フォルヴィア・エス・イー 有価証券届出書(通常方式)

提出書類 有価証券届出書(通常方式)
提出日
提出者 フォルヴィア・エス・イー
カテゴリ 有価証券届出書(通常方式)

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2023  年 11 月 15 日

    【会社名】                       フォルヴィア・エス・イー

                           (FORVIA     SE )
    【代表者の役職氏名】                       ブルーノ・サライヴァ

                           ( Bruno   Saraiva    )
                           グループ財務責任者
                           (Head   of  Group   Financing)
    【本店の所在の場所】                       フランス、ナンテール、             92000   、シャン・ピエルー通り

                           23-27   番地
                           (23-27,     avenue    des  Champs    Pierreux,      92000   Nanterre     -
                           France)
    【代理人の氏名又は名称】                       弁護士  黒       田 康    之

    【代理人の住所又は所在地】                       東京都千代田区大手町一丁目               1 番 1 号

                           大手町パークビルディング
                           アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

    【電話番号】                       03-6775-1077

    【事務連絡者氏名】                       弁護士  井       上 貴    美  子

                           弁護士  毒       嶋 拳    矢

                           弁護士  瀬       田 裕    貴

                           弁護士  齋       藤 凌

                           弁護士  和       田  林 熙

    【連絡場所】                       東京都千代田区大手町一丁目               1 番 1 号

                           大手町パークビルディング
                           アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

    【電話番号】                       03-6775-1663

    【届出の対象とした募集有価証券の種類】                       社債

    【届出の対象とした募集金額】                       フォルヴィア・エス・イー第1回円貨社債(                       2023  )

                           50 億円(予定)
                           フォルヴィア・エス・イー第2回円貨社債(                       2023  )

                           50 億円(予定)
                           フォルヴィア・エス・イー第3回円貨社債(                       2023  )

                           50 億円(予定)
                           フォルヴィア・エス・イー第4回円貨社債(                       2023  )

                           50 億円(予定)
    【安定操作に関する事項】                       該当事項なし。

                                   1/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    【縦覧に供する場所】                       該当事項なし。
    ( 注 1)     別段の記載がある場合を除き、本書に記載の「ユーロ」、「                            € 」または「     EUR  」は欧州経済通貨同盟に参加

           している欧州連合(以下「            EU 」という。)の加盟国の統一通貨を、「米ドル」はアメリカ合衆国の法定通
           貨を、「円」または「日本円」は日本国の法定通貨を指すものとする。本書において、別段の記載がある
           場合を除き、便宜上記載されている日本円への換算は、                          1 ユーロ=    158.68   円の為替レート(        2023  年 10 月 27
           日現在の株式会社三菱          UFJ  銀行の対顧客電信直物売買相場仲値)により計算されている。
    ( 注 2)     本書において、文脈上別段の記載または解釈がなされる場合を除き、「当社」は、「フォルヴィア」を、
           「当グループ」はフォルヴィア・エス・イーおよびその連結子会社を指す。
    ( 注 3)     本書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
    ( 注 4)     将来予測に関する記述
           本書に含まれる記載は、将来予測に関する記述を含んでいる。「信じている」、「意図している」、「予
           想している」、「考えている」、「見積もっている」、「予測している」、「~の可能性がある」、「計
           画している」、「~であろう」、「企図している」、「期待している」、「目的としている」、「将来」
           および「~に違いない」といった用語ならびにこれらに類似する表現は、将来予測に関する記述であるこ
           とを明確にすることを意図している。これらの将来予測に関する記述は、将来の事象に関する本書の日付
           現在の当行の予想および仮定に基づくものである。
           かかる将来予測に関する記述は、リスク、不確実性その他実際の結果と将来予測に関する記述において明
           示または黙示される記述との相違を生じさせる要因による影響を受ける。
    ( 注 5)     当社は、いかなる場合においても、本書において税制上、法律上または規制上の助言を行うものではな
           い。
    ( 注 6)     当グループおよび当社の事業年度は暦年である。
                                   2/1067












                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第一部【証券情報】
    第1【募集要項】

    1【社債(短期社債を除く。)の募集】

      フォルヴィア・エス・イー              (以下「発行会社」という。)は、本書に記載のとおり4本の社債を起債する
    予定であるが、各社債の需要状況を勘案したうえで、本書の効力発生の当日までの間に、そのうちの1本ま
    たは複数本について募集を取り止める可能性がある。
    <フォルヴィア・エス・イー第1回円貨社債(                        2023  )>

      以下は、     発行会社が発行するフォルヴィア・エス・イー第1回円貨社債(                                  2023  )(以下「本社債」とい

    う。)についての記載である。別段の記載がある場合を除き、<フォルヴィア・エス・イー第1回円貨社債
    ( 2023  )>で定義された用語は、当該項目に記載された用語を指す。                                「 未定  」または「予定」と示された本
    社債の条件は、        2023  年 12 月上旬   頃に決定される予定である。
       銘  柄               フォルヴィア・エス・イー第1回円貨社債(                       2023  ) ( 注1  )

                                  券面総額又は

     記名・無記名の別                該当なし                        50 億円(予定)       ( 注2  )
                                 振替社債の総額
      各社債の金額                1億円            発行価額の総額            50 億円(予定)       ( 注2  )

                                                 (未定)

                                           (年(未定)%~(未定)%を
       発行価格        各社債の金額       100  円につき     100  円    利率(%)
                                              仮条件とする。)
                                                 ( 注3  )
                毎年6月     15 日および     12 月 15 日

        利払日         (ただし、最終の利払日は                   償還期限          2026  年3月   13 日 ( 注5  )
                 2026  年3月   13 日)  ( 注4  )
       募集の方法              一般募集              申込証拠金              な  し

                                            2023  年 12 月 15 日  ( 以下「発行

                 2023  年 12 月8日    ( 注6  )
       申込期間                            払込期日
                                             日」ともいう。        ) ( 注7  )
      申込取扱場所                  別項記載の各引受人の日本国内の本店および各支店

    ( 注1  ) 本社債には日本国の社債、株式等の振替に関する法律(平成                                13 年法律第     75 号。その後の改正を含
        む。)(以下「振替法」という。)が適用され、本社債の譲渡および本社債に関連するその他の事項
        については、振替法および保振機構(下記「振替機関」において定義される。)が随時定める社債等
        の振替に関する業務規程ならびにその他の規則およびガイドライン(以下「保振機構業務規程等」と
        いう。)に従って取り扱われる。
    ( 注2  ) 上記の振替社債の総額および発行価額の総額は、                         2023  年 12 月上旬頃に提示される予定の仮条件に基づ
        き本社債の需要状況把握のために行われるブック・ビルディングの結果を勘案したうえで、本社債の
        条件決定日に決定される。最終的に決定され、有価証券届出書の訂正届出書に記載される振替社債の
        総額および発行価額の総額は、上記の各総額と大きく相違する可能性がある。
    ( 注3  ) 利率は、     2023  年 12 月上旬頃に提示される予定の仮条件に基づき需要状況を勘案したうえで、                                      2023  年 12
        月上旬頃に決定される予定である。
    ( 注4  ) 各利払日は、払込期日の変更に伴い変更される可能性がある。
    ( 注5  ) 償還期限は、払込期日の変更に伴い変更される可能性がある。
                                   3/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    ( 注6  ) 申込期間は、需要状況を勘案したうえで、最大1週間の範囲で繰り上げまたは繰り下げられる可能性
        がある。
    ( 注7  ) 払込期日は、申込期間の変更に伴い変更される可能性がある。
    振替機関

               名  称                           住  所

          株式会社証券保管振替機構

                                    東京都中央区日本橋兜町7番1号
        (以下「保振機構」という。)                ( 注 )
    ( 注 ) 本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、保振機構には、主務大臣が振替法に従って指定
       する後継の振替機関が含まれるものとみなされる。
    公告の方法

      社債要項(      下記「財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務」において                                  定義される。)に基づき義
    務付けられる、または本社債に関する一切の公告は、日本国の官報(もし可能であれば)ならびに東京都お
    よび大阪市において発行される時事に関する事項を掲載する日本語の日刊新聞紙上に各1回これを行う。本
    社債の社債権者(以下「本社債権者」という。)の各々に対する直接の通知はこれを要しない。発行会社が
    行うべき当該公告は、発行会社の請求があった場合に、発行会社の費用負担により、発行会社                                                を代理する      財
    務代理人(      下記「財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務」において                                   定義される。)がこれを行う
    ものとする。
    引受人

        元引受契約を締結する金融商品取引業者
                                    引受金額
        (以下「共同主        幹事会社     」と総称する。)
                                                元引受けの条件
                                   (百万円)
         会 社 名               住  所
     三菱UFJモルガン・               東京都千代田区大手町             共同主    幹事会社が連        本社債の発行総額は、発行
                    一丁目9番2号             帯して本社債の発行            会社と共同主       幹事会社     との
     スタンレー証券株式会社
                                 総額を引受けるの            間で   202  3 年 12 月8日(予
                                 で、個々の      共同主    幹  定)に調     印される元引受契
     SMBC日興証券株式会社               東京都千代田区丸の内
                                 事会社の引受金額は            約に従い共同主        幹事会社に
                    三丁目3番1号
                                 ない。            より連帯して買取引受けさ
                                            れ、一般に募集される。左
                                            記以外の元引受けの条件は
                                            未定であるが、本社債の条
                                            件決定日に、発行条件とと
                                            もに決定される予定であ
                 合 計                  5,000   (予定)
                                            る。
    財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務

      本社債について社債の管理会社は設置されない。
       財務代理人・発行代理人兼支払代理人の名称                                    住  所

             株式会社みずほ銀行                       東京都千代田区大手町一丁目5番5号

      本社債に関する発行会社の財務代理人・発行代理人兼支払代理人(以下「財務代理人」という。文脈上別

    意に解すべき場合を除き、「財務代理人」の用語はこれらすべての資格で行為する代理人を意味する。)
    は、株式会社みずほ銀行とする。
                                   4/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (1)  委託の条件
      財務代理人は、本社債の要項(以下「社債要項」という。)、発行会社および財務代理人間の                                                 2023  年 12
     月8日付(予定)の財務および発行・支払代理契約証書(以下「財務代理契約」という。)、振替法なら
     びに保振機構業務規程等に定める義務を履行し、職務を行う。
    (2)  財務代理人の職務の内容

      (a)  財務代理人は、発行会社のためにのみその職務を行い、本社債権者に対していかなる義務も負わず、
       また、本社債権者との間で代理または信託の関係を有しない。社債要項が添付された財務代理契約の写
       しは、本社債の償還期日後1年が経過するまでの間、財務代理人の本店に備え置かれ、財務代理人の通
       常の営業時間に本社債権者の閲覧または謄写に供される。謄写に要する一切の費用はこれを請求する者
       の負担とする。
      (b)  本社債については、社債の管理会社は設置されない。
      (c)  発行会社は、財務代理人の任命を変更または終了することができる。ただし、財務代理人は、後任の
       財務代理人・発行代理人兼支払代理人が有効に任命されるまで(ただし、かかる後任の財務代理人・発
       行代理人兼支払代理人が保振機構業務規程等に従って発行代理人および支払代理人として行為する資格
       を有していることを条件とする。)在職する。かかる場合、発行会社は、財務代理人の変更を事前に                                                    本
       社債権者に対して         上記「公告の方法」に従って公告する。
      (d)  保振機構が発行会社に対し、財務代理人の発行代理人または支払代理人としての指定を取消す旨の通
       知を行った場合には、発行会社は、遅滞なく後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人を選任し(た
       だし、かかる後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人が保振機構業務規程等に従って発行代理人お
       よび支払代理人として行為する資格を有していることを条件とする。)、その旨を                                          本社債権者に対して
       上記「公告の方法」に従って公告する。
      (e)  上記  (c)  または   (d)  に従って発行会社が後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人を任命した場合に
       は、後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人は、かかる任命が有効とされる日をもって、前任の財
       務代理人の地位を承継し、前任の財務代理人と代替し、社債要項、財務代理契約および保振機構業務規
       程等に定める財務代理人の義務を履行し、職務を行う。
    利息支払の方法

    (1)  本社債の利息は、上記「利率」に定める利率(以下「本利率」という。)で、                                        2023  年 12 月 16 日(その日
     を含む。)から        2026  年3月   13 日(その日を含む。)(ただし、下記「利息支払の方法-                              (2)  」に従う。)ま
     でこれを付し、毎年6月             15 日および     12 月 15 日の2回、各々その日(その日を含む。)までの6か月分を日
     本円で後払いする。ただし、最終の利息は、                       2025  年 12 月 16 日(その日を含む。)から              2026  年3月   13 日(そ
     の日を含む。)までの期間について                  2026  年3月   13 日に支払う。本「利息支払の方法」において定められた
     各利払いの日を、以下「利払日」という。
      6か月以外の期間の利息については、かかる期間中の実日数について、1年                                       365  日の日割計算により支払
     われる。
      各本社債権者に支払われる利息の総額は、保振機構業務規程等に従って計算される。
    (2)  本社債の利息は、償還期日(その日を含まない。)後はこれを付さない。ただし、発行会社が償還期日

     に社債要項に従った本社債の償還を怠ったときは、かかる未償還の本社債の元金額について償還期日(そ
     の日を含まない。)からかかる本社債の償還が実際に行われた日(その日を含む。)までの期間中の実日
     数につき、1年        365  日の日割計算により、本利率により経過利息が日本円で支払われる。ただし、その期間
     は、(保振機構業務規程等における支払代理人の資格において行為する)財務代理人(以下「支払代理
     人」という。)が、自己が受領した本社債全額の償還のために必要な資金を、本社債の振替を行うため保
     振機構に口座を開設している関連する機構加入者(以下「機構加入者」という。)に配分した日を超えな
     い。また、保振機構業務規程等のもとでかかる支払期日後の配分ができない場合、かかる期間は財務代理
     人が下記「摘要-         (4)  支払-   (c)  」の規定に従い最終の公告を行った日以後                      14 日間を超えない。
                                   5/1067



                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    償還の方法
    (1)  満期償還
      本社債は、期限前に償還され、または買入消却されていない限り、                                   2026  年3月   13 日に本社債の金額と等
     しい金額で償還される。
    (2)  税制上の理由による償還

      (I)  発行日(関連課税管轄(以下に定義する。)が発行日より後に関連課税管轄                                       に該当することに         なった
       場合には、当該関連課税管轄が関連課税管轄となった日)以後に公表され、もしくは有効となる                                                 (i)  フラ
       ンス共和国もしくはその下部行政主体もしくはそれらの域内の、もしくはそれらの課税権限を有する当
       局(以下それぞれを「関連課税管轄」という。)の法律(当該法律に基づき発布される規則もしくは裁
       定を含む。)もしくは関連課税管轄に適用ある条約の変更もしくは改正、または                                          (ii)  かかる法律、条
       約、規則もしくは裁定(管轄裁判所の判決を含む。)の適用もしくは解釈に関する公権的見解の変更も
       しくは改正の結果、発行会社が下記「摘要-                       (3)  税制上の理由による追加支払」に従い、次回の利払日
       に追加額(下記「摘要-             (3)  税制上の理由による追加支払」において定義される。)の支払義務を負っ
       た場合または負うことになる場合であって、発行会社が、そのとり得る合理的な手段をとることによっ
       てもかかる義務を回避できない場合、本社債は、以下に記載する事前の償還の公告を                                            本社債権者に対し
       行うことにより、その全部(一部は不可)を本社債の元金額の                                100  %に償還期日(その日を含む。)まで
       の経過利息を付して、発行会社の選択によりいつでも償還することができる。
        前段落に従い償還の公告を              本社債権者に対して          行うに先立ち、発行会社は財務代理人に対し、発行会
       社がかかる償還を行う権利があり、かつかかる償還を行うことを選択した旨および発行会社が償還を行
       う権利の前提条件が成就したことを示す事実を本社債の償還予定期日とともに記載した、発行会社の権
       限ある役員が署名した証明書、および発行会社が前段落に記載される変更または改正の結果、当該追加
       額の支払義務を負っている旨または負うこととなる旨の定評ある独立の法律顧問による意見書を提出し
       なければならない。かかる証明書および意見書は英文で作成されるものとする。
      (II)   発行会社が下記「摘要-             (3)  税制上の理由による追加支払」に基づき追加額の支払義務を負うこと
       となったが、フランスの税務に関して定評ある独立の法律顧問の意見によれば、発行会社がフランス法
       上、当該追加額の全部または一部の支払を禁じられる場合、発行会社は、財務代理人に対し、発行会社
       が当該追加額の支払義務を負うにもかかわらず、フランス法上当該追加額の支払を禁じられる旨および
       本社債の償還予定期日を記載した書面による通知をした上で、実務上可能な限り速やかに、ただし、                                                   (i)
       発行会社に当該追加額の支払義務を生ぜしめる事由の発生日または                                   (ii)  当該フランス法が有効となる日
       のいずれか遅い方から            40 日目の日以前に、以下に記載する事前の償還の公告を                            本社債権者に対し         行うこ
       とにより、本社債の全部(一部は不可)を本社債の元金額の                               100  %で償還期日(その日を含む。)までの
       経過利息を付して(ただし、適用あるフランス法に従い)償還する。かかる通知には、発行会社が追加
       額の支払義務を負うこととなり、かつその支払がフランス法上禁じられている旨ならびにかかる禁止お
       よび償還の義務の原因となった事実および事情を合理的な範囲で詳細に(償還予定期日とともに)記載
       し、発行会社の権限ある役員が署名した証明書、ならびにフランスの税務に関して定評ある独立の法律
       顧問のかかる旨を確認する意見書を添付しなければならない。かかる証明書および意見書は英文で作成
       されるものとする。
       本「償還の方法-         (2)  税制上の理由による償還」に基づいて提供される証明書および意見書は、財務代
     理人が受領後速やかに、かつ本社債の償還期日後1か月が経過するまでの間、その本店に備え置かれ、財
     務代理人の通常の営業時間に本社債権者の閲覧または謄写に供される。謄写に要する一切の費用はこれを
     請求する者の負担とする。
       発行会社は、本「償還の方法-                (2)  税制上の理由による償還」に基づいて財務代理人に対して行ういか
     なる通知も償還予定期日の              30 日前までに行い、かかる償還予定期日の                     14 日前までにこれを         本社債権者に対
     して  上記「公告の方法」に従って公告する。当該償還予定期日は営業日(下記「摘要-                                          (4)  支払-   (b)  」に
     おいて定義される。)であるものとし、財務代理人に対する当該通知および                                       本社債権者に対する          公告は取
     消不能とする。
       本「償還の方法-         (2)  税制上の理由による償還」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社
     の負担とする(ただし、上記に別段の定めがある場合を除く。)。
                                   6/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (3)  買入消却
      発行会社は、公開の市場等においていかなる価格でも本社債を随時買入れることができ、買入れた本社
     債 を保有、転売または消却することができる。ただし、適用ある法令に別段の定めがある場合はこの限り
     で なく、また      保振機構業務規程等の規定に従                わ なければならない。
    (4)  支配権変更による償還

      支配権変更(以下に定義する。)が生じた場合、各本社債権者は、発行会社に対して当該本社債権者が
     保有する本社債の全部または一部を本社債の元金額の                           101  %に相当する償還価格で(償還期日までの未払の
     経過利息(追加額を含む。)(もしあれば)を付して)償還するよう請求する権利(以下「期限前償還請
     求権」という。)を有する。ただし、本社債について各社債の金額の一部に係る権利の行使はできないも
     のとする。また、かかる権利の行使は行使手続期間(以下に定義する。)の最終日に効力が発生するもの
     とみなされる。支配権変更の発生から                    30 日以内に、発行会社は、             (i)  効力発生日(以下に定義する。)、
     (ii)  各本社債権者が期限前償還請求権を有していること、                           (iii)   期限前償還日(以下に定義する。)、                   (iv)
     行使手続期間および          (v)  財務代理人との協議により発行会社が関連するとみなすその他の事項について財務
     代理人に本社債権者に対する上記「公告の方法」に従った公告を行わしめる。この場合、発行会社は、直
     ちに、ただし、遅くとも財務代理人により公告が行われる                              15 日前までに、財務代理人に対してその旨およ
     びその他の関連事項を書面により通知する。
      期限前償還請求権を行使しようとする本社債権者は、行使手続期間中に、その旨を、発行会社のために
     行為する財務代理人に対してその本店において財務代理人が定める様式による書面通知(以下「行使通
     知」という。)(行使通知には、かかる通知を行う本社債権者の保有証明書(下記「摘要-                                               (2)  債務不履
     行事由-     (I)(d)   」において定義される。)を添える。)を行わなければならない。財務代理人は、行使手
     続期間の最終日が到来するまで、行使通知に示された期限前償還請求権を行使する意思表示が効力を有す
     るとはみなさない。期限前償還請求権を行使しようとする本社債権者は、本「償還の方法-                                               (4)  支配権変
     更による償還」に定める要件に従うほか、保振機構業務規程等に従い、行使手続期間の最終日までに当該
     本社債権者の口座管理機関(下記「摘要-                      (4)  支払-   (a)  」において定義される。)に対して一切の必要な
     手続をとらなければならない。
      本社債権者は、財務代理人に対してその本店において行使通知を提出した後は、少なくとも行使通知の
     対象とされた本社債と同額の本社債を保振機構が運営する社債等の振替制度において譲渡その他の処分を
     することはできず、また行使通知の提出対象となった本社債に基づくいかなる権利(ただし、当該提出時
     までに発生していた権利で、そのとき行使しうるものを除く。)も行使することはできない。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「支配権変更」は以下のいずれかの場合に発生
     する。
      (i)  発行日時点で発行会社の議決権株式(以下に定義する。)の                               50 %超を所有する者を除き、共同で行為
       する者またはグループが、              (a)  発行会社の議決権株式の             50 %超を直接的もしくは間接的に所有することと
       なる場合、      (b)  発行会社の議決権株式の            40 %超を直接的もしくは間接的に所有することとなり、かつ、そ
       の他の者もしくはグループが当該共同で行為する者もしくはグループより高い割合で発行会社の議決権
       株式を直接的もしくは間接的に所有していない場合、                            (c)  議決権株式に帰属する議決権を行使すること
       で、発行会社の株主総会における決議を実質的に決定することができるようになる場合、または                                                 (d)  発行
       会社の議決権株式を所有し、かつ、発行会社の取締役会の構成員の過半数を指名もしくは解任する権限
       を取得する場合。
      (ii)   発行日時点で発行会社の議決権株式の                    50 %超を所有する者以外の             法的主体(      下記「財務上の特約-
       (1)  担保提供制限」        において定義される。)に              対して、単独または一連の関連する取引による、発行会
       社およびその特定子会社(下記「財務上の特約-                         (1)  担保提供制限」において定義される。)全体のす
       べてまたは実質的にすべての財産または資産の直接的または間接的な売却、賃貸、移転、譲渡その他の
       処分(合併または統合による場合を除く。)を行う場合。
      本定義において、「共同で行為する」とはフランス商法典第                               L.233-10     条に規定された意味を有する。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「期限前償還日」とは、行使手続期間の最終
     日の  20 日後以降に到来する最初の利払日をいう。ただし、期限前償還請求権の行使による本社債の償還
     が、保振機構業務規程等上、利払日以外の日に可能となる場合、期限前償還日とは、本「償還の方法-                                                     (4)
     支配権変更による償還」の第1段落に基づく最初の公告が行われた日の                                     95 日後の日(かかる日が営業日で
     はない場合は、翌営業日)をいう。
                                   7/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「効力発生日」とは、支配権変更の効力が生
     じる日をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「行使手続期間」とは、本「償還の方法-                                        (4)
     支配権変更による償還」の第1段落に基づき最初の公告が行われた日(その日を含む。)に開始し、当該
     公告が行われた日の          75 日後に終了する期間をいう。かかる                  75 日後の日が営業日ではない場合には、行使手
     続期間の最終日は翌営業日に繰延べられる。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「議決権株式」とは、発行会社の                                    株主総会で
     議決権を行使する権利を通常有する、当該時点における発行会社のすべての種類の発行済の株式資本(下
     記「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において定義される。)をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の
     負担とする。
    (5)  本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」に別段の定めがある場合を除き、発行会社は、本社債の元

     金の全部または一部を期限前に償還または返済することができない。
    (6)  本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において本社債に関する元金または利息には、元金または

     利息に関しそれぞれ支払われるべき追加額およびプレミアムも含まれるものとみなされる。
    担保

      本社債には担保および保証は付されない。
    本社債の地位

      本社債は、発行会社の上位、無担保かつ無保証の債務を構成し、その相互の間ならびに発行会社の現在お
    よび将来のすべての無担保かつ非劣後の特定債務(下記「財務上の特約-                                      (1)  担保提供制限」において定義
    される。)の支払と同順位であり、発行会社の担保付の特定債務に事実上劣後し(当該特定債務を担保する
    資産価値を限度とする。)、発行会社の特定子会社の特定債務、負債およびコミットメント(買掛品および
    リース債務を含む。)に構造上劣後し、発行会社の現在または将来の                                    すべての     特定劣後債務(下記「財務上
    の特約-     (1)  担保提供制限」において定義される。)の支払に優先する。
    財務上の特約

    (1)  担保提供制限
      発行会社は、本社債に            未償還   残高(以下に定義する。)がある限り、その特定債務または特定債務に関
     する保証もしくは補償を担保するために、その現在または将来の事業、収益または資産の全部または一部
     に対して、同時に本社債に同一の担保権を設定することなく、いかなる抵当権、負担、質権その他の担保
     権も設定せず、または存在させないことに合意している。
      上記「本社債の地位」、本「財務上の特約-                       (1)  担保提供制限」、下記「財務上の特約-                     (2)  合併およ
     び統合」および下記「摘要-               (2)  債務不履行事由」において、「特定債務」とは、発行会社の債務であっ
     て、それぞれボンド、ノート、ディベンチャー、ディベンチャー・ストック、ローン・ストック、券面そ
     の他の証書の形式によるか、またはこれらにより表章されるものであり、いずれかの証券取引所または証
     券市場(店頭市場を含むが、これに限定されない。)において上場、                                    値付け   もしくは取引されているか、
     またはその可能性のあるものをいう。
      疑義を避けるために付言すると、特定債務には、発行会社が随時発行することのある、振替制度の下で
     取引される無券面の債務証券に基づく発行会社の債務を含むものとする。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、                             いずれかの      法的主体の「株式資本」とは、当該
     法的主体の一切の株式、持分(パートナーシップ持分を含む。)、買取権、ワラント、オプション、パー
     ティシペーションまたは資本のその他の同等物もしくは持分(呼称を問わない。)をいい、優先株式(以
     下に定義する。)を含むが、当該資本に転換可能な負債証券は除く。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において、「債務負担」とは、設定、発行、引受け、保証の提
     供、負担その他の方法により債務を負うことをいう。ただし、ある法的主体が(合併、統合または買収に
                                   8/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     よるか、その他の事由によるかにかかわらず)特定子会社となった時点で存在した当該法的主体の特定債
     務は、当該法的主体が特定子会社となった時点で当該法的主体が債務負担したものとみなされる。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において、「優先株式」とは、いずれかの法的主体の株式資本
     に適用される場合、あらゆる種類の株式資本(呼称を問わない。)(フランス法に基づき発行される「優
     先株式(     actions     de  preference      )」を含む。)であって、その要項により、配当もしくは分配の支払に関
     し、または当該法的主体の任意もしくは非任意の清算もしくは解散に伴う財産の分配に関し、当該法的主
     体のその他の一切の種類の株式資本の株式に対し優先するものをいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「法的主体」とは、あらゆる個人、法人、パー
     トナーシップ、有限責任会社、ジョイント・ベンチャー、組合、ジョイント・ストック・カンパニー、信
     託、非法人組織、政府もしくはその一切の機関もしくは下部行政主体またはその他一切の事業体をいう。
      上記「本社債の地位」において、「特定劣後債務」とは、発行会社の特定債務(発行日現在未償還残高
     であるか、その後債務負担したかを問わない。)であって、書面による合意に従い、支払に関して本社債
     に基づく特定債務に明示的に劣後するものをいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、いずれかの特定の法的主体に関する「特定子会
     社」とは、以下のものをいう。
      (a)  一切の法人、組合、自由業実施会社(                    société     d’exercice       libéral    )その他の事業体であって、
       (偶発事象の発生にかかわらず、かつ議決権を有効に譲渡する一切の議決権行使契約または株主契約の
       効力発生後に)当該法人、組合その他の事業体の取締役、マネジャーまたは受託者の選任に係る議決権
       を付与されたその株式資本の株式議決権総数の                        50 %超が、その時点において当該法的主体もしくは当該
       法的主体の単一もしくは複数の他の特定子会社(またはその組み合わせ)によって直接的または間接的
       に保有または支配されている事業体。ただし、その時々に有効な国際財務報告基準(                                            IFRS  )における連
       結基準に基づき、法人、組合その他の事業体が当該法的主体の財務書類上連結されている場合も、その
       限りにおいて当該法人、組合その他の事業体は特定子会社とみなされる。
      (b)  一切のパートナーシップまたは有限責任会社(本定義の                              (a)  の対象となる事業体を除く。)であっ
       て、(ⅰ)その資本勘定、分配権、資本合計および議決権持分または無限責任および有限責任パート
       ナーシップ持分(適用ある場合)の                  50 %超が、当該法的主体もしくは当該法的主体の単一もしくは複数
       の他の特定子会社またはその組み合わせによって直接的または間接的に保有または支配されており(メ
       ンバーシップ、無限責任、特別または有限責任パートナーシップ持分であるか、その他の形態であるか
       否かを問わない。)、かつ(ⅱ)当該法的主体または当該法的主体の特定子会社がその支配権を有する
       無限責任パートナーであるかまたはその他の方法により当該事業体を支配している場合。
       文脈上別段の指定がある場合を除き、「特定子会社」とは、発行会社の特定子会社(直接か間接かを問
       わない。)をいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「未償還残高」とは、                                        (a)  社債要項に基づき償還
     されたもの、       (b)  償還期日が到来し、償還資金(本社債に関して償還期日までに発生するすべての経過利息
     および当該償還期日以降に支払われる利息を含む。)が機構加入者に有効に支払われたもの、                                                 (c)  無効に
     なったものまたは支払請求権が時効により消滅したもの、および                                 (d)  社債要項で定めるところにより買入消
     却されたもの以外のすべての発行済みの本社債をいう。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」に基づき本社債に担保権が設定された場合は、発行会社は、本
     「財務上の特約-         (1)  担保提供制限」および適用ある法令に従って、当該担保権の設定および対抗要件の
     具備に必要なものを含む(ただし、これらに限定されない。)一切の措置および手続をとり、またはとら
     しめるものとする。当該担保権の有効な設定および対抗要件の具備を含む当該手続が完了した場合、発行
     会社は、当該担保権が本「財務上の特約-                      (1)  担保提供制限」および適用ある法令に従って適法かつ有効
     に設定され、かつ対抗要件が具備された旨を                       本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って公告する。
     かかる担保権の設定、対抗要件の具備、維持および実行に関して発生する一切の費用(上記の公告に関す
     る費用を含む。)は、これを発行会社の負担とする。
    (2)  合併および統合

      (I)  発行会社は、単一の取引によって、または一連の取引を通じて、他の一切の法的主体と統合もしくは
       新設合併し、もしくはかかる法的主体に吸収合併され、または発行会社の財産および資産の全部もしく
       は実質的全部を他の一切の法的主体に売却、譲渡、移譲、移転、賃貸その他の方法により処分してはな
       らない。
                                   9/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (II)   上記  (I)  は、以下のすべての要件を充足する場合には適用されない。
       (i)   当該統合または合併の効力発生時およびその直後において、                                (x)  発行会社が存続会社であるか、ま
        たは  (y )当該統合もしくは合併の結果新設され、もしくは存続する法的主体(発行会社以外の場
        合)、もしくは発行会社の財産および資産の全部もしくは実質的全部、もしくは連結ベースでの発行
        会社および特定子会社の財産および資産の全部もしくは実質的全部の売却、譲渡、移譲、移転、賃貸
        その他の処分がなされた先の法的主体(発行会社以外の場合)(以下「存続事業体」という。)が、
        (A)  フランスその他の欧州連合の加盟国、スイスまたはアメリカ合衆国もしくはその州もしくはコロン
        ビア特別区の法律に基づき適式に設立され、有効に存続する法人であり、かつ                                        (B)  (補完的な財務代理
        人契約に従い)本社債、社債要項および財務代理人契約に基づく発行会社の義務を、財務代理人が合
        理的に満足する形式および内容で明示的に引き受け、本社債および財務代理人契約が、補完後もその
        完全な効力を維持する場合。
       (ii)   当該統合、合併、売却、譲渡、移転、賃貸その他の処分の効力をプロフォーマ・ベースで生じさせ
        (かつ、当該取引または一連の取引に関連または起因して発生した発行会社または特定子会社の義務
        等(以下に定義する。)を、当該取引時に発行会社または特定子会社が負担したものとみなし)た直
        後において、債務不履行(以下に定義する。)または債務不履行事由(下記「摘要-                                            (2)  債務不履行
        事由」において定義される。)が発生しておらず、かつ、継続していない場合。
       (iii)   発行会社または存続事業体が、財務代理人に対し、財務代理人が合理的に満足する形式および内
        容で、正当な権限を有する発行会社の役員により作成された証明書(上記                                      (ii)  の遵守を証明する計算
        結果を添付する。)および法律顧問の意見書(それぞれ当該統合、合併、売却、譲渡、移譲、移転、
        賃貸その他の処分(および当該取引に関連して補完的な財務代理人契約が求められる場合は、当該補
        完的な財務代理人契約)が、財務代理人契約の要件を遵守すること、ならびに当該補完的な財務代理
        人契約が発行会社および/または存続事業体により適式に承認、締結および交付され、その各当事者
        の合法的かつ有効で、拘束力を有する執行可能な義務を構成することが記載されていることを要す
        る。)を交付している場合。ただし、かかる意見書の提供において当該法律顧問は、上記                                              (ii)  の遵守
        および事実関係については上記の証明書に依拠することができ、また、かかる意見書には、慣例的な
        前提条件および留保事項を記載することができるものとする。かかる法律顧問による意見書は、本
        「財務上の特約-         (2)  合併および統合」の下記             (III)   に定める統合、合併、売却、譲渡、移譲、移転、
        賃貸その他の処分においては必要とされない。かかる証明書および意見書は、翻訳証明付の日本語訳
        を添えて英文で作成するものとする。
      (III)   (A)  本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」の上記             (I)  は、特定子会社が発行会社と統合し、も
       しくは発行会社に吸収合併され、またはその資産の全部もしくは一部を発行会社に譲渡する取引(発行
       会社を存続事業体とするもの)には適用されないものとし、また、                                  (B)  本「財務上の特約-          (2)  合併およ
       び統合」の上記        (II)(ii)     は、発行会社が、         (x)  発行会社を他の法域において再設立もしくは再編成するこ
       と、もしくはその法人体制を他の事業体に変更することを目的として設立もしくは組織された発行会社
       の関係者(以下に定義する。)、または                    (y)  発行会社の特定子会社と統合もしくは新設合併し、もしくは
       それらに吸収合併され、もしくはその財産および資産の全部もしくは実質的全部をそれらに移転する場
       合には適用されないものとする(ただし、当該取引の直前の発行会社および発行会社の特定子会社のす
       べての資産(当該特定子会社の株式資本を除く。)が、当該取引の完了直後、当該特定子会社およびそ
       の特定子会社により保有されることを条件とする。)。
      (IV)   発行会社を当事者とする取引であって、本「財務上の特約-                               (2)  合併および統合」を遵守するもの
       においては、存続事業体は、財務代理人契約に基づき発行会社を承継および代替し、発行会社のすべて
       の権利および権限を行使することができる。ただし、発行会社および特定子会社の全体としての資産の
       全部または実質的全部の賃貸の場合は、承継前の発行会社は、その本社債の元本および利息の支払義務
       を免れない。
      (V)  本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」における上記の規定を遵守した当該取引の完了後、発行会
       社を代理する財務代理人は、本社債権者に対して上記「公告の方法」に従って遅滞なくその旨を公告す
       る。本「財務上の特約-             (2)  合併および統合」に定める要件の充足に関連して発生するすべての費用
       は、発行会社がこれを負担するものとする。本「財務上の特約-                                 (2)  合併および統合」に基づき財務代
       理人に交付された証明書および意見書は、財務代理人の受領後速やかに、その受領後1年が経過するま
                                  10/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       での期間、その本店に備え置くものとし、通常の営業時間中、本社債権者による閲覧または謄写に供さ
       れるものとする。当該謄写に要するすべての費用は、その申請者の負担とする。
      (VI)   本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、特定の法的主体の「関係者」とは、直接的も
       しくは間接的に当該特定の法的主体を支配し、もしくは当該特定の法的主体に支配され、または当該特
       定の法的主体と共通の直接的もしくは間接的支配下に置かれるその他の法的主体をいう。
      本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、「義務等」とは、特定債務に関して、元本、プレ
     ミアム、利息、違約金、手数料、補償、弁済および当該特定債務を管理する文書に基づき支払われるべき
     その他の金額に係るあらゆる義務をいう。
      本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、「債務不履行」とは、現時点で債務不履行事由で
     ある、または通知もしくは時間の経過もしくはその両方により債務不履行事由となるいずれかの事由をい
     う。
    (3)  その他の条項

      該当事項なし。
    社債権者集会

      (i)  本社債のその時点での未償還総額の                  10 分の1以上にあたる本社債を保有する本社債権者が共同または単
    独で書面により社債権者集会の開催を、発行会社を代理する財務代理人に対し財務代理人の本店において請
    求する場合(かかる本社債権者は財務代理人に対し保有証明書を提示するものとする。)、または                                                   (ii)  発行
    会社が社債権者集会の開催を必要と認めて財務代理人に対し社債権者集会の開催予定日より                                               35 日前までに書
    面による通知をした場合、発行会社は本社債権者の利害に関連する事項を議題とする社債権者集会の招集を
    行う。ただし、社債要項の修正については、本社債に基づく本社債権者の権利放棄を除き、発行会社の同意
    を必要とする。
      社債権者集会が招集される場合、財務代理人は                        発行会社のために         当該社債権者集会の招集公告を当該集会
    の開催日の      21 日前までに      本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って               行い、かつ、発行会社は、財務代
    理人が発行会社のために、社債権者集会の招集および議事の進行の促進のために必要な手続をとるようにさ
    せる。
      本社債権者は当該社債権者集会において、自ら出席し、もしくは代理人を通じて、または発行会社もしく
    は発行会社を代理する財務代理人が定める規定および手続に従って、書面または(発行会社が電磁的方法に
    よる議決権の行使を許可する場合は)電磁的方法により、その議決権を行使することができる。社債権者集
    会においては、各本社債権者は当該本社債権者が保有する(その時点で未償還の)本社債の金額に応じて議
    決権を有する。ただし、本社債権者は、当該集会の開催日の7日前までに保有証明書を財務代理人に対しそ
    の本店において提示し、かつ、当該集会の開催日に当該集会において発行会社または財務代理人に対し保有
    証明書を提示しなければならず、さらに、当該本社債権者は、かかる保有証明書を(場合により)保振機構
    または当該本社債権者の関連する口座管理機関に返還するまでは、本社債の振替の申請または抹消の申請を
    することができない。発行会社は、その代表者を当該集会に出席させ、当該集会においてその意見を表明さ
    せることができる。
      当該社債権者集会の決議は、当該集会に出席し、当該集会において議決権を行使する権利を有する本社債
    権者(以下「議決権者」という。)が保有する議決権の総数の2分の1超をもってこれを行う。ただし、下
    記の事   項については特別決議           (以下に定義する。)           を要する。
      (a)  すべての本社債に関して行われる支払の猶予、不履行によって生じた責任もしくは債務の免除または
       和解(下記      (b)  に記載の事項を除く。)
      (b)  すべての本社債に関して行われる訴訟行為または破産、会社更生もしくはこれに準ずる手続に関する
       すべての行為
      (c)  社債権者集会において決議すべき事項の決定について、社債権者集会の決議により指名および授権さ
       れる本社債権者の1名もしくは複数名の代表者(ただし、いずれも(その時点で未償還の)本社債の
       総額の   1,000   分の1以上を保有する者でなければならない。)(以下「代表本社債権者」という。)ま
                                  11/1067



                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       たは社債権者集会の決議により指名および授権される社債権者集会の決議を執行する者(以下「決議
       執行者」という。)の選任もしくは解任、または上記の者に委託した事項の変更
      「特別決議」とは、社債権者集会において、本社債の未償還総額に係る議決権者が保有する議決権の総数
    の5分の1以上、かつ、当該集会に出席した議決権者が保有する議決権の総数の3分の2以上の賛成をもっ
    て採択される決議を意味する。
      社債権者集会において行使された議決権の数の算定上、代理人により、または書面もしくは(発行会社が
    電磁的方法による議決権の行使を許可する場合は)電磁的方法により議決権を行使した本社債権者も、これ
    に出席し、議決権を行使したものとみなされる。
      上記の規定にかかわらず、発行会社または本社債権者が社債権者集会の目的である事項に関して提案を
    行った場合に、すべての議決権者がかかる提案に対して書面または(発行会社が電磁的方法によるその同意
    の意思表示を認める場合は)電磁的方法によりその同意の意思表示をした場合は、かかる提案を可決する旨
    の社債権者集会の決議があったものとみなされるものとする。本規定に従い、社債権者集会の決議があった
    ものとみなされた場合、発行会社は、財務代理人に対し、その旨および当該決議の内容を速やかに通知す
    る。
      本「社債権者集会」に従って行われた、または行われたとみなされた決議は、すべての本社債権者に対
    し、当該社債権者集会に出席したか否かを問わず、適用ある日本法が認める限度において拘束力を有し、そ
    の執行には代表本社債権者または決議執行者がこれにあたる。
      本「社債権者集会」において、発行会社またはその子会社が保有する本社債は除外され、未償還でないも
    のとみなす。
      社債権者集会は日本国東京都において開催される。
      本「社債権者集会」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    準拠法および管轄裁判所

      発行会社による本社債の発行に関する授権を除き、本社債ならびにこれに基づく本社債権者を含むすべて
    の当事者の一切の権利および義務は、すべて日本法に準拠し、日本法に従って解釈される。
      社債要項において別段の定めがある場合を除き、本社債に基づく義務の履行地は、日本国東京都とする。
      本社債もしくは社債要項から生ずるか、またはこれらに関する発行会社に対する一切の訴訟その他の裁判
    手続は、非専属的に、東京地方裁判所に対して提起することができ、発行会社は、かかる裁判所の管轄権に
    明示的、無条件かつ取消不能の形で服することに同意する。
      発行会社は、本社債もしくは社債要項から生ずるか、またはこれらに関して日本国東京都において提起さ
    れることのある一切の訴訟その他の裁判手続につき、発行会社の権限ある訴状その他の裁判上の書類の受取
    人として日本国東京都            に所在する      弁護士である黒田康之氏             を指名し、訴状その他の裁判上の書類を                     受領する
    場所として      アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業                             のその時々の住所(現住所は、                 〒 100-
    8136   日本国東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング                                        )を指定する。発行会社
    は、本社債の未償還残高が存する限りいつでも、かかる指名および指定が完全な効力を有し、それを継続す
    るのに必要な一切の行為(あらゆる書類および証書の作成および提出を含む。)をなすことに合意する。か
    かる受取人が何らかの理由により発行会社のかかる権限ある受取人として行為することが不可能な場合、発
    行会社は直ちに日本国東京都に所在のある後任の権限あるかかる受取人を指名し、かつ、かかる指名が効力
    を有するのに必要な一切の行為を行うことを約束する。発行会社は、財務代理人に対し、かかる後任の受取
    人を指名したことを速やかに通知し、その旨を速やかに公告する。
    摘要

    (1)  信用格付
    信用格付業者から付与された信用格付
      本社債に関し       て、発行会社は、格付の付与を日本国金融商品取引法(昭和                               23 年法律第     25 号、その後の改正
    を含む。)第       66 条の  27 に基づき登録された信用格付業者である株式会社日本格付研究所(登録番号:金融庁
    長官(格付)第1号)(以下「                JCR  」という。)に依頼しており、本社債の発行条件決定後にかかる格付を取
    得できる予定である。
      発行会社は、本書の日付現在、                JCR  から  A- の外貨建長期発行体格付を付与されている。
      JCR  の信用格付は、格付対象となる債務について約定通り                           履行  される確実性の程度を、等級をもって示すも
    のである。
                                  12/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      JCR  の信用格付は、債務履行の確実性の程度に関しての                          JCR  の現時点での総合的な意見の表明であり、当該
    確実性の程度を完全に表示しているものではない。また、                              JCR  の信用格付は、デフォルト率や損失の程度を予
    想 するものではない。          JCR  の信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクなど、債務履行
    の確実性の程度以外の事項は含まれない。
      JCR  の信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動す
    る。また、      JCR  の信用格付の付与にあたり利用した情報は、                       JCR  が格付対象の発行体および正確で信頼すべき
    情報源から入手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが存在す
    る可能性がある。
      本社債の申込期間中に本社債に関して                      JCR  が公表する情報へのリンク先は、                   JCR  のホームページ
    ( http://www.jcr.co.jp/            )の「ニュースリリース」の右端「一覧を見る」をクリックして表示される
    「ニュースリリース」(             http://www.jcr.co.jp/release/                )に掲載されている。なお、システム障害等何らか
    の事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のとおりである。
      JCR  :電話番号      03-3544-7013
    (2)  債務不履行事由

