株式会社アウトソーシング 有価証券報告書 第27期(2023/01/01-2023/12/31)

提出書類 有価証券報告書-第27期(2023/01/01-2023/12/31)
提出日
提出者 株式会社アウトソーシング
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

                          金融商品取引法第24条第1項
     【根拠条文】
                          関東財務局長
     【提出先】
                          2024年3月29日
     【提出日】
                          第27期(自 2023年1月1日 至 2023年12月31日)
     【事業年度】
                          株式会社アウトソーシング
     【会社名】
                          OUTSOURCING      Inc.
     【英訳名】
                          代表執行役社長 宮島 賢
     【代表者の役職氏名】
                          東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
     【本店の所在の場所】
                          03-3286-4888(代表)
     【電話番号】
                          執行役経営管理本部管掌 梅原 正嗣
     【事務連絡者氏名】
                          東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
     【最寄りの連絡場所】
                          03-3286-4888(代表)
     【電話番号】
                          執行役経営管理本部管掌 梅原 正嗣
     【事務連絡者氏名】
     【縦覧に供する場所】
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/180













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
                                       国際会計基準
             回次
                          第23期       第24期       第25期       第26期       第27期
            決算年月             2019年12月       2020年12月       2021年12月       2022年12月       2023年12月

                          360,874       365,135       569,203       690,430       749,608

      売上収益            (百万円)
                           11,956        4,107       8,631       17,793       13,607

      税引前利益            (百万円)
      親会社の所有者に帰属す
                           7,330                     10,654        5,162
                  (百万円)                △ 781     △ 1,720
      る当期利益(△は損失)
      親会社の所有者に
                           7,025        273      3,556       17,455       17,543
                  (百万円)
      帰属する当期包括利益
      親会社の所有者に
                           59,528       57,670       60,592       75,394       89,775
                  (百万円)
      帰属する持分
                          239,485       301,628       351,240       401,898       423,794
      総資産額            (百万円)
      1株当たり親会社所有者
                           473.22       458.02       481.16       598.70       712.48
                    (円)
      帰属持分
      基本的1株当たり当期利
                           58.34                     84.61       40.97
                    (円)               △ 6.20      △ 13.65
      益(△は損失)
      希薄化後1株当たり当期
                           58.27                     84.61       40.97
                    (円)               △ 6.20      △ 13.65
      利益(△は損失)
      親会社所有者帰属持分
                            24.9       19.1       17.3       18.8       21.2
                    (%)
      比率
      親会社所有者帰属持分
                            12.8                     15.7        6.3
                    (%)               △ 1.3      △ 2.9
      当期利益率
                            19.8                     11.2       42.5
      株価収益率             (倍)                 -       -
      営業活動による
                           22,560       22,498       28,872       26,758       31,166
                  (百万円)
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                  (百万円)        △ 8,572      △ 8,720      △ 38,373      △ 17,540       △ 6,864
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                                  26,905
                  (百万円)        △ 3,207             △ 25,985       △ 5,971      △ 26,359
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の
                           40,246       81,720       48,334       53,324       54,469
                  (百万円)
      期末残高
                           86,020       93,028       121,153       129,487       126,543
      従業員数             (人)
     (注1)    国際会計基準(以下、IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
     (注2)    表示単位未満を四捨五入して記載しております。
     (注3)    従業員数は就業人員であります。
     (注4)    2019年12月期、2020年12月期、2021年12月期及び2022年12月期において行った企業結合に係る暫定的な会計処
         理の確定に伴い、それぞれ2019年12月期、2020年12月期、2021年12月期及び2022年12月期の連結財務諸表を遡
         及修正しております。
     (注5)    2020年12月期及び2021年12月期の株価収益率については、基本的1株当たり当期損失であるため記載しており
         ません。
     (注6)    IAS第12号「法人所得税」(2021年5月改訂)を2023年12月期の期首から適用しており、2022年12月期に係る主
         要な経営指標等については、当該会計方針の変更を反映した遡及修正後の数値を記載しております。
                                  2/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第23期       第24期       第25期       第26期       第27期
            決算年月             2019年12月       2020年12月       2021年12月       2022年12月       2023年12月

                           44,484       41,599       48,489       62,100       82,923

      売上高            (百万円)
                           4,097       2,410       3,471       3,972       5,312

      経常利益            (百万円)
                           3,575       2,592       2,823       4,002       4,799

      当期純利益            (百万円)
                           25,187       25,214       25,229       25,244       25,293

      資本金            (百万円)
                        125,793,200       125,909,300       125,926,800       125,951,200       126,026,200

      発行済株式総数             (株)
                           56,700       56,319       58,229       58,066       60,063

      純資産額            (百万円)
                          116,410       163,493       178,093       204,008       204,988

      総資産額            (百万円)
                           450.68       447.30       462.40       461.10       476.68

      1株当たり純資産額             (円)
                           24.00       10.00       31.00       25.00

      1株当たり配当額                                                    -
                    (円)
      (うち1株当たり中間
                            ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
      配当額)
                           28.46       20.59       22.41       31.78       38.09
      1株当たり当期純利益             (円)
      潜在株式調整後1株当
                           28.42       20.59
                    (円)                        -       -       -
      たり当期純利益
                            48.7       34.4       32.7       28.5       29.3
      自己資本比率             (%)
                            6.4       4.6       4.9       6.9       8.1

      自己資本利益率             (%)
                            40.7       67.1       69.2       29.8       45.7

      株価収益率             (倍)
                            84.3       48.6       138.3        78.7

      配当性向             (%)                                      -
                           9,864       9,844       11,453       12,513       19,135

      従業員数             (人)
                           111.9       134.0       152.9        98.3       173.3

      株主総利回り             (%)
      (比較指標:配当込み
                    (%)       ( 118.1   )    ( 126.8   )    ( 143.0   )    ( 139.5   )    ( 178.9   )
      TOPIX)
      最高株価             (円)        1,525       1,541       2,225       1,724       1,764
      最低株価             (円)         914       348      1,235        900       916

     (注1)    従業員数は就業人員であります。
     (注2)    2021年12月期、2022年12月期及び2023年12月期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式
         が存在しないため記載しておりません。
     (注3)    2023年12月期の配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
     (注4)    最高株価及び最低株価は、2022年4月3日以前は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであり、2022年
         4月4日以降は東京証券取引所(プライム市場)におけるものであります。
     (注5)    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を2022年12月期の期首から適用し
         ており、2022年12月期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっ
         ております。
                                  3/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       当社の沿革は、現名誉会長土井春彦が1987年5月に工場における製造ラインの業務請負を目的として株式会社中部
      綜合(静岡市駿河区、資本金100万円、1988年4月株式会社ワーク・システムに社名変更)を設立したことから始まり
      ます。株式会社中部綜合設立後、企業規模拡大にあたり分社化を進め、業務請負を目的とする会社として、株式会社
      リアルタイム(京都府京都市)、株式会社ワークシステム・エンジニア(静岡市駿河区)、株式会社リアルタイム関
      東(千葉県船橋市)、株式会社リアルタイム静岡(静岡市駿河区)、株式会社リアルタイム北陸(富山県高岡市)を
      設立しております。
       その後、経営方針の徹底、人・物・金等経営資源の集中、管理業務の効率化を図るために、1997年1月に、静岡市
      駿河区に生産工程における業務請負事業を目的とする会社として株式会社アウトソーシングを設立し、株式会社ワー
      ク・システムほか5社の営業を承継しております。なお、株式会社ワーク・システムほか5社は、法的手続を経て、
      1997年12月までに清算登記が終了しております。
      株式会社アウトソーシング設立以後の当社グループの沿革は、次のとおりであります。

       年月                            概要
      1997年1月       生産工程における業務請負事業を目的として㈱アウトソーシングを静岡市駿河区稲川に設立
      2001年5月       本社を静岡市駿河区南町に移転
      2004年2月       一般労働者派遣事業の許可を受ける
      2004年12月       ジャスダック証券取引所に株式を上場
      2005年1月       有料職業紹介事業の許可を受ける
      2005年3月       輸送機器に特化した㈱アネブルを設立
      2008年10月       ㈱リロケーション・ジャパンと共同出資にて、管理業務委託サービスに特化した㈱ORJを設立
      2009年3月       ㈱フリーワークを吸収合併し、本社を大阪市北区茶屋町に移転
             合併に伴い、㈱大生エンジニアリング(現㈱ORJ)が子会社となる
      2009年6月       ㈱フルキャストセントラル(現㈱アネブル)を子会社化
      2009年8月       医薬品・医療機器・化学系に特化した㈱アールピーエム、㈱トライアングル(現㈱アールピーエ
             ム)の全株式を取得し、子会社化
      2009年11月        研究・開発の受託・請負事業、技術者派遣事業に特化した聖翔㈱(現㈱アウトソーシングテクノロ
             ジー)を子会社化
             これに伴い、㈱エスティエスも子会社化
      2010年3月        本社を静岡市駿河区南町に移転
      2010年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに株式を上
             場
      2010年7月        子会社㈱アネブルが子会社㈱アウトソーシングセントラル及び子会社㈱ヤストモを吸収合併し、㈱
             アウトソーシングセントラルに商号変更
      2010年7月        本社を静岡市葵区紺屋町に移転
      2010年8月        子会社奥拓索幸(上海)企業管理服務有限公司を設立、中国へ進出
      2010年9月        ㈱ニッソーサービスを子会社化
      2010年10月        半導体分野における、設計開発、開発試作、量産部門の受託・請負事業に特化したOSセミテック
             ㈱(2018年8月に子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが吸収合併)を設立
      2011年4月        子会社OS     (THAILAND)      CO.,   LTD.を設立、タイへ進出、同社がPower                     Net  Inter(Thailand)
             Co.,Ltd.(現OS        Recruitment(Thailand)Co.,Ltd.)とJ.A.R.                     Service    Co.,Ltd.の株式を取得し子
             会社化
      2011年7月        子会社PT.OS      ENGINEERING      & CONSULTANT      INDONESIAを設立、インドネシアへ進出
      2011年9月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが㈱GIM(2014年4月に同社が吸収合併)の全株式を取
             得し子会社化
      2011年11月        ㈱OSインターナショナルを子会社化し、海外6か国に進出
      2012年1月        アスカ・クリエイション㈱(2013年9月に子会社㈱アウトソーシング・システム・コンサルティン
             グ(現㈱アウトソーシングテクノロジー)が吸収合併)を子会社化
      2012年3月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場
      2012年4月        子会社㈱ニッソーサービスの技術部門を子会社㈱アウトソーシングテクノロジーに吸収分割
      2012年5月        子会社㈱ニッソーサービスを吸収合併
             子会社㈱アウトソーシングセントラルが、製造部門に係る事業を当社に、技術部門に係る事業を子
             会社㈱アウトソーシングテクノロジーに承継させる吸収分割をし、㈱アネブルに商号変更
      2012年6月        大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を廃止
                                  4/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       年月                            概要
      2012年6月        子会社㈱エスティエスを清算
      2012年7月        本社を東京都千代田区に移転
      2013年1月        ㈱コンピュータシステム研究所(2017年8月に子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが吸収合併)
             の株式を取得し子会社化
      2013年3月        東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
      2013年10月        サンシン電機㈱(2016年12月に子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが吸収合併)、SANSHIN
             (MALAYSIA)SDN.BHD.の全株式を取得し子会社化、マレーシアへ進出
      2014年1月        ALP  CONSULTING      LIMITEDの株式を取得、子会社化しインドへ進出、同社の子会社であるDATACORE
             TECHNOLOGIES       PRIVATE    LIMITED及びDATACORE          TECHNOLOGIES       INC(2017年12月に全株式譲渡)も子会
             社となる
      2014年5月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーがネクシム・コミュニケーションズ㈱(同年12月に同社が
             吸収合併)の株式を取得し子会社化
      2014年12月        子会社OS     (THAILAND)      CO.,   LTD.、OS     Recruitment      (Thailand)      Co.,   Ltd.、P-ONE       SUBCONTRACT
             CO.,   LTD.がCELCO      (THAILAND)      CO.,   LTD.(2019年9月に全株式譲渡)の株式を取得し子会社化
      2015年1月        KDEホールディング㈱(2019年1月に子会社共同エンジニアリング㈱が吸収合併)の全株式を取
             得し子会社化、同社の子会社である共同エンジニアリング㈱も子会社となる
      2015年3月        米軍基地内施設への人材サービスに特化したIOD㈱(2018年1月に子会社㈱アウトソーシング
             トータルサポートが吸収合併)を設立
      2015年8月        NTRINSIC     HOLDINGS     LIMITED、NTRINSIC         CONSULTING      RESOURCES     LIMITED(2021年11月清算)の株式
             を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社であるNTRINSIC                     CONSULTING      EUROPE    LIMITED及びNTRINSIC          CONSULTING
             SPRL(現NTRINSIC         CONSULTING      SRL)も子会社となり、英国及びベルギーへ進出
      2015年9月        特例子会社として、障がい者を雇用し事務のシェアードサービスに特化した㈱アウトソーシングビ
             ジネスサービス(現㈱OSBS)を設立
      2015年10月        ㈱アイズ・インターナショナル(2018年12月に子会社㈱ORJが吸収合併)の株式を取得し子会社
             化
      2015年12月        EST  EXPROSERVICIOS        S.A.(現EST        EXPROSERVICIOS        SpA)、EST       EXPROTEMPO      S.A.(現EST
             EXPROTEMPO      SpA)、EXPROCHILE           S.A.(現EXPROCHILE           SpA)、EXPROSERVICIOS             S.A.(現
             EXPROSERVICIOS        SpA)、RIVAS       Y ASOCIADOS     S.A.(現RIVAS       Y ASOCIADOS     SpA)の株式を取得し子会
             社化、チリへ進出
      2016年4月        豪州BEDDISON(現OUTSOURCING              OCEANIA)グループの株式を取得し子会社化
             英国J.B.W.(現CDER)グループの株式を取得し子会社化
             マレーシアSYMPHONY          HRS  SDN.   BHD.   (同年6月にOS        HRS  SDN.   BHD.   に商号変更)の株式を取得し
             子会社化
      2016年5月        子会社㈱ブラザーズが子会社㈱シーアールエス及び子会社㈱ATSを吸収合併し、㈱アウトソーシング
             トータルサポートに商号変更
      2016年8月        ㈱リクルートファクトリーパートナーズを子会社化し㈱OSパートナーズに商号変更
             子会社OUTSOURCING         UK  LIMITEDが英国LIBERATA           UK  LIMITED及びALL        HOLDCO    2016   LIMITED(2021年
             4月清算)の株式を取得し子会社化
             これにより、ALL        HOLDCO    2016   LIMITEDの子会社であるALLEN              LANE   CONSULTANCY      LIMITED(2017年6
             月にVERACITY       OSI  UK  LIMITEDに商号変更)も子会社となる
      2017年1月        子会社のドイツ現地法人OSI              Holding    Germany    GmbHがドイツOrizonグループの全株式を取得し子会
             社化、ドイツへ進出
      2017年4月        アメリカンエンジニアコーポレイションの全株式を取得し子会社化
      2017年7月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが㈱パルセ(2018年7月に同社が吸収合併)の全株式を取
             得し子会社化
             子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが子会社ソニカル㈱を吸収合併
             子会社㈱OSパートナーズが子会社㈱ツークンフトを吸収合併
      2017年10月        技術系の人材サービスに特化した㈱OSTechビジネスアーチ(現㈱OSファシリティーズ)を
             設立
      2017年11月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが子会社㈱エスティーアイを吸収合併
             子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが㈱東海エンジニアリングシステム(2019年1月に同社が
             吸収合併)の全株式を取得し子会社化
                                  5/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       年月                            概要
      2017年12月        子会社㈱アウトソーシングビジネスサービス(現㈱OSBS)が子会社ダブル・ピー㈱を吸収合併
             子会社㈱ORJが㈱エスエージェント(2020年6月に同社が吸収合併)の全株式を取得し子会社化
      2018年1月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーがグローカル㈱の株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社であるイノセンス㈱(同年5月に子会社グローカル㈱が吸収合併)も子
             会社となる
      2018年4月        子会社OSI     SOUTH   AMERICA    HOLDINGS     SpAがINVERSIONES         SL  GROUP   SpAの株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社15社も子会社となる
      2018年5月        子会社OSI     Netherlands      Holdings     B.V.がOTTO      Holding    B.V.の株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社38社も子会社となる
             子会社BLUEFIN       RESOURCES     GROUP   PTY  LIMITEDがKINETIC         EMPLOYMENT      LIMITEDの全株式を取得し子会
             社化
      2018年8月        アドバンテック㈱の全株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社であるアドバンテック研修センター㈱(2022年8月に同社が吸収合併)
             も子会社となる
             ALLEN   LANE   TOPCO   LIMITED(2022年2月清算)の株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社であるALLEN                  LANE   LIMITEDも子会社となる
      2018年9月        子会社OUTSOURCING         OCEANIA    HOLDINGS     PTY  LIMITEDがPROJECT         MANAGEMENT      PARTNERS     PTY  LIMITEDの
             全株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社であるPM-PARTNERS                     SINGAPORE     PTE.   LTD.も子会社となる
      2019年1月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーを完全親会社、子会社㈱アールピーエム、㈱トライアング
             ル(現㈱アールピーエム)、共同エンジニアリング㈱及びアドバンテック㈱を完全子会社とする株
             式交換を実施
             子会社OTTO      Holding    B.V.が子会社OTTO         WORK   FORCE,    UABを設立、リトアニアへ進出
      2019年3月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが㈱富士通ゼネラルとの共同出資により、合弁会社㈱富士
             通ゼネラルOSテクノロジーを設立し持分法適用会社化
             当社及び子会社㈱PEOがOS              CROSS   BRAZIL    HOLDINGS     PARTICIPACOES       LTDA.を設立、ブラジルへ進
             出
      2019年4月        子会社アメリカンエンジニアコーポレイションがORION                          CONSTRUCTION       CORPORATION      (GUAM)の全株式
             を取得し子会社化、グアムへ進出
      2019年5月        子会社NTRINSIC        HOLDINGS     LIMITEDがNTRINSIC         CONSULTING      FRANCE    SARLを設立、フランスへ進出
      2019年6月        子会社㈱ORJが㈱リロケーション・ジャパンの保有する全株式を自己株式として取得
      2019年7月        子会社㈱OSパートナーズを吸収合併
      2019年8月        子会社㈱PEOが㈱日立建機教習センタの株式を取得し持分法適用会社化、㈱PEO建機教習セン
             タ(現㈱PCT)に商号変更
             当社及び子会社OSI-ASIA             HOLDINGS     PTE.   LTD.がFARO      RECRUITMENT      CONSULTANCY      (MACAO)    CO.,
             LIMITED(2022年3月清算)を設立、マカオへ進出
      2020年1月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーが子会社グローカル㈱を吸収合併
             当社が子会社であるOUTSOURCING                UK  LIMITEDの発行する株式の割当を受けることを対価に、当社保
             有のJ.B.W.      TOPCO   LIMITED(現CDER        GROUP   INTERNATIONAL       LIMITED)及び他3社の全株式を譲渡す
             ることによる組織再編を実施
             子会社J.B.W.       GROUP   LIMITED(現CDER        GROUP   LIMITED)が、ADVANTIS           CREDIT    LIMITEDの全株式を取
             得し子会社化
      2020年10月        OUTSOURCING      TALENT    IRELAND    LIMITEDの全株式を取得し子会社化、アイルランドへ進出
      2020年11月        ㈱アバンセホールディングスの株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社である㈱アバンセコーポレーション、㈱エレメント及び㈱ジャステック
             (2021年6月に全株式譲渡)が子会社となり、㈱アバンセホールディングスの関連会社である㈱ア
             バンセライフサポート(2021年10月に全株式譲渡)が持分法適用会社となる
      2021年1月        子会社OUTSOURCING         TALENT    IRELAND    LIMITEDが、CPL        RESOURCES     PUBLIC    LIMITED    COMPANY(同年3
             月にCPL    RESOURCES     LIMITEDに商号変更)の全株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社38社も子会社となる
      2021年2月        ㈱エス・エス産業(2023年7月に子会社㈱PEOが吸収合併)の全株式を取得し子会社化
             持分法適用会社㈱PEO建機教習センタ(現㈱PCT)の株式を追加取得し子会社化
      2021年7月        子会社アメリカンエンジニアコーポレイションがINTEGRITY                            NETWORKS,     INC.の全株式を取得し子会
             社化
                                  6/180


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       年月                            概要
      2021年8月        子会社㈱アバンセコーポレーションが子会社㈱アバンセホールディングス及び子会社㈱エレメント
             を吸収合併
      2021年10月        子会社CPL     RESOURCES     LIMITEDがCpl       Talent    Solutions     GmbHを設立、スイスへ進出
      2022年4月        東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第一部からプライム市場に移行
             株式会社サンキョウ・ロジ・アソシエートの全株式を取得し子会社化
             これにより、同社の子会社6社も子会社となる
             子会社㈱PEO建機教習センタ(現㈱PCT)が㈱IHI技術教習所の全株式を取得し子会社化、
             ㈱nextPCT(2023年12月に子会社㈱PCTが吸収合併)に商号変更
      2022年11月        子会社ALP     CONSULTING      LIMITEDがALP       CONSULTING      LANKA   (PRIVATE)     LIMITEDを設立、スリランカへ
             進出
      2023年4月        子会社㈱アウトソーシングテクノロジーとの共同出資により、㈱OSナノテクノロジーを設立
      2023年7月        子会社㈱PEOを吸収合併
                                  7/180
















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループは、当社、連結子会社225社、持分法適用会社2社からなる企業集団であります。メーカーの設計・開
      発・実験・評価・製造に関わる業務の外注化ニーズに対応し、技術・ノウハウ等の提供を通じて、メーカーの生産性
      向上や技術革新に貢献するアウトソーシングサービスを提供しております。そのほか、米軍施設向けサービス、採用
      代行サービス等を国内において提供し、在外子会社にて、メーカー向けアウトソーシングサービスに加えて、ITエ
      ンジニアや金融系専門家の派遣サービス、ホワイトカラー人材の派遣・紹介事業や給与計算代行、公共機関向けBP
      O(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービス等を提供しております。
       当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
       なお、次の5つの事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 6.
      セグメント情報」に掲げるセグメントの区分と同一であります。
     (1)  国内技術系アウトソーシング事業

         株式会社アウトソーシングテクノロジー等にて、主に設計・開発工程に対し、それぞれ専門性の高い技術サービ
        スを提供しております。
         株式会社アネブルにて輸送用機器に特化した、設計・開発、実験・評価工程における技術系アウトソーシング
        サービスを提供しております。
         株式会社アールピーエム、アドバンテック株式会社等にて医薬品や医療機器等の医療・化学系に特化した研究開
        発事業のアウトソーシングサービスを提供しております。
         株式会社アウトソーシングテクノロジーにて、エレクトロニクス分野における半導体に特化し、メーカーの設
        計、開発、試作工程における技術ニーズから製造まで、さらに当業界ではあまり外注化されなかった保守メンテナ
        ンス等に対し、専門化された高度な技術・ノウハウを提供するサービスを提供しております。
         株式会社アウトソーシングテクノロジー等にて、主にWEB・スマートフォン等の通信系アプリケーションやE
        Cサイト構築、基幹系ITシステム・インフラ・ネットワークの各種ソリューションサービス及び構築、独自ソフ
        ト等の商品開発・販売、システムエンジニアの派遣及び業務受託サービス等を提供しております。
         株式会社シンクスバンク等にて、ソフトウエア・WEBを強みとするITスクールであるKENスクールを展開
        し、主に、法人向け研修や技術者の教育サービス等を提供しております。
         共同エンジニアリング株式会社等にて、ビル等の建設施工管理・設計や各種プラントの設計・施工・管理に特化
        した専門技術・ノウハウのアウトソーシングサービスを提供しております。
     (2)  国内製造系アウトソーシング事業

         当社、株式会社アバンセコーポレーション等にて、電気(電子)機器、輸送用機器、化学・薬品、食品、金属・
        建材等製造業全般にわたるメーカーの製造工程の外注化ニーズに対応し、生産技術、管理ノウハウを提供し、生産
        効率の向上を実現するサービスを提供しております。
         株式会社サンキョウ・ロジ・アソシエート等にて、製造や物流業界向けに、商品仕分け・梱包作業や商品管理等
        の業務請負や人材派遣を展開しております。
         株式会社ORJ等にて、顧客が直接雇用する期間社員及び外国人技能実習生等の採用後の労務管理や社宅管理等
        に係る管理業務受託事業及び期間満了者の再就職支援までを行う、一括受託サービスを提供しております。
         当社にて、顧客が直接雇用する社員の採用代行サービスを提供しております。
     (3)  国内サービス系アウトソーシング事業

         アメリカンエンジニアコーポレイション等にて、主に米軍施設向けサービスを提供しております。
         株式会社アウトソーシングトータルサポート等にて、主にイベント・キャンペーン等における販売促進支援の人
        材サービスや、コールセンター向け人材サービスを提供しております。
                                  8/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     (4)  海外技術系事業
         OUTSOURCING       OCEANIA    HOLDINGS     PTY  LIMITED、OUTSOURCING            TALENT    IRELAND    LIMITED、CPL        RESOURCES
        LIMITED、CPL       SOLUTIONS     LIMITED等では、豪州にて、ITエンジニアをはじめ経理・会計等の各種専門家を主に中
        央政府・金融系顧客に提供する人材サービス、建築・建設セクター向けの人材サービス、州政府やインフラ・金融
        セクター向けのICT分野の請負やアドバイザリー事業、トレーニングスクール運営事業を行っております。ま
        た、欧州にて、Oracle製品に特化した独立系・フリーランスのコンサルタントを顧客に提供する技術系アウトソー
        シングサービスを行うほか、IT技術者派遣や、金融、製薬、ライフサイエンス、医療、ヘルスケア等の幅広い産
        業向けに専門スキル人材の派遣や人材紹介、マネージドサービス等を提供しており、アジア及び南米では、技術者
        派遣を中心としたアウトソーシングサービスを行っております。
         CDER   GROUP   INTERNATIONAL       LIMITED等では、英国にて、自社開発した債権回収プロセス最適化システムを活用
        し、自治体や中央政府向けに未回収公的債権の回収代行や執行サービスを行っております。
     (5)  海外製造系及びサービス系事業

         OS  (THAILAND)      CO.,   LTD.、PT.      OS  SELNAJAYA     INDONESIA、OS        VIETNAM    CO.,   LTD.、OSI      SOUTH   AMERICA
        HOLDINGS     SpA、OS    CROSS   BRAZIL    HOLDINGS     PARTICIPACOES       LTDA.等では、アジア、オセアニア、南米、グアムに
        て、製造系及びサービス系アウトソーシング事業における派遣・請負サービスを提供するほか、アジアにてホワイ
        トカラー人材の派遣・紹介ビジネスと給与計算代行を中心とした人材サービス等を提供しております。
         ALP  CONSULTING      LIMITED、OS      HRS  SDN.   BHD.等では、インドにて、人材派遣を中心に人材紹介や人事労務コンサ
        ルティング等の人材サービス及びペイロールサービスを提供するほか、マレーシアを本拠地に、アジア、欧州にお
        いて、給与計算代行サービスをはじめとする人事BPOサービスを提供しております。
         OSI  Holding    Germany    GmbH等では、ドイツにて、メーカーを中心とした人材派遣、請負、人事コンサルティング
        事業や医療機関への人材派遣等を行っております。
         OTTO   Holding    B.V.、OSI     Netherlands      Holdings     B.V.、OTTO      Nederland     B.V.等では、中東欧EU諸国の採用
        ネットワークからオランダやドイツの大手流通・小売関係を中心に労働力を供給するとともに、労働協定を締結し
        ているウクライナやモルドバ等からポーランドへ労働力活用の流れを作る等、国境を越えた人材流動化を行ってお
        ります。
         OUTSOURCING      UK  LIMITED等では、英国にて、英国各省庁への会計関連のコンサルティングサービス、政府及び非
        営利セクター向けの人材派遣・人材紹介を行うほか、中央政府・地方政府へのBPOサービスを行っております。
        また、豪州にて中央・州政府向けの人材派遣・人材紹介・請負事業等、総合人材ソリューションサービスを提供し
        ております。
     (6)  その他の事業

         特例子会社である株式会社OSBSにて、当社グループ等から受託した給与計算や事務業務を行うほか、補聴器
        販売及び手話教室事業を行っております。
                                  9/180









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         [事業系統図]
         以上述べた事項を事業系統図によって示すと以下のとおりであります。
                                 10/180




















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                            議決権の所有
                                   主要な事業の
         名称           住所        資本金                (又は被所有)         関係内容
                                     内容
                                            割合(%)
     (主要な連結子会社)
     ㈱アバンセコーポレー                            国内製造系アウト                 役員の兼任1名
                 名古屋市中村区            50百万円                  53.9
     ション(注5)                            ソーシング事業                 業務の受託
     ㈱サンキョウ・ロジ・                            国内製造系アウト
                 東京都渋谷区            37百万円                 100.0     業務の受託
     アソシエート(注5)                            ソーシング事業
                                 国内製造系アウト
     ㈱ORJ(注5)           大阪市北区            50百万円                 100.0     業務の受託
                                 ソーシング事業
     ㈱アウトソーシング
                                 国内サービス系アウ
     トータルサポート(注           東京都千代田区            275百万円                  100.0     業務の受託
                                 トソーシング事業
     5)
                                 国内技術系アウト             99.9
     ㈱アネブル           愛知県刈谷市            100百万円                      業務の受託
                                 ソーシング事業             [99.9]
                                 国内技術系アウト             100.0
     ㈱アールピーエム           東京都新宿区            90百万円                      業務の受託
                                 ソーシング事業            [100.0]
     ㈱アウトソーシングテ
                                 国内技術系アウト                 役員の兼任1名
     クノロジー           東京都千代田区            483百万円                  100.0
                                 ソーシング事業                 業務の受託
     (注5、8、9)
                                 国内技術系アウト             100.0
     アドバンテック㈱           大阪市淀川区            97百万円                      業務の受託
                                 ソーシング事業            [100.0]
                                 国内技術系アウト             100.0
     ㈱シンクスバンク           東京都渋谷区            48百万円                      業務の受託
                                 ソーシング事業            [100.0]
     共同エンジニアリング                            国内技術系アウト             100.0     役員の兼任1名
                 東京都千代田区            50百万円
     ㈱                            ソーシング事業            [100.0]     業務の受託
     アメリカンエンジニア
                 米国                 国内サービス系アウ
     コーポレイション                      20万米ドル                  100.0     業務の受託
                 デラウエア州                 トソーシング事業
     (注5)
     ㈱OSBS(注5)           東京都千代田区            15百万円     その他の事業             100.0     業務の受託
     OS  (THAILAND)      CO.,
                 タイ王国                 海外製造系及びサー             49.0
                           5百万バーツ                       業務の受託
                 バンコク市                 ビス系事業             (51.0)
     LTD.(注4)
                 ベトナム社会主義共
     OS  VIETNAM    CO.,   LTD.
                                 海外製造系及びサー
                 和国           40万米ドル                  100.0     業務の受託
                                 ビス系事業
     (注4)
                 ハノイ市
     PT.  OS  SELNAJAYA
                 インドネシア共和国            6,599百万     海外製造系及びサー             100.0
                                                   業務の受託
                 ジャカルタ市             ルピア    ビス系事業             [38.7]
     INDONESIA
     ALP  CONSULTING
                 インド                 海外製造系及びサー
                          139百万ルピー                    51.1    業務の受託
                 カルナータカ州                 ビス系事業
     LIMITED
     OS  HRS  SDN.   BHD.
                 マレーシア             24百万    海外製造系及びサー                 役員の兼任1名
                                              100.0
                 セランゴール州           リンギット      ビス系事業                 業務の受託
     (注4)
     OSI  SOUTH   AMERICA
                 チリ共和国            4,740百万     海外製造系及びサー
                                              100.0     業務の受託
     HOLDINGS     SpA(注4)       サンティアゴ市            チリペソ     ビス系事業
     OS  CROSS   BRAZIL
     HOLDINGS
                 ブラジル連邦共和国                 海外製造系及びサー
                           57,680レアル                   100.0     -
                 サンパウロ州                 ビス系事業
     PARTICIPACOES       LTDA.
     (注4)
     OSI  Holding    Germany
                 ドイツ連邦共和国                 海外製造系及びサー
                           25,000ユーロ                   100.0     -
                 アウクスブルク市                 ビス系事業
     GmbH(注4)
     OSI  Netherlands
                 オランダ王国                 海外製造系及びサー
                             1ユーロ                 100.0     -
     Holdings     B.V.(注4)       フェンラユ                 ビス系事業
                                 11/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                            議決権の所有
                                   主要な事業の
         名称           住所        資本金                (又は被所有)         関係内容
                                     内容
                                            割合(%)
     (主要な連結子会社)
     OTTO   Holding    B.V.
                 オランダ王国                 海外製造系及びサー             100.0     役員の兼任3名
                           90,760ユーロ
                 フェンラユ                 ビス系事業            [100.0]     業務の受託
     (注8)
     OTTO   Nederland     B.V.
                 オランダ王国                 海外製造系及びサー             100.0
                           18,100ユーロ                        -
                 フェンラユ                 ビス系事業            [100.0]
     (注8、9)
     OUTSOURCING      OCEANIA
                 オーストラリア連邦
     HOLDINGS     PTY  LIMITED                101豪ドル     海外技術系事業             100.0     役員の兼任1名
                 メルボルン市
     (注4)
     CDER   GROUP
     INTERNATIONAL           英国                             100.0
                           23百万ポンド       海外技術系事業                 -
                 ロンドン市                             [100.0]
     LIMITED
     (注4、6、9)
     OUTSOURCING      UK
                 英国                 海外製造系及びサー
                           44百万ポンド                   100.0     役員の兼任1名
                 ロンドン市                 ビス系事業
     LIMITED(注4、9)
     OUTSOURCING      TALENT
                 アイルランド
     IRELAND    LIMITED                 320百万ユーロ       海外技術系事業             100.0     役員の兼任3名
                 ダブリン市
     (注9)
     CPL  RESOURCES
                 アイルランド                             100.0
                           2百万ユーロ      海外技術系事業                 役員の兼任2名
                 ダブリン市                             [100.0]
     LIMITED(注5、8)
     CPL  SOLUTIONS
                 アイルランド                             100.0
                          1,185.6ユーロ       海外技術系事業                 役員の兼任1名
                 ダブリン市                             [100.0]
     LIMITED(注8、9)
    (注1)    「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
    (注2)    議決権の所有割合の[ ]内は、間接所有割合を内数で示し、( )内は緊密な者又は同意している者の所有割
        合を外数で示しております。
    (注3)    上記の会社は有価証券届出書又は有価証券報告書を提出しておりません。
    (注4)    資金の一部を貸付けております。
    (注5)    資金の一部を借入れております。
    (注6)    2023年3月22日付で当社連結子会社であるJ.B.W.                       GROUP   LIMITEDはCDER       GROUP   INTERNATIONAL       LIMITEDに商号変
        更いたしました。
    (注7)    上記以外に連結子会社が196社、持分法適用会社が2社あり、連結子会社の数が合計225社、持分法適用会社の数
        が合計2社となります。
                                 12/180









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
    (注8)    下記の子会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上収益に占める割合が10%を
        超えております。
             主要な損益情報等             ㈱アウトソーシングテクノロジー
          (1) 売上高                         113,236百万円
          (2) 経常利益                          5,515百万円
          (3) 当期純利益                          3,887百万円
                                    18,333百万円
          (4) 純資産額
                                    45,237百万円
          (5) 総資産額
                              OTTO   Holding    B.V.

             主要な損益情報等
                                   125,840百万円
          (1) 売上高
                                    3,834百万円
          (2) 経常利益
                                    2,808百万円
          (3) 当期純利益
                                    6,053百万円
          (4) 純資産額
                                    57,649百万円
          (5) 総資産額
         上記の数値はOTTO         Nederland     B.V.を含めた子会社30社を連結したものであります。
                             CPL  RESOURCES     LIMITED

             主要な損益情報等
                                   109,268百万円
          (1) 売上高
                                    5,668百万円
          (2) 経常利益
                                    4,762百万円
          (3) 当期純利益
                                    34,788百万円
          (4) 純資産額
                                    55,754百万円
          (5) 総資産額
         上記の数値はCPL        SOLUTIONS     LIMITEDを含めた子会社48社を連結したものであります。
    (注9)    特定子会社に該当しております。
                                 13/180











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2023年12月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                  28,050
           国内技術系アウトソーシング事業
                                                  26,431
           国内製造系アウトソーシング事業
                                                   4,137
          国内サービス系アウトソーシング事業
                                                  13,047
               海外技術系事業
                                                  54,397
           海外製造系及びサービス系事業
                                                    481
               その他の事業
                                                  126,543
                 合計
     (注1)    従業員数は、就業人員であります。
     (注2)    時給制・日給制・月給制・年俸制や短期・長期等様々な雇用形態が存在しております。
      (2)提出会社の状況

                                                  2023年12月31日現在
                   従業員数(人)           平均年齢(歳)          平均勤続年数(年)           平均年間給与(円)
         内勤社員               1,228           40.4           4.7        5,343,281
         外勤社員               17,907            38.9           2.2        3,603,246
                       19,135            39.0           2.4        3,714,914
        合計又は平均
     (注1)    従業員数は、就業人員であります。
     (注2)    内勤社員とは、営業従事者、事務作業従事者及び管理職等の総称であります。外勤社員とは、顧客メーカーに
         おける現場作業従事者の総称で稼動中の派遣契約社員を含みます。
     (注3)    平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (注4)    記載の内容は、主に国内製造系アウトソーシング事業に該当するものであります。
     (注5)    従業員数が前事業年度末に比べ6,622名増加しておりますが、これは2023年7月1日付の国内製造系セグメント
         のグループ再編に伴う子会社の統廃合によるものです。
      (3)労働組合の状況

         当社の労働組合は「アウトソーシング労働組合」と称し、2009年4月18日に企業内組合として結成され、上部
        団体として電機連合(全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会)に加盟しております。
         なお、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                 14/180









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (4)管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金の差異
        ① 提出会社
                             当事業年度
                                   労働者の男女の賃金の差異(%)

     管理職に占める女性           男性労働者の育児休                        (注)1.
     労働者の割合(%)           業取得率(%)
       (注)1.           (注)2.                       正規雇用
                              全労働者                   パート・有期労働者
                                         労働者
             9.1           10.8           83.6           86.4           84.2

     (注)   1.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)の規定に基づき算出したもの
          であります。
        2.「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規
          定に基づき、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成
          3年労働省令第25号)第71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであります。
        ② 連結子会社

                              当事業年度
                                        労働者の男女の賃金の差異(%)

                管理職に占める女性         男性労働者の育児休
                                            (注)1.
                労働者の割合           業取得率
         名称
                  (%)         (%)
                                             正規雇用         パート・
                  (注)1.         (注)2.         全労働者
                                             労働者        有期労働者
     ㈱アネブル                 0.0         -        95.2         94.5          -
     ㈱アウトソーシングテク
                      6.8        53.6         83.1         84.1         75.4
     ノロジー
     ㈱ORJ                 21.7          -        70.1         81.0         68.4
     ㈱アールピーエム
                      21.7         25.0         60.4         61.0         59.0
     ㈱アウトソーシングトー
                      38.9         0.0        95.7         87.0        102.7
     タルサポート
     共同エンジニアリング㈱                 12.2         21.4         84.6         88.7         61.6
     ㈱OSBS                 62.6          -        100.9         103.0         101.9
     ㈱モバイルコミュニケー
                       -        30.0         86.6         87.0         99.0
     ションズ
     アメリカンエンジニア
                       -        38.5         79.3         78.2         75.4
     コーポレイション
     アドバンテック㈱                 22.7         50.0         92.6         83.5         95.0
     ㈱アバンセコーポレー
                      16.1        100.0         80.9         71.4         81.4
     ション
     ㈱サンキョウ・ロジ・ア
                       -         -        70.2         82.0         75.1
     ソシエート
     (注)   1.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)の規定に基づき算出したもの
          であります。
        2.「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規
          定に基づき、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成
          3年労働省令第25号)第71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであります。
                                 15/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
     文中の将来に関する事項は、本有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)会社の経営の基本方針

        当社グループは、2020年8月に、環境変化に伴いこれまでの当社単体の経営理念を再定義し、「労働格差をなく
      し、生き甲斐が持てる職場を創出することで、世界の人々の人生を豊かにする。」とのグループ経営理念を掲げまし
      た。
        世の中の急激なグローバル化に伴い、人材サービス企業の果たす社会的役割を再考し、当社グループの事業活動が
      広く社会に還元できる仕組みを追求してまいります。
        また、当社グループは、成長の持続可能性を重視しております。SDGs経営に向けたサステナビリティ方針とし
      て、世界の様々な人々の「就業機会」と「教育機会」の創造を事業を通して実現し、社会課題の解決と事業の成長、
      ステークホルダーへの貢献に、持続的に取り組んでまいります。
     (2)目標とする経営指標

        当社グループは、利益率の改善及び利益成長に軸足を移し、事業の選択と集中によるグループ再編や、スケールメ
      リットに加えてデジタルテクノロジーを活用した販管効率化を加速させ、収益性向上を追求することにより、経営効
      率を高めてまいります。具体的には、中期的経営目標として、2025年度において営業利益率5%超を掲げておりま
      す。連結売上収益は、2024年度8,475億円、2025年度9,455億円、連結営業利益は、2024年度390億円(営業利益率
      4.6%)、2025年度515億円(同5.4%)を計画しております。
        また、当社グループでは、これまでのゼロ金利環境下とは異なる財務戦略に転換し、攻守にバランスの取れた財務
      体質を実現することにより企業価値向上を図ってまいります。
     (3)中長期的な会社の経営戦略

        当社は、2023年2月14日に、2023年12月期から2025年12月期までの3か年の新中期経営計画「VISION2025:
      Building     a New  Stage」を策定いたしました。攻守にバランスの取れた強靭な財務体質や、社員が安心していきいき
      と働ける内部統制・ガバナンス体制を構築した上で、企業価値向上を追求してまいります。重点施策といたしまし
      て、以下を掲げております。
        1.財務体質の改善による経営基盤の強化
        ・ゼロ金利環境下とは異なる財務戦略に転換し、2025年度までに社債及び借入金を当期利益の3倍以内に抑える。
        2.グループ再編によるグローバル内部統制の強化と効率化による利益率向上
        ・連結子会社の統廃合を含めたグループ再編を実行し、ガバナンスの強化と事業効率化による利益率の向上を実現
         する。
        3.ニーズの変化を捉えたオーガニック成長の強化
        ・ポストコロナ時代の人材ニーズの変化を機動的に捉え、既存ビジネスの持続的な成長を実現する。
        4.販管効率の向上につながる最新テクノロジーを組み入れた営業・管理体制の構築
        ・デジタルテクノロジーを活用しながら、業界の慣習に囚われない取組をグループ横断的に実行し、販管効率を向
         上させる。
        当社グループは、近年多くのM&Aを手掛けてまいりましたが、新中期経営計画「VISION2025:Building                                                  a New
      Stage」では、これまでの業績平準化による成長基盤の強靭化戦略により成長を持続させる経営資源を確保できたこ
      とに加えてゼロ金利時代から金融政策タイト化への移行を踏まえ、M&A戦略を転換します。今後は新規のM&A投
      資を抑制して財務体質の改善に重きを置き、オーガニック成長に注力してまいります。加えて、「(2)目標とする経
      営指標」記載の財務目標をはじめ、軽量経営の強みをいかして安定的なキャッシュ創出を図ります。
        当社グループは、リーマンショック以降、その時々の環境変化に合わせた的確なビジョン策定と具体的戦略によ
      り、事業ポートフォリオを変化させながら持続的な事業拡大を実現してまいりました。新中期経営計画期間において
      も、M&A戦略の負の部分であった営業利益率の停滞や有利子負債の増加などの経営課題の解消に取り組むほか、経
      営環境の変化に機動的かつ柔軟に対応してビジネスチャンスを切り拓き、更なる成長、ひいては企業価値の最大化を
      目指してまいります。
                                 16/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        SDGs経営を念頭においた中長期的なマテリアリティ(重要課題)及びKPIといたしまして、以下を掲げてお
      ります。
        1.「就業機会の提供」
        ・日本の労働力減少という社会問題の解決に資する在留外国人の就労サポート人数を、2024年までに30万人、2030
         年までに50万人に拡大する。
        ・教育とテクノロジーの力を駆使して、2030年までに3万人を労働集約セクターからスペシャリスト人材へのキャ
         リアチェンジを実現する。
        2.「質の高い教育の提供」
        ・キャリアアップに向けた質の高い教育機会の提供を目的とし、グローバルに展開する研修プログラムの延べ利用
         人数を2030年度までに30万人とし、生産的な雇用への結びつきや働きがいへ貢献する。
        3.「多様性の尊重とダイバーシティ経営の実現」
        ・女性が活躍する社会の実現に向けてグループとしてその推進を行い、当社の取締役及び執行役に占める女性の比
         率を2030年度までに30%にまで高める。
        4.「脱炭素社会の実現に向けた取組強化」
        ・2025年度までに国内グループの営業車両の全てを次世代自動車(電気自動車・ハイブリッド車等)に、2030年ま
         でに海外を含むグループ全体の同比率を70%とする。
        5.「産業全体の生産性の向上」
        ・グローバルかつ幅広い産業で蓄積した生産技術と先端的なデジタル技術を活用し、産業生産性を改善させるスペ
         シャリスト人材を2030年度までに10万人育成し、世界の生産性を向上させる。
        当社は、2023年12月8日付「MBOの実施予定に関する賛同の意見表明及び応募の推奨に関するお知らせ」(以下

      「2023年12月8日付プレスリリース」といいます。)において公表しておりました、いわゆるマネジメント・バイア
      ウト(MBO)(注)の一環として行われる株式会社BCJ-78(以下「公開買付者」といいます。)による当社の普通
      株式(以下「当社株式」といいます。)に対する公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)に関して、賛同
      の意見を表明するとともに、当社の株主の皆様に対して、本公開買付けに応募することを推奨する旨の決議をいたし
      ました。
        なお、当社の上記取締役会決議は、公開買付者が本公開買付け及びその後の一連の手続を経て当社を非公開化する
      ことを企図していること並びに当社株式が上場廃止となる予定であることを前提として行われたものであります。
        (注)「マネジメント・バイアウト(MBO)」とは、一般に、買収対象会社の経営陣が、買収資金の全部又は一
      部を出資して、買収対象会社の事業の継続を前提として買収対象会社の株式を取得する取引をいいます。
        当社株式を非公開化することで、株式市場からの短期的な収益改善圧力に左右されることなく、中長期的な観点か

      ら、①オーガニック成長の加速、②グローバル規模での人材流動ネットワークの確立、③グローバルにおける内部統
      制の強化を通じた経営の効率化、④M&A後のPMI加速とシナジーの最大化等による企業価値の最大化を実現する
      ための施策を支援していく予定とのことです。
     (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        今後の世界経済の見通しにつきましては、インフレ圧力の高まりは2022年後半をピークに緩やかな落ち着きを見せ
      たものの、コロナ禍以前と比べ依然として高く、また、ウクライナ情勢の長期化に加えて、中東地域も不安定な状況
      がさらに悪化したことによる地政学的リスクの高まりや、世界的な原燃料費の高騰など、国際情勢に重大な影響を及
      ぼす事象の発生が続き、これらのリスク増大によって世界経済は、不透明感がなお色濃い状況であります。
        当社グループでは、このように先行きが不透明な事業環境にあっても、持続的成長を実現していくために、以下を
      対処すべき主要課題と捉えております。
      ①  ガバナンス体制の強化

        グローバルに事業拡大している当社及び当社子会社では、買収した会社も含めて健全な経営を行う必要がありま
       す。これを継続して実現するため、各国の法令を尊重しつつも、グローバル経営の視点に立った同一目標・同一管
       理手法を確立し、加えて、内部統制システムを全社に適用し、当社グループ全体のガバナンス強化及びコンプライ
       アンス体制の拡充を図ってまいります。
                                 17/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        当社は、2023年12月20日に株式会社東京証券取引所より公表措置の通知を受け、2024年1月15日に改善状況報告
       書を提出しております。ステークホルダーの皆さまに、多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、改
       めて深くお詫び申し上げます。当社では、当社及び当社子会社における一連の不適切な会計処理の問題(以下
       「2022年訂正事案」といいます。)を受けて当社グループとして策定した再発防止策の実行による内部統制の整
       備・運用を図るとともに、内部管理体制等の強化に努めてまいりました。その結果、当社及び国内子会社におい
       て、発生原因となった企業風土改革・従業員のコンプライアンス意識の醸成・会計リテラシー向上について一定の
       成果が現れてきたものと考えておりました。一方で、一部の在外子会社においては、在外子会社側での管理体制の
       脆弱性やコンプライアンス意識の不徹底が存在し、当社の全社的内部統制として、在外子会社に対するモニタリン
       グが不十分であり、内部統制に重要な不備があると認識しておりました。
        そのような状況下、コーポレート・ガバナンスの更なる強化を目的として、経営の監督機能と執行機能の分離を
       より一層明確にし、経営監督機能を強化しながら迅速・果断な意思決定を行うために、指名委員会等設置会社へ移
       行いたしました。
        しかしながら、当社及び国内子会社において、雇用調整助成金の不正受給の疑義及び国内子会社における一部の
       取引先との取引プロセスに疑義等がある旨の問題が発生してしまいました。これに伴い、外部調査委員会からは、
       2022年訂正事案を受けた再発防止策が形骸化している旨が指摘され、また、再発防止策に対する真摯な取組及びそ
       の理解・浸透の徹底、稟議手続等における実効的な牽制機能の実現、及びコンプライアンス意識の再徹底が提言さ
       れました。これを受け、新たな再発防止策を決議するに至り、その内容は、2022年1月に公表した再発防止策を踏
       襲しつつ、再発防止策をどのように徹底していくかを修正の主な内容としております。また、再発防止策を徹底す
       ることのできる新たな企業風土の醸成・浸透を進めるため、社外取締役をトップとしたOSグループガバナンス委員
       会を設置し、再発防止策の検証と実行を担うことといたしました。
        (再発防止策)

        ・企業風土改革
        ・コンプライアンス意識の一層の醸成、再発防止策の徹底
        ・経営体制の強化
        ・コーポレート・ガバナンス体制・組織体制の再構築
        ・内部統制部門の強化
        ・内部通報制度の見直し
        ・会計処理に係る社内ルールや経理会計システムの見直し
        ・実現可能な事業計画・予算の策定
        ・取引先の限定
        このような事態を二度と繰り返さないためにも、これまで実施してきた再発防止の取組を今後も全社一丸となっ
       て継続的に実行・改善し、上場企業にふさわしいガバナンス体制とコンプライアンス体制を維持することで、会社
       の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に励み、株主、取引先、地域社会、従業員等を含むすべてのステーク
       ホルダーの皆さまからの更なる信頼回復に努めてまいる所存です。
      ②  SDGs経営の強化

        当社グループは、サステナビリティ方針に基づき、社会と企業の持続可能な発展に貢献できるよう取り組んでお
       ります。この活動をさらに強化し、5つのマテリアリティ(重要課題)に沿ってKPIを定めており、事業を通じ
       て社会問題の解決に寄与しながらSDGsの目標達成に貢献してまいります。
      ③  人材育成による企業体質の強化

        人材を活用したビジネスを行う当社グループは、人材を最も重要な資産として捉えております。人材を適正に扱
       うため、また人材を扱った各種サービスを適正に提供するための基礎的な知識・能力や、生産現場における労務管
       理能力及び生産管理能力を向上するための教育・育成を徹底しております。併せて高度・多様化し続ける顧客ニー
       ズに迅速、柔軟かつ的確に対応するためにも、優秀な人材確保及び人材育成を重要課題として取り組んでおりま
       す。
        今後も、世界で通用する規律・遵法意識を兼ね備え、多様な知識と経験を有する有能な人材を、国籍や性別を問
       わず、グローバルに採用・教育すること通じて、企業体質の強化に取り組んでまいります。
                                 18/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      ④  変動の激しい事業を補完する体制の構築
        製造系アウトソーシング事業は、生産変動の激しい量産工程に対する人材派遣や業務請負を行っている性質上、
       リーマンショックのような大きな景気後退時には、急激かつ大量の雇用解約が発生するのに対し、景気回復時の増
       産時には採用が追い付かず、往時の業績に戻ることのできない同業者が散見され、機会損失が非常に大きな問題と
       なっています。
        このような状況に対し、当社グループでは、急な大型減産でもグループ全体では黒字を維持しながら雇用解約せ
       ずに人材を確保しておき、その後の増産に即時配属して業績を回復できる体制が必要と考えます。そのために製造
       とは異なるサイクルの分野や景気の影響を受けにくい分野の事業拡大を推進し、製造系アウトソーシング事業の売
       上構成比を相対的に抑制しながら、業績平準化による成長基盤の強靭化を目指してまいります。
      ⑤  成長機会を逃がさない基盤構築

        日本国内の人口は減少傾向にあるため人材市場は限定的となり、今後の大きな成長は望めませんが、世界全体で
       は人口は増加傾向にあり、今後30億人増加するともいわれております。当社グループの事業の多くは稼働している
       人員数に業績が連動しているため、人口が増加し余剰感のある国から不足している国へ、グローバルに人材を流動
       化させる体制を構築し、この成長ポテンシャル獲得に取り組んでまいります。併せて、人材流動化スキームで移動
       する労働者をサポートするための事業にも取り組み、雇用を伴わない新たな事業の柱としての確立・発展を目指し
       ます。グローバル人材流動ネットワークを確立した暁には、世界一の人材サービス企業への道も拓けると考えてお
       り、体制構築に向けた成長投資を推進してまいります。
                                 19/180















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     2【サステナビリティに関する考え方及び取組】
       当社グループのサステナビリティに関する考え方及び取組は、次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
      (1)サステナビリティ全般

        ①  ガバナンス
         当社グループは、企業市民として果たすべく社会的使命を「経営理念」として掲げ、常に変化する経営環境の
        下、企業としての成長と中長期的な企業価値の向上に努めるにあたり、株主、取引先、地域社会、従業員等を含
        むステークホルダーとの堅強な信頼関係の持続的な構築に向けて、自律機能、倫理性の高いコーポレート・ガバ
        ナンスを推進しております。
         また、「サステナビリティ基本方針」に基づき、2021年度に行ったSDGs宣言においてマテリアリティ(重
        要課題)の特定とKPIを定めるとともに、執行役経営管理本部長を委員長とするサステナビリティ委員会を設
        置しております。サステナビリティ委員会は、SDGsの目標達成に向けた取組及びESG経営の高度化を含む
        サステナビリティの視点を踏まえた経営を、グループ全社で横断的に推進することを目的とし、当社グループの
        サステナビリティ方針・戦略、重要課題を含む中長期的テーマ及び方向性の審議、KPI進捗のモニタリング等
        を行っております。
        ⅰ)ガバナンス体制について

          当社は、これまで社会環境の変化や経営状況に合わせてガバナンス体制を強化してまいりました。2023年3
         月には、監査等委員会設置会社から指名委員会等設置会社へ移行し、取締役会の監督機能の更なる強化、経営
         の公正性、透明性の確保と効率性の向上に努めております。
        ⅱ)サステナビリティ委員会の主な活動




         (a)ESG関連方針の策定
           「贈収賄・腐敗防止方針」「人権方針」等、7つの
          方針を策定。      各種方針や活動内容等は、当社ホーム
          ページのサステナビリティサイトに公開しておりま
          す。
         (b)マテリアリティ進捗管理
           2021年に策定した5つのマテリアリティについて、
          グループ各社に周知するとともに、進捗管理を実施。
          今後は、グループ各社における管理体制強化に取組ん
          でおります。
         (c)社内浸透活動
           グループ全社、従業員一人ひとりにサステナビリ
          ティ意識を醸成することを目的に「SDGsハンド
          ブック」を配布。また、国内製造系及び国内サービス
          系のグループ会社全社員に7ヵ国語で理解度テストを
          実施いたしました。
                                 20/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        ②  戦略
         世界の様々な国や地域の人と関わりながら社会経済活動を行い、人材サービス事業をグローバルで展開する当
        社グループは、サステナビリティ戦略と事業戦略の連動をより一層促進し、派遣業界の新たな存在意義を創出す
        ることにより、当社グループと社会の持続的な成長の実現を目指しております。
         ⅰ)当社グループの価値創造プロセスにおける事業戦略とサステナビリティ戦略

         ⅱ)サステナビリティについての取組







          当社は、2021年をサステナビリティ元年と位置付け、同年2月に『SDGs宣言』を行い、マテリアリティ
         (重要課題)として、「就業機会の提供」、「質の高い教育の提供」、「多様性の尊重とダイバーシティ経営
         の実現」、「脱炭素社会の実現に向けた取組強化」、「産業全体の生産性の向上」の5つを特定するとともに
         KPIを策定、公表いたしました。さらに、サステナビリティに関連する取組の実効性を高めるべく、「国連
         グローバル・コンパクト」に加盟したほか、「女性のエンパワーメント原則(WEPs)」、「2030年30%への
         チャレンジ」にも加入しました。
          また、管理業務受託事業の中核グループ会社では、外国人の人権・労働問題に取組む一般社団法人ザ・グ
         ローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC)の正会員となり、ASS
         Cと国際協力機構(JICA)が推進する責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム「JP                                            MIRAI」
         に加盟するなど、国際的な連携のもと、持続可能な人材の流動化推進にも主体的に取組んでおります。
          なお、気候変動に係るリスク及び当社の事業等への影響については、KPIとして2025年度までに国内グ
         ループの営業車両のすべてを次世代自動車とすること、また2030年度までに海外を含むグループ全体の比率を
         70%とすることを定めており、また、気候変動に係るデータの収集と分析に努め、有意性が認められると判断
         されたものからTCFDに則した開示を行っております。
          イニシアティブ等の詳細については、当社ホームページの「サステナビリティ イニシアティブへの参画」

         をご参照ください。
                                 21/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         ⅲ)マテリアリティと進捗
        ③  リスク管理
















         当社グループは、サステナビリティ経営におけるリスクと事業に関わるリスクを区別することなく、多様なリ
        スクを的確に認識し、リスクマネジメント体制やモニタリングの強化を進めております。
         当社グループにおけるリスク管理の詳細については、「                           第一部 企業情報 第2 事業の状況 3 事業等の
        リスク   」をご参照ください。
        ④  指標及び目標

         「  ②  戦略  」に表形式で記載の指標及び目標並びに実績をご参照ください。
                                 22/180


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (2)人的資本・多様性
        ①  ガバナンス
         「  (1)サステナビリティ全般 ①               ガバナンス     」をご参照ください。
        ②  戦略

        ⅰ)人材育成方針
          持続的な企業価値の向上に向けたサステナビリティ経営の最も重要となる人材の育成においては、以下の人
         材育成方針を策定し、従業員の成長と組織力の最大化を加速させております。
        ⅱ)社内環境整備方針(労働慣行方針)







          当社グループでは、従前より策定しているサステナビリティに関する方針に包含される「労働慣行方針」に
         基づき、多様性や倫理観、労働条件、身体的及び心理的安全衛生等の環境整備に取組んでおります。
     1.職場における人材育成及び訓練

       私たちは、従業員のキャリア形成とスキル強化・能力開発を促進するため、各種研修や自己啓発など、成長機会の
      提供と支援を行います。
     2.公平・公正な評価・処遇
       私たちは、公正な評価・処遇を徹底し、多様な人材が公平に活躍できる職場の構築に努めています。
     3.適正な労働条件の設定と労働環境の提供
       私たちは、基本的人権と労働条件の向上に配慮し、事業活動を行う各国・地域の労働関係法令に常に準拠します。
      また、私たちは、以下の項目を遵守及び配慮して適正な労働条件の設定と労働環境の提供を行います。
       ・労働時間、時間外労働に関する現地法を遵守し、長時間労働の軽減に注力します。
       ・最低賃金に関する現地法を遵守し、基本的生活にかかる賃金を上回るよう配慮します。
     4.ハラスメント等の非人道的な扱いの禁止
       私たちは、暴力行為、各種ハラスメント等の非人道的な扱いを禁止し、安心できる職場環境となるように努めま
      す。また、ハラスメントに関する相談窓口の設置、社内体制を構築します。私たちは、社員によるこれらの非人道的
      な行為が起こらないよう、社員に対して適切な教育・研修を行います。
     5.結社の自由と団体交渉権の尊重
       私たちは、事業活動を行う国もしくは地域の法令を踏まえ、結社の自由と団体交渉権を可能な限り尊重します。
     6.社会的弱者の支援
       私たちは、社会的少数者や社会的弱者等の社会的立場の弱い人々に対する雇用の支援を行います。
     7.適用範囲
       本方針は、当社グループの役員、勤務するすべての社員(雇用形態を問わない。)に適用されます。
          サステナビリティに関する方針等については、当社ホームページの「サステナビリティ 方針一覧」をご参

         照ください。
                                 23/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        ⅲ)人材育成及び環境整備等における主な活動
         (a)教育体系の策定と研修展開
           当社では、人材育成方針に基づき、体系的な教育研修を実施しております。特にコンプライアンスに関し
          ては、役員・管理職に対する研修を継続的に実施し、コンプライアンスに対する意識・知識の向上を図って
          おり、今後は、全従業員を対象に展開する計画ほか、従業員の役職や業務に応じた知識習得、スキルアップ
          等の場として活用できるよう、引き続きコンテンツの充実を図ってまいります。
         (b)従業員満足度調査の実施とエンゲージメント向上プロジェクトの始動






           当社では、2022年より、ES(Employee                    Satisfaction:
                                            2023年度 活動テーマ
          従業員満足度)向上に向け、従業員満足度調査を実施して
                                      1.企業理念の浸透
          おります。その調査から把握した従業員の意識や課題等の
                                      2.キャリアアップ機会の提供と内容の拡充
          結果から、従業員エンゲージメントを高めるための「エン
                                      3.人事制度の公平性と透明性確保
          ゲージメント向上プロジェクト」を始動させました。本プ
                                      4.社員教育体系の確立と研修成果の反映
          ロジェクトは、従業員のエンゲージメントを高め、社員と
                                      5.2WayCommunication文化の醸成
          会社の結びつきを強固にし、社員の「愛社精神」や「帰属
                                      6.タレントパレットの拡充と人材バンク化の
          意識」を高めることで会社業績の向上へ寄与することを目
                                        整備
          的としています。本プロジェクトでは「活動テーマ」を設
                                      7.ワーク・ライフ・バランスの充実と徹底
          定して、テーマごとにタスクフォースを設けて取組んでお
                                      8.安心・安全・健康施策の充実
          ります。
           この活動に加え、経営陣による営業所現場の巡回及び全営業所従業員との面談を通じ、従業員が仕事の中
          で真のやり甲斐を見いだして建設的で意欲的に仕事のできる環境づくり、自由闊達な議論ができる風土づく
          りを促進してまいります。
         (c)女性活躍推進起点の環境整備

           当社では、女性マネジメント候補の育成及び輩出を見据えて、2018年2月に「女性活躍推進プロジェク
          ト」を発足いたしました。女性が活躍するための意識改革や環境整備に力を入れており、4つの分科会を設
          け、育児・介護に関する研修や制度周知、意識改革セミナーの実施、グループ会社マネジメント層へのイン
          タビュー動画配信、他部署体験制度の運用等の活動を行っております。これらの活動を通じてジェンダー平
          等や女性が能力を発揮できる社会づくり、社内改革等、企業価値向上に繋がる取組を進めてまいります。
                                 24/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (d)労働安全衛生及び心と身体の健康づくり推進
           当社は、「人間尊重」を基本理念として、従業員が心身共に健康で安全に働ける職場環境の形成を目指し
          ています。様々な国と地域で活躍するすべての従業員が安心・安全で、生き甲斐が持てる職場を創出するた
          め、また、労働に関係する負傷及び疾病を防止するために、一人ひとりが主体性を持ち、安全衛生を最優先
          する活動に力を入れております。
           また、毎月、具体的なテーマ(たとえば生活習慣病予防や睡眠に関して等)を設けた保健だよりの発行
          や、定期的に心と身体の健康に関する動画研修を実施しています。特に昨今のテレワーク環境におけるメン
          タルヘルスケアには注力し、ストレスチェックテストの実施や、電話カウンセリングの相談窓口を設けて、
          社員の心と体の健康管理の支援体制も拡充してまいります。
         (e)D&I(Diversity           and  Inclusion)に根差した雇用の率先

          i.外国人の就労サポート
            当社グループでは、日本の労働力減少という社会問題の解決に資する在留外国人の就労サポート人数
           を、2024年までに30万人、2030年までに50万人に拡大するという目標を掲げ、外国人技能実習制度・特定
           技能制度に関連する事業を積極的に展開しております。グループ会社の株式会社ORJは、技能実習生・
           特定技能外国人の受け入れに伴い、採用・労務・福利厚生・安全衛生・通訳などの人事労務の専門的なサ
           ポート、行政書類の作成支援やコールセンターでの相談受付、住宅や通信機器の手配など、日本での生活
           面におけるサポートを行っています。また、現在は技能実習生のみならず、全在留資格の外国人にサービ
           スを広げております。
          ⅱ.ウクライナ避難民の受け入れ支援

            当社は、ウクライナ避難民の受け入れについての日本政府の発表を受け、当社グループの経営理念に基
           づく人道支援への取組として、2022年3月に100世帯の避難民の方々を受け入れることを決定いたしまし
           た。当社グループであるオランダOTTOグループでは、ウクライナに6拠点を構え約3,000名のウクライ
           ナ人スタッフが働いております。当社グループは、技能実習生など、日本で働く外国人向け支援で培った
           ノウハウを活用し、運営する日本語学校での語学教育や社員寮の提供等の生活インフラ提供に加えて、派
           遣先企業への協力依頼や雇用支援を行っております。
          ⅲ.障がい者の雇用支援

            当社グループは、求職活動において障壁となる可能性のある障がい者の方の雇用を特例子会社である株
           式会社OSBSのほか、特例認定グループ企業において積極的に行っております。
        ③  リスク管理

         「  (1)サステナビリティ全般 ③               リスク管理     」をご参照ください。
        ④  指標及び目標

         人材育成方針及び社内環境整備方針に関する指標及び目標並びに実績は次のとおりです。
        ⅰ)人材育成方針
           スペシャリスト人材の人数
                                               (対象会社の範囲:連結)
             指標                  目標                  実績

     スペシャリスト人材の人数(名)                  2030年度末までに100,000                  2022年度 45,421

        ⅱ)社内環境整備方針

           役員総人数に占める女性の比率
                                               (対象会社の範囲:単体)
             指標                  目標                  実績

     役員総人数に占める女性の比率(%)                  2030年度末までに31.8                  2022年度 26.7

                                 25/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (3)気候変動
         気候変動につきましては、TCFDフレームワークに準拠して記載しております。
        ①  ガバナンス
         「  (1)サステナビリティ全般 ①              ガバナンス     」をご参照ください。
        ②  戦略

         当社グループは、気候変動やそれに伴う各国の政策などの影響を受ける可能性が高いため、シナリオ分析を実
        施し、明確化されたリスク・機会に対し、対応策を検討しました。シナリオ分析はサステナビリティ委員会を中
        心に、取締役会や各事業本部と連携して実施しました。分析は国内製造系アウトソーシング事業、国内技術系ア
        ウトソーシング事業、国内サービス系アウトソーシング事業を対象に、各事業の特性を踏まえて1.5℃/2℃シナ
        リオ、4℃シナリオの2つの温度帯ごとに、当社グループの事業に影響を与える可能性のあるリスク・機会を特
        定したうえで、一部項目については2030年における財務影響を含め検討しました。検討に際して前提としたそれ
        ぞれの温度帯の世界観、及び参照シナリオは下表のとおりです。
                          1.5/2℃                  4℃

              時間軸            2030年                 2030年

                   社会全体が脱炭素に向けて変革を                 経済発展を優先し、世界の温度上

              世界観     遂げ、温度上昇の抑制に成功する                 昇とその影響が悪化し続けるシナ
                   シナリオ                 リオ
                   IEA:   NZE,   SDS            IEA:   STEPS

               参照
              シナリオ      IPCC:   RCP1.9,    2.6,   4.5       IPCC:   RCP8.5
        (シナリオ分析)

          シナリオ分析を行った結果、当社グループにおける重要なリスク・機会を下表のとおり特定しました。な
         お、シナリオ分析に際しては、時間軸を短期(3年)、中期(7年)、長期(22年)に定め、気候変動に伴う
         リスク(移行リスク・物理的リスク)と機会を1.5℃                         /2℃シナリオ及び4℃シナリオを前提に評価しておりま
         す。
                                 26/180










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     リスク・機会の                                 財務インパ      発現
                 内容         事業へのインパクト                         対応策
       分類                               クト※1     時期
                                             CO2・温室効果ガス排出管理ク
                        スコープ1・2排出量に対し                      ラウドサービスを用いて、CO2
            カーボンプライシング制
        政策・                て、課税された場合、自社排                      温室効果ガス排出量の算出・
            度の導入による炭素税負                           小    短期
        法規制                出にかかる炭素税負担額が増                      可視化・情報開示を実施する
            担額の増加
                        加する                      とともに、省エネ・再エネの
                                             導入を検討
     移
                        低炭素技術や次世代技術領域
     行
            既存の製品やサービスを                                 次世代技術のスキル獲得の強
                        における技術者派遣やプロ
     リ
            排出量の少ないものへの                           小    中期  化と顧客の要望に合致する派
                        ジェクト受注の機会の減少に
     ス
            置き換え                                 遣の実施
                        伴い、営業利益が減少する
     ク
        技術
                        営業車両をガソリン車から次                      イニシャルコストは若干の増
                        世代自動車(電気自動車・ハ                      額になる一方、燃費向上によ
            低排出技術に移行するた
                        イブリッド車等)に代替する                小    中期  るランニングコスト削減によ
            めのコスト
                        ことでリース契約料にコスト                      り、増額分を相殺できると想
                        が上乗せされる                      定
                                             BCPを継続的に見直し、改善
     物                                        し、際涯時等における緊急対
                        台風等の災害の激甚化によ
     理                                        策本部と指揮命令体制の整備
            台風等の極端な気象事象            り、事業活動が制限された場
     リ   急性                               小    長期   及び、安否確認システムの構
            の発生            合、休業による収益力の低下
     ス                                        築や帰宅支援マップの配布、
                        により営業利益が減少する
     ク                                        災害備蓄品の拡充、安否確認
                                             訓練等の実施
            働き方改革の一環を通じ
            たCO2削減手段として、
            在宅勤務を推奨すること
            により通勤時に発生する
                        在宅勤務が推奨されることに
            CO2を削減すると同時
                                             在宅勤務制度の継続及び更な
                        より通勤にかかる費用が削減
            に、通勤交通費のコスト
                                             る推進
                        される
            が削減される。また、営
                                             Web会議、Chatツールの全社適
            業車両をガソリン車から                           小    短期
                        また、営業車両をガソリン車
                                             用及び品質向上
            次世代自動車(電気自動
                        から次世代自動車に入れ替え
                                             電気自動車・ハイブリッド車
            車・ハイブリッド車等)
                        ることで、走行コストが削減
                                             などへの入れ替え実施・推進
            に入れ替えることで脱炭
                        される
            素社会の実現に向けた取
            組に貢献し、ステークホ
            ルダーからの評価につな
            がる
                        会社が脱炭素施策に取組むこ
            環境領域に注力すること            とで会社自体の評価が上が                      GHG排出削減に関する目標を策
            による市場価値の向上に            り、競合他社と比べて、顧客                小    短期  定し、事業戦略として取組む
       機会
            伴う市場シェアの拡大            から選定される可能性が高ま                      ことを明確化
                        り、売上収益が増加する
                                             これまで以上に多種多様な国
                                             籍・年齢層等のユーザーは使
                                             用することを想定し、より扱
                                             いやすいユーザーインター
                        オンライン求人マッチングプ
                                             フェイスへのアップデートを
                        ラットフォーム等の需要が増                小    長期
                                             実施
                        加し、売上が増加する
                                             オンライン面接の実施
                                             使用者増加に伴う、サーバー
            気候変動(適応)に係る
                                             の強化
            人材の需要増
                                             気候変動により就労場所の変
                                             化(人の移動)がより活発にな
                        気候変動の適応に関連する
                                             ると想定し、WBBプラット
                        フィービジネスの拡大のチャ
                                             フォームの構築を継続して推
                                       小    長期
                        ンスが生まれ、売上機会が増
                                             進することで、その需要を獲
                        加する
                                             得
                                             ※WBB:WORKING       Beyond    Borders
                                 27/180


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        ※1 財務影響の判断基準は、当社グループの売上収益の割合をもとに以下のとおり設定しています。
           大:44億円以上
           中:11億円以上~44億円未満
           小:~11億円未満
         リスクについては、事業戦略等に及ぼす重大な影響は特定されませんでした。しかしながら、刻々と変化する

        世界情勢に注視しつつ、気候変動が当社グループに及ぼす影響と当社の目指す事業戦略を適宜照らし合わせ、継
        続的な評価の見直しとステークホルダーに向けた情報開示に努めてまいります。
         機会においては、当社グループの事業戦略やビジネスモデル等を考慮し、気候変動に関するビジネスチャンス
        や社会及びステークホルダーの求めるニーズを特定しました。これに基づき、今後の事業展開を進めていくと共
        に、気候変動についての国際的枠組み及び規範についても支持・尊重し、温室効果ガス排出量削減等に関して目
        標を掲げ、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。
        ③  リスク管理

         「  (1)サステナビリティ全般 ③              リスク管理     」をご参照ください。
        ④  指標と目標

         当社グループは、「2050年カーボンニュートラル」の実現に向け、当社の活動におけるGHG(CO2・温室効果ガ
        ス)排出量(以下、「GHG排出量」といいます。)を2030年までに25.9%(2023年度比)削減することを目標とし
        て策定しました。
                                                    ※概算
                         基準年        基準年実績          目標年        目標内容

                                                 15,427    tCO  ²

                                          2030年
                                20,819    tCO  ²
            Scope1+2
                         2023年
                                          2050年       実質ゼロ
            Scope3                      -       2050年       実質ゼロ

        当社グループの事業活動に伴うGHG排出量データは、以下のとおりです。

                                              (単位:tCO²)※概算
                         Scope1         Scope2       Scope1+2         Scope3

               2022年          31,034         1,688        32,722         -

               2023年          19,219         1,600        20,819         -

          ※GHGプロトコルに基づき算出
          ※算定対象は、当社、当社国内・海外グループ全体
                                 28/180







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     3【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」といいます。)の状況に重要な影響を与える可能性があると認識
      している主要なリスクは、以下のとおりであります。当社グループでは、これらのリスクを把握し、発生の可能性を
      認識したうえで、可能な限り発生の防止に努め、また、発生した場合の的確な対応に努めていく方針であります。
        なお、本項目に含まれる現在及び将来に関するこれらのリスクは、本有価証券報告書提出日現在において判断、予
      想したものであります。また、本項目において、当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期、当該リスクが顕在化
      した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響について合理的に予見することが困難な場合には、その可
      能性の程度や時期・影響についての記述は行っておりません。加えて、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項に
      つきましても、投資家の投資判断上、重要であると考えられる事項は、投資家に対する積極的な情報開示の観点から
      記述しております。
        (1)自然災害等による影響

          当社グループは、地震、台風、火災、洪水等の災害、地球温暖化等の気候変動の進行による影響を受けた場
         合、戦争や内戦などの紛争、テロ行為、コンピュータウイルスによる攻撃等が起こった場合や、それにより情報
         システム及び通信ネットワークの停止または誤作動が発生した場合、また、強力な新型インフルエンザ等の感染
         症が流行した場合、当社グループの事業活動が制限され、経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
        (2)法的規制及びその変更の可能性について

          当社グループが行う国内の各アウトソーシング事業は、労働基準法・労働者派遣法及びその他関係法令により
         規制を受けております。
          各アウトソーシング事業のうち、請負については、現時点では請負自体を規制する法律はありませんが、労働
         者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(以下、「告示37号」といいます。)等により、派
         遣と請負については明確に区分されております。当社グループでは、安定雇用にフォーカスした「告示37号の独
         自の解釈基準」を作成し、活用することにより、偽装請負のリスクを回避し、コンプライアンスを保った請負を
         推進しております。
          契約社員や期間従業員等、雇用契約に期限がある有期雇用につきましては、2020年4月に改正労働者派遣法が
         施行され同一労働同一賃金が導入されたほか、2021年1月施行の労働者派遣契約の電子化が認められる等の改
         正、同4月施行の雇用安定措置の情報聴取強化、2022年においても4月施行の育児休業・介護休業の取得要件緩
         和など、有期雇用労働者の保護を目的とした法改正が繰り返されております。
          このような労働関係法令のほかにも、個人情報保護法や内部統制に関する規制、東京証券取引所プライム市場
         に上場する企業としての諸規則等の規制も受けております。当社グループでは、法令遵守を第一義に考えてお
         り、法務関連部門や内部統制関連部門を中心に、関係法令の教育・指導・管理・監督体制の強化を積極的に推進
         しております。
          同様に海外の各アウトソーシング事業においても、進出国の労働関係法をはじめとする各法令によって規制を
         受けておりますが、各国の大手法律事務所を活用して法令遵守を第一に運営しております。加えて、グローバル
         ガバナンス・プロジェクト活動にも注力し、当期はとりわけ海外グループ会社に対するガバナンスを強化してお
         ります。
          しかしながら、今後、国内外の社会情勢の変化等に応じて新たな法の制定・改正または解釈の変更等が生じた
         場合や、当社グループと規制当局との間で見解の相違等が生じた場合には、当社グループの経営成績等に影響を
         及ぼす可能性があります。
                                 29/180







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        (3)取引先業種の景況等による影響について
          当社グループが行う製造系アウトソーシング事業は、メーカーの量産工程における生産変動部分を請け負う性
         質から、すべての業種において景気の悪化をあらかじめ想定しており、取引先業種をバランスよく分散させるこ
         とによって、景況による影響を受けにくくしております。
          また、当社グループでは、自動車産業や医薬医療産業等の各種産業に特化して専門性を高めていく戦略であ
         り、メーカーの研究・開発部門を請け負う技術系アウトソーシング事業も展開しております。このため、その特
         化した業種の景況に左右されることが想定されますが、業種を超えてグループ会社間を技術者が異動することに
         より、景況による影響を受けにくくしております。
          しかし、進出した国が大きな不況に陥り、当該国の生産量や研究開発全体が落ち込むような場合には、当社グ
         ループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
          また、IoT、AIに代表される技術革新に伴いデータの活用領域が拡大することで、様々な産業分野、ビジ
         ネスモデルに変化がもたらされることが想定されます。これらの変化に充分に対応できない場合、将来にわたり
         市場での地位を喪失する等、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
        (4)必要な人材の確保について

          近年、日本国内においては、リーマンショックのような経済危機、大震災や洪水といった天災等の影響によ
         り、生産が低迷して人材の余剰感が高まる時期や、その後の景気回復等によって一転増産となる等、人材の不足
         感が高まる時期が繰り返されております。
          このように、様々な外部環境により変化するメーカーニーズに対して、当社グループでは、個々のメーカーの
         ニーズにあった外部人員活用の提案をしており、また、提案を実現するための人材確保を重視しております。
          人材派遣のビジネスモデルは労働者供給であり、他方、メーカーが直接雇用を行うことに対する採用代行のビ
         ジネスモデルは労働者紹介であることから、供給及び紹介する人材の採用数を増加することが重要になります。
          そこで当社グループは、グループのグローバルな採用ネットワークに加え、現地の大学との提携等、様々な取
         組によりブランディングを強化することで、同業他社との差別化と募集数の拡大を同時に図っております。
          技術系については、大規模な新卒採用と同時に、未経験者の雇用を促進し、当社グループ内のKENスクール
         で教育研修を行って配属するスキームを展開し、業界トップの採用人数を実現しております。
          一方、請負のビジネスモデルは、労働者の供給や紹介である派遣や採用代行とは異なり、生産効率を向上させ
         るために、請負現場における個々の人材のスキルアップが不可欠となります。そのため、メーカーから招聘した
         人材育成の体制構築に必要となる技術やノウハウを持ったキーパーソンを中心とし、キャリアパス・キャリア
         アップ制度、事業所ごとに設定した適切な教育制度や評価報酬制度等の人材育成体制を充実させ、人材の育成に
         注力しております。この体制整備は、請負体制の構築に必要なコアとなるリーダーの人材を安定的に確保するこ
         とも目的としております。
          現場管理者の確保においても、労働者にとって魅力的なキャリアパス制度を提示することにより、同業他社と
         の差別化を図っております。
          また、採用過程において、募集広告に関する地域・メディア分析によって広告の効率的な投下を目指すととも
         に、リアルタイム面接予約システムやマッチングシステムの導入、さらには採用担当者への定期的な研修を行
         い、応募から採用に至る過程における取りこぼしを減少させ、必要な人材の確保に努めております。
          しかし、ニーズの高まりが想定を遥かに上回るペースであった場合のほか、同業他社が当社グループ以上に広
         告宣伝費を投下してより効果的な採用活動を行った場合や、今後AI等の技術革新やSNS等の代替手段が台頭
         し当社グループがそれらに対応できなかった場合には、需要に対応する人数の人材が確保できず、受注機会の損
         失や再募集によるコスト等が上昇し、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
          このほか、当社の管理部門においても、実効性をより高めるべく専門性の高い人材を登用していく想定であり
         ますが、専門性が高く有能な人材の採用競争が激化していることから、確保または育成できない場合、多様化す
         る管理業務の対応がこと細かにできないリスクや、コストが増加する可能性があります。
                                 30/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        (5)海外事業展開に関するリスク
          中長期的な経済環境は、国内市場においては、人口減少による購買力の低下が懸念される一方、海外市場にお
         いては、人口増加及び各種産業の成長によって新興国を中心に消費拡大が見込まれております。
          現在、当社グループの事業活動の半分近くは日本国内で行われていますが、グループ全体の持続的な成長を実
         現するためにも海外事業拡大を重要戦略に位置付けております。
          欧州・オセアニア・北米・南米・アジアに進出している当社グループが、グローバルに事業展開を加速させる
         過程においては、為替リスクに加え、紛争・テロ・誘拐を含む政情不安、経済活動の不確実性、宗教及び文化の
         相違、現地における労使関係等のリスクに直面する可能性があります。
          また、売掛金の回収や、取引相手との関係構築・拡大等の点において、海外の商習慣に関する障害に直面する
         可能性があります。さらに、投資規制、収益の本国送金に関する規制、現地産業の国有化、輸出入の規制や外国
         為替の規制の変更、税制または税率の変更等といった様々な政治的、法的あるいはその他の障害に遭う可能性が
         あります。
          このほか、海外事業の拡大においては、投資利益の実現までに長い期間と多額の資金を要することがあり、投
         資による費用の増加が収益の増加を上回る可能性もあります。
        (6)M&A、資本提携等に関するリスク

          当社グループでは、通常の営業活動によるシェア拡大に加え、事業拡大への経営資源を取得するために、M&
         Aによる企業買収や資本提携等も積極的に推進してまいりました。それらを実施する場合には、対象となる企業
         の財務内容や事業についてデューデリジェンスを行い、事前にリスクを把握するとともに、収益性や投資回収の
         可能性について検討しています。
          しかしながら、国内外の経済環境の変化等の理由から、当社グループがM&Aや資本提携等を行った企業の経
         営、事業、資産等に対して、十分なコントロールを行えない可能性があります。また、買収した企業の顧客基盤
         や人材が流出する可能性もあり、当初に期待したシナジーを得られない可能性もあります。これらの場合、当社
         グループが既に行った投資額を十分に回収できないリスクが存在し、当初の期待どおりに事業を展開できない場
         合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
          さらに、当社グループが、ビジネスパートナーと合弁会社の設立や事業提携を行う場合において、当社グルー
         プが投資先を実質的に支配することや、重要な意思決定を行うことが難しい場合があるというリスクが存在し、
         当初の期待どおりに事業を展開できない場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
        (7)情報管理について

          当社グループでは、メーカーの技術部門である研究・開発工程から製造部門における量産工程までの幅広い分
         野において受注を獲得しており、メーカーの新技術の研究や新製品の開発、生産計画等、機密性の高い情報を知
         りうる立場にあります。また、主力事業であるアウトソーシング事業の特性上、数多くの顧客関係者、採用応募
         者、役員及び従業員等の個人情報を有するため、個人情報取扱事業者に該当し、個人情報の保護に関する法律の
         適用を受けます。顧客情報、個人情報をはじめとした情報の取扱に関する重要性、危険性を十分に認識し、その
         管理にあたっては、情報漏洩及び不正アクセス等を重要なリスクと認識し、情報セキュリティに最善の対策を講
         じるとともに、アウトソーシンググループ企業倫理行動規範、個人情報保護指針及び社内規程を策定し社内に周
         知徹底する等、情報保護体制の確立を図り、厳重な管理を行っております。
          しかし万一、重要な情報の漏洩・流出が発生した場合には、結果として損害賠償責任を負うことがあり、さら
         に信用の失墜により当社グループの経営成績等に重要な影響が及ぶ可能性があります。また、将来的に通信の秘
         密を保障するためのシステム投資及び顧客情報保護体制の整備のため、コストが増加する可能性があります。
        (8)中期経営計画に関するリスク

          当社グループは、2023年2月に2025年度を最終年度とする新中期経営計画「VISION2025:Building                                                a New
         Stage」を発表し、中長期的なビジョンや戦略、事業セグメントごとの注力施策及び計画数値等を公表しており
         ます。これらの計画や数値は、公表時点で入手可能な情報に基づき当社が計画、予想したものであり、実際の業
         績等は、本「事業等のリスク」に記載のリスクをはじめとする様々な要因により、結果として未達となる可能性
         があります。
                                 31/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        (9)のれんの減損に関するリスク
          当社グループは、2016年12月期有価証券報告書から、連結財務諸表についてIFRSを適用していますが、IFRSに
         おいては、日本において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準と異なり、のれんの定額償却は不要となり
         ます。他方、のれんの対象会社における経営成績悪化等により減損の兆候が生じ、その効果である回収可能価額
         がのれんの帳簿価額を下回る場合には、のれんの減損処理を行う必要が生じる可能性があり、かかる場合には当
         社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。
        (10)有利子負債について

          当社グループは、事業基盤と収益力の拡充による中長期的な企業価値の向上のため、M&Aを中心とした投
         資を実施してまいりました。今後、借入金等が増加した場合、当社グループの財政状態が変動する可能性があ
         ります。
        (11)資金調達について

          当社グループは、M&Aによる企業買収や資本提携等を積極的に推進してまいりました。これらの実施を含
         めた必要な事業資金の一部は、金融機関からの借入等により調達しております。今後、当社グループの経営成
         績、財政状態の悪化や金融情勢の変化等により、思うように必要な資金調達ができない場合、当社グループの
         財政状態に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループの金融機関からの借入などには一部で財務制
         限条項のほか、表明保証及び借入人の義務に係る条項が付されているものがあります。いずれかの条項に抵触
         する可能性が発生し、抵触を回避することができない場合、当該債務について期限の利益を喪失する可能性が
         あるほか、これに伴い、その他の債務についても一括返済を求められる可能性があります。その結果、当社グ
         ループの財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        (12)金利の変動リスクについて

          当社グループは、金融機関等から資金調達をしており、その一部を変動金利で調達しております。今後、急
         激かつ大幅な金利変動が生じた場合、金利負担が増加し、当社グループの経営成績等に影響を与える可能性が
         あります。
        (13)為替リスクについて

          当社グループが積極的に行っているM&Aによる海外事業への投資は、為替の変動により、為替換算調整勘
         定を通じて株主資本が増減するリスク、期間損益の円貨換算額が増減するリスクが存在します。これらの為替
         変動リスクは、将来の当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。
        (14)訴訟等に関するリスク

          当社グループは、法令その他諸規則等を遵守すべく、コンプライアンス体制及び内部統制システムの強化を
         経営上の重要課題のひとつとして位置付け、グループ各社の従業員等に対して適切な指示、指導を実施し、反
         社会的勢力との関係遮断や不正行為の防止・発見のために必要な予防策を講じています。
          しかしながら、当社グループ及び役員、従業員等の法令違反等の有無にかかわらず、ユーザ、取引先、従業
         員その他第三者との予期せぬトラブルないし訴訟等が発生する可能性があります。また、特許権等の知的財産
         権による訴訟についても訴訟のリスクがあるものと考えております。
          かかる訴訟等の内容及び結果によっては、当社グループの事業及び経営成績等に影響を与える可能性があり
         ます。また、多大な訴訟対応費用の発生やブランドイメージの悪化等により、当社グループの事業及び経営成
         績等に影響を与える可能性があります。
        (15)情報システムについて

          当社グループの事業活動において、情報システムの重要性が増大しております。当社グループでは、情報シ
         ステムの安定的運用に努めておりますが、自然災害、事故、コンピュータウイルスや不正アクセス等のサイ
         バー攻撃、その他の要因により情報システムに重大な障害が発生した場合、当社グループの事業及び経営成績
         等に影響を与える可能性があります。
                                 32/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①  財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりであります。
        a.財政状態

         (資産)
          当連結会計年度における流動資産合計は206,576百万円となり、前連結会計年度末に比べ11,249百万円の増加
         となりました。これは主に現金及び現金同等物、営業債権及びその他の債権、棚卸資産が増加したこと等による
         ものであります。
          非流動資産合計は217,218百万円となり、前連結会計年度末に比べ10,647百万円の増加となりました。これは
         主に無形資産が減少した一方、使用権資産、のれんが増加したこと等によるものであります。
          この結果、当連結会計年度における資産合計は423,794百万円(前連結会計年度末に比べ21,896百万円の増
         加)となりました。
          なお、国内技術系アウトソーシング事業、国内製造系アウトソーシング事業、国内サービス系アウトソーシン
         グ事業、海外技術系事業、海外製造系及びサービス系事業、その他の事業におけるセグメント資産につきまして
         は、事業規模拡大等によりそれぞれ、89,917百万円(前連結会計年度末に比べ1,924百万円の増加)、241,065百
         万円(同23,710百万円の減少)、28,501百万円(同5,262百万円の増加)、141,851百万円(同11,548百万円の増
         加)、162,608百万円(同20,260百万円の増加)、1,478百万円(同241百万円の増加)となりました。
         (負債)
          当連結会計年度における流動負債合計は204,516百万円となり、前連結会計年度末に比べ20,063百万円の増加
         となりました。これは主に営業債務及びその他の債務、社債及び借入金が増加したこと等によるものでありま
         す。
          非流動負債合計は126,527百万円となり、前連結会計年度末に比べ11,757百万円の減少となりました。これは
         主にリース負債が増加した一方、社債及び借入金が減少したこと等によるものであります。
          また、2023年10月31日に過年度において不正な財務報告が行われていた事実が判明したことにより、当社グ
         ループが主要取引金融機関と締結しているシンジケートローン契約等の表明保証及び借入人の義務に係る条項に
         抵触いたしました。また、当社が金融機関と締結しているシンジケートローン契約の一部には四半期報告書の提
         出期限に係る条項が付されており、2023年12月期第2四半期報告書の提出期限延長により、当該条項に抵触いた
         しました。このため、関連する2,889百万円の借入金の分類を非流動負債から流動負債へ変更しております。
          なお、当連結会計年度末における各財務制限条項への抵触の事実はありません。
         (資本)
          当連結会計年度における資本合計は92,751百万円となり、前連結会計年度末に比べ13,590百万円の増加となり
         ました。これは主に利益剰余金の増加及び為替の影響等を反映したものであります。
        b.経営成績

          当連結会計年度の経営成績は、連結売上収益は749,608百万円(前期比8.6%増、過去最高を更新)、営業利益
         は16,476百万円(前期比27.6%減)、税引前利益は13,607百万円(前期比23.5%減)、親会社の所有者に帰属す
         る当期利益は5,162百万円(前期比51.6%減)となりました。
          利益面では、国内セグメントにおいては半導体の在庫調整局面等を起因とした需要鈍化等、また海外セグメン
         トにおいては欧米における景気の先行き不透明感を背景としたのれん等の減損損失9,051百万円生じたほか、イ
         ンフレに伴う人件費等の増加や南米子会社における係争関連費用を受け、利益を押し下げる結果となりました。
         また、のれんの減損損失は税金計算には加味されないため、税引前当期利益以下の各利益を押し下げる影響を及
         ぼしました。
          セグメントごとの業績は次のとおりであります。国内技術系アウトソーシング事業、国内製造系アウトソーシ

         ング事業、国内サービス系アウトソーシング事業、海外技術系事業、海外製造系及びサービス系事業、5つの報
         告セグメントすべてにおいて、売上収益の過去最高を更新しました。
                                 33/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (国内技術系アウトソーシング事業)
          国内技術系アウトソーシング事業におきましては、人材獲得競争による採用費の高騰及び固定資産の減損損失
         が354百万円生じたものの、旺盛なエンジニアニーズを背景に増収増益となりました。引き続きKENスクール
         を活用した未経験者を教育して配属するスキームにより採用単価の抑制を図ってまいります。各産業における採
         用活動の復活及び採用競争の激化はあるものの、期末外勤社員数は、前期末(2022年12月末)比1,148名増の
         25,861名と、後発ながら業界トップクラスとなっております。製造業の景気変動の影響を受けにくくするための
         重点分野として位置付けているIT分野や建設、医薬分野も引き続き拡大しました。
          以上の結果、売上収益は162,459百万円(前期比8.6%増)、営業利益は11,018百万円(前期比8.7%増)とな
         りました。
         (国内製造系アウトソーシング事業)

          国内製造系アウトソーシング事業におきましては、自動車業界の生産回復があった一方、半導体を含む電気機
         器関連の生産停滞を背景に、前期比で0.8%の増収となりました。利益面ではグループ再編コストや半導体の在
         庫調整局面等を起因とした需要鈍化等によるのれん等の減損損失が4,080百万円生じたことなどにより減益とな
         りました。期末外勤社員数は前期末比1,835名減の24,694名であります。管理業務受託におきましては、顧客
         メーカーの外国人技能実習生活用ニーズは引き続き堅調であり、適切な管理実績を引き続き高く評価され、国内
         首位の事業者として12月末の管理人数は22,215名となりました。
          以上の結果、売上収益は123,389百万円(前期比0.8%増)、営業利益は4,485百万円(前期比35.3%減)とな
         りました。
         (国内サービス系アウトソーシング事業)

          国内サービス系アウトソーシング事業におきましては、製造系とは異なり景気変動の影響を受けにくい米軍施
         設向け事業が主力事業であります。米軍施設の建物や設備の改修・保全業務の需要は堅調であるものの、輸入建
         設資材の船便遅延といった調達リードタイム長期化が継続し、加えて建設資材や海上輸送費の高騰の影響により
         費用が増加したことにより、増収減益となりました。しかしながら米軍施設向け事業においては受注残高を積み
         増しており、中長期での事業収益力は損なわれていないと考えます。
          以上の結果、売上収益は33,553百万円(前期比9.8%増)、営業利益は2,762百万円(前期比13.4%減)となり
         ました。
         (海外技術系事業)

          海外技術系事業におきましては、前期比で増収減益となりました。英国では利益率の高い公的債権回収事業が
         回復傾向を継続し、回収効率が向上した一方で、アイルランドではグローバルIT大手のレイオフ等の先行き不
         透明感が人材紹介事業に一部影響を及ぼしました。インフレに伴う人件費等の費用増となりましたが、派遣事業
         が安定的に手堅く推移しました。
          以上の結果、売上収益は174,873百万円(前期比5.7%増)、営業利益は7,900百万円(前期比1.1%減)となり
         ました。
         (海外製造系及びサービス系事業)

          海外製造系及びサービス系事業におきましては、オランダの大手スーパーを中心としたインターネットショッ
         ピング関連事業だけでなく物流系への注力や派遣単価引上げ、また、ドイツにおける航空業界向けの堅調な需要
         を背景に二桁増収となりました。
          一方、利益面では、欧米における景気の先行き不透明感を背景としたのれん等の減損損失4,617百万円が生じ
         たほか、海外技術系と同様にインフレに伴う人件費等の費用増や南米子会社における係争関連費用を受け、利益
         を押し下げる結果となりました。
          以上の結果、売上収益は255,272百万円(前期比14.9%増)、営業利益は2,106百万円(前期比53.9%減)とな
         りました。
         (その他の事業)

          その他の事業におきましては、特例子会社での障がい者による事務のシェアードサービス事業及び手話教室事
         業等が、計画どおりに推移しました。一方、利益面は賃金上昇等により、利益を押し下げる結果となりました。
          以上の結果、売上収益は62百万円(前期比1.3%増)、営業利益は226百万円(前期比29.0%減)となりまし
         た。
                                 34/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       ②  キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の期末残高は54,469百万円となり、前
        連結会計年度に比べ1,146百万円(2.1%)の増加となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度における営業活動による資金の増加は31,166百万円となりました。これは、税引前利益13,607百
        万円、減価償却費及び償却費20,162百万円、法人所得税等の支払額9,487百万円等を反映したものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度における投資活動による資金の減少は6,864百万円となりました。これは、有形固定資産の取得
        による支出4,068百万円、無形資産の取得による支出1,297百万円、敷金及び保証金の差入による支出1,343百万円
        等を反映したものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度における財務活動による資金の減少は26,359百万円となりました。これは、長期借入れによる収
        入14,281百万円、長期借入金の返済による支出29,427百万円、リース負債の返済による支出10,650百万円等を反映
        したものであります。
                                 35/180
















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       ③  生産、受注及び販売の実績
        a.  生産実績
          当社グループの主たる業務は、提供するサービスの性質上、生産体制、販売経路の記載と関連づけ難いため、
         記載を省略しております。
        b.  受注実績
          当社グループの主たる業務は、提供するサービスの性質上、受注状況の記載につきましても上記a.                                              生産実績
         同様に、記載を省略しております。
        c.  販売実績
          当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                       当連結会計年度
                                      (自 2023年1月1日
                                       至 2023年12月31日)
            セグメントの名称
                              金額           構成比          前期比増減
                             (百万円)            (%)           (%)
       国内技術系アウトソーシング事業                          162,459             21.7            8.6
         電気機器関係                        24,570             3.3           1.3
         輸送用機器関係                        28,627             3.8           5.9
         化学・薬品関係                        13,893             1.8           7.1
         IT関係                        58,199             7.8           16.8
         建設・プラント関係                        23,156             3.1           6.9
         その他                        14,014             1.9           1.0
       国内製造系アウトソーシング事業                          123,389             16.4            0.8
         電気機器関係                        27,160             3.6          △15.8
         輸送用機器関係                        48,361             6.4           1.2
         化学・薬品関係                         7,044            0.9           13.0
         金属・建材関係                         6,772            0.9           3.6
         食品関係                         4,216            0.6           7.7
         その他                        29,837             4.0           16.0
       国内サービス系アウトソーシング事業                           33,553             4.5           9.8
         小売関係                          166           0.0           13.1
         公共関係                        29,255             3.9           11.5
         その他                         4,132            0.6          △1.3
       海外技術系事業                          174,873             23.3            5.7
         電気機器関係                          387           0.1          △30.8
         輸送用機器関係                         5,260            0.7           82.7
         化学・薬品関係                        35,795             4.8           5.6
         IT関係                        44,116             5.9           38.0
         金属・建材関係                          312           0.0          112.7
         建設・プラント関係                         2,406            0.3          △33.7
         食品関係                           5          0.0           75.5
         小売関係                         7,348            1.0           18.8
         公共関係                        54,620             7.3          △11.7
         金融関係                         9,588            1.3          △24.8
         その他                        15,035             1.9           28.9
       海外製造系及びサービス系事業                          255,272             34.1           14.9
         電気機器関係                        16,253             2.2          △43.5
         輸送用機器関係                        17,807             2.4          △14.2
         化学・薬品関係                         5,096            0.7           38.1
         IT関係                         4,310            0.6          △3.4
         金属・建材関係                         3,690            0.5           25.3
         建設・プラント関係                        10,442             1.4           11.9
         食品関係                        13,148             1.7          111.3
         小売関係                        75,082            10.0           14.1
         公共関係                        34,955             4.7           10.5
         金融関係                         2,338            0.3          △11.0
         その他                        72,151             9.6           56.8
       その他の事業                             62           0.0           1.3
               合計                  749,608            100.0            8.6
                                 36/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     (注1)    セグメント間の取引につきましては相殺消去しております。
     (注2)    セグメント区分は、事業の種類・性質の類似性を考慮して行っております。
     (注3)    各セグメントの主な事業
         (a)  国内技術系アウトソーシング事業・・・当社子会社にて、メーカーの設計・開発、実験・評価工程への高
           度な技術・ノウハウを提供するサービス、WEB・スマートフォン等の通信系アプリケーションやECサ
           イト構築、基幹系ITシステム・インフラ・ネットワークの各種ソリューションサービス及び構築、医
           療・化学系に特化した研究開発業務へのアウトソーシングサービス、建設施工管理・設計や各種プラント
           の設計・施工・管理等の専門技術・ノウハウを提供するサービス、ITスクール事業等を行っておりま
           す。
         (b)  国内製造系アウトソーシング事業・・・当社及び当社子会社にて、メーカーの製造工程の外注化ニーズに
           対し、生産技術、管理ノウハウを提供し、生産効率の向上を実現するサービスを行っております。また、
           顧客が直接雇用する期間社員等の採用代行(有料職業紹介)、期間社員及び外国人技能実習生や留学生等
           の採用後の労務管理や社宅管理等に係る管理業務受託事業及び期間満了者の再就職支援までを行う、一括
           受託サービスを行っております。
         (c)  国内サービス系アウトソーシング事業・・・当社子会社にて、米軍施設等官公庁向けサービスや物流向け
           サービス、コールセンター向けサービス等を提供しております。
         (d)  海外技術系事業・・・在外子会社にて、欧州及び豪州を中心にIT、金融、製薬、ライフサイエンス、医
           療、ヘルスケアなどへの専門スキル人材の派遣・紹介事業、AIを活用した公的債権回収等を行っており
           ます。
         (e)  海外製造系及びサービス系事業・・・在外子会社にて、アジア、南米、欧州等において製造系生産アウト
           ソーシングへの人材サービス及び事務系・サービス系人材の派遣・紹介事業や給与計算代行事業等を行っ
           ております。また、欧州及び豪州にて公共機関向けBPOサービスや人材派遣、欧州及びアジアにて国境
           を越えた雇用サービス等を行っております。
         (f)  その他の事業・・・当社子会社にて、事務代行業務等を行っております。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①  財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当連結会計年度における事業環境は、インフレ率は2022年後半をピークに緩やかな落ち着きを見せたものの、コ
        ロナ禍以前の水準に比べ依然として高く、また、ウクライナ情勢の長期化に加えて、中東地域も不安定な状況がさ
        らに悪化したことによる地政学的リスクの高まりや、世界的な原燃料費の高騰など、国際情勢に重大な影響を及ぼ
        す事象の発生が続き、経済活動の重しとなる状況でありました。
         国内においては、原燃料高や、半導体製造装置等の輸出規制、在庫調整局面等により電気機器関連は、生産活動
        が停滞する状況となりました。一方、新型コロナウイルスの感染対策の緩和など政策的な追い風が見られ、また、
        主要顧客である大手輸送用機器メーカーにおいては半導体等の部材不足の影響が緩和し、生産活動は回復基調にあ
        ります。また、労働市場が逼迫するなか、ITに限らず幅広い業種においてエンジニアの活用ニーズはいまだ活況
        であります。
         このような国内の事業環境に対して、当社グループは、かねてより業績平準化による成長基盤の強化を推進して
        まいりました。製造系分野においては、長く重石となっていた半導体等の部材不足の影響が緩和し、生産活動は回
        復基調となりました。外国人技能実習生等の管理受託分野においては、適切な管理実績が顧客に高く評価され、12
        月末の管理人数は22,215名と国内首位を維持することに加えて、実習生が借金を背負って出国する債務労働問題の
        解消に向けた外国人労働市場全体の健全化にも取り組んでおります。
         技術系分野においては、高止まりするエンジニアニーズに対して、当社グループの教育機関であるKENスクー
        ルを活用し、機械設計のみならず、ITや建設、医薬分野に至るまで、多岐にわたって未経験者を教育して配属す
        るスキームにより、採用単価の上昇を抑えながら増員して業績を伸長させました。加えて、新卒採用人数も国内首
        位を争う規模となり、4月には約1,800名(連結では約2,300名)の新卒者が入社しております。これは採用力のみ
        ならず、未経験者の配属先を開拓する営業力と新人教育力、さらには派遣先との信頼関係の賜と考えます。このほ
        か、マクロ環境の影響を受けやすい製造分野とは異なり、景気変動の影響を受けにくい事業分野も拡大を図ってお
        ります。米軍施設向け事業では、建物や設備の改修・保全への需要は引き続き堅調でありましたが、調達リードタ
        イム長期化及び資材高騰により足もとの成長は足踏みする結果になりました。
                                 37/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         一方、海外においては、2022年後半をピークに緩やかに推移しているインフレ率を背景に、経済成長が低迷し金
        融リスクが高まるなか、先行き不透明感が増している状況でありました。
         このような海外の事業環境に対して、当社グループは、海外においても従前より業績平準化による成長基盤の強
        靭化を力強く推し進めてまいりました。景気変動の影響を受けにくい政府事業等の公共系アウトソーシング事業等
        を拡充することに加えて、根強い需要がある技術系分野を展開するほか、人材不足の国に対して人材の余剰感のあ
        る国から人材を流動化するスキームをグローバル規模で展開しております。事業ポートフォリオ及び地域ポート
        フォリオ分散の取組が功を奏し、技術系のみならず製造系及びサービス系も増収となりました。
         この結果、当連結会計年度における売上収益は、749,608百万円(前期比8.6%増)となりました。
         なお、当社グループは、成長の持続可能性を重視しております。SDGs経営に向けたサステナビリティ方針と
        して、当社グループでは、事業を通して世界の様々な人々の「就業機会」と「教育機会」の創造を実現し、社会課
        題の解決と事業の成長、ステークホルダーへの貢献に持続的に取り組み、事業活動が広く社会に還元される仕組み
        を追求してまいります。
       ②  キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        a.キャッシュ・フローの状況の分析
          当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況の分析につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者による
         財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②                                             キャッシュ・
         フローの状況」に記載のとおりであります。
        b.資本の財源及び資金の流動性
          当社グループの資金需要のうち主なものは、従業員給付費用のほか、サービス提供費用、販売費及び一般管理
         費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、M&Aによる企業買収や資本提携等のための資金で
         あります。
          当社グループは、事業活動のために適正な流動性の維持及び効率的な資金の確保を基本方針としており、主に
         営業活動から得た資金を財源とし、必要に応じて借入または社債等による資金調達を実施することとしておりま
         す。
          なお、当連結会計年度末における借入金及びリース負債を含む有利子負債の残高は192,602百万円、現金及び
         現金同等物の残高は54,469百万円となっております。
       ③  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令
        第28号)第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
         この連結財務諸表の作成にあたり、見積りが必要となる事項につきましては、合理的な基準に基づき継続的にこ
        れを行っております。しかし、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があ
        ります。
         なお、個々の「重要な会計方針及び見積り」につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)
        連結財務諸表 連結財務諸表注記 3.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断」に記載のとおりでありま
        す。
     5【経営上の重要な契約等】

       当社は、2023年12月8日開催の取締役会において、いわゆるマネジメント・バイアウトの一環として行われる株式
      会社BCJ-78(以下「公開買付者」といいます。)による当社の普通株式(以下「当社株式」といいます。)に対する
      金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。)及び関係法令に基づく公開買付け(以下「本公
      開買付け」といいます。)に関して、同日時点における当社の意見として、本公開買付けが開始された場合には、本
      公開買付けに賛同の意見を表明するとともに、当社の株主の皆様に対しては、本公開買付けへの応募を推奨すること
      を決議いたしました。
       また、2024年2月27日に会社法(平成17年法律第86号。その後の改正を含みます。)第370条による取締役会決議
      (書面決議)により、改めて、本公開買付けに賛同の意見を表明するとともに、当社の株主の皆様に対して、本公開
      買付けに応募することを推奨する旨の決議をいたしました。
       なお、当社の上記取締役会決議は、公開買付者が本公開買付け及びその後の一連の手続を経て当社を非公開化する
      ことを企図していること並びに当社株式が上場廃止となる予定であることを前提として行われたものであります。
       本件に関する詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表
      注記 38.後発事象(当社株式に対する公開買付け)、2 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 (重要な後発事
      象) (当社株式に対する公開買付け)」に記載のとおりであります。
     6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 38/180


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、当連結会計年度において総額                       5,365   百万円の設備投資を実施いたしました。そのうち主なもの
      は、国内製造系アウトソーシング事業、国内サービス系アウトソーシング事業、海外技術系事業、海外製造系及び
      サービス系事業におけるシステム構築等であります。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
      なお、IFRSに基づく帳簿価額にて記載しております。
      (1)  提出会社
                                                    2023年12月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
        事業所・地域                                                従業員数
                セグメントの
                     設備の内容          機械装置
     (所在地・該当営業所)            名称         建物及び           土地     使用権              (人)
                                及び              その他     合計
                           構築物          (面積㎡)      資産
                                運搬具
         本社
                                        0
                  -    本社機能       315      5        1,300      852    2,472     323
      (東京都千代田区)
                                      (10.41)
                国内製造系
         社員寮              外勤                 -
                アウトソー             94     -          -     0    94    -
     (愛知県刈谷市他7か所)                 社員寮
                                       (-)
                シング事業
      (2)  国内子会社

                                                    2023年12月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
             事業所名                                           従業員数
                   セグメントの
      会社名                   設備の内容
                                  機械装置
            (所在地)        名称          建物及び          土地    使用権             (人)
                                   及び             その他     合計
                              構築物        (面積㎡)     資産
                                   運搬具
            本社及び工場       国内技術系
                         事務業務・                561
     ㈱アネブル      (愛知県刈谷市        アウトソー             896    375          51    19   1,902     60
                         試験研究棟
                                      (10,371.87)
            他7か所)       シング事業
                    国内サー
     アメリカンエ      本社及び営業所              事務所
                    ビス系                     1,048
     ンジニアコー      (沖縄県宜野湾市               社屋・      823     42         812     35   2,761     234
                   アウトソー
                                      (29,927.58)
     ポレイション                    車両運搬具
            他8か所)
                   シング事業
     (注1)    帳簿価額のうち、「その他」の主な内容は、工具、器具及び備品、ソフトウエアであります。
     (注2)    上記従業員数は、内勤社員の就業人員であります。
      (3)  在外子会社

         在外子会社については、記載すべき主要な設備がないため、記載しておりません。
     3【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
                                                    2023年12月31日現在
                                                着手及び
                               投資予定金額
                                               完了予定年月
            事業所名      セグメントの                                      完成後の
      会社名                 設備の内容                資金調達方法
           (所在地)        名称                                     増加能力
                              総額    既支払額
                                              着手     完了
                             (百万円)     (百万円)
           本社
     アメリカンエ            国内サービス系
                                       自己資金及び
     ンジニアコー      (沖縄県      アウトソーシン       本社社屋       3,094     1,849         2022年6月     2024年3月       -
                                       借入金
     ポレイション       宜野湾市)     グ事業
     (注)   完成後の増加能力は、合理的な算出が困難なため、記載を省略しています。
      (2)  重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 39/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 160,000,000

                  計                               160,000,000

       ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数              提出日現在発行数            上場金融商品取引所名
        種類           (株)             (株)         又は登録認可金融商品               内容
               (2023年12月31日)             (2024年3月29日)               取引業協会名
                                                      単元株式数
                                          東京証券取引所
                   126,026,200             126,026,200
       普通株式                                                100株
                                           プライム市場
                                                       (注1)
                   126,026,200             126,026,200
        計                                     -           -
     (注)   完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
      (2)【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
                                 40/180










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                       発行済株式      発行済株式       資本金           資本準備金      資本準備金
                                          資本金残高
            年月日           総数増減数       総数残高       増減額             増減額       残高
                                          (百万円)
                        (株)      (株)     (百万円)             (百万円)      (百万円)
      2019年1月1日
                (注1)        262,500    125,793,200           63    25,187        63    25,297
      ~2019年12月31日
      2020年1月1日
                (注1)         47,500    125,840,700           12    25,199        12    25,310
      ~2020年12月31日
      2020年5月14日          (注2)         68,600    125,909,300           15    25,214        15    25,325

      2021年5月14日          (注3)         17,500    125,926,800           15    25,229        15    25,340

      2022年5月13日          (注4)         24,400    125,951,200           15    25,244        15    25,355

      2023年5月2日          (注5)         75,000    126,026,200           48    25,293        48    25,404

     (注1)    新株予約権の行使による増加であります。
     (注2)    譲渡制限付株式報酬としての新株式発行によるものであります。
         発行価格   438円
         資本組入額  219円
         割当先    当社取締役(社外取締役及び監査等委員である取締役を除く。)3名
     (注3)    譲渡制限付株式報酬としての新株式発行によるものであります。
         発行価格   1,726円
         資本組入額   863円
         割当先    当社取締役(社外取締役及び監査等委員である取締役を除く。)3名
     (注4)    譲渡制限付株式報酬としての新株式発行によるものであります。
         発行価格   1,243円
         資本組入額  621.5円
         割当先    当社取締役(社外取締役及び監査等委員である取締役を除く。)4名
     (注5)    譲渡制限付株式報酬としての新株式発行によるものであります。
         発行価格   1,297円
         資本組入額  648.5円
         割当先    当社取締役10名
                当社執行役4名
      (5)【所有者別状況】

                                                   2023年12月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
           政府及び                       外国法人等
       区分                                                株式の状況
                      金融商品     その他の                個人
           地方公共     金融機関                                  計
                                                       (株)
                      取引業者      法人               その他
                                 個人以外      個人
             団体
                    20     32    115     206     39    19,237      19,649
     株主数(人)          -                                            -
     所有株式数
                 233,289     117,755      9,259    593,737      163    305,840     1,260,043       21,900
               -
     (単元)
     所有株式数
                  18.51      9.35     0.73     47.12     0.01      24.27
               -                                    100.00        -
     の割合(%)
     (注)自己株式23,592株は、「個人その他」に235単元、「単元未満株式の状況」の欄に92株含まれております。
                                 41/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2023年12月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                    総数に対する所有
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                      東京都港区浜松町2-11-3                      17,112,400            13.58
     会社(信託口)
                                             15,801,900            12.54
     土井春彦                 静岡市葵区
     BNY  GCM  CLIENT    ACCOUNT    JPRD   AC
                      PETERBOROUGH       COURT   133  FLEET   STREET
     ISG  (FE-AC)
                                             6,803,160            5.40
                      LONDON    EC4A   2BB  UNITED    KINGDOM
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ
                      (東京都千代田区丸の内2-7-1)
     銀行)
     BNYM   SA/NV   FOR  BNYM   FOR  BNYM   GCM
                      2 KING   EDWARD    STREET,    LONDON    EC1A
     CLIENT    ACCTS   M ILM  FE
                                             6,498,786            5.16
                      1HQ  UNITED    KINGDOM
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ
                      (東京都千代田区丸の内2-7-1)
     銀行)
                      200  WEST   STREET    NEW  YORK,NY,USA
     GOLDMAN,SACHS       & CO.REG
                                             6,206,357            4.93
     (常任代理人 ゴールドマン・サッ                 (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒ
     クス証券株式会社)
                      ルズ森タワー)
     株式会社日本カストディ銀行(信託
                      東京都中央区晴海1-8-12                       4,496,200            3.57
     口)
                      25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385632
                      LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                             2,817,027            2.24
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                      (東京都港区港南2-15-1 品川イン
     決済営業部)
                      ターシティA棟)
                      東京都中央区日本橋1-13-1                       2,610,000            2.07
     野村證券株式会社自己振替口
     NORTHERN     TRUST   GLOBAL    SERVICES
     SE,  LUXEMBOURG      RE  LUDU   RE:  UCITS
                      10  RUE  DU  CHATEAU    D’EAU    L-3364
     CLIENTS    15.315    PCT  NON  TREATY
                                             2,428,000            1.93
                      LEUDELANGE      GRAND   DUCHY   OF  LUXEMBOURG
     ACCOUNT
                      (東京都中央区日本橋3-11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
     店カストディ業務部)
                      25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380072
                      LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                             2,346,100            1.86
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                      (東京都港区港南2-15-1 品川イン
     決済営業部)
                      ターシティA棟)
                                             67,119,930            53.27
             計                  -
                                 42/180







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     (注1)    2023年9月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、ベイリー・ギフォー
         ド・アンド・カンパニー及びその共同保有者であるベイリー・ギフォード・オーバーシーズ・リミテッドが
         2023年8月31日現在で以下の株式を保有している旨が記載されておりますが、当社としては2023年12月31日現
         在における実質所有株式数の確認ができておりませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                      住所
                                              (株)        (%)
     ベイリー・ギフォード・アンド・カンパ                     カルトン・スクエア、1グリーンサイ
     ニー                     ド・ロウ、エジンバラ           EH1  3AN  スコッ
                                               4,262,600           3.38
     (Baillie     Gifford    & Co)
                          トランド
     ベイリー・ギフォード・オーバーシーズ・                     カルトン・スクエア、1グリーンサイ
     リミテッド                     ド・ロウ、エジンバラ           EH1  3AN  スコッ
                                               1,582,800           1.26
     (Baillie     Gifford    Overseas     Limited)
                          トランド
              合計                    -             5,845,400           4.64
     (注2)    2023年12月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、アセットマネジメント

         One株式会社及びその共同保有者であるみずほ証券株式会社が2023年12月15日現在で以下の株式を保有している
         旨が記載されておりますが、当社としては2023年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができておりま
         せんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                      住所
                                              (株)        (%)
     アセットマネジメントOne株式会社                     東京都千代田区丸の内1-8-2                     2,750,500           2.18
     みずほ証券株式会社                     東京都千代田区大手町1-5-1                      456,600         0.36
              合計                    -            3,207,100           2.54
     (注3)    2023年12月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、ティー・ロウ・プライ

         ス・アソシエイツ,インクが2023年12月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されておりますが、当社
         としては2023年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができておりませんので、上記大株主の状況には
         含めておりません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                      住所
                                              (株)        (%)
                          米国メリーランド州、21202、ボルチモ
                          ア、イースト・プラット・ストリート
     ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ,
                          100
     インク
                                               5,358,500           4.25
                          (100   East   Pratt   Street,    Baltimore,
     (T.   Rowe   Price   Associates,      Inc.)
                          Maryland,     21202   USA)
     (注4)    2024年1月9日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、野村證券株式会社及び

         その共同保有者2社が2023年12月29日現在で以下の株式を保有している旨が記載されておりますが、当社とし
         ては2023年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができておりませんので、上記大株主の状況には含め
         ておりません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                      住所
                                              (株)        (%)
     野村證券株式会社                     東京都中央区日本橋1-13-1                     4,119,549           3.27
     ノムラ インターナショナル ピーエル
                          1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,
     シー
                                                118,086         0.09
     (NOMURA INTERNATION                     United    Kingdom
     AL PLC)
     野村アセットマネジメント株式会社                     東京都江東区豊洲2-2-1                     4,636,500           3.68
              合計                    -             8,874,135           7.04
                                 43/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     (注5)    2024年1月10日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、ゴールドマン・サックス証券株式会
         社及びその共同保有者2社が2023年12月29日現在で以下の株式を保有している旨が記載されておりますが、当
         社としては2023年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができておりませんので、上記大株主の状況に
         は含めておりません。
         なお、大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                      住所
                                              (株)        (%)
                          東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒル
     ゴールドマン・サックス証券株式会社                                           444,200         0.35
                          ズ森タワー
                          Plumtree     Court,    25  Shoe   Lane,   London
     ゴールドマン・サックス・インターナショ
                                               6,857,409           5.44
     ナル(Goldman       Sachs   International)
                          EC4A   4AU,   United    Kingdom
     ゴールドマン・サックス・アンド・カンパ
                          200  West   Street,    New  York,   New  York
     ニー・エルエルシー(Goldman              Sachs   & Co.
                                                  800       0.00
                          10282,    U.S.A.
     LLC)
              合計                    -             7,302,409           5.79
     (注6)    2024年1月11日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、メリルリンチ・イン

         ターナショナル及びその共同保有者2社が2023年12月29日現在で以下の株式を保有している旨が記載されてお
         りますが、当社としては2023年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができておりませんので、上記大
         株主の状況には含めておりません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                      住所
                                              (株)        (%)
                          2,King    Edward    Street,    London,EC1A
     メリルリンチ・インターナショナル
                                               6,025,339           4.78
     (Merrill     Lynch   International)
                          1HQ,United      Kingdom
                          東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一
     BofA証券株式会社                                             90       0.00
                          丁目三井ビルディング
     ビーオブエー・セキュリティーズ・インク                     One  Bryant    Park,   New  York,   New  York
                                                  600       0.00
     (BofA   Securities,      Inc.)
                          10036
              合計                    -             6,026,029           4.78
                                 44/180











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
       ①【発行済株式】
                                                   2023年12月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                            -       -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                            -       -            -

     議決権制限株式(その他)                            -       -            -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                               23,500
                       普通株式
                             125,980,800             1,259,808
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                              -
                               21,900
     単元未満株式                  普通株式                  -            -
                             126,026,200
     発行済株式総数                                    -            -
                                          1,259,808
     総株主の議決権                            -                    -
    (注)「単元未満株式」の欄には、自己株式92株が含まれております。
       ②【自己株式等】

                                                  2023年12月31日現在
                                                      発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数の
        所有者の氏名                                             総数に対する
                      所有者の住所            所有株式数       所有株式数        合計
         又は名称                                             所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
                 東京都千代田区丸の内1-8-3                  23,500             23,500        0.02
    株式会社アウトソーシング                                       -
                                   23,500             23,500        0.02

          計              -                    -
                                 45/180












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     102           160,730
      当期間における取得自己株式                                     393           683,616
    (注)1.当事業年度における取得自己株式102株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
        2.当期間における取得自己株式には、2024年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式は含まれておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                      (百万円)               (百万円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転
                                   -        -       -        -
      を行った取得自己株式
      その他(-)                             -        -       -        -
      保有自己株式数                           23,592          -     23,985          -

    (注)当期間における自己株式には、2024年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる
        株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

        当社は、期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、剰余金の配当の決定機関は株主総会
      であります。また、「取締役会の決議により、毎年6月30日を基準として、中間配当を行うことができる。」旨を定
      款に定めております。
        2023年12月8日付で公表いたしました「剰余金の配当(無配)及び株主優待制度の廃止に関するお知らせ」のとお
      り、公開買付者によれば、本公開買付けにおける買付等の価格は、2023年12月31日を基準日とした期末配当が行われ
      ないことを前提として総合的に判断・決定されていることから、当社は、2023年12月8日開催の取締役会において
      2023年12月31日を基準日とする剰余金の配当を行わないこと、及び株主優待制度の廃止を決議いたしました。
                                 46/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、企業市民として果たすべく社会的使命を「経営理念」として掲げ、常に変化する経営環境の下、企
         業としての成長と中長期的な企業価値の向上に努めるにあたり、株主、取引先、地域社会、従業員等を含むス
         テークホルダーとの堅強な信頼関係の持続的な構築に向けて、自律機能、倫理性の高いコーポレート・ガバナ
         ンスを構築し、その定期的な検証を行うことを、経営上の重要な課題と認識しております。
          そのため、当社は、「コーポレートガバナンス・ガイドライン」において、当社のコーポレート・ガバナン
         スにおける体制の枠組みを開示するとともに、今後も、様々な施策を講じてコーポレート・ガバナンスの充実
         を図ってまいります。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、コーポレート・ガバナンスの更なる強化を目的として、経営の監督機能と執行機能の分離をより一
         層明確にし、経営監督機能を強化しながら迅速・果断な意思決定を行うために、2023年3月28日開催の定時株
         主総会の承認をもって、監査等委員会設置会社から指名委員会等設置会社へ移行し、社外取締役が過半数を占
         める指名・報酬・監査の3つの委員会を有し、かつ取締役会から執行役へ大幅な権限委譲が可能な体制を構築
         いたしました。
          指名委員会等設置会社への移行により、取締役会の監督機能の更なる強化、経営の公正性、透明性の確保と
         効率性の向上を図っております。
          (取締役会)

           2024年3月29日現在、11名(うち社外取締役10名)の取締役で構成しており、会社法等で定められた事項
          及び経営に関する重要な事項につき審議、決定を行うほか、経営及び業務執行事項に関する方針、計画及び
          実施状況を審議するため定例取締役会を毎月1回開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
           なお、独立した立場から客観的・中立的な経営監視の機能を担う社外取締役のうち、東京証券取引所の定
          める独立役員の要件を満たす10名すべてを独立社外取締役として、同証券取引所に届け出ております。
           取締役会の構成及びスキル・マトリックス

                                                        コーポ
                             ジェン                  営業・        レートガ
                              ダー    国際    企業    人材    マーケ     財務    バナン
           役職        氏名      独立性
                             (女性     経験    経営    業界    ティン     会計    ス・法
                             に○)                   グ       務・リス
                                                        ク管理
                 Anne   Heraty
        取締役                      ○    ○    ○    ○    ○
        取締役(社外)         志波 英男         ○         ○                  ○    ○

        取締役(社外)         生田目 克         ○         ○                  ○    ○

        取締役(社外)         嵜山 淳子         ○    ○    ○    ○         ○

        取締役(社外)         阿部 博友         ○         ○                      ○

        取締役(社外)         氏家 真紀子         ○    ○                           ○

        取締役(社外)         向井 俊雄         ○         ○                  ○    ○

        取締役(社外)         井上  東         ○                           ○    ○

        取締役(社外)         木﨑  博         ○         ○                  ○    ○

        取締役(社外)         藤田 研一         ○         ○    ○         ○

        取締役(社外)         小澤 浩子         ○    ○    ○    ○         ○

                                 47/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
          (監査委員会)
           2024年3月29日現在、監査委員である取締役5名(うち社外取締役5名)で構成しており、常勤の監査委
          員を置き、法令、定款及び「監査委員会規程」に従い、取締役及び執行役の職務の執行の監査及び監査報告
          の作成、株主総会に提出する会計監査人の選任及び解任並びに不再任に関する議案の内容の決定のほか、監
          査委員会の監査方針、年間の監査計画等を決定いたします。定期または必要に応じて臨時に監査委員会を開
          催し、重要な付議案件の検討、監査内容の報告及び意見交換等を通じて、情報の共有化及び監査計画の進捗
          確認を行います。
           また、内部監査室、会計監査人と適時情報交換を行い、相互連携を図るとともに、内部統制部門である経
          営管理本部、総務部、法務部、経理部等と連携をとり、監査の実効性を高めております。
          (指名委員会)

           2024年3月29日現在、5名の取締役で構成され、うち委員長を含む4名の委員が社外取締役です。取締役
          の選任及び解任に関する株主総会議案の決定をはじめ、取締役選・解任基準及び選・解任プロセス等に関す
          る事項の決定、執行役及び執行役員の選任及び解任に関する審議、最高経営責任者等の後継者プランニング
          における後継者候補の育成に関する審議などを行います。
          (報酬委員会)

           2024年3月29日現在、5名の取締役で構成され、うち委員長を含む5名の委員が社外取締役です。取締役
          及び執行役の個人別の報酬に関する方針及び内容の決定を行います。
          (経営会議)

           任意の機関である経営会議は、2024年3月29日現在、7名の執行役で構成しており、取締役会が示す方向
          性や基本方針等に沿って、取締役会からの委任事項に基づき当社グループ経営または当社経営に関する決定
          を行うほか、経営環境の変化に対応するための施策に関する事項、「職務権限規程」に定める承認・報告事
          項、「関係会社管理規程」に定める承認・報告事項及び取締役会に付議する議案並びに社長決裁事項で事前
          の審議が必要とされる事項等を審議するため経営会議を毎月1回開催し、必要に応じて臨時経営会議を開催
          することとしております。
          (サステナビリティ委員会)

           任意の機関であるサステナビリティ委員会は、2024年3月29日現在、8名で構成しており、その委員長は
          執行役経営管理本部長が務めております。サステナビリティ委員会は、SDGsの目標達成に向けた取組及
          びESG経営の高度化を含むサステナビリティの視点を踏まえた経営をグループ全社で横断的に推進させる
          ことを目的とし、当社グループのサステナビリティ方針・戦略、重要課題を含む中長期的テーマ及び方向性
          の審議、KPI進捗のモニタリング等を行い、取締役会に上程しております。
          (コンプライアンス委員会)

           任意の機関であるコンプライアンス委員会は、2024年3月29日現在11名で構成しており、その委員長はコ
          ンプライアンス実務統括責任者である執行役経営管理本部長が務めております。当社は、代表執行役社長を
          チーフ・コンプライアンス・オフィサー(CCO)として当社のコンプライアンス活動の最高責任者とし、
          具体的なコンプライアンス活動を行うための実務統括責任者を執行役経営管理本部長としています。コンプ
          ライアンス委員会は、コンプライアンス活動に関わる全社的な会議体であり、当社が企業としての社会的責
          任を深く自覚し、日常の業務遂行の際に関係法令を遵守して、社会倫理に沿った行動を実現することを目的
          とし、全社的なコンプライアンスに関わる事項を定めグループ各社にコンプライアンスに関する情報発信を
          行い、必要な事項について検討を行い、取締役会に上程しております。
                                 48/180







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
          (OSグループガバナンス委員会)
           任意の機関であるOSグループガバナンス委員会は、2024年3月29日現在6名で構成しており、その委員長
          は取締役会で定めた社外取締役が務めております。グループガバナンス委員会は、グループのコーポレー
          ト・ガバナンス活動に関わる全社的な会議体であり、当社及び当社グループが企業としてコーポレート・ガ
          バナンスを強化し、持続的成長及び企業価値の向上を図ることを目的とし、全グループ会社的なコーポレー
          ト・ガバナンスの重要課題、中長期的テーマ及び方向性に関わる事項を定め、それらの取り組みについてモ
          ニタリングを行い、グループ各社にコーポレート・ガバナンスに関する周知、啓蒙を行い、必要な事項につ
          いても検討を行い、取締役会に上程、報告をしております。
          指名・報酬・監査委員会ごとの委員

                        指名委員会             報酬委員会             監査委員会
             委員長          阿 部 博 友             嵜 山 淳 子             生田目   克
             委 員          嵜 山 淳 子             阿 部 博 友             志 波 英 男
             委 員          志 波 英 男             生田目   克             井 上   東
                        Anne   Heraty
             委 員                       氏 家 真紀子             木 﨑   博
             委 員          藤 田 研 一             小 澤 浩 子             向 井 俊 雄
          下線部分は、社外取締役を指します。

          ※監査委員長       生田目 克は、常勤監査委員であります。
         以上述べた体制を図に表すと、以下のとおりであります。

         (コーポレート・ガバナンス体制概念図)

                                 49/180













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         ③ 企業統治に関するその他の事項
         イ.内部統制システムの整備の状況
           当社は、取締役会において、法令に基づく「内部統制システム構築の基本方針」に関し決議し、実施して
          おります。この基本方針に基づき、執行役は当社の内部統制に関する全般的な管理を実施し、当社の業務執
          行においては各部門長の管理、指導のもと内部統制の構築・推進に努めております。定期的に開催される経
          営会議では、議案がグループ経営に関する事項の場合には、当社執行役が出席し、当社グループ方針の伝達
          の他、事業活動の進捗、重要な業務執行や懸案事項に関する報告を行い、グループ全体での内部管理体制強
          化に努めております。
           また、当社は業務執行部門から独立した代表執行役社長直轄の監査部門である内部監査室を設置し、当社
          各部門及びグループ会社の業務遂行状況や内部管理体制について、内部監査計画に基づき監査を行うととも
          に、法令・社内諸規則の遵守やリスク管理についての状況を検証しております。この内部監査により、監査
          対象部門から得た情報は、代表執行役社長、取締役に報告され、改善指示書による具体的な改善指導によ
          り、業務改善の実効性を高めております。
           なお、当社グループにおいて過年度の不正または誤謬による虚偽表示が行われていたことを厳粛に受け止
          め、ガバナンス体制の強化を推し進めてまいります。再発防止策につきましては、「第2 事業の状況 
          1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題」をご
          参照ください。
         ロ.リスク管理体制の整備の状況

           リスク管理体制につきましては、経営管理本部を当社及び当社グループ会社のリスク対応統括管理部門と
          して位置づけ、経営管理本部がリスク管理・運営を行い、総務部が規程の整備を行うことや実効性のある管
          理を推進するとともに、法務部による法的対応の実施や、最新法令の社内への伝達を行う等、内部統制と一
          体化したリスク管理を推進しております。
           不測の事態が発生したときは、代表執行役社長を本部長とする「緊急対策本部」を設置し、情報連絡チー
          ム及び顧問弁護士等を含む外部アドバイザリーチームを組織し迅速な対応をとるとともに、損害の拡大を防
          止しこれを最小限に止める体制を整えております。
           個人情報の保護に関しては、「個人情報保護指針」を制定し、個人情報の適正管理に努めております。具
          体的には、社員の入社の際に取得する個人情報に関して、入社前の採用段階よりその適正取得について留意
          しており、入社後の履歴書等の保管及び廃棄に関しても、本人の意思確認をする等、情報管理の徹底を図っ
          ております。
           情報に関するリスク管理に関しては、「情報セキュリティ方針」のもと、「情報システム管理規程」を制
          定し、アプリケーションシステム部を情報システム管理部署として、情報管理が有効に機能する環境を整備
          しております。具体的には、物理的セキュリティ対策、技術的セキュリティ対策、人的セキュリティ対策等
          を施すことで万全を期しております。
         ハ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

           当社は関係会社の業務の適正を確保するため、全てのグループ会社への基本行動規範として「アウトソー
          シンググループ企業倫理行動規範」を定め、グループ会社の取締役、監査役及び使用人に周知徹底するとと
          もに、当社グループにおける指揮命令系統、権限及び意思決定、その他の組織に関する基準を定めた「関係
          会社管理規程」に基づき、経営に影響のある規定事項の全項目について、当社取締役会・経営会議・担当役
          員のうち規定された機関での承認を求めるなど、グループ会社取締役、監査役及び使用人の業務執行状況を
          監視・監督しております。
           また、担当役員による各グループ会社の取締役会への出席などにより、各グループ会社から少なくとも毎
          月1回経営状況について報告を受けるとともに、当社取締役会でその内容を報告しております。経営会議で
          は「関係会社管理規程」で定められた項目について審議し、より詳しい経営状況を確認する場合などは必要
          に応じて執行役及び当社グループ各社の代表取締役で構成するグループ経営会議を開催し、グループ間の情
          報共有・意思疎通及び経営方針の統一化を図っております。
         ニ.取締役、執行役の責任免除及び責任限定契約の内容の概要

           当社では、取締役及び執行役がその期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条の規定によ
          り、取締役会の決議をもって、同法第423条の行為に関する取締役(取締役であったものを含む)及び執行役
          (執行役であったものを含む)の責任を同法第425条及び第426条に規定する限度において免除することがで
          きる旨を定款に定めております。
           また、当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、
          同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任の限度額
          は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額を限定しております。なお、当該責任限定が認められるの
          は、当該取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
                                 50/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         ホ.役員等賠償責任保険契約の内容の概要
           当社は、保険会社との間で、取締役(一部の国内連結子会社の役員を含む。)及び執行役を被保険者とし
          て会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を締結しております。
           a.填補の対象となる保険事故の概要
             被保険者が会社の役員としての業務につき行った行為(不作為を含む。)に起因して、保険期間中に
            被保険者に対して損害賠償請求がなされたことにより当該被保険者が被る損害について、損害賠償金及
            び争訟費用を補償するものであります。ただし、法令に違反することを被保険者が認識しながら行った
            行為など、一定の行為に起因する賠償請求に対しての免責事項があります。
           b.保険料
             保険料は、特約部分を含めて全額会社負担としております。
         ヘ.取締役の定数並びに取締役の選任の決議要件

           a.当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めております。
           b.当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使する事ができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
            主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款に定めて
            おります。
         ト.取締役会で決議できる株主総会決議事項

           a.中間配当
             当社は、株主への機動的な利益還元を行えるよう、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の
            決議により、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨、定款に定めております。
           b.自己株式
             当社は、自己株式の取得について、経済環境の変化に応じた機動的な資本政策を遂行することを可能
            にするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株
            式を取得することができる旨を定款に定めております。
           c.会計監査人の責任免除を取締役会で決議することができることとした事項
             当社は、会計監査人が、期待される役割を十分に発揮できるよう、会計監査人の責任免除について、
            取締役会の決議によって会社法第423条第1項の会計監査人(会計監査人であった者を含む)の責任を、
            法令が定める範囲で免除することができる旨を定款に定めております。
         チ.株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上の多数をもって行う旨を定
          款に定めております。これを定めた理由は、株主総会における特別決議の定足数を法令で許容される範囲に
          おいて緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うためであります。
        ④ 会社のコーポレート・ガバナンスの充実に向けた取組の最近1年間における実施状況

         イ.2023年度の指名委員会等設置会社移行前の各機関の活動状況は以下のとおりです。
           a.取締役会は、月1回定期的に開催するほか必要に応じて臨時的に開催し、計6回の開催により、経営
            の意思決定と業務執行の監督並びに重要事項及び会社法に基づく事項等への対応を行いました。
           b.監査等委員会は、定期臨時あわせ計4回開催し、これらの協議を通じて監査の方針、業務分担を決定
            のうえ監査業務を遂行いたしました。
           c.指名・報酬に係る諮問委員会は、1回開催され、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬
            に係る事項等を審議し、取締役会に上程を行いました。
           d.内部監査室は、本社及び営業所並びにグループ会社に対して内部監査計画に基づいた内部監査を実施
            し、社長、取締役会及び監査等委員会への報告を行いました。
         ロ.2023年度の指名委員会等設置会社移行後の各機関の活動状況は以下のとおりです。

           a.取締役会は、月1回定期的に開催するほか必要に応じて臨時的に開催し、計19回の開催により、経営
            の意思決定と業務執行の監督並びに重要事項及び会社法に基づく事項等への対応を行いました。
           b.監査委員会は、定期臨時あわせ計16回開催し、これらの協議を通じて監査の方針、業務分担を決定の
            うえ監査業務を遂行いたしました。
           c.内部監査室は、本社及び営業所並びにグループ会社に対して内部監査計画に基づいた内部監査を実施
            し、社長、取締役会及び監査委員会への報告を行いました。
                                 51/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        ⑤ 当事業年度における主な活動状況
          当事業年度において当社は取締役会、各委員会を以下のとおり開催しており、個々の取締役の出席状況につ
         いては次のとおりであります。
                                      指名         報酬
                            取締役会
            区 分        氏 名                 委員会         委員会
                            出席回数
                                     出席回数         出席回数
            取締役       土井 春彦         19回中19回         8回中8回         4回中4回

                   Anne   Heraty

            取締役                19回中19回           -         -
           社外取締役        志波 英男         19回中19回         8回中7回           -

           社外取締役        生田目 克         19回中19回           -       4回中4回

           社外取締役        嵜山 淳子         19回中19回         8回中8回         4回中4回

           社外取締役        阿部 博友         19回中19回         8回中8回         4回中4回

                  氏家 真紀子
           社外取締役                 19回中19回           -       4回中4回
                  (現姓:蜷川)
           社外取締役        向井 俊雄         13回中13回           -         -
           社外取締役         井上 東        13回中13回           -         -

           社外取締役         木﨑 博        13回中13回           -         -

           社外取締役        藤田 研一         13回中13回           -         -

           社外取締役        小澤 浩子         13回中13回           -         -

         (注)1.社外取締役向井俊雄氏、社外取締役井上東氏、社外取締役木﨑博氏、社外取締役藤田研一氏及び社
              外取締役小澤浩子氏は、2023年3月28日開催の第26期定時株主総会において新たに選任されたた
              め、取締役会の開催回数が他の社外取締役と異なります。なお、各氏の就任後の取締役会の開催回
              数は13回であります。
            2.上記の取締役会の開催回数のほか、会社法第370条及び当社定款第24条の規定に基づき、取締役会決
              議があったものとみなす書面決議が15回あります。
            3.当事業年度において、当社の連結子会社である株式会社アウトソーシングテクノロジーにおいて、
              雇用調整助成金の支給申請手続きの一部が適切に行われていなかった事実、及び募集費に関する取
              引相手先との取引において承認プロセスに必要な契約書が作成されていないなどの事実が判明いた
              しました。社外取締役各氏は、当該事案の発覚までかかる事実を認識しておりませんでしたが、日
              頃から取締役会等を通じて、法令遵守の視点に立った提言を行っており、また、当該事案の判明後
              において、当社グループとしての再発防止策を含めた取り組みの確認及び内部統制の見直し・強化
              に関する意見を述べる等、その職責を果たしております。
                                 52/180








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    13 名 女性      5 名 (役員のうち女性の比率             27.7  %)
        a.取締役の状況
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              1985年9月     XEROX   (EUROPE)    LIMITED    入 社  Sales
                                  Executive
                              1987年6月     SAVINGS   & INVESTMENTS     LIMITED入社     Sales
                                  Executive
                              1988年8月     GRAFTON    RECRUITMENT     入 社  Recruitment
                                  Consultant
                              1989年10月
                                  COMPUTER    PLACEMENT    LIMITED設立     CEO
                              1999年6月     CPL  RESOURCES     PUBLIC   LIMITED    COMPANY
                                  (現CPL   RESOURCES    LIMITED)設立      CEO
                              2012年10月     4E  - FULFILLMENT.COM       LIMITED,    Non-
         取締役
                                  Executive    Director(現任)
                 Anne  Heraty
                       1960年4月24日                             (注1)       -
        指名委員
                              2019年8月     KINGSPAN    GROUP   PUBLIC   LIMITED    COMPANY,
                                  Non-Executive      Director(現任)
                              2021年3月     当社取締役
                              2021年4月     OUTSOURCING      TALENT    IRELAND    LIMITED,
                                  Director(現任)
                              2022年1月
                                  CPL  RESOURCES    LIMITED,    Chairman(現任)
                              2022年3月     当社取締役海外技術統括部長
                              2023年3月     当社取締役(現任)
                                  OTTO  Holding    B.V.,   Supervisory     Board
                                  (現任)
                              1978年4月     藤倉電線㈱(現㈱フジクラ)入社
                              2007年4月     同社執行役員電子電装企画部長
                              2007年11月
                                  Fujikura    Automotive     Europe   S.A.U.,   CFO
                              2009年3月
                                  同社CEO
                              2010年4月     ㈱フジクラ執行役員自動車電装事業部国際
                                  事業部担当
                              2011年4月     同社常務執行役員電子事業部門副統括
                              2013年4月     同社常務執行役員エレクトロニクスカンパ
                                  ニー副統括
                              2014年4月     同社常務執行役員不動産カンパニー統括兼
                                  コーポレートスタッフ部門副統括
        社外取締役
                              2014年6月     同社取締役常務執行役員不動産カンパニー
        監査委員
                 志波  英男
                       1954年10月21日
                                                    (注1)      3,200
                                  統括兼コーポレートスタッフ部門副統括
        指名委員
                              2016年4月     同社取締役上席常務執行役員
     (筆頭独立社外取締役)
                              2016年6月     同社上席常務執行役員
                              2018年4月     同社常任顧問
                              2020年3月     当社社外取締役(監査等委員)
                                  ㈱PEO(現当社)、㈱PEO建機教習セ
                                  ンタ(現㈱PCT)監査役
                              2020年6月
                                  沖電気工業㈱社外監査役(現任)
                              2021年2月     ㈱エス・エス産業(現当社)監査役
                              2022年3月     ㈱アウトソーシングテクノロジー取締役
                                  (監査等委員)(現任)
                              2023年3月
                                  当社社外取締役(現任)
                                 53/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              1978年4月     ㈱日立製作所入社
                              2002年6月     同社放送・通信システム推進事業部企画管
                                  理部長
                              2004年2月     同社監査室部長
                              2010年6月     国産電機㈱(現マーレエレクトリックドラ
                                  イブズジャパン㈱)取締役業務管理本部長
                              2014年3月     同社常務取締役業務管理本部長
                              2016年4月     日立コンシューマ・マーケティング㈱(現
                                  日立グローバルライフソリューションズ
                                  ㈱)常勤監査役
        社外取締役
                              2018年8月     ㈱アイデンティティー常勤監査役
        監査委員長
                 生田目   克
                       1955年8月14日                             (注1)      2,400
                              2019年6月     富士紡ホールディングス㈱社外監査役
        報酬委員
                              2020年3月     当社社外取締役(監査等委員)
        (常勤)
                                  ㈱アウトソーシングトータルサポート監査
                                  役
                              2020年9月     ㈱インバウンドプラットフォーム社外監査
                                  役(現任)
                              2022年3月     当社社外取締役(常勤監査等委員)
                                  ㈱PEO建機教習センタ(現㈱PCT)、
                                  ㈱エス・エス産業(現当社)監査役
                              2023年3月
                                  当社社外取締役(現任)
                              2024年1月     ㈱ORJ監査役(現任)
                              1983年4月     明治製菓㈱(現㈱明治)入社
                              1985年11月     公益財団法人横浜YMCA入職
                              1988年5月     マスターフーズ㈱(現マースジャパンリミ
                                  テッド)入社
                              1993年7月     カルターフードサイエンス㈱(現ダニスコ
                                  ジャパン㈱)入社
                              1999年1月     同社取締役
                              2002年6月     ダニスコジャパン㈱取締役
                              2006年1月     オルガノダニスコフードテクノ㈱(現オル
                                  ガノフードテック㈱)取締役副社長
        社外取締役
                              2008年7月     ジェネンコア協和㈱(現ダニスコジャパン
                 嵜山  淳子
        報酬委員長               1959年9月19日                             (注1)      1,200
                                  ㈱)代表取締役副社長
        指名委員
                              2010年1月     同社代表取締役社長
                              2012年6月     ㈱カーギルジャパン(現カーギルジャパン
                                  合同会社)入社
                              2019年8月     合同会社サキコンサルティング設立              代表社
                                  員(現任)
                              2020年3月
                                  当社社外取締役(現任)
                              2022年6月     日本食品化工㈱社外取締役(監査等委員)
                                  (現任)
                              2023年3月     OTTO  Holding    B.V.,   Supervisory     Board
                                  (現任)
                                 54/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              1980年4月     三井物産㈱入社
                              1988年9月     ブラジル三井物産㈱法務部マネージャー
                              1992年4月     米国三井物産㈱法務部アシスタントゼネラ
                                  ルマネージャー
                              2002年10月     欧州三井物産㈱法務部ゼネラルマネー
                                  ジャー
                              2005年5月     三井物産㈱欧州・アフリカ・中東本部ゼネ
                                  ラルカウンセル兼チーフコンプライアンス
        社外取締役
                                  オフィサー
                 阿部  博友
        指名委員長               1957年11月1日
                                                    (注1)      1,200
                              2009年4月     明治学院大学法学部教授
        報酬委員
                              2011年4月     一橋大学大学院法学研究科教授
                              2019年6月     カシオ計算機㈱社外取締役(監査等委員)
                                  (現任)
                              2021年4月     一橋大学名誉教授
                                  名古屋商科大学ビジネススクール教授(現
                                  任)
                              2022年3月     当社社外取締役(現任)
                              2010年12月     弁護士登録
                              2011年1月     弁護士法人梅ヶ枝中央法律事務所入所
                 氏家  真紀子
        社外取締役
                              2018年1月     同所パートナー弁護士(現任)
                       1983年4月28日
                                                    (注1)      900
        報酬委員
                (現姓:蜷川)
                              2021年10月     ㈱ORJ社外監査役
                              2022年3月
                                  当社社外取締役(現任)
                              1978年4月     三井物産㈱入社
                              2006年4月     三井物産㈱業務プロセス管理部長
                              2007年4月     米国三井物産㈱SVP&CFO
                              2010年6月     三井物産㈱内部監査部検査役
                              2012年4月     日本ユニシス㈱(現BIPROGY㈱)執行役員兼
        社外取締役
                                  経理部長
                 向井  俊雄
                       1955年2月9日
                                                    (注1)      800
        監査委員
                              2014年6月     同社取締役常務執行役員
                              2016年4月     同社代表取締役専務執行役員
                              2020年6月     同社シニアエグゼクティブアドバイザー
                                  (現任)
                              2023年3月     当社社外取締役(現任)
                              1990年10月     監査法人朝日新和会計社(現有限責任あず
                                  さ監査法人)入社
                              1994年8月     公認会計士登録
                              2001年5月     朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法
                                  人)社員
                              2006年5月     同法人代表社員(現パートナー)
                              2010年7月     日本公認会計士協会常務理事
                              2021年7月
                                  井上東公認会計士事務所代表(現任)
        社外取締役
                  井上  東
                       1958年11月8日
                                                    (注1)      800
                                  ㈱エヌエイチケイプロモーション監査役
        監査委員
                                  (現任)
                              2022年6月     第一法規㈱社外取締役(現任)
                              2023年3月
                                  当社社外取締役(現任)
                              2023年6月     ㈱NHKメディアホールディングス社外監
                                  査役(非常勤)(現任)
                              2023年9月     大学共同利用機関法人人間文化研究機構監
                                  事(非常勤)(現任)
                                 55/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              1981年4月     三菱商事㈱入社
                              2000年10月     Mitsubishi     Corporation     Finance    PLC取締
                                  役社長
                              2004年4月     三菱商事㈱コーポレート担当役員補佐(人
                                  事担当)
                              2008年7月     米国三菱商事㈱CFO兼コーポレートスタッフ
                                  部門担当SVP
                              2011年4月     三菱商事㈱連結IT企画本部長
                              2012年4月     同社地球環境・インフラ事業グループ管理
        社外取締役
                  木﨑  博
                       1959年2月2日                             (注1)      800
                                  部長
        監査委員
                              2015年4月     公認会計士登録
                              2015年6月     三菱商事㈱常勤監査役
                              2019年6月     三菱食品㈱常勤監査役
                              2023年3月
                                  当社社外取締役(現任)
                                  OTTO  Holding    B.V.,   Supervisory     Board
                                  (現任)
                              2023年6月     アルフレッサホールディングス㈱社外監査
                                  役(現任)
                              1983年4月     アルプス電気㈱(現アルプスアルパイン
                                  ㈱)入社
                              1987年10月     Alpine   electronics     GmbH取締役
                              1997年5月     ㈱三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コ
                                  ンサルティング㈱)企業戦略部長兼プリン
                                  シパルコンサルタント
                              2007年4月     シーメンス・ヴィーディーオー・オート
                                  モーティブ㈱(現コンチネンタル・オート
                                  モーティブ・ジャパン㈱)代表取締役兼CEO
                              2009年10月     Siemens   AG エナジーセクター事業開発ディ
                                  レクター
                              2011年10月     シーメンス・ジャパン㈱(現シーメンスヘ
                                  ルスケア㈱)専務執行役員エナジーセク
                                  ターリード
        社外取締役
                              2014年10月     同社専務執行役員
                 藤田  研一
                       1959年3月18日
                                                    (注1)      800
        指名委員
                                  パワー&ガス事業本部長、パワージェネ
                                  レーション・サービス事業本部長、風力発
                                  電&再生可能エナジー事業本部長
                              2016年10月     シーメンス㈱代表取締役社長兼CEO
                                  パワー&ガス事業本部長、パワージェネ
                                  レーション・サービス事業本部長
                              2018年3月     同社エナジーマネジメント事業本部長、モ
                                  ビリティ事業本部長
                              2020年2月     シーメンスヘルスケア㈱取締役
                              2020年10月     シーメンス㈱代表取締役会長
                              2021年1月     ㈱K-BRIC(現㈱K-BRIC&Associates)代表取
                                  締役社長(現任)
                              2021年3月     ENECHANGE㈱社外取締役(現任)
                              2023年3月
                                  当社社外取締役(現任)
                                 56/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              1985年4月     ソニー㈱(現ソニーグループ㈱)入社
                              1991年8月     Sony  Deutschland     GmbH,   Personal    Audio
                                  Product   Manager
                              1997年12月     ソニー㈱(現ソニーグループ㈱)海外マー
                                  ケティング本部
                              1999年8月     同社イベント&スポーツエンタテインメン
                                  ト推進部
                              2001年7月     ㈱ソニー・ピクチャーズエンタテインメン
                                  ト出向
                              2007年9月     ㈱AXNジャパン(現AXN㈱)出向             取締役副社
                                  長兼ゼネラルマネージャー
                              2008年10月     ㈱ミステリチャンネル(現AXN㈱)出向                取
        社外取締役
                                  締役副社長兼ゼネラルマネージャー(上記
                 小澤  浩子
                       1961年12月15日                             (注1)      800
        報酬委員
                                  兼任)
                              2015年6月     ㈱アニマックスブロードキャスト・ジャパ
                                  ン社外取締役(上記兼任)
                              2015年10月     ㈱スター・チャンネル出向           代表取締役副社
                                  長
                              2018年11月     ㈱ソニー・ピクチャーズエンタテインメン
                                  トVice   President
                              2021年6月     ㈱ノジマ社外取締役
                              2022年5月     ㈱PR  TIMES社外取締役(現任)
                              2022年6月     ㈱セシール社外取締役
                              2023年3月     当社社外取締役(現任)
                              2023年6月
                                  サンコール㈱社外取締役(現任)
                             計                            12,900
     (注1)    2024年3月29日就任後、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
         となります。
     (注2)    当社は、指名委員会等設置会社であります。各委員会の構成については、次のとおりであります。
          指名委員会:阿部博友(委員長)、Anne                   Heraty、志波英男、嵜山淳子、藤田研一
          報酬委員会:嵜山淳子(委員長)、生田目克、阿部博友、氏家真紀子、小澤浩子
          監査委員会:生田目克(委員長)、志波英男、向井俊雄、井上東、木﨑博
     (注3)    取締役志波英男、生田目克、嵜山淳子、阿部博友、氏家真紀子、向井俊雄、井上東、木﨑博、藤田研一及び小
         澤浩子は「社外取締役」であります。
     (注4)    「所有株式数」については、2023年12月31日現在の所有株式数を記載しております。
                                 57/180









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        b.執行役の状況
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              2003年4月     ㈱ニッソーサービス(現当社)入社
                              2011年7月     PT.OS    ENGINEERING      &  CONSULTANT
                                  INDONESIA     (  現  PT.   OS  SELNAJAYA
                                  INDONESIA),      President    Director
                              2012年2月     PT.  OS  SERVICE    INDONESIA(現PT.         OS
                                  SELNAJAYA     INDONESIA     )  ,  President
                                  Director
                              2012年5月     当社海外事業統括本部担当部長
                              2015年3月     PT.  SELNAJAYA    PRIMA(現PT.      OS SELNAJAYA
                                  INDONESIA),      President    Director(現任)
                              2016年3月     当社戦略事業統括本部担当部長
                              2017年2月     当社製造・サービス統括本部アジア第1統
                  宮島  賢
       代表執行役社長                1979年2月27日
                                                    (注1)     40,000
                                  括部担当部長
                              2018年4月     当社製造・サービス統括本部アジア統括部
                                  担当部長
                              2021年1月     当社製造・サービス統括本部海外人材サ
                                  ポート事業統括部担当部長
                              2023年4月     当社執行役員製造・サービス統括本部海外
                                  人材サポート事業統括部副統括部長
                              2023年7月     当社執行役員海外グループ統括本部海外人
                                  材サポート事業統括部副統括部長
                              2023年8月     当社執行役員海外グループ統括本部海外人
                                  材サポート事業統括部副統括部長兼社長室
                              2024年3月     当社代表執行役社長(現任)
                              1998年1月     Scherpenhuizen       B.V.  入 社  Commercial
                                  Director
                              1999年3月     OTTO  Holding    B.V.設立     Director    and 
                                  Chairman(現任)
                              2003年11月     OTTO  Work  Force   B.V.設立    Director    and
        執行役専務
                                  CEO(現任)
                 Franciscus
     欧州製造・サービス統括本                  1965年6月19日                             (注1)       -
                              2022年3月     当社取締役海外NOW事業統括部長
                 van  Gool
         部長
                              2023年3月     当社執行役専務
                              2023年4月     OSI  Netherlands     Holdings    B.V.,   Managing
                                  Director(現任)
                              2024年3月     当社執行役専務欧州製造・サービス統括本
                                  部長(現任)
                                 58/180








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                                  DELOITTE    & TOUCHE入社     Senior   / Trainee
                              2002年10月
                                  Accountant     (partnership)
                                  DELOITTE     &  TOUCHE,    Audit   Manager
                              2005年10月
                                  (partnership)
                              2008年1月     NTR  PUBLIC   LIMITED   COMPANY入社
                                  NATIONAL    TOLL  ROADS   LIMITED出向      Chief
                                  Financial    Officer
                                  NATIONAL    TOLL   ROADS   LIMITED,    Chief
                              2010年9月
                                  Financial     Officer    & Executive     Board
                                  Director
                                  Greenstar,     LLC  出 向  Chief   Financial
                              2012年9月
                                  Officer   & Executive    Board   Director
                                  Wind  Capital    Group   LLC出向    Commercial
                              2013年6月
                                  Director
                                  INDEPENDENT     NEWS  & MEDIA   PUBLIC   LIMITED
                              2014年7月
                                  COMPANY入社     Digital   CFO
                                  ISS  IRELAND    LIMITED    入  社  Finance
                              2015年10月
        執行役専務
                 Lorna   Conn
                       1980年1月28日                             (注1)       -
                                  Director    & Executive    Board   Director
      欧州技術統括本部長
                                  CPL  RESOURCES     PUBLIC   LIMITED    COMPANY
                              2017年10月
                                  (現CPL   RESOURCES    LIMITED)入社      CFO
                              2021年1月     CPL  SOLUTIONS    LIMITED,    Director(現任)
                              2021年4月     OUTSOURCING      TALENT    IRELAND    LIMITED,
                                  Director(現任)
                                  CPL  RESOURCES    LIMITED,    Deputy   CEO
                              2022年1月
                                  CPL  RESOURCES    LIMITED,    CEO(現任)
                                  BORD  NA  MÓNA  PUBLIC   LIMITED    COMPANY,
                              2022年11月
                                  Independent       Non-Executive        Board
                                  Director(現任)
                              2023年3月     当社執行役専務
                                  GLENVEAGH     PROPERTIES     PUBLIC    LIMITED
                              2024年2月
                                  COMPANY,     Independent      Non-Executive
                                  Director(現任)
                              2024年3月     当社執行役専務欧州技術統括本部長(現
                                  任)
                              1993年1月     学校法人名古屋大原学園入社
                              1999年8月     今本昇税理士事務所入所
                                  伏見友良税理士事務所(現税理士法人伏見
                              2000年9月
                                  会計事務所)入所
                              2002年12月     当社入社
                              2006年3月     当社常務取締役管理本部長
                              2006年4月     当社常務取締役管理本部長兼経営企画室長
                              2011年1月     当社経理部長
                              2017年8月     当社執行役員経理部長
                              2018年5月     OTTO  Holding   B.V.,   Supervisory     Board
                              2019年10月     当社常務執行役員経営管理本部副本部長
                                  ㈱アバンセコーポレーション監査役(現
                              2020年11月
                                  任)
         執行役
                 梅原  正嗣
                       1969年11月24日                             (注1)     72,300
                              2022年1月     当社常務執行役員経営管理本部長
       経営管理本部長
                                  OUTSOURCING      TALENT    IRELAND    LIMITED,
                                  Director(現任)
                              2022年2月
                                  OS HRS  SDN.  BHD.,   Director(現任)
                              2022年3月     当社取締役経営管理本部長
                                  当社執行役経営管理本部長(現任)
                              2023年3月
                                  共同エンジニアリング㈱取締役(現任)
                              2023年4月     OUTSOURCING     UK  LIMITED,    Director(現
                                  任)
                                  OUTSOURCING      OCEANIA    HOLDINGS     PTY
                              2023年8月
                                  LIMITED,    Director(現任)
                                  ㈱アウトソーシングテクノロジー取締役
                              2024年2月
                                  (現任)
                                 59/180


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              1985年4月     サカイヤ銘板㈱(現㈱サカイヤ)入社
                              1989年2月     ㈱大阪綜合サービス入社
                              1999年5月     ㈱オリーブス転籍       代表取締役社長
                              2001年6月     ㈱ナイスコーポレーション転籍             代表取締役
                                  社長
                              2004年7月     ㈱アプロ転籍      代表取締役社長
                              2005年3月     ㈱技能育成センター転籍          代表取締役社長
                              2005年11月     ㈱クリスタル観光バス転籍           代表取締役社長
                              2006年2月     ㈱バンテクノ(現㈱テクノプロ)転籍               代表
                                  取締役社長
                              2006年6月     ㈱C  style転籍    代表取締役社長
                              2007年1月     ラディアホールディングス・プレミア㈱転
                                  籍 執行役員
                              2008年6月     ㈱バンテクノ(現㈱テクノプロ)代表取締
                                  役社長
                              2009年2月     ㈱シーテック(現㈱テクノプロ)常務取締
                                  役事業本部長
                              2010年9月     ㈱KSテクニカルソリューションズ代表取締
                                  役社長
         執行役
                              2013年1月     ㈱ワールドインテック執行役員テクノ・SI
                 笠井  嘉明
                       1966年9月19日                             (注1)       -
      国内技術統括本部長
                                  事業部長
                              2014年4月     ㈱アウトソーシングテクノロジー入社               執行
                                  役員経営戦略室長
                              2019年4月     同社執行役員経営管理本部部長
                              2022年2月     当社転籍    常務執行役員製造・サービス統括
                                  本部長兼海外NOW事業統括部長兼海外人
                                  材サポート事業統括部長
                              2022年3月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  長兼海外人材サポート事業統括部長
                                  ㈱ORJ代表取締役社長
                              2022年6月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  長兼ES推進室長兼海外人材サポート事業
                                  統括部長
                              2023年7月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  長兼ES推進室長
                              2023年12月     ㈱アネブル、㈱アウトソーシングテクノロ
                                  ジー、共同エンジニアリング㈱代表取締役
                                  社長(現任)
                              2024年3月     当社執行役国内技術統括本部長(現任)
                                 60/180








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              1999年4月     旭屋㈱入社
                              2003年6月     豊島㈱入社
                              2004年4月     当社入社
                              2008年2月     当社人材活用事業統括部中日本支社副支社
                                  長兼第6エリアリーダー
                              2008年3月     当社営業本部中日本副支社長兼第5・第6
                                  エリアリーダー
                              2008年8月     当社営業本部西日本副支社長
                              2009年1月     当社営業本部法人営業部長
                              2012年6月     当社執行役員営業本部副本部長
                              2014年1月     当社執行役員営業本部構造改革推進室長
                              2016年3月     当社執行役員製造統括本部構造改革推進室
                                  長
                              2017年1月     当社執行役員製造・サービス統括本部構造
                                  改革推進室長
                              2018年1月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長兼構造改革推進室長
                              2019年1月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長兼ソリューション事業統括部長
                              2019年9月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長兼ソリューション事業統括部長兼
         執行役
                 西村  洋平
                       1976年6月28日                             (注1)     95,600
                                  サービス事業統括部長
     製造・サービス統括本部長
                              2021年1月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長兼サービス事業統括部長
                              2022年1月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長兼第3事業統括部長
                              2022年2月     当社製造・サービス統括本部営業戦略推進
                                  室長
                              2023年1月     当社執行役員製造・サービス統括本部副本
                                  部長兼ソリューション事業統括部長
                              2023年4月     当社上席執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長兼ソリューション事業統括部長
                              2023年7月     当社上席執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長
                              2023年9月     アメリカンエンジニアコーポレイション取
                                  締役(現任)
                              2023年12月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長
                              2024年2月     当社常務執行役員製造・サービス統括本部
                                  副本部長兼サービス営業部長
                              2024年3月     当社執行役製造・サービス統括本部長(現
                                  任)
                                 61/180







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
         役職名         氏名      生年月日               略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                              2000年4月     ㈱タカショー入社
                              2006年8月     エン・ジャパン㈱入社
                              2010年9月     ウォールストリートアソシエイツ㈱(現エ
                                  ンワールド・ジャパン㈱)出向             ビジネス
                                  ディベロップメント
                              2012年4月     同社ビジネスディベロップメントマネー
                                  ジャー
                              2012年9月     エンワールド・ジャパン㈱転籍             ビジネス
                                  ディベロップメントマネージャー
                              2016年1月     同社コーポレートプランニングマネー
                                  ジャー
                              2016年5月     ㈱アウトソーシングテクノロジー入社               事業
                                  推進部海外事業推進課長
                              2016年10月     J.B.W.   TOPCO   LIMITED(現CDER        GROUP
                                  INTERNATIONAL      LIMITED),     Director(現
                                  任)
                              2016年11月     当社転籍    技術統括本部担当部長
                              2018年1月     当社常務執行役員技術統括本部海外技術統
                                  括部長
                              2018年8月     OUTSOURCING      OCEANIA    HOLDINGS     PTY
                                  LIMITED    、  OUTSOURCING      UK  LIMITED,
         執行役
                                  Director(現任)
                 小野  悠矢
     豪州・南米・アジア統括本                  1977年6月20日                             (注1)       -
                              2018年11月     当社執行役員技術統括本部海外技術統括部
         部長
                                  長
                              2019年2月     当社常務執行役員技術統括本部海外技術統
                                  括部長
                              2020年10月     OUTSOURCING      TALENT    IRELAND    LIMITED,
                                  Director(現任)
                              2021年1月     CPL  RESOURCES     PUBLIC   LIMITED    COMPANY
                                  (現CPL    RESOURCES    LIMITED),     Director
                                  (現任)
                              2022年3月     当社常務執行役員技術統括本部兼海外事業
                                  統括本部付
                              2023年7月     当社常務執行役員海外グループ統括本部長
                                  兼海外技術統括部長兼海外製造・サービス
                                  統括部長兼海外人材サポート事業統括部長
                              2023年8月     OTTO  Holding    B.V.,   Managing    Director
                                  (現任)
                              2023年11月     OS HRS  SDN.  BHD.,   Director(現任)
                              2024年1月     ALP  CONSULTING     LIMITED,    Director(現
                                  任)
                              2024年3月     当社執行役豪州・南米・アジア統括本部長
                                  (現任)
                             計                           207,900
     (注1)    2024年3月29日開催の定時株主総会の終結後最初に開催される取締役会の終結の時から、1年以内に終了する
         事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結後最初に開催される取締役会の終結の時までとなりま
         す。
     (注2)    「所有株式数」については、2023年12月31日現在の所有株式数を記載しております。
                                 62/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は10名であります。
          社外取締役の志波英男氏は、過去に勤務していた企業において、経理部門を長年経験し、システム、IR、法
         務、監査業務全般にわたる知識・経験を有し、国内外事業会社における経営経験が豊富であることから、その深
         い知見に基づいて助言・牽制を行う役割を期待し、社外取締役に選任しております。
          社外取締役の生田目克氏は、過去に勤務していた企業において、国内外事業の経理・財務分野の責任者を長年
         経験し、内部統制、監査業務、経営管理全般に関する知識や経験が豊富であることから、その深い知見に基づい
         て助言・牽制を行う役割を期待し、社外取締役に選任しております。
          社外取締役の嵜山淳子氏は、過去に勤務していた企業において、取締役副社長、代表取締役を歴任しており、
         企業経営、組織運営、財務、人材育成に関する豊富で幅広い見識を有していることから、当社の業務執行に対す
         る監督等への貢献を期待し社外取締役に選任しております。
          社外取締役の阿部博友氏は、過去に勤務していた企業において、海外勤務を経験し、グローバルな視点を有
         し、国内外の法務・内部統制等の専門的な知識が豊富であることから、その深い知見に基づく助言・牽制を期待
         し、社外取締役に選任しております。
          社外取締役の氏家真紀子氏は、弁護士として企業法務・M&A・金融法務等の分野における豊富な実務経験と
         専門的知見を有していることから、当社取締役会の意思決定機能や監督機能の強化、コーポレート・ガバナンス
         及びコンプライアンスの更なる強化等への貢献を期待し、社外取締役に選任しております。
          社外取締役の向井俊雄氏は、長年にわたり大手総合商社の財務経理部門、内部監査部門の内外拠点で培った高
         度な専門的知見に加え、上場会社のCFO、コーポレート・ガバナンス推進担当役員等として豊富な経営経験を
         有していることから、当社の経営判断・意思決定の過程において助言・牽制を行う役割を期待し、社外取締役に
         選任しております。
          社外取締役の井上東氏は、公認会計士として、会計監査、上場支援、各種アドバイザリーの豊富な実務経験と
         専門的知見を有していることから、財務及び会計に関する専門家としての的確な提言と、独立した立場から業務
         執行を監査・監督する役割を果たしていただくことで、当社取締役会における機能強化を期待し、社外取締役に
         選任しております。
          社外取締役の木﨑博氏は、上場会社における常勤監査役としての経験及び公認会計士有資格者としての財務・
         会計に関する高い見識に加え、海外勤務経験や多分野における豊富な業務経験を有していることから、財務及び
         会計に関する専門家としての的確な提言と、知識と経験に基づいた幅広い見地から、当社の経営判断・意思決定
         の過程における経営及び事業について助言・牽制を行う役割が期待できるだけでなく、コーポレート・ガバナン
         ス及びコンプライアンスの更なる強化にも繋がると判断し、社外取締役に選任しております。
          社外取締役の藤田研一氏は、長年のグローバル企業における経営経験に基づく企業経営、組織運営、人材育成
         等に関する豊富で幅広い見識を有していることから、その深い知見と経験に基づいて当社の経営全般に関する助
         言・牽制を行う役割を期待し、社外取締役に選任しております。
          社外取締役の小澤浩子氏は、大手電気機器メーカー及びそのグループ企業で積んだ経営経験、海外事業経験や
         業界団体でのダイバーシティ推進活動の実績、多様な事業の運営を通して培ったマーケティング等に関する幅広
         い見識を有していることから、当社の事業と組織に持続的な成長と中長期的な価値の向上をもたらす役割を期待
         し、社外取締役に選任しております。
          取引関係につきましては、社外取締役10名と当社との間には取引関係における特別な利害関係はありません。
         資本的関係につきましては、社外取締役10名が当社株式を保有しております。(役員一覧をご参照ください。)
         なお、人的関係につきましては、該当事項はありません。
          当社は、社外取締役の選任にあたり、会社法及び金融商品取引所である東京証券取引所の企業行動規範に定め
         る独立性基準に適合し、一般株主と利益相反の生じるおそれがなく、かつ、経営陣・支配株主から独立した立場
         で、少数株主をはじめとするステークホルダーの意見を取締役会に適切に反映させるという役割・責務を適切に
         果たすため、専門的な知見に基づき、客観的な監督・監査を行う資質、見識を備えた人物を候補として選定して
         おります。また、当社業務に十分な時間を振り向けることが可能であるかの判断基準として、他の上場会社の役
         員との兼務状況なども勘案しております。
        ③ 社外取締役による監督と内部監査、監査委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との

         関係
          当社の社外取締役は、取締役会において、内部統制の整備・運用状況、内部監査結果の報告、監査委員会の監
         査報告を受け、適宜意見を述べています。また、社外取締役が過半数を占める監査委員会は、内部監査室や会計
         監査人と定期的に情報・意見交換、協議をすることにより相互に連携を図っています。
                                 63/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
          2023年3月28日開催の第26期定時株主総会における定款変更の承認をもって、当社は監査等委員会設置会社
         から指名委員会等設置会社に移行いたしました。監査委員会は、5名の監査委員からなり、5名の独立社外取
         締役で構成されております。
        ① 監査委員会監査の状況
           監査委員会監査は、監査委員会が定めた「監査委員会規程」に準拠し行います。監査委員会は、監査の方
          針や年間計画を定め、監査委員は取締役会その他重要な会議に出席するほか、監査委員会が選定する監査委
          員が、各取締役等へのヒアリング、重要な決裁書類の閲覧、関係会社管理体制の確認等を行い、必要に応じ
          て現地へ赴き業務及び財産の状況を調査しております。また、代表取締役と定期的に意見交換を行い、取締
          役の業務執行の適法性、妥当性について確認しております。
           人員につきましては、監査委員の一覧及び監査委員会の出席状況をご参照ください。なお、常勤監査委員
          1名及び非常勤監査委員4名は、過去に勤務していた企業等における長年の経験から、財務及び会計に関す
          る相当程度の知見を有しております。
           当社は、状況に応じて監査委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合に、取締役会で
          協議の上、設置するものとしております。
           当該使用人については、取締役または他の使用人の指揮命令を受けることなく、人事異動・人事考課・懲
          戒処分等については監査委員会の意見を斟酌し決定するものとしております。
           当社は、監査等委員会及び監査委員会を原則として月1回開催しており、当事業年度においては指名委員
          会等設置会社移行前に監査等委員会を合計4回開催し、移行後に監査委員会を合計16回開催しております。
          個々の監査等委員及び監査委員の出席状況については次のとおりであります。
        (指名委員会等設置会社移行前)

        監査等委員の一覧及び監査等委員会の出席状況
                役職                 氏名            監査等委員会出席状況
        取締役(社外)常勤監査等委員                   雄谷 一郎                  4回中4回(100%)

        取締役(社外)常勤監査等委員                   生田目 克                  4回中4回(100%)

        取締役(社外)監査等委員                   大髙 洋                  4回中4回(100%)

        取締役(社外)監査等委員                   志波 英男                  4回中4回(100%)

        (指名委員会等設置会社移行後)

        監査委員の一覧及び監査委員会の出席状況
                役職                 氏名             監査委員会出席状況
        取締役(社外)常勤監査委員                   生田目 克                  16回中16回(100%)

        取締役(社外)監査委員                   志波 英男                  16回中16回(100%)

        取締役(社外)監査委員                   井上 東                  16回中16回(100%)

        取締役(社外)監査委員                   木﨑 博                  16回中16回(100%)

        取締役(社外)監査委員                   向井 俊雄                  16回中16回(100%)

           監査委員会における具体的な検討内容は、監査の方針及び監査計画の策定、常勤監査委員からの活動報

          告、会計監査人の評価や監査報酬等への同意、内部統制システムの整備・運用状況の監査、事業報告・計算
          書類等の監査、監査報告書の作成等であります。
           また、常勤監査委員の活動として、取締役会に限らず、経営会議など当社の重要な意思決定に関わる会議
          へ出席し、幅広い見識と豊富な経験を活用して、独立・中立の立場から客観的に意見を述べています。ま
          た、重要な稟議決裁書類等を閲覧し、社内規程に基づき適正に意思決定が行われていることを確認するほ
          か、代表取締役との意見交換、関係各部や子会社からの情報収集や意見交換等を通じて、経営課題や事業等
          のリスクに関する認識を事業部門と共有し、監査の環境整備に努めております。これらの監査状況は監査委
          員会にて共有しております。
                                 64/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        ② 内部監査の状況
           当社は、内部監査部門として内部監査室を設置し(8名配置)、業務監査及び会計監査を中心とする内部
          監査を行っております。年間監査計画に従い、当社グループの組織活動が法令や社内規則、経営方針に則っ
          て適正且つ効率よく実施されているかについて監査しております。
           監査結果は社長に直接報告を行うとともに、定期的に取締役会において報告を行っております。また、問
          題点については該当部署に随時改善を求め、改善状況のフォローを実施しております。
           また、監査委員会及び内部監査室は、会計監査人と定期的に情報連絡会を開催し監査情報の共有など効率
          的な監査に向け相互に連携して活動を行っております。
        ③ 会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           有限責任監査法人トーマツ
         b.継続監査期間

           2000年以降
         c.業務を執行した公認会計士

          業務を執行した公認会計士の氏名等                               所属する監査法人
       指定有限責任社員 業務執行社員 山野辺純一                           有限責任監査法人 トーマツ
       指定有限責任社員 業務執行社員 杉原伸太朗                           有限責任監査法人 トーマツ
       指定有限責任社員 業務執行社員 宮澤達也                           有限責任監査法人 トーマツ
         d.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士34名、その他54名であります。
         e.監査法人の選定方針と理由

           監査委員会は、会計監査人の選定について、監査法人の監査品質、管理体制、独立性、専門性、監査計
          画、監査報酬の妥当性等を総合的に勘案して判断しております。
           なお、監査委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、
          株主総会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定いたします。また、監査委員
          会は、会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると判断した時は、監査委員全員の同意により会計監
          査人を解任いたします。この場合、監査委員会が選定した監査委員は、解任後最初に招集される株主総会に
          おきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。
         f.監査委員及び監査委員会による監査法人の評価

           監査委員会は、監査法人に対して評価を行っております。前期の監査実績を踏まえ、会計監査人が提示し
          た当事業年度の監査報酬・監査計画等を検討した結果、妥当であると判断しております。
                                 65/180









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
         a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                       295            60           554            21
      提出会社
                       90           10           90           11
      連結子会社
                       385            70           644            32
         計
           当連結会計年度における監査証明業務に基づく報酬には、金融商品取引法に基づく訂正報告書に関する財
          務諸表等の監査報酬151百万円を含んでおります。
           非監査業務の内容は、財務デューデリジェンス等であります。
         b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Deloitte                          Touche    Tohmatsu)に属する組織に対する報酬(a.

         を除く)
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                                   21                       15
      提出会社                  -                       -
                       312           120           356           111
      連結子会社
                       312           140           356           126
         計
           非監査業務の内容は、財務デューデリジェンス及び税務関連業務等であります。
         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          (前連結会計年度)
           該当事項はありません。
          (当連結会計年度)

           該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針

           当社は、会社の規模・業務の将来性等の要素を勘案して見積もられた監査予定日数から算出された金額に
          ついて、妥当性を検討した上で決定しております。
         e.監査委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査委員会は、取締役会、社内関係部署及び会計監査人からの必要な資料の入手や報告の聴取を通じて、
          監査項目別監査時間及び監査報酬の推移並びに過年度の監査計画と実績の状況を確認し、当事業年度の監査
          時間及び報酬等の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意を行って
          おります。
                                 66/180







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社の取締役及び執行役の報酬(会社法第361条第1項の定める「報酬等」をいう。以下において同じ。)
         は、報酬委員会が決定した以下の各方針に基づき、報酬委員会が決定します。
        イ.取締役及び執行役の報酬に関する方針

          当社の取締役の報酬は、経営理念、中期経営計画その他の経営戦略の実現に向けて、取締役会による経営監
         督機能が十分に発揮されることを目的として、各取締役に求められる役割及び責任に応じて支給するものとし
         ます。
          また、当社の執行役の報酬は、業務執行を通じて経営戦略の実現を果たすべき職責を担うことを踏まえ、当
         社グループの持続的な成長に向けた健全なインセンティブとして機能するよう、職責にふさわしい水準を維持
         しつつ、企業業績を反映させ、かつ自社株報酬を適切に取り入れるものとします。
          具体的には、取締役の報酬は、経営の監督機能を十分に発揮できるよう、固定報酬としての基本報酬並びに
         株主・投資家との価値の共有及び適切な監督体制の維持・強化を通じた企業価値向上を促す自社株報酬により
         構成します。ただし、執行役を兼務する取締役には、取締役としての報酬は支給しません。
          執行役の報酬は、固定報酬としての基本報酬及び中長期的な企業価値向上を図るインセンティブとしての自
         社株報酬により構成し、このうち基本報酬の額の決定にあたっては当社の企業業績を考慮するものとします。
          自社株報酬としては、原則として譲渡制限付株式報酬を用いるものとし、譲渡制限付株式を付与することが
         困難な非居住者である者に対しては、その代替として株価連動型金銭報酬(ファントムストック)を付与する
         ものとします。
          ただし、第28期事業年度に係る取締役及び執行役の報酬は、いわゆるマネジメント・バイアウト(MBO)
         の一環として当社の普通株式に対して公開買付けが実施されたことを踏まえ、譲渡制限付株式報酬及び株価連
         動型金銭報酬(ファントムストック)の付与は行わず、金銭による基本報酬のみで構成するものとします。
        ロ.基本報酬の個人別の額の決定に関する方針(報酬を与える時期または条件の決定に関する方針を含む。)

          取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、その職務における役割・責任を踏まえ、毎月一定の額を支給し
         ます。なお、取締役の基本報酬については、取締役会が期待される経営監督機能を十分に発揮できるよう、企
         業業績等を考慮しないものとします。
          執行役の基本報酬は、企業業績、コーポレートガバナンス・ガイドラインに定める事業活動が生み出した経
         済的付加価値等を踏まえ、業績にふさわしい総額を決定し、各執行役の地位及び職務内容、面談結果等を踏ま
         えて、各執行役への配分を決定のうえ、毎月一定の額を支給します。
        ハ.業績連動報酬並びに非金銭報酬の内容及び額または数の算定方法の決定方針(報酬を与える時期または条件

         の決定に関する方針を含む。)
          当社は、業績連動報酬を採用しておりませんが、非金銭報酬(会社法施行規則第98条の5第3号の定める
         「非金銭報酬等」をいう。以下において同じ。)は、中長期的な企業価値向上を図るインセンティブを与える
         とともに、株主との価値共有を目的として、原則として、付与日の属する任期が満了する時まで継続して在任
         することを条件として、取締役及び執行役から退任した時に譲渡制限が解除される譲渡制限付株式報酬を付与
         するものとします。
          譲渡制限付株式は、基本報酬同様に企業業績、コーポレートガバナンス・ガイドラインに定める事業活動が
         生み出した経済的付加価値等を踏まえ、取締役及び執行役の地位及び職務内容に応じて設定する額に相当する
         株式数を、毎年一定の時期に付与するものとします。
          取締役及び執行役のうち、譲渡制限付株式を付与することが困難な非居住者である者に対しては、その代替
         として、ファントムストックを付与します。その権利確定日その他の条件は、他の取締役及び執行役に対して
         付与する譲渡制限付株式の内容に準じて定めるものとし、対象取締役及び執行役の地位及び職務内容に応じて
         設定する額に相当するユニット数のファントムストックを、毎年一定の時期に付与するものとします。
        ニ.基本報酬の額、業績連動報酬の額または非金銭報酬の額の取締役及び執行役の個人別の報酬の額に対する割

         合の決定に関する方針
          基本報酬と譲渡制限付株式またはファントムストックの割合は、その地位及び職務内容を勘案のうえ、概ね
         9:1から7:3の比率の間で決定するものとします。
        ホ.取締役及び執行役の個人別の報酬の内容についての決定に関する事項

          取締役及び執行役の個人別の報酬については、その方針の内容を含め、委員長を独立社外取締役とする報酬
         委員会での決議によって決定します。
                                 67/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        ヘ.当事業年度における報酬委員会の活動内容
          2023年度の報酬委員会の活動内容は次のとおりです。
           当事業年度において報酬委員会は4回開催され、主に取締役の目標設定及び達成度の確認、報酬体系に関
          する検討、取締役の個人別報酬の検討・審議、譲渡制限付株式に代わるファントムストックの検討・審議、
          また報酬総額に関する検討・審議を行いました。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

        イ.指名委員会等設置会社移行前(2023年1月から2023年3月まで)
                                                     対象となる
                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                      報酬等の総額
           役員区分                                          役員の員数
                       (百万円)
                                 基本報酬        譲渡制限付株式報酬
                                                      (名)
                           125          116           9         11
     取締役(監査等委員を除く。)
     (うち社外取締役)                      ( 12 )         ( 12 )         ( -)         ( 5 )
                            22          22                    4
     取締役(監査等委員)                                           -
     (うち社外取締役)                      ( 22 )         ( 22 )         ( -)         ( 4 )
     合計                      148          138           9         15
     (うち社外取締役)                      (34)          (34)          (-)          (9)
     (注1)    当社は2023年3月28日に開催された第26期定時株主総会における承認を経て、監査等委員会設置会社から指名
          委員会等設置会社へ移行しておりますが、上記は指名委員会等設置会社へ移行する前の当社の取締役(監査等
          委員を除く。)及び取締役(監査等委員)の報酬等の総額及び員数を記載しております。
     (注2)    使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
          該当事項はありません。
     (注3)    譲渡制限付株式報酬は、譲渡制限付株式報酬(非居住者である取締役に付与したファントムストックを含みま
          す。)につき、当事業年度に費用計上すべき金額を記載しております。
     (注4)    譲渡制限付株式報酬は会社法施行規則第98条の5第3号に定める「非金銭報酬等」に該当します。
        ロ.指名委員会等設置会社移行後(2023年4月から2023年12月まで)

                                                     対象となる
                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                      報酬等の総額
           役員区分                                          役員の員数
                       (百万円)
                                 基本報酬        譲渡制限付株式報酬
                                                      (名)
                           156          141           15         11
     取締役
     (うち社外取締役)                      ( 111  )        ( 101  )         ( 10 )        ( 10 )
                           348          277           71          6

     執行役
     合計                      505          418           86         17

     (うち社外取締役)                      (111)          (101)           (10)         (10)
     (注1)    使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
          該当事項はありません。
     (注2)    譲渡制限付株式報酬は、譲渡制限付株式報酬(非居住者である取締役に付与したファントムストックを含みま
          す。)につき、当事業年度に費用計上すべき金額を記載しております。
     (注3)    譲渡制限付株式報酬は会社法施行規則第98条の5第3号に定める「非金銭報酬等」に該当します。
     (注4)    上記の取締役には、執行役を兼務する取締役1名は含まれておりません。執行役を兼務する取締役には、取締
          役としての報酬等は支給しておりません。
        ③ 報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

                                         報酬等の種類別の額(百万円)
            報酬等の総額
       氏名                役員区分         会社区分
             (百万円)
                                         基本報酬         譲渡制限付株式報酬
                 141
     土井 春彦               代表執行役会長兼社長           提出会社               112            29
                 113
     鈴木 一彦               執行役           提出会社               92           21
     (注1)    譲渡制限付株式報酬は、譲渡制限付株式報酬につき、当事業年度に費用計上すべき金額を記載しております。
     (注2)    譲渡制限付株式報酬は会社法施行規則第98条の5第3号に定める「非金銭報酬等」に該当します。
                                 68/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、投資株式につきまして、専ら株式価値の変動や株式に係る配当金により利益を受けることを目的と
         して保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有
         株式)に区分しております。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
          の内容
           当社は、持続的な企業価値の向上、事業の拡大、取引先企業との関係強化等を目的として政策株式を保有
          することがあります。政策保有株式については、株式を保有することによるリスク、当該企業が過去3年
          間、当社の売上、利益にどのような影響を及ぼしたか、また、今後の見込みという中長期的な経済的合理性
          を、当社資本コストと照らし合わせ、取締役会で十分議論したうえで、その保有、保有継続、売却等を決定
          しており、取締役会がこの開示が必要と判断した場合は、これを行うこととしております。当該企業の議決
          権の行使についても、当該企業、及び、当社の中長期的な企業価値の向上に資するかどうかを判断したうえ
          で取締役会がその行使内容を決定しております。
           なお、当社株式を政策保有する株主から当社株式の売却打診を受けた場合は、当該株主の意向を尊重し、
          この売却を妨げることはいたしません。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      2            127
     非上場株式
     非上場株式以外の株式                -             -

    (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     非上場株式                -             -  -

                      1             46
     非上場株式以外の株式                                組織再編に伴う株式取得による増加
    (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     非上場株式                -             -

                      4             79
     非上場株式以外の株式
                                 69/180








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
           特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                                    保有目的、業務提携等の概要、
                株式数(株)         株式数(株)                            当社の株式の
         銘柄                              定量的な保有効果
                                                      保有の有無
                                     及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  定量的な記載は困難でありますが、前事
                              2,263
                      -
     明治ホールディング
                                  業年度末において企業間取引関係の維                      無
     ス㈱
                                15
                      -
                                  持・強化のため、保有しております。
                                  定量的な記載は困難でありますが、前事
                              3,226
                      -
     ASTI㈱
                                  業年度末において企業間取引関係の維                      無
                                8
                      -
                                  持・強化のため、保有しております。
                                  定量的な記載は困難でありますが、前事
                               710
                      -
     日本電気硝子㈱
                                  業年度末において企業間取引関係の維                      無
                                1
                      -
                                  持・強化のため、保有しております。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

          該当する投資株式は保有しておりません。
                                 70/180














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
         なお、連結財務諸表の金額については、百万円未満を四捨五入して表示しており、その他の事項の金額について
        は、百万円未満を切り捨てて表示しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、財務諸表その他の事項の金額については、百万円未満を切り捨てて表示しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2023年1月1日から2023年12月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2023年1月1日から2023年12月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
      法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
      することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
      (1)  会計基準等の内容を適切に把握し、また会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備す
        るため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、研修等への参加を通じ、会計基準に関する情報を入手しており
        ます。
      (2)  IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把

        握を行っております。またIFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計方
        針を作成し、それに基づいた会計処理を行っております。
                                 71/180










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
       ①【連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                               注記
                                    (2022年12月31日)             (2023年12月31日)
     資産
      流動資産
                                           53,324             54,469
       現金及び現金同等物                         8
                                          104,704             111,859
       営業債権及びその他の債権                         9
                                           2,205             3,259
       棚卸資産                         10
                                           16,805             16,207
       その他の金融資産                         11
                                           18,289             20,781
       その他の流動資産                         12
       流動資産合計                                   195,327             206,576
      非流動資産
                                           12,475             14,156
       有形固定資産                         13
                                           27,753             40,922
       使用権資産                         14
                                           92,238             92,983
       のれん                         15
                                           42,482             38,131
       無形資産                         15
                                            322             552
       持分法で会計処理されている投資                         16
                                           23,687             24,101
       その他の金融資産                         11
                                            650             576
       その他の非流動資産                         12
                                           6,965             5,798
       繰延税金資産                         17
                                          206,571             217,218
       非流動資産合計
                                          401,898             423,794
      資産合計
                                 72/180












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                               注記
                                    (2022年12月31日)             (2023年12月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                                           75,365             84,305
        営業債務及びその他の債務                        19
                                           43,343             54,529
        社債及び借入金                        18
                                           24,088             27,057
        リース負債                        32
                                           1,111              910
        その他の金融負債                        18
                                           2,594             2,321
        未払法人所得税等
                                           37,951             35,395
        その他の流動負債                        22
                                          184,453             204,516
        流動負債合計
       非流動負債
                                           87,255             67,097
        社債及び借入金                        18
                                           34,150             43,919
        リース負債                        32
                                            877             182
        その他の金融負債                        18
                                           2,269             3,010
        退職給付に係る負債                        20
                                           1,335             1,192
        引当金                        21
                                            748             562
        その他の非流動負債
                                           11,651             10,565
        繰延税金負債                        17
                                          138,284             126,527
        非流動負債合計
       負債合計                                   322,737             331,043
      資本
                                           25,245             25,293
       資本金                         23
                                           26,678             26,727
       資本剰余金                         23
       自己株式                         23             △ 0            △ 0
       その他の資本剰余金                         23          △ 11,611            △ 11,563
                                           9,833             22,080
       その他の資本の構成要素                         23
                                           25,250             27,239
       利益剰余金
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                    75,394             89,775
                                           3,767             2,976
       非支配持分
                                           79,161             92,751
       資本合計
                                          401,898             423,794
      負債及び資本合計
                                 73/180








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       ②【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                               注記    (自 2022年1月1日             (自 2023年1月1日
                                    至 2022年12月31日)              至 2023年12月31日)
                                          690,430             749,608
     売上収益                          6,25
                                         △ 565,683            △ 614,383
     売上原価
     売上総利益                                     124,747             135,225
     販売費及び一般管理費                           26          △ 107,260            △ 119,619
                                           10,018             12,044
     その他の営業収益                           27
                                          △ 4,754            △ 11,174
     その他の営業費用                           28
     営業利益                                      22,750             16,476
                                            633             941
     金融収益                           29
     金融費用                           29           △ 5,692            △ 4,035
                                            102             224
     持分法による投資損益                           16
     税引前利益                                      17,793             13,607
                                          △ 7,186            △ 8,609
     法人所得税費用                           17
                                           10,607              4,997
     当期利益
     当期利益の帰属

                                           10,654              5,162
      親会社の所有者
                                            △ 47            △ 165
      非支配持分
                                           10,607              4,997
      当期利益
     1株当たり当期利益                           31

                                           84.61             40.97
      基本的1株当たり当期利益(円)
                                           84.61             40.97
      希薄化後1株当たり当期利益(円)
                                 74/180











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       ③【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                               注記    (自 2022年1月1日             (自 2023年1月1日
                                    至 2022年12月31日)              至 2023年12月31日)
                                           10,607              4,997
     当期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
                                            864
       確定給付型退職給付制度の再測定額                        20,30                          △ 84
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                                          90
                                           △ 564
                               30,34
       資本性金融資産の公正価値の変動
                                            300              6
       純損益に振り替えられることのない項目合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                           6,589             12,332
       在外営業活動体の換算差額                         30
                                           6,589             12,332
       純損益に振り替えられる可能性のある項目合計
                                           6,889             12,339
      税引後その他の包括利益
                                           17,496             17,336
     当期包括利益
     当期包括利益の帰属

                                           17,455             17,543
      親会社の所有者
                                             40
                                                         △ 207
      非支配持分
                                           17,496             17,336
     当期包括利益
                                 75/180












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       ④【連結持分変動計算書】
                                親会社の所有者に帰属する持分
                                               その他の資本の構成要素

                                                     その他の包括
                  注記
                                         その他の            利益を通じて
                      資本金      資本剰余金       自己株式             在外営業
                                        資本剰余金            公正価値で測
                                               活動体の
                                                     定する負債性
                                               換算差額
                                                     金融資産の公
                                                     正価値の変動
                      百万円       百万円      百万円      百万円      百万円       百万円
                       25,230       26,663                    3,417         1
     2022年1月1日時点の残高                                △ 0   △ 12,887
      会計方針の変更の影響                   -       -      -      -      -       -
     2022年1月1日時点の修正
                       25,230       26,663                    3,417         1
                                     △ 0   △ 12,887
     後残高
      当期利益                   -       -      -      -      -       -
                                                 6,498
                         -       -      -      -             -
      その他の包括利益
     当期包括利益合計                                            6,498
                         -       -      -      -             -
                         15       15

      新株の発行             23                   -      -      -       -
      配当金             24      -       -      -      -      -       -
      株式報酬取引             33      -       -      -     △ 10      -       -
      その他の資本の構成要素
                   30      -       -      -      -      -       -
      から利益剰余金への振替
                         -       -      -      -      -       -
      その他の増減
     所有者による拠出及び所有
                         15       15
                                      -     △ 10      -       -
     者への分配合計
                                           1,287
                         -       -      -             -       -
      企業結合等による変動             23
     子会社に対する所有持分の
                                           1,287
                         -       -      -             -       -
     変動額合計
                         15       15           1,276
     所有者との取引額合計                                 -             -       -
                       25,245       26,678                    9,916         1
     2022年12月31日時点の残高                                △ 0   △ 11,611
      当期利益
                         -       -      -      -      -       -
                                                 12,373
                         -       -      -      -             -
      その他の包括利益
     当期包括利益合計                                            12,373
                         -       -      -      -             -
                         49       49

      新株の発行             23                   -      -      -       -
      自己株式の取得             23      -       -      △ 0      -      -       -
      配当金             24      -       -      -      -      -       -
      その他の資本の構成要素
                   30      -       -      -      -      -       -
      から利益剰余金への振替
                         -       -      -      -      -       -
      その他の増減
     所有者による拠出及び所有
                         49       49
                                     △ 0      -      -       -
     者への分配合計
                                            48
                         -       -      -           △ 218       -
      企業結合等による変動             23
     子会社に対する所有持分の
                                            48
                         -       -      -           △ 218       -
     変動額合計
                         49       49             48
     所有者との取引額合計                                △ 0           △ 218       -
                       25,293       26,727                   22,071         1
                                     △ 0   △ 11,563
     2023年12月31日時点の残高
                                 76/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                           親会社の所有者に帰属する持分

                       その他の資本の構成要素

                          その他の包括
                                                 非支配持分      資本合計
                  注記
                     確定給付     利益を通じて
                                      利益剰余金       合計
                     型退職給     公正価値で測
                                  合計
                     付制度の     定する資本性
                     再測定額     金融資産の公
                          正価値の変動
                     百万円      百万円      百万円     百万円     百万円     百万円     百万円
                              477    3,895     17,691     60,592      6,437     67,029
     2022年1月1日時点の残高                   -
                                          0     0           0
      会計方針の変更の影響                  -       -     -                -
     2022年1月1日時点の修正
                              477    3,895     17,691     60,592      6,437     67,029
                        -
     後残高
                                        10,654     10,654           10,607
      当期利益                  -       -     -               △ 47
                       864           6,801           6,801       88    6,889
                             △ 561           -
      その他の包括利益
     当期包括利益合計                  864           6,801     10,654     17,455        40   17,496
                             △ 561
                                               30           30

      新株の発行             23     -       -     -     -           -
      配当金             24     -       -     -   △ 3,904    △ 3,904    △ 1,463    △ 5,367
      株式報酬取引             33     -       -     -     -    △ 10     -    △ 10
      その他の資本の構成要素
                                         864
                   30    △ 864        -    △ 864           -     -     -
      から利益剰余金への振替
                        -       -     -    △ 56    △ 56     -    △ 56
      その他の増減
     所有者による拠出及び所有
                      △ 864        -    △ 864   △ 3,096    △ 3,940    △ 1,463    △ 5,403
     者への分配合計
                                              1,287            39
                        -       -     -     -        △ 1,247
      企業結合等による変動             23
     子会社に対する所有持分の
                                              1,287            39
                        -       -     -     -        △ 1,247
     変動額合計
     所有者との取引額合計                 △ 864        -    △ 864   △ 3,096    △ 2,653    △ 2,710    △ 5,364
                                   9,833     25,250     75,394      3,767     79,161
     2022年12月31日時点の残高                   -      △ 84
      当期利益                                  5,162     5,162           4,997
                        -       -     -               △ 165
                               92   12,381           12,381           12,339
                       △ 84                  -          △ 42
      その他の包括利益
     当期包括利益合計                          92   12,381      5,162     17,543           17,336
                       △ 84                           △ 207
                                               97           97

      新株の発行             23     -       -     -     -           -
      自己株式の取得             23     -       -     -     -     △ 0     -     △ 0
      配当金             24     -       -     -   △ 3,148    △ 3,148     △ 376   △ 3,525
      その他の資本の構成要素
                        84            84
                   30            -          △ 84     -     -     -
      から利益剰余金への振替
                                          82     82           82
                        -       -     -                -
      その他の増減
     所有者による拠出及び所有
                        84            84
                               -        △ 3,150    △ 2,969     △ 376   △ 3,345
     者への分配合計
                        -       -    △ 218     △ 23    △ 194    △ 207    △ 401
      企業結合等による変動             23
     子会社に対する所有持分の
                        -       -    △ 218     △ 23    △ 194    △ 207    △ 401
     変動額合計
                        84
     所有者との取引額合計                          -    △ 134   △ 3,173    △ 3,162     △ 584   △ 3,746
                               7   22,080     27,239     89,775      2,976     92,751
                        -
     2023年12月31日時点の残高
                                 77/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                               注記    (自 2022年1月1日             (自 2023年1月1日
                                    至 2022年12月31日)              至 2023年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           17,793             13,607
      税引前利益
                                           17,416             20,162
      減価償却費及び償却費
                                           2,898             9,051
      減損損失
                                                          728
      引当金及び退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                      △ 46
      金融収益                                     △ 633            △ 941
                                           5,692             4,035
      金融費用
      持分法による投資損益(△は益)                                     △ 102            △ 224
                                            544
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                                  △ 1,023
                                                          195
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                    △ 5,772
                                           5,719             4,804
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)
                                           1,527
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                                  △ 1,935
                                          △ 3,057            △ 5,035
      その他
                                           41,980             43,425
                 小計
                                            150             293
      利息及び配当金の受取額
      利息の支払額                                    △ 2,528            △ 3,958
      法人所得税等の支払額                                    △ 12,890             △ 9,487
                                             45             893
      法人所得税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                     26,758             31,166
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                    △ 1,747             △ 374
                                           1,892              156
      定期預金の払戻による収入
      有形固定資産の取得による支出                                    △ 2,816            △ 4,068
      無形資産の取得による支出                                    △ 1,341            △ 1,297
                                            348              86
      有形固定資産の売却による収入
      投資の取得による支出                                     △ 229             △ 71
                                             17             55
      投資の売却による収入
      事業の取得に伴う支出                         7,32           △ 13,023              △ 626
                                                          69
      事業の取得に伴う収入                          32             -
      貸付けによる支出                                      △ 3            △ 42
                                             7            105
      貸付金の回収による収入
      敷金及び保証金の差入による支出                                    △ 1,449            △ 1,343
                                            783             664
      敷金及び保証金の回収による収入
      保険積立金の積立による支出                                      △ 5            △ 2
                                                          42
      保険積立金の解約による収入                                       -
                                             24
                                                         △ 218
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 17,540             △ 6,864
                                 78/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                               注記    (自 2022年1月1日             (自 2023年1月1日
                                    至 2022年12月31日)              至 2023年12月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                         3,624
      短期借入金の純増減額(△は減少)                          32          △ 12,666
                                           69,197             14,281
      長期借入れによる収入                          32
      長期借入金の返済による支出                          32          △ 30,085            △ 29,427
      社債の償還による支出                          32           △ 110            △ 140
      リース負債の返済による支出                          32          △ 9,002            △ 10,650
      配当金の支払額                          24          △ 3,904            △ 3,148
      非支配株主との取引                                    △ 17,305              △ 268
      非支配株主への配当金の支払額                                    △ 1,463             △ 376
                                           △ 633            △ 254
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △ 5,971            △ 26,359
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      1,743             3,203
                                           4,990             1,146
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                           48,334             53,324
     現金及び現金同等物の期首残高
                                           53,324             54,469
     現金及び現金同等物の期末残高                           8
                                 79/180














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
       【連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          株式会社アウトソーシング(以下、「当社」という。)は日本に所在する企業であります。その登記されて
         いる本社の住所は、東京都千代田区であります。また、主要な事業所の住所はホームページ
         (https://www.outsourcing.co.jp/)で開示しております。当社の連結財務諸表は、12月31日を期末日とし、
         当社及び子会社(以下、「当社グループ」という。)並びに当社グループの関連会社に対する持分により構成
         されております。
          当社グループは、主にメーカーの設計・開発・実験・評価・製造に関わる業務の外注化ニーズに対応し、技
         術・ノウハウ等の提供を行い、メーカーの生産性の向上や技術革新に貢献する生産アウトソーシングサービス
         を提供しております。
          当社グループの主要な活動内容の詳細については、注記「6.セグメント情報」をご参照下さい。
          また、当連結会計年度末の主要な子会社の状況については、「第1                               企業の概況      4  関係会社の状況」をご参
         照下さい。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨の記載
           当社グループの連結財務諸表は、連結財務諸表規則第1条の2に規定する「指定国際会計基準特定会社」
          の要件をすべて満たすことから、同第93条の規定により、国際財務報告基準(International                                             Financial
          Reporting     Standards)(以下、IFRS)に準拠して作成しております。
           なお、本連結財務諸表は、2024年3月29日に取締役会によって承認されております。
         (2)測定の基礎

           当社グループの連結財務諸表は、注記「4.重要性がある会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定さ
          れている特定の金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満を四捨
          五入して表示しております。
                                 80/180











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (4)会計方針の変更
           当社グループは、当連結会計年度より、以下の基準を適用しております。
               IFRS                         新設・改訂の概要
     IAS第12号      法人所得税(2021年5月改訂)                リース及び廃棄義務に係る繰延税金の会計処理を明確化

                            経済協力開発機構(OECD)が公表した第2の柱モデルルールを導入す
     IAS第12号      法人所得税(2023年5月改訂)                るために制定又は実質的に制定された税制から生じる法人所得税に対
                            する企業のエクスポージャーの開示を要求する改訂
          (IAS第12号「法人所得税」(2021年5月改訂)の適用)

           当社グループは、IAS第12号「法人所得税」(2021年5月改訂)を当連結会計年度から適用しております。
           本改訂により、リース及び廃棄義務のように、取引時に同額の将来加算一時差異と将来減算一時差異が生
          じる場合、企業はそれにより生じる繰延税金負債及び繰延税金資産を認識することが明確になりました。
           本改訂は遡及適用され、前連結会計年度については遡及適用後の連結財務諸表となっております。
           この結果、遡及適用を行う前と比べて、前連結会計年度の連結財政状態計算書は、繰延税金資産及び繰延
          税金負債がそれぞれ112百万円及び71百万円増加し、利益剰余金が41百万円増加しております。また、前連結
          会計年度及び当連結会計年度の連結損益計算書に与える影響は軽微であります。
           前連結会計年度及び当連結会計年度の基本的1株当たり当期利益及び希薄化後1株当たり当期利益に与え
          る影響は軽微であります。
           前連結会計年度の期首の資本に累積的影響額が反映されたことにより、連結持分変動計算書の利益剰余金
          の遡及適用後の期首残高は0百万円増加しております。
          (IAS第12号「法人所得税」(2023年5月改訂)の適用)

           当社グループは、IAS第12号「法人所得税」(2023年5月改訂)を当連結会計年度から適用しております。
           この基準の適用による当社グループの連結財務諸表に与える重要な影響はありません。
        3.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用
         の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、これらの見積
         りとは異なる場合があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを
         見直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
          経営者が行った連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断及び見積りは以下のとおりであります。
          ・有形固定資産、のれん及び無形資産の減損(注記「13.有形固定資産」、「14.使用権資産」、「15.の
          れん及び無形資産」)
          ・企業結合により取得した資産及び引受けた負債の公正価値の見積り(注記「7.企業結合」、「15.のれ
          ん及び無形資産」)
          ・顧客関連資産等の耐用年数及び残存価額の見積り(注記「15.のれん及び無形資産」)
          ・リース契約における延長オプション及び解約オプションの見積り(注記「14.使用権資産」)
          ・繰延税金資産の回収可能性(注記「17.法人所得税」)
          ・退職給付債務及び未払有給休暇債務の測定(注記「20.従業員給付」)
          ・収益の認識及び測定(注記「25.売上収益」)
          ・金融商品の公正価値、非支配株主に係る売建プット・オプション負債の償還金額の現在価値の測定(注記
          「34.金融商品」)
                                 81/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        4.重要性がある会計方針
         (1)連結の基礎
          ① 子会社
            子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。当社グループがある企業への関与に
           より生じる変動リターンに対するエクスポージャー又は権利を有し、かつ、当該企業に対するパワーによ
           り当該リターンに影響を及ぼす能力を有している場合に、当社グループは当該企業を支配していることと
           なります。
            子会社の財務諸表は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで、連結の対象に含め
           ております。
            子会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子
           会社の財務諸表に調整を加えております。当社グループ間の債権債務残高及び内部取引高、並びに当社グ
           ループ間の取引から発生した未実現損益は、連結財務諸表の作成に際して消去しております。また、取得
           後間もないこと等のため、決算日が異なる子会社の財務諸表は、連結決算日現在で実施した仮決算に基づ
           く財務諸表を使用しております。
            子会社持分を一部処分した際、支配が継続する場合には、資本取引として会計処理しております。非支
           配持分の調整額と対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属する持分として資本に直接認識され
           ております。
            子会社の非支配持分は、当社グループの持分とは別個に識別されております。子会社の包括利益につい
           ては、非支配持分が負の残高となる場合であっても、親会社の所有者と非支配持分に帰属させておりま
           す。
          ② 関連会社

            関連会社とは、当社グループが当該企業に対し、財務及び営業の方針に重要な影響力を有しているもの
           の、支配をしていない企業をいいます。当社グループが当該企業の議決権の20%以上50%以下を保有する
           場合、当社グループは当該企業に対して重要な影響力を有していると推定されます。
            関連会社への投資は、取得時には取得原価で認識され、以後は持分法によって会計処理しております。
           関連会社に対する投資は、取得に際して認識されたのれん(減損損失累計額控除後)が含まれておりま
           す。
            関連会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該
           関連会社の財務諸表に調整を加えております。
         (2)企業結合

           企業結合は取得法を用いて会計処理しております。取得対価は、被取得企業の支配と交換に譲渡した資
          産、引受けた負債及び当社が発行する持分金融商品の取得日の公正価値の合計として測定されます。取得対
          価が識別可能な資産及び負債の公正価値を超過する場合は、連結財政状態計算書においてのれんとして計上
          しております。反対に下回る場合には、直ちに連結損益計算書において利得として計上しております。
           当社グループは、非支配持分を当社グループで認識した識別可能純資産に対する非支配持分の比例割合に
          より測定しております。非支配持分の追加取得については、資本取引として会計処理しているため、当該取
          引からのれんは認識しておりません。
           また、企業結合の当初の会計処理が期末日までに完了しない場合、当社グループは、完了していない項目
          については暫定的な金額で報告しております。その後、新たに入手した支配獲得日時点に存在していた事実
          と状況について、支配獲得日時点に把握していたとしたら企業結合処理の認識金額に影響を与えていたと判
          断される場合、測定期間の修正として、支配獲得日に認識した暫定的な金額を遡及的に修正いたします。測
          定期間は支配獲得日から最長で1年間としております。
           財務デューデリジェンス費用等の、企業結合に関連して発生する取引コストは、発生時に費用処理してお
          ります。
           被取得企業における識別可能な資産及び負債は、以下を除いて、取得日の公正価値で測定しております。
           ・繰延税金資産・負債
           ・従業員給付契約に関連する資産・負債
           ・IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業」に従って売却目的に分類される資産又は
            処分グループ
           ・IFRS第16号「リース」に従って認識する使用権資産及びリース負債
                                 82/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (3)外貨換算
          ① 外貨建取引
            当社グループの各企業は、その企業が営業活動を行う主たる経済環境の通貨として、それぞれ独自の機
           能通貨を定めており、各企業の取引はその機能通貨により測定しております。
            各企業が個別財務諸表を作成する際、その企業の機能通貨以外の通貨での取引の換算については、取引
           日の為替レートを使用しております。
            収益及び費用については、著しい変動のない限り、平均為替レートを用いて日本円に換算しておりま
           す。
            期末日における外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで換算しております。また、公正価
           値で計上された外貨建非貨幣性資産及び負債は公正価値が決定した日の為替レートで換算しております。
            換算又は決済により生じる換算差額は、損益として認識しております。ただし、その他の包括利益を通
           じて測定される金融資産から生じる換算差額については、その他の包括利益として認識しております。
          ② 在外営業活動体の財務諸表

            在外営業活動体の資産及び負債については期末日の為替レート、収益及び費用については、著しい変動
           のない限り、平均為替レートを用いて日本円に換算しております。在外営業活動体の財務諸表の換算から
           生じる換算差額は、その他の包括利益として認識しております。在外営業活動体の換算差額は、在外営業
           活動体が処分されたときに損益として認識されます。
         (4)金融商品

          ① 金融資産
          (ⅰ)当初認識及び測定
             当社グループは、金融資産について、純損益又はその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融
            資産、償却原価で測定する金融資産に分類しております。この分類は、当初認識時に決定しておりま
            す。
             当社グループは、金融資産に関する契約の当事者となった取引日に当該金融商品を認識しておりま
            す。
             すべての金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定される区分に分類される場合を除き、公正価値
            に取引費用を加算した金額で測定しております。
             金融資産は、以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定する金融資産に分類しておりま
            す。
             ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づ
              いて、資産が保有されている。
             ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フロー
              が特定の日に生じる。
             償却原価で測定する金融資産以外の金融資産は、公正価値で測定する金融資産に分類しております。
            公正価値で測定する資本性金融資産については、純損益を通じて公正価値で測定しなければならない売
            買目的で保有される資本性金融資産を除き、個々の資本性金融資産ごとに、純損益を通じて公正価値で
            測定するか、その他の包括利益を通じて公正価値で測定するかを指定し、当該指定を継続的に適用して
            おります。
             公正価値で測定する負債性金融資産については、以下の要件を満たす場合にその他の包括利益を通じ
            て公正価値で測定する負債性金融資産に分類しております。
             ・契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方によって目的が達成される事業モデルに基づいて
              保有されている。
             ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フロー
              が所定の日に生じる。
          (ⅱ)事後測定

             金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
            (a)償却原価により測定する金融資産
              償却原価により測定する金融資産については、実効金利法による償却原価により測定しておりま
             す。
                                 83/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
            (b)公正価値により測定する金融資産
              公正価値により測定する金融資産の公正価値の変動額は以下を除き純損益として認識しておりま
             す。
              資本性金融資産のうち、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定したものについて
             は、公正価値の変動額はその他の包括利益として認識しております。なお、当該金融資産からの配当
             金については、金融収益の一部として当期の純損益として認識しております。
              その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産については、公正価値の変動額は、
             減損利得又は減損損失及び為替差損益を除き、当該金融資産の認識の中止又は分類変更が行われるま
             で、その他の包括利益として認識しております。当該金融資産の認識の中止を行う際には、過去に認
             識したその他の包括利益を純損益に振り替えております。
          (ⅲ)金融資産の減損

             償却原価により測定する金融資産及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産
            については、予想信用損失に対する損失評価引当金を認識しております。
             当社グループは、期末日ごとに各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点から著しく増加している
            かどうかを評価しており、当初認識時点から信用リスクが著しく増加していない場合には、12か月の予
            想信用損失を損失評価引当金として認識しております。一方で、当初認識時点から信用リスクが著しく
            増加している場合には、全期間の予想信用損失と等しい金額を損失評価引当金として認識しておりま
            す。
             契約上の支払の期日経過が30日超である場合には、原則として信用リスクの著しい増大があったもの
            としておりますが、信用リスクが著しく増加しているか否かの評価を行う際には、期日経過情報のほ
            か、当社グループが合理的に利用可能かつ裏付け可能な情報(内部格付、外部格付等)を考慮しており
            ます。
             なお、金融資産に係る信用リスクが期末日現在で低いと判断される場合には、当該金融資産に係る信
            用リスクが当初認識以降に著しく増大していないと評価しております。
             ただし、重大な金融要素を含んでいない営業債権、契約資産及びリース債権については、信用リスク
            の当初認識時点からの著しい増加の有無にかかわらず、常に全期間の予想信用損失と等しい金額で損失
            評価引当金を認識しております。
             予想信用損失は、契約に従って企業に支払われるべきすべての契約上のキャッシュ・フローと、企業
            が受け取ると見込んでいるすべてのキャッシュ・フローとの差額の現在価値として測定しております。
             当社グループは、金融資産の予想信用損失を、以下のものを反映する方法で見積っております。
             ・一定範囲の生じ得る結果を評価することにより算定される、偏りのない確率加重金額
             ・貨幣の時間価値
             ・過去の事象、現在の状況及び将来の経済状況の予測についての、報告日において過大なコストや労
              力を掛けずに利用可能な合理的で裏付け可能な情報
             著しい景気変動等の影響を受ける場合には、上記により測定された予想信用損失に、必要な調整を行
            うこととしております。
             当社グループは、ある金融資産の全体又は一部分を回収するという合理的な予想を有していない場合
            には、金融資産の総額での帳簿価額を直接減額しております。
             金融資産に係る損失評価引当金の繰入額は、純損益で認識しております。損失評価引当金を減額する
            事象が生じた場合は、損失評価引当金戻入額を純損益で認識しております。
          (ⅳ)金融資産の認識の中止

             金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した時、又は、金融資産を譲渡
            しほとんどすべてのリスクと経済価値が他の企業に移転した場合にのみ、金融資産の認識を中止してお
            ります。
          ② 金融負債

          (ⅰ)当初認識及び測定
             金融負債は、契約の当事者となる時点で当初認識し、当初認識時点において以下に分類しておりま
            す。
            (a)純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
              純損益を通じて公正価値で測定することを指定した金融負債
            (b)償却原価で測定する金融負債
              純損益を通じて公正価値で測定する金融負債以外のもの
                                 84/180



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
          (ⅱ)事後測定
            (a)純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
              純損益を通じて公正価値で測定する金融負債は公正価値で測定し、再測定から生じる利得又は損失
             は純損益として認識しております。
            (b)償却原価で測定する金融負債
              償却原価で測定する金融負債は、実効金利法を使用した償却原価で測定し、支払利息は実効金利法
             で認識しております。
          (ⅲ)金融負債の認識の中止

             当社グループは、金融負債が消滅した時、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消し、又は
            失効となった場合にのみ、金融負債の認識を中止しております。金融負債の認識の中止に際しては、金
            融負債の帳簿価額と支払われた又は支払う予定の対価の差額は純損益として認識しております。
          ③ 金融資産及び金融負債の表示

            金融資産及び金融負債は、当社グループが残高を相殺する法的権利を有し、かつ純額で決済するか又は
           資産の実現と負債の決済を同時に行う意図を有する場合にのみ、連結財政状態計算書上で相殺し、純額で
           表示しております。
          ④ デリバティブ

            当社グループは、為替レート及び長期借入金の金利変動リスクを低減するため、通貨金利スワップを締
           結しております。デリバティブは、デリバティブ契約が締結された日の公正価値で当初認識され、当初認
           識後は各連結会計年度末日の公正価値で再測定されます。
            なお、上記デリバティブについて、ヘッジ会計の適用となるものはありません。
         (5)現金及び現金同等物

           現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金、預け金及び容易に換金可能であり、かつ、
          価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資から構
          成されております。
         (6)棚卸資産

           棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い価額で測定しております。正味実現可能価額
          は、通常の事業過程における見積売価から、完成までに要する見積原価及び見積販売費用を控除した額であ
          ります。取得原価は、主として総平均法に基づいて算定されており、購入原価、加工費及び現在の場所及び
          状態に至るまでに要したすべての費用を含んでおります。
         (7)有形固定資産

           有形固定資産については、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した額で測定しており
          ます。
           取得原価には、資産の取得に直接関連する費用、解体・除去及び土地の原状回復費用、及び資産計上すべ
          き借入コストが含まれております。
           土地及び建設仮勘定以外の各資産の減価償却費は、それぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で計上され
          ています。主要な資産項目ごとの見積耐用年数は以下のとおりであります。
           ・建物及び構築物    2-60年
           ・機械装置及び運搬具  2-17年
           ・工具器具及び備品   1-20年
           なお、見積耐用年数、残存価額及び減価償却方法は、各年度末に見直しを行い、変更があった場合は、会
          計上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
                                 85/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (8)のれん及び無形資産
          ① のれん
            当社グループはのれんを、取得日時点で測定した被取得企業に対する非支配持分の認識額を含む譲渡対
           価の公正価値から、取得日時点における識別可能な取得資産及び引受負債の純認識額を控除した額として
           測定しております。
            のれんの償却は行わず、毎期及び減損の兆候が存在する場合には、その都度、減損テストを実施してお
           ります。
            のれんの減損損失は連結損益計算書において認識され、その後の戻し入れは行っておりません。
            また、のれんは連結財政状態計算書において、取得原価から減損損失累計額を控除した帳簿価額で計上
           されます。
          ② 無形資産

            個別に取得した無形資産は、当初認識時に取得原価で測定されます。
            また、企業結合により取得し、のれんとは区分して認識した顧客関連資産を無形資産として取得日の公
           正価値で計上しております。
            無形資産は、当初認識後、耐用年数を確定できない無形資産を除いて、それぞれの見積耐用年数にわ
           たって定額法で償却され、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した帳簿価額で計上されま
           す。顧客関連資産の見積耐用年数については、過去の顧客別売上推移及び将来の事業計画等に基づいて見
           積っております。主要な無形資産の見積耐用年数は以下のとおりであります。耐用年数を確定できない無
           形資産はありません。
            ・ソフトウエア    2-10年
            ・顧客関連資産    4-23年
            なお、見積耐用年数、残存価額及び償却方法は、各年度末に見直しを行い、変更があった場合は、会計
           上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
         (9)リース

          ① 借手としてのリース
            当社グループは、契約の締結時に契約がリースであるか又はリースを含んでいるかを判定しておりま
           す。契約が特定された資産の使用を支配する権利を一定期間にわたり対価と交換に移転する場合には、当
           該契約はリースであるか又はリースを含んでいると判定しております。
            契約がリースであるか又はリースを含んでいると判定した場合、リース開始日に使用権資産及びリース
           負債を認識しております。リース負債は残存リース料の現在価値で測定し、使用権資産は、リース負債の
           当初測定の金額に、開始日以前に支払ったリース料等、借手に発生した当初直接コスト及びリースの契約
           条件で要求されている原状回復義務等のコストを調整した取得原価で測定しております。
            リース契約の一部については延長オプション及び解約オプションが付されております。本社及び営業拠
           点の過去の賃貸借契約の延長実績又は将来の事業計画に基づいて、延長オプションを行使することが合理
           的に確実である場合又は解約オプションを行使しないことが合理的に確実である場合、その対象期間を
           リース期間に含めております。
            当初認識後は、使用権資産は耐用年数とリース期間のいずれか短い年数にわたって、定額法で減価償却
           を行っております。
            リース料は、利息法に基づき金融費用とリース負債の返済額に配分し、金融費用は連結損益計算書にお
           いて認識しております。
            ただし、リース期間が12か月以内の短期リース及び原資産が少額のリースについては、使用権資産及び
           リース負債を認識せず、リース料をリース期間にわたって、定額法又は他の規則的な基礎のいずれかによ
           り費用として認識しております。
          ② 貸手としてのリース

            当社グループは、主に、従業員の社宅を賃貸しており、ファイナンス・リース又はオペレーティング・
           リースのいずれかに分類しております。リース取引が、原資産の所有に伴うリスクと経済価値のほとんど
           すべてを借手に移転する場合はファイナンス・リースに分類し、他のリース取引はオペレーティング・
           リースに分類しております。ファイナンス・リース取引においては、正味リース投資未回収額をリース債
           権として計上しております。
                                 86/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (10)非金融資産の減損
           棚卸資産及び繰延税金資産を除く当社グループの非金融資産の帳簿価額は、期末日ごとに減損の兆候の有
          無を判断しております。減損の兆候が存在する場合は、当該資産の回収可能価額を見積っております。のれ
          ん及び耐用年数を確定できない、又は未だ使用可能ではない無形資産については、回収可能価額を毎年同じ
          時期に見積っております。
           資産又は資金生成単位の回収可能価額は、使用価値と売却費用控除後の公正価値のうちいずれか大きい方
          の金額としております。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間的価値及び
          当該資産に固有のリスクを反映した税引前割引率を用いて現在価値に割り引いております。減損テストにお
          いて個別にテストされない資産は、継続的な使用により他の資産又は資産グループのキャッシュ・インフ
          ローから、概ね独立したキャッシュ・インフローを生成する最小の資金生成単位に統合しております。のれ
          んの減損テストを行う際には、のれんが配分される資金生成単位を、のれんが関連する最小の単位を反映し
          て減損がテストされるように統合しております。企業結合により取得したのれんは、結合のシナジーが得ら
          れると期待される資金生成単位に配分しております。
           当社グループの全社資産は、独立したキャッシュ・インフローを生成いたしません。全社資産に減損の兆
          候がある場合、全社資産が帰属する資金生成単位の回収可能価額を決定しております。
           減損損失は、資産又は資金生成単位の帳簿価額が見積回収可能価額を超過する場合に損益として認識いた
          します。資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まずその単位に配分されたのれんの帳簿価額を減額
          するように配分し、次に資金生成単位内のその他の資産の帳簿価額を比例的に減額いたします。
           のれんに関連する減損損失は戻入いたしません。その他の資産については、過去に認識した減損損失は、
          毎期末日において損失の減少又は消滅を示す兆候の有無を評価しております。回収可能価額の決定に使用し
          た見積りが変化した場合は、減損損失を戻し入れます。減損損失は、減損損失を認識しなかった場合の帳簿
          価額から必要な減価償却費及び償却額を控除した後の帳簿価額を超えない金額を上限として戻し入れます。
         (11)従業員給付

          ① 退職後給付
            当社グループは、従業員の退職給付制度として確定給付制度と確定拠出制度を運営しております。
            当社グループは、確定給付制度債務の現在価値及び関連する当期勤務費用並びに過去勤務費用を、予測
           単位積増方式を用いて算定しております。
            割引率は、将来の毎年度の給付支払見込日までの期間を基に割引期間を設定し、割引期間に対応した期
           末日時点の優良社債の市場利回りに基づき算定しております。
            確定給付制度に係る負債は、確定給付制度債務の現在価値から、制度資産の公正価値(必要な場合に
           は、資産上限額の影響を考慮する)を控除し、確定給付型退職給付制度の再測定額を調整して算定してお
           ります。また、利息費用及び利息収益は、売上原価並びに販売費及び一般管理費として計上しておりま
           す。
            確定給付型退職給付制度の再測定額は、発生した期においてその他の包括利益として一括認識し、発生
           時にその他の資本の構成要素から利益剰余金に振り替えております。
            過去勤務費用は、当該給付が確定給付制度の導入又は変更直後にすでに権利確定している場合は、発生
           した期の損益として処理しております。
            確定拠出型の退職給付に係る費用は、従業員がサービスを提供した時点で費用として認識しておりま
           す。
          ② 短期従業員給付

            短期従業員給付については、従業員が関連する勤務を提供した時点で費用として計上しております。
            賞与及び有給休暇費用は、従業員から過年度及び当年度に提供された勤務の対価として支払うべき法的
           又は推定的債務を負っており、かつその金額を信頼性をもって見積ることができる場合に、それらの制度
           に基づいて支払われる将来給付額を負債として処理しております。
                                 87/180






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (12)株式報酬
          ① 譲渡制限付株式報酬制度
            当社は、取締役(社外取締役を含む。)及び執行役を対象とした持分決済型の株式に基づく報酬制度と
           して、譲渡制限付株式報酬制度を導入しております。
            受領したサービスの対価は、当社株式の付与日における公正価値で測定し、付与日から権利確定期間に
           わたって費用として連結損益計算書において認識し、対応する金額を連結財政状態計算書において資本の
           増加として認識しております。
            また、日本国非居住である取締役を対象に、譲渡制限付株式報酬の代替としてファントム・ストックの
           付与を行っております。ファントム・ストックは、現金決済型の株式に基づく報酬制度として、支払額の
           公正価値を負債として認識し、負債が決済されるまで、当該負債の公正価値の変動を純損益に認識してお
           ります。
          ② ストック・オプション

            当社グループは、持分決済型の株式報酬として、取締役及び従業員等に対しストック・オプションを付
           与しております。ストック・オプションは、付与日における公正価値によって見積り、最終的に権利確定
           すると予想されるストック・オプションの数を考慮した上で、権利確定期間にわたって費用として連結損
           益計算書において認識し、同額を連結財政状態計算書において資本の増加として認識しております。付与
           されたオプションの公正価値は、オプションの諸条件を考慮し、ブラック・ショールズ・モデル等を用い
           て算定しております。また、条件については定期的に見直し、必要に応じて権利確定数の見積りを修正し
           ております。
         (13)引当金

           引当金は、過去の事象の結果として、当社グループが、現在の法的又は推定的債務を負っており、当該債
          務を決済するために経済的資源の流出が生じる可能性が高く、当該債務の金額について信頼性のある見積り
          ができる場合に認識しております。引当金は、見積将来キャッシュ・フローを貨幣の時間的価値及び当該負
          債に特有のリスクを反映した税引前の利率を用いて現在価値に割り引いております。時の経過に伴う割引額
          の振戻しは金融費用として認識しております。
           ・資産除去債務
            賃借契約終了時に原状回復義務のある賃借事務所の原状回復費用見込額について、資産除去債務を計上
           しております。
                                 88/180











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (14)収益
           当社グループでは、IFRS第9号「金融商品」に基づく利息及び配当収益等を除く顧客との契約について、
          以下のステップを適用することにより、収益を認識しております。
           ステップ1:顧客との契約を識別する
           ステップ2:契約における履行義務を識別する
           ステップ3:取引価格を算定する
           ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
           ステップ5:履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する
           また、顧客との契約獲得のための増分コスト及び契約に直接関連する履行コストのうち、回収可能である
          と見込まれる部分について資産(以下「契約コストから認識した資産」という。)として認識しておりま
          す。契約獲得のための増分コストとは、顧客との契約を獲得するために発生したコストで、当該契約を獲得
          しなければ発生しなかったであろうものであります。契約コストから認識した資産については、顧客の見積
          契約期間にわたり、定額法で償却を行っております。
           派遣のビジネスモデルにおいては、履行義務は契約期間にわたり労働者を供給することであり、当該履行
          義務は、契約期間にわたり労働時間の経過につれて充足されるものであり、収益は当該履行義務が充足され
          る期間において、人材派遣契約に定められた金額に基づき、各月の収益として計上しております。
           なお、取引の対価は、履行義務の充足時点である各月末時点から概ね2か月以内に支払を受けておりま
          す。
           請負のビジネスモデルにおいては、履行義務とは基本的に顧客から委託された業務を契約期限までに完了
          させることであり、委託された業務が完了し顧客による検収を受けた時点が履行義務を充足する時点となる
          と判断し、請負契約に定められた金額に基づき、同時点で収益を計上しております。
           また、請負のビジネスモデルのうち国内サービス系アウトソーシング事業の米軍施設等官公庁向けサービ
          ス等においては工事請負契約を提供しておりますが、当該取引における履行義務の充足は、契約期間におけ
          る工事のマイルストーンの達成に連れて充足されるものであると判断しております。
           当社グループは、当該契約において工事物件を他の顧客に振り向けることを契約上は制限され、完了した
          作業に対する支払を受ける強制可能な権利を有します。このため、工事物件に係る収益は一定の期間にわた
          り原価比例法により(すなわち、現在までに完了した作業に対して発生した契約コストの、合計予想契約コ
          ストに対する割合に基づいて)認識され、ある特定のマイルストーンが達成された時点で、第三者の査定人
          が署名した作業明細書及びマイルストーンに対する支払の請求書が顧客に送付されます。
           当社グループは、履行した作業に対する契約資産を前もって認識することになります。契約資産として前
          もって認識された金額は、顧客に請求された時点で売上債権に振り替えられます。
           マイルストーンの支払いが原価比例法により現在までに認識された収益を超過する場合は、その差額に対
          して、当社グループは契約負債を認識しております。原価比例法による収益の認識とマイルストーンの支払
          の間の期間は1年未満であるため、顧客との工事契約に重大な金融要素が存在するとは考えておりません。
           なお、取引の対価は、履行義務の充足時点である顧客による検収時点から概ね2か月以内に支払を受けて
          おります。
           有料職業紹介のビジネスモデルにおいては、履行義務は、顧客が直接雇用する人材の採用代行であり、当
          該履行義務は、紹介者が紹介先の被雇用者として、業務を開始した時点が履行義務を充足する時点となると
          判断し、同時点で収益を計上しております。なお、紹介者が契約に定める一定の保証期間内に退職する場合
          には、対価の一部を顧客に返金することが定められていることから、当該返金相当額を返金負債として認識
          し、契約に定められた対価から返金負債を控除した金額に基づき、収益を計上しております。返金に係る負
          債の見積りは、過去の実績などに基づいた返戻率により行い、収益は重大な戻入れが生じない可能性が非常
          に高い範囲でのみ認識しております。
           なお、取引の対価は、履行義務の充足時点である紹介者の業務開始時点から概ね2か月以内に支払を受け
          ております。
                                 89/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (15)法人所得税
           法人所得税費用は、当期税金及び繰延税金から構成されております。これらは、企業結合に関連するも
          の、及び直接資本又はその他の包括利益で認識される項目を除き、損益として認識しております。
           当期税金は、税務当局に対する納付又は税務当局からの還付が予想される金額で測定されます。税額の算
          定にあたっては、当社グループが事業活動を行い、課税対象となる損益を稼得する国において、連結会計年
          度末日までに制定又は実質的に制定されている税率及び税法に従っております。
           繰延税金は、決算日における資産及び負債の会計上の帳簿価額と税務上の金額との一時差異、繰越欠損金
          及び繰越税額控除に対して認識しております。
           なお、以下の一時差異に対しては、繰延税金資産及び負債を計上しておりません。
           ・のれんの当初認識から生じる一時差異
           ・企業結合取引ではなく、取引時に会計上の利益にも税務上の課税所得にも影響を与えず、かつ、取引時
            に同額の将来加算一時差異と将来減算一時差異とを生じさせない取引から発生する資産及び負債の当初
            認識により生じる一時差異
           ・子会社、関連会社に対する投資及び共同支配の取り決めに対する持分に係る将来加算一時差異のうち、
            解消時期をコントロールでき、かつ予測可能な期間内に一時差異が解消しない可能性が高い場合
           繰延税金負債は原則としてすべての将来加算一時差異について認識され、繰延税金資産は将来減算一時差
          異を使用できるだけの課税所得が稼得される可能性が高い範囲内で、すべての将来減算一時差異について認
          識されます。
           繰延税金資産の帳簿価額は毎期見直され、繰延税金資産の全額又は一部が使用できるだけの十分な課税所
          得が稼得されない可能性が高い部分については、帳簿価額を減額しております。未認識の繰延税金資産は毎
          期見直され、将来の課税所得により繰延税金資産が回収される可能性が高くなった範囲内で認識されます。
           繰延税金資産及び負債は、連結会計年度末日において制定されている、又は実質的に制定されている法定
          税率及び税法に基づいて資産が実現する期間又は負債が決済される期間に適用されると予想される税率及び
          税法によって測定されます。
           繰延税金資産及び負債は、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法律上強制力のある権利を有し、かつ
          同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合、相殺しております。
         (16)1株当たり利益

           基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期損益を、その期間の自己株式を調整した
          発行済普通株式の加重平均株式数で除して計算しております。希薄化後1株当たり当期利益は、希薄化効果
          を有するすべての潜在株式の影響を調整して計算しております。
         (17)事業セグメント

           事業セグメントとは、他の事業セグメントとの取引を含む、収益を稼得し費用を発生させる事業活動の構
          成単位であります。すべての事業セグメントの事業の成果は、個別にその財務情報が入手可能なものであ
          り、かつ各セグメントへの経営資源の配分及び業績の評価を行うために、当社の取締役会が定期的にレ
          ビューしております。
         (18)売却目的で保有する非流動資産

           継続的な使用ではなく、売却により回収が見込まれる資産及び資産グループのうち、1年以内に売却する
          可能性が非常に高く、かつ現在の状態で即時に売却可能で、当社グループの経営者が売却を確約している場
          合には、売却目的で保有する非流動資産及び処分グループとして分類し、非流動資産は減価償却又は償却は
          行わず、帳簿価額と売却費用控除後の公正価値のうち、いずれか低い方の金額で測定しております。
         (19)自己株式

           自己株式は取得原価で評価され、資本から控除しております。当社の自己株式の購入、売却又は消却にお
          いて利得又は損失は認識しておりません。なお、帳簿価額と処分時の対価との差額は、その他の資本剰余金
          として認識されます。
                                 90/180




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
         (20)公正価値の測定
           特定の資産・負債は、公正価値によって計上することが求められています。当該資産・負債の公正価値
          は、市場価格等の市場の情報や、マーケット・アプローチ、インカム・アプローチ、コスト・アプローチ等
          の算出手順に基づき決定されています。
           公正価値の測定に使用されるインプットは、以下の3つのレベルに分類しております。
           レベル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格

           レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
           レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
         (21)政府補助金

           政府補助金は、補助金交付のための付帯条件を満たし、補助金を受領することについて合理的な保証が得
          られたときに認識しております。
           収益に関する政府補助金は、補助金により保証される費用が認識される期間にわたって、純損益として認
          識しております。純損益として認識された補助金については、関連する費用から控除しております。連結損
          益計算書において控除した金額は、前連結会計年度が343百万円、当連結会計年度が8百万円であります。
           国内については、主に厚生労働省による雇用維持を図る雇用調整助成金等に関する助成金であります。ま
          た、海外については、主に従業員の雇用に関する助成金であります。
        5.未適用の新基準

          連結財務諸表の承認日までに新設又は改訂が公表された基準書及び解釈指針のうち、当社グループが早期適
         用していないもので、重要な影響があるものはありません。
                                 91/180













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
        6.セグメント情報
         (1)報告セグメントごとの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
          り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっている
          ものであります。
           当社グループは、事業の内容別に区分されたセグメントから構成されており、「国内技術系アウトソーシ
          ング事業」、「国内製造系アウトソーシング事業」、「国内サービス系アウトソーシング事業」、「海外技
          術系事業」、「海外製造系及びサービス系事業」の5つを報告セグメントとしております。
           各セグメントの主な事業は以下のとおりであります。
           「国内技術系アウトソーシング事業」・・・当社子会社にて、メーカーの設計・開発、実験・評価工程へ
                                の高度な技術・ノウハウを提供するサービス、WEB・ス
                                マートフォン等の通信系アプリケーションやECサイト構
                                築、基幹系ITシステム・インフラ・ネットワークの各種ソ
                                リューションサービス及び構築、医療・化学系に特化した研
                                究開発業務へのアウトソーシングサービス、建設施工管理・
                                設計や各種プラントの設計・施工・管理等の専門技術・ノウ
                                ハウを提供するサービス、ITスクール事業等を行っており
                                ます。
           「国内製造系アウトソーシング事業」・・・当社及び当社子会社にて、メーカーの製造工程の外注化ニー
                                ズに対し、生産技術、管理ノウハウを提供し、生産効率の向
                                上を実現するサービスを行っております。また、顧客が直接
                                雇用する期間社員等の採用代行(有料職業紹介)、期間社員
                                及び外国人技能実習生や留学生等の採用後の労務管理や社宅
                                管理等に係る管理業務受託事業及び期間満了者の再就職支援
                                までを行う、一括受託サービスを行っております。
           「国内サービス系アウトソーシング事業」・当社子会社にて、米軍施設等官公庁向けサービスや物流向け
                                サービス、コールセンター向けサービス等を提供しておりま
                                す。
           「海外技術系事業」・・・・・・・・・・・在外子会社にて、欧州及び豪州を中心にIT、金融、製薬、
                                ライフサイエンス、医療、ヘルスケアなどへの専門スキル人
                                材の派遣・紹介事業、AIを活用した公的債権回収等を行っ
                                ております。
           「海外製造系及びサービス系事業」・・・・在外子会社にて、アジア、南米、欧州等において製造系生産
                                アウトソーシングへの人材サービス及び事務系・サービス系
                                人材の派遣・紹介事業や給与計算代行事業等を行っておりま
                                す。また、欧州及び豪州にて公共機関向けBPOサービスや
                                人材派遣、欧州及びアジアにて国境を越えた雇用サービス等
                                を行っております。
           「その他の事業」・・・・・・・・・・・・当社子会社にて、事務代行業務等を行っております。
         (2)セグメント収益及び業績

           当社グループの報告セグメントによる収益及び業績は以下のとおりであります。
           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、注記「4.重要性がある会計方針」における記載と
          おおむね同一であり、セグメント間の内部取引価格は、市場実勢価格に基づいております。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
                                 92/180





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アウトソーシング(E05447)
                                                           有価証券報告書
           前連結会計年度(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)
                                  報告セグメント
                              国内サービス系
               国内技術系アウト        国内製造系アウト                       海外製造系及び
                              アウトソーシング        海外技術系事業                  計
               ソーシング事業        ソーシング事業                       サービス系事業
                                 事業
                 百万円        百万円        百万円        百万円        百万円        百万円
     売上収益
      外部収益             149,605        122,444        30,563       165,519        222,238        690,368
                    2,468       10,314         353        768       1,933       15,836
      セグメント間収益
         合計
                   152,073        132,758        30,916       166,287        224,170        706,204
     売上原価及びその他の収
                  △ 141,932       △ 125,828       △ 27,726      △ 158,302       △ 219,604       △ 673,392
     益、費用
     セグメント利益
                   10,140        6,930        3,190        7,986        4,566       32,812
     (営業利益)
     (調整項目)
      金融収益               -        -        -        -        -        -
      金融費用               -        -        -        -        -        -
                     -        -        -        -        -        -
      持分法による投資損益
      税引前利益
                     -        -        -        -        -        -
                     -        -        -        -        -        -
      法人所得税費用
                     -        -        -        -        -        -
      当期利益
      セグメント資産
                   87,993       264,775        23,239       130,303        142,348        648,657
      資本的支出               234        672        812        370       2,038        4,128
      減価償却費及び償却費