and factory株式会社 四半期報告書 第9期第3四半期(2023/03/01-2023/05/31)

提出書類 四半期報告書-第9期第3四半期(2023/03/01-2023/05/31)
提出日
提出者 and factory株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2023年7月14日

    【四半期会計期間】               第9期第3四半期(自 2023年3月1日 至 2023年5月31日)

    【会社名】               and    factory株式会社

    【英訳名】               and  factory,inc

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 青木 倫治

    【本店の所在の場所】               東京都目黒区青葉台三丁目6番28号

    【電話番号】               03-6712-7646

    【事務連絡者氏名】               取締役 蓮見 朋樹

    【最寄りの連絡場所】               東京都目黒区青葉台三丁目6番28号

    【電話番号】               03-6712-7646

    【事務連絡者氏名】               取締役 蓮見 朋樹

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/21









                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第8期           第9期
              回次               第3四半期           第3四半期            第8期
                             累計期間           累計期間
                          自   2021年9月1日         自   2022年9月1日         自   2021年9月1日
             会計期間
                          至   2022年5月31日         至   2023年5月31日         至   2022年8月31日
    売上高                  (千円)         2,051,474           2,128,912           2,833,435

    経常利益又は経常損失(△)                  (千円)         △ 131,042           47,668         △ 144,147

    四半期純利益又は
                      (千円)         △ 131,090           45,308         △ 350,379
    四半期(当期)純損失(△)
    持分法を適用した場合の投資利益                  (千円)             -           -           -
    資本金                  (千円)          551,819           801,818           551,819

    発行済株式総数                  (株)         9,853,520          11,261,970           9,853,520

    純資産額                  (千円)          761,399          1,086,304            540,995

    総資産額                  (千円)         4,914,921           5,170,660           4,855,398

    1株当たり四半期純利益金額又は四
                      (円)          △ 13.31           4.16         △ 35.57
    半期(当期)純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            -          4.16            -
    四半期(当期)純利益金額
    1株当たり配当額                  (円)            -           -           -
    自己資本比率                  (%)           15.47           21.01           11.14

                             第8期           第9期

              回次               第3四半期           第3四半期
                             会計期間           会計期間
                          自   2022年3月1日
                                     自   2023年3月1日
             会計期間
                          至   2022年5月31日
                                     至   2023年5月31日
    1株当たり四半期純利益又は
                      (円)          △ 3.70           1.92
    四半期純損失(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
         ては記載しておりません。
       2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
       3.第9期第1四半期において、2022年11月10日を払込期日と                             する  第三者割当増資により、発行済株式総数が
         1,408,450株、資本金及び資本剰余金がそれぞれ249,999千円増加しております。
       4.第8期及び       第8期第3四半期累計期間の             潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在
         株式は存在するものの、1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載しておりません。
       5.1株当たり配当額については、配当は実施していないため、記載しておりません。
                                 2/21





                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    2  【事業の内容】
      当第3四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社を有しておりません。
                                 3/21



















                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期累計期間において、新たな事業等の発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等の
     リスクについての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  経営成績の状況

        当社の主要な事業領域である電子書籍市場については、2020年度の市場規模は4,821億円であり、そのうちコ
       ミックが占める割合は83.0%、2021年度の市場規模は5,510億円と前年度から14.3%増加し、そのうちコミックが
       占める割合も84.6%の4,660億円と増加していることから、近年コミック市場の規模は拡大傾向にあるといえま
       す。
        また、2026年度には電子書籍市場は2021年度の約1.5倍の8,048億円に拡大すると予想されていることから、当
       社としては今後も市場拡大のトレンドは継続していくと見込んでおります。
        (インプレス総合研究所の「電子書籍ビジネス調査報告書2022」より)
        このような経営環境の中、当社は、「日常に&を届ける」をミッションとして掲げ、中核事業となるAPP事業に
       おいて、主に大手出版社と共同開発したスマートフォン向けのマンガアプリの収益拡大に注力してまいりまし
       た。
        APP事業において、主力事業であるマンガアプリ事業では広告市況の悪化に伴い広告ARPU(注1)が低下したた
       め広告収益が減少しましたが、課金率の高いアプリが好調に推移したことや人気作品の牽引によって課金売上が
       増加いたしました。エンタメ事業では占い事業が好調に推移し、APP事業全体では、売上高、営業利益とも前年年
       同期を上回って着地いたしました。
        RET事業において、入国規制の緩和により外国籍の宿泊者数が増加傾向にあることで&AND                                           HOSTELの稼働率は
       徐々に回復傾向にあり、平均単価についてはコロナ禍以前の水準にまで回復しております。一方、前年同期には
       一時的なコンサルティング収入を計上したため前年同期と比較して売上高、営業利益ともに減少いたしました。
        以上の結果、当第3四半期累計期間における                     売上高は2,128,912千円           (前年同期比3.8%増)           、 営業利益71,812

