株式会社駅探 有価証券報告書 第21期(2022/04/01-2023/03/31)

提出書類 有価証券報告書-第21期(2022/04/01-2023/03/31)
提出日
提出者 株式会社駅探
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2023年6月28日
                         第21期(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
     【事業年度】
     【会社名】                   株式会社駅探
                         Ekitan    & Co.,   Ltd.
     【英訳名】
                         代表取締役社長 CEO          兼  COO 金田     直之
     【代表者の役職氏名】
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区麹町五丁目4番地
                         03-6367-5951
     【電話番号】
                         取締役 CFO 小嶋         勝也
     【事務連絡者氏名】
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区麹町五丁目4番地
                         03-6367-5951
     【電話番号】
                         取締役 CFO 小嶋         勝也
     【事務連絡者氏名】
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/98













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第17期       第18期       第19期       第20期       第21期
            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                         3,035,233       2,864,585       1,947,769       2,891,166       3,206,085
     売上高              (千円)
                          480,085       341,846       206,895       140,911       104,496
     経常利益              (千円)
     親会社株主に帰属する
                          291,208        23,402       124,303        80,206       89,827
                   (千円)
     当期純利益
                          294,529        23,402       124,303        80,206       89,827
     包括利益              (千円)
                         2,835,441       2,766,662       2,835,868       2,838,940       2,487,974
     純資産額              (千円)
                         3,304,150       3,293,959       3,280,185       3,541,506       3,152,947
     総資産額              (千円)
                          517.60       502.15       514.71       515.26       513.25
     1株当たり純資産額               (円)
                           53.35        4.26       22.56       14.56       17.04
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後
                           52.90        4.25
                    (円)                       -       -       -
     1株当たり当期純利益
                           85.8       84.0       86.5       80.2       78.9
     自己資本比率               (%)
                           10.7        0.8       4.4       2.8       3.4
     自己資本利益率               (%)
                           16.7       88.3       24.6       28.8       28.5
     株価収益率               (倍)
     営業活動による
                          404,539       283,213       226,964       345,490        63,211
                   (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (千円)      △ 130,751      △ 170,981       △ 76,575      △ 772,428      △ 265,555
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                         24,917
                   (千円)      △ 177,722      △ 111,300              △ 77,987      △ 452,250
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                         2,407,860       2,409,412       2,584,503       2,079,577       1,424,983
                   (千円)
     期末残高
                            74       75       66       87       105
     従業員数               (名)
     〔外、平均臨時雇用者数〕                      〔 26 〕     〔 29 〕     〔 26 〕     〔 20 〕     〔 23 〕
     (注)1.第19期、第20期及び第21期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため
           記載しておりません。
         2.従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員(派遣社員含む)の年間平均雇用人員であります。
         3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第20期の期首から適用してお
           り、第20期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
                                 2/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第17期       第18期       第19期       第20期       第21期
            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                         2,810,647       2,542,722       1,892,201       1,618,158       1,561,102
     売上高              (千円)
                          443,057       362,494       285,823       247,480       135,002
     経常利益              (千円)
                          271,320        19,975       181,976       152,491       120,376
     当期純利益              (千円)
                          291,956       291,956       291,956       291,956       291,956
     資本金              (千円)
                         6,888,800       6,888,800       6,818,800       6,818,800       6,018,800
     発行済株式総数               (株)
                         2,814,535       2,742,329       2,869,209       2,944,565       2,624,148
     純資産額              (千円)
                         3,234,109       3,149,251       3,223,318       3,298,809       2,896,676
     総資産額              (千円)
                          513.78       497.73       520.76       534.43       541.34
     1株当たり純資産額               (円)
                           20.00       20.00       14.00       14.00       14.00
     1株当たり配当額               (円)
     (1株当たり中間配当額)                     ( 10.00   )    ( 10.00   )     ( -)      ( -)      ( -)
                           49.70        3.64       33.03       27.68       22.83
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後
                           49.29        3.63
                    (円)                       -       -       -
     1株当たり当期純利益
                           87.0       87.1       89.0       89.3       90.6
     自己資本比率               (%)
                           10.0        0.7       6.5       5.2       4.3
     自己資本利益率               (%)
                           18.0       103.3        16.8       15.2       21.2
     株価収益率               (倍)
                           40.2       549.5        42.4       50.6       61.3
     配当性向               (%)
                            63       60       62       68       70
     従業員数               (名)
     〔外、平均臨時雇用者数〕                      〔 26 〕     〔 26 〕     〔 25 〕     〔 20 〕     〔 23 〕
                           132.5        60.4       88.5       70.8       82.3
     株主総利回り              (%)
     (比較指標:マザーズ指数
                   (%)       ( 79.5  )     ( 51.8  )    ( 100.6   )     ( 66.2  )     ( 62.9  )
     (配当込))
     最高株価              (円)       1,708       1,062        650       600       543
     最低株価              (円)        671       341       350       395       414

     (注)1.第19期、第20期及び第21期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため
           記載しておりません。
         2.従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員(派遣社員含む)の年間平均雇用人員であります。
         3.最高株価及び最低株価は、2022年4月4日より東京証券取引所グロース市場におけるものであり、それ以前
           については東京証券取引所マザーズにおけるものであります。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第20期の期首から適用してお
           り、第20期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
                                 3/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       当社の前身である「駅前探険倶楽部」は、1997年5月に株式会社東芝のIP事業推進室内でパソコンや携帯端末向
      けの乗換案内サービスとして開始しました。1999年2月に、株式会社NTTドコモが携帯電話のインターネット接続
      サービスであるⅰモードサービスを開始するにあたり、最初の公式コンテンツの一つとして、携帯電話向け乗換案内
      サービスの提供を始めました。その後、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社等の携帯キャリア向けに順次サー
      ビスを拡大、2003年1月に株式会社東芝より分社化しました。
      年 月                           主な事項

     2003年1月      株式会社東芝より乗換案内事業を分社化、株式会社駅前探険倶楽部を東京都港区に設立
     2005年2月      本社を東京都中央区に移転
      同年3月     モバイルでのサービス名称を「駅前探険倶楽部」から「駅探★乗換案内」へ変更
     2007年10月      ポラリス・プリンシパル・ファイナンス株式会社(現ポラリス・キャピタル・グループ株式会社)の投
            資事業組合が株式会社東芝等より当社株式を譲り受け筆頭株主となる
     2008年4月      株式会社駅前探険倶楽部から「株式会社駅探」に商号を変更
      同年8月     モバイルサービスにおいて「駅探デラックス(月額会費200円、税抜)」を開始
      同年10月     株式会社NTTドコモのiコンシェルにて「運行情報」サービスを開始
     2009年11月      株式会社NTTドコモのiコンシェルにて「終電アラーム」サービスを開始
     2010年10月      Androidアプリ「駅探★乗換案内」をリリース
     2011年3月      東京証券取引所マザーズに株式を上場
      同年11月      スマートフォン向けサイト「駅探★乗換案内」をリリース。スマートフォンにおいて月額課金サービス
            を開始
     2012年5月      株式会社シーエスアイ(現株式会社CEホールディングス)と資本・業務提携契約を締結。同社がポラ
            リス第一号投資事業有限責任組合から当社株式を譲り受け筆頭株主となる
      同年10月      iPhoneアプリ「駅探★乗換案内」をリリース
     2013年2月      モバイルサービスにおいて国際線に対応した「駅探プライム(月額会費300円、税抜)」を開始
      同年9月      本社を東京都港区に移転
     2014年8月      第二種旅行業者に登録
      同年12月      乗換案内との連携により、最適な列車チケットと宿泊予約を組み合わせたトラベルプランを販売する
            「トラベル事業」を開始
     2017年11月      株式会社ビジネストラベルジャパンの株式を取得(子会社化)
     2018年6月      法人向けクラウド型交通費精算サービス「駅探BIZ」を開始
     2019年6月      本社を東京都千代田区に移転
      同年11月      株式会社ラテラ・インターナショナルの株式を取得(子会社化)
     2020年7月      株式会社ビジネストラベルジャパンを吸収合併
     2021年4月      株式会社サークアの株式を取得(子会社化)
      同年8月      株式会社Bold       Investmentと資本業務提携契約を締結。同社が株式会社CEホールディングスから当社株
            式を譲り受け筆頭株主となる
     2022年4月      東京証券取引所グロース市場に移行
      同年11月      プラウドエンジン株式会社の株式を取得(子会社化)
     2023年4月      株式会社アイティエルホールディングスと株式会社駅探I&Iを設立
            株式会社駅探I&Iがグロースアンドコミュニケーションズ株式会社、株式会社サイバネット、株式会社ア
            イティジェイの3社の株式を取得(当社の孫会社化)
                                 4/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、From                         the  Stations~駅から始めよう~を事業コンセプトに、当社
      (株式会社駅探)、連結子会社3社(株式会社ラテラ・インターナショナル、株式会社サークア、プラウドエンジン
      株式会社)により構成されております。公共交通機関をメインとした乗換案内や時刻情報、運行情報等をリアルタイ
      ムに提供する情報コンテンツサービス(以下、「乗換案内サービス」という。)を核に、地域の生活者のニーズと
      サービスとを結びつけていく「地域マーケティングプラットフォーム」構想の実現を目指しております。
       地域マーケティングプラットフォーム構想は以下の3つの事業機能より成り立っています。(1)乗換案内「駅探
      ドットコム」の情報資産、ユーザー資産を活かし、地域の特産品や観光・レジャー施設、店舗情報やサービス等の
      バーティカルメディア、地域メディアを提供する。(2)「乗換案内サービス」の開始後、約20年間のデータ運用を
      通して蓄積した当社独自の移動データやバーティカルメディア・地域メディア上のユーザーアクティビティ、類推さ
      れる趣味嗜好データ等と、サークアが保有するアドネットワーク「Cirqua」やプラウドエンジンが有する広告ノウハ
      ウを掛け合わせることで、広告収益を得る。(3)「地域マーケティングプラットフォーム」の機能をパッケージや
      システム開発等の形態で地方自治体や鉄道会社へ提供し、地域貢献と収益を両立する。
       当社の事業セグメントは、モビリティサポート事業と、広告配信プラットフォーム事業の2セグメントであり、そ

      れぞれのセグメントの内容は以下のとおりであります。
      (モビリティサポート事業)

       モビリティサポート事業は、乗換案内サービス「駅探」における有料課金サービスや広告枠の販売を行うほか、他
      社ポータルサイトにおける有料課金サービスの展開、携帯キャリア、鉄道会社、地図会社等への当社乗換案内ASPの
      提供、地方自治体向けMaaS関連サービスの提供、チケットレス出張手配システム等のサービスが含まれます。
      (広告配信プラットフォーム事業)

       広告配信プラットフォーム事業は、自社メディア「駅探PICKS」によるアフィリエイト広告、株式会社サークアが
      運営するインフィード型アドネットワーク「Cirqua」の提供、プラウドエンジン株式会社によるインターネット広告
      代理販売、DSPプラットフォーム「Sphere」の提供が含まれます。
        [事業系統図]

         以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                 5/98












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                            議決権の所
                           資本金                 有又は被所
            名称           住所           主要な事業の内容                   関係内容
                          (百万円)                  有割合
                                             (%)
    (連結子会社)
                                旅行ガイドブック制

      ㈱ラテラ・インターナショナル
                      東京都                       所有      債務保証
                              80  作、プロモーション事
                      千代田区                         100.0    役員の兼任あり
      (注)1
                                業
      ㈱サークア                東京都           スマートフォン広告シ            所有

                              30                    役員の兼任あり
      (注)1、2                千代田区           ステムの開発及び提供               100.0
                                インターネット広告代

                                理事業、Web広告運用の
      プラウドエンジン㈱                東京都                       所有
                              40  内製化支援、マーケ                  役員の兼任あり
      (注)1、3                千代田区                         100.0
                                ティングデータの活用
                                支援
    (その他の関係会社)
                                            被所有

                      東京都           投資事業、子会社の経                  資本業務提携契約
      ㈱Bold    Investment
                              30
                      千代田区           営管理及び資金管理                  の締結
                                               35.1
     (注)1.特定子会社に該当しております。
         2.株式会社サークアについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合
           が10%を超えております。
           主要な損益情報等 (1)売上高  1,285,677千円
                    (2)経常利益                      47,101千円
                    (3)当期純利益                     46,811千円
                    (4)純資産額                     114,527千円
                    (5)総資産額                     330,733千円
         3.当連結会計年度において、プラウドエンジン株式会社の株式を取得し子会社化したため、連結の範囲に含め
           ております。
                                 6/98









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2023年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                35
     モビリティサポート事業                                               〔 14 〕
                                                33
     広告配信プラットフォーム事業                                               〔 -〕
                                                37
     全社(共通)                                               〔 9 〕
                                                105
                 合計                                   〔 23 〕
     (注)1.従業員数は就業員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時従業員(派遣社員含む)は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しておりま
           す。
         2.全社(共通)は、当社の開発部、システム運用部及び管理部門の従業員であります。
         3.従業員数が前連結会計年度末に比べ18名増加した主な要因は、プラウドエンジン株式会社を連結の範囲に含
           めたことによるものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2023年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
            70                 41.5              7.67           6,411,580

               〔 23 〕
              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                33
     モビリティサポート事業                                               〔 14 〕
     広告配信プラットフォーム事業                                           -    〔 -〕

                                                37
     全社(共通)                                               〔 9 〕
                                                70
                 合計                                   〔 23 〕
     (注)1.従業員数は就業員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時従
           業員(派遣社員含む)は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)は、当社の開発部、システム運用部及び管理部門の従業員であります。
      (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
      (4)管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金の差異

         提出会社及び連結子会社は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)及
        び「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規定
        による公表義務の対象ではないため、記載を省略しております。
                                 7/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       当社グループの経営方針、経営環境及び対処すべき課題等は、以下のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)ビジョン

         「世の中にない新たなサービスを創り出し、社会の役に立つ」
      (2)事業コンセプト

         「From     the  Stations~駅から始めよう~」
         事業コンセプトにあります「Stations」とは、鉄道の駅だけではなく、バスの停留所、MaaS(Mobility                                                 as  a
        Service)基地など、今後MaaS領域で展開されるマルチモーダルの「起点・中継点・終点」を指し示しています。
        「Stations」を基点に、高齢化、過疎化、都市への人口集中などの社会問題や、新型コロナウイルス感染症により
        生じたライフスタイルの変化を捉えて、人々の健康で活き活きした生活を支え、社会の役に立つサービスを創り出
        していきます。
      (3)経営環境

         新型コロナウイルス感染症による度重なる感染拡大により、人の移動や経済活動が制限され、当社グループにお
        いても事業に大きな影響をもたらしましたが、その状況は終息傾向に向かっており、状況は改善していることか
        ら、当社グループを取り巻く環境も回復傾向にあります。
         また、当社の主要事業である乗換案内事業は、日常生活での人々の移動をサポートする、利用頻度の高いサービ
        スとして世の中に広く定着しておりますが、コモディティ化やwithコロナ、afterコロナによるニューノーマルへ
        の生活者の意識・行動の変化によって、乗換案内の有料会員サービスの収益が継続的に減少しており、新たな柱と
        なる事業創出が急務となっております。
      (4)経営戦略

         このような事業環境下において、2023年6月16日に公表いたしました中期経営計画に従い、当社グループの事業
        資産を最大活用し、「地域の生活者のニーズ」と「地域の事業者の提供サービス」を結びつけ、新たな収益の柱を
        創出する、各事業セグメントを包括する取り組みである「地域マーケティングプラットフォーム」構想を掲げ、こ
        の実現に向けて、以下の事業戦略を推進してまいります。
        ①RMP(Regional        Marketing     Platform)戦略
         ・メディア事業
          既存の乗換案内サイトに加え、新たに駅探PICKS、駅探LOCAL、駅探おでかけラボのサイトを追加いたしまし
         た。これらのサイトに駅・駅周辺・地域情報と様々なコンテンツを充実させることで、地域に強い集客サイトを
         目指します。それにより、地域に関連した検索エンジンの検索結果で上位に表示されることで、メディア訪問者
         数が増加し、アドネット広告、アフィリエイト広告の売上拡大に繋げてまいります。
         ・広告配信事業
          アドネットワークシステムを保有する株式会社サークア、インターネット広告代理機能とDSP(Demand                                                Side
         Platform)を保有するプラウドエンジン株式会社を子会社化し、広告事業に参入いたしました。各社の強みを活
         かし、事業拡大を図るとともに、両社の持つ広告配信関連技術等を地域マーケティングプラットフォーム構想に
         適用することで、グループ全体の収益を拡大してまいります。
         ・ソリューション事業
          既存の乗換案内に関する法人向けソリューションに加え、地域マーケティングプラットフォーム構想に沿っ
         て、地方自治体及び鉄道会社との関係強化を図り、当社が保有しているMaaSパッケージや集客等のマーケティン
         グ活動に貢献するソリューションを開発し、展開してまいります。
        ②M&A・アライアンス戦略

         投資・インキュベーション事業に特化した株式会社駅探I&Iを2023年4月に設立し、M&A・アライアンス戦略を加
        速化し、更なるポートフォリオの強化を推進してまいります。
      (5)目標とする経営指標

         当社グループは、営業利益、EBITDAを重要な経営指標と考えており、中期経営計画の数値達成に向け、「地域
        マーケティングプラットフォーム」構想の実現を目指してまいります。
                                 8/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
      (6)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
         中期経営計画達成のためには、以下の事項を重要課題と捉え、その対応に引き続き取り組んでまいります。
        ①事業戦略

         当社グループを取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症の影響による人々の外出・移動の減少により大
        きな影響を受けております。感染症拡大が終息に向かい環境は改善傾向にあるものの、持続的な成長に向けた事業
        展開が必要であり、既存事業の展開に加え中期経営計画に示す「地域マーケティングプラットフォーム」構想の具
        体化を推進してまいります。
         モビリティサポート事業では、新型コロナウイルス感染症の拡大終息によりサイトやアプリへのアクセス数が増

        加し、広告収入が増加しておりますが、有料会員数についてはサービスのコモディティ化など市場環境の要因によ
        り継続的に減少しております。機能改善や集客手法の改善によりアクセス数の増加、有料会員減少傾向の改善に取
        り組んでまいります。一方で、利用者の目的や嗜好に応じて最適な移動手段を提示し、利便性を高めるサービスで
        ある「MaaS」が新たな成長分野として拡大しており、今後のサービス強化によりユーザー拡大に努めてまいりま
        す。法人向けサービスでは、従来のサービスに加えてMaaS分野でのパッケージ開発や、地域マーケティングプラッ
        トフォーム構想による事業者とユーザーをつなぐ取り組みにより、地方自治体や交通事業者等に新たな価値を提供
        するサービスを展開してまいります。
         広告配信プラットフォーム事業では、2021年4月1日に株式を取得した株式会社サークア、2022年11月30日に株

        式を取得したプラウドエンジン株式会社の事業資産を活用し、「地域マーケティングプラットフォーム」構想への
        貢献を加速化し収益拡大を目指してまいります。インターネット広告分野は年率10%以上の継続した拡大が見込ま
        れる市場であり、ここを成長領域としてグループのシナジーを発揮し収益拡大を目指してまいります。また各種
        サービスカテゴリーについて駅ごとに実店舗を掲載する「駅探PICKS」において、より地域軸を強みとしたサービ
        ス展開により他社との差別化を図り成長を目指してまいります。
        ②技術開発

         当社グループは、事業戦略で定めた成長戦略を実現するためのエンジンやサービスの開発において、スピード感
        を持ち柔軟に遂行できる体制構築が重要な課題と考えております。採用の強化と社内体制改善や、技術力アップの
        ための育成施策に加え、提携やM&Aの活用による体制強化を進めてまいります。
         また、サービスの多様化に伴ってサービスやデータ、システムの運用コストが肥大化することを防ぎ、効率的な
        運用の仕組みを構築することが収益性を確保する上での重要課題と認識しており、運用の効率化や自動化に継続的
        な取り組みを行ってまいります。
        ③コーポレート・ガバナンス体制の強化

         当社グループは、株主をはじめ、顧客、従業員、地域社会等のステークホルダーに対する社会的責任を果たすと
        ともに、企業価値の最大化を図るためには、各ステークホルダーの立場を踏まえた上で、透明性が高く、公正かつ
        迅速で、果断な意思決定を行うための仕組みとしてのコーポレート・ガバナンス体制の構築と改善、強化が重要で
        あると認識しております。業容拡大に伴う業務の増大に対応して、常に見直しを図り、内部統制の仕組みを改善
        し、連結子会社を含む当社グループ全体への教育や啓蒙を行い、必要に応じて管理部門の人員を強化することで、
        より強固なコーポレート・ガバナンス体制を構築してまいります。
        ④人材の育成

         当社グループは、中期経営計画を達成するためには会社を支える優秀な人材の確保と育成こそが最も重要である
        と考えております。豊かな経験と高いスキルを持つ人材や、潜在能力の高い人材の獲得に向けて採用活動を行うと
        ともに、社員の役割に見合ったスキルの獲得のための育成施策の実施、また適正な評価がなされる企業風土の構築
        が必要であると認識しており、個々の総合的な能力を高め、結果として組織力を向上させることに努めてまいりま
        す。あわせて、テレワークの環境整備や各種制度の改善により、社員がその能力を十分に発揮でき、モチベーショ
        ンを高められる環境整備に取り組んでまいります。
                                 9/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     2【サステナビリティに関する考え方及び取組】
       当社グループのサステナビリティに関する考え方及び取組は、次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       当社グループは、環境、社会、経済の視点に立ち、持続的な企業価値向上を目指す、サステナビリティ経営を実践

      してまいります。
       当社グループ戦略の中核を占める、中期事業構想「地域マーケティングプラットフォーム」構想は、地域軸でユー
      ザーとサービスを繋げることをコンセプトとしております。正確なモビリティ情報提供による移動の効率化と移動資
      源削減、地域経済発展への寄与による地域貢献、MaaS(Mobility                              as  a Service)サービスによる交通弱者対策等の
      事業活動を通して、当社グループは環境、社会、経済の発展へ寄与してまいります。
      (1)ガバナンス及びリスク管理

       当社は、取締役会の活動を通し、サステナビリティ経営を実現するための当社グループ戦略の実施について管理監
      督を行っております。また、コンプライアンス・リスク管理委員会の活動を通じ、サステナビリティ関連のリスクを
      認識、評価し、対処するための取り組みを行っております。コンプライアンス・リスク管理委員会は、四半期に1度
      開催され、事業におけるリスクの他、人材、セキュリティ、コンプライアンス、ハラスメント等について、リスクの
      識別と評価を行っております。
      (2)人的資本にかかる戦略、指標及び目標

        当社グループは、社員一人一人が、それぞれのバックグラウンドやライフステージの違いを越え、ワークライフバ
      ランスを充実し、能力を発揮することが重要と考え、リモートワーク等の制度やそれを下支えする情報システムの導
      入をすすめております。当該施策に対する指標並びにその目標及び実績は次のとおりです。
                 指標                    目標          実績(当連結会計年度)
            リモートワーク実施率※                         80%              88.3%

