    3,550      132    △ 159    3,523
     損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、物流・保険サービス事業およびジ
           オテック事業等を含んでおります。
         2.調整額は、次のとおりであります。
           ・営業活動に係る利益の調整額5百万円には、セグメント間取引消去5百万円が含まれております。
           ・セグメント利益または損失(△)の調整額△159百万円には、セグメント間取引消去△2百万円、各セグメ
            ントに配分していない全社費用△157百万円が含まれております。全社費用の主な内容は、当社において
            発生する実際の法人所得税費用と、社内で設定している計算方法により各セグメントに配分した法人所得
            税費用との差異等であります。
          当第1四半期連結累計期間(自2020年4月1日 至2020年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                             その他     調整額
                                                         連結
                             鉄鋼・
                                             (注)1     (注)2
                  電子・
                        食料     素材・    車両・航空       計
                  デバイス
                             プラント
     収益

                   43,738     61,933     20,458     13,634     139,765      2,605       -   142,371
      外部顧客からの収益
                     74      0     9     0     84     29    △ 113      -
      セグメント間収益
                   43,813     61,934     20,468     13,634     139,850      2,634     △ 113   142,371

         収益合計
                   1,894      361      39     901    3,195      198     △ 7   3,386

     営業活動に係る利益
     セグメント利益または
                    953     441     269     568    2,233      220     △ 94    2,359
     損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、物流・保険サービス事業およびジ
           オテック事業等を含んでおります。
         2.調整額は、次のとおりであります。
           ・営業活動に係る利益の調整額              △7百万円     には、セグメント間取引消去             △7百万円     が含まれております。
           ・セグメント利益または損失(△)の調整額                     △94百万円     には、セグメント間取引消去             △10百万円     、各セグメ
            ントに配分していない全社費用              △83百万円     が含まれております。全社費用の主な内容は、当社において発
            生する実際の法人所得税費用と、社内で設定している計算方法により各セグメントに配分した法人所得税
            費用との差異等であります。
       7 有形固定資産

         前第1四半期連結累計期間および当第1四半期連結累計期間において、重要な有形固定資産の取得・処分等はあ
        りません。
                                 20/31



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       8 社債及び借入金
         前第1四半期連結累計期間および当第1四半期連結累計期間において、社債の発行および償還はありません。
       9 配当金

         前第1四半期連結累計期間において、1株当たり35円(総額2,948百万円)の配当を支払っております。
         当第1四半期連結累計期間において、1株当たり30円(総額2,527百万円)の配当を支払っております。
         (注)前     第1四半期連結累計期間および当第1四半期連結累計期間の配当金の総額には、役員向け株式交付信託
            が保有する当社株式に対する配当金がそれぞれ24百万円および21百万円含まれております。
       10 その他の資本の構成要素

         その他の資本の構成要素の各項目の増減は、次のとおりであります。
                                                     (単位:百万円)
                          前第1四半期連結累計期間                    当第1四半期連結累計期間
                           (自2019年4月1日                   (自2020年4月1日
                            至2019年6月30日)                     至2020年6月30日)
     在外営業活動体の換算差額

                                       1,865                    930
      期首残高
                                       △893                   △605
      期中増減
                                        971                   324

      期末残高
     その他の包括利益を通じて公正価値
     で測定する金融資産
                                       9,580                   6,816
      期首残高
                                       △666                    892

      期中増減
                                        -                  △29
      利益剰余金への振替額
                                       8,914                   7,679

      期末残高
     キャッシュ・フロー・ヘッジ

                                       △293                    113
      期首残高
                                       △191                    33
      期中増減
                                       △484                    146

      期末残高
     確定給付制度の再測定

      期首残高                                  -                   -

                                         2                  △2

      期中増減
                                        △2                    2
      利益剰余金への振替額
                                        -                   -

      期末残高
     その他の資本の構成要素

                                      11,153                   7,860

      期首残高
                                      △1,748                     317

      期中増減
                                        △2                  △27
      利益剰余金への振替額
                                       9,402                   8,151

      期末残高
                                 21/31




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       11 親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益
       (1)1株当たり四半期利益
                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                (自2019年4月1日               (自2020年4月1日
                                 至2019年6月30日)                 至2020年6月30日)
                                         42.19               28.25

     基本的1株当たり四半期利益                                      円               円
                                         42.17               28.23

     希薄化後1株当たり四半期利益                                      円               円
       (注)希薄化後1株当たり四半期利益は、業績連動型株式報酬制度に基づき支給が見込まれる条件付発行可能株式
          を潜在株式とみなして算定しております。
       (2)1株当たり四半期利益の算定の基礎

