株式会社カカクコム 有価証券報告書 第23期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第23期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 株式会社カカクコム
カテゴリ 有価証券報告書

                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  【表紙】
  【提出書類】       有価証券報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項
  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       2020年6月18日
  【事業年度】       第23期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
  【会社名】       株式会社カカクコム
  【英訳名】       Kakaku.com,Inc.
  【代表者の役職氏名】       代表取締役社長  畑 彰之介
  【本店の所在の場所】       東京都渋谷区恵比寿南三丁目5番7号
  【電話番号】       (03)5725-4554(代表)
  【事務連絡者氏名】       執行役員経営管理本部長 白川 聖明
  【最寄りの連絡場所】       東京都渋谷区恵比寿南三丁目5番7号
  【電話番号】       (03)5725-4554(代表)
  【事務連絡者氏名】       執行役員経営管理本部長 白川 聖明
  【縦覧に供する場所】       株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
              1/125













                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
  (1)連結経営指標等
              国際会計基準
     回次
          移行日   第20期   第21期   第22期   第23期
          2016年

    決算年月       2017年3月   2018年3月   2019年3月   2020年3月
         4月1日
       (百万円)    -  43,464   46,782   54,832   60,978
  売上収益
       (百万円)    -  21,457   22,820   24,839   26,619

  税引前利益
       (百万円)    -  14,851   15,737   16,742   18,338

  当期利益
  親会社の所有者に帰属する当
       (百万円)    -  14,812   15,699   16,697   18,348
  期利益
  親会社の所有者に帰属する当
       (百万円)    -  14,857   15,812   16,734   18,038
  期包括利益
  親会社の所有者に帰属する持
       (百万円)   31,895   35,158   33,573   40,538   42,909
  分
       (百万円)   39,222   42,481   42,770   51,242   63,317
  総資産額
  1株当たり親会社所有者帰属
       (円)   145.94   162.40   160.02   194.30   208.43
  持分
       (円)   -  68.11   73.96   79.70   88.25
  基本的1株当たり当期利益
       (円)   -  68.08   73.92   79.66   88.20

  希薄化後1株当たり当期利益
       (%)   81.3   82.8   78.5   79.1   67.8

  親会社所有者帰属持分比率
  親会社所有者帰属持分当期利
       (%)   -  44.2   45.7   45.1   44.0
  益率
       (倍)   -  22.2   25.2   26.7   22.5
  株価収益率
  営業活動によるキャッシュ・
       (百万円)    -  16,337   16,000   18,291   23,997
  フロー
  投資活動によるキャッシュ・
       (百万円)    -  △2,105  △8,415  △3,163  △3,958
  フロー
  財務活動によるキャッシュ・
       (百万円)    -  △11,657  △17,447  △9,734  △16,946
  フロー
  現金及び現金同等物の期末残
       (百万円)   28,319   30,890   21,029   26,422   29,504
  高
          708   727   851   977  1,082
  従業員数
       (人)
  (外、平均臨時雇用者数)       (  111 ) (  121 ) (  130 ) (  196 ) (  244 )
  (注)1.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
   2.第21期より国際会計基準(以下、「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
              2/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
            日本基準
     回次
          第19期   第20期   第21期
    決算年月     2016年3月   2017年3月   2018年3月

       (百万円)   41,275   45,089   48,775

  売上高
       (百万円)   19,580   21,164   22,454

  経常利益
  親会社株主に帰属する当期純
       (百万円)   13,100   14,838   15,652
  利益
       (百万円)   13,196   14,884   15,852
  包括利益
       (百万円)   32,111   35,398   33,950

  純資産額
       (百万円)   38,903   42,129   42,692

  総資産額
       (円)   145.23   161.63   159.28

  1株当たり純資産額
       (円)   59.59   68.23   73.74

  1株当たり当期純利益
  潜在株式調整後1株当たり当
       (円)   59.49   68.20   73.70
  期純利益
       (%)   81.6   83.1   78.3
  自己資本比率
       (%)   45.2   44.5   45.8

  自己資本利益率
       (倍)   35.1   22.2   21.0

  株価収益率
  営業活動によるキャッシュ・
       (百万円)   13,301   16,337   16,041
  フロー
  投資活動によるキャッシュ・
       (百万円)   1,023  △2,082  △9,128
  フロー
  財務活動によるキャッシュ・
       (百万円)   △7,775  △11,656  △17,480
  フロー
  現金及び現金同等物の期末残
       (百万円)   28,319   30,890   21,028
  高
          708   727   851
  従業員数
       (人)
  (外、平均臨時雇用者数)       (  111 ) (  121 ) (  130 )
  (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2.第21期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を
    受けておりません。
              3/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (2)提出会社の経営指標等
     回次     第19期   第20期   第21期   第22期   第23期
    決算年月     2016年3月   2017年3月   2018年3月   2019年3月   2020年3月

       (百万円)   37,911   41,422   43,992   49,474   54,665

  売上高
       (百万円)   19,567   20,934   21,906   23,261   25,333

  経常利益
       (百万円)   13,182   13,775   15,327   16,087   17,566

  当期純利益
       (百万円)   915   915   915   915   915

  資本金
       (株)  219,560,100   218,160,100   210,605,000   209,505,000   206,705,000

  発行済株式総数
       (百万円)   32,858   35,041   33,513   39,816   41,418

  純資産額
       (百万円)   39,130   41,302   40,284   47,440   50,144

  総資産額
       (円)   149.49   161.01   158.79   190.04   200.17

  1株当たり純資産額
           21   28   32   36   40

  1株当たり配当額
       (円)
  (うち1株当たり中間配当
         (  -) (  14) (  16) (  18) (  20)
  額)
       (円)   59.97   63.35   72.21   76.79   84.49
  1株当たり当期純利益
  潜在株式調整後1株当たり当
       (円)   59.87   63.31   72.17   76.76   84.44
  期純利益
       (%)   83.5   84.4   82.7   83.6   82.2
  自己資本比率
       (%)   44.1   40.8   45.0   44.1   43.4

  自己資本利益率
       (倍)   34.9   23.9   25.8   27.7   23.5

  株価収益率
       (%)   35.0   44.2   44.3   46.9   47.3

  配当性向
          586   592   639   736   793

  従業員数
       (人)
  (外、平均臨時雇用者数)       (  81) (  101 ) (  115 ) (  167 ) (  213 )
       (%)   105.7   78.3   97.2  112.3   107.2

  株主総利回り
  (比較指標:配当込みTOPIX)      (%)  ( 89.2 ) ( 102.3 ) ( 118.5 ) ( 112.5 ) ( 101.8 )
       (円)   2,497   2,210   2,068   2,664   3,110

  最高株価
       (円)   1,694   1,507   1,286   1,797   1,752

  最低株価
  (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
     2.最高株価・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
              4/125







                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  2【沿革】
   当社 は、1997年  4月千葉県市川市において創業し1997年5月にはウェブサイト『価格.com』を創設し価格情報提供
  サービスを開始いたしました。その後、1997年12月当社が設立されました。以降の変遷は、以下のとおりでありま
  す。
   年月          事項
  1997年12月  ㈲コアプライス設立。
  1999年12月  本社を東京都台東区に移転。
  2000年5月  ㈲コアプライスから㈱カカクコムへ組織及び商号変更。
  2000年9月  本社を東京都台東区内で移転。
  2001年3月  子会社(議決権所有割合100%)として㈲コアプライス(現・㈱カカクコム・インシュアランス)を設
    立。
  2002年6月  ㈱デジタルガレージの資本参加を受ける。
  2002年7月  ㈱デジタルガレージから役員を招聘し、同社の子会社となる。
  2003年10月  東京証券取引所マザーズに株式を上場。
  2004年6月  本社を東京都文京区に移転。
  2004年10月  ㈱エス・ワイ・エスより「yoyaQ.com」事業に関する営業権を譲受。
  2005年1月  フォートラベル㈱(現・連結子会社)を株式取得及び株式交換により完全子会社化。
  2005年3月  東京証券取引所市場第一部へ市場変更。
  2005年12月  子会社(議決権所有割合100%)として㈱カカクコム・フィナンシャルを設立。
  2007年4月  ㈱エイガ・ドット・コムを株式取得により子会社化。
  2009年5月  ㈱デジタルガレージが保有する当社株式の一部をカルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱へ譲渡完了。
    ㈱デジタルガレージ及びカルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱の持分法適用関連会社となる。
  2010年6月  本社を東京都渋谷区に移転。
  2011年11月  関西支社を大阪市北区に開設。
  2012年5月  カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱が保有する当社株式の一部を㈱電通(現・㈱電通グループ)へ
    譲渡完了。
  2012年6月  ㈱電通(現・㈱電通グループ)の持分法適用関連会社となる。
  2014年3月  ㈱タイムデザインを株式取得により子会社化。
  2015年2月  ㈱webCGを株式取得により子会社化。
  2018年1月  ㈱LCLを株式取得により子会社化。
  2018年2月  ㈱ガイエを株式取得により子会社化。
  2018年8月  ㈱電通 (現・㈱電通グループ)    が保有する当社株式をKDDI㈱へ譲渡完了。
  2018年10月  KDDI㈱の持分法適用関連会社となる。
  2020年1月  渋谷オフィスを東京都渋谷区に開設。
              5/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  3【事業の内容】
   カカクコムグループは、当社、連結子会社9社及び持分法適用会社3社で構成されており、1997年の創業以来、
  購買支援サイト『価格.com』やレストラン検索・予約サイト『食べログ』に代表される「インターネット・メディア
  事業」とカカクコム・インシュアランスから構成される「ファイナンス事業」を通じて、幅広い領域において生活者
  視点のサービスを展開しております。
   なお、上記の2事業は「第5     経理の状況 1   連結財務諸表等 (1)    連結財務諸表 連結財務諸表注記」に掲げる
  セグメントの区分と同一であります。
  (1)インターネット・メディア事業

   ① 価格.com事業
    消費活動の入り口となる『価格.com』は、パソコン、家電、ファッションや食品からクレジットカードや引越
   しに至るまで、様々なカテゴリの商品やサービスを比較検討することができます。
    『価格.com』においては、送客数や販売実績に応じて掲載店舗から手数料収入を得るショッピング事業、見積
   もり、資料請求や契約などに応じてサービスを提供する事業者から手数料収入を得るサービス事業、加えてバ
   ナー、テキスト広告、コンテンツ・検索連動広告等を販売する広告事業を運営しております。
   ② 食べログ事業

    『食べログ』は、90万以上の飲食店の情報やクチコミを提供することで、あらゆる用途に合った飲食店の検索
   とネット予約サービスを提供しております。『食べログ』においては、販促サービスやネット予約に応じて飲食
   店から手数料収入を得る飲食店販促事業、ユーザーへ有料コンテンツを提供することによって収入を得るユー
   ザー会員事業、加えてバナー、テキスト広告、コンテンツ・検索連動広告等を販売する広告事業を運営しており
   ます。
   ③ 新興メディア・ソリューション事業

    新興メディア・ソリューション事業は求人情報の一括検索サイト『求人ボックス』、不動産住宅情報サイト
   『スマイティ』、連結子会社フォートラベル㈱が運営する旅行のクチコミ・比較サイト『フォートラベル』、連
   結子会社㈱エイガ・ドット・コムが運営する総合映画情報サイト『映画.com』、連結子会社㈱webCGが運営する
   クルマ好きのための情報サイト『webCG』、連結子会社㈱タイムデザインが提供する航空券と宿泊プランを組み
   合わせたダイナミックパッケージプラットフォーム、連結子会社㈱LCLが運営する全国の高速バス・夜行バスの
   運賃比較サイト『バス比較なび』、連結子会社㈱ガイエによる映画コンテンツ及びウェブ制作の各事業等から構
   成されており、広告収入及び役務提供等による手数料収入を得ております。
  (2)ファイナンス事業

    連結子会社㈱カカクコム・インシュアランスにおいて、オンライン展開を中心とした生命保険及び損害保険の募
   集代理・媒介事業、保険商品の比較・検討に役立つコンテンツの提供、保険に関するコンサルティング等のサービ
   スを行っております。
              6/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  [事業の系統図]
              7/125




















                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  4【関係会社の状況】
  (1)連結子会社
         資本金      議決権の所
         又は      有又は被所
   名称   住所     主要な事業の内容       関係内容
         出資金       有割合
        (百万円)       (%)
                 旅行分野のサービスにお

           旅行のクチコミと比較       いて、当社の事業領域を
  フォートラベル㈱
           サイト       補完するとともに、相互
          191      90.2
      東京都渋谷区
       (注)1         『フォートラベル』運       に利用者増加を図ってい
           営等       る。
                 役員の兼任あり。
  ㈱カカクコム

                 当社が管理業務を受託し
  ・インシュアランス        105      100.0
      東京都港区     保険代理店業務       ている。
       (注)1
                 役員の兼任あり。
                 当社が管理業務を受託し
  ㈱エイガ・ドット    東京都     総合映画情報サイト
          26      70.0
                 ている。
  ・コム    千代田区     『映画.com』運営等
                 役員の兼任あり。
  ㈱タイムデザイン

           ダイナミックパッケー
          307      72.9
      東京都渋谷区            役員の兼任あり。
       (注)1
           ジ事業
                 当社が販売している広告

           自動車専門サイト       取引の仕入先である。
  ㈱webCG        10      66.5
      東京都渋谷区     『webCG』『mobileCG』       当社が管理業務を受託し
           の運営等       ている。
                 役員の兼任あり。
  Time Design
                72.9
           ダイナミックパッケー
  International   Pte.
      シンガポール  263,835米ドル
           ジ事業     (72.9)
  Ltd.   (注)2
           高速バス比較サイト       当社が管理業務を受託し
  ㈱LCL        50      100.0
      東京都中央区     『夜行バス比較なび』       ている。
           の運営等       役員の兼任あり。
      東京都     映画コンテンツ・ウェ

          40      70.0
  ㈱ガイエ                役員の兼任あり。
      千代田区     ブサイト制作等
  その他1社

  (注)1.特定子会社に該当しております。
     2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
              8/125







                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (2)持分法適用関連会社

               議決権の所
         資本金
               有又は被所
        (百万シンガ
   名称   住所     主要な事業の内容       関係内容
                有割合
        ポールドル)
                (%)
           女性向けファッション
  LOVEBONITO  HOLDINGS
          21      26.4
      シンガポール     ブランドの企画販売及
  PTE. LTD.
           びECサイト運営
  CATAPULT  VENTURES
           パーソナルファイナン
          31      22.4
      シンガポール
  PTE. LTD.        ス比較サイト運営
           レストラン向け店内
  TABSQUARE  PTE.LTD. 
           サービスソリューショ
          0      17.1
      シンガポール
  (注)         ンシステムの開発・提
           供
  (注)持分は100分の20未満でありますが、実質的な影響力を持っているため関連会社としたものであります。
   (3)その他の関係会社

               議決権の所
         資本金      有又は被所
   名称   住所     主要な事業の内容       関係内容
        (百万円)       有割合
                (%)
                 主に当社サイトの広告宣
               (被所有)
  ㈱デジタルガレージ
          7,591
      東京都渋谷区     ITソリューション事業       伝業務を行っている。
    (注)1
                20.6
                 役員の兼任あり。
                 主に当社サイトの広告宣

  KDDI㈱             (被所有)
         141,852
      東京都新宿区     電気通信事業       伝業務を行っている。
   (注)1.2             17.0
                 役員の兼任あり。
  (注)1.有価証券報告書の提出会社であります。

     2.議決権の被所有割合が100分の20未満でありますが、実質的な影響力を持っているためその他の関係会社と
    したものであります。
              9/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  5【従業員の状況】
  (1)連結会社の状況
                  (2020年3月31日現在)
                従業員数(名)
     セグメントの名称
                    991 (233 )

  インターネット・メディア事業
                    91 (11)

  ファイナンス事業
                   1,082 (244 )

      合計
  (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は年間の平均人員を( )外数で記載しております。
   2.当連結会計年度において従業員数が105名増加しておりますが、これは主にインターネット・メディア事業
    における業容拡大による新卒採用並びに中途採用によるものであります。
  (2)提出会社の状況

                  (2020年3月31日現在)
   従業員数(名)     平均年齢(歳)     平均勤続年数(年)     平均年間給与(千円)
    793 (213 )     35.2     4.8     6,842

                従業員数(名)

     セグメントの名称
                    793 (213 )

  インターネット・メディア事業
                    793 (213 )

      合計
  (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は年間の平均人員を( )外数で記載しております。
   2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
   3.当事業年度において従業員数が57名増加しておりますが、これは主にインターネット・メディア事業におけ
    る業容拡大による新卒採用並びに中途採用によるものであります。
             10/125











                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  第2【事業の状況】
  1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
  (1)経営方針

    当社グループは、「LIFE     with -生活とともに-」をミッションとし、日々の生活が豊かになるような、価値
   あるサービスを提供し続けてまいります。
    『価格.com』、『食べログ』、『求人ボックス』、『スマイティ』など、当社グループが提供しているサービ
   スは20以上あります。今後も、様々な生活シーンで役に立つサービスを提供できるよう、既存サービスの充実に
   加えて、新規サービスや周辺事業への展開を図ってまいります。
  (2)経営環境・経営戦略等

    当連結会計年度における日本経済は、所得環境や雇用の改善等各種政策の効果により回復基調がみられ、個人
   消費も緩やかに持ち直しているものの、消費増税に伴う駆け込み需要とその後の需要の反動減、新型コロナウイ
   ルス感染症の感染拡大による経済活動の停滞、消費行動の変化等、への取り組みを続けてまいりました。
    このような環境のなか、当社グループはより一層のユーザーの利便性向上により更なる利用者数の増加と事業
   ポートフォリオの拡大を図り、安定的な成長を維持し続けてまいります。また、そのために、『価格.com』『食
   べログ』に続く第三の柱を創出すべく、新規事業及び周辺事業に取り組んでまいります。
    『価格.com』は多くの商品やサービスを比較検討することができるサイトとして確固たる地位を確立しており
   ますが、電子商取引の拡大、変化し続ける消費者ニーズに伴い、事業ポートフォリオの拡大や最適化、商品や
   サービスカテゴリ毎のコンテンツの充実に加えて、ビッグデータやAIを活用することによって、ユーザーにより
   付加価値の高いサービスを提供してまいります。
    『食べログ』は今後も飲食店検索や予約機能の最適化に加えて、電話予約を含めた予約人数の増加及びネット
   予約比率の向上に取り組んでまいります。加えて、テイクアウトなど、新たなニーズにもこたえてまいります。
    新興メディア・ソリューション事業は事業領域や成長ステージが異なる複数の事業から構成されております。
   既存事業のコンテンツ充実による利用者数拡大と成長ステージに合った積極的な投資を行ってまいります。
    ファイナンス事業を構成する「カカクコム・インシュアランス」は保険商品の拡充およびチャット機能など、
   オンライン保険代理店ならではの利便性を追求し、新規契約及び契約切替えの検討の簡易化に取り組んでまいり
   ます。
  (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

    当社グループは、継続的な事業拡大と経営の効率維持のために親会社所有者帰属持分当期利益率(ROE)を重要
   な指標と位置付けており、40%を目安としております。
    また、継続的な事業拡大のためにはサイト利用者数の増加が重要であると認識しておりますが、加えて各事業
   においては、収益モデルや成長ステージに応じた指標も設定しております。
  (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

    ミッションである「LIFE     with -生活とともに-」を達成するため、当社グループにおいては以下の課題に取
   り組んでおります。
   ①新型コロナウイルス感染症の拡大により、生活必需品への需要集中、外食や旅行消費の自粛など、市場動向の

   変化が当社グループの事業環境に大きな影響を及ぼしております。
    当社グループでは、対策本部を構え、従業員の安全確保、事業への影響の把握と継続のために取るべき対処に
   ついて検討を行い実施しております。
    具体的には、i)原則在宅勤務又は自宅待機への移行、出社時のマスク着用・手洗い・うがい、アルコール消毒
   などの予防策の徹底その他の健康管理を行っております。また、ii)取引先の営業状況その他の当社グループの事
   業への影響を把握し、影響の更なる拡大を抑えるために必要な対策を検討し実施するとともに、事業を継続する
   ために必要な対処を講じております。とりわけ食べログ事業においては全国的な外出自粛の要請及び飲食店への
   休業要請によって大きな影響を受けておりますことから、当社グループでは、飲食店への対応として「問合せへ
   の対応体制の強化」「行政各種支援策についての情報収集・提供」及び「販促サービスの無償対応その他の契約
   に関する柔軟な対応」、加えて飲食店及びユーザーの皆さまへ向けたテイクアウトなどの取り組みの案内及び情
   報拡充を行っております。
    感染収束の時期など不確定要素が多く、先行きの見通しが困難な状況がしばらく続きますが、引き続き上記対
   応を続けてまいります。
             11/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ②インターネットやソーシャルメディアの浸透により消費者は売り手以外の存在からも情報を受け取ることがで

   きるようになりましたが、同時に情報があふれかえっています。消費者は、あふれかえる中から自分で選び取っ
   た情報が有意義であったならばその提供元と関係を深め、信頼するに至った時点で提供元が取り扱う商品・サー
   ビスについて検討し、必要だと判断すれば購入をするようになりました。
    当社グループは、このような消費行動の変化に対応し、有意義な情報、商品・サービスの購入の決定に役立つ
   情報を提供できるよう、検索性・閲覧性を高めたサイトと、信頼性の高い上質なコンテンツ作りに取り組んでま
   いります。
   ③新興メディア・ソリューション/ファイナンス事業の連結売上構成比を20%まで引き上げることを目指しま

   す。そのために、既存のコンテンツをより充実させて利用者の拡大を図るとともに、各事業の成長ステージに
   合った積極的な投資を行い、さらにはユーザーの本質的な課題をとらえた新規事業を創出することにより事業領
   域を拡大し、様々な生活シーンにおけるサービスを提供してまいります。
   ④当社にとっての重要な経営資源は人であり、人材の確保及び育成は重要な課題と認識しております。当社は、

   事業規模の拡大及び業務内容の多様化に応じた積極的な採用活動を行うとともに育成を強化することによって、
   組織力の強化に取り組んでまいります。また、従業員がさらに力を発揮できる、働きやすい環境づくりにも注力
   してまいります。
   ⑤当社の運営する事業は、性質上ウェブサイトに係るシステムのセキュリティ・開発・保守管理体制が極めて重

   要であり、これらの充実をさらに進めていくことが求められております。引き続き市場環境の変化に対応したセ
   キュリティの維持、システム開発及びシステム保守管理体制の整備を進めてまいります。
   ⑥経営の有効性及び効率性の向上、財務報告の信頼性確保、諸法規等の遵守のため、内部統制システムの整備・

   充実を継続的に推進し、内部管理体制の強化に取り組んでまいります。
             12/125












                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  2【事業等のリスク】
   当社グループの事業その他に関して投資家の投資判断上重要であると考えられるリスクは以下のとおりです。な
  お、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり、将来において
  発生の可能性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
   当社では、全社的なリスク管理体制を整備し、当社が直面する可能性のあるリスクを重要度により評価・分類した
  上で、リスクの影響等を最小化するために、リスクに対応した活動を継続的に実施しております。
  (1) 事業内容に係わるリスクについて

   ① 情報提供について
    当社グループの運営サイトにおいて当社グループ又は取引先が提供する商品、サービス等の販売価格、飲食店
   の空席情報その他の情報について適時かつ正しい情報が提供されない状況が多発し、ユーザーに適切な情報が提
   供できない状況が続く場合には、ユーザーの信頼を失い運営サイトの利用者数が減少するほか、運営サイトに登
   録をする店舗・事業者等の数が減少し、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
   ② 運営サイト内の書き込みについて

    当社グループは、運営サイトにおいて、サイト閲覧者が商品並びにサービス及び店舗等に対する評価を自由に
   書き込み、他のユーザーに情報発信ができる「クチコミ」や「レビュー」等を提供しております。「クチコミ」
   等には、好意的な内容だけでなく、改善を要する点等についても書き込みが行われます。当社グループでは、運
   営サイト内の情報等について何等の責任を負わない旨を運営サイト内で明示するとともに、誹謗中傷に該当する
   等不適切な書き込みを発見した場合又は不正業者等による不適切な投稿がなされた場合には、当該部分を削除す
   るよう努力しております。しかし、当社グループがそれを発見できなかった場合あるいは発見が遅れた場合に
   は、運営サイトに対するユーザー等の支持が低下し利用者数が減少するほか、サイト運営者としての当社グルー
   プの責任が問われ、業績及び企業としての社会的信用に悪影響を与える可能性があります。
   ③ システムトラブルについて

    当社グループは、サービス提供のためコンピュータシステムにより構築されたサイトを運営しております。運
   営サイトにおけるシステムトラブルの発生可能性を低減させるために、安定運用のためのシステム強化、セキュ
   リティ対策及びサーバーの分散設置等の対策を行っております。しかしながら、地震、津波等の自然災害、火
   災、事故、停電等の予期せぬ事象の発生によって、当社グループの設備又は通信ネットワークに障害が発生した
   場合は、ユーザーによるサービスの利用が不可能になるほか、提携先である店舗・事業者等への送客及び広告の
   出稿が停止するなど、当社グループの事業活動が不可能になります。また当社グループ若しくはインターネッ
   ト・サービス・プロバイダーのサーバーが何らかの原因によって停止する可能性、又は外部からの不正アクセス
   や操作ミスによるネットワーク障害が発生する可能性があります。これらの障害が発生した場合においても、上
   記同様に事業活動が不可能となります。これらの結果、当社グループの業績及び企業としての社会的信用に影響
   を及ぼす可能性があります。
   ④ ブランドイメージについて

    インターネット人口が増加し、情報提供サービスが広がりを見せる中で、当社グループのブランドイメージを
   高めることは、今後ますます重要になると思われます。ブランドイメージを高めるためには、ユーザーにとって
   役に立つ、かつ高品質なサービスを提供して多くのユーザーに運営サイトをご利用いただくこと、またその実績
   の積み重ねによりユーザーから好意的な認知を得てインターネット・メディアとして高く評価されることが必要
   となります。それらができない場合には、当社グループの運営サイトに対するユーザーからの好意的な認知度が
   低下し運営サイトの利用者数が減少するほか、運営サイトに登録をする店舗・事業者等の数、及び運営サイトに
   出稿する広告主の数が減少し、当社グループの業績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
   ⑤  保険代理店業務について

    連結子会社㈱カカクコム・インシュアランスが運営する保険代理店業務は、保険業法の適用を受けておりま
   す。㈱カカクコム・インシュアランスは保険業法及び関連する諸法令に基づいた管理体制を構築し、コンプライ
   アンスの強化、個人情報保護管理に努めておりますが、リスクを完全に回避することは困難であり、今後の事業
   運営において法令等に抵触する事態が発生し登録が取り消され又は業務の停止を命じられた場合、保険代理店業
   務を継続することが不可能となり、当社グループの風評、経営成績及び財政状態等に影響を与える可能性があり
   ます。
             13/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ⑥ 旅行代理店業務について
    連結子会社㈱タイムデザインが運営する旅行代理店業務は、旅行業法第2条に定める旅行業に該当し、第一種
   旅行業者(国内・海外の受注型企画旅行の企画実施、旅行手配及び他社の募集型企画旅行の代売を行うことが可
   能)としての登録を行っております。現時点で、㈱タイムデザインは旅行業法に定める登録取消し、更新の拒
   否、欠格等に該当する事由はないと認識しておりますが、何らかの理由で登録が取り消され又は業務の停止を命
   じられた場合には、旅行代理店業務を継続することが不可能となり、当社グループの風評、経営成績及び財政状
   態等に影響を与える可能性があります。
  (2) 企業運営に係わるリスクについて

   ① 事業戦略に関するリスク
    当社グループは、様々な生活シーンにおけるサービスの提供を目的として既存事業の拡大や新規事業の開発を
   積極的に行うことによって特定の領域に偏らない事業ポートフォリオの構築を進めております。しかしながら当
   社グループが拡大した既存事業又は新規に開始した事業に対するユーザーやクライアントのニーズが想定を下回
   り又はその嗜好が変化した場合、対象市場への参入やそのための人材確保・育成に要する費用が想定よりも増加
   する場合、ユーザーに対する訴求力や提携先・広告主の数を増加させるための施策が不十分である場合等におい
   ては、既存事業の拡大や新規事業の開発のための投資に見合った収益を得られない可能性があります。
   ② 優秀な人材の確保と育成

    当社グループの更なる成長のために、システム開発及びコンテンツ企画等、基幹業務のみならず、企業運営を
   円滑に遂行していく上で、優秀な人材を適切な時期に確保及び育成する必要があります。そのような人材が確保
   及び育成されない場合、業務運営を円滑に遂行すること等に支障が生じ、当社グループの業績に悪影響を及ぼす
   可能性があります。
   ③ 組織における管理体制について

