株式会社アイ・ピー・エス 有価証券報告書 第32期(2022/04/01-2023/03/31)

提出書類 有価証券報告書-第32期(2022/04/01-2023/03/31)
提出日
提出者 株式会社アイ・ピー・エス
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2023年6月28日
     【事業年度】                   第32期(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
     【会社名】                   株式会社アイ・ピー・エス
     【英訳名】                   IPS,   Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役  宮下 幸治
     【本店の所在の場所】                   東京都中央区築地四丁目1番1号
     【電話番号】                   (03)3549-7621(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役経営企画本部長  川渕 正光
     【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区築地四丁目1番1号
     【電話番号】                   (03)3549-7621(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役経営企画本部長  川渕 正光
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/122













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第28期       第29期       第30期       第31期       第32期
            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                           5,780       6,508       9,515       10,728       12,346
     売上高              (百万円)
                           1,001       1,075       2,187       2,897       3,464
     経常利益              (百万円)
     親会社株主に帰属する
                            588       645      1,487       1,888       2,292
                   (百万円)
     当期純利益
                            592       820      1,533       2,392       2,933
     包括利益              (百万円)
                           3,728       4,715       6,754       9,136       11,864
     純資産額              (百万円)
                           6,746       7,790       11,762       18,420       25,129
     総資産額              (百万円)
                           256.15       314.82       428.59       589.01       751.94
     1株当たり純資産額               (円)
                           50.62       52.43       120.22       152.37       184.52
     1株当たり当期純利益金額               (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                           47.73       50.44       114.22       145.01       175.50
                    (円)
     当期純利益金額
                            46.3       49.9       45.1       39.7       37.2
     自己資本比率               (%)
                            26.9       18.4       32.4       29.9       27.5
     自己資本利益率               (%)
                            28.3       15.5       23.7       13.7       13.2
     株価収益率               (倍)
     営業活動による
                            397      1,038       1,636       3,580       2,636
                   (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (百万円)         △ 709     △ 1,137      △ 1,889      △ 2,658      △ 5,506
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                           1,295        196      1,333       1,067       3,578
                   (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                           2,360       2,462       3,589       5,778       6,881
                   (百万円)
     期末残高
                            322       383       382       356       477
     従業員数
                    (名)
     〔ほか、平均臨時雇用人員〕                       〔 8 〕      〔 9 〕      〔 5 〕      〔 7 〕      〔 9 〕
     (注)1.従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。臨時従業員には、アルバイト・パー
           トタイマーを含み、派遣社員を除いております。
         2.当社は、2019年1月1日付で普通株式1株につき普通株式5株の割合で株式分割を行っております。そのた
           め、第28期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定して、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益
           及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
         3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第31期の期首から適用してお
           り、第31期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
         4.第31期より、金額の表示単位を千円単位から百万円単位に変更しております。なお、比較を容易にするた
           め、第30期以前についても百万円単位に変更しております。
                                  2/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第28期       第29期       第30期       第31期       第32期
            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                           4,812       5,037       8,116       6,205       4,466
     売上高              (百万円)
                            812       689      1,397       1,549       1,312
     経常利益              (百万円)
                            553       446       934      1,047        911
     当期純利益              (百万円)
                           1,052       1,064       1,067       1,084       1,109
     資本金              (百万円)
                         12,200,000       12,350,000       12,380,000       12,410,500       12,440,800
     発行済株式総数               (株)
                           3,161       3,640       4,783       5,722       6,227
     純資産額              (百万円)
                           5,577       6,078       9,648       10,955       14,978
     総資産額              (百万円)
                           259.15       294.16       369.35       445.66       479.40