                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                (自2019年4月1日               (自2020年4月1日
                                 至2019年6月30日)                 至2020年6月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                     3,523               2,359

     親会社の普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -               -

     基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                          3,523               2,359
     四半期利益(百万円)
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                          3,523               2,359
     四半期利益(百万円)
     普通株式の加重平均株式数(千株)                                    83,505               83,511
     業績連動型株式報酬制度による増加(千株)                                      39               70

     希薄化効果調整後の加重平均株式数(千株)                                    83,544               83,581

       (注)   1株当たり四半期利益の算定上、以下の株式数の役員向け株式交付信託が保有する当社株式を、期                                             中 平 均株
          式数の計算において控除する自己株式に含めております。
              前第1四半期連結累計期間   711,500株     当第1四半期連結累計期間   702,500株
                                 22/31











                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
       12 金融商品の公正価値
        (1)公正価値の測定方法
          当連結グループは、資産または負債の公正価値を測定する際に、入手可能な限り、市場の観察可能なデータを
         用いております。公正価値は、用いられる評価技法へのインプットに基づいて、次の3つのヒエラルキーレベル
         に区分されます。
          レベル1:測定日において当連結グループがアクセスできる同一の資産または負債に関する活発な市場におけ
               る相場価格(無調整)
          レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外の直接に、または間接に観察可能なインプット
          レベル3:観察可能でないインプット
        (2)償却原価で測定する金融商品

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末              当第1四半期連結会計期間末
                               (2020年3月31日)                 (2020年6月30日)
                              帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値
     金融資産

                                 1,428        1,428        1,345        1,345
      営業債権及びその他の債権
      差入保証金                          6,783        6,783        6,812        6,812

                                  586        586        601        601

      その他の金融資産
                                 8,798        8,798        8,759        8,759

                合計
     金融負債

                                75,229        75,273        74,799        74,822
      社債及び借入金
                                   0        0        0        0

      長期預り金
                                 1,862        1,862        1,864        1,864
      長期預り保証金
                                77,092        77,136        76,664        76,687

                合計
          なお、償却原価で測定する金融商品のうち、流動資産・流動負債に分類される営業債権及びその他の債権、そ

         の他の金融資産、営業債務及びその他の債務、社債及び借入金、およびその他の金融負債の帳簿価額は公正価値
         に近似しているため、上表には含めておりません。
          上記の公正価値の算定方法は、次のとおりであります。
         ①  営業債権及びその他の債権

           その将来キャッシュ・フローを、期日までの期間および信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値に
          より算定しております。
         ②  差入保証金

           その将来キャッシュ・フローを、期日までの期間および信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値に
          より算定しております。
         ③  その他の金融資産

           その将来キャッシュ・フローを、期日までの期間および信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値に
          より算定しております。
         ④  社債及び借入金

           社債については、市場価格に基づき算定しております。
           借入金については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値
          により算定しております。
                                 23/31



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
         ⑤  長期預り金
           その将来キャッシュ・フローを、期日までの期間および信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値に
          より算定しております。
         ⑥  長期預り保証金

           その将来キャッシュ・フローを、期日までの期間および信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値に
          より算定しております。
          償却原価で測定する金融資産および金融負債については、公正価値ヒエラルキーレベル2に区分されます。

        (3 )公正価値で測定する金融商品

         ①  公正価値ヒエラルキーのレベル別分析
           経常的に公正価値で測定する金融資産および金融負債の公正価値ヒエラルキーのレベル別の内訳は、次のと
          おりであります。また、非経常的に公正価値で測定している金融資産および金融負債はありません。なお、前
          連結会計年度および当第1四半期連結累計期間において、重要なレベル間の振替はありません。
           前連結会計年度末(2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3
                                                      合計
     資産
      その他の投資
       純損益を通じて公正価値で
       測定する金融資産
                               -         -       3,647         3,647
        株式
       その他の包括利益を通じて公正
       価値で測定する金融資産
                             14,385           -       10,246         24,632
        株式
      その他の金融資産
       デリバティブ取引
                               -       1,146           -       1,146
        為替取引
                               -         -         -         -
        金利取引
                               966          2         -         969
        商品取引
     負債(△)
      その他の金融負債
       デリバティブ取引
                               -       △411           -       △411
        為替取引
        金利取引                       -       △213           -       △213
                              △55         △32          -        △87
        商品取引
              合計                15,296           492       13,893         29,683
                                 24/31