    当社グループは、事業規模の拡大及び業務内容の多様化に対応するべく、より効率的な組織対応を図るための
   組織再編・内部管理体制の整備・充実を今後も継続的に推進していく方針であります。これらの管理体制の整備
   が予定通り進まなかった場合、業務運営を円滑に遂行すること等に支障が生じ、当社グループの業績に重要な影
   響を及ぼす可能性があります。
   ④ セキュリティ及び個人情報管理について

    当社グループのコンピュータシステムは、外部からの不正アクセスを防止するためにファイアウォール等のセ
   キュリティ手段によって保護されております。個人情報管理については、当社の個人情報保護方針に沿って事前
   に利用目的を特定し、個人情報の利用及び提供において適切に取り扱っております。セキュリティと個人情報管
   理については、今後とも十分な対応を図ってまいりますが、コンピュータハッカーの侵入あるいは外的な要因が
   運営サイトに対して破壊的な影響を与え、ユーザーによるサービスの利用が不可能になるほか、提携先である店
   舗・事業者等への送客及び広告の出稿が停止するなどの可能性があります。
    また、従業員等が意図的若しくは意図せず情報を漏洩した場合、当社グループが運営するサービスにおいて取
   り扱うユーザーの個人情報が不正に使用された場合等、当社グループは責任を問われる可能性があります。セ
   キュリティの不備又は個人情報の流出は、ユーザーおよび提携先・広告主の信頼を失うなど当社グループの評判
   を低下させ、運営サイトの利用者数が減少するほか、運営サイトに登録をする店舗・事業者等の数が減少し、当
   社グループの業績に悪影響が及ぶ可能性があります。
   ⑤ 法的規制について

    現在の日本のインターネット及びEコマース(以下「インターネット等」)を取り巻く法的規制は、インター
   ネット等の普及を背景として整備が進められておりますが、諸外国に比べて未だ十分とはいえません。また、イ
   ンターネット等のみを対象とした法的規制は極めて限定的であり、他の一般の規制を準用することで、実務上の
   運用が図られていることが少なくありません。日本でも諸外国同様に、インターネット等の普及とともに、それ
   を活用したビジネスその他のルールが網羅的に整備された場合、利用者及び関連業者を対象とした法的規制の制
   定等により、当社グループの業務の一部が制約を受け、当社グループの業績に重要な影響を及ぼす可能性があり
   ます。
    また、当社グループは、事業活動においては、会社法、金融商品取引法、独占禁止法、個人情報保護法など一
   般に適用される法令のほかに、保険業法、旅行業法など業態ごとに適用される法令の規制、さらには規制当局の
   監督を受けています。法令、規則などの制定・改正が行われた場合、当社グループの各事業の遂行方法やサービ
   ス、または当社グループの取引先に影響を及ぼす可能性があります。また、これらの制定・改正に対処する費用
   が増大する可能性があります。その結果、当社グループの事業活動や財政状態、経営成績に不利な影響が及ぶ可
   能性があります。
             14/125


                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ⑥ 知的財産権について

    当社グループは、運営サイトにおける新サービス、マーケティングの手法等、サービスの名称等の知的財産を
   事業活動における重要な財産と認識していることから、これらについての権利取得を積極的に行っており、また
   今後も取得の取組みを継続する方針です。しかしながら、当社グループによるこのような方策が十分であるとい
   う保証はありません。当社グループの運営する事業に関連する分野において第三者に知的財産権が成立した場
   合、又は既に成立していた場合には、権利侵害を理由とした訴訟の提起を受けこれらの活用を継続できなくな
   る、訴訟の結果によっては損害賠償責任が生じるなど、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性がありま
   す。加えて、当社グループの運営サイトには、ユーザーからの投稿等で成り立っているものがあり、そのような
   サイトの利用に当たっては第三者の著作権その他の権利を侵害しない投稿をご提供いただくよう、運営サイトの
   利用規約等において定めて管理を行っております。しかしながら、当社グループによる管理が徹底されず第三者
   の権利を侵害するものが生じた場合、上記同様に当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
   ⑦ 訴訟について

    当社グループは、当社グループが保有する個人情報の管理不徹底等の人為的ミスの発生、第三者からの不正ア
   クセス等により情報が漏洩した場合、若しくは不適切な書き込みがなされたのにも関わらず発見できなかった場
   合等に訴訟が発生する可能性があります。その訴訟の内容及び結果、損害賠償の金額によっては当社グループの
   業績及び企業としての社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。
  (3) 外部環境に係わるリスクについて

   ① 感染症発生について
    新型コロナウイルス感染症その他の感染症の発生及び感染拡大が生じた場合には、当社グループは対策本部を
   構え、従業員の安全を確保するとともに、当社グループの事業に対する影響の把握及び事業継続のために必要な
   対処の検討・実施をいたします。しかしながら、感染の拡大若しくは予防のための外出自粛・事業者の休業、当
   社グループにおける感染者の発生に起因した当社グループのサービスの提供遅延又は中止等により深刻な経済的
   影響が生じ、市場の縮小や個人消費の冷え込みにつながることが予想されます。その結果、当社グループの業績
   に影響を及ぼす可能性があります。
   ② 個人消費動向について

    当社グループは、主として個人の消費意思決定を支援するサイトを運営して収益を得ており、個人消費動向が
   間接的に当社グループの業績に影響を及ぼします。個人消費は、企業収益の悪化による賃金低下、消費税増税を
   はじめとする政策の実施等により、低下する可能性があります。このような個人消費の動向が、運営サイトの利
   用者数の減少につながるなど、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
   ③ 天候不順・自然災害について

    当社グループの運営する多くのサービスの売上は季節的変動による影響を受けますため、当社グループにおい
   てはそのような変動を勘案した上で事業計画を立てております。しかしながら、季節的な気象パターンが予想外
   に変化した場合には、一部のサービスに対する需要が変動し、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
    また、当社グループの本社及び主要な事業所は東京都内にあり、当地域内において地震、津波等の大規模災害
   が発生したことにより本社及び事業所が被害を受けた場合、事業を円滑に運営できなくなる可能性があり、当社
   グループの事業に重要な影響を及ぼす可能性があります。
   ④ インターネットの検索効果について

    インターネットユーザーの多くは、検索サイトを利用して必要な情報を入手しているため、当社グループが運
   営するサイトへのユーザーの流入効率は、検索エンジンの表示結果や利用状況等に大きく影響されます。今後、
   検索エンジン運営者による検索アルゴリズムの変更によって、あるいは競合他社による検索アルゴリズムへの対
   応が進むことによって、検索結果の表示が当社グループにとって有利に働かない状況が生じる可能性がありま
   す。そのような状況に至った場合には、当社グループが運営するインターネットサイトの集客効率が低下し、当
   社グループの業績に悪影響を与える可能性があります。
             15/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ⑤ インターネットサービスの技術革新について

    インターネットサービスにおける技術革新及びビジネスモデルの変化が速いため、インターネットを積極的に
   利用している事業者は一定水準のサービスの提供を維持するために、これらの変化に積極的かつ柔軟に対応して
   いく努力が必要であります。当社グループは、今後も不断の経営努力を行っていく方針ですが、新サービス導入
   又は既存サービス強化のために必要な新しい技術及びビジネスモデルをなんらかの理由で適時かつ効果的に採
   用・応用できない可能性があります。また、技術革新及びビジネスモデルの変化への対応には、相当の時間と費
   用が必要となる可能性があります。そのような状況に至った場合には、当社グループの業績に重要な影響を及ぼ
   す可能性があります。
   ⑥ 競合について

    当社グループは各事業領域において優位性を確保していると認識しておりますが、いずれも他社による新規参
   入の可能性があり、そのような競合他社の出現により収益の低下等、当社グループの業績に重要な影響を及ぼす
   可能性があります。
             16/125
















                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
  (1)経営成績等の状況の概要
    当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の経営成績、財政状態及び
   キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
  ① 経営環境

    当連結会計年度における日本経済は、所得環境や雇用の改善等各種政策の効果により回復基調が見られ、個人消
   費も緩やかに持ち直しており、当社の事業に関連する消費者向け電子商取引(BtoC-EC)の市場規模は2018年に物
   販系分野で9.3兆円(前年比8.12%増)、ネット予約を中心とした飲食サービスの市場規模は6,375億円(前年比
   41.61%増)と、堅調に増加してきたものの(※1)、         一方で、金融市場の変動の影響や消費増税に伴う需要の反
   動減、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済活動の停滞懸念等、今後の先行きは不透明な状況が続いて
   おります。
   ※1 出所:「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

   (2019年5月16日発表)
  ②  経営成績及び財政状態の状況

   当社グループの経営成績は、以下のとおりです。
    当連結会計年度は『価格.com』、『食べログ』、『求人ボックス』及び『スマイティ』並びに連結子会社㈱カカ
   クコム・インシュアランスの各事業が好調に成長したことによって、売上収益は60,978百万円(前年同期比11.2%
   増)、営業利益は27,217百万円(前年同期比8.6%増)で、増収増益となりました。
   セグメントごとの業績(内部取引消去後)は次のとおりです。

   当連結会計年度のインターネット・メディア事業の売上収益は58,755百万円(前年同期比10.6%増)、セグメン
   ト利益は26,480百万円(前年同期比8.1%増)となりました。当連結会計年度のファイナンス事業の売上収益は
   2,223百万円(前年同期比29.3%増)、セグメント利益は733百万円(前年同期比30.5%増)となりました。
    当社グループの財政状態は、以下のとおりです。

    資産合計は63,317百万円となり、前連結会計年度末と比較し12,075百万円増加いたしました。これは主にIFRS第
   16号「リース」の適用により使用権資産が7,947百万円増加したこと、及び現金及び現金同等物が3,082百万円増加
   したことによるものであります。
    負債合計は20,014百万円となり、前連結会計年度末と比較し9,713百万円増加いたしました。これは主にIFRS第
   16号「リース」の適用によりリース負債が7,807百万円増加したこと、及び未払法人所得税が537百万円増加、その
   他の流動負債が484百万円増加したことによるものであります。
    資本合計は43,303百万円となり、前連結会計年度末と比較し2,362百万円増加いたしました。これは主に親会社
   の所有者に帰属する当期利益18,348百万円を計上した一方で、剰余金の配当7,929百万円、自己株式の取得及び処
   分による減少7,859百万円を計上したことによるものであります。
  ③ キャッシュ・フローの状況

    当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末と比べ3,082百万
   円増加し、29,504百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況は次のとおりです。
   (営業活動によるキャッシュ・フロー)

    営業活動の結果得られた資金は23,997百万円(前年同期は18,291百万円の収入)となりました。
    これは、主として税引前利益26,619百万円を計上した一方で、法人所得税の支払額が8,038百万円あったことに
   よるものであります。
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)

    投資活動に使用した資金は3,958百万円(前年同期は3,163百万円の支出)となりました。
    これは、主としてサーバーで使用するソフトウェアの購入等の無形資産の取得による支出が1,454百万円、有形
   固定資産の取得による支出が1,249百万円、投資有価証券の取得による支出が712百万円あったことによるものであ
   ります。
             17/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)
    財務活動に使用した資金は16,946百万円(前年同期は9,734百万円の支出)となりました。
    これは、主として自己株式の取得による支出が8,014百万円、配当金の支払による支出が7,928百万円あったこと
   によるものであります。
  ④ 生産、受注及び販売の実績

   生産実績
    当社グループの業務には生産に該当する事項がないため、生産実績に関する記載はしておりません。
   受注実績
    当社グループは受注生産を行っておりませんので、受注実績に関する記載はしておりません。
   販売実績
    当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
           金額(百万円)      前年同期比(%)
     セグメントの名称
              58,755       110.6

   インターネット・メディア事業
              2,223      129.3

   ファイナンス事業
              60,978       111.2

      合計
   (注)1.セグメント間の取引については、相殺消去しております。
    2.最近2連結会計年度における販売先については、いずれも販売実績が総販売実績の100分の10未満のた
    め、記載を省略しております。
    3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
             18/125













                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
    経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
   す。
  ① 重要な会計方針及び見積り

    重要な会計方針及び見積りにつきましては「第5         経理の状況 1   連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結
   財務諸表注記 3.   重要な会計方針   及び 4. 重要な会計上の見積り及び判断の利用」に記載のとおりでありま
   す。
  ② 経営成績及び財政状態の状況

    当連結会計年度における当社グループの売上収益は60,978百万円(前年同期比11.2%増)となりました。上半期
   は消費税増税前の駆込み需要によって売上が増加した『価格.com』をはじめとして各事業が増収(上半期売上収
   益、前年同期比15.1%増)となり、営業利益も大幅な増益(上半期累計営業利益、前年同期比16.1%増)となりまし
   た。第3四半期は消費税増税後の需要の反動減で『価格.com』のショッピング及び広告事業が減収となりました
   が、食べログの飲食店販促事業や新興メディア・ソリューション/ファイナンスの売上増加により、計画通りの成
   長(第3四半期売上収益、前年同期比10.4%増)となりました。第4四半期は新型コロナウイルス感染症の影響を
   受けたことにより成長減速(第4四半期売上収益、前年同期比5.2%増)となりました。
    このような事業成長に伴い、営業費用のうち、人件費及び『食べログ』に係る広告宣伝費、並びにオフィス増床
   に伴う当連結会計年度下半期の家賃が増加しましたが、上半期において売上収益が大幅に増加したことによって営
   業利益は27,217百万円(前年同期比8.6%増)となりました。
    税引前利益は26,619百万円(前年同期比7.2%増)となりました。これは主として、持分法による投資損失396百
   万円を計上した一方で営業利益が増加したことによるものであります。
    親会社の所有者に帰属する当期利益は18,348百万円(前年同期比9.9%増)となりました。
   セグメントの業績(内部取引消去後)は、次のとおりであります。

   1.インターネット・メディア事業

    当連結会計年度のインターネット・メディア事業の売上収益は58,755百万円(前年同期比10.6%増)、セグメ
   ント利益は26,480百万円(前年同期比8.1%増)となりました。
   [価格.com]

    当連結会計年度の売上収益は23,960百万円(前年同期比6.4%増)となりました。
    ショッピング事業及び広告事業は当連結会計年度の上半期において、消費税増税前の駆込み需要に伴い売上収
   益が大幅に増加。下半期には消費税増税後の一時的な需要の反動減に加えて新型コロナウイルス感染症拡大の影
   響により、一部の耐久財の売上及び家電メーカーからの広告出稿による売上が減少となりました。その結果、当
   連結会計年度におけるショッピング事業の売上収益は9,328百万円(前年同期比0.8%増)、広告事業の売上収益
   は4,585百万円(前年同期比3.0%増)となりました。サービス事業は、金融領域においてクレジットカードや
   カードローン比較の売上が継続的に増加したため、売上収益は10,046百万円(前年同期比14.1%増)となりまし
   た。
    月間利用者数は2020年3月度に6,309万人(※1)となりました。
   [食べログ]

    当連結会計年度の売上収益は26,369百万円(前年同期比8.3%増)となりました。
    有料プラン(※2)契約店舗数は新規契約の獲得により、2020年3月時点で5.91万店舗となりました。ネット
   予約人数は、当連結会計年度の第4四半期において新型コロナウイルス感染症の影響を受けましたが、通期にお
   いてはネット予約対応店舗及びネット予約比率の増加により、累計で3,777万人(前年同期比23.6%増)となりま
   した。その結果、飲食店販促事業の売上収益は21,509百万円(前年同期比12.6%増)となりました。ユーザー会
   員事業は、有料サービス加入者数の減少により売上収益は2,337百万円(前年同期比19.1%減)となりました。広
   告事業は、バナー及び記事広告の売上が増加したことにより売上収益は2,522百万円(前年同期比7.0%増)とな
   りました。
    月間利用者数は2020年3月度に1億647万人(※1)となりました。
             19/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   [新興メディア・ソリューション]
    当連結会計年度の売上収益は8,426百万円(前年同期比34.8%増)となりました。
    『求人ボックス』は月間利用者数及び送客率の上昇により手数料収入が増加しました。加えて『スマイティ』
   は物件の問合せ数の増加により手数料収入が増加しました。
   ※1 月間利用者数とは、サイトを訪れた人をブラウザベースで数えた人数であり、1ヵ月の間に複数回訪問した

   人も1人と数えた正味の人数です。なお、モバイル端末のウェブページ高速表示に伴う利用者数の重複や、第三者
   による自動収集プログラムなどの機械的なアクセスについては可能な限り排除して計測しています。
   ※2 『食べログ』の有料プランとは、飲食店販促事業における月額固定料金に加えてネット予約来店人数に応じ
   た従量料金が発生する料金プラン及び月額固定料金のみの料金プランです。
   2.ファイナンス事業

    当連結会計年度のファイナンス事業の売上収益は2,223百万円(前年同期比29.3%増)、セグメント利益は733
   百万円(前年同期比30.5%増)となりました。
    ㈱カカクコム・インシュアランスが運営する『価格.com保険』は生命保険及び損害保険のオンライン契約申込
   み数が増加したことにより手数料収入が増加しました。
  ③  経営成績に重要な影響を与える要因

   経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2          事業の状況 2.事業等のリスク」に記載のとおりで
   す。
   なお、新型コロナウイルス感染症の拡大により、生活必需品への需要集中、外食、旅行・娯楽関連の消費の自
   粛、事業者の休業など市場動向に大きな変化が生じており、当社グループにおいては当連結会計年度末以降も、特
   に外食、旅行及び娯楽の各領域におけるサービス利用者数、加えて広告事業における出向のそれぞれについて、影
   響が生じております。
   当社グループでは対策本部を構え、事業への影響の把握と事業継続のために必要な対処の検討・実施を進めてお
   りますが、感染収束の時期など不確定要素が多く、先行きの見通しが困難な状況がしばらく続くものと見られま
   す。
  ④  資本の財源及び資金の流動性

   (経営資源の配分に関する考え方)
    既存事業の運営及び成長投資に必要な資金を手元に残した上で、過剰な内部留保は行わずに株主還元を行うこ
   と、また株主還元は年2回の配当及び機動的な自己株の取得によって継続的に実施することを方針としておりま
   す。
    なお、成長投資は、ⅰ)既存事業の拡大や新規事業創出に伴う人的資源への投資、ⅱ)先端技術に関する研究開発
   及び事業への活用に対する投資、並びにⅲ)事業ポートフォリオ拡大及び成長の加速を目的としたM&Aや出資をその
   対象としています。
   (キャッシュ・フロー)
   当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの状況につきましては「第2             事業の状況 3.経営者による財政状
   態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。
   (資金需要)
   当社グループの主な資金需要は運転資金及び設備資金であります。運転資金の主なものは、営業活動における人
   件費や販売代理店に支払う販売手数料、またサービス利用者増加を目的とした広告宣伝費によるものであります。
   設備資金の主なものは、サーバー及びネットワークの設備投資によるものであります。
   (財務政策)
   当社グループの事業拡大に必要な資金は営業キャッシュ・フローから獲得した資金を充当しております。
  ⑤ 経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断する客観的な指標等について

    当社グループは、新興メディア・ソリューション/ファイナンス事業の連結売上構成比を20%まで引き上げるこ
   とを目指しております。当連結会計年度は17.5%となりました。
   [新興メディア・ソリューション/ファイナンス事業の連結売上構成比率の推移]
        2018年3月期    2019年3月期    2020年3月期
   連結売上構成比率     10.0%    14.5%    17.5%

             20/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
    また、継続的な事業拡大と経営の効率維持のために親会社所有者帰属持分当期利益率(ROE)を重要な指標と位
   置付け、その目安を40%としております。当連結会計年度のROEは44.0%となりました。
   [ROEの推移]
        2018年3月期    2019年3月期    2020年3月期
   ROE     45.7%    45.1%    44.0%

    なお、継続的な事業拡大のためにはサイト利用者数の増加が重要であると認識しております。当社グループサイ

   トの積み上げ月間利用者数は2020年3月時点で2億5,587万人を超えております。
    加えて各事業においては、各事業の売上収益についても指標として重視しております。

   [各事業の売上]                                   (単位:百万円)
      事業    第1四半期   第2四半期   第3四半期   当連結会計年度
           5,597   11,698   17,698   23,960
   価格.com
           2,235   4,591   6,937   9,328
   ショッピング事業
           2,373   4,928   7,250   10,046
   サービス事業
            989   2,180   3,511   4,585
   広告事業
           6,313   12,808   19,855   26,369
   食べログ
           5,194   10,516   16,165   21,509
   飲食店販促事業
            623   1,216   1,788   2,337
   ユーザー会員事業
            497   1,076   1,902   2,522
   広告事業
           1,854   4,012   6,120   8,426
   新興メディア・ソリューション
            459   1,011
   ファイナンス               1,582   2,223
             21/125











                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  4【経営上の重要な契約等】
   (建物転貸借契約の締結)
    当社は、2019年6月25日開催の取締役会におきまして、株式会社デジタルガレージ(東京証券取引所市場第一部
   上場、証券コード   4819、以下「デジタルガレージ」という。)との間で、建物転貸借契約(以下総称して「建物
   転貸借契約」という。)を締結することを決議し、締結いたしました            。
  (1)建物転貸借契約締結の理由

   今後の増員、オフィス環境向上を目的とした増床のため、レイアウト効率や賃料等の条件を考慮した上で渋谷
   パルコDGビルを選定いたしました。
   なお、上記物件の貸借に当たり、転貸借契約条件、工事支出の交渉面においてスケールメリットが享受できる
   こと、及びデジタルガレージとの一部フロアの共同利用によりスペースの有効活用が可能となることから、デジ
   タルガレージとヒューリック株式会社(       東京証券取引所市場第一部上場、証券コード        1021)の間における建物
   賃貸借契約に基づく転貸借の形式を採っております。
  (2)建物転貸借契約の概要等

   物件名称   渋谷パルコDGビル
   所在   東京都渋谷区宇田川町15-1
   契約期間   2019年11月1日から2029年10月31日(10年間)
   契約面積   2028.78坪(12~14階(専用フロア)及び18階(共用フロア)/地下3階地上19階建)
   契約形態   定期借家契約
   月額賃料等   64,415,242円/月

  5【研究開発活動】


   当連結会計年度における研究開発費は、インターネット・メディア事業で            139 百万円となりました。
   『価格.com』における商品画像の最適化や『スマイティ』における物件情報の精度向上など、サービスの利便性向
  上を目的として、各事業でAIや機械学習を活用しております。
   また、当社グループは、研究開発組織「DGLab」に参画し、株式会社デジタルガレージ、株式会社クレディセゾン及
  びKDDI株式会社と共に、新たなプロダクト及びサービスの基礎となる研究開発成果を生み出すべく活動しておりま
  す。この活動は、様々な事業の基盤になることが期待できる「ブロックチェーン」、「人工知能」、「VR/AR」、「セ
  キュリティ」、「バイオヘルス」を重点分野として、各分野において高いレベルの技術を持つ国内外の企業と連携す
  ることを通じて行われております。
             22/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  第3【設備の状況】
  1【設備投資等の概要】
   当連結会計年度の設備投資額は、      2,703 百万円であります。
   主なものはインターネット・メディア事業におけるウェブサイト運営に関するサーバーの購入等1,249百万円及び
  ソフトウエアへの投資1,454百万円であります。
  2【主要な設備の状況】

  (1)提出会社
                  (2020年3月31日現在)
              帳簿価額(百万円)
   事業所名                  従業員数
     セグメントの名称    設備の内容
  (所在地)                  (人)
             器具及び  ソフト
           建物     その他  合計
             備品  ウエア
         サーバーネッ
  本社
     インターネット・
            157  107  1,759  239  2,262  295
         トワーク設備
  (東京都渋谷区)
     メディア事業
         等
  (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
   2.本社建物2,923.90㎡は、賃借中のものであります。
   3.帳簿価額の「その他」の内容は、建設仮勘定およびソフトウエア仮勘定であります。
  (2)国内子会社

                  (2020年3月31日現在)
              帳簿価額(百万円)
     事業所名               従業員数
       セグメント   設備の
   会社名
     (所在地)               (人)
        の名称  内容
             器具及び  ソフト
            建物     その他  合計
              備品  ウエア
       インター  サーバー
     本社
       ネット・  ネット
  フォートラベル㈱   (東京都        1  23  17  6  47  31
       メディア  ワーク設
     渋谷区)
       事業  備等
         サーバー
     本社
  ㈱カカクコム・      ファイナ  ネット
     (東京都       16  25  25  -  66  88
  インシュアランス      ンス事業  ワーク設
     港区)
         備等
       インター
     本社
       ネット・  ソフト
     (東京都        6  2 205  14  226  26
  ㈱タイムデザイン
       メディア  ウェア等
     渋谷区)
       事業
  (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     2.帳簿価額の「その他」の内容は、建設仮勘定およびソフトウエア仮勘定であります。
     3.フォートラベル㈱の本社建物209.48㎡は賃借中であります。
     4.㈱カカクコム・インシュアランスの本社建物604.63㎡は賃借中であります。
     5.㈱タイムデザインの本社建物163.80㎡は賃借中であります。
             23/125






                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  3【設備の新設、除却等の計画】
  (1)重要な設備の新設等
                  (2020年3月31日現在)
           投資予定金額     着手及び完了予定年月
    事業所名
      セグメント         資金調達      完成後の
  会社名      設備の内容
    (所在地)
      の名称     総額  既支払額  方法     増加能力
                 着手  完了
          (百万円)  (百万円)
        サーバー
    本社(東
      インター
        ネット
    京都渋谷        685  -       -
  提出会社    ネット・メ         自己資金  2020年4月  2021年3月
        ワーク設
    区)
      ディア事業
        備等
  (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
   2.完成後の増加能力につきましては、その測定が困難なため、記載を省略しております。
  (2)重要な設備の除却等

    該当事項はありません。
             24/125















                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  第4【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
               発行可能株式総数(株)
      種類
                    768,000,000

      普通株式
                    768,000,000

       計
   ②【発行済株式】

      事業年度末現在     提出日現在
              上場金融商品取引所名
      発行数(株)    発行数(株)
   種類           又は登録認可金融商品      内容
      (2020年3月31日)    (2020年6月18日)     取引業協会名
              東京証券取引所     単元株式数
       206,705,000    206,705,000
   普通株式
               市場第一部     100株
       206,705,000    206,705,000    -    -
   計
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
     第8回新株予約権
  決議年月日          2016年8月17日
  付与対象者の区分及び人数(名)          当社取締役6
  新株予約権の数(個)※          180
  新株予約権の目的となる株式の種類※
            普通株式
  新株予約権の目的となる株式の数(株)※          18,000(注)1
  新株予約権の行使時の払込金額(円)          1
  新株予約権の行使期間※
            2016年9月2日~2046年9月1日
            発行価格    1,670
  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
  行価格及び資本組入額(円)※
            資本組入額     835
  新株予約権の行使の条件※          (注)2
  新株予約権の譲渡に関する事項※          (注)2
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※          -
    ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31
   日)において、   記載すべき内容が   当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係
   る記載を省略しております。
  (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合には、株式の数は、次の算式により調整し、調整により生じる1
    円未満の端数は切り捨てるものとします。
    調整後付与株式数   = 調整前付与株式数   × 株式分割・株式併合の比率
   2.当該ストックオプションに係わる行使の条件、譲渡に関する事項は次のとおりであります。
   (1) 新株予約権者は、上記行使期間内において、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日(10日目が
    休日に当たる場合には、翌営業日)を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括してのみ行使できる
    ものとします。
   (2) 新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は、新株予約権を一括してのみ行使することができます。
   (3) その他権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
    ります。
   (4) 譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要します。
             25/125


