株式会社第一興商 四半期報告書 第43期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第43期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社第一興商

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年2月14日

     【四半期会計期間】               第43期第3四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)

     【会社名】               株式会社第一興商

     【英訳名】               DAIICHIKOSHO       CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】               取締役社長  保志 忠郊

     【本店の所在の場所】               東京都品川区北品川5丁目5番26号

     【電話番号】               03(3280)2151(大代表)

     【事務連絡者氏名】               経理部長  小林 成樹

     【最寄りの連絡場所】               東京都品川区北品川5丁目5番26号

     【電話番号】               03(3280)2151(大代表)

     【事務連絡者氏名】               経理部長  小林 成樹

     【縦覧に供する場所】               株式会社第一興商千葉支店

                     (千葉市中央区新宿2丁目7番16号)

                    株式会社第一興商横浜支店

                     (横浜市南区高砂町2丁目25番地20)

                    株式会社第一興商豊橋支店

                     (愛知県豊橋市下地町字瀬上55番地の2)

                    株式会社第一興商大阪支店

                     (大阪市中央区島之内1丁目14番24号)

                    株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/19



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                               第42期           第43期

               回次               第3四半期           第3四半期            第42期
                              連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成28年4月1日           自 平成29年4月1日           自 平成28年4月1日
              会計期間
                           至 平成28年12月31日           至 平成29年12月31日           至 平成29年3月31日
                                  105,639           106,690           140,640
      売上高                (百万円)
                                  17,656           18,017           22,539

      経常利益                (百万円)
      親会社株主に帰属する
                                   9,053          11,478           11,115
                      (百万円)
      四半期(当期)純利益
      四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            12,217           12,076           14,385
                                  117,352           123,923           119,069

      純資産額                (百万円)
                                  184,718           188,305           186,954

      総資産額                (百万円)
      1株当たり四半期(当期)
                                  157.41           201.19           193.53
                       (円)
      純利益金額
      潜在株式調整後1株当たり
                                  157.30           201.01           193.38
                       (円)
      四半期(当期)純利益金額
                                   62.7           65.0           62.9
      自己資本比率                 (%)
                               第42期           第43期

               回次               第3四半期           第3四半期
                              連結会計期間           連結会計期間
                            自 平成28年10月1日           自 平成29年10月1日
              会計期間
                            至 平成28年12月31日           至 平成29年12月31日
                                   84.56           72.05
      1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
     2  【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。なお、主要な関係会社における異動は次のとおりです。
       (カラオケ・飲食店舗事業)

         第1四半期連結会計期間において、株式会社Airsideの全株式を取得したことに伴い、連結の範囲に含めており
        ます。
                                  2/19





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績の状況
         当第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日~平成29年12月31日、以下「当第3四半期」という)における
        わが国の経済は、企業収益や雇用環境の改善を背景に景気は緩やかな回復基調にあるものの、欧米諸国の政治情
        勢への懸念や地政学的リスクの高まりなど、依然として不透明な状況で推移いたしました。
         当カラオケ業界におきましては、ナイト市場は依然として漸減傾向で推移しており、また、カラオケボックス
        市場においても大手事業者間の競争が激しさを増すなか、市場は僅かながら減少いたしました。一方、エルダー
        市場においては、「歌うこと=健康」の認知が拡がり、市場は順調に拡大いたしました。
         この様ななか、各事業におきまして諸施策を実施した結果、当第3四半期の売上高は106,690百万円(前年同期
        比1.0%増)、営業利益は17,167百万円(同7.8%増)、経常利益は為替差益の減少があったものの18,017百万円
        (同2.0%増)となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益につきましては、特別損益が改善したことによ
        り、11,478百万円(同26.8%増)となりました。なお、当第3四半期における売上高及び各利益については、す
        べて過去最高となっております。
                                                       (百万円)

                              前第3四半期
                                      当第3四半期
                                              対前期増減         増減率
                                累計
                                        累計
       売  上  高                          105,639        106,690         1,051        1.0%
       営 業 利 益                          15,931        17,167        1,235        7.8%
       経 常 利 益                          17,656        18,017         361       2.0%
                                         11,478
       親会社株主に帰属する四半期純利益                           9,053               2,424       26.8%
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

