PayPayアセットマネジメント株式会社 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 PayPayアセットマネジメント株式会社
カテゴリ 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券届出書の訂正届出書

    【提出先】                     関東財務局長殿

    【提出日】                     2023年11月29日提出

    【発行者名】                     PayPayアセットマネジメント株式会社

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役  明丸 大悟

    【本店の所在の場所】                     東京都千代田区神田錦町一丁目1番地

    【事務連絡者氏名】                     岩井 章悟

                          連絡場所       東京都千代田区神田錦町一丁目1番地
    【電話番号】                     03-  6275-0936

    【届出の対象とした募集内国投資信                     PayPay投信       NYダウインデックス

    託受益証券に係るファンドの名称】
    【届出の対象とした募集内国投資信                     10兆円を上限とします。

    託受益証券の金額】
    【縦覧に供する場所】                     該当事項はありません。

                                 1/50











                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】
      本日、半期報告書を提出致しましたので、2023年6月5日付をもって提出した有価証券届出書(以

    下、「原届出書」といいます。)の関係情報を新たな情報に訂正するため、またその他の情報に訂正事
    項がありますのでこれを訂正するため、本訂正届出書を提出するものです。
    2【訂正の内容】

      原届出書の下記事項のうち以下に記載した箇所を、<訂正前>の内容から<訂正後>の内容に訂正し

    ます。
      ※下線部        は訂正部分を示します。
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

      (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
    <訂正前>
                             (省 略)
       ④ ファンドの特色
                             (省 略)
       ※上記は     2023年3月末日        現在のものであり、今後変更となる場合があります。
                             (省 略)
    <訂正後>
                             (省 略)
       ④ ファンドの特色
                             (省 略)
       ※上記は     2023年9月末日        現在のものであり、今後変更となる場合があります。
                             (省 略)
      (3)【ファンドの仕組み】

    <訂正前>
                             (省 略)
       ③ 委託会社等の概況            ( 2023年3月末日        現 在)
                             (省 略)
    <訂正後>
                             (省 略)
       ③ 委託会社等の概況            ( 2023年9月末日        現 在)
                             (省 略)
                                 2/50




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】
      (3)【運用体制】
    <訂正前>
                             (省 略)
       ※上記    は 2023年3月末日        現在のものであり          、今後変更となる場合があります。
    <訂正後>
                             (省 略)
       ※上記    は 2023年9月末日        現在のものであり          、今後変更となる場合があります。
                                 3/50


















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (5)【投資制限】
    <訂正前>
                             (省 略)
       ⑱ 流動性リスク管理態勢の整備(金融商品取引業等に関する内閣府令)
         投資信託財産の運用に関し、保有する有価証券その他の資産の流動性に係る管理について受益
         者の解約の申入れに応ずることができなくなることを防止するための合理的な措置を講ずるこ
         となく、当該運用を行なうことはできません。
    (参考    ) 米国平均株価インデックスマザーファンド投資方針等

                             (省 略)
    (2)運用方法
                             (省 略)
      ③投資制限
                             (省 略)
       ・外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
    <訂正後>
                             (省 略)
       ⑱ 流動性リスク管理態勢の整備(金融商品取引業等に関する内閣府令)
         投資信託財産の運用に関し、保有する有価証券その他の資産の流動性に係る管理について受益
         者の解約の申入れに応ずることができなくなることを防止するための合理的な措置を講ずるこ
         となく、当該運用を行なうことはできません。
       ⑲ デリバティブ取引の利用目的(信託約款)
         デリバティブ取引(法人税法第61条の5に定めるものをいいます。)は、投資の対象とする資
         産を保有した場合と同様の損益を実現する目的ならびに価格変動リスクおよび金利変動リスク
         を回避する目的以外には利用しません。
    (参考    ) 米国平均株価インデックスマザーファンド投資方針等

                             (省 略)
    (2)運用方法
                             (省 略)
      ③投資制限
                             (省 略)
       ・外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
       ・デリバティブ取引(法人税法第61条の5に定めるものをいいます。)は、投資の対象とする資産
        を保有した場合と同様の損益を実現する目的ならびに価格変動リスクおよび金利変動リスクを回
        避する目的以外には利用しません。
                                 4/50







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】
    <訂正前>
                             (省 略)
      (2)投資リスクの管理体制
                             (省 略)
       ※上記は     2023年3月末日        現在のものであり、今後変更となる場合があります。
      (参考情報)

                                 5/50

















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    <訂正後>
                             (省 略)
      (2)投資リスクの管理体制
                             (省 略)
       ※上記は     2023年9月末日        現在のものであり、今後変更となる場合があります。
      (参考情報)

                                 6/50


















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
      (5)【課税上の取扱い】
    <訂正前>
                             (省 略)
       ③ 個人、法人別の課税の取扱いについて
                             (省 略)
         ※公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」、未成年者少額投
          資非課税制度「ジュニアNISA」の適用対象です。これらの制度をご利用の場合、毎年、
          一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託等から生じる配当所得及び譲渡所得が一定
          期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定
          の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
                             (省 略)
    <訂正後>
                             (省 略)
       ③ 個人、法人別の課税の取扱いについて
                             (省 略)
         ※公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の適用対象であり、
          2024年1月1日以降は一定の要件を満たした場合にNISAの適用対象となります。
          NISAは、少額上場株式等に関する非課税制度です。NISAをご利用の場合、毎年、一
          定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得及び譲渡所得が一定
          期間非課税となりますが、2024年1月1日以降は、一定の額を上限として、毎年、一定額の
          範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得及び譲渡所得が無期限で非
          課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件
          に該当する方が対象となります。また、2024年1月1日以降は、税法上の要件を満たした商
          品を購入した場合に限り、非課税の適用を受けることができます。詳しくは、販売会社にお
          問い合わせください。
                             (省 略)
                                 7/50









                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
     原届出書「第二部 ファンド情報 第1 ファンドの状況 5 運用状況」につきまして、以下の内
    容に更新・訂正いたします。
    <更新・訂正後>

      以下は2023年9月29日現在の運用状況です。また、「投資比率」とは、ファンドの純資産総額に対す
    る当該資産の時価比率をいいます。
      (1)【投資状況】
      投資状況
              資産の種類                国/地域         時価合計(円)           投資比率(%)
      親投資信託受益証券                         日本            670,323,035             99.59
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                          -            2,779,343            0.41
            合計(純資産総額)                    -           673,102,378            100.00
      <ご参考>      米国平均株価インデックスマザーファンド

      投資状況
              資産の種類                国/地域         時価合計(円)           投資比率(%)
      株式                        アメリカ            2,765,937,360              98.17
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                          -            51,554,864             1.83
            合計(純資産総額)                    -          2,817,492,224             100.00
      その他資産の投資状況

                   資産の種類                    時価合計(円)           投資比率(%)
      株価指数先物取引(買建)                                     55,765,219             1.98
      海外の取引所に上場されている株価指数先物取引の評価にあたっては、                                      原則として      当該日に知り得る
      直近の日の取引所の発表する清算値段等又は最終相場を用いています。
      ※取引される取引所については、下記「(2)投資資産 ③その他投資資産の主要なもの」末尾をご
       参照ください。
      (2)【投資資産】

       ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                       簿価          時価
                                                       投資比
         国/
      順位       種類        銘柄名         数量
         地域
                                                       率(%)
                                   単価(円)     金額(円)     単価(円)     金額(円)
           親投資信託      米国平均株価インデックス
         日本
       1                       401,655,603      1.4928    599,578,769      1.6689    670,323,035      99.59
           受益証券      マザーファンド
       種類別投資比率

                   種類                投資比率(%)
       親投資信託受益証券                                  99.59
       合計                                  99.59
       ②【投資不動産物件】

