株式会社サイバーリンクス 四半期報告書 第60期第2四半期(2023/04/01-2023/06/30)

提出書類 四半期報告書-第60期第2四半期(2023/04/01-2023/06/30)
提出日
提出者 株式会社サイバーリンクス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               近畿財務局長

    【提出日】               2023年8月10日

    【四半期会計期間】               第60期第2四半期(自            2023年4月1日         至   2023年6月30日)

    【会社名】               株式会社サイバーリンクス

    【英訳名】               CYBERLINKS      CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 村上            恒夫

    【本店の所在の場所】               和歌山県和歌山市紀三井寺849番地の3

    【電話番号】               050-3500-2797

    【事務連絡者氏名】               執行役員      総合管理部長 鳥居           孝行

    【最寄りの連絡場所】               和歌山県和歌山市紀三井寺849番地の3

    【電話番号】               050-3500-2797

    【事務連絡者氏名】               執行役員      総合管理部長 鳥居           孝行

    【縦覧に供する場所】               株式会社サイバーリンクス東日本支社

                    (東京都港区芝浦四丁目9番25号芝浦スクエアビル13階)

                   株式会社サイバーリンクス西日本支店

                    (大阪市淀川区宮原四丁目3番7号)

                   株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/25








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

                             第59期           第60期

              回次               第2四半期           第2四半期            第59期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   2022年1月1日         自   2023年1月1日         自   2022年1月1日
             会計期間
                          至   2022年6月30日         至   2023年6月30日         至   2022年12月31日
    売上高                 (百万円)            6,233           7,675          12,225

    経常利益                 (百万円)             732           589          1,141

    親会社株主に帰属する
                     (百万円)             487           143           909
    四半期(当期)純利益
    四半期包括利益又は包括利益                 (百万円)             487           143           909
    純資産額                 (百万円)            5,831           7,124           7,101

    総資産額                 (百万円)            9,638          12,178           12,746

    1株当たり四半期(当期)純利益金額                  (円)           47.14           12.90           87.35

    潜在株式調整後1株当たり
                      (円)           46.46           12.74           86.08
    四半期(当期)純利益金額
    自己資本比率                  (%)           59.7           57.9           55.1
    営業活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)            1,140            574          1,046

    投資活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)            △ 857          △ 514         △ 2,267

    財務活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)            △ 276          △ 380           534

    現金及び現金同等物の
                     (百万円)            2,560           1,938           2,258
    四半期末(期末)残高
                             第59期           第60期

              回次               第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   2022年4月1日         自   2023年4月1日
             会計期間
                          至   2022年6月30日         至   2023年6月30日
    1株当たり四半期純利益金額                  (円)           21.05           11.91
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.第60期第2四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第59期連
         結会計年度の関連する主要な経営指標等について、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
    2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
      要な変更はありません。また、関係会社についても異動はありません。
                                 2/25




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1 【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると
      認識している主要なリスクの発生又は前連結会計年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての
      重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
      す。
       なお、2022年7月14日に行われた株式会社シナジーとの企業結合について、前連結会計年度に暫定的な会計処理を
      行っておりましたが、当第2四半期連結会計期間に確定したため、前連結会計年度との比較・分析にあたっては、
      暫定的な会計処理の確定による見直し後の金額を用いております。
    (1)財政状態及び経営成績の状況