       (業務用カラオケ)

         当事業におきましては、長期安定的な収益基盤の強化を図るべく、機器賃貸・情報提供料収入の拡大に注力い
        たしました。成長市場と位置付けるエルダー市場においては、民間施設に加え自治体施設への導入施策強化によ
        り、着実に稼働台数が増加しております。また発売から3年目となる「LIVE                                     DAM  STADIUM」シリーズの新商品
        「LIVE    DAM  STADIUM    STAGE」を昨年10月に発売し、商品ラインアップの強化を図りました。
         以上の結果、商製品販売の減少により売上高は前年同期比2.9%の減収となったものの、利益面においては前期
        計上した一時費用の減少やコスト低減に努めたことにより、営業利益は前年同期比2.2%の増加となりました。
                                                       (百万円)

                              前第3四半期
                                      当第3四半期
                                              対前期増減         増減率
                                累計
                                        累計
       売  上  高                          50,448        48,995       △1,452        △2.9%
                                         11,678
       営 業 利 益                          11,428                 250       2.2%
                                  3/19



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
       (カラオケ・飲食店舗)
         当事業におきましては、店舗サービス品質の向上に注力し、人材の確保、教育の強化に努めるほか、店舗リ
        ニューアルや既存業態のブラッシュアップなどに取り組んでまいりました。また、昨年6月には首都圏を中心に
        「カラオケマック」40店舗をチェーン展開する株式会社Airsideの全株式を取得し子会社化しております。
         以上の結果、最大の商戦期である12月を含め、カラオケ・飲食店舗とも好調に推移したことに加え、子会社化
        した株式会社Airsideの収益が寄与したことにより、売上高は前年同期比6.6%の増加、営業利益におきまして
        は、前年同期比11.8%の増加となりました。
                                                       (百万円)

                              前第3四半期
                                      当第3四半期
                                              対前期増減         増減率
                                累計
                                        累計
       売  上  高                          42,906        45,723        2,817        6.6%
                                         6,435
       営 業 利 益                           5,754                680      11.8%
       (音楽ソフト)

         当事業におきましては、グループネットワークの活用及び連携強化による相乗効果と業務の効率化に注力いた
        しました。また、積極的に新人アーティストの発掘とヒット曲の創出に努めてまいりましたが、事業環境は依然
        厳しい状況で推移しております。
         以上の結果、売上高が前年同期比10.5%減少したことにより23百万円の営業損失となりました。
                                                       (百万円)

                              前第3四半期
                                      当第3四半期
                                              対前期増減         増減率
                                累計
                                        累計
       売  上  高                           6,599        5,907        △691      △10.5%
                                          △23
       営 業 利 益                            28              △52         -
       (その他)

         当事業におきましては、光回線を活用したBGM放送サービス「スターデジオ光」を中心としたBGM放送事
        業及びパーキング事業の拡大に努めるほか、コンシューマー向けストリーミングカラオケサービス、不動産賃貸
        などが堅調に推移いたしました。
                                                       (百万円)

                              前第3四半期        当第3四半期
                                              対前期増減         増減率
                                累計
                                        累計
       売  上  高                           5,685        6,063         378       6.7%
                                         1,227
       営 業 利 益                           1,132                 94      8.3%
                                  4/19







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析
         当第3四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ1,350百万円増加し、188,305百万円
        となりました。
         増減の主なものとしては、流動資産では、現金及び預金が10,358百万円減少し、有価証券が3,718百万円増加し
        ております。
         固定資産では、カラオケルーム及び飲食店舗設備が1,494百万円、土地が1,300百万円、有形固定資産のその他
        に含まれる建物及び構築物が733百万円、のれんが3,097百万円及び投資有価証券が599百万円それぞれ増加してお
        ります。なお、のれんの増加につきましては、株式会社Airsideの全株式を取得し、連結の範囲に含めたことによ
        るものであります。
         負債の部につきましては、前連結会計年度末に比べ3,502百万円減少し、64,382百万円となりました。
         これは主に、流動負債の1年内償還予定の社債を3,500百万円償還したことによるものであります。
         純資産の部につきましては、前連結会計年度末に比べ4,853百万円増加し、123,923百万円となりました。
         これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益による利益剰余金の増加11,478百万円、剰余金の配当による
        利益剰余金の減少6,275百万円によるものであります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

