株式会社J-オイルミルズ 四半期報告書 第22期第2四半期(2023/07/01-2023/09/30)

提出書類 四半期報告書-第22期第2四半期(2023/07/01-2023/09/30)
提出日
提出者 株式会社J-オイルミルズ
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2023年11月9日

    【四半期会計期間】               第22期 第2四半期(自             2023年7月1日         至   2023年9月30日)

    【会社名】               株式会社J-オイルミルズ

    【英訳名】               J-OIL MILLS, INC.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長執行役員            CEO  佐 藤  達 也

    【本店の所在の場所】               東京都中央区明石町8番1号 聖路加タワー

    【電話番号】               (03)5148-7100

    【事務連絡者氏名】               財務部長  内 田  敬 之

    【最寄りの連絡場所】               東京都中央区明石町8番1号 聖路加タワー

    【電話番号】               (03)5148-7100

    【事務連絡者氏名】               財務部長  内 田  敬 之

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                   株式会社J-オイルミルズ 大阪支社

                    (大阪市北区中之島六丁目2番57号)

                   株式会社J-オイルミルズ 名古屋支社

                    (名古屋市中区錦二丁目18番19号)

                                 1/27






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第21期           第22期

              回次               第2四半期           第2四半期            第21期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自   2022年4月1日         自   2023年4月1日         自   2022年4月1日
             会計期間
                           至   2022年9月30日         至   2023年9月30日         至   2023年3月31日
    売上高                  (百万円)           122,965           124,670           260,410
    経常利益又は経常損失(△)                  (百万円)            △ 15         5,022           1,436

    親会社株主に帰属する
    四半期(当期)純利益
                      (百万円)            △ 164          3,424            986
    又は親会社株主に帰属する
    四半期純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                  (百万円)             730          4,867            899
    純資産額                  (百万円)           94,429           98,798           94,263

    総資産額                  (百万円)           177,517           172,265           178,621

    1株当たり四半期(当期)純利益
                       (円)          △ 4.98          103.54           29.82
    又は1株当たり四半期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                       (円)            -           -           -
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                   (%)           53.0           57.1           52.5
    営業活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)          △ 14,090           11,976          △ 10,022

    投資活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           △ 2,593          △ 2,830          △ 3,709

    財務活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           15,869          △ 7,838          12,628

    現金及び現金同等物の
                      (百万円)            2,725           3,764           2,424
    四半期末(期末)残高
                              第21期           第22期

              回次               第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自   2022年7月1日         自   2023年7月1日
             会計期間
                           至   2022年9月30日         至   2023年9月30日
    1株当たり四半期純利益
                       (円)          △ 21.10           54.88
    又は1株当たり四半期純損失(△)
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
         しておりません。
       2 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
         せん。
    2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/27




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識し
     ている主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更は
     ありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営成績の状況
       当第2四半期連結累計期間のわが国経済は、社会経済活動の正常化が一段と進んだ一方で、世界的な金融引き締
      めによる影響や原材料・エネルギーコストの継続的な上昇のほか、為替相場の急速な円安進行も重なり、依然とし
      て景気の先行きは不透明な状況が続いております。
       このような状況下において、当社は油脂汎用品の収益力改善に取り組むとともに成長ドライバーとなる高付加価
      値品の拡販に努めました。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、                        売上高1,246億70百万円           ( 前年同四半期比1.4%増           )、  営業利
      益49億39百万円       (前年同四半期は        営業損失1億50百万円          )、  経常利益50億22百万円          (前年同四半期は        経常損失15百
      万円  )、  親会社株主に帰属する四半期純利益34億24百万円                       (前年同四半期は        親会社株主に帰属する四半期純損失1
      億64百万円     )となりました。
       セグメントの概況は、次のとおりであります。

     (油脂事業)

