株式会社芦の湖カントリークラブ 半期報告書 第66期(2023/03/01-2024/02/29)

提出書類 半期報告書-第66期(2023/03/01-2024/02/29)
提出日
提出者 株式会社芦の湖カントリークラブ
カテゴリ 半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     半期報告書

    【提出先】                     東海財務局長

    【提出日】                     2023年11月24日

    【中間会計期間】                     第66期中(自 2023年3月1日 至 2023年8月31日)

    【会社名】                     株式会社芦の湖カントリークラブ

    【英訳名】                     なし

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  大 川 浩

    【本店の所在の場所】                     静岡県三島市字南原菅4708番地

    【電話番号】                     055-985-2122

    【事務連絡者氏名】                     代表取締役社長  大 川 浩

    【最寄りの連絡場所】                     静岡県三島市字南原菅4708番地

    【電話番号】                     055-985-2122

    【事務連絡者氏名】                     代表取締役社長  大 川 浩

    【縦覧に供する場所】                     該当事項なし

                                 1/36










                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                                 2/36



















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
           回次           第64期   中    第65期   中    第66期   中     第64期       第65期
                     自 2021年       自 2022年       自 2023年       自 2021年       自 2022年
                       3月1日         3月1日         3月1日         3月1日         3月1日
          会計期間
                     至 2021年       至 2022年       至 2023年       至 2022年       至 2023年
                       8月31日         8月31日         8月31日         2月28日         2月28日
    売上高            (千円)       181,015       198,609       190,488       345,681       355,150
    経常利益            (千円)       18,295       30,636       16,888       13,803       37,905

    中間(当期)純利益金額又

                (千円)        9,476      △ 8,197       8,678       13,316        1,817
    は中間純損失金額(△)
    持分法を適用した場合の
                (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    投資利益
    資本金            (千円)       200,000       200,000       200,000       200,000       200,000
    発行済株式総数             (株)       4,000       4,000       4,000       4,000       4,000

    純資産額            (千円)       227,960       223,152       240,442       231,649       231,917

    総資産額            (千円)       665,168       672,497       666,475       669,950       668,841

    1株当たり純資産額             (円)       67,644       66,395       73,306       68,800       70,578

    1株当たり中間(当期)純
    利益金額又は1株当たり             (円)       2,762      △ 2,435       2,644       3,914        546
    中間純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株当た
                 (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    り中間(当期)純利益
    1株当たり配当額             (円)         ―       ―       ―       ―       ―

    自己資本比率             (%)        34.3       33.2       36.1       34.6       34.7

    営業活動による
                (千円)       △ 3,599      △ 24,682       12,353       34,048       △ 2,319
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (千円)       △ 1,979      △ 1,618      △ 1,480      △ 3,230      △ 2,583
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (千円)       △ 9,791      △ 5,348      △ 7,370      △ 21,047      △ 12,645
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                (千円)       108,953       102,444       120,048       134,093       116,544
    の中間期末(期末)残高
                          20       18       18       19       18
    従業員数
                 (名)
                         ( 10 )      ( 9 )      ( 13 )      ( 7 )      ( 9 )
    (外、平均臨時雇用者数)
     (注)   1 当社は、中間連結財務諸表を作成していないので、中間連結会計期間等に係る主要な経営指標等の推移に
         ついては、記載していない。
       2 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載していない。
       3 潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
       4   「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日)等を第65期中間会計期間の期首か
         ら適用しており、第65期中及び第65期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を                                             適用した
         後 の指標等となっている。
                                 3/36






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    2  【事業の内容】
      当中間会計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はない。
    3  【関係会社の状況】

      該当事項なし。
    4  【従業員の状況】

     (1)  提出会社の状況
                                               ( 2023年8月31日       現在)
             セグメントの名称                           従業員数〔名〕
                                                    15  〔12〕

    ゴルフ場事業
                                                     2 〔  1〕

    転貸事業
    全社(共通)                                                1

                                                    18  〔13〕

                合計
     (注) 1.従業員数は就業人数であり、臨時従業員は〔〕内に当中間会計期間の平均人数を外数で記載している。
        2.全社(共通)は、経理の管理部門の従業員である。
     (2)  労働組合の状況

       労使関係について特記すべき事項はない。
                                 4/36













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     (1)  経営方針、経営戦略等及び経営上の目標達成状況を判断するための客観的な指標等

       当中間会計期間において、当社の経営方針・経営戦略等又は経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な
      指標等について、既に提出した有価証券報告書に記載された内容に比して重要な変更はない。
       また、新たに定めた経営方針、経営戦略等又は経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等はな
      い。
     (2)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当中間会計期間において、対処すべき新たな課題は人材の確保である。経営環境の回復に                                          伴い、来場者が増加し
      たことにより、各部門において人手不足が起きている。求人活動を行うも、求職者が極めて少なく、課題の解決に
      は厳しい状況が続いている。
    2  【事業等のリスク】

      当中間会計期間において、当半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が当社
     の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリス
     クの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はない。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  経営成績等の状況の概要

