日本テレホン株式会社 四半期報告書 第36期第3四半期(2023/05/01-2023/07/31)

提出書類 四半期報告書-第36期第3四半期(2023/05/01-2023/07/31)
提出日
提出者 日本テレホン株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                 四半期報告書

     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                 近畿財務局長
     【提出日】                 2023年9月13日
     【四半期会計期間】                 第36期 第3四半期(自 2023年5月1日 至 2023年7月31日)
     【会社名】                 日本テレホン株式会社
     【英訳名】                 NIPPON    TELEPHONE     INC.
     【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長COO  有 馬 知 英
     【本店の所在の場所】                 大阪市北区天満橋一丁目8番30号 OAPタワー9階
     【電話番号】                 06(6881)6611
     【事務連絡者氏名】                 上席執行役員 コーポレート統括部長  寺 口 洋 一
     【最寄りの連絡場所】                 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル14階
     【電話番号】                 03(6230)9388
     【事務連絡者氏名】                 上席執行役員 コーポレート統括部長  寺 口 洋 一
     【縦覧に供する場所】                 日本テレホン株式会社 東京本社
                      (東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル14階)
                      株式会社東京証券取引所
                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     (注)上記の東京本社は金融商品取引法に規定する縦覧場所ではありませんが、投資者の便宜を考慮して、縦覧に供す

        る場所としております。
                                 1/17











                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                                      第36期

                   回次                  第3四半期         第35期
                                      累計期間
                                     自 2022年        自 2022年

                                      11月1日         5月1日
                  会計期間
                                     至 2023年        至 2022年
                                      7月31日         10月31日
                                       3,258,796        1,551,764
     売上高                          (千円)
     経常損失(△)                          (千円)       △ 139,955       △ 127,373

     四半期(当期)純損失(△)                          (千円)        △ 6,259      △ 178,102

     持分法を適用した場合の投資利益                          (千円)           -        -

                                        50,000      1,054,323

     資本金                          (千円)
                                       5,741,500        5,741,500

     発行済株式総数                           (株)
                                       1,126,708        1,132,669

     純資産額                          (千円)
                                       1,775,148        1,572,702

     総資産額                          (千円)
     1株当たり四半期(当期)純損失金額(△)                           (円)        △ 1.09      △ 31.06

     潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額                           (円)          -        -

     1株当たり配当額                           (円)          -        -

                                         63.5        72.0

     自己資本比率                           (%)
                                      第36期

                   回次                  第3四半期
                                      会計期間
                                     自 2023年

                                      5月1日
                  会計期間
                                     至 2023年
                                      7月31日
     1株当たり四半期純損失金額(△)                           (円)        △ 13.70

    (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移について
          は記載しておりません。
        2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        3.第36期第3四半期累計期間において、無償減資を行っております。
        4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、第35期は1株当たり当期純損失であり、潜
          在株式が存在しないため記載しておりません。また第36期第3四半期累計期間は1株当たり当期純損失であ
          り、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        5.第35期は、決算期変更により2022年5月1日から2022年10月31日までの6ヵ月間となっております。
        6.第35期は決算期変更により第3四半期財務諸表を作成しておりません。これに伴い、第35期第3四半期累計期
          間および第35期第3四半期会計期間の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
                                 2/17




                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
         当第3四半期累計期間において、当社は、移動体通信関連事業において運営する店舗の事業譲渡および閉店を
        2023年4月1日付で完了いたしました。これは、将来にわたって移動体通信関連事業の成長を見込むことが難しい
        との判断から、将来的な成長が期待できるリユース関連事業に経営資源の投下を一層集中するためであります。こ
        の結果、2023年7月31日現在では、当社の事業内容は、リユースのモバイル端末やパソコンの取扱いを行うリユー
        ス関連事業および法人向けスマートフォンレンタル等のその他の事業となっております。
                                 3/17



















                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
         当第3四半期累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変
        更があった事項は、次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在にお
        いて当社が判断したものであります。
      (移動体通信関連事業のリスクの消滅)

         2023年4月1日付で移動体通信関連事業における運営店舗の事業譲渡および閉店が完了したことに伴い、前事業
        年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクのうち、移動体通信関連事業に関する事項は消滅しております。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)経営成績及び財政状態の状況