      (I)  以下に掲げる各事項は、本社債に関する債務不履行事由(以下それぞれを「債務不履行事由」とい
       う。)を構成する。
       (a)  (x)  支払期日の到来した本社債の利息の支払の不履行が                           30 日間継続した場合、または              (y)  支払期日の
        到来した追加額の支払の不履行が                 30 日間継続した場合。
       (b)  償還、社債要項により要求される買戻し、期限の利益の喪失またはその他の場合における、所定償
        還日(以下に定義する。)に支払期日の到来する本社債の元金またはプレミアム(もしあれば)の支
        払を履行しない場合。
       (c)  発行会社が上記「償還の方法-                (4)  支配権変更による償還」または上記「財務上の特約-                            (2)  合併
        および統合」に基づく債務を履行しない場合。
       (d)  本社債に基づく、または本社債に関するその他の義務の履行または遵守を怠り、かつ(かかる不履
        行が治癒不可能な場合を除き(この場合、下記の継続または通知を要しない。))発行会社が本社債
        権者によるかかる不履行を特定する書面による通知(当該本社債権者は、かかる通知を行う時に、財
        務代理人の本店において、保振機構または(場合により)関連する口座管理機関により発行された当
        該本社債の保有を証する証明書(以下「保有証明書」という。)を提示しなければならない。)を財
        務代理人の本店において受領した後                  30 日間当該不履行が継続している場合。
       (e)  発行会社もしくはその特定子会社のいずれかが借り入れた(または発行会社もしくはその特定子会
        社のいずれかによりその支払が保証される)金銭に係る特定債務(現在存在するものであるか、発行
        日後に生じたものであるかを問わない。)の発生の根拠となり、かかる特定債務を被担保債務とし、
        またはかかる特定債務の発生を裏付ける抵当権、債務証書または証書に係る不履行であって、かつ、
        当該不履行が以下のいずれかに該当する場合。
        (i)   当該不履行の日付で当該特定債務に定められた猶予期間の満了前に、当該特定債務の元金が支
            払われないことにより生じたとき(以下「支払不履行」という。)。
        (ii)   当該特定債務がその所定償還日より前に期限の利益を喪失する結果となり、かつ、それぞれの
            場合において、支払不履行が発生したか、または期限の利益を喪失した他の当該特定債務の元
            金額と合わせて、当該特定債務の元金額が合計1億                           7,500   万ユーロ(またはその他の通貨での
            その相当額)以上であるとき。
       (f)  破産法(以下に定義する。)に基づき、または破産法の意義の範囲内で、発行会社またはいずれか
        の重要子会社(以下に定義する。)が以下のいずれかの行為を実行した場合。                                        (A)  自己申立の開始(任
        意管理者の選任を含む。)、               (B)  非自発的申立における自らに対する救済命令の登録への同意、                                (C)  自
        らの、またはその資産の重要な部分についてのカストディアン(以下に定義する。)の選任への同意
        (当該選任が、支払能力のある状況で、または一定の取引もしくは一連の関連する取引との関係で行
        われる場合を除く。)、または(                 D )自らの債権者の利益のために行う一般的譲渡の実施。
       (g)  発行会社またはフランス国内に設立されたいずれかの重要子会社が、(本「摘要-                                           (2)  債務不履行
        事由-   (I)  」の他の項に影響を及ぼすことなく、)                     (A)  フランス商法典第         L.631-1    条以下の意義の範囲内
        で、自らの利用可能な資産(               cessation      des  paiements     )からその支払期限の到来した債務を支払うこ
        とができない場合、または              (B)  上記に限らず、自らもしくは第三者の決定により、以下の手続の対象と
                                  13/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        なる場合。      (1)  任意清算もしくは解散(社債要項により許可される合併もしくは解散を除く。)、                                           (2)
        フランス商法典第         L.611-3    条以下に規定される特別代理人(                 mandataire      ad  hoc  )の選任の申請、         (3)  救
        済 手続(    sauvegarde      )、促進救済手続(           sauvegarde      acceleree     )、裁判上の更正手続(             redressement
        judiciaire      )もしくは裁判上の清算手続(                 liquidation       judiciaire      )の開始、      (4)  フランス商法典第
        L.631-1    条以下および第         L.640-1    条以下に基づく破産判決(                redressement        judiciaire      もしくは
        liquidation       judiciaire      )もしくはフランス商法典第               L.642-1    条以下に基づく事業の全部もしくは一部
        の移転(     cession     totale    ou  partielle      de  l'entreprise       )に関する判決、または             (5)  フランス商法典
        第 L.611-4    条以下に基づく調停手続。
       (h)  正当な管轄権を有する裁判所が、破産法に基づき、以下の命令、判決または決定を行う場合。                                                (A)  非
        自発的申立において発行会社もしくはいずれかの重要子会社に対する救済を目的とするもの、                                                (B)  発行
        会社もしくはいずれかの重要子会社もしくはそれぞれの資産のいずれかの重要な部分についてカスト
        ディアンを選任するもの、または                 (C)  発行会社もしくはいずれかの重要子会社の解散もしくは清算を命
        じるもの(当該解散もしくは清算が、支払能力のある状況で、もしくは一定の取引もしくは一連の関
        連する取引との関係で行われる場合を除く。)、かつ、                             (A)  から  (C)  のいずれかにおいて、当該命令ま
        たは決定が、執行停止されることなく連続する                        60 日間有効に存続する場合。
       (i)  正当な管轄権を有する裁判所が、発行会社または重要子会社に対して、第三者である法的主体によ
        り免除、保証または付保されていない金銭の支払に関する終局判決を下す場合であって、その額(そ
        の判決が行われる前か、もしくは行われた後                       60 日以内に当該金額に関して実際に受領した保険料もし
        くは補償料の支払額、またはその判決に関する上訴が認められなかった場合は当該金額について受領
        する保険料もしくは補償料の支払額を差し引いたもの)が1億                                7,500   万ユーロ(またはその他の通貨で
        のその相当額)を超える場合。ただし、当該判決または決定が連続する                                     60 日間免除、放棄または執行
        停止されないことを条件とする。
      (II)   本社債のいずれかについていずれかの債務不履行事由が発生し、継続している場合、本社債権者
       は、財務代理人の本店において、それぞれの債務不履行事由およびそれが「期限の利益喪失通知」であ
       る旨を明記した発行会社に対する書面による通知(受領時に効力を生じる。)を行うことにより(当該
       本社債権者は、かかる通知を行う時に、財務代理人の本店において、保有証明書を提示しなければなら
       ない。)、当該本社債権者が保有する本社債およびこれに対してその時までに発生するすべての経過利
       息について期限の利益の喪失を宣言することができ、これにより当該本社債の金額および当該利息は直
       ちに支払われるものとする。ただし、これに先立って本社債に関するすべての債務不履行事由が治癒さ
       れた場合はこの限りでない。発行会社に関する上記                           「摘要-     (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (g)  に掲げる
       債務不履行事由が発生し、継続している場合は、未償還の本社債すべてに係る未払元金および経過利息
       は、その事実自体により期限の利益を喪失し、本社債権者によるいかなる宣言その他の行為をも要する
       ことなく、直ちに支払われるものとする。
      (III)   (i)  上記  「摘要-     (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (b)  ないし   (i)  に掲げる事由のいずれかが発生した場
       合、または      (ii)  時の経過、通知の付与もしくはその双方により当該事由のいずれかとなる事態が存在す
       る場合、発行会社は、直ちに(ただし、上記                       (ii)  の場合は発行会社がかかる事態を知ることとなった時
       に直ちに)、かかる事由または事態を財務代理人に通知し、その旨を本社債権者に対して上記「公告の
       方法」に従って公告する。また、上記「摘要-                        (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (a)  に掲げる事由または時
       の経過によりかかる事由となる事態が発生し、継続している場合、発行会社は直ちにかかる事由または
       事態を財務代理人に通知し、かつ、                  本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って公告する。
      (IV)   本「摘要-      (2)  債務不履行事由」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とす
       る。
      (V)  本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「破産法」とは、債務者の救済を目的とするアメリカ合
       衆国法典第      11 編または同様のアメリカ合衆国の連邦法、州法もしくはアメリカ合衆国外の法律をいい、
       また、フランス商法典第Ⅵ部第Ⅰ編から第Ⅳ編において規定される手続およびその都度の発行会社また
       は現在もしくは将来の重要子会社が組織された法域における類似の手続を含む。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「カストディアン」とは、破産法に基づく管財人、受託
       者、譲受人、清算人、保管人、任意管理者またはこれらに類似する職務を有する者(法定管理人
       ( administrateur         judiciaire      )、暫定管理人(         administrateur         provisoire      )、特別代理人
                                  14/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       ( mandataire      ad  hoc  )、調停人(       conciliateur       )または清算代理人(           mandataire      liquidateur      )を含
       む。)をいう。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「重要子会社」とは、以下の条件のいずれかを満たす発
       行会社の特定子会社をいう。
        (i)   当該特定子会社に対する、発行会社および発行会社のその他の特定子会社による投資および貸
            付金が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその連結対象である特定子会
            社の総資産の       10.0  %を超えていること。
        (ii)   当該特定子会社の総資産(会社間取引の相殺消去後)における発行会社および発行会社のその
            他の特定子会社の持分の割合が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその
            連結対象である特定子会社の総資産の                   10.0  %を超えていること。
        (iii)   所得税、臨時項目および非支配持分に帰属する金額を除く子会社の会計原則変更による累積影
            響額の控除前の継続事業から得た収益における発行会社および発行会社のその他の特定子会社
            の持分の比率が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその連結対象である
            特定子会社の当該利益の            10.0  %を超えていること。
         ただし、発行会社の一切の特定子会社は、本来、重要子会社ではない発行会社の他のすべての特定
        子会社のうち、上記「摘要-               (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (f)  、 (g)  および/または        (h)  に記載の事由
        が発生した特定子会社がある場合には、これらと合算したうえで、上記の基準に従って重要子会社を
        構成するとみなされるものとする。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「所定償還日」とは、証券または負債に関して、当該証
       券または負債の元金の支払義務が発生する期日として当該証券または負債において指定された日をい
       う。これには、強制的償還条項(ただし、不測の事態が発生した場合に、当該証券の保有者の選択によ
       り当該証券の買戻しまたは返済を行うことができる旨を定める条項を除く。)に基づき指定された日を
       含む。
    (3)  税制上の理由による追加支払

       本社債について支払われるべき金額(元金または利息                            に関するものであるか、             その他に関する        ものであ
     る かを問わない。)はすべて、フランス共和国もしくはその下部行政主体もしくはそれらの域内の、もし
     くはそれらの課税権限を有する当局もしくは機関により、またはそれらのために賦課もしくは徴収される
     現在または将来の公租公課または政府賦課金(性質の如何を問わない。)のための                                           、またはそれらを理由
     とする   源泉徴収または控除(以下「課税控除」という。)を行うことなく支払われる。ただし、法律によ
     り、かかる課税控除が要求される場合はこの限りでない。フランス法により、いずれかの本社債に関する
     元金または利息の支払が課税控除の対象となることが要求される場合、発行会社は、その時点で法律が最
     大限認める限度において、かかる課税控除が要求されなければ本社債権者が受領したであろう金額を当該
     本社債権者が受領         できるように       追加額(以下「追加額」という。)を支払う。ただし、いずれかの本社債
     について、      (i)  単に本社債を保有していること以外にフランス共和国と何らかの関連を有していることを理
     由として、当該本社債に関してかかる課税控除に服する本社債権者もしくはかかる本社債権者を代理する
     第三者に対して支払が行われる場合、または                       (ii)(a)    フランス一般租税法第           238-0   の A 条に定められたリスト
     (かかるリストは随時改訂される。)に記載された非協力国もしくは非協力地域(                                            Etat   ou  territoire
     non  coopératif      )もしくは同法第         238  の A 条において意味する低税率の管轄区域(以下「非適格地域」とい
     う。)に所在する金融機関に本社債権者の名義で開設された口座もしくは本社債権者のために開設された
     口座に対して支払がなされること、もしくは                       (b)  非適格地域に居住する本社債権者もしくは非適格地域にお
     いて設立された本社債権者に対して支払がなされることのみを理由としてかかる課税控除が課される場合
     には、上記の追加額は支払われない。
       発行会社が、       いずれかの時点で         フランス共和国以外の、または追加的な課税管轄に一般的に服すること
     となった場合には、上記「償還の方法-                     (2)  税制上の理由による償還」および本「摘要-                       (3)  税制上の理
     由による追加支払」におけるフランス共和国の文言は、フランス共和国および/または当該他の管轄と読
     み替え、解釈されるものとする。
       本「摘要-      (3)  税制上の理由による追加支払」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の
     負担とする。
                                  15/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (4)  支払
      (a)  本社債の元金および利息の支払は、支払代理人により、振替法および保振機構業務規程等に従って、
       本社債権者に対し、本社債権者が機構加入者である場合は直接、またそれ以外の場合には、本社債権者
       が 本社債を記録させるために口座を開設した関連する口座管理機関(以下「口座管理機関」という。)
       を通じて、行われる。上記にかかわらず、支払代理人が、発行会社から受領した本社債の元金または利
       息の支払に必要な資金を、関連する機構加入者に配分した時点で、発行会社は、社債要項に基づくかか
       る支払義務から免責される。
      (b)  本社債の元利金の支払期日が日本国東京都における銀行の営業日(以下「営業日」という。)ではな
       い場合、本社債権者は翌営業日まで当該支払期日に支払われるべき金額の支払を受ける権利を有せず、
       またかかる支払の繰延べに伴う追加利息その他の支払を受ける権利も有しない。
      (c)  支払期日に支払われるべき本社債の元金または利息の全額を支払代理人がかかる支払期日後に受領し
       た場合、財務代理人は、発行会社に代わって、支払代理人によるかかる金額の受領後、実務上可能な限
       り速やかに(ただし、遅くとも                14 日以内に)、       本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従ってその旨
       ならびにその支払方法および支払日の公告を行う。かかる金額の受領の時点でかかる支払方法もしくは
       支払日(またはその双方)を決定することができない場合、財務代理人はかかる金額の受領ならびに決
       定された範囲内でのかかる支払方法および/または支払日の公告を本社債権者に対して行い、後日、そ
       の決定後速やかに、かかる支払方法および/または支払日について、                                    本社債権者に対して          公告を行う。
       当該公告に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    (5)  時効

       本社債に係る消滅時効は、元金については                      10 年、利息については5年とする。
    (6)  社債原簿

       本社債の社債原簿は、発行会社に代わって財務代理人がこれを作成および管理し、その本店に備え置
     く。
    (7)  通貨の補償

       本社債の元利金または本社債に関して支払うべきその他の金額の支払を命ずる判決または命令がいずれ
     かの裁判所によりなされ、または発せられ、かかる判決または命令が日本円以外の通貨で表示されている
     場合には、かかる判決または命令に関して本社債権者がかかる通貨により受領または回収したいかなる金
     額も、日本円建で受領または回収した金額の範囲でのみ発行会社を免責するものであり、発行会社は、か
     かる本社債権者に対し、             (i)  かかる判決または命令のために、日本円で表示されている金額がかかる日本円
     以外の通貨に換算された、または換算されたものとみなされた日と                                   (ii)  かかる判決または命令(またはそ
     の一部)の履行がなされた日との間に生じた換算率の変動から生じる不足額を補填するために必要な金額
     を支払うことを約束する。適用ある法律が認める限度において、上記の約束は、発行会社の他の債務から
     別個、独立の債務を構成し、発行会社に対する別個、独立の請求原因となり、その時々の本社債権者が猶
     予したか否かを問わず適用され、いかなる判決または命令にもかかわらず継続して完全な効力を有するも
     のとする。
    (8)  本社債の社債券

       本社債の社債券(以下「本社債券」という。)は、本社債権者がその発行を請求できる振替法に規定さ
     れた例外的な場合を除き、発行されない。本社債券が発行される場合、かかる本社債券は支払期日未到来
     の利札付無記名式に限るものとし、本社債権者は本社債券の記名式への変更または分割もしくは併合を要
     求することはできない。
       本社債券が発行された場合、本社債の元利金の計算および支払の方法、本社債権者による本社債に基づ
     く権利の行使、本社債の譲渡、ならびに本社債に関するその他のすべての事項は、その時点で適用ある日
     本国の法令およびその時点の日本国の一般的な市場慣行に従うものとする。社債要項の規定とその時点で
     適用ある日本国の法令およびその時点の日本国の一般的な市場慣行との間に齟齬がある場合には、当該日
     本国の法令および市場慣行が優先するものとする。発行会社は、実務上可能な限り、上記の事項を遅滞な
     く本社債権者に対して上記「公告の方法」に従って公告するものとする。
       本社債券の発行に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
                                  16/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (9)  フランスの租税

       以下は、(ⅰ)日本国の税法上ならびに                     1995  年3月3日付の所得に対する租税に関する二重課税の回避
     及び脱税の防止のための日本国政府とフランス共和国政府との間の条約および                                        2007  年1月   11 日付の日仏租
     税条約を改正する議定書(以下「日仏租税条約」と総称する。)上の日本国の居住者、ならびに(ⅱ)日
     仏租税条約の恩恵を受ける資格を有する者による本社債の取得、保有および処分に関して適用されうるフ
     ランスの租税上の一定の結果に限定した一般的な記述である。
       かかる記述は、現在有効であり、かつフランス税務当局により適用されているフランスの税法令(これ
     らはすべて改正または異なる解釈が行われる可能性がある。)および日仏租税条約の規定に基づいてい
     る。
       以下の記述は一般的な情報であり、特定の状況下で特定の本社債権者に関連しうる、フランスの税法お
     よび日仏租税条約に基づくあらゆる税務問題を扱うことを意図していない。
     (a)  本社債の元金に対する課税
        発行会社による本社債に関する元金の支払は、フランス一般租税法第                                    125  の A 条 Ⅲ に定める源泉徴収税
       の対象とならない。
     (b)  本社債の利息に対する課税
        発行会社による本社債に関する利息その他の所得の支払は、当該支払がフランス国外で、フランス一
       般租税法第      238-0   の A 条に定める意味における非協力国もしくは非協力地域(                              Etat   ou  territoire      non
       coopératif      )(本「     (9)  フランスの租税」において、以下「非協力国」という。)(フランス一般租税
       法の同第     238-0   の A 条第2項の2の2         ° に記載されるもの(注)を除く。)においてなされない限り、フ
       ランス一般租税法第          125  の A 条Ⅲに定める源泉徴収税の対象とならない。もし本社債に基づくかかる支払
       が非協力国において行われる場合は、フランス一般租税法第                               125  の A 条Ⅲに基づき、本社債権者の税務上
       の居住地にかかわらず            75 %の源泉徴収税が適用される(ただし、以下に規定する例外規定のいくつかお
       よび日仏租税条約のより有利な規定に従う。)。
        さらに、フランス一般租税法第                238  の A 条に従い、かかる本社債に係る利息およびその他の所得は、そ
       れが(   ⅰ )非協力国(フランス一般租税法第                  238-0   の A 条第2項の2の2         ° に定めるものを含む。)にお
       いて居住し、もしくは設立された者に対して支払われ、もしくは発生した場合、または(                                              ⅱ )当該非協
       力国に所在する金融機関に開設された銀行口座に支払われた場合は、発行会社の課税所得から控除する
       ことはできない(以下「控除対象外所得」という。)。一定の条件の下では、控除できない利息および
       その他の所得はフランス一般租税法第                   109  条以下に従って、みなし配当と位置付けられることがある。そ
       の場合、かかる控除できない利息およびその他の所得は、(ⅰ)フランス税法上の居住者でない個人が
       受領する支払の場合は            12.8  %、(    ⅱ )フランス税法上の居住者でない法人が受領する支払の場合は
       25 %、または(       ⅲ )フランス国外で、非協力国(フランス一般租税法第                            238-0   の A 条第2項の2の2         ° に
       定めるものを除く。)においてなされた支払の場合には                             75 %(一部の例外および適用ある二重課税回避
       条約の規定に服する。)の税率で、フランス一般租税法第                              119  条の2の2に規定する源泉徴収税の対象と
       なることがある。
        上記にかかわらず、発行会社が、本社債の発行の主たる目的および効果が非協力国における利息その
       他の所得の支払を許容するものではないことを証明できる場合、当該支払が非協力国において住所を有
       しもしくは設立された者になされるか、またはかかる非協力国において支払がなされるということのみ
       を理由として、フランス一般租税法第                    125  の A 条Ⅲに定める       75 %の源泉徴収税または(該当する利息もし
       くはその他の所得が真正な取引に関連するものであり、異常なもしくは過大な金額でない場合に限り)
       フランス一般租税法第           238  の A 条に規定される控除対象外所得およびこれに伴うフランス一般租税法第                                    119
       条の2の2に規定する源泉徴収税のいずれも、本社債の発行について適用されない(以下「例外規定」
       という。)。本社債が下記のいずれかに該当する場合、フランス税務当局により発出された通達(                                                   BOI-
       INT-DG-20-50-30-14/06/2022               第 150  号および     BOI-INT-DG-20-50-20-06/06/2023                 第 290  号)に従い、本社債
       の発行は、発行会社が本社債発行の目的および効果の証明を要することなく、例外規定の恩恵を受ける
       ことになる。
        ( ⅰ ) 本社債の募集が、フランス通貨金融法典第                      L.411-1    条に定める意味における公募により、または非
       協力国以外の国における同等の募集に従って行われる場合。ここにおいて「同等の募集」とは、国外の
       証券市場当局によるまたはこれに対する募集に係る書類の登録または提出を要する募集をいう。
                                  17/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        ( ⅱ ) 本社債が規制市場またはフランス共和国内もしくは国外の多角的証券取引システムにおいて取引
       されることが認められている場合。ただし、かかる市場またはシステムが非協力国に存在するものでは
       なく、かかる市場の運営が市場オペレーターもしくは投資サービス提供業者またはその他国外の類似の
       事 業体により行われており、さらに、かかる市場オペレーター、投資サービス提供業者または事業体が
       非協力国に存在するものではない場合に限る。
        ( ⅲ ) 本社債についてその発行時に、(フランス通貨金融法典第                              L.561-2    条に定める意味における)中央
       預託機関、証券決済および受渡・支払システム・オペレーターまたは1社以上の国外の類似の預託機関
       もしくはオペレーター(ただし、かかる預託機関もしくはオペレーターが非協力国に存在するものでは
       ない場合に限る。)の決済業務が認められた場合。
       ( 注 ) フランス一般租税法第           238-0   の A 条に記載される非協力国の一覧は、原則的に毎年、政令によって更
          新される。フランスの一覧は、直近では                     2023  年2月3日付命令により更新されており、当該時点
          では英領ヴァージン諸島、アンギラ、パナマ、セーシェル共和国、バハマ国、タークス・カイコ
          ス諸島、バヌアツ共和国、フィジー共和国、グアム、米領ヴァージン諸島、パラオ共和国、米領
          サモア、サモア独立国およびトリニダード・トバゴ共和国が含まれている。
     (c)  譲渡所得税
        日仏租税条約に従って、日本の本社債権者が保有する本社債の売却または処分から得る利益は、フラ
       ンスの租税に服さない。
    (10)   日本国の租税

       この概要は、本社債を取得、保有または処分することに関連する可能性のある日本国の租税の留意事項
     のすべてを網羅的に記載したものではない。この概要は、本書の日付現在において有効な法令に基づいて
     おり、したがって、当該日以降に効力を生じる法令の変更により影響を受ける可能性がある。投資を検討
     する者は、いずれの場合においても、本社債に関する課税上の結果について自身の税務顧問に相談すべき
     である。本社債に投資した場合の日本国における課税上の取扱いは、現在以下のとおりである。
       本社債の利息は、日本の現行税法の定めるところにより、一般に利子所得として課税される。日本国の
     居住者および内国法人が支払を受ける本社債の利息は、日本の現行税法の定めるところにより、                                                 15 %の国
     税である所得税(居住者の場合は、他に地方税5%)の源泉徴収税が課される。ただし、                                              2013  年1月1日
     から  2037  年 12 月 31 日までの期間に行われる所得税を源泉徴収することとされている支払(下記に述べる譲
     渡損益に係る支払を含む。)については復興特別所得税の対象となるため、                                       15 %の所得税率に基づく所得
     税額に   2.1  %の税率による復興特別所得税が課される。なお、日本国の居住者が支払を受ける本社債の利息
     については、上記の所得税              15 %、復興特別所得税(所得税額の                 2.1  %)および地方税5%の税率による申告
     分離課税の対象となる。ただし、申告不要制度の適用を選択することも可能であり、その場合は日本国の
     居住者の利子所得に係る課税関係は源泉徴収によって完了する。
       内国法人の場合は、本社債の利息はその課税所得に算入され、法人税の対象となるが、当該源泉徴収税
     額を一定の制限のもとで法人税から控除することができる。
       日本国の居住者に係る本社債の譲渡損益(本社債の償還等により支払を受ける金額については本社債の
     譲渡損益とみなされる。)については、上記の所得税、復興特別所得税および地方税の税率による申告分
     離課税の対象となる。ただし、かかる譲渡損益については、源泉徴収選択口座内で取引する場合は申告不
     要制度の適用を選択することも可能であり、その場合は課税関係は源泉徴収によって完了する。また、本
     社債に係る譲渡損益および利子所得は、一定の条件のもとにこれらの所得間ならびに一定の他の有価証券
     に係る譲渡損益および利子・配当所得との損益通算および(本社債の譲渡損失の金額のうちその年に損益
     通算をしても控除しきれない金額については)3年間の繰越控除が認められる。
       内国法人の場合は、本社債の譲渡損益および償還等に係る差損益は、法人税の課税所得の計算に算入さ
     れる。
       本社債の利息および償還差益ならびに本社債の譲渡により生ずる所得で、日本国に恒久的施設を有しな
     い日本国の非居住者および外国法人に帰属するものは、日本国の租税は課されない。
                                  18/1067



                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    <フォルヴィア・エス・イー第2回円貨社債(                        2023  )>
      以下は、     発行会社が発行するフォルヴィア・エス・イー第2回円貨社債(                                  2023  )(以下「本社債」とい

    う。)についての記載である。別段の記載がある場合を除き、<フォルヴィア・エス・イー第2回円貨社債
    ( 2023  )>で定義された用語は、当該項目に記載された用語を指す。                                「 未定  」または「予定」と示された本
    社債の条件は、        2023  年 12 月上旬   頃に決定される予定である。
       銘  柄               フォルヴィア・エス・イー第2回円貨社債(                       2023  ) ( 注1  )

                                  券面総額又は
     記名・無記名の別                該当なし                        50 億円(予定)       ( 注2  )
                                 振替社債の総額
      各社債の金額                1億円            発行価額の総額            50 億円(予定)       ( 注2  )
                                                 (未定)
                                           (年(未定)%~(未定)%を
       発行価格        各社債の金額       100  円につき     100  円    利率(%)
                                              仮条件とする。)
                                                 ( 注3  )
                毎年6月     15 日および     12 月 15 日
        利払日         (ただし、最終の利払日は                   償還期限          2027  年3月   15 日 ( 注5  )
                 2027  年3月   15 日)  ( 注4  )
       募集の方法              一般募集              申込証拠金              な  し
                                            2023  年 12 月 15 日  ( 以下「発行
                 2023  年 12 月8日    ( 注6  )
       申込期間                            払込期日
                                             日」ともいう。        ) ( 注7  )
      申込取扱場所                  別項記載の各引受人の日本国内の本店および各支店
    ( 注1  ) 本社債には日本国の社債、株式等の振替に関する法律(平成                                13 年法律第     75 号。その後の改正を含
        む。)(以下「振替法」という。)が適用され、本社債の譲渡および本社債に関連するその他の事項
        については、振替法および保振機構(下記「振替機関」において定義される。)が随時定める社債等
        の振替に関する業務規程ならびにその他の規則およびガイドライン(以下「保振機構業務規程等」と
        いう。)に従って取り扱われる。
    ( 注2  ) 上記の振替社債の総額および発行価額の総額は、                         2023  年 12 月上旬頃に提示される予定の仮条件に基づ
        き本社債の需要状況把握のために行われるブック・ビルディングの結果を勘案したうえで、本社債の
        条件決定日に決定される。最終的に決定され、有価証券届出書の訂正届出書に記載される振替社債の
        総額および発行価額の総額は、上記の各総額と大きく相違する可能性がある。
    ( 注3  ) 利率は、     2023  年 12 月上旬頃に提示される予定の仮条件に基づき需要状況を勘案したうえで、                                      2023  年 12
        月上旬頃に決定される予定である。
    ( 注4  ) 各利払日は、払込期日の変更に伴い変更される可能性がある。
    ( 注5  ) 償還期限は、払込期日の変更に伴い変更される可能性がある。
    ( 注6  ) 申込期間は、需要状況を勘案したうえで、最大1週間の範囲で繰り上げまたは繰り下げられる可能性
        がある。
    ( 注7  ) 払込期日は、申込期間の変更に伴い変更される可能性がある。
                                  19/1067





                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    振替機関
               名  称                           住  所

          株式会社証券保管振替機構

                                    東京都中央区日本橋兜町7番1号
        (以下「保振機構」という。)                ( 注 )
    ( 注 ) 本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、保振機構には、主務大臣が振替法に従って指定
       する後継の振替機関が含まれるものとみなされる。
    公告の方法

      社債要項(      下記「財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務」において                                  定義される。)に基づき義
    務付けられる、または本社債に関する一切の公告は、日本国の官報(もし可能であれば)ならびに東京都お
    よび大阪市において発行される時事に関する事項を掲載する日本語の日刊新聞紙上に各1回これを行う。本
    社債の社債権者(以下「本社債権者」という。)の各々に対する直接の通知はこれを要しない。発行会社が
    行うべき当該公告は、発行会社の請求があった場合に、発行会社の費用負担により、発行会社                                                を代理する      財
    務代理人(      下記「財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務」において                                   定義される。)がこれを行う
    ものとする。
    引受人

        元引受契約を締結する金融商品取引業者
                                    引受金額
        (以下「共同主        幹事会社     」と総称する。)
                                                元引受けの条件
                                   (百万円)
         会 社 名               住  所
     三菱UFJモルガン・               東京都千代田区大手町             共同主    幹事会社が連        本社債の発行総額は、発行

                    一丁目9番2号             帯して本社債の発行            会社と共同主       幹事会社     との
     スタンレー証券株式会社
                                 総額を引受けるの            間で   202  3 年 12 月8日(予
                                 で、個々の      共同主    幹  定)に調     印される元引受契
     SMBC日興証券株式会社               東京都千代田区丸の内
                                 事会社の引受金額は            約に従い共同主        幹事会社に
                    三丁目3番1号
                                 ない。            より連帯して買取引受けさ
                                            れ、一般に募集される。左
                                            記以外の元引受けの条件は
                                            未定であるが、本社債の条
                                            件決定日に、発行条件とと
                                            もに決定される予定であ
                 合 計                  5,000   (予定)
                                            る。
    財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務

      本社債について社債の管理会社は設置されない。
       財務代理人・発行代理人兼支払代理人の名称                                    住  所

             株式会社みずほ銀行                       東京都千代田区大手町一丁目5番5号

      本社債に関する発行会社の財務代理人・発行代理人兼支払代理人(以下「財務代理人」という。文脈上別

    意に解すべき場合を除き、「財務代理人」の用語はこれらすべての資格で行為する代理人を意味する。)
    は、株式会社みずほ銀行とする。
    (1)  委託の条件

      財務代理人は、本社債の要項(以下「社債要項」という。)、発行会社および財務代理人間の                                                 2023  年 12
     月8日付(予定)の財務および発行・支払代理契約証書(以下「財務代理契約」という。)、振替法なら
     びに保振機構業務規程等に定める義務を履行し、職務を行う。
                                  20/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (2)  財務代理人の職務の内容

      (a)  財務代理人は、発行会社のためにのみその職務を行い、本社債権者に対していかなる義務も負わず、
       また、本社債権者との間で代理または信託の関係を有しない。社債要項が添付された財務代理契約の写
       しは、本社債の償還期日後1年が経過するまでの間、財務代理人の本店に備え置かれ、財務代理人の通
       常の営業時間に本社債権者の閲覧または謄写に供される。謄写に要する一切の費用はこれを請求する者
       の負担とする。
      (b)  本社債については、社債の管理会社は設置されない。
      (c)  発行会社は、財務代理人の任命を変更または終了することができる。ただし、財務代理人は、後任の
       財務代理人・発行代理人兼支払代理人が有効に任命されるまで(ただし、かかる後任の財務代理人・発
       行代理人兼支払代理人が保振機構業務規程等に従って発行代理人および支払代理人として行為する資格
       を有していることを条件とする。)在職する。かかる場合、発行会社は、財務代理人の変更を事前に                                                    本
       社債権者に対して         上記「公告の方法」に従って公告する。
      (d)  保振機構が発行会社に対し、財務代理人の発行代理人または支払代理人としての指定を取消す旨の通
       知を行った場合には、発行会社は、遅滞なく後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人を選任し(た
       だし、かかる後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人が保振機構業務規程等に従って発行代理人お
       よび支払代理人として行為する資格を有していることを条件とする。)、その旨を                                          本社債権者に対して
       上記「公告の方法」に従って公告する。
      (e)  上記  (c)  または   (d)  に従って発行会社が後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人を任命した場合に
       は、後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人は、かかる任命が有効とされる日をもって、前任の財
       務代理人の地位を承継し、前任の財務代理人と代替し、社債要項、財務代理契約および保振機構業務規
       程等に定める財務代理人の義務を履行し、職務を行う。
    利息支払の方法

    (1)  本社債の利息は、上記「利率」に定める利率(以下「本利率」という。)で、                                        2023  年 12 月 16 日(その日
     を含む。)から        2027  年3月   15 日(その日を含む。)(ただし、下記「利息支払の方法-                              (2)  」に従う。)ま
     でこれを付し、毎年6月             15 日および     12 月 15 日の2回、各々その日(その日を含む。)までの6か月分を日
     本円で後払いする。ただし、最終の利息は、                       2026  年 12 月 16 日(その日を含む。)から              2027  年3月   15 日(そ
     の日を含む。)までの期間について                  2027  年3月   15 日に支払う。本「利息支払の方法」において定められた
     各利払いの日を、以下「利払日」という。
      6か月以外の期間の利息については、かかる期間中の実日数について、1年                                       365  日の日割計算により支払
     われる。
      各本社債権者に支払われる利息の総額は、保振機構業務規程等に従って計算される。
    (2)  本社債の利息は、償還期日(その日を含まない。)後はこれを付さない。ただし、発行会社が償還期日

     に社債要項に従った本社債の償還を怠ったときは、かかる未償還の本社債の元金額について償還期日(そ
     の日を含まない。)からかかる本社債の償還が実際に行われた日(その日を含む。)までの期間中の実日
     数につき、1年        365  日の日割計算により、本利率により経過利息が日本円で支払われる。ただし、その期間
     は、(保振機構業務規程等における支払代理人の資格において行為する)財務代理人(以下「支払代理
     人」という。)が、自己が受領した本社債全額の償還のために必要な資金を、本社債の振替を行うため保
     振機構に口座を開設している関連する機構加入者(以下「機構加入者」という。)に配分した日を超えな
     い。また、保振機構業務規程等のもとでかかる支払期日後の配分ができない場合、かかる期間は財務代理
     人が下記「摘要-         (4)  支払-   (c)  」の規定に従い最終の公告を行った日以後                      14 日間を超えない。
    償還の方法

    (1)  満期償還
      本社債は、期限前に償還され、または買入消却されていない限り、                                   2027  年3月   15 日に本社債の金額と等
     しい金額で償還される。
                                  21/1067



                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (2)  税制上の理由による償還
      (I)  発行日(関連課税管轄(以下に定義する。)が発行日より後に関連課税管轄                                       に該当することに         なった
       場合には、当該関連課税管轄が関連課税管轄となった日)以後に公表され、もしくは有効となる                                                 (i)  フラ
       ンス共和国もしくはその下部行政主体もしくはそれらの域内の、もしくはそれらの課税権限を有する当
       局 (以下それぞれを「関連課税管轄」という。)の法律(当該法律に基づき発布される規則もしくは裁
       定を含む。)もしくは関連課税管轄に適用ある条約の変更もしくは改正、または                                          (ii)  かかる法律、条
       約、規則もしくは裁定(管轄裁判所の判決を含む。)の適用もしくは解釈に関する公権的見解の変更も
       しくは改正の結果、発行会社が下記「摘要-                       (3)  税制上の理由による追加支払」に従い、次回の利払日
       に追加額(下記「摘要-             (3)  税制上の理由による追加支払」において定義される。)の支払義務を負っ
       た場合または負うことになる場合であって、発行会社が、そのとり得る合理的な手段をとることによっ
       てもかかる義務を回避できない場合、本社債は、以下に記載する事前の償還の公告を                                            本社債権者に対し
       行うことにより、その全部(一部は不可)を本社債の元金額の                                100  %に償還期日(その日を含む。)まで
       の経過利息を付して、発行会社の選択によりいつでも償還することができる。
        前段落に従い償還の公告を              本社債権者に対して          行うに先立ち、発行会社は財務代理人に対し、発行会
       社がかかる償還を行う権利があり、かつかかる償還を行うことを選択した旨および発行会社が償還を行
       う権利の前提条件が成就したことを示す事実を本社債の償還予定期日とともに記載した、発行会社の権
       限ある役員が署名した証明書、および発行会社が前段落に記載される変更または改正の結果、当該追加
       額の支払義務を負っている旨または負うこととなる旨の定評ある独立の法律顧問による意見書を提出し
       なければならない。かかる証明書および意見書は英文で作成されるものとする。
      (II)   発行会社が下記「摘要-             (3)  税制上の理由による追加支払」に基づき追加額の支払義務を負うこと
       となったが、フランスの税務に関して定評ある独立の法律顧問の意見によれば、発行会社がフランス法
       上、当該追加額の全部または一部の支払を禁じられる場合、発行会社は、財務代理人に対し、発行会社
       が当該追加額の支払義務を負うにもかかわらず、フランス法上当該追加額の支払を禁じられる旨および
       本社債の償還予定期日を記載した書面による通知をした上で、実務上可能な限り速やかに、ただし、                                                   (i)
       発行会社に当該追加額の支払義務を生ぜしめる事由の発生日または                                   (ii)  当該フランス法が有効となる日
       のいずれか遅い方から            40 日目の日以前に、以下に記載する事前の償還の公告を                            本社債権者に対し         行うこ
       とにより、本社債の全部(一部は不可)を本社債の元金額の                               100  %で償還期日(その日を含む。)までの
       経過利息を付して(ただし、適用あるフランス法に従い)償還する。かかる通知には、発行会社が追加
       額の支払義務を負うこととなり、かつその支払がフランス法上禁じられている旨ならびにかかる禁止お
       よび償還の義務の原因となった事実および事情を合理的な範囲で詳細に(償還予定期日とともに)記載
       し、発行会社の権限ある役員が署名した証明書、ならびにフランスの税務に関して定評ある独立の法律
       顧問のかかる旨を確認する意見書を添付しなければならない。かかる証明書および意見書は英文で作成
       されるものとする。
       本「償還の方法-         (2)  税制上の理由による償還」に基づいて提供される証明書および意見書は、財務代
     理人が受領後速やかに、かつ本社債の償還期日後1か月が経過するまでの間、その本店に備え置かれ、財
     務代理人の通常の営業時間に本社債権者の閲覧または謄写に供される。謄写に要する一切の費用はこれを
     請求する者の負担とする。
       発行会社は、本「償還の方法-                (2)  税制上の理由による償還」に基づいて財務代理人に対して行ういか
     なる通知も償還予定期日の              30 日前までに行い、かかる償還予定期日の                     14 日前までにこれを         本社債権者に対
     して  上記「公告の方法」に従って公告する。当該償還予定期日は営業日(下記「摘要-                                          (4)  支払-   (b)  」に
     おいて定義される。)であるものとし、財務代理人に対する当該通知および                                       本社債権者に対する          公告は取
     消不能とする。
       本「償還の方法-         (2)  税制上の理由による償還」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社
     の負担とする(ただし、上記に別段の定めがある場合を除く。)。
    (3)  買入消却

      発行会社は、公開の市場等においていかなる価格でも本社債を随時買入れることができ、買入れた本社
     債 を保有、転売または消却することができる。ただし、適用ある法令に別段の定めがある場合はこの限り
     でなく、また       保振機構業務規程等の規定に従                わ なければならない。
                                  22/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (4)  支配権変更による償還
      支配権変更(以下に定義する。)が生じた場合、各本社債権者は、発行会社に対して当該本社債権者が
     保有する本社債の全部または一部を本社債の元金額の                           101  %に相当する償還価格で(償還期日までの未払の
     経 過利息(追加額を含む。)(もしあれば)を付して)償還するよう請求する権利(以下「期限前償還請
     求権」という。)を有する。ただし、本社債について各社債の金額の一部に係る権利の行使はできないも
     のとする。また、かかる権利の行使は行使手続期間(以下に定義する。)の最終日に効力が発生するもの
     とみなされる。支配権変更の発生から                    30 日以内に、発行会社は、             (i)  効力発生日(以下に定義する。)、
     (ii)  各本社債権者が期限前償還請求権を有していること、                           (iii)   期限前償還日(以下に定義する。)、                   (iv)
     行使手続期間および          (v)  財務代理人との協議により発行会社が関連するとみなすその他の事項について財務
     代理人に本社債権者に対する上記「公告の方法」に従った公告を行わしめる。この場合、発行会社は、直
     ちに、ただし、遅くとも財務代理人により公告が行われる                              15 日前までに、財務代理人に対してその旨およ
     びその他の関連事項を書面により通知する。
      期限前償還請求権を行使しようとする本社債権者は、行使手続期間中に、その旨を、発行会社のために
     行為する財務代理人に対してその本店において財務代理人が定める様式による書面通知(以下「行使通
     知」という。)(行使通知には、かかる通知を行う本社債権者の保有証明書(下記「摘要-                                               (2)  債務不履
     行事由-     (I)(d)   」において定義される。)を添える。)を行わなければならない。財務代理人は、行使手
     続期間の最終日が到来するまで、行使通知に示された期限前償還請求権を行使する意思表示が効力を有す
     るとはみなさない。期限前償還請求権を行使しようとする本社債権者は、本「償還の方法-                                               (4)  支配権変
     更による償還」に定める要件に従うほか、保振機構業務規程等に従い、行使手続期間の最終日までに当該
     本社債権者の口座管理機関(下記「摘要-                      (4)  支払-   (a)  」において定義される。)に対して一切の必要な
     手続をとらなければならない。
      本社債権者は、財務代理人に対してその本店において行使通知を提出した後は、少なくとも行使通知の
     対象とされた本社債と同額の本社債を保振機構が運営する社債等の振替制度において譲渡その他の処分を
     することはできず、また行使通知の提出対象となった本社債に基づくいかなる権利(ただし、当該提出時
     までに発生していた権利で、そのとき行使しうるものを除く。)も行使することはできない。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「支配権変更」は以下のいずれかの場合に発生
     する。
      (i)  発行日時点で発行会社の議決権株式(以下に定義する。)の                               50 %超を所有する者を除き、共同で行為
       する者またはグループが、              (a)  発行会社の議決権株式の             50 %超を直接的もしくは間接的に所有することと
       なる場合、      (b)  発行会社の議決権株式の            40 %超を直接的もしくは間接的に所有することとなり、かつ、そ
       の他の者もしくはグループが当該共同で行為する者もしくはグループより高い割合で発行会社の議決権
       株式を直接的もしくは間接的に所有していない場合、                            (c)  議決権株式に帰属する議決権を行使すること
       で、発行会社の株主総会における決議を実質的に決定することができるようになる場合、または                                                 (d)  発行
       会社の議決権株式を所有し、かつ、発行会社の取締役会の構成員の過半数を指名もしくは解任する権限
       を取得する場合。
      (ii)   発行日時点で発行会社の議決権株式の                    50 %超を所有する者以外の             法的主体(      下記「財務上の特約-
       (1)  担保提供制限」        において定義される。)             に対して、単独または一連の関連する取引による、発行会
       社およびその特定子会社(下記「財務上の特約-                         (1)  担保提供制限」において定義される。)全体のす
       べてまたは実質的にすべての財産または資産の直接的または間接的な売却、賃貸、移転、譲渡その他の
       処分(合併または統合による場合を除く。)を行う場合。
      本定義において、「共同で行為する」とはフランス商法典第                               L.233-10     条に規定された意味を有する。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「期限前償還日」とは、行使手続期間の最終
     日の  20 日後以降に到来する最初の利払日をいう。ただし、期限前償還請求権の行使による本社債の償還
     が、保振機構業務規程等上、利払日以外の日に可能となる場合、期限前償還日とは、本「償還の方法-                                                     (4)
     支配権変更による償還」の第1段落に基づく最初の公告が行われた日の                                     95 日後の日(かかる日が営業日で
     はない場合は、翌営業日)をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「効力発生日」とは、支配権変更の効力が生
     じる日をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「行使手続期間」とは、本「償還の方法-                                        (4)
     支配権変更による償還」の第1段落に基づき最初の公告が行われた日(その日を含む。)に開始し、当該
                                  23/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     公告が行われた日の          75 日後に終了する期間をいう。かかる                  75 日後の日が営業日ではない場合には、行使手
     続期間の最終日は翌営業日に繰延べられる。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「議決権株式」とは、発行会社の株主総会で
     議決権を行使する権利を通常有する、当該時点における発行会社のすべての種類の発行済の株式資本(下
     記「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において定義される。)をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の
     負担とする。
    (5)  本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」に別段の定めがある場合を除き、発行会社は、本社債の元