       当中間会計期間における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)
      の状況の概要は次のとおりである。
      ①  財政状態及び経営成績の状況
       当中間会計期間において           、財政状態に大きな影響を与えるマイナスの要因はなかった。来場者数は前期比640名
      減少の15,312名となったが、過去10年間の来場者数の推移では、半期で15,000名を超えたのは前期に続き2度目で
      あった。
       この結果、当中間会計期間の業績はゴルフ場売上高は前年同期の8,119千円減少の124,374千円であった。                                                年会費
      収入は会員の退会により前年同期の1,712千円減少の24,406千円となった。会員登録料収入は、新規入会が好調で
      前年同期の487千円増加の5,140千円となった。別荘管理収入は、新規契約に伴う権利金、建物等の修繕に伴う工事
      分担金の増加により、前期同期の1,223千円増加の36,567千円となった。売上高は190,488千円(前年同期比95.9%)
      となった。営業利益は14,406千円(前年同期比48.6%)となった。経常利益は16,888千円(前年同期比55.1%)と
      なった。中間純利益は8,678千円(前年同期は中間純損失8,197千円)となった。
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりである。

        ゴルフ場事業
         当セグメントにおいては、来場者数が前年同期比640名減少の15,312名、ゴルフ場売上高は前年同期比8,119
         千円減少の124,374千円で、年会費収入は前年同期比1,712千円減少の24,406千円、会員登録料収入は前年同
         期比487千円増加の5,140千円となった。ゴルフ場事業収益は153,921千円(前年同期比94.3%)、セグメント
         利益は19,186千円(前年同期比64.3%)となった。
        転貸事業
         当セグメントにおいては、転貸事業売上高は前年同期比1,223千円増加の36,567千円となった。
         セグメント利益は5,373千円(前年同期比53.9%)となった。
                                 5/36




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      ②  キャッシュ・フローの状況

       当中間会計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)の残高は、前事業年度末に比べ3,503千円
      増加し、120,048千円となった。
       また、当中間会計期間における各キャッシュ・フローは次のとおりである。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当中間会計期間において営業活動の結果、増加した資金は12,353千円(前年同期は、24,682千円の減少)と
      なった。これは主に税引前中間純利益16,888千円の計上、未払金の増加14,670千円によるものである。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       当中間会計期間において投資活動の結果、減少した資金は1,480千円(前年同期は、1,618千円の減少)となっ
      た。これは有形固定資産の取得による支出1,480千円によるものである。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        当中間会計期間において財務活動の結果、減少した資金は7,370千円(前年同期は、5,348千円の減少)となっ
      た。これは主に、リース債務の返済による支出6,738千円によるものである。
                                 6/36















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      ③  生産、受注及び販売の状況

       a.生産実績
        当社はゴルフ場事業及び転貸事業を行っており、生産形式の営業活動を行っていないため、該当事項はなし。
       b.受注実績

        当社はゴルフ場事業及び転貸事業を行っており、受注形式の営業活動を行っていないため、該当事項はなし。
       c.利用実績

                                    当中間会計期間

                              (自  2023年3月1日        至  2023年8月31日       )
             内訳
                             人数(人)                前年同期比(%)

      メンバー                              6,414                 102.0
      ビジター                              8,898                  92.1
             合計                       15,312                  96.0
       d.販売実績

        ゴルフ場事業
                                    当中間会計期間

                              (自  2023年3月1日        至  2023年8月31日       )
             内訳
                            金額(千円)                 前年同期比(%)

      プレー収入                              94,910                  94.0
      食堂・売店収入                              29,397                  93.5
      その他の収入                                66                76.0
      年会費及びロッカー収入                              24,406                  93.4
      会員登録料収入                              5,140                 110.5
             合計                      153,921                   94.3
        転貸事業

                                    当中間会計期間

                              (自  2023年3月1日        至  2023年8月31日       )
             内訳
                            金額(千円)                 前年同期比(%)

      地代収入                              4,819                 100.8
      管理費収入                              11,768                  101.1
      水道料収入                              4,881                  99.8
      その他の収入                              15,097                  107.6
             合計                       36,567                  103.5
                                 7/36





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりである。
       なお、文中の将来に関する事項は、当中間会計期間の末日現在において判断したものである。
     ①  重要な会計方針及び見積り

       当社の中間財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成されている。
      この中間財務諸表の作成に当って、当社経営者は、資産・負債の報告金額及び報告期間における収益・費用の報告
      金額を継続的かつ適正に評価するために、過去の実績や状況に応じ合理的だと考えられるさまざまな方法に基づき
      十分な検証を行っている。
     ② 当中間会計期間の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

      a.財政状態
       (資産の部)
         当中間会計期間末における総資産は666,475千円で、前事業年度末(668,841千円)に比較して2,365千円の減
        少となった。
         主な増減内容は現金及び預金の増加3,503千円、未収入金の減少6,834千円等によるものである。
       (負債の部)

