ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
提出日
提出者 ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー
カテゴリ 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    【表紙】

    【提出書類】                有価証券届出書

    【提出先】                関東財務局長
    【提出日】                2023  年 10 月 31 日
    【発行者名】                ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー
                     ( The  Putnam    Advisory     Company,     LLC  )
    【代表者の役職氏名】                ヘッド・オブ・ジャパン・ビジネス
                     グローバル・ディストリビューション、ジャパン
                     ジョン・R・パイク(           John   R.Pike   )
    【本店の所在の場所】                アメリカ合衆国         02110   マサチューセッツ州           ボストン市
                     フェデラル・ストリート            100  番
                     ( 100  Federal     Street,     Boston,     Massachusetts        02110,
                     U.S.A.   )
    【代理人の氏名又は名称】
                     弁護士  三 浦   健
    【代理人の住所又は所在地】                東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                     森・濱田松本法律事務所
    【事務連絡者氏名】
                     弁護士  三 浦   健
    【連絡場所】                東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                     森・濱田松本法律事務所
    【電話番号】                03 ( 6212  ) 8316
    【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券に係るファンドの名称】
                     ケイマン籍パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト
                     Putnam    Diversified       Income    Trust   ( Cayman   )
    【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券の金額】
                     クラスM受益証券:上限見込額は、                  100  億米ドル(約1兆         4,620   億円)
                     (注)アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)の円貨換算は、便宜上、                                 2023  年
                       8月  31 日現在における株式会社三菱            UFJ 銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米
                       ドル=   146.20   円)による。
    【縦覧に供する場所】                該当事項なし
                                  1/258








                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

        ケイマン籍パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト(以下「ファンド」という。)
        ( Putnam    Diversified       Income    Trust   ( Cayman   ))
       (注)ファンドの略称として「             DIT ケイマン」を使用することがある。
     (2)【外国投資信託受益証券の形態等】

        記名式無額面受益証券で、以下の2種類のクラス受益証券のうち、クラスM受益証券が日本において
       募集される(以下、クラスM受益証券を、またはクラスM受益証券およびクラスJ受益証券(後払手数
       料)を併せて「受益証券」という。)。
        クラスM受益証券(以下「              DIT  ケイマンM」ということがある。)
        クラスJ受益証券(後払手数料)(以下「                      DIT  ケイマンJ(後払手数料)」ということがある。)
        ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(                                The  Putnam    Advisory     Company,     LLC  )
       (以下「管理会社」という。)の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信
       用格付または信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はない。
        受益証券は追加型である。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

        クラスM受益証券:
         上限見込額は、        100  億米ドル(約1兆         4,620   億円)
       (注1)米ドルの円貨換算は、便宜上、                 2023  年8月   31 日現在における株式会社三菱            UFJ 銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ド
          ル=  146.20   円)による。以下同じ。
       (注2)本書の中で金額および比率を表示する場合、四捨五入または切り捨てて記載している。従って、合計の数字が一致しない
          場合がある。また、円貨への換算は、本書の中でそれに対応する数字につき所定の換算率で単純計算のうえ、必要な場合
          四捨五入してある。従って、本書中の同一情報につき異なった円貨表示がなされている場合もある。
     (4)【発行(売出)価格】

        各申込後最初の「取引日」に計算される受益証券一口当たり純資産価格
       (注1)「取引日」とは、各営業日または管理会社が随時決定するその他の営業日をいい、「営業日」とは、ニューヨーク証券取
          引所が営業のために開いている米国の営業日および管理会社が随時決定するその他の日をいう。
       (注2)受益証券一口当たり純資産価格については、下記「(8)申込取扱場所」に問い合わせること。
     (5)【申込手数料】

        申込金額の      3.575   %(税抜     3.25  %)を上限として販売会社(以下に定義する。)が別途定める料率とす
       る。
       (注)申込手数料については、下記「(8)申込取扱場所」に問い合わせること。
     (6)【申込単位】

        300  口以上   10 口単位。ただし販売会社により、これと異なる取扱いが行われることがある。
     (7)【申込期間】

        申込期間:      2023  年 11 月1日   ( 水 曜日)から      2024  年 10 月 31 日(  木 曜日)まで
       (注1)日本において発注を取り扱うことが適当でないと代行協会員が判断する日(以下「取扱除外日」という。)には、例外的
          に発注の取扱いが行われないことがある。
       (注2)ファンドは、「米国人」(米国の国籍を有する者、国民、居住者、法人等をいう。)、「ケイマン人」に対しては販売さ
          れない。
     (8)【申込取扱場所】

                                  2/258

                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        SMBC日興証券株式会社(以下「SMBC日興証券」という。)
        東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
        ホームページ・アドレス:              https://www.smbcnikko.co.jp/
        電話番号:      03-5644-3111       (受付時間:日本における営業日の                  8 : 40 ~ 17 : 10 )
        株式会社三井住友銀行

        東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
        ホームページ・アドレス:              https://www.smbc.co.jp
        電話番号:      0120-56-3143       (通話料有料)東京:           03-5745-5051        大阪:     06-6258-0012
        平日・土・日・祝日 9:              00 ~ 21 : 00  ※1月1日~3日と5月3日~5日を除く。
        (注)上記各販売会社の日本における本支店において、申込みの取扱いを行う。
     (9)【払込期日】

        投資者は、販売会社が別途指定する日時までに申込金額を販売会社に支払うものとする。各申込日の
       発行価額の総額は販売会社によって申込日から3営業日以内の日(以下「払込期日」という。)までに
       名義書換事務代行会社であるシティバンク・ヨーロッパ・ピーエルシーのファンド口座に米ドル貨で払
       い込まれる。
     ( 10 )【払込取扱場所】

        前記「(8)申込取扱場所」に同じ。
     ( 11 )【振替機関に関する事項】

        該当事項なし。
     ( 12 )【その他】

       (イ)申込証拠金はない。
       (ロ)引受等の概要
        ①  SMBC日興証券および三井住友銀行(以下、併せて「販売会社」という。)はそれぞれ、パト
          ナム・インターナショナル・ディストリビューターズ・リミテッド(以下「元引受会社」とい
          う。)との間の、         2005  年9月   13 日付(   2006  年8月   18 日付、修正済)の日本における受益証券の販
          売および買戻しに関する契約に基づき、クラスM受益証券の募集を行う。
        ② ファンドは、SMBC日興証券をファンドに関して代行協会員に指定している。
        (注)「代行協会員」とは、外国投資信託の受益証券の発行者と契約を締結し、受益証券一口当たり純資産価格の公表を行い、
          また受益証券に関する目論見書、決算報告書その他の書類を販売会社に送付する等の業務を行う協会員をいう。
       (ハ)申込みの方法
         受益証券の申込みを行う投資者は、販売会社と外国証券の取引に関する契約を締結する。このた
        め、販売会社は、「外国証券取引口座約款」その他所定の約款(以下「口座約款」という。)を投資
        者に交付し、投資者は、当該口座約款に基づく取引口座の設定を申し込む旨を記載した申込書を提出
        する。約定日(販売会社が当該注文の成立を確認した日。通常発注日の日本における翌営業日)から
        起算して4営業日目までに、申込価格と申込手数料を支払うものとする。投資者は、申込金額を、約
        定日までに販売会社に米ドル貨または円貨によって支払う。申込金額が円貨で支払われる場合、米ド
        ル貨との円貨換算は、関連の約定日または別途販売会社が決定する日における東京外国為替市場の外
        国為替相場に準拠したものであって、販売会社が決定するレートによる。
         申込金額は、販売会社により、払込期日にシティバンク・ヨーロッパ・ピーエルシーのファンド口
        座に米ドル貨で払い込まれる。
       (ニ)日本以外の地域における発行
                                  3/258

                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         日本以外の地域における販売は、本書の日付現在、行われていない。
                                  4/258




















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
        ケイマン籍パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト(以下「ファンド」または「                                                DIT  ケイ
       マン」という。)は、パトナム・オフショア・フィーダー・シリーズ・トラスト(以下「トラスト」、
       「シリーズ・トラスト」または「フィーダー・トラスト」という。)のサブ・ファンドである。
        トラストは、本書の日付現在、本ファンドにより単独で構成されている。なお、アンブレラとは、そ
       のトラストの下で一または複数のシリーズ・トラストまたはサブ・ファンドを設定できる仕組みのもの
       を指す。追加のシリーズ・トラストまたはサブ・ファンドは、受託会社と管理会社との間の信託証書の
       補遺により設定することができる。
        ファンドは、ケイマン諸島の法律に基づき設立されたオープン・エンド型のユニット・シリーズ・ト
       ラストである。
        管理会社および/または管理会社から任命されたいかなる者も、かかる目的のためにファンドの勘定
       で受益証券を発行する独占的な権利を有する。本書の日付現在、クラスM受益証券のみが日本において
       募集されている。         2017  年 12 月 19 日まではクラスJ受益証券(後払手数料)も日本において募集されてい
       た。
        ファンドの各受益者(以下「受益者」という。)は、ニューヨーク証券取引所の営業日(以下「取引
       日」という。)の取引終了時までに販売会社に申し込むことにより、当該取引日に買戻価格によりその
       受益証券の買戻しを請求することができる。買戻価格は、受益証券一口当たり純資産価格(以下に定義
       する。)から適用される後払手数料(もしあれば)を控除した価格である。
        ファンドの目的は、元本の保全を図る上で適切であると管理会社が考える範囲内において、高レベル
       の金利収益の獲得を追求することである。管理会社は、ファンドの資産                                    100  %までを、ケイマン諸島の法
       律に基づき設立されたパトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト(ケイマン)マスター・
       ファンド(以下「マスター・ファンド」という。)の受益証券に投資することにより、かかる目的の達
       成を追求する。
     (2)【ファンドの沿革】

        2000  年 12 月 29 日     管理会社の設立
        2005  年7月   13 日     信託証書およびファンド設定のための信託証書補遺締結
        2005  年8月   18 日     改訂および再録信託証書締結ならびに改訂および再録信託証書補遺(以
                   下、併せて「ファンド信託証書」といい、随時、補足または修正され
                   る。)締結
        2005  年8月   22 日     ファンドの運用開始
        2015  年 10 月 16 日     信託証書補遺締結
                                  5/258





                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (3)【ファンドの仕組み】

       ① ファンドの仕組み
                                  6/258




















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ② 管理会社とファンドの関係法人の名称、ファンドの運営上の役割および契約等の概要

                          ファンド運営上
              名称                             契約等の概要
                          の役割
     ザ・パトナム・アドバイザリー・                     管理会社         ファンド信託証書を受託会社と締結。ファ
                                   ンド資産の運用・管理、受益証券の発行、
     カンパニー・エルエルシー
                                   買戻しならびにファンドの終了について規
     ( The  Putnam    Advisory     Company,
                                   定している。
     LLC  )
     メイプルズエフエス・                     受託会社         ファンド信託証書を管理会社と締結。受託
                                   会社の義務について規定している。
     リミテッド
     ( MaplesFS     Limited    )
     ステート・ストリート・バンク・                     保管会社         2007  年 10 月1日付で改訂および再録保管契
                                   約(随時改訂される。)(以下「保管契
     アンド・トラスト・カンパニー
                                           (注1)
     ( State   Street    Bank   and
                                   約」という。)            を受託会社と締結。
     Trust   Company    )
                                   保管会社の責任について規定している。
     ステート・ストリート・ケイマン・                     計算代理会社         2007  年8月7日付で管理会社との間でマス
                                   ター計算代理サービス契約(随時改訂され
     トラスト・カンパニー・リミテッド
                                   る。)(以下「計算代理サービス契約」と
     ( State   Street    Cayman    Trust
                                        (注2)
     Company     Limited    )
                                   いう。)         を締結。計算代理会社の責
                                   任について規定している。
     シティバンク・ヨーロッパ・                     名義書換事務代         2005  年8月    22 日付で名義書換事務代行契約
                                               (注3)
                          行会社
     ピーエルシー
                                   (随時改訂される。)                を管理会社と
     ( Citibank     Europe    plc  )
                                   名義書換事務代行会社の間で締結。名義書
                                   換事務代行会社をマスタートラストおよび
                                   ファンドの受益証券に関連した名義書換事
                                   務代行会社に任命している。
     SMBC日興証券株式会社                     代行協会員         2006  年9月    18 日付で元引受会社との間で代
                                                (注4)
                                   行協会員契約(改訂済)                 を締結。代
                                   行協会員業務について規定している。
     パトナム・インターナショナル・ディ                     元引受会社         2005  年8月    22 日付で管理会社との間で販売
                                      (注5)
     ストリビューターズ・リミテッド
                                   契約      を締結。受益証券の販売業務の
     ( Putnam    International
                                   条件について規定している。
     Distributors,        Limited.     )
        (注1)保管契約とは、受託会社によって任命された保管会社が、ファンドに対し保管業務を提供することを約する契約であ
           る。
        (注2)計算代理サービス契約とは、計算代理会社が、ファンドの純資産価額の計算、帳簿の維持、その他ファンドに関する事
           務的サービスを提供することを約する契約である。
        (注3)名義書換事務代行契約とは、管理会社によって任命された名義書換事務代行会社が、ファンドに対し名義書換業務を提
           供することを約する契約である。
        (注4)代行協会員契約とは、ファンドによって任命された代行協会員が、ファンドに対し、受益証券一口当たり純資産価格の
           公表および受益証券に関する目論見書、決算報告書その他の書類の販売会社に対する送付等代行協会員業務を提供する
           ことを約する契約である。
        (注5)販売契約とは、受益証券を適用される法令、規則および英文目論見書に準拠して販売することを約する契約である。
                                  7/258



                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ③ 管理会社の概況

       管理会社:            ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー
                    ( The  Putnam    Advisory     Company,     LLC  )
       1.設立準拠法            管理会社は、米国デラウェア州の法律に基づき設立された。
       2.事業の目的            管理会社は、幅広い資産運用を専門とし                     1937  年からの歴史を有するパトナ
                    ム・インベストメンツ・エルエルシー(以下、パトナム・インベストメン
                    ツ・エルエルシーおよびその関連会社を含めて「パトナム・インベストメ
                    ンツ」という。)の間接的子会社である。管理会社は、アメリカ合衆国企
                    業の口座および外国企業口座ならびに投資信託を管理している。パトナ
                    ム・インベストメンツは、ボストンに本拠地を置き、グローバルにビジネ
                    スを展開しており、           2023  年8月末日現在、運用総資産は                1,720   億米ドル超
                    (約  25.1  兆円)である。約         192  人の運用プロフェッショナルが運用を担当
                    している。
       3.資本金の額            管理会社の      2023  年6月末日現在の出資者持分合計は、                    23,767,700      米ドル
                    (注)
                       (未監査)(約        35 億円)である。
                    (注)資本の全構成項目および親会社との資本関係からなる。
       4.沿革            2000  年 12 月 29 日設立
       5.大株主の状況            名称 パトナム・アドバイザリー・ホールディングス                            Ⅱ・      出資持分
          ( 2023  年6月末日
                       エルエルシー
                                                      100  %
          現在)
                       ( Putnam    Advisory     Holdings     II,  LLC  )
                    所在地 アメリカ合衆国             02110   マサチューセッツ州
                        ボストン市      フェデラル・ストリート            100  番
                        ( 100  Federal     Street,     Boston,
                        Massachusetts        02110,    U.S.A.   )
     (4)【ファンドに係る法制度の概要】

       (ⅰ)準拠法の名称
         ファンドは、ケイマン諸島の信託法(改正済)(以下「信託法」という。)に基づき設立され、同
        法に基づき運営されている。ファンドは、また、ケイマン諸島のミューチュアル・ファンド法(改正
        済)(以下「ミューチュアル・ファンド法」という。)により規制されている。
       (ⅱ)準拠法の内容
        ①  信託法
          ケイマン諸島の信託の法律は、基本的には英国の信託法に従っており、英国の信託法のほとんど
         の部分を採用しており、この問題に関する英国判例法のほとんどを採用している。さらに、信託法
         は、英国の      1925  年受託者法を実質的に基礎としている。投資者は、受託会社に対して資金を払い込
         み、投資者(受益者)の利益のために投資運用会社はこれを運用する。各受益者は、ファンドの資
         産の持分比率に応じて権利を有する。
          受託会社は、通常の忠実義務に服し、かつ受益権者に対して説明の義務がある。その機能、義務
         および責任の詳細は、ユニット・トラストの信託証書に記載される。
          大部分のユニット・トラストは、免税信託として登録申請される。その場合、信託証書、ケイマ
         ン諸島の居住者またはケイマン諸島を本拠地とする者を(限られた一定の場合を除き)受益者とし
         ない旨宣言した受託会社の法定の宣誓書が登録料と共に信託登記官に届出される。
          免税信託の受託会社は、受託会社、受益者、および信託財産が                                50 年間課税に服さないとの約定を
         取得することができる。
                                  8/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          ケイマン諸島の信託は、             150  年間または一定の状況において永久に存続することができる。
          免税信託は、信託証書の変更を信託登記官に提出しなければならない。
          免税信託は、信託登記官に対して、当初手数料および年次手数料を支払わなければならない。
        ②  ミューチュアル・ファンド法
          下記「(6)監督官庁の概要」の記載を参照。
        ③ 一般投資家向け投資信託(日本)規則(改正済)
          一般投資家向け投資信託(日本)規則(改正済)(以下「本規則」という。)は、日本で公衆に
         向けて販売される一般投資家向け投資信託に関する法的枠組みを定めたものである。
          本規則は、新規の一般投資家向け投資信託に対し、ケイマン諸島金融庁(以下「                                            CIMA  」とい
         う。)への投資信託免許の申請を義務づけている。かかる投資信託免許の交付には                                           CIMA  が適当とみ
         なす条件の適用がある。かかる条件のひとつとして一般投資家向け投資信託は本規則に従って事業
         を行わねばならない。
          本規則は、一般投資家向け投資信託の設立文書に、証券に付随する権利および制限、資産と負債
         の評価に関する条件、純資産総額ならびに証券の発行価格および買戻価格の計算方法、証券の発行
         条件(証券に付随する権利および制限の変更にかかる条件および状況(もしあれば)を含む。)、
         証券の譲渡または転換の条件、証券の買戻しまたは買戻しの中止の条件ならびに監査人の任命の条
         項を入れることを義務づけている。
          本規則は、一般投資家向け投資信託に対し、ミューチュアル・ファンド法に基づき                                           CIMA  により認
         可された管理事務代行者を任命し、保有することを義務づけている。管理事務代行者を変更する場
         合、  CIMA  、一般投資家向け投資信託の投資者および他のサービス提供会社に対し、変更の1か月前
         までに書面で通知しなければならない。一般投資家向け投資信託は、                                     CIMA  の事前承認を得ない限
         り、管理事務代行者を変更することができない。
          また、管理事務代行者は、投資者名簿の写しを通常の営業時間中に投資者が閲覧できるように
         し、かつ、請求に応じて証券の最新の発行価格、償還価格および買戻価格を無料で提供しなければ
         ならない。
          一般投資家向け投資信託は、ケイマン諸島、ケイマン諸島の犯罪収益に関する法律(改正済)
         (以下「犯罪収益に関する法律」という。)の第5(2)(a)条に従って指定された、ケイマン
         諸島のそれと同等のマネー・ロンダリングおよびテロリストの資金調達に係る対策を有する法域
         (以下「同等の法律が存在する法域」という。)または                             CIMA  により認可されたその他の法域におい
         て規制されている資産保管会社(またはプライムブローカー)を任命し、これを維持しなければな
         らない。一般投資家向け投資信託は、資産保管会社を変更する場合、                                    CIMA  、一般投資家向け投資信
         託の投資者および他のサービス提供会社に対し、1か月前までに書面で通知しなければならない。
          一般投資家向け投資信託は、ケイマン諸島、同等の法律が存在する法域もしくは                                          CIMA  により認可
         されたその他の法域において設立されたか、または適法に事業を行っている投資顧問会社を任命
         し、これを維持しなければならない。本規則の解釈上、「投資顧問会社」とは、一般投資家向け投
         資信託の投資活動に関する投資運用業務を提供する目的で、一般投資家向け投資信託により、また
         は一般投資家向け投資信託のために任命された事業体をいう。かかる事業体により任命された副投
         資顧問会社はこれに含まれない。投資顧問会社を変更する場合、                                 CIMA  、投資者および他のサービス
         提供会社に対し、変更の1か月前までに書面で通知しなければならない。また、投資顧問会社の取
         締役を変更する場合は、投資顧問会社が運用する各一般投資家向け投資信託の運営者の事前承認を
         得なければならない。運営者は、かかる変更が行われる場合、                                CIM  Aに対し、1か月前までに書面で
         通知しなければならない。
          一般投資家向け投資信託は、ミューチュアル・ファンド法に従い、各会計年度が終了してから6
         か月以内に監査済財務諸表を含む財務報告書を作成し、投資者に交付しなければならない。中間財
                                  9/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         務諸表は、一般投資家向け投資信託の目論見書において投資者に対し明示された方法に従い作成
         し、交付しなければならない。
     (5)【開示制度の概要】

       A.ケイマン諸島における開示
        ①  ケイマン諸島金融庁への開示
          ファンドは、目論見書を発行しなければならない。目論見書は、受益証券についてすべての重要
         な内容を記載し、投資者となろうとする者がファンドに投資するか否かについて十分な情報に基づ
         く決定をなしうるために必要なその他の情報を記載しなければならない。目論見書は、ファンドに
         ついての詳細を記載している申請書とともに                       CIMA  に提出しなければならない。
          ファンドは、       CIMA  が承認した監査人を選任し、会計年度終了後6か月以内に監査済会計書類を提
         出しなければならない。監査人は、監査の過程において、ファンドに以下の事由があると信ずべき
         理由があることを知ったときは                CIMA  に報告する法的義務を負っている。
         ( ⅰ )弁済期に債務を履行できないこと、または履行できないであろうこと。
         ( ⅱ )投資者または債権者に有害な方法で自発的にその事業を遂行しもしくは事業を解散し、また
            はその旨意図していること。
         ( ⅲ )会計を適切に監査しうる程度に十分な会計記録を備置せずに事業を遂行し、または遂行しよ
            うと意図していること。
         (ⅳ)詐欺的または犯罪的手法で事業を遂行し、または遂行しようと意図していること。
         (ⅴ)下記に違反する方法で事業を遂行し、または遂行しようと意図していること。
            - ミューチュアル・ファンド法および同法に基づく規則
            - 金融庁法(改正済)(以下「金融庁法」という。)
            - マネー・ロンダリング防止規則(改正済)(以下「マネー・ロンダリング防止規則」と
               いう。)
            - 認可条件
          ファンドの監査人は、プライスウォーターハウスクーパース(                                 PricewaterhouseCoopers             )であ
         る。
          ファンドは毎年        10 月 30 日までには同年の4月            30 日に終了する会計年度の監査済会計書類を                      CIMA  に
         提出する。
        ②  受益者に対する開示
          ファンドの会計年度は、             2006  年4月   30 日以降毎年4月        30 日に終了する。監査済み財務書類は、国
         際会計基準に従って作成され、可能な限り速やかに、かついかなる場合にも各会計年度終了後6か
         月以内に受益者に送付される。未監査の半期財務書類は、可能な限り速やかに、かついかなる場合
         にも毎年     10 月末日から2か月以内に受益者に送付される。
       B.日本における開示
        ①  監督官庁に対する開示
         ( ⅰ )金融商品取引法上の開示
           管理会社は、日本における1億円以上の受益証券の募集をする場合、有価証券届出書を関東財
          務局長に提出しなければならない。投資者およびその他希望する者は、金融商品取引法に基づく
          有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(                              EDINET   )等において、これを閲覧する
          ことができる。
           受益証券の販売会社は、交付目論見書(金融商品取引法の規定により、あらかじめまたは同時
          に交付しなければならない目論見書をいう。)を投資者に交付する。また、投資者から請求が
          あった場合は、請求目論見書(金融商品取引法の規定により、投資者から請求された場合に交付
          しなければならない目論見書をいう。)を交付する。管理会社は、その財務状況等を開示するた
                                 10/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          めに、ファンドの各会計年度終了後6か月以内に有価証券報告書を、また、ファンドの各半期終
          了後3か月以内に半期報告書を、さらに、ファンドに関する重要な事項について変更があった場
          合 にはそのつど臨時報告書を、それぞれ関東財務局長に提出する。投資者およびその他希望する
          者は、これらの書類を           EDINET   等において閲覧することができる。
         ( ⅱ )投資信託及び投資法人に関する法律上の届出等
           管理会社は、受益証券の募集の取扱い等を行う場合、あらかじめ、投資信託及び投資法人に関
          する法律(昭和        26 年法律第     198  号)(以下「投信法」という。)に従い、ファンドに係る一定の事
          項を金融庁長官に届け出なければならない。また、管理会社は、トラストの信託証書を変更しよ
          うとするとき等においては、あらかじめ、変更の内容および理由等を金融庁長官に届け出なけれ
          ばならない。さらに、管理会社は、ファンドの資産について、ファンドの各計算期間終了後遅滞
          なく、投信法に従って、一定の事項につき交付運用報告書および運用報告書(全体版)を作成
          し、金融庁長官に提出しなければならない。
        ②  日本の受益者に対する開示
          管理会社は、信託証書を変更しようとする場合であってその内容が重大なものである場合等にお
         いては、あらかじめ、日本の知れている受益者に対し、変更の内容および理由等を書面をもって通
         知しなければならない。
          管理会社からの通知等で受益者の地位に重大な影響を及ぼす事実は販売会社を通じて日本の受益
         者に通知される。
          上記のファンドの交付運用報告書は、日本の知れている受益者に交付され、運用報告書(全体
         版)は電磁的方法によりファンドの代行協会員であるSMBC日興証券のホームページにおいて提
         供される。
     (6)【監督官庁の概要】

        ファンドは、ミューチュアル・ファンドとしてミューチュアル・ファンド法に基づき規制されてい
       る。  CIMA  は、ミューチュアル・ファンド法の遵守を確保するための監督および執行権限を有する。
       ミューチュアル・ファンド法に基づく規則により、法定の事項および監査済財務書類を毎年                                               CIMA  に提出
       しなければならない。規制された投資信託として、                          CIMA  は、いつでも受託会社に、トラストの財務書類
       の監査を行い、これを            CIMA  が定める期限内に提出するよう指示することができる。かかる指示に従わな
       い場合、受託会社に相当額の罰金が科されることがあるほか、                                CIMA  は裁判所にトラストの解散を請求す
       ることができる。
        規制された投資信託が、履行期の到来した義務を履行できないかもしくは履行できなくなる可能性が
       ある場合、投資者や債権者の利益を害する方法で業務を遂行もしくは遂行を企図し、または任意解散を
       行おうとしている場合、トラストのような免許投資信託の場合、規制された投資信託がミューチュア
       ル・ファンド法に反して、免許の条件を遵守せずに業務を行っているか、行おうとしている場合、規制
       された投資信託の指示および運営が適正かつ正当な方法で行われていない場合、または、規制された投
       資信託のマネジャーの地位にある者が、その任務にあたる適正かつ正当な者ではない場合、                                               CIMA  は、一
       定の措置を取ることができる。                CIMA  の権限には、受託会社の交替を要求すること、トラストの適切な業
       務遂行について受託会社に助言を与える者を任命すること、またはトラストの業務監督者を任命するこ
       と等が含まれる。         CIMA  は、その他の権限(その他措置の承認を裁判所に申請する権限を含む。)を行使
       することができる。
        ファンドの受託会社は、ケイマン諸島の会社として登録されており、かつ信託会社としてケイマン政
       府の許可を受けている。受託会社は、                    CIMA  の監督下にある。受託会社はまた、ミューチュアル・ファン
       ド法に基づく投資信託管理会社として許可されている。
                                 11/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    2【投資方針】

     (1)【投資方針】
       投資目的
        ファンドは、投資元本の保全を図る上で適切であると管理会社が考える範囲内において、高レベルの
       金利収益の獲得を追求する。ファンドの投資目的は、マスター・ファンドの投資目的と実質的に同一で
       あるため、管理会社は、原則として、ファンドの資産                           100  %までを、マスター・ファンドの受益証券に投
       資することにより、ファンドの目的を達成することを追求する。
        マスター・ファンドは、投資元本の保全を図る上で適切であると管理会社が考える範囲内において、
       高レベルの金利収益を追求する。管理会社は、かかるマルチセクター債券ファンドの目的を、主に以下
       の債券に投資することにより達成することを企図している。
        ■  世界各国の証券化された債券商品(モーゲージ証券等)および関連デリバティブ商品、政府および
         企業の債券(バンク・ローンを含む。)
        ■  投資適格証券または非投資適格証券(「ハイイールド社債」とも呼ばれる。)
        ■  中・長期(3年またはそれ以上)の満期を有するもの
        上記債券には例えば、米国国債、米国以外の国債、投資適格社債、ハイイールド社債、アセットバッ
       ク証券、モーゲージ証券およびエマージング債が含まれるが、これらに限られない。
        通常の市況下においては、管理会社は、以下の3セクターそれぞれに、マスター・ファンドの純資産







       の 15 %~  65 %を投資する。
        ■  米国政府および投資適格部門:米国政府債および米国企業の投資適格社債を含む。
        ■  ハイイールド部門:米国企業の低格付社債および貸付債務を含む。
        ■  国際部門:投資適格証券および非投資適格証券双方を含み、米国以外の国の政府および企業の債券
         を含む。
        米国政府および投資適格部門ならびにハイイールド部門には、アセットバック証券等の証券化された
       債券が含まれることがあるが、これに限られない。国際部門には、先進諸国債およびエマージング債の
       双方が含まれるが、これらに限られない。
        上記に述べた主要な投資戦略に加えて、マスター・ファンドは他のタイプの投資、すなわちアセット
       バック証券、ハイブリッドおよび仕組債への投資、適用される会計基準および税制において債券として
       性格付けられる優先債券ならびに確定利付および変動利付貸付の譲渡および当該貸付への参加を行うこ
       とがある。マスター・ファンドは、マネー・マーケット商品または短期金融商品(コマーシャル・ペー
                                 12/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       パー、銀行債務(例えば、預金証書および銀行引受手形)、買戻契約および米国財務省証券またはその
       他の政府債務など)を含む現金または現金同等物に投資することもできる。マスター・ファンドはま
       た、  随時、その現金残高の全部または一部を、管理会社またはその関係会社が助言するマネー・マー
       ケットおよび/または短期債券ファンドに投資することができる。マスター・ファンドが現金および現
       金同等物ならびに当該マネー・マーケットおよび短期債券ファンドに投資する割合は、時間の経過とと
       もに変化することが予想され、また、市場状況、マスター・ファンド受益者による購入および買戻し状
       況ならびにマスター・ファンドが投資機会をその発生に応じて追求し、かつ、その受益者の買戻請求に
       応じることができるために適切な現金レベルの評価を含む様々な要因に依存する。大きな現金ポジショ
       ンは、パフォーマンスを低下させ、マスター・ファンドがその目標を達成することを妨げる可能性があ
       る。マスター・ファンドはまた収益を得るため、その投資有価証券を貸すことができる。
        マスター・ファンドはまた、モーゲージ証券に対する投資エクスポージャーを得るかまたは調整する
       目的を含め、       TBA  ( to-be-announced         )取引、先物、オプション、モーゲージ証券および指数のスワップ
       ション、特定の通貨取引、クレジット・デフォルト・スワップ契約、トータル・リターン・スワップ契
       約、金利スワップ契約等の様々なデリバティブ取引を相当程度使用することがある。
        デリバティブは、その価値が、一つまたは複数の裏付けとなる投資、投資プール、インデックスまた
       は通貨などの価値によって決定もしくは算出される金融商品である。利用するショート・デリバティ
       ブ・ポジションは、裏付けとなる投資、投資プール、インデックスまたは通貨の価格とは反対に動く。
       管理会社はデリバティブをヘッジまたはヘッジ以外の両方の目的で使用することがある。例えば、管理
       会社はデリバティブを、マスター・ファンドの(米国内外の)長期または短期金利のエクスポージャー
       を増加または減少させるため、マスター・ファンドのインフレに対するエクスポージャーを増加または
       減少させるため、マスター・ファンドの米国財務省証券に対するエクスポージャーの期間を調整するた
       め、イールドカーブ(信用力が等しく残存期間が異なる複数の債券について利回りと残存期間の関係を
       表した曲線)上のマスター・ファンドのポジションの調整もしくはイールドカーブに沿ったもしくは特
       定の通貨や通貨グループの戦術的ポジションを構築するため、または、一つまたは複数の発行体の証券
       への直接投資の代替として用いるために使用することがある。しかし、管理会社はまた、その市場環境
       の評価または適切なデリバティブの有用性に基づいて、デリバティブを使用しないことを選択すること
       もある。デリバティブへの投資は、特定の種類の投資対象に投資するという要件を満たすために、デリ
       バティブがその投資対象に類似した経済的性質を持つ場合は適用されることがある。
        管理会社が、市場環境がマスター・ファンドの通常の投資戦略が投資家の最大の利益と相反すると判
       断する場合もある。管理会社はその際、暫定的に、ファンドの一部またはすべての資産を、現金および
       現金同等物に投資する等、主に損失を制限するために構築された代替戦略を使用して投資することがあ
       る。しかし、管理会社は非常に変動的な市場環境であっても、多様な事由によりこれらの戦略を使用し
       ない選択をすることがある。これらの戦略はマスター・ファンドが投資機会を逃すことを引き起こす可
       能性があり、マスター・ファンドおよびファンドがそれらの目的を達成することを妨げる可能性があ
       る。
        マスター・ファンドのパフォーマンスは、現在、                         ICE  BofA   米国短期国債インデックス(米国国内市場
       に上場している米ドル建て米国財務省短期証券のパフォーマンスを追従する指数)と対比されている。
       また、ブルームバーグ米国総合インデックス(米国の投資適格証券の代表的な指数)等、その他の指数
       と対比されることもある。
        ファンドの資産のすべてがマスター・ファンドの受益証券に投資されていない場合、ファンドは、マ
       スター・ファンドが投資する有価証券と類似する有価証券、またはコマーシャル・ペーパー、譲渡性預
       金証書、銀行引受手形、レポ取引および短期米国債、マネー・マーケット・ファンドおよび類似の金融
       商品等の様々な政府の国債等の流動資産に直接投資することができる。その際、ファンドは、株式また
       はワラントには投資しない。ただし、日本の所得税法におけるファンドが「公社債投資信託」に該当す
       るかの判断に際し、当該有価証券が、債務として分類される場合、および債務として分類される範囲に
                                 13/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       おいて、ファンドは優先証券に投資し、優先証券を保有することができる。ファンドがかかる優先証券
       に投資することができるという保証はない。
        上記の基本的でない投資制限は、日本におけるファンドの受益証券の募集に関連して合意されたもの
       であり、かかる制限が必要なくなったと判断された場合、随時、受益者の承認を得ることなしに変更す
       ることができる。
        上記の制限にかかわらず、ファンドは、アセットバック証券、ハイブリッド証券および仕組債等の公
       社債に投資することができる。
        ファンドの投資目的が達成されるという保証はなく、かつ投資成果は、時の経過により大幅に変動す
       ることがある。投資者は、後記「3 投資リスク ① リスク要因」に記載されるリスク要因に注意す
       ること。
     (2)【投資対象】

        上記「(1)投資方針」を参照のこと。
     (3)【運用体制】

        ファンドは上記「投資方針」に記載されたとおり、ほぼすべてのファンドの資産をマスター・ファン
       ドの受益証券に投資する。管理会社は、投資制限および借入制限に反してファンドの資産が使用または
       投資されることを回避するため合理的な措置を講じながら、規定されたファンドの投資目的を誠実に遂
       行する。管理会社は、ファンドのほぼ                   100  %の資産が投資されるマスター・ファンドにおいて投資運用に
       従事する。
       (a)運用チーム
         マスター・ファンドの運用チームはチーム・アプローチを採用しており、約                                       80 名で構成される債券
        運用部門の一部であるマルチセクター債券チームの幅広いリソースを利用して運用している。債券運
        用部門最高責任者であるマイケル・サルムは、当該チームにおいて最終的な決定権を有しているが、
        ポートフォリオ構築責任者であるアルバート・チャン、ポートフォリオ・マネジャーであるロバー
        ト・デービス、ストラクチャード・クレジット運用共同責任者であるブレット・コズロフスキーなら
        びに社債および免税債運用責任者であるロバート・サルヴィンと連携して運用を行っている。
                                 14/258









                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (b)運用プロセス

        運用哲学
         債券市場では多様な証券のリスクのプライシングにおいて非効率性が生じていることから、明確で
        確固とした運用プロセスを、厳格かつシステマティックに適用することを通じてこの非効率性を捉え
        るというアクティブな運用によって付加価値を与えることができると考えている。このようなプロセ
        スは、多数の潜在的超過収益源、固有のリスク・コントロールそしてすべての投資機会を捉える幅広
        い投資ユニバースにより特徴づけられるものである。このアプローチにより、運用プロセスは、ごく
        散発的に利用可能または効果的であるような、ある特定の戦略または機会に過度に依存しないように
        なっている。さらに、このアプローチは、いかなる時にも市場における最も魅力的であると考える潜
        在的超過収益源に注目するという柔軟性をもたらしている。
         運用哲学は以下の前提に基づいている。
        ・   アクティブ運用        は市場の非効率性を特定し捉えること、そしてその非効率性の原因を具体的に理
          解することにより成功する。
        ・   すべての機会を捉える            :利用可能な非効率性は債券市場のあらゆるセクターに存在していると考
          えており、そのすべての利用を目指している。さらに、最大の機会は証券の選択、とりわけ新し
          い市場分野、またはより複雑な市場分野にあると考えている。高度にカスタマイズされ細分化さ
          れた証券別の分析を可能にするセクター毎のスペシャリスト体制により、これらの分野で特に優
          位な立場にあると考えている。
        ・   厳格かつ多様な投資判断             :非効率性の特定は困難であり、それには習熟が必要であると理解して
          いる。リスク、戦略および投資期間の分散によりパフォーマンス特性の潜在的な一貫性および安
          定性が改善され、厳格なアプローチにより長期にわたる再現可能な結果を実現することができ
          る。
        ・   特化したセクター毎のスペシャリストチーム                       :債券市場および個別証券の動きを理解することは
          膨大な量の情報を扱う複雑な専門的領域である。相互補完的な技能を持ち、先進的な分析技法と
          ツールを使う業界のベテランによって構成される、セクター毎に特化したスペシャリストチーム
          によって、投資機会をもっとも効率的に利用することができると考えている。
        ・   確固としたリサーチ能力             :市場の機会を利用するためには幅広いリサーチ基盤が必要である。リ
          サーチの方法は、ファンダメンタルおよび定量分析の両方によるものであり、個別証券に対する
          ボトム・アップの見通しとより幅広い市場に対するトップ・ダウンによる考察の両方を組み込ん
          でいる。ポートフォリオで用いられる様々な戦略はこれらのリサーチ手法の様々な組合せに基づ
          いている。
        ・   リスク配分に対する独自のアプローチ                    :セクター別の資産配分を行う従来型のポートフォリオ構
          築プロセスは、リスクの集中、またしばしば意図していないようなリスクをもたらすと考える。
          リスクの源泉に対して異なるアプローチをとっており、ポートフォリオ構築においてはセクター
          ではなくリスクに対してアクティブに配分する。
                                 15/258






                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        運用プロセス

         マスター・ファンドは、主にボトム・アップによる運用プロセスを用いる。運用チームは、広範に
        わたるグローバルな債券市場の様々な投資機会について、セクター別の専門性を利用する。以下の図
        は、どのように投資ユニバースを捉えるかを示している。運用チームのアクティブ運用アプローチに
        より、信用リスク、期限前償還リスク、流動性リスクおよび期間構造リスクに投資機会を追求しつ
        つ、より効率的なアルファを目指してリスク配分が行われる。各ポートフォリオ・マネジャーまたは
        アナリストは、ポートフォリオにおける自らの専門分野に特有の債券リスクを専門としている。
        期間構造リスク







         期間構造(金銭の時間的価値)は、金利の上昇または低下が証券の価格に影響を及ぼすリスクであ
        る。金利の変動に対する証券の価格感応度を判断する標準的な測定方法はデュレーションである。期
        間構造リスクは、財務省証券およびその他の政府関連証券に最も顕著に関連する。期間構造戦略に
        は、レベル、イールドカーブの傾斜および形状、通貨、名目金利(方向、相対的価値、カーブおよび
        中央銀行政策)、ならびに実質金利(方向、相対的価値、ブレーク・イーブンインフレおよびインフ
        レ・スワップ)が含まれる。ポジションは、ポートフォリオレベルの目標期待リターン、ストップ・
        ロス水準およびリターン実現までの予想期間に基づき構築される。ポジションは、各戦略の収益性お
        よびストップ・ロス水準を評価する独自のツールによりリアルタイムにモニタリングされている。
         当該カテゴリーにおいて、証券選択プロセスは非常に定量的であり、膨大な量の市場情報を加工す
        るための様々な独自のツールおよびモデルに依存することとなる。定量モデルは、ミスプライシング
        された証券を識別するためのイールドカーブ・フィッティングを提供している。さらに、マクロ経済
        チームのファンダメンタル分析および熟練した判断により共通のファクター(デュレーション、イー
        ルドカーブ、国)に関するアクティブな見解を追加する。これには利回りの水準、イールドカーブの
        傾斜および形状が含まれる。
                                 16/258





