LINEヤフー株式会社 四半期報告書 第29期第2四半期(2023/07/01-2023/09/30)

提出書類 四半期報告書-第29期第2四半期(2023/07/01-2023/09/30)
提出日
提出者 LINEヤフー株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2023年11月9日

    【四半期会計期間】               第29期第2四半期

                   (自    2023年7月1日         至   2023年9月30日)
    【会社名】               LINEヤフー株式会社

                   (旧会社名 Zホールディングス株式会社)
    【英訳名】               LY  Corporation

                   (旧英訳名 Z       Holdings     Corporation)
    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長        CEO 出 澤 剛

    【本店の所在の場所】               東京都千代田区紀尾井町1番3号

    【電話番号】               03(6779)4900

    【事務連絡者氏名】               上級執行役員       CFO(最高財務責任者) 坂 上 亮 介

    【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区紀尾井町1番3号

    【電話番号】               03(6779)4900

    【事務連絡者氏名】               上級執行役員       CFO(最高財務責任者) 坂 上 亮 介

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/41







                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第28期           第29期

             回次              第2四半期           第2四半期            第28期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2022年4月1日         自   2023年4月1日         自   2022年4月1日
            会計期間
                         至   2022年9月30日         至   2023年9月30日         至   2023年3月31日
                               784,909           871,799
    売上収益
                    (百万円)                                1,672,377
    (第2四半期連結会計期間)
                               ( 394,343    )       ( 441,276    )
    営業利益                (百万円)            99,478          116,128           314,533
    親会社の所有者に帰属する
                                40,307           93,736
                    (百万円)                                 178,868
    四半期(当期)利益
                               ( 15,074   )       ( 56,420   )
    (第2四半期連結会計期間)
    親会社の所有者に帰属する
                    (百万円)           116,120           118,448           276,542
    四半期(当期)包括利益
    親会社の所有者に帰属する持分                (百万円)          2,766,320           3,006,895           2,919,399
    資産合計                (百万円)          7,514,707           8,699,376           8,588,722

    基本的1株当たり
                                 5.38          12.50
                     (円)                                 23.87
    四半期(当期)利益
                                ( 2.01  )        ( 7.52  )
    (第2四半期連結会計期間)
    希薄化後1株当たり
                     (円)            5.36          12.46           23.80
    四半期(当期)利益
    親会社所有者帰属持分比率                 (%)            36.8           34.6           34.0
    営業活動による
                    (百万円)            85,532          103,420           93,051
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                    (百万円)            24,717         △ 250,049           319,786
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                    (百万円)           111,718          △ 126,080           105,791
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                    (百万円)          1,359,016           1,387,310           1,651,851
    四半期末(期末)残高
     (注)   1  当社は要約四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ていません。
       2  上記指標は国際会計基準(以下、IFRSという。)により作成した要約四半期連結財務諸表および連結財務諸表
         に基づいています。
                                 2/41








                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    2  【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループで営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても重要な異動はありません。
       なお、第1四半期連結会計期間において、セグメント間で一部の事業を移管しています。詳細は、「第4                                                 経理の
      状況1    要約四半期連結財務諸表            要約四半期連結財務諸表注記5.               セグメント情報」を参照ください。
                                 3/41



















                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関す
      る事項のうち、経営者が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える
      可能性があると認識している主要なリスクの発生、または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリス
      ク」についての重要な変更はありません。
                                 4/41


















                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     1.  財政状態の状況

      (1)   資産
        当第2四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末と比べて                                   110,653百万円       ( 1.3%増    )増加   し、
       8,699,376百万円        となりました。
        主な増減理由は以下のとおりです。

       ・現金及び現金同等物の主な増減理由は、「3.キャッシュ・フローの状況」に記載しています。
       ・カード事業の貸付金は、主にクレジットカード事業の取扱高増加により前連結会計年度末と比べて増加しまし
       た。
       ・銀行事業の有価証券は、PayPay銀行(株)の資金運用による有価証券の取得・売却等により前連結会計年度末と
       比べて増加しました。
       ・持分法で会計処理されている投資は、主に投資の取得により前連結会計年度末と比べて                                         増加しました。
      (2)   負債

        当第2四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末と比べて                                   23,524百万円      ( 0.4%増    )増加   し、
       5,294,346百万円        となりました。
        主な増減理由は以下のとおりです。

       ・銀行事業の預金は、顧客からの預金の増加により前連結会計年度末と比べて増加しました。
       ・有利子負債は、主に長期借入金の借入による増加があったものの、短期借入金の返済による減少、社債の償還
       による減少、およびコマーシャル・ペーパー償還による減少により前連結会計年度末と比べて減少しました。
      (3)   資本

        当第2四半期連結会計期間末の資本合計は、前連結会計年度末と比べて                                   87,128百万円      ( 2.6%増    )増加   し、
       3,405,029百万円        となりました。
        主な増減理由は以下のとおりです。

       ・利益剰余金は、配当の支払いによる減少があったものの、親会社の所有者に帰属する四半期利益の計上による
       増加により前連結会計年度末と比べて増加しました。
       ・その他の包括利益累計額は、主に円安の影響に伴う在外営業活動体の換算差額の増加により前連結会計年度末
       と比べて増加しました。
     2.  経営成績の状況

       当第2四半期連結累計期間の売上収益は、2022年10月にPayPay(株)を連結子会社化したことに伴う戦略事業の増
      収等により、過去最高となる             8,717億円     (前年同期比      11.1%増    )となりました。
       当第2四半期連結累計期間の調整後EBITDAは、コスト最適化に伴いコマース事業の収益性が改善したことや、事
      業の選択と集中の推進により戦略事業の収益性も改善したこと等が奏功し、過去最高となる2,033億円(前年同期比
      21.6%増)となりました。
       セグメント毎の経営成績は次のとおりです。なお、2024年3月期第1四半期より、サービスの効率的な提供に重

      点を置き、迅速に市場の変化に対応するため、一部のサービスおよび子会社をセグメント間で移管しています。主
      な変更内容は、その他に区分されていたヤフー(株)のデータソリューションサービスおよび子会社であるdely(株)
      のサービスをメディア事業に移管し、また、その他および調整額に配賦していたLINE(株)およびその子会社に関す
      る費用の一部をメディア事業、コマース事業および戦略事業に配賦しています。これに伴い、前年同期のセグメン
      ト情報を遡及修正して表示しています。
                                 5/41



                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      (1)   メディア事業
       当第2四半期連結累計期間におけるメディア事業は、ディスプレイ広告の減収等の影響があったものの、2022年
      9月のLINE      MUSIC(株)連結子会社化の影響やアカウント広告および検索広告の増収により、売上収益は3,221億円
      (前年同期比3.3%増)となりました。また、調整後EBITDAは1,273億円(前年同期比4.0%増)となりました。なお、メ
      ディア事業の売上収益が全売上収益に占める割合は36.9%となりました。
       ・アカウント広告:「LINE公式アカウント」において2023年6月に料金プランを改定したことも奏功し、有償ア
        カウント数が増加しており、売上収益は前年同期比で20.9%増加しました。
       ・検索広告:パートナーサイト面では減収となったものの、LINEヤフー面の増収により、売上収益は前年同期比
        で3.4%増加しました。
       ・ディスプレイ広告:市況影響等により、前年同期比で減収となりました。
      (2)   コマース事業

       コマース事業の売上収益は、アスクルグループやZOZOグループにおける増収や、トラベル事業が引き続き好調に
      推移したことにより、前年同期比で増加しました。
       eコマース取扱高(※1)は、コスト最適化等の影響により、2兆124億円(前年同期比0.2%減)となり、うち国内物
      販系取扱高は、1兆4,467億円(前年同期比1.3%減)となりました。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間におけるコマース事業の売上収益は、4,157億円(前年同期比1.0%増)と
      なりました。また、調整後EBITDAは、コスト最適化に伴い収益性が改善したこと等により、886億円(前年同期比
      20.6%増)となりました。なお、コマース事業の売上収益が全売上収益に占める割合は47.7%となりました。
       (※1)    eコマース取扱高は、要約四半期連結財務諸表注記 10.売上収益                                「各セグメントの主なサービス・商