         当中間会計期間末における負債は426,033千円で、前事業年度末(436,923千円)に比較して10,889千円の減
        少となった。
         主な増減内容は未払金の増加14,670千円、前受金の減少25,944千円等によるものである。
       (純資産の部)

         当中間会計期間末における純資産は240,442千円で、前事業年度末(231,917千円)に比較して8,524千円の増
        加となった。
         これは、繰越利益剰余金の増加8,678千円、自己株式の増加154千円によるものである。
      b.経営成績

       当中間会計期間において、コロナウイルス感染症の拡大が徐々に弱まり、各種の行動制限が緩和され、昨年のゴ
      ルフブームにより誕生したゴルファーが、コロナ禍前に戻るのではと予想していた中、来場者数は前期比640名減
      少の15,312名と減少したが、当社の過去10年間の来場者数の推移では、半期で15,000名を超えたのは前期に続き2
      度目であり、ブームは落ち着いた感があるものの、急激な来場者減少には至らなかった。
       期間中のゴルフ場売上高が前年比8,119千円減少の124,374千円、年会費収入が会員の退会により1,712千円減少
      の24,406千円となったが、会員登録料収入は、新規入会が比較的好調で487千円増加の5,140千円となった。転貸事
      業の別荘管理収入は、新規契約に伴う権利金、建物等の修繕に伴う工事分担金の増加により、前期比1,223千円増
      加の36,567千円となった。
      c.キャッシュ・フローの分析

        「第2    事業の状況      3  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績
       等の状況の概要        ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりである。
                                 8/36





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      d.経営成績に重要な影響を与える要因について
        当中間会計期間において、経営成績に重要な影響を与える新たな要因は次の通りである。
       今後、現在のゴルフブームが去り、来場者が急激に減少した場合は、当社の経営成績に大きな影響を与える。
      e.経営戦略の現状と見通し

        当中間会計期間においての経営戦略は、現在のゴルフブームは暫く続くと考えているが、新しくゴルフを始め
       た人々が生涯に亘って、ゴルフを続けてもらえるよう、従来からの敷居の高さを緩和しつつ、ゴルフの楽しさや
       魅力を発信し、それらを体感にしてもらえるような環境作りに注力する。
      f.資本の財源及び資金の流動性

        当中間会計期間においての資本の財源はゴルフ場事業においては、ゴルフプレーによるゴルフ場売上、会員に
       よる年会費収入及び新規入会による会員登録料収入、転貸事業では別荘地の管理による地代、管理費、水道料、
       サポートサービス、仲介や契約更新時における各種手数料及び新規物件販売による権利金等、事業の営業活動で
       得られる収入が主である。
       必要な資金は銀行預金等を主にしており、前述の収入は現金やカードによって決済される為、資金の流動性は高
       いと考えている。
    4  【経営上の重要な契約等】

      当中間会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
    5  【研究開発活動】

      該当事項なし。
                                 9/36












                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【主要な設備の状況】

      該当事項なし。
    2  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
       該当事項なし。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項なし。
                                10/36
















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      16,000

                計                                     16,000

      ②  【発行済株式】

               中間会計期間末           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2023年8月31日       )  (2023年11月24日)          商品取引業協会名
                                           当社は単元株制度を採用して
      普通株式             4,000          4,000       ―
                                           いない。
        計            4,000          4,000       ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項なし。 
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項なし。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項なし。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の状況】

                発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                 (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2023年3月1日~

                    ―     4,000         ―    200,000          ―       ―
     2023年8月31日
                                11/36







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                              ( 2023年8月31日       現在)
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数
                                                  除く。)の総数
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)
                                                  に対する所有
                                                  株式数の割合
                                                    (%)
    池貝   佐知子
                    東京都江戸川区                           96       2.93
    池貝   庄司

                    東京都渋谷区                           78       2.38
    佐野   昌彦

                    東京都目黒区                           52       1.59
    大川   浩

                    静岡県沼津市                           40       1.22
    ㈱ニッポン放送                東京都千代田区有楽町1-9-3                           25       0.76

    ㈱日本ゴルフメンバーズ                東京都中央区八丁堀3-25-8                           24       0.73

    堀     桜子

                    東京都世田谷区                           21       0.64
    田中   千三

                    神奈川県川崎市宮前区                           18       0.55
    増山   百合子

                    東京都目黒区                           18       0.55
    田中   稔

                    神奈川県川崎市宮前区                           15       0.46
    田中   正子

                    神奈川県川崎市宮前区                           15       0.46
    秋山   こずえ

                    神奈川県川崎市宮前区                           15       0.46
    田中   薫

                    神奈川県川崎市宮前区                           15       0.46
           計                   -                 432       13.17

     (注)   上記の他、自己株式720株を保有している。
     (6)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                              ( 2023年8月31日       現在)
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                        ―          ―          ―

    議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―          ―

    議決権制限株式(その他)                        ―          ―          ―

                     (自己保有株式)

    完全議決権株式(自己株式等)                                 ―          ―
                     普通株式           720
                     普通株式        3,280