      (経営成績の状況)
          当社は   、 2022年7月27日開催の定時株主総会において                    「 定款一部変更の件        」 を決議し    、 前事業年度より決算期
         (事業年度の末日)を4月30日から10月31日に変更いたしました                              。 これにより、当第3四半期累計期間(2022年
         11月1日から2023年7月31日まで)に対応する前年同四半期累計期間がないため、前年同四半期との比較は行っ
         ておりません。
          当第3四半期累計期間におけるわが国経済は                    、 新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置付けが「5類」

         に変更され、各種行動制限が緩和されたことで、経済・社会活動の正常化に向けて緩やかな回復基調で進みまし
         た。ただし一方では         、 ウクライナ情勢の長期化に伴う資源・エネルギー価格の高騰                            、 世界的な金融引き締めに伴う
         海外経済の下振れ、為替変動等、依然として不透明な状況が続いております。
          当社の主な事業分野である携帯電話業界におきましては、5Gに対応した高機能・高価格な端末の普及に伴い、
         国内外で新品端末買い替えサイクルの長期化が進む一方で、高機能な最新技術よりもリーズナブルな実用性を求
         めるユーザーの需要により、比較的低価格なリユースモバイル端末の市場は順調に成長しております。
          また、携帯電話の回線契約については、移動体通信事業者によるサブブランドや、オンライン専用の料金プラ
         ン、MVNOといった低価格帯サービスの選択肢が充実し、その比率が年々上昇しております。このような低価格帯
         の回線サービスに安価なリユースモバイル端末を組み合わせる活用法の認知度が増していくことも、リユースモ
         バイル端末の市場規模が拡大する要因となることが予想されます。
          このような事業環境の中、当社は顧客ニーズの変化を迅速に捉えるため、「ビヨンド・イマジネーション
         (注)」の行動ポリシーのもと、お客様が必要とするサービス・商品を的確に捉え、提供し続けるべく対応して
         おります。
          リユースのモバイル端末やパソコンの取扱いを行うリユース関連事業におきましては、法人チャネルでは
         BtoBtoCの新サービス展開が進み、パートナー企業との販売連携がさらに強化されました。ライフサイクルマネ
         ジメントを中心とする部門においては、リユースパソコンの取扱いを開始し、法人および個人双方に対して好調
         な滑り出しとなりましたが、円安傾向が国内同業向け商品の調達に悪影響を及ぼし、リユースモバイル端末の売
         買は想定を下回る結果となりました。個人向けオンラインチャネルでは商品展開戦略が功を奏し、売上高が大幅
         に増加しております。グローバル事業は、海外事業者の開拓が進み、取引社数および取引量が伸張いたしまし
         た。
          また、中長期的な成長を支えるブランディング戦略として、当社のリユース関連事業全体を新ブランド
         「ReYuu(リユー)」としてリブランディングを行いました。2024年2月1日に「ReYuu                                        Japan株式会社」への商
         号変更を予定しております。「ReYuu」は、「①『リユー』スの輪を広げる、②選ばれる『理由』がある、③
         『Re(何度も)』+『Yuu(結う=繋げる)』」という想いを込めたものです。
          一方のキャリアショップ運営を中心とした移動体通信関連事業におきましては、2023年4月5日公表の「運営
         店舗の事業譲渡及び閉店完了のお知らせ」のとおり、2023年4月1日付で事業譲渡および閉店が完了いたしまし
         た。これにより、135百万円の特別利益を計上しております。
          これらの結果、当第3四半期累計期間における売上高は3,258百万円、営業損失は126百万円、経常損失は139
         百万円、四半期純損失は6百万円となりました。
         (注)「ビヨンド・イマジネーション」とは、「①お客様の想像を超える ②仲間の期待を超える ③自分の限界を超える」を行動ポ

           リシーとした当社の基本方針であります。
                                 4/17


                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
          事業部門別の状況は次のとおりであります。
          当社の事業は、情報通信関連事業の単一セグメントでありますが、業績の状況を事業部門別に記載しておりま
         す。
        (リユース関連事業)

          当第3四半期累計期間におけるリユース関連事業におきましては、法人チャネルでは、商品保証付き認定リ
         ユース品の商品展開や、端末のオンライン買取サービスをプラットフォームとして提供する等、パートナー企業
         との連携を拡大・強化してまいりました。ライフサイクルマネジメントを中心とする部門においては、リユース
         パソコンの取扱いを開始し、法人・個人ともに好調な滑り出しとなりました。円安傾向が国内同業向け商品の調
         達に悪影響を及ぼしたことで、リユースモバイル端末の売買は想定を下回る結果となりましたが、既存ネット
         ワークを活かした関係強化に向けての取組みを行っております。
          また、個人向けオンラインチャネルにおいては、親会社の株式会社ショーケースが持つオンライン領域での強
         みを活かしてSEO対策等の販売促進施策を実施しつつ、当社独自の商品戦略・調達力を活用してリユースパソコ
         ンの新規追加を中心とする商品ラインナップの強化を行った結果、売上高・利益ともに大幅な増加傾向にありま
         す。
          グローバル事業は、組織変更によるスピードアップの効果もあり、中古端末の国際的な集積地となっている香
         港およびドバイにおいて海外事業者の開拓が進み、取引社数および取引量が伸張いたしました。
          関連して、商品の再生や物流を管理するモバイルリファビッシュセンターでは、工程管理の効率化が進んでお
         り、物量増加に耐えうるキャパシティの確保に引き続き取り組んでおります。
          これらの結果、売上高2,914百万円、販売台数は66,334台となりました。
        (移動体通信関連事業)

          当第3四半期累計期間における移動体通信関連事業におきましては、上述のとおり、当社の運営するキャリア
         ショップ4店舗は、2023年4月1日付で事業譲渡および閉店が完了いたしました。
          これらの結果、売上高329百万円、販売台数は2,650台となりました。
        (その他の事業)

          当第3四半期累計期間におけるその他の事業におきましては、売上高14百万円となりました。
      (財政状態の状況)

        ①  総資産
           当第3四半期会計期間末の総資産は、前事業年度末と比べて202百万円増加し、1,775百万円となりました。
           これは主に、売掛金が177百万円減少したものの、現金及び預金が299百万円、商品が121百万円増加したこ
          とによるものであります。
        ②  負債

           当第3四半期会計期間末の負債は、前事業年度末と比べて208百万円増加し、648百万円となりました。
           これは主に、買掛金が116百万円減少したものの、短期借入金が400百万円増加したことによるものでありま
          す。
        ③  純資産

           当第3四半期会計期間末の純資産は、前事業年度末と比べて5百万円減少し、1,126百万円となりました。
           これは主に、四半期純損失を6百万円計上したことによるものであります。なお、2023年1月27日開催の定
          時株主総会決議に基づき2023年3月31日付で無償減資を実施し、資本金が1,004百万円減少、利益準備金が31
          百万円減少、別途積立金が390百万円減少、その他資本剰余金が358百万円増加、繰越利益剰余金が1,067百万
          円増加しております。
     (2)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

          当第3四半期累計期間において、当社の優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について、重要な変更は
         ありません。
     (3)研究開発活動

          該当事項はありません。
                                 5/17



                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
         当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/17




















                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                         12,400,000

                  計                              12,400,000

        ②【発行済株式】

            第3四半期会計期間末                提出日         上場金融商品取引所名
      種類      現在発行数(株)            現在発行数(株)           又は登録認可金融商品                内容
            (2023年7月31日)            (2023年9月13日)              取引業協会名
                                      東京証券取引所             単元株式数
                5,741,500            5,741,500
     普通株式
                                     スタンダード市場               100株
                5,741,500            5,741,500
       計                                  -            -
    (注)「提出日現在発行数」欄には、2023年9月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式         資本金        資本金      資本準備金       資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                 (株)        (株)       (千円)       (千円)        (千円)       (千円)
     2023年5月1日~
                     -    5,741,500           -     50,000          -     724,520
     2023年7月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/17







                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2023年4月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                  2023年7月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                             -            -       -

     議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -

     議決権制限株式(その他)                             -            -       -

                                12,100
     完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式                      -       -
                              5,728,500              57,285
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                              -
                                 900
     単元未満株式                  普通株式                      -       -
                              5,741,500
     発行済株式総数                                         -       -
                                            57,285
     総株主の議決権                             -                   -
    (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が400株含まれております。また、
          「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数4個が含まれております。
        2.「単元未満株式」の株式数の欄に自己株式5株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2023年7月31日現在
                                                     発行済株式
                          自己名義         他人名義         所有株式数
      所有者の氏名                                              総数に対する
               所有者の住所          所有株式数         所有株式数          の合計
       又は名称                                             所有株式数の
                          (株)         (株)         (株)
                                                     割合(%)
      日本テレホン        大阪市北区天満橋
                            12,100                  12,100          0.21
                                        -
       株式会社        一丁目8番30号
                            12,100                  12,100          0.21
         計         -                      -
    (注)当社は、上記の他、単元未満自己株式5株を保有しております。
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 8/17








                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期財務諸表の作成方法について

       (1)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
        第63号)に基づいて作成しております。
       (2)当社は、2022年7月27日開催の定時株主総会において、定款の一部変更を決議し、決算期を4月30日から10月

        31日に変更いたしました。これに伴い、前事業年度は2022年5月1日から2022年10月31日までの6ヵ月間となっ
        ており、第3四半期財務諸表を作成していないため、前第3四半期累計期間については、記載しておりません。
     2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2023年5月1日から2023年
        7月31日まで)および第3四半期累計期間(2022年11月1日から2023年7月31日まで)に係る四半期財務諸表に
        ついてRSM清和監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

         当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 9/17















                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
     1【四半期財務諸表】
      (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2022年10月31日)              (2023年7月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        665,464              965,347
        現金及び預金
                                        343,163              165,290
        売掛金
                                        464,586              586,380
        商品
                                         4,120              3,540
        貯蔵品
                                        16,237              10,686
        前払費用
                                        20,168               1,668
        未収入金
                                         6,408
        未収消費税等                                                -
                                         7,617              9,442
        その他
                                       1,527,767              1,742,357
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        33,323               5,776
          建物
                                       △ 33,323              △ 5,776
           減価償却累計額
           建物(純額)                               -              -
          工具、器具及び備品                               62,773              41,474
                                       △ 62,773             △ 39,687
           減価償却累計額
                                                       1,787
           工具、器具及び備品(純額)                               -
          リース資産                                882              294
                                         △ 882             △ 294
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                               -              -
                                         8,231              7,999
          レンタル資産
                                        △ 4,673             △ 6,202
           減価償却累計額
                                         3,558              1,797
           レンタル資産(純額)
                                         3,558              3,584
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                                       7,712
                                          -
          ソフトウエア
                                                       7,712
          無形固定資産合計                                 -
        投資その他の資産
                                          160
          出資金                                               -
                                         7,918
          長期貸付金                                               -
                                         1,001              1,001
          破産更生債権等
                                          974              340
          長期前払費用
                                        32,323              21,154
          差入保証金
                                        △ 1,001             △ 1,001
          貸倒引当金
                                        41,376              21,494
          投資その他の資産合計
                                        44,935              32,791
        固定資産合計
                                       1,572,702              1,775,148
       資産合計
                                10/17






                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2022年10月31日)              (2023年7月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        138,040               21,656
        買掛金
                                                      400,000
        短期借入金                                  -
                                        39,996              39,996
        1年内返済予定の長期借入金
                                          136
        リース債務                                                -
                                        27,991              23,293
        未払金
                                        21,652              14,899
        未払費用
                                         7,779              2,635
        未払法人税等
                                                       8,355
        未払消費税等                                  -
                                        19,006               5,589
        預り金
                                         9,650              2,200
        賞与引当金
                                         1,214
        短期解約返戻引当金                                                -
                                         1,929              1,895
        その他
                                        267,396              520,521
        流動負債合計
       固定負債
                                        113,342               83,345
        長期借入金
                                        12,882              16,176
        役員退職慰労引当金
                                        34,518              24,836
        退職給付引当金
                                        11,894               3,561
        資産除去債務
                                        172,637              127,919
        固定負債合計
                                        440,033              648,440
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       1,054,323                50,000
        資本金
        資本剰余金
                                        724,520              724,520
          資本準備金
                                                      358,158
                                          -
          その他資本剰余金
                                        724,520             1,082,679
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                        31,627
          利益準備金                                               -
          その他利益剰余金
                                        390,000
           別途積立金                                             -
                                      △ 1,067,792               △ 6,259
           繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                             △ 646,165              △ 6,259
        自己株式                                  △ 9             △ 9
                                       1,132,669              1,126,410
        株主資本合計
                                                        298
        新株予約権                                  -
                                       1,132,669              1,126,708
       純資産合計
                                       1,572,702              1,775,148
     負債純資産合計
                                11/17







