株式会社フロンティアインターナショナル 有価証券報告書 第33期(2022/05/01-2023/04/30)

提出書類 有価証券報告書-第33期(2022/05/01-2023/04/30)
提出日
提出者 株式会社フロンティアインターナショナル
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2023年7月31日
     【事業年度】                   第33期(自 2022年5月1日 至 2023年4月30日)
     【会社名】                   株式会社フロンティアインターナショナル
     【英訳名】                   FRONTIER     INTERNATIONAL       INC.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  河村 康宏
     【本店の所在の場所】                   東京都渋谷区渋谷三丁目3番5号
     【電話番号】                   03-5778-3500(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役管理本部長  清水 紀年
     【最寄りの連絡場所】                   東京都渋谷区渋谷三丁目3番5号
     【電話番号】                   03-5778-3500(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役管理本部長  清水 紀年
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/107













                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)  連結経営指標等
              回次              第29期       第30期       第31期       第32期       第33期
             決算年月              2019年4月       2020年4月       2021年4月       2022年4月       2023年4月

                           12,780,780       13,118,825       15,721,861       25,136,556       17,047,839
     売上高                 (千円)
                           1,114,804       1,288,065        943,287      3,182,331       1,864,836
     経常利益                 (千円)
                            818,682       825,369       519,391      2,121,082       1,302,176
     親会社株主に帰属する当期純利益                 (千円)
                            898,104       775,104       556,746      2,121,701       1,236,284
     包括利益                 (千円)
                           4,470,009       4,976,624       5,300,218       7,321,644       7,995,473
     純資産額                 (千円)
                           7,623,437       7,231,750       7,831,312      12,696,731       11,114,044
     総資産額                 (千円)
                            1,032.67       1,106.24       1,171.04       1,616.06       1,791.44
     1株当たり純資産額                  (円)
                             195.80       188.30       116.33       468.88       288.87
     1株当たり当期純利益                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                             182.46       178.16       113.62       468.26       287.84
                       (円)
     益
                              58.6       68.8       67.6       57.6       71.7
     自己資本比率                  (%)
                              21.3       17.5       10.1       33.6       17.0
     自己資本利益率                  (%)
                             13.12       7.94      14.38       5.82       7.52
     株価収益率                  (倍)
                           1,577,898        592,631       625,615      3,124,814
     営業活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)                                △ 578,702
     投資活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)      △ 71,851     △ 190,791      △ 69,504     △ 223,873      △ 803,551

                            352,038
     財務活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)            △ 268,828      △ 235,495      △ 108,564      △ 575,186
                           2,652,951       2,784,485       3,105,371       5,897,747       3,939,207
     現金及び現金同等物の期末残高                 (千円)
                              224       277       272       248       286
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 840  )    ( 1,168   )    ( 1,229   )    ( 1,258   )    ( 1,081   )
     (注)1.第29期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、当社株式が2019年2月28日に東京証券取引所マ
           ザーズへ上場したため、新規上場日から第29期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しておりま
           す。
         2.従業員数欄の(外書)は、臨時雇用者(契約社員、アルバイト等)の年間平均雇用人員であります。
         3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第32期の期首から適用してお
           り、第32期以降に係る各数値については、当該会計基準等を適用した後の数値となっております。
                                  2/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
              回次              第29期       第30期       第31期       第32期       第33期
             決算年月              2019年4月       2020年4月       2021年4月       2022年4月       2023年4月

                           9,790,028       9,835,688       8,691,353      16,749,968       12,756,685
     売上高                 (千円)
                            876,783       961,136       522,800      2,224,434       1,214,528
     経常利益                 (千円)
                            667,762       591,818       255,464      1,455,865        878,660
     当期純利益                 (千円)
                             33,675       46,675       51,625       51,625       51,625
     資本金                 (千円)
                           4,353,000       4,553,000       4,619,000       4,619,000       4,619,000
     発行済株式総数                  (株)
                           4,139,202       4,413,802       4,473,209       5,829,418       6,079,731
     純資産額                 (千円)
                           6,772,393       6,239,520       6,227,177      10,784,291       8,898,832
     総資産額                 (千円)
                             956.25       981.13       988.22      1,286.19       1,360.93
     1株当たり純資産額                  (円)
                             59.00       39.00       24.00       90.00       58.00
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
                             159.71       135.01       57.22      321.83       194.92
     1株当たり当期純利益                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                             148.82       127.75       55.89      321.40       194.22
                       (円)
     益
                              61.1       70.7       71.8       54.0       68.1
     自己資本比率                  (%)
                              18.6       13.4       5.8      28.3       14.8
     自己資本利益率                  (%)
                             16.08       11.07       29.23       8.48      11.15
     株価収益率                  (倍)
                              36.9       28.9       41.9       28.0       29.8
     配当性向                  (%)
                              206       219       217       186       197
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 25 )     ( 24 )     ( 18 )     ( 22 )     ( 27 )
                                     59.7      116.1       112.2       92.8
     株主総利回り                  (%)        -
     (比較指標:東証マザーズ指数)                  (%)        ( -)     ( 83.8  )    ( 151.9   )    ( 73.5  )    ( 78.9  )
     最高株価                  (円)       4,030       3,940       2,394       3,485       5,020

     最低株価                  (円)       2,280        980      1,135       1,428       1,993

     (注)1.第29期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、当社株式が2019年2月28日に東京証券取引所マ
           ザーズへ上場したため、新規上場日から第29期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しておりま
           す。
         2.従業員数欄の(外書)は、臨時雇用者(契約社員、アルバイト等)の年間平均雇用人員であります。
         3.当社は、2019年2月28日に東京証券取引所マザーズへ上場しており、株主総利回り及び比較指標について
           は、第29期の末日における株価及び株価指数を基準として算定しております。
         4.最高株価及び最低株価は東京証券取引所マザーズにおけるものであります。
            なお、2022年4月4日以降は東京証券取引所マザーズからグロース市場に移行しております。
         5.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第32期の期首から適用してお
           り、第32期以降に係る各数値については、当該会計基準等を適用した後の数値となっております。
                                  3/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
         当社の創業者である河村康宏は、その人的ネットワークを活かした学生等の若手人材の動員力を見込まれ、当社
        設立前に日米友好親善活動の一環として実施された「アメリカン・トレイン(※)」の展示イベントなどの大型の
        プロモーション実施・運営に関わる機会がありました。
        (※)星条旗のデザインを施したパビリオン仕立ての列車「アメリカン・トレイン」を走らせ、1988年の1年間を
        かけて日本全国を巡業し、主要駅に停車して様々なイベントを開催し、日米の貿易摩擦が表面化し始めた当時、日
        米友好親善活動の一環として鉄道と日米関係を結びつけて生まれたイベント。
         こうした経験から、自らプロモーション事業を中心に生活者全般と企業を密接に結びつけるコミュニケーション
        ビジネスを展開すべく、1990年6月19日に株式会社フロンティアインターナショナル(資本金5,000千円)を東京
        都港区六本木に設立致しました。
         会社創業時から現在に至る主な変遷は、次のとおりであります。

         年月                           事項
       1990年6月        イベント・キャンペーンの企画、制作及び運営を行うことを目的に、東京都港区六本木に、資
               本金5,000千円で株式会社フロンティアインターナショナルを設立。
       1991年4月        大手たばこメーカーの重要販売店における店頭キャンペーンを通年で受託。
       1992年3月        東京都港区西麻布に、本社移転。
       1994年1月        東京都目黒区目黒に、本社移転。
       1996年2月        第三者割当増資により、資本金を10,000千円に増資。
       1998年11月        大手飲料メーカーより、史上初のボトルキャップ景品キャンペーンを受託。
       1999年2月        東京都渋谷区東に、本社移転。
       2000年3月        飲食店プロデュース会社として、有限会社エー・アンド・イープロジェクト(株式会社エー・
               アンド・イープロジェクト)の創業期に資本参加。
       2001年5月        「重要なコミュニケーションメディアスペース」をテーマに、ニーズに合った高品質な空間創
               りを総合プロデュースする専門部署を新設。
               インターネットを中心としたデジタル環境を最大限に活用したプロモーションをトータルでプ
               ロデュースする専門部署を新設。
       2001年7月        現在地(東京都渋谷区渋谷)に、本社移転。
       2002年5月        販売員の派遣、販売業務の請負、訪問販売による販売業務の請負、販売管理に伴う事務局業務
               等の人的販売支援を行うことを目的に、店頭販売支援事業を開始。
       2003年3月        共同出資により「株式会社シネブリッジ」設立。
       2003年4月        一般労働者派遣業の許可を取得。
       2003年7月        当社グループ初の店頭販売支援事業として、大手電力会社より販売請負事業を受託。
       2005年11月        愛知県名古屋市中区丸の内に、名古屋オフィスを新設。
       2006年2月        大手通信会社より販売請負事業を受託。
       2006年5月        有限会社エー・アンド・イープロジェクトは、第三者割当増資により、資本金を1,000万円に増
               額し、株式会社エー・アンド・イープロジェクトに改組。
               株式取得により完全子会社化。
       2006年7月        屋外広告業の登録。
               株式会社エッセンティアへ出資。
       2006年8月        プライバシーマーク認証を取得。
       2008年2月        大阪府大阪市中央区本町に、大阪オフィスを新設。
       2008年11月        有料職業紹介事業の許可を取得。
       2009年1月        福岡県北九州市小倉北区魚町に、北九州オフィスを新設。
       2009年4月        一般建設業(建築工事業、内装仕上工事業)の許可を取得。
       2009年5月        北九州オフィスを閉鎖し、福岡県福岡市中央区天神に、福岡オフィスを新設。
       2010年1月        大阪オフィスを大阪府大阪市西区江戸堀に移転。
       2010年3月        第三者割当により、資本金を28,200千円に増資。
       2010年8月        中国に「劃労通文化芸術咨詢(上海)有限公司」を設立。
       2010年9月        警備業認定を取得。
       2010年11月        仙台オフィスを宮城県仙台市青葉区片平に新設。
       2011年4月        第三者割当により、資本金を33,675千円に増資。
       2013年4月        販売促進活動に関する企画、制作及び運営を行うことを目的に、「セルコム株式会社」を設
               立。
                                  4/107


                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         年月                           事項
       2013年5月        株式会社エッセンティアへ追加増資。
               インドネシアに「PT.FRONTIER              INTERNATIONAL       INDONESIA」を設立。
       2015年9月        仙台オフィスを閉鎖。
       2016年8月        株式会社ランプ東京へ出資。
       2016年9月        大阪オフィスを大阪府大阪市西区江戸堀に移転。
       2017年5月        福岡オフィスを福岡県福岡市中央区天神に移転。
       2017年7月        株式会社エッセンティアの全株式を譲渡し、関連会社より除外。
       2017年12月        株式会社エー・アンド・イープロジェクトを清算したことにより、連結子会社より除外。
       2018年2月        札幌オフィスを北海道札幌市中央区南2条西に開設。
       2018年4月        名古屋オフィスを愛知県名古屋市中区栄に移転。
       2018年5月        株式会社フロンティアインターナショナルの店頭販売支援事業を2018年5月1日付で分社化
               し、新会社「株式会社フロンティアダイレクト」を設立。
       2019年2月        東京証券取引所マザーズに株式を上場。
       2020年3月        劃労通文化芸術咨詢(上海)有限公司を解散。
       2020年4月        大阪オフィスを大阪府大阪市北区梅田に移転。
       2020年8月        セルコム株式会社を株式会社フロンティアダイレクトが吸収合併。
       2021年3月        PT.FRONTIER      INTERNATIONAL       INDONESIAを解散。
       2021年9月        株式会社ワールドパークへ出資。
       2021年11月        体験創造研究所を設立。
       2022年2月        ANOBAKA3号有限責任事業組合へ出資。
       2022年4月        名古屋オフィスを愛知県名古屋市中村区に移転。
       2022年4月        東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所マザーズからグロース市場に移
               行。
       2022年9月        新会社「株式会社トリニティ」を設立。
       2023年5月        新会社「株式会社イリアル」を設立。
                                  5/107












                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
         当社グループ(当社及び当社の関係会社、以下同じ)は、当社(株式会社フロンティアインターナショナル、以
        下同じ)及び子会社3社、関連会社2社により構成されており、『体験価値による課題解決力(Experience
        Solution)』をコア・コンピタンスとして、ブランディングイベントや新商品発表会、街頭でのフィールドイベン
        ト等、消費者との直接的なコンタクトポイントにおいて、消費者に良質なブランド体験・顧客体験を届けること
        で、企業が抱えるマーケティングやセールスに関するあらゆる課題を解決する『Experience                                           Solution     Company』
        です。
         当社グループの『体験価値による課題解決力(Experience                             Solution)』は、当社グループが実装する各機能に
        より複合的に生成、拡散されて高い効用を実現すると共に、消費者との直接的な接点を持つことで培ったノウハウ
        を武器に、プロモーション(販売促進)のみならず、実際の店頭販売支援まで幅広く事業展開しております。
         当社グループは、企業及び団体のマーケティング活動におけるプロモーション事業の請負、企画の立案、制作、
        運営業務を、企画や制作の専門組織を有さず、各営業組織が企画から運営までを一貫して行うワンストップ体制で
        提供しております。
         当社グループが行っているプロモーション事業は、「イベントプロモーション」、「デジタルプロモーショ
        ン」、「キャンペーンプロモーション」、「PR」、「スペースプロデュース」、「店頭販売支援事業」の6つの機
        能に区分されます。当社グループは、これらの機能を総合的に活用することにより、クライアントに対して、各プ
        ロモーション施策の企画、制作、運営、実施等を提供しております。当社の子会社である株式会社フロンティアダ
        イレクトは「店頭販売支援事業」を行っております。
         なお、当社グループの役割分担は、次のとおりであります。当社グループは、プロモーション事業の単一セグメ

        ントであるため、事業・サービス内容を機能別に記載しております。
                           主な事業・サービスの主な内
          事業・サービスの名称                                      主な会社名
                                 容
                           フィールドイベント等の企
     イベントプロモーション                                     当社
                           画・運営・制作
                           デジタルキャンペーン企画運
     デジタルプロモーション                                     当社
                           営、コンテンツ制作
                           キャンペーン事務局の運営等
                           やプレミアム・ノベルティ企
     キャンペーンプロモーション                      画制作、ライセンス契約やコ               当社
                           ラボレーションのマッチング
                           業務
                           PR・広報活動の計画・戦略の
     PR                                     当社
                           策定とアドバイス
                           イベント美術、ディスプレイ
     スペースプロデュース                                     当社
                           等
     店頭販売支援事業                      店頭販売支援事業他               株式会社フロンティアダイレクト
        当社グループの各事業・サービスの具体的な内容は、次のとおりであります。

        ①イベントプロモーション
         人々が集い、時間と空間を共有するライブコミュニケーションならではの共感を、目的に沿った形で創造しま
        す。具体的には、クライアントの製品やサービスを紹介する発表会、製品の特徴を特定の対象顧客層に対して訴求
        するイベント、製品を手に取って実際に使用・体験できる展示会、サンプリングなどを通じて、消費者に良質なブ
        ランド体験・顧客体験を届けます。この他にも、ネットゲームのファンイベント、企業のインナーイベント等、
        様々なコミュニティーの更なる交流の活性化に寄与します。
                                  6/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ②デジタルプロモーション
         インターネットやSNS等のコミュニケーションプラットフォームを利用した、双方向のコミュニケーションを可
        能にする総合的なプロモーションの他、VR、AR等の最先端のテクノロジーを用いた、今までにない体験価値の創造
        を行っております。
         さらに、当社の独自コンテンツとして、イベントの来場者属性や会場における来場者の動きを把握・分析するア
        プリケーションツールの開発、イベント動画配信プラットフォームの開発や提携サプライヤのデジタルコンテンツ
        を当社プラットフォームにパッケージ化する等、種々の新たな取組みを進めております。
        ③キャンペーンプロモーション

         ディスプレイ、プレミアム(景品等の販促品)を主体としたキャンペーン全体の枠組み提案から、オリジナルの
        プレミアムの企画・制作を行っております。消費者の購買活動を活性化させるための景品が当たるキャンペーン及
        び飲料ペットボトル等へ添付するプレミアムの制作を中心に、一定期間の特別販売企画としてのキャンペーン総合
        企画、制作(景品・店頭販売促進物等)、運営業務(事務局等)を実施しております。
        ④PR

         商品やサービス、イベント等が話題になるのは、テレビCMやWebのバナー広告などによるものとは限りません。
        ニュースメディアや媒体記事での露出が劇的な宣伝効果を生み、流行やブームを巻き起こしたケースは多数存在し
        ます。
         当社では、プロモーションの対象となる商品やサービス、イベント等から、話題性の高いファクトを抽出し、耳
        寄りな情報として加工して世の中に拡散し、新しいトレンドを生む起爆装置として、効果的なメディア露出のアレ
        ンジをサポートします。
        ⑤スペースプロデュース

         空間開発をより良い体験価値の生成というプロモーションの視点で捉え、大規模なイベント会場のデザイン・施
        工から、街頭・店頭イベント会場や、店舗のデザイン、施工に至るまで、イベントをトータルでプロデュースする
        当社ならではの空間開発を実施しております。さらに、POPアップストア(催事場や駅構内の空いているスペー
        ス、空き店舗などに短期間のみ出店する期間限定の店舗)等の話題のソリューションも多くの取扱実績がございま
        す。
        ⑥店頭販売支援事業

         マーケティングにおいて、店頭領域への注目度が日増しに高まっている中で、実際の「売り」の現場へ販売人員
        の派遣、POP等の訴求ツールの制作を実施しております。販売人員に関しては、社内での教育研修を実施すると共
        に、購買行動のステージごとにコンバージョンレートを管理して、プロセスごとの精度向上を図ると共に、専属の
        デザイナーがオンデマンドでPOP等の訴求ツールを作成しております。
                                  7/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      [事業系統図]

                                  8/107




















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                           資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
    (連結子会社)

     株式会社フロンティアダ

     イレクト                            店頭販売支援事
                 東京都渋谷区           10,000               100.0    役員の兼任あり。
                                 業
     (注)1、2、3
     (注)1.特定子会社に該当しております。

         2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出しておりません。
         3.株式会社フロンティアダイレクトについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上
           高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等   (1)売上高     6,490,168千円
                      (2)経常利益     665,433千円
                      (3)当期純利益    433,410千円
                      (4)純資産額    2,069,581千円
                      (5)総資産額    2,908,758千円
                                  9/107













                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2023年4月30日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
              プロモーション事業                                  286   (1,081)

                                                286
                 合計                                 ( 1,081   )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除く)であり、契約社員、アルバイト等の
           臨時雇用者数は、年間の平均雇用人員を( )外数で記載しております。
         2.当社グループは、プロモーション事業のみの単一セグメントであるため、グループ全体での従業員数を記載
           しております。
      (2)提出会社の状況

                                                  2023年4月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           197               32.5              5.7           6,801,287
                ( 27 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除く)であり、契約社員、アルバイト等の臨時雇用者数
           は、年間の平均雇用人員を( )外数で記載しております。
         2.当社は、プロモーション事業のみの単一セグメントであるため、当社の従業員数を記載しております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (3)労働組合の状況

         当社グループの労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
      (4)管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金差異

        ①提出会社
                              当事業年度
                                    労働者の男女の賃金の差異(%)
        管理職に占める            男性労働者の
                                          (注)1
       女性労働者の割合            育児休業取得率
          (%)           (%)
                                         うち正規雇用           うちパート・
                               全労働者
         (注)1           (注)2
                                          労働者          有期労働者
               7.1          20.0           61.6           63.0           60.7
     (注)1.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)の規定に基づき算出したもの
          であります。
        2.「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規
          定に基づき、「育児休業、介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成3年労働省令第25号)第
          71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであります。
        ①連結子会社

                              当事業年度
                  管理職に占め
                                       労働者の男女の賃金の差異(%)
                          男性労働者の
                    る
                                             (注)1
                          育児休業取得率
          名称        女性労働者の
                            (%)
                                            うち正規雇用         うちパート・
                  割合(%)
                                    全労働者
                           (注)2
                                             労働者        有期労働者
                   (注)1
      株式会社フロンティア
                      25.0         33.3         79.0         70.0         83.3
      ダイレクト
     (注)1.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)の規定に基づき算出したもの
          であります。
        2.「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規
          定に基づき、「育児休業、介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成3年労働省令第25号)第
          71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであります。
                                 10/107


                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       当社グループの経営方針、経営環境及び対処すべき課題等は、以下のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営方針