                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
     第9回新株予約権
  決議年月日          2016年8月17日
  付与対象者の区分及び人数(名)          当社取締役1 当社完全子会社取締役1 当社使用人15
  新株予約権の数(個)※          202
  新株予約権の目的となる株式の種類          普通株式
  新株予約権の目的となる株式の数(株)※          20,200(注)1
  新株予約権の行使時の払込金額(円)※          1,854(注)2
  新株予約権の行使期間          2018年9月3日~2021年9月2日
            発行価格    1,854
  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
  行価格及び資本組入額(円)※
            資本組入額     927
  新株予約権の行使の条件※          (注)3
  新株予約権の譲渡に関する事項※          (注)3
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※          -
    ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31
   日)において、   記載すべき内容が   当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係
   る記載を省略しております。
  (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合には、株式の数は、次の算式により調整し、調整により生じる1
    円未満の端数は切り捨てるものとします。
    調整後付与株式数   = 調整前付与株式数   × 株式分割・株式併合の比率
   2.行使時に払込をすべき金額は、権利付与日以降に当社が時価を下回る金額で新株式を発行する場合、及び株
    式分割または併合を行う場合には次の算式により発行価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切
    り上げるものとします。
    (時価を下回る払込金額で新株式を発行する場合)
              新規発行株式数   × 1株当たり払込金額
           既発行
             +
                 時価
           株式数
    調整後行使価額   = 調整前行使価額   ×
             既発行株式数  + 新規発行株式数
    (株式の分割または併合を行う場合)
              1
    調整後行使価額   = 調整前行使価額   ×
            株式分割・株式併合の比率
   3.当該ストックオプションに係わる行使の条件、譲渡に関する事項は次のとおりであります。
   (1) 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時点においても当社または当社子会社の役員(取締役及び監査役
    をいう。ただし、社外役員を除く。)または従業員(執行役員、出向社員を含む。)であることを要しま
    す。ただし、権利行使時において当社が正当な理由があると認めた場合はこの限りではありません。
   (2) 新株予約権者は、割当日以降権利行使時より前までの間に、一度でも、当社または当社子会社の役員(取
    締役及び監査役をいう。なお、社外役員を含む。)を退任しまたは当社を退職していないことを要しま
    す。ただし、権利行使時において当社が正当の事由があると認めた場合はこの限りではありません。
   (3) 新株予約権者は、割当日以降権利行使時より前までの間及び権利行使時において、一度でも当社の就業規
    則に定める懲戒事由または解雇事由に該当していないことを要します。ただし、権利行使時において当社
    が正当の事由があると認めた場合はこの限りではありません。
   (4) 新株予約権の質入れ、担保権の設定及び相続は認めないものとします。
   (5) その他権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
    ります。
   (6) 譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要します。
             26/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
     第10回新株予約権
  決議年月日          2017年7月19日
  付与対象者の区分及び人数(名)          当社取締役4
  新株予約権の数(個)※          213
  新株予約権の目的となる株式の種類※
            普通株式
  新株予約権の目的となる株式の数(株)※          21,300(注)1
  新株予約権の行使時の払込金額(円)※          1
  新株予約権の行使期間※
            2017年8月4日~2047年8月3日
            発行価格    1,319
  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
  行価格及び資本組入額(円)※
            資本組入額     660
  新株予約権の行使の条件※          (注)2
  新株予約権の譲渡に関する事項※          (注)2
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※          -
    ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31
   日)において、   記載すべき内容が   当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係
   る記載を省略しております。
  (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合には、株式の数は、次の算式により調整し、調整により生じる1
    円未満の端数は切り捨てるものとします。
    調整後付与株式数   = 調整前付与株式数   × 株式分割・株式併合の比率
   2.当該ストックオプションに係わる行使の条件、譲渡に関する事項は次のとおりであります。
   (1) 新株予約権者は、上記行使期間内において、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日(10日目が
    休日に当たる場合には、翌営業日)を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括してのみ行使できる
    ものとします。
   (2) 新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は、新株予約権を一括してのみ行使することができます。
   (3) その他権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
    ります。
   (4) 譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要します。
             27/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
     第11回新株予約権
  決議年月日          2018年8月15日
  付与対象者の区分及び人数(名)          当社取締役4
  新株予約権の数(個)※          196
  新株予約権の目的となる株式の種類※
            普通株式
  新株予約権の目的となる株式の数(株)※          19,600(注)1
  新株予約権の行使時の払込金額(円)※          1
  新株予約権の行使期間※
            2018年9月4日~2048年9月3日
            発行価格    1,926
  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
  行価格及び資本組入額(円)※
            資本組入額     963
  新株予約権の行使の条件※          (注)2
  新株予約権の譲渡に関する事項※          (注)2
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※          -
    ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31
   日)において、   記載すべき内容が   当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係
   る記載を省略しております。
  (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合には、株式の数は、次の算式により調整し、調整により生じる1
    円未満の端数は切り捨てるものとします。
    調整後付与株式数   = 調整前付与株式数   × 株式分割・株式併合の比率
   2.当該ストックオプションに係わる行使の条件、譲渡に関する事項は次のとおりであります。
   (1) 新株予約権者は、上記行使期間内において、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日(10日目が
    休日に当たる場合には、翌営業日)を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括してのみ行使できる
    ものとします。
   (2) 新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は、新株予約権を一括してのみ行使することができます。
   (3) その他権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
    ります。
   (4) 譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要します。
             28/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
     第12回新株予約権
  決議年月日          2018年9月19日
            当社使用人45 当社完全子会社取締役4
  付与対象者の区分及び人数(名)
            当社子会社取締役8
  新株予約権の数(個)※          1,950
  新株予約権の目的となる株式の種類※
            普通株式
  新株予約権の目的となる株式の数(株)※          195,000(注)1
  新株予約権の行使時の払込金額(円)※          2,116(注)2
  新株予約権の行使期間※
            2020年10月20日~2023年10月19日
            発行価格    2,116
  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
  行価格及び資本組入額(円)※
            資本組入額   1,058
  新株予約権の行使の条件※          (注)3
  新株予約権の譲渡に関する事項※          (注)3
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※          -
    ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。              提出日の前月末現在(2020年5月31
   日)において、   記載すべき内容が   当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係
   る記載を省略しております。
  (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合には、株式の数は、次の算式により調整し、調整により生じる1
    円未満の端数は切り捨てるものとします。
    調整後付与株式数   = 調整前付与株式数   × 株式分割・株式併合の比率
   2.行使時に払込をすべき金額は、権利付与日以降に当社が時価を下回る金額で新株式を発行する場合、及び株
    式分割または併合を行う場合には次の算式により発行価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切
    り上げるものとします。
    (時価を下回る払込金額で新株式を発行する場合)
              新規発行株式数   × 1株当たり払込金額
           既発行
             +
                 時価
           株式数
    調整後行使価額   = 調整前行使価額   ×
             既発行株式数  + 新規発行株式数
    (株式の分割または併合を行う場合)
              1
    調整後行使価額   = 調整前行使価額   ×
            株式分割・株式併合の比率
   3.当該ストックオプションに係わる行使の条件、譲渡に関する事項は次のとおりであります。
   (1) 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時点においても当社または当社子会社の役員(取締役及び監査役
    をいう。ただし、社外役員を除く。)または従業員(執行役員、出向社員を含む。)であることを要しま
    す。ただし、権利行使時において当社が正当な理由があると認めた場合はこの限りではありません。
   (2) 新株予約権者は、割当日以降権利行使時より前までの間に、一度でも、当社または当社子会社の役員(取
    締役及び監査役をいう。なお、社外役員を含む。)を退任しまたは当社を退職していないことを要しま
    す。ただし、権利行使時において当社が正当の事由があると認めた場合はこの限りではありません。
   (3) 新株予約権者は、割当日以降権利行使時より前までの間及び権利行使時において、一度でも当社の就業規
    則に定める懲戒事由または解雇事由に該当していないことを要します。ただし、権利行使時において当社
    が正当の事由があると認めた場合はこの限りではありません。
   (4) 新株予約権の質入れ、担保権の設定及び相続は認めないものとします。
   (5) その他権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
    ります。
   (6) 譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要します。
             29/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
     第13回新株予約権
  決議年月日          2019年7月17日
  付与対象者の区分及び人数(名)          当社取締役4
  新株予約権の数(個)※          259
  新株予約権の目的となる株式の種類※
            普通株式
  新株予約権の目的となる株式の数(株)※          25,900(注)1
  新株予約権の行使時の払込金額(円)※          1
  新株予約権の行使期間※
            2019年8月5日~2049年8月4日
            発行価格    2,316
  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
  行価格及び資本組入額(円)※
            資本組入額   1,158
  新株予約権の行使の条件※          (注)2
  新株予約権の譲渡に関する事項※          (注)2
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※          -
    ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31
   日)において、   記載すべき内容が   当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係
   る記載を省略しております。
  (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合には、株式の数は、次の算式により調整し、調整により生じる1
    円未満の端数は切り捨てるものとします。
    調整後付与株式数   = 調整前付与株式数   × 株式分割・株式併合の比率
   2.当該ストックオプションに係わる行使の条件、譲渡に関する事項は次のとおりであります。
   (1) 新株予約権者は、上記行使期間内において、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日(10日目が
    休日に当たる場合には、翌営業日)を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括してのみ行使できる
    ものとします。
   (2) 新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は、新株予約権を一括してのみ行使することができます。
   (3) その他権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
    ります。
   (4) 譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要します。
   ②【ライツプランの内容】

     該当事項はありません。
   ③【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。
             30/125







                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
       発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金
            資本金増減額   資本金残高
       総数増減数   総数残高        増減額   残高
   年月日
            (百万円)   (百万円)
       (株)   (株)        (百万円)   (百万円)
  2016年2月29日
      △2,213,600   219,560,100    -  915   -  1,087
    (注)1
  2016年8月31日
      △1,400,000   218,160,100    -  915   -  1,087
    (注)1
  2017年5月31日
      △3,155,100   215,005,000    -  915   -  1,087
    (注)1
  2018年1月4日
      △4,400,000   210,605,000    -  915   -  1,087
    (注)1
  2019年1月31日
      △1,100,000   209,505,000    -  915   -  1,087
    (注)1
  2020年2月28日
      △2,800,000   206,705,000    -  915   -  1,087
    (注)1
  (注)1.  自己株式の消却による減少であります。
  (5)【所有者別状況】

                  (2020年3月31日現在)
         株式の状況(1単元の株式数     100 株)
                    単元未満
                    株式の状況
   区分          外国法人等
     政府及び
        金融商品  その他の      個人
                    (株)
     地方公共  金融機関            計
        取引業者  法人     その他
     団体
            個人以外  個人
  株主数(人)    -  39  36  35  591  17 6,960  7,678   -

  所有株式数
      - 332,765  13,338  776,696  865,518   58 78,469  2,066,844   20,600
  (単元)
  所有株式数の
      - 16.10  0.65  37.58  41.88  0.00  3.80  100.00   -
  割合(%)
  (注)自己株式836,558    株は、「個人その他」に8,365単元及び「単元未満株式の状況」に58株を含めて記載しておりま
   す。
             31/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (6)【大株主の状況】
                  (2020年3月31日現在)
                   発行済株式
                   (自己株式を除
                 所有株式数   く。)の総数に
    氏名又は名称        住所
                 (千株)   対する所有
                   株式数の割合
                    (%)
         東京都渋谷区恵比寿南3-5-7        42,390   20.59
  株式会社デジタルガレージ
         東京都新宿区西新宿2-3-2        35,016   17.01

  KDDI株式会社
  日本マスタートラスト信託銀行株式会社

         東京都港区浜松町2-11-3        11,030   5.36
  (信託口)
  日本トラスティ・サービス信託銀行株式会

         東京都中央区晴海1-8-11        6,535   3.17
  社(信託口)
  ステート ストリート バンク アンド 
         P.O.BOX  351 BOSTON MASSACHUSETTS
  トラスト カンパニー 505001
         02101 U.S.A.       5,035   2.45
  (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営
         (東京都港区港南2-15-1)
  業部)
  ザ バンク オブ ニューヨーク メロ
         240 GREENWICH  STREET,  NEW YORK, NEW
  ン 140051
         YORK 10286, U.S.A.      3,589   1.74
  (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営
         (東京都港区港南2-15-1)
  業部)
         7TH FLOOR, 155 WELLINGTON  STREET
  RBC IST 15 PCT NON LENDING  ACCOUNT  -
         WEST TORONTO,  ONTARIO,  CANADA,  M5V
  CLIENT ACCOUNT
                  3,550   1.72
         3L3
  (常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ
  東京支店)
         (東京都新宿区新宿6-27-30)
  ザ バンク オブ ニューヨーク メロ
         240 GREENWICH  STREET,  NEW YORK, NEW
  ン 140044
         YORK 10286, U.S.A.      3,150   1.53
  (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営
         (東京都港区港南2-15-1)
  業部)
  NORTHERN  TRUST CO. (AVFC) RE IEDU
         50 BANK STREET CANARY WHARF LONDON
  UCITS CLIENTS  NON LENDING  15 PCT
         E14 5NT, UK       2,902   1.41
  TREATY ACCOUNT
         (東京都中央区日本橋3-11-1)
  (常任代理人 香港上海銀行東京支店 カ
  ストディ業務部)
  日本トラスティ・サービス信託銀行株式会
         東京都中央区晴海1-8-11        2,875   1.40
  社(信託口5)
            -     116,075   56.38
     計
  (注)1.上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
    日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)           7,368
                千株
    日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)           3,743
                千株
     2.  2018年1月18日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、バーガンディ・アセット・マネジメ

    ント・リミテッドが2018年1月15日現在で次のとおり株式を所有している旨が記載されているものの、当社と
    して議決権行使基準日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めてお
    りません。
                 所有株式数   株券等保有割合
      氏名又は名称       住所
                 (千株)   (%)
          181 Bay Street,  Suite 4510,
   バーガンディ・アセット・マネジメ
                 10,788    5.12
   ント・リミテッド      Toronto,  Ontario  M5J 2T3,Canada
             32/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   3.2019年10月23日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、ベイリー・ギフォード・アンド・カ
    ンパニー及びその共同保有者であるベイリー・ギフォード・オーバーシーズ・リミテッドが2019年10月15日現
    在で次のとおり株式を所有している旨が記載されているものの、当社として議決権行使基準日時点における実
    質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                 所有株式数   株券等保有割合
     氏名又は名称       住所
                 (千株)   (%)
          カルトン・スクエア、
   ベイリー・ギフォード・アンド・カ
          1グリーンサイド・ロウ、エジンバラ        3,999   1.91
   ンパニー
          EH1 3AN スコットランド
          カルトン・スクエア、
   ベイリー・ギフォード・オーバー
          1グリーンサイド・ロウ、エジンバラ        13,458    6.42
   シーズ・リミテッド
          EH1 3AN スコットランド
  (7)【議決権の状況】

   ①【発行済株式】
                  (2020年3月31日現在)
         株式数(株)    議決権の数(個)
    区分               内容
          -     -     -
  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)        -     -     -
  議決権制限株式(その他)        -     -     -
  完全議決権株式(自己株式等)         836,500   -     -
        普通株式
  完全議決権株式(その他)         205,847,900     2,058,479    -
        普通株式
           20,600   -     -
  単元未満株式      普通株式
           206,705,000    -     -
  発行済株式総数
          -     2,058,479    -
  総株主の議決権
   ②【自己株式等】

                  (2020年3月31日現在)
                   発行済株式総数
           自己名義   他人名義   所有株式数
                   に対する所有
           所有株式数   所有株式数   の合計
  所有者の氏名又は名称     所有者の住所
                   株式数の割合
           (株)   (株)   (株)
                    (%)
       東京都渋谷区恵比寿
            836,500    -  836,500    0.40
  株式会社カカクコム
       南三丁目5番7号
        -   836,500    -  836,500    0.40
    計
             33/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  2【自己株式の取得等の状況】
   【株式の種類等】  会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株
      式の取得
  (1)【株主総会決議による取得の状況】
     該当事項はありません。
  (2)【取締役会決議による取得の状況】

             株式数(株)     価額の総額(円)
      区分
  取締役会(2019年11月20日)での決議状況
               3,800,000     8,000,000,000
  (取得期間 2019年11月21日~2020年1月31日)
                -     -
  当事業年度前における取得自己株式
               2,856,500     7,999,928,776

  当事業年度における取得自己株式
               943,500     71,224

  残存決議株式の総数及び価額の総額
  当事業年度の末日現在の未行使割合(%)              24.83      0.0
                -     -

  当期間における取得自己株式
  提出日現在の未行使割合(%)              24.83      0.0
  (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

     該当事項はありません。
  (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

            当事業年度       当期間
     区分
             処分価額の総額      処分価額の総額
          株式数(株)      株式数(株)
              (円)      (円)
            -   -   -   -
  引き受ける者の募集を行った取得自己株式
           2,800,000  7,361,200,000     -   -

  消却の処分を行った取得自己株式
  合併、株式交換、会社分割に係る移転を
            -   -   -   -
  行った取得自己株式
  その他(新株予約権の権利行使)         92,000  192,942,700     -   -
           836,558    -  836,558    -

  保有自己株式数
  (注)当期間における「保有自己株式数」には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取に
   よる株式数は含めておりません。
             34/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  3【配当政策】
   当社は、企業価値の長期継続的な創出・向上が株主利益貢献の基本であるとの認識のもと、株主の皆様への継続的
  かつ適正な利益還元と将来の事業展開と経営体質の強化をともに実現するため、各期の連結業績、配当性向及び内部
  留保を総合的に勘案した上で配当を行っております。
   当社は、期末配当として年1回、剰余金の配当を行うことを基本方針としております。この配当の決定機関は、株
  主総会であります。また当社は、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる
  旨を定款に定めております。
   内部留保資金につきましては、ウェブサイトの情報や機能の充実及び事業規模拡大に備えたサーバー及びソフト
  ウェアに対する投資等に充当する予定であります。
   なお、当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。
             1株当たり配当額(円)
    決議年月日    配当金の総額(百万円)
    2019年11月6日
            4,174      20
    取締役会決議
    2020年6月18日
            4,117      20
    定時株主総会決議
             35/125















                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
   ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
    当社は企業を、株主をはじめ、顧客、取引先、従業員ひいては社会全体の共栄を目指すべき存在であり、また
   これにより企業価値が継続的に増大するとの認識を有しております。そして、その達成のため、社会的に有用な
   サービスを創出するとともに、各ステークホルダーとの関係強化及び経営統治機能の充実を図ることが、当社の
   コーポレート・ガバナンスに関する取り組みの基本的な考え方であり、経営上の最重要項目と位置付けておりま
   す。また、経営統治機能の充実のため、各ステークホルダーへの適正かつタイムリーなディスクロージャーに努
   めております。
   ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

    当社の取締役会は、その員数は定款において11名以内と定めておりますが、現在は社外取締役4名を含む取締
   役9名により構成されております。
    取締役会は、毎月の定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、業務執行の状況を監督してお
   ります。取締役会で決定した方針に基づき、効果的な職務執行を実現するため、各事業部から経営上重要な情報
   を正確かつ迅速に収集したうえ、週次で経営会議を開催し、業務執行に関する議論を行っております。なお、グ
   ループ各社の経営状況につきましても、取締役会及び経営会議において毎月報告され、事業計画の進捗状況や経
   営課題等を確認しております。また、取締役の業務執行の役割をより明確にするため、2019年7月1日より執行
   役員制度を雇用型と委任型の併用に変更し、業務執行取締役は執行役員との兼務ができるようにいたしました。
    現在の取締役会の構成員は、取締役会長林郁氏、代表取締役社長畑彰之介氏、取締役村上敦浩氏、同結城晋吾
   氏、同宮崎加奈子氏、社外取締役加藤智治氏、同宮島和美氏、同木下雅之氏、同多田一国氏の9名で、代表取締
   役社長畑彰之介氏が議長を務めております。
    当社は監査役会設置会社であり、経営の監査を行う監査役会は常勤監査役1名及び非常勤監査役3名(社外監
   査役2名)の計4名により構成されており、社外監査役が過半数を占める構成となっております。また、監査役
   会に対して監査役が要請を行った時は、必要に応じて、監査役の業務補助のために監査役専任スタッフをおくこ
   ととしております。
    監査役は、定期的に監査役会を開催するほか、監査役会が定めた監査方針、監査計画等に従い、取締役会その
   他重要な会議への出席、各取締役や使用人からの職務執行状況の聴取、当社及び当社子会社の調査の実施や、会
   計監査人からの監査報告を受け、計算書類及び事業報告に関して監査を行うほか、代表取締役との意見交換を
   行っています。現在の構成員は、常勤監査役平井裕文氏、非常勤監査役前野寛氏、社外監査役松橋香里氏、同梶
   木壽氏の4名で、監査役会議長は常勤監査役平井裕文氏が務めております。
    当社は、経営の意思決定機関である取締役会において、社外取締役4名及び社外監査役2名が出席しており、
   外部からの監視及び監督機能となっております。また、監査役は社内においては内部監査室と連携を図り、外部
   においては会計監査人との連携を図っており、監査体制は適正に保たれていると考えております。そして、内部
   監査室は内部監査を実施し、内部統制システムが有効に機能しているかを定期的に検証しており、その改善に努
   めております。以上より、業務執行及び経営の監督が有効かつ効率的に機能するとの認識のもと現在の企業統治
   の体制を採用しております。
    また、当社は、会社の意思決定の透明性や公平性を確保しガバナンスの強化を図るため、取締役会の諮問機関
   として、任意の指名・報酬委員会を設置しております。         指名・報酬委員会は、常勤取締役1名氏       及び独立社外取
   締役2名で構成され、その構成員は、代表取締役社長畑彰之介氏、独立社外取締役加藤智治氏、同宮島和美氏で
   あり、代表取締役社長畑彰之介氏が議長を務めております。          取締役候補者の選任に関する基準・方法を審議・提
   案するほか、候補者選任案を審議し、その審議結果を取締役会に報告いたします。その審議結果を踏まえ、取締
   役会にて個々の候補者の実績ならびに役員としての資質について審議のうえ、決定いたします。監査役の選任に
   あたっては、取締役の職務執行の監査を的確かつ公正に遂行することができる知識、能力及び経験を有している
   こと等を踏まえ、監査役会の同意を得たうえで、取締役会が審議し、候補者の選任・指名を行っております。
    2020年6月18日現在における当社の業務執行・経営監視・内部統制の仕組みは、以下のとおりであります。
             36/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ③ 企業統治に関するその他の事項








   ○ 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
     当社の内部統制システムにつきましては、経営の有効性と効率性の向上、財務報告の信頼性の確保、諸法規
    等の遵守のため、職務分掌及び内部牽制の考え方を基礎に、業務特性やリスクに応じた各種の統制活動を実施
    しております。また、これらの内容を諸規程として定め、その徹底を図っております。
     諸法規等へのコンプライアンスに関しては、法務部が動向を把握し、また、顧問弁護士等の外部専門家との
    適切なコミュニケーションにより、その確保に努めております。
   ○ リスク管理体制の整備の状況

     当社のリスク管理体制は、情報セキュリティに重点を置き、当該セキュリティを確保するためのルールの整
    備・運用を推進しております。また、個人情報保護法等の法令の遵守に向けて、情報資産を適切に取り扱うこ
    とに努めております。具体的には、社員への情報セキュリティ教育、提供する製品やサービスへの情報セキュ
    リティ対策の組込等を推進している他、外部の有識者を含む情報セキュリティ委員会を開催し、情報セキュリ
    ティ対策について評価・提言がなされております。
   ○ 責任限定契約の内容の概要

     当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役4名、非常勤監査役1名及び社外監査役2名との間に
    おいて、同法第423条第1項の損害賠償責任について、職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないとき
    は、取締役会の決議によって、法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる契約を締結
    しております。
   ○ 取締役の定数

     当社の取締役は11名以内とする旨を定款で定めております。
   ○ 取締役の選任及び解任の決議要件

     当社は、取締役の選任及び解任の決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
    上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款で
    定めております。
             37/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ○ 取締役会で決議することのできる株主総会決議事項
    イ.取締役及び監査役の責任免除
     当社は、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できることを目的として、会社法第426条第1
    項の規定により、取締役会の決議をもって、同法第423条第1項に該当する取締役(取締役であった者を含
    む)、監査役(監査役であった者を含む)の損害賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を
    定款に定めております。
    ロ.自己株式の取得

     当社は、自己の株式の取得について、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするた
    め、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得す
    ることができる旨を定款で定めております。
    ハ.中間配当

     当社は、株主への機動的な利益還元を行うことを目的として、会社法第454条第5項の規定により、取締
    役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
   ○  株主総会の特別決議要件

     当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議
    は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の
    2以上をもって行う旨を定款に定めております。
   ○ 提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

    イ. 当社は、グループ各社に役職員等を派遣し、当社の役職員等がグループ各社の取締役等に就くことによ
    り、当社がグループ各社の業務の適正を監視し、また職務執行の効率性に関する課題を把握して改善でき
    る体制を確立しております。また、グループ各社の事業に関して責任を負う取締役を任命し、法令遵守体
    制、リスク管理体制を構築する権限と責任を与え、当社のグループ各社の管理を担当する部門はこれらを
    横断的に推進し、管理しております。当社は、グループ各社の経営については、その自主性を尊重しつ
    つ、グループ各社から事業内容の定期的な報告を受け、またグループ各社の重要案件について事前協議を
    行っております。
    ロ. 当社の内部監査室が定期的にグループ各社の内部監査を実施し、監査の結果を当社の代表取締役社長及

    び監査役に報告する体制を確立しております。
    ハ. 当社は、グループ各社において法令及び社内規程に違反またはその懸念がある事象が発生あるいは発覚

    した場合、速やかに当社のグループ各社の管理を担当する部門に報告する体制を確立しております。当社
    は、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できることを目的として、会社法第426条第1項の
    規定により、取締役会の決議をもって、同法第423条第1項に該当する取締役(取締役であった者を含
    む)、監査役(監査役であった者を含む)の損害賠償責任を法令の限度において免除することができる旨
    を定款に定めております。
             38/125