                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                                当第3四半期累計期間
                               (自 2022年11月1日
                                至 2023年7月31日)
                                       3,258,796
     売上高
                                       2,892,251
     売上原価
                                        366,545
     売上総利益
                                        493,141
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 126,596
     営業外収益
                                           3
       受取利息
                                          481
       その他
                                          484
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         4,984
       支払利息
                                         1,458
       為替差損
                                         4,477
       棚卸資産除却損
                                         2,754
       新株予約権発行費
                                          168
       その他
                                        13,843
       営業外費用合計
     経常損失(△)                                 △ 139,955
     特別利益
                                          900
       受取賠償金
                                        135,431
       事業譲渡益
                                        136,331
       特別利益合計
     税引前四半期純損失(△)                                   △ 3,623
                                         2,635
     法人税、住民税及び事業税
                                         2,635
     法人税等合計
     四半期純損失(△)                                   △ 6,259
                                12/17











                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (会計上の見積りの変更)
         (棚卸資産の評価基準)
           当社は、棚卸資産の評価基準について、将来の販売見込みに基づく一定の滞留期間を超える場合には帳簿価
          額を全額切り下げた価額をもって貸借対照表価額としておりましたが、移動体通信関連事業において運営する
          店舗の事業譲渡および閉店を2023年4月1日付で完了したこと等を鑑み、棚卸資産に係る収益性の低下の事実
          をより適切に財政状態および経営成績に反映させるため、第2四半期会計期間より、滞留期間の見積方法につ
          いて変更いたしました。
           この結果、変更前の方法と比べて、当第3四半期会計期間末の商品は17,404千円増加し、当第3四半期累計
          期間の経常損失、税引前四半期純損失がそれぞれ17,404千円改善しております。
        (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の影響)
           前事業年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載した内容から重要な変更はありません。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計
         期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             当第3四半期累計期間
                            (自 2022年11月1日
                              至 2023年7月31日)
         減価償却費                         1,291千円

        (株主資本等関係)

          当第3四半期累計期間(自 2022年11月1日 至 2023年7月31日)
          1.配当金支払額
            該当事項はありません。
          2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後

            となるもの
            該当事項はありません。
          3.株主資本の金額の著しい変動

            2023年1月27日開催の定時株主総会決議に基づき2023年3月31日付で無償減資を実施し、資本金が
           1,004,323千円減少、利益準備金が31,627千円減少、別途積立金が390,000千円減少、その他資本剰余金が
           358,158千円増加、繰越利益剰余金が1,067,792千円増加しております。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           当社は、情報通信関連事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                13/17







                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
          顧客との契約から生じる収益の分解情報
           当第3四半期累計期間(自 2022年11月1日 至 2023年7月31日)
                                                (単位:千円)
                                報告セグメント
                                               合計
                               情報通信関連事業
           リユース関連事業                          2,914,683             2,914,683
           移動体通信関連事業                           329,700             329,700
           その他の事業                           14,411             14,411
           顧客との契約から生じる収益                          3,258,796             3,258,796
           その他の収益                             -             -
           外部顧客への売上高                          3,258,796             3,258,796
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純損失金額および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第3四半期累計期間
                                (自 2022年11月1日
                                 至 2023年7月31日)
       1株当たり四半期純損失金額(△)(円)                                △1.09
      (算定上の基礎)

       四半期純損失金額(△)(千円)                                △6,259

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -

       普通株式に係る四半期純損失金額(△)(千円)                                △6,259

       普通株式の期中平均株式数(株)                               5,729,395

    (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、希薄化効果を有している
        潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     2【その他】

        該当事項はありません。
                                14/17









                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                15/17




















                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2023年9月13日

     日本テレホン株式会社
        取締役会 御中
                             RSM清和監査法人
                             東京事務所
                             指定社員

                                       公認会計士         武 本 拓 也
                             業務執行社員
                             指定社員
                                       公認会計士         藤 本  亮
                             業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本テレホン株
    式会社の2022年11月1日から2023年10月31日までの第36期事業年度の第3四半期会計期間(2023年5月1日から2023年7
    月31日まで)及び第3四半期累計期間(2022年11月1日から2023年7月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半
    期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
    る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、日本テレホン株式会社の2023年7月31日現在の財政状態及び同日をもって終了
    する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかっ
    た。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人
    としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断してい
    る。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
    表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する
    事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                16/17








                                                          EDINET提出書類
                                                     日本テレホン株式会社(E05481)
                                                            四半期報告書
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
      手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施さ
      れる年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
      られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認
      められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか
      結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四
      半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切でな
      い場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、
      四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存
      続できなくなる可能性がある。
     ・四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準
      拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表
      示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が
      認められないかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去するための対応策を講じている場合
    又は阻害要因を許容可能な水準にまで軽減するためのセーフガードを適用している場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

    (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                17/17









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。