       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、緩やかに持ち直しており、先行きにつきましては、雇用・所
      得環境が改善する下で、各種政策の効果もあり、緩やかな回復が続くことが期待されます。一方で、世界的な金融
      引締め等が続く中、海外景気の下振れが我が国の景気を下押しするリスクとなっております。さらに、物価上昇、
      金融資本市場の変動等の影響に十分注意する必要があります。
       当社グループがサービスを提供する市場におきましては、人口減少等の社会構造の変化や、ウィズコロナへの対
      応等から、DX(注)やデジタル化が急速に進んでおります。
       流通食品小売業においては、原材料や物流費の高騰を背景とする仕入価格の上昇に加え、足元では光熱費等の高
      騰にも直面しており、コストの吸収に苦慮しています。中長期的な視点に立てば、人口減少に伴う市場縮小の脅威
      にさらされており、また、業種・業界の垣根を超えた競争の激化や既存企業間の出店競争、人材不足や人件費上昇
      といった問題に直面しております。このように厳しさを増す経営環境を打開するには、DXの推進等により、店舗
      運営の効率化や、卸売業・製造業との連携によるサプライチェーンの最適化など、生産性向上に向けた取組を進め
      ることが不可欠となっております。また、「2024年問題」をはじめとする物流危機が迫るなか、企業間の壁を越え
      た物流の効率化に取り組む動きがあるなど、非競争領域における協業や共同利用の考え方が広がりつつあります。
       官公庁においては、ガバメントクラウド(注)を活用した自治体の基幹業務システムの統一化・標準化に向けた
      取組のほか、2022年9月には総務省から「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画(第2.0
      版)」が示され、官公庁・自治体のDX化の動きが期待されます。また、マイナンバーカードと健康保険証の一体
      化が正式に決定されるなど、マイナンバーカードの今後の普及・利用促進が期待され、住民サービスの向上と行政
      の効率化がさらに加速するものと考えられます。
       さらに、コロナ禍を契機にはじまった商慣習の変革に伴い、紙・対面に基づく様々なやりとりをサイバー空間に
      おいて実現するためのデータ流通基盤となる「トラストサービス」へのニーズは飛躍的に高まっており、簡易かつ
      信頼性の高いサービスが急速に普及していくと考えられます。また、デジタル庁における令和5年度予算におい
      て、「Web3.0(注)の推進に向けた環境整備に係る経費」が盛り込まれるなど、分散型のデジタル社会の実
      現に向けて、国を挙げての環境整備が進もうとしています。
       携帯電話販売市場においては、通信キャリア各社がオンラインショップで端末をユーザに直接販売する動きを活
      発化させております。また、株式会社NTTドコモによるエリア毎のドコモショップを適切な店舗数・店舗規模に
      見直す方針の発表や、ドコモショップへのインセンティブ体系の変更など、依然として厳しい環境が続いておりま
      す。一方で、5Gサービスの拡大による新たな需要や、2026年3月に予定される3Gサービス終了に向けた端末買
      い換え需要などの事業機会も見込まれます。また、ドコモショップが地域のICTサポート拠点としての役割を担
      うことも期待されております。
       このような状況のもと、「LINK                  Smart~もたず、つながる時代へ~」をブランドコンセプトに、
      「シェアクラウド(共同利用型クラウド)」による安心、安全、低価格で高品質かつ高機能なクラウドサービスの
      提案を積極的に進めてまいりました。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間における業績は、売上高                              7,675   百万円(前年同期比         23.1%増    )、営業利益
      572  百万円(前年同期比          21.4%減    )、経常利益      589  百万円(前年同期比          19.4%減    )となりました。        また、モバイル
      ネットワーク事業における吸収合併に伴うのれんの減損損失等、特別損失206百万円を第1四半期連結会計期間に計
                                 3/25

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
      上したことにより        親会社株主に帰属する四半期純利益は                 143  百万円(前年同期比         70.6%減    )となりました。
       当社グループが経営上の重要指標と位置付ける定常収入(注)は、サービス提供の拡大等により364百万円増加
      し、3,766百万円(前年同期比10.7%増)となり、順調に推移しました。
       なお、第1四半期連結会計期間より、2022年7月に完全子会社化した株式会社シナジーの損益計算書の連結を開
      始いたしました。
       当第2四半期連結累計期間におけるセグメント別の業績は、次のとおりであります。

