兼松株式会社 有価証券報告書 第125期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第125期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)
提出日
提出者 兼松株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年6月21日
      【事業年度】                    第125期(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
      【会社名】                    兼松株式会社
      【英訳名】                    KANEMATSU     CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  谷川 薫
      【本店の所在の場所】                    神戸市中央区伊藤町119番地
                         (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」 
                         で行っております。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区芝浦一丁目2番1号(東京本社)
      【電話番号】                    (03)5440-8111(大代表)
      【事務連絡者氏名】                    主計部長  藤井 励起
      【縦覧に供する場所】
                         兼松株式会社東京本社
                         (東京都港区芝浦一丁目2番1号)
                         兼松株式会社大阪支社
                         (大阪市中央区淡路町三丁目1番9号)
                         兼松株式会社名古屋支店
                         (名古屋市中区栄二丁目9番3号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                                        国際会計基準
              回次
                            第121期       第122期       第123期       第124期       第125期
                           2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

             決算年月
                     (百万円)       704,211       668,374       675,579       714,790       723,849
     収益
                     (百万円)        87,880       86,238      100,139       106,371       110,014

     売上総利益
                     (百万円)        22,373       18,122       17,875       26,043       29,177

     税引前利益
     親会社の所有者に帰属する   
                     (百万円)        10,546       8,959       8,049      16,317       16,605
     当期利益
     親会社の所有者に帰属する   
                     (百万円)        20,467       3,248      10,720       18,354       15,003
     当期包括利益
                     (百万円)        90,244       91,599      100,357       116,012       125,246
     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)       466,314       443,592       479,717       519,889       549,459

     総資産
                      (円)      1,072.20       1,088.45       1,192.21       1,377.66       1,499.86

     1株当たり親会社所有者帰属持分
     基本的1株当たり当期利益   
                      (円)       125.49       106.46       95.64      193.79       198.22
     (親会社の所有者に帰属)
     希薄化後1株当たり当期利
     益   (親会社の所有者に帰                 (円)       125.49       106.46       95.64      193.79       198.15
     属)
                      (%)       19.35       20.65       20.92       22.31       22.79
     親会社所有者帰属持分比率
                      (%)       12.99       9.85       8.39      15.08       13.77

     親会社所有者帰属持分当期利益率
                      (倍)        6.97       7.70      10.45       7.54       6.38

     株価収益率
     営業活動による
                     (百万円)         6,758      33,024       11,852        434     24,698
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)       △ 6,649      △ 4,214     △ 14,691       1,103      △ 6,575
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)       △ 10,046      △ 6,729      △ 6,904       △ 842     △ 7,158
     キャッシュ・フロー
                     (百万円)        66,485       87,466       77,566       77,731       88,941
     現金及び現金同等物の期末残高
                             6,002       5,832       6,727       6,666       6,915
     従業員数
                      (人)
     [外、平均臨時雇用人員]                       [ 1,801   ]   [ 1,834   ]   [ 1,842   ]   [ 1,856   ]   [ 1,926   ]
      (注)1.第122期より国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
         2.収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第121期の期首に                                                当該株
           式併合が行われたと仮定し、1株当たり親会社所有者帰属持分、基本的1株当たり当期利益および希薄化後
           1株当たり当期利益を算定しております。
         4.第125期の希薄化後1株当たり当期利益は、業績連動型株式報酬制度に基づき支給が見込まれる条件付発行
           可能株式を潜在株式とみなして算定しております。
                                   2/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                                日本基準
               回次
                             第121期       第122期
                            2015年3月       2016年3月

              決算年月
                      (百万円)      1,117,096       1,062,822
     売上高
                      (百万円)        22,895       17,108
     経常利益
                      (百万円)        11,470       9,391
     親会社株主に帰属する当期純利益
                      (百万円)        24,708       6,118
     包括利益
                      (百万円)       118,731       121,885
     純資産
                      (百万円)       459,011       439,409
     総資産
                       (円)      1,070.50       1,108.15
     1株当たり純資産額
                       (円)       136.48       111.58
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり   
                       (円)         -       -
     当期純利益
                       (%)        19.6       21.2
     自己資本比率
                       (%)       14.18       10.24
     自己資本利益率
                       (倍)        6.41       7.35
     株価収益率
     営業活動による
                      (百万円)        10,115       31,488
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (百万円)       △ 8,903      △ 4,489
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (百万円)       △ 9,895      △ 5,830
     キャッシュ・フロー
                      (百万円)        67,377       87,466
     現金及び現金同等物の期末残高
                              6,002       5,832
     従業員数
                       (人)
     [外、平均臨時雇用人員]                        [ 1,801   ]    [ 1,834   ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第122期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を
           受けておりません。
         4.2017年10月1日付で普通株式5株を1株に併合しております。第                                121期   の期首に当該株式併合が行われたと
           仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算                             定しております。
                                   3/153








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第121期       第122期       第123期       第124期       第125期
                           2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

             決算年月
                     (百万円)       475,249       432,457       411,436       443,507       408,393
     売上高
                     (百万円)        10,497       7,197       7,915      10,560       9,703

     経常利益
                     (百万円)         7,862       7,722       5,730      10,114       7,189

     当期純利益
     資本金                (百万円)        27,781       27,781       27,781       27,781       27,781

                     (千株)       422,501       422,501       422,501       84,500       84,500

     発行済株式総数
                     (百万円)        75,358       79,803       85,204       93,258       93,925

     純資産
                     (百万円)       278,894       270,298       274,443       277,858       279,751

     総資産
                      (円)       894.27       947.14      1,011.32       1,106.98       1,124.43

     1株当たり純資産額
                              4.00       5.00       6.00      34.00       60.00
     1株当たり配当額
                      (円)
     (うち1株当たり
                             ( 2.50  )    ( 2.50  )    ( 3.00  )    ( 3.50  )    ( 25.00   )
      中間配当額)
     1株当たり当期純利益                 (円)       93.30       91.64       68.01      120.05       85.79
     潜在株式調整後1株当たり   
                      (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益
                      (%)        27.0       29.5       31.0       33.6       33.6
     自己資本比率
                      (%)       11.00       9.95       6.95      11.33       7.68

     自己資本利益率
                      (倍)        9.38       8.95      14.71       12.18       14.75

     株価収益率
                      (%)        21.4       27.3       44.1       40.0       69.9

     配当性向
                              705       690       711       842       765
     従業員数
                      (人)
     [外、平均臨時雇用人員]                         [ 37 ]     [ 50 ]     [ 33 ]     [ 28 ]     [ 21 ]
                      (%)       111.9       108.1       134.4       198.1       181.0
     株主総利回り
                      (%)       ( 130.7   )    ( 116.5   )    ( 133.7   )    ( 154.9   )    ( 147.1   )
     (比較指標:配当込みTOPIX)
                      (円)         199       234       206      1,617       1,795

     最高株価
                                                   (290)
                      (円)         148       144       142      1,302       1,186

     最低株価
                                                   (193)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.  2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第                                       121期   の期首に当該株
           式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しております。
         4.第124期の1株当たり配当額34.00円は、1株当たり中間配当額3.50円と1株当たり期末配当額30.50円の合
           計であります。2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っておりますので、株式
           併合を考慮した場合の1株当たり中間配当額は17.50円となり、1株当たり配当額は48.00円となります。
         5.  最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         6.第124期の株価については株式併合後の最高・最低株価を記載し、( )内に株式併合前の最高・最低株価
           を記載しております。
                                   4/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        沿革の概要は、次のとおりであります。
        1918年3月18日         創業者兼松房治郎が1889年8月15日神戸市に開いた「豪州貿易兼松房治郎商店」を前身とし
                 て、「株式会社兼松商店」の商号をもって設立(本店:神戸市、支店:東京・シドニー)
        1922年4月         シドニー支店をF.Kanematsu             (Australia)      Ltd.(現 Kanematsu          Australia     Ltd.)に改組
        1922年7月         大阪支店を開設(現 大阪支社)
        1943年2月         商号を「兼松株式会社」に改称
        1951年4月         Kanematsu     New  York   Inc.(現 Kanematsu          USA  Inc.)を設立
        1952年4月         本部機構を神戸から大阪に移管
        1957年6月         F.Kanematsu      & Co.,GmbH(現 Kanematsu            GmbH)を設立
        1961年10月         大阪証券取引所に上場(市場第二部、1963年に市場第一部銘柄に指定、2010年に上場を廃止)
        1967年4月         江商株式会社(創業者北川与平が1891年に「北川商店」として創業)と合併、商号を「兼松江
                 商株式会社」に改称
        1967年6月         株式会社ファインクロダサービスの経営権を黒田精工株式会社より取得し、商号を兼松江商工
                 作機械販売株式会社(現 株式会社兼松ケージーケイ)に改称
        1968年7月         兼松電子サービス株式会社(現 兼松エレクトロニクス株式会社)を設立
        1970年12月         東京支社を本社とする
        1970年12月         兼松江商鉄鋼販売株式会社(現 兼松トレーディング株式会社)を設立
        1973年4月         東京証券取引所に上場(市場第一部)
                 名古屋証券取引所に上場(市場第一部、2003年に上場を廃止)
        1974年4月         株式会社兼松コンピューターシステム(現 兼松コミュニケーションズ株式会社)を設立
        1975年10月         Kanematsu-Gosho        (Hong   Kong)   Ltd.(現 Kanematsu          (Hong   Kong)   Ltd.)を設立
        1987年12月         兼松エレクトロニクス株式会社が東京証券取引所に上場(市場第二部、1991年に市場第一部銘
                 柄に指定)
        1990年1月         商号を「兼松株式会社」に改称
        1991年2月         東京本社を現在の港区芝浦に移転
        1999年5月         「構造改革計画」を発表し、“第二の創業”に取り組む
        2003年3月         兼松石油販売株式会社に産業用LPガス事業を統合し、商号を兼松ペトロ株式会社に改称
        2005年12月         新東亜交易株式会社の株式の過半数を取得
        2014年12月         兼松日産農林株式会社(現 兼松サステック株式会社)の株式の過半数を取得
        2016年4月         兼松テレコム・インベストメント株式会社が三菱電機株式会社の完全子会社である株式会社ダ
                 イヤモンドテレコムを吸収合併し、商号を株式会社ダイヤモンドテレコムに改称
        2017年4月         兼松コミュニケーションズ株式会社が株式会社ダイヤモンドテレコムを吸収合併
                                   5/153






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       当社グループは、国内外のネットワークと各事業分野で培ってきた専門性と、商取引、情報収集、市場開拓、事業
      開発・組成、リスクマネジメント、物流などの商社機能を有機的に結合して、電子・デバイス、食料、鉄鋼・素材・
      プラント、車両・航空を中心とした幅広い分野で、多種多様な商品・サービスを提供しております。
       当社はこれらの事業を、取扱商品・サービスの内容に応じた事業区分に分類しており、当社グループ全体は、当社
      に加え、連結子会社90社および持分法適用会社26社の合計116社(2019年3月31日現在)で構成されております。
       当社グループの事業区分ごとの取扱商品・サービスの内容および主な関係会社は次のとおりであります。
          事業区分             主な取扱商品・サービスの内容                        主要な関係会社名

                  電子部品・部材、半導体・液晶、通信関連機器・部
        電子・デバイス                                (連結子会社    国内          13 社、海外    7社)
                  品、電子関連の素材・副資材、情報通信技術システ
          ( 21 社)
                                        兼松エレクトロニクス㈱
                  ム・サービス、携帯通信端末、モバイルインターネッ
                                        兼松コミュニケーションズ㈱
                  トシステム・サービス、セキュリティ機器、産業用プ
                                        兼松サステック㈱
                  リンター他
                                        兼松フューチャーテックソリューションズ㈱
                                        (持分法適用会社  国内           1社、海外    0社)

                  缶詰・冷凍・乾燥フルーツ、コーヒー、ココア、砂
          食料                              (連結子会社    国内          10 社、海外    ▶社)
                  糖、ゴマ、落花生、雑豆、ワイン、畜産物、水産物、
          ( 27 社)
                                        兼松新東亜食品㈱
                  飼料、肥料、大豆、小麦、大麦、米、加工食品、調理
                                        兼松アグリテック㈱
                  食品、ペットフード他
                                        (持分法適用会社  国内           3社、海外   10 社)
       鉄鋼・素材・プラント           各種鋼板、条鋼・線材、鋼管、ステンレス製品、一般                      (連結子会社    国内          11 社、海外   12 社)
                  鋼材、製鉄・製鋼原料、電池原料、肥料原料、接着剤
          ( 25 社)                             兼松トレーディング㈱
                  材料、溶剤、機能性食品素材、栄養補助食品、医薬
                                        兼松ケミカル㈱
                  品・医農薬中間体、原油、石油製品、液化石油ガス、
                                        兼松ペトロ㈱
                  温室効果ガスの排出権、バイオマスエネルギー、化
                                        ㈱兼松ケージーケイ
                  学・石油化学プラント、製紙機械、通信回線敷設、光
                  ファイバー、電力プロジェクト、船舶および舶用機
                  材、工作機械、産業機械他
                                        (持分法適用会社  国内           1社、海外    1社)
                  車載部品・機構部品、航空機および航空機部品、衛星
         車両・航空                               (連結子会社    国内           1社、海外    7社)
                  関連機器・部品、自動車および関連部品、産業車両、
          ( 9社)
                                        兼松エアロスペース㈱
                  建設機械、汎用機、鍛造品、鋳造品他
                                        (持分法適用会社  国内           0社、海外    1社)
          その他        繊維素材、寝装品・インテリア用品、住宅関連資材、                      (連結子会社    国内           8社、海外    0社)
                  中質繊維板、非鉄金属、保険代理・仲介業、航空・海
          ( 17 社)
                                        新東亜交易㈱
                  上貨物代理店業、通関業、不動産管理・賃貸業他
                                        兼松ロジスティクス        アンド   インシュアランス㈱
                                        (持分法適用会社  国内           7社、海外    2社)

                                        カネヨウ㈱
                                        ホクシン㈱
                  海外における多種多様な商品の売買、各種サービスの

         海外現地法人                               (連結子会社             17 社)
                  提供
          ( 17 社)                             Kanematsu    USA  Inc.
                                        Kanematsu    (Hong   Kong)   Ltd.
                                        Kanematsu    (China)   Co.,Ltd.
                                        Kanematsu    GmbH
     (注)上記のうち、国内の証券市場に株式を上場している連結子会社は、兼松エレクトロニクス㈱(東証一部)および兼
        松サステック㈱(東証一部)であります。
                                   6/153






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                              議決権の
                            資本金
          名称          住所               主要な事業の内容           所有割合        関係内容
                           (百万円)
                                              (%)
     (連結子会社)

     [電子・デバイス]

                                 ITシステム製品・ソフ
     兼松エレクトロニクス                                          58.32    当社販売先
                 東京都中央区            9,031     トウエアの開発・販売
     ㈱ (注)1,2                                          (0.40)    役員の兼任等あり
                                 および保守サービス
                                 コンピュータ・情報機
                                              100.00
     日本オフィス・システ                                              当社業務委託先
                 東京都江東区             100    器等の販売および保守
     ム㈱                                              役員の兼任等あり
                                              (100.00)
                                 サービス
                                 移動体通信関連・ネッ                  当社販売先
     兼松コミュニケーショ
                 東京都渋谷区            1,425     トワーク関連機器の販             100.00     当社より融資あり
     ンズ㈱ (注)3
                                 売およびサービス                  役員の兼任等あり
                                 モバイルコンテンツ配
                                              100.00
     兼松グランクス㈱            東京都新宿区             100    信およびモバイル関連                  役員の兼任等あり
                                              (100.00)
                                 ソリューション事業
     兼松BDコミュニケー                            移動体通信機器販売事             100.00
                 福岡県久留米市             94                     役員の兼任等あり
     ションズ㈱                            業            (100.00)
                                 セキュリティ機器の販
     兼松サステック㈱                             売・ジオテック(地盤                  当社販売先
                 東京都中央区            3,325                  52.97
     (注)1,2                            改良)・木材加工・石                  役員の兼任等あり
                                 油製品事業
                                 車載機器・電子機器・
                                                   当社販売先
     兼松アドバンスド・マ                            通信機器の材料および
                              310
                 東京都中央区                             100.00     当社より融資あり
     テリアルズ㈱                            部品の輸出入・保管・
                                                   役員の兼任等あり
                                 売買・加工
                                 カードプリンターおよ
                                                   当社仕入先
                              100
     ㈱ジー・プリンテック            川崎市幸区                び関連機器の開発・製             100.00
                                                   役員の兼任等あり
                                 造・販売
                                 半導体・電子部品・各
                                                   当社仕入・販売先
     兼松フューチャーテッ                            種モジュール製品の輸
                              490
                 東京都中央区                             100.00     当社より融資あり
     クソリューションズ㈱                            出入・開発・設計・製
                                                   役員の兼任等あり
                                 造・販売・EMS
     Tanashin(Europe)
                 Duesseldorf,         EUR        カーオーディオ部品の             100.00
                                                   役員の兼任等あり
                 Germany             255千    販売および保守             (20.00)
     GmbH
     Kanekoh    Electronics
                          US$        コンピュータ等のバッ                  当社仕入先
                 Shanghai,China                              70.00
                             3,000千     テリー関連部品の製造                  役員の兼任等あり
     (Shanghai)Co.,Ltd.
     Kanematsu     Industrial
                                 精密電子部品材料の加
                          US$                     100.00     当社販売先
     and  Trading(Dalian          Dalian,China                工・電子部品の輸出入
                             4,315千                 (100.00)     役員の兼任等あり
                                 および販売
     F.T.Z.)Co.,Ltd.
                                 車載機器・電子機器・
     Kanematsu     Advanced
                          US$        通信機器の材料および             100.00
                 Texas,USA                                  役員の兼任等あり
     Materials     USA,   Inc.                 850千    部品の輸出入・保管・            (100.00)
                                 売買
                                   7/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                                              議決権の
                            資本金
          名称          住所               主要な事業の内容           所有割合        関係内容
                           (百万円)
                                              (%)
      [食料]

                                 農畜水産物・加工品等                  当社仕入・販売先
     兼松新東亜食品㈱            東京都港区             450    の販売および冷蔵倉庫             100.00     当社より融資あり
                                 事業                  役員の兼任等あり
                                 飼料・肥料の製造およ                  当社仕入・販売先
     兼松アグリテック㈱            千葉県松戸市             400                 100.00
                                 び販売                  役員の兼任等あり
                                                   当社仕入・販売先
                                 大豆・雑穀・食品原料
     兼松ソイテック㈱            大阪市中央区             100                 100.00     当社より融資あり
                                 等の販売
                                                   役員の兼任等あり
                                                   当社仕入・販売先
                 北海道夕張郡                ペット用スナックの製
                              100
     ㈱ノースペット                                         100.00     当社より融資あり
                 栗山町                造
                                                   役員の兼任等あり
     KG  Agri   Products,
                          US$        食品大豆の種子開発・
                 Ohio,U.S.A.                             100.00     役員の兼任等あり
                             2,000千     契約栽培・選別・販売
     Inc.
                 Washington,         US$                     100.00     当社仕入先
     Kai  Enterprises,Inc.
                                 乾牧草・粗飼料の販売
                 U.S.A.            1,000千                  (15.00)     役員の兼任等あり
     P.T.Kanemory       Food
                 Serang,         I.Rp       外食・中食向け食品加             59.90
                                                   役員の兼任等あり
                 Indonesia         40,000,000千       工業             (10.00)
     Service
     [鉄鋼・素材・
        プラント]
                                                   当社仕入・販売先
                                 一般鋼材・建築用資材
     兼松トレーディング㈱            東京都中央区             260                 100.00     当社より融資あり
                                 の販売
                                                   役員の兼任等あり
                                 一般鋼材の切板加工お             100.00
     協和スチール㈱            兵庫県加西市             80                     役員の兼任等あり
                                 よび建設資材の販売            (100.00)
                                                   当社仕入・販売先
                                 石油化学製品・自動車
     兼松ケミカル㈱            東京都中央区             300                 100.00     当社より融資あり
                                 関連化学品等の販売
                                                   役員の兼任等あり
                                 健康食品の製造・販売             100.00
     兼松ウェルネス㈱            東京都中央区             50                     役員の兼任等あり
                                 および医療情報の提供            (100.00)
                                 石油製品・液化石油ガ                  当社仕入・販売先
     兼松ペトロ㈱            東京都千代田区            1,000                  100.00
                                 スの販売                  役員の兼任等あり
                                                   当社業務委託先
                                 石油製品・液化石油ガ
     兼松油槽㈱            東京都千代田区             100                 100.00     当社より融資あり
                                 スの受渡保管業務
                                                   役員の兼任等あり
                                 工作機械・産業機械の
     ㈱兼松ケージーケイ            東京都練馬区             706                 97.89    役員の兼任等あり
                                 販売
     Benoit    Holding
                 Illinois    ,     US$                     85.18
                                 株式の保有                  役員の兼任等あり
                 U.S.A.           32,400千                  (85.18)
     Company
     Benoit    Premium
                 Louisiana,
                          US$        油井管加工および油井             54.00
     Threading,      LLC                                        役員の兼任等あり
                            60,000千     関連部品の製造・販売             (54.00)
                 U.S.A.
     (注)1
     Steel   Service
                 Oklahoma,         US$        石油掘削関連鋼材の販             51.00
                                                   役員の兼任等あり
     Oilfield     Tubular,Inc.       U.S.A.             10千   売             (51.00)
     KGK  International
                 Illinois,         US$                     100.00
                                 工作機械の販売                  役員の兼任等あり
                 U.S.A.            2,000千                 (100.00)
     Corp.
                                   8/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                                              議決権の
                            資本金
          名称          住所               主要な事業の内容           所有割合        関係内容
                           (百万円)
                                              (%)
     [車両・航空]

                                 航空・防衛・宇宙関連                  当社販売先
     兼松エアロスペース㈱            東京都港区             90                100.00
                                 機器の販売                  役員の兼任等あり
                          Pol.Zl
     Aries   Motor   Ltd.
                 Warsaw,Poland                自動車の販売             93.59    役員の兼任等あり
                             1,719千
     Aries   Power
                          Pol.Zl        エンジン・発電機等汎                  当社販売先
                 Warsaw,Poland                              60.00
     Equipment     Ltd.                   382千    用機の販売                  役員の兼任等あり
     KG  Aircraft     Rotables
                          US$        航空機用循環部品の交                  当社より融資あり
                 Dublin,Ireland                              96.67
                             1,500千     換修理およびリース                  役員の兼任等あり
     Co.,Ltd.
     [その他]
                                 飲料自動販売機事業・
                                 航空機用エンジン・飼                  当社仕入・販売先
     新東亜交易㈱            東京都千代田区             500                 100.00
                                 料原料等の輸出入およ                  役員の兼任等あり
                                 び販売
     兼松ロジスティクス
                                 損害保険・生命保険の
                                                   当社業務委託先
     アンド    インシュアラ        東京都中央区             50   代理業、国際貨物運送             100.00
                                                   役員の兼任等あり
                                 取扱業
     ンス㈱
     [海外現地法人]
     Kanematsu     USA  Inc.
                 Illinois    ,     US$        商品の輸出入および                   当社仕入・販売先
                                              100.00
                 U.S.A.          100,000千      販売                  役員の兼任等あり
     (注)   1
     Kanematsu(Hong            Hong   Kong,
                          HK$        商品の輸出入および                   当社仕入・販売先
                                              100.00
                           1,085,263千       販売                  役員の兼任等あり
     Kong)Ltd. (注)1            China
     Kanematsu                     US$        商品の輸出入および              100.00     当社仕入・販売先
                 Shanghai,China
     (China)Co.,Ltd.                       16,000千     販売            (100.00)     役員の兼任等あり
     Kanematsu            Bangkok,         T.Baht        商品の輸出入および              100.00
                                                   役員の兼任等あり
     (Thailand)Ltd.            Thailand            4,000千     販売            (100.00)
     Watana    Inter-Trade
                 Bangkok,         T.Baht        商品の輸出入および              49.00    当社販売先
                 Thailand           30,000千     販売             (49.00)     役員の兼任等あり
     Co.,Ltd. (注)4
     Kanematsu
                 Singapore,         US$        商品の輸出入および              100.00     当社仕入・販売先
     (Singapore)
                 Singapore            5,000千     販売            (100.00)     役員の兼任等あり
     Pte.Ltd.
     Kanematsu     Taiwan               NT$        商品の輸出入および              100.00     当社仕入・販売先
                 Taipei,Taiwan
     Corporation                       68,250千     販売            (100.00)     役員の兼任等あり
                          Stg.£        商品の輸出入および              100.00     当社販売先
     Kanematsu     Europe    Plc   London,U.K.
                             8,178千     販売            (100.00)     役員の兼任等あり
                 Duesseldorf,         EUR        商品の輸出入および                   当社仕入・販売先
     Kanematsu     GmbH                                    100.00
                 Germany            5,636千     販売                  役員の兼任等あり
     Kanematsu     Australia
                 Sydney,         A$        商品の輸出入および                   当社仕入・販売先
                                              100.00
                 Australia            7,740千     販売                  役員の兼任等あり
     Ltd.
     Kanematsu            Auckland,
                          NZ$        商品の輸出入および                   当社仕入先
                                              100.00
     New  Zealand    Ltd.      New  Zealand
                             2,500千     販売                  役員の兼任等あり
     その他42社
                                   9/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                                              議決権の
                            資本金
          名称          住所               主要な事業の内容           所有割合        関係内容
                           (百万円)
                                              (%)
     (持分法適用会社)

     [電子・デバイス]

                                 携帯端末・車載用光学                  当社仕入・販売先
     カンタツ㈱            栃木県矢板市            6,100                  23.01
                                 部品の製造                  役員の兼任等あり
     [食料]
     Dalian    Tiantianli
                          RMB        総菜・畜肉加工品の製                  当社販売先
                 Dalian,China                              40.00
     Food   Co.,Ltd.                     7,500千     造                  役員の兼任等あり
     Sage   Hill   Northwest,
                 Washington,         US$                         当社仕入先
                                 乾牧草の生産             48.95
                 U.S.A.            5,051千                      役員の兼任等あり
     Inc.
     [車両・航空]
     Ogura   Industrial         New  Jersey,
                          US$        産業用電磁クラッチの             20.00
                                                   役員の兼任等あり
                             1,000千     販売             (10.00)
     Corp.            U.S.A.
     [その他]
                                 中質繊維板の製造およ
     ホクシン㈱ (注)2            大阪府岸和田市            2,343                  26.55    役員の兼任等あり
                                 び販売
                                 寝装品・インテリア用
     カネヨウ㈱ (注)2            大阪市中央区             703                 30.92    役員の兼任等あり
                                 品等の販売
     P.T.Dunia     Express
                 Jakarta,         I.Rp       総合物流業・倉庫業・
                                               27.51    役員の兼任等あり
                 Indonesia         12,646,500千       通関業
     Transindo
     その他19社
      (注)1.特定子会社に該当します。
         2.有価証券報告書を提出しております。
         3.収益(連結会社相互間の内部取引高を除く)の連結損益計算書の収益総額に占める割合が10%を超えている
           連結子会社の「主要な損益情報等」は、次のとおりであります。
                             収益     税引前利益       当期利益       資本合計       資産合計
                  名称
                            (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                                     6,104       4,058
            兼松コミュニケーションズ㈱                  134,271                     13,772       73,677
         4.当社が、役員の過半数を派遣しており、当該企業の財務および経営方針を支配しているため、子会社として
           おります。
         5.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         6.役員の兼任等は、当社の役員および従業員の兼任、出向および転籍であります。
                                  10/153








