パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    【表紙】
    【提出書類】                  有価証券届出書

    【提出先】                  関東財務局長

    【提出日】                  2023  年 10 月 31 日

    【発行者名】                  パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・

                      エルエルシー
                      ( Pacific     Investment      Management      Company     LLC  )
    【代表者の役職氏名】                  マネージング・ディレクター ピーター・G・ストレロー

                      ( Peter   G.  Strelow,     Managing     Director     )
    【本店の所在の場所】                  アメリカ合衆国、         92660   カリフォルニア、ニューポート・ビーチ、

                      ニューポート・センター・ドライブ                  650  番
                      ( 650  Newport     Center    Drive,    Newport     Beach,    CA  92660,    USA  )
    【代理人の氏名又は名称】                  弁 護 士  三 浦   健

    【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング

                      森・濱田松本法律事務所
    【事務連絡者氏名】                  弁 護 士  三 浦   健

    【連絡場所】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング

                      森・濱田松本法律事務所
    【電話番号】                  03 ( 6212  ) 8316

    【届出の対象とした募集(売出)                  ピムコ・バーミューダ・トラスト-ピムコ・リアル・リターン・ファ

    外国投資信託受益証券に係るファ                  ンド
    ンドの名称】                  ( PIMCO   Bermuda     Trust   - PIMCO   Real   Return    Fund  )
    【届出の対象とした募集(売出)                  30 億アメリカ合衆国ドル(約              4,386   億円)を上限とする。

    外国投資信託受益証券の金額】
     (注)アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」または「ドル」という。)の円貨換算は、別段の記載がない限り、                                              2023  年8月   31 日現

        在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=                             146.20   円)による。以下同じ。
    【縦覧に供する場所】                  該当事項なし

                                  1/352




                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】
        ピムコ・バーミューダ・トラスト-ピムコ・リアル・リターン・ファンド
        ( PIMCO   Bermuda     Trust   - PIMCO   Real   Return    Fund  )
       (注)ピムコ・リアル・リターン・ファンド(以下「ファンド」という。)は、アンブレラ・ファンドとしてバーミューダの法律
         に基づき構成されているユニット・トラストであるピムコ・バーミューダ・トラスト(以下「トラスト」という。)のファ
         ンドである。なお、アンブレラとは、1つの投資信託を傘と見立て、その傘の下で一または複数の投資信託(ファンド)を
         設定できる仕組みのものを指す。              2023  年8月末日現在、トラストは、合計8本のファンドで構成されている。受託会社は、
         管理会社の同意を得て、追加のファンドを設定する権限を有する。
     (2)【外国投資信託受益証券の形態等】

        記名式無額面受益証券で、すべて同一種類である。(以下「ファンド証券」または「受益証券」とい
       う。)
        ファンド証券について、管理会社の依頼により、信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供された
       信用格付、または信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供される予定の信用格付はない。
        受益証券は追加型である。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

        30 億米ドル(約       4,386   億円)を上限とする。
       (注1)米ドルの円貨換算は、別段の記載がない限り、                       2023  年8月   31 日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲
          値(1米ドル=      146.20   円)による。以下同じ。
       (注2)ファンドは、バーミューダの法律に基づいて設立されているが、ファンド証券は、米ドル建てのため以下の金額表示は別
          段の記載がない限り米ドル貨をもって行う。
       (注3)本書の中で金額および比率を表示する場合、四捨五入または切捨の処理がしてある。従って、合計の数字が一致しない場
          合がある。また、円貨への換算は、本書の中でそれに対応する数字につき所定の換算率で単純計算のうえ、必要な場合四
          捨五入してある。従って、本書中の同一情報につき異なった円貨表示がなされている場合もある。
     (4)【発行(売出)価格】

        該当する取引日に計算される受益証券1口当たり純資産価格
        「取引日」とは、ニューヨーク証券取引所の各取引日をいい、元旦、マーチン・ルーサー・キング・
       ジュニア・デイ、ワシントン誕生日(一般に「プレジデント・デイ」とされる。)、聖金曜日、メモリ
       アル・デイ、奴隷解放記念日、独立記念日、レイバー・デイ、サンクスギビング・デイおよびクリスマ
       スが除かれる。
       (注)受益証券1口当たり純資産価格は、「(8)申込取扱場所」に記載の申込取扱場所に問い合わせること。
     (5)【申込手数料】

        日本における販売会社(後で定義される。)の日本国内における申込手数料は以下のとおりである。
                     申込口数                     申込手数料
              10 万口未満                       3.30  %(税抜     3.00  %)
              10 万口以上       50 万口未満                 1.65  %(税抜     1.50  %)
              50 万口以上     100  万口未満                0.825   %(税抜     0.75  %)
              100  万口以上                       0.55  %(税抜     0.50  %)
       (注)管理会社および日本における販売会社が書面により別途合意する場合は、当該合意に従うものとし、上記料率を上限とし
         て、上記と異なる申込手数料が課せられる、または申込手数料が課せられない取扱いとなる場合がある。
         申込手数料に関する照会先は、各日本における販売会社。
     (6)【申込単位】

        100  口以上   10 口単位
       (注)管理会社および日本における販売会社が書面により別途合意する場合は、当該合意に従うものとし、上記と異なる申込単位
         を用いる場合がある。
                                  2/352

                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (7)【申込期間】

        2023  年 11 月1日(水曜日)から           2024  年 10 月 31 日(木曜日)まで
       (注1)日本における申込受付時間は、原則として、午後4時(日本時間)までとする。ただし、日本における販売会社により異
          なる締切時間が設けられる場合がある。
       (注2)米国の居住者または法人等(本書「第二部 ファンド情報、第2 管理及び運営、1 申込(販売)手続等」の項を参
          照。)、バーミューダ諸島の居住者等はファンドを買い付けることはできないものとする。
       (注3)申込期間はその終了前に有価証券届出書を提出することにより更新される。
     (8)【申込取扱場所】

        ファンドの申込取扱場所については下記に照会のこと。
        SMBC日興証券株式会社(代行協会員)
         東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
         ホームページ・アドレス:              https://www.smbcnikko.co.jp/
         電話番号:      03-5644-3111       (受付時間:日本における営業日の8:                    40 ~ 17 : 10 )
        野村證券株式会社
         東京都中央区日本橋一丁目              13 番1号
         ホームページ・アドレス:              https://www.nomura.co.jp/
         電話番号:      03-3211-1811
        株式会社SBI証券
         東京都港区六本木一丁目6番1号
         ホームページ・アドレス:              https://www.sbisec.co.jp/
         電話番号:      03-5562-7210
        あかつき証券株式会社
         東京都中央区日本橋小舟町8番1号
         ホームページ・アドレス            :https://www.akatsuki-sc.com/
         電話番号:      03-5641-7800
        なお、申込取扱場所となる各金融商品取引業者を「日本における販売会社」という。
     (9)【払込期日】

        投資者は、申込注文の成立を日本における販売会社が確認した日(以下「約定日」という。通常発注
       日の日本における翌営業日)から起算して日本での4営業日目までに申込金額を日本における販売会社
       に支払うものとする。各申込日の発行価格の総額は、日本における販売会社によって、申込日から起算
       して通常5営業日以内の日(以下「払込日」という。)に保管受託銀行であるブラウン・ブラザーズ・
       ハリマン・アンド・カンパニー(                 Brown   Brothers     Harriman     & Co.  )のファンド口座に米ドル貨で払込ま
       れる。
     ( 10 )【払込取扱場所】

        上記「(8)申込取扱場所」に同じ。
        発行価額の総額は、日本における販売会社によって払込日に保管受託銀行のファンド口座に米ドル貨
       で払込まれる。
     ( 11 )【振替機関に関する事項】

        該当なし。
     ( 12 )【その他】

                                  3/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (イ)申込証拠金はない。
       (ロ)引受等の概要
        ① 日本における販売会社は、管理会社および受託会社との間の、日本における受益証券の販売およ
          び買戻しに関する契約に基づき、受益証券の募集を行う。
        ② 日本における販売会社は、直接または他の販売・買戻取扱会社(以下、日本における販売会社と
          併せて「販売取扱会社」という。)を通じて間接に受けた受益証券の買戻請求を管理事務代行会
          社であるブラウン・ブラザーズ・ハリマン・アンド・カンパニー(                                   Brown   Brothers     Harriman     &
          Co.  )へ取り次ぐ。
        (注)販売・買戻取扱会社とは、日本における販売会社と受益証券の取次業務にかかる契約を締結し、投資者からの受益証券の
          申込みまたは買戻しを日本における販売会社に取り次ぎ、投資者からの申込金額の受入れまたは投資者に対する買戻代金
          の支払等にかかる事務等を取り扱う取次金融商品取引業者および(または)取次登録金融機関をいう。
        ③ 管理会社は、SMBC日興証券株式会社をファンドに関して日本における代行協会員に指定して
          いる。
        (注)   代行協会員とは、外国投資信託証券の発行者と契約を締結し、1口当たり純資産価格の公表を行い、また目論見書、                                               決算
          報告書その他の書類を販売取扱会社に送付する等の業務を行う協会員をいう。
       (ハ)申込みの方法
         ファンド証券の申込みを行う投資者は、販売取扱会社と外国証券の取引に関する契約を締結する。
        このため、販売取扱会社は、「外国証券取引口座約款」およびその他所定の約款(以下「口座約款」
        という。)を投資者に交付し、投資者は、当該約款に基づく取引口座の設定を申し込む旨を記載した
        申込書を提出する。申込金額は、円貨または米ドル貨で支払うものとし、米ドル貨と円貨との換算
        は、各申込みについての約定日における東京外国為替市場の外国為替相場に準拠したものであって、
        販売取扱会社が決定するレートによるものとする。
         申込金額は、日本における販売会社により各払込日に保管受託銀行のファンド口座に米ドル貨で払
        い込まれる。
       (ニ)日本以外の地域における発行
         本募集に並行して、海外においてトラストの受益証券の販売が、トラスト全体で                                         5,000   億口を上限と
        して行われることがある。
                                  4/352










                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】
    1【ファンドの性格】
     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
       a ファンドの目的、信託金の限度額および基本的性格
         ピムコ・リアル・リターン・ファンド(以下「ファンド」という。)は、アンブレラ・ファンドと
        してバーミューダの法律に基づき構成されているユニット・トラストであるピムコ・バーミューダ・
        トラスト(以下「トラスト」という。)のファンドである。なお、アンブレラとは、1つの投資信託
        を傘と見立て、その傘の下で一つまたは複数の投資信託(ファンド)を設定できる仕組みのものを指
        す。
         2023  年8月末日現在、トラストは、合計8本のファンドで構成されている。受託会社は、管理会社
        の同意を得て、追加のファンドを設定する権限を有する。
         ファンドの投資目的は、実質的な投資元本を保全し、慎重な投資運用を維持しつつ、最大のリア
        ル・リターンを追求することである。トラストにおける信託金について限度額はない。
       b ファンドの性格
         トラストは、       1998  年バーミューダ金融庁(             Bermuda     Monetary     Authority     )(集団投資スキームの分
        類に関する)規則(以下「               BMA  規則」という。)に基づきバーミューダ標準スキーム(                               Bermuda
        Standard     Scheme   )として分類され、承認されていた。従って、トラストは、バーミューダ標準スキー
        ムに関する      BMA  規則に規定されている規則および監督に服する。しかし、バーミューダ金融庁(以下
        「 BMA  」という。)は、         BMA  規則により付与された権限に基づき、またトラストの受益証券の日本の公
        衆または管理会社(本書において定義する。)がその裁量により定めるその他の投資者に対する予定
        された募集を考慮に入れて、トラストについて付加的な要項および条件を課した(当該付加的な要項
        および条件は、一定の例外を含むが、総称して以下「                            BMA  関連規定」という。)。従って、トラスト
        は、トラストがバーミューダ公認スキーム(                       Bermuda     Recognised      Scheme   )に分類されている場合と同
        様に、バーミューダ公認スキームに関する                      BMA  規則の多数の規則を遵守することを義務づけられてい
        る。  2007  年3月7日付で施行された              2006  年投資ファンド法(以下「投資ファンド法」という。)は、
        BMA  規則に代わるものである。投資ファンド法は、                        BMA  規則に基づきバーミューダ標準スキームとして
        承認されたファンドを含むすべてのファンドが、投資ファンド法に基づき標準ファンドとして承認お
        よび分類されるという経過規定を設けている。さらに、投資ファンド法は                                      BMA  規則に基づき承認された
        ファンドが、その分類により課せられる要項に服する場合、当該要項は引き続き当該ファンドに適用
        されるとの規定も設けている。従って、トラストは投資ファンド法および標準ファンドの関連規則の
        規定および監督に服するものの、トラストおよびそのサービス提供者は引き続き、バーミューダ標準
        スキームに関する         BMA  規則をトラストの追加の要項として遵守する必要がある。しかし、トラストは、
        トラストに伴うリスクを完全に判断することができ、リスクを負担できる投資者のみに適する投資と
        みなされるべきである。
         BMA  による承認は、投資信託の業績または投資信託の信用性に関して                                 BMA  による何らの保証を構成す
        るものでもない。また、かかる投資信託の認可に際して、                              BMA  は、投資信託の業績もしくはその業務運
        営者やサービス提供者の不履行または英文目論見書において表明された意見もしくは言明の正確性に
        ついて責任を負うものではない。
         為替管理目的上、バーミューダ非居住者に対する英文目論見書に基づくトラストの受益証券                                               5,000   億
        口までの発行(および事後の譲渡)に関して、                         1972  年バーミューダ為替管理法(               Exchange     Control
        Act  1972  )(およびこれに基づく規制)に基づく認可が、                         BMA  から取得されている。
         受益証券について、上場またはその他の取引手段の取得は、現在のところ考えられていない。
         ただし、管理会社は、将来において上場を目指す可能性がある。
                                  5/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         BMA  は、投資ファンド法に規定された状況がある場合、受託会社およびサービス提供者に対する書面
        による通知によりいつでも、トラストの認可を取り下げることができる。
         トラストは、信託証書の当初日付である                     2001  年8月8日より約         100  年を期限として、         2001  年8月8日
        付で該時の受託会社であったウィンチェスター・グローバル・トラスト・カンパニー・リミテッドに
        より締結された信託証書(以下随時の改訂を含み「信託証書」という。)に従い、バーミューダの法
        律に基づきマルチ・シリーズ・トラストとして設定されたオープン・エンド型のユニット・トラスト
        である。     2006  年、ウィンチェスター・グローバル・トラスト・カンパニー・リミテッドは受託会社を
        退任し、ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッドがトラス
        トの受託会社に任命された。               2017  年9月   29 日の営業時間終了時(米国東部標準時)をもって、ブラウ
        ン・ブラザーズ・ハリマン・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッドはトラストの受託会社を
        退任し、メイプルズ・トラスティ・サービシーズ(バミューダ)リミテッドがトラストの受託会社に
        任命された。
         信託証書は、トラストの設定を定めている。                       信託証書に基づき、管理会社および受託会社は、英文
        目論見書に記載された行為を行う権限を有する。                         信託証書および投資ファンド法の条項に基づき、メ
        イプルズ・トラスティ・サービシーズ(バミューダ)リミテッドは、トラストの受託会社およびバー
        ミューダにおける保管会社を務め、ファンドの資産の保管を任される。受託会社は、                                            2001  年信託(信
        託業務規則)法(改訂済)に基づく免許を受けている。信託証書の条項に基づき、トラストの構成要
        素であるすべての投資、現金およびその他の財産および資産は、受託会社に授与されている。受託会
        社は、トラスト資産の保管業務を委託する権限を有する。
         管理会社および受託会社は、各々に関係する                       BMA  規則の規定に拘束されることについて、各々同意し
        ている。疑義を避けるため、投資ファンド法が有効である現在もこれらの規定は適用される。
         バーミューダ規則、投資ファンド法および関連規則の写しは、受託会社において閲覧の用に供され
        ており、写しを取得することができる。
     (2)【ファンドの沿革】

        1971  年3月8日   管理会社設立
        2001  年8月8日   信託証書締結
        2002  年9月   26 日   第1次改訂済再録信託証書の締結
        2003  年4月   29 日   第2次改訂済再録信託証書の締結
        2003  年5月   16 日   日本におけるファンドの募集開始
        2003  年5月   30 日   ファンドの運用開始
        2010  年6月   23 日   第3次改訂済再録信託証書の締結
        2017  年7月   14 日   受託会社の退任および任命証書の締結(                         2017  年9月   29 日午後5時(米国東部標
                   準時)効力発生)
        2018  年2月   15 日   第4次改訂済再録信託証書の締結
        2021  年 10 月 29 日   第4次改訂済再録信託証書第4補遺効力発生
     (3)【ファンドの仕組み】

       ① ファンドの仕組み
                                  6/352




                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  7/352





















                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ② 管理会社とファンドの関係法人の名称、ファンドの運営上の役割および契約等の概要

           名   称             ファンド運営上の役割                   契約等の概要
     パシフィック・インベストメン                  管理会社             2003  年4月    29 日付で第2次改訂信託証
     ト・マネジメント・カンパニー・                  投資顧問会社             書(随時の補足を含め、「信託証書」
     エルエルシー                               という。)をウィンチェスター・グ
     ( Pacific     Investment                          ローバル・トラスト・カンパニー・リ
                                    ミテッド     (「当初の受託会社」)             と締
     Management      Company     LLC  )
                                    結。ファンドの資産の運用、管理、
     (「  PIMCO   」)
                                    ファンド証券の発行、買戻しならびに
                                    トラストおよびファンドの終了につい
                                    て規定している。         2006  年 11 月 28 日付で
                                    信託証書第      12 補遺を    当初の    受託会社お
                                    よび  ブラウン・ブラザーズ・ハリマ
                                    ン・トラスト・カンパニー(ケイマ
                                    ン)リミテッド        と締結し、      ブラウン・
                                    ブラザーズ・ハリマン・トラスト・カ
                                    ンパニー(ケイマン)リミテッド
                                    (「旧受託会社」)           をトラストの受託
                                    会社として任命。         2017  年7月    14 日付受
                                    託会社の退任および任命証書により、
                                    メイプルズ・トラスティ・サービシー
                                    ズ(バミューダ)リミテッド(「受託
                                    会社」)を、       2017  年9月    29 日付でトラ
                                    ストの受託会社に任命した。               2006  年 11
                                                 (注1)
                                    月 28 日付で投資運用契約              および
                                    2010  年6月    10 日付で改訂・再録投資運
                                    用契約(改訂済)を           旧 受託会社と締
                                    結。  また、    2017  年9月    29 日付で第2次
                                    改訂・再録投資運用契約(随時改定)
                                    を受託会社と締結。           ファンド資産の投
                                    資運用業務および投資顧問業務につい
                                    て規定している。
     メイプルズ・トラスティ・サービ                  受託会社             信託証書を当初の受託会社が管理会社
     シーズ(バミューダ)リミテッド                               と締結。     2006  年 11 月 28 日付で信託証書
     ( Maples    Trustee     Services                      第 12 補遺を管理会社および当初の受託
                                    会社と締結し、旧受託会社をトラスト
     (Bermuda)Limited         )
                                    の受託会社として任命。また、旧受託
                                    会社は、     2006  年 11 月 28 日付で信託証書
                                    第 13 補遺を管理会社と締結。受託会
                                    社、旧受託会社および管理会社は                  2017
                                    年7月    14 日付で受託会社の退任および
                                    任命証書を締結。ファンドの資産の保
                                    管、ファンド証券の発行、買戻しなら
                                    びにトラストおよびファンドの終了に
                                    ついて規定している。
                                  8/352



                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ブラウン・ブラザーズ・ハリマ                  管理事務代行会社             2006  年 11 月 28 日付で管理事務代行会社
     ン・アンド・カンパニー                               が管理会社および         旧 受託会社と管理事
                                          (注2)
     (  Brown    Brothers      Harriman      &
                                    務代行契約          を締結。また、        2010
     Co.  )
                                    年 11 月 23 日付で改訂・再録管理事務代
                                    行契約(改訂済)を締結。ファンドの
                                    会計事務、管理事務、登録事務および
                                    名義書換事務代行業務について規定し
                                    ている。
     ブラウン・ブラザーズ・ハリマ                  保管受託銀行             2006  年 11 月 28 日付で保管受託銀行が旧
                                              (注3)
     ン・アンド・カンパニー
                                    受託会社と保管契約              を締結。ま
     (  Brown    Brothers      Harriman      &
                                    た 2011  年 9 月 30 日付で改訂・再録保管契
     Co.  )
                                    約 (改訂済)      を締結。ファンドの資産
                                    の保管業務について規定している。
     ブラウン・ブラザーズ・ハリマン                  名義書換事務受託会社             2006  年 11 月 28 日付で管理事務代行会社
                                                 (注4)
     (ルクセンブルグ)エス・シー・
                                    と名義書換事務委託契約                 を締
     エイ
                                    結。ファンドの受益証券の発行事務、
     ( Brown   Brothers     Harriman
                                    分配金支払事務の委託について規定し
     ( Luxembourg      ) S.C.A.   )
                                    ている。
     SMBC日興証券株式会社                  代行協会員             2003  年4月    25 日付で管理会社との間で
                                            (注5)
                                    代行協会員契約            を締結。また、
                                    2006  年 11 月 28 日付および      2015  年 10 月 14
                                    日付で代行協会員契約の変更契約を締
                                    結。代行協会員業務について規定して
                                    いる。
     「第一部 証券情報、(8)申込                  日本における販売会社             日本における販売会社は、管理会社お
     取扱場所」参照のこと。                               よび受託会社との間で            、 受益証券販
                                    売・買戻契約(変更契約を含む。)
                                    (注6)
                                        を締結。受益証券の販売・買戻
                                    の取扱業務について規定している。
        (注1)投資運用契約とは、信託証書の規定に基づき任命された投資顧問会社がファンドの資産に関し投資運用サービスを提供
           することを約する契約である。
        (注2)管理事務代行契約とは、受託会社および管理会社によって任命された管理事務代行会社が、ファンドの会計帳簿の維持
           および純資産価格の計算等の業務ならびに管理事務、登録事務および名義書換事務を行うことを約する契約である。
        (注3)保管契約とは、受託会社に任命された保管受託銀行がファンドの資産のために保管業務を行うことを約する契約であ
           る。
        (注4)名義書換事務委託契約とは、管理事務代行会社が名義書換事務受託会社に受益証券の発行事務、宣言済および支払済分
           配金の記録の管理事務等の一定の職務を委託することを定めた契約である。
        (注5)代行協会員契約とは、管理会社によって任命された日本における代行協会員が、受益証券に関する目論見書の配布、受
           益証券1口当たり純資産価格の公表ならびに日本の法令および日本証券業協会規則により作成を要する財務書類その他
           の文書の配布等を行うことを約する契約である。
        (注6)受益証券販売・買戻契約とは、受益証券の日本における募集の目的で受託会社および管理会社から交付を受けた受益証
           券を受託会社によって任命された日本における販売会社が、日本の法令・規則および目論見書に準拠して販売すること
           を約する契約である。
                                  9/352




                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ③ 管理会社の概要

        (ⅰ)設立準拠法
          アメリカ合衆国カリフォルニア州の法律に基づき                         1971  年3月8日に設立された。              1994  年9月、同
         社のすべての資産が、デラウェア州法上のゼネラル・パートナーシップであるパシフィック・イン
         ベストメント・マネジメント・カンパニーに拠出された。                              2000  年5月、有限責任会社として改組さ
         れた。
        (ⅱ)会社の目的
          会社の目的は、投資信託の管理運営を行うことである。
        (ⅲ)資本金の額(          2023  年8月末日現在)
          資本金の額          1,134,745,782.24         米ドル(約      1,658   億 9,983   万円)
          授権有限責任会社社員持分口数
          授権有限責任会社社員持分口数は                 1,250,000     口である。クラスA授権持分口数は                  850,000    口、クラ
         スB授権持分口数は          150,000    口、クラスM授権持分口数は               250,000    口である。
          発行済有限責任会社社員持分口数
          クラスA発行済持分口数は              850,000    口、クラスB発行済持分口数は                150,000    口、クラスM発行済持
         分口数は     98,819.08     口である。
        (ⅳ)会社の沿革
          1971  年3月8日設立。
        (ⅴ)大株主の状況
          2023  年8月末日現在、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エルエルシーお
         よびその関連会社が合わせて管理会社の持分の                        91.1  %を、管理会社の一定の現役員および元役員が
         その  8.9  %を所有している。
     (4)【ファンドに係る法制度の概要】

       (ⅰ)準拠法の名称
         トラストは、バーミューダ諸島の法律に基づき設立されている。トラストは                                       1969  年バーミューダ金
        融庁の法律、適用の          BMA  規則ならびに投資ファンド法および関連規則に服する。
       (ⅱ)準拠法の内容
        ①   1969  年バーミューダ金融庁の法律
          BMA  は、  1969  年バーミューダ金融庁の法律に基づき、バーミューダ諸島内において、またはバー
         ミューダ諸島内から事業を行っている金融機関を監督、規制および検査する義務を負う。かかる趣
         旨においては、投資ファンド法第二条において定義される投資ファンドは、                                       BMA  の監督および検査権
         限に従う金融組織である。投資ファンド法は、とりわけ投資ファンド法第二条において定義される
         投資ファンドに該当する金融組織を規制するという観点から制定されている。
          BMA  は、投資ファンドを監督および規制しており、                         投資ファンド法は         ファンドの業務運営者に、
         ファンドの運営に関する            一定の報告書の提出を           要求する。
          認可を受けたファンドは、会計年度終了から6か月以内に、ファンドが投資ファンド法、ファン
         ドの規則およびファンドの目論見書上の規則を遵守している旨を確認する文書                                        (およびファンドが
         これらを遵守していない場合には、違反の詳細を説明した文書)                                  を、  BMA  に提出しなければならな
         い。ファンドのサービス提供会社は、特別な懸案事項についての報告書を                                      BMA  に提出しなければなら
         ない。
          BMA  は、トラストの受託会社またはいずれかのサービス提供会社に対し、投資ファンド法の下での
         職務を遂行するために            BMA  が合理的に要求する情報を              BMA  に提供するよう要求することができる。特
         に、  BMA  は、書類の作成を要求することができ、特定の状況下においては必要とされる情報および書
                                 10/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         類の入手を目的とした立入り検査を行う権利を有する。投資ファンド法にはまた、                                          BMA  によりまたは
         BMA  のために調査を開始するための条項もある。
        ② 投資ファンド法
          投資ファンド法は         2007  年3月7日に施行された。投資ファンド法が                       BMA  規則を無効とし、これに代
         わるものとなった。投資ファンド法の目的は、投資家の利益保護という観点に立った、バーミュー
         ダの投資ファンドの設立および運営に適用される規範および基準を確立することである。投資ファ
         ンド法は、投資ファンド法が適用されるすべての投資ファンドに投資ファンド法に基づく                                              BMA  による
         認可の取得もしくは登録(または、バーミューダ内外で運用および/または販売することを予定し
         ている海外の投資ファンドの場合には海外の投資信託としての指定)を要求している。登録された
         ファンドは、       BMA  によりプロフェッショナル・クラス                  A ファンド、プロフェッショナル・クラス                     B ファ
         ンド、プライベート・ファンドまたはプロフェッショナル・クローズ・ファンドに分類される。認
         可を受けた投資ファンドは、               BMA  により、法人向けファンド(               institutional        funds   )、管理型ファ
         ンド(    administered        funds   )、標準ファンド(            standard     funds   )または特定法域ファンド
         ( specified      jurisdiction       fund  )に分類される。
     (5)【開示制度の概要】

       A バーミューダ諸島における開示
        ① 監督官庁に対する開示
          ファンドにより作成された目論見書または募集説明書はファンドの登録または認可のための                                               BMA  へ
         の申請の一部を形成する。英文目論見書は                      BMA  に提出され、これに対する重要な変更の予定している
         場合は効力発生より前に             BMA  への提出および        BMA  による承認が必要である。登録された投資ファンド
         および認可を受けた投資ファンドは、本書の「投資信託制度の概要」に記載される他の一定の報告
         要件に服している。トラストは標準ファンドとして、とりわけ法令順守に関する年次の書類を                                                BMA  に
         提出しなければならない。英文目論見書が                      BMA  に提出されているため、バーミューダ会社登記官への
         英文目論見書の提出は要求されない。
          トラストは      BMA  が承認した監査人の選任も行わなければならない。
          トラストの監査人は、プライスウォーターハウスクーパース・エルエルピー
         ( PricewaterhouseCoopers             LLP  )である。ファンドの会計監査は、米国の会計基準に基づいて行わ
         れる。
        ② 受益者に対する開示
          監査済年次報告書および未監査半期報告書は、決算日から3か月以内(もしくはその後可及的速
         やかに)および半期終了後2か月以内に、それぞれ受益者に送付され、管理事務代行会社の登記上
         の事務所において、閲覧または入手可能である。
          ファンドの会計年度は、原則として毎年5月                       31 日に終了する。
       B 日本における開示
        ① 監督官庁に対する開示
         (ⅰ)金融商品取引法上の開示
           管理会社は、日本における1億円以上の受益証券の募集をする場合、有価証券届出書を関東財
          務局長に提出しなければならない。投資者およびその他希望する者は、金融商品取引法に基づく
          有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(                              EDINET   )等において、これを閲覧する
          ことができる。
           受益証券の販売取扱会社は、交付目論見書(金融商品取引法の規定により、あらかじめまたは
          同時に交付しなければならない目論見書をいう。)を投資者に交付する。また、投資者から請求
          があった場合は、請求目論見書(金融商品取引法の規定により、投資者から請求された場合に交
          付しなければならない目論見書をいう。)を交付する。管理会社は、その財務状況等を開示する
                                 11/352

                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          ために、各事業年度終了後6か月以内に有価証券報告書を、また、各半期終了後3か月以内に半
          期報告書を、さらに、ファンドに関する重要な事項について変更があった場合にはそのつど臨時
          報 告書を、それぞれ関東財務局長に提出する。投資者およびその他希望する者は、これらの書類
          を EDINET   等において閲覧することができる。
         (ⅱ)投資信託及び投資法人に関する法律上の届出等
           管理会社は、ファンド受益証券の募集の取扱等を行う場合、あらかじめ、投資信託及び投資法
          人に関する法律(昭和           26 年法律第     198  号)(以下「投信法」という。)に従い、ファンドにかかる
          一定の事項を金融庁長官に届け出なければならない。また、ファンドの信託証書を変更しようと
          するとき等においては、あらかじめ、変更の内容および理由等を金融庁長官に届け出なければな
          らない。さらに、管理会社は、ファンドの資産について、ファンドの各計算期間終了後遅滞な
          く、投信法に従って、一定の事項につき交付運用報告書および運用報告書(全体版)を作成し、
          金融庁長官に提出しなければならない。
        ② 日本の受益者に対する開示
          管理会社は、信託証書を変更しようとする場合であって、その変更の内容が重大である場合等に
         おいては、あらかじめ、日本の知れている受益者に対し、変更の内容および理由等を書面をもって
         通知しなければならない。
          管理会社からの通知等で受益者の地位に重大な影響を及ぼす事実は販売取扱会社を通じて日本の
         受益者に通知される。
          管理会社は、各計算期間終了後遅滞なく、投信法に従って、一定の事項につき交付運用報告書お
         よび運用報告書(全体版)を作成する。ファンドの交付運用報告書は、日本の知れている受益者に
         交付され、運用報告書(全体版)は代行協会員のホームページにおいて提供される。
     (6)【監督官庁の概要】

        トラストは、       BMA  の監督に服している。           BMA  は 1969  年バーミューダ金融庁の法律(「                 BMA  法」)に基づき
       1969  年に設立された。         BMA  はバーミューダ内外において業務を行う金融機関の監督、規制および検査に責
       任を有する監督機関であり、為替規制に責任を負っている。また、バーミューダの紙幣および硬貨の発
       行および回収も行っている。               BMA  は投資ファンド(バーミューダ証券取引所に上場している投資ファンド
       を含む。)の規制に責任を有する一次的な機関である。                            BMA  は証券監督者国際機構の正規会員である。
        バーミューダの投資ファンドは                2006  年投資ファンド法ならびにこれに関連する規則および規制(総称
       して「投資ファンド法(随時改正済)」という。)の規制を受けている。投資ファンド法は投資家の利
       益の保護という観点からバーミューダの投資ファンドの設立および運営に適用される規範および基準を
       設定および維持している。
                                 12/352







                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    2【投資方針】

     (1)【投資方針】
        ファンドの投資目的は、実質的な投資元本を保全し、慎重な投資運用を維持しながら、最大限のリア
       ル・リターンを追求することである。
        ファンドは、ベンチマーク・インデックスであるブルームバーグ・グローバル物価連動債:米国                                                  TIPS
       インデックス(シリーズL)のトータル・リターンを上回ることを目標とするが、かかる目標が達成さ
       れる保証はない。ファンドのインデックスは、米国インフレ連動国債の非運用指数である。ファンドの
       インデックスは、受益者に通知することなく変更されることがある。
        ファンドは、通常の状況において、その資産の                        65 %以上を米国および米国以外の政府、政府機関また
       は下部機構および企業が発行する異なる満期を有するインフレ連動債券に投資することにより、投資目
       的の達成を追求する。外国政府により発行されるインフレ連動債券は、通常、当該政府により計算され
       たインフレ指数相当比率を反映させるために調整される。「リアル・リターン」とは、トータル・リ
       ターンからインフレによる想定コスト(従来公式のインフレ基準の変化により計測される。)を控除し
       たものに相当する。インフレ連動債券に投資されなかった資産は、(以下に記載の)その他の確定利付
       金融商品に投資することができる。
        ファンドが投資する確定利付金融商品には、以下のものを含むが、これに限定されない。
        ・米国政府、政府機関、政府系企業が発行または保証する証券(「米国政府証券」)
        ・米国および米国以外の発行体の発行する社債券(会社発行のコマーシャル・ペーパーを含む。)
        ・モーゲージ・バック証券および他のアセット・バック証券
        ・ストラクチャード・ノート(ハイブリッド証券またはインデックス債、イベント・リンク債券およ
         びローン・パーティシペーションを含む。)
        ・繰延融資およびリボルビング・クレジット・ファシリティ
        ・譲渡性銀行預金証書、定期預金および銀行引受手形
        ・レポ契約および逆レポ契約
        ・国または地方政府およびそれらの機関、機構および政府系企業の発行する債券
        ・米国以外の政府またはその下部組織、機関および政府系企業の債務証書
        ・国際機関の債務証書
        ファンドは、主に投資適格証券に投資するが、その資産の                              10 %を上限として、ムーディーズ・インベ
       スターズ・サービス・インク(以下「ムーディーズ」という。)、S&Pグローバル・レーティング
       (以下「S&P」という。)またはフィッチ・レーティングス(以下「フィッチ」という。)がB格以
       上の格付を付する(無格付の場合は、投資顧問会社が同等と判断する)ハイ・イールド証券に投資する
       ことができる。
        また、ファンドは、その資産の                 20 %を上限として米ドル以外の通貨建ての証券に投資することがで
       き、この上限を超えて、米国以外の発行体による米ドル建て証券に投資することができる。ファンド
       は、為替変動により損失を被るリスクを減少するために、通常、米ドルに対して少なくとも                                               75 %がヘッ
       ジされるようにする。            ファンドが常に完全にヘッジされるか、または投資顧問会社がヘッジ取引で成果
       を上げるかについての保証はない。                  ファンドの投資対象の平均残存期間は、通常、そのインデックスの
       プラス・マイナス2年以内で変動すると予想されている。
        ファンドは、その資産のすべてを、オプション、先物、スワップ契約等のデリバティブ商品または
       モーゲージ・バック証券もしくはアセット・バック証券に投資することができる。ファンドは、インカ
       ム収益獲得のため、その投資証券をブローカー、ディーラー、その他の金融機関に貸し付けることがで
       きる。ファンドは、一連の売買契約の締結または他の投資手法(買戻し、ダラー・ロール等)の利用に
       より、無制限に、主に投資する証券のマーケット・エクスポージャーの獲得を追求することができる。
                                 13/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (2)【投資対象】











        本項では、ファンドの主な投資対象と関連リスクの一部についての追加情報を記載する。また、投資
       顧問会社がファンドに関して随時活用する追加的な証券および投資手法の特質とリスクについても記述
       する。かかる証券および投資手法の大半は裁量的なものであり、投資顧問会社がこれらを採用するか否
       かを決定することができる。本書およびバーミューダの目論見書は、投資顧問会社がファンドに関して
       使用する多種多様な証券や投資手法のすべてを開示しようとするものではない。今後の法令の変更によ
       り、ファンドが様々な証券および投資手法の使用を制限されたりまたは妨げられる可能性があり、最終
       的にファンドが投資目的を達成できないことも考えられる。ファンドへの投資者は、投資顧問会社と
       個々のポートフォリオ・マネジャーの専門的な投資判断と技量に依拠することになる。
                                 14/352






                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       証券選択

        ファンドのために証券を選択するに際して、投資顧問会社は、金利、為替レート、経済に対する見通
       しを展開し、信用および期限前償還リスクを分析し、かつ、他の証券選択手法を利用する。投資顧問会
       社は、米国経済その他世界各国の経済、金融市場その他の要因に対する見通しに基づき、一定の特性
       (クオリティ、セクター、金利または満期等)を有する証券に対するファンドの投資割                                              合を変更させ
       る。  PIMCO   はファンドのために投資対象を選別する際に、                        PIMCO   が独自に開発および維持し、               PIMCO   の裁量
       により時間の経過とともに予告なく変更される可能性がある定量モデルを利用することができる。
        投資顧問会社は、他の市場よりも比較的低く評価されている債券市場のエリアを見極めることに努め
       ている。投資顧問会社は、債券を短期金融商品、政府債、社債、モーゲージ・バック証券、アセット・
       バック証券および国際的証券等のセクターに分けることによりかかるエリアを識別する。高度な独自の
       ソフトウェアにより、セクターの評価と特定の証券の価格設定が可能になる。投資機会が発見される
       と、投資顧問会社は、相対価値および信用スプレッドの変化に応じて、資産をセクター間でシフトさせ
       る。投資顧問会社の証券選択手法が好ましい結果を生むとの保証はない。
       国債

        短期、中期および長期国債等の国債は、政府、政府機関、その下部組織もしくは政府系企業の債                                                  務ま
       たはこれらによって保証される債務である。米国国債は、米国政府、米国政府機関もしくはその下部機
       構もしくは政府系企業の債務またはこれらによって保証される債務である。国債および米国国債には、
       市場リスクや金利リスクが付随し、また様々な程度の信用リスクにさらされることがある。国債                                                 および
       米国国債     には、ゼロ・クーポン証券が含まれるが、これらの証券は発生ベースによる利息の分配を行わ
       ず、同等の満期を有する利付証券よりも大きな市場リスクを被る傾向がある。本書で使用される場合、
       「国債」という用語は連邦政府により保有、管理、支援または保証されている発行体により発行される
       証券を含み、「米国国債」という用語は米国政府により保有、管理、支援または保証されている発行体
       (例えば日本政府もしくは米国政府を含む。)により発行される証券を含む。
        ファンドは、政府、政府機関もしくは下部機構またはその他政府関連団体が発行したソブリン債に投
       資することができる。ソブリン債の保有者は、かかる債務の借換計画への参加および政府機関への追加
       貸付の供与を要請されることがある。そのほか、債務不履行になったソブリン債が回収されることにな
       る破産手続は存在しない。
        ファンドは、債務の組換えに関連して国家機関に対する既存のコマーシャル・バンク・ローンと新規
       債務との交換により設定される証券であるブレイディ・ボンドに投資することがある。ブレイディ・ボ
       ンドへの投資は投機的と見られることがある。ファンドが取得したブレイディ・ボンドが組換取決めま
       たは新規与信請求の対象となり、それにより、ファンドがその保有証券の利息または元本の損失を被る
       ことがある。
       地方債

        地方債は、一般に、米国の各州および地方政府、政府機関、関係当局その他下部機構により発行され
       る。  地方債は、金利リスク、信用リスク、市場リスク、および地方債の課税上の取扱いまたはかかる証
       券に投資する投資家の権利に関連する不確実性にさらされる。発行体の支払能力は、訴訟、法律制定そ
       の他政治的事情または発行体の倒産による影響を受けることがある。さらに、地方債市場における需要
       と供給の不均衡により、かかる市場における流動性の低下および価格の透明性の欠如が生じることがあ
       る。ある時期においては、これが、ある特定の取引に関係する価格決定、執行および取引コストに影響
       を及ぼす場合がある。地方債のための流通市場も他の多くの証券市場に比べて整備が遅れていたり流動
       性が低い傾向があり、そのためにファンドが魅力的な価格でその地方債を売却する能力または地方債を
       評価する能力に悪影響を及ぼすことがある。また、特定の地方債、特に一般財源保証債の価値は、医療
                                 15/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       費の高騰、未積立年金債務の増加、会計基準の変更、および財政支援を行う連邦政府制度の段階的廃止
       によっても悪影響を受ける場合がある。                     低格付の地方債は、より良質の地方債よりも大きな信用リスク
       や 市場リスクを被る。ファンドが投資できる地方債の種類には地方自治体のリース債務が含まれる。
       ファンドは、原資産を地方債とする主体により発行される証券に投資することもある。
        ファンドは、地方証券を寄託して原資産である地方債の収益を変動利付証券と残差金利債券の2つに
       分割することで設定される残差金利債券(通常、「                          RIB  」と呼ばれる。)に、制限なく投資することがで
       きる。変動利付証券の金利は、インデックスもしくは概ね7日から                                   35 日毎に開催されるオークションで
       決定される一方、残差金利債券保有者は、原資産である地方債からの収益からオークション費用を差し
       引いた金額を受領する。残差金利債券の市場価格は、市場金利の変化に対して非常に敏感であり、市場
       金利が上昇する場合には大幅に下落する可能性がある。
       モーゲージ関連証券およびその他アセット・バック証券

        モーゲージ関連証券には、モーゲージ・パススルー証券、モーゲージ担保債務証書(「                                             CMO  」)、コ
       マーシャル・モーゲージ・バック証券、モーゲージ・ダラー・ロール、不動産担保証券、ストリップ
       ト・モーゲージ・バック証券(「                 SMBS  」)、不動産のモーゲージ・ローンへの参加権を直接もしくは間
       接的に表章するか、またはかかるローンによる担保が付され、支払義務のあるその他証券が含まれる。
        モーゲージ・バック関連証券および他のアセット・バック証券は、特に実勢金利の変化に対し敏感な
       ことがある。モーゲージ関連証券の元本が期限前に償還された場合、ファンドを元本の再投資時におけ
       る金利の低下にさらすこととなりうる。金利の上昇時には、モーゲージ関連証券の価格は全般に下落
       し、また金利の下落時には、期限前償還の特質を有するモーゲージ関連証券の価格は、その他の確定利
       付証券と同程度までは上昇しないことがある。対象モーゲージに関する期限前償還率は、モーゲージ関
       連証券の価格とボラティリティに影響し、取得時の予想を超えて当該証券の実効満期を短縮したり、延
       期したりすることがある。対象モーゲージの予想外の期限前償還率がモーゲージ関連証券の実効満期を
       引き上げた場合、当該証券のボラティリティが高まることが予想される。かかる証券の価格は、発行体
       の信用性に関する市場の見方に応じて変動することがある。そのほか、モーゲージおよびモーゲージ関
       連証券は、一般に、何らかの形の政府保証または民間保証および/または保険によって担保されている
       が、民間保証人または保険会社がその債務を充足するとの保証はない。
        SMBS  には、モーゲージ資産から利息のすべてを受領するクラス(利息限定または「                                        IO 」クラス)があ
       り、また、すべての元本を受領するクラス(元本限定または「                                PO 」クラス)もある。          IO クラスの満期ま
       での利回りは、対象モーゲージ資産に対する元本支払率(期限前償還を含む。)に極めて影響されやす
       く、また元本支払率の急上昇は、かかる証券から得られるファンドの満期までの利回りに大きな悪影響
       を及ぼしうる。ファンドは、その総資産の5%を超えて、モーゲージ関連証券もしくはその他のアセッ
       ト・バック      IO 、 PO 、デリバティブまたは逆変動利付債を組み合わせて投資することはできない。ファン
       ドは、既に投資者に販売されているその他のアセット・バック証券に投資することができる。
        米国の住宅ローン市場は、モーゲージ関連投資のパフォーマンスや市場価格に悪影響を及ぼすような
       困難な状況の場合がある。住宅ローン(特に、サブプライムおよび第二順位担保権付の住宅ローン)の
       延滞や損失が増加すると思われる。また、住宅価格の下落や横這いの状況が、延滞や損失を悪化させる
       可能性がある。調整金利住宅ローンの借り手は月次のローン支払額に影響する金利の変動に敏感であ
       り、比較的低金利のモーゲージへの借換えを確保できない可能性がある。さらに、住宅ローンのオリジ
       ネーターも深刻な資金繰りの逼迫や破綻に陥ることがある。主に上記の要因により、投資家のモーゲー
       ジ・ローンおよびモーゲージ関連証券への需要が減退し、また、高利回りへの要求が高まっていること
       で、一定のモーゲージ関連証券の流通市場における流動性が制限されることがあり、モーゲージ関連証
       券の市場価格に悪影響を及ぼすことも考えられる。さらに、様々な市場および政府の措置により、裏付
       となる抵当権の保有者に対して差押さえを行うか、もしくは当該保有者に対する他の救済手段を行使す
       る能力が損なわれたり、または差押さえにより受領する金額が少なくなる可能性がある。これらの要因
                                 16/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       により一部のモーゲージ関連証券の評価額が下がり、流動性が低下することがある。また、景気がさら
       に悪化したとしても、米国政府がかつて行ったようなモーゲージ関連証券産業を支援するための追加的
       な 措置を講ずるとの保証はない。さらに、最近の立法措置および今後の政府の措置によりモーゲージ関
       連証券市場が機能を果たす方法が大きく変わるかもしれない。これらの要因の各々により、ファンドが
       モーゲージ関連証券により損失を被るリスクが最終的に増大することがある。
        アセット・バック証券(「              ABS  」)は、ローンやその他の債権を裏付けにした債券である。                               ABS  取引の
       信用力は、原資産のパフォーマンスに左右される。                          ABS  は、自動車ローン、クレジットカード債権、ホー
       ムエクイティ・ローンおよび学生ローンなどを含む多くの種類の資産から設定される。                                            ABS  は、裏付資産
       の発行体から倒産隔離される特別目的会社を通じて発行される。借主が返済を滞納するかまたは債務不
       履行となる可能性から           ABS  の投資家を保護するために、               ABS  には様々な信用補完が付与される。
        特にホームエクイティ・ローンなどの                   ABS  は、金利リスクや期限前返済のリスクに晒される。金利の変
       動は、原資産のローンの返済ペースに影響することがあり、その証券のトータル・リターンに影響す
       る。  ABS  には、信用リスクまたは債務不履行のリスクもある。原資産のローンの多くの借主が債務不履行
       となる場合、損失が信用補完レベルを超過し、                        ABS  の投資家に損失をもたらす可能性がある。                      ABS  は、そ
       の独自の特性により構造的なリスクを抱えており、それは期限前償還もしくは早期返済のリスクとして
       知られている。早期返済の誘因は多くの                    ABS  の仕組みに組み込まれており、投資家を損失から保護するこ
       とが企図されている。それらの誘因は、各取引毎に異なり、原資産のローンの債務不履行の大幅な増
       加、信用補完レベルの急落、またはオリジネーターの破産までもが含まれる。期限前償還が発生する
       と、ローンの返済金すべてが(費用の支払後に)、予め決められた支払順位により可能な限り早急に投
       資家に対する支払いに利用される。
        債務担保証券(「         CDO  」)には債権担保証券(「              CBO  」)、ローン担保証券(「              CLO  」)およびその他の
       類似の構成の証券が含まれる。                CBO  および   CLO  は、アセット・バック証券の種類である。                      CBO  は、多様な高
       リスクの投機的格付の確定利付証券のプールをしばしば担保とする信託である。担保は、ハイイールド
       債、住宅用に私募で発行されるモーゲージ関連証券、商業用に私募で発行されるモーゲージ関連証券、
       信託優先証券および新興市場債等の多くの異なる種類の確定利付証券から構成されることがある。                                                   CLO
       は、主として投機的格付となり得るローンまたは同等の格付なしローンを含む、とりわけ米国内外の
       (担保付き)シニア・ローン、(無担保)シニア・ローンおよび劣後社債等のローンのプールを担保と
       する信託である。他の            CDO  は、様々な当事者の債務を表す他の種類の資産を担保とする信託である。
       CBO  、 CLO  およびその他の        CDO  は管理費用および管理事務費用を請求することができる。
        CBO  、 CLO  および他の      CDO  において、信託からのキャッシュフローは異なるリスクおよび利回りを有する
       トランシェと称する2つまたはそれ以上の階層に分類される。リスクが最も高い部分が「エクイティ」
       トランシェで、債券または信託のローンのデフォルトの大部分を負担し、最も深刻な状況を除いて、階
       層がもっと高い他のトランシェをデフォルトから保護する役割を果たしている。これらはデフォルトか
       ら部分的に保護されているため、裏付となる証券に比べて格付が高く利回りも低く、投資適格格付を付
       与されることもある。           CBO  、 CLO  および他の      CDO  のトランシェは、エクイティ・トランシェから保護されて
       いるものの、実際のデフォルト、担保のデフォルトおよびトランシェによる保護の消滅、市場で予想さ
       れるデフォルトや、クラスとしての                  CBO  、 CLO  または他の      CDO  証券からの逃避を理由として大きな損失を被
       ることがある。
        CBO  、 CLO  または他の      CDO  への投資のリスクは、担保証券の種類およびファンドが投資する商品の種類に
       主に左右される。通常、             CBO  、 CLO  、他の   CDO  は私募により募集および販売され、証券法に基づく登録が行
       われない。その結果、ファンドが                 CBO  、 CLO  および他の      CDO  への投資を流動性の低い投資対象として特徴づ
       けることがあるが、          CBO  、 CLO  およびその他の        CDO  が規則   144A  取引としての適格性を得ることができる活発
       なディーラー市場が存在することがある。                      CBO  、 CLO  、その他の      CDO  は、債券に伴う通常のリスク(例え
       ば、期限前返済リスク、信用リスク、流動性リスク、市場リスク、構造リスク、法的リスクおよび金利
       リスク等(これらは、金利の大幅な変動により、または金利の変動に反比例してストラクチャード・
                                 17/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ファイナンスに対する支払金利が変動する場合に一段と悪化する可能性がある。))に加えて、以下の
       リスクを含むがこれらに限られない追加的なリスクを負担する。
       (ⅰ)担保証券からの分配が利息またはその他の支払いに不足する可能性。
       (ⅱ)担保の信用力の価値が低下するか、またはデフォルト水準となること。
       (ⅲ)証券化資産のサービサーの能力に関連するリスク。
       (ⅳ)ファンドが他のクラスより返済順位が低い                         CBO  、 CLO  またはその他の        CDO  に投資することがあるリス
          ク。
       (ⅴ)証券の複雑な構造が投資時に十分に理解されず、発行体との紛争または予想外の投資結果が生じ
          ること。
       ローン・パーティシペーションおよび債権譲渡

        ファンドは、確定利付および変動利付ローンに投資することがあり、かかる投資対象は、ローン・
       パーティシペーションと当該ローン・ポジションの譲渡の形態で、下記のローンの種類を含む。ロー
       ン・パーティシペーションおよび債権譲渡には、信用リスク、金利リスク、流動性リスク、貸主リスク
       を含む特定種類のリスクを伴う。ファンドがローン・パーティシペーションを取得した場合、貸主を介
       してのみその権利を執行することができ、借主のリスクに加えて、貸主の信用リスクをも引き受けるこ
       とになる。
        シニア・ローン        :シニア・ローンは一般に、様々な業種および地域にまたがる企業、パートナーシッ
       プおよびその他の事業体に対して行われる。シニア・ローンは原則として、借主の資本構成上最も優先
       順位が高く、特定の担保により保証され、借主の劣後債の所有者および株主より優先順位の高い借主の
       一般資産に対する請求権がある。借主は一般に、シニア・ローンによる手取金をレバレッジド・バイア
       ウト、資本再編成、合併、買収および自社株買戻しのための資金調達に利用したり、またはそれほど一
       般的ではないものの、企業の内部成長およびその他の目的のための資金調達に利用する。シニア・ロー
       ンは一般に、ベースとなる貸出金利を参照しプレミアムを加算した上で、毎日、毎月、四半期毎もしく
       は半年毎に再決定される利率の利息を付す。ベースとなる貸出金利は一般に、                                        LIBOR   、一行以上の主要な
       米国銀行が提示するプライム・レート、商業貸付で使用される企業預金の金利もしくはその他のベース
       金利である。これらの投資は原則として、信用度が投資適格以下である。
        セカンド・リーエン・ローン               :セカンド・リーエン・ローンは、公開および非公開の企業およびその
       他の非政府事業体や発行体が、様々な目的で行う。セカンド・リーエン・ローンは、関連する借主の債
       権の優先順位がシニア・ローンに続く二番目となる。セカンド・リーエン・ローンは一般に、ローンに
       おける借主の債務の担保資産に関して第二順位の担保権もしくはリーエンにより保証されており、シニ
       ア・ローンと類似の保護および権利が付与される。セカンド・リーエン・ローンは、借主のシニア・
       ローン以外のいずれの債務に対しても債権が劣後しない(また、条件により劣後することにはならな
       い。)。セカンド・リーエン・ローンは、シニア・ローン同様、一般に調整可能な変動金利による利息
       を支払う。セカンド・リーエン・ローンは、シニア・ローンに続く第二順位であるため、シニア・ロー
       ンよりは投資リスクは高いが、追加的リスクを反映して高い金利による利息を支払う。これらの投資は
       原則として、信用度が投資適格以下である。セカンド・リーエン・ローンは、劣後するという以外で
       は、上記のシニア・ローンと類似する多くの特徴およびリスクを有する。
        その他の担保付ローン            :シニア・ローンおよびセカンド・リーエン・ローン以外の担保付ローンは、
       公開および非公開の企業およびその他の非政府事業体や発行体が、様々な目的で行う。そうした担保付
       ローンは、シニア・ローンおよびセカンド・リーエン・ローンよりは借主に対する債権の優先順位が低
       い。担保付ローンは一般に、ローンにおける借主の債務の担保資産に関して優先順位の低い担保権もし
       くはリーエンにより保証されており、保護および権利に関してシニア・ローンおよびセカンド・リーエ
       ン・ローンに劣後する。担保付ローンは、借主の今後発生する優先債務に対しても劣後する可能性があ
       る。担保付ローンは、固定金利もしくは調整可能な変動金利による金利を支払う。担保付ローンは、シ
                                 18/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ニア・ローンおよびセカンド・リーエン・ローンよりも債権の優先順位が低いため、シニア・ローンお
       よびセカンド・リーエン・ローンよりは投資リスクは高いが、追加的リスクを反映して高い金利による
       利 息を支払う。これらの投資は原則として、信用度が投資適格以下である。担保付ローンは、より劣後
       するという以外では、上記のシニア・ローンおよびセカンド・リーエン・ローンと類似する多くの特徴
       およびリスクを有する。ただし、このようなローンは、シニア・ローンおよびセカンド・リーエン・
       ローンに比べて借主に対する債権の優先順位が低いため、優先順位の高い債務の返済後に、借主の
       キャッシュ・フローや担保資産が期日通りの返済を行うには不足する可能性がある。また、こうした担
       保付ローンは、シニア・ローンおよびセカンド・リーエン・ローンに比べ、価格の変動幅が大きく流動
       性が低いと考えられる。さらに、オリジネーターが別の担保付ローンの参加権を売却できない可能性も
       あり、その結果、信用リスクが高まることになる。
        無担保ローン       :無担保ローンは、公開および非公開の企業およびその他の非政府事業体や発行体が、
       様々な目的で行う。無担保ローンは一般に、担保付債務より借主に対する債権の優先順位が低い。無担
       保ローンは、ローンにおける借主の債務の担保資産に担保権もしくはリーエンが設定されていない。無
       担保ローンは、その条件により、シニア・ローン、セカンド・リーエン・ローンおよびその他の担保付
       ローンを含む借主の債務に対する債権の優先順位が低い。無担保ローンは、固定金利もしくは調整可能
       な変動金利による金利を支払う。無担保ローンは、担保付ローンよりも債権の優先順位が低いため、投
       資リスクは高いが、追加的リスクを反映して高い金利による利息を支払う。これらの投資は原則とし
       て、信用度が投資適格以下である。無担保ローンは、より劣後し担保されていないという以外では、上
       記のシニア・ローン、セカンド・リーエン・ローンおよび担保付ローンと類似する多くの特徴およびリ
       スクを有する。
       バンクローン

        バンクローンは、資本増強、企業買収または借換えに際し組成される企業の債務である。バンクロー
       ンに伴うリスクには、(i)期限前返済はプレミアムまたは違約金なしにいつでも生じることがあり、
       スプレッドが縮小する期間中における期限前返済の権利行使により、ファンドが、期限前返済の資金を
       より低い利回りの投資対象に再投資せざるを得ないこと、(ⅱ)元本および金利の支払いならびに借主
       の債務の金利の支払いについて、借主が支払不能となること、(ⅲ)金利感応度、借主の弁済能力への
       市場認識および一般的な市場の流動性等の要因による価格変動が含まれる。バンクローンが不履行と
       なった場合には、大幅な債務整理の交渉またはその結果もたらされる再編、とりわけ金利の大幅な減免
       および/またはローン元本の大幅な減額が必要となる。
        上記のリスクに加え、第三者の同意が求められることよりまたはその他の理由により、一定のローン
       は、上場取引証券ほど容易にまたは迅速に売買することができない。さらに、過去のローン市場の出来
       高は、上場証券の市場ほど流動性は高くない。
        バンクローンの権利は、債権譲渡により直接的に、またはローン・パーティシペーションもしくは
       ローンの一般的な特徴を有し、源泉税上もローンとして扱われるシンセティック証券、仕組金融証券、
       リース契約の持分の購入を通じて間接的に、購入することができる。ローン債務の譲渡においては、購
       入者は通常、販売機関のすべての権利および義務を継承し、債務に関するローン契約または与信契約に
       基づき、貸主となる。その一方、販売機関が保有する債務の一部についてのローン・パーティシペー
       ションは、通常、債務者とではなく、かかる販売機関との間でのみで契約上の関係を有する。ローン購
       入者は、ローン・パーティシペーションに伴う元本、金利および費用の支払いを、販売機関からのみ、
       また販売機関に債務者からかかる支払いがなされた後で、受領する権利を有する。ローン・パーティシ
       ペーションの購入者は通常、貸付契約、与信契約またはかかる債務を証するその他の文書の規定によ
       り、債務者に強制執行し、債務者と相殺する権利は有しておらず、ファンドは、購入したローン・パー
       ティシペーションの債務を保証する担保から、直接的に利益を得ることはできない。
                                 19/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        そのため、ローン購入者は、債務者と販売機関の双方の信用リスクを負う。販売機関が破綻した場合
       には、ファンドは、ローン・パーティシペーションについて販売機関の一般債権者として扱われ、販売
       機関と債務者との間の相殺による利益を享受することはできない。
        ローン購入者の大部分は、商業銀行、投資信託および投資銀行である。流通市場の出来高が増える
       と、ローン取引を効率化するためにしばしば標準化された説明書を付した新しいローンが、市場の流動
       性を改善することがある。しかしながら、将来のローン取引の需給の水準が、流動性の適正なレベルを
       示すという保証はなく、または現在の流動性の水準が今後も続く保証はない。かかるローンの保有者
       は、借主、ローン契約の独自にカスタマイズされた性質および特定の融資団に関する機密情報を入手し
       ているため、上場取引証券の売買ほど容易にローンを売買できない。さらに、過去のローン市場の出来
       高は、ハイ・イールド証券の市場と比べて少ない。
       銀行債務

        ファンドが投資することができる銀行債務には、譲渡性預金証書、銀行引受手形および定期預金が含
       まれる。譲渡性預金証書は、商業銀行に一定期間預託された資金に対して発行され、一定のリターンを
       得る譲渡性預金をいう。銀行引受手形は、銀行によって「引き受けられる」、事実上、銀行が満期時に
       手形の額面価格を支払うことに無条件に同意することを意味する、特定の商品の支払のために輸入者ま
       たは輸出者が通常振り出す流通手形または為替手形をいう。定期預金は、確定金利が付され、確定満期
       日に支払われる銀行債務をいう。定期預金は、投資者の要求によって引き出すことができるが、市況お
       よび債務の残存満期によって異なる早期解約金を課されることがある。
        米国および世界の市場ではこのところ、一定の米国の銀行および米国外の銀行によるこのところの経
       営破綻の結果としての状況を含めてボラティリティが上昇し、これがファンドおよびファンドが投資す
       る発行体に悪影響を及ぼすことがある。例えば、ファンドまたは発行体が口座を開設している銀行が破
       綻すると、ファンドまたは発行体が銀行口座またはカストディ口座にある現金および他の資産(その規
       模が相当大きいことがある。)にアクセスできなくなくなるか、またはこれらを永久に失いかねない。
       ある発行体またはある投資信託にサブスクリプション・ラインのクレジット・ファシリティ、資産ベー
       スのファシリティ、その他のクレジット・ファシリティおよび/またはその他のサービスを提供してい
       る銀行が破綻した場合、当該発行体または当該投資信託が当該クレジット・ファシリティに基づく資金
       を引き出せなくなるか、または他の貸出機関から同等の条件で代わりのクレジット・ファシリティもし
       くはその他のサービスを受けられなくなりかねない。
        ファンドが投資する発行体は、銀行セクターによるボラティリティの影響を受けることがある。ファ
       ンドが投資する発行体が利用する銀行が支払能力を維持している場合でも、銀行セクターの変動の長期
       化により、景気後退が深刻化、発生もしくは拡大すること、資本および銀行業務のコストが上昇するこ
       と、または発行体が債務の返済もしくは借換を一切行えないか、もしくは他の場合であれば利用できた
       はずの有利な条件で行えなくなることがある。銀行セクターを取り巻く状況は刻々と変化し、ファンド
       および発行体が受ける潜在的な影響の範囲は、市場環境から、および潜在的な法律もしくは規制の双方
       によるものを含め、先行き不透明である。このような状況および対応や、金利環境の変化により市場の
       流動性が低下し、米国の銀行および米国以外の銀行を含む一定の保有銘柄の評価額が低下することがあ
       る。銀行業界の動向またはその他の結果(現金またはクレジット・ファシリティへのアクセスの遅延の
       結果としての場合を含む。)として、市場のボラティリティのおよび不透明感の長期化ならびに/また
       は市場および経済もしくは金融情勢の悪化がファンドおよびファンドが投資する発行体に悪影響を及ぼ
       すことがある。
                                 20/352



                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       企業の債務証券

        企業の債務証券は、発行体が当該債務に対する元利金の支払を充足できないリスクを被り、また金利
       に対する対応具合、当該発行体の信用性についての市場の見方、全般的な市場の流動性等の要因による
       価格の乱高下を被ることがある。金利の上昇時には、企業債務証券の価格は下落することが予想され
       る。満期までの期間が長ければ長いほど、債務証券は、短期の満期のものよりも金利の動向の影響を受
       けやすい傾向がある。さらに、一部の企業の債務証券は、高度にカスタマイズされている場合があり、
       その結果、特に、流動性リスクおよび価格決定の透明性に係るリスクにさらされることがある。
        発行体のデフォルトが、企業の債務証券が創出するリターンの水準に影響を及ぼすおそれがある。予
       想外のデフォルトにより、企業の債務証券の利息および元本価値が減少することがある。さらに、経済
       情勢に関する市場予測および発行体のデフォルトの予想数値が、企業の債務証券の評価額に影響するこ
       とがある。
        企業の債務証券は、異なる市況下での売買が困難になる可能性があるため、流動性リスクを負担する
       場合がある。
       ハイ・イールド証券

        ファンドは、投資方針に記載されたファンドの投資対象のクオリティについての方針に従う。しか
       し、ファンドが保有する証券の格付が下がることがある。ムーディーズの                                       Baa  格またはS&Pまたは
       フィッチの      BBB  格より低い格付の証券は、しばしば「ハイ・イールド証券」または「ジャンク債」と称さ
       れる。ハイ・イールド証券への投資または保有には、高金利の債券への投資に伴うリスクの他、特別の
       リスクを伴う。ハイ・イールド証券およびディストレスト証券は、元本の値上りと高いリターンの機会
       をより多くもたらす一方、一般に、比較的大きな価格変動にさらされ、高金利の証券より流動性が低い
       ことがある。破綻した企業のハイ・イールド証券および債務証券は、発行体の継続的な元利金支払能力
       に関し、圧倒的に投機的であるとみなされることがある。ハイ・イールド証券は、より高い格付の証券
       よりも、現実的または観念的な経済状況および産業の競合状況の悪影響を受けやすい。ファンドが、利
       息の支払いや元本の払戻しに関して債務不履行となっている、または当該支払いに関して債務不履行と
       なる差し迫ったリスクがある証券に投資する場合、上記のリスクがそれだけ増大する。債務不履行に
       陥っている証券の発行体は、元本または利息の支払いを再開できない可能性があり、その場合ファンド
       は投資額すべてを失うおそれがある。ハイ・イールド証券の市場価格は、主に一般的な金利水準の推移
       に反応する傾向がある高格付の証券よりも発行体の個々の動向を広い範囲で反映する傾向がある。さら
       に、低格付の債務証券は全般的な経済情勢に対する感応度が高くなる傾向がある。ファンドが投資する
       ハイ・イールド証券を発行する一定の新興市場国の政府は、商業銀行、外国政府および公的国際機関
       (世界銀行等)の最大級の債務者である可能性があり、支払期限が到来する元本および/または利息を
       支払うことができないか、または支払いに消極的になっている場合がある。
       債権者の債務および債権者委員会への参加

        一般にファンドが発行体の債券や類似の債務証券を保有する場合には、ファンドは当該発行体の債権
       者となる。債権者となったファンドは、当該発行体の破産に関連して、または他の債権者、株主もしく
       は発行体自身が提起するその他の措置に関連して、保有する証券に関する異議申し立ての対象となり得
       る。ファンドは随時、保有する証券の財務上の問題を抱える発行体の経営陣との交渉を行うために債権
       者が設置する委員会に参加することができる。そうした委員会への参加により、ファンドには弁護士費
       用などの費用が発生し、また発行体に関する公開されていない重要な情報を知り得ることになり、ファ
       ンドが望む特定の証券の取引や追加取得が制限されることも考えられる。さらに、そうした委員会への
       参加により、ファンドが連邦破産法もしくは債権者および債務者の権利を規定するその他の法に基づく
       債務を負う可能性もある。ファンドは、ファンドの権利を行使する、またはファンドが保有する証券の
                                 21/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       価格を保護する上で必要もしくは望ましいと投資顧問会社が判断した場合にのみ、そうした委員会に参
       加することができる。
       変動利付証券

        変動利付証券は、当該債務に対し支払われる金利の定期的な調整を規定している。ファンドは、変動
       利付債務証券(「フローター」)に投資することがある。変動利付証券は一般に金利変動への感応度は
       高くないが、その金利が全般的な金利と比較してあまり上昇しないかもしくは上昇の速度が早くない場
       合には価格が下落する。変動利付証券は、金利の低下時には価格の上昇はみられない。ファンドは、逆
       変動利付債務証券(「逆フローター」)にも投資することがある。逆フローターは、金利の上昇時に価
       格が下落し、同等の信用度を有する確定利付債務よりも大きな価格の乱高下を示すことがある。ファン
       ドが変動利付証券を保有する場合、市場金利の低下(または逆フローターの場合は、上昇)は、当該証
       券から得る収益やファンドの受益証券の純資産価格に悪影響を及ぼす。さらに、ファンドは制限なく残
       差金利債券に投資することができる。
       インフレ連動債券

        インフレ連動債券(地方自治体のインフレ連動債券および一定のインフレ連動社債を除く。)は、確
       定利付証券で、その元本価格はインフレ率に応じて定期的に調整される。指数測定インフレ率が低下す
       ると、インフレ連動債券(地方自治体のインフレ連動債券および一定のインフレ連動社債を除く。)の
       元本価格は下方調整され、その結果、これら証券の支払利息(元本額がより少額なものに関して計算さ
       れる。)は低下することになる。米国インフレ連動国債の場合、満期時の原債券元本の返済(インフレ
       率に応じて調整される。)が保証されている。同様の保証を規定していない債券について、満期時に返
       済される債券の調整済元本価格は、当初の元本を下回ることがある。
        地方自治体のインフレ連動債は、固定金利に消費者物価指数を加算したクーポンを支払う地方債であ
       る。  地方自治体のインフレ連動債および一定のインフレ連動社債のインフレ調整は、基本的に年2回の
       利息支払いにおいて行われる。その結果、地方自治体および当該インフレ連動社債の元本価額は、イン
       フレ率に応じて調整されない。                同時に、地方自治体のインフレ連動債および企業のインフレ連動債の価
       格は一般に、インフレ率が低下した場合でも、上昇しない。地方自治体のインフレ連動債および企業の
       インフレ連動債は、それぞれ地方債および社債の市場に占める割合が低く、通常の地方債や社債に比べ
       流動性が低い。
        インフレ連動債券の価格は、実質金利の変化に応じて変動することが予想される。実質金利は、名目
       金利とインフレ率との関係に連動している。名目金利がインフレ率を上回る速度で上昇する場合、実質
       金利は上昇し、インフレ連動債券の価格の低下をもたらす。短期的なインフレ率の上昇は価格の値下が
       りをもたらすことがある。インフレ連動債券の元本額の上昇分は、投資者が満期まで元本を受け取らな
       いとしても、課税対象の通常所得とみなされる。
                                 22/352






                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ファンドの主な投資対象である米国インフレ連動国債について

                                 23/352




















                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         以下は、米国債券市場の動向と米国インフレ連動国債のリターンの動向を示すものである。

        過去の実績を分析したものであり、今後の動向を保証または示唆するものではない。









       イベント・リンク・エクスポージャー

        ファンドは、「イベント・リンク債券」、「イベント・リンク・スワップ」に投資することによって
       イベント・リンク・エクスポージャーを獲得し、また「イベント・リンク戦略」を実行することができ
       る。イベント・リンク・エクスポージャーは、往々にして偶発的であるか、確定されたトリガー・イベ
       ントに関係するとされる損益をもたらす。トリガー・イベントの例には、台風、地震、気象関連の現象
       またはこれら事象に関係する統計が含まれる。一部のイベント・リンク債券は、一般に、「災害債券」
       と呼ばれている。トリガー・イベントが発生すると、ファンドは、当該債券の投資元本                                             の一部もしくは
       全額またはスワップの想定元本の金額                    を喪失することがある。イベント・リンク・エクスポージャー
       は、トリガー・イベントが発生しまたは発生する可能性がある場合には、損失請求を処理し、監査する
       ために満期の延長を規定することがある。満期の延長は、ボラティリティを増大させることになる。イ
       ベント・リンク・エクスポージャーは、発行体リスク、信用リスク、流動性リスク、取引相手方リス
       ク、不利な監督当局または管轄当局の解釈、不利な租税上の影響を含む一定の予想外のリスクにもファ
       ンドをさらすことがある。
       転換証券および株式

        ファンドは、転換証券に投資することができる。ただし、普通株式に転換することはできない。転換
       証券とは所定の価格もしくは割合で普通株式に転換されるまたは転換権を行使できる確定利付証券およ
       びワラントを含む証券をいう。転換証券の価格は、この転換または転換権の行使という特徴のため、通
       常、転換先の普通株式の価格変動に一定程度比例して変化する。しかし、転換証券の価値の変動は、転
       換先の普通株式ほど急速には生じない。転換証券は、通常、収益を伴い、金利リスクを有する。転換証
       券は、より大きな信用リスクにさらされている低格付証券の場合がある。ファンドは、あらかじめ定め
                                 24/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ていた時期の前に転換を強いられることがあり、これによりファンドが投資目的を達成する可能性に悪
       影響が生じるおそれがある。
        ファンドは、優先株式、普通株式または日本で株式であるとみなされる証券には投資することができ
       ない。
        ファンドは、株式もしくは出資に対する投資を行う契約型投資信託、または会社型投資信託に投資し
       てはならない。
        偶発転換証券(以下「            CoCo  債」という。)とは、一定の「トリガー」が生じた場合に株式への転換ま
       たは元本の削減(ゼロになる可能性もある。)を意図しているハイブリッド債券の一形態である。トリ
       ガーは基本的に、規制上の自己資本の基準値または発行体である金融機関の継続企業としての継続可能
       性を規制機関が疑問視する場合の対応に関連している。株式の転換または元本の削減という                                               CoCo  債の独
       自の特徴は、発行体である金融機関およびその規制上の要件に対応している。                                        CoCo  債に付随する一定の
       追加的なリスクには以下が含まれるがこれらに限られない。
        ・損失吸収リスク:          CoCo  債の特徴は、金融機関に課される特定の規制上の要件を充足するよう設計さ
         れている。特に、         CoCo  債は、その規制上の自己資本比率があらかじめ定めた水準を下回った場合ま
         たは関連する規制当局が金融機関が存続不可能であるとみなした場合に、発行体である金融機関の
         株式に転換されるか、または元本削減(ゼロになる可能性もある。)が行われる可能性がある。さ
         らに、このようなハイブリッド債務証書には所定の満期がなく、完全な裁量によるクーポンもな
         い。これは、銀行に損失を吸収させるために金融機関の裁量においてまたは関連する規制当局の要
         請に応じてクーポンが取り消される可能性があることを意味している。
        ・劣後証書:       CoCo  債は大半の状況において、転換前に適切な自己資本比率の取扱いを受けるために劣
         後債務証書の形式で発行される。したがって、転換される前に発行体が清算、解散または自主清算
         する場合、ファンド等の             CoCo  債の保有者が       CoCo  債の条件に関してまたはかかる条件に基づき当該発
         行体に対して有する権利および債権は一般的に、当該発行体の非劣後債務の全保有者の債権よりも
         弁済順位が低くなり、発行体の他の債務よりも返済順位が低くなることもある。さらに、転換事由
         (すなわち「トリガー」)の発生後に                    CoCo  債が発行体の裏付けとなる資本性証券に転換される場
         合、債務証書の保有者から資本性証券の保有者に移行すること理由に各保有者の弁済順位が低くな
         る。
        ・市場価格が予測不可能な要因に基づき変動する:                           CoCo  債の価値は予測不可能であり、多くの要因
         ((ⅰ)発行体の信用度および/または当該発行体の適用される自己資本比率の変動、(ⅱ)                                                CoCo
         債の需給、(ⅲ)全般的な市況および利用可能な流動性、ならびに(ⅳ)当該発行体、その特定の
         市場または金融市場全体に影響を及ぼす経済、金融および政治上の事由を含むがこれらに限られな
         い。)から影響を受ける。
       非米国証券

        非米国証券への投資には、米国証券への投資には一般的に関連しない特別のリスクや考察事項を伴
       う。受益者は、非米国の企業や政府が発行した非米国証券に投資するファンドに関わる大きなリスクを
       慎重に考慮すべきである。かかるリスクには以下のものが含まれる。すなわち、会計監査や財務報告基
       準の相違、一般により高い非米国ポートフォリオ取引に対する手数料料率、                                       制裁措置およびその他の同
       種の措置の発動、         国有化、収用または没収的課税の可能性、投資規則または為替管理規則の不利な変
       更、市場の混乱、治安が悪化する可能性および政治的不安定である。個々の非米国経済は、国内総生産
       の伸び率、インフレ率、資本再投資、資源、自給力、収支の状況等に関し米国経済とは有利または不利
       に異なることがある。他の国々の財政インフラまたは決済システムが米国のものほど整備されていない
       ことがある。証券市場、証券価格、利回りおよび非米国証券市場に伴うリスクは、相互に個別に変化す
       ることがある。また、非米国証券およびかかる証券に対し支払われる配当金や利息は、当該証券に対す
       る支払額からの源泉徴収税を含む非米国税の課税対象となることがある。非米国証券は、米国内証券よ
                                 25/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       りも少ない頻度や小さい取引高で取引されることがよくあり、したがって、より大きな価格の乱高下を
       示すことがある。非米国証券への投資にはまた、米国内投資よりも高い保管費用や非米国通貨換算に関
       す る追加の取引費用を伴うことがある。為替レートの変動または不透明感を巡る懸念も非米国通貨建て
       または非米国通貨で相場が立っている非米国証券の価格に影響し、一定の場合に発行体の財政報告への
       信頼性に関する不透明感が生じることもある。
        ファンドは、ロシアに経済的に連動する証券または商品に投資することがある。上記のリスクに加
       え、ロシアへの投資には、追加的なリスクを伴う。特に、ロシアへの投資は、米国および/または米国
       外の国が経済制裁措置、輸出もしくは輸入規制または他の同種の措置を発動するリスクを伴う。他の同
       種の措置には、ロシア人またはロシアと関係がある人物または企業によるクロスボーダーの支払機能を
       有するグローバルな支払システムの利用を禁止もしくは禁止対象を拡大すること、一定の投資家による
       証券取引の決済の制限、およびロシアの資産またはロシアと関係がある特定の国々(ベラルーシ等)、
       法人もしくは人物の資産の凍結を含むがこれらに限られない。このような制裁措置または他の同種の措
       置(エネルギー、金融サービス、テクノロジー、会計、量子コンピューティング、船舶、航空、金属お
       よび鉱業ならびにとりわけ防衛を含む多数のセクターの企業に影響を及ぼす可能性がある。)、ならび
       にロシアの対抗措置が、ファンドの運用実績および/またはその投資目的を達成する能力に悪影響を及
       ぼす可能性がある。例えば、ロシア企業およびロシア企業に関連がある商品に対する一定の投資が禁止
       されたり、ならびに/または(既存の投資対象の一部が取引を禁止される場合、証券市場が閉鎖されて
       いる場合、または市場参加者が地政学上のイベント、制裁措置もしくは該当する懸案事項を鑑みて一定
       の投資対象の取引を停止する場合等に)既存の投資対象が流動性を失ったために、ファンドが保有する
       当該証券を無期限で販売できなくなること、および/または受益者の買戻請求に対応するためにファン
       ドが組入銘柄の持ち高を不利な時期および価格で売却することを迫られる場合がある。また、このよう
       な制裁措置および他の類似の措置、ならびにロシア政府の対応の結果として、ロシアまたは所在地がロ
       シアであるかもしくはロシアと経済的なつながりがある発行体の証券の信用格付の引き下げ、ロシアの
       通貨の評価額の低下および/またはロシアの証券もしくはルーブルに関するボラティリティの上昇が生
       じかねない。より一般的には、ロシアの証券への投資は非常に投機的で、米国およびその他の主要先進
       国の証券市場への投資には通常付随しない、重要なリスクおよび特別な判断を伴うことがある。                                                 20 世紀
       のロシアは、政治、社会および経済的な混乱に見舞われ、数十年に及ぶ共産主義体制を強いられ、かか
       る体制下で、何千万の民間人が、連邦政府による農業および工業会社の集産化に遭っていた。ソビエト
       連邦の崩壊後、ロシア政府は国内経済を安定させるための困難な業務に取り組む一方で、国際市場に競
       合でき、かつ国民の要求を満たすことができる、近代的で効率的な構造へと転換している。一方、これ
       まで、ロシアの経済改革イニシアティブの多くは、苦戦を強いられている。このような環境下において
       は、ロシア政府が現行の経済改革プログラムを廃止し、代わりに、外国人投資家の利益を損いかねない
       別の急進的な政治および経済政策を取るリスクが、常に存在する。その結果、旧ソビエト連邦下で存在
       していたような中央計画経済および民間企業の国有化に逆戻りする可能性も否定できない。
       新興市場証券

        証券が主として当該国の証券市場において取引されるか、またはその発行体が当該国において設立さ
       れているか、主たる事業を行い、事業収益の大部分が当該国内で発生するか、またはその資産の大部分
       が当該国にて保有されている場合、当該証券は新興市場を有する国と経済的に関連していることにな
       る。投資顧問会社は、「新興証券市場」を有するとみなす国々を見極め、投資する上で幅広い裁量を有
       する。投資顧問会社は、かかる裁量を行使するにあたり、個別のファンドの戦略目的に一致する国を新
       興市場として特定する。例えば、投資顧問会社は、世界銀行もしくは国際連合                                        またはその関連組織等            の
       超国家的組織により新興経済国または発展途上経済国として分類され                                    る場合、または新興市場の指数を
       構築する目的で、ある国が新興市場国であるとみなされる場合                                を含むがこれらに限られない多数の要因
       に基づき、ある国が新興市場国に該当するかを検討することができる。                                     この手法により、投資顧問会社
                                 26/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       は、特定の国をあるファンドにおいては新興市場国とみなし、同じトラストの別のファンドにおいては
       そうでないとみなす可能性もある。                  新興市場証券へ投資を行う際に、ファンドは、一人当たりの                               GNP  が比
       較 的低く、急速な経済成長が期待される国を重視する。投資顧問会社は、相対的な金利の評価、インフ
       レ率、為替相場、金融財政政策、貿易収支および経常収支ならびに投資顧問会社が関係すると考えるそ
       の他特定要因に基づき、投資対象国および通貨構成を選定する。
        新興市場証券への投資は、先進国の証券への投資とは異なるまたはこれを上回るリスクに服する。か
       かるリスクには以下のものが含まれるが、それらに限定されない。すなわち、証券市場の小規模な時価
       総額(相対的に流動性をもたない期間をもたらすことがある。)、大きな価格の乱高下、非米国投資の
       制限、投資利益や投資元本の本国送金の可能性、より大きな社会的、経済的、政治的な不確実性と不安
       定、経済へのより大きな政府の関与、政府の監督や規制が少ないこと、通貨ヘッジ手法が利用できない
       こと、新設の小規模企業、将来の経済危機または政治危機の結果としての価格統制、強制的合併、収用
       または没収的課税、没収、国有化、政府独占の導入である。さらに、海外の投資者は、売却代金の登録
       を求められる可能性がある。
        新興市場への投資に影響する法令が、未発達であるか、または予測出来ないもしくは曖昧な方法によ
       り発展することがある。新興市場の証券に投資を行うファンドの活動に適用される法令、特に税制、海
       外投資および取引、資産もしくは証券の権原、権原の譲渡に関するものは、比較的新しく、米国やその
       他の先進国に比べてはるかに不定期的に重大な変更が行われる可能性がある。新興国には権原登録に関
       する信頼できる制度や法体系が存在しないことも考えられ、ファンドがその投資した資産もしくは証券
       に対して権原を取得していると新興市場の政府が認識もしくは承認しているとの保証はない。一部の新
       興国には基本的な商法が存在しているものの、それらは明確でなく解釈が変更となる場合もあり、ファ
       ンドに不利となる修正、変更、廃止もしくは差替が随時行われる可能性がある。米国で通常みられる広
       範な法体系や先例が欠如している場合もある。現地の法令が米国の慣習に従い今後発達し、それらの一
       部もしくはすべてがファンドの運用に重大な悪影響を及ぼすことはないとの保証はない。
        新興市場の証券への投資には、監査財務報告基準の相違から発行体についての重要な情報が取得でき
       ないリスクも伴う。新興市場を抱える国、地域および地方の政府、機関、当局もしくは下部組織が公表
       する公式データは、先進国に比べるとはるかに不完全であり信頼性に欠けており、ファンドのために投
       資決定を行う投資顧問会社が利用する公式な情報源が完全に信頼できるとの保証はない。公式な統計も
       先進国で使用されるものとは異なるベースで作成されることがある。したがって、こうした市場に関す
       る事項については、入手できる公式な公開情報の完全性や信頼性に対する懸念から判然としない。さら
       に、新興市場国の通貨は、米ドルおよび/または円に対して大幅な下落に見まわれることがあり、ファ
       ンドによるかかる通貨への投資後に通貨切下げが起こることがある。通貨ヘッジ戦略がファンドによっ
       て試みられたとしても、それが成功するとは限らない。インフレやインフレ率の急速な変動は、一部の
       新興市場国の経済や証券市場にマイナスの影響を及ぼしており、かかる影響が継続することがある。
        そのほか、新興市場証券は、決済手続が異なることがあり、これにより、証券取引規模に対応できな
       かったり、その他当該取引の執行が困難になったりすることがある。決済上の問題により、ファンドが
       魅力ある投資機会を逃したり、投資までの間その資産を現金で保有したり、または組入証券の処分に遅
       れたりすることがある。かかる遅滞は、当該証券の購入者に債務を発生させるおそれがある。
        東欧を含む一部の新興市場で取引される証券は、国際的投資が通常抱えるリスクに加えて、金融仲介
       業者の経験不足、最新技術の不足、運用拡大のための十分な資本の欠如などによるリスクにさらされ
       る。さらに、旧共産主義の東欧諸国の没収財産に関しては、請求権が完全には解決していない。ファン
       ドの東欧への投資が収用、国有化もしくはその他の方法により没収されないとの保証はない。
        ファンドは、発展途上(または新興市場)経済地域内の各国に所在する発行体の証券に、その総資産
       の 10 %を上限として投資することができる。「投資方針」に別異の記載がない限り、新興市場の発行体
       への投資は、地域的な分散を義務付けられておらず、投資顧問会社の裁量で限られた数の新興市場に投
       資を集中させることができる。
                                 27/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       中華人民共和国への投資

        新興市場国に投資するファンドは、中華人民共和国(以下、「中国」といい、本開示の目的上、香
       港、マカオ、台湾を除く。)に経済的にリンクされた証券または商品に投資することがある。かかる投
       資は、中国適格外国機関投資家(以下「                     QFII  」という。)プログラムおよび/または人民元適格外国機
       関投資家(以下「         RQFII   」という。)プログラムを含むがこれらに限定されない、利用可能な市場アクセ
       ス制度を通じて行われる。商品が中国に経済的にリンクされているか否かを判断する際に、ピムコは、
       「新興市場証券」に記載されているように、商品が新興市場国に経済的にリンクされているか否かを判
       断する基準を使用する。新興市場への投資に関連するリスクを含む、上述の「新興市場証券」のリスク
       に加えて、中国への投資には追加リスクを伴う。これらの追加リスクは以下を含む(が、これらに限定
       されない)。(a)不安定な成長に起因する非効率性、(b)一貫して信頼できる経済統計が入手でき
       ないこと、(c)潜在的に高いインフレ率、(d)輸出および国際貿易への依存、(e)相対的に高水
       準にある資産価格のボラティリティ、(f)潜在的な流動性不足および限定的な外国投資家による利用
       可能性、(g)地域経済との競争の激化、(h)特に為替ヘッジ手段の相対的不足および現地通貨から
       米ドルへの変換能力に対する規制による、為替相場の変動または中国政府もしくは中央銀行による通貨
       切り下げ、(i)多くの中国企業が比較的小規模であり、業務履歴がないこと、(j)証券市場、保管
       取り決めおよび商業の法的および規制上の枠組みが発展途上にあること、(k)                                         QFII  / RQFII   プログラム
       および当該投資が行われるその他の市場アクセス・プログラムの規則および規制に関する不確実性およ
       び変更の可能性、(l)中国政府による経済改革の継続的な実施、および(m)中国規制当局が、市場
       混乱時に中国の発行体の取引を停止する(あるいは当該発行体に取引停止を許可する)ことがあり、当
       該停止は広範囲に及ぶ可能性があること。
        さらに、これらの証券市場では、より発達した国際市場と比較して、法令の明確性が欠如しており、
       執行活動の水準が低い。関連ある規則の解釈と適用に一貫性が欠ける可能性があり、また規制当局が、
       市場参加者との事前協議または通知なしに、既存の法律、規則、規制または政策に即時の、または急速
       な変更を加えるか、新たな法律、規則、規制または政策を導入するリスクがあり、このためファンドの
       投資目的または投資戦略達成能力を著しく制限する可能性がある。さらに中国への外国投資に対する規
       制および投資資本の本国送金に対する制限がある。                          QFII  / RQFII   プログラムの下では、特に、投資範囲、
       投資割当、資金の本国送金、外国人株式保有制限、アカウント構造を含む(がこれらに限定されない)
       側面について、規制上の制限がある。関連する                        QFII  / RQFII   規制は、最近、資金の本国送金に対する制限
       を緩和するために改訂されたが、極めて新しい展開であり、これが実際に実施されるか否か、およびそ
       の実施方法については不確定である。中国の規制要件の結果として、ファンドは中国にリンクされた証
       券もしくは商品への投資能力が制限され、および/または、中国にリンクされた証券もしくは商品の持
       ち高を清算しなければならないことがある。証券の価格が低水準にある場合等、一定の場合において、
       非任意清算はファンドに損失を招く可能性がある。さらに、中国の証券取引所は、通常、関連する取引
       所で取引される証券の取引を停止または制限する権利を有している。また、中国政府または関連する中
       国規制当局は、中国の金融市場に悪影響を及ぼす可能性がある方針を実施することがある。かかる停
       止、制限または方針は、ファンドの投資のパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性がある。
        近年、中国の政治環境は比較的安定しているが、今後もこのような安定が維持される保証はない。新
       興市場として、所得格差の拡大、農業不安および既存の政治構造の不安定性など、かかる安定性に影響
       を及ぼす多くの要因があり、中国に経済的にリンクしている証券および商品に投資するファンドに当該
       投資を限度とする悪影響を及ぼす可能性がある。政治的不確実性、軍事介入、地域紛争および政府の汚
       職は、市場および経済改革、民営化、貿易障壁の撤廃に向けた良好な傾向を逆転させ、証券市場に重大
       な混乱をもたらす可能性がある。
        中国は共産党の支配下にある。中国への投資は、より強度な政府による経済への支配および関与に関
       連するリスクにさらされている。米国とは異なり、中国の通貨は市場によって決定されるのではなく、
                                 28/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       対米ドルの人為的な価格で管理されている。この種のシステムは、為替の急激かつ大規模な調整に到る
       可能性があり、ひいては外国人投資家に破壊的かつマイナスの影響を及ぼす可能性がある。中国はま
       た、  自国通貨を米ドルを含む外国通貨に自由に転換することを制限することができる。本国送金に関す
       る制限は、特に償還請求に関連して、中国にリンクされた証券および商品の流動性を相対的に低下させ
       る効果を有することがある。さらに、中国政府は、資源配分および金融政策への直接的かつ重要な関
       与、外貨建て債務の支払に対する管理ならびに特定の業種および/または企業に対する優遇措置の提供
       を通じて、経済成長に対して重大な支配権を行使している。中国の経済改革プログラムは成長に貢献し
       てきたが、このような改革が継続される保証はない。
        中国は、過去において干ばつ、洪水、地震、津波などの自然災害に見舞われてきたが、将来、このよ
       うな環境事象が発生した場合には、中国経済が影響を受ける可能性がある。このため、中国へのファン
       ドの投資は、かかる事象のリスクにさらされている。さらに、中国と台湾との関係は特に微妙であり、
       中国および台湾間の敵対関係は、中国に投資するファンドにリスクをもたらす可能性がある。
        税法の適用(例えば、配当または利息の支払いに対する源泉徴収税の賦課)または没収税も、ファン
       ドの中国投資に影響を及ぼす可能性がある。中国に経済的にリンクしている証券および商品への投資に
       対する課税を規定する規則が必ずしも明確ではないため、ピムコは、中国に経済的にひもづいている証
       券および商品の処分または保有によって生じる実現利益および未実現利益の両方を留保することによ
       り、かかる証券および商品に投資するファンドに対するキャピタル・ゲイン税に備えることがある。こ
       の方法は、現在の市場慣行およびピムコの適用税制の解釈に基づいている。市場慣行または適用される
       税法の解釈の変更により、引当金の金額が、結果として実際の税負担に比べて大きすぎたり小さすぎた
       りする可能性がある。
       CIBM  ダイレクトを通じた投資

        関連する中国の規則または当局が許容する範囲で、ファンドは、                                 2016  年に中国人民銀行(以下、上海
       本店を含み「       PBOC  」という。)が発表した関連規則(中国人民銀行公告(                             No.3[2016]      )およびその施行
       規則(以下「       CIBM  直接規則」という。)を含む。)に従い、中国銀行間債券市場(以下「                                      CIBM  」とい
       う。)で取引される許容された商品(キャッシュ・ボンドを含む。)に直接投資することができる。国
       内取引および決済代理人は、ファンドの投資顧問会社であるピムコにより雇われるものとし、関連する
       ファンドのために申請を行い、ファンドのためのトレーディングおよび決済代理業務を行う。                                                PBOC  は、
       CIBM  直接規則に基づき、国内決済代理人およびファンドの取引を継続的に監督し、                                        CIBM  直接規則に違反
       した場合、ファンドおよび/またはピムコに対する取引停止および強制的手仕舞いなどの関連する行政
       的措置を講じることができる。                CIBM  ダイレクトを通じた投資に関して割合の制限は存在しないものの、
       ファンドは、予想される投資規模を拡大させることを望む場合、                                 PBOC  に追加の申請を行う必要がある。
       かかる追加の申請を          PBOC  が認める保証はない。予想される投資規模の拡大に関する追加の申請が                                     PBOC  に
       より認められない場合、ファンドが                   CIBM  ダイレクトを通じて投資を行う能力は制限され、その結果、
       ファンドのパフォーマンスが不利に影響を受ける可能性がある。                                 PBOC  に対する関連する申請および登録
       ならびに     CIBM  ダイレクトを通じて          CIBM  に投資するための口座の開設は国内の決済代理人、登録代理人ま
       たはその他の第三者(場合に応じる)を通じて実行されなければならないため、ファンドは、当該第三
       者による不履行または過誤のリスクにさらされる。また、ファンドは、取引の決済過程において、国内
       の決済代理人による作為または不作為による損失を被る場合がある。結果として、ファンドの純資産価
       額に悪影響が及ぼされる可能性がある。また、投資家は、関連する決済代理人に開設されたファンドの
       現金口座に預けられた現金が分離されないことに留意すべきである。国内の決済代理人が破産または清
       算した場合、ファンドは、当該現金口座に預けられている現金の所有権を有することはなく、当該資産
       の回収が困難となりかつ/もしくはその回収が遅れ、またはその一部もしくは全額を回収できない場合
       があり、その場合、ファンドは損失を被ることになる。                             CIBM  直接規則は非常に新しいもので、未だ市場
       で実証されていない。現段階では、                  CIBM  直接規則は、依然としてさらなる明確化および/または変更が
                                 29/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       行われることがあり、            CIBM  へのファンドの投資能力に悪影響を及ぼす可能性がある。                              CIBM  ダイレクトを
       通じた    CIBM  への投資は、ファンドのパフォーマンスおよび流動性に潜在的に影響を与える可能性があ
       る、  資金送金および本国送金に関する中国当局による一定の制限の対象になる。資金送金および本国送
       金の要件に従わないか、または要件を満たさない結果として、規制当局からの制裁を受けることがあ
       り、さらに      CIBM  ダイレクトを通じたファンドの投資対象の一部に悪影響が及ぶおそれがある。また、
       CIBM  への投資に関する資金送金および本国送金の要件が、政府の政策および外国為替規制の変更を受け
       て変更されないという保証はない。                  CIBM  への投資に関する資金送金および本国送金の要件がこのように
       変更される場合に、ファンドが損失を被ることがある。
       ボンド・コネクトによる投資

        「新興市場証券」および「中華人民共和国への投資」に記載されているリスクに加えて、ボンド・コ
       ネクト・プログラムを通じて               CIBM  で取引されている中国国債およびその他の中国に本拠を置く債券への
       ファンドの投資に関連するリスクがある。ボンド・コネクト・プログラムとは、中国と海外の投資家
       が、それぞれの関連する金融インフラ機関間の接続を通じて、互いの債券市場において様々な種類の債
       券取引を可能にする香港および中国間の取決めを指す。ボンド・コネクトを通じた取引は、ファンドの
       投資およびリターンに影響を及ぼす可能性のある多くの制約を受ける。ボンド・コネクトを通じて行わ
       れる投資は、中国では比較的実証されていない注文、決済手続きに従うものであり、ファンドにリスク
       をもたらす可能性がある。さらに、ボンド・コネクトを通じて購入された証券は、中国に拠点を置くカ
       ストディアン(中央国債登記結算有限責任公司(以下「                              CCDC  」という。)または上海清算所(以下
       「 SCH  」という。)のいずれか)に維持される香港金融管理局(金管局)-債務工具中央結算系統の名義
       で振替決算共同アカウントを通じて、最終投資家(例えば、ファンドなど)に代わって保有されること
       になる。ボンド・コネクト証券におけるファンドの所有権は、                                CCDC  または   SCH  の帳簿に直接表示されず、
       代わりに香港サブ・カストディアンの帳簿にのみ表示される。また、この記録維持システムは、ファン
       ドが債券保有者として権利を行使する能力が限られるリスク、ならびに香港のサブ・カストディアンの
       決済遅延および取引相手方の不履行のリスクを含む、様々なリスクにファンドをさらしている。最終的
       な投資家がボンド・コネクト証券の受益権を保有するが、実質的所有者がその権利を行使するために用
       いるメカニズムは検証されておらず、中国の裁判所における受益権の概念の適用経験は限られている。
       このため、ファンドは、時間的制約またはその他の運営上の理由により、適時の分配金の支払いなど、
       債券保有者としての権利に影響を及ぼす企業活動に参加することができないことがある。ボンド・コネ
       クトに参加することを希望する投資家は、海外の保管代理人、登録代理人またはその他の第三者(場合
       に応じる)を通じて行うが、これらは関連当局への申請および関連当局における口座開設について責任
       を負う。したがって、ファンドは、当該代理人の不履行または過誤のリスクにさらされる。ボンド・コ
       ネクト・トレードは人民元で決済されるため、投資家は香港で人民元の信頼できる供給源にタイムリー
       にアクセスしなければならないが、これを保証することはできない。さらに、ボンド・コネクトを通じ
       て購入された証券は、適用される規則に従い、ボンド・コネクトを経由しない限り、通常、売却、購入
       またはその他の方法で譲渡することはできない。
        ボンド・コネクトの主な特徴は、中国の確定利付証券の投資者に適用される国内市場の法令の適用で
       ある。したがって、ファンドのボンド・コネクトを通じた証券への投資は、他の制約の中でも、一般的
       に中国の証券規則および上場規則の制約を受ける。当該証券は、いつでもその資格を喪失することがあ
       り、その場合、当該証券を売却することはできるが、ボンド・コネクトを通じて購入することはできな
       くなる。ファンドが、ボンド・コネクトを通じて投資を行う場合、取引の不履行から保護するために設
       定された香港の投資家補償基金へのアクセスを通じて恩恵を受けない。ボンド・コネクトは、中国およ
       び香港の両方の市場が開いている日にのみ利用可能である。その結果、ボンド・コネクトを通じて購入
       された証券の価格は、ファンドがポジションを追加または手仕舞うことができない場合に変動する可能
       性があり、したがって、その他の点で魅力的であると思われる場合において、ファンドの取引能力を制
                                 30/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       限することがある。最後に、ボンド・コネクトを通じた投資による収益および利得への課税を定める中
       国の税法における不確実性は、ファンドに予想外の税金債務を引き起こす可能性がある。現在、海外投
       資 家に支払う配当およびキャピタル・ゲインの源泉徴収税の取扱いは確定していない。
        ボンド・コネクト・プログラムは比較的新しいプログラムであり、さらなる解釈および指針の対象と
       なる可能性がある。さらに、ボンド・コネクトにおける非中国人投資家に要求される取引、決済、                                                   IT シ
       ステムは比較的新しいものであり、進化を続けている。システムが適切に機能しない場合は、ボンド・
       コネクトによるトレーディングが中断する可能性がある。今後の規制が、プログラムにおける証券の利
       用可能性、償還の頻度、その他の制限に影響を及ぼさないという保証はない。さらに、香港および中国
       の法令、ならびにボンド・コネクト・プログラムに関して関連規制当局および取引所が公表または適用
       する規則、方針または指針の適用および解釈は不確実であり、ファンドの投資および収益に悪影響を及
       ぼす可能性がある。
        中国の課税当局からの正式な指導がないため、中国への投資から得る収益および利得への課税を規制
       する中国の租税規則には未だ一定の不確実性があり、その結果ファンドが予想外の税金債務を負う可能
       性がある。ファンドが中国の課税上の居住者企業であるとみなされる場合、ファンドはその全世界にお
       ける課税所得の        25 %の法人所得税(「          CIT  」)の対象となる。ファンドが中国に恒久的施設または営業所
       もしくは事業所(「          PE 」)を有する中国の課税上の非居住者企業であるとみなされる場合、当該                                      PE に帰
       属する利益は       25 %の  CIT  の対象となる。        2018  年 12 月 29 日から効力を生じる中国の              CIT  法およびその施行規
       則に基づき、中国に          PE を有しない課税上の非居住者企業は、一般に、当該企業の中国を源泉とする所得
       (受動的所得(例えば、配当、利息、資産の譲渡から生じる利得等)を含むが、これに限られない。)
       について     10 %の源泉所得税(「          WIT  」)の対象となる。
        特段の免除が適用されない限り、中国の課税上の非居住者企業は、中国の課税上の居住者企業から発
       行された債務証券(中国国内に設立された企業により発行された債券を含む。)の利息の支払いについ
       て WIT  の対象となる。一般的な             WIT  の適用レートは        10 %であるが、中国課税当局による適用ある二重課税
       条約および協定に基づく減税の対象となる。国務院の所管財務局により発行された国債および/または
       国務院により承認された地方債から得た利息は、中国法上                              CIT  から免除される。         2018  年 11 月7日に中国財
       政部(「     MoF  」)と中国国家税務総局(「               SAT  」)が共同で公布した課税通達(国内債券市場に投資する
       国外機関に係る企業所得税および増値税政策に関する通達)(以下「第                                     108  号通達」という。)による
       と、外国機関投資家は、             2018  年 11 月7日から      2021  年 11 月6日までの期間、中国債券市場から得た債券利
       息収入に関して中国の            CIT  から一時的に免除される。              2021  年 11 月 26 日、中国財政部と中国国家税務総局
       は、第   108  号通達に規定する租税の免除期間を                  2025  年 12 月 31 日まで正式に延長する旨の              2021  年公告第     34 号
       (以下「第      34 号公告」という。)を共同で公布した。かかる中国                          CIT  の免除の範囲は、外国投資家が国内
       事業体/施設により得た債券利息のうち当該国内事業体/施設に直接関連するものを除外している。し
       かしながら、このような一時的な租税免除が継続的に適用されること、これが無効とならずかつ遡及的
       に再度賦課されないこと、および将来において特に中国の債券市場に関する新たな租税規則および慣行
       が中国において発布および実施されないことについては一切保証されない。
       通貨および為替取引

        ファンドは、通貨に直接投資したり、ファンドの取引通貨以外の通貨で取引されるまたは収益を受け
       る証券に投資することがあり、為替リスクを被る。                          為替レートは短期的に大きく変動することがある。
       為替レートは一般に、非米国為替市場の需給や各国への投資の相対的メリット、金利やその他複合要素
       の実際または想定される変化によって確定される。為替レートは、米国またはその他の政府もしくは中
       央銀行による介入(もしくは介入の失敗)または為替管理もしくは政治動向によっても予想外の影響を
       受けることがある。
        ファンドは、為替リスクをヘッジするため、ある非米国通貨に対するエクスポージャーを管理するた
       め、または非米国通貨変動に対するエクスポージャーを増やし、もしくは非米国通貨変動をある通貨か
                                 31/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ら別の通貨にシフトするため、為替予約を締結し、または通貨先物契約ならびに通貨および先物のオプ
       ションおよびスワップ契約およびスワップのオプションに投資することができる。
        将来のある期日に契約時の設定価格で特定通貨を売買する義務を伴う為替予約は、当該契約の存続期
       間にわたり、その受け渡す通貨の価値の変動に対するファンドのエクスポージャーを縮小し、その受領
       する通貨の価値の変動に対するエクスポージャーを増大させる。ファンドの価額への影響は、ある通貨
       建ての証券の売却と別の通貨建ての証券の購入に類似している。非米国通貨を売却する契約は、ヘッジ
       される通貨の価値が上昇する場合に実現されうる利益の可能性を制限することになる。ファンドは、為
       替リスクに対しヘッジするため、ある通貨に対するエクスポージャーを増大するため、または通貨変動
       に対するエクスポージャーをある通貨から別の通貨にシフトするためにかかる契約を締結することがあ
       る。ファンドの外国為替取引の一部がファンドの保管会社に執行目的で指示されるため、当該取引の執
       行が他の取次機関が執行する同種の取引に比べて有利になることもあれば不利になることもある。
        あらゆる状況下で適正なヘッジ取引が利用できるとは限らず、またファンドが特定時期または随時か
       かる取引を行うことは保証できない。また、かかる取引が成果を上げず、ファンドが関係通貨の有利な
       変動から利益を得る機会を取り除くことがある。ファンドは、二通貨間の為替レートの相関関係が上昇
       関係にある場合には別の通貨(または通貨バスケット)の価値の不利な変動に対しヘッジするためにあ
       る通貨(または通貨バスケット)を利用することがある。
       レポ契約

        ファンドは、レポ契約を締結することがあり、かかる契約において、ファンドは、銀行またはブロー
       カー/ディーラーから証券を買い付け、ファンドによる証券買付けの費用負担で指定期間内に当該証券
       を利息付で買い戻させることを約束する。買戻しを約束する当事者が債務不履行になった場合、ファン
       ドは、その保有する証券の売却に努める。これには、当該証券の価格が買戻価額以下に値下がりした場
       合、当該証券の損失に加えて、取引処理コストまたは遅滞を伴うことがある。7日以上の満期のレポ取
       引は、流動性の低い投資対象とみなされる。
        ファンドが当事者であるすべてのレポ取引において、レポ契約の担保は、米国政府、政府機関または
       下部機構によって発行される現金項目および債務を含むことがある。ただし、担保は、米国政                                                府もしく
       は他の関連する政府またはその政府機関もしくは下部機構によって発行される現金項目                                             および債務以外
       の証券(ファンドが買戻義務を負うことなく投資戦略に基づき直接保有することができない証券を含
       む。)を含むことがある。
        レポ契約の裏付けとなる担保の種類もまた、ファンドに一定のリスクをもたらすおそれがある。質が
       低い担保および長期担保は、質が高い担保および短期担保よりも高い価格変動性にさらされることがあ
       る。レポ契約の取引相手方がデフォルトに陥った場合、質の低い担保は、質の高い担保よりも清算が困
       難であることがある。取引相手方がデフォルトし、担保の金額が取引相手方の買戻債務をカバーするの
       に十分ではない場合、ファンドは、不足額に関して、取引相手方の無担保債権者の地位(すなわち、
       ファンドが投資方針に従って、不履行取引相手方のその他の無担保債務証券を保有した場合に通常有す
       る立場)を保持することになる。無担保債権者として、ファンドは、取引に投じた元利の一部またはす
       べてを喪失するリスクを負う。
       逆レポ取引、ダラー・ロールおよびその他の借入れ

        ファンドは、ファンドのレバレッジの限度に従い、逆レポ取引やダラー・ロールを実施することがあ
       る。逆レポ取引またはダラー・ロールは、指定時期に指定価格で当該証券を買い戻すためにファンドに
       よる証券とその契約の売却を伴うもので、何らかの目的の借入れの形式とみなされる。逆レポ取引で
       は、ファンドは取引期間中対象証券に対する元利金の支払を継続して受取る。ただし、逆レポ取引は、
       ファンドによって保有される証券の市場価格がファンドによる買戻し義務のあるファンドによって売却
       された証券の買戻価格以下に下落することがあるというリスクを伴う。逆レポ取引、ダラー・ロールそ
                                 32/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       の他の形式の借入れは、ファンドにレバレッジ・リスクをもたらすことがある。これらによりファンド
       の全体の投資エクスポージャーが大きくなり、関連する取引コストによりファンドのパフォーマンスが
       低 下することがある。
        ファンドは、借入れ時に(取得価格または借入れ額を含まない資産の時価のうち低い方の)価格の
       10 %を超えて、銀行借入れを行うことはできない。ただし、合併、統合等の特別または緊急の場合に
       は、本制限は、3か月を上限として一時的に                       10 %を超えることができる。本段落中、借入れとは、銀行
       借入れであるとみなされ、したがって、逆レポ契約およびダラー・ロール(これらに限定されない。)
       を含む取引は、上記の           10 %制限の対象とはならない。
        「モーゲージ・ダラー・ロール」は一部の面で逆レポ取引に類似している。「ダラー・ロール」取引
       ではファンドは、         GNMA  により発行される証券等のモーゲージ関連の証券をディーラーに売却し、事前の
       指定価格で将来に類似の証券(ただし、同一証券ではない。)を買い戻すことを同時に約束する。「ダ
       ラー・ロール」は、逆レポ取引と同様に、ファンドが資金の獲得のためにディーラーに対しモーゲージ関
       連証券に担保権を設定する担保付借入れとみなすことができる。逆レポ取引の場合とは異なり、ファン
       ドがダラー・ロール取引を執行する相手のディーラーには、ファンドが当初売却したものと同一の証券
       を返還する義務はなく、「実質的に同一の」証券を返還することができる。「ダラー・ロール」は事前に
       決定した価格で将来において証券を売買する取り決めであるため、ファンドは、「ダラー・ロール」取
       引が締結された特定の証券の市場価格の変動を活用できない。「ダラー・ロール」の相手方が債務不履
       行となった場合、ファンドは、受領することになっている売却代金を差し引いた将来の売却義務を履行
       するために、代わりの証券を購入しなければならず、その場合には市場価格の(上昇もしくは下落)リ
       スクを被る。
        セール・バイバックは逆レポ取引に類似している。ただし、セール・バイバックでは証券を買い付け
       る取引相手方は、ファンドによる対象証券の買戻しの決済まで対象証券に対し行われる元利金の支払を
       受けることができる。
       デリバティブ

        ファンドは、リスク管理の目的でまたはその投資戦略の一環としてデリバティブおよび他の同種の商
       品(総称して「デリバティブ」という。)を利用することができるが、これを要求はされない。一般
       に、デリバティブ商品とは、その価格が原資産の価格、参照レートまたは指数に依拠するか、これらに
       由来する金融契約であって、株式、債券、金利、異なる金利間のスプレッド、通貨または為替レート、
       商品、関連指数に関係している。デリバティブ商品の例には、オプション契約、先物契約、先物契約に
       かかるオプション、スワップ契約(ロング/ショート・クレジット・デフォルト・スワップおよび
       フォーワード・スワップ・スプレッド・ロックスを含むがこれらに限定されない。)、およびスワップ
       契約にかかるオプションがある。ファンドは、                        その投資目的および投資方針を条件に、                     資産の一部また
       は全部をデリバティブ商品に投資することがある。ポートフォリオ・マネジャーはこれら戦略を利用し
       ないことを決定することができ、ファンドが利用するデリバティブ戦略が成功するとの保証はない。
        ファンドによるデリバティブ商品の利用は、有価証券その他の従来型の投資対象への直接投資に伴う
       リスクとは異なるリスクまたはそれを上回る可能のあるリスクを伴う。ファンドが利用するあらゆるデ
       リバティブ商品に関係する重要なリスク要因に関するより一般的な記述を以下に記載する。
        運用リスク      :デリバティブ商品は、株式や債券に伴うものとは異なる投資手法やリスク分析を必要と
       する高度に専門的な商品である。デリバティブの利用には、あらゆる起こり得る市況下でのデリバティ
       ブのパフォーマンスを守るという利点のない場合でも、原投資対象についての理解のみならず、デリバ
       ティブ自体についての理解をも必要とする。
        カウンターパーティ・リスク(信用リスクを含む。)                            :一部のデリバティブ商品の利用は、契約の他
       方当事者(通常「カウンターパーティー」と呼ばれる。)が必要な支払を実行しないことまたはその他
       契約条件を遵守しないことの結果損失が生じるというリスクを伴う。そのほか、クレジット・デフォル
                                 33/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ト・スワップの基礎となる企業の信用力をファンドが正確に評価しない場合には、クレジット・デフォ
       ルト・スワップのショート・ポジションは損失をもたらしうる。カウンターパーティ・リスクは、ある
       カ ウンターパーティへのエクスポージャーが集中するリスクも指している。
        市場リスクおよびファンドの流動性リスク                      :特定のデリバティブ商品の売買が困難な時には流動性リ
       スクが生じる。デリバティブ取引が特に大規模である場合、または関係市場が(多くの直接的な相対デ
       リバティブのように)流動性をもたない場合、有利な時期にまたは有利な価格で取引を開始することま
       たはポジションを清算することができないことがある。流動性リスクは、ファンドがデリバティブを清
       算するための現金を得るために、または証拠金、担保もしくは相手方当事者への支払決済のための支払
       いを行うためにデリバティブから生じることがある流動性の要求を満たすために、ファンドが追加の現
       金の保有または他の投資対象の売却を迫られるリスクを指すこともある。ファンドはかかる債務を履行
       するために不利な時期にまたは不利な価格で証券を売却しなければならないこともある。
        レバレッジ・リスク          :多くのデリバティブ商品はレバレッジ部分を保持しているため、原資産、参照
       レートまたは指数の価格または水準の変動は、当該デリバティブ自体への投資額を大幅に上回る損失を
       もたらすことがある。一部のデリバティブ商品は、当初の投資規模に関わらず無限の損失                                              の可能性があ
       る。ファンドがレバレッジのためにデリバティブ商品を利用する時、ファンドの投資対象はさらに乱高
       下する傾向となり、その結果、市場の変動に応じてより大きな損益がもたらされる。ファンドが追求す
       るレバレッジ取引により、ファンドのデュレーションおよび金利の変動への感応度が大きくなることが
       ある。
        利用の可能性の欠如           :一部のデリバティブ商品の市場(米国外の市場を含む。)は、相対的に新                                        し
       く、未だに発展段階であるため、リスク管理等の目的のためのあらゆる場合において適正なデリバティ
       ブ取引が利用できないことがある。特定の取引の満了時に、ポートフォリオ・マネジャーは、同様の契
       約を締結することでファンドによるデリバティブ商品への投資ポジションの維持を希望することができ
       るが、原取引の取引相手方が新たな契約を締結することを望まず、他の適切な取引相手方が見つからな
       い場合、そのようにできないことがある。ファンドがある時点にまたは時に応じデリバティブ取引を行
       うとの保証はない。ファンドがデリバティブを利用する可能性は、一部の規制上・租税上の考察事項に
       よっても制限される。
        市場およびその他のリスク              :他の大抵の投資対象と同様に、デリバティブ商品は、当該商品の市場価
       格がファンドの利益を損なう方向に変動するリスクがある。ポートフォリオ・マネジャーが証券価格、
       通貨、金利またはファンドのためのデリバティブの利用の際のその他経済要素の予測が不正確であった
       場合、ファンドは、当該取引を全く実施しなかった場合の方が良い状況になった可能性がある。デリバ
       ティブ商品に関わる一部の戦略は、損失リスクを軽減できる一方、利益獲得の機会を削減したり、他の
       ファンドの投資対象の有利な価格動向を相殺することによる損失をもたらしたりすることもある。デリ
       バティブ市場への規制はここ数年で強化されており、この先さらにデリバティブ市場への規制が強化さ
       れれば、デリバティブのコストが増加し、デリバティブの利用可能性が制限され、また、流動性が低下
       するか、またはデリバティブの価値もしくはパフォーマンスに別の形で悪影響が及ぶかもしれない。こ
       のようなこの先の不利な展開により、ファンドのデリバティブ取引の有効性が損われたり、コストが上
       昇したり、またはファンドのデリバティブ戦略の実施が妨げられるか、もしくはファンドのパフォーマ
       ンスに悪影響を及ぼすことがある。
        デリバティブ商品の利用上のその他のリスクには、デリバティブ商品の不当価格設定および                                               /または
       不当評価のリスク、デリバティブが原資産、レートおよび指数と完全に相関関係をもつことができない
       リスクがある。多くのデリバティブ商品、特に直接相対取引されるデリバティブ商品は複雑で、往々に
       して主観的に評価される。不当な評価が取引相手方に対する現金支払要件の拡大またはファンドに対す
       る評価損をもたらすことがある。また、デリバティブ商品の価格が、その密接な                                         追従が図られている資
       産、基準レートまたは指数に完全にまたは全く相関関係をもたないことがある。また、デリバティブの
       価値が、密接に追従するように設計されている資産、参照金利または指数と完全に一致するとは限ら
                                 34/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ず、まったく連動しないこともある。例えば、ファンドのリターンから手数料および費用が控除されて
       いることにより、上場投資信託のスワップ契約は当該上場投資信託が基づいている指数と完全には連動
       し ない。さらに、ファンドがデリバティブを利用することにより、ファンドは当該商品を利用しなかっ
       た場合に比べて、大きい額の短期キャピタルゲイン(投                             資家は米国課税に従い通常の所得税率により一
       般的に課税される。)を実現させられることがある。ファンドがデリバティブを利用した結果、ファン
       ドの損失、ファンドのリターンの低下および/またはボラティリティの上昇を招くことがある。
        スワップ取引は、将来において特定の間隔で投資キャッシュ・フローまたは資産を交換またはスワッ
       プするための、ファンドと取引相手方との間の個別の交渉による契約である。当該義務は1年間を超え
       る場合がある。スワップ取引が集中清算の対象とならないことが多いので、スワップ取引は取引所で取
       引される商品よりも流動性が低いことがある。ドッド・フランク・ウォール街改革法及び投資家保護法
       (「ドッド・フランク法」)および関連の規制改革は、米国商品先物取引委員会(「                                            CFTC  」)および米
       国証券取引委員会(「            SEC  」)が「スワップ」と定義している一部の標準的な                          OTC  デリバティブ商品を清
       算機関や取引所を通じて取引することを求めている。                            CFTC  は、ドッド・フランク法に基づく取引所を通
       じた取引および清算の義務化を実施済であり、引き続き清算集中型契約の承認を行っている。非清算ス
       ワップは証拠金要件の対象となり、これは段階的に実施される。投資顧問会社は、特に、規制の変更が
       スワップ契約を締結するファンドの能力に影響を及ぼす範囲を中心に、これらの進展状況の検証を続け
       る予定である。
        先物、オプションおよびスワップを含む様々なデリバティブ商品に対する政府の追加規制により、
       ファンドが、そうした商品を投資戦略の一環として利用することが制限または妨げられ、最終的な投資
       目的を達成できない可能性がある。この分野の過去、現在または将来の立法や規制の影響を完全に予測
       することは不可能であるが、影響が重大で好ましくない可能性もある。立法および規制により、ファン
       ドが投資戦略として特定の商品を利用することが制限または禁止される可能性がある。また、ファンド
       が行うデリバティブ取引の相手方に対する制限や禁止により、ファンドが特定の商品を利用することが
       妨げられることもある。             これらのリスクは、ファンドが投資目的達成のために商品関連のデリバティブ
       を広範に利用する場合に特に顕著となる。
        今後の規制の変更により、ファンド投資の性質やファンドの投資戦略を継続する能力が、おそらくは
       大幅に変更となる可能性がある。先物、オプションおよびスワップの市場は、広範囲にわたる法規制お
       よび委託証拠金の対象となっている。さらに、                        SEC  、 CFTC  、特定の取引所および別の法域における規制当
       局は、市場に緊急事態が発生した場合に、投機的ポジション制限の実施や引き下げ、証拠金要件の引き
       上げ、1日の値幅制限および取引の中断などの特別措置を講じる権限を付与されている。米国における
       先物、オプションおよびスワップの取引規制は、急速に変化している分野であり、政府や裁判所の措置
       により修正される可能性がある。
        特に、ドッド・フランク法が、米国で                    2010  年7月   21 日付けで成立した。ドッド・フランク法により、
       米国の金融システムに対する監督・規制の方法が変更されている。ドッド・フランク法の第7章では、
       ファンドが投資することのできるスワップなどの金融商品を含む、店頭デリバティブに対する新しい法
       的枠組みを設けている。ドッド・フランク法の第7章は、                              OTC  デリバティブ市場全体に影響するもので、
       OTC  デリバティブおよび市場参加者を規制する大きな権限を                             SEC  や CFTC  に対して付与している。             また、多
       くの  OTC  デリバティブ取引に関して清算機関や取引所を通じた取引を求めている。                                       CFTC  および    SEC  は、
       「スワップ」および「証券派生スワップ」の                       定義を行った       。これらの定義は、ドッド・フランク法に基
       づく追加規制対象の取引の範囲を示している。今回の変更により、二者間取引に伴う信用リスクが軽減
       されると思われるが、取引所における取引や清算が行われたとしても、リスクが皆無になるわけではな
       い。
        ドッド・フランク法には、新たな資本/証拠金を求める条項や多くの                                   OTC  デリバティブ取引に清算機関
       の使用を義務付ける条項が含まれる。                   CFTC  、 SEC  およびその他の米国連邦監督当局は、ドッド・フランク
       法の条項を法制化する規則や規制を策定している。規則の制定や規制を実施するまでの期間については
                                 35/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       段階的な規定があるため、現時点でドッド・フランク法のファンドへの影響の全体的な性質および範囲
       を評価することはできない。しかし、スワップ・ディーラー、主要な市場参加者およびスワップのカウ
       ン ターパーティーは、新たな/追加的な規制、要件、遵守義務および関連費用を負いつつある。                                                 ドッ
       ド・フランク法および            公布されることになる新たな               規則  は、ファンドやそのカウンターパーティーに課
       せられる制限や要件により、投資目的を達成するファンドの能力にマイナスに作用する可能性がある。
       特に、ファンドやそのカウンターパーティーに対するあらゆるポジション制限は、ファンドが効率的に
       投資目的を達成するために行う先物、オプションおよびスワップへの投資に影響する可能性がある。自
       己資本規制、       CFTC  投機的持ち高制限および清算システムの義務付けなどの新たな要件は、ファンドに対
       して直接適用されない場合にも、ファンドの投資コストや運用コストを上昇させ、受益者に対して好ま
       しくない影響を及ぼす可能性がある。
        さらに、米国政府および             EU は 二当事者     デリバティブに対して強制的な最低証拠金要件を適用してい
       る。このような要件により、ファンドがデリバティブ取引に関連して提供することを義務付けられる証
       拠金の金額が上昇し、その              ために   デリバティブ取引が高額になるおそれがある。
        また、取引相手(またはその関連会社)が支払不能に陥った場合、取引の終了、債務のネッティン
       グ、担保の回収等の救済措置を行使するファンドの能力が、米国、                                   EU およびその他の様々な法域で採用
       されている新たな特別決議制度の下で停止または排除される可能性がある。このような制度は、金融機
       関が経営難に陥った場合に介入するための広範な権限を政府当局に与えている。特に                                            EU では、財政難に
       陥った相手方当事者のファンドへの負債を政府当局が減額、免除または資本に転換することがある
       (「ベイル・イン」と呼ばれることがある)。
       オペレーショナル・リスクおよびリーガル・リスク                          : デリバティブの利用によりオペレーショナル・リ

       スクおよびリーガル・リスクにもさらされる。オペレーショナル・リスクとは一般的に、文書上の問
       題、決済の問題、システム障害、不適切なコントロールおよび人為的ミスを含む潜在的なオペレーショ
       ンの問題に関連するリスクを指す。リーガル・リスクとは一般的に、文書上の不備、キャパシティ不足
       もしくは相手方当事者の権限または契約の合法性もしくは強制執行に関するものである。
       繰延融資およびリボルビング・クレジット・ファシリティ

        ファンドは、特定の期間中に借主の要求に応じ貸主が最大限度額までの貸付を行うことに同意する繰
       延融資やリボルビング・クレジット・ファシリティを実施するか、これへの参加権を取得することがあ
       る。かかる約定は、本来その旨の決定を行わない時期(当該企業の財務状況により、当該額が返済され
       る公算のない時期を含む。)にある企業への出資を増加することがファンドにとって必要になる効果を
       及ぼすことがある。繰延融資およびリボルビング・クレジット・ファシリティは、信用リスク、金利リ
       スク、流動性リスク、および貸し手としてのリスクを被る。
       発行時取引、繰延受渡および先渡約定取引

        ファンドは、発行時に買付に適格な証券を取得し、繰延受渡に対し価格証券を売買し、通常の決済時
       期以後の将来のある期日に確定価格に対しかかる証券を購入する契約(先渡約定)を締結することがあ
       る。発行時取引、繰延受渡購入および先渡約定は、決済日前に当該証券の価格が下落した場合には損失
       リスクを伴う。かかるリスクは、ファンドの他の資産の価格が下落するリスクに付加するものである。
       したがって、これら取引は、一定のレバレッジをもたらし、ファンド全体の投資エクスポージャーを増
       大させることになる。概して、当該証券の受渡時期前にファンドが買付を約束した証券にはインカム収
       益は発生しない。         ファンドが発行時取引、繰延受渡および先渡約定取引により証券を売却する場合、当
       該証券の将来発生する収益もしくは損失を受けることはない。取引の相手方が証券に対する支払いを怠
       る場合、ファンドは損失を被る可能性がある。
                                 36/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       空売り
        ファンドは、その全体的なポートフォリオ運用戦略の一環として、潜在する証券価格の下落を相殺す
       るため、ファンドの柔軟性を強めるため、投資リターンのため、またはリスク裁定戦略の一環として、
       証券の空売りを行うことがある。空売りは、ファンドの純資産額の                                  100  %を超えないものとする。空売り
       は、売却を実施するためにブローカーまたはその他の機関から借り入れた証券の売却を伴う。空売り
       は、空売りされた証券が値上がりした時に借入証券を入れ替えるために(ショート・ポジションの「カ
       バリング」とも呼ばれる。)証券を取得、転換または交換することが要求されるリスクにファンドをさ
       らし、その結果、ファンドに損失をもたらす。
       流動性の低い投資対象

        ファンドは、その純資産額の               15 %を上限として、流動性の低い投資対象に投資することができる。一
       部の流動性の低い投資対象は、投資顧問会社の監督下で誠実に決定された適正価格での価格設定を必要
       とすることがある。ポートフォリオ・マネジャーは、流動性の低い投資対象の処分の際には相当の遅滞
       を被ることがあり、また流動性の低い投資対象の取引は、流動性の高い投資対象の取引に関わるものを
       上回る登録費用やその他の取引コストを内包することがある。
        本項における「流動性の低い投資対象」とは、当該投資対象の時価を大幅に変更した上で売却または
       処分しない限り7暦日またはそれより短い期間内に現行の市況下で売却または処分できないとファンド
       が合理的に予想する投資対象のことである。流動性の低い投資対象は、満期までが7日以上であるレポ
       契約、一定のローン・パーティシペーションの権益および期限前の払戻しができないもしくは解約違約
       金が条件の(翌日物預金以外の)定期預金を含むと考えられるが、これらに限定されない。制限付証
       券、すなわち、再販売に関し法律上または契約上の制限を受ける証券は流動性が低くなることがある。
       ただし、一部の制限付証券(               1933  年米国証券法(改訂済)によるルール                    144A  に基づき発行された証券お
       よび一部のコマーシャル・ペーパー等)は、確立した流通市場で取引される登録証券よりも相対的に流
       動性が低いことがあるものの、流動性の高いものとして取り扱われる。
       組入証券の貸付

        利益の達成を目的として、ファンドは、当該貸付が全額担保されていることを含む一定の条件が充足
       される場合、ブローカー、ディーラーその他金融機関に対しその組入証券を貸し付けることができる。
       ファンドが組入証券を貸し付ける場合、その投資実績には貸付証券の価格変動が引き続き反映され、ま
       たファンドは、当該担保物件に対する手数料または利息も受領する。証券貸付は、借主が貸付証券を返
       還しない場合、または支払不能になる場合、当該担保物件の喪失リスクまたは当該担保物件の回収の遅
       延リスクを伴う。ファンドは、貸付をアレンジした当事者に貸付手数料を支払うことがあり、その当事
       者がファンドの関連会社であることがある。
                                 37/352







                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ポートフォリオの回転率

        ファンドが特定証券を保有する期間は、原則として投資決定上の考察事項ではない。ファンドが保有
       する証券の入替えは、「ポートフォリオの回転率」といわれる。ファンドは、特に乱高下する市場動向
       の期間中、その投資目的を達成するために頻繁で活発な組入証券の取引を行うことになる。ポートフォ
       リオの回転率の高さ(例えば、                100  %以上)は、証券の売却およびその他の証券への再投資に対する売買
       委託手数料または販売手数料等の取引コストを含む、ファンドにとって結果的により多額の費用を伴う
       ことになる。ポートフォリオの回転率に伴うコストは、ファンドのパフォーマンスに悪影響を及ぼすこ
       とがある。
       一時的な防御戦略

        一時的または防御目的で、ファンドは、                     ピムコの決定に応じて市場、経済、政治およびその他の状況
       の悪化に対応するために             、課税対象証券や短期金融市場証券を含む米国の債務証券および現金等価物に
       無制限に投資することができる。現金等価物の投資は、満期まで1年以下の投資適格債券投資と定義さ
       れる。ファンドがかかる戦略を採用する場合、ファンドは、その投資目的を達成できないことがある。
        市場や金利の状況により、ポートフォリオ・マネジャーの裁量において、ファンドの純資産の一部が
       投資されないことがある。そのような場合、ファンドの資産は保管口座に現金で保管される。現金資産
       は一般に、収益を発生せず、ファンドのパフォーマンスに影響する可能性がある。
       投資制限の比率

        別途記載される場合を除いて、本書に掲載されるファンドの投資対象に関するすべての制限比率は投
       資時に適用される。ファンドは、投資の結果または投資の直後に超過分または欠損が発生または存在す
       る場合を除いて、かかる制限に違反することはない。
       信用格付および非格付証券

        格付機関は、転換証券を含む確定利付証券の信用性の格付を提供する民間サービス会社である。格付
       機関による格付は絶対的な信用性の基準ではなく、市場リスクを評価していない。格付機関は、信用格
       付の適時の変更を行わないことがあり、発行体の現在の財務状況が格付よりも良かったり悪かったりす
       る。一部の格付は、格付機関内の相対的基準を示す上でプラスまたはマイナスの記号を付記することに
       よって修正されることがある。ファンドは、当該証券がファンドの最低格付カテゴリー内またはそれ以
       上に格付けされる場合、格付の修正に関わらず証券を取得することができる。例えば、ファンドは、B
       格の証券をファンドが購入できる場合に                     B- 格の証券を購入することがあり、また同様に、ファンドは、
       最低平均格付限度をA格として、平均                    A- 格のポートフォリオのクオリティを維持することがある。投資
       顧問会社は、信用格付のみに依拠することはなく、発行体の信用力について独自の分析を行う。ファン
       ドが保有する証券が、「(1)投資方針」の項に定められる最低格付以下に引き下げられる場合、投資
       顧問会社は、当該証券を処分することを要求されない。さらにファンドは、証券の格付を決定する際、
       各格付機関の一番高い格付を採用する。
        ファンドは、当該証券がファンドの購入できる格付証券に相当するクオリティのものであると投資顧
       問会社が判断する場合、(格付機関により格付が付されていない)非格付証券を取得することができ
       る。非格付証券は、比較対象となる格付証券よりも流動性が低く、当該証券の相対的信用格付を投資顧
       問会社が正確に評価できないというリスクを伴うことがある。ハイ・イールド証券の発行体の信用力の
       分析は、高格付の確定利付証券の発行体についてよりも複雑なことがある。ファンドがハイ・イールド
       証券および/または非格付証券に投資する限り、ファンドによる投資目的の達成の成否は、ファンドが
       格付証券のみに投資する場合よりも大きく投資顧問会社の信用力分析に依拠することになる。
                                 38/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       デュレーション
        (負もしくは正の数値となりうる)デュレーションは、                             特に、証券の利回り、クーポン、最終満期お
       よび期限前償還条項に基づき数値化された、                       金利の変動に対する証券価格の感応度を決定するために使
       用される指標である。証券のデュレーションが長いほど、金利変動への感応度が高いことになる。同様
       に、ファンドのポートフォリオ平均のデュレーションが長い場合は、ポートフォリオ平均のデュレー
       ションが短いファンドに比べて金利の変動に対する感応度が高くなる。例として、デュレーションが5
       年の債券ファンドの価格は、インフレ率が1%上昇した場合に約5%下落すると予想される。逆に、
       デュレーションが-1年の債券ファンドは、インフレ率が1%上昇した場合には約1%上昇すると予想
       される。
       その他の投資対象および手法

        ファンドは、その他の種類の証券に投資し、本書には記載されていない様々な投資手法や戦略を利用
       することができる。かかる証券および投資手法は、ファンドを追加的なリスクに服させることになる。
                                 39/352















                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (3)【運用体制】

       運用プロセス

        PIMCO   の投資プロセスにはトップダウンとボトムアップ両方の意思決定過程が含まれている。かかるプ









       ロセスにおける最初の最も重要なステップは、長期的な方向づけである。経済趨勢や政治の影響を分析
       することは、健全なポートフォリオの決定の基本的条件であると                                 PIMCO   は考えている。確固たる長期的見
       解を維持することは、往々にして金融市場を特徴付ける周期的な好況と不況の反復に左右されることに
       対する防御として有益である。                PIMCO   は、短期的な市場動向に適合させる能力よりも、ファンダメンタル
       経済や信用の分析を通して長期的価値を見極めることを遙かに得意としている。
        PIMCO   は、趨勢分析を重要と考えていることから、「長期経済予測会議」に毎年1週間を費やしてい
       る。投資プロフェッショナルから選り抜かれたメンバーは、金融財政政策、インフレーション、人口統
       計、情報技術の経済と生産性動向への影響を含む特定分野を担当し、年間を通じ監視する責務を負って
       いる。「長期経済予測会議」において、社内プレゼンターは、                                PIMCO   の投資プロフェッショナル全員のた
       めにかかる問題に対処する。そのほか、外部からのアナリストや学者を招聘し、見通しに密接な関係が
       ある金融問題や経済問題に関するその専門知識を                          PIMCO   と交換する。かかる社内と社外からのプレゼン
       テーションは、当グループによるさらなる議論や討論の背景として役立っている。「長期経済予測会
       議」の目的は、経済や債券市場についての3年ないし5年の見通しを得ることである。
        PIMCO   のプロセス上の次のステップは、循環的動向または景気循環動向の分析である。                                          PIMCO   の投資プ
       ロフェッショナルは、いわゆる「短期経済予測会議」で四半期毎に会合し、景気循環の視野から成長率
       とインフレ率を評価する。これらの会合では、社内リサーチや最近の経済データを評価し、                                               GDP  成長率や
       インフレ率が市場の一般的な見込みを上回るか、下回るかを判断する。その結論は、短期的(2ないし
       4四半期間)の経済動向の予想を調整し、更新する一助となっている。
        PIMCO   の長期経済予測会議と短期経済予測会議の次に、シニア・ポートフォリオ・マネジャーから成る
       インベストメント・コミッティーの常任メンバーと、その他のポートフォリオ・マネジャーから選出さ
                                 40/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       れた非常任メンバーで構成されるインベストメント・コミッティーが、全ポートフォリオのモデルとな
       る主要戦略の開発のために一致団結して作業する。インベストメント・コミッティーは、各フォーラム
       に よって提供されたトップダウンの見通しのほか、様々な債券セクターを重視する専門家からのボトム
       アップの入力情報も利用する。インベストメント・コミッティーが達成目標を定める組入証券の特性項
       目には、デュレーション、イールドカーブ・エクスポージャー、共分散、セクター別集中度および信用
       性が含まれる。
        次に、   PIMCO   のポートフォリオ運用グループが個別ポートフォリオの構築を行う。このグループの体制








       は、車のハブとスポークとの関係に類似し、ハブを構成するシニア・ジェネラリスト・ポートフォリ
       オ・マネジャーとスポークとしてのセクター別スペシャリストグループを備えている。                                            PIMCO   は、各アカ
       ウントに対しジェネラリスト・ポートフォリオ・マネジャーを配置する。すべてのポートフォリオがイ
       ンベストメント・コミッティーによって定められたモデル・ポートフォリオを反映するように構成され
       ていることを監視するのはジェネラリストの責任である。ジェネラリストは、タイミングや銘柄選択の
       面で一定の裁量範囲を与えられるが、モデルの達成目標周辺の範囲内にポートフォリオの特質を維持す
       ることを求められる。ジェネラリストは、国債、モーゲージ証券、社債、米ドル建以外の債券、新興市
       場債、転換証券、インフレ連動債の市場を含む世界中の債券群の各分野を網羅するセクター別スペシャ
       リスト・チームから情報を入手し、戦略的構想を得る。これらセクター別チームは、各々のセクターで
       10 年以上の経験を持つ熟練のポートフォリオ・マネジャーが率いている。ジェネラリストは、各々の担
       当ポートフォリオの一切の売買について最終的責任を負うが、セクター別スペシャリストのポートフォ
       リオ・マネジャーに取引執行の支援を指図することができる。
        ボトムアップによる証券の選定は、ポートフォリオの構築上重要な側面である。セクター別スペシャ
       リストは、各々のセクター内で相対的価値を確定することを任され、証券選定上の中心的役割を果た
       す。セクター別スペシャリストのための重要なリソースは、                               PIMCO   の高度に熟練のアナリストであって、
       これらアナリストは、独自の証券分析を行う。                        PIMCO   は、各証券のリスクや相対的価値を数量化する上で
       役立つ幅広い自社所有の分析用ソフトウェアのライブラリーも活用する。
       内部運用規定

                                 41/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        PIMCO   の運用口座は、クライアント・ガイドライン、適用される規制上の要件および                                        PIMCO   内部規則を
       遵守するためにモニターされている。さらに、                        PIMCO   は、最良執行、ソフト・ダラー取引および取引配分
       に 関する方針など、その投資運用活動に適用される方針を採用している。
        PIMCO   は、クライアント勘定のためのポートフォリオ証券、オプションおよび先物の売買の注文すべて
       を、多くのブローカー/ディーラーを通じて行っている。その際に                                  PIMCO   は、すべてのクライアント勘定
       のために可能な限り最適な価格を入手し取引を履行するため最善を尽くしている。                                          PIMCO   は、最適な価格
       を入手し取引を履行するため、および、ブローカー/ディーラーの報酬の合理性を決定するために、ク
       ライアントの最大の利益を念頭に、関連があると思われるすべての要因を検討する。それらの要因の例
       としては、希望する時間内での執行の見込み、市況、希望する数量で執行するブローカー/ディーラー
       の能力および意欲、反応度、機密を保持して行為するブローカー/ディーラーの能力、市場の影響を極
       小化しつつ行為するブローカー/ディーラーの能力、取引により生じるリスクにおけるブローカー/
       ディーラーの信用度、ブローカー/ディーラーと                          PIMCO   が協調してオペレーションを行う水準および経
       験、特定の証券のマーケット・メイクを行う意欲および能力、道徳的で信頼に値する行為への評価、イ
       ンフラストラクチャー、特定の取引に対して資金を拠出するブローカー/ディーラーの意欲、ブロー
       カー/ディーラーの市場知識、珍しいおよび/もしくは複雑な証券の困難な取引を執行するブロー
       カー/ディーラーの能力、帳簿管理の適確性および信頼度、ブローカー/ディーラーが紛争解決におい
       て PIMCO   を公平に取り扱うかどうか、ブローカー/ディーラーが募集の引受けおよび流通市場にアクセス
       できるかどうか、ブローカー/ディーラーにより提供されるリサーチおよび取次業務の利用可能性等が
       含まれる。
        PIMCO   は、ブローカー/ディーラーとソフト・ダラー取引を行わず、                                PIMCO   はソフト・ダラー取引のた
       めに特定のブローカー/ディーラーとクライアントの取引を行わないが、                                      PIMCO   は、最善の取引を目指す
       という   PIMCO   としての責任に従い、金利またはその他の商品もしくはサービスを主題とするリサーチを提
       供するブローカー/ディーラーを利用することや、その他のブローカー/ディーラーにより請求される
       手数料より高い手数料をかかる有益な情報の取得のために支払うことが適切であると判断する場合があ
       る。  PIMCO   は、とりわけ、ブローカー/ディーラーまたは第三者により作成または開発された可能性があ
       るリサーチ報告書、経済および市場データならびに信用分析およびアナリストの収益予想を入手するこ
       とがある。ソフト・ダラーまたはそれに相当する仕組みが、クライアントのために行われる取引のため
       に実施される限度で、入手するリサーチまたはその他の商品もしくはサービスが、必ずしも当該リサー
       チ、商品またはサービスを得るために使われる取次手数料を支払うクライアントによりまたはかかるク
       ライアントの利益のために利用されるとは限らない。
        PIMCO   は、証券の「一括取引」、つまり特定の証券の複数の売買注文に関し、当該注文が複数のクライ
       アントの勘定に配分される場合、かかる配分をモニターしている。                                  PIMCO   は、クライアント勘定の間で公
       正かつ公平な扱いを時間をかけて行うことを、取引配分の手続上での最優先の目的とする。                                               PIMCO   は、取
       引配分がタイムリーに行われ、特定のクライアントが不当な優遇を受けず、個別的に見た場合にはある
       取引が特定の勘定を優遇する結果となったとしても、長期的にはクライアントの勘定が公平に扱われる
       ような手続きを策定している。
       サービス提供者に対する監督

        信託証書および適用のバーミューダ法の規定に基づき、受託会社と管理会社がファンドの運用・管理
       に関する最終的責任を負う。一定の制限を条件に、受託会社および管理会社は、それぞれの運用・管理
       の責務を他者に委託する権限を有しており、トラストに代わって一定の責務を果たすよう管理事務代行
       会社と保管受託銀行に対し一部の業務を委託している。管理事務代行会社および保管受託銀行の業務履
       行に対しては、モニタリングが行われている。管理事務代行会社および保管受託銀行は、月次で業務報
       告を提出するほか、トラストに関する業務を議題とした協議を毎月行う。
                                 42/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     投資顧問会社の概要

     (4)【分配方針】












        管理会社は、当面、ファンドについて分配を宣言することまたは行うことを意図していないが、将来
       においてはいつでも受益者に通知することなくその裁量で分配を宣言し、支払うことができる。分配
       は、管理会社が授権する場合、毎年宣言され、支払われる。分配は、原則として、ファンドの純投資収
       益から行われる。また、管理会社は、純実現キャピタル・ゲインの支払いを分配に充当する権限を有し
       ている。管理会社が適切と判断する場合、追加的な分配を宣言することができる。ファンドに関する分
       配金の支払いにより、その額に相当する割合で、ファンドの受益証券1口当たりの純資産価格が下がる
       ことになる。
        分配は、収益または元本(または両方)から支払われ得るため、分配が投資者の当初元本またはキャ
       ピタル・ゲインを返還することになる可能性もあり、これにより、分配が支払い可能な収益を超える場
       合、元本を減少させることになる可能性もある。したがって、元本の確保を重視する投資者は、ファン
       ドの投資価額は、投資対象の価格の下落のみならず、分配による投資者への元本の返還によっても減少
       する可能性があることを検討すべきである。
        受益者の選択により、分配金は追加の受益証券への再投資に充てられるか、もしくは現金にて受益者
       に対し支払われる。ただし、分配が行われる場合、日本では現金による支払いとなる。
                                 43/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ファンドの分配金として合理的な水準を維持するために必要と考えられる場合、追加的な分配を行う
       ことができる。本書により要求されるファンドの分配金を支払うために十分な純収益および純実現キャ
       ピタル・ゲインが存しない場合、管理会社は、ファンドの元本部分から分配金を支払うことができる。
        支払期日から6年以内に請求されなかった分配金について、その受領権は消滅し、ファンドに帰属す
       る。
       ※上記は、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではない。
       ※分配が行われる場合、受益証券の購入価格によっては、分配金の一部または全部が、実質的に元本の
        一部払戻しに相当する場合がある。受益証券の購入後のファンドの運用状況により、分配金額より受
        益証券1口当たり純資産価格の値上がりが小さかった場合も同様である。
     (5)【投資制限】

        ファンドは、ファンドの資産の投資に関して、以下の投資制限および投資方針に従う。ファンドは、
       日本の法令上、金融商品取引法(昭和                    23 年法律第     25 号改正済)第2条第1項に定める「有価証券」およ
       び/またはかかる有価証券に関するデリバティブ商品にその資産総額の                                      50 %超を投資する。ファンド
       は、国債(投資制限なし)を除いて、その資産の                         10 %を上限としていずれかの一銘柄または一発行体に
       投資することができる。
       日本証券業協会の規則に基づく制限

       (ⅰ)空売りの制限 空売りされる有価証券の時価総額は、ファンドの純資産価額の総額を超えてはな
          らない。
       (ⅱ)借入れの制限 借入残高の総額がファンドの純資産の                               10 %を超えることとなる借入れは行っては
          ならない。ただし、この             10 %を一時的に超えることを許可されている特別または緊急の場合(合
          併の場合等)を除く。本(ⅱ)において、借入れとは銀行借入をいい、したがって、逆レポ取引
          およびダラー・ロールを含むがそれらに限定されない取引は、上記の                                   10 %の制限を受けない。
       (ⅲ)同一法人の株式の取得制限 いずれか一社(投資法人を含むが、日本の公募投資信託であるファ
          ンド・オブ・ファンズの場合に限る。)の議決権付の発行済み株式総数の                                      50 %を超える株式を取
          得することはできない。ただし、契約型投資信託の場合、同一の管理会社により運用されている
          すべての投資信託の保有分を合算して、                     50 %を超える株式の取得をすることはできない。この割
          合による制限は、投資時に適用されることになる。
       (ⅳ)流動性の低い有価証券への投資制限 ファンドの純資産の                                 15 %を超えて、私募株式、非上場株式
          または流動性の低い証券化関連商品に投資することはできない。ファンドが私募株式、非上場株
          式もしくはその他の流動性の低い銘柄への投資を行う場合、それらの証券が、公正価格にて算定
          される方法が取られるものとする。
       (ⅴ)株式への投資の禁止。ファンドは、いかなる種類の株式または出資にも投資してはならない。
          ファンドは、株式もしくは出資に対する投資を行う契約型投資信託、または会社型投資信託に投
          資してはならない。
       (ⅵ)利害関係当事者との取引の制限 管理会社が管理会社または受益者以外の第三者の利益を図る目
          的で行う取引等、ファンドの受益者の保護に欠け、またはファンドの資産の運用の適正を害する
          取引は、禁止されている。
       (ⅶ)デリバティブ取引規制 管理会社および投資顧問会社は、あらかじめ管理会社が定めた合理的な
          方法により算出した額がファンドの純資産を超えることとなる場合には、デリバティブ取引また
          はそれに類似した取引を行うことができない。管理会社および投資顧問会社は、                                         UCITS   に適用され
          る EU の規制に定められたリスク管理手法に基づきデリバティブ取引によるリスクを管理する。
       (ⅷ)信用リスクの管理 管理会社および投資顧問会社は、管理会社の可能な限り、アイルランドの
          2011  年欧州共同体(        UCITS   )規則およびアイルランド中央銀行が発行した                        UCITS   通達に記載される
                                 44/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          リスク管理方法に従ってファンドの信用リスクを管理するものとする。ファンドは、その純資産
          の 35 %を超えて、以下のリスト(元々はアイルランド中央銀行が                               2019  年6月付     UCITS   申請フォーム
          に 記載したリストから選び出されたものである。)から選定される発行体に投資する予定であ
          る。経済協力開発機構(以下「                OECD  」という。)加盟国政府(ただし、関連する銘柄が投資適格
          であることを条件とする。)、シンガポール政府、欧州投資銀行、欧州復興開発銀行、国際金融
          公社、国際通貨基金、欧州原子力共同体、アジア開発銀行、欧州中央銀行、欧州評議会、欧州鉄
          道金融公社、アフリカ開発銀行、国際復興開発銀行(世界銀行)、米州開発銀行、欧州連合、連
          邦抵当金庫(ファニー・メイ)、連邦住宅貸付抵当公社(フレディ・マック)、連邦政府抵当金
          庫(ジニー・メイ)、連邦奨学金融資金庫(サリー・メイ)、連邦住宅貸付銀行、連邦農業信用
          銀行、テネシー川流域開発公社、ストレートAファンディング・エルエルシー、中華人民共和国
          政府、ブラジル政府(銘柄が投資適格である場合に限る。)、インド政府(銘柄が投資適格であ
          る場合に限る。)。ファンドは少なくとも                      6 種類の異なる銘柄の証券を保有しなければならず、か
          ついずれか一銘柄の証券が純資産の                  30%  を超えてはならない。管理会社および投資顧問会社は、こ
          れらの個々の発行体の証券への投資に伴う信用リスクを十分に管理するものとする。
        受益証券の買戻しまたはファンドの終了の場合、ファンドの受益証券は現金で受益者に対し買戻され
       る。ファンドの現物による買戻しは行われない。
        ファンドの受益証券が日本において販売される際に上記制限が日本証券業協会の基準上要求されなく
       なった場合、かかる基準(適用ある場合)は、適用されなくなる。
                                 45/352













                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】

     ① リスク要因
        ファンドの投資対象の種類は、時の経過とともに変更されることがあり、ファンドは、追加的なリス
       クや下記のリスク要因以外のリスクにさらされる可能性がある。現在特定されていないリスクがファン
       ドに重大な影響を及ぼすことも考えられる。投資者は、投資を行う前に下記のリスク要因を慎重に検討
       すべきである。
       裁定取引のリスク

        ファンドが2つの証券の価格差を利用するためにアービトラージ戦略によって証券もしくはデリバ
       ティブの買ポジションを取る場合、一定のリスクに晒される。アービトラージ戦略では、ファンドはあ
       る証券を購入し、組み合わせで別の証券を空売りするためにデリバティブを利用する。この戦略に基づ
       き取られるデリバティブのショート・ポジションは、意図したパフォーマンスを挙げずに、ファンドに
       損失をもたらす可能性がある。さらに、アービトラージ戦略により購入される証券の発行体は、多くの
       場合、再編、買収、合併、企業取得、株式公開買付、株式交換または清算といった重大な企業活動に携
       わっている。そうした企業活動は、当初計画したようには完了しない、または全く達成できない可能性
       がある。
       コール・リスク

        コール・リスクとは、ある発行体が予定より早い時期に確定利付債券を買い戻す(「コール」する)
       権利を行使する可能性を指す。発行体は、多くの理由(金利の低下、信用スプレッドの推移および発行
       体の信用力の回復等)により、償還日より前に発行済の証券をコールすることができる。ファンドが投
       資した証券を発行体がコールする場合、ファンドは、最初に投資した全額を回収できないことがある
       か、または投資から予想される収益の全額を実現できないことがあり、利回りが低い証券、信用リスク
       が高い証券またはその他の不利な特徴のある証券への再投資を迫られることがある。
       利益相反リスク

        ポートフォリオ・マネージャーによるファンドの運用とその他の勘定の運用との間において、潜在的
       および実際の利益相反が随時発生することがある。投資機会がファンドおよびポートフォリオ・マネー
       ジャーが運用するその他の勘定の双方にとって適している可能性がある場合でも、ファンドおよびその
       他の勘定の双方が完全に参加するために十分な数量を利用できるとは限らない。同様に、あるファンド
       および別の勘定が保有する投資対象を売却する機会が限定されることがある。投資顧問会社は投資機会
       を長期にわたり公正かつ公平に配分するために合理的に設計された方針および手続きを採用する。個別
       の勘定の投資ガイドラインおよびポートフォリオ・マネージャーの投資見通しに基づいて様々な投資戦
       略にわたって投資機会が配分される。投資顧問会社は、ファンドおよび一定のプールされる投資ビーク
       ルの並列的な運用に起因する潜在的な利益相反(投資機会の配分の問題を含む。)に対処するために設
       計される、全般的な取引の配分方針を補完するための追加的な手続きを採用する。潜在的および実際の
       利益相反は、投資顧問会社の別の事業活動および投資顧問会社が発行体に関する重大な非公開情報を所
       有する結果として生じることもある。さらに、ファンドに投資する勘定の投資顧問として投資顧問会社
       が業務を提供する結果として、潜在的および実際の利益相反が生じることもある。特に、投資顧問会社
       は一定の場合に、ファンドのための投資対象の購入(または売却)と、自身が現在もしくは将来的に投
       資運用者として業務を提供する相手であるアカウント、投資信託、顧客もしくは仕組み商品または自身
       の投資信託、顧客もしくは関係会社のために同一の投資対象の売却(もしくは購入)を同時に行うこ
       と、ならびにそのような状況下でクロストレード(派生取引のノベーション等の同種の取引を含む。)
       を締結すること(流動性が低いか、もしくは評価が難しい可能性がある証券もしくはその他の資産に関
                                 46/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       する場合を含む。)を予定している。本書の「第三部 特別情報 管理会社の概況 4 利害関係人と
       の取引制限」の「クロストレードに関する利益相反」を参照のこと。加えて、規制上の制限、実際のも
       し くは潜在的な利益相反またはその他の懸案事項により、投資顧問会社が一定の投資対象を制限した
       り、それらへの参加を禁止することもある。
       転換証券のリスク

        転換証券は、所定の価格もしくは割合で発行体の普通株式(または現金もしくは同価値の証券)に転
       換または交換できる債券、優先株式もしくはその他の証券である。転換証券の市場価格は、金利の上昇
       時には下落し、金利の低下時には上昇する。ただし、転換証券の市場価格は、発行体の株価が転換証券
       の「転換価格」に近づくかそれ以上となる場合、当該発行体の普通株式の市場価格を反映することが多
       い。転換価格とは、転換証券が株式に交換される場合の事前に決められた価格をいう。転換先の普通株
       式の市場価格が下落すると、転換証券の価格はその利回りからの影響を受けやすくなる。したがって、
       転換証券の価格は、転換先の普通株式と同程度には下落しない。発行体が清算される場合、転換証券の
       保有者は、その発行体の普通株式の株主よりは債権の優先順位が高いが、優先債務よりは優先順位が低
       い。したがって、転換証券は一般に、普通株式よりはリスクは低く債務よりはリスクが高い。
       信用リスク

        債券(貸付証券の担保のために購入された証券を含む。)の発行体もしくは保証人またはデリバティ
       ブ契約、レポ契約、組入証券貸付けの相手方当事者または担保の発行体もしくは保証者が、適時に元本
       および/または利息の支払、またその他義務を履行できないもしくは履行しようとしない場合、または
       (市場参加者、格付機関、値付業者などにより)履行できないまたは履行しようとしないとみなされる
       場合、ファンドは、損害を被る可能性がある。金利上昇時の市場環境においては、当該発行体、保証人
       または相手方当事者が履行しようとしないか、または履行できないリスクが高まることがある。ファン
       ドが保有する証券または証券の発行体の格下げは、その価格を下落させる可能性がある。証券は、信用
       リスクの程度(多くの場合信用格付けに反映される。)の変更による影響を受ける。平均信用度等の指
       標は、ファンドの正確な信用リスクを的確に反映していないことがある。これは、特に、ファンドの
       ポートフォリオを構成する証券に付与されている信用格付けが非常に幅広い場合に当てはまる。よっ
       て、ファンドは、一定の信用度があることを示す平均信用格付けが付与されていても、実際には、かか
       る平均が示すよりも大きな信用リスクにさらされる場合がある。このリスクは、ファンドがその運用に
       関連してレバレッジまたはデリバティブを利用する場合はより大きくなる。地方債は、訴訟、法律制定
       その他の政治的事情、地域経済状況または発行体の倒産のために発行体の元本および/または利息の支
       払能力に重大な影響を及ぼす可能性があるというリスクにさらされる。金利の上昇または高金利によ
       り、発行体または相手方当事者が債務のローリングまたは借換えを行うことができない場合においては
       特に、発行体または相手方当事者の信用力が悪化することがある。
       為替リスク

        ファンドが米国以外の通貨、米国以外の通貨にて取引されるか収入を受け取る証券、または米国以外
       の通貨へのエクスポージャーがあるデリバティブまたは他の商品に直接投資を行う場合、当該通貨が米
       ドルに対して下落するリスクにさらされる。また、ヘッジを行っている場合には、米ドルがヘッジされ
       る通貨に対して下落するリスクがある。
        米国以外の国の為替レートは、金利変動、インフレ率、国際収支および政府の財政黒字もしくは財政
       赤字、米国もしくは同国以外の政府、中央銀行もしくは国際通貨基金等の国際機関による介入(もしく
       は介入の失敗)または米国もしくは同国以外の通貨統制その他の政治的展開を含む多数の理由により、
       短期間でも相当変動する。その結果、ファンドが(米国以外の)外貨および外貨建て証券に投資する場
       合、ファンドのリターン(米ドル建)が減少することがある。
                                 47/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ファンドは、為替レートの変動により損失を被るリスクを減少するために、通貨ヘッジを行うこ                                                  とが
       できる。その場合、ファンドの通貨もしくは貨幣単位の他の通貨に対する変動に関してヘッジを行う予
       定 である。ファンドが常時ヘッジされる、または投資顧問会社がヘッジに成功するとの保証はない。
       ヘッジ戦略の利用は、ファンドの通貨が基準通貨および/またはファンドの資産の一部またはすべてに
       使用される通貨に対して下落した場合、受益者の利益を大幅に制限する可能性がある。
        ファンドが、新興国と経済的に結びついている米国以外の通貨に投資を行い、または当該通貨の取引
       を行う場合、為替リスクは特に高くなる。そうした通貨取引は、米国以外の先進国の通貨への投資や米
       国以外の先進国と経済的に結びついている通貨の取引を行う場合とは異なる市場リスク、信用リスク、
       為替リスク、流動性リスク、法的リスク、政治的リスクおよびそれ以外のリスクや、より重大なリスク
       を伴うことがある。
        ファンドは、為替レートの変動により損失を被るリスクを軽減するため、通常、米ドルに対して少な
       くとも   75 %がヘッジされるようにする。
       サイバーセキュリティのリスク

        業務におけるテクノロジー(クラウド・ベースのテクノロジーを含む。)の利用がより一般的になっ
       てきたことに伴い、ファンドがサイバーセキュリティの侵害を通じてオペレーショナル・リスクの影響
       を受けやすくなってきている。サイバーセキュリティの侵害は、外部からの妨害行為または意図的なリ
       ソースによる意図的または意図的ではない出来事の双方を指し、いずれの場合も、ファンドが機密情報
       の喪失、データの損失または業務運営能力の喪失を招くことがある。これが転じて、ファンドが規制上
       の罰則を課されたり、評判が損なわれたり、是正措置に伴う追加の法令遵守費用および/または金銭的
       な損失を負担することがある。サイバーセキュリティの侵害が、ファンドのデジタル情報システムへの
       (「ハッキング」または悪質なソフトウエアのプログラミング等を通じた)不正アクセスを伴う場合が
       あり、複数のソース(サービス拒否(                   DoS  )攻撃(対象ユーザーによるネットワーク・サービスの利用を
       不能とするための行為等)もしくはサイバーエクストーション(ランサムのために保有されるデータの
       抽出および/またはランサムが支払われるまでシステムを使えなくする「ランサムウエア」攻撃を含
       む。)等の外部からの攻撃またはインサイダー・アクション(例えば、                                    PIMCO   の人材による意図的もしく
       は意図的ではない有害な行為)を含む。)に起因する場合もある。さらに、ファンドは、ファンドの第
       三者としての業務提供者(管理事務代行会社、名義書換事務代行会社および保管会社、ベンダー、業者
       等)またはファンドが投資する発行体のサイバーセキュリティの侵害により、直接的なサイバーセキュ
       リティの侵害または企業データの詐取に伴うリスクと類似のリスクの多くを負担する場合もある。                                                  PIMCO
       がクラウド・ベースのサービス提供者を利用することにより、これらのリスクが高まるか、または変化
       する場合がある。投資顧問会社は、一般的なオペレーショナル・リスクの場合と同様に、サイバーセ
       キュリティに伴うリスクの低減のために設計されたリスク管理システムを確立している。ただし、特
       に、ファンドは発行体または第三者としての業務提供者のサイバーセキュリティ・システムの直接的な
       管理を行っていないことから、かかる措置が成功するとの保証はない。このような企業はサイバー攻撃
       および不正アクセスを適宜獲得するためのその他の試みを経験済で、不正アクセスを獲得するためのこ
       のような攻撃またはその他の試みが及ぼす影響を防ぐかまたは低減するための努力が実を結ぶとの保証
       はない。サイバーセキュリティの侵害が見過ごされるかもしれないリスクも存在する。ファンドおよび
       その受益者は、ファンド、その業務提供者、取引の相手方当事者またはファンドが投資する発行体に関
       連するサイバーセキュリティの侵害の結果として損失を被る可能性がある。
       デリバティブ・リスク

        デリバティブおよび他の同種の商品(総称して「デリバティブ」という。)は、その価値が原資産の
       価値、参照レートまたはインデックスに依拠、由来する金融商品である。ファンドが活用することので
       きる多様なデリバティブ商品については、上記「2 投資方針 (2)投資対象」を参照のこと。ファ
                                 48/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ンドは、典型的には、原資産のポジションの代用として、および/もしくは、例えば発行体、イールド
       カーブのポジション、インデックス、セクター、通貨および/もしくは地域のエクスポージャーを得る
       た めに、ならびに/または、金利リスク、信用リスク、為替リスク等他のリスクに対するエクスポー
       ジャーを軽減する戦略の一環としてデリバティブを活用する。ファンドは、レバレッジの形式でデリバ
       ティブを活用することがあるが、この場合、レバレッジ・リスクを伴うことがある。一部のケースで
       は、ファンドが無制限の損失を被る場合がある。デリバティブの利用により、ファンドの投資リターン
       が、ファンドが保有していない有価証券の運用実績に影響され、その結果、ファンドの投資エクスポー
       ジャーの合計が組入銘柄の価値を上回る可能性がある。
        ファンドがデリバティブ商品を使用する場合、証券への直接投資および他の伝統的な投資に伴うリス
       クとは異なる、またはその場合より大きなリスクを伴う。デリバティブは、流動性リスク(高度にカス
       タマイズされたデリバティブの場合に増大する可能性がある。)、金利リスク、市場リスク、コール・
       リスク、レバレッジ・リスク、カウンターパーティー・リスク(信用リスクを含む。)、オペレーショ
       ナル・リスク、リーガル・リスクおよびマネジメント・リスクに加えて、証拠金規制の変更から生じる
       リスクおよびミスプライシングまたはバリュエーションの複雑性といった多数のリスクにさらされる。
       デリバティブにはまた、デリバティブ商品の価値の変動が原資産、レートまたはインデックスと完全に
       は連動しないリスクも伴う。デリバティブ商品に投資することにより、ファンドは当初の投資額を超え
       る損失を被る可能性があり、デリバティブにより、市況が通常ではないまたは極端な時を中心に、ファ
       ンドのボラティリティが上昇することがある。ファンドがポジションを清算するための現金を得るため
       に追加の現金の保有または他の投資対象の売却を迫られることがあり、また、デリバティブの評価額の
       推移により、証拠金の受渡しまたはファンドのための支払義務の決済が生じることがある。また、適切
       なデリバティブ取引をいかなる場合にも行えるとは限らないため、ファンドがその他のリスクに対する
       エクスポージャーを軽減するために有効なタイミングでデリバティブ取引を行ったり、利用した場合
       に、当該戦略が成功するとの保証はない。さらに、ファンドがデリバティブ取引を利用することによ
       り、受益者が支払うべき税額が増額され、または繰り上がることがある。                                      OTC  デリバティブは、集中清算
       のデリバティブに付与される保護の多くが適用されず、取引相手方が契約上の義務を履行しないという
       リスクを抱える。取引所においてまたは中央清算機関を通じて取引されるデリバティブの主な信用リス
       クはファンドの清算ブローカーまたは清算機関の信用力による。
        デリバティブ商品のための市場への参加には、かかる戦略を利用しない場合に負担しなかったはずの
       投資リスクおよび取引コストを伴う。デリバティブ戦略の遂行を成功させるために必要とされる技術
       は、その他の種類の取引に必要とされる技術と異なる場合がある。ファンドが有価証券、通貨、金利、
       カウンターパーティまたはデリバティブ取引に伴うその他の経済的要因の評価および/もしくは信用性
       の予測を誤った場合、ファンドがかかるデリバティブ取引を行っていなければファンドの運用成績は上
       昇していたということがあるかもしれない。特定のデリバティブ商品に伴うリスクおよび契約上の債務
       を評価する際には、ファンドおよびそのカウンターパーティの双方が合意する場合に限り修正または終
       了することができるデリバティブ取引もあれば、特定のファンド関連事由またはカウンターパーティ関
       連事由が発生した場合にカウンターパーティまたはファンド(場合による。)が終了することができる
       デリバティブ取引もあり、かかる修正や終了により、ファンドとカウンターパーティとの間で締結され
       たデリバティブ取引の市場価値に応じてファンドに損失または利益が生じる可能性がある点に留意する
       ことが肝要である。また、かかる早期終了により、課税事由が発生し、課税目的による利益または損失
       の認識が早期に行われる場合がある。ファンドは、その終了日または満期日より前にデリバティブ取引
       に伴うファンドの債務またはファンドのリスクに対するエクスポージャーを、修正、清算または相殺で
       きない場合があり、これにより、ファンドがボラティリティの上昇および/または流動性の低下にさら
       される可能性がある。特定の契約の満了または終了時に、ファンドが同様の契約の締結によりデリバ
       ティブ商品によるファンドのポジションの構築を意向している場合であっても、元々の契約のカウン
       ターパーティが新規契約の締結を望まない場合や、他に適切なカウンターパーティを確保できない場合
                                 49/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       は、かかるポジションを構築できないおそれがあり、このような場合、ファンドが一定の望ましい投資
       エクスポージャーを維持することができない、または他の投資ポジションもしくはリスクをヘッジする
       こ とができない可能性があり、その場合、ファンドが損失を被るおそれがある。さらに、かかる特定の
       契約の満了または終了後、ファンドは、追加のデリバティブ取引を行うカウンターパーティがより少な
       くなる場合があり、その場合、一または複数のカウンターパーティに対するカウンターパーティ・リス
       ク・エクスポージャーがより大きくなる可能性があるとともに、一定のデリバティブを締結するコスト
       が増加する可能性もある。そのような場合、ファンドに損失が生じるおそれがある。
        一定のデリバティブ取引のための市場(米国以外の国々に所在する市場を含む。)は、比較的新し
       く、なお発展途上にあるため、リスク管理およびその他の目的上、すべての状況において適切なデリバ
       ティブ取引を執行できない場合がある。そのような市場を利用できない場合、ファンドの流動性リスク
       や投資リスクが上昇する場合がある。
        ファンドが保有するポジションに対するヘッジとしてデリバティブを利用する場合、デリバティブに
       より発生する損失は、基本的に、ヘッジされる投資対象からの利益により事実上相殺され、その逆の場
       合も同様である。ヘッジにより、損失が減少または低下することがあるが、利益が減少または低下する
       こともある。デリバティブと投資先の有価証券との間のマッチングが不完全なことによりヘッジに影響
       が及ぶ場合もあるため、ファンドのヘッジ取引が効果を発揮するとの保証はない。
        デリバティブ市場の規制が過去数年間で強化されているため、デリバティブ市場の将来的な追加規制
       により、デリバティブのコスト負担が増加する、デリバティブの利用可能性が制限される、またはデリ
       バティブの価値もしくはパフォーマンスに別の形で悪影響が及ぶおそれがある。このような不利な進展
       により、ファンドのデリバティブ取引の効果が損われ、ファンドの価値が低下する可能性がある。
        デリバティブ取引が執行される市場の一部が、「店頭取引」または「ディーラー間取引」市場となる
       場合がある。当該市場への参加者は、基本的に、取引所ベースの市場の会員のような信用評価および規
       制監督下にはない。そのため、ファンドは、取引当事者がカウンターパーティの信用力または流動性の
       問題を理由として取引条件に従った取引決済を行わないリスクにさらされる。取引所で取引されるデリ
       バティブの主な信用リスクは、取引所自体または関連する決済ブローカーの信用度である。また、当該
       市場が、取引ベースの市場に存在するような、市場参加者間の対立の迅速な解決に向けて確立された規
       則や手続きを備えていないため、(誠実か不誠実かを問わず)契約条件を巡る対立の結果として決済が
       遅延する可能性もある。これらの要因により、代替取引またはその他の手段が講じられる場合でも不利
       な市場動向によりファンドが損失を被るおそれがある。このような「カウンターパーティ・リスク」
       は、スワップにおいても存在し、イベントの発生が決済を妨げるような償還残存期間が長い取引や、
       ファンドが単一のカウンターパーティまたは小規模なカウンターパーティのグループとの取引に集中す
       る場合に、増大する可能性がある。
       新興市場リスク

        非米国への投資リスクは、新興市場証券にファンドが投資する場合、とりわけ高くなる。新興市場の
       証券は、先進国と経済的に結びついている証券および商品に対する投資に伴うリスクと異なる、または
       場合によってはより大きい、市場、信用、通貨、流動性、ボラティリティ、法的、政治的、テクニカル
       的およびその他のリスクをもたらすことがある。ファンドが特定の地域、国または国の集合体と経済的
       な関係がある新興市場の証券に投資する限度で、ファンドは、当該地域、国または国の集合体に不利な
       影響を及ぼす政治的または経済的な事象に対して敏感に反応することがある。経済的、事業的、政治的
       および社会的な不安定さが、先進国市場の有価証券に対するものとは異なる、時により深刻な影響を新
       興市場の有価証券に与えることもある。新興市場証券の複数の資産クラスへ集中して投資を行う限度
       で、ファンドは、新興市場証券全体に不利な状況下において、損失を低減する能力を制限されることが
       ある。新興市場証券は、先進国と経済的に結びついている証券に比べて、変動が大きく、(地域の祝日
       またはそれ以外の理由による市場閉鎖期間を中心に)流動性が低く、価格評価が難航する場合がある。
                                 50/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       新興市場は基本的に、先進国ほど法的、会計および金融報告のシステムが整備されていないため、投資
       家が利用できる財務情報の範囲およびクオリティが下がることがある。市場国の政府はより発展してい
       る 国々に比べて、安定していないことが多かったり、企業、産業、資産および外国人の持株比率に関し
       て超法規的対応を取る可能性が高くなる傾向がある。さらに、投資家が新興市場の発行体に対して訴訟
       の提起もしくは執行判決の取得を行うこと、または外国の規制当局が当該発行体に対する強制措置を執
       行することがより難しくなることがある。ファンドは、その価値またはリターンが新興市場証券の価値
       またはリターンに連動しているデリバティブまたはその他の証券もしくは商品に投資する場合に、新興
       市場リスクを負担することになる。新興市場の有価証券の取引および決済のための仕組みおよび手続き
       は、未成熟で透明性が低いため、取引の決済に時間がかかることがある。金利の上昇と信用スプレッド
       の拡大とが相俟って、新興国市場の債務の評価額にマイナスの影響が及び、新興市場の発行体の資金調
       達コストが上昇する可能性がある。このようなシナリオにおいては、新興市場の発行体は債務を返済で
       きず、新興市場債務の取引市場の流動性は低下し、投資しているファンドはいずれも損失を被る可能性
       がある。一部の新興市場の経済は、特にある一定の産業またはセクターのリスクを負担しているか、ま
       たはその影響を受けやすいことがあり、そのために当該新興市場の発行体および/または証券が当該産
       業またはセクターの業績から受ける影響が大きくなることがある。
       先物契約リスク

        先物契約は、証券、通貨またはコモディティ等の原資産を、将来の期日に定められた価格で売買する
       契約を伴うデリバティブ商品である。先物契約を含むデリバティブ商品をファンドが利用することに付
       随するリスクは、「デリバティブ・リスク」の項でさらに詳しく説明されている。先物契約を売買した
       結果、先物契約への投資金額を上回る損失が生じるおそれがある。先物契約と原資産の価格の推移に相
       関性があるとの保証はない。また、先物市場と原資産の市場が大きく乖離した結果、各市場間の相関性
       が薄れる場合もある。どの程度相関性がなくなるかは、原資産の先物および先物オプションに対する投
       機的市場の需要の推移(先物取引および先物オプションにおけるテクニカル要因の影響を含む。)なら
       びに金利水準、償還残存期間および発行体の信用力等を要因とする先物契約と原資産の乖離等の状況に
       依拠している。
        先物契約は、取引所で取引されるため、当事者は、大半のケースにおいて、原資産を引き渡すことな
       く、ポジションを取引所で現金により手仕舞いすることができる。ファンドが利用する先物が取引所で
       取引されている場合、先物契約における主な信用リスクは、ファンドの清算ブローカーおよび清算機関
       の信用力である。ファンドによるデリバティブや関連商品の利用についての規定の変更により、ファン
       ドのデリバティブ投資が制限や影響を受け、ファンドが採用するデリバティブ戦略が制限されたり、デ
       リバティブやファンドの価格もしくはパフォーマンスが悪影響を受ける可能性がある。先物の取引所
       が、一定の先物契約価格において一取引日の値幅制限を課す場合がある。ファンドが先物または先物オ
       プションのポジションの清算を意図する時点で市場に流動性があるとの保証はなく、ファンドはポジ
       ションが清算されるまでマージン請求を充足する義務を負い続ける可能性がある。
        さらに、一定の先物契約は、取引実績に乏しい、比較的新しい商品の場合がある。その結果、活発な
       流通市場が発展または持続的に存在するとの保証はない。
       バンクキャピタル証券への投資における一般的なリスク

        一般的に、金利が上昇するとバンクキャピタル証券の価値は低くなり、金利が低下するとバンクキャ
       ピタル証券の価値は高くなる。バンクキャピタル証券の価値は、経済情勢および発行体としての日本の
       銀行の信用力等の要因に起因する利払いの不履行または元利金の不払いおよび価格変動のリスクに影響
       を受けることもある。バンクキャピタル証券が利息または分配金を支払わないこともあれば、その発行
       体が利息および/または元本金額の支払義務を履行できないこともある。ファンドの投資ポートフォリ
       オに随時含まれることがあるバンクキャピタル証券の大半に担保が付されないことがあり、この場合該
                                 51/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       当する発行体としての日本の銀行が債務不履行または支払不能となる場合には損失リスクが増大する。
       国際金融市場では、与信利用および流動性を低下させる大幅なリプライシングが行われ、これにより一
       部 の発行体では収益力の低下または既存債務の借換え余力がないことによりデフォルトの可能性が高
       まっている。バンクキャピタル証券への投資により、発行体としての日本の銀行が当該バンクキャピタ
       ル証券を発行するために利用する特別目的会社の支払能力に関連するリスクが生じる。バンクキャピタ
       ル証券の保有者の返済順位が、一定の状況において、発行体としての日本の銀行の預金者および債権者
       に比べて低くなることがある。
       地政学的な紛争のリスク

        地政学的な紛争、戦争またはテロ活動の発生が予測できない様々な形で市場に悪影響を及ぼす可能性
       がある。例えば、         2022  年 2 月のロシアによる大規模なウクライナ侵攻の後、ロシアならびにロシアのウク
       ライナ侵攻に物質的援助を行っていたとみなされたその他の国、個人および団体が米国を含む世界中の
       国々による経済制裁および輸出入規制の対象になった。このような措置はロシア、ベラルーシおよびそ
       の他の証券および経済に悪影響を及ぼし、今後も及ぼす可能性がある。地政学的な紛争の程度、期間                                                    お
       よび  影響  ならびに     関連する市場への影響を確定する                 こ とは難しいが、重大になる可能性があり、地域経
       済および世界経済ならびに一定の証券および特定のコモディティ(石油および天然ガス等)、さらにそ
       の他のセクター、ファンドの投資対象に重大な悪影響を及ぼす可能性がある。
       金融市場への政府の介入

        2008  年から   2009  年にかけての金融危機時およびその後の金融市場の不安定さから、各国政府は、極端
       な変動をみせたり場合によっては流動性を欠いた特定の金融機関や金融市場の特定部門を支援するため
       の先例のない措置を講じることとなった。特に、米国政府は、金融サービス業界および消費者信用市場
       を含む広範囲にわたる新たな規制の枠組みを制定したが、それがファンドが保有する証券価格にどのよ
       うに影響するかは予見できない。連邦、州およびその他の政府機関、監督機関もしくは自主規制の機関
       が、ファンドが投資を行う金融商品や当該金融商品の発行体への規制に影響する措置を予想できない方
       法で講じることも考えられる。ファンド自体が服する法規制が変更される可能性もある。こうした法規
       制は、ファンドの投資目的の達成を妨げる場合がある。また、このような法律や規制は、市場、制度お
       よび財政を強化することを目的としているが、予測できない形でファンドの費用およびファンドの投資
       対象の価値に影響を与えることがある。低金利(またはマイナス金利)の時期にファンドの利回り(ま
       たはトータル・リターン)が低下することもあれば、ゼロを割り込むこともある。超低金利またはマイ
       ナス金利により、金利リスクが上昇することがある。米連邦準備制度理事会が金利を歴史的な低水準か
       ら引き上げ、今後も利上げを継続する可能性があるため、ファンドが金利リスクの水準の高止まりから
       影響を受けることがある。米連邦準備制度理事会が利上げを継続する範囲で、金融システム全体で金利
       が上昇しかねないリスクがある。金利の推移により、市場に予測できない影響を及ぼすこと、市場のボ
       ラティリティを結果的に高めること、ならびにファンドがこのような金利および/またはボラティリ
       ティの影響を受ける範囲でファンドのパフォーマンスが低下することがある。
        金融サービス業界全体、また特に私募ファンドやそれらの投資顧問会社の活動は、法規制の監視強化
       の対象となっている。そうした監視により、ファンドおよび/または運用者が法的、コンプライアンス
       上、管理事務上およびその他の関連する負担や費用、またファンドおよび/または運用者への規制監督
       もしくは関与を増やし、また結果としてファンドもしくは運用者に適用される法規制の仕組みに曖昧さ
       や利益相反が生じる可能性もある。さらに、証券や先物市場は、広範囲にわたる法規制や委託証拠金の
       対象となっている。米国証券取引委員会(                      SEC  )、米商品先物委員会、自主規制の機関や取引所を含む米
       国連邦政府や州規制当局は、市場に緊急事態が発生した場合に例外的措置を講じることが認められてい
       る。デリバティブ取引や当該取引を行う法人への法規制は、現在、整備段階にあり、政府や司法による
       追加的な規制や変更の対象となっている。ファンドもしくは運用者に関する従来とは別の米国もしくは
                                 52/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       米国以外の規則や法規制が採用される可能性もあり、今後の規則や法規制の適用範囲は不明である。今
       後、ファンドもしくは運用者が監督当局の検査または規制を受けないとの保証は一切ない。規制の変更
       や 今後の展開が及ぼすファンドへの影響は、それらの運用方法を左右し、重大で好ましくない影響であ
       る可能性もある。
        ドッド・フランク法により義務付けられる改正が、ファンドの運用実績およびファンドが保有する資
       産の価値に重大な影響を与え、ファンドに追加コストを負担させ、投資慣行の見直しを義務付け、ファ
       ンドの分配金支払能力に悪影響を及ぼす可能性がある。例えば、自己勘定売買の制限により、確定利付
       債券のマーケット・メイキングの能力にマイナスの影響が及び、その結果、確定利付債券市場の流動性
       が低下するおそれがある。これらの改正およびその他の規制変更の影響の詳細が不透明な状況は今後も
       続くものの、ファンドがより複雑な規制の枠組の影響を受ける可能性があり、新しい規制の遵守および
       今後の法令遵守の検証のために追加費用を負担することになる可能性がある。
        政府またはその機関が金融機関または他の機関から毀損資産を取得し、当該機関の持分を取得す                                                  るこ
       とも考えられる。そうした計画はファンドの投資銘柄の流動性、価格およびパフォーマンスに良くも悪
       くも影響する。さらに、不安定な金融市場により、ファンドはこれまで以上に大きな市場リスクや流動
       性リスクにさらされ、ファンドが保有する銘柄の価格決定が困難になる可能性もある。ファンドは、保
       有銘柄の流動性を査定し、また市場価格が入手困難になった銘柄の価格を決定する手続きを設定済みで
       ある。投資顧問会社は、様々な動きを監視して、ファンドの投資目的を達成するような方法によりファ
       ンドの運用を行う予定であるが、それが成功するとの保証はない。
        ファンドの保有銘柄の価値はまた、通常、ファンドが投資を行う市場の予知できない脆弱さに基づく
       局地的、米国全体またはグローバルな経済的混乱のリスクを負っている。そうした混乱が生じた場合、
       ファンドが保有する証券の発行体が資産価値を大幅に低下させ、事業を中断することもあり得る。ま
       た、政府支援を受け、事業活動の大幅な制限その他の介入を招くことも考えられる。さらに、各国政府
       が先物市場の混乱に介入するか否かは不確実であり、そうした介入があった場合の影響については予測
       できない。企業はリスク管理プログラムを通じて将来の不確実性を認識し管理に努めることはできる
       が、発行体は将来の金融の減速による影響のために備えることは難しい。
       メールの取扱い

        トラスト宛ておよび受託会社の登記事務所で受信されたメールは、トラストの転送先に開封されずに
       転送される。受託会社、その取締役、役員、アドバイザーもしくはサービス提供者(バーミューダにお
       ける登記事務所のサービスを提供する組織を含む。)は、転送先における受信の遅れについて責任を負
       わない。特に、受託会社の取締役は、(トラストのみに宛てられたメールと対照的に)個人宛てのメー
       ルについてのみ受信、開封もしくは直接対応する。
                                 53/352







                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ハイ・イールド債リスク

        ハイ・イールド証券および同等の信用格付のない証券(一般に「ジャンク債」と称される)に投資す
       るファンドは、かかる証券に投資しない他のファンドに比べて、より大きな信用リスク、コール・リス
       クおよび流動性リスクにさらされる。これらの証券は、発行体が元本および利息を継続して支払うこと
       ができる能力に関して、極めて投機的であると考えられ、他の種類の証券よりも変動が大きい場合があ
       る。経済的な低迷または個別企業の動向が、これらの証券の市場に悪影響を及ぼし、ファンドが有利な
       時期および価格でハイ・イールド証券を売却する能力を低下させる可能性がある。経済的な低迷は、一
       般的に、不払い率の上昇を招き、ハイ・イールド証券は、債務不履行が発生するよりも前に市場価値が
       大幅に下落する場合がある。ゼロ・クーポン債または現物支払証券としての仕組みを有するハイ・イー
       ルド証券は、金利上昇による価格上昇圧力またはスプレッド拡大に対する感応度が特に高いことによ
       り、価格変動が特に大きくなる傾向があり、ファンドが現金を実際に受領していなくても帰属収入によ
       る課税対象の分配を求められる場合がある。ハイ・イールド証券の発行体が「コール」を行うか償還日
       前に発行証券を買い戻す権利を付与されている場合があり、支払われる金利がより低い他のハイブリッ
       ド証券または類似の商品にファンドが収益を再投資しなければならない場合がある。また、ファンド
       は、ハイ・イールド証券に投資を行わない投資信託よりも高い水準の流動性リスクにさらされる場合が
       ある。さらに、ファンドが投資するハイ・イールド証券は、いずれの取引所にも上場していない場合が
       あり、かかる証券の流通市場は、より流動性の高い他の確定利付証券の市場に比べて相対的に流動性が
       低いことがある。よって、ハイ・イールド証券の取引は、より活発に取引されている証券の取引よりも
       コストが高額になることがある。一定の状況において、特に、入手可能な公開情報が不足しているこ
       と、取引が不規則に行われること、および買呼値と売呼値のスプレッドが広いことにより、ハイ・イー
       ルド債が、他の種類の証券または商品に比べて、有利な時期または価格で売却することが困難となる場
       合がある。これらの要因により、ファンドは、かかる証券の価値の全額を換金することができないおそ
       れ、および/またはハイ・イールド証券の売却後長期間にわたり、当該売却の手取金を受け取ることが
       できないおそれがあり、いずれの場合も、ファンドに損失が生じる可能性がある。さらに、ファンダメ
       ンタルズ分析に基づくか否かにかかわらず、不利益情報の公開および投資家の認識により、薄商いの市
       場においては特に、ハイ・イールド証券の価値および流動性が低下することがある。ハイ・イールド証
       券の流通市場の流動性が他の種類の証券の流通市場に比べて低い場合、そのような評価のためによりリ
       サーチの量を増やすことが必要になるため、証券の評価が難しくなる場合があり、利用可能な信頼に値
       する客観的なデータが少ないことから評価において判断の要素が果たす役割が大きくなる場合がある。
       ハイ・イールド証券への投資にはリスクを伴うため、当該有価証券に投資するファンドへの投資は投機
       的であると判断される。
       金利リスク

        金利リスクは、金利の変動によりファンドのポートフォリオ内の債券、有配当の株式およびその他の
       組入銘柄の価格が変動するリスクである。例えば、名目金利が上昇すると、ファンドが保有する特定の
       債券または有配当の株式の価格が下落する傾向がある。名目金利は、実質金利と予想インフレ率との合
       計ということができる。金利の変動は突発的で予測できないことがあるため、金利の動向の結果として
       ファンドが損失を被ることがある。ファンドは、金利の変動に対してヘッジを行えないか、または費用
       もしくはその他の理由によりヘッジの実施を選択しない場合がある。さらに、ヘッジが意図されていた
       機能を果たさない場合がある。比較的長期の存続期間を有する債券は、金利変動の影響を受けやすく、
       比較的短期の存続期間を有する債券よりも変動しやすい。株式および債券以外のその他の証券の価格
       も、金利の変動により低下することがある。米国インフレ連動国債を含むインフレ連動債券は、実質金
       利が上昇すると価格が下落する。実質金利が名目金利を上回る速度で上昇するといった一定の環境のも
       とでは、インフレ連動債は、同じデュレーションの他の債券と比べ、大きな損失を被る可能性がある。
                                 54/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       様々な要因により金利が上昇することがある(中央銀行の金融政策、インフレ率、全般的な経済情勢
       等)。
        変動利付証券は一般に金利変動への感応度は高くないが、その金利が全般的な金利と比較してあまり
       上昇しないかもしくは上昇の速度が早くない場合には価格が下落する。変動利付証券は、金利の低下時
       に価格の上昇はみられない。逆変動利付証券は、金利が上昇した場合に価格が下落する。逆変動利付証
       券も同等の信用度を有する確定利付債務よりも大きな価格の乱高下を示すことがある。ファンドが変動
       利付証券を保有する場合、市場金利の低下(または逆変動利付証券の場合は、上昇)は、当該証券から
       得る収益やファンドの受益証券の純資産価格に悪影響を及ぼす。
        有配当の株券、中でもその市場価格が利回りに緊密に関連しているものは、金利の変動に対してより
       敏感なことがある。金利が上昇する期間中、かかる株券の評価額は下落する場合があり、ファンドの損
       失につながることがある。
        金利または米国財務省証券の利回り(もしくは他の種類の債券の利回り)は、幅広い要因(中央銀行
       の金融政策、インフレもしくは実質経済成長率の推移、一般的な経済状況、債券発行の増加または低利
       回りの投資対象に対する市場の需要の低下を含むがこれらに限られない。)により上昇することがあ
       る。米連邦準備制度理事会が金利を歴史的低水準から引き上げ始め、利上げを継続する意向を示唆して
       いることから、現在の市況において金利上昇に伴うリスクが高まっている。さらに、金利が上昇する市
       況においては、発行体が支払期日に確定利付きの投資対象の元利金の支払を行うことに消極的になる
       か、または行えないことがある。
        金利が非常に低いまたはマイナスとなっている期間中、ファンドは、プラスのリターンを維持できな
       い場合がある。一部のヨーロッパ諸国では、かつて、特定の確定利付商品の金利がマイナスとなってい
       る。金利が非常に低いまたはマイナスとなっている場合、金利リスクが増大するおそれがある。金利の
       変動(金利がゼロを下回る場合を含む。)により、市場が予想外の影響を受け、市場ボラティリティが
       高まり、また、ファンドがかかる金利リスクにさらされている場合はそのパフォーマンスが低くなるお
       それがある。
        平均デュレーション等の指標は、ファンドの正確な金利感応度を的確に反映していないことがある。
       これは、特に、ファンドのポートフォリオを構成する証券のデュレーションが非常に幅広い場合に当て
       はまる。よって、ファンドは、一定の水準の金利リスクを示す平均デュレーションを有していても、実
       際には、かかる平均が示すよりも大きな金利リスクにさらされる場合がある。このリスクは、ファンド
       がその運用に関連してレバレッジまたはデリバティブを利用する場合はより大きくなる。
        コンベクシティとは、証券またはファンドの金利感応度を理解するために利用される追加的な指標で
       ある。コンベクシティは、金利の変動に対してデュレーションがどの程度の割合で変化するかを測定す
       る。証券の価格に関しては、コンベクシティ(プラスまたはマイナス)が大きい場合、金利の変動に対
       する価格の変動が大きいことを意味している。コンベクシティは、プラスの場合とマイナスの場合があ
       る。コンベクシティがマイナスの場合、金利の上昇によりデュレーションが長期化するため、金利上昇
       に対する価格感応度が高いことを意味する。そのため、コンベクシティがマイナスの証券(従来型の
       コール条項付債券や、一部のモーゲージ・バック証券を含むことがある。)は、金利上昇時に大きな損
       失を被ることがある。したがって、ファンドがこのような証券を保有する場合、金利上昇時の損失が拡
       大するリスクにさらされる場合がある。
       非分散リスク

        少数の発行体、産業もしくは通貨への集中投資はリスクを高める。比較的少数の発行体に投資を行う
       ファンドは、分散投資を行うファンドに比べ、経済的、政治的もしくは規制上の単一の出来事の影響を
       受けやすい。当該発行体の中には、重大な信用リスクまたはその他のリスクをもたらすものが含まれる
       可能性がある。
                                 55/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       発行体リスク
        ファンドが保有する証券の価値は、経営業績、大型訴訟、調査                                または   その他の紛争、財政状況             または
       信用格付の推移、発行体             または   その競争環境に影響を及ぼす政府による規制の変化                          ならびに     合併、買収
       または   処分等の戦略的なイニシアティブおよびそのようなイニシアティブに対する市場の反応、資金の
       借入れ、評判または発行体の商品・サービスに対する需要の減少等のほか、発行体の過去および将来の
       収益や資産価値等、発行体に直接関連する多数の理由により下落することがある。一発行体の財政状態
       の変化が一もしくは複数の他の発行体または証券市場全体に影響することがある。
       レバレッジ・リスク

        一定の取引がレバレッジの形式をとっている。かかる取引には、とりわけ、銀行からの直接借入れ、
       逆レポ取引、組入証券の貸付け、銀行借入れおよび発行時取引、繰延受渡および先渡取引を含むことが
       ある。レバレッジは、あるファンドの投資能力を増すことまたは取引の決済を容易にすることが有利で
       あると考えられる場合に使用される。レバレッジは、より大きな収益の機会を生み出すが、損失を増大
       させる可能性もある。デリバティブの使用からもレバレッジ・リスクが生じることがある。
        ファンドは、投資目的で金銭を借り入れることによりレバレッジ・リスクにさらされる。レバレッジ
       の活用により、ファンドは、義務の履行のため、有利ではないときにポートフォリオのポジションを解
       消することがある。借入れを含むレバレッジにより、ファンドは、レバレッジがかけられ                                              ていない場合
       よりも変動しやすくなる。これは、レバレッジにより、ファンドの組入証券の価値の増減が増幅される
       ためである。ファンドが追求するレバレッジ取引により、ファンドのデュレーションおよび金利の変動
       への感応度が大きくなることがある。取引が分別された資産または相殺ポジションにより「カバー」さ
       れている場合、当該取引は、レバレッジとはみなされることはない。
       ローン担保証券のリスク

        ファンドは、ローン担保証券(「                 CLO  」)およびその他の類似の仕組みの投資対象に投資することがで
       きる。   CLO  とは通常、ローンのプールに担保された信託であり、これには、特に、米国内外のシニア・
       ローン(担保付)、シニア(無担保)・ローンおよび劣後社債(投資適格未満の格付または同等の無格
       付のローンを含む。)が含まれることがある。ファンドによる                                CLO  およびその他の類似の仕組みの投資対
       象への投資により、ファンドが負担する信用リスク、金利リスク、流動性リスク、市場リスクならびに
       期限前償還リスクおよび期間延長リスクに加えて投資先資産のデフォルト・リスクが高まることがあ
       る。さらに、       CLO  への投資には、(ⅰ)担保からの分配金が利息およびその他の支払いに十分でないこと
       があるリスク、(ⅱ)担保の評価額が低下するリスクまたはデフォルトになるリスク、(ⅲ)ファンド
       が他のトランシェより返済順位が低い                   CLO  のトランシェに投資することがあるリスク、(ⅳ)取引および
       法的文書の構成および複雑性により収益の特性に関して投資家の間で紛争が生じるおそれがあるリス
       ク、ならびに(ⅴ)          CLO  の投資運用者の運用実績が芳しくない可能性があるリスクを含むがこれらに限定
       されない、追加的なリスクを伴うことがある。                        CLO  がファンドの手数料に加えて管理費用およびその他の
       管理事務費用を請求することができる。
        CLO  からのキャッシュフローは、異なるリスクおよび利回りを有するトランシェと称する2つまたはそ
       れ以上の階層に分類される。リスクが最も高い部分が「エクイティ」トランシェで、債券または信託の
       ローンのデフォルトの大部分を負担し、最も深刻な状況を除いて、階層がもっと高い他のトランシェを
       デフォルトから保護する役割を果たしている。これらはデフォルトから部分的に保護されているため、
       CDO  のシニアのトランシェは裏付となる証券に比べて格付が高く利回りも低く、投資適格格付を付与され
       ることもある。        CLO  のトランシェは、エクイティ・トランシェから保護されているものの、実際のデフォ
       ルト、担保のデフォルトおよびトランシェによる保護の消滅によるデフォルトへの感応度の上昇、市場
       で予想されるデフォルトや、クラスとしての                       CLO  証券からの逃避を理由として大きな損失を被ることがあ
                                 56/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       る。  CLO  への投資のリスクは、担保証券の種類およびファンドが投資する商品の種類に主に左右される。
       通常、   CLO  は私募により募集および販売され、証券法に基づく登録が行われない。
       LIBOR   からの移行リスク

        ファンドが投資することができる一定の商品は何らかの形でロンドン銀行間取引金利(「                                              LIBOR   」)に
       基づくものであるか、または引き続き基づいている。                            LIBOR   とは伝統的に、        ICE  ベンチマーク・アドミニ
       ストレーションにより決定される、銀行同士が短期資金を調達するために相互に請求する平均的な金利
       のことであった。英国の金融規制機関であり                        LIBOR   の規制当局である金融行為規制機構(「                     FCA  」)は
       2021  年3月5日に、すべての米ドル                LIBOR   設定について、(ⅰ)1週間物および2か月物の米ドル                             LIBOR
       設定は   2021  年 12 月 31 日直後に、また(ⅱ)残りの米ドル                  LIBOR   設定は   2023  年6月   30 日直後に、運営機関に
       よる提供が行われなくなるかまたは代表指標ではなくなると公表した。                                     2022  年1月1日現在、米国規制
       当局による監督指導を受けて、米国の規制を受ける法人は原則として、限られた例外を除き、新規の
       LIBOR   の契約の締結を取りやめている。すべての日本円ならびに1か月物および6か月物の英ポンドの
       LIBOR   設定の公表はすべて取りやめになり、英ポンドの3か月物の                               LIBOR   設定の公表は、変更した算出方
       法(「シンセティック           LIBOR   」として知られる。)に基づき少なくとも                      2024  年3月末までは継続するもの
       の、このレートは、          FCA  により、これが測定しようとする対象市場の代表指標とはならず、レガシー取引
       においてのみ利用可能であると明示されている。欧州、英国、日本およびスイスを含むその他の法域に
       おける銀行主催の委員会の一部は、その他の通貨建ての代替参照金利を選択している。多くの商品のた
       めの  LIBOR   からの移行プロセスは完了しているが、                    LIBOR   の利用を継続しているケースもあり、                   LIBOR   から
       の移行または       LIBOR   の継続利用がファンドまたはファンドが投資する一定の商品に影響を及ぼす可能性が
       あり、これを特定することは難しく、(ⅰ)個々の契約における既存のフォールバックまたは終了規定
       ならびに(ⅱ)業界内の参加者が影響を受ける商品に対して新しい参照金利を適用するかどうか、その
       方法および時期を含むがこれらに限られない要因に応じて変化する可能性がある。いわゆる「タフレガ
       シー」契約には、         LIBOR   の恒久的な廃止を定めたフォールバック条項がない、フォールバック条項が適切
       ではない、または          LIBOR   の予定移行日より前に            LIBOR   からの移行が効果的に行われない可能性がある
       フォールバック条項を有する               LIBOR   の金利条項が存在する。             2022  年3月   15 日に、調整可能金利(            LIBOR   )
       法が署名され法律として成立した。この法律は、タフレガシー契約について、米国全体で、                                               LIBOR   を連邦
       準備制度理事会により選定された担保付翌日物調達金利(                              SOFR  )に基づくベンチマーク金利と入れ替え
       る法定のフォールバックメカニズムを規定している。                            2023  年2月   27 日、同法に関連する米連邦準備制度
       理事会の最終規則が発効し、米国法に準拠する適用対象のタフレガシー契約に対して                                            SOFR  および期限付
       担保付翌日物調達金利(             Term   SOFR  )に基づく代替ベンチマーク(特定のデリバティブ市場から示唆され
       る SOFR  の市場予測に対するフォワード・ルッキングな測定)を設定した。さらに、                                       FCA  は 2023  年6月   30 日
       以後早くとも       2024  年9月    30 日まで、1か月、3か月および6か月の米ドルの                          LIBOR   設定のためにシンセ
       ティック     LIBOR   の公表を義務付けることを発表した。ファンドの投資の一部に、調整金利(                                       LIBOR   )法ま
       たはシンセティック          LIBOR   の適用対象となる場合がある個別のタフレガシー契約が含まれることがあり、
       これらの措置が意図した効果を発揮しているとの保証はない。さらに、                                    LIBOR   からの移行における一定の
       局面が清算機関、受託者、管理事務代行者、資産の業務提供者および特定の業務提供者等の第三者であ
       る市場参加者の行為に基づくものであるか、または引き続き基づいている。ピムコがこのような市場参
       加者の行為を保証することはできず、このような市場参加者が                                LIBOR   移行における自らの役割を果たさな
       い場合にファンドに影響を与えかねない。投資対象が契約の変更、既存のフォールバックの適用、法定
       要件その他により         LIBOR   から代替金利へ移行した結果、ファンドが保有する一定の商品の価値が下落した
       り、ファンドの取引(ヘッジ等)の有効性が低下することもある。さらに、再設定される利率への商品
       の移行により当該商品を保有するファンドの報告利回りが変動することがある。                                         LIBOR   からの移行による
       このような影響や他の予測できない影響により、ファンドが損失を被ることがある。
                                 57/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       流動性リスク
        特定の投資証券の売買が困難な時には、流動性リスクが生じる。流動性リスクは、活発な市場が存在
       しないこと、売買高の減少および確定利付証券でマーケット・メイクを行うための従来型の市場参加者
       の能力に起因するもので、金利上昇局面や、確定利付型の投資信託の投資者からの買い戻しが通常より
       も拡大して、売却により市場での流通量が増加するようなその他の状況下において、増大する。流動性
       の低い投資対象とは、当該投資対象の時価を大幅に変更した上で売却または処分しない限り7暦日また
       はそれより短い期間内に現行の市況下で売却または処分できないとファンドが合理的に予想する投資対
       象のことである。流動性の低い投資対象は、特に市場の変動時に、価格設定が難航する場合がある。
       ファンドが流動性の低い投資対象に投資することにより、ファンドは流動性の低い投資対象を有利な時
       期もしくは価格で売却することができなくなるか、または場合によってはファンドが債務を履行するた
       めに不利な時期もしくは価格で別の投資対象を処分することを迫られることがあるため、ファンドのリ
       ターンが減少することがあり、これにより、ファンドがその他の投資機会を利用できなくなることもあ
       る。さらに、ある特定の発行体の状況の悪化とは無関係に、市場もしくは経済の状況が悪化して一部の
       投資証券の市場の流動性が低くなることがある。債券市場は、ここ                                   30 年を通じて絶えず拡大している
       が、債券取引に従事する従来型のディーラーの量は不安定で、一部で減少しているケースもある。その
       結果、金融取次機関の「マーケット・メイク」の能力の主要な提供元となっていたディーラーが取り扱
       う在庫が、市場規模に対して、低水準または過去最低に近い水準にある。マーケット・メーカーは、自
       らの取次業務を通じて市場を安定させることに努めるが、ディーラーの在庫が大幅に減少すれば、確定
       利付市場の流動性の低下およびボラティリティの上昇を招くおそれがある。このような発行債券は、景
       気の先行きが不透明な時期に増加する場合がある。
        そうした場合、ファンドは、流動性の低い投資対象への投資が制限され当該証券もしくは商品の売買
       が困難となることで、特定のセクターへの投資の望ましい水準が達成できないことがある。流動性の欠
       如は、ファンドが保有する証券の価格に悪影響を及ぼすこともある。ファンドの元々の投資戦略に、時
       価総額の低い投資対象、米国以外の証券、ルール                          144A  証券、流動性が低いセクターの債券、市場およ
       び/もしくは信用リスクが高いデリバティブもしくは証券が含まれる範囲において、流動性リスクに対
       するファンドのエクスポージャーが増大する傾向がある。さらに、償還残存期間が長い確定利付債券
       は、償還残存期間が短い確定利付債券に比べて、流動性リスクの水準が高い。結論として、流動性リス
       クは、機関投資家などの大口の受益者からの異常に多くの買戻請求やその他の通常起こらない市況のリ
       スクを伴うもので、これにより、ファンドが認められる期限内で買戻請求に応じるための投資対象の売
       却が困難になる可能性がある。ファンドは、このような買戻請求を充足するために、低価格または不利
       な状況での有価証券の売却を余儀なくされ、この場合、ファンドの価値が損なわれることになる。ま
       た、その他の市場参加者がファンドと同時期に確定利付債券の持高の清算を意図している場合、市場で
       の流通量が増加し、流動性リスクおよび価格低下圧力が増大することがある。
        流動性リスクは、ファンドがデリバティブを清算するための現金を得るために、または証拠金、担保
       もしくは相手方当事者への支払決済のための支払いを行うためにデリバティブから生じることがある流
       動性の要求を満たすために、ファンドが追加の現金の保有または他の投資対象の売却を迫られるリスク
       を指すこともある。ファンドはこのような債務を履行するために不利なタイミングまたは価格で証券を
       売却しなければならないことがある。
       マネジメント・リスク

        ファンドは、アクティブ運用を行う投資ポートフォリオであるため、マネジメント・リスクにさらさ
       れる。投資顧問会社は、ファンドの投資決定の過程において投資手法およびリスク分析を適用する。こ
       れらが望まれる結果を生むとの保証はない。これらの判断が望ましい結果をもたらす保証はなく、ま
       た、  PIMCO   または他のトラストの投資顧問者もしくは副投資顧問者(該当する場合)および個々のポート
       フォリオ・マネジャーが実施するデューデリジェンスが投資に関連するすべての重要なリスクを明らか
                                 58/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       にする保証もない。さらに、               PIMCO   または他のトラストの投資顧問者もしくは副投資顧問者(該当する場
       合)および個々のポートフォリオ・マネジャーが適切な投資機会を特定できない場合があり、特定の投
       資 を認識および実行する際に他の投資運用者と競合する場合がある。ファンドが投資しようとする一部
       の証券またはその他の商品が、希望する数で利用できないことがある(                                    PIMCO   が投資顧問者として行為す
       る他の投資信託(ファンドと類似している名称、投資目的および投資方針ならびに/または投資運用
       チームを有する投資信託を含む。)が、同一または類似の証券または商品への投資を目指している状況
       における場合を含む。)。さらに、規制上の制限、実際のもしくは潜在的な利益相反またはその他の要
       因により、投資顧問会社が一定の投資を実行することを制限または禁止されることがある。このような
       場合、投資顧問会社またはポートフォリオ・マネージャーが、代用として他の証券または商品の購入を
       決定することがある。このような代用としての証券または商品が、希望するパフォーマンスを上げるこ
       とができない場合に、ファンドが損失を被ることがある。ファンドが価格設定上の非効率性の認識を目
       標とする戦略、アービトラージ戦略または類似の戦略を採用する場合、ファンドは、かかる戦略に関係
       する証券および商品の価格設定または評価が予想外に変動するリスクにさらされ、かかる変動が生じた
       場合、ファンドのリターンが減少する、またはファンドに損失が生じるおそれがある。ファンドは、ピ
       ムコまたは別の業務提供者の内部システムまたは管理の不備によりファンドが損失を被るか、または
       ファンドの業務が損なわれるリスクも負担する。例えば、取引の遅延またはエラー(人的またはシステ
       ミックなものの双方)により、評価額の上昇が予想される証券をファンドが購入できなくなることがあ
       る。さらに、法令上、規制上もしくは税務上の制限、政策または展開が、ファンドの運用において投資
       顧問会社が利用する投資手法に影響し、投資目的を達成するためのファンドの能力に悪影響を及ぼす可
       能性がある。投資顧問会社の人員がすべて、今後も投資顧問会社と関係を持ち続けるとの保証はない。
       投資顧問会社の一または複数の重要な従業員による業務が行われない場合、ファンドが投資目的を達成
       するための能力に悪影響が及ぶことがある。投資者は、ある特定の期間において、ファンドが行う投資
       や達成する業績が、ファンドと同様の名称、投資対象および投資方針を有するファンドを含む、投資顧
       問会社が投資顧問業務を行う他の投資ビークルによる投資や業績と一致するとは限らないことを認識す
       べきである。これは、それぞれ他の同様のポートフォリオと比較して、特定のポートフォリオが運用を
       開始した際における別のポートフォリオ管理チームもしくは戦略の使用または特定のポートフォリオの
       規模を含むが、これらに限られない様々な要因に起因することがある。
       新設ファンドまたは運用資産が少ないファンドにおけるマネジメント・リスク

        新設ファンドまたは運用資産が少ないファンドは、運用資産規模が相対的に大きいファンドに比べ
       て、受益者の購入および買戻しにより大きく影響をされることがある。大口受益者による購入および買
       戻しは、ファンドのポートフォリオ管理に悪影響を及ぼすことがある。たとえば、新設ファンドまたは
       規模が小さいファンドは、受益者からの大量の買戻請求を充足するために組入銘柄の大部分を売却した
       り、大量の購入のためポートフォリオの大部分を現金で保有することを強いられる(いずれの場合にお
       いても、ファンドがそのように望まない場合を含む。)。かかる受益者の取引により、ファンドが都合
       が良くない時期または価格で投資決定を行うことになったり、投資妙味の高い投資機会を逃すことがあ
       る。また、かかる取引により、ファンドの取引コストが上昇したり、証券の売却の結果利益を得る場合
       に課税収益の換金が増大したり、それ以外の場合においてファンドの意図とは異なる行動を取ることに
       なる場合もある。同様に、大口受益者による購入は、ファンドが新たな現金を投資することが遅れ、そ
       の結果、通常の状況よりも比例的に大きな現金ポジションを保有することとなった場合、ファンドのパ
       フォーマンスに悪影響を及ぼすおそれがある。このようなリスクは、いずれの規模のファンドにも適用
       され得るが、かかるリスクは、運用資産規模が少ないファンドで発生することが多い。さらに、新設
       ファンドは、投資業務の開始直後に投資戦略を完璧に実施できない場合があり、そのために投資実績が
       低下するおそれがある。
                                 59/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       市場リスク
        ファンドが保有する証券の市場価格は、時に急速にまたは予測を超えて、上下に変動する。証券の価
       値は、証券市場に一般的に影響する要因または証券市場の特定の産業に影響する要因により下落するこ
       とがある。証券の価値は、一般に、不利な市況もしくはそのおそれ、特定の証券もしくは商品の需給、
       会社の収益一般的見通しの変化、金利もしくは為替レートの変化、信用市場の悪化または投資家心理の
       悪化等の特定の会社とは特段関係のない一般的な市況により下落することがある。証券の価値はまた、
       労働力不足、生産コストの増加、産業内における競争環境等の特定の産業に影響する要因により下落す
       ることがある。証券市場の下降局面においては、複数の資産クラスでは、当該資産クラスのパフォーマ
       ンスにおける連動性がこれまで他の場合においてない場合でも、同時に価格が下落する可能性がある。
       市場の混乱および他の市場参加者が特定の投資商品の価格操作を試みることにより投資対象が悪影響を
       受ける可能性もある。株式は、一般に、債券よりも大きな価格ボラティリティを有する。信用格付の引
       き下げも、ファンドが保有する有価証券にマイナスの影響を及ぼすことがある。市場の好調時であって
       も、ファンドが保有する投資対象の価格が市場全般とともに上昇するとの保証はない。さらに、市場リ
       スクには、地政学上のイベントが国または世界的な水準で景気を悪化させるリスクも含まれる。例え
       ば、戦争、テロ、社会不安、景気後退、サプライチェーンの混乱、市場の不正操作、政府のデフォル
       ト、政府機関の閉鎖、政権交代、外交上の進展または制裁措置および他の同種の措置の発動、公衆衛生
       上の緊急事態(感染症の蔓延、パンデミック(世界的大流行)およびエピデミック(流行)等)ならび
       に自然/環境災害はすべて、証券市場にマイナスの影響を及ぼすことがあり、これにより、ファンドの
       価格が低下しかねない。これらの出来事により、消費需要または経済生産高が減少し、その結果として
       市場の閉鎖、旅行の制限または封鎖措置をもたらし、また経済に重大な悪影響を及ぼすおそれがある。
       米国で現在議論を呼んでいる政治情勢や、米国および米国外における政治および外交上のイベント(米
       国政府が長期予算および赤字削減策でたびたび承認を得られなかったこと等)が、かつて米国政府閉鎖
       という結果を招いたが、この先も同じ結果を招きかねず、そうなればファンドの投資対象および運営に
       悪影響を及ぼしかねない。今後の米国連邦政府の閉鎖や閉鎖の長期化が投資家および消費者信頼感に影
       響を及ぼす可能性があり、金融市場および広域の経済に対して場合によっては突然に、かなりの程度ま
       で悪影響を及ぼす可能性がある。世界中の政府、準政府機関および規制当局はこれまで、様々な財政政
       策および金融政策の大幅な見直し(企業への直接的な資金注入、新しい金融政策および大幅な金利の引
       き下げを含むがこれらに限られない。)により深刻な経済混乱に取り組んできた。これらの政策の予想
       外もしくは突然の撤回、またはこれらの政策による効果が失われることにより証券市場のボラティリ
       ティが高まり、ファンドの投資対象に悪影響が及ぶおそれがある。市場の機能が停止し、ファンドが適
       切なタイミングで有利な投資判断を下すことを妨げる場合もある。地政学上の市場混乱に見舞われた地
       域に集中して投資を行った限度で、ファンドはより高い損失リスクにさらされる。そのため、投資家
       は、特定のファンドが各々の財務上のニーズおよびリスク許容度を充足しているか否かを決定するため
       に、現在の市況を注意深く検証すべきである。
        現在の市況においては、確定利付証券に投資するファンドのリスクが上昇する可能性がある。米連邦
       準備制度理事会は金利を歴史的低水準から引き上げ、利上げを継続する可能性がある。このように、確
       定利付債券市場は、金利、ボラティリティおよび流動性リスクの水準の上昇に影響されることがある。
       金利がこの先これ以上上昇すれば、確定利付証券に投資するいかなるファンドも価値が低下する可能性
       がある。金利の上昇により、ファンドの価値が大きく損なわれた場合、ファンドに対する受益者の買戻
       請求が増加し、ファンドが不利な時期および価格での投資対象の清算を余儀なくされ、その結果、ファ
       ンドおよび受益者に悪影響が及ぶ可能性がある。
        英文目論見書の日付時点では、金利がこのところ大幅に上昇しているが、不動産関連資産の価格は基
       本的に、過去の動向から予想されるほど大きくは下落していない。そのため、不動産関連資産の価格の
       調整または大幅な下落のリスクが高まり、他の投資対象(ローン、証券化債務およびその他の確定利付
       商品等)の価格にも悪影響を及ぼす可能性がある。このようなリスクは、特に商業用不動産関連の資産
                                 60/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       価格、およびその他の投資対象の評価において特に顕在化する。例えば、テナントの空室率、テナント
       の入替えおよびテナントの集中が進んでいること、こうした不動産の所有者が賃料およびその他の支払
       い における厳しい状況、滞納ならびに回収困難に逢うこと(これにより、所有者が自身の借入金および
       債務を支払えなくなること、またはその他の場合でこれらの債務を履行できなくなるリスクが上昇す
       る。)、不動産価値が下落していること、インフレ率、維持費およびその他の経費が上昇しているこ
       と、ならびに多くの不動産の賃料が低下していること等が挙げられる。
        取引所および証券市場が、特定の有価証券の早期清算、終了の延長、取引遅延または取引停止を行う
       可能性があり、その結果、ファンドが有利な時期での有価証券もしくは金融商品の売買または組み入れ
       ている投資対象の正確な値付けを行えなくなる場合がある。また、ファンドは、純資産価格の算出のた
       めに各種の第三者の情報源を利用することができる。その結果、ファンドが、サービス・プロバイダー
       およびサービス・プロバイダーのデータ収集源に依拠することに伴う一定の業務リスクを負担する。特
       に、エラーまたはシステムの不具合およびその他の技術的な問題が、ファンドの純資産価額の算出に悪
       影響を及ぼす場合があり、このような純資産価額の決定上の問題により、純資産価額の算出が不正確に
       なり、純資産価額の算出が遅れ、および/または、期間を延長しても純資産価格の算出ができない場合
       がある。ファンドが、かかる失敗による損失を回復できないこともありうる。
        ファンドは非米国証券に投資することができ、米国の発行体の証券または米国市場のみで取引する証
       券にのみ投資する他のファンドに比べて、より急激な価格変化を経験することがある。非米国の証券市
       場の多くは比較的小規模であり、限られた数の企業が数少ない産業を代表している。さらに、非米国証
       券の発行体は、普通、米国発行体が服している規制と同程度の規制に服していない。非米国の報告、会
       計および監査基準は、ときにはかなりの程度、米国の基準とは違っている。世界の経済および金融市場
       はますます相関関係を深めており、ある1つの国、地域もしくは金融市場の状況や事象が、別の国、地
       域もしくは金融市場における発行体に悪影響を及ぼすことがある。また、国有化、公用収用、没収的課
       税、通貨障害、市場の混乱、政治的変動、治安の悪化、外交的発展または制裁措置もしくは他の同種の
       措置の発動が、ファンドの非米国投資に悪影響を及ぼす可能性がある。国有化、公用収用またはその他
       の没収のあった場合、ファンドはその非米国証券への投資をすべて失うおそれがある。発動される可能
       性がある制裁措置およびその他の同種の措置(報復措置および他の報復的な行為を含む。)の種類およ
       び厳格さは全般的に変わる可能性があり、その影響を確定することは難しい。これらの措置の種類は、
       制裁対象国または当該国と利害関係がある一定の人物もしくは企業によるクロスボーダーの支払機能を
       有するグローバルな支払システムの利用を禁止すること、一定の投資家による証券取引の決済の制限、
       および特定の国、企業または人物の資産の凍結を含むがこれらに限られない。制裁措置および他の同種
       の措置の発動の結果として特に、制裁対象国または制裁対象国に所在するかもしくは制裁対象国と経済
       的なつながりがある企業が発行する証券の評価額および/または流動性の低下、制裁対象国の証券およ
       び制裁対象国に所在するかもしくは制裁対象国と経済的なつながりがある企業の証券の信用格付の引き
       下げ、通貨の下落または変動、ならびに制裁対象国および世界全体の市場のボラティリティおよび混乱
       が生じる可能性がある。制裁措置およびその他の同種の措置により直接的または間接的に、ファンドに
       よる(制裁対象国および他の市場における)証券の売買が制限または停止されること、証券取引の決済
       が大幅に遅延するか停止されること、ならびにファンドの流動性およびパフォーマンスに悪影響を及ぼ
       すことがある。特定の地域における不利な状況が、外見上無関係な他の国の証券に悪影響を及ぼすこと
       がある。ファンドが特定の地域または米国以外の特定の国の通貨建ての証券にその相当部分の資産を投
       資する限度で、ファンドは、一般的に、非米国投資に伴う地域経済のより大きなリスク(気象上の緊急
       事態または自然災害を含む。)にさらされることになる。非米国証券は、米国の発行体の証券に比べ流
       動性が低く、評価が難しい場合もある。同様に、特定の国や1つの国の発行体に集中投資を行うファン
       ドは、当該国の経済的、規制上もしくは政治的な動きに大きく左右される。
       モーゲージ関連およびその他のアセット・バック証券のリスク

                                 61/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        モーゲージ関連およびその他のアセット・バック証券は多くの場合、信託される消費者ローンや債権
       等の担保またはその他の資産の「プール」における持分であり、別の種類の債券投資のリスクとは異な
       る リスクやより重大なリスクを伴うことがある。一般に金利の上昇により固定金利のモーゲージ関連証
       券の存続期間は延長される傾向にあるため、モーゲージ関連証券は金利変動の影響を受けやすくなる。
       個々の担保権者が期限前償還のオプションを行使することは少ないため、モーゲージ関連証券の価値に
       さらに下降圧力がかかり、ファンドが損失を被ることがある。その結果、金利上昇時期において、モー
       ゲージ関連証券を保有するファンドのボラティリティはより大きくなる。これが延長リスクと呼ばれる
       ものである。モーゲージ・バック証券は、金利の低下に非常に敏感に反応することがあり、ごく僅かな
       変動により投資しているファンドが損失を被ることがある。モーゲージ・バック証券のうち、特に、政
       府の保証に裏付けられていない種類のものは、信用リスクを伴う。さらに、調整金利および固定金利の
       モーゲージ関連証券は期限前償還リスクを伴う。金利が下落する場合、借り手は予定より早くモーゲー
       ジを返済することがある。これにより、ファンドが比較的低い実勢金利で返済金の再投資を行わなけれ
       ばならないため、ファンドのリターンは減少されることがある。また、裏付けとなるモーゲージ・プー
       ルのサービス提供者の信用力、業務慣行および財務的能力には、重大なリスクが存在する。例えば、
       サービス提供者は、モーゲージ関連証券の裏付けとなるローンの延滞に関する立替払いを要求されるこ
       とがあるが、資金繰りが厳しいサービス提供者がこのような債務を履行できないことがある。さらに、
       住宅ローン関連証券も資産担保証券も、サービス提供者による詐欺もしくは怠慢またはサービス提供者
       の虚偽行為に関連するリスクにさらされる。これらの証券は裏付けとなるローンのリスクにもさらされ
       る。場合によっては、サービス提供者またはオリジネーターによる裏付担保に関連する文書の取扱いの
       ミス(例えば、裏付となる担保権を適切に文書化していない場合等)が、裏付となる担保におけるおよ
       びこれに対する担保権者の権利に影響を及ぼすことがある。さらに、適切でない引受ガイドラインに従
       い、引受けガイドラインが一切適用されない中で、または詐欺的な組成実務に従って、裏付ローンが実
       行された可能性もある。住宅ローン担保証券の所有者がスポンサー、サービス提供者またはオリジネー
       ターに対して救済を求める能力は確実なものではなく、制限を受けることが多い。ファンドがその他の
       アセット・バック証券に投資を行う場合、モーゲージ関連証券への投資と同様のリスクを負うと共に、
       原資となる資産の種類や当該資産のサービスに関連した追加的リスクにさらされる。アセット・バック
       証券の元利金の支払は、有価証券の裏付資産が創出するキャッシュフローに大きく依拠することがあ
       り、アセット・バック証券は、関連資産内で担保権による利益を得ることができない可能性がある。
       ファンドは(ファンドの他のガイドラインに一致する範囲で)ジュニアおよび/またはエクイティ・ト
       ランシェを含むモーゲージ関連またはその他の資産担保証券のあらゆるトランシェに投資することがで
       き、これにより一般的には前述のリスクの水準が高くなる。
        さらに、アセット・バック証券の価値は、業務提供会社の実績に関連するリスクを伴う。一定の状況
       下において、サービサーまたはオリジネーターが原担保に関連する文書の取り扱いミス(例えば、原担
       保の担保権の適切なドキュメンテーションを行わないこと等)を起こした場合、原担保におけるおよび
       原担保に対する担保権者の権利に影響を与えることがある。
       新規設定ファンドリスク

        新規に設定されたファンドのパフォーマンスは、当該ファンドの規模が大きくなり、その投資戦略が
       完全に実行された場合に長期的に見て達成すると見込まれる、または達成し得るパフォーマンスを示さ
       ないことがある。投資ポジションは、新規に設定されたファンドに見合わない(マイナスまたはプラス
       の)影響をそれらのパフォーマンスに及ぼすおそれがある。また、新規に設定されたファンドは、その
       投資目的および投資方針を満たす証券に全額が投資され、代表的なポートフォリオ構成を達成するまで
       に一定の期間を要する場合がある。ファンドのパフォーマンスは、この「成長」期間中は、ファンドが
       全額投資された後に比べて、低くなったり高くなったり、また、より大きく変動する場合がある。同様
       に、新規に設定されたファンドの投資戦略は、その戦略の代表的なリターンを示すようになるまでの期
                                 62/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       間がより長くなる場合がある。新規に設定されたファンドは、投資家が評価を行う際に参照するパ
       フォーマンス履歴が限られており、また、新規に設定されたファンドは、投資効率および取引効率を得
       る のに必要な資産を集めることができない場合がある。新規に設定されたファンドがその投資戦略の実
       行または投資目的の達成に失敗することとなった場合、パフォーマンスに悪影響が及ぶおそれがあり、
       かかる失敗により清算が行われる場合は、ファンドに対しては追加の取引コストが発生し、投資家に対
       しては税務上の悪影響が生じる可能性がある。
       小規模ファンドリスク

        小規模ファンドは投資効率または取引効率を達成するために経済的に実行可能な規模に成長しない
       か、またはその規模を維持しない可能性があるので、運用実績にマイナスの影響を及ぼすおよび/また
       はファンドが清算を余儀なくされることがある。さらに、小規模ファンドはファンド持分の多額の買付
       けまたは買戻しによりさらに悪影響を受ける可能性があり、そのような事態がいつでも発生する可能性
       があり、大きな買付けまたは買戻しと同じ方法でファンドに影響を及ぼすことがある。
       オペレーショナル・リスク

        ファンドへの投資には、他のファンドと同様に、処理の誤り、人的ミス、内外の不適切な手続きまた
       は手続漏れ、システムおよび情報技術における失策、人員の異動ならびに第三者としての業務提供者に
       より生じるエラー等の要因によるオペレーショナル・リスクを伴うことがある。これらの失策、エラー
       および違反のいずれかが発生した結果、情報漏洩、規制当局による監査、評判の失墜またはその他の事
       象が発生し、そのいずれかがファンドに重大な悪影響を及ぼす可能性がある。ファンドは、管理および
       監視を通じてこのような事象を最小限に抑えるよう努めるが、それでもなお、失策が生じ、ファンドが
       損失を被る可能性がある。
       市場混乱リスク

        ファンドは金融、経済およびその他の世界市場の動向および混乱(戦争、テロリズム、社会不安、景
       気後退、サプライチェーンの混乱、相場操縦、政府による介入、デフォルトおよびシャットダウン、政
       治変動、外交情勢、または制裁措置および他の同種の措置の発動、公衆衛生上の緊急事態(感染症の蔓
       延、パンデミック(世界的大流行)およびエピデミック(流行)等)ならびに自然/環境災害等から生
       じるもの)に関連するオペレーショナル・リスクを負い、これらすべてが証券市場にマイナスの影響を
       及ぼし、ファンドの評価額が低下するおそれがある。これらの出来事により、ファンドの業務提供者
       (ファンドの投資運用会社としての                  PIMCO   を含む。)が信頼を置いているテクノロジーおよびその他のオ
       ペレーション・システムが被害を受けるおそれもあり、ファンドの業務提供者がファンドに対する職務
       を遂行する能力が損なわれる可能性もある。さらに世界経済と金融市場の間の相互の関連性が高まれ
       ば、ある国、地域または金融市場における出来事または状況が別の国、地域または金融市場に悪影響を
       及ぼすおそれがある。
        これら、そして他の進展がファンドの保有銘柄の流動性に悪影響を及ぼしたり、ファンドが保有する
       か、またはファンドが取引を希望する可能性がある証券の売買スプレッドが拡大することがある。流動
       性に関するさらに詳細な情報については、上記「リスク要因」の「流動性リスク」を参照のこと。
       不動産リスク

        不動産投資信託(「          REIT  」)または不動産関連のデリバティブへの投資では、不動産の直接保有に伴
       うリスクに類似するリスク(保険または収用による損失ならびに地域および一般的な市況の変動、需給
       (商業施設およびオフィススペースの需要減、物件を他の用途に転用するための維持費およびテナント
       改善費用の増加、テナントおよび借り手の債務不履行リスク、テナント、買い手および売り手の財政状
       況ならびに魅力的な条件でスペースを再リースできないことまたは住宅ローン融資を適時にもしくは一
                                 63/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       切受けられないことを含む。)、金利、都市計画法、賃貸用の規制制限、不動産税および運営費用を含
       む。)を負担する。          REIT  または   REIT  の価値に連動する不動産に連動するデリバティブ商品への投資は、
       REIT  の管理会社による運用手腕の不足、税法の変更または                            REIT  が米国内国歳入法に基づく収益を通じた
       非課税のパススルーの適格要件を充足しないこと等の、追加的なリスクを伴う。さらに、限られた数の
       不動産、地理的に狭い範囲または単一の種類の不動産に投資するため、分散化の程度が限られた                                                  REIT  も
       ある。また、       REIT  の組成書類に、        REIT  の管理の変更を困難かつ時間を要するようにする規定が含まれて
       いることもある。最後に、私募の                 REIT  は、国の証券取引所で取引されていない。したがって、これらの
       商品は、一般的に流動性が低い。そのため、ファンドがかかる投資を早期に買い戻す能力は低下する。
       私募の    REIT  は、価格設定が困難であるため、公募の                     REIT  に比べて負担する手数料が高くなる場合があ
       る。
                                 64/352
















                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       規制変更リスク

        投資会社および投資顧問業者等の金融機関は、一般的に政府による徹底した規制および介入の対象に
       なっている。政府による規制および/または介入により、ファンドが規制を受ける方法が変更されるこ
       と、ファンドが直接負担する費用およびその投資対象の評価に影響を受けること、ならびに/または
       ファンドの投資目的を達成する能力が制限および/もしくは排除されることがある。政府による規制は
       頻繁に変更されることがあり、重大な悪影響を及ぼしかねない。ファンドおよび投資顧問会社はこれま
       で一定の規制措置の免除の適用を受けている。ただし、ファンドおよび投資顧問会社が今後もそのよう
       な規制措置の免除の適用を受けられる保証はない。政府機関による措置がファンドが投資する特定の商
       品に影響を及ぼすこともある。さらに、政府による規制が予測不可能で、かつ意図しない影響を及ぼす
       ことがある。債券市場全般または地方の証券市場等の特定の市場における流動性またはその他の問題に
       対処するための立法措置および規制措置により、ファンドがその投資目的を追求する能力または特定の
       投資戦略もしくは技法を利用する能力が変化すること、または損なわれることがある。
       シニア・ローン・リスク

        ファンドが銀行ローンを含むシニア・ローンに投資する場合、ファンドは、かかる証券に投資しない
       ファンドに比べて、高い水準の信用リスク、コール・リスク、決済リスクおよび流動性リスクにさらさ
       れるおそれがある。シニア・ローンは多額の負債を抱える企業により発行されることが多く、そのため
       に様々なリスクの影響を特に受けやすい。シニア・ローンは十分な担保による裏付けがない場合があ
       り、他の種類の債務よりも支払スケジュールが速くなることがある。かかる商品は、発行体が元本およ
       び利息を継続して支払う能力に関して、極めて投機的であると考えられ、他の種類の証券(他の債務証
       券を含む。)よりも変動が大きく、評価することが難しい場合がある。経済的な低迷または個々の企業
       の動向が、これらの商品の市場に悪影響を及ぼし、ファンドが有利な時期または価格でこれらの商品を
       売却する能力を低下させる可能性がある。経済的な低迷は、一般的に、不払い率の上昇を招き、シニ
       ア・ローンは、債務不履行が発生するよりも前に市場価値が大幅に下落する場合がある。また、ファン
       ドは、シニア・ローンに投資を行わないファンドよりも高い水準の流動性リスクにさらされる場合があ
       る。さらに、ファンドが投資するシニア・ローンは、いずれの取引所にも上場していない場合があり、
       かかるローンの流通市場は、より流動性の高い他の確定利付証券の市場に比べて相対的に流動性が低い
       ことがある。よって、シニア・ローンの取引は、より活発に取引されている証券の取引よりもコストが
       高額になることがある。一定の状況において、特に、ローン契約に譲渡制限が設定されていること、入
       手可能な公開情報が不足していること、取引が不規則に行われること、および買呼値と売呼値のスプ
       レッドが広いことにより、シニア・ローンが、他の種類の証券または商品に比べて、有利な時期または
       価格で売却することが困難となる場合がある。これらの要因により、ファンドは、シニア・ローンの価
       値の全額を換金することができないおそれ、および/またはシニア・ローンの売却後長期間にわたり、
       当該売却の手取金を受け取ることができないおそれがあり、いずれの場合も、ファンドに損失が生じる
       可能性がある。シニア・ローンは、取引決済期間が7日以上となる場合を含み、長期化し、ファンドが
       現金を直ちに利用できなくなるおそれがある。以下でさらに詳細に検討されるとおり、ローン購入者
       は、決済期間の短縮を促すことを意図した遅延補償金をローン販売者から受け取る権利を有していな
       い。したがって、         PIMCO   がローン取引に関連して遅延補償金を確実に得ることができるとは限らない。
       その結果、決済が遅れたシニア・ローンの取引は、ファンドが追加投資し、またはファンドの買戻義務
       を履行する能力を制限することがある。ファンドは、とりわけ、ポートフォリオ資産の売却、追加現金
       の保有または銀行およびその他の潜在的な資金調達源との一時借入覚書の締結により、長期間の取引決
       済プロセスから生じる短期的な流動性需要を満たすことを目指す。シニア・ローンの発行体が満期より
       前に当該ローンを返済または償還した場合、支払われる金利がより低い他のシニア・ローンまたは類似
       の商品にファンドが収益を再投資しなければならない。シニア・ローンは、米国証券法に基づく証券と
                                 65/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       は見なされない場合がある。かかる場合、ファンドによるシニア・ローンへの投資に関し、法的保護を
       ほとんど受けられない場合がある。特に、シニア・ローンが、米国証券法に基づく証券とは見なされな
       い 場合、詐欺や虚偽記載等に対する対抗措置として米国証券法に基づいて証券への投資者が通常利用で
       きる法的保護を、受けられない場合がある。さらに、ファンダメンタルズ分析に基づくか否かにかかわ
       らず、不利益情報の公開および投資家の認識により、薄商いの市場においては特に、ハイ・イールド証
       券の価値および流動性が低下することがある。ハイ・イールド証券の流通市場の流動性が他の種類の証
       券の流通市場に比べて低い場合、そのような評価のためによりリサーチの量を増やすことが必要になる
       ため、証券の評価が難しくなる場合があり、利用可能な信頼に値する客観的なデータが少ないことから
       評価において判断の要素が果たす役割が大きくなる場合がある。シニア・ローンへの投資にはリスクを
       伴うため、当該商品に投資するファンドへの投資は投機的であると判断すべきである。
        投資者は、ファンドまたは投資顧問会社が、ファンドによるシニア・ローンへの投資により、発行体
       に関する重大な未公開情報であると見なされる情報を取得する場合があることに、留意すべきである。
       かかる場合、かかる発行体の証券の取引が限定されることにより、ファンドの投資機会が制限されるこ
       とがある。さらに、投資顧問会社が、シニア・ローンの発行体に関する重大な未公開情報の取得を未然
       に防ぐよう努める場合がある。その結果、投資顧問会社が、一定の投資機会を見送ったり、シニア・
       ローンの発行体から取得する情報に関して制限を受けない他の投資家に比べて、不利な状況に置かれる
       場合がある。
       空売りのリスク

        ファンドの空売りおよびショート・ポジションは特別なリスクにさらされる。空売りは、ファン                                                  ドが
       保有していない証券を売却時より安い価格で後日購入することを希望して、証券を売却する取引であ
       る。ファンドは、先渡契約により空売りを行うことができ、先物もしくはスワップを利用してショー
       ト・ポジションを建てることができる。証券もしくはデリバティブの価格が上昇した場合、ファンド
       は、空売り期間中の価格の上昇分に第三者に支払うプレミアムおよび利息を加えた金額分の損失を被
       る。したがって、空売りには、実際の投資額以上の損失が発生する可能性があり、過大な損失のリスク
       が伴う。これに対して、ロング・ポジションにかかる損失は、証券価格が下落することで生じ、証券価
       格がゼロ以下に下落することは有り得ないため損失は限定的である。また、空売りまたはショート・ポ
       ジションの第三者が契約条件を履行せずに、ファンドに損失が発生することがある。
       中小企業リスク

        中小企業が発行する証券への投資は、大企業への投資よりも大きなリスクを伴う。中小企業が発行す
       る証券の価格は、大企業よりも小規模な市場ならびに限られた経営資源および財源により、時として急
       激かつ予測外に上昇または下落する場合がある。中小企業へのファンドの投資は、そのポートフォリオ
       のボラティリティを高める場合がある。
       ソブリン債リスク

        ソブリン債リスクとは、ソブリン機関が発行する確定利付商品について、かかる発行体が適時に元本
       または利息の支払いを行うことができないまたはその意思がないことに起因する債務不履行またはその
       他の不利な信用事由により、当該商品の価値が下落するリスクをいう。ソブリン機関による債務の適時
       返済の不履行は、外貨準備高が不足している、または通貨の相対的な価値の変動を十分に管理できない
       こと、債務返済または経済改革に関する債権者および/または関連する国際機関の要求を満たすことが
       できないまたはその意思がないこと、国内総生産および税収に比べて債務負担の規模が大きいこと、
       キャッシュ・フローが低下したこと、ならびにその他の政治上および社会上の勘案事項を含むがこれら
       に限定されない多くの要因に起因しうる。ソブリン債の債務不履行またはその他の不利な信用事由が発
       生した場合におけるファンドの損失リスクは、ソブリン債の保有者としてのファンドの権利を行使する
                                 66/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       正式な求償権または手段が得られる見込みがない場合に高まる。さらに、ファンドの支配の及ばない事
       業体および要因により決定されうるソブリン債の再編により、ファンドが保有するソブリン債の価値が
       下 落するおそれがある。
       割安株投資のリスク

        割安株投資では、過小評価されていると考えられる企業を特定する。割安株は、企業の収益、キャッ
       シュ・フローもしくは配当などの要因からみて、株価が安い水準にある。割安株は、市場の過小評価が
       続く場合または株価が上昇すると投資顧問会社が考えていた要因が発生しない場合、価格が下落するま
       たは投資顧問会社が期待するより価格が上昇しない可能性がある。割安株投資手法は、成長株に集中投
       資するまたは広範な投資手法を取る株式投資ファンドと比べて、パフォーマンスが良い場合も悪い場合
       もある。
        投資者は、ファンドへの投資のすべてまたは実質的にすべてを失う可能性がある。投資顧問会社が

       ファンドの投資目的を達成できるとの保証はない。
       所得税における不確実性に関する会計

        米国財務会計基準審議会(「               FASB  」)および国際会計基準審議会(「                  IASB  」)は、ファンドに適用さ
       れる財務諸表における税開示の拡大を求める指針を発行している。米国で一般に認められた会計原則
       (「米国     GAAP  」)を採用しているファンドに適用される                      FASB  の米国会計基準集トピック              740  (旧  FASB  第 48
       号)および国際財務報告基準(「                 IFRS  」)を採用するファンドに適用される                   IAS  第 12 号は、財務諸表に記
       載される所得税の不確実性の測定および認識についての枠組みを設けている。こうした基準の適用によ
       り、ファンドが所得税を見込計上することを求められ、純資産価格の計算に悪影響を及ぼす可能性があ
       る。また、そうした影響により、ファンドへの投資を開始または終了した時期に応じて、特定の投資者
       が利益を上げたり、損失を被ることも考えられる。
        以上のリスク要因のリストは、ファンドに対する投資に伴うリスクの完全な記述ではない。投資をし

       ようとする者は、本書全体を読み、ファンドに対する投資を決定する前に専門的アドバイザーに相談す
       べきである。
     ② リスクの管理体制

        PIMCO   のリスク管理は、ポートフォリオ・マネジメント、アカウント・マネジメント、インベストメン
       ト・オペレーションズおよびコンプライアンスの4つの業務分野に及んでいる。各々は、ポートフォリ
       オ・リスクとコンプライアンスが適正に監視され、管理されていることを目指して個別でありながら、
       ある程度重複する責務を負っている。
        各レベルで監視管理されるポートフォリオ・リスク

                                 67/352





                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ファンドは、ヘッジ目的および/またはヘッジ目的以外の目的でデリバティブ取引等を行っている。






       ファンドは、       UCITS   に適用される       EU の規則に基づくリスク管理手法により、かかるデリバティブ取引等に
       関するリスクを管理している。
        また、ファンドは、          UCITS   に関する     EU 規則等に基づくリスク管理手法により、ファンドの信用リスクを
       管理している。
                                 68/352













                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ③ リスクに関する参考情報

                                 69/352




















                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】
       ① 海外における申込手数料
         海外における申込手数料は徴収されない。ただし、管理会社および販売会社の同意を得て徴収する
        こともできる。
       ② 日本国内における申込手数料
         日本における販売会社の日本国内における申込手数料は以下のとおりである。
                      申込口数                      申込手数料
               10 万口未満                        3.30  %(税抜     3.00  %)
               10 万口以上       50 万口未満                 1.65  %(税抜     1.50  %)
               50 万口以上     100  万口未満                 0.825   %(税抜     0.75  %)
               100  万口以上                        0.55  %(税抜     0.50  %)
        (注)管理会社および日本における販売会社が書面により別途合意する場合は、当該合意に従うものとし、上記料率を上限とし
          て、上記と異なる申込手数料が課せられる、または申込手数料が課せられない取扱いとなる場合がある。
          なお、申込手数料に関する照会先は、各日本における販売会社。
         申込手数料は、購入時の商品説明、投資情報の提供、購入に関する事務手続き等の対価として支払
        われる。
     (2)【買戻し手数料】

       ① 海外における買戻し手数料
         海外における買戻し手数料は徴収されない。ただし、管理会社および販売会社の同意を得て徴収す
        ることもできる。
       ② 日本国内における買戻し手数料
         日本国内における買戻し手数料は徴収されない。
     (3)【管理報酬等】

        ファンドは、その日々平均純資産額に対する料率として表される以下の報酬を支払う。投資顧問報酬
       としてファンドの資産額の、①5億米ドル以下の部分について年率                                   0.45  %、②5億米ドル超          10 億米ドル
       以下の部分について年率             0.40  %、③   10 億米ドル超の部分について年率                0.35  %の報酬を負担する。管理事
       務代行報酬としてファンドの資産額の、①                      5,000   万米ドル以下の部分について年率                 0.25  %、②   5,000   万米
       ドル超1億米ドル以下の部分について年率                      0.20  %、③1億米ドル超の部分について年率                     0.15  %の報酬を
       負担する。ファンドは、資産額の年率                    0.02  %の代行協会員報酬を負担する。ファンドは、販売報酬とし
       て資産額の、①5億米ドル以下の部分について年率                          0.23  %、②5億米ドル超          10 億米ドル以下の部分につ
       いて年率     0.28  %、③   10 億米ドル超の部分について年率                0.33  %の報酬を負担する。投資顧問報酬および管
       理事務代行報酬は、投資顧問会社に対して、投資顧問業務、管理事務および第三者への業務の提供およ
       び提供の手配(監査、保管、受託、投資証券会計、継続開示などに関する弁護士、名義書換事務代行、
       印刷業務を含む。)について毎月支払われる。当該報酬と引き換えに、投資顧問会社はトラストおよび
       ファンドが必要とする様々なサービスの費用を負担する。代行協会員報酬および販売報酬は、毎月、
       ファンドの日本における代行協会員業務(受益証券1口当たり純資産価格の公表および法令規則により
       作成を要する財務書類その他の文書の配布等、ならびにこれらに付随する業務)、および受益証券の販
       売および買戻しに関する業務に関し、代行協会員および各日本における販売会社に対して、それぞれ支
       払われる。
        2023  年5月   31 日に終了した会計年度中にファンドが負担した投資顧問報酬、管理事務代行報酬および
       販売報酬は、それぞれ            191  千米ドル、      106  千米ドルおよび        97 千米ドルであった。また、当該会計年度中、
       代行協会員報酬として、            8 千米ドルが支払われた。
                                 70/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (4)【その他の手数料等】

        管理会社は、トラストの設定に伴う創立費を支払った。ファンドは、当初設立に関連する創設費を負
       担し、またこれを支払った。ファンドを追加設定する場合、当該費用は、各ファンドが負担する。ファ
       ンドの設定費用は、ファンドが負担する。ファンドが費用を全額支払う前に解散する場合、かかる未払
       金額は、期限を早めて直ちに支払われる。
        ファンドは、受託会社の検討および承認を条件として、その業務に関連する以下を含むが、それらに
       限定されない投資顧問報酬、管理事務代行報酬、代行協会員報酬および販売報酬でカバーされないその
       他の支払いを負担する。(ⅰ)公租公課、(ⅱ)ブローカー費用、手数料およびその他のポートフォリ
       オ取引に関する支出、(ⅲ)利息支払いを含む借入れ費用、ならびに(ⅳ)訴訟費用および損害賠償費
       用を含む特別費用。
        2023  年5月   31 日に終了した会計年度中にファンドは、その他の費用として                               362  千米ドルの支払利息を負
       担した。
     (5)【課税上の取扱い】

       (A)日本
         2023  年9月末日現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
        Ⅰ ファンドが税法上公募外国公社債投資信託である場合

         (1)受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うことができ
            る。
         (2)国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、ファンドの分配金は、公募国内公社
            債投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
         (3)国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、日本の個人受益者が支払を受ける
            ファンドの分配金については、                20.315   %(所得税      15.315   %、住民税5%)(          2038  年1月1日
            以後は   20 %(所得税      15 %、住民税5%))の税率による源泉徴収が日本国内で行われる。
            日本の個人受益者は、申告分離課税が適用されるので原則として確定申告をすることになる
            が、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税関係を終了させる
            こともできる。
            確定申告不要を選択しない場合、一定の上場株式等(租税特別措置法に定める上場株式等を
            いう。以下同じ。)の譲渡損失(繰越損失を含む。)との損益通算が可能である。
         (4)日本の法人受益者が支払を受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と元本相当
            額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、
            所得税のみ      15.315   %の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の公共法人等(所得税
            法別表第一に掲げる内国法人をいう。以下同じ。)または金融機関等を除く。)、一定の場
            合、支払調書が税務署長に提出される(                    2038  年1月1日以後は         15 %の税率となる。)。
         (5)日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合は、上場株式等に係る譲渡
            益課税の対象とされ、受益証券の譲渡益(譲渡価額から取得価額等を控除した金額(邦貨換
            算額)をいう。以下同じ。)に対して、源泉徴収選択口座において、                                      20.315   %(所得税
            15.315   %、住民税5%)(          2038  年1月1日以後は         20 %(所得税      15 %、住民税5%))の税率
            による源泉徴収が日本国内で行われる。受益証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、
            税率は源泉徴収税率と同一であるが、確定申告不要を選択した場合は源泉徴収された税額の
            みで課税関係は終了する。
                                 71/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等との損
            益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の繰越も可能
            である。
         (6)   日本の個人受益者の場合、ファンドの償還についても譲渡があったものとみなされ、(5)                                              と
            同様の取扱いとなる。
         (7)日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一定の場
            合、支払調書が税務署長に提出される。
         (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、バーミューダ諸島に住所または登記上の営業所もしくは
            恒久的施設を有しない場合、受益証券への投資に対しバーミューダ諸島税務当局により課税されることは一切ない。
        Ⅱ ファンドが税法上公募外国株式投資信託である場合
         (1)受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うことができ
            る。
         (2)国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、ファンドの分配金は、公募国内株式
            投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
         (3)国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、日本の個人受益者が支払を受ける
            ファンドの分配金については、                20.315   %(所得税      15.315   %、住民税5%(         2038  年1月1日以
            後は  20 %(所得税      15 %、住民税5%))の税率による源泉徴収が行われる。
            日本の個人受益者は、総合課税または申告分離課税のいずれかを選択して確定申告をするこ
            ともできるが、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税関係を
            終了させることもできる。
            申告分離課税を選択した場合、一定の上場株式等の譲渡損失(繰越損失を含む。)との損益
            通算が可能である。
         (4)日本の法人受益者が支払を受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と元本相当
            額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、
            所得税のみ      15.315   %の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の公共法人等を除
            く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される(                              2038  年1月1日以後は         15 %の税率
            となる。)。
         (5)日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合は、上場株式等に係る譲渡
            益課税の対象とされ、受益証券の譲渡益に対して、源泉徴収選択口座において、                                           20.315   %
            (所得税     15.315   %、住民税5%(         2038  年1月1日以後は         20 %(所得税      15 %、住民税5%))
            の税率による源泉徴収が行われる。受益証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率
            は源泉徴収税率と同一であるが、確定申告不要を選択した場合は源泉徴収された税額のみで
            課税関係は終了する。
            譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等との損
            益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の繰越も可能
            である。
         (6)   日本の個人受益者の場合、ファンドの償還についても譲渡があったものとみなされ、(5)                                              と
            同様の取扱いとなる。
         (7)日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一定の場
            合、支払調書が税務署長に提出される。
         (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、バーミューダ諸島に住所または登記上の営業所もしくは
            恒久的施設を有しない場合、受益証券への投資に対しバーミューダ諸島税務当局により課税されることは一切ない。
        Ⅲ ファンドは、税法上、公募外国公社債投資信託として取り扱われる。ただし、将来における税務
         当局の判断によりこれと異なる取扱いがなされる可能性もある。
        Ⅳ 税制等の変更により上記ⅠないしⅢに記載されている取扱いは変更されることがある。
         税金の取扱いの詳細については、税務専門家等に確認することを推奨する。
                                 72/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (B)バーミューダ諸島

         本書の提出日現在、トラストまたは                  バーミューダ諸島の          受益者(バーミューダ諸島に通常居住する
        受益者を除く。)によって支払われる所得税、法人税、収益税、源泉徴収税、キャピタル・ゲイン課
        税、資本移転税、遺産税、または相続税はない。トラストは、受益証券の発行、譲渡または買戻しに
        関して、印紙税を課せられない。
         トラストは、バーミューダ諸島の為替管理上、バーミューダ諸島金融当局(トラストの受益証券の
        発行を承認している。)により、非居住者として位置付けられてきた。為替管理上バーミューダ諸島
        の居住者または非居住者とみなされる者による、または、かかる者の間の受益証券の発行、買戻しお
        よび譲渡は、       1972  年バーミューダ諸島為替管理法またはその下位規則に基づく特定の同意なくして行
        うことができる。
         トラストは、為替管理上バーミューダ諸島の非居住者とみなされる者のために、制限なく自由に、
        外貨および外国証券を取得、保有、売却することができる。
        バーミューダと米国との間の政府間協定

         米国政府は、米国外国口座税務コンプライアンス法(以下「                               FATCA   」という。)を実施する過程の一
        環として、パートナー国の外国金融機関(以下「                         FFI  」という。)が        FATCA   の規定を遵守することを容
        易にするため、多くの外国法域と政府間協定(以下「                             IGA  」という。)の交渉を行っている。バー
        ミューダは、米国との間で、報告規則を実施するためのモデル2B政府間(非相互)協定(以下「米
        国 IGA  」という。)を締結している。米国                  IGA  に基づき、      FFI  は、参加     FFI  としての資格を得るために米
        国内国歳入庁と外国金融機関契約(以下「                      FFI  契約」という。)を締結することを求められ、また、米
        国人口座保有者に関する情報を米国内国歳入庁に報告することを求められる。
         トラスト     (またはファンド)          は、バーミューダ報告金融機関(以下「バーミューダ                            FI 」という。)
        として、一般に、可能な限り速やかに米国内国歳入庁に登録し、該当する「特定米国人」(米国受益
        者および米国所有者を有する非米国受益者をいう。)を特定することに同意することを求められる。
        トラスト     (またはファンド)          は、米国     IGA  および   FFI  契約を遵守することを条件として、関連する源泉
        徴収税の課税対象とならない。受益者は、一般に、自らの直接的または間接的な米国における所有権
        を特定する情報をトラストに提供することを求められる。報告および源泉徴収に関する規則から別途
        免除される場合を除き、トラストに提供される当該情報は、すべて米国内国歳入庁に毎年自動的に開
        示される。
        バーミューダと英国との間の政府間協定

         バーミューダは、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(以下「英国」という。)との
        間でも   IGA  (以下「英国       IGA  」という。)を締結している。英国                  IGA  は米国   IGA  と類似する要件を課すも
        のであり、トラストは、「特定英国人」により直接的または間接的に保有される口座を特定し、かか
        る者に関する情報を英国の税務当局である英国歳入関税庁(以下「                                   HMRC  」という。)に報告すること
        を求められる。ただし、英国               IGA  は源泉徴収税の納税義務を課しておらず、英国                        IGA  に基づく報告義務
        は、  CRS  (以下に定義する)に基づく報告によって代替されている。
        税務における金融口座情報の自動的交換に関する                         OECD  基準-共通報告基準

         税務における金融口座情報の自動的交換に関する基準(一般的に「共通報告基準」または「                                               CRS  」と
        称される。)は、世界中の複数の法域(以下「参加外国法域」という。)の間で、主に課税目的にお
        いて、居住者の資産および収益に関する情報の交換を促進および標準化するために                                           OECD  により創設さ
        れた制度である。バーミューダは、参加外国法域が一定の税務事項に関する情報の自動的交換につい
        て定める合意を締結することを認める税務行政執行共助条約の締約国である。                                         2014  年 10 月 29 日に、
                                 73/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        バーミューダは、参加外国法域が                 CRS  の実施および       CRS  に基づく情報交換に同            意することができる法的
        根拠を規定した、権限ある当局による金融口座情報の自動的交換に関する多国間合意(以下「                                                MCAA  」
        と いう。)に署名した。バーミューダは、                     60 カ国を超える他の参加外国法域とともに、                      2016  年1月1
        日に効力を生じる形で           CRS  を実施することを確約している。その結果、トラストは、参加外国法域の居
        住者により直接的または間接的に保有される口座を特定し、かつ、かかる者に関する情報をバー
        ミューダの関連する税務当局に報告することを求められ、その後、当該税務当局は、かかる情報を参
        加外国法域の外国金融当局(以下「外国金融当局」という。)と毎年交換する。
        一般

         受益者は、トラストに投資する(または投資を継続する)ことにより、以下を確認および承諾し、
        またこれに同意したものとみなされる。
        (1)トラストまたはその任命された代理人は、受益者またはその直接的もしくは間接的な投資主、
           プリンシパル、パートナー、(直接もしくは間接的)実質的所有者または(直接もしくは間接
           的)支配者に関する一定の情報(受益者の氏名、住所、納税者識別番号(もしあれば)、社会
           保障番号(もしあれば)および受益者の投資に関する一定の情報を含むが、これらに限られな
           い。)を米国内国歳入庁、              HMRC  、バーミューダの関連する税務当局およびその他の外国金融当
           局に開示する。
        (2)バーミューダの関連する税務当局が、外国金融当局との間で上記に概略するとおり自動的に情
           報交換を行う。
        (3)トラストまたはその任命された代理人は、米国内国歳入庁、                                   HMRC  、バーミューダの関連する税
           務当局およびその他の外国金融当局に登録を行う際に、またはかかる当局が追加的な照会のた
           めにトラスト(または直接その代理人)に連絡をしてきた場合に、かかる当局に対し一定の秘
           密情報を開示する。
        (4)トラストは、受益者に対し、トラストが米国内国歳入庁、                                 HMRC  、バーミューダの関連する税務
           当局およびその他の外国金融当局に開示する義務のある追加の情報および書類を提供するよう
           要求する。
        (5)受益者が        FATCA   に関連する報告要件を遵守しないことにより源泉徴収税が発生した場合、トラス
           トは、当該受益者が報告要件を遵守しなかったことから生じた、当該源泉徴収税およびトラス
           ト、管理事務代行会社またはこれらの者のいずれかの代理人、受任者、従業員、取締役、役員
           もしくは関連会社が被ったその他一切の源泉徴収または関連する費用、経費、罰金、利息、違
           約金、負債、損失もしくは債務が当該受益者により経済的に負担されることを確保する権利を
           留保する(かかる金額を買戻代金、またはトラストにより宣言され支払われたかもしくは支払
           われるべき配当もしくはその他の分配に関して当該受益者に支払われる金額から控除すること
           による方法を含むが、これに限られない。)。
        (6)受益者が要求された情報または書類を提供せず、かつ、適用ある要件を遵守しない場合、トラ
           ストは、かかる行為がトラストによる法令遵守違反もしくはトラストもしくはその受益者が
           FATCA   により源泉徴収税を課されるリスクに実際に発展し、またはその他源泉徴収税の課税もし
           くは関連する費用、経費、罰金、利息、違約金、負債、損失もしくは債務の負担を生じさせる
           か否かにかかわらず、自身の判断により、対象となる受益者の即時の強制的買戻しまたは登録
           抹消を含むがこれらに限られない、あらゆる対応措置を講じおよび/またはあらゆる救済措置
           を求める権利を留保する。
        (7)   FATCA   、英国   IGA  もしくは     CRS  、またはトラストが対象となる強制的な税務情報の報告要件(また
           はこれに関連して発表された関連ある法律、規制もしくは当局の指針)(以下「報告要件」と
           総称する。)を遵守するために、トラストまたはトラストの代理人により講じられるかかる対
           応措置または求められる救済措置の影響を受ける受益者(受益者でなくなった者を含む。)
                                 74/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           は、対応措置または救済措置の結果として生じるいかなる形態の損害または債務についても、
           トラスト、管理事務代行会社、管理会社またはこれらの者のいずれかの代理人、受任者、従業
           員、  取締役、役員もしくは関連会社に対し何らの請求権を有さず、また、受益者は、適用法に
           より許可される最大限の範囲内で、かかる対応措置が講じられるかまたはかかる救済措置が実
           施されることに同意し、これに関する一切の権利または請求を放棄したとみなされる。
        (8)受益者(受益者でなくなった者を含む。)は、                           FATCA   および報告要件を遵守しなかったこと(直
           接的または間接的かを問わず、当該受益者に関連または関係する者(当該受益者の直接的また
           は間接的な投資主その他実質的な所有者を含むが、これらに限られない。)の資格、作為また
           は不作為による場合を含む。)または時機を失して遵守したことにより、またはこれらに起因
           もしくは関連して、もしくはその結果として生じた、トラスト、管理会社、管理事務代行会社
           またはこれらの者のいずれかの代理人、受任者、従業員、取締役、役員もしくは管理会社が
           被った源泉徴収(米国源泉徴収税を含む。)、費用、負債、経費、違約金、義務、損失または
           債務(あらゆる費用、弁護士報酬、専門家報酬その他の費用を含むが、これらに限られな
           い。)につき、トラスト、管理会社、管理事務代行会社ならびにそれらの取締役、役員、関連
           会社および代理人を補償する。かかる補償は、適用法により許可される最大限の範囲内で行わ
           れる。
         本要約は、トラストまたは特定の受益者に適用される可能性がある                                   FATCA   および/または米国          IGA  も
        しくは英国      IGA  またはその他の報告要件のすべての規定について述べたものではない。さらに、適用あ
        る税法および規制法が英文目論見書の日付後に変更されることにより、予想される税効果または本要
        約に言及される事項に変更が生じる場合がある。トラスト、管理会社またはそれらの役員、取締役、
        従業員、代理人、会計士、顧問もしくはコンサルタントのいずれも、受益者に対するトラストへの投
        資の税効果について責任を負わない。
         受益者は、      FATCA   、英国   FATCA   および共通報告基準、これらに相当または類似する制度、ならびにト
        ラストへの投資に関するこれらの規則の影響について、自らの税務アドバイザーに相談すべきであ
        る。
         トラストへの投資により、米国受益者および/または英国受益者またはその他共通報告基準の参加
        外国法域に居住する受益者に対して、本書に記載していない不利な税効果が生じる可能性がある。し
        たがって、かかる者は、自らの税務アドバイザーに最初に相談することなくトラストに投資すべきで
        ない。
       (C)米国

         トラストの各ファンドは、異なる時期に、異なる投資方針および投資目的で設定されており、その
        ため、各ファンドに対する米国連邦所得税の取扱いもそれぞれ異なる。以下の記述は、現在の形態に
        おけるトラストに対する米国連邦所得税の取扱いに限定される。
         以下の記述は、トラストへの投資に関連して、トラストやその受益者に及ぼす可能性のある一定の
        米国連邦所得税の影響の一般的な要約である。当該記述は、トラストに適用される米国連邦所得税を
        すべて網羅することを目的としていない。また、あらゆる受益者に適用される米国連邦所得税をすべ
        て網羅することも目的としておらず、受益者によっては特別な規則が適用されることもあり得る。
         以下の記述は、現在有効な法令に基づくものであり、遡及的または将来的に変更となる可能性があ
        る。当該記述は、トラストが今後、内国歳入法において定義される「米国不動産所有会社」の持分を
        (債権者として保有する場合を除き)保有しないことを前提としている。さらに、当該基準は、(以
        下に定義される)米国納税者がトラストもしくはファンドの全受益証券の合算で                                         10 %以上の議決権も
        しくは価値を、直接的もしくは間接的に所有していない、またはみなし所有の税務規則の適用により
        所有しているとみなされることはないことを前提としている。投資者は、個別な事情に応じたトラス
        トへの投資に関する税金の取扱いについて、税務専門家に相談すべきである。
                                 75/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         本書において「米国納税者」とは、(米国連邦所得税の課税目的で定義される)米国人もしくは米
        国に居住する外国人、米国もしくはその州(コロンビア特別区を含む。)においてまたはその法律に
        従 い創設・設立された米国税制上パートナーシップまたは法人とみなされる法主体、米国財務省規則
        により米国納税者とみなされるその他のパートナーシップ、源泉にかかわらずその収益が米国所得税
        の対象となる不動産、米国内の裁判所がその管理について主たる監督を行い、かつその実質的な決定
        が一または複数の米国受託者の管理下にある信託をいう。なお、米国の市民権を失い、かつ米国外に
        居住する者であっても、場合によっては米国納税者とみなされることがある。
         以下の記述は、便宜上、トラストが、各ファンドを含め米国連邦所得税の課税上単一の法人とみな
        される場合を想定している。しかしながら、この分野の法律は不確定である。したがって、米国連邦
        所得税の課税目的で各ファンドを別個の法主体とみなすなど、トラストが他のアプローチを採用する
        可能性がある。米国内国歳入庁がトラストの取る立場に合意するとの保証はない。
        トラストへの課税

         トラストは原則として、米国において取引や事業に従事しているとみなされないようにその業務を
        行う予定であり、したがって、その所得のいずれもトラストが行う米国の取引や事業に「事実上関連
        する」とはみなされない。トラストのいずれの所得もトラストが行う米国の取引や事業に事実上関連
        しない場合、米国の源泉からトラストが得た配当(および一定の代替配当ならびに支払に相当するそ
        の他の配当)を含む一定の範疇に属する所得ならびに一定の利息収入は、米国において                                             30 %の課税対
        象とされ、原則として当該所得から源泉される。キャピタル・ゲイン(デリバティブ商品の利用から
        発生したものを含む。)を含むその他の一定の範疇に属する所得および一定のポートフォリオ債務
        (米国政府証券を含む。)、当初発行から満期までの期間が                               183  日以内である割引債、ならびに譲渡性
        銀行預金証書にかかる利息は、この                  30 %の課税対象とはならない。一方、トラストの所得が、トラス
        トが行う米国の取引や事業に事実上関連して生じた場合、かかる所得には米国内の法人に適用される
        税率で米国連邦所得税が課税され、またトラストが支店利益税の対象となる可能性もある。
         上記のとおり、トラストは原則として、米国連邦所得税の課税対策上、米国において取引や事業に
        従事しているとみなされないように活動する予定である。具体的には、トラストは、活動が自己勘定
        による株式や有価証券またはコモディティの取引に限定される場合には米国の事業に従事していると
        はみなされないという内国歳入法のセイフ・ハーバー・ルールの適用を受けることを意図している。
        コモディティがセイフ・ハーバー・ルールの適用を受けるためには、コモディティは、習慣的に組織
        化された商品取引所で取引されており、かつ取引が習慣的に当該取引所で完了する類のものでなけれ
        ばならない。それらのセイフ・ハーバー・ルールは、取引がトラスト、居住者であるブローカー、委
        託代理人、カストディアンもしくはその他の代理人によって行われているか否か、また、それらの代
        理人が取引実行の決定を一任されているか否かを問わず、適用となる。なお、セイフ・ハーバー・
        ルールは、株式、有価証券もしくはコモディティのディーラーには適用されないが、トラストはそう
        したディーラーとなることは予定していない。
         ただし、米国内において自己勘定で有価証券およびコモディティのデリバティブ・ポジションを保
        有する非米国人に対する課税上の取扱いについては、最終案となっていない規制案を含む、ごく限定
        的な指針しか存在しないことに留意されたい。今後の指針により、トラストは米国において従事する
        活動の方法を変更する可能性がある。
         上記にかかわらず、トラストは一定の貸出しを行っていることを根拠に、取引や事業に従事してい
        るとみなされうる。トラストは、かかる可能性を最小限にするため、繰延融資およびリボルビング・
        クレジット・ファシリティへの投資を含むローン投資を構成する予定である。それでもなお、ある課
        税年度において、トラストが米国の取引や事業に従事しているとみなされない保証はない。
         「想定元本契約」としてのクレジット・デフォルト・スワップおよびその他のスワップ契約に対す
        る米国連邦所得税上の取扱いは、不確定である。米国内国歳入庁が、クレジット・デフォルト・ス
                                 76/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ワップおよびその他のスワップは米国連邦所得税の課税目的上「想定元本契約」ではないとの立場を
        とる場合、かかる投資からトラストが受領する支払いが、米国の物品税または所得税の対象となる可
        能 性がある。
         さらに、保険をベースにした証券や災害証券およびこれらに関連したデリバティブ商品が比較的最
        近市場に導入されていることを考慮すると、そうした商品が、その収入や収益が米国連邦所得税の対
        象外である有価証券とみなされる絶対的な保証はない。
         コモディティ関連スワップ、ストラクチャード・ノートおよびその他の商品の課税に関する米国税
        法の今後の動向により、トラストはコモディティのエクスポージャーを得る方法を変更する可能性が
        ある。
         FATCA   に従い、トラスト(またはファンド)は、包括的な報告および源泉の規定を遵守しない(また
        は遵守しているとみなされない)法主体に対して一定の金額の支払い(以下「源泉徴収対象支払い」
        という。)について、(             30 %の)米国連邦源泉税を課されることになる。一般に、源泉徴収対象支払
        いとは、利子(発行差金を含む。)、配当、賃料、年金およびその他の定額もしくは算定可能な年次
        のもしくは定期的な利益、収益または所得のうち米国を源泉とする支払いをいう。ただし、米国の取
        引または事業の遂行に事実上関連する所得は、本定義に含まれない。これらの規定を遵守していると
        みなされない場合、源泉税を回避するために、トラスト(またはファンド)は、かかる法主体に投資
        する各米国納税者(または実質的な米国における所有権を有する外国の法主体)に関する本人確認情
        報および財務情報を確認および開示するための契約を米国との間で締結し、当該契約に基づく義務を
        果たすためにかかる法主体が要求する情報を提供しない受益者に対して行われる源泉徴収対象支払い
        および関連する支払いについて(                 30 %の)税を源泉徴収することを義務付けられている。米国および
        バーミューダとの間の政府間協定に従い、トラスト(またはファンド)は、当該契約で義務付けられ
        る方法で米国納税者情報を確認かつ米国に直接報告すれば、規定を遵守しているとみなされ、源泉税
        を徴収しなくてよい。特定の種類の米国の受益者(免税受益者、株式公開企業、銀行、規制を受ける
        投資会社、不動産投資信託、共同信託基金、ブローカー、ディーラーおよび取次業者ならびに州およ
        び連邦政府機関を一般的に含むが、これらに限られない。)は、当該報告義務を免除される。この報
        告および源泉の制度の仕組みおよび適用範囲に関するさらに詳細な指針は、策定中である。今後のト
        ラストまたはファンドの運用に関するこのような指針の公表のタイミングや影響についての保証はな
        い。
         受益者は、トラストまたはその代理人が随時要求する税金に関する追加的な情報と共に、米国また
        は非米国の課税上の地位を証明する適切な書類の提供を義務付けられる。要求される情報を提供しな
        い場合、または適用ある場合に自らの                   FATCA   に基づく義務を果たさない場合、受益者は、結果的に生じ
        る米国源泉税、米国税の情報報告および/または自身の受益証券の持分の強制買戻し、譲渡もしくは
        その他の清算のための債務を負担する場合がある。
        受益者への課税

         トラストからの分配および受益証券の処分に関する受益者への米国における課税は一般に、受益者
        が米国内で取引や事業に従事しているか否か、または、受益者が米国納税者として課税対象となって
        いるか否かといった、受益者の個別の状況による。
         受益者は、非米国納税者の証明と共に、トラストが随時に要求する追加的な情報の提供を義務付け
        られることがある。要求される情報を提供しない場合、受益者は、結果的に生じる米国源泉税、米国
        税の情報報告および/または自身の受益証券の強制買戻しのための債務を負担する場合がある。
        米国の州および地方の税制

         上記の米国連邦所得税に加え、投資者は、トラストへの投資について米国の州税および地方税が課
        税される可能性があることも考慮すべきである。米国の州および地方の税法はしばしば、米国連邦所
                                 77/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        得税法とは異なる。投資者は、個々の状況に基づき米国の州および地方の税制に関する助言を独立し
        た税務専門家に求めるべきである。
        カリフォルニア州の税制

         米国連邦所得税の課税目的上、トラストが法人に分類される場合、カリフォルニア州を源泉とする
        収入についてのみ、カリフォルニア州のフランチャイズ所得税または法人所得税の対象となる。トラ
        ストのような非米国法人は、(1)商業上の住所地がカリフォルニア州以外にあるか、または(2)
        その投資活動が、カリフォルニア州を源泉とする収入を発生させない自己勘定の「株式もしくは有価
        証券」の取引を許可するセイフ・ハーバー・ルールに該当するかのいずれかの場合に、無形の個人資
        産への直接投資により、カリフォルニア州を源泉とする収入を回避できる。法人の商業上の住所地と
        は、その取引や事業が指示もしくは管理される主要な場所をいう。トラストは、その商業上の住所地
        がカリフォルニア州にないとの立場である。ただし、トラストの商業上の住所地を決定する際に考慮
        される要因のひと         つに、投資対象の少なくとも一部がカリ                     フォルニア州から運用されていることが挙
        げられる。したがって、異議申し立てがあった場合、このトラストの立場が支持される保証はない。
        さらに、トラストは基本的に、セイフ・ハーバー・ルール上の「株式もしくは有価証券」の取引を充
        足する方法により投資活動を行うことを意図しているが、この目的上の「有価証券」の定義について
        の指針はほとんど存在しない。例えば、コモ                       ディティ・インデックスに連動するデリバティブ商品、
        ストラクチャード・ノート、クレジット・                      デフォルト・スワップまたはその他のデリバティブ商品
        が、この目的上の「有価証券」ではないと判断された場合、トラストの投資活動が、セイフ・ハー
        バー・ルール上の「株式もしくは有価証券」としての適格性を満たさない可能性もある。したがっ
        て、トラストがカリフォルニア州を源泉とする収入を回避できる保証はない。
       (D)その他の法域

         米国またはバーミューダ諸島以外の法域において、トラストが実現する収益、および一定の受益証
        券に関して支払われる分配は、当該法域の課税対象となる可能性がある。
                                 78/352










                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    5【運用状況】

     (1)【投資状況】
                                            ( 2023  年5月末日現在)
                                  時 価 合 計            投 資 比 率
       資 産 の 種 類               国     名
                                   (千米ドル)              (%)
                    ケイマン諸島                     280           0.70
     アセット・バック証券
                    アイルランド                     255           0.64
                    デンマーク                     770           1.92
     社債
                    米国                     197           0.49
                    イギリス                     193           0.48
                    イタリア                   1,391             3.47
     ソブリン債
                    日本                     691           1.72
                    フランス                     360           0.90
                    カナダ                     142           0.35
                    オーストラリア                     58           0.14
                    メキシコ                     19           0.05
                    日本                     165           0.41
     短期金融商品
                    イギリス                     59           0.15
                    米国                     57           0.14
                    シンガポール                     52           0.13
                    カナダ                     10           0.02
                    オーストラリア                      1          0.00
                    ノルウェー                      1          0.00
     米国政府機関債                米国                   3,317             8.27
                    米国                     660           1.65
     モーゲージ・バック証券
                    イギリス                     185           0.46
     米国国債                米国                   43,069            107.44
     購入オプション                米国                     62           0.15
     売却オプション                米国                    - 90          -0.22
              小     計                         51,904            129.48
        現金・預金・その他の資産(負債控除後)                               - 11,818           - 29.48
                                       40,086
        合          計(純資産総額)                                            100.00
                                  (約  5,861   百万円)
       (注)投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。以下同じ。
                                 79/352





                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (2)【投資資産】

       ①【投資有価証券の主要銘柄(上位30銘柄)】
                                               ( 2023  年5月末日現在)
                                                         投資
                                利率          簿価            時価
     順位     銘         柄            発行地     種  類          償還日           額面金額          比率
                               (%)          (米ドル)            (米ドル)
                                                         (%)
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     1                米国    米国財務省証券       0.125   2031 年7月  15 日  4,227,742    3,874,025   米ドル    3,480,978     8.68
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     2                米国    米国財務省証券       0.125   2024 年 10 月 15 日  3,065,942    3,011,712   米ドル    2,912,167     7.26
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     3                米国    米国財務省証券       0.625   2026 年1月  15 日  2,512,658    2,502,471   米ドル    2,411,181     6.02
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     4                米国    米国財務省証券       1.375   2044 年2月  15 日  2,693,335    2,434,807   米ドル    2,296,692     5.73
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     5                米国    米国財務省証券       0.125   2025 年4月  15 日  2,224,982    2,161,799   米ドル    2,070,368     5.16
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     6                米国    米国財務省証券       0.750   2028 年7月  15 日  2,126,784    2,044,165   米ドル    1,962,074     4.89
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     7                米国    米国財務省証券       0.625   2032 年7月  15 日  1,999,255    2,077,700   米ドル    1,935,244     4.83
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     8                米国    米国財務省証券       0.500   2028 年1月  15 日  1,929,072    1,894,226   米ドル    1,792,947     4.47
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     9                米国    米国財務省証券       1.625   2027 年 10 月 15 日  1,754,212    1,732,181   米ドル    1,728,966     4.31
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     10                米国    米国財務省証券       0.250   2029 年7月  15 日  1,859,220    1,768,820   米ドル    1,638,131     4.09
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     11                米国    米国財務省証券       0.875   2029 年1月  15 日  1,529,539    1,429,794   米ドル    1,372,932     3.42
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     12                米国    米国財務省証券       2.375   2025 年1月  15 日  1,418,093    1,377,101   米ドル    1,372,458     3.42
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     13                米国    米国財務省証券       0.125   2032 年1月  15 日  1,564,770    1,535,293   米ドル    1,370,096     3.42
       Italy  Buoni  Poliennali    del Tesoro
     14                イタリア    ソブリン債       1.400   2025 年5月  26 日  1,380,051    1,199,016   ユーロ    1,276,115     3.18
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     15                米国    米国財務省証券       0.250   2025 年1月  15 日  1,305,188    1,274,350   米ドル    1,227,654     3.06
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     16                米国    米国財務省証券       0.500   2024 年4月  15 日  1,261,330    1,244,641   米ドル    1,213,937     3.03
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     17                米国    米国財務省証券       0.125   2026 年7月  15 日  1,247,910    1,234,036   米ドル    1,170,345     2.92
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     18                米国    米国財務省証券       0.375   2027 年1月  15 日  1,118,107    1,087,091   米ドル    1,031,321     2.57
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     19                米国    米国財務省証券       0.125   2031 年1月  15 日  1,215,405    1,113,120   米ドル    1,003,491     2.50
       Fannie  Mae,  TBA
     20                米国    米国政府機関債       4.500   2053 年7月1日      970,664   1,000,000   米ドル     969,121    2.42
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     21                米国    米国財務省証券       1.750   2028 年1月  15 日   996,828    955,231   米ドル     956,605    2.39
     22  Treasury   Inflation   Protected   Securities    米国    米国財務省証券       0.125   2030 年1月  15 日  1,016,261     950,260   米ドル     864,981    2.16
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     23                米国    米国財務省証券       2.000   2026 年1月  15 日   892,302    865,312   米ドル     863,470    2.15
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     24                米国    米国財務省証券       0.375   2027 年7月  15 日   786,075    789,702   米ドル     749,110    1.87
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     25                米国    米国財務省証券       1.000   2046 年2月  15 日   976,290    858,588   米ドル     746,090    1.86
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     26                米国    米国財務省証券       0.125   2026 年 10 月 15 日   702,210    662,748   米ドル     626,499    1.56
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     27                米国    米国財務省証券       0.750   2045 年2月  15 日   748,605    756,250   米ドル     625,389    1.56
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     28                米国    米国財務省証券       2.125   2041 年2月  15 日   712,571    578,886   米ドル     624,119    1.56
     29  Treasury   Inflation   Protected   Securities    米国    米国財務省証券       0.125   2026 年4月  15 日   665,198    633,023   米ドル     599,242    1.49
       Treasury   Inflation   Protected   Securities
     30                米国    米国財務省証券       0.875   2047 年2月  15 日   597,170    562,680   米ドル     472,391    1.18
       ②【投資不動産物件】

         該当なし。
       ③【その他の投資資産の主要なもの】

         該当なし。
                                 80/352






                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (3)【運用実績】

       ①【純資産の推移】
         下記会計年度末ならびに             2023  年8月末日および同日前1年間の各月末の純資産の推移は次のとおり
        である。
                       純 資 産 総 額                   1口当たり純資産価格
                     米ドル          千円         米ドル           円
       第十一会計年度末
                    89,446,622          13,077,096           17.06           2,494
       ( 2014  年5月   31 日)
       第十二会計年度末
                    80,930,802          11,832,083           16.62           2,430
       ( 2015  年5月   31 日)
       第十三会計年度末
                    62,793,186          9,180,364          16.62           2,430
       ( 2016  年5月   31 日)
       第十四会計年度末
                    38,241,199          5,590,863          17.10           2,500
       ( 2017  年5月   31 日)
       第十五会計年度末
                    38,320,854          5,602,509          17.13           2,504
       ( 2018  年5月   31 日)
       第十六会計年度末
                    38,097,687          5,569,882          17.79           2,601
       ( 2019  年5月   31 日)
       第十七会計年度末
                    39,629,858          5,793,885          19.08           2,789
       ( 2020  年5月   31 日)
       第十八会計年度末
                    49,135,309          7,183,582          20.59           3,010
       ( 2021  年5月   31 日)
       第十九会計年度末
                    46,667,122          6,822,733          20.15           2,946
       ( 2022  年5月   31 日)
       第二十会計年度末
                    40,085,911          5,860,560          19.16           2,801
       ( 2023  年5月   31 日)
        2022  年9月末日          41,335,528          6,043,254          18.45           2,697
           10 月末日        41,568,998          6,077,388          18.69           2,732
           11 月末日        42,247,901          6,176,643          19.02           2,781
           12 月末日        41,938,104          6,131,351          18.89           2,762
        2023  年1月末日          40,574,881          5,932,048          19.22           2,810
           2月末日         39,953,100          5,841,143          18.93           2,768
           3月末日         40,982,996          5,991,714          19.45           2,844
           4月末日         40,766,809          5,960,107          19.45           2,844
           5月末日         40,085,951          5,860,566          19.16           2,801
           6月末日         39,803,815          5,819,318          19.11           2,794
           7月末日         40,184,001          5,874,901          19.15           2,800
           8月末日         39,623,697          5,792,985          18.98           2,775
     (注)会計年度末の純資産総額が各日における取引すべてを反映した数値であるのに対し、各月末の純資産総額は各日の米国東部標
        準時午後7時時点で算出された数値である。
                                 81/352



                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ②【分配の推移】

         該当なし。
       ③【収益率の推移】

               会計年度                         収益率(%)
             第十一会計年度                             0.00
             第十二会計年度                            - 2.58
             第十三会計年度                             0.00
             第十四会計年度                             2.89
             第十五会計年度                             0.18
             第十六会計年度                             3.85
             第十七会計年度                             7.25
             第十八会計年度                             7.91
             第十九会計年度                            - 2.14
             第二十会計年度                            - 4.91
        (注)収益率(%)=         100 x(a-b)/b
          a=会計年度末の1口当たり純資産価格(該当会計年度の分配金の合計金額を加えた額)
          b=当該会計年度末の直前の会計年度末の1口当たり純資産価格(分配落の額)
                                 82/352













                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    (参考情報)

                                 83/352




















                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (4)【販売及び買戻しの実績】

        下記会計年度中の販売及び買戻しの実績ならびに下記会計年度末現在の発行済口数は次のとおりであ
       る。
                    販 売 口 数             買 戻 口 数             発  行  済  口  数
                       258,740             819,629            5,243,566
       第十一会計年度
                      (258,740)             (819,629)            (5,243,566)
                       590,870             965,008            4,869,428
       第十二会計年度
                      (590,870)             (965,008)            (4,869,428)
                       364,900            1,456,548             3,777,780
       第十三会計年度
                      (364,900)            (1,456,548)             (3,777,780)
                       212,200            1,753,400             2,236,580
       第十四会計年度
                      (212,200)            (1,753,400)             (2,236,580)
                       86,150             85,370           2,237,360
       第十五会計年度
                       (86,150)             (85,370)           (2,237,360)
                       17,260            113,350            2,141,270
       第十六会計年度
                       (17,260)            (113,350)            (2,141,270)
                       124,270             188,409            2,077,131
       第十七会計年度
                      (124,270)             (188,409)            (2,077,131)
                       390,420              81,250           2,386,301
       第十八会計年度
                      (390,420)              (81,250)           (2,386,301)
                       256,963             326,833            2,316,431
       第十九会計年度
                      (256,963)             (326,833)            (2,316,431)
                       22,770            247,545            2,091,656
       第二十会計年度
                       (22,770)            (247,545)            (2,091,656)
       (注)( )内の数字は、日本国内における販売・買戻および発行済の口数を示す。
                                 84/352










                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】

    1【申込(販売)手続等】
     (イ)海外における販売手続等
        投資者がファンドの受益証券を申し込むためには、①所定の申込書類に必要事項を記入して、②必要
       な申込代金を送金するよう手配を行う。
        管理会社は、発行時のファンドの受益証券の1口当たりの純資産価格により継続的に受益証券を発行
       することができる。ただし、管理会社もしくは管理会社がその裁量で任命する代理人は、一時的に発行
       を中止する権利を有する。受益証券1口当たり発行価格は、後記「(1)資産の評価(ⅰ)純資産価格
       の計算」に記載する要領で計算した各取引日における受益証券1口当たり純資産価格とする。ただし、
       名義書換事務受託会社が米国東部標準時の正午までに名義書換事務受託会社が受諾できる書式の受益証
       券の購入申込みを受領しなかった場合、受益証券1口当たり発行価格は、次の取引日に決定される1口
       当たり純資産価格とする。
        ファンドは米ドル建とする。管理会社は、トラストを代理して、ファンドの別クラスの受益証券を発
       行することができる。異なるクラスの受益証券は、取引通貨、分配方針、手数料水準、最低申込単位お
       よび最低保有数が異なるものの、ある                   1 つのクラスにおいてすべての受益証券は、同一の権利を有する。
       ファンドの受益証券について端数は発行されない。管理会社は、受託会社の承諾の上、管理会社がその
       単独の裁量で決定する数量の受益証券にその単独の裁量で決定する方法で受益証券を分割および/また
       は併合することを決定することができる。受益証券の分割および/または併合にあたり、受託会社は
       (分割および/または併合の効力発生前に通知していなかった場合)、直ちに分割および/または併合
       を受益者名簿にその名前が記載されている各受益者(または共同受益者の場合は筆頭受益者)に対して
       通知する。受益者は、発行価格の支払後に追加の支払いを求められることはなく、受益証券の購入に関
       して追加の債務が受益者に課せられることはない。
        受益証券の申込代金は、受託会社またはその指名する代理人の命令に従って、関係するファンドの口
       座に即時現金化可能資金を送金して支払われる。支払は、受益証券の通貨以外の自由に交換可能な通貨
       で行うことができるが、その場合、投資顧問会社は、申込人の費用とリスクにおいて、両替を要求する
       ことができる。特別の場合、受益者となろうとする者は、支払を投資証券その他の金融商品の譲渡によ
       り行うことができる。かかる現物支払は、譲渡される当該投資証券その他の金融商品をファンドが保有
       し、かつ、当該証券その他金融商品の保有が投資目的および投資方針に合致すると投資顧問会社が考え
       る場合にのみ許容される。受益者があるファンドから別のファンドへの転換を行った結果として発行さ
       れた受益証券の代金は、あるシリーズ・トラストの信託財産の資産を別のシリーズ・トラストの信託財
       産に移すことによって、現物で支払うことができる。
       確認書