       ①  流通クラウド事業

        流通クラウド事業におきましては、小売業向けEDIサービス「BXNOAH」や卸売業向けEDIサービス
       「クラウドEDI-Platform」等のクラウドサービス提供拡大により定常収入が増加しました。
        また、中大規模顧客向け「@rms基幹」に係るソフトウェア償却費が減少した反面、ウィズコロナ下での営
       業活動等の活発化に伴い旅費交通費が、開発力及び営業力強化のための採用に伴い人件費及び労務費が、さらに
       電気料金が上昇し水道光熱費がそれぞれ増加いたしました。
        2023年5月には、一般社団法人日本加工食品卸協会(日食協)、食品流通の非競争領域における連携・共同化
       を推進する「共通プラットフォーム構想」に賛同する日食協加盟の食品卸6社、及び株式会社ジャパン・イン
       フォレックスが構築について基本合意した「EDIプラットフォーム」に関して、当社がEDI基盤サービスベ
       ンダーの1社として採択されました。卸各社のシステムに共通する機能を備えたEDI共通基盤を構築し、業界
       全体の標準化推進に寄与いたします。
        今後の成長に向けた取組としては、主力サービスである食品小売業向け基幹システム「@rms」の高速処理
       化をはじめとした開発投資を進めるとともに、流通業界における商談のDXを実現する企業間プラットフォーム
       「C2Platform」の商談支援サービスについても、大手食品小売業数社への導入作業を着実に進めまし
       た。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は                           2,216   百万円(前年同期比         6.2%増    )、セグメント利
       益(経常利益)は        452  百万円(前年同期比         22.5%増    )となりました。
       ②  官公庁クラウド事業

        官公庁クラウド事業におきましては、ネットワーク工事案件等が増加したことに加え、前連結会計年度に連結
       子会社となった株式会社シナジーの寄与もあり、売上高は前年同四半期を大幅に上回りました。一方、株式会社
       シナジーの子会社化に伴う取得原価の配分にあたり識別した無形資産及びのれん等の償却費124百万円を計上し
       たことにより、減益となりました。
        また、電子認証サービス「マイナサイン」について、株式会社トラストバンクが提供する「LoGoフォー
       ム」と連携し、2023年4月より同サービスを利用する自治体向けへの本格展開を開始しました。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は                           3,719   百万円(前年同期比         35.9%増    )、セグメント
       利益(経常利益)は         372  百万円(前年同期比         17.0%減    )となりました。
       ③  トラスト事業

        トラスト事業におきましては、2023年5月よりデジタル証明書発行サービス「CloudCerts」を用い
       た「TOEIC® Program」公開テストのデジタル公式認定証発行を開始する等、サービス提供拡大に
       より定常収入が増加し、増収となりました。
        一方、既存事業であるタイムスタンプサービスに関する支出が発生し、売上原価が増加しました。
        また、開発を進めてきた不動産取引のデジタル化に向けた取組として、マイナンバーカード認証を活用した電
       子契約サービスを2023年12月期第3四半期より提供開始する予定であり、引き続き準備を進めております。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は                           42 百万円(前年同期比         56.5%増    )、セグメント損失
       (経常損失)は       139  百万円(前年同期はセグメント損失                116  百万円)となりました。
       ④  モバイルネットワーク事業

        モバイルネットワーク事業におきましては、2022年12月に実行した吸収合併により店舗数が拡大し、総販売台
       数が増加したため増収となりました。一方、株式会社NTTドコモによるインセンティブ体系変更の影響等によ
       り、減益となりました。
        また、2023年3月にドコモショップ串本店を閉店した上で、同年4月より同エリアに出張販売スポットを開設
                                 4/25

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
       しました。
        今後に向けた取組としては、今期より法人営業の体制強化を実施しており、DXソリューションの提供等の新
       たな収入の獲得に向けた取組を進めております。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は                           1,697   百万円(前年同期比         22.8%増    )、セグメント
       利益(経常利益)は         14 百万円(前年同期比         91.0%減    )となりました。
     (注)上記に用いられる用語は以下のとおりであります。