                                    女性100%
                                                  女性100%
              育児休暇取得率
                                    男性   50%
                                                 男性該当者なし
    ※概ね週に1回以上の頻度でリモートワークを実施した社員の割合
                                10/98











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     3【事業等のリスク】
       有価証券報告書において記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、
      経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下の
      とおりです。
       また、必ずしも事業上のリスクに該当しないものについても、投資判断の上で、あるいは当社グループの事業を理
      解する上で重要と考えられる事項については、投資家及び株主に対する積極的な情報開示の観点から記載しておりま
      す。
       なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
      す。
      (1)事業に関するリスク

       ①乗換案内有料課金サービスについて
         モビリティサポート事業の乗換案内サービスは、売上・利益への貢献度が高いサービスですが、近年、会員数は
        減少傾向にあります。広く普及しております無料サービスの拡充や、他社サービスとの差別化が図れないことに
        よって、今後も会員数が減少し続ける場合は、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          乗換案内サービスのMaaS(Mobility                  as  a Service)対応などの機能強化、付加価値強化に向けた取り組みを
         行うとともに、通知機能などの活用によりつながりを維持し、会員数の減少抑制に努めております。またSEO施
         策等によりサイトへのアクセスを増加させ、自社メディアや収益シェア型の提携パートナーのメディアを活用し
         た広告収益を拡大させるなど、収益モデルの多様化を進めております。さらにMaaS等の法人向けサービスの拡充
         及び、事業提携・M&Aの実施を推進することにより、事業ポートフォリオ強化に取り組んでまいります。当連結
         会計年度には、連結売上高に占める乗換案内を含むモビリティサポート事業の売上高の割合を広告配信プラット
         フォーム事業の売上高割合が初めて上回り、ポートフォリオ強化の実現につながっております。
       ②情報の誤謬について

         当社グループで使用している時刻表等の交通情報系のデータは、自動で誤り検出を行うとともに、複数の担当者
        によるチェックを行っております。しかしながら重大な情報の誤謬が発生した場合、当社グループの信頼性が損な
        われ経営に影響を与える可能性があります。また、情報の誤謬に基づく賠償責任については、利用規約において免
        責される旨を規定しておりますが、かかる免責条項が無効と判断され、損害賠償債務が発生した場合、当社グルー
        プの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、情報の品質・精度を管理し、向上させるための体制や運用ルールを構築するとともに、問題
         発生時の改善策・回避策に関わるノウハウの蓄積と社内共有を進めております。また、その体制やルール自体の
         有効性を高めるための見直しを定常的に実施しております。当連結会計年度には、大規模データ改正の時期に対
         応するための体制整備に取り組み、データ受領から改正日までの猶予期間が短い場合が多い、バスダイヤの改正
         対応を改善いたしました。
       ③広告配信プラットフォーム事業の成長性について

         近年、インターネット広告市場は、インターネットの普及と急激な技術革新により、急速に拡大してまいりまし
        た。このような傾向は今後も継続し、広告配信プラットフォーム事業は当社グループにとっての成長領域になると
        考えております。しかし、景気の悪化や、市場環境の変化等の要因により、当社グループの経営成績に影響を及ぼ
        す可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          現行サービスレベルを向上させるとともに、広告商品の取り扱いの拡充や営業体制の強化を図り、より多く
         の、そしてより多様な広告主や掲載メディアの開拓を推進し、持続的な事業成長に努めてまいります。
                                11/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
       ④技術開発について
         当社グループは、IT技術を活用した個人向け、法人向けサービスを提供しております。個人向けにはスマート
        フォン、PC等の様々なデバイスを介して、法人向けにはASPやクラウド等の形式でシステムを構築し、多様な技術
        要素を組み合わせてサービスを提供しております。IT技術は日々進化を続けており、多様化するデバイスやAI等の
        新技術等、ユーザーのニーズに対応するために必要な技術開発力が業界の技術から大きく乖離することがあった場
        合、その開発、運用に掛かるコストが著しく増加することがあった場合は、当社グループの事業展開及び経営成績
        に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、新たに市場に展開される様々なデバイスやOSへの対応、またクラウド等様々なシステム形態
         への対応、AI等の新技術への対応を常に行い、技術開発、運用を行っております。実際に自社メディア上の記事
         作成において、生成型AIの活用を進めております。また各サービス企画、開発部門において、技術動向の把握を
         日常的に進めており、さらに教育・採用を通じ技術力の習得・拡充を行い、新技術へ対応をしております。
       ⑤サービスの安定運営について

         当社グループの事業は、インターネットを通じて24時間、ユーザーにサービスを提供しております。当社グルー
        プでは、自社システムに関して、各種サーバーの増強及び二重化、データのバックアップ等によるシステム冗長
        化、ファイヤウォールの設置を含むセキュリティ対策を行っております。しかしながら、自然災害、大地震、不慮
        の事故又はウイルスにより当社グループシステムの運営に障害が生じた場合には、当社グループのサービスを提供
        することが困難になります。万一システムに障害が発生し、サービスが長時間にわたって停止した場合は、当社グ
        ループサービスの信頼性の低下を招き、当社グループの事業展開及び経営成績に重大な影響を与える可能性があり
        ます。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、障害発生の未然防止と障害発生時の影響極小化の両面から、公知の市販製品の不具合情報や
         対処情報の積極的な収集、過去発生した障害の原因分析結果と再発防止策の社内共有、故障発生時の運用体制の
         構築や障害監視システムの継続的強化等の様々な活動を実施し、システムの安定運用と、継続したサービス提供
         に努めております。
       ⑥今後の事業展開について

         当社グループでは今後も引き続き、企業価値の継続的な向上を目指し、事業規模の拡大と収益の多様化を実現す
        るために、当社グループのノウハウを活かした新規事業・サービスの創出及び協業・戦略的提携に積極的に取り組
        んでいきますが、新規の取り組みが安定して収益を生み出すまでには一定の期間を要することが予想され、全体の
        利益率を低下させる可能性があります。また、期待した成果があがらない場合や、将来の事業環境の変化、予想困
        難なリスクの発生等により、当初の計画どおりに推移せず、投資に対し十分な回収を行うことができなかった場
        合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループでは、サービスの企画・提案フェーズから各段階に合わせた会議体を設置し、市場調査、競合優
         位性、販売計画・戦略、投資計画など、様々な観点から慎重に検討を行い、新規事業・サービスの創出を行って
         おります。また、新規事業・サービスへの取り組み開始後も、PDCAサイクルを管理する体制を構築し、定期的に
         モニタリングを行うことで、リスクの最小化を図っております。
       ⑦M&Aによる事業拡大について

         当社グループは、グループの成長を実現するために、事業展開のスピード向上を図る目的でM&Aを積極的に行っ
        てまいります。当社グループでは企業買収や事業提携を行う際に、事前にリスクを把握・回避するために、対象と
        なる企業の財務内容や事業についてDD(デューデリジェンス)を実施しております。しかしながら、買収後に予期
        しない債務が発生する可能性や、事業環境や競合状況の変化等により当社グループの事業計画に支障をきたす可能
        性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                12/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         [リスクへの対応策]
          対象企業についてDDを実施し、想定外債務の可能性を回避できるようにDDを実施する専門家とすり合わせ、詳
         細に調査いたします。また、適正な買収価格を決定すべく、VA(バリュエーション)の基となる売り手の事業計
         画が実現可能か、専門家のヒアリングや面談を通じて慎重に判断してまいります。また2023年4月25日に設立し
         た、投資・インキュベーション事業を行う株式会社駅探I&Iには豊富なノウハウをもつ人材が参画しており、M&A
         に伴うリスクの低減に貢献してまいります。
      (2)外部環境に関するリスク

       ①競合等の状況について
         当社グループが提供する乗換案内サービスは、有力な競合他社が複数存在します。中核となる乗換機能そのもの
        は成熟期に入り、基本機能による差別化が困難になったり、価格競争が進みつつあります。その結果、法人向けを
        含め、ユーザーによる競合他社へのサービス切り替えが起こり、その傾向が長期間にわたった場合、当社グループ
        の経営成績に影響を与える可能性があります。
         また広告配信サービスについても同様に有力な競合他社の存在及び新規参入事業者による競争の激化がありま
        す。優れた競合企業・サービスの登場により当社グループのシェアが低下し、経営成績に影響を与える可能性があ
        ります。
         [リスクへの対応策]

          乗換案内サービスにおいては、サービスの競争力維持・強化のために、MaaSに対応する新乗換案内エンジンの
         開発や、法人向けの新たな業務ソリューション等のサービス開発と新たな収益モデルの構築に向けて積極投資を
         行っております。これにより、高付加価値化・差異化を進め、競争優位性を構築してまいります。
          また広告配信サービスにおいては、業界動向を注視し、新しい技術を取り入れたサービスの提供や、顧客の
         ニーズを把握して迅速、適切に対応することにより、競合企業との差別化を図ってまいります。
       ②法的規制について

         当連結会計年度末現在、乗換案内サービスに関連した法的規制は、事業特有の規制ではない特定商取引に関する
        法律(通信販売)、不正競争防止法、消費者契約法、個人情報の保護に関する法律等を除きありませんが、今後、
        規制対象となる法的規制等が制定されることもありえます。
         広告関連サービスにおいてはインターネット広告市場において関係事業者を規制対象とした法令である「不当景
        品類及び不当表示防止法」(景品表示法)、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法
        律」(薬機法)等の改定や、行政指導等により、新たな規制への対応が必要になる可能性があります。また法令の
        改正等により広告配信における審査の基準を変更することで、一部業界では広告効率が低下し、その結果として広
        告出稿量が減少し、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、社員教育の徹底、コンプライアンス体制の整備など管理体制の構築等により法令遵守の体制
         を整備し、関連する法令の制定、改定に関する動向を注視し、適切に対処できるよう取り組んでいく方針です。
         広告関連サービスにおいては、関連法規に専門性のある弁護士と協議のもと法令等に則った広告掲載基準を設定
         し、適正な広告配信を行ってまいります。また、営業体制を強化することで幅広い広告主・掲載メディアを獲得
         し、特定の業界に依存しない顧客基盤を構築してまいります。
       ③インターネットプライバシー保護への対応について

         インターネット広告において、プライバシー保護の観点から大手プラットフォーム各社がCookieの利用を制限す
        る等の動向があり、一方ユーザーにおいてはデータ提供に対する意識が高まり機能に制限をかけるなど、環境が変
        化しております。変化に対する当社グループの対応が遅れ、サービスの競争力が低下した場合、当社グループの財
        政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          大手プラットフォーム各社の動向を把握し、その技術情報をいち早く入手し、プライバシー保護に関わる環境
         変化に適応しながら自社サービスの先進性やユニーク性を確保してまいります。
                                13/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
       ④自然災害、テロ、戦争等について
         当社グループは各種サービスを運営するためコンピュータシステムを使用しており、取引先やデータセンターの
        システムとネットワークで接続されています。ネットワーク障害や、地震、台風等の不慮の災害、大規模停電、テ
        ロ、戦争等によるデータセンターを含むコンピュータシステムの停止、誤作動等が発生した場合、あるいは現在の
        ネットワーク環境の変化等が発生した場合、業務遂行に支障を来たし、業務が正常に行えなくなることによる機会
        損失の発生、損害賠償責任、社会的信用の悪化等を通じて当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、日頃よりシステムの安定稼動の維持に努めるとともに、乗換案内サービスの提供を担う重要
         なシステムについては、バックアップシステムや、回線がダウンしたときに瞬時にそれを補完するよう別回線に
         切り替わるような迂回経路を確保し、定期的な保守点検を実行し、万一の際にもシステムが正常稼働する体制を
         整えております。
       ⑤重大な感染症等について

         新型コロナウイルス感染症のような大規模な感染症の発生によって、従業員等の感染や、オフィスへの出勤停止
        措置等による人的リソースの低下により、サービスの提供が困難になることがあります。
         また事業面では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を目的とした企業及び消費者への活動自粛要請に
        よって、移動に関連する特定広告主の広告出稿の抑制やサイトのアクセス数減少等が発生し、当社グループの経営
        成績に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、従業員等の安全の確保と事業の継続を目的として、原則として全従業員の在宅勤務への移行
         と、そのための情報システムの整備・運用ルールによるテレワークの推進、オンライン商談等の励行によって、
         事業及び営業活動の継続に取り組んでおります。
          また、事業面でのリスクの対応については、コロナウイルス感染症拡大の影響による一般生活者の行動変化を
         踏まえ、移動に関連するサービスだけではなく、蓄積したデータを活用した広告配信サービス等を含む「地域
         マーケティングプラットフォーム」へ事業を拡大させ、事業ポートフォリオの強化に努めてまいります。
      (3)会社組織に関するリスク

       ①事業規模に応じた内部管理体制について
         当社グループは当連結会計年度末現在において、組織の規模が小さく、内部管理体制も規模に応じたものになっ
        ております。今後規模拡大に伴い、当社グループの事業の多様化や人員増加に対して適切かつ十分な対応ができな
        かった場合には、当社グループの経営活動に支障が生じる可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループでは、今後も事業規模に応じて業務遂行体制及び内部管理体制の一層の充実に努める方針であり
         ます。具体的には、有識者の積極的な採用と既存社員への教育を継続して努めていくことで、業務遂行に影響が
         及ぶリスクの低減を図っております。
       ②知的財産権について

         当社グループはこれまで、他者の知的財産権を侵害したとして、損害賠償や使用差し止めの請求を受けたことは
        ありません。しかしながら、今後当社グループの事業分野における第三者の特許等が成立した場合、また、当社グ
        ループ事業分野において認識していない特許等が既に成立している場合、当該第三者より損害賠償及び使用差し止
        め等の訴えを起こされる可能性、並びに当該特許等に関する対価の支払等が発生する可能性があります。その結
        果、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループでは、知的財産に対する担当を設け、調査、出願等の活動を行っております。既存事業に関連す
         る、又は将来関連しそうな特許について調査を実施し、他者の知的財産権を侵害している可能性は無いか確認を
         行っており、必要に応じ当社グループサービス実施前に侵害調査をしております。また、特許事務所と顧問契約
         を締結しており定期的及び随時に専門家を交えたミーティングを実施しており、こうした活動を通じ、適法な知
         的財産権の利用に努めております。
                                14/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
       ③個人情報管理について
         当社グループでは、販売促進キャンペーンへの参加顧客情報、支払いが遅れたユーザーに関する未回収顧客情報
        等、各種個人情報を保有しております。外部からの侵入者及び当社グループ関係者並びに業務委託先等によりユー
        ザーの個人情報が外部に流出して不正に使用された場合、当社グループの責任が問われるとともに当社グループの
        評判を著しく低下させ、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、個人情報の管理にあたっては、当社グループのシステム上でのセキュリティ強化を随時実施
         するとともに、全ての役員及び従業員が個人情報保護規程を厳格に遵守し、徹底した個人情報流出の防止に取り
         組んでおります。
       ④コンプライアンスについて

         コンプライアンスに関するリスクが多様化・複雑化する中で、長時間勤務の管理やパワハラ・セクハラ等の人
        事・労務問題に加え、今後データ利活用ビジネスが増加していく中で、データの取り扱い不備による重大なコンプ
        ライアンス違反等が発生する可能性があります。その結果、当社グループの社会的信用の低下や、発生した損害に
        対する賠償金の支払い、重要取引先の見直し等が、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループでは、コンプライアンス・リスク管理委員会を設置し、当社グループに内在するコンプライアン
         ス推進上の課題を可視化して、そのひとつひとつに具体策を講じており、コンプライアンス意識の徹底に取り組
         んでおります。また、パワハラ・セクハラ等につきましては、「ハラスメントの防止等に関する規程」を制定
         し、役員及び全社員に対して、遵守の徹底に努めております。
       ⑤人材の確保と育成について

         技術進化が著しくかつ厳しい競争に晒される環境の中にあって、当社グループが顧客の信頼を得て持続的成長を
        実現していくためには、専門的な情報技術を持ち顧客の潜在的なニーズにも対応できる人材を適時的確に確保ある
        いは育成していくことが極めて重要であると認識しております。しかしながら、適切な人材が十分に確保、育成で
        きない場合は、開発規模の縮小などにより、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、広く採用活動を行っているほか、技術等の習得のための勉強会の開催、働き方改革を通した
         勤務環境の向上等、様々な施策を通じて人材の確保・育成に努めております。
      (4)財務に関するリスク

       ①のれんの減損損失について
         当社グループでは、中期経営計画に従い、事業ポートフォリオの強化のための成長戦略としてM&Aを積極的に活
        用しています。そのため、市場環境や競争環境がM&A実行時の想定から大きく変化した場合、買収先会社の業績が
        悪化し、のれんの減損損失が発生する可能性があります。
         [リスクへの対応策]

          当社グループは、企業買収にあたっては、企業価値算定、投下資金の回収見込み、買収金額の妥当性、リスク
         等について、専門家によるDD(デューデリジェンス)を実施し、その結果を踏まえ、取締役会で十分な審議を
         行った上で意思決定を行っております。また買収後は役員を派遣して事業に関与するなど管理体制を整え、リス
         クの軽減に努めております。
                                15/98





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      [経営成績等の状況の概要]
      (1)経営成績の状況
         当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも、徐々に経済社会活動
        の制限が緩和され、国内の経済活動は一定の回復傾向がみられました。
         一方で、長期化するロシア・ウクライナ情勢に伴うエネルギーコストの上昇による物価の上昇が少しずつ広がり
        を見せ、個人消費マインドへの影響が懸念されており、依然として先行き不透明な状況が続いております。
         このような状況の中、モビリティサポート事業においては、乗換案内サイトやアプリといった保有メディアへの
        アクセス数増による広告収入の増加やMaaS(Mobility                         as  a Service)等の法人向けサービスの受注により伸長し
        ました。一方で、乗換案内等の有料会員サービスにおいては、コモディティ化等の市場環境の影響による有料会員
        の減少傾向に伴い、当サービスにおける収益は継続的に減少しております。また、広告配信プラットフォーム事業
        では、株式会社サークアが運営する広告配信サービス「Cirqua」において、2021年8月の改正薬機法の影響で収益
        が大きく落ち込んだものの、改正薬機法に対応した新掲載基準による運用で収益状況が改善されたことに加え、第
        3四半期連結会計期間からプラウドエンジン株式会社が新たに連結子会社となったことにより、売上高は増加しま
        した。その結果、グループ全体の売上高は、前連結会計年度と比べて、増収となりました。
         利益面では、バックオフィス業務の内製化、効率化によるコスト削減に加え、新型コロナウイルス感染症対策を
        きっかけに原則在宅勤務への移行に伴い、オフィス縮小による賃借料の削減等、徹底的なコスト削減に努めてまい
        りましたが、利益率の高い有料会員サービスの売上高減少分を補うには至らず、また、チケットレス出張手配サー
        ビス「BTOnline」における改修コストが増加したため、営業利益及び経常利益は、減益となりました。一方、親会
        社株主に帰属する当期純利益は、連結子会社の株式会社ラテラ・インターナショナルにおいて、債務免除益を特別
        利益に計上したこと等により、増益となりました。
         この結果、当連結会計年度における売上高は3,206,085千円(前年同期比10.9%増)、営業利益は105,084千円
        (前年同期比24.3%減)、経常利益は104,496千円(前年同期比25.8%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は
        89,827千円(前年同期比12.0%増)となりました。
         なお、当社グループでは、M&Aを活用した事業拡大を積極的に推進していく中で、各国の会計基準の差異にとら
        われることなく企業比較が可能なEBITDA(営業利益+減価償却費+のれん償却費)を重要な経営指標と位置づけ、
        EBITDAを業績指標に採用しております。当連結会計年度のEBITDAは296,856千円(前年同期比7.0%減)となりまし
        た。
         セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

        ①モビリティサポート事業
         乗換案内サービスのコモディティ化による継続的な有料会員の減少に伴い、減収傾向で推移しました。一方で、
        乗換案内サイトやアプリといった保有メディアへのアクセス数増による広告収入の増加や北海道江差町エリアでの
        地域住民向けMaaSの実証実験等の法人向けサービスの受注により伸長したものの、有料会員サービスの売上高、利
        益の減少分を補うには至らず、また、チケットレス出張手配サービス「BTOnline」において、サプライヤーによる
        システムの改修に伴い、当社もその対応を行っておりましたが、それに伴うコストが想定より増加したため、減収
        減益となりました。
         この結果、売上高は1,595,863千円(前年同期比2.4%減)、EBITDAは515,738千円(前年同期比17.2%減)、セ
        グメント利益は457,538千円(前年同期比17.5%減)となりました。
        ②広告配信プラットフォーム事業
         株式会社サークアが運営する広告配信サービス「Cirqua」において、2021年8月の改正薬機法の影響で収益が大
        きく落ち込んだものの、改正薬機法に対応した新掲載基準による運用で収益状況が改善されたことに加え、第3四
        半期連結会計期間からプラウドエンジン株式会社を当セグメントに追加したことに伴い、増収となりました。一方
        で、利益面においては、売上高の増加が寄与し、損失額は縮小しましたが、のれん等の償却費の計上に加え、前連
        結会計年度からサービスを開始しておりますバーティカルメディア「駅探PICKS」において、先行投資を実施した
        ことにより、損失となりました。
         この結果、売上高は1,610,222千円(前年同期比28.3%増)、EBITDAは66,899千円(前年同期比245.1%増)、セ
        グメント損失は61,499千円(前年同期比は77,228千円のセグメント損失)となりました。
      (2)財政状態の状況

        (資産)
         当連結会計年度末における流動資産は1,868,574千円となり、前連結会計年度末に比べ554,121千円減少しまし
        た。固定資産は1,284,373千円となり、前連結会計年度末に比べ165,563千円増加しました。この結果、総資産は
        3,152,947千円となり、前連結会計年度末に比べ388,558千円減少しました。
                                16/98


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        (負債)
         当連結会計年度末における流動負債は438,139千円となり、前連結会計年度末に比べ34,414千円増加しました。
        固定負債は226,833千円となり、前連結会計年度末に比べ72,007千円減少しました。この結果、負債合計は664,973
        千円となり、前連結会計年度末に比べ37,593千円減少しました。
        (純資産)

         当連結会計年度末における純資産合計は2,487,974千円となり、前連結会計年度末に比べ350,965千円減少しまし
        た。
      (3)キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ654,593
        千円減少し、1,424,983千円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、63,211千円の収入(前年同期は345,490千円の
        収入)となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益123,028千円、減価償却費140,461千円、その他
        111,428千円、法人税等の支払額99,291千円があったことなどによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、265,555千円の支出(前年同期は772,428千円の
        支出)となりました。これは主に、無形固定資産の取得による支出231,520千円、新規連結子会社の取得による支
        出20,761千円があったことなどによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、452,250千円の支出(前年同期は77,987千円の
        支出)となりました。これは、自己株式の取得による支出375,332千円、配当金の支払額76,917千円があったこと
        によるものです。
      [生産、受注及び販売の実績]

        (1)生産実績
          当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
             セグメントの名称                   (自 2022年4月1日                前年同期比(%)
                                 至 2023年3月31日)
     モビリティサポート事業(千円)                                    58,038                335.5