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                               4,158   [ 1,395   ]

      電子・デバイス
                                                778   [ 354  ]

      食料
                                               1,090    [ 129  ]

      鉄鋼・素材・プラント
      車両・航空                                          259    [ 12 ]

                                               6,285   [ 1,890   ]

       報告セグメント計
                                                222    [ 24 ]

      その他
      全社(共通)                                          408    [ 12 ]

                                               6,915   [ 1,926   ]

                  合計
      (注)従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
       (2)  提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
             765  [ 21 ]            39.00              15.00            9,439,625

      (注)1.上記従業員数に他社からの出向者                     7 人を含め、他社への出向者            139  人を除いた就業人員数は           633  人でありま
           す。また、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.上記人員のほか、海外事業所における現地従業員が22人おります。
         3.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                                62    [ 1 ]

      電子・デバイス
                                                210    [ 15 ]

      食料
                                                74   [ -]

      鉄鋼・素材・プラント
                                                68    [ 3 ]

      車両・航空
                                                414    [ 19 ]
       報告セグメント計
                                                -   [ -]

      その他
      全社(共通)                                          219    [ 2 ]

                                                633    [ 21 ]

                  合計
       (3)  労働組合の状況

         特記事項はありません。
                                  11/153






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       (1)  経営方針
         常に時代を先取りし、果敢に新たな事業へと挑戦し続ける創業以来の開拓者精神と積極的な創意工夫を行う姿勢
        は、当社グループの行動指針となっております。お取引先との信頼関係を深め、事業を創造し、社会に価値ある企
        業となるため、当社グループの企業理念として掲げる、当社創業者である兼松房治郎による創業主意ならびに「わ
        れらの信条」(1967年制定)を経営の基本理念としております。
                   創業主意     「わが国の福利を増進するの分子を播種栽培す」

                             「われらの信条」

        ・伝統的開拓者精神と積極的創意工夫をもって業務にあたり、適正利潤を確保し、企業の発展を図る。
        ・会社の健全なる繁栄を通じて、企業の社会的責任を果し、従業員の福祉を増進する。
        ・組織とルールに基づいて行動するとともに、会社を愛する精神と、社内相互の人間理解を基本として、業務を遂
         行する。
       (2)  経営環境および対処すべき課題

        ①  経営環境
         次連結会計年度の世界経済は、米国では、堅調な雇用環境や個人消費が期待されるものの、減税効果の剥落や
        金融市場の変調も懸念されます。欧州では、英国のEU離脱問題や各国政治状況など引き続き不安視されます。中
        国では、貿易摩擦の影響が続き、アジア・新興国においても中国減速の影響が生じつつあるなど、先行き不透明
        な状況が続くと予想されます。
         わが国経済は、堅調な設備投資需要や良好な雇用環境が続くとみられるものの、世界経済の動向による影響や
        10月の消費増税の影響が懸念されます。
        ②  対処すべき課題

         ・中期ビジョン「        future    135  」
        当社グループは、6ヵ年中期ビジョン「                   future    135  」において、安定した収益構造の事業分野での持続的成長を
        目指すとともに、強みを有する事業分野への効果的かつ適切な事業投資により規模の拡大や付加価値の獲得を追
        求し、連結当期利益250億円を目標といたします。
         また、収益構造および財務構造の安定性を背景に、配当性向(総還元性向)は25~30%とし、資本の効率性を
        重視した経営を推進いたします。
        (定量目標)

                             (最終年度)2024年3月期                   2019年3月期実績
           連結当期利益
                                       250億円                 166億円
                  ※
           ROE                           13%~15%                   13.8%
           配当性向(総還元性向)                           25%~30%                   30.3%

           (※)親会社の所有者に帰属する当期利益
        (重点施策)

        (ⅰ)   基盤となる事業における持続的成長と、事業投資による規模拡大
           基盤となる事業における持続的成長と、健全な財務構造を活かし、資本とリスクアセットのバランスを取
          りつつ事業投資を実行して参ります。また、強みを有する事業分野で、「規模拡大」型と「付加価値」型の
          二軸で推進し、当連結会計年度においては、主に次のような事業投資を実行しました。
          ・ 電子・デバイスセグメントの主力事業の一つであるカードプリンタービジネスにおいて、多様な顧客
             ニーズに対応し、シナジーを発揮していくため、プリンターの設計・開発機能を有する株式会社ジー・
             プリンテックを完全子会社化しました。
          ・ 鉄鋼・素材セグメントにおいては、当社グループにおける鉄鋼ビジネスのシナジー拡大のため、韓国の
             鋼板加工メーカーと資本提携しました。
                                  12/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (ⅱ)   技術革新への対応
           現行分野の周辺において将来に向けた「イノベーション」型の開発投資を行い、IoTやAIなど先進技術を軸
          とした新規事業を推進・拡大いたします。
           当連結会計年度においては、CASE(Connected,                      Autonomous,      Shared,    Electric)、MaaS(Mobility             as  ▶
          Service)時代に備え、先進技術の発掘やスタートアップ企業との協業に向                                  けて、北米シリコンバレーに投資
          拠点を設立し、サイバー・セキュリティ分野を主な投資対象とするファンドに参画しました。
        (ⅲ)   持続的成長を実現するための経営インフラ確立

           主要海外拠点における事業会社の拡充などグローバルな体制構築を図ります。また、事業経営の担い手と
          なる人材の育成も継続して取り組むとともに、働き方改革の推進など従業員満足度(ES)の向上を目指して
          参ります。
           事業経営の担い手となる人材育成としては、経営者としての視点でのビジネスや組織を運営する能力を身
          に付けるための経営者育成研修を前期より実施しており、主要海外拠点における事業会社の拡充などグロー
          バルな体制に対応できる人材の育成を進めております。
           働き方改革の推進や従業員満足度(ES)の向上としては、前期に引き続き年次有給休暇の計画的付与制度
          「ブロンズウィーク制度」の拡充を進めるなど、働き方改革を進めました。
        (注意事項)

         上記の計画等の将来に関する記述は、当社グループが有価証券報告書提出日現在入手している情報および合理的
        であると判断する一定の前提に基づいて記載しております。
      2【事業等のリスク】

        当社グループは、グローバルで幅広く事業活動を行っているため、市場リスク・信用リスク・投資リスクなど様々
       なリスクにさらされております。当社グループでは、それぞれのリスクに対して管理手法を整備し、リスクのコント
       ロールを行っておりますが、事業を推進するうえで予測困難な不確実性を内包していることから、当社グループの財
       政状態や経営成績が影響を受ける可能性があります。また、当社グループは、親会社の所有者に帰属する持分(自己
       資本)を積み上げて財務基盤を拡充することを基本方針としており、個々の事業における環境の悪化に起因する想定
       損失の最大額に対するリスクバッファーの観点から、リスクアセット倍率の上限を定めており、リスクアセットに対
       する自己資本の規模の妥当性を検証し、経営会議に定期的に報告しております。
        しかしながら、これらのリスクを完全に排除することは困難なため、事業の状況、経理の状況等に記載した事項の
       うち、有価証券報告書提出日現在において、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると経営者が認識してい
       る主なリスクは、次のとおりであります。
       (1)  マクロ経済環境の変化によるリスク

         当社グループは、国内外における各種商品の商取引、事業投資、サービスの提供等多岐にわたる事業をグローバ
        ルに展開しております。このため、日本、米国、中国、欧州およびアジア新興国や世界経済全般の景気が減速した
        場合、需要の停滞による売上減少や市場価格の大幅な落ち込みなどにより、当社グループの経営成績および財政状
        態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         なお、提出日現在で当社グループが認識しているマクロ経済環境は「第2 事業の状況 1経営方針、経営環境
        及び対処すべき課題等」に記載しております。
       (2)  市場リスク

         当社グループにおいて、営業取引に付随する為替変動リスク、金利変動リスクおよび取扱商品の価格変動リスク
        は多くの場合、取引先等との取引条件の中でヘッジしております。あわせて、為替・金利(資金)・商品やそれら
        の派生商品について、社内組織単位および会社ごとにリスク量と収益を勘案のうえ、ポジション枠(限度枠)と損
        失限度額を定め、これらの限度を超えた場合には速やかにポジションを縮減する体制を整備しております。また、
        ヘッジ手段として派生商品を活用することで、これらのポジションの価格変動リスクを軽減させております。これ
        らのポジションの状況については、定期的に経営会議宛に報告され、ポジション枠を超過している場合は、速やか
        にその内容を分析のうえ、縮減させております。
         なお、それぞれのリスクが一定の前提の中で変動した際に当社グループの経営成績に与える影響は、「第5 経
        理の状況 注記30 金融商品 (5)市場リスク管理」に記載しております。
        ①  為替変動リスク

         当社グループは、輸出入取引などに付随して、様々な通貨・条件での外国通貨取引を行っており、これらの為
        替変動リスクを軽減するため、為替予約等のデリバティブ取引を行っております。
                                  13/153


                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
         また、当社は海外に現地法人や事業会社を有しており、連結財務諸表上それらの会社の残高は期末日の為替
        レートにて換算されるため、為替レートの変動により在外営業活動体の換算差額を通じて、親会社の所有者に帰
        属する持分を増減させる可能性があり、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
        ②  金利変動リスク

         当社グループは、営業活動や財務活動に係る資金の大半を金融機関からの借入金により調達しており、これら
        の借入金の一部は変動金利となっております。これらの借入金や資金運用については金利変動リスクがあり、金
        利上昇によって支払利息が増加する可能性があります。
         当社グループは、アセット・ライアビリティ・マネジメントを通じ、有価証券や固定資産等の非金利感応資産
        のうち変動金利で調達している部分を金利ポジションととらえ、一部は借入金の金利変動リスクを回避するため
        に、金利スワップ取引を利用し金利変動リスクの軽減を図っておりますが、影響を完全に回避できるものではな
        く当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ③  取扱商品の需給・価格変動リスク

         当社グループの主たる事業である国内外での商品売買取引においては、市況の影響を受ける穀物・畜産物・石
        油製品等の取扱いがあります。一部の相場商品は商品先物取引を利用し価格変動リスクの軽減を図っております
        が、これらの商品ポジションが拡大した場合に、商品相場の乱高下や需要の減少等によって、予期しない損失が
        発生し、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④  市場性のある有価証券等の価格変動リスク

         当社グループは、取引先との関係強化などの目的で有価証券を保有することがあります。これらには株価変動
        リスクが存在し、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の変動により、当社グループの財政状
        態に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  信用リスク

         当社グループは、国内外の取引先と多様な商取引を行う中で売掛金、前渡金、貸付金、保証その他の様々な形態
        での信用供与を行っており、取引先の財政状態の悪化などにより、回収遅延や債務不履行などが発生する可能性が
        あります。また、商品供給契約、請負契約、業務委託契約等の締結・履行においては、理由の如何を問わず、取引
        先の債務不履行や契約不履行が発生した場合に、金銭的損失を伴う履行責任を負う可能性があります。これらの損
        失負担については、会計上、一定の見積りを用いて引当金の設定を行っておりますが、結果として損失が引当金の
        範囲を超え、追加的に損失が生じる可能性もあり、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         国内外の取引先への信用供与を行うにあたっては、定期的に、取引先の財務データやその他の情報に基づき取引
        先ごとに格付けを付与し、格付けおよび与信種類に応じた与信限度額を設定し、また、必要に応じて保険を付保
        し、通常の営業取引から生じる取引与信のほか、融資、保証行為など、これらの信用供与の総額が、与信限度額内
        に収まるよう運営し、定期的に回収状況や滞留状況をモニタリングし、必要とされる保全策を講じることによっ
        て、コントロールしておりますが、信用リスクが完全に回避される保証はありません。また、取引先の信用状態悪
        化に対しては取引縮小や債権保全策を講じ、取引先の破綻に対しては処理方針を立てて債権回収に努めています
        が、債権等が回収不能になった場合には当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         なお、当社グループの信用リスク管理の管理手法およびその予想信用損失の測定については、「第5 経理の状
        況 注記30 金融商品 (3)信用リスク管理」に記載しております。
       (4)  カントリーリスク

         当社グループは、海外における取引や投融資を展開しており、その国の政治・経済情勢に起因する代金回収の遅
        延や不能が生じる可能性があります。こうしたカントリーリスクの顕在化による損失を極小化するため、定期的
        に、各国・地域ごとのカントリーリスクの大きさに応じた格付けを付与したうえで限度額を設定し、特定の国・地
        域に対するエクスポージャーの集中を避けるべく運営しております。格付けや案件の内容に応じて貿易保険の付保
        などによる回収リスクの回避策も講じておりますが、実際に特定の国・地域においてこれらのリスクが顕在化した
        場合には、当該事業および取引の継続が困難となり、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         なお、当社グループにおける各国・地域に対する外部顧客からの収益および非流動資産の金額は、「第5 経理
        の状況 注記7 セグメント情報 (4)地域別情報」に記載しております。
                                  14/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (5)  事業投資等のリスク
         当社グループは、中期ビジョン「               future    135  」において、安定した収益構造の事業分野における持続的成長を目
        指すとともに、強みを有する事業分野への効果的かつ適切な事業投資により規模の拡大や付加価値の獲得を目標と
        しております。
         これら事業投資等の実行にあたっては、投資基準を定め、強みのある事業分野への投資を主として、投資目的・
        内容およびキャッシュ・フローをベースにした事業の採算性と様々なリスク要因の評価・分析等を踏まえた審議を
        各職能部門が行い、一定規模以上の重要な案件については案件審議会での審議を行っております。また、事業撤退
        の基準も定めたうえで、投資実行後も、定期的に案件審議会において、その事業性と投資価値の評価・見直しを行
        うことで、損失の極小化に努めております。しかしながら、投資先の財政状態や事業の成否によって、投資価値が
        変動する可能性があります。
         また、現地の法令やパートナーなどとの関係において、当社グループの方針どおりに事業展開あるいは撤退がで
        きない可能性もある中、投資の一部または全部が損失となる、あるいは追加資金拠出が必要となるリスクがあり、
        当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  固定資産に関する減損リスク

         当社グループが保有する有形固定資産、のれんおよび無形資産は減損リスクにさらされております。対象資産の
        資産価値が減少した場合、必要な減損処理を行うため、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。特に、中期ビジョン「            future    135  」において事業投資による成長を掲げており、企業結合に伴うのれんおよび
        識別可能な無形資産の金額が、今後、増加する可能性があります。
         対象となる固定資産およびリース資産については、「第5 経理の状況 注記10 有形固定資産」および「第
        5 経理の状況 注記11 のれんおよび無形資産」に記載しております。また、認識した減損損失については、
        「第5 経理の状況 注記22 減損損失」に記載しております。
       (7)  資金調達に関するリスク

         当社グループは、事業資金を国内外に所在する金融機関からの借入金および社債等により調達しております。金
        融機関との良好な取引関係の維持およびアセット・ライアビリティ・マネジメントに努め、資産の内容に応じた調
        達を実施することで流動性リスクの最小化を図っておりますが、金融市場の混乱や格付機関による当社信用格付け
        の大幅な引き下げ等の事態が生じた場合、当社グループの資金調達に制約が課される可能性や、調達コストが増加
        する可能性があります。
         なお、当社グループの資金調達の状況については、「第5 経理の状況 注記16 社債及び借入金」および「第
        5 経理の状況 注記30 金融商品 (4)                   流動性リスク管理        」に記載しております。
       (8)  法令変更等に関するリスク

         当社グループの国内外における事業活動は、日本および諸外国における広範な法規制の対象となっております。
        これらの遵守には最大限の注意を払っておりますが、予期し得ない各種法令等の変更、国際政治・情勢等の変化に
        よって一方的に実施される懲罰的関税措置を含む輸出入規制および商品販売・取扱いに係る許認可等の規制変更な
        どにより、当該取引を継続できなくなる可能性ならびに訴訟や当局の命令などから予期せぬ費用が発生する可能性
        があります。この中には、国際課税における当局や国家間の取決めおよび税率の変更による税務リスクも含まれて
        おり、これら法規制の変更は当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)  訴訟・係争等に関するリスク

         当社グループが国内外で事業活動を行うにあたっては、その営業活動や事業運営上の資産・負債等が、様々な形
        で、訴訟等の法的手続き上の、あるいはその他の係争の対象となることがあります。これらの訴訟・係争等の発生
        は予測困難であり、またそのような訴訟・係争等が発生した場合において、その解決には相当の時間を要すること
        が多く、結果を予想することには不確実性が伴います。このような訴訟・係争等が発生し、予期せぬ結果となった
        場合には、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  15/153





                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (10)   法令遵守・不正行為に関するリスク
         当社グループは、多岐にわたる商品・サービスを国内外で売買・提供する事業を営んでおり、その商品・サービ
        スに対してわが国を含む世界各国で制定、施行されている安全保障貿易管理関連法令など輸出入関連法規をはじめ
        とする各種法令および規則に、最大限の注意を払って事業を行っております。
         各種の法規制や規則遵守を包括的にモニタリングするために、内部統制・コンプライアンス委員会を設置し、コ
        ンプライアンス維持の状況について、定期的なレビューを行うとともに、突発的に発生する諸問題に対応しており
        ます。しかしながら、複数の当事者を介して行う各種取引オペレーションにあたって、常に完全な手続きを実施す
        ることは難しく、複数の予防的措置を講じているにもかかわらず、結果として法令違反や不正行為を見逃し、それ
        らの違反や不正行為が重大なものであった場合には当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性
        があります。
       (11)   情報セキュリティに関するリスク

         当社グループは、情報共有や業務の効率化のため、情報システムを構築・運用しており、情報システム運営上の
        安全性確保のため、情報セキュリティ管理に関する規程を定め、危機管理対応の徹底に取り組んでおりますが、外
        部からの予期せぬ不正アクセス、コンピュータウイルス侵入等による企業機密情報・個人情報の漏洩、更には、自
        然災害、事故等による情報システム設備の損壊や通信回線のトラブルなどにより情報システムが不稼動となる可能
        性を完全に排除することはできません。このような場合は、システムに依存している業務の効率性の低下を招くほ
        か、被害の規模によっては、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (12)   自然災害等に関するリスク

         当社グループは、国内外における地震、大雨、洪水などの自然災害・異常気象や、インフルエンザ等の感染症、
        大規模事故、テロ・暴動、その他予期せぬ事態が発生した場合、当社グループの社員ならびに事業所、倉庫、工場
        などの設備機器、システム等といった資産が影響を受け、営業・生産活動に支障が生じる可能性があります。ま
        た、国内外に保管中または輸送中の貨物を有しており、これらの保有する資産が自然災害や偶発的事故等によって
        毀損・劣化する可能性に加え、地震・火災・洪水・暴動等により事業が中断する可能性があります。当社では、社
        員の安否確認システムの導入、災害マニュアルおよびBCP(事業継続計画)の策定、建物・設備・システム等の耐
        震対策(データ等のバックアップを含む。)、防災訓練、必要物資の備蓄、国内外の拠点や関係会社との連携・情
        報共有などの対策を講じておりますが、被害の規模によっては、当社グループの経営成績および財政状態に影響を
        及ぼす可能性があります。
                                  16/153











                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)  経営成績等の状況の概要
        ①  経営成績の状況
         当連結会計年度の世界経済は、金融市場の変調や貿易摩擦の深刻化などが懸念されながらも、引き続き緩やか
        な成長が続きました。
         米国においては、FRBの金融政策に端を発する金融市場の変調に見舞われつつも、堅調な個人消費や雇用・所得
        環境の改善、税制改革による減税効果などから戦後最長をうかがう持続的な景気拡大局面にあります。一方、欧
        州においては、英国のEU離脱問題やドイツ経済の失速、イタリアにおける財政不安の影響が懸念され、アジア新
        興国についても利上げなどの影響により緩やかな減速に転じ、中国においては貿易摩擦の激化により、経済成長
        は鈍化しました。
         わが国経済は、世界経済の影響を受けつつも、設備投資や雇用の拡大、堅調な企業収益などにより、緩やかな
        成長を続けております。
         このような環境のもと、当連結会計年度の当社グループの業績は、次のとおりとなりました。

         原油価格下落の影響を受けたエネルギー事業や、米国による経済制裁の影響により中東向け取引の減退を受け

        た車両・車載部品事業、また、米中貿易摩擦の影響を受けた半導体部品・製造装置事業で減収減益となった一
        方、旺盛なIT投資需要を受けたICTソリューション事業や、携帯電話販売代理店子会社の統合効果が継続したモバ
        イル事業、配合飼料価格が安定推移した食糧事業、官公庁向けや海外での航空機部品取引が好調だった航空・宇
        宙事業などが増収増益となり、全体を牽引しました。
         収益は、前連結会計年度比             90億59百万円      ( 1.3%   ) 増加  の 7,238億49百万円        となり、売上総利益も、前連結会計
        年度比   36億43百万円      ( 3.4%   ) 増加  の 1,100億14百万円        となりました。営業活動に係る利益は、売上総利益の増加
        などにより、前連結会計年度比              41億89百万円      ( 16.0%   ) 増加  の 303億49百万円       となりました。また、金融収支は良
        化した一方、持分法による投資損益が前期より悪化した結果、税引前利益は、前連結会計年度比                                              31億34百万円
        ( 12.0%   ) 増加  の 291億77百万円       となり、親会社の所有者に帰属する当期利益は、前連結会計年度比                               2億88百万円
        ( 1.8%   ) 増加  の 166億5百万円       となりました。その結果、親会社の所有者に帰属する持分(自己資本)に対する
        親会社の所有者に帰属する当期利益率(ROE)は、13.8%となりました。
        ②  キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況については、営業活動によるキャッシュ・フローが                                            246億98百万円
        の収入   、投資活動によるキャッシュ・フローが                   65億75百万円の支出         、財務活動によるキャッシュ・フローが                   71億
        58百万円の支出       となりました。これらに、現金及び現金同等物に係る換算差額を調整した結果、当連結会計年度
        末の現金及び現金同等物の残高は               889億41百万円       となり、前連結会計年度末比             112億10百万円の増加          となりまし
        た。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、                              営業収入の積上げ等により、             246億98百万円の
        収入  (前連結会計年度は         4億34百万円の収入         )となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、                              有形固定資産の取得や㈱ジー・プリンテック
        の連結子会社化、持分法適用会社への出資等により                        、 65億75百万円の支出         (前連結会計年度は         11億3百万円の収
        入 )となりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、                              社債の償還による支出や配当金の支払い、業
        績連動型株式報酬制度による株式交付信託の自己株式の取得等により                                、 71億58百万円の支出         (前連結会計年度は
        8億42百万円の支出         )となりました。
                                  17/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        ③  生産、受注及び販売の実績
        (ⅰ)   生産実績
          生産は販売と概ね連動しているため、記載は省略しております。
        (ⅱ)   受注実績

          受注は販売と概ね連動しているため、記載は省略しております。
        (ⅲ)   販売実績

          「 (1)  経営成績等の状況の概要           」および「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 連結財務諸表注記 7 
         セグメント情報」を参照願います。
       (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        ①  重要な会計方針及び見積り
         当社グループにおける重要な会計方針及び見積りにつきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表
        等 連結財務諸表注記 3 重要な会計方針」および「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 連結財務諸表
        注記 2 作成の基礎」を参照願います。
        ②  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、次のとおりであります。
        収益
         収益は、食料セグメント、車両・航空セグメントを中心に好調に推移し、                                  前連結会計年度比        90億59百万円増加
        の 7,238億49百万円        となりました。
        売上総利益

         収益の増加に伴い、食料セグメント、電子・デバイスセグメントを中心に                                  前連結会計年度比        36億43百万円増加
        の 1,100億14百万円        となりました。
        営業活動に係る利益

         販売費及び一般管理費の増加がありましたが、売上総利益の増加に伴い、                                  前連結会計年度比        41億89百万円増加
        の 303億49百万円       となりました。
        税引前利益

         持分法による投資損益が前期より悪化したものの、営業活動に係る利益の増加により、                                         前連結会計年度比        31億
        34百万円増加      の 291億77百万円       となりました。
        親会社の所有者に帰属する当期利益

         税引前利益から       法人所得税費用       87億28百万円      を 控除した結果、当期利益は            204億49百万円       となり、親会社の所有
        者に帰属する当期利益は、前連結会計年度比                     2億88百万円増加        の 166億5百万円       となりました。
        財政状態

         当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末比295億70百万円増加の5,494億59百万円となりました。
         流動資産は、手持ち現預金の増加や前渡金を中心としたその他の流動資産の増加に伴い、前連結会計年度比297
        億81百万円増加の4,444億43百万円となりました。非流動資産は、新規投資に伴いのれん、無形資産および持分法
        投資残高が増加した一方で、株式相場の下落に伴いその他の投資が減少したため、前連結会計年度末比2億10百
        万円減少の1,050億16百万円となりました。
         負債につきましては、社債の償還があった一方で、契約負債や前受金を中心としたその他の流動負債が増加し
        たことに伴い、合計で前連結会計年度末比179億22百万円増加の3,907億60百万円となりました。
         資本のうち、親会社の所有者に帰属する持分(自己資本)については、親会社の所有者に帰属する当期利益に
        よる利益剰余金の積上げにより、前連結会計年度末比92億34百万円増加の1,252億46百万円となりました。
         その結果、親会社所有者帰属持分比率(自己資本比率)は22.8%、ネット有利子負債資本倍率(ネットDER)は
        0.4倍となりました。
                                  18/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        親会社の所有者に帰属する持分(自己資本)に対する親会社の所有者に帰属する当期利益率(ROE)
         当連結会計年度の親会社の所有者に帰属する持分(自己資本)1,252億46百万円に対して、親会社の所有者に帰
        属する当期利益166億5百万円となったためROEは前連結会計年度末比1.3ポイント低下の13.8%となり、                                                「 future
        135  」の目標である13~15%を維持しております。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