       千円  (前年同期比      154.9   %増)、    経常利益47,668千円         (前年同期は経常損失          131,042千円      )、  四半期純利益45,308
       千円  (前年同期は四半期純損失            131,090千円      )となりました。
      ① APP事業

        当第3四半期累計期間において、出版社や株式会社アムタスと協業で運営している7つのマンガアプリについ
       て、効率的な広告宣伝費の投下やキャンペーンを積極的に実施したことが奏功し新規ユーザーの獲得が好調に推
       移しました。さらに、既存ユーザーの継続を促す施策等を実施したことでユーザーが定着し、MAU(注2)は高水
       準を維持しております。
        新型コロナウイルス感染症の影響による広告市況全体の悪化等が影響し、広告ARPU(注1)が下降傾向にあり
       広告収益が減少いたしましたが、人気コンテンツの掲載や課金率の高い作品の牽引によって課金売上は増加しま
       した。
        この結果、当第3四半期累計期間におけるAPP事業の                        売上高は2,088,868千円           (前年同期比      8.0  %増)、    セグメン
       ト利益は368,365千円          (前年同期比      6.8  %増)となりました。
        (注)1.Average         Revenue    Per  Userの略称であり、ユーザー一人当たりの収益単価であります。

           2.Monthly          Active    Userの略称であり、1ヶ月に一度でもアプリを利用したユーザーの数を指します。
                                 4/21




                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
        当社のAPP事業において運営するスマートフォンアプリのうち、「マンガアプリ」の四半期毎の平均MAU数の推
       移は下表のとおりであります。
                                                (単位:万人)
           年月           平均MAU数              年月           平均MAU数

         2017年5月末                    31     2020年8月末                   994

         2017年8月末                    65     2020年11月末                  1,026
         2017年11月末                   108     2021年2月末                  1,054
         2018年2月末                   150     2021年5月末                  1,056
         2018年5月末                   204     2021年8月末                  1,101
         2018年8月末                   238     2021年11月末                  1,046
         2018年11月末                   279     2022年2月末                  1,044
         2019年2月末                   362     2022年5月末                  1,121
         2019年5月末                   430     2022年8月末                  1,152
         2019年8月末                   532     2022年11月末                  1,129
         2019年11月末                   641     2023年2月末                  1,105
         2020年2月末                   720     2023年5月末                  1,140
         2020年5月末                   906
       (注)上記の平均MAU数は、各四半期における平均値を記載しております。
      ② RET    事業

        当第3四半期累計期間において、当社が運営する宿泊施設である「&AND                                 HOSTEL」では、入国規制の緩和の影響
       等もあり、外国籍の宿泊者からの予約が増加し各店舗で稼働率及び平均単価が回復基調となりました。また、一
       部店舗における契約見直しを実施した結果、当社が収受する売上高及び負担費用が圧縮されました。
        不動産関連売上及びその他収益は、当第3四半期累計期間において一部賃貸借契約が終了したことにより不動
       産賃貸収入が減少したことに加え、前年同期にはコンサルティング収入がスポットで発生したため、前年同期と
       比較すると売上高、営業利益が減少いたしました。
        この結果、当第3四半期累計期間におけるRET事業の                        売上高は40,044千円         (前年同期比64.2%減)           、 セグメント
       損失は50,732千円        (前年同期はセグメント損失36,477千円)                   となりました。
      ③ その他事業

        前事業年度までは、         他のセグメントに属さない新技術等を用いたエンターテイメント領域の企画検討等を実施
       しておりましたが、収益確保が見込めないため当事業年度においては継続しないことと判断いたしました。
        この結果、当第3四半期累計期間におけるその他事業の売上高は0千円                                 ( 前年同期比100.0%減          ) 、 セグメント
       利益は374千円       ( 前年同期はセグメント損失20,430千円                 )となりました。
                                 5/21






                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
     (2)  財政状態の分析
      (資産)
        当第3四半期会計期間末における総資産は                    5,170,660千円       となり、    前事業年度末に比べ315,262千円増加                 いたし
       ました。これは主に敷金及び保証金が                   197,415千円      、売掛金が      21,466千円減少        した一方で、現金及び預金が
       443,387千円増加        したこと等によるものであります。
      (負債)