     広告配信プラットフォーム事業(千円)                                      -               -

                合計                         58,038                335.5

     (注)1.広告配信プラットフォーム事業においては、主に広告配信サービスの提供を行っており、生産実績を定義す
           ることが困難であるため、記載しておりません。
         2.当連結会計年度において生産実績に著しい変動がありました。これは、モビリティサポート事業においてチ
           ケットレス出張手配サービス「BTOnline」関連の受託業務が増加したこと等によります。
                                17/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        (2)受注実績
          当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称              受注高(千円)         前年同期比(%)          受注残高(千円)          前年同期比(%)
     モビリティサポート事業                      71,349          191.4         13,650           93.2

     広告配信プラットフォーム事業                        -          -          -          -

            合計               71,349          191.4         13,650           93.2

     (注)1.広告配信プラットフォーム事業においては、主に広告配信サービスの提供を行っており、受注実績を定義す
           ることが困難であるため、記載しておりません。
         2.当連結会計年度において受注実績に著しい変動がありました。これは、モビリティサポート事業においてチ
           ケットレス出張手配サービス「BTOnline」関連の受託業務が増加したこと等によります。
        (3)販売実績

          当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
             セグメントの名称                   (自 2022年4月1日                前年同期比(%)
                                 至 2023年3月31日)
     モビリティサポート事業(千円)                                  1,595,863                  97.6

     広告配信プラットフォーム事業(千円)                                  1,610,222                 128.3

                合計                       3,206,085                 110.9

     (注)主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2021年4月1日                  (自 2022年4月1日
            相手先               至 2022年3月31日)                  至 2023年3月31日)
                        販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)

     株式会社NTTドコモ                       759,520           26.3        660,409           20.6

     株式会社アップデイト                       360,710           12.5        340,042           10.6
      [経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容]

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        (1)当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         a.経営成績等の分析
          イ.経営成績
            当連結会計年度の経営成績は、売上高3,206,085千円(前年同期比10.9%増)、営業利益105,084千円(前
           年同期比24.3%減)、経常利益104,496千円(前年同期比25.8%減)、親会社株主に帰属する当期純利益
           89,827千円(前年同期比12.0%増)となりました。
                                                     (単位:千円)
                                                   親会社株主に
                   売上高           営業利益           経常利益
                                                  帰属する当期純利益
       2023年3月期              3,206,085            105,084           104,496            89,827

       2022年3月期              2,891,166            138,809           140,911            80,206

        増減率              10.9%          △24.3%           △25.8%            12.0%

                                18/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
           (売上高)
            コモディティ化等による有料会員サービスの収益が減少したことにより、モビリティサポート事業の売上
           高は減少しましたが、広告配信プラットフォーム事業において、プラウドエンジン株式会社が新たに連結子
           会社となったことが寄与し、グループ全体の売上高は、前年同期比10.9%増となりました。
                                                     (単位:千円)
                        モビリティサポート事             広告配信プラット
                                                     計
                            業          フォーム事業
              2023年3月期                1,595,863            1,610,222            3,206,085
              2022年3月期                1,635,863            1,255,303            2,891,166

               増減率                △2.4%             28.3%            10.9%

            ・モビリティサポート事業

             乗換案内サイトやアプリといった保有メディアへのアクセス数増による広告収入の増加やMaaS等の法人
            向けサービスの受注により伸長しましたが、乗換案内等の有料会員サービスにおいて、コモディティ化等
            の市場環境の影響による当サービスの売上高が減少した結果、前年同期比で2.4%減となりました。
            ・広告配信プラットフォーム事業

             株式会社サークアが運営する広告配信サービス「Cirqua」において、2021年8月の改正薬機法の影響で
            収益が大きく落ち込んだものの、改正薬機法に対応した新掲載基準による運用で収益状況が改善されたこ
            とに加え、第3四半期連結会計期間からプラウドエンジン株式会社を当セグメントに追加したことに伴
            い、売上高は前年同期比で28.3%増となりました。
           (営業利益、経常利益)

            バックオフィス業務の内製化、効率化によるコスト削減に加え、新型コロナウイルス感染症対策をきっか
           けに原則在宅勤務への移行に伴い、オフィス縮小による賃借料の削減等、徹底的なコスト削減に努めてまい
           りましたが、利益率の高い有料会員サービスの売上高減少分を補うには至らず、また、チケットレス出張手
           配サービス「BTOnline」における改修コストが増加したため、減益となりました。この結果、営業利益は前
           年同期比24.3%減、経常利益は前年同期比25.8%減となりました。
           (親会社株主に帰属する当期純利益)

            連結子会社の株式会社ラテラ・インターナショナルにおいて、債務免除益を特別利益に計上したこと等に
           より、親会社株主に帰属する当期純利益は前年同期比で12.0%増となりました。
          ロ.財政状態

           (資産)
            当連結会計年度末における流動資産は1,868,574千円となり、前連結会計年度末に比べ554,121千円減少し
           ました。これは主に、現金及び預金の減少654,593千円、売掛金及び契約資産の増加67,667千円によるもの
           であります。固定資産は1,284,373千円となり、前連結会計年度末に比べ165,563千円増加しました。これは
           主に、ソフトウエアの増加56,898千円、無形固定資産「その他」の増加83,385千円によるものであります。
           この結果、総資産は3,152,947千円となり、前連結会計年度末に比べ388,558千円減少しました。
           (負債)

            当連結会計年度末における流動負債は438,139千円となり、前連結会計年度末に比べ34,414千円増加しま
           した。これは主に、買掛金の増加79,563千円、未払法人税等の減少34,409千円によるものであります。固定
           負債は226,833千円となり、前連結会計年度末に比べ72,007千円減少しました。これは主に、役員退職慰労
           引当金の減少19,800千円、固定負債「その他」の減少37,098千円によるものであります。この結果、負債合
           計は664,973千円となり、前連結会計年度末に比べ37,593千円減少しました。
                                19/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
           (純資産)
            当連結会計年度末における純資産合計は2,487,974千円となり、前連結会計年度末に比べ350,965千円減少
           しました。これは主に、剰余金の配当77,135千円、親会社株主に帰属する当期純利益89,827千円、自己株式
           の取得372,353千円によるものであります。この結果、自己資本比率は78.9%となり、前連結会計年度末に
           比べ1.3ポイント低下しました。
         b.経営成績に重要な影響を与える要因

           「3 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
        (2)キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

          当連結会計年度末の現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末に比べ654,593千円減少し、1,424,983千
         円となりました。当連結会計年度の区分ごとのキャッシュ・フローは、営業活動によるキャッシュ・フロー
         63,211千円、投資活動によるキャッシュ・フロー△265,555千円、財務活動によるキャッシュ・フロー△452,250
         千円であります。
          当社グループの主な資金需要は、人件費や外注費等の売上原価の支払、販売費及び一般管理費の支払、配当金
         の支払、借入金の返済及び法人税等の支払等であります。また、事業戦略として、M&Aによる事業拡大を推進し
         ており、有望な案件があれば投資を実行してまいります。これらの必要な資金に関しては、自己資金により充当
         し、大型投資の資金は必要に応じて金融機関からの借入等により資金調達することを基本方針としております。
          当連結会計年度末現在、借入金の残高は100,000千円であります。また、当社は、取引銀行と当座貸越契約を
         締結しており、当連結会計年度末における当座貸越契約の極度額の総額は500,000千円であり、借入実行残高は
         ありません。
        (3)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されてお
         ります。この連結財務諸表作成にあたって、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の
         報告金額並びに開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績や現
         状等を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積り
         と異なる場合があります。
          連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについ
         ては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に
         記載のとおりであります。
                                20/98










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     5【経営上の重要な契約等】
      (1)時刻表データに関する契約
       相手方の名称            契約名称              契約内容                 契約期間
                                            2004年5月1日から2005年4月30
                時刻情報使用許諾契          JR各社の時刻表データをパソコン向
                                            日まで。特段の申し出がない限
                約書          けに使用することの許諾契約
                                            り、1年間の自動継続
     株式会社交通新聞社
                          JR各社の時刻表データを携帯電話                 2004年5月1日から2005年4月30
                時刻情報使用許諾追
                          等、パソコン以外で使用することの                 日まで。特段の申し出がない限
                加契約書
                          許諾契約                 り、1年間の自動継続
      (2)携帯電話向けの情報提供に関する契約

       相手方の名称            契約名称              契約内容                 契約期間
                                            2000年1月31日から2000年3月31
                iモード情報サービ
                          公式サイトとしてのコンテンツ提供                 日まで。特段の申し出がない限
                ス提供者契約書
                                            り、1年間の自動継続
                iモードサービスに                            2000年1月31日から2000年3月31
     株式会社NTTドコモ           関する料金収納代行          公式サイト月額利用料の回収代行                 日まで。特段の申し出がない限
                回収契約書                            り、1年間の自動継続
                                            2013年6月4日から2018年6月3
                スゴ得コンテンツに          スゴ得コンテンツへのコンテンツ提
                                            日まで。特段の申し出がない限
                関する契約書          供
                                            り、1年間の自動継続
                                            2000年9月25日から2001年3月31
                コンテンツ提供に関
                          公式サイトとしてのコンテンツ提供                 日まで。特段の申し出がない限
                する契約書
                                            り、6ヶ月間の自動継続
     KDDI株式会社
                                            2000年11月1日から2001年3月31
                情報料回収代行サー
                          公式サイト月額利用料の代行回収                 日まで。特段の申し出がない限
                ビスに関する契約書
                                            り、6ヶ月間の自動継続
                                            2000年11月1日から2001年3月31
                コンテンツ提供に関
                          公式サイトとしてのコンテンツ提供                 日まで。特段の申し出がない限
                する基本契約書
                                            り、1年間の自動継続
     ソフトバンク株式会社
                          公式サイト月額利用料の債権をソフ                 2000年11月1日から2001年3月31
                債権譲渡契約書          トバンク株式会社に対して譲渡する                 日まで。特段の申し出がない限
                          契約書                 り、1年間の自動継続
      (3)資本・業務提携に関する契約

       相手方の名称            契約名称              契約内容                 契約期間
                          1.株式会社Bold         Investment及び
                             当該企業グループと当社の連
                             携・協業等を通じ、当社中期経
                             営計画の実現に向けて、両社で
                             協力を行う
                          2.株式会社Bold         Investmentは、
     株式会社
                             当社取締役会にて指名された取
                提携合意書                                   -
     Bold   Investment
                             締役候補者の選任議案が株主総
                             会に上程された場合原則として
                             賛成の議決権行使を行い、当社
                             の取締役会にて指名された者以
                             外の取締役候補者の選任議案に
                             ついては、原則として賛成の議
                             決権行使をしない
                                21/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
      (4)株式取得に関する契約
         当社は、2022年10月24日開催の取締役会において、デジタルマーケティング・インターネット広告領域で事業展
        開を行うプラウドエンジン株式会社の全株式を取得し、完全子会社化することについて決議し、同日付で株式譲渡
        契約を締結いたしました。なお、2022年11月30日付で当該株式を取得いたしました。
         詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載
        のとおりであります。
      (5)合弁会社の設立及び合弁会社による株式取得に関する契約

         当社は、2023年4月20日開催の取締役会において、株式会社アイティエルホールディングス(以下、「ITLHD
        社」という。)との間で合弁会社設立に関する契約を締結するとともに、ITLHD社の完全子会社である、グロース
        アンドコミュニケーションズ株式会社、株式会社サイバネット及び株式会社アイティジェイの全株式を新設される
        合弁会社が取得する旨の基本合意書の締結を決議いたしました。なお、2023年4月25日付でITLHD社を設立し、株
        式譲渡契約を締結し、2023年4月28日付で株式を取得いたしました。
         詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載
        のとおりであります。
     6【研究開発活動】

       当社グループは、端末・インフラ・コンテンツという3つの要素をネットワークで結ぶことで事業基盤が成り立っ
      ております。当社グループは、サービス向上のためにこれらの技術向上を適時に捉え、有望と思われる技術を積極的
      に研究しサービスを開発していくよう努めております。
       当連結会計年度において当社グループが支出した研究開発費の総額は                                 917  千円であります。
      (モビリティサポート事業)

       モビリティサポート事業では、鉄道会社、携帯キャリア等の主要顧客向けサービス及び業務系ソリューションサー
      ビスの機能向上について、研究開発を行っております。当連結会計年度における研究開発費の金額は                                              917  千円であり
      ます。
      (広告配信プラットフォーム事業)
       該当事項はありません。
      (全社共通)
       該当事項はありません。
                                22/98










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当連結会計年度の設備投資等の総額は                  278,329    千円であります。その内容は、主に既存サービスにおけるサーバー
      増強に伴う設備投資、サービス利用目的ソフトウエアの開発、プラウドエンジン株式会社の全株式取得による顧客関
      係資産であります。
      (1)モビリティサポート事業

         当連結会計年度の主な設備投資等は、サーバー増強及び自社アプリ改善のためのソフトウエア開発等により総
        額 93,261   千円の投資を実施しました。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (2)広告配信プラットフォーム事業

         当連結会計年度の主な設備投資等は、プラウドエンジン株式会社の全株式取得による顧客関係資産、及びサイ
        ト構築に係るソフトウエア開発等により総額                    183,524    千円の投資を実施しました。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (3)全社(共通)

         当連結会計年度の主な設備投資等は、通信機器等の増設により、総額1,544千円の投資を実施しました。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社

                                                  2023年3月31日現在
                                       帳簿価額

      事業所名      セグメントの                    工具、器                       従業員数
                    設備の内容                ソフトウ     顧客関係
     (所在地)         名称              建物    具及び備              その他     合計    (人)
                                     エア     資産
                           (千円)      品            (千円)     (千円)
                                    (千円)     (千円)
                                (千円)
                   サービス用設備                                      33
            モビリティサ
                              -   30,315              84,773    211,895
                                     96,807       -
     本社(東京都
                   ・ソフトウエア                                     〔14〕
            ポート事業
     千代田区)
            広告配信プ
     ・KDDI渋谷              サービス用設備                                      -
            ラットフォー                  -     -  109,529       -   6,358    115,887
     データセン              ・ソフトウエア                                     〔-〕
            ム事業
     ター(東京都
                                                          37
     目黒区)
            全社(共通)       本社機能等         27,639     2,850      402     -     -   30,891
                                                         〔9〕
     (注)1.現在休止中の設備はありません。
         2.従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員(派遣社員含む)の年間平均雇用人員であります。
         3.帳簿価額のうち「その他」は、ソフトウエア仮勘定であります。
                                23/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
      (2)国内子会社
                                                  2023年3月31日現在
                                       帳簿価額

              セグメン                  工具、器                       従業員数
     会社名     所在地          設備の内容                ソフトウ     顧客関係
              トの名称              建物    具及び備              その他     合計    (人)
                                     エア     資産
                           (千円)      品            (千円)     (千円)
                                    (千円)     (千円)
                                (千円)
              広告配信
          東京都
     株式会社         プラット     サービス用設備
          千代田                    -     -  107,045     242,315     11,260    360,621       19
     サークア         フォーム     ・ソフトウエア
          区
              事業
              広告配信
     プラウド     東京都
              プラット
     エンジン     千代田         サービス用設備           -    180     -   30,175       -   30,355       14
              フォーム
     株式会社     区
              事業
     (注)1.現在休止中の設備はありません。
         2.帳簿価額のうち「その他」は、ソフトウエア仮勘定であります。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。設
      備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定していますが、計画策定にあたっては提出会社を中心に調整を図ってお
      ります。
       なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修計画は次のとおりであります。
      (1)重要な設備の新設

                               投資予定金額             着手及び完了予定年月
     会社名            セグメント                     資金調達                完成後の
            所在地            設備の内容
     事業所名             の名称            総額    既支払額      方法               増加能力
                                             着手      完了
                             (千円)     (千円)
          本社
                   全社     通信機器
      当社    (東京都千代                    29,136       -  自己資金     2023年8月      2023年9月       -
                  (共通)      等の増設
          田区)
      (2)重要な設備の除却等

          該当事項はありません。
                                24/98









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     25,635,200
                  計                                    25,635,200

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数            提出日現在発行数            上場金融商品取引所
        種類          (株)           (株)          名又は登録認可金融               内容
               (2023年3月31日)           (2023年6月28日)             商品取引業協会名
                                                   単元株式数は100株
                                        東京証券取引所
                    6,018,800           6,018,800
       普通株式
                                        グロース市場
                                                   であります。
                    6,018,800           6,018,800
         計                                  -            -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2020年9月16日(注)              △70,000       6,818,800           -     291,956          -     291,956

     2022年11月30日(注)              △800,000       6,018,800           -     291,956          -     291,956

     (注)自己株式の消却による減少であります。
                                25/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                  2023年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
        区分      政府及び                      外国法人等                  株式の状況
                       金融商品     その他の                個人
             地方公共     金融機関                                計     (株)
                       取引業者      法人               その他
              団体                   個人以外      個人
                      2     18     25     11      9   3,168     3,233
     株主数(人)           -                                          -
     所有株式数
                     55    1,214     18,682      1,940       44   38,220     60,155       3,300
                -
     (単元)
     所有株式数の
                    0.09     2.02     31.06      3.22     0.07     63.54
                -                                  100.00        -
     割合(%)
     (注)自己株式1,171,316株は、「個人その他」に11,713単元及び「単元未満株式の状況」に16株を含めて記載しており
        ます。
      (6)【大株主の状況】

                                                  2023年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数       除く。)の総
            氏名又は名称                      住所
                                               (株)      数に対する所
                                                     有株式数の割
                                                      合(%)
                          東京都千代田区丸の内2丁目4番1号丸
     株式会社Bold       Investment                                    1,700,000         35.07
                          の内ビルディング23階
                                                200,000         4.13
     神原 伸夫                     東京都渋谷区
                                                163,000         3.36
     渡辺 佳昭                     東京都中央区
                          25  CABOT   SQUARE,    CANARY    WHARF,
     MSIP   CLIENT    SECURITIES
                          LONDON    E14  4QA,   U.K.
                                                 99,000        2.04
     (常任代理人 モルガン・スタンレーMUF
                          (東京都千代田区大手町1丁目9番7
     G証券株式会社)
                          号)
                                                 90,000        1.86
     小田 昌平                     宮城県仙台市青葉区
                          京都府京都市左京区松ケ崎小竹薮町3番
     一般社団法人VIP                                            75,000        1.55
                          6号
                          25  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON
     J.P.MORGAN      SECURITIES      PLC
                          UK
                                                 67,700        1.40
     (常任代理人 JPモルガン証券株式会社)                     (東京都千代田区丸の内2丁目7番3
                          号)
                                                 60,000        1.24
     柿沼 佑一                     埼玉県さいたま市中央区
                                                 52,500        1.08
     岡田 加代子                     大阪府大阪市住吉区
                                                 51,000        1.05
     松岡 真二郎                     東京都千代田区
                                               2,558,200         52.77
               計                    -
     (注)前事業年度末において主要株主であったパイオニア株式会社は、当事業年度末現在では主要株主ではなくなりま
         した。
                                26/98





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2023年3月31日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -            -        -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -            -        -

     議決権制限株式(その他)                           -            -        -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                       -        -
                            1,171,300
                     普通株式
                            4,844,200              48,442
     完全議決権株式(その他)                普通株式                               -
                              3,300
     単元未満株式                普通株式                      -        -
                            6,018,800
     発行済株式総数                                       -        -
                                          48,442
     総株主の議決権                           -                    -
     (注)「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式16株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2023年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                 自己名義       他人名義       所有株式数
                                                     総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                      所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都千代田区麹町五丁目
                                 1,171,300              1,171,300         19.46
                                            -
      株式会社駅探             4番地
                                 1,171,300              1,171,300         19.46
           計             -                    -
                                27/98











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
         該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
     取締役会(2022年11月9日)での決議状況
                                         750,000           374,250,000
     (取得期間 2022年11月10日)
     当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
     当事業年度における取得自己株式                                    746,200           372,353,800

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                     3,800           1,896,200

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      0.5             0.5
     当期間における取得自己株式                                      -             -

     提出日現在の未行使割合(%)                                      0.5             0.5
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                   当期間
             区分
                                 処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                   (円)                  (円)
     引き受ける者の募集を行った
                              -         -         -         -
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                       800,000       406,783,464              -         -
     合併、株式交換、株式交付、会社分割
                              -         -         -         -
     に係る移転を行った取得自己株式
     その他(譲渡制限付株式報酬による処
                            84,000       43,197,255             -         -
     分)
     保有自己株式数                      1,171,316             -      1,171,316             -
      (注)1.当期間における処理自己株式には、2023年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの譲渡制限付株式
           報酬による処分、単元未満株式の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、2023年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの譲渡制限付株
           式報酬による処分、単元未満株式の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。
                                28/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
       当社は、中長期的な事業拡大に必要な内部留保を確保しつつ、当社の経営成績及び財政状態並びにその見通しを勘
      案し、適切な利益還元策を柔軟に実施することを基本方針としております。
       また、定款に中間配当を行うことができる旨を定めておりますが、剰余金の配当は当面「期末のみの年1回」の実
      施を予定しております。なお、配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
       当事業年度の配当につきましては、1株当たり14円00銭としております。
      (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

             決議              配当金の総額(千円)                  1株当たり配当金(円)
          2023年6月27日
                                      67,864                   14.00
           定時株主総会
                                29/98

















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、株主をはじめ、顧客、取引先、従業員、地域社会等のステークホルダー(利害関係者)に対する社会的
        責任を果たすとともに、持続的成長と企業価値の継続的向上を図るためには、透明性が高く、公正かつ迅速で、果
        断な意思決定を行うための仕組みとしてのコーポレート・ガバナンス体制の構築と改善、強化が重要であると認識
        しております。企業に対する社会的要請の変化、業容拡大に伴う業務の増大に対応して、常に見直しを図り、内部
        統制の仕組みを改善し、全社への教育や啓蒙を行い、より実効性のあるコーポレート・ガバナンス体制を構築して
        まいります。
        ②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         当社は、会社法上の機関設計として会計監査人及び監査役会設置会社を選択し、監査役会、内部監査室及び会計
        監査人による三様監査を実施しております。また従前よりコンプライアンスとリスク管理については、委員会を設
        置し定期的に状況を確認し対応を図っております。さらに取締役人事及び報酬に関する公正性、透明性、客観性を
        担保するために任意の諮問委員会を設置しております。
         当社の提出日現在における企業統治の体制の模式図は、以下のとおりであります。
                                30/98















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         イ.企業統治の体制の概要
          a.取締役会
            取締役会は、株主に対する受託者責任を果たし、経営の健全性、透明性、効率性の確保に努め、当社グ
           ループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図っております。取締役会は、代表取締役社長 CEO
           兼  COO 金田     直之が議長を務め、小嶋勝也、佐々井文吉、森田幸史(社外・独立)、松舘渉(社外・独
           立)及び野々村正仁(社外・独立)の社内取締役3名、社外取締役(独立役員)3名、計6名の専門性や知
           見の異なる多様な取締役で構成されており、社外取締役を複数名迎えることにより、客観的な立場から意見
           を述べ易い環境を確保しております。毎月の定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催してお
           ります。取締役会は、法令・定款に定められた事項のほか、取締役会規程に基づき重要事項を決議するとと
           もに、内部統制システム、リスク管理体制の整備、コンプライアンス、財務諸表の適正性の確保、コーポ
           レート・ガバナンスの強化、並びに業務執行取締役の業務執行の状況を監督しております。
            また、取締役会には、すべての監査役が出席し、取締役の業務執行の状況を監視しております。
          b.監査役会