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
           当第1四半期連結会計期間末(2020年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
     資産
      その他の投資
       純損益を通じて公正価値で
       測定する金融資産
                               -         -       3,575         3,575
        株式
       その他の包括利益を通じて公正
       価値で測定する金融資産
                             14,532           -       11,352         25,884
        株式
      その他の金融資産
       デリバティブ取引
                               -         803          -         803
        為替取引
                               -         -         -         -
        金利取引
        商品取引                      141          36         -         178
     負債(△)
      その他の金融負債
       デリバティブ取引
                               -       △193           -       △193
        為替取引
                               -       △183           -       △183
        金利取引
                              △353          △2          -       △355
        商品取引
                             14,320           461       14,927         29,709
              合計
           上記の公正価値の算定方法は、次のとおりであります。

         (ⅰ)その他の投資

            上場株式については、活発な市場の価格によっており、公正価値ヒエラルキーレベル1に区分されます。
            非上場株式については、割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法、類似会社の市場価格に基づく評
           価技法、純資産価値に基づく評価技法、その他の評価技法を用いて算定しており、公正価値ヒエラルキーレ
           ベル3に区分されます。非上場株式の公正価値測定にあたっては、割引率、評価倍率等の観察可能でないイ
           ンプットを利用しており、必要に応じて一定の非流動性ディスカウントを加味しております。
            非上場株式の公正価値の評価方針および手続の決定は当社において行っており、評価モデルを含む公正価
           値測定については、個々の株式等の発行体の事業内容に関する情報や事業計画を入手し、類似上場企業等を
           定期的に見直しております。
         (ⅱ)デリバティブ金融資産およびデリバティブ金融負債

            通貨関連デリバティブ
             為替予約取引については、期末日の先物為替相場に基づき算出しております。
            金利関連デリバティブ
             金利スワップについては、将来キャッシュ・フローを満期日までの期間に市場動向を加味した利率で割
            り引いた現在価値により算定しております。
            商品関連デリバティブ
             商品先物取引については、期末日現在の取引所の最終価格により算定しております。商品スワップ取引
            については、一般に公表されている期末指標価格に基づいて算定しております。
             なお、デリバティブ金融資産およびデリバティブ金融負債については、公正価値ヒエラルキーレベル1
            に区分される商品先物取引を除き、公正価値ヒエラルキーレベル2に区分されます。
                                 25/31




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
         ②  公正価値ヒエラルキーレベル3に区分される経常的な公正価値測定
           経常的に公正価値で測定している金融資産および金融負債のうち、公正価値ヒエラルキーレベル3に区分さ
          れるものの増減は、次のとおりであります。なお、前第1四半期連結累計期間および当第1四半期連結累計期
          間において、重要なレベル間の振替はありません。
                                                    (単位:百万円)
                     前第1四半期連結累計期間                       当第1四半期連結累計期間
                      (自2019年4月1日                      (自2020年4月1日
                       至2019年6月30日)                        至2020年6月30日)
                    その他の投資                      その他の投資

                         その他の                      その他の

                  純損益を                      純損益を
                        包括利益を                      包括利益を
                  通じて               合計       通じて               合計
                         通じて                      通じて
                 公正価値で                      公正価値で
                        公正価値で                      公正価値で
                  測定する                      測定する
                         測定する                      測定する
                  金融資産                      金融資産
                         金融資産                      金融資産
                    3,962       11,862       15,825        3,647       10,246       13,893
     期首残高
     利得または損失合計

      純損益(注)1              △41        -      △41       △69        -      △69
      その他の包括利益
                      -      △648       △648         -      1,169       1,169
      (注)2
                      -        0       0       -       20       20
     購入
                      -       -       -       -      △74       △74
     売却
                     △70         0      △70        △2        0      △2
     為替換算差額
                      -       -       -       -       △9       △9
     その他
                    3,851       11,214       15,065        3,575       11,352       14,927
     期末残高
      (注)1.要約四半期連結損益計算書において「その他の金融費用」に含めております。純損益に認識した利得または
           損失合計のうち、四半期連結会計期間末において保有する金融商品に係るものは、前第1四半期連結累計期
           間および当第1四半期連結累計期間においてそれぞれ△41百万円および△69百万円であります。
         2.要約四半期連結包括利益計算書において「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」に含め
           ております。
         ③  公正価値ヒエラルキーレベル3に区分された金融商品に関する定量的情報

