東亜道路工業株式会社 四半期報告書 第113期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第113期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:東亜道路工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               平成31年2月12日

    【四半期会計期間】               第113期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【会社名】               東亜道路工業株式会社

    【英訳名】               TOA  ROAD   CORPORATION

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  森 下 協 一

    【本店の所在の場所】               東京都港区六本木7丁目3番7号

    【電話番号】               03(3405)1811(代表)

    【事務連絡者氏名】               経理部長  仲 村 直 規

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区六本木7丁目3番7号

    【電話番号】               03(3405)1811(代表)

    【事務連絡者氏名】               経理課長  清 水 秀 憲

    【縦覧に供する場所】               東亜道路工業株式会社 関西支社

                     (大阪市浪速区元町1丁目4番17号)

                    東亜道路工業株式会社 中部支社

                     (名古屋市東区白壁1丁目45番地)

                    東亜道路工業株式会社 横浜支店

                     (横浜市南区中村町5丁目318番地)

                    株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/18




                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第112期           第113期

             回次              第3四半期           第3四半期            第112期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
     売上高                (百万円)            58,789           61,642           98,218
     経常利益                (百万円)            1,700            566          4,184

     親会社株主に帰属する
                    (百万円)            1,051            193          2,518
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            1,699            141          3,096
     純資産額                (百万円)            38,978           39,987           40,375

     総資産額                (百万円)            84,006           86,264           89,426

     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)           207.31            38.13          496.68

     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            45.3           45.1           44.0
                            第112期           第113期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益                 (円)           257.19           149.05
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        4.平成29年10月1日付で普通株式10株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第112期の期
          首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
        5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありませ
      ん。
       また、主要な関係会社においても異動はありません。
                                  2/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
      なお、重要事象等は存在しておりません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。

      (1)財政状態及び経営成績の状況

       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善を背景に、設備投資の増加や個人消
      費の持ち直しが続くなど、景気は全般的に緩やかな回復基調で推移いたしました。
       当社グループの主要事業であります道路建設業界におきましては、民間設備投資が緩やかに増加しているものの、
      受注競争の激化や材料価格、労務費等の上昇の影響もあり、経営環境は引続き厳しい状況のもと推移いたしました。
       このような状況下におきまして、当社グループの当第3四半期連結累計期間における受注高は85,524百万円(前年
      同四半期連結累計期間比8.3%増加)となり、売上高は61,642百万円(前年同四半期連結累計期間比4.9%増加)とな
      りました。
       損益につきまして、営業利益は470百万円(前年同四半期連結累計期間比73.0%減少)、経常利益は566百万円(前
      年同四半期連結累計期間比66.7%減少)、親会社株主に帰属する四半期純利益は193百万円(前年同四半期連結累計
      期間比81.6%減少)となりました。
       セグメント別の業績は次のとおりであります。
       ①建設事業
        当第3四半期連結累計期間の受注高は59,516百万円(前年同四半期連結累計期間比10.3%増加)となりました。
        完成工事高は35,633百万円(前年同四半期連結累計期間比5.5%増加)となり、セグメント利益は32百万円(前
       年同四半期連結累計期間、セグメント利益184百万円)となりました。
       ②建設材料等の製造販売・環境事業等
        当第3四半期連結累計期間の売上高は26,008百万円(前年同四半期連結累計期間比4.0%増加)となり、セグメ
       ント利益は1,794百万円(前年同四半期連結累計期間、セグメント利益2,922百万円)となりました。
       当第3四半期連結会計期間末における総資産は、未成工事支出金の増加はあったものの、現金預金、受取手形・完

      成工事未収入金の減少等により、前連結会計年度末に比べ3,162百万円減少し、86,264百万円となりました。
       また負債につきましては、未成工事受入金は増加はあったものの、支払手形・工事未払金等の減少等により、前連
      結会計年度末に比べ2,774百万円減少し、46,277百万円となりました。
       純資産は、利益剰余金の減少、その他有価証券評価差額金の減少等により、前連結会計年度末に比べ388百万円減
      少し、39,987百万円となりました。
      (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
      生じた課題はありません。
      (3)研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は224百万円であります。
                                  3/18