            当社は監査役会制度を採用しております。監査役会は竹谷敬治(常勤・社外・独立)、宗宮英恵(社外・
           独立)及び小椋明子(社外・独立)の社外監査役3名から構成されており、全員が独立役員に就いておりま
           す。監査役会は株主に対する受託者責任とすべてのステークホルダーの当社グループに対する期待を認識
           し、当社グループの持続的かつ健全な成長と企業価値向上のために活動をしております。監査役会は毎月の
           定例会のほか、必要に応じて臨時会を開催しております。また業務執行取締役の個別面談を社外取締役と連
           携を取りつつ定期的に開催し、社内情報の取得の機会を設けております。常勤監査役は、取締役会のほか社
           内重要会議に出席し、決裁事項の確認の他、社内で発生したリスクやアクシデント、業務執行取締役の業務
           執行状況等の情報を収集できる体制をとっております。
            また、内部監査室及び会計監査人と随時情報交換や意見交換を行うほか、定期的に報告会等を開催し連携
           を密にし、監査機能の向上を図っております。
          c.経営会議

            経営会議は、社内取締役及び幹部社員から構成され、代表取締役の諮問機関として、当社グループの経営
           課題や月次の営業状況、業務執行上の課題や諸問題の議論を行っております。また常勤監査役は経営会議に
           陪席しております。
          d.内部監査室

            内部監査室は、当社グループにおけるコーポレートガバナンス・リスクマネジメントの質的向上を図るこ
           とを目的とし、監査役及び会計監査人と連携を取り、内部監査規程に基づき、グループ会社を含む各部門の
           業務活動に関して、運営状況、業務実施の有効性及び正確性、コンプライアンスの遵守状況等について定期
           的に監査し、内部統制の機能状況を代表取締役社長に報告しております。
            また、内部監査結果及び是正状況については、監査役に報告し、意見交換を行っております。
          e.会計監査人

            会計監査人は、当社グループの財務情報の信頼性を担保する重要な役割を担い、株主や投資家に対しての
           責務を負っています。会計監査人として必要な独立性を確保し、専門性の維持向上に努め、会計監査を適正
           に実施するために必要な監査の品質管理の基準を遵守しております。監査役会、内部監査と連携し、監査の
           有効性を高める体制を構築しております。
                                31/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
          f.指名・報酬諮問委員会
            当社は、取締役の報酬等に関する手続きの公正性・透明性・客観性及び監督機能の強化を図り、コーポ
           レート・ガバナンスの一層の充実を図ることを目的として、取締役会の任意の諮問機関として「指名・報酬
           諮問委員会」を設置しております。取締役会及び代表取締役社長は、本委員会による答申をふまえ、取締役
           人事及び報酬の決定を行っております。
         ロ.取締役会等の活動状況

          a.取締役会の活動状況
            当事業年度において、取締役会は月1回の定例取締役会に臨時取締役会を加えた18回開催され、M&Aや資
           本施策等の重要議案の他、事業の状況、中期経営計画の進捗等について審議を行っております。個々の取締
           役の出席状況は次のとおりです。
        代表取締役社長
         CEO  兼  COO
                   開催された取締役会18回のすべてに出席いたしました。
          金田直之
          取締役
                   開催された取締役会18回のすべてに出席いたしました。
          奥津浩一
          取締役
                   開催された取締役会18回のすべてに出席いたしました。
          小柳智晃
          取締役
                   開催された取締役会18回のすべてに出席いたしました。
          亀本圭志
         取締役 CFO
                   2022年6月27日の就任以降開催された取締役会14回のすべてに出席いたしました。
          小嶋勝也
          取締役
                   2022年6月27日の退任までに開催された取締役会4回のすべてに出席いたしました。
          松澤好隆
         社外取締役
                   開催された取締役会18回のすべてに出席いたしました。
          森田幸史
         社外取締役
                   開催された取締役会18回のうち、17回に出席いたしました。
          松舘渉
          b.指名・報酬諮問委員会の開催状況

            当社は、2022年6月27日取締役会にて、指名諮問委員会及び報酬諮問委員会を統合し、指名・報酬諮問委
           員会としております。指名・報酬諮問委員会は、社外監査役竹谷敬治(委員長)、社外取締役森田幸史、社
           外取締役松舘渉で構成され、当事業年度においては、当社取締役に必要なスキルセット、マインドセット、
           スキルマトリクス、取締役評価方針、評価指標等について協議を行うとともに、代表取締役より諮問された
           取締役候補者及び個別取締役報酬案について、協議及び答申を行っております。
         社外監査役          開催された指名委員会3回、報酬委員会3回、指名・報酬諮問委員会9回のすべてに出
          竹谷敬治          席しました。
         社外取締役          開催された指名委員会3回、報酬委員会3回、指名・報酬諮問委員会9回のすべてに出
          森田幸史          席しました。
         社外取締役          開催された指名委員会3回、報酬委員会3回、指名・報酬諮問委員会9回のすべてに出
          松舘渉         席しました。
                                32/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         ハ.企業統治の体制を採用する理由
           当社では監査役会設置会社を採用しております。当社は社外監査役を中心とした監査体制を敷くことによ
          り、経営の意思決定機関である取締役会に対する実効性のある監査を行うことができるものと考えておりま
          す。
         ニ.企業統治に関するその他の事項

          a.内部統制システムの整備の状況
            当社では、内部統制システムの整備に関し、次のとおりの内容を取締役会の決議により定めております。
            ①取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            a.取締役及び従業員は、社会倫理、法令、定款及び各種社内規程等を遵守するとともに適正かつ健全な
             企業活動を行う。
            b.取締役会は、「取締役会規程」「職務権限規程」等の職務の執行に関する社内規程を整備し、従業員
             は定められた社内規程に従い業務を執行する。
            c.コンプライアンスの状況は、取締役会、経営会議、コンプライアンス・リスク管理委員会(以下、
             「CR委員会」という。)等を通じて取締役及び監査役に対して報告されねばならない。各部長は、部門
             固有のコンプライアンス上の課題を認識し、法令遵守体制の整備及び推進に努める。
            d.代表取締役社長直轄の内部監査室を設置する。内部監査室は、各部門の業務執行及びコンプライアン
             スの状況等について監査役会と連携し、定期的に監査を実施し、その評価を代表取締役社長に報告す
             る。また、法令違反その他法令上疑義のある行為等については、社内報告体制として内部通報制度を構
             築し運用するものとし、社外からの通報については、総務人事部を窓口として定め、適切に対応する。
            ②取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
            a.取締役の職務の執行に係る記録文書、稟議書、その他の重要な情報については、文書又は電磁的媒体
             に記録し、法令及び「情報管理規程」「稟議規程」等に基づき、適切に保存及び管理する。
            b.取締役及び監査役は、必要に応じてこれらの文書等を閲覧できるものとする。
            ③損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            a.取締役会は、コンプライアンス、個人情報、品質、セキュリティ及びシステムトラブル等の様々なリ
             スクに対処するため、社内規程を整備し定期的に見直すものとする。
            b.リスク情報等については取締役会、経営会議、CR委員会等を通じて各部門責任者より取締役及び監査
             役に対し報告を行う。個別のリスクに対しては、それぞれの担当部署にて、研修の実施、マニュアルの
             作成・配布等を行うものとし、組織横断的リスク状況の監視及び全社的対応は総務人事部が行うものと
             する。
            c.不測の事態が発生した場合には、代表取締役社長指揮下のCR委員会を招集し、必要に応じて顧問法律
             事務所等の外部専門機関とともに迅速かつ的確な対応を行い、損害の拡大を防止する体制を整える。
            d.内部監査室は、各部門のリスク管理状況を監査し、その結果を代表取締役社長に報告するものとし、
             取締役会において定期的にリスク管理体制を見直し、問題点の把握と改善に努める。
            ④取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            a.取締役会は月に1回定期的に、又は必要に応じて適時開催し、法令に定められた事項のほか、経営理
             念、経営方針、中期経営方針及び年次予算を含めた経営目標の策定及び業務執行の監督等を行う。各部
             門においては、その目標達成に向け具体策を立案・実行する。
            b.取締役は代表取締役社長の指示のもと、取締役会決議及び社内規程等に基づき自己の職務を執行す
             る。また経営会議にて、会社経営に関する情報を相互に交換、あるいは協議し、必要に応じ、取締役会
             に対し、経営政策、経営戦略を進言するものとする。
            c.各部門においては、「職務権限規程」及び「業務分掌規程」に基づき権限の委譲を行い、責任の明確
             化を図ることで、迅速性及び効率性を確保する。
            ⑤当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
            a.当社及び子会社の業務適正確保の観点から、当社のリスク管理体制、コンプライアンス体制をグルー
             プ全体に適用するものとし、必要な子会社への指導、支援を実施する。
            b.監査役及び内部監査室は、定期的に当社及び子会社の内部監査を実施し、当社及び子会社の内部統制
             の有効性と妥当性を確保する。また監査結果については、取締役会、経営会議等に報告するものとす
             る。
            c.子会社を担当する役員又は担当部署を明確にし、必要に応じて適正な指導、管理を行うものとする。
             また、子会社の業務及び取締役等の職務の執行の状況を定期的に当社に報告するものとする。
                                33/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
            ⑥監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項並びに
             当該使用人の取締役からの独立性に関する事項
            a.監査役は、当該使用人に監査業務に必要な事項を指示することができる。当社は当該使用人に対し監
             査役の指示に従う旨を通知するとともに、指示を受けた使用人はその指示に関して、取締役、部門長等
             の指揮命令を受けないものとする。
            b.当該使用人の人事異動については監査役の事前同意又は事前協議を要することとする。
            ⑦取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
            a.監査役は、重要な意思決定のプロセスや業務の執行状況を把握するため、取締役会等の重要な会議に
             出席し、必要に応じ稟議書等の重要な文書を閲覧し、取締役及び使用人に説明を求めることができるこ
             ととする。
            b.取締役及び使用人は、監査役に対して、法定の事項に加え、業務又は業績に重大な影響を与える事
             項、内部監査の実施状況、内部通報制度による通報状況及びその内容を報告する体制を整備し、監査役
             の情報収集・交換が適切に行えるよう協力する。
            ⑧その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            a.監査役は、内部監査室と連携を図り情報交換を行い、必要に応じて内部監査に立ち会うものとする。
            b.監査役は、法律上の判断を必要とする場合は、随時顧問法律事務所等より専門的な立場からの助言を
             受け、会計監査業務については、会計監査人に報告を求めるなど必要な連携を図ることとする。
            c.監査役が当社に対し、その職務の執行にかかる費用の請求をしたときは、担当部署において審議のう
             え、当該費用の請求が職務の執行に必要でないと判断された場合を除き、速やかに処理をすることとす
             る。
            ⑨財務報告の信頼性を確保するための体制
             「内部統制システム構築の基本方針」及び別途定める「財務報告の基本方針」に基づき、財務報告に係
            る内部統制の整備及び運用を行う。
            ⑩反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
            a.反社会的勢力とは一切の関係を持たないこと、不当要求については拒絶することを基本方針とし、こ
             れを社内に周知し明文化する。また、取引先がこれらと関わる個人、企業、団体等であることが判明し
             た場合には取引を解消する。
            b.総務人事部を反社会的勢力対応部署と位置付け、情報の一元管理・蓄積等を行う。また、役員及び使
             用人が基本方針を遵守するよう教育体制を構築するとともに、反社会的勢力による被害を防止するため
             の対応方法等を整備し周知を図る。
            c.反社会的勢力による不当要求が発生した場合には、警察及び顧問法律事務所等の外部専門機関と連携
             し、有事の際の協力体制を構築する。
          b.リスク管理体制の状況

            上記a.③に記載したとおりです。
          c.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

            上記a.⑤に記載したとおりです。
          d.責任限定契約の内容の概要

            当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、会社法第423条第1
           項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づき損害賠償責任限度額は、法令が定
           める最低責任限度額としております。
          e.役員等賠償責任保険契約の内容の概要等

            当社は当社の取締役及び監査役の全員を被保険者とする会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償
           責任保険契約を保険会社との間で締結しております。当該契約においては、会社訴訟、第三者訴訟、株主代
           表訴訟等により、被保険者が負担することとなった争訟費用及び損害賠償金等を填補の対象としておりま
           す。なお、被保険者の職務の執行の適正性が損なわれないようにするための措置として、被保険者による犯
           罪行為等に起因する損害等については、填補の対象外としております。当該契約の保険料は全額当社が負担
           しております。
                                34/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
          f.取締役の定数
            当社の取締役の定数は8名以内とする旨、定款に定めております。
          g.取締役の選任及び解任の決議要件

            当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
           る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び取締役の選任決議は、累積投票によらないものと
           する旨定款に定めております。
          h.中間配当

            当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間
           配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためで
           あります。
          i.自己株式

            当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己株式を取得することができ
           る旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするた
           め、市場取引等により自己株式取得を目的とするものであります。
          j.株主総会の特別決議要件

            当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができ
           る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定
           めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営
           を行うことを目的とするものであります。
                                35/98













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ①役員一覧
         男性  7 名 女性    2 名 (役員のうち女性の比率               22 %)
                                                         所有
                                                         株式数
      役職名      氏名      生年月日                   略歴                任期
                                                         (株)
                         2000年7月     ㈱アジアネット 代表取締役
                         2001年6月     ㈱東芝 入社
                         2001年11月     ㈱ニューズウォッチ 代表取締役社長(㈱東芝より出
                               向、後転籍)
                         2011年10月     ㈱ザクラ(現東京カレンダー㈱) 代表取締役社長
                         2014年4月     ㈱CEホールディングス 入社
                         2017年9月     ㈱CEホールディングス 執行役員事業戦略担当
     代表取締役
                                                         24,812
                         2017年9月
                               ㈱Mocosuku 代表取締役社長(現任)
      社長
           金田 直之      1962年7月24日      生                               (注)3
                                                         (注)5
                         2018年12月     ㈱CEホールディングス 取締役
     CEO  兼 COO
                         2019年5月     同社 取締役事業戦略室長
                         2020年6月     当社 代表取締役社長
                         2021年4月
                               ㈱サークア 代表取締役社長(現任)
                         2022年11月
                               プラウドエンジン㈱ 代表取締役社長(現任)
                         2023年4月     ㈱駅探I&I 代表取締役社長(現任)
                         2023年6月     当社 代表取締役社長 CEO           兼 COO(現任)
                         2003年4月     アイエックス・ナレッジ㈱入社
                         2014年4月     同社 経理部 担当部長
                         2017年4月     同社 経営管理部 経企・経理・IRグループ マネー
                               ジャー
                         2017年9月     スキルアップ・ビデオテクノロジーズ㈱(現㈱PLAY)入
                               社
                               経理チームリーダー
                         2018年1月     同社 経理総務グループ長
                         2018年9月     同社 経営企画室 室長
      取締役
                                                         10,393
           小嶋 勝也      1979年5月16日      生                               (注)3
                         2019年7月     ㈱welby入社 経理財務グループ マネージャー
       CFO
                                                         (注)5
                         2019年11月     ㈱10ANTZ入社 
                               管理グループ シニアマネージャー
                         2020年1月     同社 管理本部 ゼネラルマネージャー
                         2020年12月     当社入社
                         2021年5月     当社 経営戦略室長        兼 管理本部財務経理部長
                         2022年6月     当社 取締役
                         2022年7月     当社 経営企画室長        兼 財務経理部長
                         2023年6月     当社 取締役 CFO(現任)
                         1997年4月     ㈱帝国データバンク 入社
                         2004年8月     ㈱アイ・ピー・ビー 入社
                         2009年2月     ㈱パテント・リザルト 転籍
                         2011年11月     アクモス㈱ 入社
                         2018年12月     ㈱アイティエルホールディングス 入社
                         2019年12月     ㈱アイティエルホールディングス 代表取締役社長(現
                               任)
      取締役    佐々井 文吉      1972年10月3日      生                               (注)3     -
                         2019年12月     ㈱Logreco 代表取締役社長(現任)
                         2020年9月     グロースアンドコミュニケーションズ㈱ 代表取締役社
                               長(現任)
                         2020年9月     イーディフェンダーズ㈱ 代表取締役社長(現任)
                         2023年4月     ㈱駅探I&I 取締役副社長(現任)
                         2023年6月     当社 取締役(現任)
                         1980年4月     日本電気㈱ 入社
                         2001年10月     同社 NTTドコモシステム事業部部長
                         2007年4月     同社 NTTドコモサービス事業部営業統括部長
                         2015年4月     同社 NTTドコモ営業事業部エグゼクティブエキス
                                                         1,194
      取締役     森田 幸史      1956年9月30日      生                               (注)3
                               パート
                                                         (注)5
                         2016年10月     ㈱オーネスト 顧問
                         2017年4月
                               ㈱プロフェッショナル・ネットワークス 顧問(現任)
                         2020年6月     当社 社外取締役(現任)
                                36/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
      役職名      氏名      生年月日                   略歴                任期   株式数
                                                         (株)
                         1996年4月     ㈱サンユテクノス 入社
                         2004年12月
                               ㈱アットウェア設立 取締役(現任)
                                                         1,194
                         2016年7月
                               ㈱未来シェア 代表取締役(現任)
      取締役     松舘 渉     1972年7月25日      生                               (注)3
                                                         (注)5
                         2017年6月     ㈱函館ラボラトリ 代表取締役(現任)
                         2020年6月     当社 社外取締役(現任)
                         1987年4月     ㈱リクルート 入社
                         1998年1月     ヤフー㈱ 入社
                         2003年4月     ㈱パソナ 入社
                         2003年6月     同社 執行役員
                         2005年6月     ㈱アイテック 取締役
                         2006年6月     同社 代表取締役社長
                         2007年11月     トランスコスモス㈱ 執行役員 エンタープライズ第三
                               営業本部長
      取締役    野々村 正仁      1965年3月22日      生
                                                     (注)3     -
                         2009年4月     同社 執行役員 産業・情報営業本部長
                         2012年1月     グーグル㈱ 第一広告営業本部長
                         2014年5月     ㈱アスコエパートナーズ 取締役 営業本部長
                         2015年6月     公益財団法人しまねソフト研究開発センター(現任)
                         2016年5月     ㈱中海テレビ放送 放送事業本部長
                         2021年5月     エカイブ・エージェント㈱ 取締役副社長(現任)
                         2023年1月     ㈱アスコエパートナーズ 顧問(現任)
                         2023年6月     当社 社外取締役(現任)
                         1980年4月     ソニー㈱ 入社
                         2001年5月     同社 グローバル情報システムセンター管理部長
                         2003年4月     同社 本社ビル開発プロジェクト室 部長
                         2006年4月     同社 CICR推進室(内部統制主幹) 部長
      監査役
                         2010年6月     ソニーセミコンダクタ㈱ 常勤監査役
           竹谷 敬治      1956年7月8日      生
                                                     (注)4     -
      (常勤)
                         2015年9月     ソニー㈱ リスク&コントロール部 シニアアドバイ
                               ザー
                         2016年6月     ㈱トプコン 社外監査役(現任)
                         2017年6月     当社 社外監査役(現任)
                         2008年12月     弁護士登録・第二東京弁護士会所属 牛島総合弁護士事
                               務所入所
                         2011年4月     消費者庁企画課・消費者制度課出向
                         2015年5月     ジョージタウン大学ローセンター、ワシントン大学ロー
                               スクール客員研究員
                         2015年9月     日本銀行政策委員会室法務課出向
      監査役     宗宮 英恵      1982年2月26日      生                               (注)4     -
                         2017年5月     特定複合観光施設区域整備推進本部事務局・内閣官房特
                               定複合観光施設区域推進室立案・法制化担当
                         2019年3月     のぞみ総合法律事務所入所
                         2020年6月     テンアライド㈱ 取締役(現任)
                         2022年6月     当社 社外監査役(現任)
                         2010年9月     有限責任監査法人トーマツ入所
                         2015年3月     公認会計士登録
                         2020年6月     小椋明子公認会計士事務所開設
      監査役     小椋 明子      1982年6月10日      生                               (注)4     -
                         2020年7月
                               Unipos㈱ 監査役(現任)
                         2020年9月     ㈱アドベンチャー 監査役(現任)
                         2022年6月     当社 社外監査役(現任)
                            計
                                                         37,593
     (注)1.取締役 森田幸史、松舘渉及び野々村正仁は、社外取締役であります。
         2.監査役 竹谷敬治、宗宮英恵及び小椋明子は、社外監査役であります。
         3.取締役の任期は、2023年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時
           までであります。
         4.監査役の任期は、2022年3月期に係る定時株主総会終結の時から2026年3月期に係る定時株主総会終結の時
           までであります。
         5.上記所有株式数には、持株会を通じて所有している持分を含めた実質所有株式数を記載しております。な
           お、提出日(2023年6月28日)現在の株主名簿及び持株会による取得株式数については確認ができないた
           め、2023年3月31日現在の実質所有株式数を記載しております。
                                37/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                         所有
             氏名      生年月日                    略歴                 株式数
                                                         (株)
                         1997年9月      稲村会計事務所(現アクタス税理士法人)入所
                               アクタスマネジメントサービス            ㈱ 入社
                         1999年9月      税理士登録
                         2000年12月      同社 取締役(現任)
                         2002年4月      ASG税理士法人(現アクタス税理士法人)社員
                         2003年9月      同法人代表社員(現任)
                         2008年10月      登録政治資金監査人
           粕谷 直人      1971年1月5日生                                         -
                               アクタスITソリューションズ            ㈱  取締役(現任)
                         2010年3月
                               ㈱ イーグルスミコーポレーション(現              ㈱ エストケム)
                         2012年3月
                               社外取締役(現任)
                         2016年2月      行政書士登録
                               アクタスHRコンサルティング            ㈱  監査役
                         2020年1月
                               アクタスHRコンサルティング            ㈱  取締役(現任)
                         2021年3月
        ②社外役員の状況