        電子・デバイス

         ICTソリューション事業は、製造業、サービス業、官公庁向けを中心としたサーバー、ストレージ分野でのIT投
        資需要を受け、引き続き堅調に推移しました。モバイル事業は、携帯電話販売代理店子会社の統合効果継続によ
        り順調に推移しました。電子機器事業は、昨年12月に当社が100%子会社化したカードプリンター事業会社にて、
        第4四半期に顕現した大口案件などにより、業績の底上げを図ることができました。一方で、半導体部品・製造
        装置事業は、需要の低下に伴い苦戦を強いられました。
         その結果、電子・デバイスセグメントの収益は前連結会計年度比22億20百万円増加の2,655億30百万円、営業活
        動に係る利益は9億77百万円増加の185億33百万円となりました。
        食料

         食糧事業は、国内飼料価格が安定的に推移し、特に畜産飼料および水産飼料が好調に推移しました。食品事業
        は、農産加工品取引が安定した原料相場と健康志向の高まりによる旺盛な需要に支えられ順調に推移しました。
        畜産事業は、相場の変動がありましたが堅調に推移しました。
         その結果、食料セグメントの収益は前連結会計年度比135億99百万円増加の2,448億59百万円、営業活動に係る
        利益は18億2百万円増加の39億51百万円となりました。
        鉄鋼・素材・プラント

         エネルギー事業は、原油価格の一時的な下落を背景に苦戦を強いられました。鉄鋼事業は、通商問題等を背景
        に一部輸出取引が影響を受けた一方で、堅調な内需を背景に国内取引は順調に推移しました。北米における油井
        管事業につきましても活発な掘削需要を背景に好調に推移しました。工作機械・産業機械事業は、国内を中心と
        した底堅い需要に支えられ、好調に推移しました。化学品事業は、特に医薬品関連取引が好調に推移しました。
         その結果、鉄鋼・素材・プラントセグメントの収益は前連結会計年度比136億39百万円減少の1,394億36百万
        円、営業活動に係る利益は5億7百万円増加の44億37百万円となりました。
        車両・航空

         航空・宇宙事業は、主力取引である航空機部品ビジネスが順調に推移しました。また、ロケット打上げビジネ
        スにも参画し、事業領域を拡大しました。車両・車載部品事業は、中東向け取引の減退はあったものの、アジア
        市場の拡大に伴い主力取引である部品ビジネスが堅調に推移しました。また、CASE(Connected,                                              Autonomous,
        Shared,    Electric)、MaaS(Mobility             as  ▶ Service)時代に備え、先進技術に対応するため、北米のシリコンバ
        レーに投資拠点を設立しました。
         その結果、車両・航空セグメントの収益は前連結会計年度比76億10百万円増加の620億63百万円、営業活動に係
        る利益は8百万円増加の25億49百万円となりました。
        その他

         収益は前連結会計年度比7億31百万円減少の119億60百万円、営業活動に係る利益は前期においてゴルフ場売却
        による固定資産の減損損失を計上した反動により、8億70百万円増加の8億50百万円となりました。
        ③  キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容および資本の財源および資金の流動性についての分析

        キャッシュ・フロー
         当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況の分析・検討内容は、「第3 事業の状況 3 経営者による財
        政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                             経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フロー
        の状況」を参照願います。
                                  19/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        資金調達
         当社グループは、6ヵ年の中期ビジョン「                    future    135  」の中で掲げている「持続的な成長」を実現するために
        必要な、低コストで安定的な資金調達を基本方針として資金調達活動に取り組んでおります。
         当社グループの資金調達については、メインバンク、地銀、生損保等の金融機関との良好な関係を背景とした
        間接金融をベースに、長期資金の調達手段の一つとして普通社債を発行し、資本市場からの調達も実施しており
        ます。当連結会計年度では、50億円の普通社債償還を行い、連結有利子負債に占める直接金融からの負債調達割
        合は  11%  となりました。
         これらの円滑な資金調達を行うため、㈱日本格付研究所(JCR)、ならびに㈱格付投資情報センター(R&I)の
        2社から格付けを取得しており、当連結会計年度末の当社グループに対する格付け(長期)は、JCRがBBB+(見通
        し安定的)、R&IがBBB(見通し安定的)となっております。
         加えて、手元流動性の確保を図るため、十分な規模の現預金及び現金同等物を保有するほか、主要金融機関に
        おいてコミットメントラインを設定しております。
         また、連結ベースでの効率的な資金調達を実施するために、国内主要関係会社の資金調達を親会社に集中した
        うえで、資金需要に応じて配分を行うキャッシュマネジメントシステムを導入しております。当連結会計年度末
        では、連結有利子負債に占める当社の有利子負債の割合は                           67%  と、約7割の資金調達を親会社に集中しておりま
        す。
         このような資金調達活動の結果、当連結会計年度末におけるグロス有利子負債残高は1,395億4百万円で、前連
        結会計年度末と比べ21億78百万円増加いたしました。現金及び現金同等物の残高が前連結会計年度末に比べ増加
        したため、当連結会計年度末におけるネット有利子負債残高は499億69百万円となり、前連結会計年度末に比べ90
        億76百万円減少いたしました。               その結果、ネット有利子負債資本倍率(ネットDER)は0.4倍と、健全な財務体質
        を維持しております。
         また、当連結会計年度末の有利子負債残高に占める社債および長期借入金(1年以内に返済予定の長期借入金
        を含む。)の比率は65%(当社では89%)であり、資金調達の状況は安定しております。
        配当性向(総還元性向)

         当社グループは、6ヵ年の中期ビジョン「                    future    135  」の中で、安定した収益基盤の事業分野において持続的
        成長を実現するとともに、規模の拡大や付加価値の獲得のための事業投資により、連結当期利益の一段の伸長を
        めざしております。
         このために、毎年持続的に創出される営業キャッシュ・フローおよび金融機関や資本市場から調達する財務
        キャッシュ・フローを重点分野への成長投資に充てるとともに、安定的かつ継続的に株主還元を実施し、資本の
        効率性にも目を配って参ります。
         具体的には、過去平均して100~200億円程度の実績がある営業キャッシュ・フローを原資に成長投資を実行す
        るとともに、株主還元については25~30%の配当性向(総還元性向)を実現することを目標にいたします。単年
        の営業キャッシュ・フローを超えるような多額の事業投資については、健全な財務体質による追加調達余力を活
        かして機動的に資金調達を実施し、連結当期利益250億円を目指して参ります。
         なお、当連結会計年度における配当性向(総還元性向)は30.3%となりました。
        ④  来期の見通し

         中期ビジョン「       future    135  」の2年目にあたる2020年3月期の業績見通しに関しましては、収益7,400億円、営
        業活動に係る利益310億円、税引前利益300億円、親会社の所有者に帰属する当期利益170億円を見込んでおりま
        す。
                      (最終年度)2024年3月期               2019年3月期実績            2020年3月期見通し

          連結当期利益
                              250億円             166億円             170億円
                ※
          ROE                   13%~15%               13.8%           13%~15%
          配当性向(総還元性向)                   25%~30%               30.3%             29.6%

         (※)親会社の所有者に帰属する当期利益
                                  20/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
         セグメントの業績見通しは、次のとおりであります。
        電子・デバイス

         ICTソリューション事業は、引き続き堅調な推移を見込んでおります。モバイル事業は堅調な推移を見込むも通
        信料引き下げの影響を考慮しております。これらの見通しを踏まえ、収益は当連結会計年度比45億円増加の2,700
        億円、営業活動に係る利益は当連結会計年度横這いの185億円を見込んでおります。
        食料

         食糧事業は、米中貿易摩擦の影響を受ける可能性もありますが、他産地への切替えにより堅調な収益確保を見
        込んでおります。畜産事業は、2019年2月に輸入を開始したウルグアイ産ビーフを含め堅調に推移する見込みで
        あります。これらの見通しを踏まえ、収益は当連結会計年度比51億円増加の2,500億円、営業活動に係る利益は当
        連結会計年度横這いの40億円を見込んでおります。
        鉄鋼・素材・プラント

         当連結会計年度に油価下落の影響を受けたエネルギー事業は、回復を見込んでおります。北米における油井管
        事業は、好調を維持できる見通しであります。これらの見通しを踏まえ、収益は当連結会計年度比106億円増加の
        1,500億円、営業活動に係る利益は当連結会計年度比11億円増加の55億円を見込んでおります。
        車両・航空

         航空・宇宙事業は、引き続き航空機部品ビジネスの拡大による伸びを見込んでおります。車両・車載部品事業
        は、中東向け取引減退の影響を見込んでおります。これらの見通しを踏まえ、収益は当連結会計年度比21億円減
        少の600億円、営業活動に係る利益は当連結会計年度横這いの25億円を見込んでおります。
        (業績見通し算定にあたっての前提条件                   )

         ・為替レート :          1米ドル=110円
         ・金利水準  : 横這い
         なお、ここに記載している業績見通し等の将来に関する記述は、当社が当連結会計年度末現在において入手し

        ている情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のも
        のではありません。また、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があることにご留意ください。
       (3)  経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報

        (収益の表示方法)
         日本基準では、当社グループが当事者として行った取引額および当社グループが代理人として関与した取引額
        を総額で売上高として表示いたしますが、IFRSでは、代理人として関与したと判断される取引については純額で
        収益を表示いたします。この影響により、IFRSでは日本基準に比べて、収益および原価が前連結会計年度および
        当連結会計年度において、それぞれ4,913億44百万円および5,142億16百万円減少しております。
        (のれんの償却)

         日本基準では、のれんの償却については、一定の期間で償却いたしますが、IFRSでは償却を行いません。この
        影響により、IFRSでは日本基準に比べて、のれん償却額(販売費及び一般管理費)が前連結会計年度および当連
        結会計年度において、10億95百万円および6億56百万円減少しております。
      4【経営上の重要な契約等】

        特記事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当連結会計年度における研究開発費の総額は                      608  百万円であり、電子・デバイスセグメントにおけるシステムソ
       リューションの開発やストレージ関連の新製品の開発、サイバー攻撃対策の研究等、様々な研究開発活動を行ってお
       ります。
                                  21/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度における重要な設備投資はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループ(当社および連結子会社)における主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)  提出会社
                                                     2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
          事業所名         セグメント                                   従業員数
                        設備の内容                                  摘要
                                  機械、運搬      土地
          (所在地)          の名称                                  (人)
                             建物及び
                                  具及び工具      (面積    リース資産      合計
                              構築物
                                  器具備品
                                        千㎡)
     東京本社
                                          -              609  (注)
                   全社     その他設備        372     53          1    428
     (東京都港区)                                    (-)              [16]   1
       (2)  国内子会社

                                                     2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
              事業所名                                        従業員数
                   セグメント
       会社名                 設備の内容                                  摘要
                                  機械、運搬      土地
             (所在地)      の名称                                  (人)
                             建物及び
                                  具及び工具      (面積    リース資産      合計
                              構築物
                                  器具備品
                                        千㎡)
             神田店
                        移動体通信
     兼松コミュニ       (東京都
                   電子・                      192             1,531   (注)
                        端末等販売       1,921      311          246    2,670
     ケーションズ㈱        千代田区)       デバイス                       (1)             [769]   2
                        設備
             他156店舗
             久喜工場
     兼松アグリテッ       (埼玉県           飼肥料製造                  149               10  (注)
                   食料             181     204          -    535
                        設備
     ク㈱        久喜市)                             (24)              [-]   3
             他1ヵ所
             東京本社       鉄鋼・
     ㈱兼松ケージー                                    234              132
             (東京都       素材・     その他設備
                                627     17          8    888
     ケイ                                     (0)              [9]
              練馬区)       プラント
             本陣通給油所
             (愛知県
                   鉄鋼・
                                         122               24  (注)
     兼松ペトロ㈱        名古屋市       素材・     給油所設備         22     32          21    199
                                          (2)              [96]   4
                   プラント
              中村区)
             他9ヵ所
             小倉油槽所           オイル・L
                   鉄鋼・
             (北九州市           PGタン                 2,534               16
     兼松油槽㈱              素材・             203     666          -    3,404
              小倉北区)           ク・太陽光                  (82)               [5]
                   プラント
             他2ヵ所           発電
                                  22/153








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (3)  在外子会社
                                                     2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
              事業所名     セグメント                                   従業員数
       会社名                 設備の内容                土地                  摘要
                                  機械、運搬
                    の名称
             (所在地)                建物及び                        (人)
                                  具及び工具      (面積    リース資産      合計
                              構築物
                                  器具備品      千㎡)
             シカゴ本店
     Kanematsu    USA
                                          -              36  (注)
             (Illinois,       全社     その他設備
                                 0    24          -     25
                                         (-)               [3]  5
     Inc.
              U.S.A.)
      (注)1.建物の一部を賃借しており、年間賃借料は645百万円であります。
         2.建物の一部を賃借しており、年間賃借料は2,162百万円であります。
         3.子会社である㈱ケーツーおよび平成飼料㈱に賃貸中であります。
         4.土地の一部を賃借しており、賃借している土地面積は7千㎡、年間賃借料は54百万円であります。
         5.  建物の一部を賃借しており、年間賃借料は                    27百万円    であります。
         6.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書きしております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        特記事項はありません。
                                  23/153















                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                 200,000,000

                 普通株式
                                                 200,000,000

                  計
        ②【発行済株式】

                                         上場金融商品取引所名
             事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
        種類                                 又は登録認可金融商品              内容
               (2019年3月31日)             (2019年6月21日)
                                           取引業協会名
                                           東京証券取引所           単元株式数
                    84,500,202             84,500,202
       普通株式
                                            市場第一部            100株
                    84,500,202             84,500,202             -          -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
                 総数増減数        総数残高                       増減額        残高
         年月日
                                (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                      (百万円)       (百万円)
      2017年10月1日

                 △338,000         84,500          -     27,781          -     26,887
         (注)
      (注)    2017  年10  月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。
       (5)【所有者別状況】

                                                   2019年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満
                                                        株式の状況
         区分                             外国法人等
               政府及び地           金融商品     その他の
                                                         (株)
                    金融機関                         個人その他       計
               方公共団体           取引業者      法人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)             -     45     46     297     199      19   15,165     15,771       -
     所有株式数(単元)             -   362,449      13,005     48,719     261,741       130   158,172     844,216      78,602
     所有株式数の割合
                  -    42.93      1.54     5.77     31.00      0.02     18.74     100.00       -
     (%)
      (注)1.自己株式          256,636株は、「個人その他」に2,566単元および「単元未満株式の状況」に36株を含めて記載して
           おります。
         2.「その他の法人」および「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ                                                  26単
           元および60株含まれております。
       (6)【大株主の状況】

                                  24/153


                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                                                   2019年3月31日現在
                                                     発行済株式(自己
                                                所有株式数     株式を除く。)の
             氏名又は名称                       住所
                                                     総数に対する所有
                                                 (千株)
                                                     株式数の割合(%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口)                      東京都中央区晴海一丁目8番11号                       11,674        13.85
     日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)                      東京都港区浜松町二丁目11番3号                       5,560        6.60

     SSBTC CLIENT OMNIBUS
                           ONE  LINCOLN   STREET,   BOSTON   MASSACHUSETTS      U.S.A.
     ACCOUNT
                                                  2,521        2.99
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店 カストディ業
                           (東京都中央区日本橋三丁目11番1号)
     務部)
     東京海上日動火災保険㈱                      東京都千代田区丸の内一丁目2番1号                       2,322        2.75
                           BANKPLASSEN     2, 0107  OSLO  1 OSLO  0107,   NORWAY
     GOVERNMENT OF NORWAY
                                                  2,290        2.71
     (常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)
                           (東京都新宿区新宿六丁目27番30号)
                           東京都中央区晴海一丁目8番11号
     日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口9)                                             1,861        2.20
                           東京都中央区晴海一丁目8番11号

     日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口5)                                             1,550        1.84
     ㈱三菱UFJ銀行                      東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                       1,417        1.68

                           25 BANK  STREET,   CANARY   WHARF,   LONDON,   UNITED
     ジェーピー モルガン チェース バンク
                           KINGDOM
     385151                                             1,333        1.58
                           (東京都港区港南二丁目15番1号 品川インターシ
     (常任代理人 ㈱みずほ銀行決済営業部)
                           ティA棟)
     農林中央金庫                      東京都千代田区有楽町一丁目13番2号
                                                  1,249        1.48
               計                     -             31,782        37.72

      (注)1.日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口、信託口9、信託口5)および日本マスタートラスト信託銀
           行㈱(信託口)の所有株式は、信託業務に係る株式であります。
         2.発行済株式総数から控除する自己株式には役員向け株式交付信託が保有する当社株式は含めておりません。
         3.レオス・キャピタルワークス㈱から、2018年3月7日付で大量保有報告書(変更報告書)が公衆の縦覧に供
           されており、2018年2月28日現在で6,359千株を保有している旨が記載されておりますが、当社として議決
           権行使基準日における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、レオス・キャピタルワークス㈱の大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。
            大量保有者   レオス・キャピタルワークス㈱
            住所      東京都千代田区丸の内一丁目11番1号
            保有株券等の数 株式 6,359千株
            株券等保有割合 7.53%
         4.㈱三菱UFJフィナンシャル・グループから、2018年4月6日付で大量保有報告書(変更報告書)が公衆の
           縦覧に供されており、2018年4月1日現在で㈱三菱UFJ銀行他4名の共同保有者が次のとおり当社株式を
           保有している旨が記載されておりますが、㈱三菱UFJ銀行を除き、当社として議決権行使基準日における
           実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                                              保有株券等の数       株券等保有割合
             氏名又は名称                      住所
                                                (千株)        (%)
     ㈱三菱UFJ銀行                      東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
                                                  1,417        1.68
                           東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
     三菱UFJ信託銀行㈱                                             2,967        3.51
     三菱UFJ国際投信㈱                      東京都千代田区有楽町一丁目12番1号                        487       0.58
     エム・ユー投資顧問㈱                      東京都千代田区神田駿河台二丁目3番11号                        136       0.16
     三菱UFJアセット・マネジメント(UK)
                           24 Lombard   Street,   London,   United   Kingdom
                                                   102       0.12
     (Mitsubishi      UFJ  Asset   Management     (UK)Ltd.)
               計                    -              5,110        6.05
                                  25/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
         5.大和住銀投信投資顧問㈱から、2019年3月18日付で大量保有報告書(変更報告書)が公衆の縦覧に供されて
           おり、2019年3月15日現在で3,413千株を保有している旨が記載されておりますが、当社として議決権行使
           基準日における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、大和住銀投信投資顧問㈱の大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。
            大量保有者   大和住銀投信投資顧問㈱
            住所      東京都千代田区霞が関三丁目2番1号
            保有株券等の数 株式 3,413千株
            株券等保有割合 4.04%
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                         株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                         内容
                                 -             -        -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -

      議決権制限株式(その他)                           -             -        -

                     (自己保有株式)
                                             -
                              256,600
                     普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)
                                                  単元株式数100株
                     (相互保有株式)
                                             -
                              100,000
                     普通株式
      完全議決権株式(その他)                       84,065,000              840,650
                     普通株式                               同上
                                                  1単元(100株)
                               78,602               -
      単元未満株式                普通株式
                                                   未満の株式
                            84,500,202                 -        -
      発行済株式総数
                                 -          840,650          -

      総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が                                         2,600株(議決権26個)、役
         員向け株式交付信託が保有する当社株式が711,500株(議決権7,115個)含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
       所有者の氏名
                                                    に対する所有株
                 所有者の住所
                            株式数(株)        株式数(株)         合計(株)
        又は名称
                                                    式数の割合(%)
     (自己保有株式)

               神戸市中央区伊藤町
     兼松㈱                         256,600           -      256,600          0.30
               119番地
     (相互保有株式)
               大阪府岸和田市木材町
     ホクシン㈱                         100,000           -      100,000          0.11
               17番地2
                    -          356,600           -      356,600          0.42
         計
      (注)上記のほか、役員向け株式交付信託が保有する当社株式711,500株を連結財務諸表および財務諸表上、自己株式
         として処理しておりますが、上記の表には含めておりません。
                                  26/153





                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
           当社は、2018年5月9日開催の取締役会および2018年6月22日開催の第124回定時株主総会において、当社
          の取締役(社外取締役を除く。以下も同様である。)を対象として、信託を用いた「業績連動型株式報酬制
          度」(以下「本制度」という。)を導入することを決議いたしました。
           また、執行役員に対しても、当社取締役に対するものと同様の業績連動型株式報酬制度を導入いたしまし
          た。
        ①  本制度の概要

         本制度は、取締役の報酬と当社の業績および株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価の変動による
        利益・リスクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高める
        ことを目的としております。
         本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得し、
        当社が各取締役に付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて各取締役に対して交付を行う
        という株式報酬制度であります。
         なお、当社は、当該信託期間中に本制度に基づき取締役に交付するために必要な当社株式の取得資金として、






        合計450百万円を上限とする金銭を当初の中期経営計画期間中に在任する取締役に対する報酬として拠出し、一定
        の要件を満たす取締役を受益者として本信託を設定いたします。本信託は、当社が信託した金銭を原資として、
        当社株式を、取引所市場(立会外取引を含む。)から取得する方法または当社からの自己株式の処分による方法
        により、取得いたします。
         また、株式報酬の算定式は、「第一部                   企業情報 第4        提出会社の状況 4          コーポレート・ガバナンスの状況
        等 (4)役員の報酬等 (1)役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法」
        に記載のとおりであります。
        ②  本信託の概要

         名称          株式交付信託
         受託者         三井住友信託銀行株式会社
               (再信託受託者:日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社)
         受益者         当社取締役のうち受益者要件を満たす者
         信託管理人 株式会社青山綜合会計事務所
         議決権行使       信託の期間を通じて、本信託内の株式に係る議決権は行使いたしません
         信託の種類       金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)
         信託契約日       2018年8月
         信託の期間       2018年8月~2024年8月(予定)
         信託の目的       株式交付規程に基づき当社株式を受益者へ交付すること
                                  27/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                                 株式数(株)               価額の総額(円)
               区分
                                       2,673              4,053,995
      当事業年度における取得自己株式
                                        125              159,135

      当期間における取得自己株式
      (注)1.当期間における取得自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
           取りによる株式は含まれておりません。
         2.取得自己株式数には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式711,500株は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
                                  -        -        -        -

      引き受ける者の募集を行った取得自己株式
                                  -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                  -        -        -        -
      行った取得自己株式
      その他
                                 160      236,400           -        -
     (単元未満株式の売渡請求による売渡し)
                               256,636           -      256,761           -
      保有自己株式数
      (注)1.当期間における処理自己株式数には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           売渡しによる株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           買取りおよび売渡しによる株式は含まれておりません。
         3.保有自己株式数には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式711,500株は含まれておりません。
                                  28/153








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主に対する利益還元を経営の重要課題と認識しており、将来の成長投資のための適正な内部留保とのバ
       ランスを考慮しながら、業績に裏付けられた利益配分を行うことを基本と考えております。また、配当につきまして
       は、中期ビジョン「         future    135  」において、配当性向(総還元性向)25~30%を目処とし、安定的かつ継続的に実施
       することを目標に掲げております。
        当社は、会社法第459条第1項に規定する剰余金の配当に関する事項については、取締役会での決議による旨を定
       款にて定めております。また、同様に中間配当および期末配当の基準日を、それぞれ毎年9月30日および3月31日と
       する旨を定款に定めており、取締役会の決議による年2回の配当を原則としております。
        当事業年度の期末配当金につきましては、1株当たり                         35 円といたしました。既に中間期末において1株当たり                         25 円
       の中間配当を実施しておりますので、年間配当金は1株当たり60円となり、この結果、当期利益(親会社の所有者に
       帰属)に基づく連結配当性向は30.3%となります。
        内部留保資金につきましては、財務体質の健全性を維持しつつ、成長のための投資などに活用して参ります。
        なお、当事業年度における剰余金の配当は次のとおりであります。
                               配当金の総額                 1株当たり配当額

              決議年月日
                                (百万円)                   (円)
             2018年10月31日
                                        2,106                  25.00
               取締役会
             2019年5月20日

                                        2,948                  35.00
               取締役会
       (注)2018年10月31日取締役会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式に対する
          配当金17百万円が含まれております。また2019年5月20日取締役会決議による配当金の総額には、同配当金
          24百万円が含まれております。
                                  29/153












                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       (1)  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、創業者自らが筆を取って宣言した創業主意「わが国の福利を増進するの分子を播種栽培す」のもと、
        「伝統的開拓者精神と積極的創意工夫」「会社の健全なる繁栄を通じて企業の社会的責任を果たすこと」「組織と
        ルールに基づいた行動」を企業理念に掲げるとともに、兼松行動基準に則り、社会的に有用な商品・サービスを提
        供することを通じて、様々なステークホルダーに報いる企業活動を行い、持続可能な社会の実現に努めておりま
        す。
         このため、経営の透明性を高め、より公正性・効率性・健全性を追求すべく、コーポレート・ガバナンスの強化
        に努め、株主、顧客・取引先、従業員などのすべてのステークホルダーに評価され、企業価値を高めることを目的
        として、コーポレート・ガバナンス体制の充実を図っております。
       (2)  企業統治の体制

        ①  企業統治の体制の概況
        (ⅰ)取締役会
         ・取締役会長を議長とし、取締役6名で構成されており、法令または定款に定める事項のほか、当社の経営方針
          その他重要事項を決定するとともに、取締役の職務の執行を監督しております。また、取締役6名のうち2名
          を社外取締役とすることにより、取締役会の適切な意思決定を図るとともに、業務執行に対する監督機能の一
          層の強化を図る体制といたしました。原則1ヵ月に1回の定例取締役会と、必要に応じて臨時取締役会を随時
          開催しており      ます。なお、取締役の任期は、経営環境の変化に適切に対応するため1年としております。本報
          告提出日現在の取締役会の構成員は、次のとおりであります。
         議 長:代表取締役会長 下嶋 政幸
         構成員:代表取締役社長 谷川 薫
              取締役 宮部 佳也、蔦野 哲郎、片山 誠一(社外)、田原 祐子(社外)
        (ⅱ)指名委員会・報酬委員会