    完全議決権株式(その他)                                3,280           ―
    単元未満株式                        ―          ―          ―

    発行済株式総数                      4,000           ―          ―

    総株主の議決権                        ―        3,280           ―

                                12/36




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      ②  【自己株式等】
                                              ( 2023年8月31日       現在)
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
                                                  総数に対する
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
       (自己保有株式)
                 静岡県三島市字南原菅
        ㈱芦の湖
                                  720       ―      720      18.00
                 4708
      カントリークラブ
          計             ―            720       ―      720      18.00
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日までの役員の異動はない。
                                13/36
















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    第5   【経理の状況】
    1 中間財務諸表の作成方法について

      当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)に
     基づいて作成している。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間会計期間(2023年3月1日から2023年8月31日ま
     で)の中間財務諸表について、茂木公認会計士事務所により中間監査を受けている。
    3 中間連結財務諸表について

      当社には子会社がないため、中間連結財務諸表を作成していない。
    1【中間連結財務諸表等】

     (1)  【中間連結財務諸表】
      該当事項なし。
     (2)  【その他】

      該当事項なし。
                                14/36













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    2【中間財務諸表等】
     (1)  【中間財務諸表】
      ①  【中間貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度             当中間会計期間
                                (2023年2月28日)              (2023年8月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                87,659              91,163
        営業未収入金                                64,565              75,105
        棚卸資産                                2,893              3,288
        未収入金                                6,971               137
        預け金                                28,885              28,885
        その他                                  186              720
                                      △ 15,968             △ 17,446
        貸倒引当金
        流動資産合計                               175,194              181,853
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               55,087              52,255
         構築物(純額)                               9,128              8,644
         道路                               34,786              34,786
         ゴルフコース                              308,921              308,921
         リース資産(純額)                               32,689              34,994
                                        6,793              8,006
         その他(純額)
                                     ※1  447,406            ※1  447,609
         有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        5,562              4,447
        投資その他の資産
         繰延税金資産                               26,928              18,866
                                        13,749              13,699
         その他
         投資その他の資産合計                               40,677              32,566
        固定資産合計                               493,646              484,622
      資産合計                                 668,841              666,475
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                  -              157
        1年内返済予定の長期借入金                                3,339              5,724
        未払金                                6,484              21,155
        リース債務                                11,074              11,282
        未払法人税等                                1,401              1,107
        前受金                                47,571              21,627
                                      ※2  2,328            ※2  6,986
        その他
        流動負債合計                                72,199              68,040
      固定負債
        長期借入金                                36,661              33,799
        会員預り金                               284,150              280,700
        長期預り保証金                                18,975              18,475
                                        24,937              25,019
        リース債務
        固定負債合計                               364,723              357,993
      負債合計                                 436,923              426,033
                                15/36




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度             当中間会計期間
                                (2023年2月28日)              (2023年8月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               200,000              200,000
        利益剰余金
         その他利益剰余金
          設備更新積立金                             50,000              50,000
          別途積立金                             250,000              250,000
                                      △ 238,132             △ 229,454
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               61,867              70,545
        自己株式                               △ 29,949             △ 30,103
        株主資本合計                               231,917              240,442
      純資産合計                                 231,917              240,442
     負債純資産合計                                  668,841              666,475
                                16/36















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      ②  【中間損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前中間会計期間              当中間会計期間
                               (自 2022年3月1日              (自 2023年3月1日
                                至 2022年8月31日)               至 2023年8月31日)
     売上高                                  198,609              190,488
                                       158,799              165,929
     売上原価
     売上総利益                                   39,810              24,559
     一般管理費                                   10,142              10,152
     営業利益                                   29,667              14,406
                                       ※2  997           ※2  2,623
     営業外収益
                                          29              141
     営業外費用
     経常利益                                   30,636              16,888
                                     ※3  57,394
     特別利益
                                                        -
                                     ※4  87,360
                                                        -
     特別損失
     税引前当期純利益                                    669             16,888
     法人税、住民税及び事業税
                                         148              148
                                        8,718              8,061
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   8,866              8,209
     中間純利益又は中間純損失(△)                                  △ 8,197              8,678
                                17/36














                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      ③  【中間株主資本等変動計算書】
     前中間会計期間(自         2022年3月1日 至          2022年8月31日)
                                                   (単位:千円)
                                   株主資本
                                      利益剰余金
                  資本金               その他利益剰余金
                                                  利益剰余金合計
                         設備更新積立金         別途積立金        繰越利益剰余金
    当期首残高                200,000         50,000        250,000        △ 239,950         60,049
    当中間期変動額
     中間純損失(△)                                        △ 8,197        △ 8,197
     自己株式の取得
    当中間期変動額合計                  -         -         -      △ 8,197        △ 8,197
    当中間期末残高                200,000         50,000        250,000        △ 248,147         51,852
                      株主資本