         当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名です。
         社外取締役の森田幸史氏は、長年にわたりITソリューション事業に関する職務に携わっており、その経歴を通じ
        て培った幅広い経験及び見識に基づく監督機能を果たすことができることから、当社の社外取締役として適任であ
        ると判断しております。
         社外取締役の松舘渉氏は、株式会社アットウェア取締役、株式会社未来シェア代表取締役を務めており、その経
        歴を通じて培った幅広い経験及び見識に基づく監督機能を果たすことができることから、当社の社外取締役として
        適任であると判断しております。
         社外取締役の野々村正仁氏は、マーケティング分野における長い経験と知見を持ち、また、地域活性化や地域ビ
        ジネスに関する知見を有しております。その経歴を通じて培った幅広い経験、見識から当社の事業戦略や、事業展
        開、取締役の職務執行に対する監督機能を果たすことができることから、当社の社外取締役として適任であると判
        断しております。
         社外監査役の竹谷敬治氏は、長年企業の監査役として幅広い見識、豊富な経験を有していることから、当社の社
        外監査役として適任であると判断しております。
         社外監査役の宗宮英恵氏は、弁護士としての広い経験と企業法務に関する見識を持つほか、観光業における深い
        法的知識を有しており、当社経営及び事業の監査を通じ当社グループの更なる発展に貢献することが期待できるこ
        とから、当社の社外監査役として適任であると判断しております。
         社外監査役の小椋明子氏は、公認会計士として企業会計に関する深い見識を持つほか、ベンチャー企業や旅行関
        連企業の監査役経験もあり、当社経営及び事業の監査を通じ当社グループの更なる発展に貢献することが期待でき
        ることから、当社の社外監査役として適任であると判断しております。
         また、社外取締役3名、社外監査役3名と当社との間で、人的関係、資本的関係及び特別の利害関係はありませ
        ん。また、各社外取締役及び社外監査役の当社株式保有状況は、「①役員一覧」に記載のとおりであります。
         当社は、社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準や方針についての特段の定めはありませんが、独立性
        に関しては、株式会社東京証券取引所が定める基準を参考にしており、一般株主と利益相反が生じる恐れのない社
        外取締役及び社外監査役を選任しており、経営の独立性を担保していると認識しております。
                                38/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統
         制部門との関係
         社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との関係は、内部監査は内
        部監査室が毎期内部監査計画を策定しており、当該計画に基づいて業務活動の運営状況、業務実施の有効性及び正
        確性、コンプライアンスの遵守状況等について監査を行い、その結果を代表取締役社長に対して報告するととも
        に、業務の改善及び適切な運営に向けての具体的な助言や勧告を行っております。また、内部監査室は、監査役と
        も密接な連携をとっており、監査役は、内部監査状況を適時に把握できる体制になっております。
         監査役は、監査役会で策定した監査計画に基づいて、当社及び子会社の業務全般について、常勤監査役を中心と
        して計画的かつ網羅的な監査を実施しております。また、取締役会その他重要な会議に出席し、意見を述べるほ
        か、取締役からの聴取、重要な決裁書類等の閲覧を通じ監査を実施しております。監査役3名は独立機関としての
        立場から、適正な監視を行うため定期的に監査役会を開催し、打ち合わせを行い、また、会計監査人を含めた積極
        的な情報交換により連携をとっております。
         また、内部監査室、監査役会及び会計監査人は、定期的に会合を実施することで情報交換及び相互の意思疎通を
        図っております。
      (3)【監査の状況】

        ①監査役監査の状況
         当社は監査役会設置会社であります。監査役会は、株主に対する受託者責任を認識し、当社及び子会社の健全性
        を確保し、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に向けて活動しております。
         当社は、透明性及び公正性の確保のため、監査役全員を独立役員としており、監査役会は社外監査役3名(うち
        独立役員3名)で構成されております。
         監査役は、適切な経験・能力を有する者を選任しており、財務・会計に関する十分な知見を有している者を1名
        以上、法務に関する十分な知見を有している者を1名以上選任しております。
         常勤社外監査役竹谷敬治氏は、長年にわたる経営管理業務の経験を有しております。
         社外監査役宗宮英恵氏は、弁護士であり、法務に関する十分な知見を有しております。
         社外監査役小椋明子氏は、公認会計士であり、財務・会計に関する十分な知見を有しております。
         なお、当事業年度の監査役会議長は、常勤社外監査役竹谷敬治氏が務めております。
         監査役会は、毎月開催の定例監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。当事業年度にお

        いては計19回開催し、個々の監査役の出席状況については次のとおりです。
             氏名                 開催回数                  出席回数
            竹谷敬治                    19                  19

           宗宮英恵※                    12                  12

           小椋明子※                    12                  12

            岡田務※                    7                  7

           内田満之※                    7                  7

         (注)宗宮英恵氏及び小椋明子氏は、2022年6月27日開催の第20回定時株主総会にて選任されております。ま
            た、同定時株主総会において、岡田務氏及び内田満之氏は任期満了により退任しております。
                                39/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ・監査役会では、取締役会審議案件についての意見交換、会計監査人からの説明等に関する確認、意見交換、出
         席、重要会議議案に関する情報、意見交換を主として行っております。
        ・審議事項としては、会計監査人の再任、監査計画、監査報告書の作成、監査役候補、補欠監査役候補、会計監査
         人の報酬への同意等を行っております。同意事項については、必要に応じて執行側と意見交換、意思の確認を
         行っております。なお、監査役会以外でも監査役一同が集まる機会もあり、情報、意見交換に努めております。
        ・その他の重要会議として、経営会議には毎回常勤の監査役が出席し、経営の意思決定の監査を行っております。
         経営会議においても、必要に応じて、質問をなし、意見を開陳しております。
        ・当事業年度は、会計監査人と会計監査人監査計画の聴取、四半期レビュー結果の聴取、監査上の主要な検討事項
         (KAM)の打合せ、会計監査人監査結果報告等で前任会計監査人と3回、現任会計監査人と7回の会合を持ち、
         会計監査人から状況を聴取するとともに、互いの監査計画等意見を交換し、連携を図っております。
        ・内部監査部門である内部監査室と常勤の監査役は、実施した監査、ヒアリング等の情報を交換すると共に、互い
         の監査計画の摺合せを行っております。
        ・社外監査役が幹事となり開催している「社外役員連絡会」にて、社外取締役と定期的に意見交換しており、当事
         業年度は12回開催されました。
        ・社外監査役と社外取締役は、常勤の監査役が幹事となり代表取締役社長と会合を持ち、年4回意見交換を行って
         おります。
        ②内部監査の状況

         当社における内部監査は、内部監査室が内部監査規程に基づき、グループ会社を含む各部門の業務活動に関し
        て、運営状況、業務実施の有効性及び正確性、コンプライアンスの遵守状況等についての監査を定期的に行い、代
        表取締役社長に報告しております。また、内部監査結果及び是正状況については、監査役に報告し、意見交換を
        行っております。内部監査部門長は、内部監査の状況及び内容について、取締役会にて報告を行っており、内部監
        査の実効性を確保しております。
         また、内部監査部門長は、監査役会及び会計監査人と定期的に情報交換を行っており、三様監査としての実効性
        を確保しております。
        ③会計監査の状況

         イ.監査法人の名称
           RSM清和監査法人
         ロ.継続監査期間

           1年間
         ハ.業務を執行した公認会計士

           指定社員 業務執行社員 公認会計士 平澤優
           指定社員 業務執行社員 公認会計士 津田格朗
         ニ.監査業務に係る補助者の構成

           公認会計士7名
           会計士試験合格者等1名
           その他2名
         ホ.監査法人の選定方針と理由

           当社は、会計監査人としての監査法人の選定及び評価を監査役会が実施しております。監査役会は日本監査
          役協会の「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実施指針」に定める評価基準に基づき、会
          計監査人としての監査法人の選定方針並びに評価項目を定めております。選定・評価にあたっては各取締役・
          内部監査室及び管理部門に会計監査人に関する意見、情報を聴取し、監査役会にて当該監査法人が当社の会計
          監査人として再任することが適正であるか協議いたします。
           その結果、適正でないと判断した場合には、株主総会に会計監査人の解任又は不再任に関する議案を提出す
          ることを決定いたします。
                                40/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         ヘ.監査役及び監査役会による監査法人の評価
           当社の監査役会は、当該監査法人が十分な専門性を発揮して当社の監査に臨んでいること、会社法上の欠格
          事由の無いこと、独立性・品質管理体制・監査の実施体制・監査報酬・不正リスク対応・監査役会及び経営者
          とのコミュニケーション等が妥当であること、当社に対する過去の会計監査が適正であること、また当社の事
          業を意欲的に理解し、その理解が適切であること等を確認・評価し、当該監査法人を会計監査人として再任す
          ることが適正であると評価いたします。
         ト.監査法人の異動

           当社の監査法人は次のとおり異動しております。
           前連結会計年度及び前事業年度                   EY新日本有限責任監査法人
           当連結会計年度及び当事業年度                   RSM清和監査法人
           なお、臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。

           (1)当該異動に係る監査公認会計士等の氏名又は名称
            ① 選任する監査公認会計士等の氏名又は名称
              RSM清和監査法人
            ② 退任する監査公認会計士等の氏名又は名称
              EY新日本有限責任監査法人
           (2)当該異動の年月日

             2022年6月27日(第20回定時株主総会開催日)
           (3)退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

             2008年8月25日
           (4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

             該当事項はありません。
           (5)当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯

             当社の会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人は、2022年6月27日開催予定の第20回定時株主総会
            の終結の時をもって任期満了となります。
             現在の会計監査人につきましても、会計監査が適切かつ妥当に行われる体制を十分に備えているものと
            考えておりますが、監査継続期間が長期にわたること、監査報酬が年々増加傾向にあったことを踏まえ、
            当社の事業規模に見合った監査費用の相当性について、他の監査法人と比較検討してまいりました。
             当社の会計監査人評価・選定基準に従って、公認会計士等としての専門性、独立性、品質管理体制等を
            評価し、当社の事業規模に適した監査報酬の水準が期待できること等も総合的に勘案した結果、RSM清和
            監査法人が当社の会計監査人として最も適任であると判断いたしました。
           (6)上記(5)の理由及び経緯に対する意見

            ① 退任する監査公認会計士等の意見
              特段の意見はない旨の回答を得ております。
            ② 監査役会の意見
              妥当であると判断しております。
                                41/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ④監査報酬の内容等
         イ.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                      36,952                      28,300
     提出会社                               -                       -
     連結子会社                   -           -           -           -

                      36,952                      28,300
         計                           -                       -
         (注)非監査業務の内容は以下のとおりです。
            (前連結会計年度)
             該当事項はありません。
            (当連結会計年度)
             該当事項はありません。
         ロ.監査公認会計士等と同一のネットワーク(RSMインターナショナルグループ)に属する組織に対する報酬

          (イ.を除く)
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                                                          680
     提出会社                   -           -           -
     連結子会社                   -           -           -           -

                                                          680
         計               -           -           -
         (注)非監査業務の内容は以下のとおりです。
            (前連結会計年度)
             該当事項はありません。
            (当連結会計年度)
             当社及び連結子会社における非監査業務の内容は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属
            しているRSM汐留パートナーズ税理士法人による税務書類の作成業務であります。
         ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
         ニ.監査報酬の決定方針

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査日数、業務内容等の監査計画に基づき監査公
          認会計士等と協議のうえ、監査役会の同意を得て決定しております。
         ホ.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りなどが当社の事業規模
          や事業内容に適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意
          の判断を行っております。
                                42/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         当社は、2022年3月16日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議して
        おります。当社の取締役の報酬等は、企業価値の向上を図るインセンティブとして機能する報酬体系とし、個々の
        取締役の報酬等の決定に際しては各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針としております。具体的に
        は、取締役の報酬等は、基本報酬(固定報酬及び評価報酬)及び株式報酬により構成し、監督機能を担う社外取締
        役については、その職務に鑑み、固定報酬としての基本報酬のみを支払うこととしております。
        取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針の内容は次のとおりです。

        (1)報酬の種類
         1-1.基本報酬(金銭報酬)のうち固定報酬に係る個人別の報酬等の額の決定に関する方針(報酬等を与える時
            期又は条件の決定に関する方針を含む。)
            当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責等に応じて当社と同程度の事業規模や関連
           する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準、当社の業績、従業員給与の水準も考慮しなが
           ら、総合的に勘案して決定するものとする。
         1-2.基本報酬(金銭報酬)のうち評価報酬に係る指標の内容及び額の算定方法の決定に関する方針(報酬等を
            与える時期又は条件の決定に関する方針を含む。)
            評価報酬は、事業年度ごとの業績向上に対する意識を高めるため会社業績指標(KPI)及び個人業績を反
           映した金銭報酬とする。各事業年度の目標値に対する達成度合いに応じて算出された額を評価報酬として月
           例の固定報酬と合わせて支給する。
         2. 株式報酬に係る業績指標の内容及び額又は数の算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期又は条
            件の決定に関する方針を含む。)
            株式報酬は、当社の中長期の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを与えることを目的とした報
           酬と、短期的な事業年度ごとの業績向上に対するインセンティブを与えることを目的とした2種類の報酬で
           構成されるものとする。それぞれの報酬の対象期間と後者の業績指標については、経営戦略等を考慮し決定
           するものとする。
        (2)基本報酬の額又は株式報酬の額の、取締役の個人別の報酬等の額に対する割合の決定に関する方針
          取締役の個人別の報酬等の額における基本報酬と株式報酬の割合については、当社と同程度の事業規模や関連
         する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準を考慮したうえで、代表取締役社長が決定する。
        (3)基本報酬の額又は株式報酬の額の、取締役の個人別の報酬等の額に対する内容の決定に関する方針
          取締役の個人別の報酬等の内容については、当社が任意に設置する報酬諮問委員会が取締役会の諮問に応じて
         審議を行ったうえで、報酬諮問委員会の審議を経て、取締役会決議に基づき代表取締役社長がその具体的内容の
         決定について委任をうけるものとし、その委任する権限の内容は、各取締役の基本報酬の額及び事業貢献度を踏
         まえた業績連動報酬の額の決定とする。取締役会は、当該権限が代表取締役社長によって適切に行使されるよ
         う、監督を行うものとする。
          当事業年度において、取締役会は、当社全体の業績等を勘案しつつ各取締役の担当部門や業務内容について評

         価を行うには代表取締役が適していると判断し、代表取締役社長 CEO                                 兼  COO 金田     直之に対し取締役の基本
         報酬の額及び業績連動報酬の額の決定を委任しております。また、取締役の報酬等に関する手続きの公正性・透
         明性・客観性を確保するために、社外取締役2名、社外監査役1名からなる指名・報酬諮問委員会を設置してお
         ります。諮問委員会は当社取締役報酬水準について検討を行うほか、代表取締役社長が諮問した固定報酬、及び
         評価報酬にかかる評価内容と評価結果について業績及び各取締役の職務執行状況等をふまえ妥当である旨答申を
         し、代表取締役は、答申結果に基づき個別報酬の決定を行っております。取締役会は、取締役の個人報酬につい
         てその決定プロセスが取締役会で決議された方針と整合していることを確認しており、当該決定方針に沿うもの
         と判断しております。また、監査役の報酬は、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、常勤、非常勤
         の別、職務分担等に応じて監査役の協議によって定めております。
        役員の報酬の詳細は次のとおりであります。

        a.基本報酬(金銭報酬)
          取締役の金銭報酬の額は、2010年6月25日開催の第8回定時株主総会において年額200百万円以内と決議して
         おります(使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない)。当該株主総会終結時点の取締役の員数は7名(う
         ち、社外取締役は2名)です。監査役の金銭報酬の額は、2010年6月25日開催の第8回定時株主総会において年
         額30百万円以内と決議しております。当該株主総会終結時点の監査役の員数は4名です。
                                43/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        b.業績連動型株式報酬制度
         1.制度の概要
           当社は、事後交付型業績連動型株式報酬制度(パフォーマンス・シェア・ユニット制度)(以下「本制度」
          という。)を導入しています。本制度は、当社の取締役(社外取締役を除く。)(以下「対象取締役」とい
          う。)に、当社の企業価値の向上を図るインセンティブを付与すると共に、株主と一層の価値共有を進めるこ
          とを目的とするものであり、2022年5月20日開催の取締役会において「事後交付型業績連動型株式報酬制度」
          の導入を決議し、2022年6月27日開催の第20回定時株主総会において年間40千株、40百万円以内と決議してお
          ります。当該株主総会終結時点の取締役の員数は7名(うち、社外取締役は2名)です。本制度は、対象取締
          役に対し、当社取締役会が定める期間(以下「評価期間」という。なお、下記2.(2)のとおり、当初の対象
          期間は、2023年4月1日から2024年3月31日までの1事業年度とする。)中の業績の数値目標を当社取締役会
          にてあらかじめ設定し、当該数値目標の達成割合に応じて算定される数の当社普通株式及び金銭を、対象取締
          役の報酬等として付与する業績連動型の報酬制度です。なお、下記に定める報酬の算定方法が適正であること
          については、任意の報酬諮問委員会に諮問し、全委員一致で適正である旨の回答を得ています。
         2.当社株式及び金銭の算定方法

           以下の方法に基づき、本制度の対象取締役ごとの交付株式数及び支給する金銭を決定します。
           (1)交付する株式数(最終交付株式数)及び支給する金銭の算定方法
            ア.交付株式数及び金銭の額
              各対象取締役に交付される最終交付株式数及び支給する金銭の額は、以下の算定式に従って、以下の
             上限数の範囲で算定されます。
             [算定式]
              1.最終交付株式数は以下の式に従って算出される。
                最終交付株式数=役位別基準交付株式数(①)×業績目標達成係数(②)×在任期間比率(③)
                ×役位調整比率(④)×70%
              2.金銭の額は以下の式に従って算出される。
                金銭の額=役位別基準交付株式数(①)×業績目標達成係数(②)×在任期間比率(③)×役位
                調整比率(④)×基準株価(⑤)×30%
             [上限数]

              全対象取締役に係る金銭報酬債権及び金銭の合計並びに最終交付株式数の合計は下記の上限に服する
             ものとします。なお、かかる最終交付株式数の上限数は、当社の発行済株式総数が、株式の併合又は株
             式の分割(株式無償割当てを含む。)によって増減する場合は併合・分割の比率を乗じて調整されま
             す。
                                    記
              全対象取締役に付与する金銭報酬債権及び金銭の総額並びに最終交付株式数の総数の1年あたりの上
             限は、それぞれ40百万円及び40千株とする。
            イ.個別の算定項目の説明

              ①役位別基準交付株式数
                       役位                  基準交付株式数
               代表取締役                            6,000株
               取締役                            3,000株
              ②業績目標達成係数

               業績目標達成係数は、業績目標達成率を元に、下記表によって算出される。
                     業績目標達成率                    業績目標達成係数
               1.2以上                    1.2
               0.7以上1.2未満                    業績目標達成率と同一
               0.6以上0.7未満                    0.5
               0.5以上0.6未満                    0.4
               0.5未満                    0.0
                                44/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
               業績目標達成率は、確定した連結貸借対照表及び連結損益計算書(以下「連結貸借対照表等」とい
              う)により算出される下記指標の数値に基づいて、算出された数字の合計値とする。
               業績達成率=(売上高達成率(ア)×1/3)+EBITDA達成率(イ)×2/3)
               (ア)売上高達成率=2024年3月期連結売上高÷4,612百万円
               (イ)EBITDA達成率=2024年3月期EBITDA÷316百万円
               ※ただし、死亡により地位を喪失した場合には、死亡により地位を喪失した時点で、有価証券報告
                書に記載した連結貸借対照表等のうち直近事業年度のものにより算出される上記指標の数値に基
                づいて上記表に従って算出されるものとする。また、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完
                全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画に関する事項が当社の株主総会(ただし、当該組
                織再編に関して当社の株主総会による承認を要しない場合においては当社の取締役会)で承認さ
                れた場合には、当該承認の時点で有価証券報告書に記載した連結貸借対照表等のうち直近事業年
                度のものにより算出される上記指標の数値に基づいて上記表に従って算出されるものとする。
               EBITDAは以下の算式により算出される。
               EBITDA=営業利益+減価償却費+のれん償却費
              ③在任期間比率
               在任期間に応じて付与する株式数を按分するため、以下の式により算出される。なお、月の途中で
              地位を喪失した場合には1月在任したものとみなして計算する。
               在任期間比率=対象期間中に在任した合計月数/対象期間の合計月数
              ④役位調整比率
               役位変更があった場合に、その役位に対応した株式数を付与するように付与株式数を調整するた
              め、以下の式により算出される。なお、月の途中で役位変更があった場合には新しい役位に1月在任
              したものとみなして計算する。
               役位調整比率=(当初役位の役位別株式報酬基準額×当初役位在任月数+変更後の役位別株式報酬
               基準額×変更後役位在任月数)/当初役位の役位別株式報酬基準額×対象期間中に在任した合計月
               数
              ⑤基準株価
               基準株価は取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所における当社株式の普通取引の終
              値(同日に取引が成立していない場合には、それに先立つ直近取引日の終値)とする。
              ⑥その他
               対象取締役は、所定の非違行為等がある場合には、本制度により当社株式及び金銭を受ける権利を
              喪失します。
           (2)評価期間
             2023年4月1日から2024年3月31日までの1事業年度
           (3)支給時期
             上記計算式にて算定された交付株式数の当社株式及び支給金額の金銭を、権利確定日(※)から2ヶ月
            以内に交付又は支給します。
            (※)権利確定日とは、評価期間の最終年度が終了してから当該年度に係る計算書類の内容が会社法に基
               づき定時株主総会へ報告される日をいいます。
         3.株式の交付方法及び金銭の支給方法

           対象取締役に対する当社株式の交付は、当該対象取締役に対して、当社が上記2.(1)の計算式にて算定さ
          れた金銭報酬債権を付与し、その金銭報酬債権を現物出資財産として当社に出資させることにより、当社株式
          の新規発行又は自己株式の処分を行う方法とします。また、対象取締役に対する金銭の支給は、当該対象取締
          役に対して、当社が上記2.(1)の計算式にて算定された額の金銭を対象取締役が通知した金融機関の口座に
          対して振り込む方法とします。
                                45/98





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         4.その他の取扱い等について
           (1)評価期間中に組織再編等が行われた場合
             評価期間中に次の各号に掲げる事項(以下「組織再編等」という。)が当社の株主総会(ただし、第2
            号において当社の株主総会による承認を要さない場合及び第6号においては、当社の取締役会)で承認さ
            れた場合(ただし、次の各号に定める日(以下「組織再編等効力発生日」という。)が当社株式の交付時
            より前に到来することが予定されているときに限る。)、上記2.(1)アに従って算定される最終交付株
            式数に、当該承認の日(以下「組織再編等承認日」という。)の当社株式の時価を乗じて得られた額の金
            銭を交付する。組織再編等承認日の当社株式の時価とは、同日の当社株式の普通取引の終値(同日に取引
            が成立していない場合には、それに先立つ直近取引日の終値)とする。ただし、かかる金銭の支給は、上
            記2.(1)の上限額の範囲内で行われるものとする。
            ①当社が消滅会社となる合併契約 合併の効力発生日
            ②当社が分割会社となる吸収分割契約又は新設分割計画(当社が、会社分割の効力発生日において、当該
             会社分割により交付を受ける分割対価の全部又は一部を当社の株主に交付する場合に限る。) 会社分
             割の効力発生日
            ③当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画、株式交換又は株式移転の効力発生日
            ④株式の併合(当該株式の併合により対象者に関する基準交付株式数が1株に満たない端数のみとなる場
             合に限る。) 株式の併合の効力発生日
            ⑤当社株式に会社法第108条第1項第7号の全部取得条項を付して行う当社の普通株式の全部の取得 会
             社法第171条第1項第3号に規定する取得日
            ⑥当社株式を対象とする株式売渡請求(会社法第179条第2項に定める株式売渡請求を意味する。) 会
             社法第179条の2第1項第5号に規定する取得日
           (2)端数処理その他の調整
             最終交付株式数の算定その他制度に基づく交付株式数及び支給額の算定において、算定した交付する株
            式数又は支給する金銭の額に1株未満又は1円未満の端数が生じる場合、これを切り捨てることとしま
            す。なお、株式の交付又は金銭の支給までに、当社の発行済株式総数が、株式の併合又は株式の分割(株
            式無償割当てを含む。以下、株式の分割の記載につき同じ。)によって増減する場合は、併合・分割の比
            率を乗じて本制度に基づく算定に係る株式数を調整することとします。
        c.譲渡制限付株式報酬