                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。 
                                  4/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     19,104,200

                 計                                   19,104,200

       ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                         (平成31年2月12日)
              (平成30年12月31日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                              単元株式数は100株であ
       普通株式            5,220,023          同左
                                              ります。
                                      市場第一部
        計           5,220,023          同左           ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     平成30年12月31日                 -      5,220         -     7,584         -     5,619
      (5)  【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/18






                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
       載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
       す。
       ①  【発行済株式】
                                              平成30年9月30日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式               ―              ―
                          151,200
                    普通株式
     完全議決権株式(その他)                                50,184             ―
                         5,018,400
                    普通株式
     単元未満株式                              ―       一単元(100株)未満の株式
                           50,423
     発行済株式総数                    5,220,023          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           50,184             ―

     (注)   1 「単元未満株式」には、当社所有の自己株式1株が含まれております。
        2 「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」の中には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ
          100株(議決権1個)及び20株含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                              平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)
                  東京都港区六本木7-3-7                151,200          ―    151,200         2.90
    東亜道路工業株式会社
          計              ―          151,200          ―    151,200         2.90
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      なお、新日本有限責任監査法人は、名称変更により、平成30年7月1日をもって、EY新日本有限責任監査法人とな
     りました。
                                  7/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金預金                                22,298              17,223
                                      ※1  31,289            ※1  20,621
        受取手形・完成工事未収入金等
        未成工事支出金                                 9,637              19,798
        商品及び製品                                  621              479
        仕掛品                                  97              69
        材料貯蔵品                                 1,041              1,289
        その他                                 1,072              2,463
                                         △ 237             △ 273
        貸倒引当金
        流動資産合計                                65,820              61,672
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               12,054              12,342
         機械装置及び運搬具                               24,119              25,135
         土地                               12,026              12,132
         リース資産                               1,043               823
         建設仮勘定                                348              271
         その他                               2,080              2,171
                                       △ 31,988             △ 32,508
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               19,683              20,368
        無形固定資産
                                          355              546
        投資その他の資産
         投資有価証券                               2,092              1,895
         長期貸付金                                420              300
         退職給付に係る資産                                331              401
         繰延税金資産                                320              599
         その他                                569              560
                                         △ 166              △ 80
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               3,567              3,676
        固定資産合計                                23,606              24,591
      資産合計                                  89,426              86,264
                                  8/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※1  26,766            ※1  20,133
        支払手形・工事未払金等
        短期借入金                                 4,361              3,909
        1年内償還予定の社債                                  96              96
        未払法人税等                                 1,231               247
        未成工事受入金                                 5,580              11,326
        完成工事補償引当金                                  22              21
        工事損失引当金                                  354              383
        独占禁止法関連損失引当金                                  930              793
                                         3,056              2,247
        その他
        流動負債合計                                42,400              39,159
      固定負債
        社債                                  156              108
        長期借入金                                 4,480              5,007
        繰延税金負債                                  135              118
        再評価に係る繰延税金負債                                 1,062              1,062
        退職給付に係る負債                                  444              443
        資産除去債務                                  53              54
                                          318              322
        その他
        固定負債合計                                 6,650              7,117
      負債合計                                  49,051              46,277
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 7,584              7,584
        資本剰余金                                 6,957              6,957
        利益剰余金                                23,670              23,357
                                         △ 359             △ 363
        自己株式
        株主資本合計                                37,852              37,535
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  838              668
        土地再評価差額金                                  692              692
                                           3              38
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 1,534              1,399
      非支配株主持分                                   988             1,052
      純資産合計                                  40,375              39,987
     負債純資産合計                                   89,426              86,264
                                  9/18