                                  純資産合計
                 自己株式        株主資本合計
    当期首残高               △ 28,399        231,649         231,649
    当中間期変動額
     中間純損失(△)                       △ 8,197        △ 8,197
     自己株式の取得                △ 300        △ 300        △ 300
    当中間期変動額合計                △ 300       △ 8,497        △ 8,497
    当中間期末残高               △ 28,699        223,152         223,152
                                18/36












                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     当中間会計期間(自         2023年3月1日 至          2023年8月31日)
                                                   (単位:千円)
                                   株主資本
                                      利益剰余金
                  資本金               その他利益剰余金
                                                  利益剰余金合計
                         設備更新積立金         別途積立金        繰越利益剰余金
    当期首残高                200,000         50,000        250,000        △ 238,132         61,867
    当中間期変動額
     中間純利益                                         8,678         8,678
     自己株式の取得
    当中間期変動額合計                  -         -         -       8,678         8,678
    当中間期末残高                200,000         50,000        250,000        △ 229,454         70,545
                      株主資本

                                  純資産合計
                 自己株式        株主資本合計
    当期首残高               △ 29,949        231,917         231,917
    当中間期変動額
     中間純利益                        8,678         8,678
     自己株式の取得                △ 154        △ 154        △ 154
    当中間期変動額合計                △ 154        8,524         8,524
    当中間期末残高               △ 30,103        240,442         240,442
                                19/36













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      ④  【中間キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前中間会計期間              当中間会計期間
                               (自 2022年3月1日              (自 2023年3月1日
                                至 2022年8月31日)               至 2023年8月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前中間純利益                                   669             16,888
      減価償却費                                  7,163              8,782
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   941             1,478
      受取利息及び受取配当金                                   △ 0             △ 0
      受取保険金                                    -             △ 762
      支払利息                                    -              109
      災害損失                                 87,360                -
      補助金収入                                △ 57,394                -
      営業未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 7,334             △ 10,539
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,399              △ 394
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 10,133               3,105
      未払金の増減額(△は減少)                                 48,143              14,670
      その他の資産の増減額(△は増加)                                △ 33,837               6,989
                                      △ 28,513             △ 28,332
      その他の負債の増減額(△は減少)
      小計                                  5,666              11,995
      利息及び配当金の受取額
                                          0              0
      利息の支払額                                    -             △ 109
      法人税等の支払額                                  △ 382             △ 294
      保険金の受取額                                    -              762
      災害損失の支払額                                △ 87,360                -
                                        57,394                -
      補助金の受取額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 24,682              12,353
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 1,678             △ 1,480
                                          60              -
      貸付金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,618             △ 1,480
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入金の返済による支出                                    -             △ 477
      自己株式の取得による支出                                  △ 300             △ 154
                                       △ 5,048             △ 6,738
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 5,348             △ 7,370
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 31,649               3,503
     現金及び現金同等物の期首残高                                  134,093              116,544
                                     ※1  102,444            ※1  120,048
     現金及び現金同等物の中間期末残高
                                20/36







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1.  資産の評価基準及び評価方法
    (1)  有価証券
      その他有価証券
      市場価格のない株式等以外のもの
       時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法により算定)
      市場価格のない株式等
       総平均法による原価法
    (2)  棚卸資産
      売店商品及び貯蔵品
       最終仕入原価法に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
    2.  固定資産の減価償却の方法
    (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
      定率法を採用している。ただし、1998年4月以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月1日以降
      に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用している。
      なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっている。
    (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
      定額法を採用している。
      なお、耐用年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっている。
      ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用している。
    (3)  リース資産
      所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
      リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法を採用している。
    3.  引当金の計上基準
    (1)  貸倒引当金
      個別の債権について回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上している。
    (2)  賞与引当金
      従業員賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上している。
      なお、当中間会計期間における引当金残高はない。
    4.収益及び費用の計上基準
       当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行業務の内容及び当該履行義務を充足す
      る通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりである。
    (1)  ゴルフ場売上
       主にゴルフ場の提供によるプレー代金の受け取り及びレストランの提供による食事代の受け取り並びにゴルフ用
      品と売店において飲食物の販売をしている。これらは、商品を引渡した時点又はサービス提供した時点で収益を認
      識している。
    (2)  年会費収入
       会員から年会費を受け取っている。                  会員に対するゴルフ場施設の利用機会の提供による収益であり、年会費の対
      象となる契約期間にわたり収益を認識している。
    (3)  会員登録料収入
       新たに入会する場合に、会員登録料を受け取っている。会員登録                               が完了した時点で収益を認識して               いる。
    (4)  別荘管理収入
       別荘地の    販売及び管理を行っている。販売については、不動産を引き渡した時点で収益を認識し、管理について
      は、役務提供期間にわたりその期間の経過に応じて収益を認識している。
    5.中間キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
      手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、か
      つ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっている。
      (中間貸借対照表関係)
                                21/36


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                             前事業年度                当中間会計期間
                            ( 2023年2月28日       )         ( 2023年8月31日       )
                              1,299,066     千円            1,302,646     千円
    ※2 消費税等の取扱い

        仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動負債の「その他」に含めて表示している。
      (中間損益計算書関係)

    ※1 減価償却実施額

                            前中間会計期間                 当中間会計期間
                           (自    2022年3月1日              (自    2023年3月1日
                           至   2022年8月31日       )       至   2023年8月31日       )
        有形固定資産                        6,548   千円              7,667   千円
        無形固定資産                         615  千円              1,115   千円
    ※2 営業外収益のうち主要なもの

                            前中間会計期間                 当中間会計期間
                           (自    2022年3月1日              (自    2023年3月1日
                           至   2022年8月31日       )       至   2023年8月31日       )
        受取利息配当金                          0 千円                0 千円
        受取保険金                          - 千円               762  千円
        会員権買取差益                          - 千円               875  千円
    ※3 特別利益のうち主要なもの

                            前中間会計期間                 当中間会計期間
                           (自    2022年3月1日              (自    2023年3月1日
                           至   2022年8月31日       )       至   2023年8月31日       )
        補助金収入                        57,394   千円                - 千円
    ※4 特別損失のうち主要なもの

                            前中間会計期間                 当中間会計期間
                           (自    2022年3月1日              (自    2023年3月1日
                           至   2022年8月31日       )       至   2023年8月31日       )
        災害による損失                        87,360   千円                - 千円
                                22/36








                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      (中間株主資本等変動計算書関係)
      前中間会計期間(自           2022年3月1日        至    2022年8月31日       )
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加          減少       当中間会計期間末
     普通株式(株)                  4,000            -          -         4,000

      2 自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首             増加          減少       当中間会計期間末
     普通株式(株)                   633           6          -          639

     (注)   普通株式の自己株式の増加は、買取によるものである。
      3 新株予約権等に関する事項

         該当事項なし。
      4 配当に関する事項

         該当事項なし。
      当中間会計期間(自           2023年3月1日        至    2023年8月31日       )

      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加          減少       当中間会計期間末
     普通株式(株)                  4,000            -          -         4,000

      2 自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首             増加          減少       当中間会計期間末
     普通株式(株)                   714           6          -          720

     (注)   普通株式の自己株式の増加は、買取によるものである。
      3 新株予約権等に関する事項

         該当事項なし。
      4 配当に関する事項

         該当事項なし。
                                23/36








                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      (中間キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前中間会計期間                 当中間会計期間
                           (自    2022年3月1日              (自    2023年3月1日
                           至   2022年8月31日       )       至   2023年8月31日       )
        現金及び預金                        73,559   千円              91,163   千円
        預け金                        28,885   千円              28,885   千円
        現金及び現金同等物                       102,444    千円             120,048    千円
      (リース取引関係)

    1.ファイナンス・リース取引
    (借主側)
     所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ①   リース資産の内容
       ・有形固定資産         主として、給水系統設備受水タンク72t(建物附属設備)、カート道路設備(構築物)、ゴルフ場
        におけるコース管理車両、電磁乗用カート、送迎バス(以上                            車両運搬具)及び自動精算機システム、GPSゴル
        フカートナビゲーション(以上              工具器具備品)である。
      ②   リース資産の減価償却の方法
        重要な会計方針「2.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりである。
      (金融商品関係)

    1  金融商品の時価等に関する事項
      中間貸借対照表計上額(貸借対照計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりである。
    前事業年度(      2023年2月28日       )                                  (単位:千円)

                       貸借対照表計上額               時価            差額
    (1)  リース債務
                             36,011            35,175             835
      (1年以内返済予定分を含む)
    (2)  長期借入金
                             40,000            39,427             572
      (1年以内返済予定分を含む)
           負債計                   76,011            74,603            1,407
    当中間会計期間(        2023年8月31日       )                                (単位:千円)

                      中間貸借対照表計上額                時価            差額
    (1)  リース債務
                             36,301            35,489             811
      (1年以内返済予定分を含む)
    (2)  長期借入金
                             39,523            38,652             870
      (1年以内返済予定分を含む)
           負債計                   75,824            74,142            1,682
     (*1)    「現金及び預金」については、現金であること、及び預金は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似す
        るものであることから、記載を省略している。
     (*2)    「営業未収入金」、「未収入金」、「預け金」、「未払金」及び「前受金」については、短期間で決済される
        ため、時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略している。
     (*3)    「会員預り金」については、会員の退会に応じて返還されるものであるため、短期間で返還する場合と同様に
        時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略している。
     (*4)    「長期預り保証金」については、実質的な預託期間を算定することは困難であることから、合理的なキャッ
        シュ・フローを見積ることが極めて困難と認められるため、時価開示の対象としていない。
    2 金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

     金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類して
                                24/36


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    いる。
     レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算定の
             対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
     レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係るイ
             ンプットを用いて算定した時価
     レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
     時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属するレ
    ベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルの時価を分類している。
     (1)   時価で中間貸借対照表(貸借対照表)に計上している金融商品以外の金融商品