                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (2)【役員の状況】
   ① 役員一覧
   男性 11名 女性  2名(役員のうち女性の比率     15.4 %)
                    所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴     任期
                    (株)
          1995年8月  ㈱デジタルガレージ設立    代表取締役
          2002年7月  当社代表取締役会長
          2003年6月  当社取締役会長(現任)
          2015年10月  econtext ASIA Limited Director President
            and Chairman(現任)
          2016年9月  ㈱BI.Garage代表取締役会長兼CEO(現任)
     林  郁
  取締役会長     1959年12月26日  生         (注)1  156,800
          2016年9月  ㈱デジタルガレージ代表取締役兼社長執行役員
            グループCEO(現任)
          2017年5月  ㈱DGインキュベーション(現㈱DGベンチャー
            ズ)代表取締役会長兼社長(現任)
          2018年8月  ㈱DGコミュニケーションズ代表取締役会長
            (現任)
          1999年4月  日本たばこ産業㈱入社
          2001年12月  当社入社
          2003年4月  当社営業部長
          2005年7月  当社執行役員第三事業部長
          2006年6月  当社取締役プロダクト本部長
          2007年4月  ㈱エイガ・ドット・コム取締役(現任)
          2009年4月  当社取締役営業本部長
  代表取締役社長
          2010年4月  当社取締役事業推進本部長
     畑彰之介
       1974年1月10日  生         (注)1  15,500
   執行役員
          2014年4月  当社取締役事業開発部長
          2015年4月  当社取締役
          2016年6月  当社代表取締役社長
          2017年6月  ㈱タイムデザイン取締役(現任)
          2018年1月  ㈱LCL取締役(現任)
          2018年3月  ㈱ガイエ取締役(現任)
          2019年7月
            当社代表取締役社長執行役員(現任)
          1998年5月  アンダーセンコンサルティング㈱(現     アクセ
            ンチュア㈱)入社
          2002年10月  ㈱アロウズコンサルティング(現     EYアドバイ
            ザリー・アンド・コンサルティング㈱)入社
          2004年10月  当社入社
          2006年5月  当社事業開発部CGM推進室長
          2008年5月  当社事業開発本部副本部長
   取締役
          2009年4月  当社執行役員食べログ本部長
     村上 敦浩
       1975年1月9日  生         (注)1  6,500
   執行役員
          2011年6月  当社上席執行役員食べログ本部長
          2012年6月  当社取締役食べログ本部長兼新規事業部長
          2013年4月  当社取締役新規事業準備室長
          2014年8月
            弁護士ドットコム㈱社外取締役(現任)
          2015年4月  当社取締役
          2016年6月
            フォートラベル㈱取締役(現任)
          2019年7月
            当社取締役執行役員(現任)
          1999年4月  伊藤忠テクノサイエンス㈱(現     伊藤忠テクノ
            ソリューションズ㈱)入社
          2004年3月  当社入社
          2005年7月  当社第一事業部部長
          2006年5月  当社執行役員ブランドマーケティング部長
          2008年6月  当社上席執行役員プロダクト本部ショッピング
   取締役
     結城 晋吾
       1975年5月13日  生         (注)1  30,300
            メディア部長
   執行役員
          2010年6月  当社取締役価格.com本部ショッピングメディア
            部長
          2013年4月  当社取締役
          2017年6月  ㈱カカクコム・インシュアランス代表取締役社
            長(現任)
          2019年7月
            当社取締役執行役員(現任)
             39/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
                    所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴     任期
                    (株)
          2002年4月  アクセンチュア㈱入社
          2005年1月  ㈱グランドール(現   ㈱グランドールインター
            ナショナル)入社
          2008年8月  ㈱セドナ入社
          2010年10月  当社入社
          2013年4月  当社食べログ本部オンライン予約事業部長
   取締役
          2014年4月  当社食べログ本部飲食店事業部長
   執行役員
          2015年4月  当社執行役員メディア企画本部長兼メディア
     宮崎 加奈子
       1979年11月9日  生         (注)1  4,300
            企画本部価格.com事業部長
  ショッピング事業
          2016年4月  当社執行役員メディア企画本部長
   本部長
          2017年4月  当社執行役員価格.com本部長
          2019年6月
            ㈱webCG取締役(現任)
          2019年6月  当社取締役価格.com本部長
          2019年7月  当社取締役執行役員価格.com本部長
          2020年4月  当社取締役執行役員ショッピング事業本部長
            (現任)
          1999年4月  ドイチェ証券(現   ドイツ銀行)入社
          2000年4月  マッキンゼー・アンド・カンパニー入社
          2004年4月  フィールズ㈱入社
          2007年12月  ユニゾン・キャピタル㈱入社
            ㈱あきんどスシロー出向    社長室長
          2008年12月  ㈱あきんどスシロー専務取締役
          2012年10月  同社取締役COO
     加藤 智治
   取締役     1974年9月8日  生         (注)1   -
          2014年3月  ㈱ターン・アラウンド・マネジメント設立
            代表取締役社長
          2015年6月  ゼビオ㈱入社
          2015年10月
            同社代表取締役社長(現任)
          2015年10月  ゼビオホールディングス㈱副社長執行役員
            (現任)
          2017年2月  ㈱テクノシステム社外取締役(現任)
          2017年6月  当社社外取締役(現任)
          1973年4月  ㈱ダイエー入社
          1995年5月  同社取締役社長室長
          1996年2月  同社取締役秘書室兼広報室長
          1999年5月  同社常務執行役員秘書室長
          2001年1月  ㈱ファンケル入社
          2001年6月  同社取締役社長室長
          2003年4月  同社常務取締役社長室担当兼社長室長
          2004年6月  同社取締役常務執行役員社長室担当兼社長室長
     宮島 和美
   取締役     1950年1月28日  生         (注)1   -
          2007年3月  同社代表取締役社長執行役員
          2008年6月  同社代表取締役会長執行役員
          2013年4月  同社代表取締役社長執行役員
          2017年4月  同社取締役副会長執行役員
          2017年6月
            さがみ信用金庫理事(非常勤・現任)
          2019年6月
            当社社外取締役(現任)
          2020年1月  ㈱ファンケル相談役(現任)
          1978年4月  三井物産㈱入社
          2004年4月  同社経営企画部長
          2008年4月  同社執行役員金属資源本部長
          2010年4月  同社常務執行役員金属資源本部長
          2011年4月  同社常務執行役員CIO兼CPO
          2011年6月
            同社代表取締役常務執行役員CIO兼CPO
   取締役  木下 雅之  1954年4月11日  生         (注)1   -
          2012年4月
            同社代表取締役専務執行役員CIO兼CPO
          2014年4月
            同社代表取締役副社長執行役員CIO兼CPO
          2016年4月  同社取締役
          2016年6月  同社顧問
          2016年6月  NSユナイテッド海運㈱社外取締役(現任)
          2020年6月  当社社外取締役(現任)
             40/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
                    所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴     任期
                    (株)
          1992年4月  第二電電㈱(現  KDDI㈱)入社
          2013年4月  KDDI㈱コンシューマ事業本部コンシューマ
            事業企画本部コンシューママーケティング2部
            長
          2018年4月  同社コンシューマ事業本部コンシューマ事業企
            画部副本部長
          2018年6月  KDDIフィナンシャルサービス㈱取締役
          2018年6月  ㈱じぶん銀行取締役
          2019年4月  KDDI㈱理事  ライフデザイン事業本部新規
            ビジネス推進本部長兼コンシューマ事業企画本
   取締役  多田 一国  1968年1月26日  生         (注)1   -
            部副本部長
          2019年10月  同社理事 パーソナル事業本部ビジネス開発本
            部長兼コンシューマ事業企画本部副本部長
          2019年10月  auフィナンシャルホールディングス㈱取締役
            (現任)
          2020年3月  ㈱ロイヤリティ  マーケティング取締役副社長
            (現任)
          2020年4月  KDDI㈱  執行役員 パーソナル事業本部サー
            ビス統括本部長兼通信とライフデザインの融合
            部長(現任)
          2020年6月  当社社外取締役(現任)
          1987年4月  JUKI㈱入社
          1996年2月
            ㈱コーエー(現  ㈱コーエーテクモゲームス)
            入社
          1999年1月  ㈱コーエーネット(現   ㈱コーエーテクモネッ
            ト)入社
          2002年9月  当社入社
          2002年11月  当社経理総務部長
     平井 裕文
  常勤監査役     1964年9月25日  生         (注)2   -
          2005年7月  当社執行役員管理本部長
          2010年5月  ㈱カカクコム・インシュアランス監査役
          2011年6月  当社専務執行役員管理本部長
          2014年4月  フォートラベル㈱取締役
          2018年7月  ㈱LCL取締役
          2019年6月
            同社監査役(現任)
          2019年6月
            当社常勤監査役(現任)
          1973年4月  ㈱ダイエー入社
          1995年3月  ㈱ローソン入社
          2000年11月  ㈱アイ・コンビニエンス代表取締役社長
          2004年7月  ぴあ㈱入社執行役員
          2006年7月  同社取締役執行役員
          2009年7月  ㈱デジタルガレージ入社上席執行役員
     前野  寛
   監査役     1949年2月22日  生
                   (注)2  3,600
          2010年7月  当社入社管理本部副本部長
          2011年6月  ㈱エイガ・ドット・コム監査役
          2011年6月  当社常勤監査役
          2018年3月  ㈱ガイエ監査役
          2019年6月
            当社監査役(非常勤・現任)
          1993年4月  ㈱東洋情報システム入社
          2002年10月  新日本監査法人KPMG部門(現有限責任あずさ監
            査法人)入所
          2006年4月  公認会計士登録
          2006年7月  アセット・インベスターズ㈱入社
          2007年11月  同社経営企画部長
          2008年3月  ㈱エムケーキャピタルマネジメント入社
            同社執行役員
     松橋 香里
   監査役     1969年6月7日  生         (注)3   -
          2009年5月  ルミナス・コンサルティング㈱設立     代表取締
            役(現任)
          2009年5月  松橋香里公認会計士事務所開業(現任)
          2014年1月
            NTSホールディングス㈱社外監査役(現任)
          2014年6月
            Spiber㈱社外取締役(現任)
          2017年6月
            当社社外監査役(現任)
          2019年5月  ㈱セブン&アイ・ホールディングス社外監査役
            (現任)
             41/125


                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
                    所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴     任期
                    (株)
          1977年4月  検事任官
          2010年6月  高松高等検察庁検事長
          2010年12月  広島高等検察庁検事長
          2011年9月  防衛省防衛監察官
          2015年4月  弁護士登録
            フレイ法律事務所入所(現任)
     梶木  壽
   監査役     1948年9月23日  生         (注)4   -
          2015年6月  株式会社みずほフィナンシャルグループ
            業務監査委員会特別委員
          2015年9月
            社団法人投資顧問業協会規律委員長(現任)
          2016年4月  最高裁判所行政不服審査委員会委員(現任)
          2016年6月  前田道路㈱社外取締役(現任)
          2018年6月  当社社外監査役(現任)
           計          217,000
  (注)1.2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時まで。

   2.2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時まで。
   3.2017年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時まで。
   4.2018年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時まで。
   5. 取締役の  加藤智治、宮島和美、木下雅之及び多田一国        は社外取締役であります。
   6. 監査役の松橋香里及び梶木壽は社外監査役であります。
             42/125














                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ② 社外役員の状況
    当社は社外取締役候補者の選定に当たり、経営の監督機能を遂行するため、当社からの独立性の確保を重視し
   ています、また、多様なステークホルダーの視点を事業活動の監督に取り入れる観点から、その出身分野・性別
   等の多様性に留意しています。
    当社の社外取締役は4名、社外監査役は2名であります。
    社外取締役  加藤智治氏は、多様な業種における豊富な経験と経営者として培われた幅広い見識を持っており
   ます。同氏はゼビオ㈱の代表取締役社長であり、同社と当社との間には価格.com事業に関する取引関係がありま
   すが、同社との取引実績は当社の当期連結決算における売上高の0.1%未満と僅少であり、重要な取引関係ではあ
   りません。また、同氏は、ゼビオホールディングス㈱の副社長執行役員及び㈱テクノシステムの社外取締役であ
   りますが、両社と当社との間には、特記すべき関係はありません。
    社外取締役  宮島和美氏は、広報、秘書、IR部門の要職や、㈱ファンケルの代表取締役を10年間にわたり務め
   ており、コーポレートコミュニケーションにおける豊富な知見と経営者として培われた幅広い見識を有してお
   ります。同氏は㈱ファンケルの相談役であり、同社と当社との間には取引関係がありますが、同社との取引実
   績は 当社の当期連結決算における売上高の0.1%未満と僅少であり          、重要な取引関係ではありません。また、同
   氏はさがみ信用金庫の理事(非常勤)であります。同社と当社との間には、特記すべき関係はありません。
    社外取締役  木下雅之氏は、国際ビジネスの経験や総合商社のCIO及びCPOとしての豊富な知見と経営者として
   培われた幅広い見識を有しております。同氏はNSユナイテッド海運㈱の社外取締役であります。同社と当社と
   の間には、特記すべき関係はありません。
    社外取締役  多田一国氏は、KDDI㈱の執行役員であり、事業企画部門をはじめ、同社の中核事業の要職や
   従事した豊富な経験と幅広い見識を有しております。同社は当社の大株主であるとともに、当社のその他の関
   係会社であり、同社は当社との間で、業務提携に関する基本契約を締結しております。また、同氏は、auフィ
   ナンシャルホールディングス㈱の取締役及び㈱ロイヤリティ          マーケティングの取締役副社長でありますが、両
   社と当社との間には、特記すべき関係はありません。
    社外監査役  松橋香里氏は、公認会計士としての専門知識や複数の要職で培われた幅広い見識を有しておりま
   す。同氏はルミナス・コンサルティング㈱の代表取締役であり、また、            Spiber㈱の社外取締役、NTSホール
   ディングス㈱、㈱セブン&アイ・ホールディングス         の社外監査役であります。各社と当社との間には、特記す
   べき関係はありません。
    社外監査役  梶木壽氏は、弁護士としての専門知識や複数の要職で培われた幅広い見識を有しております。同
   氏は前田道路  ㈱の社外取締役でありますが、同社と当社との間には、特記すべき関係はありません。
    当社は、社外取締役及び社外監査役の選任に当たり、会社法上の社外取締役及び社外監査役の要件に加え、
   会社や取締役との関係等を勘案して独立性に問題のないこと、経営の監督機能発揮に必要な出身分野における
   実績と見解を有していること等を確認しております。なお、当社は社外取締役加藤智治氏、宮島和美氏、木下
   雅之氏、社外監査役松橋香里氏及び梶木壽氏を、㈱東京証券取引所に独立役員として届け出ております。
   ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに

    内部統制部門との関係
    社外取締役及び社外監査役へは、取締役会資料を事前に送付し、必要に応じて各部門から事前説明や協議等
   を実施しております。また、社外監査役による監査と内部監査、社内監査役との関係は、監査役会での定期報
   告や意見交換、社内監査役と内部監査室との定期的なミーティングの実施及び当該内容の社外監査役への共有
   等、適宜連携を図っております。また、内部監査室は監査計画及び監査結果について、取締役会において定期
   的に報告し、社外取締役との意見交換を行い、連携を図っております。
             43/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (3)【監査の状況】
   ① 監査役監査の状況
    監査役監査につきましては、社内監査役である平井裕文氏、前野寛氏、及び社外監査役である松橋香里氏及
   び梶木壽氏の4名において、年次の監査計画に基づき実施しております。平井裕文氏は、当社入社以来管理部
   門の要職を歴任し、経営管理に関する豊富な経験と知見を有しており、当社子会社の取締役や監査役を務めた
   ことにより当社グループ全体にも精通しております。前野寛氏は、長年にわたり上場企業の要職を歴任した
   後、当社常勤監査役に就任以降当社および当社子会社の客観的に適切な監査を行っており、当社グループ全体
   にも精通しております。社外監査役である松橋香里氏は公認会計士の資格を有し財務及び会計に関する相当程
   度の知見を有しております。同じく社外監査役である梶木壽氏は弁護士の資格を有し法律等に関する相当程度
   の知見を有しております。
    なお、監査役が要請を行った時は、必要に応じて、監査役の業務補助のために監査役専任スタッフをおくこ
   ととしております。また、各監査役は、代表取締役社長・内部監査室・法務部・財務経理部・情報セキュリ
   ティ室、グループ会社社長及び会計監査人から定期的に報告を受けるとともに、情報交換や意見交換を行い、
   監査の実効性及び効率性の向上を図っております。
    監査役会における当事業年度の重点監査項目は以下のとおりです。

    イ.内部統制システムの監視、検証
    ロ.情報セキュリティ体制の構築・運用状況
    ハ.子会社の経営状況、グループ内部統制システムの監視、検証
    ニ.子会社管理・支援の取り組み体制の確認
    監査役会は、主に以下の監査方法を通じて、会計監査人、内部監査室、法務部及び情報セキュリティ室と定

   期的に連携し、効率的な監査に努めます。
    イ.重要な会議への出席
    ロ.取締役及び部門責任者からの業務運営の実態のヒアリング
    ハ.稟議書、契約書等、重要な決済事項の閲覧、ヒアリング
    ニ.財産状態の確認
    ホ.子会社社長から業務運営実態のヒアリング、営業、財産状態の確認
    ヘ.経理、会計処理の妥当性の監査、及び会計監査人との連携により問題点を検証
    ト.取締役等の行為(競業取引、自己取引、利益相反取引)について報告を求める他、その取引状況について
    の調査
    当事業年度において当社は監査役会を計7回開催しており、個々の監査役の出席状況については以下のとお

   りです。
    区分      氏名      監査役会出席状況
   常勤監査役      平 井 裕 文       全7回中7回

   監 査 役      前 野  寛       全7回中7回

   社外監査役      松 橋 香 里       全7回中7回

   社外監査役      梶 木 壽       全7回中7回

   ② 内部監査の状況

    内部監査につきましては、内部監査機能の充実を図るため、社長直属の組織として内部監査室(室長を含め
   て9名体制)が運営しております。リスク防止等の内部監査機能を担っており、業務全般にわたる内部監査を
   実施するとともに、必要に応じて適宜改善を図り、その結果を取締役会及び各監査役へ報告しております。
             44/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ③ 会計監査の状況
    イ.監査法人の名称
    有限責任監査法人トーマツ
    ロ.継続監査期間
    19年間
    ハ.業務を執行した公認会計士
    指定有限責任社員 業務執行社員:淡島國和、大辻隼人
    ニ.会計監査業務に係る補助者の構成
    公認会計士7名、その他11名
    ホ.監査法人の選定方針と理由
     当社は、会計監査人の選定にあたり、品質管理体制、独立性、監査の実施体制、監査報酬等を考慮する
    こととしています。
     また、  当社は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目のいずれかに該当し、解任が相当と
    認められる場合には、監査役全員の同意に基づき、監査役会が会計監査人を解任いたします。監査役会
    は、会計監査人の継続監査年数等を勘案し、株主総会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する
    議案の内容の決定を行います。
    ヘ.監査役及び監査役会による監査法人の評価
     当社は、会計監査人の評価にあたり、品質管理、監査チームの構成及び適正、監査報酬等、当社とのコ
    ミュニケーション及び不正リスク等の各評価項目を設定し、監査対応部門である財務経理部より各評価項
    目の実施状況についての報告を受けるとともに、監査の適正性及び妥当性を監査役会で審議し、評価を
    行っております。
    ト.監査法人の異動
    該当事項はありません。
   ④  監査報酬の内容等

    イ.監査公認会計士等に対する報酬の内容
         前連結会計年度        当連結会計年度
    区分
       監査証明業務に基づ    非監査業務に基づく    監査証明業務に基づ    非監査業務に基づく
       く報酬(百万円)    報酬(百万円)    く報酬(百万円)    報酬(百万円)
          46    -    45    -
  提出会社
          -    -    -    -

  連結子会社
          46    -    45    -

    計
    ロ.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬
    (前連結会計年度)
    該当事項はありません。
    (当連結会計年度)
    該当事項はありません。
    ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
    (前連結会計年度)
    該当事項はありません。
    (当連結会計年度)
    該当事項はありません。
    ニ.監査報酬の決定方針
     当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、当社監査役会による同意の上、当社の規模及
    び事業の特性、監査日数等を勘案し、適切に決定しております。
    ホ.監査役会が会計監査人の報酬等について同意した理由
     監査役会は、会計監査人の計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切で
    あるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、相当であるものと判断し、会計監査人の報酬等につい
    て同意の判断をいたしました。
             45/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (4)【役員の報酬等】
    ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
     当社は、持続的な成長に向けた中長期のインセンティブを含む新たな報酬制度を2016年度より実施して
    おり、報酬制度の具体的な内容・運用については以下のとおりであります。
     取締役に係る役員報酬は、基本報酬に加えて、1年任期との整合から年間の業績に連動して支給する賞
    与と、中長期インセンティブとして付与するストックオプション報酬で構成しており、その構成比率は、
    7:1:2を目安としております。ただし、非業務執行取締役、社外取締役及び監査役は、自らは業務執
    行を行わず、業務執行取締役の業務執行を監督・監査するというその職責に鑑み、基本報酬のみとしてお
    ります。
     取締役の個別報酬の決定につきましては、指名・報酬委員会での審議を経て、代表取締役社長に再一任
    することを取締役会において決議しております。また、監査役の個別報酬は、監査役会での協議を経て決
    定しております。当事業年度におきましても、かかる過程を経て報酬を決定いたしました。
     なお、当社は、取締役の使用人兼務部分に対する報酬を支給しておりません。
    イ.指名・報酬委員会の役割、構成及び活動内容
     指名・報酬委員会は、取締役会の諮問機関として、役員報酬制度や報酬制度の構築や設計に関する審
     議、評価結果、個別報酬及び業績連動報酬の妥当性に関する審議を行っており、当事業年度の指名・報
     酬委員会の構成は、以下のとおりであります。
     委員4名(社外・独立3、社内1)
     委員長(社内)  代表取締役社長畑彰之介氏
     委員(社外・独立)早川吉春氏、加藤智治氏、宮島和美氏
     なお、当事業年度の役員報酬については、2019年5月16日開催の指名・報酬委員会において、評価結
     果及び報酬額について審議いたしました。
    ロ.基本報酬
     当社の取締役の基本報酬等の額は、2017年6月21日開催の第20回定時株主総会において、一事業年度
     当たり360百万円以内と決議しております(なお、第20回定時株主総会終結時における取締役は11名で
     す。)。また、当社の監査役の報酬等の額は、2000年5月26日開催の臨時株主総会において、月額10百
     万円以内  と決議しております(なお、上記臨時株主総会終結時における監査役は1名です。)。
     基本報酬は、役位及び各取締役の責任や期待する役割に応じた定額制といたします。
     取締役の基本報酬につきましては、役位及びグレードに応じて「役員報酬規程」に定める範囲内にお
     いて、指名・報酬委員会における審議を経て、報酬額を決定しております。
     また、 監査役は基本報酬のみとし、監査役会での協議を経て決定しております。
    ハ. 賞与
     役員賞与は、当社の業績を反映する指標の一つとして当期連結税引前利益(役員賞与控除前)を採用
     し、その一定割合を支給総額といたします。        役員賞与の総額は、連結会計年度ごとに、当該連結会計年
     度の連結税引前利益実績に一定の掛け率を乗じて算出するものとし、その上限は1億円とすること、算
     定に用いる掛け率は0.15%を原則といたしますが、指名・報酬委員会で審議の上、取締役会で掛け率を
     変更することができること、また、算定対象となる連結税引前利益実績については、原則として役員賞
     与控除前の連結税引前利益を用いますが、経営環境や業績に応じて、指名・報酬委員会で審議の上、取
     締役会で連結税引前利益実績を減額調整できるものとすることを、「役員報酬規程」において定めてお
     り、各人への賞与支給額は、役員賞与総額を役位、グレードに応じたポイントで按分した額といたしま
     す。したがいまして、このように多角的な基準を採用していることから、当該役員賞与につき具体的な
     指標の目標は定めておりません。
     なお、役員賞与は、上記ロ.の基本報酬と同様の報酬決議で定められた報酬限度額の中で支給してお
     ります。
    ニ. ストックオプション報酬
     役位及び各取締役の責任や期待する役割を基準として、役員に対する中長期にかかる業績連動報酬と
     して、次の(イ)および(ロ)に記載するストックオプションを用いております。
     (イ) 税制適格ストックオプション
     当社は、権利行使価格が原則として割当日の属する月の前月の各日の当社普通株式の普通取引の終
     値の平均値に1を乗じた金額となる、いわゆる税制適格ストックオプションを、社外取締役を除く取
     締役に対する職務執行の対価として導入しております。
     こちらにつきましては、2012年6月26日開催の第15回定時株主総会において、基本報酬、業績連動
     賞与の報酬額とは別枠で年額250百万円以内と決議しております(なお、第15回定時株主総会終結時
     における取締役(社外取締役を除く)は8名です。)。その詳細は、「第4             提出会社の状況   1株式
     等の状況  (2)新株予約権の状況    ①ストックオプション制度の内容」の第9回新株予約権の内容をご
     参照ください。
             46/125


                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
     (ロ) 株式報酬ストックオプション
     当社は、権利行使価格が1円(本人が支払う額が1株に対して1円)となる株式報酬型ストックオ
     プションを、社外取締役を除く取締役に対する報酬として導入しております。その割当数は、単年度
     の業績評価に基づいて決定されたストックオプション現金相当額に割当時の株式公正価値を適用して
     定められており、ストックオプションの基準額は、次の算式により算出しております。
     支給基準期間の初日における各取締役の基本報酬 × 2/7
     こちらにつきましては、2016年6月23日開催の第19回定時株主総会において、取締役(社外取締役
     を除く)に対する報酬議案として、基本報酬、業績連動賞与及び上記の(イ)税制適格ストックオプ
     ション報酬とは   別枠で、年額250百万円以内と決議しております(なお、第19回定時株主総会終結時
     における取締役(社外取締役を除く)は7名です。)。その詳細は、「第4             提出会社の状況   1株式
     等の状況  (2)新株予約権の状況    ①ストックオプション制度の内容」の第8回新株予約権、第10回新
     株予約権、第11回新株予約権及び第13回新株予約権の内容をご参照ください。
    ② 役員  区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

           報酬等の種類別の総額(百万円)
                    対象となる
       報酬の総額
                    役員の員数
   役員区分
            ストック
       (百万円)
         基本報酬      賞与  退職慰労金
                    (人)
            オプション
   取締役
        307   212   58   37   -   6
  (社外取締役を除く)
   監査役
        34   34   -   -   -   2
  (社外監査役を除く)
        45   45   -   -   -   7

  社外役員
  (注)1.上記には、2019年6月18日開催の第22回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役2名(うち社外取締

    役1名)の在任中の報酬等の額が含まれております。
   2.取締役(社外取締役を除く)1名及び社外取締役1名は、無報酬であります。
   3.上記のうちストックオプションは、取締役(社外取締役を除く)7名に付与したストックオプション(第8
    回新株予約権、第9回新株予約権、第10回新株予約権及び第11回新株予約権及び第13回新株予約権)にかか
    る費用のうち、当事業年度に費用計上した額を記載しております。
    ③ 報酬等の総額が1億円以上である取締役の報酬等の額

              報酬等の種類別の総額(百万円)
         報酬の総額
   氏名   役員区分
               ストック
         (百万円)
            基本報酬      賞与  退職慰労金
              オプション
           109           -

  畑 彰之介   代表取締役社長        75   22   12
             47/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (5)【株式の保有状況】
    ① 保有目的が純投資目的以外の目的の投資株式
    イ.投資株式の区分の基準及び考え方
     当社は、株式の価値の変動または株式の配当によって利益を受けることを目的とする場合を純投資と位
    置付けております。
    ロ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検

    証の内容
     当社は、実効的なコーポレート・ガバナンスを実現し、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業
    価値の向上に資するため、業務提携の強化など経営戦略の一環として、必要と判断する企業の株式を保有
    することがあります。取締役会において、政策保有株式の保有や縮減の判断を行うにあたり、リターンと
    リスクを踏まえた中長期的な観点から検証を行い、保有の目的や合理性を確認しております。この検証の
    結果、下記の主要な政策保有株式につきましては、保有意義があると判断しております。
     当社は、政策保有株式に係る議決権行使について、投資先企業の中長期的な企業価値の向上や株主価値
    向上の観点から議案ごとに確認を行い、必要に応じて対話を行うことで賛否の判断をしております。
    ハ.銘柄数及び貸借対照表計上額

       銘柄数  貸借対照表計上額の
       (銘柄)   合計額(百万円)
        2     121

  非上場株式
        1     291
  非上場株式以外の株式
  (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

       銘柄数  株式数の増加に係る取得
                株式数の増加の理由
       (銘柄)  価額の合計額(百万円)
        -     - -

  非上場株式
        -     - -
  非上場株式以外の株式
  (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

       銘柄数  株式数の減少に係る売却
       (銘柄)  価額の合計額(百万円)
        1     0

  非上場株式
        1     2
  非上場株式以外の株式
    ニ.特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

      当事業年度   前事業年度
      株式数(株)   株式数(株)   保有目的、定量的な保有効果(注)
                   当社の株式の
   銘柄
                    保有の有無
             及び株式数が増加した理由
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
      (百万円)   (百万円)
        -   300

                    -
  ㈱弁護士ドットコム           情報収集のため
        -    1
       274,950   274,950

  ㈱ゼンリン           取引関係強化のため        有
        291   674
  (注)各銘柄の定量的な保有効果の記載は困難ですが、当社では、毎年保有意義の再確認や保有に伴う便益やリスクが資
   本コストに見合っているか等の具体的な精査を行うことにより、保有の適否を検証し、必要な対応を実施していま
   す。
             48/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
    ② 保有目的が純投資目的の投資株式
     該当事項はありません。
    ③ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更した投資株式

     該当事項はありません。
    ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更した投資株式

     該当事項はありません。
             49/125


















                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  第5【経理の状況】
  1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
  (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
   以下、「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準(以下、「IFRS」という。)に準拠し
   て作成しております。
    なお、連結財務諸表等の金額については、特段の記載がある場合を除き百万円未満を四捨五入して表示しており
   ます。
  (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

   「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    なお、財務諸表等の金額については、百万円未満を切り捨てて表示しております。
    また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
   ます。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日
  まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
  法人トーマツによる監査を受けております。
  3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

  正に作成することができる体制の整備について
   当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
  することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりです。
  (1)会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公
   益財団法人財務会計基準機構に加入し、同機構及び監査法人等が主催するセミナー等に参加する等を行っておりま
   す。
  (2)IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把

   握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会社方
   針及び会計指針を作成し、それらに基づいて会計処理を行っております。
             50/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  1【連結財務諸表等】
  (1)【連結財務諸表】
   ①【連結財政状態計算書】
                   (単位:百万円)
              前連結会計年度     当連結会計年度
            注記
             (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  資産

  流動資産

            8    26,422     29,504

   現金及び現金同等物
            9,31     8,676     8,394

   営業債権及びその他の債権
            10,31     29     76

   その他の金融資産
            11    1,502     1,141
   その他の流動資産
                36,629     39,115

   流動資産合計
  非流動資産

            12    1,384     2,489
   有形固定資産
            32     -    7,947

   使用権資産
            13    7,095     7,057

   のれん及び無形資産
            15    2,555     2,536

   持分法で会計処理されている投資
            10,14
                3,229     3,407
   その他の金融資産
            31
            27     304     722
   繰延税金資産
            11     46     45
   その他の非流動資産
                14,613     24,201

   非流動資産合計
                51,242     63,317

  資産合計
             51/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)

              前連結会計年度     当連結会計年度
            注記
             (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  負債

  流動負債

            18,31     2,446     2,719

   営業債務及びその他の債務
            28,31     339     443

   社債及び借入金
            19     221     186

   その他の金融負債
                4,082     4,619

   未払法人所得税
            28,31
                 -    1,514
   リース負債
            32
            16    1,296     1,493
   従業員給付に係る負債
            20    1,419     1,903
   その他の流動負債
                9,802    12,877

   流動負債合計
  非流動負債

            28,31     139     124
   社債及び借入金
            21     178     474

   引当金
            28,31
                 -    6,293
   リース負債
            32
            20     182     246
   その他の非流動負債
                 499    7,137

   非流動負債合計
                10,301     20,014

  負債合計
  資本

            22     916     916
   資本金
            22     464     464

   資本剰余金
            22    40,490     43,515

   利益剰余金
            22    △1,750    △2,196

   自己株式
            22     419     210
   その他の資本の構成要素
                40,538     42,909

   親会社の所有者に帰属する持分合計
                 403     394

  非支配持分
                40,941     43,303

  資本合計
                51,242     63,317

  負債及び資本合計
             52/125






                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
   【連結損益計算書】
                   (単位:百万円)
               前連結会計年度      当連結会計年度
             (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            注記
              至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
            6,24    54,832     60,978

   売上収益
            6,12
            13,16
            17,25    29,789     33,698
   営業費用
            31,32
            33
                 26     32
   その他の収益
                 0    94
   その他の費用
            6    25,070     27,217

   営業利益
            26     15     26

   金融収益
            26     7    228
   金融費用
            15    △238    △396
   持分法による投資損益
                24,839     26,619

   税引前利益
            27    8,097     8,280
   法人所得税費用
                16,742     18,338