      品」に掲載している「物販EC」、「サービスEC」およびメディア事業の「その他」の有料デジタルコンテンツ等に
      おける取扱高の合算値です。
      (3)   戦略事業

       戦略事業の売上収益は、2022年10月のPayPay(株)連結子会社化の影響により、前年同期比で大きく増加しまし
      た。
       PayPay(株)とPayPayカード(株)を含むPayPay連結取扱高は、5.9兆円(※2、3)(前年同期比28.1%増(※4))とな
      り、順調に拡大しています。また、PayPay銀行(株)の貸出金残高は6,495億円(前年同期比28.9%増)となりました。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間における戦略事業の売上収益は、1,350億円(前年同期比113.2%増)とな
      りました。また、事業の選択と集中を推進したことや、PayPay(株)とPayPayカード(株)を含むPayPay連結の調整後
      EBITDAの成長により、戦略事業の調整後EBITDAの赤字幅は前年同期比で縮小しています。なお、戦略事業の売上収
      益が全売上収益に占める割合は15.5%となりました。
       (※2)    ユーザー間での「PayPay残高」の「送る・受け取る」機能の利用は含まず。2022年3月期第4四半期以降

           は「Alipay」、「LINE           Pay」等経由の決済を含む。2022年2月より提供開始した「クレジット                                 (旧あと
           払い)」による決済を含む
       (※3)    値は10億円単位で端数切り捨ての上、1,000億円単位で四捨五入
       (※4)    PayPayカード(株)の取扱高を含む連結取扱高の増減率
                                 6/41






                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     3.  キャッシュ・フローの状況
       当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                         264,540百万円減少         し、
      1,387,310百万円        となりました。このうち銀行事業に関する日銀預け金は238,242百万円です。
       当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりです。

       営業活動によるキャッシュ・フローは、カード事業の貸付金の増加、法人所得税の支払、銀行事業の貸付金の増
      加があったものの、主に税引前四半期利益の計上、銀行事業の預金の増加、法人所得税の還付により                                              103,420百万円
      の収入   となりました。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、銀行事業の有価証券の売却または償還による収入、貸付金の回収による
      収入があったものの、主に銀行事業の有価証券の取得による支出、貸付金の貸付による支出により                                             250,049百万円の
      支出  となりました。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入による収入があったものの、主に社債の償還による支出、配当
      金の支払、短期借入金の減少および長期借入金の返済による支出により                                 126,080百万円の支出          となりました。
     4.  優先的に対処すべき事業上および財務上の課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの優先的に対処すべき課題に重要な変更および新たに生じた
      課題はありません。
     5.  研究開発活動

       当第2四半期連結累計期間の研究開発費は21,187百万円であり、主に広告関連サービスやアプリの研究開発活動
      に係るものです。
     6.  従業員数

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループおよび当社の従業員に著しい変動はありません。
     7.  主要な設備

      (1)   主要な設備の状況
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの主要な設備に重要な変動はありません。
      (2)   設備の新設、除却等の計画

       前連結会計年度末において計画中であった当社グループの重要な設備の新設、除却等について、重要な変更はあ
      りません。
                                 7/41









                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の締結および変更はありません。
                                 8/41




















                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     1.  【株式の総数等】
      (1)   【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                  24,160,000,000

                計                                 24,160,000,000

      (2)   【発行済株式】

            第2四半期会計期間末                       上場金融商品取引所名

                       提出日現在発行数(株)
      種類       現在発行数(株)                     または登録認可金融商品                 内容
                        (2023年11月9日)
             ( 2023年9月30日       )                取引業協会名
                                    東京証券取引所
     普通株式          7,635,230,111           7,635,459,236                   単元株式数は100株です。
                                     プライム市場
       計        7,635,230,111           7,635,459,236            ―            ―
     (注)   提出日現在の発行数には、2023年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は含みません。
     2.  【新株予約権等の状況】

      (1)   【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      (2)   【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
                                 9/41










                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     3.  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     4.  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式        発行済株式        資本金           資本準備金      資本準備金

                                         資本金残高
          年月日          総数増減数        総数残高        増減額            増減額      残高
                                          (百万円)
                     (株)        (株)      (百万円)            (百万円)      (百万円)
        2023年7月1日~
                     1,615,625       7,635,230,111           475    247,603        475    242,683
        2023年9月30日(注)
    (注)   新株予約権の権利行使による増加です。
                                10/41

















                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     5.  【大株主の状況】
                                                2023年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を除
                                             所有株式数
          氏名または名称                       住所
                                                    く。)の総数に
                                              (株)
                                                   対する所有株式
                                                    数の割合(%)
    Aホールディングス㈱                    東京都港区海岸1丁目7-1                     4,853,802,475           64.4

    日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)                    東京都港区浜松町2丁目11番3号                      378,957,500           5.0

                        P.O.  BOX  351  BOSTON   MASSACHUSETTS      02101

    STATE   STREET   BANK  AND  TRUST   COMPANY   505325
                        U.S.A.
                                              236,256,578           3.1
    (常任代理人     ㈱みずほ銀行決済営業部)
                        (東京都港区港南2丁目15-1            品川インターシ
                        ティA棟)
    ㈱日本カストディ銀行(信託口)                    東京都中央区晴海1丁目8-12

                                              165,731,500           2.2
                        25 BANK  STREET,   CANARY   WHARF,   LONDON,   E14

    JP MORGAN   CHASE   BANK  385632
                        5JP,  UNITED   KINGDOM
                                               64,475,266           0.9
    (常任代理人     ㈱みずほ銀行決済営業部)
                         (東京都港区港南2丁目15-1            品川インターシ
                        ティA棟)
    SSBTC   CLIENT   OMNIBUS   ACCOUNT           ONE  CONGRESS    STREET,SUITE      1, BOSTON,
    (常任代理人     香港上海銀行東京支店カストディ業               MASSACHUSETTS                      48,920,224           0.6
    務部)                    (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
                        1776  HERITAGE    DRIVE,NORTH     QUINCY,   MA
    STATE   STREET   BANK  WEST  CLIENT   - TREATY
                        02171,U.S.A.
    505234
                                               48,841,649           0.6
                        (東京都港区港南2丁目15-1            品川インターシ
    (常任代理人     ㈱みずほ銀行決済営業部) 
                        ティA棟)
                        PLUMTREE    COURT,   25 SHOE  LANE,   LONDON   EC4A
    GOLDMAN   SACHS   INTERNATIONAL
                        4AU,  U.K.
                                               47,251,469           0.6
    (常任代理人     ゴールドマン・サックス証券㈱)
                        (東京都港区六本木6丁目10-1             六本木ヒルズ森
                        タワー)
                        P.O.  BOX  351  BOSTON   MASSACHUSETTS      02101
    STATE   STREET   BANK  AND  TRUST   COMPANY   505223
                        U.S.A.
                                               46,128,050           0.6
    (常任代理人     ㈱みずほ銀行決済営業部)
                        (東京都港区港南2丁目15-1            品川インターシ
                        ティA棟)
                        25 BANK  STREET,   CANARY   WHARF,   LONDON,   E14

    JP MORGAN   CHASE   BANK  380072
                        5JP,  UNITED   KINGDOM
                                               41,190,000           0.5
    (常任代理人     ㈱みずほ銀行決済営業部)
                         (東京都港区港南2丁目15-1            品川インターシ
                        ティA棟)
             計                    -            5,931,554,711           78.8