        当第3四半期会計期間末における負債合計は                     4,084,356千円       となり、    前事業年度末に比べ230,046千円減少                 いた
       しました。これは主に短期借入金が                45,000千円減少       したこと及び、解約損失引当金が               179,534千円減少        したこと等
       によるものであります。
      (純資産)

        当第3四半期会計期間末における純資産は                    1,086,304千円       となり、    前事業年度末に比べ545,308千円増加                 いたし
       ました。これは主に、四半期純利益の計上により利益剰余金が                              45,308千円     、第三者割当増資により資本金が
       249,999千円      、資本剰余金が       249,999千円増加        したことによるものであります。
        なお、自己資本比率は          21.0%   (前事業年度末は        11.1%   )となりました。
     (3)  経営方針・経営戦略等

       当第3四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略について重要な変更はありません。
     (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (5)  研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/21










                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      32,000,000

                 計                                    32,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所
        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               ( 2023年5月31日       )  (2023年7月14日)          商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、株主
                                            としての権利内容に何ら限定
                                   東京証券取引所
       普通株式           11,261,970          11,261,970                のない当社における標準とな
                                    プライム市場
                                            る株式であります。単元株式
                                            数は100株であります。
        計          11,261,970          11,261,970          ―            ―
     (注) 提出日現在発行数には、2023年7月1日から当四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された
        株式数は、含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額        資本金残高
        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
    2023年3月1日~
                     -   11,261,970           -     801,818          -     800,460
    2023年5月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/21






                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
      ることができないことから、直前の基準日(2023年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                                2023年5月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                    普通株式        200
                                         完全議決権株式であり、株主として
                                         の権利内容に何ら限定のない当社に
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                                112,575     おける標準となる株式であります。
                         11,257,500
                                         なお、1単元の株式数は100株であ
                                         ります。
                    普通株式       4,270
    単元未満株式                              ―              ―
    発行済株式総数                    11,261,970          ―              ―

    総株主の議決権                    ―            112,575            ―

     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式が57株含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                 2023年5月31日       現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)
                  東京都目黒区青葉台三丁目
                                   200     -         200      0.00
                  6番28号
    and  factory株式会社
          計             ―            200     -         200      0.00
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 8/21








                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
    2  監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2023年3月1日から2023年5月
     31日まで)及び第3四半期累計期間(2022年9月1日から2023年5月31日まで)に係る四半期財務諸表について、Mazars
     有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
    3  四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 9/21
















                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
     (1)  【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2022年8月31日)              (2023年5月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               479,131              922,519
        売掛金                               524,777              503,310
        仕掛品                                   -            19,356
        販売用不動産                              3,118,940              3,109,620
        立替金                               196,779              178,563
        その他                                37,932              139,133
                                      △ 12,347             △ 22,753
        貸倒引当金
        流動資産合計                              4,345,213              4,849,750
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               11,640              11,640
         工具、器具及び備品                               64,646              68,816
                                      △ 46,546             △ 53,419
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               29,740              27,037
        無形固定資産
         ソフトウエア                               55,317              64,091
                                        18,375              19,330
         ソフトウエア仮勘定
         無形固定資産合計                               73,692              83,422
        投資その他の資産
         投資有価証券                              165,607              165,607
         敷金及び保証金                              237,773               40,358
                                        3,369              4,484
         その他
         投資その他の資産合計                              406,750              210,450
        固定資産合計                               510,184              320,909
      資産合計                                4,855,398              5,170,660
                                10/21










                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2022年8月31日)              (2023年5月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               100,073               98,091
        短期借入金                               265,000              220,000
        1年内返済予定の長期借入金                               277,136              277,136
        未払金                               514,051              528,791
        未払法人税等                                13,051               5,856
        賞与引当金                                  304               -
        株主優待引当金                                36,464               8,193
        解約損失引当金                               179,534                 -
        預り金                                8,312              6,794
                                        36,723              41,052
        その他
        流動負債合計                              1,430,651              1,185,915
      固定負債
        長期借入金                              2,877,206              2,894,354
        長期預り保証金                                6,545               100
                                          -            3,986
        長期未払金
        固定負債合計                              2,883,751              2,898,440
      負債合計                                4,314,402              4,084,356
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               551,819              801,818
        資本剰余金                               550,460              800,460
        利益剰余金                              △ 560,710             △ 515,401
                                        △ 572             △ 572
        自己株式
        株主資本合計                               540,995             1,086,304
      純資産合計                                 540,995             1,086,304
     負債純資産合計                                 4,855,398              5,170,660
                                11/21