                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                   58,789              61,642
                                        51,690              55,799
     売上原価
     売上総利益                                    7,099              5,843
     販売費及び一般管理費                                    5,356              5,372
     営業利益                                    1,742               470
     営業外収益
      受取利息                                    8              11
      受取配当金                                    66              77
      貸倒引当金戻入額                                    -              83
                                          52              71
      その他
      営業外収益合計                                   127              244
     営業外費用
      支払利息                                    76              69
      金融手数料                                    52              49
                                          40              29
      その他
      営業外費用合計                                   169              148
     経常利益                                    1,700               566
     特別利益
      固定資産売却益                                    21              24
                                          179               -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                   201               24
     特別損失
      固定資産売却損                                    ▶              -
                                          12              38
      固定資産除却損
      特別損失合計                                    17              38
     税金等調整前四半期純利益                                    1,884               553
     法人税等                                     717              277
     四半期純利益                                    1,167               276
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     116               82
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    1,051               193
                                 10/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                    1,167               276
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   419             △ 170
                                          112               34
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                   532             △ 135
     四半期包括利益                                    1,699               141
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  1,583                58
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   116               82
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
       の区分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

      ※1      四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
         なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期会計期間末日満期手形
        が、四半期会計期間末残高に含まれております。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
        受取手形                        453百万円                 339百万円
        支払手形                        361百万円                 296百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

       1      売上高の季節的変動
        前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間(自
        平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
        当社グループの売上高は、主たる事業である建設事業において、契約により工事の完成引渡しが第4四半期連
       結会計期間に集中しているため、第1四半期連結会計期間から第3四半期連結会計期間における売上高に比べ、
       第4四半期連結会計期間の売上高が著しく多くなるといった季節的変動があります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        減価償却費                       1,391百万円                 1,506百万円
                                 12/18









                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月29日
               普通株式          608        12  平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注)当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っており、「1株当たり配当額」
        につきましては、当該株式併合前の金額を記載しております。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の金額の著しい変動

       該当事項はありません。
     当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月28日
               普通株式           506        100   平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の金額の著しい変動

       該当事項はありません。
                                 13/18










                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                  報告セグメント
                                    製造販売・
                       建設事業                           計
                                    環境事業等
     売上高
       外部顧客への売上高                       33,779             25,010             58,789

       セグメント間の内部売上高
                              56           1,231             1,288
       又は振替高
           計                 33,835             26,242             60,078
     セグメント利益                         184            2,922             3,106

     2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

      (差異調整に関する事項)
                                                  (単位:百万円)
                利益                           金額
     報告セグメント計                                                  3,106

     セグメント間取引消去                                                  △21

     全社費用(注)                                                 △1,342

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                  1,742

     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
                                 14/18









                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                  報告セグメント
                                    製造販売・
                       建設事業                           計
                                    環境事業等
     売上高
       外部顧客への売上高                       35,633             26,008             61,642

       セグメント間の内部売上高
                              16           1,304             1,321
       又は振替高
           計                 35,650             27,313             62,964
     セグメント利益                         32           1,794             1,826

     2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

      (差異調整に関する事項)
                                                  (単位:百万円)
                利益                           金額
                                                       1,826

     報告セグメント計
                                                        15

     セグメント間取引消去
                                                      △1,371

     全社費用(注)
                                                        470

     四半期連結損益計算書の営業利益
     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
                                 15/18










                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                 項目
                                 至   平成29年12月31日)           至   平成30年12月31日)
      1株当たり四半期純利益                                   207円31銭              38円13銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)

                                         1,051               193
       普通株主に帰属しない金額(百万円)

                                           -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         1,051               193
       四半期純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         5,070              5,069
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在していないため記載しておりません。
        2.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。前連
          結会計年度期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益を算定しております。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。 
    2  【その他】

      当社は、平成29年2月28日に全国におけるアスファルト合材の販売価格に関する独占禁止法違反の疑いで、また、平
     成30年5月29日に改質アスファルトの販売価格に関する独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会の立入検査を受け、第
     113期第3四半期報告書提出日(平成31年2月12日)現在も調査が継続しております。
                                 16/18











                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                      東亜道路工業株式会社(E00066)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月12日

    東亜道路工業株式会社
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                         原     秀    敬
                                   公認会計士                  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                         福   本    千      人
                                   公認会計士                  印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている東亜道路工業株

    式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から
    平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財
    務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半
    期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、東亜道路工業株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在の
    財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
    べての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。