       当社グループは、「生活者と企業をより密接に結ぶコミュニケーションの創造に努め、より豊かな社会生活の一助
      となることで、社会貢献を実現します。」を経営理念として掲げ、クライアントのパートナーとして、価値のある
      サービスを提供し続けるとともに、社会、株主、顧客、従業員等の全てのステークホルダーに対する責任を果たして
      いくために、継続的な企業価値の増大を図ることを目標としております。
       当社グループでは、TV等のマスコミュニケーション4媒体以外の全ての「コミュニケーション領域」を対象にプロ
      モーション活動を行っていくとともに、実際の販売現場における販売までを行うという独自のビジネスを行っており
      ます。これまでの実績に加え、時代の変化を捉えつつ、クライアントへ最適なプロモーションを提案できるような人
      材の採用・育成に努め、様々なプロモーション実績を重ねていくことにより、「総合プロモーション企業」として、
      総合的なプロモーションの提供に努めてまいります。
     (2)  経営戦略等

       当社グループは、企画力向上や最新テクノロジーの情報収集によって、当社グループが実施するイベントプロモー
      ションの効用をより高めていくだけでなく、デジタル、PR、キャンペーン等の周辺ソリューションを拡大、深化させ
      ることで、相乗効果による経験価値の最大化を図ることを経営戦略としております。
     (3)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当社グループは、営業基盤の指標として、売上高とそれに直接紐づく売上総利益を、重要な経営指標として位置付
      けており、継続的な事業拡大と収益力の向上を図っております。
     (4)  経営環境

       当社グループが主な事業としているイベントプロモーション事業を取り巻く2022年(1~12月)の日本の総広告費
      は、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大、ウクライナ情勢、物価高騰など国内外の様々な影響を受けつつも、社
      会のデジタル化を背景に好調な「インターネット広告費」の成長に市場全体が支えられ、通年で7兆1,021億円、前
      年比104.4%となりました。(「2022年日本の広告費」株式会社電通調べ)
       このような中、当社グループでは、今後さらなる成長が見込まれる店頭販売支援事業を当社から分社化して、2018
      年5月に株式会社フロンティアダイレクトを設立するなど積極的な事業展開を行ってまいりました。
       今後は、広告を介することによる付加価値を生み出すことがより一層要求され、既存の枠に捉われない新たな広告
      枠を生み出す手腕が問われる環境となっております。
     (5)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当社グループが対処すべき主な課題は、以下のとおりであります。
       ①人材の確保及び育成
         当社グループの成長の源泉は人材であり、事業ドメインの拡大を推し進めるためにも、イベントのみならず、
        マーケティング、デジタル、PR等の広範にわたる専門性をグループとして更に深める必要があります。
         そのため、中途採用において、同業の経験者の方のみならず、異業種出身であっても該当する専門性を有する方
        を広く受け入れるべく採用活動を強化してまいります。
         また、新卒社員に関しても、入社直後から企画立案業務にも関与させながら現場力を磨くと共に、階層別研修や
        専門特化型研修をブラッシュアップして、幅広い知見を具備した人材の育成を図ってまいります。
        ②「体験創造カンパニー」の地位確立

         当社グループは、イベントプロモーション、デジタルプロモーション、キャンペーンプロモーション、PR、ス
        ペースプロデュースといったサービスを展開するとともに、消費者の最終購買の場としての店頭において、クライ
        アント企業の営業支援及び販売促進活動を行う店頭販売支援事業を実施するなど、多岐にわたるプロモーションを
        行ってまいりました。更に、当社グループでは、コンサルティング、マーケティング、デジタルといった所謂上流
        領域へ積極的に事業を拡大させると共に、当社グループがこれまで創り出してきた幾多の体験価値について、アカ
        デミックな観点から科学・分析することで、より効用の高い体験価値を実現し、プロモーション以外でのあらゆる
        事業拡張性を追求して、次世代の体験創造カンパニーとしての地位を確立するように努めてまいります。
                                 11/107



                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ③販路の拡大
         当社グループは大手広告会社からの受注だけでなく、メーカーやサービス会社等のクライアントからの直接受注
        も獲得しておりますが、今後、クライアントの販売成果に直接的に結び付く効果を具備したプロモーションを求め
        る傾向は一層強くなると思われます。
         そのため、クライアントの課題解決に向けた、より付加価値の高いサービスを提供していくことができるよう、
        既存事業の強化を進めるだけではなく、他社との提携も視野に入れて事業領域を拡大してまいります。
        ④組織体制の更なる強化

         当社グループはクライアントに対してグループ全体として、より高水準のサービスを提供するために、担当者個
        人の知識や経験によるノウハウや制作スタイルに過度に依拠することなく、組織としてのノウハウの蓄積を進める
        とともに、組織的なナレッジシェアリングシステム、営業活動の「見える化」等、社内のインフラ整備を進め、個
        人の能力を組織として補完できるように内部管理体制の強化を行うと共に、組織改革を行なってまいります。
                                 12/107

















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     2【サステナビリティに関する考え方及び取組】
       当社グループのサステナビリティに関する考え方及び取組は、次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       まず、当社グループにおける経営ビジョンである「心の豊かさを分かち合える生きる喜びに満ちた世界の実現」の

      ためには、サステナビリティの実現が重要な経営課題であると認識しております。
       デジタル化の進行に伴って新たに生じている社会課題に対して、当社グループが提供する体験価値の果たすべき期
      待役割は大きく、実際に当社グループが請け負う案件においても、シンポジウムやイベントなどを通じて種々の社会
      課題の認知獲得や解決を図る案件は増加しております。
       また、当社グループとしても、未来のこどもたちのためにコミュニケーションの力を活かして平和な社会づくりに
      取り組む一般社団法人にも参加しており、同財団主催で、国際機関や行政機関の認証や後援を受けて実施する、こど
      もたちが多彩な視点から社会課題を議論し合うシンポジウムについても、当社グループが様々な点から協力させてい
      ただく等、当社グループの事業活動及びサービスがサステナビリティの実現の一助となるべく事業を行っておりま
      す。
       なお、当社グループの事業の特性上、気候変動問題が重要な影響を及ぼすことは当連結会計年度においては想定し
      ておりませんが、一方で人的資本に関しては重要な課題と認識しております。
      (1)ガバナンス

         当社グループでは、サステナビリティ関連のリスク及び機会を監視、または管理するための過程、統制及び手続
        等の体制をコーポレート・ガバナンスの体制と区別しておりませんが、当社グループが置かれている経営環境を踏
        まえ、サステナビリティに関連するリスク及び機会については重要性に応じて経営会議で識別・監視し、適宜、取
        締役会への報告を行う体制としております。
         詳細は、     「第4 提出会社の状況 4.コーポレート・ガバナンスの状況等 (1)コーポレート・ガバナンス
        の概要」    をご参照ください。
         重要課題(マテリアリティ)への対応をはじめとしたサステナビリティへの取り組みについても、この体制の下
        で運営しております。
      (2)リスク管理

         当社グループでは、リスク管理をサステナビリティ実現や内部統制のための重要な手段として認識しておりま
        す。具体的には、社会情勢やステークホルダーからの要請を把握し、当社の中長期的な経営戦略との整合性を図り
        ながら、当社グループにおけるリスク管理の観点からも重要課題(マテリアリティ)の識別を経営会議にて実施し
        ます。必要に応じて、適宜、取締役会への報告を行います。
      (3)人的資本に関する「戦略」

         当社グループが消費者の皆様に対して提供する体験価値は、人でしか創り出せないものでありますので、当社グ
        ループにとって人的資本に関する「戦略」は重要な位置づけになります。このため、評価・報酬や人材の採用、育
        成といった人事制度全般に関して、従業員全体はもとより管理職についても人材の多様性を考慮した方針としてお
        ります。
         具体的には、採用競争力を強化し、従業員の安定的な就業を実現すると共に、多様なニーズに対応するための賃
        金のベースアップを実施しながら、各種手当の導入、時短制度の拡充といった報酬面、就業環境面での各種投資、
        施策の導入を進めることで業界トップの待遇、働きやすさの実現を目指しております。評価制度については、評価
        結果に対する従業員の納得度を高めるべく、評価者と被評価者のコミュニケーションをより密なものとして、ハイ
        パフォーマーがより良く処遇されるように抜本的な制度改革を進めております。さらに、研修制度について、年次
        別研修制度や専門スキルに特化したテクニカル研修といった一般的な研修メニューをカバーするだけでなく、今後
        ポストAI時代に向けて、人固有の感性が企業の競争力の源泉の一つとなるとの考えから、従業員の感性を養い、
        より豊かな想像力を育むために、欧米では一般化されているリベラルアーツに特化した研修メニューもラインアッ
        プする等、人事制度全般のブラッシュアップを進めております。これ以外でも、リモート制度の導入や業務管理シ
        ステム等のクラウド基盤の構築により、従業員の働きやすさをバックアップする各種インフラ整備も行っておりま
        す。
                                 13/107




                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (4)指標及び目標
         当社グループでは、上記において記載した人材の多様性の確保を含む人材の育成及び社内環境整備に関する方針
        について、次の指標を用いております。当該指標に関する目標及び実績は次の通りとなります。
             指標             目標           2023年度実績

        管理職に占める女性労働
                      2028年4月までに20.0%                      10.0
        者の割合(%)
        労働者の男女間の賃金の
                      2028年4月までに75.0%                      63.9
        差異(%)
                                 14/107


















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     3【事業等のリスク】
       以下においては、当社グループの事業展開等に関して、リスク要因となる可能性があると考えられる、主な事項を
      記載しております。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資家の投資判断上重要で
      あると考えられる事項については、投資家の皆様に対する、積極的な情報開示の観点から記載しております。以下の
      記載は、本株式の投資に関連するリスクの全てを網羅するものではありませんのでご留意ください。
       なお、本項中の記載内容については、特に断りが無い限り、本書提出日現在の事項であり、将来に関する事項は、
      本書提出日現在において、当社グループが判断したものです。
       当社グループでは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方
      針ですが、本株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項目以外の記載内容も併せて慎重にご検討ください。
      (1)  事業内容に係るリスクについて

        ①社会情勢とそれに伴うリスクについて
         一般的に企業が支出する広告費は、景気の影響を受けやすい傾向にあります。当社グループが主として属するプ
        ロモーション業界は、不況下にあっても比較的削減されにくく変動の少ない販売促進費が原資となる領域ではあり
        ますが、国内市場における景気後退及びそれに伴う需要の縮小は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があ
        ります。
         当社グループは、このリスクに対し、受注クライアントの属性を大手広告会社、外資・その他広告会社、直接ク
        ライアント取引と3属性に分類し、受注バランスを管理しつつ特定の受注クライアント属性に過度に依存すること
        の無いよう取り組んでおり、安定的な受注が確保できる状況の維持に努めておりますが、不測の事態により安定的
        な受注が確保できない状況が生じた場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ②プロモーションの実施に関する業界の慣行について

         プロモーションの実施は、企画・制作・運営及び管理等、各段階によって構成されております。その受注形態に
        関わらず、制作作業に入る前に企画段階があり、企画を立案し関係者との打合せを経て、制作段階・本番の運営段
        階に進みます。その制作段階や本番の運営段階(開催期間中)に主催者からの追加発生、仕様変更の要請が行われ
        る場合や屋外プロモーションにおける天候変化によって、直前の実施内容の変更等が行われる場合があります。ま
        た、主催者側の広告費削減や広告会社変更等により、当社グループ受注分が無くなることもあります。
         前述のとおり、プロモーションは制作や運営段階で当初の内容や金額が変動するケースがあります。
         当社グループは、このリスクに対し、制作受注管理システムを構築し、受注前の案件についても、状況をデータ
        管理し、そのデータを集計した結果を、隔週開催される営業報告会議において提出し、全部門長が確認すること
        で、部門ごとの受注額、利益額、受注見込額、利益見込額の把握に努めております。また、営業報告会議におい
        て、予算に対し大幅な乖離が見られた場合は、経営会議にて営業支援策を決定するなど、業界慣行から生じる不確
        実性の排除に努めておりますが、不測の事態が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があり
        ます。
        ③プロモーション実施期間及び売上計上時期の変動について

         当社グループの手掛けるプロモーションには、主催者である企業の新製品の発表、販売促進を目的としたものも
        多く、その新製品が製造販売に許認可を要する場合、その許認可の下りるタイミングが遅れることにより、発売開
        始の時期が予定より遅延することもあります。また、主催者の商品開発の遅延や生産体制構築の遅延等が原因で発
        売開始時期が予定より先送りになる、更に発売自体が中止となる可能性もあります。これにより、当社が予定して
        いるプロモーションが遅延する、あるいは中止となる可能性があります。
         当社グループは、顧客からの業務完了確認書の受領をもって売上を計上しておりますが、セールスプロモーショ
        ンは上記の理由により、売上計上の元となるプロモーションの実施時期が、当社グループの予定に対し大幅に遅
        延、または実施自体が中止となった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④個人情報漏洩に関するリスクについて

         当社グループは、キャンペーンの応募はがき等で消費者の住所、氏名等の個人情報を取り扱っております。ま
        た、ブロードバンド加入申込書において、顧客の氏名、住所等を記入した申込書を獲得する等、個人情報を記載し
        た書類を大量に取り扱っております。当社は、2006年8月にPマーク(プライバシーマーク)の認証を取得したほ
        か、定期的に情報セキュリティ委員会を開催し、同委員会による定期的なチェックや継続的な部門ごとの自己
        チェック等、個人情報の保護には細心の注意を払っております。しかしながら、当社が保有する個人情報等につ
        き、漏洩、改ざん、不正使用等が生じる可能性は、完全に排除されているとはいえません。
         従いまして、これらの事態が起こった場合、適切な対応を行うための相当なコストの負担、当社への損害賠償請
        求、当社の信用の低下等によって、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 15/107


                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ⑤競合について
         当社グループは、総合的なプロモーション活動をする企業の中では、30年超の社歴及びそれに基づく経験・知識
        を基にした業務遂行能力について、優位性を持っていると認識しております。しかしながら、今後において、資本
        力、マーケティング力、高い知名度や専門性を有する企業等の参入及び事業拡大が生じる可能性があります。
         当社グループとしては、競争激化の環境においても十分な収益を獲得すべく、今後の広告において必要不可欠と
        なるインタラクティブ(インターネットを中心とした双方向のコミュニケーションを獲得するための総合的なプロ
        モーション)領域を得意とする協力会社との提携やクリエイティブな領域に特化した専門部署の設置など、制作
        力、企画力の充実に努めており、競合他社に対して十分な比較優位性を保っております。しかしながら、プロモー
        ション業界のさらなる構造の変化やインタラクティブ領域等における高い専門性を有した企業の参入等により、当
        社グループの優位性が相対的に低下した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑥不良品の発生及び製造物責任について

         当社グループは、プレミアムグッズの制作において、主として中華人民共和国の工場に発注しております。外注
        工場の選定においては、過去の実績や品質管理体制を十分精査した上で決定しているほか、当社グループ社員が現
        地工場において随時検品を行うなど、万全の体制の下で不良品発生防止に努めております。しかしながら、万一不
        良品が発生した場合には、取引先からの返品・交換や損害賠償、信用失墜などにより、当社グループの業績に影響
        を及ぼす可能性があります。
        ⑦自然災害に係るリスクについて

         当社グループは、主としてプロモーション業界に属しておりますが、2011年3月11日に発生した東日本大震災の
        ような自然災害等が発生し、消費者の消費マインドが冷え込むことや、クライアントの生産活動が停滞すること及
        び広告活動の自粛ムード等が生じ、クライアント企業の広告費予算及び販売促進費予算の執行に影響を与えた場
        合、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑧売上の季節変動について

         当社グループが実施する案件は、大型案件が増加傾向にあることから、受注や完了の時期により四半期単位での
        変動が大きくなる傾向があります。
           第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期           通期計
                構成          構成          構成          構成          構成
          売上高          売上高          売上高          売上高          売上高
                比          比          比          比          比
          (千円)      (%)     (千円)      (%)     (千円)      (%)     (千円)      (%)     (千円)      (%)
     2022年
          3,520,215      14.00    6,761,809      26.90    6,817,107      27.12    8,037,425      31.98    25,136,556      100.00
     4月期
     2023年
          4,487,714      26.32    3,840,569      22.53    4,238,966      24.87    4,480,590      26.28    17,047,839      100.00
     4月期
        ⑨特定販売先への依存

         当社グループを含むイベントの制作を行う会社は、一定部分を大手広告代理店から受注しております。
         当社グループは、幅広いイベント制作を手掛けておりますが、イベントの主催者は、イベントの実施を大手広告
        代理店に発注することが比較的多くなります。大手広告代理店より発注量の手控えがあれば、当社グループに影響
        を及ぼす可能性があります。
                                 16/107






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ⑩疫病発生に係るリスクについて
         新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、外出自粛や行動制限が強制され、イベントの自粛や流通店舗の
        閉鎖など当社グループの事業遂行にも大きな影響が及び、ここ2期は当社グループの経営成績も大きな影響を受け
        てました。現在は、新型コロナウイルス自体は落ち着いておりますが、今後新型コロナウイルスが改めて流行した
        場合、または未知の疫病が発生した場合には、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響
        が及ぶリスクがあります。
      (2)  当社グループの組織体制に係るリスクについて

        ①人材の確保及び育成について
         当社グループは、今後想定される事業拡大に伴い、受注規模に応じた人材の確保が必要であると考えておりま
        す。プロモーションにおける提案業務では、高い企画力を有する人材を要求されることから、適切な人材を確保す
        るとともに、育成を行っていく必要があります。当社グループは、これまで個人の能力に依存していた制作・企画
        力を補完するため、マニュアルや社内データベースの整備等、組織として能力を補完する体制を整備し、一定の質
        を有する人材の確保と育成に努めていく方針ではありますが、必要な人員の確保及び育成が計画通りに進まなかっ
        た場合、競争力の低下や今後の事業拡大に制約が生じる可能性があり、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼ
        す可能性があります。
        ②派遣・請負スタッフに関する業務上トラブルの発生について

         派遣・請負スタッフによる業務遂行に際して、スタッフの過誤による事故や、スタッフの不法行為により訴訟の
        提起又はその他の請求を受ける可能性があります。当社グループは、スタッフの作業に当たり、事故を未然に防ぐ
        ために管理体制を整えておりますが、上記トラブルによる訴訟内容及び請求金額によっては、当社グループの事業
        及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③特定人物への依存について

         当社の創業者である代表取締役社長の河村康宏は、当社グループの経営方針や事業戦略の立案・決定及びその遂
        行において、重要な役割を果たしております。当社グループでは、取締役会及び経営会議等における役員及び幹部
        社員の情報共有を行い、経営管理体制の強化、経営幹部の育成等を図ることにより、同氏に過度に依存しない経営
        体制の整備を進めておりますが、何かしらの理由により、同氏が当社グループの業務を継続することが困難となっ
        た場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        (3)  その他のリスクについて

        ①新株予約権の付与及び株式の希薄化について
         本書提出日現在において、新株予約権の目的たる株式の総数は91,300株であり、発行済株式総数に対する比率は
        1.9%に相当しております。将来、これら新株予約権が行使された場合には、1株当たりの株式価値が希薄化する
        ことになります。
        ②法令違反等の発生に関する影響について

         当社グループは、法令等諸規則が遵守されるよう、役職員に対するコンプライアンスの徹底等を行っております
        が、こうした対策が必ずしも有効に機能するとは限りません。法令違反等が発生した場合や新たな法令の制定・法
        令の改正等が行われた場合、事故や不正等を役職員が起こした場合、損失の発生、行政処分や当社グループの信頼
        が損なわれる等により、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 17/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        (以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態の状況

        (資産)
          当連結会計年度末における資産合計は11,114百万円(前連結会計年度末12,696百万円)となり、前連結会計年
         度末と比較して1,582百万円減少しました。主な要因は、出資金が601百万円増加した一方で、現金及び預金が
         1,874百万円、受取手形、売掛金及び契約資産が548百万円減少したことによるものであります。
        (負債)

          当連結会計年度末における負債合計は3,118百万円(前連結会計年度末5,375百万円)となり、前連結会計年度
         末と比較して2,256百万円減少しました。主な要因は、買掛金が960百万円、未払法人税等が772百万円、その他
         に含まれる未払消費税等が329百万円減少したことによるものであります。
        (純資産)

          当連結会計年度末における純資産合計は7,995百万円(前連結会計年度末7,321百万円)となり、前連結会計年
         度末と比較して673百万円増加しました。主な要因は、親会社株主に帰属する当期純利益を1,302百万円計上した
         ことによるものと、剰余金の配当407百万円により、利益剰余金が895百万円増加したことによるものでありま
         す。
          この結果、自己資本比率は71.7%(前連結会計年度末は57.6%)となりました。
        ②経営成績の状況

