ファイブスター投信投資顧問株式会社 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 ファイブスター投信投資顧問株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】

                          有価証券届出書

    【提出書類】
                          関東財務局長

    【提出先】
                          2023年11月28日

    【提出日】
                          ファイブスター投信投資顧問株式会社

    【発行者名】
                          代表取締役社長 篠原 直人

    【代表者の役職氏名】
                          東京都中央区入船一丁目2番9号

    【本店の所在の場所】
                          八丁堀MFビル
                          谷内 恒司

    【事務連絡者氏名】
                          03-3523-9556

    【電話番号】
    【届出の対象とした募集内国投資信託                     MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・ファンド

    受益証券に係るファンドの名称】
    【届出の対象とした募集内国投資信託                     上限5,000億円

    受益証券の金額】
    【縦覧に供する場所】                     該当事項はありません。

                                  1/107











                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部      【証券情報】
     (1)  【ファンドの名称】

        MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・ファンド(以下「当ファンド」といいます。)
     (2)  【内国投資信託受益証券の形態等】

      ・追加型証券投資信託受益権です。(以下「受益権」といいます。)
      ・信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供され、
        もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
      ※ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律の規定の適用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)
       振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社債、株式等の振替に関
       する法律第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振
       替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより
       定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社は、やむを得ない事情などがある場合を除き、当該振
       替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)  【発行(売出)価額の総額】
       5,000億円を上限とします。
     (4)  【発行(売出)価格】
       取得申込受付日の基準価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせくださ
         い。
        ※「基準価額」とは、ファンドに属する有価証券等を時価評価して得たファンドの資産総額から負債総額を控除
         した金額(純資産総額)をその時の受益権総口数で除した1口当たり(便宜的に1万口当たりで表示されるこ
         とがあります。)の純資産価額をいいます。基準価額は、組入有価証券の値動き等により、日々変動します。
     (5)  【申込手数料】
        販売会社が定めるものとします。申込手数料率につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場
      所」の照会先にお問い合わせください。
        ・販売会社における申込手数料率は3.30%(税抜3.0%)が上限となっております。
     (6)  【申込単位】
        販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせください。
     (7)  【申込期間】
       2023年11月29日から2024年5月27日までとします。
        ・上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (8)  【申込取扱場所】
        販売会社につきましては、委託会社の照会先にお問い合わせください。
          委託会社の照会先
             <ファイブスター投信投資顧問株式会社 お客様デスク>
              電  話  番  号:03-3553-8711
              受  付  時  間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時まで
              ホームページアドレス:https://www.fivestar-am.co.jp/
     (9)  【払込期日】

       ・取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する期日までに販売会社に支払うものとします。
       ・申込期間における各取得申込受付日の発行価額の総額(設定総額)は、販売会社によって、追加設
       定が行なわれる日に委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込
       まれます。
                                  2/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (10)   【払込取扱場所】
        申込金額は、販売会社にお支払いいただきます。
     (11)   【振替機関に関する事項】
        振替機関は、株式会社証券保管振替機構とします。
     (12)   【その他】
        該当事項はありません。
                                  3/107


















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部      【ファンド情報】
    第1    【ファンドの状況】

    1  【ファンドの性格】

     (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】
      ① ファンドの目的
         ビッグデータ分析を通じて絶対的リターンを追求し、中長期的な信託財産の成長を目指して運用し
        ます。また、投資戦略は株式ロングショート戦略を基本とし、比較対象となるベンチマークは特に定
        めないものとします。
      ② ファンドの基本的性格

        1)商品分類
            単位型投信・                      投資対象資産
                        投資対象地域                        補足分類
             追加型投信                      (収益の源泉)
                                    株  式

                         国  内                      インデックス型
             単位型投信                       債  券
                         海  外          不動産投信

             追加型投信

                                   その他資産             特殊型
                                    (   )         (ロング・ショート型)
                         内  外
                                    資産複合

          (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

                                  4/107









                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        2)属性区分

            投資対象資産         決算頻度      投資対象地域           投資形態           特殊型
          株式          年1回     グローバル

                         (日本を含む)
           一般
           大型株         年2回     日本                   ブル・ベア型
           中小型株
                    年4回     北米         ファミリーファン
          債券                        ド
           一般         年6回     欧州                   条件付運用型
           公債         (隔月)
           社債              アジア
           その他債券         年12回
           クレジット属性         (毎月)     オセアニア
           (   )                                 ロング・ショート型
                    日々     中南米
          不動産投信                        ファンド・オブ・
                    その他     アフリカ         ファンズ
          その他資産          (  )                        その他
          (投資信託証券       (株        中近東
          式・一般))
                         (中東)
          資産複合
          (   )               エマージング
           資産配分固定型
           資産配分変更型
          (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

          当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて株式に投資を行います。従って、商品分類の「投

         資対象資産(収益の源泉)」においては「株式」に分類されます。「株式一般」とは、大型株、中
         小型株属性にあてはまらない全てのものをいいます。
        <商品分類の定義>

        1.単位型投信・追加型投信の区分
         (1)単位型投信…当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われない
                 ファンドをいう。
         (2)追加型投信…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用さ
                 れるファンドをいう。
        2.投資対象地域による区分
         (1)国内…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉
              とする旨の記載があるものをいう。
         (2)海外…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉
              とする旨の記載があるものをいう。
         (3)内外…目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨
              の記載があるものをいう。
        3.投資対象資産による区分
         (1)株式……………………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株
                     式を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (2)債券……………………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債
                     券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (3)不動産投信(リート)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不
                     動産投資信託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があ
                     るものをいう。
         (4)その他資産……………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上
                     記(1)から(3)に掲げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。な
                     お、その他資産と併記して具体的な収益の源泉となる資産の名称記載も可とする。
         (5)資産複合………………目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資
                     産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
                                  5/107

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        4.独立した区分
         (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
         (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)…………「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
         (3)ETF…投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する
              証券投資信託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信
              託をいう。
        <補足として使用する商品分類>

         (1)インデックス型…目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載が
                   あるものをいう。
         (2)特殊型……………目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思わ
                   れる特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で
                   特殊型の小分類において「条件付運用型」に該当する場合には当該小分類を括弧書きで
                   付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合には当該小分類を括弧書きで付記
                   できるものとする。
        <属性区分の定義>

        1.投資対象資産による属性区分
         (1)株式
           ①一般…………次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいう。
           ②大型株………目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをい
                  う。
           ③中小型株……目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものを
                  いう。
         (2)債券
           ①一般…………次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいう。
           ②公債…………目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府
                  保証債、政府機関債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載がある
                  ものをいう。
           ③社債…………目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載
                  があるものをいう。
           ④その他債券…目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記
                  載があるものをいう。
           ⑤格付等クレジットによる属性…目論見書又は投資信託約款において、上記①から④の「発行体」による
                          区分のほか、特にクレジットに対して明確な記載があるものについて
                          は、上記①から④に掲げる区分に加え「高格付債」「低格付債」等を併
                          記することも可とする。
         (3)不動産投信…………これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
         (4)その他資産…………組入れている資産を記載するものとする。
         (5)資産複合……………以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
           ①資産配分固定型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については
                    固定的とする旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するも
                    のとする。
           ②資産配分変更型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率について
                    は、機動的な変更を行なう旨の記載があるものもしくは固定的とする旨の記載がない
                    ものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
        2.決算頻度による属性区分
           ①年1回……………目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
           ②年2回……………目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
           ③年4回……………目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
           ④年6回(隔月)……目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
           ⑤年12回(毎月)…目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをい
                   う。
           ⑥日々………………目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
           ⑦その他……………上記属性にあてはまらない全てのものをいう。
        3.投資対象地域による属性区分(重複使用可能)
           ①グローバル……目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とす
                   る旨の記載があるものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まない
                   かを明確に記載するものとする。
           ②日本……………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とす
                   る旨の記載があるものをいう。
           ③北米……………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉
                   とする旨の記載があるものをいう。
           ④欧州……………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉
                   とする旨の記載があるものをいう。
           ⑤アジア…………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域
                   の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
           ⑥オセアニア……目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産
                   を源泉とする旨の記載があるものをいう。
                                  6/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           ⑦中南米…………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源
                   泉とする旨の記載があるものをいう。
           ⑧アフリカ………目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を
                   源泉とする旨の記載があるものをいう。
           ⑨中近東(中東)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源
                   泉とする旨の記載があるものをいう。
           ⑩エマージング…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興
                   成長国(地域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
        4.投資形態による属性区分
           ①ファミリーファンド…………目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファン
                         ズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
           ②ファンド・オブ・ファンズ…「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファ
                         ンズをいう。
        5.為替ヘッジによる属性区分
           ①為替ヘッジあり…目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッ
                    ジを行う旨の記載があるものをいう。
           ②為替ヘッジなし…目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの
                    又は為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
        6.インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分
           ①日経225
           ②TOPIX
           ③その他の指数…前記指数にあてはまらない全てのものをいう。
        7.特殊型
           ①ブル・ベア型…目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資
                   を行うとともに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動
                   を含む。)を目指す旨の記載があるものをいう。
           ②条件付運用型…目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組みを用い
                   ることにより、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日
                   等が、明示的な指標等の値により定められる一定の条件によって決定される旨の記載が
                   あるものをいう。
           ③ロング・ショート型/絶対収益追求型…目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されに
                              くい収益の追求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略によ
                              り収益の追求を目指す旨の記載があるものをいう。
           ④その他型………目論見書又は投資信託約款において、上記①から③に掲げる属性のいずれにも該当しな
                   い特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいう。
         上記は、一般社団法人投資信託協会が定める分類方法に基づき記載しています。なお、一般社
         団法人投資信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)でもご覧頂けます。
                                  7/107










                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③ ファンドの特色

                                  8/107




















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  9/107





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 10/107





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 11/107





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ④ 信託金限度額

         ・5,000億円を限度として信託金を追加することができます。
         ・委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
     (2)  【ファンドの沿革】
        2015年8月28日
        ・ファンドの信託契約締結、運用開始
        2020年5月28日
        ・ 「MASAMITSUデータセクション・ビッグデータ・ファンド」から「MASAMITSU・
         Link-U・ビッグデータ・ファンド」に変更
     (3)  【ファンドの仕組み】
      ① ファンドの仕組み
     ※1  投資信託を販売するルールを委託会社と販売会社の間で規定したもの。販売会社が行なう募集の取扱い、収益分配












       金・償還金の支払い、解約請求の受付の業務範囲の取決めの内容などが含まれています。
     ※2  投資信託を運営するルールを委託会社と受託会社の間で規定したもの。運用の基本方針、投資対象、投資制限、信
       託報酬、受益者の権利、募集方法の取決めの内容などが含まれています。
                                 12/107



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <ファミリーファンドの仕組み>

      ② 委託会社の概況(2023年9月末現在)





        1)資本金
          2億3,325万円
        2)沿革
          2009年4月1日:              株式会社ファイブスター投資顧問を設立(資本金100万円)
          2009年6月24日:              増資の実施(新資本金5,000万円)
          2009年10月20日:              金融商品取引業登録  関東財務局長                    (金商)    第2266号
          2013年4月25日:              増資の実施(新資本金2億675万円)
          2013年8月8日:              ファイブスター投信投資顧問株式会社に商号変更
          2014年8月29日:              増資の実施(新資本金2億1,175万円)
          2021年3月31日:              増資の実施(新資本金2億3,105万円)
          2022年3月31日:              増資の実施(新資本金2億3,325万円)
        3)大株主の状況

                名  称                  住  所             所有株数      所有比率
          ユニコムグループホールディング
                           東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11                     1,000株      15.06%
          ス株式会社
                           東京都港区東新橋1-9-1            東京汐留ビル
          アイザワ証券グループ株式会社                                       550株     8.28%
                           ディング7階
                                 13/107







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2  【投資方針】

     (1)  【投資方針】
      ① 信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
      ② 主として、「MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・マザーファンド」(以下、「マ
         ザーファンド」といいます。)の受益証券を通じて、わが国の金融商品取引所上場株式に投資しま
         す。
      ③ マザーファンドの受益証券の組入比率は、通常の状態で高位に維持することを基本とします。
      ④ 当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市況の急激な変化が予想されると
         き、償還の準備に入ったとき等ならびに信託財産の規模によっては、上記の運用が出来ない場合が
         あります。
     (2)  【投資対象】

        「MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・マザーファンド」受益証券を主要投資対象と
      します。
      ① 投資の対象とする資産の種類
         この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
         1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で
          定めるものをいいます。以下同じ。)
           イ.有価証券
           ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に定めるものをいい、信託約
             款第24条、第25条および第26条に定めるものに限ります。)
           ハ.約束手形
           ニ.金銭債権
         2.次に掲げる特定資産以外の資産
           イ.為替手形
      ② 有価証券および金融商品の指図範囲等
         委託会社は、信託金を、ファイブスター投信投資顧問株式会社を委託者とし三井住友信託銀行株式
        会社を受託者として締結されたMASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・マザーファンド
        (以下、「マザーファンド」といいます。)の受益証券、ならびに次の有価証券(金融商品取引法第
        2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資すること
        を指図することができます。
         1.株券または新株引受権証書
         2.国債証券
         3.地方債証券
         4.特別の法律により法人の発行する債券
         5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下、「分離型新株引
           受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
         6.特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
           す。)
         7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で
           定めるものをいいます。)
         8.協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをい
           います。)
                                 14/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         9.特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第
           2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
         10.コマーシャル・ペーパー
         11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)およ
           び新株予約権証券
         12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するも
           の
         13.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものを
           いいます。)
         14.投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいま
           す。)
         15.  外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
         16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
           い、有価証券にかかるものに限ります。)
         17.預託証券(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
         18.外国法人が発行する譲渡性預金証券
         19.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受
           益証券に限ります。)
         20.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
         21.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
           受益証券に表示されるべきもの
         22.外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
         なお、第1号の証券または証書ならびに第12号および第17号の証券または証書のうち第1号の証券
        または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、第2号から第6号までの証券および第12号な
        らびに第17号の証券または証書のうち第2号から第6号までの証券の性質を有するものを以下「公社
        債」といい、第13号および第14号の証券を以下「投資信託証券」といいます。
       ③   委託会社は、信託金を、前項に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2
         条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用する
         ことを指図することができます。
         1.預金
         2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
           す。)
         3.コール・ローン
         4.手形割引市場において売買される手形
         5.貸付債券信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
         6.外国の者に対する権利で前号の権利を有するもの
       ④ 前記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託者
         が運用上必要と認めるときは、委託者は、信託金を前記③に掲げる投資対象により運用することの
         指図ができます。
        (参考)マザーファンドの投資対象

       ① 投資の対象とする資産の種類
         マザーファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
         1.  次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で
           定めるものをいいます。以下同じ。)
                                 15/107

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           イ.有価証券
           ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に定めるものをいい、約款第
             21条、第22条および第23条に定めるものに限ります。)
           ハ.約束手形
           ニ.金銭債権
         2.次に掲げる特定資産以外の資産
           イ.為替手形
       ② 有価証券および金融商品の指図範囲等
         委託会社は、信託金を、主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証
         券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図することができます。
         1.  株券または新株引受権証書
         2.国債証券
         3.地方債証券
         4.特別の法律により法人の発行する債券
         5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下、「分離型新株引
           受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
         6.特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
           す。)
         7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で
           定めるものをいいます。)
         8.協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをい
           います。)
         9.特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第
           2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
         10.コマーシャル・ペーパー
         11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)およ
           び新株予約権証券
         12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するも
           の
         13.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものを
           いいます。)
         14.投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいま
           す。)
         15.  外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
         16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
           い、有価証券にかかるものに限ります。)
         17.預託証券(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
         18.外国法人が発行する譲渡性預金証券
         19.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受
           益証券に限ります。)
         20.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
                                 16/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         21.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
           受益証券に表示されるべきもの
         22.外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
         なお、第1号の証券または証書ならびに第12号および第17号の証券または証書のうち第1号の証券
         または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、第2号から第6号までの証券および第12号
         ならびに第17号の証券または証書のうち第2号から第6号までの証券の性質を有するものを以下
         「公社債」といい、第13号および第14号の証券を以下「投資信託証券」といいます。
       ③ 委託者は、信託金を、前項に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条
         第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用するこ
         とを指図することができます。
         1.  預金
         2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
           す。)
         3.  コール・ローン
         4.手形割引市場において売買される手形
         5.貸付債券信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
         6.外国の者に対する権利で前号の権利を有するもの
       ④ 前記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託者
         が運用上必要と認めるときは、委託者は、信託金を前項③に掲げる投資対象により運用することの
         指図ができます。
                                 17/107












                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ◆投資対象とするマザーファンドの概要

     ファンド名        MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・マザーファンド
     運用の基本方        ビッグデータ分析を通じて絶対的リターンを追求し、中長期的な信託財産の成長を目指し
     針        て運用します。また、投資戦略は株式ロングショート戦略を基本とし、比較対象となるベ
             ンチマークは特に定めないものとします。なお、株式ロングショート戦略とは、将来有望
             な株式を買い持ちする一方、魅力の乏しい株式を信用売りで売却する運用戦略およびその
             他派生商品を利用した運用戦略のことをいいます。
     投資対象        わが国の金融商品取引所上場株式を主要投資対象とします。
     投資態度        ①わが国の上場銘柄を投資対象とし、特定のテーマやセクター等に限定しません。また、
              バリュー株・グロース株のいずれも投資対象とします。
             ②「データ配信」と「AIソリューション」に強みを有する(株)Link-Uと共にソーシャ
              ルデータ(非数値データ)や各種経済データ(数値データ)の分析・解析を行い、それ
              を運用者の知見と最適に融合させることで、ファンドリターンの極大化を目指します。
             ③ポートフォリオ構築は、株価上昇が見込まれる株を買付け、株価下落が見込まれる株を
              売付ける、株式ロングショート戦略を基本とします。また、銘柄選定は各種データの分
              析・解析の結果に基づき、ファンドマネジャーによる個々の企業の成長性・安定性・収
              益性を網羅したボトムアップリサーチにより選定します。
             ④ポートフォリオの株式や組入比率を日次ベースで機動的に調整して運用を行います。ま
              た、運用の効率化を図るために、株価指数先物取引等を利用する場合があります。
             ⑤有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引、有価証券オプション取引、金利に係るオ
              プション取引およびその他類似の取引(以下、「有価証券先物取引等」といいます。)
              を行うことができます。
             ⑥信託財産に属する資産の効率的な運用ならびに価格変動リスクを回避するため、異なっ
              た受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以
              下、「スワップ取引」といいます。)を行うことができます。
             ⑦信託財産の属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引を行うことができま
              す。
             ⑧信託財産の属する資産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する有価証券の貸付
              を行うことができます。
             ⑨大量の追加設定または解約が発生したとき、市況の急激な変化が予想されるとき、償還
              の準備に入ったとき等ならびに信託財産の規模によっては、上記の運用が出来ない場合
              があります。
                                 18/107