   当期利益
  当期利益の帰属

                16,697     18,348

   親会社の所有者
                 45    △10
   非支配持分
  1株当たり当期利益

   基本的1株当たり当期利益(円)         29    79.70     88.25

   希薄化後1株当たり当期利益(円)         29    79.66     88.20

             53/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   【連結包括利益計算書】
                   (単位:百万円)
               前連結会計年度      当連結会計年度
            注記 (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
                16,742     18,338

  当期利益
  その他の包括利益(税効果控除後)
  純損益に振り替えられることのない項目

   その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融
            30     39    △293
   資産の公正価値の純変動
                 39    △293

  純損益に振り替えられることのない項目合計
  純損益に振り替えられる可能性のある項目

            30     △1    △10
   在外営業活動体の換算差額
   持分法適用会社におけるその他の包括利益に
            15,30     △1    △7
   対する持分
                 △1    △17

  純損益に振り替えられる可能性のある項目合計
   その他の包括利益(税効果控除後)              37    △310

                16,779     18,029

  当期包括利益
  当期包括利益の帰属

                16,734     18,038
   親会社の所有者
                 45    △9
   非支配持分
             54/125











                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ③【連結持分変動計算書】
   前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                   (単位:百万円)
           親会社の所有者に帰属する持分
    注記

       資本金    資本剰余金    利益剰余金    自己株式
  期首残高       916    441    33,060    △1,255


  当期利益       -    -    16,697     -
  その他の包括
         -    -    -    -
  利益
  当期包括利益合
         -    -    16,697     -
  計
  剰余金の配当  23    -    -   △7,135     -
  自己株式の取
     22    -    -   △2,132    △495
  得及び処分
  支配継続子会

  社に対する持       -    △0    -    -
  分変動
  株式報酬取引  17    -    -    -    -

  新株予約権の
     17    -    26    -    -
  失効
  その他       -    △3    -    -
  所有者との取引
         -    22   △9,267    △495
  額合計
  期末残高       916    464    40,490    △1,750
             55/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)

         親会社の所有者に帰属する持分
         その他の資本の構成要素
     その他の

     包括利益を
                  非支配
         持分法適用会
    注記                資本合計
      通じて        その他の
                  持分
        在外営業  社におけるそ
                合計
     公正価値で       新株  資本の
        活動体の  の他の包括利
     測定する      予約権  構成要素
        換算差額  益に対する持
     金融資産の         合計
          分
     公正価値の
      純変動
  期首残高

      216  △4  1  197  411  33,573   335  33,908
  当期利益     -  -  -  -  - 16,697   45 16,742
  その他の包括
       39  △1  △1  -  37  37  △0  37
  利益
  当期包括利益合
       39  △1  △1  -  37 16,734   45 16,779
  計
  剰余金の配当  23  -  -  -  -  - △7,135   - △7,135
  自己株式の取
     22  -  -  -  △80  △80 △2,707   - △2,707
  得及び処分
  支配継続子会

  社に対する持     -  -  -  -  -  △0  2  1
  分変動
  株式報酬取引

     17  -  -  -  76  76  76  -  76
  新株予約権の
     17  -  -  -  △26  △26  -  -  -
  失効
  その他     -  -  -  -  -  △3  21  18
  所有者との取引
       -  -  -  △29  △29 △9,770   23 △9,747
  額合計
  期末残高
      254  △4  1  168  419  40,538   403  40,941
             56/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                   (単位:百万円)
           親会社の所有者に帰属する持分
    注記

       資本金    資本剰余金    利益剰余金    自己株式
  期首残高       916    464    40,490    △1,750


  会計方針の変更
  による累積的影   2    -    -    △3    -
  響額
  会計方針の変更
  を反映した当期       916    464    40,487    △1,750
  首残高
  当期利益       -    -    18,348     -
  その他の包括
         -    -    -    -
  利益
  当期包括利益合
         -    -    18,348     -
  計
  剰余金の配当
     23    -    -   △7,929     -
  自己株式の取
     22    -    -   △7,360    △446
  得及び処分
  支配継続子会

  社に対する持
         -    -    -    -
  分変動
  株式報酬取引  17    -    -    -    -

  新株予約権の
     17    -    15    -    -
  失効
  その他       -    △14    △31    -
  所有者との取引
         -    1   △15,320    △446
  額合計
  期末残高       916    464    43,515    △2,196
             57/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)

         親会社の所有者に帰属する持分
         その他の資本の構成要素
     その他の

     包括利益を
                  非支配
         持分法適用会
    注記                資本合計
      通じて        その他の
                  持分
        在外営業  社におけるそ
                合計
     公正価値で       新株  資本の
        活動体の  の他の包括利
     測定する      予約権  構成要素
        換算差額  益に対する持
     金融資産の         合計
          分
     公正価値の
      純変動
  期首残高

      254  △4  1  168  419  40,538   403  40,941
  会計方針の変更
  による累積的影   2  -  -  -  -  -  △3  -  △3
  響額
  会計方針の変更
  を反映した当期     254  △4  1  168  419  40,535   403  40,938
  首残高
  当期利益     -  -  -  -  - 18,348  △10 18,338
  その他の包括
      △293  △11  △7  -  △310  △310  0 △310
  利益
  当期包括利益合
      △293  △11  △7  -  △310  18,038   △9 18,029
  計
  剰余金の配当  23  -  -  -  -  - △7,929   - △7,929
  自己株式の取
     22  -  -  -  △54  △54 △7,859   - △7,859
  得及び処分
  支配継続子会

  社に対する持     -  -  -  -  -  -  -  -
  分変動
  株式報酬取引

     17  -  -  -  139  139  139  -  139
  新株予約権の
     17  -  -  -  △15  △15  -  -  -
  失効
  その他     31  -  -  -  31  △14  -  △14
  所有者との取引
       31  -  -  70  101 △15,664   - △15,664
  額合計
  期末残高
      △7  △15  △6  238  210  42,909   394  43,303
             58/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:百万円)
               前連結会計年度      当連結会計年度
             (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            注記
              至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー

                24,839     26,619
  税引前利益
  営業活動によるキャッシュ・フローへの調整

                1,766     3,219

  減価償却費及び償却費
                △14    △24

  受取利息及び受取配当金
  営業債権及びその他の債権の増減(△は増加)              △1,065     282

  営業債務及びその他の債務の増減(△は減少)              644     143

                 286    1,808

  その他
                26,456     32,047

  小計
                 14     11

  利息及び配当金の受取額
                 -    △24
  利息の支払額
                △8,180    △8,038
  法人所得税の支払額
                18,291     23,997

  営業活動によるキャッシュ・フロー
  投資活動によるキャッシュ・フロー

                △572    △1,249
  有形固定資産の取得による支出
                △1,272    △1,454

  無形資産の取得による支出
                △1,376     △712

  投資有価証券の取得による支出
                △166    △518

  敷金及び保証金の差入による支出
                 223    △25
  その他
                △3,163    △3,958

  投資活動によるキャッシュ・フロー
             59/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)

               前連結会計年度      当連結会計年度
             (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            注記
              至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  財務活動によるキャッシュ・フロー

  短期借入金の純増減額(△は減少)          36     200     150
            36    △306    △161

  長期借入金の返済による支出
            36     180     100

  長期借入れによる収入
            36     -    △1,290

  リース負債の返済による支出
                △3,000    △8,014

  自己株式の取得による支出
                △7,133    △7,928

  配当金の支払による支出
                 294     141

  ストック・オプションの行使による収入
                 30     57
  その他
                △9,734    △16,946

  財務活動によるキャッシュ・フロー
                 △1    △10

  現金及び現金同等物に係る為替変動の影響額
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)              5,393     3,082

                21,029     26,422

  現金及び現金同等物の期首残高
            8    26,422     29,504

  現金及び現金同等物の期末残高
             60/125












                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   【連結財務諸表注記】
  1.報告企業
   株式会社カカクコム(以下、「当社」という。)は、日本に所在する企業であります。当社グループは、当社及び
  子会社9社並びに関連会社3社で構成され、インターネット・メディア事業を主な事業としております。当社グルー
  プの事業内容及び主要な活動は、「6.セグメント情報」に記載しております。
   当社グループの2020年3月31日に終了する連結会計年度の連結財務諸表は、2020年6月18日に代表取締役社長                   畑
  彰之介によって承認されております。
  2.作成の基礎

  (1)準拠の表明
    当社グループは、連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件をすべて満たして
   いるため、同第93条の規定により、連結財務諸表をIFRSに準拠して作成しております。
    早期適用していないIFRSを除き、当社グループの会計方針は2020年3月31日において有効なIFRSに準拠しており
   ます。
  (2)測定の基礎

    当社グループの連結財務諸表は、「3.重要な会計方針」に記載している、公正価値で測定されている金融商品
   を除き、取得原価を基礎として作成しております。
  (3)機能通貨及び表示通貨

    当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円で表示しております。日本円で表示しているすべ
   ての財務情報は、百万円未満を四捨五入で記載しております。
  (4) 会計方針の変更

    当社グループが当連結会計年度より適用している基準及び解釈指針は以下のとおりです。
       IFRS         新設・改訂の概要
  IFRS第16号    リース       リースに関する会計処理の改訂

   当社グループは、IFRS第16号「リース」(2016年1月公表、以下「IFRS第16号」という。)を                当連結会計年度   か

   ら適用しております。
    当社グループでは、経過措置に従ってIFRS第16号を遡及適用し、適用開始の累積的影響を               当連結会計年度   の利益
   剰余金期首残高の修正として認識しております。IFRS第16号への移行に際し、契約にリースが含まれているか否か
   については、IFRS第16号C3項の実務上の便法を選択し、IAS第17号「リース」(以下「IAS第17号」という。)及び
   IFRIC第4号「契約にリースが含まれているか否かの判断」のもとでの判断を引き継いでおります。
    当社グループは、過去にIAS第17号を適用してオペレーティング・リースに分類したリースについて、IFRS第16
   号の適用開始日に、リース負債を認識しております。当該リース負債は、残存リース料を適用開始日現在の借手の
   追加借入利子率を用いて割り引いた現在価値で測定しております。適用開始日現在の連結財政状態計算書に認識さ
   れているリース負債に適用している借手の追加借入利子率の加重平均は、0.5%であります。
    前連結会計年度末現在でIAS第17号を適用して開示したオペレーティング・リース契約と連結財政状態計算書に
   認識した適用開始日現在のリース負債の調整表は以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)

                   金額
  2019年3月31日現在で開示したオペレーティング・リース契約                   773

  2019年3月31日現在で開示したオペレーティング・リース契約(追加借入利子率で割引後)                   771

  ファイナンス・リース債務(2019年3月31日現在)                   14

  解約可能オペレーティング・リース契約                   613
  2019年4月1日現在のリース負債                   1,398

             61/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
    IFRS第16号の適用により、従前の会計基準を適用した場合と比べて、当連結会計年度の期首において、利益剰余
   金が3百万円減少しております。
    なお、当社グループは、IFRS第16号を適用するにあたり、以下の実務上の便法を使用しております。
    ・特性が合理的に類似したリースのポートフォリオに単一の割引率を適用
    ・適用開始日から12ヶ月以内にリース期間が終了するリースについて、短期リースと同じ方法で会計処理
     ・延長又は解約オプションが含まれている契約について、リース期間を算定する際などに、事後的判断を使用
  (5) 表示方法の変更

   (連結キャッシュ・フロー計算書)
    前連結会計年度において、「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「敷金及び
   保証金の差入による支出」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示
   方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
    この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「投資活動によるキャッシュ・フロー」
   の「その他」に表示していた57百万円は、「敷金及び保証金の差入による支出」△166百万円、「その他」223百万
   円として組み替えております。
    前連結会計年度において、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の「短期借入れによる収入」及び「短期借入

   金の返済による支出」は総額表示しておりましたが、期間が短く、かつ、回転が速い項目であるため、当連結会計
   年度より「短期借入金の純増減額(△は減少)」として純額表示しております。この表示方法の変更を反映させる
   ため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
    この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「財務活動によるキャッシュ・フロー」
   に表示していた「短期借入れによる収入」500百万円及び「短期借入金の返済による支出」△300百万円は、「短期
   借入金の純増減額(△は減少)」200百万円として組み替えております。
             62/125













                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  3.重要な会計方針
   当社グループの重要な会計方針は、以下のとおりであり、他の記載がない限り、連結財務諸表が表示されているす
  べての期間について適用しております。
  (1)連結の基礎
    当社グループの連結財務諸表は、当社、連結子会社及び関連会社の財務諸表に基づき、統一された会計方針を用
   いて作成しております。連結子会社及び関連会社が採用する会計方針が当社グループの会計方針と異なる場合に
   は、必要に応じて各社の財務諸表に調整を加えております。
   ① 子会社
    子会社とは、当社グループにより支配されている企業であります。支配とは、投資先に対するパワーを有し、
   投資先への関与により生じるリターンの変動に晒され、かつ投資先に対するパワーを通じてリターンに影響を与
   える能力を有する場合をいいます。
    子会社の財務諸表は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで、連結財務諸表に含まれて
   おります。子会社に対する当社グループ持分の一部を処分した後も支配が継続する場合には、当社グループの持
   分の変動を資本取引として会計処理しており、非支配持分の調整額と対価の公正価値との差額は、親会社の所有
   者に帰属する持分として資本に直接認識されております。支配を喪失した場合には、支配の喪失から生じた利得
   または損失は純損益で認識しております。
    当社グループ内の債権債務残高及び取引、並びに当社グループ内取引によって発生した未実現損益は、連結財
   務諸表の作成に際して消去しております。
    子会社の決算日はすべて当社と同じ決算日であります。
   ② 関連会社
    関連会社とは、当社グループが重要な影響力を有している企業をいいます。当社グループが投資先の財務及び
   営業の方針決定に参加するパワーを有するものの、支配または共同支配をしていない場合に、当社グループはそ
   の企業に対する重要な影響力を有していると判断しております。関連会社については、当社グループが重要な影
   響力を有することとなった日から重要な影響力を喪失する日まで、持分法によって処理しております。
    また、当連結財務諸表の作成に当たり、他の株主との関係等により、報告期間の末日を統一することが実務上
   不可能であるため、関連会社の決算日が当社の決算日と異なる場合には、連結決算日時点で実施した仮決算日に
   基づく関連会社の財務数値を用いております。
  (2)企業結合

    当社グループは、取得法に基づき企業結合の会計処理をしております。非支配持分は、個々の企業結合取引ごと
   に、公正価値または被取得企業の識別可能な純資産に対する非支配持分の比例的持分として測定しております。
    支払対価の公正価値、被取得企業の非支配持分の金額及び段階取得の場合には取得企業が以前より保有していた
   被取得企業の支配獲得日の公正価値の合計が、取得日における識別可能資産及び引受負債の正味価額を上回る場合
   に、その超過額をのれんとして認識しております。一方、この対価の総額が、識別可能資産及び負債の正味価額を
   下回る場合、その差額を利得として損益に認識しております。
    仲介手数料、弁護士費用、デューディリジェンス費用及びその他の専門家報酬、コンサルティング料等の、企業
   結合に関連して発生した取得費用は、負債性金融商品及び資本性金融商品の発行コストを除き、発生時に費用とし
   て処理しております。
    企業結合の当初の会計処理が、企業結合が発生した連結会計年度末までに完了していない場合には、完了してい
   ない項目を暫定的な金額で計上しております。取得日時点で存在し、なおかつそれを知っていたならば取得日で認
   識した金額の測定に影響したであろう事実及び状況に関する情報を、認識される金額の測定に影響を与えていたと
   判断される期間(以下、「測定期間」という。)に入手した場合、その情報を反映して、取得日に認識した暫定的
   な金額を遡及的に修正しております。測定期間は最長で1年間であります。
    なお、共通支配下における企業結合、すなわち、企業結合当事企業もしくは事業のすべてが、企業結合の前後で
   同一の企業により最終的に支配され、かつ、その支配が一時的でない場合の企業結合については、継続的に帳簿価
   額に基づき会計処理しております。
             63/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (3)外貨換算
   ① 外貨建取引
    外貨建取引、すなわち各企業の機能通貨以外の通貨での取引は、取引日における為替レートまたはそれに近似
   するレートにより機能通貨に換算しております。外貨建貨幣性資産及び負債は、連結決算日の為替レートにより
   機能通貨に換算し、換算差額は、純損益として認識しております。
    また、取得原価により測定されている外貨建非貨幣性項目は、取引日の為替レートを使用して換算しておりま
   す。
   ② 在外営業活動体

    在外営業活動体の資産及び負債は、連結決算日時点の為替レートで、収益及び費用は、当該期間中の為替レー
   トが著しく変動していない限り、期中平均為替レートで表示通貨に換算しております。この結果生じる換算差額
   は、その他の包括利益で認識しております。
    なお、在外営業活動体の持分全体の処分や支配の喪失を伴う持分の一部の処分が発生した場合、処分した期に
   対応する累積換算差額をその他の包括利益から純損益に振り替えております。
  (4)金融商品

   ① 金融資産
   (ⅰ)当初認識及び測定
     金融資産はその当初認識時に、償却原価で測定する金融資産、その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
    る金融資産、または純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しております。当社グループでは、償
    却原価で測定する金融資産については、発生日に当初認識しており、それ以外の金融資産については当該金融
    商品の契約当事者となった取引日に当初認識しております。
    (a)償却原価で測定する金融資産
     以下の条件がともに満たされる金融資産を償却原価で測定する金融資産に分類しております。
    ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づいて、
    資産が保有されている。
    ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定
    の日に生じる。
    (b)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産
     公正価値で測定される負債性金融資産のうち、以下の条件がともに満たされる場合には、その他の包括利
    益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しております。
    ・契約上のキャッシュ・フローを回収するため、及び売却するために資産を保有することを目的とする事業
    モデルに基づいて、資産が保有されている。
    ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定
    の日に生じる。
    (c)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産
     公正価値で測定される資本性金融資産のうち、売買目的ではない資本性金融商品への投資については、当
    初認識時に、その公正価値の事後的な変動をその他の包括利益に表示するという取消不能な選択を行うこと
    が認められており、当社グループでは金融商品ごとに当該指定を行っております。
    (d)純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
     上記の償却原価で測定する金融資産、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品、及
    びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品以外の金融資産については、純損益を通じ
    て公正価値で測定する金融資産に分類しております。
     当該公正価値にその取得に直接起因する取引コストを加算して測定しております。純損益を通じて公正価

    値で測定する金融資産については、その取得に直接起因する取引コストは、発生時に純損益で認識しており
    ます。
             64/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   (ⅱ)事後測定
     金融資産の当初認識後は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
    (a)償却原価で測定する金融資産
     償却原価で測定する金融資産は、実効金利法に基づく償却原価で測定しております。
    (b)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は、公正価値で測定し、その事後的な変動をその
    他の包括利益として認識しております。
     その他の包括利益として認識した金額について、認識を中止した場合、負債性金融資産は純損益に、資本
    性金融資産は利益剰余金に振り替えております。なお、配当金については純損益として認識しております。
    (c)純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
     純損益を通じて公正価値で測定する金融資産は、公正価値で測定し、その事後的な変動を純損益として認
    識しております。また、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産に係る利得または損失は、純損益に
    認識しております。
   (ⅲ)金融資産の減損

     当社グループは、償却原価で測定する金融資産について、報告日ごとに予想信用損失を見積り、予想信用損
    失に対して貸倒引当金を計上しております。
     当社グループは、各報告日において、金融商品に係る信用リスクが当初認識以降に著しく増大したかどうか
    を評価しております。
     当初認識後は、金融資産に係る信用リスクが著しく増加していない場合には、当該金融資産に係る貸倒引当
    金を12ヶ月の予想信用損失に等しい金額で測定しております。一方で、金融資産に係る信用リスクが著しく増
    大している場合には、当該金融資産に係る貸倒引当金を全期間の予想信用損失に等しい金額で測定しておりま
    す。
     ただし、重要な金融要素を含んでいない営業債権等については、常に貸倒引当金を全期間の予想信用損失と
    同額で測定しております。
     金融商品の予想信用損失は、以下のものを反映する方法で見積っております。
    (a)一定範囲の生じ得る結果を評価することにより算定される、偏りのない確率加重金額
    (b)貨幣の時間価値
    (c)過去の事象、現在の状況及び将来の経済状況の予測についての、報告日において過大なコストや労力をか
    けずに利用可能な合理的で裏付け可能な情報
     当該測定に係る金額は、純損益に認識しております。また、決算日現在で認識が要求される貸倒引当金の金
    額に修正するために必要となる予想信用損失(または戻入)の金額を、減損利得または減損損失として純損益
    に認識しております。
   (ⅳ)認識の中止
     金融資産は、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、または金融資産の
    キャッシュ・フローを受け取る契約上の権利を譲渡し、当該金融資産の所有に係るリスクと経済価値のほとん
    どすべてが移転している場合において、認識を中止しております。
   ② 金融負債

   (ⅰ)当初認識及び測定
     金融負債はその当初認識時に、償却原価で測定する金融負債及び純損益を通じて公正価値で測定する金融負
    債に分類しております。当社グループでは、償却原価で測定する金融負債については、発行日に当初認識して
    おり、それ以外の金融負債については、当該金融商品の契約当事者となった取引日に当初認識しております。
    (a)償却原価で測定する金融負債
     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債以外の金融負債は、償却原価で測定する金融負債に分類して
    おります。償却原価で測定する金融負債は、当初認識時に公正価値からその発行に直接起因する取引コスト
    を減算して測定しております。
    (b)純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債は、当初認識時に公正価値により測定しております。
             65/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   (ⅱ)事後測定
    (a)償却原価で測定する金融負債
     当初認識後は実効金利法に基づく償却原価で測定しております。
    (b)純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
     当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な変動を純損益として認識しております。
   (ⅲ)認識の中止
     金融負債は、金融負債が消滅した時、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消しまたは失効となっ
    た時に認識を中止しております。
   ③ 金融資産と金融負債の相殺
    金融資産と金融負債は、認識した金額を相殺する法的に強制力のある権利を有しており、かつ、純額で決済す
   るか、または資産の実現と負債の決済を同時に実行する意図を有している場合に、相殺して純額で表示しており
   ます。
  (5)現金及び現金同等物

    現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動につい
   て僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されております。
  (6)有形固定資産

    有形固定資産については、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した額で測定しております。
    取得原価には資産の取得に直接関連するコスト、資産の解体及び除去費用、並びに原状回復費用の当初見積額が
   含まれております。当初認識後の測定モデルとして原価モデルを採用しております。
    土地、建設仮勘定以外の有形固定資産は、使用が可能となった時点から、それぞれの見積耐用年数にわたって主
   として定額法で減価償却しております。主要な有形固定資産の見積耐用年数は、以下のとおりであります。
    建物    :3~15年
    器具及び備品:4~5年
    なお、減価償却方法、残存価額及び見積耐用年数は、決算日に見直し、変更が必要となった場合は、会計上の見
   積りの変更として将来に向かって適用しております。
  (7)のれん及び無形資産

   ① のれん
    のれんは償却を行わず、取得原価から減損損失累計額を控除した価額で計上しております。
    また、のれんは企業結合のシナジーから便益を得ると見込まれる資金生成単位または資金生成単位グループに
   配分し、連結会計年度末までに最低年に一度又は減損の兆候がある場合にはその都度、減損テストを実施してお
   ります。のれんの減損損失は純損益として認識し、その後の戻入れは行っておりません。
    なお、のれんの当初認識時における測定は、「3.重要な会計方針 (2)企業結合」に記載しております。
   ② 無形資産

    無形資産については、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で測定しております。
    個別に取得した無形資産の取得原価は、資産の取得に直接起因するコストを含めて測定しております。企業結
   合により取得した無形資産の取得原価は、取得日の公正価値で測定しております。
    当初認識後の測定モデルとして原価モデルを採用しております。
    開発活動による支出については、信頼性をもって測定可能で、技術的かつ商業的に実現可能であり、将来的に
   経済的便益を得られる可能性が高く、当社グループが開発を完成させ、当該資産を使用または販売する意図及び
   そのための十分な資質を有している場合にのみ、上記の認識条件のすべてを初めて満たした日から開発完了まで
   に発生したコストの合計額を無形資産として資産計上しております。
    内部利用を目的としたソフトウェアの取得及び開発コストは、将来の経済的便益の流入が期待される場合には
   無形資産に計上しております。
    耐用年数を確定できる無形資産はそれぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で償却しております。主要な無形
   資産の見積耐用年数は、以下のとおりであります。
    ・ソフトウェア:3~5年
    ・ドメイン名 :8年
    なお、償却方法、残存価額及び見積耐用年数は、決算日に見直し、変更が必要となった場合は、会計上の見積
   りの変更として将来に向かって適用しております。
             66/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (8)リース
   前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    契約上、資産の所有に伴うリスクと経済価値が実質的に全て当社グループに移転するリースは、ファイナンス・
   リースに分類し、それ以外の場合には、オペレーティング・リースに分類しております。
    ファイナンス・リース取引におけるリース資産は、リース開始日に算定したリース物件の公正価値と最低リース
   料総額の現在価値のいずれか低い金額で当初認識しております。当初認識後は、当該資産に適用される会計方針に
   基づいて、見積耐用年数とリース期間のいずれか短い年数にわたって、定額法で減価償却を行っております。
   当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

   当社グループは、   契約の締結時に契約がリースであるか又はリースを含んでいるかを判定しております。契約が
   特定された資産の使用を支配する権利を一定期間にわたり対価と交換に移転する場合には、当該契約はリースであ
   るか又はリースを含んでいると判定しております。
   契約がリースであるか又はリースを含んでいると判定した場合、           リース開始日に使用権資産及びリース負債を認
   識しております。リース負債は未払リース料総額の現在価値で測定し            、使用権資産は、リース負債の当初測定の金
   額に、開始日以前に支払ったリース料等、借手に発生した当初直接コスト及びリースの契約条件で要求されている
   原状回復義務等のコストを調整した取得原価で測定しております。
    当初認識後  は、 使用権資産は耐用年数とリース期間のいずれか短い年数にわたって、定額法で減価償却を行って
   おります。
   リース料は、利息法に基づき金融費用とリース負債の返済額に配分し、金融費用は連結損益計算書において認識
   しております。
   ただし、リース期間が12ヶ月以内の短期リース及び原資産が少額のリースについては、使用権資産及びリース負
   債を認識せず、リース料をリース期間にわたって、定額法又は他の規則的な基礎のいずれかにより費用として認識
   しております。
  (9)非金融資産及び持分法適用会社に対する投資の減損

    繰延税金資産を除く非金融資産については、決算日において、資産が減損している可能性を示す兆候があるか否
   かを評価しております。
    減損の兆候が存在する場合には減損テストを実施し、個別の資産または資金生成単位ごとの回収可能価額を測定
   しております。なお、のれん及び耐用年数を確定できない、又はまだ使用可能でない無形資産は償却を行わず、決
   算日にまたは減損の兆候が存在する場合にはその都度、減損テストを実施しております。
    当社グループの全社資産は、独立したキャッシュ・インフローを生成しないため、個別の全社資産の回収可能価
   額は算定できません。全社資産に減損の兆候がある場合、全社資産が帰属する資金生成単位または資金生成単位グ
   ループの回収可能価額を見積もっております。
    資産または資金生成単位の回収可能価額は、処分費用控除後の公正価値と、適切な利率で割り引かれた当該資産
   の継続的使用及び最終的な処分から発生すると見込まれる将来キャッシュ・フローの見積りによって測定される使
   用価値のいずれか高い金額を用いております。
    個別の資産または資金生成単位の帳簿価額が回収可能価額を上回る場合には純損益にて減損損失を認識し、当該
   資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まずその単
   位に配分されたのれんの帳簿価額を減額するように配分し、次に資金生成単位内のその他の資産の帳簿価額を比例
   的に減額しております。
    のれんに係る減損損失は、戻入れを行っておりません。のれん以外の非金融資産に係る減損損失は、減損損失が
   もはや存在しないかまたは減少している可能性を示す兆候が存在する場合に当該資産の回収可能価額を見積もって
   おり、回収可能価額が減損処理後の帳簿価額を上回った場合には減損損失の戻入れを行っております。なお、減損
   損失の戻入れは過去の期間において当該資産に認識した減損損失がなかった場合の帳簿価額を超えない範囲内で純
   損益にて認識しております。
    なお、持分法適用会社に対する投資の帳簿価額の一部を構成するのれんは区分して認識していないため、個別に
   減損テストを実施しておりません。代わりに、持分法適用会社に対する投資の総額を単一の資産として減損の兆候
   を判定し、減損テストを行っております。
  (10)従業員給付

   ① 退職後給付
    当社グループは、従業員の退職後給付制度として確定拠出制度を採用しております。確定拠出制度について
   は、確定拠出制度に支払うべき拠出額を、従業員が関連する勤務を提供した時に費用として認識しております。
             67/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ② その他の従業員給付
    短期従業員給付については、割引計算を行わず、関連するサービスが提供された時点で費用として認識してお
   ります。
    賞与については、それらを支払う現在の法的もしくは推定的な債務を有し、信頼性のある見積りが可能な場合
   に、それらの制度に基づいて支払われると見積られる金額を負債として認識しております。
    有給休暇については、累積型有給休暇制度に係る法的債務または推定的債務を有し、信頼性のある見積りが可
   能な場合に、それらの制度に基づいて見積られる金額を負債として認識しております。
  (11)株式に基づく報酬

