飯田グループホールディングス株式会社 四半期報告書 第5期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第5期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:飯田グループホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年2月13日
      【四半期会計期間】                    第5期第3四半期(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
      【会社名】                    飯田グループホールディングス株式会社
      【英訳名】                    Iida   Group   Holdings     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  西河 洋一
      【本店の所在の場所】                    東京都西東京市北原町三丁目2番22号
                         (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行って
                         おります。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目6番1号 新宿住友ビル46階
      【電話番号】                    03-5989-0923(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画部長  小山 人士
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/28












                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第4期           第5期
               回次               第3四半期           第3四半期            第4期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2016年4月1日           自 2017年4月1日           自 2016年4月1日

              会計期間
                           至 2016年12月31日           至 2017年12月31日           至 2017年3月31日
                                  877,307           945,610          1,232,476
     売上収益
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 290,338    )       ( 312,303    )
     税引前四半期利益又は
                     (百万円)             83,051           75,747           110,878
     税引前利益
     親会社の所有者に帰属する
                                  56,495           51,381           76,741
     四半期(当期)利益               (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 17,392   )        ( 16,067   )
     親会社の所有者に帰属する
                     (百万円)             57,051           51,772           77,423
     四半期(当期)包括利益
                     (百万円)             634,139           689,100           654,511
     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)            1,120,567           1,223,414           1,168,389
     資産合計
     基本的1株当たり四半期
     (当期)利益(親会社の所有者                             195.90           178.17           266.11
                      (円)
     に帰属)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 60.31   )        ( 55.71   )
     希薄化後1株当たり四半期
     (当期)利益(親会社の所有者                (円)              -           -           -
     に帰属)
                      (%)             56.6           56.3           56.0
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動による
                     (百万円)            △ 77,196          △ 50,140          △ 29,616
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)            △ 11,456          △ 16,571          △ 13,327
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)             66,879           16,211           73,956
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             207,947           210,248           260,745
     (期末)残高
      (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.百万円未満を切り捨てて記載しております。
         4.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益(親会社の所有者に帰属)については、希薄化効果を有する潜在株
           式が存在しないため記載しておりません。
         5.上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基
           づいております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/28




                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)業績の状況
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用・所得環境や企業収益の改善等が続き、景気は総じて緩
        やかな回復基調で推移しました。
         当不動産業界におきましては、引き続き政府による住宅取得支援策や低金利の住宅ローン等により住宅取得環境
        は良好だったものの、他社との競争の激化等、当社グループを取り巻く環境は依然として厳しい状況が続いており
        ます。
         このような状況のもと、当社グループは「誰もが当たり前に家を買える、そんな社会にしたい」を経営コンセプ
        トに徹底した原価管理と品質の向上に努め、高品質の住宅をより低価格で供給することに注力してまいりました。
         その結果、当第3四半期連結累計期間の売上収益は9,456億10百万円(前年同期比7.8%増)、営業利益は781億
        41百万円(前年同期比8.2%減)、税引前四半期利益は757億47百万円(前年同期比8.8%減)、親会社の所有者に
        帰属する四半期利益は513億81百万円(前年同期比9.1%減)となりました。
         セグメント別の業績は、以下のとおりであります。

                                        売上収益(百万円)           前年同期比(%)
              セグメントの名称                     件数
     一建設グループ
                                     8,318         212,638            3.0
              (区分)戸建分譲事業
                                      341         22,206          △12.5
                  マンション分譲事業
                                     1,819          31,546            5.6
                  請負工事事業
                                       -        2,013          △7.7
                  その他
                                    10,478          268,404            1.7
                 小計
     飯田産業グループ
                                     5,427         173,341            11.2
              (区分)戸建分譲事業
                                      82         2,981          △22.3
                  マンション分譲事業
                                      94         1,127          △20.7
                  請負工事事業
                                       -        4,821           6.6
                  その他
                                     5,603         182,271            10.0
                 小計
     東栄住宅グループ
                                     3,185         107,601            20.6
              (区分)戸建分譲事業
                                       -          -          -
                  マンション分譲事業
                                      166         4,635           14.8
                  請負工事事業
                                       -         628         △11.3
                  その他
                                     3,351         112,864            20.1
                 小計
     タクトホームグループ
                                     3,199          90,678           17.9
              (区分)戸建分譲事業
                  マンション分譲事業(注)4                     -          -          -
                                      77         1,151           9.5
                  請負工事事業
                  その他(注)4                     -        3,187          △43.3
                                     3,276          95,017           13.6
                 小計
                                  3/28