                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     主な投資制限        ① 株式への投資割合には制限を設けません。
             ② 株式の買い付けおよび株価指数先物取引等の買い建てによる「ロングポジション」
              と、信用取引による株式の売り付けおよび株価指数先物取引等の売り建てによる
              「ショートポジション」は、ともに信託財産の純資産総額の範囲内とします。なお、有
              価証券先物取引等については想定元本金額で計算するものとします。
             ③ 同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
             ④ 新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%
              以下とします。
             ⑤ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産
              総額の5%以下とします。
             ⑥ 同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財
              産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞ
              れ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下、会社法施行前の旧
              商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社
              債型新株予約権付社債」といいます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%
              以下とします。
             ⑦ 投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産
              総額の5%以下とします。
             ⑧ 同一銘柄の上場投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とし
              ます。
             ⑨ 有価証券先物取引等は約款第21条の範囲で行うことができます。
             ⑩ 金利先渡取引は約款第23条の範囲で行うことができます。
             ⑪ スワップ取引は約款第22条の範囲で行うことができます。
             ⑫ 信用取引による株式の売り付け額は、約款第20条の範囲内で行います。
             ⑬ 有価証券の買付および有価証券先物取引等による買建て「ロングポジション」の想定
              元本の総額は、信託財産の純資産総額の範囲内とします。
             ⑭ 有価証券の売付および有価証券先物取引等による売建て「ショートポジション」の想
              定元本の総額は、信託財産の純資産総額の範囲内とします。
             ⑮ デリバティブ取引等(金融商品取引法第2条第20項に定める取引(以下、「デリバ
              ティブ取引」といいます。)および新株予約権証券、新投資口予約権証券又はオプショ
              ンを表示する証券若しくは証書に係る取引及び選択権付債券売買を含みます。)に投資
              する場合は、一般社団法人投資信託協会の規則の定めに従い、市場リスク相当額(金融
              商品市場、金利、通貨等の変動により発生し得る危険に対応する額をいいます。)とし
              て、委託会社が合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額の80%を超え
              ないものとします。
             ⑯ 外貨建資産への投資は行いません。
             ⑰ 一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、
              債券等エクスポージャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額
              に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率
              を超えることとなった場合には、一般社団法人投資信託協会の規則に従い当該比率以内
              となるよう調整を行うこととします。
     申込手数料        ありません
                                 19/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     信託報酬        かかりません
     信託期限        無期限
     設定日        2015年8月28日
             年1回    8月27日(休業日の場合は翌営業日)
     決算日
             委託会社:ファイブスター投信投資顧問株式会社
     主な関係法人
             受託会社:三井住友信託銀行株式会社
     (3)  【運用体制】


        当ファンドの運用体制は以下のとおりです。
         運用委員会は、経済環境や市場動向等の調査、分析に基づいて、投資判断、運用方針、運用計画等
        の運用に関する事項を協議、検討し、決定します。
         運用部は、運用委員会で決定された運用計画等に従って、運用を実施します。
         コンプライアンス部は、法令等、投資信託約款及び社内規程等の遵守状況の確認を行います。
         コンプライアンス委員会では、ファンドの運用成果の評価、運用にかかるリスクの分析・管理等が
        報告され審議を行います。
                                 20/107













                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 21/107





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        運用に関する社内規則

         運用にあたっては、関係諸法令および一般社団法人投資信託協会が定める諸規則等のほか、以下の
        運用関連の社内規程を遵守しています。
        ・投資運用業に係る業務方法書
        ・運用基本指針
        ・運用規程
        ・運用実施細則
        ・議決権等行使指図規程
        ・内部者取引規程
        ・役職員の自己売買に関する規程
        ・運用再委任に関する規程
        ・発注先の評価・選定に係る基準
        ※上記の運用体制は、2023年9月末現在のものであり、今後変更となる可能性があります。

     (4)  【分配方針】

      ① 収益分配方針
         毎年4回(2月、5月、8月、11月の各27日。ただし、休業日の場合には翌営業日とします。)
        に、決算を行い、原則として次の通り分配を行う方針です。
        1)分配対象額の範囲
          分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当等収益および売買益(評価益を含みます。)など
         の全額とします。
        2)分配対象額についての分配方針
          分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向などを勘案して決定します。ただし、分配を行
         なわないこともあります。
        3)留保益の運用方針
          収益分配に充てず信託財産内に留保した利益については、特に制限を設けず、運用の基本方針に
         基づき運用を行ないます。
      ② 信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
        1)配当金、利子、貸付有価証券にかかる品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を控除した
          額(以下、「配当等収益」といいます。)は、諸経費および当該諸経費に係る消費税相当額、監
          査費用および当該監査費用に係る消費税相当額、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税相当
          額を控除した後、その残金を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配にあてる
          ため、その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
        2)売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下、「売買益」といいます。)は、諸経費および当
          該諸経費に係る消費税相当額、監査費用および当該監査費用に係る消費税等相当額、信託報酬お
          よび当該信託報酬に係る消費税等相当額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その金額を売買益
          をもって補填した後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配にあてるため、
          分配準備積立金として積み立てることができます。
      ③ 毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
      ④ 収益分配金の支払い
        <分配金再投資コース>
                                 22/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         原則として、収益分配金は税金を差し引いた後、無手数料で自動的に再投資されます。
        <分配金受取りコース>
         毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して5営業日
        まで)から収益分配金を支払います。支払いは販売会社において行なわれます。
                                 23/107



















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        『収益分配金に関する留意事項』

                                 24/107




















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)  【投資制限】

    ① 約款に定める投資制限
    (MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・ファンド)
    1)マザーファンドの受益証券への投資割合には制限を設けません。
    2)株式への実質投資割合には制限を設けません。
    3)株式の実質の買い付けおよび株価指数先物取引等の実質の買い建てによる「ロングポジション」と、信
      用取引による株式の実質の売り付けおよび株価指数先物取引等の実質の売り建てによる「ショートポジ
      ション」は、ともに信託財産の純資産総額の範囲内とします。なお、有価証券先物取引等については想
      定元本金額で計算するものとします。
    4)同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
    5)新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下としま
      す。
    6)同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下
      とします。
    7)同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権
      付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらか
      じめ明確にしているもの(以下、会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある
      新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)への実質投資割合は、信託財
      産の純資産総額の10%以下とします。
    8)投資信託証券(マザーファンドの受益証券および上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合
      は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
    9)同一銘柄の上場投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
    10)投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所に上場されて
      いる株式の発行会社の発行するもの、金融商品取引所に準ずる市場において取引されている株式の発行
      会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債券者割当により取得する株式、新株引受権
      証券および新株予約権証券については、この限りではありません。また、上場予定または登録予定の株
      式、新株引受権証券および新株予約権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認でき
      るものについては、投資することを指図することができるものとします。
    11)信託財産の効率的な運用に資するため、わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品
      取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法
      第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第
      28条第3号ハに掲げるものをいいます。)を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引
      は、オプション取引に含めるものとします。
    12)わが国の金融商品取引所における金利に係る先物取引およびオプション取引を行うことの指図をするこ
      とができます。
    13)信託財産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引を行うことの指図をすることができます。金利先
      渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として、信託約款第5条に定める信託期間を超
      えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
      ではありません。
    14)信託財産の効率的な運用に資するため、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の
      条件のもとに交換する取引(以下、「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることがで
                                 25/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      きます。スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期間が、原則として信託約款第5条に定め
      る信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものにつ
      い てはこの限りではありません。
    15)信用取引により株券を売り付けることの指図をすることができます。なお、当該売付の決済について
      は、株券の引渡しまたは買い戻しにより行うことができるものとします。信用取引については、一般信
      用取引制度を主として利用いたします。信用取引による実質売建て金額は、信託約款第24条に規定する
      有価証券先物取引等による実質売建て想定元本との合算(ショートポジション合計)で純資産総額の範
      囲内とします。
      信用取引の指図は、当該売り付けに係る建玉の時価総額と、マザーファンドの信託財産に属する当該売
      付けに係る建玉の時価総額のうち、信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総
      額の範囲内とします。信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンドの受益証
      券の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める当該売付けにかかる建玉の時価総額の
      割合を乗じて得た額をいいます。
      信託財産の一部解約等の事由により、前項の売り付けに係る建玉の時価総額が信託財産の純資産総額を
      超えることとなった場合には、その超える額に相当する売り付けの一部を決済するための指図を行うこ
      ととします。
      信託財産で保有する有価証券を信用取引の委託証拠金の代用担保として差入れることの指図をすること
      ができるものとします。
    16)有価証券の買付および有価証券先物取引等による買建て「ロングポジション」の想定元本の総額は、信
      託財産の純資産総額の範囲内とします。
    17)有価証券の売付および有価証券先物取引等による売建て「ショートポジション」の想定元本の総額は、
      信託財産の純資産総額の範囲内とします。
    18)デリバティブ取引等(金融商品取引法第2条第20項に定める取引(以下、「デリバティブ取引」といいま
      す。)および新株予約権証券、新投資口予約権証券又はオプションを表示する証券若しくは証書に係る
      取引及び選択権付債券売買を含みます。)に投資する場合は、一般社団法人投資信託協会の規則の定め
      に従い、市場リスク相当額(金融商品市場、金利、通貨等の変動により発生し得る危険に対応する額を
      いいます。)として、委託会社が合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額の80%を超
      えないものとします。
    19)外貨建資産への投資は行いません。
    20)信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式、公社債および上場投資信託証券を次ぎ
      の各号の範囲内で貸付ける指図をすることができます。
      1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合計額
         を超えないものとします。
      2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公社債
         の額面金額の合計額を超えないものとします。
      3.上場投資信託証券の貸付は、貸付時点において、上場貸付投資信託証券の時価合計額が、信託財産で
         保有する上場投資信託証券の時価合計額を超えないものとします。
    21)信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産において有しない有価証券または信託約款第30条の規
      定により借り入れた有価証券を売り付けることの指図をすることができます。なお当該売付けの決済に
      ついては、売り付けた有価証券の引渡しまたは買い戻しにより行うことの指図をすることができるもの
      とします。売付の指図は、当該売付に係る有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
      す。
                                 26/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    22)信託財産の効率的な運用に資するため、有価証券の借入れの指図をすることができます。なお、当該有
      価証券の借入れを行うにあたり、担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指図を行うものとし
      ま す。借入れ指図は、当該借入れに係る有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
      す。
    23)信託財産に属する資産の効率的な運用ならびに運用の安定に資するため、一部解約に伴う支払資金の手
      当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的として、ま
      たは再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金の借入れ(コール市場を通じる場
      合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行なわ
      ないものとします。一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開
      始日から信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間、または受益者への解約代金支払
      開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払
      開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当
      該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度としま
      す。ただし、資金借入額は、借入指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこと
      とします。収益分配金の再投資にかかる借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその
      翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
    24)一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
      ジャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれ
      ぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社団法人投
      資信託協会の規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    (MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・マザーファンド)

    1)株式への投資割合には制限を設けません。
    2)株式の買い付けおよび株価指数先物取引等の買い建てによる「ロングポジション」と、信用取引による
      株式の売り付けおよび株価指数先物取引等の売り建てによる「ショートポジション」は、ともに信託財
      産の純資産総額の範囲内とします。なお、有価証券先物取引等については想定元本金額で計算するもの
      とします。
    3)同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
    4)新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下とします。
    5)同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とし
      ます。
    6)同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権
      付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらか
      じめ明確にしているもの(以下、会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある
      新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)への投資割合は、信託財産の
      純資産総額の10%以下とします。
    7)投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とし
      ます。
    8)同一銘柄の上場投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
    9)投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所(金融商品取
      引法第2条第16項に規定する金融商品取引所を「取引所」といい、取引所のうち、有価証券の売買また
      は金融商品取引法第28条第8項第3号の取引を行う市場および当該市場を開設するものを「証券取引
                                 27/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      所」といいます。以下同じ。)に上場されている株式の発行会社の発行するもの、金融商品取引所に準
      ずる市場において取引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社
      債 券者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではあり
      ません。また、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目論見書等に
      おいて上場または登録されることが確認できるものについては、委託者が投資することを指図すること
      ができるものとします。
    10)信託財産の効率的な運用に資するためおよび価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所
      における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいます。)、有価
      証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいます。)および有価証
      券オプション取引(金融商品取引法第28条第3号ハに掲げるものをいいます。)を行うことの指図をす
      ることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めるものとします。
    11)わが国の金融商品取引所における金利に係る先物取引およびオプション取引を行うことの指図をするこ
      とができます。
    12)信託財産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引を行うことの指図をすることができます。金利先
      渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として、信託約款第5条に定める信託期間を超
      えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
      ではありません。
    13)信託財産の効率的な運用に資するため、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の
      条件のもとに交換する取引(以下、「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることがで
      きます。スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期間が、原則として信託約款第5条に定め
      る信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものにつ
      いてはこの限りではありません。
    14)信用取引により株券を売り付けることの指図をすることができます。なお、当該売付の決済について
      は、株券の引渡しまたは買い戻しにより行うことができるものとします。信用取引については、一般信
      用取引制度を主として利用いたします。信用取引による実質売建て金額は、信託約款第21条に規定する
      有価証券先物取引等による実質売建て想定元本との合算(ショートポジション合計)で純資産総額の範
      囲内とします。信用取引の指図は、当該売り付けに係る建玉の時価総額が、信託財産の純資産総額の範
      囲内とします。
      信託財産の一部解約等の事由により、前項の売り付けに係る建玉の時価総額が信託財産の純資産総額を
      超えることとなった場合には、委託者は速やかに、その超える額に相当する売り付けの一部を決済する
      ための指図を行うこととします。
      信託財産で保有する有価証券を信用取引の委託証拠金の代用担保として差入れることの指図をすること
      ができるものとします。
    15)有価証券の買付および有価証券先物取引等による買建て「ロングポジション」の想定元本の総額は、信
      託財産の純資産総額の範囲内とします。
    16)有価証券の売付および有価証券先物取引等による売建て「ショートポジション」の想定元本の総額は、
      信託財産の純資産総額の範囲内とします。
    17)デリバティブ取引等(金融商品取引法第2条第20項に定める取引(以下、「デリバティブ取引」といいま
      す。)および新株予約権証券、新投資口予約権証券又はオプションを表示する証券若しくは証書に係る
      取引及び選択権付債券売買を含みます。)に投資する場合は、一般社団法人投資信託協会の規則の定め
      に従い、市場リスク相当額(金融商品市場、金利、通貨等の変動により発生し得る危険に対応する額を
                                 28/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      いいます。)として、委託会社が合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額の80%を超
      えないものとします。
    18)外貨建資産への投資は行いません。
    19)信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式、公社債および上場投資信託証券を次ぎ
      の各号の範囲内で貸付ける指図をすることができます。
      1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合計額
         を超えないものとします。
      2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公社債
         の額面金額の合計額を超えないものとします。
      3.上場投資信託証券の貸付は、貸付時点において、貸付上場投資信託証券の時価合計額が、信託財産で
         保有する上場投資信託証券の時価合計額を超えないものとします。
    20)信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産において有しない有価証券または信託約款第27条の規
      定により借り入れた有価証券を売り付けることの指図をすることができます。なお当該売付けの決済に
      ついては、売り付けた有価証券の引渡しまたは買い戻しにより行うことの指図をすることができるもの
      とします。売付の指図は、当該売付に係る有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
      す。
    21)信託財産の効率的な運用に資するため、有価証券の借入れの指図をすることができます。なお、当該有
      価証券の借入れを行うにあたり、担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指図を行うものとし
      ます。借入れ指図は、当該借入れに係る有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
      す。
    22)一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
      ジャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれ
      ぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社団法人投
      資信託協会の規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
    ②法令に定められた投資制限

    1)委託会社は、同一の法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行う全ての委託者指図型投
      資信託につき投資信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数(株主総会において決議すること
      ができる事項の全部につき議決権を行使することができない株式についての議決権を除き、会社法第879
      条第3項の規定により議決権を有するものとみなされる株式についての議決権を含みます。)が、当該
      株式に係る議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、当該株式を当
      ファンドの信託財産をもって取得することを受託会社に指図してはなりません。
    2)委託会社は当ファンドの信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標
      にかかる変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理
      的な方法により算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリバティブ
      取引(新株予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書にかかる取引および選択権付社債
      券売買を含む。)を行い、または継続することを受託会社に指図してはなりません。
    3)委託会社は、運用財産に関し、信用リスク(保有する有価証券その他の資産についての取引の相手方の
      債務不履行その他の理由により発生しうる危険をいう。)を適正に管理する方法としてあらかじめ委託
      会社が定めた合理的な方法に反することとなる取引を行うことを内容とした指図をしてはなりません。
                                 29/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3  【投資リスク】

     (1)  ファンドのリスク
        委託会社の指図に基づく行為により信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属しま
      す。また、投資信託は預金商品や保険商品ではなく、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象
      ではありません。また、銀行などの登録金融機関は、投資者保護基金には加入しておりません。
    <基準価額の変動要因>