     (注)   1  上記のうち、日本マスタートラスト信託銀行(株)、(株)日本カストディ銀行の所有する株式数は、全て信託

         業務に係るものです。
       2  上記のほか当社所有の自己株式103,097,667株があります。
       3  株式給付信託(J-ESOP)、役員報酬BIP信託および株式付与ESOP信託が保有する当社株式(32,976,206株)                                               は、
         上記自己株式に含めていません。
                                11/41






                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     6.  【議決権の状況】
      (1)   【発行済株式】
                                                2023年9月30日現在
            区分              株式数(株)           議決権の数(個)              内容
    無議決権株式                             ―            ―       ―

    議決権制限株式(自己株式等)                             ―            ―       ―

    議決権制限株式(その他)                             ―            ―       ―

                      (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                         ―       ―
                       普通株式      103,097,600
                       普通株式     7,531,464,300
    完全議決権株式(その他)(注)                                    75,314,643           ―
                       普通株式        668,211

    単元未満株式                                         ―       ―
    発行済株式総数                       7,635,230,111                 ―       ―

    総株主の議決権                             ―        75,314,643           ―

     (注)   「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が15,100株含まれます。
       また「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数151個が含まれています。
      (2)   【自己株式等】

                                                2023年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
      所有者の氏名                                              総数に対する
                    所有者の住所            所有株式数       所有株式数        の合計
       または名称                                              所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
      (自己保有株式)
               東京都千代田区紀尾井町1-3                 103,097,600           ―  103,097,600           1.4
    Zホールディングス㈱
         計              ―          103,097,600           ―  103,097,600           1.4
     (注)   1  Zホールディングス(株)は2023年10月1日付でLINEヤフー(株)に商号を変更しています。
       2  株式給付信託(J-ESOP)、役員報酬BIP信託および株式付与ESOP信託が保有する当社株式(32,976,206株)は、上
         記自己株式数に含めていません。
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、この四半期報告書提出日までの期間における役員の異動は、以下のとお
      りです。
     (1)   退任役員

           役職名                   氏名                 退任年月日
       取締役    専務執行役員CGSO
      (Chief    Group   Synergy    Officer)
                             小澤 隆生                 2023年9月30日
         E-Commerce      CPO
        取締役    専務執行役員

                             舛田 淳                 2023年9月30日
         Entertainment       CPO
           取締役

                             鳩山 玲人                 2023年9月30日
         (監査等委員)
     (注)   当該取締役の辞任後も、舛田淳氏は上級執行役員                       エンターテイメントカンパニーCEOとして、小澤隆生氏は当社

       顧問として、それぞれ就任しています。
                                12/41



                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     (2)   役職の異動
         新役職名              旧役職名               氏名            異動年月日
                    代表取締役社長        CEO

      代表取締役社長        CEO
                                     出澤   剛
                                                 2023年10月1日
                   Marketing     & Sales   CPO
      (最高経営責任者)
                     代表取締役      GCPO

       代表取締役      CPO
                   (Group    Chief   Product          慎  ジュンホ
                                                 2023年10月1日
    (Chief    Product    Officer)
                      Officer)
        取締役    CSO       取締役    専務執行役員CSO

                                     桶谷   拓
                                                 2023年10月1日
     (Chief    Strategy     Officer)     (Chief    Strategy     Officer)
     (3)   異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

       男性   6 名 女性    1 名  (役員のうち女性の比率           14 %)
                                13/41















                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 要約四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府
     令第64号。以下、四半期連結財務諸表規則という。)第93条の規定により、IAS第34号「期中財務報告」(以下、IAS第
     34号という。)に基づいて作成しています。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第2四半期連結会計期間(2023年7月1日から2023
     年9月30日まで)および当第2四半期連結累計期間(2023年4月1日から2023年9月30日まで)に係る要約四半期連結財
     務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けています。
                                14/41
















                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    1  【要約四半期連結財務諸表】
     1.  【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                        注記       前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                        番号       (2023年3月31日)               (2023年9月30日)
    資産

      現金及び現金同等物                               1,651,851               1,387,310
      銀行事業のコールローン                  9              98,000               120,000
      営業債権及びその他の債権                  9              623,300               622,680
      棚卸資産                                 31,690               32,365
      カード事業の貸付金                  9              593,058               663,021
      銀行事業の有価証券                  9              414,719               545,268
      銀行事業の貸付金                  9              620,383               644,780
      その他の金融資産                  9              447,841               445,723
      有形固定資産                                213,839               232,030
      使用権資産                                221,221               239,683
      のれん                               2,074,779               2,070,305
      無形資産                               1,267,738               1,264,803
      持分法で会計処理されている投資                                191,048               258,475
      繰延税金資産                  15              44,477               57,183
                                       94,772               115,743
      その他の資産
    資産合計
                                     8,588,722               8,699,376
                                15/41











                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                        注記       前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                        番号       (2023年3月31日)               (2023年9月30日)
    負債及び資本

     負債
       営業債務及びその他の債務                 9             1,351,794               1,331,232
       銀行事業の預金                 9             1,495,629               1,577,463
       有利子負債                6,9              1,913,799               1,860,443
       その他の金融負債                 9              14,729                9,996
       未払法人所得税                                31,616               41,929
       引当金                                23,136               24,301
       繰延税金負債                               240,772               235,932
                                      199,345               213,047
       その他の負債
     負債合計                                5,270,822               5,294,346
     資本

      親会社の所有者に帰属する持分
       資本金                               247,094               247,603
       資本剰余金                              2,046,696               2,056,832
       利益剰余金                               647,347               700,318
       自己株式                               △ 70,436              △ 70,050
                                       48,697               72,190
       その他の包括利益累計額
      親会社の所有者に帰属する
                                     2,919,399               3,006,895
      持分合計
      非支配持分                                398,501               398,134
     資本合計                                3,317,900               3,405,029
    負債及び資本合計
                                     8,588,722               8,699,376
                                16/41









                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     2.  【要約四半期連結損益計算書】
      【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                          注記
                               (自    2022年4月1日            (自    2023年4月1日
                          番号
                               至   2022年9月30日)             至   2023年9月30日)
    売上収益                      10             784,909               871,799
     売上原価                                  245,933               253,341
     販売費及び一般管理費                                  441,211               516,857
     事業分離における移転利益                     11                ―             10,458
                                        1,714               4,068
     子会社の支配喪失に伴う利益                     12
    営業利益                                    99,478              116,128
     その他の営業外収益
                                        8,064               5,326
     その他の営業外費用                     13              5,774              10,308
     持分変動利益                     14              5,343              19,262
                                       △ 19,428              △ 6,987
     持分法による投資損益(△は損失)
    税引前四半期利益                                    87,683              123,420
     法人所得税                     15              38,747               22,113
    四半期利益                                    48,936              101,307
    四半期利益の帰属

     親会社の所有者                                   40,307               93,736
                                        8,628               7,571
     非支配持分
     四半期利益                                   48,936              101,307
    親会社の所有者に帰属する

    1株当たり四半期利益
     基本的1株当たり四半期利益(円)                     16               5.38              12.50
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                     16               5.36              12.46
                                17/41










                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      【第2四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                              前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                          注記
                               (自    2022年7月1日            (自    2023年7月1日
                          番号
                               至   2022年9月30日)             至   2023年9月30日)
    売上収益                                   394,343               441,276
     売上原価                                  123,684               125,666
     販売費及び一般管理費                                  220,901               262,947
                                          ―             4,068
     子会社の支配喪失に伴う利益                     12
    営業利益                                    49,757               56,730
     その他の営業外収益
                                        5,317               1,744
     その他の営業外費用                                   3,054               5,294
     持分変動利益                                   1,170                125
                                       △ 10,729              △ 3,084
     持分法による投資損益(△は損失)
    税引前四半期利益                                    42,461               50,222
     法人所得税                     15              23,393              △ 10,585
    四半期利益                                    19,068               60,807
    四半期利益の帰属

     親会社の所有者                                   15,074               56,420
                                        3,993               4,387
     非支配持分
     四半期利益                                   19,068               60,807
    親会社の所有者に帰属する

    1株当たり四半期利益
     基本的1株当たり四半期利益(円)                     16               2.01               7.52
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                     16               2.01               7.50
                                18/41











                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     3.  【要約四半期連結包括利益計算書】
      【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                          注記
                               (自    2022年4月1日            (自    2023年4月1日
                          番号
                               至   2022年9月30日)             至   2023年9月30日)
    四半期利益                                    48,936              101,307
    その他の包括利益
     純損益に振り替えられることのない
     項目
      確定給付制度の再測定                                   △ 16             △ 112
      FVTOCIの資本性金融資産                                  51,640                 763
                                        △ 118                13
      持分法適用会社に対する持分相当額
     項目合計                                   51,504                 663
     純損益にその後に振り替えられる
     可能性のある項目
      FVTOCIの負債性金融資産                                   △ 935             △ 1,325
                                        25,252               25,272
      在外営業活動体の換算差額
     項目合計                                   24,316               23,946
    税引後その他の包括利益                                    75,821               24,610
    四半期包括利益                                   124,758               125,918
    四半期包括利益の帰属

     親会社の所有者                                  116,120               118,448
                                        8,638               7,470
     非支配持分
     四半期包括利益
                                       124,758               125,918
                                19/41












                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      【第2四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                              前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                          注記
                               (自    2022年7月1日            (自    2023年7月1日
                          番号
                               至   2022年9月30日)             至   2023年9月30日)
    四半期利益                                    19,068               60,807
    その他の包括利益
     純損益に振り替えられることのない
     項目
      確定給付制度の再測定                                    10              △ 2
      FVTOCIの資本性金融資産                                  51,312              △ 1,253
                                        △ 153              △ 76
      持分法適用会社に対する持分相当額
     項目合計                                   51,169              △ 1,332
     純損益にその後に振り替えられる
     可能性のある項目
      FVTOCIの負債性金融資産                                    478             △ 1,593
                                        4,218               5,533
      在外営業活動体の換算差額
     項目合計                                   4,697               3,940
    税引後その他の包括利益                                    55,867                2,607
    四半期包括利益                                    74,935               63,415
    四半期包括利益の帰属

     親会社の所有者                                   70,973               59,916
                                        3,962               3,499
     非支配持分
     四半期包括利益
                                        74,935               63,415
                                20/41












                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     4.  【要約四半期連結持分変動計算書】
     前第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日         至   2022年9月30日)
                                                  (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                 注記                                非支配     資本
                                       その他の
                         資本     利益     自己
                 番号                                 持分     合計
                    資本金                   包括利益      合計
                         剰余金     剰余金     株式
                                       累計額
                    237,980    2,037,384      401,322    △ 54,086     61,776    2,684,377      297,819    2,982,197
    2022年4月1日
     四半期利益
                              40,307              40,307     8,628     48,936
                                        75,812     75,812       9   75,821
     その他の包括利益
    四半期包括利益                  ―     ―   40,307      ―   75,812     116,120      8,638    124,758
    所有者との取引額等
     新株の発行                9,045     9,156                   18,201          18,201
     剰余金の配当            8            △ 43,535             △ 43,535    △ 7,428    △ 50,964
     その他の包括利益累計額か
                               8,612         △ 8,612      ―          ―
     ら利益剰余金への振替
     自己株式の取得                             △ 16,405         △ 16,405         △ 16,405
     子会社の支配獲得及び
                                              ―   2,427     2,427
     喪失に伴う変動
     支配継続子会社に対する
                           689                   689    2,419     3,108
     持分変動
     株式に基づく報酬取引                     7,410                   7,410          7,410
                          △ 493    △ 45             △ 538     14    △ 523
     その他
    所有者との取引額等合計                 9,045     16,763    △ 34,967    △ 16,405    △ 8,612    △ 34,176    △ 2,568    △ 36,745
    2022年9月30日
                    247,025    2,054,148      406,662    △ 70,492    128,976    2,766,320      303,889    3,070,210
                                21/41












                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日         至   2023年9月30日)
                                                  (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                 注記                                非支配     資本
                                       その他の
                         資本     利益     自己
                 番号                                 持分     合計
                    資本金                   包括利益      合計
                         剰余金     剰余金     株式
                                       累計額
                    247,094    2,046,696      647,347    △ 70,436     48,697    2,919,399      398,501    3,317,900
    2023年4月1日
     四半期利益
                              93,736              93,736     7,571    101,307
                                        24,711     24,711     △ 101    24,610
     その他の包括利益
    四半期包括利益                  ―     ―   93,736      ―   24,711     118,448      7,470    125,918
    所有者との取引額等
     新株の発行                 508     659                  1,168          1,168
     剰余金の配当            8            △ 41,855             △ 41,855    △ 7,854    △ 49,710
     その他の包括利益累計額か
                               1,218         △ 1,218      ―          ―
     ら利益剰余金への振替
     自己株式の取得                               △ 0         △ 0         △ 0
     子会社の支配獲得及び
                                              ―   △ 5,838    △ 5,838
     喪失に伴う変動
     支配継続子会社に対する
                          2,682                   2,682     4,940     7,622
     持分変動
     株式に基づく報酬取引                     7,819                   7,819          7,819
                         △ 1,025     △ 128     385         △ 767     915     147
     その他
    所有者との取引額等合計                 508    10,136    △ 40,764      385   △ 1,218    △ 30,952    △ 7,837    △ 38,789
    2023年9月30日
                    247,603    2,056,832      700,318    △ 70,050     72,190    3,006,895      398,134    3,405,029
                                22/41













                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     5.  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                             注記
                                 (自    2022年4月1日           (自    2023年4月1日
                             番号
                                 至   2022年9月30日)           至   2023年9月30日)
    営業活動によるキャッシュ・フロー
     税引前四半期利益                                    87,683             123,420
     減価償却費及び償却費                                    69,761             85,942
     事業分離における移転利益                                      ―          △ 10,458
     子会社の支配喪失に伴う利益                                   △ 1,714            △ 4,068
     持分変動利益                                   △ 5,343            △ 19,262
     持分法による投資損益(△は益)                                    19,428              6,987
     銀行事業のコールローンの増減額(△は増加)                                    30,000            △ 22,000
     営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                    17,404             △ 3,031
     営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                   △ 9,599             5,225
     カード事業の貸付金の増減額(△は増加)                                     313           △ 69,962
     銀行事業の貸付金の増減額(△は増加)                                   △ 86,506            △ 24,396
     銀行事業の預金の増減額(△は減少)                                    52,743             81,834
                                        △ 36,708            △ 19,893
     その他
     小計                                   137,462             130,336
     利息及び配当金の受取額
                                           769            2,492
     利息の支払額                                   △ 5,083            △ 5,956
     法人所得税の支払額                                   △ 49,187            △ 49,045
                                          1,571             25,591
     法人所得税の還付額
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                    85,532             103,420
    投資活動によるキャッシュ・フロー
     銀行事業の有価証券の取得による支出                                   △ 69,216            △ 230,412
     銀行事業の有価証券の売却または償還による収入                                   135,110             102,701
     貸付金の貸付による支出                                   △ 4,102            △ 42,699
     貸付金の回収による収入                                     249            41,160
                                        △ 37,323            △ 120,798
     その他
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                    24,717            △ 250,049
    財務活動によるキャッシュ・フロー
     短期借入金の純増減額(△は減少)                                    82,600            △ 72,699
     長期借入による収入                                   107,699             151,408
     長期借入金の返済による支出                                   △ 33,575            △ 49,748
     社債の償還による支出                                   △ 60,000            △ 80,000
     コマーシャル・ペーパー発行による収入                                   309,000             235,000
     コマーシャル・ペーパー償還による支出                                  △ 289,000            △ 249,000
     配当金の支払額                                   △ 43,547            △ 41,852
     リース負債の返済による支出                                   △ 17,183            △ 19,767
                                         55,725               577
     その他
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                   111,718            △ 126,080
    現金及び現金同等物に係る換算差額                                     9,523             8,168
    現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    231,492            △ 264,540
    現金及び現金同等物の期首残高                                   1,127,523             1,651,851
    現金及び現金同等物の四半期末残高
                                        1,359,016             1,387,310
                                23/41





                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.  報告企業
      LINEヤフー(株)(以下、当社という。)は日本で設立され、同国に本社を置いており、当社および子会社(以下、当社
     グループという。)の親会社は、Aホールディングス(株)であり、最終的な親会社はソフトバンクグループ(株)です。
     登記している本店の所在地は、東京都千代田区紀尾井町1番3号です。
      当社グループの主な事業内容は「5.                 セグメント情報」に記載しています。
      なお、当社は、2023年10月1日を効力発生日として、当社ならびに中核完全子会社であるLINE(株)およびヤフー
     (株)を中心としたグループ内再編を実施し、商号をZホールディングス(株)からLINEヤフー(株)に変更しました。
    2.  作成の基礎
     (1)   準拠する会計基準
       当社グループの要約四半期連結財務諸表は四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定
      会社」の要件を満たすことから、四半期連結財務諸表規則第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成していま
      す。なお、要約四半期連結財務諸表は、年度の連結財務諸表で要求されている全ての情報を含まないため、前連結
      会計年度の連結財務諸表と併せて使用されるべきものです。
     (2)   測定の基礎

       要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定している金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成していま
      す。
     (3)   表示通貨および単位

       要約四半期連結財務諸表は日本円を表示通貨としており、百万円未満を切捨てて表示しています。
     (4)   未適用の公表済み基準書および解釈指針

       要約四半期連結財務諸表の承認日までに公表されている主な基準書および解釈指針のうち2023年9月30日現在で
      強制適用されていないものについては、当社グループは早期適用していません。これらの適用による当社グループ
      への影響については、現時点では重要な影響は見込まれていません。
    3.  重要性がある会計方針

      当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要性がある会計方針は、前連結会計年度に係る連結財
     務諸表において適用した会計方針と同一です。
    4.  見積り及び判断の利用

      IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は会計方針の適用および資産、負債、収益、費用
     の報告額に影響を及ぼす判断、見積り、仮定を設定することが義務付けられています。実際の業績はこれらの見積り
     と異なる場合があります。
      見積りおよびその基礎となる仮定は継続して見直しています。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを見
     直した会計期間および将来の会計期間において認識しています。
      当社グループの要約四半期連結財務諸表で認識する金額に重要な影響を与える判断、見積り、仮定は、前連結会計
     年度に係る連結財務諸表と同一です。
                                24/41






                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    5.  セグメント情報
      当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
     会が、経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
      当社グループは、「メディア事業」、「コマース事業」および「戦略事業」の3つを報告セグメントとしていま
     す 。
      「メディア事業」は、主に広告商品の企画・販売・掲載をするための各サービスの企画・運営、情報掲載サービス
     の提供およびその他法人向けサービスの提供をしています。
      「コマース事業」は、主に中小企業や個人向けにインターネットを介して商品の販売やサービスの企画・提供をし
     ています。
      「戦略事業」は、主に決済金融関連サービスの提供をしています。
      「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クラウド関連サービス等を含みます。
      各報告セグメントの会計方針は、「3.重要性がある会計方針」で参照している当社グループの会計方針と同一で
     す。セグメント利益は要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っており、セグメント利益の調整額は、各報
     告セグメントに配分していない全社費用です。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費です。セグ
     メント間の     売上収益    は市場実勢価格に基づいています。
      なお、2024年3月期第1四半期より、サービスの効率的な提供に重点を置き、迅速に市場の変化に対応するため、
     一部のサービスおよび子会社をセグメント間で移管しています。主な変更内容は、その他に区分されていたヤフー
     (株)のデータソリューションサービスおよび子会社であるdely(株)のサービスをメディア事業に移管し、また、その
     他および調整額に配賦していたLINE(株)およびその子会社に関する費用の一部をメディア事業、コマース事業および
     戦略事業に配賦しています。
      これに伴い、前第2四半期連結累計期間および前第2四半期連結会計期間のセグメント情報を修正再表示していま
     す。
                                25/41













                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      当社グループのセグメント情報は以下のとおりです。
    前第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年9月30日       )
                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           その他      調整額      連結
                メディア事業       コマース事業       戦略事業       合計
     売上収益
     外部収益
                  307,959       410,637       62,359      780,956       3,953        -   784,909
     セグメント間収益
                   3,829        903     1,001       5,734      2,393     △ 8,128        -
         合計
                  311,789       411,540       63,360      786,690       6,346     △ 8,128     784,909
    セグメント利益(△は損失)
                  120,015       47,103     △ 18,886      148,232      △ 1,885    △ 46,868      99,478
    (注)
     その他の営業外収益
                                                        8,064
     その他の営業外費用
                                                        5,774
     持分変動利益
                                                        5,343
     持分法による投資損益(△は損失)
                                                      △ 19,428
    税引前四半期利益
                                                       87,683
     (注) 「戦略事業」のセグメント損失には、子会社の支配喪失に伴う利益1,714百万円を含みます。
    当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至    2023年9月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           その他      調整額      連結
                メディア事業       コマース事業       戦略事業       合計
     売上収益
     外部収益
                  318,780      415,025      134,015       867,822       3,976        -   871,799
     セグメント間収益
                   3,320        763     1,045       5,129      2,574     △ 7,703        -
         合計
                  322,101      415,789      135,061       872,951       6,551     △ 7,703     871,799
    セグメント利益(△は損失)
                  114,797       61,363      △ 8,341      167,819       △ 702   △ 50,989     116,128
    (注)1、2
     その他の営業外収益
                                                        5,326
     その他の営業外費用
                                                       10,308
     持分変動利益
                                                       19,262
     持分法による投資損益(△は損失)
                                                       △  6,987
    税引前四半期利益
                                                       123,420
     (注)   1  「戦略事業」のセグメント損失には、事業分離における移転利益10,458百万円を含みます。(「11.                                               事業分
         離における移転利益」参照)
       2  「コマース事業」のセグメント利益には、子会社の支配喪失に伴う利益4,068百万円を含みます。(「12.                                                 子
         会社の支配喪失に伴う利益」参照)
                                26/41