     金の全部または一部を期限前に償還または返済することができない。
    (6)  本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において本社債に関する元金または利息には、元金または

     利息に関しそれぞれ支払われるべき追加額およびプレミアムも含まれるものとみなされる。
    担保

      本社債には担保および保証は付されない。
    本社債の地位

      本社債は、発行会社の上位、無担保かつ無保証の債務を構成し、その相互の間ならびに発行会社の現在お
    よび将来のすべての無担保かつ非劣後の特定債務(下記「財務上の特約-                                      (1)  担保提供制限」において定義
    される。)の支払と同順位であり、発行会社の担保付の特定債務に事実上劣後し(当該特定債務を担保する
    資産価値を限度とする。)、発行会社の特定子会社の特定債務、負債およびコミットメント(買掛品および
    リース債務を含む。)に構造上劣後し、発行会社の現在または将来の                                    すべての     特定劣後債務(下記「財務上
    の特約-     (1)  担保提供制限」において定義される。)の支払に優先する。
    財務上の特約

    (1)  担保提供制限
      発行会社は、本社債に            未償還   残高(以下に定義する。)がある限り、その特定債務または特定債務に関
     する保証もしくは補償を担保するために、その現在または将来の事業、収益または資産の全部または一部
     に対して、同時に本社債に同一の担保権を設定することなく、いかなる抵当権、負担、質権その他の担保
     権も設定せず、または存在させないことに合意している。
      上記「本社債の地位」、本「財務上の特約-                       (1)  担保提供制限」、下記「財務上の特約-                     (2)  合併およ
     び統合」および下記「摘要-               (2)  債務不履行事由」において、「特定債務」とは、発行会社の債務であっ
     て、それぞれボンド、ノート、ディベンチャー、ディベンチャー・ストック、ローン・ストック、券面そ
     の他の証書の形式によるか、またはこれらにより表章されるものであり、いずれかの証券取引所または証
     券市場(店頭市場を含むが、これに限定されない。)において上場、                                    値付け   もしくは取引されているか、
     またはその可能性のあるものをいう。
      疑義を避けるために付言すると、特定債務には、発行会社が随時発行することのある、振替制度の下で
     取引される無券面の債務証券に基づく発行会社の債務を含むものとする。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、いずれかの法的主体の「株式資本」とは、当該
     法的主体の一切の株式、持分(パートナーシップ持分を含む。)、買取権、ワラント、オプション、パー
     ティシペーションまたは資本のその他の同等物もしくは持分(呼称を問わない。)をいい、優先株式(以
     下に定義する。)を含むが、当該資本に転換可能な負債証券は除く。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において、「債務負担」とは、設定、発行、引受け、保証の提
     供、負担その他の方法により債務を負うことをいう。ただし、ある法的主体が(合併、統合または買収に
     よるか、その他の事由によるかにかかわらず)特定子会社となった時点で存在した当該法的主体の特定債
     務は、当該法的主体が特定子会社となった時点で当該法的主体が債務負担したものとみなされる。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において、「優先株式」とは、いずれかの法的主体の株式資本
     に適用される場合、あらゆる種類の株式資本(呼称を問わない。)(フランス法に基づき発行される「優
     先株式(     actions     de  preference      )」を含む。)であって、その要項により、配当もしくは分配の支払に関
                                  24/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     し、または当該法的主体の任意もしくは非任意の清算もしくは解散に伴う財産の分配に関し、当該法的主
     体のその他の一切の種類の株式資本の株式に対し優先するものをいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「法的主体」とは、あらゆる個人、法人、パー
     トナーシップ、有限責任会社、ジョイント・ベンチャー、組合、ジョイント・ストック・カンパニー、信
     託、非法人組織、政府もしくはその一切の機関もしくは下部行政主体またはその他一切の事業体をいう。
      上記「本社債の地位」において、「特定劣後債務」とは、発行会社の特定債務(発行日現在未償還残高
     であるか、その後債務負担したかを問わない。)であって、書面による合意に従い、支払に関して本社債
     に基づく特定債務に明示的に劣後するものをいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、いずれかの特定の法的主体に関する「特定子会
     社」とは、以下のものをいう。
      (a)  一切の法人、組合、自由業実施会社(                    société     d’exercice       libéral    )その他の事業体であって、
       (偶発事象の発生にかかわらず、かつ議決権を有効に譲渡する一切の議決権行使契約または株主契約の
       効力発生後に)当該法人、組合その他の事業体の取締役、マネジャーまたは受託者の選任に係る議決権
       を付与されたその株式資本の株式議決権総数の                        50 %超が、その時点において当該法的主体もしくは当該
       法的主体の単一もしくは複数の他の特定子会社(またはその組み合わせ)によって直接的または間接的
       に保有または支配されている事業体。ただし、その時々に有効な国際財務報告基準(                                            IFRS  )における連
       結基準に基づき、法人、組合その他の事業体が当該法的主体の財務書類上連結されている場合も、その
       限りにおいて当該法人、組合その他の事業体は特定子会社とみなされる。
      (b)  一切のパートナーシップまたは有限責任会社(本定義の                              (a)  の対象となる事業体を除く。)であっ
       て、(ⅰ)その資本勘定、分配権、資本合計および議決権持分または無限責任および有限責任パート
       ナーシップ持分(適用ある場合)の                  50 %超が、当該法的主体もしくは当該法的主体の単一もしくは複数
       の他の特定子会社またはその組み合わせによって直接的または間接的に保有または支配されており(メ
       ンバーシップ、無限責任、特別または有限責任パートナーシップ持分であるか、その他の形態であるか
       否かを問わない。)、かつ(ⅱ)当該法的主体または当該法的主体の特定子会社がその支配権を有する
       無限責任パートナーであるかまたはその他の方法により当該事業体を支配している場合。
       文脈上別段の指定がある場合を除き、「特定子会社」とは、発行会社の特定子会社(直接か間接かを問
       わない。)をいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「未償還残高」とは、                                        (a)  社債要項に基づき償還
     されたもの、       (b)  償還期日が到来し、償還資金(本社債に関して償還期日までに発生するすべての経過利息
     および当該償還期日以降に支払われる利息を含む。)が機構加入者に有効に支払われたもの、                                                 (c)  無効に
     なったものまたは支払請求権が時効により消滅したもの、および                                 (d)  社債要項で定めるところにより買入消
     却されたもの以外のすべての発行済みの本社債をいう。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」に基づき本社債に担保権が設定された場合は、発行会社は、本
     「財務上の特約-         (1)  担保提供制限」および適用ある法令に従って、当該担保権の設定および対抗要件の
     具備に必要なものを含む(ただし、これらに限定されない。)一切の措置および手続をとり、またはとら
     しめるものとする。当該担保権の有効な設定および対抗要件の具備を含む当該手続が完了した場合、発行
     会社は、当該担保権が本「財務上の特約-                      (1)  担保提供制限」および適用ある法令に従って適法かつ有効
     に設定され、かつ対抗要件が具備された旨を                       本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って公告する。
     かかる担保権の設定、対抗要件の具備、維持および実行に関して発生する一切の費用(上記の公告に関す
     る費用を含む。)は、これを発行会社の負担とする。
    (2)  合併および統合

      (I)  発行会社は、単一の取引によって、または一連の取引を通じて、他の一切の法的主体と統合もしくは
       新設合併し、もしくはかかる法的主体に吸収合併され、または発行会社の財産および資産の全部もしく
       は実質的全部を他の一切の法的主体に売却、譲渡、移譲、移転、賃貸その他の方法により処分してはな
       らない。
      (II)   上記  (I)  は、以下のすべての要件を充足する場合には適用されない。
       (i)   当該統合または合併の効力発生時およびその直後において、                                (x)  発行会社が存続会社であるか、ま
        たは  (y )当該統合もしくは合併の結果新設され、もしくは存続する法的主体(発行会社以外の場
        合)、もしくは発行会社の財産および資産の全部もしくは実質的全部、もしくは連結ベースでの発行
        会社および特定子会社の財産および資産の全部もしくは実質的全部の売却、譲渡、移譲、移転、賃貸
                                  25/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        その他の処分がなされた先の法的主体(発行会社以外の場合)(以下「存続事業体」という。)が、
        (A)  フランスその他の欧州連合の加盟国、スイスまたはアメリカ合衆国もしくはその州もしくはコロン
        ビ ア特別区の法律に基づき適式に設立され、有効に存続する法人であり、かつ                                       (B)  (補完的な財務代理
        人契約に従い)本社債、社債要項および財務代理人契約に基づく発行会社の義務を、財務代理人が合
        理的に満足する形式および内容で明示的に引き受け、本社債および財務代理人契約が、補完後もその
        完全な効力を維持する場合。
       (ii)   当該統合、合併、売却、譲渡、移転、賃貸その他の処分の効力をプロフォーマ・ベースで生じさせ
        (かつ、当該取引または一連の取引に関連または起因して発生した発行会社または特定子会社の義務
        等(以下に定義する。)を、当該取引時に発行会社または特定子会社が負担したものとみなし)た直
        後において、債務不履行(以下に定義する。)または債務不履行事由(下記「摘要-                                            (2)  債務不履行
        事由」において定義される。)が発生しておらず、かつ、継続していない場合。
       (iii)   発行会社または存続事業体が、財務代理人に対し、財務代理人が合理的に満足する形式および内
        容で、正当な権限を有する発行会社の役員により作成された証明書(上記                                      (ii)  の遵守を証明する計算
        結果を添付する。)および法律顧問の意見書(それぞれ当該統合、合併、売却、譲渡、移譲、移転、
        賃貸その他の処分(および当該取引に関連して補完的な財務代理人契約が求められる場合は、当該補
        完的な財務代理人契約)が、財務代理人契約の要件を遵守すること、ならびに当該補完的な財務代理
        人契約が発行会社および/または存続事業体により適式に承認、締結および交付され、その各当事者
        の合法的かつ有効で、拘束力を有する執行可能な義務を構成することが記載されていることを要す
        る。)を交付している場合。ただし、かかる意見書の提供において当該法律顧問は、上記                                              (ii)  の遵守
        および事実関係については上記の証明書に依拠することができ、また、かかる意見書には、慣例的な
        前提条件および留保事項を記載することができるものとする。かかる法律顧問による意見書は、本
        「財務上の特約-         (2)  合併および統合」の下記             (III)   に定める統合、合併、売却、譲渡、移譲、移転、
        賃貸その他の処分においては必要とされない。かかる証明書および意見書は、翻訳証明付の日本語訳
        を添えて英文で作成するものとする。
      (III)   (A)  本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」の上記             (I)  は、特定子会社が発行会社と統合し、も
       しくは発行会社に吸収合併され、またはその資産の全部もしくは一部を発行会社に譲渡する取引(発行
       会社を存続事業体とするもの)には適用されないものとし、また、                                  (B)  本「財務上の特約-          (2)  合併およ
       び統合」の上記        (II)(ii)     は、発行会社が、         (x)  発行会社を他の法域において再設立もしくは再編成するこ
       と、もしくはその法人体制を他の事業体に変更することを目的として設立もしくは組織された発行会社
       の関係者(以下に定義する。)、または                    (y)  発行会社の特定子会社と統合もしくは新設合併し、もしくは
       それらに吸収合併され、もしくはその財産および資産の全部もしくは実質的全部をそれらに移転する場
       合には適用されないものとする(ただし、当該取引の直前の発行会社および発行会社の特定子会社のす
       べての資産(当該特定子会社の株式資本を除く。)が、当該取引の完了直後、当該特定子会社およびそ
       の特定子会社により保有されることを条件とする。)。
      (IV)   発行会社を当事者とする取引であって、本「財務上の特約-                               (2)  合併および統合」を遵守するもの
       においては、存続事業体は、財務代理人契約に基づき発行会社を承継および代替し、発行会社のすべて
       の権利および権限を行使することができる。ただし、発行会社および特定子会社の全体としての資産の
       全部または実質的全部の賃貸の場合は、承継前の発行会社は、その本社債の元本および利息の支払義務
       を免れない。
      (V)  本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」における上記の規定を遵守した当該取引の完了後、発行会
       社を代理する財務代理人は、本社債権者に対して上記「公告の方法」に従って遅滞なくその旨を公告す
       る。本「財務上の特約-             (2)  合併および統合」に定める要件の充足に関連して発生するすべての費用
       は、発行会社がこれを負担するものとする。本「財務上の特約-                                 (2)  合併および統合」に基づき財務代
       理人に交付された証明書および意見書は、財務代理人の受領後速やかに、その受領後1年が経過するま
       での期間、その本店に備え置くものとし、通常の営業時間中、本社債権者による閲覧または謄写に供さ
       れるものとする。当該謄写に要するすべての費用は、その申請者の負担とする。
      (VI)   本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、特定の法的主体の「関係者」とは、直接的も
       しくは間接的に当該特定の法的主体を支配し、もしくは当該特定の法的主体に支配され、または当該特
       定の法的主体と共通の直接的もしくは間接的支配下に置かれるその他の法的主体をいう。
                                  26/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、「義務等」とは、特定債務に関して、元本、プレ
     ミアム、利息、違約金、手数料、補償、弁済および当該特定債務を管理する文書に基づき支払われるべき
     その他の金額に係るあらゆる義務をいう。
      本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、「債務不履行」とは、現時点で債務不履行事由で
     ある、または通知もしくは時間の経過もしくはその両方により債務不履行事由となるいずれかの事由をい
     う。
    (3)  その他の条項

      該当事項なし。
    社債権者集会

      (i)  本社債のその時点での未償還総額の                  10 分の1以上にあたる本社債を保有する本社債権者が共同または単
    独で書面により社債権者集会の開催を、発行会社を代理する財務代理人に対し財務代理人の本店において請
    求する場合(かかる本社債権者は財務代理人に対し保有証明書を提示するものとする。)、または                                                   (ii)  発行
    会社が社債権者集会の開催を必要と認めて財務代理人に対し社債権者集会の開催予定日より                                               35 日前までに書
    面による通知をした場合、発行会社は本社債権者の利害に関連する事項を議題とする社債権者集会の招集を
    行う。ただし、社債要項の修正については、本社債に基づく本社債権者の権利放棄を除き、発行会社の同意
    を必要とする。
      社債権者集会が招集される場合、財務代理人は                        発行会社のために         当該社債権者集会の招集公告を当該集会
    の開催日の      21 日前までに      本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って               行い、かつ、発行会社は、財務代
    理人が発行会社のために、社債権者集会の招集および議事の進行の促進のために必要な手続をとるようにさ
    せる。
      本社債権者は当該社債権者集会において、自ら出席し、もしくは代理人を通じて、または発行会社もしく
    は発行会社を代理する財務代理人が定める規定および手続に従って、書面または(発行会社が電磁的方法に
    よる議決権の行使を許可する場合は)電磁的方法により、その議決権を行使することができる。社債権者集
    会においては、各本社債権者は当該本社債権者が保有する(その時点で未償還の)本社債の金額に応じて議
    決権を有する。ただし、本社債権者は、当該集会の開催日の7日前までに保有証明書を財務代理人に対しそ
    の本店において提示し、かつ、当該集会の開催日に当該集会において発行会社または財務代理人に対し保有
    証明書を提示しなければならず、さらに、当該本社債権者は、かかる保有証明書を(場合により)保振機構
    または当該本社債権者の関連する口座管理機関に返還するまでは、本社債の振替の申請または抹消の申請を
    することができない。発行会社は、その代表者を当該集会に出席させ、当該集会においてその意見を表明さ
    せることができる。
      当該社債権者集会の決議は、当該集会に出席し、当該集会において議決権を行使する権利を有する本社債
    権者(以下「議決権者」という。)が保有する議決権の総数の2分の1超をもってこれを行う。ただし、下
    記の事   項については特別決議           (以下に定義する。)           を要する。
      (a)  すべての本社債に関して行われる支払の猶予、不履行によって生じた責任もしくは債務の免除または
       和解(下記      (b)  に記載の事項を除く。)
      (b)  すべての本社債に関して行われる訴訟行為または破産、会社更生もしくはこれに準ずる手続に関する
       すべての行為
      (c)  社債権者集会において決議すべき事項の決定について、社債権者集会の決議により指名および授権さ
       れる本社債権者の1名もしくは複数名の代表者(ただし、いずれも(その時点で未償還の)本社債の
       総額の   1,000   分の1以上を保有する者でなければならない。)(以下「代表本社債権者」という。)ま
       たは社債権者集会の決議により指名および授権される社債権者集会の決議を執行する者(以下「決議
       執行者」という。)の選任もしくは解任、または上記の者に委託した事項の変更
      「特別決議」とは、社債権者集会において、本社債の未償還総額に係る議決権者が保有する議決権の総数
    の5分の1以上、かつ、当該集会に出席した議決権者が保有する議決権の総数の3分の2以上の賛成をもっ
    て採択される決議を意味する。
      社債権者集会において行使された議決権の数の算定上、代理人により、または書面もしくは(発行会社が
    電磁的方法による議決権の行使を許可する場合は)電磁的方法により議決権を行使した本社債権者も、これ
    に出席し、議決権を行使したものとみなされる。
                                  27/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      上記の規定にかかわらず、発行会社または本社債権者が社債権者集会の目的である事項に関して提案を
    行った場合に、すべての議決権者がかかる提案に対して書面または(発行会社が電磁的方法によるその同意
    の意思表示を認める場合は)電磁的方法によりその同意の意思表示をした場合は、かかる提案を可決する旨
    の 社債権者集会の決議があったものとみなされるものとする。本規定に従い、社債権者集会の決議があった
    ものとみなされた場合、発行会社は、財務代理人に対し、その旨および当該決議の内容を速やかに通知す
    る。
      本「社債権者集会」に従って行われた、または行われたとみなされた決議は、すべての本社債権者に対
    し、当該社債権者集会に出席したか否かを問わず、適用ある日本法が認める限度において拘束力を有し、そ
    の執行には代表本社債権者または決議執行者がこれにあたる。
      本「社債権者集会」において、発行会社またはその子会社が保有する本社債は除外され、未償還でないも
    のとみなす。
      社債権者集会は日本国東京都において開催される。
      本「社債権者集会」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    準拠法および管轄裁判所

      発行会社による本社債の発行に関する授権を除き、本社債ならびにこれに基づく本社債権者を含むすべて
    の当事者の一切の権利および義務は、すべて日本法に準拠し、日本法に従って解釈される。
      社債要項において別段の定めがある場合を除き、本社債に基づく義務の履行地は、日本国東京都とする。
      本社債もしくは社債要項から生ずるか、またはこれらに関する発行会社に対する一切の訴訟その他の裁判
    手続は、非専属的に、東京地方裁判所に対して提起することができ、発行会社は、かかる裁判所の管轄権に
    明示的、無条件かつ取消不能の形で服することに同意する。
      発行会社は、本社債もしくは社債要項から生ずるか、またはこれらに関して日本国東京都において提起さ
    れることのある一切の訴訟その他の裁判手続につき、発行会社の権限ある訴状その他の裁判上の書類の受取
    人として日本国東京都            に所在する      弁護士である黒田康之氏             を指名し、訴状その他の裁判上の書類を                     受領する
    場所として      アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業                             のその時々の住所(現住所は、                 〒 100-
    8136   日本国東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング                                        )を指定する。発行会社
    は、本社債の未償還残高が存する限りいつでも、かかる指名および指定が完全な効力を有し、それを継続す
    るのに必要な一切の行為(あらゆる書類および証書の作成および提出を含む。)をなすことに合意する。か
    かる受取人が何らかの理由により発行会社のかかる権限ある受取人として行為することが不可能な場合、発
    行会社は直ちに日本国東京都に所在のある後任の権限あるかかる受取人を指名し、かつ、かかる指名が効力
    を有するのに必要な一切の行為を行うことを約束する。発行会社は、財務代理人に対し、かかる後任の受取
    人を指名したことを速やかに通知し、その旨を速やかに公告する。
    摘要

    (1)  信用格付
    信用格付業者から付与された信用格付
      本社債に関し       て、発行会社は、格付の付与を日本国金融商品取引法(昭和                               23 年法律第     25 号、その後の改正
    を含む。)第       66 条の  27 に基づき登録された信用格付業者である株式会社日本格付研究所(登録番号:金融庁
    長官(格付)第1号)(以下「                JCR  」という。)に依頼しており、本社債の発行条件決定後にかかる格付を取
    得できる予定である。
      発行会社は、本書の日付現在、                JCR  から  A- の外貨建長期発行体格付を付与されている。
      JCR  の信用格付は、格付対象となる債務について約定通り                           履行  される確実性の程度を、等級をもって示すも
    のである。
      JCR  の信用格付は、債務履行の確実性の程度に関しての                          JCR  の現時点での総合的な意見の表明であり、当該
    確実性の程度を完全に表示しているものではない。また、                              JCR  の信用格付は、デフォルト率や損失の程度を予
    想するものではない。           JCR  の信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクなど、債務履行
    の確実性の程度以外の事項は含まれない。
      JCR  の信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動す
    る。また、      JCR  の信用格付の付与にあたり利用した情報は、                       JCR  が格付対象の発行体および正確で信頼すべき
    情報源から入手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが存在す
    る可能性がある。
                                  28/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      本社債の申込期間中に本社債に関して                      JCR  が公表する情報へのリンク先は、                   JCR  のホームページ
    ( http://www.jcr.co.jp/            )の「ニュースリリース」の右端「一覧を見る」をクリックして表示される
    「ニュー     スリリース」(        http://www.jcr.co.jp/release/                )に掲載されている。なお、システム障害等何らか
    の事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のとおりである。
      JCR  :電話番号      03-3544-7013
    (2)  債務不履行事由

      (I)  以下に掲げる各事項は、本社債に関する債務不履行事由(以下それぞれを「債務不履行事由」とい
       う。)を構成する。
       (a)  (x)  支払期日の到来した本社債の利息の支払の不履行が                           30 日間継続した場合、または              (y)  支払期日の
        到来した追加額の支払の不履行が                 30 日間継続した場合。
       (b)  償還、社債要項により要求される買戻し、期限の利益の喪失またはその他の場合における、所定償
        還日(以下に定義する。)に支払期日の到来する本社債の元金またはプレミアム(もしあれば)の支
        払を履行しない場合。
       (c)  発行会社が上記「償還の方法-                (4)  支配権変更による償還」または上記「財務上の特約-                            (2)  合併
        および統合」に基づく債務を履行しない場合。
       (d)  本社債に基づく、または本社債に関するその他の義務の履行または遵守を怠り、かつ(かかる不履
        行が治癒不可能な場合を除き(この場合、下記の継続または通知を要しない。))発行会社が本社債
        権者によるかかる不履行を特定する書面による通知(当該本社債権者は、かかる通知を行う時に、財
        務代理人の本店において、保振機構または(場合により)関連する口座管理機関により発行された当
        該本社債の保有を証する証明書(以下「保有証明書」という。)を提示しなければならない。)を財
        務代理人の本店において受領した後                  30 日間当該不履行が継続している場合。
       (e)  発行会社もしくはその特定子会社のいずれかが借り入れた(または発行会社もしくはその特定子会
        社のいずれかによりその支払が保証される)金銭に係る特定債務(現在存在するものであるか、発行
        日後に生じたものであるかを問わない。)の発生の根拠となり、かかる特定債務を被担保債務とし、
        またはかかる特定債務の発生を裏付ける抵当権、債務証書または証書に係る不履行であって、かつ、
        当該不履行が以下のいずれかに該当する場合。
        (i)   当該不履行の日付で当該特定債務に定められた猶予期間の満了前に、当該特定債務の元金が支
            払われないことにより生じたとき(以下「支払不履行」という。)。
        (ii)   当該特定債務がその所定償還日より前に期限の利益を喪失する結果となり、かつ、それぞれの
            場合において、支払不履行が発生したか、または期限の利益を喪失した他の当該特定債務の元
            金額と合わせて、当該特定債務の元金額が合計1億                           7,500   万ユーロ(またはその他の通貨での
            その相当額)以上であるとき。
       (f)  破産法(以下に定義する。)に基づき、または破産法の意義の範囲内で、発行会社またはいずれか
        の重要子会社(以下に定義する。)が以下のいずれかの行為を実行した場合。                                        (A)  自己申立の開始(任
        意管理者の選任を含む。)、               (B)  非自発的申立における自らに対する救済命令の登録への同意、                                (C)  自
        らの、またはその資産の重要な部分についてのカストディアン(以下に定義する。)の選任への同意
        (当該選任が、支払能力のある状況で、または一定の取引もしくは一連の関連する取引との関係で行
        われる場合を除く。)、または(                 D )自らの債権者の利益のために行う一般的譲渡の実施。
       (g)  発行会社またはフランス国内に設立されたいずれかの重要子会社が、(本「摘要-                                           (2)  債務不履行
        事由-   (I)  」の他の項に影響を及ぼすことなく、)                     (A)  フランス商法典第         L.631-1    条以下の意義の範囲内
        で、自らの利用可能な資産(               cessation      des  paiements     )からその支払期限の到来した債務を支払うこ
        とができない場合、または              (B)  上記に限らず、自らもしくは第三者の決定により、以下の手続の対象と
        なる場合。      (1)  任意清算もしくは解散(社債要項により許可される合併もしくは解散を除く。)、                                           (2)
        フランス商法典第         L.611-3    条以下に規定される特別代理人(                 mandataire      ad  hoc  )の選任の申請、         (3)  救
        済手続(     sauvegarde      )、促進救済手続(           sauvegarde      acceleree     )、裁判上の更正手続(             redressement
        judiciaire      )もしくは裁判上の清算手続(                 liquidation       judiciaire      )の開始、      (4)  フランス商法典第
        L.631-1    条以下および第         L.640-1    条以下に基づく破産判決(                redressement        judiciaire      もしくは
        liquidation       judiciaire      )もしくはフランス商法典第               L.642-1    条以下に基づく事業の全部もしくは一部
                                  29/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        の移転(     cession     totale    ou  partielle      de  l'entreprise       )に関する判決、または             (5)  フランス商法典
        第 L.611-4    条以下に基づく調停手続。
       (h)  正当な管轄権を有する裁判所が、破産法に基づき、以下の命令、判決または決定を行う場合。                                                (A)  非
        自発的申立において発行会社もしくはいずれかの重要子会社に対する救済を目的とするもの、                                                (B)  発行
        会社もしくはいずれかの重要子会社もしくはそれぞれの資産のいずれかの重要な部分についてカスト
        ディアンを選任するもの、または                 (C)  発行会社もしくはいずれかの重要子会社の解散もしくは清算を命
        じるもの(当該解散もしくは清算が、支払能力のある状況で、もしくは一定の取引もしくは一連の関
        連する取引との関係で行われる場合を除く。)、かつ、                             (A)  から  (C)  のいずれかにおいて、当該命令ま
        たは決定が、執行停止されることなく連続する                        60 日間有効に存続する場合。
       (i)  正当な管轄権を有する裁判所が、発行会社または重要子会社に対して、第三者である法的主体によ
        り免除、保証または付保されていない金銭の支払に関する終局判決を下す場合であって、その額(そ
        の判決が行われる前か、もしくは行われた後                       60 日以内に当該金額に関して実際に受領した保険料もし
        くは補償料の支払額、またはその判決に関する上訴が認められなかった場合は当該金額について受領
        する保険料もしくは補償料の支払額を差し引いたもの)が1億                                7,500   万ユーロ(またはその他の通貨で
        のその相当額)を超える場合。ただし、当該判決または決定が連続する                                     60 日間免除、放棄または執行
        停止されないことを条件とする。
      (II)   本社債のいずれかについていずれかの債務不履行事由が発生し、継続している場合、本社債権者
       は、財務代理人の本店において、それぞれの債務不履行事由およびそれが「期限の利益喪失通知」であ
       る旨を明記した発行会社に対する書面による通知(受領時に効力を生じる。)を行うことにより(当該
       本社債権者は、かかる通知を行う時に、財務代理人の本店において、保有証明書を提示しなければなら
       ない。)、当該本社債権者が保有する本社債およびこれに対してその時までに発生するすべての経過利
       息について期限の利益の喪失を宣言することができ、これにより当該本社債の金額および当該利息は直
       ちに支払われるものとする。ただし、これに先立って本社債に関するすべての債務不履行事由が治癒さ
       れた場合はこの限りでない。発行会社に関する上記                           「摘要-     (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (g)  に掲げる
       債務不履行事由が発生し、継続している場合は、未償還の本社債すべてに係る未払元金および経過利息
       は、その事実自体により期限の利益を喪失し、本社債権者によるいかなる宣言その他の行為をも要する
       ことなく、直ちに支払われるものとする。
      (III)   (i)  上記  「摘要-     (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (b)  ないし   (i)  に掲げる事由のいずれかが発生した場
       合、または      (ii)  時の経過、通知の付与もしくはその双方により当該事由のいずれかとなる事態が存在す
       る場合、発行会社は、直ちに(ただし、上記                       (ii)  の場合は発行会社がかかる事態を知ることとなった時
       に直ちに)、かかる事由または事態を財務代理人に通知し、その旨を本社債権者に対して上記「公告の
       方法」に従って公告する。また、上記「摘要-                        (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (a)  に掲げる事由または時
       の経過によりかかる事由となる事態が発生し、継続している場合、発行会社は直ちにかかる事由または
       事態を財務代理人に通知し、かつ、                  本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って公告する。
      (IV)   本「摘要-      (2)  債務不履行事由」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とす
       る。
      (V)  本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「破産法」とは、債務者の救済を目的とするアメリカ合
       衆国法典第      11 編または同様のアメリカ合衆国の連邦法、州法もしくはアメリカ合衆国外の法律をいい、
       また、フランス商法典第Ⅵ部第Ⅰ編から第Ⅳ編において規定される手続およびその都度の発行会社また
       は現在もしくは将来の重要子会社が組織された法域における類似の手続を含む。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「カストディアン」とは、破産法に基づく管財人、受託
       者、譲受人、清算人、保管人、任意管理者またはこれらに類似する職務を有する者(法定管理人
       ( administrateur         judiciaire      )、暫定管理人(         administrateur         provisoire      )、特別代理人
       ( mandataire      ad  hoc  )、調停人(       conciliateur       )または清算代理人(           mandataire      liquidateur      )を含
       む。)をいう。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「重要子会社」とは、以下の条件のいずれかを満たす発
       行会社の特定子会社をいう。
        (i)   当該特定子会社に対する、発行会社および発行会社のその他の特定子会社による投資および貸
            付金が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその連結対象である特定子会
            社の総資産の       10.0  %を超えていること。
                                  30/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        (ii)   当該特定子会社の総資産(会社間取引の相殺消去後)における発行会社および発行会社のその
            他の特定子会社の持分の割合が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその
            連 結対象である特定子会社の総資産の                  10.0  %を超えていること。
        (iii)   所得税、臨時項目および非支配持分に帰属する金額を除く子会社の会計原則変更による累積影
            響額の控除前の継続事業から得た収益における発行会社および発行会社のその他の特定子会社
            の持分の比率が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその連結対象である
            特定子会社の当該利益の            10.0  %を超えていること。
         ただし、発行会社の一切の特定子会社は、本来、重要子会社ではない発行会社の他のすべての特定
        子会社のうち、上記「摘要-               (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (f)  、 (g)  および/または        (h)  に記載の事由
        が発生した特定子会社がある場合には、これらと合算したうえで、上記の基準に従って重要子会社を
        構成するとみなされるものとする。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「所定償還日」とは、証券または負債に関して、当該証
       券または負債の元金の支払義務が発生する期日として当該証券または負債において指定された日をい
       う。これには、強制的償還条項(ただし、不測の事態が発生した場合に、当該証券の保有者の選択によ
       り当該証券の買戻しまたは返済を行うことができる旨を定める条項を除く。)に基づき指定された日を
       含む。
    (3)  税制上の理由による追加支払

       本社債について支払われるべき金額(元金または利息                            に関するものであるか、             その他に関する        ものであ
     る かを問わない。)はすべて、フランス共和国もしくはその下部行政主体もしくはそれらの域内の、もし
     くはそれらの課税権限を有する当局もしくは機関により、またはそれらのために賦課もしくは徴収される
     現在または将来の公租公課または政府賦課金(性質の如何を問わない。)のための                                           、またはそれらを理由
     とする   源泉徴収または控除(以下「課税控除」という。)を行うことなく支払われる。ただし、法律によ
     り、かかる課税控除が要求される場合はこの限りでない。フランス法により、いずれかの本社債に関する
     元金または利息の支払が課税控除の対象となることが要求される場合、発行会社は、その時点で法律が最
     大限認める限度において、かかる課税控除が要求されなければ本社債権者が受領したであろう金額を当該
     本社債権者が受領         できるように       追加額(以下「追加額」という。)を支払う。ただし、いずれかの本社債
     について、      (i)  単に本社債を保有していること以外にフランス共和国と何らかの関連を有していることを理
     由として、当該本社債に関してかかる課税控除に服する本社債権者もしくはかかる本社債権者を代理する
     第三者に対して支払が行われる場合、または                       (ii)(a)    フランス一般租税法第           238-0   の A 条に定められたリスト
     (かかるリストは随時改訂される。)に記載された非協力国もしくは非協力地域(                                            Etat   ou  territoire
     non  coopératif      )もしくは同法第         238  の A 条において意味する低税率の管轄区域(以下「非適格地域」とい
     う。)に所在する金融機関に本社債権者の名義で開設された口座もしくは本社債権者のために開設された
     口座に対して支払がなされること、もしくは                       (b)  非適格地域に居住する本社債権者もしくは非適格地域にお
     いて設立された本社債権者に対して支払がなされることのみを理由としてかかる課税控除が課される場合
     には、上記の追加額は支払われない。
       発行会社が、       いずれかの時点で         フランス共和国以外の、または追加的な課税管轄に一般的に服すること
     となった場合には、上記「償還の方法-                     (2)  税制上の理由による償還」および本「摘要-                       (3)  税制上の理
     由による追加支払」におけるフランス共和国の文言は、フランス共和国および/または当該他の管轄と読
     み替え、解釈されるものとする。
       本「摘要-      (3)  税制上の理由による追加支払」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の
     負担とする。
    (4)  支払

      (a)  本社債の元金および利息の支払は、支払代理人により、振替法および保振機構業務規程等に従って、
       本社債権者に対し、本社債権者が機構加入者である場合は直接、またそれ以外の場合には、本社債権者
       が本社債を記録させるために口座を開設した関連する口座管理機関(以下「口座管理機関」という。)
       を通じて、行われる。上記にかかわらず、支払代理人が、発行会社から受領した本社債の元金または利
       息の支払に必要な資金を、関連する機構加入者に配分した時点で、発行会社は、社債要項に基づくかか
       る支払義務から免責される。
                                  31/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (b)  本社債の元利金の支払期日が日本国東京都における銀行の営業日(以下「営業日」という。)ではな
       い場合、本社債権者は翌営業日まで当該支払期日に支払われるべき金額の支払を受ける権利を有せず、
       またかかる支払の繰延べに伴う追加利息その他の支払を受ける権利も有しない。
      (c)  支払期日に支払われるべき本社債の元金または利息の全額を支払代理人がかかる支払期日後に受領し
       た場合、財務代理人は、発行会社に代わって、支払代理人によるかかる金額の受領後、実務上可能な限
       り速やかに(ただし、遅くとも                14 日以内に)、       本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従ってその旨
       ならびにその支払方法および支払日の公告を行う。かかる金額の受領の時点でかかる支払方法もしくは
       支払日(またはその双方)を決定することができない場合、財務代理人はかかる金額の受領ならびに決
       定された範囲内でのかかる支払方法および/または支払日の公告を本社債権者に対して行い、後日、そ
       の決定後速やかに、かかる支払方法および/または支払日について、                                    本社債権者に対して          公告を行う。
       当該公告に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    (5)  時効

       本社債に係る消滅時効は、元金については                      10 年、利息については5年とする。
    (6)  社債原簿

       本社債の社債原簿は、発行会社に代わって財務代理人がこれを作成および管理し、その本店に備え置
     く。
    (7)  通貨の補償

       本社債の元利金または本社債に関して支払うべきその他の金額の支払を命ずる判決または命令がいずれ
     かの裁判所によりなされ、または発せられ、かかる判決または命令が日本円以外の通貨で表示されている
     場合には、かかる判決または命令に関して本社債権者がかかる通貨により受領または回収したいかなる金
     額も、日本円建で受領または回収した金額の範囲でのみ発行会社を免責するものであり、発行会社は、か
     かる本社債権者に対し、             (i)  かかる判決または命令のために、日本円で表示されている金額がかかる日本円
     以外の通貨に換算された、または換算されたものとみなされた日と                                   (ii)  かかる判決または命令(またはそ
     の一部)の履行がなされた日との間に生じた換算率の変動から生じる不足額を補填するために必要な金額
     を支払うことを約束する。適用ある法律が認める限度において、上記の約束は、発行会社の他の債務から
     別個、独立の債務を構成し、発行会社に対する別個、独立の請求原因となり、その時々の本社債権者が猶
     予したか否かを問わず適用され、いかなる判決または命令にもかかわらず継続して完全な効力を有するも
     のとする。
    (8)  本社債の社債券

       本社債の社債券(以下「本社債券」という。)は、本社債権者がその発行を請求できる振替法に規定さ
     れた例外的な場合を除き、発行されない。本社債券が発行される場合、かかる本社債券は支払期日未到来
     の利札付無記名式に限るものとし、本社債権者は本社債券の記名式への変更または分割もしくは併合を要
     求することはできない。
       本社債券が発行された場合、本社債の元利金の計算および支払の方法、本社債権者による本社債に基づ
     く権利の行使、本社債の譲渡、ならびに本社債に関するその他のすべての事項は、その時点で適用ある日
     本国の法令およびその時点の日本国の一般的な市場慣行に従うものとする。社債要項の規定とその時点で
     適用ある日本国の法令およびその時点の日本国の一般的な市場慣行との間に齟齬がある場合には、当該日
     本国の法令および市場慣行が優先するものとする。発行会社は、実務上可能な限り、上記の事項を遅滞な
     く本社債権者に対して上記「公告の方法」に従って公告するものとする。
       本社債券の発行に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    (9)  フランスの租税

       以下は、(ⅰ)日本国の税法上ならびに                     1995  年3月3日付の所得に対する租税に関する二重課税の回避
     及び脱税の防止のための日本国政府とフランス共和国政府との間の条約および                                        2007  年1月   11 日付の日仏租
     税条約を改正する議定書(以下「日仏租税条約」と総称する。)上の日本国の居住者、ならびに(ⅱ)日
     仏租税条約の恩恵を受ける資格を有する者による本社債の取得、保有および処分に関して適用されうるフ
     ランスの租税上の一定の結果に限定した一般的な記述である。
                                  32/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       かかる記述は、現在有効であり、かつフランス税務当局により適用されているフランスの税法令(これ
     らはすべて改正または異なる解釈が行われる可能性がある。)および日仏租税条約の規定に基づいてい
     る。
       以下の記述は一般的な情報であり、特定の状況下で特定の本社債権者に関連しうる、フランスの税法お
     よび日仏租税条約に基づくあらゆる税務問題を扱うことを意図していない。
     (a)  本社債の元金に対する課税
        発行会社による本社債に関する元金の支払は、フランス一般租税法第                                    125  の A 条 Ⅲ に定める源泉徴収税
       の対象とならない。
     (b)  本社債の利息に対する課税
        発行会社による本社債に関する利息その他の所得の支払は、当該支払がフランス国外で、フランス一
       般租税法第      238-0   の A 条に定める意味における非協力国もしくは非協力地域(                              Etat   ou  territoire      non
       coopératif      )(本「     (9)  フランスの租税」において、以下「非協力国」という。)(フランス一般租税
       法の同第     238-0   の A 条第2項の2の2         ° に記載されるもの(注)を除く。)においてなされない限り、フ
       ランス一般租税法第          125  の A 条Ⅲに定める源泉徴収税の対象とならない。もし本社債に基づくかかる支払
       が非協力国において行われる場合は、フランス一般租税法第                               125  の A 条Ⅲに基づき、本社債権者の税務上
       の居住地にかかわらず            75 %の源泉徴収税が適用される(ただし、以下に規定する例外規定のいくつかお
       よび日仏租税条約のより有利な規定に従う。)。
        さらに、フランス一般租税法第                238  の A 条に従い、かかる本社債に係る利息およびその他の所得は、そ
       れが(   ⅰ )非協力国(フランス一般租税法第                  238-0   の A 条第2項の2の2         ° に定めるものを含む。)にお
       いて居住し、もしくは設立された者に対して支払われ、もしくは発生した場合、または(                                              ⅱ )当該非協
       力国に所在する金融機関に開設された銀行口座に支払われた場合は、発行会社の課税所得から控除する
       ことはできない(以下「控除対象外所得」という。)。一定の条件の下では、控除できない利息および
       その他の所得はフランス一般租税法第                   109  条以下に従って、みなし配当と位置付けられることがある。そ
       の場合、かかる控除できない利息およびその他の所得は、(ⅰ)フランス税法上の居住者でない個人が
       受領する支払の場合は            12.8  %、(    ⅱ )フランス税法上の居住者でない法人が受領する支払の場合は
       25 %、または(       ⅲ )フランス国外で、非協力国(フランス一般租税法第                            238-0   の A 条第2項の2の2         ° に
       定めるものを除く。)においてなされた支払の場合には                             75 %(一部の例外および適用ある二重課税回避
       条約の規定に服する。)の税率で、フランス一般租税法第                              119  条の2の2に規定する源泉徴収税の対象と
       なることがある。
        上記にかかわらず、発行会社が、本社債の発行の主たる目的および効果が非協力国における利息その
       他の所得の支払を許容するものではないことを証明できる場合、当該支払が非協力国において住所を有
       しもしくは設立された者になされるか、またはかかる非協力国において支払がなされるということのみ
       を理由として、フランス一般租税法第                    125  の A 条Ⅲに定める       75 %の源泉徴収税または(該当する利息もし
       くはその他の所得が真正な取引に関連するものであり、異常なもしくは過大な金額でない場合に限り)
       フランス一般租税法第           238  の A 条に規定される控除対象外所得およびこれに伴うフランス一般租税法第                                    119
       条の2の2に規定する源泉徴収税のいずれも、本社債の発行について適用されない(以下「例外規定」
       という。)。本社債が下記のいずれかに該当する場合、フランス税務当局により発出された通達(                                                   BOI-
       INT-DG-20-50-30-14/06/2022               第 150  号および     BOI-INT-DG-20-50-20-06/06/2023                 第 290  号)に従い、本社債
       の発行は、発行会社が本社債発行の目的および効果の証明を要することなく、例外規定の恩恵を受ける
       ことになる。
        ( ⅰ ) 本社債の募集が、フランス通貨金融法典第                      L.411-1    条に定める意味における公募により、または非
       協力国以外の国における同等の募集に従って行われる場合。ここにおいて「同等の募集」とは、国外の
       証券市場当局によるまたはこれに対する募集に係る書類の登録または提出を要する募集をいう。
        ( ⅱ ) 本社債が規制市場またはフランス共和国内もしくは国外の多角的証券取引システムにおいて取引
       されることが認められている場合。ただし、かかる市場またはシステムが非協力国に存在するものでは
       なく、かかる市場の運営が市場オペレーターもしくは投資サービス提供業者またはその他国外の類似の
       事業体により行われており、さらに、かかる市場オペレーター、投資サービス提供業者または事業体が
       非協力国に存在するものではない場合に限る。
        ( ⅲ ) 本社債についてその発行時に、(フランス通貨金融法典第                              L.561-2    条に定める意味における)中央
       預託機関、証券決済および受渡・支払システム・オペレーターまたは1社以上の国外の類似の預託機関
                                  33/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       もしくはオペレーター(ただし、かかる預託機関もしくはオペレーターが非協力国に存在するものでは
       ない場合に限る。)の決済業務が認められた場合。
       ( 注 ) フランス一般租税法第           238-0   の A 条に記載される非協力国の一覧は、原則的に毎年、政令によって更
          新される。フランスの一覧は、直近では                     2023  年2月3日付命令により更新されており、当該時点
          では英領ヴァージン諸島、アンギラ、パナマ、セーシェル共和国、バハマ国、タークス・カイコ
          ス諸島、バヌアツ共和国、フィジー共和国、グアム、米領ヴァージン諸島、パラオ共和国、米領
          サモア、サモア独立国およびトリニダード・トバゴ共和国が含まれている。
     (c)  譲渡所得税
        日仏租税条約に従って、日本の本社債権者が保有する本社債の売却または処分から得る利益は、フラ
       ンスの租税に服さない。
    (10)   日本国の租税