    当ファンドは、投資信託証券(マザーファンド)への投資を通じて値動きのある有価証券などを実質的な投
    資対象としますので、当ファンドの基準価額は変動します。また、組入れられた有価証券等の価格の下落
    や、有価証券等の発行体の財務状況や業績悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被る場合があり
    ます。
    従って、受益者の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投
    資元本を割り込むことがあります。また、投資信託は預貯金とは異なります。
    ファンドの主要なリスクは、以下の通りです。
    ① 有価証券の価格変動リスク

    当ファンドは、実質的に国内の株式等を主要投資対象としますので、当ファンドの基準価額は当該株式等の
    価格変動の影響を大きく受けます。株式等の価格は、国内外の政治・経済情勢、発行会社の業績・財務状況
    の変化、市場における需給・流動性による影響を受けて変動します。従って、株式等の予想外の価格変動が
    あった場合には、当ファンドに重大な損失が生じる場合があります。当ファンドでは、中小型株式や新興企
    業株式に投資する場合がありますが、中小型株式や新興企業株式の株式は、大型株に比べ株価が大幅に変動
    することがあります。
    ② ロングショート戦略固有のリスク

    当ファンドが投資する投資信託証券(マザーファンド)は、株式のロング(買建て)のほかに、株式の
    ショート(売建て)を行いますので、ロング(買建て)した株式の価格が下落した場合、またショート(売
    建て)した株式の価格が上昇した場合には、当ファンドの基準価額にマイナスの影響を及ぼし、場合によっ
    ては基準価額が大幅に下落する場合があります。また、ショート(売建て)の特性上、損失が想定以上にな
    ることもあります(また、株式をショート(売建て)するにあっては、借入コストが発生します)。
    ③ 流動性リスク

    市場取引量の急激な増大、市場規模の縮小、市場の混乱等の影響により、注文時に想定していた価格と大き
    く異なる価格で売買が成立する可能性があります。従って、組入れ有価証券等の予想外の流動性があった場
    合には、当ファンドに重大な損失が生じる場合があります。一般に中小型株式や新興企業株式の株式は、市
    場規模や取引量が少ないため、このような状況に陥る可能性が高い場合があります。
    ④ 信用リスク

    当ファンドは、投資信託証券(マザーファンド)への投資を通じて、実質的に投資している有価証券の発行
    体において、経営不振、その他の理由により債務不履行が発生した場合、またはそうした事態が予測される
    場合等には、当該発行体が発行する有価証券の価格は大きく下落し、基準価額が値下がりする場合がありま
    す。
                                 30/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ⑤ 解約による資金流出に伴うリスク

    一部解約金の支払資金を手当てするために、当ファンドが投資する投資信託証券(マザーファンド)におい
    て、組入れている有価証券等を大量に売却する場合があります。この場合、市場規模や市場動向によって
    は、有価証券等を当初期待された価格で売却できない場合があり、当ファンドの基準価額が値下がりする要
    因となります。
    ⑥ その他のリスク

    株式市場の状況によっては、株式の売買が数多く発生し多額の売買コストが発生する可能性があります。
      (ご注意)上記は、基準価額の主な変動要因であり、変動要因はこれに限られるものではありません。

    <その他の留意点>


    ① ファンド運営上のリスク
    (A)取得申込みの受付の中止・取消、解約の受付の中止・取消
       委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があ
      るときは、受益権の取得申込みの受付を中止することがあり、また、既に受付けた取得申込みの受付を
      取消す場合があります。また、同様の理由により、解約の申込みの受付を中止することおよびすでに受
      け付けた解約の申込みを取消す場合があります。
    (B)信託の途中終了
       委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が10億口を下
      回る場合、もしくは、受益者のために有利と認める場合、またはその他やむを得ない事情等が発生した
      ときは、信託期間の途中でも信託を終了し繰上償還させる場合があります。
    ② 販売会社、受託会社等関係法人に関する留意点

    (A)販売会社
       委託会社と販売会社は、ファンドの受益権の募集等について、契約を締結しており、受益者の購入資
      金は、販売会社を通じて、ファンドに振り込まれますので、当該ファンドに着金するまでは、委託会社
      および受託会社において責任を負いません。また、収益分配金、一部解約金、償還金の支払いについて
      も、販売会社へ支払った後の受益者への支払いについては、委託会社および受託会社は責任を負いませ
      ん。
       委託会社は、販売会社とは別法人であり、委託会社は設定・運用について、販売会社は販売(お申込
      代金の預かり等を含みます。)について、それぞれの責任を負い、互いに他についての責任を負いませ
      ん。
    (B)受託会社
       委託会社と受託会社は、ファンドの信託契約を締結しており、収益分配金、一部解約金、償還金の支
      払いは、委託会社の指示により、ファンドから販売会社の指定口座に支払われます。ファンドから、販
      売会社の指定口座への支払いをした後は、受託会社は、当該収益分配金、一部解約金、償還金について
      の責任を負いません。
                                 31/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社が辞任した後、
      またはその任務に違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があり裁判所が受託会
      社を解任した後、委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社は当ファンドの信託を終了さ
      せ ます。
    ③ 収益分配に係る留意点

     (A)ファンドの収益分配金は、収益分配方針に基づいて、委託会社が決定します。委託会社の判断によ
        り、基準価額の水準、市場動向等、分配対象収益の水準によって分配を行わない場合があります。
     (B)ファンドの収益分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので収益分
        配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。なお、収益分配金の有無や金額は確
        定したものではありません。
     (C)収益分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を
        超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落する
        ことになります。また、収益分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すも
        のではありません。
     (D)受益者の個別元本によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的には元本の一部払戻しに相
        当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、収益分配金額より基準価額の値上がりが
        小さかった場合も同様です。
    ④ 投資信託に関する一般的な留意点

     (A)当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の
        適用はありません。
     (B)   当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取引市
        場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢から期待で
        きる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。これにより、基準価額
        にマイナスの影響をおよぼす可能性や、換金の申し込みの受付けが中止となる可能性、換金代金のお
        支払いが遅延する可能性があります。
     (C)当ファンドは、預金や保険契約ではありません。また、預金保険機構及び保険契約者保護機構の保護
        の対象ではありません。加えて、証券会社を通して購入していない場合には、投資者保護基金の対象
        とはなりません。
      (2)  リスク管理体制

        投資信託財産に係る運用のリスク管理は、業務管理部とコンプライアンス部が関係諸法令及び一般社
      団法人投資信託協会の定める諸規則等、並びに社内規程違反等がないか監視する他、信託財産の運用成
      果とその内容について客観的に把握するため、定期的にパフォーマンス評価を実施するとともに、流動
      性リスクを含む運用リスクの状況及び運用事務状況をモニタリングします。
        尚、この内容については原則月次で開催されるコンプライアンス委員会に報告されます。
      コンプライアンス部

        コンプライアンス部は、法令・諸規則の遵守態勢の整備に関する事項および運用のリスク管理に関す
      る事項、ならびに顧客属性調査等及び対外契約審査全般に関する事項、その他コンプライアンスに関す
      る事項全般を統括する。
      業務管理部

                                 32/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        業務管理部は、法定帳簿作成・管理に係る事項、顧客管理に関する事項、その他運用事務・管理全般
      に関する事項を分掌する。
      コンプライアンス委員会

        コンプライアンス委員会は、コンプライアンス部が策定したコンプライアンスプログラム案の審議・
      承認する他、承認済みのコンプライアンスプログラムの進捗状況及び月次社内コンプライアンスチェッ
      クリストの集計報告や運用リスクモニタリング結果及び運用事故等の報告並びにリスク管理事項の見直
      し及び運用委員会への上程について審議・決定する。
      ※上記体制は2023年9月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。

                                 33/107

















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 34/107





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4  【手数料等及び税金】

     (1)  【申込手数料】
        販売会社が定めるものとします。申込手数料率につきましては、販売会社または委託会社の照会先に
      お問い合わせください。
        ・販売会社における申込手数料率は3.30%(税抜3.0%)が上限となっております。
         ※申込手数料は、販売会社による商品・投資環境の説明および情報提供、並びに販売の事務等の対価です。
        ・申込手数料の額(1口当たり)は、取得申込受付日の基準価額に申込手数料率を乗じて得た額とし
         ます。
        ・<分配金再投資コース>の場合、収益分配金の再投資により取得する口数については、申込手数料
         はかかりません。
     (2)  【換金(解約)手数料】

      ① 換金手数料
         ありません。
      ② 信託財産留保額
         一部解約申込日の基準価額から、当該基準価額に0.3%の率を乗じて得た額(1口当たり)が差し引
        かれます。
        ※「信託財産留保額」とは、投資信託を解約される受益者の解約代金から差し引いて、信託財産に繰
         り入れる金額のことです。
     (3)  【信託報酬等】

      ① 信託報酬
         信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に対し年2.035%(税抜1.85%)
        の率を乗じて得た額とします。
      ② 実績報酬

        1)信託報酬のほかに以下の規定に基づき計上された実績報酬(期中に一部解約が行われた場合に
          は、当該一部解約口数に相当する分の実績報酬額を含みます)を毎計算期末、または信託終了の
          とき信託財産中から委託会社に支弁するものとします。
          A)実績報酬は計算期間を通じて毎日、前営業日の基準価額(本条においては、1万口当たりの
            基準価額をいいます。)が、B)に規定するハイ・ウォーター・マークを上回った場合、当
            該基準価額から当該ハイ・ウォーター・マークを控除して得た額に100分の20の率を乗じて得
            た額に、計算日における受益権総口数を10,000で除して得た額を乗じて得た額を計上しま
            す。
          B)A)のハイ・ウォーター・マークは、第1計算期間の終了日までは10,000円とします。ただ
            し、毎計算期末において、A)の規定に基づく実績報酬の算出基準となる当該日の前営業日
            の基準価額がハイ・ウォーター・マークを上回った場合は、翌営業日以降のハイ・ウォー
            ター・マークは、当該基準価額に変更されます。ただし、ハイ・ウォーター・マークが変更
            されない場合においても、決算時に収益分配が行われた場合には、ハイ・ウォーター・マー
            クは当該収益分配金額を控除したものに調整されるものとします。
        2)1)に規定する実績報酬に係る消費税等に相当する金額を、実績報酬支弁(各計算期末または信
          託終了日)のときに信託財産中から支弁します。
                                 35/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        3)1)の実績報酬は、計算期間中において発生のつど信託財産の費用として計上します。ただし、
          計上日の翌営業日に反対計上され、最終的に各計算期間末日または信託終了日に計上された実績
          報 酬が、2)に規定する消費税等に相当する金額とともに、各計算期間末または信託終了のとき
          に信託財産中から支弁します。
         (ご参考)

                         ハイ・ウォーター・          算出基準となる前営業
           実績報酬算出期間
                            マーク         日の基準価額
       2015年8月28日~2015年11月27日                     10,000円           9,731円
       2015年11月28日~2016年2月29日                     10,000円           8,940円
       2016年3月1日~2016年5月27日                     10,000円           9,177円
       2016年5月28日~2016年8月29日                     10,000円           8,705円
       2016年8月30日~2016年11月28日                     10,000円           9,369円
       2016年11月29日~2017年2月27日                     10,000円          10,163円
       2017年2月28日~2017年5月29日                     10,163円          10,144円
       2017年5月30日~2017年8月28日                     10,163円          10,179円
                               ※
                            10,079円
       2017年8月29日~2017年11月27日                                10,919円
                               ※
                            10,819円
       2017年11月28日~2018年2月27日                                10,942円
                               ※
                            10,842円
       2018年2月28日~2018年5月28日                                10,616円
                               ※
                            10,742円
       2018年5月29日~2018年8月27日                                10,053円
                               ※
                            10,692円
       2018年8月28日~2018年11月27日                                9,494円
                               ※
                            10,642円
       2018年11月28日~2019年2月27日                                9,065円
                               ※
                            10,592円
       2019年2月28日~2019年5月27日                                8,693円
                               ※
                            10,542円
       2019年5月28日~2019年8月27日                                8,428円
                               ※
                            10,492円
       2019年8月28日~2019年11月27日                                9,138円
                               ※
                            10,442円
       2019年11月28日~2020年2月27日                                9,277円
                               ※
                            10,392円
       2020年2月28日~2020年5月27日                                9,902円
                               ※
                            10,342円
       2020年5月28日~2020年8月27日                                10,603円
                               ※
                            10,553円
       2020年8月28日~2020年11月27日                                10,847円
                               ※
                            10,797円
       2020年11月28日~2021年3月1日                                11,043円
                               ※
                            10,993円
       2021年3月2日~2021年5月27日                                10,933円
                               ※
                            10,943円
       2021年5月28日~2021年8月27日                                10,625円
                               ※
                            10,893円
       2021年8月28日~2021年11月29日                                10,732円
                               ※
                            10,843円
       2021年11月30日~2022年2月28日                                8,261円
                               ※
                            10,793円
       2022年3月1日~2022年5月27日                                8,085円
                               ※
                            10,743円
       2022年5月28日~2022年8月29日                                8,741円
                               ※
                            10,693円
       2022年8月30日~2022年11月28日                                9,283円
                               ※
                            10,643円
       2022年11月29日~2023年2月27日                                8,700円
                               ※
                            10,593円
       2023年2月28日~2023年5月29日                                8,436円
                               ※
                            10,543円
       2023年5月30日~2023年8月28日                                8,523円
                               ※
                            10,493円
       2023年8月29日~2023年11月27日                                 ―
       ※2017年8月28日、2017年11月27日、2018年2月27日の決算において各100円の分配金が、2020年
        8月27日、2020年11月27日、2021年3月1日の決算において50円の分配金が出ましたので、算出
        基準となる前営業日の基準価額から分配金を控除した価額が翌期のハイ・ウォーター・マー
        クとなります。
        また、2018年5月28日の決算において100円の分配金が、2018年8月27日、2018年11月27日、
        2019年2月27日、2019年5月27日、2019年8月27日、2019年11月27日、2020年2月27日、2020年5
        月27日、2021年5月27日、2021年8月27日、2021年11月29日、2022年2月28日、2022年5月27
        日、2022年8月29日、2022年11月28日、2023年2月27日、2023年5月29日、2023年8月28日、の
        決算において各50円の分配金が出ましたが、算出基準となる前営業日の基準価額がハイ・
        ウォーター・マークを越えておりませんので、前期ハイ・ウォーター・マークから分配金を
        控除した価額が、翌期のハイ・ウォーター・マークとなります。
                                 36/107



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ③ 信託報酬の配分

         当ファンドの信託報酬の配分(年率)は、以下の通りとします。
                    運用管理費用=日々の純資産総額×信託報酬率
                   合計                     年率1.85%
           純資産総額            委託会社           販売会社           受託会社
          30億円以下の部分             年1.03%           年0.75%
            30億円超
                       年0.98%           年0.80%           年0.07%
          50億円以下の部分
          50億円超の部分             年0.93%           年0.85%
         ※表中の率は税抜きです。別途、消費税がかかります。
                  委託した資金の運用の対価
           委託会社
                  購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理

           販売会社
                  等の対価
           受託会社       運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価

      ④ 支払時期

         信託報酬(信託報酬に係る消費税等相当額を含みます。)は日々計上され、毎計算期末または信託
        終了のときに(ただし、当該日が休業日の場合は翌営業日とします。以下同じ。)信託財産中から支
        弁するものとします。
                                 37/107












                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)  【その他の手数料等】

      ① 組入有価証券の売買に係る売買委託手数料および先物、オプション取引などに要する費用等は、受
        益者の負担とし、信託財産中から支払われます。
      ② 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、受託銀行の立替えた立替金の利息は、受
        益者の負担とし、信託財産から支払います。
                              ※
      ③ 信託財産の財務諸表の監査に要する費用                        は、受益者の負担とし、毎計算期末または信託終了のと
        きに(ただし、当該日が休業日の場合は翌営業日とします。以下同じ。)信託財産中から支弁するも
        のとします。
      ④ 以下の諸費用(消費税等相当額を含みます。)は受益者の負担とし、信託財産から支払います。な
        お、委託会社は、以下の諸費用の支払いを信託財産のために行い、支払金額の支払いを信託財産から
        受けることができ、また、現に信託財産のために支払った金額の支払いを受けることについて、あら
        かじめ受領する金額に上限を付すことができます。この場合、委託者は、信託財産の規模等を考慮し
        て、かかる上限額を定期的に見直すことができます。
        1)この信託の計理業務(設定解約処理、約定処理、基準価額算出、決算処理等)およびこれに付随
         する業務(法定帳票管理、法定報告等)に係る費用
        2)振替受益権に係る費用ならびにやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合における発
         行および管理事務に係る費用
        3)有価証券届出書、有価証券報告書および臨時報告書(これらの訂正に係る書類を含みます。)の
         作成、印刷および提出に係る費用
        4)目論見書および仮目論見書(これらの訂正事項分を含みます。)の作成、印刷および交付に係る
         費用(これらを監督官庁に提出する場合の提出費用も含みます。)
        5)信託約款の作成、印刷および交付に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の提出費用も含み
         ます。)
        6)運用報告書の作成、印刷および交付に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の提出費用も含
         みます。)
        7)この信託の受益者に対して行なう公告に係る費用ならびに信託約款の変更または信託契約の解約
         に係る事項を記載した書面の作成、印刷および交付に係る費用
        8)格付の取得に要する費用
        9)この信託の法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用
      ⑤ 一部解約金の支払資金等に不足額が生じて資金借入れの指図をする場合および再投資に係る収益分
         配金の支払資金の手当てを目的として資金借入れの指図をする場合は、借入金の利息は信託財産中
         より支弁します。
      ⑥ 信託財産の効率的な運用に資するために有価証券を借入れた場合は、借入れに係る品貸料は信託財
         産中より支弁します。
      ※監査費用は、監査法人などに支払うファンドの監査に係る費用です。

      <投資対象とするマザーファンドに係る費用>

        組入有価証券の売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する諸費用、信託財産に関する租税な
      ど。
                                 38/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        上記その他の手数料等は、運用の状況等により異なるため、料率、上限率等をあらかじめ表示するこ
      とができません。
        受益者が負担する手数料などの合計額については、保有期間や運用の状況などに応じて異なるため、
      あらかじめ表示することができません。
     (5)  【課税上の取扱い】

