イー・ギャランティ株式会社 四半期報告書 第19期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第19期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)
提出日
提出者 イー・ギャランティ株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年11月13日

     【四半期会計期間】               第19期第2四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)

     【会社名】               イー・ギャランティ株式会社

     【英訳名】               eGuarantee,Inc.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  江 藤 公 則

     【本店の所在の場所】               東京都港区赤坂五丁目3番1号

     【電話番号】               03-6327-3577(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役 執行役員 経営管理部長兼業務部長 邨 井  望

     【最寄りの連絡場所】               東京都港区赤坂五丁目3番1号

     【電話番号】               03-6327-3609

     【事務連絡者氏名】               取締役 執行役員 経営管理部長兼業務部長 邨 井  望

     【縦覧に供する場所】               イー・ギャランティ株式会社 大阪支店

                     (大阪市中央区久太郎町四丁目1番3号)

                    イー・ギャランティ株式会社 名古屋支店

                     (名古屋市西区牛島町六番1号)

                    イー・ギャランティ株式会社 九州支店

                     (福岡市博多区博多駅前四丁目1番1号)

                    株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                    (注) 上記のイー・ギャランティ株式会社九州支店は、法定の縦覧場所ではありま

                       せんが、投資家の便宜のため縦覧に供しております。
                                  1/21



                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

       連結経営指標等 
                             第18期           第19期
              回次              第2四半期           第2四半期            第18期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日
             会計期間
                          至 平成29年9月30日           至 平成30年9月30日           至 平成30年3月31日
                               2,505,314           2,724,334           5,105,319
     売上高                (千円)
                               1,091,464           1,203,832           2,302,516

     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する
                                680,732           743,867          1,468,570
                      (千円)
     四半期(当期)純利益
                                774,005           857,086          1,593,294
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               8,493,446           9,838,128           9,440,332

     純資産額                (千円)
                               12,111,924           15,047,054           14,368,594

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)
                                 16.17           17.65           34.88
                      (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                                 16.04           16.98           34.24
                      (円)
     四半期(当期)純利益金額
                                  61.0           57.5           58.0
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                                 27,916          △ 84,411         1,841,522
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                147,655          △ 730,050          △ 683,531
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                               △ 357,574          △ 20,590          667,443
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                               4,033,778           5,206,162           6,041,215
                      (千円)
     四半期末(期末)残高
                             第18期           第19期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自 平成29年7月1日           自 平成30年7月1日
             会計期間
                          至 平成29年9月30日           至 平成30年9月30日
                                  8.80           9.54
     1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額の算定にあた
          り、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式のうち、四半期連結貸借対照
          表上自己株式として表示している、従業員インセンティブ・プラン「従業員持株会支援信託ESOP」(以
          下「ESOP信託」といいます。)の導入により同信託口が所有する当社株式については、普通株式の期中
          平均株式数の計算において控除する自己株式に含めておりません。「ESOP信託」の詳細については「第
          4  経理の状況 1.四半期連結財務諸表 注記事項 追加情報」に記載しております。
        3.当社は、平成30年3月16日付及び平成30年8月16日付でそれぞれ普通株式1株につき普通株式2株の割合で
          株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期
          (当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
      変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/21


                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについては、重要な変更はありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び当社の関係会社)が
      判断したものであります。 
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
      連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の分析については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前
      連結会計年度との比較・分析を行っております。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況

        当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあっ
       て、景気は緩やかな回復基調で推移しました。一方、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経済の不
       確実性等が影響し、我が国の景気先行きについては依然として不透明な状況となっております。
        当社グループを取り巻く環境を見ますと、当第2四半期連結累計期間における企業倒産件数は4,012件となって
       おり、前年同期比1.9%減少(帝国データバンク調べ)となるなど、依然として倒産は抑制されている状況にあり
       ます。
        このような環境下、信用リスク保証サービスは引き続き堅調に推移いたしました。新規顧客の増加を図るべく販
       売チャネルとの取り組みを強化するとともに、保証の活用による与信管理の事務削減を提案するなどのコンサル
       ティング営業を展開しました。
      [財政状態]