         当社グループは、カラオケに対するユーザーニーズを正確に把握することを原点とし、それを分析し、映像・
        音響の基礎・応用技術などカラオケシステムの開発及び改良を行っており、これらの活動は当社の商品開発部及
        び開発管理部の一部が担当しております。
         なお、上記は、「研究開発費等に係る会計基準」(企業会計審議会 平成10年3月13日)の「研究及び開発」に
        該当する活動ではありません。
                                  5/19












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                   種類                       発行可能株式総数(株)

                  普通株式                                    200,000,000

                   計                                   200,000,000

       ②  【発行済株式】

                 第3四半期会計期間末

                                       上場金融商品取引所名
                            提出日現在発行数(株)
                  現在発行数(株)
          種類                             又は登録認可金融商品               内容
                            (平成30年2月14日)
                                         取引業協会名
                 (平成29年12月31日)
                                        東京証券取引所            単元株式数
         普通株式            57,234,200           57,234,200
                                         (市場第一部)             100株
           計           57,234,200           57,234,200           -           -
      (2)  【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                        資本金残高
                                 資本金増減額
           年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                  (百万円)
                                         (百万円)
                     (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
       平成29年10月1日~
                        -   57,234,200           -     12,350         -     4,002
       平成29年12月31日
      (6)  【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/19







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
         記載することができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をして
         おります。
       ①  【発行済株式】

                                                 平成29年12月31日現在
              区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
       無議決権株式                           -            -       -

       議決権制限株式(自己株式等)                           -            -       -

                                  -

       議決権制限株式(その他)                                       -       -
                       (自己保有株式)
       完全議決権株式(自己株式等)                                       -       -
                       普通株式        266,100
                       普通株式      56,962,600
       完全議決権株式(その他)                                     569,626          -
                       普通株式         5,500

       単元未満株式                                       -       -
       発行済株式総数                      57,234,200                 -       -

       総株主の議決権                           -          569,626          -

       (注) 「完全議決権株式            (その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が11,900株(議決権の数119個)含まれ
          ております
       ②  【自己株式等】

                                                 平成29年12月31日現在
                                                      発行済株式
                               自己名義        他人名義       所有株式数
         所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数        所有株式数         の合計
          又は名称                                            所有株式数
                                (株)        (株)        (株)
                                                      の割合(%)
                   東京都品川区北品川
       (自己保有株式)
                                 266,100          -     266,100         0.46
       ㈱第一興商
                   5丁目5番26号
            計            -          266,100          -     266,100         0.46
       (注)   1.上記のほか、株主名簿上は当社名義となっておりますが実質的に所有していない株式が1,300株(議決権の
           数13個)あります。なお、当該株式は、上記「発行済株式」の「完全議決権株式                                     (その他)」の欄の普通株
           式に含めております
         2.当第3四半期会計期間末の自己株式数は266,168株であります。
     2  【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       役職の異動

           新役名及び職名                旧役名及び職名                氏名         異動年月日
                         専務取締役兼上席執行役員

        専務取締役兼上席執行役員
                           制作管理部管掌兼               和田 康孝         平成29年7月1日
           制作管理部管掌
                        音楽ソフト子会社管理部管掌
          取締役兼上席執行役員
                        取締役兼上席執行役員宣伝部長                  竹花 則幸         平成29年7月1日
       コミュニケーションデザイン部長
        専務取締役兼上席執行役員                専務取締役兼上席執行役員
                                          根本 賢一         平成29年8月1日
        音楽ソフト子会社管理部管掌                   店舗事業本部管掌
        専務取締役兼上席執行役員                常務取締役兼上席執行役員
          開発本部副本部長兼                開発本部副本部長兼                村井 裕一         平成29年8月1日
        コンシューマ事業推進部長                コンシューマ事業推進部長
                                  7/19