       この概要は、本社債を取得、保有または処分することに関連する可能性のある日本国の租税の留意事項
     のすべてを網羅的に記載したものではない。この概要は、本書の日付現在において有効な法令に基づいて
     おり、したがって、当該日以降に効力を生じる法令の変更により影響を受ける可能性がある。投資を検討
     する者は、いずれの場合においても、本社債に関する課税上の結果について自身の税務顧問に相談すべき
     である。本社債に投資した場合の日本国における課税上の取扱いは、現在以下のとおりである。
       本社債の利息は、日本の現行税法の定めるところにより、一般に利子所得として課税される。日本国の
     居住者および内国法人が支払を受ける本社債の利息は、日本の現行税法の定めるところにより、                                                 15 %の国
     税である所得税(居住者の場合は、他に地方税5%)の源泉徴収税が課される。ただし、                                              2013  年1月1日
     から  2037  年 12 月 31 日までの期間に行われる所得税を源泉徴収することとされている支払(下記に述べる譲
     渡損益に係る支払を含む。)については復興特別所得税の対象となるため、                                       15 %の所得税率に基づく所得
     税額に   2.1  %の税率による復興特別所得税が課される。なお、日本国の居住者が支払を受ける本社債の利息
     については、上記の所得税              15 %、復興特別所得税(所得税額の                 2.1  %)および地方税5%の税率による申告
     分離課税の対象となる。ただし、申告不要制度の適用を選択することも可能であり、その場合は日本国の
     居住者の利子所得に係る課税関係は源泉徴収によって完了する。
       内国法人の場合は、本社債の利息はその課税所得に算入され、法人税の対象となるが、当該源泉徴収税
     額を一定の制限のもとで法人税から控除することができる。
       日本国の居住者に係る本社債の譲渡損益(本社債の償還等により支払を受ける金額については本社債の
     譲渡損益とみなされる。)については、上記の所得税、復興特別所得税および地方税の税率による申告分
     離課税の対象となる。ただし、かかる譲渡損益については、源泉徴収選択口座内で取引する場合は申告不
     要制度の適用を選択することも可能であり、その場合は課税関係は源泉徴収によって完了する。また、本
     社債に係る譲渡損益および利子所得は、一定の条件のもとにこれらの所得間ならびに一定の他の有価証券
     に係る譲渡損益および利子・配当所得との損益通算および(本社債の譲渡損失の金額のうちその年に損益
     通算をしても控除しきれない金額については)3年間の繰越控除が認められる。
       内国法人の場合は、本社債の譲渡損益および償還等に係る差損益は、法人税の課税所得の計算に算入さ
     れる。
       本社債の利息および償還差益ならびに本社債の譲渡により生ずる所得で、日本国に恒久的施設を有しな
     い日本国の非居住者および外国法人に帰属するものは、日本国の租税は課されない。
                                  34/1067






                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    <フォルヴィア・エス・イー第3回円貨社債(                        2023  )>
      以下は、     発行会社が発行するフォルヴィア・エス・イー第3回円貨社債(                                  2023  )(以下「本社債」とい

    う。)についての記載である。別段の記載がある場合を除き、<フォルヴィア・エス・イー第3回円貨社債
    ( 2023  )>で定義された用語は、当該項目に記載された用語を指す。                                「 未定  」または「予定」と示された本
    社債の条件は、        2023  年 12 月上旬   頃に決定される予定である。
       銘  柄               フォルヴィア・エス・イー第3回円貨社債(                       2023  ) ( 注1  )

                                  券面総額又は

     記名・無記名の別                該当なし                        50 億円(予定)       ( 注2  )
                                 振替社債の総額
      各社債の金額                1億円            発行価額の総額            50 億円(予定)       ( 注2  )

                                                 (未定)

                                           (年(未定)%~(未定)%を

       発行価格        各社債の金額       100  円につき     100  円    利率(%)
                                              仮条件とする。)
                                                 ( 注3  )

                毎年6月     15 日および     12 月 15 日

        利払日                           償還期限          2027  年 12 月 15 日 ( 注5  )
                      ( 注4  )
       募集の方法              一般募集              申込証拠金              な  し

                                            2023  年 12 月 15 日  ( 以下「発行

                 2023  年 12 月8日    ( 注6  )
       申込期間                            払込期日
                                             日」ともいう。        ) ( 注7  )
      申込取扱場所                  別項記載の各引受人の日本国内の本店および各支店

    ( 注1  ) 本社債には日本国の社債、株式等の振替に関する法律(平成                                13 年法律第     75 号。その後の改正を含
        む。)(以下「振替法」という。)が適用され、本社債の譲渡および本社債に関連するその他の事項
        については、振替法および保振機構(下記「振替機関」において定義される。)が随時定める社債等
        の振替に関する業務規程ならびにその他の規則およびガイドライン(以下「保振機構業務規程等」と
        いう。)に従って取り扱われる。
    ( 注2  ) 上記の振替社債の総額および発行価額の総額は、                         2023  年 12 月上旬頃に提示される予定の仮条件に基づ
        き本社債の需要状況把握のために行われるブック・ビルディングの結果を勘案したうえで、本社債の
        条件決定日に決定される。最終的に決定され、有価証券届出書の訂正届出書に記載される振替社債の
        総額および発行価額の総額は、上記の各総額と大きく相違する可能性がある。
    ( 注3  ) 利率は、     2023  年 12 月上旬頃に提示される予定の仮条件に基づき需要状況を勘案したうえで、                                      2023  年 12
        月上旬頃に決定される予定である。
    ( 注4  ) 各利払日は、払込期日の変更に伴い変更される可能性がある。
    ( 注5  ) 償還期限は、払込期日の変更に伴い変更される可能性がある。
    ( 注6  ) 申込期間は、需要状況を勘案したうえで、最大1週間の範囲で繰り上げまたは繰り下げられる可能性
        がある。
    ( 注7  ) 払込期日は、申込期間の変更に伴い変更される可能性がある。
                                  35/1067




                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    振替機関
               名  称                           住  所

          株式会社証券保管振替機構

                                    東京都中央区日本橋兜町7番1号
        (以下「保振機構」という。)                ( 注 )
    ( 注 ) 本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、保振機構には、主務大臣が振替法に従って指定
       する後継の振替機関が含まれるものとみなされる。
    公告の方法

      社債要項(      下記「財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務」において                                  定義される。)に基づき義
    務付けられる、または本社債に関する一切の公告は、日本国の官報(もし可能であれば)ならびに東京都お
    よび大阪市において発行される時事に関する事項を掲載する日本語の日刊新聞紙上に各1回これを行う。本
    社債の社債権者(以下「本社債権者」という。)の各々に対する直接の通知はこれを要しない。発行会社が
    行うべき当該公告は、発行会社の請求があった場合に、発行会社の費用負担により、発行会社                                                を代理する      財
    務代理人(      下記「財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務」において                                   定義される。)がこれを行う
    ものとする。
    引受人

        元引受契約を締結する金融商品取引業者
                                    引受金額
        (以下「共同主        幹事会社     」と総称する。)
                                                元引受けの条件
                                   (百万円)
         会 社 名               住  所
     三菱UFJモルガン・               東京都千代田区大手町             共同主    幹事会社が連        本社債の発行総額は、発行
                    一丁目9番2号             帯して本社債の発行            会社と共同主       幹事会社     との
     スタンレー証券株式会社
                                 総額を引受けるの            間で   202  3 年 12 月8日(予
                                 で、個々の      共同主    幹  定)に調     印される元引受契
                                 事会社の引受金額は            約に従い共同主        幹事会社に
     SMBC日興証券株式会社               東京都千代田区丸の内
                                 ない。            より連帯して買取引受けさ
                    三丁目3番1号
                                            れ、一般に募集される。左
                                            記以外の元引受けの条件は
                                            未定であるが、本社債の条
                                            件決定日に、発行条件とと
                                            もに決定される予定であ
                 合 計                  5,000   (予定)
                                            る。
    財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務

      本社債について社債の管理会社は設置されない。
       財務代理人・発行代理人兼支払代理人の名称                                    住  所

             株式会社みずほ銀行                       東京都千代田区大手町一丁目5番5号

      本社債に関する発行会社の財務代理人・発行代理人兼支払代理人(以下「財務代理人」という。文脈上別

    意に解すべき場合を除き、「財務代理人」の用語はこれらすべての資格で行為する代理人を意味する。)
    は、株式会社みずほ銀行とする。
    (1)  委託の条件

      財務代理人は、本社債の要項(以下「社債要項」という。)、発行会社および財務代理人間の                                                 2023  年 12
     月8日付(予定)の財務および発行・支払代理契約証書(以下「財務代理契約」という。)、振替法なら
     びに保振機構業務規程等に定める義務を履行し、職務を行う。
                                  36/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (2)  財務代理人の職務の内容
      (a)  財務代理人は、発行会社のためにのみその職務を行い、本社債権者に対していかなる義務も負わず、
       また、本社債権者との間で代理または信託の関係を有しない。社債要項が添付された財務代理契約の写
       しは、本社債の償還期日後1年が経過するまでの間、財務代理人の本店に備え置かれ、財務代理人の通
       常の営業時間に本社債権者の閲覧または謄写に供される。謄写に要する一切の費用はこれを請求する者
       の負担とする。
      (b)  本社債については、社債の管理会社は設置されない。
      (c)  発行会社は、財務代理人の任命を変更または終了することができる。ただし、財務代理人は、後任の
       財務代理人・発行代理人兼支払代理人が有効に任命されるまで(ただし、かかる後任の財務代理人・発
       行代理人兼支払代理人が保振機構業務規程等に従って発行代理人および支払代理人として行為する資格
       を有していることを条件とする。)在職する。かかる場合、発行会社は、財務代理人の変更を事前に                                                    本
       社債権者に対して         上記「公告の方法」に従って公告する。
      (d)  保振機構が発行会社に対し、財務代理人の発行代理人または支払代理人としての指定を取消す旨の通
       知を行った場合には、発行会社は、遅滞なく後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人を選任し(た
       だし、かかる後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人が保振機構業務規程等に従って発行代理人お
       よび支払代理人として行為する資格を有していることを条件とする。)、その旨を                                          本社債権者に対して
       上記「公告の方法」に従って公告する。
      (e)  上記  (c)  または   (d)  に従って発行会社が後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人を任命した場合に
       は、後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人は、かかる任命が有効とされる日をもって、前任の財
       務代理人の地位を承継し、前任の財務代理人と代替し、社債要項、財務代理契約および保振機構業務規
       程等に定める財務代理人の義務を履行し、職務を行う。
    利息支払の方法

    (1)  本社債の利息は、上記「利率」に定める利率(以下「本利率」という。)で、                                        2023  年 12 月 16 日(その日
     を含む。)から        2027  年 12 月 15 日(その日を含む。)(ただし、下記「利息支払の方法-                              (2)  」に従う。)ま
     でこれを付し、毎年6月             15 日および     12 月 15 日の2回、各々その日(その日を含む。)までの6か月分を日
     本円で後払いする。本「利息支払の方法」において定められた各利払いの日を、以下「利払日」という。
      6か月以外の期間の利息については、かかる期間中の実日数について、1年                                       365  日の日割計算により支払
     われる。
      各本社債権者に支払われる利息の総額は、保振機構業務規程等に従って計算される。
    (2)  本社債の利息は、償還期日(その日を含まない。)後はこれを付さない。ただし、発行会社が償還期日

     に社債要項に従った本社債の償還を怠ったときは、かかる未償還の本社債の元金額について償還期日(そ
     の日を含まない。)からかかる本社債の償還が実際に行われた日(その日を含む。)までの期間中の実日
     数につき、1年        365  日の日割計算により、本利率により経過利息が日本円で支払われる。ただし、その期間
     は、(保振機構業務規程等における支払代理人の資格において行為する)財務代理人(以下「支払代理
     人」という。)が、自己が受領した本社債全額の償還のために必要な資金を、本社債の振替を行うため保
     振機構に口座を開設している関連する機構加入者(以下「機構加入者」という。)に配分した日を超えな
     い。また、保振機構業務規程等のもとでかかる支払期日後の配分ができない場合、かかる期間は財務代理
     人が下記「摘要-         (4)  支払-   (c)  」の規定に従い最終の公告を行った日以後                      14 日間を超えない。
    償還の方法

    (1)  満期償還
      本社債は、期限前に償還され、または買入消却されていない限り、                                   2027  年 12 月 15 日に本社債の金額と等
     しい金額で償還される。
    (2)  税制上の理由による償還

      (I)  発行日(関連課税管轄(以下に定義する。)が発行日より後に関連課税管轄                                       に該当することに         なった
       場合には、当該関連課税管轄が関連課税管轄となった日)以後に公表され、もしくは有効となる                                                 (i)  フラ
       ンス共和国もしくはその下部行政主体もしくはそれらの域内の、もしくはそれらの課税権限を有する当
       局(以下それぞれを「関連課税管轄」という。)の法律(当該法律に基づき発布される規則もしくは裁
                                  37/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       定を含む。)もしくは関連課税管轄に適用ある条約の変更もしくは改正、または                                          (ii)  かかる法律、条
       約、規則もしくは裁定(管轄裁判所の判決を含む。)の適用もしくは解釈に関する公権的見解の変更も
       し くは改正の結果、発行会社が下記「摘要-                      (3)  税制上の理由による追加支払」に従い、次回の利払日
       に追加額(下記「摘要-             (3)  税制上の理由による追加支払」において定義される。)の支払義務を負っ
       た場合または負うことになる場合であって、発行会社が、そのとり得る合理的な手段をとることによっ
       てもかかる義務を回避できない場合、本社債は、以下に記載する事前の償還の公告を                                            本社債権者に対し
       行うことにより、その全部(一部は不可)を本社債の元金額の                                100  %に償還期日(その日を含む。)まで
       の経過利息を付して、発行会社の選択によりいつでも償還することができる。
        前段落に従い償還の公告を              本社債権者に対して          行うに先立ち、発行会社は財務代理人に対し、発行会
       社がかかる償還を行う権利があり、かつかかる償還を行うことを選択した旨および発行会社が償還を行
       う権利の前提条件が成就したことを示す事実を本社債の償還予定期日とともに記載した、発行会社の権
       限ある役員が署名した証明書、および発行会社が前段落に記載される変更または改正の結果、当該追加
       額の支払義務を負っている旨または負うこととなる旨の定評ある独立の法律顧問による意見書を提出し
       なければならない。かかる証明書および意見書は英文で作成されるものとする。
      (II)   発行会社が下記「摘要-             (3)  税制上の理由による追加支払」に基づき追加額の支払義務を負うこと
       となったが、フランスの税務に関して定評ある独立の法律顧問の意見によれば、発行会社がフランス法
       上、当該追加額の全部または一部の支払を禁じられる場合、発行会社は、財務代理人に対し、発行会社
       が当該追加額の支払義務を負うにもかかわらず、フランス法上当該追加額の支払を禁じられる旨および
       本社債の償還予定期日を記載した書面による通知をした上で、実務上可能な限り速やかに、ただし、                                                   (i)
       発行会社に当該追加額の支払義務を生ぜしめる事由の発生日または                                   (ii)  当該フランス法が有効となる日
       のいずれか遅い方から            40 日目の日以前に、以下に記載する事前の償還の公告を                            本社債権者に対し         行うこ
       とにより、本社債の全部(一部は不可)を本社債の元金額の                               100  %で償還期日(その日を含む。)までの
       経過利息を付して(ただし、適用あるフランス法に従い)償還する。かかる通知には、発行会社が追加
       額の支払義務を負うこととなり、かつその支払がフランス法上禁じられている旨ならびにかかる禁止お
       よび償還の義務の原因となった事実および事情を合理的な範囲で詳細に(償還予定期日とともに)記載
       し、発行会社の権限ある役員が署名した証明書、ならびにフランスの税務に関して定評ある独立の法律
       顧問のかかる旨を確認する意見書を添付しなければならない。かかる証明書および意見書は英文で作成
       されるものとする。
       本「償還の方法-         (2)  税制上の理由による償還」に基づいて提供される証明書および意見書は、財務代
     理人が受領後速やかに、かつ本社債の償還期日後1か月が経過するまでの間、その本店に備え置かれ、財
     務代理人の通常の営業時間に本社債権者の閲覧または謄写に供される。謄写に要する一切の費用はこれを
     請求する者の負担とする。
       発行会社は、本「償還の方法-                (2)  税制上の理由による償還」に基づいて財務代理人に対して行ういか
     なる通知も償還予定期日の              30 日前までに行い、かかる償還予定期日の                     14 日前までにこれを         本社債権者に対
     して  上記「公告の方法」に従って公告する。当該償還予定期日は営業日(下記「摘要-                                          (4)  支払-   (b)  」に
     おいて定義される。)であるものとし、財務代理人に対する当該通知および                                       本社債権者に対する          公告は取
     消不能とする。
       本「償還の方法-         (2)  税制上の理由による償還」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社
     の負担とする(ただし、上記に別段の定めがある場合を除く。)。
    (3)  買入消却

      発行会社は、公開の市場等においていかなる価格でも本社債を随時買入れることができ、買入れた本社
     債 を保有、転売または消却することができる。ただし、適用ある法令に別段の定めがある場合はこの限り
     でなく、また       保振機構業務規程等の規定に従                わ なければならない。
    (4)  支配権変更による償還

      支配権変更(以下に定義する。)が生じた場合、各本社債権者は、発行会社に対して当該本社債権者が
     保有する本社債の全部または一部を本社債の元金額の                           101  %に相当する償還価格で(償還期日までの未払の
     経過利息(追加額を含む。)(もしあれば)を付して)償還するよう請求する権利(以下「期限前償還請
     求権」という。)を有する。ただし、本社債について各社債の金額の一部に係る権利の行使はできないも
     のとする。また、かかる権利の行使は行使手続期間(以下に定義する。)の最終日に効力が発生するもの
                                  38/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     とみなされる。支配権変更の発生から                    30 日以内に、発行会社は、             (i)  効力発生日(以下に定義する。)、
     (ii)  各本社債権者が期限前償還請求権を有していること、                           (iii)   期限前償還日(以下に定義する。)、                   (iv)
     行 使手続期間および         (v)  財務代理人との協議により発行会社が関連するとみなすその他の事項について財務
     代理人に本社債権者に対する上記「公告の方法」に従った公告を行わしめる。この場合、発行会社は、直
     ちに、ただし、遅くとも財務代理人により公告が行われる                              15 日前までに、財務代理人に対してその旨およ
     びその他の関連事項を書面により通知する。
      期限前償還請求権を行使しようとする本社債権者は、行使手続期間中に、その旨を、発行会社のために
     行為する財務代理人に対してその本店において財務代理人が定める様式による書面通知(以下「行使通
     知」という。)(行使通知には、かかる通知を行う本社債権者の保有証明書(下記「摘要-                                               (2)  債務不履
     行事由-     (I)(d)   」において定義される。)を添える。)を行わなければならない。財務代理人は、行使手
     続期間の最終日が到来するまで、行使通知に示された期限前償還請求権を行使する意思表示が効力を有す
     るとはみなさない。期限前償還請求権を行使しようとする本社債権者は、本「償還の方法-                                               (4)  支配権変
     更による償還」に定める要件に従うほか、保振機構業務規程等に従い、行使手続期間の最終日までに当該
     本社債権者の口座管理機関(下記「摘要-                      (4)  支払-   (a)  」において定義される。)に対して一切の必要な
     手続をとらなければならない。
      本社債権者は、財務代理人に対してその本店において行使通知を提出した後は、少なくとも行使通知の
     対象とされた本社債と同額の本社債を保振機構が運営する社債等の振替制度において譲渡その他の処分を
     することはできず、また行使通知の提出対象となった本社債に基づくいかなる権利(ただし、当該提出時
     までに発生していた権利で、そのとき行使しうるものを除く。)も行使することはできない。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「支配権変更」は以下のいずれかの場合に発生
     する。
      (i)  発行日時点で発行会社の議決権株式(以下に定義する。)の                               50 %超を所有する者を除き、共同で行為
       する者またはグループが、              (a)  発行会社の議決権株式の             50 %超を直接的もしくは間接的に所有することと
       なる場合、      (b)  発行会社の議決権株式の            40 %超を直接的もしくは間接的に所有することとなり、かつ、そ
       の他の者もしくはグループが当該共同で行為する者もしくはグループより高い割合で発行会社の議決権
       株式を直接的もしくは間接的に所有していない場合、                            (c)  議決権株式に帰属する議決権を行使すること
       で、発行会社の株主総会における決議を実質的に決定することができるようになる場合、または                                                 (d)  発行
       会社の議決権株式を所有し、かつ、発行会社の取締役会の構成員の過半数を指名もしくは解任する権限
       を取得する場合。
      (ii)   発行日時点で発行会社の議決権株式の                    50 %超を所有する者以外の法的主体(下記「財務上の特約-
       (1)  担保提供制限」において定義される。)に対して、単独または一連の関連する取引による、発行会
       社およびその特定子会社(下記「財務上の特約-                         (1)  担保提供制限」において定義される。)全体のす
       べてまたは実質的にすべての財産または資産の直接的または間接的な売却、賃貸、移転、譲渡その他の
       処分(合併または統合による場合を除く。)を行う場合。
      本定義において、「共同で行為する」とはフランス商法典第                               L.233-10     条に規定された意味を有する。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「期限前償還日」とは、行使手続期間の最終
     日の  20 日後以降に到来する最初の利払日をいう。ただし、期限前償還請求権の行使による本社債の償還
     が、保振機構業務規程等上、利払日以外の日に可能となる場合、期限前償還日とは、本「償還の方法-                                                     (4)
     支配権変更による償還」の第1段落に基づく最初の公告が行われた日の                                     95 日後の日(かかる日が営業日で
     はない場合は、翌営業日)をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「効力発生日」とは、支配権変更の効力が生
     じる日をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「行使手続期間」とは、本「償還の方法-                                        (4)
     支配権変更による償還」の第1段落に基づき最初の公告が行われた日(その日を含む。)に開始し、当該
     公告が行われた日の          75 日後に終了する期間をいう。かかる                  75 日後の日が営業日ではない場合には、行使手
     続期間の最終日は翌営業日に繰延べられる。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「議決権株式」とは、発行会社の株主総会で
     議決権を行使する権利を通常有する、当該時点における発行会社のすべての種類の発行済の株式資本(下
     記「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において定義される。)をいう。
                                  39/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の
     負担とする。
    (5)  本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」に別段の定めがある場合を除き、発行会社は、本社債の元

     金の全部または一部を期限前に償還または返済することができない。
    (6)  本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において本社債に関する元金または利息には、元金または

     利息に関しそれぞれ支払われるべき追加額およびプレミアムも含まれるものとみなされる。
    担保

      本社債には担保および保証は付されない。
    本社債の地位

      本社債は、発行会社の上位、無担保かつ無保証の債務を構成し、その相互の間ならびに発行会社の現在お
    よび将来のすべての無担保かつ非劣後の特定債務(下記「財務上の特約-                                      (1)  担保提供制限」において定義
    される。)の支払と同順位であり、発行会社の担保付の特定債務に事実上劣後し(当該特定債務を担保する
    資産価値を限度とする。)、発行会社の特定子会社の特定債務、負債およびコミットメント(買掛品および
    リース債務を含む。)に構造上劣後し、発行会社の現在または将来の                                    すべての     特定劣後債務(下記「財務上
    の特約-     (1)  担保提供制限」において定義される。)の支払に優先する。
    財務上の特約

    (1)  担保提供制限
      発行会社は、本社債に            未償還   残高(以下に定義する。)がある限り、その特定債務または特定債務に関
     する保証もしくは補償を担保するために、その現在または将来の事業、収益または資産の全部または一部
     に対して、同時に本社債に同一の担保権を設定することなく、いかなる抵当権、負担、質権その他の担保
     権も設定せず、または存在させないことに合意している。
      上記「本社債の地位」、本「財務上の特約-                       (1)  担保提供制限」、下記「財務上の特約-                     (2)  合併およ
     び統合」および下記「摘要-               (2)  債務不履行事由」において、「特定債務」とは、発行会社の債務であっ
     て、それぞれボンド、ノート、ディベンチャー、ディベンチャー・ストック、ローン・ストック、券面そ
     の他の証書の形式によるか、またはこれらにより表章されるものであり、いずれかの証券取引所または証
     券市場(店頭市場を含むが、これに限定されない。)において上場、                                    値付け   もしくは取引されているか、
     またはその可能性のあるものをいう。
      疑義を避けるために付言すると、特定債務には、発行会社が随時発行することのある、振替制度の下で
     取引される無券面の債務証券に基づく発行会社の債務を含むものとする。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、いずれかの法的主体の「株式資本」とは、当該
     法的主体の一切の株式、持分(パートナーシップ持分を含む。)、買取権、ワラント、オプション、パー
     ティシペーションまたは資本のその他の同等物もしくは持分(呼称を問わない。)をいい、優先株式(以
     下に定義する。)を含むが、当該資本に転換可能な負債証券は除く。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において、「債務負担」とは、設定、発行、引受け、保証の提
     供、負担その他の方法により債務を負うことをいう。ただし、ある法的主体が(合併、統合または買収に
     よるか、その他の事由によるかにかかわらず)特定子会社となった時点で存在した当該法的主体の特定債
     務は、当該法的主体が特定子会社となった時点で当該法的主体が債務負担したものとみなされる。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において、「優先株式」とは、いずれかの法的主体の株式資本
     に適用される場合、あらゆる種類の株式資本(呼称を問わない。)(フランス法に基づき発行される「優
     先株式(     actions     de  preference      )」を含む。)であって、その要項により、配当もしくは分配の支払に関
     し、または当該法的主体の任意もしくは非任意の清算もしくは解散に伴う財産の分配に関し、当該法的主
     体のその他の一切の種類の株式資本の株式に対し優先するものをいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「法的主体」とは、あらゆる個人、法人、パー
     トナーシップ、有限責任会社、ジョイント・ベンチャー、組合、ジョイント・ストック・カンパニー、信
     託、非法人組織、政府もしくはその一切の機関もしくは下部行政主体またはその他一切の事業体をいう。
                                  40/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      上記「本社債の地位」において、「特定劣後債務」とは、発行会社の特定債務(発行日現在未償還残高
     であるか、その後債務負担したかを問わない。)であって、書面による合意に従い、支払に関して本社債
     に基づく特定債務に明示的に劣後するものをいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、いずれかの特定の法的主体に関する「特定子会
     社」とは、以下のものをいう。
      (a)  一切の法人、組合、自由業実施会社(                    société     d’exercice       libéral    )その他の事業体であって、
       (偶発事象の発生にかかわらず、かつ議決権を有効に譲渡する一切の議決権行使契約または株主契約の
       効力発生後に)当該法人、組合その他の事業体の取締役、マネジャーまたは受託者の選任に係る議決権
       を付与されたその株式資本の株式議決権総数の                        50 %超が、その時点において当該法的主体もしくは当該
       法的主体の単一もしくは複数の他の特定子会社(またはその組み合わせ)によって直接的または間接的
       に保有または支配されている事業体。ただし、その時々に有効な国際財務報告基準(                                            IFRS  )における連
       結基準に基づき、法人、組合その他の事業体が当該法的主体の財務書類上連結されている場合も、その
       限りにおいて当該法人、組合その他の事業体は特定子会社とみなされる。
      (b)  一切のパートナーシップまたは有限責任会社(本定義の                              (a)  の対象となる事業体を除く。)であっ
       て、(ⅰ)その資本勘定、分配権、資本合計および議決権持分または無限責任および有限責任パート
       ナーシップ持分(適用ある場合)の                  50 %超が、当該法的主体もしくは当該法的主体の単一もしくは複数
       の他の特定子会社またはその組み合わせによって直接的または間接的に保有または支配されており(メ
       ンバーシップ、無限責任、特別または有限責任パートナーシップ持分であるか、その他の形態であるか
       否かを問わない。)、かつ(ⅱ)当該法的主体または当該法的主体の特定子会社がその支配権を有する
       無限責任パートナーであるかまたはその他の方法により当該事業体を支配している場合。
       文脈上別段の指定がある場合を除き、「特定子会社」とは、発行会社の特定子会社(直接か間接かを問
       わない。)をいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「未償還残高」とは、                                        (a)  社債要項に基づき償還
     されたもの、       (b)  償還期日が到来し、償還資金(本社債に関して償還期日までに発生するすべての経過利息
     および当該償還期日以降に支払われる利息を含む。)が機構加入者に有効に支払われたもの、                                                 (c)  無効に
     なったものまたは支払請求権が時効により消滅したもの、および                                 (d)  社債要項で定めるところにより買入消
     却されたもの以外のすべての発行済みの本社債をいう。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」に基づき本社債に担保権が設定された場合は、発行会社は、本
     「財務上の特約-         (1)  担保提供制限」および適用ある法令に従って、当該担保権の設定および対抗要件の
     具備に必要なものを含む(ただし、これらに限定されない。)一切の措置および手続をとり、またはとら
     しめるものとする。当該担保権の有効な設定および対抗要件の具備を含む当該手続が完了した場合、発行
     会社は、当該担保権が本「財務上の特約-                      (1)  担保提供制限」および適用ある法令に従って適法かつ有効
     に設定され、かつ対抗要件が具備された旨を                       本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って公告する。
     かかる担保権の設定、対抗要件の具備、維持および実行に関して発生する一切の費用(上記の公告に関す
     る費用を含む。)は、これを発行会社の負担とする。
    (2)  合併および統合

      (I)  発行会社は、単一の取引によって、または一連の取引を通じて、他の一切の法的主体と統合もしくは
       新設合併し、もしくはかかる法的主体に吸収合併され、または発行会社の財産および資産の全部もしく
       は実質的全部を他の一切の法的主体に売却、譲渡、移譲、移転、賃貸その他の方法により処分してはな
       らない。
      (II)   上記  (I)  は、以下のすべての要件を充足する場合には適用されない。
       (i)   当該統合または合併の効力発生時およびその直後において、                                (x)  発行会社が存続会社であるか、ま
        たは  (y )当該統合もしくは合併の結果新設され、もしくは存続する法的主体(発行会社以外の場
        合)、もしくは発行会社の財産および資産の全部もしくは実質的全部、もしくは連結ベースでの発行
        会社および特定子会社の財産および資産の全部もしくは実質的全部の売却、譲渡、移譲、移転、賃貸
        その他の処分がなされた先の法的主体(発行会社以外の場合)(以下「存続事業体」という。)が、
        (A)  フランスその他の欧州連合の加盟国、スイスまたはアメリカ合衆国もしくはその州もしくはコロン
        ビア特別区の法律に基づき適式に設立され、有効に存続する法人であり、かつ                                        (B)  (補完的な財務代理
        人契約に従い)本社債、社債要項および財務代理人契約に基づく発行会社の義務を、財務代理人が合
                                  41/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        理的に満足する形式および内容で明示的に引き受け、本社債および財務代理人契約が、補完後もその
        完全な効力を維持する場合。
       (ii)   当該統合、合併、売却、譲渡、移転、賃貸その他の処分の効力をプロフォーマ・ベースで生じさせ
        (かつ、当該取引または一連の取引に関連または起因して発生した発行会社または特定子会社の義務
        等(以下に定義する。)を、当該取引時に発行会社または特定子会社が負担したものとみなし)た直
        後において、債務不履行(以下に定義する。)または債務不履行事由(下記「摘要-                                            (2)  債務不履行
        事由」において定義される。)が発生しておらず、かつ、継続していない場合。
       (iii)   発行会社または存続事業体が、財務代理人に対し、財務代理人が合理的に満足する形式および内
        容で、正当な権限を有する発行会社の役員により作成された証明書(上記                                      (ii)  の遵守を証明する計算
        結果を添付する。)および法律顧問の意見書(それぞれ当該統合、合併、売却、譲渡、移譲、移転、
        賃貸その他の処分(および当該取引に関連して補完的な財務代理人契約が求められる場合は、当該補
        完的な財務代理人契約)が、財務代理人契約の要件を遵守すること、ならびに当該補完的な財務代理
        人契約が発行会社および/または存続事業体により適式に承認、締結および交付され、その各当事者
        の合法的かつ有効で、拘束力を有する執行可能な義務を構成することが記載されていることを要す
        る。)を交付している場合。ただし、かかる意見書の提供において当該法律顧問は、上記                                              (ii)  の遵守
        および事実関係については上記の証明書に依拠することができ、また、かかる意見書には、慣例的な
        前提条件および留保事項を記載することができるものとする。かかる法律顧問による意見書は、本
        「財務上の特約-         (2)  合併および統合」の下記             (III)   に定める統合、合併、売却、譲渡、移譲、移転、
        賃貸その他の処分においては必要とされない。かかる証明書および意見書は、翻訳証明付の日本語訳
        を添えて英文で作成するものとする。
      (III)   (A)  本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」の上記             (I)  は、特定子会社が発行会社と統合し、も
       しくは発行会社に吸収合併され、またはその資産の全部もしくは一部を発行会社に譲渡する取引(発行
       会社を存続事業体とするもの)には適用されないものとし、また、                                  (B)  本「財務上の特約-          (2)  合併およ
       び統合」の上記        (II)(ii)     は、発行会社が、         (x)  発行会社を他の法域において再設立もしくは再編成するこ
       と、もしくはその法人体制を他の事業体に変更することを目的として設立もしくは組織された発行会社
       の関係者(以下に定義する。)、または                    (y)  発行会社の特定子会社と統合もしくは新設合併し、もしくは
       それらに吸収合併され、もしくはその財産および資産の全部もしくは実質的全部をそれらに移転する場
       合には適用されないものとする(ただし、当該取引の直前の発行会社および発行会社の特定子会社のす
       べての資産(当該特定子会社の株式資本を除く。)が、当該取引の完了直後、当該特定子会社およびそ
       の特定子会社により保有されることを条件とする。)。
      (IV)   発行会社を当事者とする取引であって、本「財務上の特約-                               (2)  合併および統合」を遵守するもの
       においては、存続事業体は、財務代理人契約に基づき発行会社を承継および代替し、発行会社のすべて
       の権利および権限を行使することができる。ただし、発行会社および特定子会社の全体としての資産の
       全部または実質的全部の賃貸の場合は、承継前の発行会社は、その本社債の元本および利息の支払義務
       を免れない。
      (V)  本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」における上記の規定を遵守した当該取引の完了後、発行会
       社を代理する財務代理人は、本社債権者に対して上記「公告の方法」に従って遅滞なくその旨を公告す
       る。本「財務上の特約-             (2)  合併および統合」に定める要件の充足に関連して発生するすべての費用
       は、発行会社がこれを負担するものとする。本「財務上の特約-                                 (2)  合併および統合」に基づき財務代
       理人に交付された証明書および意見書は、財務代理人の受領後速やかに、その受領後1年が経過するま
       での期間、その本店に備え置くものとし、通常の営業時間中、本社債権者による閲覧または謄写に供さ
       れるものとする。当該謄写に要するすべての費用は、その申請者の負担とする。
      (VI)   本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、特定の法的主体の「関係者」とは、直接的も
       しくは間接的に当該特定の法的主体を支配し、もしくは当該特定の法的主体に支配され、または当該特
       定の法的主体と共通の直接的もしくは間接的支配下に置かれるその他の法的主体をいう。
      本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、「義務等」とは、特定債務に関して、元本、プレ
     ミアム、利息、違約金、手数料、補償、弁済および当該特定債務を管理する文書に基づき支払われるべき
     その他の金額に係るあらゆる義務をいう。
                                  42/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、「債務不履行」とは、現時点で債務不履行事由で
     ある、または通知もしくは時間の経過もしくはその両方により債務不履行事由となるいずれかの事由をい
     う。
    (3)  その他の条項

      該当事項なし。
    社債権者集会

      (i)  本社債のその時点での未償還総額の                  10 分の1以上にあたる本社債を保有する本社債権者が共同または単
    独で書面により社債権者集会の開催を、発行会社を代理する財務代理人に対し財務代理人の本店において請
    求する場合(かかる本社債権者は財務代理人に対し保有証明書を提示するものとする。)、または                                                   (ii)  発行
    会社が社債権者集会の開催を必要と認めて財務代理人に対し社債権者集会の開催予定日より                                               35 日前までに書
    面による通知をした場合、発行会社は本社債権者の利害に関連する事項を議題とする社債権者集会の招集を
    行う。ただし、社債要項の修正については、本社債に基づく本社債権者の権利放棄を除き、発行会社の同意
    を必要とする。
      社債権者集会が招集される場合、財務代理人は                        発行会社のために         当該社債権者集会の招集公告を当該集会
    の開催日の      21 日前までに      本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って               行い、かつ、発行会社は、財務代
    理人が発行会社のために、社債権者集会の招集および議事の進行の促進のために必要な手続をとるようにさ
    せる。
      本社債権者は当該社債権者集会において、自ら出席し、もしくは代理人を通じて、または発行会社もしく
    は発行会社を代理する財務代理人が定める規定および手続に従って、書面または(発行会社が電磁的方法に
    よる議決権の行使を許可する場合は)電磁的方法により、その議決権を行使することができる。社債権者集
    会においては、各本社債権者は当該本社債権者が保有する(その時点で未償還の)本社債の金額に応じて議
    決権を有する。ただし、本社債権者は、当該集会の開催日の7日前までに保有証明書を財務代理人に対しそ
    の本店において提示し、かつ、当該集会の開催日に当該集会において発行会社または財務代理人に対し保有
    証明書を提示しなければならず、さらに、当該本社債権者は、かかる保有証明書を(場合により)保振機構
    または当該本社債権者の関連する口座管理機関に返還するまでは、本社債の振替の申請または抹消の申請を
    することができない。発行会社は、その代表者を当該集会に出席させ、当該集会においてその意見を表明さ
    せることができる。
      当該社債権者集会の決議は、当該集会に出席し、当該集会において議決権を行使する権利を有する本社債
    権者(以下「議決権者」という。)が保有する議決権の総数の2分の1超をもってこれを行う。ただし、下
    記の事   項については特別決議           (以下に定義する。)           を要する。
      (a)  すべての本社債に関して行われる支払の猶予、不履行によって生じた責任もしくは債務の免除または
       和解(下記      (b)  に記載の事項を除く。)
      (b)  すべての本社債に関して行われる訴訟行為または破産、会社更生もしくはこれに準ずる手続に関する
       すべての行為
      (c)  社債権者集会において決議すべき事項の決定について、社債権者集会の決議により指名および授権さ
       れる本社債権者の1名もしくは複数名の代表者(ただし、いずれも(その時点で未償還の)本社債の
       総額の   1,000   分の1以上を保有する者でなければならない。)(以下「代表本社債権者」という。)ま
       たは社債権者集会の決議により指名および授権される社債権者集会の決議を執行する者(以下「決議
       執行者」という。)の選任もしくは解任、または上記の者に委託した事項の変更
      「特別決議」とは、社債権者集会において、本社債の未償還総額に係る議決権者が保有する議決権の総数
    の5分の1以上、かつ、当該集会に出席した議決権者が保有する議決権の総数の3分の2以上の賛成をもっ
    て採択される決議を意味する。
      社債権者集会において行使された議決権の数の算定上、代理人により、または書面もしくは(発行会社が
    電磁的方法による議決権の行使を許可する場合は)電磁的方法により議決権を行使した本社債権者も、これ
    に出席し、議決権を行使したものとみなされる。
      上記の規定にかかわらず、発行会社または本社債権者が社債権者集会の目的である事項に関して提案を
    行った場合に、すべての議決権者がかかる提案に対して書面または(発行会社が電磁的方法によるその同意
    の意思表示を認める場合は)電磁的方法によりその同意の意思表示をした場合は、かかる提案を可決する旨
    の社債権者集会の決議があったものとみなされるものとする。本規定に従い、社債権者集会の決議があった
                                  43/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    ものとみなされた場合、発行会社は、財務代理人に対し、その旨および当該決議の内容を速やかに通知す
    る。
      本「社債権者集会」に従って行われた、または行われたとみなされた決議は、すべての本社債権者に対
    し、当該社債権者集会に出席したか否かを問わず、適用ある日本法が認める限度において拘束力を有し、そ
    の執行には代表本社債権者または決議執行者がこれにあたる。
      本「社債権者集会」において、発行会社またはその子会社が保有する本社債は除外され、未償還でないも
    のとみなす。
      社債権者集会は日本国東京都において開催される。
      本「社債権者集会」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    準拠法および管轄裁判所

      発行会社による本社債の発行に関する授権を除き、本社債ならびにこれに基づく本社債権者を含むすべて
    の当事者の一切の権利および義務は、すべて日本法に準拠し、日本法に従って解釈される。
      社債要項において別段の定めがある場合を除き、本社債に基づく義務の履行地は、日本国東京都とする。
      本社債もしくは社債要項から生ずるか、またはこれらに関する発行会社に対する一切の訴訟その他の裁判
    手続は、非専属的に、東京地方裁判所に対して提起することができ、発行会社は、かかる裁判所の管轄権に
    明示的、無条件かつ取消不能の形で服することに同意する。
      発行会社は、本社債もしくは社債要項から生ずるか、またはこれらに関して日本国東京都において提起さ
    れることのある一切の訴訟その他の裁判手続につき、発行会社の権限ある訴状その他の裁判上の書類の受取
    人として日本国東京都            に所在する      弁護士である黒田康之氏             を指名し、訴状その他の裁判上の書類を                     受領する
    場所として      アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業                             のその時々の住所(現住所は、                 〒 100-
    8136   日本国東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング                                        )を指定する。発行会社
    は、本社債の未償還残高が存する限りいつでも、かかる指名および指定が完全な効力を有し、それを継続す
    るのに必要な一切の行為(あらゆる書類および証書の作成および提出を含む。)をなすことに合意する。か
    かる受取人が何らかの理由により発行会社のかかる権限ある受取人として行為することが不可能な場合、発
    行会社は直ちに日本国東京都に所在のある後任の権限あるかかる受取人を指名し、かつ、かかる指名が効力
    を有するのに必要な一切の行為を行うことを約束する。発行会社は、財務代理人に対し、かかる後任の受取
    人を指名したことを速やかに通知し、その旨を速やかに公告する。
    摘要

    (1)  信用格付
    信用格付業者から付与された信用格付
      本社債に関し       て、発行会社は、格付の付与を日本国金融商品取引法(昭和                               23 年法律第     25 号、その後の改正
    を含む。)第       66 条の  27 に基づき登録された信用格付業者である株式会社日本格付研究所(登録番号:金融庁
    長官(格付)第1号)(以下「                JCR  」という。)に依頼しており、本社債の発行条件決定後にかかる格付を取
    得できる予定である。
      発行会社は、本書の日付現在、                JCR  から  A- の外貨建長期発行体格付を付与されている。
      JCR  の信用格付は、格付対象となる債務について約定通り                           履行  される確実性の程度を、等級をもって示すも
    のである。
      JCR  の信用格付は、債務履行の確実性の程度に関しての                          JCR  の現時点での総合的な意見の表明であり、当該
    確実性の程度を完全に表示しているものではない。また、                              JCR  の信用格付は、デフォルト率や損失の程度を予
    想するものではない。           JCR  の信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクなど、債務履行
    の確実性の程度以外の事項は含まれない。
      JCR  の信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動す
    る。また、      JCR  の信用格付の付与にあたり利用した情報は、                       JCR  が格付対象の発行体および正確で信頼すべき
    情報源から入手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが存在す
    る可能性がある。
      本社債の申込期間中に本社債に関して                      JCR  が公表する情報へのリンク先は、                   JCR  のホームページ
    ( http://www.jcr.co.jp/            )の「ニュースリリース」の右端「一覧を見る」をクリックして表示される
    「ニュースリリース」(             http://www.jcr.co.jp/release/                )に掲載されている。なお、システム障害等何らか
    の事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のとおりである。
                                  44/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      JCR  :電話番号      03-3544-7013
    (2)  債務不履行事由