        当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて4.7%増加し、15,047,054千円となりまし
       た。
        流動資産は、前連結会計年度末に比べて4.9%減少し、10,301,962千円となりました。これは、現金及び預金が
       835,052千円減少したことなどによります。
        固定資産は、前連結会計年度末に比べて34.0%増加し、4,745,091千円となりました。これは、投資有価証券が
       1,198,934千円増加したことなどによります。
        負債合計は、前連結会計年度末に比べて5.7%増加し、5,208,926千円となりました。
        流動負債は、前連結会計年度末に比べて5.8%増加し、5,093,643千円となりました。これは、預り金が442,716
       千円増加したことなどによります。
        固定負債は、前連結会計年度末と同額となりました。
        純資産合計は、前連結会計年度末に比べて4.2%増加し、9,838,128千円となりました。これは、利益剰余金が
       269,757千円増加したことなどによります。
      [経営成績]

        当第2四半期連結会計期間末における保証残高は3,652億円(前年同期末比14.8%増加)となり、売上高は
       2,724,334千円(前年同期比8.7%増加)となりました。また、営業利益1,180,912千円(前年同期比9.6%増加)、経常
       利益1,203,832千円(前年同期比10.3%増加)、親会社株主に帰属する四半期純利益743,867千円(前年同期比9.3%増
       加)となりました。
       商品別の業績は次のとおりであります。

       ① 事業法人向け保証サービス
         当該サービスに係る売上高は、2,652,788千円(前年同期比8.4%増加)となりました。
                                  3/21



                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
       ② 金融法人向け保証サービス
         当該サービスに係る売上高は、71,546千円(前年同期比24.2%増加)となりました。
      (2)   キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
       835,052千円減少し、5,206,162千円となりました。
        当第2四半期連携会計期間末における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
      [営業活動によるキャッシュ・フロー]

        営業活動の結果減少した資金は84,411千円(前年同期は27,916千円の増加)となりました。主な減少要因は、前払
       費用の増加836,828千円等であります。
      [投資活動によるキャッシュ・フロー]

        投資活動の結果減少した資金は730,050千円(前年同期は147,655千円の増加)となりました。主な減少要因は、投
       資有価証券の取得による支出1,200,000千円等であります。
      [財務活動によるキャッシュ・フロー]

        財務活動の結果減少した資金は20,590千円(前年同期は357,574千円の減少)となりました。主な減少要因は、配当
       金の支払額473,766千円等であります。
      (3)   事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
      (4)  研究開発活動

        該当事項はありません。
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/21










                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     62,720,000

                  計                                   62,720,000

       ②  【発行済株式】

                            提出日現在         上場金融商品取引所

               第2四半期会計期間末
                現在発行数(株)
        種類                   発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (平成30年9月30日)
                          (平成30年11月13日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
       普通株式            42,144,400           42,144,400                  単元株式数100株
                                       市場第一部
         計          42,144,400           42,144,400           ―           ―
      (注) 「提出日現在発行数」欄には、平成30年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                                  平成30年6月27日
                                        当社取締役 4
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                       当社幹部社員 5
     新株予約権の数(個) ※                                     14,400
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及
                                      普通株式 1,440,000
     び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                                     2,084
     新株予約権の行使期間 ※                             平成31年1月17日~平成38年7月16日
     新株予約権の行使により株式を発行する場合                                  発行価格  2,084
     の株式の発行価格及び資本組入額(円) ※                                  資本組入額 1,042
     新株予約権の行使の条件 ※                                     (注)
                           譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要す
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           るものとする。
                           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、
                           新設分割、株式交換又は株式移転(以下、「組織再編行為」という。)
                           をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存す
                           る新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に
                           対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホ
     組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関す                      までに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約
     る事項  ※                      権を一定の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合にお
                           いては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新た
                           に発行するものとする。ただし、一定の条件に沿って再編対象会社の
                           新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割
                           契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた
                           場合に限るものとする。
       ※新株予約権の発行時(平成30年7月17日)における内容を記載しております。
      (注)新株予約権の行使の条件
         ・  本新株予約権の新株予約権者(以下「本新株予約権者」という。)は、割当日から本新株予約権の行使期間
          の終期に至るまでの間に金融商品取引所における当社普通株式の終値平均値が行使価額(但し、当社が株式
          分割又は株式併合を行う際行使価額の調整が行われる場合には、これと同様の調整を行うものとする。)に
          30%を乗じた価格を下回った場合、新株予約権の行使期間満了日までに、本新株予約権の全てを行使しなけ
          ればならない。
                                  5/21