         ・当社は、取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任を強化するため、取締役会の諮問機関として、取締役会
          の下に任意の指名委員会および報酬委員会を設置しております。本報告書提出日現在の各委員会の構成および
          役割は次のとおりであります。
          (指名委員会)
           構成:代表取締役会長 下嶋 政幸(委員長)
              取締役 片山 誠一(社外)、田原 祐子(社外)
           役割:取締役の選任および解任に関する株主総会議案、またそれを決議するために必要な基本方針、規則お
              よび手続等について審議し、取締役会に対して答申を行う。
          (報酬委員会)
           構成:代表取締役社長 谷川 薫(委員長)
              取締役 片山 誠一(社外)、田原 祐子(社外)
           役割:取締役および執行役員の個人別の報酬等の内容に係る決定に関する方針、報酬等の内容、またそれを
              決議するために必要な基本方針、規則および手続等について審議し、取締役会に対して答申を行う。
                                  30/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (ⅲ)経営会議
         ・経営の意思決定の迅速化および監督機能と業務執行機能を分離することによる職務責任の明確化を図るととも
          に、業務執行の機動性を高めるため、                  執行役員制度を導入しております。                 執行役員は、取締役会の決定のも
          と、取締役会の委任に基づき、担当職務を執行いたします。
         ・経営会議は、社長執行役員を議長とし、意思決定の迅                          速化と機動的経営の実現のため、取締役会長および社長
          を含む特定の執行役員で構成され、原則として毎月2回以上開催しております。取締役会決定の基本方針に基
          づき全社の全般的業務の執行に関する基本方針を定め、業務執行の指揮、指導にあたっております。経営会議
          には、社外取締役および監査役も出席しております。
         なお、本報告書提出日現在の経営会議の構成員は次のとおりであります。
         議 長:代表取締役社長 谷川 薫
         構成員:代表取締役会長 下嶋 政幸
              専務執行役員  宮部 佳也、本下 俊秀
              常務執行役員  菅 栄治
              上席執行役員  濱崎 雅幸、原田 雅弘、田中 一生、蔦野 哲郎
              執行役員    村松 陽一郎
        (ⅳ)案件審議会

         ・経営会議等に付議される重要案件を事前に審議するため、審査担当役員、主計・財務担当役員および企画担当
          役員で構成される案件審議会を原則として月に2回開催しております。
        (ⅴ)監査役会

          当社は、監査役会設置会社となっており、監査役・監査役会が独立の機関として、取締役の職務の執行を監
         査する体制としております。社外監査役3名を含む4名の監査役は、取締役および従業員から適宜業務執行に
         ついての報告を受けるとともに、取締役会および経営会議に出席しております。また、常勤監査役は、案件審
         議会、内部統制・コンプライアンス委員会、その他重要会議または委員会に出席し、取締役の職務執行を監査
         する体制としております。
         なお、本報告書提出日現在の監査役会の構成員は次のとおりであります。
         議 長:監査役 村尾 哲朗(常勤)
         構成員:監査役 小川 荘平(常勤/社外)、宮地 主(社外)、倉橋 雄作(社外)
         当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要図                      (2019年6月21日現在)           は、次のとおりであります。

                                  31/153










                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        ②  企業統治の体制を採用する理由
         当社は、経営の透明性を高め、公正性・効率性・健全性を追求するため、監査役会設置会社を採用しておりま
        す。監査役4名のうち3名を社外監査役としており、その知見・経験に基づいた客観的視点に立った提言・助言
        を通じ、外部からの経営監視・監督機能を十分に果たしております。また、取締役のうち複数名を独立性の高い
        社外取締役とすることにより、取締役会による経営監督の実効性と意思決定の透明性の強化・向上を図ることと
        しております。
         今後、一層のコーポレート・ガバナンス強化のため、法制度や当社の実状および会社規模を踏まえた望ましい
        体制を検討して参ります。
        ③  内部統制システム、リスク管理体制および子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

         当社グループに内在するリスクを総合的に評価し、業務の有効性・効率性・事業活動に係る法令等の遵守・資
        産の保全を追求するとともに財務報告の信頼性を確保するため、次のとおり、内部統制システムを構築しており
        ます。
        ・企業の法令遵守の重要性に鑑み、当社グループの内部統制システムの構築と推進のために内部統制・コンプラ

         イアンス委員会を設置し、社内コンプライアンス体制の強化を図っております。グループ会社も含めた規範と
         なるコンプライアンスハンドブックを整備するとともに、良識ある行動倫理を徹底すべく、周知と教育研修の
         充実を図っております。また、ホットラインの設置により内部統制・コンプライアンス委員会または社外弁護
         士に直接報告・相談できる体制を整えております。
        ・当社ではコンプライアンス上の遵守事項のひとつに「反社会的勢力には毅然とした対応で臨み、一切の関係を

         持たない」ことを掲げております。反社会的勢力排除に向けて、警視庁管内特殊暴力防止対策連合会に所属し
         情報を共有することにより平素から連携を密にしております。また、反社会的勢力より不当な要求を受けた場
         合に備えて、人事総務部を全社的対応・情報集約部署と位置付け、警察や弁護士等の外部機関と連携して対応
         する体制を整備しております。
        ・情報管理については、会計帳簿および貸借対照表ならびに会社の基本的権利義務に関する契約書および財産に

         関する証書、その他これに準ずる文書の保管、保存および廃棄に関する基準を定めております。また、会社の
         重要な資産としての情報保全管理、個人情報保護などコンプライアンスとしての情報保全管理を目的として、
         情報セキュリティ管理に関する規程を定め、その強化を図っております。
        ・業務上発生しうるリスクに対しては、職務権限規定に基づきそれぞれの担当部署が、社内規程や施行細則、業

         務のしおりを策定、研修などを通じて周知徹底を図っております。また、必要に応じ社内横断的な委員会を設
         置し、リスクのコントロールを行っております。
         当社グループのビジネスリスクに関する判断・決定については、職務権限規定に基づいた社内稟議体制を構築
         し、主要な投融資の実行・継続・撤退等については案件審議会で、各種リスクの見地から総合的な検討を行っ
         ております。
         自然災害などの重大事態発生時の業務に関する危機リスクについては、規程およびマニュアルを策定し、適切
         な管理体制を構築しております。
        ・財務報告に係る内部統制については、金融商品取引法に定める内部統制報告制度に従って、当社グループの財

         務報告の適正性を確保するための体制を構築し、統制の整備・運用・評価・改善を行っております。
         また、企業の社会的責任(CSR)を重視する当社の経営姿勢を一層明確にすべくCSR委員会を設置しており、社

        会貢献、環境保全などCSRを巡る様々な課題に対して、全社的な活動方針を立案し、CSR推進に関するPDCAサイク
        ルの強化を図っております。
       (3)  企業グループとしての取組み

         当社グループでは、年に2回およびその他随時、グループ企業のトップマネジメントが集まるグループ会社社長
        会を開催し、当社グループ全体の経営に関する情報を共有することで、コーポレート・ガバナンスの相互理解と共
        通認識の徹底を図っております。
                                  32/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (4)  適時開示に関する考え方
         株主・投資家のみならず、従業員、お取引先、マスコミ等を含むすべてのステークホルダーに対し、経営に関す
        る重要な会社情報を迅速、的確かつ公平に情報開示し、透明性を確保することが経営の責務であると認識しており
        ます。決定事項に関する情報、発生事実に関する情報、決算に関する情報など重要な会社情報については、金融商
        品取引所への登録のほか、自社ウェブサイト上などで適時開示を行っております。なお、未公表の重要事実に関す
        る情報の取扱いについては、「重要事実の管理およびインサイダー取引規制に関する規程」に基づきグループ全体
        を通じたインサイダー取引の防止を図っております。
       (5)  取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
        出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらない旨を定款に定めております。
       (6)  剰余金の配当等の決定機関

         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
        き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当等を
        取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
       (7)  取締役および監査役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって同第423条第1項の取締役および監査役
        (取締役および監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を法令の定める限度額の範囲内で免除することができ
        る旨を定款に定めております。
         これは、取締役および監査役が職務を執行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たし
        うる環境を整備することを目的とするものであります。
       (8)  責任限定契約の内容の概要

         当社は、会社法第427条第1項の規定に基づいて、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)および監査
        役との間で、同法第423条第1項の損害賠償責任を同法第425条第1項に定める額を限度とする契約を締結しており
        ます。
       (9)  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議について、議決権を行使することができる株主の議決権
        の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これ
        は株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするもの
        であります。
                                  33/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ①  役員一覧
        男性  9 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             10 %)
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                              1974年4月     兼松江商株式会社入社
                                   IT統括室長、兼松米国会社取締役社長を
                                   経て
                              2006年6月     取締役、プラント部門担当
         代表取締役
                              2009年6月     常務取締役、鉄鋼部門、人事、総務、運輸
                  下嶋 政幸      1951年8月6日                              (注)3     25
          会長
                                   保険担当、大阪支社長
                              2010年4月     代表取締役社長
                              2017年6月     代表取締役会長
                              2019年6月
                                   代表取締役会長、監査室担当(現職)
                              1981年4月     兼松江商株式会社入社

                                   情報・産業電子部長、兼松コミュニケー
                                   ションズ株式会社取締役、当社企画部長を
                                   経て
                              2013年6月     取締役、電子・デバイス部門担当
         代表取締役
                              2014年6月     執行役員制度拡充に伴い取締役退任、常務
                  谷川 薫     1958年9月24日
                                                     (注)3     19
                                   執行役員、電子・デバイス部門長
          社長
                              2015年4月     常務執行役員、電子・デバイス部門長、企
                                   画担当
                              2015年6月     取締役、専務執行役員、電子・デバイス部
                                   門長、企画担当
                              2017年6月
                                   代表取締役社長(現職)
                              1983年4月     兼松江商株式会社入社
                                   電子機器部長を経て
          取締役
                              2012年6月     取締役、電子・IT部門副担当
        専務執行役員
                              2013年4月     取締役、車両・航空部門担当
       車両・航空部門長、           宮部 佳也      1959年1月21日                              (注)3     11
                              2014年6月     執行役員制度拡充に伴い取締役退任、常務
     大阪支社長、名古屋支店長、
                                   執行役員、車両・航空部門長
      先進技術・事業連携担当
                              2018年6月     取締役、専務執行役員、車両・航空部門
                                   長、大阪支社長、名古屋支店長、先進技
                                   術・事業連携担当(現職)
                              1992年4月     兼松株式会社入社
                                   財務部長を経て
                              2017年6月     取締役、執行役員、財務、主計、営業経理
                                   担当、財務部長
                              2017年9月     取締役、執行役員、財務、主計、営業経理
          取締役
                                   担当、財務部長、主計部長
        上席執行役員         蔦野 哲郎      1969年4月3日                              (注)3     8
                              2017年10月     取締役、執行役員、財務、主計、営業経理
      財務、主計、営業経理担当
                                   担当、主計部長
                              2018年6月     取締役、上席執行役員、財務、主計、営業
                                   経理担当、主計部長
                              2019年4月     取締役、上席執行役員、財務、主計、営業
                                   経理担当(現職)
                                  34/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                              1971年4月     神戸商科大学助手
                              1980年9月     エバーグリーン州立大学客員教授
                              1987年4月     神戸商科大学教授
                              1993年12月     神戸大学経済経営研究所教授
                              2000年4月     同大学経済経営研究所所長
          取締役        片山 誠一      1943年4月18日
                                                     (注)3     -
                              2007年4月     同大学名誉教授(現職)、愛知学院大学商
                                   学部教授
                              2013年4月     同大学経済学部教授
                              2014年4月     同大学経済学部客員教授
                              2015年6月
                                   当社取締役(現職)
                              2017年4月
                                   愛知学院大学特任研究員(現職)
                              1991年4月     マンパワー・ジャパン株式会社入社

                              1993年8月     株式会社リック入社、電化住宅推進室長
                              1998年7月     株式会社ベーシック代表取締役(現職)
          取締役        田原 祐子      1959年10月9日                              (注)3     -
                              2012年6月     一般社団法人フレームワーク普及促進協会
                                   代表理事(現職)
                              2018年6月
                                   サンヨーホームズ株式会社取締役(現職)
                              2019年6月
                                   当社取締役(現職)
                              1976年4月     兼松江商株式会社入社

                              2009年6月     取締役、プラント部門担当
                              2011年6月     常務取締役、機械・プラント部門、人事総
                                   務担当
          監査役
                              2014年6月     取締役、専務執行役員、営業統括、人事総
                  村尾 哲朗      1952年4月3日                              (注)4     8
         (常勤)
                                   務、企画担当、大阪支社長、名古屋支店長
                              2015年6月     新東亜交易株式会社代表取締役社長
                              2018年6月     兼松サステック株式会社取締役
                              2019年6月     当社監査役(常勤)(現職)
                              1984年4月     農林中央金庫入庫

                              2003年12月     同庫青森支店長
                              2006年2月     同庫農林部副部長
                              2007年1月     同庫総合企画部副部長
                              2007年9月     同庫総合企画部副部長、グループ戦略室長
          監査役
                  小川 荘平      1961年4月26日                              (注)5     3
                              2009年4月     同庫総合企画部主任考査役
         (常勤)
                              2009年7月     同庫大分支店長
                              2011年7月     同庫JASTEM新システム対策部長
                              2013年6月     同庫業務監査部長、主任業務監査役
                              2015年6月
                                   当社監査役(常勤)(現職)
                              1970年4月     監査法人中央会計事務所入所
                              1985年8月     同監査法人社員就任
                              1989年8月     中央新光監査法人代表社員就任
                              1997年6月     中央監査法人理事および大阪事務所長就任
          監査役
                              2000年5月     中央青山監査法人理事退任
                  宮地 主     1946年4月3日
                                                     (注)4     -
         (非常勤)
                              2004年6月     同監査法人大阪事務所長退任
                              2007年7月     みすず監査法人退職
                              2007年8月     宮地公認会計士事務所開業(現職)
                              2015年6月
                                   当社監査役(現職)
                              2007年12月     弁護士登録、中村・角田・松本法律事務所
                                   入所
          監査役
                  倉橋 雄作      1980年10月29日                              (注)4     -
                              2015年1月
                                   同法律事務所パートナー(現職)
         (非常勤)
                              2019年6月     当社監査役(現職)
                                         計                 76
      (注)1.取締役片山誠一氏および田原祐子氏は、社外取締役であります。
         2.監査役小川荘平氏、宮地主氏および倉橋雄作氏は、社外監査役であります。
         3.取締役の任期は2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から1年間であります。
         4.監査役村尾哲朗氏、宮地主氏および                   倉橋雄作氏     の任期は、2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時か
           ら4年間であります。
         5.監査役小川荘平氏の任期は、2016年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間であります。
                                  35/153


                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      (ご参考)2019年6月21日現在の執行役員の陣容は、次のとおりであります。
       執行役員名            氏名                       担当
      ※社長            谷川 薫
      ※専務執行役員           宮部 佳也        車両・航空部門長、大阪支社長、名古屋支店長、先進技術・事業連携担当
       専務執行役員            本下 俊秀        審査、法務コンプライアンス担当
       常務執行役員            菅 栄治        鉄鋼・素材・プラント部門長
       上席執行役員            濱崎 雅幸        食糧部門長、食品部門長
       上席執行役員            原田 雅弘        電子・デバイス部門長
       上席執行役員            田中 一生        人事総務、運輸保険担当
      ※上席執行役員           蔦野 哲郎        財務、主計、営業経理担当
       執行役員            小泉 浩一        車両・航空副部門長
       執行役員            城所 僚一        兼松米国会社社長
       執行役員            岩田 修        鉄鋼・素材・プラント副部門長
       執行役員            山科 裕司        兼松ドイツ会社社長、兼松欧州会社社長
       執行役員           村松 陽一郎         企画、IT企画担当
       執行役員            中嶋 潤        食糧副部門長、穀物飼料部長
     (注)※印の各氏は、取締役を兼務しております。
        ②  社外役員の状況

         当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。
         (ⅰ)  社外取締役

          ・社外取締役片山誠一氏は、経済学を専門とする大学教授としての企業経営に関する幅広い知識と高い見識
           を当社の経営に活かしていただくとともに、当社の経営を監督していただいております。同氏と当社の間
           に特別な利害関係はなく、2015年6月24日に当社取締役に就任以降、当社から独立した立場で取締役会の
           内外において的確な助言・提言を行うことにより、適正に社外取締役としての職責を果たしていることな
           どから、独立性を保っていると判断しております。なお、同氏は経営陣からの独立性を有しており、一般
           株主と利益相反が生じるおそれがないことから、2015年5月8日開催の取締役会において東京証券取引所
           の定める独立役員とすることを決議し、同取引所に届け出ております。
          ・社外取締役田原祐子氏は、企業経営における豊富な経験と人材・組織コンサルティング経験で培われた高
           い見識を有していることから、経営の助言や業務執行に対する適切な監督を担っていただくため、2019年
           6月21日付けにて当社取締役に就任いたしました。同氏と当社の間に特別な利害関係はなく、当社から独
           立した立場で取締役会の内外において的確な助言・提言を行うことにより、社外取締役として適正に職責
           を果たし、独立性を保てるものと考えております。なお、同氏は経営陣からの独立性を有しており、一般
           株主と利益相反が生じるおそれがないことから、2019年5月10日開催の取締役会において東京証券取引所
           の定める独立役員とすることを決議し、同取引所に届け出ております。
                                  36/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
         (ⅱ)  社外監査役
          ・社外監査役小川荘平氏は、金融機関における長年の経験・知識と、財務および会計に関する知見に基づ
           き、当社の監査を行っていただいております。同氏は当社の株式を3,200株保有しておりますが、同氏と当
           社の間に特別な利害関係はありません。2015年6月24日に当社監査役に就任以降、当社から独立した立場
           で取締役会の内外において的確な助言・提言を行うことにより、適正に社外監査役としての職責を果たし
           ていることなどから、独立性を保っていると判断しております。
          ・社外監査役宮地主氏は、公認会計士としての豊富な経験・知見と高い見識に基づき、当社の監査を行って
           いただいております。同氏と当社の間に特別な利害関係はなく、2015年6月24日に当社監査役に就任以
           降、当社から独立した立場で取締役会の内外において的確な助言・提言を行うことにより、適正に社外監
           査役としての職責を果たしていることなどから、独立性を保っていると判断しております。なお、同氏は
           経営陣からの独立性を有しており、一般株主と利益相反が生じるおそれがないことから、2015年5月8日
           開催の取締役会において東京証券取引所の定める独立役員とすることを決議し、同取引所に届け出ており
           ます。
          ・社外監査役倉橋雄作氏は、弁護士としての専門的な知識・経験などを当社の監査に生かしていただくため
           2019年6月21日付けにて当社監査役に就任いたしました。同氏と当社の間に特別な利害関係はなく、当社
           から独立した立場で取締役会の内外において的確な助言・提言を行うことにより、社外監査役として適正
           に職責を果たし、独立性を保てるものと考えております。なお、同氏は経営陣からの独立性を有してお
           り、一般株主と利益相反が生じるおそれがないことから、2019年5月10日開催の取締役会において東京証
           券取引所の定める独立役員とすることを決議し、同取引所に届け出ております。
         (ⅲ)  社外取締役および社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針の内容

           当社においては、社外取締役および社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針として明
          確に定めたものはありませんが、豊富な経験・知見と高い見識に基づき、当社から独立した立場で取締役会
          の内外において的確な助言・提言を行っていただける方を選任しております。
        ③  社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
         社外取締役および社外監査役は、内部監査計画およびその結果、監査役監査計画およびその結果、会計監査結
        果、ならびに金融商品取引法に基づく内部統制の評価結果について取締役会で報告を受けております。また、社
        外監査役は、内部監査部門および会計監査人と定期的に情報交換を行っており、連携強化に努めております。
                                  37/153










                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
       (1)  監査役監査の状況
         監査役監査については、監査役会で承認された監査方針および計画に基づき、各監査役がコンプライアンス対
        応、リスク管理を含む取締役の業務執行の監査を実施するとともに、会計監査人の監査結果の相当性についても監
        査を実施しております。
         社外監査役3名を含む監査役4名による適正な監査を可能にするための具体的な体制は次のとおりであります。
        ①  当社の監査役への報告に関する体制

        ・取締役および使用人は、監査役に対して、取締役が法令に違反する事実、会社に著しい損害を及ぼすおそれの
         ある事実を発見したときには、これを速やかに報告するものとする。
        ・内部統制・コンプライアンス委員会を担当する取締役は、監査役に対して、当社グループのコンプライアンス
         に関する業務の状況について1ヵ月に1度以上、重要事項については都度、報告する。
        ・取締役および使用人は、監査役から業務執行に関する報告を求められた場合には、速やかに報告する。
        ・監査役は、監査役監査を実効的に行うため、取締役会のほか、経営会議、案件審議会、内部統制・コンプライ
         アンス委員会、その他重要な会議または委員会に出席し、当社グループにおける経営上の重要事項について報
         告を受ける。また、出席しない場合には、監査役は付議事項について説明を受け、稟議書、報告書等の資料お
         よび議事録等を閲覧することができる。
        ・監査役へ報告を行った者に対して、当該報告をしたことを理由として解雇その他の不利な取扱いを行うことを
         当社グループにおいて禁止する。
        ②  その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

        ・監査役は、内部監査部門の実施する内部監査に関する年次計画について事前に説明を受け、必要があると認め
         るときは、意見を述べることができる。また、当社グループにおける内部監査の実施状況について適宜報告を
         受け、必要があると認めるときは、追加監査の実施、業務改善策の策定等に関する意見を述べることができ
         る。
        ・監査役は、会計監査人の取締役からの独立性を確保し、会計監査人の監査計画について、事前に報告を受ける
         ものとする。また、会計監査人の報酬および、会計監査人に依頼する非監査項目については、監査役の同意を
         要するものとする。
        ・監査役会は、代表取締役と定期的に会合をもち、代表取締役の経営方針を確かめるとともに、会社が対処すべ
         き課題、会社を取り巻くリスクのほか、監査役監査の環境整備の状況、監査上の重要課題等について意見交換
         し、代表取締役との相互認識と信頼関係を深めるよう努めるものとする。
        ・監査役会は、定期的に当社グループの監査役等が、出席するグループ会社監査役連絡会を開催し、当社グルー
         プの監査役間における情報共有を図る。
        ・監査役がその職務の執行に必要な費用について前払いまたは償還の請求をしたときは、速やかに当該費用を処
         理する。
         なお、常勤監査役村尾哲朗氏は、当社取締役をはじめ、長年にわたり企業経営の要職を歴任した経験があり、財

        務および会計に関する相当程度の知見を有しており、常勤監査役小川荘平氏は、金融機関における長年の経験があ
        り、財務および会計に関する相当程度の知見を有しております。また、非常勤監査役宮地主氏は、公認会計士の資
        格を有しており、財務および会計に関する相当程度の知見を有しております。
       (2)  内部監査の状況

         内部監査については、監査室(提出日現在11名)が、当社および当社子会社を対象とした内部監査を実施し、会
        計記録の適正性を期するとともに、業務の有効性および効率性の向上を支援するため、改善および統制活動を評
        価、監視しております。
         監査室は、監査役と定期的な会合をもち、監査計画の説明、実施状況の報告など緊密な連携を保ち、内部監査の
        実効性の確保を図っております。また、会計監査人とも相互に情報交換を行っております。
                                  38/153





                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (3)  会計監査の状況
        ①  会計監査人
         会計監査人は、監査役に対し監査計画の報告を行い、定期的に会計監査の実施状況や会社の業績、財政状態に
        影響を与える事項、課題についての意見交換を実施することで、情報の共有化を図っております。
         当社は、会計監査人にPwCあらた有限責任監査法人を選任しております。
         会計監査業務を執行したPwCあらた有限責任監査法人の公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成は
        次のとおりであります。
         ・業務を執行した公認会計士の氏名
           指定有限責任社員 業務執行社員 好田 健祐
           指定有限責任社員 業務執行社員 矢野 貴詳
         ・会計監査業務に係る補助者の構成
           公認会計士 6名  会計士試験合格者等 8名  その他 25名
        (ⅰ)   監査法人の選定方針と理由

          当社は、会計監査人の選定を独立性、品質管理、監査実施体制、監査報酬等を評価のうえ行う方針としてお
         ります。また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められ、かつ改
         善の見込みがないと判断した場合、監査役全員の同意により会計監査人を解任いたします。また、監査役会
         は、会計監査人が職務を適切に遂行することが困難と認められる場合は、会計監査人の解任または不再任に関
         する議案を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出いたします。
          当社は、監査法人の選定方針を踏まえ、監査役会の定める会計監査人の評価基準に基づき監査役会が実施し
         た評価、および会計監査人の解任または不再任の決定の方針を踏まえて総合的に検討した結果、会計監査人を
         再任しております。
        (ⅱ)   監査役及び監査役会による監査法人の評価

          監査役会は、会計監査人の評価基準を定め、会計監査人の独立性の確保、品質管理、監査実施体制、監査報
         酬、監査役等とのコミュニケーションについてそれぞれ評価項目を設定しております。監査役会は、これに則
         り、会計監査人や当社役員および使用人からの資料の確認およびこれらとの定期的な面談を行い、毎年会計監
         査人の評価をしております。
        ②  監査報酬の内容等

        (ⅰ)   監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
                 報酬(百万円)            報酬(百万円)            報酬(百万円)            報酬(百万円)
                       148             2          151             0

      当社
                       196             6          194             6

      連結子会社
                       344             8          345             6

         計
        (ⅱ)   監査公認会計士等と同一のネットワーク(                    PricewaterhouseCoopers            LLP等   )に属する組織に対する報酬

          ( (ⅰ)を除く)
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
                 報酬(百万円)            報酬(百万円)            報酬(百万円)            報酬(百万円)
      当社                  -            -            -            -

      連結子会社                  114            22           111            37

         計              114            22           111            37

                                  39/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (ⅲ)その他重要な報酬の内容
         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        (ⅳ)   監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

         (前連結会計年度)
          当社および連結子会社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、コンフォート
         レターの作成業務および海外拠点の税務申告に伴う合意された手続業務等に係るものであります。
         (当連結会計年度)

          当社および連結子会社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、海外拠点の税
         務申告に伴う合意された手続業務等に係るものであります。
        (ⅴ)   監査報酬の決定方針

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、監査公認会計士等の提示する報酬額、監査計画の内容および
         監査時間の見積り等について、当社の規模、業態などを踏まえた検討を行い、監査役会の同意を取得のうえ、
         決定しております。
        (ⅵ)   監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          会計監査人に対する報酬等について監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行状況および報酬見
         積りの算出根拠などが適切であるかどうかについて必要な検証を行い、会社法第399条第1項の同意を行ってお
         ります。
                                  40/153












                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
       (1)  役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法
         取締役および監査役の報酬については、株主総会決議により報酬総額の限度額を決定しております。取締役(社
        外取締役を除く。)の報酬は、月例報酬、業績連動報酬および業績連動型株式報酬により構成されており、月例報
        酬は、各取締役の役位に応じて、業績を勘案して決定しております。業績連動報酬および業績連動型株式報酬につ
        きましては、経営成績や経営環境を勘案のうえ、報酬等の額や算定方法の決定に関する方針を報酬委員会で審議の
        うえ、取締役会へ答申し、取締役会にて決定しております。また、監査役の報酬については、監査役会の協議によ
        り決定しております。
       (2)  業績連動報酬と業績連動報酬以外の支給割合の決定方針