                 DX:デジタルトランスフォーメーション。企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、
                     データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、
                     ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文
                     化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。
          ガバメントクラウド:政府共通のクラウドサービスの利用環境。クラウドサービスの利点を最大限に活用
                     することで、迅速、柔軟、かつセキュアでコスト効率の高いシステムを構築可能と
                     するもの。
             Web3.0:次世代インターネットとして注目される概念。巨大なプラットフォーマーの支配を
                     脱し、分散化されて個と個がつながった世界。電子メールとウェブサイトを中心と
                     したWeb1.0、スマートフォンとSNSに特徴づけられるWeb2.0に続く
                     もの。
               定常収入:情報処理料や保守料等の継続的に得られる収入で、安定収益の拡大を目指す当社グ
                     ループ独自の管理指標のこと。
       当第2四半期連結会計期間末の総資産は                  12,178百万円      となり、前連結会計年度末に比べ               567百万円減少       しました。

       流動資産は、      498百万円の減少        となりました。これは主に            現金及び預金      が 319百万円     、 仕掛品   が 158百万円     、 受取手
      形、売掛金及び契約資産           が 136百万円     減少したことと、流動資産のその他に含まれる前払費用が77百万円、                                リース債
      権及びリース投資資産          が 72百万円    増加したことによるものです。
       固定資産は、      68百万円の減少       となりました。これは主に減損損失の計上等により                        のれん   が 290百万円減少       したこと
      と、取得等により無形固定資産のその他に含まれるソフトウエア仮勘定が100百万円、ソフトウエアが74百万円、有
      形固定資産のその他に含まれる工具、器具及び備品が74百万円増加したことによるものです。
       負債は、    590百万円の減少        となりました。これは主に            買掛金   が 306百万円     、返済により      長期借入金     (1年内返済予
      定の長期借入金を含む)が223百万円減少したことによるものです。
       純資産は、     22百万円の増加       となりました。これは主に利益剰余金が、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上
      により   143百万円     増加した一方で剰余金の配当により144百万円減少したことと、新株予約権の権利行使等により                                            資
      本金  が 16百万円    、 資本剰余金     が 16百万円    増加したことによるものです。
    (2)キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度
      末に比べ    319百万円減少       し、  1,938百万円      となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によるキャッシュ・フローは                  574百万円の資金の増加           (前年同四半期は、         1,140百万円の資金の増加            )
       となりました。資金の増加の主な要因は、税金等調整前四半期純利益                                385百万円     、減価償却費      302百万円     、減損損
       失 206百万円     、棚卸資産     の減少額161百万円         、売上債権     の減少額136百万円         となっております。資金の減少の主な要
       因は、仕入債務       の減少額306百万円         、法人税等の支払額         208百万円     、未払金    の減少額89百万円        となっております。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動によるキャッシュ・フローは                  514百万円の資金の減少           (前年同四半期は、         857百万円の資金の減少           )と
       なりました。資金の減少の主な要因は、無形固定資産の取得による支出                                 346百万円     、有形固定資産の取得による支
       出 199百万円     となっております。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー) 

        財務活動によるキャッシュ・フローは                  380百万円の資金の減少           (前年同四半期は、         276百万円の資金の減少           )と
                                 5/25


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
       なりました。資金の減少の主な要因は、長期借入金の返済による支出                                 223百万円     、配当金の支払額        143百万円     と
       なっております。
    (3)経営方針・経営戦略等

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
      りません。
    (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題について重要な変更は
      ありません。
    (5)研究開発活動

       当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                      126百万円     であります。
       なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/25














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
    第3 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     28,800,000

                 計                                    28,800,000

      ②  【発行済株式】

              第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2023年6月30日       )  (2023年8月10日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所         単元株式数は
       普通株式           11,366,712          11,366,712
                                  (プライム市場)          100株であります。
        計          11,366,712          11,366,712          ―             ―
     (注)   提出日現在発行数には、2023年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は、含まれておりません。
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①   【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②   【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                             資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                              (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
    2023年5月15日
                   13,226     11,355,112            6      871        6     2,168
    (注)1
    2023年4月1日~
    2023年6月30日              11,600     11,366,712            3      874        3     2,171
    (注)2
     (注)1.譲渡制限付株式報酬としての新株式の発行による増加であります。
           発行価格     908円
           資本組入額    454円
           割当先      当社の取締役4名
       2.新株予約権の行使による増加であります。
       3.2023年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は、含まれ
          ておりません。
                                 7/25