                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
         ・  本新株予約権者が死亡した場合、本新株予約権者の相続人は、本新株予約権者の死亡の日より1年間経過す
          る日と行使期間満了日のいずれか早い方の日に至るまでに限り、本新株予約権者が生存していれば行使でき
          るはずであった本新株予約権を行使することができる。
         ・  上記に定める場合を除き、本新株予約権の相続による承継は認めない。
         ・  本新株予約権者は、本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における当社の発行可
          能株式総数を超過することとなるとき、又は、当社の普通株式に係る発行済種類株式総数が当該時点におけ
          る当社の普通株式に係る発行可能種類株式総数を超過することとなるときは、本新株予約権を行使すること
          はできない。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。 
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。 
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年8月16日
                  21,072,200       42,144,400            ―   1,528,064           ―    938,064
     (注)
      (注)   株式分割(1:2)によるものであります。
                                  6/21













                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                                 平成30年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式を
                                                      除く。)の
                                               所有株式数
            氏名又は名称                       住所
                                                      総数に対する
                                                 (株)
                                                      所有株式数
                                                      の割合(%)
                                                10,236,800          24.2
     伊藤忠商事株式会社                     東京都港区北青山二丁目5番1号
     日本トラスティ・サービス信託銀行

                                                6,021,700         14.2
                          東京都中央区晴海一丁目8番11号
     株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行
                                                3,005,600          7.1
                          東京都港区浜松町二丁目11番3号
     株式会社(信託口)
                                                2,870,400          6.8

     株式会社帝国データバンク                     東京都港区南青山二丁目5番20号
     日本トラスティ・サービス信託銀行

                                                2,538,200          6.0
                          東京都中央区晴海一丁目8番11号
     株式会社(信託口9)
     株式会社エヌ・ティ・ティ・データ                     東京都江東区豊洲三丁目3番3号                      1,440,000          3.4

                          RUE  MONTOYERSTRAAT        46,
     THE  BANK   OF  NEW  YORK   133524
                          1000   BRUSSELS,     BELGIUM              1,407,600          3.3
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行)
                          (東京都港区港南二丁目15番1号)
                                                1,388,800          3.2
     江藤 公則                     東京都港区
                          33  RUE  DE  GASPERICH,      L-5826    HOWALD-
     BNP  PARIBAS    SECURITIES      SERVICES
                          HESPERANGE,      LUXEMBOURG                1,120,000          2.6
     (常任代理人 香港上海銀行)
                          (東京都中央区日本橋三丁目11番1号)
     資産管理サービス信託銀行株式会社
                                                 875,900         2.0
                          東京都中央区晴海一丁目8番12号
     (証券投資信託口)
                                                30,905,000          73.3
               計                     ―
      (注)1.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 6,021,700株
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)   3,005,600株
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9)2,538,200株
         2.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式6,021,700株のうち、「ESOP
           信託」の導入により同信託口が所有する当社株式166,100株については、平成30年9月30日現在の四半期連
           結貸借対照表において自己株式として表示しております。
         3.平成30年8月17日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、BNYメロン・アセット・マネジメン
           ト・ジャパン株式会社が平成30年8月13日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、
           当社として当第2四半期会計期間末における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況
           には含めておりません。
           なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
           当社は平成30年8月16日付で普通株式1株につき2株で株式分割を行っておりますが、以下の保有株券等
           の数は当該株式分割前の株式数を記載しております。
                                         保有株券等の数          株券等保有割合

         氏名又は名称                   住所
                                           (株)          (%)
     BNYメロン・アセット・マネ

                    東京都千代田区丸の内一丁目8番3号                         1,406,500             6.6
     ジメント・ジャパン株式会社
                                  7/21





                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
         4.平成30年9月7日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、アセットマネジメントOne株式会社
           が平成30年8月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半
           期会計期間末における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりませ
           ん。
           なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                         保有株券等の数          株券等保有割合

         氏名又は名称                   住所
                                           (株)          (%)
     アセットマネジメントOne株

                    東京都千代田区丸の内一丁目8番2号                         4,084,400             9.6
     式会社
      (6)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               平成30年9月30日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―

                     普通株式        1,300

     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                                           権利内容に何ら限定のない当
                     普通株式      42,139,900
     完全議決権株式(その他)                                 421,399
                                           社における標準となる株式
                     普通株式        3,200
     単元未満株式                                 ―             ―
     発行済株式総数                      42,144,400           ―             ―

