株式会社ネクスグループ 四半期報告書 第40期第3四半期(2023/06/01-2023/08/31)

提出書類 四半期報告書-第40期第3四半期(2023/06/01-2023/08/31)
提出日
提出者 株式会社ネクスグループ
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               東北財務局長

    【提出日】               2023年10月13日

    【四半期会計期間】               第40期第3四半期(自 2023年6月1日 至 2023年8月31日)

    【会社名】               株式会社ネクスグループ

    【英訳名】               NCXX   Group   Inc.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  石原 直樹

    【本店の所在の場所】               岩手県花巻市椚ノ目第2地割32番地1

    【電話番号】               0198-27-2851(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部本部長                 齊藤 洋介

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区南青山五丁目13番3号

    【電話番号】               03-5766-9870

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部本部長                 齊藤 洋介

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/22









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】
                             第39期           第40期

             回次             第3四半期連結           第3四半期連結             第39期
                            累計期間           累計期間
                          自   2021年12月1日         自   2022年12月1日         自   2021年12月1日
            会計期間
                          至   2022年8月31日         至   2023年8月31日         至   2022年11月30日
    売上高                 (千円)         2,441,160            532,658          2,758,335
    経常利益又は経常損失(△)                 (千円)          528,394          △ 126,541           529,544

    親会社株主に帰属する           四半期(当
                     (千円)          235,731            7,074          806,688
    期)純利益
    四半期包括利益又は包括利益                 (千円)          △ 5,994         △ 184,845           437,101
    純資産額                 (千円)         2,864,326           3,118,499           3,307,421

    総資産額                 (千円)         4,044,359           3,285,251           3,534,756

    1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)           10.42           0.26          33.95

    潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            -           -           -
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                 (%)           70.6           94.8           93.3
                             第39期           第40期

             回次             第3四半期連結           第3四半期連結
                            会計期間           会計期間
                          自   2022年6月1日         自   2023年6月1日
            会計期間
                          至   2022年8月31日         至   2023年8月31日
    1株当たり四半期純損失(△)                 (円)          △ 3.21          △ 2.96
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
         載しておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在し
         ないため、記載しておりません。
    2【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容に重要な変
     更はありません。
      また、主要な関係会社における異動に関しましては、第1四半期連結会計期間において、当社と株式会社エル
     テス(以下「エルテス」)との資本業務提携により、株式会社シークエッジ・ジャパン・ホールディングス(以
     下「シークエッジ・ジャパン・ホールディングス」)の子会社である株式会社スケブベンチャーズがエルテスへ
     当社株式を譲渡した結果、シークエッジ・ジャパン・ホールディングスは親会社からその他の関係会社に異動い
     たしました。
                                 2/22





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証
      券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。なお、新型コロナウイルス感染症の今後の
      経過によっては、当社の事業活動及び収益確保に影響を及ぼす可能性があります。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結累計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症による行動制限が緩和され、経済
      活動の正常化が進み、景気は緩やかな回復基調で推移しました。しかしながら、円安傾向の継続やロシア・ウクラ
      イナ情勢に起因する資源・原材料価格の高騰など、先行きは依然として不透明な状況が続いております。
       このような事業環境において、2023年3月に公開しました、暗号資産「ネクスコイン(以下「NCXC」)」の
         *1
      GameFi    領域での活用に、当社は現在注力しており、その取り組みの一環として、NCXC                                     GameFiプラットフォーム
      (仮)の開発が進捗しております。
     *1 GameFiとは、ゲームをプレイすることでプレイヤーがトークンなどの経済的インセンティブを獲得できる「Play                                            to Earn」(プレイ・

       トゥ・アーン)のブロックチェーンゲームを指します。
       NCXC   GameFiプラットフォームでは、ゲーム性の高いハイパーカジュアルゲームを中心に、これらのゲームを簡単

      にPlay    to  Earnのゲームに転換することのできるシステムを提供します。
       このシステムにより、ゲーム開発者は世の中に溢れている高品質なゲームをGameFiに転用し、プラットフォーム
      上に掲載することができます。
       ゲーム開発者は過去に開発したゲームを簡単にGameFiに転用することで、ゲームに新たな魅力を与えるとともに
      ユーザーを呼び込むことができます。
       プラットフォーム上のゲームはカジュアルゲームと呼ばれる気軽にプレイできるゲームが中心であり、高額なNFT
      を購入することなくゲームを楽しみ、プラットフォーム上でたくさんのカジュアルゲームが提供されることで、従
      来のGameFiやブロックチェーンに慣れていないユーザーでも、飽きることなく、日々のちょっとした余暇時間を、
      NCXCを獲得しながら楽しむことができます。
                       NCXC   GameFi    プラットフォームの概要







                                 3/22


                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
       また、2023年7月には、NCXCのGameFiプラットフォームでのユーザビリティの向上と、GameFi分野での革新的な
      利用を推進するために、NCXCのPolygonチェーン対応の開発に着手しました。
       Polygonチェーンは、高速かつ低コストのトランザクションを実現するオープンソースのスケーラブルなブロック
      チェーンプラットフォームです。
       ユーザーはこれにより、従来のイーサリアムチェーンよりも迅速かつ効率的にNCXCの取引やNFTなどの交換を行う
      ことができるようになります。
       さらに、GameFiプラットフォームの利用手数料低減や手数料無料キャンペーンの実施などによりユーザーに優し
      い施策が可能となり、非GameFiユーザーを取り込み日本のGameFiを活性化させるというGameFiプラットフォームの
      ビジョン達成に近づく施策となります。
       上記の結果、売上高においては、                532百万円     (対前期比     78.2%減    )となりました。それに伴い、              営業損失は167百万



      円 (前期は    営業利益432百万円         )、  経常損失は126百万円          (前期は    経常利益528百万円         )、  税金等調整前四半期純利益は13
      百万円   (対前期比     94.6%減    )、  親会社株主に帰属する四半期純利益は7百万円                     ( 対前期比97.0%減        )となりました。
       前期に比べ売上及び各利益額が減少している理由につきましては、前期の第1四半期におきまして実施した「事
      業構造改革」の不採算事業の譲渡を行うにあたり、子会社の借入金の精算を行うため保有する暗号資産の一部を売
      却してキャッシュ化を行い、その際の暗号資産売却益を計上しているためです。
       当 第3四半期     連結累計期間におけるセグメントごとの業績は以下のとおりであります。

       なお、前連結会計年度における「インターネット旅行事業」及び「ブランドリテールプラットフォーム事業」か
      らの事業撤退により、当社グループの報告セグメントは第1四半期連結会計期間から「IoT関連事業」「メタバー
      ス・デジタルコンテンツ事業」「暗号資産・ブロックチェーン事業」及び「その他」の4区分となりました。
       詳細につきましては、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載
      しております。
      (メタバース・デジタルコンテンツ事業)

       持分法適用関連会社の株式会社ワイルドマンでは、VR上のアバターを操作するためのメタバースユーザー向けワ
      イヤレス・モーション・トラッキング装置の開発案件と、VRゲームの自社コンテンツの開発が進捗しております。
       株式会社実業之日本デジタル(以下「実日デジタル」)は、株式会社實業之日本社(以下「実業之日本社」)の
      刊行するコンテンツをデジタル化して配信する事業を行っており、いわゆる電子書店(電子書籍配信サイト、Web漫
      画サイト、漫画アプリ、雑誌読み放題サイトなど)及び電子取次、オーディオブック書店などが主な取引先となり
      ます。
       実日デジタルでは、主力作品である『静かなるドン』(新田たつお作画)を、漫画アプリを利用されていない新
      たな読者層の獲得を目的として、漫画の各コマを再編集し効果音とセリフを入れ動画化する「ボイスコミック」と
      いう手法でYouTube公式チャンネルを7月1日にリリースいたしました。9月19日時点でチャンネル登録者数39,911
      人、動画再生総数9,217,721回と好調な滑り出しとなっており、現在は週3回の更新となりますが、状況を見つつ更
      新回数を増やしさらなる拡大を図ってまいります。
       また、株式会社集英社とのコラボレーションにより、5月17日発売の『グランドジャンプ』(集英社発行)から
      『静かなるドン-もうひとつの最終章-』の連載が開始されました。それにあわせて、各電子書店で実施した大型
      キャンペーンの効果により8月度は4百万円を超える売上を達成いたしました。今後も『静かなるドン』について
      は、さらなる売り伸ばし施策の実施と、新規読者獲得の2軸を進めてまいります。
       さらに、既刊本の売上の底上げを目指し、文芸作品を中心とした作品をAmazonの電子版読み放題サービス
      『Kindle     Unlimited』への投入を8月より増やしました。2021年に刊行した『硝子の塔の殺人』(知念実希人著)
      はAmazonで販売されている全電子本の販売ランキングで24位(9月7日実績)になるなど、さっそく効果が出てお
      ります。
       また、『さくら聖・咲く 佐倉聖の事件簿』(畠中恵著)が、当社として3作品目となるAudible月間TOP30ラン
      キング(8月実績)にてランキング入りするなど、オーディオブックも好調に推移しており、今後も電子版に限ら
                                 4/22

                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      ず、様々なフォーマットで当社コンテンツの配信を行ってまいります。
       この結果、当      第3四半期     連結累計期間の売上高は           110百万円     (対前期比     105.0%増     )、  営業損失は1百万円         (前期は    営

      業損失7百万円       )となりました。
      (IoT関連事業)

       株式会社ネクスは、培ってきた自動車テレマティクスをはじめとする様々な分野に対するIoT技術をベースに
      「IoT×ブロックチェーン技術」、「IoT×AI技術」など、「IoT×新技術」を活用した新たなサービスの提供を目指
      しております。
       AIコンピューティングの分野で様々なプラットフォームを提供しているNVIDIA                                     Corporationが提供するGPU(画像
      処理やディープラーニングに不可欠な並列演算処理を行う演算装置)を利用したリアルタイム画像認識技術と、マ
      ルチキャリア対応の高速モバイル通信技術を搭載したNCXX                           AI  BOX「AIX-01NX」は、AIプラットフォームのエッジ端
      末認定やAI開発ベンダーとのAIソフトウェア搭載検証、分析やシミュレーションによる効率的なモノ作りから都市
      レベルの課題解決まで、用途もますます拡大していくことが期待されるデジタルツインへの活用、および各通信事
      業者の動作確認済端末認定を進めております。
                         NCXX   AI  BOX「AIX-01NX」




       活用の一つである流体解析ソリューションにつきましては、水処理場、排水ピットなどでの油面検知や濁度検
      知、異物検知など、エッジAIコンピュータと流体解析AIをパッケージにした「流体解析AIパッケージ」をAnyTech株
      式会社と共同で開発し、販売を開始いたしました。従来のAIでは「異常データ」を大量に蓄積し学習させる必要が
      あるなどAI構築までに障壁が多く、断念するケースが多く見られましたが、本パッケージでは、ベースとなるAIモ
      デルを用意することで、正常データを少量用意するところから利用を開始することが可能です。
                      「流体解析AIパッケージ」利用イメージ





                                 5/22



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
                        「流体解析AIパッケージ」検知例






       1台でカメラ・センサーなどからの情報をリアルタイムにAI分析して分析結果を安定した通信性能でクラウドに

      連携することが可能な製品となっており、リテールテック、製造業、セキュリティ、介護見守り、測定・異常監視
      などの幅広い分野で活用が期待される技術であり、今後もこれらの技術をデバイス事業の新たな製品開発に活用し
      てまいります。
       データ通信端末につきましては、第5世代移動通信システムである5Gに対応し、Wi-Fi、Ethernetを搭載したバッ

      テリーレスのルーター・モデムとなる、5Gデータ端末「UNX-05G」を販売しております。「UNX-05G」は、KDDI                                                   IOT
      の認証を取得し、富士通株式会社が提供するローカル5Gスタンドアロンシステム Fujitsu                                           Network    PW300との接
      続検証済製品として認定されており、2023年8月には、日本電気株式会社(NEC)が提供するローカル5G                                                 Sub6一
      体型基地局      UNIVERGE     RV1200との「接続検証済端末」として認定されました。
       引き続き、ローカル5Gを含む各通信事業者との相互接続性試験を並行して実施しており、認証取得状況について
      は順次お知らせしてまいります。
                         5Gデータ端末「UNX-05G」





       テレマティクスにつきましては、OBDⅡ型データ収集ユニット「GX700NC」が市場を確保しております。さらに、

      排気ガス測定・管理や今後増加するEV車の充電・電費・残量管理などの取得項目の追加案件も増加しており、SDGs
      への取り組みなどにも活用の範囲が広がることが期待されます。
       農業ICT事業(NCXX          FARM)では、スーパーフードとして人気の高いGOLDEN                          BERRY(食用ほおずき)の生産、加