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                               2023年6月30日       現在
                                                   発行済株式
                                                  (自己株式を除
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所
                                                 く。)の総数に対
                                            (株)
                                                  する所有株式数
                                                   の割合(%)
    株式会社サイバーコア                和歌山県和歌山市友田町5丁目46番地1                        2,400,000          21.52
    日本マスタートラスト信託銀行
                    東京都港区浜松町2丁目11番3号                         466,300         4.18
    株式会社(信託口)
    サイバーリンクス従業員持株会                和歌山県和歌山市紀三井寺849番地の3                         408,540         3.66
    村上 恒夫                和歌山県和歌山市                         390,168         3.50

    一般財団法人サイバーリンクス
                    和歌山県和歌山市紀三井寺849番地の3                         300,000         2.69
    福祉財団
    上岡 兼千代                大阪府貝塚市                         280,038         2.51
    小池 秀之                和歌山県東牟婁郡                         211,280         1.89

    楽天証券株式会社                東京都港区南青山2丁目6番21号                         199,400         1.79

    小池 陽子                和歌山県東牟婁郡                         197,680         1.77

    株式会社紀陽銀行                和歌山県和歌山市本町1丁目35番地                         189,912         1.70

           計                   ―              5,043,318          45.23

                                 8/25













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                               2023年6月30日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                    普通株式
                         216,000
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               111,432            ―
                        11,143,200
                    普通株式
    単元未満株式                              ―              ―
                          7,512
    発行済株式総数                    11,366,712          ―              ―
    総株主の議決権                    ―           111,432            ―

     (注)「単元未満株式」の「株式数」欄には、自己保有株式                            67株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                               2023年6月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)             和歌山県和歌山市紀三井
                                216,000         ―    216,000        1.90
    ㈱サイバーリンクス             寺849番地の3
          計             ―          216,000         ―    216,000        1.90
     (注)当第2四半期会計期間末日現在における所有自己株式数は、216,067株であります。
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 9/25









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1  四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2023年4月1日から2023年
     6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年1月1日から2023年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                10/25

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年12月31日)              (2023年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                2,258              1,938
        受取手形、売掛金及び契約資産                                2,901              2,764
        リース債権及びリース投資資産                                  242              314
        商品及び製品                                  203              205
        仕掛品                                  300              142
        原材料及び貯蔵品                                  12               7
        その他                                  264              310
                                         △ 7             △ 8
        貸倒引当金
        流動資産合計                                6,176              5,677
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               2,660              2,642
                                       △ 1,585             △ 1,592
          減価償却累計額
          建物及び構築物(純額)                              1,074              1,050
         土地
                                        1,974              1,974
         その他                               2,315              2,461
                                       △ 1,836             △ 1,916
          減価償却累計額
          その他(純額)                               479              545
         有形固定資産合計                               3,528              3,570
        無形固定資産
         のれん                               1,037               746
                                        1,275              1,436
         その他
         無形固定資産合計                               2,313              2,183
                                       ※1  728            ※1  748
        投資その他の資産
        固定資産合計                                6,570              6,501
      資産合計                                 12,746              12,178
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                  791              484
        1年内償還予定の社債                                  14              14
        1年内返済予定の長期借入金                                  436              419
        未払法人税等                                  237              257
        賞与引当金                                  43              72
        受注損失引当金                                   9              2
        資産除去債務                                   5              -
                                        1,317              1,246
        その他
        流動負債合計                                2,855              2,496
      固定負債
        社債                                  30              23
        長期借入金                                2,595              2,388
        資産除去債務                                  63              64
                                          99              81
        その他
        固定負債合計                                2,789              2,557
      負債合計                                  5,644              5,054
                                11/25



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年12月31日)              (2023年6月30日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                  858              874
        資本剰余金                                2,158              2,174
        利益剰余金                                4,317              4,317
                                        △ 311             △ 311
        自己株式
        株主資本合計                                7,023              7,054
      新株予約権                                    78              69
      純資産合計                                  7,101              7,124
     負債純資産合計                                   12,746              12,178
                                12/25
















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年1月1日              (自 2023年1月1日
                                至 2022年6月30日)               至 2023年6月30日)
                                      ※2  6,233            ※2  7,675
     売上高
                                        4,121              5,181
     売上原価
     売上総利益                                   2,111              2,493
                                      ※1  1,382            ※1  1,920
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                    729              572
     営業外収益
      受取利息                                    0              0
      受取配当金                                    0              -
      不動産賃貸料                                    5              5
      店舗移転等支援金収入                                    -              13
                                          4              10
      その他
      営業外収益合計                                    10              29
     営業外費用
      支払利息                                    5              9
                                          1              2
      その他
      営業外費用合計                                    7              12
     経常利益                                    732              589
     特別利益
      固定資産売却益                                    -               1
                                          -               0
      その他
      特別利益合計                                    -               1
     特別損失
                                                     ※3  206
      減損損失                                    -
                                          0              0
      その他
      特別損失合計                                    0             206
     税金等調整前四半期純利益                                    732              385
     法人税、住民税及び事業税
                                         279              229
                                         △ 34              12
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    244              241
     四半期純利益                                    487              143
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    487              143
                                13/25








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年1月1日              (自 2023年1月1日
                                至 2022年6月30日)               至 2023年6月30日)
                                         487              143
     四半期純利益
     四半期包括利益                                    487              143
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                   487              143
                                14/25

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
     (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2022年1月1日              (自 2023年1月1日
                                至 2022年6月30日)               至 2023年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                   732              385
      減価償却費                                   272              302
      減損損失                                    -              206
      のれん償却額                                    -              93
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0              0
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    1              28
      受注損失引当金の増減額(△は減少)                                   △ 1             △ 6
      受取利息及び受取配当金                                   △ 0             △ 0
      支払利息                                    5              9
      売上債権の増減額(△は増加)                                   626              136
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                    92              161
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 205             △ 306
      未払金の増減額(△は減少)                                  △ 41             △ 89
      契約負債の増減額(△は減少)                                  △ 35             △ 26
                                         △ 38             △ 102
      その他
      小計                                  1,408               792
      利息及び配当金の受取額
                                          0              0
      利息の支払額                                   △ 5             △ 9
                                        △ 263             △ 208
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  1,140               574
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 574             △ 199
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 279             △ 346
      資産除去債務の履行による支出                                  △ 16              -
                                          11              31
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 857             △ 514
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入金の返済による支出                                  △ 152             △ 223
      配当金の支払額                                  △ 123             △ 143
                                         △ 0             △ 12
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 276             △ 380
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      1              1
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                      7            △ 319
     現金及び現金同等物の期首残高                                   2,552              2,258
                                      ※1  2,560            ※1  1,938
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                15/25







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
      (新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
       前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載した新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束
      時期等を含む仮定について重要な変更はありません。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1    資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額
                              前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                              ( 2022年12月31日       )        ( 2023年6月30日       )
        投資その他の資産                            1 百万円               1 百万円
      (四半期    連結  損益計算書関係)

     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                             (自    2022年1月1日             (自    2023年1月1日
                             至   2022年6月30日       )      至   2023年6月30日       )
        役員報酬                           104  百万円              102  百万円
                                     〃               〃
        給料及び賞与                           569               771
                                     〃               〃
        賞与引当金繰入額                           15               30
                                     〃               〃
        退職給付費用                           13               20
                                     〃               〃
        法定福利費                           95               129
                                     〃               〃
        貸倒引当金繰入額                           △ 0               0
                                     〃               〃
        減価償却費                           30               77
     ※2    売上高の季節的変動

       前第2四半期      連結  累計期間(自        2022年1月1日         至   2022年6月30日       )及び当第2四半期連結累計期間(自 
       2023年1月1日        至   2023年6月30日       )
        当社グループ官公庁クラウド事業においては、大型の通信システムの施工やシステム導入・開発等の案件につ
       いて、進捗や検収時期の集中によって収益が偏重することがあります。
     ※3    主にのれんの減損損失を計上しております。