                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        信用リスク
         社債
          グローバル・クレジットの分析プロセスは、ポートフォリオのポジショニングおよびリスク・コ
         ントロールに関するトップ・ダウンに基づく検討と銘柄選択に関するボトム・アップのファンダメ
         ンタル分析を組み合わせる。ポートフォリオのポジショニングは、市場全体の見通しとファンダメ
         ンタルズに対する見解に基づいている。市場見通しは、望ましいポートフォリオ全体のプロファイ
         ルを決定する際に重要な要素となる。この市場見通しは、債券各チーム(投資適格社債、ハイイー
         ルド社債、転換社債、短期債、モーゲージ証券、金利およびマクロ経済)のシニア・リーダーによ
         る週次の会議で公表される。月次では、グローバル・クレジット・チームは、ファンダメンタル要
         因、バリュエーションおよびテクニカル要因を考慮した上で、正式な市場見通しを決定する。基本
         的に、このプロファイルは、ポートフォリオのベータと業種、イールドおよび格付毎の配分比率に
         よって構成される。
         ソブリン債:エマージング債
          エマージング市場ではカントリーリスクのプライシングには多くの非効率性が存在すると考えて
         いる。ソブリンリスクの分析につき確固たる分析基準を有する投資家が比較的少ないことによるか
         かる非効率性は持続する傾向にあり、より長期の構造的機会をもたらしている。したがって、最も
         重要な能力はソブリンリスクのファンダメンタル分析であり、運用チームは、国の信用力に関する
         独自のモデルを構築している。定量的手法は、銘柄選択およびポートフォリオ構築の支えとなって
         いるものの、マクロ経済および政治に対する洞察に次ぐ位置付けとなる。運用チームは、ソブリン
         債またはソブリン保証債に投資することができる。この場合、究極的には対象国に対し最も債務返
         済順位が高次の債権を有する投資家となる。
         モーゲージ証券:住宅ローン担保証券および商業用モーゲージ証券
          証券化商品の信用リスクとは、                RMBS  および   CMBS  の形態でプールされ、証券化され、市場で販売さ
         れるモーゲージ・ローンに関するものを指す。証券化された債券の信用力の評価には、裏付担保お
         よびキャッシュフローの独特な構造の両方の分析が必要となる。技能および経験の両方を兼ね備え
         たチームを構築していることから、あらゆる仕組み証券の再引受け、格付会社への依存の回避およ
         びかかる証券の予想されるリターン・ボラティリティの評価を行うことが可能となっている。
        期限前償還リスク
         期限前償還リスクは、本質的には再投資リスクすなわち投資者が予想よりも早く元本の返還を受
        け、これにより将来の利息の支払が減額または消滅するというリスクである。このリスクは、債務の
        期限前償還(または借換え)を行えるという、ローンの借手が有する選択肢により生じ、モーゲージ
        の場合、これはいずれの時点においても生じる可能性がある。期限前償還リスクは、政府系モーゲー
        ジ証券ならびにインタレスト・オンリー(                      IO )証券およびプリンシパル・オンリー(                     PO )証券を含む
        モーゲージ担保債務証書(              CMO  )に最も密接に関連している。
         市場では一般に、期限前償還モデルのエラーの影響を最も受けやすい証券に対してリスク・プレミ
        アムを提供している。このリスク・プレミアムのプライシングには一貫性がなく、非効率的な期限前
        償還に関わるプライシングが行われている証券を売買する機会があると考えられる。特に、                                               IO のセク
        ターは、これらの非効率性を特定し利用するにあたり比較的流動性のある市場である。期限前償還リ
        スクのある証券の価値を決定するために、バリュエーション、市場の需給およびモデル以外の要因の
        考慮という3ステップのプロセスに従う。このプロセスの結果により、ポートフォリオへの証券の組
        入可否が決定される。
        流動性リスク
         流動性リスクは、取引量が少ない、または取引が稀な証券には市場に圧力のかかる時期、つまり市
        場における売手の数が買手の数をはるかに上回る状況下において、買値と売値の大幅なスプレッドが
        生じるというリスクである。流動性リスクは、いずれのセクターにおいてもその価格形成の一部であ
                                 17/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        り、流動性リスク・プレミアムとは国債以外の債券で期間構造リスク、信用リスク、期限前償還リス
        クおよび通貨リスクがヘッジされた後に残るスプレッドといえる。これは、リーマン・ブラザーズの
        破 綻およびその後の信用危機の最中において顕著なリスクであった。
        ポートフォリオ構築

         マスター・ファンドの運用プロセスは、セクター毎のスペシャリストにリスクテイクを割当てると
        いう非集中的な銘柄選択プロセスと、従来ポートフォリオ・マネジャーが担ってきたリスク規模およ
        び配分業務である一元的なポートフォリオ構築プロセスを組み合わせたものである。セクター毎のス
        ペシャリスト体制、一元的なポートフォリオ構築プロセスおよび独自のリスク管理システムにより、
        投資戦略のアイデア創出から実行に至るまでをシステマティックかつ客観的な方法で迅速に進めるこ
        とが可能となる。
        *
         アイデア創出       :各セクターのスペシャリストは、自らの専門分野における銘柄選定においてボト
         ム・アップのファンダメンタル・リサーチおよび定量分析を用いることに責任を負う。各戦略に
         は、リターンおよびリスク(ボラティリティ)の予想分布が含まれる。
        *
         戦略の承認      :シニアのチーム・メンバーは、マクロ経済動向、グローバルな金利動向および債券セ
         クターに関するトップ・ダウンの見解に照らして各セクターのスペシャリストによるボトム・アッ
         プの戦略を吟味する責任を負う。トップ・ダウンの要素により、各主要リスクセクターの当該時点
         における投資テーマおよび投資戦略の特定が可能となる。各ポートフォリオ・マネジャーは、ボト
         ム・アップおよびトップ・ダウンのインプットを組み合わせることにより、相対的価値基準に基づ
         きグローバルな期間構造、各債券セクターおよび通貨へのリスク配分を決定し、魅力度の特に高い
         機会を支持する。
        *
         ポートフォリオ構築          :ポートフォリオ構築チームは、自社独自のリスク管理システムに各セクター
         のスペシャリストからの情報を入力し、潜在的なアクティブポジションに関して予想されるポート
         フォリオ全体の期待リターンおよびリスクの特性を判断する。この分析には、超過収益およびト
         ラッキングエラーの目標値、参考指数およびポートフォリオ・ガイドラインが含まれる。ポート
         フォリオのリスク・プロファイルにおいて単一の戦略が突出しないよう、ポジションが調整され
         る。配分においては、各戦略レベル、および全ポートフォリオ全体レベルにおいて、「テール」リ
         スクまたはダウンサイドリスクも考慮される。
        *
         実行  :各セクターのスペシャリストの業務には、ポートフォリオ構築から実行に至るまでのプロセ
         スをよりシームレスなものにするためのトレーディング業務が含まれる。各セクターのスペシャリ
         ストは、適切なカウンターパーティーとの間で建設的なトレーディング条件を交渉する知識を有し
         ている。アナリスト、ポートフォリオ・マネジャーおよびポートフォリオ構築スペシャリストは、
         全員トレーディングデスクにおいて互いに極めて近い場所に席を有しており、これにより市場およ
         び自らの専門セクターに近く接することが可能となっている。
        (注)上記運用体制は、          2023  年8月末現在のものであり、将来変更されることがある。
     (4)【分配方針】

        管理会社は、随時(但し、義務ではなく)、クラスM受益証券およびクラスJ受益証券(後払手数
       料)についての分配を宣言することができる。                        受益者に対して通常分配可能な金額(もしあれば)は、
       ファンドが受領した純投資収益(配当金、利息その他の形式を問わない。)、実現および未実現売買益
       ならびに別途適切な規制により許可される金額とする。                             受益者は、現金化されていない分配金小切手に
       つき利息を受領しない。
       (日本における分配金の支払い)
        ファンドは、原則として毎月1回分配を行う。
                                 18/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  (注)
        分配金は、毎月        15 日    を現地分配基準日(日本における基準日はその日本における前営業日)とし
       て、同日における受益証券の保有者に対して、原則として販売会社がファンドからの入金を確認した日
       から日本における4営業日目(毎月                  25 日頃)に支払われる。
       (注)ニューヨーク証券取引所の休業日にあたる場合は翌営業日。
                                 19/258



















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (5)【投資制限】

       投資制限
        管理会社は、投資顧問業者として遵守することが義務づけられるケイマン諸島の適用法令を遵守する
       ものとし、ファンドまたはマスター・ファンドを代理して以下の行為を行うことはできない。
       (a)いずれかの証券の空売りを行うことにより、ファンドまたはマスター・ファンドのために空売り
          されるすべての証券の総額が、当該空売りの直後にファンドまたはマスター・ファンドの純資産
          価額を超えることとなる場合に、当該証券を空売りすること。
       (b)金銭の借入れを行うことにより、ファンドまたはマスター・ファンドのために実行される借入残
          高が、当該借入れの直後にファンドまたはマスター・ファンドの純資産価額の                                        10 %を超えること
          となる場合に、当該金銭の借入れを行うこと。ただし、以下の場合を除く。
          ⅰ 特別な状況(ファンドまたはマスター・ファンドが他のミューチュアル・ファンド、投資
            ファンドまたはその他の種類の集団投資スキームとの合併を含むが、これらに限定されな
            い。)において、         12 か月を超えない期間において、本号で言及される借入制限を超過するこ
            とができる。
          ⅱ 以下に該当する場合、本項で言及される借入制限を超えることができる。
          (A)ファンドまたはマスター・ファンドの目的が、自己の証券の発行手取金のすべてまたは実
             質的にすべてを不動産(不動産に対する持分権を含む。)に投資することである場合。
          (B)ファンドもしくはマスター・ファンドの資産の健全な管理運用を確保するためまたはファ
             ンドもしくはマスター・ファンドへの投資者の利益を保護するために、かかる制限を超え
             る借入れが必要であると管理会社が考える場合。
       (c)投資会社ではないある会社の株式を取得することにより、管理会社が管理運用するすべての
          ミューチュアル・ファンドにより保有される当該会社の議決権付株式の総数が、当該会社の発行
          済議決権付株式総数の           50 %を超えることとなる場合に、当該会社の株式を取得すること。
       (d)取引所に上場されていない、または即時に現金化することのできない投資証券を取得することに
          より、ファンドまたはマスター・ファンドにより保有される当該投資証券の総額が、当該取得の
          直後にファンドまたはマスター・ファンドの純資産価額の                              15 %を超えることとなる場合に、当該
          投資証券を取得すること。ただし、ファンドまたはマスター・ファンドの募集文書に当該投資証
          券の評価方法が明確に開示される場合は、管理会社は一切の投資証券を取得することにつき制限
          を受けないものとする。
       (e)ファンドもしくはマスター・ファンドの投資者の利益を害するか、またはファンドもしくはマス
          ター・ファンドの資産の適切な管理運用に反する何らかの取引(管理会社にまたはファンドもし
          くはマスター・ファンドへの投資者以外の第三者に利益を与えること意図した取引を含むが、こ
          れに限定されない。)を行うこと。
       (f)自己またはいずれかの取締役との取引を、本人として行うこと。
        ただし、ファンドまたはマスター・ファンドを代理する管理会社により自己の株式、証券、持分その
       他の投資証券の全部または一部が取得される会社、ユニット・トラスト、パートナーシップまたはその
       他の者が、以下のいずれかに該当する場合、上記のいかなる制限も、ファンドまたはマスター・ファン
       ドを代理する管理会社が、当該会社、ユニット・トラスト、パートナーシップまたはその他の者の株
       式、証券、持分その他の投資証券の全部または一部を取得をすることを妨げない。
       (a)ミューチュアル・ファンド、投資ファンド、ファンド・オブ・ファンズまたはその他の種類の集
          団投資スキームである場合。
       (b)マスター・ファンドもしくはフィーダー・ファンドの一部を構成するか、または複数の会社もし
          くは事業体のその他の類似する組織もしくは団体を構成する場合。
                                 20/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (c)ファンドまたはマスター・ファンドの投資目的もしくは投資戦略の全部またはその一部を直接的
          に促進する特別目的事業体である場合。
        ファンドは、上記のケイマン諸島規制に加えて、ファンドが以下の行為を行わないことを、日本証券

       業協会に対して約束する。
       (a)ファンドの資産総額の               10 %を超えて金銭の借入れを行うこと。
       (b)ファンドの純資産価額を超えて証券の空売りを行うこと。
       (c)受益者の利益に反するかまたはファンドの資産の適切な運用に害を及ぼす取引を行うこと。
        かかる約束に違反が生じた場合、ファンドは、違反の発覚後、直ちに、かかる違反を解消するために
       必要な措置を講じるものとする。かかる行為が、かかる違反に関するファンドの唯一の義務であり、唯
       一の救済となる。かかる約束は、ファンドの受益証券が日本における募集または販売の資格を有し、ま
       たかかる約束が、かかる募集または販売の資格の条件として日本証券業協会により要求されている限り
       有効である。
        マスター・ファンドは、日本におけるファンドの受益証券の募集に関連して以下の基本的でない投資

       制限を採用しており、かかる制限が必要なくなったと判断された場合、随時、受益者の承認を得ること
       なしに変更することができる。
        マスター・ファンドは、株式またはワラントには投資しない。ただし、マスター・ファンドが日本の
       所得税法における「公社債投資信託」に該当するかの判断に際し、当該有価証券が、債務として分類さ
       れる場合、および債務として分類される範囲において、マスター・ファンドは優先証券に投資し、優先
       証券を保有することができる。マスター・ファンドがかかる優先証券に投資することができるという保
       証はない。
        上記の制限にかかわらず、マスター・ファンドは、アセットバック証券、ハイブリッド証券および仕
       組債等の公社債に投資することができる。かかる投資対象は、同様な従来の債務証券への投資には伴わ
       ない重大なリスクを必然的に伴う可能性がある。かかる種類の投資に伴う個々のリスクは、債券の条件
       により異なるが、投資した証券の利息金額または償還金額が連動する参照指数(ベンチマーク)や対象
       資産(持分証券を含むこともある。)の価格の重大な変更をもたらす可能性を必然的に伴う。
        また、日本におけるファンドの受益証券の募集に関し、ファンドおよびマスター・ファンドはさらに

       以下の投資制限を採用している。
        管理会社は、下記(ⅰ)から(ⅴ)に定める例外を条件として、ファンドおよびマスター・ファンド
       に関して次の投資制限を遵守する。
       (a)一つの発行体の株式または投資信託受益証券を、その価値(以下「株式等エクスポージャー」と
          いう。)がファンドまたはマスター・ファンドの純資産価額の                                10 %を超えて保有することはでき
          ない(当該株式等エクスポージャーは、日本証券業協会のガイダンスに従い計算される。)。
       (b)一つのカウンターパーティーとのデリバティブのポジションまたはデリバティブ取引の原資産で
          ある発行体についてのデリバティブのポジションから生じるネット・エクスポージャー(以下
          「デリバティブ等エクスポージャー」という。)がファンドまたはマスター・ファンドの純資産
          価額の   10 %を超えて、デリバティブのポジションを保有することはできない(当該デリバティブ
          等エクスポージャーは、日本証券業協会のガイダンスに従い計算される。)。
       (c)一つの主体により発行され、組成されまたは引き受けられた、(ⅰ)有価証券(上記(a)に掲
          げる株式または投資信託受益証券を除く。)、(ⅱ)金銭債権(上記(b)に掲げるデリバティ
          ブを除く。)および(ⅲ)匿名組合出資持分を、その価値(以下「債券等エクスポージャー」と
          いう。)がファンドまたはマスター・ファンドの純資産価額の                                10 %を超えて保有することはでき
          ない(当該債券等エクスポージャーは、日本証券業協会のガイダンスに従い計算される。)。
                                 21/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          (注:担保付取引の場合は、担保評価額が控除され、当該主体に対する債務がある場合は、債務
          額が控除される。)
       (d)一つの主体に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エ
          クスポージャーについて、総額でファンドまたはマスター・ファンドの純資産価額の                                            20 %を超え
          てポジションを有することはできない。
        上記の上限に関する例外(エクスポージャーを零と計算するもの)は以下のとおりである。
       (ⅰ)以下の国等の中央政府、中央銀行、もしくは地方政府もしくはこれらが設立した政府機関の発行
          または保証する債権(日本国、アイルランド、アメリカ合衆国、イタリア共和国、オーストラリ
          ア連邦、オーストリア共和国、オランダ王国、カナダ、グレートブリテンおよび北アイルランド
          連合王国、シンガポール共和国、スイス連邦、スウェーデン王国、スペイン、デンマーク王国、
          ドイツ連邦共和国、ニュージーランド、ノルウェー王国、フィンランド共和国、フランス共和
          国、ベルギー王国、ポルトガル共和国、ルクセンブルグ大公国、香港特別行政区)(随時、改定
          される場合がある。)
       (ⅱ)現地通貨建ての中央政府、中央銀行、もしくは地方政府もしくはこれらが設立した政府機関の発
          行または保証する債権
       (ⅲ)国際機関の発行または保証する債権
       (ⅳ)満期までの期間が             120  日以内の一定の金融機関に対するエクスポージャー(コールローン、預金、
          CP、貸付債権を信託する信託の受益権)
       (ⅴ)1か月以内の現先取引またはリバース・レポ取引で保有する有価証券等
        上記(a)ないし(d)までの投資制限に基づく発行体集中およびカウンターパーティー・エクス
       ポージャーのリスクを計算する目的において、ファンドまたはマスター・ファンドが集団投資事業体お
       よび/または証券化商品に直接投資する場合、かつ、それらそれぞれの発行体および/またはビークル
       の資産が固有資産または当該発行体および/もしくはビークルが保有し、これらの集団投資事業体およ
       び/もしくは証券化商品に帰属しないその他の資産から分離されており、かつ、当該発行体および/ま
       たはビークルが倒産隔離の団体である場合、当該集団投資事業体および/または証券化商品の裏付資産
       に対するファンドまたはマスター・ファンドの間接的なポジションのエクスポージャーは、エクスポー
       ジャーを算定する際にルック・スルーすることができる。
        上記(a)ないし(d)の制限からの逸脱が生じた場合、管理会社は、管理会社が当該逸脱を認識し
       た日から起算して1か月以内に、かかる逸脱を是正するようにする。逸脱の是正を1か月以内に行うこ
       とができない場合、受益者の利益を考慮しつつ、実務上できる限り速やかにかかる逸脱の是正を行うも
       のとする。管理会社は以下の場合、上記(a)ないし(d)を逸脱することが認められる(以下「認め
       られた逸脱」という)。(i)受益証券について大量の買付申込みまたは買戻請求が行われたと管理会
       社が単独で決定する場合、(               ⅱ )ファンドまたはマスター・ファンドが投資する市場もしくは投資対象
       について突然もしくは重要な変更または管理会社の合理的なコントロールが及ばないその他の事象が生
       じると管理会社が単独の裁量において予測する場合、および/または(                                     ⅲ )(A)ファンドもしくはマ
       スター・ファンドの終了を準備するため、または(B)ファンドもしくはマスター・ファンドの資産の
       規模の結果として、かかる逸脱が合理的に必要であると管理会社が単独の裁量で判断する場合。認めら
       れた逸脱およびその是正は、かかる是正から3か月以内に受益者に開示されるものとする。
        上記にかかわらず、ファンドおよびマスター・ファンドは、前記の基本的でない投資制限に従い、通
       常、株式またはワラントに投資する予定はない。
        ほぼすべてのファンド資産は、マスター・ファンドの受益証券に投資されるため、ファンドの投資制

       限は、マスター・ファンドに適用される投資制限と実質的に同一となる。
        ファンドの投資目的、基本的な投資方針および基本的な投資制限におけるすべての変更(これらがマ
       スター・ファンドの目論見書に記載される場合はこの限りではない。)は、受益者が、かかる変更が実
                                 22/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       施される前に(もし希望する場合には)その受益証券を買戻すことを可能にするため、かかる変更につ
       いての合理的な事前の通知が受益者に行われる場合にのみ、行うことができる。ただし、基本的な事項
       以 外の変更は、受益者への事前の通知なしに行うことができる。
       借入制限

        管理会社は受託会社と協議の上、上記の投資制限に記載される                                10 %制限に従って、買戻請求に応じる
       ために必要な現金を含め、短期的な現金の需要を満たすためにのみ、ファンドのために現金を借入れる
       権限を有する。
                                 23/258

