      (I)  以下に掲げる各事項は、本社債に関する債務不履行事由(以下それぞれを「債務不履行事由」とい
       う。)を構成する。
       (a)  (x)  支払期日の到来した本社債の利息の支払の不履行が                           30 日間継続した場合、または              (y)  支払期日の
        到来した追加額の支払の不履行が                 30 日間継続した場合。
       (b)  償還、社債要項により要求される買戻し、期限の利益の喪失またはその他の場合における、所定償
        還日(以下に定義する。)に支払期日の到来する本社債の元金またはプレミアム(もしあれば)の支
        払を履行しない場合。
       (c)  発行会社が上記「償還の方法-                (4)  支配権変更による償還」または上記「財務上の特約-                            (2)  合併
        および統合」に基づく債務を履行しない場合。
       (d)  本社債に基づく、または本社債に関するその他の義務の履行または遵守を怠り、かつ(かかる不履
        行が治癒不可能な場合を除き(この場合、下記の継続または通知を要しない。))発行会社が本社債
        権者によるかかる不履行を特定する書面による通知(当該本社債権者は、かかる通知を行う時に、財
        務代理人の本店において、保振機構または(場合により)関連する口座管理機関により発行された当
        該本社債の保有を証する証明書(以下「保有証明書」という。)を提示しなければならない。)を財
        務代理人の本店において受領した後                  30 日間当該不履行が継続している場合。
       (e)  発行会社もしくはその特定子会社のいずれかが借り入れた(または発行会社もしくはその特定子会
        社のいずれかによりその支払が保証される)金銭に係る特定債務(現在存在するものであるか、発行
        日後に生じたものであるかを問わない。)の発生の根拠となり、かかる特定債務を被担保債務とし、
        またはかかる特定債務の発生を裏付ける抵当権、債務証書または証書に係る不履行であって、かつ、
        当該不履行が以下のいずれかに該当する場合。
        (i)   当該不履行の日付で当該特定債務に定められた猶予期間の満了前に、当該特定債務の元金が支
            払われないことにより生じたとき(以下「支払不履行」という。)。
        (ii)   当該特定債務がその所定償還日より前に期限の利益を喪失する結果となり、かつ、それぞれの
            場合において、支払不履行が発生したか、または期限の利益を喪失した他の当該特定債務の元
            金額と合わせて、当該特定債務の元金額が合計1億                           7,500   万ユーロ(またはその他の通貨での
            その相当額)以上であるとき。
       (f)  破産法(以下に定義する。)に基づき、または破産法の意義の範囲内で、発行会社またはいずれか
        の重要子会社(以下に定義する。)が以下のいずれかの行為を実行した場合。                                        (A)  自己申立の開始(任
        意管理者の選任を含む。)、               (B)  非自発的申立における自らに対する救済命令の登録への同意、                                (C)  自
        らの、またはその資産の重要な部分についてのカストディアン(以下に定義する。)の選任への同意
        (当該選任が、支払能力のある状況で、または一定の取引もしくは一連の関連する取引との関係で行
        われる場合を除く。)、または(                 D )自らの債権者の利益のために行う一般的譲渡の実施。
       (g)  発行会社またはフランス国内に設立されたいずれかの重要子会社が、(本「摘要-                                           (2)  債務不履行
        事由-   (I)  」の他の項に影響を及ぼすことなく、)                     (A)  フランス商法典第         L.631-1    条以下の意義の範囲内
        で、自らの利用可能な資産(               cessation      des  paiements     )からその支払期限の到来した債務を支払うこ
        とができない場合、または              (B)  上記に限らず、自らもしくは第三者の決定により、以下の手続の対象と
        なる場合。      (1)  任意清算もしくは解散(社債要項により許可される合併もしくは解散を除く。)、                                           (2)
        フランス商法典第         L.611-3    条以下に規定される特別代理人(                 mandataire      ad  hoc  )の選任の申請、         (3)  救
        済手続(     sauvegarde      )、促進救済手続(           sauvegarde      acceleree     )、裁判上の更正手続(             redressement
        judiciaire      )もしくは裁判上の清算手続(                 liquidation       judiciaire      )の開始、      (4)  フランス商法典第
        L.631-1    条以下および第         L.640-1    条以下に基づく破産判決(                redressement        judiciaire      もしくは
        liquidation       judiciaire      )もしくはフランス商法典第               L.642-1    条以下に基づく事業の全部もしくは一部
        の移転(     cession     totale    ou  partielle      de  l'entreprise       )に関する判決、または             (5)  フランス商法典
        第 L.611-4    条以下に基づく調停手続。
       (h)  正当な管轄権を有する裁判所が、破産法に基づき、以下の命令、判決または決定を行う場合。                                                (A)  非
        自発的申立において発行会社もしくはいずれかの重要子会社に対する救済を目的とするもの、                                                (B)  発行
        会社もしくはいずれかの重要子会社もしくはそれぞれの資産のいずれかの重要な部分についてカスト
                                  45/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        ディアンを選任するもの、または                 (C)  発行会社もしくはいずれかの重要子会社の解散もしくは清算を命
        じるもの(当該解散もしくは清算が、支払能力のある状況で、もしくは一定の取引もしくは一連の関
        連 する取引との関係で行われる場合を除く。)、かつ、                            (A)  から  (C)  のいずれかにおいて、当該命令ま
        たは決定が、執行停止されることなく連続する                        60 日間有効に存続する場合。
       (i)  正当な管轄権を有する裁判所が、発行会社または重要子会社に対して、第三者である法的主体によ
        り免除、保証または付保されていない金銭の支払に関する終局判決を下す場合であって、その額(そ
        の判決が行われる前か、もしくは行われた後                       60 日以内に当該金額に関して実際に受領した保険料もし
        くは補償料の支払額、またはその判決に関する上訴が認められなかった場合は当該金額について受領
        する保険料もしくは補償料の支払額を差し引いたもの)が1億                                7,500   万ユーロ(またはその他の通貨で
        のその相当額)を超える場合。ただし、当該判決または決定が連続する                                     60 日間免除、放棄または執行
        停止されないことを条件とする。
      (II)   本社債のいずれかについていずれかの債務不履行事由が発生し、継続している場合、本社債権者
       は、財務代理人の本店において、それぞれの債務不履行事由およびそれが「期限の利益喪失通知」であ
       る旨を明記した発行会社に対する書面による通知(受領時に効力を生じる。)を行うことにより(当該
       本社債権者は、かかる通知を行う時に、財務代理人の本店において、保有証明書を提示しなければなら
       ない。)、当該本社債権者が保有する本社債およびこれに対してその時までに発生するすべての経過利
       息について期限の利益の喪失を宣言することができ、これにより当該本社債の金額および当該利息は直
       ちに支払われるものとする。ただし、これに先立って本社債に関するすべての債務不履行事由が治癒さ
       れた場合はこの限りでない。発行会社に関する上記                           「摘要-     (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (g)  に掲げる
       債務不履行事由が発生し、継続している場合は、未償還の本社債すべてに係る未払元金および経過利息
       は、その事実自体により期限の利益を喪失し、本社債権者によるいかなる宣言その他の行為をも要する
       ことなく、直ちに支払われるものとする。
      (III)   (i)  上記  「摘要-     (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (b)  ないし   (i)  に掲げる事由のいずれかが発生した場
       合、または      (ii)  時の経過、通知の付与もしくはその双方により当該事由のいずれかとなる事態が存在す
       る場合、発行会社は、直ちに(ただし、上記                       (ii)  の場合は発行会社がかかる事態を知ることとなった時
       に直ちに)、かかる事由または事態を財務代理人に通知し、その旨を本社債権者に対して上記「公告の
       方法」に従って公告する。また、上記「摘要-                        (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (a)  に掲げる事由または時
       の経過によりかかる事由となる事態が発生し、継続している場合、発行会社は直ちにかかる事由または
       事態を財務代理人に通知し、かつ、                  本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って公告する。
      (IV)   本「摘要-      (2)  債務不履行事由」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とす
       る。
      (V)  本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「破産法」とは、債務者の救済を目的とするアメリカ合
       衆国法典第      11 編または同様のアメリカ合衆国の連邦法、州法もしくはアメリカ合衆国外の法律をいい、
       また、フランス商法典第Ⅵ部第Ⅰ編から第Ⅳ編において規定される手続およびその都度の発行会社また
       は現在もしくは将来の重要子会社が組織された法域における類似の手続を含む。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「カストディアン」とは、破産法に基づく管財人、受託
       者、譲受人、清算人、保管人、任意管理者またはこれらに類似する職務を有する者(法定管理人
       ( administrateur         judiciaire      )、暫定管理人(         administrateur         provisoire      )、特別代理人
       ( mandataire      ad  hoc  )、調停人(       conciliateur       )または清算代理人(           mandataire      liquidateur      )を含
       む。)をいう。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「重要子会社」とは、以下の条件のいずれかを満たす発
       行会社の特定子会社をいう。
        (i)   当該特定子会社に対する、発行会社および発行会社のその他の特定子会社による投資および貸
            付金が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその連結対象である特定子会
            社の総資産の       10.0  %を超えていること。
        (ii)   当該特定子会社の総資産(会社間取引の相殺消去後)における発行会社および発行会社のその
            他の特定子会社の持分の割合が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその
            連結対象である特定子会社の総資産の                   10.0  %を超えていること。
        (iii)   所得税、臨時項目および非支配持分に帰属する金額を除く子会社の会計原則変更による累積影
            響額の控除前の継続事業から得た収益における発行会社および発行会社のその他の特定子会社
                                  46/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
            の持分の比率が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその連結対象である
            特定子会社の当該利益の            10.0  %を超えていること。
         ただし、発行会社の一切の特定子会社は、本来、重要子会社ではない発行会社の他のすべての特定
        子会社のうち、上記「摘要-               (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (f)  、 (g)  および/または        (h)  に記載の事由
        が発生した特定子会社がある場合には、これらと合算したうえで、上記の基準に従って重要子会社を
        構成するとみなされるものとする。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「所定償還日」とは、証券または負債に関して、当該証
       券または負債の元金の支払義務が発生する期日として当該証券または負債において指定された日をい
       う。これには、強制的償還条項(ただし、不測の事態が発生した場合に、当該証券の保有者の選択によ
       り当該証券の買戻しまたは返済を行うことができる旨を定める条項を除く。)に基づき指定された日を
       含む。
    (3)  税制上の理由による追加支払

       本社債について支払われるべき金額(元金または利息                            に関するものであるか、             その他に関する        ものであ
     る かを問わない。)はすべて、フランス共和国もしくはその下部行政主体もしくはそれらの域内の、もし
     くはそれらの課税権限を有する当局もしくは機関により、またはそれらのために賦課もしくは徴収される
     現在または将来の公租公課または政府賦課金(性質の如何を問わない。)のための                                           、またはそれらを理由
     とする   源泉徴収または控除(以下「課税控除」という。)を行うことなく支払われる。ただし、法律によ
     り、かかる課税控除が要求される場合はこの限りでない。フランス法により、いずれかの本社債に関する
     元金または利息の支払が課税控除の対象となることが要求される場合、発行会社は、その時点で法律が最
     大限認める限度において、かかる課税控除が要求されなければ本社債権者が受領したであろう金額を当該
     本社債権者が受領         できるように       追加額(以下「追加額」という。)を支払う。ただし、いずれかの本社債
     について、      (i)  単に本社債を保有していること以外にフランス共和国と何らかの関連を有していることを理
     由として、当該本社債に関してかかる課税控除に服する本社債権者もしくはかかる本社債権者を代理する
     第三者に対して支払が行われる場合、または                       (ii)(a)    フランス一般租税法第           238-0   の A 条に定められたリスト
     (かかるリストは随時改訂される。)に記載された非協力国もしくは非協力地域(                                            Etat   ou  territoire
     non  coopératif      )もしくは同法第         238  の A 条において意味する低税率の管轄区域(以下「非適格地域」とい
     う。)に所在する金融機関に本社債権者の名義で開設された口座もしくは本社債権者のために開設された
     口座に対して支払がなされること、もしくは                       (b)  非適格地域に居住する本社債権者もしくは非適格地域にお
     いて設立された本社債権者に対して支払がなされることのみを理由としてかかる課税控除が課される場合
     には、上記の追加額は支払われない。
       発行会社が、       いずれかの時点で         フランス共和国以外の、または追加的な課税管轄に一般的に服すること
     となった場合には、上記「償還の方法-                     (2)  税制上の理由による償還」および本「摘要-                       (3)  税制上の理
     由による追加支払」におけるフランス共和国の文言は、フランス共和国および/または当該他の管轄と読
     み替え、解釈されるものとする。
       本「摘要-      (3)  税制上の理由による追加支払」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の
     負担とする。
    (4)  支払

      (a)  本社債の元金および利息の支払は、支払代理人により、振替法および保振機構業務規程等に従って、
       本社債権者に対し、本社債権者が機構加入者である場合は直接、またそれ以外の場合には、本社債権者
       が本社債を記録させるために口座を開設した関連する口座管理機関(以下「口座管理機関」という。)
       を通じて、行われる。上記にかかわらず、支払代理人が、発行会社から受領した本社債の元金または利
       息の支払に必要な資金を、関連する機構加入者に配分した時点で、発行会社は、社債要項に基づくかか
       る支払義務から免責される。
      (b)  本社債の元利金の支払期日が日本国東京都における銀行の営業日(以下「営業日」という。)ではな
       い場合、本社債権者は翌営業日まで当該支払期日に支払われるべき金額の支払を受ける権利を有せず、
       またかかる支払の繰延べに伴う追加利息その他の支払を受ける権利も有しない。
      (c)  支払期日に支払われるべき本社債の元金または利息の全額を支払代理人がかかる支払期日後に受領し
       た場合、財務代理人は、発行会社に代わって、支払代理人によるかかる金額の受領後、実務上可能な限
       り速やかに(ただし、遅くとも                14 日以内に)、       本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従ってその旨
                                  47/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       ならびにその支払方法および支払日の公告を行う。かかる金額の受領の時点でかかる支払方法もしくは
       支払日(またはその双方)を決定することができない場合、財務代理人はかかる金額の受領ならびに決
       定 された範囲内でのかかる支払方法および/または支払日の公告を本社債権者に対して行い、後日、そ
       の決定後速やかに、かかる支払方法および/または支払日について、                                    本社債権者に対して          公告を行う。
       当該公告に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    (5)  時効

       本社債に係る消滅時効は、元金については                      10 年、利息については5年とする。
    (6)  社債原簿

       本社債の社債原簿は、発行会社に代わって財務代理人がこれを作成および管理し、その本店に備え置
     く。
    (7)  通貨の補償

       本社債の元利金または本社債に関して支払うべきその他の金額の支払を命ずる判決または命令がいずれ
     かの裁判所によりなされ、または発せられ、かかる判決または命令が日本円以外の通貨で表示されている
     場合には、かかる判決または命令に関して本社債権者がかかる通貨により受領または回収したいかなる金
     額も、日本円建で受領または回収した金額の範囲でのみ発行会社を免責するものであり、発行会社は、か
     かる本社債権者に対し、             (i)  かかる判決または命令のために、日本円で表示されている金額がかかる日本円
     以外の通貨に換算された、または換算されたものとみなされた日と                                   (ii)  かかる判決または命令(またはそ
     の一部)の履行がなされた日との間に生じた換算率の変動から生じる不足額を補填するために必要な金額
     を支払うことを約束する。適用ある法律が認める限度において、上記の約束は、発行会社の他の債務から
     別個、独立の債務を構成し、発行会社に対する別個、独立の請求原因となり、その時々の本社債権者が猶
     予したか否かを問わず適用され、いかなる判決または命令にもかかわらず継続して完全な効力を有するも
     のとする。
    (8)  本社債の社債券

       本社債の社債券(以下「本社債券」という。)は、本社債権者がその発行を請求できる振替法に規定さ
     れた例外的な場合を除き、発行されない。本社債券が発行される場合、かかる本社債券は支払期日未到来
     の利札付無記名式に限るものとし、本社債権者は本社債券の記名式への変更または分割もしくは併合を要
     求することはできない。
       本社債券が発行された場合、本社債の元利金の計算および支払の方法、本社債権者による本社債に基づ
     く権利の行使、本社債の譲渡、ならびに本社債に関するその他のすべての事項は、その時点で適用ある日
     本国の法令およびその時点の日本国の一般的な市場慣行に従うものとする。社債要項の規定とその時点で
     適用ある日本国の法令およびその時点の日本国の一般的な市場慣行との間に齟齬がある場合には、当該日
     本国の法令および市場慣行が優先するものとする。発行会社は、実務上可能な限り、上記の事項を遅滞な
     く本社債権者に対して上記「公告の方法」に従って公告するものとする。
       本社債券の発行に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    (9)  フランスの租税

       以下は、(ⅰ)日本国の税法上ならびに                     1995  年3月3日付の所得に対する租税に関する二重課税の回避
     及び脱税の防止のための日本国政府とフランス共和国政府との間の条約および                                        2007  年1月   11 日付の日仏租
     税条約を改正する議定書(以下「日仏租税条約」と総称する。)上の日本国の居住者、ならびに(ⅱ)日
     仏租税条約の恩恵を受ける資格を有する者による本社債の取得、保有および処分に関して適用されうるフ
     ランスの租税上の一定の結果に限定した一般的な記述である。
       かかる記述は、現在有効であり、かつフランス税務当局により適用されているフランスの税法令(これ
     らはすべて改正または異なる解釈が行われる可能性がある。)および日仏租税条約の規定に基づいてい
     る。
       以下の記述は一般的な情報であり、特定の状況下で特定の本社債権者に関連しうる、フランスの税法お
     よび日仏租税条約に基づくあらゆる税務問題を扱うことを意図していない。
                                  48/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (a)  本社債の元金に対する課税
        発行会社による本社債に関する元金の支払は、フランス一般租税法第                                    125  の A 条 Ⅲ に定める源泉徴収税
       の対象とならない。
     (b)  本社債の利息に対する課税
        発行会社による本社債に関する利息その他の所得の支払は、当該支払がフランス国外で、フランス一
       般租税法第      238-0   の A 条に定める意味における非協力国もしくは非協力地域(                              Etat   ou  territoire      non
       coopératif      )(本「     (9)  フランスの租税」において、以下「非協力国」という。)(フランス一般租税
       法の同第     238-0   の A 条第2項の2の2         ° に記載されるもの(注)を除く。)においてなされない限り、フ
       ランス一般租税法第          125  の A 条Ⅲに定める源泉徴収税の対象とならない。もし本社債に基づくかかる支払
       が非協力国において行われる場合は、フランス一般租税法第                               125  の A 条Ⅲに基づき、本社債権者の税務上
       の居住地にかかわらず            75 %の源泉徴収税が適用される(ただし、以下に規定する例外規定のいくつかお
       よび日仏租税条約のより有利な規定に従う。)。
        さらに、フランス一般租税法第                238  の A 条に従い、かかる本社債に係る利息およびその他の所得は、そ
       れが(   ⅰ )非協力国(フランス一般租税法第                  238-0   の A 条第2項の2の2         ° に定めるものを含む。)にお
       いて居住し、もしくは設立された者に対して支払われ、もしくは発生した場合、または(                                              ⅱ )当該非協
       力国に所在する金融機関に開設された銀行口座に支払われた場合は、発行会社の課税所得から控除する
       ことはできない(以下「控除対象外所得」という。)。一定の条件の下では、控除できない利息および
       その他の所得はフランス一般租税法第                   109  条以下に従って、みなし配当と位置付けられることがある。そ
       の場合、かかる控除できない利息およびその他の所得は、(ⅰ)フランス税法上の居住者でない個人が
       受領する支払の場合は            12.8  %、(    ⅱ )フランス税法上の居住者でない法人が受領する支払の場合は
       25 %、または(       ⅲ )フランス国外で、非協力国(フランス一般租税法第                            238-0   の A 条第2項の2の2         ° に
       定めるものを除く。)においてなされた支払の場合には                             75 %(一部の例外および適用ある二重課税回避
       条約の規定に服する。)の税率で、フランス一般租税法第                              119  条の2の2に規定する源泉徴収税の対象と
       なることがある。
        上記にかかわらず、発行会社が、本社債の発行の主たる目的および効果が非協力国における利息その
       他の所得の支払を許容するものではないことを証明できる場合、当該支払が非協力国において住所を有
       しもしくは設立された者になされるか、またはかかる非協力国において支払がなされるということのみ
       を理由として、フランス一般租税法第                    125  の A 条Ⅲに定める       75 %の源泉徴収税または(該当する利息もし
       くはその他の所得が真正な取引に関連するものであり、異常なもしくは過大な金額でない場合に限り)
       フランス一般租税法第           238  の A 条に規定される控除対象外所得およびこれに伴うフランス一般租税法第                                    119
       条の2の2に規定する源泉徴収税のいずれも、本社債の発行について適用されない(以下「例外規定」
       という。)。本社債が下記のいずれかに該当する場合、フランス税務当局により発出された通達(                                                   BOI-
       INT-DG-20-50-30-14/06/2022               第 150  号および     BOI-INT-DG-20-50-20-06/06/2023                 第 290  号)に従い、本社債
       の発行は、発行会社が本社債発行の目的および効果の証明を要することなく、例外規定の恩恵を受ける
       ことになる。
        ( ⅰ ) 本社債の募集が、フランス通貨金融法典第                      L.411-1    条に定める意味における公募により、または非
       協力国以外の国における同等の募集に従って行われる場合。ここにおいて「同等の募集」とは、国外の
       証券市場当局によるまたはこれに対する募集に係る書類の登録または提出を要する募集をいう。
        ( ⅱ ) 本社債が規制市場またはフランス共和国内もしくは国外の多角的証券取引システムにおいて取引
       されることが認められている場合。ただし、かかる市場またはシステムが非協力国に存在するものでは
       なく、かかる市場の運営が市場オペレーターもしくは投資サービス提供業者またはその他国外の類似の
       事業体により行われており、さらに、かかる市場オペレーター、投資サービス提供業者または事業体が
       非協力国に存在するものではない場合に限る。
        ( ⅲ ) 本社債についてその発行時に、(フランス通貨金融法典第                              L.561-2    条に定める意味における)中央
       預託機関、証券決済および受渡・支払システム・オペレーターまたは1社以上の国外の類似の預託機関
       もしくはオペレーター(ただし、かかる預託機関もしくはオペレーターが非協力国に存在するものでは
       ない場合に限る。)の決済業務が認められた場合。
       ( 注 ) フランス一般租税法第           238-0   の A 条に記載される非協力国の一覧は、原則的に毎年、政令によって更
          新される。フランスの一覧は、直近では                     2023  年2月3日付命令により更新されており、当該時点
          では英領ヴァージン諸島、アンギラ、パナマ、セーシェル共和国、バハマ国、タークス・カイコ
                                  49/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
          ス諸島、バヌアツ共和国、フィジー共和国、グアム、米領ヴァージン諸島、パラオ共和国、米領
          サモア、サモア独立国およびトリニダード・トバゴ共和国が含まれている。
     (c)  譲渡所得税
        日仏租税条約に従って、日本の本社債権者が保有する本社債の売却または処分から得る利益は、フラ
       ンスの租税に服さない。
    (10)   日本国の租税

       この概要は、本社債を取得、保有または処分することに関連する可能性のある日本国の租税の留意事項
     のすべてを網羅的に記載したものではない。この概要は、本書の日付現在において有効な法令に基づいて
     おり、したがって、当該日以降に効力を生じる法令の変更により影響を受ける可能性がある。投資を検討
     する者は、いずれの場合においても、本社債に関する課税上の結果について自身の税務顧問に相談すべき
     である。本社債に投資した場合の日本国における課税上の取扱いは、現在以下のとおりである。
       本社債の利息は、日本の現行税法の定めるところにより、一般に利子所得として課税される。日本国の
     居住者および内国法人が支払を受ける本社債の利息は、日本の現行税法の定めるところにより、                                                 15 %の国
     税である所得税(居住者の場合は、他に地方税5%)の源泉徴収税が課される。ただし、                                              2013  年1月1日
     から  2037  年 12 月 31 日までの期間に行われる所得税を源泉徴収することとされている支払(下記に述べる譲
     渡損益に係る支払を含む。)については復興特別所得税の対象となるため、                                       15 %の所得税率に基づく所得
     税額に   2.1  %の税率による復興特別所得税が課される。なお、日本国の居住者が支払を受ける本社債の利息
     については、上記の所得税              15 %、復興特別所得税(所得税額の                 2.1  %)および地方税5%の税率による申告
     分離課税の対象となる。ただし、申告不要制度の適用を選択することも可能であり、その場合は日本国の
     居住者の利子所得に係る課税関係は源泉徴収によって完了する。
       内国法人の場合は、本社債の利息はその課税所得に算入され、法人税の対象となるが、当該源泉徴収税
     額を一定の制限のもとで法人税から控除することができる。
       日本国の居住者に係る本社債の譲渡損益(本社債の償還等により支払を受ける金額については本社債の
     譲渡損益とみなされる。)については、上記の所得税、復興特別所得税および地方税の税率による申告分
     離課税の対象となる。ただし、かかる譲渡損益については、源泉徴収選択口座内で取引する場合は申告不
     要制度の適用を選択することも可能であり、その場合は課税関係は源泉徴収によって完了する。また、本
     社債に係る譲渡損益および利子所得は、一定の条件のもとにこれらの所得間ならびに一定の他の有価証券
     に係る譲渡損益および利子・配当所得との損益通算および(本社債の譲渡損失の金額のうちその年に損益
     通算をしても控除しきれない金額については)3年間の繰越控除が認められる。
       内国法人の場合は、本社債の譲渡損益および償還等に係る差損益は、法人税の課税所得の計算に算入さ
     れる。
       本社債の利息および償還差益ならびに本社債の譲渡により生ずる所得で、日本国に恒久的施設を有しな
     い日本国の非居住者および外国法人に帰属するものは、日本国の租税は課されない。
                                  50/1067








                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    <フォルヴィア・エス・イー第4回円貨社債(                        2023  )>
      以下は、     発行会社が発行するフォルヴィア・エス・イー第4回円貨社債(                                  2023  )(以下「本社債」とい

    う。)についての記載である。別段の記載がある場合を除き、<フォルヴィア・エス・イー第4回円貨社債
    ( 2023  )>で定義された用語は、当該項目に記載された用語を指す。                                「 未定  」または「予定」と示された本
    社債の条件は、        2023  年 12 月上旬   頃に決定される予定である。
       銘  柄               フォルヴィア・エス・イー第4回円貨社債(                       2023  ) ( 注1  )

                                  券面総額又は

     記名・無記名の別                該当なし                        50 億円(予定)       ( 注2  )
                                 振替社債の総額
      各社債の金額                1億円            発行価額の総額            50 億円(予定)       ( 注2  )

                                                 (未定)

                                           (年(未定)%~(未定)%を

       発行価格        各社債の金額       100  円につき     100  円    利率(%)
                                              仮条件とする。)
                                                 ( 注3  )

                毎年6月     15 日および     12 月 15 日

        利払日                           償還期限          2028  年 12 月 15 日 ( 注5  )
                      ( 注4  )
       募集の方法              一般募集              申込証拠金              な  し

                                            2023  年 12 月 15 日  ( 以下「発行

                 2023  年 12 月8日    ( 注6  )
       申込期間                            払込期日
                                             日」ともいう。        ) ( 注7  )
      申込取扱場所                  別項記載の各引受人の日本国内の本店および各支店

    ( 注1  ) 本社債には日本国の社債、株式等の振替に関する法律(平成                                13 年法律第     75 号。その後の改正を含
        む。)(以下「振替法」という。)が適用され、本社債の譲渡および本社債に関連するその他の事項
        については、振替法および保振機構(下記「振替機関」において定義される。)が随時定める社債等
        の振替に関する業務規程ならびにその他の規則およびガイドライン(以下「保振機構業務規程等」と
        いう。)に従って取り扱われる。
    ( 注2  ) 上記の振替社債の総額および発行価額の総額は、                         2023  年 12 月上旬頃に提示される予定の仮条件に基づ
        き本社債の需要状況把握のために行われるブック・ビルディングの結果を勘案したうえで、本社債の
        条件決定日に決定される。最終的に決定され、有価証券届出書の訂正届出書に記載される振替社債の
        総額および発行価額の総額は、上記の各総額と大きく相違する可能性がある。
    ( 注3  ) 利率は、     2023  年 12 月上旬頃に提示される予定の仮条件に基づき需要状況を勘案したうえで、                                      2023  年 12
        月上旬頃に決定される予定である。
    ( 注4  ) 各利払日は、払込期日の変更に伴い変更される可能性がある。
    ( 注5  ) 償還期限は、払込期日の変更に伴い変更される可能性がある。
    ( 注6  ) 申込期間は、需要状況を勘案したうえで、最大1週間の範囲で繰り上げまたは繰り下げられる可能性
        がある。
    ( 注7  ) 払込期日は、申込期間の変更に伴い変更される可能性がある。
                                  51/1067




                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    振替機関
               名  称                           住  所

          株式会社証券保管振替機構

                                    東京都中央区日本橋兜町7番1号
        (以下「保振機構」という。)                ( 注 )
    ( 注 ) 本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、保振機構には、主務大臣が振替法に従って指定
       する後継の振替機関が含まれるものとみなされる。
    公告の方法

      社債要項(      下記「財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務」において                                  定義される。)に基づき義
    務付けられる、または本社債に関する一切の公告は、日本国の官報(もし可能であれば)ならびに東京都お
    よび大阪市において発行される時事に関する事項を掲載する日本語の日刊新聞紙上に各1回これを行う。本
    社債の社債権者(以下「本社債権者」という。)の各々に対する直接の通知はこれを要しない。発行会社が
    行うべき当該公告は、発行会社の請求があった場合に、発行会社の費用負担により、発行会社                                                を代理する      財
    務代理人(      下記「財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務」において                                   定義される。)がこれを行う
    ものとする。
    引受人

        元引受契約を締結する金融商品取引業者
                                    引受金額
        (以下「共同主        幹事会社     」と総称する。)
                                                元引受けの条件
                                   (百万円)
         会 社 名               住  所
     三菱UFJモルガン・               東京都千代田区大手町             共同主    幹事会社が連        本社債の発行総額は、発行
                    一丁目9番2号             帯して本社債の発行            会社と共同主       幹事会社     との
     スタンレー証券株式会社
                                 総額を引受けるの            間で   202  3 年 12 月8日(予
                                 で、個々の      共同主    幹  定)に調     印される元引受契
     SMBC日興証券株式会社               東京都千代田区丸の内
                                 事会社の引受金額は            約に従い共同主        幹事会社に
                    三丁目3番1号
                                 ない。            より連帯して買取引受けさ
                                            れ、一般に募集される。左
                                            記以外の元引受けの条件は
                                            未定であるが、本社債の条
                                            件決定日に、発行条件とと
                                            もに決定される予定であ
                 合 計                  5,000   (予定)
                                            る。
    財務代理人・発行代理人兼支払代理人とその職務

      本社債について社債の管理会社は設置されない。
       財務代理人・発行代理人兼支払代理人の名称                                    住  所

             株式会社みずほ銀行                       東京都千代田区大手町一丁目5番5号

      本社債に関する発行会社の財務代理人・発行代理人兼支払代理人(以下「財務代理人」という。文脈上別

    意に解すべき場合を除き、「財務代理人」の用語はこれらすべての資格で行為する代理人を意味する。)
    は、株式会社みずほ銀行とする。
    (1)  委託の条件

      財務代理人は、本社債の要項(以下「社債要項」という。)、発行会社および財務代理人間の                                                 2023  年 12
     月8日付(予定)の財務および発行・支払代理契約証書(以下「財務代理契約」という。)、振替法なら
     びに保振機構業務規程等に定める義務を履行し、職務を行う。
                                  52/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (2)  財務代理人の職務の内容
      (a)  財務代理人は、発行会社のためにのみその職務を行い、本社債権者に対していかなる義務も負わず、
       また、本社債権者との間で代理または信託の関係を有しない。社債要項が添付された財務代理契約の写
       しは、本社債の償還期日後1年が経過するまでの間、財務代理人の本店に備え置かれ、財務代理人の通
       常の営業時間に本社債権者の閲覧または謄写に供される。謄写に要する一切の費用はこれを請求する者
       の負担とする。
      (b)  本社債については、社債の管理会社は設置されない。
      (c)  発行会社は、財務代理人の任命を変更または終了することができる。ただし、財務代理人は、後任の
       財務代理人・発行代理人兼支払代理人が有効に任命されるまで(ただし、かかる後任の財務代理人・発
       行代理人兼支払代理人が保振機構業務規程等に従って発行代理人および支払代理人として行為する資格
       を有していることを条件とする。)在職する。かかる場合、発行会社は、財務代理人の変更を事前に                                                    本
       社債権者に対して         上記「公告の方法」に従って公告する。
      (d)  保振機構が発行会社に対し、財務代理人の発行代理人または支払代理人としての指定を取消す旨の通
       知を行った場合には、発行会社は、遅滞なく後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人を選任し(た
       だし、かかる後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人が保振機構業務規程等に従って発行代理人お
       よび支払代理人として行為する資格を有していることを条件とする。)、その旨を                                          本社債権者に対して
       上記「公告の方法」に従って公告する。
      (e)  上記  (c)  または   (d)  に従って発行会社が後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人を任命した場合に
       は、後任の財務代理人・発行代理人兼支払代理人は、かかる任命が有効とされる日をもって、前任の財
       務代理人の地位を承継し、前任の財務代理人と代替し、社債要項、財務代理契約および保振機構業務規
       程等に定める財務代理人の義務を履行し、職務を行う。
    利息支払の方法

    (1)  本社債の利息は、上記「利率」に定める利率(以下「本利率」という。)で、                                        2023  年 12 月 16 日(その日
     を含む。)から        2028  年 12 月 15 日(その日を含む。)(ただし、下記「利息支払の方法-                              (2)  」に従う。)ま
     でこれを付し、毎年6月             15 日および     12 月 15 日の2回、各々その日(その日を含む。)までの6か月分を日
     本円で後払いする。本「利息支払の方法」において定められた各利払いの日を、以下「利払日」という。
      6か月以外の期間の利息については、かかる期間中の実日数について、1年                                       365  日の日割計算により支払
     われる。
      各本社債権者に支払われる利息の総額は、保振機構業務規程等に従って計算される。
    (2)  本社債の利息は、償還期日(その日を含まない。)後はこれを付さない。ただし、発行会社が償還期日

     に社債要項に従った本社債の償還を怠ったときは、かかる未償還の本社債の元金額について償還期日(そ
     の日を含まない。)からかかる本社債の償還が実際に行われた日(その日を含む。)までの期間中の実日
     数につき、1年        365  日の日割計算により、本利率により経過利息が日本円で支払われる。ただし、その期間
     は、(保振機構業務規程等における支払代理人の資格において行為する)財務代理人(以下「支払代理
     人」という。)が、自己が受領した本社債全額の償還のために必要な資金を、本社債の振替を行うため保
     振機構に口座を開設している関連する機構加入者(以下「機構加入者」という。)に配分した日を超えな
     い。また、保振機構業務規程等のもとでかかる支払期日後の配分ができない場合、かかる期間は財務代理
     人が下記「摘要-         (4)  支払-   (c)  」の規定に従い最終の公告を行った日以後                      14 日間を超えない。
    償還の方法

    (1)  満期償還
      本社債は、期限前に償還され、または買入消却されていない限り、                                   2028  年 12 月 15 日に本社債の金額と等
     しい金額で償還される。
    (2)  税制上の理由による償還

      (I)  発行日(関連課税管轄(以下に定義する。)が発行日より後に関連課税管轄                                       に該当することに         なった
       場合には、当該関連課税管轄が関連課税管轄となった日)以後に公表され、もしくは有効となる                                                 (i)  フラ
       ンス共和国もしくはその下部行政主体もしくはそれらの域内の、もしくはそれらの課税権限を有する当
       局(以下それぞれを「関連課税管轄」という。)の法律(当該法律に基づき発布される規則もしくは裁
                                  53/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       定を含む。)もしくは関連課税管轄に適用ある条約の変更もしくは改正、または                                          (ii)  かかる法律、条
       約、規則もしくは裁定(管轄裁判所の判決を含む。)の適用もしくは解釈に関する公権的見解の変更も
       し くは改正の結果、発行会社が下記「摘要-                      (3)  税制上の理由による追加支払」に従い、次回の利払日
       に追加額(下記「摘要-             (3)  税制上の理由による追加支払」において定義される。)の支払義務を負っ
       た場合または負うことになる場合であって、発行会社が、そのとり得る合理的な手段をとることによっ
       てもかかる義務を回避できない場合、本社債は、以下に記載する事前の償還の公告を                                            本社債権者に対し
       行うことにより、その全部(一部は不可)を本社債の元金額の                                100  %に償還期日(その日を含む。)まで
       の経過利息を付して、発行会社の選択によりいつでも償還することができる。
        前段落に従い償還の公告を              本社債権者に対して          行うに先立ち、発行会社は財務代理人に対し、発行会
       社がかかる償還を行う権利があり、かつかかる償還を行うことを選択した旨および発行会社が償還を行
       う権利の前提条件が成就したことを示す事実を本社債の償還予定期日とともに記載した、発行会社の権
       限ある役員が署名した証明書、および発行会社が前段落に記載される変更または改正の結果、当該追加
       額の支払義務を負っている旨または負うこととなる旨の定評ある独立の法律顧問による意見書を提出し
       なければならない。かかる証明書および意見書は英文で作成されるものとする。
      (II)   発行会社が下記「摘要-             (3)  税制上の理由による追加支払」に基づき追加額の支払義務を負うこと
       となったが、フランスの税務に関して定評ある独立の法律顧問の意見によれば、発行会社がフランス法
       上、当該追加額の全部または一部の支払を禁じられる場合、発行会社は、財務代理人に対し、発行会社
       が当該追加額の支払義務を負うにもかかわらず、フランス法上当該追加額の支払を禁じられる旨および
       本社債の償還予定期日を記載した書面による通知をした上で、実務上可能な限り速やかに、ただし、                                                   (i)
       発行会社に当該追加額の支払義務を生ぜしめる事由の発生日または                                   (ii)  当該フランス法が有効となる日
       のいずれか遅い方から            40 日目の日以前に、以下に記載する事前の償還の公告を                            本社債権者に対し         行うこ
       とにより、本社債の全部(一部は不可)を本社債の元金額の                               100  %で償還期日(その日を含む。)までの
       経過利息を付して(ただし、適用あるフランス法に従い)償還する。かかる通知には、発行会社が追加
       額の支払義務を負うこととなり、かつその支払がフランス法上禁じられている旨ならびにかかる禁止お
       よび償還の義務の原因となった事実および事情を合理的な範囲で詳細に(償還予定期日とともに)記載
       し、発行会社の権限ある役員が署名した証明書、ならびにフランスの税務に関して定評ある独立の法律
       顧問のかかる旨を確認する意見書を添付しなければならない。かかる証明書および意見書は英文で作成
       されるものとする。
       本「償還の方法-         (2)  税制上の理由による償還」に基づいて提供される証明書および意見書は、財務代
     理人が受領後速やかに、かつ本社債の償還期日後1か月が経過するまでの間、その本店に備え置かれ、財
     務代理人の通常の営業時間に本社債権者の閲覧または謄写に供される。謄写に要する一切の費用はこれを
     請求する者の負担とする。
       発行会社は、本「償還の方法-                (2)  税制上の理由による償還」に基づいて財務代理人に対して行ういか
     なる通知も償還予定期日の              30 日前までに行い、かかる償還予定期日の                     14 日前までにこれを         本社債権者に対
     して  上記「公告の方法」に従って公告する。当該償還予定期日は営業日(下記「摘要-                                          (4)  支払-   (b)  」に
     おいて定義される。)であるものとし、財務代理人に対する当該通知および                                       本社債権者に対する          公告は取
     消不能とする。
       本「償還の方法-         (2)  税制上の理由による償還」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社
     の負担とする(ただし、上記に別段の定めがある場合を除く。)。
    (3)  買入消却

      発行会社は、公開の市場等においていかなる価格でも本社債を随時買入れることができ、買入れた本社
     債 を保有、転売または消却することができる。ただし、適用ある法令に別段の定めがある場合はこの限り
     でなく、また       保振機構業務規程等の規定に従                わ なければならない。
    (4)  支配権変更による償還

      支配権変更(以下に定義する。)が生じた場合、各本社債権者は、発行会社に対して当該本社債権者が
     保有する本社債の全部または一部を本社債の元金額の                           101  %に相当する償還価格で(償還期日までの未払の
     経過利息(追加額を含む。)(もしあれば)を付して)償還するよう請求する権利(以下「期限前償還請
     求権」という。)を有する。ただし、本社債について各社債の金額の一部に係る権利の行使はできないも
     のとする。また、かかる権利の行使は行使手続期間(以下に定義する。)の最終日に効力が発生するもの
                                  54/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     とみなされる。支配権変更の発生から                    30 日以内に、発行会社は、             (i)  効力発生日(以下に定義する。)、
     (ii)  各本社債権者が期限前償還請求権を有していること、                           (iii)   期限前償還日(以下に定義する。)、                   (iv)
     行 使手続期間および         (v)  財務代理人との協議により発行会社が関連するとみなすその他の事項について財務
     代理人に本社債権者に対する上記「公告の方法」に従った公告を行わしめる。この場合、発行会社は、直
     ちに、ただし、遅くとも財務代理人により公告が行われる                              15 日前までに、財務代理人に対してその旨およ
     びその他の関連事項を書面により通知する。
      期限前償還請求権を行使しようとする本社債権者は、行使手続期間中に、その旨を、発行会社のために
     行為する財務代理人に対してその本店において財務代理人が定める様式による書面通知(以下「行使通
     知」という。)(行使通知には、かかる通知を行う本社債権者の保有証明書(下記「摘要-                                               (2)  債務不履
     行事由-     (I)(d)   」において定義される。)を添える。)を行わなければならない。財務代理人は、行使手
     続期間の最終日が到来するまで、行使通知に示された期限前償還請求権を行使する意思表示が効力を有す
     るとはみなさない。期限前償還請求権を行使しようとする本社債権者は、本「償還の方法-                                               (4)  支配権変
     更による償還」に定める要件に従うほか、保振機構業務規程等に従い、行使手続期間の最終日までに当該
     本社債権者の口座管理機関(下記「摘要-                      (4)  支払-   (a)  」において定義される。)に対して一切の必要な
     手続をとらなければならない。
      本社債権者は、財務代理人に対してその本店において行使通知を提出した後は、少なくとも行使通知の
     対象とされた本社債と同額の本社債を保振機構が運営する社債等の振替制度において譲渡その他の処分を
     することはできず、また行使通知の提出対象となった本社債に基づくいかなる権利(ただし、当該提出時
     までに発生していた権利で、そのとき行使しうるものを除く。)も行使することはできない。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「支配権変更」は以下のいずれかの場合に発生
     する。
      (i)  発行日時点で発行会社の議決権株式(以下に定義する。)の                               50 %超を所有する者を除き、共同で行為
       する者またはグループが、              (a)  発行会社の議決権株式の             50 %超を直接的もしくは間接的に所有することと
       なる場合、      (b)  発行会社の議決権株式の            40 %超を直接的もしくは間接的に所有することとなり、かつ、そ
       の他の者もしくはグループが当該共同で行為する者もしくはグループより高い割合で発行会社の議決権
       株式を直接的もしくは間接的に所有していない場合、                            (c)  議決権株式に帰属する議決権を行使すること
       で、発行会社の株主総会における決議を実質的に決定することができるようになる場合、または                                                 (d)  発行
       会社の議決権株式を所有し、かつ、発行会社の取締役会の構成員の過半数を指名もしくは解任する権限
       を取得する場合。
      (ii)   発行日時点で発行会社の議決権株式の                    50 %超を所有する者以外の法的主体(下記「財務上の特約-
       (1)  担保提供制限」において定義される。)に対して、単独または一連の関連する取引による、発行会
       社およびその特定子会社(下記「財務上の特約-                         (1)  担保提供制限」において定義される。)全体のす
       べてまたは実質的にすべての財産または資産の直接的または間接的な売却、賃貸、移転、譲渡その他の
       処分(合併または統合による場合を除く。)を行う場合。
      本定義において、「共同で行為する」とはフランス商法典第                               L.233-10     条に規定された意味を有する。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「期限前償還日」とは、行使手続期間の最終
     日の  20 日後以降に到来する最初の利払日をいう。ただし、期限前償還請求権の行使による本社債の償還
     が、保振機構業務規程等上、利払日以外の日に可能となる場合、期限前償還日とは、本「償還の方法-                                                     (4)
     支配権変更による償還」の第1段落に基づく最初の公告が行われた日の                                     95 日後の日(かかる日が営業日で
     はない場合は、翌営業日)をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「効力発生日」とは、支配権変更の効力が生
     じる日をいう。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「行使手続期間」とは、本「償還の方法-                                        (4)
     支配権変更による償還」の第1段落に基づき最初の公告が行われた日(その日を含む。)に開始し、当該
     公告が行われた日の          75 日後に終了する期間をいう。かかる                  75 日後の日が営業日ではない場合には、行使手
     続期間の最終日は翌営業日に繰延べられる。
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」において、「議決権株式」とは、発行会社の株主総会で
     議決権を行使する権利を通常有する、当該時点における発行会社のすべての種類の発行済の株式資本(下
     記「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において定義される。)をいう。
                                  55/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      本「償還の方法-         (4)  支配権変更による償還」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の
     負担とする。
    (5)  本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」に別段の定めがある場合を除き、発行会社は、本社債の元

     金の全部または一部を期限前に償還または返済することができない。
    (6)  本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において本社債に関する元金または利息には、元金または

     利息に関しそれぞれ支払われるべき追加額およびプレミアムも含まれるものとみなされる。
    担保

      本社債には担保および保証は付されない。
    本社債の地位

      本社債は、発行会社の上位、無担保かつ無保証の債務を構成し、その相互の間ならびに発行会社の現在お
    よび将来のすべての無担保かつ非劣後の特定債務(下記「財務上の特約-                                      (1)  担保提供制限」において定義
    される。)の支払と同順位であり、発行会社の担保付の特定債務に事実上劣後し(当該特定債務を担保する
    資産価値を限度とする。)、発行会社の特定子会社の特定債務、負債およびコミットメント(買掛品および
    リース債務を含む。)に構造上劣後し、発行会社の現在または将来のすべての特定劣後債務(下記「財務上
    の特約-     (1)  担保提供制限」において定義される。)の支払に優先する。
    財務上の特約