    当社グループは、当社の取締役及び従業員に対する報酬制度として、持分決済型のストック・オプション制度を
   採用しております。ストック・オプションは、付与日における公正価値によって見積り、最終的に権利確定すると
   予想されるストック・オプションの数を考慮した上で、権利確定期間にわたって費用として認識し、同額を資本の
   増加として認識しております。付与されたオプションの公正価値は、オプションの諸条件を考慮し、ブラック・
   ショールズ・モデル等を用いて算定しております。
  (12)引当金

    引当金は、過去の事象の結果として、当社グループが現在の法的債務または推定的債務を有し、その債務を決済
   するために経済的便益を有する資源の流出の可能性が高く、かつその資源の流出の金額について信頼できる見積り
   ができる場合に認識しております。
    貨幣の時間的価値の影響が重要な場合には、当該引当金は負債の決済に必要と予想される支出額の現在価値で測
   定しております。現在価値は、貨幣の時間的価値とその負債に特有なリスクを反映した税引前割引率を用いて計算
   しております。時間の経過による影響を反映した引当金の増加額は、金融費用として認識しております。
    資産除去債務については、資産の解体・除去費用、原状回復費用、並びに資産を使用した結果生じる支出に関し

   て引当金を認識するとともに、当該資産の取得原価に加算しております。将来の見積コスト及び適用された割引率
   は毎期見直され、修正が必要と判断された場合は当該資産の帳簿価額に加算または控除し、会計上の見積りの変更
   として処理しております。
  (13)資本

   ① 普通株式
    当社が発行した資本性金融商品は、発行価額を資本金及び資本剰余金に計上し、発行に直接帰属するコスト
   (税効果考慮後)は資本剰余金から控除しております。
   ② 自己株式

    自己株式は取得原価で評価し、資本から控除しており、自己株式の購入、売却または消却において利得または
   損失は認識しておりません。なお、帳簿価額と処分時の対価との差額は資本剰余金として認識しております。
  (14)収益

    顧客との契約について、以下の5ステップを適用することにより収益を認識しております(IFRS第9号に基づ
   く利息及び配当収益等を除く)。
    ステップ1:顧客との契約を識別する。
    ステップ2:契約における履行義務を識別する。
    ステップ3:取引価格を算定する。
    ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
    ステップ5:履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する。
             68/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   当社グループにおける主なサービスの提供に関する収益認識の会計方針は、以下のとおりであります。
  (インターネット・メディア事業)
   ① 価格.com業務
    運営サイト『価格.com』等において、掲載店舗からの手数料収入、金融サービス、通信事業者等の各種サービ
   スを提供する事業者からの手数料収入、メーカー等からの広告収入を得ております。
    掲載店舗からの手数料収入は、ウェブサイト閲覧者が掲載店舗のバナーをクリックした時点、または掲載店

    舗において商品を購入した時点で履行義務が充足されるため、当該時点で収益を認識しております。
    金融サービス、通信事業者等の各種サービスを提供する事業者からの手数料収入は、ウェブサイト閲覧者が
    見積もり・資料請求を申し込んだ時点や契約を締結した時点等で履行義務が充足されるため、当該時点で収益
    を認識しております。
    メーカー等からの広告収入は、『価格.com』を媒体とするディスプレイ広告、タイアップ広告、ネットワー
    ク広告等であり、掲載期間、表示、クリック数に応じて履行義務が充足されるため、当該期間・時点で収益を
    認識しております。
   ② 食べログ業務

    運営サイト『食べログ』において、契約店舗からの広告収入、個人利用者からの手数料収入、メーカー等から
   の広告収入を得ております。
    契約店舗からの手数料収入は、契約店舗より得られる毎月の利用料金やオンライン予約に応じた料金等であ

    り、掲載期間、オンライン予約に応じて履行義務が充足されるため、当該期間・時点で収益として認識してお
    ります。
    個人利用者からの手数料収入は、有料会員から得られる毎月の利用料金であり、高度な検索機能等のサービ
    ス提供に応じて履行義務が充足されるため、当該期間で収益を認識しております。
     メーカー等からの広告収入は、『食べログ』を媒体とするディスプレイ広告、タイアップ広告、ネットワー
    ク広告等であり、掲載期間、表示、クリック数に応じて履行義務が充足されるため、当該期間・時点で収益を
    認識しております。
   ③ 新興メディア・ソリューション業務

    運営サイト『スマイティ』『キナリノ』『求人ボックス』及び連結子会社㈱LCL運営サイト『バス比較な
   び』、連結子会社フォートラベル㈱運営サイト『フォートラベル』、連結子会社㈱タイムデザインが運営してい
   るダイナミックパッケージ事業等により、広告収入及び手数料収入を得ております。
     これらのサービスは、契約等に基づき、履行義務が充足される期間・時点で収益を認識しております。

  (ファイナンス事業)

   ① 保険代理店業務
    連結子会社㈱カカクコム・インシュアランスにおいて、生命保険、損害保険等の保険代理店業務による手数料
   収入を得ております。
     当該手数料収入は、サービス提供期間に応じて履行義務が充足されるため、当該期間で収益を認識しており

    ます。
  (15)金融収益及び金融費用

    金融収益は主として、受取利息、受取配当金、為替差益等から構成されております。受取利息は、実効金利法を
   用いて発生時に認識しております。受取配当金は、当社グループの受領権が確定した時点で認識しております。
    金融費用は主として、支払利息、為替差損等から構成されております。支払利息は、実効金利法を用いて発生時
   に認識しております。
             69/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (16)法人所得税
    法人所得税費用は、当期税金と繰延税金の合計として表示しております。
    当期税金は、決算日において制定または実質的に制定されている税率及び税法を用いて、税務当局に対する納付
   または税務当局からの還付が予想される金額で算定しております。これらは、企業結合に関連するもの及び資本の
   部またはその他の包括利益で認識される項目を除き、当期の純損益にて認識しております。
    繰延税金資産及び負債は、決算日までに制定または実質的に制定されている税率に基づいて、資産が実現する期
   または負債が決済される期に適用されると予想される税率で算定しております。繰延税金資産及び負債は、資産及
   び負債の会計上の帳簿価額と税務基準額の差額である一時差異並びに繰越欠損金に基づいて算定しております。繰
   延税金資産は、将来減算一時差異、税務上の繰越欠損金及び繰越税額控除に対して、それらを利用できる課税所得
   が生じる可能性が高い範囲で認識しております。
    なお、企業結合ではなく、取引時に会計上の利益にも課税所得にも影響しない取引における当初認識から生じる
   一時差異については、繰延税金資産及び負債を認識しておりません。さらに、のれんの当初認識において生じる将
   来加算一時差異についても、繰延税金負債を認識しておりません。
    子会社及び関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異については、繰延税金負債を認識しております。ただ
   し、一時差異を解消する時期をコントロールでき、かつ予測可能な期間内に一時差異が解消しない可能性が高い場
   合には認識しておりません。また、子会社及び関連会社に対する投資に係る将来減算一時差異については、一時差
   異が予測し得る期間内に解消し、かつ課税所得を稼得する可能性が高い範囲でのみ繰延税金資産を認識しておりま
   す。
    繰延税金資産及び負債は、当期税金負債と当期税金資産を相殺する法的強制力のある権利を有し、かつ同一の税
   務当局によって同一の納税主体に課されている場合、相殺しております。
  (17)1株当たり当期利益

    基本的1株当たり当期利益は、親会社の所有者に帰属する当期利益を、その期間の自己株式を調整した発行済普
   通株式の加重平均株式数で除して算定しております。
    希薄化後1株当たり当期利益は、希薄化効果を有するすべての潜在的普通株式による影響を調整して算定してお
   ります。
             70/125












                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  4.重要な会計上の見積り及び判断の利用
   IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告
  額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定をすることが義務付けられております。ただし、実際の業績はこれら
  の見積りとは異なる場合があります。
   見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会計上の見積りの改定は、見積りが改定された会計
  期間及び影響を受ける将来の会計期間において認識されます。
   当連結会計年度及び翌連結会計年度において、当社グループの連結財務諸表で認識する金額に重要な影響を与える
  見積り及び仮定は、主に以下の注記に含まれております。
  ・非金融資産及び持分法適用会社に対する投資の減損(注記「13.のれん及び無形資産」及び注記「15.持分法で会

  計処理されている投資」)
  ・株式報酬の測定(注記「17.株式報酬」)
  ・金融商品の公正価値の測定(注記「31.金融商品」)
   新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関しては不確実性が高いため、連結財務諸表作成時において入手可

  能な情報に基づいて、影響が及ぶ期間等につき一定の仮定を置いた上で非金融資産の減損等に係る会計上の見積りを
  行っております。
   なお、当社グループが会計上の見積りに使用したこの仮定が合理的な範囲で変化した場合であっても、評価結果に
  基づく結論に与える影響は限定的であるため、会計上の見積りに係る当該仮定及びその変動が当連結会計年度の連結
  財務諸表に与える影響は重要ではないと判断しております。
  5.未適用の新基準

   連結財務諸表の承認日までに新設又は改訂が公表された基準書及び解釈指針のうち、当社グループが早期適用して
  いないもので、重要な影響があるものはありません。
             71/125













                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  6.セグメント情報
  (1)報告セグメントの概要
    当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
   役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
   す。
    当社グループは、商品・サービス別の事業本部及び子会社を置き、各事業本部及び子会社は、取り扱うサービス
   について国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
    したがって、当社グループは、事業本部及び子会社を基礎としたサービス別のセグメントから構成されており、
   「インターネット・メディア事業」及び「ファイナンス事業」の2つを報告セグメントとしております。
    「インターネット・メディア事業」は、購買支援サイト『価格.com』及びレストラン検索・予約サイト『食べロ
   グ』を中心に、求人情報の一括検索サイト『求人ボックス』、不動産住宅情報サイト『スマイティ』、連結子会社
   フォートラベル㈱運営の旅行のクチコミサイト『フォートラベル』、連結子会社㈱エイガ・ドット・コム運営の総
   合映画情報サイト『映画.com』、連結子会社㈱webCG運営の自動車専門サイト『webCG』、連結子会社㈱タイムデザ
   インのダイナミックパッケージシステムの開発事業、連結子会社㈱LCL運営サイト『バス比較なび』、連結子会社
   ㈱ガイエの映画コンテンツ及びウェブ制作業を展開しております。
    「ファイナンス事業」は、連結子会社㈱カカクコム・インシュアランスによる保険代理店業務等を展開しており
   ます。
  (2)報告セグメントごとの売上収益、利益または損失、資産、及びその他の項目の金額の算定方法

    報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「3.重要な会計方針」における記載と同一であります。
    報告セグメントの利益は、連結損益計算書上の営業利益の数値であります。
    セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
  (3)報告セグメントごとの売上収益、利益または損失、資産、及びその他の項目の金額に関する情報

   前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                   (単位:百万円)
           報告セグメント
                 調整額
                   連結財務諸表
                 (注)1,2
                    計上額
        インターネット   ファイナンス
               計
        ・メディア事業    事業
  売上収益

         53,112   1,720   54,832    -  54,832
  外部顧客への売上収益
  セグメント間の内部売上収益ま
          3   -   3  △3   -
  たは振替高
         53,115   1,720   54,835   △3  54,832
     計
         28,640   1,156   29,796   △8  29,789

  営業費用
         24,503   561  25,065    5  25,070

  セグメント利益
                     15

  金融収益
                      7

  金融費用
                     △238

  持分法による投資損益
                     24,839

  税引前利益
  その他の項目

         1,749   17  1,766   -  1,766
  減価償却費及び償却費
  資本的支出(注)3
         1,837   33  1,870   -  1,870
         49,533   1,779   51,312   △70  51,242

  セグメント資産
   (注)1 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引の消去によるものであります。
   (注)2 セグメント資産の調整額は、セグメント間債権債務の消去によるものであります。
   (注)3 資本的支出には、有形固定資産及び無形資産への投資が含まれております。
             72/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                   (単位:百万円)
           報告セグメント
                 調整額
                   連結財務諸表
                 (注)1,2
                    計上額
        インターネット   ファイナンス
               計
        ・メディア事業    事業
  売上収益

         58,755   2,223   60,978    -  60,978
  外部顧客への売上収益
  セグメント間の内部売上収益ま
          3   -   3  △3   -
  たは振替高
         58,758   2,223   60,981   △3  60,978
     計
         32,217   1,489   33,706   △8  33,698

  営業費用
         26,480   733  27,212    5  27,217

  セグメント利益
                     26

  金融収益
                     228

  金融費用
                     △396

  持分法による投資損益
                     26,619

  税引前利益
  その他の項目

         3,199   20  3,219   -  3,219
  減価償却費及び償却費
  資本的支出(注)3
         2,683   20  2,703   -  2,703
         60,895   2,494   63,390   △73  63,317

  セグメント資産
   (注)1 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引の消去によるものであります。
   (注)2 セグメント資産の調整額は、セグメント間債権債務の消去によるものであります。
   (注)3 資本的支出には、有形固定資産及び無形資産への投資が含まれております。
  (4)製品及びサービスごとの情報

    前連結会計年度及び当連結会計年度において、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略し
   ております。
  (5)地域ごとの情報

    前連結会計年度及び当連結会計年度において、本邦の外部顧客への売上収益及び国内に所在している非流動資産
   が大部分を占めるため、記載を省略しております。
  (6)主要な顧客ごとの情報

    前連結会計年度及び当連結会計年度において、特定の顧客への売上収益に連結損益計算書の売上収益の10%以上
   を占めるものがないため、記載を省略しております。
  7.企業結合

   重要な企業結合は発生しておりません。
             73/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  8.現金及び現金同等物
   現金及び現金同等物の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
               15,422     18,504

  現金及び預金
  定期預金(預入期間が3ヶ月以内)             11,000     11,000

               26,422     29,504

      合計
   (注) 連結財政状態計算書における現金及び現金同等物の残高と、連結キャッシュ・フロー計算書における現金及び
    現金同等物の残高は一致しております。
  9.営業債権及びその他の債権

   営業債権及びその他の債権の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                30     15

  受取手形
               8,670     8,419

  売掛金
                △24     △39

  控除:貸倒引当金
               8,676     8,394

      合計
   (注)1.連結財政状態計算書では、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。
   (注)2.営業債権及びその他の債権は、償却原価で測定する金融資産に分類しております。
   (注)3.貸倒引当金について、「31.金融商品 (2)財務上のリスク管理 ① 信用リスク」をご参照ください。
             74/125












                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  10.その他の金融資産
  (1)その他の金融資産の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  償却原価で測定する金融資産

  定期預金(預入期間が3ヶ月超)              1     0

                848     1,357

  敷金・保証金
                71     129

  その他
                △7     △11

  貸倒引当金
  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性
  金融資産
                846     412
  株式
                882      -

  出資金
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

                291     1,596

  出資金
                325      -

  転換社債型新株予約権付社債
               3,258     3,483

       合計
                29     76

  流動資産
               3,229     3,407

  非流動資産
               3,258     3,483

       合計
   (注)1.敷金・保証金は、主に賃料等に対する差入担保の性質を有しております。
   (注)2.連結財政状態計算書では、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。
   (注)3.貸倒引当金について、「31.金融商品 (2)財務上のリスク管理 ① 信用リスク」をご参照ください。
  (2)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産の主な銘柄及び公正価値等は、以下のとおりであ

   ります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
      銘柄
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                674     291

  ㈱ゼンリン
   (注)株式等は主に政策投資目的で保有しているため、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定
   しております。
  (3)各年度における売却時の公正価値及びその他の包括利益として認識されていた累積損益は、以下のとおりであり

   ます。
                   (単位:百万円)
      前連結会計年度           当連結会計年度
     (自 2018年4月1日          (自 2019年4月1日
      至 2019年3月31日)            至 2020年3月31日)
       その他の包括利益として          その他の包括利益として

   公正価値          公正価値
       認識されていた累積損益          認識されていた累積損益
      207     73     2     △39
  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は、認識を中止した場合、その他の包括利益として認識され
  ていた累積利得又は損失を利益剰余金に振替えております。利益剰余金に振替えたその他の包括利益の累積利得又は損失
  (税引後)は、当連結会計年度において△27百万円であります。
             75/125


                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  11.その他の資産
   その他の資産の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                813     729

  前払費用
                736     457

  その他
               1,548     1,186

      合計
               1,502     1,141

  流動資産
                46     45

  非流動資産
               1,548     1,186

      合計
  12.有形固定資産

  (1)調整表及び内訳
    有形固定資産の取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額、並びに帳簿価額の調整表及び内訳は、以下のと
   おりであります。
   ① 取得原価
                   (単位:百万円)
         土地  建物  器具及び備品   車両運搬具  建設仮勘定   合計
  前連結会計年度期首
          -  552  1,983   24  28  2,587
  (2018年4月1日)
          -  26  13   9  586  633
  取得
          -  △8  △10   △5   -  △23
  売却または処分
          68  73  347   -  △488   -

  本勘定への振替
          -  △3   -  -  △9  △12
  その他の増減
  前連結会計年度
          68  640  2,332   28  117  3,185
  (2019年3月31日)
          -  273   12  -  1,407  1,692
  取得
          -  △76  △172   △23   -  △270
  売却または処分
          -  822  603   - △1,424   -

  本勘定への振替
          -  -  △18   -  △72  △89

  その他の増減
  当連結会計年度
          68  1,659  2,757   5  28  4,518
  (2020年3月31日)
             76/125







                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ② 減価償却累計額及び減損損失累計額
                   (単位:百万円)
         土地  建物  器具及び備品   車両運搬具  建設仮勘定   合計
  前連結会計年度期首
          -  197  1,246   16  -  1,459
  (2018年4月1日)
          -  47  313   6  -  366
  減価償却
          -  △8  △10   △5   -  △23
  売却または処分
          -  -  -  △1   -  △1
  その他の増減
  前連結会計年度
          -  235  1,550   16  -  1,801
  (2019年3月31日)
          -  161  327   9  -  497
  減価償却
          -  △74  △172   △23   -  △269
  売却または処分
          -  -  △0   -  -  △0
  その他の増減
  当連結会計年度
          -  323  1,705   2  -  2,029
  (2020年3月31日)
   ③ 帳簿価額

                   (単位:百万円)
         土地  建物  器具及び備品   車両運搬具  建設仮勘定   合計
  前連結会計年度期首
          -  356  737   8  28  1,128
  (2018年4月1日)
  前連結会計年度
          68  405  782   11  117  1,384
  (2019年3月31日)
  当連結会計年度
          68  1,337  1,052   3  28  2,489
  (2020年3月31日)
   (注) 有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書の「営業費用」に含めております。
    (2) 担保提供資産

    担保に供している有形固定資産はありません。
  (3)減損損失

    有形固定資産は、概ね独立したキャッシュ・インフローを生成させるものとして識別される資産グループの最小
   の資金生成単位としてグルーピングを行っております。
    前連結会計年度及び当連結会計年度において計上した減損損失はありません。
             77/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  13.のれん及び無形資産
  (1)調整表及び内訳
    のれん及び無形資産の取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減、並びに帳簿価額の調整表及び内訳は、
   以下のとおりであります。
   ① 取得原価
                   (単位:百万円)
              無形資産
         のれん            合計
                 ソフトウェア
           ソフトウェア   ドメイン名
                 仮勘定
  前連結会計年度期首
         3,799   6,679   1,463   104  12,045
  (2018年4月1日)
          -   21   -  1,236   1,257
  取得
          -  △55   -   -  △55
  売却または処分
          -  1,237   -  △1,237    -

  科目振替
          -   1   -   -   1

  在外営業活動体の換算差額
          -   △0   -   △9   △9
  その他の増減
  前連結会計年度
         3,799   7,882   1,463   94  13,238
  (2019年3月31日)
          -   8   -  1,442   1,450
  取得
          -  △26   -   -  △26
  売却または処分
          -  1,301   -  △1,301    -

  科目振替
          -   △1   -   -   △1

  在外営業活動体の換算差額
          △57   △134   -   △4  △195
  その他の増減
  当連結会計年度
         3,741   9,031   1,463   231  14,467
  (2020年3月31日)
             78/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ② 償却累計額及び減損損失累計額
                   (単位:百万円)
              無形資産
         のれん            合計
                 ソフトウェア
           ソフトウェア   ドメイン名
                 仮勘定
  前連結会計年度期首
          -  4,752   46   -  4,798
  (2018年4月1日)
          -  1,217   183   -  1,400
  償却費
          -  △55   -   -  △55
  売却または処分
          -   1   -   -   1

  在外営業活動体の換算差額
          -   -   -   -   -
  その他の増減
  前連結会計年度
          -  5,915   229   -  6,143
  (2019年3月31日)
          -  1,240   183   -  1,423
  償却費
          -  △21   -   -  △21
  売却または処分
          -   △1   -   -   △1

  在外営業活動体の換算差額
          -  △134   -   -  △134
  その他の増減
  当連結会計年度
          -  6,999   411   -  7,410
  (2020年3月31日)
   ③ 帳簿価額

                   (単位:百万円)
              無形資産
         のれん            合計
                 ソフトウェア
           ソフトウェア   ドメイン名
                 仮勘定
  前連結会計年度期首
         3,799   1,927   1,417   104  7,247
  (2018年4月1日)
  前連結会計年度
         3,799   1,968   1,234   94  7,095
  (2019年3月31日)
  当連結会計年度
         3,741   2,033   1,052   231  7,057
  (2020年3月31日)
   (注)無形資産の償却費は、連結損益計算書の「営業費用」に含めております。
    (2)重要なのれん

    のれんは、企業結合のシナジーから便益を得ると見込まれる資金生成単位または資金生成単位グループに配分し
   ております。
    各連結会計年度におけるのれんの帳簿価額は次のとおりであります。
    なお、重要なのれん(株式会社LCL)はインターネット・メディア事業に属しております。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  株式会社LCL              3,375     3,375

                423     366

  その他
               3,799     3,741

      合計
             79/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (3)のれんの減損テスト
    のれんが配分されている資金生成単位あるいは資金生成単位グループについては毎期、さらに減損の兆候がある
   場合には都度、減損テストを行っております。資金生成単位あるいは資金生成単位に配分されたのれんの回収可能
   価額は、使用価値によって算定しております。
    使用価値は、以下の主要な仮定に基づいて算定しております。
    各資金生成単位における将来キャッシュ・フローは、取締役会が承認した事業計画(最大5年)を基礎とし、以
   降の期間の将来キャッシュ・フローは、継続成長率をゼロと仮定して測定された数値を使用しております。将来
   キャッシュ・フローの予測期間は、各資金生成単位の事業に応じた適切な期間を設定しております。
    各資金生成単位に適用される割引率(前連結会計年度12.0%~18.0%、当連結会計年度10.5%~19.0%)は、税
   引前加重平均資本コストを基礎に、外部情報及び内部情報を用いて事業に係るリスク等が適切に反映されるよう算
   定しております。
    なお、減損判定に用いた主要な仮定が合理的に予測可能な範囲で変動した場合においても、重要な減損が発生す
   る可能性は低いと判断しております。
  14.ストラクチャード・エンティティ

    連結していないストラクチャード・エンティティとして、当社グループが保有する投資ファンドがあります。
   当社は新規事業の開発及びその情報収集を主目的として、国内外の投資ファンドに出資しております。
    当該ファンドは、主にリミテッドパートナーシップ形態のベンチャーファンド、投資事業有限責任組合として組
   成されており、当社は有限責任組合員として出資しております。
    非連結のストラクチャード・エンティティの規模、当社の当該エンティティに対する投資の帳簿価額及び当社の

   潜在的な最大損失エクスポージャーは、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  非連結のストラクチャード・エンティティの総資産
               7,723     12,255
  (合算額)
  当社の最大損失エクスポージャー
               1,162     1,586
  当社が認識した投資の帳簿価額
                383     213
  追加投資のコミットメント契約
               1,545     1,798

       合計
    連結財政状態計算書上、当社が認識する投資は、「その他の金融資産」(非流動資産)に含めて表示しておりま

   す。当社が非連結のストラクチャード・エンティティに対して認識している負債はありません。
    当該ストラクチャード・エンティティへの関与から生じる潜在的な最大損失エクスポージャーは、当社の投資の
   帳簿価額及び追加投資に係るコミットメントの合計額に限定されます。
    当社の最大損失エクスポージャーは生じうる最大の損失額を示すものであり、ストラクチャード・エンティティ
   に関与することにより見込まれる損失の金額を意味するものではありません。
    当社が契約上の義務なしに、上記の非連結のストラクチャード・エンティティに対して財務的支援又はその他の

   重要な支援を提供したことはなく、提供する意図もありません。
             80/125






                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  15.持分法で会計処理されている投資
   当社グループの連結財務諸表において、関連会社に対する投資は、持分法によって会計処理しております。なお、
  議決権の20%未満を保有する関連会社については、当該企業の取締役会又は同等の経営機関への関与があるため、当
  該企業に対して重要な影響力を有していると判断しております。
   個々に重要性のない関連会社に対する投資の帳簿価額は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
               2,555     2,536

  帳簿価額合計
   個々に重要性のない関連会社の純損益及びその他の包括利益の持分変動額は、以下のとおりであります。

                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
               △238     △396

  当期利益の当社グループ持分
                △1     △7

  その他の包括利益の当社グループ持分
               △239     △403

  当期包括利益の当社グループ持分
  16.従業員給付

  (1)退職後給付
   ① 制度の概要
    当社及び連結子会社である㈱カカクコム・インシュアランス及びフォートラベル㈱、㈱エイガ・ドット・コ
   ム、㈱LCL、㈱ガイエは確定拠出年金制度を採用しております。
   ② 退職後給付費用に関する事項

                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
                130     143

  確定拠出年金への掛金支払額
  (2)従業員給付費用

    前連結会計年度及び当連結会計年度において、連結損益計算書の「営業費用」に含まれる従業員給付費用の合計
   は、それぞれ8,318百万円及び9,460百万円であります。従業員給付費用には、退職後給付費用、給与、賞与、法定
   福利費等を含めております。
  (3)従業員給付に係る負債

    従業員給付に係る負債の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                318     307

  未払費用
                518     578

  未払賞与
                460     609

  有給休暇に係る負債
               1,296     1,493

      合計
   (注) 未払費用には、給与、法定福利費等を含めております。
             81/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  17.株式報酬
   当社グループは、中長期的な業績と企業価値の持続的な向上への貢献を高めることを目的とした、持分決済型のス
  トック・オプション制度を採用しております。ストック・オプションは、当社の株主総会において承認された内容に
  基づき、当社の取締役会で決議された対象者に対して新株予約権として付与されております。
  1.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
   (1)ストック・オプションの内容
    ストック・オプションの契約条件等は、以下のとおりであります。
   ① 当社
      第8回新株予約権    第9回新株予約権    第10回新株予約権    第11回新株予約権
         当社役員    1名
  付与対象者の区分
     当社役員    6名    子会社役員   1名    当社役員    4名    当社役員    4名
  及び人数
         当社従業員   15名
  株式の種類及び付
         普通株式   115,000株
     普通株式  28,800株        普通株式 27,600株    普通株式 24,500株
  与数(注)
  付与日   2016年9月1日    2016年9月1日    2017年8月3日    2018年9月3日
     当社の取締役の地位を    新株予約権の行使時に    当社の取締役の地位を
     喪失した日の翌日から    おいて当社または当社    喪失した日の翌日から
     10日を経過するまでの    子会社の取締役、監査    10日を経過するまでの
     間に限り、一括しての    役、または従業員であ    間に限り、一括しての
     み行使できる。    ることを要する。    み行使できる。
  権利確定条件   その他の条件は、当社    その他の条件は、当社    その他の条件は、当社      同左
     と新株予約権の割当を    と新株予約権の割当を    と新株予約権の割当を
     受けたものとの間で締    受けたものとの間で締    受けたものとの間で締
     結した「新株予約権割    結した「新株予約権割    結した「新株予約権割
     当契約」に定めるとこ    当契約」に定めるとこ    当契約」に定めるとこ
     ろによる。    ろによる。    ろによる。
     対象勤務期間の定めは
  対象勤務期間         同左    同左    同左
     ありません。
     2016年9月2日~    2018年9月3日~    2017年8月4日~    2018年9月4日~
  権利行使期間
     2046年9月1日    2021年9月2日    2047年8月3日    2048年9月3日
             82/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
      第12回新株予約権      第13回新株予約権

     当社執行役員     14名
  付与対象者の区分   当社従業員      31名
           当社役員    4名
  及び人数   当社完全子会社取締役 4名
     当社子会社取締役   8名
  株式の種類及び付
      普通株式 228,000株      普通株式 25,900株
  与数(注)
  付与日     2018年10月19日      2019年8月2日
     新株予約権の行使時において      当社の取締役の地位を喪失し

