ニッポンインシュア株式会社 有価証券報告書 第23期(2022/10/01-2023/09/30)

提出書類 有価証券報告書-第23期(2022/10/01-2023/09/30)
提出日
提出者 ニッポンインシュア株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     福岡財務支局長

    【提出日】                     2023年12月25日

    【事業年度】                     第23期(自 2022年10月1日 至 2023年9月30日)

    【会社名】                     ニッポンインシュア株式会社

    【英訳名】                     Nippon    Insure    Co.,   Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 坂本 真也

    【本店の所在の場所】                     福岡県福岡市中央区天神二丁目14番2号福岡証券ビル6階

    【電話番号】                     092-726-1080(代表)

    【事務連絡者氏名】                     専務取締役兼管理事業部長 竹村 洋一

    【最寄りの連絡場所】                     福岡県福岡市中央区天神二丁目14番2号福岡証券ビル6階

    【電話番号】                     092-726-1080(代表)

    【事務連絡者氏名】                     専務取締役兼管理事業部長 竹村 洋一

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/79









                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】
    1 【主要な経営指標等の推移】

            回次            第19期       第20期       第21期       第22期       第23期

           決算年月            2019年9月       2020年9月        2021年9月       2022年9月       2023年9月

    売上高              (千円)     1,508,366       1,735,547        2,169,040       2,604,788       2,876,511

    経常利益              (千円)      203,854       148,525        193,268       406,385       292,172

    当期純利益              (千円)      148,061       100,568        105,186       255,390       196,885

    持分法を適用した
                  (千円)         -       -        -       -       -
    場合の投資利益
    資本金              (千円)       50,000       50,000        50,000       50,000       50,000
    発行済株式総数              (株)        200       200     200,000       200,000      2,000,000

    純資産額              (千円)      446,153       546,721        651,908       905,613      1,102,499

    総資産額              (千円)     1,310,020       1,807,579        2,256,829       2,911,208       3,407,640

    1株当たり純資産額              (円)   2,230,767.30       2,733,608.94           325.95       452.80       551.24

    1株当たり配当額                       -       -        -       -       -
                  (円)
    (1株当たり中間配当額)                      ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
    1株当たり当期純利益金額              (円)    740,309.37       502,841.64          52.59       127.69        98.44
    潜在株式調整後
                  (円)        -       -        -       -       -
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率              (%)       34.1       30.2        28.9       31.1       32.4
    自己資本利益率              (%)       41.5       20.3        17.6       32.8       19.6

    株価収益率              (倍)        -       -        -       -       -

    配当性向              (%)        -       -        -       -       -

    営業活動による
                  (千円)         -       -     190,254       278,107        64,107
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (千円)         -       -    △ 57,119      △ 27,172      △ 53,481
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (千円)         -       -     98,774       39,411       98,499
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                  (千円)         -       -    1,330,228       1,620,574       1,729,700
    の期末残高
    従業員数                       78       89        95       101       108
                  (名)
    〔ほか、平均臨時
                         〔 15 〕     〔 12 〕     〔 13 〕      〔 9 〕     〔 12 〕
    雇用者数〕
    株主総利回り              (%)        -       -        -       -       -
    (比較指標:-)              (%)        ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
    最高株価              (円)        -       -        -       -       -

    最低株価              (円)        -       -        -       -       -

                                 2/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (注)   1.当社は、連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については
         記載しておりません。
       2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
       3.当社は、2023年4月15日開催の取締役会決議に基づき、2023年5月1日付で普通株式1株につき10株の割合
         で株式分割を行っております。その結果、第23期において、普通株式が1,800,000株増加し、発行済株式総
         数は2,000,000株となっております。
       4.2021年3月26日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。                                         また、2023年5月1
         日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。第21期の期首に当該株式分割が行われ
         たと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算出しております。
       5.  第19期及び第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載してお
         りません。また、第21期から第23期は、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株
         価が把握できないため記載しておりません。
       6.  第19期から第23期の1株当たり配当額及び配当性向は、配当を行っていないため記載しておりません。
       7.第21期、第22期及び第23期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」
         (昭和38年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
         有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。また、                              第 19期及び第20期の財務諸表については、
         「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しております。また、
         当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく有限責任監査法人トーマツの監
         査を受けておりません。
       8.  第 19期及び第20期についてはキャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッシュ・フローに
         係る各項目については記載しておりません。
       9.  従業員数は就業人員数であり、従業員数の〔 〕外書きは、臨時従業員(契約社員、嘱託社員及びパートタ
         イマー)の年間の平均雇用人数であり、人材会社からの派遣社員を除いております。
       10 .「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第22期の期首から適用してお
         り、第22期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
         す。
       11.第19期から第23期の株価収益率、株主総利回り、比較指標、最高株価及び最低株価については、2023                                                年10月
         3日に東京証券取引所スタンダード市場に上場したため、記載しておりません。
                                 3/79












                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    2 【沿革】
       当社は、2002年4月に三好修らが、福岡市中央区今川において建築コンサルタント業を目的とする会社として、
      当社の前身である「株式会社エム・サポート」を創業したことに始まります。その後、三好修が代表取締役を務め
      る株式会社三好不動産の家賃管理業務を強化するにあたり、2006年6月に家賃管理専門の人員を配置いたしまし
      た。2008年10月に家賃債務保証業を開始し、2012年より株式会社三好不動産以外との取引を拡大、2014年4月に
      「ニッポンインシュア株式会社」へ商号を変更し、現在に至っております。
       当社設立以後の経緯は、次のとおりであります。
       年月                           概要
     2002年4月       福岡市中央区今川に株式会社エム・サポートを設立

     2008年6月       本社を福岡市中央区今川から福岡市中央区唐人町に移転

     2008年10月       家賃債務保証事業を開始

     2009年10月       株式会社ベンよりコインランドリー事業を譲受

            WASHハウス株式会社のフランチャイズ店舗「WASHハウス」としてコインランドリーサービスを開始
     2011年6月       株式会社カーブスジャパンのフランチャイズ店舗「カーブス」としてフィットネスサービスを開始

     2011年8月       利益剰余金からの資本組み入れ

     2013年12月       株式会社ユーミーインシュアより家賃債務保証事業を譲受

     2013年12月       神奈川支店を神奈川県藤沢市に開設

     2013年12月       本社を福岡市中央区唐人町から福岡市中央区天神に移転

     2014年4月       当社商号を株式会社エム・サポートからニッポンインシュア株式会社へ変更

     2014年6月       子会社として株式会社アールイーソリューションを設立

     2014年10月       親会社としてプロパティマネジメントサポート株式会社を設立

     2015年9月       不動産管理会社が自社保証会社を設立する場合に、立上げから運営までのサポート事業を行う

            株式会社プラスジャパンの全株式を取得し子会社化
     2015年12月       スマートレンダー株式会社より家賃債務保証事業を譲受

     2016年4月       東京支店を東京都千代田区に開設

     2016年5月       新潟支店を新潟県新潟市中央区に開設

     2018年3月       家賃債務保証業者登録 国土交通大臣(2)第43号(2023年7月末時点)

            (家賃債務保証の業務の適正化を図るために、国土交通省の告示による家賃債務保証業者の登録制
            度が創設(告示公布2017年10月2日、告示施行2017年10月25日))
     2019年1月       大阪支店を大阪府大阪市北区に開設

     2019年5月       株式会社プラスジャパンを吸収合併

     2019年9月       株式会社アールイーソリューションを吸収合併

     2019年9月       プロパティマネジメントサポート株式会社を吸収合併

     2019年10月       介護費債務保証サービス・入院費債務保証サービスの販売を開始

     2020年2月       仙台支店を宮城県仙台市青葉区に開設

     2020年3月       株式会社日本あんしん保証より家賃債務保証事業を譲受

     2023年10月       東京証券取引所スタンダード市場に株式を上場

                                 4/79



                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
       当社の主な事業は、保証事業とその他であります。保証事業は、賃貸住宅などにおける家賃債務の保証を行う家
      賃債務保証サービスを中核とし、今後の高齢化などの社会問題解決のための介護費債務保証サービス、入院費債務
      保証サービスを展開しております。また、その他として、フランチャイズに加盟しコインランドリー及びフィット
      ネスクラブの運営をしております。
      (保証事業)

      ①家賃債務保証サービス
       現在、日本社会において、少子高齢化、低賃金で非正規労働に従事せざるを得ない人の増加、終身雇用制度の崩
      壊、生涯未婚率の上昇などが進んでおります。そのような社会情勢下では、親族や友人に連帯保証人を頼めない
      方・頼みたくない方が増加すると想定され、民間賃貸住宅市場が機能し続けるためには、家賃債務保証サービスの
      働きが重要であると当社は考えております。
       当社は、賃貸住宅の賃貸借契約において、入居者の連帯保証人の役割を果たす家賃債務保証サービスを提供して
      おります。家賃債務保証サービスにおいて、当社は、不動産管理会社を通じて入居希望者から申し込みを受け付け
      たのちに、入居希望者の属性情報などを基に審査を実施し、保証委託契約の可否の判断を行います。その結果、契
      約可能と判断した場合、住居用の基本プランの例では、入居者から月額賃料総額の0.5ヶ月分(最低保証料2万円)
      の初回保証料を受領し、入居者の賃料債務の保証を引き受け、1年ごとの更新では更新保証料1万円を入居者から
      受領することで、継続して保証を引き受けております。また、保証料の支払方法については、毎年支払型及び毎月
      支払型を設けております。
       当サービスのプランは、住居用、事業用、駐車場・コンテナ用の3種類の保証をベースとしております。住居用
      プランは、基本プランである「スマートサポート(一般用・学生用)」、入居者の孤独死発生時に最大60万円まで
      の原状回復費用の保証が付帯した「トータルプラン」、さらにトータルプランの保証内容に加え、残置物の撤去費
      用を保証する「スマートサポートライフ」、基本プランに家財保険及び24時間駆付けサービスが付帯した「スマー
      トサポートワイド」、他保証会社から当社の家賃債務保証契約へ切替える「リリーフプラン」などがあります。事
      業用は、基本プランである「スマートサポート事業用」及び、基本プランより保証限度額が低く初回保証料も安価
      な「スマートサポート事業用ライト」があります。そして駐車場・コンテナ用の保証もあり、借主の状況に応じて
      選択できる多彩なプランを揃えております。加えて、各管理会社のニーズ(保証範囲などの変更)に応じたプラン
      設計をすることも行っております。
       そして、入居者が家賃を滞納した際は、当社が不動産管理会社に対し、定められた期日までに代位弁済を行いま
      す。家賃債務保証サービスを利用することで、不動産管理会社は、入居時の審査における入居希望者の与信強化に
      より円滑に賃貸借契約を結ぶことができ、さらには、入居者による家賃滞納があったとしても、当社がそれを代位
      弁済することで、収入が途絶えることなく、安定的に家賃収入を得ることができます。また、それと同時に、入居
      者は、家賃債務保証サービスを利用することで、家賃滞納リスクを当社が保証することになり、賃貸借契約の際
      に、連帯保証人を立てる必要がなくなります。これにより、賃貸借契約の成約率の向上につながり、不動産管理会
      社の管理物件の入居率も向上します。
       なお、当社は家賃債務保証サービスを通じて、孤独死対応や入居者の家財保険未加入などの不動産管理会社が抱
      える問題を解決することができると考えております。さらに、入居者が万が一、「病気や怪我で働けない」また
      は、「失業などで収入が一時的になくなり、家賃が払えなくなった」などの場合は、入居者に入居者の財務状況を
      聞き取りし、分割支払や支払期限の延長などの入居者の状況に応じた支払コンサルティングも行っております。当
      社が家賃を立て替えることで、入居者は居住を失うこともなく、不動産管理会社との信頼関係を守ることができま
      す。
                                 5/79





                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      [家賃債務保証サービスフロー]
      (注)  賃貸借契約の当事者は賃借人と賃貸人であり、不動産管理会社は、賃貸借契約及び保証契約において賃貸人の代理人となります。





       また、当社には独自開発した契約管理クラウドシステム「Cloud                              Insure(クラウドインシュア)」があります。

      「Cloud    Insure」は、入居者の契約情報が記載された家賃債務保証サービス契約書のダウンロードができるほか、
      申込に必要な書類を郵送することなくアップロードが可能になるなど、契約管理が容易になるシステムです。その
      ため、業務負担の軽減につながります。当クラウドシステムを使用することで、契約書には物件情報・契約内容・
      保証料が印字済みで不動産管理会社の手書き作業による負担が軽減されるほか、入居者の情報が閲覧できる顧客情
      報一覧や代位弁済請求、支払明細書発行も行うことができます。不動産管理会社は、このシステムを利用すること
      で、業務効率の改善を図ることができます。
      [Cloud    Insureの特長]

      [Cloud    Insureの業務フロー]




                                 6/79








                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ②介護費債務保証サービス
       介護費債務保証サービスは、介護施設のサービス利用者と当社において保証委託契約を締結し、当社が施設利用
      者の連帯保証人となることで、当社が介護施設利用費などの滞納リスクを引き受ける保証商品であります。                                                  入所希
      望者の属性情報などを基に審査を実施し、保証委託契約の可否の判断を行います。その結果、契約可能と判断した
      場合、基本プランの例では、入所者から月額利用料総額の0.5ヶ月分(最低保証料なし)の初回保証料を受領し、入
      所者の利用料債務の保証を引き受け、1年ごとの更新では更新保証料1万円を入所者から受領することで、継続し
      て保証を引き受けております。              介護費債務保証サービスの「ケアサポート(一般プラン)」では、入所者に介護施
      設利用費などの滞納があっても、当社が月々の利用料、共益費、食費などの固定費と光熱費、医療費、介護費など
      の変動費用、退去時の原状回復費用などを保証します。また、入院費、日用品費の保証や孤独死した場合の対応が
      付帯したプランなど複数設けております。                    入所者に介護債務保証を利用していただくことで、介護施設運営会社は
      安心して施設経営に専念することができます。
      [介護費債務保証サービスフロー]

      ③入院費債務保証サービス





       入院費債務保証サービスは、入院患者との間で保証委託契約を締結し、当社が連帯保証人となることで、入院費
     の未納リスクを引き受ける保証商品であります。入院患者は連帯保証人を探す必要がなくなり、安心して治療を受け
     ることが可能となります。医療機関は未収金が発生した場合でも、当社が入院患者に代わって入院費を立て替えます
     ので、未収金が低減し回収業務も不要となります。それにより、医療機関は本業に専念できる環境が整い、業務の効
     率も向上すると当社は考えております。
      入院費債務保証の保証委託料は、医療機関より受領しております。保証委託料は各医療機関の過去の未収実績より
     算定し商品設計を行っております。入院費債務保証は原則、当社が大手損保会社の保証機関型信用保険に加入いたし
     ますので、当社の未収金リスクも一定の水準を保つことが可能となります。
      [入院費債務保証サービスフロー]

                                 7/79







                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      (その他)
      ①ランドリーサービス
       WASHハウス株式会社のコインランドリー「WASHハウス」フランチャイズに加盟し、福岡県内で4店舗(本書提出
      日現在)の運営を行っております。コインランドリー「WASHハウス」では、24時間、管理カメラで店舗をモニター
      で管理しており、WASHハウス株式会社の本社から遠隔操作でランドリー機器をコントロールすることができるIoT型
      ランドリー機器を使用しておりますので、無人店舗運営が可能となっております。
      ②フィットネスサービス

       株式会社カーブスジャパンのフィットネスクラブ「女性だけの30分健康体操教室カーブス」フランチャイズに加
      盟し、福岡県内で6店舗(本書提出日現在)の運営を行っております。「女性だけの30分健康体操教室カーブス」
      は、女性専用のフィットネスクラブであり、空いた時間を見つけて気軽に短時間運動を行うことが出来ることが特
      徴であります。
      [ランドリーサービス及びフィットネスサービスフロー]

                                 8/79















                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
      該当事項はありません。
    5 【従業員の状況】

     (1) 提出会社の状況
                                                2023年9月30日       現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               108
                             37.5              4.5             4,607
              [ 12 ]
             セグメントの名称                            従業員数(名)

    保証事業                                           84 [ 4 ]

    その他                                           15 [ 5 ]

    全社(共通)                                           9 [ 3 ]

                合計                              108  [ 12 ]

     (注)   1.従業員数は就業人員数であり、従業員数欄の[外書]は臨時従業員の最近1年間の平均雇用人員でありま
          す。
       2.臨時従業員には契約社員・嘱託社員・パートタイマーの従業員を記載し、人材会社からの派遣社員を除いて
          おります。
       3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (2)  労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
     (3)  管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金の差異

                        当事業年度
                              労働者の男女の賃金の差異(%)

    管理職に占める女性労           男性労働者の育児休業                                     補足説明
                                   (注)3
    働者の割合(%)           取得率(%)
       (注)1           (注)2
                                   正規雇用        パート・
                           全労働者
                                    労働者       有期労働者
            33.3            -        -        -        -      -
     (注)   1.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(2015年法律第64号)の規定に基づき算出したもので
          あります。
       2.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(2015年法律第64号)及び「育児休業、介護休業等育
          児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(1991年法律第76号)の規定による公表義務の対象では
          ないため、記載を省略しております。
       3.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(2015年法律第64号)の規定による公表義務の対象で
         はないため、記載を省略しております。
                                 9/79






                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  経営方針及び経営戦略
       当社は、“全従業員の物心両面の幸せを追求すると同時に人と地域社会の進歩発展に貢献する”という経営理念
      を掲げ、連帯保証人制度に代わる機関保証                    ※ の普及を実現するということをミッションとし、多くの方へ快適な住環
      境を提供できるように、より身近で安心してご利用いただける保証事業を推進いたします。
       中長期的な経営戦略といたしましては、当社の基幹ビジネスである家賃債務保証サービスの新たな商品の開発や
      管理会社のニーズに合わせた商品設計を行いながら、既存商圏のシェア拡大と新規商圏への展開を積極的に行って
      いくとともに、家賃債務保証サービスで培ったノウハウを活かし、介護・医療分野での保証商品拡大を図ってまい
      ります。
        ※機関保証とは、他人の債務の保証を主たる業務とする法人によりなされた保証。保証料を支払うことによって法人が連帯保証人の役割を果たす制度。
     (2)  経営環境

     (保証事業)
       わが国では、住宅の賃貸借契約の場面で、連帯保証人を立てる慣行が定着しております。賃貸人が連帯保証人を
      求める理由は、家賃の未収リスクや損害リスクなどの経済的損失を回避、軽減するためです。賃貸借契約の際に、
      家賃債務保証を利用することは、以前では、「連帯保証人」を立てることができない場合に限られておりました
      が、現在では、一般的になってきております。実際、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会の賃貸住宅市場景況感調
      査 ※1 によれば、2020年10月~2021年3月の調査対象期間で、回答社数(1,460社中217社(首都圏76社、関西圏33
      社、首都圏・関西圏を除くエリア108社))の97.20%が家賃保証会社を利用し、機関保証への加入必須割合は
      85.43%となっております。普及の背景には、入居希望者は、家賃債務保証を利用した場合、「連帯保証人」を確保
      しなくても住宅を借りることができるとともに、賃貸人は、滞納が発生しても、保証事業者から滞納家賃を回収で
      きるうえ、回収に要するコストや手間が軽減できる、といったところにあると当社は考えております。
       また、現在、日本の総人口は減少傾向であり、国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国
      推計)」    ※2 によると、総世帯数も2023年をピークにその後は減少に転じると予想されております。一方で、上記の
      推計によると、2015年~2040年の間に、「単独世帯」は34.5%から39.3%、「夫婦のみ世帯」は20.2%から
      21.1%、「ひとり親と子から成る世帯」は8.9%から9.7%、と割合が上昇する見込みとなっております。当社は、
      このような家族類型別割合の変化に伴い、賃貸住宅を借りる人の割合が増加傾向にあり、その増加に伴い家賃債務
      保証の利用件数も増加傾向になると考えております。
       なお、新型コロナウイルス感染拡大(以下、コロナ禍)の影響による、賃料滞納の増加リスクへの意識が高まっ
      ており、居住用のみならず事業用や駐車場契約でも家賃債務保証の利用を必須とする賃貸人が増加していると考え
      ております。
        ※1 出典:公益財団法人日本賃貸住宅管理協会 日管協総合研究所 第25回 賃貸住宅市場景況感調査 『日管協短観』2020年10月~2021年3月 2021年6月
        ※2 出典:国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」2018(平成30)年推計-2015(平成27)年~2040(平成52                                            ) 年-
     (その他)

       ランドリーサービスにつきましては、健康志向の高まりから、衣類はもとより、毛布や布団など自宅では洗えな
      い大物洗い需要が増加しております。また、ライフスタイルの変化に伴う単身世帯の増加や、女性の社会進出が進
      む中、家事労働時間の節約志向はさらに高まることが予想されており、健康・衛生に寄与し時間を有効活用できる
      コインランドリーは、利用者層の拡大需要の伸長が期待されていると考えております。
       フィットネスサービスにつきましては、2025年には65歳以上の人口比重は3割を超え、かつ人口ボリュームゾー
      ンである団塊世代が75歳以上の後期高齢者となる(「令和4年版高齢社会白書                                    ※ 」より)など、高齢化が急激に進行
      している中、さらにコロナショックにより、健康第二次被害(外出自粛による運動不足、交流不足などによって、
      持病や関節痛の悪化、認知機能の低下、フレイル悪化などの二次的な健康被害がおきること)の進行が社会課題と
      して顕在化してきており、「女性だけの30分健康体操教室カーブス」の属する予防・健康産業の社会的重要性はさ
      らに高まってきていると考えております。
        ※出典:内閣府 令和4年版高齢社会白書 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施の状況に関する年次報告 令和4年版
                                10/79



                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (3)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
       近年、高齢単身世帯の増加や人間関係の希薄化等の背景に加えて、コロナ禍の影響で                                       家賃滞納リスクへの意識が
      高まることで、家賃保証会社              の利用が増加していると考えております。また、2020年4月施行の改正民法によっ
      て、連帯保証人の保証限度額の設定が義務化されたことも追い風となり、家賃保証会社に対する社会的ニーズが高
      まっているとも考えております。
       このような社会情勢の下、連帯保証人制度に代わる機関保証の普及を実現するというミッションを推進していく
      ため、当社は、基幹ビジネスである家賃債務保証サービスを積極的に拡大していくとともに、家賃債務保証サービ
      スを含めた介護費債務保証サービス、入院費債務保証サービスの市場開拓を進め事業拡大を目指しております。
       そのため、次の項目を重点課題として取り組んでまいります。
      ①保証事業の開拓・展開

       保証事業においては、家賃債務保証サービスを主として介護費債務保証サービス、入院費債務保証サービスの拡
      販に注力しております。家賃債務保証サービスについては、積極的な新規取引先の開拓を継続しながら、既存取引
      先に対しても、見守りサービスや孤独死対応の付帯など、お客様のニーズの変化に応えるため商品の改訂や新たな
      商品の開発・販売を促進し、収益につなげていく必要があると考えております。介護費債務保証サービス及び入院
      費債務保証サービスについては、身元保証会社や保険会社などのパートナー企業との協業を通じて、成長事業とし
      ての展開をさらに加速させ、家賃債務保証サービスに並ぶ主力商品となるよう、引き続き拡販を進めてまいりま
      す。
      ②収益基盤の強化

       当社の事業は、顧客である不動産管理会社等の満足度によって支えられているものと考えております。継続的な
      取引を維持するために、そして、不動産管理会社等の満足度を向上させるためにも、常に家賃債務保証サービスの
      内容を提供しております。また、当社の家賃債務保証サービスを導入している企業の中でも、売上の大きな増加や
      経費の削減が実現した他社取組における成功事例の共有を通じ情報提供を行っております。
      ③優秀な人材の確保及び教育研修の実施

       当社の安定した堅実な成長には、継続的に優秀な人材を確保することが重要だと考えております。採用後も教育
      研修実施の機会・内容を充実させ、当社の経営理念及び経営方針を理解した、当社の成長を支える社員の育成を
      行ってまいります。また、実務を通じてしっかりと指導をすることはもちろんのこと、社員を業界のセミナーや研
      修にも積極的に参加させ、最新の業界の動向や最新の事例を学ばせ、社員の業務知識の向上やコンプライアンス強
      化を図ってまいります。
      ④財務基盤の強化

       当社は、現時点において財務上の課題は認識しておりませんが、継続的かつ安定的な事業の拡大を図る上では、
      手元資金の流動性確保や金融機関との良好な取引関係が重要であると考えております。このため、一定の内部留保
      の確保や費用対効果の検討による各種コストの見直しを継続的に行うことで、財務基盤の強化を図ってまいりま
      す。
                                11/79







                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (4)  経営上の目標達成状況を判断するための客観的な指標等
       当社は家賃債務保証サービスを拡大していくことが当社の企業価値の向上につながると捉えており、目標とする
      経営指標を初回保証契約件数と初回保証契約単価及び求償債権発生率(賃料月額合計額に対し、賃料の未納が発生
      し代位弁済した金額の比率)と求償債権回収率(当事業年度請求発生額に対し当事業年度に回収した金額の比率)
      として経営指標の向上につとめております。
       当社のスタンダードプランは、保証委託契約者より受領する初回保証料及び更新保証料(1万円/年)となりま
      す。そのため、「初回保証契約件数」                  × 「初回保証料契約単価」を経営指標と定めております。これを経営指標に
      する理由として、指標達成のための行動を具体的にするためであります。また、「求償債権発生率」と「求償債権
      回収率」にする理由としては、貸倒債権を抑えることが安定した経営につながるからであります。求償債権は保証
      契約件数の増加に伴い増加していきます。発生状況及び回収状況を率(割合)で捉え可視化することで、貸倒債権
      となる滞納案件の長期化を防ぐためであります。
       経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の推移については、「4 経営者による財政状態、経
      営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (2)                        経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内
      容 ④経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等」をご参照ください。
                                12/79















                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    2  【サステナビリティに関する考え方及び取組】
      当社のサステナビリティに関する考え方及び取組は、次のとおりであります。
      当社は、全従業員の物心両面の幸せを追求すると同時に人と地域社会の進歩発展に貢献するという経営理念を掲げ
     ております。経済的な安定と自己実現を通じた心の豊かさを追求することで、企業価値の向上と持続的な社会貢献を
     目指しております。
      また、連帯保証人制度に代わる機関保証の普及を通じて、多くの方々に快適な住環境を提供することで、持続可能
     な社会の実現に資するものと考えております。社会課題に対峙し、ステークホルダーと共に社会構造を変革すること
     で、より良い社会の実現と自社の持続的な成長、中長期的な企業価値の向上を目指してまいります。
      なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  ガバナンス

       当社は、株主、取引先、従業員等をはじめとした当社を取り巻く様々なステークホルダーと良好な関係を築き、
      地域社会に貢献する企業となるべく、経営の健全性並びに透明性の確保に努めることを前提として、企業価値を最
      大化することを基本的な方針としております。また、こうした考えに基づいてコンプライアンス経営を徹底し、最
      適な経営管理体制を構築することを通じてコーポレート・ガバナンスの継続的な強化に努めてまいります。
     (2)  戦略

       当社では、人的資本に関する以下の取り組みを行っております。
     ①  社員教育の実施
        新入社員・中途社員に限らず、従業員の能力を最大限に発揮するための有効なOJTの開発及び、従業員の意思統
       一も兼ね、ベクトルを合わせたテーマに基づく社外研修を実施しております。また、次世代のリーダーとなるべ
       き人材の育成のため、知識を深め、スキルを向上させたいと願う従業員に対しては、当社がその費用を負担し、
       それぞれが望む教育環境を提供しております。これにより、自己啓発やスキルアップを推進し、自らが考え必要
       とする施策を実行できる人材を育成しております。
     ②  多様な人材の活躍機会の創出
        多様な働き方を実現する制度として、育児・介護と就業の両立支援としての休暇や短時間勤務制度などがあ
       り、時差出勤、長期休暇を一定期間内で取得できるなど、働き方の選択肢を増やすようにしております。また、
       多様な人材の採用では、男性、女性、外国籍の方や中途採用者も含めて多様性を確保し、様々な価値観を相互に
       理解し認め合う職場環境を醸成しております。
     (3)  リスク管理

       当社は、戦略リスク、財務リスク、コンプライアンスリスク、事故・災害等のリスク、レピュテーションリス
      ク、不正リスク、ITリスク等を主要なリスクと定義しております。当該リスクを認識したうえで、リスク発生を未
      然に防止するための体制を構築しております。具体的には、代表取締役社長が委員長を務めるリスク・コンプライ
      アンス推進委員会を設置し、少なくとも四半期に1回、定例で会議を開催しております。この会議では、リスクに
      関するモニタリングを行い、それに基づいたリスク管理表を作成し、リスク評価を行っております。
     (4)  指標及び目標

       当社は、    上記「(2)     戦略 ②     多様な人材の活躍機会の創出」において記載した取組にあたり、                              「女性管理職比
      率」を指標及び目標としております。
       当事業年度末における当該指標の目標と実績については下記のとおりとなります。
             指標                   目標                 実績
      管理職に占める女性労働者の割合                        30.0%以上                  33.3%
                                13/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業等のリスク】
       当社の事業の状況及び経理の状況等に関する事項のうち、リスク要因となる可能性があると考えられる主な事項
      及びその他投資者の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる事項を記載しております。当社は、これらのリスク発
      生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針でありますが、当社株式に関する投
      資判断は、本項以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があると考えております。
       なお、以下の記載のうち将来に関する事項は、特段の記載がない限り、本書提出日現在において当社が判断した
      ものであり、不確実性が内在しているため、実際の結果と異なる可能性があります。
     (1)  賃貸不動産市況の動向について(発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社の提供する主力サービスは家賃債務保証であり、賃貸不動産に係る入居者の連帯保証人を代行するサービス
      であります。そのため人口の減少に伴う世帯数の減少、賃貸不動産の賃料相場、賃金水準の動向等によって、賃貸
      不動産市況が低迷した場合には、               当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  競合について(発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社の属する家賃保証業界は、業界に対する法規制も少なく参入障壁も低いことから、大小様々な企業が存在し
      ております。また、不動産管理会社による独自の保証サービスの提供も行われているなど、競争激化による影響を
      受けやすい構造となっております。当社では、個人信用情報を利用した入居審査に加え、ノウハウの蓄積による優
      位性の高いサービスの提供、アフターフォロー体制の強化によって不動産会社等との関係構築を図っております。
      今後他社による新商品や新たなサービスの提供、価格低下等により、当社の優位性が失われた場合には、当社の財
      政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  信用リスクについて

      ①代位弁済について          (発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)
       当社の家賃債務保証サービスは、保証委託契約を締結した賃借人の家賃債務を保証するサービスであります。賃
      借人の家賃支払い等の滞納が発生した際に、賃借人に代わり賃貸人に対し家賃等の代位弁済を行います。代位弁済
      した債権は全て回収できるとは限らず回収不能となることがあります。回収不能となる代位弁済を抑制するため、
      社内データとの調査、官報情報など各照会機関を利用した調査、一般社団法人全国賃貸保証業協会が提供する代位
      弁済情報(家賃情報)データベースへの照会を行うなどの与信を行うことで、賃借人が対象賃貸物件の家賃債務が
      履行できる状況であるかを判断したうえで審査判断を行っております。また、代位弁済の管理回収については、滞
      納の初期段階における滞納者への対応をコールセンター、累積滞納者への対応を各支店がそれぞれ担当し、各段階
      において賃借人の状況の早期把握と滞納解消に向けた対応を行っております。経済環境や雇用環境が著しく悪化
      し、賃借人の家賃支払いに影響を及ぼす場合には、代位弁済額が増加し、回収の長期化、回収不能債権の増加に繋
      がることで、当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      ②貸倒引当金等について            (発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社は、代位弁済立替家賃等について、当社の会計方針に基づき貸倒引当金等を計上し、今後予想される貸倒れ
      等に備えておりますが、実際の貸倒れが当該見積りを上回り、貸倒引当金以上の損失が計上される場合や、貸倒引
      当金等の算定方法等を変更する必要が生じた場合には、貸倒引当金等の追加計上等によって当社の財政状態、経営
      成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  関連当事者取引について(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社は、関連当事者である株式会社三好不動産との間に取引基本契約及び業務提携契約(家賃管理業務の事務手
      続の委託によるものであり業務委託手数料として受領)を締結しております。株式会社三好不動産は、大株主であ
      る三好修が代表取締役を務める会社であり、本書提出日現在においても同社との取引は関連当事者取引に該当しま
      す。当該取引において、           万が一、取引内容を審議する機会が得られず、取引すべきでない取引を行った場合又は不
      当な条件の下で取引が行われた場合、当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       当社では、関連当事者取引の必要性、一般的な取引条件または当該取引に係る公正な価格を勘案して、当事者間
      による交渉のうえ決定しており、決裁権限・手続きは取締役会の決議に基づき処理しております。また、当社の独
      立性確保の観点も踏まえ、取引条件を変更する都度、取締役会の決議としております。承認された取引について
      は、四半期に1回、その妥当性について取締役会の承認を得ております。
       なお、当事業年度において保証委託契約者から受領する株式会社三好不動産経由の初回保証料・更新保証料・月
      額保証料は、保証事業の売上高に対し7.70%となります。また、事務手数料の支払は、株式会社三好不動産の顧客
                                14/79


                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      について保証委託契約を締結したことによる紹介手数料によるものであり、全体の事務手数料に対し6.03%となり
      ます。
       重要な取引の内容につきましては、「第5                     経理の状況      1  財務諸表等(1)財務諸表 注記事項                  関連当事者情
      報」に記載しております。
     (5)  風評被害について        (発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社が行っている保証事業においては、滞納者に対して督促活動を行っていく必要があります。そのため、当社
      及び当社が属する家賃債務保証業界に対して、インターネット上の掲示板への書き込みや、それを起因とするマス
      コミ報道等によって、否定的な風評が広まった場合、その内容の真偽に関わらず、当社の評判や事業に対する信頼
      が低下する可能性があり、顧客や取引先からの信用を失い、当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があ
      ります。
     (6)  繰延税金資産について          (発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社は、将来の課税所得に関する予測に基づいて繰延税金資産を計上しておりますが、収益の悪化等により繰延
      税金資産の回収可能性に疑義が生じたり、将来的な会計基準の変更や法人税の税率変更等により、繰延税金資産を
      減額することとなった場合には、               当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  法的規制及び制度等の変更に伴うリスクについて(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       現時点において家賃債務保証サービスを制限する直接的な法的規制は存在しておりませんが、2017年10月に国土
      交通省の告示による家賃債務保証業者登録制度が創設されております。当社も登録を行っており、家賃債務保証業
      者登録規程(平成二十九年国土交通省告示第八百九十八号)及び公益財団法人日本賃貸住宅管理協会の内部組織で
      ある家賃債務保証事業者協議会における自主規制ルールを参考に自主ルールを策定し、社会問題化したトラブルの
      未然防止に努めております。ただし、今後、既存法令の改正や新たな法的規制等によって、家賃債務保証サービス
      に対する法的規制等が導入された場合には、                    当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  情報システム管理について(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:大)

       当社は、業務を遂行する際に情報システムを使用しております。情報セキュリティ管理についてはシステム管理
      責任者が統括し、全社的なセキュリティ推進、セキュリティ情報の周知、情報セキュリティに関する各種事案の検
      討、セキュリティインシデント発生時の対応等の活動を行っておりますが、これらのシステムについて、自然災害
      や事故のほか、コンピュータウイルスに起因するシステムの障害及び外部からの不正侵入等により、その機能に重
      大な障害が発生した場合には、当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (9)  人材の確保・育成について(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社は、今後の事業拡大のために優秀な人材の確保、育成並びに事業成長に必要となる人員の確保が重要な課題
      であると認識しております。今後も積極的に人材を採用していくとともに、研修の実施等により人材の育成に取り
      組んでいく方針でありますが、必要な人材を確保できない場合や育成した人材が当社の事業に十分に寄与できない
      場合には、当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (10)   不動産管理会社等について(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社は、代理店である不動産管理会社等と継続する個々の取引において都度契約書を交わさなくて良いように、
      あらかじめ共通する内容を定めておく取引基本契約を締結しております。当該不動産管理会社等を通して賃借人と
      なる新規入居者と保証委託契約を交わしており、当該契約に基づき賃借人より受領する保証料が当社の主な収入源
      となっております。不動産管理会社等の状況は常に情報を把握して当社の予算に反映できる体制を整備しておりま
      すが、当該不動産管理会社等からの新規入居者の紹介が減少した場合には、当社の財政状態、経営成績に影響を及
      ぼす可能性があります。
                                15/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (11)   新規事業について(発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)
       当社は、今後も持続的な成長を実現するために、家賃債務保証サービスで培ったノウハウを活かし、介護費債務
      保証サービスや入院費債務保証サービス等の展開を図っております。新規事業を遂行していく過程では、急激な事
      業環境の変化をはじめとして、様々な予測困難なリスクが発生する可能性があります。その結果、当初の事業計画
      を達成できない場合には、当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (12)   新株予約権の行使による株式価値の希薄化について(発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社は、取締役に対し、業績向上に対する意欲や士気を一層高めることにより、当社の健全な経営と社会的信頼
      の向上を図ることを目的とした新株予約権(以下、「ストック・オプション」)を付与しております。これらのス
      トック・オプションに加え、今後付与されるストック・オプションの行使が行われた場合には、当社の1株当たり
      の株式価値が希薄化し、株価形成に影響を与える可能性があります。
       なお、本書提出日現在における、これらのストック・オプションによる潜在株式数は119,000株であり、発行済株
      式総数2,794,300株の4.26%に相当しております。
     (13)   資金使途について(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:小)

       当社が、2023年10月に実施した公募増資による調達資金の使途については、                                   家賃債務保証等の管理を行っている
      業務系基幹システムの開発及び改修費用及び、取扱店向け顧客契約情報管理システム(Cloud                                           Insure)の新機能開
      発費用及び業務系基幹システムとの連携改修費用、保証事業拡大に伴う不動産管理会社及び賃貸人への賃料等の代
      位弁済による立替金などの運転資金、人材採用及び教育のための費用等に充当する計画であります。
       しかしながら、経営環境の急激な変化等により、上記の資金使途に予定どおり資金を投入したとしても、想定ど
      おりの投資効果を上げられない可能性があります。なお、資金使途や支出予定時期の変更を行う場合は、適切に開
      示を行います。
     (14)   個人情報漏洩について(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:大)

       当社が行っている保証事業においては、多数の個人情報を保有しております。これらの情報が流出するのを防止
      するために、個人情報の適正管理に関する規程を定め、個人情報の保護に関する法律、関係諸法令及び監督当局の
      ガイドライン等を遵守し、社内規程の制定及び管理体制の確立、従業員への情報管理教育を行っております。ま
      た、当社は、個人情報の保護体制に対する第三者認証制度であるプライバシーマークを取得更新しております。し
      かし、万が一情報漏洩が発生した場合には、当社の信用が失墜し、当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能
      性があります。
     (15)   事務リスク(発生可能性:中、発生時期:特定時期なし、影響度:中)

       当社が行っている保証事業においては、                   役職員が正確な事務を怠る、あるいは事故・不正等を起こすことにより
      損失を被るおそれがあります。当社は不正確な事務処理あるいは事故等によるサービス品質の低下に備えるため、
      各業務を標準化しマニュアルを整備しておりますが、故意または重過失により                                    業務に支障が生じる場合には、当社
      の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (16)   自然災害・人災等について(発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:大)

       地震、風水害等の自然災害や、事故、火災、戦争、暴動、テロその他の人災が発生した場合、代理店である不動
      産管理会社等の管理物件、賃貸物件が、毀損、滅失又は劣化してしまい、不動産管理会社等の営業体制に支障が生
      じる場合には、当社の財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (17)   新型コロナウイルス感染症について                (発生可能性:低、発生時期:特定時期なし、影響度:小)

       当社の家賃債務保証サービスにおいては、                    新規入居者と保証委託契約を交わし、当該契約に基づき賃借人より受
      領する保証料が当社の主な収入源となっております。そのため、                              新型コロナウイルス感染症の影響を受けて移動が
      制約された場合はサービスに対する需要が低下する可能性があります。その場合には、当社の財政状態及び、経営
      成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                16/79



                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおり
      であります。
      ①経営成績の状況

        当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の5類感染症への移行により、社会経済活動も
       緩やかに持ち直しが見られた一方で、各種物価の上昇によるコスト高や為替相場の変動が続いており、先行きは
       依然として不透明な状況が続いております。
        当社の関連業界である賃貸不動産業界においては、デジタル技術の進化により、契約手続きのデジタル化が進
       んでおります。具体的には、契約書類のオンライン化や電子署名の導入が行われており、紙の契約書の作成や保
       管、運送といった手間を省くことが可能となってきております。また、電子契約システムの導入により、契約の
       スピードアップやリモートでの取引が可能となるなど、業界全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)
       が進展しております。
        このような事業環境のもと、当社は多様化する顧客ニーズに対応するべく、これまで培ってきたノウハウを活
       用し、保証システム及び取扱店様向け顧客情報管理システムの改修を図り、サービスの業容拡大を目指してまい
       りました。
        この結果、当事業年度の経営成績は、売上高                     2,876,511千円       (前期比    10.4%増加     )、営業利益      291,668千円      (前期
       比 26.4%減少     )、経常利益      292,172千円      (前期比    28.1%減少     )、当期純利益       196,885千円      (前期比    22.9%減少     )となりま
       した。
        なお、セグメント別の経営成績につきましては次のとおりであります。
      (保証事業)

        保証事業におきましては、積極的な新規取引先の開拓を継続することにより、新規優良顧客の獲得に努め、
       シェア拡大を目指してまいりました。並びに、既存クライアントへは随時情報収集を行い、新たな商品設計の提
       案を行うなど、各施策を実施し顧客ニーズへの対応強化を図ったため、契約件数が順調に推移しました。また、
       SMSを使ったWEB請求・オートコール・AIオペレータによるオートメーション化を図るなど、回収効率向
       上にも取り組んでまいりました。
        この結果、本報告セグメントの売上高は                   2,674,267千円       (前期比    11.0%増加     )、セグメント利益は          538,034千円
       (前期比    12.5%減少     )となりました。
      (その他)

        その他の区分におきましては、ランドリーサービスについては、店舗の美化向上に向けた業者による清掃を行
       い、「安心、安全、清潔」な店舗を維持するように努めました。
        フィットネスサービスについては、お客様一人ひとりに合わせたサポート体制を目指し、ストレッチ教室の開
       催やカウンセリングを通じてフォロー体制を強化してまいりました。さらに、近隣のスーパーなどを活用した集
       客活動を通じて、新規会員の獲得を積極的に行ってまいりました。
        この結果、セグメントのその他における売上高は                       202,243千円      (前期比    3.2%増加     )、セグメント利益は          28,837
       千円  (前期比    1.7%増加     )となりました。
      ②財政状態の状況

      (資産)
        総資産の残高は、前事業年度末に比べ                 496,432千円増加        し、  3,407,640千円       となりました。
        流動資産の残高は、前事業年度末に比べ                   413,714千円増加        し、  2,943,412千円       となりました。これは主に、現金
       及び預金が     109,125千円増加        、未収入金が      122,890千円増加        、求償債権が      248,390千円増加        したことによるものであ
       ります。
        固定資産の残高は        、前事業年度末に比べ          82,717千円増加       し、  464,228千円      となりました。これは主に、有形固定
       資産が   1,021千円増加       、投資その他の資産が          82,290千円増加       した一方で、無形固定資産が             594千円減少      したこと等
       によるものであります。
      (負債)

        負債合計は、前事業年度末に比べ                299,546千円増加        し、  2,305,141千円       となりました。これは主に、流動負債の
                                17/79

                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       短期借入金が      105,400千円増加        、前受収益が      93,173千円増加       、保証履行引当金が         104,488千円増加        した一方で、未
       払法人税等が      119,728千円減少        したこと等によるものであります。
      (純資産)

        純資産合計は、前事業年度末に比べ                 196,885千円増加        し、  1,102,499千円       となりました。これは、利益剰余金の
       増加によるものであります。
      ③キャッシュ・フローの状況

        当事業年度における現金及び現金同等物の期末残高は                         1,729,700千円       となり、前事業年度末に比べ              109,125千円
       の増加   となりました。       当事業年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によるキャッシュ・フローは                 64,107千円の収入        (前事業年度は       278,107千円の収入         )となりました。こ
       れは主に、税引前当期純利益              292,172千円      、貸倒引当金の       増加額97,935千円        、保証履行引当金の         増加額   104,488千
       円 、未収入金の      増加額△122,890千円          、求償債権の      増加額△248,390千円          、前受収益の      増加額93,173千円        、法人税
       等の支払額     △277,055千円       によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動によるキャッシュ・フローは                  53,481千円の支出        (前事業年度は       27,172千円の支出        )となりました。こ
       れは主に、無形固定資産の取得による支出                   △22,040千円      によるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動によるキャッシュ・フローは                  98,499千円の収入        (前事業年度は       39,411千円の収入        )となりました。こ
       れは主に、短期借入金の純増減による収入                   105,400千円      によるものであります。
      ④生産、受注及び販売の実績

       a  生産実績
        当社は生産活動を行っていないため、記載を省略しております。
       b  受注実績

        当社は受注活動を行っていないため、記載を省略しております。
       c  販売実績

        当事業年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                     金額(千円)                 前期比(%)
    保証事業                                  2,674,267                111.0

    その他                                   202,243               103.2

             合計                          2,876,511                110.4

     (注)   1.セグメント間取引については、相殺消去しております。
       2.当事業年度における主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合については、総販
         売実績に対する割合が100分の10以上の相手先がいないため、記載を省略しております。
                                18/79





                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりであります。な
       お、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ①経営成績等の状況に関する認識及び分析・結果内容

      a 売上高
        当事業年度の売上高は、           2,876,511千円       (前期比    10.4%増加     )となりました。
        保証事業につきましては、積極的な新規取引先の開拓を継続することにより、新規優良顧客の獲得に努め、
       シェア拡大を目指してまいりました。並びに、既存クライアントへは随時情報収集を行い、新たな商品設計の提
       案を行うなど、各施策を実施し顧客ニーズへの対応強化を図ったため、契約件数が順調に推移しました。この結
       果、売上高は      2,674,267千円       (前期比    11.0%増加     )となりました。
        その他の区分におきましては、ランドリーサービスについては、店舗の美化向上に向けた業者による清掃を行
       い、「安心、安全、清潔」な店舗を維持するように努めました。
        フィットネスサービスについては、お客様一人ひとりに合わせたサポート体制を目指し、ストレッチ教室の開
       催やカウンセリングを通じてフォロー体制を強化してまいりました。さらに、近隣のスーパーなどを活用した集
       客活動を通じて、新規会員の獲得を積極的に行ってまいりました。
        この結果、売上高は         202,243千円      (前期比    3.2%増加     )となりました。
      b 売上原価、売上総利益

        当事業年度の売上原価は、            1,204,044千円       (前期比    18.4%増加     )となりました。これは主に、保証事業における
       売上拡大に伴う、保証委託契約を締結したことによる不動産管理会社等へ支払う紹介手数料(事務手数料)の増
       加、債務保証額及び求償債権の増加により保証履行引当金、貸倒引当金が増加することによる保証履行引当金繰
       入、貸倒引当金繰入の増加によるものであります。この結果、売上総利益は                                   1,672,466千円       (前期比    5.3%増加     )
       となりました。
      c 販売費及び一般管理費、営業利益

        当事業年度の販売費及び一般管理費は、                  1,380,798千円       (前期比    15.9%増加     )となりました。これは主に、家賃
       債務保証サービスの拡大に伴う人件費の増加、及び当社株式上場に伴う上場関連費用等の計上によるものであり
       ます。この結果、営業利益は             291,668千円      (前期比    26.4%減少     )となりました。
      d 営業外収益、営業外費用、経常利益

        営業外損益については、営業外収益は、受取配当金及び受取賃貸料等の計上により、                                       6,779千円     (前期比    40.8%
       減少  )となりました。営業外費用は、主に支払利息の計上及び上場関連費用の計上により、                                         6,275千円     (前期比
       348.5%増加      )となりました。この結果、経常利益は                  292,172千円      (前期比    28.1%減少     )となりました。
      e 特別損益、法人税等、当期純利益

        特別利益及び特別損失については、発生がありませんでした。
        法人税、住民税及び事業税と法人税等調整額を合算した法人税等は                               95,286千円     (前期比    36.9%減少     )となりま
       した。この結果、当期純利益は              196,885千円      (前期比    22.9%減少     )となりました。
      ②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

      a キャッシュ・フローの状況
        キャッシュ・フローの状況の分析につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者による財政状態、経営成
       績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フローの状況」に記載
       のとおりであります。
      b 資本の財源及び資金の流動性

        当社の資本の財源及び資金の流動性については、販売費及び一般管理費等の運転資金需要及び管理会社及び賃
       貸人への代位弁済による立替金需要に対して、自己資金で賄うことを基本としつつ、取引金融機関と当座貸越契
       約の締結により機動的に資金調達ができる体制を構築しており、一部の資金については当該契約を活用し調達し
       ております。 
                                19/79

                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。こ
       の財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いて
       おりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
        財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 1 財
       務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しております。
        なお、引当金の計上や資産の評価等の見積りについては、当社における過去の実績や将来の計画を勘案し判断
       しておりますが、見積り特有の不確実性が存在するため、実際の結果とは異なる場合があります。当社の財務諸
       表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものは以下のとおりであ
       ります。
      a 貸倒引当金
        求償債権のうち、一定の滞納月数を超えておらず、回収不能となる兆候が個別にみられないものについては、
       一般債権等として将来の予想損失額を見込んで貸倒引当金を計上しております。予想損失額は過去の一定期間の
       貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の平均値に基づき算定しております。
        また、求償債権のうち、一定の滞納月数を超えるものについては、貸倒懸念債権等特定の債権として、個別に
       求償債権残高から回収可能見込額を控除した回収不能見込額に基づき貸倒引当金を計上しております。見積もら
       れた予想損失額に関して、保証委託者の状況や経済環境が変化した場合には、貸倒引当金残高が変動し、損益に
       影響を及ぼす可能性があります。
      b 保証履行引当金

        保証履行引当金は、保証契約に定める保証限度額の範囲において翌事業年度以降に生じると見込まれる求償債
       権や費用の発生額に基づき、保証履行による将来の予想損失額を計上しております。
        求償債権や費用の発生見込額を見積もる際には、保証委託者の状況、過去の一定期間における回収実績及び保
       証終了時の滞納累積月数の実績並びに弁護士費用や強制執行に要する追加費用の発生実績に基づき算出しており
       ます。見積もられた予想損失額に関して、保証委託者の状況や経済環境の変化等の追加情報を評価する結果、保
       証履行引当金を追加で計上する可能性があると判断される場合もあります。
      ④経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、当社は経営上の目標
       達成状況を判断するための客観的な指標として、初回保証契約件数と初回保証契約単価及び求償債権発生率と求
       償債権回収率を重視しております。
        [重視する指標]
                                2023年9月     期実績
        初回保証契約件数(件)                                35,607

        初回保証契約単価(円)                                42,923

        求償債権発生率(%)            (注)1                      5.8

        求償債権回収率(%) (注)2                                 98.7

     (注)   1.当事業年度の債務保証額に対し、当事業年度に賃料の未納が発生し代位弁済した金額の比率であります。
       2.当事業年度請求発生額に対し当事業年度に回収した金額の比率であります。
      ⑤経営成績に重要な影響を与える要因について

       経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 3 事業等のリスク」をご参照下さい。
      ⑥経営者の問題意識と今後の方針に関して

       経営者の問題意識と今後の方針については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
      等」をご参照下さい。
                                20/79


                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    5  【経営上の重要な契約等】
      該当事項はありません。
    6  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                21/79


















                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当事業年度において実施いたしました設備投資の総額は                          39,660   千円となり、セグメントごとの設備投資について示
     すと、次のとおりであります。
     (保証事業)

       当事業年度の設備投資の総額は、                25,944   千円となりました。その主なものは、基幹システムの改修に15,325千円
      の投資を実施いたしました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (その他)

       当事業年度の設備投資の総額は、               4,284   千円となりました。フィットネスサービスにおけるマシン及びシステムの
      入れ替えによるもの         であります。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
    2 【主要な設備の状況】

                                               2023年9月30日       現在
                                   帳簿価額(千円)
        事業所名                                           従業員数
                 セグメント
                      設備の内容
                  の名称
        (所在地)                                            (名)
                                 ソフト
                                     リース
                             建物             その他     合計
                                      資産
                                 ウエア
         本社         全社     本社機能                               62
                              906   52,449    13,059      37  66,453
     (福岡県福岡市中央区)            保証事業      営業拠点                               (6)
        東京支店
                                                      31
     (東京都千代田区)            保証事業      営業拠点      4,861      -    -    625   5,487
                                                      (1)
        他4カ所
      カーブス福岡唐人
                                                      15
    (福岡県福岡市中央区)             その他     業務施設      11,063      -    -   4,253    15,317
                                                      (5)
        他9カ所
     (注)   1.  現在休止中の主要な設備はありません。
       2.  従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は就業人員数(外書き)しております。
       3.  帳簿価額のうち、「その他」は、器具及び備品等の合計であります。
       4.  事業所の建物及び土地の一部は賃借しております。
       5.  賃借設備の内容は下記のとおりであります。
                                         2023年9月30日       現在
             事業所名
                      セグメントの
                              設備の内容         年間賃借料(千円)
                        名称
             (所在地)
              本社          全社      本社機能
                                               39,135
          (福岡県福岡市中央区)             保証事業       営業拠点
             東京支店
           (東京都千代田区)             保証事業       営業拠点                22,044
             他4カ所
           カーブス福岡唐人
          (福岡県福岡市中央区)              その他       業務施設                33,630
             他9カ所
                                22/79






                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    3 【設備の新設、除却等の計画】
     (1)重要な設備の新設等
                              投資予定額             着手及び完了予定年月
        事業所名        セグメント                       資金調達
                                                      完成後の
                      設備の内容
                             総額    既支払額
        (所在地)         の名称                       方法
                                                      増加能力
                                            着手      完了
                             (千円)     (千円)
                    ソフトウエア等
                                      自己資金
        本社            (業務系基幹シス                       2022年      2025年
               保証事業                        及び
                             89,940     15,325                     (注)
     (福岡県福岡市中央区)                テムの開発及び改                        10月      9月
                                      増資資金
                    修)
                    ソフトウエア等
                    (取扱店向け顧客                  自己資金
        本社                                    2022年      2025年
               保証事業     契約情報管理シス                  及び
                             91,490     5,080                     (注)
     (福岡県福岡市中央区)                                       10月      9月
                    テムの開発及び改                  増資資金
                    修)
     (注)   完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
     (2)重要な設備の除却等

      該当事項はありません。
                                23/79















                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                                      8,000,000

                 計                                     8,000,000

      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在
                                 上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                 商品取引業協会名
              ( 2023年9月30日       )  (2023年12月25日)
                                          完全議決権株式であり、権利内
                                          容に何ら限定のない当社におけ
                                  東京証券取引所
      普通株式           2,000,000          2,794,300               る標準となる株式であります。
                                 スタンダード市場
                                          単元株式数は100株でありま
                                          す。
        計          2,000,000          2,794,300         ―            ―
     (注)   1.2023年10月3日付で東京証券取引所スタンダード市場に株式を上場したことに伴い、発行済株式総数は、公
        募増資による新規発行で650,000株、オーバーアロットメントによる売出しに係る第三者割当で144,300株増加
        しております。
       2.提出日現在発行数には、2023年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
    第1回新株予約権
    決議年月日                    2021年3月26日
    付与対象者の区分及び人数(名)                    当社取締役 4

    新株予約権の数(個) ※                    11,900 (注)1

    新株予約権の目的となる株式の種類、内
                        普通株式 119,000 (注)1、4
    容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                    650 (注)2、4
    新株予約権の行使期間 ※                    2023年3月27日~2031年3月26日

    新株予約権の行使により株式を発行する
                        発行価格  650
    場合の株式の発行価格及び資本組入額
                        資本組入額 325 (注)4
    (円) ※
                        ①新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、
                        権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役、執行役
                        員、従業員の地位またはこれに準じた地位を有していなければならない。
                        ただし、新株予約権者が任期満了により退任または定年退職した場合、あ
    新株予約権の行使の条件 ※                    るいは取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りでない。
                        ②新株予約権の行使は、当社普通株式に係る株式がいずれかの金融商品取
                        引所に上場することを条件とする。
                        ③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使
                        は認めないものとする。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                        (注)3
    に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日(2023年9月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2023年11月30
       日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株であります。
          なお、   当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を                            行う場合、次の算式により目的となる株
                                24/79


                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
          式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていな
          い新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを
          切 り捨てる。
           調整後株式数       = 調整前株式数       × 分割・併合の比率
          また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその
          他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
          のとする。
       2.当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、
         1円未満の端数は切り上げる             。
                                   1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
          行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
          の端数は切り上げる。
                   既発行株式数       ×  調整前行使価額        + 新規発行株式数        × 1株当たり払込金額
         調整後行使価額        =
                              既発行株式数       +  新規発行株式数
          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除し
          た数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」
          を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う
          場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は合理的な範囲で調整されるものとする。
       3.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
         社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
         約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、
         再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株
         予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または
         株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数
          と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記2.に準じて決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上
          記3.で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記(3)に従って決定される当該新株予
          約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        (5)新株予約権を行使することができる期間
          上記表「新株予約権の行使期間」の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記表
          「新株予約権の行使期間」の満了日までとする。
        (6)新株予約権の行使の条件
          上記表「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
        (7)増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
          従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、そ
          の端数を切り上げるものとする。
          本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記の資本金等増加限
          度額から上記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        (8)譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        (9)新株予約権の取得事由
          下記に準じて決定する。
          ①  新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社
           となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会
           決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で本新株予約権を取得するこ
                                25/79

                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
           とができる。
          ②  新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新
           株予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で本新株予約権を取得することがで
           きる。
       4.2023年4月15日開催の取締役会決議におり、2023年5月1日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割
         を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
      ②  【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      2021年3月26日
                   199,800       200,000          -     50,000         -       -
        (注)   1
      2023年5月1日

                  1,800,000       2,000,000           -     50,000         -       -
        (注)   2
     (注)   1.2021年3月26日付で、普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。
       2.2023年5月1日付で、普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております                                        。
       3.決算日後、2023年10月2日を払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式)増資による普通株式
        650,000株(発行価格810円、引受価額749.25円、資本組入額374.625円)発行により、資本金及び資本準備金はそ
        れぞれ243,506千円増加しております。
       4.決算日後、2023年10月30日を払込期日とする有償第三者割当増資(オーバーアロットメントによる売出に関
        連した第三者割当増資)による普通株式144,300株(割当価格749.25円、資本組入額374.625円)発行により、資本
        金及び資本準備金はそれぞれ54,058千円増加しております。
     (5)  【所有者別状況】

                                                2023年9月30日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                    株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
            地方公共      金融機関                                 計
                      取引業者      法人                その他
             団体
                                個人以外      個人
    株主数(人)          -     -     -      2     -     -      9     11      -

    所有株式数
              -     -     -    6,000       -     -   14,000     20,000        -
    (単元)
    所有株式数
              -     -     -    30.00       -     -    70.00     100.00        -
    の割合(%)
                                26/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                               2023年9月30日       現在
                                                   発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
    三好修                福岡市早良区                         620,000         31.0
    三好京子                福岡市早良区                         350,000         17.5

    株式会社Mサポート                福岡市中央区黒門8番2号                         300,000         15.0

    株式会社サンコー管理                福岡市中央区黒門8番2号                         300,000         15.0

    矢野泉                福岡市早良区                         100,000          5.0

    坂本真也                福岡市早良区                         80,000         4.0

    竹村洋一                福岡市中央区                         80,000         4.0

    德岡拓郎                福岡市早良区                         80,000         4.0

    渡辺誠                福岡市南区                         60,000         3.0

    今野幸輝                仙台市青葉区                         20,000         1.0

           計                   ―              1,990,000          99.5

     (7)  【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                2023年9月30日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                        -          -          -

    議決権制限株式(自己株式等)                        -          -          -

    議決権制限株式(その他)                        -          -          -

    完全議決権株式(自己株式等)                        -          -          -

                                        権利内容に何ら限定のない当社におけ
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                                20,000    る標準となる株式であります。なお、
                         2,000,000
                                        単元株式数は100株であります。
    単元未満株式                        -          -          -
    発行済株式総数                     2,000,000              -          -

    総株主の議決権                        -        20,000            -

      ② 【自己株式等】

       該当事項はありません。
                                27/79





                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
    【株式の種類等】
       該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3 【配当政策】

      当社は、財務体質の強化と事業拡大のための内部留保の充実等を図ることが重要であると考え、株主に対する利益
     還元も経営の重要課題であると認識しております。今後の配当政策の基本方針としましては、収益力の強化や事業基
     盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況及び企業を取り巻く事業環境を勘案した上で、株主に対して安定的かつ
     継続的な利益還元を実施する方針であります。内部留保資金につきましては、事業拡大を目的とした中長期的な事業
     原資として利用していく予定であります。
      当社の剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、期末配当の決定機関は株主総会となっ
     ております。また、当社は会社法第454条第5項に定める中間配当を取締役会決議によって行うことができる旨を定款
     に定めております。あわせて             、期末   配当の基準日      は毎年9月30日とし、中間            配当の基準日      は毎年3月31日としており
     ます。
      なお、当社は、2023年11月10日の取締役会において、株主の皆様への安定的かつ継続的な配当の実施を通じた利益
     還元の姿勢をより明確化することにより、更なる株主の獲得、並びに株主基盤の強化を図ることが当社企業価値の更
     なる向上において重要であるとの考えから、事業拡大のための投資を見据えるとともに、継続的な配当を行うため、
     年1回の期末配当として配当性向10%以上を目標とすることを基本方針として定めております。
                                28/79










                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、「全従業員の物心両面の幸せを追求すると同時
       に人と地域社会の進歩発展に貢献する」という経営理念のもと、継続的な事業の成長を通じてステークホルダー
       や地域の人をはじめ、広く社会に貢献することを目標としております。
        当社はこの経営理念を実現するためには、コーポレート・ガバナンスの強化が不可欠との認識を有しており、
       取締役会及び監査役会を基軸としたコーポレート・ガバナンスの体制を構築しております。また、経営陣のみな
       らず、全社員がコンプライアンスの遵守に努めており、当社を取り巻く経営環境の変化に速やかに対処できる業
       務執行体制を確立しつつ、ステークホルダーに対して透明性及び健全性の高い企業経営が実現できるものと考え
       ております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

      イ  企業統治の体制の概要
        当社の企業統治の体制の概要図は以下のとおりです。
       a 取締役会







        取締役会は、取締役5名(うち社外取締役2名)で構成されており、月1回の定時取締役会の他、必要に応じ
       て臨時取締役会を開催することで迅速な経営の意思決定を行っております。取締役会は法令で定められた事項及
       び経営上の重要事項を決定するとともに、取締役の業務執行状況を監督しております。また、監査役も出席し、
       適宜意見を述べることで経営に関する適正な牽制機能が果たされております。構成員については、下記に記載の
       とおりであります。
         議 長 : 代表取締役社長  坂本 真也
         構成員 : 取締役      竹村 洋一
               取締役      德岡 拓郎
               取締役      兼田 康文(社外取締役)
               取締役      北原 正 (社外取締役)
                                29/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       b 監査役会
        監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成されており、月1回の定時監査役会を開催しておりま
       す。監査役は、取締役会及び必要に応じてその他社内の重要な会議に出席し、具体的な意見を述べるとともに、
       リスクマネジメント、コンプライアンスを監視できる体制を取っております。
        また、常勤監査役は、会計監査人及び内部監査室との情報交換を積極的に行うことにより、情報の共有化に努
       めております。構成員については、下記に記載のとおりであります。
         議 長 : 監査役      大川 利則
         構成員 : 監査役      中川 真紀(社外監査役)
               監査役      橋本 道成(社外監査役)
       c リスク・コンプライアンス推進委員会

        リスク・コンプライアンス推進委員会は、代表取締役が委員長を務め、取締役5名(うち社外取締役2名)、
       事務局長(管理事業部部長)で構成されており、オブザーバーとして監査役3名(うち社外監査役2名)、内部
       監査室長が参加しております。四半期に1回定期的に開催する他、必要に応じて臨時で開催し、当社のコンプラ
       イアンス推進体制及びリスク評価、並びにリスクマネジメント体制の状況に関して報告を行うと共に、有事の際
       の危機管理対応の機能を担っております。構成員については、下記に記載のとおりであります。
         委員長 : 代表取締役社長  坂本 真也
         構成員 : 取締役      竹村 洋一
               取締役      德岡 拓郎
               取締役      兼田 康文(社外取締役)
               取締役      北原 正 (社外取締役)
         事務局長     :  管理事業部部長  渋谷 純一
        オブザーバー:監査役      大川 利則
               監査役      中川 真紀(社外監査役)
               監査役      橋本 道成(社外監査役)
               内部監査室長   土井 浩一
       d  内部監査

        当社では、業務執行から独立した組織として代表取締役直轄の内部監査室を設けており、専任の内部監査室担
       当者1名が年度毎に定めた内部監査計画に沿って、当社の業務全般についての効率性、内部統制の有効性及びコ
       ンプライアンスの状況についての監査を実施しております。内部監査室は、監査結果につき、内部監査報告書を
       作成の上、代表取締役、監査役会等に報告を行います。なお、代表取締役又は取締役会の求めに応じて取締役会
       に出席し、監査報告書についての説明義務を負っています。
        また、改善の必要がある項目に関しては、被監査部門等に対して改善を指示し、その後の改善状況を適切に管
       理する等、監査結果を踏まえた改善対処を行っております。また、適宜、会計監査人及び監査役と打合せを行っ
       ており、監査効率の向上を図っております。
      ロ  当該体制を採用する理由

        当社は、上記のとおり、株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置し、日常的な業務監査等を行う
       役割として内部監査室を配置しており、これらの各機関が相互に連携することによって、継続的に企業価値を向
       上させ、ガバナンス体制が有効に機能すると考え、現在の体制を採用しております。
                                30/79





                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ③ 企業統治に関するその他の事項
      イ  内部統制システムの整備の状況
        当社は、内部統制システムの整備に関する基本方針について、次のとおり定めております。
       a 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

        「リスクマネジメント・コンプライアンス対応規程」を制定し、取締役及び使用人の職務執行が法令・定款等
       を遵守することを徹底するものとする。また、代表取締役を委員長とするリスク・コンプライアンス推進委員会
       において、リスク及びコンプライアンス全般に関する事項について評価・検討を行うことにより、内部統制の構
       築及び維持向上を図るものとする。併せて、代表取締役直属の組織として内部監査室を設け、各部門の業務執行
       及びコンプライアンスの状況等について、定期的な監査を実施し、その結果を常勤監査役と連携するとともに、
       代表取締役に報告するものとする。
       b 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

        取締役の職務執行に係る情報の取扱いは、文書管理規程に基づき、人事・総務課を主管部署として、適切に保
       存及び管理するものとする。
       c 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

        「リスクマネジメント・コンプライアンス対応規程」を制定し、当社の損失の最小化を図る体制を構築・運用
       するものとする。また、代表取締役を委員長とするリスク・コンプライアンス推進委員会において、リスクを評
       価するとともに、リスクの回避及び軽減策等のリスク管理体制の評価を実施するものとする。
       d 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        当社は、取締役の業務執行の効率化を実現するため、組織、業務分掌、職務権限等を定めた各種規程を定める
       ものとする。また、定時取締役会を毎月1回、また臨時取締役会を必要に応じて開催し、迅速な意思決定が行え
       る体制を構築するものとする。
       e 株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

        当社の行動規範に準拠するものとする。また、当社が、将来子会社等を設置する場合には、当該子会社を含め
       たグループ会社の内部統制の有効性及び妥当性を確保するため、必要な管理規程を制定し、必要な体制を整備す
       るものとする。
       f 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

        監査役が職務を補助する使用人を置くことを求めた場合、要請に応じて監査役の業務補助のための使用人を置
       くこととし、その人事については、監査役と協議の上、決定するものとする。
       g 監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項及び監査役からの指示の実効性に関する

       事項
        監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性を確保するため、当該使用人への指揮命令は監査役が
       行うものとし、人事異動・評価等を行う場合には、予め監査役と協議し、監査役の意見を重視することとする。
       h 取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制及びその他監査役の監査が実効的に行われることを確保す

       るための体制並びに監査役に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確
       保するための体制
        会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実、又はその事実を発見した場合、役職員が法令若しくは定款に違
       反する行為をし、又はこれらの行為をするおそれがあると考えられるときは、直ちに監査役に直接報告を行うも
       のとする。また「監査役監査規程」に基づき、監査役に対する報告事項について実効的かつ機動的な報告がなさ
       れるよう、社内体制の整備を行い、監査役に対しての報告体制を確立するものとする。さらに、監査役へ報告を
       した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するため、内部通報制度において
       は、通報者に対する不利益な取扱いを禁止するものとする。
       i 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又

                                31/79


                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       は債務の処理に係る方針に関する事項
        監査役が監査の実施のために生じた費用を請求するときは、監査役の求めに応じて適切に処理するものとす
       る。
       j 財務報告の信頼性を確保するための体制

        財務報告の信頼性及び適正性を確保するため、また金融商品取引法に基づく適切な内部統制報告書を提出する
       ために必要な体制の整備及び運用を行い、その有効性を定期的に評価し、必要な是正を行っていくものとする。
       k 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

        当社は、反社会的勢力に対して取引を含む一切の関係を遮断することを基本方針とし、これらの実効性を確保
       するため「反社会的勢力対応規程」を整備するとともに、顧問弁護士や警察等外部の専門機関と適宜連携しなが
       ら、反社会的勢力による経営活動への関与や反社会的勢力からの被害を防止するための対応を行うものとする。
      ロ  リスク管理体制の整備の状況

        当社は、経営理念及び行動規範に基づき、リスクマネジメント及びコンプライアンスの取り組みに関する基本
       事項を「リスクマネジメント・コンプライアンス対応規程」に定め、コンプライアンスの遵守を前提としたリス
       ク管理を徹底することにより、損失の最小化を図っています。
        リスク・コンプライアンス推進委員会は、当社運営に関する全社的・総括的なリスク管理の報告及び対応策検
       討の場と位置づけております。各事業部長は担当課のリスク管理責任者として日常の業務活動におけるリスク管
       理を行うとともに、関係する法令等の内容及び改廃動向を課員に伝達し、不測の事態が発生した場合にはリス
       ク・コンプライアンス推進委員会へ報告することとなっております。
        また、従業員からの相談や通報を受け付ける窓口として、社内外に内部通報窓口を設置・運用することで、リ
       スクの予防や軽減に努めています。
      ④ 取締役会の活動状況

        当事業年度において当社は原則月1回の取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。当
       事業年度においては、当社は18回開催しており、個々の取締役の出席状況については次のとおりであります。
              氏名             開催回数              出席回数
            坂本 真也               18回              18回
            竹村 洋一               18回              18回
            德岡 拓郎               18回              18回
             渡辺 誠               11回              11回
            兼田 康文               18回              18回
             北原 正               18回              18回
       (注)1.渡辺誠は、2023年5月29日開催の臨時株主総会終結の時をもって任期満了により取締役を退任したた
         め、退任まで開催された取締役会への出席状況を記載しております。
        当事業年度における取締役会の具体的な検討内容は、取締役会規程に従い、経営方針、経営・事業戦略、重要
       な業務執行に関する事項、法令及び定款並びに株主総会の決議により定められた事項を決議し、また、法令に定
       められた事項及び重要な業務の執行状況につき報告を受けます。
      ⑤ 取締役の員数

        当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
                                32/79





                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ⑥ 取締役の選任の決議要件

        当社の取締役の選任は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
       る株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定
       款に定めております。
      ⑦ 剰余金の配当の決定機関

        当社は機動的な利益還元を可能とする資本政策を確保するため、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当
       (中間配当)を取締役会決議により可能とする旨を定款で定めております。
      ⑧ 自己株式の取得の決定機関

        当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会決議によって市場取引等により自己株式を取得すること
       ができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とする
       ことを目的とするものであります。
      ⑨ 取締役及び監査役の責任免除

        当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者も含む。)及
       び監査役(監査役であった者も含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会決議によって免除で
       きる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮し
       て、期待される役割を果たしうる環境を整備するためであります。
      ⑩ 責任限定契約の内容の概要
        当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、取締役(業務執行取締役を除く。)及び監査役との間に同法第
       423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が
       規定する額である旨、定款に定めております。
      ⑪ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

        当社は、当社の取締役及び監査役(社外含む)を被保険者として、保険会社との間で会社法第430条の3第1項
       に規定する役員等賠償責任保険契約を締結しております。保険期間中に被保険者が行ったその地位に基づく職務
       に起因して損害賠償請求がされた場合、当該保険契約により法律上の損害賠償金及び争訟費用を填補することと
       しております。ただし、故意又は重過失に起因して生じた損害は当該保険契約によって填補されない等、一定の
       免責事由を設け、役員などの職務の執行の適正性が損なわれないように措置を講じております。なお、保険料
       は、当社がその総額を負担しております。
      ⑫ 株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分
       の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行う旨を定款
       に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営
       を行うことを目的とするものであります。
                                33/79






                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  7 名 女性    1 名(役員のうち女性の比率            12.5  %)
                                                      所有株式数
       役職名       氏名     生年月日                略歴               任期
                                                       (株)
                         1998年4月      ㈱三好不動産入社
                         2014年10月      同社スマイルプラザ事業部部長
                         2015年10月      同社賃貸管理部部長
     代表取締役社長        坂本 真也     1974年4月18日                               (注)3      80,000
                         2018年10月      当社へ出向兼代表取締役社長(現任)
                         2018年10月      家賃債務保証事業者協議会幹事(現任)
                         2019年10月      当社へ転籍
                         2009年9月      ㈱三好不動産入社
                         2009年9月      ㈱エム・サポート(現当社)へ出向
      専務取締役
             竹村 洋一     1981年3月26日       2011年8月      ㈱エム・サポート(現当社)へ転籍                   (注)3      80,000
     兼管理事業部長
                         2018年10月      当社取締役管理事業部長
                         2023年12月      当社専務取締役兼管理事業部長            (現任)
                         2010年7月      ㈱三好不動産入社
                         2010年7月      ㈱エム・サポート(現当社)へ出向
    取締役営業事業部長         德岡 拓郎     1981年4月22日                               (注)3      80,000
                         2011年8月      ㈱エム・サポート(現当社)へ転籍
                         2018年10月      当社取締役営業事業部長(現任)
                         2001年4月      ㈱新生銀行    (現㈱SBI新生銀行)        入行
                               監査法人トーマツ(現有限責任監査法人
                         2004年10月
                               トーマツ)入社
                               兼田公認会計士事務所(現兼田公認会計
                         2009年9月
                               士税理士事務所)代表(現任)
                         2014年5月      九州ネクスト㈱ 社外監査役(現任)
                         2016年9月      ㈱レベルファイブ 社外監査役(現任)
                               ㈱メディアース・ジャパン 社外監査役
                         2017年2月
                               (現任)
       取締役      兼田 康文     1975年6月20日                              (注)1.3         -
                         2019年6月      ㈱トーニン 社外監査役(現任)
                               トーニンビル管理㈱ 社外監査役(現
                         2019年6月
                               任)
                         2019年6月      ㈱住吉 代表取締役
                         2019年7月      医療法人鎮寿会 監事(現任)
                         2019年12月      ㈱Braveridge 社外監査役
                               フィナンシャルフォース㈱代表取締役
                         2021年2月
                               (現任)
                         2021年4月      当社取締役(現任)
                         2005年1月      社会保険労務士法人COMMITMENT入社
                               ㈱Team   Next 代表取締役(現任)
                         2014年10月
                               社会保険労務士法人COMMITMENT 代表社
                         2015年4月
                               員(現任)
                               (一社)人材開発推進協会 理事            (現任)
                         2017年4月
       取締役       北原 正     1976年3月1日                              (注)1.3         -
                               ㈲日本人材教育センター 代表取締役
                         2019年7月
                               (現任)
                               (一社)福岡県中小企業家同友会 理事
                         2021年4月
                               (現任)
                         2021年10月      当社取締役(現任)
                         1992年5月      ㈱パブリック入社
                         2001年4月      吸収合併により㈱クレディアに転籍
                         2010年4月      ㈱日本保証に転籍
      常勤監査役       大川 利則     1961年6月21日                               (注)4        -
                         2010年4月      ㈱西京銀行入行(㈱日本保証より出向)
                         2012年11月      ㈱愛媛銀行入行(㈱日本保証より出向)
                         2015年5月      当社入社
                         2021年8月      当社監査役(現任)
                         2006年4月      中川賢次郎行政書士事務所入所
                         2009年1月      古賀昭洋税理士事務所入所
                         2013年4月      中川真紀税理士事務所 代表(現任)
                         2013年12月      中川真紀行政書士事務所 代表(現任)
       監査役      中川 真紀     1969年6月23日                              (注)2.4         -
                         2017年8月      大野運送㈱ 社外監査役(現任)
                         2019年10月      当社監査役(現任)
                         2020年8月      渡辺電機㈱ 社外監査役(現任)
                                34/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役職名       氏名      生年月日                               任期
                                   略歴
                                                       (株)
                         2007年12月      弁護士法人北浜法律事務所入所
                               如水法律事務所(現弁護士法人如水法律
                         2017年1月
                               事務所) 代表      (現任)
                               ㈱トライアルホールディングス
                         2020年6月
                               社外監査役(現任)
      監査役      橋本 道成      1978年4月2日                              (注)2.4         -
                               ㈱SENTAN    Pharma 社外取締役(現任)
                         2020年11月
                         2020年12月      当社監査役(現任)
                         2021年5月      ㈱キャム 社外監査役(現任)
                               ㈱QPS研究所 社外取締役(監査等委員、
                         2021年8月
                               現任)
                            計                           240,000
     (注)   1.取締役 兼田康文、北原正は、社外取締役であります。
       2.監査役 中川真紀、橋本道成は、社外監査役であります。
       3.取締役である坂本真也、竹村洋一、德岡拓郎、兼田康文、北原正の任期は、2023年5月29日開催の臨時株主
         総会終結の時から選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時ま
         でであります。
       4.監査役である大川利則、中川真紀、橋本道成の任期は、2023年5月29日開催の臨時株主総会終結の時から選
         任後4年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
      ② 社外役員の状況

        一般株主の利益に配慮し、継続的に企業価値を高める手段の1つとして、社外取締役2名及び社外監査役2名
       を選任しております。
        社外取締役の兼田康文は、監査法人における豊富な監査経験を有し、また、公認会計士や税理士として企業会
       計に関する知識も有しており、これらの高度な専門性と幅広い見識を活かして、独立的な立場で経営の監督を行
       い、当社の内部統制強化及び持続的な企業価値向上を図っていただくため、社外取締役として選任しておりま
       す。なお、同氏と当社の間には、人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
        社外取締役の北原正は、社会保険労務士として労務管理等の豊富な業務経験を通じての専門的見識から独立的
       な立場で経営の監督を行い、当社の内部体制強化及び持続的な企業価値向上を図っていただくため、社外取締役
       として選任しております。なお、同氏と当社の間には、人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利害関係
       はありません。
        社外監査役の中川真紀は、2019年10月から社外監査役を務め、その職務・職責を適切に果たしております。税
       理士として財務及び会計に相当程度の知見を有し、その経験及び幅広い知見により当社の経営について客観的、
       中立的な監査を遂行できることから社外監査役に選任しております。なお、同氏と当社の間には、人的関係、資
       本的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
        社外監査役の橋本道成は、弁護士として企業法務支援、株式上場支援、株主総会対策、労働問題対応等に携
       わってこられ、法務、株式上場に関する高度な知識や経験を有しておられます。また、如水法律事務所の代表と
       いうこともあり、多面的な企業経営の知見を深めております。監査役として求められる高い倫理観、公正・公平
       な判断力に加え、当社経営に対する適正な監査を実施するのに必要な経験及び見識を有しておられるため、社外
       監査役として選任しております。なお、同氏と当社の間には、人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利
       害関係はありません。
        社外役員には、当社との間に特別な利害関係がなく、また、東京証券取引所の独立性基準及び開示加重要件に
       該当せず、一般株主と利益相反の生じるおそれのない者を選任しております。
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

       統制部門との関係
        社外取締役及び社外監査役は、取締役会において事業やコーポレート・ガバナンス等に関する議論がなされて
       いるほか、常勤監査役及び内部監査室ならびに監査法人との連携のもと、必要に応じ相互に情報及び意見の交換
       を行う会合を持ち、コンプライアンス面や内部統制の整備状況などについて意見交換を行う体制をとっており、
       監督・監査の質的向上及び内部統制の強化を図っております。
                                35/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
        当社の監査役会は3名で構成され、常勤監査役1名に、非常勤監査役2名であります。当社における監査役監
       査は、「監査役監査規程」に準拠し、取締役会をはじめとする重要な会議へ出席するほか、当社の監査業務を一
       層強化するため、往査を含めた調査(法令・コンプライアンス遵守状況及び、個人情報取り扱い管理体制等)を
       実施しております。各監査役は定時監査役会において、実施した監査結果について報告し、他の監査役との協議
       を実施します。また、取締役に対して早急に報告が必要と思われる事実については遅滞なく報告を行い、改善を
       求めております。
        常勤監査役大川利則は、長年にわたる金融機関等での金融、財務経営に関する豊富な経験と知識を有しており
       ます。また、当社でも管理事業部管理課、営業事業部審査課を経験しており当社の実情に精通しております。当
       社の経営に対する適正な監査を実施するのに必要な経験及び見識を有していることから、最適な人材と判断し監
       査役として選任しております。また、監査役中川真紀は税理士の資格を有していることから、財務及び会計に関
       する専門家として独立性をもって監査の妥当性を確保できる監査役として選任しております。監査役橋本道成は
       弁護士の資格を有していることから、法務に関する専門的知見と経験により企業統治の強化に寄与するものと判
       断して監査役に選任しております。
        当事業年度において当社は監査役会を合計15回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおり
       であります。
            氏名         開催回数         出席回数
          常勤監査役
                     15回         15回
          大川 利則
          非常勤監査役
                     15回         15回
          中川 真紀
          非常勤監査役
                     15回         15回
          橋本 道成
        監査役会は、取締役会開催後に月次に開催されるほか、必要に応じて随時開催されます。主な検討事項は、監
       査方針・監査計画・業務分担の策定、会計監査人の再任・不再任に関する事項・報酬同意、監査報告書の作成等
       であります。
        常勤の監査役の活動として、内部監査室が実施する監査には、ほぼ立ち合い、協同し意見交換等を行っており
       ます。また、常勤監査役と内部監査室の席は、隣接する場所に設けられており、常勤監査役と内部監査室は、日
       常的に双方の監査に関して意見交換を実施しております。
        常勤監査役は、会計監査人と定期的な会合の他、監査の為に会計監査人が来社した際には会計監査人と面談を
       実施する等、積極的に意見交換を実施しております。
      ② 内部監査の状況

        当社における内部監査は、代表取締役直属の他の組織と独立した内部監査室(1名)を設置して対応しており
       ます。内部監査室は、本社各事業部及び各支店に対し、内部監査計画に則して、業務活動の全般、運営状況、法
       令の遵守状況について監査を実施しております。
        内部監査室は、当社の内部管理態勢状況及び監査結果について代表取締役に報告し、監査結果は、必要に応じ
       て取締役会に代表取締役が報告しています。                     一方、内部監査室長は監査役会に出席し、監査役と直接情報交換を
       行うとともに監査結果につき報告を行っています。
        また、当社の内部監査室は財務報告に係る内部統制の評価担当部門でもあるため、内部監査室と会計監査人は
       会計監査人が来社した際には、当社の財務報告に係る内部統制に関して意見交換を実施するようにしています。
      ③ 会計監査の状況

      a  監査法人の名称
        有限責任監査法人トーマツ
      b  継続監査期間

        3年間
                                36/79



                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      c  業務を執行した公認会計士

        指定有限責任社員 公認会計士                荒牧 秀樹
        指定有限責任社員 公認会計士                宮㟢 健
      d  監査業務に係る補助者の構成

        当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士8名、その他10名であります。
      e  監査法人の選定方針と理由

        当社が監査法人を選定するに当たって、監査法人の沿革と監査実績、当社が属する業界の知見、公認会計士法
       に基づく処分や会社法上の欠格事由の有無、監査法人の品質管理体制、監査法人の独立性、専門性、監査の実施
       体制、グローバルへの対応、監査テクノロジー、監査報酬見積額等の適切性を考慮しており、これらを総合的に
       勘案した結果、有限責任監査法人トーマツは適任であると判断したものであります
      f  監査役及び監査役会による監査法人の評価

        監査役及び監査役会は、会計監査人に対して評価を行っております。会計監査人評価基準に照らし、会計監査
       人との面談、意見交換等を通じ、品質管理体制、監査計画、会計監査人及び監査チームの独立性、外部レビュー
       結果、監査役協議会・経営者・内部監査部門とのコミュニケーション状況等の観点から、総合的に勘案して評価
       しております。
      ④ 監査報酬の内容等

      a  監査公認会計士等に対する報酬
                     前事業年度                       当事業年度
       区分
              監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
             基づく報酬(千円)            基づく報酬(千円)            基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
     提出会社              19,500             -         24,000            2,000
        当事業年度の当社における非監査業務の内容は、新規上場に係るコンフォート・レター作成業務についての対
       価であります。
      b  監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

        該当事項はありません。
      c  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        該当事項はありません。
      d  監査報酬の決定方針

        監査公認会計士等に対する報酬等の額の決定に際し、当社は所定の決裁基準に則り決定し、会社法第399条の規
       定に基づき、取締役が監査役会へ同意を求め、監査役会において報酬等の額について当社の規模、業務の特性並
       びに監査日数等を勘案し、審議のうえ、同意しております。
      e  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        監査役会は、監査法人が提出した監査計画の妥当性や適切性等を確認し、監査時間及び報酬単価といった算出
       根拠や算出内容を精査した結果、監査法人に対する報酬等に対して相当、妥当であることを確認のうえ、会社法
       第399条第1項の同意を行っております。
                                37/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
       a 基本方針
        当社の役員報酬は、優秀な人材を当社の取締役として確保し、かつ取締役の経営意欲の向上及び経営能力の最
       大限の発揮と、取締役の経営責任を明確にすることを基本方針としております。短期的な業績だけでなく中長期
       的な企業価値の向上への貢献を促す役員報酬制度の構築を目指しております。
       b 報酬限度額

        取締役の報酬限度額は、2022年12月22日開催の定時株主総会において、年額200百万円以内(うち社外取締役15
       百万円以内)と決議されております。当該株主総会終結時点の取締役の数は6名であります。また、監査役の報
       酬限度額は、2022年12月22日開催の定時株主総会において、年額30百万円以内と決議されております。当該株主
       総会終結時点の監査役の数は3名であります。
       c 報酬体系

        取締役及び監査役の報酬については報酬限度額を定時株主総会で決議しており、各取締役の報酬については職
       務内容及び当社の状況等を勘案のうえ取締役会の承認により、各監査役については職務の内容、経験及び当社の
       状況等を勘案のうえ監査役会での協議により決定しております。
        当事業年度において当社の取締役の役員報酬制度としては、固定報酬制を採用しております。
       d 報酬の決定

        取締役の報酬等の額は、株主総会において決議された報酬限度額の範囲内において、担当・職務・各期の業
       績・貢献度等を総合的に勘案して各取締役の報酬等の額を決定しております。取締役及び監査役の報酬等の額
       は、経営に対する独立性を確保するため全額を固定報酬としており、その具体的金額については、取締役会及び
       監査役会で報酬限度額の範囲内において協議のうえ、決定しております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                報酬等の総額
       役員区分                                             役員の員数
                  (千円)
                                             左記のうち、
                                                      (名)
                         固定報酬        賞与     退職慰労金
                                             非金銭報酬
    取締役
                    71,772       58,570       5,541       7,661        -     4
    (社外取締役を除く)
    監査役
                     7,374       5,844        792       738       -     1
    (社外監査役を除く)
    社外役員                9,750       7,200       1,800        750       -     4
      (注)退職慰労金は当事業年度に係る役員退職慰労引当金繰入額を記載しております。
      ③ 役員ごとの報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                38/79







                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株価
       の値上がり、または配当による利益確保を目的として保有する株式を「純投資目的である株式」とし、それ以外
       の目的で保有する株式を「純投資目的以外の株式」として区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

      a  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
       容
        当社は、純投資目的以外の目的である投資株式の保有について、取引先との長期的・安定的な関係の維持・強
       化や営業推進等を目的としており、取締役会にて、個別銘柄毎に、保有目的が適切か、保有に伴う便益やリスク
       を検証し、保有の適否を判断することとしております。
      b  銘柄数及び貸借対照表計上額

                             貸借対照表計上額の
                      銘柄数
                      (銘柄)
                              合計額(千円)
        非上場株式               1             20,000
        非上場株式以外の株式              -                -
        (最近事業年度において株式数が増加した銘柄)

         該当事項はありません。
        (最近事業年度において株式数が減少した銘柄)

         該当事項はありません。
      c  特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

        該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ④ 最近事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤ 最近事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                39/79







                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1   財務諸表の作成方法について

      当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて
     作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2022年10月1日から2023年9月30日まで)の
     財務諸表について、有限責任監査法人トーマツの監査を受けております。
    3   連結財務諸表について

      当社は子会社がないため、連結財務諸表を作成しておりません。
    4   財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には会計基準等の内容を適
     切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、監査法人等の外部専門家の主催する
     セミナーへの参加や、財務会計等の専門書の定期購読を行っております。
                                40/79














                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    1  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2022年9月30日)              (2023年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,620,574              1,729,700
        売掛金                                19,041              18,660
        未収入金                               440,183              563,073
        求償債権                               704,601              952,992
        その他                                7,933              39,558
                                      △ 262,636             △ 360,572
        貸倒引当金
        流動資産合計                              2,529,697              2,943,412
      固定資産
        有形固定資産
                                     ※2   14,010            ※2   16,832
         建物(純額)
                                     ※2   17,047            ※2   13,059
         リース資産(純額)
                                     ※2   2,728            ※2   4,916
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               33,785              34,807
        無形固定資産
         ソフトウエア                               62,477              52,449
                                          -            9,432
         その他
         無形固定資産合計                               62,477              61,882
        投資その他の資産
         投資有価証券                               20,000              20,000
         繰延税金資産                              156,676              218,717
                                    ※3   108,571            ※3   128,821
         その他
         投資その他の資産合計                              285,248              367,538
        固定資産合計                               381,511              464,228
      資産合計                                2,911,208              3,407,640
                                41/79










                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2022年9月30日)              (2023年9月30日)
     負債の部
      流動負債
                                    ※5   374,100            ※5   479,500
        短期借入金
                                     ※3   2,514             ※3   864
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                4,386              4,386
        未払金                                23,140              84,535
        未払法人税等                               169,931               50,202
        預り金                               113,568              127,146
        前受収益                               995,232             1,088,405
        賞与引当金                                32,558              65,991
        役員賞与引当金                                   -            2,400
        保証履行引当金                               200,602              305,091
                                     ※1   7,515            ※1   7,170
        その他
        流動負債合計                              1,923,549              2,215,693
      固定負債
                                     ※3   8,104            ※3   7,240
        長期借入金
        リース債務                                14,621              10,234
        退職給付引当金                                23,662              27,165
                                        35,658              44,807
        役員退職慰労引当金
        固定負債合計                                82,045              89,447
      負債合計                                2,005,594              2,305,141
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                50,000              50,000
        資本剰余金
                                        70,228              70,228
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                               70,228              70,228
        利益剰余金
         利益準備金                               8,200              8,200
         その他利益剰余金
                                       777,184              974,070
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              785,384              982,270
        株主資本合計                               905,613             1,102,499
      純資産合計                                 905,613             1,102,499
     負債純資産合計                                 2,911,208              3,407,640
                                42/79








                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2021年10月1日              (自 2022年10月1日
                                至 2022年9月30日)               至 2023年9月30日)
                                   ※1   2,604,788            ※1   2,876,511
     売上高
                                      1,017,202              1,204,044
     売上原価
     売上総利益                                 1,587,585              1,672,466
                                   ※2   1,191,252            ※2   1,380,798
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  396,333              291,668
     営業外収益
      受取利息                                    17              20
      受取配当金                                  2,400              2,815
      受取賃貸料                                  1,544              1,496
                                     ※3   1,544
      固定資産売却益                                                  -
      償却債権取立益                                  2,967               950
                                        2,977              1,495
      その他
      営業外収益合計                                 11,451               6,779
     営業外費用
      支払利息                                  1,047              1,147
      支払手数料                                   335              335
      上場関連費用                                    -            4,475
                                          15              316
      その他
      営業外費用合計                                  1,399              6,275
     経常利益                                  406,385              292,172
     税引前当期純利益                                  406,385              292,172
     法人税、住民税及び事業税
                                       213,836              157,326
                                      △ 62,841             △ 62,040
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  150,994               95,286
     当期純利益                                  255,390              196,885
                                43/79











                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    【売上原価明細書】
                            前事業年度                 当事業年度

                          (自  2021年10月1日               (自  2022年10月1日
                          至  2022年9月30日)                至  2023年9月30日)
                    注記               構成比                 構成比
          区分               金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                (%)                 (%)
    Ⅰ   経費
                    ※1         1,017,202        100.0          1,204,044        100.0
      売上原価合計

                            1,017,202        100.0          1,204,044        100.0
     (注)  ※1  主な内訳は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         支払手数料                           556,921                 626,275

         貸倒引当金繰入額                           135,465                 170,798

         保証履行引当金繰入額                           75,892                104,488

                                44/79















                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2021年10月1日 至 2022年9月30日)
                                                  (単位:千円)
                               株主資本
                       資本剰余金             利益剰余金
                                                     純資産
                                    その他利益
                                               株主資本
                                                     合計
               資本金
                                     剰余金
                    その他資本     資本剰余金                利益剰余金
                                                合計
                               利益準備金
                     剰余金      合計                合計
                                    繰越利益
                                     剰余金
    当期首残高            50,000     70,228     70,228      8,200     523,479     531,679     651,908     651,908
     会計方針の変更によ
                  -     -     -     -   △ 1,685     △ 1,685     △ 1,685     △ 1,685
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                50,000     70,228     70,228      8,200     521,793     529,993     650,222     650,222
    した当期首残高
    当期変動額
     当期純利益                                255,390     255,390     255,390     255,390
    当期変動額合計              -     -     -     -   255,390     255,390     255,390     255,390
    当期末残高            50,000     70,228     70,228      8,200     777,184     785,384     905,613     905,613
       当事業年度(自 2022年10月1日 至 2023年9月30日)

                                                  (単位:千円)
                               株主資本
                       資本剰余金             利益剰余金
                                                     純資産
                                    その他利益
                                               株主資本
                                                     合計
               資本金
                                     剰余金
                    その他資本     資本剰余金                利益剰余金
                                                合計
                               利益準備金
                     剰余金      合計                合計
                                    繰越利益
                                     剰余金
    当期首残高            50,000     70,228     70,228      8,200     777,184     785,384     905,613     905,613
     会計方針の変更によ
                  -     -     -     -     -     -     -     -
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                50,000     70,228     70,228      8,200     777,184     785,384     905,613     905,613
    した当期首残高
    当期変動額
     当期純利益                                196,885     196,885     196,885     196,885
    当期変動額合計              -     -     -     -   196,885     196,885     196,885     196,885
    当期末残高            50,000     70,228     70,228      8,200     974,070     982,270     1,102,499     1,102,499
                                45/79









                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2021年10月1日              (自 2022年10月1日
                                至 2022年9月30日)               至 2023年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                 406,385              292,172
      減価償却費                                 36,074              39,590
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 90,917              97,935
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  2,150              33,433
      保証履行引当金の増減額(△は減少)                                 75,892              104,488
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  3,015              3,502
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 12,063               9,149
      受取利息及び受取配当金                                 △ 2,417             △ 2,836
      支払利息                                  1,047              1,147
      売掛債権の増減額(△は増加)                                  △ 556              381
      未収入金の増減額(△は増加)                                △ 136,372             △ 122,890
      求償債権の増減額(△は増加)                                △ 239,781             △ 248,390
      預り金の増減額(△は減少)                                 28,334              13,577
      前受収益の増減額(△は減少)                                 86,097              93,173
                                        2,401              25,031
      その他
      小計                                 365,252              339,465
      利息及び配当金の受取額
                                        2,417              2,836
      利息の支払額                                 △ 1,045             △ 1,138
                                      △ 88,517             △ 277,055
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 278,107               64,107
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 3,409             △ 9,823
      無形固定資産の取得による支出                                △ 18,566             △ 22,040
                                       △ 5,197             △ 21,617
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 27,172             △ 53,481
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 45,000              105,400
      長期借入金の返済による支出                                 △ 2,664             △ 2,514
                                       △ 2,924             △ 4,386
      ファイナンス・リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 39,411              98,499
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  290,346              109,125
     現金及び現金同等物の期首残高                                 1,330,228              1,620,574
                                   ※1   1,620,574            ※1   1,729,700
     現金及び現金同等物の期末残高
                                46/79








                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
        その他有価証券
         市場価格のない株式等…移動平均法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産      (リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016
        年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物             19~34年
          その他            3~5年
      (2)  無形固定資産      (リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
          ソフトウエア(自社利用分)    5年
      (3)  リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     3.引当金の計上基準

      (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については
       個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しており
       ます。
      (3)  役員賞与引当金
        役員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
      (4)  保証履行引当金
        家賃保証の保証履行による損失に備えるため、当事業年度末における将来の損失発生見込額を計上しておりま
       す。
      (5)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額から特定退職金共済制度の給付
       見込額を控除した額を退職給付引当金として計上しております。
        なお、退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とす
       る方法を用いた簡便法を適用しております。
      (6)  役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金支給規程に基づく期末要支給額を計上しております。
     4.収益及び費用の計上基準

        当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足
       する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
     ①  保証事業
        保証事業においては主に家賃債務保証サービス及び当該サービスに関連した業務受託サービスを提供しており
       ます。
        家賃債務保証サービスにかかる保証料収入は、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年
       7月4日)に基づき、保証期間にわたって収益計上しております。
        業務受託サービスは、サービス提供時点において収益を認識しております。また、業務受託サービスに関する
       取引の対価は、契約条件に従い、概ね1ヶ月以内に受領しております。
                                47/79


                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     ②  その他
        その他においては主にフィットネスサービスを提供しております。
        フィットネスサービスには主に入会金及び月会費が含まれております。入会金及び月会費は一定の期間にわた
       り移転される財又はサービスに関する収益として、入会月から履行義務を提供する期間にわたり収益を認識して
       おります。入会金の提供期間は、過去の実績に基づき入会から退会までの期間を平均し算出しております。入会
       金及び月会費に関する取引の対価は、契約条件に従い、サービス提供開始から概ね1ヶ月以内に受領しておりま
       す。なお、対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
     5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
     6.その他財務諸表作成のための基礎となる事項

       消費税等の会計処理
        控除対象外消費税等は、当事業年度の費用として処理しております。
       (重要な会計上の見積り)

     1.貸倒引当金
      (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                              (千円)
                          前事業年度               当事業年度
       貸倒引当金                         262,636               360,572
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         求償債権のうち、一定の滞納月数を超えておらず、回収不能となる兆候が個別にみられないものについて
        は、一般債権等として将来の予想損失額を見込んで貸倒引当金を計上しております。予想損失額は過去の一定
        期間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の平均値に基づき算定しております。
         また、求償債権のうち、一定の滞納月数を超えるものについては、貸倒懸念債権等特定の債権として、個別
        に求償債権残高から回収可能見込額を控除した回収不能見込額に基づき貸倒引当金を計上しております。見積
        もられた予想損失額に関して、保証委託者の状況や経済環境が変化した場合には、貸倒引当金残高が変動し、
        損益に影響を及ぼす可能性があります。
     2.保証履行引当金

      (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                              (千円)
                          前事業年度               当事業年度
       保証履行引当金                         200,602               305,091
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         保証履行引当金は、保証契約に定める保証限度額の範囲において翌事業年度以降に生じると見込まれる求償
        債権や費用の発生見込額に基づき、保証履行による将来の予想損失額を計上しております。
         求償債権や費用の発生見込額を見積もる際には、保証委託者の状況、過去の一定期間における回収実績及び
        保証終了時の滞納累積月数の実績並びに弁護士費用や強制執行に要する追加費用の発生実績に基づき算出して
        おります。     見積もられた予想損失額に関して、保証委託者の状況や経済環境が変化した場合には、保証履行引
        当金を追加で計上する可能性があると判断される場合もあります。
       (会計方針の変更)

      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」                      (企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価算定会
     計基準適用指針」という。)を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に定める経過的
                                48/79


                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することとしておりま
     す。なお、財務諸表に与える影響はありません。
                                49/79




















                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
    ※1 その他のうち、契約負債の金額は、以下のとおりであります。
                                 前事業年度               当事業年度
                                ( 2022年9月30日       )       ( 2023年9月30日       )
        契約負債                           1,588   千円            1,294   千円
    ※2 有形固定資産の減価償却累計額

                                 前事業年度              当事業年度
                                ( 2022年9月30日       )       ( 2023年9月30日       )
        有形固定資産の減価償却累計額                           83,604   千円            92,406   千円
    ※3 担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                 前事業年度              当事業年度
                                ( 2022年9月30日       )       ( 2023年9月30日       )
        その他(投資不動産)                           24,165   千円            23,809   千円
       担保付債務は、次のとおりであります。
                                 前事業年度              当事業年度
                                ( 2022年9月30日       )       ( 2023年9月30日       )
        1年内返済予定の長期借入金                            864  千円             864  千円
        長期借入金                           8,104   〃            7,240   〃
        計                           8,968   千円            8,104   千円
     4 保証債務

       家賃保証等に係る債務保証額は、次のとおりであります。
                                 前事業年度              当事業年度
                                ( 2022年9月30日       )       ( 2023年9月30日       )
        債務保証額(月額)                         7,800,147     千円          9,711,204     千円
    ※5 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行5行と当座貸越契約を締結しております。

       事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                                 前事業年度              当事業年度
                                ( 2022年9月30日       )       ( 2023年9月30日       )
        当座貸越限度額の総額                          800,000    千円           800,000    千円
        借入実行残高                          374,100    〃           479,500    〃
        差引額                          425,900    千円           320,500    千円
                                50/79








                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       (損益計算書関係)
    ※1 顧客との契約から生じる収益
       売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との
      契約から生じる収益の金額は、財務諸表「注記事項(セグメント情報等)3.報告セグメントごとの売上高、利益
      又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報」に記載しております。
    ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                当事業年度
                             (自  2021年10月1日              (自  2022年10月1日
                             至  2022年9月30日       )        至  2023年9月30日       )
        給料及び手当                        323,502    千円             365,716    千円
        賞与引当金繰入額                         2,150   〃             33,433    〃
        役員退職慰労引当金繰入額                         12,063    〃              9,149   〃
        役員賞与引当金繰入額                           -  〃              2,400   〃
        退職給付費用                         8,241   〃              9,752   〃
        減価償却費                         32,463    〃             35,558    〃
       おおよその割合
        販売費                           52.1%                 50.5%
        一般管理費                           47.9%                 49.5%
    ※3 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (自    2021年10月1日              (自    2022年10月1日
                             至    2022年9月30日       )       至   2023年9月30日       )
        車両運搬具                          1,544   千円               -  千円
                                51/79












                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自         2021年10月1日        至    2022年9月30日       )
     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
    普通株式(株)                 200,000              -           -        200,000
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

                                目的となる株式の数(株)
                                                      当事業
                  目的となる
         内訳                                            年度末残高
                          当事業                     当事業
                   株式の種類
                                 増加       減少
                                                      (千円)
                         年度期首                     年度末
    2021年ストック・オプ
    ションとしての新株予約                -         -       -       -       -       -
    権
             合計                -       -       -       -       -
     4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
     当事業年度(自         2022年10月1日        至    2023年9月30日       )

     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
    普通株式(株)                 200,000          1,800,000               -       2,000,000
     (変動事由の概要)
      株式分割(普通株式1株を10株に分割)による増加 1,800,000株
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

                                目的となる株式の数(株)
                                                      当事業
                  目的となる
         内訳                                            年度末残高
                          当事業                     当事業
                   株式の種類
                                 増加       減少
                                                      (千円)
                         年度期首                     年度末
    2021年ストック・オプ
    ションとしての新株予約                -         -       -       -       -       -
    権
             合計                -       -       -       -       -
     4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                52/79





                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                                                当事業年度
                               前事業年度
                                             (自    2022年10月1日
                             (自    2021年10月1日
                             至   2022年9月30日       )       至   2023年9月30日       )
        現金及び預金                        1,620,574     千円            1,729,700     千円
        現金及び現金同等物                        1,620,574     千円            1,729,700     千円
     2 ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、次のとおりであります。

                                                当事業年度
                               前事業年度
                                             (自    2022年10月1日
                             (自    2021年10月1日
                             至   2022年9月30日       )       至   2023年9月30日       )
        ファイナンス・リース取引に係る
                                 21,931   千円                - 千円
        資産及び債務の額
       (リース取引関係)

     1.オペレーティング・リース取引
        (借主側)
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                         前事業年度                    当事業年度

                       ( 2022年9月30日       )            ( 2023年9月30日       )
    1年内                          48,271   千円                 47,976   千円
    1年超                          47,832    〃                 51,923    〃

    合計                          96,104   千円                 99,900   千円

     2.ファイナンス・リース取引

        (借主側)
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ①     リース資産の内容
          有形固定資産        主として、本社で使用する車両であります。
        ②   リース資産の減価償却の方法
          重要な会計方針「2.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
       (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
       当社は、市場環境や販売状況を勘案して必要な資金を調達(主に銀行借入)しております。また、デリバティブ
      取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク及びリスク管理体制

       売掛金及び未収入金は、主に家賃収納代行業務の当社立替分、フィットネスサービス売上の未収入分及び家賃保
      証業務委託手数料の未収入分が含まれております。家賃収納代行業務の当社立替分及びフィットネスサービス売上
      の未収入分に関しては、収納機関からの収納通知が届くまでの間当社が立て替えている債権であり、リスクは僅少
      であります。業務委託手数料の未収入分は、顧客の信用リスクに晒されておりますが、当該リスクに関しては、債
      権管理規程に従って、回収状況について適時に報告を行い、貸倒懸念がある場合は速やかに対処するものとしてお
      ります。
       求償債権は、賃借人の信用リスクに晒されております。当該リスクに対して、保証契約締結時の審査において、
      信用リスクを調査し、契約可否の判断を行います。また、求償権の行使は賃借人から速やかに債権を回収できるよ
      う、社内体制を整備しております。
       投資有価証券は、非上場株式であり、発行会社の信用リスクに晒されております。
                                53/79

                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       営業債務である未払金は1年以内の支払期日であります。
       借入金は、主に運転資金の確保を目的としたものであります。資金調達にかかる流動性リスクは各部署からの報
      告に基づき資金計画を立案し、毎月取締役会に報告され適切に管理されております。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       前事業年度(      2022年9月30日       )
                        貸借対照表計上額               時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    長期借入金
                              10,618            10,612              △5
    (1年以内返済予定を含む)
    リース債務
                              19,007            18,319             △688
    (1年以内返済予定を含む)
           負債計                   29,625            28,932             △693
    (*1)   現金は注記を省略しており、預金、売掛金、未収入金、求償債権、短期借入金、未払金、未払法人税等、預り金
       は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
    (*2)   市場価格のない株式等の貸借対照表計上額は次のとおりであります。
                             (単位:千円)
             区分            2022年9月30日
            非上場株式                     20,000
       当事業年度(      2023年9月30日       )

                        貸借対照表計上額               時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    長期借入金
                               8,104            8,104              -
    (1年以内返済予定を含む)
    リース債務
                              14,621            14,146             △474
    (1年以内返済予定を含む)
           負債計                   22,725            22,250             △474
    (*1)   現金は注記を省略しており、預金、売掛金、未収入金、求償債権、短期借入金、未払金、未払法人税等、預り金
       は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
    (*2)   市場価格のない株式等の貸借対照表計上額は次のとおりであります。
                             (単位:千円)
             区分            2023年9月30日
            非上場株式                     20,000
                                54/79









                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    (注1)    金銭債権の決算日後の償還予定額

       前事業年度(      2022年9月30日       )
                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                           1,620,574           -       -       -
    売掛金                             19,041         -       -       -
    未収入金                            440,183          -       -       -
                合計                2,079,799           -       -       -
     求償債権は、回収日が確定していないため、上記に記載しておりません。
       当事業年度(      2023年9月30日       )

                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                           1,729,700           -       -       -
    売掛金                             18,660         -       -       -
    未収入金                            563,073          -       -       -
                合計                2,311,433           -       -       -
     求償債権は、回収日が確定していないため、上記に記載しておりません。
    (注2)    短期借入金、長期借入金及びリース債務の決算日後の返済予定額

       前事業年度(      2022年9月30日       )
                        1年超       2年超       3年超       4年超
                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金              374,100          -       -       -       -       -
    長期借入金               2,514        864       864       864       864      4,648
    リース債務               4,386       4,386       4,386       4,386       1,462         -
        合計          381,000        5,250       5,250       5,250       2,326       4,648
       当事業年度(      2023年9月30日       )

                        1年超       2年超       3年超       4年超
                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金              479,500          -       -       -       -       -
    長期借入金                864       864       864       864       864      3,784
    リース債務               4,386       4,386       4,386       1,462         -       -
        合計          484,750        5,250       5,250       2,326        864      3,784
     3.金融商品の時価レベルごとの内訳等に関する事項

       金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、                                        以下の3つのレベルに分類
      しております。
      レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時
              価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
      レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定
              に係るインプットを用いて算定した時価
      レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属す
      るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
                                55/79



                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      (1)  時価で貸借対照表に計上している金融商品

        該当事項はありません。
      (2)  時価で貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

        前事業年度(      2022年9月30日       )
                                 時価  (千円)
          区分
                    レベル1         レベル2         レベル3          合計
      長期借入金                   -       10,612           -       10,612
      リース債務                   -       18,319           -       18,319
         負債計                -       28,932            -       28,932
        当事業年度(      2023年9月30日       )

                                 時価  (千円)
          区分
                    レベル1         レベル2         レベル3          合計
      長期借入金                   -        8,104           -        8,104
      リース債務                   -       14,146            -       14,146
         負債計                -       22,250            -       22,250
      (注)   時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
         長期借入金及びリース債務
          長期借入金及びリース債務については、元利金の合計額を同様の新規借入・契約を行った場合に想定される
          利率で割り引いて算定しております。レベル2の時価に分類しております。
       (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として退職金規程に基づく退職一時金制度を設けており、給付額の一部を特定退職金
      共済制度からの給付金で充当しています。なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金及
      び退職給付費用を計算しております。
     2.簡便法を適用した確定給付制度

     (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自    2021年10月1日           (自    2022年10月1日
                               至   2022年9月30日       )     至   2023年9月30日       )
       退職給付引当金の期首残高                               20,646千円              23,662千円
                                      8,241   〃
        退職給付費用                                              9,752 〃
        退職給付の支払額                               △2,000 〃              △2,759 〃
        制度への拠出額                               △3,225 〃              △3,490 〃
       退職給付引当金の期末残高                               23,662 〃              27,165 〃
     (2)  退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表

                                 前事業年度              当事業年度
                                ( 2022年9月30日       )      ( 2023年9月30日       )
       積立型制度の退職給付債務                               34,101千円              39,276千円
       特定退職金共済制度による支給見込額                               10,439 〃              12,111 〃
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               23,662 〃              27,165 〃
       退職給付引当金                               23,662 〃              27,165 〃

       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               23,662 〃              27,165 〃
                                56/79


                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (3)   退職給付費用

       簡便法で計算した退職給付費用 前事業年度 8,241千円 当事業年度                                     9,752   千円
       (ストック・オプション等関係)

     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       当事業年度(2023年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数に
      ついては、株式数に換算して記載しております。
       なお、2023年5月1日に1株を10株とする株式分割を行っておりますが、以下は、当該株式分割を反映した数値
      を記載しております。
                                57/79















                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (1)  ストック・オプションの内容
     決議年月日                   2021年3月26日
                         当社取締役      4名

     付与対象者の区分及び人数
     株式の種類別のストック・オプション
                         普通株式 162,250
     の数(株)
     付与日                   2021年3月28日
                         ①新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)
                         は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役、
                         執行役員、従業員の地位またはこれに準じた地位を有していなければな
                         らない。ただし、新株予約権者が任期満了により退任または定年退職し
                         た場合、あるいは取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限
     権利確定条件
                         りでない。
                         ②新株予約権の行使は、当社普通株式に係る株式がいずれかの金融商品
                         取引所に上場することを条件とする。
                         ③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行
                         使は認めないものとする。
     対象勤務期間                   対象勤務期間の定めはありません。
     権利行使期間                   2023年3月27日~2031年3月26日

     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

     ①  ストック・オプションの数
     決議年月日                     2021年3月26日
     権利確定前(株)

      前事業年度末

                                 162,250
      付与

                                    -
      失効

                                 43,250
      権利確定

                                    -
      未確定残

                                 119,000
     権利確定後(株)

      前事業年度末

                                    -
      権利確定

                                    -
      権利行使

                                    -
      失効

                                    -
      未行使残

                                    -
     ②  単価情報

     決議年月日                     2021年3月26日
     権利行使価格(円)                              650

     行使時平均株価(円)                              -

     付与日における公正な評価単価(円)                              -

                                58/79



                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
       当ストック・オプションの付与時点において当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な評価
      単価は、単位当たり本源的価値を見積もる方法により算定しております。
       なお、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、DCF法(ディスカウンテッド・
      キャッシュフロー法)と類似会社比準方式の併用方式を採用しております。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
     5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の合

      計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
       当事業年度末における本源的価値の合計額                                    -千円
       当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利
                                           -千円
       行使日における本源的価値の合計額
       (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度           当事業年度
                                     ( 2022年9月30日       )   ( 2023年9月30日       )
       繰延税金資産
        貸倒引当金                                  53,516千円           83,416千円
                                        61,102    〃       92,929    〃
        保証履行引当金
                                         9,917   〃       20,100    〃
        賞与引当金
                                        13,182    〃        5,378   〃
        未払事業税
                                         7,207   〃        8,274   〃
        退職給付引当金
                                        10,861    〃       13,648    〃
        役員退職慰労引当金
                                        15,582    〃       12,928    〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                        171,370千円           236,675千円
                                       △14,693     〃      △17,958     〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                        156,676千円           218,717千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
                                      前事業年度           当事業年度
                                     ( 2022年9月30日       )   ( 2023年9月30日       )
        法定実効税率
                                          34.26%             ―
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                   0.40%            ―
        住民税均等割                                   0.44%            ―
        評価性引当額の増減                                   1.04%            ―
        法人税額の特別控除額                                  △0.85%             ―
                                          1.87%            ―
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  37.16%             ―
     (注)    当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5
        以下であるため注記を省略しております。
                                59/79



                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       (資産除去債務関係)
     重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (賃貸等不動産関係)

     重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (収益認識関係)

     1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりです。
     2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報
        収益を理解するための基礎となる情報は、「注記事項(重要な会計方針)4.収益及び費用の計上基準」に記
       載のとおりです。
     3  顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当事業年度末にお
      いて存在する顧客との契約から翌事業年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情報
     (1)  契約負債の残高等

                                                    (単位:千円)
                               前事業年度                 当事業年度
    顧客との契約から生じた債権(期首残高)                                  18,485                 19,041

    顧客との契約から生じた債権(期末残高)                                  19,041                 18,660

    契約負債(期首残高)                                   2,424                 1,588

    契約負債(期末残高)                                   1,588                 1,294

       契約負債は、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると
      見込まれる金額で収益を認識しており、セグメントのその他のフィットネスサービスにおける入会金収入の前受金
      に関するものです。契約負債は収益の認識に伴い取り崩されます。
       前事業年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は2,365千円であります。
       当事業年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は1,570千円であります。
     (2)  残存履行義務に配分した取引価格

      残存履行義務に配分した取引価格の総額及び収益の認識が見込まれる期間は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:千円)
                               前事業年度                 当事業年度
    1年以内                                   1,570                 1,255

    1年超2年以内                                    18                 39

    合計                                   1,588                 1,294

                                60/79





                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
      (1)  報告セグメントの決定方法
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
       源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社は「保証事業」を報告セグメントとしております。
      (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
        「保証事業」は、不動産賃貸契約における家賃等の保証業務、介護費債務保証及び入院費債務保証を行ってお
       ります。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「注記事項(重要な会計方針)」における記載と同一であ
     ります   。
       報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報

       前事業年度(自         2021年10月1日        至    2022年9月30日       )
                                                   (単位:千円)
                     報告セグメント
                                    その他              合計
                       保証事業
     売上高
      顧客との契約から
                           230,043             196,062             426,106
      生じる収益
      その他の収益                     2,178,682                 -          2,178,682
       外部顧客への売上高                     2,408,726              196,062            2,604,788
       セグメント間の内部
                              -             -             -
       売上高又は振替高
           計               2,408,726              196,062            2,604,788
     セグメント利益                      615,221              28,344             643,565
     セグメント資産                      951,375              44,320             995,695
     その他の項目
       減価償却費                      29,174              3,611             32,785
       有形固定資産及び
                            18,566              3,409             21,975
       無形固定資産の増加額
     (注)   1.報告セグメントごとの負債については、最高意思決定機関が経営の意思決定上、当該情報を各セグメントに
         配分していないことから開示しておりません。
       2.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ランドリーサービス及びフィッ
         トネスサービスを含んでおります。
                                61/79







                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       当事業年度(自         2022年10月1日        至    2023年9月30日       )
                                                   (単位:千円)
                     報告セグメント
                                    その他              合計
                       保証事業
     売上高
      顧客との契約から
                           231,330             202,243             433,573
      生じる収益
      その他の収益                     2,442,937                 -          2,442,937
       外部顧客への売上高                     2,674,267              202,243            2,876,511
       セグメント間の内部
                              -             -             -
       売上高又は振替高
           計               2,674,267              202,243            2,876,511
     セグメント利益                      538,034              28,837             566,872
     セグメント資産                     1,278,314               43,720            1,322,035
     その他の項目
       減価償却費                      31,189              4,031             35,221
       有形固定資産及び
                            25,944              4,284             30,228
       無形固定資産の増加額
     (注)   1.報告セグメントごとの負債については、最高意思決定機関が経営の意思決定上、当該情報を各セグメントに
         配分していないことから開示しておりません。
       2.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ランドリーサービス及びフィッ
         トネスサービスを含んでおります。
                                62/79













                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     4.報告セグメント合計額と財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:千円)
                   利益                   前事業年度            当事業年度
     報告セグメント計                                     615,221            538,034
     「その他」の区分の利益                                     28,344            28,837
     全社費用(注)                                    △247,232            △275,204
     財務諸表の営業利益                                     396,333            291,668
     (注)   全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                                   (単位:千円)
                   資産                   前事業年度            当事業年度
     報告セグメント計                                     951,375           1,278,314
     「その他」の区分の資産                                     44,320            43,720
     全社資産(注)                                    1,915,512            2,085,605
     財務諸表の資産合計                                    2,911,208            3,407,640
     (注)   全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金、管理部門に係る資産等であります。
                                                   (単位:千円)
                 報告セグメント計             その他           調整額        財務諸表計上額
       その他の項目
                前事業年度     当事業年度     前事業年度     当事業年度     前事業年度     当事業年度     前事業年度     当事業年度
     減価償却費            29,174     31,189      3,611     4,031     3,289     4,369     36,074     39,590
     有形固定資産及び
                  18,566     25,944      3,409     4,284     19,938      9,432     41,913     39,660
     無形固定資産の増加額
     (注)   有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、管理部門に係る設備投資額であります。
     【関連情報】

      前事業年度(自         2021年10月1日        至   2022年9月30日       )
      1.製品及びサービスごとの情報
                                               (単位:千円)
                        保証サービス            その他           合計
         外部顧客への売上高                  2,321,376            283,411          2,604,788
      2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、該当事項はありませ
      ん。
                                63/79





                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      当事業年度(自         2022年10月1日        至   2023年9月30日       )
      1.製品及びサービスごとの情報
                                               (単位:千円)
                        保証サービス            その他           合計
         外部顧客への売上高                  2,636,776            239,734          2,876,511
      2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、該当事項はありませ
      ん。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      該当事項はありません。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      該当事項はありません。
                                64/79












                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       【関連当事者情報】
     1.関連当事者との取引
      財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
       前事業年度(自       2021年10月1日        至    2022年9月30日       )
                   資本金          議決権等
         会社等の名称           又は    事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地                        取引の内容            科目
          又は氏名          出資金     又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)          割合  (%)
                                       業務委託

    主要  株主
                                              28,129
                                        手数料
    (個人)が
          株式会社
                                       (注1)
    議決権の           福岡市                   債務保証
         三好不動産          50,000     不動産業
                              -
                                                  売掛金       453
    過半数を           中央区                   業務受託
          (注2)
    所有して
                                       事務手数料
                                              38,931
    いる会社
                                       (注1)
     (注)   1.取引条件及び取引条件の決定方針等

         独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
       2.当社の主要株主三好修が、議決権の52.20%を間接所有しております。
       当事業年度(自       2022年10月1日        至    2023年9月30日       )

                   資本金          議決権等
         会社等の名称           又は    事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地                        取引の内容            科目
          又は氏名          出資金     又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)          割合(%)
                                       業務委託

    主要  株主
                                        手数料
                                              27,336
    (個人)が
          株式会社
                                       (注1)
    議決権の           福岡市                   債務保証
         三好不動産          50,000     不動産業
                              -
                                                  売掛金      4,273
    過半数を           中央区                   業務受託
          (注2)
    所有して
                                       事務手数料
                                              37,723
    いる会社
                                       (注1)
     (注)   1.取引条件及び取引条件の決定方針等

         市場実勢価格を勘案し、一般的な取引条件で行っております。
       2.当社の主要株主三好修が、議決権の52.20%を間接所有しております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                65/79









                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自    2021年10月1日                (自    2022年10月1日
                           至   2022年9月30日       )         至   2023年9月30日       )
    1株当たり純資産額                               452円80銭                  551円24銭
    1株当たり当期純利益金額                               127円69銭                   98円44銭

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場
         であるため期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
       2.当社は、2023年5月1日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。前事業年度の期
         首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しており
         ます。
       3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     前事業年度             当事業年度
                                  (自    2021年10月1日          (自    2022年10月1日
                                   至   2022年9月30日       )    至   2023年9月30日       )
    1株当たり当期純利益金額
      当期純利益(千円)                                     255,390             196,885

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                        -             -

      普通株式に係る当期純利益(千円)                                     255,390             196,885

      普通株式の期中平均株式数(株)                                    2,000,000             2,000,000

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

                                                         -
    当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要
                                66/79











                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       (重要な後発事象)
     1.公募による新株の発行
       当社は、株式会社東京証券取引所より上場承認を受け、2023年10月3日に東京証券取引所スタンダード市場に株
      式を上場いたしました。この株式上場にあたり、2023年8月29日及び2023年9月12日開催の取締役会において、下
      記のとおり募集株式の発行について決議し、2023年10月2日に払込が完了いたしました。
    (1)募集方法               一般募集(ブックビルディング方式による募集)
    (2)募集株式の種類及び数               当社普通株式 650,000株
    (3)発行価格               1株につき 810円
    (4)引受価格               1株につき 749.25円
    (5)資本組入額               1株につき 374.625円
    (6)引受価格の総額               487,012,500円
    (7)資本組入額の総額               243,506,250円
    (8)払込期日               2023年10月2日
                   家賃債務保証等の管理を行っている保証システム(業務系基幹システム)及び取扱店
                   向け顧客契約情報管理システムの開発を中心とした設備投資資金、並びに不動産管理
    (9)資金の使途
                   会社及び賃貸人への賃料等の代位弁済による立替金や人材採用・教育を中心とした運
                   転資金に充当する予定であります。
     2.第三者割当による新株の発行

       当社は、2023年8月29日開催の取締役会において、野村證券株式会社が行う第三者割当の方法によるオーバーア
      ロットメントによる当社株式売出しに関連して、下記のとおり同社を割当先とする第三者割当増資による新株の発
      行を決議し、2023年10月31日に払込が完了いたしました。
    (1)募集方法               第三者割当(オーバーアロットメントによる売出し)
    (2)募集株式の種類及び数               当社普通株式 144,300株
    (3)割当価格               1株につき 749.25円
    (4)資本組入額               1株につき 374.625円
    (5)割当価格の総額               108,116,775円
    (6)資本組入額の総額               54,058,388円
    (7)払込期日               2023年10月31日
                   家賃債務保証等の管理を行っている保証システム(業務系基幹システム)及び取扱店
                   向け顧客契約情報管理システムの開発を中心とした設備投資資金、並びに不動産管理
    (8)資金の使途
                   会社及び賃貸人への賃料等の代位弁済による立替金や人材採用・教育を中心とした運
                   転資金に充当する予定であります。
                                67/79








                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
        資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)     残高(千円)
                                         計額(千円)
    有形固定資産
      建物               57,504      5,276        -    62,780      45,948      2,454     16,832

     リース資産

                   19,938        -      -    19,938      6,878      3,987     13,059
     その他

                   39,948      4,547        -    44,495      39,579      2,359      4,916
       有形固定資産計            117,390       9,823        -   127,214      92,406      8,801     34,807

    無形固定資産

     ソフトウエア

                   183,772      20,405        -   204,177      151,727      30,432      52,449
     その他

                     -    9,432        -    9,432       -      -    9,432
       無形固定資産計            183,772      29,837        -   213,610      151,727      30,432      61,882

       【社債明細表】

         該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                      374,100         479,500          0.37        -
    1年以内に返済予定の長期借入金                       2,514          864        0.97        -

    1年以内に返済予定のリース債務                       4,386         4,386          -       -

                                                 2024年10月31日~
    長期借入金(1年以内に返済予定の
                           8,104         7,240         0.97
    ものを除く。)                                             2033年1月31日
                                                 2024年10月27日~
    リース債務(1年以内に返済予定の
                           14,621         10,234           -
    ものを除く。)                                             2027年1月27日
    その他有利子負債                        -         -         -       -
            合計              403,725         502,225           -       -

     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を貸借
         対照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
       2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年内における1年ごと
         の返済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
             区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金                 864          864          864          864
          リース債務                4,386          4,386          1,462           -

                                68/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
       【引当金明細表】
                                   当期減少額        当期減少額
                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                          (目的使用)         (その他)
                   (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
    貸倒引当金                 262,636        360,572         72,863        189,773        360,572
    賞与引当金                 32,558        65,991        31,289         1,268        65,991

    役員賞与引当金                   -       2,400          -        -       2,400

    保証履行引当金                 200,602        305,091           -      200,602        305,091

    役員退職慰労引当金                 35,658        12,249          -       3,100        44,807

     (注)   1.貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、洗替による戻入額であります。
       2.賞与引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、見積額と実際額の差額であります。
       3.保証履行引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、洗替による戻入額であります。
       4.役員退職慰労引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、退任役員の退職慰労金支給辞退による戻入額で
         あります。
       【資産除去債務明細表】

         当事業年度期首及び当事業年度末における資産除去債務の金額が当事業年度期首及び当事業年度末における
        負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                69/79














                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【主な資産及び負債の内容】
      ①   現金及び預金
                区分                          金額(千円)
    現金                                                    176

    預金

      普通預金                                                 1,729,523
                 計                                     1,729,523

                合計                                     1,729,700

      ②   売掛金

       相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)
    ㈱カーブスジャパン                                                   12,355

    ㈱三好不動産                                                   4,273

    WASHハウス㈱                                                   1,715

    駅前管理システム㈱                                                    283

    その他                                                     31

                合計                                      18,660

       売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                   滞留期間(日)
                                          回収率(%)
      当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                                   (A)+(D)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     2
                                          (C)
                                              ×100
                                                     (B)
                                         (A)+(B)
       (A)         (B)         (C)         (D)
                                                     365
         19,041         263,707         264,089          18,660          93.4         26.0
      ③   未収入金

        相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)
    SMBCファイナンスサービス㈱                                                  559,849

    ㈱ジャックス                                                   3,175

    その他                                                     48

                合計                                      563,073

      ④   求償債権

        収納代行により生ずる立替金586,204千円、及び債務保証の履行により生ずる求償債権366,787千円でありま
        す。
                                70/79




                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
      ⑤   繰延税金資産
        繰延税金資産は、218,717千円であり、その内容については、「1                               財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(税効
        果会計関係)」に記載しております。
      ⑥   前受収益

        保証料として一括して受け入れた未経過保証料のうち、契約期間に基づき1年以内に売上高に計上される見込
        みのもの1,088,405千円であります。
     (3) 【その他】

       当事業年度における四半期情報等
          (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期          当事業年度

    売上高             (千円)            -         -      2,125,789          2,876,511

    税引前
                 (千円)            -         -       315,741          292,172
    四半期(当期)純利益
    四半期(当期)純利益             (千円)            -         -       197,659          196,885
    1株当たり
                 (円)           -         -        98.82          98.44
    四半期(当期)純利益
          (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期          第4四半期

    1株当たり
    四半期純利益又は
                 (円)           -         -        28.24         △0.38
    1株当たり
    四半期純損失(△)
     (注)   1 . 当社は、2023年10月3日付で東京証券取引所スタンダード市場に上場いたしましたので、第1四半期、第2
         四半期及び第3四半期の四半期報告書は提出しておりませんが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定
         に基づき、第3四半期会計期間及び第3四半期累計期間の四半期財務諸表について、有限責任監査法人トー
         マツにより四半期レビューを受けております。
       2 . 当社は、2023年5月1日付けで普通株式1株につき普通株式10株の割合で株式分割を行っております。当事
         業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期(当期)純利益又は1株当たり四半期純
         損失を算定しております。
                                71/79










                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度              毎年10月1日から翌年9月30日まで
    定時株主総会              毎事業年度末日の翌日から3か月以内

    基準日              毎事業年度末日

    剰余金の配当の基準日              毎年9月30日、毎年3月31日

    1単元の株式数              100株

    株式の名義書換え(注1)

        取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社証券代行部

        株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社

        取次所              三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店

        名義書換手数料              無料

        新券交付手数料              -

    単元未満株式の買取り

        取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社証券代行部

        株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社

        取次所              三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店 (注)1

        買取手数料              無料

                  当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によっ
                  て電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
    公告掲載方法
                  当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                  https://www.nipponinsure.jp/
    株主に対する特典              該当事項はありません。
     (注)   1.当社株式は、2023年10月3日付で東京証券取引所スタンダード市場へ上場したことに伴い、社債、株式等の
          振替に関する法律第128条第1項に規定する振替株式となったことから、該当事項はなくなっております。
       2.当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
         旨、定款に定めております。
         (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                72/79







                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、     金融商品取引法第24条の7第1項に規定する                    親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券届出書及びその添付書類

       有償一般募集増資(ブックビルディング方式による募集)及び株式売出し(ブックビルディング方式による売出し)
       2023年8月29日 福岡財務支局長に提出。
     (2)  有価証券届出書の訂正届出書

       上記(1)に係る訂正届出書を2023年9月13日及び2023年9月22日 福岡財務支局長に提出。
     (3)  臨時報告書

       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号の規定に基づく臨
       時報告書を2023年10月3日 福岡財務支局長に提出。
                                73/79














                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                74/79



















                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2023年12月22日

    ニッポンインシュア株式会社
     取 締 役 会  御 中
                           有限責任監査法人トーマツ

                               福 岡 事 務 所
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士       荒 牧  秀 樹
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士       宮 㟢  健
                             業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
    るニッポンインシュア株式会社の2022年10月1日から2023年9月30日までの第23期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
    対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明
    細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ニッポ
    ンインシュア株式会社の2023年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッ
    シュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
    と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
    て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                75/79








                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    貸倒引当金の評価
           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     会社の当事業年度末の貸借対照表において、求償債権                           当監査法人は、求償債権に対する貸倒引当金の計上に
    残高は952,992千円計上されており、総資産に占める割                           あたって会社が使用した仮定が適切であるかどうかを評
    合は28.0%となっている。また、求償債権の貸倒に備え                           価するため、以下の監査手続を実施した。
    るための貸倒引当金残高は360,572千円計上されてい                           (会社の内部統制の評価)
    る。                           以下の内部統制の整備・運用状況を評価した。
                               ・滞納月数を基礎とした債権分類に基づき、回収不能見
     会社が提供する保証サービスは、保証委託者の債務不
                               込額が漏れなく正確に算定されることを担保するための
    履行が発生した場合に会社が代位弁済を行うものであ
                               統制
    る。代位弁済により生じた求償債権については保証委託
                               ・一般債権等における滞納月数ごとの貸倒実績率及び貸
    者から回収することとなるが、回収できなかった部分は
                               倒懸念債権等における回収不能見込額について仮定が適
    損失となる。
                               切であることを担保するための統制
     財務諸表注記「重要な会計方針                 3.引当金の計上基準
                               (回収不能見込額の見積りの仮定を検討するための手
     (1)貸倒引当金」及び「重要な会計上の見積り」                        に記
                               続)
    載のとおり、会社は、求償債権のうち、一定の滞納月数
                               ・経営者への質問、関連資料の閲覧及び分析等による当
    を超えておらず、回収不能となる兆候が個別にみられな
                               該仮定に影響を及ぼす事項の有無の検討
    いものについては、一般債権等として将来の予想損失額
                               ・過去に算定した回収不能見込額の見積りについて、当
    を見込んで貸倒引当金を計上している。予想損失額は過
                               事業年度までにおける確定額との比較分析
    去の一定期間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の平均
                               ・比較分析の結果、当事業年度における回収不能見込額
    値に基づき算定している。また、一定の滞納月数を超え
                               の見積りへの反映を必要とするかどうかの検討
    るものについては、貸倒懸念債権等として、個別に求償
                               (回収不能見込額の算定基礎及びその見直しの正確性・
    債権残高から回収可能見込額を控除した回収不能見込額
                               網羅性を検討するための手続)
    に基づき貸倒引当金を計上している。
                               ・回収不能見込額の算定が正確になされているかどうか
     貸倒引当金の見積りにあたっては一般債権等、貸倒懸
                               について、監査人による再計算の実施
    念債権等のいずれの債権についても滞納月数などの情報
                               ・回収不能見込額の算定に用いられた計算資料に含まれ
    をもとに過去の一定期間の貸倒実績を用いている。これ
                               ている保証委託者別の求償債権や滞納月数などの情報が
    は将来における貸倒による損失が過去の貸倒実績に近似
                               漏れなく正確に会社の基幹システムからレポートとして
    するという仮定に基づくものであり、当該見積りは不確
                               出力されていることを確かめるために、以下の手続を実
    実性が高く経営者による判断を要することから監査上の
                               施した。
    主要な検討事項に該当するものと判断した。
                               ① 基幹システムにインプットされている基礎データが
                                  正確に漏れなく入力されているかどうかについ
                                  て、保証委託契約書などの根拠証憑との照合及び
                                  財務諸表計上額との一致の検討
                               ② 基幹システムからアウトプットされるレポートのロ
                                 ジック及びパラメータが適切なものとなっているか
                                 どうかについて、ITを利用した情報システムの運
                                 用・管理等に関する統制活動を評価するとともに、
                                 出力画面の閲覧により適切に出力されていることの
                                 検討
                                76/79






                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    保証履行引当金の評価
           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     会社の当事業年度末の貸借対照表において、保証履行                           当監査法人は、保証履行引当金の計上にあたって会社
    引当金残高は305,091千円計上されている。                           が使用した仮定が適切であるかどうかを評価するため、
                               以下の監査手続を実施した。
     会社が提供する保証サービスは、保証委託者の債務不
                               (会社の内部統制の評価)
    履行が発生した場合に会社が代位弁済を行うものであ
                               以下の内部統制の整備・運用状況を評価した。
    る。保証契約に定める保証限度額の範囲において翌事業
                               ・滞納月数を基礎とした分類に基づき、予想損失額が漏
    年度以降に求償債権が発生し、その一部が回収不能とな
                               れなく正確に算定されることを担保するための統制
    ることによる損失が見込まれる。
                               ・予想損失額の見積りの仮定が適切であることを担保す
     財務諸表注記       「重要な会計方針 3.引当金の計上基準
                               るための統制
     (4)保証履行引当金」及び「重要な会計上の見積り」
                               (予想損失額の見積りの仮定を検討するための手続)
    に記載のとおり、会社は、保証履行により発生する損失
                               ・経営者への質問、関連資料の閲覧及び分析等による当
    に備えるため、当事業年度末における将来の損失発生見
                               該仮定に影響を及ぼす事項の有無の検討
    込額を計上している。
                               ・過去に算定した予想損失額の見積りについて、当事業
     会社は、保証契約に定める保証限度額の範囲において
                               年度までにおける確定額との比較分析
    翌事業年度以降の保証履行による将来の予想損失額を計
                               ・比較分析の結果、当事業年度における予想損失額の見
    上しているが、その見積りは、保証委託者の状況、過去
                               積りの仮定への反映を必要とするかどうかの検討
    の回収実績並びに保証終了時の立替累積月数の実績及び
                               (予想損失額の算定基礎及びその見直しの網羅性・正確
    弁護士費用や強制執行に要する追加費用の発生実績に基
                               性を検討するための手続)
    づいている。また、保証委託者の状況や経済環境の変化
                               ・予想損失額の算定が正確になされているかどうかにつ
    等の追加情報を評価した結果、当該予想損失額は変動す
                               いて、監査人による再計算の実施
    る可能性がある。
                               ・予想損失額の算定に用いられた計算資料に含まれてい
     このように会社は利用可能な情報に基づいて将来の損
                               る保証委託者別の求償債権や滞納月数などの情報が漏れ
    失発生見込額の見積りを行っているが、当該見積りにお
                               なく正確に会社の基幹システムからレポートとして出力
    ける仮定は不確実性を伴い経営者による判断を必要とす
                               されていることを確かめるために以下の手続を実施し
    ることから、当監査法人は当該事項を監査上の主要な検
                               た。
    討事項に該当するものと判断した。
                               ① 基幹システムにインプットされている基礎データに
                                 ついて正確に漏れなく入力されているかどうかにつ
                                 いて、保証委託契約書などの根拠証憑との照合及び
                                 財務諸表計上額との一致の検討
                               ② 基幹システムからアウトプットされるレポートのロ
                                 ジック及びパラメータが適切なものとなっているか
                                 どうかについて、ITを利用した情報システムの運
                                 用・管理に関する統制活動を評価するとともに、出
                                 力画面の閲覧により出力ロジックの検討を実施し適
                                 切に出力されていることの検討
                                77/79







                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
    その他の記載内容
     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の情報である。経営
    者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責任は、その他の記載内容
    の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載
    内容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と
    財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような
    重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告
    することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
      続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
      適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
      及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
      結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
      項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
      づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
      会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
                                78/79


                                                          EDINET提出書類
                                                  ニッポンインシュア株式会社(E38716)
                                                           有価証券報告書
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止さ
    れ ている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回
    ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以 上

                                79/79

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。