       油脂事業環境につきましては、主原料である大豆相場は、4月は1ブッシェル当たり15米ドル前後で推移した
      後、米国における順調な作付け進捗や米国産大豆の需給緩和予想などから一時12米ドル台まで下落しました。その
      後は米国産地の降雨不足による作柄悪化懸念、米国における再生可能エネルギー向け植物油需要の増加期待などか
      ら7月には一時16米ドル台まで上昇しました。その後は米国産地の天候に上下する展開が続いた後、作柄改善期待
      や順調な収穫進展を受けて軟調に推移し、9月には再び12米ドル台まで下落しました。前年同四半期との比較では
      低位での推移となりました。菜種相場は、4月は1トン当たり700加ドル台で推移した後、カナダ産地での作付け進
      展とともに軟調な推移となり、600加ドル台中盤まで下落しました。その後は米国の植物油需要の増加期待から上昇
      傾向に転じ、カナダ産地での高温乾燥も懸念されたことから、7月には800加ドル台中盤まで上昇しましたが、9月
      には順調な収穫の進展を受けて再び700加ドル台前半まで下落しました。前年同四半期との比較では低位での推移と
      なりました。ドル円相場は、金融不安の高まりを受けて4月には一時的に円高ドル安となりましたが、その後は日
      米の金融政策の方向性の違いが意識される中、米国の政策金利引き上げと長期金利の上昇が続いたことから再び円
      安ドル高傾向となり、9月末には150円台/1米ドルに迫る水準となるなど、前年同四半期と比較して円安水準での
      推移となりました。
       油脂部門につきましては、家庭用油脂は、値上げによる節約志向の高まりや外食の回復などの影響で需要が減少
      し、販売数量は前年同四半期をやや下回りました。汎用油においては、販売数量は前年同四半期をやや下回ったも
      のの、昨年実施した価格改定の影響もあり売上高は前年同四半期をわずかに上回りました。原料価格高騰の影響に
      よりオリーブオイルの市場は足元では縮小傾向にあるものの、価格改定により売上高は前年同四半期を上回りまし
      た。環境負荷の低減やお客様の使いやすさが特長である「スマートグリーンパック                                       」はパッケージを刷新し、ライ
                                            ®
      ンナップを拡充しました。今春から販売店舗数も増加し、6月にはTVCMと連動したキャンペーンを展開すること
      で、認知率向上によるトライアル促進を図りました。業務用油脂は、新型コロナウイルス感染症の5類移行に伴う
      人流の回復やインバウンド需要の拡大を受け、外食を中心に一定の市場回復は見られたものの、油脂市場において
      は、油脂価格高騰によるお客様のフライ油の使用日数の延長やフライメニューの減少の影響を受け、販売数量は前
      年同四半期をわずかに下回りました。一方、売上高については、価値に見合った適正価格での販売に努めた結果、
      前年同四半期と同程度となりました。当社独自技術「SUSTEC                            (サステック)」を導入した「すごい長徳」5品目に
                                  ®
      おいてCFP(Carbon         Footprint     of  Products)マークを追加取得しました。「長徳                      」シリーズは、市場の回復によ
                                            ®
      り深刻化する人手不足を背景に、長持ちすることによるフライ油交換の労働負荷の軽減と、CFP認証による環境負荷
                                 3/27


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
      の低減という二つの低負荷を軸とした提案を推進し、販売数量は前年同四半期をわずかに上回りました。
       油糧部門につきましては、大豆ミールは搾油量が前年同四半期と同程度であったことから、販売数量は前年同四
      半期をわずかに上回りました。販売価格はシカゴ相場の上昇と為替相場の円安進行により前年同四半期をわずかに
      上回りました。菜種ミールは搾油量が前年同四半期をわずかに下回り、ミール歩留がやや低下したことから、販売
      数量は前年同四半期を下回りました。販売価格は大豆ミール価格の上昇に連動して前年同四半期を上回りました。
       以上の結果、当事業は          売上高1,128億36百万円           ( 前年同四半期比1.4%増           )、  セグメント利益49億74百万円              (前年
      同四半期は     セグメント利益3億34百万円             )となりました。
     (スペシャリティフード事業)

       乳系PBF部門につきましては、家庭用はマーガリン市場の縮小傾向に加え、前年度に大幅な価格改定を実施し
      たことも影響し、販売数量は前年同四半期を大きく下回りました。売上高は価格改定後の販売単価の維持に努めた
      ものの、前年同四半期を下回りました。プラントベースブランド「Violife」は増量キャンペーンによる販促強化を
      行いながら、環境への配慮を意識したイベントへの出展やPRにより、ターゲット層への認知・理解促進を継続しま
      した。業務用は、インバウンド需要の回復により土産菓子などを中心に拡販を行いましたが、製パン向けなどの販
      売低迷により販売数量は前年同四半期を下回りました。一方、売上高については、価格改定および高付加価値品の
      拡販に努めた結果、前年同四半期と同程度となりました。粉末油脂事業は生産数量が安定し、販売数量は前年同四
      半期を上回りましたが、原料価格の低下により売上高は前年同四半期と同程度となりました。
       食品素材部門につきましては、テクスチャーデザインは段ボール用およびビール用コーンスターチの出荷が伸び
      ず、販売数量は前年同四半期をわずかに下回りましたが、製品価格改定により、売上高は前年同四半期を大きく上
      回りました。「TXdeSIGN            (テクスデザイン)」シリーズにつきましては、製菓製パン用途や畜肉用途への提案を強
                 ®
      化することでターゲット顧客での採用が進み、販売数量は前年同四半期を大きく上回りました。ファインの販売数
      量は前年同四半期を下回りましたが、ビタミンK2が国内市場を中心に新規採用や使用量拡大が進んだことに加
      え、米国や台湾など海外への輸出拡大に取り組んだ結果、売上高は前年同四半期を大きく上回りました。大豆たん
      白をベースとしたシート状大豆食品「まめのりさん                        」の販売は、価格改定に努めたものの、北米での流通在庫の調
                             ®
      整による出荷減の影響により、販売数量、売上高ともに前年同四半期を大きく下回りました。
       以上の結果、当事業は          売上高113億22百万円          ( 前年同四半期比1.1%増           )、  セグメント損失1億12百万円              (前年同
      四半期は    セグメント損失5億62百万円             )となりました。
     (その他)