        当社が和歌山県下においてドコモショップを運営するモバイル・メディア・リンク株式会社と株式会社ケイ
       オープランを2022年12月に吸収合併したことにより計上したのれんについて、想定していた時期に、収益力強化
       のための店舗移転を実行できなくなったことや、株式会社NTTドコモからのインセンティブの回復が見込みに
       くい状況となったこと等により、当該吸収合併により取得したドコモショップの業績が当初想定していた事業計
       画を下回って推移することが見込まれることから、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額197百万円を
       減損損失として特別損失に計上しております。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のと
       おりであります。
                            前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                             (自    2022年1月1日             (自    2023年1月1日
                             至   2022年6月30日       )      至   2023年6月30日       )
        現金及び預金                          2,560   百万円             1,938   百万円
        現金及び現金同等物                          2,560   百万円             1,938   百万円
                                16/25




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第2四半期連結累計期間(自                2022年1月1日        至   2022年6月30日       )
     1  配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2022年3月29日
              普通株式          124        12  2021年12月31日         2022年3月30日         利益剰余金
    定時株主総会
     2   基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第2四半期連結累計期間(自                2023年1月1日        至   2023年6月30日       )

     1  配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2023年3月28日
              普通株式          144        13  2022年12月31日         2023年3月29日         利益剰余金
    定時株主総会
     2   基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                17/25













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      前第2四半期連結累計期間(自                2022年1月1日        至   2022年6月30日       )
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                            報告セグメント
                                                     損益計算書
                                                調整額
                                                (注)1
                                                      計上額
                              トラスト
                流通クラウ      官公庁クラ            モバイルネッ
                                           計
                                                      (注)2
                 ド事業      ウド事業           トワーク事業
                               事業
    売上高
      外部顧客への売上高              2,087      2,736        26     1,381      6,233       -     6,233

      セグメント間の内部
                    87      14       2      0     103     △ 103       -
     売上高又は振替高 
         計          2,175      2,750        28     1,382      6,336      △ 103     6,233
    セグメント利益又は
                    369      449     △ 116      167      869     △ 137      732
    損失(△)
     (注)   1.セグメント利益又は損失の調整額                 △137百万円      は、各報告セグメントに配分していない全社費用でありま
         す。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       2.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
      当第2四半期連結累計期間(自                2023年1月1日        至   2023年6月30日       )

    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                            報告セグメント
                                                     損益計算書
                                                調整額
                                                (注)1
                                                      計上額
                              トラスト
                流通クラウ      官公庁クラ            モバイルネッ
                                           計
                                                      (注)2
                 ド事業      ウド事業           トワーク事業
                               事業
    売上高
      外部顧客への売上高              2,216      3,719        42     1,697      7,675       -     7,675

      セグメント間の内部
                    113       12       1      0     128     △ 128       -
     売上高又は振替高 
         計          2,330      3,731        43     1,697      7,803      △ 128     7,675
    セグメント利益又は
                    452      372     △ 139       14      700     △ 110      589
    損失(△)
     (注)   1.セグメント利益又は損失の調整額                 △110百万円      は、各報告セグメントに配分していない全社費用でありま
         す。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       2.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
    2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

     (のれんの金額の重要な変動)
      第1四半期連結会計期間において、「モバイルネットワーク事業」セグメントにおいて、のれんの減損損失を計上
     したことにより、のれんの金額に重要な変動が生じております。当該事象によるのれんの減少額は、当第2四半期連
     結累計期間においては197百万円であります。
      また、「官公庁クラウド事業」セグメントにおいて、2022年7月14日に行われた株式会社シナジーとの企業結合に
     ついて、前連結会計年度において暫定的な会計処理を行っておりましたが、当第2四半期連結会計期間に確定してお
     ります。
      この暫定的な会計処理の確定に伴い、取得原価の当初配分額を見直した結果、暫定的に算定されたのれんの金額
     1,113百万円は、283百万円減少し、829百万円となっております。
                                18/25




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
      (企業結合等関係)
     (企業結合に係る暫定的な処理の確定)
      2022年7月14日に行われた株式会社シナジーとの企業結合について前連結会計年度において暫定的な会計処理を行っ
     ておりましたが、当第2四半期連結会計期間に確定しております。
      この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報におい
     て取得原価の当初配分額に重要な見直しが反映されております。
      この結果、暫定的に算定されたのれんの金額1,113百万円は、会計処理の確定により283百万円減少し、829百万円と
     なっております。のれんの減少は、ソフトウエアが212百万円、無形固定資産のその他(顧客関連資産)が111百万
     円、繰延税金負債が40百万円それぞれ増加したことによるものであります。
                                19/25

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
      (収益認識関係)
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       前第2四半期連結累計期間(自                2022年1月1日        至    2022年6月30日       )
                                                 (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                     合計
                    流通クラウド       官公庁クラウド                モバイルネット
                                   トラスト事業
                      事業        事業              ワーク事業
    定常収入(注1)                   1,762        1,329         18       252       3,363
    非定常収入                    325       1,367          8      1,128        2,830

     顧客との契約から生じる収益                    2,087        2,696         26      1,381        6,193

    定常収入(注1)                     -        39        -        -        39

    非定常収入                     -        -        -        -        -

    その他の収益(注2)                     -        39        -        -        39

    外部顧客への売上高                   2,087        2,736         26      1,381        6,233

     (注)1.「定常収入」は、情報処理料や保守料等の継続的に得られる収入で、安定収益の拡大を目指す当社独自の管
         理指標であります。
       2.「その他の収益」は、リース取引に関する会計基準に基づく賃貸収入であります。
       当第2四半期連結累計期間(自                2023年1月1日        至    2023年6月30日       )

                                                 (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                     合計
                    流通クラウド       官公庁クラウド                モバイルネット
                                   トラスト事業
                      事業        事業              ワーク事業
    定常収入(注1)                   1,868        1,514         30       275       3,690
    非定常収入                    347       2,127         11      1,421        3,908

     顧客との契約から生じる収益                    2,216        3,642         42      1,697        7,598

    定常収入(注1)                     -        76        -        -        76

    非定常収入                     -        -        -        -        -

    その他の収益(注2)                     -        76        -        -        76

    外部顧客への売上高                   2,216        3,719         42      1,697        7,675

     (注)1.「定常収入」は、情報処理料や保守料等の継続的に得られる収入で、安定収益の拡大を目指す当社独自の管
         理指標であります。
       2.「その他の収益」は、リース取引に関する会計基準に基づく賃貸収入であります。
                                20/25






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
      基礎は、次のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                  (自    2022年1月1日           (自    2023年1月1日
                 項目
                                  至   2022年6月30日       )    至   2023年6月30日       )
    (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                         47円14銭             12円90銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                      487             143

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                       -             -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                           487             143
     四半期純利益金額(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                   10,346,629             11,125,052
    (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                         46円46銭             12円74銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                       -             -

     普通株式増加数(株)                                    152,600             134,942

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四半
    期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計                                        ―             ―
    年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)2016年5月13日開催の取締役会において決議した「株式会社サイバーリンクス 第1回新株予約権」は、2023
        年7月1日をもって権利行使期間満了によりすべて消滅しております。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                21/25










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。 
                                22/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。

                                23/25



















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2023年8月10日

    株式会社サイバーリンクス
     取   締   役   会   御   中 
                        有限責任監査法人          ト  ー  マ  ツ

                           大         阪     事     務     所

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                         藤  川     賢
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                         桂     雄          一  郎
                         業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社サイ
    バーリンクスの2023年1月1日から2023年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2023年4月1日から
    2023年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2023年1月1日から2023年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
    フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社サイバーリンクス及び連結子会社の2023年6月30日現在
    の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表
    示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                24/25



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社サイバーリンクス(E30398)
                                                            四半期報告書
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠し
      て実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が
      認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公
      正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認め
      られないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レ
      ビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期
      連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明する
      ことが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の
      事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の
      作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期
      連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示してい
      ないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。
      監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単
      独で監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去するための対応策を講じている場合又
    は阻害要因を許容可能な水準にまで軽減するためのセーフガードを適用している場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
    (注)1.     上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                25/25









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。