        該当事項はございません。
       ③【その他投資資産の主要なもの】

        該当事項はございません。
                                 8/50





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <ご参考>      米国平均株価インデックスマザーファンド
      ①投資有価証券の主要銘柄
                                       簿価          時価
                                                       投資比
      順 国/地
          種類       銘柄名         業種      数量
                                    単価          単価
      位  域
                                                       率(%)
                                        金額(円)          金額(円)
                                    (円)          (円)
       アメリ                 ヘルスケア機
          株式   UNITEDHEALTH      GROUP   INC              72,685.41          76,300.76
      1                           3,620        263,121,182         276,208,744      9.80
       カ                 器・サービス
       アメリ
          株式              金融サービス           52,858.58          48,643.42
             GOLDMAN   SACHS   GROUP   INC
      2                           3,620        191,348,061         176,089,166      6.25
       カ
       アメリ                 ソフトウェ
          株式                         37,205.03          46,914.27
             MICROSOFT    CORP
      3                           3,620        134,682,221         169,829,662      6.03
       カ                 ア・サービス
                        一般消費財・
       アメリ
          株式              サービス流           47,325.62          45,396.03
             HOME  DEPOT   INC
      4                           3,620        171,318,731         164,333,644      5.83
       カ
                        通・小売り
       アメリ
          株式   CATERPILLAR     INC      資本財           39,504.08          41,319.98
      5                           3,620        143,004,762         149,578,325      5.31
       カ
                        医薬品・バイ
       アメリ                 オテクノロ
          株式                         37,912.55          40,509.26
             AMGEN   INC
      6                           3,620        137,243,419         146,643,505      5.20
       カ                 ジー・ライフ
                        サイエンス
       アメリ                 消費者サービ
          株式   MCDONALDS    CORP                  40,768.03          39,726.95
      7                           3,620        147,580,265         143,811,567      5.10
       カ                 ス
       アメリ
          株式   VISA  INC-CLASS    A SHARES    金融サービス           34,602.34          34,651.70
      8                           3,620        125,260,476         125,439,164      4.45
       カ
       アメリ                 ソフトウェ
          株式   SALESFORCE     INC                 24,680.70          30,394.66
      9                           3,620        89,344,134         110,028,655      3.91
       カ                 ア・サービス
       アメリ
          株式              資本財           31,595.78          28,484.52
             BOEING   CO/THE
      10                           3,620        114,376,736         103,113,960      3.66
       カ
             HONEYWELL    INTERNATIONAL
       アメリ
          株式              資本財           31,093.19          27,987.91
      11                           3,620        112,557,364         101,316,248      3.60
       カ
             INC
                        テクノロ
       アメリ                 ジー・ハード
          株式                         21,868.60          25,531.81
             APPLE   INC
      12                           3,620        79,164,318         92,425,153      3.28
       カ                 ウェアおよび
                        機器
       アメリ
          株式   CHEVRON   CORP        エネルギー           26,801.74          25,516.85
      13                           3,620        97,022,315         92,371,005      3.28
       カ
       アメリ
          株式   TRAVELERS    COS  INC/THE     保険           28,197.33          25,072.60
      14                           3,620        102,074,319          90,762,811      3.22
       カ
       アメリ                 生活必需品流
          株式                         21,442.29          24,312.73
             WAL-MART    STORES   INC
      15                           3,620        77,621,101         88,012,094      3.12
       カ                 通・小売り
                        医薬品・バイ
       アメリ                 オテクノロ
          株式                         25,136.92          23,466.11
             JOHNSON   & JOHNSON
      16                           3,620        90,995,647         84,947,320      3.01
       カ                 ジー・ライフ
                        サイエンス
       アメリ
          株式   AMERICAN    EXPRESS   CO    金融サービス           25,756.18          22,471.40
      17                           3,620        93,237,372         81,346,480      2.89
       カ
       アメリ
          株式              銀行           20,975.60          22,076.51
             JPMORGAN    CHASE   & CO
      18                           3,620        75,931,684         79,916,974      2.84
       カ
                        家庭用品・
       アメリ
          株式   PROCTER   & GAMBLE   CO/THE    パーソナル用           21,042.91          21,889.54
      19                           3,620        76,175,350         79,240,125      2.81
       カ
                        品
             INTL  BUSINESS    MACHINES
       アメリ                 ソフトウェ
          株式                         20,096.07          21,177.54
      20                           3,620        72,747,784         76,662,682      2.72
       カ                 ア・サービス
             CORP
                        医薬品・バイ
       アメリ                 オテクノロ
          株式   MERCK   & CO.  INC.                 15,762.74          15,601.19
      21                           3,620        57,061,120         56,476,322      2.00
       カ                 ジー・ライフ
                        サイエンス
       アメリ
          株式              資本財           17,215.16          13,949.83
             3M CO
      22                           3,620        62,318,887         50,498,387      1.79
       カ
       アメリ                 耐久消費財・
          株式                         19,053.50          13,406.86
             NIKE  INC  -CL  B
      23                           3,620        68,973,671         48,532,817      1.72
       カ                 アパレル
       アメリ                 メディア・娯
          株式                         16,355.08          11,985.85
             WALT  DISNEY   CO/THE
      24                           3,620        59,205,379         43,388,760      1.54
       カ                 楽
       アメリ                 食品・飲料・
          株式   COCA-COLA    CO/THE
      25                           3,620   9,049.59     32,759,516     8,348.06    30,219,976      1.07
       カ                 タバコ
                        テクノロ
       アメリ                 ジー・ハード
          株式
             CISCO   SYSTEMS   INC
      26                           3,620   7,259.12     26,278,005     8,059.37    29,174,921      1.04
       カ                 ウェアおよび
                        機器
       アメリ
          株式              素材
             DOW  INC
      27                           3,620   8,808.77     31,887,734     7,618.11    27,577,556      0.98
       カ
       アメリ                 半導体・半導
          株式   INTEL   CORP
      28                           3,620   4,219.65     15,275,140     5,262.22    19,049,252      0.68
       カ                 体製造装置
             VERIZON   COMMUNICATIONS
       アメリ                 電気通信サー
          株式
      29                           3,620   6,072.95     21,984,072     4,868.83    17,625,161      0.63
       カ                 ビス
             INC
             WALGREENS    BOOTS   ALLIANCE
       アメリ                 生活必需品流
          株式
      30                           3,620   5,550.91     20,094,308     3,126.22    11,316,924      0.40
       カ                 通・小売り
             INC
                                 9/50




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        種類別及び業種別の投資比率
         種類          業種         投資比率(%)
       株式      資本財                   14.36
             金融サービス                   13.59
             ソフトウェア・サービス                   12.65
             医薬品・バイオテクノロ
                                10.22
             ジー・ライフサイエンス
             ヘルスケア機器・サービス                   9.80
             一般消費財・サービス流
                                 5.83
             通・小売り
             消費者サービス                   5.10
             テクノロジー・ハードウェ
                                 4.32
             アおよび機器
             生活必需品流通・小売り                   3.53
             エネルギー                   3.28
             保険
                                 3.22
             銀行                   2.84
             家庭用品・パーソナル用品                   2.81
             耐久消費財・アパレル                   1.72
             メディア・娯楽
                                 1.54
             食品・飲料・タバコ                   1.07
             素材                   0.98
             半導体・半導体製造装置                   0.68
             電気通信サービス
                                 0.63
             小計                   98.17
       合計                         98.17
       ②投資不動産物件

         該当事項はございません。
       ③その他投資資産の主要なもの

                                       簿価      評価額       評価額     投資比
                          買建/
         名称        取引所      種類      通貨    数量
                          売建
                                      (各通貨)      (時価、各通貨)       (時価、円)      率(%)
                      株価指
      NYダウ先物(2023年
              シカゴ商品取引所        数先物    買建   米ドル
                                   13    378,206       372,812      55,765,219     1.98
      12月限)
                      取引
      海外の取引所に上場されている株価指数先物取引の評価にあたっては、                                      原則として      当該日に知り得る
      直近の日の取引所の発表する清算値段等又は最終相場を用いています。
                                10/50










                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)【運用実績】
       ①【純資産の推移】
        2023年9月末日及び同日前1年以内における各月末ならびに下記決算期末の純資産の推移は次の
        とおりです。
                             純資産総額(百万円)               1口当たり純資産額(円)
         計算期間           年月日
                            (分配落)        (分配付)        (分配落)        (分配付)
        第1計算期間末          (2022年3月7日)               534        534      1.1169        1.1169
        第2計算期間末          (2023年3月6日)               615        615      1.3246        1.3246
                   2022年9月末日                      -                -
                                 538              1.2270
                      10月末日                   -                -
                                 632              1.4127
                      11月末日                   -                -
                                 626              1.3656
                      12月末日                   -                -
                                 608              1.2828
                   2023年1月末日                      -                -
                                 575              1.2809
                      2月末日                   -                -
                                 600              1.3077
                      3月末日                   -                -
                                 622              1.2811
                      4月末日                   -                -
                                 623              1.3254
                      5月末日                   -                -
                                 629              1.3519
                      6月末日                   -                -
                                 638              1.4501
                      7月末日                   -                -
                                 648              1.4660
                      8月末日                   -                -
                                 673              1.4997
                      9月末日                   -                -
                                 673              1.4817
        (注)純資産総額は、百万円未満を切り捨てた額を記載しております。
       ②【分配の推移】

          計算期間            1口当たり分配金(円)
           第1期                     0.0000
           第2期                     0.0000
       ③【収益率の推移】

          計算期間              収益率(%)
           第1期                      11.7
           第2期                      18.6
        第3期(中間期)                         13.7
      (4)【設定及び解約の実績】

           計算期間             設定口数            解約口数            発行済口数
            第1期               851,881,127            373,431,913            478,449,214
            第2期               489,008,388            502,686,238            464,771,364
         第3期(中間期)                 166,976,299            181,010,125            450,737,538
      (注1)     本邦外における設定、解約の実績はありません。
      (注2)     第1期の設定口数は、当初募集期間中の販売口数を含みます。
                                11/50







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (参考情報)
                                12/50




















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
     原届出書「第二部 ファンド情報 第3 ファンドの経理状況 1 財務諸表」につきまして、以下
    の内容が追加されます。
    <追加>

    1【財務諸表】

                        PayPay投信       NYダウインデックス
      1.当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和

       52年大蔵省令第38号)」並びに同規則第38条の3及び第57条の2の規定により、「投資信託財産の計
       算に関する規則(平成12年総理府令第133号)」に基づいて作成しております。
        なお、中間財務諸表の記載金額は、円単位で表示しております。
      2.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3期中間計算期間(自令和5