    (1)  担保提供制限
      発行会社は、本社債に            未償還   残高(以下に定義する。)がある限り、その特定債務または特定債務に関
     する保証もしくは補償を担保するために、その現在または将来の事業、収益または資産の全部または一部
     に対して、同時に本社債に同一の担保権を設定することなく、いかなる抵当権、負担、質権その他の担保
     権も設定せず、または存在させないことに合意している。
      上記「本社債の地位」、本「財務上の特約-                       (1)  担保提供制限」、下記「財務上の特約-                     (2)  合併およ
     び統合」および下記「摘要-               (2)  債務不履行事由」において、「特定債務」とは、発行会社の債務であっ
     て、それぞれボンド、ノート、ディベンチャー、ディベンチャー・ストック、ローン・ストック、券面そ
     の他の証書の形式によるか、またはこれらにより表章されるものであり、いずれかの証券取引所または証
     券市場(店頭市場を含むが、これに限定されない。)において上場、                                    値付け   もしくは取引されているか、
     またはその可能性のあるものをいう。
      疑義を避けるために付言すると、特定債務には、発行会社が随時発行することのある、振替制度の下で
     取引される無券面の債務証券に基づく発行会社の債務を含むものとする。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、いずれかの法的主体の「株式資本」とは、当該
     法的主体の一切の株式、持分(パートナーシップ持分を含む。)、買取権、ワラント、オプション、パー
     ティシペーションまたは資本のその他の同等物もしくは持分(呼称を問わない。)をいい、優先株式(以
     下に定義する。)を含むが、当該資本に転換可能な負債証券は除く。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において、「債務負担」とは、設定、発行、引受け、保証の提
     供、負担その他の方法により債務を負うことをいう。ただし、ある法的主体が(合併、統合または買収に
     よるか、その他の事由によるかにかかわらず)特定子会社となった時点で存在した当該法的主体の特定債
     務は、当該法的主体が特定子会社となった時点で当該法的主体が債務負担したものとみなされる。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」において、「優先株式」とは、いずれかの法的主体の株式資本
     に適用される場合、あらゆる種類の株式資本(呼称を問わない。)(フランス法に基づき発行される「優
     先株式(     actions     de  preference      )」を含む。)であって、その要項により、配当もしくは分配の支払に関
     し、または当該法的主体の任意もしくは非任意の清算もしくは解散に伴う財産の分配に関し、当該法的主
     体のその他の一切の種類の株式資本の株式に対し優先するものをいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「法的主体」とは、あらゆる個人、法人、パー
     トナーシップ、有限責任会社、ジョイント・ベンチャー、組合、ジョイント・ストック・カンパニー、信
     託、非法人組織、政府もしくはその一切の機関もしくは下部行政主体またはその他一切の事業体をいう。
                                  56/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      上記「本社債の地位」において、「特定劣後債務」とは、発行会社の特定債務(発行日現在未償還残高
     であるか、その後債務負担したかを問わない。)であって、書面による合意に従い、支払に関して本社債
     に基づく特定債務に明示的に劣後するものをいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、いずれかの特定の法的主体に関する「特定子会
     社」とは、以下のものをいう。
      (a)  一切の法人、組合、自由業実施会社(                    société     d’exercice       libéral    )その他の事業体であって、
       (偶発事象の発生にかかわらず、かつ議決権を有効に譲渡する一切の議決権行使契約または株主契約の
       効力発生後に)当該法人、組合その他の事業体の取締役、マネジャーまたは受託者の選任に係る議決権
       を付与されたその株式資本の株式議決権総数の                        50 %超が、その時点において当該法的主体もしくは当該
       法的主体の単一もしくは複数の他の特定子会社(またはその組み合わせ)によって直接的または間接的
       に保有または支配されている事業体。ただし、その時々に有効な国際財務報告基準(                                            IFRS  )における連
       結基準に基づき、法人、組合その他の事業体が当該法的主体の財務書類上連結されている場合も、その
       限りにおいて当該法人、組合その他の事業体は特定子会社とみなされる。
      (b)  一切のパートナーシップまたは有限責任会社(本定義の                              (a)  の対象となる事業体を除く。)であっ
       て、(ⅰ)その資本勘定、分配権、資本合計および議決権持分または無限責任および有限責任パート
       ナーシップ持分(適用ある場合)の                  50 %超が、当該法的主体もしくは当該法的主体の単一もしくは複数
       の他の特定子会社またはその組み合わせによって直接的または間接的に保有または支配されており(メ
       ンバーシップ、無限責任、特別または有限責任パートナーシップ持分であるか、その他の形態であるか
       否かを問わない。)、かつ(ⅱ)当該法的主体または当該法的主体の特定子会社がその支配権を有する
       無限責任パートナーであるかまたはその他の方法により当該事業体を支配している場合。
       文脈上別段の指定がある場合を除き、「特定子会社」とは、発行会社の特定子会社(直接か間接かを問
       わない。)をいう。
      本「1 社債(短期社債を除く。)の募集」において、「未償還残高」とは、                                        (a)  社債要項に基づき償還
     されたもの、       (b)  償還期日が到来し、償還資金(本社債に関して償還期日までに発生するすべての経過利息
     および当該償還期日以降に支払われる利息を含む。)が機構加入者に有効に支払われたもの、                                                 (c)  無効に
     なったものまたは支払請求権が時効により消滅したもの、および                                 (d)  社債要項で定めるところにより買入消
     却されたもの以外のすべての発行済みの本社債をいう。
      本「財務上の特約-          (1)  担保提供制限」に基づき本社債に担保権が設定された場合は、発行会社は、本
     「財務上の特約-         (1)  担保提供制限」および適用ある法令に従って、当該担保権の設定および対抗要件の
     具備に必要なものを含む(ただし、これらに限定されない。)一切の措置および手続をとり、またはとら
     しめるものとする。当該担保権の有効な設定および対抗要件の具備を含む当該手続が完了した場合、発行
     会社は、当該担保権が本「財務上の特約-                      (1)  担保提供制限」および適用ある法令に従って適法かつ有効
     に設定され、かつ対抗要件が具備された旨を                       本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って公告する。
     かかる担保権の設定、対抗要件の具備、維持および実行に関して発生する一切の費用(上記の公告に関す
     る費用を含む。)は、これを発行会社の負担とする。
    (2)  合併および統合

      (I)  発行会社は、単一の取引によって、または一連の取引を通じて、他の一切の法的主体と統合もしくは
       新設合併し、もしくはかかる法的主体に吸収合併され、または発行会社の財産および資産の全部もしく
       は実質的全部を他の一切の法的主体に売却、譲渡、移譲、移転、賃貸その他の方法により処分してはな
       らない。
      (II)   上記  (I)  は、以下のすべての要件を充足する場合には適用されない。
       (i)   当該統合または合併の効力発生時およびその直後において、                                (x)  発行会社が存続会社であるか、ま
        たは  (y )当該統合もしくは合併の結果新設され、もしくは存続する法的主体(発行会社以外の場
        合)、もしくは発行会社の財産および資産の全部もしくは実質的全部、もしくは連結ベースでの発行
        会社および特定子会社の財産および資産の全部もしくは実質的全部の売却、譲渡、移譲、移転、賃貸
        その他の処分がなされた先の法的主体(発行会社以外の場合)(以下「存続事業体」という。)が、
        (A)  フランスその他の欧州連合の加盟国、スイスまたはアメリカ合衆国もしくはその州もしくはコロン
        ビア特別区の法律に基づき適式に設立され、有効に存続する法人であり、かつ                                        (B)  (補完的な財務代理
        人契約に従い)本社債、社債要項および財務代理人契約に基づく発行会社の義務を、財務代理人が合
                                  57/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        理的に満足する形式および内容で明示的に引き受け、本社債および財務代理人契約が、補完後もその
        完全な効力を維持する場合。
       (ii)   当該統合、合併、売却、譲渡、移転、賃貸その他の処分の効力をプロフォーマ・ベースで生じさせ
        (かつ、当該取引または一連の取引に関連または起因して発生した発行会社または特定子会社の義務
        等(以下に定義する。)を、当該取引時に発行会社または特定子会社が負担したものとみなし)た直
        後において、債務不履行(以下に定義する。)または債務不履行事由(下記「摘要-                                            (2)  債務不履行
        事由」において定義される。)が発生しておらず、かつ、継続していない場合。
       (iii)   発行会社または存続事業体が、財務代理人に対し、財務代理人が合理的に満足する形式および内
        容で、正当な権限を有する発行会社の役員により作成された証明書(上記                                      (ii)  の遵守を証明する計算
        結果を添付する。)および法律顧問の意見書(それぞれ当該統合、合併、売却、譲渡、移譲、移転、
        賃貸その他の処分(および当該取引に関連して補完的な財務代理人契約が求められる場合は、当該補
        完的な財務代理人契約)が、財務代理人契約の要件を遵守すること、ならびに当該補完的な財務代理
        人契約が発行会社および/または存続事業体により適式に承認、締結および交付され、その各当事者
        の合法的かつ有効で、拘束力を有する執行可能な義務を構成することが記載されていることを要す
        る。)を交付している場合。ただし、かかる意見書の提供において当該法律顧問は、上記                                              (ii)  の遵守
        および事実関係については上記の証明書に依拠することができ、また、かかる意見書には、慣例的な
        前提条件および留保事項を記載することができるものとする。かかる法律顧問による意見書は、本
        「財務上の特約-         (2)  合併および統合」の下記             (III)   に定める統合、合併、売却、譲渡、移譲、移転、
        賃貸その他の処分においては必要とされない。かかる証明書および意見書は、翻訳証明付の日本語訳
        を添えて英文で作成するものとする。
      (III)   (A)  本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」の上記             (I)  は、特定子会社が発行会社と統合し、も
       しくは発行会社に吸収合併され、またはその資産の全部もしくは一部を発行会社に譲渡する取引(発行
       会社を存続事業体とするもの)には適用されないものとし、また、                                  (B)  本「財務上の特約-          (2)  合併およ
       び統合」の上記        (II)(ii)     は、発行会社が、         (x)  発行会社を他の法域において再設立もしくは再編成するこ
       と、もしくはその法人体制を他の事業体に変更することを目的として設立もしくは組織された発行会社
       の関係者(以下に定義する。)、または                    (y)  発行会社の特定子会社と統合もしくは新設合併し、もしくは
       それらに吸収合併され、もしくはその財産および資産の全部もしくは実質的全部をそれらに移転する場
       合には適用されないものとする(ただし、当該取引の直前の発行会社および発行会社の特定子会社のす
       べての資産(当該特定子会社の株式資本を除く。)が、当該取引の完了直後、当該特定子会社およびそ
       の特定子会社により保有されることを条件とする。)。
      (IV)   発行会社を当事者とする取引であって、本「財務上の特約-                               (2)  合併および統合」を遵守するもの
       においては、存続事業体は、財務代理人契約に基づき発行会社を承継および代替し、発行会社のすべて
       の権利および権限を行使することができる。ただし、発行会社および特定子会社の全体としての資産の
       全部または実質的全部の賃貸の場合は、承継前の発行会社は、その本社債の元本および利息の支払義務
       を免れない。
      (V)  本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」における上記の規定を遵守した当該取引の完了後、発行会
       社を代理する財務代理人は、本社債権者に対して上記「公告の方法」に従って遅滞なくその旨を公告す
       る。本「財務上の特約-             (2)  合併および統合」に定める要件の充足に関連して発生するすべての費用
       は、発行会社がこれを負担するものとする。本「財務上の特約-                                 (2)  合併および統合」に基づき財務代
       理人に交付された証明書および意見書は、財務代理人の受領後速やかに、その受領後1年が経過するま
       での期間、その本店に備え置くものとし、通常の営業時間中、本社債権者による閲覧または謄写に供さ
       れるものとする。当該謄写に要するすべての費用は、その申請者の負担とする。
      (VI)   本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、特定の法的主体の「関係者」とは、直接的も
       しくは間接的に当該特定の法的主体を支配し、もしくは当該特定の法的主体に支配され、または当該特
       定の法的主体と共通の直接的もしくは間接的支配下に置かれるその他の法的主体をいう。
      本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、「義務等」とは、特定債務に関して、元本、プレ
     ミアム、利息、違約金、手数料、補償、弁済および当該特定債務を管理する文書に基づき支払われるべき
     その他の金額に係るあらゆる義務をいう。
                                  58/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      本「財務上の特約-          (2)  合併および統合」において、「債務不履行」とは、現時点で債務不履行事由で
     ある、または通知もしくは時間の経過もしくはその両方により債務不履行事由となるいずれかの事由をい
     う。
    (3)  その他の条項

      該当事項なし。
    社債権者集会

      (i)  本社債のその時点での未償還総額の                  10 分の1以上にあたる本社債を保有する本社債権者が共同または単
    独で書面により社債権者集会の開催を、発行会社を代理する財務代理人に対し財務代理人の本店において請
    求する場合(かかる本社債権者は財務代理人に対し保有証明書を提示するものとする。)、または                                                   (ii)  発行
    会社が社債権者集会の開催を必要と認めて財務代理人に対し社債権者集会の開催予定日より                                               35 日前までに書
    面による通知をした場合、発行会社は本社債権者の利害に関連する事項を議題とする社債権者集会の招集を
    行う。ただし、社債要項の修正については、本社債に基づく本社債権者の権利放棄を除き、発行会社の同意
    を必要とする。
      社債権者集会が招集される場合、財務代理人は                        発行会社のために         当該社債権者集会の招集公告を当該集会
    の開催日の      21 日前までに      本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って               行い、かつ、発行会社は、財務代
    理人が発行会社のために、社債権者集会の招集および議事の進行の促進のために必要な手続をとるようにさ
    せる。
      本社債権者は当該社債権者集会において、自ら出席し、もしくは代理人を通じて、または発行会社もしく
    は発行会社を代理する財務代理人が定める規定および手続に従って、書面または(発行会社が電磁的方法に
    よる議決権の行使を許可する場合は)電磁的方法により、その議決権を行使することができる。社債権者集
    会においては、各本社債権者は当該本社債権者が保有する(その時点で未償還の)本社債の金額に応じて議
    決権を有する。ただし、本社債権者は、当該集会の開催日の7日前までに保有証明書を財務代理人に対しそ
    の本店において提示し、かつ、当該集会の開催日に当該集会において発行会社または財務代理人に対し保有
    証明書を提示しなければならず、さらに、当該本社債権者は、かかる保有証明書を(場合により)保振機構
    または当該本社債権者の関連する口座管理機関に返還するまでは、本社債の振替の申請または抹消の申請を
    することができない。発行会社は、その代表者を当該集会に出席させ、当該集会においてその意見を表明さ
    せることができる。
      当該社債権者集会の決議は、当該集会に出席し、当該集会において議決権を行使する権利を有する本社債
    権者(以下「議決権者」という。)が保有する議決権の総数の2分の1超をもってこれを行う。ただし、下
    記の事   項については特別決議           (以下に定義する。)           を要する。
      (a)  すべての本社債に関して行われる支払の猶予、不履行によって生じた責任もしくは債務の免除または
       和解(下記      (b)  に記載の事項を除く。)
      (b)  すべての本社債に関して行われる訴訟行為または破産、会社更生もしくはこれに準ずる手続に関する
       すべての行為
      (c)  社債権者集会において決議すべき事項の決定について、社債権者集会の決議により指名および授権さ
       れる本社債権者の1名もしくは複数名の代表者(ただし、いずれも(その時点で未償還の)本社債の
       総額の   1,000   分の1以上を保有する者でなければならない。)(以下「代表本社債権者」という。)ま
       たは社債権者集会の決議により指名および授権される社債権者集会の決議を執行する者(以下「決議
       執行者」という。)の選任もしくは解任、または上記の者に委託した事項の変更
      「特別決議」とは、社債権者集会において、本社債の未償還総額に係る議決権者が保有する議決権の総数
    の5分の1以上、かつ、当該集会に出席した議決権者が保有する議決権の総数の3分の2以上の賛成をもっ
    て採択される決議を意味する。
      社債権者集会において行使された議決権の数の算定上、代理人により、または書面もしくは(発行会社が
    電磁的方法による議決権の行使を許可する場合は)電磁的方法により議決権を行使した本社債権者も、これ
    に出席し、議決権を行使したものとみなされる。
      上記の規定にかかわらず、発行会社または本社債権者が社債権者集会の目的である事項に関して提案を
    行った場合に、すべての議決権者がかかる提案に対して書面または(発行会社が電磁的方法によるその同意
    の意思表示を認める場合は)電磁的方法によりその同意の意思表示をした場合は、かかる提案を可決する旨
    の社債権者集会の決議があったものとみなされるものとする。本規定に従い、社債権者集会の決議があった
                                  59/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    ものとみなされた場合、発行会社は、財務代理人に対し、その旨および当該決議の内容を速やかに通知す
    る。
      本「社債権者集会」に従って行われた、または行われたとみなされた決議は、すべての本社債権者に対
    し、当該社債権者集会に出席したか否かを問わず、適用ある日本法が認める限度において拘束力を有し、そ
    の執行には代表本社債権者または決議執行者がこれにあたる。
      本「社債権者集会」において、発行会社またはその子会社が保有する本社債は除外され、未償還でないも
    のとみなす。
      社債権者集会は日本国東京都において開催される。
      本「社債権者集会」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    準拠法および管轄裁判所

      発行会社による本社債の発行に関する授権を除き、本社債ならびにこれに基づく本社債権者を含むすべて
    の当事者の一切の権利および義務は、すべて日本法に準拠し、日本法に従って解釈される。
      社債要項において別段の定めがある場合を除き、本社債に基づく義務の履行地は、日本国東京都とする。
      本社債もしくは社債要項から生ずるか、またはこれらに関する発行会社に対する一切の訴訟その他の裁判
    手続は、非専属的に、東京地方裁判所に対して提起することができ、発行会社は、かかる裁判所の管轄権に
    明示的、無条件かつ取消不能の形で服することに同意する。
      発行会社は、本社債もしくは社債要項から生ずるか、またはこれらに関して日本国東京都において提起さ
    れることのある一切の訴訟その他の裁判手続につき、発行会社の権限ある訴状その他の裁判上の書類の受取
    人として日本国東京都            に所在する      弁護士である黒田康之氏             を指名し、訴状その他の裁判上の書類を                     受領する
    場所として      アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業                             のその時々の住所(現住所は、                 〒 100-
    8136   日本国東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング                                        )を指定する。発行会社
    は、本社債の未償還残高が存する限りいつでも、かかる指名および指定が完全な効力を有し、それを継続す
    るのに必要な一切の行為(あらゆる書類および証書の作成および提出を含む。)をなすことに合意する。か
    かる受取人が何らかの理由により発行会社のかかる権限ある受取人として行為することが不可能な場合、発
    行会社は直ちに日本国東京都に所在のある後任の権限あるかかる受取人を指名し、かつ、かかる指名が効力
    を有するのに必要な一切の行為を行うことを約束する。発行会社は、財務代理人に対し、かかる後任の受取
    人を指名したことを速やかに通知し、その旨を速やかに公告する。
    摘要

    (1)  信用格付
    信用格付業者から付与された信用格付
      本社債に関し       て、発行会社は、格付の付与を日本国金融商品取引法(昭和                               23 年法律第     25 号、その後の改正
    を含む。)第       66 条の  27 に基づき登録された信用格付業者である株式会社日本格付研究所(登録番号:金融庁
    長官(格付)第1号)(以下「                JCR  」という。)に依頼しており、本社債の発行条件決定後にかかる格付を取
    得できる予定である。
      発行会社は、本書の日付現在、                JCR  から  A- の外貨建長期発行体格付を付与されている。
      JCR  の信用格付は、格付対象となる債務について約定通り                           履行  される確実性の程度を、等級をもって示すも
    のである。
      JCR  の信用格付は、債務履行の確実性の程度に関しての                          JCR  の現時点での総合的な意見の表明であり、当該
    確実性の程度を完全に表示しているものではない。また、                              JCR  の信用格付は、デフォルト率や損失の程度を予
    想するものではない。           JCR  の信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクなど、債務履行
    の確実性の程度以外の事項は含まれない。
      JCR  の信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動す
    る。また、      JCR  の信用格付の付与にあたり利用した情報は、                       JCR  が格付対象の発行体および正確で信頼すべき
    情報源から入手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが存在す
    る可能性がある。
      本社債の申込期間中に本社債に関して                      JCR  が公表する情報へのリンク先は、                   JCR  のホームページ
    ( http://www.jcr.co.jp/            )の「ニュースリリース」の右端「一覧を見る」をクリックして表示される
    「ニュースリリース」(             http://www.jcr.co.jp/release/                )に掲載されている。なお、システム障害等何らか
    の事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のとおりである。
                                  60/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      JCR  :電話番号      03-3544-7013
    (2)  債務不履行事由

      (I)  以下に掲げる各事項は、本社債に関する債務不履行事由(以下それぞれを「債務不履行事由」とい
       う。)を構成する。
       (a)  (x)  支払期日の到来した本社債の利息の支払の不履行が                           30 日間継続した場合、または              (y)  支払期日の
        到来した追加額の支払の不履行が                 30 日間継続した場合。
       (b)  償還、社債要項により要求される買戻し、期限の利益の喪失またはその他の場合における、所定償
        還日(以下に定義する。)に支払期日の到来する本社債の元金またはプレミアム(もしあれば)の支
        払を履行しない場合。
       (c)  発行会社が上記「償還の方法-                (4)  支配権変更による償還」または上記「財務上の特約-                            (2)  合併
        および統合」に基づく債務を履行しない場合。
       (d)  本社債に基づく、または本社債に関するその他の義務の履行または遵守を怠り、かつ(かかる不履
        行が治癒不可能な場合を除き(この場合、下記の継続または通知を要しない。))発行会社が本社債
        権者によるかかる不履行を特定する書面による通知(当該本社債権者は、かかる通知を行う時に、財
        務代理人の本店において、保振機構または(場合により)関連する口座管理機関により発行された当
        該本社債の保有を証する証明書(以下「保有証明書」という。)を提示しなければならない。)を財
        務代理人の本店において受領した後                  30 日間当該不履行が継続している場合。
       (e)  発行会社もしくはその特定子会社のいずれかが借り入れた(または発行会社もしくはその特定子会
        社のいずれかによりその支払が保証される)金銭に係る特定債務(現在存在するものであるか、発行
        日後に生じたものであるかを問わない。)の発生の根拠となり、かかる特定債務を被担保債務とし、
        またはかかる特定債務の発生を裏付ける抵当権、債務証書または証書に係る不履行であって、かつ、
        当該不履行が以下のいずれかに該当する場合。
        (i)   当該不履行の日付で当該特定債務に定められた猶予期間の満了前に、当該特定債務の元金が支
            払われないことにより生じたとき(以下「支払不履行」という。)。
        (ii)   当該特定債務がその所定償還日より前に期限の利益を喪失する結果となり、かつ、それぞれの
            場合において、支払不履行が発生したか、または期限の利益を喪失した他の当該特定債務の元
            金額と合わせて、当該特定債務の元金額が合計1億                           7,500   万ユーロ(またはその他の通貨での
            その相当額)以上であるとき。
       (f)  破産法(以下に定義する。)に基づき、または破産法の意義の範囲内で、発行会社またはいずれか
        の重要子会社(以下に定義する。)が以下のいずれかの行為を実行した場合。                                        (A)  自己申立の開始(任
        意管理者の選任を含む。)、               (B)  非自発的申立における自らに対する救済命令の登録への同意、                                (C)  自
        らの、またはその資産の重要な部分についてのカストディアン(以下に定義する。)の選任への同意
        (当該選任が、支払能力のある状況で、または一定の取引もしくは一連の関連する取引との関係で行
        われる場合を除く。)、または(                 D )自らの債権者の利益のために行う一般的譲渡の実施。
       (g)  発行会社またはフランス国内に設立されたいずれかの重要子会社が、(本「摘要-                                           (2)  債務不履行
        事由-   (I)  」の他の項に影響を及ぼすことなく、)                     (A)  フランス商法典第         L.631-1    条以下の意義の範囲内
        で、自らの利用可能な資産(               cessation      des  paiements     )からその支払期限の到来した債務を支払うこ
        とができない場合、または              (B)  上記に限らず、自らもしくは第三者の決定により、以下の手続の対象と
        なる場合。      (1)  任意清算もしくは解散(社債要項により許可される合併もしくは解散を除く。)、                                           (2)
        フランス商法典第         L.611-3    条以下に規定される特別代理人(                 mandataire      ad  hoc  )の選任の申請、         (3)  救
        済手続(     sauvegarde      )、促進救済手続(           sauvegarde      acceleree     )、裁判上の更正手続(             redressement
        judiciaire      )もしくは裁判上の清算手続(                 liquidation       judiciaire      )の開始、      (4)  フランス商法典第
        L.631-1    条以下および第         L.640-1    条以下に基づく破産判決(                redressement        judiciaire      もしくは
        liquidation       judiciaire      )もしくはフランス商法典第               L.642-1    条以下に基づく事業の全部もしくは一部
        の移転(     cession     totale    ou  partielle      de  l'entreprise       )に関する判決、または             (5)  フランス商法典
        第 L.611-4    条以下に基づく調停手続。
       (h)  正当な管轄権を有する裁判所が、破産法に基づき、以下の命令、判決または決定を行う場合。                                                (A)  非
        自発的申立において発行会社もしくはいずれかの重要子会社に対する救済を目的とするもの、                                                (B)  発行
        会社もしくはいずれかの重要子会社もしくはそれぞれの資産のいずれかの重要な部分についてカスト
                                  61/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        ディアンを選任するもの、または                 (C)  発行会社もしくはいずれかの重要子会社の解散もしくは清算を命
        じるもの(当該解散もしくは清算が、支払能力のある状況で、もしくは一定の取引もしくは一連の関
        連 する取引との関係で行われる場合を除く。)、かつ、                            (A)  から  (C)  のいずれかにおいて、当該命令ま
        たは決定が、執行停止されることなく連続する                        60 日間有効に存続する場合。
       (i)  正当な管轄権を有する裁判所が、発行会社または重要子会社に対して、第三者である法的主体によ
        り免除、保証または付保されていない金銭の支払に関する終局判決を下す場合であって、その額(そ
        の判決が行われる前か、もしくは行われた後                       60 日以内に当該金額に関して実際に受領した保険料もし
        くは補償料の支払額、またはその判決に関する上訴が認められなかった場合は当該金額について受領
        する保険料もしくは補償料の支払額を差し引いたもの)が1億                                7,500   万ユーロ(またはその他の通貨で
        のその相当額)を超える場合。ただし、当該判決または決定が連続する                                     60 日間免除、放棄または執行
        停止されないことを条件とする。
      (II)   本社債のいずれかについていずれかの債務不履行事由が発生し、継続している場合、本社債権者
       は、財務代理人の本店において、それぞれの債務不履行事由およびそれが「期限の利益喪失通知」であ
       る旨を明記した発行会社に対する書面による通知(受領時に効力を生じる。)を行うことにより(当該
       本社債権者は、かかる通知を行う時に、財務代理人の本店において、保有証明書を提示しなければなら
       ない。)、当該本社債権者が保有する本社債およびこれに対してその時までに発生するすべての経過利
       息について期限の利益の喪失を宣言することができ、これにより当該本社債の金額および当該利息は直
       ちに支払われるものとする。ただし、これに先立って本社債に関するすべての債務不履行事由が治癒さ
       れた場合はこの限りでない。発行会社に関する上記                           「摘要-     (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (g)  に掲げる
       債務不履行事由が発生し、継続している場合は、未償還の本社債すべてに係る未払元金および経過利息
       は、その事実自体により期限の利益を喪失し、本社債権者によるいかなる宣言その他の行為をも要する
       ことなく、直ちに支払われるものとする。
      (III)   (i)  上記  「摘要-     (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (b)  ないし   (i)  に掲げる事由のいずれかが発生した場
       合、または      (ii)  時の経過、通知の付与もしくはその双方により当該事由のいずれかとなる事態が存在す
       る場合、発行会社は、直ちに(ただし、上記                       (ii)  の場合は発行会社がかかる事態を知ることとなった時
       に直ちに)、かかる事由または事態を財務代理人に通知し、その旨を本社債権者に対して上記「公告の
       方法」に従って公告する。また、上記「摘要-                        (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (a)  に掲げる事由または時
       の経過によりかかる事由となる事態が発生し、継続している場合、発行会社は直ちにかかる事由または
       事態を財務代理人に通知し、かつ、                  本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従って公告する。
      (IV)   本「摘要-      (2)  債務不履行事由」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とす
       る。
      (V)  本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「破産法」とは、債務者の救済を目的とするアメリカ合
       衆国法典第      11 編または同様のアメリカ合衆国の連邦法、州法もしくはアメリカ合衆国外の法律をいい、
       また、フランス商法典第Ⅵ部第Ⅰ編から第Ⅳ編において規定される手続およびその都度の発行会社また
       は現在もしくは将来の重要子会社が組織された法域における類似の手続を含む。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「カストディアン」とは、破産法に基づく管財人、受託
       者、譲受人、清算人、保管人、任意管理者またはこれらに類似する職務を有する者(法定管理人
       ( administrateur         judiciaire      )、暫定管理人(         administrateur         provisoire      )、特別代理人
       ( mandataire      ad  hoc  )、調停人(       conciliateur       )または清算代理人(           mandataire      liquidateur      )を含
       む。)をいう。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「重要子会社」とは、以下の条件のいずれかを満たす発
       行会社の特定子会社をいう。
        (i)   当該特定子会社に対する、発行会社および発行会社のその他の特定子会社による投資および貸
            付金が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその連結対象である特定子会
            社の総資産の       10.0  %を超えていること。
        (ii)   当該特定子会社の総資産(会社間取引の相殺消去後)における発行会社および発行会社のその
            他の特定子会社の持分の割合が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその
            連結対象である特定子会社の総資産の                   10.0  %を超えていること。
        (iii)   所得税、臨時項目および非支配持分に帰属する金額を除く子会社の会計原則変更による累積影
            響額の控除前の継続事業から得た収益における発行会社および発行会社のその他の特定子会社
                                  62/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
            の持分の比率が、直近で終了した事業年度の末日における発行会社およびその連結対象である
            特定子会社の当該利益の            10.0  %を超えていること。
         ただし、発行会社の一切の特定子会社は、本来、重要子会社ではない発行会社の他のすべての特定
        子会社のうち、上記「摘要-               (2)  債務不履行事由-         (I)  」の  (f)  、 (g)  および/または        (h)  に記載の事由
        が発生した特定子会社がある場合には、これらと合算したうえで、上記の基準に従って重要子会社を
        構成するとみなされるものとする。
        本「摘要-      (2)  債務不履行事由」において、「所定償還日」とは、証券または負債に関して、当該証
       券または負債の元金の支払義務が発生する期日として当該証券または負債において指定された日をい
       う。これには、強制的償還条項(ただし、不測の事態が発生した場合に、当該証券の保有者の選択によ
       り当該証券の買戻しまたは返済を行うことができる旨を定める条項を除く。)に基づき指定された日を
       含む。
    (3)  税制上の理由による追加支払

       本社債について支払われるべき金額(元金または利息                            に関するものであるか、             その他に関する        ものであ
     る かを問わない。)はすべて、フランス共和国もしくはその下部行政主体もしくはそれらの域内の、もし
     くはそれらの課税権限を有する当局もしくは機関により、またはそれらのために賦課もしくは徴収される
     現在または将来の公租公課または政府賦課金(性質の如何を問わない。)のための                                           、またはそれらを理由
     とする   源泉徴収または控除(以下「課税控除」という。)を行うことなく支払われる。ただし、法律によ
     り、かかる課税控除が要求される場合はこの限りでない。フランス法により、いずれかの本社債に関する
     元金または利息の支払が課税控除の対象となることが要求される場合、発行会社は、その時点で法律が最
     大限認める限度において、かかる課税控除が要求されなければ本社債権者が受領したであろう金額を当該
     本社債権者が受領         できるように       追加額(以下「追加額」という。)を支払う。ただし、いずれかの本社債
     について、      (i)  単に本社債を保有していること以外にフランス共和国と何らかの関連を有していることを理
     由として、当該本社債に関してかかる課税控除に服する本社債権者もしくはかかる本社債権者を代理する
     第三者に対して支払が行われる場合、または                       (ii)(a)    フランス一般租税法第           238-0   の A 条に定められたリスト
     (かかるリストは随時改訂される。)に記載された非協力国もしくは非協力地域(                                            Etat   ou  territoire
     non  coopératif      )もしくは同法第         238  の A 条において意味する低税率の管轄区域(以下「非適格地域」とい
     う。)に所在する金融機関に本社債権者の名義で開設された口座もしくは本社債権者のために開設された
     口座に対して支払がなされること、もしくは                       (b)  非適格地域に居住する本社債権者もしくは非適格地域にお
     いて設立された本社債権者に対して支払がなされることのみを理由としてかかる課税控除が課される場合
     には、上記の追加額は支払われない。
       発行会社が、       いずれかの時点で         フランス共和国以外の、または追加的な課税管轄に一般的に服すること
     となった場合には、上記「償還の方法-                     (2)  税制上の理由による償還」および本「摘要-                       (3)  税制上の理
     由による追加支払」におけるフランス共和国の文言は、フランス共和国および/または当該他の管轄と読
     み替え、解釈されるものとする。
       本「摘要-      (3)  税制上の理由による追加支払」に基づく手続に要する一切の費用は、これを発行会社の
     負担とする。
    (4)  支払

      (a)  本社債の元金および利息の支払は、支払代理人により、振替法および保振機構業務規程等に従って、
       本社債権者に対し、本社債権者が機構加入者である場合は直接、またそれ以外の場合には、本社債権者
       が本社債を記録させるために口座を開設した関連する口座管理機関(以下「口座管理機関」という。)
       を通じて、行われる。上記にかかわらず、支払代理人が、発行会社から受領した本社債の元金または利
       息の支払に必要な資金を、関連する機構加入者に配分した時点で、発行会社は、社債要項に基づくかか
       る支払義務から免責される。
      (b)  本社債の元利金の支払期日が日本国東京都における銀行の営業日(以下「営業日」という。)ではな
       い場合、本社債権者は翌営業日まで当該支払期日に支払われるべき金額の支払を受ける権利を有せず、
       またかかる支払の繰延べに伴う追加利息その他の支払を受ける権利も有しない。
      (c)  支払期日に支払われるべき本社債の元金または利息の全額を支払代理人がかかる支払期日後に受領し
       た場合、財務代理人は、発行会社に代わって、支払代理人によるかかる金額の受領後、実務上可能な限
       り速やかに(ただし、遅くとも                14 日以内に)、       本社債権者に対して          上記「公告の方法」に従ってその旨
                                  63/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       ならびにその支払方法および支払日の公告を行う。かかる金額の受領の時点でかかる支払方法もしくは
       支払日(またはその双方)を決定することができない場合、財務代理人はかかる金額の受領ならびに決
       定 された範囲内でのかかる支払方法および/または支払日の公告を本社債権者に対して行い、後日、そ
       の決定後速やかに、かかる支払方法および/または支払日について、                                    本社債権者に対して          公告を行う。
       当該公告に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    (5)  時効

       本社債に係る消滅時効は、元金については                      10 年、利息については5年とする。
    (6)  社債原簿

       本社債の社債原簿は、発行会社に代わって財務代理人がこれを作成および管理し、その本店に備え置
     く。
    (7)  通貨の補償

       本社債の元利金または本社債に関して支払うべきその他の金額の支払を命ずる判決または命令がいずれ
     かの裁判所によりなされ、または発せられ、かかる判決または命令が日本円以外の通貨で表示されている
     場合には、かかる判決または命令に関して本社債権者がかかる通貨により受領または回収したいかなる金
     額も、日本円建で受領または回収した金額の範囲でのみ発行会社を免責するものであり、発行会社は、か
     かる本社債権者に対し、             (i)  かかる判決または命令のために、日本円で表示されている金額がかかる日本円
     以外の通貨に換算された、または換算されたものとみなされた日と                                   (ii)  かかる判決または命令(またはそ
     の一部)の履行がなされた日との間に生じた換算率の変動から生じる不足額を補填するために必要な金額
     を支払うことを約束する。適用ある法律が認める限度において、上記の約束は、発行会社の他の債務から
     別個、独立の債務を構成し、発行会社に対する別個、独立の請求原因となり、その時々の本社債権者が猶
     予したか否かを問わず適用され、いかなる判決または命令にもかかわらず継続して完全な効力を有するも
     のとする。
    (8)  本社債の社債券

       本社債の社債券(以下「本社債券」という。)は、本社債権者がその発行を請求できる振替法に規定さ
     れた例外的な場合を除き、発行されない。本社債券が発行される場合、かかる本社債券は支払期日未到来
     の利札付無記名式に限るものとし、本社債権者は本社債券の記名式への変更または分割もしくは併合を要
     求することはできない。
       本社債券が発行された場合、本社債の元利金の計算および支払の方法、本社債権者による本社債に基づ
     く権利の行使、本社債の譲渡、ならびに本社債に関するその他のすべての事項は、その時点で適用ある日
     本国の法令およびその時点の日本国の一般的な市場慣行に従うものとする。社債要項の規定とその時点で
     適用ある日本国の法令およびその時点の日本国の一般的な市場慣行との間に齟齬がある場合には、当該日
     本国の法令および市場慣行が優先するものとする。発行会社は、実務上可能な限り、上記の事項を遅滞な
     く本社債権者に対して上記「公告の方法」に従って公告するものとする。
       本社債券の発行に要する一切の費用は、これを発行会社の負担とする。
    (9)  フランスの租税

       以下は、(ⅰ)日本国の税法上ならびに                     1995  年3月3日付の所得に対する租税に関する二重課税の回避
     及び脱税の防止のための日本国政府とフランス共和国政府との間の条約および                                        2007  年1月   11 日付の日仏租
     税条約を改正する議定書(以下「日仏租税条約」と総称する。)上の日本国の居住者、ならびに(ⅱ)日
     仏租税条約の恩恵を受ける資格を有する者による本社債の取得、保有および処分に関して適用されうるフ
     ランスの租税上の一定の結果に限定した一般的な記述である。
       かかる記述は、現在有効であり、かつフランス税務当局により適用されているフランスの税法令(これ
     らはすべて改正または異なる解釈が行われる可能性がある。)および日仏租税条約の規定に基づいてい
     る。
       以下の記述は一般的な情報であり、特定の状況下で特定の本社債権者に関連しうる、フランスの税法お
     よび日仏租税条約に基づくあらゆる税務問題を扱うことを意図していない。
                                  64/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (a)  本社債の元金に対する課税
        発行会社による本社債に関する元金の支払は、フランス一般租税法第                                    125  の A 条 Ⅲ に定める源泉徴収税
       の対象とならない。
     (b)  本社債の利息に対する課税
        発行会社による本社債に関する利息その他の所得の支払は、当該支払がフランス国外で、フランス一
       般租税法第      238-0   の A 条に定める意味における非協力国もしくは非協力地域(                              Etat   ou  territoire      non
       coopératif      )(本「     (9)  フランスの租税」において、以下「非協力国」という。)(フランス一般租税
       法の同第     238-0   の A 条第2項の2の2         ° に記載されるもの(注)を除く。)においてなされない限り、フ
       ランス一般租税法第          125  の A 条Ⅲに定める源泉徴収税の対象とならない。もし本社債に基づくかかる支払
       が非協力国において行われる場合は、フランス一般租税法第                               125  の A 条Ⅲに基づき、本社債権者の税務上
       の居住地にかかわらず            75 %の源泉徴収税が適用される(ただし、以下に規定する例外規定のいくつかお
       よび日仏租税条約のより有利な規定に従う。)。
        さらに、フランス一般租税法第                238  の A 条に従い、かかる本社債に係る利息およびその他の所得は、そ
       れが(   ⅰ )非協力国(フランス一般租税法第                  238-0   の A 条第2項の2の2         ° に定めるものを含む。)にお
       いて居住し、もしくは設立された者に対して支払われ、もしくは発生した場合、または(                                              ⅱ )当該非協
       力国に所在する金融機関に開設された銀行口座に支払われた場合は、発行会社の課税所得から控除する
       ことはできない(以下「控除対象外所得」という。)。一定の条件の下では、控除できない利息および
       その他の所得はフランス一般租税法第                   109  条以下に従って、みなし配当と位置付けられることがある。そ
       の場合、かかる控除できない利息およびその他の所得は、(ⅰ)フランス税法上の居住者でない個人が
       受領する支払の場合は            12.8  %、(    ⅱ )フランス税法上の居住者でない法人が受領する支払の場合は
       25 %、または(       ⅲ )フランス国外で、非協力国(フランス一般租税法第                            238-0   の A 条第2項の2の2         ° に
       定めるものを除く。)においてなされた支払の場合には                             75 %(一部の例外および適用ある二重課税回避
       条約の規定に服する。)の税率で、フランス一般租税法第                              119  条の2の2に規定する源泉徴収税の対象と
       なることがある。
        上記にかかわらず、発行会社が、本社債の発行の主たる目的および効果が非協力国における利息その
       他の所得の支払を許容するものではないことを証明できる場合、当該支払が非協力国において住所を有
       しもしくは設立された者になされるか、またはかかる非協力国において支払がなされるということのみ
       を理由として、フランス一般租税法第                    125  の A 条Ⅲに定める       75 %の源泉徴収税または(該当する利息もし
       くはその他の所得が真正な取引に関連するものであり、異常なもしくは過大な金額でない場合に限り)
       フランス一般租税法第           238  の A 条に規定される控除対象外所得およびこれに伴うフランス一般租税法第                                    119
       条の2の2に規定する源泉徴収税のいずれも、本社債の発行について適用されない(以下「例外規定」
       という。)。本社債が下記のいずれかに該当する場合、フランス税務当局により発出された通達(                                                   BOI-
       INT-DG-20-50-30-14/06/2022               第 150  号および     BOI-INT-DG-20-50-20-06/06/2023                 第 290  号)に従い、本社債
       の発行は、発行会社が本社債発行の目的および効果の証明を要することなく、例外規定の恩恵を受ける
       ことになる。
        ( ⅰ ) 本社債の募集が、フランス通貨金融法典第                      L.411-1    条に定める意味における公募により、または非
       協力国以外の国における同等の募集に従って行われる場合。ここにおいて「同等の募集」とは、国外の
       証券市場当局によるまたはこれに対する募集に係る書類の登録または提出を要する募集をいう。
        ( ⅱ ) 本社債が規制市場またはフランス共和国内もしくは国外の多角的証券取引システムにおいて取引
       されることが認められている場合。ただし、かかる市場またはシステムが非協力国に存在するものでは
       なく、かかる市場の運営が市場オペレーターもしくは投資サービス提供業者またはその他国外の類似の
       事業体により行われており、さらに、かかる市場オペレーター、投資サービス提供業者または事業体が
       非協力国に存在するものではない場合に限る。
        ( ⅲ ) 本社債についてその発行時に、(フランス通貨金融法典第                              L.561-2    条に定める意味における)中央
       預託機関、証券決済および受渡・支払システム・オペレーターまたは1社以上の国外の類似の預託機関
       もしくはオペレーター(ただし、かかる預託機関もしくはオペレーターが非協力国に存在するものでは
       ない場合に限る。)の決済業務が認められた場合。
       ( 注 ) フランス一般租税法第           238-0   の A 条に記載される非協力国の一覧は、原則的に毎年、政令によって更
          新される。フランスの一覧は、直近では                     2023  年2月3日付命令により更新されており、当該時点
          では英領ヴァージン諸島、アンギラ、パナマ、セーシェル共和国、バハマ国、タークス・カイコ
                                  65/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
          ス諸島、バヌアツ共和国、フィジー共和国、グアム、米領ヴァージン諸島、パラオ共和国、米領
          サモア、サモア独立国およびトリニダード・トバゴ共和国が含まれている。
     (c)  譲渡所得税
        日仏租税条約に従って、日本の本社債権者が保有する本社債の売却または処分から得る利益は、フラ
       ンスの租税に服さない。
    (10)   日本国の租税