       その他の事業につきましては、               売上高5億11百万円         ( 前年同四半期比4.5%増          )、  セグメント利益78百万円           ( 前年
      同四半期比0.3%減        )となりました。
     (2)  財政状態の状況

       当第2四半期連結会計期間末の総資産は、                    前連結会計年度末と比べ63億55百万円減少                    し、  1,722億65百万円        となり
      ました。主な増加は、現金及び預金が13億40百万円、投資有価証券が9億14百万円であります。主な減少は、受取
      手形、売掛金及び契約資産が15億98百万円、棚卸資産が61億85百万円、有形固定資産が10億20百万円であります。
       負債は、    前連結会計年度末と比べ108億90百万円減少                    し、  734億66百万円       となりました。主な増加は、未払法人税
      等12億45百万円であります。主な減少は、支払手形及び買掛金が35億6百万円、短期借入金が74億円、流動負債そ
      の他が19億39百万円であります。
       純資産は、     前連結会計年度末と比べ45億34百万円増加                    し、  987億98百万円       となり、自己資本比率は           57.1%   となりま
      した。
                                 4/27





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
     (3)  キャッシュ・フローの状況
       当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物は、                             前年同四半期連結累計期間末と比べ10億39百万円
      増加  し、  37億64百万円      となりました。
       営業活動によるキャッシュ・フローは、                   前年同四半期に比べ260億66百万円増加                   し、  119億76百万円       となりまし
      た。この主な要因は、棚卸資産や売上債権が減少したことによります。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、                   前年同四半期に比べ2億37百万円減少                  し、  △28億30百万円       となりまし
      た。この主な要因は、有形固定資産の取得による支出を計上したことによります。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、                   前年同四半期に比べ237億8百万円減少                  し、  △78億38百万円       となりまし
      た。この主な要因は、短期借入金が減少したことによります。
     (4)  研究開発活動

       当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                      6億32百万円      であります。
       なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 5/27
















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
      当社は、2023年8月9日開催の取締役会において、日清オイリオグループ株式会社(以下、「日清オイリオグルー
     プ」という)との間で、2023年10月2日を効力発生日として、共同新設分割により新設する製油パートナーズジャパ
     ン株式会社(以下、「製油パートナーズジャパン」という)について定めた合弁契約について決議、締結いたしまし
     た。
      この会社分割の概要は次のとおりであります。
     (1)  会社分割の目的
       当社および日清オイリオグループは、国内製油産業の長期的な課題についての共通認識のもと、将来にわたり日
      本の食を支えることを目指し「油脂と油粕の安定的な供給」、「持続可能な国際競争力の強化」の実現と、「環
      境・社会課題の解決」を通して広く社会に貢献することを目的に、2021年5月より搾油合弁会社設立に関する検討
      を行い、2022年11月より、西日本エリアにおける搾油合弁会社設立に関する協議を進めてまいりました。本分割に
      ついて、公正取引委員会の承認を得られたことから、2023年10月に本分割を実行することにいたしました。
       新会社は、国内搾油業の国際競争力強化と安定供給を長期にわたって確保する共同運営体制の構築を目指すとと
      もに、AIやIoTの活用によるスマートファクトリー化、脱炭素社会への取り組みなど、環境・社会課題への解決にも
      繋がる「次世代型搾油工場」の構築に向けた取り組みを推進してまいります。
     (2)  会社分割の方法
       当社および日清オイリオグループを新設分割会社とし、両社が共同で新設する製油パートナーズジャパンを承継
      会社とする共同新設分割といたします。
     (3)  会社分割の期日
       2023年10月2日
     (4)  分割する当社事業部門の概要
        (1)  分割する部門の事業内容                   当社倉敷工場における搾油工程
        (2)  分割する部門の経営成績(連結)                   -(注)
        (3)  分割する資産、負債の項目(連結)                   資産:6,999百万円
      (注)生産工程の一部を分割することから、経営成績として示すことが困難であるため「-」としております。
     (5)  分割に際して発行する株式及び割当
       製油パートナーズジャパンは、本分割に際して、普通株式10,000株を発行し、分割対価として、当社に                                               5,000株、
      日清オイリオグループに5,000株を割当て交付いたします。
     (6)  割当株式数の算定根拠
       割当株式数の算定に当たっては、対象事業に係る資産等の内容を精査し、同事業に係る主要な資産である有形固
      定資産をコスト・アプローチにより評価し、総合的に勘案して、当事会社間で協議の結果、決定いたしました。
     (7)  新設分割設立会社の概要
        (1)  商号                   製油パートナーズジャパン株式会社
        (2)  本店所在地                   岡山県倉敷市水島海岸通三丁目2番地
        (3)  代表者の役職・氏名                   代表取締役 川邊  修(日清オイリオグループ)
                             代表取締役 田中 一伸(J-オイルミルズ)
        (4)  事業内容                   日清オイリオグループおよびJ-オイルミルズからの搾油受託
                             事業(原油と油粕の製造)
        (5)  資本金                   100百万円
        (6)  決算期                   3月31日
       ※日清オイリオグループおよびJ-オイルミルズに関しては、商号、本店所在地、代表者の役職・氏名、                                                事業内
        容、資本金、および決算期について、いずれも本分割による変更はありません。
                                 6/27