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成
      29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                          62,019              51,660
         現金及び預金
                                          6,792              6,170
         受取手形及び売掛金
                                                         3,718
         有価証券                                   -
                                          6,158              6,678
         たな卸資産
                                          5,884              6,533
         その他
                                          △ 181             △ 166
         貸倒引当金
                                          80,673              74,595
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          10,708              10,600
           カラオケ賃貸機器(純額)
                                          18,456              19,950
           カラオケルーム及び飲食店舗設備(純額)
                                          36,714              38,014
           土地
                                          7,273              8,445
           その他(純額)
                                          73,153              77,010
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          1,321              4,419
           のれん
                                          5,807              5,934
           その他
                                          7,129              10,353
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          4,959              5,558
           投資有価証券
                                          14,267              14,181
           敷金及び保証金
                                          6,808              6,683
           その他
                                           △ 37             △ 78
           貸倒引当金
                                          25,998              26,345
           投資その他の資産合計
                                         106,280              113,709
         固定資産合計
                                         186,954              188,305
       資産合計
                                  9/19









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                          3,343              4,708
         支払手形及び買掛金
                                         14,163              14,472
         短期借入金
                                          3,500
         1年内償還予定の社債                                                 -
                                          3,206              2,887
         未払法人税等
                                          1,096              1,079
         賞与引当金
                                         12,881              11,531
         その他
                                         38,191              34,680
         流動負債合計
       固定負債
                                          6,500              6,500
         社債
                                         13,268              12,933
         長期借入金
                                          1,053              1,009
         役員退職慰労引当金
                                          5,775              6,086
         退職給付に係る負債
                                          3,096              3,173
         その他
         固定負債合計                                29,693              29,702
                                         67,884              64,382
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         12,350              12,350
         資本金
                                          4,003              4,003
         資本剰余金
                                         102,649              106,852
         利益剰余金
                                         △ 1,368             △ 1,308
         自己株式
                                         117,634              121,897
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          1,033              1,459
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 733             △ 733
         土地再評価差額金
                                           80              127
         為替換算調整勘定
                                          △ 440             △ 363
         退職給付に係る調整累計額
                                          △ 60              489
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    178              182
                                          1,316              1,352
       非支配株主持分
                                         119,069              123,923
       純資産合計
                                         186,954              188,305
      負債純資産合計
                                 10/19








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                         105,639              106,690
      売上高
                                         64,491              64,233
      売上原価
                                         41,147              42,457
      売上総利益
                                         25,215              25,289
      販売費及び一般管理費
                                         15,931              17,167
      営業利益
      営業外収益
                                           251               43
       受取利息
                                           276              261
       受取協賛金
                                           792              228
       為替差益
                                           788              750
       その他
                                          2,109              1,283
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           250              239
       支払利息
                                           134              193
       その他
                                           384              432
       営業外費用合計
                                         17,656              18,017
      経常利益
      特別利益
                                            ▶             100
       固定資産売却益
                                           370               24
       固定資産譲受益
                                            ▶              0
       投資有価証券売却益
                                           379              124
       特別利益合計
      特別損失
                                           304              225
       固定資産処分損
                                           126              151
       減損損失
                                            8
       投資有価証券売却損                                                  -
                                          3,305
                                                         -
       投資有価証券評価損
                                          3,744               376
       特別損失合計
                                         14,291              17,765
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    5,086              5,995
                                           101              243
      法人税等調整額
                                          5,188              6,239
      法人税等合計
      四半期純利益                                    9,103              11,525
                                           49              47
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                          9,053              11,478
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/19







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                          9,103              11,525
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          3,121               425
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 85              47
       為替換算調整勘定
                                           78              77
       退職給付に係る調整額
                                          3,114               550
       その他の包括利益合計
                                         12,217              12,076
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         12,168              12,028
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           49              47
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/19















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        (1)  連結の範囲の重要な変更
          第1四半期連結会計期間において、株式会社Airsideの全株式を取得したことに伴い、連結の範囲に含めてお
         ります。
        (2)  持分法適用の範囲の重要な変更
          該当事項はありません。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
       (四半期連結貸借対照表関係)