         当連結会計年度(2022年5月1日~2023年4月30日)における当社グループを取り巻く環境は、新型コロナウイ
        ルス感染症の影響は続いたものの、行動制限が緩和されたことにより、経済活動は正常化へと近づきました。ま
        た、水際対策の緩和によるインバウンド需要の回復も消費の回復を後押しする結果となりました。その一方で、円
        安、資源高の影響による物価上昇もあり、景気後退への懸念も高まるなど、引き続き予断の許さない状況が継続し
        ました。2022年(1~12月)の日本の総広告費は、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大、ウクライナ情勢、物
        価高騰など国内外の様々な影響を受けつつも、社会のデジタル化を背景に好調な「インターネット広告費」の成長
        に市場全体が支えられ、通年で7兆1,021億円、前年比104.4%となりました。(「2022年日本の広告費」株式会社
        電通調べ)。
         このような中、当社グループでは、前年の東京2020オリンピック・パラリンピックや助成金の事務局案件の反動
        減の影響はありましたが、主力事業であるイベント領域においては、いまだ本格回復には至っていないものの、リ
        アルイベントへの回帰により売上高・利益ともに堅調に推移したほか、ワクチン関連のBPO案件なども引き続き
        業績へ貢献しました。
         これらの結果、当連結会計年度の売上高は17,047百万円(前年同期比32.2%減)、売上総利益4,105百万円(同
        22.3%減)、営業利益1,875百万円(同40.1%減)、経常利益1,864百万円(同41.4%減)、親会社株主に帰属する
        当期純利益1,302百万円(同38.6%減)となりました。
         なお、当社グループはプロモーション事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載は省略しており

        ます。
        ③キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末と比較して1,958百
        万円減少し、3,939百万円となりました。営業活動による資金の減少578百万円、投資活動による資金の減少803百
        万円、財務活動による資金の減少575百万円などによるものです。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況と、それらの要因は次のとおりであります。

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における営業活動による資金の減少は、578百万円(前連結会計年度末3,124百万円の増加)とな
        りました。主な要因は、税金等調整前当期純利益1,981百万円による資金の増加があった一方で、売上債権及び契
        約資産の減少額548百万円、法人税等の支払額1,401百万円による資金の減少があったことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

                                 18/107


                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度における投資活動による資金の減少は、803百万円(前連結会計年度は223百万円の減少)となり
        ました。主な要因は、出資金の払込による支出601百万円、投資有価証券の取得による支出107百万円による資金の
        減 少があったことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動による資金の減少は、575百万円(前連結会計年度は108百万円の減少)となり
        ました。主な要因は、配当金の支払による支出407百万円、自己株式の取得による支出167百万円による資金の減少
        があったことによるものです。
        ④制作、受注及び販売の実績

        a.制作実績
         当連結会計年度の制作実績は、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
            事業の名称                 (自 2022年5月1日                   前年同期比(%)
                              至 2023年4月30日)
        プロモーション事業(千円)                           12,941,911                    65.2

           合計(千円)                        12,941,911                    65.2

     (注) 当社グループはプロモーション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の制作実績の記載はしており
           ません。
        b.受注実績

         当社グループの受注実績は、制作段階及び運営段階等において当初の内容や金額が変動することが多いことか
        ら、受注残高の正確な把握が困難なため、受注実績の記載を省略しております。
         なお、当社グループでは社内の制作受注管理システムにより、案件の進捗度合いの正確な把握に努めておりま
        す。
        c.販売実績

         当連結会計年度の販売実績は、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
            事業の名称                 (自 2022年5月1日                   前年同期比(%)
                              至 2023年4月30日)
        プロモーション事業(千円)                           17,047,839                    67.8

           合計(千円)                        17,047,839                    67.8

     (注)1.当社グループはプロモーション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の販売実績の記載はしてお
           りません。
         2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで
           あります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 2021年5月1日                  (自 2022年5月1日
            相手先
                            至 2022年4月30日)                    至 2023年4月30日)
                         金額(千円)          割合(%)         金額(千円)          割合(%)

     凸版印刷株式会社                        8,842,179          35.2            -        -
     (注)当連結会計年度における凸版印刷株式会社の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合につきまして
        は、100分の10未満であるため、記載を省略しております。
                                 19/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている企業会計の基準に準拠して作
        成されております。この連結財務諸表の作成にあたりましては、当連結会計年度末時点の資産・負債及び当連結会
        計年度の収益・費用を認識・測定するため、見積りを使用する必要があります。経営者はこれらの見積りについて
        過去の実績などを勘案し合理的に判断しておりますが、結果として見積り特有の不確実性があるため、これらの見
        積りと実績が異なる場合があります。当社グループが採用しております会計方針のうち、重要なものにつきまして
        は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基
        本となる重要な事項」に記載しております。
        ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、以下のとおりであります。
        (売上高)
         当連結会計年度は、前年の東京2020オリンピック・パラリンピックや助成金の事務局案件の反動減があったもの
        の、リアルイベントへの回帰により売上高・利益ともに堅調に推移したほか、ワクチン関連のBPO案件なども引
        き続き業績へ貢献しました。
         これらの結果、売上高は、17,047百万円(前年同期比32.2%減)となりました。
        (売上原価、売上総利益)

         当連結会計年度は、BPO案件等により、売上原価は、12,941百万円(同34.8%減)となりました。この結果、
        売上総利益は4,105百万円(同22.3%減)となりました。
        (販売費及び一般管理費、営業利益)

         当連結会計年度は、積極的な事業拡大に伴うコンサルティング費用等の増加により、販売費及び一般管理費は、
        2,230百万円(同3.7%増)となりました。この結果、営業利益は1,875百万円(同40.1%減)となりました。
        (営業外収益、営業外費用及び経常利益)

         当連結会計年度は、営業外収益につきましては、有価証券利息1百万円等により、6百万円(同88.5%減)とな
        り、営業外費用につきましては、為替差損10百万円等により、16百万円(同500.0%増)となりました。
         この結果、経常利益は1,864百万円(同41.4%減)となりました。
        (特別利益、特別損失及び税金等調整前当期純利益)

         当連結会計年度は、特別利益につきましては、投資有価証券売却益132百万円により、132百万円(同12,670.8%
        増)となりました。
         特別損失につきましては、投資有価証券評価損14百万円により、14百万円(同116.4%増)となりました。
         この結果、税金等調整前当期純利益は1,981百万円(同37.6%減)となりました。
        (法人税、住民税及び事業税、法人税等調整額及び親会社株主に帰属する当期純利益)

         法人税、住民税及び事業税を629百万円、法人税等調整額を49百万円計上した結果、親会社株主に帰属する当期
        純利益は1,302百万円(同38.6%減)となりました。
                                 20/107






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 3 事業等のリス
        ク」に記載の通り、事業内容、海外での事業展開に伴うリスク等、様々な要因の変化の影響を受ける可能性があり
        ます。このため、優秀な人材の採用と組織体制の整備、内部統制システムの強化等により、これらのリスク要因に
        対応するように努めてまいります。
         経営戦略の現状と見直しについては、クライアント各社は、インターネットの普及に伴い、従来のマスメディア
        4媒体のみの広告効果には疑問を呈しつつ、「マスメディア×インターネット」や「マスメディア×インターネッ
        ト×イベント」等といった、統合マーケティングコミュニケーションへとマーケティング予算をシフトさせてお
        り、今後も流れは加速すると考えております。よって、広告市場におけるプロモーション領域の重要性は増してい
        くと考えられます。
         マスメディア自体の効果が相対的に弱まり、クライアント各社が総合的なプロモーションへと予算をシフトさせ
        ることは、大手広告会社が従来取り扱ってこなかったプロモーション領域へ進出することにもつながっておりま
        す。そういったことからもプロモーション業界は、今後も継続的に発展していくものと考えております。一方で、
        大手広告会社各社がプロモーション専業部門の設置・子会社の再編等、プロモーション領域の強化を行うといった
        ように、今後のプロモーション領域においては、限られた市場の中でのシェア争いという新たな局面を迎える可能
        性があります。
         上記の現状を踏まえ、当社グループは、そのような市場環境下においても優位性を保つ手段として、「第2 事
        業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」にも記載しておりますが、従前の市場に縛られず事業
        領域を拡大する等の施策を実行してまいります。
         当社グループは、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標として、売上総利益を重要な指標とし
        て位置付けております。当連結会計年度は、主力事業であるイベント領域においては、いまだ本格回復には至って
        いないものの、リアルイベントへの回帰により売上高・利益ともに堅調に推移し、売上総利益率は上昇していま
        す。
         経営者の問題意識と今後の方針について、当社グループの今後の成長のためには、当社グループの経営方針に基
        づき、クライアントへのサービス内容の向上を常に考え、信頼を向上させていくことが不可欠であると考えており
        ます。そのためには、今後の事業規模の拡大に合わせて適時に人員補充を進め、これと併せて組織体制の整備を進
        めていくことが重要と認識しております。
         具体的には、優秀な人材の採用を積極的かつ適時に行うとともに、教育研修制度を充実させ、幅広い知見を具備
        した人材の育成を図っていく所存であります。同時に、組織としてのノウハウの蓄積、組織的なナレッジシェアリ
        ングシステム、営業活動の「見える化」等、社内のインフラ整備を進め、個人の能力を組織として補完できるよう
        に内部管理体制の強化を行うと共に、組織改革を進めてまいります。
        (資本の財源及び資金の流動性についての分析)

         キャッシュ・フローにつきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フローの状況」に記載
        のとおりであります。
         当社グループの運転資金需要のうち主なものは、イベントやセールスプロモーションの制作費ならびに人件費を
        はじめとする販売費及び一般管理費であり、原則として自己資金でまかないますが、一時的な運転資金を効率的に
        調達するために、当座貸越を利用する場合がございます。
         今後、既存事業の事業成長の推進と併せて、積極的に新規事業の創出などに取り組んで参りますが、その折に必
        要となる資金に関しましては、資金需要の必要性に応じて、柔軟に資金調達を実施致します。
     5【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
     6【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 21/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当連結会計年度における設備投資はありません。
       なお、当社グループはプロモーション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しておりま
      す。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       なお、当社グループはプロモーション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しておりま
      す。
      (1)  提出会社

                                                  2023年4月30日現在
                                  帳簿価額(千円)
        事業所名                                              従業員数
                 設備の内容
                                        土地
        (所在地)                建物及び       工具、器具                       (人)
                                               合計
                         構築物       及び備品       (面積㎡)
     本社
                                          4,069                 197
                本社機能           69,213       12,384              85,667
     (東京都渋谷区)                                    (863.10)                 (27)
    (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の他、本社及び各支店オフィスの建物を賃借しており、年間賃借料は315,137千円です。
        3.従業員の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
      (2)  国内子会社

                                                  2023年4月30日現在
                                      帳簿価額(千円)
                 事業所名
                                                      従業員数
         会社名                設備の内容
                                 建物及び      工具、器具
                                                      (人)
                (所在地)
                                               合計
                                 構築物      及び備品
                事務所
     株式会社フロンティアダイ                                                      89
                (東京都渋谷        建物、備品            31,234       1,349      32,583
     レクト
                                                         (1,054)
                区)
    (注) 従業員の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
     3【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設
         該当事項はありません。
      (2)  重要な改修

         該当事項はありません。
                                 22/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)  【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                       17,120,000

                  計                             17,120,000

        ②【発行済株式】

           事業年度末現在発行数
                      提出日現在発行数(株)            上場金融商品取引所名又は登
      種類        (株)                                      内容
                       (2023年7月31日)           録認可金融商品取引業協会名
           (2023年4月30日)
                                                完全議決権株式であり、
                                                株主として権利内容に何
                                  東京証券取引所              ら限定のない当社におけ
               4,619,000            4,619,000
     普通株式
                                  グロース市場              る標準となる株式であ
                                                り、単元株式数は100株
                                                であります。
               4,619,000            4,619,000
       計                                 -             -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2023年7月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
          行された株式数は含まれておりません。
                                 23/107













                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (2)  【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
                             第3回新株予約権                 第4回新株予約権
       決議年月日                      2021年1月21日                 同左
                             当社従業員             31        当社取締役             1
       付与対象者の区分及び人数(名)
                             当社子会社従業員          6        当社従業員             1
       新株予約権の数(個)          ※
                             31,500                 20,000
       新株予約権の目的となる株式の種類                、 内容及
                             普通株式31,500(注)1                 普通株式20,000(注)1
       び数(株)     ※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)                 ※
                             17.69(注)2                 14.94(注)2
                             自 2026年8月1日
       新株予約権の行使期間          ※
                                              同左
                             至 2031年1月20日
       新株予約権の行使により株式を発行する場合
                             発行価格    1,925
                                              同左
       の株式の発行価格及び資本組入額(円)                  ※
                             資本組入額   962.5
       新株予約権の行使の条件           ※
                            (注)3、4                (注3、5
                             新株予約権の譲渡については、
       新株予約権の譲渡に関する事項              ※
                                              同左
                            当社取締役会の承認を要する。
      ※ 当事業年度の末日(2023年4月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2023年6月30
         日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)1. 本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。

          以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整する。但し、かかる調整は、本新
          株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない本新株予約権の付与株式数についてのみ行われ、調整の
          結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てます。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割又は株式併合の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が必要と認めた場合、当社は、合理的な範囲で付与株式数の調整を
          行うことができるものとしております。
        2. 本新株予約権の割当日後、当社が普通株式につき株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価

          額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                           1
          調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                    株式分割又は株式併合の比率
           本新株予約権の割当日後、時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の処分を行う場合
          (新株予約権の行使による新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場
          合を除く。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                         新規発行・          1株当たりの
                                                ×
                              既発行
                                         処分株式数          払込金額
                                    +
            調整後         調整前
                              株式数
                   =        ×
            行使価額         行使価額                           時価
                                既発行株式数            +     新規発行・処分株式数
           なお、上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から、当社が保有する自

          己株式数を控除した数とします。
                                 24/107






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        3. 本新株予約権の付与を受けた者(以下「本新株予約権者」という。)は、本新株予約権を行使する時点に
          おいて、当該本新株予約権者が当社又は当社の子会社の取締役等の役員又は使用人のいずれかの地位にある
          ことを要する。但し、定年退職により退職した場合、その他当社取締役会が正当な理由があるものと認めた
          場合にはこの限りではない。
           本新株予約権者が2026年8月1日から2031年1月20日までに死亡した場合、その相続人は本新株予約権を行

          使することができない。
           本新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、本新株予約権を行使することが

          できない。但し、以下の①、③、⑨の場合を除き、当社取締役会が合理的に別段の取扱いを行うことについて
          賛成した場合にはこの限りではない。
          ①禁錮刑以上の刑に処せられた場合
          ②当社と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又は当該会社の取締役等の役員若しくは使用
          人に就任する等、名目を問わず当社と競業した場合(但し、当社の書面による事前の承認を得た場合を除
          く。)
          ③法令違反その他不正行為により、当社の信用を損ねた場合
          ④差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立てを受け、又は公租公課の滞納処分を受けた場合
          ⑤支払停止若しくは支払不能となり、又は振出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡りになった場
          合
          ⑥破産手続開始、民事再生手続開始その他これらに類する手続開始の申立てがあった場合又は自らこれを申し
          立てた場合
          ⑦就業規則に違反し、懲戒処分を受けた場合
          ⑧役員として果たすべき忠実義務等に違反した場合
          ⑨反社会的勢力又は反市場勢力に該当する疑いのある場合並びに過去5年以内にこれらに該当した疑いのある
          場合
        4. 本新株予約権者は、2026年4月期の事業年度における当社決算書上の連結損益計算書における売上高が170

          億円を超過した場合、売上高の水準を充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から権利行使期間の
          末日までにそれぞれ行使することができる。
        5. 本新株予約権者は、2026年4月期の事業年度における当社決算書上の連結損益計算書における売上高が下

          記(a)または(b)に掲げる各金額を超過した場合、各新株予約権者に割り当てられた新株予約権のうち、それ
          ぞれ定められた割合(以下、「行使可能割合」という。)の個数を売上高の水準を充たした期の有価証券報
          告書の提出日の翌月1日から権利行使期間の末日までにそれぞれ行使することができる。
          (a)売上高が165億円を超過した場合 行使可能割合:50%
          (b)売上高が200億円を超過した場合 行使可能割合:50%
                                 25/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
                                    第5回新株予約権
       決議年月日                             2021年12月7日
                                    当社従業員             1
       付与対象者の区分及び人数(名)
       新株予約権の数(個)          ※
                                    5,000
       新株予約権の目的となる株式の種類                、 内容及び数(株)        ※
                                    普通株式5,000 (注)1
                                    新株予約権と引き換えに払い
       新株予約権の行使時の払込金額(円)                 ※
                                    込みは要しない (注)2
                                    自 2027年1月8日
       新株予約権の行使期間          ※
                                    至 2032年1月7日
                                    発行価格         2,051
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
       価格及び資本組入額(円)            ※
                                    資本組入額          1,025.5
       新株予約権の行使の条件           ※
                                   (注)3、4、5
                                     新株予約権の譲渡については               、
       新株予約権の譲渡に関する事項              ※
                                    当社取締役会の承認を要する              。
      ※ 当事業年度の末日(2023年4月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2023年6月30
         日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)1. 本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。

          以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整する。但し、かかる調整は、本新
          株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない本新株予約権の付与株式数についてのみ行われ、調整の
          結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てます。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割又は株式併合の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が必要と認めた場合、当社は、合理的な範囲で付与株式数の調整を
          行うことができるものとしております。
        2. 本新株予約権の割当日後、当社が普通株式につき株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価

          額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                           1
          調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                    株式分割又は株式併合の比率
           本新株予約権の割当日後、時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の処分を行う場合
          (新株予約権の行使による新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場
          合を除く。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                         新規発行・          1株当たりの
                                                ×
                              既発行
                                         処分株式数          払込金額
                                    +
            調整後         調整前
                              株式数
                   =        ×
            行使価額         行使価額                           時価
                                既発行株式数            +     新規発行・処分株式数
           なお、上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から、当社が保有する自

          己株式数を控除した数とします。
                                 26/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        3. 本新株予約権の付与を受けた者(以下「本新株予約権者」という。)は、本新株予約権を行使する時点に
          おいて、当該本新株予約権者が当社又は当社の子会社の取締役等の役員又は使用人のいずれかの地位にある
          ことを要する。但し、定年退職により退職した場合、その他当社取締役会が正当な理由があるものと認めた
          場合にはこの限りではない。
           本新株予約権者が2027年1月8日から2032年1月7日までに死亡した場合、その相続人は本新株予約権を行

          使することができない。
           本新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、本新株予約権を行使することが

          できない。但し、以下の①、③、⑨の場合を除き、当社取締役会が合理的に別段の取扱いを行うことについて
          賛成した場合にはこの限りではない。
          ①禁錮刑以上の刑に処せられた場合
          ②当社と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又は当該会社の取締役等の役員若しくは使用
          人に就任する等、名目を問わず当社と競業した場合(但し、当社の書面による事前の承認を得た場合を除
          く。)
          ③法令違反その他不正行為により、当社の信用を損ねた場合
          ④差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立てを受け、又は公租公課の滞納処分を受けた場合
          ⑤支払停止若しくは支払不能となり、又は振出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡りになった場
          合
          ⑥破産手続開始、民事再生手続開始その他これらに類する手続開始の申立てがあった場合又は自らこれを申し
          立てた場合
          ⑦就業規則に違反し、懲戒処分を受けた場合
          ⑧役員として果たすべき忠実義務等に違反した場合
          ⑨反社会的勢力又は反市場勢力に該当する疑いのある場合並びに過去5年以内にこれらに該当した疑いのある
          場合
        4. 本新株予約権者の新株予約権の行使に係る権利行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額

          は、1,200万円を超えてはならない。
        5. 本新株予約権者は、2026年4月期の事業年度における当社決算書上の連結損益計算書における売上高が170

          億円を超過した場合、売上高の水準を充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から権利行使期間の
          末日までにそれぞれ行使することができる。
                                    第6回新株予約権

       決議年月日                             2022年12月6日
                                    当社従業員             46
       付与対象者の区分及び人数(名)
                                    当社子会社従業員          6
       新株予約権の数(個)          ※
                                    34,800
       新株予約権の目的となる株式の種類                、 内容及び数(株)        ※
                                    普通株式34,800 (注)1
                                    新株予約権と引き換えに払い
       新株予約権の行使時の払込金額(円)                 ※
                                    込みは要しない (注)2
                                    自 2027年12月7日
       新株予約権の行使期間          ※
                                    至 2032年12月6日
                                    発行価格         2,527
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
       価格及び資本組入額(円)            ※
                                    資本組入額          1,263.5
       新株予約権の行使の条件           ※
                                   (注)3、4、5
                                     新株予約権の譲渡については               、
       新株予約権の譲渡に関する事項              ※
                                    当社取締役会の承認を要する              。
      ※ 当事業年度の末日(2023年4月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2023年6月30
         日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)1. 本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。

          以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整する。但し、かかる調整は、本新
          株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない本新株予約権の付与株式数についてのみ行われ、調整の
          結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てます。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割又は株式併合の比率
                                 27/107

                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
           また、本新株予約権の割当日後、当社が必要と認めた場合、当社は、合理的な範囲で付与株式数の調整を
          行うことができるものとしております。
        2. 本新株予約権の割当日後、当社が普通株式につき株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価