        名義書換事務受託会社は、申込みまたは買戻しの直後に、ファンドの受益証券の保有数の確認書を送
       付する。受益証券の券面は発行しないものとする。
       受益証券の所有権と譲渡

        受益証券のための市場が整備される予定はない。受益証券の所有権は、譲渡人および譲受人が、また
       は譲渡人および譲受人の代理人を務める受益者名簿に登録された適当な委任状を保有する者が、日付を
       記入し、署名した書面による譲渡申請により、譲渡される。投資者が受益証券を譲渡できるか否かにつ
       いては多くの法的制約がある。したがって、譲受人は、法律の規定、政府等が定めた要件もしくは規則
       または管理会社もしくはその指名する代理人の方針等を遵守するために、管理会社またはその指名する
       代理人が要求する情報を提出する義務を負う。また譲受人は、①以下に記載する受益証券の購入または
       保有を制限されていない者に受益証券を譲渡すること、および、②譲受人が自己の勘定で受益証券を取
                                 85/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       得することを、書面により管理会社またはその指名する代理人に表明することを要する。受益証券の譲
       渡人は、受益証券に関して譲渡が登録され、譲受人の氏名が受益者名簿に記録されるまでは、引き続き
       受 益者として譲渡の対象となった受益証券に対する権原を有するものとみなされる。管理会社は、その
       単独の裁量にて譲渡を拒否することができる。
        受益者名簿において確定された受益者は、その名義で登録された受益証券に関する権利、権原または
       所有権を有する唯一の者であると受託会社または管理会社によって承認された者である。受託会社およ
       び管理会社は、かかる受益者をかかる受益証券の絶対所有者として承認することができ、また、これに
       反する一切の通知によって拘束されることはない。また、受託会社および管理会社は、いずれかの信託
       の執行について注意もしくは認識する義務はなく、また、信託証書において明記されている場合、また
       は管轄権を有する法域の裁判所の命令を受けた場合を除き、これにより表象されているもしくはかかる
       受益者の名義で登録されている証券または受益証券に関する権利に影響を及ぼすいずれかの信託、もし
       くは衡平法上もしくはその他の権利を認識する義務はないものとする。
       所有の制限

        受託会社は、ファンドの受益証券の所有を制限することができる。さらに、管理会社またはその指名
       する代理人は、独自の裁量にしたがって、居住地または設立地を問わず、個人または法人に対する受益
       証券の発行を一時的または恒久的に中止または制限することができる。管理会社またはその指名する代
       理人は、ファンドの受益証券の購入もしくは保有が禁止されている受益者が保有し、または受益証券の
       保有が当該法域の法律に違反する場合、いつでも、受益証券を買い戻すことができる。管理会社または
       その指名する代理人が受益者に対して強制的買戻しの通知を送付した場合、かかる受益者は強制的買戻
       通知に記載する日の営業終了時に、直ちに同通知に記載する受益証券の所有者ではなくなるものとす
       る。強制的買戻しに基づいて管理会社またはその指名する代理人が買い戻す受益証券の買戻価格は、通
       知に記載する日の受益証券の純資産価格とし、ファンドの資産から支払われるものとする。
        受益証券を、直接または間接的に、アメリカ合衆国において、または米国人(以下に定義する。)に
       対して、販売し、譲渡し、または引き渡すことができない。ただし、米国および受益証券の販売を行う
       米国のいずれかの州の証券法を遵守している場合はこの限りではない。ただし、ファンドは、限られた
       人数または範囲の米国人向けに受益証券の私募を行う権利を留保する。さらに、ファンドは、受益者に
       適格性に関する追加的条件を課し、または投資を行おうとする者の申込みの一部もしくは全部の承諾を
       拒絶することができる。
        米国人には、(1)          1933  年米国証券法(以下「証券法」という。)に基づいて公布されたレギュレー
       ションSのルール         902  に定める「米国人」を含むが、(2)米国商品取引法に基づくルール                                    4.7  に定める
       「非米国人」(レギュレーションSのルール                       902  に規定する「米国人」ではない者)を含まない。
        現在、レギュレーションSは、「米国人」を以下のように定義している。
       (a)米国に居住する自然人
       (b)米国の法律に基づいて設立されたパートナーシップまたは法人
       (c)執行者または財産管理人が米国人である財団
       (d)受託者が米国人である信託
       (e)米国に所在する外国の法主体の代理人または支店
       (f)米国人の利益のためにまたは米国人の勘定でディーラーまたはその他の受託機関が保有する非一
          任勘定またはこれに類する勘定(財団または信託を除く。)
       (g)米国で組織され、設立され、または(個人の場合)米国に居住するディーラーまたはその他の被
          信託人が保有する一任勘定またはこれに類する勘定(財団または信託を除く。)
       (h)法人またはパートナーシップで、①米国外の法域の法律に基づいて設立され、②米国証券法に基
          づき登録されていない証券に投資することを主たる目的として米国人が設立したもの(ただし、
                                 86/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          自然人、財団または信託以外の適格投資家(米国証券法に基づくルール                                      501  (a)の定義に従
          う。)が設立または所有する場合を除く。)
        「米国人」には、下記のものを含まない。
       (a)米国で組織され、設立され、または(個人の場合)米国に居住するディーラーもしくはその他の
          プロの受託機関が米国人の利益のために、または米国人の勘定で保有する一任勘定またはこれに
          類する勘定(財団または信託を除く。)
       (b)執行者または財産管理人を務めるプロの受託機関が米国人である財団で、①米国人でない財団の
          執行者または財産管理人が財団の資産に関して、単独で、または共同して投資判断を下し、か
          つ、②財団に外国の法律が適用される場合。
       (c)執行者または財産管理人を務めるプロの受託機関が米国人である信託で、米国人でない信託の受
          託者が信託の資産に関して、単独で、または共同して投資判断を下し、信託の受益者(信託が取
          消可能である場合は、設定者)が米国人でない場合。
       (d)米国以外の国の法律、慣行および書類に従って設立され、運営される従業員給付基金
       (e)米国以外に所在する米国人の代理店または支店で、①有効なビジネス上の理由で営業し、②銀行
          または保険業に従事しており、所在する法域の銀行または保険に関する実体的規制に服する場
          合。
       (f)国際通貨基金、国際復興開発銀行、米州開発銀行、アジア開発銀行、アフリカ開発銀行、国連お
          よび国連の部局、関係者、年金基金ならびにその他これに類する国際機関およびその部局、関係
          者および年金基金
        現在、米国商品取引法規則ルール                 4.7  は、関係部分において、以下の者を「非米国人」とみなすことを
       規定している。
       (a)米国の居住者ではない自然人
       (b)パッシブ運用を主たる目的として、外国の法域の法律に基づいて設立され、外国の法域を主たる
          事業地とするパートナーシップ、法人またはその他の法主体
       (c)源泉に関係なく、所得が米国の所得税の対象とならない財団または信託
       (d)パッシブ運用を主たる目的として設立された、資産プール、投資会社等の法主体(ただし、非米
          国人もしくは適格投資家としての資格がない者が保有する法主体の利益参加型受益証券が合計で
          かかる法主体の持分の            10 %未満であり、かつ利益参加者が非米国人であることを理由に米国商品
          先物取引委員会規則パート4に定める一部の条件の適用が免除された運営者に関する資産プール
          に対する非米国人としての資格がない者の投資を促進すること主たる目的として設立された法主
          体であることを条件とする。)
       (e)米国以外で設立され、米国以外を主たる事業地とする法主体の従業員、執行役員または親会社の
          年金基金
        以上にかかわらず、レギュレーションS上の「非米国人」とみなされる者および米国商品先物取引委
       員会ルール      4.7  上の「非米国人」は、原則として、米国連邦所得税法上の所得税が賦課される。かかる者
       はファンドへの投資について各自の税務顧問と相談するべきである。また、投資者は、原則として、米
       国の納税者でないことの証明を求められる。
        ファンドが認可していない米国人が、単独で、または他の者と共同して、受益証券を所有しているこ
       とに管理会社が気づいた場合、管理会社は、かかる受益証券を強制的に買い戻すことができる。
        申込みによってファンドの規制上の地位が損なわれるとファンドが判断する場合は、原則として、か
       かる申込みの承諾を拒絶する。ただし、ファンドの規制上の地位が損なわれない場合、ファンドは、上
       記の適格性の基準に合致しない投資者の投資を承認する権利を留保する。
       マネー・ロンダリング規制

                                 87/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        マネー・ロンダリングを防止し、テロへの資金供給を阻止するため、名義書換事務受託会社、その関
       連会社、子会社または関係人は、投資者の身元および申込代金の支払いの資金源の詳細な確認をしなけ
       ればならない。各申込みの状況により、以下の場合、詳細な確認は必要とされない。
       (a)申込者が、公認の金融機関の申込者名義の口座から支払を行う場合。または、
       (b)申込みが、公認の仲介業者を通じて行われた場合。
        これらの例外は、上記の金融機関または仲介業者が十分なマネー・ロンダリング規制を有すると認め
       られる国に存在する場合にのみ適用される。
        受託会社および管理会社は、申込者の身元を確認するために必要な情報を要求する権利を有する。申
       込者が確認手続のために必要な情報を提供しないかまたは提供が遅れた場合、該当の場合、名義書換事
       務受託会社は、申込みおよび買付金の受理を拒絶することができる。
        米国のマネー・ロンダリング規制や今後の規制により、申込時にさらなる情報が要求されることがあ
       る。  USA  パトリオット法(          USA  PATRIOT     ACT  )により改正された米国銀行秘密保護法(                       The  U.S.   Bank
       Secrecy     Act  )は、米国内の一定の金融機関に対して、マネー・ロンダリング防止措置の採用を義務付け
       ており、金融機関に対し顧客の身元確認義務および疑わしい取引の報告義務を課している。将来、他の
       種類の者が追加される可能性がある。
        ルクセンブルグの居住者は、(申込みその他による)トラストの支払に犯罪行為による収益が含まれ
       ているとの疑いをもつ場合には、ルクセンブルグの                           CSSF  サーキュラー       08 / 387  ( CSSF  サーキュラー       10 /
       476  と共に理解すること)および当該                  CSSF  サーキュラーを改訂、補足もしくは置換える                        CSSF  サーキュ
       ラー、ならびにマネー・ロンダリング規制に適用されるその他のルクセンブルグの法令に従ってかかる
       疑いを報告する義務を負う。
     (ロ)日本における販売手続等

        日本においては、         202  3 年 11 月1  日から   202  4 年 10 月 31 日までの申込期間中の各日に受益証券の募集が行
       われる。受益証券を申し込む投資者は、販売取扱会社と口座約款を締結するものとし、販売取扱会社
       は、口座約款を投資者に交付し、当該投資者から当該口座約款に基づく取引口座の設定を申し込む旨記
       載した申込書の提出を受ける。
        受益証券は、1口当たり純資産価格で購入することができる。最低販売単位は、                                         100  口以上   10 口単位と
       する。ただし、管理会社および日本における販売会社が書面により別途合意する場合は、当該合意に従
       うものとし、上記と異なる申込単位を用いる場合がある。日本における約定日は原則として販売取扱会
       社が当該注文の執行を確認した日(通常発注日の日本における翌営業日)であり、約定日から起算して
       日本における4営業日目に、受渡しを行うものとする。
        日本国内における申込手数料は以下のとおりである。

                   申込口数                      申込手数料
             10 万口未満                        3.30  %(税抜     3.00  %)
             10 万口以上       50 万口未満                 1.65  %(税抜     1.50  %)
             50 万口以上     100  万口未満                0.825   %(税抜     0.75  %)
            100  万口以上                        0.55  %(税抜     0.50  %)
       (注)管理会社および日本における販売会社が書面により別途合意する場合は、当該合意に従うものとし、上記料率を上限とし
         て、上記と異なる申込手数料が課せられる、または申込手数料が課せられない取扱いとなる場合がある。
         なお、申込手数料に関する照会先は、各日本における販売会社。
        販売取扱会社は、ファンド証券の保管を販売取扱会社に委託した投資者の場合、買付代金の受領と引

       換えに取引残高報告書または他の通知書を交付する。買付代金の支払は、円貨または米ドル貨によるも
       のとする。
                                 88/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        なお、日本証券業協会の協会員である日本の販売取扱会社は、ファンドの純資産が1億円未満となる
       等同協会の定める「外国投資信託証券の選別基準」にファンド証券が適合しなくなったときは、ファン
       ド 証券の日本における販売を行うことができない。
        前記「(イ)海外における販売手続等」の記載は、適宜、日本における販売手続等にも適用されるこ

       とがある。
    2【買戻し手続等】

     (イ)海外における買戻し手続等
        ファンドの受益証券は、下記の方法により、販売会社から名義書換事務受託会社に対して通知するこ
       とにより、各取引日(「買戻日」)に買い戻すことができる。買戻しは、受益証券1口単位で行うこと
       ができる。
        買戻しは、名義書換事務受託会社が受諾できる書式の受益証券の買戻しの申込みを受け取った取引日
       に決定され、後記「純資産価格の計算」の項のとおり算定されるファンドの受益証券1口当たり純資産
       価格で実施される。ただし、名義書換事務受託会社が東部標準時の正午までに当該買戻しの申込みを受
       領しなかった場合、買戻しは、次の取引日に受領したとみなされ、当該日に算定される受益証券1口当
       たり純資産価格で実施される。かかる買戻し後、受益者は(ⅰ)ファンドの最低保有口数を保有する
       か、または(ⅱ)受益証券を保有しない。
        受益者が、買戻し後の受益証券口数がファンドに適用される最低保有口数を下回る結果となる口数の
       買戻しを請求した場合、管理会社の裁量により、トラストは受益者の残りの受益証券のすべてを買戻す
       ことができる。買戻通知の書式は、ブラウン・ブラザーズ・ハリマン(ルクセンブルグ)エス・シー・
       エイから入手することができる。
        買戻手数料は課せられない。買戻価額の支払は、原則として、名義書換事務受託会社が、買戻通知を
       受領するまたは受領したとみなされる取引日(以下「買戻約定日」という。)から4営業日以内に、銀
       行振替で送金される。ただし、一定の状況下において、買戻約定日から8営業日以内に支払を行うこと
       ができる。
        買戻価額は、米ドルで支払われ、また管理会社がファンドの最善の利益に適うと判断する場合、ファ
       ンドの資産を構成する投資対象を現物で分配することで決済する。また、買戻しを求める受益者の請求
       に応じて、自由に換算できるその他の通貨で受益証券の代金を支払うことができる。ただし、為替の費
       用は受益者に支払うべき金額から差し引かれる。実際に分配が行われる前に、買戻代金に利息は付され
       ない。
        投資顧問会社は、通常の状況下では、受益者から請求を受け次第、すみやかに受益証券の買戻しを実
       施できるように、各ファンドが適正な水準の流動性を維持するように努力する。
        以上の手順に基づく買戻請求は、取消不能であるが、「純資産価格の計算の停止」または「トラスト
       の終了」に記載するいずれかの理由により買戻請求に応じられない場合、受益者は、かかる請求を取り
       消すことができる。
        管理会社またはその指名する代理人が、受益証券の購入もしくは保有を禁止されている者が、または
       かかる者の利益のために、受益証券が保有していると判断する場合(「所有の制限」参照)、管理会社
       またはその指名する代理人は、かかる受益者に通知をして、通知に記載する日の買戻価額で受益証券を
       買い戻すことができ、通知に記載する日の営業終了時点において効力を発生するものとする。
       大量取引の通知

        ファンドもしくはその代理人は、ファンドの受益証券の大量取引を既存もしくは将来の受益者が発注
       する予定である旨または金融仲介業者が受注している旨の通知を随時受ける。ファンドは、当該注文の
       発注や処理が行われていない場合でも、当該注文を見越してポートフォリオ取引を決定することができ
                                 89/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       る。この方法により、受益者が発注する時期と当該発注に基づきファンドがポートフォリオ取引を行う
       時期との間には、密接な相関関係が生じる。購入注文の場合にはファンドは積極的に取引を行うことが
       で き、買戻注文の場合にはポジションの解消を行うことができる。ただし、既存もしくは将来の受益
       者、または該当の場合には金融仲介業者は、最終的に発注や注文の処理を行わない可能性もある。その
       場合、ファンドは当該注文を見越して行った取引を決済するために資産の借入を行う必要があり、借入
       費用が発生する。ファンドは、そうした取引から損失を被る可能性もある。その一方で、ファンドはそ
       うした取引から利益を受けることもあり得る。
     (ロ)日本における買戻し手続等

        ファンドの受益証券は、下記の方法により、各取引日(「買戻日」)に買い戻すことができる。
        買戻しは、受益証券1口単位で行うことができる。
        買戻しは、受益証券の買戻しの申込みを受け取った取引日に決定され、後記「純資産価格の計算」の
       項のとおり算定されるファンドの受益証券1口当たり純資産価格で実施される。ただし、名義書換事務
       受託会社が東部標準時の正午までに当該買戻しの申込みを受領しなかった場合、買戻しは、次の取引日
       に受領したとみなされ、当該日に算定される受益証券1口当たり純資産価格で実施される。
        買戻し金額は円貨または米ドル貨で支払うものとし、米ドル貨と円貨との換算は、該当する買戻約定
       日における日本での東京外国為替市場の外国為替レートに準拠したものであって、販売取扱会社が決定
       するレートによるものとする。
        日本における買戻約定日は、日本において日本における販売会社が当該注文の成立を確認した日(通
       常発注日の日本における翌営業日)であり、日本における買戻代金の支払は、日本における買戻約定日
       から起算して4営業日目に行われる。
       乗換え

        受益証券は、別のファンドの受益証券に転換することができず、他のファンドの受益証券も、本ファ
       ンドの受益証券に転換することができない。
        前記「(イ)海外におけ             る買戻し手続等」の記載は、適宜、日本における買戻し手続等にも適用され

       ることがある。
                                 90/352









                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】
       (ⅰ)純資産価格の計算
        公表の頻度
         ファンドの受益証券1口当たり純資産価格は、管理会社の監督の下で、管理事務代行会社が、各取
        引日のニューヨーク証券取引所における通常取引終了時点(原則として東部標準時の午後4時)(以
        下「  NYSE  取引終了時」という。)で決定される。
         本書で使用される「取引日」および「営業日」は、同じ意味であり、ニューヨーク証券取引所の各
        取引日をいい、元旦、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア・デイ、ワシントン誕生日(一般に
        「プレジデント・デイ」とされる。)、聖金曜日、メモリアル・デイ、                                      奴隷解放記念日、         独立記念
        日、レイバー・デイ、サンクスギビング・デイおよびクリスマスが除かれる。
         (ファンドが買戻可能な期間中の)受益証券1口当たり純資産価格ならびに受益証券の発行価格お
        よび買戻価格は、管理事務代行会社の主たる事務所で受益者に公表される。
        ファンドの資産の計算と評価
         ファンドの受益証券1口当たり純資産価格は、①(a)ファンドに帰属する資産の価値およびかか
        る資産に基づく利益から、(b)ファンドに帰属する費用および債務ならびに適正または必要とみな
        される将来の費用の引当金または準備金を差し引いた金額を、②その時点におけるファンドの発行済
        受益証券の総数で除して計算される。
         受益証券1口当たり純資産価格を計算する上で、市場価格が容易に入手できる組入証券その他の資
        産は、所定の市場価格で評価される。市場価格は、当該価格が算出日にファンドがアクセスできる活
        発な市場における同一投資対象の相場価格(調整前)である場合に限り、直ちに利用することができ
        る。ただし、相場価格が信頼に値しない場合には直ちに利用することはできない。市場価格は、原則
        として、最後に報告された売値、売りが報告されていない場合は、相場報告システム、評価の確立し
        ているマーケット・メーカーまたは価格設定サービスから入手した価格に基づい                                         て算定する。日々の
        市場価格が容易に入手できない一部の証券または投資対象は、その他の証券または指数を参考にして
        評価することができる。満期が                60 日以内の短期の投資対象は、原則として、償却後原価で評価する。
        取引所で売買されているオプション、先物および先物オプションは、取引所の決済価格で評価する。
        市場価格が容易に入手できないその他の有価証券は、投資顧問会社または投資顧問会社の指示にした
        がって行動する者が誠実に算定した公正価格で評価する。異常な状況下では、トラストは、通常の方
        法で証券を評価する代わりに、投資顧問会社が誠実に算定した公正価格または見積価格で評価するこ
        とができる。関係する市場の取引が終了した後、                         NYSE  取引終了時の前に、異常な事態が発生した場合
        も、公正価格を使用することができる。
         ファンドにおいては、最初に米ドル以外の通貨で評価した投資対象は、価格設定サービスから入手
        した為替レートを使用して米ドルに換算する。米国以外の市場で取引される米ドル以外の通貨建ての
        証券の価格は、ニューヨーク証券取引所が終了しかつ投資者が受益証券の購入、買戻しまたは交換が
        できない日に相当の影響を受けることがあり、投資者は、受益証券を購入、買戻し、または交換する
        ことができない。
         組入証券は、ニューヨーク証券取引所が営業している日の                              NYSE  取引終了時に評価する。受益証券1
        口当たり純資産価格を計算する上で、ファンドは、原則として、                                 NYSE  の取引終了直後に受領した米国
        の株式関連証券に関する価格データを使用し、                        NYSE  の取引終了後に行われた取引、決済                  または精算に
        ついては通常考慮に入れないものとする。市場価格を直ちに利用できない投資対象は、投資顧問会社
        またはその裁量により行為する者が誠実に決定する公正価値で評価される。一般的な原則として、証
        券またはその他の資産の公正価値は、算出日における市場参加者間の秩序ある取引において資産を売
        却するために受け取ることになる価格または負債を移転するために支払うことになる価格である。投
                                 91/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        資顧問会社は市場相場を直ちに利用できない状況において証券およびその他の資産を評価する方法を
        採用し、公正な価格設定の手法の適用に対して責任を負う。投資顧問会社は市場相場を直ちに利用で
        き ないファンドの証券およびその他のファンドの資産を価格決定サービス、相場報告システム、評価
        エージェントおよびその他の第三者の情報源からのインプットを利用して評価することがある。米国
        の債券および米国以外の証券は、原則として、                        NYSE  取引終了時以前に、かかる証券の主要市場の取引
        終了時のデータを使用して価格を設定するものとする。特定の日に受益証券1口当たり純資産価格を
        計算した後にトラストまたはその代理人が了知した情報は、原則として、それ以前に算定した証券の
        価格または受益証券1口当たり純資産価格を遡及的に調整するために使用しないものとする。ナス
        ダック市場および時価総額の小さい証券の公正な市場価格もまた最終報告売却価格の代わりにナス
        ダック公式終値(以下「             NOCP  」という。)を用いて算定される。
         ファンドの1口当たりの純資産価格の計算は、トラストの                              NAV  エラー修正手続(随時修正される。)
        (以下「     NAV  エラー修正手続」という。)に従うことになる。                         NAV  エラー修正手続は一般的な申込みの
        ために整備されたもので、1口当たりの純資産価格の算出に重大な誤差が生じた場合の是正措置の手
        続きを定めている。ただし、受託会社および投資顧問会社は、一定の状況下において衡平法(金銭賠
        償以外の是正を認めることがある。)が異なる結果を示唆する状況があり得ることを認識している点
        に留意すべきである。したがって、受託会社および投資顧問会社は適切と考えられる特定の状況にお
        いて  NAV  エラー修正手続を変更する権利を留保するが、                        NAV  エラー修正手続の変更が該当するファンド
        の受益者の最善の利益となることおよび適用される法律または規制当局の要件に従うことを条件とす
        る。
       (ⅱ)純資産価格の計算の停止
         管理会社または受託会社(場合による。)が受益者の利益を顧慮した上でファンドの純資産価格の
        決定の停止が好ましくかつ十分な理由があると判断する場合、管理会社は、一か月を超えない期間、
        受託会社の事前の同意を得て、ファンドに関する純資産価格(したがって1口当たり純資産価格)の
        決定を一時的に停止でき、受託会社が要求する場合には停止する。管理会社および/または受託会社
        は、以下の状況において、ファンドの純資産価格の決定、当該ファンドの受益証券の発行および買戻
        しを停止することが予定されている。
        (a)ファンドの資産の重要な部分につき価格設定している主要な市場もしくは証券取引所が通常の
           休日以外で閉鎖されている期間、または、取引が実質的に制限もしくは中止されている期間。
        (b)受託会社が行うファンドの資産の処分が実行不能となる緊急事態が発生している期間。
        (c)ファンドの資産の価格またはファンドの資産の重要な部分につき価格設定している主要な市場
           もしくは証券取引所における時価を決定するために通常使用される通信手段が故障している期
           間。
        (d)ファンドの資産の換金または支払に伴う送金が不可能である期間。
        (e)ファンドを実質的に終了もしくは清算させる事態(受託会社の裁量により判断される。)が発
           生している期間、または、              BMA  が命ずる期間。
         かかる停止については、             BMA  および全受益者に対して停止後7日以内に通知され、かかる停止期間の
        終了前にも速やかに通知される。
         ファンドの純資産価額の計算が中止されている期間中、受益証券を募集、買戻しまたは譲渡するこ
        とができない。
     (2)【保管】
        受益証券が販売される海外においては、受益証券の確認書は受益者の責任において保管される。
        日本の投資者に販売される受益証券の確認書は、日本における販売会社名義で保管され、日本の受益
       者に対しては、販売取扱会社から受益証券の取引残高報告書が定期的に交付される。
        ただし、日本の受益者が別途、自己の責任で保管する場合は、この限りではない。
     (3)【信託期間】
                                 92/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        トラストは、下記「(5)その他(ロ)トラストの解散」に定めるいずれかの方法により終了しない
       限り、信託証書の日付(            2001  年8月8日)から         100  年間継続する。
     (4)【計算期間】
        トラストおよびファンドの決算期は毎年5月                       31 日、または受託会社の承認を得た上で管理会社が決定
       する各年のその他の日である。
     (5)【その他】
       (イ)発行限度額
         トラストの受益証券          5,000   億口の発行に関して、           1972  年バーミューダ為替管理法(               Exchange     Control
        Act  1972  )に基づく認可が、          BMA  から取得されている。
       (ロ)トラストの解散
         トラストは、次の場合に終了することができる。
        ① 管理会社が、日本の投資信託及び投資法人に関する法律に基づき設立されたファンド・オブ・
          ファンズタイプの投資信託の委託者と協議の後、裁量により決定したとき。
        ② トラストまたは個々のファンド(場合に応じて)の発行済受益証券の                                      75 %以上の多数決でトラス
          トまたは個々のファンド(場合に応じて)の受益者の特別集会において決議されたとき。
        ③ バーミューダ標準ファンドとしてのトラストの承認が撤回されたとき。
        ④ 信託証書の日付から            100  年間を経過したとき。
         管理会社は、ファンドの純資産額が、ファンドの存続についてビジネス的な展開に至らず、または
        受益者の利益に資するものではなくなってしまうレベルにまで減少した場合、販売会社と協議の上、
        その裁量でファンドを終了することを決定できる。
         清算時において、受託会社は、トラストの投資対象、財産その他の資産を換金し、支払うべき負債
        の適切な引当金を支払いまたは留保し、かつ、清算費用を留保した後に、換金された金銭を、トラス
        ト清算時点におけるトラストに対する持分割合に応じて、(受託会社が合理的に要求する権原の証明
        (もしあれば)の提出により、)受益者および管理会社に分配する。
         支払日から      12 か月間請求されない受託会社が保有する純利益その他の現金(未請求の分配金を含
        む。)は、受託会社が支払にかかる費用を留保する権利を有していたとしても、受託会社により裁判
        所に支払われる。受託会社は、投資者の権原を充足させるため、トラストの一定の資産または財産を
        現物で分配することができる。
       (ハ)信託証書の変更
         トラストは、       2001  年8月8日にウィンチェスター・グローバル・トラスト・カンパニー・リミテッ
        ド(当時の受託会社)および管理会社により署名された信託証書(随時改訂済)に従い、マルチ・シ
        リーズ・トラストとして             設定された。       2006  年にウィンチェスター・グローバル・トラスト・カンパ
        ニー・リミテッドが退任してトラストの受託会社の任を解かれ、ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・
        トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッドがトラストの新しい受託会社に任命された。                                               2017  年9
        月 29 日の営業時間終了時(米国東部標準時)をもって、ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・トラス
        ト・カンパニー(ケイマン)リミテッドが退任してトラストの受託会社の任を解かれ、メイプルズ・
        トラスティ・サービシーズ(バミューダ)リミテッドがトラストの新しい受託会社に任命された。
         信託証書は、一定の場合における当事者の補償および責任からの免除の規定を有する。受益者およ
        び投資者となろうとする者は、信託証書の条項について助言を受けることが望ましい。本書と信託証
        書との間で相反がある場合には、信託証書の規定が優先される。
         当該時において有効な信託証書の写しは、管理会社および受託会社の営業所において、通常の営業
        時間内中無料で閲覧することができる。
         各受益者は、ファンドの受益証券を取得することにより、信託証書の条項をすべて承諾したとこと
        になる。受託会社および管理会社は、修正が受益者の最善の利益になると考える場合、随時に信託証
        書を修正することができる。当該修正は、受託会社および管理会社がその合理的な判断で、当該修正
                                 93/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        の提案が受益者のためになる、または受益者にとって重大な不利益にならないと決定した場合を除
        き、受益者決議の事前の書面による承認が必要となる。
       (ニ)関係法人との契約の更改等に関する手続
        投資運用契約
         投資運用契約(随時改訂される。)は、投資顧問会社または受託会社が相手方当事者に                                             60 日前の書
        面による事前通知を行うことにより、特定の月の末日に終了させることができる。上記にかかわら
        ず、投資顧問会社は、(i)投資顧問会社が清算に入る場合、(ⅱ)投資顧問会社の事業に関して管
        財人が任命された場合、(ⅲ)投資顧問会社の変更が受益者のために望ましいと受託会社が考え、そ
        の旨を受益者に書面で述べた場合、(ⅳ)受益者集会において、投資顧問会社の解任もしくは法的に
        可能な限り速やかな解任の決定についての決議が受益者によって可決された場合、または(v)発行
        済受益証券の価額の4分の3以上の保有者が、投資顧問会社の解任を書面にて受託会社に要求した場
        合、受託会社により解任させられる。
         投資運用契約は、バーミューダの法律に準拠し、同法に従って解釈される。
        管理事務代行契約
         管理事務代行会社、受託会社ならびに管理会社は、当初の3年が経過後、                                      60 日以上前の書面通知を
        行うことにより、本契約を終了させることができる。ただし、                                管理事務代行会社の退任および後任の
        管理事務代行会社の名称については、                    受益者へ     書面により      通知される。上記にかかわらず、管理事務
        代行会社、受託会社ならびに管理会社は、                      (a)一方の当事者による本契約の重大な違反があり、違
        反を犯した当事者が、被違反当事者からの違反についての書面による通知を受領後                                             45 日以内に、
        (i)違反を是正できないか、もしくは(ⅱ)被違反当事者が合理的に承認する是正のための計画を
        策定できない場合、または(b)本契約のいずれかの当事者が破産または支払不能の決定を受けた場
        合、もしくはかかる当事者に対して、適用ある破産、支払不能もしくは類似の法律に基づく手続が開
        始する場合は、        30 日前の書面通知を行うことにより、いつでも本契約を終了させることができる。本
        契約のいずれの当事者も、相手当事者の書面による同意を得ることなく、本契約または本契約上の権
        利もしくは義務を譲渡することはできない。
         管理事務代行契約は、バーミューダの法律に従って解釈される。
        保管契約
         保管受託銀行および受託会社は、当初の3                      年 が経過後、      60 日以上前の書面通知を行うことにより、
        本契約を終了させることができる。上記にかかわらず、いずれかの当事者は、(a)一方の当事者に
        よる本契約の重大な違反があり、違反を犯した当事者が、被違反当事者からの違反についての書面に
        よる通知を受領後         45 日以内に、(i)違反を是正できないか、もしくは(ⅱ)被違反当事者が合理的
        に承認する是正のための計画を策定できない場合、または(b)                                 本契約のいずれかの当事者が破産ま
        たは支払不能の決定を受けた場合、もしくはかかる当事者に対して、適用ある破産、支払不能もしく
        は類似の法律に基づく手続が開始する場合は、                        30 日前の書面通知を行うことにより、いつでも本契約
        を終了させることができる。受託会社は、保管受託銀行の書面による事前の承諾なしに、本契約を譲
        渡することはできない。
         保管契約は、ニューヨーク州の法律に準拠し、同法に従って解釈される。
        名義書換事務委託契約
         名義書換事務委託契約は、いかなる違約金の支払いもなしに、一方当事者から他方当事者に対する
        30 日前の書面による通知をもって、いつでも終了することができる。
         名義書換事務委託契約は、ルクセンブルグの法律に準拠し、同法に従って解釈される。
        代行協会員契約書
         代行協会員契約は、一当事者が他の当事者に対し、3か月前に書面による通知をすることにより終
        了される。
                                 94/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         同契約は、日本国の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更することが
        できる。
        受益証券販売・買戻契約書
         受益証券販売・買戻契約は、一当事者が他の当事者に対し、3か月前に書面による通知をすること
        により終了される。
         同契約は、日本国の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更することが
        できる。
    4【受益者の権利等】

     (1)【受益者の権利等】
        受益者が管理会社および受託会社に対し受益権を直接行使するためには、ファンド証券名義人とし
       て、登録されていなければならない。従って販売取扱会社にファンド証券の保管を委託している日本の
       受益者はファンド証券の登録名義人でないため、自ら管理会社および受託会社に対し直接受益権を行使
       することはできない。これら日本の受益者は販売取扱会社との間の口座約款に基づき販売取扱会社をし
       て受益権を自己のために行使させることができる。
        ファンド証券の保管を販売取扱会社に委託しない日本の受益者は、本人の責任において権利行使を行
       う。
        受益者の有する主な権利は次のとおりである。
       (ⅰ)分配金請求権
         受益者は、受託会社の決定した分配金を、持分に応じて受託会社に請求する権利を有する。
       (ⅱ)買戻請求権
         受益者は、ファンド証券の買戻しを、管理会社に請求する権利を有する。
       (ⅲ)残余財産分配請求権
         トラストおよびファンドが解散された場合、受益者は受託会社に対し受託会社が合理的に要求する
        権利の証拠を提示することで、トラストの清算が決定された日現在のファンドの持分に応じて残余財
        産の分配を請求する権利を有する。
       (ⅳ)損害賠償請求権
         受益者は、管理会社および受託会社に対し、信託証書に定められた義務の不履行に基づく損害賠償
        を請求する権利を有する。
       (ⅴ)議決権
         受託会社または管理会社は、適当と考える時期および場所に、受益者集会を招集することができる
        (また、管理会社は、発行済受益証券の                     10 分の1以上の保有者として登録されている投資者の書面の
        請求に応じて、受益者集会を招集する。)。
         受益者集会の招集通知は、              21 日前までに受益者に送付するものとし、招集通知には集会の場所、日
        時および提案する決議の項目を明記するものとする。
         受益者集会は、発行済受益証券の                 10 分の1以上を保有する受益者本人または代理人の出席をもって
        定足数とする。受益者集会では、受益者集会の議決に付されたすべての決議は挙手で決定するものと
        する。ただし、投票が求められた場合はこの限りではない。挙手に際して、個人の場合には本人が出
        席し、法人の場合には正式に授権された代表者が出席したすべての受益者は一票の議決権を有するも
        のとし、また投票に際して、かかる受益者は、保有するすべての受益証券に関して一票の議決権を有
        するものとする。
         受益者の特別決議が可決されるためには、決議案が提出された受益者集会に本人または代理人が出
        席した受益者が投じた票の              75 %以上の多数を必要とする。
         受託会社および投資顧問会社が、変更によっても受益者または潜在的受益者は大きな不利益を被ら
        ないことを書面で認めない限り、受益者集会で受益者が投じた票の                                   75 %以上の多数によって可決され
                                 95/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        た決議によることなく、英文目論見書に記載する投資方針または一連の投資目的に関する記述を変更
        してはならない。
         ノミニー名義の受益者に保有される受益証券は、実質的投資者の指示に従い議決が行われる。投資
        者が受益証券に対する適法な権原を有していない場合でも、受益者は、投票に際してかかる実質的投
        資者の指示にしたがって、また挙手に際して(受益証券の口数に従って)かかる実質的投資者の過半
        数の指示に従って、議決を行ったものとみなされる。
     (2)【為替管理上の取扱い】
        日本の受益者に対するファンドの受益証券の分配金、買戻代金等の送金に関して、バーミューダ諸島
       における外国為替管理上の制限はない。
     (3)【本邦における代理人】
        森・濱田松本法律事務所  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
        上記代理人は、管理会社から日本国内において、
       (ⅰ)管理会社またはトラストおよびファンドに対する、法律上の問題および日本証券業協会の規則上
          の問題について一切の通信、請求、訴状、その他の訴訟関係書類を受領する権限、
       (ⅱ)日本におけるファンド証券の募集販売および買戻しの取引に関する一切の紛争、見解の相違に関
          する一切の裁判上、裁判外の行為を行う権限を委任されている。なお、関東財務局長に対する
          ファンド証券の募集、継続開示等に関する届出代理人および金融庁長官に対する届出代理人は、
           弁護士  三 浦   健
           東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
           森・濱田松本法律事務所
          である。
     (4)【裁判管轄等】
        日本の投資者が取得したファンド証券の取引に関連する訴訟の裁判管轄権は下記の裁判所が有するこ
       とを管理会社は承認している。
        東京地方裁判所 東京都千代田区霞ヶ関一丁目1番4号
        確定した判決の執行手続は、関連する法域の適用法律に従って行われる。
                                 96/352










                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    a. ピムコ・リアル・リターン・ファンドの直近2会計年度(                                 2021  年6月1日から        2022  年5月   31 日までお

       よび  2022  年6月1日から        2023  年5月   31 日まで)の日本文の財務書類は、アメリカ合衆国(ファンドの設
       定国:バーミューダ諸島)における法令に準拠して作成された原文の財務書類を翻訳したものである。
       これは「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、「財務諸表等の用語、様式及び作
       成方法に関する規則」第            131  条第5項ただし書の規定の適用によるものである。
    b. 原文の財務書類は、ピムコ・バーミューダ・トラストの全てのシリーズ・トラストにつき一括して作

       成されている。本書において原文の財務書類には、関係するシリーズ・トラストであるピムコ・リア
       ル・リターン・ファンド(以下「ファンド」という。)に関連する部分のみを記載し、「財務書類に対
       する注記」については、全文を記載している。
        日本文の作成にあたってはファンドに関連する部分のみを翻訳し、「財務書類に対する注記」につい
       ては、全文を翻訳している。
    c. ファンドの原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和                                       23 年法律第     103  号)第1条の3第

       7項に規定する外国監査法人等をいう。)であるプライスウォーターハウスクーパース エルエルピー
       から監査証明に相当すると認められる証明を受けており、当該監査証明に相当すると認められる証明に
       係る監査報告書に相当するもの(訳文を含む。)が当該財務書類に添付されている。
    d. ファンドの原文の財務書類は米ドルで表示されている。日本文の財務書類には、円貨換算が併記され

       ている。日本円による金額は、                2023  年8月   31 日現在における株式会社三菱               UFJ  銀行の対顧客電信売買相場
       の仲値(1米ドル=          146.20   円)で換算されている。なお、百万円未満の金額は四捨五入されている。
                                 97/352











                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】

     (1)【2023年5月31日終了年度】
       ①【貸借対照表】
                     ピムコ・リアル・リターン・ファンド

                        資  産・負    債  計  算  書
                         2023  年5月   31 日現在
                   (単位:千米ドル、1口当たり金額を除く)
                                   (千米ドル)             (百万円)

    資    産:
     投資有価証券、時価
             *
                                      51,932            7,592
      投資有価証券
      関係会社に対する投資有価証券                                    0            0
     金融デリバティブ商品
      上場金融デリバティブ商品または                                   80            12
      集中清算の対象となる金融デリバティブ商品
      店頭取引金融デリバティブ商品                                   230            34
     現金                                    6            1
     相手方への預託金                                   472            69
     外国通貨、時価                                   55            8
     投資有価証券売却未収金                                    8            1
     関係会社に対する投資有価証券売却未収金                                    0            0
     TBA  投資有価証券売却未収金                                2,665             390
     ファンド受益証券売却未収金                                    0            0
     未収利息および/または未収分配金                                   119            17
                                      55,567            8,124
    負    債:
     借入れおよびその他の資金調達取引
      逆レポ契約にかかる未払金                                10,094            1,476
     金融デリバティブ商品
      上場金融デリバティブ商品または                                   117            17
      集中清算の対象となる金融デリバティブ商品
      店頭取引金融デリバティブ商品                                   120            18
     投資有価証券購入未払金                                    0            0
     TBA  投資有価証券購入未払金                                5,041             737
     未払利息                                    0            0
     相手方からの預託金                                    0            0
     ファンド受益証券買戻未払金                                   76            11
     未払管理報酬                                    0            0
     未払投資顧問報酬                                   15            2
     未払管理事務代行報酬                                    9            1
     未払代行協会員報酬                                    1            0
     未払販売報酬                                    8            1
     その他の負債                                    0            0
                                      15,481            2,263
    純   資   産
                                      40,086            5,861
     ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

     添付の注記を参照のこと。

                                 98/352




                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                      57,408            8,393
    投資有価証券の取得原価
                                         0            0
    関係会社に対する投資有価証券の取得原価
                                         62            9
    外国通貨の取得原価
    金融デリバティブ商品の取得原価または
                                        (18)            (3)
    プレミアム、純額
    *

                                                     0
                                         0
     レポ契約を含む:
                                      40,086            5,861

    純   資   産:
                                       2,092

    発  行  済  受  益  証  券  口  数:
                                          千口
    発行済受益証券1口当たり純資産価格および

    買戻価格:
     (機能通貨による)                                 19.16   米ドル        2,801   円
     ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

     添付の注記を参照のこと。

                                 99/352













                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ②【損益計算書】

                     ピムコ・リアル・リターン・ファンド

                         運 用 計 算 書
                        2023  年5月   31 日終了年度
                         (単位:千米ドル)
                                   (千米ドル)             (百万円)

    投    資    収    益:
     利息                                  2,428             355
     その他の収益                                    1            0
      収益合計                                  2,429             355
    費     用:
     投資顧問報酬                                   191            28
     管理事務代行報酬                                   106            15
     販売報酬                                   97            14
     代行協会員報酬                                    8            1
     支払利息                                   362            53
      費用合計                                   764            112
    純投資利益(費用)
                                       1,665             243
    実現純利益(損失):
     投資有価証券                                 (1,246)             ( 182  )
     関係会社に対する投資有価証券                                    0            0
     上場金融デリバティブ商品または                                   485            71
     集中清算の対象となる金融デリバティブ商品
     店頭取引金融デリバティブ商品                                   132            19
     外国通貨                                     5            1
      実現純利益(損失)                                  (624)            ( 91 )
    未実現利益(損失)純変動額:
     投資有価証券                                 (3,245)             (474)
     関係会社に対する投資有価証券                                    0            0
     上場金融デリバティブ商品または                                  (306)            (45)
     集中清算の対象となる金融デリバティブ商品
     店頭取引金融デリバティブ商品                                   215            31
     外国通貨建て資産および負債                                   (5)            (1)
      未実現利益(損失)純変動額                                 (3,341)             (488)
     純利益(損失)
                                      (3,965)             (580)
    運用の結果による純資産の純増加(減少)額
                                      (2,300)             (336)
     ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

     添付の注記を参照のこと。

                                100/352





                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                     ピムコ・リアル・リターン・ファンド
                        純  資  産  変  動  計  算  書
                        2023  年5月   31 日終了年度
                         (単位:千米ドル)
                                   (千米ドル)             (百万円)

    以下による純資産の増加(減少):
    運     用:
     純投資利益(費用)                                  1,665             243
     実現純利益(損失)                                  (624)             (91)
                                      (3,341)             (488)
     未実現利益(損失)純変動額
                                      (2,300)             (336)
     運用の結果による純増加(減少)額
    受益者への分配金:
                                         0            0
     分配金
                                         0            0
     分配金合計
    ファンド受益証券取引:
                            *
                                      (4,281)
                                                   (626)
    ファンド受益証券取引による純増加(減少)額
                                      (6,581)             (962)
    純資産の増加(減少)額合計
    純   資   産:
                                      46,667            6,823
     期 首 残 高
                                      40,086            5,861
     期 末 残 高
     ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

     *

      財務書類に対する注記の注              12 を参照のこと。
     添付の注記を参照のこと。

                                101/352









                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                     ピムコ・リアル・リターン・ファンド
                        キャッシュ・フロー計算書
                        2023  年5月   31 日終了年度
                         (単位:千米ドル)
                                   (千米ドル)             (百万円)

    営業活動からのキャッシュ・フロー:
    運用の結果による純資産の純増加(減少)額                                  (2,300)             (336)
    運用の結果による純資産の純増加(減少)額を営業活動か

    ら得たキャッシュ純額に一致させる調整:
    長期有価証券の(購入)                                  (37,034)            (5,414)
    長期有価証券の売却による手取金                                  42,044            6,147
    空売りにかかる(支払)                                   (161)             (24)
    空売りによる手取金                                    160            23
    短期金融商品の(購入)売却、純額                                   (141)             (21)
    上場金融デリバティブ商品または集中清算の                                    274            40
    対象となる金融デリバティブ商品の(購入)売却、純額
    店頭取引金融デリバティブ商品の(購入)売却、純額                                    128            19
    投資有価証券売却未収金の(増加)減少                                    215            31
    TBA  投資有価証券売却未収金の(増加)減少                                (1,633)             (239)
    相手方への預託金の(増加)減少                                    (48)            (7)
    未収利息の(増加)減少                                    (46)            (7)
    投資有価証券購入未払金の増加(減少)                                   (269)             (39)
    TBA  投資有価証券購入未払金の増加(減少)                                 3,159             462
    未払利息の増加(減少)                                    12            2
    未払投資顧問報酬の増加(減少)                                    (2)            (0)
    未払販売報酬の増加(減少)                                    (1)            (0)
    投資有価証券にかかる実現純(利益)損失                                   1,246             182
    上場金融デリバティブ商品または集中清算の対象となる                                   (485)             (71)
    金融デリバティブ商品にかかる実現純(利益)損失
    店頭取引金融デリバティブ商品にかかる                                   (132)             (19)
    実現純(利益)損失
    投資有価証券にかかる未実現(利益)損失の純変動                                   3,245             474
    上場金融デリバティブ商品または集中清算の対象となる                                    306            45
    金融デリバティブ商品にかかる未実現(利益)損失の純変
    動
    店頭取引金融デリバティブ商品にかかる未実現(利益)                                   (215)             (31)
    損失の純変動
    外国通貨建て資産および負債にかかる未実現(利益)                                    12            2
    損失の純変動
    保証金(利益)損失                                    58            8
    投資有価証券にかかる純減価(増価)                                  (1,875)             (274)
    営業活動から得た(に使用された)キャッシュ純額
                                       6,517             953
    ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

    添付の注記を参照のこと。

                                102/352



                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    財務活動からのキャッシュ・フロー:

    受益証券売却による手取金                                    455            67
    受益証券買戻しにかかる(支払)                                  (4,658)             (681)
    カストディアンへの当座借越の増加(減少)                                   (636)             (93)
    逆レポ契約による手取金                                 157,237            22,988
    逆レポ契約にかかる(支払)                                 (156,558)             (22,889)
    売却/買戻し取引による手取金                                  39,587            5,788
    売却/買戻し取引にかかる(支払)                                  (41,924)            (6,129)
    財務活動から得た(に使用された)キャッシュ純額
                                      (6,497)             (950)
    現金および外国通貨の純増加(減少)額                                    20             3

    現金および外国通貨:

    期首現在                                    41            6
    期末現在
                                         61            9
    キャッシュ・フロー情報についての補足開示:

    当期支払利息                                    350            51
    ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

    資産合計に関連する未決済平均借入額合計に基づき、ファンドが当期中に重大な借入額を有していた

    場合、またはファンドのほぼすべての投資有価証券が公正価値の階層のレベル1または2に分類され
    なかった場合に、キャッシュ・フロー計算書が作成される。
    添付の注記を参照のこと。

                                103/352











                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                     ピムコ・リアル・リターン・ファンド
                          経理のハイライト
                        2023  年5月   31 日終了年度
                                  (米ドル)             (円)

    1口当たり特別情報:           ^
     期首純資産価格                                20.15           2,946
     純投資利益(費用)                        (a)         0.76            111
                                      (1.75)            (256)
     実現/未実現純利益(損失)
                                      (0.99)            (145)
     投資運用からの増加(減少)合計
                                      0.00              0
     分配金合計
                                      19.16           2,801

     期末1口当たり純資産価格
                                      (4.91)

     トータル・リターン(機能通貨による)                        (b)           %
                                     40,086            5,861

     期末純資産総額(千米ドル)                                    千米ドル           百万円
                                      1.80

     費用の対平均純資産比率                                    %
                                      0.95
     費用の支払利息控除後対平均純資産比率                                    %
                                      3.93
     純投資利益(費用)の対平均純資産比率                                    %
     ^ ゼロ残高は、       0.01  %未満または機能通貨における1ペニー未満に四捨五入された実際値を反映し

       ていることがある。
     (a)1口当たり金額は、当期中の平均発行済受益証券口数に基づいている。
     (b)トータル・リターンは、ファンドによって支払われた分配金の再投資額(もしあれば)およ
         びファンドの1口当たり純資産価格の変動額の合計である。
      添付の注記を参照のこと。

                                104/352









                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                         財務書類に対する注記

                         2023  年5月   31 日現在
    1.機構

       本報告書に記載される各ファンド(以下、個別的に「ファンド」、また、総称して「ファンズ」とい
     う。)は、該当するファンドの各クラス受益証券(「クラス」)を含み、バーミューダの法律に基づき、
     ウィンチェスター・グローバル・トラスト・カンパニー・リミテッドにより締結された                                             2001  年8月8日付
     信託証書(随時改訂され、「信託証書」という。)により設立されたオープン・エンド型のユニット・ト
     ラストである、ピムコ・バーミューダ・トラスト(「トラスト」)の一シリーズである。                                              2017  年9月   29 日
     の営業終了時点(米国東部標準時)付で、メイプルズ・トラスティ・サービシーズ(バミューダ)リミ
     テッド(「受託会社」)がトラストの受託会社として任命された。パシフィック・インベストメント・マ
     ネジメント・カンパニー・エルエルシー(「                       PIMCO   」、「管理会社」または「投資顧問会社」)は、トラス
     トのスポンサーであり、トラストの組成に責任を負った。
       トラストは、投資信託法             2006  年規則に提示されているように規則および監督の対象ならびに標準ファン
     ズに関係する特定の規則の対象である。
       信託証書の条項は、管理会社の同意により受託会社に対して、本財務書類日現在運用中のファンズに加
     えて、将来さらに複数のファンドを設立する権利を付与する。
       ファンドの受益者         ( 以下、個別的に、また、総称して「受益者」という。                            ) またはファンドの受益証券
     (以下「受益証券」という。)(もしくはファンドへの投資)への言及は、当該ファンドに帰属する受益
     証券の保有者またはクラス受益証券(該当する場合)を意味するものとする。
       本報告書に表示されるファンズは、下記の通りである。
      ファンド                            募集

      ピムコ・バーミューダ・フォーリン・ロウ・                            日本の投資信託協会の規則、またはその
                                   他の管轄下に定義された「ファンド・オ
      デュレーション・ファンド
                                   ブ・ファンズ」の構造をもつファンズに
      ピムコ・バーミューダ・ユー・エス・ロウ・
                                   限定して募集される。
      デュレーション・ファンド
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・
      ファンド(      JITF  )
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・
      ファンド(円ヘッジ)
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・
      ファンドⅡ
      ピムコ・リアル・リターン・ファンド                            日本の販売会社を通じて公募により日本
                                   の公衆に対して募集され、また、管理会
                                   社がその裁量により定めるその他の投資
                                   者に対して募集することができる。
                           *
                                   日本の販売会社および/または販売取扱
      ピムコ    ショート・ターム          ストラテジー
                                   会社を通じて公募により日本の公衆に対
                                   して募集され、また、管理会社がその裁
                                   量により定めるその他の投資者に対して
                                   募集することができる。
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・                            他のファンズに対し限定してその原投資
                                   対象としての役割を果たすために募集さ
      ファンド(M)
                                   れる。
     *
      ピムコ   ショート・ターム        ストラテジーのJ(日本円)クラスおよびJ(米ドル)クラスは、日本の投資信託協会の規則、または
                                105/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      その他の管轄下に定義された「ファンド・オブ・ファンズ」の構造をもつファンズに限定して募集される。ピムコ                                               ショート・ター
      ム ストラテジーのC(米ドル)クラスは、他のファンズに対し限定してその原投資対象としての役割を果たすために募集される。
       ピムコ・リアル・リターン・ファンドならびにピムコ                            ショート・ターム          ストラテジーの豪ドルクラス

     (ヘッジあり)、円クラス(ヘッジあり)および米ドルクラスの受益証券は、日本の金融商品取引法に基
     づき登録されている。残りの各ファンズならびにピムコ                               ショート・ターム          ストラテジーのC(米ド
     ル)、J(日本円)クラスおよびJ(米ドル)クラスの受益証券は、日本の金融商品取引法に基づいて登
     録されておらず、登録される予定も現在ない。したがって、これらファンズの当該受益証券は、適切な日
     本の法律および規則に従う場合を除き、日本または日本のあらゆる居住者に対して直接的または間接的に
     募集することはできない。
    2.重要な会計方針

       トラストがアメリカ合衆国における一般に認められた会計原則(「                                  US  GAAP  」)に従って本財務書類を作
     成するに当たり継続的に従っている重要な会計方針の概要は以下のとおりである。                                          US  GAAP  の報告要件に基
     づき、各ファンドは投資会社として扱われる。                        US  GAAP  に従った本財務書類の作成は、本書で報告された資
     産および負債の金額、本財務書類日における偶発資産および負債の開示、ならびに報告期間中に報告され
     た運用の結果による純資産の増減額に影響を及ぼす見積りや仮定を行なうことを経営陣に要求する。実際
     額はこれらの見積りと異なる場合もある。
    (a)被取得ファンド

       受託会社および管理会社は、ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド(                                              JITF  )、ピム
     コ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド(円ヘッジ)およびピムコ・エマージング・マーケッ
     ツ・ボンド・ファンド            Ⅱ (以下、それぞれ、その他の投資信託に投資する「ファンド・オブ・ファン
     ズ」、または「取得ファンド」という。)の資産のすべてあるいは一部を、ピムコ・エマージング・マー
     ケッツ・ボンド・ファンド(M)(以下、「被取得ファンド」という。)の各貸方に充当できる。そのよ
     うに充当されたいかなる資産も、それらが直接的に受領したかのように、当該被取得ファンドに保有され
     る。資産がこのように充当された場合、被取得ファンドは、当該受益証券の1口当たりの発行価格で受益
     証券を関連する取得ファンドに対して発行したことを記録し、買戻す時は当該受益証券の1口当たりの買
     戻価格で当該受益証券を買戻す。
       経理のハイライトに表示されている比率には、被取得ファンドの費用は含まれていない。ファンドの報
     酬に関する詳細(該当する場合)については、注記9の「報酬および費用」を参照のこと。
    (b)証券取引および投資収益

       証券取引は、財務報告目的のために、取引日現在において計上される。発行時取引または繰延受渡ベー
     スで売買された証券は、取引日後の当該証券の標準決済期間を超えて決済されることがある。売却証券か
     らの実現損益は、個別法により計上される。配当落ち日が経過した外国証券からの一定の分配金がファン
     ドが配当落ち日を知らされた直後に計上される場合を除き、配当収入は配当落ち日に計上される。ディス
     カウントの増加およびプレミアムの償却調整後の受取利息は、実効日より発生主義で計上される先スター
     ト条件付の実効日を有する証券を除き、決済日より発生主義で計上される。転換証券について、転換に起
     因するプレミアムは償却されない。一定の外国証券にかかる見積り税金負債は発生主義で計上され、必要
     に応じて運用計算書において受取利息の構成要素または投資有価証券にかかる未実現(損)益純変動額に
     反映される。かかる証券の売却から生じた実現税金負債は、運用計算書において、投資有価証券にかかる
     実現純(損)益の構成要素として反映される。モーゲージ関連証券およびその他のアセット・バック証券
     にかかる保証金損益(もしあれば)は、運用計算書において受取利息の構成要素として計上される。債務
     担保証券は、未収利息不計上の状態で保留され、一貫して適用される手続きに基づき、すべてのまたは一
                                106/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     部の利息の回収が不確実な場合において、現在の発生額の計上を中止し、かつ未収利息を損金処理するこ
     とによって関連受取利息を減額することがある。担保債務証券は、発行体が利息支払を再開した場合、ま
     た は利息回収可能性が高い場合において、未収利息不計上の状態が取り消される。
    (c)現金および外国通貨

       各ファンドの財務書類は、当該ファンドが運用されている主要な経済環境の通貨(「機能通貨」)を使
     用して表示されている。各ファンズの機能通貨は、以下の表に記載されている。
       外国証券、外国通貨ならびにその他の資産および負債の時価は、毎営業日現在の為替レートにより各
     ファンドの機能通貨に換算される。外国通貨建ての証券の売買ならびに収益および費用の項目(もしあれ
     ば)は、取引日付の実勢為替レートで、各ファンドのそれぞれの機能通貨に換算される。ファンズは、保
     有証券にかかる市場価格の値動きからの為替レートの変動による影響を個別に報告しない。こうした変動
     は、運用計算書の投資有価証券にかかる実現純利益(損失)ならびに未実現利益(損失)純変動額に含ま
     れる。ファンズは、外国通貨建て証券に投資することができ、スポット(現金)ベースでの当時の外国為
     替市場の実勢レートか、または為替予約契約を通じてかのいずれかにより、外国通貨取引を締結すること
     ができる。スポットでの外国通貨の売却から生じた実現外国通貨利益または損失、証券取引にかかる取引
     日と決済日との間に実現した外国通貨利益または損失、ならびに配当、利息および外国源泉税と実際に受
     領したかまたは支払った金額に相当する機能通貨との間の差額は、運用計算書の外国通貨取引にかかる実
     現純利益または損失に含まれる。報告期間末時点の保有投資有価証券以外の外国通貨建て資産および負債
     にかかる外国為替レートの変動から生じた未実現外国通貨純利益および純損失は、運用計算書の外国通貨
     資産および負債にかかる未実現利益(損失)純変動額に含まれる。
       一定のファンズ(またはそのクラス(該当する場合))の純資産価額(「純資産価額」)およびトータ
     ル・リターンは、各ファンドの英文目論見書(「英文目論見書」)において詳述されるとおり、その純資
     産価額が報告される通貨(「純資産価額通貨」)で表示されている。純資産価額および純資産価額通貨に
     おけるトータル・リターンの表示目的上、当初純資産価額および最終純資産価額は、それぞれ期首および
     期末現在の為替レートを用いて換算され、分配金は分配時における為替レートを用いて換算される。それ
     ぞれのファンドの純資産価額通貨については、下記の表を参照のこと。
                                           純資産価額

      ファンド/クラス                                            機能通貨
                                            通貨
      ピムコ・バーミューダ・フォーリン・ロウ・デュレーション・
      ファンド
      ピムコ・バーミューダ・ユー・エス・ロウ・デュレーション・
                                            日本円       米ドル
      ファンド
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド
      ( JITF  )
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド(M)
                                            米ドル       米ドル
      ・ 米ドル
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド
      (円ヘッジ)
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンドⅡ
      ・ J(ブラジル・レアル)
      ・ J(インドネシア・ルピア)
                                            日本円       米ドル
      ・ J(インド・ルピー)
      ・ J(メキシコ・ペソ)
      ・ J(トルコ・リラ)
      ・ J(南アフリカ・ランド)
                                107/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      ピムコ・リアル・リターン・ファンド                                      米ドル       米ドル
      ピムコ    ショート・ターム          ストラテジー
      ・ 豪ドルクラス(ヘッジあり)                                      豪ドル       米ドル
      ・ C(米ドル)                                      日本円       米ドル
      ・ J(日本円)                                      日本円       米ドル
      ・ J(米ドル)                                      日本円       米ドル
      ・ 円クラス(ヘッジあり)                                      日本円       米ドル
      ・ 米ドルクラス                                      米ドル       米ドル
    (d)複数クラスによる運営

       トラストにより募集されるファンドの各クラスは、通貨ヘッジ運営に関連するクラス特定の資産および
     損益を除いて、該当する場合、ファンドの資産に関して、同じファンドの他のクラスと等しい権利を有す
     る。収益、非クラス特定費用、非クラス特定実現損益ならびに未実現キャピタル・ゲインおよびロスは、
     該当する場合、それぞれのファンドの各クラスの関連する純資産に基づき、受益証券の各クラスに割当て
     られる。現在、クラス特定費用は、必要に応じ、管理報酬、投資顧問報酬、管理事務報酬、代行協会員報
     酬および販売報酬を含む。
    (e)分配方針

       下記の表は、各ファンドごとに予想される分配の頻度を示したものである。各ファンドからの分配は、
     管理会社の承認でのみ受益者に宣言および分配することができるが、その承認は管理会社の裁量で撤回す
     ることができる。
      毎月宣言および支払

      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド(                              JITF  )

      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド(円ヘッジ)
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンドⅡ
      ピムコ    ショート・ターム          ストラテジー
      ・ J(日本円)
      ・ J(米ドル)
      四半期毎の宣言および支払
      ピムコ・バーミューダ・フォーリン・ロウ・デュレーション・ファンド

      ピムコ・バーミューダ・ユー・エス・ロウ・デュレーション・ファンド
      毎年宣言および支払

      ピムコ・リアル・リターン・ファンド

      ピムコ    ショート・ターム          ストラテジー
      ・ 豪ドルクラス(ヘッジあり)
      ・ C(米ドル)
      ・ 円クラス(ヘッジあり)
               *
      ・  円クラス-D
      ・ 米ドルクラス
      以下のファンド(またはそのクラス、該当する場合)について、管理会社は分配の宣言を行うこと
      を予定していない。しかしながら、その裁量により、いつでも受益者に対して分配の宣言および支
      払いを行うことができる。
      ピムコ・エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド(M)

                                108/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      *
       当該クラスは報告期間中に清算された。
       かかる分配金は、もしあれば、通常当該ファンド(またはそのクラス(該当する場合))の投資純利益

     から支払われる。さらに管理会社は、分配可能な純実現キャピタル・ゲインからの支払を承認できる。追
     加の分配金は、管理会社が適切と判断した場合に宣言することができる。あらゆるファンド(またはその
     クラス(該当する場合))に関して支払われた分配金は、当該ファンド(またはそのクラス(該当する場
     合))の受益証券の純資産価額の減少をもたらす。受益者の裁量により、ファンド(またはそのクラス
     (該当する場合))の現金分配はファンド(またはそのクラス(該当する場合))に追加された受益証券
     に再投資するか、または現金で受益者に支払うことができる。現金による支払いは、ファンドの純資産価
     額通貨で支払われる。ファンド(またはそのクラス(該当する場合))の分配金として合理的な水準を維
     持するために必要と考えられる場合、各ファンド(またはそのクラス(該当する場合))は、追加的な分
     配を宣言することができる。目論見書により要求されるファンド(またはそのクラス(該当する場合))
     の分配金を支払うために十分な純利益および純実現キャピタル・ゲインが存在しない場合、管理会社は、
     かかるファンド(またはそのクラス(該当する場合))の元本部分から分配金を支払うことができる。支
     払期日から6年以内に請求されなかった分配金について、その受領権は消滅し、当該ファンド(またはそ
     のクラス(該当する場合))の利益として計上される。
                                109/352














                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    (f)受益証券の発行および買戻し

       ファンド(またはクラス(該当する場合))の運営開始後、管理会社は、発行時のファンド(またはク
     ラス(該当する場合))の受益証券の1口当たりの純資産価格により継続的に各ファンド(またはクラス
     (該当する場合))の受益証券を発行することができる。ただし、管理会社もしくは管理会社がその裁量
     で任命する代理人は、管理会社の単独の裁量において、一時的に発行を中止する権利を有する。各ファン
     ド(またはクラス(該当する場合))について関連する英文目論見書に別段の記載がない限り、当該受益
     証券1口当たり発行価格は、以下の「純資産価格の決定」に記載する要領で計算した各取引日における受
     益証券1口当たり純資産価格とする。ただし、ブラウン・ブラザーズ・ハリマン(ルクセンブルグ)
     S.C.A.   (以下「     BBH  」という。)が正午(米国東部標準時)までに                        BBH  が受諾できる書式の受益証券の購入
     申込みを受領しなかった場合、関連するファンド(またはクラス(該当する場合))の受益証券1口当た
     り発行価格は、次の取引日に決定される1口当たり純資産価格とする。
       日本での直接販売を目的として日本で登録されている受益証券を購入する場合、当該受益証券の購入代
     金は現金で支払われるものとする。当該受益証券の現物買付は認められない。日本での直接販売を目的と
     して日本で登録されているトラストのファンドの受益証券の買戻しまたは終了の場合、当該ファンドの受
     益証券は受益者から現金で買い戻されるものとする。当該ファンドにおいては、現物による買戻しは認め
     られていない。
       関連する英文目論見書に別段の定めがある場合を除き、買戻価額の支払は、原則として、                                              BBH  が、買戻通
     知を受領するまたは受領したとみなされる取引日から4営業日以内に、受託会社または任命されたその代
     理人によって銀行振替で送金される。ただし、一定の状況下において、当該取引日から8営業日以内に支
     払を行うことができる。
       関連する英文目論見書に別段の記載がない限り、ファンドに申込手数料や買戻手数料は課されない。た
     だし、ファンドの販売が行われる法域において任命された販売会社は、管理会社および受託会社が合意し
     た金額による申込手数料または買戻手数料を徴収することができる。
    (g)新会計基準公表および規則のアップデート
       2020  年3月、財務会計基準審議会(「                 FASB  」)は、ロンドン銀行間取引金利(「                   LIBOR   」)および割引が
     見込まれるその他の参照レートからの移行に伴う潜在的な会計上の負担を緩和するための選択可能な指針
     を提供する会計基準書アップデート(                    Accounting      Standards      Update   )(「    ASU  」)第    2020-04    号を公表し
     た。  ASU  第 2020-04    号は、   2020  年3月   12 日から   2022  年 12 月 31 日までの期間に発生した特定の参照レート関連
     の契約変更に適用される。              2021  年3月、     LIBOR   の管理者は、米ドル          LIBOR   の設定の大部分の公表を             2023  年6
     月 30 日まで延長することを発表した。                 2022  年 12 月、  FASB  は ASU  第 2022-06    号を公表した。この改訂には               LIBOR
     の移行措置の期間を          2024  年 12 月 31 日まで延長するための修正が含まれており、それ以降は、企業は金利指
     標改革の緩和を適用することが認められなくなる。経営陣は、                                LIBOR   の廃止がファンドの投資に与え得る影
     響を継続的に評価しており、当該                 ASU  の適用がファンドの財務書類に重要な影響を与える可能性は低いと判
     断している。
       2022  年6月、     FASB  は ASU  第 2022-03    号「公正価値測定」(トピック                820  )を公表した。これは、契約上の売
     却制限の対象となる公正価値で測定される持分証券への投資を有するすべての企業に影響を及ぼすもので
     ある。   ASU  第 2022-03    号の改訂は、持分証券の売却に関する契約上の制限は、持分証券の会計単位の一部と
     はみなされないため、公正価値の測定には考慮されないことを明確にしている。また、この改訂は、ト
     ピック   820  に従って公正価値で測定される契約上の売却制限が課されている持分証券についても、追加的な
     開示を要求している。            ASU  第 2022-03    号の改訂の効力発生日は、              2024  年 12 月 15 日以降に開始する会計年度お
     よびその年度の中間期間である。現時点で、経営陣はこれらの変更が財務諸表に与える影響を評価中であ
     る。
    3.投資有価証券の評価および公正価値測定

                                110/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    (a)投資評価方針
       ファンドまたはその各クラス(該当する場合)の純資産価額は、組入投資有価証券およびファンドまた
     はクラスに帰属するその他の資産から一切の負債を控除した合計評価額を当該ファンドまたはクラスの発
     行済受益証券口数合計で除することにより決定される。
       各ファンドの取引日において、ファンドの受益証券は通常、(トラストの現行の英文目論見書に記載さ
     れるとおり)ニューヨーク証券取引所の通常取引終了時点(「                                NYSE  終了時点」)で評価される。特定の日
     において純資産価額の計算後にファンズまたはその代理人が知るところとなった情報は、通常は当該日ま
     でに決定されていた証券の価格または純資産価額の遡及的な調整には使用されない。                                            NYSE  の通常取引が予
     定より早く終了した場合、各ファンドは早く終了した時刻で純資産価額を算定するか、または当該日の
     NYSE  の平常時に予定された通常取引の終了時刻で純資産価額を算定することができる。各ファンドは通
     常、  NYSE  が休場となる日に純資産価額を算定しない。ただし、                            NYSE  が通常営業する日に休場している場
     合、各ファンドは、当該日の通常予定される                        NYSE  終値または各ファンドが決定するその他の時刻におい
     て、純資産価額を算定することができる。
       純資産価額算定の目的上、市場相場が容易に入手できる組入証券およびその他の資産は、市場価格で評
     価される。市場相場は、ファンドが測定日にアクセスできる同一の投資対象についての活発な市場におい
     て、その相場が(無調整の)相場価格である場合にのみ、容易に入手できる。ただし、信頼できない場合
     には、相場は容易に入手できない。市場価格は通常、公式終値または最後に報告された売値に基づき決定
     される。ファンズは通常、国内の持分証券については                            NYSE  終了時点直後に受領した価格設定データを用
     い、  NYSE  終了時点後に行われる取引、清算または決済については通常は考慮しない。市場相場が容易に入
     手できない投資有価証券は、管理会社またはその指示に従って行動する者により誠実に決定された公正価
     値で評価される。一般原則として、証券またはその他の資産の公正価値は、測定日における市場参加者間
     の秩序ある取引において資産を売却するために受け取る、または負債を移転するために支払うであろう価
     格である。市場相場が容易に入手できない状況において、管理会社は証券およびその他の資産を評価する
     方法を採用し、当該公正価値評価法を適用する責任を負っている。管理会社は、市場相場が容易に入手で
     きないファンドの組入有価証券およびその他のファンド資産を、価格設定サービス、相場報告システム、
     評価代理人およびその他の第三者の情報源(以下、「価格設定情報源」と総称する)からのインプットを
     利用して評価することができる。外国取引所もしくは一または複数の取引所で取引されている(非米国
     の)外国持分証券は、通常、主要な取引所であると                          PIMCO   がみなす取引所からの価格設定情報を用いて評価
     される。市場価格での価格設定が用いられた場合、(非米国の)外国持分証券は、外国取引所の終了時
     点、または      NYSE  終了時点が当該外国取引所の終了前となる場合は                         NYSE  終了時点において評価される。
       国内および(非米国の)外国確定利付き証券、取引所で売買されていないデリバティブおよび個別株オ
     プションは、通常、ブローカー・ディーラーから入手した見積りまたは当該証券の主要な市場を反映した
     データを用いた価格設定情報源に基づき評価される。価格設定情報源から入手した価格は、とりわけ、
     マーケット・メーカーにより提供される情報または類似の特徴を有する投資有価証券または証券に関連す
     る利回りデータから入手した市場価格の見積りに基づく。繰延受渡基準で購入した特定の確定利付証券
     は、先渡決済日に決済されるまで日次で時価評価される。個別株オプション、先物および先物にかかるオ
     プションを除く上場オプションは、関連取引所により決定される決済価格で評価される。スワップ契約
     は、ブローカーおよびディーラーから入手した買呼値または価格設定情報源により提供される市場ベース
     の価格に基づき評価される。ファンドの資産のうち、一または複数のオープン・エンド型投資会社(上場
     投資信託(「       ETF  」)を除く。)に投資している部分については、ファンドの純資産価額は当該投資有価証
     券の純資産価額に基づき計算される。オープン・エンド型投資会社には、関連ファンズが含まれる場合が
     ある。
       (非米国の)外国持分証券の評価額が、当該証券の主要な取引所または主要な市場が終了した後、                                                   NYSE
     終了時点の前に著しく変動した場合、当該証券は管理会社により確立され承認された手続きに基づき、公
     正価値で評価される。            NYSE  の営業日に取引を行っていない(非米国の)外国持分証券もまた、公正価値で
                                111/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     評価される。(非米国の)外国持分証券に関連して、ファンドは価格設定情報源により提供される情報に
     基づき投資有価証券の公正価値を決定することができるが、これは、その他の証券、指数または資産を参
     照 して公正価値評価または調整を推奨するものである。公正価値評価が要求されるかどうか考慮する際、
     ならびに公正価値決定の際に、管理会社は、とりわけ、関連市場の終了後および                                         NYSE  終了時点前に生じた
     重大な事象(米国証券または証券指数の評価額の変動を含めることが検討される可能性がある。)につい
     て検討することがある。ファンドは、(非米国の)外国証券の公正価値を決定するために、第三者ベン
     ダーにより提供されるモデリングツールを用いることができる。これらの目的において、管理会社が別途
     定める場合を除き、適用ある外国市場の終了時点と                          NYSE  終了時点との間の適用ある参照インデックスまた
     は商品のいかなる変動(「ゼロ・トリガー」)も重要な事象とみなされ、(事実上、日々の公正価値評価
     につながる)価格設定モデルの採用を促す。外国取引所は、トラストが営業を行っていない日に(非米国
     の)外国持分証券の取引を許可することがあるが、それにより、受益者が受益証券の売買を行えなかった
     場合にファンドの組入投資有価証券が影響を受けることがある。
       信頼できる範囲において、活発な流通市場が存在するシニア(担保付き)変動金利ローンは、価格設定
     サービスにより提供される当該ローンの市場での直近の入手可能な買呼値/売呼値で評価される。信頼で
     きる範囲において、活発な流通市場が存在しないシニア(担保付き)変動金利ローンは、市場価格に近似
     する公正価値で評価される。シニア(担保付き)変動金利ローンを公正価値で評価する際に、以下を含む
     が、それらに限定されない検討されるべき要因がある。(a)借主および参加仲介業者の信用力、(b)
     ローンの条件、(c)類似のローンの市場における直近の価格(該当する場合)、および(d)類似の
     質、利率、次回の利息更新までの期間および満期を有する金融商品の市場における直近の価格。
       ファンドの機能通貨以外の通貨で評価される投資有価証券は、価格設定情報源から入手した為替レート
     を用いて機能通貨に換算される。その結果、当該投資有価証券の評価額、および、次にファンドの受益証
     券の純資産価額が、機能通貨に関連して通貨の価額の変動により影響を受けることがある。外国市場で取
     引されるまたは機能通貨建て以外の通貨建ての投資有価証券の評価額は、トラストが営業を行っていない
     日に著しく影響を受けることがある。その結果、ファンドが(非米国の)外国投資有価証券を保有する範
     囲において、受益証券の購入、買戻しまたは交換ができない場合に、当該投資有価証券の評価額が時に変
     動し、ファンドにおける次回の純資産価額の算定時に当該投資有価証券の評価額が反映されることがあ
     る。
       公正価値評価は、証券価額についての主観的な決定を必要とすることがある。トラストの方針および手
     続きは、ファンドの純資産価額の計算が、値付け時点の証券価額を公正に反映した結果となることを目的
     としているが、トラストは、管理会社またはその指示にしたがって行動する者により決定された公正価値
     が値付け時点で処分された場合(例えば、競売処分または清算売却)に、ファンドが当該証券の対価とし
     て取得できる価格を正確に反映する、ということを保証できない。ファンドにより使用される価格は、証
     券が売却される場合に実現化する価格と異なることがある。
    (b)公正価値の階層

       US  GAAP  は、公正価値を、測定日における市場参加者間での秩序ある取引においてファンドが資産売却の
     際に受領するまたは負債譲渡の際に支払う価格として説明する。資産および負債の各主要なカテゴリーを
     別々に公正価値の測定をレベル別(レベル1                       , 2または3)に分離し、評価方法のインプットに優先順位を
     付ける公正価値の階層化を設定し、その開示を要求する。証券の評価に用いられるインプットまたは技法
     は、必ずしもこれらの証券への投資に付随するリスクを示すものではない。公正価値の階層のレベル1、
     2および3については以下のとおり定義される。
     レベル1-活発な市場または取引所における同一の資産および負債の相場価格(無調整)。

     レベル2-活発な市場における類似の資産または負債の相場価格、活発でない市場における同一のまたは
           類似の資産もしくは負債の相場価格、資産または負債の観測可能な相場価格以外のインプット
                                112/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           (金利、イールド・カーブ、ボラティリティー、期限前償還の速さ、損失の度合い、信用リス
           クおよび債務不履行率)またはその他の市場で裏付けられたインプットを含むが、これらに限
           定 されないその他の重要であり観測可能なインプット。
     レベル3-管理会社またはその指示に従って行動する者による投資有価証券の公正価値の決定に用いられ
           る仮定を含む、観測可能なインプットが入手できない範囲においてその状況下で入手できる最
           善の情報に基づいた重要であり観測不可能なインプット。
       期末現在レベル2もしくはレベル3に分類されていた資産または負債につき、投資有価証券を評価する

     際に用いられる評価方法に変更が生じたことから、前期以降、レベル2およびレベル3の間での移動が生
     じた。   レベル2からレベル3への移動は、通常の業務の過程で、価格設定情報源(レベル2)により使用
     されていた手法から、ブローカーの見積りまたは現在もしくは信頼できる市場ベースのデータがないため
     に重要な観測不能なインプットを使用する評価技法(レベル3)に変更された結果である。レベル3から
     レベル2への移動は、価格設定情報源により提供さ                          れる現在のまたは信頼できる市場ベースのデータ、ま
     たは重要であり観測可能なインプットを使用したその他の評価技法が入手できるようになった結果による
     ものである。
       US  GAAP  の要件に従い、レベル3への/からの移動の金額は、重大である場合、それぞれのファンドの投
     資有価証券明細表の注記において開示される。
       重要であり観測不可能なインプットを使用した公正価値の評価に対して、                                      US  GAAP  は、公正価値の階層の
     レベル3への/からの移動の開示、ならびに当期中のレベル3の資産および負債の購入および発行の開示
     を要求する。さらに、           US  GAAP  は、公正価値の階層のレベル3に分類される資産または負債の公正価値の決
     定において用いられる、重大で観測不可能なインプットに関して、定量的情報を要求する。                                               US  GAAP  の要件
     に従って、公正価値の階層および重大で観測不可能なインプットの詳細については、重大である場合、そ
     れぞれのファンドの投資有価証券明細表の注記に含まれる。
    (c)評価技法および公正価値の階層

     公正価値におけるレベル1、レベル2およびレベル3のトレーディング資産ならびにトレーディング負債
       公正価値の階層のレベル1、レベル2およびレベル3に分類される組入商品またはその他の資産および
     負債の公正価値の決定に用いられる評価方法(または「技法」)および重要なインプットは以下のとおり
     である。
       普通株式、      ETF  、上場債券および米国の証券取引所で取引される先物契約、新株引受権およびワラントま
     たは先物にかかるオプション契約等の金融デリバティブ商品は、直近の報告売買価格または評価日の決済
     価格で計上される。これらの証券が活発に取引され、かつ評価調整が適用されない範囲において、公正価
     値の階層のレベル1に分類される。
       ( ETF  以外の)オープン・エンド型投資会社として登録されている企業に対する投資有価証券は、当該投
     資有価証券の純資産価額に基づいて評価され、公正価値の階層のレベル1に分類される。オープン・エン
     ド型投資会社として登録されていない企業に対する投資有価証券は、その純資産価額が観測可能であり、
     日々計算され、かつ購入および売却が実施されるであろう価額である場合において、当該投資有価証券の
     純資産価額に基づいて計算され、公正価値の階層のレベル1であると考えられる。
       社債、転換社債および地方債、米国政府機関債、米国財務省証券、ソブリン債、銀行ローン、転換優先
     証券および米国以外の国債を含む確定利付債券は、通常、ブローカー・ディーラーからの見積り、報告さ
     れた取引または内部の価格設定モデルによる評価見積りを用いてブローカー・ディーラーまたは価格設定
     情報源から入手した見積りに基づき評価される。価格設定情報源の内部モデルには、発行体に関する詳
     細、金利、イールド・カーブ、期限前償還の速さ、信用リスク/スプレッド、債務不履行率および類似資
     産の相場価格等の観測可能なインプットが用いられる。上述の類似の評価方法およびインプットを用いた
     証券は、公正価値の階層のレベル2に分類される。
                                113/352

                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       繰延受渡基準で購入した確定利付証券または売却/買戻し取引におけるレポ契約にかかる確定利付証券
     は、先渡決済日に決済されるまで日次で時価評価され、公正価値の階層のレベル2に分類される。
       モーゲージ関連およびアセット・バック証券は、通常、各取引内の証券の個別のトランシェまたはクラ
     スとして発行される。これらの証券もまた、価格設定情報源により、通常ブローカー・ディーラーからの
     見積り、報告された取引または内部の価格設定モデルからの評価見積りを用いて評価される。これらの証
     券の価格設定モデルは、通常、トランシェ・レベルの属性、現在の市況データ、各トランシェに対する見
     積りキャッシュ・フローおよび市場ベースのイールド・スプレッドを考慮し、必要に応じて取引の担保実
     績を組み込んでいる。上述の類似の評価方法およびインプットを用いたモーゲージ関連証券およびアセッ
     ト・バック証券は、公正価値の階層のレベル2に分類される。
       ファンドの機能通貨(建て)以外の通貨(建て)で評価される投資有価証券は、価格設定情報源から入
     手した為替レート(直物相場と先物相場)を使用して、機能通貨に換算される。その結果、ファンドの受
     益証券の純資産価額は、機能通貨に関する通貨の価額変動の影響を受ける可能性がある。外国市場で取引
     されている証券、または機能通貨以外の通貨建ての証券の評価額は、トラストが営業を行っていない日に
     重大な影響を受ける可能性がある。外国市場の終値および                              NYSE  の終値間の市場変動を考慮するために、外
     国取引所でのみ取引される特定の証券に対して評価調整が適用される場合がある。これらの証券は、価格
     設定情報源により、外国の証券の売買パターンと米国市場における投資有価証券に対する日中取引との相
     関関係を考慮して評価される。これらの評価調整が用いられる証券は、公正価値の階層のレベル2に分類
     される。優先証券および活発でない市場で取引されるか、または類似の金融商品を参照にして評価される
     その他のエクイティもまた、公正価値の階層のレベル2に分類される。
       エクイティ・リンク債は、直近の報告売買価格または評価日付のリンク先の参照エクイティの決済価格
     を参照して評価される。リンク先のエクイティの取引通貨を当該契約の決済通貨に転換するために、直近
     の報告価格に対して為替換算の調整が適用される。これらの投資有価証券は、公正価値の階層のレベル2
     に分類される。
       取引所の決済価格および             NYSE  の終値間の市場変動を考慮するために、特定の上場先物およびオプション
     に対して評価調整が適用される場合がある。これらの証券は、相場報告システム、評価の確立したマー
     ケット・メーカーまたは価格設定情報源から入手した見積りを使用して評価される。これらの評価調整を
     用いた金融デリバティブは、公正価値の階層のレベル2に分類される。
       為替予約契約およびオプション契約等の上場株式オプションならびに店頭金融デリバティブ商品の価額
     は、原資となる資産の価格、インデックス、参照レートおよびその他のインプットまたはこれらの要因の
     組合せにより生じる。当該契約は通常、相場報告システム、評価の確立したマーケット・メーカーまたは
     価格設定情報源(通常は             NYSE  終了時点で決定される。)により入手した見積りに基づき評価される。その
     商品と取引条件に応じて、金融デリバティブ商品は、シミュレーション価格設定モデルを含む一連の技法
     を用いて価格設定情報源により評価される。かかる価格設定モデルには、見積価格、発行体に関する詳
     細、インデックス、買呼値/売呼値スプレッド、金利、インプライド・ボラティリティー、イールド・
     カーブ、配当および為替レート等、活発に見積られる市場からの観測可能なインプットが用いられる。上
     述の類似の評価方法およびインプットを用いた金融デリバティブ商品は、公正価値の階層のレベル2に分
     類される。
       集中清算の対象となるスワップおよび店頭取引スワップは、原資となる資産の価格、インデックス、参
     照レートおよびその他のインプットまたはこれらの要因の組合せにより生じる。これらは、ブローカー・
     ディーラーの買呼値または価格設定情報源(通常は                           NYSE  終了時点で決定される)により提供される市場
     ベースの価格を用いて評価される。集中清算の対象となるスワップおよび店頭取引スワップは、シミュ
     レーション価格設定モデルを含む一連の技法を用いて価格設定情報源により評価され得る。価格設定モデ
     ルには、翌日物金利スワップ(「                  OIS  」)、    LIBOR   先渡レート、金利、イールド・カーブおよびクレジッ
     ト・スプレッド等、活発に見積られる市場からの観測可能なインプットが用いられることがある。これら
     の証券は、公正価値の階層のレベル2に分類される。
                                114/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       公正価値測定方法が管理会社により適用され、重大で観測不可能なインプットを使用する場合、投資有
     価証券は、管理会社またはその指示に従って行動する者により決定された公正価値により評価され、公正
     価 値の階層のレベル3に分類される。
       委任による価格設定手続きは、確定利付証券の基準価格が設定され、次に、存続期間において比較可能
     とみなされる既定の証券(通常は国が発行する米国財務省証券またはソブリン債)の市場価格の変動の割
     合に応じて、当該価格に対して調整が行われる。基準価格は、ブローカー・ディーラーからの見積り、取
     引価格または市況データの分析により得られる内部評価によるものである。証券の基準価格は、市況デー
     タの入手可能性および評価監視委員会により承認された手続きに基づき、定期的にリセットされることが
     ある。委任による価格設定手順(基準価格)の観測不可能なインプットにおける重大な変更は、証券の公
     正価値の直接的かつその割合に応じた変動につながる可能性がある。これらの証券は、公正価値の階層の
     レベル3に分類される。
       第三者の評価ベンダーによる価格設定が入手できない場合、または公正価値の指標とみなされない場
     合、投資助言会社はブローカー・ディーラーよりブローカー見積りを直接入手するか、第三者ベンダーを
     介してブローカー見積りを入手する方法を選択することができる。公正価値がブローカー見積りによる単
     一の根拠に基づく場合、これらの証券は、公正価値の階層のレベル3に分類される。ブローカー見積り
     は、通常は既存の市場参加者により入手される。独自に入手した場合でも、投資助言会社は、市場相場の
     裏付けとなる原インプットに対して透明性を持つものではない。ブローカー見積りにおける重大な変更
     は、当該証券の公正価値の直接的かつその割合に応じた変動につながる可能性がある。
       割引キャッシュ・フローモデルは、投資対象が生み出す将来のキャッシュ・フローに基づいており、予
     想される投資パフォーマンスに基づいて正規化される場合がある。将来のキャッシュ・フローは、適切な
     収益率を用いて現在価値に割り引かれ、通常、最初の取引日に調整され、資本資産価格モデルおよび/ま
     たはその他の市場ベースのインプットに基づき調整される。                                観測不能なインプットが大幅に変動した場
     合、当該証券の公正価値は直接的に、比例して変動する。これらの証券は、公正価値の階層のレベル3に
     分類される。
       満期までの残存期間が            60 日以内の(コマーシャル・ペーパー等の)短期債務証券は、当該短期債務証券
     の償却原価の評価額が償却原価での評価を用いることなく決定された金融商品の公正価値とほぼ同額にな
     る限りにおいて、償却原価で評価される。これらの証券は、基準価格のソースによって、公正価値の階層
     のレベル2または3に分類される。
       特定の証券/商品タイプの機関投資家取引数量またはラウンド・ロット・ポジション(標準取引数量)
     よりも取引数量が小さい証券は、該当するオッド・ロット・ポジション(標準取引数量未満の取引数量)
     の公正価値を算出するために、対応するラウンド・ロット・ポジションの日々の業者提供価格に調整係数
     を適用することができる。調整係数は、内部取引の価格とベンダー価格を比較し、加重                                              平均差額を計算
     し、その差額をベンダー価格に対する調整係数として使用することにより決定される。これらの有価証券
     は、公正価値の階層のレベル3に分類される。
    4.証券およびその他の投資有価証券

    (a)繰延受渡取引
       一定のファンズは、繰延受渡ベースで証券の購入または売却を行うことができる。これらの取引は、
     ファンドによる通常の決済時期を越える支払いおよび受渡しを行う確定価格または利回りでの証券の購入
     または売却の約定を伴う。繰延受渡による取引が未決済の場合、ファンドは、購入価格またはそれぞれの
     債務を満たす金額の流動資産を割当てるか、もしくは担保として受領する。繰延受渡による証券の購入を
     行う場合、ファンドは、価格ならびに利回り変動リスクを含む証券の保有にかかる権利およびリスクを負
     い、また、純資産価額の決定に際してかかる変動を考慮する。ファンドは、取引締結後に繰延受渡取引の
     処分または再契約を行うことができ、この結果として実現利益または損失が生じることがある。ファンド
     が繰延受渡ベースで証券を売却する場合、ファンドは当該証券に関する将来的な損益に参加しない。
                                115/352


                                                          EDINET提出書類
                              パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(E15034)
                                                有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
    (b)インフレ連動債券

       一定のファンズは、インフレ連動債券に投資することができる。インフレ連動債券は、確定利付証券
     で、その元本価格はインフレ率に応じて定期的に調整される。これらの債券の利率は、一般的に発行時に
     通常の債券よりも低率に設定される。しかし、インフレ連動債券の存続期間において、利息はインフレ率
     調整後の元本価格に基づいて支払われる。インフレ連動債券の元本額の上昇または下落は、投資者が満期
     まで元本を受け取らないとしても、運用計算書に受取利息として含まれる。満期日における(インフレ率
     調整後の)原債券の元本の払戻しは、米国物価連動国債(                              US  TIPS  )の場合において保証される。類似の保
     証がなされない債券については、満期日に払戻される当該債券の調整後の元本価格は、額面価格より少な
     くなることがある。
    (c)ローン・パーティシペーション、債権譲渡および組成

       一定のファンズは、会社、政府またはその他の借主が貸主または貸付シンジケートに支払うべき金額に
     関する権利である直接債務証書に投資することができる。ファンドによるローンへの投資は、ローン・
     パーティシペーションの形態または第三者からのローンもしくはローンへの投資またはファンドによる
     ローンの組成の全部もしくは一部の譲渡の形態をとることがある。ローンは、しばしば、すべての所持人
     の代理人を務める銀行またはその他の金融機関(「貸主」)により管理される。代理人は、ローン契約の
     規定により、ローンの条項を管理する。ファンドは、異なる条項および関連付随リスクを持つ可能性のあ
     るローンの複数のシリーズまたはトランシェに投資することができる。ファンドが貸主から債権譲渡額を
     購入する場合、ファンドは、ローンの借主に対する直接的権利を取得する。これらのローンは、ブリッ
     ジ・ローンへの参加を含むことがある。ブリッジ・ローンとは、より恒久的な資金調達(債券発行、例え
     ば、買収目的で頻繁に行われる高利回り債の発行)に代わる当座の手段として借主により用いられる、
     (通常1年未満の)短期のつなぎ融資のことである。
       ファンドが投資する可能性があるかかるタイプのローンおよびローン関連投資有価証券には、とりわ
     け、シニア・ローン、(第二順位担保権付ローン、Bノートおよびメザニン・ローンを含む。)劣後債、
     ホール・ローン、商業用不動産およびその他の商業用ローンならびにストラクチャード・ローンが含まれ
     る。ファンドは、ローンを組成するか、もしくはプライマリー市場での貸付および/または民間取引を通
     じてローンの利息を直接得ることができる。劣後債については、借主の支払不能の事由を含む、該当する
     ローンの保有者に対する借主の債務に優先する多額の負債が存在することがある。メザニン・ローンは通
     常、モーゲージにおける利息というよりはむしろ、不動産を所有するモーゲージの借主における持分上の
     権利を担保にすることによって保証される。
       ローンへの投資には、資金提供に対する契約上の義務である未履行ローン契約が含まれることがある。
     未履行ローン契約は、要求に応じて借主に対して追加の現金の提供をファンドに義務付けるリボルビング
     融資枠を含む。未履行ローン契約は、仮に契約額の一定割合が借主により利用されない場合においても、
     全額が将来の義務を表す。ローン・パーティシペーションに投資する場合、ファンドは、ローン契約を販
     売する貸主からのみ、および貸主が借主から支払を受け取った場合にのみファンドが受け取れる元本、利
     息および手数料の支払を受ける権利を有する。ファンドは、ローンの原与信枠の引き出されていない部分
     に基づいてコミットメント・フィーを受領することができる。特定の状況下において、ファンドは借主に
     よ