          当社の取締役に対して、当社の中長期的な企業価値向上に向けた取組みをより強化し、株主の皆様との一層の
         価値共有を進めることを目的として、2022年5月20日開催の取締役会において「譲渡制限付株式報酬制度」の導
         入を決議し、2022年6月27日開催の株主総会において年間12万株以内、年間1億2,000万円以内と承認いただい
         ております。当該株主総会終結時点の取締役の員数は7名(うち、社外取締役は2名)です。「譲渡制限付株式
         報酬制度」の具体的な支給時期及び配分については、取締役会にて決定することとしております。
        ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬額等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                 報酬等の総額
         役員区分                                             役員の員数
                  (千円)
                                              左記のうち、
                                                       (名)
                         固定報酬      業績連動報酬        退職慰労金
                                              非金銭報酬等
     取締役
                    32,927       32,927                      5,217         5
                                     -       -
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      -       -       -       -       -       -
     (社外監査役を除く。)
                    17,265       17,265                               7
     社外役員                                -       -       -
     (注)取締役(社外取締役を除く)に対する非金銭報酬等の総額の内訳は、固定報酬5,217千円であります。
        ③提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

         報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                46/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ④使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの
              総額(千円)             対象となる役員の人数(人)                       内容
                     38,250                    4  部長としての給与であります。

        ⑤当社には役員退職慰労金制度はありません。

      (5)【株式の保有状況】

        ①投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、原則として保有目的が純投資目的の株式及び純投資目的以外の目的の株式は保有しない方針でありま
        す。
        ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         該当事項はありません。
        ③保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
                                47/98















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年4月1日から2023年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)の財務諸表についてRSM清和監査法
      人による監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、また、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
      法人財務会計基準機構へ加入し、セミナー等への参加をしております。
                                48/98














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       2,079,577              1,424,983
        現金及び預金
                                      ※1  321,142             ※1  388,810
        売掛金及び契約資産
                                        ※2  273           ※2  12,866
        仕掛品
                                         1,963              1,760
        原材料及び貯蔵品
                                        20,310              40,567
        その他
                                         △ 570             △ 412
        貸倒引当金
                                       2,422,696              1,868,574
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       ※3  30,435             ※3  27,639
          建物(純額)
                                       ※3  38,658             ※3  33,345
          工具、器具及び備品(純額)
                                         1,870
                                                         -
          その他
                                        70,964              60,984
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        256,886              313,784
          ソフトウエア
                                        266,546              272,490
          顧客関係資産
                                        415,890              451,244
          のれん
                                        19,007              102,392
          その他
                                        958,330             1,139,911
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       ※4  18,702             ※4  18,702
          投資有価証券
                                        25,196              21,818
          繰延税金資産
                                        45,615              42,955
          その他
                                        89,514              83,476
          投資その他の資産合計
                                       1,118,810              1,284,373
        固定資産合計
                                       3,541,506              3,152,947
       資産合計
                                49/98










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        167,826              247,390
        買掛金
                                                       9,160
        1年内返済予定の長期借入金                                  -
                                        47,654              13,244
        未払法人税等
                                        12,533              13,792
        賞与引当金
                                                     ※2  9,100
        受注損失引当金                                  -
                                        13,156              13,156
        買付契約評価引当金
                                      ※1  162,554             ※1  132,294
        その他
                                        403,725              438,139
        流動負債合計
       固定負債
                                        100,000               90,840
        長期借入金
                                        19,800
        役員退職慰労引当金                                                -
                                        14,412              14,411
        資産除去債務
                                        125,529              119,581
        繰延税金負債
                                        39,098               2,000
        その他
                                        298,841              226,833
        固定負債合計
                                        702,566              664,973
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        291,956              291,956
        資本金
                                        293,531              293,531
        資本剰余金
                                       2,926,669              2,498,077
        利益剰余金
                                       △ 673,216             △ 595,589
        自己株式
                                       2,838,940              2,487,974
        株主資本合計
                                       2,838,940              2,487,974
       純資産合計
                                       3,541,506              3,152,947
     負債純資産合計
                                50/98











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                     ※1  2,891,166            ※1  3,206,085
     売上高
                                   ※3 ,※4  1,910,854           ※3 ,※4  2,259,529
     売上原価
                                        980,312              946,556
     売上総利益
                                      ※2  841,503             ※2  841,471
     販売費及び一般管理費
                                        138,809              105,084
     営業利益
     営業外収益
                                          27              26
       受取利息
                                          138              157
       未払配当金除斥益
                                         1,800              1,500
       助成金収入
                                         1,249              1,250
       利子補給金
                                          153              869
       その他
                                         3,369              3,802
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         1,267              1,250
       支払利息
                                           0
       為替差損                                                  -
                                                       2,978
       自己株式取得費用                                    -
                                                        161
                                          -
       その他
                                         1,267              4,390
       営業外費用合計
                                        140,911              104,496
     経常利益
     特別利益
                                                       18,531
                                          -
       債務免除益
                                                       18,531
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                        ※5  188
                                                         -
       固定資産除却損
                                          188
       特別損失合計                                                  -
                                        140,722              123,028
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   79,584              46,825
                                       △ 19,068             △ 13,624
     法人税等調整額
                                        60,515              33,201
     法人税等合計
                                        80,206              89,827
     当期純利益
                                        80,206              89,827
     親会社株主に帰属する当期純利益
         【連結包括利益計算書】

                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                        80,206              89,827
     当期純利益
                                        80,206              89,827
     包括利益
     (内訳)
                                        80,206              89,827
       親会社株主に係る包括利益
                                51/98





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                                                      純資産合計
                 資本金       資本剰余金       利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高              291,956       293,531       2,923,598        △ 673,216       2,835,868        2,835,868
     当期変動額
      剰余金の配当
                                 △ 77,135              △ 77,135       △ 77,135
      親会社株主に帰属する
                                  80,206               80,206        80,206
      当期純利益
     当期変動額合計                -        -      3,071         -      3,071       3,071
     当期末残高
                   291,956       293,531       2,926,669        △ 673,216       2,838,940        2,838,940
          当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                                                      純資産合計
                 資本金       資本剰余金       利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高              291,956       293,531       2,926,669        △ 673,216       2,838,940        2,838,940
     当期変動額
      剰余金の配当                            △ 77,135              △ 77,135       △ 77,135
      親会社株主に帰属する
                                  89,827               89,827        89,827
      当期純利益
      自己株式の取得
                                        △ 372,353       △ 372,353       △ 372,353
      自己株式の処分                    △ 43,197               43,197         -        -
      譲渡制限付株式報酬                     8,696                       8,696       8,696
      自己株式の消却                    △ 406,783               406,783          -        -
      利益剰余金から
                          441,284       △ 441,284                 -        -
      資本剰余金への振替
     当期変動額合計                -        -     △ 428,592        77,626      △ 350,965       △ 350,965
     当期末残高              291,956       293,531       2,498,077        △ 595,589       2,487,974        2,487,974
                                52/98









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        140,722              123,028
       税金等調整前当期純利益
                                        132,664              140,461
       減価償却費
                                        47,840              51,310
       のれん償却額
                                          459
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                                △ 157
                                          64             1,259
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         2,160
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                               △ 19,800
                                                       9,100
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                    -
       受取利息                                   △ 27             △ 26
                                         1,267              1,250
       支払利息
                                           0
       為替差損益(△は益)                                                  -
                                                       2,978
       自己株式取得費用                                    -
       債務免除益                                    -           △ 18,531
                                          188
       固定資産除却損                                                  -
       売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)                                 △ 68,160               △ 583
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 132            △ 12,389
                                        114,053
       仕入債務の増減額(△は減少)                                               △ 3,996
                                        50,310
                                                     △ 111,428
       その他
                                        421,411              162,476
       小計
       利息の受取額                                    27              26
       利息の支払額                                   △ 20              -
                                           0              0
       法人税等の還付額
                                       △ 75,928             △ 99,291
       法人税等の支払額
                                        345,490               63,211
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 2,112             △ 15,524
                                                        250
       有形固定資産の売却による収入                                    -
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 61,123             △ 231,520
                                        27,607               2,000
       敷金及び保証金の回収による収入
       資産除去債務の履行による支出                                 △ 6,800                -
                                     ※2  △ 730,000            ※2  △ 20,761
       新規連結子会社の取得による支出
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 772,428             △ 265,555
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       自己株式の取得による支出                                    -           △ 375,332
       配当金の支払額                                 △ 76,745             △ 76,917
                                        △ 1,242                -
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 77,987             △ 452,250
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     △ 0              -
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 504,926             △ 654,593
                                       2,584,503              2,079,577
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  2,079,577            ※1  1,424,983
     現金及び現金同等物の期末残高
                                53/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数           3 社
             連結子会社の名称
              株式会社ラテラ・インターナショナル
              株式会社サークア
              プラウドエンジン株式会社
              当連結会計年度において、プラウドエンジン株式会社の株式を取得し子会社化したため、連結の範囲
             に含めております。
           (2)非連結子会社
             該当事項はありません。
         2.持分法の適用に関する事項

           (1)持分法適用の関連会社
             該当事項はありません。
           (2)持分法を適用していない関連会社(株式会社Моcоsuku)は、当期純損益(持分に見合う額)及
            び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽
            微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
         4.会計方針に関する事項

           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            ①有価証券
              その他有価証券
              市場価格のない株式等
               移動平均法による原価法を採用しております。
            ②棚卸資産
              仕掛品
               個別法に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
              原材料及び貯蔵品
               個別法に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

            ①有形固定資産
              定率法によっております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物について
             は、定額法によっております。
              なお、主な建物の耐用年数は8~15年、主な工具、器具及び備品の耐用年数は3~10年であります。
              また、2007年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から
             5年間で均等償却する方法によっております。
            ②無形固定資産
              定額法によっております。
              なお、市場販売目的のソフトウエアについては、見込有効期間(2年以内)に基づく償却方法を採用
             し、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
             ております。
              また、企業結合により識別された顧客関係資産については、その効果の及ぶ期間(12年以内)に基づ
             く定額法を採用しております。
                                54/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
           (3)重要な引当金の計上基準
            ①貸倒引当金
              債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権
             等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            ②賞与引当金
              従業員に対する賞与の支払いに備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しており
             ます。
            ③受注損失引当金
              受注契約に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における受注契約に係る損失見込額を計
             上しております。
            ④買付契約評価引当金
              将来の商品の収益性の低下により発生する損失に備えるため、商品の買付契約に基づく購入価額のう
             ち、将来回収不能と見込まれる額を計上しております。
            ⑤役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支払いに備えるため、一部連結子会社の内規に基づく要支給額を計上しておりま
             す。なお、当連結会計年度において役員退職慰労引当金は計上しておりません。
           (4)重要な収益及び費用の計上基準

             当社グループの主要な事業における主な履行義務の内容及び収益を認識する通常の時点は以下のとおり
            であります。
            ①各種サービスの提供
              主に乗換案内に係る有料会員サービス、APIサービス、データライセンスの提供を行っております。
              当該履行義務については、一定期間の契約締結を行っており、サービス期間の経過に伴って履行義務
             が充足されることで収益を認識しております。
            ②ソフトウエア開発
              受注制作によるソフトウエアの開発、提供を行っております。
              当該履行義務については、一定の期間にわたり充足される履行義務と判断し、履行義務の充足に係る
             進捗度に基づき収益を認識しております。進捗度は、契約ごとに、見積原価総額に対する実際原価の割
             合で算出しております。なお、契約における取引開始日から完全に履行義務を充足すると見込まれる時
             点までの期間がごく短い導入作業については代替的な取扱いを適用し、一定の期間にわたり収益を認識
             せず、完全に履行義務を充足した時点で収益を認識しております。
            ③広告配信
              アドネットワークシステムを介して、広告の出稿を行っております。
              当該履行義務については、クリック等の広告トランザクションに応じて従量的に認識された時点で収
             益を認識しております。
             なお、これらの履行義務に対する対価は、履行義務を充足してから概ね1年以内に受領しており、重要

            な金融要素を含んでおりません。
           (5)のれんの償却方法及び償却期間

             のれんの償却については、合理的な見積りに基づき10年以内のその効果が及ぶ期間にわたって、均等償
            却しております。
           (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能で
            あり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
                                55/98





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
           株式会社サークアに係る固定資産の評価
           (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

     のれん                                415,027                  368,913

     顧客関係資産                                266,546                  242,315

     ソフトウエア                                103,249                   72,192

           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

             当社は、2021年4月1日に株式会社サークア(以下、サークア社)の全株式を取得し、同社を連結子会
            社としたことに伴い、のれん461,141千円、顧客関係資産290,778千円及びソフトウエア120,320千円を認
            識しております。当社は、当該のれん、顧客関係資産及びソフトウエアを含むより大きな単位で、サーク
            ア社全体についての減損の兆候の判定を行っております。サークア社の業績は、2021年8月の改正薬機法
            に対応した新掲載基準による運用で収益は改善しているものの、当連結会計年度において、営業損益(の
            れん償却考慮後)は継続してマイナスとなっております。
             このような状況を踏まえ、同社ののれん、顧客関係資産及びソフトウエアを含む資産グループに減損の
            兆候があると判断し、減損損失の認識の要否の判定を行った結果、割引前将来キャッシュ・フローの総額
            がのれんを含む資産グループの帳簿価額を上回っていることから、減損損失の認識は不要と判断しており
            ます。
             減損損失の認識の判定に関しては、事業計画に基づいて算定した割引前将来キャッシュ・フローと帳簿
            価額を比較しており、事業計画は、取締役会により承認された翌期予算を基礎とし、過去の実績、市場成
            長予想等を考慮して策定しております。事業計画における主要な仮定は、売上高を構成するインプレッ
            ション数、クリック率及びクリック単価といった主要KPIとなります。また、翌期予算を超える期間につ
            いては、市場成長予想等を踏まえた売上高の成長率を見積もっております。
             これらの割引前将来キャッシュ・フローの見積りにおいて用いた仮定は合理的であると判断しておりま
            すが、将来の売上高の見積りは不確実性を伴い、法規制の動向や広告事業の市況変化等により、見積りと
            将来の結果が異なる可能性があります。
                                56/98










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
         ※1 顧客との契約から生じた債権及び契約資産については、「売掛金及び契約資産」に含めて表示しておりま
           す。また、契約負債については、流動負債の「その他」に含めて表示しております。それぞれの金額は、
           「注記事項(収益認識関係)3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・
           フローとの関係並びに当連結会計年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識する
           と見込まれる収益の金額及び時期に関する情報 (1)契約資産及び契約負債の残高等」に記載しておりま
           す。
         ※2 損失が見込まれる仕掛品と受注損失引当金は、相殺せずに両建てで表示しております。

            損失の見込まれる仕掛品のうち、受注損失引当金に対応する額は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
           仕掛品                             -千円             11,862千円
         ※3 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
           減価償却累計額                           293,342    千円           292,985    千円
         ※4 関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
           投資有価証券(株式)                           18,702千円               18,702千円
          5 当社は運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行と当座貸越契約を締結しております。

            この契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
           当座貸越極度額                           500,000千円               500,000千円
           借入実行残高                             -               -
           差引未実行残高                           500,000               500,000
         (連結損益計算書関係)

         ※1 顧客との契約から生じる収益
            売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧
           客との契約から生じる収益の金額は、「注記事項(収益認識関係)1.顧客との契約から生じる収益を分解
           した情報」に記載しております。
         ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
           給料及び手当                           247,233    千円           277,157    千円
                                       4,557               4,901
           賞与引当金繰入額
                                      144,351               119,057
           業務委託費
                                      92,360               77,222
           支払手数料
           (表示方法の変更)

            前連結会計年度において、主要な費目として表示していた「広告宣伝費及び販売促進費」は金額的重要性
           が乏しくなったため、当連結会計年度より注記を省略しております。なお、前連結会計年度の「広告宣伝費
           及び販売促進費」は6,120千円であります。
                                57/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         ※3 売上原価に含まれる研究開発費の総額は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
           研究開発費                             910  千円             917  千円
         ※4 売上原価に含まれる受注損失引当金繰入額は次のとおりであります。

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
           受注損失引当金繰入額                             -千円             9,100千円
         ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
           工具、器具及び備品                             188千円               -千円
         (連結包括利益計算書関係)

          該当事項はありません。
         (連結株主資本等変動計算書関係)

          前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末
                   株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                 6,818,800              -          -       6,818,800

           合計             6,818,800              -          -       6,818,800

     自己株式

      普通株式                 1,309,116              -          -       1,309,116

           合計             1,309,116              -          -       1,309,116

          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
     2021年6月28日
                普通株式            77,135          14.00    2021年3月31日         2021年6月29日
     定時株主総会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
        決議      株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)             当額(円)
     2022年6月27日
               普通株式         77,135     利益剰余金          14.00    2022年3月31日         2022年6月28日
     定時株主総会
                                58/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末
                   株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1                 6,818,800              -        800,000         6,018,800

           合計             6,818,800              -        800,000         6,018,800

     自己株式

      普通株式(注)2、3                 1,309,116           746,200          884,000         1,171,316

           合計             1,309,116           746,200          884,000         1,171,316

    (注)1.普通株式の発行済株式の減少800千株は、自己株式の消却によるものであります。
        2.普通株式の自己株式の増加746千株は、取締役会決議による取得によるものであります。
        3.普通株式の自己株式の減少884千株は、譲渡制限付株式報酬としての処分による減少84千株、消却による減少
        800千株であります。
          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
     2022年6月27日
                普通株式            77,135          14.00    2022年3月31日         2022年6月28日
     定時株主総会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
        決議      株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)             当額(円)
     2023年6月27日
               普通株式         67,864     利益剰余金          14.00    2023年3月31日         2023年6月28日
     定時株主総会
                                59/98










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
           現金及び預金勘定                          2,079,577千円               1,424,983千円
           現金及び現金同等物                          2,079,577               1,424,983
         ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

            前連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳
            株式の取得により新たに株式会社サークアを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに
           株式の取得価額と新規連結子会社の取得による支出(純額)との関係は次のとおりであります。
             流動資産                        50,000   千円
             固定資産                       411,098
             のれん                       461,141
             固定負債                      △142,240
             子会社株式の取得価額
                                    780,000
             子会社の現金及び現金同等物                      △50,000
             差引:新規連結子会社の取得による支出
                                    730,000
            当連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

            株式の取得により新たにプラウドエンジン株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内
           訳並びに株式の取得価額と新規連結子会社の取得による支出(純額)との関係は次のとおりであります。
             流動資産                       279,318    千円
             固定資産                        32,450
             のれん                        86,664
             流動負債                      △167,378
             固定負債                      △11,054
             子会社株式の取得価額
                                    220,000
             子会社の現金及び現金同等物                      △199,238
             差引:新規連結子会社の取得による支出
                                    20,761
         (リース取引関係)

          (借主側)
           オペレーティング・リース取引
            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2022年3月31日)                (2023年3月31日)
            1年内                            35,183                35,183

            1年超                            26,387                61,571

            合計                            61,571                96,755

                                60/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、設備投資及び短期的な運転資金を自己資金で賄っております。また資金調達について
            は、必要に応じて資金を銀行借入等により調達することとしております。一時的な余資につきましては主
            に定期預金等で運用しております。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク
             営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。一部外貨建ての営業債権を保有して
            おりますが、取引規模が小さく残高も少額なため為替の変動リスクを重要なものと認識しておりません。
            営業債務である買掛金はすべてが1年以内の支払期日であります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制
            ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社グループは、経理規程及び与信管理規程に従い営業債権について財務経理部が取引相手ごとに期
             日及び残高を管理するとともに、入金状況を各営業部門に随時連絡しております。これにより財務状況
             等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
            ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              当社グループは、外貨建ての営業債権を保有しておりますが、取引規模が小さく残高も少額なため、
             ヘッジ取引等は行っておらず月次の残高を管理するにとどまっております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
             金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
            より、当該価額が変動することもあります。
         2.金融商品の時価等に関する事項

           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。「現金及び預金」、
          「売掛金及び契約資産」、「買掛金」及び「未払法人税等」については、現金及び短期間で決済されるため時
          価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
           前連結会計年度(2022年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                          連結貸借対照表計上額               時価           差額

     長期借入金                            100,000            97,069           △2,930
           当連結会計年度(2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                          連結貸借対照表計上額               時価           差額

     長期借入金
                                 100,000            97,521           △2,478
     (1年内返済予定の長期借入金を含む)
      (*)市場価格のない株式等は、時価開示の対象としておりません。当該金融商品の連結貸借対照表計上額は以下の

         とおりであります。
                                                     (単位:千円)
                 区分              前連結会計年度                 当連結会計年度
               投資有価証券                        18,702                 18,702
                                61/98





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     (注)1.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                   1年超         5年超

                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
     預金                     2,079,294             -         -         -

     売掛金及び契約資産                      321,142            -         -         -
             合計              2,400,436             -         -         -

          当連結会計年度(2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                   1年超         5年超

                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
     預金                     1,424,733             -         -         -

     売掛金及び契約資産                      388,810            -         -         -
             合計              1,813,543             -         -         -

     (注)2.長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)の決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                 1年超      2年超      3年超      4年超

                           1年以内                             5年超
                                2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
     長期借入金                        -    11,242      24,984      24,984      24,984      13,806

              合計               -    11,242      24,984      24,984      24,984      13,806

          当連結会計年度(2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                 1年超      2年超      3年超      4年超

                           1年以内                             5年超
                                2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
     長期借入金
                            9,160     27,066      24,984      24,984      13,806        -
     (1年内返済予定の長期借入金を含む)
              合計              9,160     27,066      24,984      24,984      13,806        -
                                62/98








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
          3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
            金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベル
           に分類しております。
            レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時
                    価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
            レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算
                    定に係るインプットを用いて算定した時価
            レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
            時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞ
           れ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
           (1)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

             前連結会計年度(2022年3月31日)
              該当事項はありません。
             当連結会計年度(2023年3月31日)

              該当事項はありません。
           (2)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

             前連結会計年度(2022年3月31日)
                                       時価(千円)
              区分
                           レベル1         レベル2         レベル3          合計
     長期借入金                           -       97,069           -       97,069
             当連結会計年度(2023年3月31日)

                                       時価(千円)
              区分
                           レベル1         レベル2         レベル3          合計
     長期借入金
                                -       97,521           -       97,521
     (1年内返済予定の長期借入金を含む)
     (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
          長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)
           時価については、元利金の合計額を当該借入の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価
          値により算出しており、レベル2の時価に分類しております。
                                63/98









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          減損処理を行った有価証券
           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

            該当事項はありません。
         (デリバティブ取引関係)

          前連結会計年度(2022年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(2023年3月31日)

           該当事項はありません。
         (退職給付関係)

          前連結会計年度(2022年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(2023年3月31日)

           該当事項はありません。
         (ストック・オプション等関係)

          前連結会計年度(2022年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(2023年3月31日)