          額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                           1
          調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                    株式分割又は株式併合の比率
           本新株予約権の割当日後、時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の処分を行う場合
          (新株予約権の行使による新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場
          合を除く。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                         新規発行・          1株当たりの
                                                ×
                              既発行
                                         処分株式数          払込金額
                                    +
            調整後         調整前
                              株式数
                   =        ×
            行使価額         行使価額                           時価
                                既発行株式数            +     新規発行・処分株式数
           なお、上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から、当社が保有する自

          己株式数を控除した数とします。
        3. 本新株予約権の付与を受けた者(以下「本新株予約権者」という。)は、本新株予約権を行使する時点に

          おいて、当該本新株予約権者が当社又は当社の子会社の取締役等の役員又は使用人のいずれかの地位にある
          ことを要する。但し、定年退職により退職した場合、その他当社取締役会が正当な理由があるものと認めた
          場合にはこの限りではない。
           本新株予約権者が2027年12月7日から2032年12月6日までに死亡した場合、その相続人は本新株予約権を行

          使することができない。
           本新株予約権者は、次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、本新株予約権を行使することが

          できない。但し、以下の①、③、⑨の場合を除き、当社取締役会が合理的に別段の取扱いを行うことについて
          賛成した場合にはこの限りではない。
          ①禁錮刑以上の刑に処せられた場合
          ②当社と競合する業務を営む会社を直接若しくは間接に設立し、又は当該会社の取締役等の役員若しくは使用
          人に就任する等、名目を問わず当社と競業した場合(但し、当社の書面による事前の承認を得た場合を除
          く。)
          ③法令違反その他不正行為により、当社の信用を損ねた場合
          ④差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立てを受け、又は公租公課の滞納処分を受けた場合
          ⑤支払停止若しくは支払不能となり、又は振出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡りになった場
          合
          ⑥破産手続開始、民事再生手続開始その他これらに類する手続開始の申立てがあった場合又は自らこれを申し
          立てた場合
          ⑦就業規則に違反し、懲戒処分を受けた場合
          ⑧役員として果たすべき忠実義務等に違反した場合
          ⑨反社会的勢力又は反市場勢力に該当する疑いのある場合並びに過去5年以内にこれらに該当した疑いのある
          場合
        4. 本新株予約権者の新株予約権の行使に係る権利行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額

          は、1,200万円を超えてはならない。
                                 28/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      2018年12月27日
                  4,331,235       4,353,000           -     33,675         -     23,675
        (注)1
      2019年5月1日~
      2020年4月30日               200,000      4,553,000         13,000       46,675       13,000       36,675
        (注)2
      2020年5月1日~
      2021年4月30日             66,000      4,619,000         4,950       51,625        4,950       41,625
        (注)2
     (注)1.株式分割(1:200)によるものであります。
         2.新株予約権の権利行使によるものであります。
      (5)  【所有者別状況】

                                                    2023年4月30日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の
                  金融機関                          個人その他       計
                                                       (株)
            方公共団体           引業者     法人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      2     21     27     17      8    1,684     1,759       -
     所有株式数
               -     38     619    2,118      600      21    42,773     46,169      2,100
     (単元)
     所有株式数の
               -    0.08     1.34     4.59     1.30     0.05     92.64     100.00       -
     割合(%)
    (注)自己株式169,100株は、「個人その他」に1,691単元含まれております。
                                 29/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                  2023年4月30日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                    総数に対する所有
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                               2,386         53.63

     河村 康宏                 東京都目黒区
                                                336         7.56
     渡邊 伸一郎                 東京都渋谷区
                                                336         7.56
     古井 貴                 東京都渋谷区
                      東京都足立区千住東2丁目3-9                          176         3.96
     三晃繊維工業株式会社
                                                 91        2.05
     山沢 滋                 東京都渋谷区
                                                 72        1.62
     宗像 恒和                 東京都渋谷区
                                                 28        0.63
     江口 貴宣                 神奈川県横浜市鶴見区
                                                 27        0.61
     加藤 誠悟                 東京都港区
     BNY GCM CLIENT ACC OUNT                  PETERBOROUGH COURT 133 FLEET 
     JPRD AC ISG (FE-AC)                 STREET LONDON EC4
                                                 26        0.60
     (常任代理人株式会社三菱UFJ銀                 A 2BB UNITED KINGDOM
     行)                 (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
                                                 25        0.56
     野村證券株式会社                 東京都中央区日本橋1丁目13番1号
                                               3,505         78.77
             計                  -
                                 30/107












                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2023年4月30日現在
              区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                              -           -       -

      議決権制限株式(自己株式等)                              -           -       -

      議決権制限株式(その他)                              -           -       -

                                 169,100
      完全議決権株式(自己株式等)                     普通株式                    -       -
                                4,447,800             44,478
      完全議決権株式(その他)                     普通株式                           -
                                                  一単元(100株)未満の株式
                                  2,100
      単元未満株式                     普通株式                    -
                                4,619,000
      発行済株式総数                                         -       -
                                             44,478
      総株主の議決権                              -                  -
        ②【自己株式等】

                                                  2023年4月30日現在
                                                  発行済株式総数に対
      所有者の氏名又は                    自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                 する所有株式数の割
      名称                    式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                  合(%)
     株式会社フロンティ
               東京都渋谷区渋谷三
                            169,100                169,100           3.66
     アインターナショナ                                  -
               丁目3番5号
         ル
                            169,100                169,100           3.66
         計          -                    -
                                 31/107











                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

                区分                 株式数(株)              価額の総額(円)
      取締役会(2023年1月11日)での決議状況
                                       100,000               210,000,000
      (取得期間 2023年1月12日~2023年3月12日)
      当事業年度前における取得自己株式                                    -                 -
      当事業年度における取得自己株式                                  73,800              167,956,600
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                  26,200               42,043,400
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                  26.20                 20.02
      当期間における取得自己株式                                    -                 -
      提出日現在の未行使割合(%)                                  26.20                 20.02
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             当事業年度                    当期間

             区分
                                 処分価額の総額                   処分価額の総額
                        株式数(株)                   株式数(株)
                                  (千円)                   (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                              -         -         -         -
     取得自己株式
     消却の処分を行った
                              -         -         -         -
     取得自己株式
     合併、株式交換、株式交付、会社分
                              -         -         -         -
     割に係る移転を行った取得自己株式
     その他
                              -         -         -         -
     (-)
     保有自己株式数                       169,100        -          169,100        -
                                 32/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
       当社は、可能な限り安定的な配当水準を維持することを配当政策の基本としており、今後の事業展開及びキャッ
      シュ・フローの状況を総合的に勘案し、業績への連動性を重視したうえで、期末配当として年1回利益配分を行うこ
      とを基本方針としており、この剰余金の配当の決定機関は、株主総会であります。
       当社は、取締役会の決議により、毎年10月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めてお
      ります。
       当事業年度の剰余金の配当につきましては、上記方針に基づき、業績や財務状況等を総合的に勘案いたしまして、
      配当性向20%を目安に、期末配当を1株当たり58.00円と致しました。
       内部留保資金については、中長期的な視点に立ち、財務体質の強化並びに新たな事業展開への投資などに活用し、
      企業価値の向上を図っていく所存であります。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                             配当金の総額                 1株当たり配当額

           決議年月日
                              (千円)                   (円)
     2023年7月28日
                                     258,094                   58.00
     定時株主総会決議
                                 33/107















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、長期安定的な株主価値の向上を経営の重要課題と位置付けており、会社の永続的な発展のために、
         経営の透明性、効率性及び健全性を追求してまいります。また、当社は、会社の社会的役割を認識し、法令を
         遵守するとともに、株主をはじめ地域社会、顧客企業、社員などステークホルダーとの良好な関係の維持発展
         を図るために、経営の意思決定及び業務の執行に関しての明確化を行い、企業自身の統制機能を強化していく
         所存であります。
        ②企業統治の体制の概要及び当該企業統治の体制を採用する理由

          当社は、当社事業に精通している者が取締役として業務執行に当たると同時に、経営の意思決定の迅速化の
         ため、取締役会のメンバーとして、経営上の意思決定及び各取締役の業務執行を相互に監督し、かつ、監査役
         による監査を行うことが、最も適切な経営体制であると考えております。
          会社機関の基本説明
           a.取締役会、役員体制
            当社の取締役会は、本書提出日現在、取締役4名(議長である代表取締役社長の河村康宏、常務取締役
           古井貴、取締役清水紀年、取締役江口貴宣)及び社外取締役1名(岩﨑明)で構成しております。取締役
           会は、原則月1回の定時取締役会を開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、迅速な経営上の
           意思決定を行える体制としております。取締役会は、法令・定款に定められた事項のほか、経営に関する
           重要事項を決定するとともに、各取締役の業務執行の状況を監督しております。
            また、取締役会には、全ての監査役が出席し、取締役の業務執行の状況又は定款に違反していないかど
           うか監査できる体制となっております。
           b.監査役会・監査役について

            当社は、監査役会制度を採用しており、監査役会は監査役3名(常勤社外監査役である平川功、社外監
           査役田中晃次、美澤臣一)で構成しております。監査役会は、毎月1回定例監査役会を開催しており、議
           長は監査役会の決議によって決定しております。常勤監査役は、取締役会のほか、経営会議等の重要な会
           議に出席し、必要に応じて意見陳述を行うなど、常に業務執行を監視できる体制となっております。
           c.経営会議

            当社の経営会議は、取締役会の二次的な補助機関として、議長である代表取締役社長、常勤取締役、常
           勤監査役及び執行役員で構成されております。経営会議は原則として毎週1回開催し、取締役会への付議
           事項についての事前討議、取締役会から委嘱事項の決議事項についての審議・決議を行い、意思決定の迅
           速化と業務執行の効率化を図っております。
           d.コンプライアンス委員会

            コンプライアンス委員会は、代表取締役社長が委員長であり、安全対策委員会、反社会的勢力・リスク
           対策委員会、情報セキュリティ委員会、取引委員会、衛生委員会の各委員長及び各本部の本部長から構成
           され、コンプライアンス上の重要な問題の審議を行うとともに、リスク情報の社内共有などの取組みに努
           めております。
            (各委員会の役割)
            コンプライアンス委員会
             以下、各委員会が適切に機能するための監督、及びコンプライアンス違反発生リスク全般の防止
            反社会的勢力・リスク対策委員会
             当社取引において、反社会的勢力と関係のある取引が発生するリスクの防止
            安全対策委員会
             イベント現場での事故発生リスクの防止
            取引委員会
             当社取引において、不正リスクの洗い出しと未然防止
            情報セキュリティ委員会
             主に個人情報流出のリスクの防止
            衛生委員会
             社員の労働時間管理において、労務上のコンプライアンスリスクの防止
                                 34/107



                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
           e.内部監査室
            内部監査室は、代表取締役社長の直属部門であり、内部監査室長1名で構成され、内部監査実施計画書
           に基づき、各事業部門と子会社に対して内部監査を実施しております。
            また、常勤監査役及び会計監査人と随時情報交換や意見交換を行うことにより、監査機能の向上を図っ
           ております。
        ③企業統治に関するその他の事項

         当社機関の模式図は、次のとおりであります。
        イ.内部統制システムの整備の状況








          当社は、会社経営の透明性及び業務の適正性を確保するために組織体制が重要であると考えておりますの
         で、その基本方針に基づいた体制の整備、運用を行ってまいります。その概要は以下のとおりであります。
         a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

          (1)  法令・定款及び社会規範を遵守するための「コンプライアンス基本方針」を制定し、全役職員に周知・
            徹底する。
          (2)  コンプライアンスに係る規程を制定するとともに、コンプライアンス委員会を設置し、コンプライアン
            ス体制の構築・維持にあたる。
          (3)  コンプライアンスに関する教育・研修を適宜開催し、コンプライアンス意識の維持・向上を図る。
          (4)  内部通報制度を設け、問題の早期発見・未然防止を図り、適切かつ迅速に対応する。
         b.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

          (1)  取締役の職務の執行に係る情報については、文書又は電磁的記録媒体に記録し、法令及び文書管理規程
            等に基づき、適切に保存及び管理を行う。
          (2)  取締役及び監査役は、これらの文書等を常時閲覧できるものとする。
                                 35/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          (1)  コンプライアンス委員会は、会社の事業活動において想定されるリスクに対応する組織、責任者を定
            め、適切に評価・管理体制を構築するものとする。
          (2)  反社会的勢力・リスク対策委員会、安全対策委員会、情報セキュリティ委員会、取引委員会、衛生委員
            会の4委員会を設置し、事業活動における各種リスクに対する予防・軽減体制の強化を図る。
          (3)  危機発生時には、対策本部等を設置し、社内外への適切な情報伝達を含め、当該危機に対して適切かつ
            迅速に対処するものとする。
         d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          (1)  取締役会の意思決定機能及び業務監督機能と、執行役員の業務執行機能を分離する。
          (2)  取締役会規程、業務分掌規程、職務権限規程に基づき、取締役の職務及び権限、責任の明確化を図る。
          (3)  取締役会を毎月1回定期的に開催するほか、必要に応じて適宜臨時に開催する。
         e.当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

          (1)  関係会社管理は、管理本部が主管し、関係会社管理規程に基づき、関係会社管理を行う。
          (2)  取締役会は、当社グループの経営計画を決議し、経営企画室はその進捗状況を毎月取締役会に報告す
            る。
          (3)  内部監査室は、当社及び当社子会社の内部監査を実施し、その結果を代表取締役社長に報告する。
         f.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

            監査役の求めに応じて、取締役会は監査役と協議の上、監査役スタッフを任命し、当該監査業務の補助
            に当たらせる。
         g.監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項

          (1)  監査役より、監査役の補助の要請を受けた使用人は、取締役及び上長等の指揮・命令は受けないものと
            する。
          (2)  当該使用人の人事異動及び考課については、監査役の同意を得るものとする。
         h.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制

          (1)  監査役は、取締役会のほか経営会議等重要な会議に出席し、取締役及び使用人から職務執行状況の報告
            を求めることができる。
          (2)  取締役及び使用人は、法令に違反する事実、会社に著しい損害を与えるおそれのある事実を発見したと
            きには、速やかに監査役に報告する。
          (3)  取締役及び使用人は、監査役からの業務執行に関する事項の報告を求められた場合には、速やかに報告
            する。
         i.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          (1)  監査役会には、法令に従い、社外監査役を含み、公正かつ透明性を担保する。
          (2)  監査役は、代表取締役社長と定期的に意見交換を行い、相互の意思疎通を図る。
          (3)  監査役は、会計監査人及び内部監査室と定期的に情報交換を行い、相互の連携を図る。
          (4)  監査役は、監査業務に必要と判断した場合は、会社の費用負担にて弁護士、公認会計士、その他専門家
            の意見を聴取することができる。
        ロ.子会社の業務の適正性を確保するための体制整備

          当社の子会社の業務の適正性を確保するための体制については、上記イ「内部統制システムの整備の状況」
         における「e.当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制」のとおり
         であり、着実に実施しております。
                                 36/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ④責任限定契約の内容と概要
          当社は、会社法第427条第1項の規定により、2018年12月26日開催の臨時株主総会で定款を変更し、社外取締
         役及び社外監査役との責任限定契約を締結することができることとしております。
          社外取締役又は社外監査役が当社に対して会社法第423条第1項の損害賠償責任を負う場合、会社法第427条
         第1項に規定する要件に該当する場合には、当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額と
         しております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役及び社外監査役が責任の原因となった
         職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑤リスク管理体制の整備の状況

          当社では、外部環境、天災・火災、取引先の倒産、情報の漏えい、システム障害、訴訟、サービスの品質等
         様々な事業運営上のリスクについて、これらのリスクにより当社が経営の危機に直面した場合には、代表取締
         役社長を対策本部長として当該危機の解決・克服又は回避することとしております。また、必要に応じて、弁
         護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士等の外部専門家の助言を受けられる体制を整えており、リスクの
         未然防止と早期発見に努めております。
        ⑥取締役の定数

          当社の取締役は5名以内とする旨を定款で定めております。
        ⑦取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累
         積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
        ⑧中間配当

          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年10月31日を基準日として、中間配
         当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであり
         ます。
        ⑨自己の株式の取得

          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって自己の株式を取得することができる旨
         を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市
         場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものです。
        ⑩株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項の規定による株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができ
         る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定
         めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を
         行うことを目的とするものであります。
                                 37/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ハ.取締役会の活動状況
          当事業年度において当社は取締役会を14回開催しております。原則月1回開催するほか、必要に応じて随時
         開催しております。
          個々の取締役の出席状況については次のとおりであります。
              役職名             氏名            開催回数             出席回数
          代表取締役社長             河村 康宏             14回             14回(100%)
          常務取締役
                      古井 貴             14回             14回(100%)
          営業統括本部長
          取締役管理本部長
                      清水 紀年             14回             14回(100%)
          兼経営企画室長
          取締役(独立役員)             岩﨑 明             14回             14回(100%)
          常勤監査役(独立役員)             平川 功             14回             14回(100%)
          監査役(独立役員)             田中 晃次             14回             14回(100%)
          監査役(独立役員)             美澤 臣一             14回             14回(100%)
         (注)上記の取締役会の開催回数のほか、会社法第370条及び定款の規定に基づき、取締役会決議があったもの
            とみなす書面決議が8回ありました。
          取締役会における主な検討内容として、事業報告、決算に関する事項、株式に関する事項、予算や事業計画