        保証債務の内容は、次のとおりであります。
                                            当第3四半期連結会計期間

                              前連結会計年度
                            (平成29年3月31日)
                                             (平成29年12月31日)
         販売特約店の借入債務の保証                         23 百万円                15 百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額並びに負
       ののれんの償却額は、次のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成28年12月31日)               至   平成29年12月31日)
         減価償却費                       11,842百万円                 11,409百万円
         のれんの償却額                         328                 505
         負ののれんの償却額                         20                 11
                                 13/19










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
        前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
         (1)  配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
       平成28年6月24日
                 普通株式         3,112       54.00   平成28年3月31日         平成28年6月27日         利益剰余金
       定時株主総会
       平成28年11月7日
                 普通株式         3,101       54.00   平成28年9月30日         平成28年12月5日         利益剰余金
       取締役会
         (2)  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

          の末日後となるもの
           該当事項はありません。
        当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

         (1)  配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
       平成29年6月23日
                 普通株式         3,142       55.00   平成29年3月31日         平成29年6月26日         利益剰余金
       定時株主総会
       平成29年11月6日
                 普通株式         3,133       55.00   平成29年9月30日         平成29年12月5日         利益剰余金
       取締役会
         (2)  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

          の末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 14/19











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                       その他           調整額
                                                       損益計算書
                                             合計
                                       (注)1           (注)2
                 業務用
                     カラオケ・
                                                        計上額
                           音楽ソフト        計
                      飲食店舗
                カラオケ
                 50,448      42,906      6,599     99,953      5,685     105,639           105,639
      売上高                                               -
      セグメント利益
                 11,428      5,754       28    17,211      1,132     18,344     △ 2,412     15,931
      (営業利益)
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、BGM放送事業、Web事業及
          び不動産賃貸事業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △2,412百万円       は、主に報告セグメントに帰属しない本社の管理部門における一般
          管理費であります。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                       その他           調整額
                                                       損益計算書
                                             合計
                                       (注)1           (注)2
                 業務用
                     カラオケ・
                                                        計上額
                           音楽ソフト        計
                      飲食店舗
                カラオケ
                 48,995      45,723      5,907     100,627       6,063     106,690           106,690
      売上高                                               -
      セグメント利益又
      は損失(△)
                 11,678      6,435      △ 23    18,090      1,227     19,317     △ 2,149     17,167
      (営業利益又は営業
      損失(△))
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、BGM放送事業、Web事業及
          び不動産賃貸事業等を含んでおります。
        2.セグメント利益又は損失の調整額                  △2,149百万円       は、主に報告セグメントに帰属しない本社の管理部門にお
          ける一般管理費であります。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産の減損損失)
          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         (のれんの金額の重要な異動)

          「カラオケ・飲食店舗事業」において、株式会社Airsideの全株式を取得したことに伴い、連結の範囲に含め
         ております。当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間において、3,603百万円でありま
         す。なお、取得原価の配分が完了していないため、のれんの増加額は暫定的に算定された金額であります。
                                 15/19






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、以下のとおりであります。
                                  前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                  (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                   至 平成28年12月31日)             至 平成29年12月31日)
       (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                          157円41銭             201円19銭
        (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純利益金額                     (百万円)              9,053             11,478

         普通株主に帰属しない金額                     (百万円)                -             -

         普通株式に係る親会社株主に帰属する
                             (百万円)              9,053             11,478
         四半期純利益金額
         普通株式の期中平均株式数                     (千株)             57,516             57,051
       (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                          157円30銭             201円01銭
        (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                     (百万円)                -             -

         普通株式増加数                     (千株)               40             51

       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

       四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      -             -
       連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 16/19











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       平成29年11月6日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        ①配当金の総額                         3,133百万円
        ②1株当たりの金額                          55円00銭
        ③支払請求の効力発生日及び支払開始日                      平成29年12月5日
      (注) 平成29年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。

                                 17/19


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年2月14日

     株式会社第一興商
      取締役会 御中
                        新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士         松 浦  康 雄  印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士         林    美 岐  印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社第一興

     商の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成
     29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社第一興商及び連結子会社の平成29年12月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。