       年3月7日     至令和5年9月6日)の中間財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる中間監査
       を受けております。
                                13/50














                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表
                     【PayPay投信        NYダウインデックス】
      (1)【中間貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                   第2期           第3期中間計算期間
                              (令和5年3月6日現在)              (令和5年9月6日現在)
     資産の部
       流動資産
        コール・ローン                               3,967,291              5,294,446
                                      613,161,848              675,156,876
        親投資信託受益証券
        流動資産合計                              617,129,139              680,451,322
       資産合計                               617,129,139              680,451,322
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                                613,321              738,204
        未払受託者報酬                                64,159              69,935
        未払委託者報酬                                513,178              559,429
        未払利息                                   2              10
                                        295,900               98,713
        その他未払費用
        流動負債合計                               1,486,560              1,466,291
       負債合計                                1,486,560              1,466,291
     純資産の部
       元本等
        元本                              464,771,364              450,737,538
        剰余金
          中間剰余金又は中間欠損金(△)                            150,871,215              228,247,493
                                      615,642,579              678,985,031
        元本等合計
       純資産合計
                                      615,642,579              678,985,031
     負債純資産合計                                617,129,139              680,451,322
                                14/50











                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)【中間損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                第2期中間計算期間              第3期中間計算期間
                               (自 令和4年3月8日              (自 令和5年3月7日
                                至 令和4年9月7日)               至 令和5年9月6日)
     営業収益
       受取利息                                    3              22
                                      81,941,218              85,295,028
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                                81,941,221              85,295,050
     営業費用
       支払利息                                   682             1,294
       受託者報酬                                  53,868              69,935
       委託者報酬                                 430,825              559,429
                                        290,882               98,713
       その他費用
       営業費用合計                                 776,257              729,371
     営業利益又は営業損失(△)                                 81,164,964              84,565,679
     経常利益又は経常損失(△)                                 81,164,964              84,565,679
     中間純利益又は中間純損失(△)                                 81,164,964              84,565,679
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                      32,317,517               8,132,579
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                 55,933,606              150,871,215
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                 62,825,223              59,271,222
       中間一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                          -              -
       額
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      62,825,223              59,271,222
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                 45,628,770              58,328,044
       中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      45,628,770              58,328,044
       額
       中間追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                          -              -
       額
     中間剰余金又は中間欠損金(△)                                121,977,506              228,247,493
                                15/50











                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)【中間注記表】
      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
      1.有価証券の評価基準及び評価方法                   親投資信託受益証券

                          移動平均法に基づき、当該親投資信託の基準価額で評価しており
                         ます。
      2.収益及び費用の計上基準                   有価証券売買等損益の計上基準

                          約定日基準で計上しております。
      3.その他中間財務諸表作成のための                   ファンドの中間計算期間

       重要な事項                   当ファンドの計算期間は原則として毎年3月6日から翌年3月5日ま
                         でとしておりますが、第3期中間計算期間は、前計算期間末日が休
                         業日のため、令和5年3月7日から令和5年9月6日までとなっておりま
                         す。
      (中間貸借対照表に関する注記)

                 第2期                      第3期中間計算期間
             (令和5年3月6日現在)                         (令和5年9月6日現在)
      1.当該計算期間末日における受益権の総数                         1.当該中間計算期間末日における受益権の総数

                       464,771,364      口                    450,737,538      口
      2.「投資信託財産の計算に関する規則(平成12年総                         2.「投資信託財産の計算に関する規則(平成12年総

       理府令第133号)」第55条の6第10号に規定する額                         理府令第133号)」第55条の6第10号に規定する額
       元本の欠損                         元本の欠損

                            -円                         -円
      3.1口当たり純資産額                    1.3246円      3.1口当たり純資産額                    1.5064円

        (10,000口当たり純資産額)                (13,246円)          (10,000口当たり純資産額)                (15,064円)
      (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

                            第2期中間計算期間                第3期中間計算期間
                           (自   令和4年3月8日              (自   令和5年3月7日
                            至    令和4年9月7日)               至    令和5年9月6日)
       剰余金増加額・減少額及び欠損金減                   「中間追加信託に伴う剰余金                「中間追加信託に伴う剰余金

      少額・増加額                   増加額又は欠損金減少額」及び                増加額又は欠損金減少額」及び
                         「中間一部解約に伴う剰余金減                「中間一部解約に伴う剰余金減
                         少額又は欠損金増加額」はそれ                少額又は欠損金増加額」はそれ
                         ぞれ剰余金減少額と増加額との                ぞれ剰余金減少額と増加額との
                         純額を表示しております。                純額を表示しております。
                                16/50






                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (金融商品に関する注記)
       金融商品の時価等に関する事項
                 第2期                      第3期中間計算期間
             (令和5年3月6日現在)                         (令和5年9月6日現在)
      1.貸借対照表計上額、時価及びその差額                         1.中間貸借対照表計上額、時価及びその差額

       貸借対照表上の金融商品については、原則として                         中間貸借対照表上の金融商品については、原則と
      すべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額                         してすべて時価で評価しているため、中間貸借対照
      と時価との差額はありません。                         表計上額と時価との差額はありません。
      2.時価の算定方法                         2.時価の算定方法

       親投資信託受益証券                         親投資信託受益証券
        (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に                         (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に
       記載しております。                         記載しております。
      3.金融商品の時価等に関する事項についての補足                         3.金融商品の時価等に関する事項についての補足

       説明                         説明
       金融商品の時価の算定においては一定の前提条件                         金融商品の時価の算定においては一定の前提条件
      等を採用しているため、異なる前提条件等によった                         等を採用しているため、異なる前提条件等によった
      場合、当該価額が異なることもあります。                         場合、当該価額が異なることもあります。
      (有価証券に関する注記)

       該当事項はありません。
      (デリバティブ取引等に関する注記)

       該当事項はありません。
      (重要な後発事象に関する注記)

       該当事項はありません。
      (その他の注記)

       元本の変動
                 第2期                      第3期中間計算期間
             (自   令和4年3月8日                       (自   令和5年3月7日
              至    令和5年3月6日)                        至    令和5年9月6日)
      期首元本額                 478,449,214円        期首元本額                 464,771,364円

      期中追加設定元本額                 489,008,388円        期中追加設定元本額                 166,976,299円
      期中一部解約元本額                 502,686,238円        期中一部解約元本額                 181,010,125円
                                17/50







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    <ご参考>
                     米国平均株価インデックスマザーファンド
      当ファンドは、「米国平均株価インデックスマザーファンド」の受益証券を主要投資対象として

    おり、中間貸借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」はすべて同マザーファンド
    の受益証券です。
      なお、同マザーファンドの令和5年9月6日現在(以下「計算日」                                  といいます。)の状況は次の通り
    です。
      「米国平均株価インデックスマザーファンド」の状況

        以下に記載した状況は監査意見の対象外となっております。
    (1)貸借対照表

                                                 (単位:円)
                                     (令和5年9月6日現在)
     資産の部
      流動資産
       預金                                           2,539,813
       コール・ローン                                           5,318,559
       株式                                         2,832,795,076
       派生商品評価勘定                                            422,806
       未収配当金                                           8,329,304
       差入委託証拠金                                          49,009,124
       流動資産合計                                         2,898,414,682
      資産合計                                          2,898,414,682
     負債の部
      流動負債
       派生商品評価勘定                                            358,487
       未払利息                                               10
       流動負債合計                                            358,497
      負債合計                                             358,497
     純資産の部
      元本等
       元本                                         1,708,174,150
       剰余金
        剰余金又は欠損金(△)                                        1,189,882,035
       元本等合計                                         2,898,056,185
      純資産合計                                          2,898,056,185
     負債純資産合計                                           2,898,414,682
                                18/50







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                         株式

                                移動平均法に基づき、時価で評価しております。
                               時価評価にあたっては、原則として金融商品取引所
                               の最終相場で評価しております。
     2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法                         (1)株価指数先物取引

                                個別法に基づき、時価で評価しております。時価
                               評価にあたっては、金融商品取引所の発表する清算
                               値段等又は最終相場で評価しております。
                               (2)為替予約取引

                                個別法に基づき、計算日の対顧客先物売買相場の
                               仲値で評価しております。
                                当マザーファンドにおける派生商品評価勘定は、
                               当該先物取引に係るものであります。
     3.外貨建資産・負債の本邦通貨への換算基準                          信託財産に属する外貨建資産・負債の円換算は、

                               原則として、      計算日   の対顧客電信売買相場の仲値に
                               よって計算しております。
     4.収益及び費用の計上基準                         (1)受取配当金

                                原則として、株式の配当落ち日において、確定配
                               当金額又は予想配当金額を計上しております。
                               (2)有価証券売買等損益の計上基準

                                約定日基準で計上しております。
                               (3)派生商品取引等損益及び為替予約取引による

                               為替差損益の計上基準
                                約定日基準で計上しております。
     5.その他財務諸表作成のための基礎となる事項                         外貨建資産等の会計処理