         に関する事項、組織及び人事に関する事項、投資先に関する事項、等があります。
                                 38/107














                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ①役員一覧
         男性  8 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                       所有株式数
          役職名          氏名      生年月日              略歴           任期
                                                       (株)
                                 1990年6月 当社設立 代表取締役社長就
                                      任(現任)
                                 2000年3月 ㈲エー・アンド・イープロ
                                      ジェクト(㈱エー・アンド・
                                      イープロジェクト)監査役就
                                      任
         代表取締役
                   河村 康宏      1966年8月3日      生  2005年7月 同社取締役就任                 (注)4    2,386,600
          社長
                                 2010年8月 劃労通文化芸術咨詢(上海)
                                      有限公司董事長就任
                                 2018年5月 ㈱フロンティアダイレクト取
                                      締役就任(現任)
                                 2023年5月 ㈱イリアル取締役就任(現
                                      任)
                                 1990年6月 当社入社
                                 1994年5月 取締役就任
                                 2000年5月 常務取締役就任
                                 2001年3月 ㈲ブーム・メディア・コミュ
                                      ニケーションズ(現㈱ブー
                                      ム・メディア・コミュニケー
                                      ションズ)取締役就任
                                 2005年5月 ウタゴエ㈱ 取締役就任
                                 2009年9月 当社常務取締役 第二営業本
         常務取締役
                   古井 貴      1967年7月14日      生       部長
                                                   (注)4     336,200
        営業統括本部長
                                 2013年5月 当社常務取締役 第二営業本
                                      部長兼店頭販売支援事業本部
                                      長
                                 2016年9月 一般社団法人教師の日普及委
                                      員会理事就任(現任)
                                 2018年5月 ㈱フロンティアダイレクト代
                                      表取締役社長就任(現任)
                                 2021年5月 当社常務取締役 営業統括本
                                      部長(現任)
                                 2003年8月 監査法人トーマツ(現有限責
                                      任監査法人トーマツ)入所
                                 2010年2月 アクセンチュア㈱入社
          取締役                       2014年4月 当社入社 経営企画室長
                   清水 紀年      1976年4月30日      生
                                                   (注)4       -
                                 2015年9月 当社執行役員就任 管理本部
      管理本部長兼経営企画室長
                                      長兼経営企画室長
                                 2017年5月 当社取締役就任 管理本部長
                                      兼経営企画室長(現任)
                                 39/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名           氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  1996年4月 株式会社大手広告通信社入社
                                  2003年5月 当社入社
                                  2006年5月 当社プロデューサー
                                  2009年5月 当社シニアプロデューサー
                                  2010年8月 劃労通文化芸術咨詢(上海)
                                       有限公司総経理
                                  2010年8月 PT      FRONTIER    INTERNATIONAL
                                       INDONESIAコミサリス
                                  2014年5月 当社執行役員           第四営業本部
          取締役
                   江口 貴宣      1974年3月7日      生                    (注)5     28,000
                                       長
        営業統括副本部長
                                  2015年5月 セルコム株式会社取締役
                                  2021年5月 当社執行役員統括本部長補佐
                                       兼専門統括本部長
                                  2022年5月 当社執行役員営業統括副本部
                                       長
                                  2023年5月 株式会社イリアル取締役
                                       (現任)
                                  2023年7月 当社取締役就任 営業統括副
                                       本部長(現任)
                                  1974年4月 日本アイ・ビー・エム㈱入社
                                  2004年4月 同社理事就任 ソリューショ
                                       ン担当
                                  2007年2月 日本郵政㈱ 執行役員就任シ
                                       ステム担当
                                  2007年10月 郵便局㈱(現日本郵便㈱) 
                                       執行役員就任CIO
                                  2008年6月 同社常務執行役員就任CIO
                                  2008年6月 ゆうちょ銀行常務執行役(兼
                                       務)就任    CIO補佐
                                  2009年6月 郵便局㈱(現日本郵便㈱)専
                                       務執行役員就任CIO
                                  2009年6月 ㈱ゆうちょ銀行専務執行役
                                       (兼務)就任CIO補佐
                                  2010年6月 郵便局㈱(現日本郵便㈱) 
                                       顧問就任
                                  2010年8月 シスコシステムズ合同会社 
          取締役          岩﨑 明      1952年4月1日      生
                                                   (注)4       -
                                       シニアディレクター(専務執
                                       行役員)就任      システムエン
                                       ジニアリング統括
                                  2012年8月 ㈱セールスフォース・ドット
                                       コム 専務執行役員就任
                                       チーフカスタマーオフィサー
                                  2015年5月 同社顧問(シニア・エグゼク
                                       ティブ・アドバイザー)就任
                                  2015年5月 楽天㈱         プロジェクトアド
                                       バイザー就任(現任)
                                  2015年5月 任天堂㈱ プロジェクトアド
                                       バイザー就任
                                  2018年4月 当社社外取締役就任(現任)
                                  2019年6月 前田道路㈱ 社外取締役就任
                                  2020年6月 ㈱あらた 社外取締役就任
                                       (現任)
                                 40/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名           氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  1980年4月 鐘紡㈱入社
                                  2006年5月 カネボウ㈱本部事業管理室長
                                  2007年8月 カルビー㈱入社
                                  2008年6月 同社執行役員CFO就任
                                  2010年4月 同社執行役員財務経理本部長
                                  2012年6月 同社常勤監査役就任
         常勤監査役           平川 功      1955年6月30日      生                    (注)6       -
                                  2014年6月 ガーデンベーカリー㈱非常
                                       勤監査役就任
                                  2019年6月 ㈱久世社外取締役就任(現
                                       任)
                                  2020年7月 当社常勤監査役就任(現任)
                                  1969年4月 住友スリーエム㈱(現スリー
                                       エムジャパン㈱)入社
          監査役         田中 晃次      1945年2月28日      生  2003年3月 同社常勤監査役就任                 (注)6       -
                                  2010年9月 当社常勤監査役就任
                                  2020年7月 当社監査役就任(現任)
                                  1984年4月 西武建設㈱入社
                                  1989年4月 大和証券㈱(現大和証券グ
                                       ループ本社)入社
                                  1997年7月 ディー・ブレイン証券㈱(日
                                       本クラウド証券㈱)設立 代
                                       表取締役社長就任
                                  1999年7月 トランス・コスモス㈱入社 
                                       事業企画開発本部 副本部長
                                  2000年6月 同社取締役就任
                                  2001年4月 同社常務取締役就任 事業推
                                       進本部長
                                  2002年10月 同社専務取締役就任 サービ
                                       ス開発本部長
                                  2004年4月 同社専務取締役            CFO(最高財
                                       務責任者)就任
                                  2006年5月 コ・クリエーションパート
                                       ナーズ㈱ 代表取締役就任
          監査役         美澤 臣一      1960年6月22日      生                    (注)6      2,000
                                       (現任)
                                  2008年9月 ㈱マクロミル社外取締役就任
                                  2009年7月 当社監査役就任(現任)
                                  2010年6月 ㈱ナノ・メディア監査役就任
                                  2011年7月 ㈱ザッパラス社外取締役就任
                                       (現任)
                                  2013年6月 ミナトエレクトロニクス㈱
                                       (現ミナトホールディングス
                                       ㈱)社外監査役就任
                                  2015年6月 Kudan㈱社外取締役就任
                                  2016年3月 ジグソー㈱(現JIG-SAW㈱)
                                       社外取締役監査等委員就任
                                       (現任)
                                  2020年6月 Kudan㈱社外取締役監査等委
                                       員就任(現任)
                                  2022年3月 ㈱ワンキャリア社外取締役監
                                       査等委員就任(現任)
                             計
                                                       2,752,800
     (注)1.取締役岩﨑明は、社外取締役であります。
         2.常勤監査役平川功、監査役田中晃次及び美澤臣一は、社外監査役であります。
         3.当社では執行役員制度を導入しております。執行役員は、営業統括本部長補佐の松本正樹で構成されており
           ます。
         4.2022年7月28日開催の定時株主総会の終結の時から、2024年4月期に係る定時株主総会の終結の時までであ
           ります。
         5.2023年7月28日開催の定時株主総会の終結の時から、2024年4月期に係る定時株主総会の終結の時までであ
           ります。
         6.2022年7月28日開催の定時株主総会の終結の時から、2026年4月期に係る定時株主総会の終結の時までであ
         ります。
                                 41/107



                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ②社外役員の状況
          当社の取締役5名のうち1名が社外取締役であり、監査役は3名全てが社外監査役であります。
          当社の社外取締役は、岩﨑明氏の1名であり、当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関
         係はなく、独立性が確保されております。
          岩﨑明氏は、長年にわたり日本アイ・ビー・エム株式会社に勤務され、またその他上場企業におけるCIO、顧
         問等を歴任された豊富な経験と幅広い見識を有し、専門的・客観的な見地から、適切なアドバイスを当社経営
         に反映させて頂けるものと判断しております。
          社外監査役である平川功氏は、長年にわたる財務・会計の経験と知識に加え、事業会社におけるCFOや監
         査役を歴任しており、当社の監査役として、職務を適切に遂行して頂けるものと判断しております。
          社外監査役である平川功氏は、株式会社久世の社外取締役を兼務されておりますが、当社との特別の関係は
         ありません。
          社外監査役である田中晃次氏は、長年にわたり住友スリーエム株式会社(現スリーエムジャパン株式会社)
         において勤務された後、同社の監査役に就任された経験を持ち、十分な経験と見識を有していることから、職
         務を適切に遂行できるものと判断しております。
          社外監査役である美澤臣一氏は、コ・クリエーションパートナーズ株式会社の代表取締役、株式会社ザッパ
         ラスの社外取締役及びKudan株式会社、JIG-SAW株式会社、株式会社ワンキャリアの社外取締役監査等委員を兼
         務されておりますが、いずれの会社とも当社との特別の関係はありません。
          社外監査役である美澤臣一氏が、当社株式2,000株(議決権割合0.04%)を所有しておりますが、左記を除き
         社外監査役は、当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
          当社は、コーポレート・ガバナンスの強化・充実を経営上の重要な課題の一つとして位置付けており、取締
         役会の監督機能として社外取締役を選任し、業務執行及び監査機能を明確化するため、社外監査役を選任して
         おります。
          それによって、中立的な立場から、経営上有益な助言及び監督を十分に行える体制を整備し、経営監視機能
         の強化に努めてまいります。
          当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたもの
         はありませんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で、社
         外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。
        ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

         制部門との関係
          内部監査室及び監査役会は、情報連絡や意見交換を行うなど相互に連携しており、会計監査人とも定期的に
         連携することで、監査の実効性の確保と効率化を図っております。
                                 42/107










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ①監査役監査の状況
          当社の監査役は、平川功氏、田中晃次氏及び美澤臣一氏の3名であり、当社との人的関係、資本的関係又は
         取引関係その他の利害関係はなく、独立性が確保されております。
          平川功氏は、長年にわたる財務・会計の経験と知識に加え、事業会社におけるCFOや監査役を歴任してお
         り、十分な経験と見識を有していることから、職務を適切に遂行できると判断しております。
          田中晃次氏は、長年にわたり住友スリーエム株式会社(現スリーエムジャパン株式会社)において勤務され
         た後、同社の監査役に就任された経験を持ち、十分な経験と見識を有していることから、職務を適切に遂行で
         きるものと判断しております。
          美澤臣一氏は、金融機関における長年の業務経験があり、財務及び会計に精通し、企業経営を統治する十分
         な見識を有していることから、職務を適切に遂行できるものと判断しております。
          また、内部監査室及び会計監査人と随時情報交換や意見交換を行うことにより、監査機能の向上を図ってお
         ります。
          当社の監査役監査については、期の初めに監査役会で監査計画を策定し、その計画に基づき、会計監査及び
         業務監査を実施し、かつ、毎月開催の監査役会にて報告・協議をしております。
          取締役会に全監査役が出席するだけでなく、経営会議、プロデューサー会議及び定例会議には常勤監査役が
         出席し、取締役の業務執行を監視する体制を整えております。
          内部監査室及び監査役会は、情報連絡や意見交換を行うなど相互に連携しており、会計監査人とも定期的に
         連携することで、監査の実効性の確保と効率化を図っております。
          当事業年度において、当社は監査役会を15回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおり
         であります。
          役職名              氏名            開催回数        出席回数
          常勤監査役(独立役員)              平川 功            15回        15回(100%)

          監査役(独立役員)              田中 晃次            15回        15回(100%)

          監査役(独立役員)              美澤 臣一            15回        15回(100%)

        ②内部監査の状況

          当社の内部監査は、代表取締役社長直轄部門である内部監査室により、実施されております。内部監査に関
         する基本的な事項を内部監査規程に定め、内部監査室長1名が、代表取締役社長の命を受け監査を統括、実施
         しております。
          監査の具体的な手順につきましては、まず、内部監査室長より年間計画書が提出され、代表取締役社長がそ
         れを承認することにより、年度監査が開始されます。監査手続としては、各部門において、規程及び業務フ
         ローに定められた帳票類の整備状況と業務遂行状況が実際の帳票を基にチェックされ、最後に部門長へのヒア
         リングが行われます。監査の結果については、内部監査室長より代表取締役社長に報告があり、協議のうえで
         内部監査上の指摘事項が決定されます。当該指摘事項に基づき、内部監査室長が業務改善指示書を作成し、代
         表取締役社長の確認及び捺印を受けた業務改善指示書が各部門に送付されます。業務改善指示書を受領した各
         部門は、改善目標時期及び対応策を記した業務改善報告書を、内部監査室長宛に回答します。内部監査室は、
         業務改善報告書に基づき、改善状況を確認し、フォローアップを行っております。
          上記の内部監査の運営を円滑に行うことで、経営の合理化、効率化及び業務の適正な遂行を図っておりま
         す。
         ・内部監査の実効性を確保するための取組
          内部監査室は、代表取締役社長の指示に従い、監査役会と情報連絡や意見交換を行うなど相互に連携してお
         り、会計監査人とも定期的に連携し、結果を代表取締役社長に報告しております。また、取締役会及び監査役
         会にも内部監査室より直接報告されており、監査の実効性の確保と効率化を図っております。
                                 43/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ③会計監査の状況
         a.監査法人の名称
          EY新日本有限責任監査法人
          b.  継続監査期間

          7年間
         c.業務を執行した公認会計士

          業務執行社員 水野 友裕
          業務執行社員 福田 悟
         d.監査業務に係る補助者の構成

          公認会計士      4名
          会計士試験合格者等  4名
          その他        4名
         e.監査法人の選定方針と理由

           当社は、会計監査人の選定及び評価に際しては、当社の広範な業務内容に対応して、効率的な監査業務を
          実施することができる一定の規模と世界的なネットワークを持つこと、審査体制が整備されていること、監
          査日数、監査期間及び具体的な監査実施要領並びに監査費用が合理的かつ妥当であること、さらに監査実績
          などにより総合的に判断いたします。また、日本公認会計士協会の定める「独立性に関する指針」に基づき
          独立性を有することを確認するとともに、必要な専門性を有することについて検証し、確認いたします。
           監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、監査
          役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。また、監査役会は、会計監査人が同各号に定める項
          目に該当すると認められる場合には、会計監査人の解任に関する議案の内容を、また、会計監査人の職務の
          執行状況や当社の監査体制等を勘案して、会計監査人の変更が必要であると認められる場合には、会計監査
          人の不再任に関する議案の内容を、それぞれ決定いたします。
         f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           監査役及び監査役会は、会計監査人に対して評価を行っております。この評価については、会計監査人が
          独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からそ
          の職務の執行状況についての報告、「職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制」(会社計算
          規則第131条各号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」(2005年10月28日企業会計審議会)等に
          従って整備している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めました。その結果、会計監査人の職務執行に
          問題はないと評価し、EY新日本有限責任監査法人の再任を決議いたしました。
                                 44/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ④監査報酬の内容等
         a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                     33,600                       34,600
        提出会社                           -                      -
       連結子会社                -           -           -           -

                     33,600                       34,600
         計                         -                      -
         b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

           該当事項はありません。
         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査公認会計士等より提示される監
          査計画の内容を基に、監査工数等の妥当性を勘案、協議し、会社法第399条に基づき、監査役会の同意を得た
          上で決定しております。
         e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算定根拠などが、
          当社の事業規模や事業内容に適切であるかどうかについて、必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬
          等の額について、同意の判断を行っております。
                                 45/107












                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

          当社は、2021年6月18日付取締役会の決議により、役員の報酬等の内容に係る決定方針を決議しておりま
         す。
          また、取締役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定
         された報酬等の内容が、当該決定方針と整合していることや監査役会の意見が尊重されていることを確認して
         おり、当該決定方針に沿うものであると判断しております。
         イ)基本方針

            当社の取締役の報酬に係る決定方針は、取締役が継続的かつ中長期的な業績向上への意欲を高め、当社の
           価値の増大に資することを狙いとして構築すること、また、個々の取締役の報酬の決定に際して、各役位・
           職責を踏まえた適正な水準とすることとしております。具体的には、取締役の報酬は、固定報酬としての基
           本報酬と賞与にて構築されており、社外取締役の報酬は、その職務に鑑み、基本報酬のみを支給しておりま
           す。
         ロ)取締役の個人別の報酬等の内容に関する方針等
            当社の取締役の報酬等は、金銭報酬であり、固定報酬と業績連動報酬(賞与)により構築しております。
           固定報酬と業績連動報酬(賞与)の割合は、各人の報酬等が全体として、適切なインセンティブとして機能
           するように決定されます。ただし、業績連動報酬(賞与)については、その職責を踏まえて、社外取締役に
           は支給しておりません。固定報酬の額については、会社の業績の状況、経済情勢、各役員の役位、経歴、実
           績、その他各種の要素を勘案して決定するものとして毎月支給します。業績連動報酬(賞与)の決定におい
           ては、業績との連動制を高めるため、当社グループの売上高、売上総利益、営業利益等を指標として採用し
           ております。当該指標について、実績値を段階的に評価した上で、その評価に基づき報酬額を決定するもの
           として、年1回一定の時期に支給します。
           なお、取締役(社外取締役を除きます。)の退任に際して、別途株主総会の決議を得た場合には、退職慰労
           金を支給するものとし、その額は、役位、在任期間等を勘案して当社所定の基準により決定します。
        ②取締役の個人別の報酬等の内容の決定に係る委任に関する事項

          取締役の個人別の報酬については、株主総会で承認された年間報酬総額・内容の範囲内で、取締役会の決議
         に基づき代表取締役がその具体的な内容について委任を受け決定しております。
          当社の取締役の報酬等に関する株主総会の決議年月日は2009年7月30日であり、決議の内容は、報酬等の限

         度額として、取締役について年額250,000千円以内であります。当該株主総会終結時点の取締役の員数は、3名
         です。
          当社の監査役の報酬等に関する株主総会の決議年月日は2014年7月28日であり、決議の内容は、報酬等の限
         度額として、監査役について年額50,000千円以内であります。当該株主総会終結時点の監査役の員数は、3名
         です。
        ③役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる役員
                     報酬等の総額
          役員区分                                            の員数
                      (千円)
                              固定報酬       業績連動報酬        退職慰労金         (人)
     取締役

                        150,017        86,742                63,274           4
                                          -
     (社外取締役を除く)
     監査役
                          -        -        -        -        -
     (社外監査役を除く)
                        18,300        18,300                          4
     社外役員                                     -        -
        ④役員ごとの連結報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
        ⑤使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
                                 46/107


                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ①投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって、利益を得ることを目的
         として保有する株式を、純投資目的である投資株式、それ以外の株式を、純投資目的以外の目的である投資株
         式(政策保有株式)に区分しております。
        ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
          の内容
           当社は、持続的な成長と社会的価値、経済的価値を高めるため、業務提携、製品の安定調達など、経営戦
          略の一環として、また、取引先及び地域社会との良好な関係を構築し、事業の円滑な推進を図るため、必要
          と判断する企業の株式を保有しています。
           当社は、保有の意義が薄れたと考えられる政策保有株式については、できる限り速やかに処分・縮減をし
          ていく基本方針のもと、取締役会において、毎期、個別の政策保有株式について、政策保有の意義を検証
          し、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資すると認められない株式がある場合は、
          その検証の結果を開示するとともに、株主として、相手先企業との必要十分な対話を行います。対話の実施
          によっても、改善が認められない株式については、適時・適切に売却します。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                        銘柄数       貸借対照表計上額の
                       (銘柄)        合計額(千円)
                           16           39,500
           非上場株式
                           5           19,451
           非上場株式以外の株式
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                        銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                              株式数の増加の理由
                       (銘柄)       価額の合計額(千円)
                           1           18,000
           非上場株式                                   経営基盤強化のため
           非上場株式以外の株式                -             -          -

          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                        銘柄数      株式数の減少に係る売却
                       (銘柄)       価額の合計額(千円)
           非上場株式                -             -

                           1          135,000
           非上場株式以外の株式
                                 47/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
          特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                                    保有目的、業務提携等の概要、
                株式数(株)         株式数(株)                            当社の株式の
         銘柄                              定量的な保有効果
                                                      保有の有無
                                     及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                    30,000         30,000
     株式会社ピアラ                             取引関係の維持・強化                      無
                    15,960         25,260
                      800         800

     株式会社ヒト・コ
                                  取引関係の維持・強化                      無
     ミュニケーションズ
                     1,263         1,249
                     1,600         1,600

     株式会社サニーサイ
                                  取引関係の維持・強化                      無
     ドアップ
                     1,076         1,268
                     2,000         2,000

     株式会社テー・
                                  取引関係の維持・強化                      有
     オー・ダブリュー
                      664         630
                      100         100

     株式会社電通                             取引関係の維持・強化                      無
                      487         470
                             30,000

                      -
     インパクトホール
                                  取引関係の維持・強化                      無
     ディングス株式会社
                             94,500
                      -
         (注)1 「-」は当該銘柄を保有していないことを示しております。
            2 個別銘柄ごとの定量的な保有効果については記載が困難です。保有の合理性は、取締役会におい
             て、上記保有目的に照らし保有に伴う便宜やリスクなどを総合的に勘案し、検証しております。
          みなし保有株式

           該当事項はありません。
        ③保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
                                 48/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年5月1日から2023年4月30日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2022年5月1日から2023年4月30日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
      責任監査法人により監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、会計基準の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人等の行う
      各種研修に定期的に参加しております。
                                 49/107














                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年4月30日)              (2023年4月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       6,974,933              5,100,410
        現金及び預金
                                     ※1  4,211,942            ※1  3,663,650
        受取手形、売掛金及び契約資産
                                        200,947              158,763
        未成業務支出金
                                         6,533               785
        商品
                                        142,343              334,250
        その他
                                      11,536,700               9,257,860
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                      ※2  108,307             ※2  100,448
          建物(純額)
                                       ※2  10,432             ※2  13,733
          工具、器具及び備品(純額)
                                         4,069              4,069
          土地
                                        122,808              118,251
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         9,510              10,122
          ソフトウエア
                                          373              373
          その他
                                         9,883              10,496
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                      ※3  292,671             ※3  374,238
          投資有価証券
                                        303,852              327,119
          敷金及び保証金
                                        240,630              221,835
          繰延税金資産
                                          420            601,420
          出資金
                                        234,110              247,167
          その他
                                       △ 44,345             △ 44,345
          貸倒引当金
                                       1,027,339              1,727,435
          投資その他の資産合計
                                       1,160,031              1,856,183
        固定資産合計
                                      12,696,731              11,114,044
       資産合計
                                 50/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年4月30日)              (2023年4月30日)
     負債の部
       流動負債
                                       2,567,559              1,607,270
        買掛金
                                        446,613              387,892
        未払費用
                                       1,115,917               343,231
        未払法人税等
                                        33,924              47,554
        未成業務受入金
                                         3,619              3,619
        関係会社清算損失引当金
                                        790,439              360,891
        その他
                                       4,958,073              2,750,459
        流動負債合計
       固定負債
                                        215,100              160,900
        役員退職慰労引当金
                                        131,661              134,991
        退職給付に係る負債
                                        70,252              72,219
        資産除去債務
                                        417,013              368,110
        固定負債合計
                                       5,375,087              3,118,570
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        51,625              51,625
        資本金
                                        378,141              378,141
        資本剰余金
                                       6,909,162              7,804,206
        利益剰余金
                                       △ 116,226             △ 284,183
        自己株式
                                       7,222,701              7,949,789
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        87,853              21,960
        その他有価証券評価差額金
                                        87,853              21,960
        その他の包括利益累計額合計
                                        11,089              23,724
       新株予約権
                                       7,321,644              7,995,473
       純資産合計
                                      12,696,731              11,114,044
     負債純資産合計
                                 51/107










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年5月1日              (自 2022年5月1日
                                至 2022年4月30日)               至 2023年4月30日)
                                     ※1  25,136,556            ※1  17,047,839
     売上高
                                     ※2  19,854,178            ※2  12,941,911
     売上原価
                                       5,282,378              4,105,928
     売上総利益
                                     ※3  2,150,915            ※3  2,230,672
     販売費及び一般管理費
                                       3,131,462              1,875,255
     営業利益
     営業外収益
                                          594              242
       受取利息
                                          219              441
       受取配当金
                                                       1,800
       有価証券利息                                    -
                                        47,977
       雇用調整助成金                                                  -
                                          948
       保険解約返戻金                                                  -
                                         3,612
       償却債権取立益                                                  -
                                          277             3,657
       その他
                                        53,630               6,141
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         2,286
       売上債権売却損                                                  -
                                          105             10,066
       為替差損
                                          364             5,932
       投資事業組合運用損
                                           4             562
       その他
                                         2,760              16,561
       営業外費用合計
                                       3,182,331              1,864,836
     経常利益
     特別利益
                                         1,033             132,030
       投資有価証券売却益
                                         1,033             132,030
       特別利益合計
     特別損失
                                                       14,943
       投資有価証券評価損                                    -
                                       ※4  6,904               ※4  0
       固定資産除却損
                                         6,904              14,943
       特別損失合計
                                       3,176,460              1,981,923
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                 1,247,899               629,824
                                                       49,922
                                       △ 192,521
     法人税等調整額
                                       1,055,378               679,746
     法人税等合計
                                       2,121,082              1,302,176
     当期純利益
                                       2,121,082              1,302,176
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 52/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年5月1日              (自 2022年5月1日
                                至 2022年4月30日)               至 2023年4月30日)
                                       2,121,082              1,302,176
     当期純利益
     その他の包括利益
                                          619
                                                      △ 65,892
       その他有価証券評価差額金
                                         ※ 619           ※ △ 65,892
       その他の包括利益合計
                                       2,121,701              1,236,284
     包括利益
     (内訳)
                                       2,121,701              1,236,284
       親会社株主に係る包括利益
                                 53/107

















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2021年5月1日 至 2022年4月30日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                  51,625        378,141       4,896,648        △ 116,226       5,210,188
     当期変動額
      剰余金の配当
                                       △ 108,568                △ 108,568
      親会社株主に帰属する
                                       2,121,082                 2,121,082
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
                                                          -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    -        -     2,012,513           -     2,012,513
     当期末残高                  51,625        378,141       6,909,162        △ 116,226       7,222,701
                      その他の包括利益累計額

                           その他の包括利益          新株予約権        純資産合計
                   その他有価証券
                             累計額
                    評価差額金
                              合計
     当期首残高
                       87,233        87,233         2,796       5,300,218
     当期変動額
      剰余金の配当                                         △ 108,568
      親会社株主に帰属する
                                               2,121,082
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
                         619        619       8,292        8,912
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    619        619       8,292       2,021,425
     当期末残高
                       87,853        87,853        11,089       7,321,644
                                 54/107










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2022年5月1日 至 2023年4月30日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                  51,625        378,141       6,909,162        △ 116,226       7,222,701
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 407,133                △ 407,133
      親会社株主に帰属する
                                       1,302,176                 1,302,176
      当期純利益
      自己株式の取得

                                               △ 167,956       △ 167,956
      株主資本以外の項目の

                                                          -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    -        -      895,043        △ 167,956        727,087
     当期末残高                  51,625        378,141       7,804,206        △ 284,183       7,949,789
                      その他の包括利益累計額

                           その他の包括利益          新株予約権        純資産合計
                   その他有価証券
                             累計額
                    評価差額金
                              合計
     当期首残高
                       87,853        87,853        11,089       7,321,644
     当期変動額
      剰余金の配当                                         △ 407,133
      親会社株主に帰属する
                                               1,302,176
      当期純利益
      自己株式の取得                                         △ 167,956

      株主資本以外の項目の

                       △ 65,892       △ 65,892        12,634       △ 53,257
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                       △ 65,892       △ 65,892        12,634        673,829
     当期末残高                  21,960        21,960        23,724       7,995,473
                                 55/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年5月1日              (自 2022年5月1日
                                至 2022年4月30日)               至 2023年4月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       3,176,460              1,981,923
       税金等調整前当期純利益
                                        20,514              22,894
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 161               -
       受取利息及び受取配当金                                  △ 813            △ 2,484
                                         2,286
       売上債権売却損                                                  -
       助成金収入                                 △ 47,977                -
                                          364             5,932
       投資事業組合運用損益(△は益)
                                                       14,943
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 1,033            △ 132,030
                                         6,904                0
       固定資産除却損
       関係会社清算損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,220                -
                                        19,416               3,330
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         9,300
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                               △ 54,200
                                                      548,291
       売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)                               △ 1,619,836
                                                       47,985
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 112,794
                                                       13,630
       未成業務受入金の増減額(△は減少)                                 △ 6,575
                                       1,268,503
       仕入債務の増減額(△は減少)                                              △ 960,289
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 △ 6,520            △ 179,963
                                        558,747
                                                     △ 488,171
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                       3,263,563               821,790
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   813             1,390
                                        47,977
       助成金の受取額                                                  -
                                        69,565
       法人税等の還付額                                                  -
                                       △ 257,105            △ 1,401,883
       法人税等の支払額
                                       3,124,814
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                              △ 578,702
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の純増減額(△は増加)                                 △ 89,719             △ 90,019
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 4,054             △ 13,397
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 4,093             △ 3,845
       関係会社株式の取得による支出                                    -           △ 100,000
       投資有価証券の取得による支出                                △ 119,947             △ 107,506
                                                      135,000
       投資有価証券の売却による収入                                    -
       敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 6,772             △ 34,763
                                          201             11,495
       敷金及び保証金の回収による収入
                                          512              486
       保険積立金の解約による収入
                                          -           △ 601,000
       出資金の払込による支出
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 223,873             △ 803,551
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       自己株式の取得による支出                                    -           △ 167,956
                                       △ 108,564             △ 407,230
       配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 108,564             △ 575,186
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     -            △ 1,098
                                       2,792,375
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                               △ 1,958,539
                                       3,105,371              5,897,747
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 5,897,747             ※ 3,939,207
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 56/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
           (1)  連結子会社の数         1 社
             連結子会社の名称
              株式会社フロンティアダイレクト
           (2)  主要な非連結子会社の名称等

              PT.FRONTIER       INTERNATIONAL       INDONESIA
              株式会社トリニティ
            (連結の範囲から除いた理由)
              非連結子会社は、小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰
             余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
          2.持分法の適用に関する事項

             持分法を適用していない非連結子会社(PT.FRONTIER                          INTERNATIONAL       INDONESIA、株式会社トリニ
            ティ)及び関連会社(株式会社シネブリッジ、株式会社ランプ東京)は、当期純損益(持分に見合う額)
            及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が
            軽微であり、かつ、全体としても重要性が無いため持分法の適用範囲から除外しております。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項

           (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
            イ 有価証券
              満期保有目的の債券
               償却原価法(定額法)を採用しております。
              その他有価証券
               市場価格のない株式等以外のもの
                時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用
               しております。
               市場価格のない株式等
                移動平均法による原価法を採用しております。
                なお、投資事業有限責任組合及びこれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項によ
               り有価証券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な
               最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
            ロ 棚卸資産
              未成業務支出金
               当社及び連結子会社は主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価
              切下げの方法により算定)を採用しております。
              商品
               移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
              定)を採用しております。
                                 57/107






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
           (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
            イ 有形固定資産
               当社及び連結子会社は定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物
              (建物附属設備の一部を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額
              法を採用しております。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                建物        15~47年
                工具、器具及び備品 3~10年
            ロ 無形固定資産
               当社及び連結子会社は定額法を採用しております。
               なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
           (3)  重要な引当金の計上基準

            イ 貸倒引当金
               売上債権等の貸倒損失に備えるため、当社及び連結子会社は一般債権については貸倒実績率によ
              り、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に債権の回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上
              しております。
            ロ 役員退職慰労引当金
               役員の退職慰労金の支出に備えるため、当社は内規に基づく期末要支給額を計上しております。
            ハ 関係会社清算損失引当金
               関係会社の清算手続きに係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度における損失見込額を計上
              しております。
           (4)  重要な収益及び費用の計上基準

              当社グループは、プロモーション事業を主な事業とし、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転
             した時点で、当該財又はサービスと交換に対価を受け取れると見込まれる金額で収益を認識しておりま
             す。
              当社グループにおける、主な履行義務の内容は、セールスプロモーションやイベントプロモーション
             の企画制作業務、店頭販促支援やBPOサービスの企画運営業務があります。セールスプロモーション
             やイベントプロモーションの企画制作業務、店頭販促支援やBPOサービスの企画運営業務の大半は、
             顧客への業務がすべて完了するまでは対価の回収可能性に不確実性を有することから、これらは一時点
             で充足される履行義務として、業務完了時に収益を認識することとしております。ただし、BPOサー
             ビスの企画運営業務のうち個別契約においてキャンセル条項が明示されている案件、店頭販促支援で派
             遣基本契約を締結しているサービスにおいては、一定の期間にわたり充足される履行義務であるため、
             進捗度を見積り、それに基づいた収益を一定の期間にわたり認識しております。
              なお、履行義務の充足に係る進捗度を合理的に見積ることができ、かつ発生した費用の回収可能性が
             ある場合は、提供単価×時間×人数により収益を計算しております。合理的に見積ることが困難で、か
             つ発生した費用の回収可能性が見込まれる場合は、原価回収基準にて収益を認識しております。
           (5)  退職給付に係る会計処理の方法

              当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都
             合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
                                 58/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
          繰延税金資産の回収可能性
         ⑴ 連結財務諸表に計上した金額

                      前連結会計年度              当連結会計年度
                     (2022年4月30日)              (2023年4月30日)
         繰延税金資産                  240,630千円              221,835千円
         ⑵ 識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

          ①算出方法
            繰延税金資産の認識は、将来の事業計画に基づく課税所得の発生時期及び金額によって見積っておりま
           す。
          ②主要な仮定

            課税所得の基礎となる主要な仮定は、受注予想金額であります。当連結会計年度末時点で入手可能な外部
            の情報源に基づく情報等を踏まえて、会計上の見積りを行っております。
          ③翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響

            当該見積りは、将来の不確実な経済条件の変動などによって、影響を受ける可能性があり、実際に発生し
           た課税所得の時期及び金額が見積りと異なった場合、翌連結会計年度の連結財務諸表において、繰延税金資
           産の金額に重要な影響を与える可能性があります。
         (会計方針の変更)

       (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(改正企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価
       算定会計基準適用指針」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に
       定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用するこ
       とといたしました。これによる連結財務諸表への影響はありません。
        また、「金融商品関係」注記の金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項における投資信託に関する注
       記事項においては、時価算定会計基準適用指針第27-3項に従って、前連結会計年度に係るものについては記載し
       ておりません。
         (表示方法の変更)

         (連結貸借対照表)
          前連結会計年度において、「投資その他の資産」の「その他」に含めていた「出資金」は、資産の総額の100
         分の1を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるた
         め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「投資その他の資産」の「その他」に表示していた
         234,530千円は、「出資金」420千円、「その他」234,110千円として組替えております。
                                 59/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 受取手形、売掛金及び契約資産の内訳
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (2022年4月30日)                  (2023年4月30日)
      受取手形                              185,920    千円               61,833   千円
      売掛金                             4,026,021     千円             3,601,817     千円
      契約資産                                 -千円                  -千円
      合計                             4,211,942千円                  3,663,650千円
          ※2 有形固定資産の減価償却累計額

                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (2022年4月30日)                  (2023年4月30日)
     減価償却累計額                               95,515   千円               112,852    千円
          ※3 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年4月30日)                 (2023年4月30日)
     投資有価証券(株式)                                14,000千円                 114,000千円
           4(1) 当社グループにおいては、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行2行と当座貸越契約を

             締結、取引銀行2行とコミットメントライン契約をしております。この契約に基づく借入未実行残高
             は、以下のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年4月30日)                 (2023年4月30日)
     当座貸越極度額及びコミットメントライン
                                   2,600,000千円                 2,600,000千円
     契約の総額
     借入実行残高                                  -                 -
             差引額                      2,600,000                 2,600,000
                                 60/107











                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
            (2) 財務制限条項
                前連結会計年度(2022年4月30日)
                当社が株式会社三菱UFJ銀行との間で締結しているコミットメントライン契約(総貸付極度額
               1,000,000千円)には、以下の財務制限条項が付されております。
               ・ 各年度の決算期の末日における、連結貸借対照表の純資産の部の金額を、2019年4月末日にお
               ける連結貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上に維持する。
                当社が株式会社三井住友銀行との間で締結しているコミットメントライン契約(総貸付極度額

               1,000,000千円)には、以下の財務制限条項が付されております。
               ・ 各年度の決算期の末日における、単体及び連結貸借対照表の純資産の部の金額を、2020年4月
               末日及び直近の事業年度末日における、単体及び連結貸借対照表の純資産の部の金額の70%以上に
               維持する。
               ・ 各事業年度末における経常損益を、2期連続で赤字としないこと
                当連結会計年度(2023年4月30日)

                当社が株式会社三菱UFJ銀行との間で締結しているコミットメントライン契約(総貸付極度額
               1,000,000千円)には、以下の財務制限条項が付されております。
               ・ 各年度の決算期の末日における、連結貸借対照表の純資産の部の金額を、2019年4月末日にお
               ける連結貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上に維持する。
                当社が株式会社三井住友銀行との間で締結しているコミットメントライン契約(総貸付極度額

               1,000,000千円)には、以下の財務制限条項が付されております。
               ・ 各年度の決算期の末日における、単体及び連結貸借対照表の純資産の部の金額を、2022年4月
               末日及び直近の事業年度末日における、単体及び連結貸借対照表の純資産の部の金額の70%以上に
               維持する。
               ・ 各事業年度末における経常損益を、赤字としないこと
                                 61/107












                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 顧客との契約から生じる収益
             売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。
            顧客との契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)1.顧客との契約から
            生じる収益を分解した情報」に記載しております。
          ※2 期末棚卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれて

             おります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                   至 2023年4月30日)
     売上原価に含まれる棚卸資産評価損                                27,160   千円              32,307   千円
          ※3 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                   至 2023年4月30日)
     役員報酬                               130,854    千円              105,042    千円
                                    726,050                 805,454
     給料及び手当
                                    246,581                 206,047
     賞与
                                     9,300                 9,074
     役員退職慰労引当金繰入額
                                     12,333                  9,777
     退職給付費用
                                    122,050                 165,758
     賃借料
                                    404,223                 409,638
     支払手数料
     貸倒引当金繰入額                                △ 161                  -
          ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                 至 2023年4月30日)
     建物附属設備                                6,793千円                   -千円
     工具、器具及び備品                                 111                  0
              計                       6,904                   0
                                 62/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                 至 2023年4月30日)
     その他有価証券評価差額金
      当期発生額                                987千円                35,007千円
      組替調整額                                △40               △132,030
       税効果調整前
                                      947               △97,022
       税効果額                              △327                 31,129
       その他有価証券評価差額金
                                      619               △65,892
      その他の包括利益合計
                                      619               △65,892
                                 63/107
















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2021年5月1日 至 2022年4月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                       首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                     4,619,000             -         -      4,619,000

             合計              4,619,000             -         -      4,619,000

     自己株式

      普通株式                      95,300           -         -       95,300

             合計                95,300           -         -       95,300

           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                    新株予約権
                              新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                      当連結会計
            新株予約権の        の目的とな
       区分                                               年度末残高
                          当連結会計       当連結会計       当連結会計       当連結会計
              内訳      る株式の種
                                                      (千円)
                          年度期首       年度増加       年度減少        年度末
                      類
            ストック・オ
     提出会社       プションとし
                      -         -       -       -       -     11,089
     (親会社)       ての新株予約
            権
           合計           -         -       -       -       -     11,089
           3.配当に関する事項

            (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                    (千円)          (円)
     2021年7月29日
                普通株式            108,568          24.00    2021年4月30日         2021年7月30日
     定時株主総会
            (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     2022年7月28日
              普通株式         407,133     利益剰余金           90.00    2022年4月30日         2022年7月29日
     定時株主総会
                                 64/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2022年5月1日 至 2023年4月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                       首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                     4,619,000             -         -      4,619,000

             合計              4,619,000             -         -      4,619,000

     自己株式

      普通株式(注)                      95,300         73,800           -       169,100

             合計                95,300         73,800           -       169,100

    (注)普通株式の自己株式の株式数の増加73,800株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加73,800株でありま
       す。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                    新株予約権
                              新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                      当連結会計
            新株予約権の        の目的とな
       区分                                               年度末残高
                          当連結会計       当連結会計       当連結会計       当連結会計
              内訳      る株式の種
                                                      (千円)
                          年度期首       年度増加       年度減少        年度末
                      類
            ストック・オ
     提出会社       プションとし
                      -         -       -       -       -     23,724
     (親会社)       ての新株予約
            権
           合計           -         -       -       -       -     23,724
           3.配当に関する事項

            (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                    (千円)          (円)
     2022年7月28日
                普通株式            407,133          90.00    2022年4月30日         2022年7月29日
     定時株主総会
            (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     2023年7月28日
              普通株式         258,094     利益剰余金           58.00    2023年4月30日         2023年7月31日
     定時株主総会
                                 65/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                 至 2023年4月30日)
     現金及び預金                              6,974,933千円                 5,100,410千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                             △1,077,185                 △1,161,203
     現金及び現金同等物                              5,897,747                 3,939,207
           2 重要な非資金取引の内容

              該当事項はありません。
                                 66/107

















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
           (1)  金融商品に対する取組方針
              当社グループは、人員計画や設備投資計画に照らして、必要な資金を調達しております。また、当社
             グループは、デリバティブは一切利用しておらず、安全性の高い金融商品に限定し、投資環境等を勘案
             し慎重に判断しております。
           (2)  金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である受取手形、売掛金及び契約資産は、顧客の信用リスクに晒されております。
              投資有価証券は、主に満期保有目的の債券、投資事業組合への出資金及び業務上の関係を有する企業
             の株式であり、市場価格の変動リスク及び信用リスクに晒されております。
              営業債務である買掛金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日です。一部外貨建てのものについて
             は、為替の変動リスクに晒されておりますが、当該営業債務は財務経理部財務課が管理しております。
           (3)  金融商品に係るリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               当社グループは、経理規程に従い営業債権について、財務経理部が主要な取引先の状況を定期的に
              モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収
              懸念の早期把握や軽減を図っております。
            ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

               当社グループは、外貨建ての営業債権債務について、財務経理部が通貨別、月別に為替相場のモニ
              タリングを行っております。
               投資有価証券及び出資金については、定期的に価額や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握
              し、また満期保有目的の債券以外のものについては、市況や取引先企業との関係を勘案して、保有状
              況を継続的に見直しております。
            ③ 資金調達に係る流動性のリスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

               当社は、各部署からの報告に基づき、財務経理部が適時に資金繰り計画を作成・更新するととも
              に、手元流動性の維持などにより、流動性リスクを管理しております。連結子会社においても、当社
              と同様の資金繰り計画を作成・更新し、同様の管理を行っております。
           (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格が無い場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては、変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件
             等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                 67/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         2.金融商品の時価等に関する事項
            前連結会計年度(2022年4月30日)
                         連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)  投資有価証券

        ①満期保有目的の債券                           30,000            28,959           △1,041

        ②その他有価証券                          177,591            177,591              -

      (2)  敷金及び保証金
                                303,852            270,424           △33,428
       合計                         511,443            476,974           △34,469

            当連結会計年度(2023年4月30日)

                         連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)  投資有価証券

        ①満期保有目的の債券                           89,282            88,078           △1,203

        ②その他有価証券                           77,751            77,751              -

      (2)  敷金及び保証金
                                327,119            273,195           △53,923
       合計                         494,153            439,026           △55,127

         (注)1. 現金及び預金、受取手形、売掛金及び契約資産、買掛金、未払費用、未払法人税等は短期間で決済
              されるため時価が帳簿価額と近似することから、注記を省略しております。
            2.市場価格のない株式等

                                                 (単位:千円)
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
               区分
                          (2022年4月30日)                 (2023年4月30日)
          非上場株式                          36,443                 39,500
          関係会社株式                          14,000                 114,000
          投資事業組合への出資金                          34,636                 53,703
          その他の出資金                            -              601,420
            市場価格のない株式等は「(1)投資有価証券」には含めておりません。
         3.金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(2022年4月30日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     6,974,436             -         -         -

      受取手形、売掛金及び契約資産                     4,211,942             -         -         -
      投資有価証券

       満期保有目的の債券                        -         -       30,000           -
             合計             11,186,379             -       30,000           -

                                 68/107




                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(2023年4月30日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     5,098,670             -         -         -

      受取手形、売掛金及び契約資産                     3,663,650             -         -         -
      投資有価証券

       満期保有目的の債券                        -       67,065         30,000           -
             合計              8,762,321           67,065         30,000           -

         4.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

            金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベ
           ルに分類しております。
          レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の
                  算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
          レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に
                  係るインプットを用いて算定した時価
          レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
           時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ
          属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
           (1)時価をもって連結貸借対照表計上額とする金融資産

             前連結会計年度(2022年4月30日)
                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券
      その他有価証券
       株式                       123,378            -         -       123,378
    (注) 「時価の算定に関する会計基準の適用指針」第26項の経過措置を適用した投資信託等については、上記表には含
       めておりません。連結貸借対照表における当該投資信託等の金額は、54,212千円であります。
             当連結会計年度(2023年4月30日)

                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券
      その他有価証券
       株式                       19,451           -         -       19,451
       その他                         -       58,300           -       58,300
                                 69/107






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
           (2)時価をもって連結貸借対照表計上額としない金融資産
             前連結会計年度(2022年4月30日)
                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券
      満期保有目的の債券
       社債                         -       28,959           -       28,959
     敷金及び保証金                         -       270,424            -       270,424
            資産計                  -       299,383            -       299,383

             当連結会計年度(2023年4月30日)

                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券
      満期保有目的の債券
       社債                         -       88,078           -       88,078
     敷金及び保証金                         -       273,195            -       273,195
            資産計                  -       361,274            -       361,274

    (注) 時価の算定に用いた評価技術法及びインプットの説明
         投資有価証券
          上場株式は、相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価を
         レベル1の時価に分類しております。
          債券は取引金融機関から提示された価格等によっており、社債はレベル2の時価に分類しております。
          投資信託は、公表されている基準価格等によっており、レベル2の時価に分類しております。
         敷金及び保証金
          これらの時価は、回収可能性を反映した将来キャッシュ・フローを残存期間に対応する国債の利回り等で割り
         引いた現在価値により算定しております。そのため、レベル2の時価に分類しております。
                                 70/107










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.満期保有目的の債券
            前連結会計年度(2022年4月30日)
                                連結貸借対照表計
                         種類                  時価(千円)         差額(千円)
                                 上額(千円)
                     (1)国債・地方債等                   -          -         -
                     (2)社債                   -          -         -
      時価が連結貸借対照表計上額
      を超えるもの
                     (3)その他                   -          -         -
                         小計               -          -         -
                     (1)国債・地方債等                   -          -         -
                     (2)社債                 30,000          28,959         △1,041
      時価が連結貸借対照表計上額
      を超えないもの
                     (3)その他                   -          -         -
                         小計             30,000          28,959         △1,041
                 合計                    30,000          28,959         △1,041
            当連結会計年度(2023年4月30日)

                                連結貸借対照表計
                         種類                  時価(千円)         差額(千円)
                                 上額(千円)
                     (1)国債・地方債等                   -          -         -
                     (2)社債                 59,282          59,638           356
      時価が連結貸借対照表計上額
      を超えるもの
                     (3)その他                   -          -         -
                         小計             59,282          59,638           356
                     (1)国債・地方債等                   -          -         -
                     (2)社債                 30,000          28,440         △1,560
      時価が連結貸借対照表計上額
      を超えないもの
                     (3)その他                   -          -         -
                         小計             30,000          28,440         △1,560
                 合計                    89,282          88,078         △1,203
                                 71/107











                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
          2.その他有価証券
            前連結会計年度(2022年4月30日)
                                 連結貸借対照表計
                         種類                取得原価(千円)          差額(千円)
                                 上額(千円)
                     (1)株式                123,378          3,884        119,494

                     (2)債券
                      ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                      ② 社債                 -         -         -
     を超えるもの
                      ③ その他                 -         -         -
                     (3)その他                54,212         43,110         11,101
                         小計            177,591          46,995         130,596

                     (1)株式                  -         -         -

                     (2)債券
                      ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                      ② 社債               30,000         30,000           -
     を超えないもの
                      ③ その他                 -         -         -
                     (3)その他                  -         -         -
                         小計            30,000         30,000           -

                 合計                    207,591          76,995         130,596

     (注) 市場価格のない株式等(連結貸借対照表計上額85,080千円)については、上表には含めておりません。
                                 72/107











                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
            当連結会計年度(2023年4月30日)
                                 連結貸借対照表計
                         種類                取得原価(千円)          差額(千円)
                                 上額(千円)
                     (1)株式                19,451           914        18,536

                     (2)債券
                      ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                      ② 社債                 -         -         -
     を超えるもの
                      ③ その他                 -         -         -
                     (3)その他                58,300         43,110         15,189
                         小計            77,751         44,025         33,726

                     (1)株式                  -         -         -

                     (2)債券
                      ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                      ② 社債                 -         -         -
     を超えないもの
                      ③ その他                 -         -         -
                     (3)その他                  -         -         -
                         小計              -         -         -

                 合計                    77,751         44,025         33,726

     (注) 市場価格のない株式等(連結貸借対照表計上額207,203千円)については、上表には含めておりません。
                                 73/107












                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
          3.売却したその他有価証券
            前連結会計年度(自 2021年5月1日 至 2022年4月30日)
          種類           売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)
     (1)  株式

                             1,074              1,033               -
     (2)  債券
      ①   国債・地方債等

                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)  その他
                               -              -              -
     合計                        1,074              1,033               -

            当連結会計年度(自 2022年5月1日 至 2023年4月30日)

          種類           売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)
     (1)  株式

                            135,000              132,030                -
     (2)  債券
      ①   国債・地方債等

                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)  その他
                               -              -              -
     合計                       135,000              132,030                -

          4.減損処理を行った有価証券

             当連結会計年度において、有価証券について14,943千円(その他有価証券の株式14,943千円)減損処理
            を行っております。
             なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損
            処理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損
            処理を行っております。
             また、市場価格のない株式等の減損処理にあたっては、発行会社の財政状態の悪化により実質価額が著
            しく低下していると判断したものについて減損処理を行っております。
                                 74/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
             当社及び連結子会社は、退職一時金制度を採用しております。
             なお、当社及び連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付
            費用の計算をしております。
          2.確定給付制度

           (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                 至 2023年4月30日)
     退職給付に係る負債の期首残高                               112,244千円                 131,661千円
      退職給付費用                               26,319                 20,209
      退職給付の支払額                              △6,903                 △16,879
     退職給付に係る負債の期末残高                               131,661                 134,991
           (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年4月30日)                 (2023年4月30日)
     非積立型制度の退職給付債務                               131,661千円                 134,991千円
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                    131,661                 134,991
     純額
     退職給付に係る負債                               131,661                 134,991

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                    131,661                 134,991
     純額
           (3)  退職給付費用

              簡便法で計算した退職給付費用 前連結会計年度26,319千円  当連結会計年度20,209千円
                                 75/107











                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                 (単位:千円)
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自 2021年5月1日               (自 2022年5月1日
                              至 2022年4月30日)                 至 2023年4月30日)
          販売費および一般管理費                            8,292              12,634
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                      2021年第3回             2021年第4回             2021年第5回
                                                新株予約権
                      新株予約権             新株予約権
                   当社従業員   31名            当社取締役   1名             当社従業員   1名
     付与対象者の区分及び人数
                   当社子会社従業員6名            当社従業員   1名
     株式の種類別のストック・オ
                   普通株式 31,500株            普通株式 20,000株             普通株式 5,000株
     プションの数
     付与日              2021年2月11日            2021年2月11日             2022年1月7日

                   2021年1月21日開催の当            2021年1月21日開催の当             2021年12月7日開催の当

                   社取締役会決議に基づ            社取締役会決議に基づ             社取締役会決議に基づ
     権利確定条件              き、当社と被付与者との            き、当社と被付与者との             き、当社と被付与者との
                   間で締結する付与契約の            間で締結する付与契約の             間で締結する付与契約の
                   定めるところとする。            定めるところとする。             定めるところとする。
                   2021年2月11日~2026年            2021年2月11日~2026年             2022年1月8日~2027年
     対象勤務期間
                   7月31日            7月31日             1月7日
                   2026年8月1日~2031年            2026年8月1日~2031年             2027年1月8日~2032年
     権利行使期間
                   1月20日            1月20日             1月7日
                      2022年第6回

                      新株予約権
                   当社従業員   46名
     付与対象者の区分及び人数
                   当社子会社従業員6名
     株式の種類別のストック・オ
                   普通株式 34,800株
     プションの数
     付与日              2022年12月7日
                   2022年11月16日開催の当
                   社取締役会決議に基づ
     権利確定条件              き、当社と被付与者との
                   間で締結する付与契約の
                   定めるところとする。
                   2022年12月7日~2027年
     対象勤務期間
                   12月6日
                   2027年12月7日~2032年
     権利行使期間
                   12月6日
                                 76/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
              当連結会計年度(2023年4月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
             プションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数
                                     2021年第4回              2021年第5回
                       2021年第3回
                        新株予約権              新株予約権              新株予約権
     権利確定前          (株)
      前連結会計年度末                       31,500              20,000              5,000

      付与                         -              -              -

      失効                         -              -              -

      権利確定                         -              -              -

      未確定残                       31,500              20,000              5,000

     権利確定後          (株)

      前連結会計年度末                         -              -              -

      権利確定                         -              -              -

      権利行使                         -              -              -

      失効                         -              -              -

      未行使残                         -              -              -

                       2022年第6回

                        新株予約権
     権利確定前          (株)
      前連結会計年度末                         -

      付与                       34,800

      失効                         -

      権利確定                         -

      未確定残                       34,800

     権利確定後          (株)

      前連結会計年度末                         -

      権利確定                         -

      権利行使                         -

      失効                         -

      未行使残                         -

            ② 単価情報

                                     2021年第4回              2021年第5回
                       2021年第3回
                        新株予約権              新株予約権              新株予約権
     権利行使価格          (円)              1,925              1,925              2,051
     行使時平均株価          (円)                -              -              -
     付与日における公正
               (円)              17.69              14.94            1,272.93
     な評価単価
                       2022年第6回

                        新株予約権
     権利行使価格          (円)              2,527
                                 77/107


                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
                       2022年第6回
                        新株予約権
     行使時平均株価          (円)                -
     付与日における公正
               (円)             1,241.24
     な評価単価
          4.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

           当連結会計年度において付与された第6回新株予約権についての公正な評価単価の見積方法は以下のとおり
          であります。
          (1)使用した評価技法 ブラック・ショールズモデル
          (2)主な基礎数値及び見積方法
            株価変動性     (注)1                  65.91%
            予想残存期間    (注)2                   7.45年

            予想配当率     (注)3                   3.38%

            無リスク利子率   (注)4                  0.226%

           (注)1.予想残存期間に対応する過去期間(1年を250取引日として近似)における類似企業の株価情報も参
              照して算出しております。
             2.権利行使可能期間の中間地点において行使させるものと推定して見積っております。
             3.直近の配当実績90円に基づき算定しております。
             4.予想残存期間に対する国債の利回りであります。
          5.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

           基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用し
          ております。
                                 78/107












                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2022年4月30日)             (2023年4月30日)
           繰延税金資産
            未払事業税                             106,195千円              28,609千円
            未払賞与                              84,257             102,450
            投資有価証券評価損                              2,431               -
            役員退職慰労引当金                              74,401             55,654
            退職給付に係る負債                              45,540             46,509
            貸倒引当金繰入超過額                              15,338             15,338
            子会社株式評価損                              9,753             9,753
            関係会社清算損                              1,251             1,251
            資産除去債務                              24,299             24,980
            未払法定福利費                              10,700             11,555
                                          2,780             8,705
            その他
             繰延税金資産小計
                                         376,952             304,807
             評価性引当額                            △76,833             △55,654
             繰延税金資産合計
                                         300,119             249,153
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                             △42,740             △11,613
                                        △16,748             △15,704
            資産除去債務に対応する除去費用
             繰延税金負債合計                            △59,488             △27,318
           繰延税金資産の純額                              240,630             221,835
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

            となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2022年4月30日)             (2023年4月30日)
           法定実効税率
                                   法定実効税率と税効              法定実効税率と税効
                                  果会計適用後の法人税             果会計適用後の法人税
           (調整)
                                  等の負担率との間の差             等の負担率との間の差
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                  異が法定実効税率の100             異が法定実効税率の100
            役員賞与損金不算入額
                                  分の5以下であるため             分の5以下であるため
            住民税均等割
                                  注記を省略しておりま             注記を省略しておりま
            評価性引当額の増減
                                  す。             す。
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                 79/107








                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
              当社グループの本社及び地方オフィスの不動産賃借契約に伴う原状回復義務等であります。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

              使用見込期間を取得から20年と見積り、割引率は当該使用見込期間に見合う国債の利回りを使用して
             資産除去債務の金額を計算しております。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                 至 2023年4月30日)
     期首残高                                71,728千円                 70,252千円
     資産除去債務の発生に伴う増加額等                                1,303                 1,705
     時の経過による調整額                                 190                 261
     資産除去債務の履行による減少額                               △2,969                    -
     期末残高                                70,252                 72,219
                                 80/107















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (収益認識関係)
          1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
            前連結会計年度(自 2021年5月1日 至 2022年4月30日)
                                          プロモーション事業
         一時点で移転される財又はサービス                                           24,805,416千円
         一定の期間にわたり移転される財又はサービス                                             331,140千円
         顧客との契約から生じる収益                                           25,136,556千円
         その他の収益                                               -千円
         外部顧客への売上高                                           25,136,556千円
            当連結会計年度(自 2022年5月1日 至 2023年4月30日)

                                          プロモーション事業
         一時点で移転される財又はサービス                                           16,396,256千円
         一定の期間にわたり移転される財又はサービス                                             651,583千円
         顧客との契約から生じる収益                                           17,047,839千円
         その他の収益                                               -千円
         外部顧客への売上高                                           17,047,839千円
          2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

             「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項4.会計方針に関する事項⑷重要な収益及び費用の
            計上基準」に同一の内容を記載しているため、記載を省略しております。
          3.当連結会計年度及び翌連結会計年度以降の収益の金額を理解するための情報

             契約資産及び契約負債の残高等
                         前連結会計年度               当連結会計年度
         契約負債(期首残高)                      40,499千円               33,924千円
         契約負債(期末残高)                      33,924千円               47,554千円
             契約資産については、残高に重要性が乏しく、重大な変動も発生していないため、記載を省略しており
            ます。
             契約負債は、主にプロモーション事業にかかる前受金に関するものであります。契約負債は、収益の認
            識に伴い取り崩されます。
             前連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、40,499千円
            であります。前連結会計年度中の契約負債残高について、重大な変動は発生しておりません。
             当連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、19,366千円
            であります。当連結会計年度中の契約負債残高について、重大な変動は発生しておりません。
                                 81/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           当社グループは、プロモーション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 2021年5月1日 至 2022年4月30日)
            1.製品及びサービスごとの情報
             当社グループは、プロモーション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

             (1) 売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
             (2) 有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
            凸版印刷株式会社                           8,842,179      プロモーション事業
           当連結会計年度(自 2022年5月1日 至 2023年4月30日)

            1.製品及びサービスごとの情報
             当社グループは、プロモーション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

             (1) 売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
             (2) 有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載
             はありません。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

              該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

              該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

              該当事項はありません。
                                 82/107




                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
          前連結会計年度(自 2021年5月1日 至 2022年4月30日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2022年5月1日 至 2023年4月30日)

           該当事項はありません。
                                 83/107


















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2021年5月1日                (自 2022年5月1日
                               至 2022年4月30日)                至 2023年4月30日)
     1株当たり純資産額                              1,616.06円                1,791.44円

     1株当たり当期純利益                               468.88円                288.87円

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                               468.26円                287.84円

     (注)1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2021年5月1日                (自 2022年5月1日
                               至 2022年4月30日)                至 2023年4月30日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益
                                   2,121,082                1,302,176
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                   2,121,082                1,302,176
      利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                             4,523,700                4,507,819
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                      -                -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                               6,035                16,205
        (うち新株予約権)(株)                            (6,035)                (16,205)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
     株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在                             -                -
     株式の概要
         (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 84/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

          該当事項はありません。
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
         会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定
         により記載を省略しております。
      (2)  【その他】

          当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   4,487,714          8,328,283          12,567,249          17,047,839

     税金等調整前四半期(当期)
                         571,272         1,027,886          1,505,633          1,981,923
     純利益(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         369,957          668,550          980,469         1,302,176
     (当期)純利益(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          81.78          147.79          216.79          288.87
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                          81.78          66.01          69.00          72.11
     (円)
                                 85/107











                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年4月30日)              (2023年4月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       5,913,656              3,470,209
        現金及び預金
                                        183,694               55,600
        受取手形
                                     ※1  3,162,532            ※1  2,982,869
        売掛金
                                        198,683              159,723
        未成業務支出金
                                         6,533               785
        商品
                                        15,273              26,700
        前渡金
                                        60,478              44,310
        前払費用
                                                       40,685
        未収消費税等                                  -
                                       ※1  59,333            ※1  212,252
        その他
                                       9,600,186              6,993,137
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        74,020              69,213
          建物
                                         8,536              12,384
          工具、器具及び備品
                                         4,069              4,069
          土地
                                        86,625              85,667
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         6,166              7,598
          ソフトウエア
                                          373              373
          その他
                                         6,540              7,972
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        278,671              260,238
          投資有価証券
                                        157,537              257,537
          関係会社株式
                                          420            601,420
          出資金
                                        43,865              43,865
          関係会社長期貸付金
                                        279,544              312,809
          敷金及び保証金
                                        62,180              61,694
          保険積立金
                                        118,608              124,611
          長期預金
                                        186,271              177,601
          繰延税金資産
                                         8,185              16,623
          その他
                                       △ 44,345             △ 44,345
          貸倒引当金
                                       1,090,939              1,812,056
          投資その他の資産合計
                                       1,184,105              1,905,695
        固定資産合計
                                      10,784,291               8,898,832
       資産合計
                                 86/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年4月30日)              (2023年4月30日)
     負債の部
       流動負債
                                     ※1  2,823,470            ※1  1,643,791
        買掛金
                                        99,070
        未払金                                                -
                                      ※1  515,105             ※1  500,536
        未払費用
                                        876,685              284,590
        未払法人税等
                                        205,904
        未払消費税等                                                -
                                        30,728              40,004
        未成業務受入金
                                        16,817              16,020
        預り金
                                         3,619              3,619
        関係会社清算損失引当金
                                       4,571,402              2,488,563
        流動負債合計
       固定負債
                                        215,100              160,900
        役員退職慰労引当金
                                        113,878              113,285
        退職給付引当金
                                        54,493              56,352
        資産除去債務
                                        383,471              330,537
        固定負債合計
                                       4,954,873              2,819,101
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        51,625              51,625
        資本金
        資本剰余金
                                        41,625              41,625
          資本準備金
                                        336,516              336,516
          その他資本剰余金
                                        378,141              378,141
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                         2,500              2,500
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        45,000              45,000
           別途積立金
                                       5,369,436              5,840,963
           繰越利益剰余金
                                       5,416,936              5,888,463
          利益剰余金合計
        自己株式                               △ 116,226             △ 284,183
                                       5,730,475              6,034,046
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        87,853              21,960
        その他有価証券評価差額金
                                        87,853              21,960
        評価・換算差額等合計
                                        11,089              23,724
       新株予約権
                                       5,829,418              6,079,731
       純資産合計
                                      10,784,291               8,898,832
     負債純資産合計
                                 87/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2021年5月1日              (自 2022年5月1日
                                至 2022年4月30日)               至 2023年4月30日)
                                     ※1  16,749,968            ※1  12,756,685
     売上高
                                     ※1  12,806,609             ※1  9,776,799
     売上原価
                                       3,943,358              2,979,886
     売上総利益
                                     ※2  1,748,381            ※2  1,791,743
     販売費及び一般管理費
                                       2,194,976              1,188,142
     営業利益
     営業外収益
                                          805              671
       受取利息及び配当金
                                       ※1  26,158             ※1  38,955
       業務受託手数料
                                                       1,800
       有価証券利息                                    -
                                          948
       保険解約返戻金                                                  -
                                         3,612
       償却債権取立益                                                  -
                                          153             1,469
       その他
                                        31,678              42,896
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         1,716
       売上債権売却損                                                  -
                                                       10,066
       為替差損                                    -
                                                       5,932
       投資事業組合運用損                                    -
                                          503              512
       その他
                                         2,220              16,511
       営業外費用合計
                                       2,224,434              1,214,528
     経常利益
     特別利益
                                         1,033             132,030
       投資有価証券売却益
                                         1,033             132,030
       特別利益合計
     特別損失
                                                       14,943
       投資有価証券評価損                                    -
                                        ※3  277              ※3  0
       固定資産除却損
                                          277             14,943
       特別損失合計
                                       2,225,191              1,331,614
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   925,115              413,157
                                                       39,797
                                       △ 155,789
     法人税等調整額
                                        769,325              452,954
     法人税等合計
                                       1,455,865               878,660
     当期純利益
                                 88/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2021年5月1日                  (自 2022年5月1日
                           至 2022年4月30日)                  至 2023年4月30日)
                    注記                 構成比                  構成比

           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 外注費               ※1         11,404,011          88.3         8,671,397         89.5

     Ⅱ 労務費               ※2          779,937         6.0          638,229         6.6
                              725,821                  382,414
     Ⅲ 経費                                  5.6                  3.9
        当期総業務費用                                  100                  100

                             12,909,770                   9,692,040
                               87,711                  198,683
        期首未成業務支出金
         合計

                             12,997,482                   9,890,724
        期末未成業務支出金                         198,683                  159,723
        期首商品棚卸高                            -                 6,533

        当期商品仕入高                          14,344                  40,050

                                6,533                   785
        期末商品棚卸高
        当期売上原価
                             12,806,609                   9,776,799
      原価計算の方法
       個別原価計算を採用しております。
     ※1 主な内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2021年5月1日                  (自 2022年5月1日
             項目
                           至 2022年4月30日)                  至 2023年4月30日)
      仕入制作費(千円)                          10,293,538                   8,048,292

      仕入人件費(千円)                            963,669                  363,217

      仕入会場費(千円)                            146,803                  259,887

     ※2 主な内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2021年5月1日                  (自 2022年5月1日
             項目
                           至 2022年4月30日)                  至 2023年4月30日)
      退職給付費用(千円)                             9,901                  8,068

                                 89/107







                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2021年5月1日 至 2022年4月30日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                        資本剰余金               利益剰余金
                                     その他利益剰余金                  株主資本
                 資本金                                  自己株式
                     資本準    その他資    資本剰余    利益準             利益剰余         合計
                     備金    本剰余金    金合計    備金    別途積立    繰越利益     金合計
                                     金    剰余金
     当期首残高            51,625    41,625    336,516    378,141     2,500    45,000   4,022,139     4,069,639     △ 116,226    4,383,178
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 108,568    △ 108,568         △ 108,568
      当期純利益
                                         1,455,865     1,455,865         1,455,865
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計              -    -    -    -    -    -  1,347,297     1,347,297        -  1,347,297
     当期末残高
                 51,625    41,625    336,516    378,141     2,500    45,000   5,369,436     5,416,936     △ 116,226    5,730,475
                     評価・換算差額等

                                    新株予約権         純資産合計
                 その他有価証券評価         評価・換算差額等合
                 差額金         計
     当期首残高                 87,233         87,233         2,796       4,473,209
     当期変動額
      剰余金の配当
                                              △ 108,568
      当期純利益                                        1,455,865
      株主資本以外の項目の当期
                       619         619        8,292         8,912
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       619         619        8,292       1,356,209
     当期末残高                 87,853         87,853         11,089       5,829,418
                                 90/107










                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2022年5月1日 至 2023年4月30日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                        資本剰余金               利益剰余金
                                     その他利益剰余金                  株主資本
                 資本金                                  自己株式
                     資本準    その他資    資本剰余    利益準             利益剰余         合計
                     備金    本剰余金    金合計    備金    別途積立    繰越利益     金合計
                                     金    剰余金
     当期首残高
                 51,625    41,625    336,516    378,141     2,500    45,000   5,369,436     5,416,936     △ 116,226    5,730,475
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 407,133    △ 407,133         △ 407,133
      当期純利益                                    878,660     878,660         878,660
      自己株式の取得
                                                   △ 167,956    △ 167,956
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計              -    -    -    -    -    -   471,527     471,527    △ 167,956     303,570
     当期末残高
                 51,625    41,625    336,516    378,141     2,500    45,000   5,840,963     5,888,463     △ 284,183    6,034,046
                     評価・換算差額等

                                    新株予約権         純資産合計
                 その他有価証券評価         評価・換算差額等合
                 差額金         計
     当期首残高                 87,853         87,853         11,089       5,829,418
     当期変動額
      剰余金の配当
                                              △ 407,133
      当期純利益                                         878,660
      自己株式の取得                                        △ 167,956
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 65,892        △ 65,892         12,634        △ 53,257
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                     △ 65,892        △ 65,892         12,634        250,313
     当期末残高                 21,960         21,960         23,724       6,079,731
                                 91/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
           (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
             子会社株式及び関連会社株式
              移動平均法による原価法を採用しております。
             満期保有目的の債券
              償却原価法(定額法)を採用しております。
             その他有価証券
              市場価格のない株式等以外のもの
               時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用し
              ております。
              市場価格のない株式等
               移動平均法による原価法を採用しております。
               なお、投資事業有限責任組合及びこれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により
              有価証券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近
              の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
           (2)  棚卸資産の評価基準及び評価方法
             未成業務支出金
              主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
             定)を採用しております。
             商品
              移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算
             定)を採用しております。
          2.固定資産の減価償却の方法

           (1)  有形固定資産
              定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備の一部を除
             く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物        15~47年
               工具、器具及び備品 3~10年
           (2)  無形固定資産
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
          3.引当金の計上基準

           (1)  貸倒引当金
              売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
             債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)  退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自
             己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (3)  役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支出に備えるため、当社は役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上して
             おります。
           (4)  関係会社清算損失引当金
              関係会社の清算にかかる支出に備えるため、清算費用の見込額に基づき計上しております。
                                 92/107




                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
          4.収益及び費用の計上基準
             当社は、プロモーション事業を主な事業とし、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点
            で、当該財又はサービスと交換に対価を受け取れると見込まれる金額で収益を認識しております。
             当社における、主な履行義務の内容は、セールスプロモーションやイベントプロモーションの企画制作
            業務、店頭販促支援やBPOサービスの企画運営業務があります。セールスプロモーションやイベントプ
            ロモーションの企画制作業務、店頭販促支援やBPOサービスの企画運営業務の大半は、顧客への業務が
            すべて完了するまでは対価の回収可能性に不確実性を有することから、これらは一時点で充足される履行
            義務として、業務完了時に収益を認識することとしております。ただし、BPOサービスの企画運営業務
            のうち個別契約においてキャンセル条項が明示されている案件、店頭販促支援で派遣基本契約を締結して
            いるサービスにおいては、一定の期間にわたり充足される履行義務であるため、進捗度を見積り、それに
            基づいた収益を一定の期間にわたり認識しております。
             なお、履行義務の充足に係る進捗度を合理的に見積ることができ、かつ発生した費用の回収可能性があ
            る場合は、提供単価×時間×人数により収益を計算しております。合理的に見積ることが困難で、かつ発
            生した費用の回収可能性が見込まれる場合は、原価回収基準にて収益を認識しております。
                                 93/107
















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
          繰延税金資産の回収可能性
         ⑴ 財務諸表に計上した金額
                      前事業年度              当事業年度
                    (2022年4月30日)              (2023年4月30日)
         繰延税金資産                 186,271千円              177,601千円
         ⑵ 識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

          連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載した内容と同一であります。
         (会計方針の変更)

          時価の算定に関する会計基準等の適用指針の適用
           「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(改正企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下
          「時価算定基準適用指針」という。)を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項
          に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用
         することといたしました。これによる財務諸表への影響はありません。
                                 94/107















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2022年4月30日)                 (2023年4月30日)
     短期金銭債権                                12,656千円                 100,422千円
     短期金銭債務
                                   1,197,719                  447,910
           2(1) 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約の締結、取引銀行2行

             とコミットメントライン契約をしております。この契約に基づく借入未実行残高は、以下のとおりであ
             ります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2022年4月30日)                 (2023年4月30日)
     当座貸越極度額及びコミットメントライン
                                   2,600,000千円                 2,600,000千円
     契約の総額
     借入実行残高                                  -                 -
     差引額                              2,600,000                 2,600,000
            (2)財務制限条項

               前事業年度(2022年4月30日)
                当社が株式会社三菱UFJ銀行との間で締結しているコミットメントライン契約(総貸付極度額
               1,000,000千円)には、以下の財務制限条項が付されております。
               ・ 各年度の決算期の末日における、連結貸借対照表の純資産の部の金額を、2019年4月末日にお
               ける連結貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上に維持する。
                当社が株式会社三井住友銀行との間で締結しているコミットメントライン契約(総貸付極度額

               1,000,000千円)には、以下の財務制限条項が付されております。
               ・ 各年度の決算期の末日における、単体及び連結貸借対照表の純資産の部の金額を、2020年4月
               末日及び直近の事業年度末日における、単体及び連結貸借対照表の純資産の部の金額の70%以上に
               維持する。
               ・ 各事業年度末における経常損益を、2期連続で赤字としないこと
               当事業年度(2023年4月30日)

                当社が株式会社三菱UFJ銀行との間で締結しているコミットメントライン契約(総貸付極度額
               1,000,000千円)には、以下の財務制限条項が付されております。
               ・ 各年度の決算期の末日における、連結貸借対照表の純資産の部の金額を、2019年4月末日にお
               ける連結貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上に維持する。
                当社が株式会社三井住友銀行との間で締結しているコミットメントライン契約(総貸付極度額

               1,000,000千円)には、以下の財務制限条項が付されております。
               ・ 各年度の決算期の末日における、単体及び連結貸借対照表の純資産の部の金額を、2022年4月
               末日及び直近の事業年度末日における、単体及び連結貸借対照表の純資産の部の金額の70%以上に
               維持する。
               ・ 各事業年度末における経常損益を、赤字としないこと
                                 95/107






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度

                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                 至 2023年4月30日)
     営業取引による取引高
      売上高                                8,258千円                139,264千円
      仕入高
                                   2,511,176                 2,057,239
     営業取引以外の取引による取引高
                                     57,672                 89,530
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度2.1%、当事業年度3.8%、一般管理費に属する費用

             のおおよその割合は前事業年度97.9%、当事業年度96.2%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                  当事業年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                   至 2023年4月30日)
     役員報酬                               130,854    千円              105,042    千円
                                    578,192                 571,064
     給料及び手当
                                    118,074                 119,388
     法定福利費
                                    222,959                 175,190
     賞与
                                     9,300                 9,074
     役員退職慰労引当金繰入額
                                     11,677                  8,068
     退職給付費用
                                    109,100                 139,989
     賃借料
                                     15,632                 17,926
     減価償却費
                                     96,392                 74,035
     支払手数料
          ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年5月1日                 (自 2022年5月1日
                             至 2022年4月30日)                 至 2023年4月30日)
     建物附属設備                                 277千円                  -千円
     工具、器具及び備品                                  -                 0
              計                        277                  0
         (有価証券関係)

          前事業年度(2022年4月30日)
           市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                   区分                   前事業年度
          子会社株式                                   143,537千円
          関連会社株式                                    14,000千円
          当事業年度(2023年4月30日)

           市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                   区分                   当事業年度
          子会社株式                                   243,537千円
          関連会社株式                                    14,000千円
                                 96/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度             当事業年度
                                    (2022年4月30日)             (2023年4月30日)
           繰延税金資産
            未払事業税                              79,733千円             25,907千円
            未払賞与                              65,610             77,781
            投資有価証券評価損                              2,431               -
            役員退職慰労引当金                              74,401             55,654
            退職給付引当金                              39,389             39,184
            貸倒引当金繰入超過額                              15,338             15,338
            子会社株式評価損                              9,753             9,753
            関係会社清算損失引当金                              1,251             1,251
            資産除去債務                              18,848             19,491
            未払法定福利費                              8,430             8,384
                                          2,565             3,257
            その他
           繰延税金資産小計
                                         317,755             256,006
                                        △76,833             △55,654
           評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                         240,922             200,352
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                             △42,740             △11,613
                                        △11,910             △11,137
            資産除去債務に対応する除去費用
           繰延税金負債合計                              △54,650             △22,750
           繰延税金資産の純額                              186,271             177,601
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

            となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度             当事業年度
                                    (2022年4月30日)             (2023年4月30日)
           法定実効税率                        法定実効税率と税効              法定実効税率と税効
                                  果会計適用後の法人税             果会計適用後の法人税
           (調整)
                                  等の負担率との間の差             等の負担率との間の差
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                  異が法定実効税率の100             異が法定実効税率の100
            役員賞与損金不算入額
                                  分の5以下であるため             分の5以下であるため
            住民税均等割
                                  注記を省略しておりま             注記を省略しておりま
            評価性引当額の増減
                                  す。             す。
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
         (収益認識関係)

          顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(連結財務諸表作
         成のための基本となる重要な事項)4.会計方針に関する事項⑷重要な収益及び費用の計上基準」に同一の内容
         を記載しているため、記載を省略しております。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 97/107





                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
               資産の         当期首      当 期      当 期      当 期      当期末      減価償却

      区 分
               種 類         残 高      増加額      減少額      償却額      残 高      累計額
           建物             74,020       5,545        -    10,352      69,213      62,378

           工具、器具及び備品              8,536      9,007        0    5,159      12,384      36,783

       有形
      固定資産
           土地              4,069        -      -      -     4,069        -
                計         86,625      14,553         0    15,512      85,667      99,162

           ソフトウエア              6,166      3,845        -     2,413      7,598        -

       無形
           その他               373       -      -      -      373       -
      固定資産
                計         6,540      3,845        -     2,413      7,972        -
     (注)当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
         資産名  建物         本社7Fパーティション工事                                   1,250千円
              建物         本社7F電気設備工事                                         1,800千円
              建物         本社7Fネットワーク工事                                        790千円
              建物         本社7F資産除去債務                                         1,705千円
              工具、器具及び備品  本社社長室等備品                                             3,504千円
              工具、器具及び備品  本社PC購入                                                 2,553千円
              工具、器具及び備品  本社シュレッダー                                                750千円
              工具、器具及び備品  本社Fスタジオ機材                                           2,200千円
              ソフトウェア     基幹システムカスタマイズ                                     3,845千円
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
          科  目            当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

      貸倒引当金                   44,345            -          -        44,345

      役員退職慰労引当金                   215,100           9,074          63,274          160,900

      関係会社清算損失引当金                    3,619            -          -         3,619

      (2)  【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)  【その他】

           該当事項はありません。
                                 98/107






                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 毎年5月1日から翌年4月30日まで

      定時株主総会                 毎事業年度末日の翌日から3か月以内

      基準日                 毎年4月30日

                       毎年10月31日

      剰余金の配当の基準日
                       毎年4月30日
      1単元の株式数                 100株

      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

       取扱場所
                        三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                       三井住友信託銀行株式会社
       取次所                -

       買取手数料                無料

                       電子公告により行う。ただし、電子公告によることができない事故その他や

                       むを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       http://www.frontier-i.co.jp/
      株主に対する特典                 該当事項はありません。

     (注)当会社の単元未満株式を有する株主は、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、定款に定めて

         おります。
         (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 99/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書  事業年度           自 2021年5月1日                                       2022年7月29日
         及びその添付書類  (第32期)                                    至 2022年4月30日            関東財務局長に提出
         並びに確認書
        (2)内部統制報告書及びその添付書類                                                     2022年7月29日

                                             関東財務局長に提出
        (3)四半期報告書 (第33期第1四半期)       自 2022年5月1日                                       2022年9月13日

         及び確認書                                               至 2022年7月31日            関東財務局長に提出
                 (第33期第2四半期)       自 2022年8月1日                             2022年12月13日
                                   至 2022年10月31日             関東財務局長に提出
                 (第33期第3四半期)       自 2022年11月1日                             2023年3月15日
                                   至 2023年1月31日            関東財務局長に提出
        (4)自己株券買付状況報告書

          報告期間(自2023年1月12日 至2023年1月31日)            2023年2月2日
                                             関東財務局長に提出
          報告期間(自2023年2月1日 至2023年2月28日)            2023年3月2日
                                             関東財務局長に提出
          報告期間(自2023年3月1日 至2023年3月10日)            2023年3月15日
                                             関東財務局長に提出
                                100/107











                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                101/107




















                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2023年7月31日

    株式会社フロンティアインターナショナル

      取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                                  東京事務所

                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              水野 友裕
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              福田 悟
                              業務執行社員
    <財務諸表監査>
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
    ている株式会社フロンティアインターナショナルの2022年5月1日から2023年4月30日までの連結会計年度の
    連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結
    キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表につい
    て監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
    会社フロンティアインターナショナル及び連結子会社の2023年4月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了す
    る連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認め
    る。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                102/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    監査上の主要な検討事項
     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要
    であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形
    成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     売上高の期間帰属
            監査上の主要な検討事項の
                                           監査上の対応
              内容及び決定理由
                                  当監査法人は、売上高の期間帰属の妥当性を検討するに
                                 あたり、主として以下の監査手続を実施した。
      株式会社フロンティアインターナショナル及び連結子会
                                 (1)内部統制の評価
     社は、企業及び団体のマーケティング活動におけるプロ
                                 ・ プロジェクトの受注から売上計上及び請求に至る内部
     モーション事業の請負、企画の立案、制作、運営業務を、
                                  統制の整備状況及び運用状況を評価した。
     各営業組織が企画から運営までを一貫して行うワンストッ
                                 (2)売上が適切な会計期間に認識されているか否かの検
     プ体制で提供しており、プロモーション事業の単一セグメ
                                 討
     ントとなっている。当連結会計年度の連結売上高は、1
                                 ・ 売掛金の残高確認の手続を実施し、売掛金残高と顧客
     7,047,839千円である。
                                  からの回答情報との整合性を検討した。
      売上高は経営者及び財務諸表利用者が重視する指標の一
                                 ・ 期末月に計上された売上取引について、金額的に重要
     つであるが、プロモーションの実施時期は、顧客の都合に
                                  と判断したプロジェクトについて、顧客から受領した業
     より、実施時期が遅延・中止される可能性があり、プロ
                                  務完了確認書等の根拠資料の金額及び日付との整合性を
     モーションの制作段階や開催期間中の仕様変更等により、
                                  検討した。
     当初の内容や金額が変動する可能性がある。
                                 ・ 期末月に計上された売上取引のうち、特に重要と判断
      また、特に期末月については年度予算の達成に関する外
                                  したプロジェクトについては、展示会やイベント主催者
     部からの経営者に対する期待等により期間帰属に関するリ
                                  のホームページ等を閲覧し、開催事実を確認した。
     スクが高まることが考えられる。
                                 ・ プロジェクト別の粗利率分析を実施し、異常な粗利率
      上記のようなプロモーション事業の特徴及び経営者に対
                                  の有無について調査し検討した。
     する期待等から、売上高の期間帰属は相対的にリスクが高
                                 ・ 基幹システムから会計システムへの連携により計上さ
     いため、当監査法人は当該事項を監査上の主要な検討事項
                                  れた通常の売上高以外に、会計システムに直接計上され
     に該当するものと判断した。
                                  た仕訳の有無を確認した。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責任
    は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記
    載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容
    と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのよ
    うな重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                103/107



                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    連結財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
     付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
     ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取
     引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
     手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見
     に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断
    した事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁
    止されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上
    回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    <内部統制監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社フロンティアイン
    ターナショナルの2023年4月30日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、株式会社フロンティアインターナショナルが2023年4月30日現在の財務報告に係る内部統制は有
    効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評
    価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと
    認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
    監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
    切な監査証拠を入手したと判断している。
                                104/107



                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
    内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
    係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについ
    て合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにあ
    る。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
    る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用
    される。
    ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部
    統制報告書の表示を検討する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
    は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任を
    負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識
    別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項につ
    いて報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以  上
     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                105/107









                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2023年7月31日

    株式会社フロンティアインターナショナル

      取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                                  東京事務所

                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              水野 友裕
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              福田 悟
                              業務執行社員
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
    ている株式会社フロンティアインターナショナルの2022年5月1日から2023年4月30日までの第33期事業年
    度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明
    細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    フロンティアインターナショナルの2023年4月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績
    を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要であると
    判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成において対
    応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
    売上高の期間帰属

     株式会社フロンティアインターナショナルは、企業及び団体のマーケティング活動におけるプロモーション事業の請
    負、企画の立案、制作、運営業務を、各営業組織が企画から運営までを一貫して行うワンストップ体制で提供しており、
    プロモーション事業の単一セグメントとなっている。当事業年度の売上高は、12,756,685千円である。
     当該事項について、監査人が監査上の主要な検討事項と決定した理由及び監査上の対応は、連結財務諸表の監査報告書
    に記載されている監査上の主要な検討事項と同一内容であるため、記載を省略している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責任
    は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載内
    容に対して意見を表明するものではない。
                                106/107



                                                          EDINET提出書類
                                             株式会社フロンティアインターナショナル(E34657)
                                                           有価証券報告書
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と財
    務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような重要
    な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
     を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事項
    を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止されて
    いる場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると合
    理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                107/107



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。