           公正価値ヒエラルキーレベル3に区分された経常的に公正価値測定された重要な資産に関する定量的情報
          は、次のとおりであります。
           前連結会計年度末(2020年3月31日)

                     公正価値
                                           重要な観察不能          インプット値の
           区分                    評価手法
                    (百万円)
                                            インプット          加重平均
     純損益を通じて公正価値で
                       1,887                                  2.6%
                           割引キャッシュ・フロー法               割引率
     測定する金融資産
     純損益を通じて公正価値で
                       1,759                       -          -
                           純資産価値に基づく評価技法
     測定する金融資産
     その他の包括利益を通じて                     類似会社の市場価格に基づく               PBR倍率                0.9倍
                       9,241
     公正価値で測定する金融資産                     評価技法               非流動性ディスカウント               30.0%
     その他の包括利益を通じて
                       1,004                       -          -
                           純資産価値に基づく評価技法
     公正価値で測定する金融資産
                                 26/31




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
           当第1四半期連結会計期間末(2020年6月30日)
                     公正価値
                                           重要な観察不能          インプット値の
           区分                    評価手法
                    (百万円)
                                            インプット          加重平均
     純損益を通じて公正価値で
                       1,825                                  2.6%
                           割引キャッシュ・フロー法               割引率
     測定する金融資産
     純損益を通じて公正価値で
                       1,749                       -          -
                           純資産価値に基づく評価技法
     測定する金融資産
     その他の包括利益を通じて                     類似会社の市場価格に基づく               PBR倍率                1.1倍
                      10,400
     公正価値で測定する金融資産                     評価技法               非流動性ディスカウント               30.0%
     その他の包括利益を通じて
                        951                      -          -
                           純資産価値に基づく評価技法
     公正価値で測定する金融資産
           非上場株式の公正価値測定で用いられた重要な観察不能インプットは、割引率、非流動性ディスカウントな

          らびにPBR倍率です。割引率の著しい増加(減少)は、公正価値の著しい低下(上昇)を生じることとなりま
          す。非流動性ディスカウントの著しい増加(減少)は、公正価値の著しい低下(上昇)を生じることとなりま
          す。PBR倍率の著しい増加(減少)は、公正価値の著しい上昇(低下)を生じることとなります。
       13 偶発債務

         当連結グループ以外の会社の銀行借入金や仕入先への支払債務等に対し、債務保証を行っております。
         借手が返済不能となった場合、当連結グループは返済不能額を負担し、また付随する損失を負担することがあり
        ます。
                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度末             当第1四半期連結会計期間末
                                 (2020年3月31日)               (2020年6月30日)
                                           119               114

     持分法適用会社に対する債務保証
                                           906              1,024
     第三者に対する債務保証
                                          1,025               1,139

                合計
      (注)1.上記には、保証類似行為が含まれております。
         2.「第三者に対する債務保証」には、前連結会計年度末および当第1四半期連結会計期間末において、それぞ
           れ897百万円および1,016百万円を支払限度とする保険契約を締結している債務保証が含まれております。
       14 後発事象

         該当事項はありません。
                                 27/31









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        2020年5月26日開催の取締役会において、前期の期末配当に関し、次のとおり決議しました。
        (1)期末配当金総額           2,527百万円

        (2)1株当たりの期末配当金       30.00円
        (3)効力発生日および支払開始日     2020年6月10日
          (注)1.上記の期末配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式に対する配当金21百万円
               が含まれております。
             2.2020年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 28/31


















                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                 29/31




















                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年8月14日

     兼松株式会社

      取締役会 御中

                             PwCあらた有限責任監査法人

                             東京事務所
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               好田 健祐
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                新田 將貴
                               業務執行社員
     監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている兼松株式会社の
     2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020年6月30日
     まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持分
     変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期レビューを行っ
     た。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用語、様
     式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して、兼松株式会社
     及び連結子会社の2020年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
     監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
     た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の
     責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
     しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を
     入手したと判断している。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するこ
     とにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、経営者が清算若しくは事業停止の意図があるか、又はそれ以
     外に現実的な代替案がない場合を除いて、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成することが適切である
     かどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事項を開示する必要があ
     る場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から要約四
     半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
     て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手
      続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される
      年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                 30/31




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                             四半期報告書
     ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認めら
      れると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号「財務諸表
      の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続
      企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半期連結財務諸表の注
      記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、
      要約四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半
      期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続でき
      なくなる可能性がある。
     ・要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信じさせる
      事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並
      びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないか
      どうかを評価する。
     ・要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独
      で監査人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
     発見事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
     びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
     講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 31/31












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク