新都ホールディングス株式会社 四半期報告書 第40期第2四半期(2023/05/01-2023/07/31)

提出書類 四半期報告書-第40期第2四半期(2023/05/01-2023/07/31)
提出日
提出者 新都ホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2023年9月13日

    【四半期会計期間】               第40期第2四半期(自 2023年5月1日 至 2023年7月31日)

    【会社名】               新都ホールディングス株式会社

    【英訳名】               SHINTO    Holdings,     Inc.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 鄧 明輝

    【本店の所在の場所】               東京都豊島区北大塚三丁目34番1号

    【電話番号】               03-5980-7002

    【事務連絡者氏名】               取締役 半田 紗弥

    【最寄りの連絡場所】               東京都豊島区北大塚三丁目34番1号

    【電話番号】               03-5980-7002

    【事務連絡者氏名】               取締役 半田 紗弥

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                   (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/26









                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】
    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第39期           第40期

             回次              第2四半期           第2四半期            第39期
                           連結累計期間           連結累計期間
                            自2022年           自2023年           自2022年
                            2月1日           2月1日           2月1日
            会計期間
                            至2022年           至2023年           至2023年
                            7月31日           7月31日           1月31日
    売上高                 (千円)         1,815,900           3,762,217           4,019,669
    経常損失(△)                 (千円)          △ 94,305         △ 126,027          △ 198,114

    親会社に帰属する四半期(当期)

                     (千円)         △ 111,205          △ 127,485          △ 212,477
    純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                 (千円)         △ 108,222          △ 127,258          △ 209,626

    純資産額                 (千円)          805,511          1,127,333           1,254,592

    総資産額                 (千円)         1,483,176           1,603,416           1,995,509

    1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)          △ 4.28          △ 3.99          △ 7.57
    (△)
    潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            ―           ―           ―
    (当期)純利益
    自己資本比率                 (%)           54.31           67.95           60.96
    営業活動による
                     (千円)         △ 282,813           △ 4,281         △ 383,050
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                     (千円)          △ 49,210          △ 3,425         △ 69,074
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                     (千円)          134,777          △ 16,925          569,488
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                     (千円)          110,898           400,813           425,291
    四半期末(期末)残高
                             第39期           第40期

             回次              第2四半期           第2四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                            自2022年           自2023年
                            5月1日            5月1日
            会計期間
                            至2022年           至2023年
                            7月31日            7月31日
    1株当たり四半期純損失(△)                 (円)          △ 1.16          △ 1.39

     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記

         載しておりません。
       2.第39期第2四半期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在
         するものの1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載しておりません。第39期及び第40期第2四
         半期については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 2/26




                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    2  【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容につい
      て、重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 3/26



















                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書
      に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
    (継続企業の前提に関する重要事象等について)

      当社グループは、前連結会計年度に営業損失、経常損失、                           親会社株主に帰属する当期純損失を計上し、また、営業
     キャッシュ・フローもマイナスを計上しております。また、当第2四半期連結累計期間も同様の状況となっておりま
     す。これらにより、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる事象または状況が存在しております。
      しかしながら、当社グループでは、前連結会計年度に、増資により当面の資金を確保しており、重要な資金繰りの
     懸念はありません。
      従って、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断しております。
                                 4/26
















                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子
      会社)が判断したものであります。
     (1)  業績の状況

       当第2四半期連結累計期間(2023年2月1日~2023年7月31日)におきましては、混迷が長引くウクライナ情
      勢、インフレ抑制のための各国中央銀行による利上げや米国の金融不安などが世界経済の下押し圧力となりまし
      た。
       欧州では、エネルギー価格の低下によりインフレ率が鈍化したことで、消費者マインドは低水準ながらも緩やか
      な回復基調を見せました。
       米国では、米国債のデフォルトが回避された一方、政治の混乱を背景とした不透明感から個人消費は低水準とな
      りました。
       中国では、移動制限措置が撤廃されて以降、経済活動の正常化は進んでいる一方で、個人消費は伸び悩んでお
      り、国内需要の低迷が依然危惧されております。
       日本では、外国人旅行客の増加など社会情勢の正常化が進み、賃上げや財政出動と金融政策の緩和継続などが、
      景気の回復を下支えした一方で、資源価格の高止まりと円安基調の中での原材料価格の上昇は、個人消費の回復を
      妨げる要因となっております。
       このような環境の下、当社グループは、廃プラスチック及び廃金属リサイクル事業に関する貿易取引を軸に事業
      規模の拡大に努めてまいりました。
       当第2四半期連結累計期間においては、非鉄金属スクラップ加工(主にアルミニウム・銅・ステンレス等)会社
      等との大口取引が拡大し、加えて、新たに、国内大手鉄鋼商社との鉄スクラップ取引を開始したことから、当社グ
      ループの当第2四半期連結累計期間の業績におきましては、売上高は3,762,217千円(前年同期比107.18%増)、営
      業損失は161,361千円(前年同期は142,438千円の営業損失)、経常損失は126,027千円(前年同期は94,305千円の経
      常損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失は127,485千円(前年同期は111,205千円の親会社株主に帰属する四
      半期純損失)となりました。
      当社のセグメント別の業績は以下のとおりです。

      ①貿易事業
       当社グループの収益性の改善及び安定的な収益の柱の構築を目的に、日用雑貨品及びその他製品の輸出取引に加
      え、ポリエチレンテレフタレート(PET)の輸入及びプラスチック再生製品、廃金属及び再生製品等の輸出入業務を
      行っております。また、前年度より、アルミニウムや銅を主体とする非鉄廃金属に関する輸出入貿易業務を開始い
      たしております。これら非鉄廃金属リサイクル事業に係る業界大手とのアライアンスを強化しつつ資源リサイクル
      等に積極的に取り組みながら、地球環境に配慮したカーボンニュートラルの実現に貢献してまいりました。
       この結果、売上高は3,751,627千円(前年同期比108.99%増)、セグメント利益は150千円(前年同期は20,282千
      円のセグメント損失)となりました。
      ②アパレル事業

       アパレル事業につきましては、事業全体の見直し並びに事業の再構築を進めております。その一環として、既存
      の卸売事業構造を抜本的に見直す一方、自社が保有するブランドライセンスの認知度向上に注力して参りました。
       また、中国子会社を中心に展開している中国市場向けの自社ユニフォームブランドの企画・販売事業につきまし
      ては、中国本土におけるウイズコロナへの政策展開後も予断を許さない状況が依然続いており、本格的な回復には
      至っておりません。
       この結果、売上高は10,589千円(前年同期比40.34%減)、セグメント利益は1,581千円(前年同期は4,364千円の
      セグメント損失)となりました。
      ③不動産関連サービス事業

       不動産関連サービス事業につきましては、主に中華圏及び在日中国人顧客を対象としたインバウンド不動産事業
      (開発・売買・仲介業務等)を展開してまいりましたが、対象となる不動産市況の見通しのあやまりや顧客の購
      買   動向を掴み取ることができなかった結果、売上高の獲得には至らず(前年同期は3,034千円のセグメント売
      上)、セグメント損失は2,980千円(前年同期は983千円のセグメント利益)となりました。
                                 5/26

                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
     (2)  財政状態の分析

      (資産)
       当第2四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べて392,093千円減少し、1,603,416千円
      となりました。この主な原因は、商品及び製品が39,746千円増加したものの、現金及び預金が24,477千円、売掛金
      が168,561千円、前渡金が166,431千円、未収入金が7,293千円減少したこと等によるものであります。
      (負債)

       当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べて264,834千円減少し、476,082千円
      となりました。この主な原因は、その他流動負債が56,378千円増加したものの、買掛金が284,087千円、未払金が
      23,101千円、長期借入金が9,471千円減少したこと等によるものであります。
      (純資産)

       当第2四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べて127,258千円減少し、1,127,333千円
      となりました。この主な原因は、利益剰余金が127,485千円減少したこと等によるものであります。
     (3)キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比
      べて24,477千円減少し、400,813千円となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状
      況は以下のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       営業活動の結果、支出した資金は、4,281千円(前年同期は282,813千円の支出)となりました。
       これは主として、税金等調整前四半期純損失を128,159千円計上したこと、売上債権の減少額が168,746千円、前
      渡金の減少額が166,590千円、仕入債務の減少額が284,126千円となったこと等によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動の結果、支出した資金は3,425千円(前年同期は49,210千円の支出)となりました。
       これは主として、有形固定資産の取得による支出25,313千円、無形固定資産の取得による支出が5,300千円、
      出資金の回収による収入が27,249千円となったこと等によるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       財務活動の結果、支出した資金は16,925千円(前年同期は134,777千円の獲得)となりました。
       これは主として、長期借入金の返済による支出が8,023千円となったこと等によるものであります。
     (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当第2四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありません。
     (5)研究開発活動

       該当事項はありません。
     (6)生産、受注及び販売の実績

       当第2四半期連結累計期間において、販売の実績に著しい変動がありました。その内容については「(1)業績の状
      況」に記載の通りであります。今後とも、国内外において、地球環境に配慮した非鉄金属スクラップ・廃棄物再生
      リサイクル事業の変革・発展に寄与してまいります。
                                 6/26



                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      なお、当社は、中国の新三板市場に上場する浙江巨東股份有限公司(本社:中国浙江省台州市)とリサイクルアル
     ミ インゴットの生産に係る業務提携契約の一環で2023年3月1日に総代理店契約を締結し、2023年3月より                                                 浙江巨東
     股份有限公司      向けにアルミ資材の輸出を開始いたしました。
      浙江巨東股份有限公司との業務提携により、良質なリサイクルアルミインゴットを低コストで販売することが可能
     となり、廃金属商材関連製品の輸出、販売事業の拡大と成長を図ってまいります。
                                 7/26


















                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】
     (1) 【株式の総数等】

      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    100,000,000

                計                                  100,000,000

      ② 【発行済株式】

              第2四半期会計期間末

                                   上場金融商品取引所
                        提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                         (2023年9月13日)
                                   商品取引業協会名
               ( 2023年7月31日       )
                                    東京証券取引所
      普通株式            31,966,100           31,966,100                  単元株式数100株
                                   スタンダード市場
        計          31,966,100           31,966,100          ―           ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      ①  【ストックオプション制度の内容】

         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 8/26










                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式        発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
        年月日         総数増減数         総数残高                      増減額        残高
                                  (千円)        (千円)
                   (株)         (株)                     (千円)        (千円)
    2023年5月1日~
                      ―    31,966,100           ―   2,473,989          ―   3,012,757
    2023年7月31日
                                 9/26

















                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                 2023年7月31日       現在
                                                     発行済株式
                                                    (自己株式を
                                             所有株式数       除く。)の
          氏名又は名称                      住所
                                               (株)     総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
    トウ メイホイ                  東京都文京区                        3,340,918         10.47

                      FLAT/RM    C,3/F.,CAMERON        COMMERCIAL

    DADU(HONG     KONG)CO.,LIMITED
                      BUILDING,468       HENNESSY     ROAD.CAUSEWAY       BAY
    DIRECTOR     DENG   MINGHUI                                   3,126,500          9.80
                      HONGKONG
    (常任代理人 劉 媚)
                      (東京都豊島区)
    株式会社協栄情報                  東京都中央区新川1丁目28番24号                         2,994,000          9.38

    株式会社Y.S.D                  東京都台東区台東1丁目24番9号                        2,994,000          9.38

    株式会社DMM.        com証券

                      東京都中央区日本橋2丁目7番1号                        2,972,000          9.31
    田賀健太郎                  大阪市西区                        1,180,700          3.70

    GMOクリック証券株式会社                  東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号                         634,100         1.99

    篠山証券株式会社                  兵庫県丹波篠山市東新町220                         621,300         1.95

    JPモルガン証券株式会社                  東京都千代田区丸の内2丁目7番3号                          615,100         1.93

    極東証券株式会社                  東京都中央区日本橋茅場町1丁目4番7号                         557,300         1.75

            計                    ―             19,035,918          59.66

     (注)   上記のほか、当社は、自己株式を58,200株保有しております。
                                10/26









                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                               2023年7月31日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                        ―          ―          ―

    議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―          ―

    議決権制限株式(その他)                        ―          ―          ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                  ―          ―
                    普通株式      58,200
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               319,060            ―
                        31,906,000
                    普通株式      1,900
    単元未満株式                                  ―          ―
    発行済株式総数                    31,966,100              ―          ―

    総株主の議決権                        ―       319,060            ―

     (注) 完全議決権株式(その他)の欄には、証券保管振替機構名義の名義書換失念株式が100株及びそれに係る議
       決権の数1個が含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                               2023年7月31日       現在
                                                  発行済株式
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       総数に対する
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       所有株式数
                                                  の割合(%)
    (自己保有株式)
                 東京都豊島区北大塚三丁
    新都ホールディングス
                                 58,200         ―     58,200        0.18
                 目34番1号
    株式会社
          計             ―          58,200         ―     58,200        0.18
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                11/26








                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2023年5月1日から2023年
     7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年2月1日から2023年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、監査法人アリアによる四半期レビューを受けております。
                                12/26

















                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2023年1月31日)              (2023年7月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               425,291              400,813
        売掛金                               533,922              365,360
        商品及び製品                               107,028              146,775
        原材料及び貯蔵品                                97,247              81,403
        前渡金                               388,615              222,183
        未収入金                                50,971              43,677
        短期貸付金                                14,019              14,019
        その他                                62,063              39,512
                                      △ 31,592             △ 26,611
        貸倒引当金
        流動資産合計                              1,647,566              1,287,135
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               29,864              28,392
         建物附属設備(純額)                               10,029               9,239
         構築物(純額)                               11,318              10,910
         機械及び装置(純額)                               36,443              40,068
         車両運搬具(純額)                               11,880              12,571
         工具、器具及び備品(純額)                               3,039              9,499
         土地                              119,200              119,200
                                        5,243              6,987
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                              227,019              236,869
        無形固定資産
         ソフトウエア                                 ―             4,414
         のれん                               63,627              53,022
                                         311              311
         その他
         無形固定資産合計                               63,938              57,748
        投資その他の資産
         投資有価証券                               5,827              5,827
         敷金及び保証金                               13,521              13,583
         長期営業債権                               29,502              30,856
         その他                               44,033              17,138
                                      △ 35,900             △ 45,744
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               56,984              21,662
        固定資産合計                               347,943              316,281
      資産合計                                1,995,509              1,603,416
                                13/26





                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2023年1月31日)              (2023年7月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               305,551               21,463
        短期借入金                                8,901                ―
        1年内返済予定の長期借入金                                16,668              18,620
        未払金                                58,024              34,923
        未払法人税等                                15,978              15,887
        訴訟損失引当金                                46,944              52,091
                                        13,839              70,218
        その他
        流動負債合計                               465,907              213,204
      固定負債
        長期借入金                               246,117              236,645
        長期未払金                                11,423               9,843
        長期預り保証金                                1,650              1,650
                                        15,819              14,738
        繰延税金負債
        固定負債合計                               275,010              262,878
      負債合計                                 740,917              476,082
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              2,473,989              2,473,989
        資本剰余金                              3,012,757              3,012,757
        利益剰余金                             △ 4,190,757             △ 4,318,243
                                      △ 81,809             △ 81,809
        自己株式
        株主資本合計                              1,214,180              1,086,695
      その他の包括利益累計額
                                        2,320              2,861
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                2,320              2,861
      非支配株主持分                                 38,090              37,776
      純資産合計                                1,254,592              1,127,333
     負債純資産合計                                 1,995,509              1,603,416
                                14/26








                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年2月1日              (自 2023年2月1日
                                至 2022年7月31日)               至 2023年7月31日)
     売上高                                 1,815,900              3,762,217
                                      1,744,943              3,705,819
     売上原価
     売上総利益                                   70,956              56,398
                                     ※  213,394            ※  217,759
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 142,438             △ 161,361
     営業外収益
      受取利息                                    2             264
      為替差益                                 59,309              40,673
                                        6,365              9,841
      その他
      営業外収益合計                                 65,678              50,779
     営業外費用
      支払利息                                  8,533              4,518
      貸倒引当金繰入額                                   ―             4,862
      訴訟損失引当金繰入額                                  7,330              5,147
                                        1,681               916
      その他
      営業外費用合計                                 17,545              15,445
     経常損失(△)                                  △ 94,305             △ 126,027
     特別利益
                                        3,570                ―
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                  3,570                ―
     特別損失
      固定資産除却損                                 13,008               2,132
                                         289               ―
      その他
      特別損失合計                                 13,298               2,132
     税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 104,033             △ 128,159
     法人税、住民税及び事業税
                                        4,476               721
                                         ―            △ 1,080
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   4,476              △ 359
     四半期純損失(△)                                 △ 108,509             △ 127,799
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                        2,695              △ 314
     に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                 △ 111,205             △ 127,485
                                15/26






                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年2月1日              (自 2023年2月1日
                                至 2022年7月31日)               至 2023年7月31日)
     四半期純損失(△)                                 △ 108,509             △ 127,799
     その他の包括利益
                                         286              541
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                   286              541
     四半期包括利益                                 △ 108,222             △ 127,258
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 110,918             △ 126,943
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  2,695              △ 314
                                16/26















                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
     (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年2月1日              (自 2023年2月1日
                                至 2022年7月31日)               至 2023年7月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純損失(△)                                △ 104,033             △ 128,159
      減価償却費                                 25,992              12,636
      のれん償却費                                 10,604              10,604
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  2,844              4,862
      受取利息及び受取配当金                                   △ 9            △ 264
      支払利息                                 27,838               4,518
      新株予約権戻入益                                 △ 3,570                -
      訴訟損失引当金の増減額(△は減少)                                  7,330              5,147
      有形固定資産除却損                                    -             2,132
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 93,066              168,746
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 16,837             △ 23,788
      前渡金の増減額(△は増加)                                △ 36,605              166,590
      仮払金の増減額(△は増加)                                 △ 2,469               △ 20
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 31,318             △ 284,126
      未払金の増減額(△は減少)                                △ 22,730             △ 23,289
                                        6,927              85,216
      その他
      小計                                △ 229,104                807
      利息及び配当金の受取額
                                          9             264
      利息の支払額                                △ 27,838              △ 4,518
                                      △ 25,880               △ 834
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 282,813              △ 4,281
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      出資金の回収による収入                                    -            27,249
      有形固定資産の取得による支出                                △ 22,101             △ 25,313
      無形固定資産の取得による支出                                    -            △ 5,300
      敷金及び保証金の差入による支出                                    -             △ 62
                                      △ 27,109                -
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 49,210              △ 3,425
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 127,172              △ 8,901
      長期借入金の返済による支出                                    -            △ 8,023
                                        7,604                -
      新株予約権の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 134,777              △ 16,925
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   26,051                154
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 171,195              △ 24,477
     現金及び現金同等物の期首残高                                  282,094              425,291
                                     ※  110,898            ※  400,813
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                17/26






                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (会計方針の変更)
      該当事項はありません。
                                18/26




















                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結貸借対照表関係)
      偶発債務

       当社グループの連結子会社である株式会社大都商会に対して、過去の顧客・取引先から損害賠償等の請求を
      求める訴訟を提起されております。これら訴訟の請求額は69,352千円であり、現在係争中であります。当社グ
      ループといたしましては、訴訟において当社グループの主張を行っていく方針であります。現時点で、将来発
      生した場合の債務の金額を合理的に見積もることができないため、当該偶発債務に係る損失について引当金は
      計上しておりません。
      (四半期連結損益計算書関係)

      ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間

                           (自    2022年2月1日              (自    2023年2月1日
                           至   2022年7月31日       )       至   2023年7月31日       )
      支払手数料                        37,440    千円             28,949    千円
      給与手当                        38,563                47,364

      役員報酬                        19,600                19,600

      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、
        次のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                           (自    2022年2月1日              (自    2023年2月1日
                           至   2022年7月31日       )       至   2023年7月31日       )
      現金及び預金勘定                        110,898    千円            400,813    千円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                           ―                 ―

      現金及び現金同等物                        110,898                 400,813

                                19/26









                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
       前第2四半期連結累計期間(自                 2022年2月1日        至    2022年7月31日       )
      1.配当に関する事項
         (1)配当金支払額
           該当事項はありません。
         (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会

           計期間の末日後となるもの
           該当事項はありません。
      当第2四半期連結累計期間(自                2023年2月1日        至    2023年7月31日       )

      1.配当に関する事項
         (1)配当金支払額
           該当事項はありません。
         (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会

           計期間の末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                20/26














                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      前第2四半期連結累計期間(自                  2022年2月1日        至    2022年7月31日       )
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                   (単位:千円) 
                         報告セグメント

                                                   四半期連結
                                              調整額      損益計算書
                                不動産関
                                        合計
                      貿易
                                              (注)1       計上額
                           アパレ
                                連サービ
                           ル事業
                      事業
                                                    (注)2
                                 ス事業
    売上高

    商品卸売上高                     ―   16,458        ―     16,458        ―     16,458
    ライセンス収入                     ―    1,290       ―      1,290        ―     1,290
    不動産売上高                     ―     ―    3,034       3,034        ―     3,034
    貿易売上高                 1,795,115         ―      ―   1,795,115          ―   1,795,115
    顧客との契約から生じる収益                 1,795,115       17,749      3,034     1,815,900          ―   1,815,900
    外部顧客への売上高                 1,795,115       17,749      3,034     1,815,900          ―   1,815,900
    セグメント間の内部売上高
                         ―     ―      ―       ―      ―       ―
    又は振替高
    計                 1,795,115       17,749      3,034     1,815,900          ―   1,815,900
    セグメント利益又は損失(△)                  △ 20,282     △ 4,364       983     △ 23,663     △ 118,774      △ 142,438
      (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△118,774千円は、各報告セグメントに配分していない全社費
          用であり、その主なものは本社の管理部門に係る費用であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
    2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                21/26









                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
      当第2四半期連結累計期間(自                  2023年2月1日        至    2023年7月31日       )
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                   (単位:千円) 
                          報告セグメント
                                                     四半期連結
                                               調整額     損益計算書
                                  不動産関
                                         合計
                           アパレル事
                                               (注)1       計上額
                     貿易事業             連サービ
                             業
                                                     (注)2
                                  ス事業
    売上高
    商品卸売上高                     ―     9,957       ―      9,957        ―     9,957
    ライセンス収入                     ―      632      ―       632       ―      632
    不動産売上高                     ―      ―      ―       ―      ―       ―
    貿易売上高                 3,751,627          ―      ―   3,751,627          ―   3,751,627
    顧客との契約から生じる収益                 3,751,627        10,589        ―   3,762,217          ―   3,762,217
    外部顧客への売上高                 3,751,627        10,589        ―   3,762,217          ―   3,762,217
    セグメント間の内部売上高
                         ―      ―      ―       ―      ―       ―
    又は振替高
    計                 3,751,627        10,589        ―   3,762,217          ―   3,762,217
    セグメント利益又は損失(△)                    150     1,581     △ 2,980      △ 1,248    △ 160,113      △ 161,361
      (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△160,113千円は、各報告セグメントに配分していない全社費
          用であり、その主なものは本社の管理部門に係る費用であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
    2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
    (収益認識関係)

     顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記情報(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。

                                22/26









                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                                (自    2022年2月1日           (自    2023年2月1日
                                至   2022年7月31日       )     至   2023年7月31日       )
    1株当たり四半期純損失(△)                                  △4円28銭               △3円99銭
    (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)                                  △111,205               △127,485

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―               ―

     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失
                                      △111,205               △127,485
     (△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  25,919,900               31,907,900
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
    四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                      ―               ―
    会計年度から重要な変動があったものの概要
    (注)前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するもの
       の1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当
       たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
    2  【その他】


     該当事項はありません。
                                23/26










                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
     第二部    【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                24/26




















                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2023年9月13日

    新都ホールディングス株式会社
     取締役会      御中
                       監査法人アリア

                       東京都港区
                        代表社員

                                   公認会計士
                                         茂 木 秀 俊
                        業務執行社員
                        代表社員
                                   公認会計士
                                         山 中 康 之
                        業務執行社員
    監査人の結論
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている新都ホール
    ディングス株式会社の2023年2月1日から2024年1月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2023年5
    月1日から2023年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年2月1日から2023年7月31日まで)に係る四
    半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期
    連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と
    認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、新都ホールディングス株式会社及び連結子会社の2023年7月
    31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況
    を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを
    行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査
    人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社
    から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎
    となる証拠を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連
    結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づ
    いて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四
                                25/26


                                                          EDINET提出書類
                                                 新都ホールディングス株式会社(E02960)
                                                            四半期報告書
    半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠し
      て実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が
      認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公
      正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認め
      られないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レ
      ビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期
      連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明する
      ことが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の
      事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・   四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の
      作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期
      連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示してい
      ないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・   四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。
      監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単
      独で監査人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重
    要な発見事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
    と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセー
    フガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
    ない。                                                         
                                              以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四
          半期報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                26/26






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。