     総株主の議決権                      ―            421,399            ―

      (注)   1.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式6株を含めております。
        2.「ESOP信託」の導入により日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式
          166,100株(議決権の数1,661個)は完全議決権株式(その他)に含めて表示しております。なお、当該株式は四
          半期連結貸借対照表において自己株式として表示しております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都港区赤坂
     イー・ギャランティ株式
                                   1,300         ―     1,300        0.0
     会社
                  五丁目3番1号
           計              ―          1,300         ―     1,300        0.0
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/21





                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1 四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
      30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        8,453,071              7,618,019
         現金及び預金
                                          36,544              43,090
         売掛金
                                         500,000
         有価証券                                                 ―
                                      ※1  1,527,636            ※1  2,364,465
         前払費用
                                          82,823              68,263
         未収入金
                                         228,433              208,123
         その他
                                        10,828,510              10,301,962
         流動資産合計
       固定資産
                                        1,032,287              1,032,376
         有形固定資産
                                         117,920              116,338
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        2,005,814              3,204,749
           投資有価証券
                                          93,001              93,001
           繰延税金資産
                                         291,060              298,626
           その他
                                        2,389,876              3,596,376
           投資その他の資産合計
                                        3,540,084              4,745,091
         固定資産合計
                                        14,368,594              15,047,054
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                          3,503              17,190
         買掛金
                                         431,875              349,365
         未払法人税等
                                      ※2  2,549,973            ※2  2,532,016
         前受金
                                         152,871              167,422
         保証履行引当金
                                          32,000              38,910
         賞与引当金
                                        1,355,117              1,797,834
         預り金
                                         287,639              190,904
         その他
                                        4,812,979              5,093,643
         流動負債合計
       固定負債
                                         115,282              115,282
         長期未払金
                                         115,282              115,282
         固定負債合計
                                        4,928,262              5,208,926
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,528,064              1,528,064
         資本金
                                         938,064              938,064
         資本剰余金
                                        5,936,783              6,206,540
         利益剰余金
                                         △ 71,732             △ 19,433
         自己株式
                                        8,331,180              8,653,237
         株主資本合計
       新株予約権                                  85,577              103,012
                                        1,023,574              1,081,878
       非支配株主持分
                                        9,440,332              9,838,128
       純資産合計
                                        14,368,594              15,047,054
      負債純資産合計
                                 10/21




                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        2,505,314              2,724,334
      売上高
                                         534,050              557,976
      売上原価
                                        1,971,264              2,166,357
      売上総利益
                                       ※  893,374             ※  985,445
      販売費及び一般管理費
                                        1,077,889              1,180,912
      営業利益
      営業外収益
                                         12,746              12,976
       受取利息
                                                        9,115
       持分法による投資利益                                    ―
                                           827              827
       その他
                                         13,574              22,920
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            0
                                                          ―
       固定資産除却損
                                            0
       営業外費用合計                                                   ―
                                        1,091,464              1,203,832
      経常利益
                                        1,091,464              1,203,832
      税金等調整前四半期純利益
                                         317,458              346,745
      法人税等
                                         774,005              857,086
      四半期純利益
                                         93,273              113,218
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         680,732              743,867
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/21












                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         774,005              857,086
      四半期純利益
                                         774,005              857,086
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         680,732              743,867
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         93,273              113,218
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        1,091,464              1,203,832
       税金等調整前四半期純利益
                                         23,706              32,336
       減価償却費
                                          6,608              16,024
       株式報酬費用
                                         19,608              14,550
       保証履行引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 17,385               6,910
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 12,746             △ 12,976
       受取利息
                                                       △ 9,115
       持分法による投資損益(△は益)                                    ―
                                          △ 60             △ 30
       新株予約権戻入益
                                         △ 3,946             △ 6,545
       売上債権の増減額(△は増加)
                                           923             13,687
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 674,262             △ 836,828
       前払費用の増減額(△は増加)
                                        △ 73,866              14,559
       未収入金の増減額(△は増加)
                                        △ 118,391              △ 17,957
       前受金の増減額(△は減少)
                                         68,184             △ 93,941
       その他
                                         309,837              324,505
       小計
       利息の受取額                                  14,048              13,253
                                        △ 295,968             △ 422,171
       法人税等の支払額
                                         27,916             △ 84,411
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 100,000
       定期預金の増減額(△は増加)                                                   ―
                                         △ 6,081             △ 17,436
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 46,042             △ 13,054
       無形固定資産の取得による支出
                                         300,000              500,000
       有価証券の償還による収入
                                                     △ 1,200,000
       投資有価証券の取得による支出                                    ―
                                          △ 280
       敷金の差入による支出                                                   ―
                                           59              440
       敷金の回収による収入
                                         147,655             △ 730,050
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 5,530
       長期借入金の返済による支出                                                   ―
       自己株式の取得による支出                                   △ 78             △ 82
                                         248,647              506,733
       自己株式の売却による収入
                                                        1,440
       新株予約権の発行による収入                                    ―
                                        △ 420,891             △ 473,766
       配当金の支払額
                                        △ 104,721              △ 54,914
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 75,000                 ―
       非支配株主への払戻による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 357,574              △ 20,590
                                        △ 182,002             △ 835,052
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                  4,215,781              6,041,215
                                      ※  4,033,778             ※  5,206,162
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/21