      工、販売を行う「6次産業化事業」と、特許農法による「化学的土壌マネジメント」+ICTシステムによる「デジタ
      ル管理」のパッケージ販売を行う「フランチャイズ事業」の事業化を推進しております。
       「6次産業化事業」では、新商品として青果の規格外品を活用したセミドライゴールデンベリーの販売を8月よ
      り開始しております。この商品はゴールデンベリーをカットして乾燥させることで、風味と栄養が凝縮され、セミ
                                 6/22

                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      ドライ加工のため通常のドライフルーツよりも水分量が多く、柔らかい仕上がりとなっており、そのままでも、ま
      たサラダやヨーグルトなどにもトッピングできる品となっております。
                         セミドライゴールデンベリー






       「フランチャイズ事業」では、自社試験圃場での栽培実績をもとに、自社独自の特許農法(多段式ポット)とICT

      システムの提供に加えて、お客様の要望に沿った多種多様な農法・システム・農業関連製品の提供を行う農業総合
      コンサルティングサービスを展開しております。
       この結果、当      第3四半期     連結累計期間の売上高は           329百万円     (対前期比     17.1%減    )、  営業利益は6百万円         (前期は    営

      業損失11百万円       )となりました。
      (暗号資産・ブロックチェーン事業)

       本事業では、NCXCを利用したサービスの向上、NCXCの流通促進、NCXC保有者の拡大を通じたNCXC経済圏の拡大を
      目指し、価値向上に向けた取り組みを行っております。
       NCXC   GameFiプラットフォームの開発を行い、ゲーム会社とのアライアンスにより、世の中で既に実績を上げてい
      る他社ゲームタイトルを中心に、これらを簡単にPlay                         to  Earnのゲームに転換することのできるプラットフォーム
      サービスの提供を目指します。
       また、暗号資産市場の動向と資金効率を踏まえた暗号資産の安定的な運用を行ってまいります。当期は暗号資産
      の一部売却を行ったことで、営業利益を計上しております。
       この結果、当      第3四半期     連結累計期間の売上高は            60百万円    (対前期比     92.3%減    )、  営業利益は32百万円         (対前期比

      95.9%減    )となりました。
       また、当    第3四半期     連結会計期間末における財政状態は、以下のとおりであります。

      (資産)
       資産の残高は、前連結会計年度末と比較して、                     249百万円減少       し、  3,285百万円      となりました。
       この主な要因は、        現金及び預金      が 116百万円増加       、 仕掛品   が 168百万円増加       したものの、      受取手形、売掛金及び契
      約資産   が 211百万円減少       、 のれん   が 73百万円減少      、 投資有価証券      が 386百万円減少       したことによります。
      (負債)

       負債の残高は、前連結会計年度末と比較して、                     60百万円減少      し、  166百万円     となりました。
                                         *2
       この主な要因は、        支払手形及び買掛金         が 36百万円増加      したものの、借入金          が62百万円減少、        未払費用    が 25百万
      円減少   したことによります。
      *2  短期借入金、1年内返済予定の長期借入金、長期借入金残高の合計です。

                                 7/22


                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      (純資産)
       純資産の残高は、前連結会計年度末と比較して、                      188百万円減少       し、  3,118百万円      となりました。
       この主な要因は、        利益剰余金     が 7百万円増加      、 その他有価証券評価差額金            が 197百万円減少       したことによります。
     (2)  経営方針・経営戦略等

       当社グループでは新たに中期経営計画を策定し、2023年4月5日に公表いたしました。
       IoT関連事業主体の現在の事業モデルから、成長分野へ大きく事業展開を行うことでさらなる成長ポテンシャルを
      もつ、新たなネクスグループへ生まれ変わります。
       この度の中期経営計画の骨子は大きくは以下の2点となります。
        ・成長分野への大きな転換
        ・新技術と既存事業とのシナジーの創出
       「ブロックチェーン」、「トークン」、「メタバース」を掛け合わせた、Web3.0領域へ展開をします。

       具体的には、保有するネクスコイン(NCXC)を成長ポテンシャルの高い「GameFi」分野において、ユニークなス
      キームで活用することで、NCXC経済圏の拡大を目指してまいります。
       また、成長ポテンシャルの高い「メタバース」市場、「デジタルコンテンツ」市場へ参入と事業の拡大を目指し
      ます。
       さらに、ネクスの持つIoTの戦略資産に、メタバースなどの新たな強みが加わることで、成長ポテンシャルの高い
      「デジタルツイン」市場での展開を目指してまいります。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当 第3四半期     連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について、重要な変更はありません。
     (4)  研究開発活動

       当 第3四半期     連結累計期間における研究開発活動の金額は、                     47百万円    であります。
       なお、当    第3四半期     連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                 8/22










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】
     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    60,000,000

                計                                   60,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               ( 2023年8月31日       )   (2023年10月13日)           商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
      普通株式            27,301,871           27,301,871                  単元株式数100株
                                    スタンダード市場
        計          27,301,871           27,301,871          ―           ―

     (注)   「提出日現在発行数」欄には、2023年10月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により、
        発行された株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
    2023年6月1日~
                     ―   27,301,871           ―     10,000         ―   2,812,128
    2023年8月31日
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
     (6)  【議決権の状況】

         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
        記載することができないことから、直前の基準日(2023年5月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
        ります。
                                 9/22




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      ①  【発行済株式】
                                                2023年8月31日       現在
           区分             株式数(株)            議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                      ―             ―             ―

    議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―             ―

    議決権制限株式(その他)                      ―             ―             ―

                     (自己保有株式)

                     普通株式        125,800
    完全議決権株式(自己株式等)                                   ―             ―
                     (相互保有株式)
                     普通株式           ―
                     普通株式
    完全議決権株式(その他)                                                ―
                           27,171,900              271,719
                     普通株式
    単元未満株式                                   ―             ―
                              4,171
    発行済株式総数                                   ―             ―

                           27,301,871
    総株主の議決権                      ―                          ―
                                          271,719
     (注) 単元未満株式には自己株式16株を含めております。
      ②  【自己株式等】

                                                2023年8月31日       現在
                                                     発行済株式
                               自己名義       他人名義       所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対す
                    所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            る所有株式
                                (株)       (株)       (株)
                                                    数 の割合(%)
                 岩手県花巻市椚ノ目第2
    株式会社ネクスグループ                             125,800          -     125,800         0.46
                 地割32番地1
          計             ―          125,800          -     125,800         0.46

     (注) 上記の他に単元未満株式として自己株式が16株存在しております。
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                10/22








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 四半期連結財務諸表の作成方法について
      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2023年6月1日から2023年
     8月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2022年12月1日から2023年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、UHY東京監査法人による四半期レビューを受けております。
                                11/22

















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2022年11月30日)              (2023年8月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               508,962              625,061
        受取手形、売掛金及び契約資産                               296,469               84,986
        商品及び製品                                7,547              6,700
        仕掛品                               407,989              576,457
        原材料及び貯蔵品                                  969               -
        暗号資産                                53,125              103,615
                                        45,580              69,839
        その他
        流動資産合計                              1,320,645              1,466,660
      固定資産
        有形固定資産                               122,315              160,256
        無形固定資産
         ソフトウエア                               8,469              6,975
         のれん                              905,084              831,698
                                         223             26,898
         その他
         無形固定資産合計                              913,776              865,573
        投資その他の資産
         投資有価証券                             1,133,585               747,305
         繰延税金資産                               13,503              14,089
                                        30,928              31,364
         その他
         投資その他の資産合計                             1,178,017               792,760
        固定資産合計                              2,214,110              1,818,590
      資産合計                                3,534,756              3,285,251
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                37,720              73,984
        短期借入金                                50,450                 -
        1年内返済予定の長期借入金                                16,672              15,174
        未払費用                                41,324              15,956
        未払法人税等                                6,694              9,178
        製品保証引当金                                20,000              15,000
                                        35,036              27,627
        その他
        流動負債合計                               207,898              156,920
      固定負債
        長期借入金                                11,000                 -
        繰延税金負債                                   -              73
        持分法適用に伴う負債                                   -            1,859
                                        8,436              7,899
        その他
        固定負債合計                                19,436               9,831
      負債合計                                 227,334              166,752
                                12/22





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2022年11月30日)              (2023年8月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                10,000              10,000
        資本剰余金                              4,776,703              4,776,703
        利益剰余金                             △ 1,104,622             △ 1,097,548
                                      △ 66,515             △ 66,515
        自己株式
        株主資本合計                              3,615,565              3,622,640
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                              △ 309,858             △ 507,297
                                       △ 6,030              △ 511
        繰延ヘッジ損益
        その他の包括利益累計額合計                              △ 315,889             △ 507,808
      新株予約権                                  7,745              3,668
      純資産合計                                3,307,421              3,118,499
     負債純資産合計                                 3,534,756              3,285,251
                                13/22















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年12月1日              (自 2022年12月1日
                                至 2022年8月31日)               至 2023年8月31日)
     売上高                                 2,441,160               532,658
                                       876,057              259,236
     売上原価
     売上総利益                                 1,565,103               273,422
     販売費及び一般管理費                                 1,132,837               441,321
     営業利益又は営業損失(△)                                  432,265             △ 167,899
     営業外収益
      受取利息                                  1,620               656
      受取配当金                                 18,997              18,997
      暗号資産売却益                                    -            16,984
                                       101,240               11,338
      その他
      営業外収益合計                                 121,858               47,976
     営業外費用
      支払利息                                  8,183               758
      持分法による投資損失                                   176             4,819
                                        17,369               1,039
      その他
      営業外費用合計                                 25,729               6,618
     経常利益又は経常損失(△)                                  528,394             △ 126,541
     特別利益
      固定資産売却益                                   451               -
      投資有価証券売却益                                 99,878              134,633
                                        28,833               7,745
      その他
      特別利益合計                                 129,163              142,378
     特別損失
      投資有価証券評価損                                    -            2,026
                                       403,816                 -
      その他
      特別損失合計                                 403,816               2,026
     税金等調整前四半期純利益                                  253,741               13,810
     法人税、住民税及び事業税
                                        20,987               6,736
                                         990               -
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   21,977               6,736
     四半期純利益                                  231,763               7,074
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 3,967                -
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  235,731               7,074
                                14/22







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年12月1日              (自 2022年12月1日
                                至 2022年8月31日)               至 2023年8月31日)
     四半期純利益                                  231,763               7,074
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 256,629             △ 197,438
      繰延ヘッジ損益                                 △ 1,281              5,519
                                        20,152                 -
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                △ 237,758             △ 191,919
     四半期包括利益                                  △ 5,994            △ 184,845
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 △ 2,027            △ 184,845
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 3,967                -
                                15/22















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (追加情報)
       (グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱いの適用)
        当社及び一部の国内連結子会社は、第1四半期連結会計期間から、連結納税制度からグループ通算制度へ移
       行しております。これに伴い、法人税及び地方法人税並びに税効果会計の会計処理及び開示については、「グ
       ループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第42号 2021年8月12
       日。以下「実務対応報告第42号」という。)に従っております。また、実務対応報告第42号第32項(1)に基づ
       き、実務対応報告第42号の適用に伴う会計方針の変更による影響はないものとみなしております。
       (新型コロナウイルス感染症の影響について)

        新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積りの仮定につきましては、前連結会計年度の有価証
       券報告書の追加情報に記載した内容から重要な変更はありません。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
        なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及
       びのれんの償却額は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                            (自    2021年12月1日            (自    2022年12月1日
                             至    2022年8月31日       )      至    2023年8月31日       )
        減価償却費                           15,007   千円            11,013   千円
        のれんの償却額                           48,923               73,385
                                16/22












                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                  2021年12月1日        至    2022年8月31日       )
      1 配当に関する事項
       (1)  配当金支払額
         該当事項はありません。
       (2)  基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力発生

         日が当四半期連結会計期間の末日後となるもの
         該当事項はありません。
      2 株主資本の著しい変動に関する事項

         当社は、2022年3月1日を効力発生日として、当社を株式交換完全親会社、株式会社実業之日本デジタルを
        株式交換完全子会社とする株式交換を行っております。この結果、資本準備金が999百万円増加しております。
         また、当社は2022年3月23日付で、株式会社スケブベンチャーズ、株式会社ケア・ダイナミクス(現:株式
        会社クシムソフト)、株式会社イーフロンティア(現:株式会社ピアズ)、株式会社フィスコに対して第三者
        割当増資による新株式発行(現物出資「デット・エクイティ・スワップ」を含む)を行っております。この結
        果、資本金が510百万円増加、資本準備金が510百万円増加しております。
         さらに、当社は2022年2月15日開催の取締役会決議に基づき、2022年3月23日付で無償減資を行っておりま
        す。この結果、資本金が510百万円減少し、その他資本剰余金が510百万円増加しております。
         この結果、当第3四半期連結会計期間末において、資本金は10百万円、資本剰余金が4,776百万円となってお
        ります。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                  2022年12月1日        至    2023年8月31日       )

      1 配当に関する事項
       (1)  配当金支払額
         該当事項はありません。
       (2)  基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力発生

         日が当四半期連結会計期間の末日後となるもの
         該当事項はありません。
      2 株主資本の著しい変動に関する事項

         該当事項はありません。
                                17/22








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                  2021年12月1日        至    2022年8月31日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                    (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                      四半期
                            ブランド
                                                 調整額      連結
                       メタバース           暗号資産
                  インター           リテール
                                                 (注)    財務諸表
             IoT関連         ・ デジタル          ・ブロック
                  ネット          プラット          その他      計
                                                      計上額
              事業         コンテンツ           チェーン
                  旅行  事業        フォーム
                        事業           事業
                             事業
    売上高
     顧客との契約か
              397,033     100,483      53,839    1,074,401      787,438    27,963    2,441,160         -  2,441,160
     ら生じる    収益
     外部顧客への
              397,033     100,483      53,839    1,074,401      787,438    27,963    2,441,160         -  2,441,160
     売上高
     セグメント間の
     内部売上高又は          7,500      -     -     71     -    -    7,571    △ 7,571       -
     振替高
        計      404,533     100,483      53,839    1,074,473      787,438    27,963    2,448,732      △ 7,571    2,441,160
    セグメント利益
             △ 11,195    △ 21,298     △ 7,665   △ 107,103     787,110     7,426    647,274    △ 215,008      432,265
    又は損失(△)
     (注) セグメント        利益又は損失      は四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っており、調整額は主に報告セグメン
        トに帰属しない一般管理費であります。
    Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                  2022年12月1日        至    2023年8月31日       )

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                    (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                      四半期
                                               調整額       連結
                    メタバース       暗号資産
                                                (注)      財務諸表
              IoT関連      ・ デジタル      ・ブロック
                                  その他        計
                                                      計上額
               事業     コンテンツ       チェーン
                     事業       事業
    売上高

     顧客との契約か
               329,320       110,381       60,626       32,329      532,658         -    532,658
     ら生じる    収益
     外部顧客への
               329,320       110,381       60,626       32,329      532,658         -    532,658
     売上高
     セグメント間の
     内部売上高又は           18,000         -       -      199     18,199      △ 18,199         -
     振替高
        計        347,320       110,381       60,626       32,529      550,857      △ 18,199      532,658
    セグメント利益
                6,744      △ 1,699      32,221      △ 3,657      33,608     △ 201,508      △ 167,899
    又は損失(△)
     (注) セグメント        利益又は損失      は四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っており、調整額は主に報告セグメン
        トに帰属しない一般管理費であります。
     2.  報告セグメントの変更等に関する事項

       前連結会計年度において「インターネット旅行事業」及び「ブランドリテールプラットフォーム事業」から事業
      撤退しております。これにより、当社グループの報告セグメントは第1四半期連結会計期間から「IoT関連事業」
      「メタバース・デジタルコンテンツ事業」「暗号資産・ブロックチェーン事業」及び「その他」の4区分となりま
      した。
                                18/22



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
      (収益認識関係)
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりでありま
      す。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自    2021年12月1日           (自    2022年12月1日
                                  至   2022年8月31日       )    至   2023年8月31日       )
    1株当たり四半期純利益                                    10円42銭              0円26銭
    (算定上の基礎)

    親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                    235,731              7,074

    普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -             -

    普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                    235,731              7,074

    普通株式の期中平均株式数(株)                                   22,629,439             27,176,055

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四
    半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計                                       -
    年度末から重要な変動があったものの概要
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、記
        載しておりません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                19/22











                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                20/22



















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
                   独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  2023年10月13日

    株式会社ネクスグループ
     取  締  役  会    御  中
                       UHY東京監査法人

                        東京都品川区

                        指定社員

                                   公認会計士
                                          安河内 明
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士
                                          谷田 修一
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第                193  条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ネクス
    グループの     2022  年 12 月1日から     2023  年 11 月 30 日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(                        2023  年6月1日から
    2023  年8月   31 日まで)及び第3四半期連結累計期間(                   2022  年 12 月1日から     2023  年8月   31 日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
    レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ネクスグループ及び連結子会社の                                             2023  年8月   31 日現在の
    財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全
    ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
                                21/22


                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                            四半期報告書
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・  継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・  四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・  四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以  上
     (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
        告書提出会社)が別途保管しております。
       2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                22/22










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。