       この概要は、本社債を取得、保有または処分することに関連する可能性のある日本国の租税の留意事項
     のすべてを網羅的に記載したものではない。この概要は、本書の日付現在において有効な法令に基づいて
     おり、したがって、当該日以降に効力を生じる法令の変更により影響を受ける可能性がある。投資を検討
     する者は、いずれの場合においても、本社債に関する課税上の結果について自身の税務顧問に相談すべき
     である。本社債に投資した場合の日本国における課税上の取扱いは、現在以下のとおりである。
       本社債の利息は、日本の現行税法の定めるところにより、一般に利子所得として課税される。日本国の
     居住者および内国法人が支払を受ける本社債の利息は、日本の現行税法の定めるところにより、                                                 15 %の国
     税である所得税(居住者の場合は、他に地方税5%)の源泉徴収税が課される。ただし、                                              2013  年1月1日
     から  2037  年 12 月 31 日までの期間に行われる所得税を源泉徴収することとされている支払(下記に述べる譲
     渡損益に係る支払を含む。)については復興特別所得税の対象となるため、                                       15 %の所得税率に基づく所得
     税額に   2.1  %の税率による復興特別所得税が課される。なお、日本国の居住者が支払を受ける本社債の利息
     については、上記の所得税              15 %、復興特別所得税(所得税額の                 2.1  %)および地方税5%の税率による申告
     分離課税の対象となる。ただし、申告不要制度の適用を選択することも可能であり、その場合は日本国の
     居住者の利子所得に係る課税関係は源泉徴収によって完了する。
       内国法人の場合は、本社債の利息はその課税所得に算入され、法人税の対象となるが、当該源泉徴収税
     額を一定の制限のもとで法人税から控除することができる。
       日本国の居住者に係る本社債の譲渡損益(本社債の償還等により支払を受ける金額については本社債の
     譲渡損益とみなされる。)については、上記の所得税、復興特別所得税および地方税の税率による申告分
     離課税の対象となる。ただし、かかる譲渡損益については、源泉徴収選択口座内で取引する場合は申告不
     要制度の適用を選択することも可能であり、その場合は課税関係は源泉徴収によって完了する。また、本
     社債に係る譲渡損益および利子所得は、一定の条件のもとにこれらの所得間ならびに一定の他の有価証券
     に係る譲渡損益および利子・配当所得との損益通算および(本社債の譲渡損失の金額のうちその年に損益
     通算をしても控除しきれない金額については)3年間の繰越控除が認められる。
       内国法人の場合は、本社債の譲渡損益および償還等に係る差損益は、法人税の課税所得の計算に算入さ
     れる。
       本社債の利息および償還差益ならびに本社債の譲渡により生ずる所得で、日本国に恒久的施設を有しな
     い日本国の非居住者および外国法人に帰属するものは、日本国の租税は課されない。
                                  66/1067








                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    2【新規発行による手取金の使途】
    (1)  【新規発行による手取金の額】

         払込金額の総額                 発行諸費用の概算額                   差引手取概算額
       200  億円(予定)       ( 注1  )          未定  ( 注2  )             未定  ( 注2  )

    ( 注1  ) フォルヴィア・エス・イー第1回円貨社債(                        2023  )、フォルヴィア・エス・イー第2回円貨社債
        ( 2023  )、フォルヴィア・エス・イー第3回円貨社債(                         2023  )およびフォルヴィア・エス・イー第4
        回円貨社債(       2023  )(以下「本社債」と総称する。)                  の合計金額である。当該金額は、                 2023  年 12 月上
        旬頃に決定される予定である。
    ( 注2  ) 未定事項は      2023  年 12 月上旬頃に決定される予定である。
    (2)  【手取金の使途】

       本社債の発行による手取金(純額)は、発行会社の一般事業目的および発行会社のその他の既存債務の
     借換に使用される。
    第2【売出要項】

      該当事項なし。

    第3【第三者割当の場合の特記事項】

      該当事項なし。

    第4【その他の記載事項】

      本社債の募集に関する社債発行届出目論見書の表紙に発行会社の名称およびロゴ、本社債の名称ならびに

     共同主幹事会社の名称を記載する。
      下記の文言が社債発行届出目論見書の表紙裏に記載される。
       「本社債について、社債の管理会社は設置されておりません。このため、発行会社が本社債に基づく
      義務を履行しない場合等必要な場合には、本社債の元利金の支払を受取り、自らの権利を保全するため
      の一切の行為を、各々の本社債の社債権者(以下「本社債権者」といいます。)が自ら行わなければな
      りません。財務代理人は、発行会社のためにのみその職務を行い、本社債権者に対していかなる義務も
      負わず、また、本社債権者との間で代理または信託の関係を有しません。
       発行会社の原文(仏語)の年次財務書類は本社債発行届出目論見書には記載されていませんが、有価
      証券届出書には記載されています。
       本社債は、アメリカ合衆国              1933  年証券法(その後の改正を含みます。)(以下「証券法」といいま
      す。)に基づき登録されておらず、本社債が証券法に基づき登録されていない限り、または証券法上登
      録義務を免除されていない限り、アメリカ合衆国内において、またはアメリカ合衆国人に対し、その計
      算で、もしくはその利益のために募集または売付けられることはありません。上記で使用された用語
      は、証券法に基づくレギュレーションSに規定される意味を有します。」
                                  67/1067





                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第二部【企業情報】

    第1【本国における法制等の概要】

    1  【会社制度等の概要】

     (1)【提出会社の属する国・州等における会社制度】

       当社は、取締役会を有する有限責任会社(                      soci  é t é anonyme    )の形態をとる、フランスで設立された欧

     州会社(     soci  ét é europ   é enne   (SE)  )である。
       フランスで設立された欧州会社として、当社は                        ( ⅰ ) 欧州会社の地位に関する            2001  年 10 月 8 日付理事会規則
     ( EC )第  2157/2001     号の規定ならびに         ( ⅱ ) フランス商法(        Code   de  commerce     )第  2 編の第   L.229-1    条以下およ
     びその適用のために採択された関連条文に従う。また、フランスの有限責任会社として、当社は、上記
     ( ⅰ ) および   ( ⅱ ) の規定による別段の定めがない限り、フランス商法第                           2 編の第   L.225-1    条以下に含まれる有
     限責任会社に適用される規定に従う                  (下記「以下の記載は、当社を含むフランスで設立された欧州会社に
     適用される規則(         EC )第  2157/2001     号 およびフランス商法の主要な規定の概略である。」を参照のこ
     と。)   。
     以下の記載は、当社を含むフランスで設立された欧州会社に適用される規則(                                        EC )第  2157/2001     号 およびフ

     ランス商法の主要な規定の概略である。
       定款は欧州会社の準拠する根本規則を定めた文書である。定款には特に欧州会社の商号、存続期間、登

     録事務所の所在地、企業目的、資本金の額および株式の譲渡性についての一切の制限を定めることを要す
     る。
     a)  資本金

       欧州会社の法定最低資本金は               120,000    ユーロで、      1 株当たりの額面金額について法律上の制約はない。株
     式には、普通株式と優先株式のような異なる種類を設けることができる。優先株式とは、議決権の有無に
     かかわらず、優先的配当または清算に関する権利等、普通株式に対する優先的な権利を持つすべての株式
     をいう。
     b)  株式の様式、所有および譲渡

       従来の意味における券面化された無記名式株式の概念、すなわち会社がその無記名式株式の株券を発行
     し、かかる株券の所有者は株券を引き渡すことにより第三者に当該株式を譲渡することができ、またかか
     る株券を発行会社に呈示することにより株券に表章された権利を会社に対して行使することができるとい
     う概念は、フランスではもはや存在しない。株式の所有権は、もはや株券によってではなく、記名式株式
     ( titres    au  nominatif      pur  )の場合には、会社の株主名簿への登録によって、無記名式株式(                                  titres    au
     porteur    )または管理登録株式(             titres    en  nominatif      administr     é )の場合には、実質株主が承認仲介機関
     において保有する個々の口座への記帳によって非券面化された形式で表章される。株式を譲渡するために
     は、株主は口座名義人(すなわち会社または場合によっては当該株式を代わりに保有する承認仲介機関)
     に指図する必要がある。当社のように規制市場における取引が認められた欧州会社の株式は、第三者に自
     由に譲渡することができる。
                                  68/1067




                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     c)  株式取得
       会社は、株主による事前の授権を条件として、その資本金の                               10 %を上限に自己株式を取得することがで
     きる。フランス商法は次のような株式の会社間の相互保有を制限している。すなわち、もしある会社が他
     の会社の株式を        10 %以上直接所有している場合、当該他の会社は前者の会社の株式を所有することができ
     ない。さらに、もしある会社が直接的にもしくはその子会社またはその支配する会社を通じて間接的に自
     己株式を支配している場合、それらの株式については、当該会社の株主総会において議決権の行使が認め
     られない。
     d)  株主の責任は所有株式の額面金額を限度とする。

     e)  資本金の変更

     増資
       フランス商法の規定に基づき、当社の資本金は、取締役会からの提案を受けた臨時株主総会における株
     主の承認を得た場合のみ増加させることができる。増資は、以下の方法により実施することができる。
       ・株式の追加発行
       ・発行済株式の額面金額の増加
       有価証券の追加発行による増資は、以下の                      1 つまたは複数の方法により実施することができる。
       ・現金を対価とする方法(換金可能な対価および当社に対する債権を含む。)
       ・現物出資資産を対価とする方法
       ・合併または会社分割による方法
       ・資本へのアクセスを可能にする譲渡可能証券に付与された権利の行使による方法
       ・利益、準備金もしくは資本剰余金の資本組入れによる方法
       ・様々な条件に従い、当社が負う債務を弁済するために行う方法
       準備金、利益および/または資本剰余金の資本組入れによる増資を決定するには、定時株主総会に適用
     される定足数および多数決要件に従い開催された臨時株主総会における承認が必要である。株式の額面金
     額の増加により実施される増資は、準備金、利益または資本剰余金の資本組入れにより実施される場合を
     除き、株主の全員一致による承認が必要である。その他のすべての増資は、通常の定足数および多数決要
     件に従い開催された臨時株主総会における承認が必要である。
       当該増資が株主により承認された場合、株主は、当該増資を実施する権限を取締役会に委託することが
     できる。取締役会は、かかる権限をさらにその選任する者に委託することができる。
     減資

       フランス商法に基づき、当社の資本金を減少するには、臨時株主総会において議決権を行使する資格を
     有する株主による承認が必要である。資本金は、発行済株式の額面金額の減少または発行済株式数の減少
     のいずれかにより減少させることができる。発行済株式数は、株式の交換または株式の買戻しおよび消却
     により減少させることができる。各種類の株式の株主は、影響を受ける各株主が別途合意しない限り、同
     等に扱われなければならない。
       当該減資が株主により承認された場合、株主は、当該減資を実施する権限を取締役会に委託することが
     できる。
     優先的新株引受権

       フランス商法に基づき、当社が資本金に影響を及ぼす(発行時であるかその後であるかを問わない。)
     株式または有価証券を発行する場合、現在の普通株式の株主は、比例計算による、かかる有価証券の優先
     的引受権を有する。かかる優先的新株引受権により、当社は、現在の普通株式の株主を優先的に扱うこと
     が求められる。かかる権利により、これを有する個人または団体は、当社の資本金を増加することのでき
     る有価証券が発行される場合に、これを現金により引き受けることができる。優先的新株引受権は、特定
     の募集に係る申込期間中に譲渡することができる。
                                  69/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       特定の募集に係る優先的新株引受権は、臨時株主総会における議決権のある株式の                                          3 分の  2 の多数票を有
     する株主の出席または代理出席による決議により、放棄することができる。取締役会およびその独立法定
     監査人は、フランス法により、優先的新株引受権を放棄する提案を明確に示した報告書を提出する必要が
     あ る。放棄を行う場合、有価証券の発行は法律で定められた期間内に完了しなければならない。
       普通株式の株主はまた、その選択により、特定の募集に関する自身の優先的新株引受権を放棄したい旨
     当社に通知することができる。
       普通株式の株主は、限定された期間において、普通株式の既存株主に対して、新規の有価証券を引き受
     けるための譲渡不能な優先権を与えることを臨時株主総会で決定することができる。
     f)  株式払込請求および株式の失権

     株式払込請求
       フランス法上、株式会社として組織された会社は、以下の条件に従い、引受け時に全額の払込が行われ
     ない株式を発行することができる。
       ・当該会社の設立時に現金により引き受けられた株式は、その額面価額の少なくとも                                           50 %が払い込まれ
        なければならない。
       ・増資により現金で支払われた株式は、その額面価額の少なくとも                                  4 分の  1 が払い込まれなければならな
        い。
       いずれの場合にも、残高は、会社の登記または増資から                            5 年以内に一括または分割で支払われなければな
     らない。
       定款により明示的に認められていない場合、当該会社は、その授権機関により決定された分割払いの事
     前支払いを株主より受け入れることを要しない。
       また、配当受領権は、株主がその引き受けた株式の支払金を当該会社の授権機関が定めた期間内に支払
     わなかった場合にのみ停止される。
       株式が額面金額を超えた価格で発行されるときは、かかるプレミアムは発行時に全額払い込まれること
     を要する。
     株式の失権

       フランス法上、株主が取締役会の要求する方法および日時による分割払いを行わなかった場合、以下の
     結果が生じる。
       ・取締役会が定めた当該分割払いの支払日以降、未払いの金額に対して、適用ある法定金利による利息
        が付される。
       ・会社が損失を被った場合、当該株主は損害賠償の責任を負う可能性がある。
       ・当該株主に対して正式な通知が送付されてから                         30 日が経過した後においても当該分割払い金が支払わ
        れていない場合、当該分割払い金が支払われていない株式による、株主総会への出席権および議決権
        の付与が停止される。かかる株式に付随する議決権は、株主総会における定足数および多数決に算入
        されないものとする。
       このような株式に付随する配当受領権および優先的新株引受権は、一時的に停止される。元本および利
     息の全額支払いの後、当該株主は、未受領の配当がある場合にはその支払いを要求することができる。し
     かしながら、当該株主は、申込期間の終了後に当該優先的新株引受権を行使することはできない。
     g)  経営および運営

       フランス法上、欧州会社の株主は                 2 種類の経営制度を選択することができる。すなわち、取締役会の制
     度、または業務執行役員会と監督委員会の制度である。
                                  70/1067



                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     ( ⅰ ) 取締役会

        取締役会(      Conseil     d'administration         )は  3 名以上   18 名以内の取締役からなる。また、吸収合併または
       新設合併の場合、取締役の数を暫定的に最高                       24 名まで増加することができる。取締役はフランス人もし
       くは外国人または法人でもよいが、取締役として選任された法人の場合はその常任代表者として自然人                                                    1
       名を指名しなければならない。
        定款に別段の定めがある場合を除き、取締役会構成員が会社株式を保有しなければならないとする要
       件はない。
        フランス法により、会社の取締役会における男性および女性の構成員の均衡が定められており、上場
       企業では各性別の代表を少なくとも                  40 %含めなければならない(取締役会構成員が                       8 名超の場合、男性と
       女性の構成員の人数の差は              2 名を超えてはならない。)。
        定款に別段の定めがない限り、取締役会構成員は最長任期                              6 年で株主により選任され、定款に別段の定
       めがない限り、(定款に定めがある場合はその年齢制限の範囲内で、ない場合は                                         70 歳を超える取締役が          3
       分の  1 以内となる範囲で)何度でも再任されることができる。取締役は、株主により事前の通知、理由ま
       たは補償なしに解任され得る。
        取締役会は会社の活動の方向性を決定し、その実行を確保する。取締役会は、株主総会に明示的に与
       えられた権限に従い、また会社の目的の範囲内で会社の適切な運営に関する一切の問題を取り扱い、会
       社に関する事項を協議によって決定する。取締役会はその任務の遂行に必要なすべての文書および情報
       を与えられる。
        審議を有効とするためには、少なくとも半数の取締役が審議の場に出席(または代理出席)する必要
       がある。取締役会の決議は、出席取締役または委任状により代理された取締役の多数決により決せられ
       る。可否同数の場合は、定款に別段の定めがない限り、取締役会会長(                                    Pr ésident    du  Conseil
       d'Administration          - PCA  )が決定権限を有する。
        取締役会会長は取締役会の構成員の中から同構成員によって選任される。取締役会会長は取締役会の
       業務を調整および監督し、株主総会にこれを報告する。取締役会会長は会社の企業組織が正常に機能し
       ていることを確認し、特に他の取締役会構成員がそれぞれの任務を遂行できることを確保する。
        取締役会は、会社の経営管理を組織化する方法を決定する。会社の経営管理は、取締役会会長が、ま
       たは取締役会に選任された最高経営責任者(                       directeur      g é n é ral  )の肩書を有する者が、自らの責任で担
       当することができる。
        最高経営責任者は、すべての状況において会社を代表して行為をする幅広い権限を与えられている。
       最高経営責任者は、会社の目的の範囲内で、かつ、法が明示的に株主総会または取締役会に与えた権限
       に従って、その権限を行使する。
        最高経営責任者は、第三者との関係で会社を代表する。会社は、第三者が、当該行為が会社の目的の
       範囲外であることを知っていたこと、または定款の公表だけではかかる証明をするのに十分でないと思
       われる場合は知っていたはずであることが証明されない限り、会社の目的の範囲外の最高経営責任者の
       行為によっても拘束される。
        2016  年 12 月 9 日以降、「サパンⅡ」法により、                 500  名超の従業員を雇用し、            100  百万ユーロを超える売上
       高を有するフランス企業の最高経営責任者に対し、腐敗および斡旋収賄の防止のため、フランス国内外
       の会社およびその子会社に適用されるコンプライアンス・プログラムの実施が義務付けられた。
        取締役会は最高経営責任者の権限を制限することができるが、この制限は第三者に対しては効力を有
       しない。
        最高経営責任者は、取締役会により選任され、取締役会によりいつでも解任され得る。
        取締役会は、最高経営責任者の提案により、最高経営責任者代理(                                  directeur      g é n é ral  d é l é gu é)の肩
       書で最高経営責任者を補佐する責任を負う者を                        5 名まで選任することができる。取締役会は、最高経営責
       任者の提案により、いずれの最高経営責任者代理も解任することができる。
        取締役会は、最高経営責任者の同意を得て、最高経営責任者代理に与えられる権限の範囲および期間
       を決定する。ただし、最高経営責任者代理は、第三者との関係においては、最高経営責任者と同一の権
       限を有するものとする。
                                  71/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        取締役会は、各会計年度末に年次財務諸表を作成する責任を有する。
     ( ⅱ ) 業務執行役員会および監督委員会

        本制度の下で会社は監督委員会(                 Conseil     de  surveillance       )の監督下にある業務執行役員会
       ( Directoire      )により経営される。
        監督委員会は       3 名以上   18 名以内の監事から構成され、監事にはフランス人もしくは外国人または法人が
       なることができ、最長任期              6 年で株主により選任される。ただし、何度でも再任されることができる。監
       事は定時株主総会で理由を示されることなく解任され得る。法人が監事になっている場合は、その法人
       は自然人     1 名をその常任代表者として定めなければならない。各監事は、定款に定めがある場合に限り、
       会社の株式を一定数保有しなければならない。監督委員会に関係する規定の大部分は、取締役会に適用
       されるものと同様であるが、監督委員会は業務執行役員会を単に監督するのに対して取締役会は経営機
       能を有する点が異なる。
        フランスで設立された上場欧州会社の業務執行役員会は、                              7 名以内の構成員からなり、その構成員は自
       然人であることを要し、監督委員会により選任されるが、構成員は、定款に別段の定めのある場合を除
       き、株主である必要はない。資本金が                   150,000    ユーロ未満の会社の業務執行役員会は                   1 名の構成員を有す
       るだけでよい。この場合、当該構成員は単独最高経営責任者(                                directeur      g é n é ral  unique   )と呼ばれ
       る。業務執行役員会の構成員の任期は、定款に定めがなければ                                4 年、定めがあるときは最低              2 年で、かつ
       最長  6 年である。業務執行役員会の権限は広範で、会社の目的ならびに監督委員会および株主総会に法律
       上留保された決定によってのみ制約を受ける。最高経営責任者に対する腐敗防止に関する規則は、業務
       執行役員会に対しても同様に適用される。業務執行役員会の権限に加えられた制限は会社内部では拘束
       力を有するが、第三者に対してその制限をもって対抗することはできない。業務執行役員会によりなさ
       れる経営上の決定に関する規則は定款に定められる。業務執行役員会は合議制の経営機関である。業務
       執行役員会の構成員          1 名は監督委員会により会社を代表すべきことを定められる。このように選定された
       者は業務執行役員会会長の肩書を有する。
        取締役会の構成に適用される女性構成員に関する規則と同様の規則が監督委員会に適用される。
        業務執行役員会は、四半期ごとの営業報告書を監督委員会に提出することとなっている。業務執行役
       員会の構成員は監事を兼ねることができない。業務執行役員会の構成員は、定時株主総会および定款で
       定められている場合において監督委員会により解任され得る。業務執行役員会の構成員が正当な理由な
       く解任された場合、当該構成員には損害賠償の請求を行う権利が認められている。
       取締役の契約上の利益

        フランス法に基づき、直接または間接的に利害関係のある者は、自身または自身と関係のある事業体
       と当社との間で直接または間接的に締結される契約を認識した場合、直ちに取締役会に報告しなければ
       ならない。かかる契約は、通常の業務において締結された通常の条件での取引を除き、関連当事者間取
       引(  conventions       r é glement    é es )と呼ばれ、取締役会による事前の同意および次の株主総会における事
       後承認を得なければならない。取締役会による事前承認は正当な動機に基づいたものでなければなら
       ず、とりわけ取引に係る経済的な条件を考慮しなければならない。承認された関連当事者間の取引は効
       力を有する限り、各会計年度において取締役会により再審査される。直接または間接的に利害関係のあ
       る者は、かかる取引の事前または事後の承認(場合による。)のために取締役会または年次株主総会に
       提示された議題についての審議および投票に参加することができない。当該利害関係者は、フランスの
       裁判所の最終的な管理の下で、関連当事者間取引が通常の条件でかつ通常の業務において行われたか否
       かを決定する責任を有する。
        フランス法上、通常の業務において締結された通常の条件でない関連当事者間取引は、最終的に、か
       かる取引に関する法定監査人または取締役会会長の特別報告書が提供された後の年次株主総会(または
       これに関して開催されたその他の定時株主総会)に出席し、またはこれに代理出席した株主による投票
       の過半数により承認されなければならない。利害関係者はかかる投票に参加することができず、その有
       する株式は、当該投票に係る定足数および多数決の計算において算入されない。ただし、フランス法に
                                  72/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       基づき、かかる関連当事者間取引は、取締役会の承認を得た場合には有効となる。かかる取締役会の事
       前承認がない場合、次の株主総会において承認されない限り、当社にとって不利益ないかなる契約も無
       効 であると宣言することができる。利害関係者はまた、民事責任を負う。一度取締役会により正式に承
       認されると、(不正行為として失効させられない限り)関連当事者間取引は有効で、次回の年次株主総
       会において承認されなかったとしても、第三者に対する効力を有し続ける。利害関係者および(必要な
       場合には)その他の取締役は、この場合、かかる取引の結果当社が被った損失に対して責任を負う。
        フランス法上、取締役は、自身の取締役としての選任および職務の終了に関して株主総会に提示され
       た議題について、議決権を行使することができ、また定足数に含めることができる。
        フランス法に基づき、取締役は、通常の条件での通常の商慣習による取引を除き、当社によって提供
       された融資、融資類似の取引、保証またはその他の信用供与から直接または間接的に個人的な利益を得
       ることを禁止されている。
        かかる規則は業務執行役員会および監督委員会にも準用され、関連当事者間取引は事前承認を得るた
       めに監査役会に提示される。
       法定監査人

        フランスで設立された欧州会社は、法定の指定基準を超えている限りは                                    1 名以上、会社が持株会社であ
       り、連結会計表示の義務がある場合には                    2 名以上の法定監査人を置かなければならない。法定監査人は、
       取締役会、監督委員会または株主の提案を受けて株主総会において指名される。法定監査人は、特に会
       社勘定を監査する法的任務を有する。法定監査人は、その任務を報告書に詳述し、かかる勘定が会社の
       状態に関する真実かつ公正な見解を示しているかについての見解を述べ、これを証明する。
        法定監査人に関する詳細については、下記「                       h)  株式に付与された権利-             ( ⅲ ) 法定監査人」を参照の
       こと。
     h)  株式に付与された権利

     ( ⅰ ) 株主総会
        株主は、総会を通じて会社に対する支配権を行使する。
        総会には定時・臨時の           2 種類がある。
       定時株主総会

        定時株主総会は、少なくとも毎年                 1 回、財務書類を承認するために事業年度末から                        6 ヶ月以内に開催さ
       れなければならない。その他の定時株主総会は、定款を変更する場合を除き、あらゆる事項について必
       要とされる場合に開催することができる。以下の事項は定時株主総会による決議を必要とする。
        ・取締役の選任、変更または解任
        ・取締役の報酬の原則および基準の承認
        ・最高経営責任者の報酬の承認
        ・独立法定監査人の選任
        ・年次決算の承認
        ・配当の宣言または株式による配当支払いの承認
        ・当社、その取締役、執行役員(すなわち、最高経営責任者および最高経営責任者代理)または大株
         主を当事者とする一定の取引の承認
        定時株主総会の第         1 回招集の場合の定足数は、資本金の                  20 %を有する株主が出席し、または代理出席す
       ることにより充足される。第               2 回招集については定足数の要件はない。承認のためには、出席または代理
       出席した株主による単純過半数(                 50 %超)の賛成投票(代理投票を含む。)を要する。
       臨時株主総会

        臨時株主総会のみが定款を変更する権限を有する。利益準備金、準備金または資本剰余金の資本組入
       れは、臨時株主総会で承認されるが、その定足数および多数決要件は定時株主総会の場合と同じであ
       る。その他のすべての決議については、定足数は少なくとも第                                1 回招集で資本の        25 %または第      2 回招集で
                                  73/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       20 %を有する株主が出席し、または代理出席することにより充足される。承認のためには、出席または
       代理出席した株主の          3 分の  2 の多数の賛成投票(代理投票を含む。)を要する。定款により数種の株式が
       定 められている場合は、全株主に適法に通知された臨時株主総会の承認がなければこれら数種の株式の
       権利内容に変更を加えることができない。さらに、関係する種類の株式の株主の特別総会により当該決
       議が承認されなければならない。
     ( ⅱ ) 配当および準備金

        配当および利益処分は株主により承認されなければならない。定款に別段の記載がある場合を除き配
       当金の支払いについて制限はないが、配当は分配可能利益を上回ることはできない。さらに、各年、純
       利益の最低      5 %は、発行済株式の資本金の               10 %に達するまで法定準備金に組み入れることを要する。定款
       により第     1 順位配当を設けることができる。法定監査人が意見を述べた最終または中間貸借対照表によ
       り、利益が減価償却、準備金および適用ある場合は繰越損失による調整後の中間配当の額以上であるこ
       とが示される場合には、会社は中間配当を支払うこともできる。取締役会(または業務執行役員会)
       は、中間配当の支払い、その金額および支払日について決定する。
     ( ⅲ ) 法定監査人

        会社の財務書類は、非常に広い調査権限を有する                         1 名または複数名の法定監査人により監査され得る。
       かかる法定監査人は定時株主総会において株主より選任され、任期は                                   6 事業年度とする。法定監査人は当
       該会社と共通の利益を有してはならない。
     ( ⅳ ) 清算

        会社の清算の場合は、全負債および清算費用支払い後の残余金は、株主(議決権証券保有者を除
       く。)の間で分配される。
     (2)【提出会社の定款等に規定する制度】

       以下の記載は、本書提出日現在までの当社の定款の規定の要約である。かかる当社の要約された情報に
     関する記載は完全なものでなく、そのすべてにつき当社の定款を参照することが必要である。定款は                                                   2023
     年 5 月 30 日の株主総会で最終修正された(当該日に効力を発する。)。
     当社の目的(定款第          3 条)

       当社の事業目的は、以下のとおりである。
       - 欧州および世界各国において、あらゆる形態の工業会社、商社および第三次産業会社を設立し、買
         収し、直接的または間接的に、持株の取得、賃貸、その他の手段により経営すること
       - 特許、ライセンス手続および商標の調査、取得、獲得および使用
       - あらゆる種類の不動産(更地または建物を含む。)の賃貸
       - 関連企業に対する経営、財務および技術面での支援の提供
       - 保有している(または将来取得する可能性のある)工場および施設の運営
       - 形態を問わず、自社製品または関連企業の製品の製造、使用および/または販売
       - 産業用、特に自動車産業用のあらゆる製品、付属品または機器(その性質を問わない。)の直接的
         または間接的な方法による製造および商品化
       - 新会社の設立、資産の拠出、株式もしくは議決権の引受もしくは買取、持分の取得もしくは保有、
         合併またはその他の方法を含むがこれらに限定されない、上記の目的のいずれかに直接または間接
         的に関係する可能性のあるすべての金融取引、産業取引または商取引への直接的または間接的な参
         入
       より一般的には、上記の目的のいずれかに全面的または部分的に、またはそれと同様のもしくはそれに
     関連する目的、さらには当社の事業を発展させる性質のその他の目的に、直接または間接的に関係する可
     能性のある産業取引、商取引および金融取引、ならびに固定資産または非固定資産に関わる業務に従事す
     ることである。
                                  74/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     株式

     (a)  資本金(定款第        6 条)
       資本金は     1,379,625,380       ユーロであり、        1 株当たり額面金額         7 ユーロの全額払込済株式             197,089,340      株から
     なる。
     (b)  株式の様式(定款第          7 条)

       株式は、株主の選択により、記名式または無記名式で発行される。
       記名式株式は、適用される法令に定める条件に従い、個別口座に記録される。
       かかる個別口座は、株主の選択により、「純粋な記名式株式」口座または「管理記名式株式」口座とす
     ることができる。
       株式の所有権は、当社(記名式株式の場合)または認定ブローカー(無記名式株式の場合)に所有者名
     義で開設した口座への株式登録により確立される。
     (c)  株式に付随する権利(定款第               9 条)

       各株式の所有者は、発行済株式総数に対する比率に応じて、事業資産の所有権、利益の分配および清算
     剰余金の分配を受ける権利を有する。
       現在または将来において、資本金を構成するすべての株式は、財政課徴金に関して常に同様に扱われる
     ものとする。したがって、理由の如何を問わず、当社の存続期間中または当社の解散時に、かかる株式の
     資本の払戻しの後に、その一部の株式についてのみ期限が到来する可能性のある税金または類似のもの
     は、現在または将来のすべての株式が、株式の額面金額、未償還価額および株式の種類を調整後、同じ利
     益および同じ正味金額を受領する権利をその株主に与えるような方法で、当該払戻しの期間中に資本金を
     構成するすべての株式に対して割り当てられる。
       権利を行使するために複数の株式を所持する必要がある場合、単一の株式または必要数に満たない株式
     の所有者は、当社に対する権利を有しないため、そのような場合に必要数の株式を自ら集めるか併合する
     かは株主に委ねられている。
     経営

     (a)  取締役会(定款第         11 条、第   12 条、第   14 条および第      15 条)
     ( ⅰ ) 取締役会の構成
       当社は、フランス商法第             L.225-27-1      条の適用により選任された取締役を除き、                      3 名以上   15 名以内の取締役
     で構成される取締役会によって運営されている。
       法人を取締役に任命することもできるが、法律に定める条件に従い、取締役会においてその常任代表者
     となる自然人を指定するものとする。
       各取締役は、その任期の全期間を通じて、                      20 株以上を保有しなければならない。取締役の任期は                          4 年と
     し、無制限に更新することができる。
       自らの資格で、または法人の常任代表者として行動する                            70 歳を超える取締役の数は、年次通常株主総会
     において決定され、発効する現職の取締役の                       3 分の  1 を超えてはならない。
       この割合を超えた場合、当該割合を超えた日以降に開催される最初の通常株主総会の終結時に自動的
     に、最年長の取締役が辞任したものとみなされる。
     ( ⅱ ) 従業員を代表する取締役(以下「従業員代表取締役」という。)

       フランス商法第        L.225-27-1      条に従い、取締役会には、当グループ従業員代表取締役                            2 名が含まれている。
     株主総会により任命された取締役の数が                    9 名未満となった場合、現在の従業員代表取締役の任期が満了した
     時点で、従業員代表取締役の数を                 1 名に減らすことができる。
       従業員代表取締役の任期は              4 年である。
                                  75/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       何らかの理由で従業員代表取締役が不在の場合、フランス商法第                                 L.225-34     条に定める条件に従い、欠員
     が補充される。
       株主総会により任命された取締役に関する定款第                         11 条に定める規則の例外として、従業員代表取締役
     は、最低株式数を保有する必要はない。
       従業員代表取締役は、以下の手続に従って任命される。
       ( ⅰ )  1 名は、フランスのフランス労働法第                  L.2122-1     条および第      L.2122-4     条に規定されている選挙の第               1
          回投票において最も多くの票を獲得した労働組合組織により任命される。
       ( ⅱ )  もう   1 名は、フランス労働法第            L.2352-16     条または     ( これがない場合は         ) 同法第   L.2353-1     条に従って
          設置された欧州従業員代表委員会により任命される。
       任命された取締役は、当社またはフランスに本社を置くその直接・間接子会社の1つと                                            2 年以上の雇用契
     約を締結していなければならない。
       例外として、欧州従業員代表委員会により任命された取締役は、当社またはフランスもしくは海外に本
     社を置くその直接・間接子会社の                 1 つと雇用契約を締結していなければならない。
     ( ⅲ ) 取締役会の権限

       取締役会は、当社の活動を規定するガイドラインを決定し、その適用を監督する。株主総会に明示的に
     帰属する権限に従い、かつ事業目的の範囲内で、取締役会は、当社の適切な運営に影響を及ぼす問題につ
     いて検討し、取締役会の決議により当社に関する事項を解決する。取締役会は、少なくとも四半期に                                                   1 回開
     催するものとする。
       当社は、第三者との関係において、取締役会の行動が事業目的の範囲外であっても、当該行動が事業目
     的の範囲を越えるものであることを第三者が知っていたこと、または周囲の状況からそれを無視すること
     ができなかったことを、当社が証明しない限り、これに拘束される。
       取締役会は、必要と考える監査および検証を実施する。
       取締役会は、適用される法律が定める条件に基づき、当社による保証、裏書または担保の発行を承認す
     る。
       同様に、関係当事者契約は、取締役会による事前承認を要する。
       取締役会は、必要に応じて、法令および現行定款に従い、取締役会、会長および最高経営責任者の権限
     および機能を行使するための手続、取締役会が設置した委員会の運営規則、ならびにこれらの異なる組織
     間の権限および機能の明確化について、その内部規則に規定することができる。
       当社の会長または最高経営責任者は、各取締役に対し、その職務を円滑に遂行するために必要なすべて
     の情報および書類を提供しなければならない。
     ( ⅳ ) 取締役会

       取締役は、口頭を含め、いかなる手段によっても取締役会に招集される。
       取締役会は、本社または招集通知に記載されたその他の場所において開催される。
       取締役会においては、その構成員の半数以上が出席または代理出席した場合に、有効な審議を行うこと
     ができる。
       決議は、出席取締役または出席代理人の単純過半数により行われる。可否同数の場合には、議長が裁決
     権を有する。
       取締役会の内部規則において、適用される法令に定める制限および条件に従い、定足数および過半数を
     算定する上で、テレビ会議またはその他の電子通信手段により会議に出席する取締役を出席取締役とみな
     す旨を定めることができる。
       取締役会は、法律に定める条件に基づき、法律に定める議題について、取締役の書面による協議により
     決議を行うことができる。
       取締役会決議の写しまたは議事録は、取締役会会長、最高経営責任者、一時的に議長を務める取締役、
     または適法に認められた代理人により有効に証明される。
     (b)  取締役会会長および最高経営責任者(定款第                       17 条、第   18 条、第   19 条および第      20 条)

                                  76/1067

                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     ( ⅰ ) 取締役会会長
       取締役会は、取締役の中から会長を選出する。会長は、自然人でなければならない。
       取締役会会長は、取締役会の業務を統括し、指揮し、これを株主総会において株主に報告する。取締役
     会会長は、当社の各組織が正常に機能していることを確認し、特に取締役がその職務を遂行できることを
     確認する。
       取締役会会長の職務は、             75 歳を超えて最初に開催される株主総会の終結時に自動的に終了する。
       取締役会は、当社の経営全般の実施方法を決定する。当該経営は、取締役会会長または取締役会により
     指名された最高経営責任者の肩書を有する他の自然人が、その責任の下で行う。
       当社の経営全般を取締役会会長が行うことを取締役会が決定した場合、この決定は、取締役会会長が解
     任されない限り、取締役会会長の残存期間に適用される。
     ( ⅱ ) 執行役員

     A 最高経営責任者
       最高経営責任者または当社の経営全般について責任を負う会長は、あらゆる状況において当社を代表し
     て行動する広範な権限を委ねられており、事業目的の範囲内で、かつ法律により株主総会および取締役会
     に明示的に帰属する権限に従い、かかる権限を行使する。
       最高経営責任者または当社の経営全般について責任を負う会長は、第三者との関係において、当社を代
     表する。当社は、最高経営責任者の行動が事業目的の範囲外であっても、当該行動が事業目的の範囲を越
     えるものであることを第三者が知っていたこと、または周囲の状況からそれを無視することができなかっ
     たことを、当社が証明しない限り、これに拘束される。
       最高経営責任者または経営全般を担当する会長の職務は、                              70 歳を超えて最初に開催される株主総会の終
     結時に自動的に終了する。
     B 最高経営責任者代理

       最高経営責任者または経営全般を担当する会長の提案により、取締役会は、最高経営責任者を補助する
     目的で「最高経営責任者代理」の肩書を有する                        1 名以上の自然人を選任することができる。
       最高経営責任者代理の定員は、                5 名と定められている。
       最高経営責任者または経営全般を担当する会長の同意を得て、取締役会は、各最高経営責任者代理に委
     任される権限の範囲および期間を定める。
       最高経営責任者代理は、第三者との関係において、最高経営責任者と同等の権限を有する。
                                  77/1067









                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (c)  顧問(定款第       13 条)
       通常株主総会は、株主であるか否かを問わず、                        1 名または複数名の顧問を任命することができる。
       顧問の職務は、以下のとおりである。
       - 取締役会および当社に助言すること
       - 本定款の適用を確認すること
       - 会計監査を行い、年次通常株主総会において関連する所見を述べること
       顧問の任期は、        6 年を超えないものとする。
       70 歳を超える者は、顧問に就任することはできない。
       死亡、辞任または解任があった場合、取締役会は、                          2 回の株主総会の間に、暫定的な任命を行うことがで
     きる。かかる任命は、次回の株主総会において、承認のために提出されるものとする。
       顧問は、取締役会および株主総会に、議決権を有しない顧問としての立場でのみ参加し、いかなる場合
     にも当社の経営に関与しないものとする。
     株主総会

     (a)  株主総会:招集-出席-議決(定款第                   24 条)
       株主総会は、欧州会社に適用される法令に従って招集、開催、審議および議決される。
       株主総会は、本社または招集通知に記載されたその他の場所で開催される。
       株主総会に参加する権利は、適用される規則に従って立証されるものとする。
       株主は、株主総会の招集時に取締役会がその旨の決定を行うことを条件として、法律に定める条件およ
     び方法に従い、テレビ会議または本人確認が可能なその他の通信手段により、総会に参加し、議決権を行
     使することができる。
       議決権は、すべての株主総会、臨時株主総会または特別株主総会において、実質所有者(                                             usufruitier      )
     に帰属する。
       当社の株主名簿に同一の株主名義で                  2 年以上登録されている、すべての全額払込済株式に対して、二重議
     決権が付されている。さらに、準備金、利益または株式プレミアムの資本組入れによる増資の場合、既に
     株式を保有し同一の権利を享受している株主に対して無償で割当てられる記名式株式に、その発行後、二
     重議決権が付与される。
       法律に定める場合を除き、無記名式に転換された株式または所有権が移転された株式は、関連する二重
     議決権を失う。
     (b)  株主総会:定足数-過半数-任期(定款第                      25 条)

       臨時株主総会および通常株主総会は、それぞれに適用される条件に定める定足数および過半数の要件に
     従って決議を行い、法律により付与される権限を行使する。
       取締役会が、本定款第           24 条に従い、テレビ会議または本人確認が可能なその他の通信手段による株主の
     参加および議決権行使を決定した場合、当該株主は、定足数および過半数を算定する上で出席株主とみな
     される。
     解散-清算(定款第          28 条)

       当社の存続期間の満了時に、または当社が早期解散する場合、株主総会において清算の手続を決定し、                                                    1
     名以上の清算人を任命し、その権限は株主総会が決定し、当該清算人は適用される法律に従ってその職務
     を遂行する。
                                  78/1067




                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    2  【外国為替管理制度】
     ( 1 ) 株式の所有

       本書の日付現在、フランス通貨金融法典第                      L.151-1    条に従い、フランスおよび外国との間の外国為替取引
     は原則として自由である。しかしながら、フランスの政府機関は、フランス通貨金融法典第                                               L.151-2    条に従
     い、特に国益の防衛を確保するため、また、経済大臣の報告を受けて制定された命令により、通知および
     事前の許可を与え、またはフランスにおける対内投資の設立および清算を管理する(下記を参照のこ
     と。)。
       フランス通貨金融法典第             L.151-3    条に従い、      EU の非居住者が、フランス企業の支配的持分を取得する際、
     事前の許可を得る必要はない。ただし、慎重を要する一部の業界および戦略分野については、この限りで
     はない。
       当社に対する対内投資は、フランス通貨金融法典第                          L.151-3    条の範囲に該当しないため、事前の許可を得
     る必要はない。
       フランス通貨金融法典第             L.151-2    条以降に規定される承認制度の実行ならびに慎重を要する業界および戦
     略分野への対内投資に係る申請の目的において、「投資」という用語は、フランス通貨金融法典第                                                  R.151-2
     条によれば、       3 つの種類の投資を指す。
       (a)  フランス法に準拠する事業体における支配的持分の買収
       (b)  フランス法に準拠する事業体に係る事業分野(                        branche     d ’activit    é )の直接買収または間接買収
       (c)  フランス法に準拠する事業体の資本金もしくは議決権の単独もしくは共有の直接保有または間接保
         有を  25 %超に増加させること。
       ( ⅰ ) 欧州連合の加盟国の国籍もしくはフランスと「管理支援協定」を締結している欧州経済地域の加盟
     国の国籍を有し、かかる国に居住する自然人または                          ( ⅱ ) 管理チェーンのすべての構成員が、これらの国の
     うちの   1 つの法律に該当するか、もしくはかかる国の国籍を有し、かつ、居住する事業体には上記                                             (c)  は適
     用されないことに留意すべきである。
       フランス通貨金融法典第             R.151-1    条に従い、不安定な産業および戦略部門に対する対内投資に適用される
     許可制度は、以下による(上記に定義されるような)投資を懸念している。
       ( ⅰ ) 外国籍を有する自然人
       ( ⅱ ) フランスに居住していないフランス国籍の自然人
       ( ⅲ ) 外国法に準拠する事業体
       ( ⅳ ) 上記  ( ⅰ ) 、 ( ⅱ ) もしくは     ( ⅲ ) で述べられている         1 もしくは複数の人または事業体によって管理され
         ている、フランス法に準拠する事業体
       フランス通貨金融法典第             L.151-3    条の意味における不安定な産業および戦略部門の一覧表は、フランス通
     貨金融法典第       R.151-3    条に規定される。
       フランス通貨金融法典第             R.151-5    条以下に記載される承認制度は、                 30 営業日以内にフランスの経済大臣に
     より第一段階の審査が行われ、必要に応じて、                        45 営業日以内に第二段階の審査が行われることを規定して
     いる。
     ( 2 ) 外国為替管理

       現行のフランスの為替管理規則の下では、当社が非居住者に対して送金できる現金支払額に関する制限
     はない。
       フランス通貨金融法典第             L.152-1    条(  2018  年 10 月 23 日付欧州規則第        2018/1672     号(以下「欧州規則          2018  」
     という。)の同等の規定をフランス法に置き換えたもの)を含む現行の規則に従い、自然人によるフラン
     スから他の      EU 域内の国へまたは他の           EU 域内の国からフランスへの現金(欧州規則                      2018  において「現金」と
     は、通貨、無記名流通証券、流通性の高い価値の貯蔵手段として使用される商品および特定の種類のプリ
     ペイドカードを意味する。)の支払                  い については、当該指令に定める条件に基づき関税当局に対して届出
     を行わなければならない。ただし、送金される金額が                           10,000   ユーロより低い場合を除く。
                                  79/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       欧州規則     2018  は、自然人による         EU 域内の国から外国に対する送金または外国から                        EU 域内の国に対する送
     金に関し、      10,000   ユーロを超える額の現金の支払                い がなされる場合にも、届出が必要であることを定めて
     いる。
    3  【課税上の取扱い】