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                   54,000,000

                   計                                  54,000,000

      ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                          提出日現在発行数(株)
          種類       現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                           (2023年11月9日)
                ( 2023年9月30日       )             商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
         普通株式           33,508,446           33,508,446                 単元株式数 100株
                                      プライム市場
          計          33,508,446           33,508,446          ―           ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
          年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
       2023年9月30日               ―   33,508,446           ―     10,000         ―     32,393
                                 7/27








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                2023年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                             所有株式数
                                                     除く。)の
            氏名又は名称                     住所
                                              (千株)
                                                    総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
       味の素株式会社                 東京都中央区京橋1-15-1                        9,053       27.16
       三井物産株式会社                 東京都千代田区大手町1-2-1                        4,175       12.52

       日本マスタートラスト信託銀行
                        東京都港区浜松町2-11-3                        2,472        7.42
       株式会社(信託口)
       株式会社日本カストディ銀行(信
                        東京都中央区晴海1-8-12                         873       2.62
       託口)
       J-オイルミルズ取引先持株会                 東京都中央区明石町8-1                         774       2.32
       東京海上日動火災保険株式会社                 東京都千代田区大手町2-6-4                         690       2.07

       農林中央金庫                 東京都千代田区大手町1-2-1                         405       1.22

       DFA    INTL     SMALL      CA   PALISADES          WEST     6300,B
       P  VALUE      PORTFOLI          EE   CAVE     ROAD     BUILDIN
                                                 326       0.98
       O(常任代理人        シティバンク、エ         G  ONE    AUSTIN       TX   78746   U
       ヌ・エイ東京支店)                 S(東京都新宿区新宿6-27-30)
       株式会社日本カストディ銀行(信
                        東京都中央区晴海1-8-12
                                                 263       0.79
       託E口)
       J-オイルミルズ従業員持株会                 東京都中央区明石町8-1                         241       0.73
               計                   ―              19,277        57.82

                                 8/27












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                2023年9月30日       現在
             区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
       無議決権株式                    ―          ―             ―

       議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―             ―

       議決権制限株式(その他)                    ―          ―             ―

                       (自己保有株式)
                                    ―             ―
                       普通株式     167,300
       完全議決権株式(自己株式等)
                       (相互保有株式)
                                    ―             ―
                       普通株式      3,700
                       普通株式
       完全議決権株式(その他)                               332,494            ―
                           33,249,400
                       普通株式
       単元未満株式                             ―      1単元(100株)未満の株式
                             88,046
       発行済株式総数                    33,508,446          ―             ―
       総株主の議決権                    ―           332,494            ―

      (注)1「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が                                         2,200   株(議決権     22 個)、
           株主名簿上は豊産商事株式会社(               現  株式会社J-NIKKAパートナーズ                 )名義となっていますが実質的
           に所有していない株式が           200  株(議決権2個)、株式給付信託(BBT)の信託財産として株式会社日本カスト
           ディ銀行(信託E口)が保有する株式が                  263,300    株(議決権     2,633   個  議決権不行使)が含まれておりま
           す。
         2「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式                            78 株、相互保有株式        32 株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                2023年9月30日       現在
                                                     発行済株式
                                  自己名義      他人名義      所有株式数
          所有者の氏名                                          総数に対する
                       所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計
           又は名称                                          所有株式数
                                   (株)      (株)      (株)
                                                     の割合(%)
       (自己保有株式)
                    東京都中央区明石町8-1               167,300         ―    167,300        0.50
       株式会社J-オイルミルズ
       (相互保有株式)             愛知県岡崎市福岡町字下荒
                                    3,700        ―     3,700       0.01
       太田油脂株式会社             追28
            計             ―         171,000         ―    171,000        0.51
      (注)株式給付信託が保有する当社株式は、上記自己保有株式には含まれておりません。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 9/27







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2023年7月1日から2023年
     9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年4月1日から2023年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                10/27

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2023年3月31日)              (2023年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                2,424              3,764
                                                   ※1   42,710
        受取手形、売掛金及び契約資産                                44,308
        商品及び製品                                25,562              22,729
        原材料及び貯蔵品                                35,334              31,982
                                        3,163              3,589
        その他
        流動資産合計                               110,793              104,776
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               11,821              11,626
         機械装置及び運搬具(純額)                               17,454              16,817
         土地                               18,614              18,614
         リース資産(純額)                               1,293              1,236
         建設仮勘定                               1,011               934
                                         857              804
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               51,052              50,032
        無形固定資産
                                        3,092              2,853
        投資その他の資産
         投資有価証券                               11,843              12,757
         退職給付に係る資産                               1,162              1,236
         繰延税金資産                                150              121
         その他                                615              579
                                        △ 118             △ 118
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               13,652              14,576
        固定資産合計                                67,797              67,462
      繰延資産                                    30              26
      資産合計                                 178,621              172,265
                                11/27









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2023年3月31日)              (2023年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                18,244              14,738
        短期借入金                                20,400              13,000
        未払法人税等                                  343             1,588
        未払消費税等                                  846              977
        賞与引当金                                  925              970
        役員賞与引当金                                   8              25
        役員株式給付引当金                                  -               4
                                        10,758               8,818
        その他
        流動負債合計                                51,527              40,122
      固定負債
        社債                                12,000              12,000
        長期借入金                                12,240              12,240
        リース債務                                1,088              1,032
        繰延税金負債                                1,832              2,518
        役員株式給付引当金                                  121               51
        環境対策引当金                                  44              24
        退職給付に係る負債                                3,280              3,278
        長期預り敷金保証金                                2,197              2,174
                                          25              22
        その他
        固定負債合計                                32,829              33,343
      負債合計                                 84,357              73,466
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                10,000              10,000
        資本剰余金                                31,633              31,633
        利益剰余金                                48,956              52,048
                                        △ 804             △ 803
        自己株式
        株主資本合計                                89,785              92,878
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                3,857              4,528
        繰延ヘッジ損益                                △ 136              502
        為替換算調整勘定                                  331              440
                                          12              10
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                4,064              5,481
      非支配株主持分                                   413              439
      純資産合計                                 94,263              98,798
     負債純資産合計                                  178,621              172,265
                                12/27






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日              (自 2023年4月1日
                                至 2022年9月30日)               至 2023年9月30日)
     売上高                                  122,965              124,670
                                       109,826              106,227
     売上原価
     売上総利益                                   13,138              18,443
                                      ※  13,289            ※  13,503
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                   △ 150             4,939
     営業外収益
      受取利息                                    0              0
      受取配当金                                    93              99
      持分法による投資利益                                    58               1
      受取賃貸料                                    21              12
                                          73              64
      雑収入
      営業外収益合計                                   246              178
     営業外費用
      支払利息                                    70              68
      支払手数料                                    14              15
                                          25              11
      雑支出
      営業外費用合計                                   111               95
     経常利益又は経常損失(△)                                    △ 15             5,022
     特別利益
      固定資産売却益                                    0              1
                                          11              248
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    11              249
     特別損失
      固定資産除却損                                   141              256
      リース解約損                                    0              2
      災害による損失                                    80              -
                                          -              39
      損害賠償金
      特別損失合計                                   222              298
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 225             4,973
     純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                         107             1,407
                                        △ 179              138
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    △ 72             1,545
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   △ 153             3,428
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     11               3
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        △ 164             3,424
     に帰属する四半期純損失(△)
                                13/27






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日              (自 2023年4月1日
                                至 2022年9月30日)               至 2023年9月30日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   △ 153             3,428
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   167              650
      繰延ヘッジ損益                                   512              639
      為替換算調整勘定                                    64              45
      退職給付に係る調整額                                    16              △ 1
                                         122              104
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                   884             1,439
     四半期包括利益                                    730             4,867
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                   694             4,841
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    36              25
                                14/27















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
     (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日              (自 2023年4月1日
                                至 2022年9月30日)               至 2023年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四
                                        △ 225             4,973
      半期純損失(△)
      減価償却費                                  2,298              2,538
      のれん償却額                                    5              5
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    65              △ 3
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △ 80             △ 74
      役員株式給付引当金の増減額(△は減少)                                    29             △ 65
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    39              44
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    2              16
      受取利息及び受取配当金                                  △ 93             △ 99
      支払利息                                    70              68
      持分法による投資損益(△は益)                                  △ 58              △ 1
      固定資産売却損益(△は益)                                   △ 0             △ 1
      投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 11             △ 248
      固定資産除却損                                   141              256
      災害損失                                    80              -
      損害賠償金                                    -              39
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 2,765              1,602
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 14,033               6,187
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 571            △ 3,512
      未払金及び未払費用の増減額(△は減少)                                  △ 286              249
      返金負債の増減額(△は減少)                                    8            △ 287
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                   878              131
                                         △ 37              361
      その他
      小計                                △ 14,543              12,181
      利息及び配当金の受取額
                                         104              111
      補助金の受取額                                    13              -
      利息の支払額                                  △ 70             △ 68
      損害賠償金の支払額                                    -             △ 39
                                         405             △ 208
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 14,090              11,976
                                15/27








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年4月1日              (自 2023年4月1日
                                至 2022年9月30日)               至 2023年9月30日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 1,892             △ 2,574
      有形固定資産の売却による収入                                    -               0
      有形固定資産の除却による支出                                  △ 171             △ 290
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 571             △ 341
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 10              △ 9
      投資有価証券の売却による収入                                    50              384
      短期貸付金の増減額(△は増加)                                    0             △ 0
      長期貸付けによる支出                                   △ 0             △ 1
                                          1              1
      長期貸付金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 2,593             △ 2,830
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 15,900              △ 7,400
      長期借入れによる収入                                  1,390                -
      長期借入金の返済による支出                                  △ 490               -
      リース債務の返済による支出                                  △ 106             △ 105
      自己株式の純増減額(△は増加)                                    8              1
                                        △ 833             △ 333
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 15,869              △ 7,838
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     33              33
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 780             1,340
     現金及び現金同等物の期首残高                                   3,505              2,424
                                      ※  2,725            ※  3,764
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                16/27












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
       (業績連動型株式報酬制度)
         当社は、取締役および執行役員(社外取締役を除きます。以下「取締役等」といいます。)を対象に信託を
        通じて自社の株式を交付する取引を行っております。
         ①  取引の概要
          取締役等の報酬と当社の業績および株式価値との連動性をより明確にし、中長期的な業績の向上と企業価
         値の増大に貢献する意識を高めることを目的に、業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」を導入して
         おります。当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、取締役等に対して当社が定
         める役員株式給付規程に従って、当社株式および当社株式を時価で換算した金額相当の金銭が信託を通じて
         給付されます。なお、信託内の当社株式については、経営への中立性を確保するため、信託期間を通じ議決
         権を行使しないものとしております。
         ②  信託に残存する自社の株式

          信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除きます。)により、純資産の部
         に自己株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額および株式数は、                                     前連結会計年度527百万円、
         264,100株、当第2         四半期連結会計期間526百万円、263,300株であります。
                                17/27














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結貸借対照表関係)
    ※1 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
       なお、当第2四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
       が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                             前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                            ( 2023年3月31日       )         ( 2023年9月30日       )
         受取手形                       - 百万円                42 百万円
     2   当社は運転資金の効率的な調達を行うため、取引金融機関とコミットメントライン契約を締結しております。                                                   こ

       の契約に基づく当第2四半期連結会計期間の借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                             ( 2023年3月31日       )        ( 2023年9月30日       )
        貸出コミットメントラインの総額                       20,000   百万円             20,000   百万円
        借入実行残高                         -                -
        差引額                       20,000   百万円             20,000   百万円
      (四半期連結損益計算書関係)
     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                            (自    2022年4月1日             (自    2023年4月1日
                             至   2022年9月30日       )       至   2023年9月30日       )
        製品発送費                        5,403   百万円             5,332   百万円
        販売促進費                         531                545
        広告費                         540                525
        給与手当                        2,434                2,442
        退職給付費用                         189                146
        役員株式給付引当金繰入額                         41               △ 62
        賞与引当金繰入額                         615                599
        役員賞与引当金繰入額                          2               21
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                            (自    2022年4月1日             (自    2023年4月1日
                             至   2022年9月30日       )       至   2023年9月30日       )
        現金及び預金                        2,801   百万円             3,764   百万円
                                 △76                 -
        預入期間が3か月を超える定期預金
        現金及び現金同等物
                                2,725   百万円             3,764   百万円
                                18/27









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至   2022年9月30日       )
     1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類                      基準日       効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
       2022年6月27日
                普通株式          833       25.0   2022年3月31日        2022年6月28日         利益剰余金
       定時株主総会
      (注)2022年6月27日定時株主総会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金6百
         万円が含まれております。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
                      配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類                      基準日       効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
       2022年11月8日
                普通株式          333       10.0   2022年9月30日        2022年12月2日         利益剰余金
       取締役会
      (注)2022年11月8日取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金2百万円
         が含まれております。
     当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至   2023年9月30日       )

     1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類                      基準日       効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
       2023年5月11日
                普通株式          333       10.0   2023年3月31日        2023年6月6日         利益剰余金
       取締役会
      (注)2023年5月11日取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金2百万円
         が含まれております。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
                      配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類                      基準日       効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
       2023年11月9日
                普通株式         1,000        30.0   2023年9月30日        2023年12月4日         利益剰余金
       取締役会
      (注)2023年11月9日取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金7百万円
         が含まれております。
                                19/27










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至   2022年9月30日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                  (単位:百万円)
                                                     四半期連
                        報告セグメント
                                     その他                結損益計
                         スペシャリ
                                           合計     調整額
                                     (注1)                算書計上
                    油脂事業     ティフード        計
                                                     額(注2)
                          事業
      売上高
       家庭用油脂              14,171        -    14,171        -    14,171        -    14,171
       業務用油脂              60,660        -    60,660        -    60,660        -    60,660
       ミール類              36,447        -    36,447        -    36,447        -    36,447
       乳系PBF                -    6,724      6,724       -    6,724       -    6,724
       食品素材                -    4,472      4,472       -    4,472       -    4,472
       その他                -      -      -     489      489      -     489
       顧客との契約から生じる
                    111,279      11,196     122,476        489    122,965        -   122,965
       収益
       その他の収益                -      -      -      -      -      -      -
       外部顧客への売上高             111,279      11,196     122,476        489    122,965        -   122,965

       セグメント間の内部売上
                     1,398       475     1,874       -    1,874     △ 1,874       -
       高又は振替高
           計         112,678      11,672     124,350        489    124,840      △ 1,874     122,965
      セグメント利益又は
                      334     △ 562     △ 228      78    △ 150      -    △ 150
      損失(△)
      (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸等の各種サービ
           ス等が含まれております。
         2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
                                20/27











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至   2023年9月30日       )

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                  (単位:百万円)
                                                     四半期連
                        報告セグメント
                                     その他                結損益計
                         スペシャリ
                                           合計     調整額
                                     (注1)                算書計上
                    油脂事業     ティフード        計
                                                     額(注2)
                          事業
      売上高
       家庭用油脂              14,813        -    14,813        -    14,813        -    14,813
       業務用油脂              60,554        -    60,554        -    60,554        -    60,554
       ミール類              37,469        -    37,469        -    37,469        -    37,469
       乳系PBF                -    6,219      6,219       -    6,219       -    6,219
       食品素材                -    5,102      5,102       -    5,102       -    5,102
       その他                -      -      -     511      511      -     511
       顧客との契約から生じる
                    112,836      11,322     124,159        511    124,670        -   124,670
       収益
       その他の収益                -      -      -      -      -      -      -
       外部顧客への売上高             112,836      11,322     124,159        511    124,670        -   124,670

       セグメント間の内部売上
                      793      73     866      -     866     △ 866      -
       高又は振替高
           計         113,630      11,395     125,025        511    125,537       △ 866    124,670
      セグメント利益又は
                     4,974      △ 112     4,861       78    4,939       -    4,939
      損失(△)
      (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸等の各種サービ
           ス等が含まれております。
         2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
      (収益認識関係)

       顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりでありま
      す。
                                21/27