      前事業年度(        2023年2月28日       )
                                    時価(千円)
           区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
    リース債務
                             -       35,175           -       35,175
     (1年以内返済予定分を含む)
    長期借入金
                             -       39,427           -       39,427
     (1年以内返済予定分を含む)
           負債計                  -       74,603           -       74,603
      当中間会計期間(          2023年8月31日       )

                                    時価(千円)
           区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
    リース債務
                             -       35,489           -       35,489
     (1年以内返済予定分を含む)
    長期借入金
                             -       38,652           -       38,652
     (1年以内返済予定分を含む)
           負債計                  -       74,142           -       74,142
     (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
      リース債務
      これらの時価は、将来キャッシュ・フローを残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に、割引現在価値法によ
     り算定しており、レベル2の時価に分類している。
      長期借入金
      これらの時価は、将来キャッシュ・フローを残存期間に対応する国債の利回りに信用スプレッドを上乗せした利率
     を基に割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類している。
                                25/36








                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    (収益認識関係)
    1.顧客との契約から生じる収益の分解情報
     前中間会計期間(自           2022年3月1日        至    2022年8月31日       )
                                金額(千円)
    ゴルフ場売上                                  132,494
    年会費収入                                   26,119
    会員登録料収入                                   4,652
    別荘管理収入                                   35,344
    顧客との契約から生じる収益                                  198,609
    外部顧客への売上高                                  198,609

     当中間会計期間(自           2023年3月1日        至    2023年8月31日       )

                                金額(千円)
    ゴルフ場売上                                  124,374
    年会費収入                                   24,406
    会員登録料収入                                   5,140
    別荘管理収入                                   36,567
    顧客との契約から生じる収益                                  190,488
    外部顧客への売上高                                  190,488

    2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

      顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、「注記事項(重要な会計方針)4.収益及び費用
     の計上基準」に記載のとおりである。
    3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フロ-との関係並びに当中間会計期間末

    において存在する顧客との契約から当中間会計期間の末日後に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情報
     (1)  契約資産及び契約負債の残高等                                                                                                          (単位:千円)

                                       前事業年度          当中間会計期間
     顧客との契約から生じた債権(期首残高)
                                           62,486           64,565
     顧客との契約から生じた債権(期末残高)
                                           64,565           75,105
     契約負債 (期首残高)                                       51,244           47,571
     契約負債 (期末残高)                                       47,571           21,627
      契約負債は、      主として年会費に係る前受金である。契約負債は、収益の認識に伴い取り崩される。
      当中間会計期間に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、25,944千円である。
     (2)  残存履行義務に配分した取引価格

      当社においては、当初に予想される契約期間が1年を超える重要な取引はない。また、顧客との契約から生じる対
     価の中に、取引価格に含まれていない重要な金額はない。
                                26/36





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     1   報告セグメントの概要

     (1)報告セグメントの決定方法
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が定期的に
       検討を行う対象となっているものである。
        当社は、芦の湖カントリークラブの運営、芦ノ湖高原別荘地の転貸事業を展開している。
        従って、当社は事業内容により「ゴルフ場事業」「転貸事業」の2つを報告セグメントとしている。
     (2)各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
        「ゴルフ場事業」は、当社が当社の設営するゴルフ場                         芦の湖カントリークラブを運営している。「転貸事業」
       は当社がゴルフ場敷地内に別荘地を造成し、芦ノ湖高原別荘地として転貸を行っている。
     2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と概ね同一である。
       報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値である。
                                27/36















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
     前中間会計期間(自           2022年3月1日        至   2022年8月31日       )

                                                   (単位:千円)
                                 報告セグメント
                                                   合計
                             ゴルフ場事業           転貸事業
    売上高

     外部顧客への売上高

                                163,265           35,344          198,609
     セグメント間の内部売上高又は振替高

                                   -          -          -
               計                  163,265           35,344          198,609

    セグメント利益                             29,839           9,971          39,810

    セグメント資産                            547,558           78,367          625,925

    その他の項目

      減価償却費                             6,413           749         7,163

      有形固定資産及び無形固定資産の増加額                             6,456          1,432          7,888

     当中間会計期間(自           2023年3月1日        至   2023年8月31日       )

                                                   (単位:千円)
                                 報告セグメント
                                                   合計
                             ゴルフ場事業           転貸事業
    売上高

     外部顧客への売上高

                                153,921           36,567          190,488
     セグメント間の内部売上高又は振替高

                                   -          -          -
               計                  153,921           36,567          190,488

    セグメント利益                             19,186           5,373          24,559

    セグメント資産                            575,257           37,862          613,119

    その他の項目

      減価償却費                             7,942           840         8,782

      有形固定資産及び無形固定資産の増加額                             7,870            -         7,870

                                28/36






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     4   報告セグメント合計額と中間財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:千円)
              売上高                 前中間会計期間               当中間会計期間
    報告セグメント計                                  198,609               190,488