                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期損益計算書】
      【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                               (自 2021年9月1日              (自 2022年9月1日
                                至 2022年5月31日)               至 2023年5月31日)
     売上高                                 2,051,474              2,128,912
                                       903,057              889,619
     売上原価
     売上総利益                                 1,148,417              1,239,293
     販売費及び一般管理費                                 1,120,248              1,167,480
     営業利益                                   28,168              71,812
     営業外収益
      受取利息                                    4              8
      補助金収入                                   893             3,065
                                         240               6
      その他
      営業外収益合計                                  1,138              3,081
     営業外費用
      支払利息                                 22,632              23,778
      株式交付費                                    -            2,288
      地代家賃                                 129,869                 -
                                        7,848              1,158
      その他
      営業外費用合計                                 160,350               27,224
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 131,042               47,668
     特別利益
      事業譲渡益                                    0              -
      固定資産売却益                                    -             227
                                        10,020                 -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                 10,020                227
     特別損失
      減損損失                                   964               -
      固定資産除却損                                  1,269                0
                                        4,999                -
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                  7,233                0
     税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)                                 △ 128,256               47,895
     法人税等                                   2,834              2,586
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                 △ 131,090               45,308
                                12/21









                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
       (会計方針の変更等)
       (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価算
       定会計基準適用指針」という。)を第1四半期会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2
       項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用
       することとしております。なお、四半期財務諸表に与える影響はありません。
       (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       (税金費用の計算)
        税金費用については、当第3四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の
       実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)に当該見積実効税率を乗じて計
       算しております。ただし、見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合に
       は、法定実効税率を使用しております。
       (追加情報)

       (会計上の見積り)
        新型コロナウイルス感染症の影響について、行動制限の緩和・インバウンドの回復傾向にあるものの、経済へ
       の影響は継続しており、当社の事業活動にも影響を及ぼしております。広告市況の悪化に伴うマンガアプリの広
       告収益の縮小となった一方、当社が運営する「&AND                        HOSTEL」における稼働率や顧客単価は新型コロナウイルス感
       染症拡大の影響前まで回復をしておりますが、今後の生活様式の変化への対応又は新型コロナウイルス感染症再
       拡大の恐れ等、予測困難な状況に変わりはなく業績への影響を及ぼす可能性があります。依然として収束時期等
       を予測することは困難な状況にあり、販売用不動産の評価、固定資産に関する減損損失の計上要否の判断及び繰
       延税金資産の回収可能性の判断等の会計上の見積りを行うにあたっては、財務諸表作成時に入手可能な情報に基
       づき、2023年8月期以降は段階的に縮小するものと仮定し、会計上の見積りを行っております。
        なお、現時点での収束時期を正確に見積ることは困難であることから、上記の仮定に変化が生じた場合には将
       来における財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
      間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期累計期間                 当第3四半期累計期間

                             (自    2021年9月1日              (自    2022年9月1日
                             至   2022年5月31日       )       至   2023年5月31日       )
        減価償却費                         50,393   千円              38,642   千円
                                13/21








                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第3四半期累計期間(自              2021年9月1日        至   2022年5月31日       )
      1   配当金支払額
        該当事項はありません。
      2   基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後とな

       るもの
        該当事項はありません。
      3 株主資本の金額の著しい変動

        該当事項はありません。
      当第3四半期累計期間(自              2022年9月1日        至   2023年5月31日       )

      1   配当金支払額
        該当事項はありません。
      2   基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後とな

       るもの
        該当事項はありません。
      3 株主資本の金額の著しい変動

        当社は、2022年11月10日付で、株式会社セプテーニ・ホールディングスから第三者割当増資の払込みを受けま
       した。この結果、当第3四半期累計期間において資本金が                           249,999    千円、資本準備金が         249,999    千円増加し、当第
       3四半期会計期間末において資本金が                 801,818    千円、資本剰余金が         800,460    千円となっております。
                                14/21












                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       前第3四半期累計期間(自              2021年9月1日        至   2022年5月31日       )
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                    (単位:千円)
                           報告セグメント
                                             その他
                                                      合計
                                             (注)
                     APP事業        RET事業         計
    売上高

     マンガ                 1,618,621            -    1,618,621            -    1,618,621

     占い                  276,359           -     276,359           -     276,359

     &AND    HOSTEL

                         -      27,169        27,169          -      27,169
     不動産関連                     -      26,441        26,441          -      26,441

     その他                   39,145         1,893        41,039         5,635        46,674

    顧客との契約から生じる収益                 1,934,126          55,504       1,989,630          5,635      1,995,266

    その他の収益                     -      56,208        56,208          -      56,208

    外部顧客への売上高                 1,934,126         111,712       2,045,838          5,635      2,051,474

    セグメント間の内部売上高
                         -        -        -        -        -
    又は振替高
           計           1,934,126         111,712       2,045,838          5,635      2,051,474
    セグメント利益又は損失(△)                  344,972        △ 36,477        308,494        △ 20,430        288,063

    (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に新技術等を用いたエンターテイ
       メント領域に係る事業であります。
     2   報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異

      調整に関する事項)
                                                   (単位:千円)
              利益又は損失                             金額
    報告セグメント計                                                  308,494

    「その他」の区分の損失(△)                                                  △20,430

    全社費用(注)                                                 △259,895

    四半期損益計算書の営業利益                                                   28,168

     (注)   全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
     3   報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

     (固定資産に係る重要な減損損失)
      該当事項はありません。
                                15/21




                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
       当第3四半期累計期間(自              2022年9月1日        至   2023年5月31日       )
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                    (単位:千円)
                           報告セグメント
                                             その他
                                                      合計
                                             (注)
                     APP事業        RET事業         計
    売上高

     マンガ                 1,641,190            -    1,641,190            -    1,641,190

     占い                  421,774           -     421,774           -     421,774

     &AND    HOSTEL

                         -       4,420        4,420          -      4,420
     不動産関連                     -      10,630        10,630          -      10,630

     その他                   25,903          867      26,770          -      26,770

    顧客との契約から生じる収益                 2,088,868          15,917       2,104,785            -    2,104,785

    その他の収益                     -      24,127        24,127          -      24,127

    外部顧客への売上高                 2,088,868          40,044       2,128,912            -    2,128,912

    セグメント間の内部売上高
                         -        -        -        -        -
    又は振替高
           計           2,088,868          40,044       2,128,912            -    2,128,912
    セグメント利益又は損失(△)                  368,365        △ 50,732        317,633          374      318,007

    (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に新技術等を用いたエンターテイ
       メント領域に係る事業であります。
     2   報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異

      調整に関する事項)
                                                   (単位:千円)
                利益                           金額
    報告セグメント計                                                  317,633

    「その他」の区分の利益                                                    374

    全社費用(注)                                                 △246,195

    四半期損益計算書の営業利益                                                   71,812

     (注)   全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
     3   報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

     (固定資産に係る重要な減損損失)
      該当事項はありません。
                                16/21





                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
       (収益認識関係)
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりでありま
       す。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当
       たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間

                                 (自    2021年9月1日           (自    2022年9月1日
                項目
                                  至   2022年5月31日       )    至   2023年5月31日       )
    (1)1株当たり四半期純利益金額又は
                                       △13円31銭               4円16銭
       1株当たり四半期純損失金額(△)
    (算定上の基礎)
     四半期純利益金額又は四半期純損失金額(△)(千
                                        △131,090               45,308
      円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)
                                           -              -
     普通株式に係る四半期純利益金額又は四半期純損失金
                                        △131,090               45,308
     額 (△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)
                                        9,850,071             10,900,572
    (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                       -           4円16銭

    (算定上の基礎)

     四半期純利益調整額(千円)                                       -              -

     普通株式増加数(株)                                       -            2,732

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                           -
    四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                                     -
    事業年度末から重要な変動があったものの概要
    (注)   前第3四半期累計期間の           潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株
       当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
                                17/21










                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                18/21




















                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                19/21




















                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2023年7月14日

    and factory株式会社
     取締役会 御中
                       Mazars有限責任監査法人
                       東京都港区

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       蓮井 玄二郎
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       田島 誠士
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているand                                              factory株式会社の
    2022年9月1日から2023年8月31日までの第9期事業年度の第3四半期会計期間(2023年3月1日から2023年5月31日まで)及び第
    3四半期累計期間(2022年9月1日から2023年5月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益
    計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四
    半期財務諸表の作成基準に準拠して、and                   factory株式会社の2023年5月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四
    半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半
    期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。
    当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の
    責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    その他の事項

     会社の2022年8月31日をもって終了した前事業年度の第3四半期会計期間及び第3四半期累計期間に係る四半期財務諸表並
    びに前事業年度の財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が実施されている。
     前任監査人は、当該四半期財務諸表に対して2022年7月15日付けで無限定の結論を表明しており、また、当該財務諸表に対し
    て2022年11月28日付けで無限定適正意見を表明している。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を作
    成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に表示する
    ために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切であるかどう
    かを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期財務
    諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職
    業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続
                                20/21


                                                          EDINET提出書類
                                                and factory株式会社(E34238)
                                                            四半期報告書
    を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務
    諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められ
    ると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期
    財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業
    の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起
    すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論
    又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいてい
    るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準
    拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表示、構成及び内
    容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評
    価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場
    合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)   1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                21/21











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。