        課税上は、株式投資信託として取り扱われます。公募株式投資信託は税法上、NISA(少額投資非課税
        制度)の適用対象であり、2024年1月1日以降は一定の要件を満たした場合にNISAの適用対象となりま
        す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      ① 個人受益者の場合
        1)収益分配金に対する課税
         ・収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については配当所得として、20.315%(所得税
          15.315%および地方税5%)の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行な
          われます。なお、確定申告を行ない、申告分離課税または総合課税(配当控除の適用はありま
          す。)のいずれかを選択することもできます。
        2)解約金および償還金に対する課税
                              *
         ・解約時および償還時の差益(譲渡益)                      については譲渡所得として、20.315%(所得税15.315%
          および地方税5%)の税率による申告分離課税の対象となり、確定申告が必要となります。なお、
          源泉徴収ありの特定口座(源泉徴収選択口座)を選択している場合は、20.315%(所得税
          15.315%および地方税5%)の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行な
          われます。
          *解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を含みま
           す。)を控除した利益
         ※確定申告等により、解約時および償還時の差損(譲渡損失)については、上場株式等※1の譲渡益、上場株式

          等の配当等および特定公社債等※2の利子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)と損益通算が可
          能です。また、解約時および償還時の差益(譲渡益)、普通分配金および特定公社債等の利子所得(申告分
          離課税を選択したものに限ります。)については、上場株式等の譲渡損失と損益通算が可能です。
         *1 上場株式等とは、上場株式、上場特定株式投資信託(ETF)、上場特定不動産投資信託(REIT)および公
            募株式投資信託等をいいます。
         *2 特定公社債等とは、特定公社債および公募公社債投資信託等をいいます。
         ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合
          少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」は、少額上場株式等に関する非課税制度です。
          NISAをご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得及び
          譲渡所得が一定期間非課税となりますが、2024年1月1日以降は、一定の額を上限として、毎年、一定額の範
          囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得及び譲渡所得が無期限で非課税となります。
          ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。
          また、2024年1月1日以降は、税法上の要件を満たした商品を購入した場合に限り、非課税の適用を受けるこ
          とができます。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
          *上記は2023年9月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合があり
           ます。
                                 39/107




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ② 法人受益者の場合

        1)収益分配金、解約金、償還金に対する課税
         ・収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本超過額につ
          いては配当所得として、15.315%(所得税のみ)の税率による源泉徴収が行なわれます。源泉徴
          収された税金は、所有期間に応じて法人税から控除される場合があります。
        2)益金不算入制度の適用
          益金不算入制度の適用はありません。
         ※買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。

         *上記は2023年9月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合がありま
          す。
      ③ 個別元本

        1)各受益者の買付時の基準価額(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額は含まれませ
         ん。)が個別元本になります。
        2)受益者が同一ファンドを複数回お申込みの場合、1口当たりの個別元本は、申込口数で加重平均
         した値となります。ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申込みの場合などにより把
         握方法が異なる場合がありますので、販売会社にお問い合わせください。
      ④ 普通分配金と元本払戻金(特別分配金)

        1)収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」
         (元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
        2)受益者が収益分配金を受け取る際
         イ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本と同額かまたは上回っている
          場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
         ロ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本を下回っている場合には、収
          益分配金の範囲内でその下回っている部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、収益分配金か
          ら元本払戻金(特別分配金)を控除した金額が普通分配金となります。
         ハ)収益分配金発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の受
          益者の個別元本となります。
                                 40/107







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。












        ※税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更になる場合があります。
        ※税金の取扱いの詳細については、税務専門家などにご確認されることをお勧めします。
                                 41/107








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5  【運用状況】

     以下は、2023年9月末現在の運用状況であります。

     また、投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価金額の比率です。
     投資比率の内訳と合計は四捨五入の関係で合わない場合があります。
     (1)  【投資状況】

              資産の種類                 国・地域         時価合計(円)           投資比率(%)

    親投資信託受益証券                            日本            181,194,957            98.51
    現金・預金・その他資産(負債控除後)                            -             2,738,323            1.49
               合  計(純資産総額)                             183,933,280            100.00
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。
     (2)  【投資資産】

      ①  【投資有価証券の主要銘柄】
      イ.評価額上位銘柄明細
     国・    種類     銘柄名       数量又は       簿価単価       簿価金額       評価単価       評価金額      投資比率
     地域                       (円)      (円)       (円)              (%)
                    額面総額                            (円)
             MASAM
             ITSU・
        親投資    Link‐
     日本   信託受    U・ビッグ
                    138,963,845        1.3092     181,931,466          1.3039     181,194,957         98.51
        益証券    データ・マ
             ザーファン
               ド
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。
      ロ.種類別の投資比率

               種類                     投資比率(%)
           親投資信託受益証券                                     98.51
               合計                                 98.51
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。
      ②  【投資不動産物件】

         該当事項はありません。
      ③  【その他投資資産の主要なもの】

         該当事項はありません。
     (3)  【運用実績】

      ①  【純資産の推移】
                                 42/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             純資産総額(円)                 1口当たり純資産額(円)
            期別
                         (分配落)           (分配付)         (分配落)        (分配付)
     第1特定期間末        (2016年2月29日)            1,987,384,787           1,987,384,787           0.8965        0.8965
     第2特定期間末        (2016年8月29日)            1,516,645,897           1,516,645,897           0.8830        0.8830
     第3特定期間末        (2017年2月27日)            1,430,142,509           1,430,142,509           1.0108        1.0108
     第4特定期間末        (2017年8月28日)            1,226,781,180           1,238,936,404           1.0093        1.0193
     第5特定期間末        (2018年2月27日)             905,711,730           914,072,923          1.0832        1.0932
     第6特定期間末        (2018年8月27日)             742,940,954           746,647,135          1.0023        1.0073
     第7特定期間末        (2019年2月27日)              604,028,228           607,376,100          0.9021        0.9071
     第8特定期間末        (2019年8月27日)              536,037,375           539,227,778          0.8401        0.8451
     第9特定期間末        (2020年2月27日)              530,595,619           533,530,186          0.9040        0.9090
     第10特定期間末        (2020年8月27日)              528,762,310           531,284,669          1.0482        1.0532
     第11特定期間末        (2021年3月1日)              369,179,733           370,865,938          1.0947        1.0997
     第12特定期間末        (2021年8月27日)              323,198,541           324,729,912          1.0553        1.0603
     第13特定期間末        (2022年2月28日)              227,350,009           228,717,271          0.8314        0.8364
     第14特定期間末        (2022年8月29日)              227,447,260           228,768,480          0.8607        0.8657
     第15特定期間末        (2023年2月27日)              208,290,616           209,506,656          0.8564        0.8614
     第16特定期間末        (2023年8月28日)              190,613,090           191,736,529          0.8483        0.8533
              2022年9月末日             225,197,844                 -     0.8595          -
                 10月末日          235,058,049                 -     0.8980          -
                 11月末日          239,788,797                 -     0.9159          -
                 12月末日          218,073,803                 -     0.8752          -
              2023年1月末日             221,894,766                 -     0.8941          -
                 2月末日          211,237,262                 -     0.8678          -
                 3月末日          210,727,003                 -     0.8655          -
                 4月末日          209,866,107                 -     0.8640          -
                 5月末日          203,128,545                 -     0.8384          -
                 6月末日          203,900,718                 -     0.9013          -
                 7月末日          198,932,173                 -     0.8847          -
                 8月末日          194,496,156                 -     0.8650          -
                 9月末日          183,933,280                 -     0.8415          -
                                 43/107












                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②  【分配の推移】

         期                  期間                  1口当たり分配金(円)
     第1特定期間          2015年8月28日~2016年2月29日                                         0.000
     第2特定期間          2016年3月1日~2016年8月29日                                         0.000
     第3特定期間          2016年8月30日~2017年2月27日                                         0.000
     第4特定期間          2017年2月28日~2017年8月28日                                         0.010
     第5特定期間          2017年8月29日~2018年2月27日                                         0.020
     第6特定期間          2018年2月28日~2018年8月27日                                         0.015
     第7特定期間          2018年8月28日~2019年2月27日                                         0.010
     第8特定期間          2019年2月28日~2019年8月27日                                         0.010
     第9特定期間          2019年8月28日~2020年2月27日                                         0.010
     第10特定期間          2020年2月28日~2020年8月27日                                         0.010
     第11特定期間          2020年8月28日~2021年3月1日                                         0.010
     第12特定期間          2021年3月2日~2021年8月27日                                         0.010
     第13特定期間          2021年8月28日~2022年2月28日                                         0.010
     第14特定期間          2022年3月1日~2022年8月29日                                         0.010
     第15特定期間          2022年8月30日~2023年2月27日                                         0.010
     第16特定期間          2023年2月28日~2023年8月28日                                         0.010
      ③  【収益率の推移】

         期                  期間                    収益率(%)
     第1特定期間          2015年8月28日~2016年2月29日                                        △10.4
     第2特定期間          2016年3月1日~2016年8月29日                                        △1.5
     第3特定期間          2016年8月30日~2017年2月27日                                         14.5
     第4特定期間          2017年2月28日~2017年8月28日                                          0.8
     第5特定期間          2017年8月29日~2018年2月27日                                          9.3
     第6特定期間          2018年2月28日~2018年8月27日                                        △6.1
     第7特定期間          2018年8月28日~2019年2月27日                                        △9.0
     第8特定期間          2019年2月28日~2019年8月27日                                        △5.8
     第9特定期間          2019年8月28日~2020年2月27日                                          8.8
     第10特定期間          2020年2月28日~2020年8月27日                                         17.1
     第11特定期間          2020年8月28日~2021年3月1日                                          5.4
     第12特定期間          2021年3月2日~2021年8月27日                                        △2.7
     第13特定期間          2021年8月28日~2022年2月28日                                        △20.3
     第14特定期間          2022年3月1日~2022年8月29日                                          4.7
     第15特定期間          2022年8月30日~2023年2月27日                                          0.7
     第16特定期間          2023年2月28日~2023年8月28日                                          0.2
    (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落ち)に当該計算期間の分配金を加算し、当該
        計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落ち。以下、「前期末基準価額」といいます。)を控
        除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じた数です。
                                 44/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)  【設定及び解約の実績】

       期        期間         設定口数(口)            解約口数(口)          発行済み口数(口)
    第1特定期間        2015年8月28日
                             2,812,921,315            596,037,153          2,216,884,162
            ~2016年2月29日
    第2特定期間        2016年3月1日
                               10,733,916          510,056,705          1,717,561,373
            ~2016年8月29日
    第3特定期間        2016年8月30日
                               4,451,058         307,140,510          1,414,871,921
            ~2017年2月27日
    第4特定期間        2017年2月28日
                               46,926,881          246,276,367          1,215,522,435
            ~2017年8月28日
    第5特定期間        2017年8月29日
                               6,757,397         386,160,485           836,119,347
            ~2018年2月27日
            2018年2月28日
    第6特定期間
                               6,556,244         101,439,208           741,236,383
            ~2018年8月27日
            2018年8月28日
    第7特定期間
                               1,455,036          73,116,920           669,574,499
            ~2019年2月27日
            2019年2月28日
    第8特定期間
                               1,967,027          33,460,913           638,080,613
            ~2019年8月27日
            2019年8月28日
    第9特定期間
                               2,687,667          53,854,871           586,913,409
            ~2020年2月27日
            2020年2月28日
    第10特定期間
                               2,360,497          84,801,981           504,471,925
            ~2020年8月27日
            2020年8月28日
    第11特定期間
                               6,672,115         173,902,991           337,241,049
            ~2021年3月1日
            2021年3月2日
    第12特定期間
                               1,743,619          32,710,351           306,274,317
            ~2021年8月27日
            2021年8月28日
    第13特定期間
                               1,386,324          34,208,062           273,452,579
            ~2022年2月28日
            2022年3月1日
    第14特定期間
                                959,281         10,167,732           264,244,128
            ~2022年8月29日
            2022年8月30日
    第15特定期間
                               2,098,534          23,134,480           243,208,182
            ~2023年2月27日
            2023年2月28日
    第16特定期間
                               1,005,466          19,525,783           224,687,865
            ~2023年8月28日
    (注)第1特定期間の設定口数は、当初設定口数を含みます。
     (注)   本邦外における設定および解約の実績はございません。
                                 45/107










                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)

    MASAMITSU・Link‐U・ビッグデータ・マザーファンド

     以下は、2023年9月末現在の運用状況であります。

     また、投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価金額の比率です。
     投資比率の内訳と合計は四捨五入の関係で合わない場合があります。
    投資状況

              資産の種類                  国・地域         時価合計(円)          投資比率(%)

    株式                            日本            174,215,900            96.15
    現金・預金・その他の資産(負債控除後)                             -            6,976,269            3.85
                合  計(純資産総額)                             181,192,169            100.00
    (注)信用取引により売り建てている株式(日本)の時価合計は323,600円、投資比率は0.18%です。
    その他の資産の投資状況

    投資資産

      投資有価証券の主要銘柄

      イ.評価額上位銘柄明細(上位30銘柄)
                                            評価
     国・                     数量又は      簿価     簿価金額            評価金額      投資比率
         種類     銘柄名       業種                       単価
     地域                     額面総額     単価(円)       (円)            (円)      (%)
                                            (円)
     日本    株式   ブロードメディ        サービス業       2,500      1,689     4,222,500       1,969     4,922,500       2.72
            ア
     日本    株式   M&A総研ホー        サービス業       1,300    3,400.95      4,421,241       3,440     4,472,000       2.47
            ルディングス
     日本    株式   日本アビオニク        電気機器        500     6,120     3,060,000       7,140     3,570,000       1.97
            ス
     日本    株式   トランザクショ        その他製品       1,900      1,950     3,705,000       1,866     3,545,400       1.96
            ン
     日本    株式   山梨中央銀行        銀行業       2,000    1,724.72      3,449,457       1,662     3,324,000       1.83
     日本    株式   クラレ        化学       1,800    1,722.62      3,100,725       1,771     3,187,800       1.76
     日本    株式   エンプラス        電気機器        300   9,058.28      2,717,484       10,470     3,141,000       1.73
     日本    株式   フロンティア・        サービス業       1,900      1,290     2,451,000       1,383     2,627,700       1.45
            マネジメント
     日本    株式   K&Oエナジー        鉱業       1,000    2,469.97      2,469,976       2,618     2,618,000       1.44
            グループ
     日本    株式   AIメカテック        機械        800   2,855.24      2,284,192       3,265     2,612,000       1.44
                                 46/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     日本    株式   伊勢化学工業        化学        300   7,769.77      2,330,932       8,630     2,589,000       1.43
     日本    株式   恵和        化学       1,800    1,385.40      2,493,735       1,415     2,547,000       1.41
     日本    株式   シグマクシス・        サービス業       1,600    1,507.45      2,411,925       1,573     2,516,800       1.39
            ホールディング
            ス
     日本    株式   スカパーJSA        情報・通信       3,600       647    2,329,200        699    2,516,400       1.39
            Tホールディン        業
            グス
     日本    株式   三菱重工業        機械        300   8,231.20      2,469,362       8,346     2,503,800       1.38
     日本    株式   共立メンテナン        サービス業        400   6,287.90      2,515,163       6,222     2,488,800       1.37
            ス
     日本    株式   りそなホール        銀行業       3,000     795.28     2,385,847       828.3     2,484,900       1.37
            ディングス
     日本    株式   ABホテル        サービス業        900     2,855     2,569,500       2,685     2,416,500       1.33
     日本    株式   マネーフォワー        情報・通信        500   5,206.70      2,603,350       4,802     2,401,000       1.33
            ド        業
     日本    株式   DDグループ        小売業       1,200      1,527     1,832,400       1,953     2,343,600       1.29
     日本    株式   ヨシムラ・フー        食料品       2,000       985    1,970,000       1,154     2,308,000       1.27
            ド・ホールディ
            ングス
     日本    株式   あらた        卸売業        400   5,770.08      2,308,034       5,580     2,232,000       1.23
     日本    株式   いよぎんホール        銀行業       2,000    1,117.71      2,235,435       1,075     2,150,000       1.19
            ディングス
     日本    株式   ギフティ        情報・通信       1,500    1,457.32      2,185,988       1,421     2,131,500       1.18
                    業
     日本    株式   サンリオ        卸売業        300     7,410     2,223,000       7,100     2,130,000       1.18
     日本    株式   KADOKAW        情報・通信        700   3,238.51      2,266,959       2,992     2,094,400       1.16
            A        業
     日本    株式   めぶきフィナン        銀行業       5,000     414.79     2,073,998       413.7     2,068,500       1.14
            シャルグループ
     日本    株式   SREホール        不動産業        700   3,274.79      2,292,353       2,947     2,062,900       1.14
            ディングス
     日本    株式   八十二銀行        銀行業       2,500     801.37     2,003,436       824.9     2,062,250       1.14
     日本    株式   伊藤忠食品        卸売業        300   6,844.18      2,053,256       6,840     2,052,000       1.13
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。
      ロ.種類別及び業種別の投資比率
     種類        国内/国外        業種              投資比率(%)
     株式        国内        情報・通信業                    17.00
                     サービス業                    16.67
                     卸売業                     9.85
                     銀行業                     9.77
                     小売業                     8.41
                                 47/107

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     化学                     5.59
                     電気機器                     5.17
                     機械                     4.95
                     不動産業                     2.65
                     その他金融業                     2.07
                     保険業                     2.05
                     その他製品                     1.96
                     食料品                     1.89
                     繊維製品                     1.82
                     鉱業                     1.44
                     倉庫・運輸関連業                     1.10
                     非鉄金属                     1.06
                     輸送用機器                     1.03
                     陸運業                     0.87
                     ガラス・土石製品                     0.60
                     電気・ガス業                     0.19
                     小計                    96.15
     合計                                    96.15
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。
      投資不動産物件

      該当事項はありません。
      その他投資資産の主要なもの

     国/                         買建/        簿  価  金  額  時  価  金  額  投資比率
         資産の種類      取引所      資産の名称            数量
     地域                         売建        (円)        (円)       (%)
         プット・オ
               大阪取引      日経225オ
     日本    プション                     買建      13    2,054,300       2,483,000         1.37
               所      プション
         (買)
    (注)オプション取引については、原則として時価評価しております。時価評価にあたっては、原則として、計算日に知
       りうる直近の日の主たる金融商品取引所の発表する清算値段または最終相場によっております。
                                 48/107








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (参考情報)

                                 49/107




















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2    【管理及び運営】

    1  【申込(販売)手続等】

     (1)  申込方法
        販売会社所定の方法でお申し込みください。
     (2)  コースの選択
        収益分配金の受取方法によって、<分配金再投資コース>と<分配金受取りコース>の2通りがあり
      ます。ただし、販売会社によって取扱コースは異なります。
        <分配金再投資コース>
        収益分配金を自動的に再投資するコースです。
        <分配金受取りコース>
        収益分配金を再投資せず、その都度受け取るコースです。
     (3)  申込みの受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
     (4)  取扱時間
        原則として、営業日の午後3時までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とし
      ます。なお、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
     (5)  申込金額
        取得申込受付日の基準価額に取得申込口数を乗じて得た額に、申込手数料と当該手数料に係る消費税
      等相当額を加算した額です。
     (6)  申込単位
        販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
          委託会社の照会先
             <ファイブスター投信投資顧問株式会社 お客様デスク>
              電  話  番  号:03-3553-8711
              受  付  時  間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時まで
              ホームページアドレス:https://www.fivestar-am.co.jp/
     (7)  申込代金の支払い

        取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する日までに販売会社へお支払いください。
     (8)  受付の中止および取消
                       ※
        委託会社は、金融商品取引所                等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情が
      あるときは、取得の申込みの受付を中止すること、および既に受け付けた取得の申込みの受付を取り消
      すことができます。
      ※金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所を「取引所」といい、取引所のうち、有価証券の売買ま
       たは金融商品取引法第28条第8項第3号の取引を行う市場および当該市場を開設するものを「証券取引所」とい
       います。
                                 50/107





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2  【換金(解約)手続等】

     <解約請求による換金>
     (1)  解約の受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
     (2)  取扱時間
        原則として、営業日の午後3時までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とし
      ます。なお、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
     (3)  解約制限
        ファンドの規模および商品性格などに基づき、運用上の支障をきたさないようにするため、大口の解
      約には受付時間制限および金額制限(1億口または1億円以上の解約は、正午まで)を行なう場合があ
      ります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (4)  解約価額
        解約請求受付日の基準価額から信託財産留保額(当該基準価額に0.3%の率を乗じて得た額)を控除し
      た価額とします。
      ・基準価額につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
          委託会社の照会先
             <ファイブスター投信投資顧問株式会社 お客様デスク>
              電  話  番  号:03-3553-8711
              受  付  時  間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時まで
              ホームページアドレス:https://www.fivestar-am.co.jp/
     (5)  手取額

        1口当たりの手取額は、解約価額から所得税および地方税を差し引いた金額となります。
        ※税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更になる場合があります。
         詳しくは、「課税上の取扱い」をご覧ください。
     (6)  解約単位
        1口または1円単位
        ※販売会社によっては、解約単位が異なる場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (7)  解約代金の支払い
        原則として、解約請求受付日から起算して5営業日目からお支払いします。
     (8)  受付の中止および取消
      ・委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があ
        るときは、解約請求の受付を中止すること、および既に受け付けた解約請求の受付を取り消すことが
        できます。
      ・解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行なった当日の解約請求を撤回
        できます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初
        の基準価額の計算日に解約請求を受け付けたものとして取り扱います。
                                 51/107




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3  【資産管理等の概要】

     (1)  【資産の評価】
      ① 基準価額の算出
        ・基準価額は委託会社の営業日において日々算出されます。
        ・基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保代用有価証券および借入有価証券を除きます。)を
         評価して得た信託財産の総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を、計算日における受益
         権総口数で除した金額をいいます。なお、ファンドは1万口当たりに換算した価額で表示すること
         があります。
      ② 有価証券などの評価基準








        ・信託財産に属する資産については、法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価評価し
         ます。
         <主な資産の評価方法>
          ◇マザーファンドの受益証券
           基準価額計算日の基準価額で評価します。
          ◇国内上場株式
           原則として、基準価額計算日におけるわが国の金融商品取引所の最終相場で評価します。
      ③ 基準価額の照会方法
         販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
           委託会社の照会先
              <ファイブスター投信投資顧問株式会社 お客様デスク>
               電  話  番  号:03-3553-8711
               受  付  時  間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時まで
               ホームページアドレス:https://www.fivestar-am.co.jp/
     (2)  【保管】

        該当事項はありません。
                                 52/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)  【信託期間】
        2025年8月27日までとします(2015年8月28日設定)。ただし、約款の規定に基づき、信託契約を解約
      し、信託を終了させることがあります。また、委託会社は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益
      者に有利であると認めたときは、受託会社と合意の上、信託期間を延長することができます。
     (4)  【計算期間】
        原則として、毎年2月28日から5月27日まで、5月28日から8月27日まで、8月28日から11月27日まで、11
      月28日から翌年2月27日までとします。ただし、計算期間終了日に該当する日(以下、「該当日」といい
      ます。)が休業日の場合、計算期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始
      されるものとします。
        なお、最終計算期間の終了日は、ファンドの信託期間の終了日とします。
     (5)  【その他】
      ① 信託の終了(繰上償還)
        1)委託会社は、次のいずれかの場合には、受託会社と合意の上、信託契約を解約し繰上償還させる
         ことができます。
         イ)受益者の解約により受益権の口数が10億口を下回ることとなった場合
         ロ)繰上償還することが受益者のために有利であると認めるとき
         ハ)やむを得ない事情が発生したとき
        2)この場合、委託会社は書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行ないます。(後述
         の「書面決議」をご覧ください。)
        3)委託会社は、次のいずれかの場合には、後述の「書面決議」の規定は適用せず、信託契約を解約
         し繰上償還させます。
         イ)信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合で、書面決議が困難な場合
         ロ)監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたとき
         ハ)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
          (監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じたとき
          は、書面決議で可決された場合、存続します。)
         ニ)受託会社が委託会社の承諾を受けてその任務を辞任した場合またはその任務に違反するなどし
          て解任された場合に、委託会社が新受託会社を選任できないとき
        4)繰上償還を行なう際には、委託会社は、その旨をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
      ② 償還金について
        ・償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日
         の場合は翌営業日)から起算して5営業日まで)から受益者に支払います。
        ・償還金の支払いは、販売会社において行なわれます。
      ③ 信託約款の変更など
        1)委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、
         受託会社と合意の上、この信託約款を変更すること、または当ファンドと他のファンドとの併合
         (以下「併合」といいます。)を行なうことができます。信託約款の変更または併合を行なう際に
         は、委託会社は、その旨および内容をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
        2)この変更事項のうち、その内容が重大なものに該当する場合に限り、併合事項にあってはその併
         合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除く併合(以下、「重大な約款変
         更等」といいます。)については、書面決議を行ないます。
                                 53/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        3)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後述の「書面
         決議」の規定を適用します。
      ④ 書面決議
        1)繰上償還、重大な約款変更等に対して、委託会社は書面決議を行います。この場合において、あ
         らかじめ、書面決議の日ならびにその内容および理由などの事項を定め、決議の日の2週間前まで
         に知れている受益者に対し書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発送します。
        2)受益者は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れて
         いる受益者が議決権を行使しないときは、書面決議について賛成するものとみなします。
        3)書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあたる多数をもっ
         て行ないます。
        4)繰上償還、重大な約款変更等に関する委託会社の提案に対して、すべての受益者が書面または電
         磁的記録により同意の意思表示をしたときは、書面決議を行ないません。
        5)当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合であっても、併合にかかる他のファンドに
         おいて併合の書面決議が否決された場合は、当該他のファンドとの併合を行なうことはできませ
         ん。
      ⑤ 公告
         公告は、電子公告により行い、次のアドレスに掲載します。
         https://www.fivestar-am.co.jp
         なお、電子公告によることができない事故その他のやむを得ない事由が生じたときは、日本経済新
        聞に掲載する方法とします。
      ⑥ 運用報告書の作成
        1)委託会社は、年2回(2月、8月)および償還後に期中の運用経過、組入有価証券の内容および有
         価証券の売買状況等を記載した運用報告書を作成し、販売会社を通じて知れている受益者に交付し
         ます。
        2)委託会社は、投資信託及び投資法人に関する法律第14条第1項に定める運用報告書の交付に代え
         て、運用報告書に記載すべき事項を電磁的方法により受益者に提供することができます。この場合
         において、委託会社は、運用報告書を交付したものとみなします。
        3)前2)の規定に係らず、委託会社は、受益者から運用報告書の交付の請求があった場合には、こ
         れを交付するものとします。
      ⑦ 関係法人との契約について
         販売会社との募集の取扱いなどに関する契約の有効期間は契約日より1年間とします。ただし、期
        間満了の3ヵ月前までに、販売会社、委託会社いずれからも別段の意思表示がないときは、自動的に
        1年間延長されるものとし、以後も同様とします。
      ⑧ 他の受益者の氏名などの開示の請求の制限
         受益者は、委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行なうことはできませ
        ん。
         1.他の受益者の氏名または名称および住所
         2.他の受益者が有する受益権の内容
    4  【受益者の権利等】

      受益者の有する主な権利は次の通りです。
     (1)  収益分配金・償還金受領権
                                 54/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ・受益者は、ファンドの収益分配金・償還金を、自己に帰属する受益権の口数に応じて受領する権利を
        有します。
      ・「分配金受取コース」における収益分配金は、税金を差し引いた後、毎計算期間の終了日後1ヶ月以内
        の委託会社の指定する日(原則として計算日から起算して5営業日以内)から、販売会社において、受
        益者に支払います。
      ・「分配金再投資コース」における収益分配金は、税金を差し引いた後、別に定める契約に基づいて、
        決算日の基準価額により自動的に無手数料で全額再投資されます。
      ・償還金は、信託終了日後1ヶ月以内の委託会社が指定する日(原則として償還日(休業日の場合は翌営
        業日)から起算して5営業日以内)から、販売会社において、受益者に支払います。
      ・ただし、受益者が収益分配金については支払開始日から5年間、償還金については支払開始日から10
        年間請求を行なわない場合はその権利を失い、その金銭は委託会社に帰属します。
     (2)  解約請求権
        受益者は、自己に帰属する受益権につき販売会社を通じて、委託会社に解約の請求をすることができ
      ます。
     (3)  帳簿閲覧権
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内にファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧を請求す
      ることができます。
                                 55/107













                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3    【ファンドの経理状況】

    (1)  当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令

     第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令
     第133号)に基づいて作成しております。なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しておりま
     す。
    (2)  当ファンドの計算期間は6ヶ月未満であるため、財務諸表は6ヶ月毎に作成しております。

    (3)  当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第16特定期間(2023年2月28日から

     2023年8月28日まで)の財務諸表について、イデア監査法人による監査を受けております。
                                 56/107
















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1  【財務諸表】
       MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・ファンド
    (1)【貸借対照表】
                                                (単位:円)
                             第15特定期間              第16特定期間

                            (2023年2月27日現在)              (2023年8月28日現在)
     資産の部
       流動資産
                                   6,620,183              4,585,250
        金銭信託
                                  205,374,745              189,504,372
        親投資信託受益証券
                                  211,994,928              194,089,622
        流動資産合計
                                  211,994,928              194,089,622
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                   1,216,040              1,123,439
        未払収益分配金
                                      432              39
        未払解約金
                                    42,389              38,324
        未払受託者報酬
                                   1,077,864              974,612
        未払委託者報酬
                                   1,367,587              1,340,118
        その他未払費用
                                   3,704,312              3,476,532
        流動負債合計
                                   3,704,312              3,476,532
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                                224,687,865
                                  243,208,182
        元本
        剰余金
                                  △ 34,917,566             △ 34,074,775
         期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                   14,570,147              11,273,379
         (分配準備積立金)
                                  208,290,616              190,613,090
       元本等合計
                                  208,290,616              190,613,090
      純資産合計
                                  211,994,928              194,089,622
     負債純資産合計
                                 57/107






                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                (単位:円)
                              第15特定期間             第16特定期間
                             自2022年    8月30日         自2023年    2月28日

                             至2023年    2月27日         至2023年    8月28日

     営業収益
                                    6,757,643             6,029,627
       有価証券売買等損益
                                    6,757,643             6,029,627
       営業収益合計
     営業費用
                                     87,029             78,592
       受託者報酬
                                    2,212,988             1,998,563
       委託者報酬
                                    2,736,590             2,681,300
       その他費用
                                    5,036,607             4,758,455
       営業費用合計
                                    1,721,036             1,271,172
     営業利益又は営業損失(△)
                                    1,721,036             1,271,172
     経常利益又は経常損失(△)
                                    1,721,036             1,271,172
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一
                                    △ 891,250            1,085,674
     部解約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                   △ 36,796,868            △ 34,917,566
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                    2,024,800             3,133,178
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損
                                    2,024,800             3,133,178
       金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損
                                        -             -
       金減少額
                                     233,386             141,983
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損
                                        -             -
       金増加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損
                                     233,386             141,983
       金増加額
                                    2,524,398             2,333,902
     分配金
                                   △ 34,917,566            △ 34,074,775
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 58/107








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及            親投資信託受益証券
      び評価方法           移動平均法に基づき、時価で評価しております。時価評価にあたっては、親投資信託受
                 益証券の基準価額に基づいて評価しております。
     2.収益及び費用の計上基            有価証券売買等損益
     準            約定日基準で計上しております。
     3.その他財務諸表作成の            特定期間の取扱い
     ための基礎となる事項            ファンドの特定期間は、2023年2月28日から2023年8月28日までとなっております。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

      該当事項はありません。
    (貸借対照表に関する注記)

                            第15特定期間               第16特定期間

             区分
                          2023年2月27日現在               2023年8月28日現在
     1.期首元本額                          264,244,128      円         243,208,182      円

      期中追加設定元本額                           2,098,534     円          1,005,466     円
      期中一部解約元本額                           23,134,480     円          19,525,783     円
     2.元本の欠損                           34,917,566     円          34,074,775     円
     3.特定期間末日における受益権の総数                          243,208,182      口         224,687,865      口
                                 59/107











                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                    第15特定期間              第16特定期間
                                  自 2022年8月       30日       自 2023年2月       28日
                 区分
                                  至 2023年2月       27日       至 2023年8月       28日
                                  (自 2022年8月30日              (自 2023年2月28日
     分配金の計算過程
                                  至 2022年11月28日)              至 2023年5月29日)
     A 費用控除後の配当等収益額
                                        478,515    円             - 円
     B 費用控除後・繰越欠損金補填後の有価証券売買等損益額

                                           - 円             - 円
      C  収益調整金額

                                       1,314,818     円         1,348,112     円
     D 分配準備積立金額

                                       17,865,549      円        14,472,064      円
     E 当ファンドの分配対象収益額(A+B+C+D)

                                       19,658,882      円        15,820,176      円
     F 当ファンドの期末残存口数

                                      261,671,657      口        242,092,638      口
      G  1万口当たり収益分配対象額(E/F×10,000)

                                         751.28    円          653.47    円
     H 1万口当たり分配金額

                                           50  円            50  円
     I 収益分配金金額(F×H/10,000)

                                       1,308,358     円         1,210,463     円
                                               (自 2023年      5月30日

                                  (自 2022年11月29日
                                  至 2023年      2月27日)
                                               至 2023年      8月28日)
     A 費用控除後の配当等収益額

                                           - 円          89,003    円
     B 費用控除後・繰越欠損金補填後の有価証券売買等損益額

                                           - 円             - 円
      C  収益調整金額

                                       1,318,917     円         1,273,689     円
     D 分配準備積立金額

                                       15,786,187      円        12,307,815      円
     E 当ファンドの分配対象収益額(A+B+C+D)

                                       17,105,104      円        13,670,507      円
     F 当ファンドの期末残存口数

                                      243,208,182      口        224,687,865      口
      G  1万口当たり収益分配対象額(E/F×10,000)

                                         703.31    円          608.42    円
     H 1万口当たり分配金額

                                           50  円            50  円
     I 収益分配金金額(F×H/10,000)

                                       1,216,040     円         1,123,439     円
                                 60/107







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
                        第15特定期間                    第16特定期間
          区分             自 2022年8月30日                    自 2023年2月28日
                       至 2023年2月27日                    至 2023年8月28日
     1.金融商品に対する取組
                 当ファンドは、投資信託及び投資法人に                             同左
     方針
                 関する法律第2条第4項に定める証券投資
                 信託であり、信託約款に規定する運用の
                 基本方針に従い、有価証券等の金融商品
                 に対して投資として運用することを目的
                 としております。
     2.金融商品の内容及び当

                 当ファンドは、売買目的有価証券のほ                             同左
     該金融商品に係るリスク
                 か、金銭信託等の金銭債権及び金銭債務
                 を保有しております。当該有価証券の詳
                 細は(有価証券に関する注記)に記載し
                 ております。当該金融商品は性質に応じ
                 てそれぞれ金利変動リスク、価格変動リ
                 スク、為替変動リスクなどの市場リス
                 ク、信用リスク、流動性リスク等に晒さ
                 れております。
     3.金融商品に係るリスク

                 複数の部署において信託約款等の遵守状                             同左
     管理体制
                 況、市場リスク、信用リスク、流動性リ
                 スク等のモニタリングを行いコンプライ
                 アンス委員会において評価しておりま
                 す。信託財産全体としてのリスク管理
                 を、金融商品、リスクの種類ごとに行っ
                 ております。
                                 61/107







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項

                        第15特定期間                    第16特定期間
          区分
                       2023年2月27日現在                    2023年8月28日現在
     1.貸借対照表計上額、時              貸借対照表計上額は原則として時価で                            同左
     価及びその差額             計上されているため、差額はありませ
                 ん。
     2.時価の算定方法             (1)有価証券                    (1)有価証券

                 (重要な会計方針に係る事項に関する注                             同左
                 記)「有価証券の評価基準及び評価方
                 法」に記載しております。
                 (2)デリバティブ取引                    (2)デリバティブ取引
                 該当事項はありません。                             同左
                 (3)上記以外の金銭信託等の金銭債権及                    (3)上記以外の金銭信託等の金銭債権及び
                 び金銭債務                    金銭債務
                 短期間で決済されるため、時価は帳簿価                             同左
                 額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額
                 を時価としております。
     3.金融商品の時価等に関              金融商品の時価の算定においては一定                            同左

     する事項についての補足             の前提条件等を採用しているため、異な
     説明             る前提条件等によった場合、当該価額が
                  異なることもあります。
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
                       第15特定期間                     第16特定期間
                     2023年2月27日現在                     2023年8月28日現在
         種類
                     最終の計算期間の                     最終の計算期間の
                  損益に含まれた評価差額(円)                     損益に含まれた評価差額(円)
    親投資信託受益証券                          △12,688,801                       5,630,705
    合計                          △12,688,801                       5,630,705
    (デリバティブ取引に関する注記)

    該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
    (1口当たり情報)

                                 62/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         第15特定期間                  第16特定期間
           区分
                        2023年2月27日現在                  2023年8月28日現在
     1口当たり純資産額                           0.8564円                  0.8483円
     (1万口当たり純資産額)                           (8,564円)                  (8,483円)
    (4)【附属明細表】

      第1 有価証券明細表
      2023年8月28日現在
      (1)株式
         該当事項はありません。
      (2)株式以外の有価証券

                                                (単位:円)
      種類              銘柄              券面総額         評価額       備考
     親投資信託      MASAMITSU・Link‐U・ビッグ                        144,748,222         189,504,372
     受益証券      データ・マザーファンド
                 合計                  144,748,222         189,504,372
    (注)券面総額欄の数値は証券数を表示しております。
    第2 信用取引契約残高明細表

       該当事項はありません。
    第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       該当事項はありません。
                                 63/107










                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)

    当ファンドは、「MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・マザーファンド」を主要投資対象としており、貸
    借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は同親投資信託です。
    なお、同親投資信託の状況は以下の通りです。ただし、以下に記載した情報は監査の対象外です。
    「MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・マザーファンド」の状況
    (1)貸借対照表

                                                     (単位:円)
                              (2023年    2月27日現在)           (2023年    8月28日現在)
     資産の部
      流動資産
                                      15,523,496                4,192,348
       金銭信託
                                      190,637,600               184,239,850
       株式
                                       649,000               383,000
       プット・オプション(買)
                                       543,502               653,257
       未収入金
                                       186,319               186,319
       信用取引預け金
                                       322,850               142,300
       未収配当金
                                      207,862,767               189,797,074
       流動資産合計
                                      207,862,767               189,797,074
      資産合計
     負債の部
      流動負債
                                       280,000               294,000
       信用売証券
                                       2,210,518                   -
       未払金
                                         694               385
       その他未払費用
                                       2,491,212                294,385
       流動負債合計
                                       2,491,212                294,385
      負債合計
     純資産の部
      元本等
                                      161,229,978               144,748,222
       元本
       剰余金
                                      44,141,577               44,754,467
        剰余金又は欠損金(△)
                                      205,371,555               189,502,689
       元本等合計
                                      205,371,555               189,502,689
      純資産合計
                                      207,862,767               189,797,074
     負債純資産合計
    (2)注記表


    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及            (1)株式
      び評価方法           移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたっては、金
                 融商品取引所における最終相場(最終相場のないものについては、それに準ずる価
                 額)、または金融商品取引業者等から提示される気配相場に基づいて評価しておりま
                 す。
                 (2)信用売証券
                 個別法に基づき、時価評価しております。時価評価に当たっては、原則として、計算日
                 に知りうる直近の日の主たる金融商品取引所の発表する最終相場によっております。
                                 64/107



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.デリバティブの評価基            (1)オプション取引
      準及び評価方法           個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたっては、原則と
                 して、計算日に知りうる直近の日の主たる金融商品取引所の発表する清算値段または最
                 終相場によっております。
     3.収益及び費用の計上基            (1)受取配当金

      準           受取配当金は、原則として株式の配当落ち日において、確定配当金額または予想配当金
                 額を計上しております。
                 (2)有価証券売買等損益
                 約定日基準で計上しております。
                 (3)派生商品取引等損益
                 約定日基準で計上しております。
                                 65/107















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

      該当事項はありません。
    (貸借対照表に関する注記)

                区分                2023年2月27日現在              2023年8月28日現在
     1.期首                                2022年8月30日              2023年2月28日

      期首元本額                              181,046,895      円       161,229,978      円

      期首より計算期間末日までの追加設定元本額                                   -  円            -  円

      期首より計算期間末日までの一部解約元本額                               19,816,917      円        16,481,756      円

      計算期間末日における元本の内訳※

        MASAMITSU・Link-U・
                                    161,229,978      円       144,748,222      円
        ビッグデータ・ファンド
     2.担保資産

       信用取引に係る差入保証金代用有価証券
                                     5,362,400     円        3,709,200     円
        株式
       オプション取引に係る差入委託証拠金代用有価証
     券                                3,759,000     円        2,793,600     円
        株式
     3.元本の欠損                                    0 円            0 円

     4.受益権の総数                               161,229,978      口       144,748,222      口

    ※当該親投資信託受益証券を投資対象とする投資信託ごとの元本額
                                 66/107










                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
                         自 2022年8月30日                   自 2023年2月28日
           区分
                         至 2023年2月27日                   至 2023年8月28日
     1.金融商品に対する取組方針                 当ファンドは投資信託及び投資法人                          同左
                    に関する法律第2条第4項に定める証券
                    投資信託であり、信託約款に規定する
                    運用の基本方針に従い、有価証券、デ
                    リバティブ取引等の金融商品に対して
                    投資として運用することを目的として
                    おります。
     2.金融商品の内容及び当該金                 当ファンドが運用する主な有価証券                          同左

     融商品に係るリスク                は、「重要な会計方針に係る事項に関
                    する注記」の「有価証券の評価基準及
                    び評価方法」に記載の有価証券等であ
                    り、すべて売買目的で保有しておりま
                    す。また、金銭信託等の金銭債権及び
                    金銭債務を保有しております。主なデ
                    リバティブ取引には、先物取引、オプ
                    ション取引、スワップ取引等があり、
                    信託財産に属する資産の効率的な運用
                    に資するために行うことができます。
                    これらは、性質に応じてそれぞれ金利
                    変動リスク、価格変動リスク、為替変
                    動リスクなどの市場リスク、信用リス
                    ク、流動性リスク等に晒されておりま
                    す。
     3.金融商品に係るリスク管理                 複数の部署において信託約款等の遵                          同左

     体制                守状況、市場リスク、信用リスク、流
                    動性リスク等のモニタリングを行いコ
                    ンプライアンス委員会において評価し
                    ております。信託財産全体としてのリ
                    スク管理を、金融商品、リスクの種類
                    ごとに行っております。
    Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項

           区分              2023年2月27日現在                   2023年8月28日現在
                                 67/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.貸借対照表計上額、時価及び                 貸借対照表計上額は原則として時価                          同左
     その差額                で計上されているため、差額はありま
                    せん。
     2.時価の算定方法                (1)有価証券                   (1)有価証券

                    (重要な会計方針に係る事項に関する                           同左
                    注記)「有価証券の評価基準及び評価
                    方法」に記載しております。
                    (2)デリバティブ取引                   (2)デリバティブ取引
                    (重要な会計方針に係る事項に関する                           同左
                    注記)「デリバティブの評価基準及び
                    評価方法」に記載しております。
                    (3)上記以外の金銭信託等の金銭債                   (3)上記以外の金銭信託等の金銭債
                    権及び金銭債務                   権及び金銭債務
                    短期間で決済されるため、時価は帳簿                           同左
                    価額にほぼ等しいことから、当該帳簿
                    価額を時価としております。
                      金融商品の時価の算定においては

     3.金融商品の時価等に関する事                                           同左
                     一定の前提条件等を採用しているた
     項についての補足説明
                     め、異なる前提条件等によった場
                     合、当該価額が異なることもありま
                     す。
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
    2023年2月27日現在
                                                (単位:円)
          種類                 当計算期間の損益に含まれた評価差額
          株式                                      12,533,624
         信用売証券                                         △73,600
          合計                                      12,460,024
    2023年8月28日現在

                                                (単位:円)
          種類                 当計算期間の損益に含まれた評価差額
          株式                                      23,129,699
         信用売証券                                         △87,600
          合計                                      23,042,099
    (デリバティブ取引に関する注記)

    取引の時価等に関する事項
                                 68/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      株式関連
    (2023年2月27日現在)
                                                (単位:円)
                            契約額等
      区分         種類                         時価       評価損益
                               うち1年超
     市場取引      株価指数オプション取引
           買建
            プット            387,500,000            -      649,000      △1,306,500
                        (1,955,500)
     合計                   387,500,000            -      649,000      △1,306,500
    (2023年8月28日現在)

                                                (単位:円)
                            契約額等
      区分         種類                         時価       評価損益
                               うち1年超
     市場取引      株価指数オプション取引
           買建
            プット            595,250,000            -      383,000      △1,378,000
                        (1,761,000)
     合計                   595,250,000            -      383,000      △1,378,000
    (注)株価指数オプション取引
       1.ヘッジ会計を適用しておりません。
       2.時価の算定方法
        オプション取引の時価については、以下のように評価しております。
        原則として本報告書における開示対象ファンドの計算期間末日に知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清
        算値段又は最終相場で評価しております。このような時価が発表されていない場合には、計算期間末日に最も近
        い最終相場や気配値等、原則に準ずる方法で評価しております。
       3.オプション取引の残高は、契約額ベースで表示しております。
        なお、その金額自体はデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
       4.契約額等のうち、( )内はオプション料であります。
       5.契約額等及び時価の合計欄の金額は、各々の合計金額であります。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
    (1口当たり情報)

           区分              2023年2月27日現在                   2023年8月28日現在
     1口当たり純資産額                             1.2738円                   1.3092円
     (1万口当たり純資産額)                           (12,738円)                    (13,092円)
    (3)附属明細表

      第1 有価証券明細表
      2023年8月28日現在
      (1)株式
                                                     (単位:円)
                                 69/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             銘柄           株式数(株)       評価単価       評価金額             備考
     K&Oエナジーグループ                       800     2,431     1,944,800
     エムスリー                       500     2,854     1,427,000
     Shinwa Wise Holdin                      1,700       622    1,057,400
     gs
     テンポスホールディングス                       600     2,539     1,523,400
     円谷フィールズホールディングス                      2,200      2,556     5,623,200
     ヨシムラ・フード・ホールディングス                      3,400       985    3,349,000
     ファーマフーズ                      1,500      1,681     2,521,500
     ジェイフロンティア                       400     4,845     1,938,000
     グッドライフカンパニー                       500     1,549      774,500
     SREホールディングス                       700     3,305     2,313,500
     DDグループ                      1,200      1,527     1,832,400     代用有価証券で        1,200株    担保差入
     あい ホールディングス                       600     2,345     1,407,000
     物語コーポレーション                       900     4,575     4,117,500
     三越伊勢丹ホールディングス                       800     1,647     1,317,600
     トリドールホールディングス                       600     3,915     2,349,000
     コメダホールディングス                       600     2,807     1,684,200     代用有価証券で        600株   担保差入
     バロックジャパンリミテッド                       900      851     765,900
     力の源ホールディングス                       400     2,245      898,000
     ホギメディカル                       400     3,185     1,274,000
     ディジタルメディアプロフェッショナル                       200     2,547      509,400
     エムアップホールディングス                      1,800      1,465     2,637,000
     フィックスターズ                       700     1,230      861,000
     セック                       500     3,390     1,695,000
     アステリア                      1,900       756    1,436,400
     カナミックネットワーク                      1,300       498     647,400
     チェンジホールディングス                      1,200      1,935     2,322,000
     マネーフォワード                       400     5,251     2,100,400
     rakumo                      1,000      1,273     1,273,000
     ラキール                       700     1,779     1,245,300
     伊勢化学工業                       200     7,410     1,482,000
     ビジョナル                       300     7,440     2,232,000
     テイクアンドギヴ・ニーズ                      1,900      1,075     2,042,500
     ブロードメディア                      2,700      1,689     4,560,300
     日本精化                       300     2,561      768,300
     トリケミカル研究所                       600     2,730     1,638,000
     ワンキャリア                       900     3,405     3,064,500
     メルカリ                       500     3,199     1,599,500
     ADEKA                       100    2,766.5       276,650
     ギフティ                      1,800      1,625     2,925,000
                                 70/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     Zホールディングス                      4,000       413    1,652,000
     東映アニメーション                       100     12,110      1,211,000
     サイフューズ                       300      910     273,000
     東洋合成工業                       300     7,560     2,268,000
     AnyMind Group                      2,700      1,125     3,037,500
     ANYCOLOR                       800     3,260     2,608,000
     Rebase                       500     1,142      571,000
     オープンワーク                       500     4,325     2,162,500
     ヨシコン                       500     1,145      572,500
     東洋炭素                       200     5,800     1,160,000
     SWCC                       900     1,933     1,739,700
     ジャパンマテリアル                       900     2,568     2,311,200
     DMG森精機                       200     2,646      529,200
     インソース                      2,000      1,105     2,210,000
     タツモ                       700     2,786     1,950,200
     ローツェ                       200     11,500      2,300,000
     セガサミーホールディングス                       600     2,928     1,756,800
     ベイカレント・コンサルティング                       200     4,914      982,800
     ジャパンエレベーターサービスホール                       300     2,337      701,100
     ディングス
     ABホテル                       900     2,855     2,569,500
     HPCシステムズ                      1,000      1,838     1,838,000
     I-PEX                       600     1,655      993,000
     アクセル                       600     1,723     1,033,800
     EIZO                       300     4,890     1,467,000
     IMAGICA GROUP                      2,300       614    1,412,200
     レーザーテック                       100     22,210      2,221,000
     日本アビオニクス                       500     6,120     3,060,000
     芝浦電子                       300     6,550     1,965,000
     浜松ホトニクス                       200     6,756     1,351,200
     新光電気工業                       100     5,975      597,500
     指月電機製作所                      1,900       477     906,300
     三菱重工業                       200     7,964     1,592,800
     マネジメントソリューションズ                       600     3,740     2,244,000
     フロンティア・マネジメント                      1,900      1,290     2,451,000
     アンビスホールディングス                       800     2,912     2,329,600
     Macbee Planet                       100     17,030      1,703,000
     FPパートナー                       300     3,630     1,089,000
     ワークマン                       100     5,050      505,000
     ミクリード                      1,300      1,914     2,488,200
     トランザクション                      1,900      1,950     3,705,000
                                 71/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     松風                       400     2,086      834,400
     ゴールドウイン                       200     10,125      2,025,000     代用有価証券で        200株   担保差入
     サンリオ                       300     7,410     2,223,000
     松屋                      1,800      1,068     1,922,400     代用有価証券で        900株   担保差入
     りそなホールディングス                      2,000      761.7     1,523,400
     東祥                      1,500      1,205     1,807,500
     西武ホールディングス                      1,600      1,529     2,446,400
     GENDA                      1,000      2,867     2,867,000
     サンウェルズ                       600     2,800     1,680,000
     ナルミヤ・インターナショナル                      1,000      1,135     1,135,000
     ギフトホールディングス                       400     2,531     1,012,400
     大栄環境                       900     2,234     2,010,600
     ispace                       500     1,493      746,500
     スカパーJSATホールディングス                      3,600       647    2,329,200
     KADOKAWA                       600     3,432     2,059,200
     リニューアブル・ジャパン                      2,000      1,123     2,246,000
     M&A総研ホールディングス                       900     3,545     3,190,500
     INTLOOP                       500     5,680     2,840,000
     日本空港ビルデング                       300     6,759     2,027,700
     藤田観光                       300     4,750     1,425,000
     ニトリホールディングス                       100     16,505      1,650,500
     ソフトバンクグループ                       500     6,572     3,286,000
     合計                     90,600           184,239,850
      (2)株式以外の有価証券

          該当事項はありません。
      第2 信用取引契約残高明細表

      2023年8月28日現在
           銘柄名           売建株数(株)           評価額(円)              備考
     日本板硝子                        400          294,000
            合計                 400          294,000
      第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

        (デリバティブ取引に関する注記)に記載しております。
                                 72/107





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2  【ファンドの現況】
     【純資産額計算書】

                                               (2023年9月29日現在)
                 項目                         金額または口数
     Ⅰ 資産総額                                             185,393,979 円
     Ⅱ 負債総額                                               1,460,699 円
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                             183,933,280 円
     Ⅳ 発行済口数                                             218,581,015 口
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                0.8415 円
    (参考)

    MASAMITSU・Link‐U・ビッグデータ・マザーファンド
                                               (2023年9月29日現在)
                 項目                         金額または口数
     Ⅰ 資産総額                                             185,336,694 円
     Ⅱ 負債総額                                               4,144,525 円
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                             181,192,169 円
     Ⅳ 発行済口数                                             138,963,845 口
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                1.3039 円
                                 73/107











                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4    【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)  名義書換

        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証
      券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求を行なわ
      ないものとします。
     (2)  受益者に対する特典
        該当事項はありません。
     (3)  譲渡制限の内容
      ① 譲渡制限はありません。
      ② 受益権の譲渡
        ・受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載
         または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
        ・前述の申請のある場合には、振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少
         および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録する
         ものとします。ただし、振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先
         口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社債、株式等の
         振替に関する法律の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録
         が行なわれるよう通知するものとします。
        ・前述の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されて
         いる振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合などに
         おいて、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止
         日や振替停止期間を設けることができます。
      ③ 受益権の譲渡の対抗要件
         受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗
        することができません。
     (4)  受益証券の再発行
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発
      行の請求を行なわないものとします。
     (5)  受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社債、株式等の振替に関する法律に定めるところにしたがい、
      一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
     (6)  質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、
      解約請求の受付、解約金および償還金の支払いなどについては、約款の規定によるほか、民法その他の
      法令などにしたがって取り扱われます。
                                 74/107




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部      【委託会社等の情報】
    第1    【委託会社等の概況】

    1  【委託会社等の概況】

     (1)  資本金の額等
        2023年9月末現在の委託会社の資本金の額:                                            2億3,325万円
        発行可能株式総数:                                               20,000株
        発行済株式総数:                                               6,640株
        最近5年間における資本金の額の増減:                             2021年3月31日に資本金2億3,105万円に増資
                                     2022年3月31日に資本金2億3,325万円に増資
     (2)  委託会社等の機構

      ① 委託会社の機構は次の通りとなっております。委託会社の取締役は3名以上、監査役は1名以上と
        し、株主総会で選任されます。取締役の選任決議は、累積投票によらないものとします。取締役の任
        期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までと
        し、補欠又は増員により選任された取締役の任期は、退任した取締役または他の在任取締役の任期の
        満了すべき時までとします。委託会社の業務上重要な事項は、取締役会の決議により決定します。取
        締役会は、その決議により、取締役会長及び取締役社長各1名を選定し、また必要に応じて副社長、
        専務取締役および常務取締役各若干名を選定することができます。
                                 75/107












                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ② 組織図

                                            (2023年9月末現在)









      ③ 投資運用の意思決定機構

       a.運用部に所属するファンドマネジャーは国内外の経済環境や投資環境を分析し、その相場展望に基
         づく月次又は臨時の運用実施方針を作成します。
       b.「運用委員会」は運用部から提出された運用実施方針を「コンプライアンス委員会」より上程され
         た運用リスク管理案や事故報告等を踏まえて総合的に審議し、月次の運用方針および各ファンドの
         運用計画を決定します。
       c.各ファンドマネジャーは定められた運用方針・運用計画に基づき、日々の資産配分・銘柄選択等を
         決定し、トレーダーに売買に関する指図をします。
       d.「コンプライアンス委員会」は、原則として月次で運用実績・パフォーマンスを分析評価し、必要
         に応じて運用リスク管理案等を「運用委員会」へ上程します。
        e.「運用委員会」は、常勤取締役、常勤監査役、運用部長、コンプライアンス部長、業務管理部長、
         その他代表取締役に指名された者で構成し、原則として月次で開催される他、必要に応じて臨時で
         開催されます。
                                            (2023年9月末現在)
    2  【事業の内容及び営業の概況】


     ・「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の
      設定を行うとともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として投資信託の運用および投資
                                 76/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      一任契約に基づく運用(投資運用業)を行っています。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商
      品取引業に係る業務の一部および投資助言業務を行っています。
      2023年9月末現在、委託会社の運用する投資信託は以下の通りです。
      (親投資信託を除きます。)
             種 類               本 数           純資産総額
          追加型株式投資信託                      33本      43,517,934,101        円
          単位型株式投資信託                      12本      10,242,643,210        円
             合 計                   45本      53,760,577,311        円
                                 77/107

















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3  【委託会社等の経理状況】
     1. 財務諸表の作成方法について
        委託会社であるファイブスター投信投資顧問株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は、「財
      務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸 表等規
      則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年
      8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
        なお、財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
     2. 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第14期事業年度(2022年4月1日から2023年
      3月31日まで)の財務諸表について、イデア監査法人の監査を受けております。
                                 78/107
















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)  【貸借対照表】

                                                  (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                                2022年3月31日               2023年3月31日
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                                354,752               371,279
       前払費用                                 1,570               4,631
       未収運用受託報酬                                11,496               7,309
       未収委託者報酬                                164,489               160,843
       立替金                                 5,914               6,332
       1年内回収予定の役員に対する長期貸付金                                 1,117               1,134
       未収還付法人税等                                 1,624                ―
                                         9              413
       その他
       流動資産合計                                540,973               551,943
      固定資産
       有形固定資産
        建物                             ※1    815              ※1    1,162
        器具備品                             ※1    260              ※1      195
        その他                                1,174                842
        有形固定資産合計                                2,250               2,201
       無形固定資産
                                        110               50
        ソフトウェア
        無形固定資産合計                                 110               50
       投資その他の資産
        投資有価証券                               15,224               15,093
        役員に対する長期貸付金                                4,589               3,455
        差入保証金                                4,520               4,520
        繰延税金資産                                4,902               4,149
        投資その他の資産合計                               29,237               27,219
       固定資産合計                                31,597               29,470
      資産合計                                 572,571               581,414
     負債の部

      流動負債
       預り金                                 9,807               7,709
       未払手数料                                65,783               63,653
       未払費用                                19,465               17,931
       未払法人税等                                  811              6,193
       未払消費税等                                10,299               10,426
       賞与引当金                                15,780               10,918
                                       4,308               5,915
       その他
       流動負債合計                                126,256               122,748
      負債合計                                 126,256               122,748
     純資産の部

      株主資本
       資本金                                233,250               233,250
       資本剰余金
                                       96,250               96,250
        資本準備金
        資本剰余金合計                               96,250               96,250
       利益剰余金
        その他利益剰余金
         繰越利益剰余金                             118,590               131,072
        利益剰余金合計                              118,590               131,072
                                 79/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       株主資本合計                                448,090               460,572
      評価・換算差額等
         その他有価証券評価差額金                                  △1,775               △1,906
       評価・換算差額等合計                                  △1,775               △1,906
      純資産合計                                  446,315               458,665
     負債純資産合計
                                      572,571               581,414
                                 80/107



















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)  【損益計算書】

                                                  (単位:千円)
                                 前事業年度               当事業年度
                              (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                               至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     営業収益
                                       192,880               87,320
      運用受託報酬
                                       533,857              631,307
      委託者報酬
                                       726,737              718,627
      営業収益合計
     営業費用

                                       201,906              261,423
      支払手数料
                                       15,745               6,635
      広告宣伝費
                                       47,473              59,512
      調査費
                                       45,988              57,955
       調査費
                                        1,484              1,557
       委託調査費
      営業雑経費                                  3,848              3,071
                                        1,996              1,820
       通信費
                                        1,775              1,250
       協会費
                                         77              ―
       諸会費
      営業費用合計                                 268,974              330,643
     一般管理費

                                       294,975              258,651
      給料
                                       73,896              77,696
       役員報酬
                                       170,174              148,374
       給与手当
                                       11,208               5,808
       役員賞与
                                       23,916              15,855
       賞与
       賞与引当金繰入額                                   15,780              10,918
      福利厚生費                                   23,673              23,882
      交際費                                   1,788              3,086
      旅費交通費                                   3,848              6,203
      租税公課                                   5,664              4,917
      不動産賃借料                                   6,908              6,908
      固定資産減価償却費                                   1,668              1,549
      諸経費                                   33,531              32,164
      一般管理費合計                                  372,058              337,364
                                       85,704              50,619

     営業利益
     営業外収益

                                         104               86
      受取利息
                                         120               50
      受取配当金
                                         300               ―
      助成金収入
                                         ―              51
      その他
      営業外収益合計                                   524              187
     営業外費用

      その他                                     1              0
      営業外費用合計                                     1              0
     経常利益                                   86,227              50,806

                                       86,227              50,806

     税引前当期純利益
                                       27,131              17,652
     法人税、住民税及び事業税
                                        3,405                752
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   30,536              18,404
     当期純利益
                                       55,691              32,401
                                 81/107



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【株主資本等変動計算書】

    前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                                (単位:千円)
                                   株主資本
                              資本剰余金           利益剰余金
                                      その他利益
                                                  株主資本
                      資本金
                                       剰余金
                                資本剰余金           利益剰余金
                                                   合計
                           資本準備金
                                  合計           合計
                                       繰越利益
                                       剰余金
     当期首残高                  231,050      94,050      94,050     128,418      128,418      453,518
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △65,520      △65,520      △65,520
      新株の発行(新株予約権の行
                       2,200      2,200      2,200                 4,400
      使)
      当期純利益                                  55,691      55,691      55,691
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                   2,200      2,200      2,200     △9,829      △9,829      △5,429
     当期末残高                  233,250      96,250      96,250     118,590      118,590      448,090
                      評価・換算差額等

                    その他有価           純資産合計

                          評価・換算
                    証券評価差
                          差額等合計
                      額金
     当期首残高                    1      1   453,520

     当期変動額
      剰余金の配当                           △65,520
      新株の発行(新株予約権の行
                                  4,400
      使)
      当期純利益                            55,691
      株主資本以外の項目の当期変
                      △1,776      △1,776      △1,776
      動額(純額)
     当期変動額合計                 △1,776      △1,776      △7,205
     当期末残高                 △1,775      △1,775      446,315
                                 82/107







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                (単位:千円)
                                   株主資本
                              資本剰余金           利益剰余金
                                      その他利益
                                                  株主資本
                      資本金
                                       剰余金
                                資本剰余金           利益剰余金
                                                   合計
                           資本準備金
                                  合計           合計
                                       繰越利益
                                       剰余金
     当期首残高                  233,250      96,250      96,250     118,590      118,590      448,090
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △19,920      △19,920      △19,920
      当期純利益                                  32,401      32,401      32,401
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                    ―      ―      ―    12,481      12,481      12,481
     当期末残高                  233,250      96,250      96,250     131,072      131,072      460,572
                      評価・換算差額等

                    その他有価           純資産合計

                          評価・換算
                    証券評価差
                          差額等合計
                      額金
     当期首残高                 △1,775      △1,775      446,315

     当期変動額
      剰余金の配当                           △19,920
      当期純利益                            32,401
      株主資本以外の項目の当期変
                       △130      △130      △130
      動額(純額)
     当期変動額合計                  △130      △130     12,350
     当期末残高                 △1,906      △1,906      458,665
                                 83/107








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項

    (重要な会計方針)

     1.有価証券の評価基準及び評価方法

      (1)その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
         時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
     2.固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産

         定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物につい
         ては、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物       8~15年
             器具備品     4~10年
       (2)  無形固定資産

         自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
         ております。
     3.引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金

         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
         については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金

         従業員賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当期負担額を計上しております。
     4.収益及び費用の計上基準

         (1)運用受託報酬
         運用受託報酬は当社が請け負う投資一任契約に係る報酬で、基本報酬と成功報酬が含まれておりま
         す。基本報酬は主に、顧客との投資顧問契約で定める受託資産額、投資顧問報酬率、計算期間によ
         り算出された報酬金額を、役務を提供し、かつ当該金額が確定したときに計上します。成功報酬
         は、顧客との投資顧問契約で定める目標を達成し、当該金額が確定したときに計上します。
         (2)委託者報酬
         委託者報酬は当社が運用・管理を行うファンドに係る報酬で、基本報酬と成功報酬が含まれており
         ます。基本報酬は投資信託の信託約款に基づきファンドの日々の純資産総額に一定率を乗じて算出
         された報酬金額を、役務を提供し、かつ当該金額が確定したときに計上します。成功報酬は対象と
         なるファンドの信託約款に基づき超過収益が発生した場合に収益に一定率を乗じて算出された報酬
         金額を、当該金額が確定したときに計上します。
                                 84/107




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (重要な会計上の見積り)

     繰延税金資産の回収可能性について
     (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額

                           前事業年度                当事業年度
                         (2022年3月31日)                (2023年3月31日)
         繰延税金資産                    4,902千円                4,149千円
     (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

       当社は、繰延税金資産について、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや回
      収可能性があると判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上する方針としております。
      繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件
      や仮定に変更が生じた場合、繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に重要な影響を与える可能性が
      あります。
    (会計方針の変更)

    (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)

      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号2021年6月17日。以下「時価
      算定会計基準適用指針」という。)を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2
      項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわ
      たって適用することとしました。なお、これによる財務諸表への影響はありません。
    (貸借対照表関係)

    ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                            前事業年度                  当事業年度

                          (2022年3月31日)                  (2023年3月31日)
     建物                           1,883千円                  2,054千円
     器具備品                           1,493千円                  1,558千円
    (損益計算書関係)

    前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    該当事項はありません。
    当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

    該当事項はありません。
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
    1. 発行済株式に関する事項
                当事業年度期首             増加           減少        当事業年度末

    普通株式(株)                  6,552            88           -         6,640
       (変動事由の概要)

       新株の発行(新株予約権の行使)
       ストック・オプションの権利行使による増加 88株
                                 85/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2. 自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3. 新株予約権等に関する事項

                             目的となる株式の数(株)

                目的となる                                   当事業年度末
         内訳
                株式の種類                                     残高
                      当事業年度
                               増加       減少     当事業年度末
                        期首
     ストック・オプショ
     ンとしての第4回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第5回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第6回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第7回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第8回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
    4. 配当に関する事項

    (1)配当金支払額
                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類        配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2021年6月18日
               普通株式       利益剰余金          65,520        10,000    2021年3月31日        2021年6月21日
      定時株主総会
    (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類        配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2022年6月17日
             普通株式       利益剰余金           19,920        3,000   2022年3月31日        2022年6月20日
     定時株主総会
    (注)2022年6月17日開催の定時株主総会において、決議する予定であります。
    当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

    1. 発行済株式に関する事項
                当事業年度期首             増加           減少        当事業年度末

    普通株式(株)                  6,640            -           -         6,640
    2. 自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3. 新株予約権等に関する事項

                                 86/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             目的となる株式の数(株)
                目的となる                                   当事業年度末
         内訳
                株式の種類                                     残高
                      当事業年度
                               増加       減少     当事業年度末
                        期首
     ストック・オプショ
     ンとしての第4回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第5回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第6回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第7回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第8回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
    4. 配当に関する事項

    (1)配当金支払額
                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類        配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2022年6月17日
             普通株式       利益剰余金           19,920        3,000   2022年3月31日        2022年6月20日
     定時株主総会
    (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類        配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2023年6月16日
             普通株式       利益剰余金           9,960        1,500   2023年3月31日        2023年6月19日
     定時株主総会
    (注)2023年6月16日開催の定時株主総会において、決議する予定であります。
    (リース取引関係)

    前事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

    該当事項はありません。
    当事業年度(自 2022年4月1日至 2023年3月31日)

    該当事項はありません。
                                 87/107






                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)

    1. 金融商品の状況に関する事項

     (1) 金融商品に対する取組方針

        当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、一時的な余資は有金利預金により、通
        常の取引条件から著しく乖離していないことを検証した上で行っております。また、当社設定私募投
        信の当初運用資金として、有価証券を取得しております。
     (2) 金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である未収運用受託報酬は、投資一任契約に基づき、契約資産額より受け入れる基本報酬額
        のうち、未収分を計上した金額であり、契約資産額は証券会社において分別管理されていることか
        ら、当社の債権としてのリスクは、認識しておりません。
        営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から支払われる委託者に対する
        報酬の未払い金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されていることから、当社の債権と
        してのリスクは認識しておりません。
     (3) 金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(預金の預入先の信用リスク)の管理
         預金の預入先の信用リスクについては、格付けの高い預入先に限定することにより、リスクの軽減
         を図っております。
       ② 市場リスク(価格変動リスク及び為替変動リスク)の管理
         資金運用の状況については、取締役会で定めた基準に従い、代表取締役社長が毎月の定例取締役会
         において報告をしております。
         また市場における価格変動リスクについては、取締役会で定めた基準に従い、業務管理部が定期的
         に時価をモニタリングし、その中で時価が基準を超える下落となった場合には、速やかに代表取締
         役社長に報告し、重要であると判断した場合には臨時取締役会を開催し、対処方法について決議を
         得る体制となっております。
       ③ 流動性リスクの管理
         資金繰りについては、総務部が作成した年度の資金計画を取締役会において報告し、それに基づい
         た管理を行っております。また手元流動性を一定額以上維持することなどにより、流動性リスクを
         管理しております。
     (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用すること
        により、当該価額が変動することがあります。
                                 88/107





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2. 金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。
    前事業年度(2022年3月31日)

                     貸借対照表計上額                時価             差額

                       (千円)             (千円)             (千円)
     (1)  役員に対する長期貸付金
                           5,707             5,707               △0
     (1年内回収予定を含む。)
     (2)  投資有価証券
         その他有価証券                      15,224             15,224                ―
          資産計                20,931             20,931                △0
    (*)現金は注記を省略しており、預金、未収運用受託報酬、未収委託者報酬、立替金、未払手数料及び未払費用
       は、短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
    当事業年度(2023年3月31日)

                     貸借対照表計上額                時価             差額

                       (千円)             (千円)             (千円)
     (1)  役員に対する長期貸付金
                           4,589             4,589               △0
     (1年内回収予定を含む。)
     (2)  投資有価証券
         その他有価証券                      15,093             15,093                ―
          資産計                19,683             19,683                △0
    (*)現金は注記を省略しており、預金、未収運用受託報酬、未収委託者報酬、立替金、未払手数料及び未払費用
       は、短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
    (注1)    金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

    前事業年度(2022年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                      1年内        1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
     (1)  現金及び預金
                       354,752             ―          ―          ―
     (2)  未収運用受託報酬
                        11,496             ―          ―          ―
     (3)  未収委託者報酬
                       164,489             ―          ―          ―
     (4)  立替金
                        5,914            ―          ―          ―
     (5)  役員に対する長期貸付金
                        1,117           4,589           ―          ―
     合計                  537,770            4,589           ―          ―
    当事業年度(2023年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                      1年内        1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
     (1)  現金及び預金
                       371,279             ―          ―          ―
     (2)  未収運用受託報酬
                        7,309            ―          ―          ―
     (3)  未収委託者報酬
                       160,843             ―          ―          ―
     (4)  立替金
                        6,332            ―          ―          ―
     (5)  役員に対する長期貸付金
                        1,134           3,455           ―          ―
     合計                  546,899            3,455           ―          ―
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つの
      レベルに分類しております。
                                 89/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当
                 該時価の算定の対象となる資産または負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:観察可能な時価に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定

                 に係るインプットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価

       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそ

      れぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しておりま
      す。
       (1)時価で貸借対照表に計上している金融商品

         当事業年度(2023年3月31日)
                                              (単位:千円)
             区分                       時価
                      レベル1         レベル2         レベル3          合計
         投資有価証券
          その他有価証券
           投資信託                 -      15,093           -      15,093
            資産計              -      15,093           -      15,093
       (2)時価で貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

         前事業年度(2022年3月31日)
                                              (単位:千円)
              区分                       時価
                        レベル1        レベル2        レベル3         合計
         役員に対する長期貸付                   -       5,707         -       5,707
         金
             資産計               -       5,707         -       5,707
         当事業年度(2023年3月31日)

                                              (単位:千円)
              区分                       時価
                         レベル1        レベル2        レベル3         合計
         役員に対する長期貸付                   -      4,589         -       4,589
         金
              資産計               -      4,589         -       4,589
      (注1)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
     投資有価証券

      当社が保有する投資信託は、市場における取引価格が存在せず、かつ、解約又は買戻し請求に関して市

     場参加者からリスクの対価を求められるほどの重要な制限がないため、基準価額を時価とし、レベル2の
     時価に分類しております。
     役員に対する長期貸付金

                                 90/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     時価は、元利金の合計額と、当該貸付金の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に割引現在価値法
     により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
    (有価証券関係)

    1.その他有価証券

    前事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

                     種類      貸借対照表計上額            取得原価          差額
                            (千円)         (千円)         (千円)
    貸借対照表計上額が             株式                 -         -         -
    取得原価を超えるもの             債券                 -         -         -
                 その他               1,031         1,000           31
                     小計            1,031         1,000           31
    貸借対照表計上額が             株式                 -         -         -
    取得原価を超えないもの             債券                 -         -         -
                 その他              14,193         16,000        △1,806
                     小計           14,193         16,000        △1,806
              合計                  15,224         17,000        △1,775
    当事業年度(自 2022年4月1日至 2023年3月31日)

                     種類      貸借対照表計上額            取得原価          差額
                            (千円)         (千円)         (千円)
    貸借対照表計上額が             株式                 -         -         -
    取得原価を超えるもの             債券                 -         -         -
                 その他               2,111         2,000          111
                     小計            2,111         2,000          111
    貸借対照表計上額が             株式                 -         -         -
    取得原価を超えないもの             債券                 -         -         -
                 その他              12,982         15,000        △2,017
                     小計           12,982         15,000        △2,017
              合計                  15,093         17,000        △1,906
    2.売却したその他有価証券

      前期事業年度(2022年3月31日)

       該当事項はありません。
      当事業年度(2023年3月31日)

        該当事項はありません。
    (デリバティブ取引関係)

    前事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

    該当事項はありません。
                                 91/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自 2022年4月1日至 2023年3月31日)

    該当事項はありません。
    (退職給付関係)

    前事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

    該当事項はありません。
    当事業年度(自 2022年4月1日至 2023年3月31日)

    該当事項はありません。
                                 92/107















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (ストック・オプション等関係)

    1. ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
     該当事項はありません。
    2. ストック・オプションの内容、規模、変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
                      第4回新株予約権            第5回新株予約権            第6回新株予約権
                                 当社取締役 2名
                     当社取締役 1名                         当社取締役3名
     付与対象者の区分及び人数                             当社監査役 2名
                     当社従業員 6名                         当社従業員5名
                                 当社従業員 5名
     株式の種類及び付与数(株)                 普通株式300株            普通株式500株            普通株式500株
     付与日                 2014年7月25日            2016年3月31日            2017年6月9日

                         (注)

     権利確定条件                                (注)            (注)
                     自 2014年6月27日            自 2016年3月31日            自 2017年6月9日
     対象勤務期間
                     至 2016年7月31日            至 2018年3月31日            至 2019年6月9日
                     自 2016年8月       1日     自 2018年4月       1日     自 2019年6月10日
     権利行使期間
                                             至 2027年6月       9日
                     至 2024年6月30日            至 2026年3月10日
                      第7回新株予約権            第8回新株予約権

                      当社取締役3名            当社取締役 3名
     付与対象者の区分及び人数
                      当社従業員5名            当社従業員 9名
     株式の種類及び付与数(株)                 普通株式500株            普通株式500株

     付与日                 2018年5月31日            2019年5月31日

     権利確定条件                   (注)             (注)

                     自 2018年5月31日            自 2019年5月31日
     対象勤務期間
                     至 2020年5月31日            至 2021年5月31日
                     自 2020年6月       1日     自 2021年6月       1日
     権利行使期間
                     至 2028年5月15日            至 2029年5月15日
    (注) ①新株予約権者は、権利行使時においても、当社の取締役、監査役又は従業員のいずれかの地位を有することを要

         する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他新株予約権者の退任又は退職後の権利行使につき正当
         な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
       ②新株予約権者が死亡した場合、新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めないものとする。
       ③新株予約権者は、その割当数の一部又は全部を行使することができる。ただし、新株予約権の1個未満の行使は
         できないものとする。
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ① ストック・オプションの数
                 第4回        第5回        第6回        第7回        第8回

                新株予約権        新株予約権        新株予約権        新株予約権        新株予約権
     権利確定前(株)
      前事業年度末                ―        ―        ―        ―        ―
      付与                ―        ―        ―        ―        ―
      失効                ―        ―        ―        ―        ―
      権利確定                ―        ―        ―        ―        ―
      未確定残                ―        ―        ―        ―        ―
                                 93/107

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     権利確定後(株)
      前事業年度末               202        330        355        500        483
      権利確定                ―        ―        ―        ―        ―
      権利行使                ―        ―        ―        ―        ―
      失効                ―        ―        ―        ―        ―
      未行使残               202        330        355        500        483
      ② 単価情報

                 第4回        第5回        第6回        第7回        第8回

                新株予約権        新株予約権        新株予約権        新株予約権        新株予約権
     権利行使価格(円)               50,000        50,000        50,000        50,000        50,000
     付与日における公正
                     ―        ―        ―        ―        ―
     な評価単価(円)
     (3)付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法は、当社が未公開企業であるため、ス
       トック・オプションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積によっておりま
       す。また、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、純資産価額方式に
       よっております。
     (4)ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的予測は困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方法を採
       用しております。
     (5)ストック・オプションの単位当たりの本源的価値による算定を行った場合の当事業年度末における本源

       的価値の合計額および当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日におけ
       る本源的価値の合計額
        ①当事業年度末における本源的価値の合計  35,672千円
        ②当事業年度において行使されたストック・オプションはありません。
                                 94/107








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                            前事業年度                 当事業年度

                          (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     繰延税金資産
       未払事業税                           70千円                806千円
       賞与引当金                         4,831                 3,343
                                 543                 583
       その他有価証券評価差額金
      繰延税金資産小計
                                5,445                 4,733
       将来減算一時差異等の合計に係
                                △543                 △583
       る評価性引当額
       評価性引当額小計                         △543                 △583
      繰延税金資産合計                          4,902                 4,149
      繰延税金資産(純額)                          4,902                 4,149
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、

       当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
                                前事業年度               当事業年度

                              (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
      法定実効税率
                                    30.6%               30.6%
      (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                               4.6                5.0 
      住民税均等割額                               0.3                0.6 
                                    △0.1                   - 
      その他
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                               35.4                36.2 
                                 95/107








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)

      顧客との契約から生じる収益を分解した情報

      当社は、アセットマネジメント業の単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益を分解した情
      報は以下のとおりです。
                                                  (単位:千円)

                             前事業年度                 当事業年度
                          (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                          至 2022年3月31日)                  至 2023年3月31日)
         営業収益                         726,737                 718,627
         運用受託報酬                         192,880                  87,320
           基本報酬                        155,090                  87,320
           成功報酬                        37,790                   -
         委託者報酬                         533,857                 631,307
           基本報酬                        513,626                 631,307
           成功報酬                        20,230                   -
                                 96/107













                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)

    1.セグメント情報

      当社の事業セグメントは、アセットマネジメント事業のみの単一セグメントであり重要性に乏しいた
      め、セグメント情報の記載を省略しております。
    2.関連情報

      (1) 製品及びサービスごとの情報
         当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
      (2) 地域ごとの情報

       ① 営業収益
       前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                日本                 欧州                合計
                     533,857                 192,880                726,737
         (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

       当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                日本                 欧州                合計
                     631,307                 87,320               718,627
         (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

       ② 有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産のみであるため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略してお
          ります。
      (3) 主要な顧客ごとの情報

       前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

              顧客の名称又は氏名                   営業収益(千円)             関連するセグメント名

         SHINBI    Japan   Equity    Long   Short   Fund
                                        112,288          -
         TAIKI   Japan   Equity    Long   Short   Fund
                                         69,166          -
        委託者報酬については、委託者報酬を最終的に負担する受益者は不特定多数であるため、記載を省略しておりま

        す。
       当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

              顧客の名称又は氏名                   営業収益(千円)             関連するセグメント名

         SHINBI    Japan   Equity    Long   Short   Fund
                                         74,623          -
        委託者報酬については、委託者報酬を最終的に負担する受益者は不特定多数であるため、記載を省略しておりま

        す。
                                 97/107




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      該当事項はありません。
    4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      該当事項はありません。
    5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

    前事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

    1.関連当事者との取引

      兄弟会社等
                              議決権等の
         会社等の          資本金又は                関連当事
                         事業の内容     所有(被所                取引金額          期末残高
     種類    名称又は     所在地      出資金               者との関     取引の内容            科目
                         又は職業     有)割合               (千円)          (千円)
          氏名          (千円)                係
                               (%)
         日産証券
         株式会社
         (ユニコ
     主要株
         ムグルー     東京都                    投資信託の     支払手数料
     主の子              1,500,000      証券業      -              32,578    未払手数料      12,536
         プホール     中央区                     販売    (注)1
     会社
         ディング
         ス㈱の子
         会社)
    (注)①上記の        取引  金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        ②取引条件及び取引条件の決定方針等
         一般取引条件と同様に決定しております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
    当事業年度(自 2022年4月1日至 2023年3月31日)

    1.関連当事者との取引

      兄弟会社等
                              議決権等の
         会社等の          資本金又は                関連当事
                         事業の内容     所有(被所                取引金額          期末残高
     種類    名称又は     所在地      出資金               者との関     取引の内容            科目
                         又は職業     有)割合               (千円)          (千円)
          氏名          (千円)                係
                               (%)
         日産証券
         株式会社
         (ユニコ
     主要株
         ムグルー     東京都                    投資信託の     支払手数料
     主の子              1,500,000      証券業      -              46,975    未払手数料      11,046
         プホール     中央区                     販売    (注)1
     会社
         ディング
         ス㈱の子
         会社)
    (注)①上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        ②取引条件及び取引条件の決定方針等
         一般取引条件と同様に決定しております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                 98/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)

                              前事業年度                 当事業年度

                           (自 2021年4月         1日       (自 2022年4月         1日
                            至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     1株当たり純資産額                              67,216.14円                69,076.20円
     1株当たり当期純利益金額                              8,490.86円                4,879.77円
    (注)①潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた

         め期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
       ②1株当たり当期        純利  益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前事業年度              当事業年度

                               (自 2021年4月         1日     (自 2022年4月         1日
                                至 2022年3月31日)              至 2023年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      当期純利益(千円)                                   55,691              32,401
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―              ―
      普通株式に係る当期純利益(千円)                                   55,691              32,401
      普通株式の期中平均株式数(株)                                    6,559              6,640
    (重要な後発事象)


     該当事項はありません。

                                 99/107










                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4  【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行
     為が禁止されています。
     (1)  自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと
      (投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれ
      がないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     (2)  運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、もしく
      は取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定
      めるものを除きます。)。
     (3)  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人
      等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な
      関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)(5)において
      同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融
      商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいま
      す。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバティブ取引を行うこと。
     (4)  委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運
      用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
     (5)  上記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投資
      者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのある
      ものとして内閣府令で定める行為。
    5  【その他】

     (1)  定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     (2)  訴訟事件その他の重要事項
        本書提出日現在、委託会社および当ファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される
        事実は発生していません。
                                100/107








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2    【その他の関係法人の概況】

    1  【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)  受託会社
        ・名称         三井住友信託銀行株式会社
        ・資本金の額         342,037百万円(2023年9月末日現在)
        ・事業の内容         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する
                 法律(兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
         <再信託受託会社の概要>

        ・名称         株式会社日本カストディ銀行
        ・資本金の額         51,000百万円(2023年9月末現在)
        ・事業の内容         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する
                 法律に基づき信託業務を営んでいます。
        ・再信託の目的         原信託契約にかかる信託業務の一部(信託財産の管理)を原信託受託者から再
                 信託受託者(株式会社日本カストディ銀行)へ委託するため、原信託財産のす
                 べてを再信託受託者へ移管することを目的とします。
    (2)販売会社

                              資本金の額
              名  称                                事業の内容
                           (2023年9月末現在)
        今村証券株式会社                          857百万円
        株式会社SBI証券                         54,323百万円
        木村証券株式会社                          500百万円
        共和証券株式会社                          500百万円
        静岡東海証券株式会社                          600百万円
        日産証券株式会社                         1,500百万円
                                        金融商品取引法に定める第一種金
        三田証券株式会社                          500百万円
                                        融商品取引業を営んでいます。
        楽天証券株式会社                         19,495百万円
        リーディング証券株式会社                          550百万円
        岡地証券株式会社                         1,500百万円
        auカブコム証券株式会社                         7,196百万円
        岡三にいがた証券株式会社                          852百万円
        松井証券株式会社                         11,945百万円
    2  【関係業務の概要】

     (1)  受託会社
        当ファンドの受託会社として、信託財産の保管・計算、外国証券を保管・管理する外国の保管銀行へ
      の指図、連絡等を行います。なお、当ファンドに係る信託事務の処理の一部について、再信託受託会社
      に委託しております。
     (2)  販売会社

        当ファンドの販売会社として、投資信託受益権の取扱い、一部解約の実行の請求の受付、収益分配金
      の再投資、収益分配金、償還金および一部解約金の支払い等を行います。
                                101/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3  【資本関係】
     (1)  受託会社
        該当事項はありません。
     (2)  販売会社

        日産証券株式会社の親会社である、ユニコムグループホールディングス株式会社は、委託会社の株式
        を15.06%保有しています。(2023年9月末現在)
                                102/107

















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3   【その他】

     (1)  交付目論見書の表紙等への記載事項について、以下の事項を記載することがあります。

      ① 金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第13条の規定に基づく目論見書である旨を記載することが
        あります。
      ② 目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見
        書)」という名称を用いることがあります。
      ③ 委託会社等の情報、受託会社に関する情報を記載することがあります。
      ④ 詳細な情報の入手方法として、以下の事項を記載することがあります。
        ・委託会社のホームページアドレス、電話番号および受付時間等
        ・請求目論見書の入手方法および投資信託約款が請求目論見書に掲載されている旨
      ⑤ 目論見書の使用開始日を記載することがあります。
      ⑥ 金融商品取引法第4条第1項又は第2項の規定による届出の効力に関する事項について、次に掲げ
        るいずれかの内容を記載することがあります。
        ・届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
        ・届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
      ⑦ 次の事項を記載することがあります。
        ・投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
        ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合にはそ
         の旨の記録をしておくべきである旨
        ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
     (2)  交付目論見書の表紙等に当ファンドおよび委託会社のロゴ・マークや図案等を記載することがありま
      す。
     (3)  当ファンドは、評価機関等の評価を取得、使用する場合があります。
     (4)  交付目論見書に最新の運用実績を記載することがあります。
     (5)  目論見書は電子媒体等として使用される他、インターネット等に掲載されることがあります。
                                103/107








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2023年6月15日
    ファイブスター投信投資顧問株式会社
    取締役会 御中
                            イデア監査法人
                             東京都中央区
                              指定社員
                                     公認会計士         立 野 晴 朗
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状
    況」に掲げられているファイブスター投信投資顧問株式会社の2022年4月1日から2023年3月31日までの第14期事業
    年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記
    について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
    ファイブスター投信投資顧問株式会社の2023年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営
    成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準に
    おける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国に
    おける職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以
    外の情報である。
     当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる作業も実施
    していない。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどう
    かを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
    示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
    することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門
    家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査
      手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十
      分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
      価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理
      性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
      づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるか
      どうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸
      表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、
      財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入
      手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性
      がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
      かどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる
      取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
                                104/107

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上 
       (注)1.    上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。
          2.XBRLデー     タは監査の対象には含まれていません。
                                105/107



















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告書

                                                   2023年11月9日
    ファイブスター投信投資顧問株式会社
     取締役会 御中
                          イデア監査法人
                            東京都中央区
                             指定社員
                                   公  認  会  計  士   立   野    晴
                                   朗
                             業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファン
    ドの経理状況」に掲げられているMASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・ファンドの
    2023年2月28日から2023年8月28日までの特定期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰
    余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
    に準拠して、MASAMITSU・Link-U・ビッグデータ・ファンドの2023年8月28日現在
    の信託財産の状態及び同日をもって終了する特定期間の損益の状況を、全ての重要な点において適
    正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
    た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
    ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、ファイブスター投信投資
    顧問株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果た
    している。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
    る。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書及び有価証券届出書(訂正有価証券届出書を含む。)に含
    まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記
    載内容を作成し開示することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査
    法人はその他の記載内容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、
    その他の記載内容と財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるか
    どうか検討すること、また、そのような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候が
    あるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合に
    は、その事実を報告することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
    表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
    諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
    まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
    て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
    る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
    ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
                                106/107


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
    る場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに
     対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
     に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
     は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連す
     る内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の
     見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した
     監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要
     な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
     れる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実
     性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明す
     ることが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
     準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並
     びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内
    部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
    項について報告を行う。
    利害関係

     ファイブスター投信投資顧問株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、
    公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
        (注) 1. 上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

          2. XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                107/107










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。