                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (会計方針の変更)
       (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い等の適用)
        「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号 
       平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を平成30年4月1日以後適用し、従業員等に対して
       権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企
       業会計基準第8号 平成17年12月27日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
        ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに従って
       おり、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与した取引に
       ついては、従来採用していた会計処理を継続しております。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
        適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。 
       (追加情報)

       (従業員持株会支援信託ESOP)
        (1)取引の概要
         当社は、平成24年7月10日開催の取締役会において、従業員インセンティブ・プラン「従業員持株会支援信託
        ESOP」(以下「ESOP信託」といいます。)の導入を決定し、同年7月31日に信託契約を締結いたしまし
        た。
         当社は、従業員に対して業績向上のインセンティブを付与することにより、当社の株価や業績に対する従業員
        の意識をより一層高めることで中長期的な企業価値の向上を図ることを目的として、本制度を導入いたしまし
        た。
         ESOP信託とは、米国のESOP(Employee                       Stock   Ownership     Plan)を参考に、従業員持株会と信託を組み
        合わせることで、我が国の法令に準拠するように設計した従業員の株式保有を促進するスキームであります。
         当社がイー・ギャランティ従業員持株会(以下「当社持株会」といいます。)に加入する従業員のうち一定の
        要件を充足する者を受益者とする信託を設定し、当該信託は今後一定期間にわたり当社持株会が取得すると見込
        まれる数の当社株式を、予め定める取得期間内に取得します。その後、当該信託は当社株式を毎月一定日に当社
        持株会に売却します。信託終了時に、株価の上昇により信託収益がある場合には、受益者たる従業員の拠出割合
        に応じて金銭が分配されます。株価の下落により譲渡損失が生じた場合には、当社が負担いたします。
         当社株式の取得及び処分については、当社と信託口は一体であるとする会計処理をしております。従って、信
        託口が所有する当社株式を含む資産及び負債並びに損益については四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算
        書及び四半期連結包括利益計算書に含めて計上しております。
         なお、当該ESOP信託は、導入時に定めた信託期間の満了日である平成29年7月31日をもって終了いたしま
        した。
       (2)「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平

         成27年3月26日)第20項を適用し、従来採用していた方法を継続しております。
       (3)信託が保有する自社の株式に関する事項

        ① 信託における帳簿価額
          前連結会計年度 71,138千円、当第2四半期連結会計期間 18,756千円
        ② 当該自社の株式を株主資本において自己株式として計上しているか否か
          信託が保有する自社の株式は株主資本において自己株式として計上しております。
        ③ 期末株式数及び期中平均株式数
          期末株式数 前第2四半期連結会計期間 1,771,200株、当第2四半期連結会計期間 166,100株
          期中平均株式数 前第2四半期連結累計期間 2,018,914株、当第2四半期連結累計期間 488,057株
                                 14/21


                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
          (注)当社は、平成30年3月16日及び平成30年8月16日付でそれぞれ普通株式1株につき普通株式2株の割
          合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して期末株式数及
          び期中平均株式数を算定しております。
        ④ ③の株式数を1株当たり情報の算出上、控除する自己株式に含めているか否か
          期末株式数及び期中平均株式数は、1株当たり情報の算出上、控除する自己株式に含めておりません。
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
        会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
        の区分に表示しております。
                                 15/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
     ※1 前払費用
        主として当社がリスク移転先に支払う保証料(支払保証料)及び代理店に支払う紹介料(諸手数料)に係る前払相当
       額であります。
     ※2 前受金

        当社が保証契約先から受取る保証料に係る前受相当額であります。
      3 偶発債務

               前連結会計年度                         当第2四半期連結会計期間

              (平成30年3月31日)                            (平成30年9月30日)
     売掛債権保証サービスに係る保証債務                   342,892,705千円         売掛債権保証サービスに係る保証債務                   364,625,445千円
     買取債権保証サービスに係る保証債務                    2,454,173千円        買取債権保証サービスに係る保証債務                     617,073千円