    その他の売上高                                    -               -

    セグメント間取引消去                                    -               -

    中間財務諸表の売上高                                  198,609               190,488

                                                   (単位:千円)

              利益                 前中間会計期間               当中間会計期間
    報告セグメント計                                  39,810               24,559

    その他の利益                                    -               -

    セグメント間取引消去                                    -               -

    全社費用(注)                                  10,142               10,152

    棚卸資産の調整額                                    -               -

    中間財務諸表の営業利益                                  29,667               14,406

     (注)   全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費である。
                                                   (単位:千円)

              資産                 前中間会計期間               当中間会計期間
    報告セグメント計                                  625,925               613,119

    その他の資産                                    -               -

    全社資産(注)                                  46,572               53,356

    その他の調整額                                    -               -

    中間財務諸表の資産合計                                  672,497               666,475

     (注)    全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない本社の資産である。
                                                   (単位:千円)

                   報告セグメント計                調整額          中間財務諸表計上額
       その他の項目
                  前中間       当中間       前中間       当中間       前中間       当中間
                  会計期間       会計期間       会計期間       会計期間       会計期間       会計期間
    減価償却費                7,163       8,782        -       -     7,163       8,782
    有形固定資産及び
                    7,888       7,870        -       -     7,888       7,870
    無形固定資産の増加額
                                29/36





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     【関連情報】

      前中間会計期間(自           2022年3月1日        至   2022年8月31日       )
    1   製品及びサービスごとの情報
       当社では、サービス別のセグメント区分を行っており、報告セグメントと同一の内容となるため記載を省略して
      いる。
    2   地域ごとの情報

     (1)  売上高
       当社の外部顧客への売上高は、全て本邦におけるものである。
     (2)  有形固定資産

       当社の有形固定資産は、全て本邦に所在している。
    3   主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、中間損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はない。
      当中間会計期間(自           2023年3月1日        至   2023年8月31日       )

    1   製品及びサービスごとの情報
       当社では、サービス別のセグメント区分を行っており、報告セグメントと同一の内容となるため記載を省略して
      いる。
    2   地域ごとの情報

     (1)  売上高
       当社の外部顧客への売上高は、全て本邦におけるものである。
     (2)  有形固定資産

       当社の有形固定資産は、全て本邦に所在している。
    3   主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、中間損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はない。
                                30/36









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       該当事項なし。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項なし。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項なし。
                                31/36


















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
      (1株当たり情報)
        1株当たり純資産額並びに1株当たり中間純利益金額又は1株当たり中間純損失金額及び算定上の基礎は、以
       下のとおりである。
                                  前事業年度            当中間会計期間

                                 ( 2023年2月28日       )      ( 2023年8月31日       )
    (1)  1株当たり純資産額
                                       70,578円             73,306円
                                 前中間会計期間             当中間会計期間

                                (自    2022年3月1日           (自    2023年3月1日
                                至   2022年8月31日       )    至   2023年8月31日       )
    (2)  1株当たり中間純利益金額又は
                                      △2,435円              2,644円
      1株当たり中間純損失金額(△)
       (算定上の基礎)

      中間純利益金額又は

                                       △8,197              8,678
      中間純損失金額(△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -             -

      普通株式に係る中間純利益金額又は

                                       △8,197              8,678
      普通株式に係る中間純損失金額(△)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  3,366             3,283

     (注)    潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
      (重要な後発事象)

       該当事項なし。
     (2)  【その他】

       該当事項なし。
                                32/36











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    第6   【提出会社の参考情報】
     当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出している。

    (1)有価証券報告書及びその添付書類

     事業年度      第65期   (自    2022年3月1日        至    2023年2月28日       )2023年5月29日東海財務局長に提出。
                                33/36


















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項なし。

                                34/36



















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
                      独立監査人の中間監査報告書
                                                    2023年11月23日

    株式会社芦の湖カントリークラブ
     取締役会 御中
                                      茂木公認会計士事務所   

                                      公認会計士       茂      木      勝      美

    中間監査意見

     私は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている株式
    会社芦の湖カントリークラブの2023年3月1日から2024年2月29日までの第66期事業年度の中間会計期間(2023年3月1
    日から2023     年8月31日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計
    算書、中間キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     私は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、株式
    会社芦の湖カントリークラブの2023年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(2023年3月1
    日から2023年8月31日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認め
    る。
    中間監査意見の根拠

     私は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準にお
    ける私の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。私は、我が国における職業倫理に関す
    る規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。私は、中間監査
    の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者並びに監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
    し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
    情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を
    開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者
    の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場から中
    間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集
    計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的専
    門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
     応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の
     意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一
     部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、
     分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に
     関連する内部統制を検討する。
                                35/36


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社芦の湖カントリークラブ(E04614)
                                                             半期報告書
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連
     する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠
     に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるか
     どうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財
     務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合
     は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日
     までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可
     能性がある。
     ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に
     準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務
     諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重要
    な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と私との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
    (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出
        会社)が別途保管している。
       2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていない。
                                36/36













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。