         取締役(社外取締役を除く。)の業績連動報酬と業績連動報酬以外の支給割合の決定方針について、特段の定め
        はありません。
       (3)  業績連動報酬に係る指標と当該指標を選択した理由

         中期ビジョン「        future    135  」の達成と中長期的な企業価値の向上に向けたインセンティブとして機能するよう、
        当社では、業績連動報酬および業績連動型株式報酬に係る指標を親会社の所有者に帰属する当期利益に設定してい
        ます。
       (4)  業績連動報酬の額の決定方法

        ①  業績連動報酬について
        ・業績連動報酬につきましては、取締役の経営責任を明確にし、業績向上に対するインセンティブを一層高                                                  める
         ため、下記方法に基づき算定のうえ、支給額を確定しております。
        (ⅰ)総支給額
          総支給額は第126期有価証券報告書に記載される親会社の所有者に帰属する当期利益に0.25%を乗じた金額
         (親会社の所有者に帰属する当期利益が50億円未満の場合は0円)または50,000千円のいずれか少ない金額と
         いたします。
        (ⅱ)個別支給額
          各取締役への個別支給額は上記(ⅰ)に基づき計算された総支給額を、役位ごとに定められた下記ポイントに
         応じて按分した金額といたします。ただし、個別支給額の限度額は次のとおりであります。
           取締役会長                 取締役        取締役        取締役        取締役
                   取締役副社長
           取締役社長                専務執行役員        常務執行役員        上席執行役員         執行役員
               1.0        0.74        0.59        0.53        0.45        0.37
          上記の個別支給額に係る具体的算定フォーミュラを示すと次のとおりであります。
          個別支給額 = 総支給額 × 役位ポイント ÷ 対象となる取締役の役位ポイントの総和
          個別支給額の限度額:         取締役会長・社長   14,400千円
                              取締役副社長     10,700千円
                              取締役専務執行役員              8,500千円
                              取締役常務執行役員              7,600千円
                              取締役上席執行役員              6,500千円
                              取締役執行役員                5,300千円
        ・社外取締役については月例報酬のみを支給しており、業績連動報酬は支給しておりません。
        ・監査役の月例報酬については、監査役会にて決定しており、業績連動報酬は支給しておりません。
                                  41/153






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        ②  業績連動型株式報酬について
        ・業績連動型株式報酬につきましては、取締役の報酬と当社の業績および株式価値との連動性をより明確にし、
         取締役が株価の変動による利益・リスクを株主と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に
         貢献する意識を高めることを目的としたものであります。当社が金銭を拠出することにより設定する信託が当
         社株式を取得し、当社が下記算定式に基づき算出した各取締役に付与するポイントの数に相当する数の当社株
         式(1ポイントは当社株式1株とする。ただし、当社株式について、株式分割、株式併合、株式無償割当て
         等、1ポイントあたりの交付株式数の調整を行うことが公正であると認められる事象が生じた場合には、係る
         分割比率・併合比率等に応じた合理的な調整を行うものとする。)を、当該信託を通じて各取締役に対して交
         付する、という株式報酬制度であります。
         [評価対象期間(※1)末日時点において取締役の地位にあった場合の算定式]
          付与ポイント = 株式報酬額(※2) ÷ 当該信託の保有する当社株式1株当たりの帳簿価格
      (※1)評価対象期間とは、中期経営計画に定める期間(2018年4月1日から2024年3月末日までの期間)といたし

          ます。ただし、中期経営計画の目標が、当該中期経営計画の期間満了前に達成し、新たな中期経営計画を設
          定する場合には、終了した事業年度までの期間に評価対象期間を置き換えるものといたします。また、当該
          評価対象期間の期間内に、新たに取締役となった場合は、取締役となった月を含む事業年度から中期経営計
          画の最終年度までを評価対象期間として置き換えるものといたします。
      (※2)株式報酬額は、当該評価対象期間1年ごとに次の算式により算出(1円未満切り上げ)し、合計した額とい
          たします。
          株式報酬額 = 業績連動型株式報酬額(※3) × 対象となる取締役の役位ポイント(※4) ÷ 対
          象となる取締役の役位ポイントの総和
      (※3)業績連動型株式報酬額は、親会社の所有者に帰属する当期利益(以下「当期利益」という。)に応じ、次の
          算式により算出される額といたします(1円未満切り上げ)。なお、当期利益の実績値は、当該評価対象期
          間最終年度の有価証券報告書に記載される親会社の所有者に帰属する当期利益の値といたします。
                 当期利益             業績連動型株式報酬額(円)の算出式
            50億円未満                                     0

            50億円以上、250億円未満                           当期利益 × 0.18%

            250億円以上、300億円未満                           当期利益 × 0.20%

            300億円以上                                 6,000万

      (※4)対象となる取締役の役位ポイントは、当該評価対象期間中の各事業年度末時点の役位に応じた役位ポイント
          (※5)といたします。
      (※5)役位ポイントは、次のとおりであります。
                  役位           取締役の数(人)            役位ポイント
                取締役会長
                                     2          1.00
                取締役社長
                取締役副社長                     -          0.74
              取締役専務執行役員                       1          0.59

              取締役常務執行役員                      -          0.53

              取締役上席執行役員                       1          0.45

               取締役執行役員                     -          0.37

          上記取締役の数(人)は2019年6月21日現在における取締役の数であります。
          [評価対象期間の途中で死亡または退任した場合の算定式]
          評価対象期間を、中期経営計画の始期から(当該評価対象期間の期間内に、新たに取締役となった場合は取
          締役となった月を含む事業年度から)死亡または退任日の直前に終了した事業年度までを評価対象期間とし
          て置き換え、次の算式により算出されるポイントを付与いたします(小数点以下切り上げ)。
          付与ポイント = 株式報酬額(※6) ÷ 当該信託の保有する当社株式1株当たりの帳簿価格
                                  42/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      (※6)株式報酬額は、当該評価対象期間1年ごとに次の算式により算出(1円未満切り上げ)し、合計した額とい
          たします。
          株式報酬額 = 業績連動型株式報酬額(※7) × 対象となる取締役の役位ポイント(※4) ÷ 対
          象となる取締役の役位ポイントの総和
      (※7)業績連動型株式報酬額は、死亡または退任日の直前に終了した事業年度の有価証券報告書に記載される当期
          利益に応じ、(※3)の算式により算出される額といたします(1円未満切り上げ)。
      (注)1.取締役は、法人税法第34条第1項第3号に定める業務執行役員であります。

         2 . 法人税法第34条第1項第3号イに定める「利益の状況を示す指標」は、「親会社の所有者に帰属する当期
           利益」といたします。
         3.法人税法第34条第1項第3号イ(1)に定める1事業年度あたりの上限となる「確定数(ポイント)」は、次
           のとおりであります。
                             上限となる株式数
                   役位
                              (ポイント数)
                 取締役会長
                                   53,000
                 取締役社長
                 取締役副社長                   39,000
               取締役専務執行役員                    31,000

               取締役常務執行役員                    28,000

               取締役上席執行役員                    23,000

                取締役執行役員                   19,000

           なお、当社が取締役に対して付与するポイントの総数は、中期経営計画の年数に140,000ポイントを乗じた
           数を上限とし、これを超える場合は、その範囲に収まるように、次の算式により、各取締役に対する付与
           ポイントを調整するものといたします。
           調整後の各取締役の付与ポイント数 = 調整前の当該取締役の付与ポイント数(当該評価対象期間につ
           いて算出される付与ポイント数) × {(140,000 × 評価対象期間の年数) - 当該評価対象期間
           について当社株式または当社株式に代わる金銭の交付が行われることにより消滅済みのポイント} ÷ 
           調整前の当該取締役全員に対する付与ポイント数(当該評価対象期間について算出される付与ポイント
           数)の合計(小数点以下切り捨て)
         4 . 各取締役に交付される株式数のうち、交付する当社株式の数に0.7を乗じた数(単元株数未満切り捨て)を
           控除した数の株式については、源泉所得税等の納税資金を当社が源泉徴収する目的で、当該信託内で売却
           換金したうえで、当社株式の交付に代えて当該株式の時価相当額の金銭の交付を行います。また、取締役
           が死亡した場合、当社株式の交付に代えて、当該取締役に付与されるべき数の株式の時価相当額の金銭を
           当該取締役の遺族に対して交付します。加えて、当社株式に対して公開買付け(当社が実施する場合を除
           く。以下「当社株式公開買付け」という。)が実施された場合で、当該信託の信託財産に属する当社株式
           について受託者が当社株式公開買付けに応募のうえ、当社株式の売却代金の決済がなされた場合には、当
           社株式の交付に代えて、当該取締役に付与されるべき数の株式の時価相当額の金銭を交付いたします。さ
           らに、取締役が合理的な理由により当社が指定する証券会社に株式の振替口座を開設すること、または非
           居住者となり開設した株式の振替口座に株式の振替を行うことが困難な場合には、当社株式の交付に代え
           て、当該取締役に付与されるべき数の株式の時価相当額の金銭を交付いたします。
         5.自己都合により任期途中で取締役を辞任する者(ただし、業務上の傷病等により取締役会にてやむを得な
           いと判断した場合を除く。)、当社に損害を与えたことに起因して取締役を解任されまたは辞任する者お
           よびその他違法行為等、当社に対して不利益、不都合の所為があった者については、取締役会の決議によ
           り、それまでに付与されていたポイントの全部が失効し、以降ポイント付与は行わないものとし、当該取
           締役は失効したポイントに係る当該信託の受益権を取得しないものといたします。
                                  43/153





                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (5)  役員報酬等に関する株主総会の決議年月日と決議内容
        ・株主総会決議による取締役の報酬額は年額3億円以内(うち社外取締役の報酬額は年額30百万円以内)、監査役
         の報酬額は年額84百万円以内であります。(2015年6月24日 第121回定時株主総会決議)
        ・業績連動型株式報酬は、2018年5月9日開催の取締役会において、当社の取締役(社外取締役を除く。)に対
         し、信託を用いた「業績連動型株式報酬(業績連動給与)」を導入することを決議し、2018年6月22日開催の第
         124回定時株主総会において、承認されております。
         また、執行役員に対しても、当社取締役に対するものと同様の業績連動型株式報酬制度を導入しております。
       (6)  役員区分ごとの役員報酬等の総額、種類別の総額、対象役員数

                                                      対象となる
                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                 報酬等の総額
       役  員  区  分                                         役員の員数
                  (百万円)
                          基本報酬       株式報酬        賞与     退職慰労金
                                                       (人)
         取締役
                      271       200       29       41       -         6
     (社外取締役を除く)
         監査役
                      27       27       -       -       -         1
     (社外監査役を除く)
                      72       72       -       -       -         6
        社外役員
      (注)上記には2018年6月22日開催の第124回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役1名を含んでおります。
       (7)  業績連動報酬に係る指標の目標と実績

         中期ビジョン「        future    135  」において、親会社の所有者に帰属する当期利益250億円を定量目標としており、当
        連結会計年度における業績見通しでは165億円としておりました。
         当連結会計年度における親会社の所有者に帰属する当期利益実績は166億5百万円となり、業績連動報酬および
        業績連動型株式報酬の取締役への総支給額は、それぞれ0.25%を乗じた41百万円、および0.18%を乗じた29百万円
        となります。
       (8)  役員報酬等の額またはその算定方法の決定方針および決定方法の決定権限者と権限内容、裁量の範囲および手続

         きの概要
         役員報酬等の額またはその算定方法の決定方針および決定方法については、株主総会決議による取締役の報酬額
        の限度額の中で取締役会において決定しております。社長、社外取締役で構成される報酬委員会は、取締役の個人
        別の報酬等の内容に係る決定に関する方針、報酬等の内容、またそれを決議するために必要な基本方針、規則およ
        び手続等について審議し、取締役会に対して答申を行っております。取締役会では、その答申に基づき、算定方法
        の決定方針や報酬額を決定しております。
       (9)  取締役会および委員会等の活動内容

         前連結会計年度における経営成績を勘案し、報酬委員会において報酬の決定方針および報酬額について審議のう
        え、取締役会へ答申を行っております。報酬委員会の答申に基づき、2018年6月22日付の取締役会において、取締
        役の固定月例報酬および第125期業績連動報酬および第125期業績連動型株式報酬制度の算定方法を決議しておりま
        す。
                                  44/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ①  投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、トレーディング収益やシナジーが伴わず、配当やキャピタルゲインのみを目的とする投資株式を純投
        資目的である投資株式と区分し、原則、純投資を行っておりません。事業の創出や取引・協業関係の構築・維
        持・強化による中長期的な収益の拡大を企図する投資株式を純投資目的以外の投資株式と区分しております。
        ②  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内

         容
          純投資目的以外で上場株式を保有するにあたっては、投資先企業との取引関係の維持・拡大による中長期的な
        収益の拡大につながるかどうかなど、投資の必要性・目的・採算などからみた経済的合理性、他の出資者の評
        価・意図および出口戦略などについて検討を行ったうえで、投資の是非について総合的に判断しております。
          このうち、関係会社を除く上場会社の株式については、社内規則に基づき、毎年、投資先ごとに保有目的など
        の定性面に加えて、関連する収益や受取配当金などのリターン等を定量的に評価し、当社の資本コストに見合っ
        た投資かどうか取締役会で検証しております。
          取締役会の検証内容としては以下のとおりです。
          純投資目的以外の投資株式として保有するすべての上場株式について、中長期的な視点で企業価値向上につな
        がることや当社の株式保有の意義が損なわれないかなどを精査した結果、経済合理性では関連する収益や受取配
        当金などのリターンが資本コストよりも上回っていることを確認しております。また、上記に加え保有意義につ
        いても確認し、継続して保有する銘柄については、投資先企業との取引関係の維持・拡大による中長期的な収益
        の拡大につながることを確認しております。
        ③  投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数および貸借対照表計上額の合計額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      75            3,085

     非上場株式
                      27           12,884
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             16

     非上場株式                                取引関係の維持・拡大
                                     取引関係の維持・拡大
                      3             9
     非上場株式以外の株式
                                     取引先持株会による継続取得
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      5           1,009

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
                                  45/153






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        ④  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額および保有目
         的
          特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    575,420         575,420

     東京海上ホールディ
                                  保険・金融取引における取引関係の維持                      有
     ングス㈱
                     3,080         2,813
                   1,192,800         5,964,000

     丸大食品㈱
                                  食料セグメントにおける取引関係の維
                                                        有
     (注)1                             持・拡大
                     2,261         3,013
                    910,041         910,041

     ㈱日清製粉グループ                             食料セグメントにおける取引関係の維
                                                        有
     本社                             持・拡大
                     2,237         1,871
                   2,161,200         2,161,200

     nmsホールディング                             電子・デバイスセグメントにおける取引
                                                        無
     ス㈱                             関係の維持・拡大
                     1,009         1,974
                    752,000         752,000

                                  鉄鋼・素材・プラントセグメントにおけ
     大王製紙㈱
                                                        有
                                  る取引関係の維持・拡大
                      978        1,122
                    309,160         309,160

                                  車両・航空セグメントにおける取引関係
     ㈱エフ・シー・シー                                                   有
                                  の維持・拡大
                      742         889
     MS&ADインシュアラ
                    127,436         127,436
     ンス   グループ
                                  保険・金融取引における取引関係の維持                      有
                      424         420
     ホールディングス㈱
                    278,000        1,390,000
     シンフォニアテクノ
                                  電子・デバイスセグメントにおける取引
                                                        有
     ロジー㈱ (注)1
                                  関係の維持・拡大
                      373         504
                    116,780         116,780

                                  食料セグメントにおける取引関係の維
     昭和産業㈱
                                                        無
                                  持・拡大
                      352         324
                    100,000         100,000
     新日鐵住金㈱ 
                                  鉄鋼・素材・プラントセグメントにおけ
                                                        無
     (注)3
                                  る取引関係の維持・拡大
                      197         236
                     66,600         66,600

                                  電子・デバイスセグメントにおける取引
     グローリー㈱
                                                        有
                                  関係の維持・拡大
                      177         255
                     48,952         48,952

                                  鉄鋼・素材・プラントセグメントにおけ
     丸一鋼管㈱
                                                        有
                                  る取引関係の維持・拡大
                      160         156
     三井住友トラスト・
                     32,500         32,500
     ホールディング
                                  金融取引における取引関係の維持                      有
                      135         141
     ス㈱
                    584,160         584,160
     ㈱みずほフィナン
                                  金融取引における取引関係の維持                      有
     シャルグループ
                      101         113
                     42,700         42,700

                                  電子・デバイスセグメントにおける取引
     日本高純度化学㈱
                                                        有
                                  関係の維持・拡大
                      100         109
                                  46/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                     15,000         15,000

                                  鉄鋼・素材・プラントセグメントにおけ
     日鉄鉱業㈱
                                                        有
                                  る取引関係の維持・拡大
                       67         96
                     30,000         30,000

     アルプスアルパイン
                                  電子・デバイスセグメントにおける取引
                                                        無
     ㈱ (注)2
                                  関係の維持・拡大
                       66         81
                     56,481         56,481

                                  食料セグメントにおける取引関係の維
     中部飼料㈱
                                                        無
                                  持・拡大
                       65         116
                                  食料セグメントにおける取引関係の維
                     11,109         10,800
     江崎グリコ㈱
                                  持・拡大                      無
                       63         58
                                  取引先持株会による継続取得
                    100,000         100,000
                                  食料セグメントにおける取引関係の維
     フジ日本精糖㈱
                                                        有
                                  持・拡大
                       60         69
                     30,000         30,000

                                  鉄鋼・素材・プラントセグメントにおけ
     合同製鐵㈱
                                                        無
                                  る取引関係の維持・拡大
                       51         62
                    150,000         150,000

                                  食料セグメントにおける取引関係の維
     日和産業㈱
                                                        有
                                  持・拡大
                       40         44
     Solution     Advanced
                     81,684         81,684
                                  電子・デバイスセグメントにおける取引
     Technology      Co.,
                                                        無
                                  関係の維持・拡大
                       38         33
     Ltd.
                    212,080         212,080
                                  食料セグメントにおける取引関係の維
     フィード・ワン㈱
                                                        有
                                  持・拡大
                       37         48
                                  食料セグメントにおける取引関係の維
                     16,590         13,260
     エア・ウォーター㈱
                                  持・拡大                      無
                       27         26
                                  取引先持株会による継続取得
                     22,000         22,000
                                  電子・デバイスセグメントにおける取引
     ㈱アルプス物流                                                   無
                                  関係の維持・拡大
                       17         20
                                  電子・デバイスセグメントにおける取引
                     5,142         4,910
     スタンレー電気㈱
                                  関係の維持・拡大                      無
                       15         19
                                  取引先持株会による継続取得
      (注)1.丸大食品㈱およびシンフォニアテクノロジー㈱は、2018年10月1日付で普通株式5株を1株の割合で株式併
           合を行っております。
         2.アルプスアルパイン㈱は、2019年1月1日付でアルプス電気㈱を株式交換完全親会社、アルパイン㈱を株式
           交換完全子会社とする株式交換を行い、社名変更をしております。
         3.  新日鐵住金㈱は、2019年4月1日付で商号を日本製鉄㈱に変更いたしました。
         4.当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法に
           ついて記載いたします。当社は、毎期、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証しており、取締
           役会の検証の結果、現状保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認
           しております。
                                  47/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて作成しております。
       (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、当事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表に含まれる比較情報のうち、改正府令
        による改正後の財務諸表等規則第8条の12第2項第2号および同条第3項に係るものについては、改正府令附則第
        2条第2項により、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表および事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあら
       た有限責任監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表の適正性を確保するための特段の取組みおよびIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みおよびIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作
       成することができる体制の整備を行っております。具体的には、次のとおりであります。
       (1)  会計基準等の内容を適切に把握し、また会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公
        益財団法人財務会計基準機構および日本貿易会経理委員会へ加入し、適宜会計基準および開示に係る情報の入手や
        情報交換、意見発信等を行っております。また、同機構および当社監査人等が行う、会計基準および開示に関する
        研修へ参加しております。
       (2)  IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把

        握および影響の分析を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠
        したグループ会計方針を作成し、これに基づき会計処理を行っております。
                                  48/153










                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                 前連結会計年度末                当連結会計年度末
                          注記
                                 (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                          番号
     資産
      流動資産
                           27              77,731                88,941
       現金及び現金同等物
                           8              220,583                227,300
       営業債権及びその他の債権
                           9              93,957                96,232
       棚卸資産
                           30               2,433                3,546
       その他の金融資産
                                         19,955                28,420
                           14
       その他の流動資産
                                        414,662                444,443
            流動資産合計
      非流動資産
                           10              21,900                22,090
       有形固定資産
                           11               6,571                8,810
       のれん
                           11              20,377                23,051
       無形資産
                           12               5,169                6,867
       持分法で会計処理されている投資
                           8               1,582                1,449
       営業債権及びその他の債権
                           13              37,969                32,416
       その他の投資
                           30               4,479                4,216
       その他の金融資産
                           29               3,696                2,609
       繰延税金資産
                                          3,478                3,504
                           14
       その他の非流動資産
                                        105,226                105,016
            非流動資産合計
             資産合計                           519,889                549,459
                                  49/153











                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:百万円)

                                 前連結会計年度末                当連結会計年度末
                          注記
                                 (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                          番号
     負債及び資本
      負債
      流動負債
                           15              188,791                196,054
       営業債務及びその他の債務
                           16              61,210                74,316
       社債及び借入金
                           30               7,009                6,093
       その他の金融負債
                                          3,773                3,469
       未払法人税等
                           17                156                189
       引当金
                                         23,371                32,321
                           18
       その他の流動負債
            流動負債合計                            284,313                312,443
      非流動負債
                           16              76,116                65,188
       社債及び借入金
                           30               2,853                2,636
       その他の金融負債
                           28               6,340                6,555
       退職給付に係る負債
                           17               1,639                1,368
       引当金
                           29                641               1,362
       繰延税金負債
                                           933               1,205
                           18
       その他の非流動負債
                                         88,525                78,317
            非流動負債合計
                                        372,838                390,760
             負債合計
      資本
                           19              27,781                27,781
       資本金
                           19              26,810                26,882
       資本剰余金
                           19              48,559                60,748
       利益剰余金
                           19               △ 193              △ 1,318
       自己株式
                           26
       その他の資本の構成要素
                                          1,275                1,865
        在外営業活動体の換算差額
        その他の包括利益を通じて公正価値
                                         12,684                9,580
        で測定する金融資産
                                          △ 905               △ 293
        キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                         13,055                11,153
        その他の資本の構成要素合計
                                        116,012                125,246
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                         31,037                33,451
       非支配持分
                                        147,050                158,698
             資本合計
                                        519,889                549,459
           負債及び資本合計
                                  50/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
      【連結損益計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                  前連結会計年度                 当連結会計年度
                          注記
                                (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                          番号
                                 至2018年3月31日)                 至2019年3月31日)
                          6,7              714,790                723,849
     収益
                                       △ 608,419               △ 613,834
     原価
                                        106,371                110,014
     売上総利益
                           20             △ 78,420               △ 80,393
     販売費及び一般管理費
     その他の収益・費用
                           21               △ 250               △ 238
      固定資産除売却損益
                           22              △ 2,148                △ 111
      固定資産減損損失
                                          1,560                2,669
      その他の収益
                                          △ 950              △ 1,592
      その他の費用
                                        △ 1,790                 727
      その他の収益・費用合計
                           7
     営業活動に係る利益                                    26,160                30,349
     金融収益
                           24                363                371
      受取利息
                           24               1,073                1,189
      受取配当金
                                           10                -
                          24,30
      その他の金融収益
                                          1,447                1,561
      金融収益合計
     金融費用
                           24              △ 2,414               △ 2,662
      支払利息
                                          △ 730               △ 434
                          24,30
      その他の金融費用
                                        △ 3,144               △ 3,096
      金融費用合計
                           12               1,579                 363
     持分法による投資損益
     税引前利益                                    26,043                29,177
                                        △ 6,384               △ 8,728
                           29
     法人所得税費用
                                         19,658                20,449
     当期利益
     当期利益の帰属:

                                         16,317                16,605
      親会社の所有者
                                          3,341                3,844
      非支配持分
                                         19,658                20,449
      計
     親会社の所有者に帰属する1株当たり当期

     利益
      基本的1株当たり当期利益(円)                    25              193.79                198.22
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                    25              193.79                198.15
                                  51/153






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
      【連結包括利益計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                        前連結会計年度             当連結会計年度
                                  注記
                                      (自2017年4月1日            (自2018年4月1日
                                  番号
                                       至2018年3月31日)             至2019年3月31日)
                                             19,658            20,449
     当期利益
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産                           26           3,402           △ 3,031
                                   26            307            199
       確定給付制度の再測定
                                                0          △ 23
                                   26
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に対する持分
                                              3,710           △ 2,855
       純損益に振り替えられることのない項目合計
      純損益にその後に振り替えられる可能性のある項目
                                   26          △ 1,427             948
       在外営業活動体の換算差額
                                  26,30            △ 485            584
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                              △ 57           △ 19
                                   26
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に対する持分
                                             △ 1,970            1,514
       純損益にその後に振り替えられる可能性のある項目合計
                                              1,740           △ 1,341
      税引後当期その他の包括利益
                                             21,398            19,108
     当期包括利益
     当期包括利益の帰属:
                                             18,354            15,003
      親会社の所有者
                                              3,044            4,104
      非支配持分
                                             21,398            19,108
      計
                                  52/153











                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結持分変動計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                 その他の資本の構成要素
                 注記
                 番号                                     その他の包括利
                     資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式
                                               在外営業活動体       益を通じて公正
                                                の換算差額      価値で測定する
                                                       金融資産
     2017年4月1日残高                  27,781       26,797       34,579       △ 217      2,349       9,455
      当期利益
                                     16,317
      その他の包括利益
                                                  △ 1,073       3,351
     当期包括利益                   -       -     16,317         -     △ 1,073       3,351
      配当金
                 19                   △ 2,736
      非支配株主に対する
      配当金
      自己株式の取得                                       △ 6
      自己株式の処分                         13              30
      非支配株主との資本取引                         △ 0
     所有者との取引額合計                   -       13     △ 2,736        23       -       -
     その他の資本の構成要素
                 26                     398                    △ 123
     から利益剰余金への振替
     2018年3月31日残高                  27,781       26,810       48,559       △ 193      1,275      12,684
      会計方針の変更による
                 2                    △ 61
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                       27,781       26,810       48,498       △ 193      1,275      12,684
     期首残高
      当期利益                              16,605
      その他の包括利益                                             589     △ 2,940
     当期包括利益
                         -       -     16,605         -      589     △ 2,940
      配当金           19                   △ 4,655
      非支配株主に対する
      配当金
      自己株式の取得
                                           △ 1,128
      自己株式の処分
                                8              ▶
      非支配株主との資本取引                         △ 0
      株式報酬取引           37              64
     所有者との取引額合計                   -       72     △ 4,655      △ 1,124        -       -
     その他の資本の構成要素
                 26                     300                    △ 163
     から利益剰余金への振替
     2019年3月31日残高
                       27,781       26,882       60,748      △ 1,318       1,865       9,580
                                  53/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:百万円)