                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
                                        売上収益(百万円)           前年同期比(%)
              セグメントの名称                     件数
     アーネストワン
                                     7,864         182,616            3.7
              (区分)戸建分譲事業
                                      484         18,956           37.5
                  マンション分譲事業
                                      181         2,315           6.1
                  請負工事事業
                                       -         205          1.3
                  その他
                                     8,529         204,095            6.1
                 小計
     アイディホーム
                                     3,353          81,159            7.2
              (区分)戸建分譲事業
                                       -          -          -
                  マンション分譲事業
                                      14          254          44.9
                  請負工事事業
                                       -         326         △13.2
                  その他
                                     3,367          81,740            7.2
                 小計
     その他(注)5
                                       -        1,215          △27.7
              (区分)その他
             (区分計)戸建分譲事業                        31,346          848,036            8.7
                                      907         44,144            2.7
                  マンション分譲事業
                                     2,351          41,030            5.9
                  請負工事事業
                                       -        12,398          △18.9
                  その他
                                    34,604          945,610            7.8
                 総合計
      (注)1.セグメント間の取引については、相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.戸建分譲事業には、戸建住宅のほか、建築条件付戸建住宅及び宅地等が含まれます。マンション分譲事業に
           は、分譲マンションのほか、マンション用地等が含まれます。請負工事事業には、注文住宅のほか、リ
           フォームやオプション工事等が含まれます。
         4.  タクトホームグループにおけるオフィスビルの一棟販売については、前連結会計年度までは同セグメントの
           マンション分譲事業に含めて記載しておりましたが、当第3四半期連結累計期間より、マンション分譲事業
           と区別するため同セグメントのその他に含めて記載しており、前第3四半期連結累計期間においても同セグ
           メントのその他に含めたうえで前年同期比を算定しております。
         5.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱及び当社の
           事業に係るものであります。
       (2)財政状態の分析

         当第  3 四半期連結会計期間末の資産合計は1兆2,234億14百万円となり、前連結会計年度末比で550億24百万円の
        増加となりました。これは主に、現金及び預金の減少455億47百万円、棚卸資産の増加990億6百万円等によるもの
        であります。
         当第  3 四半期連結会計期間末の負債合計は5,343億13百万円となり、前連結会計年度末比で212億円の増加となり
        ました。これは主に、社債及び借入金の増加343億95百万円、未払法人所得税等の減少122億39百万円等によるもの
        であります。
         当第  3 四半期連結会計期間末の資本合計は6,891億円となり、前連結会計年度末比で338億24百万円の増加となり
        ました。これは主に、剰余金の配当176億10百万円に対し、四半期利益514億70百万円を計上したこと等によるもの
        であります。
                                  4/28






                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (3)キャッシュ・フローの状況
         当第3四半期連結会計期間末の現金及び現金同等物(以下「資金」という)の残高は2,102億48百万円となり、
        前連結会計年度末比で504億97百万円の減少となりました。
         当第  3 四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果使用した資金は501億40百万円(前年同期は771億96百万円の使用)となりました。
         これは主に、税引前四半期利益757億47百万円、棚卸資産の増加額992億10百万円及び法人所得税の支払額394億
        48百万円があったことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は165億71百万円(前年同期は114億56百万円の使用)となりました。
         これは主に、定期預金の預入による支出112億円、定期預金の払戻による収入62億50百万円、有形固定資産の取
        得による支出65億71百万円及び貸付による支出39億14百万円があったことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果獲得した資金は162億11百万円(前年同期は668億79百万円の獲得)となりました。
         これは主に、借入金の増加342億32百万円及び配当金の支払額175億76百万円があったことによるものでありま
        す。
       (4)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       ( 5 )事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (6)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間のグループ全体の研究開発費は3億48百万円であります。
         研究開発の主な内容は          以下  のとおりであり、主に報告セグメントに帰属しない当社において発生した研究開発費
        であります。
         ① 独自工法の活用
            主に海外での住宅事業向けに自社開発し、2017年8月に茨城県つくば市の国立研究開発法人土木研究所の
           振動実験施設において「実物大振動実験」を実施し、高い構造耐力性能を有する事が証明された2つの工法
           につきまして、現在、「オリジナルコンクリートブロック(IGストロングCB)工法」はASEAN地域、「オリ
           ジナルツーバイフォー(I.D.S-8型)工法」はロシア連邦沿海州地域での今春の活用開始に向け、オリジナ
           ル部材の供給体制の構築や現地技術者への啓蒙活動などの準備作業を行っております。
         ② IGパーフェクトエコハウスの研究開発

            独自の人工光合成技術により、二酸化炭素と水から水素源となる蟻酸を生成・貯蔵し、更にこの蟻酸から
           生成した水素により発電した電気で、家庭の消費電力の全てを賄うことができる住宅の開発を目指し、これ
           を「IGパーフェクトエコハウス」と命名し、共同研究を行っております。
            現在、この「IGパーフェクトエコハウス」の実証実験を行うべく、沖縄県宮古島市で建設中の大規模リゾ
           ート計画地内において研究棟を建設中であります。
                                  5/28






                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
     普通株式                                           1,100,000,000
                  計                              1,100,000,000
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品               内容
                            (2018年2月13日)
                (2017年12月31日)                        取引業協会名
                                         東京証券取引所          単元株式数は100株
     普通株式              294,431,639            294,431,639
                                         (市場第一部)          であります。
         計           294,431,639            294,431,639            -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金       資本準備金
                発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額       資本金残高
        年月日                                       増減額        残高
                増減数(株)         残高(株)        (百万円)       (百万円)
                                              (百万円)       (百万円)
     2017年10月1日~
                      -    294,431,639            -    10,000         -       2,500
     2017年12月31日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/28








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2017年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】
                                                   2017年12月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                       普通株式                 6,048,900
                       普通株式              288,127,600           2,881,276
     完全議決権株式(その他)                                                -
                       普通株式                    255,139
     単元未満株式                                    -            -
                               294,431,639
     発行済株式総数                                    -            -
                                          2,881,276
     総株主の議決権                        -                        -
      (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が2,900株含まれております。
          また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数29個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2017年12月31日現在
                                                      発行済株式総

                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     (自己保有株式)

     飯田グループホ       ールディン      東京都西東京市北原町

                                  6,048,900           -    6,048,900          2.05
     グス㈱             三丁目2番22号
                                  6,048,900           -    6,048,900          2.05

           計             -
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、以下のとおりであります。
         取締役の役職の異動
          新役職名              旧役職名               氏名            異動年月日
        代表取締役副社長                 取締役             兼井 雅史             2017年7月1日

                                  7/28







                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下、「IAS第34号」という。)に準
       拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2017年10月1日から2017
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/28

















                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間

                              注記
                                    (2017年3月31日)             (2017年12月31日)
     資産
       流動資産
                              8             265,586             220,038
        現金及び預金
                              8              3,353             2,803
        営業債権及びその他の債権
                                           558,853             657,860
        棚卸資産
                              8             36,332             29,174
        営業貸付金及び営業未収入金
                              8              1,930             2,298
        その他の金融資産
                                           12,953             12,679
        その他の流動資産
        流動資産 合計                                   879,009             924,855
       非流動資産

                                           60,691             64,839
        有形固定資産
                                           198,288             198,280
        のれん
                                            1,140             1,343
        無形資産
                              8             21,720             27,216
        その他の金融資産
                                            7,330             6,664
        繰延税金資産
                                             208             214
        その他の非流動資産
                                           289,379             298,558
        非流動資産 合計
                                          1,168,389             1,223,414

       資産 合計
                                  9/28












                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間

                              注記
                                    (2017年3月31日)             (2017年12月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                              8             222,092             240,463
        社債及び借入金
                              8             116,695             118,800
        営業債務及びその他の債務
                              8              4,107             4,205
        その他の金融負債
                                           20,512              8,272
        未払法人所得税等
                                           17,736             13,595
        その他の流動負債
        流動負債 合計                                   381,144             385,338
       非流動負債

                              8             121,085             137,110
        社債及び借入金
                              8               266             468
        その他の金融負債
                                            6,683             7,136
        退職給付に係る負債
                                            3,442             3,661
        引当金
        繰延税金負債                                     357             385
                                             133             213
        その他の非流動負債
        非流動負債 合計                                   131,968             148,975
       負債 合計                                    513,112             534,313

      資本

                                           10,000             10,000
        資本金
                                           418,503             418,913
        資本剰余金
                                           237,476             271,266
        利益剰余金
                                          △13,198             △13,200
        自己株式
                                            1,729             2,120
        その他の資本の構成要素
        親会社の所有者に帰属する持分合計                                   654,511             689,100
                                             765              -
        非支配持分
       資本 合計                                    655,276             689,100
                                          1,168,389             1,223,414

      負債及び資本合計
                                 10/28








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                   (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                              注記
                                    至 2016年12月31日)             至 2017年12月31日)
                              5             877,307             945,610
     売上収益
                                          △720,795             △788,839
     売上原価
     売上総利益                                      156,511             156,771
                                          △71,610             △79,241
     販売費及び一般管理費
                                             641            1,015
     その他の営業収益
                                            △453             △404
     その他の営業費用
     営業利益                                      85,089             78,141
                                             280             156
     金融収益
                                           △2,318             △2,549
     金融費用
     税引前四半期利益                                      83,051             75,747
                                          △26,462             △24,277
     法人所得税費用
                                           56,588             51,470
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                           56,495             51,381
      親会社の所有者
                                              92             88
      非支配持分
                                           56,588             51,470
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                        7
                                           195.90             178  .17
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                       -             -
                                 11/28











                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結会計期間             当第3四半期連結会計期間

                                   (自 2016年10月1日             (自 2017年10月1日
                              注記
                                    至 2016年12月31日)             至 2017年12月31日)
                              5             290,338             312,303
     売上収益
                                          △240,009             △261,033
     売上原価
     売上総利益                                      50,328             51,269
                                          △24,666             △26,981
     販売費及び一般管理費
                                             242             337
     その他の営業収益
                                            △51             △29
     その他の営業費用
     営業利益                                      25,852             24,596
                                             179              9
     金融収益
                                            △496            △1,043
     金融費用
     税引前四半期利益                                      25,535             23,562
                                           △8,110             △7,467
     法人所得税費用
                                           17,425             16,094
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                           17,392             16,067
      親会社の所有者
                                              32             27
      非支配持分
                                           17,425             16,094
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                        7                           55.71
                                            60.31
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                       -             -
                                 12/28











                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                              注記
                                   至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
                                           56,588              51,470
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                            529              387
       売却可能金融資産の公正価値の純変動
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の
                                             27              3
       純変動
       純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                            556              390
       合計
                                            556              390
     税引後その他の包括利益
                                           57,144              51,861
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                           57,051              51,772
      親会社の所有者
                                             92              88
      非支配持分
                                           57,144              51,861
      四半期包括利益
         【第3四半期連結会計期間】

                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                  (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                              注記
                                   至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
                                                         16,094
     四半期利益                                      17,425
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                            418              325
       売却可能金融資産の公正価値の純変動
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の
                                             29              -
       純変動
       純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                            448              325
       合計
                                            448              325
     税引後その他の包括利益
                                           17,873              16,420
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                           17,841              16,392
      親会社の所有者
                                             32              27
      非支配持分
                                           17,873              16,420
      四半期包括利益
                                 13/28





                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分

                                                その他の資本の構成要素

                                                       売却可能

                  注記    資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式
                                                確定給付制度       金融資産の
                                                 の再測定       公正価値
                                                       の純変動
     2016年4月1日残高                  10,000      418,503       174,000      △13,196          48      999
                         -       -     56,495         -       -       -
      四半期利益
                         -       -       -       -       -      529
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計                    -       -     56,495         -       -      529
                   6      -       -    △13,265          -       -       -
      配当金
                         -       -       -             -       -
                                             △1
      自己株式の変動
                         -       -                    -       -
     所有者との取引額等合計                              △13,265         △1
                       10,000      418,503                       48     1,528
                                    217,230      △13,197
     2016年12月31日残高
                                              (単位:百万円)

                       親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素

                                   親会社の
                                         非支配持分       資本合計
                     キャッシュ・              所有者に
                  注記
                     フロー・ヘッ       その他の資本        帰属する
                     ジの公正価値       構成要素合計        持分合計
                      の純変動
     2016年4月1日残高                    △0      1,047      590,355         637     590,992
                         -       -
      四半期利益                              56,495         92     56,588
                                              -
                         27      556       556             556
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計
                         27      556     57,051         92     57,144
                   6      -       -
      配当金                             △13,265         △13     △13,279
                         -       -             -
                                      △1             △1
      自己株式の変動
                         -       -            △13
     所有者との取引額等合計                              △13,267             △13,281
                         26     1,603      634,139         716     634,856
     2016年12月31日残高
                                 14/28








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分

                                                その他の資本の構成要素

                                                       売却可能

                  注記    資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式
                                                確定給付制度       金融資産の
                                                 の再測定       公正価値
                                                       の純変動
     2017年4月1日残高                  10,000      418,503       237,476      △13,198         △3      1,736
                         -       -     51,381         -       -       -
      四半期利益
                         -       -       -       -       -      387
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計                    -       -     51,381         -       -      387
                   6      -       -    △17,591          -       -       -
      配当金
                         -       -       -      △1       -       -
      自己株式の変動
      支配継続子会社に対す
                         -      410       -       -       -       -
      る持分変動
                         -      410    △17,591         △1       -       -
     所有者との取引額等合計
                       10,000      418,913       271,266      △13,200         △3      2,124
     2017年12月31日残高
                                              (単位:百万円)

                       親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素

                                   親会社の
                                         非支配持分       資本合計
                     キャッシュ・              所有者に
                  注記
                     フロー・ヘッ       その他の資本        帰属する
                     ジの公正価値       構成要素合計        持分合計
                      の純変動
     2017年4月1日残高                    △3      1,729      654,511         765     655,276
                         -       -     51,381         88     51,470
      四半期利益
                                390       390       -      390
                          3
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計                     3      390     51,772         88     51,861
                   6      -       -    △17,591         △19     △17,610
      配当金
                         -       -      △1       -      △1
      自己株式の変動
      支配継続子会社に対す
                         -       -      410      △834       △424
      る持分変動
                         -       -    △17,182        △854     △18,037
     所有者との取引額等合計
                         -     2,120      689,100         -    689,100
     2017年12月31日残高
                                 15/28







                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                               注記
                                   至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           83,051              75,747
      税引前四半期利益
                                           1,910              2,021
      減価償却費及び償却費
                                             16              92
      減損損失
                                           △280              △156
      金融収益
                                           2,318              2,549
      金融費用
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                   △115,300              △99,210
      営業貸付金及び営業未収入金の増減額(△は増加)                                    △3,318               7,158
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                    △7,895               2,075
                                                        △2,050
                                          △1,943
      その他
      小計                                    △41,441              △11,772
                                              0             33
      補助金の受取額
                                            107              143
      利息及び配当金の受取額
      利息の支払額                                    △2,002              △2,303
                                          △36,591              △39,448
      法人所得税の支払額
                                           2,731              3,205
      法人所得税の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                    △77,196              △50,140
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △6,100             △11,200
      定期預金の預入による支出
                                           4,950              6,250
      定期預金の払戻による収入
                                          △6,916              △6,571
      有形固定資産の取得による支出
                                            567              334
      有形固定資産の売却による収入
                                           △146              △308
      無形資産の取得による支出
                                          △2,219              △1,562
      投資の取得による支出
                                             14             133
      投資の売却、償還による収入
                                          △2,060              △3,914
      貸付による支出
                                            495              380
      貸付金の回収による収入
                                            △40             △111
      その他
                                          △11,456              △16,571
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           36,965              17,987
      短期借入金の純増減額
                                           70,525              20,308
      長期借入れによる収入
                                          △26,998              △4,062
      長期借入金の返済による支出
                                           △300               -
      社債の償還による支出
                                6          △13,252              △17,576
      配当金の支払額
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得によ
                                             -            △424
      る支出
                                            △60              △20
      その他
                                           66,879              16,211
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            △30               2
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     △21,804              △50,497
                                                        260,745
     現金及び現金同等物の期首残高                                     229,751
                                          207,947              210,248
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/28




                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          飯田グループホールディングス株式会社(以下、当社)は日本に所在する企業であります。本社事務所は東京
         都新宿区に所在しております。当社の第3四半期の要約四半期連結財務諸表は、2017年12月31日を期末日とし、
         当社及びその子会社により構成されております。
          当社グループは、戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業及びこれらに関連する事業を主な事業と
         して展開しております。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、国際会計基準審議会によって公表されたIFRSに準拠して作成し
          ております。当社グループは「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
          府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定を
          適用し、IAS第34号に準拠して作成しております。
           要約四半期連結財務諸表は年次連結財務諸表で要求されている全ての情報が含まれていないため、前連結会
          計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります                             。
           本要約四半期連結財務諸表は、2018年2月13日に取締役会によって承認されております。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている特定の金融商品等を除き、取得原価
          を基礎として作成しております。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未
          満の端数を切り捨てて表示しております。
        3.重要な会計方針

          当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財務
         諸表において適用した会計方針と同一であります。
          なお、当第3四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          当社グループは、要約四半期連結財務諸表を作成するために、会計方針の適用及び資産、負債、収益及び費用
         の報告額に影響を及ぼす判断、会計上の見積り及び仮定を用いております。見積り及び仮定は、過去の実績や状
         況に応じ合理的だと考えられる様々な要因に基づく経営者の最善の判断に基づいております。しかしながら実際
         の結果は、その性質上、見積り及び仮定と異なることがあります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されております。これらの見積りの見直しによる影響は、当該
         見積りを見直した会計期間及び将来の会計期間において認識しております。
          当社グループの要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断、見積り及び仮定は、原則として前
         連結会計年度に係る連結財務諸表と同様であります。
                                 17/28







                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        5.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
          が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
          す。
           当社は、連結子会社単位及び当社の事業単位を事業セグメントとして認識し、「一建設グループ」「飯田産
          業グループ」「東栄住宅グループ」「タクトホームグループ」「アーネストワン」及び「アイディホーム」を
          報告セグメントとしております。各報告セグメントにおける主な事業内容は以下のとおりであります。
       報告セグメントの名称                              主な事業内容
     一建設グループ               戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業
     飯田産業グループ               戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業、不動産賃貸事業、スパ温泉事業
     東栄住宅グループ               戸建分譲事業、請負工事事業、不動産賃貸事業
     タクトホームグループ               戸建分譲事業、請負工事事業、不動産賃貸事業
     アーネストワン               戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業
     アイディホーム               戸建分譲事業、請負工事事業
         (2)セグメント収益及び業績

           当社グループの報告セグメントによる収益及び業績は以下のとおりであります。
           なお、セグメント間の売上収益は、市場実勢価格に基づいております。
           前第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                  一建設      飯田産業      東栄住宅     タクトホーム       アーネスト       アイディ
                                                         計
                  グループ      グループ      グループ      グループ       ワン      ホーム
     売上収益
                  263,794      165,669       93,976      83,615      192,301       76,267      875,625
      外部収益
      セグメント間の内部
                     92      359       2      26      148       -      629
      売上収益又は振替高
                  263,886      166,028       93,979      83,641      192,450       76,267      876,254
         合計
     セグメント利益
                   23,044      17,123       7,980      8,695      20,908       7,095      84,847
     (営業利益)
                  その他             調整額

                         合計             連結
                  (注)1             (注)2
     売上収益
                   1,682     877,307         -    877,307
      外部収益
      セグメント間の内部
                   23,146      23,775     △23,775         -
      売上収益又は振替高
                   24,828      901,082      △23,775       877,307
         合計
     セグメント利益
                     136     84,983        105     85,089
     (営業利益)
                                       280
                              金融収益
                                     △2,318
                              金融費用
                              税引前
                                      83,051
                              四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱及び当社の
           事業に係るものであります。
         2.セグメント利益の調整額105百万円は、セグメント間取引消去等2,053百万円、各報告セグメントに配分して
           いない全社(本社)収益及び費用△1,947百万円であります。全社収益は報告セグメントに帰属しない収益
           であり、全社費用は主に報告セグメントに帰属しない当社の一般管理費であります。
                                 18/28



                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                  一建設      飯田産業      東栄住宅     タクトホーム       アーネスト       アイディ
                                                         計
                  グループ      グループ      グループ      グループ       ワン      ホーム
     売上収益
                  268,404      182,271      112,864       95,017      204,095       81,740      944,394
      外部収益
      セグメント間の内部
                     133      556       0     189      404       -     1,285
      売上収益又は振替高
                  268,537      182,828      112,865       95,207      204,500       81,740      945,679
         合計
     セグメント利益
                   20,956      16,558       8,539      7,615      17,691       6,460      77,822
     (営業利益)
                  その他             調整額

                         合計             連結
                  (注)1             (注)2
     売上収益
                   1,215     945,610         -    945,610
      外部収益
      セグメント間の内部
                   23,232      24,518     △24,518         -
      売上収益又は振替高
                   24,448      970,128      △24,518       945,610
         合計
     セグメント利益
                     470     78,293       △152      78,141
     (営業利益)
                                       156
                              金融収益
                                     △2,549
                              金融費用
                              税引前
                                      75,747
                              四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱及び当社の
           事業に係るものであります。
         2.セグメント利益の調整額△152百万円は、セグメント間取引消去等1,956百万円、各報告セグメントに配分し
           ていない全社(本社)収益及び費用△2,109百万円であります。全社収益は報告セグメントに帰属しない収
           益であり、全社費用は主に報告セグメントに帰属しない当社の一般管理費であります。
                                 19/28










                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間(自 2016年10月1日 至 2016年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                  一建設      飯田産業      東栄住宅     タクトホーム       アーネスト       アイディ
                                                         計
                  グループ      グループ      グループ      グループ       ワン      ホーム
     売上収益
                   84,684      56,424      32,198      26,665      63,644      26,144      289,762
      外部収益
      セグメント間の内部
                     25      184       0      20      45      -      276
      売上収益又は振替高
                   84,710      56,608      32,198      26,686      63,690      26,144      290,039
         合計
     セグメント利益
                   6,553      5,383      2,756      2,589      6,298      2,067      25,648
     (営業利益)
                  その他             調整額

                         合計             連結
                  (注)1             (注)2
     売上収益
                     575    290,338         -    290,338
      外部収益
      セグメント間の内部
                   7,969      8,245     △8,245         -
      売上収益又は振替高
                   8,544     298,584      △8,245      290,338
         合計
     セグメント利益
                   △103      25,545        307     25,852
     (営業利益)
                                       179
                              金融収益
                                      △496
                              金融費用
                              税引前
                                      25,535
                              四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱及び当社の
           事業に係るものであります。
         2.セグメント利益の調整額307百万円は、セグメント間取引消去等1,034百万円、各報告セグメントに配分して
           いない全社(本社)収益及び費用△726百万円であります。全社収益は報告セグメントに帰属しない                                              収益で
           あり、全社費用は主に報告セグメントに帰属しない                        当社の一般管理費であります。
                                 20/28










                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結会計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                  一建設      飯田産業      東栄住宅     タクトホーム       アーネスト       アイディ
                                                         計
                  グループ      グループ      グループ      グループ       ワン      ホーム
     売上収益
                   91,243      59,784      37,669      31,619      63,583      27,985      311,886
      外部収益
      セグメント間の内部
                     34      195       0      71      40      -      341
      売上収益又は振替高
                   91,278      59,980      37,669      31,690      63,623      27,985      312,228
         合計
     セグメント利益
                   6,201      4,705      2,978      2,544      5,806      1,983      24,219
     (営業利益)
                  その他             調整額

                         合計             連結
                  (注)1             (注)2
     売上収益
                     416    312,303         -    312,303
      外部収益
      セグメント間の内部
                   8,136      8,478     △8,478         -
      売上収益又は振替高
                   8,553     320,781      △8,478      312,303
         合計
     セグメント利益
                     539     24,759       △162      24,596
     (営業利益)
                                        9
                              金融収益
                                     △1,043
                              金融費用
                              税引前
                                      23,562
                              四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱及び当社の
           事業に係るものであります。
         2.セグメント利益の調整額△162百万円は、セグメント間取引消去等460百万円、各報告セグメントに配分して
           いない全社(本社)収益及び費用△622百万円であります。全社収益は報告セグメントに帰属しない                                              収益で
           あり、全社費用は主に報告セグメントに帰属しない                        当社の一般管理費であります。
                                 21/28










                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        6.配当金
         (1) 配当金支払額
           前第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)
                         配当金の総額          1株当たり
        決議日        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     2016年6月28日
                             6,632           23
                 普通株式                          2016年3月31日         2016年6月29日
     定時株主総会
     2016年11月11日
                             6,632           23
                 普通株式                          2016年9月30日         2016年12月5日
     取締役会
           当第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                         配当金の総額          1株当たり
        決議日        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     2017年6月27日
                             8,939           31
                 普通株式                          2017年3月31日         2017年6月28日
     定時株主総会
     2017年11月10日
                             8,651
                 普通株式                        30   2017年9月30日         2017年12月4日
     取締役会
         (2)  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           前第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)
            該当事項はありません。
           当第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

            該当事項はありません。
        7.1株当たり利益

          基本的1株当たり四半期利益の計算は以下のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                               (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                                至 2016年12月31日)                 至 2017年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                                         51,381
                                        56,495
                                        288,384                 288,382
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                        195.90                 178.17
     基本的1株当たり四半期利益(円)
      (注)希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため、希薄化後1株当たり四半期利益は記載しておりません。
                              前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間

                               (自 2016年10月1日                (自 2017年10月1日
                                至 2016年12月31日)                 至 2017年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                        17,392                 16,067
                                        288,383                 288,382
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                                         55.71
                                         60.31
     基本的1株当たり四半期利益(円)
      (注)希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため、希薄化後1株当たり四半期利益は記載しておりません。
                                 22/28






                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        8.金融商品
         (1)金融商品の公正価値
          ① 金融商品の帳簿価額及び公正価値
            金融商品の帳簿価額と公正価値は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                               (2017年3月31日)                 (2017年12月31日)
                              帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値

     金融資産

     償却原価で測定する金融資産
                                265,586        265,586        220,038        220,038
      現金及び預金
                                 1,302        1,365        1,302        1,359
      満期保有投資
                                48,643        48,652        45,052        45,014
      貸付金及び債権
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
                                13,390        13,390        15,137        15,137
      売却可能金融資産
                                328,922        328,994        281,532        281,549

               合計
     金融負債

     償却原価で測定する金融負債
                                343,178        346,566        377,573        381,159
      社債及び借入金
                                116,695        116,695        118,800        118,800
      営業債務及びその他の債務
                                 4,373        4,373        4,488        4,488
      その他の金融負債
     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

                                  -        -        184        184
      その他の金融負債
                                464,247        467,635        501,047        504,632

               合計
          ② 金融商品の公正価値の算定方法

           (現金及び預金)
            満期までの期間が短期であるため、帳簿価額は公正価値に近似しております。
           (満期保有投資)

            公正価値は市場価格によっております。
           (貸付金及び債権)

            短期間に決済されるものについては、帳簿価額は公正価値に近似しております。
            一般債権に区分される貸付金等は、主に変動金利によるものであり、短期間で市場金利を反映するため、

           貸付先の信用状態が実行後大きく異なっていない限り、時価は帳簿価額と近似していることから、公正価値
           は当該帳簿価額によっております。
            貸倒懸念債権等に区分されるものについては、担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積額を

           算定しているため、公正価値は決算日における                      要約四半期連結財政状態計算書価額                 から現在の貸倒見積高を
           控除した金額に近似していることから、公正価値は当該価額によっております。
            上記以外の営業債権等の公正価値は、一定の期間ごとに区分し、債権額を満期までの期間及び信用リスク

           を加味した利率により割り引いた現在価値により算定しております。
           (売却可能金融資産)

                                 23/28


                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
            売却可能金融資産のうち、上場株式の公正価値については、期末日の市場価格によって算定しておりま
           す。非上場株式の公正価値については合理的な方法により算定しております。
           (社債及び借入金)

            社債及び借入金の公正価値は、一定の期間ごとに区分し、債務額を満期までの期間及び信用リスクを加味
           した利率により割り引いた現在価値により算定しております。
           (営業債務及びその他の債務、その他の金融負債)

            当該債務については、主として短期間に決済されるものであるため、帳簿価額は公正価値に近似しており
           ます。
            その他の金融負債に計上したデリバティブは、純損益を通じて公正価値で測定する金融負債として、取引
           先金融機関から提示された価格に基づいて算定しております。
          ③ 公正価値ヒエラルキー

            公正価値で測定される金融商品について、測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じた公正
           価値測定額を、レベル1からレベル3まで分類しております。
            レベル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格
            レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
            レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
            公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、各四半期の期末時点で発生したものとして認識しておりま
           す。
            なお、前連結会計年度及び当第3四半期連結会計期間において、レベル1とレベル2の間における振替は
           ありません。
           (ⅰ)要約四半期        連結財政状態計算書において公正価値で測定されていないが、公正価値が開示されている

              金融資産及び金融負債
               上記①の償却原価で測定する金融資産及び金融負債は、                          要約四半期     連結財政状態計算書(帳簿価
              額)において公正価値で測定されていないが公正価値が開示されている金融資産及び金融負債であ
              り、そのうち満期保有投資、貸付金及び債権、社債及び借入金には帳簿価額と公正価値が乖離するも
              のが含まれます。
               これらのそれぞれの公正価値ヒエラルキーの測定レベルは、満期保有投資がレベル1、貸付金及び
              債権、社債及び借入金がレベル2であります。
                                 24/28










                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           (ⅱ)経常的に公正価値で測定される金融資産及び金融負債の公正価値
            前連結会計年度(2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3
                                                       合計
     金融資産

     その他の包括利益を通じて公正価値で
     測定する金融資産
      売却可能金融資産
                               353          -         -         353
       上場株式
                               350          -        7,353         7,704
       非上場株式
                             1,173           -        4,159         5,332
       その他
                             1,876           -       11,513         13,390

             合計
            当第3四半期連結会計期間(2017年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3

                                                       合計
     金融資産

     その他の包括利益を通じて公正価値で
     測定する金融資産
      売却可能金融資産
                               426          -         -         426
       上場株式
                               323          -        9,116         9,440
       非上場株式
                             1,167           -        4,104         5,271
       その他
                             1,917           -       13,220         15,137

             合計
     金融負債

     純損益を通じて公正価値で測定する金
     融負債
                               -         184          -         184
      その他の金融負債
                               -         184          -         184

             合計
                                 25/28








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
            レベル3に分類された金融商品の期首から四半期末までの変動は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                          前第3四半期連結累計期間                   当第3四半期連結累計期間

                           (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
                            至 2016年12月31日)                   至 2017年12月31日)
                                       7,743                  11,513
     期首残高
     利得及び損失
      純損益(注)1                                △351                   △168
      その他の包括利益(注)2                                                    469
                                        632
                                       2,219                   1,562
     購入
                                                         △142
     売却                                  △0
     レベル3からの振替(注)3                                   -                  △14
                                                           -
     その他                                  △4
                                                         13,220
     四半期末残高                                 10,239
      (注)1.純損益に含まれている利得及び損失は、決算日時点の売却可能金融資産に関するものであります。これらの
           純損益は要約四半期連結損益計算書の「金融収益」及び「金融費用」に含まれております。
         2.その他の包括利益に含まれている利得及び損失は、決算日時点に保有する市場で取引されていない株式等に
           関するものであります。これらは要約四半期連結包括利益計算書の「売却可能金融資産の公正価値の純変
           動」に含まれております。
         3.当第3四半期連結累計期間に認識されたレベル3からの振替は、投資先が取引所に上場したことによるもの
           であります。      なお、前第     3 四半期連結累計期間において、レベル3への振替又はレベル3からの振替はあり
           ません。
            レベル3に分類されている金融資産は、主に非上場株式により構成されています。

            なお、公正価値の測定に主として使用されるインプットは、市場参加者が資産又は負債の価格を決定する
           上で使用している前提条件についての連結会社の判断を反映した観察不能なインプットであり、公正価値は
           純資産簿価の上昇(低下)により増加(減少)することとなります。
            レベル3に分類された資産、負債については公正価値測定の評価方針及び手続きに従い、担当部署が対象
           資産、負債の評価方法を決定し、公正価値を測定しております。公正価値の測定結果については適切な責任
           者が承認しております。
            レベル3に分類された金融商品について、観察可能でないインプットを合理的に考えうる代替的な仮定に
           変更した場合に重要な公正価値の変動は見込まれていません。
        9.重要な後発事象

          該当事項はありません。
      2【その他】

        2017年11月10日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、以下のとおり決議いたしました。
        (イ)    配当金の総額…………………………………………                       8,651   百万円
        (ロ)    1株当たりの金額………………………………………………30円
        (ハ)    支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2017年12月4日
        (注)    2017年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。
                                 26/28





                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 27/28




















                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年2月13日

     飯田グループホールディングス株式会社
      取 締 役 会  御中
                           新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              柴田 憲一
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              向出 勇治
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              山本 高揮
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている飯田グループ

     ホールディングス株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2017年
     10月1日から2017年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年12月31日まで)に係る要約
     四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益
     計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを
     行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、飯田グループホールディングス株式会社及び連結子会社の2017年12月31日現在の財政状態、同日をもっ
     て終了する第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッ
     シュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 28/28



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。