           該当事項はありません。
                                64/98











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
        1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度           当連結会計年度
                                    (2022年3月31日)           (2023年3月31日)
           繰延税金資産
            賞与引当金                              3,837千円           5,041千円
            役員退職慰労引当金                              6,850             -
            貸倒引当金                               36           34
            買付契約評価引当金                              4,552           4,552
            未払事業税                              3,231           2,054
            前受収益                               177           170
            減価償却超過額                               748           748
            経費否認額                             20,668           16,096
            資産除去債務                              4,413           4,412
            ソフトウエア除却損                               54           54
            株式報酬費用                               -          2,662
            関係会社株式                              9,280           9,280
            減損損失                               732           732
            資産調整勘定                             202,064           151,504
            税務上の繰越欠損金(注)2                             187,656           218,428
                                         1,621            977
            その他
           繰延税金資産小計
                                        445,926           416,751
            税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                            △187,656           △218,428
                                       △229,826           △172,829
            将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
           評価性引当額小計(注)1                             △417,482           △391,258
           繰延税金資産合計                              28,443           25,492
           繰延税金負債
            資産除去債務に対応する除去費用                             △3,247           △2,919
            顧客関係資産                            △92,225           △94,281
            ソフトウエア                            △33,304           △24,978
                                           -         △1,076
            その他
           繰延税金負債合計                             △128,777           △123,256
          繰延税金資産(負債)の純額                              △100,333            △97,763
        (注)1.評価性引当額が26,224千円減少しております。この減少の理由は、主に連結子会社の税務上の繰越欠損

             金に係る評価性引当額が30,772千円増加した一方、連結子会社の税務上の資産調整勘定に係る評価性引
             当額が50,559千円及び連結子会社の税務上の役員退職慰労引当金に係る評価性引当額が6,850千円減少
             したことによるものです。
        (注)2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
         前連結会計年度(2022年3月31日)

                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                               5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (千円)                               (千円)      (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          税務上の繰越
                     -      -      -      -      -    187,656      187,656
          欠損金(※)
          評価性引当額           -      -      -      -      -   △187,656      △187,656
          繰延税金資産           -      -      -      -      -      -      -

         (※)    税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                65/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(2023年3月31日)
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                               5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (千円)                               (千円)      (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          税務上の繰越
                     -      -      -      -      -    218,428      218,428
          欠損金(※)
          評価性引当額           -      -      -      -      -   △218,428      △218,428
          繰延税金資産           -      -      -      -      -      -      -

         (※)    税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                     前連結会計年度           当連結会計年度
                                    (2022年3月31日)           (2023年3月31日)
          法定実効税率
                                          30.6%           30.6%
          (調整)
           交際費等永久に損金に算入されない項目                                0.0           0.1
           のれん償却額                               10.0           12.8
           子会社株式取得関連費用                                2.7           2.0
           評価性引当額の増減額                                0.1          △21.3
                                         △0.5            2.7
           その他
          税効果会計適用後の法人税等の負担率                                43.0           27.0
                                66/98













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          (取得による企業結合)
           当社は、2022年10月24日開催の取締役会において、デジタルマーケティング・インターネット広告領域で事
          業展開を行うプラウドエンジン株式会社(以下、「プラウドエンジン」という。)の全株式を取得し完全子会
          社化することについて決議し、同日付で株式譲渡契約を締結し、2022年11月30日付で当該株式を取得しまし
          た。
           1.企業結合の概要

            (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
              被取得企業の名称 プラウドエンジン株式会社
              事業の内容    ・インターネット広告代理事業
                       ・Web広告運用の内製化支援
                       ・マーケティングデータの活用支援
            (2)企業結合を行った主な理由
              プラウドエンジンの現行事業及び事業資産を活用し、当社グループが掲げる地域マーケティングプ
             ラットフォームにおける以下の3つの事業領域への貢献をするためであります。
              ①〔広告配信領域〕当社広告事業グループが抱える全国の広告代理店ネットワークに対して、プラウ
               ドエンジンの広告提案営業を活用した広告案件の与件化、広告受注・売上増。既存の広告商材「駅
               ごと広告」にプラウドエンジンの広告ソリューションを加えた広告商材の拡張。また、当社の完全
               子会社である株式会社サークアの既存広告代理店・提携メディアとのクロスセル。
              ②〔メディア領域〕現在SEOによる集客を主とする当社保有メディアに対して、プラウドエンジンの
               リスティング・SNS広告運用を活用した集客手段の多様化、メディア事業の収益拡大。
              ③〔法人向け事業領域〕プラウドエンジンのデジタルマーケティングに係る事業企画を活用した地域
               事業者向けの新規商材(CRM等)の共同開発・営業展開。
            (3)企業結合日
              2022年11月30日(みなし取得日 2022年10月1日)
            (4)企業結合の法的形式
              現金を対価とする株式取得
            (5)結合後企業の名称
              変更はありません。
            (6)取得した議決権比率
              100%
            (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
              当社が現金を対価として株式を取得したため、当社を取得企業としております。
           2.連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

             2022年10月1日から2023年3月31日まで
           3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

             取得の対価       現金      220,000千円
             取得原価             220,000千円
           4.主要な取得関連費用の内容及び金額

             アドバイザリー費用等      8,100千円
           5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

            (1)発生したのれんの金額
              86,664千円
            (2)発生原因
              今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
            (3)償却方法及び償却期間
              10年間にわたる均等償却
                                67/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
           6.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
             流動資産             279,318千円
             固定資産               500千円
             資産合計             279,818千円
             流動負債             167,378千円
             負債合計             167,378千円
           7.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及

             ぼす影響の概算額及びその算定方法
             売上高             262,489千円
             営業利益              1,680千円
            (概算額の算定方法)

             企業結合が連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された売上高及び損益情報と、取得企業の
            連結損益計算書における売上高及び損益情報との差額を、影響の概算額としております。
             なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           (1)当該資産除去債務の概要

             本社用建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
           (2)当該資産除去債務の金額の算定方法

             使用見込期間を取得から12年と見積り、割引率は1.000%~1.037%を使用して資産除去債務の金額を計
            算しております。
           (3)当該資産除去債務の総額の増減

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                変動の内容             (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                              至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
           期首残高                           20,921千円                 14,412千円

           時の経過による調整額                            △1                 △1

           資産除去債務の履行による減少額                          △6,507                   -

           期末残高                           14,412                 14,411

                                68/98








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
          前連結会計年度(2022年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(2023年3月31日)

           該当事項はありません。
         (収益認識関係)

          1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
            前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                       報告セグメント

                             モビリティ          広告配信プラット
                                                      計
                            サポート事業           フォーム事業
         コンシューマ向け                        951,921              -         951,921
         法人向け                        683,941          1,255,303           1,939,245

         顧客との契約から生じる収益                       1,635,863           1,255,303           2,891,166

         その他の収益                           -           -           -

         外部顧客への売上高                       1,635,863           1,255,303           2,891,166

            当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                       報告セグメント

                             モビリティ          広告配信プラット
                                                      計
                            サポート事業           フォーム事業
         コンシューマ向け                        853,398              -         853,398
         法人向け                        742,464          1,610,222           2,352,687

         顧客との契約から生じる収益                       1,595,863           1,610,222           3,206,085

         その他の収益                           -           -           -

         外部顧客への売上高                       1,595,863           1,610,222           3,206,085

          2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

            顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、「注記事項(連結財務諸表作成のため
           の基本となる重要な事項)」に記載しているため                       、 注記を省略しております           。
                                69/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
          3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会
           計年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時
           期に関する情報
           (1)契約資産及び契約負債の残高等
             前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                               当連結会計年度期首                当連結会計年度期末

         顧客との契約から生じた債権                              139,473                227,352

         契約資産                              113,508                 93,790

         契約負債                               22,095                34,166

             契約資産の主なものは、モビリティサポート事業の乗換案内に係る有料会員サービス及びAPIサービス
            に係るものであります。当該履行義務については、一定期間の契約締結を行っており、サービス期間の経
            過に伴って収益を認識しております。各月の収益は毎月末日時点の有料会員数に基づき認識しております
            が、最終的には翌月以降に送付される携帯キャリア等からの実績通知書により確定するため、未確定期間
            の履行義務に係る対価に対する権利を契約資産として認識しております。
             また、モビリティサポート事業におけるソフトウエアの開発・導入契約について、期末日時点で充足し
            ているが未請求となる履行義務に係る対価に対する権利を契約資産として認識しております。
             契約負債は、主にモビリティサポート事業の乗換案内に係るAPIサービスにおいて、期末日時点で充足
            していない履行義務に係る顧客より支払われた前受金となります。なお、契約負債は収益の認識に伴い取
            り崩され、当連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、
            21,241千円であります。
             当連結会計年度における契約資産及び契約負債の残高に重要な変動はありません。
             また、過去の期間に充足した履行義務又は部分的に充足した履行義務から当連結会計年度に認識した収
            益の額はありません。
             当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                               当連結会計年度期首                当連結会計年度期末

         顧客との契約から生じた債権                              227,352                310,449

         契約資産                               93,790                78,360

         契約負債                               34,166                37,632

             契約資産の主なものは、モビリティサポート事業の乗換案内に係る有料会員サービス及びAPIサービス
            に係るものであります。当該履行義務については、一定期間の契約締結を行っており、サービス期間の経
            過に伴って収益を認識しております。各月の収益は毎月末日時点の有料会員数に基づき認識しております
            が、最終的には翌月以降に送付される携帯キャリア等からの実績通知書により確定するため、未確定期間
            の履行義務に係る対価に対する権利を契約資産として認識しております。
             また、モビリティサポート事業におけるソフトウエアの開発・導入契約について、期末日時点で充足し
            ているが未請求となる履行義務に係る対価に対する権利を契約資産として認識しております。
             契約負債は、主にモビリティサポート事業の乗換案内に係るAPIサービスにおいて、期末日時点で充足
            していない履行義務に係る顧客より支払われた前受金となります。なお、契約負債は収益の認識に伴い取
            り崩され、当連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、
            29,496千円であります。
             当連結会計年度における契約資産及び契約負債の残高に重要な変動はありません。
             また、過去の期間に充足した履行義務又は部分的に充足した履行義務から当連結会計年度に認識した収
            益の額はありません。
           (2)残存履行義務に配分した取引価格

             当社グループは、残存履行義務に配分した取引価格について、当初に予想される契約期間が1年を超え
            る重要な契約がないため、記載を省略しております。また、顧客との契約から生じる対価の中に、取引価
            格に含まれていない重要な金額はありません。
                                70/98


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
            源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。当社
            はサービス別セグメントから構成されており、「モビリティサポート事業」及び「広告配信プラット
            フォーム事業」の2つを報告セグメントとしております。
             「モビリティサポート事業」は、主に株式会社駅探、株式会社ラテラ・インターナショナルが運営する
            移動に係る事業、「広告配信プラットフォーム事業」は、主に株式会社サークア、プラウドエンジン株式
            会社が運営する広告配信に係る事業という区分になっております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と同一であります。報告セグメントの利益は営業利益ベースの数値であります。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

             前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                  報告セグメント
                                                      計
                           モビリティサポート            広告配信プラット
                               事業         フォーム事業
     売上高

                                1,635,863           1,255,303           2,891,166
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又は振替高                              -           -           -
                                1,635,863           1,255,303           2,891,166
               計
                                 554,574                       477,346
     セグメント利益又は損失(△)                                       △ 77,228
                                 519,259          1,203,094           1,722,353
     セグメント資産
     その他の項目

                                  66,226           50,498           116,724
      減価償却費
                                  1,726           46,114           47,840
      のれん償却額
                                 622,527            19,384           641,911
      EBITDA(注)2
                                  49,597           36,195           85,793
      有形固定資産及び無形固定資産の増加額
     (注)1.セグメント負債の金額は当社の最高意思決定機関において定期的に提供・使用しておりません。
         2.EBITDAは、セグメント利益又は損失に減価償却費及びのれん償却費を加えた数値であります。
                                71/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                  報告セグメント
                                                      計
                           モビリティサポート            広告配信プラット
                               事業         フォーム事業
     売上高

                                1,595,863           1,610,222           3,206,085
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又は振替高                              -           -           -
                                1,595,863           1,610,222           3,206,085
               計
                                 457,538                       396,038
     セグメント利益又は損失(△)                                       △ 61,499
                                 554,694          1,476,184           2,030,879
     セグメント資産
     その他の項目

                                  57,336           77,952           135,288
      減価償却費
                                   863          50,447           51,310
      のれん償却額
                                 515,738            66,899           582,638
      EBITDA(注)2
                                  93,261           151,574           244,835
      有形固定資産及び無形固定資産の増加額
     (注)1.セグメント負債の金額は当社の最高意思決定機関において定期的に提供・使用しておりません。
         2.EBITDAは、セグメント利益又は損失に減価償却費及びのれん償却費を加えた数値であります。
           4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事

            項)
                                                     (単位:千円)
                 売上高                   前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                    2,891,166             3,206,085

     連結財務諸表の売上高                                    2,891,166             3,206,085

                                                     (単位:千円)

                  利益                  前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                     477,346             396,038

     全社費用(注)                                    △338,537             △290,954
     連結財務諸表の営業利益                                     138,809             105,084

     (注) 全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                                     (単位:千円)
                  資産                  前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                    1,722,353             2,030,879

     全社資産(注)                                    1,819,153             1,122,068
     連結財務諸表の資産合計                                    3,541,506             3,152,947

     (注) 全社資産は、報告セグメントに帰属しない現金預金等であります。
                                72/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント計                調整額           連結財務諸表計上額

         その他の項目
                     前連結       当連結       前連結       当連結       前連結       当連結
                    会計年度       会計年度       会計年度       会計年度       会計年度       会計年度
     減価償却費                116,724       135,288       15,940       5,172      132,664       140,461

     のれん償却額                 47,840       51,310         -       -     47,840       51,310

     有形固定資産及び無形固定資
                      85,793      244,835         242      1,544      86,035      246,379
     産の増加額
     (注)1.減価償却費の調整額は、報告セグメントに帰属しない建物等の減価償却費であります。
         2.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、報告セグメントに帰属しない建物の設備投資額等であ
           ります。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報として、同様の情報が開示されているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                   売上高               関連するセグメント名

     株式会社NTTドコモ                            759,520     モビリティサポート事業
     株式会社アップデイト                            360,710     広告配信プラットフォーム事業

           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報として、同様の情報が開示されているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
                                73/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
           3.主要な顧客ごとの情報
                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                   売上高               関連するセグメント名

     株式会社NTTドコモ                            660,409     モビリティサポート事業
     株式会社アップデイト                            340,042     広告配信プラットフォーム事業

          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                   モビリティサポート           広告配信プラット                     連結財務諸表
                                          全社・消去
                       事業        フォーム事業                      計上額
                          1,726          46,114                    47,840
     当期償却額                                           -
                           863        415,027                    415,890
     当期末残高                                           -
           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                   モビリティサポート           広告配信プラット                     連結財務諸表
                                          全社・消去
                       事業        フォーム事業                      計上額
                           863         50,447                    51,310
     当期償却額                                           -
                                   451,244                    451,244
     当期末残高                      -                    -
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
             前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
              該当事項はありません。
             当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

              該当事項はありません。
                                74/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                 至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     1株当たり純資産額                                  515円26銭               513円25銭

     1株当たり当期純利益                                   14円56銭               17円04銭

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                 至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                   80,206               89,827

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         80,206               89,827
      当期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 5,509,684               5,272,083
                                75/98














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          (合弁会社の設立及び合弁会社による株式取得)
           当社は、2023年4月20日開催の取締役会において、株式会社アイティエルホールディングス(以下、
          「ITLHD社」という。)との間で合弁会社設立に関する契約を締結するとともに、ITLHD社の完全子会社であ
          る、グロースアンドコミュニケーションズ株式会社(以下、「GC社」という。)、株式会社サイバネット(以
          下、「CYB社」という。)及び株式会社アイティジェイ(以下、「ITJ社」という。)の全株式を新設される合
          弁会社(以下、「本合弁会社」という。)が取得する旨の基本合意書の締結を決議しました。なお、2023年4
          月25日付でITLHD社を設立し、株式譲渡契約を締結し、2023年4月28日付で株式譲渡しました。
           1.合弁会社の設立及び株式取得の目的

             当社は、「世の中にない新たなサービスを創り出して社会の役に立つ」というビジョンを掲げ、今日で
            は日常生活になくてはならない乗換案内サービスの提供を行ってまいりました。
             現在、当社グループにおいて、「From                   the  Stations     ~駅から始めよう~」を事業コンセプトに掲げ、
            創業以来培ってきた乗換案内サービス・技術・メディア・顧客資産に加え、グループ会社の保有する事業
            資産を活用し、「地域の生活者のニーズ」と「地域の事業者のサービス」とを結びつける地域マーケティ
            ングプラットフォーム構想の実現を推進しております。当社は、その事業戦略の1つとして、M&A・アラ
            イアンス戦略を掲げており、2021年4月の株式会社サークア、2022年11月のプラウドエンジン株式会社を
            子会社化し、地域マーケティングプラットフォーム構想に係る機能強化や事業ポートフォリオ強化を実施
            してまいりました。また、当戦略においては、当社の筆頭株主で、投資・インキュベーション分野におい
            て実績のある株式会社Bold             Investment(以下、「Bold社」という。)、並びにBold社との関連グループ
            各社と協業の検討を行ってまいりました。
             その取り組みの1つとして、当社とシナジーが高いIT企業を束ねるBold社の兄弟会社であるITLHD社と
            検討を重ねた結果、この度、当社グループの投資・インキュベーション事業の共同運営を行う本合弁会社
            を設立することとなりました。本合弁会社の社名には、インベストメント(Investment)とインキュベー
            ション(Incubation)の頭文字を付与しております。
             なお、本合弁会社については、以下の項目を推進し、当社グループの企業価値向上を図ってまいりま
            す。
            (1)ITLHD社が保有する投資・インキュベーションの知見、ノウハウを活用することで当社グループの
              M&A・アライアンス戦略の加速化
            (2)当社グループの収益拡大施策の1つとして、Bold社並びその関連グループ各社内の安定収益かつ当社
              グループとシナジーのある企業を本合弁会社の子会社とする
             また、上記(2)の第1弾としまして、多様なエンジニア人材派遣に加え、システムエンジニアリング、
            ソフトウエア・システム開発等に高い実績とノウハウを有しているGC社、CYB社及びITJ社の3社を本合弁
            会社の子会社化(当社の孫会社化)することについても、合わせて基本合意書の締結をしました。
           2.合弁会社の設立

            (1)設立する合弁会社の概要
             ①名称                          株式会社駅探I&I(アイアンドアイ)
             ②所在地                        東京都千代田区麹町五丁目4番地
             ③事業の内容                    グループ子会社等の統括・経営管理、及びそれに付帯する業務
             ④資本金                        160,000千円
             ⑤設立の時期           2023年4月25日
             ⑥出資比率           当社90.0%、株式会社アイティエルホールディングス10.0%
                                76/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
           3.合弁会社による株式取得
            (1)企業結合の概要
             ①被取得企業の名称及び事業の内容
              a.グロースアンドコミュニケーションズ株式会社
     被取得企業の名称                    グロースアンドコミュニケーションズ株式会社
                         ・システムの受託開発・運用
     事業の内容                    ・システムエンジニアリングサービス
                         ・労働者派遣事業
              b.株式会社サイバネット

     被取得企業の名称                    株式会社サイバネット
                         ・システムの受託開発・運用
     事業の内容                    ・労働派遣、SES事業
                         ・スクール事業
              c.株式会社アイティジェイ

     被取得企業の名称                    株式会社アイティジェイ
                         ・システムの受託開発・運用
     事業の内容                    ・ソフトウエアパッケージの企画、開発、販売
                         ・労働派遣事業
             ②企業結合を行った主な理由

              「1.合弁会社の設立及び株式取得の目的」に記載のとおりであります。
             ③企業結合日
              2023年4月28日
             ④企業結合の法的形式
              現金を対価とする株式取得
             ⑤結合後企業の名称
              変更はありません。
             ⑥取得した議決権比率
              100%
             ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
              本合弁会社が現金を対価として株式を取得したため、本合弁会社を取得企業としております。
            (2)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

              取得価額につきましては、上記3社合計で320,000千円となります。なお、公平性・妥当性を確保す
             るため、第三者機関による適切な株価算定を実施し、金額の妥当性を検証しております。
            (3)主要な取得関連費用の内容及び金額

              アドバイザリー費用等(概算額)    15,000千円
            (4)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

              現時点では確定しておりません。
            (5)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

              現時点では確定しておりません。
                                77/98





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項はありません               。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高        当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)        (千円)        (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                              -      9,160        1.70      -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)                            100,000        90,840         1.70     2027年
                合計                 100,000        100,000          -     -
     (注)1.平均利率については、期末借入金残高及び期中平均リース債務残高に対する加重平均利率を記載しておりま
           す。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
           ります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          長期借入金                 27,066         24,984         24,984         13,806
         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
      (2)【その他】

         当連結会計年度における四半期情報等
           (累計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
     売上高(千円)                       770,832        1,529,671         2,373,228         3,206,085

     税金等調整前
                             30,002         65,212         77,435         123,028
     四半期(当期)純利益(千円)
     親会社株主に帰属する
                             24,370         48,932         51,655         89,827
     四半期(当期)純利益(千円)
     1株当たり
                              4.42         8.85         9.55         17.04
     四半期(当期)純利益(円)
           (会計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益(円)                         4.42         4.42         0.53         7.24

                                78/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,704,206              1,005,068
        現金及び預金
                                      ※1  221,734             ※1  216,129
        売掛金及び契約資産
                                          273             12,866
        仕掛品
                                          165              117
        原材料及び貯蔵品
                                        18,934              24,523
        前払費用
                                        100,000              100,000
        1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                        ※1  897           ※1  47,302
        その他
                                         △ 120             △ 112
        貸倒引当金
                                       2,046,091              1,405,895
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        30,435              27,639
          建物
                                        38,658              33,165
          工具、器具及び備品
                                         1,870
                                                         -
          建設仮勘定
                                        70,964              60,804
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        153,636              206,738
          ソフトウエア
                                        19,007              91,132
          ソフトウエア仮勘定
                                          863
                                                         -
          のれん
                                        173,507              297,871
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        844,334             1,072,434
          関係会社株式
                                        100,000               50,000
          関係会社長期貸付金
                                        37,519              37,519
          差入保証金
                                         1,195               333
          長期前払費用
                                        25,196              21,818
          繰延税金資産
                                          -           △ 50,000
          関係会社貸倒引当金
                                       1,008,246              1,132,105
          投資その他の資産合計
                                       1,252,718              1,490,780
        固定資産合計
                                       3,298,809              2,896,676
       資産合計
                                79/98








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       ※1  46,812             ※1  64,329
        買掛金
                                       ※1  37,640             ※1  73,671
        未払金
                                        19,375               7,991
        未払費用
                                        47,184               6,512
        未払法人税等
                                        15,989
        未払消費税等                                                -
                                        21,012              22,042
        前受金
                                         9,724              10,395
        預り金
                                          580              555
        前受収益
                                        12,533              13,792
        賞与引当金
                                                       9,100
                                          -
        受注損失引当金
                                        210,853              208,392
        流動負債合計
       固定負債
                                          408
        長期前受金                                                -
                                        68,570
        関係会社事業損失引当金                                                -
                                       ※2  60,000             ※2  49,724
        債務保証損失引当金
                                        14,412              14,411
        資産除去債務
                                        143,391               64,135
        固定負債合計
                                        354,244              272,527
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        291,956              291,956
        資本金
        資本剰余金
                                        291,956              291,956
          資本準備金
                                        291,956              291,956
          資本剰余金合計
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       3,033,870              2,635,826
           繰越利益剰余金
                                       3,033,870              2,635,826
          利益剰余金合計
        自己株式                               △ 673,216             △ 595,589
                                       2,944,565              2,624,148
        株主資本合計
                                       2,944,565              2,624,148
       純資産合計
                                       3,298,809              2,896,676
     負債純資産合計
                                80/98








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                     ※1  1,618,158            ※1  1,561,102
     売上高
                                        765,023              849,826
     売上原価
                                        853,134              711,275
     売上総利益
                                    ※1 ,※2  617,197           ※1 ,※2  588,696
     販売費及び一般管理費
                                        235,936              122,579
     営業利益
     営業外収益
                                       ※1  2,381             ※1  2,124
       受取利息
                                          138              157
       未払配当金除斥益
                                       ※1  8,580            ※1  12,560
       業務委託収入
                                        ※1  460            ※1  560
       その他
                                        11,560              15,401
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          17
       支払利息                                                  -
                                                       2,978
                                          -
       自己株式取得費用
                                          17             2,978
       営業外費用合計
                                        247,480              135,002
     経常利益
     特別利益
                                                     ※3  28,846
                                          -
       関係会社事業損失引当金戻入額
                                                       28,846
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                          188
       固定資産除却損                                                  -
                                        18,044
                                                         -
       関係会社事業損失引当金繰入額
                                        18,232
       特別損失合計                                                  -
                                        229,247              163,848
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   79,114              40,093
                                                       3,378
                                        △ 2,358
     法人税等調整額
                                        76,755              43,471
     法人税等合計
                                        152,491              120,376
     当期純利益
                                81/98










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                      資本剰余金            利益剰余金
                               その他利益剰                        純資産合計
                                                 株主資本
               資本金                  余金           自己株式
                         資本剰余金合            利益剰余金合             合計
                    資本準備金
                           計            計
                                繰越利益
                                剰余金
     当期首残高          291,956      291,956      291,956     2,958,514      2,958,514      △ 673,216     2,869,209      2,869,209
     当期変動額
      剰余金の配当
                                △ 77,135     △ 77,135           △ 77,135     △ 77,135
      当期純利益                           152,491      152,491            152,491      152,491
     当期変動額合計             -      -      -    75,355      75,355       -    75,355      75,355
     当期末残高          291,956      291,956      291,956     3,033,870      3,033,870      △ 673,216     2,944,565      2,944,565
          当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                        資本剰余金             利益剰余金
                                  その他利益                     純資産合計
                                                  株主資本
              資本金                     剰余金          自己株式
                       その他資本剰      資本剰余金          利益剰余金            合計
                   資本準備金
                         余金     合計          合計
                                   繰越利益
                                   剰余金
     当期首残高          291,956     291,956       -   291,956    3,033,870     3,033,870     △ 673,216    2,944,565     2,944,565
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 77,135    △ 77,135         △ 77,135    △ 77,135
      当期純利益
                                   120,376     120,376          120,376     120,376
      自己株式の取得                                       △ 372,353    △ 372,353    △ 372,353
      自己株式の処分                   △ 43,197    △ 43,197                43,197       -     -
      譲渡制限付株式報
                          8,696     8,696                     8,696     8,696
      酬
      自己株式の消却                  △ 406,783    △ 406,783                406,783       -     -
      利益剰余金から資
                         441,284     441,284    △ 441,284    △ 441,284            -     -
      本剰余金への振替
     当期変動額合計            -     -     -     -  △ 398,043    △ 398,043      77,626    △ 320,416    △ 320,416
     当期末残高
               291,956     291,956       -   291,956    2,635,826     2,635,826     △ 595,589    2,624,148     2,624,148
                                82/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
            子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
         2.棚卸資産の評価基準及び評価方法

            仕掛品
             個別法に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
            原材料及び貯蔵品
             個別法に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
         3.固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産
             定率法によっております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物について
            は、定額法によっております。
             なお、主な建物の耐用年数は8~15年、主な工具、器具及び備品の耐用年数は3~10年であります。
             また、2007年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5
            年間で均等償却する方法によっております。
           (2)無形固定資産
             定額法によっております。
             なお、市場販売目的のソフトウエアについては、見込有効期間(2年以内)に基づく償却方法を採用
            し、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用して
            おります。
         4.引当金の計上基準

           (1)貸倒引当金
             債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等
            特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)賞与引当金
             従業員に対する賞与の支払いに備えるため、支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
           (3)受注損失引当金
             受注契約に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末における受注契約に係る損失見込額を計上して
            おります。
           (4)関係会社貸倒引当金
             関係会社の債権の貸倒による損失に備えるため、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上し
            ております。
           (5)関係会社事業損失引当金
             関係会社の事業に係る損失に備えるため、関係会社に対する出資金額に係る損失負担額を超えて当社が
            負担することが見込まれる額を計上しております。なお、当事業年度において関係会社事業損失引当金は
            計上しておりません。
           (6)債務保証損失引当金

             関係会社への債務保証に係る損失に備えるため、被保証会社の財務状態等を勘案し、損失見込額を計上
            しております。
                                83/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         5.収益及び費用の計上基準
            当社の主要な事業における主な履行義務の内容及び収益を認識する通常の時点は以下のとおりでありま
           す。
           (1)各種サービスの提供
             主に乗換案内に係る有料会員サービス、APIサービス、データライセンスの提供を行っております。
             当該履行義務については、一定期間の契約締結を行っており、サービス期間の経過に伴って履行義務が
            充足されることで収益を認識しております。
           (2)ソフトウエア開発
             受注制作によるソフトウエアの開発、提供を行っております。
             当該履行義務については、一定の期間にわたり充足される履行義務と判断し、履行義務の充足に係る進
            捗度に基づき収益を認識しております。進捗度は、契約ごとに、見積原価総額に対する実際原価の割合で
            算出しております。なお、契約における取引開始日から完全に履行義務を充足すると見込まれる時点まで
            の期間がごく短い導入作業については代替的な取扱いを適用し、一定の期間にわたり収益を認識せず、完
            全に履行義務を充足した時点で収益を認識しております。
            なお、これらの履行義務に対する対価は、履行義務を充足してから概ね1年以内に受領しており、重要な
           金融要素を含んでおりません。
         6.のれんの償却方法及び償却期間

            のれんの償却については、5年間の均等償却を行っております。
         (重要な会計上の見積り)

           関係会社株式(株式会社サークア)の評価
           (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
             前事業年度末及び当事業年度末の貸借対照表に計上している関係会社株式には、2021年4月1日に株式
            会社サークアを取得した際の関係会社株式825,641千円が含まれております。
           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

             市場価格のない関係会社株式は、取得原価をもって貸借対照表価額としておりますが、当該株式の実質
            価額が著しく低下したときには、回復可能性が十分な証拠によって裏付けられる場合を除き、相当の減額
            を行うこととしております。なお、株式会社サークアの関係会社株式の実質価額は、将来の事業計画に基
            づいた超過収益力等を反映した金額を基礎として算定しております。
             当該関係会社株式の帳簿価額と実質価額を比較した結果、実質価額が帳簿価額を著しく下回っていない
            ため、評価損を認識しておりません。
             株式会社サークアの関係会社株式の実質価額の算定の基礎となる事業計画における主要な仮定の内容、
            翌事業年度の財務諸表に与える影響については、連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)」に
            記載のとおりであります。
                                84/98








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
         ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
           短期金銭債権                            1,484千円              36,717千円
           短期金銭債務                            3,736               1,684
         ※2 保証債務

            下記の会社の金融機関等からの借入金に対し、債務保証を行っております。
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
           株式会社ラテラ・インターナショナル                           -千円             10,276千円
            (注)上記金額については、債務保証額から債務保証損失引当金を控除した金額を記載しております。
          3 当社は運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行と当座貸越契約を締結しております。

            この契約に基づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
           当座貸越極度額                           500,000千円               500,000千円
           借入実行残高                             -               -
           差引未実行残高                           500,000               500,000
         (損益計算書関係)

         ※1 関係会社との取引高
                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
           営業取引による取引高
            売上高                            1,358千円               2,749千円
            その他営業取引高                           34,375               26,781
           営業取引以外の取引による取引高                           11,264               15,110
         ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度16%、当事業年度14%、一般管理費に属する費用のお

           およその割合は前事業年度84%、当事業年度86%であります。
            販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                   前事業年度                当事業年度
                               (自 2021年4月1日                (自 2022年4月1日
                                 至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
           給与手当                           175,703    千円           177,183    千円
                                       4,557               4,901
           賞与引当金繰入額
                                      127,013               104,030
           業務委託費
                                      90,916               75,978
           支払手数料
                                      15,940               5,172
           減価償却費
           (表示方法の変更)

            前事業年度において、主要な費目として表示していた「広告宣伝費及び販売促進費」は金額的重要性が乏
           しくなったため、当事業年度より注記を省略しております。なお、前事業年度の「広告宣伝費及び販売促進
           費」は5,207千円であります。
         ※3 関係会社事業損失引当金戻入額

           当事業年度において、関係会社事業損失引当金戻入額は、関係会社貸倒引当金繰入額50,000千円、関係会社
          事業損失引当金戻入額68,570千円及び債務保証損失引当金戻入額10,276千円を相殺して表示しております。
                                85/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          子会社株式及び関連会社株式
           市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度

                  区分
                               (2022年3月31日)                (2023年3月31日)
           子会社株式                            825,641               1,053,741

           関連会社株式                             18,692                18,692
         (税効果会計関係)

        1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度           当事業年度
                                    (2022年3月31日)           (2023年3月31日)
           繰延税金資産
            賞与引当金                              3,837千円           4,223千円
            貸倒引当金                               36           34
            未払事業税                              3,231           1,473
            前受収益                               177           170
            経費否認額                             16,706           11,760
            資産除去債務                              4,413           4,412
            ソフトウエア除却損                               54           54
            一括償却資産                               39           -
            株式報酬費用                               -          2,662
            関係会社株式                             57,572           57,572
            関係会社事業損失引当金                             21,404             -
            関係会社貸倒引当金                               -         15,310
            債務保証損失引当金                             18,372           15,225
           繰延税金資産小計
                                        125,848           112,900
            評価性引当額                            △97,404           △88,163
           繰延税金資産合計
                                         28,443           24,737
           繰延税金負債
            資産除去債務に対応する除去費用                             △3,247           △2,919
           繰延税金負債合計
                                        △3,247           △2,919
          繰延税金資産の純額
                                         25,196           21,818
        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                      前事業年度           当事業年度
                                    (2022年3月31日)           (2023年3月31日)
          法定実効税率
                                          30.6%           30.6%
          (調整)
           住民税均等割                                0.2            0.3
           評価性引当額の増減                                2.6           △5.3
                                          0.0            0.9
           その他
          税効果会計適用後の法人税等の負担率                                33.5            26.5
                                86/98





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
         (収益認識関係)

          顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関
         係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
         (重要な後発事象)

          連結財務諸表「注記事項(重要な後発事象)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
                                87/98


















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
             資産の         当期首       当 期       当 期       当 期       当期末      減価償却

     区 分
             種 類         残 高       増加額       減少額       償却額       残 高       累計額
          建物             30,435        225       -     3,021      27,639       12,125

          工具、器具及び備品             38,658       15,299         0    20,792       33,165      273,276

      有形
          リース資産               -       -       -       -       -     6,405
     固定資産
          建設仮勘定              1,870        -     1,870        -       -       -
              計         70,964       15,524       1,870      23,814       60,804      291,808

          ソフトウエア             153,636       115,451         -     62,349      206,738      1,432,059

          ソフトウエア仮勘定             19,007      187,576       115,451         -     91,132         -

      無形
     固定資産
          のれん               863       -      863       -       -       -
              計        173,507       303,028       116,315       62,349      297,871      1,432,059

     (注) 当期増加額及び減少額のうち主なものは次のとおりであります。
           工具、器具及び備品の増加額
            サーバー等の増強                            13,980千円
           ソフトウエアの増加額
            自社利用目的ソフトウエアの開発                            115,451千円
           ソフトウエア仮勘定の増加額
            自社利用目的ソフトウエアの開発                            187,576千円
           ソフトウエア仮勘定の減少額
            ソフトウエア本勘定への振替                            115,451千円
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
           区分           当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

     貸倒引当金                      120          112          120          112
     関係会社貸倒引当金                      -        50,000            -        50,000

     賞与引当金                    12,533          13,792          12,533          13,792

     受注損失引当金                      -         9,100            -         9,100

     関係会社事業損失引当金                    68,570            -        68,570            -

     債務保証損失引当金                    60,000            -        10,276          49,724

     (注) 損益計算書上、関係会社貸倒引当金繰入額50,000千円、関係会社事業損失引当金戻入額68,570千円、債務保証
          損失引当金戻入額10,276千円は相殺後の純額で関係会社事業損失引当金戻入額として表示しております。
      (2)【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

         該当事項はありません。
                                88/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度                4月1日から3月31日まで
     定時株主総会                6月中

     基準日                3月31日

                     9月30日
     剰余金の配当の基準日
                     3月31日
     1単元の株式数                100株
     単元未満株式の買取り

                     東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
      取扱場所               三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                     東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

      株主名簿管理人
                     三井住友信託銀行株式会社
      取次所               -
      買取手数料               株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                     当社の公告方法は、電子公告としております。
                     ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をすることがで
     公告掲載方法                きない場合は、日本経済新聞に掲載いたします。
                     当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                     https://ekitan.co.jp/
     株主に対する特典                該当事項はありません。
     (注) 当社の株主は定款の定めにより、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使するこ
          とができません。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定により請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割り当て及び募集新株予約権の割り当てを受ける権利
                                89/98










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

          事業年度(第20期)(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)2022年6月28日関東財務局長に提出
        (2)内部統制報告書及びその添付書類

          2022年6月28日関東財務局長に提出
        (3)四半期報告書及び確認書

          (第21期第1四半期)(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)2022年8月10日関東財務局長に提出
          (第21期第2四半期)(自 2022年7月1日 至 2022年9月30日)2022年11月9日関東財務局長に提出
          (第21期第3四半期)(自 2022年10月1日 至 2022年12月31日)2023年2月8日関東財務局長に提出
        (4)臨時報告書

          2022年6月28日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく
          臨時報告書であります。
          2022年11月15日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)に基づく臨時報告書であります。
          2023年6月28日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく
          臨時報告書であります。
        (5)有価証券報告書の訂正報告書及び確認書

          2022年10月24日関東財務局長に提出
          事業年度(第18期)(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)の有価証券報告書に係る訂正報告書及び確
          認書であります。
        (6)自己株券買付状況報告書

          報告期間(自 2022年11月11日 至 2022年11月30日)2022年12月12日関東財務局長に提出
                                90/98









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                91/98




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2023年6月28日

    株式会社  駅       探

      取 締 役 会  御 中

                            RSM清和監査法人

                            東京事務所
                            指定社員

                                      公認会計士
                                             平 澤   優
                            業務執行社員
                            指定社員

                                      公認会計士
                                             津 田 格 朗
                            業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社駅探の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照
    表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表
    作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
    会社駅探及び連結子会社の2023年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
    キャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要
    であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形
    成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                92/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     株式会社サークアに係るのれん、顧客関係資産及びソフトウエアの評価
        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

      注記事項(重要な会計上の見積り)                に記載されていると           当監査法人は、株式会社サークアに係るのれん等の評価
     おり、会社は、当連結会計年度末の連結貸借対照表に、                            の検討に当たり、主として以下の監査手続を実施した。
     2021年4月の株式会社サークアの株式取得により認識した                            (1)内部統制の評価
     のれん368,913千円、顧客関係資産242,315千円及びソフト                               固定資産の減損に関する会社の内部統制の整備・運
     ウエア72,192千円(以下、のれん等という。)を計上して                              用状況を評価するために、関連証憑の査閲及び内部統
     おり、総資産の21.7%を占めている。                              制実施者への質問を実施した。
      2023年3月期において、同社は、2021年8月の改正薬機                            (2)実証手続
     法に対応した新掲載基準による運用により業績は改善して                               割引前将来キャッシュ・フローの総額が、当連結会
     いるものの、営業損益(のれん等の償却考慮後)は継続し                              計年度末におけるのれん等を含むより大きな単位での
     てマイナスとなっていることから、会社は当該資産グルー                              資産グループ合計の帳簿価額を上回るとする会社の検
     プに減損の兆候が存在すると判断し、資産グループの割引                              討結果を検証するために、主として以下の監査手続を
     前将来キャッシュ・フローとのれん等を含むより大きな単                              実施した。
     位での資産グループの帳簿価額を比較し、減損損失を認識                             ・会社が会計上の見積りを行うにあたって設定してい
     するか否かの判定を実施している。当該判定の結果、会社                              る前提条件を評価するため、株式会社サークアの経
     は、割引前将来キャッシュ・フローの総額がのれん等を含                              営環境、市場環境及びグループ戦略について、経営
     む資産グループの帳簿価額を上回っていることから、減損                              者に対し質問を実施した。
     損失の認識は不要と判断している。                             ・将来キャッシュ・フローについて、取締役会によっ
      減損損失の認識の要否の判定に用いた割引前将来キャッ                              て承認された翌期予算との整合性を検証した。
     シュ・フローは、事業計画に基づいて算定されており、当                             ・主要な仮定であるインプレッション数、クリック率
     該事業計画は、取締役会により承認された翌期予算を基礎                              及びクリック単価といった主要KPI及び売上高の成長
     とし、翌期予算を超える期間については、市場成長予想等                              率等について、経営者に質問するとともに、過去実
     を踏まえた売上高の成長率を見積もって策定されている。                              績の趨勢分析及び市場予測に関連する直近の利用可
     当該事業計画における主要な仮定は、売上高を構成するイ                              能な外部データとの整合性を検討することにより、
     ンプレッション数、クリック率及びクリック単価といった                              会社の見積りを評価した。
     主要KPI及び売上高の成長率等であるが、これらの仮定は                             ・将来キャッシュ・フローの不確実性について、主要
     将来の不確実性を考慮した仮定や前提を含んだものであ                              な仮定等に対する感応度分析(主要な仮定等の変動
     り、経営環境、市場環境等の予測の内容に大きな影響を受                              が将来キャッシュ・フローに与える影響金額を把握
     けるため、経営者による高度な判断を要し、不確実性を有                              する分析)により、変動するリスクが適切に織り込
     するものである。                              まれているか検討した。
      当該見積りにおける不確実性の高さ、並びにのれん等の
     残高の連結財務諸表における金額的重要性の高さから、当
     監査法人は株式会社サークアに係るのれん等の評価を監査
     上の主要な検討事項と判断した。
    その他の事項

     会社の2022年3月31日をもって終了した前連結会計年度の連結財務諸表は、前任監査人によって監査されている。前任
    監査人は、当該連結財務諸表に対して2022年6月28日付けで無限定適正意見を表明している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責任
    は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記
    載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容
    と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのよ
    うな重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
                                93/98



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
     付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
     ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取
     引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
     手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見
     に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断
    した事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁
    止されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上
    回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
                                94/98






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    <内部統制監査>
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社駅探の2023年3月31
    日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、株式会社駅探が2023年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部統制
    報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係
    る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
    監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
    切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
    係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについ
    て合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにあ
    る。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
     る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適
     用される。
    ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部
     統制報告書の表示を検討する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
     は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任
     を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識
    別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項につ
    いて報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
     (注)   1 上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                95/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                     2023年6月28日

    株式会社  駅       探

      取 締 役 会  御 中

                            RSM清和監査法人

                            東京事務所
                            指定社員

                                      公認会計士
                                             平 澤   優
                            業務執行社員
                            指定社員

                                      公認会計士
                                             津 田 格 朗
                            業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社駅探の2022年4月1日から2023年3月31日までの第21期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益
    計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    駅探の2023年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に
    表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要であると
    判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成において対
    応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                96/98







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
     関係会社株式(株式会社サークア)の評価
        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

      注記事項(重要な会計上の見積り)                に記載されていると           当監査法人は、株式会社サークアの関係会社株式の評価
     おり、会社の当事業年度末の貸借対照表に計上されている                            について、会社が実質価額の著しい低下の有無を判定して
     関係会社株式には、2021年4月に取得した株式会社サーク                            いる資料を入手し、その結果を検討した。
     アの関係会社株式825,641千円が含まれており、総資産の                             また、株式会社サークアの将来の事業計画における主要
     28.5%を占めている。                            な仮定である売上高を構成するインプレッション数、ク
      注記事項(重要な会計上の見積り)に記載されていると                            リック率及びクリック単価といった主要KPI及び売上高の
     おり、会社は、市場価格のない関係会社株式は、取得原価                            成長率等については、連結財務諸表に係る監査報告書にお
     をもって貸借対照表価額とし、当該株式の実質価額が帳簿                            ける監査上の主要な検討事項「株式会社サークアに係るの
     価額を著しく下回ったときには、回復可能性が十分な証拠                            れん、顧客関係資産及びソフトウエアの評価」に記載の監
     によって裏付けられる場合を除き、相当の減額を行うこと                            査上の対応を実施した。
     としている。なお、株式会社サークアの関係会社株式の実
     質価額は、将来の事業計画に基づいた超過収益力等を反映
     した金額を基礎として算定している。会社は当該関係会社
     株式の帳簿価額と実質価額を比較した結果、実質価額が帳
     簿価額を著しく下回っていないため、評価損を認識してい
     ない。
      株式会社サークアの関係会社株式の実質価額の算定の基
     礎となる将来の事業計画における主要な仮定は、連結財務
     諸表における注記事項(重要な会計上の見積り)に記載さ
     れているとおり、売上高を構成するインプレッション数、
     クリック率及びクリック単価といった主要KPI及び売上高
     の成長率等であるが、これらの仮定は将来の不確実性を考
     慮した仮定や前提を含んだものであり、経営環境、市場環
     境等の予測の内容に大きな影響を受けるため、経営者によ
     る高度な判断を要し、不確実性を有するものである。
      当該見積りにおける不確実性の高さ、並びに株式会社
     サークアの関係会社株式残高の財務諸表における金額的重
     要性の高さから、当監査法人は関係会社株式(株式会社
     サークア)の評価を監査上の主要な検討事項であると判断
     した。
    その他の事項

     会社の2022年3月31日をもって終了した前事業年度の財務諸表は、前任監査人によって監査されている。前任監査人
    は、当該財務諸表に対して2022年6月28日付けで無限定適正意見を表明している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責任
    は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載内
    容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と財
    務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような重要
    な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
                                97/98




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社駅探(E25206)
                                                           有価証券報告書
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
     を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事項
    を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止されて
    いる場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると合
    理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)   1 上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                98/98





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。