                           親会社の所有者に帰属する持分
                         その他の資本の構成要素
                 注記
                                        親会社の所有者        非支配持分       資本合計
                 番号
                                        に帰属する持分
                    キャッシュ・      確定給付制度の       その他の資本の
                                          合計
                   フロー・ヘッジ         再測定      構成要素計
     2017年4月1日残高                  △ 388       -     11,416      100,357       29,506      129,863
      当期利益                                -     16,317       3,341      19,658
      その他の包括利益                 △ 516       275      2,037       2,037       △ 297      1,740
     当期包括利益                  △ 516       275      2,037      18,354       3,044      21,398
      配当金           19                     -     △ 2,736             △ 2,736
      非支配株主に対する
                                      -       -     △ 1,511      △ 1,511
      配当金
      自己株式の取得                                -      △ 6             △ 6
      自己株式の処分                                -       43              43
      非支配株主との資本取引                                -      △ 0      △ 1      △ 1
     所有者との取引額合計
                         -       -       -     △ 2,698      △ 1,512      △ 4,211
     その他の資本の構成要素
                 26             △ 275      △ 398       -              -
     から利益剰余金への振替
     2018年3月31日残高
                       △ 905       -     13,055      116,012       31,037      147,050
      会計方針の変更による
                 2                     -      △ 61             △ 61
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                       △ 905       -     13,055      115,951       31,037      146,989
     期首残高
      当期利益
                                      -     16,605       3,844      20,449
      その他の包括利益
                        612       137     △ 1,601      △ 1,601        260     △ 1,341
     当期包括利益                   612       137     △ 1,601      15,003       4,104      19,108
      配当金
                 19                     -     △ 4,655             △ 4,655
      非支配株主に対する
                                      -       -     △ 1,689      △ 1,689
      配当金
      自己株式の取得                                -     △ 1,128             △ 1,128
      自己株式の処分                                -       12              12
      非支配株主との資本取引                                -      △ 0      △ 0      △ 1
      株式報酬取引
                 37                     -       64              64
     所有者との取引額合計                   -       -       -     △ 5,708      △ 1,690      △ 7,398
     その他の資本の構成要素
                 26             △ 137      △ 300       -              -
     から利益剰余金への振替
     2019年3月31日残高                  △ 293       -     11,153      125,246       33,451      158,698
                                  54/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                    前連結会計年度               当連結会計年度
                             注記
                                   (自2017年4月1日              (自2018年4月1日
                             番号
                                   至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           19,658              20,449
      当期利益
                                           3,145              3,274
      減価償却費及び償却費
                                           2,148               111
      固定資産減損損失
                                           1,696              1,535
      金融収益及び金融費用
      持分法による投資損益(△は益)                                    △ 1,579              △ 363
      固定資産除売却損益(△は益)                                      250              238
                                           6,384              8,728
      法人所得税費用
      営業債権及びその他の債権の増減(△は増加)                                   △ 33,261              △ 6,295
      棚卸資産の増減(△は増加)                                   △ 13,729              △ 1,132
      営業債務及びその他の債務の増減(△は減少)                                    23,798              △ 2,067
      退職給付に係る負債の増減(△は減少)                                     △ 297             △ 285
                              6            △ 1,395              7,632
      その他
                小計                           6,821              31,826
      利息の受取額                                      358              375
                                           2,159              1,579
      配当金の受取額
                                          △ 2,381             △ 2,639
      利息の支払額
                                          △ 6,523             △ 6,442
      法人所得税の支払額
                                            434             24,698
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 2,136             △ 3,128
      有形固定資産の取得による支出
                                           1,365               443
      有形固定資産の売却による収入
                                           △ 544             △ 419
      無形資産の取得による支出
                                           △ 117            △ 3,109
      その他の投資の取得による支出
                                            292             1,490
      その他の投資の売却による収入
                                             -              △ 0
      その他の金融資産の取得による支出
                                           1,010                15
      その他の金融資産の売却による収入
      子会社の取得による収支(△は支出)                       5,27              △ 362            △ 1,729
      子会社の売却による収支(△は支出)                        27              △ 22              -
                                           1,452                -
      事業譲渡による収入
                                          △ 1,522               △ 62
      貸付けによる支出
                                           1,378               296
      貸付金の回収による収入
                                            309             △ 369
      その他
                                           1,103             △ 6,575
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                              27             2,510              5,708
      短期借入金の増減
                              27             15,508              13,871
      長期借入れによる収入
                              27            △ 24,229             △ 14,035
      長期借入金の返済による支出
                              27             9,928                -
      社債の発行による収入
                              27               -            △ 5,000
      社債の償還による支出
      配当金の支払額                                    △ 2,730             △ 4,643
                                            △ 7           △ 1,130
      自己株式の取得による支出
                                          △ 1,542             △ 1,709
      非支配株主に対する配当金の支払額
                                           △ 277             △ 220
                              27
      その他
                                           △ 842            △ 7,158
      財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                            694             10,964
                                           77,566              77,731
     現金及び現金同等物の期首残高
                                           △ 529              245
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                              27
     現金及び現金同等物の期末残高                                     77,731              88,941
                                  55/153


                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
       1 報告企業
         兼松株式会社(以下「当社」という。)は日本に所在する企業であります。その登記されている本社および主要
        な事業所の住所はホームページ(http://www.kanematsu.co.jp)で開示しております。当社の連結財務諸表は2019
        年3月31日を期末日とし、当社および子会社(以下「当連結グループ」という。)、ならびに当連結グループの関
        連会社および共同支配企業に対する持分により構成されております。当連結グループは総合商社として、国内外の
        ネットワークと各種分野で培ってきた専門性と、商取引、情報収集、市場開拓、事業開発、組成・リスクマネジメ
        ント、物流など商社機能を有機的に結合して、多種多様な商品、サービスを提供しております。報告セグメントご
        との事業展開については、「注記7 セグメント情報」に記載しております。
       2 作成の基礎

        (1)IFRSに準拠している旨の記載
          当社は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)第1条の2に
         掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件をすべて満たすことから、同第93条の規定により、当社の連結財務
         諸表はIFRSに準拠して作成しております。
          連結財務諸表は、2019年6月21日に取締役会によって承認されております。
        (2)測定の基礎

          連結財務諸表は、連結財政状態計算書における次の重要な項目を除き、取得原価を基礎として作成しておりま
         す。
          ・純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債は公正価値で測定しております。
          ・その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は公正価値で測定しております。
          ・確定給付制度に係る資産または負債は確定給付制度債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除して測定
           しております。
          ・非金融資産を減損する場合は、使用価値または公正価値で測定しております。
        (3)機能通貨および表示通貨

          連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円で表示しております。日本円で表示しているすべての財務情報
         は百万円未満を切り捨てております。
        (4)見積りおよび判断の利用

          IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は会計方針の適用ならびに資産、負債、収益および費用
         の報告額に影響を及ぼす判断、見積りおよび仮定を設定することが義務付けられております。実際の業績はこれ
         らの見積りと異なる場合があります。
          見積りおよびその基礎となる仮定は、継続して見直しております。会計上の見積りの見直しによる影響は、見

         積りを見直した会計期間および将来の会計期間において認識しております。
          連結財務諸表上で認識する金額に重要な影響を与える会計方針の適用に際して行う重要な判断に関する情報
         は、次の注記に含めております。
          ・注記3 重要な会計方針 (1)                連結の基礎
          ・注記3 重要な会計方針 (11) 収益
          翌連結会計年度において重要な修正をもたらすリスクのある、仮定および見積りの不確実性に関する情報は、

         次の注記に含めております。
          ・注記22 減損損失
          ・注記28 従業員給付
          ・注記29 繰延税金および法人所得税費用
          ・注記30 金融商品 (6) 金融商品の公正価値
                                  56/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
          当連結グループは、資産または負債の公正価値を測定する際に、入手可能な限り、市場の観察可能なデータを
         用いております。公正価値は、用いられる評価技法へのインプットに基づいて、次の3つのヒエラルキーレベル
         に区分されます。
          レベル1:測定日において当連結グループがアクセスできる同一の資産または負債に関する活発な市場におけ
               る相場価格(無調整)
          レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外の直接に、または間接に観察可能なインプット
          レベル3:観察可能でないインプット
          公正価値を測定する際の仮定に関する詳細な情報は、次の注記に含めております。

          ・注記22 減損損失
          ・注記30 金融商品 (6) 金融商品の公正価値
        (5)表示方法の変更

          (連結キャッシュ・フロー計算書)
           前連結会計年度において、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めていた「自己株式の
          取得による支出」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度では区分掲記しております。これに伴い、
          前連結会計年度       の連結キャッシュ・フロー計算書において、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の「その
          他」に表示していた△285百万円は、「自己株式の取得による支出」△7百万円、「その他」△277百万円とし
          て組み替えております。
        (6)  会計方針の変更に関する注記

          当連結グループの連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除いて、前連結会計年度に係る連
         結財務諸表において適用した会計方針と同一であります。
          (IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」)

           当連結グループは、当連結会計年度よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を適用しております。
          IFRS第15号の適用にあたっては、経過措置として認められている、本基準の適用による累積的影響を適用開始
          日に認識する方法を採用しております。
           連結財務諸表上で認識する金額に重要な会計方針の適用に際して行う重要な判断に関する情報は、「注記
          3 重要な会計方針」に記載しております。
           本基準の適用に伴い、5ステップアプローチに基づき、顧客との契約および履行義務を識別し、取引価格を
          算定することにより、従前の会計基準に基づき認識していた収益と比較し、一部取引について履行義務の充足
          を認識する時期に差異が生じております。
           この結果、従前の会計基準を適用した場合と比較して、連結財政状態計算書の当連結会計年度の期首におい
          て、引当金(非流動)を209百万円取り崩し、その他の流動資産、その他の非流動資産、その他の流動負債お
          よびその他の非流動負債をそれぞれ1百万円、4百万円、46百万円および228百万円認識した結果、利益剰余
          金は61百万円減少しております。
           なお、従前の会計基準を適用した場合と比較して、連結損益計算書の当連結会計年度において収益、原価お
          よびその他の費用がそれぞれ103百万円、118百万円および25百万円減少しております。また、連結財政状態計
          算書の当連結会計年度末において、営業債権及びその他の債権(流動)、その他の流動資産、その他の非流動
          資産、その他の流動負債およびその他の非流動負債がそれぞれ35百万円、2百万円、5百万円、54百万円およ
          び216百万円増加し、棚卸資産および引当金(非流動)がそれぞれ23百万円および230百万円減少しておりま
          す。
                                  57/153






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       3 重要な会計方針
         次に記載されている会計方針は、この連結財務諸表において表示されているすべての期間について継続的に適用
        されており、当連結グループに首尾一貫して適用されております。
        (1)  連結の基礎
         ①  子会社
           子会社とは、当連結グループにより支配されている企業であります。企業への関与により生じる変動リター
          ンに対するエクスポージャーまたは権利を有し、かつ、企業に対するパワーによりその企業からのリターンに
          影響を及ぼす能力を有している場合には、当連結グループは当該企業を支配しております。当連結グループが
          他の企業の議決権の過半数を所有している場合には、その所有が支配を構成していないことを明確に証明でき
          る場合を除いて、支配が存在すると判断されるため、子会社に含めております。また、当連結グループが保有
          する議決権が半数以下の場合であっても、他の投資者との合意等により、当該企業の財務および経営方針を支
          配し、当該企業からのリターンに影響を及ぼす能力を有していると判断される場合には、子会社に含めており
          ます。
           子会社の財務諸表は、支配獲得日から支配喪失日までの期間、当連結グループの連結財務諸表に含まれま
          す。子会社が採用する会計方針が当連結グループの会計方針と異なり、重要な差異が生じている場合などに当
          該子会社の財務諸表に調整を加えております。
           支配が継続する子会社に対する当連結グループの持分変動については、資本取引として会計処理しており
          ます。非支配持分の調整額と対価の公正価値との差額は、当社の所有者に帰属する持分として資本に直接認
          識しております。
           また、子会社に対する支配を喪失した場合には、当連結グループは、子会社の資産および負債、子会社に
          関連する非支配持分および資本のその他の構成要素の認識を中止しております。支配の喪失から生じた利得
          または損失は、損益で認識しております。支配喪失後においても、当連結グループが従前の子会社に対する
          持分を保持する場合には、その持分は支配喪失日の公正価値で測定しております。
         ②  関連会社および共同支配企業
           関連会社とは、当連結グループがその財務および経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配
          または共同支配をしていない企業であります。当連結グループが他の企業の議決権の20%以上50%以下を保有
          する場合、当連結グループは当該他の企業に対して重要な影響力を有していると推定されます。
           当連結グループが保有する議決権は20%未満であるものの、役員の派遣および株主間出資協定書等により、
          重要な影響力が認められると判断される場合には、関連会社に含めております。
           共同支配企業とは、当連結グループを含む複数の当事者が取決めに対する契約上合意された支配を共有し、
          関連性のある活動に関する意思決定に際して、支配を共有する当事者の一致した合意を必要としており、か
          つ、当連結グループが当該取決めの純資産に対する権利を有している企業をいいます。
           関連会社および共同支配企業への投資は、IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業」に
          従い売却目的で保有する資産に分類されるものを除き、持分法を適用して会計処理しております(以下「持分
          法適用会社」という。)。持分法適用会社に対する投資は、持分法適用後の帳簿価額から減損損失累計額を控
          除した額をもって計上しており、帳簿価額には取得時に認識したのれんが含まれております。
           連結財務諸表は、重要な影響力または共同支配の獲得日から喪失日までの関連会社および共同支配企業の損
          益およびその他の包括利益の変動に対する当連結グループの持分を含んでおります。持分法適用会社が採用す
          る会計方針が当連結グループの会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該持分法適用会社の財務諸表に調
          整を加えております。
         ③  企業結合
           企業結合は、取得法を用いて会計処理しております。当連結グループはのれんを、取得日時点で測定した移
          転された対価の公正価値、被取得企業の非支配持分の金額、および取得企業が以前に保有していた被取得企業
          の資本持分の公正価値の合計金額から、取得日時点における識別可能な取得資産および引受負債の純認識額
          (通常、公正価値)を控除した額として測定しております。この差額が負の金額である場合には、即時に損益
          で認識しております。当連結グループは、非支配持分を公正価値で測定するか、または識別可能な純資産の認
          識金額の比例持分で測定するかを個々の取引ごとに選択しております。負債または持分証券の発行に関連する
          ものを除いて、企業結合に関連して生じる取引費用は発生時に費用処理し、のれんの取得価額には含んでおり
          ません。段階的に達成される企業結合においては、当連結グループが以前に保有していた被取得企業の資本持
          分は取得日の公正価値で再評価され、発生した利得または損失は損益に認識しております。取得日以前にその
          他の包括利益に計上されていた被取得企業の持分の金額は、その持分を処分した場合と同様の適切な方法で、
          損益またはその他の包括利益に認識しております。
         ④  連結上消去される取引
           連結グループ内の債権債務残高および取引、ならびに連結グループ内取引によって発生した未実現損益は、
          連結財務諸表作成に際して消去しております。
                                  58/153


                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (2)  外貨換算
         ①  外貨建取引の換算
           外貨建取引は、取引日における為替レートで各社の機能通貨に換算しております。期末日における外貨建貨
          幣性項目は、期末日の為替レートで機能通貨に換算しております。貨幣性項目の為替換算差額は、発生する期
          間の損益で認識しております。外貨建の取得原価により測定する非貨幣性項目は、取引日の為替レートで機能
          通貨に換算しております。外貨建の公正価値により測定する非貨幣性項目は、当該公正価値の算定日における
          為替レートで機能通貨に換算しております。
           非貨幣性項目の為替換算差額は、非貨幣性項目に係る利得または損失をその他の包括利益に認識する場合に
          は、当該利得または損失の為替部分はその他の包括利益に認識し、非貨幣性項目に係る利得または損失を損益
          に認識する場合には、当該利得または損失の為替部分は損益で認識しております。
         ②  在外営業活動体の換算
           在外営業活動体の資産および負債は、取得により発生したのれんおよび公正価値の調整額を含め、期末日の
          為替レートで換算しております。また、在外営業活動体の収益および費用は、為替レートが著しく変動してい
          る場合を除き、期中の平均レートで換算しております。
           換算により生じる為替換算差額はその他の包括利益で認識し、累計額はその他の資本の構成要素に含めてお
          ります。当連結グループの在外営業活動体が処分される場合、当該在外営業活動体に関連した為替換算差額の
          累計額は処分時に損益に振り替えております。
        (3)  現金及び現金同等物

          現金及び現金同等物は、手元現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価格の変動
         について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されておりま
         す。
        (4)  棚卸資産

          棚卸資産は、主として移動平均法による取得原価と正味実現可能価額のうち、いずれか低い額で測定しており
         ます。
        (5)  有形固定資産

          当連結グループは、有形固定資産の当初認識後の測定について原価モデルを採用しており、取得原価から減価
         償却累計額および減損損失累計額を控除した価額をもって計上しております。取得原価には、資産の取得に直接
         関連する費用が含まれております。
          有形固定資産は、各構成要素の見積耐用年数にわたり、主として定額法により減価償却を行っております。有
         形固定資産の見積耐用年数は、次のとおりであります。
          建物及び構築物         3~50年
          機械、運搬具及び工具器具備品  2~20年
          リース資産は、リース契約の終了時までに当連結グループが所有権を取得することが合理的に確実な場合を除
         き、リース期間または、見積耐用年数のいずれか短い期間で償却しております。
          減価償却方法、耐用年数および残存価額は期末日において見直しを行い、必要に応じて改定しております。
                                  59/153








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (6)  のれんおよび無形資産
         ①  のれん
           のれんは、取得価額から減損損失累計額を控除した価額をもって計上しております。
         ②  無形資産
           当連結グループは、無形資産の当初認識後の測定について原価モデルを採用しており、取得原価から償却累
          計額および減損損失累計額を控除した価額をもって計上しております。
           個別に取得した無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しております。企業結合で取得した無形資産の取
          得原価は、取得日時点の公正価値としております。自己創設無形資産については、資産認識の要件を満たすも
          のを除き、関連する支出は発生時に費用処理しております。資産の認識規準を満たす自己創設無形資産は、認
          識規準を最初に満たした日以降に発生する支出の合計額を取得原価としております。
           耐用年数を確定できる無形資産は、発生年度より見積耐用年数にわたり定額法により償却しております。見
          積耐用年数は主としてソフトウエアの5年であります。
           耐用年数を確定できる無形資産の償却方法、耐用年数および残存価額は期末日において見直しを行い、必要
          に応じて改定しております。
           キャリアショップ運営権など耐用年数が確定できない一部の無形資産については、償却を行わず、少なくと
          も年に一度、更には減損の兆候が生じた場合は、その都度、資金生成単位を基礎とした減損テストを実施して
          おります。
        (7)  非金融資産の減損

          当連結グループは、期末日において、資産が減損している可能性を示す兆候があるか否かを判定し、減損の兆
         候が存在する場合には、当該資産またはその資産の属する資金生成単位の回収可能価額を見積もっております。
         のれんおよび耐用年数の確定できない無形資産については毎期、さらに減損の兆候がある場合には都度、減損テ
         ストを実施しております。個別資産または資金生成単位の帳簿価額が回収可能価額を超過する場合には、当該資
         産は回収可能価額まで減額し、減損損失を認識しております。
          過年度にのれん以外の資産について認識した減損損失については、期末日において、認識した減損損失がもは
         や存在しない、または減少している可能性を示す兆候があるか否かを判定しております。このような兆候が存在
         する場合には、回収可能価額の見積りを行い、当該回収可能価額が資産またはその資産の属する資金生成単位の
         帳簿価額を上回る場合には、             減損損失を認識しなかった場合の減価償却控除後の帳簿価額を上限として、                                   帳簿価
         額を回収可能価額まで増額し、減損損失の戻入れを認識しております。のれんについて認識した減損損失は、以
         後の期間において戻し入れておりません。
          なお、持分法適用会社に対する投資の帳簿価額の一部を構成するのれんは区分して認識しないため、個別に減
         損テストを実施しておりません。持分法適用会社に対する投資が減損している可能性が示唆されている場合に
         は、投資全体の帳簿価額について回収可能価額を帳簿価額と比較することにより単一の資産として減損テストを
         行っております。
        (8)  金融商品

         ①  金融資産
           金融資産は、その当初認識時に損益を通じて公正価値で測定する金融資産、その他の包括利益を通じて公正
          価値で測定する金融資産および償却原価で測定する金融資産に分類しております。当連結グループでは、償却
          原価で測定する金融資産については発生日に当初認識しており、それ以外の金融資産については取引日に当初
          認識しております。
           金融資産は、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、または金融資産の
          キャッシュ・フローを受け取る契約上の権利を譲渡し、当該金融資産の所有に係るリスクと経済価値のほとん
          どすべてが移転している場合において、認識を中止しております。
         (ⅰ)   償却原価で測定する金融資産
            次の条件がともに満たされる金融資産を償却原価で測定する金融資産に分類しております。
            ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルの中で資産
             が保有されている。
            ・金融資産の契約条件により、元本および元本残高に対する利息の支払いのみであるキャッシュ・フロー
             が特定の日に生じる。
            償却原価で測定する金融資産は、当初認識時に公正価値にその取得に直接起因する取引費用を加算して測
           定しております。また、当初認識後は実効金利法に基づく償却原価で測定しております。
                                  60/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
         (ⅱ)   その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
           (a)  負債性金融商品
             次の条件がともに満たされる負債性金融商品について、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
            金融資産に分類しております。
             ・契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方によって目的が達成される事業モデルの中で保有さ
              れている。
             ・金融資産の契約条件により、元本および元本残高に対する利息の支払いのみであるキャッシュ・フ
              ローが特定の日に生じる。
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は、当初認識時に公正価値にその取得に直接起
            因する取引費用を加算して測定しております。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な変動
            をその他の包括利益として認識しております。その他の包括利益として認識した金額は、認識を中止した
            場合、その累計額を損益に振り替えております。
           (b)  資本性金融商品
             損益を通じて公正価値で測定することとされた金融資産のうち、売買目的ではない資本性金融商品への
            投資については、当初認識時に、その公正価値の事後的な変動をその他の包括利益に表示するという取消
            不能な選択を行うことが認められており、当連結グループでは金融商品ごとに当該指定を行っておりま
            す。
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品は、当初認識時に公正価値にその取得に
            直接起因する取引費用を加算して測定しております。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的
            な変動をその他の包括利益として認識しております。その他の包括利益として認識した金額は、認識を中
            止した場合、もしくは公正価値が著しく低下した場合にその累積額を利益剰余金に振り替えており、損益
            には振り替えておりません。なお、配当については配当が明らかに投資原価の一部回収である場合を除
            き、損益として認識しております。
         (ⅲ)   損益を通じて公正価値で測定する金融資産
            上記以外の金融資産は、損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しております。
            損益を通じて公正価値で測定する金融資産は、当初認識時に公正価値により測定し、その取得に直接起因
           する取引費用は、発生時に損益で認識しております。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な
           変動を損益として認識しております。
         ②  金融資産の減損
           当連結グループは、償却原価で測定する金融資産およびその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融
          資産について、予想信用損失に基づき、金融資産の減損を検討しております。
           期末日時点で、金融商品に係る信用リスクが当初認識以降に著しく増大していない場合には、報告日後12ヵ
          月以内に生じ得る債務不履行事象から生じる予想信用損失(12ヵ月の予想信用損失)により損失評価引当金の
          額を算定しております。一方、期末日時点で、金融商品に係る信用リスクが当初認識以降に著しく増大してい
          る場合には、当該金融商品の予想存続期間にわたるすべての生じ得る債務不履行事象から生じる予想信用損失
          (全期間の予想信用損失)により損失評価引当金の額を算定しております。
           ただし、営業債権、契約資産およびリース債権については、上記にかかわらず、常に全期間の予想信用損失
          により損失評価引当金の額を算定しております。
           なお、債務者の財務状況の著しい悪化、債務者による支払不履行または延滞等の契約違反等、金融資産が信
          用減損している客観的な証拠がある場合、損失評価引当金を控除後の帳簿価額の純額に対して、実効金利法を
          適用し利息収益を測定しております。
           信用リスクの著しい増大の評価および予想信用損失の測定の詳細については、「注記30 金融商品 
          (3) 信用リスク管理」に記載しております。
         ③  金融負債
           金融負債は、その当初認識時に損益を通じて公正価値で測定する金融負債および償却原価で測定する金融負
          債に分類しております。当連結グループでは、償却原価で測定する金融負債については、発行日に当初認識し
          ており、それ以外の金融負債については、取引日に当初認識しております。
           金融負債は、金融負債が消滅した時、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消しまたは失効となっ
          た時に認識を中止しております。
         (ⅰ)   償却原価で測定する金融負債
            損益を通じて公正価値で測定する金融負債以外の金融負債は、償却原価で測定する金融負債に分類してお
           ります。償却原価で測定する金融負債は、当初認識時に公正価値からその発行に直接起因する取引費用を減
           算して測定しております。また、当初認識後は実効金利法に基づく償却原価で測定しております。
                                  61/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
         (ⅱ)   損益を通じて公正価値で測定する金融負債
            損益を通じて公正価値で測定する金融負債は、当初認識時に公正価値により測定しております。また、当
           初認識後は公正価値で測定し、その事後的な変動を損益として認識しております。
         ④  デリバティブおよびヘッジ会計
           当連結グループでは、為替変動リスク、金利変動リスクおよび商品価格変動リスクをヘッジするために、先
          物為替予約取引、金利スワップ取引、商品先物・先渡取引などのデリバティブ取引を行っております。
           当連結グループでは、ヘッジの開始時においてヘッジ関係ならびにヘッジの実施についてのリスク管理目的
          および戦略の公式な指定および文書化を行っております。当該文書にはヘッジ手段の特定、ヘッジの対象とな
          る項目または取引、ヘッジされるリスクの性質、およびヘッジされたリスクに起因するヘッジ対象の公正価値
          またはキャッシュ・フローの変動に対するエクスポージャーを相殺するに際してのヘッジ手段の有効性の評価
          方法が含まれております。また、当連結グループでは、これらのヘッジについて、ヘッジ指定されていた会計
          期間を通じて実際に有効であったか否かを判断するために、継続的に評価しております。
           デリバティブは公正価値で当初認識しております。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な変
          動は次のとおり処理しております。
         (ⅰ)   公正価値ヘッジ
            ヘッジ手段であるデリバティブの公正価値の変動は、損益として認識しております。また、ヘッジされた
           リスクに対応するヘッジ対象の公正価値の変動については、ヘッジ対象の帳簿価額を修正して、損益として
           認識しております。
         (ⅱ)   キャッシュ・フロー・ヘッジ
            ヘッジ手段であるデリバティブの公正価値の変動のうち、有効なヘッジと判定される部分は、その他の包
           括利益として認識し、累積額は、その他の資本の構成要素に含めております。また、ヘッジ効果が有効でな
           い部分は、損益として認識しております。その他の資本の構成要素に累積された金額は、ヘッジ対象である
           取引が損益に影響を与える会計期間において、その他の資本の構成要素から損益に振り替えております。た
           だし、予定取引のヘッジがその後において非金融資産または非金融負債の認識を生じさせるものである場合
           には、その他の資本の構成要素に累積された金額は、当該非金融資産または非金融負債の当初の帳簿価額の
           修正として処理しております。
            ヘッジ手段が失効、売却、終結または行使された場合、ヘッジがヘッジ会計の要件を満たしていない場
           合には、ヘッジ会計を将来に向けて中止しております。その他の資本の構成要素に累積された金額はヘッ
           ジ会計の中止時点では資本に残し、予定取引が純損益に認識される際に純損益に認識しております。ただ
           し、予定取引の発生がもはや見込まれない場合には、その他の資本の構成要素に累積された金額は、即時
           にその他の資本の構成要素から損益に振り替えております。
         (ⅲ)   ヘッジ指定されていないデリバティブ
            デリバティブの公正価値の変動は、損益として認識しております。
         ⑤  金融資産と金融負債の相殺
           金融資産と金融負債は、認識した金額を相殺する法的に強制力のある権利を有しており、かつ、純額で決済
          する、または資産の実現と負債の決済を同時に実行する意図を有している場合に、相殺して純額で表示してお
          ります。
        (9)  引当金