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】

     ①  リスク要因
       全般
        受益証券への投資は、すべての国際金融市場への投資と共通する、相当程度のリスクを伴う。投資者
       は、受益証券への投資のメリットおよび適当性を評価するにあたり、特に以下の要因を慎重に考慮する
       べきである。受益証券の価値は、上昇するだけでなく下落することもあり、投資者は、当初に投資した
       金額を取戻せないことがある。従って、ファンドへの投資は、投資された元本全額を損失するリスクを
       負うことができる者のみが行うべきである。ファンドは、収益性のレベルにかかわらず、その報酬およ
       び費用を支払う義務を負う。ファンドは、フィーダー・トラストのレベルで発生するファンドに関して
       の一定の報酬および費用を支払う義務を負う。以下の特定のリスクは、投資者により慎重に考慮される
       べきであるが、当該各リスクの記載は、すべてを網羅することを意図していない。
        ファンドは、ほぼすべての資産をマスター・ファンドの受益証券に投資するため、ファンドへの投資
       に伴うリスク要因は、マスター・ファンドにおけるリスク要因と実質的に同一となる。従って、投資者
       は、以下のマスター・ファンドにおけるリスク要因にも留意することが必要である。
        ファンドへの投資に伴うその他のリスクは以下のとおりである。
       投資リスク
        ファンドがその投資目的を達成する保証はない。金融市場の動向が、ファンドの投資証券の価値に悪
       影響を与えることがある。かかるリスクには、以下に詳細が記載される金利リスクが含まれる。
       発行体リスク
        投資証券の発行体が、利息および元本の支払を適時に行わないというリスクが存在する。
       為替リスク
        マスター・ファンドは、米ドル建てであり、マスター・ファンドの受益証券は、かかる通貨で発行お
       よび買戻される。ただし、マスター・ファンドは、他の通貨に対する相当のエクスポージャーを有す
       る。従って、かかる資産の価値は、為替相場の変動により有利にもまた不利にも影響を受けることがあ
       る。さらに、投資者の自己資本が米ドルで保有されていない場合には、かかる投資者は為替リスクにさ
       らされることがある。
       金利リスク
        各種の債務証券の価格は、通常、金利の変動により上下する。一般に既発債務証券の価格は、金利が
       低下する時には上昇し、金利が上昇する時には下落する。債務証券の価格の変動は、通常、マスター・
       ファンドに対して支払われる利息収益の額に影響しないが、マスター・ファンドの持分の価格に影響を
       及ぼす。一般に金利リスクは、満期までの期間が長い投資証券ほど大きくなる。
        投資証券の中には、かかる投資証券の満期以前にコール・オプションまたは償還オプションを発行体
       に付与しているものがある。発行体が金利低下局面において投資証券をコールまたは償還する場合、管
       理会社はその(償還された)資金を、利回りの低い他の投資証券に再投資せざるを得ない可能性があ
       り、この場合金利低下による価格上昇の恩恵を得ることが出来ない可能性がある。
       信用リスク
        投資者は、通常、自らが負担したリスクに応じた収益を得ることを期待している。このため、信用を
       得られる見込みが希薄な発行体の債券は、通常、より信用度の高い発行体の債券のものよりも高利回り
       を提供する。高格付の投資証券は、一般に信用リスクがより少なくなるが、必ずしも金利リスクが少な
       くなるとは限らない。高格付の投資証券の価値は、金利の変動に応じて依然として変動する。マス
       ター・ファンドはハイイールド社債に大きく投資するため、マスター・ファンドにおける当該信用リス
       クは高くなる。
        管理会社は、投資証券の購入時に、当該証券を格付する世界的に公認された各証券格付機関により                                                  BBB
       未満もしくはそれと同等に格付された高利回り、高リスクの債務証券、またはこれと同等の信用状況で
                                 24/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       あると管理会社が判断する無格付の高利回り、高リスクの債務証券に、マスター・ファンドの資産総額
       の相当の割合を投資することができる。これには、当該証券を格付する各証券格付機関により購入時に
       CCC  未満またはそれと同等に格付された債務証券(格付機関により最低格付に分類された証券を含
       む。)、およびこれと同等の信用状況であると管理会社が判断する無格付投資証券が含まれる。投資証
       券の格付が、購入後に引き下げられても、管理会社は必ずしもかかる証券を売却するとは限らない。
        BBB  未満またはそれと同等に格付された投資証券は、高利回りまたは「ハイイールド社債」と呼称され
       る。かかる格付は、発行体による利子および元本の適時な支払が不可能となり、このため債務不履行に
       陥るより大きな可能性を反映している。かかる債務不履行が発生した場合、または発生の可能性がある
       とみなされる場合、これら投資証券の価値は通常、一層不安定となり、下落する可能性がある。債務証
       券の価値は、発行体、借手、取引相手方、その他の主体の財務状況、原担保・原資産の変化(変動)も
       しくはそれらに対する見方、あるいは個別の市場、市場全体、経済情勢、産業動向、政治情勢、規制、
       地政学的状況、環境、公衆衛生およびその他の状況の変化もしくはそれらに対する見方の影響を受ける
       こともある。さらに、債務不履行または債務不履行の可能性により、管理会社が事前に評価した価格水
       準で当該投資証券を売却することが困難になる。低格付証券の価値は、しばしば、当該証券の発行体お
       よびかかる発行体の業界に影響を与える一般的な経済状況および事業状況の変化によって、高格付証券
       よりも大きな影響を受ける。否定的な評判または投資者の見方も、ファンダメンタルズ(基礎的な要
       因)により正当化されるか否かを問わず、低格付証券の価値に悪影響を与えることがある。世界的に公
       認された証券格付機関による確定利付証券の格付の変更、発行体の利息および元本の支払能力の変化ま
       たは特定のカテゴリーの金融機関の、低格付証券に投資する能力を制限する規制も、また、これらの投
       資証券の価値に影響を与えることがある。組入証券の価値の変更は、一般に、かかる証券から生じる収
       益に影響を与えないが、マスター・ファンドの純資産価額には影響を与える。
        低格付債券の市場は、高格付債券に比べて限定されており、このため管理会社による特定の債務証券
       の売買、または公正価格の確立が時として困難となる。このような背景の下、マスター・ファンドの純
       資産価額の計算の目的でかかる証券の公正価格を決定することも、より困難となる。信用格付は、主と
       して、発行体の過去の財務状況および格付時点での格付機関の投資分析に基づいて付与される。どの投
       資証券に付与された格付も、必ずしも現在の財務状況を反映しておらず、また、当該投資証券のボラ
       ティリティや流動性も反映していない。投資判断において、管理会社は信用格付を考慮はするが、管理
       会社は、独自の投資分析を行い、格付機関の付与する格付のみに頼ることはない。管理会社がファンド
       の投資目的を実現できるかは、質の高い債券購入時と比べ、質の低い債券購入時において、より管理会
       社独自の信用分析に左右される可能性がある。債務不履行の場合に自己の権利を行使するため、マス
       ター・ファンドは、様々な法的手続きに参加し、またはかかる証券についての発行体の債務を担保する
       資産の所有権を取得しかつかかる資産を管理することが必要となる場合がある。これは、マスター・
       ファンドの運用費用を増大させ、かつマスター・ファンドの純資産価額に悪影響を与える可能性があ
       る。
        信用リスクは、一般的に、額面価格以下で発行され、投資期間中に支払を行わず、満期時点において
       のみ利子を支払う形態のゼロ・クーポン債およびその他の投資証券において高くなる。
        投資適格の投資証券の信用リスクは一般に低いものの、低格付の投資証券のリスクの一部を伴うこと
       もある。米国政府債の信用リスクは一般に最低だが、完全に信用リスクから無縁というわけではない。
       投資証券の中には、米国財務省証券およびジニー・メイ証券など、米国政府の完全な信頼および信用に
       裏付けされているものもあるが、発行体の信用のみに依拠しているものもある。モーゲージ証券は、裏
       付けとなる借主がその債務を弁済することができないリスクにさらされている。
       期限前償還リスク
        従来の債務証券は、概して、元本総額の支払期日となる満期まで、固定金利が支払われる。反対に、
       モーゲージ証券およびアセットバック証券を含む証券化商品に対する支払には、一般に利息と元本の一
       部の支払が含まれる。元本は、また、任意返済または借換えもしくは担保権執行の結果として期限前償
                                 25/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       還されることがある。管理会社は、期限前償還された投資証券の(償還された)資金を、魅力のより小
       さい条件および利回りのその他の投資対象に投資しなければならないことがある。
        期限前償還が不可能な債務に比べ、モーゲージ証券は、金利低下局面においては価格上昇の可能性が
       小さく、金利上昇局面においては価格減少の可能性が大きい。このような投資商品は、マスター・ファ
       ンドの変動を増幅させる可能性もある。また一部のモーゲージ証券は、裏付けとなるモーゲージの利息
       部分のみ、または元本部分のみの支払を受ける。こうした投資証券の利回りおよび価格は、金利変動お
       よび裏付けとなるモーゲージの元本支払の割合の変動に対して極めて敏感である。こうした投資証券の
       市場は不安定かつ限定的となる可能性があり、このため売買が困難となる場合がある。アセットバック
       証券はモーゲージ証券と同様に組成されるが、アセットバック証券の場合、裏付けとなる資産は、モー
       ゲージ・ローンまたはモーゲージ・ローンに対する権利の代わりに、自動車割賦販売または割賦ローン
       の契約や、様々な種類の不動産および動産のリース、クレジットカード契約の受取債権等である。ア
       セットバック証券はモーゲージ証券のリスクと類似のリスクを伴う。
       米国以外の国の投資証券
        マスター・ファンドは、米国外に籍を有する、または米国外において主な事業を営む企業を外国企業
       と考える。米国以外の国の投資証券は、以下を含む一定の特殊リスクを伴う。
       為替レートの不利な変動:
        米国以外の国の投資証券は、多くの場合、米ドル以外の通貨で発行され取引されている。この結果、
        これらの価値は、米ドル以外の通貨と米ドルとの間の為替レートの変動により影響を受けることがあ
        る。
       政治経済上の出来事:
        米国以外の国の投資証券は、当該国の政府による差押えのリスク、政府債務不履行による直接的・間
        接的影響によるリスク、当該国通貨の為替または輸出に関する制限(またはかかる行為に対して講じ
        られる報復措置)を課されるリスクおよび増税リスクを負うことがある。
       信頼性または適時性を欠く情報:
        米国以外の国の企業に関して公表されている情報が、殆どの米国の株式公開企業に関して公表されて
        いる情報よりも少ないことがあり、                  また米国以外の国の企業が従う会計、監査、保管、情報開示およ
        び財務報告に関する基準および慣行は、通常、米国と同等のものではない。
       法律上の遡求権の制限:
        投資者に対する法律上の遡求権が、米国で提供される遡求権より制限されることがある。
       市場の制限:
        米国以外の国の投資証券の一部は、米国内の投資証券より流動性が低く(売買がより困難であり)か
        つ変動的であるが、これは管理会社が時に好ましい価格でこうした米国以外の国の投資証券を売却す
        ることが不可能となることを意味する。また、破綻状態にある発行体の債券は、市場が限定的または
        ない可能性がある。同様の理由から、管理会社は、時に、マスター・ファンドの米国以外の国の投資
        証券を評価することが困難となることがある。
       取引慣行:
        仲介手数料およびその他の手数料は、一般に、米国内の投資証券より米国以外の国の投資証券の方が
        高い。国外での取引および保管に適用される手続きおよび規則はまた、金銭もしくは投資証券の支
        払、受渡または資金もしくは投資の回収の遅延を伴うことがある。
       ソブリン発行体:
        ソブリン発行体の政府証券の元本および利息の支払意欲および能力は、発行体の支払残高、全体的債
        務水準、税金その他財源からのキャッシュフローなど、様々な経済要因に左右される。さらに、ソブ
        リン債の政府の債務不履行の場合、投資家には法的に請求権がない可能性がある。
        上記に加えて、米国以外の国の証券は、特定の国におけるマスター・ファンドの投資証券の価値に影
       響を与える可能性のある、資産の国有化または収用、経済的制裁または禁輸の実施(米国もしくはその
                                 26/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       他の国またはその他の政府機関もしくは非政府機関により実施されるか否かを問わない。)、為替規
       制、外国源泉徴収税または米ドル以外の通貨の本国送金に対する規制、没収的課税、政治的または財務
       的 不安定性、および外交の動向のリスクにさらされている。かかる措置等により、ある国の通貨の切下
       げまたは当該国の発行体の証券の価値および流動性の低下が生じる可能性がある。ある場合(制裁の場
       合を含む。)においては、かかる措置等により発行体の証券が凍結されることとなる可能性もあり、か
       かる凍結により、マスター・ファンドによるその保有証券の売却が妨げられることがある。多くの国々
       の政府は、多くの会社(かかる国々における大企業の一部を含む。)の所有または管理を通じて、民間
       部門の様々な側面に多大な影響力を行使し、また、行使し続けている。その結果、将来における政府の
       措置は、経済状況に多大な影響を及ぼす可能性があり、これにより、特定の組入証券の価格に悪影響が
       及ぶことがある。また、一般的に、証券取引所、ブローカーおよび上場企業に対する政府による監督お
       よび規制が米国よりも少ない。さらに、米国以外の国の経済は、国民総生産の成長、インフレ率、資本
       金の再投資、資源の自給自足および国際収支ポジション等の点において有利、不利にかかわらず米国の
       経済と異なることがある。米国以外の国の証券についての配当金もしくは利息、または米国以外の国の
       証券の売却による資金は、外国源泉徴収税の対象となり、米国における特別な租税上の勘案事項が適用
       される。さらに、米国以外の国の中には、為替、ブローカーおよび上場企業についての規制が少ない
       (またはかかる規制の効力が少ない)国が存在することがある。
        米国以外の国の投資証券への投資リスクは、時としてエマージング市場と称される発展途上国におい
       て特に増大する。エマージング市場諸国は、未発達な市場および法令、規則上の規制しか有しない可能
       性があり、先進国市場に比べ、より大きな政情・経済不安の影響を受けやすい可能性がある。これら諸
       国はまた、高水準のインフレ、デフレまたは通貨切下げの発生の可能性が高く、自国経済および証券市
       場に被害が及びうる。このため、また他の理由にもより、エマージング市場における投資は、しばしば
       投機的とみなされる。
        さらに、予期しない政治的または社会的な変化が、エマージング市場における投資証券の価値、およ
       びかかる市場における追加の投資証券の利用可能性に影響を与えることがある。これらの国における証
       券市場の取引高が小規模かつ少数であること、およびかかる市場の経験が相対的に不足していることに
       より、エマージング市場で取引される証券への投資は、先進国で取引される証券への投資に比べて流動
       性が低く、かつより変動性が高くなり、マスター・ファンドは、エマージング市場で取引される証券へ
       の投資を行う前に、特別の保管その他の取決めを行う必要がある。エマージング債の発行体に関して入
       手可能な財務情報または会計情報は殆どなく、そのためかかる証券への投資価値の見通しを評価するこ
       とは困難となることがある。
        以上に概述される特定のリスクは、ある程度においては、米国で取引される米ドル以外の通貨建ての
       投資証券、米国以外の国の市場で取引される米国企業の投資証券、または米国以外の国で重要な事業を
       営むか、もしくは、米国以外の国の市場に対するその他のエクスポージャーを有する米国企業の投資証
       券にも適用されることがある。マスター・ファンドが米国以外の国の発行体によって発行された証券に
       投資した場合、マスター・ファンドは、マスター・ファンドのすべての投資証券が米ドル建てであって
       も、特に、収入を主に自国通貨で得ているが、債務が米ドルその他のハードカレンシーで発行されてい
       る発行体に関して、上記のリスクにさらされることがある。
       デリバティブ・リスク
        管理会社は、モーゲージ証券に対する投資エクスポージャーを得るかまたは調整する目的を含め、ク
       レジット・デフォルト・スワップ、金利スワップ、トータル・リターン・スワップ、                                               TBA  ( to-be-
       announced     )取引、先物、オプション、モーゲージ証券および指数のスワップション、特定の通貨取引等
       の様々なデリバティブ取引を相当程度利用することができる。デリバティブは、その価値が、一つまた
       は複数の裏付けとなる投資、投資プール、インデックスまたは通貨などの価値によって決定もしくは算
       出される金融商品である。利用するショート・デリバティブ・ポジションは、裏付けとなる投資、投資
       プール、インデックスまたは通貨の価格とは反対に動く。デリバティブでは、ヘッジ目的および非ヘッ
                                 27/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ジ目的の双方で投資を行う。例えば、マスター・ファンドの(米国内外の)長期または短期金利のエク
       スポージャーを増加または減少させるため、マスター・ファンドのインフレに対するエクスポージャー
       を 増加または減少させるため、マスター・ファンドの米国財務省証券に対するエクスポージャーの期間
       を調整するため、イールドカーブ(信用力が等しく残存期間が異なる複数の債券について利回りと残存
       期間の関係を表した曲線)上のマスター・ファンドのポジションの調整もしくはイールドカーブに沿っ
       たもしくは特定の通貨や通貨グループの戦術的ポジションを構築するため、または、一つまたは複数の
       発行体の証券への直接投資の代替として用いるためにデリバティブを利用する。しかしながら、市況、
       または適切なデリバティブの有効性の評価に基づき、デリバティブを利用しない選択もあり得る。デリ
       バティブが、特定の種類の投資に対する投資と同様の経済的特徴を有する場合、デリバティブ投資は、
       特定の種類の投資に対する投資要件を満たす方向で適用される。
        デリバティブは、特殊なリスクを伴い、また損失を生じることがある。デリバティブの利用が成功す
       るかどうかは、こうした高度に複雑な証券を運用する管理会社の能力にかかっている。マスター・ファ
       ンドの投資におけるデリバティブ投資の中には、レバレッジを利用している投資があり、それらの投資
       は、レバレッジされていない投資よりもさらに大きな投資エクスポージャーにさらされていることを意
       味する。その結果、デリバティブ投資は、マスター・ファンドに対する投資損失を拡大、または増加さ
       せる可能性がある。一定のショート・デリバティブ・ポジションによる損失リスクは、論理的に限度が
       ない。デリバティブの価値は、予想外の市場の動き、レバレッジの利用、デリバティブ商品と参照資産
       との相関関係が不完全であることその他の要因により特に異常な市況において、予期しない方向に動
       き、デリバティブ価格のボラティリティはマスター・ファンドのリターン、支払義務およびエクスポー
       ジャーに悪影響を及ぼす可能性がある。
        その他に、マスター・ファンドのデリバティブ・ポジションの終了または売却が不可能になることに
       よりリスクが発生することがある。デリバティブは、マスター・ファンドがカウンターパーティーに
       マージン、担保または決済代金を支払う義務を負うことが原因で、マスター・ファンドを流動性リスク
       にさらす可能性がある。マスター・ファンドのデリバティブ・ポジションのため、いつでも流動性のあ
       る流通市場が存在しているとは限らない。実際、特定の店頭デリバティブ(取引所で取引されない金融
       商品)は流動性を有しない場合がある。店頭デリバティブはまた、カウンターパーティーがそのデリバ
       ティブ取引の債務について履行する意思がない、または履行できないというリスクを伴う。カウンター
       パーティーが債務不履行に陥るリスクは、マスター・ファンドの当該カウンターパーティーに対するエ
       クスポージャーが大きい場合に増加する可能性がある。デリバティブ取引は、オペレーション・リスク
       (文書化・決済に係る問題、システムの不具合、不十分な管理および人為的ミス等によるものを含
       む。)および法的リスク(文書化が不十分であること、カウンターパーティーの能力もしくは権限が不
       十分であること、またはデリバティブ契約の適法性もしくは執行可能性に関する問題等によるものを含
       む。)にもさらされる。
       外国為替取引
        マスター・ファンドは、外貨、外貨オプション、外貨先渡契約および外貨先物契約ならびに関連する
       オプションの売買を含む、外国為替取引を行うことができる。                                マスター・ファンドは、様々な理由(マ
       スター・ファンドの投資証券に内在する、米ドル以外の通貨に対するエクスポージャーを管理するこ
       と、マスター・ファンドのリターンを増加させること、およびヘッジ取引の一部の費用を相殺すること
       を含む。)で、このような取引を行うことがある。外国為替取引には費用が必要であり、成功しなかっ
       た場合、マスター・ファンドの(ひいてはファンドの)リターンが減少することがある。
        一般に、マスター・ファンドは、「取引ヘッジ」および「ポジション・ヘッジ」                                         (組入証券ポジショ
       ンに関する為替先渡の売却)               の両者を行うことができる。マスター・ファンドは、また、その組入れ証
       券が表示または値付けされている通貨の対米ドル価値の下落(または、マスター・ファンドが売却する
       ことを意図する証券の表示通貨の価値の増加)に備えて、ポジション・ヘッジを行うこともできる。マ
       スター・ファンドは、また、ヘッジ目的以外にも、投資目的で、外貨取引を行うこともできる。
                                 28/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        米ドルおよび外貨を含むいずれかの通貨の価値は、発行国における複雑な政治的および経済的な要因
       により影響を受けることがある。さらに、外貨の為替レート(                                ひ いては外貨オプション、外貨先渡契約
       お よび外貨先物契約の価値)は、米国および米国以外の国の政府の措置により、直接的または間接的
       に、重大な影響を受け、固定され、または下支えされる。政府による介入は、交換比率が他の市場原理
       に応じて自由に変動することができなくなるため、外貨オプション、外貨先渡契約および外貨先物契約
       の売買に伴うリスクを増大させる場合がある。
       ローン・パーティシペーションおよびその他のバンクローン
        マスター・ファンドは「ローン・パーティシペーション」およびその他のバンクローンに投資するこ
       とがある。      バンクローンは通常、借主(発行体)の上位債務であり、従って、借主の資本構成において
       上位のポジションを有すると考えられる。バンクローンには、最も上位のポジションを有するローン、
       その他の上位債務と同順位のローンまたは管理会社の判断において、借主の上位債務のカテゴリーに該
       当するローンが含まれることがある。かかる資本構成のポジションにより、かかるローンの保有者は、
       通常、債務不履行があった場合に借主の資産の一部または全部に対して優先的に請求を行うことができ
       る。多くのローンでは借主の資産によって担保が部分的または完全に設定され、一部は、借主が守るべ
       きコベナンツ(制限条項)が課される。ただし、近年かかるコベナンツは一般的ではなくなってきてお
       り、コベナンツの条件は緩和している。ローンは、通常、銀行シンジケート団によって行われ、取りま
       とめを行う幹事銀行は            ローンの交渉および組成を行うと共に、自己およびシンジケート団の他の貸出機
       関のために行う借主からの利子、元本およびその他の金額の回収、ならびに借主に対する自己および他
       の貸出機関のその他の権利の行使につき全般的に責任を負う。幹事銀行を含む各貸出機関は、ローン総
       額の一部を借主に貸付け、かかるローンにおける該当する利息を保持する。
        ローンを購入することにより、マスター・ファンドはある特定の借主に対するローンにおける銀行、
       他の貸出機関の一定割合のまたはすべての利益を得る。マスター・ファンドは、原貸出シンジケートの
       メンバーとして行為することにより、直接ローンの利益を取得することができる。マスター・ファンド
       は、更改、譲渡および参加持分などの他の方法によりローンに投資することもできる。更改の場合、マ
       スター・ファンドは、元本および利子その他の金額の支払を借主から直接受ける権利、ならびに貸主と
       しての権利を借主に対して直接行使する権利を含む、ローンにおける貸出機関のすべての権利を引受け
       る。マスター・ファンドは、他のシンジケート・メンバーとの間での共同の貸主としての地位を引受け
       る。譲渡において、マスター・ファンドは、ローンにおける貸主の権利の一部を購入することがある。
       この場合、マスター・ファンドは、通常は借主に対する支払請求および権利の行使の際に譲渡人である
       銀行に依拠する必要があるが、それ以外の場合は、ローンにおけるかかる銀行の権利のすべてを有する
       と思われる。マスター・ファンドは、また、ローンにおける貸出機関の権利の一部への参加持分を購入
       することもある。参加持分により、通常、借主ではなく貸出機関とのみ契約関係が生じる。この場合、
       マスター・ファンドは、元本、利子および割増金(もしあれば)の支払を受ける権利を有するが、一般
       に幹事銀行または借主に対して直接自己の権利を行使する権利は有さず、かかる目的のためには貸出機
       関に依存しなければならない。さらに、マスター・ファンドは、通常、参加持分をもって借主に対する
       相殺を行う権利を有しない。また、マスター・ファンドは、参加持分を購入したローンの担保から直接
       利益を得ることはできない。
        マスター・ファンドが所有するローンに関する元本、利子、その他の金額の支払を得るマスター・
       ファンドの能力は、主として借主(および、時として                            ローンの購入元となる貸出機関)の財務状況に影
       響される。借主の信用力の不利な変化により、借主の元本および利子を支払う能力に影響が及ぶことが
       あり、倒産状態にあるか、または、債務再編中の借主は、その負債を完済しないか、または、借入れた
       金額のごく一部の支払しか行えないことがある。                         ローンに付された担保(もしあれば)の価値は低下す
       る可能性があり、また借主の債務を履行するのに不足し、または現金化が困難であることがある。さら
       に、マスター・ファンドによる担保へのアクセスは、破産法またはその他関連法により制限されること
       がある。ローンは、完全に担保されていないことがあり、価値が下がることがある。計画されたロー
                                 29/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ン・パーティシペーションの利子、元本支払をマスター・ファンドが受けられない場合、マスター・
       ファンドの収益に悪影響を及ぼしその資産価値を減少させるであろう。これはマスター・ファンドの純
       資 産価額の減少に反映されるであろう。銀行および他の貸出機関は、一般に、ローンをオリジネートす
       るか、または貸出シンジケートに参加する前に、借主の信用分析を行う。マスター・ファンドが投資を
       行うローンを選択する際、管理会社は、かかる信用分析のみに依拠するのではなく、自ら借主の投資分
       析を行う。管理会社の分析は、借主の資金力および経営上の経験、返済余力、追加借入れの要求または
       債務の満期スケジュール、財務状況の変動、ならびに事業状況および金利の変動に対する感応性につい
       ての考察を含む。管理会社は、シンジケート・ローンの他の投資者が入手している可能性のある非公開
       情報を入手することが通常はできない。マスター・ファンドが投資するローン・パーティシペーション
       は、一般に、独立の信用格付機関により格付されないため、特定のローン・パーティシペーションに投
       資する旨のマスター・ファンドによる決定は、殆ど管理会社および原貸出機関による借主の信用分析に
       のみ依拠することになる。ローン・パーティシペーションへの投資は、                                     ディストレスト(額面を大幅に
       下回る)ローン        を含む、いかなる信用状況もあり得る。マスター・ファンドが投資するローンには、固
       定金利を支払うものと変動金利(すなわち、銀行のプライム・レート等の周知の貸出金利に基づき定期
       的に調整する金利)を支払うものとが含まれる。適用される金利がロンドン銀行間取引金利(以下
       「 LIBOR   」という。)に基づく場合には、マスター・ファンドは一定の追加のリスクにさらされる。詳細
       は、後記「ロンドン銀行間取引金利(                   LIBOR   )」を参照のこと。
        多くの場合、上記支払の回収、受渡のため、また、ローンにおけるマスター・ファンドの権利行使の
       ため、マスター・ファンドは、                ローンの購入元となる貸出機関に依拠する必要がある。かかる依拠によ
       り、マスター・ファンドは、マスター・ファンドが借主に対して直接権利を行使することが可能である
       場合よりも、より規模の大きい遅延、費用およびリスクを被ることがある。例えば、                                            貸出機関の支払不
       能、倒産または会社更生は、その基礎となるローンに関する元本、利子、その他金額をマスター・ファ
       ンドが受領するのを遅らせるか妨げるであろう。貸出機関が受領した元本、利子、その他金額をマス
       ター・ファンドに支払うことに関して、マスター・ファンドが貸出機関に依拠する必要がある場合、管
       理会社はその貸出機関の信用力も評価する。
        マスター・ファンドが参加持分を有するローンの借主は、自己の選択またはローン関連書類の条件に
       より、随時ローンの金額を              繰上返済することができる。かかる繰上返済の割合は、特に、一般的な事業
       状況および経済状況ならびに借主の財務状態の影響を受けることがある。繰上返済により、ローンの実
       際の期間が、所定の満期よりも短くなることがある。ローンの繰上返済による資金を元のローン                                                 同じ金
       利、条件でマスター・ファンドが再投資できるという保証はない。
        マスター・ファンドが投資する場合があるコーポレート・ローンは、一般的に内部成長、合併、買
       収、株式買戻し、レバレッジド・バイアウト、その他の会社事業に資金供給するためになされる。現在
       の市況では、マスター・ファンドが購入したコーポレート・ローンの多くは「レバレッジド・バイアウ
       ト」取引として知られる高度にレバレッジされた会社買収の資金調達のためになされるローン、レバ
       レッジされた資本再編成ローンおよびその他の種類の買収の資金調達における権利を表すことがある。
       このような取引における高度にレバレッジされた借主の資本構成により、このローンは経済状況または
       市況の悪化の影響を特に受けやすくなる場合がある。                            バンクローンの市場は、流動性が高くない場合が
       ある。   さらに、ローンは一般に譲渡の制限を受け、流通市場においてローンを売却する限定的な機会が
       存在しうるのみである。その結果、マスター・ファンドは売却が望ましい時にローンを売却できない場
       合があり、公正な市場価格以下の価格でしか売却することができない場合がある。投資対象を再売却す
       るための、管理会社が魅力的であると信ずる好機が生じた場合、マスター・ファンドは、ローンの投資
       対象をごく短期間しか保有しないことがある。
        マスター・ファンドが取得する一定のローン                       は、信用状、リボルビング・クレジット・ファシリティ
       またはマスター・ファンドが、ローン関連書類に記載される条件に基づき、借主の要求に応じて追加の
       ローンを実行することを義務付けるその他のスタンドバイローンの確約(コミットメント)を伴うこと
                                 30/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       がある。かかる義務により、マスター・ファンドが借主への投資を増加しようとしなかった場合、マス
       ター・ファンドが借主への投資を増加させることを強いられる場合がある。マスター・ファンドがロー
       ン 関連書類に      基づき追加のローンを実行することを確約する限りにおいて、マスター・ファンドは、常
       に、かかる確約に応じるために十分な金額の流動資産を個別口座において保有し、維持する。マス
       ター・ファンドが取得する一定のローンは、外貨で実行されたローンにもかかわる場合がある。かかる
       ローンへのマスター・ファンドの投資は、米国以外の国の証券への投資に関する上記の通貨変動のリス
       クを伴う。
        変動金利ローンへの投資の管理に関して、管理会社は、通常、マスター・ファンドが取得を検討して
       いる、またはマスター・ファンドのポートフォリオに保有されている変動金利ローンの発行体について
       の重要な非公開の情報(以下本リスク要因の記載において「本秘密情報」という。)の受領を回避する
       努力を行う。多くの場合において、発行体は、発行体の変動金利ローンの購入予定者および保有者に対
       して、本秘密情報の提供を申出ることがある。本秘密情報を受領しないという管理会社の決定により、
       管理会社は、変動金利ローンの他の投資者に比べて不利な立場に置かれる場合がある(それにより、
       ローンの売買の際にマスター・ファンドが支払うまたは受領する価格が悪影響を受ける可能性があ
       る。)。また、変動金利ローンの保有者が、変更、放棄または同意を付与するよう求められた場合に、
       その重要性または望ましさを評価する管理会社の能力が悪影響を受けることがある。このため、また他
       の理由にもより、通常の状況において本秘密情報を受領しないという管理会社の決定は、マスター・
       ファンドの投資業績に悪影響を与える可能性がある。変動金利ローンへの投資の管理に関する重要な非
       公開の情報を通常は受領しないという管理会社の意図にもかかわらず、管理会社は、随時、マスター・
       ファンドのポートフォリオに保有されるローンの発行体に関する重要な非公開の情報を所有することに
       なる場合がある。場合によっては、管理会社がかかる所有を回避するための努力を行ったにもかかわら
       ず、かかる情報の所有が発生する場合があるが、(財務的に破綻した発行体に関して債権者委員会に参
       加することに関連する場合など)管理会社がかかる情報の受領を選択する場合もある。適用される法律
       により要求される場合、および要求される範囲において、マスター・ファンドの口座でこれらのローン
       を取引するための管理会社の能力は、かかる情報の所有により制限される可能性がある。管理会社の取
       引を行う能力に対するかかる制限は、例えば、マスター・ファンドが価値の著しく低下しているローン
       を売却することを妨げることにより、マスター・ファンドに悪影響を与える可能性がある。
        場合によっては、かかる取引制限は、相当の期間に渡って有効に存続する可能性がある。一方で、管
       理会社または関連会社が運用するその他の口座が、                          借主(その変動金利ローンにおいてマスター・ファ
       ンドが持分を有する場合がある。)                  により発行された他の証券を保有することもある。かかる他の証券
       には、例えば、マスター・ファンドのポートフォリオにおいて保有される変動金利ローンに劣後する債
       務証券、転換社債または普通もしくは優先株式が含まれる。発行体の信用の質が悪化した場合のような
       特定の状況において、かかる他の証券の保有者の利益が、発行体の変動金利ローンの保有者の利益と相
       反することがある。このような場合、管理会社は、マスター・ファンドおよび他の顧客口座に対して相
       反する受託者責任を有することがある。管理会社は、かかる顧客同士の利益相反の結果、ある顧客が達
       成する経済的リターンが、管理会社の複数の顧客口座が発行体の証券の単一のカテゴリーのみを共同で
       保有していた場合に比べて、低くなる場合があることを認識しながら、すべての顧客(マスター・ファ
       ンドを含む。)に対する義務を履行するために可能な限り最大の努力を行う。
        また、変動金利ローン取引の決済期間(取引の実行から購入者への現金受渡までの期間)は、他の投
       資における決済期間よりも大幅に長いことがある。借主および/または代理人の同意を得るための要件
       は、マスター・ファンドの変動金利ローンの売却の遅延または妨げとなる可能性があり、また、得られ
       る価格に悪影響を及ぼす可能性がある。変動金利ローン取引の売却代金は、債務返済に不十分な可能性
       があり、かかる場合において、マスター・ファンドは、債務返済のためにその他の源泉(現金残高また
       はファンドのより流動性の高い投資証券もしくはより短い決済期間を有する投資証券の売却等)を利用
       することを要求される場合がある。
                                 31/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       変動利付要求払債券
        変動利付要求払債券は、金利の定期的な調整を定める債務証券である。変動利付商品の金利は、銀行
       のプライム・レート等の周知の貸出金利に基づいており、かかる金利の調整があった場合にはいつでも
       更改される。変動利付要求払債券の金利は、特定の間隔で、市場金利に更改される。適用される金利が
       LIBOR   に基づく場合には、マスター・ファンドは一定の追加のリスクにさらされる。詳細は、後記「ロン
       ドン銀行間取引金利(           LIBOR   )」を参照のこと。
        金利の調整は、当該商品の価格の安定または事前決定されたベンチマークに対する固定スプレッドの
       維持に資することを目的として企図されている。かかる特徴により、金利またはベンチマークのレート
       が上昇した場合における当該商品の市場価格の下落が回避されることがある一方で、かかる特徴によ
       り、金利またはベンチマークのレートが下落した場合にマスター・ファンドの収益が減少する。また、
       マスター・ファンドが変動利付証券から得る収益は、金利が上昇した場合に増加することがある。変動
       利付債務は、固定金利商品に比べて、特定の利回りを確保する効果において劣る。それにもかかわら
       ず、かかる債務は、市場金利の変動および債務の金利更改日の間において遅滞が生じた場合またはその
       他の理由により、金利の変動に応じて価値が変動する場合がある。
        マスター・ファンドの、その保有するローンに関する元本および利子ならびにその他の金額の支払を
       得る能力は、主に、発行体の財務状況に依拠する。マスター・ファンドがローンに関して予定された金
       利または元本の支払を得ないことにより、マスター・ファンドの収益に悪影響が及ぶことがあり、ま
       た、マスター・ファンドの資産価値が減少する可能性があり、これはマスター・ファンドの(                                                ひ いては
       ファンドの)純資産価額の低下に反映されることがある。
        変動利付要求払債券は、1年を超える所定の満期を有することがあるが、保有者が、特定の日数の通
       知を行うことにより元本と経過利息の支払を要求できるという性質を有することもある。かかる債務
       は、しばしば、銀行が提供する信用状またはその他の信用補強契約により担保される。かかる債務が、
       信用状またはその他の信用補強契約により担保されない場合、支払を要求するマスター・ファンドの権
       利は、発行体の、要求に応じて元本および利子を支払う能力に依拠する。さらに、かかる債務は、しば
       しば、信用格付機関により格付されず、発行体が債務不履行に陥る高いリスクを伴う場合がある。かか
       る債務の発行体は、それに対応して、所与の期間の経過後、自己の裁量で、保有者に対して特定の日数
       の通知を行うことにより、債務の未払元本と経過利息を期限前償還する権利を通常有する。期限前償還
       による資金を元の商品と同じ金利、条件でマスター・ファンドが再投資できるという保証はない。
        変動利付要求払債券の活発な流通市場が存在しないことにより、マスター・ファンドが商品を処分す
       ることが困難となる可能性があり、発行体が債務不履行に陥った場合またはマスター・ファンドがその
       要求権を行使する権利を有しない期間中において、マスター・ファンドが損失を被る可能性がある。
       モーゲージ証券およびアセットバック証券
        モーゲージ担保証券(            CMO  )および一定の分離型モーゲージ証券を含むモーゲージ証券は、モーゲー
       ジ・ローンへのパーティシペーションを示すか、またはモーゲージ・ローンにより担保される。                                                   モー
       ゲージ証券は、米国政府系機関または補助機関(その証券が、米国政府(フレディ・マック、ファ
       ニー・メイおよび連邦住宅貸付銀行(                    FHLB  )等)により保証されておらず、かつ、付保されていない機
       関または補助機関を含む。)、外国政府(またはその機関もしくは補助機関)または非政府発行体によ
       り発行されることがある。モーゲージ証券の裏付けとなるモーゲージ・ローンの金利および元本の支払
       (期限前償還を含む。)は、モーゲージ証券の保有者に移転される。                                    アセットバック証券は、モーゲー
       ジ証券と同様の仕組みであるが、その裏付け資産には、モーゲージ・ローンまたはモーゲージ・ローン
       における権利に代わって、自動車割賦販売または割賦ローン契約、ホームエクイティローン、各種の不
       動産、動産およびその他の資産のリース、ならびにクレジットカード契約に基づく受取債権が含まれ
       る。アセットバック証券の発行体の、裏付け資産における担保権を実行する能力は制限されていること
       がある。
                                 32/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        モーゲージ証券と同様に、その他の種類のアセットバック証券は、米国政府系機関または補助機関
       (その証券が、米国政府により保証されておらず、かつ、付保されていない機関または補助機関を含
       む。)、米国以外の国の政府(またはその機関または補助機関)または非政府発行体によって発行され
       る ことがある。
        モーゲージ証券は、裏付け資産に対応した利回りおよび満期の性質を有する。元本総額の支払期日と
       なる満期まで固定金利が支払われる従来の債券とは異なり、一定のモーゲージ証券の支払には、利払い
       および元本の一部償還の両者が含まれる。予定された元本の償還とは別に、裏付けモーゲージ・ローン
       の任意の期限前返済、借換えまたは実行によって元本の償還が発生することがある。資産の所有者がそ
       のモーゲージ・ローンにつき予定外の期限前返済を行った場合、かかる期限前返済により、該当する
       モーゲージ証券の期限前償還が生じる。この場合、マスター・ファンドは、モーゲージ証券の期限前償
       還による(償還された)資金を、当該モーゲージ証券と同程度に高利回りを提供する投資証券に投資す
       ることができない場合がある。その結果、モーゲージ証券に関する期限前償還により、かかる証券は、
       従来の確定利付証券に比べて、価格および利回りの変動性が著しく大きくなることがある。モーゲージ
       の期限前返済の発生は、金利水準、一般的な経済状況、モーゲージの場所および年数ならびにその他の
       社会的条件および人口動態を含む要因により影響を受ける。金利低下局面において、モーゲージの期限
       前返済の割合は増加する傾向があり、それによりモーゲージ証券の残存期間が短期化する傾向がある。
       金利上昇局面において、通常、モーゲージの期限前返済の割合は減少し、それによりモーゲージ証券の
       残存期間が長期化する傾向がある。モーゲージ証券の残存期間の予測が不正確であった場合、マス
       ター・ファンドは、予定していたリターン率を実現できない場合がある。
        変動金利モーゲージ証券(以下「                 ARM  」という。)は、従来のモーゲージ証券と同様に、裏付けとなる
       モーゲージ・プールのモーゲージ・ローンが借主により完済される際に元本および利子の両方で構成さ
       れる支払を投資者に提供する複数のモーゲージ・ローンの複数のプールに対する持分である。固定金利
       モーゲージ証券とは異なり、               ARM  は、複数の変動金利型のモーゲージ・ローンに対する持分により担保さ
       れるか、またはこれを表す。かかる金利は、通常、金利指標または市場金利を参照して、定期的な間隔
       で更改される。この金利調整の性質が変動金利証券の価値の急激な変動を減少させる緩衝装置として働
       くことがあるものの、かかる証券は、とりわけ、市場金利変動または発行体の信用力の変化に基づく価
       値の変動に依然としてさらされる。更改により金利が上昇する場合、原借主らによる債務不履行リスク
       が増す可能性がある。金利が定期的にしか更改されないため、                                ARM  の金利変動は、実勢市場金利の変動に
       遅行することがある。            ARM  の市場価格は、金利が、             ARM  に関して支払われるべき金利よりも急速に上昇し
       た場合または       ARM  の裏付けとなる変動金利モーゲージ・ローンにより、悪影響を受ける場合がある。ま
       た、  ARM  (または裏付けモーゲージ)の中には、特定の期間中または証券の残存期間を通じて、金利の最
       大変動率を制限する上限金利および下限金利の対象とされることがある。その結果、                                            ARM  の金利変動に
       は、一定の期間中の実勢市場金利における変動が完全には反映されない可能性がある。
        マスター・ファンドはまた、その複数の裏付けモーゲージの中に固定金利の性質と変動金利の性質と
       を組み合わせた「ハイブリッド」                 ARM  に投資することもできる。ハイブリッド                     ARM  とは、当初一定期間は
       金利が固定され、その後は定期的に金利が更改される(変動する)タイプのモーゲージである。最初の
       固定金利期間中において、ハイブリッド                    ARM  は、確定利付証券に近い性質を示すため、確定利付証券に関
       連するリスクにさらされる。すべてのハイブリッド                          ARM  は、更改日を有する。更改日とは、ハイブリッド
       ARM  が固定金利から変動金利に変更される日である。更改日において、ハイブリッド                                         ARM  は、特定の指標
       金利に対する上乗せマージンに基づく規定された最高額によって調整することができる。                                              ARM  と同様に、
       ハイブリッド       ARM  は、抵当権設定者が支払う金利の上昇に対する定期的な制限および存続期間における制
       限を有する。従って、変動金利期間中に金利がハイブリッド                               ARM  の金利上限を超えて上昇した場合、ハイ
       ブリッド     ARM  を保有するマスター・ファンドは、金利上昇の恩恵を受けることができない。
        モーゲージ証券およびアセットバック証券は、魅力的な長期金利に「固定する」手段としては、他の
       種類の証券に比べて効果が低い。一つの理由は、期限前償還された元本を再投資する必要があることで
                                 33/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       あり、またもう一つの理由としては、金利の低下により多額の予定外の期限前償還が発生する可能性が
       あることである。このような期限前償還金は、より低い金利で再投資しなければならないことがある。
       ARM  の裏付けとなる複数のモーゲージの自動金利調整の性質も同様に、魅力的な金利を固定する能力を減
       少させる。その結果、かかる証券は、同等の満期を有するその他の証券と比べた場合、金利上昇局面に
       おいて市場価値が下落するリスクは類似しているものの、金利低下局面における元本の値上がりの可能
       性はより低いことがある。また、特に金利下降局面においては、期限前償還により、かかる証券の平均
       残存期間は大幅に短期化する。反対に、金利上昇局面においては、期限前償還の減少によってかかる証
       券の平均残存期間が長期化することにより、金利の上昇に応じてかかる証券の市場価格が下落するリス
       クが、従来の債券に比べて高くなり、従って、マスター・ファンドの変動性が増加する可能性がある。
        時に、一部のモーゲージ証券およびアセットバック証券は、市場金利を上回る金利を有し、従って、
       額面価値を超える価格により購入されることになる。期限前償還により、額面を超える価格で購入され
       た証券について損失が発生することがある。適用される金利が                                LIBOR   に基づく場合には、マスター・ファ
       ンドは一定の追加のリスクにさらされる。詳細は、後記「ロンドン銀行間取引金利(                                           LIBOR   )」を参照の
       こと。
        モーゲージ証券およびアセットバック証券は、米国政府系機関または補助機関(その証券が、米国政
       府により保証されておらず、かつ、付保されていない機関または補助機関を含む。)または非政府発行
       体によって発行されているか否かに応じて、様々な程度の信用リスクにさらされる。民間の組織によっ
       て発行された証券は容易に売買できない場合があり、また、                               2008  年に深刻化した世界的な経済および流
       動性の状況悪化により、モーゲージ証券およびアセットバック証券は、より大きな流動性リスクにさら
       されてきた。かかる状況は再び発生する可能性がある。また、裏付けとなる住宅ローンの条件に影響が
       及ぶ政府の措置および提案、かかるローンにより資金を調達した製品(例えば、自動車)の需要の変化
       ならびに借主が既存のローン(例えば、サブプライムモーゲージ)を借り換えることができないことに
       より、モーゲージ証券およびアセットバック証券の評価および流動性に悪影響が及んでおり、今後も引
       き続き及ぶ場合がある。モーゲージ証券およびアセットバック証券の流動性は最近改善しているが、将
       来においてモーゲージ証券およびアセットバック証券の市場が引き続き改善し、より流動性が高くなる
       という保証はない。
        CMO  は、米国政府系機関・補助機関、あるいは民間の発行体により発行される。民間で発行された                                                CMO
       を担保する裏付け担保の元本および利息の支払が、米国政府、米国政府系機関・補助機関(フレディ・
       マック、ファニー・メイまたはジニー・メイ等)により保証されている場合があるが、かかる                                                CMO  は、民
       間発行体のみの債務を表しており、米国政府、米国政府系機関・補助機関あるいはその他の者・主体に
       より、付保または保証されない。                 CMO  はまた、その他の種類のモーゲージ証券またはその他のアセット
       バック証券よりも流動性が低い場合があり、かつ、当該証券よりも大きな価格変動を示す場合がある。
        期限前償還により、          CMO  の早期償還が発生する可能性がある。                    CMO  は、それぞれ異なる満期、金利およ
       び支払スケジュールを有する複数のクラスの証券(すなわち、「トランシェ」)(裏付けモーゲージの
       元本および利息が様々な形で複数のクラスに配分される。)を発行することにより、投資者にとっての
       期限前償還のリスクを減ずるように設計されている。                           CMO  のクラスもしくはシリーズの中には、その利息
       または元本の支払が偶発事象に従うものもあり、または、裏付けモーゲージの債務不履行リスクの一部
       もしくは全部を負担するものもある。異なるクラスまたはシリーズの                                   CMO  は、一般に、モーゲージ・プー
       ルにおける裏付けモーゲージ・ローンが返済される順番に従って償還される。予定より早く十分なモー
       ゲージが返済された場合には、満期の最も早く到来する                            CMO  のクラスまたはシリーズが、通常、その満期
       前に償還される。従って、              CMO  の特定のクラスまたはシリーズの早期償還は、その他のモーゲージ証券の
       裏付けとなるモーゲージの期限前返済と同一の効果を有するものであろう。反対に、予想より遅い時期
       に期限前償還が行われた場合には、かかる証券の平均残存期間が延長される可能性があり、それによっ
       て金利の上昇に応じて市場価格が下落するリスクが、従来の債務証券に比べて高くなり、従って、その
       変動性が増加する可能性がある。
                                 34/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        期限前償還によって、分離型モーゲージ証券について損失が発生する場合がある。分離型モーゲージ
       証券は、通常、モーゲージ・ローンのプールについて利息部分の分配を受けるクラスと元本部分の分配
       を 受けるクラスの二つのクラスで構成されている。一般的な種類の分離型モーゲージ証券は、モーゲー
       ジ資産からすべての利息を得る一つのクラス(利息のみまたは「                                 IO 」)と、一方ですべての元本を得る
       その他のクラス(元本のみまたは「                  PO 」)を有する。分離型モーゲージ証券の                     IO クラスについての最終
       利回りは、裏付け資産についての実勢金利の変化だけではなく、元本償還率(期限前償還を含む。)の
       影響も極めて受けやすい。マスター・ファンドが                         IO に投資する場合においては、元本の期限前償還率が
       高いことにより、マスター・ファンドの最終利回りはかなりの悪影響を受ける。                                         IO の裏付け資産の元本
       の期限前償還が予想より多い場合、マスター・ファンドは、かかる証券への初期投資額の全額を取戻す
       ことができないことがある。反対に、                    PO は、期限前償還が予想より多い場合には価値が上昇し、期限前
       償還が予想より少ない場合には下落する傾向がある。一般的に、                                 PO の市場価格は、金利の変動に応じて
       大幅に変動する。分離型モーゲージ証券の流通市場は、他のモーゲージ証券の流通市場に比べて変動性
       が高くかつ流動性が低いことがあり、そのことにより、ある特定の時期にかかる証券を購入または売却
       するマスター・ファンドの能力は限定される可能性がある。
        他のアセットバック証券に伴うリスク(特に、発行体の債務不履行リスクおよび期限前償還リスクを
       含む。)は、一般に、            CMO  についての上記のリスクと同様である。さらに、アセットバック証券は、通
       常、モーゲージに匹敵するような裏付け資産における担保権の利益を有しないため、アセットバック証
       券は、モーゲージ証券については存在しない一定の追加のリスクを生じる。アセットバック証券の発行
       体の、裏付け資産における担保権を実行する能力は限定されていることがある。
        例えば、リボルビング・クレジット債権は、通常無担保であり、またかかる債権の債務者は、州およ
       び連邦のいくつかの消費者信用に係る法律の保護を受ける権利を有し、かかる法律には、かかる債務者
       が負っている一定の債務を相殺する権利を債務者に付与するものもあり、それにより不足額が減る。自
       動車売掛債権は、通常は不動産よりも自動車により担保される。
        アセットバック証券は、サービス提供者により得られる報酬により担保されることがある。アセット
       バック証券の価値は、裏付け資産のサービシング業務に大幅に依拠することがあり、そのためかかる証
       券のサービサーによる過失または流用に付随するリスクにさらされる。特定の状況において、関連書類
       の誤った取扱いもまた、証券の保有者の裏付け担保におけるまたはこれに対する権利に影響を及ぼすこ
       とがある。売掛債権を発生させるか、または資産を利用することになる主体の支払不能が、結果とし
       て、裏付け資産の価値の低下に付随する損失のほか、追加の経費および遅滞となることがある。
        アセットバック証券の利息の支払および元本の払戻しは、証券の担保となる裏付け資産によって生じ
       るキャッシュフローに主として依拠し、特定の場合においては、信用状、保証証券その他信用補完に下
       支えされることがある。アセットバック証券に付随する市場リスクの規模は、多くの要因(取引構造
       (すなわち、利息の支払および元本の支払を行うために必要なキャッシュフローを生み出すために必要
       な裏付け資産その他補強資産の金額に関する決定)、裏付け資産の質、証券に提供される信用補完(も
       しあれば)の水準ならびに信用補強提供者(もしいれば)の信用度を含む。)に依拠する。近年、相当
       数のアセットバック証券の保証人が債務不履行に陥った。
       債務担保証券およびローン担保証券
        マスター・ファンドは、債務担保証券(以下「                        CDO  」という。)に投資することができる。                     CDO  は、ア
       セットバック証券化商品の一種であり、ローン担保証券(以下「                                 CLO  」という。)および同様の仕組みの
       その他の証券を含む。一部の               CDO  は、優先劣後構造、超過担保または債券保証保険の形態による信用補完
       の恩恵を受けることができるが、かかる信用補完は常に存在するとは限らず、担保のデフォルトによる
       損失リスクからマスター・ファンドを防御できない場合がある。                                 CDO  は、管理報酬および管理事務報酬を
       請求することができ、これらはマスター・ファンドおよび/またはファンドの報酬に追加されるもので
       ある。   CDO  は、他の種類の証券より流動性が低い場合がある。
                                 35/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        CDO  への投資のリスクは、裏付けとなる担保証券の種類およびマスター・ファンドが投資するトラン
       シェに大きく左右される。              CDO  は、本書の他の部分において説明される債券ならびに確定利付証券およ
       び/またはアセットバック証券に関連する典型的なリスク(金利リスク(ストラクチャード・ファイナ
       ン スに対する支払金利が市場金利よりも大幅に変動あるいは逆方向に変動する場合、金利リスクは一段
       と悪化する可能性がある。)、期限前償還リスク、信用リスク(信用スプレッドの不利な変動を含
       む。)、流動性リスクおよび市場リスクを含む。)にさらされている。このほかに                                          CDO  は以下の(ⅰ)~
       (ⅳ)のリスクを伴うが、これらに限定されない((ⅰ)担保証券から分配される資金が利息またはそ
       の他の支払いを行うのに十分ではなく、一または複数のトランシェが最大で投資元本の                                            100  %の損失を被
       る可能性、(ⅱ)信用補完の利用可能性、証券化の裏付けとなる債権、ローンその他の資産に係る支払
       いおよび回収の水準および時期ならびに当該資産の特徴、当該資産がオリジネーターまたは譲渡人から
       隔離されていること、関係する担保の妥当性および当該担保に基づき換金する能力ならびに証券化資産
       のサービサーの能力(特に、ローンのポートフォリオにおける裏付け担保が購入前に個別に評価されな
       い場合)等の要因により、担保の信用力の価値が低下するか、またはデフォルト水準となる可能性、
       (ⅲ)売却を要する場合に、売却時のストラクチャード・ファイナンス投資の価格に影響を及ぼす市場
       リスクおよび流動性リスク、ならびに(ⅳ)特定の仕組み商品が、マスター・ファンドもまた投資して
       いる証券に投資する場合に、当該証券の発行体の信用に対するマスター・ファンドの総エクスポー
       ジャーが、(相対的ではないとしても)少なくとも絶対的に増加する傾向がある。)。また、                                                CDO  の複雑
       な性質により、        CDO  への投資は予想どおりのパフォーマンスを上げない可能性がある。                                   CDO  への投資は、
       発行体および投資者が商品の条件について異なった解釈をし、紛争を引き起こすリスクにもさらされて
       いる。
        CLO  とは、通常、ローンのプールによって担保される信託またはその他の特別目的ビークルの債務であ
       る。それらのローンには、主に米国内外の担保付シニア・ローン、無担保シニア・ローンおよび劣後
       ローンがあり、投資適格以下に格付けされるローンまたはそれと同等の無格付ローンを含む場合があ
       る。  CLO  は、管理報酬およびその他の管理事務報酬を請求することができる。元利金の支払いは、そのま
       ま CLO  の投資者に支払われ、また、異なるリスクおよび利回りを有する格付された債務証券の複数のトラ
       ンシェ、および通常は少なくとも1つの債務またはエクイティである無格付劣後証券のトランシェに分
       割される(かかる証券を以下「                CLO  証券」という。)。          CLO  証券は一般的に、元本および/または利息の
       受け取りにいくつかのバリエーションがあり、一部の劣後証券を例外として、金利は異なる。デフォル
       トが生じた場合、またはその他                CLO  の担保がアンダーパフォームした場合、通常、上位のトランシェに対
       する予定された支払いが、下位のトランシェより優先される。
        CLO  証券は私募により募集されることがあるため、証券法およびその他の法的要件を満たすため、譲渡
       に係る制限の対象となる場合がある。マスター・ファンドが、                                CLO  証券を保有しているいずれかの時点に
       おいて適用ある譲渡制限の一部を充足しなかった場合、関連する                                 CLO  証券を売却することを余儀なくされ
       ることがあり、売却時に損失を被ることがある。                         CLO  証券に関して流通市場が存在しない場合、                      CLO  証券
       は流動性の低い投資対象とみなされることがある。                          CLO  は、上記の      CDO  に関連したリスクと同一のリスク
       にもさらされている。
       ハイブリッド商品
        ハイブリッド商品は、一般にデリバティブとみなされ、インデックス証券または仕組証券を含み、先
       物契約またはオプションの要素と、債券、優先株式、商品(コモディティ)または預金商品の要素を組
       み合わせたものである。ハイブリッド商品には、利息支払額および/または満期、償還もしくは返済時
       に支払われるべき元本額もしくは指定金額の一部または全額が、証券、通貨、無形資産、財、物品もし
       くは商品(コモディティ)(本リスク要因において、これらを以下「原資産」と総称する。)の価格、
       価格の変化もしくは価格差を基準にして、または別の客観的な指数、経済指標もしくはその他の尺度
       (金利、為替レート、もしくは商品(コモディティ)もしくは証券の指数を含む。)(本リスク要因に
                                 36/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       おいて、これらを以下「ベンチマーク」と総称する。)により、決定される債務証券、優先株式、ワラ
       ント、転換可能証券、譲渡性預金証書またはその他の債務の証拠が含まれる。
        ハイブリッド商品への投資のリスクは、証券、オプション、先物および通貨への投資のリスクの組み
       合わせを反映している。ハイブリッド商品への投資は、固定された元本金額を有し、米ドル建てであ
       り、または全国的に公表される一般的なベンチマークを基準にして決定される固定利率もしくは変動利
       率で利息を生ずる従来の債券への同様の投資には関連しない重要なリスクを伴いうる。特定のハイブ
       リッド商品のリスクは、当該商品の条件により決まるが、このようなリスクには、当該商品が関連付け
       られているベンチマークまたは原資産価格の大きな変動の可能性が含まれうる。このようなリスクは、
       一般に、ハイブリッド商品の発行体の経営または信用力に関連しない要素であって、購入者が予見しえ
       ない要素(経済および政治の出来事、原資産の需給および金利の変動等)により左右される。ハイブ
       リッド商品は、非常に変動性が高い可能性があり、マスター・ファンドによるハイブリッド商品の利用
       は成功しない可能性がある。さらに、原資産の様々なベンチマークおよび価格は、非常に変動性が高い
       可能性がある。ハイブリッド商品は、従来の債券に比べ、より変動性が高く、より大きな市場リスクを
       伴いうる。特定のハイブリッド商品の仕組みに応じて、ベンチマークの変動は、当該ハイブリッド商品
       の条件により増幅され、当該ハイブリッド商品の価額にさらに急激で、かつ大きな影響を及ぼしうる。
       また、ハイブリッド商品の価格とベンチマークまたは原資産の価格は、同一方向には、あるいは同時に
       は変動しない場合がある。
        ハイブリッド商品には、市場金利未満の(またはやや名目的ともいえる)利率・配当率で利息を生
       じ、または優先配当金を支払うものがある。別の形として、ハイブリッド商品には、市場金利を超える
       率で利息を生じるが、元本に係る損失(または利得)のリスクが高いものもある。後者は、ハイブリッ
       ド商品の仕組みに「レバレッジ」が使用された場合に起こりうるシナリオである。レバレッジ・リスク
       は、ベンチマークまたは原資産における所与の変化が何倍かに乗じられる形でハイブリッド商品により
       大きな価額変動をもたらし、損失のリスクおよび利得の可能性を増幅させるようにハイブリッド商品が
       仕組まれている場合に生ずる。
        マスター・ファンドが、ハイブリッド商品を、ポートフォリオ投資に対するヘッジとして、または、
       ポートフォリオ投資の代替として用いることを試みた場合、ハイブリッド商品は、予想されたとおりに
       ポートフォリオ投資と相関しない場合があり、その結果、マスター・ファンドに(                                            ひ いてはファンド
       に)損失が生じる。ハイブリッド商品が関係するヘッジ戦略により損失リスクが減少する可能性がある
       が、かかる戦略により、利益を得る機会も減少することがあり、または、その他のマスター・ファンド
       の投資証券における有利な値動きを相殺することにより損失が生じる結果となることもある。
        ハイブリッド商品は、流動性リスクを伴いうる。なぜならば、ハイブリッド商品は、特定の投資者の
       ポートフォリオ上のニーズに対応するために「カスタム化」されている場合が多く、このような商品を
       流通市場において購入する意欲と能力を持つ投資者の数は、より従来型の債券の場合に比べ少ない可能
       性があるためである。一定の条件下では、このような投資対象の償還価格はゼロになりうる。
        また、ハイブリッド商品の購入および売却は、店頭市場において中央清算機関による保証のない形
       で、あるいはマスター・ファンドと当該ハイブリッド商品の発行体との間の相対取引の形で行われる場
       合があるため、ハイブリッド商品の発行体の相手方の信用度が、マスター・ファンドによる検討と監視
       を要する追加的なリスク要因になると考えられ、ハイブリッド商品の価値は、発行体の信用度が低下し
       た場合に大幅に下落する場合がある。また、ハイブリッド商品の課税上の扱いに関する不透明性により
       ハイブリッド商品に対する需要が減少する可能性もある。また、ハイブリッド商品は、米国人による商
       品先物取引およびその他の特定の商品を全般的に規制する米国商品先物取引委員会(以下「                                               CFTC  」とい
       う。)、米国人によるもしくは米国人に対する証券の募集および販売を規制する米国証券取引委員会
       (以下「     SEC  」という。)またはその他の政府規制当局による規制を受けていない場合がある。
       仕組投資証券
                                 37/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        仕組投資証券は、裏付けとなる指数またはその他の証券もしくは資産クラスに連動するリターンを有
       する証券である。仕組投資証券は、一般に、個別に交渉される契約であり、かつ店頭で取引される。仕
       組投資証券は、裏付け担保の投資上の性質を再編成するために組成され、運用される。かかる再編成
       は、  指定された証券(商業銀行ローン等)の企業もしくは信託等の主体への預託もしくはかかる主体に
       よる購入、および裏付け証券により裏付けされる(または裏付け証券における権利を表す)一つもしく
       は複数のクラスの証券(以下「仕組証券」という。)のかかる主体による発行を伴う。裏付け証券の
       キャッシュフローは、異なる投資上の性質(様々な満期、支払優先順位および金利の条項等)を有する
       新たに発行された仕組証券の間で配分され、仕組証券に関して行われる、かかる支払の範囲は、裏付け
       証券のキャッシュフローの範囲に依拠する。仕組証券は、通常、信用補完を伴わないため、かかる証券
       の信用リスクは、一般に、裏付け証券の信用リスクと同等となる。仕組証券への投資は、一般に、他の
       クラスの支払の権利に劣後するまたは劣後しない仕組証券の一つのクラスで行われる。劣後する仕組証
       券は、通常、劣後しない仕組証券に比べて、利回りがより高く、より大きなリスクを示す。仕組証券
       は、通常、私募取引において売却され、現在、仕組証券の活発な取引市場は存在しない。政府のおよび
       政府関連の再編された債券への投資は、元本および利息の支払不能もしくは支払意欲の欠如、未払い債
       務のリスケジュールまたは再編の請求、ならびに追加のローン金額の供与請求を含む、特殊なリスクに
       さらされている。
       分散性の欠如
        ファンドは、主としてマスター・ファンドの受益証券に投資するため、ファンドの投資対象は分散さ
       せていない。そのため、マスター・ファンドの業績悪化は、ファンドの業績悪化をもたらす。ファンド
       またはマスター・ファンドのいずれもが、その投資目的を達成するとの保証はない。
       管理会社への依存
        管理会社は、ファンドの投資の選択、指図、評価および監視について完全な裁量権を有する。ファン
       ドの成功は、相当な範囲で、管理会社のサービスに依拠している。受託会社は、管理会社と関連はな
       く、マスター・ファンドの資産の管理について支配権を有しない。
       マスター・ファンドのサービス提供者への報酬
        受託会社、管理会社、計算代理会社、保管会社および名義書換事務代行会社の継続報酬に加えて、
       ファンドは、マスター・ファンドの資産から支払われるすべての報酬および費用(マスター・ファンド
       に関連してマスター・ファンドの受託会社、管理会社、アドバイザー、販売会社およびその他のサービ
       ス提供者に支払われる報酬および費用を含む。)についても間接的に比例按分額を負担する。ただし、
       マスター・ファンドの管理会社は、マスター・ファンドから受領する管理運用報酬(もしあれば)に相
       当する金額を、ファンドに払い戻すことができる。
       シリーズ相互間債務
        フィーダー・トラストの各シリーズまたはファンドは、それぞれ、フィーダー・トラストの当該シ
       リーズに帰属する資産の配分を受け、かつかかる資産からフィーダー・トラストの当該シリーズに特に
       配分可能な債務を負担する。通常、フィーダー・トラストの一つのシリーズの資産が、フィーダー・ト
       ラストの他のシリーズの債務を返済するために利用されることはない。ただし、受託会社が該当する信
       託証書に従って、フィーダー・トラストの特定の限定された一般の債務(設立費用、登録および届出費
       用、ならびにその他の共通費用等)をフィーダー・トラストの二つ以上のシリーズの資産から返済する
       権限を有する場合に限り、フィーダー・トラストの一つのシリーズの資産を、かかる債務を弁済するた
       めに使用することができる。投資者は、受託会社および管理会社のいずれも、該当する目論見書に明示
       される場合の他、ファンド信託証書に基づいてフィーダー・トラストのあるシリーズの資産から、
       フィーダー・トラストの他のシリーズに関連して負担した債務に関する補償を行う権限を有しないこと
       に留意すべきである。ただし、いかなる状況においても、フィーダー・トラストのあるシリーズの資産
       がフィーダー・トラストの他のシリーズの債務を返済するために使用されるおそれのある範囲を数量化
       することはできない。
                                 38/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       流動性および低流動性資産への投資
        マスター・ファンドの資産の一部は、流動性の低い資産に投資される場合がある(マスター・ファン
       ドの純資産の       15 %まで)。それらは、投機的と見なされかつ売却が困難となる可能性がある。これらの
       投資対象を多量に売却することは、法律または契約で禁止または制限されている。かかる投資対象につ
       いては、マスター・ファンドの純資産価額決定のための評価が困難になることがある。その他の一部の
       投資対象は、市場動向、経済情勢、産業動向、政治情勢、規制、地政学的状況、環境、公衆衛生および
       その他の状況の悪化(投資家が特定の投資対象もしくは特定の種類の投資対象を大量に売却しようとし
       ていること、または特定の投資対象もしくは特定の種類の投資対象のマーケット・メーカーもしくはそ
       の他の買手が不足していることを含む。)を背景として活発な取引市場がないことがある。商業用モー
       ゲージ証券は、その他の種類のモーゲージ証券またはアセットバック証券と比べて流動性が低く、大き
       な価格ボラティリティを示すことがある。管理会社は、売却が望ましいと考えられる際に、これらの投
       資対象を売却することができない、または当該投資対象の適正価値を下回る価格でしか売却できない場
       合がある。
       市場リスク
        マスター・ファンドのポートフォリオに含まれる投資資産の価値は、経済、政治または金融市場の全
       般的な状況、投資家心理および市場参加者の見通し(金融政策、金利、インフレまたは債務不履行リス
       クに対する見通しを含む。)、政府活動(保護貿易政策、金融またはその他の規則への介入および財政、
       金融または税制の変更を含む。)、地政学的事象または変化(自然災害、テロおよび戦争を含む。)、
       感染症の発生その他の公衆衛生上の問題の蔓延(伝染病およびパンデミックを含む。)、ならびに特定
       の発行体による要因、資産クラスに関連する要因、地理的要因、業界またはセクターに関連する要因を
       含む様々な理由により、長期間、下落するかまたは上昇しない可能性がある。米国以外の金融市場に
       は、固有のリスクがあり、米国市場と比べ、大きくまたは小さく変動する場合があり、また、様々な方
       向に変動する場合がある。金融市場が全般的に低迷している時には、複数の資産クラスの価値が同時に
       下落することがある。これらおよびその他の要因は、マスター・ファンドの保有証券についてのボラ
       ティリティの上昇および流動性の減少をもたらす可能性がある。かかる期間中、マスター・ファンド
       は、受益者から多額の買戻請求を受ける可能性があり、また本来であれば売却を行わないときに、不利
       な価格で投資有価証券を売却しなければならなくなる可能性がある。景気後退局面またはその他の経済
       情勢悪化時においては、これらのリスクは増幅されることがある。
       経済状況および市況全般
        マスター・ファンドは、米国内の状況だけでなく、管理会社の支配の及ばない世界中の金融市況およ
       び世界中の経済状況または経済事象(金利の変動、公的および私的借入れに係る信用の利用可能性、公
       開市場のボラティリティ、インフレ率、経済の不安定性、産業の状況、競争、技術開発、法律(税制関
       連の法律を含む。)の改正、貿易障壁、商品市況、為替レートおよび為替管理ならびに地政学的事象ま
       たは変動(天災、伝染病またはパンデミック、戦争、テロ行為および防衛を目的とした軍事演習を含
       む。)を含むが、これらに限定されない。)から重大な影響を受ける可能性がある。これらの要因は、
       投資対象の証券価格の水準および変動性ならびに投資対象の流動性および価値に影響を及ぼす可能性が
       あり、また、望ましくない状況は、株式市場のマイナスの変動と随時相関する可能性がある。
        ソブリン債務危機を含む現在の厳しい経済状況および市況が継続する期間ならびにそれらがマス
       ター・ファンドのパフォーマンスに及ぼす影響は、未知である。米国内外における政府介入が重大なも
       のとなっており、世界の金融システムの信用および安定性の回復を目的とした、協調利下げ、資本注
       入、資本参加および有価証券の取得枠組みの見直し等の行為が行われてきた。安定性が回復するかどう
       か、またいつ回復するかはまだわからないものの、前例のないかかる行為により、全体的な事業状況お
       よび計画に重大な影響を及ぼす重要なマクロ経済要素(長期金利、予想インフレ率、税務政策等)がど
       のような影響を受けるか不透明である。上記の要素のいずれかまたはすべてが、マスター・ファンドの
       パフォーマンスに重大な悪影響を及ぼす可能性がある。
                                 39/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ロンドン銀行間取引金利(              LIBOR   )
        2017  年7月   27 日に、   LIBOR   を規制する英国金融行為規制機構(                  FCA  )は、   LIBOR   の維持に必要な相場の提
       供を銀行に強制することを、               2021  年をもって停止する方針を発表した。                    LIBOR   の運営機関である         ICE  ベン
       チマーク・アドミニストレーションは、                    2021  年末をもってほとんどの代表ベース                  LIBOR   設定の公表を停止
       しており、また、         2023  年6月   30 日をもって大部分の代表ベース米ドル                   LIBOR   設定の公表を停止した。さら
       に、世界の規制当局は、限られた例外を除き、                        2021  年より後は新たな         LIBOR   ベースの契約を締結してはな
       らないと発表した。          LIBOR   は歴史的に、変動金利ローンの調整に使用される一般的なベンチマーク金利指
       数である。      LIBOR   は、世界中の銀行業界および金融業界で、様々な金融商品および借入契約の金利を決定
       するために使用されている。規制当局による措置により、大部分の主要通貨に関して、                                            LIBOR   に代わる参
       照レートが設定された。様々な金融業界団体が                        LIBOR   からの移行を計画しているが、一部の長期の証券お
       よび取引では新たな参照レートに転換することは困難である。市場は徐々に進展しているが、かかる
       レートにおける流動性に関する疑問、および移行時の経済的価値移転を軽減するためにかかるレートを
       適切に調整する方法は、依然として重要な関心事である。移行プロセスによる影響もその最終的な成功
       も未知である。この移行プロセスは、金利の決定を                          LIBOR   に依拠している市場において、ボラティリティ
       の上昇および流動性の低下をもたらす可能性がある。また、移行プロセスは、                                        LIBOR   に基づく投資対象の
       一部の価値の下落をもたらし、ヘッジなどの関連取引の効果を低下させる可能性もある。                                              LIBOR   に基づく
       金融商品の一部は、代替の金利決定手法を準備することにより、                                 LIBOR   が利用不可能となった場合のシナ
       リオを想定することができるが、すべての金融商品がかかる備えをしているわけではなく、また、かか
       る代替手法の有効性に関しては大きな不確実性がある可能性もある。移行期間中に                                          LIBOR   のベンチマーク
       としての有用性が低下する可能性があるため、これらの影響はいつでも発生する可能性がある。
       その他のリスク
        上述の要因は、ファンドへの投資に伴うすべてのリスクおよび重要な勘案事項を完全に説明すること
       を意図したものではないが、ファンドへの投資を行う前に、投資者は、かかる要因を慎重に検討すべき
       である。また、投資者は、ファンドへの投資を決定する前に、本書を精読し、自己の専門アドバイザー
       に相談すべきである。
     ② リスクに対する管理体制

        上述のファンドに関連するリスクは、管理会社により監視されている。
       マスター・ファンドのリスク管理体制

       投資リスク・グループ
        リスク管理のプロフェッショナルによる専門チームが会社全体のリスク・コントロールの監督を助力
       する一方、全投資決定の責任を担うポートフォリオ管理チームが、リスク・コントロールのあらゆる側
       面についての最終的な責任を負う。
        管理会社は、運用業務全般について、リスク要因を特定、監視および評価し、管理する責任を負う投
       資リスク・グループを設置している。投資リスク・グループは運用部門の一部である。
        投資リスク・グループは、全ポートフォリオのリスク・エクスポージャーを監視し、ポートフォリ
       オ・マネジャーおよびシニア・マネジメントの双方に伝達する専門家チームとしての責任を担う。投資
       リスク・グループは、株式市場リスク、債券市場リスクおよびカウンターパーティーの信用リスクを担
       当するリスク・マネジャーから構成されている。リスク・マネジャーは、リスクの上限管理や上申手順
       を含むリスク管理方針および手続きについても責任を負う。
        主要なリスクは、重要な事象が発生したときだけではなく、定期的にリスク・マネジャーおよび上級
       投資専門家によって監視されている。投資リスク・グループは、内部(ポートフォリオ管理チーム、
       マーケティング、シニア・マネジメント)および外部(顧客)の関係者とリスク・エクスポージャーに
       ついて幅広く情報交換するために、様々なプロセスを用いている。
                                 40/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        オペレーショナル・リスクは、エンタープライズ・リスク委員会ならびに内部監査、法務およびコン
       プライアンス等のグループによる独立した監督機能によって監視され、投資リスク・グループによる投
       資 管理の監視および評価ならびに取引プロセス統制活動が適切に管理され、正常に機能していることが
       確保される。これらのグループは、潜在的な運営上の損失から保護するために、定期的なリスクおよび
       コントロールの評価を履行する。
       デリバティブ取引のリスク管理

        ファンドは、ヘッジ目的および/またはヘッジ目的以外の目的でデリバティブを利用している。ファ
       ンドのデリバティブについて、                UCITS   (譲渡性のある証券を投資対象とする投資信託)にかかる欧州連合
       通達への準拠に基づくリスク管理方法を採用している。
       (注)上記リスクに対する管理体制は、                2023  年8月末現在のものであり、将来変更されることがある。

                                 41/258
















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ③ リスクに関する参考情報

        (ご注意)






        ・分配金再投資一口当たり純資産価格は、税引前の分配金を分配時にファンドへ再投資したとみなして算出したものである。
        ・ファンドの年間騰落率(各月末時点)は、各月末とその1年前における分配金再投資一口当たり純資産価格を対比して、その
         騰落率を算出したものである。(月末が営業日でない場合は直前の営業日を月末とみなす。)
        ・ファンドの年間騰落率は、ファンドの基準通貨建てで計算されており、円貨に為替換算されていない。したがって、円貨に為
         替換算した場合、上記とは異なる騰落率となる。
        ・代表的な資産クラスの年間騰落率(各月末時点)は、各月末とその1年前における下記の指数の値を対比して、その騰落率を
         算出したものである。(月末が休日の場合は直前の営業日を月末とみなす。)
        ・ファンドと他の代表的な資産クラスとの年間騰落率の比較は、上記の5年間の各月末時点における年間騰落率を用いて、それ
         らの平均・最大・最小をグラフにして比較したものである。
        ・ファンドの分配金再投資一口当たり純資産価格および年間騰落率は、実際の一口当たり純資産価格およびそれに基づいて計算
         した年間騰落率とは異なる場合がある。
        ・ファンドは、代表的な資産クラスの全てに投資するものではない。
        ・代表的な資産クラスを表す指数
         日本株…………      TOPIX  (配当込み)
         先進国株………      FTSE  先進国株価指数(除く日本、円ベース)
         新興国株………      S&P 新興国総合指数
         日本国債………ブルームバーグE1年超日本国債指数
         先進国債………      FTSE  世界国債指数(除く日本、円ベース)
         新興国債………      FTSE  新興国市場国債指数(円ベース)
         (注)   S&P 新興国総合指数は、        Bloomberg     L.P.  で円換算している。
         TOPIX  (東証株価指数)の指数値および              TOPIX  に係る標章または商標は、株式会社               JPX 総研または株式会社        JPX 総研の関連会社
         (以下「    JPX 」という。)の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用など                             TOPIX  に関するすべての権利・ノウハウお
         よび  TOPIX  に係る標章または商標に関するすべての権利は                   JPX が有する。     JPX は、  TOPIX  の指数値の算出または公表の誤謬、遅延
         または中断に対し、責任を負わない。
         FTSE  先進国株価指数(除く日本、円ベース)、                 FTSE  世界国債指数(除く日本、円ベース)および                  FTSE  新興国市場国債指数(円
         ベース)に関するすべての権利は、               London   Stock   Exchange    Group   plc またはそのいずれかのグループ企業に帰属する。各指
         数は、   FTSE  International      Limited   、 FTSE  Fixed   Income   LLC またはそれらの関連会社等によって計算されている。                       London
         Stock   Exchange    Group   plc およびそのグループ企業は、指数の使用、依存または誤謬から生じるいかなる負債について、何人
         に対しても一切の責任を負わない。
         上記の参考情報は、あくまで過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではな

        い。
                                 42/258




                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】
       ①  海外における申込手数料
         クラスM受益証券:
          申込金額の税抜        3.25  %を上限として、受益証券の購入時に徴収される。
         クラスJ受益証券(後払手数料):

          受益証券の購入時に、申込手数料は徴収されない。ただし、買戻される受益証券の保有期間に応
          じて、買戻手数料が課される場合がある。
       ② 日本国内における申込手数料

         クラスM受益証券:
          申込金額の      3.575   %(税抜     3.25  %)を上限として、販売会社が別途決定する料率が、受益証券の購
          入時に徴収される。
          申込手数料は、購入時の商品説明、投資情報の提供、購入に関する事務手続き等の対価として徴
          収される。
         クラスJ受益証券(後払手数料):

          本書の日付現在、クラスJ受益証券(後払手数料)の募集は行われていない。
     (2)【買戻し手数料】

       ①  海外における買戻手数料
         クラスM受益証券:
          クラスM受益証券の買戻時に、買戻手数料は徴収されない。
         クラスJ受益証券(後払手数料):

          購入日から5年以内にクラスJ受益証券(後払手数料)の買戻しをする場合、以下の表に従って
          買戻手数料(後払手数料)が徴収される。
                                             (注)
          買戻される受益証券の保有期間
                                      後払手数料率
                2年以内                          4.0  %
              2年超3年以内                           3.0  %
              3年超4年以内                           2.0  %
              4年超5年以内                           1.0  %
                 5年超                         0.0  %
        (注)後払手数料は、各受益証券につき、発行価格と買戻価格の低い方の価格に基づいて計算される。購入日から買戻日までの
          期間の算定においては、購入日の属する月の翌年の同月末日をもって満1年とする。また、複数時に分けて受益証券が購
          入されている場合、先に購入された(保有期間の長い)受益証券から買戻される。
       ②  日本国内における買戻手数料

         クラスM受益証券:
          クラスM受益証券の買戻時に、買戻手数料は徴収されない。
                                 43/258



                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         クラスJ受益証券(後払手数料):

          購入日から5年以内にクラスJ受益証券(後払手数料)の買戻しをする場合、以下の表に従って
          買戻手数料(後払手数料)が徴収される。
                                             (注)
          買戻される受益証券の保有期間
                                      後払手数料率
                2年以内                         4.0  %
              2年超3年以内                           3.0  %
              3年超4年以内                           2.0  %
              4年超5年以内                           1.0  %
                 5年超                         0.0  %
        (注)後払手数料は、各受益証券につき、発行価格と買戻価格の低い方の価格に基づいて計算される。購入日から買戻日までの
          期間の算定においては、購入日の属する月の翌年の同月末日をもって満1年とする。また、複数時に分けて受益証券が購
          入されている場合、先に購入された(保有期間の長い)受益証券から買戻される。
         後払手数料は、受益者の受益証券の保有期間によって適用ある場合には、購入時の商品説明、投資
        情報の提供、購入に関する事務手続き等の対価として徴収され、販売会社を通じて管理会社に支払わ
        れる。
     (3)【管理報酬等】

        ファンドは、ファンド資産から以下の管理報酬等を支払う。ただし、ファンド資産から支払われるこ
       れらの管理報酬等の総額はファンドの月次平均純資産価額に対して年率                                     1.20  %(クラスM受益証券)、
       または年率      1.80  %(クラスJ受益証券(後払手数料))を上限とする。ファンドが支払う管理報酬等の
       総額には、下記①から⑦、ならびに「(4)その他の手数料等」に掲げられる法律顧問報酬および監査
       報酬が含まれている。仲介手数料およびその他の費用を含む一定のファンドの費用は、ファンドが別途
       負担し、上記の管理報酬等の総額の上限対象にはあたらない。
       ①  管理報酬

         受託会社は、ファンドの資産から、管理会社に対して、以下に記載される年次報酬を支払うものと
        する。
         クラスM受益証券:          1.00  %以下
         クラスJ受益証券(後払手数料):                  1.60  %以下
         管理会社は、管理会社および元引受会社がフィーダー・トラストまたはファンドに関連して負担し
        たすべての合理的な立替費用の払戻しを、ファンドの資産から受ける。管理会社は、管理報酬から、
        元引受会社に対する報酬を支払う。管理会社は、適切とみなす方法および範囲で、随時、かかる管理
        報酬を割戻すか、または分配することができる。
         管理報酬は、ファンド資産の運用・管理、受益証券の発行、買戻業務の対価として支払われる。
         2023  年4月   30 日に終了した会計年度中の管理報酬(元引受会社に対する報酬除く。)は、                                       1,190,608
        米ドルであった。
       ② 受託報酬
         ファンド信託証書に基づき、受託会社は、ファンドの資産から、ファンドの日々の平均純資産価額
        に対して年率       0.02  %を上限とする報酬(ただし、最低年額報酬は、                         15,000   米ドルとし、       60,000   米ドル
        を上限とする。)の支払を受ける権利を有する。かかる報酬は、毎日発生し、四半期毎に後払いされ
        る。
         受託会社は、ファンドの資産から、ファンドに関連して受託会社が負担したすべての合理的な立替
        費用の払戻しを受ける。
         受託報酬は、ファンドの受託会社としての業務の対価として支払われる。
                                 44/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         2023  年4月    30 日に終了した会計年度中の受託報酬(立替費用を含む。)は、                                 55,339   米ドルであっ
        た。
       ③ 販売報酬
         管理会社は、元引受会社に対して、管理会社および元引受会社の間で合意された報酬を、管理報酬
        から支払う。元引受会社は、適切とみなす方法および範囲で、随時、その報酬を販売会社等の他の関
        係者に分配することができる。
         販売報酬は、受益証券の元引受業務の対価として支払われる。また、日本の販売会社に支払われる
        報酬は、受益証券の販売、販売促進、募集および買戻しに関連する業務の対価として支払われる。
         2023  年4月   30 日に終了した会計年度中の販売報酬は、                    2,576,425     米ドルであった。
       ④ 代行協会員報酬
         代行協会員報酬は、日本の販売会社の報酬から、支払われる。
         代行協会員報酬は、受益証券一口当たり純資産価格の公表および受益証券に関する目論見書、決算
        報告書その他の書類の販売会社に対する送付等の代行協会員業務の対価として代行協会員に支払われ
        る。
       ⑤ 計算代理報酬
         管理会社は、ファンドの資産から計算代理会社に年間約                            5,000   米ドルの管理事務代行報酬に月次の値
        付け毎の報酬を加算した報酬を支払う。かかる報酬は、毎日発生し、毎月後払いされる。管理会社
        は、計算代理会社に支払うべき合理的な立替費用を、ファンドの資産から支払う。
         計算代理報酬は、計算代理業務の対価として支払われる。
         2023  年4月   30 日に終了した会計年度中の計算代理報酬(立替費用を含む。)は、                                  6,520   米ドルであっ
        た。
       ⑥ 保管報酬
         保管契約に基づき、管理会社は、保管会社に対して、ファンドの月次平均純資産価額に対して年率
        0.10  %を上限とする報酬を、ファンドの資産から支払う。かかる報酬は、毎日発生し、毎月後払いさ
        れる。管理会社は、保管会社に支払うべき合理的な立替費用を、ファンドの資産から支払う。
         保管報酬は、ファンド資産の保管業務の対価として支払われる。
         2023  年4月   30 日に終了した会計年度中の保管報酬(立替費用を含む。)は、                                6,883   米ドルであった。
       ⑦ 名義書換事務代行報酬
         名義書換代理契約に基づき、管理会社は、名義書換事務代行会社に対して、年間最低                                            75,000   米ドル
        の報酬を、ファンドの資産から支払う。管理会社は、名義書換事務代行会社に支払うべき合理的な立
        替費用および関連費用(送金費用を含む)を、ファンドの資産から支払う。
         名義書換事務代行報酬は、受益証券の名義書換事務代行業務の対価として支払われる。
         2023  年4月   30 日に終了した会計年度中の名義書換事務代行報酬(立替費用を含む。)は、                                       79,955   米
        ドルであった。
                                 45/258






                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (4)【その他の手数料等】

         受託会社、管理会社、保管会社、名義書換事務代行会社、計算代理会社および元引受会社は、自己
        の費用負担で、各自の業務を履行するために必要なすべての事務職員、場所および施設を提供する責
        任を負う。ファンドは、マスター・ファンドから支払われる報酬および費用、法令を遵守するための
        すべての費用ならびに監査人および法律顧問の報酬、保管手数料、ローンおよび融資残高についての
        利息および契約手数料、所得税、源泉徴収税もしくはその他の税金、受益者および投資者との連絡の
        費用を含む、自己の運営および事業に付随するその他一切の費用を負担する。ファンドは、他の投資
        会社への投資に関連して申込手数料および買戻手数料を支払うことを要求される場合がある。ファン
        ドは、投資顧問によるポートフォリオ取引に関連して仲介手数料を支払うことを要求される場合があ
        る。
         2023  年4月   30 日に終了した会計年度中のその他の手数料等(組入証券としての債券購入時に支払っ
        た代金に含まれる開示されていない手数料等の委託売買手数料は含まれない。)は、                                            64,238   米ドルで
        あった。
     (5)【課税上の取扱い】

        受益証券の投資者になろうとする者は、その設立地や住居地の法律における、受益証券の購入、保
       有、償還、譲渡、売却その他の処分に伴う予想される税金または為替管理上の制限等の取り扱いについ
       て専門家に相談することが推奨される。
       ① 日本
         2023  年9月末日現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
        Ⅰ ファンドが税法上公募外国公社債投資信託である場合
         (1)受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うことができ
            る。
         (2)国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、ファンドの分配金は、公募国内公社
            債投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
         (3)国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、日本の個人受益者が支払を受ける
            ファンドの分配金については、                20.315   %(所得税      15.315   %、住民税5%)(          2038  年1月1日
            以後は   20 %(所得税      15 %、住民税5%))の税率による源泉徴収が日本国内で行われる。
            日本の個人受益者は、申告分離課税が適用されるので原則として確定申告をすることになる
            が、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税関係を終了させる
            こともできる。
            確定申告不要を選択しない場合、一定の上場株式等(租税特別措置法に定める上場株式等を
            いう。以下同じ。)の譲渡損失(繰越損失を含む。)との損益通算が可能である。
         (4)日本の法人受益者が支払を受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と元本相当
            額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、
            所得税のみ      15.315   %の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の公共法人等(所得税
            法別表第一に掲げる内国法人をいう。以下同じ。)または金融機関等を除く。)、一定の場
            合、支払調書が税務署長に提出される(                    2038  年1月1日以後は         15 %の税率となる。)。
         (5)日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合(他のクラスの受益証券に
            転換した場合を含む。)は、上場株式等に係る譲渡益課税の対象とされ、受益証券の譲渡益
            (譲渡価額から取得価額等を控除した金額(邦貨換算額)をいう。以下同じ。)に対して、
            源泉徴収選択口座において、               20.315   %(所得税      15.315   %、住民税5%)(          2038  年1月1日以
            後は  20 %(所得税      15 %、住民税5%))の税率による源泉徴収が日本国内で行われる。受益
                                 46/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率は源泉徴収税率と同一であるが、確定申
            告不要を選択した場合は源泉徴収された税額のみで課税関係は終了する。
            譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等との損
            益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の繰越も可能
            である。
         (6  )日  本の個人受益者の場合、ファンドの償還についても譲渡があったものとみなされ、(5)
            と同様の取扱いとなる。
         (7)日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一定の場
            合、支払調書が税務署長に提出される。
         (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、ケイマン諸島に住所または登記上の営業所もしくは恒久
            的施設を有しない場合、受益証券への投資に対しケイマン諸島税務当局により課税されることは一切ない。
        Ⅱ ファンドが税法上公募外国株式投資信託である場合

         (1)受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うことができ
            る。
         (2)国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、ファンドの分配金は、公募国内株式
            投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
         (3)国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、日本の個人受益者が支払を受ける
            ファンドの分配金については、                20.315   %(所得税      15.315   %、住民税5%)(          2038  年1月1日
            以後は   20 %(所得税      15 %、住民税5%))の税率による源泉徴収が行われる。
            日本の個人受益者は、総合課税または申告分離課税のいずれかを選択して確定申告をするこ
            ともできるが、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税関係を
            終了させることもできる。
            申告分離課税を選択した場合、一定の上場株式等の譲渡損失(繰越損失を含む。)との損益
            通算が可能である。
         (4)日本の法人受益者が支払を受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と元本相当
            額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、
            所得税のみ      15.315   %の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の公共法人等を除
            く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される(                              2038  年1月1日以後は         15 %の税率
            となる。)。
         (5)日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合(他のクラスの受益証券に
            転換した場合を含む。)は、上場株式等に係る譲渡益課税の対象とされ、受益証券の譲渡益
            に対して、源泉徴収選択口座において、                     20.315   %(所得税      15.315   %、住民税5%)(          2038  年
            1月1日以後は        20 %(所得税      15 %、住民税5%))の税率による源泉徴収が行われる。受益
            証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率は源泉徴収税率と同一であるが、確定申
            告不要を選択した場合は源泉徴収された税額のみで課税関係は終了する。
            譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等との損
            益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の繰越も可能
            である。
         (6  )日  本の個人受益者の場合、ファンドの償還についても譲渡があったものとみなされ、(5)
            と同様の取扱いとなる。
         (7)日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一定の場
            合、支払調書が税務署長に提出される。
         (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、ケイマン諸島に住所または登記上の営業所もしくは恒久
            的施設を有しない場合、受益証券への投資に対しケイマン諸島税務当局により課税されることは一切ない。
                                 47/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        Ⅲ ファンドは、税法上、公募外国公社債投資信託として取り扱われる。ただし、将来における税務
         当局の判断によりこれと異なる取扱いがなされる可能性もある。
        Ⅳ 税制等の変更により上記ⅠないしⅢに記載されている取扱いは変更されることがある。税金の取
         扱いの詳細については、税務専門家等に確認することを推奨する。
       ② ケイマン諸島

         現行法に基づいて、ケイマン諸島政府はファンドまたは受益者に対して所得税、法人税、キャピタ
        ル・ゲイン税、遺産税、相続税、贈与税または源泉徴収税を賦課しない。ケイマン諸島は、ファンド
        の受託会社としての受託会社が支払うまたは受領するいかなる支払にも適用されることがある、二重
        課税防止条約は、いかなる国とも締結していない。
         受託会社は、トラストを代理して、信託法第                       81 条に基づき、ケイマン諸島財務長官に対し、トラス
        トの設定後      50 年の間に制定される、所得もしくはキャピタル資産もしくはキャピタル・ゲインもしく
        は利益に課せられる税金もしくは課徴金、または資産税もしくは相続税の性質を有する何らかの税金
        を課す法律が、トラストおよびファンドに保有される資産またはトラストおよびファンドに発生した
        利益に対し、または当該資産または利益に関して、受託会社または受益者に対し、適用されないもの
        とする旨の保証書を申請および受領している。
       ③ ケイマン諸島-金融口座情報の自動的交換

         ケイマン諸島は、国際的な税務コンプライアンスの向上および情報交換の促進のため、米国との間
        で政府間協定に調印した(以下「                 US  IGA  」という。)。また、ケイマン諸島は、                     100  か国を超える他の
        諸国とともに、金融口座情報の自動的交換に関する                          OECD  基準-共通報告基準(以下「               CRS  」といい、      US
        IGA  と併せて「      AEOI  」という。)を実施するための多国間協定に調印した。
         US  IGA  および   CRS  の効力を生じさせるため、ケイマン諸島規則が発行された(以下「                                  AEOI  規則」と総
        称する。)。       AEOI  規則に基づき、ケイマン諸島税務情報庁(以下「税務情報庁」という。)は、                                         US
        IGA  および   CRS  の適用に関する手引書を公表している。
         ケイマン諸島のすべての「金融機関」は、                      AEOI  規則の登録、デュー・ディリジェンスおよび報告要
        件を遵守する義務を負う。ただし、一または複数の                           AEOI  制度に関して「非報告金融機関(関連する
        AEOI  規則に定義される。)」となることを認める免除に依拠することができる場合はこの限りではな
        く、この場合、かかる金融機関には                  CRS  に基づく登録要件のみが適用される。ファンドは、いかなる非
        報告金融機関の免除にも依拠することを企図していないため、                                AEOI  規則のすべての要件を遵守するこ
        とを意図している。
         AEOI  規則により、ファンドは、特に、(ⅰ)(                      US  IGA  に該当する場合のみ)グローバル仲介人識別
        番号(以下「       GIIN  」という。)を取得するために米国内国歳入庁(以下「                            IRS  」という。)に登録する
        こと、(ⅱ)税務情報庁に登録し、これにより「報告金融機関」としての自らの地位を税務情報庁に
        通知すること、(ⅲ)            CRS  に基づく義務を履行する方法を定めた方針および手続に関する文書を作成
        し、実行すること、(ⅳ)「報告対象口座」とみなされるか否かを確認するため、自らの口座の
        デュー・ディリジェンスを実施すること、(ⅴ)かかる報告対象口座に関する情報を税務情報庁に報
        告すること、および(ⅵ)              CRS  コンプライアンス書面を税務情報庁に提出することを義務付けられてい
        る。税務情報庁は、毎年、ある報告対象口座に関連する海外の財政当局(例えば、米国報告対象口座
        の場合は     IRS  )に対し、税務情報庁に報告された情報を自動的に送信する。
         ファンドへの投資ならびに/またはこれらへの投資の継続により、投資者は、ファンドに対する追
        加情報の提供が必要となる可能性があること、ファンドの                              AEOI  規則への遵守が投資者情報の開示につ
        ながる可能性があること、および投資者情報が海外の財政当局との間で交換される可能性があること
        を了解したとみなされるものとする。投資者が(結果にかかわらず)要求された情報を提供しない場
        合、受託会社は、その裁量において、対象となる投資者の強制買戻しおよび/または当該投資者の口
                                 48/258

                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        座閉鎖を含むがこれに限られない対応措置を講じおよび/またはあらゆる救済措置を求める権利を留
        保する。受託会社は税務情報局が発行した手引書に従って、身元証明確認書類が口座開設から                                                90 日以
        内 に取得されない投資者の口座を閉鎖しなければならない。
                                 49/258



















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    5【運用状況】

     (1)【投資状況】
        資産別および地域別の投資状況
                                            ( 2023  年8月末日現在)
        資産の種類              国 名          時価合計(米ドル)              投資比率(%)
       外国投資信託             ケイマン諸島               238,136,615                100.13
            現金・その他の資産
                                     - 318,918              - 0.13
             (負債控除後)
                                   237,817,697
            合計(純資産総額)                                       100.00
                                 (約  34,769   百万円)
        (注)投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。以下同じ。
     (2)【投資資産】

       ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                           ( 2023  年8月末日現在)
                                取得原価(米ドル)            時価(米ドル)
                                                     投資
                          口数
      順位     銘 柄      国 名    業種                                比率
                          (口)
                               単価     金額     単価     金額
                                                     (%)
         パトナム・ディ
        バーシファイド・
                 ケイマン
      1  インカム・トラス              -   45,249,950      8.14    368,475,510       5.26    238,136,615       100.13
                  諸島
        ト(ケイマン)マ
        スター・ファンド
       マスター・ファンドの投資有価証券の主要銘柄

                                            ( 2023  年8月末日現在)
      順位                          銘柄
         FNMA  FN30  TBA  UMBS  06.0000    09/01/2053
      1
         FNMA  FN30  TBA  UMBS  05.5000    09/01/2053
      2
         FNMA  FN30  TBA  UMBS  05.0000    09/01/2053
      3
         GNMA  Gii30   TBA  04.5000    09/01/2053
      4
         FNMA  FN30  TBA  UMBS  03.0000    09/01/2053
      5
         FNMA  FN30  TBA  UMBS  02.5000    09/01/2053
      6
         GNMA  Gii30   TBA  05.5000    09/01/2053
      7
         GNMA  Gii30   TBA  04.0000    09/01/2053
      8
         FNMA  FN30  TBA  UMBS  03.5000    09/01/2053
      9
         CAS  2016-C02    1B 17.6521    09/25/2028
      10
         (注)   2023  年8月末日現在のマスター・ファンドの保有ポートフォリオの                         42.13  %を表す。
                                 50/258






                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ②【投資不動産物件】

         該当事項なし(        2023  年8月末日現在)。
       ③【その他投資資産の主要なもの】

         該当事項なし(        2023  年8月末日現在)。
     (3)【運用実績】

       ①【純資産の推移】
         2023  年8月末日までの1年間における各月末および下記会計年度末の純資産の推移は次のとおりで
        ある。
                        純資産総額                 一口当たり純資産価格

                    千米ドル          百万円          米ドル           円
       第9会計年度末
                                     クラスM       8.04      1,175
                   1,335,204           195,207
      ( 2014  年4月末日)                            クラスJ       8.11      1,186
       第 10 会計年度末                            クラスM       7.51      1,098
                   1,179,159           172,393
                                     クラスJ       7.58      1,108
      ( 2015  年4月末日)
       第 11 会計年度末
                                     クラスM       6.64        971
                    587,539          85,898
                                     クラスJ       6.72        982
      (2016   年4月末日      )
       第 12 会計年度末
                                     クラスM       6.88      1,006
                    561,947          82,157
                                     クラスJ       6.97      1,019
      (2017   年4月末日      )
       第 13 会計年度末
                                     クラスM       6.94      1,015
                    508,057          74,278
                                     クラスJ       7.03      1,028
      ( 2018  年4月末日)
       第 14 会計年度末
                                     クラスM       6.58        962
                    467,247          68,312
      ( 2019  年4月末日)                            クラスJ       6.68        977
       第 15 会計年度末                            クラスM       5.90        863
                    439,560          64,264
                                     クラスJ       5.99        876
      ( 2020  年4月末日)
       第 16 会計年度末                            クラスM       6.32        924
                    471,093          68,874
      ( 2021  年4月末日)                            クラスJ       6.42        939
       第 17 会計年度末
                                     クラスM       5.64        825
                    340,195          49,737
      ( 2022  年4月末日)                            クラスJ       5.73        838
       第 18 会計年度末                            クラスM       5.26        769
                    249,863          36,530
                                     クラスJ       5.35        782
      ( 2023  年4月末日)
                                     クラスM       5.21        762
       2022  年9月末日           273,930          40,049
                                     クラスJ       5.30        775
                                     クラスM       5.21        762
           10 月末日        268,710          39,285
                                     クラスJ       5.31        776
                                     クラスM       5.37        785
           11 月末日        272,548          39,847
                                     クラスJ       5.46        798
                                     クラスM       5.34        781
           12 月末日        261,202          38,188
                                     クラスJ       5.43        794
                                     クラスM       5.35        782
       2023  年1月末日           260,227          38,045
                                     クラスJ       5.45        797
                                     クラスM       5.25        768
           2月末日          252,980          36,986
                                     クラスJ       5.34        781
                                 51/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                     クラスM       5.26        769
           3月末日          251,973          36,838
                                     クラスJ       5.36        784
                                     クラスM       5.26        769
           4月末日          249,863          36,530
                                     クラスJ       5.35        782
                                     クラスM       5.22        763
           5月末日          245,546          35,899
                                     クラスJ       5.32        778
                                     クラスM       5.19        759
           6月末日          242,555          35,462
                                     クラスJ       5.29        773
                                     クラスM       5.21        762
           7月末日          241,475          35,304
                                     クラスJ       5.31        776
                                     クラスM       5.19        759
           8月末日          237,818          34,769
                                     クラスJ       5.28        772
       ②【分配の推移】

                                     一口当たり分配金

                                   米ドル                円
            第9会計年度               クラスM             0.444          64.91
       (2013   年5月1日~       2014  年4月   30 日 )   クラスJ             0.396          57.90
            第 10 会計年度             クラスM             0.435          63.60
       (2014   年5月1日~       2015  年4月   30 日 )   クラスJ             0.387          56.58
            第 11 会計年度             クラスM             0.408          59.65
       (2015   年5月1日~       2016  年4月   30 日 )   クラスJ             0.360          52.63
            第 12 会計年度             クラスM             0.408          59.65
       (2016   年5月1日~       2017  年4月   30 日 )   クラスJ             0.360          52.63
            第 13 会計年度             クラスM             0.408          59.65
       (2017   年5月1日~       2018  年4月   30 日 )   クラスJ             0.360          52.63
            第 14 会計年度             クラスM             0.404          59.06
       (2018   年5月1日~       2019  年4月   30 日 )   クラスJ             0.357          52.19
            第 15 会計年度             クラスM             0.348          50.88
       (2019   年5月1日~       2020  年4月   30 日 )   クラスJ             0.312          45.61
            第 16 会計年度             クラスM             0.258          37.72
       (2020   年5月1日~       2021  年4月   30 日 )   クラスJ             0.222          32.46
            第 17 会計年度             クラスM             0.240          35.09
       (2021   年5月1日~       2022  年4月   30 日 )   クラスJ             0.204          29.82
            第 18 会計年度
                           クラスM             0.240          35.09
       (2022   年5月1日~       2023  年4月   30 日 )   クラスJ             0.204          29.82
                           クラスM             0.020           2.92
                  2022  年9月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     10 月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     11 月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     12 月
                           クラスJ             0.017           2.49
                                 52/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                           クラスM             0.020           2.92
                  2023  年1月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     2月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     3月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     4月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     5月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     6月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     7月
                           クラスJ             0.017           2.49
                           クラスM             0.020           2.92
                     8月
                           クラスJ             0.017           2.49
        (注)一口当たり分配金のデータは税引き前の数字である。
                                 53/258














                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ③【収益率の推移】

                                               (注)

                                           収益率
                  会計年度
                                       クラスM          クラスJ
       第9会計年度(        2013  年5月1日~       2014  年4月   30 日)         6.54  %        5.85  %
       第 10 会計年度(      2014  年5月1日~       2015  年4月   30 日)        - 1.19  %       - 1.79  %
       第 11 会計年度(      2015  年5月1日~       2016  年4月   30 日)        - 6.26  %       - 6.70  %
       第 12 会計年度(      2016  年5月1日~       2017  年4月   30 日)        10.08   %        9.34  %
       第 13 会計年度(      2017  年5月1日~       2018  年4月   30 日)         7.03  %        6.20  %
       第 14 会計年度(      2018  年5月1日~       2019  年4月   30 日)         0.72  %        0.16  %
       第 15 会計年度(      2019  年5月1日~       2020  年4月   30 日)        - 5.43  %       - 6.02  %
       第 16 会計年度(      2020  年5月1日~       2021  年4月   30 日)        11.67   %       11.02   %
       第 17 会計年度(      2021  年5月1日~       2022  年4月   30 日)        - 7.04  %       - 7.65  %
       第 18 会計年度(      2022  年5月1日~       2023  年4月   30 日)        - 2.49  %       - 3.09  %
        A=会計年度中の各月についての「一口当たり分配額/分配落                         NAV + 1」を計算して掛け合わせた数値


        ただし、期末     NAV とは会計年度末の一口当たり純資産価格をいい、期首                      NAV とは、当該会計年度の直前の会計年度末の一口当たり
        純資産価格をいう。
    (参考情報)

        (注1)純資産総額は、クラスJ受益証券(後払手数料)を含むファンド全体の数字である。




        (注2)    分配金再投資一口当たり純資産価格は、税引前の分配金を分配時にファンドへ再投資したとみなして算出したも                                             のであ
           る。
        (注3)ファンドの運用実績は、あくまで過去の実績であり、将来の運用成果を約束するものではない。
                                 54/258






                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (4)【販売及び買戻しの実績】

        下記会計年度中の販売および買戻しの実績ならびに下記会計年度末現在の発行済口数は次のとおりで
       ある。
       クラスM受益証券
                       販売口数            買戻口数            発行済口数
         第9会計年度
                        15,900            94,550            625,570
       ( 2013  年5月1日~
                       (15,900)            (94,550)            (625,570)
       2014  年4月   30 日)
         第 10 会計年度
                        1,650            116,400            510,820
       ( 2014  年5月1日~
                       (1,650)            (116,400)             (510,820)
       2015  年4月   30 日)
         第 11 会計年度
                        6,530            60,100            457,250
       (2015   年5月1日~
                       (6,530)            (60,100)            (457,250)
        2016  年4月   30 日 )
         第 12 会計年度
                        3,990            37,850            423,390
       (2016   年5月1日~
                       (3,990)            (37,850)            (423,390)
        2017  年4月   30 日 )
         第 13 会計年度
                       3,132,640             168,260            3,387,770
       ( 2017  年5月1日~
                      (3,132,640)             (168,260)            (3,387,770)
       2018  年4月   30 日)
         第 14 会計年度
                       6,954,910             307,260            10,035,420
       ( 2018  年5月1日~
                      (6,954,910)             (307,260)            (10,035,420)
       2019  年4月   30 日)
         第 15 会計年度
                       9,931,980            1,040,690            18,926,710
       ( 2019  年5月1日~
                      (9,931,980)            (1,040,690)            (18,926,710)
       2020  年4月   30 日)
         第 16 会計年度
                       9,154,250            3,587,690            24,493,270
       ( 2020  年5月1日~
                      (9,154,250)            (3,587,690)            (24,493,270)
       2021  年4月   30 日)
         第 17 会計年度
                       1,361,070            5,880,780            19,973,560
       ( 2021  年5月1日~
                      (1,361,070)            (5,880,780)            (19,973,560)
       2022  年4月   30 日)
         第 18 会計年度
                       548,870            6,909,440            13,612,990
       ( 2022  年5月1日~
                       (548,870)            (6,909,440)            (13,612,990)
       2023  年4月   30 日)
       (注)括弧内の数字は、本邦内における販売口数、買戻口数および発行済口数を表す。以下同じ。
                                 55/258





                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       クラスJ受益証券

                       販売口数             買戻口数            発行済口数
         第9会計年度
                      49,810,680            26,097,865            164,033,207
       ( 2013  年5月1日~
                      (49,810,680)            (26,097,865)            (164,033,207)
       2014  年4月   30 日)
         第 10 会計年度
                      42,544,700            51,449,721            155,128,186
       ( 2014  年5月1日~
                      (42,544,700)            (51,449,721)            (155,128,186)
       2015  年4月   30 日)
         第 11 会計年度
                       8,210,370            76,323,921             87,014,635
       (2015   年5月1日~
                      (8,210,370)            (76,323,921)             (87,014,635)
        2016  年4月   30 日 )
         第 12 会計年度
                       7,588,070            14,399,919             80,202,786
       (2016   年5月1日~
                      (7,588,070)            (14,399,919)             (80,202,786)
        2017  年4月   30 日 )
         第 13 会計年度
                       4,407,620            15,701,116             68,909,290
       ( 2017  年5月1日~
                      (4,407,620)            (15,701,116)             (68,909,290)
       2018  年4月   30 日)
         第 14 会計年度
                         0          8,861,870            60,047,420
       ( 2018  年5月1日~
                        (0)          (8,861,870)            (60,047,420)
       2019  年4月   30 日)
         第 15 会計年度
                         0          5,285,895            54,761,525
       ( 2019  年5月1日~
                        (0)          (5,285,895)            (54,761,525)
       2020  年4月   30 日)
         第 16 会計年度
                         0          5,520,480            49,241,045
       ( 2020  年5月1日~
                        (0)          (5,520,480)            (49,241,045)
       2021  年4月   30 日)
         第 17 会計年度
                         0          9,556,560            39,684,485
       ( 2021  年5月1日~
                        (0)          (9,556,560)            (39,684,485)
       2022  年4月   30 日)
         第 18 会計年度
                         0          6,385,355            33,299,130
       ( 2022  年5月1日~
                        (0)          (6,385,355)            (33,299,130)
       2023  年4月   30 日)
                                 56/258






                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】

    1【申込(販売)手続等】
     (1)海外における販売手続等
        CFTC  により公布された適用免除要件に従って、管理会社は、ファンドに関連して、商品プールオペ
       レーターまたは商品トレーディング・アドバイザーとして                              CFTC  に登録することを要求されず、また、登
       録されていない。そのため管理会社は、とりわけ開示書類または監査済年次報告書(商品プールオペ
       レーターまたは商品トレーディング・アドバイザーのいずれの場合も                                    CFTC  規則により要求される。)を
       ファンドの投資者に配布する必要がない。                      CFTC  の適用免除要件は、(1)全米先物協会に救済請求を提
       出すること、(2)受益証券が米国                  1933  年証券法(改訂済)に基づく登録を免除されており、かつ米国
       内で公募されていないこと、(3)一定の適格投資家(一定の非米国投資家を含む。)のみがファンド
       の持分を購入できること、(4)ファンドが商品への投資を                               1936  年商品取引所法(改訂済)規則第4.
       13 条(a)(3)に規定される一定の僅少な水準に制限すること、および(5)ファンドが商品取引の
       ための媒体として販売されていないことである。上記にかかわらず、将来、ファンドが本段落に記載さ
       れた一つまたは複数の要件に適合しなくなった場合、管理会社は、ファンドに関する商品プールオペ
       レーターまたは商品トレーディング・アドバイザーとして                              CFTC  に登録することを決定することがある。
       申込
        受益証券の購入は、名義書換事務代行会社または管理会社による他の受任者に連絡し、かつ購入申込
       書に記入し、申込人が購入を希望している受益証券のクラスを明記することにより行うことができる。
       購入申込書の写しは、名義書換事務代行会社から入手することができる。申込人は、自らが適格投資家
       であることを証明する義務を負う。管理会社もしくは名義書換事務代行会社または管理会社による他の
       受任者は、理由を提示することなく、受益証券の申込みを拒否する権利を留保する。
        購入の申込みは、購入申込書において行われなければならず、かつ購入申込書に記載されるファック
       ス番号宛てで名義書換事務代行会社に送付されなければならない。
        名義書換代行会社のアイルランドにおける住所以外の場所では、いかなる募集も行われず、いかなる
       購入申込みも受理されない。
        すべての申込金は、購入申込書に明記されるとおり、ファンドの利益のために名義書換事務代行会社
       の銀行口座に支払われなければならない。
       受益証券の発行
        受益証券は、米ドルにて、いずれかの取引日(ニューヨーク証券取引所の営業日をいう。以下同
       じ。)に、当該取引日付で計算された該当する受益証券一口当たり純資産価格で発行されるものとす
       る。ただし、名義書換事務代行会社は、該当する取引日におけるニューヨーク証券取引所の通常の取引
       の終了時までに、適切に記入された購入申込書を受領しているものとする。即時に利用可能な資金によ
       る申込金の決済は、それに関して申込みが受領された該当する取引日(同日を含まない。)から3営業
       日以内(または管理会社が定めるその他の期間内)に行われなければならない。申込人は、米ドルで、
       申込金を支払わなければならない。
        管理会社は、ファンドが必要な支払を受領しなかったことにより生じた損失につき、かかる損失が管
       理会社の故意の義務不履行または詐欺行為によるものでない限り、自らの単独裁量で、申込人に対し、
       ファンドに対して補償するよう要求する権利を有する。
        名義書換事務代行会社が、該当する取引日におけるニューヨーク証券取引所の通常の取引の終了時ま
       でに適切に記入された購入申込書を受領しなかった場合、(別途受託会社により定められる場合を除
       き)すべての金銭が(利息なしで)保持され、受益証券はその直後の取引日における該当するクラスの
       受益証券一口当たりの純資産価格にて申込人に発行される。ニューヨーク証券取引所の通常の取引時の
       終了後に受領された適切に記入された購入申込書については、かかる遅延が電子的またはその他の不具
       合等の例外的な状況による場合およびマーケット・タイミングを行っているという証拠が存在しない場
                                 57/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       合には、名義書換事務代行会社または管理会社の他の受任者は、個別的に、かつ自らの単独裁量で受理
       することができる。
        管理会社が自らの単独裁量で別途定めない限り、受益証券の最低申込単位は                                       300  口であり、その後の受
       益証券の最低保有単位は            20 口であり、その後の受益証券の最低申込単位は                        10 口である。
        ファンドの受益証券は、管理会社の裁量で、ファンドの投資目的、方針および制限に従ってファンド
       が取得する投資証券と引換えに発行することができる。保管会社またはその指名する者に投資証券が譲
       渡されるまでは、いかなる受益証券も発行されないものとする。ファンドの純資産価額を計算する際、
       かかる投資証券は、ファンドの他の資産が評価されるのと同一の原則に従って評価される。
        管理会社または名義書換事務代行会社は、その絶対的な裁量でかつその理由を提示することなく、受
       益証券の申込みの全部または一部を拒否する権利を留保する。受益証券の申込みが拒否された場合、名
       義書換事務代行会社は、該当する取引日の直後の営業日までに、手数料を控除後の申込金を、利息を付
       さずに、申込人に返還するために合理的な努力を行う。
        受益証券の発行は、管理会社または管理会社と協議の上で受託会社の裁量で、ファンド信託証書に記
       載される理由により、停止することができる。
        受益証券には、販売手数料および後払手数料を含む手数料が課される。
        各受益者は、申込書に記載される情報に何らかの変更(投資者が適格投資家でなくなったことを意味
       すると思われる変更を含む。)があった場合、かかる変更を名義書換事務代行会社に書面で通知し、名
       義書換事務代行会社が合理的に要求する、かかる変更に関連するあらゆる追加の書類を、名義書換事務
       代行会社に提供しなければならない。
       適格投資家
        本書の日付現在、ファンドの方針により、アメリカ合衆国の国籍を有する者、国民もしくは居住者、
       アメリカ合衆国の州もしくは属領内で組織されたかもしくは存在するパートナーシップ、アメリカ合衆
       国またはその州、準州または属領の法律に基づいて設立されたかもしくはそこに存在する会社、信託ま
       たはその他主体、または米国連邦所得税において米国人であるもしくは米国の                                         1936  年法商品取引所法
       (改訂済)に従い、関連する規則において「非米国人」であるその他のいかなる投資者(以下、総称し
       て「米国人」という。)への受益証券の販売または受益証券の保有は許可されていない。ファンドの受
       益証券を購入することで、各受益者は、自身が米国人ではないこと、および自身が米国人を代理してい
       ないことを示し、保証する。
        ケイマン諸島の居住者である、またはケイマン諸島に住所を持つ者(ケイマン諸島内で組織された免
       税または通常の非居住法人もしくはいかなる目的の慈善信託または慈善団体を除く。)(以下、総称し
       て「ケイマン人」という。)は、受益証券を保有できない。
        ファンドの方針により、その者に対する販売が違法となるような投資者への受益証券の販売も禁じら
       れている。管理会社または管理会社と協議の上で受託会社は、これらの禁止事項に違反して販売された
       かまたはその他の方法で取得された受益証券の買戻しを強制する権利を持ち、またかかる権利を行使す
       る意向である。        適格投資家ではなくなった投資家(例えば、投資後に米国への移住により米国人になる
       ことによって)の受益証券も同様に買い戻されることが予想されることを留意のこと。
       マネー・ロンダリング防止手続き
        マネー・ロンダリング防止に対する責任の一環として、受託会社は、マネー・ロンダリング防止手続
       きを設定・維持する義務を負い、受託会社ならびに管理会社、名義書換事務代行会社、元引受会社およ
       びあらゆる販売会社またはファンドのその他業務提供者は、受託会社のために、受益者の身元、口座の
       実質的保有者および資金源の詳細な確認を要求することができる。
       マネー・ロンダリング防止規則ならびにテロ防止および大量破壊兵器の拡散に関する資金供与の防止
        マネー・ロンダリング防止ならびにテロ防止および大量破壊兵器の拡散に関する資金供与の防止を目
       的とする法律または規制を遵守するため、受託会社は、手続きを設定・維持する義務を負い、申込人
       に、その身元、実質的所有者/支配者の身元(適用ある場合)および資金源を証明する証拠の提出を要
                                 58/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       求することができる。認められた場合、および一定の条件に従って、受託会社は、これらの手続きの維
       持(デュー・ディリジェンス情報の取得を含む。)を適当な者に依拠すること、または、当該手続きの
       維 持を適当な者に委託することができる。
        受託会社ならびに受託会社のために行為する管理会社、名義書換事務代行会社、元引受会社およびあ
       らゆる販売会社は、受益者(申込人または譲受人)の身元、実質的所有者/支配者の身元(適用ある場
       合)および申込金の資金源を証明するために必要な情報を請求する権利を留保する。ただし、状況に応
       じて、受託会社または受託会社のために行為する管理会社、名義書換事務代行会社、元引受会社もしく
       はいずれかの販売会社は、適用法に基づく免除規定が適用されることから、申込時に完全なデュー・
       ディリジェンスが必要ないと考える場合には、情報を要求しないこととすることもできる。ただし、受
       益証券の持分に基づく支払いまたは持分の譲渡の前に、詳細な身元確認が必要となる場合がある。
        申込人または譲受人のいずれか該当する方が身元確認のために要求された情報の提供を怠るか、また
       は遅延した場合、受託会社または受託会社のために行為する管理会社、名義書換事務代行会社、元引受
       会社もしくはいずれかの販売会社は、申込みを拒絶すること、または申込みが既に約定している場合
       は、その持分の停止もしくは買戻しを行うことができ、かかる場合、受領された申込金は、適用法に
       よって許される最大の限度で、利息を付さずに送金元の口座に申込人の費用および責任において返金さ
       れる。
        受託会社ならびに受託会社のために行為する管理会社、名義書換事務代行会社、元引受会社およびあ
       らゆる販売会社は、受益者に対して買戻代金または分配金を支払うことが適用法または適用規制に準拠
       していない可能性があると疑うか、もしくは準拠していない可能性があると助言されている場合、また
       は受託会社、管理会社、名義書換事務代行会社、元引受会社およびあらゆる販売会社の適用法または適
       用規制の遵守を確保するために買戻代金または分配金の支払の拒絶が必要もしくは適切と考えられる場
       合、当該受益者に対する買戻代金または分配金の支払を拒絶することができる。
        CIMA  は、ファンドによる随時改正されるケイマン諸島のマネー・ロンダリング防止規則の規定の違反
       に関してファンドに対して、また、違反に同意したか、もしくは、違反を黙認したファンドの取締役も
       しくは役員または違反を放置したことに帰責性があると証明された者に対して、多額の行政上の罰金を
       課す裁量的権限を有する。ファンドがかかる行政上の罰金を支払う限りにおいて、ファンドがかかる罰
       金および関連する手続の経費を負担する。
        ケイマン諸島内の者は、他の者が犯罪行為もしくはマネー・ロンダリングに従事していること、また
       はテロ行為もしくはテロリストの資金提供および資産に関与していることを知りもしくはそのような疑
       惑を抱き、または、知りもしくは疑惑を抱く合理的な理由がある場合であって、かかる認識または疑惑
       に関する情報を規制されたセクターにおける業務の遂行、その他取引、業務または雇用過程において得
       た場合、当該者は、かかる認識または疑惑を、(ⅰ)犯罪行為もしくはマネー・ロンダリングに関する
       ものである場合には、ケイマン諸島の犯罪収益に関する法律に基づいてケイマン諸島財務報告当局(以
       下「財務報告当局」という。)に対して、また、(ⅱ)テロ行為またはテロリストの資金提供もしくは
       資産に関するものである場合には、ケイマン諸島テロリズム法(改正済)に基づいて巡査以上の階級の
       警察官または財務報告当局に対して、通報する義務を負う。かかる通報は、法律等で課せられた情報の
       秘匿または開示制限の違反とはみなされない。
        申込により、申込人は、自らならびに実質的所有者および支配者の代理として、マネー・ロンダリン
       グ、租税情報交換、規制ならびにケイマン諸島および他の管轄双方における類似事項に関して照会が
       あった場合に、監督官庁およびその他に対し受託会社および受託会社のために行為する名義書換事務代
       行会社、元引受会社およびあらゆる販売会社による情報の開示に同意するものとする。
        投資者は、ファンドのアンチ・マネー・ロンダリング・コンプライアンス・オフィサー、マネー・ロ
       ンダリング・オフィサーおよびデピュティ・マネー・ロンダリング・オフィサーに関する詳細(その連
       絡先を含む。)を管理会社に問い合わせることにより入手することができる。
       情報照会
                                 59/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        受託会社ならびに受託会社のために行為する管理会社、名義書換事務代行会社、元引受会社およびあ
       らゆる販売会社またはケイマン諸島に居住するその取締役または代理人は、適用ある法律に基づき、規
       制 当局、政府機関または行政庁からの情報開示請求に対し、情報(受益者に関する情報および該当する
       場合には受益者の実質的所有者および支配者の情報を含むがそれらに限られない。)の提供を強要され
       ることがある。かかる請求は、例えば、金融庁法に基づき、                               CIMA  によって、      CIMA  自らもしくは海外の認
       可された規制当局のために行われ、または税務情報庁法(改正済)ならびに関連規則、契約、協定およ
       び覚書に基づき、税務情報庁によって行われる。かかる法令に基づく守秘情報の開示は、守秘義務違反
       とはみなされず、一定の状況下においては、受託会社ならびに受託会社のために行為する管理会社、名
       義書換事務代行会社、元引受会社およびあらゆる販売会社ならびにその取締役または代理人は、当該請
       求が行われたことの開示を禁じられることがある。
       制裁
        ファンドは、法令により、制裁制度の適用を受ける法人、個人、組織および/または投資対象との間
       の取引を制限される。
        各申込人および受益者は、継続的に、受託会社ならびに管理会社、名義書換事務代行会社、元引受会
       社およびあらゆる販売会社または受託会社のその他の業務提供者に対し、自身が、また、自身が知り得
       る限りまたは自身が信じる限り、自身の実質的所有者、支配者または授権された者(以下「関係者」と
       いう。)(もしあれば)が(ⅰ)米国財務省海外資産管理局(以下「                                    OFAC  」という。)によって維持さ
       れている、または欧州連合(以下「                  EU 」という。)および/または連合王国(以下「英国」という。)
       の規則(後者は、制定法によりケイマン諸島に適用されるため)および/またはケイマン諸島法制に基
       づく制裁対象企業または個人のリストに氏名(名称)が掲載されていないこと、(ⅱ)国際連合、
       OFAC  、 EU 、英国および/またはケイマン諸島によって課せられた制裁の対象である国もしくは領土に事
       業拠点を置いていないこと、またはかかる国もしくは領土を本拠地としていないこと、または(ⅲ)国
       際連合、     OFAC  、 EU 、英国またはケイマン諸島によって課せられた制裁(英国によって課せられた制裁
       は、制定法によりケイマン諸島に適用される。)の対象(「制裁対象」と総称する。)でないことを表
       明し、また、保証することが要求されている。
        申込人または関係者が制裁対象になっている、または制裁対象になった場合、受託会社または管理会
       社は、申込人に通知することなく、申込人または当該関係者(適用ある場合)が制裁対象でなくなるま
       で、またはかかる取引を継続するために適用法に基づく許可が取得されるまで、申込人との追加の取引
       および/または申込人のファンドの持ち分に関する取引を直ちに停止することが要求される可能性があ
       る(以下「制裁対象者事象」という。)。受託会社ならびに管理会社、名義書換事務代行会社、元引受
       会社およびあらゆる販売会社または受託会社のその他の業務提供者は、制裁対象者事象により申込人が
       被ったあらゆる負債、費用、経費、損害および/または損失(直接または間接の損失、利益の喪失、収
       益の損失、評判の低下およびあらゆる金利、課徴金、法的費用、ならびにその他のあらゆる専門家費用
       および経費を含むがこれらに限定されない。)に対する責任を一切負わないものとする。
       ケイマン諸島データ保護
        ケイマン諸島政府は、データ保護法(改正済)(以下「データ保護法」という。)を制定し、同法は
       2019  年9月   30 日に発効した。データ保護法は、国際的に認められたデータ・プライバシーの原則に基づ
       くファンドの法的要件を導入する。
        ファンドは、データ保護法に基づくファンドのデータ保護義務および投資者(および投資者に関係す
       る個人)のデータ保護の権利を                概説  する書類を作成した(以下「ファンド・プライバシー通知」とい
       う。)。ファンド・プライバシー通知は、ファンドの英文目論見書別紙2に含まれている。
        投資予定者は、ファンドへの投資ならびにファンドならびにその関連会社および/または委託先との
       付随する相互作用(購入申込書の記入を含み、および該当する場合は電子的通信または通話の記録を含
       む。)により、または投資者に関係する個人(例えば、取締役、受託者、従業員、代表者、株主、投資
       者、顧客、実質的所有者または代理人)の情報をファンドに対して提供することにより、当該個人は、
                                 60/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ファンドならびにその関連会社および/または委託先に対して、データ保護法の意味における個人デー
       タを構成する一定の個人情報を提供することに留意すべきである。ファンドは、かかる個人データに関
       す るデータ管理者を務めるものとし、管理会社およびその他の者などファンドの関連会社および/また
       は委託先は、データ処理者(または、ある状況下においては、これらの者自身の権利におけるデータ管
       理者)を務めることがある。
        ファンドに投資することおよび/またはファンドに継続して投資することにより、投資者は、ファン
       ド・プライバシー通知を詳細に読み、およびこれを理解し、ならびにファンド・プライバシー通知が
       ファンドに対する投資に関連するデータ保護の権利義務の概要を提供することを確認したものとみなさ
       れる。
        データ保護法の監視は、ケイマン諸島の行政監察官(オンブズマン)事務所の責任である。ファンド
       によるデータ保護法の違反は、是正命令、制裁金または刑事訴追のための告発を含むオンブズマンによ
       る強制措置に至る可能性がある。
                                 61/258
















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (2)日本における販売手続等

        日本においては、本書「第一部 証券情報 (7)申込期間」に記載される申込期間中の各日に同書
       「第一部 証券情報」に従ってクラスM受益証券の申込みの取扱いが行われる。
       適格投資家

        本書の日付現在、ファンドの方針により、アメリカ合衆国の国籍を有する者、国民もしくは居住者、
       アメリカ合衆国の州もしくは属領内で組織されたかもしくは存在するパートナーシップ、アメリカ合衆
       国またはその州、準州または属領の法律に基づいて設立されたかもしくはそこに存在する会社、信託ま
       たはその他主体、または米国連邦所得税において米国人であるもしくは米国の                                         1936  年法商品取引所法
       (改訂済)に従い、関連する規則において「非米国人」であるその他のいかなる投資者(以下、総称し
       て「米国人」という。)への受益証券の販売または受益証券の保有は許可されていない。ファンドの受
       益証券を購入することで、各受益者は、自身が米国人ではないこと、および自身が米国人を代理してい
       ないことを示し、保証する。
        ケイマン諸島の居住者である、またはケイマン諸島に住所を持つ者(ケイマン諸島内で組織された免
       税または通常の非居住法人もしくはいかなる目的の慈善信託または慈善団体を除く。)(以下、総称し
       て「ケイマン人」という。)は、受益証券を保有できない。
        ファンドの方針により、その者に対する販売が違法となるような投資者への受益証券の販売も禁じら
       れている。管理会社または管理会社と協議の上で受託会社は、これらの禁止事項に違反して販売された
       かまたはその他の方法で取得された受益証券の買戻しを強制する権利を持ち、またかかる権利を行使す
       る意向である。適格投資家ではなくなった投資家(例えば、投資後に米国への移住により米国人になる
       ことによって)の受益証券も同様に買い戻されることが予想されることを留意のこと。
        前記「(1)海外における販売手続等」の記載は、適宜、日本における販売手続等にも適用されるこ

       とがある。
    2【買戻し手続等】

     (1)海外における買戻し手続等
        受益証券の買戻しは、名義書換事務代行会社または管理会社による他の受任者に連絡し、かつ買戻請
       求書に記入し、申込人が買戻しを希望している受益証券のクラスを明記することにより行うことができ
       る。買戻請求書の写しは、名義書換事務代行会社から入手することができる。買戻しの申込みは、買戻
       請求書において行われなければならず、かつ、買戻請求は、名義書換事務代行会社に対して、ファック
       スまたは管理会社もしくはその代理人により随時承諾されたその他の方法により買戻請求書に明記され
       るファックス番号宛てに送付しなければならず、買戻される受益証券の口数を明記しなければならず、
       かつ買戻代金の支払についての指示を記載しなければならない。
        受益者は、適切に記入された買戻請求書が該当する取引日におけるニューヨーク証券取引所の通常の
       取引の終了時(または管理会社が決定する他の日時)(以下「買戻期限」という。)までに名義書換事
       務代行会社により受領されるように、かかる買戻請求書を名義書換事務代行会社に送付することによ
       り、自己が保有する受益証券の任意の口数(最低一口とする。)を、いずれかの取引日に、該当する取
       引日における該当するクラスの受益証券一口当たり純資産価格から関連する手数料(もしあれば)およ
       び短期取引手数料(もしあれば)を差引いた価格(以下「買戻価格」という。)で買戻すことを、名義
       書換事務代行会社に請求することができる。該当する買戻期限後に名義書換事務代行会社が受領した買
       戻請求書は、一時保留され、翌取引日に有効となる。買戻期限後に受領された適切に記入された買戻請
       求書につき、かかる遅延が電子的またはその他の不具合等の例外的な状況による場合およびマーケッ
                                 62/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ト・タイミングを行っているという証拠が存在しない場合には、名義書換事務代行会社または管理会社
       は、個別的に受理することができる。
        買戻代金は、通常、(ⅰ)該当する取引日から                         10 営業日以内に、受益者に対して現金で支払われる
       か、または(ⅱ)(送金費用を控除した上で)受益者に対して電信送金される。いかなる買戻代金も、
       送金前に利息を生じないものとする。受益者は、現金化されていない買戻金小切手につき利息を受領し
       ない。
        クラスM受益証券の買戻時に、買戻し手数料は徴収されない。
        購入日から5年以内にクラスJ受益証券(後払手数料)の買戻しをする場合、以下の表に従って買戻
       手数料(後払手数料)が徴収される。
                                              (注)

           買戻される受益証券の保有期間
                                        後払手数料率
                 2年以内                          4.0  %
               2年超3年以内                            3.0  %
               3年超4年以内                            2.0  %
               4年超5年以内                            1.0  %
                  5年超                         0.0  %
       (注)後払手数料は、各受益証券につき、発行価格と買戻価格の低い方の価格に基づいて計算される。購入日から買戻日までの期
         間の算定においては、購入日の属する月の翌年の同月末日をもって満1年とする。また、複数時に分けて受益証券が購入さ
         れている場合、先に購入された(保有期間の長い)受益証券から買戻される。
        管理会社または名義書換事務代行会社は、受益者への買戻金の支払の全部または一部を留保し、かか

       る金額で、ファンド信託証書の他の規定に基づきファンドに関して受益者が受託会社または管理会社に
       対して負う未払い債務を相殺することができる。管理会社または名義書換事務代行会社は、受益証券に
       ついての買戻金の支払またはその他の支払から、受託会社または管理会社が公租公課もしくはその他の
       租税、課税金またはその他のあらゆる種類の賦課金について法律により行わなければならないか、行う
       ことのできるその他の金額の控除を行うことができる。
        いずれかの取引日における買戻請求総額が、管理会社が、本書に記載される投資目的および制限に従
       い、(ファンドに適用される買戻しの制限等の要因を斟酌した上で)ファンドの運用を著しく害するで
       あろうとその絶対的な裁量で判断する金額を超える場合、管理会社は、買戻される受益証券の合計口数
       を、管理会社により決定される発行済受益証券の割合にまで制限することができ、また、受益者の請求
       は、(以下に要約される裁量に従って)比例按分されて買戻され、残額については、翌取引日に、当該
       取引日に受領される買戻請求に優先して買戻される。管理会社は、自らの裁量(管理会社が、少額の買
       戻請求については全額買戻すことを許可しながら、より多額の買戻請求については制限することが適当
       であるとみなす状況が含まれる。)で、比例按分以外の方法で買戻請求を減少することができる。
        受益者は、結果としてかかる受益者の保有する受益証券の口数が                                 20 口を下回ることになるような受益
       証券の一部買戻しを行うことはできない。ただし、管理会社が、請求より少ない金額または口数の受益
       証券を保有することに関する許可を、事前に受益者に付与している場合はこの限りでない。
        受益証券の買戻しは、純資産価格の決定の停止(詳細は「4資産管理等の概要 (1)資産の評価 
       ②純資産価格の決定の停止」を参照のこと。)期間中には、行うことができない。
        受益者は、名義書換事務代行会社により受領された買戻請求を、管理会社の書面の同意なしに取消す
       ことはできず、その同意は管理会社が受託会社と同じ内容について協議した場合にのみ与えられる。
       強制買戻し
        管理会社または管理会社と協議の上、受託会社は、随時、以下の状況を含む何らかの理由により、実
       行可能な場合にはファンドの受益者全員に5日以上前に取引日に買戻す旨の通知を行うことによって、
       当該取引日における買戻価格にて、事前に買戻されていないすべての受益証券を買戻すことができる。
                                 63/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ① 受益証券が直接にまたは実質的に以下の者により所有されていることを管理会社または受託会社が
         気付いた場合、または管理会社または受託会社がその旨を確信する理由を有する場合。
        (ⅰ)違反することにより違反者が受益証券を保有する資格を失い、またその結果、トラスト、受託
           会社または管理会社がそれ以外の状況では負担しなかったまたは被らなかったはずである公租
           公課を負担し、または不利益を被ることになる場合において、いずれかの国または政府当局の
           法律または要件に違反する者。
        (ⅱ)適格投資家ではない者、または適格投資家ではない者を代理してもしくはその利益のために受
           益証券を取得した者。
        (ⅲ)管理会社の意見により、ファンド、トラスト、受託会社または管理会社が、それ以外の状況で
           は負担せずまたは被らなかったはずである何らかの公租公課を負担するか、または法律上、金
           銭上、規制上もしくは重大な行政上の不利益を被る結果をもたらすおそれのある状況にある
           者。
       ② 受益者が保有する受益証券の口数が、本書または信託証書第一補遺に明記される、ファンドに関し
         て要求される最低保有口数を超過せず、またはかかる最低保有額を上回る純資産価額を有しない場
         合。
       ③ 受益証券の譲渡のため、受益者が、本書または信託証書第一補遺に明記される、ファンドに関して
         要求される最低保有額を上回る純資産価額を有する受益証券口数をファンドにおいて取得または保
         持できない場合。
       ④ ある受益者による買戻請求が受理された場合、ファンドの発行済受益証券の残口数もしくはその総
         純資産価額が、ファンドにつき本書または信託証書第一補遺において定められた最低保有口数もし
         くは最低保有額(もしあれば)を下回る結果となる場合。
       ⑤ 受益者が、その保有する受益証券に関して支払うべき租税を、受託会社がその支払を請求する通知
         を行った後、       30 日間未払いである場合。
       ⑥ 名義書換事務代行会社、受託会社または管理会社が、購入申込書における表明もしくは保証、また
         は受益者が別途その受益証券の申込みに関連して行った表明もしくは保証が真実に反するかまたは
         真実ではなくなったと判断した場合。
       ⑦ 受益者がいずれかの受益証券につき申込金を支払わない場合。
       ⑧ 受託会社または管理会社が、かかる買戻しがファンドの受益者の利益に適うと合理的に判断した場
         合。
       ⑨ 管理会社の選択により、あるクラスおよび/またはサブ・ファンドの受益証券(以下、本⑨におい
         て「旧受益証券」という。)を買戻し、その直後に他のクラスおよび/またはサブ・ファンドの受
         益証券(以下、本⑨において「新受益証券」という。)の払込のために該当する受益者を代理して
         買戻代金を再引受する方法で、旧受益証券が新受益証券に交換されるという条件に従って受益証券
         が発行される際に基づいて行う転換、交換またはロールアップの方針を実行することを目的とする
         場合。ただし、受託会社および管理会社は、ファンド信託証書第                                 17.1.9   条に基づいて行う買戻しに
         ついて通知を行わない。
       ⑩ あるシリーズ・トラストの受益証券(以下、本⑩において「旧シリーズ・トラストの受益証券」と
         いう。)を買戻し、その直後に他のシリーズ・トラストの受益証券(以下、本⑩において「新シ
         リーズ・トラストの受益証券」という。)の払込のために該当する受益者を代理して買戻代金を再
         引受する方法で、旧シリーズ・トラストの受益証券が新シリーズ・トラストの受益証券に交換され
         るという条件に従って受益証券が発行される際に基づいて行う転換または交換の方針を実行するこ
         とを目的とする場合。
       ⑪ あるクラスおよび/もしくはサブ・ファンドの受益証券を終了させるために、ならびに/または管
         理会社が受託会社に当該クラスおよび/もしくはサブ・ファンドの受益証券を終了させるよう助言
         した場合に、いずれかのクラスおよび/もしくはサブ・ファンドの受益証券を買戻す場合。
                                 64/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ⑫ 管理会社が、ファンドの効率的な運営のために、ファンドの資産が不十分であると合理的に判断し
         た場合。
       ⑬ ケイマン諸島当局の命令による場合。
        管理会社または受託会社は、また、(ⅰ)かかる者に対して、かかる受益証券を、買戻価格もしくは
       その他の合意された価格で、かかる受益証券を所有する資格を有する者に譲渡するよう要求する通知
       (管理会社または受託会社が適当とみなす様式による。)を行う権利、または(ⅱ)かかる受益証券の
       買戻しを書面で請求する権利も有する。かかる通知の送付を受けた者が、                                      30 日以内に、かかる受益証券
       を譲渡しないか、またはかかる受益証券の買戻しを管理会社または受託会社に書面で請求しない場合、
       かかる受益者は、当該            30 日の期間が満了した時に、そのすべての受益証券の買戻しを請求したものとみ
       なされる。
     (2)日本における買戻し手続等

        受益者は、適切に記入された買戻請求書を、ファンドの営業日でかつ販売会社の営業日に、当該営業
       日の終了時までに販売会社に送付することにより、受益証券をファンドが販売会社からの買戻請求を受
       領した日における該当する受益証券の一口当たり純資産価格から適用される後払手数料(もしあれば)
       を差引いた価格で買戻すことができる。買戻単位は                          10 口単位であるが、販売会社によって異なる取扱い
       を行うことがある。
        買戻代金は、外国証券取引口座約款の定めるところに従って、国内約定日(通常、取引日の販売会社
       の翌営業日)から起算して販売会社の4営業日目に、販売会社を通じて、円貨または米ドル貨で支払わ
       れる。
        クラスM受益証券の買戻時に、買戻し手数料は徴収されない。
        購入日から5年以内にクラスJ受益証券(後払手数料)の買戻しをする場合、以下の表に従って買戻
       手数料(後払手数料)が徴収される。
                                              (注)

            買戻される受益証券の保有期間
                                        後払手数料率
                 2年以内                          4.0  %
               2年超3年以内                            3.0  %
               3年超4年以内                            2.0  %
               4年超5年以内                            1.0  %
                  5年超                         0.0  %
       (注)後払手数料は、各受益証券につき、発行価格と買戻価格の低い方の価格に基づいて計算される。購入日から買戻日までの期
         間の算定においては、購入日の属する月の翌年の同月末日をもって満1年とする。また、複数時に分けて受益証券が購入さ
         れている場合、先に購入された(保有期間の長い)受益証券から買戻される。
        名義書換事務代行会社は、受益者への買戻金の支払の全部または一部を留保し、かかる金額で、ファ

       ンド信託証書の他の規定に基づきファンドに関して受益者が受託会社または管理会社に対して負う未払
       い債務を相殺することができる。名義書換事務代行会社は、受益証券についての買戻金の支払またはそ
       の他の支払から、受託会社または管理会社が公租公課もしくはその他の租税、課税金またはその他のあ
       らゆる種類の賦課金について法律により行わなければならないか、行うことのできるその他の金額の控
       除を行うことができる。
        いずれかの取引日における買戻請求総額が、管理会社が、本書に記載される投資目的および制限に従
       い、(ファンドに適用される買戻しの制限等の要因を斟酌した上で)ファンドの運用を著しく害するで
       あろうとその絶対的な裁量で判断する金額を超える場合、管理会社は、買戻される受益証券の合計口数
       を、管理会社により決定される発行済受益証券の割合にまで制限することができ、また、受益者の請求
       は、(以下に要約される裁量に従って)比例按分されて買戻され、残額については、翌取引日に、当該
                                 65/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       取引日に受領される買戻請求に優先して買戻される。管理会社は、自らの裁量(管理会社が、少額の買
       戻請求については全額買戻すことを許可しながら、より多額の買戻請求については制限することが適当
       で あるとみなす状況が含まれる。)で、比例按分以外の方法で買戻請求を減少することができる。
        受益者は、結果としてかかる受益者の保有する受益証券の口数が                                 20 口を下回ることになるような受益
       証券の一部買戻しを行うことはできない。ただし、管理会社が、それより少ない金額または口数の受益
       証券を保有することに関する許可を、事前に受益者に付与している場合はこの限りでない。
        受益証券の買戻しは、純資産価格の決定の停止(詳細は「4資産管理等の概要 (1)資産の評価 
       ②純資産価格の決定の停止」を参照のこと。)期間中には、行うことができない。
        受益者は、名義書換事務代行会社により受領された買戻請求を、管理会社の書面の同意なしに取消す
       ことはできない。
       強制買戻し
        海外における買戻し手続等と同じ。
        前記「(1)海外における買戻し手続等」の記載は、適宜、日本における買戻し手続等にも適用され

       ることがある。
    3【受益証券の譲渡】

       すべての受益者は、ファンド信託証書の規定および名義書換事務代行会社または管理会社の事前の書面
     による承認(かかる承認は不合理に留保されない。)に従って、自己が所有する受益証券を、書面の証書
     により譲渡することができる。ただし、譲受人は、最初に、当該時点において有効であるか、または別途
     名義書換事務代行会社もしくは管理会社により要求される、法定の規定または政府もしくはその他の要件
     または該当するもしくは適用される法域の規制または受託会社、名義書換事務代行会社もしくは管理会社
     の方針を遵守するために、受託会社、名義書換事務代行会社または管理会社により要求される情報を提供
     するものとする。さらに、譲受人は、(ⅰ)受益証券の譲渡が適格投資家に対するものであること、およ
     び(ⅱ)譲受人が自己勘定で受益証券を取得することを管理会社、受託会社および名義書換事務代行会社
     に対し表明することを要求される。受益証券の譲渡が実行された後、譲受人は、ファンドに関して受益者
     が保有することを要求される受益証券の最低保有金額に等しい金額を保有していなければならず、かつ譲
     渡人もまた、(a)ファンドに関して受益者が保有することを要求される受益証券の最低保有金額を保有
     し続けるか、または(b)いかなる受益証券も一切保有しないようにしなければならない。いかなる受益
     者も、適格投資家以外の者に対して受益証券を譲渡することはできない。
       管理会社は、各譲渡証書が譲渡人および譲受人によってまたはこれらを代理して署名されることを要求
     するものとする。譲渡人は、当該譲渡が登録され、かつ譲受人の氏名が受益者として関係する受益者名簿
     に登録されるまでは、受益者として扱われるものとし、当該譲渡対象の受益証券に対する権利を有するも
     のとみなされる。管理会社は、かかる登録または記載を不合理に遅延または留保しないものとする。
       各譲渡証書は、適用ある印紙税の収入印紙を適式に貼付し、当該時点において有効な法律により必要と
     される申告書もしくはその他の文書および譲渡人の権原または受益証券を譲渡する権利を証明するために
     名義書換事務代行会社が合理的に要求し得るその他の証拠を添付して、登録のために名義書換事務代行会
     社に提出しなければならない。
    4【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】
       ① 純資産価格の計算
         管理会社は、ファンド信託証書に従い、各取引日に、ファンドの受益証券の各クラスの受益証券一
        口当たり純資産価格を決定する。受益証券一口当たり純資産価格は、受益証券の該当するクラスに帰
                                 66/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        属するファンドの純資産を、その時点で発行済みまたはかかる取引日において発行済みとみなされる
        当該クラスの受益証券口数で除すことにより計算される。
         ある時点において、トラストの個別のクラスまたはサブ・ファンドの受益証券が発行される場合、
        管理会社は、各評価日において、(a)関連する期間におけるトラストの純資産価額の増減額を(い
        ずれかのクラスまたはサブ・ファンドにのみ帰属する資産または負債を算入せずに)、当該期間の期
        初におけるトラストの基準通貨(米ドルをいう。以下同じ。)で計算されたトラストの受益証券の各
        クラスまたはサブ・ファンドの純資産価額に応じて比例按分して、トラストの基準通貨で計算された
        受益証券のクラスまたはサブ・ファンドの間で配分し、次に(b)当該クラスまたはサブ・ファンド
        にのみ帰属する資産または負債を加減することにより、かかる各クラスまたはサブ・ファンドの受益
        証券一口当たり純資産価格を決定するものとする。管理会社は、その後、あるクラスまたはサブ・
        ファンドの、当該クラスもしくはサブ・ファンドの基準通貨(クラスもしくはサブ・ファンドごとに
        決定される。)で計算された受益証券一口当たり純資産価格を、当該クラスまたはサブ・ファンドの
        発行済受益証券口数で除すことにより、トラストのあるクラスまたはサブ・ファンドの、当該クラス
        もしくはサブ・ファンドの基準通貨で計算された受益証券一口当たり純資産価格を決定するものとす
        る。管理会社は、トラストの純資産価額またはそのいずれかのクラスもしくはサブ・ファンドの純資
        産価額を、トラストまたはそのいずれかのクラスもしくはサブ・ファンドの基準通貨に、または当該
        基準通貨から交換するための計算に際し、該当する評価日に合理的に取得可能であると自己が判断す
        る外国為替レートを適用することができる。
         受益証券一口当たり純資産価格は、1セントまたは管理会社が決定するその他の額未満を四捨五入
        するものとし、かかる四捨五入による利益は、トラストの利益のために保持することができる。
         管理会社またはその代理人による価格または受益証券一口当たり純資産価格の決定はすべて最終的
        かつ確定的となるものであり悪意または詐害がない場合、管理会社に対して遡及できない。管理会社
        は、明白な誤りを除いて第三者から管理会社に提供された評価に依拠する必要はない。
         純資産価格の決定において、管理会社は、以下に記載される評価手続きを適用するものとする。
         市場価格が直ちに入手可能な有価証券は、管理会社またはその受任者の意見により、かかる証券の
        市場価格を最も良く反映した価格により評価される。現在、当該価格は最終売値(またはある市場の
        正式な終値)、または売買が報告されていない場合には最終買い気配値と最終売り気配値の仲値に
        よって評価される一定の証券を除いて、(店頭で取引される証券の場合と同様に)最終買い気配値を
        使用して決定される。市場価格が直ちに入手可能である投資証券は、時価によって評価される。その
        他すべての有価証券および資産は、公平な評価手続きに従い公平な価格により評価される。負債は合
        計額から控除し、得られた残存額を当該クラスの発行済受益証券口数で除す。
         信頼できる市場価格は、長期社債、一定の優先株式、免税証券および一定のアメリカ合衆国以外の
        国の証券について、直ちに入手可能ではないと考えられている。かかる投資証券は、通常、値付機関
        に提供される評価額をもとに、公平な価格で評価される。値付機関は、同等の証券の市場取引および
        機関投資家が一般に認識する証券間の種々の関係を基礎にした手法を用いて、当該証券の標準的な、
        機関投資家の取引単位の評価額を決定する。
         ファンドが保有する証券の転売が制限された場合、管理会社またはその受任者は、公平な評価手続
        きに従い公平な価格を決定する。かかる証券の公平な価格は、ファンドが合理的期間内にかかる証券
        の秩序ある処分により実現できると合理的に期待する金額として一般には決定される。特定時点にお
        いて適用される評価手続きは、場合により異なる可能性が高い。しかしながら、発行体の財務状況お
        よび投資証券に関連する他の基本的な分析データならびに証券の処分に関する制限の性質(当該処分
        に関連してファンドに発生する可能性のある登録費用を含む。)を一般的には斟酌する。加えて、投
        資費用、同一クラスの制限のない証券の市場価格、保有量、当該証券についての最近の取引または募
        集の価格および発行体に関するすべての利用可能なアナリスト・レポート等の特定の要素が、通常同
        様に検討される。
                                 67/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         一般的には、一定の証券(例えばアメリカ合衆国以外の国の証券)の取引は、ニューヨーク証券取
        引所終了前のいろいろな時間に毎日相当規模が完了している。通貨の換算レートは、通常、その時点
        で のレートを用いて管理会社により決定される。ニューヨーク証券取引所の取引終了前に取引を終了
        する米国外の市場または証券取引所における証券の終値は、当該取引終了からニューヨーク証券取引
        所の取引終了までの間に生じた出来事を十分に織り込んでいない可能性がある。このため、管理会社
        またはその受任者は、公正価値に基づく価格決定の手続きを採用している。また、ファンドにより保
        有される証券は、ファンドの営業日でない日に取引が行われる外国市場において取引される場合があ
        り、かかる日におけるかかる証券の取引は、受益者がファンドの受益証券を売買することができない
        時に各受益者の投資分の価格に影響を及ぼしうる。
         さらに、多数発行された証券について、取引情報の収集と処理に必要な時間のために、一定の証券
        (例えば転換社債、米国国債および免税証券)の価格はニューヨーク証券取引所の終了前に収集され
        た市場価格に基づいて決定される。時には、かかる証券の価格に影響を及ぼす事態が価格決定時点と
        ニューヨーク証券取引所の終了時点との間に発生する可能性がある。その場合、公平な価格が存在し
        なければ、ファンドの純資産価額の計算には反映されない。かかる証券の価格に重大な影響をもたら
        す事態が当該期間中に発生した場合、かかる証券は公平な評価手続きに従い公平な価格で評価され
        る。ファンドは、他の状況においても公平な評価手続きに従いファンドの資産を公平な価格で評価し
        うる。その性質上、公平な価格とは、当該証券の任意の時点での誠実な評価であり、実際の市場価格
        を反映しない可能性がある。
         いずれかの投資ファンドもしくはミューチュアル・ファンド、集団投資スキーム、ユニット・トラ
        スト、リミテッド・パートナーシップまたはその他のファンド(マスター・ファンドを含む。)の株
        式、受益証券または持分の価値は、かかる投資ファンドもしくはミューチュアル・ファンド、集団投
        資スキーム、ユニット・トラスト、リミテッド・パートナーシップまたはその他のファンドの管理事
        務代行者、管理運用者またはその他の運営者から入手可能な価格とする。
         管理会社は、外国通貨で支払われる債務である、または将来において外国通貨で支払われる債務と