                                外貨建資産等については、「投資信託財産の計算
                               に関する規則(平成12年総理府令第133号)」第60条
                               の規定に基づき、通貨の種類ごとに勘定を設けて、
                               邦貨建資産等と区分して整理する方法を採用してお
                               ります。従って、外貨の売買については、同規則第
                               61条の規定により処理し、為替差損益を算定してお
                               ります。
    (貸借対照表に関する注記)

                項目                     (令和5年9月6日現在)
     1.計算日における受益権の総数                                          1,708,174,150口

     2.「   投資信託財産の計算に関する規則(平成12年                      元本の欠損

      総理府令第133号)」第55条の6第10号に規定する                                               -円
      額
     3.1口当たり純資産額                                             1.6966円

       (10,000口当たり純資産額)                                         (16,966円)
                                19/50



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
      金融商品の時価等に関する事項
                         (令和5年9月6日現在)
     1.貸借対照表計上額、時価及びその差額

      貸借対照表上の金融商品については、原則としてすべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額と時
     価との差額はありません。
     2.時価の算定方法

     (1)株式
       (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載しております。
     (2)デリバティブ取引

       (デリバティブ取引等に関する注記)に記載しております。
     3.金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

      金融商品の時価の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場
     合、当該価額が異なることもあります。
      また  、 デリバティブ取引の契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示
     すものではありません。
    (有価証券に関する注記)

      該当事項はありません。
    (デリバティブ取引等に関する注記)

      取引の時価等に関する事項
      株式関連

                                (令和5年9月6日現在)
      区分        種類
                        契約額等(円)
                                      時価(円)         評価損益(円)
                             うち1年超
     市場取引      株価指数先物取引
            買建           64,032,991           -      64,097,310            64,319
            合計          64,032,991           -      64,097,310            64,319
    (注)1.時価の算定方法
          株価指数先物取引の時価については、金融商品取引所の発表する清算値段等又は最終相場で評価しており
          ます。
        2.株価指数先物取引の残高表示は、契約額によっております
        3.国内における対顧客電信売買相場の仲値により邦貨換算しております。
    (重要な後発事象に関する注記)

      該当事項はありません。
                                20/50





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (その他の注記)
      元本の変動
                         (自   令和5年3月7日
                          至    令和5年9月6日)
     期首元本額                                          1,884,411,575       円

     期中追加設定元本額                                           66,652,696円
     期中一部解約元本額                                           242,890,121円
     計算日における元本額                                          1,708,174,150円

     計算日における元本額の内訳              *

     PayPay投信      NYダウインデックス                                     397,946,998円
     米国平均株価インデックスファンド(為替ヘッジあり)                          (適格機関投資家私募)                1,310,227,152円
    (注)*は当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託ごとの元本額

                                21/50
















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
     原届出書「第二部 ファンド情報 第3 ファンドの経理状況 2 ファンドの現況」につきまし

    て、以下の内容に更新・訂正いたします。
    <更新・訂正後>

      【純資産額計算書】
                                   2023年9月29日現在
      Ⅰ 資産総額                              673,270,464      円
      Ⅱ 負債総額                                168,086    円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              673,102,378      円
      Ⅳ 発行済数量                              454,280,551      口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                1.4817    円
                                22/50
















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

    <訂正前>
      (1)資本金の額
        2023年3月末日        現在の資本金の額は金95百万円です。なお、発行可能株式総数は500,000株であ
        り、発行済株式総数は118,084株です。
                             (省 略)
      (2)会社の機構        (2023年4月1日現在)
                             (省 略)
    <訂正後>
      (1)資本金の額
        2023年9月末日        現在の資本金の額は金95百万円です。なお、発行可能株式総数は500,000株であ
        り、発行済株式総数は118,084株です。
                             (省 略)
      (2)会社の機構
                             (省 略)
                                23/50













                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【事業の内容及び営業の概況】
     原届出書「第三部 委託会社等の情報 第1 委託会社等の概況 2 事業の内容及び営業の概況」
    につきまして、以下の内容に更新・訂正いたします。
    <更新・訂正後>

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社であるPayPayアセットマネジメ
      ント株式会社は、証券投資信託の設定を行なうとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業
      者としてその運用(投資運用業)を行なっております。また、「金融商品取引法」に定める投資助言
      業務、第二種金融商品取引業務を行なっております。
       委託会社の運用する証券投資信託は                   2023年    9 月末日現在次の通りです(ただし、親投資信託を除き
      ます。)。
                                       純資産総額(百万円)

                種類              本数
                                    53           193,466
           追加型株式投資信託
                                    10           28,253
           単位型株式投資信託
           追加型公社債投資信託
                                     1           4,178
           単位型公社債投資信託
                                    64           225,898
                合計
                                24/50













                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
     原届出書「第三部 委託会社等の情報 第1 委託会社等の概況 3 委託会社等の経理状況」につ
    きまして、以下の内容に更新・訂正いたします。
    <更新・訂正後>

      1.財務諸表の作成方法について

       (1)  委託会社であるPayPayアセットマネジメント株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は
        「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務
        諸表等規則」という。)第2条の規定により、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に関する
        内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づき作成しております。
       (2)  財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。

      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第21期事業年度(自                                            2022年4月1日
      至  2023年3月31日)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けておりま
      す。
                                25/50














                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)【貸借対照表】
                             前事業年度                 当事業年度
                          (2022年3月31日現在)                 (2023年3月31日現在)
             区分
                              金 額                 金 額
      (資産の部)                        千円        千円        千円        千円
      Ⅰ 流 動 資 産
      1  現金・預金                             152,253                 296,638
      2  前払費用                             27,834                 33,317
      3  未収委託者報酬                             158,788                 174,129
      4  未収運用受託報酬                              6,409                 5,793
      5  未収還付法人税等                               206                 284
      6  未収還付消費税等                              2,147                 5,986
      7  その他                              7,408                 5,551
          流 動 資 産 合 計                             355,047                 521,700
      Ⅱ 固 定 資 産

      1  有形固定資産                             65,306                 57,295
        (1)建物         *1                     47,953                 44,069
        (2)器具備品       *1                     17,352                 13,225
      2  無形固定資産                              7,507                 4,578
        (1)ソフトウェア                     7,507                 4,578
      3  投資その他の資産                             81,599                136,927
        (1)投資有価証券                     34,571                 89,583
        (2)出資金                      173                 173
        (3)長期差入保証金                     46,855                 46,855
        (4)その他                       -                315
          固 定 資 産 合 計                             154,413                 198,801
           資 産 合 計                          509,461                 720,502
      (負債の部)
      Ⅰ 流 動 負 債
                                     9,632                 8,932
      1  預り金
                                     82,466                 88,828
      2  未払金
                            60,368                 64,672
        (1)未払手数料
                            22,097                 24,156
        (2)その他未払金
                                      450                4,477
      3  関係会社未払金
                                    140,000                    -
        関係会社短期借入金             *2
      4
                                     54,842                 36,335
      5  未払費用
                                     2,290                 2,290
      6  未払法人税等
                                     22,356                 29,830
      7  賞与引当金
                                     32,119                 10,664
      8  前受金
                                       -              11,526
      9  損害賠償引当金
          流 動 負 債 合 計                             344,157                 192,886
      Ⅱ 固 定 負 債

      1  繰延税金負債                              8,462                 8,611
      2  資産除去債務                             23,695                 23,719
      3  その他                              1,370                  357
          固 定 負 債 合 計                             33,528                 32,688
           負 債 合 計                          377,685                 225,574
      (純資産の部)
      Ⅰ 株 主 資 本
      1  資本金                             95,000                 95,000
      2  資本剰余金
        (1)資本準備金                    253,212                 648,213
        (2)その他資本剰余金                     57,136                462,136
          資本剰余金合計                             310,348                1,110,349
      3  利益剰余金
        (1)その他利益剰余金
           繰越利益剰余金                   △276,385                 △714,552
          利益剰余金合計                           △276,385                 △714,552
          株 主 資 本 合 計                             128,962                 490,796
      Ⅱ  評価・換算差額等
        (1)その他有価証券評価差額金                     2,813                 4,131
                                26/50

                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          評価・換算差額等合計                              2,813                 4,131
          純 資 産 合 計                           131,775                 494,928
       負 債 ・ 純 資 産 合 計                              509,461                 720,502
                                27/50




















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)【損益計算書】
                             前事業年度                 当事業年度
                          (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
             区分
                           至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
                              金 額                 金 額
                             千円        千円        千円        千円
      Ⅰ 営業収益
      1  委託者報酬                            892,538                 787,743
      2  運用受託報酬                             43,209                 33,180
      3  投資助言報酬                             39,391                 35,651
      4  その他営業収益                             2,005                 2,005
            営業収益計                            977,144                 858,581
      Ⅱ 営業費用

      1  支払手数料                            244,395                 240,844
      2  広告宣伝費                             31,311                 25,716
      3  調査費                            306,089                 238,758
        (1)調査費                    46,369                 54,056
        (2)委託調査費                    259,720                 184,701
      4  委託計算費                             91,199                 91,236
      5  振替投信費                             4,332                 3,930
      6  営業雑経費                             17,861                 15,353
        (1)通信費                     8,330                 8,481
        (2)印刷費                     2,630                 2,295
        (3)諸会費                     2,459                 2,434
        (4)その他                     4,440                 2,143
            営業費用計                            695,190                 615,840
      Ⅲ 一般管理費

      1  給与                            385,202                 427,335
        (1)役員報酬                    38,286                 36,772
        (2)給与・手当                    303,230                 313,299
        (3)賞与引当金繰入額                    22,356                 29,830
        (4)賞与                     2,005                 7,797
        (5)その他報酬給料                    19,323                 39,635
      2  事務委託費                             36,753                 81,523
      3  交際費                              361                 516
      4  旅費交通費                             1,487                 4,662
      5  租税公課                             2,003                 4,550
      6  不動産賃借料                             44,550                 44,822
      7  退職給付費用                             5,528                 5,831
      8  福利厚生費                             47,666                 58,454
      9  固定資産減価償却費                             16,793                 13,714
      10  諸経費                             22,782                 23,907
            一般管理費計                            563,128                 665,319
         営業損失(△)                           △281,173                 △422,578
      Ⅳ 営業外収益
      1  受取配当金                              118                 120
      2  投資有価証券償還益                              725                1,034
      3  投資有価証券評価益                              103                 96
      4  雑収入                             1,706                  364
            営業外収益計                         2,654                 1,616
      Ⅴ 営業外費用
      1  為替差損                               32                 15
      2  事務過誤損失                               -               1,927
      3  支払利息                              615                1,993
      4  損害賠償引当金繰入額                               -              11,526
            営業外費用計                          647               15,461
         経常損失(△)                           △279,166                 △436,424
      Ⅵ 特別損失
       1 固定資産除却損                     *1                 -
                                                        0
            特別損失計                                  -                 0
        税引前当期純損失(△)                            △279,166                 △436,424
                                28/50

                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      Ⅶ 法人税等

      1  法人税、住民税及び事業税                     2,290                 2,290
      2  法人税等調整額                     △542                 △547
            法人税等合計                         1,747                 1,742
        当期純損失(△)                            △280,914                 △438,166
                                29/50



















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金             資本剰余金                  利益剰余金
                          資本準備金       その他資本       資本剰余金       その他利益       利益剰余金
                                 剰余金       合計       剰余金       合計
                                               繰越利益剰
                                               余金
      当期首残高                95,000       253,212        57,136       310,348        4,528       4,528
      当期変動額
       当期純損失                                           △280,914       △280,914
       株主資本以外の項目の
       当期変動額(純額)
      当期変動額合計                  -       -       -       -   △280,914       △280,914
      当期末残高                95,000       253,212        57,136       310,348      △276,385       △276,385
                   株主資本         評価・換算差額等            純資産合計

                   株主資本       その他有価       評価・換算
                   合計       証券評価差       差額等合計
                          額金
      当期首残高               409,876        2,281       2,281      412,157

      当期変動額
       当期純損失
                    △280,914                     △280,914
       株主資本以外の項目の
                              532       532       532
       当期変動額(純額)
      当期変動額合計              △280,914          532       532    △280,381
      当期末残高               128,962        2,813       2,813      131,775
                                30/50








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
                                                     (単位:千円)

                                      株主資本
                     資本金             資本剰余金                 利益剰余金
                           資本準備金       その他資本       資本剰余金       その他利益       利益剰余金
                                  剰余金       合計       剰余金       合計
                                                繰越利益
                                                剰余金
       当期首残高               95,000      253,212       57,136      310,348      △276,385       △276,385
       当期変動額
        新株の発行              405,000       395,001              395,001
        減資             △405,000               405,000       405,000
        当期純損失(△)                                        △438,166       △438,166
        株主資本以外の項目の
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計                      395,001       405,000       800,001      △438,166       △438,166
                         -
       当期末残高               95,000      648,213       462,136      1,110,349       △714,552       △714,552
                     株主資本         評価・換算差額等            純資産合計

                    株主資本合       その他有価       評価・換算
                    計       証券評価差       差額等合計
                           額金
       当期首残高               128,962        2,813       2,813      131,775

       当期変動額
        新株の発行              800,001                     800,001
        減資                 -                     -
        当期純損失(△)             △438,166                     △438,166
        株主資本以外の項目の
                              1,317       1,317       1,317
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計               361,834        1,317       1,317      363,152
       当期末残高               490,796        4,131       4,131      494,928
                                31/50






                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (重要な会計方針)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法                   その他有価証券
                          市場価格のない株式等以外のもの
                           会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純
                           資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
                           を採用しております。
                          市場価格のない株式等
                           移動平均法による原価法を採用しております。
                         (1)  有形固定資産
      2 固定資産の減価償却の方法
                          定率法によっております。
                          ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備について
                          は、定額法を採用しております。
                          なお、主な耐用年数は、建物3~15年、器具備品3~15年です。
                         (2)  無形固定資産
                          自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間
                          (5年)に基づく定額法によっております。
      3 引当金の計上基準                   賞与引当金
                          従業員に対する賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のう
                          ち当事業年度の負担額を計上しております。
                         損害賠償引当金
                          将来において発生する可能性がある損害賠償に備えるため、損失
                          の見込額を計上しております。
      4 収益及び費用の計上基準                   当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主
                         な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する通常の時点(収益を
                         認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
                         (1)  投資信託委託業務
                          投資信託委託業務においては、投資信託契約に基づき信託財産の
                          運用指図等を行っております。
                          当該契約については、運用期間にわたり履行義務が充足されるた
                          め、履行義務を充足するにつれて一定の期間にわたり収益を認識
                          しております。
                         (2)  投資運用業務
                          投資運用業務においては、投資一任契約に基づき、顧客資産を一
                          任して運用指図等を行っております。
                          当該契約については、運用期間にわたり履行義務が充足されるた
                          め、履行義務を充足するにつれて一定の期間にわたり収益を認識
                          しております。
                         (3)  投資助言業務
                          投資助言業務においては、投資助言契約に基づき、運用に関する
                          投資判断の助言等を行っております。
                          当該契約については、助言期間にわたり履行義務が充足されるた
                          め、履行義務を充足するにつれて一定の期間にわたり収益を認識
                          しております。
    (重要な会計上の見積り)

      固定資産に係る評価
      (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
       建物      44,069千円
       器具備品    13,225千円
       ソフトウェア            4,578千円
                                32/50




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報
       当社は、アセット・マネジメント事業の単一事業を営んでおり、当社の取締役会で承認した事業
      計画に基づき固定資産の減損の兆候の有無を判断した結果、当事業年度において減損の兆候が認め
      られておりますが、事業計画に基づき見積られた割引前将来キャッシュ・フローの総額が固定資産
      の帳簿価額を上回っていることから、減損損失は計上しておりません。事業計画は、今後の当社の
      事業構想をベースとする将来の運用資産の伸びに対し、一定の仮定を置いて策定しております。事
      業計画に含まれる仮定には一定の不確実性が残るため、計画進捗において大幅な遅れが発生する
      等、資産グループの収益性の低下が確認された場合には、翌事業年度において、減損損失を認識す
      る可能性があります。
    (会計方針の変更)

      (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                         2021年6月17日。以
      下「時価算定基準適用指針」という。)を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指
      針第27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計基準
      を将来にわたって適用することとしております。これによる財務諸表に与える影響はありません。
      なお、「金融商品関係」注記の金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項における投資信
      託に関する注記事項においては、時価算定基準適用指針第27-3項に従って、前事業年度に係るもの
      については記載しておりません。
      (未適用の会計基準)

      「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」(企業会計基準第27号                                        2022年10月28日)
      「包括利益の表示に関する会計基準」(企業会計基準第25号                                 2022年10月28日)
      「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号                                        2022年10月28日)
       (1)  概要

       その他の包括利益に対して課税される場合の法人税等の計上区分及びグループ法人税制が適用され
       る場合の子会社株式等の売却に係る税効果の取扱いを定めるもの。
       (2)  適用予定日

       2026年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)  当該会計基準等の適用による影響

       当該会計基準等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。
                                33/50







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表関係)
                前事業年度                         当事業年度
             (2022年3月31日現在)                         (2023年3月31日現在)
      *1 有形固定資産の減価償却累計額は、44,559千円                         *1 有形固定資産の減価償却累計額は、51,159千円

       であります。                         であります。
      *2 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、                         *2   当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、

       親会社であるZホールディングス株式会社及びその                         親会社であるZホールディングス株式会社と極度貸
       他の関係会社であるアストマックス株式会社と極                         付契約を締結しております。この契約に係る借入
       度貸付契約を締結しております。この契約に係る                         未実行残高は次のとおりであります。なお、2023
       借入未実行残高は次のとおりであります。                         年5月31日をもって極度貸付契約を終了しておりま
           極度額    400,000千円                     す。
           借入実行残高 140,000千円                         極度額    300,000千円
           差引額    260,000千円                         借入実行残高              -千円
                                     差引額    300,000千円
    (損益計算書関係)

               前事業年度                         当事業年度
             (自 2021年4月1日                         (自 2022年4月1日
              至 2022年3月31日)                           至 2023年3月31日)
                                      *1固定資産除却損の内訳
                  -
                                        器具備品 0千円
    (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
      1.発行済株式に関する事項
        株式の種類         当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
      普通株式(株)                71,129             -          -        71,129
      合計                71,129             -          -        71,129
      2.配当金に関する事項

       (1)  配当金支払額
        該当事項はありません。
       (2)  基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

        該当事項はありません。
      当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

      1.発行済株式に関する事項
        株式の種類         当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
      普通株式(株)                71,129          46,955             -       118,084
      合計                71,129          46,955             -       118,084
     (注)普通株式の発行済株式総数の増加46,955株は、第三者割当による新株の発行による増加であります。
      2.配当金に関する事項

       (1)  配当金支払額
        該当事項はありません。
       (2)  基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

        該当事項はありません。
                                34/50



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)  金融商品に対する取組方針
         当社は、短期的な運転資金確保の観点から、資金運用については短期的な預金等に限定してお
        ります。また、当社は親会社等からの借入により資金を調達しております。
       (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         営業債権である未収委託者報酬、未収運用受託報酬及び未収投資助言報酬は、投資運用業及び
        投資助言業等からの債権であり、信用リスクに晒されておりますが、会社で定められた手続に従
        い管理しておりますので投資運用業者等の性格上そのリスクは軽微であると考えております。
         営業債務である未払金、未払手数料、未払費用は、投資運用業及び投資助言業等の債務であ
        り、会社で定められた手続に従い管理しております。
       (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定さ
        れた価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異な
        る前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

       前事業年度(2022年3月31日現在)
        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、市場価格
       のない株式等(注)は、次表には含めておりません。また、短期間で決済されるため時価が簿価に
       近似する金融商品は、記載を省略しております。
                            貸借対照表計上額            時価          差額
                              (千円)         (千円)          (千円)
         (1)   投資有価証券                     34,538         34,538            -
         (2)   長期差入保証金                     46,855         44,917         △1,937
        (注)市場価格のない株式等は次のとおりであり、上表には含めておりません。

                   区分                   貸借対照表計上額(千円)
             投資有価証券(匿名組合出資金)
                                                      33
                   出資金
                                                      173
       当事業年度(2023年3月31日現在)

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、市場価格
       のない株式等(注)は、次表には含めておりません。また、短期間で決済されるため時価が簿価に
       近似する金融商品は、記載を省略しております。
                            貸借対照表計上額            時価          差額
                              (千円)         (千円)          (千円)
         (1)   投資有価証券                     89,553         89,553            -
         (2)   長期差入保証金                     46,855         44,207         △2,647
        (注)市場価格のない株式等は次のとおりであり、上表には含めておりません。

                   区分                   貸借対照表計上額(千円)
             投資有価証券(匿名組合出資金)
                                                      30
                   出資金
                                                      173
      3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つ
      のレベルに分類しております。
       レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される
                当該時価の算定の対象となる資産または負債に関する相場価格により算定した時
                価
       レベル2の時価:観察可能な時価に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算
                定に係るインプットを用いて算定した時価
                                35/50



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
                時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それ
                らのインプットがそれぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が
                最も低いレベルに時価を分類しております。
       (1)  時価で貸借対照表に計上している金融商品

        前事業年度(2022年3月31日現在)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                         2019年7月4日)
         第26項に定める経過措置を適用した貸借対照表における投資信託等の金額は、34,538千円であ
        ります。
        当事業年度(2023年3月31日現在)

                                                (単位:千円)
                                    時価
             区分
                     レベル1         レベル2         レベル3          合計
           投資有価証券                -
                                 89,553            -       89,553
            資産計              -
                                 89,553            -       89,553
        (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
           資産
            投資有価証券
             市場における取引価格が存在しない投資信託について、解約又は買戻請求に関して市場参加者からリス
             クの対価を求められるほどの重要な制限がない場合には基準価額を時価とし、レベル2の時価に分類し
             ております。
       (2)  時価で貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

        前事業年度(2022年3月31日現在)
                                                (単位:千円)
                                    時価
             区分
                     レベル1         レベル2         レベル3          合計
          長期差入保証金                -
                                 44,917            -       44,917
            資産計              -
                                 44,917            -       44,917
        (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
           資産
            長期差入保証金
             返還時期を見積ったうえ、将来キャッシュ・フローを国債の利回りで割り引いた現在価値により算出し
             た価格を時価としており、レベル2の時価に分類しております。
        当事業年度(2023年3月31日現在)

                                                (単位:千円)
                                    時価
             区分
                                                  合計
                     レベル1         レベル2         レベル3
          長期差入保証金                -
                                 44,207            -       44,207
            資産計              -
                                 44,207            -       44,207
        (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
           資産
            長期差入保証金
             返還時期を見積ったうえ、将来キャッシュ・フローを国債の利回り等で割り引いた現在価値により算出
             した価格を時価としており、レベル2の時価に分類しております。
                                36/50





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      4.金銭債権の償還予定額、有利子負債の返済予定額
       (1)  金銭債権の決算日後の償還予定額
        前事業年度(2022年3月31日現在)
                                                (単位:千円)
                        1年以内           1年超5年内             5年超
          現金・預金                  152,253              -           -
          未収委託者報酬                  158,788              -           -
          未収運用受託報酬                   6,409             -           -
          長期差入保証金                     -           -         46,855
        当事業年度(2023年3月31日現在)

                                                (単位:千円)
                        1年以内           1年超5年内             5年超
                                          -           -
          現金・預金                  296,638
                                          -           -
          未収委託者報酬                  174,129
                                          -           -
          未収運用受託報酬                   5,793
                               -           -
          長期差入保証金                                         46,855
       (2)  有利子負債の決算日後の返済予定額

        前事業年度(2022年3月31日現在)
                                                (単位:千円)
                        1年以内           1年超5年内             5年超
          関係会社短期借入金                  140,000              -           -
        当事業年度(2023年3月31日現在)

         該当事項はありません。
    (有価証券関係)

      1.その他有価証券
       前事業年度(2022年3月31日現在)
                                                 (単位:千円)
                      貸借対照表日における
              区分                      取得原価            差額
                       貸借対照表計上額
         貸借対照表計上額が取得
                             29,901           25,500            4,401
         原価を超えるもの
              小計               29,901           25,500            4,401
         貸借対照表計上額が取得
                             4,636           4,737           △100
         原価を超えないもの
              小計                4,636           4,737           △100
              合計               34,538           30,237            4,300
        (注)1.取得原価の内訳
             投資信託受益証券                30,237千円
       当事業年度(2023年3月31日現在)

                                                 (単位:千円)
                      貸借対照表日における
              区分                      取得原価            差額
                       貸借対照表計上額
         貸借対照表計上額が取得
                             82,859           76,237            6,622
         原価を超えるもの
              小計               82,859           76,237            6,622
         貸借対照表計上額が取得
                             6,693           7,000           △306
         原価を超えないもの
              小計                6,693           7,000           △306
              合計               89,553           83,237            6,315
        (注)1.取得原価の内訳
             投資信託受益証券                83,237千円
      2.償還したその他有価証券

                                37/50


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                 (単位:千円)
              種類            償還額         償還益の合計額           償還損の合計額
         投資信託受益証券                    9,965            878           153
              合計                9,965            878           153
       当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                 (単位:千円)
              種類            償還額         償還益の合計額           償還損の合計額
         投資信託受益証券                    9,034           1,279            244
              合計                9,034           1,279            244
    (デリバティブ取引関係)

      当社はデリバティブ取引を利用していないため、該当事項はありません。
    (退職給付関係)

      1.採用している退職給付制度の概要
       当社では、確定拠出年金制度を採用しております。
      2.確定拠出制度
       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度(自                             2021年4月1日 至           2022年3月31日)
      5,528千円、当事業年度(自                2022年4月1日 至           2023年3月31日)5,831千円であります。
    (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                  (単位:千円)
                                前事業年度                当事業年度
                              (2022年3月31日)                (2023年3月31日)
        (繰延税金資産)
          賞与引当金                          7,733               10,318
          未払法定福利費                          1,089               1,571
          未払退職金
                                     474               123
          投資有価証券評価損                           263               301
          繰越欠損金                         174,828               318,604
          資産除去債務                          8,196               8,204
          繰延資産償却費                           660               421
          損失補填引当金                            -             3,986
                                     114               240
          その他
              繰延税金資産小計                         193,361               343,772
          税務上の繰越欠損金に係る評価性引
                                  △174,828               △318,604
          当額(注2)
          将来減算一時差異等の合計に係る評
                                   △18,532               △25,167
          価性引当額
          評価性引当額       小計(注1)
                                  △193,361               △343,772
          繰延税金資産合計
                                      -               -
        (繰延税金負債)
          資産除去債務に対応する除去費用
                                   △6,951               △6,406
          その他有価証券評価差額金
                                   △1,487               △2,184
          その他
                                     △23               △20
          繰延税金負債合計                         △8,462               △8,611
          繰延税金資産(△負債)の純額
                                   △8,462               △8,611
         (注1)評価性引当額が150,411増加しております。この増加の主な要因は、繰越欠損金に係る将来減算一時差異
            の増加143,775千円に伴うものであります。
                                38/50


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (注2)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰延期限別の金額
         前事業年度(2022年3月31日)                           (単位:千円)

                      1年超      2年超      3年超      4年超
               1年以内                                5年超      合計
                     2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
       税務上の繰越
                   -      -      -      -      -   174,828      174,828
       欠損金(※1)
       評価性引当額            -      -      -      -      -  △174,828      △174,828
       繰延税金資産            -      -      -      -      -      -      -
         (※1)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         当事業年度(2023年3月31日)                           (単位:千円)

                      1年超      2年超      3年超      4年超
               1年以内                                5年超      合計
                     2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
       税務上の繰越
                   -      -      -      -      -   318,604      318,604
       欠損金(※1)
       評価性引当額            -      -      -      -      -  △318,604      △318,604
       繰延税金資産            -      -      -      -      -      -      -
         (※1)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                    前事業年度             当事業年度
                                  (2022年3月31日)             (2023年3月31日)
       法定実効税率                               34.59   %          34.59   %
       (調整)
                                                   △0.52   %
        住民税均等割額                             △0.82   %
                                                  △34.46    %
        評価性引当額の増減額                             △34.40    %
                                                    0.00  %
        その他                              0.00  %
                                                   △0.40   %
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                               △0.63   %
    (資産除去債務関係)

      資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
      1.当該資産除去債務の概要
       不動産賃借契約に基づく本社オフィスの退去時における原状回復費
      2.当該資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を主として取得から15年と見積り、使用見込期間に対応した割引率として国債の利回
      りを使用して資産除去債務金額を計算しております。
      3.当該資産除去債務の総額の増減

                          前事業年度               当事業年度
                      (2022年3月31日現在)               (2023年3月31日現在)
        期首残高                      23,672千円               23,695千円
        時の経過による調整額                        23千円               23千円
        期末残高                      23,695千円               23,719千円
                                39/50






                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)
      1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
                             前事業年度                当事業年度
                           (自2021年4月1日                (自2022年4月1日
                            至2022年3月31日)                    至2023年3月31日)
        投資信託委託業務                          892,538千円                787,743千円
        投資運用業務                          43,209千円                33,180千円
        投資助言業務                          39,391千円                35,651千円
        その他                           2,005千円                2,005千円
        顧客との契約から生じる収益                          977,144千円                858,581千円
      2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

       (重要な会計方針)の「4              収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
      3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに

       当事業年度末において存在する顧客との契約から翌事業年度以降に認識すると見込まれる収益の金
       額及び時期に関する情報
       (1)  契約負債の残高等

        契約負債の内訳は以下のとおりであります。
                             前事業年度                当事業年度
                          (2022年3月31日現在)                (2023年3月31日現在)
                                   134千円               32,119千円
        前受金(期首残高)
        前受金(期末残高)                          32,119千円                10,664千円
        契約負債は、主に、投資顧問契約及び私募の取扱契約における顧客から受け取った前受金に関す
       るものであります。契約負債は収益の認識に伴い取り崩されます。
        当事業年度に認識された収益の額のうち期首の契約負債残高に含まれていた額は、32,119千円で
       あります。
       (2)  残存履行義務に配分した取引価格

        当初の予想契約期間が1年を超える重要な取引がないため、実務上の便法を適用し、残存履行義
       務に関する情報の記載を省略しております。
    (セグメント情報等)

    (セグメント情報)
      当社は、アセット・マネジメント事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    (関連情報)

      前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
       当社の製品・サービス区分は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製品・サービ
      スごとの営業収益の記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  営業収益
                                             (単位:千円)
            日本         ケイマン諸島             その他            合計
              968,601            3,209           5,334          977,144
       (注)営業収益の地域区分は、契約相手方の所在地(ファンドの場合は組成地)を基礎として分類しております。
       (2)  有形固定資産

        当社は、本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                40/50


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       委託者報酬については、一部営業収益の10%以上を占める投資信託があるものの、委託者報酬を最
      終的に負担する受益者は不特定多数のため、記載を省略しております。
       運用受託報酬・投資助言報酬・その他営業収益については、営業収益の10%以上を占める単一の外
      部顧客がないため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
       当社の製品・サービス区分は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製品・サービ
      スごとの営業収益の記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  営業収益
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
       (2)  有形固定資産

        当社は、本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3.主要な顧客ごとの情報

       委託者報酬については、一部営業収益の10%以上を占める投資信託があるものの、委託者報酬を最
      終的に負担する受益者は制度上把握していないため、記載を省略しております。
       運用受託報酬・投資助言報酬・その他営業収益については、営業収益の10%以上を占める単一の外
      部顧客がないため、記載を省略しております。
    (関連当事者情報)

      1.関連当事者との取引
       (1)  財務諸表提出会社の親会社及び法人主要株主(会社等に限る。)等
        前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                            議決権等の所有
                    資本金                           取引金額         期末残高
          会社等の              事業の内          関連当事者と
                            (被所有)割合
      種類          所在地                         取引の内容            科目
           名称              容          の関係
                   (百万円)                            (千円)         (千円)
                              (%)
                                         資金の借入        80,000
                        情報提供     (被所有)                      関係会社短
         Zホールディン       東京都                   極度貸付契約                       70,000
                                         資金の返済
     親会社                   サービス      間接                      期借入金
                     237,980                            10,000
         グス株式会社      千代田区                    の締結
                                                           -
                         業等                           未払利息
                                        支払利息(注2)
                              50.1
                                                  307
                                         業務委託料
                                                 4,110    -      -
                                  役員の兼務、
                                            (注1)
                        総合エネ     (被所有)
     その他の    アストマックス       東京都                    業務委託
                        ルギー事      直接
                     2,013
                                         資金の借入        80,000
                                                   関係会社短
     関係会社     株式会社      品川区                   極度貸付契約
                                                         70,000
                         業
                                         資金の返済
                              49.9
                                                    期借入金
                                                10,000
                                    の締結
                                                           -
                                                    未払利息
                                        支払利息(注2)
                                                  307
    上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
    取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1)業務委託料については、委託業務の内容を勘案し、両社協議の上決定しております。
     (注2)借入金の金利は、市場金利を勘案して決定しております。
        当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                            議決権等の所有
                    資本金                           取引金額         期末残高
          会社等の              事業の内          関連当事者と
                            (被所有)割合
      種類          所在地                         取引の内容            科目
           名称              容          の関係
                   (百万円)                            (千円)         (千円)
                              (%)
                                         資金の借入       240,000
                        情報提供     (被所有)                      関係会社短
         Zホールディン       東京都                   極度貸付契約                         -
                                         資金の返済
     親会社                   サービス      間接                      期借入金
                     247,094                           170,000
         グス株式会社      千代田区                    の締結
                                                           -
                         業等                           未払利息
                                        支払利息(注3)
                              50.1
                                                 1,631
                                         業務委託料
                                                 1,276    -      -
                                  役員の兼務、
                                            (注2)
                        総合エネ     (被所有)
         アストマックス
     その他の           東京都                    業務委託
                        ルギー事      直接
                     2,013
                                         資金の借入        70,000
                                                   関係会社短
     関係会社           品川区                   極度貸付契約
         株式会社(注1)
                                                           -
                         業
                              49.9
                                         資金の返済
                                                    期借入金
                                                140,000
                                    の締結
                                                           -
                                                    未払利息
                                        支払利息(注3)
                                                  361
    上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
                                41/50



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    取引条件及び取引条件の決定方針等
    (注1)アストマックス株式会社は、当社株式を2022年8月1日に売却したことにより、関連当事者に該当しないことと
        なっております。このため、取引金額には関連当事者であった期間の金額、議決権の所有(被所有)割合及び期末
        残高には関連当事者に該当しなくなった時点の数値及び金額を記載しております。
    (注2)業務委託料については、委託業務の内容を勘案し、両社協議の上決定しております。
    (注3)借入金の金利は、市場金利を勘案して決定しております。
       (2)  財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

        該当事項はありません。
       (3)  財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子

        会社等
        前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                              議決権等の所
                     資本金                          取引金額        期末残高
            会社等の                        関連当事者との
                              有(被所有)
       種類          所在地        事業の内容                 取引の内容          科目
             名称                         関係
                     (百万円)                           (千円)        (千円)
                               割合(%)
            株式会社
     財務諸表作成会                                役員の兼務、
            Magne-Max
                                          投資顧問料
                 大阪府
     社と同一の親会                     投資助言業          投資顧問契約の                未払費用
                        95        -                56,678        18,308
            Capital
                 大阪市
                                            (注1)
     社をもつ会社                                 締結
           Management
                                          投資顧問料
           アストマック
                         アセットマ          投資顧問契約、
                                          私募取扱手
     その他の関係会       ス・ファン     東京都品                                34,057
                         ネジメント          私募の取扱契約                前受金
                        0.2         -                         32,119
                                           数料
     社の子会社      ド・マネジメ       川区
                                                 2,005
                           事業           の締結
           ント株式会社
                                            (注2)
    上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
    取引条件及び取引条件の決定方針等
    (注1)投資顧問料については、投資顧問契約の内容を勘案し、両社協議の上決定しております。
    (注2)投資顧問料及び私募取扱手数料については、投資顧問契約及び私募の取扱契約の内容を勘案し、両社協議の上決
        定しております。
        当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                              議決権等の所
                     資本金                          取引金額        期末残高
            会社等の                        関連当事者との
                              有(被所有)
       種類          所在地        事業の内容                 取引の内容          科目
             名称                         関係
                     (百万円)                           (千円)        (千円)
                               割合(%)
            株式会社
            Magne-Max
     財務諸表作成会                                役員の兼務、
                                          投資顧問料
                 大阪府
            Capital
     社と同一の親会                     投資助言業          投資顧問契約の                未払費用
                        95        -                32,205          -
                 大阪市
                                            (注2)
     社をもつ会社                                 締結
           Management
            (注1)
           アストマック
                                          投資顧問料
           ス・ファン
                         アセットマ          投資顧問契約、
                                          私募取扱手
     その他の関係会            東京都品                                12,283
           ド・マネジメ
                         ネジメント          私募の取扱契約                前受金
                        0.2         -                         17,870
                                           数料
     社の子会社            川区
                                                  670
           ント株式会社
                           事業           の締結
                                            (注4)
            (注3)
    上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
    取引条件及び取引条件の決定方針等
    (注1)当社は、2023年2月1日付で株式会社Magne-Max                         Capital    Managementより同社が当社を顧客として営む投資助言事
        業全ての譲渡を受けました。そのため、取引金額は取引のあった期間(2022年4月から2023年2月)の取引金額
        を、期末残高は譲渡実行月の残高(2023年2月)を記載しております。
    (注2)    投資顧問料については、投資顧問契約の内容を勘案し、両社協議の上決定しております。
    (注3)アストマックス・ファンド・マネジメント株式会社の親会社であるアストマックス株式会社が当社株式を2022年8
        月1日に売却したことにより、関連当事者に該当しないこととなっております。このため、取引金額には関連当事
        者であった期間の金額、議決権の所有(被所有)割合及び期末残高には関連当事者に該当しなくなった時点の数値
        及び金額を記載しております。
    (注4)投資顧問料及び私募取扱手数料については、投資顧問契約及び私募の取扱契約の内容を勘案し、両社協議の上決
        定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       (1)  親会社情報
        ソフトバンクグループ株式会社(東京証券取引所に上場)
        ソフトバンクグループジャパン株式会社(非上場)
                                42/50


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ソフトバンク株式会社(東京証券取引所に上場)
        Aホールディングス株式会社(非上場)
        Zホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
        Zフィナンシャル株式会社(非上場)
       (2)  重要な関連会社の要約財務情報

        該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

                            前事業年度              当事業年度
                         (自   2021年4月1日            (自   2022年4月1日
                          至    2022年3月31日)             至    2023年3月31日)
      1株当たり純資産額                         1,852円63銭              4,191円32銭
      1株当たり当期純損失金額(△)                        △3,949円36銭              △4,257円48銭
      潜在株式調整後1株当たり当期純利
                              -              -
      益金額
                        潜在株式調整後1株当たり当              潜在株式調整後1株当たり当
                        期純利益金額については、              期純利益金額については、
                        潜在株式が存在しないため              潜在株式が存在しないため
                        記載しておりません。              記載しておりません。
      (注1)1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                            前事業年度              当事業年度
                         (2022年3月31日現在)              (2023年3月31日現在)
      純資産の部の合計額                         131,775千円              494,928千円
      普通株式に係る期末の純資産額                         131,775千円              494,928千円
      普通株式の発行済株式数                           71,129株              118,084株
      1株当たり純資産額の算定に用いら
                                 71,129株              118,084株
      れた期末の普通株式の数
      (注2)1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                            前事業年度              当事業年度
                         (自   2021年4月1日            (自   2022年4月1日
                          至  2022年3月31日)             至  2023年3月31日)
      当期純損失金額(△)                        △280,914千円              △438,166千円
      普通株式に係る当期純損失金額
                              △280,914千円              △438,166千円
      (△)
      普通株式の期中平均株式数                           71,129株              102,917株
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                43/50






                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【その他】
    <訂正前>
      (1)  定款の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項
        委託会社は、2023年1月24日開催の取締役会並びに2023年2月3日の臨時株主総会決議に基づ
        き、2023年3月20日を効力発生日として減資を行ないました。当該減資の結果、資本金は95百万
        円となりました。資本金の額の減少額全額は、その他資本剰余金に計上いたしました。
                             (省 略)
    <訂正後>
      (1)  定款の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項
        該当事項はありません。
                             (省 略)
                                44/50
















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    <訂正前>
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      (1)  三井住友信託銀行株式会社(「受託会社」)
       ① 資本金の額
         2022年9月末日        現在、342,037        百万円
                             (省 略)
         <再信託受託会社の概要>
          名称  :株式会社日本カストディ銀行
          資本金の額      :51,000百万円(          2022年9月末日        現在)
                             (省 略)
      (2)  販売会社
                                      (資本金の額       は 2022年9月末日        現在  )
                               資本金の額

                 名称                           事業の内容
                               (百万円)
                                      「銀行法」に基づき銀行業を営んで
                                   ※1
       PayPay銀行株式会社
                               72,216
                                      います。
                                 48,323
       株式会社SBI証券
                                  7,196
       auカブコム証券株式会社
                                      「金融商品取引法」に定める第一種
                                      金融商品取引業を営んでいます。
                                 11,945
       松井証券株式会社
                                 12,200
       マネックス証券株式会社
                              資本金の額は(1)①、事業の内容は(1)②をご参照
                     ※2
       三井住友信託銀行株式会社
                              ください。
       ※1PayPay銀行株式会社は2022年12月14日現在
                             (省 略)
    <訂正後>
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      (1)  三井住友信託銀行株式会社(「受託会社」)
       ① 資本金の額
         2023年3月末日        現在、342,037        百万円
                             (省 略)
         <再信託受託会社の概要>
          名称  :株式会社日本カストディ銀行
          資本金の額      :51,000百万円(          2023年3月末日        現在)
                             (省 略)
                                45/50





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)  販売会社
                                      (資本金の額       は 2023年3月末日        現在  )
                               資本金の額

                 名称                           事業の内容
                               (百万円)
                                      「銀行法」に基づき銀行業を営んで
                                 72,216
       PayPay銀行株式会社
                                      います。
                                 48,323
       株式会社SBI証券
                                  7,196
       auカブコム証券株式会社
                                      「金融商品取引法」に定める第一種
                                 11,945
       松井証券株式会社
                                      金融商品取引業を営んでいます。
                                 12,200
       マネックス証券株式会社
                                   ※1
       PayPay証券株式会社
                               15,224
                              資本金の額は(1)①、事業の内容は(1)②をご参照
                     ※2
       三井住友信託銀行株式会社
                              ください。
       ※1PayPay証券株式会社は2023年4月10日現在
                             (省 略)
                                46/50














                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    独立監査人の中間監査報告書

                                                   令和5年11月10日

    PayPayアセットマネジメント株式会社

       取   締   役   会    御    中

                   有限責任監査法人ト ー マ ツ

                       東   京   事   務   所
                    指定有限責任社員

                             公認会計士
                                   百    瀬    和    政
                    業 務 執 行 社 員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの
    経理状況」に掲げられているPayPay投信                      NYダウインデックスの令和5年3月7日から令和5年9月6日まで
    の中間計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間注
    記表について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
    作成基準に準拠して、PayPay投信                   NYダウインデックスの令和5年9月6日現在の信託財産の状態及び同日
    をもって終了する中間計算期間(令和5年3月7日から令和5年9月6日まで)の損益の状況に関する有用な
    情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、                                            PayPayアセットマネ
    ジメント株式会社          及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果た
    している。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断
    している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
    運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
    に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
                                47/50



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表
    示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監
    査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正
    又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽
      表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判
      断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中
      間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬に
      よる中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に
      必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸
      表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理
      性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な
      不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場
      合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性
      に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明
      することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
      いるが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
      作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及
      び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどう
      かを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

      PayPayアセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認
    会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     ※1.上記は、当社が中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は

        当社が別途保管しております。
      2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
    次へ

                                48/50


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の監査報告書

                                                    2023年6月22日

    PayPayアセットマネジメント株式会社

       取   締   役   会    御    中

                       有限責任監査法人ト ー マ ツ

                          東   京   事   務   所
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                       百    瀬    和    政
                        業 務 執 行 社 員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等
    の経理状況」に掲げられているPayPayアセットマネジメント株式会社の2022年4月1日から2023年3月31
    日までの第21期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重
    要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
    拠して、PayPayアセットマネジメント株式会社の2023年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了
    する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
    査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
    監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人と
    してのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
    査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

      その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監
    査報告書以外の情報である。
      当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる
    作業も実施していない。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
    成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で
    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                49/50




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
    要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
    表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
    に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
    があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
    職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
      応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見
      表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内
      部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見
      積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確
      実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
      は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められ
      ている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状
      況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財
      務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統
    制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
     ※1.上記は、当社が監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社
        が別途保管しております。
      2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                50/50







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。