          引当金は、過去の事象の結果として現在の債務(法的債務または推定的債務)を有しており、当該債務を決済
         するために経済的便益を有する資源の流出が生じる可能性が高く、当該債務の金額について信頼性のある見積り
         が可能である場合に認識しております。
          貨幣の時間的価値の影響に重要性がある場合、当該負債に特有のリスクを反映させた現在の税引前の割引率を
         用いて割り引いた金額で引当金を計上しております。
        (10)   資本

          自己株式を取得した場合には、取得原価で認識し、資本から控除して表示しております。また、その取得に直
         接起因する取引費用は、資本剰余金から控除しております。自己株式を売却した場合には、受取対価を資本の増
         加として認識しております。
                                  62/153




                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (11)   収益
         ①  収益の認識
           顧客との契約から生じる収益について、以下の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
           ステップ1:顧客との契約を識別する
           ステップ2:契約における履行義務を識別する
           ステップ3:取引価格を算定する
           ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
           ステップ5:企業が履行義務の充足時に(または充足するにつれて)収益を認識する
           当連結グループは、電子・デバイス、食料、鉄鋼・素材・プラントおよび車両・航空の4セグメントについ
          て主に物品の販売を主たる事業としており、多くの場合、これらの物品の販売は、引渡時点において顧客が当
          該物品に対する支配を獲得し履行義務が充足されるため、引渡時点で収益を認識しております。一部の役務の
          提供については、個々の契約の進捗に応じて、一定期間に充足される履行義務に応じて収益を認識しておりま
          す。
           また、収益は顧客との契約において約束された対価から、値引き、リベートおよび返品などを控除した金額
          で測定しております。単一の契約に複数の識別可能な履行義務がある場合、その取引を履行義務ごとに分割
          し、履行義務ごとに収益を認識しております。また、複数の契約を一体として考えないと経済的実態を示さな
          い場合、複数の契約を結合して収益を認識しております。
           履行義務充足前に顧客から対価を受け取る場合には、契約負債として認識しております。
         ②  収益の表示方法
           当連結グループが当事者として取引を行っている場合には、顧客から受け取る対価の総額で収益を表示して
          おります。当連結グループが第三者のために代理人として取引を行っている場合には、手数料の額で収益を純
          額で表示しております。
           当連結グループが当事者として取引を行っているか、代理人として取引を行っているかの判定にあたって
          は、次の指標を考慮しております。
          ・他の当事者が、契約履行の主たる責任を有しているか。
          ・顧客が財を注文した前後において、出荷中にも返品時にも、当連結グループが在庫リスクを有しているか。
          ・当該他の当事者の財またはサービスの価格の設定において当連結グループに裁量権がなく、そのため、当連
           結グループが当該財またはサービスから受け取ることのできる便益が限定されているか。
        (12)   金融収益および金融費用

          金融収益は、受取利息、受取配当金、金融商品売却益および金融商品評価益から構成されております。受取利
         息は実効金利法を用いて発生時に認識しております。受取配当金は当連結グループの受領権が確定した日に認識
         しております。
          金融費用は支払利息、金融商品売却損および金融商品評価損から構成されております。
                                  63/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (13)   従業員給付
         ①  退職後給付
         (ⅰ)   確定給付制度
            確定給付制度は、確定拠出制度以外の退職給付制度であります。確定給付制度債務は、制度ごとに区別し
           て、従業員が過年度および当年度において提供したサービスの対価として獲得した将来給付額を見積もり、
           当該金額を現在価値に割り引くことによって算定しております。制度資産の公正価値は当該算定結果から差
           し引いております。割引率は、当連結グループの確定給付制度債務と概ね同じ満期日を有するもので、か
           つ、支払見込給付と同じ通貨建の、優良社債の市場利回りを参照して決定しております。
            退職給付制度が改定された場合、従業員による過去の勤務に関連する給付金の変動部分は、当該費用を即
           時に損益で認識しております。
            当連結グループは、確定給付負債(資産)の純額の再測定による増減を即時にその他の包括利益で認識し
           ており、直ちに利益剰余金に振り替えております。
         (ⅱ)   確定拠出制度
            確定拠出制度は、雇用主が一定額の掛金を他の独立した企業に拠出し、その拠出額以上の支払いについて
           法的または推定的債務を負わない退職給付制度であります。確定拠出制度の拠出債務は、従業員が関連する
           サービスを提供した期間に費用として認識しております。
         ②  その他の長期従業員給付
           退職後給付以外の長期従業員給付に対する債務は、報告日時点で、勤務対価として支払うと見込まれる金額
          を見積もり、金額に重要性がある場合を除き割引計算は行わず、負債として認識しております。
         ③  短期従業員給付
           短期従業員給付については、勤務対価として支払うと見込まれる金額を見積もり、割引計算は行わず、負債
          および費用として認識しております。賞与については、当連結グループが、従業員から過去に提供された労働
          の結果として支払うべき現在の法的および推定的債務を負っており、かつ、その金額を信頼性をもって見積も
          ることができる場合に、それらの制度に基づいて支払われると見積もることができる額を負債として認識して
          おります。
        (14)   法人所得税

          法人所得税費用は、当期税金費用と繰延税金費用から構成されております。これらは、その他の包括利益また
         は資本で直接認識する項目から生じる場合、および企業結合から生じる場合を除き、損益で認識しております。
          当期税金費用は、税務当局から還付もしくは税務当局に対する納付が予想される金額で測定され、税額の算定
         に使用する税率または税法は、期末日までに制定もしくは実質的に制定されているものであります。
          繰延税金資産および繰延税金負債は、資産および負債の帳簿価額と税務基準額との差額である一時差異、税務
         上の繰越欠損金および繰越税額控除について認識しており、期末日における法定税率または実質的法定税率、お
         よび税法に基づいて、資産が実現する期または負債が決済される期に適用されると予想される税率または税法で
         算定しております。次の場合には、繰延税金資産および繰延税金負債を認識しておりません。
          ・将来加算一時差異がのれんの当初認識から生じる場合
          ・企業結合ではなく、かつ、取引日に会計上の利益にも課税所得(欠損金)にも影響しない取引における資産
           または負債の当初認識から生ずる場合
          ・子会社、関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異について、解消する時期をコントロールでき、か
           つ、予測可能な将来にその差異が解消されない可能性が高い場合
          繰延税金資産および繰延税金負債は、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法律上強制力のある権利を有し
         ており、かつ、法人所得税が同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合または別々の納税主体
         であるものの当期税金資産および当期税金負債とを純額で決済するか、あるいは資産の実現と負債の決済を同時
         に行うことを意図している場合に相殺しております。繰延税金資産は、将来減算一時差異、税務上の繰越欠損金
         および繰越税額控除のうち、将来課税所得に対して利用できる可能性が高いものに限り認識しております。繰延
         税金資産の帳簿価額は期末日において再検討しており、繰延税金資産の便益を実現させるだけの十分な課税所得
         を稼得する可能性が高くなくなった範囲で繰延税金資産の帳簿価額を減額しております。未認識の繰延税金資産
         についても各報告期間の期末日で再検討され、将来の課税所得により繰延税金資産が回収される可能性が高く
         なった範囲内で認識しております。
          当社および国内の100%出資子会社は、連結納税グループとして法人税の申告・納付を行う連結納税制度を適
         用しております。
                                  64/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (15)   リース
          当連結グループは、契約がリースであるか、または契約にリースが含まれているかについては、リース開始日
         における契約の実質に基づき判断しております。契約の実質は、契約の履行が特定の資産または資産グループの
         使用に依存しているか、およびその契約により当該資産を使用する権利が与えられるかに基づき判断しておりま
         す。
         ①  ファイナンス・リース
           ファイナンス・リースは、資産の所有に伴うリスクと経済価値を実質的にすべて移転するリースでありま
          す。リース資産は公正価値または最低支払リース料総額の現在価値のいずれか小さい額で当初認識しておりま
          す。当初認識後は当該資産に適用される会計方針に基づいて会計処理しております。最低支払リース料は、利
          子率が負債残高に対して一定率になるように金融費用とリース債務の返済額とに配分しております。
         ②  オペレーティング・リース
           オペレーティング・リースは、ファイナンス・リース以外のリースであります。リース料は、主としてリー
          ス期間にわたって定額法によって認識しております。当連結グループがオペレーティング・リースの貸手側の
          場合、オペレーティング・リースに係る資産を認識しております。
        (16)   株式に基づく報酬

          当連結グループは、取締役および執行役員に対するインセンティブ制度として業績連動型株式報酬制度を導入
         しております。持分決済型の株式に基づく報酬取引については、受け取った財またはサービスの公正価値を付与
         した資本性金融商品の付与日における公正価値で測定し、付与日から権利確定期間にわたって費用として認識
         し、同額を資本剰余金の増加として認識しております。
       4 未適用の新たな基準書および解釈指針

         連結財務諸表の承認日までに公表されている主な基準書および解釈指針の新設または改訂は次のとおりであり、
        当連結グループは、これを当連結会計年度末(2019年3月31日)において適用しておりません。
                       強制適用時期         当連結グループ

       基準書        基準名                               新設・改訂の概要
                      (以降開始年度)            適用年度
      IFRS第16号       リース          2019年1月1日          2020年3月期        リース契約に関する会計処理を改訂
         IFRS第16号(以下「本基準」という。)の適用により、原則としてすべてのリース取引について、原資産を使用
        する権利を表す使用権資産とリース料を支払う義務を表すリース負債を連結財政状態計算書にて認識することにな
        ります。
         これにより、過去にIAS第17号「リース」を適用してオペレーティング・リースに分類していたリースについ
        て、資産と負債が増加する影響があると考えられます。また、連結損益計算書において発生時に費用処理していた
        オペレーティング・リース料は、使用権資産に係る減価償却費およびリース負債に係る利息費用として計上され、
        連結キャッシュ・フロー計算書においては、営業活動によるキャッシュ・フローの減額項目から財務活動による
        キャッシュ・フローの減額項目に計上区分が変更される予定です。なお、当連結グループは本基準を修正遡及アプ
        ローチを用いて適用する予定です。
         本基準の適用に伴い、適用開始日(2019年4月1日)においては、使用権資産およびリース負債がそれぞれ約
        170億円増加すると見積もっております。なお、2020年3月期の連結損益計算書への影響は軽微であります。
                                  65/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       5 企業結合
         前連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)において、重要な企業結合は発生しておりません。
         当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)に生じた主な企業結合は次のとおりであります。

        (1)  企業結合の内容

          被取得企業の名称     株式会社ジー・プリンテック
          被取得企業の事業の内容  カードプリンターおよび関連機器の開発・製造・販売
          取得日          2018年12月3日
          企業結合の法的形式    現金を対価とする株式の取得
          結合後企業の名称     株式会社ジー・プリンテック
          取得した議決権比率    取得日の直前に所有していた議決権比率                                   40.0%
                       取得日に追加取得した議決権比率                                      60.0%
                       取得後の議決権比率          100.0%
        (2)  企業結合を行った主な理由

          電子・デバイス部門の主力事業の一つであるカードプリンター事業は、カードプリンターのディストリビュー
         ションに長年注力しております。同事業の更なる付加価値向上において、株式会社ジー・プリンテックを重要な
         戦略的機能と位置付けており、同社のプリンター設計・開発機能を獲得することで、より多様な顧客ニーズに応
         え、相互にシナジーを発揮することが可能となり、当連結グループの企業価値向上に資するものと判断しまし
         た。
        (3)  被取得企業の取得原価およびその内訳

          取得の対価
           取得日直前に保有していた被取得企業株式の取得日における公正価値                                      1,440百万円

           取得日に追加取得した被取得企業株式の公正価値                                      2,160
          取得原価                                       3,600

        (4)  企業結合に伴う再測定による利益

          取得日直前に保有していた被取得企業の資本持分を取得日における公正価値で再測定した結果、610百万円の
         企業結合に伴う再測定による利益を、連結損益計算書の「その他の収益」に計上しております。
                                  66/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (5)  取得日における取得資産、引受負債の公正価値およびのれんの認識
                 項目                         金額
          取得資産、引受負債の公正価値
           現金及び現金同等物                                   439  百万円
           営業債権                                   845
           棚卸資産                                   301
           その他の流動資産                                   91
           有形固定資産                                   124
           無形資産                                  2,856
           その他の非流動資産                                   25
           流動負債                                 △1,740
           非流動負債                                 △1,831
          のれんの認識額                                  2,485

                 合計                          3,600
        (注)のれんの内容は主に、超過収益力および既存事業とのシナジー効果です。なお、当該のれんについて、税務
           上損金算入を見込んでいる金額はありません。
        (6)  企業結合によるキャッシュ・フローへの影響

          取得原価の支払                △2,160百万円
          被取得企業の現金及び現金同等物          439
          子会社の取得による収支            △1,720
        (7)  当連結グループの業績に与える影響

          被取得企業の取得日から2019年3月31日までの経営成績は、次のとおりであります。
          収益      1,628百万円
          当期利益     287
          また、当該企業結合が期首に行われたと仮定した場合の当連結会計年度の連結業績に係るプロフォーマ情報
         (非監査情報)は、収益726,220百万円、親会社の所有者に帰属する当期利益16,760百万円です。
                                  67/153











                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       6 収益
        (1)  収益の分解
          当連結グループは、「注記7 セグメント情報」に記載のとおり、「電子・デバイス」、「食料」、「鉄鋼・
         素材・プラント」、「車両・航空」の4つを報告セグメントとしております。当連結グループは、顧客との契約
         から生じる収益を主要な財またはサービスに応じて、電子・デバイスを「ICTソリューション」、「モバイ
         ル」、「その他」、鉄鋼・素材・プラントを「エネルギー」、「その他」に分解しております。これらの分解し
         た収益と各報告セグメントの収益との関連は、次のとおりであります。
          それぞれの収益の会計処理の方法は、「注記3 重要な会計方針」における記載と同一であります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                               至2018年3月31日)                  至2019年3月31日)
     電子・デバイス

                                        60,556                 65,561
      ICTソリューション
                                        131,910                 135,094

      モバイル
                                        70,550                 64,530

      その他
                                        231,260                 244,859

     食料
     鉄鋼・素材・プラント

                                        96,432                 73,199

      エネルギー
                                        56,640                 66,234

      その他
                                        54,204                 61,938
     車両・航空
                                        701,555                 711,417

            報告セグメント合計
                                        12,691                 11,960

     その他
                                        714,247                 723,378

        顧客との契約から認識した収益合計
                                          543                 470

     その他の源泉から認識した収益
                                        714,790                 723,849

                合計
      (注)その他の源泉から認識した収益には、IAS第17号「リース」等に基づき認識した収益が含まれております。
        (2)  契約残高

          顧客との契約から生じた契約資産および契約負債に関する情報は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                 適用開始日               当連結会計年度末
                                                (2019年3月31日)
                               (2018年4月1日)
     契約資産                                     168                  7
     契約負債                                   4,504                11,273

          契約資産は主に、報告日時点で完了しているが、まだ請求していない履行義務に係る対価に対する当連結グ

         ループの権利に関するものであります。契約資産は、支払いに対する権利が無条件になった時点で債権に振り替
         えられます。
          契約負債は主に、債権管理等の観点から、商品または製品の引渡前に顧客から受け取った対価でありますが、
         契約のタイミングで一時的に大きく変動することがあります。当連結会計年度の期首現在の契約負債残高につい
         ては、すべて当連結会計年度で収益を認識しております。また、当連結会計年度において、過去の期間に充足し
         た履行義務から認識した収益の額に重要なものはありません。なお、連結キャッシュ・フロー計算書において契
         約負債の増加は、営業活動によるキャッシュ・フローのその他に含まれております。
                                  68/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (3)  残存履行義務に配分する取引価格
          保守取引やサービス型の製品保証を伴う取引のうち、履行義務が一定の期間にわたり充足されるものについて
         は、対価を契約負債として計上し、保守期間または保証期間の履行義務の充足に従い収益として認識しておりま
         す。また、物品販売取引で商品の引渡時点で収益を認識する取引において、既に受領した対価の一部を契約負債
         として計上しております。
          残存履行義務に配分した取引価格の充足時期は、次のとおりであります。なお、個別の予想契約期間が1年以
         内の取引は含みません。
                                                    (単位:百万円)
                                            当連結会計年度末
                                           (2019年3月31日)
     1年以内                                                   10,517

     1年超                                                   11,387
                   合計                                      21,905

      (注)   当連結会計年度末の1年超に含まれるものの主な取引は物品販売取引にかかわるもので、3年以内に履行義務が
         充足される見込みです。
        (4)  顧客との契約獲得または履行のためのコストから認識した資産

          当連結会計年度において、顧客との契約獲得または履行のためのコストから認識した資産はありません。ま
         た、認識すべき資産の償却期間が1年以内である場合には、実務上の便法を使用し、契約の獲得の増分コストを
         発生時に費用として認識しております。
                                  69/153













                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       7 セグメント情報
        (1)  報告セグメントの概要
          当連結グループの報告セグメントは、当連結グループの構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であ
         り、取締役会が経営資源の配分や業績評価を行うにあたり通常使用しており、定期的に検討を行う対象となって
         おります。
          当連結グループは、国内外のネットワークと各事業分野で培ってきた専門性と、商取引、情報収集、市場開
         拓、事業開発・組成、リスクマネジメント、物流などの商社機能を有機的に結合して、多種多様な商品・サービ
         スを提供しております。
          また、当連結グループは、営業部門を基礎とした商品・サービス別のセグメントから構成されており、「電
         子・デバイス」、「食料」、「鉄鋼・素材・プラント」、「車両・航空」の4つを報告セグメントとしておりま
         す。
          各報告セグメントの主な取扱商品・サービスは、次のとおりであります。
         (電子・デバイス)

          電子部品・部材、半導体・液晶製造装置、電子関連の素材・副資材など幅広い製品を開発・提案も含めたサー
         ビスとともに提供しております。また携帯通信端末の取扱いおよびモバイルインターネットシステム、情報・通
         信関連機器やセキュリティ機器の取扱いおよびサービスも展開しております。
         (食料)
          調理食品、フルーツ加工品、農産加工品、飲料原料、畜水産物、小麦、米、大豆、飼料、ペットフードなど、
         原料の安定確保から高付加価値商品を含めた幅広い食品の提供まで一貫して行っております。
         (鉄鋼・素材・プラント)
          各種鋼板、条鋼・線材、鋼管、ステンレス製品などの鉄鋼製品全般の国内・貿易取引、また海外向けの各種プ
         ラント、インフラ整備案件などのプロジェクトや、工作機械・産業機械の販売を行っております。さらに、原
         油、石油製品、ガス、機能性化学品・機能性食品、医薬品・医農薬中間体などの国内・貿易取引を行っておりま
         す。また環境関連ビジネスや排出権関連ビジネスにも取り組んでおります。
         (車両・航空)
          航空機・航空機部品、衛星、宇宙関連製品、自動車・二輪車および関連部品、産業車両、建設機械などの貿易
         取引を中心に事業を展開し、需要・用途に合わせ価値を高めた製品の提案も行っております。
        (2)  報告セグメントに関する情報

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「注記3 重要な会計方針」における記載と概ね同一で
         あります。
          セグメント間の内部収益および振替高は外部顧客との取引価格に準じて決定しております。
                                  70/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
          前連結会計年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                             その他     調整額
                             鉄鋼・                            連結
                                             (注)1     (注)2
                  電子・
                        食料     素材・    車両・航空       計
                  デバイス
                             プラント
     収益

                  263,310     231,260     153,075      54,453     702,099      12,691       -   714,790
      外部顧客からの収益
                     277      ▶     80     11     374      62    △ 436      -

      セグメント間収益
                  263,587     231,265     153,155      54,464     702,473      12,753      △ 436   714,790

          収益合計
     セグメント利益または
                   17,556      2,149     3,930     2,541     26,179      △ 20      2   26,160
     損失(△)
     (その他の損益項目)
      減価償却費および
                    1,205      562     838     425    3,032      135     △ 21    3,145
      償却費
                     361      62     19     33     476    1,102       0   1,579
      持分法による投資損益
                  194,788     118,829     121,456      42,898     477,972      9,112     32,803     519,889

     セグメント資産
     (その他の資産項目)

      持分法で会計処理され
                     873    1,337       83     326    2,620     2,552      △ 3   5,169
      ている投資
                    1,359      600     486     384    2,831      120     153    3,105
      資本的支出
      (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、物流・保険サービス事業およびジ
           オテック事業等を含んでおります。
         2.調整額は次のとおりであります。
          ・セグメント利益または損失             (△)   の調整額    2百万円    には、セグメント間取引消去             2百万円    が含まれておりま
           す。
          ・セグメント資産の調整額            32,803百万円      には、セグメント間取引消去             △15,610百万円       、各セグメントに配分し
           ていない全社資産        48,414百万円      が含まれております。全社資産の主な内容は、財務活動に係る現預金および
           投資有価証券等の資産であります。
          ・減価償却費および償却費の調整額                △21百万円     には、セグメント間取引消去             △21百万円     が含まれております。
          ・持分法による投資損益の調整額               0百万円    には、セグメント間取引消去             0百万円    が含まれております。
          ・持分法で会計処理されている投資の調整額                     △3百万円     には、セグメント間取引消去             △3百万円     が含まれており
           ます。
          ・資本的支出の調整額          153百万円     には、セグメント間取引消去             △0百万円     、各セグメントに配分していない全社
           資産  153百万円     が含まれております。全社資産の主な内容は、子会社のシステムに係るリース備品等であり
           ます。
                                  71/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                             その他     調整額
                             鉄鋼・                            連結
                                             (注)1     (注)2
                  電子・
                        食料     素材・    車両・航空       計
                  デバイス
                             プラント
     収益

                  265,530     244,859     139,436      62,063     711,888      11,960       -   723,849
      外部顧客からの収益
                     282      1     66     24     374     103    △ 478      -

      セグメント間収益
                  265,812     244,860     139,502      62,087     712,262      12,064      △ 478   723,849

          収益合計
     セグメント利益または
                   18,533      3,951     4,437     2,549     29,472       850      26   30,349
     損失(△)
     (その他の損益項目)
      減価償却費および
                    1,345      579     864     390    3,179      116     △ 21    3,274
      償却費
                    △ 78     53     28     32     35     327      -     363
      持分法による投資損益
                  197,389     124,172     133,762      48,296     503,621      9,520     36,318     549,459

     セグメント資産
     (その他の資産項目)

      持分法で会計処理され
                     -    1,407     2,521      350    4,279     2,591      △ 3   6,867
      ている投資
                    1,377      335    1,101      701    3,516      251     415    4,183
      資本的支出
      (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、物流・保険サービス事業およびジ
           オテック事業等を含んでおります。
         2.調整額は次のとおりであります。
          ・セグメント利益または損失             (△)   の調整額    26百万円    には、セグメント間取引消去             26百万円    が含まれておりま
           す。
          ・セグメント資産の調整額            36,318百万円      には、セグメント間取引消去             △10,141百万円       、各セグメントに配分し
           ていない全社資産        46,459百万円      が含まれております。全社資産の主な内容は、財務活動に係る現預金および
           投資有価証券等の資産であります。
          ・減価償却費および償却費の調整額                △21百万円     には、セグメント間取引消去             △21百万円     が含まれております。
          ・持分法で会計処理されている投資の調整額                     △3百万円     には、セグメント間取引消去             △3百万円     が含まれており
           ます。
          ・資本的支出の調整額          415百万円     には、各セグメントに配分していない全社資産                      415百万円     が含まれておりま
           す。全社資産の主な内容は、子会社のシステムに係るリース備品等であります。
         セグメント利益(営業活動に係る利益)から連結損益計算書の税引前利益への調整は、次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                        26,160                 30,349

     セグメント利益
                                        △ 1,696               △ 1,535
     金融収益および金融費用
                                         1,579                  363

     持分法による投資損益
                                        26,043                 29,177
     税引前利益
                                  72/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (3)  製品およびサービスに関する情報
          製品およびサービス         に関する情報      については、「注記6 収益」を参照願います。
        (4)  地域別情報

         ①  外部顧客からの収益
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
     日本                                  592,687                 597,774

                                        51,411                 51,157

     アジア
                                        48,665                 53,708

     北米
                                        17,397                 16,492

     ヨーロッパ
                                         4,627                 4,716
     その他の地域
                                        714,790                 723,849

               合計
           収益は、顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。

         ②  非流動資産(金融資産および繰延税金資産を除く。)

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                        42,172                 47,292

     日本
                                          991               1,172
     アジア
                                         6,548                 6,750

     北米
                                         2,580                 2,216

     ヨーロッパ
                                          35                 24
     その他の地域
                                        52,328                 57,457

               合計
        (5)  主要な顧客に関する情報

          前連結会計年度および当連結会計年度において、当連結グループの収益合計のうち10%以上を占める相手先は
         ありません。
                                  73/153