        なるいずれかの投資証券または同一通貨建ての現金の価値から任意の金額を控除することができる。
         管理会社は、外国通貨での何らかの価値または金額(投資証券の価値もしくは金額か、または当座
        口座もしくは預金口座上の現金もしくは金銭の価値もしくは金額か、または上記(ⅰ)乃至(ⅲ)の
        控除の価値もしくは金額かを問わない。)を、管理会社が、関連するもしくは権利放棄する責任のあ
        る割増金または割引額および交換費用を斟酌してその状況において適切と判断する比率で、機能通貨
        に転換するものとする。
         受託会社および管理会社のいずれも、それらのいずれかが、または全員が、当該時点において最低
        の市場取引売気配値または最高の市場取引買気配値であると確信する価格が、そうでない場合がある
        ことについて、責任を負わないものとする。
         管理会社は、その他の評価方法の方が受益証券の価格をより良く反映すると考える場合、かかる評
        価方法を使用するよう指図することができる。
         上記の価格相場が利用できない場合、評価価格は、管理会社が定める何らかの方法により随時決定
        されるものとする。
         純資産価格の計算に誤りがある場合、管理会社が定める価格決定手続規程に基づき訂正が行われる
        が、誤りの程度が軽微である場合には、訂正が行われないことがある。また、純資産価格の誤りの結
        果、受益証券の取引のやり直しは、(1)純資産価格計算の誤りが純資産価格の                                          0.5  %未満である場
        合、または(2)受益者当たりの予想調整金額が                         25 米ドル未満である場合には行われない。
       ② 純資産価格の決定の停止
                                 68/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ファンドの純資産価格の決定、ファンドの受益証券の発行およびファンドの受益証券の買戻しを行
        う受益者の権利は、管理会社または受託会社により、管理会社と協議の上随時、以下の事由を理由と
        して停止される場合がある。
        (a)戦争、国家の混乱、重大な金融危機、天変地異、または受託会社もしくは管理会社がその絶対
           裁量で緊急事態を構成すると決定した類似の状況が存する場合で、その結果ファンドの資産の
           評価もしくは処分が実務上秩序正しい方法により実施できないと管理会社が判断する場合。
        (b)ファンドの投資証券の主要な部分が上場され、値付けされ、取引され、もしくは取り扱われて
           いる証券取引所、商品取引所、先物取引所もしくは店頭市場が閉鎖されており(通例の週末お
           よび休日の閉所を除く。)、またはかかる取引所もしくは市場での取引が制限もしくは停止さ
           れている場合。
        (c)管理会社または受託会社(もしくはその代理人)がトラストの投資証券の価格、純資産価額ま
           たは受益証券一口当たり純資産価格を確認するのに通常利用している手段に機能停止が生じた
           場合、またはその他の理由により、ファンドの投資証券の価格、純資産価額もしくは受益証券
           一口当たり純資産価格が、管理会社の意見において、合理的、迅速、かつ公正に確認できない
           場合。
        (d)管理会社の意見において、ファンドの投資証券を換金することが実務上合理的ではないか、ま
           たは、受益者の利益に著しい損害を与えずにかかる換金を行えないような状況が存する場合。
        (e)ファンドの投資証券の買戻しまたは支払に伴うもしくはその可能性がある資金の送金もしくは
           本国送金、または受益証券の発行もしくは買戻しが遅滞しているか、または管理会社の意見に
           おいて、通常の為替相場でこれらを速やかに実施できない場合。
        (f)投資証券の換金または取得に伴う資金の移動ができない場合。
        (g)受益証券の発行または買戻しの結果、いずれかの関連法域の法律の規定に違反する場合。
        (h)管理会社が、かかる停止がファンドの受益者の最善の利益に適うと判断した場合。
        (i)ケイマン諸島当局の命令による場合。
         影響を   受ける   すべての受益者は、かかる停止につき停止から7日以内に書面にて通知を受けるもの

        とし、かかる停止の終了後速やかに通知されるものとする。
     (2)【保管】

        受益証券が販売される海外において、受益証券の確認書は受益者の責任において保管される。
        日本の投資者に販売される受益証券の確認書は、販売会社の保管者名義で保管され、日本の受益者に
       対しては、販売会社から受益証券の取引残高報告書が定期的に交付される。
        ただし、日本の受益者が別途、自己の責任で保管する場合は、この限りではない。
     (3)【信託期間】

        トラストは、下記「(5)その他                  ②  ファンドの解散」に定めるいずれかの方法により終了しない限
       り、  2150  年 12 月 31 日まで継続する。
        なお、日本における受益証券の募集開始日は                       2005  年 10 月1日である。
     (4)【計算期間】

        ファンドの決算期は毎年4月               30 日である。
     (5)【その他】

       ① 発行限度額
         受益証券の発行限度額は設けられていない。
                                 69/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ② ファンドの解散
         ファンドは、以下のいずれかの事由が最初に発生した時点で終了するものとする。
        (a)ファンドを継続すること、または別の法域に移転することが違法となるか、または受託会社も
           しくは管理会社の意見によれば、実行不可能、不経済、不適切もしくは受益者の利益に反する
           場合。
        (b)ファンドの受益者が、ファンドの受益者集会決議により、ファンドの終了を決定した場合。
        (c)すべての受益証券が買戻された場合。
        (d)   2150  年 12 月 31 日
        (e)管理会社が、受益者に               12 週間前の書面による通知を行うことを条件として、その単独裁量によ
           り決定した日。
        (f)受託会社もしくは管理会社のいずれかが、退任の意向を書面で通知した場合、または受託会社
           もしくは管理会社が、清算もしくは任意清算された場合(受益者決議により事前に承認された
           組織再編を目的とする任意清算の場合を除く。)で、受託会社、管理会社または受益者が、受
           託会社もしくは管理会社がかかる通知を行うかもしくは清算された後                                    90 日間以内に、受託会社
           もしくは管理会社の後任として受託会社もしくは管理運用者への就任を受諾することのできる
           状態にあるその他の者もしくは会社を任命するか、またはかかる任命を確保することができな
           い場合。
         ファンドが終了した場合、受託会社はかかるファンドのすべての受益者に対し、かかる終了につい
        て通知する。
         ファンドが終了される場合、
        (a)既に受託会社または管理会社に提出されたもので、実施していないすべての買戻請求通知は、
           撤回されたものとみなされる。
        (b)管理会社は、(当座勘定もしくは預金勘定に保有する現金と合わせ)すべての経費、租税公課
           ならびに手数料、費用および下記に定めるファンドに帰属する債務を支払うために十分なファ
           ンドの投資対象をすべて現金化する。かかる現金化および借入金の返済は、管理会社が定めた
           方法で実行し、完了する。
        (c)管理会社は、ファンドの残りの投資対象をすべて現金化する。
        (d)受託会社は、ファンドの終了日付で登録簿に記載されている受益者に対し、かかるそれぞれの
           受益者が保有しているかまたは保有しているとみなされる受益証券口数に比例して、ファンド
           の財産・資産の換金から得たすべての純現金入金額およびファンドの資産の一部を構成し分配
           のために利用可能なその他の現金を、ファンドの終了後可能な限り速やかに分配する。
         上記の定めに従い、受託会社または管理会社は、手持ち資金からすべての租税公課、ならびにファ
        ンドの終了に関連しまたは起因して受託会社または管理会社が負担したその他の経費、料金、費用お
        よび請求金額に対する十分な引当金を留保する権利を有するものとする。
       ③ 信託証書の変更
         ファンド信託証書の条件に従い、受託会社および管理会社は、ファンドの受益者またはトラストの
        受益者(場合に応じる。)に対する                  10 営業日前の書面の通知を行うことにより(かかる通知は、ファ
        ンド信託証書に定義される受益者決議またはトラスト決議により放棄することができる。)、ファン
        ドの信託証書補遺によって、管理会社または受託会社が(ⅰ)トラストの受益者もしくは該当するサ
        ブ・ファンドの受益者(場合に応じる。)の利益を著しく害するものではない、または(ⅱ)財務
        上、法定または公式の要件(法的拘束力を有するか否かを問わない。)を遵守するために必要である
        とみなす方法によりかつかかる範囲内で、ファンド信託証書の規定に対して修正、改訂、変更または
        追加を行うことができる。
         管理会社が、(ⅰ)その意見によれば、かかる修正、改訂、変更または追加が、当該時点における
        ファンドの受益者またはトラストの受益者(場合に応じる。)の利益を著しく害するものではなく、
                                 70/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        かつ受託会社または管理会社を受益者に対する責任から免除するために作用するものでもないこと、
        または(ⅱ)その意見によれば、かかる修正、改訂、変更または追加が、財務上、法定、または公式
        の 要件(法的拘束力を有するか否かを問わない。)を遵守するために必要であることを書面により証
        明しない限り、当該修正、改訂、変更または追加は、かかる改訂、変更または追加を承認する受益者
        決議またはトラスト決議(場合に応じる。)を必要とするものとする。ファンド信託証書へのいかな
        る修正、改訂、変更または追加も、受益者に対し、その受益証券に関して追加の支払を行う義務、ま
        たはそれに関して責任を負う義務を課すものでない。
       ④ 関係法人との契約の更改等に関する手続
        保管契約
         本契約は、      2021  年 12 月 31 日まで効力を有し、さらに3年間自動的に効力が継続する。同契約は、同
        契約のいずれかの当事者が              180  日前に他の当事者に対し書面により通知することにより、終了すること
        ができる。
         本契約は、マサチューセッツ州の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変
        更されうる。また、受託会社および保管会社の署名した書面による同意があった場合、変更されう
        る。
        計算代理サービス契約
         本契約は、      2021  年 12 月 31 日まで効力を有し、さらに3年間自動的に効力が継続する。同契約は、同
        契約のいずれかの当事者が              180  日前に他の当事者に対し書面により通知することにより、終了すること
        ができる。
         本契約は、ケイマン諸島の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更され
        うる。また、各当事者の署名した書面による同意があった場合、変更されうる。
        名義書換事務代行契約
         本契約は、本契約のいずれかの当事者が                    120  日前に他の当事者に対し、書面により解約を通知するこ
        とにより、またはその他の方法もしくは原因により解約されるまで有効に存続する。
         本契約は、アイルランドの法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更され
        うる。   また、管理会社および名義書換事務代行会社の署名した書面による同意があった場合、変更さ
        れうる。
        代行協会員契約
         本契約は、本契約のいずれかの当事者が                     30 日前にまたは契約違反により直ちに他の当事者に対し、
        書面により解約を通知するまで有効に存続する。
         本契約は日本国の法律に準拠し、同法により従い解釈されるものとし、同法に基づき変更すること
        ができる。
        日本における販売契約
         本契約は、一当事者が他の全当事者に対し、書面による通知を                                30 日前になすことによりこれを解約
        することができる。
         本契約は、英国の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更することがで
        きる。
        販売契約
         本契約は、一当事者が他の当事者に対し、書面による通知を                               30 日前になすことにより解約されるま
        で有効に存続する。
         本契約は、英国の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更することがで
        きる。また、管理会社および元引受会社の署名した書面による同意があった場合、変更されうる。
                                 71/258



                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    5【受益者の権利等】

     (1)【受益者の権利等】
        受益者が管理会社および受託会社に対し受益権を直接行使するためには、受益証券名義人として、登
       録されていなければならない。従って、販売会社に受益証券の保管を委託している日本の受益者は受益
       証券の登録名義人でないため、自ら管理会社および受託会社に対し直接受益権を行使することはできな
       い。これら日本の受益者は日本における販売会社との間の口座約款に基づき日本における販売会社をし
       て受益権を自己のために行使させることができる。
        受益証券の保管を日本における販売会社に委託しない日本の受益者は、本人の責任において権利行使
       を行う。
        受益者の有する権利は次のとおりである。
       ( ⅰ )分配金請求権
         受益者は、管理会社の決定したファンドの分配金を、受益証券口数に応じて請求する権利を有す
        る。
       ( ⅱ )買取請求権
         受益者は、ファンド信託証書の規定および本書の記載に従って、受益証券の買取りを請求すること
        ができる。
       ( ⅲ )残余財産分配請求権
         ファンドが清算される場合、受益者は、保有する受益証券の持分に応じて残余財産の分配を請求す
        る権利を有する。
       ( ⅳ )損害賠償請求権
         受益者は、管理会社および受託会社に対し、ファンド信託証書に定められた義務の不履行に基づく
        損害賠償を請求する権利を有する。
       ( ⅴ )受益者集会および議決権
         受託会社または管理会社は、ファンド信託証書の条項により義務付けられている場合、または合計
        でその時点においてトラストの発行済受益証券の                         10 分の1以上の受益証券を保有する者として登録さ
        れている受益者もしくは各サブ・ファンドの受益者集会が提案される場合にはサブ・ファンドの受益
        者の書面による要請のある場合、集会を招集する通知に記載されている日時と場所において、場合に
        応じてトラストまたはサブ・ファンドの受益者集会(以下「受益者集会」という。)を招集するもの
        とする。受益者集会には、ファンド信託証書の条項が適用されるものとする。受託会社または管理会
        社は、提案された検討事項によって二つもしくはそれ以上またはすべてのクラスおよびサブ・ファン
        ドが同様に影響を受けると考える場合、分離されたサブ・ファンドの受益者集会のために、二つもし
        くはそれ以上またはすべてのクラスおよびサブ・ファンドを一つのクラスまたはサブ・ファンドを構
        成するものとして取扱うことができる。ただし、他の場合には、受託会社または管理会社は、二つも
        しくはそれ以上またはすべてのクラスおよびサブ・ファンドを分離されたクラスまたはサブ・ファン
        ドとして取扱うものとする。あるクラスまたはサブ・ファンドの受益証券の保有者のための分離され
        た受益者集会は、特定のクラスおよびサブ・ファンドの受益証券の保有者にのみ関する事項の検討の
        為に開催できる。受益者集会は、トラストまたは関連するサブ・ファンドの受益者への                                             15 営業日以上
        前の通知により招集されるものとする。通知には、受益者集会の日時および場所ならびに受益者集会
        で提案される予定の決議事項が明記されるものとする。受益者集会の基準日は、受益者集会の通知に
        おいて指定された日とし、当該受益者集会の日として通知において明記された日より、少なくとも                                                   21
        日前とする。受益者の決議、投票および定足数に関するいかなる計算も、関連する基準日を参照して
        行われるものとする。ただし、当該基準日が評価日でない場合には、直前の評価日による。事故によ
        り受益者に対する通知がなされなかった場合または通知が受益者により受領されなかった場合でも、
        これによって受益者集会の手続は無効とならない。受託会社または管理会社の取締役またはその他の
                                 72/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        権限を与えられた役員は、いずれの集会にも出席し、発言する権利を有するものとする。集会の定足
        数は、場合に応じてトラストまたはサブ・ファンドのその時点における発行済受益証券の                                              10 %を保有
        す る受益者とする。
     (2)【為替管理上の取扱い】

        日本の受益者に対するファンドの受益証券の分配金、買戻代金等の送金に関して、ケイマン諸島にお
       ける外国為替管理上の制限はない。
     (3)【本邦における代理人】

        森・濱田松本法律事務所  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
        上記代理人は、管理会社から日本国内において、
       ( ⅰ )管理会社またはトラストおよびファンドに対する、法律上の問題および日本証券業協会の規則上
          の問題について一切の通信、請求、訴状、その他の訴訟関係書類を受領する権限、
       ( ⅱ )日本における受益証券の募集販売および買戻しの取引に関する一切の紛争、見解の相違に関する
          一切の裁判上、裁判外の行為を行う権限を委任されている。なお、関東財務局長に対する受益証
          券の募集、継続開示等に関する届出代理人および金融庁長官に対する届出代理人は、
           弁護士 三 浦   健
           東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
           森・濱田松本法律事務所
          である。
     (4)【裁判管轄等】

        日本の投資者が取得した受益証券の取引に関連する訴訟の裁判管轄権は下記の裁判所が有することを
       管理会社は承認している。
        東京地方裁判所 東京都千代田区霞が関一丁目1番4号
        確定した判決の執行手続は、関連する法域の適用法律に従って行われる。
                                 73/258










                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    1【財務諸表】

    a. ファンドの直近2会計年度の日本文の財務書類は、ケイマン諸島における諸法令および国際会計原則

       に準拠して作成された            2023  年および     2022  年4月   30 日終了年度の原文の監査済財務書類(以下「原文の財
       務書類」という。)を翻訳したものである(ただし、円換算部分を除く。)。これは、「特定有価証券
       の内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」
       第 131  条第5項ただし書の規定の適用によるものである。
    b. ファンドの原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和                                       23 年法律第     103  号)第1条の3第

       7項に規定する外国監査法人等をいう。)であるプライスウォーターハウスクーパース ケイマン諸島
       から、「金融商品取引法」(昭和                 23 年法律第     25 号)第   193  条の2第1項第1号に規定する監査証明に相当
       すると認められる証明を受けており、当該監査証明に相当すると認められる証明に係る監査報告書に相
       当するもの(翻訳文を含む。)が当該財務書類に添付されている。
    c. ファンドの原文の財務書類は、米ドルで表示されている。日本文の財務書類には、主要な金額につい

       て、  2023  年8月   31 日現在における株式会社三菱               UFJ  銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=                        146.20
       円)を使用して換算された円換算額が併記されている。なお、千円未満の金額は四捨五入されている。
       円換算額は原文の財務書類には記載されておらず、上記bの監査証明に相当すると認められる証明の対
       象になっていない。
                                 74/258












                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】

           パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト・ファンズ(ケイマン)

                         連結財政状態計算書
                          (米ドル表示)
                                       各報告期末

                              2023  年4月   30 日現在          2022  年4月   30 日現在
                       注記      米ドル        千円       米ドル        千円
    資産
    流動資産
    損益を通じて公正価値で
            *
    測定される金融資産                  3,4,8,12      536,157,539        78,386,232       850,436,228       124,333,777
    決済待ちの投資有価証券売却                   8     118,551,718        17,332,261       299,948,814        43,852,517
    先物契約に係る未収変動証拠金                   4,8         -       -      142,299        20,804
    中央清算機関で清算される
    スワップ契約に係る未収変動証拠金                   4,8       270,463        39,542       240,617        35,178
    未収利息およびその他の未収金                         5,094,990        744,888       4,050,447        592,175
                             8,212,915       1,200,728       45,766,227        6,691,022
    現金および現金等価物                   3,8
                            668,287,625        97,703,651       1,200,584,632        175,525,473
    資産合計
    負債

    流動負債
    損益を通じて公正価値で
            *
    測定される金融負債                  3,4,8,12      130,001,321        19,006,193       468,032,203        68,426,308
    決済待ちの投資有価証券購入                   8,11     284,507,459        41,594,991       385,831,373        56,408,547
    決済待ちの受益証券買戻し                   6       113,921        16,655       1,533,148        224,146
    先物契約に係る未払変動証拠金                   4,8       62,437        9,128         -       -
    未払管理報酬                   8,9       230,820        33,746       773,027       113,017
    未払保管および管理事務代行報酬                   8,9       174,314        25,485       115,066        16,823
    特定のデリバティブ契約に係る
    担保、時価評価額                   8      3,018,532        441,309       3,895,152        569,471
                              350,550        51,250       392,553        57,391
    その他の未払費用                   8,9
    負債合計(買戻可能受益証券の
                            418,459,354        61,178,758       860,572,522       125,815,703
    保有者に帰属する純資産を除く)
    買呼値/売呼値で測定される

    買戻可能受益証券の保有者に
                            249,828,271        36,524,893       340,012,110        49,709,770
    帰属する純資産                   1,8
    ケイマン籍パトナム・ディバーシ

    ファイド・インカム・トラスト
    の買戻可能受益証券の保有者に
                            249,862,541        36,529,903       340,194,751        49,736,473
    帰属する純資産
    *

     注記3(a)(ⅰ)を参照のこと。
    添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

                                 75/258




                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (2)【損益計算書】

           パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト・ファンズ(ケイマン)

                       連結包括利益(損失)計算書
                          (米ドル表示)
                             2023  年4月   30 日終了年度          2022  年4月   30 日終了年度

                       注記      米ドル        千円       米ドル        千円
    運用収益/(損失)
    損益を通じて公正価値で測定される
    金融資産および金融負債からの利息                   3,8      17,677,392        2,584,435       21,185,084        3,097,259
    外貨建資産および負債に係る
    実現純利益/(損失)および
    未実現利益/(損失)の純変動                          (21,399)        (3,129)       (148,163)        (21,661)
    損益を通じて公正価値で測定される
    金融資産および金融負債に係る
    実現純利益/(損失)および
    未実現利益/(損失)の純変動                        (22,476,640)        (3,286,085)       (47,981,134)        (7,014,842)
                                138        20      119,854        17,523
    関係会社からの支払いによる純増加                   10
                             (4,820,509)        (704,758)       (26,824,359)        (3,921,721)
    運用収益/(損失)合計
    運用費用

    管理報酬                   9      3,981,409        582,082       5,687,426        831,502
    保管報酬                   9       118,210        17,282       151,105        22,092
    管理事務代行報酬                   9       68,640       10,035        81,107       11,858
    名義書換事務代行報酬                   9       379,955        55,549       374,622        54,770
    受託報酬                   9       77,839       11,380        82,500       12,062
    監査報酬                   9       94,130       13,762        88,930       13,002
    その他の費用                   9       81,926       11,978       106,030        15,502
                              (258,433)        (37,783)        (72,533)       (10,604)
    管理会社からの払戻し                   9
                             4,543,676        664,285       6,499,187        950,181
    運用費用合計
                             (9,364,185)       (1,369,044)       (33,323,546)        (4,871,902)
    運用利益/(損失)
    財務費用
    買戻可能受益証券の
                            (11,101,401)        (1,623,025)       (14,682,359)        (2,146,561)
    保有者に対する分配金                   7
                            (20,465,586)        (2,992,069)       (48,005,905)        (7,018,463)
    分配金控除後の利益/(損失)
    運用による買戻可能受益証券の保有者
                            (20,465,586)        (2,992,069)       (48,005,905)        (7,018,463)
    に帰属する純資産の増加/(減少)
    添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

                                 76/258






                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト・ファンズ(ケイマン)
               買戻可能受益証券の保有者に帰属する連結純資産変動計算書
                          (米ドル表示)
                             2023  年4月   30 日終了年度          2022  年4月   30 日終了年度

                       注記      米ドル        千円       米ドル        千円
    期首における買戻可能受益証券の
                            340,012,110        49,709,770       471,054,227        68,868,128
    保有者に帰属する純資産
    運用による買戻可能受益証券の保有者
                            (20,465,586)        (2,992,069)       (48,005,905)        (7,018,463)
    に帰属する純資産の増加/(減少)
    買戻可能受益証券取引
    発行済受益証券からの手取額
     クラスJ                  6         -       -        -       -
                             2,968,567        434,004       8,216,002       1,201,179
     クラスM                  6
    受益証券の買戻価額
     クラスJ                  6     (35,175,040)        (5,142,591)       (56,719,016)        (8,292,320)
                            (37,511,780)        (5,484,222)       (34,533,198)        (5,048,754)
     クラスM                  6
    買戻可能受益証券取引から生じた
    純資産の増加/(減少)                        (69,718,253)       (10,192,809)        (83,036,212)       (12,139,894)
    期末における買戻可能受益証券の
                            249,828,271        36,524,893       340,012,110        49,709,770
    保有者に帰属する純資産                   1,8
    添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

                                 77/258












                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト・ファンズ(ケイマン)
                      連結キャッシュ・フロー計算書
                          (米ドル表示)
                             2023  年4月   30 日終了年度          2022  年4月   30 日終了年度

                       注記      米ドル        千円       米ドル        千円
    運用活動によるキャッシュ・フロー
    運用による買戻可能受益証券の保有者
    に帰属する純資産の増加/(減少)                        (20,465,586)        (2,992,069)       (48,005,905)        (7,018,463)
    期間最終の運用利益/(損失)を
    運用活動から生じた/(に使用した)
    現金純額に一致させるための調整
     損益を通じて公正価値で測定される
     金融資産および金融負債からの利息                  3     (25,176,133)        (3,680,751)       (41,316,189)        (6,040,427)
     買戻可能受益証券の
     保有者に対する分配金                  7     11,101,401        1,623,025       14,682,359        2,146,561
     プレミアムの償却純額                         7,498,741       1,096,316       20,131,105        2,943,168
     現金および現金等価物に係る
                               21,399        3,129       148,163        21,661
     為替差益/(損)
                            (27,020,178)        (3,950,350)       (54,360,467)        (7,947,500)
    決済待ちの投資有価証券売却の

    純(増加)/減少                   8     181,397,096        26,520,255       (215,854,006)        (31,557,856)
    決済待ちの投資有価証券購入の
    純増加/(減少)                   8,11     (101,323,914)        (14,813,556)        88,873,844       12,993,356
    先物契約に係る未収変動証拠金の
    純(増加)/減少                   4,8       142,299        20,804       (142,299)        (20,804)
    中央清算機関で清算されるスワップ契約に
    係る未収変動証拠金の純(増加)/減少                   4,8       (29,846)        (4,363)       (240,617)        (35,178)
    未払保管および管理事務代行報酬の
    純増加/(減少)                   8,9       59,248        8,662       (64,726)        (9,463)
    先物契約に係る未払変動証拠金の
    純増加/(減少)                   4,8       62,437        9,128       (18,897)        (2,763)
    中央清算機関で清算されるスワップ契約
    に係る未払変動証拠金の純増加/(減少)                   4,8         -       -      (73,592)       (10,759)
    未払管理報酬の純増加/(減少)                   8,9       (542,207)        (79,271)        225,937        33,032
    時価による特定のデリバティブ
    契約に係る担保の純増加/(減少)                   8      (876,620)       (128,162)        3,145,152        459,821
    その他の未払費用の純増加/(減少)                   8,9       (42,003)        (6,141)        55,763        8,153
    損益を通じて公正価値で測定される
    金融資産の純(増加)/減少                  3,4,8,12      314,278,689        45,947,544        46,369,778        6,779,262
    損益を通じて公正価値で測定される
                            (338,030,882)        (49,420,115)        242,618,837        35,470,874
    金融負債の純増加/(減少)                  3,4,8,12
    運用活動により生じた/(に使用した)
    キャッシュ・フロー                         28,074,119        4,104,436       110,534,707        16,160,174
                             16,632,849        2,431,723       21,620,510        3,160,919
    利息受取額
    運用活動により生じた/(に使用した)
                             44,706,968        6,536,159       132,155,217        19,321,093
    現金純額
    財務活動によるキャッシュ・フロー

    買戻可能受益証券の保有者に
    支払われた分配金                   7     (11,101,401)        (1,623,025)       (14,682,359)        (2,146,561)
    買戻可能受益証券からの手取額                   6      2,968,567        434,004       9,041,521       1,321,870
                            (74,106,047)       (10,834,304)        (91,168,199)       (13,328,791)
    買戻可能受益証券の買戻し                   6
    財務活動により生じた/(に使用した)
                            (82,238,881)       (12,023,324)        (96,809,037)       (14,153,481)
    現金純額
                            (37,531,913)        (5,487,166)        35,346,180        5,167,612
    現金および現金等価物の純増加/(減少)
                             45,766,227        6,691,022       10,568,210        1,545,072
    期首における現金および現金等価物                   3,8
    現金および現金等価物に係る
                              (21,399)        (3,129)       (148,163)        (21,661)
    為替差(益)/損
                             8,212,915       1,200,728       45,766,227        6,691,022
    期末における現金および現金等価物                   3,8
    添付の注記は、本財務書類と不可分のものである。

                                 78/258




                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト・ファンズ(ケイマン)

                  2023  年4月   30 日現在の連結財務書類に対する注記
    注1 組織

       以下の連結財務書類に対する注記において、「ステート・ストリート」という記載がある場合にはス
     テート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーを意味し、「OTC」という記載がある場
     合には店頭市場を意味する。「ファンドの純資産」という記載は、                                  2023  年4月   30 日現在   249,828,271      米ドル
     ( 2022  年4月   30 日現在   340,012,110      米ドル)の純資産に基づく。別の記載のない限り、「報告期間」は                                  2022
     年5月1日から        2023  年4月   30 日までの期間をさす。
       パトナム・ディバーシファイド・インカム・トラスト(ケイマン)マスター・ファンド(以下「マス

     ター・ファンド」という。)は、ファーストカリビアン・インターナショナル・バンク・アンド・トラス
     ト・カンパニー(ケイマン)リミテッドとザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー
     (PAC)の間で締結された               2005  年8月   18 日付マスター信託証書および               2005  年8月   18 日付マスター信託証
     書第一補遺に準拠した、パトナム・オフショア・マスター・シリーズ・トラスト(以下「マスター・トラ
     スト」という。)のシリーズ・トラストである。ケイマン籍パトナム・ディバーシファイド・インカム・
     トラスト(以下「フィーダー・ファンド」という。)は、パトナム・オフショア・フィーダー・シリー
     ズ・トラスト(以下「フィーダー・トラスト」という。)のシリーズ・トラストであり、メープルズエフ
     エス・リミテッドとザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシーの間で締結された                                                   2005  年
     7月  13 日付フィーダー信託証書(改訂済)および                      2005  年7月   13 日付フィーダー信託証書補遺(改訂済)に
     準拠している。マスターおよびフィーダー・トラストは、ケイマン諸島のミューチュアル・ファンド法
     (改訂済)に基づき登録されている。
       マスター・ファンドおよびフィーダー・ファンドは、フィーダー・ファンドの純資産が、実質的にすべ

     てマスター・ファンドの受益証券に投資される、マスター/フィーダー・ファンド構造(以下、総称して
     「ファンズ」という。)(以下、それぞれ個別に「ファンド」という。)として運用されている。これら
     のファンズに関する連結財務書類は、マスター・ファンドおよびフィーダー・ファンドで構成されてい
     る。
       それぞれのファンドの純資産価額を決定するために、それぞれの帳簿は個別に記帳され、保管されてい

     る。フィーダー・ファンドは、マスター・ファンドと同じ固有リスクを有する。
       ファンズの管理会社は、米国デラウェア州の法律に準拠して有限責任会社として設立されたザ・パトナ

     ム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(以下「管理会社」という。)である。ファンズの保管
     会社は、ステート・ストリート(以下「保管会社」という。)である。
       ファンズの投資目的は、投資元本の保全を図る上で適切であると管理会社が考える範囲内において、高

     レベルの金利収益の獲得を追求することである。管理会社は、主に中・長期(3年またはそれ以上)の満
     期を有する、投資適格または非投資適格(ハイイールド)の世界各国の証券化された債券商品、社債およ
     び政府債に投資することで、ファンズの目的の達成を目指す。
                                 79/258



                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注2 作成の基礎

       本連結財務書類は、国際会計基準審議会(以下「IASB」という。)により公表された国際財務報告
     基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成されている。主たる会計方針は、特に指定のない限
     り、表示されるすべての期間についてファンズによって一貫して適用されている。前期の金額は、当期の
     表示に合わせて再分類されている可能性がある。
       当期および前期のファンズの連結財務書類は、マスター・ファンドおよびフィーダー・ファンドは、そ

     の運用形態から、一つの報告主体を表していると経営陣が思料し、連結して表示された。以下、本財務書
     類は、連結基準とみなされる。グループ内の残高および取引(収益、費用および配当を含む。)は、すべ
     て除外されている。
       管理会社は、資産および負債の報告額に影響を与える可能性のある将来に関する見積りおよび仮定を行

     う。見積りは、継続的に評価され、過去の経験および当該状況下で合理的と判断される将来の事象の予測
     を含む、その他の要因に基づくものである。実際の結果は、これらの見積りと異なることがあり、その差
     異は重大なものとなる可能性がある。
    注3 重要な会計方針の要約

       下記は、本財務書類の作成にあたって使用された重要な会計および報告方針の要約である。
       本財務書類は、損益を通じて公正価値で測定される金融資産および負債の再評価によって修正された、

     取得原価主義に基づいて作成されている。IFRSに準拠した財務書類の作成は、財務書類および付随す
     る注記で報告された金額に影響を与える見積りおよび仮定を行うことを経営陣に要求する。実際の結果
     は、これらの見積りと異なることがある。
     (a)金融商品

     (ⅰ)分類
       マスター・ファンドは、金融資産を運用するマスター・ファンドの事業モデルおよび金融資産の契約上
     のキャッシュ・フロー特性の両方に基づいて、投資有価証券を分類する。金融資産のポートフォリオは、
     公正価値ベースで運用され、パフォーマンスが評価される。マスター・ファンドは、主に公正価値情報に
     焦点を当て、その情報を使用して資産のパフォーマンスを評価し意思決定を行う。マスター・ファンド
     は、持分証券をその他の包括利益を通じて公正価値で測定するものとして取消不能の指定をする選択肢を
     とってきていない。マスター・ファンドの債務証券の契約上のキャッシュ・フローは元本および利息のみ
     であるが、これらの有価証券は、契約上のキャッシュ・フローを回収するために保有されるものではな
     い。契約上のキャッシュ・フローの回収は、マスター・ファンドの事業モデルの目的を達成するためにの
     み付随するものである。その結果、すべての投資有価証券は、損益を通じて公正価値で測定される。公正
     価値がマイナスであるデリバティブ契約は、損益を通じて公正価値で測定される負債として表示される。
     そのため、IFRS第9号に従って、マスター・ファンドはすべての投資有価証券ポートフォリオを、損
     益を通じて公正価値で測定される金融資産または金融負債として分類する。
     (ⅱ)認識/認識の取消し

       投資有価証券の購入および売却は、マスター・ファンドが投資有価証券の購入または売却契約を締結し
     た日、すなわち取引日に認識される。投資有価証券は、投資からのキャッシュ・フローを受領する権利が
     消滅した時点およびマスター・ファンドが実質的にすべての所有するリスクおよび報酬を譲渡した時点で
     認識を取消される。延渡しベースで売買された有価証券は、通常決済日より後の将来日に決済されること
                                 80/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     があり、受取利息は有価証券の条件に基づいて発生する。投資先有価証券の公正価値の変動または取引相
     手方の債務不履行によって、損失を被ることがある。
       決済待ちの投資有価証券の購入および売却は、財政状態計算書日において契約されているがまだ決済ま

     たは履行されていない有価証券購入未払金および有価証券売却未収金をそれぞれ表している。ブローカー
     に対する債権の残高は、もしあれば、回収のために保有される。これらの金額は公正価値で当初認識さ
     れ、その後償却原価で測定される。各報告日において信用リスクが当初認識以降に著しく増大している場
     合、マスター・ファンドは、ブローカーに対する債権額に係る損失引当金を全期間の予想信用損失に等し
     い金額で測定しなければならない。報告日において信用リスクが当初認識以降に著しく増大していない場
     合には、マスター・ファンドは、損失引当金を                        12 か月の予想信用損失に等しい金額で測定しなければなら
     ない。ブローカーの著しい財政的困難、ブローカーの破産または財務上の再編の可能性、および支払いの
     不履行はすべて、損失引当金が必要となる可能性があることを示す指標とみなされる。信用減損している
     とみなされる程度まで信用リスクが増大した場合、受取利息は、損失引当金に対して調整された帳簿価額
     総額に基づいて計算される。信用リスクの著しい増大は、管理会社によって期日を                                           30 日超経過した契約上
     の支払いとして定義されている。期日を                     90 日超経過した契約上の支払いは、信用減損しているとみなされ
     る。
     (ⅲ)測定

       損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債は、当初に公正価値で認識される。取引費
     用は、損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債に係る実現純利益/(損失)および未
     実現利益/(損失)の純変動として包括利益(損失)計算書に計上される。当初認識後、すべての損益を
     通じて公正価値で測定される金融資産は、公正価値で測定される。「損益を通じて公正価値で測定される
     金融資産または金融負債」の分類の公正価値の変動から生じる損益は、発生した期間における包括利益
     (損失)計算書に表示される。
       特定の債務証券(満期までの残存期間が                     60 日以内の短期投資を含む。)の市場相場は、容易に入手出来

     ないことがある。その様な投資有価証券は、管理会社によって承認された独立した価格設定サービスまた
     は管理会社によって選択されたディーラーが提供する評価額に基づいて評価される。当該サービスまたは
     ディーラーは、標準的な規模の企業が当該有価証券を売買する単位で、比較可能な有価証券の市場取引お
     よび企業のトレーダーによって一般に認められている有価証券の間の様々な関係性に基づく方法を用い
     て、評価額を決定する(有価証券の価格、利回り、満期および格付等の要因を考慮する。)。これらの証
     券は、一般的にレベル2に分類される。特定の証券は、単一の情報ソースが提供する価格に基づいて評価
     されることがある。外貨建ての有価証券は、もしあれば、現行の為替レートで米ドルに換算される。
       マスター・ファンドが保有している金融資産に使用される市場価格相場は、現行の買呼値であり、金融

     負債に用いられる適正市場価格相場は、現行の売呼値であるが、保有される金融資産および金融負債の市
     場価格相場は、買呼値/売呼値のスプレッドの範囲となる場合がある。
       価格設定サービスまたはディーラーが有価証券を評価することが出来ない場合、または管理会社が有価

     証券の公正価値を正確に反映していない評価額が提供されたと考える場合には、当該有価証券は、管理会
     社が承認する方針および手続に従って、管理会社により公正価値で評価される。制限付で流動性の低い有
     価証券およびデリバティブを含む投資有価証券も同様に、管理会社が承認する方法に従って公正価値で評
     価される。かかる評価においては、金利または信用の質の変化、他の証券との多様な関係、割引率、米国
     財務省証券、米国スワップおよびクレジット・イールド、指数水準、コンベクシティ・エクスポー
     ジャー、回収率、売却ならびにその他の乗数および再販売制限などの要因を市場における重要な事象とし
                                 81/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     て考えたり、または個別の証券の事象と捉えたりしている。当該有価証券は、重要なインプットの優先順
     位に応じてレベル2またはレベル3に分類される。
       投資信託またはその他の投資ファンドに対する投資有価証券は、該当評価日におけるそれぞれの受益証

     券1口当たり純資産価格を参照して評価される。
       2023  年4月   30 日および     2022  年4月   30 日終了年度において、管理会社によって公正価値評価される有価証

     券またはデリバティブはなかった。
    (b)金融商品の相殺

       金融資産および金融負債は、認識金額を相殺することに法的強制力があり、かつ純額で決済する意向が
     ある場合、または資産の売却および負債の決済を同時に行う意向がある場合、相殺されて財政状態計算書
     において純額で報告される。
    (c)損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債からの収益

       利息は、実効利息法を用いて、期間配分基準で認識される。受取利息は、現金および現金等価物からの
     利息を含む。損益を通じて公正価値で測定される金融資産からの利息は、債務証券からの利息を含む。投
     資信託またはその他の投資ファンドから受領した収益は、権利落ち日に計上され、投資先投資有価証券か
     ら得た収益としての特質は維持される。プレミアム/ディスカウントはすべて、最終利回り基準に基づき
     償却/計上されている。マスター・ファンドは、そのシニア・ローン購入活動に関して一定の手数料を稼
     得する。かかる手数料は、市場割引として処理され、包括利益(損失)計算書に償却計上される。
    (d)分配方針

       マスター・ファンドの運用利益/(損失)から受益者に対する分配は、管理会社の承認に従って、
     フィーダー・ファンドの受益者に分配される。収益分配は、もしあれば、毎月行われる。フィーダー・
     ファンドの受益者への分配は、包括利益(損失)計算書において、財務費用として認識される。キャピタ
     ル・ゲインからの分配は、もしあれば、分配権利落ち日に計上され、少なくとも毎年支払われる。
    (e)現金および現金等価物

       現金は、外貨を含む銀行当座預金からなる。現金等価物は、既知の金額で容易に換金可能な短期の流動
     性の高い投資有価証券であり、僅かな価格変動リスクにさらされており、投資またはその他の目的よりも
     短期的な資金需要を賄う目的で保有されている。当座借越は、もしあれば、保管会社に対する未払金とし
     て、財政状態計算書に計上されている。
                                   2023  年4月   30 日      2022  年4月   30 日

      現金および現金等価物                                  米ドル             米ドル
      外貨現金                                   426              65
      米ドル現金                                 175,144              36,494
      現金等価物                                8,037,345            45,729,668
      現金および現金等価物合計                                8,212,915            45,766,227
    (f)買戻契約

       マスター・ファンドは、その保管会社を通じて、投資先有価証券の引渡しを受ける。この投資先有価証
     券の購入時の公正価値は、少なくとも経過利息を含む転売価格に等しい金額である必要がある。報告期末
     現在、一定の買戻契約の担保は、合計                    50,856,275      米ドル(     2022  年:  27,838,861      米ドル)で、マスター・
                                 82/258

                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ファンドおよび取引相手方の利益のための分離口座として、取引相手方の保管会社に保管される。管理会
     社は、これらの投資先有価証券の価値が、常に、少なくとも経過利息を含む転売価格に等しい金額に決定
     さ れることに責任を負っている。取引相手方の債務不履行または破産事由がある場合、保有している担保
     は、法的手続きの対象となることがある。
    (g)ストリップ証券

       マスター・ファンドは、クラス毎に異なる割合の利息および元本を受領する権利を有する仕組み債の持
     分権を表象するストリップ証券に投資することがある。金利のみを対象とする証券は、すべての利息を受
     領し、元本のみを対象とする証券は、すべての元本を受領する。マスター・ファンドは、金利のみを対象
     とする証券に、予想を上回る元本の期限前償還があった場合、当該証券の当初投資金額を完全に取り戻す
     ことができないことがある。反対に、元本のみを対象とする証券に、予想を上回る期限前償還があった場
     合には証券評価額は増価し、予想を下回る期限前償還であった場合には証券評価額は減価する。当該証券
     の公正価値は、金利変動に非常に敏感に反応する。
    (h)外貨換算

     (ⅰ)機能通貨および表示通貨
       マスター・ファンドおよびフィーダー・ファンドの記帳は、その買戻可能受益証券の申込金の受領およ
     び円滑な買戻しが行われる通貨である米ドルで行われている。管理会社は、基になる取引、事象および状
     況の経済的な影響を最も忠実に表す通貨は、米ドルであると考えている。米ドルは、ファンズが、ファン
     ズのパフォーマンスを測定し、その結果を報告する通貨である。また、当該決定は、その他の投資商品と
     比較して、ファンズが競争的な環境にあることを考慮している。本財務書類は、米ドルで表示されてい
     る。
     (ⅱ)取引および残高

       外貨建取引は、取引日における実勢為替レートを用いて、機能通貨で換算される。各有価証券の取得原
     価は、発生時の為替レートを用いて決定される。収益、費用および源泉徴収税は、稼得時または発生時の
     実勢為替レートで換算される。マスター・ファンドは、投資有価証券に係る為替レートの変動から生じる
     実現または未実現損益の部分を、有価証券の市場価格変動から生じる変動と区別しない。換算から生じる
     為替差損益ならびに現金および現金等価物に関する為替差損益は、外貨建資産および負債に係る実現純利
     益/(損失)および未実現利益/(損失)の純変動として包括利益(損失)計算書に表示される。損益を
     通じて公正価値で測定される持分証券のような、先渡契約および非貨幣性金融資産および負債の為替差額
     は、包括利益(損失)計算書の外貨建資産および負債に係る実現純利益/(損失)および未実現利益/
     (損失)の純変動において、公正価値純損益の範囲内で認識される。外国有価証券への投資は、国内の投
     資には見られない、経済的不安定性、不利な政治的展開および通貨変動に関する一定のリスクを含む。
    (i)TBA契約

       マスター・ファンドは、固定された単価で、通常決済日より後の将来日に、有価証券を購入するTBA
     ( to  be  announced     )契約を締結することがある。単価および額面価額は設定されているが、実際の有価証
     券は特定されていない。しかしながら、契約金額は元本価額から著しく乖離しないことが想定されてい
     る。マスター・ファンドは、決済日まで、購入価格に見合う金額の現金または優良債権を保有および維持
     するかまたは、マスター・ファンドはその他の保有有価証券の先売り相殺契約を締結することがある。当
     該有価証券に係る収益は、決済日まで発生しない。
       また同様に、マスター・ファンドは、ポートフォリオ・ポジションをヘッジするため、保有している延

     渡し契約に基づくモーゲージバック証券を売却するため、またはモーゲージバック証券のショート・ポジ
                                 83/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ションを取るために、TBA売り契約を締結することがある。TBA売り契約の手取額は、契約上の決済
     日まで受領しない。TBA売り契約が決済されるまでの期間中、同等の受渡可能有価証券か、売却日もし
     く はそれ以前に受渡可能なTBA買い相殺契約のいずれかを取引の「代替」として保有するかまたは、T
     BA売り契約の名目価額に相当する金額のその他の流動資産を分別保管する。TBA売り契約が相殺TB
     A買い契約の取得を通じて終了すると、マスター・ファンドは損益を認識する。マスター・ファンドが契
     約に基づく有価証券の受渡しを行うと、マスター・ファンドは契約締結日に設定された単価に基づいて有
     価証券売却損益を認識する。
       売買取引として計上されているTBA契約は、それ自体が有価証券とみなされることがあり、決済日よ

     り前に有価証券評価額が変動することによる損失リスクおよび取引相手方による債務不履行リスクを内在
     している。取引相手方リスクは、マスター・ファンドと取引相手方との間でマスター契約を締結すること
     により軽減される。
       未決済のTBA契約は、上記「測定」に記載される手続きに従って、公正価値で評価される。当該契約

     は日々値洗いされ、公正価値変動は、マスター・ファンドによって未実現損益として計上される。管理会
     社は、市況に応じて、投資先有価証券の受け渡しを行うかまたはTBA契約を決済に先だって処分するか
     のいずれかを判断する。
                                 84/258













                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注4 デリバティブ契約

       デリバティブ契約は、マスター・ファンドの投資戦略の要素となることがあり、主に、ファンズのパ
     フォーマンスを高め、リスクを抑えるための仕組みおよび経済的ヘッジ投資として、またはその他の投資
     目的で利用される。マスター・ファンドは、IAS第                            39 号に記載されているヘッジ会計目的のヘッジとし
     てデリバティブを指定していないため、当該デリバティブ金融商品は、損益を通じて公正価値で測定され
     るものに分類される。マスター・ファンドが保有または発行することのできるデリバティブ契約は、先渡
     し、先物、オプション、一定の通貨取引およびスワップ契約が含まれるが、これに限定されない。
       マスター・ファンドは、オプション契約を締結することがある。当該契約の流通市場が非流動的である

     場合、金利もしくは為替レートが予想に反する動きをした場合、または契約取引相手方が債務不履行に
     陥った場合には、投資先商品の評価額変動により損失を被ることがある。売建コール・オプションが実行
     されると、当初受領したプレミアムは、売却手取額の加算として計上される。売建プット・オプションが
     実行されると、当初受領したプレミアムは、投資有価証券取得原価の減算として計上される。金融商品取
     引所で取引されるオプションは、直近の売却価格で評価されるか、または、売却が報告されなかった場合
     には、買建オプションの最終買呼値および売建オプションの最終売呼値で評価される。OTC取引オプ
     ションは、ディーラーによって提供される価格で評価される。スワップに係るオプションは、支払いまた
     は受領プレミアムが、以前締結された金利契約またはクレジット・デフォルト・スワップ契約に対する権
     利を購入することもしくは付与することである点を除き、有価証券に係るオプションと類似している。先
     渡プレミアム・スワップション契約には、決済日の延長を伴うプレミアムが含まれている。プレミアムの
     決済遅延は、オプション契約の日々の評価額に影響を与える。金利キャップおよび金利フロアの場合、も
     しあれば、二者間での現行の支払いであるプレミアムと引換えに、金利キャップ契約の場合は所定の金利
     を上回る金利を受け取ることができ、金利フロア契約の場合は所定の金利を下回る金利を受け取ることが
     できる。
       マスター・ファンドは、先物契約を締結することがある。当該契約の流通市場が非流動的である場合、

     金利もしくは為替レートが予想に反する動きをした場合、または契約取引相手方が債務不履行に陥った場
     合には、投資先商品の評価額変動により損失を被ることがある。先物は、取引所に上場されており、すべ
     ての取引所上場先物の取引相手方である取引所の清算機関(クリアリングハウス)が、債務不履行から保
     証しているため、ファンズに対する取引相手方信用リスクは最低限に抑えられている。リスクは、財政状
     態計算書において認識されている金額を上回ることがある。契約が終了した時点で、マスター・ファンド
     は、契約締結時と終了時の評価額の差額に等しい実現損益を計上する。先物契約は、それが取引されてい
     る取引所で成立した日々の決済価格相場で評価される。マスター・ファンドおよびブローカーは、先物契
     約の評価額の日々の変動額と等しい現金を交換することに合意している。当該受領および支払いは、一般
     に「変動証拠金」と称される。
       マスター・ファンドは、将来において定められた価格で通貨を売買する二当事者間の契約である先渡契

     約を売買することがある。先渡契約の米ドル評価額は、価格設定サービスによって提供される先渡し為替
     レートを用いて決定される。契約の公正価値は、為替レートの変動に応じて変動する。契約は、日々値洗
     いされ、公正価値の変動は未実現損益として計上される。マスター・ファンドは、契約締結時の評価額と
     契約終了時の評価額との差額に相当する実現損益を契約満了時または通貨の受渡時に計上する。ファンズ
     は、通貨の評価額が不利に変動した場合、契約の取引相手方が契約規定を履行することができなくなった
     場合、またはマスター・ファンドが反対取引を締結することができなくなった場合に、リスクにさらされ
     ることがある。リスクは、財政状態計算書において認識されている金額を上回ることがある。
                                 85/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       マスター・ファンドは、二者間で想定元本に基づくキャッシュ・フローを交換する契約であるOTCお
     よび/または中央清算機関で清算される金利スワップ契約を締結することがある。OTCおよび中央清算
     機 関で清算される金利スワップは、前払プレミアムを伴って購入または売却することができる。OTC金
     利スワップ契約について、マスター・ファンドが受領した前払金は、マスター・ファンドの帳簿に負債と
     して計上される。マスター・ファンドが支払った前払金は、マスター・ファンドの帳簿に資産として計上
     される。OTCおよび中央清算機関で清算される金利スワップ契約は、独立した価格設定サービスまたは
     値付け業者からの相場に基づいて日々値洗いされる。変動は、OTC金利スワップ契約に係る未実現損益
     として計上される。中央清算機関で清算される金利スワップの日々の値動きは、中央清算機関を通じて決
     済され、一般的に財政状態計算書における変動証拠金として、未実現損益が計上される。前払プレミアム
     を含む支払いの受領または支払いは、契約の更新日または終了時に実現損益として計上される。一定のO
     TCおよび中央清算機関で清算される金利スワップ契約は、行使日の延期が含まれることがある。これら
     のスワップ契約に関連する支払いは、契約の条項に基づいて発生する。ファンズは、金利の不利な変動、
     または、OTC金利スワップ契約の場合には契約相手方の、中央清算機関で清算される金利スワップ契約
     の場合には中央清算機関もしくは清算機関の会員の、当該契約に基づく個別の債務不履行により、信用リ
     スクまたは市場リスクにさらされることがある。ファンズが、取引相手方リスクまたは中央清算リスクか
     ら被る最大損失リスクは、契約の公正価値に相当する。当該リスクは、OTC金利スワップ契約に関して
     マスター・ファンドが取引相手方との間でマスター相殺契約を締結することによって、また中央清算機関
     で清算される金利スワップ契約に関して変動証拠金を日々交換することによって軽減することができる。
     中央清算機関で清算される金利スワップ契約は、清算機関の会員が債務不履行に陥った場合には清算機関
     (クリアリングハウス)が利用可能な資金およびその他の資源を保証するため、これに係る取引相手方リ
     スクは最低限に抑えられている。損失リスクは、財政状態計算書において認識されている金額を上回るこ
     とがある。
       マスター・ファンドは、共に想定元本価額に基づき、市場連動収益を定期的な支払いと交換する契約で

     あるOTCおよび/または中央清算機関で清算されるトータル・リターン・スワップ契約を締結すること
     がある。マスター・ファンドは、取引の対象となっている有価証券、指数またはその他の金融指標のトー
     タル・リターンが、相殺金利債務を上回るまたは下回る部分を、取引相手方から支払いを受けるか、また
     は取引相手方に支払いを行う。OTCおよび/または中央清算機関で清算されるトータル・リターン・ス
     ワップ契約は、独立した価格設定サービスまたは値付け業者からの相場に基づいて日々値洗いされる。変
     動は、OTCトータル・リターン・スワップ契約に係る未実現損益として計上される。中央清算機関で清
     算されるトータル・リターン・スワップの日々の値動きは、中央清算機関を通じて決済され、一般的に財
     政状態計算書における変動証拠金として、未実現損益が計上される。支払いの受領または支払いは、実現
     損益として計上される。一定のOTCおよび/または中央清算機関で清算されるトータル・リターン・ス
     ワップ契約は、行使日の延期が含まれることがある。これらのスワップ契約に関連する支払いは、契約の
     条項に基づいて発生する。ファンズは、金利の不利な変動あるいは対象となっている証券または指数の価
     格の下落、市場に当該契約に対する流動性がない可能性、または契約相手方が債務不履行に陥る可能性に
     より、信用リスクまたは市場リスクにさらされることがある。ファンズが、取引相手方リスクから被る最
     大損失リスクは、契約の公正価値に相当する。当該リスクは、OTCトータル・リターン・スワップ契約
     に関してマスター・ファンドが取引相手方との間でマスター相殺契約を締結することによって、また中央
     清算機関で清算されるトータル・リターン・スワップ契約に関して変動証拠金を日々交換することによっ
     て軽減することができる。中央清算機関で清算されるトータル・リターン・スワップ契約は、清算機関の
     会員が債務不履行に陥った場合には清算機関(クリアリングハウス)が利用可能な資金およびその他の資
     源を保証するため、これに係る取引相手方リスクは最低限に抑えられている。損失リスクは、財政状態計
     算書において認識されている金額を上回ることがある。
                                 86/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       マスター・ファンドは、OTCおよび/または中央清算機関で清算されるクレジット・デフォルト契約
     を締結することがある。OTCおよび中央清算機関で清算されるクレジット・デフォルト契約において、
     プ ロテクションの買い手は、一般的に、参照企業の参照債務またはすべてのその他の同等の債務につい
     て、クレジット・デフォルト事由が発生した際に偶発的な支払いを受領する権利を受ける代わりに、取引
     相手方であるプロテクションの売り手に対して、定期的な支払いを行う。クレジット・デフォルト事由
     は、契約に固有のものであるが、破産、支払いの不履行、リストラクチャリングおよび債務の繰上弁済を
     含むことがある。OTCクレジット・デフォルト契約について、マスター・ファンドが受領した前払金
     は、マスター・ファンドの帳簿に負債として計上される。マスター・ファンドが支払った前払金は、マス
     ター・ファンドの帳簿に資産として計上される。中央清算機関で清算されるクレジット・デフォルト・ス
     ワップ契約は、前払プレミアムを含む当事者間の支払いを除き、プロテクションの買い手および売り手に
     対して同様の権利を提供し、変動証拠金の支払いにより中央清算機関を通じて決済される。マスター・
     ファンドによるOTCおよび中央清算機関で清算されるクレジット・デフォルト契約に対する前払金また
     は定期的な金額の受領および支払いは、契約の更新日または終了時に実現損益として計上される。OTC
     および中央清算機関で清算されるクレジット・デフォルト契約は、独立した価格設定サービスまたは値付
     け業者からの相場に基づいて日々値洗いされる。OTCクレジット・デフォルト契約の評価額の変動は、
     未実現損益として計上される。中央清算機関で清算されるクレジット・デフォルト契約の日々の値動き
     は、一般的に財政状態計算書における変動証拠金として、未実現損益が計上される。信用事由発生時、参
     照債務の額面と公正価値の差額から前払金の比例額を控除した金額が、実現損益として計上される。ファ
     ンズはさらに、信用事由発生時のリスクとして、金利変動または投資先有価証券もしくは指数の価格変動
     が不利に変動した場合、マスター・ファンドが、そのポジションを、その時に参照債務を購入した場合の
     価格と同じ価格で手仕舞できない可能性があるという市場リスクに晒されている。一定の状況において、
     マスター・ファンドは、その損失リスクを軽減するために、これらのリスクを相殺するOTCおよび中央
     清算機関で清算されるクレジット・デフォルト契約を締結することがある。損失リスクは、財政状態計算
     書において認識されている金額を上回ることがある。ファンズが、プロテクションの売り手またはプロテ
     クションの買い手のいずれかとして、取引相手方リスクから被る最大損失リスクは、契約の公正価値に相
     当する。当該リスクは、OTCクレジット・デフォルト契約に関してマスター・ファンドが取引相手方と
     の間でマスター相殺契約を締結することによって、また中央清算機関で清算されるクレジット・デフォル
     ト契約に関して変動証拠金を日々交換することによって軽減することができる。中央清算機関で清算され
     るクレジット・デフォルト契約は、清算機関の会員が債務不履行に陥った場合には清算機関(クリアリン
     グハウス)が利用可能な資金およびその他の資源を保証するため、これに係る取引相手方リスクはさらに
     軽減されている。マスター・ファンドがプロテクションの売り手である場合、潜在的にマスター・ファン
     ドが将来支払わなければならない最大の金額は、想定元本に等しい。
       スワップ契約に関する収益は、契約の条件に基づいて発生する。決済されたスワップ契約に関する未収

     金および未払金は、財政状態計算書において、損益を通じて公正価値で測定される金融資産または金融負
     債の項目に表示される。デリバティブ契約に係る実現および未実現損益は、                                       損益を通じて公正価値で測定
     される金融資産および金融負債に係る実現純利益/(損失)および未実現利益/(損失)の純変動に含ま
     れる。
       一定の金融商品タイプの想定元本は、財政状態計算書に認識される商品との比較の為の基準を提供する

     が、これらは、関連する将来キャッシュ・フローの金額または商品の現行公正価値を必ずしも表示せず、
     従って、信用リスクまたは市場価格リスクに対するファンズのエクスポージャーを表示しない。デリバ
     ティブ商品は、市場価格変動またはその契約条件に関連する為替レートの変動によって、有利(資産)ま
     たは不利(負債)になる。有利または不利な、手元のデリバティブ金融商品の契約上の総額または想定元
                                 87/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     本は、すなわち、デリバティブ金融資産および負債の公正価値総額であり、時折、著しく変動することが
     ある。
    注5 税金

       マスター・ファンドは、ケイマン諸島以外の国を主に本拠地とする事業体によって発行された有価証券
     に投資する。これらの諸外国の多くは、キャピタル・ゲイン税にあたる税法を有し、ファンズのような非
     居住者に対して課税することがある。一般的に、これらのキャピタル・ゲイン税は、自己査定基準で決定
     することが要求され、従って、当該税金は、マスター・ファンドのブローカーによって源泉徴収ベースで
     控除されることはない。
       IAS第     12 号「法人所得税」に従って、ファンズは、外国で発生したキャピタル・ゲインについて、外

     国の税法に基づいて納税債務が課せられることが確実である場合(ただし、当該税務当局がすべての事実
     および状況を十分に理解していることを前提とする。)、納税債務を認識しなければならない。そして、
     報告期末までに適用または実質的に適用されている税法および税率を用いて、当該税務当局に支払われる
     であろう予定金額としての納税債務が測定される。納税債務が最終的にファンズによって支払われるか否
     かについては、不確実な場合がある。したがって、不確実な納税債務を測定するにあたって、経営陣は、
     その時点で、当該税務当局の正式または非公式な慣例を含む、支払額に影響を与えるであろうと考えられ
     るすべての関連事実および状況について検討する。
       2023  年4月   30 日および     2022  年4月   30 日現在、ファンズは、外国キャピタル・ゲイン税に関する重要かつ

     不確実な納税債務のポジションを有していなかった。
    注6 受益資本および買戻可能受益証券

       2023  年4月   30 日および     2022  年4月   30 日の報告期末現在、マスター・ファンドは、発行可能なクラスS受
     益証券およびクラスI受益証券を所有していた。管理会社が別途定めない限り、クラスS受益証券の当初
     最低申込単位は        300  口であり、その後の受益証券の最低申込単位は                        10 口である(ただし、当初最低投資金額
     は、  50,000   米ドルまたは関連する申込通貨における相当額とする。)。管理会社が別途定めない限り、当
     初投資におけるクラスI受益証券の最低申込単位は                          1,000,000     口、当初最低投資金額の総額は                10,000,000      米
     ドルであり、また、その後のクラスI受益証券の最低申込単位は                                  10,000   口である。管理会社の定めによ
     り、クラスI受益証券への当初投資金額の総額は、最低でも                               50,000   米ドルである。
       フィーダー・ファンドは、無制限資本受益証券を保有する。各受益証券は、フィーダー・ファンドにお

     ける不可分の受益権を表象する。メープルズエフエス・リミテッド(以下「フィーダー・ファンドの受託
     会社」という。)は、管理会社の指図により、個別のクラスおよび/またはシリーズを参照して受益証券
     を適宜指定および発行し、クラスおよび/またはシリーズの受益証券が他のクラスおよび/またはシリー
     ズの受益証券と違ったものとする方法を決定する権限を有する。フィーダー・ファンドは、現在、マス
     ター・ファンドのクラスS受益証券の投資者である、クラスJ受益証券とクラスM受益証券の2種類のク
     ラス受益証券を保有している。クラスM受益証券は、                            3.25  %を上限とする申込手数料が課せられ、後払手
     数料(以下「CDSC」という。)は課せられない。クラスJ受益証券は、申込手数料は課せられない
     が、購入時から5年以内に受益証券が買戻される場合は、                              4.00  %を上限とするCDSCが課せられる。管
     理会社が別途定めない限り、クラスJ受益証券(CDSC)およびクラスM受益証券の当初最低申込単位
     は 300  口であり、その後の最低申込単位は                  10 口である。
       それぞれのクラスの純資産価額は、特定クラス受益証券の買戻可能参加受益証券の保有者に帰属する純

     資産を該当クラスの発行済買戻可能受益証券口数合計で除して算出される。ファンズの規定書に従って、
                                 88/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     発行および買戻しのための受益証券1口当たり純資産価格を決定する目的で、投資ポジションは、買呼
     値/売呼値に基づいて評価される。買戻可能参加受益証券の発行および買戻しに係る受取額および支払額
     は、  買戻可能参加受益証券の保有者に帰属する純資産変動計算書における変動として表示されている。
     フィーダー・ファンドは、一般的に、受益者のフィーダー・ファンドに対する持分を取引日(一般に毎
     日。)に、それぞれのフィーダー・ファンドの純資産価額の持分割合に等しい現金で買戻す権利を受益者
     に提供する。管理会社、名義書換事務代行会社またはその他の管理会社の代理人は、理由表明のない受益
     証券に対する申込みを拒否する権利を留保している。フィーダー・ファンドは、保有者の任意で買戻すこ
     とができる買戻可能受益証券を発行しており、金融負債として分類されている。買戻可能受益証券は、報
     告期末現在に受益者がファンズに対して受益証券を買戻す権利を行使した場合に、ファンズが支払うべき
     買戻金額で保有される。
                                 89/258
















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       下記年度における受益証券取引は、以下のとおりであった。

     マスター・ファンド

                           クラスS                   クラスI
                         2023  年       2022  年       2023  年       2022  年
                        4月  30 日      4月  30 日      4月  30 日      4月  30 日
      期首発行済受益証券                45,546,625         57,049,680             1,086         1,086
      受益証券発行                  221,235         316,352             -         -
      受益証券買戻し                (10,482,320)         (11,819,407)               -         -
      期末発行済受益証券                35,285,540         45,546,625             1,086         1,086
     フィーダー・ファンド

                           クラスJ                   クラスM
                         2023  年       2022  年       2023  年       2022  年
                        4月  30 日      4月  30 日      4月  30 日      4月  30 日
      期首発行済受益証券                39,684,485         49,241,045          19,973,560         24,493,270
      受益証券発行                     -         -       548,870        1,361,070
      受益証券買戻し                (6,385,355)         (9,556,560)          (6,909,440)         (5,880,780)
      期末発行済受益証券                33,299,130         39,684,485          13,612,990         19,973,560
       2023  年4月   30 日現在、     フィーダー・ファンドのクラスJ受益証券およびクラスM受益証券の買戻可能受

     益証券は、1名の非関連当事者である投資家が                        100  %保有していた(         2022  年:  100  %)。   2023  年4月   30 日現
     在、マスター・ファンドのクラスS受益証券の買戻可能受益証券は、フィーダー・ファンドが                                                100  %保有し
     ていた(     2022  年:  100  %)。   2023  年4月   30 日現在、マスター・ファンドのクラスI受益証券の買戻可能受益
     証券は、管理会社の関連会社が                100  %保有していた(         2022  年:  100  %)。
    注7 分配

       受益者に対する分配は、管理会社の裁量により、適切と判断された金額および時点で行われた。報告期
     末現在、マスター・ファンドのクラスS受益証券によって支払われた分配金は、                                          11,121,640      米ドルまたは
     受益証券1口当たり          0.2842   米ドル(     2022  年:  14,716,098      米ドルまたは受益証券1口当たり                 0.2817   米ドル)
     であった。報告期末現在、クラスI受益証券によって支払われた分配金はなかった(                                           2022  年:なし)。
       報告期末現在、フィーダー・ファンドのクラスJ受益証券およびクラスM受益証券によって支払われた

     分配金は、それぞれ          7,271,833     米ドルまたは受益証券1口当たり                 0.204   米ドル(     2022  年:  9,222,928     米ドルま
     たは受益証券1口当たり             0.204   米ドル)および         3,829,568     米ドルまたは受益証券1口当たり                  0.24  米ドル
     ( 2022  年:  5,459,431     米ドルまたは受益証券1口当たり                 0.24  米ドル)であった。フィーダー・ファンドから
     の分配金は、包括利益(損失)計算書において、財務費用として認識されている。
                                 90/258





                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注8 金融商品に関連するリスク

       ファンズは、その全般的な事業戦略、リスク許容度および一般リスク管理理念について明確にした投資
     ガイドラインを有している。ファンズの公正価値で測定される金融資産および金融負債は、以下の項目を
     含むマスター・ファンドの金融商品で構成されている。
       ・確定利付証券、変動利付証券および持分証券を含む投資有価証券

       ・世界各国の企業および政府の証券化された債券商品およびその他の債券
       ・現金および短期投資有価証券
       ・マスター・ファンドの投資活動から生じる金利リスクおよび通貨リスクを管理するためにマスター・
        ファンドが締結するデリバティブ取引
    (a)市場価格リスク

       潜在的な損失を最低限に抑える戦略の実行は管理会社の意向である一方、当該戦略が成功する保証はな
     い。投資家は、投資の大半またはすべてを失う可能性がある。従って、各投資家は、ファンズに対して投
     資リスクを負う余裕があるかどうか注意深く検討する必要がある。
       ファンズは、市場リスク(市場価格リスク、通貨リスクおよび金利リスクを含む。)、流動性リスクお

     よび信用または債務不履行リスクにさらされている。ファンズのリスク管理体制は、抑制と均衡のシステ
     ムを提供する多層的かつ横断的な調査を行うことから成る。管理会社は、これらのそれぞれのリスクを管
     理するための方針を定期的に調査し、これらのそれぞれのリスクの管理方針について合意しており、その
     内容は以下のとおり要約される。これらの方針は、本財務書類の期首から実質的に変更されていない。
       市場リスクは、保有金融商品の将来の価格が不確定であることから主として生じる。これは、ファンズ

     が個別の投資に特有の要因や市場で取引されるすべての商品に影響を及ぼす要因による価格変動の局面に
     マーケット・ポジションを有すことから生じうる潜在的な損失を表す。管理会社は、有価証券およびその
     他の金融商品を特定の制限内で厳選することを通じて、ファンズの投資目的に継続的に従う一方で、特定
     の国または産業部門に関連するリスクを最低限に抑えるためにファンズの資産配分を検討する。また、市
     場リスクは、ファンズによって締結されるデリバティブ契約を通じて潜在的に軽減される。管理会社は、
     マスター・ファンドの総リスクとともに、その運用成績が定められたベンチマークを下回るリスクについ
     ても測定する。
       通常の市況下においては、管理会社は、次の3セクターそれぞれに、マスター・ファンドの純資産の

     15 %~  65 %を投資する。米国政府および投資適格部門:米国政府債および米国企業の投資適格社債、ハイ
     イールド部門:米国企業の低格付社債、国際部門:投資適格証券および非投資適格証券双方を含む、米国
     以外の国の政府および企業の債券。
       報告期末現在、米国証券への投資は、約                    91 %であった(       2022  年:約   92 %)。

                                 91/258





                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       報告期末現在、デリバティブ契約に係るファンドの名目エクスポージャーは、下表のとおりである。

                                 2023  年4月   30 日      2022  年4月   30 日

      買建金利スワップション契約(約定金額)                           893,607,061      米ドル      1,719,518,064       米ドル
      売建金利スワップション契約(約定金額)                           725,984,329      米ドル      1,678,738,447       米ドル
                **
      先物契約(契約数)                                436             721
                 *
      先渡契約(約定金額)                            32,563,817      米ドル       76,929,048      米ドル
      中央清算機関で清算される
      金利スワップ契約(想定元本)                          3,198,349,325       米ドル      1,005,534,468       米ドル
      OTCトータルリターン・スワップ契約
      (想定元本)                            4,355,452     米ドル        4,355,452     米ドル
      OTCクレジット・デフォルト契約
      -購入プロテクション(想定元本)                            23,436,689      米ドル       35,407,595      米ドル
      OTCクレジット・デフォルト契約
      -売却プロテクション(想定元本)                            24,418,537      米ドル       64,651,577      米ドル
     *   2023  年4月    30 日および     2022  年4月   30 日終了期間において、マスター・ファンドの純資産比率において

       10 %を超える名目エクスポージャーはなかった。それ以外に、先渡デリバティブ想定元本によって純資
       産の  10 %を超える通貨リスクの集中はない。
     **  報告期間において、マスター・ファンドは、契約数合計                             436  および想定元本合計          87,515,625      米ドルの米
       国財務省証券(        2022  年:契約数合計        721  および想定元本合計          149,786,875      米ドルの米国財務省証券)を保
       有していた。
       期間中に保有されていたすべての種類のデリバティブについての報告期間における取引量は、以下の通

     りであり、各会計四半期末現在の平均保有高に基づいていた。
                                 2023  年4月   30 日      2022  年4月   30 日

      買建TBA契約オプション契約
      (約定金額)                                -米ドル        17,300,000      米ドル
      買建通貨オプション(約定金額)                                -米ドル        42,000,000      米ドル
      買建スワップション契約(約定金額)                          1,152,200,000       米ドル      1,462,700,000       米ドル
      売建TBA契約オプション契約
      (約定金額)                                -米ドル        17,300,000      米ドル
      売建通貨オプション(約定金額)                                -米ドル         2,300,000     米ドル
      売建スワップション契約(約定金額)                           849,200,000      米ドル      1,377,800,000       米ドル
                **
      先物契約(契約数)                                500            1,000
      先渡契約(約定金額)                            50,500,000      米ドル       502,900,000      米ドル
                                                        *
      OTC金利スワップ契約             (想定元本)                    -米ドル             -米ドル
      中央清算機関で清算される
      金利スワップ契約(想定元本)                          2,456,200,000       米ドル      1,262,400,000       米ドル
      OTCトータルリターン・スワップ契約
      (想定元本)                            4,400,000     米ドル        9,200,000     米ドル
      中央清算機関で清算されるトータルリターン・
      スワップ契約(想定元本)                                -米ドル        116,000,000      米ドル
      OTCクレジット・デフォルト契約
      (想定元本)                            59,200,000      米ドル       130,800,000      米ドル
                                 92/258

                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      中央清算機関で清算される
      クレジット・デフォルト契約(想定元本)                            2,300,000     米ドル            -米ドル
     *   報告期間中、各会計四半期末現在保有されていたOTC金利スワップ契約はなく、取引量は最小限と見

       なされた。
     **  報告期間中、先物契約(想定元本)の平均保有高は                          111,000,000      米ドル(     2022  年:  239,700,000      米ドル)
       であった。
     バリュー・アット・リスク総額

       バリュー・アット・リスク(以下「VaR」という。)のリスク測定は、一定の保有期間中において特
     定の信頼水準での税引前利益に発生し得る、ファンドの純資産比率における予想最大損失を見積もるもの
     である。VaR手法は、商品と市場の相殺ポジションおよび相関関係を認識することで市場変動性および
     リスクの多様性を考慮する、統計的に定義された、確率論に基づく手法である。リスクはすべての市場お
     よびすべての商品に亘って一貫して測定することができ、リスク測定は、ひとつのリスク数値に集計する
     ことができる。またマスター・ファンドは、市場変数の相互依存性を前提に、1日を境界線とする                                                   99 %の
     信頼水準を超えないと予測されるVaRまたは限界損失を見積もる。管理会社は、VaRの見積りが分析
     的に派生している可能性があるアクティブ・リスク(「トラッキングエラー」ともいう。)を見積もるた
     めに独自の複数要素モデルを利用する。以下に示されたVaRの見積りは、一時点のもので、マーケット
     機能およびポートフォリオの構成変化によって時間の経過とともに変動し、また、期間中の活動の典型と
     なる。
       過去のデータによると、VaRは、ファンダメンタルズまたは市況の急変動がないマーケットにおける

     リスク・エクスポージャーを見積もる最も有効な手段である。VaRの固有の限界は、市場リスク要因の
     過去の変動の分布が、将来のリスクの正確な予測に繋がらないことである。異なるVaR手法および想定
     分布は、重大なVaR差異に繋がることがある。さらに、1日を境界線として計算されたVaRは、1日
     のうちに売却またはヘッジと相殺することが出来ないポジションの市場リスクを十分に把握しない。報告
     期間におけるVaRの変動は、一般に、エクスポージャー、ボラティリティおよび/または資産クラス間
     の相関関係の水準の変動によるものである。
       下表は、参照期間の期首および期末のマスター・ファンドのVaRを表している。

                                          ※ ※※           ※※

                      ポートフォリオ             ベンチマーク               比率
        2023  年4月   30 日           0.81             該当なし            該当なし
        2022  年4月   30 日           0.79             該当なし            該当なし
     ※
        ICE BofA米国短期国債インデックス
     ※※
        マスターファンドは現金等価物のベンチマークを使用するため、ベンチマークのVaRおよび
        VaR比率は関係していない。
       マスター・ファンドの調査期間の開始時点と終了時点におけるリスク要素の内訳は、下表のとおりであ

     る。リスク分解は、予想年次ボラティリティ(1標準偏差)に基づいている。アクティブ・リスク(また
     は見積りのトラッキングエラー(以下「TE」という。))は、各々のカレント・ポジションとリスクモ
     デルの要素共分散マトリックスを用いて、ポートフォリオとベンチマークのリターンの差の予想可能な標
     準偏差を測定する。
                                 93/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                            ※
                          ポートフォリオ           ベンチマーク           見積りのTE
       2023  年4月   30 日    リスク合計            5.53           0.22          5.39
       2022  年4月   30 日    リスク合計            5.40           0.17          5.39
     ※
        ICE BofA米国短期国債インデックス
    (b)通貨リスク

       通貨リスクは、為替レートの変動によって、金融商品の公正価値または将来キャッシュ・フローが変動
     するリスクである。測定されている機能通貨以外の通貨建て金融商品に対して、リスクが生じる。ファン
     ズの資産の一部は、ベース通貨以外の通貨建てで保有されているため、ファンズの財政状態計算書は、通
     貨変動により著しい影響を受ける可能性がある。
       非ベース通貨エクスポージャー(先渡契約の概念的な影響を除く。)は、下表のとおりである。貨幣性

     資産とは、極めて短期間で換金することができる投資対象を表している。下表において、非貨幣性資産に
     はマスター・ファンドのポートフォリオ投資の公正価値が含まれている。貨幣性資産および負債には、T
     BA売り契約およびデリバティブ契約の未実現評価損益が含まれている。先渡契約は、通貨リスクを軽減
     する手法として締結される。
      2023  年4月   30 日の報告期末現在の外貨リスク

                              非貨幣性            貨幣性            合計
      資産                         米ドル           米ドル           米ドル
      オーストラリア・ドル                           -       1,824,875           1,824,875
      英ポンド                           -       5,724,635           5,724,635
      カナダ・ドル                           -         47,375           47,375
      ユーロ                       6,960,045          11,781,926           18,741,971
      ニュージーランド・ドル                           -         72,765           72,765
      ノルウェー・クローネ                           -         30,824           30,824
      スウェーデン・クローナ                           -         9,612           9,612
      スイス・フラン                           -        112,288           112,288
                             6,960,045          19,604,300           26,564,345
                              非貨幣性            貨幣性            合計

      負債                         米ドル           米ドル           米ドル
      オーストラリア・ドル                           -       1,014,031           1,014,031
      英ポンド                           -       7,487,973           7,487,973
      カナダ・ドル                           -         67,452           67,452
      ユーロ                           -      11,818,825           11,818,825
      日本円                           -        227,081           227,081
      ノルウェー・クローネ                           -          350           350
      スウェーデン・クローナ                           -        160,047           160,047
      スイス・フラン                           -         1,800           1,800
                                 -      20,777,559           20,777,559
                              非貨幣性            貨幣性            合計

      通貨                         米ドル           米ドル           米ドル
                                 94/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      カナダ・ドル                           -           5           5
      チェコ・コルナ                           -           47           47
      ユーロ                           -          374           374
                                 -          426           426
      2022  年4月   30 日の報告期末現在の外貨リスク

                              非貨幣性            貨幣性            合計
      資産                         米ドル           米ドル           米ドル
      オーストラリア・ドル                           -       1,687,908           1,687,908
      ブラジル・レアル                           -         5,148           5,148
      英ポンド                       1,938,388           1,117,708           3,056,096
      カナダ・ドル                           -        468,248           468,248
      チリ・ペソ                           -         3,432           3,432
      チェコ・コルナ                           -         10,237           10,237
      ユーロ                       7,046,698           9,017,185          16,063,883
      日本円                           -        445,854           445,854
      メキシコ・ペソ                           -         4,682           4,682
      ニュージーランド・ドル                           -        427,023           427,023
      ノルウェー・クローネ                           -         81,634           81,634
      ポーランド・ズウォティ                           -         16,591           16,591
      スウェーデン・クローナ                           -        255,947           255,947
      スイス・フラン                           -         22,961           22,961
                             8,985,086          13,564,558           22,549,644
                              非貨幣性            貨幣性            合計

      負債                         米ドル           米ドル           米ドル
      オーストラリア・ドル                           -        914,542           914,542
      英ポンド                           -       4,233,667           4,233,667
      カナダ・ドル                           -          442           442
      チリ・ペソ                           -         5,281           5,281
      チェコ・コルナ                           -         26,479           26,479
      ユーロ                           -       7,857,333           7,857,333
      日本円                           -       2,033,176           2,033,176
      メキシコ・ペソ                           -         3,755           3,755
      ニュージーランド・ドル                           -         1,979           1,979
      ノルウェー・クローネ                           -         20,689           20,689
      ポーランド・ズウォティ                           -         12,309           12,309
      スウェーデン・クローナ                           -         5,319           5,319
      スイス・フラン                           -        721,709           721,709
                                 -      15,836,680           15,836,680
                              非貨幣性            貨幣性            合計

      通貨                         米ドル           米ドル           米ドル
      カナダ・ドル                           -           6           6
                                 95/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      チェコ・コルナ                           -           43           43
      ユーロ                           -           16           16
                                 -           65           65
    (c)金利リスク

       金利リスクは、市場金利の変動による、金融商品の公正価値または将来キャッシュ・フローの変動リス
     クと定義付けられる。当該リスクは、公正価値または将来キャッシュ・フローが金利変動に影響される金
     融商品から生じる。短期有価証券は、長期有価証券に比べて、金利変動に対する感応度が低いが、一般に
     利回りが低い。マスター・ファンドの金融資産および金融負債の一部は、変動利付債務証券であり、管理
     会社の意見では、当該商品は、金利変動に対する感応度は一般的に低いが、一般の金利よりも上昇幅が少
     ないまたは速度が遅い場合は、評価額が下がることがある。反対に、変動利付商品は、金利が低下した場
     合に一般に評価額が増加しない。金利の変動はまた、マスター・ファンドが変動利付投資有価証券から得
     る投資収益の受取利息金額に影響を与える。
     ハイ・イールド証券リスク

       マスター・ファンドは、ムーディーズによる格付がBaa3以下またはS&Pによる格付けがBBB-
     以下(一般に「ジャンク債」または「ハイ・イールド債」とされる。)の固定利付証券に投資する。これ
     らは投機的な有価証券とみなされ、一般に、高格付の有価証券投資と比べてより多くの収入が得られる一
     方で、高格付の有価証券と比べてより高い元本リスクおよび所得リスク(当該有価証券発行者の債務不履
     行または倒産の可能性を含む。)を内在し、また(経済状況が不確実または変動している時期は特に、)
     価格変動性がより高い。利回りは時間の経過とともに変動するため、特定の収入水準が保証されるもので
     はない。これらの低格付ハイ・イールド固定利付証券は、一般的な水準の金利変動に対して主に反応する
     高格付の有価証券と比べて、(同様に金利変動による影響も受けるが、)経済変動(および経済成長見通
     し)、企業および産業の短期成長性ならびに市場において認知されている信用度(悪化している時は特
     に。)をより広範囲に反映する傾向にある。過去に、一定の状況下で、景気の停滞または金利の上昇に
     よって、当該有価証券の発行者が債務不履行に陥るケースが増え、同様の事態が、将来、特に高いレバ
     レッジをかけた発行者に起こる可能性がある。
     支払リスク

       マスター・ファンドが保有している債務証券の発行者は、特に金利が低下している時期には、債券を売
     却するかまたは当該有価証券に対して支払うべき元本を期限前償還することができる。マスター・ファン
     ドは、かかる元本を好条件の利率で再投資することができず、マスター・ファンドの収入減となり、マス
     ター・ファンドがプレミアムを支払っていた場合にはこれを失うことがある。またマスター・ファンド
     は、返済された債券価格に対する金利の低下による恩恵を得られないこともある。その一方で、金利の上
     昇は、期限前償還の発生を予測されていたよりも緩やかにさせることがある。これは事実上、該当する有
     価証券の満了期間を延ばし、金利変動に対する感応度を高め、マスター・ファンドの純資産価額の変動性
     を高める。期限前償還リスクを伴う有価証券は、一般に、金利が低下している場合には利益を得る可能性
     が低くなり、金利が上昇している場合には損失を被る可能性が高くなる。
       以下の表は、財政状態計算書における満期日で分類された金利プロファイルを表している。

     金利リスク                              2023  年4月   30 日

                      1年未満       1~5年        5年超       無利息        合計
                       米ドル       米ドル       米ドル       米ドル       米ドル
     資産
     現金および現金等価物                  8,037,345          -       -     175,570       8,212,915
                                 96/258

                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     決済待ちの投資有価証券の売却                     -       -       -   118,551,718        118,551,718
     中央清算機関で清算されるスワップ
     契約に係る未収変動証拠金                   270,463         -       -       -      270,463
     未収利息およびその他の未収金                     -       -       -    5,094,990        5,094,990
     損益を通じて公正価値で
     測定される金融資産                 65,680,374       41,353,960       428,828,979         294,226      536,157,539
     資産合計                 73,988,182       41,353,960       428,828,979       124,116,504        668,287,625
     負債

     決済待ちの投資有価証券の購入                     -       -       -   284,507,459        284,507,459
     決済待ちの受益証券の買戻し                     -       -       -     113,921        113,921
     先物契約に係る未払変動証拠金                   62,437         -       -       -      62,437
     特定のデリバティブ契約に係る
     担保、時価評価額                     -     195,022      2,823,510          -     3,018,532
     未払管理報酬                     -       -       -     230,820        230,820
     未払保管および管理事務代行報酬                     -       -       -     174,314        174,314
     その他の未払費用                     -       -       -     350,550        350,550
     損益を通じて公正価値で
     測定される金融負債                  2,355,637       2,795,227      124,180,858         669,599      130,001,321
     負債合計(買戻可能受益証券の
     保有者に帰属する純資産を除く。)                  2,418,074       2,990,249      127,004,368       286,046,663        418,459,354
     金利リスク                              2022  年4月   30 日

                      1年未満       1~5年        5年超       無利息        合計
                       米ドル       米ドル       米ドル       米ドル       米ドル
     資産
     現金および現金等価物                 45,729,668          -       -     36,559      45,766,227
     決済待ちの投資有価証券の売却                     -       -       -   299,948,814        299,948,814
     先物契約に係る未収変動証拠金                   142,299         -       -       -      142,299
     中央清算機関で清算されるスワップ
     契約に係る未収変動証拠金                   240,617         -       -       -      240,617
     未収利息およびその他の未収金                     -       -       -    4,050,447        4,050,447
     損益を通じて公正価値で
     測定される金融資産                 50,198,617       59,537,897       738,558,544        2,141,170       850,436,228
     資産合計                 96,311,201       59,537,897       738,558,544       306,176,990       1,200,584,632
     負債

     決済待ちの投資有価証券の購入                     -       -       -   385,831,373        385,831,373
     決済待ちの受益証券の買戻し                     -       -       -    1,533,148        1,533,148
     特定のデリバティブ契約に係る
     担保、時価評価額                   140,456       752,028      3,002,668          -     3,895,152
     未払管理報酬                     -       -       -     773,027        773,027
     未払保管および管理事務代行報酬                     -       -       -     115,066        115,066
     その他の未払費用                     -       -       -     392,553        392,553
     損益を通じて公正価値で
     測定される金融負債                 20,373,294       23,880,243       421,337,238        2,441,428       468,032,203
     負債合計(買戻可能受益証券の
     保有者に帰属する純資産を除く。)                 20,513,750       24,632,271       424,339,906       391,086,595        860,572,522
       非ベース金利エクスポージャー(金利スワップ契約の概念的な影響を除く。)は、上表に詳述されてい

     る。金利スワップ契約は、金利リスクを軽減する手法として締結される。
                                   2023  年4月   30 日     2022  年4月   30 日

                                     米ドル            米ドル
      受取利息
                 ※
      現金および現金等価物                                 1,447,980              20,216
                                 97/258

                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      債務証券
      損益を通じて公正価値で測定される債務証券                                16,229,412            21,164,868
      合計                                17,677,392            21,185,084
     ※
       2023  年4月   30 日および     2022  年4月   30 日終了期間において、マスター・ファンドの関連発行体に対する投
       資利益からの受取利息はなかった。
                                 98/258


















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    (d)流動性リスク

       流動性リスクは、ファンズが金融負債の債務履行義務を行使することが困難になるリスクのことであ
     る。ファンズの主な債務は、投資家が売却を希望する受益証券の買戻しである。組織化された公設市場で
     取引されていない、OTCデリバティブ契約があればこれを含むマスター・ファンドの金融商品は、現金
     化が困難である場合がある。その結果、マスター・ファンドは、当該商品に投資している証券の一部を、
     現金化要件を満たすため、または特定の発行体の信用力の低下などの特定の事象に対応するために必要
     な、公正価値に近い金額で、直ちに換金できない可能性がある。
       流動性リスクの影響を軽減または最小化する必要があるとみなされた場合、投資目的に詳述されている

     とおり、管理会社は、流動性が高く、実行可能な証券により集中するようポートフォリオのポジションを
     取り直すか、資産配分を調整する。
       ファンズの投資方針に従って、管理会社は、継続的にファンズの流動性ポジションを監視する。買戻可

     能受益証券は、保有者の任意の請求で買戻すことができる。ただし、これらの商品は一般的に保有者が
     中・長期的に保有するため、開示されている契約上の満期が実際のキャッシュ・アウトフローを代表する
     ものだとは予想していない。
       以下の表は、財政状態計算書日から契約満期日までの残存期間に基づいて、該当する満期ごとにファン

     ズの資産および負債を分類して分析している。表における金額は、契約上の割引かれていないキャッ
     シュ・フローである。
      流動性リスク                              2023  年4月   30 日

                         1か月未満        1~3か月         3か月超          合計
                          米ドル        米ドル        米ドル         米ドル
      資産合計                   184,985,059        4,168,061        479,134,505         668,287,625
      負債
      決済待ちの投資有価証券の購入                   284,507,459            -         -    284,507,459
      決済待ちの受益証券の買戻し                     113,921          -         -      113,921
      先物契約に係る未払変動証拠金                      62,437          -         -       62,437
      特定のデリバティブ契約に係る
      担保、時価評価額                        -       -     3,018,532         3,018,532
      未払管理報酬                     230,820          -         -      230,820
      未払保管および管理事務代行報酬                     174,314          -         -      174,314
      その他の未払費用                     350,550          -         -      350,550
      損益を通じて公正価値で
      測定される金融負債                     227,081      1,067,936        128,706,304         130,001,321
      負債合計                   285,666,582        1,067,936        131,724,836         418,459,354
                                 99/258





                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      流動性リスク                              2022  年4月   30 日

                         1か月未満        1~3か月         3か月超          合計
                          米ドル        米ドル        米ドル         米ドル
      資産合計                   243,838,686       148,141,143         808,604,803        1,200,584,632
      負債
      決済待ちの投資有価証券の購入                   187,500,581       198,330,792              -    385,831,373
      決済待ちの受益証券の買戻し                    1,533,148           -         -     1,533,148
      特定のデリバティブ契約に係る
      担保、時価評価額                        -       -     3,895,152         3,895,152
      未払管理報酬                     773,027          -         -      773,027
      未払保管および管理事務代行報酬                     115,066          -         -      115,066
      その他の未払費用                     392,553          -         -      392,553
      損益を通じて公正価値で
      測定される金融負債                    4,457,427       8,241,624        455,333,152         468,032,203
      負債合計                   194,771,802       206,572,416         459,228,304         860,572,522
    (e)信用リスク

       ファンズは、取引相手方の信用リスクにさらされ、また債務不履行リスクを負っている。取引された有
     価証券の債務不履行リスクは、ブローカーが支払金を受領した時にのみ売却した有価証券の引渡しを行う
     ため、最低限であると考えられる。購入時の支払いは、ブローカーが有価証券を受領した時にのみ行う。
     どちらかの当事者が債務を履行しない場合、取引は成立しない。
       ファンズは、管理会社が高格付であると考え、また確立されていると考えるブローカー・ディーラー、

     銀行および規制された取引所と取引を行うことによって信用リスクを軽減することを目指している。デリ
     バティブ契約に関連するリスクがもしあれば、契約取引相手方が債務不履行になる可能性を含んでいる。
       マスター・ファンドが引受けている未決済の買戻契約に関連する担保の公正価値は、                                            50,856,275      米ドル

     ( 2022  年:  27,838,861      米ドル)である。
       マスター・ファンドは、一般に、有名な格付機関によって格付が付与された金融資産に投資する。

      格付                                   純資産比率

                                    2023  年           2022  年
                                  4月  30 日現在          4月  30 日現在
      AAA/Aaa                                 15.79   %          25.53   %
      AA/Aa                                  0.72  %           0.79  %
      A/A                                  0.67  %           1.33  %
      BBB/Baa                                  6.82  %           7.84  %
      BB/Ba                                 17.02   %          16.30   %
      B/B                                  7.62  %          11.79   %
      CCC/Caaおよびそれ以下                                  6.87  %           6.88  %
         *
      無格付                                 14.86   %          12.12   %
      現金およびその他純資産                                 29.63   %          17.42   %
                                      100.00   %          100.00   %
                                100/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     * 「無格付」の投資先債券の信用度を監視するため、管理会社は、公に認められた信用格付が得られてい

       ない多数の商品に対し、内部調査に基づいて、独自の格付を設定する。管理会社は、各投資商品の黙示
       的な格付を算出するため、発行に関する主要な金融指標および当該商品の構造的な特徴について検討す
       る。
       信用度は、      2023  年4月   30 日および     2022  年4月   30 日現在のマスター・ファンドの純資産比率として表示さ

     れている。BBBまたはそれ以上に格付けされた債券(短期債券については、A-3またはそれ以上)
     は、投資適格とみなされる。表は、スタンダード&プアーズ、ムーディーズおよびフィッチのうち一つ以
     上から提供される最も高評価の格付を反映している。格付およびポートフォリオ信用度は、時間の経過と
     ともに変動する。現金およびその他純資産は、もしあれば、ポートフォリオ内の現金、デリバティブおよ
     び短期証券の時価ウェイトを表す。表のデータは、                          2022  年6月   30 日に施行された新しい計算方法を反映し
     ている。
       ファンズそのものは、独立した格付業者による格付を受けていない。

       金融危機によって、その他の取引相手方の倒産または他の理由による債務不履行を余儀なくされた場

     合、マスター・ファンドの保有証券は影響を受ける可能性がある。ファンズは、取引相手方が支払期限ま
     でに全額支払うことができないリスクすなわち信用リスクにさらされている。
       またファンズは、トレーディング・デリバティブ商品、現金および現金等価物ならびにブローカー未収

     金およびその他の未収金の残高に係る取引相手方信用リスクにさらされている。ファンズのプロテクショ
     ン売り手またはプロテクション買い手のどちらかとしての取引相手方リスクからの最大損失リスクは、デ
     リバティブ契約の公正価値である。当該リスクは、マスター・ファンドと取引相手方との間でマスター差
     金決済契約を締結することにより軽減されるが、排除はされない。マスター・ファンドがプロテクション
     の売り手である場合、マスター・ファンドが将来的に支払うべき潜在的な最大金額は、当該デリバティブ
     契約の想定元本に等しい。
       マスター・ファンドは、OTCデリバティブおよび為替契約を管理するISDA(国際スワップデリバ

     ティブ協会)マスター契約ならびに適宜一定の取引相手方との間で締結され、特定日受渡(マスター契
     約)になり得るモーゲージ・バック証券およびその他の資産に基づく証券を伴う取引を管理するマスター
     証券先渡取引契約の当事者である。マスター契約は、とりわけ当事者の一般的義務、表明、合意、担保提
     供、デフォルト事由および早期終了に関する条項を含むことがある。マスター・ファンドに提供された担
     保は、マスター契約の条項に従って、一定の取引相手方に関しては、ファンズの保管会社によって分別勘
     定で保管されている。マスター・ファンドの担保は、取引相手方に対する差入れまたは移転のいずれかに
     より、取引相手方に引き渡される。担保は、現金または米国政府もしくは関連機関によって発行された債
     務証券の形式またはマスター・ファンドおよび適用可能な取引相手方によって合意されたその他証券の形
     式が認められている。担保要件は、マスター・ファンドの各取引相手方における正味ポジションに基づい
     て決定される。ISDAマスター契約に関して、マスター・ファンドに適用される終了事由は、マス
     ター・ファンドの純資産が、一定の期間に特定の限界値を下回った場合に発生することがある。取引相手
     方に適用される終了事由は、取引相手方の長期または短期格付が特定レベルを下回った場合に発生するこ
     とがある。いずれのケースも、発生時に、その他の当事者は早期終了を選択し、終了当事者の合理的な決
     定に基づき、当該早期終了から生じた損失および費用の支払を含むすべての未決済のデリバティブおよび
     為替契約の差金決済を行うことがある。早期終了を選択するマスター・ファンドの単一または複数の取引
                                101/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     相手方による決定は、マスター・ファンドの将来のデリバティブ活動に対して影響を与える可能性があ
     る。
       報告期末現在、マスター・ファンドは、マスター契約に基づく未決済デリバティブ契約に係る正味負債

     ポジションを       2,355,514     米ドル(     2022  年:  24,530,796      米ドル)保有していた。これらの契約期間終了時点
     で、マスター・ファンドによって提供された担保は、合計                              2,168,676     米ドル(     2022  年:  24,118,878      米ドル)
     で、未決済の契約に関連する金額を含むことがある。
       マスター・ファンドの主な信用リスクの集中は、債務証券とトレーディング・デリバティブ商品の間の

     スプレッドである。有利な未決済契約の公正価値の                           10 %未満は、一つの発行体との間で締結されている
     が、  2023  年4月   30 日の報告期末現在、統一モーゲージ・バック証券との間で締結されている、公正価値の
     49.36   %にあたる評価額         258,910,491      米ドル(     2022  年:統一モーゲージ・バック証券との間で締結されてい
     る、公正価値の        56.70   %にあたる評価額         482,130,931      米ドル)の契約は除く。
       ファンズは、ファンズの金融資産および米国の現金残高の一部を保有する保管会社の信用リスクにさら

     されている。保管会社は、マスター・ファンドの投資取引のために、清算および預託運用を行う。また、
     保管会社は、マスター・ファンドに対する短期貸付のいくつかも行う。                                     ファンズはまた、現金および現金
     等価物に係る保管会社リスクにさらされるが、これは保管会社がファンズと合意した手続きに従った正確
     な処理を遂行しないことにより生じる。
       報告日現在の信用リスクに対する最大のエクスポージャーは、各報告期間末現在、以下のとおり分析さ

     れている。
                                   2023  年4月   30 日      2022  年4月   30 日

      商品の種類                                  米ドル             米ドル
      損益を通じて公正価値で測定される
      金融資産および金融負債の構成:
       確定利付投資有価証券                              469,606,740             772,609,206
       レポ契約                              49,859,000             27,293,000
                *
       デリバティブ資産                              12,158,249             48,426,133
       現金および現金等価物                               8,212,915            45,766,227
       決済待ちの投資有価証券の売却                              118,551,718             299,948,814
       未収利息およびその他の未収金                               5,094,990             4,050,447
       先物契約に係る未収変動証拠金                                   -          142,299
       中央清算機関で清算される
       スワップ契約に係る未収変動証拠金                                270,463             240,617
     *
      デリバティブ資産は、先渡契約、OTCスワップ契約、先渡プレミアム・スワップション契約、買建オ
      プション、買建スワップション、売建オプションおよび売建スワップションにより構成される。売建オ
      プションおよび売建スワップションに係る信用リスクの最大額は、各有価証券に係る支払いプレミアム
      の価値に基づき、有価証券ベースで評価される。特定のデリバティブ資産に係る信用リスクの最大額
      は、法的強制力のあるマスター・ファンドのマスター差金決済契約(注記8および注記                                             12 )の結果、減
      額される。
                                102/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       マスター・ファンドは、債務不履行の可能性、債務不履行時のエクスポージャー、債務不履行時の損失
     を使用して信用リスクおよび予想信用損失を測定する。経営陣は、予想信用損失を決定する際に、過去の
     分析および将来の情報の両方を考慮する。                      2023  年4月   30 日および     2022  年4月   30 日現在、その他のすべての
     未 収金、ブローカーに対する債権額、現金および短期預金は、AA/Aa以上の信用格付の取引相手方で
     保有されており、1週間以内に決済される予定である。経営陣は、短期的に契約上の義務を履行する高い
     能力が取引相手方にあるため、債務不履行の可能性はゼロに近いと考えている。その結果、かかる減損は
     マスター・ファンドにとって全く重要性がないため、                            12 か月の予想信用損失に基づく損失引当金は認識さ
     れていない。
       ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーは、ムーディーズによって、期末にA

     a3(   2022  年:Aa3)の格付けを付与された。                    2022  年2月   28 日、IHSマークイット・リミテッドは、
     S&Pグローバル・インクと合併した。S&Pグローバル・インクは、ムーディーズによって、期末にA
     3(  2022  年:A3)の格付を付与された。
       シニア・ローンは、発行または引渡遅延時点を基準に購入または販売され、取引日から1か月またはそ

     れ以降に決済され、これにより、適宜、利用可能な現金残高の実際の投資を遅らせることができる。受取
     利息は、有価証券の契約条件に基づいて発生する。シニア・ローンは、代理人を通じて、他のローン保有
     者から譲渡されることにより取得するか、もしくは、他のローン保有者の持分の一部に参加(パーティシ
     ペーション)することにより取得することができる。マスター・ファンドが、ローンまたはパーティシ
     ペーションに投資する場合、ファンズは、マスター・ファンドと借り手の間の仲介者がマスター・ファン
     ドに対する債務を履行しないリスクにさらされ、加えて、ローンの借り手が債務を履行しないリスクにも
     さらされる。
       ファンズの投資方針に従って、管理会社は、継続的にファンズの信用ポジションを監視する。

    (f)金融デリバティブ商品

       マスター・ファンドは、投資目的または保有資産の効率的なポートフォリオ運用のために、多様な投資
     手法および商品を採用し、市場変動、為替、金利リスクもしくはその他のリスクをヘッジしている。その
     様な商品は、管理会社が定めた条件および制限のもとで使用される。マスター・ファンドは、報告期間中
     に、先渡し、先物、オプションおよびスワップ契約を活用し、結果的に生じた損益は、包括利益(損失)
     計算書で報告された。
    (g)公正価値の見積り

       簿価からその他の未収金および未払金の減損引当金を控除した金額が、公正価値の概算値とみなされ
     る。開示目的による金融負債の公正価値は、マスター・ファンドにおいて入手可能な類似金融商品の現行
     市場金利で将来の契約キャッシュ・フローを割引いて見積もられる。
       IFRS第7号「金融商品:開示」の改訂は、マスター・ファンドに対し、公正価値測定の分類に、測

     定に用いたインプットの重要性を反映する公正価値ヒエラルキーを用いることを要求している。
       ・活発な市場における同一の資産または負債の相場価格(無調整)(レベル1)

       ・レベル1の相場価格を除いて、資産または負債に関して、直接的(すなわち価格)または間接的(す
        なわち価格から派生したもの)いずれかの観察可能なインプット(レベル2)
       ・資産または負債に関して、観察可能な市場データに基づかないインプット、すなわち観察不可能イン
        プット(レベル3)
                                103/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       公正価値測定が全体的に分類される公正価値ヒエラルキーのレベルは、公正価値測定全体において重要

     となる最も低いレベルのインプットに基づいて決定される。このために、インプットの重要性は、公正価
     値測定全体に対して査定される。公正価値測定が、観察不可能インプットに基づく重大な調整を要する観
     察可能インプットを使用する場合、当該測定は、レベル3である。公正価値測定全体における特定のイン
     プットの重要性の査定には、資産または負債に特有の要因を考慮した判断が要求される。
       「観察可能」とするか否かの決定には、ファンズによる重要な判断が要求される。ファンズは、観察可

     能なデータとは、直ちに入手可能で、定期的に配信または更新され、信頼性があって検証可能な、独占さ
     れておらず、当該市場に積極的に関与する独立した情報源により提供された市場データであると考えてい
     る。
       評価額が、活発な市場における相場価格に基づく、すなわちレベル1に分類される投資有価証券には、

     上場持分証券、取引所で取引されているデリバティブ、米国財務省短期証券および特定の非米国ソブリン
     債務証券が含まれる。マスター・ファンドは、当該商品の相場価格を調整しない。
       活発とはみなされない市場において取引されているが、相場価格、ディーラー相場価格または観察可能

     インプットによって裏付けられる代替価格情報に基づいて評価される金融商品は、レベル2に分類され
     る。これらには投資適格社債および特定の非米国ソブリン債務証券、上場持分証券およびOTCデリバ
     ティブが含まれる。レベル2投資有価証券には、活発な市場で取引されていないおよび/または譲渡制限
     を受けるポジションが含まれるため、その評価は、一般的に入手可能な市場情報に基づいて、非流動性お
     よび/または非譲渡可能性を反映すべく調整されることがある。
                                104/258











                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       活発な市場が存在しない金融商品について、マスター・ファンドは、通常、評価方法および業界内の基

     準として一般に認められた技法に基づく内部開発モデルを使用することがある。観察可能な市場データに
     基づいていない資産および負債についてのインプットは、レベル3に分類される。
       下表は、     2023  年4月   30 日の報告期末現在に公正価値で測定されたマスター・ファンドの金融資産および

     金融負債を公正価値ヒエラルキーで分析した表である。
      公正価値-金融資産                    レベル1        レベル2        レベル3         合計

                          米ドル        米ドル        米ドル        米ドル
      投資有価証券:
      確定利付証券:
       アセットバック証券                       -     2,155,583           -     2,155,583
       特定のデリバティブ契約に
       係る担保、時価評価額                   1,615,000         1,403,532           -     3,018,532
       転換債
        基本素材                      -       63,749         -       63,749
        資本財                      -      506,612          -      506,612
        通信サービス                      -      540,380          -      540,380
        一般消費財・サービス                      -     3,033,947           -     3,033,947
        生活必需品                      -     1,696,477           -     1,696,477
        エネルギー                      -      650,375          -      650,375
        金融                      -      114,874          -      114,874
        ヘルスケア                      -     2,362,363           -     2,362,363
        テクノロジー                      -     4,532,688           -     4,532,688
        輸送                      -      399,857          -      399,857
        公益事業・電力                      -      343,614          -      343,614
       社債
        基本素材                      -     3,414,316           -     3,414,316
        資本財                      -     5,654,111           -     5,654,111
        通信サービス                      -     1,406,202           -     1,406,202
        一般消費財・サービス                      -     10,365,622           -    10,365,622
        生活必需品                      -     1,753,527           -     1,753,527
        エネルギー                      -     10,391,700           -    10,391,700
        金融                      -     1,572,496           -     1,572,496
        ヘルスケア                      -     3,288,577           -     3,288,577
        テクノロジー                      -     1,925,871           -     1,925,871
        公益事業・電力                      -     1,099,307           -     1,099,307
       外国政府債および
       外国政府系機関債                       -     20,444,921           -    20,444,921
       モーゲージバック証券
        政府系機関モーゲージ
        担保債務証書                      -     36,698,790           -    36,698,790
        商業用モーゲージ証券                      -     27,673,192           -    27,673,192
        住宅ローン担保証券                      -     26,291,838           -    26,291,838
       シニア・ローン
                                105/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        基本素材                      -      482,725          -      482,725
        資本財                      -      537,666          -      537,666
        通信サービス                      -      392,296          -      392,296
        一般消費財・サービス                      -     1,171,783           -     1,171,783
        生活必需品                      -      639,104          -      639,104
        エネルギー                      -      489,527          -      489,527
        ヘルスケア                      -      105,735          -      105,735
        テクノロジー                      -      738,405          -      738,405
       短期投資有価証券                       -     63,091,138           -    63,091,138
       米国政府および政府系機関
       モーゲージ債務証券                       -    280,417,840            -    280,417,840
      投資有価証券合計                    1,615,000        517,850,740            -    519,465,740
      デリバティブ:
       先渡契約                       -      294,226          -      294,226
       先渡プレミアム・
       スワップション契約                       -     7,695,586           -     7,695,586
       OTCクレジット・
       デフォルト契約                       -     8,701,987           -     8,701,987
      デリバティブ合計                        -     16,691,799           -    16,691,799
      損益を通じて公正価値で測定される金融資産合計                                            536,157,539
      公正価値-金融資産                    レベル1        レベル2        レベル3         合計

                          米ドル        米ドル        米ドル        米ドル
      現金等価物                        -     8,037,345           -     8,037,345
      中央清算機関で清算される
      金利スワップ契約                        -     54,898,789           -    54,898,789
      公正価値-金融負債                    レベル1        レベル2        レベル3         合計

                          米ドル        米ドル        米ドル        米ドル
      デリバティブ:
       先渡契約                       -      669,599          -      669,599
       先渡プレミアム・
       スワップション契約                       -     6,631,299           -     6,631,299
       OTCトータル・リターン・
       スワップ契約                       -      315,519          -      315,519
       OTCクレジット・
       デフォルト契約                       -     9,033,091           -     9,033,091
      デリバティブ合計                        -     16,649,508           -    16,649,508
       TBA売り契約                       -    113,351,813            -    113,351,813
      損益を通じて公正価値で測定される金融負債合計                                            130,001,321
      公正価値-金融負債                    レベル1        レベル2        レベル3         合計

                          米ドル        米ドル        米ドル        米ドル
      中央清算機関で清算される
      金利スワップ契約                        -     49,940,015           -    49,940,015
      先物契約                     859,598            -       -      859,598
                                106/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       公正価値で測定されないがその公正価値が開示されるすべてのその他の資産および負債は、レベル2に
     分類される。資産および負債の内訳については財政状態計算書を、また評価手法の記載については注記3
     お よび注記4を参照のこと。
       下表は、     2022  年4月   30 日の報告期末現在に公正価値で測定されたマスター・ファンドの金融資産および

     金融負債を公正価値ヒエラルキーで分析した表である。
      公正価値-金融資産                    レベル1        レベル2        レベル3         合計

                          米ドル        米ドル        米ドル        米ドル
      投資有価証券:
      確定利付証券:
       アセットバック証券                       -     1,220,940           -     1,220,940
       特定のデリバティブ契約に
       係る担保、時価評価額                   2,160,000         1,735,152           -     3,895,152
       転換債
        資本財                      -      243,064          -      243,064
        通信サービス                      -     1,069,675           -     1,069,675
        一般消費財・サービス                      -     2,391,549           -     2,391,549
        生活必需品                      -     1,495,172           -     1,495,172
        エネルギー                      -      821,315          -      821,315
        金融                      -      214,020          -      214,020
        ヘルスケア                      -     2,132,012           -     2,132,012
        テクノロジー                      -     5,140,262           -     5,140,262
        輸送                      -      581,150          -      581,150
        公益事業・電力                      -      359,480          -      359,480
       社債
        基本素材                      -     4,778,995           -     4,778,995
        資本財                      -     3,025,839           -     3,025,839
        通信サービス                      -     5,858,662           -     5,858,662
        一般消費財・サービス                      -     12,999,060           -    12,999,060
        生活必需品                      -     4,205,999           -     4,205,999
        エネルギー                      -     15,372,737           -    15,372,737
        金融                      -     7,287,681           -     7,287,681
        ヘルスケア                      -     4,557,357           -     4,557,357
        テクノロジー                      -     2,043,115           -     2,043,115
        輸送                      -      657,680          -      657,680
        公益事業・電力                      -     1,072,442           -     1,072,442
       外国政府債および
       外国政府系機関債                       -     31,481,483           -    31,481,483
       モーゲージバック証券
        政府系機関モーゲージ
        担保債務証書                      -     84,542,511           -    84,542,511
        商業用モーゲージ証券                      -     34,353,329           -    34,353,329
        住宅ローン担保証券                      -     42,786,050           -    42,786,050
       未決済購入スワップション                       -     8,510,569           -     8,510,569
       シニア・ローン
                                107/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        基本素材                      -      425,971          -      425,971
        資本財                      -      511,616          -      511,616
        通信サービス                      -      215,000          -      215,000
        一般消費財・サービス                      -     1,585,470           -     1,585,470
        生活必需品                      -      536,072          -      536,072
        エネルギー                      -      317,188          -      317,188
        金融                      -       82,601         -       82,601
        ヘルスケア                      -     1,117,330           -     1,117,330
        テクノロジー                      -      717,427          -      717,427
        輸送                      -      357,211          -      357,211
       短期投資有価証券                       -     35,540,533           -    35,540,533
       米国政府および政府系機関
       モーゲージ債務証券                       -    483,909,056            -    483,909,056
      投資有価証券合計                    2,160,000        806,252,775            -    808,412,775
      デリバティブ:
       先渡契約                       -     2,141,170           -     2,141,170
       先渡プレミアム・
       スワップション契約                       -     29,927,347           -    29,927,347
       OTCクレジット・
       デフォルト契約                       -     9,954,936           -     9,954,936
      デリバティブ合計                        -     42,023,453           -    42,023,453
      損益を通じて公正価値で測定される金融資産合計                                            850,436,228
      公正価値-金融資産                    レベル1        レベル2        レベル3         合計

                          米ドル        米ドル        米ドル        米ドル
      現金等価物                        -     45,729,668           -    45,729,668
      中央清算機関で清算される
      金利スワップ契約                        -     31,748,282           -    31,748,282
      先物契約                    2,915,323             -       -     2,915,323
      公正価値-金融負債                    レベル1        レベル2        レベル3         合計

                          米ドル        米ドル        米ドル        米ドル
      デリバティブ:
       先渡契約                       -     2,441,428           -     2,441,428
       先渡プレミアム・
       スワップション契約                       -     33,472,499           -    33,472,499
       OTCトータル・リターン・
       スワップ契約                       -      251,036          -      251,036
       OTCクレジット・
       デフォルト契約                       -     17,879,539           -    17,879,539
      デリバティブ合計                        -     54,044,502           -    54,044,502
       TBA売り契約                       -    396,837,078            -    396,837,078
       未決済売建スワップション                       -     17,150,623           -    17,150,623
      損益を通じて公正価値で測定される金融負債合計                                            468,032,203
      公正価値-金融負債                    レベル1        レベル2        レベル3         合計

                          米ドル        米ドル        米ドル        米ドル
                                108/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      中央清算機関で清算される
      金利スワップ契約                        -     22,317,934           -    22,317,934
       公正価値で測定されないがその公正価値が開示されるすべてのその他の資産および負債は、レベル2に

     分類される。資産および負債の内訳については財政状態計算書を、また評価手法の記載については注記3
     および注記4を参照のこと。
       損益を通じて公正価値で測定される金融資産:

                                    2023  年4月   30 日     2022  年4月   30 日
                                      米ドル           米ドル
      売買目的で保有される金融資産:
      現金等価物                                 8,037,345           45,729,668
      債務証券                                453,356,070           760,466,521
      レポ契約                                 49,859,000           27,293,000
      米国財務省短期証券、譲渡性預金証書および
      コマーシャル・ペーパー
      ( 2022  年:米国財務省短期証券および
      コマーシャル・ペーパー)                                 13,232,138            8,247,533
      デリバティブ                                 16,691,799           50,534,022
      特定のデリバティブ契約に係る担保                                 3,018,532           3,895,152
      損益を通じて公正価値で測定される金融資産合計
      (現金等価物を含む)                                544,194,884           896,165,896
                                    2023  年4月   30 日     2022  年4月   30 日

                                      米ドル           米ドル
      損益を通じて公正価値で測定される
      金融資産の公正価値のその他の純変動:
      実現損益                                (37,238,728)           (76,391,025)
      未実現損益の変動                                 14,740,689           28,261,728
      利益/(損失)合計                                (22,498,039)           (48,129,297)
    (h)資本リスク管理

       買戻可能受益証券の保有者に帰属する純資産が、ファンズの資本にあたる。ファンズは、受益者の投資
     判断に応じて日々発行および買戻しが行われるため、買戻可能受益証券の保有者に帰属する純資産の金額
     は、日々大きく変動することがある。ファンズが資金を運用するうえでの目標は、受益者にリターンを提
     供し、かつマスター・ファンドの投資活動をより活発にするだけの資金を確保するために、継続事業体と
     して存続する能力を維持することにある。管理会社は、その裁量により、ファンズの投資目的上、運用に
     著しい不利益をもたらす可能性があると考えられる大量の買戻しを制限することができる。
       ファンズは、資本構成を維持または調整するために、以下を実施する方針である。

       ・毎日の発行および買戻しの水準を1日のうちに換金可能と考えられる資産と比較して監視すること、
        ならびにファンズが買戻可能受益証券の保有者に支払う分配金額を調整すること。
       ・買戻制限の権限ならびに最低保有単位および最低申込単位の要件について規定しているファンズの定
        款に準拠し、受益証券の買戻しおよび新規発行を行うこと。
       管理会社は、買戻可能受益証券の保有者に帰属する純資産価額に基づき、資本を監視している。

                                109/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注9 報酬および費用
    (a)重大な影響を及ぼす関連当事者との取引
     管理報酬
       ファンズの関連会社である管理会社は、マスター・ファンドの資産の中から、クラスS受益証券は
     2.00  %、クラスI受益証券は             0.60  %を上限とする年次報酬を受領する権利を有する。当期の管理報酬は、
     管理会社の裁量により、マスター・ファンドに関連するクラスS受益証券に対して請求されなかった。管
     理会社は、フィーダー・ファンドの各クラスの月次平均純資産価額に対して、フィーダー・ファンドに関
     連する受益証券であるクラスJ受益証券は                      1.60  %、クラスM受益証券は             1.00  %を上限とする年次報酬を受
     領する。
                                110/258

















                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     販売報酬

       管理会社は、ファンズの関連会社であるパトナム・インターナショナル・ディストリビューターズ・リ
     ミテッド(以下、「販売会社」という。)に対して、管理会社および販売会社間で合意した報酬を、管理
     報酬から支払う。販売会社は、随時、適切とみなす方法および範囲で、その他の副販売会社といったその
     他の当事者と報酬を分割することができる。報告期間末現在、管理会社は、販売会社に対して                                                2,576,425     米
     ドル(   2022  年:  3,657,950     米ドル)を支払った。
       現在、フィーダー・ファンドの月次平均純資産価額に対する総費用比率(償却された設立費用を除く)

     は、クラスJ受益証券は年率               1.80  %を超えない、クラスM受益証券は年率                     1.20  %を超えないと予想され
     る。  2023  年4月    30 日現在、管理会社は、上記の総費用比率を超えた費用として                                258,433    米ドル(     2022  年:
     72,533   米ドル)をフィーダー・ファンドに払い戻した。管理会社は、いつでも、かかる総費用比率を変更
     する権限を有する。
     受託報酬

       マスター・ファンドの信託証書に基づき、ファーストカリビアン・インターナショナル・バンク・アン
     ド・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッド(旧称CIBCバンク・アンド・トラスト・カンパ
     ニー(ケイマン)リミテッド)(以下「マスター・ファンドの受託会社」という。)は、マスター・ファ
     ンドの資産から、年間            22,500   米ドルを上限とする報酬(毎年調査することを条件に、標準的な商業水準と
     みなされるならば、受益者の同意なく、インフレなど様々な理由から増額されることがある。)の支払い
     を受ける権利を有する。
       かかる報酬は、日々発生し、四半期毎に後払いされる。マスター・ファンドの受託会社は、マスター・

     ファンドの資産から、マスター・ファンドに関連してマスター・ファンドの受託会社が負担したすべての
     合理的な立替費用の払戻しを受ける。
       フィーダー・ファンドの信託証書に基づき、メープルズエフエス・リミテッド(フィーダー・ファンド

     の受託会社)は、フィーダー・ファンドの資産から、各フィーダー・ファンドの月次平均純資産価額に対
     して年率     0.02  %を上限とする報酬(ただし、年額の上限は                        60,000   米ドルとし、下限は           15,000   米ドルとす
     る。)の支払いを受ける権利を有する。かかる報酬は、日々発生し、四半期毎に後払いされる。フィー
     ダー・ファンドの受託会社は、フィーダー・ファンドの資産から、フィーダー・ファンドに関連して
     フィーダー・ファンドの受託会社が負担したすべての合理的な立替費用の払戻しを受ける。
    (b)非関連事業体との取引

     保管報酬
       管理会社は、ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニー(保管会社)に対して、
     マスター・ファンドの資産から、マスター・ファンドの月次平均純資産価額に対して年率                                              0.10  %を上限と
     する、日々発生し、毎月後払いされる報酬を支払う。また、管理会社は、保管会社に対して、フィー
     ダー・ファンドの資産から、フィーダー・ファンドの月次平均純資産価額に対して年率                                             0.10  %を上限とす
     る、日々発生し、毎月後払いされる報酬を支払う。管理会社は、保管会社に支払うべき合理的な立替費用
     を、各ファンドの資産から支払う。
     計算代理報酬

       保管会社は、ステート・ストリート・ケイマン・トラスト・カンパニー・リミテッド(以下「ステー
     ト・ストリート」という。)(計算代理会社)をファンズに関する計算代理会社に任命した。管理会社
                                111/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     は、計算代理会社による管理事務サービスに対し、                           67,500   米ドルにマスター・ファンドの純資産価額の年
     率 0.0030   %を加えた金額を上限とする報酬を、マスター・ファンドの資産から計算代理会社に支払う。追
     加 的な毎月の価格設定毎の報酬が適用される。当該報酬は、日々発生し、毎月後払いで支払われる。管理
     会社は、計算代理会社に支払うべき合理的な立替費用を、マスター・ファンドの資産から支払う。管理会
     社はまた、フィーダー・ファンドの資産の中から、計算代理会社に対し、年間約                                         5,000   米ドルに毎月の価格
     設定毎の管理事務報酬を加えた金額を支払う。当該報酬は、包括利益(損失)計算書において保管報酬に
     含まれており、日々発生し、毎月後払いで支払われる。管理会社は、計算代理会社に支払うべき合理的な
     立替費用を、フィーダー・ファンドの資産から支払う。
       ファンズは、ステート・ストリートとの間で、ステート・ストリートの報酬から現金残高引当金分が減

     少する費用相殺契約を締結することがある。                       2023  年4月   30 日および     2022  年4月   30 日終了年度において、費
     用相殺契約によってファンズの費用が減少することはなかった。
     名義書換事務代行報酬

       管理会社は、シティバンク・ヨーロッパ・ピーエルシー(名義書換事務代行会社)に対して、名義書換
     事務代行会社の業務量に基づいて、ファンズの資産から、マスター・ファンドに関しては年間                                                300,000    米ド
     ルを下限とし、フィーダー・ファンドに関しては年間                            75,000   米ドルを下限とする、日々発生し、毎月後払
     いされる報酬を支払う。管理会社は、名義書換事務代行会社に支払うべき合理的な立替費用を、それぞれ
     のファンドの資産から支払うことを免除する。
     その他の費用

       さらに、それぞれのファンドは、特に、法令を遵守するためのすべての費用ならびに監査人および法律
     顧問の報酬、保管手数料、ローンおよび融資残高についての利息および契約手数料、所得税、源泉徴収税
     もしくはその他の税金、受益者および投資予定者との連絡の費用を含む、自己の運用および事業に付随す
     るその他一切の費用を負担する。
       それぞれのファンドは、他の投資会社への投資に関連して申込および買戻手数料を支払うことを要求さ

     れる場合がある。それぞれのファンドは、ポートフォリオ取引に関連して仲介手数料を支払うことを要求
     される場合がある。
    注 10  関連会社による支払い

       管理会社は、報告期間中に発生した取引上の誤謬のためマスター・ファンドに                                          138  米ドル(     2022  年:
     119,854    米ドル)を自発的に払い戻した。当該金額の管理会社による払戻しは、トータル・リターンに重要
     な影響を与えなかった。
    注 11  市況

       通常の商取引において、マスター・ファンドは、金融商品を売買し、金融取引契約を締結するため、
     マーケットの変動による潜在的な損失のリスク(市場リスク)または取引相手方の債務不履行(信用リス
     ク)を負っている。以上の注記で説明されているとおり、マスター・ファンドは、機関またはその他の事
     業体とマスター・ファンドとの間で未決済の取引がデフォルトする追加的なリスクにさらされている。
       2017  年7月   27 日に、   LIBOR   を規制する英国金融行為規制機構(                  FCA  )は、   LIBOR   の維持に必要な相場の提供

     を銀行に強制することを、              2021  年 以降は停止する方針を発表              した。   LIBOR   の運営機関である         ICE  ベンチマー
     ク・アドミニストレーションは、ほとんどの代表ベース                            LIBOR   設定の公表を       2021  年末以降は停止しており、
     また、大部分の代表ベース米ドル                 LIBOR   設定の公表を       2023  年6月   30 日以降に停止することを予定している。
                                112/258


                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     さらに、世界の規制当局は、限られた例外を除き、                          2021  年以降は新たな        LIBOR   ベースの契約を締結してはな
     らないと発表した。          LIBOR   は歴史的に、変動金利ローンの調整に使用される一般的なベンチマーク金利指数
     で ある。   LIBOR   は、世界中の銀行業界および金融業界で、様々な金融商品および借入契約の金利を決定する
     ために使用されている。規制当局の措置により、ほとんどの主要通貨で                                    LIBOR   に代わる参照レートが設定さ
     れることになった。さまざまな金融業界グループが                          LIBOR   からの移行を計画しているが、特定の長期証券や
     取引を新たな参照レートに変換することには障壁がある。市場の進展は緩やかであり、これらのレートの
     流動性や、移行時の経済的価値の移転を軽減するためにこれらのレートをいかに適切に適合させるかとい
     う問題は、依然として重大な懸念事項である。移行プロセスおよびその最終的な成功については未知であ
     る。この移行プロセスは、金利の決定を                     LIBOR   に依存している市場において、ボラティリティの上昇および
     流動性の低下をもたらす可能性がある。また、一部の                           LIBOR   ベース投資の価値の減少を招き、ヘッジなどの
     関連取引の効果を低下させる可能性がある。一部の                          LIBOR   ベースの金融商品は、代替的な金利設定方法を提
     供することで       LIBOR   が利用不可能になった場合のシナリオを想定しているものもあるが、すべてがそのよう
     な規定を備えておらず、また、かかる代替的な方法の有効性に関しては大きな不確実性がある可能性もあ
     る。移行期間中はベンチマークとしての                     LIBOR   の有用性が低下する可能性があるため、これらの影響はいつ
     でも発生する可能性がある。
                                113/258














                                                          EDINET提出書類
                                     ザ・パトナム・アドバイザリー・カンパニー・エルエルシー(E15262)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    注 12  金融資産および金融負債ならびにデリバティブ資産およびデリバティブ負債の相殺

       以下の表は、報告期末現在、法的強制力のあるマスター差金決済契約または類似契約の対象となってい
     るデリバティブ、レポ契約および逆レポ契約の概要である。空売り証券に関する賃借取引は、もしあれ
     ば、注記3を参照のこと。財務報告の目的上、マスター・ファンドは財政状態計算書において、マスター
     差金決済契約の対象となる金融資産と金融負債とを相殺しない。
                        Bank  of    Barclays    Barclays    Capital   Inc.  BofA  Securities,       Citibank,

                      America   N.A.    Bank  PLC    (clearing    broker)         Inc.      N.A.
    2023  年4月   30 日               米ドル      米ドル          米ドル       米ドル      米ドル
    資産:
    中央清算機関で清算される
    金利スワップ契約       §              -      -       5,715,427          -      -
    OTCトータル・リターン・
    スワップ契約     * #
                          -      -          -       -      -
    OTCクレジット・デフォルト契約
    -売却プロテクション         * #
                          -      -          -       -      -
    OTCクレジット・デフォルト契約
    -購入プロテクション         * #
                          -      -          -       -      -
    先物契約   §                  -      -          -       -      -
    先渡契約   #                 493     23,871           -       -     6,077
    先渡プレミアム・スワップション契約              #    2,639,074         142          -       -   1,609,014
    レポ契約   **                  -      -          -    49,859,000          -
    資産合計                  2,639,567       24,013        5,715,427       49,859,000       1,615,091
    負債:
    中央清算機関で清算される
    金利スワップ契約       §              -      -       5,444,964          -      -
    OTCトータル・リターン・
    スワップ契約     * #
                          -      -          -       -      -
    OTCクレジット・デフォルト契約
    -売却プロテクション         * #
                        50,553        -          -       -      -
    OTCクレジット・デフォルト契約
    -購入プロテクション         * #
                          -      -          -       -      -
    先物契約   §                  -      -          -       -      -
    先渡契約   #                 8,195       -          -       -      11
    先渡プレミアム・スワップション契約              #    2,059,649        9,675           -       -   1,837,396
&nb