     当社または当社子会社の取締      た日の翌日から10日を経過す
     役、監査役、または従業員で      るまでの間に限り、一括して
     あることを要する。      のみ行使できる。
  権利確定条件   その他の条件は、当社と新株      その他の条件は、当社と新株
     予約権の割当を受けたものと      予約権の割当を受けたものと
     の間で締結した「新株予約権      の間で締結した「新株予約権
     割当契約」に定めるところに      割当契約」に定めるところに
     よる。      よる。
     対象勤務期間の定めはありま
  対象勤務期間           同左
     せん。
     2020年10月20日~      2019年8月5日~
  権利行使期間
     2023年10月19日      2049年8月4日
   (注) 株式数に換算して記載しております。
   ② 連結子会社(㈱タイムデザイン)

      第2回新株予約権      第3回新株予約権
  付与対象者の区分         取締役      3名
     従業員     3名
  及び人数         従業員      6名
  株式の種類及び付
     普通株式    21株      普通株式    130株
  与数(注)
  付与日   2015年3月31日      2019年6月30日
     新株予約権の行使時において当

     社及び子会社の取締役または従
     業員であることを要する。但
     し、任期満了等の正当な理由に
     よる退任または正当な理由によ
     り退職する者で、取締役会にお
  権利確定条件   いて、特に新株予約権の行使を        同左
     認めた者についてはこの限りで
     はない。
     その他の条件は、当社と新株予
     約権の割当を受けたものとの間
     で締結した「新株予約権割当契
     約」に定めるところによる。
     対象勤務期間の定めはありませ

  対象勤務期間           同左
     ん。
     2017年3月31日~      2021年7月1日~
  権利行使期間
     2025年3月31日      2028年6月30日
   (注) 株式数に換算して記載しております。
             83/125


                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   (2)ストック・オプション数の変動状況及び行使価格
    ストック・オプション数の変動状況及び行使価格は、以下のとおりであります。
   前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        当社    ㈱タイムデザイン
       ストック・  加重平均行使   ストック・  加重平均行使
      オプション数   価格  オプション数   価格
      (単位:株)   (単位:円)   (単位:株)   (単位:円)
       379,400   1,519   21  200,000

  期首未行使残高
       252,500   1,911   -   -

  付与
       15,000   2,116   -   -

  失効
       177,100   1,655   7 200,000

  行使
       55,700   1,888   -   -

  満期消滅
       384,100   1,637   14  200,000

  期末未行使残高
       146,600   1,214   14  200,000

  期末行使可能残高
  行使価格範囲       1円~2,116円      200,000円

  加重平均残存契約年数        8.69年     6.01年

   (注)期中に権利が行使されたストック・オプションについて、権利行使日時点の加重平均株価は、以下のとおりであ
   ります。
        当社    ㈱タイムデザイン
  行使時平均株価(円)        2,181      -

   当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

        当社    ㈱タイムデザイン
       ストック・  加重平均行使   ストック・  加重平均行使
      オプション数   価格  オプション数   価格
      (単位:株)   (単位:円)   (単位:株)   (単位:円)
       384,100   1,637   14  200,000

  期首未行使残高
       25,900    1  130 1,095,890

  付与
        -   -   -   -

  失効
       92,000   1,528   -   -

  行使
       18,000   2,116   -   -

  満期消滅
       300,000   1,501   144 1,008,790

  期末未行使残高
       105,000   357   14  200,000

  期末行使可能残高
  行使価格範囲       1円~2,116円      200,000円

  加重平均残存契約年数        10.33年     7.94年

   (注)期中に権利が行使されたストック・オプションについて、権利行使日時点の加重平均株価は、以下のとおりであ
   ります。
        当社    ㈱タイムデザイン
  行使時平均株価(円)        2,455      -

             84/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   (3)期中に付与したストック・オプションの公正価値の測定方法
    各連結会計年度において付与されたストック・オプションの公正価値は、ブラック・ショールズ・モデルに基
   づいて測定されております。ブラック・ショールズ・モデルで使用された仮定は、以下のとおりであります。
                 当連結会計年度
            前連結会計年度     (自 2019年4月
          (自 2018年4月1日       1日
            至 2019年3月31日)        至 2020年3
                 月31日)
            当社     当社
         第11回新株予約権   第12回新株予約権   第13回新株予約権

           1,926    463   2,316

  公正価値          円   円   円
           2,011   2,116   2,425

  株価          円   円   円
            1   2,116    1

  行使価格          円   円   円
  予想ボラティリティ(注)         36.122 %  34.221 %  33.164 %

           2.7   3.5   3.1

  予想残存期間          年   年   年
           32   32   36

  予想配当         円/株   円/株   円/株
           △0.104 %  △0.089 %  △0.198 %

  リスクフリーレート
   (注) 予想ボラティリティは、予想残存期間に対応する期間の過去の株価実績を基にして算定しております。
  2.持分決済型株式報酬(ストック・オプション)に係る費用

    連結損益計算書に含まれている株式報酬費用は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
                76     139

  営業費用
  18.営業債務及びその他の債務

   営業債務及びその他の債務の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                558     425

  買掛金
               1,888     2,294

  未払金
               2,446     2,719

      合計
   (注) 営業債務及びその他の債務は、償却原価で測定する金融負債に分類しております。
             85/125







                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  19.その他の金融負債
   その他の金融負債の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  償却原価で測定する金融負債

                211     177

  預り金
                10      9

  その他
                221     186

       合計
                221     186

  流動負債
                -     -

  非流動負債
                221     186

       合計
  20.その他の負債

   その他の負債の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                698     823

  前受金
                639     984

  未払消費税
                264     342

  その他
               1,601     2,149

      合計
               1,419     1,903

  流動負債
                182     246

  非流動負債
               1,601     2,149

      合計
  21.引当金

  (1)調整表及び内訳
    引当金の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                178     474

  資産除去債務
                178     474

      合計
                -     -

  流動負債
                178     474

  非流動負債
                178     474

      合計
             86/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
    引当金の増減は、以下のとおりであります。
                  (単位:百万円)
          資産除去債務       合計
  前連結会計年度期首
              164       164
  (2018年4月1日)
              13       13
  期中増加額
              1       1
  割引計算の期間利息費用
  期中減少額(目的使用)            -       -
  前連結会計年度
              178       178
  (2019年3月31日)
              349       349
  期中増加額
              1       1
  割引計算の期間利息費用
  期中減少額(目的使用)            △55       △55
  当連結会計年度
              474       474
  (2020年3月31日)
  (2)引当金の概要及び経済的便益の流出が予測される時期等

    引当金の計算は、決算日における将来の経済的便益の流出金額に関する最善の見積りに基づいて行っておりま
   す。見積りに使用した仮定と異なる結果が生じることにより、翌年度以降の連結財務諸表において引当金の金額に
   重要な修正を行う可能性があります。
    当社グループが計上している引当金の概要及び経済的便益の流出が予測される時期は、以下のとおりでありま
   す。
   ① 資産除去債務
    当社グループが使用する賃貸事務所・建物等に対する原状回復義務に備え、過去の原状回復実績に基づき将来
   支払うと見込まれる額を計上しております。これらの債務は主に1年以上経過した後に支払われることが見込ま
   れておりますが、将来の事業計画等により影響を受けます。
             87/125











                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  22.資本及びその他の資本項目
  (1)資本金及び自己株式
    当社の授権株式数、発効済株式数及び当社グループが保有する自己株式数は、以下のとおりであります。
                    (単位:株)
          授権株式数    発行済株式数     自己株式
  前連結会計年度期首(2018年4月1日)         768,000,000    210,605,000     794,107

             -   △1,100,000     77,951
  増減
  前連結会計年度(2019年3月31日)         768,000,000    209,505,000     872,058

             -   △2,800,000     △35,500
  増減
  当連結会計年度(2020年3月31日)         768,000,000    206,705,000     836,558

   (注)1.当社の発行する株式は、すべて権利内容に何ら限定のない無額面の普通株式であります。
   (注)2.発行済株式数の期中増減は、自己株式の消却によるものであります。
   (注)3.自己株式数の期中増減は、取締役会決議による自己株式の取得による増加、取締役会決議による自己株式の
    消却及びストック・オプションの行使による減少によるものであります。
  (2)資本剰余金

    資本剰余金は、資本取引から生じた金額のうち資本金に含まれない金額で構成され、主な内訳は資本準備金であ
   ります。
    日本における会社法では、株式の発行に際しての払込みまたは給付に係る額の2分の1以上を資本金に組み入
   れ、資本金として計上しないこととした金額は資本準備金として計上することが規定されております。
  (3)利益剰余金

    利益剰余金は、当期及び過年度に純損益として認識されたもの及びその他の包括利益から振替えられたものから
   なります。
    会社法では、剰余金の配当により減少する剰余金の額の10分の1を、資本準備金及び利益剰余金に含まれる利益
   準備金の合計額が資本金の4分の1に達するまで、資本準備金または利益準備金として積み立てることが規定され
   ております。積み立てられた利益準備金は、欠損填補に充当できます。また、株主総会の決議をもって、利益準備
   金を取り崩すことができます。
    当社における会社法上の分配可能額は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準拠して作
   成された親会社の会計帳簿上の利益剰余金の金額に基づいて算定されております。
    また、会社法は分配可能額の算定にあたり一定の制限を設けております。当社はその範囲内で利益剰余金の分配
   を行っております。
  (4)その他の資本の構成要素

    その他の資本の構成要素の内容は、以下のとおりであります。
   ① その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の公正価値の純変動
    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の認識が中止されるまでに生じた当該資産の公正価値
   の純変動額の累積額であります。
   ② 在外営業活動体の換算差額

    在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額であります。
   ③ 新株予約権

    当社はストック・オプション制度を採用しており、会社法に基づき新株予約権を発行しております。新株予約
   権としてその他の資本の構成要素に計上している金額は、それらの公正価値に基づく金額であり、また、それら
   の契約条件等は、「17.株式報酬」に記載しております。
             88/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  23.配当金
  (1)配当金支払額
   前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
         配当の総額   1株当たり配当額
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
         (単位:百万円)    (単位:円)
  2018年6月21日
           3,357    16
      普通株式          2018年3月31日   2018年6月22日
  定時株主総会
  2018年11月6日
           3,778    18
      普通株式          2018年9月30日   2018年12月3日
  取締役会
   当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

         配当の総額   1株当たり配当額
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
         (単位:百万円)    (単位:円)
  2019年6月18日
           3,755    18
      普通株式          2019年3月31日   2019年6月19日
  定時株主総会
  2019年11月6日
           4,174    20
      普通株式          2019年9月30日   2019年12月2日
  取締役会
  (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

   前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           配当の総額   1株当たり配当額
   決議  株式の種類   配当の原資          基準日  効力発生日
           (単位:百万円)    (単位:円)
  2019年6月18日                2019年  2019年
             3,755    18
      普通株式  利益剰余金
  定時株主総会                3月31日  6月19日
   当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

           配当の総額   1株当たり配当額
   決議  株式の種類   配当の原資          基準日  効力発生日
           (単位:百万円)    (単位:円)
  2020年6月18日                2020年  2020年
             4,117    20
      普通株式  利益剰余金
  定時株主総会                3月31日  6月19日
             89/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  24.売上収益
   (1) 収益の分解
    売上収益の金額は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
             前連結会計年度     当連結会計年度

   事業・業務     収益の種類    (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
  インターネット・メディア
  事業
                9,098     9,140
   価格.com業務     掲載店舗からの手数料収入
       各種サービスを提供する事
                8,680     9,929
       業者からの手数料収入
                4,732     4,891
       メーカー等からの広告収入
                19,105     21,509
   食べログ業務     契約店舗からの手数料収入
       個人利用者からの手数料収
                2,890     2,337
       入
                2,357     2,522
       メーカー等からの広告収入
   新興メディア・ソリュー
                6,250     8,426
       広告収入及び手数料収入
  ション業務
       保険代理店業務による手数
                1,720     2,223
  ファイナンス事業
       料収入
                54,832     60,978
       合計
   (2) 契約残高

    顧客との契約から生じた債権及び契約負債の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
        前連結会計年度期首     前連結会計年度     当連結会計年度
        (2018年4月1日)     (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  顧客との契約から生じた債権
   受取手形及び売掛金         7,620     8,700     8,433
  契約負債

   前受金         495     698     823
   (注) 前連結会計年度及び当連結会計年度の期首現在の前受金残高は、それぞれ前連結会計年度及び当連結会計年
   度の収益として認識しております。なお、前連結会計年度及び当連結会計年度に認識した収益のうち、過去の
   期間に充足または部分的に充足された履行義務から生じるものはありません。
    連結財政状態計算書において、顧客との契約から生じた債権は、「営業債権及びその他の債権」に含まれて
   おり、契約負債は、「その他の負債」に含まれております。
  (3) 残存履行義務に配分した取引価格

    当社グループにおいては、個別の予想契約期間が1年を超える重要な取引がないため、実務上の便法を適用し、
   残存履行義務に関する情報の記載を省略しております。
    また、顧客企業との契約から生じる対価の中に、取引価格に含まれていない重要な金額はありません。
  (4) 顧客との契約の獲得又は履行のためのコストから認識した資産

    当連結会計年度において、顧客との契約の獲得又は履行のためのコストから認識した資産の額に重要性はありま
   せん。また、認識すべき資産の償却期間が1年以内である場合には、実務上の便法を使用し、契約の獲得の増分コ
   ストを発生時に費用として認識しております。
             90/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  25.営業費用
   営業費用の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
               8,318     9,460

  従業員給付費用
               5,793     6,713
  支払手数料
               6,469     7,261

  広告宣伝費
               5,062     5,031

  代理店手数料
                139     139

  研究開発費
               4,008     5,094
  その他
               29,789     33,698

      合計
  26.金融収益及び金融費用

  (1)金融収益
    金融収益の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
  受取利息

  償却原価で測定する金融資産:
                1     16

   預金
  受取配当金

  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本
  性金融資産:
   期末時点において保有している金融資産からの受
                12      8
   取配当金
  為替差益(純額)              0     -
                1     2

  その他
                15     26

       合計
  (2)金融費用

    金融費用の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
                1     1

  引当金に係る期間利息費用
  為替差損(純額)              -     15

                -     207

  投資事業組合運用損
                7     5

  その他
                7     228

       合計
             91/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  27.法人所得税
  (1)繰延税金資産及び繰延税金負債
    繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳は、以下のとおりであります。
   前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                   (単位:百万円)
               その他の
          2018年4月   純損益を       2019年3月
               包括利益を   その他
          1日残高  通じて認識        31日残高
               通じて認識
  繰延税金資産

            8  16  -  -  24
  一括償却資産
           248   43  -  -  291

  ソフトウェア
           207   2  -  -  209

  未払事業税
           264   48  -  -  312

  未払費用
           17   4  -  -  21

  繰越欠損金
           161  △12   △1   3  152
  その他
           906   100  △1   3  1,008

  合計
  繰延税金負債

           60  △13   -  -  46
  減価償却費
           112   -   3  -  115

  資本性金融商品の公正価値の純変動
           476  △49   -  -  427

  ドメイン名
           116   0  -  -  116
  その他
           764  △62   3  -  705

  合計
           142   162  △4   3  304

      純額
             92/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                   (単位:百万円)
               その他の
          2019年4月   純損益を       2020年3月
               包括利益を   その他
          1日残高  通じて認識        31日残高
               通じて認識
  繰延税金資産

           24   13  -   -  37
  一括償却資産
           291   42  -   -  333

  ソフトウェア
           209   28  -   -  237

  未払事業税
           312   66  -   -  377

  未払費用
           21   25  -   -  46

  繰越欠損金
           152   107   6   3  267
  その他
           1,008   280   6   3  1,297

  合計
  繰延税金負債

           46  △16   -   -  30
  減価償却費
           115   -  △114   -   0

  資本性金融商品の公正価値の純変動
           427  △63   -   -  364

  ドメイン名
           116   65  -   -  181

  その他
           705  △15  △114   -  576

  合計
           304   295  120   3  722

      純額
    当社グループは、繰延税金資産の回収可能性について、毎期評価しており、当社グループの繰延税金資産の回収

   可能性を考慮して、繰延税金資産を認識しております。
    連結財政状態計算書上の繰延税金資産及び繰延税金負債は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                304     722

  繰延税金資産
                -     -

  繰延税金負債
                304     722
      純額
    繰延税金資産を認識していない将来減算一時差異、税務上の繰越欠損金及び繰越税額控除の金額は、以下のとお

   りであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                186     118

  将来減算一時差異
                57     66
  繰越欠損金
             93/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
    繰延税金資産を認識していない税務上の繰越欠損金の繰越期限は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
                -     -

  1年目
                -     -
  2年目
                -     -

  3年目
                24     33

  4年目
                33     33
  5年目以降
                57     66

      合計
    前連結会計年度末及び当連結会計年度末において、繰延税金負債を認識していない子会社及び関連会社に対する

   投資に係る将来加算一時差異に重要性はありません。
  (2)法人所得税費用

    法人所得税費用の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
               8,259     8,575

  当期税金費用
               △162     △295

  繰延税金費用
               8,097     8,280

      合計
   (注) 当社グループにおいては、法人税、住民税および事業税が課されており、これらを基礎として計算した前連
    結会計年度および当連結会計年度の当期税金費用の適用税率はそれぞれ31.46%、31.46%であります。ただ
    し、海外子会社についてはその所在地における税率を使用しております。
  (3)法定実効税率の調整

    法定実効税率と法人所得税費用の負担率との調整は、以下のとおりであります。実際負担率は税引前利益に対す
   る法人所得税の負担割合を表示しております。
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
               31.46%     31.46%

  法定実効税率
  (調整)
               0.11%     0.13%

  永久差異
               △0.68%     △0.39%

  税額控除
               △0.05%     △0.07%

  未認識の繰延税金の増減
               1.76%     △0.02%
  その他
               32.60%     31.11%

  法人所得税費用の負担率
             94/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  28.借入金等
   (1)借入金及びリース負債の内訳は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
          前連結会計年度     当連結会計年度
                   平均利率
          (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  短期借入金           200     400   0.48%
  1年内返済予定の長期借入金           139     43   0.55%

  長期借入金           139     124   0.49%

  短期リース負債           -    1,514    0.30%

  長期リース負債           -    6,293    0.50%

     合計        478    8,374    -

  流動負債           339    1,957

  非流動負債           139    6,416

     合計        478    8,374

  (注)1.借入金は、償却原価で測定する金融負債に分類しています。
   2.借入金及びリース負債の「平均利率」は、当連結会計年度末残高に対する加重平均利率を記載しています。
   3.当連結会計年度における長期借入金の「返済期限」は、2020年から2024年、              長期リース負債の「返済期限」
    は2020年から2029年です。
   (2)担保に供している資産

   該当事項はありません。
             95/125












                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  29.1株当たり当期利益
   親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり当期利益及び希薄化後1株当たり当期利益は、以下のとおりでありま
  す。
                    (単位:円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
               79.70     88.25

  基本的1株当たり当期利益
               79.66     88.20
  希薄化後1株当たり当期利益
   親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり当期利益及び希薄化後1株当たり当期利益の算定上の基礎は、以下の

  とおりであります。
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
  基本的1株当たり当期利益

  親会社の所有者に帰属する当期利益(百万円)             16,697     18,348
  親会社の普通株主に帰属しない当期利益(百万円)              -     -

  基本的1株当たり当期利益の算定に使用する当期利
               16,697     18,348
  益(百万円)
  期中平均株式数(株)            209,491,700     207,911,788
  希薄化後1株当たり当期利益

  当期利益調整額(百万円)              -     -
  希薄化後1株当たり当期利益の算定に使用する当期
               16,697     18,348
  利益(百万円)
  普通株式増加数(株)             97,981     110,723
  (うち新株予約権(株))             (97,981)     (110,723)

           2018年9月19日取締役会決議

           の第12回新株予約権
  希薄化効果を有しないため、希薄化後1株当たり当期
                     -
           (新株予約権の数2,130個)
  利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
             96/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  30.その他の包括利益
   その他の包括利益の内訳と対応する税効果額(非支配持分を含む)は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
              前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
  純損益に振り替えられることのない項目

  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の
  公正価値の純変動
                42    △412
  当期発生額
                42    △412

   税効果調整前
                △4     120

  税効果額
  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の
                39    △293
  公正価値の純変動
                39    △293
  純損益に振り替えられることのない項目計
  純損益に振り替えられる可能性のある項目

  在外営業活動体の換算差額

                △1     △10

  当期発生額
                -     -

  組替調整額
                △1     △10

   税効果調整前
                -     -

  税効果額
                △1     △10
  在外営業活動体の換算差額
  持分法適用会社におけるその他の包括利益に対する持分

                △1     △7
  当期発生額
                -     -

  組替調整額
                △1     △7
  持分法適用会社におけるその他の包括利益に対する持分
                △1     △17

  純損益に振り替えられる可能性のある項目計
                37    △310

      その他の包括利益合計
             97/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  31.金融商品
  (1)資本管理
    当社グループの資本管理は、当社グループの持続的な成長と企業価値増大を実現するため、事業発展に充分な資
   金を確保できる堅固な財務体質維持と効率的な資本構成の両立を方針としております。
    当社が資本管理において用いる主な指標には、以下のものがあります。
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
  ROE(親会社所有者帰属持分当期利益率)(注)             45.1%     44.0%

   (注) 親会社の所有者に帰属する当期利益/親会社の所有者に帰属する持分(期首・期末平均)
  (2)財務上のリスク管理

    当社グループは、事業活動を行う過程において、常に信用リスク、流動性リスク、市場リスク(株価変動リス
   ク)等の様々な財務上のリスクに晒されております。これらの財務上のリスクを軽減するために、リスク管理を
   行っております。リスク管理にあたっては、リスク発生要因の根本からの発生を防止することでリスクを回避し、
   回避できないリスクについてはその低減を図るようにしております。なお、デリバティブ取引については利用して
   おりません。
   ① 信用リスク
    当社グループは、営業債権及びその他の債権及びその他の金融資産について、信用リスクに晒されておりま
   す。
   (a)営業債権及びその他の債権
     当社は、債権保全基準に従い、営業債権である受取手形及び売掛金について、管理部署が主要な取引先の状
    況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況の悪化等による回
    収懸念の早期把握に努め、信用リスクの軽減を図っております。連結子会社についても、当社の債権保全基準
    に準じて、同様の管理を行っております。
   (b)敷金・保証金
     当社グループは賃貸借契約に基づく賃借を行っており、敷金・保証金について、取引開始時に信用判定を行
    うとともに、契約更新時その他適宜契約先の信用状況の把握に努めております。
    当社グループでは、主に営業債権等の償却原価で測定される金融資産について、回収可能性や信用リスクの著し

   い増加 等を考慮のうえ、将来の予想信用損失を測定し、貸倒引当金を計上しております。信用リスクが著しく増加
   しているか否かは、債務不履行発生リスクの変動に基づいて判断しており、その判断にあたっては、取引先の経営
   成績の悪化、期日経過情報等を考慮しております。
    当社グループにとって、特に重要な金融資産である営業債権における貸倒引当金は、全期間の予想信用損失を集
   合的に測定しておりますが、期待将来キャッシュ・フローに不利な影響を与える以下のような事象等が発生した場
   合は、信用減損している金融資産として個別債権ごとに予想信用損失を測定しております。
   ・取引先の深刻な財政困難
   ・債権の回収不能や、再三の督促に対しての回収遅延
   ・取引先が破産やその他財政再建が必要な状態に陥る可能性の増加
    なお、当社グループは、特定の相手先またはその相手先が所属するグループについて、過度に集中した信用リス
   クを負っておりません。
    また、当社グループが受取手形及び売掛金の全体又は一部を回収するという合理的な期待を有していない場合に
   は、社内での審議承認プロセスを踏み、帳簿価額を直接減額しております。
   (ⅰ)信用リスクに対する最大エクスポージャー
     連結財政状態計算書に表示されている各金融資産の減損後の帳簿価額は、獲得した担保またはその他の信
    用補完を考慮に入れない、当社グループの金融資産の信用リスクに対するエクスポージャーの最大値であり
    ます。
     なお、信用リスクに対するエクスポージャーに関し、担保として保有する物件及びその他の信用補完する
    ものはありません。
             98/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   (ⅱ)期日経過しているが減損していない金融資産
     前連結会計年度及び当連結会計年度において、期日が経過している金融資産に重要性はありません。
   (ⅲ)貸倒引当金の増減

     営業債権(非流動の売掛金を含む)の帳簿価額及びこれらに対する貸倒引当金の増減は、以下のとおりで
    あります。
                   (単位:百万円)
          貸倒引当金を全期間にわたる予想信用損失に
           等しい金額で測定している金融資産
    営業債権                合計
         常に貸倒引当金を全期間の
               信用減損している
         予想信用損失と同額で測定
               金融資産(注2)
         している金融資産(注1)
  前連結会計年度期首(2018年4月1日)           7,675      5  7,680

             1,026      1  1,027

  当期の増減
             △1      1   -
  信用減損金融資産への変更
  前連結会計年度(2019年3月31日)           8,700      7  8,707

             △224     △39   △263

  当期の増減
             △42      42   -
  信用減損金融資産への変更
  当連結会計年度(2020年3月31日)           8,433      11  8,444

   (注)1.常に貸倒引当金を全期間の予想信用損失と同額で測定している金融資産について、「9.営業債権及びその
    他の債権」に記載されております。
   (注)2.信用減損している金融資産に関して、「10.その他の金融資産」の「その他」に含まれております。
                   (単位:百万円)
          貸倒引当金を全期間にわたる予想信用損失に
           等しい金額で測定している金融資産
    貸倒引当金                合計
         常に貸倒引当金を全期間の
               信用減損している
         予想信用損失と同額で測定
               金融資産(注2)
         している金融資産(注1)
  前連結会計年度期首(2018年4月1日)            8     5   13

             16     2   17

  当期増減
             △0      0   -
  信用減損金融資産への変更
             -     -   -
  その他の変動
  前連結会計年度(2019年3月31日)            24     7   31

             24     △5   19

  当期増減
             △9      9   -
  信用減損金融資産への変更
             -     -   -
  その他の変動
  当連結会計年度(2020年3月31日)            39     11   50

   (注)1.常に貸倒引当金を全期間の予想信用損失と同額で測定している金融資産に対する貸倒引当金について、
    「9.営業債権及びその他の債権」に記載されております。
   (注)2.信用減損している金融資産に対する貸倒引当金について、「10.その他の金融資産」の「貸倒引当金」に含
    まれております。
             99/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ② 流動性リスク
    当社グループが現金またはその他の金融資産により決済する金融負債に関連する債務を履行するにあたり、支
   払期日にその支払を実行できなくなる流動性リスクに晒されております。
    当社グループは各部署からの報告に基づき財務部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動
   性の維持などにより流動性リスクを管理しております。また、当社グループは金融機関との間で総額4,100百万
   円の当座借越契約を締結し、流動性リスクの低減を図っております。なお、前連結会計年度において当座貸越は
   行なっておりませんが、当連結会計年度において借入実行残高は、400百万円であります。
    非デリバティブ金融負債の期日別内訳は、以下のとおりであります。

    前連結会計年度(2019年3月31日)
                   (単位:百万円)
         契約上の
      帳簿価額   キャッシュ・    1年以内   1年超5年以内    5年超
          フロー
  営業債務及びその
       2,446   2,446   2,446    -   -
  他の債務
        478   482   342   140    -
  借入金
       2,924   2,928   2,788    140    -

   合計
    当連結会計年度(2020年3月31日)

                   (単位:百万円)
         契約上の
      帳簿価額   キャッシュ・    1年以内   1年超5年以内    5年超
          フロー
  営業債務及びその
       2,719   2,719   2,719    -   -
  他の債務
        567   570   445   125    -
  借入金
       7,807   7,979   1,544   3,034   3,401

  リース負債
       11,093   11,269    4,709   3,159   3,401

   合計
   ③ 株価変動リスク

    当社グループは、資本性金融商品から生じる価格変動リスクに晒されております。短期トレーディング目的で
   保有する資本性金融商品はありません。
    資本性金融商品については、定期的に時価や発行体の財務状況を把握しております。
    当社グループは、主に取引関係の強化または事業上の関係強化のために株式を保有しているため、株価変動リ
   スクに晒されております。当社グループは、定期的に市場価格や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、
   リスク管理をしております。
    株式は、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定しており、株価変動に対する損益への
   影響はなく、また、その他の包括利益への影響も軽微であります。
            100/125






                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  (3)金融商品の公正価値
   ① 償却原価で測定する金融商品
    償却原価で測定する金融商品の公正価値及び連結財政状態計算書における帳簿価額は、以下のとおりでありま
   す。
    なお、敷金・保証金及び借入金以外の償却原価で測定する金融商品は短期間で決済されるため、帳簿価額が公
   正価値の合理的な近似値となっていることから以下の表には含めておりません。
                   (単位:百万円)
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (2019年3月31日)      (2020年3月31日)
          帳簿価額   公正価値   帳簿価額   公正価値

  資産:

  その他の金融資産

            848   826   1,357   1,316
   敷金・保証金
            848   826   1,357   1,316

     合計
  負債:

            478   470   567   560
  借入金
            478   470   567   560

     合計
    敷金・保証金については、償還予定時期を見積り、安全性の高い長期の債券の利回りで割り引いた現在価値に

   より測定しており、レベル3に分類しております。
    借入金については、将来キャッシュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引い
   た現在価値により公正価値を算定しており、レベル3に分類しております。
   ② 公正価値で測定する金融商品

   (ⅰ)公正価値のヒエラルキーのレベル別分類
     金融商品の公正価値のヒエラルキーは、以下のとおり分類しております。
    レベル1:活発な市場における相場価格により測定された公正価値
    レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外で、直接または間接的に観察可能な価格により測定された公正
      価値
    レベル3:観察可能でないインプットを含む、評価技法を用いて測定された公正価値
   (ⅱ)公正価値で測定される金融商品

     株式については、レベル1に区分されているものは活発な市場で取引されている上場株式であり、取引所
    の市場価格によって評価しております。レベル3に区分されているものは非上場株式であり、主として割引
    将来キャッシュ・フローに基づく評価技法等により測定しております。
     出資金については、非上場投資事業組合への出資であり、組合財産の公正価値を見積もった上、当該公正
    価値に対する持分相当額を投資事業組合等への出資金の公正価値として測定しております。
     転換社債型新株予約権付社債については、非上場会社の発行する転換社債型新株予約権付社債であり、主
    として割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法等により測定しております。
     公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーは、以下のとおりであります。

     公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、各報告日において認識しております。
            101/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
    前連結会計年度(2019年3月31日)
                   (単位:百万円)
         レベル1   レベル2   レベル3
                    合計
  金融資産

  その他の包括利益を通じて公正価値
  で測定する金融資産:
           675    -   171   846
   株式
           -   -   882   882

   出資金
  純損益を通じて公正価値で測定する
  金融資産:
           10   -   281   291
   出資金
           -   -   325   325
   転換社債型新株予約権付社債
           686    -   1,659   2,344

     合計
    当連結会計年度(2020年3月31日)

                   (単位:百万円)
         レベル1   レベル2   レベル3
                    合計
  金融資産

  その他の包括利益を通じて公正価値
  で測定する金融資産:
           291    -   121   412
   株式
           -   -   -   -

   出資金
  純損益を通じて公正価値で測定する
  金融資産:
           10   -   1,586   1,596
   出資金
           -   -   -   -

   転換社債型新株予約権付社債
           301    -   1,707   2,007

     合計
            102/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
    レベル3に分類された金融商品の期首残高から期末残高への調整表
                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
               1,159     1,659

  期首残高
  利得及び損失(注)1              △67     △211

                587     667

  取得
                -     △40

  処分
                -     -

  レベル3からの振替
                △20     △368

  その他
               1,659     1,707

  期末残高
   (注)1.利得及び損失は、各報告期間の末日時点の純損益を通じて公正価値で測定する金融資産及びその他の包括利
    益を通じて公正価値で測定する金融資産に関するものであります。
   (注)2.レベル3に区分される非上場投資事業組合等への出資金については、組合財産の公正価値を見積もった上、
    当該公正価値に対する持分相当額を投資事業組合等への出資金の公正価値としております。
   ③ 評価プロセス

    当社グループは、グループ会計方針等に則りレベル3に分類される金融商品に係る公正価値の測定を実施して
   おります。公正価値の測定結果は経営管理部門責任者によりレビューされ、承認されております。
            103/125













                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  32.リース取引
   当社グループは、借手として、主に事務所を賃借しております。           なお 、変動リース料、更新又は購入選択権、エス
  カレーション条項及びリース契約によって課された制限(配当、追加借入及び追加リースに関する制限など)はあり
  ません。
   また、比較情報である2019年3月期の記載はIAS第17号「リース」に基づいております。
  前連結会計年度(2019年3月31日)

   オペレーティング・リース
   解約不能オペレーティング・リースに係る将来の最低支払リース料の支払期日別の内訳は、以下のとおりでありま
  す。
              (単位:百万円)
            前連結会計年度
            (2019年3月31日)
                700

  1年以内
                73

  1年超、5年以内
                -

  5年超
                773

      合計
  当連結会計年度(2020年3月31日)

   リースに係る損益の内訳は以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
                当連結会計年度
               (自 2019年4月1日
                至 2020年3月31日)
  使用権資産に係る減価償却費
                     1,299
   建物
                     18
  リース負債に係る金利費用
   使用権資産の帳簿価額の内訳は以下のとおりであります。

                   (単位:百万円)
            当連結会計年度期首      当連結会計年度
            (2019年4月1日)     (2020年3月31日)
  使用権資産
               1,464     7,947
   建物
               1,464     7,947
      合計
   当連結会計年度における使用権資産の増加額は7,782百万円であります。
   当連結会計年度におけるリースに係るキャッシュ・アウトフローの合計額は1,308百万円であります。
   リース負債の満期分析については、注記「31.金融商品 (2)財務上のリスク管理                ② 流動性リスク  」に記載し
  ております。
            104/125






                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  33.関連当事者
  (1)関連当事者との取引
   前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                  取引金額  未決済残高
  会社の名称または氏名     関連当事者との関係      取引の内容
                  (百万円)  (百万円)
                   12  -

  林 郁     当社取締役会長     ストック・オプションの行使
                   12  -

  畑 彰之介     当社代表取締役社長     ストック・オプションの行使
                   12  -

  上村 はじめ     当社取締役     ストック・オプションの行使
                   12  -

  結城 晋吾     当社取締役     ストック・オプションの行使
                   12  -

  村上 敦浩     当社取締役     ストック・オプションの行使
   当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                  取引金額  未決済残高
  会社の名称または氏名     関連当事者との関係      取引の内容
                  (百万円)  (百万円)
                   16  -

  村上 公浩     当社子会社取締役     ストック・オプションの行使
                   11  -

  作田 一郎     当社子会社取締役     ストック・オプションの行使
  (2)主要な経営幹部に対する報酬

    主要な経営幹部に対する報酬は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
             前連結会計年度      当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
                260     278

  報酬及び賞与
                43     58
  株式報酬
                303     336

      合計
   (注) 主要な経営幹部は、各連結会計年度における当社の取締役であります。
            105/125










                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  34.後発事象
   該当事象はありません。
  35.主要な子会社及び関連会社

   当社の重要な子会社及び関連会社は「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載のとおりであります。
  36.キャッシュ・フロー情報

    財務活動から生じた負債の変動は、以下のとおりであります。
                   (単位:百万円)
           1年内返済予定
         短期借入金   の  長期借入金  リース負債   合計
            長期借入金
  前連結会計年度期首(2018年4月1日)         -  168  235   -   404
           200  △137   11  -   74

  キャッシュ・フローを伴う変動
  キャッシュ・フローを伴わない変動

           -  107  △107   -   -
  その他
  前連結会計年度(2019年3月31日)         200  139  139   -   478

           -  -  -  1,398   1,398

   会計方針の変更による調整額
  当連結会計年度期首(2019年4月1日)         200  139  139  1,398   1,876

           150  △89   28  △1,290   △1,201

  キャッシュ・フローを伴う変動
  キャッシュ・フローを伴わない変動

           -  -  -  7,699   7,699

  新規リース
           50  △7  △43   -   -
  その他
  当連結会計年度(2020年3月31日)         400   43  124  7,807   8,374

            106/125











                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ⑤【連結附属明細表】
   【社債明細表】
   該当事項はありません。
   【借入金等明細表】

   当該情報は、連結財務諸表注記「28.借入金等」に記載しております。
   【資産除去債務明細表】

   当該情報は、連結財務諸表注記「21.引当金」に記載しております。
  (2) 【その他】

  当連結会計年度における四半期情報等
  (累計期間)
       第1四半期    第2四半期    第3四半期    当連結会計年度
  売上収益(百万円)       14,224    29,529    45,256    60,978

  税引前四半期利益又は
         6,336    13,343    20,534    26,619
  税引前利益(百万円)
  親会社の所有者に帰属す
  る四半期(当期)利益       4,325    9,095    13,979    18,348
  (百万円)
  基本的1株当たり四半期
         20.73    43.59    67.04    88.25
  (当期)利益(円)
  (会計期間)

       第1四半期    第2四半期    第3四半期    第4四半期
  基本的1株当たり四半期
         20.73    22.86    23.45    21.20
  利益(円)
            107/125











                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  2【財務諸表等】
  (1)【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                   (単位:百万円)

            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  資産の部
  流動資産
               21,828     23,438
   現金及び預金
                28     6
   受取手形
              ※1 7,875     ※1 7,357
   売掛金
                9     29
   未収入金
               405     419
   前払費用
               ※1 662     ※1 458
   その他
               △23     △38
   貸倒引当金
               30,785     31,670
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
               265     1,216
    建物
               625     932
    器具及び備品
                68     68
    土地
               116     27
    建設仮勘定
                1     -
    その他
               1,078     2,245
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               1,677     1,759
    ソフトウエア
                70     211
    ソフトウエア仮勘定
               1,747     1,971
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
              ※1 1,998
                    1,997
    投資有価証券
               9,989     9,830
    関係会社株式
                46     44
    長期前払費用
               1,123     1,245
    繰延税金資産
               672     1,139
    保証金
                6     10
    破産更生債権等
               △6     △10
    貸倒引当金
               13,829     14,256
    投資その他の資産合計
               16,655     18,473
   固定資産合計
               47,440     50,144
  資産合計
            108/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)

            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  負債の部
  流動負債
               ※1 226     ※1 164
   買掛金
              ※1 1,853     ※1 2,046
   未払金
                66     100
   未払費用
               3,879     4,237
   未払法人税等
               563     894
   未払消費税等
                87     76
   前受金
               132     120
   預り金
               448     487
   賞与引当金
                37     40
   役員賞与引当金
                27     46
   その他
               7,322     8,213
   流動負債合計
  固定負債
               ※1 154     ※1 151
   長期預り保証金
               147     360
   資産除去債務
               301     511
   固定負債合計
               7,623     8,725
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
               915     915
   資本金
   資本剰余金
               1,087     1,087
    資本準備金
               1,087     1,087
    資本剰余金合計
   利益剰余金
    その他利益剰余金
               39,137     41,414
    繰越利益剰余金
               39,137     41,414
    利益剰余金合計
               △1,750     △2,196
   自己株式
               39,390     41,221
   株主資本合計
  評価・換算差額等
               258     △12
   その他有価証券評価差額金
               258     △12
   評価・換算差額等合計
               167     209
  新株予約権
               39,816     41,418
  純資産合計
               47,440     50,144
  負債純資産合計
            109/125








                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ②【損益計算書】
                   (単位:百万円)
            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
              ※1 49,474     ※1 54,665
  売上高
               2,929     3,158
  売上原価
               46,545     51,507
  売上総利益
              ※1 ※2 23,251    ※1 ※2 26,012
  販売費及び一般管理費
               23,293     25,494
  営業利益
  営業外収益
                16     21
  受取利息及び配当金
               ※1 14     ※1 14
  業務受託料
                3     3
  助成金収入
                3     23
  その他
                37     62
  営業外収益合計
  営業外費用
                4     20
  自己株式取得費用
                62     198
  投資事業組合運用損
                2     3
  その他
                69     222
  営業外費用合計
               23,261     25,333
  経常利益
  特別利益
               107     -
  投資有価証券売却益
                25     -
  新株予約権戻入益
                -     3
  その他
               133      3
  特別利益合計
  特別損失
                -     150
  関係会社株式評価損
                -     41
  その他
                -     191
  特別損失合計
               23,395     25,145
  税引前当期純利益
  法人税、住民税及び事業税             7,387     7,582
               △79     △2
  法人税等調整額
               7,307     7,580
  法人税等合計
               16,087     17,566
  当期純利益
            110/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  【売上原価明細書】
           前事業年度        当事業年度
          (自 2018年4月1日       (自 2019年4月1日
           至 2019年3月31日)         至 2020年3月31日)
              構成比       構成比
       注記
          金額(百万円)       金額(百万円)
    区分
              (%)       (%)
       番号
            1,278  34.9     1,398  34.4

  Ⅰ 労務費
            2,384       2,665
        ※1       65.1       65.6
  Ⅱ 経費
              100.0       100.0

   当期費用          3,662       4,063
             241       200
   当期仕入高
            3,903       4,264

   合計
        ※2     974      1,105

   他勘定振替高
            2,929       3,158

   売上原価
  (注) ウェブサイトのプログラムの製作及び維持管理に係る労務費及び経費を売上原価として計上しております。

  ※1.経費の主な内訳は、次のとおりであります。

           前事業年度        当事業年度
          (自 2018年4月1日       (自 2019年4月1日
           至 2019年3月31日)         至 2020年3月31日)
          金額(百万円)       金額(百万円)

     項目
              384       512

  外注費
              275       250
  サーバー管理費
              1,236       1,309

  減価償却費
              236       286
  支払手数料
  ※2.他勘定振替高の内訳は、次のとおりであります。

           前事業年度        当事業年度
          (自 2018年4月1日       (自 2019年4月1日
           至 2019年3月31日)         至 2020年3月31日)
          金額(百万円)       金額(百万円)

     項目
              974      1,105

  ソフトウエア仮勘定
            111/125







                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ③【株主資本等変動計算書】
    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                    (単位:百万円)
             株主資本
         資本剰余金     利益剰余金
             その他利益剰
     資本金        余金     自己株式  株主資本合計
         その他資本剰  資本剰余金合    利益剰余金合
       資本準備金
          余金  計    計
             繰越利益剰余
             金
  当期首残高    915  1,087   -  1,087  32,317  32,317  △1,255  33,065
  当期変動額
  剰余金の配当
             - △7,135  △7,135    △7,135
  当期純利益           -  16,087  16,087    16,087
  自己株式の取得           -    - △2,999  △2,999
  自己株式の消却        △2,209  △2,209     -  2,209   -
  自己株式の処分
           78  78    -  294  372
  自己株式処分差
          2,131  2,131  △2,131  △2,131     -
  損の振替
  株主資本以外の
  項目の当期変動
  額(純額)
  当期変動額合計    -  -  -  -  6,820  6,820  △495  6,324
  当期末残高
      915  1,087   -  1,087  39,137  39,137  △1,750  39,390
     評価・換算差額等

         新株予約権  純資産合計
     その他有価証  評価・換算差
     券評価差額金  額等合計
  当期首残高
      250  250  197  33,513
  当期変動額
  剰余金の配当      -    △7,135
  当期純利益      -    16,087
  自己株式の取得
        -    △2,999
  自己株式の消却      -    -
  自己株式の処分      -  △79  293
  自己株式処分差
        -    -
  損の振替
  株主資本以外の
  項目の当期変動    7  7  50  58
  額(純額)
  当期変動額合計     7  7  △29  6,303
  当期末残高    258  258  167  39,816
            112/125






                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                    (単位:百万円)
             株主資本
         資本剰余金     利益剰余金
             その他利益剰
     資本金        余金     自己株式  株主資本合計
         その他資本剰  資本剰余金合    利益剰余金合
       資本準備金
          余金  計    計
             繰越利益剰余
             金
  当期首残高
      915  1,087   -  1,087  39,137  39,137  △1,750  39,390
  当期変動額
  剰余金の配当           - △7,929  △7,929    △7,929
  当期純利益           -  17,566  17,566    17,566
  自己株式の取得
             -  -  - △7,999  △7,999
  自己株式の消却        -  - △7,361  △7,361  7,361   -
  自己株式の処分         1  1  -  -  192  194
  自己株式処分差
          △1  △1  1  1    -
  損の振替
  株主資本以外の
  項目の当期変動
  額(純額)
  当期変動額合計    -  -  -  -  2,276  2,276  △445  1,831
  当期末残高    915  1,087   -  1,087  41,414  41,414  △2,196  41,221
     評価・換算差額等

         新株予約権  純資産合計
     その他有価証  評価・換算差
     券評価差額金  額等合計
  当期首残高    258  258  167  39,816
  当期変動額
  剰余金の配当
        -    △7,929
  当期純利益      -    17,566
  自己株式の取得      -    △7,999
  自己株式の消却
        -    -
  自己株式の処分      -  △68  125
  自己株式処分差
        -    -
  損の振替
  株主資本以外の
  項目の当期変動    △271  △271  110  △160
  額(純額)
  当期変動額合計
      △271  △271  41  1,601
  当期末残高    △12  △12  209  41,418
            113/125






                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   【注記事項】
   (重要な会計方針)
  1.資産の評価基準及び評価方法
  有価証券
  (1) 関係会社株式
   移動平均法による原価法
  (2) その他有価証券

   時価のあるもの
    事業年度末日の市場価値等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
    法により算定)
   時価のないもの
    移動平均法による原価法
     なお、投資事業有限責任組合及びこれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券
    とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎と
    し、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
  2.固定資産の減価償却の方法

  (1) 有形固定資産
   定額法
   なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
     建物………………8~15年
     器具及び備品……4~5年
  (2) 無形固定資産

    自社利用のソフトウエアについて、社内における利用可能期間(3~5年)に基づく定額法を採用しておりま
   す。
  3.引当金の計上基準

  (1) 貸倒引当金
    債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
   ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
  (2) 賞与引当金

    従業員に対する賞与の支出に充てるため、支給見込額のうち、当事業年度の負担すべき額を計上しております。
  (3) 役員賞与引当金

    役員に対する賞与の支出に充てるため、支給見込額のうち、当事業年度の負担すべき額を計上しております。
  4.収益及び費用の計上基準

    広告売上の計上基準について
     広告主からの受注金額を売上高として計上し、広告代理店に支払う販売手数料を、代理店手数料として計上
    しております。
  5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

   消費税等の処理方法
    消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
            114/125





                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   (貸借対照表関係)
   ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
           前事業年度      当事業年度
           (2019年3月31日)      (2020年3月31日)
              249      277

  短期金銭債権            百万円      百万円
              325       -

  長期金銭債権            百万円      百万円
              19      21

  短期金銭債務            百万円      百万円
              52      52

  長期金銭債務            百万円      百万円
   ※2 当社は運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約

    に基づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
           前事業年度      当事業年度
           (2019年3月31日)      (2020年3月31日)
             3,300      3,000

  当座貸越限度額の総額            百万円      百万円
              -      -

  借入実行残高            百万円      百万円
             3,300      3,000

  差引額            百万円      百万円
   (損益計算書関係)

   ※1 関係会社との取引高
            前事業年度       当事業年度
          (自 2018年4月1日      (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)        至 2020年3月31日)
             2,561      3,129
  営業取引の取引高            百万円      百万円
              14      14
  営業取引以外の取引高            百万円      百万円
   ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度48%、当事業年度45%、一般管理費に属する費用のおお

    よその割合は前事業年度52%、当事業年度55%であります。
      販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
            前事業年度       当事業年度
          (自 2018年4月1日      (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)        至 2020年3月31日)
             6,032      6,692
  広告宣伝費            百万円      百万円
             5,032      5,017
  代理店手数料            百万円      百万円
             3,383      3,779
  給料及び手当            百万円      百万円
             4,980      5,752
  支払手数料            百万円      百万円
              110      194
  減価償却費            百万円      百万円
              19      23
  貸倒引当金繰入額            百万円      百万円
              343      370
  賞与引当金繰入額            百万円      百万円
              37      40
  役員賞与引当金繰入額            百万円      百万円
   (有価証券関係)

   前事業年度末(2019年3月31日)
    子会社株式(貸借対照表計上額 6,769百万円)及び関連会社株式(貸借対照表計上額 3,219百万円)は、市場
   価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
   当事業年度末(2020年3月31日)

    子会社株式(貸借対照表計上額 6,702百万円)及び関連会社株式(貸借対照表計上額 3,128百万円)は、市場
   価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
            115/125



                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   (税効果会計関係)
   1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
      前事業年度          当事業年度
     (2019年3月31日現在)          (2020年3月31日現在)
  繰延税金資産          繰延税金資産
          194          209
  未払事業税        百万円  未払事業税        百万円
          137          149
  賞与引当金        百万円  賞与引当金        百万円
          418          336
  子会社株式評価損        百万円  子会社株式評価損        百万円
          21          32
  一括償却資産        百万円  一括償却資産        百万円
          290          332
  ソフトウエア        百万円  ソフトウエア        百万円
          45          110
  資産除去債務        百万円  資産除去債務        百万円
                    42
             新株予約権        百万円
          153          120
           百万円          百万円
  その他          その他
          1,260          1,335
  繰延税金資産合計        百万円  繰延税金資産合計        百万円
  繰延税金負債          繰延税金負債

          21          88
  資産除去債務に対応する除去費用        百万円  資産除去債務に対応する除去費用        百万円
          114
  投資有価証券評価差額        百万円
          0          1
           百万円          百万円
  その他          その他
          137          89
  繰延税金負債合計        百万円  繰延税金負債合計        百万円
          1,123          1,245
  繰延税金資産の純額        百万円  繰延税金資産の純額        百万円
   2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

      前事業年度          当事業年度
     (2019年3月31日現在)          (2020年3月31日現在)
   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率           法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率
  との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるた          との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるた
  め、注記を省略しております。          め、注記を省略しております。
   (企業結合等関係)

    連結財務諸表注記、7.企業結合に記載しているため、注記を省略しております。
   (重要な後発事象)

    該当事項はありません。
            116/125









                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   ④【附属明細表】
   【有形固定資産等明細表】
                   (単位:百万円)
         当期首  当期  当期  当期  当期末  減価償却
  区分   資産の種類
         残高  増加額  減少額  償却額  残高  累計額
          265  1,083   0  132  1,216   332
    建物
          625  569   0  261  932  1,676
    器具及び備品
          68  -  -  -  68  -

    土地
  有形固定
  資産
          116  1,386  1,475   -  27  -
    建設仮勘定
          1  -  1  0  -  -
    その他
         1,078  3,039  1,477   394  2,245  2,009

      計
         1,677  1,187   4  1,100  1,759  6,471

    ソフトウエア
  無形固定
          70  1,331  1,190   -  211  -
    ソフトウエア仮勘定
  資産
         1,747  2,519  1,194  1,100  1,971  6,471
      計
  (注)「当期増加額」のうち主なものは、次のとおりであります。
      当期増加額
   資産の種類            主な内容
      (百万円)
        966

  建物        オフィス移転に伴う建物附属設備の構築
         インターネット・メディア事業におけるウェブサイト運営に関するサー
        243
  器具及び備品
         バーの購入
        1,165
  ソフトウエア        インターネット・メディア事業におけるウェブサイト構築
   【引当金明細表】

                   (単位:百万円)
    科目    当期首残高    当期増加額    当期減少額    当期末残高
          30    42    22    49

  貸倒引当金
          448    487    448    487

  賞与引当金
          37    40    37    40

  役員賞与引当金
  (2) 【主な資産及び負債の内容】

   連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
  (3) 【その他】

   該当事項はありません。
            117/125






                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  第6【提出会社の株式事務の概要】
  事業年度      4月1日から3月31日まで
  定時株主総会      6月中

  基準日      3月31日

        9月30日
  剰余金の配当の基準日
        3月31日
  1単元の株式数      100株
  単元未満株式の買取り

        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
  取扱場所
        三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
  株主名簿管理人
        三井住友信託銀行株式会社
  取次所      ―
  買取手数料      株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途に定める金額

        当会社の公告は、電子公告により行なう。ただし、電子公告によることがで
        きない事故その他やむを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載し
        て行なう。
  公告掲載方法
        なお、電子公告は当会社のウェブサイトに掲載しており、そのアドレスは次
        のとおりです。
        https://corporate.kakaku.com/ir/announce.html
  株主に対する特典      該当事項はありません。
            118/125












                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  第7【提出会社の参考情報】
  1【提出会社の親会社等の情報】
   当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
  2【その他の参考情報】

   当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
  (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
    事業年度(第22期)(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)            2019年6月18日関東財務局長に提出
  (2) 内部統制報告書

    2019年6月18日関東財務局長に提出
  (3) 四半期報告書及び確認書

   (第23期第1四半期)(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)            2019年8月8日関東財務局長に提出
   (第23期第2四半期)(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)            2019年11月13日関東財務局長に提出
   (第23期第3四半期)(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)            2020年2月12日関東財務局長に提出
  (4) 臨時報告書

   2019年6月19日関東財務局長に提出
   金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づ
   く臨時報告書であります。
    (5)  自己株券買付状況報告書

      報告期間(自 2019年11月1日 至 2019年11月30日) 2019年12月13日関東財務局長に提出
      報告期間(自 2019年12月1日 至 2019年12月31日) 2020年1月15日関東財務局長に提出
      報告期間(自 2020年1月1日 至 2020年1月31日) 2020年2月14日関東財務局長に提出
            119/125











                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
            120/125




















                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
      独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                   2020年6月18日

  株 式 会 社 カ カ ク コ ム

   取 締 役 会  御中

         有限責任監査法人トーマツ

         東京事務所
         指定有限責任社員

             公認会計士   淡 島 國 和 印
         業 務 執 行 社 員
         指定有限責任社員

             公認会計士   大 辻 隼 人 印
         業 務 執 行 社 員
  <財務諸表監査>

  監査意見
   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状
  況」に掲げられている株式会社カカクコムの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連
  結財務諸表、すなわち、連結財政状態計算書、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結持分変動計
  算書、連結キャッシュ・フロー計算書及び連結財務諸表注記について監査を行った。
   当監査法人は、上記の連結財務諸表が、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第
  93条により規定された国際会計基準に準拠して、株式会社カカクコム及び連結子会社の2020年3月31日
  現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況
  を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
  監査意見の根拠

   当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
  査の基準における当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されてい
  る。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立して
  おり、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎と
  なる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責            任

   経営者の責任は、国際会計基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これに
  は、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必
  要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
   連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成すること
  が適切であるかどうかを評価し、国際会計基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある
  場合には当該事項を開示する責任がある。
   監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視
  することにある。
  連結財務諸表監査における監査人の責       任

   監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬によ
  る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連
  結財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
  り、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場
  合に、重要性があると判断される。
   監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
  職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
  ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに
   対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、
   意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
  ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監
   査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連
   する内部統制を検討する。
  ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の
   見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
  ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手
            121/125

                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
   要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
   れる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確
   実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対して除外事項付意見
   を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づ
   いているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
  ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準に準拠しているかどうかとともに、関連する
   注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取引や会
   計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
  ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ
   適切な監査証拠を入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して
   責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任を負う。
   監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識
  別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他
  の事項について報告を行う。
   監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を
  遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去
  又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
            122/125















                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
  <内部統制監査>
  監査意見
   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社カカ
  クコムの2020年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った             。
  当監査法人は、株式会社カカクコムが2020年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると
  表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統
  制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適
  正に表示しているものと認める。
  監査意見の根拠

   当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に
  準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、
  「内部統制監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に
  関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の
  責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断
  している。
  内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

   経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認め
  られる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することに
  ある。
   監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することに
  ある。
   なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができ
  ない可能性がある。
  内部統制監査における監査人の責任

   監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がな
  いかどうかについて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書
  に対する意見を表明することにある。
   監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従っ
  て、監査の過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施す
  る。
  ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための
   監査手続を実施する。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼ
   す影響の重要性に基づいて選択及び適用される。
  ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含
   め、全体としての内部統制報告書の表示を検討する。
  ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を
   入手する。監査人は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監
   査人は、単独で監査意見に対して責任を負う。
   監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監
  査の実施結果、識別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準
  で求められているその他の事項について報告を行う。
   監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を
  遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去
  又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
  利害関係

   会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべ
  き利害関係はない。
                     以 上

  ※1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別
   途保管しております。
  2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            123/125




                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                   2020年6月18日

  株 式 会 社 カ カ ク コ ム

   取 締 役 会  御中

         有限責任監査法人トーマツ

         東京事務所
         指定有限責任社員

             公認会計士   淡 島 國 和 印
         業 務 執 行 社 員
         指定有限責任社員

             公認会計士   大 辻 隼 人 印
         業 務 執 行 社 員
  監査意見

   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状
  況」に掲げられている株式会社カカクコムの2019年4月1日から2020年3月31日までの第23期事業年度の
  財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注
  記及び附属明細表について監査を行った        。
  当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
  拠して、株式会社カカクコムの2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経
  営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
  監査意見の根拠

   当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
  査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
  監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人と
  してのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
  査証拠を入手したと判断している。
  財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
  作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
  成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
   財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で
  あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
  業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
   監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視
  することにある。
  財務諸表監査における監査人の責任

   監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
  要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
  表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
  に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
  があると判断される。
   監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
  職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
  ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに
   対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、
   意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
  ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
   は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する
   内部統制を検討する。
  ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の
   見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
  ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した
   監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な
   不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる
            124/125


                     EDINET提出書類
                    株式会社カカクコム(E05350)
                      有価証券報告書
   場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関
   する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが
   求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来
   の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
  ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
   準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並び
   に財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
   監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識
  別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他
  の事項について報告を行う。
   監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を
  遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去
  又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
  利害関係

   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
  い。
                     以 上

  ※1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別
   途保管しております。
  2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            125/125














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク