株式会社TOKYO BASE 四半期報告書 第16期第2四半期(2023/05/01-2023/07/31)

提出書類 四半期報告書-第16期第2四半期(2023/05/01-2023/07/31)
提出日
提出者 株式会社TOKYO BASE
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2023年9月14日
     【四半期会計期間】                   第16期第2四半期(自 2023年5月1日 至 2023年7月31日)
     【会社名】                   株式会社TOKYO BASE
     【英訳名】                   TOKYO BASE Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役CEO  谷 正人
     【本店の所在の場所】                   東京都港区南青山三丁目11番13号
     【電話番号】                   03-6712-6842(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO 中水 英紀
     【最寄りの連絡場所】                   東京都港区南青山三丁目11番13号
     【電話番号】                   03-6712-6842(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO 中水 英紀
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/25













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                                 第15期          第16期
                回次                第2四半期          第2四半期           第15期
                               連結累計期間          連結累計期間
                              自2022年2月1日          自2023年2月1日          自2022年2月1日

               会計期間
                              至2022年7月31日          至2023年7月31日          至2023年1月31日
                                  8,896,057          9,656,688          19,181,858
     売上高                    (千円)
                                   205,217          413,752          265,467
     経常利益                    (千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)純利
                                             193,053
     益又は親会社株主に帰属する四半期純損失                    (千円)           △ 514                 △ 539,521
     (△)
                                             107,866
     四半期包括利益又は包括利益                    (千円)          △ 33,819                   △ 535,691
                                  5,870,784          5,382,500          5,366,366
     純資産額                    (千円)
                                  11,978,777          10,993,532          11,195,631
     総資産額                    (千円)
     1株当たり四半期(当期)純利益又は1株
                                               4.21
                         (円)          △ 0.01                   △ 11.76
     当たり四半期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)
                                               4.11
                         (円)            -                    -
     純利益
                                     48.9          48.9          47.9
     自己資本比率                    (%)
                                   377,371          273,455           64,414
     営業活動によるキャッシュ・フロー                    (千円)
     投資活動によるキャッシュ・フロー                    (千円)         △ 355,552         △ 127,974         △ 730,895

                                             262,595
     財務活動によるキャッシュ・フロー                    (千円)         △ 200,278                    △ 3,825
     現金及び現金同等物の
                                  3,007,244          2,922,147          2,504,646
                         (千円)
     四半期末(期末)残高
                                 第15期          第16期

                回次                第2四半期          第2四半期
                               連結会計期間          連結会計期間
                              自2022年5月1日          自2023年5月1日

               会計期間
                              至2022年7月31日          至2023年7月31日
     1株当たり四半期純利益又は
                                              4.23
                         (円)          △ 1.75
     1株当たり四半期純損失(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.第15期第2四半期連結累計期間及び第15期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、
           潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載しておりません。
                                 2/25






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 3/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識し
      ている主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更は
      ありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)財政状態及び経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症については2023年5月に5累への
        移行に伴う行動制限の解除及びインバウンドの増加により消費活動が正常化に向かい、緩やかな回復傾向が見受け
        られております。一方、世界的な資源価格の上昇や為替変動による物価上昇などにより、依然として先行き不透明
        な状況が続いております。
         中国本土においても、ゼロコロナ政策解除後は一定程度の回復が見受けられたものの、不動産市場の悪化など先
        行きが不透明な状況から個人消費が停滞いたしました。
        このような状況のもとで、当社は、売上総利益率向上、既存店強化、営業力強化、中国事業強化などによる収益
       体質の強化と利益の最大化を進めております。
         ① 経営成績の状況

        (連結経営成績)                                                                                (単位:千円)
                           2023年1月期           2024年1月期
                           第2四半期           第2四半期
                           連結累計期間           連結累計期間           増減      増減率
                         (自2022年2月1日           (自2023年2月1日
                          至2022年7月31日)            至2023年7月31日)
        売上高                      8,896,057           9,656,688        760,630       8.6%
        売上総利益                      4,540,955           4,871,726        330,770       7.3%

        販売費及び一般管理費                      4,556,694           4,555,206        △1,488      △0.0%

        営業利益又は営業損失(△)                      △15,738           316,519       332,258         -

        経常利益                       205,217           413,752       208,534      101.6%

        税金等調整前四半期純利益                       168,854           423,627       254,773      150.9%

        親会社株主に帰属する四半期純利
        益又は親会社株主に帰属する四半                        △514          193,053       193,568         -
        期純損失(△)
        (売上高)

          国内においては、消費活動が正常化に向かいはじめ、人流の増加及びインバウンド購買客数の増加、A+ 
         TOKYO及びTHE           TOKYOが伸長いたしました。一方で中国本土においては、ゼロコロナ政策解除後は
         一定程度の回復が見受けられたものの、4月以降は経済状況の悪化による外的要因と商品の品揃えの鮮度を欠
         いたことや営業力の低下により苦戦いたしました。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は9,656,688千円(前年同期比8.6%増)となりまし
         た。
        (売上総利益)

          売上総利益は売上の増加に伴い増加いたしました。一方で売上総利益率は50.4%(前年同期比0.6ポイント
         減)となり、主な要因は中国現地法人の在庫消化に伴う値引き販売の増加によるものであります。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上総利益は4,871,726千円(前年同期比7.3%増)となり
         ました。
                                 4/25



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        (販売費及び一般管理費、営業利益)
          当第2四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費について、国内においては売上増加に伴い販売手数料、
         地代家賃及び支払手数料が増加したものの、中国現地法人においては退店に伴う人件費、減価償却費及び業務
         委託費が減少した結果、売上高販管費率は47.2%(前年同期比4.1ポイント減)となりました。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間における販売費及び一般管理費は4,555,206千円(前年同期比1,488
         千円減)、営業利益は316,519千円(前年同期は営業損失15,738千円)となりました。
        (営業外損益、経常利益)

          営業外収益は前第2四半期連結累計期間に比較して134,201千円減少し、117,231千円となりました。主な要
         因は為替差益の減少によるものです。
          営業外費用は前第2四半期連結累計期間に比較して10,477千円減少し、19,998千円となりました。主な要因
         は支払利息の減少によるものです。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間における経常利益は413,752千円(前年同期比101.6%増)となりま
         した。
        (特別損益、税金等調整前四半期純利益、親会社株主に帰属する四半期純利益)

          特別利益は、前第2四半期連結累計期間に比較して35,138千円増加しました(前年同期は特別利益の計上な
         し)。内容は債務勘定整理益であり、中国現地法人で前連結会計年度に計上した店舗解約損失の支払額につい
         て商業施設側との交渉により減額したことによるものです。
          特別損失は、前第2四半期連結累計期間に比較して11,099千円減少し、25,264千円となりました。主な要因
         は中国現地法人の一部地域及び商業施設からの退店に伴う減損損失によるものです。
          以上の結果、税金等調整前四半期純利益は423,627千円(前年同期比150.9%増)、親会社株主に帰属する四
         半期純利益は193,053千円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失514千円)となりました。
         ② 財政状態の状況

        (資産)
          当第2四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比較して202,099千円減少し、
         10,993,532千円となりました。これは主として、現金及び預金が417,501千円増加した一方で、有形固定資産が
         564,478千円、商品が64,149千円減少したことによるものです。
        (負債)

          当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比較して218,233千円減少し、
         5,611,031千円となりました。これは主として、長期借入金が475,126千円増加した一方で、買掛金が297,060千
         円、短期リース債務が150,764千円、長期リース債務が206,199千円減少したことによるものです。
        (純資産)

          当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比較して16,133千円増加し、
         5,382,500千円となりました。これは主として、利益剰余金が親会社株主に帰属する四半期純利益により
         193,053千円増加、一方で配当金の支払により91,732千円、為替換算調整勘定が85,187千円減少したことによる
         ものです。
                                 5/25








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        (補足情報)
        Ⅰ.業態別売上高                                 (単位:千円)
                                   2024年1月期
                                    第2四半期
                                                前年同期比
                                   連結累計期間
                                                (増減率)
                                  (自2023年2月1日
                                   至2023年7月31日)
        STUDIOUS                               4,376,323             6.3%
        UNITED TOKYO                               2,739,527            △0.5%

        PUBLIC TOKYO                               1,704,085             4.6%

        A+ TOKYO                                382,758            32.1%

        THE TOKYO                                599,176           121.3%

        その他                               △145,183             11.9%

        全社合計                               9,656,688             8.6%

        (注)「その他」は売上高に与える収益認識基準の影響額等となっております。
        Ⅱ.業態別売上高既存店前年同期比

                                     2024年1月期
                                      第2四半期
                                     連結累計期間
                                    (自2023年2月1日
                                     至2023年7月31日)
        STUDIOUS                                    106.3%
        UNITED TOKYO                                     97.4%

        PUBLIC TOKYO                                    106.0%

        A+ TOKYO                                    126.8%

        THE TOKYO                                    130.0%

        全社合計                                    104.5%

                                 6/25









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        Ⅲ.出退店及び店舗数
                                          2024年1月期
                                                      2024年1月期
                               2023年1月期
                                          第2四半期
                                                      第2四半期
                                連結会計
                  業態
                                          連結累計期間
                                                      連結会計
                                 年度末
                                                       期間末
                                      出店    退店    増減    (改装)
        STUDIOUS                            43    -    2   △2   (1)        41

        UNITED TOKYO                            24    -    5   △5     -      19

        PUBLIC TOKYO                            18    -    2   △2     -      16

        A+ TOKYO                             6   -    -    -    -       6

        THE TOKYO                             6   -    -    -    -       6

        全社合計                            97    -    9   △9   (1)        88

        2024年1月期第2四半期連結累計期間における店舗展開については以下のとおりです。
       ■STUDIOUS業態
        「STUDIOUS MENS 新宿店」を増床改装
        「STUDIOUS 武漢店」を退店
        「STUDIOUS WOMENS 二子玉川店」を退店
       ■UNITED TOKYO業態
        「UNITED TOKYO 武漢店」を退店
        「UNITED TOKYO 成都店」を退店
        「UNITED TOKYO 北京店」を退店
        「UNITED TOKYO 深圳万象天地店」を退店
        「UNITED TOKYO 深圳前海万象城店」を退店
       ■PUBLIC TOKYO業態
        「PUBLIC TOKYO 成都店」を退店
        「PUBLIC TOKYO 深圳前海万象城店」を退店
        この結果、2024年1月期第2四半期連結会計期間末における店舗数は、STUDIOUS業態が41店舗(内、E

       Cが3店舗)、UNITED TOKYO業態が19店舗(内、ECが2店舗)、PUBLIC TOKYO業態が
       16店舗(内、ECが2店舗)、A+ TOKYO業態が6店舗(内、ECが2店舗)、THE TOKYO業態が
       6店舗(内、ECが2店舗)の合計88店舗となりました。
        なお、実店舗は全77店舗となり、国内57店舗、海外20店舗となりました。
      (注)連結対象である東百国際貿易(上海)有限公司の第2四半期決算期末は6月であり、当社の第2四半期決算期

          末の7月とは1ヶ月間異なりますが、それぞれの第2四半期決算期末に合わせて出退店及び店舗数を記載して
          おります。なお、東百国際貿易(上海)有限公司の2023年7月の出退店はありません。
                                 7/25








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      (2)キャッシュ・フローの状況
        当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、資金という。)は、前連結会計年度末から
       417,501千円増加し、2,922,147千円となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状
       況とその要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における営業活動の結果得られた資金は、273,455千円(前年同期比103,915千円減)
        となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益の計上423,627千円、減価償却費535,850千円、一方で仕入
        債務の減少額389,662千円、未払費用の減少額35,567千円、債務勘定整理益35,138千円、法人税等の支払額166,962
        千円があったためです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における投資活動の結果支出した資金は、127,974千円となりました。(前年同期比
        227,577千円減)これは主に、保証金の回収による収入20,780千円、一方で有形固定資産の取得による支出80,147
        千円、差入保証金の差入れによる支出10,971千円、資産除去債務の履行による支出36,765千円があったためです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における財務活動の結果得られた資金は、262,595千円(前年同四半期は200,278千円
        の支出)となりました。これは主に、長期借入れによる収入1,100,000千円、一方で長期借入金の返済による支出
        436,515千円、リース債務の返済による支出309,443千円、配当金の支払額91,445千円があったためです。
      (3)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当第2四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した内容から重要な変更はありませ
        ん。
      (4)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
      (6)研究開発活動

         該当事項はありません。
      (7)従業員数

         当第2四半期連結累計期間において、主として新卒採用及び期中採用による増加と退職による自然減との増減に
        より、296人となりました。
         なお、従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数を含んでおりません。
                                 8/25








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 9/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                         144,000,000

                  計                               144,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         名又は登録認可金融              内容
                            (2023年9月14日)
              (2023年7月31日)                         商品取引業協会名
                                                 完全議決権株式であ
                                                 り、権利内容に何ら
                                                 限定のない、当社に
                                        東京証券取引所
                    48,493,800            48,493,800
     普通株式                                            おける標準となる株
                                          プライム
                                                 式であります。単元
                                                 株式数は100株であり
                                                 ます。
                    48,493,800            48,493,800
         計                                  -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、この四半期報告書提出日(2023年9月14日)の新株予約権の行使により発行され
         た株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総                             資本準備金増
                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                             減額
                        数残高(株)        (千円)       (千円)             高(千円)
                   (株)                            (千円)
     2023年5月1日~

                      ―   48,493,800           ―     564,537          ―     548,537
     2023年7月31日
                                10/25






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2023年7月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己株式を除
                                            所有株式数
            氏名又は名称                     住所                   く。)の総数に
                                             (株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
                                             11,367,500           24.78

      谷 正人                   東京都港区
                                              6,145,000           13.40
      中水 英紀                   東京都港区
      日本マスタートラスト信託銀行株式会
                                              5,648,800           12.32
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
      社(信託口)
      株式会社MT Asset Mana
                         東京都港区元麻布3丁目7-10                     3,168,000           6.91
      gement
      株式会社日本カストディ銀行(信託
                         東京都中央区晴海1丁目8-12                     1,742,200           3.80
      口)
      株式会社K Asset Manag
                         東京都目黒区青葉台1丁目7-14                     1,731,400           3.77
      ement
      株式会社AAM                                        1,714,000           3.74
                         東京都港区北青山3丁目4番3号
                         25 BANK STREET, C
                         ANARY WHARF, LOND
      JP MORGAN CHASE B
                         ON, E14 5JP,  UNI
                                               701,900          1.53
      ANK 380621
                         TED KINGDOM
      (常任代理人 株式会社みずほ銀行)
                         (東京都港区港南2丁目15-1 品
                         川インターシティA棟)
      株式会社日本カストディ銀行(年金特
                         東京都中央区晴海1丁目8-12                      420,700          0.92
      金口)
                                               420,000          0.92

      鹿島 克美                   東京都世田谷区
                                             33,059,500           72.08
              計                   -
     (注)1. 2020年4月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、三井住友ト
         ラスト・アセットマネジメント他共同保有者1名が2020年4月15日現在で1,397,700株を所有している旨が
         記載されているものの、当社グループとして2023年7月31日現在における実質所有株式数の確認ができま
         せんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。
                                                      株券等
                                            保有株式数
           氏名又は名称                     住所                     保有割合
                                             (株)
                                                      (%)
     三井住友トラスト・アセットマネジメン
                        東京都港区芝公園一丁目1番1号                     1,085,600            2.28
     ト株式会社
     日興アセットマネジメント株式会社                   東京都港区赤坂九丁目7番1号                      312,100           0.66
             計                   ―             1,397,700            2.93

        2. 2023年8月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、フィデリティ投信
          株式会社が2023年7月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社グループとして
          2023年7月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりませ
          ん。
          なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
            大量保有者                                                       フィデリティ投信株式会社
            住所                                                             東京都港区六本木七丁目7番7号
            保有株券等の数                                                   株式    3,937,700株
            株券等保有割合                                                   8.12%
                                11/25



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2023年7月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                             -             -       -

     議決権制限株式(自己株式等)                             -             -       -

     議決権制限株式(その他)                             -             -       -

                              2,627,400
     完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式                       -       -
                                               完全議決権株式であり、
                                               権利内容に何ら限定のな
                                               い、当社における標準と
                             45,854,500             458,545
     完全議決権株式(その他)                  普通株式
                                               なる株式であります。単
                                               元株式数は100株でありま
                                               す。
                                11,900
     単元未満株式                  普通株式                       -       -
                             48,493,800
     発行済株式総数                                         -       -
                                           458,545
     総株主の議決権                             -                   -
    (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式18株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2023年7月31日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義
                                    他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式
                                    株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                              数(株)
                                                    (%)
                  東京都港区
         株式会社
                              2,627,400               2,627,400          5.42
                                         -
      TOKYO BASE
                  南青山三丁目11番13号
                              2,627,400               2,627,400          5.42
          計             -                  -
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                12/25









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2023年5月1日から2023
      年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年2月1日から2023年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                13/25

















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2023年1月31日)              (2023年7月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       2,504,646              2,922,147
        現金及び預金
                                       1,233,871              1,221,900
        売掛金
                                       2,641,633              2,577,483
        商品
                                        142,405              165,347
        その他
                                       6,522,557              6,886,878
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       1,997,148              1,802,262
          建物及び構築物(純額)
                                        102,297               86,142
          工具、器具及び備品(純額)
                                       1,003,859               650,421
          使用権資産(純額)
                                       3,103,305              2,538,827
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        65,088              50,550
          ソフトウエア
                                        65,088              50,550
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        122,641              122,641
          繰延税金資産
                                       1,366,467              1,364,142
          差入保証金
                                        15,570              30,491
          その他
                                       1,504,680              1,517,275
          投資その他の資産合計
                                       4,673,073              4,106,653
        固定資産合計
                                      11,195,631              10,993,532
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        862,485              565,424
        買掛金
                                      ※ 1,100,000             ※ 1,100,000
        短期借入金
                                        819,864             1,008,221
        1年内返済予定の長期借入金
                                        581,062              546,451
        未払費用
                                        201,118              264,571
        未払法人税等
                                        565,687              414,923
        リース債務
                                        87,385              63,860
        契約負債
                                        62,102              59,634
        賞与引当金
                                        308,720               96,251
        その他
                                       4,588,425              4,119,338
        流動負債合計
       固定負債
                                        697,225             1,172,351
        長期借入金
                                        464,506              258,306
        リース債務
                                        79,107              61,033
        資産除去債務
                                       1,240,839              1,491,692
        固定負債合計
                                       5,829,264              5,611,031
       負債合計
                                14/25






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2023年1月31日)              (2023年7月31日)
     純資産の部
       株主資本
                                        564,537              564,537
        資本金
                                        863,306              863,306
        資本剰余金
                                       5,273,731              5,375,052
        利益剰余金
                                      △ 1,361,785             △ 1,361,785
        自己株式
                                       5,339,790              5,441,111
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        18,576
                                                      △ 66,610
        為替換算調整勘定
                                        18,576
        その他の包括利益累計額合計                                             △ 66,610
                                         8,000              8,000
       新株予約権
                                       5,366,366              5,382,500
       純資産合計
                                      11,195,631              10,993,532
     負債純資産合計
                                15/25















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年2月1日              (自 2023年2月1日
                                至 2022年7月31日)               至 2023年7月31日)
                                       8,896,057              9,656,688
     売上高
                                       4,355,101              4,784,962
     売上原価
                                       4,540,955              4,871,726
     売上総利益
                                      ※ 4,556,694             ※ 4,555,206
     販売費及び一般管理費
                                                      316,519
     営業利益又は営業損失(△)                                  △ 15,738
     営業外収益
                                          327               97
       受取利息
                                        20,433               8,122
       助成金収入
                                        228,191              102,577
       為替差益
                                         2,481              6,433
       その他
                                        251,433              117,231
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        28,583              19,301
       支払利息
                                         1,500
       支払手数料                                                  -
                                          393              697
       その他
                                        30,476              19,998
       営業外費用合計
                                        205,217              413,752
     経常利益
     特別利益
                                                       35,138
                                          -
       債務勘定整理益
                                                       35,138
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                        36,158              25,264
       減損損失
                                          204
                                                         -
       その他
                                        36,363              25,264
       特別損失合計
                                        168,854              423,627
     税金等調整前四半期純利益
                                        169,368              230,573
     法人税等
                                                      193,053
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    △ 514
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                                      193,053
                                         △ 514
     に帰属する四半期純損失(△)
                                16/25









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年2月1日              (自 2023年2月1日
                                至 2022年7月31日)               至 2023年7月31日)
                                                      193,053
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    △ 514
     その他の包括利益
                                       △ 33,305             △ 85,187
       為替換算調整勘定
       その他の包括利益合計                                 △ 33,305             △ 85,187
                                                      107,866
     四半期包括利益                                  △ 33,819
     (内訳)
                                                      107,866
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 △ 33,819
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                17/25
















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年2月1日              (自 2023年2月1日
                                至 2022年7月31日)               至 2023年7月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        168,854              423,627
       税金等調整前四半期純利益
                                        596,946              535,850
       減価償却費
                                        13,575              14,580
       ソフトウエア償却費
       債務勘定整理益                                    -           △ 35,138
                                        36,158              25,264
       減損損失
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 14,940              △ 2,544
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                 △ 95,249                -
                                          357
       受取利息及び受取配当金                                                 △ 97
                                        28,583              19,301
       支払利息
                                                       15,366
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 27,698
                                                       85,125
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 156,997
                                        25,995
       仕入債務の増減額(△は減少)                                              △ 389,662
                                        18,021
       未払費用の増減額(△は減少)                                               △ 35,567
                                        91,967
                                                     △ 180,292
       その他
                                        685,571              475,812
       小計
       利息及び配当金の受取額                                                  97
                                         △ 357
       利息の支払額                                 △ 28,572             △ 19,289
       店舗解約に伴う違約金の支払額                                    -           △ 16,202
                                       △ 279,271             △ 166,962
       法人税等の支払額
                                        377,371              273,455
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                △ 398,157              △ 80,147
       ソフトウエアの取得による支出                                 △ 4,755                -
       資産除去債務の履行による支出                                 △ 28,885             △ 36,765
       差入保証金の差入による支出                                 △ 65,617             △ 10,971
                                        142,413               20,780
       差入保証金の回収による収入
                                         △ 550            △ 20,871
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 355,552             △ 127,974
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        800,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                                  -
                                                     1,100,000
       長期借入れによる収入                                    -
       長期借入金の返済による支出                                △ 629,087             △ 436,515
       リース債務の返済による支出                                △ 371,691             △ 309,443
       配当金の支払額                                    -           △ 91,445
                                          500
                                                         -
       新株予約権の発行による収入
                                                      262,595
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 200,278
                                        40,429               9,425
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                                      417,501
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 138,031
                                       3,145,275              2,504,646
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 3,007,244             ※ 2,922,147
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                18/25






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
          新型コロナウイルス感染症の影響に関しては、2023年8月以降も継続するものの、売上は一定程度回復すると
         の仮定を置いて見積りを行っております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ 当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約を締結しております。
          これら契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間

                             (2023年1月31日)                  (2023年7月31日)
        当座貸越極度額の総額                        1,100,000千円                  1,100,000千円
        借入実行残高                        1,100,000                  1,100,000
         差引額                           -                  -
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自 2022年2月1日                 (自 2023年2月1日
                             至 2022年7月31日)                  至 2023年7月31日)
        給料及び手当                            897,272    千円              881,569    千円
                                   1,200,569                 1,320,522
        地代家賃
                                    442,466                 441,380
        販売手数料
                                     33,503                 59,595
        賞与引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
          とおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                              (自    2022年2月1日             (自    2023年2月1日
                               至   2022年7月31日)              至   2023年7月31日)
         現金及び預金勘定                           3,007,244千円                2,922,147千円
         現金及び現金同等物                           3,007,244                2,922,147
                                19/25








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2022年2月1日 至 2022年7月31日)
          1.配当金支払額
             該当事項はありません。
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2023年2月1日 至 2023年7月31日)

          1.配当金支払額
                            配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                        基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     2023年4月25日
               普通株式      利益剰余金          91,732          2  2023年1月31日         2023年4月26日
      定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2022年2月1日 至 2022年7月31日)
           当社グループは、衣料品販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2023年2月1日 至 2023年7月31日)

           当社グループは、衣料品販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                20/25









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       前第2四半期連結累計期間(自 2022年2月1日 至 2022年7月31日)

                                          (単位:千円)
                             地域別
                                            合計
                       日本       香港       中国
         実店舗             5,252,458        216,758      1,041,519        6,510,736

         EC             2,335,604          -     2,100      2,337,704

         その他               47,616         -       -      47,616

         顧客との契約から生じ
                      7,635,679        216,758      1,043,619        8,896,057
         る収益
                      7,635,679        216,758      1,043,619        8,896,057
         外部顧客への売上高
        (注)「その他」の区分は販路に含まれない催事(ファミリーセール等)の売上高であります。

       当第2四半期連結累計期間(自 2023年2月1日 至 2023年7月31日)

                                          (単位:千円)
                             地域別
                                            合計
                       日本       香港       中国
         実店舗             5,853,205        287,596      1,010,920        7,151,722

         EC             2,377,564          -       -     2,377,564

         その他              127,401         -       -      127,401

         顧客との契約から生じ
                      8,358,171        287,596      1,010,920        9,656,688
         る収益
                      8,358,171        287,596      1,010,920        9,656,688
         外部顧客への売上高
        (注)「その他」の区分は販路に含まれない催事(ファミリーセール等)の売上高であります。

                                21/25









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期
        純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2022年2月1日              (自 2023年2月1日
                                  至 2022年7月31日)              至 2023年7月31日)
         (1)  1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半
                                        △0.01円               4.21円
         期純損失(△)
         (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株
                                         △514             193,053
         主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
         普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -              -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
         益又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                △514             193,053
         (千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                              45,871,382              45,866,382
         (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                                           -             4.11
         (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -              -
         (千円)
         普通株式増加数(株)                                  -          1,062,699
         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
         当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
                                           -              -
         式で、前連結会計年度末から重要な変動があった
         ものの概要
        (注)前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するもの
           の1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                22/25









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                23/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
                        独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2023年9月13日

    株式会社TOKYO BASE
      取締役会 御中
                             三優監査法人

                             東京事務所
                              指  定  社  員

                                      公認会計士        齋藤 浩史
                              業務執行社員
                              指  定  社  員

                                      公認会計士        宇野 公之
                              業務執行社員
     監査人の結論
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社TOKYO
     BASEの2023年2月1日から2024年1月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2023年5月1日から2023年
     7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年2月1日から2023年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、
     すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
     ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社TOKYO                                BASE及び連結子会社の2023年7月31日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
     た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
     任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
     しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
     を入手したと判断している。
     四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
     適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
     継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
     期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
     じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                24/25


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
     事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
     監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
     じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以  上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                25/25









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。