株式会社エムケイシステム 四半期報告書 第36期第3四半期(2023/10/01-2023/12/31)

提出書類 四半期報告書-第36期第3四半期(2023/10/01-2023/12/31)
提出日
提出者 株式会社エムケイシステム
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               近畿財務局長

    【提出日】               2024年2月6日

    【四半期会計期間】               第36期第3四半期(自 2023年10月1日 至 2023年12月31日)

    【会社名】               株式会社エムケイシステム

    【英訳名】               MKSystem     Corporation

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 三宅 登

    【本店の所在の場所】               大阪市北区中崎西二丁目4番12号

    【電話番号】               06-7222-3388(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理統括 吉田 昌基

    【最寄りの連絡場所】               大阪市北区中崎西二丁目4番12号

    【電話番号】               06-7222-3394

    【事務連絡者氏名】               取締役管理統括 吉田 昌基

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/21









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第35期           第36期

             回次              第3四半期           第3四半期            第35期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2022年4月1日         自   2023年4月1日         自   2022年4月1日
            会計期間
                         至   2022年12月31日         至   2023年12月31日         至   2023年3月31日
    売上高                (千円)         2,081,729           1,788,362           2,867,469
    経常利益又は経常損失(△)                (千円)          124,174          △ 417,977           227,650

    親会社株主に帰属する
    四半期(当期)純利益
                     (千円)           66,311         △ 700,928           145,580
    又は親会社株主に帰属する
    四半期純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                (千円)           65,936         △ 701,382           145,976
    純資産額                (千円)         1,447,160            782,504          1,527,201

    総資産額                (千円)         2,415,863           2,456,948           2,559,945

    1株当たり四半期(当期)純利益
                     (円)           12.22         △ 129.14           26.82
    又は1株当たり四半期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)             ―           ―           ―
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                 (%)           59.6           31.6           59.4
                            第35期           第36期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   2022年10月1日         自   2023年10月1日
            会計期間
                         至   2022年12月31日         至   2023年12月31日
    1株当たり四半期純利益
                     (円)           9.11         △ 19.44
    又は1株当たり四半期純損失(△)
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
         ん。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/21






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると
      認識している主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要
      な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
      す。
     (1)  業績の状況 

       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症における行動制限の緩和により、
      企業活動及び個人消費行動が徐々に日常を取り戻し、景況感の押し上げが期待される状況となりました。一方で、
      各国の金融引き締めによる景気下振れリスクの拡大、ロシア・ウクライナ情勢の長期化、円安に起因する各種価格
      上昇は継続しており、依然として不透明な状況が継続しております。
       国内の情報サービス業界及び当社グループの関連する人事労務領域においては、政府が推進する働き方改革や新
      型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワークへの急速な取り組み、業務効率化対応に伴うDX(デジタルトランス
      フォーメーション)の推進などを背景に、企業の投資需要は引き続き増加しているものの、内外経済に対する影響
      への懸念から、新規の投資に対する先送りなど、投資に対する動きには慎重さが見られました。
       このような状況の中、当社は、2023年6月6日付「第三者によるランサムウェア感染被害のお知らせ」にて公表
      しました通り、当社サービスを提供しているデータセンター上のサーバーがランサムウェアによる第三者からの不
      正アクセスを受けました。結果としてシステムが停止し、正常にサービスを提供できない状況となったことから、
      影響を受けた対象ユーザー様に対する6月ご利用分及び7月ご利用分の一部について請求を停止することとなりま
      した。
       またシステムの復旧に当たり、新たにクラウド基盤でのサービスを提供することとなったため、ランサムウェア
      に感染したデータセンター内のサーバーを撤去いたしました。更にシステム復旧及びサービス再開に当たり外部専
      門機関への調査委託費用、インフラ設備の再構築費用、セキュリティ強化のための費用などが発生しました。これ
      に伴い、当第3四半期連結累計期間において固定資産除却損として125,934千円、システム障害対応費用として
      139,562千円を特別損失として計上いたしました。
       その結果、当第3四半期連結累計期間における業績は売上高1,788,362千円(前年同四半期比14.1%減)、売上総
      利益462,260千円(前年同四半期比52.8%減)、営業損失415,684千円(前年同四半期は118,681千円の営業利益)、
      経常損失417,977千円(前年同四半期は124,174千円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失700,928千円
      (前年同四半期は66,311千円の親会社株主に帰属する四半期純利益)となりました。また、当社グループが重要な
      経営指標と考える自己資本利益率(ROE)は、連結ベースで△61.1%(前年同四半期は4.6%)、当社単体では△
      48.8%(前年同四半期は6.9%)となりました。
       各セグメントの業績は、次のとおりであります。

      (社労夢事業)

       社労夢事業は、社会保険労務士事務所、労働保険事務組合及び一般法人における、社会保険、労働保険、給与計
      算等の手続きをサポートする業務支援ソフトウエアを提供しております。主力製品である社労夢(Shalom)シリー
      ズをはじめ、マイナンバー管理システムの「マイナボックス」、WEB年末調整システム「eNEN」などのクラウドサー
      ビスで主に構成されます。
       働き方改革やテレワーク推進のための業務効率化の必要性を背景に、主要顧客である社会保険労務士市場のみで
      なく、一般法人市場においてもシステム導入意欲が高まっている一方で、競合による新規参入が散見され、価格面
      も含め競争の激化が予想されます。
       社労夢事業では、前述しております通り、サービスを提供しているデータセンター上のサーバーがランサムウェ
      アによる第三者からの不正アクセスを受け、当社サービスの対象である約3,400                                      ユーザーの大半に対して正常に
      サービスを提供できない状況となりました。本事案を受け、影響を受けた対象ユーザー様に対する6月ご利用分及
      び7月ご利用分の一部についての請求停止を行いましたため、売上高が減少しております。
                                 3/21

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
       売上高の内訳としましては、クラウドサービス売上高が1,336,365千円(前年同四半期比17.8%減)となり、その
      内、ストック収益であるASPサービス売上高が1,272,978千円(前年同四半期比15.3%減)、システム構築サービス
      売 上高が63,387千円(前年同四半期比48.3%減)となりました。システム商品販売売上高は59,798千円(前年同四
      半期比11.6%減)となりました。
       上記理由により売上高が減少したことに加え、新たなシステム基盤として構築したクラウドサービスの運用コス
      トが想定以上にかかったことから売上原価が増加し、売上総利益、営業利益共に前年同四半期に比べ大幅に減少す
      る結果となりました。
       以上の結果、社労夢事業の売上高は1,406,126千円(前年同四半期比17.9%減)となり、売上総利益は352,248千
      円(前年同四半期比60.1%減)、営業損失は387,449千円(前年同四半期は147,533千円の営業利益)となりまし
      た。当社グループで重要な経営指標としている売上高に対する営業損益の比率は△27.6%(前年同四半期は8.6%)
      となりました。
      (CuBe事業)

       CuBe事業では、大手企業の人事総務部門向けに業務プロセスの効率化を目的として個社毎にカスタマイズしたフ
      ロントシステムの受託開発と、大手企業向け受託開発を通じて蓄積したノウハウを活かし、中小企業での利便性を
      実現したクラウドサービス「GooooN」の提供を行っております。
       フロントシステムの受託開発においては、顧客となる大企業や自治体などからの保守売上が順調に積み上がった
      一方、システム更新に対する企業の投資需要に応える新たな開発案件についても例年並みに積み上がりました。ま
      た第3四半期連結会計期間において来期以降の売り上げに寄与する大型開発案件の受注を獲得いたしました。クラ
      ウドサービス「GooooN」においては、機能強化及び販売ルートの開拓に努めました。
       コスト面においては、原価コスト等の削減に引き続き取り組んでおりますが、先行して外注費、販促費等が発生
      したため営業損失を計上することとなりました。
       以上の結果、CuBe事業の売上高は394,819千円(前年同四半期比4.2%増)、売上総利益は111,423千円(前年同四
      半期比13.2%増)、営業損失は43,320千円(前年同四半期は42,243千円の営業損失)となりました。なお、CuBe事
      業の営業損失については、のれん償却額29,359千円を反映しております。
     (2)  財政状態の分析

      (資産)
       当第3四半期連結会計期間末における流動資産の残高は、1                            ,274,664千円(前期比3.4%増)               となりました。主な
      内訳は、現金及び預金654,630千円、売掛金459,430千円となっております。
       また、固定資産の残高は1,182,283千円(前期比10.9%減)となりました。主な内訳は、ソフトウエア524,838千
      円、差入保証金157,298千円、のれん106,761千円となっております。
       以上の結果、総資産は          2,456,948千円(前期比4           .0%減)となりました。
      (負債)

       当第3四半期連結会計期間末における流動負債の残高は、863,495                               千円(前期比3.8%増)           となりました。主な内
      訳は、短期借入金300,000千円、1年内返済予定の長期借入金295,169千円、未払金88,363千円となっております。
       また、固定負債の残高は810,948千円(前期比303.4%増)となりました。主な内訳は、長期借入金798,166千円と
      なっております。
       以上の結果、負債合計は1            ,674,444    千円(前期比62.1%増)となりました。
      (純資産)

       当第3四半期連結会計期間末における株主資本は、775,305千円(前期比49.0%減)となりました。主な内訳は、
      資本金219,110千円及び資本剰余金202,122千円、利益剰余金354,571千円となっております。
       以上の結果、純資産は782,504千円(前期比48.8%減)となりました。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題について重要な変更は
      ありません。
     (4)  研究開発活動

                                 4/21


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
       該当事項はありません。
     (5)  主要な設備

      ① 新設、休止、大規模改修、除却、売却等について、当第3四半期連結累計期間に著しい変動があった設備は、
       次のとおりであります。
       a  除却

                                    帳簿価額(千円)
          事業所名
                  セグメントの
                           設備の内容                     除却の時期
                    名称
          (所在地)
                                   工具、器具及び備品
      本社及び大阪オフィス

                   社労夢事業       データセンター                125,934      2023年6月
      (大阪市北区)
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/21















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    16,000,000

                計                                   16,000,000

      ② 【発行済株式】

                                  上場金融商品取引所

            第3四半期会計期間末
                       提出日現在発行数(株)
              現在発行数(株)
       種類                           名又は登録認可金融               内容
                        (2024年2月6日)
             ( 2023年12月31日       )
                                  商品取引業協会名
                                   東京証券取引所         単元株式数は100株
      普通株式            5,428,000           5,428,000
                                  スタンダード市場         であります。
       計          5,428,000           5,428,000         ―           ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
    2023年12月31日                -   5,428,000          -    219,110         -    186,110
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/21






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
      記載することができないことから、直前の基準日(2023年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ① 【発行済株式】

                                              2023年12月31日       現在
                      株式数    (株)     議決権の数      (個)
           区分                                    内容
    無議決権株式                    ―          ―             ―
    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―             ―
    議決権制限株式(その他)                    ―          ―             ―
                    (自己保有株式)
                       普通株式
    完全議決権株式(自己株式等)                             ―             ―
                          500
                                        権利内容に何ら限定のない当社に

                                        おける標準となる株式でありま
                       普通株式
    完全議決権株式(その他)                             54,248
                                        す。なお、単元株式数は100株であ
                       5,424,800
                                        ります。
                       普通株式
    単元未満株式                             ―      1単元(100株)未満の株式
                         2,700
    発行済株式総数                  5,428,000           ―             ―
    総株主の議決権                    ―          54,248             ―
     (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式6株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                              2023年12月31日       現在
                                                    発行済株式
                               自己名義       他人名義       所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)             大阪市北区中崎西二丁目
                                500       ―       500       0.01
    株式会社エムケイシステム             4番12号
          計             ―         500       ―       500       0.01
     (注)    当社は単元未満自己株式6株を保有しております。
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 7/21








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2023年10月1日から2023年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2023年4月1日から2023年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 8/21

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2023年3月31日)              (2023年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               609,336              654,630
        売掛金                               507,988              459,430
        商品                                29,154              24,053
        仕掛品                                29,966              80,702
        貯蔵品                                  440              437
        前払費用                                47,293              35,121
                                        8,350              20,288
        その他
        流動資産合計                              1,232,530              1,274,664
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                              112,613              103,970
         車両運搬具(純額)                                 0              0
                                       144,907               29,147
         工具、器具及び備品(純額)
         有形固定資産合計                              257,520              133,118
        無形固定資産
         ソフトウエア                              485,234              524,838
         ソフトウエア仮勘定                              249,092              240,028
         商標権                                855              683
         電話加入権                               1,218              1,218
                                       136,016              106,761
         のれん
         無形固定資産合計                              872,417              873,530
        投資その他の資産
         出資金                                 60              60
         差入保証金                              163,022              157,298
         繰延税金資産                               33,216              17,100
                                        1,176              1,176
         その他
         投資その他の資産合計                              197,475              175,635
        固定資産合計                              1,327,414              1,182,283
      資産合計                                2,559,945              2,456,948
                                 9/21








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2023年3月31日)              (2023年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                78,633              31,681
                                     ※  200,000            ※  300,000
        短期借入金
        1年内返済予定の長期借入金                               115,592              295,169
        未払金                               125,321               88,363
        未払費用                                17,838              32,046
        未払法人税等                                77,519               1,222
        未払消費税等                                25,688                536
        前受金                               111,909               66,115
        システム障害対応費用引当金                                  ―              770
        賞与引当金                                71,228              31,688
                                        8,001              15,901
        その他
        流動負債合計                               831,733              863,495
      固定負債
        長期借入金                               195,000              798,166
                                        6,010              12,782
        退職給付に係る負債
        固定負債合計                               201,010              810,948
      負債合計                                1,032,743              1,674,444
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               219,110              219,110
        資本剰余金                               202,122              202,122
        利益剰余金                              1,098,920               354,571
                                        △ 499             △ 499
        自己株式
        株主資本合計                              1,519,653               775,305
      非支配株主持分                                  7,548              7,199
      純資産合計                                1,527,201               782,504
     負債純資産合計                                 2,559,945              2,456,948
                                10/21










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日              (自 2023年4月1日
                                至 2022年12月31日)               至 2023年12月31日)
     売上高                                 2,081,729              1,788,362
                                      1,101,518              1,326,102
     売上原価
     売上総利益                                  980,211              462,260
     販売費及び一般管理費                                  861,529              877,945
     営業利益又は営業損失(△)                                  118,681             △ 415,684
     営業外収益
      受取利息                                    2              2
      受取配当金                                    1              1
      受取賃貸料                                 32,103              30,295
      業務受託料                                  4,500              4,500
                                          89              22
      その他
      営業外収益合計                                 36,695              34,820
     営業外費用
      支払利息                                  2,051              3,783
      賃貸収入原価                                 28,521              27,329
      支払手数料                                    ―             6,000
                                         631               ―
      その他
      営業外費用合計                                 31,203              37,112
     経常利益又は経常損失(△)                                  124,174             △ 417,977
     特別損失
                                                   ※1   125,934
      固定資産除却損                                    ―
                                                   ※2   139,562
                                          ―
      システム障害対応費用
      特別損失合計                                    ―            265,496
     税金等調整前四半期純利益又は
                                       124,174             △ 683,473
     税金等調整前四半期純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        48,455               1,791
                                        9,783              16,116
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   58,238              17,908
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   65,936             △ 701,382
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 375             △ 453
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                        66,311             △ 700,928
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                11/21








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日              (自 2023年4月1日
                                至 2022年12月31日)               至 2023年12月31日)
                                        65,936             △ 701,382
     四半期純利益又は四半期純損失(△)
     四半期包括利益                                   65,936             △ 701,382
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 66,311             △ 700,928
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  △ 375             △ 453
                                12/21

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (四半期連結貸借対照表関係)
      ※ 当座貸越契約及びコミットメントライン契約
       当社グループにおいては、運転資金の効率的な調達を行うため取引金融機関と                                    当座貸越契約及びコミットメン
      トライン    契約を締結しております。当第3四半期連結会計期間末における当座貸越契約及びコミットメントライ
      ン契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                             前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                            ( 2023年3月31日       )         ( 2023年12月31日       )
      当座貸越極度額及びコミットメントラ
                                500,000千円                 300,000千円
      イン契約    の総額
      借入実行残高                          200,000千円                 300,000千円
       差引額                         300,000千円                    -千円
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※1 固定資産除却損
     当第3四半期連結累計期間(自 2023年4月1日 至 2023年12月31日)
       データセンター内のサーバー撤去に伴う除却損であります。
     ※2 システム障害対応費用

     当第3四半期連結累計期間(自 2023年4月1日 至 2023年12月31日)
       2023年6月5日に発生した不正アクセスに伴うシステム復旧、サービス再開に係る諸費用であります。
       主な内訳は、システム復旧及びサービス再開に当たり発生した外部専門機関への調査委託費用、インフラ設備の
      再構築費用、セキュリティ強化のための費用であります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
       なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれん
      償却額は、次のとおりであります。
                             前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                              (自    2022年4月1日            (自    2023年4月1日
                               至    2022年12月31日       )     至    2023年12月31日       )
        減価償却費                          256,166千円              270,007千円
        のれん償却額                           29,146千円              29,359千円
                                13/21








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
       前第3四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年12月31日       )
     1.配当金支払額
                    配当金の総額
                           1株当たり
       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
    2022年6月21日
              普通株式         43,419         8  2022年3月31日         2022年6月22日         利益剰余金
    定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至    2023年12月31日       )

     1.配当金支払額
                    配当金の総額
                           1株当たり
       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
    2023年6月22日
              普通株式         43,419         8  2023年3月31日         2023年6月23日         利益剰余金
    定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                14/21













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       前第3四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年12月31日       )
      報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                                                  四半期連結

                                           調整額
                                                  損益計算書
                     社労夢事業        CuBe事業        合計
                                           (注)
                                                   計上額
    売上高

    外部顧客への売上高                 1,705,878        375,851      2,081,729           ―    2,081,729
    セグメント間の内部売上高又は
                        7,365       3,069       10,434      △ 10,434         ―
    振替高
           計          1,713,243        378,920      2,092,163        △ 10,434      2,081,729
    セグメント利益又は損失(△)                  147,533       △ 42,243       105,290        13,391       118,681

     (注)   1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去額であります。
       2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       当第3四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至    2023年12月31日       )

      報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                                                  四半期連結

                                           調整額
                                                  損益計算書
                     社労夢事業        CuBe事業        合計
                                           (注)
                                                   計上額
    売上高

    外部顧客への売上高                 1,403,102        385,260      1,788,362           ―    1,788,362
    セグメント間の内部売上高又は
                        3,024       9,559       12,583      △ 12,583         ―
    振替高
           計          1,406,126        394,819      1,800,946        △ 12,583      1,788,362
                             △  43,320

    セグメント損失(△)                 △ 387,449             △ 430,770        15,085      △ 415,684
     (注)   1.セグメント損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去額であります。
       2.セグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                15/21







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
       (収益認識関係)
     顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当社の売上高は、主に顧客との契約から認識された収益であり、当社の報告セグメントを財又はサービスの種類別に
    分解した場合の内訳は、以下のとおりです。
     前第3四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年12月31日       )
                                                (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                  合計
                       社労夢事業         CuBe事業          計
     ASPサービス                   1,503,271            ―     1,503,271         1,503,271

     システム構築サービス                    122,533           ―      122,533         122,533
     システム商品販売                     67,670           ―       67,670         67,670
     受託開発                       ―      351,062         351,062         351,062
     クラウドサービス                       ―       24,788         24,788         24,788
     その他サービス                     12,402           ―       12,402        120,402
    顧客との契約から生じる収益                    1,705,878          375,851        2,081,729         2,081,729
    外部顧客への売上高                    1,705,878          375,851        2,081,729         2,081,729
     当第3四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至    2023年12月31日       )

                                                (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                  合計
                       社労夢事業         CuBe事業          計
     ASPサービス                   1,272,978            ―     1,272,978         1,272,978

     システム構築サービス                     63,387           ―       63,387         63,387
     システム商品販売                     59,798           ―       59,798         59,798
     受託開発                       ―      357,725         357,725         357,725
     クラウドサービス                       ―       27,534         27,534         27,534
     その他サービス                     6,938          ―       6,938         6,938
    顧客との契約から生じる収益                    1,403,102          385,260        1,788,362         1,788,362
    外部顧客への売上高                    1,403,102          385,260        1,788,362         1,788,362
                                16/21








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    2022年4月1日           (自    2023年4月1日
                項目
                                 至   2022年12月31日       )    至   2023年12月31日       )
     1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失
                                       12円22銭            △129円14銭
     (△)
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に
                                        66,311            △700,928
     帰属する四半期純損失(△)(千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―             ―
     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又
                                        66,311            △700,928
     は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  5,427,494             5,427,494
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                17/21















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                18/21




















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                19/21




















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2024年2月5日

    株式会社エムケイシステム
     取締役会 御中
                       太陽有限責任監査法人

                        大阪事務所
                        指定有限責任社員

                                          秋      田      秀      樹
                                   公認会計士                   ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       戸  田  圭  亮            ㊞
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エムケ
    イシステムの2023年4月1日から2024年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2023年10月1日から
    2023年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2023年4月1日から2023年12月31日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
    レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エムケイシステム及び連結子会社の2023年12月31日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                20/21

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エムケイシステム(E30993)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当 と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去するための対応策を講じている
    場合又は阻害要因を許容可能な水準にまで軽減するためのセーフガードを適用している場合はその内容について報告を
    行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上

     (注)   1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                21/21










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。