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                  (自    2022年4月1日           (自    2023年4月1日
                  項目
                                  至   2022年9月30日       )    至   2023年9月30日       )
        1株当たり四半期純利益又は
                                        △4円98銭             103円54銭
        1株当たり四半期純損失(△)
         (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益
        又は親会社株主に帰属する                                  △164             3,424
        四半期純損失(△)(百万円)
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -             -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する
        四半期純利益又は親会社株主に帰属する                                  △164             3,424
        四半期純損失(△)(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(株)                                33,073,859             33,076,160
      (注)1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2 株主資本において自己株式として計上されている株式給付信託に残存する自社の株式は、1株当たり四
           半期純利益又は1株当たり四半期純損失の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に
           含めております。当該信託が保有する当社株式の期中平均株式数は、前第2四半期連結累計期間
           266,671株、当第2四半期連結累計期間263,757株であります。
                                22/27













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
      (重要な後発事象)
       共同支配企業の形成
        2023年8月9日開催の取締役会において、日清オイリオグループ株式会社(以下、「日清オイリオグループ」
       という)との間で、共同新設分割により新設する製油パートナーズジャパン株式会社について定めた合弁契約に
       ついて   決議、締結     いたしました。これに基づき、               共同新設    分割計画書において定める当社の倉敷工場および日清
       オイリオグループの水島工場における搾油工程を搾油受託事業とし、それに係る資産及び負債、権利義務の一部
       を 2023年10月2日に        製油パートナーズジャパン株式会社に                 承継いたしました        。
       (1)  取引の概要

        ①  対象となった事業の名称および当該事業の内容
           当社倉敷工場および日清オイリオグループ水島工場両社における搾油工程(油脂類および油粕類の製造
          ならびに加工)
        ②  企業結合日
          2023年10月2日
        ③  企業結合の法的形式
           当社および日清オイリオグループを新設分割会社とし、両社が共同で新設する製油パートナーズジャパ
          ン株式会社を承継会社とする共同新設分割であり、両社の出資比率は同一であります。
        ④  結合後企業の名称
          製油パートナーズジャパン株式会社
        ⑤  その他取引の概要に関する事項
           当社および日清オイリオグループは、国内製油産業の長期的な課題についての共通認識のもと、将来に
          わたり日本の食を支えることを目指し、「油脂と油粕の安定的な供給」、「持続可能な国際競争力の強
          化」の実現と、「環境・社会課題の解決」を通して広く社会に貢献することを目的に、2021年5月より搾油
          合弁会社設立に関する検討を行い、2022年11月より、西日本エリアにおける搾油合弁会社設立に関する協
          議を進めてまいりました。このたび、本分割について、公正取引委員会の承認を得られたことから、2023
          年10月に本分割を実行することにいたしました。                      製油パートナーズジャパン株式会社                は、国内搾油業の国
          際競争力強化と安定供給を長期にわたって確保する共同運営体制の構築を目指すとともに、AIやIoTの活用
          によるスマートファクトリー化、脱炭素社会への取り組みなど、環境・社会課題への解決にも繋がる「次
          世代型搾油工場」の構築に向けた取り組みを推進してまいります。
        ⑥  共同支配企業の形成と判断した理由
           この共同支配企業の形成にあたっては、当社と日清オイリオグループとの間で、両社が製油パートナー
          ズジャパン株式会社の共同支配企業となる合弁契約書を締結しており、企業結合に際して支払われる対価
          はすべて議決権のある株式であります。また、その他支配関係を示す一定の事実は存在しません。従いま
          して、本企業結合は共同支配企業の形成であると判断いたしました。
       (2)  実施する会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)および「企業結合会計基準及び事業
       分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、共同支配企業
       の形成として処理する予定であります。                   なお、製油パートナーズジャパン株式会社は、共同支配企業に該当する
       ため、当社の持分法適用関連会社として処理する予定です。
                                23/27





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
      配当決議
       第22期(2023年4月1日から2024年3月31日まで)中間配当について、2023年11月9日開催の取締役会において、
      2023年9月30日最終の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
         ① 配当金の総額                               1,000百万円
         ② 1株当たりの金額                                 30円00銭
         ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                              2023年12月4日
                                24/27


















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                25/27



















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2023年11月9日

    株式会社J-オイルミルズ
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                         東京事務所

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       本多 茂幸
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       根本 知香
                         業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社J-オ
    イルミルズの2023年4月1日から2024年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2023年7月1日から
    2023年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年4月1日から2023年9月30日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
    シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社J-オイルミルズ及び連結子会社の2023年9月30日現在の
    財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
    していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                26/27





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社J-オイルミルズ(E00434)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去するための対応策を講じている
    場合又は阻害要因を許容可能な水準にまで軽減するためのセーフガードを適用している場合はその内容について報告を
    行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上

    (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                27/27







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。