                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    前第2四半期連結会計期間(自                2022年7月1日        至    2022年9月30日       )
                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           その他      調整額      連結
                メディア事業       コマース事業       戦略事業       合計
     売上収益
     外部収益
                  154,251      205,450       32,576      392,278       2,064        -   394,343
     セグメント間収益
                   1,998        460      468      2,927      1,233     △ 4,160        -
         合計
                  156,250      205,911       33,044      395,206       3,297     △ 4,160     394,343
    セグメント利益(△は損失)
                  62,090      22,665      △ 9,515      75,240     △ 1,032    △ 24,449      49,757
     その他の営業外収益
                                                        5,317
     その他の営業外費用
                                                        3,054
     持分変動利益
                                                        1,170
     持分法による投資損益(△は損失)
                                                      △ 10,729
    税引前四半期利益
                                                       42,461
    当第2四半期連結会計期間(自                2023年7月1日        至    2023年9月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           その他      調整額      連結
                メディア事業       コマース事業       戦略事業       合計
     売上収益
     外部収益
                  161,644      208,550       69,116      439,311       1,965        -   441,276
     セグメント間収益
                   1,585        376      478      2,440      1,379     △ 3,820        -
         合計
                  163,230      208,927       69,594      441,751       3,344     △ 3,820     441,276
    セグメント利益(△は損失)
                  59,112      30,680      △ 8,014      81,778      △ 327   △ 24,719      56,730
    (注)
     その他の営業外収益
                                                        1,744
     その他の営業外費用
                                                        5,294
     持分変動利益
                                                         125
     持分法による投資損益(△は損失)
                                                       △  3,084
    税引前四半期利益
                                                       50,222
     (注) 「コマース事業」のセグメント利益には、子会社の支配喪失に伴う利益4,068百万円を含みます。(「12.                                                     子
         会社の支配喪失に伴う利益」参照)
                                27/41









                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    6.  有利子負債
      有利子負債の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                              ( 2023年3月31日       )          ( 2023年9月30日       )
    借入金                                 975,358                 998,663
    社債                                 578,987                 499,135

    リース負債                                 235,400                 252,789

    その他                                 124,053                 109,855

    合計                                1,913,799                 1,860,443

    7.  購入コミットメント

      当第2四半期連結会計期間に新たに契約した重要な有形固定資産・無形資産の購入に関するコミットメントは、
     8,774百万円(前第2四半期連結会計期間は16,881百万円)です。主としてデータセンターに係る資産の購入に関する未
     履行の契約によるものです。
    8.  配当金

      配当金の総額は以下のとおりです。
    前第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年9月30日       )

                      配当金の総額        1株当たり配当額

           決議                               基準日        効力発生日
                       (百万円)          (円)
    2022年5月17日 取締役会                     43,535          5.81    2022年3月31日         2022年6月3日
    当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至    2023年9月30日       )

                      配当金の総額        1株当たり配当額

           決議                               基準日        効力発生日
                       (百万円)          (円)
    2023年5月18日 取締役会                     41,869          5.56    2023年3月31日         2023年6月2日
                                28/41









                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    9.  金融商品
     (1)   金融商品の分類
      金融商品(現金及び現金同等物を除く)の分類別内訳は以下のとおりです。
     前連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                     FVTPLの        FVTOCIの        FVTOCIの
                                           償却原価で測定
                                                      合計
                                            する金融資産
                     金融資産      負債性金融資産        資本性金融資産
     金融資産
      銀行事業のコールローン                    ―        ―        ―      98,000        98,000
      営業債権及びその他の債権                    ―        ―        ―     623,300        623,300
      カード事業の貸付金                    ―        ―        ―     593,058        593,058
      銀行事業の有価証券                   3,380       324,893           ―      86,445       414,719
      銀行事業の貸付金                    ―        ―        ―     620,383        620,383
      その他の金融資産                 100,091          ―      68,865       278,884        447,841
    合計                   103,471        324,893        68,865      2,300,073        2,797,304
                     FVTPLの      償却原価で測定

                                      合計
                     金融負債       する金融負債
     金融負債
      営業債務及びその他の債務                    ―    1,351,794        1,351,794
      銀行事業の預金                    ―    1,495,629        1,495,629
      有利子負債                    ―    1,913,799        1,913,799
      その他の金融負債                 11,797        2,931       14,729
    合計                   11,797      4,764,155        4,775,952
     当第2四半期連結会計期間(             2023年9月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                     FVTPLの        FVTOCIの        FVTOCIの
                                           償却原価で測定
                                                      合計
                                            する金融資産
                     金融資産      負債性金融資産        資本性金融資産
     金融資産
      銀行事業のコールローン                    ―        ―        ―     120,000        120,000
      営業債権及びその他の債権                    ―        ―        ―     622,680        622,680
      カード事業の貸付金                    ―        ―        ―     663,021        663,021
      銀行事業の有価証券                 10,945       333,275          ―     201,047        545,268
      銀行事業の貸付金                    ―        ―        ―     644,780        644,780
      その他の金融資産                 114,087          ―      60,526       271,110        445,723
    合計                   125,032        333,275        60,526      2,522,639        3,041,474
                     FVTPLの      償却原価で測定

                                      合計
                     金融負債       する金融負債
     金融負債

      営業債務及びその他の債務                    ―    1,331,232        1,331,232
      銀行事業の預金                    ―    1,577,463        1,577,463
      有利子負債                    ―    1,860,443        1,860,443
      その他の金融負債                  7,018        2,977        9,996
    合計                    7,018      4,772,117        4,779,136
                                29/41



                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
       (2)   公正価値ヒエラルキーのレベル別分類
       当初認識後に経常的に公正価値で測定する金融商品は、測定に用いたインプットの観察可能性および重要性に応
      じて、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルに分類しています。
       レベル1     -  同一の資産または負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により測定した公正価値
       レベル2     -  レベル1以外の直接または間接的に観察可能なインプットを使用して測定した公正価値
       レベル3     -  重要な観察可能でないインプットを使用して測定した公正価値
       公正価値測定に複数のインプットを使用している場合には、その公正価値測定の全体において重要な最も低いレ
      ベルのインプットに基づいて公正価値のレベルを決定しています。
       公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、各四半期の期首時点で発生したものとして認識しています。なお、
      前第2四半期連結累計期間および当第2四半期連結累計期間において、レベル1とレベル2の間における振替はあ
      りません。
       要約四半期連結財政状態計算書上の金融商品の帳簿価額は、公正価値と一致または合理的に近似しているため、
      金融商品のクラス毎の帳簿価額と公正価値の比較表を省略しています。
       要約四半期連結財政状態計算書上、経常的に公正価値で測定する金融商品の公正価値ヒエラルキーに基づくレベ
      ル別分類は、以下のとおりです。
    前連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    金融資産
     外国為替証拠金取引                           ―       4,823          ―       4,823
     株式                        22,056           ―       70,444         92,501
     債券                         4,804        149,322          1,615        155,742
     信託受益権
                               ―         ―      171,181         171,181
     その他                         4,323          ―       68,658         72,981
    合計                        31,184        154,146         311,900         497,230
    金融負債
     外国為替証拠金取引                           ―       1,419          ―       1,419
     その他                          241         270        9,865        10,377
    合計                          241        1,689         9,865        11,797
    当第2四半期連結会計期間(             2023年9月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    金融資産
     外国為替証拠金取引                           ―       2,561          ―       2,561
     株式                         18,885           ―       67,535         86,420
     債券                         5,894        146,357          4,433        156,684
     信託受益権
                               ―         ―      187,289         187,289
     その他                         11,738         1,121        73,017         85,877
    合計                         36,518        150,040         332,275         518,834
    金融負債
     外国為替証拠金取引                           ―        950         ―        950
     その他                          490         12       5,565         6,068
    合計                          490         963        5,565         7,018
                                30/41




                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     (3)   公正価値の測定方法
       外国為替証拠金取引については、公正価値は類似契約の相場価格に基づき評価しているため、主にレベル2に分
      類しています。
       株式のうち、上場株式の公正価値については各四半期末の市場の終値、非上場株式の公正価値については割引
      キャッシュ・フロー法および類似会社の相場価格等を使用して測定しています。測定に使用する相場価格および将
      来キャッシュ・フローにかかる永久成長率等のインプットのうち、全ての重要なインプットが観察可能である場合
      はレベル2に分類し、重要な観察可能でないインプットを含む場合はレベル3に分類しています。
       債券および信託受益権の公正価値は、売買参考統計値、ブローカーによる提示相場等、利用可能な情報に基づく
      取引価格を使用して測定しているほか、リスクフリーレートや信用スプレッドを加味した割引率のインプットを用
      いて、割引キャッシュ・フロー法で測定しており、インプットの観察可能性および重要性に応じてレベル2または
      レベル3に分類しています。
       上記以外の要約四半期連結財政状態計算書上の金融商品の公正価値は帳簿価額と一致または合理的に近似してい
      ることから、帳簿価額を公正価値とみなしています。
     (4)   レベル3に分類した金融商品の公正価値測定

      ①  公正価値の評価技法およびインプット
        レベル3に分類した金融商品の公正価値の評価技法およびインプットについて開示すべき重要事項はありませ
       ん。
      ②  レベル3に分類した金融商品の調整表

        レベル3に分類した金融商品の調整表は以下のとおりです。
     前第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年9月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                                       金融資産
                            株式         債券       信託受益権          その他
    2022年4月1日                         168,133          1,040       177,819         70,059
    利得および損失
     四半期利益(注)1
                              △67          -        -       3,502
     その他の包括利益(注)2、4
                             72,506          △7         45       5,702
    購入                          3,719          514       15,400          921
    売却または償還                          △309         △939       △27,265            -
    その他(注)3                         △4,672            0        -      △3,252
    2022年9月30日                         239,310           606      165,999         76,932
     (注)   1  要約四半期連結損益計算書上、「その他の営業外収益」および「その他の営業外費用」に含めています。
       2  要約四半期連結包括利益計算書上、「FVTOCIの資本性金融資産」、「FVTOCIの負債性金融資産」、「在外営
         業活動体の換算差額」に含めています。
       3  「株式」の     「その他」にはPayPay(株)の優先株式に配分した超過損失額2,574百万円が含まれています。
       4  「株式」の「その他の包括利益」にはPayPay(株)の優先株式の評価損益70,850百万円が含まれています。
                                31/41





                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     当第2四半期連結累計期間(自                 2023年4月1日        至    2023年9月30日       )

                                                    (単位:百万円)
                                 金融資産                   金融負債
                                                     その他
                       株式        債券      信託受益権         その他
                                                     (注)5
    2023年4月1日                    70,444        1,615       171,181        68,658        9,865
    利得および損失
     四半期利益(注)1
                         △376         -        -     △2,046         △67
     その他の包括利益(注)2
                         2,397         132       △502        5,780         -
    購入または取得                    2,873        2,685       45,900         865        -
    売却、償還または決済                    △106         -     △29,289           -     △4,233
    レベル3からの振替(注)3                   △1,540          -        -        -        -
    その他(注)4                   △6,156          -        -      △239         -
    2023年9月30日                    67,535        4,433       187,289        73,017        5,565
     (注)   1  要約四半期連結損益計算書上、「その他の営業外収益」および「その他の営業外費用」に含めています。
       2  要約四半期連結包括利益計算書上、「FVTOCIの資本性金融資産」、「FVTOCIの負債性金融資産」、「在外営
         業活動体の換算差額」に含めています。
       3  投資先が上場したことによるものです。
       4  「株式」の     「その他」には会社分割による株式の移転に伴う減少額6,755百万円が含まれています。
       5  金融負債の「その他」の金額は主に非支配株主に係る売建プット・オプションによるものです。
      ③  感応度分析

        レベル3に分類した金融商品について、観察可能でないインプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変更し
       た場合に重要な公正価値の増減は見込まれていません。
      ④  評価プロセス

        レベル3に分類した金融商品について、当社の投資管理部門担当者は、外部の評価専門家の助言を得ながら公
       正価値測定の対象となる金融商品の性質、特徴およびリスクを適切に反映できる評価技法およびインプットを用
       いて公正価値を測定しています。各四半期末において実施した金融商品の公正価値の測定結果は、外部専門家の
       評価結果を含めて部門管理者によりレビューされ、当社上級                            執行役員     CFO(最高財務責任者)          が承認しています。
                                32/41








                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    10.  売上収益
      売上収益の分解
      報告セグメント毎の売上収益について「LINE広告」、「ヤフー広告」、「物販EC」、「サービスEC」、「FinTech」
     に分解しています。
      これらのビジネスから生じる収益は顧客との契約に基づき計上しており、変動対価等を含む売上収益の額に重要性
     はありません。また、約束した対価の金額に重要な金融要素は含みません。
      なお、2024年3月期第1四半期より、サービスの効率的な提供に重点を置き、迅速に市場の変化に対応するため、
     一部のサービスおよび子会社をセグメント間で移管しています。詳細につきましては、「5.                                            セグメント情報」をご
     参照ください。
      これに伴い、前第2四半期連結累計期間の売上収益の情報を修正再表示しています。
      売上収益の内訳は以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)

                                            当第2四半期連結累計期間

                           前第2四半期連結累計期間
                           (自    2022年4月1日              (自    2023年4月1日
                            至   2022年9月30日       )
                                             至   2023年9月30日       )
            LINE広告                          96,542                 100,581

    メディア事業
            ヤフー広告                         166,132                 166,382
            その他                          45,284                 51,816
    メディア事業合計                                 307,959                 318,780
            物販EC                         331,368                 342,578
    コマース事業        サービスEC                          13,356                 14,763
            その他                          65,912                 57,684
    コマース事業合計                                 410,637                 415,025
            FinTech                          61,441                 133,882
    戦略事業
            その他                           917                 133
    戦略事業合計                                 62,359                 134,015
    その他                                  3,953                 3,976
    合計                                 784,909                 871,799
    顧客との契約から生じる収益                                  752,202                 829,566
    その他の源泉から生じる収益                                 32,706                 42,233
                                33/41








                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    各セグメントの主なサービス・商品
                                 「LINE    VOOM」、「LINE        NEWS」、「トークリスト」、
                   ディスプレイ広告              「Talk    Head   View」、「Talk        Head   View   Custom」、そ
                                 の他
                                 「LINE公式アカウント」、「LINEプロモーションスタ
                   アカウント広告
            LINE   広告
                                 ンプ」、「LINEで応募」、「LINEチラシ」、その他
                   その他広告              「LINEバイト」、その他

                   検索広告              Yahoo!広告「検索広告」

    メディア事業
            ヤフー    広告
                                 Yahoo!広告「ディスプレイ広告」(運用型)                    等
                          運用型広告
                   ディスプレイ
                   広告
                                 Yahoo!広告「ディスプレイ広告」(予約型)                    等
                          予約型広告
                                 「LINEスタンプ」、「LINE             GAME」、「LINE占い」、

                   LINE
                                 「LINE    MUSIC」、「LINEマンガ」、その他
            その他
                                 「ebookjapan」、不動産関連、「Yahoo!ロコ」、
                   ヤフー
                                 その他
                                 「Yahoo!ショッピング」、「ZOZOTOWN」、
                                 「LOHACO」、「チャーム」、「LINEショッピング」、
                                 「LINE    FRIENDS」、「LINEギフト」、
                                 「MySmartStore」、「Yahoo!マート                 by  ASKUL」、
                   ショッピング事業
                                 「LIVEBUY」、「LINE          SHOPPING(台湾・タイ)」、
                                 「GIFTSHOP」、「EZ          STORE」、「QUICK         EC」、
            物販EC
                                 「MyShop」
                                 「ヤフオク!」(※1)、「PayPayフリマ」(※2)、
                   リユース事業
    コマース    事業
                                 「ZOZOUSED」
                   アスクルBtoB事業              「ASKUL」、「SOLOEL          ARENA」、「APMRO」、
                   (インターネット経由)              「FEEDデンタル」等
                                 「Yahoo!トラベル」、「一休トラベル」、「LINEトラ
            サービスEC
                                 ベル(台湾)」、その他
                                 プレミアム会員、アスクル             BtoB事業(インターネット
            その他
                                 経由以外)、バリューコマース、その他
                   PayPay連結              PayPay、PayPayカード

                   PayPay銀行              ―

            Fintech
    戦略事業
                                 PayPayアセットマネジメント、「PayPayほけん」、
                                 「LINE    Pay」、「LINEスコア」、「LINEポケットマ
                   その他金融
                                 ネー」、「LINE        BITMAX」、「LINE         NFT」、その他
                                 AI、「LINE      Search」、その他

            その他
      (※1)    「ヤフオク!」は、2023年11月1日に「Yahoo!オークション」にサービス名称を変更しました。

      (※2)    「PayPayフリマ」は、2023年11月1日に「Yahoo!フリマ」にサービス名称を変更しました。
                                34/41




                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    11.  事業分離における移転利益
      当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至   2023年9月30日       )
       LINE(株)が営むAIカンパニー事業を、ワークスモバイルジャパン(株)に会社分割により承継し、その対価として
      同社の株式を取得しました。会社分割の対価と、承継した事業に係る純資産との差額を事業分離における移転利益
      として認識しています          。
    12.  子会社の支配喪失に伴う利益

      当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至   2023年9月30日       )
       2023年8月31日にJDW          Co.,Ltd.に対して第三者からの出資が実施され当社グループの持分比率が減少した結果、
      当社の子会社に該当しないこととなり、新たに持分法適用関連会社となったことにより生じたものです。
       当第2四半期連結会計期間末においては、その時点で入手可能な合理的情報に基づいた暫定的な会計処理を行っ
      ています。
    13.  その他の営業外費用

      その他の営業外費用の内訳は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自    2022年4月1日            (自    2023年4月1日
                                 至   2022年9月30日       )     至   2023年9月30日       )
    支払利息                                     2,818              3,485
    その他                                     2,956              6,822

    合計                                     5,774              10,308

    14.  持分変動利益

      前第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至   2022年9月30日       )
       主に、当社グループの保有するWebtoon                   Entertainment       Inc.に対する持分比率が変動したことに伴い発生した利
      益です。
      当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至   2023年9月30日       )

       主に、当社グループの保有するWebtoon                   Entertainment       Inc.に対する持分比率が変動したことに伴い発生した利
      益です。
    15.  法人所得税

      当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至   2023年9月30日       )
       当第2四半期連結会計期間においてグループ内再編に関して当社取締役会で決定を行ったことに伴い、再編後の
      将来課税所得の見積りを基に繰延税金資産の回収可能性の見直しを行っています。この影響により法人所得税が
      29,446百万円減少しています。
                                35/41






                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    16.  1株当たり利益
      親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり四半期利益および希薄化後1株当たり四半期利益の算定基礎は以下の
     とおりです。
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                                (自    2022年4月1日            (自    2023年4月1日
                                 至   2022年9月30日       )     至   2023年9月30日       )
    基本的1株当たり四半期利益(円)                                      5.38              12.50
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                     40,307              93,736

     親会社の普通株主に帰属しない四半期利益(百万円)                                       -              -

     基本的1株当たり四半期利益の計算に
                                         40,307              93,736
     使用する利益(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   7,493,477              7,497,483
    希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                      5.36              12.46

     四半期利益調整額(百万円)                                       -              -

     普通株式増加数(千株)                                     20,901              24,354

                               前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間

                                (自    2022年7月1日            (自    2023年7月1日
                                 至   2022年9月30日       )     至   2023年9月30日       )
    基本的1株当たり四半期利益(円)                                      2.01              7.52
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)

                                         15,074              56,420
     親会社の普通株主に帰属しない四半期利益(百万円)

                                           -              -
     基本的1株当たり四半期利益の計算に
                                         15,074              56,420
     使用する利益(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)
                                       7,493,820              7,498,207
    希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                      2.01              7.50

     四半期利益調整額(百万円)

                                           -              -
     普通株式増加数(千株)

                                         21,297              27,519
    (注)   基本的1株当たり四半期利益および希薄化後1株当たり四半期利益の算定において、株式給付信託(J-ESOP)、役
       員報酬BIP信託および株式付与ESOP信託が保有する当社株式を自己株式として処理していることから、期末株式数
       および加重平均株式数から当該株式数を控除しています。
    17.  要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書の補足情報

      当第2四半期連結累計期間(自                2023年4月1日        至    2023年9月30日       )
      重要な非資金取引の内容
       当第2四半期連結累計期間において、LINE(株)が営むAIカンパニー事業を、ワークスモバイルジャパン(株)に会
      社分割により承継した取引は非資金取引に該当します。詳細については、「11.                                     事業分離における移転利益」をご
      参照ください。
                                36/41




                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    18.  関連当事者
      当社グループの最終的な親会社はソフトバンクグループ(株)です。
      当社グループと当社の関連当事者である子会社との間の取引は、連結上消去されており、注記には開示されていま
     せん。
      関連当事者間取引および未決済残高

      前第2四半期連結累計期間(自                 2022年4月1日        至   2022年9月30日       )
       重要な取引高および債権債務の未決済高はありません。
      当第2四半期連結累計期間(自                  2023年4月1日        至   2023年9月30日       )

       重要な取引高および債権債務の未決済高はありません。
    19.  偶発事象

      当社グループの貸出コミットメントは、主に当社グループのクレジットカード会員へのショッピングおよびキャッ
     シングの利用限度額であり、貸出コミットメントの総額および貸出未実行残高は以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 ( 2023年3月31日       )       ( 2023年9月30日       )
    貸出コミットメントの総額                                  11,973,631              12,587,568
    貸出実行残高                                    787,221              888,113
    貸出未実行残高                                  11,186,409              11,699,454
      なお、当該利用限度額は、クレジットカード会員がその範囲内で随時利用できるため利用されない額もあり、か

     つ、当社グループが任意に増減させることができるため、貸出未実行残高は必ずしも全額が貸出実行されるものでは
     ありません。また、当該貸出コミットメントの未実行残高の期日は、要求払いのため1年以内となります。
    20.  要約四半期連結財務諸表の承認

      2023年11月8日に要約四半期連結財務諸表(2023年9月期)は、当社                               代表取締役社長        CEO  出澤 剛     および上級     執行
     役員   CFO(最高財務責任者)          坂上   亮介   によって承認されました。
                                37/41










                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。

                                38/41




















                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                39/41



















                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2023年    11月   8日

    LINEヤフー株式会社(旧社名 Zホールディングス株式会社)
     取 締 役 会          御 中
                        有限責任監査法人トーマツ

                           東 京 事 務 所

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士         山  﨑  健  介
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士         小  林  弘  幸
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          塚  本         雄  一  郎
                                   公認会計士  
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているZホールディン
    グス株式会社の2023年4月1日から2024年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2023年7月1日から
    2023年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年4月1日から2023年9月30日まで)に係る要約四半期連結財務
    諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約
    四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半
    期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用語、
    様式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して、Zホール
    ディングス株式会社及び連結子会社の2023年9月30日現在の財政状態、同日をもって終了する第2四半期連結会計期間
    及び第2四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
    いないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる
    証拠を入手したと判断している。
                                40/41





                                                          EDINET提出書類
                                                    LINEヤフー株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任
     経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示する
    ことにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成す
    ることが適切であるかどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事
    項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から要約
    四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・   主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠し
      て実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が
      認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号
      「財務諸表の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付け
      る。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半
      期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事
      項が適切でない場合は、要約四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況によ
      り、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある                           。
     ・   要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信じ
      させる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成及
      び内容、並びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が
      認められないかどうかを評価する               。
     ・   要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手す
      る。監査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査
      人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う                     。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去するための対応策を講じている場合又
    は阻害要因を許容可能な水準にまで軽減するためのセーフガードを適用している場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
     (注)   1 上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しています。

       2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                41/41






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。