     フランスの租税制度

       以下の記載は、        ( ⅰ ) フランスの税務上、フランスの非居住者であり、                         ( ⅱ ) 恒久的施設または固定的拠点
     としてフランスで行われている事業または職業に関連して当社が発行する社債(以下「本社債」とい
     う。)を保有しておらず、かつ                ( ⅲ ) 当社の株式を同時に保有していない本社債の所持人に関連し得る、一
     定の源泉徴収税の効果についての基礎的概要である。本概要は、現在有効でありかつフランスの税務当局
     が適用するフランスの税法および規則に基づいており、いずれも今後変更または異なる解釈がなされるこ
     とがある。本概要は、一般的な情報のみを目的としており、特定の保有者の特殊な状況に照らして関連し
     得るフランスの税務上のすべての考慮事項に言及するものではない。自身の税務上の状況について疑義の
     ある者は、専門の税務アドバイザーに相談すべきである。
       フランス一般租税法典第             125A  Ⅲ条に基づき、利息および本社債に関して当社に生じたその他の収益の支
     払 い は、当該支払       い がフランス一般租税法典第              238-0   A 条の意義の範囲に含まれるフランス国外の非協力的
     国家または非協力的地域(以下「非協力国」という。)においてなされる場合を除き、源泉課税の対象に
     はならない。当該本社債に基づく当該支払                      い が非協力国においてなされた場合は、                   75 %の源泉課税が適用
     される(ただし、一定の例外(その一部は下記に記載する。)および適用ある二重課税条約のより有利な
     規定に従う。)。非協力国の一覧は政府の行政命令により公開され、定期的に、原則として少なくとも毎
     年更新される。最新の非協力国の一覧は                    2023  年 2 月 3 日付指令において公開され、イギリス領ヴァージン諸
     島、セーシェル、アンギラ、パナマ、バハマ、タークス・カイコス諸島、バヌアツ、フィジー、グアム、
     アメリカ領ヴァージン諸島、パラオ、アメリカ領サモア、サモアおよびトリニダード・トバゴの非協力国
     が含まれている。
       ただし、社債の発行の主たる目的および趣旨が非協力国における利息またはその他の収益の支払                                                 い を許
     容するものでないことを当社が証明することができる場合は、社債の特定の発行に関し、源泉課税は適用
     されない(以下「源泉免除」という。)。
       さらに、フランス一般租税法典第                 238A  条に従い、利息およびその他の収益は、その者が優遇税制により
     利益を得る管轄地域(非協力国を含むが、これらに限られない。)(以下「優遇税制管轄地域」とい
     う。)において居住し、もしくは設立された者に対して支払われ、もしくは発生した場合、または当該優
     遇税制管轄地域に所在する金融機関に開設された銀行口座に支払われた場合は、当社の課税所得から控除
     することはできない(以下「控除不適用」という。)。一定の条件の下では、控除できない利息およびそ
     の他の収益はフランス一般租税法典第                   109  条以下に従って、みなし配当と位置付けられることがある。その
     場合、かかる控除できない利息およびその他の収益は、適用ある二重課税条約のより有利な規定に従い、
     25 %または     75 %の税率で、同法典第           119  の 2 条に規定する源泉課税の対象となることがある。
       ただし、該当する利息または収益が真正な取引に関連するものであること、それらが異常なまたは過大
     な金額でないこと、また、優遇税制管轄地域が非協力国である場合、社債の発行の主たる目的および趣旨
     が当該非協力国における利息またはその他の収益の支払                            い を許容するものでないことを当社が証明するこ
     とができる場合は、社債の特定の発行に関し、控除不適用またはかかる控除不適用の結果課される可能性
     のある第     119  の 2 条に規定する源泉課税のいずれも適用されない(以下本項において「控除不適用の免除」
     という。)。
       また、フランスの租税に関する行政指導指針(                        Bulletin     Officiel     des  Finances     Publiques-Imp       ô ts
     2023  年 6 月 6 日付  BOI-INT-DG-20-50-          20 第 290  号および     2022  年 6 月 14 日付  BOI-  INT-DG-20-50       -30  第 150  号 )の規定
     に従って、以下のいずれかに該当する場合は、当社が社債の発行の主たる目的および趣旨を立証する証拠
     を提出しなくても、社債の発行には控除不適用の免除および源泉免除が適用される。
                                  80/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       ( ⅰ ) 社債がフランス通貨金融法典第                L.411-1    条の意義の範囲内における公募により、または非協力国以
         外の国家における同等の募集に従って募集される場合。ここでいう「同等の募集」とは、外国証券
         市場当局による、または外国証券市場当局への募集書類の届出または提出を必要とする募集を意味
         す る。
       ( ⅱ ) 社債が規制市場またはフランスもしくは外国の多国間証券取引システムでの取引を承認されている
         場合。ただし、当該市場またはシステムは非協力国に所在せず、また、当該市場の運営は市場運営
         者もしくは投資サービス提供者またはその他類似の外国事業体により行われているものとする。さ
         らに、当該市場運営者、投資サービス提供者または事業体は非協力国には所在しないものとする。
       ( ⅲ ) 社債が、発行時に、フランス通貨金融法典第                       L.561-2    条の意義の範囲内にある振替決済制度もしく
         は証券決済・引渡・支払制度の運営者の業務または                          1 つもしくは複数の類似の外国の振替機関もし
         くは運営者の業務に承認されている場合。ただし、当該振替機関または運営者は非協力国には所在
         しないものとする。
       本社債は公募に相当する募集方法により募集されるため、本社債に関して当社によりまたは当社に代わ
     り支払われる利息またはその他の収益は、フランス一般租税法典第                                  125A  Ⅲ条に規定される源泉課税の対象
     にならない。
       フランス一般租税法典第             244  2C 条に基づき、本社債の売却益は、フランスの課税対象とはならない。
    4  【法律意見】

       当社  の フランス     における法律顧問であるホワイト・アンド・ケース                          LLP  より、以下の趣旨の法律意見書が

     提出されている。
       ( ⅰ ) 当社は、フランス法に基づき設                立され、パリ商業・会社登記所(                 Registre     du  commerce     et  des
         sociétés     )に登録されている欧州会社(                société     européenne      )であ   る。
       ( ⅱ ) 有価証券届出書の提出は、当社により適法に授権されており、フランスの適用法令に違反しない。
       ( ⅲ ) 有価証券届出書に記載された本募集は、当社の必要なすべての社内手続により適法に承認されてお
         り、フランスの適用法令に違反しない。
       ( ⅳ ) 有価証券届出書の「会社制度等の概要」、「外国為替管理制度」および「課税上の取扱い-フラン
         スの租税制度」に記載されているフランスの法律に関する記述は、当該記載が各箇所で説明される
         フランスの法令の特定の規定を要約した記載である限りにおいて、すべての重要な点において真実
         かつ正確である。
                                  81/1067









                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第2【企業の概況】
    1【主要な経営指標等の推移】

     以下の表には、表示期間/日における事業運営に関する主要な指標の一定の推移が記載されている。

    (1)  最近  3 連結事業年度に係る主要な経営指標等の推移

     (単位:百万ユーロ)                         2020  年度         2021  年度         2022  年度

                           (修正再表示後)        (*)
     売上高                            14,444.6           15,617.8           25,458.2
     営業利益(取得無形固定資産償却前)                             418.4           861.7          1,114.9
     営業利益(取得無形固定資産償却後)                             326.7           769.1           896.3
     EBITDA   (調整後)                         1,669.2           2,109.4           3,011.9
     ネット・キャッシュ・フロー                              13.0           304.6           470.8
     継続事業からの純利益                             (303.0)            112.7           (250.4)
     当期純利益-親会社株主持分                             (378.8)            (78.8)           (381.8)
     期末純負債                            3,128.1           3,466.7           7,939.1
     純負債    / EBITDA   (調整後)比率                     1.9  倍          1.6  倍          2.6  倍
    (*)   2021  年 2 月 18 日に、アドラー・グループとの間でアコースティック・ソフト・トリムの事業の売却に関する覚書

      ( MoU  )が調印されたことを受け、主に主要な事業部門であるという基準および売却の可能性が高いという特徴につい
      て、  IFRS  の観点から当該活動を非継続事業として認定するためのすべての条件が満たされた。                                       IFRS  第 5 号が適用された
      2021  年 2 月 1 日以降、対応する資産および負債は、当該活動の売却の効力発生日である                                  2021  年 10 月 31 日までの間、専用
      の科目に分離して表示された。
       当該活動は     2021  年 10 月 31 日に有効に売却されたため、             2021  年 12 月 31 日現在、連結貸借対照表の「売却目的で保有す
      る資産」の科目に別途表示されている資産はなく、対応する負債についても、連結貸借対照表の「売却目的で保有す
      る資産に関連する負債」の科目に表示されている負債はない。対応する非継続事業の当期純利益は、                                              2021  年度通期の
      損益計算書の特定の科目に分離して表示され、比較年度の損益計算書も同様に修正再表示されている。また、非継続
      事業に係るその他の包括利益およびキャッシュ・フローの項目は、                               2021  年度通期の財政状態計算書に別途表示され、
      比較年度の財政状態計算書も同様に修正再表示されている。これらの修正再表示においては、経営管理料に関連する
      取引以外の会社間取引は依然として除外されている。アコースティック・ソフト・トリム部門の売却による影響がな
      い経営管理料は、引き続き営業利益に分類されている。当該売却の正味の影響は、非継続事業の当期純利益にも表示
      されている。
       既に公表された       2020  年度の財務書類の修正再表示については、「第6 経理の状況-1 財務書類-                                     (2)  2021  年 12
      月 31 日に終了した年度-①           連結財務諸表-連結財務諸表注記-注記                  1.C  」に詳述されている。
    (2)  最近  3 事業年度に係る提出会社の主要な経営指標等の推移

     (単位:ユーロ)                         2020  年度         2021  年度         2022  年度

     1 - 期末資本金
     a)  資本金
                               966,250,607           966,250,607          1,379,625,380
     b)  発行済普通株式数
                               138,035,801           138,035,801           197,089,340
     c)  新株予約権の行使により将来発行される
                                    0           0           0
      可能性のある株式の総数
     2 - 当期の経営成績
     a)  税抜き売上高                         34,842,371           42,480,867           96,589,277
     b)  税金、従業員利益分配、減価償却、償却
                              (330,269,884)            196,816,636           300,815,183
     および引当金控除前利益
     c)  法人所得税     ( 注 1)                  (9,303,708)           (21,414,822)           (14,290,638)
     d)  従業員利益分配                              0           0           0
                                  82/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     e)  税金、従業員利益分配、減価償却、償却
                              (122,782,135)            212,551,344           344,325,258
      および引当金控除後利益
     f)  配当金総額     ( 注 2)(  注 3)               134,775,812                0           0
     3 - 1 株当たり利益
     a)  税金および従業員利益分配控除後、減価
                                  (2.45)            1.29           1.49
      償却、償却および引当金控除前利益
     b)  税金、従業員利益分配、減価償却、償却
                                  (0.89)            1.54           1.75
      および引当金控除後利益
     c)  1 株当たり正味配当額
                                  1.00           0.00           0.00
     4 - 従業員
     a)  当期平均従業員数
                                    8           8           9
     b)  当期の給与合計
                               12,332,626            4,884,197           15,523,622
     c)  当期中に支払われた従業員給付合計(社
                                1,890,759           2,434,566           7,937,716
      会保障、その他の社会給付等)
     ( 注 1)  かっこ内は、連結納税契約で認識された非課税の金額を表す。
     ( 注 2)  2022  年度の配当金は、        2022  年度の純利益の処分案が通常株主総会で承認されるまで保留中である。
     ( 注 3)  2022  年度の配当金のうち、支払日時点で当社が保有する自己株式に対応する部分は「利益剰余金」に配分され
         る。
    2【沿革】

    歴史的背景

     1929  年  7 月 1 日に当社は      1807  年フランス商法(         Code   de  commerce     )第Ⅰ編第Ⅲ章の適用ある規定に基づき

    「エタブリスモン・ベルトラン・フォール社」として設立された。
     1954  年  当社は非公開有限責任会社から公開有限責任会社へ移行した。
     1982  年   エペダ・ベルトラン・フォール社(注)が                      1982  年 5 月 4 日にパリ証券取引所に上場。その後、当グ
    ループは自動車産業(インテリア・デザイン)に特化していった。
     (注)当社は商号を「エタブリスモン・ベルトラン・フォール社」から「エペダ・ベルトラン・フォール社」に変更
         したが、変更した時期については不明である。
     1990  年   エペダ・ベルトラン・フォール社は、ドイツのレントロップ・グループを買収した。これによ
    り、自動車シートの取引およびコンポーネントにおいて欧州市場での生産を拡大した。同社は、自動車サプ
    ライヤーとしての専門性に集中することを選択した。
     1994  年  当社は商号をエペダ・ベルトラン・フォール社から                           EBF  社に変更した。
     1995  年  当社は商号を        EBF  社からベルトラン・フォール社に変更した。
     1997  年   12 月、  PSA  プジョー・シトローエン             ・グループの自動車機器専門子会社であるエシア社はベルトラ
    ン・フォール社に友好的な株式公開買付けを行い、当グループの直接および間接持ち株比率を                                                99 %に引き上
    げた。
     1998  年   ベルトラン・フォール社は荷物および航空事業を売却する一方で、エシア社はオートバイ事業を
    PSA  プジョー・シトローエン・グループに売却した。
     1999  年   エシア社とベルトラン・フォール社が合併して、                         6 月 1 日にフォルシアへ商号変更。ベルトラン・
    フォール社はエシア社により広範な地理的および商業的なプレゼンスをもたらし、特にドイツではフォルク
    スワーゲン社や        BMW  社などの自動車メーカーとパートナーシップを築いた。                             1999  年末現在、      PSA  プジョー・シ
                                  83/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    トローエン・グループが             52.6  %の株式を保有する主要株主となった。                     1999  年末、フォルシア・グループは、
    米国の   AP オートモーティブ・システムズ社を買収し、北米における排気システム事業を展開した。
     2000-2001     年   フォルシアはソメール・アリベール社を買収。                        PSA  プジョー・シトローエン・グループがこ
    の取引に資金を提供しているため、フォルシアの株式保有率は                                71.5  %に増加。
     2002-2007     年   フォルシアはアジアでの事業を強化。                    2002  年、台湾の自動車部品サプライヤーである                      GSK  社
    とジョイントベンチャーを設立し、中国の武漢でシートを生産し、                                   2003  年には排気システムを専門とする韓
    国企業チェン・ヒョン・プレシジョン社を買収。                         2005  年、フォルシアは         2002  年に買収した排気システム専門
    会社であるデーキ社への出資比率を                   49 %から   100  %に引き上げた。ヒュンダイ・モーターズ社およびキア・
    モーターズ社向けドアモジュールの生産に特化した韓国企業クワン・チン・サン・コン社と合弁契約を締結
    した。
     欧州では、当グループはシーメンス                  -VDO  社と契約を締結し、ジョイントベンチャー(ジョイント・ストッ
    ク・カンパニー)を強化および拡大した。この会社は、                            BMW  社、ダイムラー・クライスラー社、フォード・グ
    ループ、ルノー日産、フォルクスワーゲン・グループのコックピットの組み立てを行った。
     2009  年   フォルシアはエムコン・テクノロジーズ(旧アーヴィン・インダストリーズ)社を買収した。
    フォルシアは、(ⅰ)ドイツと米国の自動車メーカー(特にフォード社)との関係、および(ⅱ)南米、イ
    ンド、タイでの事業の両方を強化した。フォルシアはまた、商用車専門市場(トラックおよびオフロード)
    にも進出した。この全株式取得により、ワン・エクイティ・パートナーズ(                                       JP モルガン・チェース&           Co,  のプ
    ライベート・エクイティ部門)がフォルシアの株式の                           17.3  %を保有し、       PSA  プジョー・シトローエン・グルー
    プの持分は      57.4  %に減少した。
     フォルシアは、ジョイントベンチャーパートナーのタタ社を買収し、タコ・フォルシア・デザイン・セン
    ター社の単独所有者となった。社名をフォルシア・オートモーティブ・エンジニアリング・インディアに変
    更し、インドにおけるフォルシアの開発センターとなった。
     2010  年   フォルシアはプラスタル社のドイツおよびスペインの事業を買収し、欧州市場における自動車外
    装部品の生産を拡大した。              FAW-  フォルクスワーゲン社の外装部品のサプライヤーであるフアーシャン社との
    ジョイントベンチャーを中国で設立し、国際的に展開することができた。
     ギーリー社およびリミン・グループとの戦略的提携は、中国におけるフォルシア・インテリア・システム
    ズおよびフォルシア・オートモーティブ・エクステリアズにとって重要な新たな開発段階を意味することと
    なった。
     欧州では、フォルシア・オートモーティブ・シーティングがフルビガー・オートモーティブ・コンフォー
    ジスティーム       GmbH  の「シート・コンフォート・テクノロジー」事業を買収し、フォルシア・インテリア・シ
    ステムズが自動車部門向け金属内装トリム部品を扱うアンゲル・デメル・ユーロップ                                           GmbH  を買収した。
     2011  年   フォルシアは、(ⅰ)ニンボー・ホアション・プラスチック・プロダクツ社と自動車外装部品の
    製造に関する新たな合弁契約を締結し、(ⅱ)                        2010  年に締結したチャンチュン・スーヤン・グループとの協
    力契約を延長し、フォルシアが同社に                    18.75   %出資することで、中国での事業を強化した。これにより当グ
    ループは、コンプリートシート、内装システム、音響モジュールおよび内装ライニングといった戦略的分野
    で提供する製品とサービスの範囲を拡大することが可能となった。
     2012  年   フォルシアは、ミシガン州サリーン(米国)にあるフォード                               ACH  社の内装部品工場を買収し、ラッ
    シュ・グループ        Ltd  と合弁契約を締結した。このジョイントベンチャーであるデトロイト・マニュファクチュ
    アリング・システムズ(             DMS  )社は、デトロイトの新工場で内装部品の組み立てや順序付けなどの活動のサ
    ポートを行った。
                                  84/1067



                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     2013  年   アジアでの展開の一環として、フォルシア・インテリア・システムズはタイのサプライヤーであ
    るサミット・オート・シーツ社と合弁契約を締結し、フォードをサポート。フォルシアはまた、中国の自動
    車メーカーの       1 つであるチェンエン・オートモービル・グループと合弁契約を締結した。
     フォルシアとマニエッティ・マレリ社は、自動車内装用ヒューマン・マシン・インターフェース(                                                  HMI  )製
    品の設計、開発および製造に関する協力協定を締結した。
     2014  年   フォルシアは、日本の自動車サプライヤーであるホーワ社との間で、ルノー                                       - 日産向け内装システ
    ムのメキシコ生産を行うジョイントベンチャーフォルシア・ホーワ・インテリアズ社を設立した。今回の合
    意は、メキシコ、タイ、スペイン、ブラジル、南アフリカにおける日産とのフォルシアの新たな商業的展望
    を開くものであった。
     フォルシアは、環境を守りながら車を軽量化するというフォルシアの活動継続を目的としたバイオ原料の
    開発および生産を行うため、フランスの農業協同組合アンテルヴァルとのジョイントベンチャーオートモー
    ティブ・パフォーマンス・マテリアルズ(                      APM  )社を設立した。
     2015  年   フォルシアは中国での事業拡大を続け、ドンフェン・ホンタイ社(中国の自動車グループの                                               1 つで
    あるドンフェン・モーター・コーポレーションによる過半数所有子会社)と、フォルシア・グループの全事
    業をカバーするグローバル・パートナーシップ契約を締結した。この提携の第一段階として、                                                2015  年 5 月に  2
    つのジョイントベンチャーを設立し、                   1 つ(ドンフェン・フォルシア・オートモーティブ・インテリア社)は
    自動車内装部品の開発、製造および納入を目的とし、もう                              1 つ(ドンフェン・フォルシア・オートモーティ
    ブ・エクステリア社)は自動車外装部品の開発、製造および納入を目的とした。
     フォルシアと中国有数の自動車内装および外装トリム部品メーカーであるベイジン                                          WKW  オートモーティブ・
    パーツ社が合弁契約を締結。両社は、軽自動車向けアルミニウム内装トリム部品の分野でシナジーを発揮す
    ることを目指した。
     2016  年   フォルシアと、柔軟なウッドトリムの製造に特化しているイタリアのタブ                                      S.p.A.   社は、ジョイン
    トベンチャーのリニェオス              S.r.l.   の設立に伴うパートナーシップ契約を締結。両社は、自動車用ウッドトリ
    ムの用途をより広い範囲の表面に拡大することを目的とした特許技術を開発した。
     2015  年 12 月に締結した契約に基づき、               2016  年 7 月、フォルシアは自動車外装バンパーおよびフロントエンド
    モジュール事業をプラスチック・オムニウム社(ハンバッハのフォルシア・スマート工場およびブラジルと
    中国の   2 つのジョイントベンチャーを除く。)に売却した。
     フォルシアとドイツの高級車メーカーボークヴァート社は、天津にジョイントベンチャー(ボークヴァー
    ト・フォルシア・オート・システムズ社)を設立し、ボークヴァート社の新型の自動車用シートを共同開
    発・生産するパートナーシップ契約を締結した。
     2017  年   フォルシアは、イノベーション・エコシステムを拡大し、以下の企業と技術および産業面での
    パートナーシップを築いた。
     ・パロット・オートモーティブ社は、自動車業界向けのコネクティビティおよびインフォテインメント・
       ソリューションのプロバイダーである。フォルシアは、同社の株式を段階的に取得し、コネクテッド
       カー向けの電子ソリューションの開発を加速させた。
     ・ ZF 社とは、様々なコックピット・アプリケーション向けの先進的なシート一体型安全ソリューションの
       開発を行った。
     ・マール社とは、車室の熱管理に関する革新的な技術開発を行った。
     フォルシアは、中国企業イヤンシー・コイジェント・エレクトロニクス社の過半数株式を買収し、社名を
    フォルシア・コイジェント・エレクトロニクス                        S&T  社に変更し、車載インフォテインメント・ソリューション
    を開発した。
                                  85/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     2017  年 11 月、フォルシアは、          2012  年 11 月に店頭(      OTC  )市場で開始したティア             1 米国上場     ADR  プログラムを終
    了。フォルシアの普通株式(               NYSE  ユーロネクスト・パリ市場に上場)                  1 株は、   ADR  株式  2 株の構成となった。
     2018  年   フォルシアは、新技術の分野における発展を継続するため、以下のことを行った。
     以下の会社と新たなパートナーシップを締結した。
     ・コンサルティングおよびテクノロジー企業であるアクセンチュア社と締結し、車両向けのコネクテッド
       な車載サービスおよびフォルシアの業務効率を向上させるための人工知能に基づく新たなツールを開発
     ・自動車メーカーである             FAW  グループと締結し、サステナブル・モビリティ・ソリューションおよびコック
       ピット・オブ・ザ・フューチャーのための技術の開発に注力
     ・ライティング(照明)とエレクトロニクスを専門とするドイツの機器メーカーであるヘラーと締結し、
       室内照明ソリューションの開発に注力
     以下の買収や投資を行った。
     ・パロット・フォルシア・オートモーティブ社の                         100  %買収を完了
     ・ルーチョウ・ウーリン・オートモーティブ・インダストリー社(中国有数の自動車部品サプライヤー)
       との新たなジョイントベンチャーの設立
     ・認知科学を利用して様々な状況における人間の幸福とパフォーマンスを最適化する研究所である、フラ
       ンスのヒューマン・ファブセンター(旧                    ESP  コンサルティング)に投資
     ・超高出力エンジン(            750  馬力超)の完全排ガス浄化システムで市場をリードする企業の                                1 つである、スイ
       スのハグ・エンジニアリング社を                 100  %買収
     ・エネルギー効率分野における技術的専門知識を強化するため、フランスのスタートアップ企業であるエ
       ノジア社に投資
     ・ユーザーフレンドリーでコネクテッドなコックピット・オブ・ザ・フューチャーのためのソリューショ
       ンを加速するため、シリコンバレーを拠点とするスタートアップ企業であるパワースフィア社に投資
     12 月 26 日、フォルシアは会社形態を変更し、欧州企業となった。
     2019  年   フォルシアは日本企業のクラリオン株式会社を                        100  %買収し、コックピット内のエレクトロニクス
    およびソフトウェアに特化した第                 4 の事業である「フォルシアクラリオン・エレクトロニクス」を創設するこ
    とで、新技術分野における事業拡大を強化した。
     この第   4 の事業展開の一環として、フォルシアは以下のことを行った。
     ・中国企業のフォルシア・コイジェント・エレクトロニクス                               S&T  Co.  の全株式を取得
     ・スウェーデン企業のクレオ・ダイナミクス社の過半数の株式を取得
     ・イスラエル企業のガードノックス社に投資
     ・ポルトガル企業のアプトイド社と株式持分割合が                          50 %ずつのジョイントベンチャーを設立
     ・コックピット内でのユーザーのデジタル体験を向上させるため、株式会社ジャパンディスプレイとの
       パートナーシップを締結
     フォルシアとミシュラン社は、ミシュラン社およびフォルシアの水素燃料電池に関するすべての活動を統
    合するため、シンビオ社を中心としたジョイントベンチャーを設立した。シンビオ社は、フォルシアおよび
    ミシュラン社が折半出資した。
     フォルシアは、フランスのバヴァンにある研究開発センターに、水素貯蔵システムの開発に特化したグ
    ローバルな専門センターを設立した。
     2020  年   フォルシアは以下の株式を取得した。
     ・コンチネンタルとのジョイントベンチャーである                          SAS  社の残りの      50 %の株式。このジョイントベンチャー
       は、車両インテリアの複合モジュールの組立ておよびロジスティクスに従事する。このプロジェクトに
       より、フォルシアはシステムインテグレーションの提供をすべてのインテリアモジュールならびにスク
                                  86/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       リーン、エレクトロニクス、センサーおよび熱快適性などの新製品ラインに拡大することが可能となっ
       た。
     ・コックピット内のディスプレイシステム、ひいてはユーザー体験を最適化するために知覚と生理学を利
       用したソフトウェアプラットフォームを開発した、カナダのスタートアップ企業であるアイリステッ
       ク・インク社の        100  %の株式
     当グループのカーボン・ニュートラル・プロジェクトの一環として、フォルシアは、当グループのカーボ
    ン・ニュートラル戦略の             2025  年までの達成(スコープ             1 および    2 )をサポートする優先パートナーとして、
    シュナイダー・エレクトリック社を選択した。フォルシアのスコープ                                   1 および   2 に関する軌道は、         1.5  ℃までの
    温暖化という最も厳しいシナリオおよび現在のベスト・プラクティスに沿っていると考えられている                                                    2030  年
    までのスコープ        3 に関するロードマップに従って、科学と整合した目標設定イニシアティブによって検証され
    た。
     2021  年   プジョー・エス・エー(             PSA  )およびフィアット・クライスラー・オートモービルズ(                              FCA  )の合
    併の一環として、         2021  年 3 月、ステランティス社は保有していたフォルシアの株式資本の                                39.3  %に相当する株
    式を売却した。この売却後、フォルシアの浮動株は大幅に増加し、                                   2021  年 12 月 31 日現在、株式資本の約            95 %
    を占めていた。フォルシアはまた、株式資本の                        2 %を対象とした初の従業員持株制度を成功裏に完了し、従業
    員持株比率を株式資本の             2.6  %超まで引き上げた。
     フォルシアは、ヘラーの株式資本の                  60 %を株主一族から取得し、株式資本の                    19.5  %をヘラーの全株主と共
    に開始した任意の公開買付により取得することで、ヘラーの支配権を獲得した。当該買収取引(公開買付の
    決済・交付を含む。)は、              2022  年 1 月 31 日に行われた。
     2021  年、フォルシアはコックピット・オブ・ザ・フューチャーおよびサステナブル・モビリティに焦点を
    当てた戦略をサポートするため、以下の取引を実施した。
     ・水素分野におけるルノー社、                SAIC  社およびエール・リキード社とのパートナーシップの構築
     ・(ⅰ)中国の主要な水素タンクメーカーの                       1 つである     CLD  社の過半数持分、(ⅱ)バイオミメティック・
       スプレー技術を専門とするスウェーデンのスタートアップ企業である                                   uMist   社の知的財産資産、(ⅲ)先
       進的なバックライト技術を専門とするスコットランド企業であるデザイン                                      Led  社(この買収によりディス
       プレイ技術の提供が強化され、没入型体験の充実が図られた。)、および(ⅳ)                                         BAIC  ヒュンダイ社の主
       要シートサプライヤーであるベイジン                   BAIC   DAS  オートモーティブ・システム               Co.  の株式   50 %の取得
     ・音響・ソフトトリム(            AST  )部門のアドラー・ペルツァー・グループへの売却
     ・アランジョワ(ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域)における新たな                                       4.0  産業プラットフォームの建
       設。かかる産業プラットフォームは、最終的に                        750  名を超える従業員を雇用し、シート、高度な排出削減
       ソリューションおよび水素貯蔵システムを生産することとなった。
     持続可能な開発の観点から、フォルシアは、パランティア・テクノロジーズ・インク社、エンジー社
    (ヨーロッパ、中国、ブラジルおよびメキシコにおけるエネルギー効率化プログラムの展開を支援し、現場
    の消費量を      15 %削減するため)、シュナイダー・エレクトリック社(オフサイトエネルギー生産のため)、
    および   KPMG  社(オンサイトエネルギー生産のため)とのパートナーシップを結ぶことで、カーボン・ニュー
    トラルへのアプローチを継続および加速してきた。当グループはまた、スウェーデンの鉄鋼会社                                                  SSAB  より、
    化石燃料を使用せず、非常に少ない二酸化炭素排出量で生産される鉄鋼の供給を確保した。このパートナー
    シップにより、フォルシアは化石燃料を使用しない鉄鋼を探求する自動車部品サプライヤーとなり、二酸化
    炭素ニュートラルの目標を前進させた。
     2022  年   ヘラーの買収取引の手続が完了した。                   2023  年 2 月 28 日現在、フォルシアはヘラー株式の                  81.6  %を保
    有している。
                                  87/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     フォルシアとヘラーの合併を成立させるため、両社はフォルヴィアのブランドを創設した。統合グループ
    は、収益性の高い成長の実現、キャッシュ創出力の強化および当グループの債務削減を加速することを目標
    とする新たな中期戦略計画であるパワー                    25 をキャピタル・マーケット・デーで発表した。
     この買収のリファイナンスの一部は、以下の方法により行われた。
     ・ 2022  年 6 月に実施された、発行プレミアムを含む                    705  百万ユーロの優先的新株引受権付の増資
     ・持続可能な開発に関連した               700  百万ユーロのシニア債の発行(サステナビリティ・リンク債)
     2023  年末までに完了するフォルヴィア・グループの                         10 億ユーロの資産売却プログラムの一環として、ヘ
    ラーは、保有する         HBPO  株式の   33.33   %を共同株主であるプラスチック・オムニウム社に                          290  百万ユーロで売却
    した。
     ・ 2 つの主要な電力購入契約が締結され、これによりオクトパス・エナジー・ジェネレーション社およびミ
       ロヴァ・ユーロフィデム             4 社とのパートナーシップの下、シュナイダー・エレクトリック社の支援を受
       け、アリングソースに            85.8MW   のスウェーデンのローデンネ風力発電プロジェクトが立ち上げられ、ま
       た、エンジー社および           EDP  社と共同で、       22 ヶ国にまたがる        150  を超える拠点に太陽電池パネルを設置する
       という太陽光発電         15 年計画が開始した。
     ・フォルシアはまた、持続可能な素材に特化した新会社マテリアクトの設立も発表した。
     6 月、当グループは、「ネットゼロ・エミッション」に向けたロードマップを科学と整合した目標設定イニ
    シアティブ(       SBTi  )によって検証された。フォルシアおよびヘラーは、                            2045  年までに純排出量ゼロを達成す
    るという、      SBTi  の最も野心的な基準に相当する目標を設定した。
     9 月、フォルシアは、          CAC  ラージ   60 企業  40 社を含む、ユーロネクスト              CAC  40  ESG  指数に加わった。
     当グループは、以下の開発プロジェクトを通じて水素戦略を加速および支援している。
     ・フォルシアによるバイエルン地域向けに                      MAN  社が提供しているトラック車両への完全な水素貯蔵システム
       の装備
     ・フォルシア、シンビオ社およびミシュラン社は、「シンビオ                                H2 セントラル・バレー・エクスプレス」プ
       ロジェクトを通じた水素トラックの開発のために、カリフォルニア州エネルギー委員会によって選出さ
       れた。
     ・フォルシアによるフランス初の業務用車両向けの持続可能な水素モビリティ・プロジェクトである「ゼ
       ロ・エミッション・バレー(               ZEV  )」に設置された充電ステーションに大容量水素貯蔵システムを供給す
       る契約の獲得
     ・ HYVIA   社(ルノー・グループおよびプラグのジョイントベンチャー)とパートナーシップを締結し、フラ
       ンスで製造されるルノー・マスター                  H2-TECH    の量産向けに新世代水素貯蔵システムを供給
     ・フォルシアおよびシンビオ社(ミシュランとの株式持分割合が                                 50 %ずつのジョイントベンチャー)の水
       素事業は、水素バリューチェーンにおける研究および技術革新、初の産業展開ならびに関連するインフ
       ラの建設を支援することを目的とした「                     IPCEI   Hy2Use   」プロジェクトの一環として、欧州の共通利益に
       適合するとして欧州委員会により選出された。
     2023  年  5 月 30 日に開催されたフォルシア・エス・イーの合同株主総会において、フォルシア・エス・イー
    からフォルヴィア・エス・イーへの社名変更が採択された。
                                  88/1067




                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    3【事業の内容】
     当社のグループは自動車テクノロジー企業である。当社のグループは、コネクティビティ、自律性、ライ

    ドシェアリングおよび電動化という、自動車業界を揺るがしている                                  4 つの主要なトレンドから利益を得るため
    の転換戦略を採用している。当社のグループは、サステナブル・モビリティ戦略を通じて、超低排出および
    ゼロ・エミッションのモビリティのためのソリューションを開発して、クリーンなモビリティへの移行を促
    進している。当社のグループはコックピット・オブ・ザ・フューチャー戦略に基づき、自律走行車およびコ
    ネクテッドカーへの傾向の高まりに対応するため、ネットに常時接続され、各個人の状況に応じて危険を検
    知する機能を有するコックピットのためのソリューションを開発している。例えば、当社のグループは、計
    器パネル、ドアパネル、センターコンソール、持続可能な材料、内装モジュール、コックピット電子機器お
    よび室内照明を開発している。
     2022  年 1 月 31 日、当社はヘラーの買収を完了した。買収後、当社は自らのブランドを「フォルヴィア」の新

    名称に変更したが、当社およびヘラーは今後も別法人として事業を継続し、それぞれのブランドで製品を販
    売する予定である。ヘラーの事業は完全に統合され、一貫した当グループのアプローチおよび統合を確実に
    するため、共通のプロセスに収束されていく予定である。
     当社のグループは、クリーンモビリティ、シーティング、インテリア、ライティング、ライフサイクルソ

    リューションズおよびエレクトロニクスの                      6 つの事業グループで構成されている。当社とヘラーの補完的な強
    みを組み合わせることで、当社のグループは                       6 つの事業グループにまたがる包括的なテクノロジーを提供して
    いる。
    クリーンモビリティ           当事業グループでは、クリーンモビリティ・ソリューションを推進するためのゼロ・

    エミッション車両向けの水素ソリューションならびにバッテリー式電気自動車や燃料電池車のための技術を
    含む超低排出の乗用車、商用車および産業車向けのソリューションの設計・製造を行っている。                                                   2022  年に
    は、ヘラーの       BEV  関連のエネルギー管理ポートフォリオ、センサーおよびアクチュエーター、ならびにヘラー
    が提供するバッテリーマネージメントシステム、                         DC/DC   コンバーターの電圧コンバーターおよび車載充電シス
    テムを活かして、電気自動車(                HEV  、 PHEV  、 BEV  および   FCEV  )向けの包括的なサービスを開発した。                     2022  年に
    は、クリーンモビリティ事業グループの売上高は                         4,735.7    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の                    19 %)に達
    した。   2023  年 6 月 30 日に終了した       6 ヶ月間において、クリーンモビリティ事業グループの売上高は、                                 2022  年 6 月
    30 日に終了した       6 ヶ月間における        2,284.8    百万ユーロに対し、          2,467.5    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の
    18 %)となった。
    シーティング        当事業グループでは、シートシステムの設計・製造を行っている。                                   2022  年には、シーティン

    グ事業グループの売上高は              7,704.3    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の                     30 %)に達した。        2023  年 6 月 30 日
    に終了した      6 ヶ月間において、シーティング事業グループの売上高は、                              2022  年 6 月 30 日に終了した       6 ヶ月間にお
    ける  3,529.9    百万ユーロに対し、          4,248.0    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の                    31 %)となった。
    インテリア       当事業グループでは、インストルメントパネル、ドアパネル、センターコンソール、装飾、イ

    ンテリアライティングおよびスマートサーフェスを含む、インテリア・システムの開発・製造を行ってい
    る。当社は、インテリアモジュールのシームレスな統合や、触覚サーフェス、アンビエント照明およびディ
    スプレイといった機能を組み込むことに関する専門知識を活かして開発・製造を行っている。当社は、二酸
    化炭素排出量を削減するために、自動車インテリア向けのサステナブルな素材を開発している。                                                   2022  年に
    は、インテリア事業グループの売上高は                     5,529.5    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の                     22 %)に達した。
    2023  年 6 月 30 日に終了した       6 ヶ月間において、インテリア事業グループの売上高は、                            2022  年 6 月 30 日に終了した
    6 ヶ月間における        2,171.7    百万ユーロに対し、           2,438.0    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の                     18 %)となっ
                                  89/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    た。  2023  年 7 月 31 日、フォルヴィアは「            SAS  」コックピット・モジュール部門(以下「                      SAS  」という。)のマ
    ザーソン・グループへの売却を完了した。
    「サステナブル・マテリアル」部門は、当社とヘラーの統合によりさらに多様化した当社のグローバルな事

    業基盤を活用し、相手先商標製品メーカー(                       OEM  )がそれぞれの持続可能性目標を達成できるようにより良く
    支援するために、二酸化炭素が低排出、さらにはマイナス排出である材料の開発のためのソリューションを
    提案するために、事業グループを横断して取り組んでいる。                               フォルヴィアは、         2022  年 11 月、持続可能な材料
    を大量に開発および製造する新ブランド「マテリアクト」の創設を発表した。マテリアクトは、現在の材料
    と比較して二酸化炭素を最大               85 %削減する、低排出および超低排出の独自の最先端材料の開発、調達、製造
    および販売を行う。製品の範囲には、リサイクル化合物、バイオベース化合物および炭素回収化合物、バイ
    オベース箔、低二酸化炭素カーボンファイバー、自動車産業のための環境に優しいスチールその他が含まれ
    る。マテリアクトの持続可能な材料はすべて、欧州グリーン・タクソノミーに沿っている。この新事業体
    は、リサイクル材料およびバイオ材料の形成および加工に関する                                 10 年超の専門知識を持ち、変動性管理の経
    験も有している。
    エレクトロニクス          ヘラーの事業統合と関連して、当社は、フォルシアクラリオン・エレクトロニクス事業

    およびヘラーのエレクトロニクス&ソフトウェア事業を統合することで、次世代の高速および低速の先進運
    転支援システム(         ADAS  )のコンバージェンスを支えるグローバルプレイヤーを創出し、ドイツのリップシュ
    タットにその本社を置く予定である。この新たな事業グループは、                                   24 ヶ所の生産拠点と         21 ヶ所の研究開発セ
    ンターを運営する。
    フォルシアクラリオン・エレクトロニクス                       2019  年 4 月、当社は      4 つ目の事業グループとなるフォルシアクラ

    リオン・エレクトロニクスを創設した。当事業グループは日本に本社を置き、クラリオン株式会社、パロッ
    ト・オートモーティブ            SAS  (現在は     FCE  ユーロップとして知られている。)およびコイジェント・エレクトロ
    ニクスの     3 つの買収企業に加え、コヴァテックやクレオ・ダイナミクス等のその他の買収から得たソフトウェ
    アおよびエレクトロニクスに関する専門知識を結集している。フォルシアクラリオン・エレクトロニクス
    は、コックピットエレクトロニクス、ディスプレイ技術および                                ADAS  の 3 つの主要な製品ラインを中心に構成さ
    れている。
    ヘラー・エレクトロニクス・アンド・ソフトウェア                            レーダー、電動パワーステアリング、電子ミラー、全

    方位ビューおよび自動駐車ソリューションは、当グループが提供する製品およびシステムに追加された先端
    技術の一例である。
    ヘラーは、ボデイエレクトロニクス、エネルギー管理、運転支援システム、ステアリングおよびライティン

    グエレクトロニクスのための部品の開発に注力してきた。ヘラーは、エネルギー管理の分野におけるバッテ
    リーマネージメントシステムおよび                  DC/DC   コンバーターを開発し、さらに運転支援の分野では、レーダーおよ
    びカメラソフトウェアのコア技術を開発してきた。
    2022  年において、エレクトロニクス事業グループの売上高は                            3,521.7    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の

    13.8  %)となった。        2023  年 6 月 30 日に終了した       6 ヶ月間において、売上高は、               2022  年 6 月 30 日に終了した       6 ヶ月
    間の  1,550.40     百万ユーロに対し、          2,047.3    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の                    15 %)となった。
    ライティング(照明)             ライティング事業グループは、世界中の                     OEM  に向けて、ヘッドランプ、リアコンビ

    ネーションランプ、車体およびインテリアライティングの開発・製造を行っている。ヘラーは、                                                  2008  年に初
    めてのフル      LED  ヘッドランプの開発を完了し、現在はフル                      LED  ヘッドランプの大規模生産を行っている。                      2022
    年において、ライティング事業グループの売上高は                          3,074.0    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の                    12 %)と
    なった。     2023  年 6 月 30 日に終了した       6 ヶ月間において、ライティング事業グループの売上高は、                              2022  年 6 月 30 日
                                  90/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    に終了した      6 ヶ月間の     1,281.4    百万ユーロに対し、          1,874.2    百万ユーロ(フォルヴィアの総売上高の                     14 %)と
    なった。
    ライフサイクルソリューションズ                  当事業グループは、ヘラーのアフターマーケット事業および特殊アプリ

    ケーション事業セグメントを統合する。ヘラーのアフターマーケット事業セグメントは、スペアパーツに関
    して欧州アフターマーケットにおいて、卸売業者や自動車整備業者に向けて自動車部品、アクセサリーおよ
    び工場機器を提供するサービスパートナーとして運営している。ヘラーの特殊アプリケーション事業セグメ
    ントは、建設および農業機械、バスおよびキャンピングカー、ならびに海洋部門向け等の特殊車両向けのラ
    イティング技術およびエレクトロニクス製品の開発・製造・販売を行っている。これによってエコデザイン
    製品、サステナブル素材および循環型経済における潜在的なビジネスを活用することが可能になる。
     2023  年 6 月 30 日に終了した       6 ヶ月間において、当社のグループの売上高は、                        2022  年同期の     11,233.2     百万ユー

    ロに対し、      13,620.6     百万ユーロとなった。            2023  年 6 月 30 日に終了した       6 ヶ月間において、当社の調整後                EBITDA
    は、  2022  年同期の     1,266.3    百万ユーロに対し、          1,607.2    百万ユーロとなった。
     2022  年 12 月 31 日現在、当社のグループは              42 を超える国々で約         157,000    人を雇用している。

     2022  年 12 月 31 日に終了した年度において、受注高は                   310  億ユーロで、平均営業利益率は                7 %を超えた。

    4【関係会社の状況】

     当社には親会社はない。以下の表は、当社の連結子会社に関する情報を示したものである。

                                                 (2022   年 12 月 31 日現在   )

                                       議決権に対する
                     資本金                          フォルヴィアとの重要な
       名称および所在地                      主要な事業内容          提出会社の所有
                    (千ユーロ)                                関係
                                          割合
     フォルシア・インベストメ                238,702       自動車シート事業を営              100  %    経営管理料の受取
     ンツ                       むグループ子会社の持
     (フランス、ナンテール)                       株会社
     フォルシア・オートモー                62,311       インテリア・システム              100  %    経営管理料の受取
     ティブ・ホールディングス                       事業を営むグループ子
     (フランス、ナンテール)                       会社の持株会社
     フォルシア・エグゾース                 7,301      持株会社              100  %    経営管理料の受取
     ト・インターナショナル
     (フランス、ナンテール)
     フォルシア     USA  ホールディン         126,334       持株会社              100  %    経営管理料の受取
     グス・インク
     (米国、ミシガン州、オー
     バーンヒルズ)
     フォルシア・オートモー                146,420       持株会社              100  %    経営管理料の受取
     ティブ   GmbH
     (ドイツ、ハノーファー)
     フォルヴィア・ジャーマ                2,053,461       自己の名義および自己              100  %    経営管理料の受取
     ニー  GmbH                     の勘定での国内外の投
     (ドイツ、ハノーファー)                       資および有価証券の取
                            得および管理
                                  91/1067


                                                          EDINET提出書類
                                                   フォルヴィア・エス・イー(E39218)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     フォルシア・オートモー                 7,138      プジョー、シトローエ              100  %    経営管理料の受取
     ティブ・エスパーニャ          S.L.             ン、メルセデスおよび
     (スペイン、マドリード)                       ルノー向けのインスト
                            ルメントパネル、シー
                            ルドなどの生産
     フォルシア・ホールディン                 3,010      持株会社              100  %    経営管理料の受取
     グス・エスパーニャ         S.L.
     (スペイン、リヴァス・
     ヴァシアマドリード)
     エナップ・シス                1,100,010       持株会社              100  %    経営管理料の受取
     (フランス、ナンテール)
     フォルシア(中国)ホール                458,187       持株会社              100  %    経営管理料の受