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       8 営業債権及びその他の債権
         営業債権及びその他の債権の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                        215,705                 222,551

     受取手形および売掛金
                                         3,425                 3,195
     貸付金
                                         5,021                 4,830

     その他
                                        △1,985                 △1,827
     控除:損失評価引当金
                                        222,166                 228,749

               合計
                                        220,583                 227,300

     流動資産
                                         1,582                 1,449
     非流動資産
                                        222,166                 228,749

               合計
         なお、損失評価引当金の増減については、「注記30 金融商品 (3) 信用リスク管理」に記載しております。

       9 棚卸資産

         棚卸資産の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                        91,334                 93,299

     商品および製品
                                         2,045                 2,335
     原材料および貯蔵品
                                          577                 597
     仕掛品
                                        93,957                 96,232

               合計
         費用として認識した棚卸資産の金額は、前連結会計年度および当連結会計年度においてそれぞれ                                            592,212百万円

        および   597,766百万円       であります。
         費用として認識した棚卸資産の評価減の金額は、前連結会計年度および当連結会計年度においてそれぞれ                                                365百
        万円  および   276百万円     であります。
                                  74/153








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       10 有形固定資産
         有形固定資産の取得原価、減価償却累計額および減損損失累計額の増減は次のとおりであります。
        [ 取得原価    ]

                                                    (単位:百万円)
                                機械、運搬具
                          建物及び
                                  及び       土地      建設仮勘定         合計
                          構築物
                                工具器具備品
     前連結会計年度期首(2017年4月1日)                       16,439       27,974       10,572         588      55,575
                             822      1,331         2      336      2,493

     新規取得
                               1       ▶       -       -        6
     企業結合による取得
                              80       478        25      △591        △6

     建設仮勘定からの振替
                           △2,427       △2,676       △2,365         △0     △7,470

     処分
                             △6      △289        △6       △13       △316

     為替換算差額
                             △12       △18        -       -      △31

     連結範囲の異動による増減
                             500        21       75      △16        580
     その他
     前連結会計年度末(2018年3月31日)                       15,400       26,825        8,303        301      50,831

                             514      2,179         -       522      3,216

     新規取得
                              25       101        -        2      129
     企業結合による取得
                             108       214        -      △293         28

     建設仮勘定からの振替
                            △546      △2,021          -       △1     △2,569

     処分
                             △33        149       △1        12       126

     為替換算差額
                              99      △174         -        0      △75
     その他
     当連結会計年度末(2019年3月31日)                       15,567       27,274        8,301        544      51,688

                                  75/153










                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        [減価償却累計額および減損損失累計額]
                                                    (単位:百万円)
                                機械、運搬具
                          建物及び
                                  及び       土地      建設仮勘定         合計
                          構築物
                                工具器具備品
     前連結会計年度期首(2017年4月1日)                      △9,663       △19,016         △37        -    △28,717
                            △630      △1,787          -       -     △2,417

     減価償却
                             △69        △1     △2,074          -     △2,146
     減損損失
                            2,047       1,369        963        -      4,380

     処分
                               ▶       91       -       -       96

     為替換算差額
                              10       15       -       -       26

     連結範囲の異動による増減
                            △112         35      △75        -      △152
     その他
     前連結会計年度末(2018年3月31日)                      △ 8,413      △ 19,293       △ 1,224         -    △ 28,930

                            △759      △1,793          -       -     △2,552

     減価償却
                             △58       △20        -       -      △78
     減損損失
     処分                        390      1,573         -       -      1,963

                               6      △31        -       -      △25

     為替換算差額
                               ▶       22       -       -       26
     その他
     当連結会計年度末(2019年3月31日)                      △ 8,830      △ 19,543       △ 1,224         -    △ 29,597

        [ 帳簿価額    ]

                                                    (単位:百万円)
                                機械、運搬具
                          建物及び
                                  及び       土地      建設仮勘定         合計
                          構築物
                                工具器具備品
     前連結会計年度末(2018年3月31日)                       6,986       7,532       7,079        301      21,900
     当連結会計年度末(2019年3月31日)                       6,737       7,731       7,077        544      22,090

         建設中の有形固定資産に関する支出額は、上記の中で、建設仮勘定として記載しております。

         有形固定資産の減価償却費は「原価」および「販売費及び一般管理費」に計上しております。
                                  76/153








                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       11 のれんおよび無形資産
        (1)のれん
         ①  取得原価、減損損失累計額および帳簿価額
           のれんの取得原価および減損損失累計額の増減は次のとおりであります。
          [取得原価]
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                         7,203                 7,578

     期首
                                          495               2,485

     企業結合による取得
                                         △121                  96
     為替換算差額
                                         7,578                10,160

     期末
          [減損損失累計額]

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                         △899               △1,006

     期首
                                         △107                 △343

     減損損失
                                        △ 1,006               △ 1,349

     期末
          [帳簿価額]

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                         6,571                 8,810

     帳簿価額
                                  77/153










                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
         ②  減損テスト
           のれんが配分されている資金生成単位グループについては毎期、さらに減損の兆候がある場合には都度、減
          損テストを行っております。資金生成単位グループに配分されたのれんの帳簿価額が重要なものは次のとおり
          であります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     電子・デバイスセグメント

                                         1,763                 4,248
      国内子会社の電子事業
                                         2,123                 2,098

      国内子会社のモバイル事業
     食料セグメント

                                          319                 -

      国内子会社のペット関連事業
     鉄鋼・素材・プラントセグメント

                                         2,151                 2,247
      海外子会社の油井管事業
           重要なのれんが配分された資金生成単位グループの回収可能価額は、経営者によって承認された5年間の予

          測を基礎とする使用価値に基づき算定しております。
           当該5年間のキャッシュ・フローの予測は、過去の実績を反映した将来計画に基づいております。また、予
          測の決定に用いられた主な仮定は当該期間にわたる売上総利益の成長率となっており、売上総利益の成長率は
          これらの資金生成単位グループが属する国の名目GDP成長率予測等と整合したものとなっております。なお、
          最終成長率は、資金生成単位が属する市場もしくは国における長期の平均成長率を勘案して決定しておりま
          す。
           重要なのれんが配分された資金生成単位グループの使用価値の算定に用いた税引前の割引率は次のとおりで
          あります。
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末

                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     電子・デバイスセグメント

                                         2.8%                 6.2%
      国内子会社の電子事業
                                         6.6%                 8.9%

      国内子会社のモバイル事業
     食料セグメント

                                         5.6%                 7.0%

      国内子会社のペット関連事業
     鉄鋼・素材・プラントセグメント

                                        13.4%                 11.8%
      海外子会社の油井管事業
           当連結会計年度末ののれんについては、当該資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を上回っていることか

          ら、主要な仮定が合理的な範囲で変更されたとしても、それにより当該資金生成単位の回収可能価額が帳簿価
          額を下回る可能性は低いと予測しております。
                                  78/153





                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (2 )その他無形資産
          無形資産の取得原価、償却累計額および減損損失累計額の増減は次のとおりであります。
         [取得原価]
                                                    (単位:百万円)
                                   キャリアショップ

                            ソフトウエア                   その他         合計
                                      運営権
     前連結会計年度期首(2017年4月1日)                          8,596        17,140         4,427        30,164

                                 322         -         63        386

     新規取得
                                  0        -         1         1
     企業結合による取得
                                △313          -       △14        △328

     処分
                                △18          -       △180         △198

     為替換算差額
                                △19          -        △1        △20
     その他
     前連結会計年度末(2018年3月31日)                          8,568        17,140         4,295        30,004

                                 418         -         17        435

     新規取得
     企業結合による取得                            52         -       2,804         2,856

                                △204          -       △21        △226

     処分
                                 14         -        144         158

     為替換算差額
                                 54         -       △104         △49
     その他
     当連結会計年度末(2019年3月31日)                          8,904        17,140         7,134        33,179

         [償却累計額および減損損失累計額]

                                                    (単位:百万円)
                                   キャリアショップ

                            ソフトウエア                   その他         合計
                                      運営権
     前連結会計年度期首(2017年4月1日)                         △7,383          △234       △1,611         △9,228

                                △465          -       △314         △780

     償却
                                 △1         -        △1         △2

     減損損失
                                 279         -         0       279

     処分
                                 15         -         61         77

     為替換算差額
                                 25         -         1        27
     その他
     前連結会計年度末(2018年3月31日)                         △ 7,528         △ 234      △ 1,863       △ 9,626

                                △396          -       △368         △765

     償却
                                △32          -         -       △32

     減損損失
                                 200         -         ▶       205

     処分
                                △12          -       △52         △64

     為替換算差額
                                 25         -        131         156
     その他
     当連結会計年度末(2019年3月31日)                         △ 7,744         △ 234      △ 2,148       △ 10,128

                                  79/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
         [帳簿価額]
                                                    (単位:百万円)
                                   キャリアショップ

                            ソフトウエア                   その他         合計
                                      運営権
     前連結会計年度末(2018年3月31日)                          1,039        16,906         2,432        20,377

     当連結会計年度末(2019年3月31日)                          1,159        16,906         4,986        23,051

           キャリアショップ運営権は、当社の連結子会社がモバイル事業の取得時に認識したものであり、事業が継続

          する限り基本的に存続するため、耐用年数を確定できないと判断しております。
           当該キャリアショップ運営権を含む資金生成単位グループの回収可能価額は、経営者によって承認された5
          年間の予測を基礎とする使用価値に基づき算定しております。当該5年間のキャッシュ・フローの予測は、過
          去の実績を反映した将来計画に基づいております。また、予測の決定に用いられた主な仮定は当該期間にわた
          る売上総利益の成長率となっており、売上総利益の成長率はこれらの資金生成単位グループが属する国の名目
          GDP成長率予測等と整合したものとなっております。最終成長率は、資金生成単位が属する市場における長期
          の平均成長率を勘案して決定しております。
           また、前連結会計年度末および当連結会計年度末において、重要な自己創設に該当する無形資産はありませ
          ん。なお、償却費は「原価」および「販売費及び一般管理費」に計上しております。
           この資金生成単位グループの使用価値の算定に用いた税引前の割引率は次のとおりであります。
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末

                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     電子・デバイスセグメント

                                         6.5%                 8.3%
      国内子会社のモバイル事業
           当該キャリアショップ運営権については、当該資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を上回っていること

          から、主要な仮定が合理的な範囲で変更されたとしても、それにより当該資金生成単位の回収可能価額が帳簿
          価額を下回る可能性は低いと予測しております。
                                  80/153










                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       12 関連会社および共同支配企業に対する関与
         当連結グループにとって重要性のある関連会社および共同支配企業はありません。
         持分法で会計処理している個々には重要性のない関連会社および共同支配企業に対する持分の総額は次のとおり
        であります。
        (帳簿価額総額)

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                         5,057                 6,749

     関連会社
                                          112                 118

     共同支配企業
        (継続事業からの純損益)

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                          814                 304

     関連会社
                                          764                 59

     共同支配企業
        (その他の包括利益)

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                         △57                 △42

     関連会社
                                          -                 -

     共同支配企業
        (包括利益合計)

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                          757                 261

     関連会社
                                          764                 59

     共同支配企業
       13 その他の投資

         その他の投資の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                         4,168                 3,962

     純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                        32,805                 28,453
     る金融資産
                                          994                 -
     償却原価で測定する金融資産
                                        37,969                 32,416

               合計
                                  81/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       14 その他の流動資産およびその他の非流動資産
         その他の流動資産およびその他の非流動資産の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                        11,001                 19,666

     前渡金
                                         4,766                 4,809
     前払費用
                                          -                 7

     契約資産
                                         7,666                 7,441
     その他
                                        23,433                 31,925

               合計
                                        19,955                 28,420

     流動資産
                                         3,478                 3,504
     非流動資産
               合計                         23,433                 31,925

       15 営業債務及びその他の債務

         営業債務及びその他の債務の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                        141,292                 142,951

     支払手形及び買掛金
                                        36,468                 42,443
     輸入荷為替手形
     未払金(口銭)                                   11,030                 10,660
                                        188,791                 196,054

               合計
                                        188,791                 196,054

     流動負債
                                          -                 -
     非流動負債
                                        188,791                 196,054

               合計
                                  82/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       16 社債及び借入金
         社債及び借入金の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                       前連結会計年度末           当連結会計年度末           平均利率
                                                      返済期限
                      (2018年3月31日)           (2019年3月31日)            (注)
                             4,987             -       -      -

     1年内償還予定の社債
                             42,653           48,463       1.48%        -
     短期借入金
                             13,568           25,852       1.18%        -

     1年内返済予定の長期借入金
     社債(1年内償還予定のものを
                             14,910           14,930         -      -
     除く)
     長期借入金(1年内返済予定の                                               2020年9月~
                             61,205           50,258       1.00%
     ものを除く)
                                                     2029年10月
                            137,326           139,504
            合計
                             61,210           74,316

     流動負債
     非流動負債                        76,116           65,188
                            137,326           139,504

            合計
      (注)「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。なお、社債について
         は(社債明細表)に記載しております。
         (社債明細表)

                                                    (単位:百万円)
                          前連結会計年度末           当連結会計年度末           利率

      会社名       銘柄      発行年月日                                 担保   償還期限
                          (2018年3月31日)           (2019年3月31日)           (%)
           第1回無担保

                    2016年                                    2019年
                                 4,987            -    0.40
       兼松                                         年     なし
           社債(3年債)
                    3月10日                                    3月8日
           第2回無担保
                    2016年                                    2021年
                                 4,978           4,985     0.64
       兼松                                         年     なし
           社債(5年債)
                    3月10日                                    3月10日
           第3回無担保
                    2017年                                    2022年
                                 4,965           4,972     0.42
       兼松                                         年     なし
           社債(5年債)
                    12月14日                                    12月14日
           第4回無担保
                    2017年                                    2024年
                                 4,966           4,971     0.57
       兼松                                         年     なし
           社債(7年債)
                    12月14日                                    12月13日
      (注)   社債の連結決算日以降における償還予定額は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
               1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
      社債             -      4,985         -      4,972         -      4,971

                                  83/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       17 引当金
         引当金の増減は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                              資産除去債務             その他            合計
     当連結会計年度期首(2018年4月1日)                              1,310            485          1,796

                                     -         △209           △209

     IFRS第15号適用に伴う調整
     調整後期首残高(2018年4月1日)                              1,310            276          1,587
                                    124            27          151

     繰入額
                                   △115            △53          △168
     目的使用
                                     -          △39           △39

     戻入
                                     19           -           19

     割引計算の期間利息費用
                                     -            7           7
     為替換算差額
     当連結会計年度末(2019年3月31日)                              1,338            218          1,557

         引当金の流動、非流動区分ごとの内訳は次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                          156                 189

     流動負債
                                         1,639                 1,368
     非流動負債
                                         1,796                 1,557

               合計
         資産除去債務は、事業所および店舗等の不動産賃貸契約に伴う原状回復義務等であります。これらの費用は主に

        1年以上経過した後に支出されると見込まれておりますが、将来の事業計画等により影響を受けることがありま
        す。
       18 その他の流動負債およびその他の非流動負債

         その他の流動負債およびその他の非流動負債の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                         8,392                 7,940

     前受金
                                          -              11,273
     契約負債
                                         3,337                 3,464

     未払費用
     前受収益                                   3,029                  74

                                         9,545                10,774

     その他
                                        24,304                 33,527

               合計
                                        23,371                 32,321

     流動負債
                                          933               1,205
     非流動負債
                                        24,304                 33,527

               合計
                                  84/153



                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       19 資本
        (1)  資本管理
          当連結グループは、健全な財務体質を維持しつつ、事業創造・収益拡大による企業価値の向上を図るため、一
         定の自己資本(注1)を積み上げ、財務基盤を拡充することを基本方針としております。
          また、精緻な資本管理を行うことを目的に、個々の事業における環境の悪化に起因する想定損失の最大額に対
         するリスクバッファーの観点から、リスクアセット倍率(注2)の上限を定め、自己資本の規模の妥当性を検証
         しております。
          当連結グループ       が資本管理において用いる主な指標には、次のものがあり、これらの指標については、経営者
         に定期的に報告され、モニタリングされております。
         ・リスクアセット倍率
         ・ネットDER(注3)
         (注1)資本のうち、親会社の所有者に帰属する持分を自己資本と定義しております。

         (注2)    自己資本に対する最大損失可能性額の比率であります。最大損失可能性額は、連結財政状態計算書上の
             すべての資産およびオフバランス取引を対象として、潜在的な損失リスクに応じて                                      当連結グループ       が独
             自に設定したリスクウェイトを乗じて算出しております。
         (注3)    自己資本に対するネット有利子負債の比率であります。ネット有利子負債は、有利子負債総額から現預
             金の金額を除いて算出しております。
          前連結会計年度末および当連結会計年度末におけるネットDERの水準は、次のとおりであります。

                                前連結会計年度末                当連結会計年度末

                               (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
     ネットDER                                   0.5                0.4
                                          倍                倍
          なお、当連結グループが適用を受ける重要な資本規制(会社法等の一般的な規定を除く。)はありません。

        (2)  発行可能株式数、発行済株式数及び自己株式数

                                                      (単位:株)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
     発行可能株式総数
                                      200,000,000                 200,000,000
     (普通無額面株式)
     発行済株式総数
     (普通無額面株式)
                                      84,500,202                 84,500,202
      期首残高
                                          -                 -
      期中増減
                                      84,500,202                 84,500,202
      期末残高
     自己株式数
                                        390,123               1,068,136
     (普通無額面株式)
       (注)1.当連結会計年度の             自己株式数には、関連会社が保有する当社株式100,000株および役員向け株式交付信託
            が保有する当社株式711,500株が含まれております。
          2.  2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首
            に当該株式併合が行われたと仮定し、併合後の株式数に換算して記載しております。
                                  85/153





                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
        (3)  剰余金
         ①  資本剰余金
           資本剰余金は、主として資本準備金から構成されております。
         ②  利益剰余金

           利益剰余金は、利益準備金およびその他の利益剰余金から構成されております。
           わが国の会社法では、資本準備金と利益準備金の合計額が資本金の4分の1に達するまで、各事業年度に剰
          余金の配当として支出する金額の10分の1を、資本準備金または利益準備金として積み立てることが規定され
          ております。
           会社法上の分配可能額は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して記帳され
          た会計帳簿上の資本剰余金および利益剰余金に基づいて算定されますが、資本準備金および利益準備金は分配
          可能額から控除されます。
        (4)  配当

         ①  配当金支払額
                                     1株当たり
                             配当金の総額
                                      配当額
        決議      株式の種類       配当の原資                        基準日        効力発生日
                             (百万円)
                                      (円)
     2017年5月22日
                                 1,263        3.00
               普通株式       利益剰余金                      2017年3月31日         2017年6月5日
       取締役会
     2017年10月31日
                                 1,474        3.50
               普通株式       利益剰余金                      2017年9月30日         2017年12月1日
       取締役会
     2018年5月21日
                                 2,569       30.50
               普通株式       利益剰余金                      2018年3月31日         2018年6月4日
       取締役会
     2018年10月31日
                                 2,106       25.00
               普通株式       利益剰余金                      2018年9月30日         2018年12月3日
       取締役会
       (注)1.2017年5月22日および2017年10月31日取締役会決議に基づく1株当たり配当額については、基準日がそれ
            ぞれ2017年3月31日および2017年9月30日であるため、2017年10月1日付の株式併合前の金額を記載して
            おります。
          2.  2018年10月31日取締役会決議による                 配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式に対す
            る配当金17百万円が含まれております。
         ②  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                             配当金の総額
                                      配当額
        決議      株式の種類       配当の原資                        基準日        効力発生日
                             (百万円)
                                      (円)
     2019年5月20日
                                 2,948       35.00
               普通株式       利益剰余金                      2019年3月31日         2019年6月3日
       取締役会
       (注)2019年5月20日取締役会決議による                    配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式に対する配
          当金24百万円が含まれております。
                                  86/153







                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       20 販売費及び一般管理費
         販売費及び一般管理費の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                         2,027                 2,174

     減価償却費及び償却費
                                        43,444                 44,944
     人件費
                                         7,264                 7,670

     業務委託料
                                         6,742                 6,512

     賃借料
                                        18,941                 19,091
     その他
                                        78,420                 80,393

               合計
       21 固定資産除売却損益

         固定資産除売却損益の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                          43                 32

     有形固定資産売却益
                                          43                 32

           固定資産売却益合計
                                         △68                 △8

     有形固定資産売却損
                                         △68                 △8

           固定資産売却損合計
                                         △192                 △241

     有形固定資産除却損
                                         △34                 △21
     無形資産除却損
                                         △226                 △262

           固定資産除却損合計
                                         △250                 △238

          固定資産除売却損益合計
                                  87/153









                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       22 減損損失
        (1)  資産種類別の内訳
          減損損失    の資産種類別の内訳は次のとおりであります。有形固定資産および無形資産に係る減損損失は連結損
         益計算書の「固定資産減損損失」、また、のれんに係る減損損失は「その他の費用」に計上しております。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                        △2,146                  △78

     有形固定資産
                                         △107                 △343
     のれん
                                          △2                △32
     無形資産
                                        △2,255                  △454

               合計
        (2)  セグメント別の内訳

          減損損失のセグメント別内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                   至2019年3月31日)
                                          △2                △77

     電子・デバイス
                                         △107                 △377
     食料
                                          △5                 -

     鉄鋼・素材・プラント
                                        △2,141                   -
     その他/調整・消去
                                        △2,255                  △454

               合計
          前連結会計年度において、遊休地となった国内保有の土地を、回収可能価額602百万円まで減損し、△1,161百

         万円の減損損失を認識しております。また、ゴルフ事業の譲渡に伴い、譲渡対象資産の回収可能価額1,566百万
         円まで減損し、△975百万円の減損損失を認識しております。回収可能価額は、処分コスト控除後の公正価値に
         よっており、公正価値は売却価額に基づいております。なお、これらはその他セグメントによるものでありま
         す。
          国内子会社のペット関連事業において、従来事業計画で想定していた将来キャッシュ・フローが見込めなく
         なったことから、回収可能価額である359百万円まで減損し、△107百万円ののれんの減損損失を認識しておりま
         す。回収可能価額は使用価値によっており、税引前割引率6.55%を用いて将来キャッシュ・フローを割り引くこ
         とにより算出しております。なお、これは食料セグメントによるものであります。
          当連結会計年度は、国内子会社のペット事業において、従来事業計画で想定していた将来キャッシュ・フロー
         が見込めなくなったことから、回収可能価額である950百万円まで減損し、△319百万円ののれんの減損損失を認
         識しております。回収可能額は使用価値によっており、税引前割引率7.01%を用いて将来キャッシュ・フローを
         割り引くことにより算出しております。なお、これは食料セグメントによるものであります。
          なお、上記の公正価値は、すべて公正価値ヒエラルキーレベル3に区分されます。公正価値は、用いられる評
         価技法へのインプットにより3つのレベルに区分され、その内容は「注記2 作成の基礎 (4)見積りおよび判
         断の利用」に記載しております。
                                  88/153





                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       23 為替差額
         純損益に認識された為替差額は、前連結会計年度および当連結会計年度において、それぞれ                                           521百万円     および   646
        百万円   であり、連結損益計算書の「その他の収益」に計上しております。なお、当該金額には為替リスクのヘッジ
        を目的として行った通貨関連デリバティブから生じた損益を含めております。また、機能通貨以外の通貨で記帳さ
        れている資産および負債を換算することにより発生する損益およびそれらの資産および負債を決済することにより
        発生する損益は、発生した時点で純損益に認識しております。
       24 金融収益および金融費用

         金融収益および金融費用の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自2017年4月1日                (自2018年4月1日
                                至2018年3月31日)                  至2019年3月31日)
     受取利息
                                          352                371
      償却原価で測定する金融資産
                                           11                -
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                          363                371
      受取利息合計
     受取配当金
                                          268                227
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                          805                962
      る金融資産
                                         1,073                1,189
      受取配当金合計
     その他の金融収益(注)
                                           10                -
      その他の金融収益
      その他の金融収益合計                                    10                -
                                         1,447                1,561
              金融収益合計
     支払利息
                                        △ 2,144               △ 2,446
      償却原価で測定する金融負債
                                         △ 269               △ 215
      デリバティブ
                                        △ 2,414               △ 2,662
      支払利息合計
     その他の金融費用(注)
                                         △ 730               △ 434
      その他の金融費用
      その他の金融費用合計                                   △ 730               △ 434
                                        △ 3,144               △ 3,096
              金融費用合計
      (注)その他の金融収益およびその他の金融費用は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に係るもので、その
         内容は「注記30 金融商品             (6)  ③(ⅱ)公正価値ヒエラルキーレベル3に区分される経常的な公正価値測定」
         に記載しております。
                                  89/153






                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       25 親会社の所有者に帰属する1株当たり当期利益
        (1)1株当たり当期利益
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                 至2018年3月31日)                 至2019年3月31日)
                                        193.79               198.22

     基本的1株当たり当期利益                                      円               円
                                        193.79               198.15
     希薄化後1株当たり当期利益                                      円               円
          当連結会計年度の希薄化後1株当たり当期利益は、業績連動型株式報酬制度に基づき支給が見込まれる条件付
         発行可能株式を潜在株式とみなして算定しております。
        (2)基本的1株当たり当期利益および希薄化後1株当たり当期利益の算定の基礎

                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                 至2018年3月31日)                 至2019年3月31日)
     親会社の所有者に帰属する当期利益(百万円)                                    16,317               16,605

     親会社の普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -               -

     基本的1株当たり当期利益の計算に使用する当期利
                                          16,317               16,605
     益(百万円)
     希薄化後1株当たり当期利益の計算に使用する当期
                                          16,317               16,605
     利益(百万円)
     普通株式の加重平均株式数(千株)                                    84,202               83,773
     業績連動型株式報酬制度による増加(千株)                                      -               31

     希薄化効果調整後の加重平均株式数(千株)                                    84,202               83,804

       (注)1.2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首
            に当該株式併合が行われたと仮定し、親会社の所有者に帰属する1株当たり当期利益を算定しておりま
            す。
          2.基本的1株当たり当期利益の算定上、以下の株式数の役員向け株式交付信託が保有する当社株式を、期中
            平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
                前連結会計年度      -株        当連結会計年度                                                437,846株
                                  90/153










                                                           EDINET提出書類
                                                         兼松株式会社(E02506)
                                                            有価証券報告書
       26   その他の資本の構成要素および              その他の包括利益
         その他の資本の構成要素の各項目の増減は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                    当連結会計年度
                           (自2017年4月1日                   (自2018年4月1日
                            至2018年3月31日)                     至2019年3月31日)
     在外営業活動体の換算差額

                                       2,349                   1,275