      当社は営業活動として保証契約先から売上債権の保証                            当社は営業活動として保証契約先から売上債権の保証
     の引受を行っており、上記売掛債権保証サービスに係る                            の引受を行っており、上記売掛債権保証サービスに係る
     保証債務は当社が提供している保証枠の金額を記載して                            保証債務は当社が提供している保証枠の金額を記載して
     おります。買取債権保証サービスに係る保証債務は当社                            おります。買取債権保証サービスに係る保証債務は当社
     が実際に引受けしている保証債務の残高を記載しており                            が実際に引受けしている保証債務の残高を記載しており
     ます。                            ます。
      なお、これらに係る保証債務のうち、売掛債権保証                            なお、これらに係る保証債務のうち、売掛債権保証
     サービスに係る保証債務301,000,656千円については、金                            サービスに係る保証債務308,965,283千円については、金
     融機関等による保険及び保証によって補填されておりま                            融機関等による保険及び保証によって補填されておりま
     す。                            す。
       (四半期連結損益計算書関係)

        ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日               (自    平成30年4月1日
                            至   平成29年9月30日)                至   平成30年9月30日)
                                    335,801                  369,948
     給与及び手当                                   千円                  千円
                                     36,247                  38,123
     賞与引当金繰入額
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        
      おりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日               (自    平成30年4月1日
                            至   平成29年9月30日)                至   平成30年9月30日)
     現金及び預金勘定                              6,545,634     千円             7,618,019     千円
     預入期間が3か月超の定期預金                             △2,511,856                  △2,411,856
     現金及び現金同等物                              4,033,778                  5,206,162
                                 16/21







                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年6月26日
               普通株式        420,977        40.00   平成29年3月31日         平成29年6月27日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注)1.配当金の総額には、「ESOP信託」の信託口に対する配当金21,084千円が含まれております。
        2.1株当たり配当額について、基準日が平成29年3月31日であるため、平成30年3月16日及び平成30年8月16
         日付の株式分割(1株につき2株の割合)は加味しておりません。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年6月27日
               普通株式        474,110        22.50   平成30年3月31日         平成30年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注)1.配当金の総額には、「ESOP信託」の信託口に対する配当金7,087千円が含まれております。
        2.1株当たり配当額について、基準日が平成30年3月31日であるため、平成30年8月16日付の株式分割(1株に
         つき2株の割合)は加味しておりません。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
        前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)及び当第2四半期連結累計期間(自 
        平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)
        当社グループは報告セグメントが信用保証事業のみであるため、記載を省略しております。
       (金融商品関係)

        当第2四半期連結貸借対照表計上額と時価との差額及び前連結会計年度に係る連結貸借対照表計上額と時価との
       差額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (有価証券関係)

        有価証券は、企業集団の事業の運営において重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (デリバティブ取引関係)

        当社グループはクレジット・デフォルト・スワップ取引を行っていますが、債務保証に準じた処理を行っている
       ため、デリバティブ取引に関する注記として記載しておりません。
                                 17/21








                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
       は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                 (自 平成29年4月1日             (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)             至 平成30年9月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        16円17銭             17円65銭
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                    680,732             743,867

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -             -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         680,732             743,867
       四半期純利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                  42,097,648             42,143,114
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                        16円04銭             16円98銭
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      -             -

       普通株式増加数(株)                                    332,972            1,657,838

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      -             -
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)1.当社は、平成30年3月16日及び平成30年8月16日付でそれぞれ普通株式1株につき普通株式2株の割合で株
         式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利
         益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        2.「ESOP信託」の導入により日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が保有する当社株式
         を、「1株当たり四半期純利益金額」及び「潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額」の算定上、期中平
         均株式数の計算において控除する自己株式に含めておりません(前第2四半期連結累計期間2,018,914株、当第
         2四半期連結累計期間488,057株)。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 18/21









                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 19/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                   イー・ギャランティ株式会社(E05665)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月7日

     イー・ギャランティ株式会社
      取締役会 御中
                        有限責任監査法人 トーマツ

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       神  代     勲            印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       松  下  陽  一            印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているイー・ギャラン

     ティ株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年7月1
     日から平成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期
     連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
     キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、イー・ギャランティ株式会社及び連結子会社の平成30年9月30日
     現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正
     に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク