ファンドロジック(ジャージー)リミテッド 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

提出書類 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
提出日
提出者 ファンドロジック(ジャージー)リミテッド
カテゴリ 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    【表紙】

      【提出書類】                  有価証券届出書の訂正届出書

      【提出先】                  関東財務局長
      【提出日】                  2023年11月30日
      【発行者名】                  ファンドロジック(ジャージー)リミテッド
                        (FundLogic       (Jersey)     Limited)
      【代表者の役職氏名】                  取締役 スチュアート・コンロイ
                        (Director,       Stuart    Conroy)
      【本店の所在の場所】                  ジャージー、JE1          0BD、セント・へリア、エスプラネード47
                        (47   Esplanade,      St  Helier,    Jersey,    JE1  0BD)
      【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  橋本 雅行
      【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング
                        アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
      【事務連絡者氏名】                  弁護士  橋本 雅行
      【連絡場所】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング
                        アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
      【電話番号】                  03(6775)1000
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券に係るファンドの名称】
                        ソフォス・ケイマン・トラストⅡ-
                         米ドル建     モルガン・スタンレー            グローバル・プレミアム株式
                         オープン
                        (Sophos     Cayman    Trust    Ⅱ  - USD-denominated          Morgan    Stanley
                        Global    Premium     Equity    Open)
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券の金額】
                        米ドル建     米ドルヘッジクラス受益証券:
                         10億アメリカ合衆国ドル(約1,450億円)を上限とする。
                        米ドル建     為替ヘッジなしクラス受益証券:
                         10億アメリカ合衆国ドル(約1,450億円)を上限とする。
                        (注)アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)の円貨換算は、便宜
                           上、2023年6月30日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相
                           場の仲値(1米ドル=144.99円)による。
      【縦覧に供する場所】                  該当事項なし。
                                 1/69







                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

       本日、半期報告書を提出いたしましたので、2023年8月31日に提出した有価証券届出書(以下「原届出

      書」といいます。)の関係情報を新たな情報により追加・訂正するため、また記載事項のうち訂正すべき
      事項がありますのでこれを訂正するため、本訂正届出書を提出するものです。
       なお、本訂正届出書の記載事項のうち外貨数字の円換算については、直近の為替レートを用いておりま
      すので、訂正前の換算レートとは異なっております。
    2【訂正の内容】

      (1 )半期報告書を提出したことによる原届出書の訂正

        原届出書の下記事項については、半期報告書の記載内容*と同一内容に更新または追加されます。
                                                        訂正の
              原届出書                         半期報告書
                                                        方法
                                            (1)投資状況

                                             ① 資産別及び地
                    (1)投資状況                                     更新
                                               域別の投資状
                                               況
                             1 ファンドの運用状況
     第二部 ファンド情報
                    (2)投資資産                          ② 投資資産            更新
      第1 ファンドの状況
       5 運用状況
                                                        追加・
                    (3)運用実績                        (2)運用実績
                                                        更新
                    (4)販売及び買

                             2 販売及び買戻しの実績                           追加
                     戻しの実績
      第3 ファンドの経理状況

                             3 ファンドの経理状況                           追加
       1 財務諸表
     第三部 特別情報

      第1 管理会社の概況             (1)資本金の額                        (1)資本金の額             更新
       1 管理会社の概況
                                            (2)事業の内容及び

       2 事業の内容及び営業の概況                      4 管理会社の概況                           更新
                                             営業の状況
                    (4)訴訟事件そ

       5 その他             の他の重要事                       (3)その他             追加
                     項
       3 管理会社の経理状況                      5 管理会社の経理の概況                           更新

    * 半期報告書の記載内容は、以下のとおりです。

      次へ

                                 2/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      1 ファンドの運用状況

        ソフォス・ケイマン・トラストⅡ(Sophos                        Cayman    Trust    Ⅱ)(以下「ファンド」という。)のサブ・
       ファンドである米ドル建             モルガン・スタンレー            グローバル・プレミアム株式オープン(USD-
       denominated       Morgan    Stanley     Global    Premium     Equity    Open)(以下「サブ・ファンド」という。)の運
       用状況は、以下のとおりである。
       (1)投資状況

        ① 資産別及び地域別の投資状況
                                               (2023年9月末日現在)
                                      時価合計             投資比率
         資産の種類               国・地域名
                                  (アメリカ合衆国ドル)                  (%)
                      アメリカ合衆国               267,358,871.89                   72.76
                        イギリス              35,265,547.24                   9.60
                        フランス              22,623,692.55                   6.16
          株式              ドイツ             20,391,934.48                   5.55
                        オランダ              12,999,677.15                   3.54
                        イタリア               1,317,905.19                  0.36
                         小計            359,957,628.50                   97.96
         現金・その他の資産(負債控除後)                             7,481,214.32                  2.04
                                     367,438,842.82
             合計(純資産総額)                                          100.00
                                     ( 約54,962百万円)
    (注1)投資比率とは、サブ・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。以下、別段の記載がない限り、
        同じ。
    (注2)アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)の円貨換算は、便宜上、2023年9月29日現在の株式会社三菱UFJ
        銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=149.58円)による。                               以下同じ。
    (注3)ファンドおよびサブ・ファンドは、ケイマン諸島の法律に基づいて設立されるが、米ドル建                                               米ドルヘッジクラス受益
        証券および米ドル建          為替ヘッジなしクラス受益証券(以下、個別にまたは総称して「受益証券」という。)は米ドル
        建のため、以下の金額表示は別段の記載がない限り米ドルをもって行う。
    (注4)本書の中で金額および比率を表示する場合、四捨五入して記載してある。したがって、合計の数字が一致しない場合
        がある。また、円貨への換算は、本書中でそれに対応する数字につき所定の換算率で単純計算のうえ、必要な場合四
        捨五入して記載してある。したがって、本書中の同一情報につき異なった円貨表示がなされている場合もある。
                                 3/69








                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ②  投資資産
        (ⅰ)投資有価証券の主要銘柄
                                                (2023年9月末日現在)
                                      簿価(米ドル)           時価(米ドル)         投資
     順位      銘柄        発行地       業種      株数                          比率
                                     単価      金額      単価      金額    (%)
       MICROSOFT    CORP
     1             アメリカ合衆国       テクノロジー        85,023    193.10    16,418,320.88       315.75    26,846,012.25       7.31
       PHILIP   MORRIS
     2             アメリカ合衆国       非耐久消費財        258,709     83.17   21,517,679.30        92.58   23,951,279.22       6.52
       INTERNATIONAL
       ACCENTURE    PLC-CL   A
     3             アメリカ合衆国       テクノロジー        70,998    240.63    17,084,327.76       307.11    21,804,195.78       5.93
       SAP  SE
     4             ドイツ       テクノロジー        156,818     123.13    19,308,842.37       130.04    20,391,934.48       5.55
       RECKITT   BENCKISER
     5             イギリス       非耐久消費財        287,791     82.25   23,669,425.05        70.72   20,352,195.89       5.54
       GROUP   PLC
       VISA  INC-CLASS    A
     6             アメリカ合衆国       金融        86,863    193.89    16,841,944.93       230.01    19,979,358.63       5.44
       SHARES
       DANAHER   CORP
     7             アメリカ合衆国       非耐久消費財        69,830    204.80    14,301,051.63       248.10    17,324,823.00       4.72
       THERMO   FISHER
     8             アメリカ合衆国       非耐久消費財        33,343    417.07    13,906,417.94       506.17    16,877,226.31       4.59
       SCIENTIFIC     INC
       INTERCONTINENTAL
     9             アメリカ合衆国       金融        133,164     110.98    14,778,165.32       110.02    14,650,703.28       3.99
       EXCHANGE    IN
       BECTON   DICKINSON    AND
     10             アメリカ合衆国       非耐久消費財        56,579    247.26    13,989,947.17       258.53    14,627,368.87       3.98
       CO
       ABBOTT   LABORATORIES
     11             アメリカ合衆国       非耐久消費財        122,976     97.69   12,013,014.19        96.85   11,910,225.60       3.24
       PROCTER   & GAMBLE
     12             アメリカ合衆国       非耐久消費財        67,544    125.42    8,471,458.00       145.86    9,851,967.84      2.68
       CO/THE
       RELX  PLC
     13             イギリス       非耐久消費財        290,769     26.22    7,623,940.45       33.87    9,848,422.36      2.68
       AON  PLC-CLASS    A
     14             アメリカ合衆国       金融        30,137    314.85    9,488,751.80       324.22    9,771,018.14      2.66
       AUTOMATIC    DATA
     15             アメリカ合衆国       非耐久消費財        40,264    176.73    7,115,722.77       240.58    9,686,713.12      2.64
       PROCESSING
       ROPER   TECHNOLOGIES      INC
     16             アメリカ合衆国       テクノロジー        19,819    401.20    7,951,479.08       484.28    9,597,945.32      2.61
       HEINEKEN    NV
     17             オランダ       非耐久消費財        104,736     105.53    11,053,113.72        88.36    9,254,815.97      2.52
       PERNOD   RICARD   SA
     18             フランス       非耐久消費財        51,329    196.09    10,065,210.64       167.12    8,578,291.76      2.33
       COCA-COLA    CO/THE
     19             アメリカ合衆国       非耐久消費財        134,302     54.72    7,348,919.12       55.98    7,518,225.96      2.05
       ARTHUR   J GALLAGHER    &
     20             アメリカ合衆国       金融        32,602    200.12    6,524,344.51       227.93    7,430,973.86      2.02
       CO
       CDW  CORP/DE
     21             アメリカ合衆国       通信        36,418    192.41    7,007,031.31       201.76    7,347,695.68      2.00
     22  L'OREAL          フランス       非耐久消費財        16,889    336.27    5,679,307.87       416.30    7,030,899.14      1.91
       LVMH  MOET  HENNESSY
     23             フランス       耐久消費財        9,248    563.79    5,213,913.16       758.49    7,014,501.65      1.91
       LOUIS   VUI
       EQUIFAX   INC
     24             アメリカ合衆国       非耐久消費財        34,285    209.49    7,182,477.86       183.18    6,280,326.30      1.71
       OTIS  WORLDWIDE    CORP
     25             アメリカ合衆国       工業        75,962     81.81    6,214,134.62       80.31    6,100,508.22      1.66
       STERIS   PLC
     26             アメリカ合衆国       非耐久消費財        24,012    188.68    4,530,536.19       219.42    5,268,713.04      1.43
       BROADRIDGE     FINANCIAL
     27             アメリカ合衆国       テクノロジー        28,610    165.13    4,724,511.07       179.05    5,122,620.50      1.39
       SOLUTIO
       EXPERIAN    PLC
     28             イギリス       非耐久消費財        154,207     32.87    5,068,801.78       32.85    5,064,928.99      1.38
       MOODY'S   CORP
     29             アメリカ合衆国       非耐久消費財        15,395    261.35    4,023,555.85       316.17    4,867,437.15      1.32
       ZOETIS   INC
     30             アメリカ合衆国       非耐久消費財        21,209    141.78    3,007,020.36       173.98    3,689,941.82      1.00
        (ⅱ)投資不動産物件

           該当事項なし(2023年9月末日現在)。
        (ⅲ)その他投資資産の主要なもの

           該当事項なし(2023年9月末日現在)。
                                 4/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)運用実績
           下記の運用実績はあくまで過去の実績であり、将来の運用成果を約束するものではない。
         ① 純資産の推移
           2023年9月末日前1年間における各月末の純資産の推移は、以下のとおりである。
          <米ドル建      米ドルヘッジクラス>

                          純資産    総 額             1口当たり純資産価格

                      米ドル            円         米ドル           円

       2022  年10月末日           207,495,069.78           31,037,112,538               121.54          18,180

           11 月末日        219,128,143.12           32,777,187,648               130.35          19,498

           12 月末日        210,906,643.17           31,547,415,685               125.83          18,822

       2023  年1月末日           217,255,308.51           32,497,049,047               130.85          19,573

           2月末日          208,109,495.13           31,129,018,282               126.82          18,970

           3月末日          213,039,232.85           31,866,408,450               132.89          19,878

           4月末日          217,317,682.84           32,506,378,999               136.62          20,436

           5月末日          205,541,115.36           30,744,840,036               132.48          19,816

           6月末日          211,992,150.05           31,709,785,804               138.94          20,783

           7月末日          216,008,092.97           32,310,490,546               140.08          20,953

           8月末日          213,017,166.46           31,863,107,759               139.78          20,908

           9月末日          202,436,968.58           30,280,521,760               133.10          19,909

          <米ドル建      為替ヘッジなしクラス>

                          純資産    総 額             1口当たり純資産価格

                      米ドル            円         米ドル           円

       2022  年10月末日           165,778,697.17           24,797,177,523               116.48          17,423

           11 月末日        178,196,346.03           26,654,609,439               125.99          18,846

           12 月末日        174,886,879.88           26,159,579,492               122.31          18,295

       2023  年1月末日           179,741,234.78           26,885,693,898               127.74          19,107

           2月末日          171,521,367.92           25,656,166,213               123.10          18,413

           3月末日          177,623,777.92           26,568,964,701               129.78          19,412

           4月末日          180,495,635.08           26,998,537,095               133.98          20,041

           5月末日          171,240,275.31           25,614,120,381               128.86          19,275

           6月末日          174,106,771.86           26,042,890,935               135.98          20,340

           7月末日          175,674,618.90           26,277,409,495               137.49          20,566

           8月末日          173,791,008.26           25,995,659,016               136.59          20,431

           9月末日          165,001,874.24           24,680,980,349               129.04          19,302

                                 5/69



                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    <参考情報>
    純資産総額および1口当たり純資産価格の推移(2019年4月5日~2023年9月末日)
                                 6/69




















                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ② 分配の推移
           該当事項なし。
         ③ 収益率の推移

           下記期間における収益率は、以下のとおりである。
          <米ドル建      米ドルヘッジクラス>
                                        (注)
                                    収益率
             2022年10月1日~2023年9月末日                        14.33%
          (注)   収益率(%)=100×(a-b)/b
             a=2023年9月末日現在の1口当たり純資産価格
             b=2022年9月末日現在の1口当たり純資産価格
             以下同じ。
          <米ドル建      為替ヘッジなしクラス>

                                     収益率
             2022年10月1日~2023年9月末日                        16.11%
    <参考情報>

    年間収益率の推移
    (注1)収益率(%)=100×(a-b)/b





        a=各暦年末現在の1口当たり純資産価格(ただし、2023年については2023年9月末日における1口当たり純資産価
          格)
        b=当該各暦年の直前の各暦年末現在の1口当たり純資産価格(ただし、2019年については当初発行価格(受益証券
          1口当たり100米ドル))
        以下、本「参考情報」において同じ。
    (注2)2019年は4月5日(運用開始日)から12月末日までの収益率である。2023年は1月1日から9月末日までの収益率で
        ある。以下、本「参考情報」において同じ。
    (注3)サブ・ファンドおよび各クラスにベンチマークはない。以下、本「参考情報」において同じ。
                                 7/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                 8/69





















                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      2 販売及び買戻しの実績
        2023年9月末日前1年間における販売および買戻しの実績ならびに2023年9月末日現在の受益証券の
       発行済口数は、以下のとおりである。
        <米ドル建      米ドルヘッジクラス>

           販売口数                  買戻し口数                  発行済口数
          680,559.941                  882,286.036                  1,520,882.460
         (680,559.941)                  (882,286.036)                  (1,520,882.460)
    (注)( )の数は本邦における販売・買戻しおよび発行済口数である。以下同じ。
        <米ドル建      為替ヘッジなしクラス>

           販売口数                  買戻し口数                  発行済口数
          742,028.004                  904,262.243                  1,278,669.376
         (742,028.004)                  (904,262.243)                  (1,278,669.376)
      次へ

                                 9/69














                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      3 ファンドの経理状況

       a.サブ・ファンドの日本文の中間財務書類は、米国において一般に公正と認められる会計原則に準拠

        して作成された原文(英語)の中間財務書類を翻訳したものである(ただし、円換算部分を除
        く。)。これは「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令」(平成5年大蔵省令第22号。その
        後の改正を含む。)に基づき、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52
        年大蔵省令第38号。その後の改正を含む。)第76条第4項ただし書の規定の適用によるものである。
       b.サブ・ファンドの原文の中間財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号。

        その後の改正を含む。)第1条の3第7項に規定する外国監査法人等をいう。)の監査を受けていな
        い。
       c.サブ・ファンドの原文の中間財務書類は、アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)で表示

        されている。日本文の中間財務書類には、主要な金額について円換算額が併記されている。日本円へ
        の換算には、2023年9月29日現在における株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1
        米ドル=149.58円)が使用されている。なお、千円未満の金額は四捨五入されている。日本円に換算
        された金額は四捨五入のため合計欄の数値が総数と一致しない場合がある。
      次へ


                                10/69












                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (1)資産及び負債の状況
                      ソフォス・ケイマン・トラストⅡ-
             米ドル建     モルガン・スタンレー            グローバル・プレミアム株式オープン
                             貸借対照表
                          2023  年8月31日現在
                                          米ドル            千円

    資産

    現金および現金等価物(注3)                                      6,707,816           1,003,355
    投資有価証券-公正価値(取得原価:323,644,324米ドル)
                                          381,221,446            57,023,104
    (注4)
    申込みに係る未収金                                        558,051            83,473
    デリバティブ契約-公正価値(想定元本:48,553,193米ドル)
                                            511,532            76,515
    (注4および注5)
    未収配当金                                        497,203            74,372
    その他の資産                                        28,013            4,190
                                              102            15
    ブローカーに対する債権
    資産合計
                                          389,524,163            58,265,024
    負債

    買戻しに係る未払金                                       (537,068)            (80,335)
                                          (2,178,920)            (325,923)
    未払費用
    負債合計
                                          (2,715,988)            (406,257)
    純資産合計(注6)                                     386,808,175            57,858,767

    発行済受益証券

    米ドル建     為替ヘッジなしクラス
                                        1,272,398.7500         口
    米ドル建     米ドルヘッジクラス
                                        1,523,968.8800         口
    受益証券1口当たり純資産価格

    米ドル建     為替ヘッジなしクラス
                                             136.59             20
    米ドル建     米ドルヘッジクラス
                                             139.78             21
       添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

                                11/69







                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                      ソフォス・ケイマン・トラストⅡ-
             米ドル建     モルガン・スタンレー             グローバル・プレミアム株式オープン
                             損益計算書
                   2023  年3月1日から2023年8月31日までの期間
                                          米ドル            千円

    投資収益

    配当金(外国源泉徴収税(656,621米ドル)を控除した金額)                                      3,485,305            521,332
                                            147,560            22,072
    その他の収益
    収益合計
                                           3,632,865            543,404
    費用

    管理事務代行報酬、名義書換事務代行報酬および保管報酬
                                           (204,825)            (30,638)
    (注7)
    投資運用報酬(注8)                                      (1,263,397)            (188,979)
    投資顧問報酬(注8)                                       (627,901)            (93,921)
    管理報酬(注8)                                       (213,806)            (31,981)
    代行協会員報酬(注8)                                        (97,184)           (14,537)
    販売報酬     (注8)
                                          (1,263,397)            (188,979)
    受託報酬(注9)                                        (19,437)            (2,907)
    その他の費用                                        (29,020)            (4,341)
                                            (13,510)            (2,021)
    専門家報酬
    費用合計
                                          (3,732,477)            (558,304)
    投資純損失                                        (99,612)           (14,900)

    投資および外国為替取引による実現および未実現利益(損失)の

    変動
    実現投資純利益                                      7,500,571           1,121,935
    外国為替予約取引に係る実現純損失                                      (1,626,879)            (243,349)
    外国為替取引に係る実現純利益                                        10,673            1,596
    未実現投資利益の純変動                                      32,492,118            4,860,171
    外国為替予約取引に係る未実現利益の純変動                                        274,263            41,024
                                             (6,387)            (955)
    その他の資産および負債の外貨換算に係る未実現損失の純変動
    投資および外国為替取引による純利益
                                          38,644,359            5,780,423
    運用による純資産の純増加                                      38,544,747            5,765,523

       添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

                                12/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                      ソフォス・ケイマン・トラストⅡ-
             米ドル建     モルガン・スタンレー             グローバル・プレミアム株式オープン
                           純資産変動計算書
                   2023  年3月1日から2023年8月31日までの期間
                                          米ドル            千円

    期首現在純資産                                     379,630,863            56,785,184

    運用による純資産の純増加                                      38,544,747            5,765,523

    資本受益証券取引

    米ドル建     為替ヘッジなしクラスの申込み
                                           8,366,369           1,251,441
    米ドル建     米ドルヘッジクラスの申込み
                                          12,449,915            1,862,258
    米ドル建     為替ヘッジなしクラスの買戻し
                                          (24,223,569)            (3,623,361)
    米ドル建     米ドルヘッジクラスの買戻し                                (27,960,150)            (4,182,279)
    資本受益証券取引による純資産の純減少
                                          (31,367,435)            (4,691,941)
    期末現在純資産                                     386,808,175            57,858,767

       添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

                                13/69













                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                      ソフォス・ケイマン・トラストⅡ-
             米ドル建     モルガン・スタンレー             グローバル・プレミアム株式オープン
                         キャッシュ・フロー計算書
                   2023  年3月1日から2023年8月31日までの期間
                                          米ドル            千円

    運用活動によるキャッシュ・フロー

    運用による純資産の純増加                                      38,544,747            5,765,523
    運用による純資産の純増加額を運用活動による現金純額へ調整す
    るための修正:
       実現投資純利益                                   (7,500,572)           (1,121,936)
       未実現投資純利益                                   (32,492,118)            (4,860,171)
       外国為替予約取引に係る未実現純利益                                     (274,263)            (41,024)
       投資有価証券の購入                                   (33,683,536)            (5,038,383)
       投資有価証券の売却による手取金                                   66,510,524            9,948,644
       運用資産および負債の変動
         未収配当金                                  (308,233)            (46,105)
         その他の資産                                  2,614,889            391,135
         ブローカーに対する債権                                      59            9
         未払費用およびその他の負債                                  (891,080)           (133,288)
    運用活動による現金純額                                      32,520,417            4,864,404
    財務活動によるキャッシュ・フロー

    受益証券の発行による手取金                                      21,004,818            3,141,901
    受益証券の買戻しに係る支払金                                     (53,443,751)            (7,994,116)
    財務活動による現金純額                                     (32,438,933)            (4,852,216)
    現金および現金等価物の純増加                                        81,484           12,188

    現金および現金等価物-期首                                      6,626,332            991,167

    現金および現金等価物-期末                                      6,707,816           1,003,355

       添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

      次へ

                                14/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                      ソフォス・ケイマン・トラストⅡ-
             米ドル建     モルガン・スタンレー             グローバル・プレミアム株式オープン
                          財務書類に対する注記
                          2023  年8月31日現在
    注1 一般事項

        ソフォス・ケイマン・トラストⅡ(以下「ファンド」という。)は、クレストブリッジ・ケイマン・

       コーポレート・トラスティーズ・リミテッド(以下「受託会社」という。)およびファンドロジック
       (ジャージー)リミテッド(以下「管理会社」という。)との間で、ケイマン諸島の銀行および信託会
       社法(2021年改訂)に基づき締結された2019年2月5日付の信託証書により設立されたオープン・エン
       ド型の免除アンブレラ型ユニット・トラストである。ファンドは、2019年4月5日から運用を開始し
       た。ファンドは、ケイマン諸島のミューチュアル・ファンド法に基づき、2019年2月12日付でケイマン
       諸島金融庁に登録されている。
        ファンドは、オープン・エンド型アンブレラ型ユニット・トラストであり、プレミアム企業が発行す

       る世界各国の株式への投資を行い、中長期的な値上がり益の獲得を目的としている米ドル建                                                  モルガン・
       スタンレー       グローバル・プレミアム株式オープン(以下「サブ・ファンド」という。)を提供してい
       る。ファンドは、サブ・ファンドの他にも、マラソン・エマージング・マーケット・ボンド・ファンド
       を設立した。
        サブ・ファンドは、2029年2月28日に終了するが、受託会社と協議の上、管理会社により、または受

       託会社および管理会社の同意の上、受益者のサブ・ファンド決議により、これを延長することができ
       る。
        サブ・ファンドの会計期末は、毎年2月の最終営業日である。サブ・ファンドの第1会計期間は、

       2020年2月28日に終了した。
    注2 重要な会計方針の概要

       a )表示の基礎

        本財務書類は、アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)で表示され、米国で一般に公正と認
       められる会計原則(以下「米国GAAP」という。)に準拠して作成された。サブ・ファンドは投資会社で
       あるため、米国財務会計基準審議会の米国会計基準コディフィケーション(ASC)トピック第946号「                                                      金
       融サービス-投資会社            」の会計および報告指針に従う。
       b )見積りの使用

        米国GAAPに準拠した本財務書類の作成は、本財務書類および関連する注記に記載される金額に重大な
       影響を及ぼす可能性がある見積りおよび仮定を行うことを経営陣に要求している。実際の結果は、これ
       らの見積りと異なることがある。
                                15/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注2 重要な会計方針の概要(続き)
       c )現金、現金等価物

        現金とは、金融機関で保有される手許現金を表す。現金等価物には、容易に一定額の現金に換価可能
       かつ当初満期が三か月以下であり、十分な信用力を有する短期で流動性の高い投資が含まれている。現
       金等価物は、取得原価に経過利息を加えて計上されており、公正価値に近似している。現金等価物は、
       投資目的というよりは、短期的な流動性の要求を満たす目的で保有されている。経営陣は、現金担保が
       制限付として分類されるべきことを定めている。2023年8月31日現在、現金および現金等価物は総額
       6,707,816米ドルであり、制限付現金はなかった。
       d )外貨換算

        外貨建ての資産および負債は、評価日において米ドルに換算されている。投資対象の購入および売却
       ならびに収益および費用を含む外貨建ての取引は、当該取引の日付において米ドルに換算されている。
       外国為替取引に起因する調整は、損益計算書に反映されている。
        サブ・ファンドは、投資に係る外国為替レートの変化の影響により生じた運用結果の一部と、保有す

       る投資の市場価格の変化により生じた変動を区別する。
        外国為替取引により計上される実現純利益(損失)は、組入証券の売却、外貨の売却、有価証券取引

       における取引日から決済日までの間における実現為替損益、ならびにサブ・ファンドの帳簿に計上され
       た配当金、利息および外国源泉徴収税の金額と、実際に受領または支払が行われた金額の米ドル相当額
       との差額から発生する。外貨建ての資産および負債の換算による未実現純利益(損失)は、為替相場の
       変動に伴う期末の資産および負債(投資有価証券を含む。)の公正価値の変動から生じる。
       e )投資取引および関連する投資収益

        投資取引は、取引日基準で計上される。投資取引に係る実現損益は先入先出法で計算された費用を使
       用して決定される。配当金は配当落日に記録され、利息は発生主義で認識される。外国配当に係る源泉
       徴収税は、該当国の税制および税率に関するサブ・ファンドの理解に基づき引き当てられる。
       f )デリバティブ契約

        サブ・ファンドは、デリバティブ契約を公正価値で計上する。デリバティブ契約の公正価値における
       変動は、未実現損益として計上される。サブ・ファンドは、一般にデリバティブ契約の満了、終了また
       は清算における実現損益を計上する。
                                16/69







                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注2 重要な会計方針の概要(続き)
       g )公正価値-公正価値の階層

        サブ・ファンドは、市場参加者が主要な市場または最も有利な市場において資産または負債の値付け
       を行う際に用いるであろう仮定に基づいて公正価値を決定する。公正価値測定において市場参加者の仮
       定を考慮する際、以下の公正価値の階層においては、観測可能なインプットと観測不能なインプットを
       区別しており、それらは以下のレベルのいずれかに分類される。
       レベル1-サブ・ファンドが入手可能である、同一の資産または負債の活発な市場における未調整の相

             場価格。
       レベル2-直接的または間接的に観察可能なインプットのうち、レベル1に含まれる相場価格以外のイ

             ンプット。かかるインプットは、(a)活発な市場における類似の資産の相場価格、(b)活
             発でない市場における同一もしくは類似の資産の相場価格、(c)資産の観測可能な相場価格
             以外のインプット、または(d)相関関係その他の方法により観察可能な市場データから主に
             得られた、もしくは裏付けられたインプットを含む場合がある。
       レベル3-観測不能かつ公正価値測定全体に対して重要であるインプット。

        評価技法および観測可能なインプットの入手可能性は、投資対象ごとに異なる可能性があり、投資の

       種類、投資が新規であり市場において未確立であるか否か、市場の流動性および当該取引に特有のその
       他の特性を含む幅広い様々な要因の影響を受ける。評価が、市場において観察可能とはいえない、また
       は観察不能なモデルやインプットに基づく限りにおいて、公正価値の決定にはより多くの判断を必要と
       する。評価には本質的に不確実性を伴うため、かかる見積価値は、当該投資対象を容易に取引できる市
       場が存在していたならば用いられたであろう価値を大幅に上回るまたは下回る可能性がある。したがっ
       て、サブ・ファンドが公正価値の決定において行使した判断の度合いは、レベル3に分類された投資に
       ついて最も大きくなる。
        場合によっては、公正価値測定に使用されるインプットが、公正価値の階層の異なるレベルに分類さ

       れることがある。このような場合、公正価値測定は、公正価値測定に対して重要である最も低いレベル
       のインプットに基づき、その全体が公正価値の階層において分類される。
       h )公正価値-評価技術およびインプット

        サブ・ファンドは、公正価値を決定する際、観測可能なインプットの使用を最大化し、観測不能なイ
       ンプットの使用を最小化する評価技法を用いる。サブ・ファンドが公正価値の決定に用いた評価技法
       は、市場アプローチまたは収益アプローチであると考えられている。
        市場アプローチは、同一または類似の資産、負債または資産および負債のグループに係る市場取引に

       より生じる価格およびその他の関連情報を利用した計測方法を含む。サブ・ファンドは、一般に上場証
       券の評価において市場アプローチを使用する。
                                17/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注2 重要な会計方針の概要(続き)
        収益アプローチは、将来の予想される経済的利益(すなわち、純キャッシュ・フロー)の現在価値を

       測定する評価技法を含む。純キャッシュ・フローの見積りは、見積り経済残存耐用年数にわたる予測
       で、予想キャッシュ・フローに伴うリスクの水準に応じた割引率を使用して現在価値に割り引かれる。
       サブ・ファンドは、一般に店頭(OTC)デリバティブの評価において収益アプローチを利用する。
       i )株式

        サブ・ファンドは、当該国の証券取引所で取引される株式を報告された最終売却価格で評価する。サ
       ブ・ファンドは、原則的に店頭株式市場で取引されている株式および当該日に売却が報告されていない
       上場有価証券を最終取引価格で評価する。株式は、活発に取引されており、かつ評価調整が適用されて
       いない限りにおいて、公正価値の階層レベル1に分類される。活発でない市場で取引されている、また
       は類似の金融商品を参照することにより評価されている株式は、一般に公正価値の階層レベル2に分類
       される。
       j )先渡契約

        サブ・ファンドは、先渡契約を契約条件(想定元本および契約期間を含む。)に基づき、為替相場ま
       たは商品価格等の観測可能なインプットを用いて評価する。先渡契約は、一般に公正価値の階層レベル
       2に分類される。
       k )所得税

        ケイマン諸島の現行の法の下で、サブ・ファンドはいかなる所得税、遺産税、譲与税、消費税または
       その他の税の対象にもならず、サブ・ファンドによる分配は、源泉徴収税またはその他の税の対象とな
       らない。
        サブ・ファンドは、ケイマン諸島の銀行および信託会社法第74条(2021年改訂)に従い免除サブ・

       ファンドとして登録されている。ケイマン諸島において税金が課される可能性のある現行の法律は存在
       しないが、免除サブ・ファンドの受託会社は、ケイマン諸島総督により署名される、サブ・ファンドの
       設定日後50年の間、いかなる法律の変更にかかわらず、サブ・ファンドが収益またはキャピタル・ゲイ
       ンに関して将来課される可能性のある税または義務の免除の恩恵を受けるという旨の保証を申し込む権
       利を有する。受託会社は、かかる保証への申し込みを行い、かかる保証を取得した。
        サブ・ファンドは、投資先であるその他の国々において課される税金の対象になることがある。当該

       税金は、一般に、獲得された投資収益および/または利益に基づく。税金は、収益および/または利益
       が獲得された時点において、純投資収益、純実現利益および純実現評価益(場合による。)に対して発
       生し、割り当てられる。
        ケイマン諸島は、サブ・ファンドに対するまたはファンドによる支払に適用される二重課税条約をい

       かなる国との間でも締結していない。
                                18/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注2 重要な会計方針の概要(続き)
        サブ・ファンドは、FASB               ASC第740-10号「法人所得税」の規定の適用を受ける。かかる基準では、法

       人所得税の会計処理に関する一貫した基準を定めている。FASB                                  ASC第740号において税務ポジションは、
       当該ポジションの技術的利点に基づき、関連する税務当局の審査の結果、当該ポジションが認められる
       可能性が認められない可能性を上回る場合にのみ、財務書類上認識される。
        取締役は、その分析に基づき、かかる会計基準がサブ・ファンドの財務書類に重要な影響を及ぼすも

       のではないと判断した。ただし、かかる会計基準に関する取締役の結論は、税法、規制およびそれらの
       解釈の継続的な分析および調整を含むが、これに限定されない要素に基づいて、後日、検討され調整さ
       れることがある。2023年8月31日に終了した期間において、支払利息または罰金のいずれも計上されて
       いない。
        サブ・ファンドは、サブ・ファンドが多額の投資を行う地域として主要な税務管轄を特定している。

       管理会社は、未認識の税金負債の総額が報告日から12か月以内に、大幅に変動する合理的な可能性のあ
       るポジションが存在するとは考えていない。
       l )未収申込金

        申込みは、申込通知で請求された金額が確定した時点で資産として認識される。その結果、期末のサ
       ブ・ファンドの純資産価額に基づき期末後に受領された申込みは、2023年8月31日現在の未収申込金に
       含まれている。受領した申込通知で米ドル建ての金額が確定していない場合は、申込金および口数を決
       定するために使用される純資産価額が決定されるまで純資産に留保される。
       m )未払買戻額

        買戻しは、買戻通知で請求された金額が確定した時点で負債として認識される。その結果、期末のサ
       ブ・ファンドの純資産価額に基づき期末後に支払われた買戻しは、2023年8月31日現在の未払買戻額に
       含まれている。受領した買戻通知で米ドル建ての金額が確定していない場合は、買戻額および口数を決
       定するために使用される純資産価額が決定されるまで純資産に留保される。
    注3 現金および現金等価物

        現金とは、金融機関で保有される総額6,707,816米ドルの手許現金を表す。2023年8月31日現在、制限

       付現金はなかった。
                                19/69







                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注4 公正価値測定
       公正価値の階層

        公正価値で記録されたサブ・ファンドの資産および負債は、注2におけるサブ・ファンドの重要な会
       計方針に記載された公正価値の階層に基づき分類されている。
        以下の表は、2023年8月31日現在における公正価値で測定されたサブ・ファンドの資産に関する情報

       を示したものである。
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計

       上場有価証券                     381,221,446             -        -    381,221,446
                                -      511,532           -      511,532
       外国為替予約取引
                            381,221,446          511,532           -    381,732,978
        以下の表は、2023年8月31日現在における公正価値で測定されたサブ・ファンドの負債に関する情報

       を示したものである。
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計

                                -        -        -        -
       外国為替予約取引
        当期中、公正価値階層のレベル1、レベル2およびレベル3の間の移行はなかった。

    注5 デリバティブ契約

        サブ・ファンドは、通常の業務過程において、サブ・ファンドの取引活動に関連してデリバティブ契

       約を使用する。デリバティブ契約には、投資の全部または一部が失われることとなる追加的なリスクが
       伴う。サブ・ファンドのデリバティブ活動およびデリバティブ契約に対するエクスポージャーは、以下
       の主要な内在的リスクによって分類される。すなわち、金利リスク、信用リスクおよび外国為替リスク
       である。サブ・ファンドは、主要な内在的リスクに加えて、カウンターパーティが契約条項を遵守する
       ことができないことから生じる追加的なカウンターパーティ・リスクにもさらされている。
       2023  年8月31日現在の外国為替予約取引

        サブ・ファンドは、ポートフォリオ通貨をヘッジするため、外国為替予約取引を締結する。
        外国為替予約取引とは、売主が特定通貨を将来の特定の日に受け渡すことを合意する、特定通貨の特

       約日受渡に関する契約である。外国為替予約取引に関連するリスクには、カウンターパーティがそれぞ
       れの契約の条項を遵守することができないリスクならびに公正価値および為替レートの変動リスクがあ
       る。
                                20/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注5 デリバティブ契約(続き)
        以下の表は、2023年8月31日現在の貸借対照表に記載される外国為替予約取引を示す。

                           売却する           購入する       未実現損失        カウンター

        取引日       決済日      通貨           通貨
                           想定元本           想定元本       (米ドル)        パーティ
                                                    MUFJ  Global
        2023年       2023年
                      GBP    16,354,965       USD    20,818,774         92,708
        8月7日       9月20日                                     Custody    S.A.
                                                    MUFJ  Global

        2023年       2023年
                                      35,396,794         418,824
                      EUR    32,198,228       USD
        8月7日       9月20日                                     Custody    S.A.
                                         合計      511,532
        以下の表は、サブ・ファンドのデリバティブの公正価値を、契約種類ごとに総額表示したものであ

       る。また以下の表は、2023年8月31日に終了した期間におけるデリバティブ契約による純利益/(損
       失)として損益計算書に含まれる純利益および純損失の額を、主要な原リスクごとに分類して特定して
       いる。
                                         純実現利益/          未実現利益/

                   デリバティブ資産          デリバティブ負債
                                          (損失)        (損失)の純変動
       外国為替変動リスク
                        511,532             -      (1,626,879)            274,263
       外国為替予約取引
                                21/69













                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注5 デリバティブ契約(続き)
        以下の表は、2023年8月31日現在に認識された金融資産および負債の総額ならびに国際スワップ・デ

       リバティブ協会のマスター契約または類似の契約に基づき相殺される金額を示したものである。
                                        貸借対照表で相殺されていない総額

                       貸借対照表で        貸借対照表で
                       相殺された        認識された
              認識済資産総額          総額      資産の純額
                                       金融商品      受取現金担保         純額
       外国為替予約
       取引           511,532          -        -       -       -     511,532
                                        貸借対照表で相殺されていない総額

                       貸借対照表で        貸借対照表で
                       相殺された        認識された
              認識済負債総額          総額      資産の純額
                                       金融商品      受取現金担保         純額
       外国為替予約
       取引              -        -        -       -       -       -
    注6 資本受益証券取引

       a )申込み

        申込注文は、関連する取引日に管理事務代行会社によって受領されなければならない。管理会社の裁
       量により、取引日は変更される可能性があり、受益者全体または特定の場合に関して、追加の取引日が
       指定される可能性がある。管理会社が、純資産価額の決定を停止または延期した場合、翌取引日に決定
       される純資産価額が使用される。
        受益証券の申込みの支払は、関連する取引日(同日を含まない。)から4営業日以内または管理会社

       (またはその受任者)がその単独の裁量により随時決定するその他の期間内に行われる。
        受益証券の当初申込みおよび当初申込金の支払(米ドル)は、設定日までに管理事務代行会社によっ

       て受領されなければならない。受益証券は、設定日に当初申込価格100.00米ドルで発行される。
        受益証券の最低当初申込単位は、1口である。かかる最低申込額は、適用法に従い、一般的にまたは

       特定の場合において受託会社の裁量により変更される可能性がある。
        最低継続申込額は、口数申込みの場合、1口以上1口単位、金額申込みの場合、100.00米ドル以上

       0.01米ドル単位である。かかる最低申込額は、適用法に従い、一般的にまたは特定の場合において管理
       会社の裁量により変更される可能性がある。
        受益証券は、小数第3位までの端数で発行することができる(小数第3位に四捨五入)。

                                22/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注6 資本受益証券取引(続き)
        申込手数料またはその他の販売手数料は、サブ・ファンドによる取引のレベルでは発生しない。販売

       会社は、申込金額に加え、申込金額の3%(税抜)を上限とする販売手数料を投資者に課することがで
       きる。
       b )買戻し

        設定日以降、受益者は、取消不能な通知(以下「買戻通知」という。)をファックス、電子メール、
       郵便またはその他の電子的手段により、取引日の受付終了時間までに管理事務代行会社に送信すること
       により、取引日に受益証券の買戻しを行うことができる。
        受益証券の買戻単位は、口数申込みの場合、1口以上、金額申込みの場合0.001口以上である。

        買戻に関する受益証券1口当たりの買戻価格は、管理事務代行会社が買戻通知を処理する取引日に米

       ドルで決定される受益証券1口当たり純資産価格に等しい。かかる時間内に受領した有効かつ完全な買
       戻通知は、通常かかる取引日時点において上記の買戻価格で処理される。所定の取引日に関して計算さ
       れた純資産価額によっては、受益証券の買戻価格が、申込時に当該受益証券について支払われた価格を
       上回るかまたは下回る可能性がある。管理事務代行会社は、関連する評価日(同日を含まない。)から
       4営業日後に買戻金を米ドルで全額支払う。
        2023年8月31日現在、サブ・ファンドは2種類のクラスの議決権付受益証券から構成されている。

         ・米ドル建       為替ヘッジなしクラス受益証券
           クラスのレベルにおいて、原則として外国為替予約取引を行わない。
         ・米ドル建       米ドルヘッジクラス受益証券
           クラスのレベルにおいて、外国為替変動リスクの低減を図るために、(原則として)米ドル以
           外の通貨建て資産に対して、為替ヘッジを行うことを目的として、外国為替予約取引を行う。
        2023年8月31日に終了した期間における資本受益証券取引は、以下のとおりである。

                                 米ドル建     為替ヘッジなし          米ドル建     米ドルヘッジ

                                   クラス受益証券              クラス受益証券
       期首現在受益証券                              1,393,321.9000              1,641,043.3800

       発行された受益証券                                63,157.9600              91,080.3500
                                      (184,081.1100)              (208,154.8500)
       買い戻された受益証券
       2023  年8月31日現在受益証券                            1,272,398.7500              1,523,968.8800
        当期中、受益者に対する分配は行われなかった。

                                23/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注7 管理事務代行報酬、名義書換事務代行報酬および保管報酬
        サブ・ファンドの設立準備費用として5,000米ドルの一回だけの設立費用が管理事務代行会社により課

       される。
        管理事務代行会社(名義書換事務代行会社として提供される役務を含む。)は、サブ・ファンドの純

       資産価額に基づく以下の料率による報酬を受領する権利を有する。かかる報酬は、月額5,500米ドルの最
       低報酬を条件として、当該四半期中の関連する評価日の直前の営業日における純資産価額に基づき評価
       日毎に計算され、四半期毎に後払いされる。
       サブ・ファンドの純資産価額                                      料率

        5億米ドル以下の部分                                     年率0.08%
        5億米ドルを超えて10億米ドル以下の部分                                     年率0.07%
        10億米ドルを超える部分                                     年率0.06%
        保管会社は、サブ・ファンドの資産から保管契約に別途定める報酬料率に記載される合意済みの市場

       毎の取引手数料および資産ベースの報酬を受け取り、適切に負担した立替費用(もしあれば)の返金を
       受けることができる。当該報酬は毎月支払われる。
        2023年8月31日現在、管理事務代行会社および保管会社に支払われるべき130,601米ドルの残高があ

       る。2023年8月31日に終了した期間について支払われた管理事務代行報酬、名義書換事務代行報酬およ
       び保管報酬の金額は、損益計算書の「管理事務代行報酬、名義書換事務代行報酬および保管報酬」に反
       映されている。
    注8 関連当事者との取引

        サブ・ファンドは、投資運用会社、投資顧問会社、管理会社、代行協会員および販売会社をサブ・

       ファンドの関連当事者とみなしている。関連当事者から支払われるべき金額および関連当事者に支払わ
       れるべき金額は、通常の業務過程において正式な支払条件なしに決済される。関連当事者との取引の詳
       細は、以下のとおりである。
       a)投資運用報酬

        投資運用会社は、サブ・ファンドの純資産価額の年率0.65%の報酬を受領する権利を有する。かかる
       報酬は、当該四半期中の関連する評価日の直前の営業日における純資産価額に基づき評価日毎に計算さ
       れ、四半期毎に後払いされる。
        2023年8月31日現在、投資運用会社に支払われるべき438,261米ドルの残高があり、貸借対照表の「未

       払費用」に反映されている。2023年8月31日に終了した期間について支払われた投資運用報酬の金額
       は、損益計算書の「投資運用報酬」に反映されている。
                                24/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注8 関連当事者との取引(続き)
       b)投資顧問報酬

        投資顧問会社は、サブ・ファンドの純資産価額の年率0.25%の報酬を受領する権利を有する。かかる
       報酬は、当該四半期中の関連する評価日の直前の営業日における純資産価額に基づき評価日毎に計算さ
       れ、四半期毎に後払いされる。
        2023年8月31日現在、投資顧問会社に支払われるべき163,704米ドルの残高があり、貸借対照表の「未

       払費用」に反映されている。2023年8月31日に終了した期間について支払われた投資顧問報酬の金額
       は、損益計算書の「投資顧問報酬」に反映されている。
       c)管理報酬

        管理会社は、サブ・ファンドの純資産価額の年率0.11%の報酬を受領する権利を有する。かかる報酬
       は、当該四半期中の関連する評価日の直前の営業日における純資産価額に基づき評価日毎に計算され、
       四半期毎に後払いされる。
        2023年8月31日現在、管理会社に支払われるべき486,258米ドルの残高があり、貸借対照表の「未払費

       用」に反映されている。2023年8月31日に終了した期間について支払われた管理報酬の金額は、損益計
       算書の「管理報酬」に反映されている。
       d)代行協会員報酬

        代行協会員は、サブ・ファンドの純資産価額の年率0.05%の報酬を受領する権利を有する。かかる報
       酬は、当該四半期中の関連する評価日の直前の営業日における純資産価額に基づき評価日毎に計算さ
       れ、四半期毎に後払いされる。
        2023年8月31日現在、代行協会員に支払われるべき440,935米ドルの残高があり、貸借対照表の「未払

       費用」に反映されている。2023年8月31日に終了した期間について支払われた代行協会員報酬の金額
       は、損益計算書の「代行協会員報酬」に反映されている。
       e)販売報酬

        販売会社は、関連する販売会社が販売した受益証券に帰属する部分に係るサブ・ファンドの純資産価
       額の年率0.65%の報酬を受領する権利を有する。かかる報酬は、当該四半期中の関連する評価日の直前
       の営業日における純資産価額に基づき評価日毎に計算され、四半期毎に後払いされる。
        2023年8月31日現在、販売会社に支払われるべき433,943米ドルの残高があり、貸借対照表の「未払費

       用」に反映されている。2023年8月31日に終了した期間について支払われた販売報酬の金額は、損益計
       算書の「販売報酬」に反映されている。
                                25/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注9 受託報酬
        受託会社は、サブ・ファンドの純資産価額の年率0.01%の報酬を受領する権利を有する。かかる報酬

       は、当該四半期中の関連する評価日の直前の営業日における純資産価額に基づき評価日毎に計算され、
       四半期毎に後払いされる。
        2023年8月31日現在、受託会社に支払われるべき16,464米ドルの残高があり、貸借対照表の「未払費

       用」に反映されている。2023年8月31日に終了した期間について支払われた受託報酬の金額は、損益計
       算書の「受託報酬」に反映されている。
    注10 投資リスク

        以下は、主要なリスク要因および考察事項であるが、これらは以下に限定されるものではない。

       外国為替変動リスク

       米ドル建     為替ヘッジなしクラス
        サブ・ファンドは、様々な通貨建て資産に投資を行う。
        しかしながら、当クラスにおいて外国為替ヘッジは行わない。したがって、サブ・ファンドが投資し

       ている有価証券の通貨が米ドルに対して強くなると、クラスの受益証券1口当たり純資産価格が上がる
       ことがある。逆に、投資している有価証券の通貨が米ドルに対して弱くなると、クラスの受益証券1口
       当たり純資産価格は低下することがある。
       米ドル建     米ドルヘッジクラス

        サブ・ファンドは、様々な通貨建て資産に投資を行う。
        その上で、当クラスにおいて原則として外国為替ヘッジが行われ、為替変動リスクの低減を図る。し

       かしながら、完全に為替変動リスクを排除することはできない。
        当クラスが外国為替ヘッジを行う通貨の金利が、米ドル金利よりも高い場合には、当クラスにこの金

       利差相当分のヘッジコストがかかることに留意のこと。
       円貨からの投資に伴う外国為替変動リスク

        当初円貨からサブ・ファンドの各クラス受益証券に投資した場合には、米ドル建ての受益証券1口当
       たり純資産価格が下落していなくても、為替相場の変動によっては買戻時の円貨受取額が円貨での当初
       投資金額を下回ることがある。
       株価変動リスク

        サブ・ファンドが投資している株式の価格は、国内および国際的な政治・経済情勢、発行体の業績、

       市場の需給関係等の影響を受け変動することがある。株式の価格が変動すれば受益証券1口当たり純資
       産価格の変動要因となる可能性がある。
                                26/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注10 投資リスク(続き)
       信用リスク

        サブ・ファンドが投資している有価証券の発行体の倒産、財務状況または信用状況の悪化により、受

       益証券1口当たり純資産価格が下落し、損失を被ることがある。
       為替レートリスク

        受益証券は米ドル建てである。これにより、投資者の金融活動が主に米ドル以外の通貨または通貨単

       位(米ドルを含む。)(以下「投資者通貨」という。)建てである場合、通貨換算に関連する一定のリ
       スクが発生する。これらには、為替相場が大幅に変動する可能性がある(米ドルの切り下げまたは投資
       者通貨の切り上げによる変動を含む。)リスクおよび米ドルまたは投資者通貨(場合による。)の管轄
       当局が為替管理を行うまたは変更する可能性があるリスクが含まれる。米ドルに対する、投資者通貨の
       価値の上昇により、(a)投資者通貨における純資産価額および1口当たり純資産価格に相当する価値な
       らびに(b)投資者通貨における支払われるべき分配金(もしあれば)に相当する価値が下落する。
       金利リスク

        金利リスクは、金利の変動が、将来のキャッシュ・フローまたは金融商品の公正価値に影響を及ぼす

       可能性があることから生ずる。
        サブ・ファンドの資産および負債の大半は、無利息であり、かつ、主として金利リスクにさらされて
       いない。余剰の現金および現金等価物はすべて銀行に預けられている。したがって、経営陣は、サブ・
       ファンドが主として重大な金利リスクにさらされていないと考えており、関連する感応度解析は本財務
       書類に記載されていない。
       流動性リスク

        流動性リスクとは、現金またはその他の金融資産を受け渡すことで決済される金融負債に係る債務を

       履行する際にサブ・ファンドが困難に直面するリスクをいう。流動性リスクに対するエクスポージャー
       は、サブ・ファンドが予想より早く債務の弁済を要求される可能性があることから生ずる。サブ・ファ
       ンドの方針は、通常の運用要件を満たすために十分な現金および現金等価物を維持することである。
                                27/69








                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注11 財務ハイライト
        2023年8月31日に終了した期間の財務ハイライト

                                 米ドル建     為替ヘッジなし          米ドル建     米ドルヘッジ

                                   クラス受益証券              クラス受益証券
       受益証券1口当たり運用実績:

       2023  年3月1日現在純資産価額                                123.10              126.82
       運用からの利益:
       投資純損失                                   (0.03)              (0.04)
       投資活動による実現および未実現純利益の変動                                   13.52              13.00
       運用からの合計                                   13.49              12.96
                                         136.59              139.78
       2023  年8月31日現在純資産価額
       トータル・リターン:

                                         10.96%              10.22%
       トータル・リターン
       トータル・リターン                                  10.96   %           10.22   %
       平均純資産に対する比率:

       費用                                  0.96  %            0.98  %
                                        (0.03)   %           (0.03)   %
       投資純損失
        サブ・ファンドが支払うべき成功報酬はない。

        財務ハイライトは、各クラス受益証券全体として計算したものであり、年率に換算されていない。各

       受益者の財務ハイライトは、異なる手数料体系および資本受益証券取引の時期により上記とは異なる場
       合がある。
    注12 後発事象

        サブ・ファンドの財務書類に重要な影響を及ぼす可能性のある後発事象は生じていない。

      次へ

                                28/69








                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)投資有価証券明細表等
                      ソフォス・ケイマン・トラストⅡ-
             米ドル建     モルガン・スタンレー             グローバル・プレミアム株式オープン
                         要約投資有価証券明細表
                          2023  年8月31日現在
                                                       純資産に

                                                       対する
    内容                       通貨     数量      取得原価        公正価値       割合(%)
    投資有価証券-公正価値

    上場有価証券

    フランス

     耐久消費財                                  5,213,913        7,851,189        2.03%
     非耐久消費財                                  5,679,308        7,438,507        1.92%
     生活必需品                                  10,065,211        10,094,639        2.61%
    フランス合計                                   20,958,432        25,384,336        6.56  %
    ドイツ

     情報技術
      SAP  SE
                            EUR     156,818       19,308,842        21,925,475        5.67%
    ドイツ合計                                   19,308,842        21,925,475        5.67  %
    イタリア

     生活必需品                                  1,192,857        1,460,525        0.38%
    イタリア合計                                   1,192,857        1,460,525        0.38  %
    オランダ

     生活必需品                                  11,053,114        10,210,308        2.64%
    オランダ合計                                   11,053,114        10,210,308        2.64  %
    イギリス

     非耐久消費財
      RECKITT    BENCKISER     GROUP   PLC
                            GBP     287,791       23,669,425        20,793,732        5.38%
      その他                                 15,125,094        17,935,915        4.64%
    イギリス合計                                   38,794,519        38,729,648        10.02   %
    アメリカ合衆国

     通信                                  9,173,931        9,869,965        2.55%
     耐久消費財                                  3,369,698        3,010,209        0.78%
     非耐久消費財                                  71,852,033        88,606,724        22.91%
     生活必需品
      PHILIP   MORRIS   INTERNATIONAL       INC
                            USD     258,709       21,517,679        24,851,587        6.42%
      その他                                 7,348,919        8,035,289        2.08%
     金融                                  30,791,262        33,273,504        8.60%
     ヘルスケア                                  16,996,968        19,851,528        5.13%
     工業                                  6,214,135        6,498,549        1.68%
       添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

                                29/69



                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                      ソフォス・ケイマン・トラストⅡ-
             米ドル建     モルガン・スタンレー             グローバル・プレミアム株式オープン
                         要約投資有価証券明細表
                          2023  年8月31日現在
                                                       純資産に

                                                       対する
    内容                      通貨     数量       取得原価         公正価値        割合(%)
    投資有価証券-公正価値(続き)

    上場有価証券(続き)

     情報技術

      ACCENTURE     PLC
                           USD     70,998       17,084,328         22,987,022        5.94%
      MICROSOFT     CORP
                           USD     85,023       16,418,321         27,867,138        7.20%
      その他                                12,847,235         15,411,438        3.99%
     テクノロジー
      VISA  INC
                           USD     86,863       16,841,945         21,340,502        5.52%
      その他                                 1,880,107         1,907,699        0.49%
    アメリカ合衆国合計                                  232,336,560         283,511,154        73.29   %
    上場有価証券合計                                  323,644,324         381,221,446        98.56   %

    投資有価証券-公正価値合計                                  323,644,324         381,221,446        98.56   %

    投資有価証券合計                                  323,644,324         381,221,446        98.56   %

                                                       純資産に

                                                       対する
    内容                                   満期日        公正価値       割合(%)
    デリバティブ契約-公正価値-ショート・エクスポージャー

    外国為替予約取引

     米ドルの買い/外貨の売り

     米ドル/英ポンド                                2023年9月20日            92,708      0.02%
     米ドル/ユーロ                                2023年9月20日           418,824       0.11%
    外国為替予約取引合計                                             511,532       0.13  %

    デリバティブ契約合計-公正価値-ショート・エクスポージャー                                             511,532       0.13  %

       添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

      次へ

                                30/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4 管理会社の概況

       (1)資本金の額(2023年9月末日現在)
           払込済資本金の額  1,025,000英ポンド(約1億8,709万円)
           発行済株式総数   1,025,000株
           ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(以下「管理会社」という。)は、追加の株式を
          発行するために、授権資本の増加について特別決議において可決しなければならない。
           管理会社が発行する株式総数の上限については制限がない。
           最近5年間における資本金の額の増減は、以下のとおりである。
             2018  年9月末日              25,000    英ポンド
             2019  年9月末日              25,000    英ポンド

             2020  年9月末日              25,000    英ポンド

             2020  年11月10日            1,025,000     英ポンド

             2021  年9月末日            1,025,000     英ポンド

             2022  年9月末日            1,025,000     英ポンド

             2023  年9月末日            1,025,000     英ポンド

          (注)スターリング・ポンド(以下「英ポンド」という。)の円貨換算は、便宜上、2023年9月29日現在の株式会
             社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1英ポンド=182.53円)による。
       (2)事業の内容及び営業の状況

           管理会社の唯一の事業活動は、集団投資ファンドの運用である。
           管理会社は、2023年9月末日現在、以下の投資信託の管理・運用を行っている。
     国別(設立国)               種類別(基本的性格)                   本数        純資産価額の総額
     ジャージー          集団投資ファンド                          94            90 億米ドル

               オープンエンド型アンブレラ型

     ケイマン諸島                                    2        3億8,900万米ドル
               ユニット・トラスト
       (3)その他

           本半期報告書提出前6か月以内において、訴訟事件その他管理会社およびサブ・ファンドに重
          要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はない。
      次へ

                                31/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    5 管理会社の経理の概況

      a.管理会社の最近2事業年度の日本文の財務書類は、ジャージーにおける法令および英国会計基準に準

       拠して作成された原文の財務書類を翻訳したものである。これは「特定有価証券の内容等の開示に関す
       る内閣府令」に基づき、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第131条第5項ただし書
       の規定の適用によるものである。
      b.管理会社の原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第1条の3第

       7項に規定する外国監査法人等をいう。)であるデロイト・エルエルピーから監査証明に相当すると認
       められる証明を受けており、当該監査証明に相当すると認められる証明に係る監査報告書に相当するも
       の(訳文を含む。)が当該財務書類に添付されている。
      c.管理会社の原文の財務書類は、英ポンドで表示されている。日本文の財務書類には、主要な金額につ

       いて円貨換算が併記されている。日本円による金額は、2023年9月29日現在における株式会社三菱UF
       J銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1英ポンド=182.53円)で換算されている。なお、百万円未満の
       金額は四捨五入されている。
      次へ

                                32/69













                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (1)資産及び負債の状況
                    ファンドロジック(ジャージー)リミテッド
                           登録番号:92018
                            財政状態計算書
                          2022  年12月31日現在
                                 2022  年度                2021  年度

                            千英ポンド          百万円        千英ポンド          百万円
    資産

    現金および短期預金                           8,079         1,475         4,190          765
    その他の債権(注9)                            162         30         -         -

                               1,673          305        3,585          654
    前払費用および未収収益
    資産合計                           9,914         1,810         7,775         1,419

    負債および資本

    負債

    その他の債務(注10)                           2,773          506        2,577          470

                               2,494          455        1,617          295
    未払費用および前受収益
    負債合計

                               5,267          961        4,194          766
    資本

    資本金(注11)                           1,025          187        1,025          187

                               3,622          661        2,556          467
    利益剰余金
    親会社に帰属する資本

                               4,647          848        3,581          654
    資本合計

                               4,647          848        3,581          654
    資本および負債合計                           9,914         1,810         7,775         1,419

     本財務書類は、2023年4月25日付で取締役会に承認され、2023年4月25日付で発行が認められた。

     本財務書類は、取締役会を代表して署名された。
     (署名)
     取締役
     注記は、本財務書類と不可分のものである。
                                33/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)損益の状況
                    ファンドロジック(ジャージー)リミテッド
                            包括利益計算書

                         2022  年12月31日終了年度
                                 2022  年度                2021  年度

                            千英ポンド          百万円        千英ポンド          百万円
    収益(注4)                           9,171         1,674         6,751         1,232

    支払利息(注5)                            (49)         (9)         (6)         (1)
    その他の収入(注6)                            -         -         79         14

    その他の費用(注7)                          (8,056)         (1,470)         (5,729)         (1,046)

    税引前利益

                               1,066          195        1,095          200
    法人所得税(注8)                            -         -         -         -

    当期利益および包括利益合計                           1,066          195        1,095          200

     すべての実績は、継続事業から生じたものである。

     注記は、本財務書類と不可分のものである。
                                34/69












                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                    ファンドロジック(ジャージー)リミテッド
                            資本変動計算書

                         2022  年12月31日終了年度
                           資本金           利益剰余金             資本合計

                      千英ポンド       百万円     千英ポンド       百万円     千英ポンド       百万円
    2021  年1月1日付残高                   1,025       187     1,461       267     2,486       454

    前期利益および包括利益合計                      -      -     1,095       200     1,095       200

    2021  年12月31日付残高

                         1,025       187     2,556       467     3,581       654
    当期利益および包括利益合計                      -      -     1,066       195     1,066       195

    2022  年12月31日付残高                   1,025       187     3,622       661     4,647       848

     注記は、本財務書類と不可分のものである。

      次へ

                                35/69












                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                    ファンドロジック(ジャージー)リミテッド
                          財務書類に対する注記
                         2022  年12月31日終了年度
    注1 会社情報

        当会社は、ジャージーで設立され、ジャージー、JE1                              0BD、セント・へリア、エスプラネード47の登記
       上の住所に所在している。当会社は、非公開有限責任会社である。登記番号は92018である。
        当会社の最終的な親会社および支配法人であり、ならびに当会社が構成員で、グループ財務書類が作
       成される最大および最小のグループは、モルガン・スタンレーである。同社は、当会社およびモルガ
       ン・スタンレーのその他の子会社と共に、モルガン・スタンレー・グループを構成する。モルガン・ス
       タンレーは、アメリカ合衆国、19801、デラウェア州、ウィルミントン、オレンジ・ストリート1209
       コーポレーション・トラスト・センター、ザ・コーポレーション・トラスト・カンパニーに登記上の住
       所を有し、アメリカ合衆国デラウェア州で設立された法人である。モルガン・スタンレーの財務書類の
       写しは、www.morganstanley.com/investorrelationsより取得できる。
    注2 財務書類の作成基準

       準拠表明
        本財務書類は、取得原価主義に基づき、かつ財務報告基準(FRS)第101号ならびに1991年会社法
       (ジャージー)、2007年金融サービス(ファンド・サービス事業(会計、監査および報告))令
       (ジャージー)および2007年金融サービス(信託会社・投資事業(会計、監査および報告))令
       (ジャージー)に準拠して作成された。
        当会社は、FRS第100号「                財務報告要求の適用           」に定める適格企業の定義を満たしている。当会社
       は、金融商品、公正価値の測定、資本管理、キャッシュ・フロー計算書の表示、発行済株式に関する比
       較情報の表示、未発効の会計基準および関連当事者取引に関連して、FRS第101号に基づき利用可能な
       開示免除を適用している。
        適用ある場合は、当会社が連結されているモルガン・スタンレーのグループ財務書類において同等の
       開示がされている。モルガン・スタンレーの財務書類の写しは、本注記1に記載の場所で取得できる。
       当期中に適用された新しい基準および解釈

        当期中に適用された当会社の事業に関連する基準または解釈はなかった。
       重要な会計上の判断および見積りの不確実性の発生要因

        当会社の会計方針を適用する過程で、本財務書類で認識されている金額に重大な影響のある重要な判
       断は行われていない。当会社は、重要な仮定を置いておらず、その他に、翌会計年度において資産およ
       び負債の簿価に大幅な調整をもたらす重大なリスクのある、報告期間における見積りの不確実性に関す
       る主要な発生要因は存在していない。
                                36/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       資本勘定および資本管理
        当会社の資本は、今後も継続企業として存続できることを担保するよう運用されている。株主は、当
       会社が金融債務を履行できることを担保するため、追加の株式を購入することで、当会社に追加の資金
       を投資する。当該資金は、当会社が運転資金目的または債務を履行する目的において必要とする時に、
       拠出されるものとする。当会社は、十分な金融資産および十分な保証の両方を維持し、その存在を証明
       できるようにするため、外部資本要件に従う。すべての当該外部資本要件は、当期中および年度末にお
       いて満たされていた。
       継続企業の前提

        当会社の事業活動は、当会社の将来の発展、業績および地位に影響を及ぼす可能性がある要因ととも
       に、取締役会報告書のビジネス・レビューの項目に反映されている。
        上記の要因を考慮すると、取締役は、当会社が予見可能な将来まで営業活動を継続するための十分な
       資金を入手できると推定することが合理的であると判断しており、取締役は、年次報告書および財務書
       類の作成において、継続企業の前提を引き続き採用している。
    注3 重要な会計方針の概要

      a.機能通貨
        本財務書類に含まれる項目は、当会社が事業を行っている主要な経済地域の通貨である、英ポンドで
       測定され、表示されている。
      b.外国通貨

        英ポンド以外の通貨建ての貨幣性資産および負債は、報告日におけるレートで英ポンドに換算されて
       いる。英ポンド以外の通貨建ての取引ならびに非貨幣性資産および負債は、当該取引の日付における実
       勢レートで計上されている。すべての換算差額は、包括利益計算書に認識されている。
      c.金融商品

        金融資産および金融負債には、前払費用および未収収益、その他の債務ならびに未払費用および前受
       収益が含まれる。
        現金、前払費用および未収収益、その他の債務ならびに未払費用および前受収益は、当会社が当該金
       融商品の契約条項の当事者となった場合に認識され、当初は公正価値で測定され、その後は(金融資産
       の損失引当金を控除して)償却原価で測定される。利息は、包括利益計算書において実効金利法(以下
       「EIR」という。)を用いて認識される。
        当会社は、金融資産からのキャッシュ・フローへの契約上の権利が終了した時、または当会社が金融
       資産を移転させ、当該金融資産の所有に伴う実質上すべてのリスクおよび経済価値を移転させた時、当
       該金融資産の認識を中止する。当会社は、当会社の債務が履行され、取り消され、または失効した場
       合、当該債務の認識を中止する。
                                37/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      d.金融資産の減損
        当会社は、予想信用損失(以下「ECL」という。)に係る損失引当金を、償却原価で分類される金
       融資産に対して認識している。ECLは、当該金融商品の予想残存期間にわたるキャッシュ不足額の現
       在価値であり、当該金融資産のEIRで割り引かれる。ECLは、包括利益計算書において「金融商品
       に係る減損損失純額」として認識され、財政状態計算書においては減損資産の帳簿価額に対して予想信
       用損失にかかる損失引当金として反映される。ECLが減少した場合、これは「金融商品に係る減損損
       失戻入額(純額)」において認識される。
      e.管理報酬収益

        管理報酬は、トパス・ファンドおよびソフォス・ケイマン・トラストⅡ・ファンドの有する純資産価
       額に基づく。これらの報酬は、サービスが遂行された時点において認識される。
      f.手数料および委託料

        ファンドの事業に関連する手数料および委託料(管理手数料を含む。)は、包括利益計算書において
       「その他の費用」として分類され、取引手数料およびサービス手数料が含まれる。これらの金額は、関
       連サービスを受領した時点において認識される。
    注4 収益

                                           2022年度           2021年度

                                          千英ポンド           千英ポンド
                                             9,171           6,751
        管理報酬収益
        管理報酬は、トパス・ファンドおよびソフォス・ケイマン・トラストⅡ・ファンドが有する純資産価

       額に基づく。
    注5 支払利息

        「支払利息」は償却原価で認識される金融負債に関連し、EIR法を用いて計算される。
    注6 その他の収入

                                           2022年度           2021年度
                                          千英ポンド           千英ポンド
                                               -           79
        為替差損益(純額)
                                38/69








                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注7 その他の費用
                                           2022年度           2021年度
                                          千英ポンド           千英ポンド
        事務管理費用                                     7,254           5,344
        監査人報酬
         -当会社の年次財務書類の監査を行った監査人へ
                                               30           30
          の監査報酬
        その他のモルガン・スタンレー・グループ会社からの
                                              (51)           (28)
        経営管理費用/(収入)
        為替差損(純額)                                       63           -
                                              760           383
        その他の費用
                                             8,056           5,729
        当会社は、当期中に従業員を雇用しなかった(2021年度:0名)。

        取締役が当会社に対する適格な業務について受領した報酬額は、関連当事者についての開示で記載さ
       れている(本注記14)。
    注8 法人所得税

        当会社には、0.00%の税率でジャージーの法人所得税が課されている(2021年度:0.00%)。
    注9 その他の債権

                                           2022年度           2021年度

                                          千英ポンド           千英ポンド
        その他のモルガン・スタンレー・グループ会社からの
                                              162           -
        未収金
    注10 その他の債務

                                           2022年度           2021年度
                                          千英ポンド           千英ポンド
        その他のモルガン・スタンレー・グループ会社への
                                             2,773           2,577
        未払金
                                39/69








                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注11 資本
                                                     普通株資本
                                                     千英ポンド
        授権済み、割当済みおよび全額払込済み:
        2022年1月1日現在                                                1,025
                                                          -
        当期中に発行
        2022年12月31日現在                                                1,025
    注12 資産および負債の予想満期

        報告期間から12か月を超えて、回収または決済される見込みの当会社の資産および負債はない(2021
       年度:0英ポンド)。
    注13 セグメント報告

        当会社は、一種類のみの事業を有しており、ヨーロッパ、中東およびアフリカの単一の地理的市場
       (以下「EMEA」という。)で事業を行っている。そのため、セグメント分析は一切提供していな
       い。
    注14 関連当事者についての開示

       主要な役員報酬
       取締役報酬
        当会社は、当期または前期中にその取締役に報酬を支払っていないが、取締役が当会社に提供した適
       格な業務について、クレストブリッジ・ファンド・アドミニストレーターズ・リミテッドからの27,000
       英ポンド(2021年度:26,000英ポンド)の費用を請け負った。
        取締役が当会社に提供した適格な業務について、8,000英ポンドの追加手数料(2021年度:10,000英ポ
       ンド)は、当期において、別のモルガン・スタンレー・グループの企業が負担した。取締役が当会社に
       対する適格な業務について受領した費用の補填額は、下記に開示されている。
                                           2022年度           2021年度

                                          千英ポンド           千英ポンド
        全取締役への報酬合計:
        報酬合計                                       34           35
                                               1           1
        長期インセンティブ制度
        合計                                       35           36
        取締役報酬は、現金、ボーナスおよび現物給付の合計で計算された。

                                40/69







                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        モルガン・スタンレー・グループの従業員であるすべての取締役は、モルガン・スタンレー・グルー
       プの株式ベースの長期インセンティブ制度に基づき付与される、親会社であるモルガン・スタンレーの
       株式を受け取る資格を有している。当期中、当該インセンティブ制度に基づき、最高年俸の取締役を含
       む2名の取締役が適格な業務について制限付き株式ユニットの報奨を受領した(2021年度:2名)。
        その他の長期インセンティブ制度によって付与された資産(株式を除く。)の価額は、報奨が確定し
       た時(通常付与の日付から3年以内)、上記の開示に含まれる。モルガン・スタンレー・UK・リミ
       テッドは、確定拠出年金制度である、モルガン・スタンレー・UK・グループ年金制度(以下「DC制
       度」という。)を運営している。このDC制度に基づいて退職年金を計上した取締役は、1名であった
       (2021年度:1名)。
        いかなる取締役も英国外の確定拠出年金制度に基づいて給付金を受領していない(2021年度:0
       名)。
        当会社は、当期中に、その取締役にいかなる貸付金またはその他の融資も提供していない(2021年
       度:0名)。
       関連当事者との取引

        ファンド・マネージャーとしての資格における当会社、管理事務代行会社としての資格におけるクレ
       ストブリッジ・ファンド・アドミニストレーターズ・リミテッド、およびトパス・ファンドの受託会社
       としての資格におけるクレストブリッジ・コーポレート・トラスティーズ・リミテッドは、本信託証書
       により付与された責任によって関連当事者となる。
        当期中、当会社は、クレストブリッジ・ファンド・アドミニストレーターズ・リミテッドを通じて
       ファンドから運用報酬として9,171,000英ポンドを認識し(2021年度:6,751,000英ポンド)、クレスト
       ブリッジ・ファンド・アドミニストレーターズ・リミテッドに管理事務代行報酬として2,748,000英ポン
       ド(2021年度:2,361,000英ポンド)を支払い、クレストブリッジ・コーポレート・トラスティーズ・リ
       ミテッドに受託報酬として1,090,000英ポンドを支払った(2021年度:1,046,000英ポンド)。
        2022年12月31日現在における未決済残高は、クレストブリッジ・ファンド・アドミニストレーター
       ズ・リミテッドを通じてファンドから受け取る運用報酬の1,550,000英ポンド(2021年度:3,489,000英
       ポンド)、クレストブリッジ・ファンド・アドミニストレーターズ・リミテッドに支払うべき管理事務
       代行報酬の750,000英ポンド(2021年度:572,000英ポンド)、およびクレストブリッジ・コーポレー
       ト・トラスティーズ・リミテッドに支払うべき受託報酬の287,000英ポンド(2021年度:236,000英ポン
       ド)であった。
        ファンド・マネージャーとしての資格における当会社、およびファンドの保管会社としての資格にお
       けるノーザン・トラスト・フィデューシャリー・サービシーズ(アイルランド)リミテッドは、本信託
       証書によって付与された責任によって関連当事者である。
        当期中に、当会社は、ノーザン・トラスト・フィデューシャリー・サービシーズ(アイルランド)リ
       ミテッドに、1,033,000英ポンドの保管報酬を支払った(2021年度:1,313,000英ポンド)。
        ノーザン・トラスト・フィデューシャリー・サービシーズ(アイルランド)リミテッドおよびクレス
       トブリッジ・ファンド・アドミニストレーターズ・リミテッドに支払うべき保管報酬の未払残高は、
       2022年12月31日付で508,000英ポンドであった(2021年度:356,000英ポンド)。
        取締役業務についてクレストブリッジ・ファンド・アドミニストレーターズ・リミテッドに支払われ
       た手数料に関連する詳細は、上記の取締役報酬の項目を参照されたい。
      次へ

                                41/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    Registered      number:92018
    STATEMENT      OF  FINANCIAL      POSITION

    As  at  31  December     2022
                                     Note         2022          2021

                                              £'000          £'000
    ASSETS
    Cash   and  short    term   deposits
                                              8,079          4,190
    Other    receivables
                                       9        162           -
    Prepayments       and  accrued     income                           1,673          3,585
    TOTAL    ASSETS
                                              9,914          7,775
    LIABILITIES       AND  EQUITY

    LIABILITIES

    Other    payables
                                       10       2,773          2,577
    Accruals     and  deferred     income                            2,494          1,617
    TOTAL    LIABILITIES
                                              5,267          4,194
    EQUITY

    Share    capital
                                       11       1,025          1,025
    Retained     earnings                                    3,622          2,556
    Equity    attributable        to  owners    of  the  Company
                                              4,647          3,581
    TOTAL    EQUITY

                                              4,647          3,581
    TOTAL    LIABILITIES       AND  EQUITY

                                              9,914          7,775
    These    financial      statements       were   approved     by  the  Board    on  25  April    2023   and  authorised       for  issue

    on  25  April    2023.
    Signed    on  behalf    of  the  Board

    Director

    The  notes    on  pages    11  to  15  form   an  integral     part   of  the  financial      statements.

                                42/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    STATEMENT      OF  COMPREHENSIVE        INCOME

    Year   ended    31  December     2022
                                     Note         2022          2021

                                              £'000          £'000
    Revenue                                   4       9,171          6,751

    Interest     expense
                                       5        (49)           (6)
    Other    income
                                       6         -          79
    Other    expense
                                       7      (8,056)          (5,729)
    PROFIT    BEFORE    TAXATION

                                              1,066          1,095
    Income    tax

                                       8         -          -
    PROFIT    AND  TOTAL    COMPREHENSIVE        INCOME    FOR

                                              1,066          1,095
    THE  YEAR
    All  results     were   derived     from   continuing       operations.

    The  notes    on  pages    11  to  15  form   an  integral     part   of  the  financial      statements.

                                43/69











                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    STATEMENT      OF  CHANGES     IN  EQUITY

    Year   ended    31  December     2022
                                        Share      Retained          Total

                                       capital       earnings         equity
                                        £'000        £'000        £'000
    Balance     at  1 January     2021

                                        1,025        1,461        2,486
    Profit    and  total    comprehensive        income    for  the  year

                                          -     1,095        1,095
    Balance     at  31  December     2021

                                        1,025        2,556        3,581
    Profit    and  total    comprehensive        income    for  the  year

                                          -     1,066        1,066
    Balance     at  31  December     2022

                                        1,025        3,622        4,647
    The  notes    on  pages    11  to  15  form   an  integral     part   of  the  financial      statements.

                                44/69













                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    NOTES    TO  THE  FINANCIAL      STATEMENTS

    Year   ended    31  December     2022
    1.    CORPORATE      INFORMATION

    The  Company     is  incorporated        and  domiciled      in  Jersey,     at  the  following      registered       address:     47

    Esplanade,       St.  Helier,     JE1  0BD  Jersey.     The  Company     is  a private     company     and  is  limited     by  shares.
    The  registered       number    of  the  Company     is  92018.
    The  Company's      ultimate     parent    undertaking       and  controlling       entity    and  the  largest     and  smallest

    group    of  which    the  Company     is  a member    and  for  which    group    financial      statements       are  prepared     is
    Morgan    Stanley     which,    together     with   the  Company     and  Morgan    Stanley's      other    subsidiary
    undertakings,        form   the  Morgan    Stanley     Group.    Morgan    Stanley     has  its  registered       office    c/o  The
    Corporation       Trust    Company,     Corporation       Trust    Center,     1209   Orange    Street,     Wilmington,       DE  19801,
    United    States    of  America     and  is  incorporated        in  the  state    of  Delaware,      in  the  United    States    of
    America.     Copies    of  its  financial      statements       can  be  obtained     from
    www.morganstanley.com/investorrelations.
    2.    BASIS    OF  PREPARATION

    Statement      of  compliance

    These    financial      statements       have   been   prepared     on  a historical       cost   basis    and  in  accordance       with

    FRS  101  and  Companies      (Jersey)     Law  1991,the     Financial      Services     (Fund    Services     Business     (Accounts,
    Audits    and  Reports))      (Jersey)     Order    2007   and  the  Financial      Services     (Trust    Company     and  Investment
    Business     (Accounts,       Audits    and  Reports))      (Jersey)     Order    2007.
    The  Company     meets    the  definition       of  a qualifying       entity    as  defined     in  FRS  100‘Application          of

    Financial      Reporting      Requirements'.         The  Company     has  taken    advantage      of  the  disclosure       exemptions
    available      under    FRS  101  in  relation     to  financial      instruments,        fair   value    measurement,        capital
    management,       presentation        of  a cash-flow      statement,       presentation        of  comparative       information       in
    respect     of  shares    outstanding,        accounting       standards      not  yet  effective      and  related     party
    transactions.
    Where    relevant,      equivalent       disclosures       have   been   provided     in  the  group    accounts     of  Morgan    Stanley

    in  which    the  Company     is  consolidated.        Copies    of  Morgan    Stanley's      accounts     can  be  obtained     as
    detailed     at  note   1.
    New  standards      and  interpretations          adopted     during    the  year

    There    were   no  standards      or  interpretations          relevant     to  the  Company's      operations       which    were

    adopted     during    the  period.
                                45/69



                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    NOTES    TO  THE  FINANCIAL      STATEMENTS

    Year   ended    31  December     2022
    2.    BASIS    OF  PREPARATION       (CONTINUED)

    Critical     accounting       judgements       and  sources     of  estimation       uncertainty

    No  critical     judgements       have   been   made   in  the  process     of  applying     the  Company's      accounting

    policies     that   have   had  a significant       effect    on  the  amounts     recognised       in  the  financial
    statements.       The  Company     has  not  made   any  key  assumptions       and  there    are  no  other    key  sources     of
    estimation       uncertainty       in  the  reporting      period    that   may  have   a significant       risk   of  causing     a
    material     adjustment       to  the  carrying     amounts     of  assets    and  liabilities       in  the  next   financial      year.
    Capital     accounts     and  capital     management

    The  capital     of  the  Company     is  managed     to  ensure    that   it  will   be  able   to  continue     as  a going

    concern     in  the  future.     The  shareholders        will   invest    additional       monies    into   the  Company     by
    purchasing       additional       shares    in  order    to  ensure    that   the  Company     can  meet   its  ongoing     financial
    obligations.        These    shall    be  contributed       at  such   times    as  the  Company     may  require     for  working
    capital     purposes     or  for  meeting     any  obligations       of  the  Company.     The  Company     is  subject     to
    external     capital     requirements        in  order    to  maintain     and  be  able   to  demonstrate       the  existence      of,
    both   adequate     financial      resources      and  adequate     insurance.       All  such   external     capital     requirements
    were   met  during    the  period    and  at  the  year   end.
    The  going    concern     assumption

    The  Company's      business     activities,       together     with   the  factors     likely    to  affect    its  future

    development,        performance       and  position,      are  reflected      in  the  Business     review    section     of  the
    Directors      report    on  pages    1 to  4.
    Taking    the  above    factors     into   consideration,         the  Directors      believe     it  is  reasonable       to  assume

    that   the  Company     will   have   access    to  adequate     resources      to  continue     in  operational       existence      for
    the  foreseeable       future    and  the  Directors      continue     to  adopt    the  going    concern     basis    in  preparing
    the  annual    report    and  financial      statements.
                                46/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    NOTES    TO  THE  FINANCIAL      STATEMENTS

    Year   ended    31  December     2022
    3.    SUMMARY     OF  SIGNIFICANT       ACCOUNTING       POLICIES

    a.  Functional          currency

    Items    included     in  the  financial      statements       are  measured     and  presented      in  Pound    Sterling,      the

    currency     of  the  primary     economic     environment       in  which    the  Company     operates.
    b.  Foreign        currencies

    Monetary     assets    and  liabilities       denominated       in  currencies       other    than   Pounds    Sterling     are

    translated       into   Pounds    Sterling     at  the  rates    ruling    at  the  reporting      date.    Transactions        and  non-
    monetary     assets    and  liabilities       denominated       in  currencies       other    than   Pounds    Sterling     are  recorded
    at  the  rates    prevailing       at  the  dates    of  the  transactions.        All  translation       differences       are
    recognised       through     the  statement      of  comprehensive        income.
    c.  Financial          instruments

    Financial      assets    and  liabilities       comprise     prepayments       and  accrued     income,     other    payables     and

    accruals     and  deferred     income.
    Cash,    prepayments       and  accrued     income,     other    payables     and  accruals     and  deferred     income    are

    recognised       when   the  Company     becomes     a party    to  the  contractual       provisions       of  the  instrument       and
    are  initially      measured     at  fair   value    and  subsequently        measured     at  amortised      cost   (less    allowance
    for  impairment       on  financial      assets).     Interest     is  recognised       in  the  statement      of  comprehensive
    income    using    the  effective      interest     rate   (“EIR”)      method.
    The  Company     derecognises        a financial      asset    when   the  contractual       rights    to  the  cash   flows    from   the

    asset    expire,     or  when   it  transfers      the  financial      asset    and  substantially        all  the  risk   and  rewards
    of  ownership      of  the  asset.    The  Company     derecognises        financial      liabilities       when   the  Company's
    obligations       are  discharged,       cancelled      or  they   expire.
                                47/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    NOTES    TO  THE  FINANCIAL      STATEMENTS

    Year   ended    31  December     2022
    3.    SUMMARY     OF  SIGNIFICANT       ACCOUNTING       POLICIES     (CONTINUED)

    d.  Impairment          of  financial      assets

    The  Company     recognises       loss   allowances       for  expected     credit    losses    (“ECLs”)       for  its  financial

    assets    classified       at  amortised      cost.    ECLs   are  the  present     value    of  cash   shortfalls       over   the
    expected     life   of  the  financial      instrument,       discounted       at  the  asset's     EIR.   ECL  is  recognised       in
    the  statement      of  comprehensive        income    within‘Net       impairment       loss   on  financial      instruments'        and
    is  reflected      against     the  carrying     amount    of  the  impaired     asset    on  the  statement      of  financial
    position     as  an  ECL  allowance.       Where    there    has  been   a reduction      in  ECL,   this   will   be  recognised
    within‘Net       reversal     of  impairment       loss   on  financial      instruments'
    e.  Management          fee  income

    Management       fees   are  based    on  the  net  asset    value    of  the  TOPAS    funds    and  SOPHOS    II  funds    held.

    These    fees   are  recognized       when   the  services     are  performed.
    f.  Fees       and  commissions

    Fees   and  commissions       including      administration         fees   in  relation     to  the  funds    business     is

    classified       within‘Other        expense'     in  the  statement      of  comprehensive        income    which    includes
    transaction       and  service     fees.    These    amounts     are  recognized       when   the  related     services     are
    received.
    4.    REVENUE

                                              2022          2021

                                              £'000          £'000
    Management       fee  income                                 9,171          6,751

    Management       fees   are  based    on  the  net  asset    value    of  the  TOPAS    funds    and  SOPHOS    II  funds    held.

    5.    INTEREST     EXPENSE

    ‘Interest       expense'     relates     to  financial      liabilities       recognised       at  amortised      cost   and  is

    calculated       using    the  EIR  method.
                                48/69



                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    NOTES    TO  THE  FINANCIAL      STATEMENTS

    Year   ended    31  December     2022
    6.    OTHER    INCOME

                                              2022          2021

                                              £'000          £'000
    Net  foreign     exchange     gains                               -          79

    7.    OTHER    EXPENSE

                                              2022          2021

                                              £'000          £'000
    Administrative         expenses

                                              7,254          5,344
    Auditor's      remuneration:
      - Fees   payable     to  the  Company's      auditor     for  the  audit
                                                30          30
       of  the  Company's      annual    financial      statements
    Management       charges     / (credit)     from   other    Morgan
                                               (51)          (28)
    Stanley     Group    undertakings
    Net  foreign     exchange     loss
                                                63           -
    Other    expense                                       760          383
                                              8,056          5,729
    The  Company     employed     no  staff    during    the  year   (2021:    nil).

    The  amount    of  remuneration        received     by  Directors      in  respect     of  their    qualifying       services     to  the

    Company     is  disclosed      in  the  Related     Party    disclosures       note   (Note    14).
    8.    INCOME    TAX  RESULT

    The  Company     is  subject     to  Jersey    income    tax  at  the  rate   of  0.00%    (2021:    0.00%).

    9.    OTHER    RECEIVABLES

                                              2022          2021

                                              £'000          £'000
    Amounts     due  from   other    Morgan    Stanley     Group    undertakings                162           -

                                49/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    NOTES    TO  THE  FINANCIAL      STATEMENTS

    Year   ended    31  December     2022
    10. OTHER       PAYABLES

                                              2022          2021

                                              £'000          £'000
    Amounts     due  to  other    Morgan    Stanley     Group    undertakings                2,773          2,577

    11. EQUITY

                                                      Ordinary

                                                  share    capital     of
                                                        £'000
    Authorised       and  allotted     and  fully    paid:
    At  1 January     2022
                                                        1,025
    Issued    during    the  year                                           -
    As  at  31  December     2022
                                                        1,025
    12. EXPECTED        MATURITY     OF  ASSETS    AND  LIABILITIES

    None   of  the  Company's      assets    and  liabilities       are  expected     to  be  recovered      or  settled     more   than

    twelve    months    after    the  reporting      period    (2021:    £nil).
    13. SEGMENT        REPORTING

    The  Company     has  only   one  class    of  business,      operating      in  a single    geographic       market,     Europe,

    Middle    East   and  Africa    (“EMEA”)       and  accordingly       no  segmental      analysis     has  been   provided.
    14. RELATED        PARTY    DISCLOSURES

    Key  management       compensation

    Directors'       remuneration

    The  Company     paid   no  remuneration        to  its  Directors      during    the  current     or  prior    year   but  incurred

    expenses     of  £27,000     (2021:    £26,000)     from   Crestbridge       Fund   Administrators         Limited     in  respect     of
    Directors'       qualifying       services     provided     to  the  Company.
                                50/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    NOTES    TO  THE  FINANCIAL      STATEMENTS

    Year   ended    31  December     2022
    14. RELATED        PARTY    DISCLOSURES       (CONTINUED)

    Key  management       compensation        (Continued)

    Directors'       remuneration        (Continued)

    Further     charges     of  £8,000    (2021:    £10,000)     in  respect     of  Directors'       qualifying       services     provided

    to  the  Company     have   been   borne    by  another     Morgan    Stanley     Group    undertaking       in  the  current     year.
    Reimbursement        of  expenses     received     by  Directors      in  respect     of  their    qualifying       services     to  the
    Company     is  disclosed      below:
                                              2022          2021

                                              £'000          £'000
    Total    remuneration        of  all  Directors:
    Aggregate      remuneration
                                                34          35
    Long-term      incentive      schemes                                1          1
    Total                                           35          36
    Directors'       remuneration        has  been   calculated       as  the  sum  of  cash,    bonuses,     and  benefits     in  kind.

    All  Directors      who  are  employees      of  the  Morgan    Stanley     Group    are  eligible     for  shares    of  the  parent

    company,     Morgan    Stanley,     awarded     under    the  Morgan    Stanley     Group's     equity-based        long   term
    incentive      schemes.     During    the  year   under    these    incentive      schemes,     two  Directors      received
    restricted       stock    unit   awards    in  respect     of  qualifying       services     including      the  highest     paid
    Director     (2021:    two).
    The  value    of  assets    (other    than   shares)     awarded     under    other    long-term      incentive      schemes     has  been

    included     in  the  above    disclosures       when   the  awards    vest,    which    is  generally      within    three    years
    from   the  date   of  the  award.    Morgan    Stanley     UK  Limited     operates     a defined     contribution        pension
    scheme,     The  Morgan    Stanley     UK  Group    Pension     Plan   (“the    DC  plan”).     There    is  one  director     to  whom
    retirement       benefits     are  accruing     under    this   DC  plan   (2021:    one).
    No  Directors      have   benefits     accruing     under    non-UK    defined     contribution        schemes     (2021:    none).

    The  Company     has  not  provided     any  loans    or  other    credit    advances     to  its  Directors      during    the  year

    (2021:    nil).
                                51/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    NOTES    TO  THE  FINANCIAL      STATEMENTS

    Year   ended    31  December     2022
    14. RELATED        PARTY    DISCLOSURES       (CONTINUED)

    Transactions        with   related     parties

    The  Company,     in  its  capacity     as  fund   manager,     Crestbridge       Fund   Administrators         Limited,     in  its

    capacity     as  administrator        and  Crestbridge       Corporate      Trustees     Limited,     in  its  capacity     as  trustee
    of  the  Topas    funds,    are  related     parties     by  virtue    of  the  responsibilities          conferred      on  them   by
    the  Trust    Instrument.
    During    the  year,    the  Company     recognised       management       fees   of  £9,171,000       (2021:    £6,751,000)       from   the

    funds    via  Crestbridge       Fund   Administrators         Limited     and  paid   administrative         fees   of  £2,748,000
    (2021:    £2,361,000)       to  Crestbridge       Fund   Administrators         Limited     and  trustee     fees   of  £1,090,000
    (2021:    £1,046,000)       to  Crestbridge       Corporate      Trustees     Limited.
    As  at  31  December     2022,    the  following      was  outstanding;        management       fees   of  £1,550,000       (2021:

    £3,489,000)       due  from   the  funds    via  Crestbridge       Fund   Administrators         Limited,     administrative         fees
    of  £750,000     (2021:    £572,000)      payable     to  Crestbridge       Fund   Administrators         Limited     and  trustee     fees
    of  £287,000     (2021:    £236,000)      payable     to  Crestbridge       Corporate      Trustees     Limited.
    The  Company,     in  its  capacity     as  fund   manager,     and  Northern     Trust    Fiduciary      Services     (Ireland)

    Limited,     in  its  capacity     as  custodian      of  the  funds,    are  related     parties     by  virtue    of  the
    responsibilities          conferred      on  them   by  the  Trust    Instrument.
    During    the  year,    the  Company     paid   custody     fees   of  £1,033,000       (2021:    £1,313,000)       to  Northern     Trust

    Fiduciary      Services     (Ireland)      Limited.
    Custody     fees   of  £508,000     payable     to  Northern     Trust    Fiduciary      Services     (Ireland)      limited     and

    Crestbridge       Fund   Administrators         Limited     were   outstanding       as  at  31  December     2022   (2021:    £356,000).
    Refer    to  the  Directors'       remuneration        section     above    for  details     in  relation     to  fees   paid   to

    Crestbridge       Fund   Administrators         Limited     in  respect     of  Director     Services.
      次へ


                                52/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (2 )その他の訂正
        訂正箇所を下線または傍線で示します。
    第二部 ファンド情報

    第1 ファンドの状況

      1 ファンドの性格

       (3)ファンドの仕組み
                                53/69

















                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ① ファンドの仕組み
    <訂正前>
    (注)三菱UFJ国際投信株式会社は、2023年10月1日付で商号を三菱UFJアセットマネジメント株式会社に変更する。
















                                54/69



                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    <訂正後>
    (注)クレストブリッジ・ケイマン・コーポレート・トラスティーズ・リミテッドは、2023年9月1日付で商号をブリッジス

















       トリーム・コーポレート・トラスティーズ・リミテッドに変更した。
                                55/69



                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ② 管理会社とファンドの関係法人の名称、ファンドの運営上の役割および契約等の概要
    <訂正前>
           名称          ファンド運営上の役割                      契約等の概要
                             (中略)
     クレストブリッジ・ケイマ                受託会社               2019年2月5日付で信託証書を管理会社と締
     ン・コーポレート・トラス                              結。信託証書は、ファンド資産の運用、管
     ティーズ・リミテッド                              理、受益証券の発行、買戻しおよびファンド
     (Crestbridge        Cayman                      の終了等について規定している。
     Corporate      Trustees
     Limited)
                             (中略)
                                                     (注4)
     三菱UFJ国際投信株式会                投資顧問会社               2019年2月8日付で投資顧問契約                     を管
     社
                                   理会社と締結。同契約は、投資顧問業務につ
                                   いて規定している。
                             (後略)
    <訂正後>

           名称          ファンド運営上の役割                      契約等の概要
                             (中略)
     ブリッジストリーム・コー                受託会社               2019年2月5日付で信託証書を管理会社と締
     ポレート・トラスティー                              結。信託証書は、ファンド資産の運用、管
     ズ・リミテッド                              理、受益証券の発行、買戻しおよびファンド
     (Bridgestream         Corporate                      の終了等について規定している。
     Trustees     Limited)
                             (中略)
                                                     (注4)
     三菱UFJアセットマネジ                投資顧問会社               2019年2月8日付で投資顧問契約                     を管
     メント株式会社
                                   理会社と締結。同契約は、投資顧問業務につ
                                   いて規定している。
                             (後略)
         ③ 管理会社の概況

    <訂正前>
                             (前略)
        (ハ)資本金の額(2023年              6月末日     現在)
           授権株式資本金の額  1,025,000スターリング・ポンド(約                                 1億8,752万       円)(一株当たり1
                         スターリング・ポンドの額面株式1,025,000株)
           発行済株式総数    一株当たり1スターリング・ポンドの額面株式1,025,000株(株式名簿
                         において全額払込済みとして記入済み)
           管理会社は、1991年会社法(ジャージー)に従い株主の特別決議の承認により授権資本を増額
          することができる。
          (注)スターリング・ポンド(以下「英ポンド」という。)の円貨換算は、便宜上、2023年                                          6月30日    現在の株式会
             社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1英ポンド=                             182.95   円)による。
                             (中略)
        (ホ)大株主の状況
                                               (2023年     6 月末日    現在)
               名称                  住所              所有株式数         比率
                                56/69


                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                       アメリカ合衆国、10036ニューヨーク州、
          モルガン・スタンレー                                    1,025,000     株     100  %
                       ニューヨーク、ブロードウェイ1585
    <訂正後>

                             (前略)
        (ハ)資本金の額(2023年              9月末日     現在)
           授権株式資本金の額  1,025,000スターリング・ポンド(約                                 1億8,709万       円)(一株当たり1
                         スターリング・ポンドの額面株式1,025,000株)
           発行済株式総数    一株当たり1スターリング・ポンドの額面株式1,025,000株(株式名簿
                         において全額払込済みとして記入済み)
           管理会社は、1991年会社法(ジャージー)に従い株主の特別決議の承認により授権資本を増額
          することができる。
          (注)スターリング・ポンド(以下「英ポンド」という。)の円貨換算は、便宜上、2023年                                          9月29日    現在の株式会
             社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1英ポンド=                             182.53   円)による。
                             (中略)
        (ホ)大株主の状況
                                               (2023年     9月末日     現在)
               名称                  住所              所有株式数         比率
                       アメリカ合衆国、10036ニューヨーク州、

          モルガン・スタンレー                                    1,025,000     株     100  %
                       ニューヨーク、ブロードウェイ1585
      4 手数料等及び税金

       (5)課税上の取扱い
    <訂正前>
                             (前略)
          (A)日本
            サブ・ファンドは、日本の税法上、公募外国株式投資信託として取扱われる。したがって、
           2023年7月末日        現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
                             (後略)
    <訂正後>

                             (前略)
          (A)日本
            サブ・ファンドは、日本の税法上、公募外国株式投資信託として取扱われる。したがって、
           2023年10月末日        現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
                             (後略)
                                57/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第三部 特別情報
    第1 管理会社の概況

      1 管理会社の概況

       (2 )会社の機構
    <訂正前>
                             (前略)
         取締役会は、6名の取締役により構成され、そのうちの4名は                                   クレストブリッジ・ファンド・アド
        ミニストレーターズ・リミテッド(管理会社の管理事務代行者)                                   により雇用され、管理会社の管理事
        務代行契約の条件に基づき就任している。かかる4名の取締役は、ジャージーに居住する。管理会社
        が少なくとも2名のジャージーに居住する取締役を有することが規制上の要件である。残る2名の取
        締役は、モルガン・スタンレー・グループの従業員である。
                             (後略)
    <訂正後>

                             (前略)
         取締役会は、6名の取締役により構成され、そのうちの4名は                                   クレストブリッジ・ファンド・アド
        ミニストレーターズ・リミテッド(管理会社の管理事務代行者)の親会社であるクレストブリッジ・
        リミテッド      により雇用され、管理会社の管理事務代行契約の条件に基づき就任している。かかる4名
        の取締役は、ジャージーに居住する。管理会社が少なくとも2名のジャージーに居住する取締役を有
        することが規制上の要件である。残る2名の取締役は、モルガン・スタンレー・グループの従業員で
        ある。
                             (後略)
    第2 その他の関係法人の概況

      1 名称、資本金の額及び事業の内容

    <訂正前>
       (1 ) クレストブリッジ・ケイマン・コーポレート・トラスティーズ・リミテッド(Crestbridge                                                 Cayman
        Corporate      Trustees     Limited)     (「受託会社」)
                             (中略)
       (4 ) 三菱UFJ国際投信株式会社                (「投資顧問会社」)
                             (後略)
    <訂正後>

       (1 ) ブリッジストリーム・コーポレート・トラスティーズ・リミテッド(Bridgestream                                             Corporate
        Trustees     Limited)     (「受託会社」)
                             (中略)
       (4 ) 三菱UFJアセットマネジメント株式会社                       (「投資顧問会社」)
                             (後略)
      2 関係業務の概要

    <訂正前>
       (1 ) クレストブリッジ・ケイマン・コーポレート・トラスティーズ・リミテッド                                         (「受託会社」)
                             (中略)
       (4 ) 三菱UFJ国際投信株式会社                (「投資顧問会社」)
                                58/69


                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                             (後略)
    <訂正後>

       (1 ) ブリッジストリーム・コーポレート・トラスティーズ・リミテッド                                    (「受託会社」)
                             (中略)
       (4 ) 三菱UFJアセットマネジメント株式会社                       (「投資顧問会社」)
                             (後略)
                                59/69


















                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第4 その他
    別紙A
                               定義
    <訂正前>
                             (前略)
    投資顧問会社                三菱UFJ国際投信株式会社                をいう。
                             (中略)
    受託会社                ファンドの受託会社としての地位を有する                       クレストブリッジ・ケイマ
                     ン・コーポレート・トラスティーズ・リミテッド                          をいう。
                             (後略)
    <訂正後>

                             (前略)
    投資顧問会社                三菱UFJアセットマネジメント株式会社                       をいう。
                             (中略)
    受託会社                ファンドの受託会社としての地位を有する                       ブリッジストリーム・コーポ
                     レート・トラスティーズ・リミテッド                    をいう。
                             (後略)
    別紙B

                            データ保護通知
    <訂正前>
    1 はじめに
                             (中略)
       投資者または投資者が関係する企業もしくは事業体による、予定されるまたは実際のファンドへの投資
      の結果として、投資者の個人情報は、ファンドの受託会社としての                                    クレストブリッジ・ケイマン・コーポ
      レート・トラスティーズ・リミテッド                    (以下「受託会社」という。)に提供される。受託会社は、当該個
      人情報の使用に関してデータ管理者として行為し、ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(以下
      「管理会社」という。)と共にまたは同社に対して、共同管理者として行為する。本データ保護通知にお
      いて、「当社」とは、ファンドの受託会社としての地位を有する受託会社およびファンドの管理会社とし
      ての地位を有する管理会社を指す。
                             (後略)
    <訂正後>

    1 はじめに
                             (中略)
       投資者または投資者が関係する企業もしくは事業体による、予定されるまたは実際のファンドへの投資
      の結果として、投資者の個人情報は、ファンドの受託会社としての                                    ブリッジストリーム・コーポレート・
      トラスティーズ・リミテッド                (以下「受託会社」という。)に提供される。受託会社は、当該個人情報の
      使用に関してデータ管理者として行為し、ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(以下「管理会
      社」という。)と共にまたは同社に対して、共同管理者として行為する。本データ保護通知において、
      「当社」とは、ファンドの受託会社としての地位を有する受託会社およびファンドの管理会社としての地
      位を有する管理会社を指す。
                             (後略)
                                60/69



                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    独立監査人の監査報告書
    意見

     我々は、ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(以下「当会社」という。)の本財務書類につい
    て、
      ・2022年12月31日現在の当会社の事業の状況および同日に終了した年度中の利益を、すべての重要な点に
       おいて適正に表示しており、
      ・財務報告基準第101号「簡素化された開示のフレームワーク」を含む、英国で一般的に公正妥当と認めら
       れた会計原則に従って適正に作成されており、かつ
      ・1991年会社法(ジャージー)、2007年金融サービス(ファンド・サービス事業(会計、監査および報
       告))令(ジャージー)および2007年金融サービス(信託会社・投資事業(会計、監査および報告))
       令(ジャージー)に従って適切に作成されているもの
    と認める。
     我々が監査した本財務書類は、以下により構成されている。

      ・包括利益計算書
      ・資本変動計算書
      ・財政状態計算書
      ・関連する注記1から14
     これらの作成に適用された財務報告の枠組みは、適用法および財務報告基準第101号「簡素化された開示の

    フレームワーク」を含む、英国会計基準(英国で一般的に公正妥当と認められた会計原則)である。
    意見の基礎

     我々は、国際監査基準(英国)(ISA(英国))および適用法に準拠して監査を行った。当該基準に基づく
    我々の責任は、本報告書の下記「財務書類の監査に対する監査人の責任」に記載されている。
     我々は、英国における我々の本財務書類の監査に関連する倫理要件(英国財務報告評議会(以下「FRC」と

    いう。)の倫理基準を含む。)に従って当会社から独立しており、当該要件に従ってその他の倫理上の責任
    を果たしている。我々が入手した監査証拠が、我々の意見の基礎となるに十分かつ適切であると判断してい
    る。
    継続事業に関連する結論

     本財務書類の監査において、我々は、取締役が本財務書類の作成において継続事業を前提とする会計処理
    を実施することが適切であると結論づけた。
     我々は、我々が行った業務に基づき、本財務書類が発行を承認されてから少なくとも12か月間にわたっ

    て、個別にも集計しても、継続事業として存続する当会社の能力について重要な疑義を生じさせるような事
    象または状況に関する重要な不確実性を識別していない。
     監査人の責任および継続事業に関する取締役の責任については、本報告書の関連セクションに記載されて

    いる。
                                61/69




                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    その他の情報
     その他の情報は、本財務書類および付属する我々の監査報告書を除く、年次報告書に含まれる情報から成
    る。年次報告書に含まれるその他の情報については、取締役が責任を負う。本財務書類についての我々の意
    見は、その他の情報を対象とせず、我々の報告書に別途明示的な記載がある場合を除き、その他の情報につ
    いてのいかなる形式の保証または結論も表明するものではない。
     我々の責任は、その他の情報を精読し、当該情報と本財務書類または本監査の過程で我々が得た情報との

    間の著しい矛盾の有無、または重要な虚偽記載の有無を検討することである。我々がかかる著しい矛盾また
    は重要な虚偽記載とみられるものを見出した場合、我々は、本財務書類自体に重要な虚偽記載を生じさせる
    かどうかについて判断することを求められている。我々が行った監査に基づき、当該その他の情報に重要な
    虚偽記載があると結論づけた場合、我々は当該事実を報告する必要がある。
     この点につき、我々が報告すべき事項はない。

    取締役の責任

     取締役の責任についての記述においてより詳細に説明されている通り、取締役は、本財務書類の作成およ
    び本財務書類がすべての重要な点において適正に表示されているという判断、ならびに不正によるか誤謬に
    よるかを問わず、重要な虚偽記載のない財務書類の作成を可能にするために必要であると取締役が判断する
    内部統制について責任を負っている。
     本財務書類の作成において、取締役は、継続事業としての当会社の存続能力の評価、継続事業に関連する

    事項の開示(該当する場合)および継続事業の前提による会計処理の実施について責任を負う。ただし、取
    締役が当会社を清算もしくはその業務を停止する意図を有する場合、またはそれ以外の現実的な代替方法が
    ない場合はこの限りではない。
    財務書類の監査に対する監査人の責任

     我々の目的は、不正によるか誤謬によるかを問わず、全体として本財務書類に重要な虚偽表示がないかど
    うかについての合理的な保証を得て、我々の意見を含む監査報告書を発行することにある。合理的な保証
    は、高い水準の保証であるが、ISA(英国)に準拠して行われた監査が、存在するすべての重要な虚偽表示を
    常に検出することを確約するものではない。虚偽表示は、不正または誤謬から発生する可能性があり、個別
    にまたは全体として、本財務書類に基づく利用者の経済的意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場
    合に、重要性があると判断される。
     財務書類の監査に対する我々の責任の詳細は、FRCのウェブサイトに掲載されている

    (www.frc.org.uk/auditorsresponsibilities)。この記載は、我々の監査報告書の一部を構成する。
    監査により検出可能とみなされた不正を含む不法行為の範囲

     不正を含む不法行為は、法令違反の実例である。我々は、不正を含む不法行為に関する重要な虚偽表示を
    検出するために、上記に概説している監査人の責任に沿って手続を策定している。我々の手続により検出可
    能な不正を含む不法行為の範囲は、以下に詳述されている。
                                62/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     我々は、当会社の業界およびその統制環境の性質を検討し、不正および法令遵守に関する当会社の方針お
    よび手続の文書についてレビューを行った。我々はまた、当会社の事業分野に特有のものを含む、不法行為
    のリスクに対する経営陣による認識および評価について経営陣に照会した。
     我々は、当会社が事業を行う法規制の枠組みについて理解を得て、以下に該当する主要な法令を特定し

    た。
      ・本財務書類における重要な金額および開示の決定に直接的な影響を及ぼす法令。これらには1991年会社
       法(ジャージー)、2007年金融サービス(ファンド・サービス事業(会計、監査および報告))令
       (ジャージー)、2007年金融サービス(信託会社・投資事業(会計、監査および報告))令(ジャー
       ジー)および税法が含まれる。
      ・本財務書類に直接的な影響はないが、その遵守が当社の事業遂行または重要な罰則の回避の能力にとっ
       て基本となる法令。これらには当会社の規制上の支払能力要件が含まれる。
     我々は、規制関連の専門家およびIT専門家等の関連する内部専門家を含む監査業務チーム内で、組織内に

    存在する可能性のある不正の機会およびインセンティブ、ならびに不正が本財務書類のどこでどのように発
    生する可能性があるかについて討議した。
     ISA(英国)に基づくすべての監査と同様に、我々は、経営陣による無効化のリスクに対応するための特定

    の手続を実施しなければならない。経営陣による内部統制の無効化を通じた不正のリスクに対応する際に、
    我々は、仕訳入力およびその他の調整の適切性を検証し、会計上の見積りを行う上での判断が潜在的なバイ
    アスを示すかどうかを評価し、かつ、通例でない、または通常の業務の過程外おける重要な取引に対する事
    業上の合理性を評価した。
     上記に加え、識別されたリスクに対応するための我々の手続には、以下が含まれる。

      ・本財務書類に直接的な影響を及ぼすと定められた、関連する法令の規定の遵守について評価するため
       の、関連証憑の検証による本財務書類の開示についてのレビュー
      ・不正による重要な虚偽表示のリスクを示す、異常または予想外の関係を識別するための分析手続の実施
      ・実際のおよび潜在的な訴訟および請求ならびに法令違反の実例に関する経営陣および社内弁護士への照
       会
      ・ガバナンス担当者の会議議事録の通読、およびジャージー歳入庁との通信のレビュー
    その他の法的および規制上の要件に関する報告

    例外として報告すべき事項

     1991年会社法(ジャージー)に基づき、我々は、該当すると認める場合、以下の事項に関して報告する必
    要がある。
      ・十分な会計記録が維持されていない場合、または我々が往査をしていない支店から我々の監査に対して
       十分な回答を得ていない場合
      ・本財務書類が、会計記録および回答と一致していない場合
      ・我々が、監査目的上必要とするすべての情報および説明を入手していない場合
                                63/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     これらの点につき、我々が報告すべき事項はない。
    我々の報告書の使用

     本報告書は、1991年会社法(ジャージー)第113条のAの定めに従って、当会社のメンバー全体のためにの
    み作成されている。我々の監査業務は、我々が本報告書において当会社のメンバーに対して述べる必要のあ
    る事項をそれらの者に対して述べることができるように行われており、それ以外の目的では行われていな
    い。法令で許可されている最大限の範囲において、我々は、我々の監査業務、本報告書または我々が形成し
    た意見について、当会社および当会社のメンバー全体以外の者に対して責任を受諾せず、また負うことがな
    い。
    デロイト・エルエルピー

    英国、グラスゴー
    代表者:ポール・カウリー、勅許会計士
    日付:    2023  年4月25日
        次へ

                                64/69














                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    INDEPENDENT       AUDITOR'S      REPORT    TO THE  MEMBERS    OF  FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED
    Report    on the  audit   of the  financial      statements

    Opinion

    In our  opinion    the  financial      statements      of Fundlogic      (Jersey)     Limited    ("the   Company"):
      ・give    a true   and  fair   view   of the  state   of the  Company's      affairs    as at 31 December     2022   and  of its
       profit    for  the  year   then   ended;
      ・have    been   properly     prepared     in accordance      with   United    Kingdom    Generally      Accepted     Accounting
       Practice     including      Financial      Reporting      Standard     101“Reduced        Disclosure       Framework”;       and
      ・have    been   properly     prepared     in accordance      with   the  Companies      (Jersey)     Law  1991,   the  Financial
       Services     (Fund   Services     Business     (Accounts,      Audits    and  Reports))      (Jersey)     Order   2007   and  the
       Financial      Services     (Trust    Company    and  Investment      Business     (Accounts,      Audits    and  Reports))
       (Jersey)     Order   2007.
    We have   audited    the  financial      statements      which   comprise:
      ・the   statement      of comprehensive        income;
      ・the   statement      of changes    in equity;
      ・the   statement      of financial      position;      and
      ・the   related    notes   1 to 14.
    The  financial      reporting      framework      that   has  been   applied    in their   preparation       is applicable      law  and
    United    Kingdom    Accounting      Standards,      including      Financial      Reporting      Standard     101  “Reduced
    Disclosure       Framework”       (United    Kingdom    Generally      Accepted     Accounting      Practice).
    Basis   for  opinion

    We conducted      our  audit   in accordance      with   International        Standards      on Auditing     (UK)   (ISAs   (UK))   and
    applicable      law.   Our  responsibilities          under   those   standards      are  further    described      in the  auditor's
    responsibilities          for  the  audit   of the  financial      statements      section    of our  report.
    We are  independent       of the  company    in accordance      with   the  ethical    requirements       that   are  relevant     to
    our  audit   of the  financial      statements      in  the  UK,  including      the  Financial      Reporting      Council's      (the
    'FRC's')     Ethical    Standard,      and  we have   fulfilled      our  other   ethical    responsibilities          in accordance
    with   these   requirements.        We believe    that   the  audit   evidence     we have   obtained     is sufficient      and
    appropriate       to provide    a basis   for  our  opinion.
                                65/69







                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    INDEPENDENT       AUDITOR'S      REPORT    TO  THE  MEMBERS     OF  FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED     (CONTINUED)
    Conclusions       relating     to  going    concern

    In  auditing     the  financial      statements,       we  have   concluded      that   the  Directors'       use  of  the  going
    concern     basis    of  accounting       in  the  preparation       of  the  financial      statements       is  appropriate.
    Based    on  the  work   we  have   performed,       we  have   not  identified       any  material     uncertainties
    relating     to  events    or  conditions       that,    individually        or  collectively,        may  cast   significant
    doubt    on  the  company's      ability     to  continue     as  a going    concern     for  a period    of  at  least
    twelve    months    from   when   the  financial      statements       are  authorised       for  issue.
    Our  responsibilities          and  the  responsibilities          of  the  Directors      with   respect     to  going    concern
    are  described      in  the  relevant     sections     of  this   report.
    Other    information

    The  other    information       comprises      the  information       included     in  the  annual    report,     other    than
    the  financial      statements       and  our  auditor's      report    thereon.     The  Directors      are  responsible       for
    the  other    information       contained      within    the  annual    report.     Our  opinion     on  the  financial
    statements       does   not  cover    the  other    information       and,   except    to  the  extent    otherwise
    explicitly       stated    in  our  report,     we  do  not  express     any  form   of  assurance      conclusion       thereon.
    Our  responsibility         is  to  read   the  other    information       and,   in  doing    so,  consider     whether     the
    other    information       is  materially       inconsistent        with   the  financial      statements       or  our  knowledge
    obtained     in  the  course    of  the  audit    or  otherwise      appears     to  be  materially       misstated.       If  we
    identify     such   material     inconsistencies          or  apparent     material     misstatements,         we  are  required
    to  determine      whether     this   gives    rise   to  a material     misstatement        in  the  financial      statements
    themselves.       If,  based    on  the  work   we  have   performed,       we  conclude     that   there    is  a material
    misstatement        of  this   other    information,        we  are  required     to  report    that   fact.
    We  have   nothing     to  report    in  this   regard.
    Responsibilities          of  Directors

    As  explained      more   fully    in  the  Directors'       responsibilities          statement,       the  Directors      are
    responsible       for  the  preparation       of  the  financial      statements       and  for  being    satisfied      that
    they   give   a true   and  fair   view,    and  for  such   internal     control     as  the  Directors      determine      is
    necessary      to  enable    the  preparation       of  financial      statements       that   are  free   from   material
    misstatement,        whether     due  to  fraud    or  error.
    In  preparing      the  financial      statements,       the  Directors      are  responsible       for  assessing      the
    company's      ability     to  continue     as  a going    concern,     disclosing,       as  applicable,       matters     related
    to  going    concern     and  using    the  going    concern     basis    of  accounting       unless    the  Directors      either
    intend    to  liquidate      the  company     or  to  cease    operations,       or  have   no  realistic      alternative       but
    to  do  so.
                                66/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    INDEPENDENT       AUDITOR'S      REPORT    TO  THE  MEMBERS     OF  FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED     (CONTINUED)
    Auditor's      responsibilities          for  the  audit    of  the  financial      statements

    Our  objectives       are  to  obtain    reasonable       assurance      about    whether     the  financial      statements       as
    a whole    are  free   from   material     misstatement,        whether     due  to  fraud    or  error,    and  to  issue    an
    auditor's      report    that   includes     our  opinion.     Reasonable       assurance      is  a high   level    of
    assurance,       but  is  not  a guarantee      that   an  audit    conducted      in  accordance       with   ISAs   (UK)   will
    always    detect    a material     misstatement        when   it  exists.     Misstatements        can  arise    from   fraud    or
    error    and  are  considered       material     if,  individually        or  in  the  aggregate,       they   could
    reasonably       be  expected     to  influence      the  economic     decisions      of  users    taken    on  the  basis    of
    these    financial      statements.
    A further     description       of  our  responsibilities          for  the  audit    of  the  financial      statements       is
    located     on  the  FRC's    website     at:  www.frc.org.uk/auditorsresponsibilities.                        This   description
    forms    part   of  our  auditor's      report.
    Extent    to  which    the  audit    was  considered       capable     of  detecting      irregularities,          including

    fraud
    Irregularities,          including      fraud,    are  instances      of  non-compliance         with   laws   and  regulations.
    We  design    procedures       in  line   with   our  responsibilities,           outlined     above,    to  detect    material
    misstatements        in  respect     of  irregularities,          including      fraud.    The  extent    to  which    our
    procedures       are  capable     of  detecting      irregularities,          including      fraud    is  detailed     below.
    We  considered       the  nature    of  the  Company's      industry     and  its  control     environment,        and  reviewed
    the  Company's      documentation        of  their    policies     and  procedures       relating     to  fraud    and
    compliance       with   laws   and  regulations.        We  also   enquired     of  management       about    their    own
    identification         and  assessment       of  the  risks    of  irregularities,          including      those    that   are
    specific     to  the  company's      business     sector.
    We  obtained     an  understanding        of  the  legal    and  regulatory       frameworks       that   the  company
    operates     in,  and  identified       the  key  laws   and  regulations       that:
      ・had    a direct    effect    on  the  determination        of  material     amounts     and  disclosures       in  the
       financial      statements.       These    included     the  Companies      (Jersey)     Law  1991,    the  Financial
       Services     (Fund    Services     Business     (Accounts,       Audits    and  Reports))      (Jersey)     Order    2007,
       the  Financial      Services     (Trust    Company     and  Investment       Business     (Accounts,       Audits    and
       Reports))      (Jersey)     Order    2007   and  tax  legislation;        and;
      ・do   not  have   a direct    effect    on  the  financial      statements       but  compliance       with   which    may  be
       fundamental       to  the  Company's      ability     to  operate     or  to  avoid    a material     penalty.     These
       included     the  Company's      regulatory       solvency     requirements.
                                67/69






                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    INDEPENDENT       AUDITOR'S      REPORT    TO  THE  MEMBERS     OF  FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED     (CONTINUED)
    Extent    to  which    the  audit    was  considered       capable     of  detecting      irregularities,          including

    fraud    (continued)
    We  discussed      among    the  audit    engagement       team   including      relevant     internal     specialists       such   as
    regulatory       specialists       and  IT  specialists       regarding      the  opportunities        and  incentives       that
    may  exist    within    the  organisation        for  fraud    and  how  and  where    fraud    might    occur    in  the
    financial      statements.
    In  common    with   all  audits    under    ISAs   (UK),    we  are  also   required     to  perform     specific
    procedures       to  respond     to  the  risk   of  management       override.      In  addressing       the  risk   of  fraud
    through     management       override     of  controls,      we  tested    the  appropriateness          of  journal     entries
    and  other    adjustments;        assessed     whether     the  judgements       made   in  making    accounting       estimates
    are  indicative       of  a potential      bias;    and  evaluated      the  business     rationale      of  any  significant
    transactions        that   are  unusual     or  outside     the  normal    course    of  business.
    In  addition     to  the  above,    our  procedures       to  respond     to  the  risks    identified       included     the
    following:
      ・reviewing       financial      statement      disclosures       by  testing     to  supporting       documentation        to
       assess    compliance       with   provisions       of  relevant     laws   and  regulations       described      as  having    a
       direct    effect    on  the  financial      statements;
      ・performing        analytical       procedures       to  identify     any  unusual     or  unexpected       relationships
       that   may  indicate     risks    of  material     misstatement        due  to  fraud;
      ・enquiring       of  management       and  in-house     legal    counsel     concerning       actual    and  potential
       litigation       and  claims,     and  instances      of  non-compliance         with   laws   and  regulations;        and
      ・reading      minutes     of  meetings     of  those    charged     with   governance       and  reviewing
       correspondence         with   Revenue     Jersey.
    Report    on  other    legal    and  regulatory       requirements

    Matters     on  which    we  are  required     to  report    by  exception

    Under    the  Companies      (Jersey)     Law  1991   we  are  required     to  report    in  respect     of  the  following
    matters     if,  in  our  opinion:
      ・adequate       accounting       records     have   not  been   kept   or  proper    returns     adequate     for  our  audit
       have   not  been   received     from   branches     not  visited     by  us;  or
      ・the    financial      statements       are  not  in  agreement      with   the  accounting       records     and  returns;
       or
      ・we   have   not  received     all  the  information       and  explanations        we  require     for  our  audit.
    We  have   nothing     to  report    in  respect     of  these    matters.
                                68/69





                                                          EDINET提出書類
                                            ファンドロジック(ジャージー)リミテッド(E34767)
                                              訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    INDEPENDENT       AUDITOR'S      REPORT    TO  THE  MEMBERS     OF  FUNDLOGIC      (JERSEY)     LIMITED     (CONTINUED)
    Use  of  our  report

    This   report    is  made   solely    to  the  Company's      members,     as  a body,    in  accordance       with   Article
    113A   of  the  Companies      (Jersey)     Law  1991.    Our  audit    work   has  been   undertaken       so  that   we  might
    state    to  the  Company's      members     those    matters     we  are  required     to  state    to  them   in  an
    auditor's      report    and  for  no  other    purpose.     To  the  fullest     extent    permitted      by  law,   we  do  not
    accept    or  assume    responsibility         to  anyone    other    than   the  Company     and  the  Company's      members
    as  a body,    for  our  audit    work,    for  this   report,     or  for  the  opinions     we  have   formed.
    Paul   Cowley,    C.A.

    For  and  on behalf    of Deloitte     LLP
    Glasgow,     United    Kingdom
    25 April   2023
    (注)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は管理会社が別

        途保管している。
                                69/69














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。