     1株当たり純資産額               (円)
                                          10.00       25.00       35.00
     1株当たり配当額                        -       -
                    (円)
     (1株当たり中間配当額)                       ( -)      ( -)      ( -)      ( -)     ( 17.50   )
                           47.63       36.27       75.56       84.56       73.34
     1株当たり当期純利益金額               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                           44.91       34.90       71.78       80.47       69.75
                    (円)
     期純利益金額
                            56.7       59.8       47.4       50.5       39.8
     自己資本比率               (%)
                            25.0       13.1       22.8       20.7       15.9
     自己資本利益率               (%)
                            30.0       22.4       37.7       24.8       33.3
     株価収益率               (倍)
                                          13.2       29.6       47.7
     配当性向               (%)         -       -
                             56       50       54       53       31
     従業員数
                    (名)
     〔ほか、平均臨時雇用人員〕                       〔 1 〕      〔 0 〕      〔 0 〕      〔 0 〕      〔 0 〕
                                   56.7       199.2       148.6       175.2
     株主総利回り               (%)         -
     (比較指標:TOPIX)               (%)        ( -)     ( 90.5  )    ( 128.6   )    ( 131.2   )    ( 138.8   )
                           1,481
     最高株価               (円)               1,596       3,415       3,115       3,395
                         (12,150)
                           1,077
     最低株価               (円)                710       779      1,680       1,964
                         (5,510)
     (注)1.従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。臨時従業員には、アルバイト・パー
          トタイマーを含み、派遣社員を除いております。
         2.当社は2019年1月1日付で普通株式1株につき普通株式5株の割合で株式分割を行っております。このた
           め、第28期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定して、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益
           及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
         3.2020年12月25日付で、当社株式は東京証券取引所マザーズ市場より同取引所市場第一部に市場変更しており
           ます。最高株価及び最低株価は、2020年12月24日以前は東京証券取引所マザーズ市場、2020年12月25日以降
           は同取引所市場第一部におけるものであります。2022年4月4日付けの東京証券取引所の市場区分の見直し
           に伴い、最高株価及び最低株価は、2022年4月4日より東京証券取引所(プライム市場)におけるものであ
           り、それ以前は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。ただし、当社株式は2018年6月27
           日から東京証券取引所マザーズに上場されており、それ以前の株価については該当事項がありません。な
           お、第28期の株価については株式分割後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式分割前の最高株価及
           び最低株価を括弧内に記載しております。
         4.第28期の株主総利回り及び比較情報は、2018年6月27日に東京証券取引所マザーズに上場したため、記載し
           ておりません。また第29期以降の株主総利回りについては、第28期末の株価を分母として算定しておりま
           す。
         5.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第31期の期首から適用してお
           り、第31期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
         6.第31期より、金額の表示単位を千円単位から百万円単位に変更しております。なお、比較を容易にするた
           め、第30期以前についても百万円単位に変更しております。
                                  3/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       年月                            概要
     1991年10月       海外の人材を日本企業に紹介する事業を目的として株式会社アイ・ピー・エス(以下「当社」とい
            う。)を設立
     1992年2月       国際デジタル通信株式会社(現 ソフトバンク株式会社)の代理店となる
     1996年5月       在留フィリピン人向けタガログ語新聞「Pinoy                     Gazette」を創刊(2020年3月終了)
     1998年8月       郵政省に旧特別第2種電気通信事業者として登録
     1999年1月       フィリピンにコールセンターを運営する子会社「Pilipinas                            International       Marketing     Services,     Inc.
            (現 KEYSQUARE,INC.)」(現連結子会社)を設立
     2002年12月       第1種電気通信事業者である株式会社テレグローブ・ジャパンの全株式を取得し、同社の社名を株式会
            社アドベント(現解散済み)に変更
     2003年3月       株式会社アドベントとNTTグループ各社等の大手電気通信事業者との間でネットワークの相互接続を
            開始
     2004年10月       総務省に電気通信役務利用放送事業者として登録
     2005年3月       在留フィリピン人向け放送サービスとして有料衛星放送サービス「アクセスTV」を開始(2012年8月終
            了)
     2005年3月       株式会社アドベントより営業を全部譲受け、同社の事業を継承したことにより、総務省が当社を認定電
            気通信事業者として登録
     2005年9月       在留フィリピン人を主対象とした訪問介護員2級養成講座「Tokyo                               Caregiver     Academy」を開講(現在
            は休講)
     2006年1月       厚生労働省より一般派遣事業の許可を取得(2021年1月廃止)
     2006年10月       厚生労働省より有料職業紹介事業の許可を取得(2021年1月廃止)
     2010年2月       I SUPPORT    PTE.   LTD.との合弁により「Shinagawa               Lasik   & Aesthetics      Center    Corporation」(当社
            50.0%、I     SUPPORT    PTE.   LTD.50.0%)(現連結子会社)をフィリピンに設立
     2011年3月       フィリピンの子会社「Pilipinas               International       Marketing     Services,Inc.」を、「KEYSQUARE,                INC.」
            に社名変更
     2012年9月       フィリピンで、ケーブルテレビ事業者(以下「CATV事業者」といいます。)向けに国際通信回線の提供
            を開始
     2012年9月       在留フィリピン人向け有料インターネット放送コンテンツ配信サービス「VOX                                    TV」を開始(2020年3月
            終了)
     2013年9月       コールセンター事業者向け着信課金(トールフリー)再販サービス(秒課金サービス)(注1)の提供
            を開始
     2013年11月       インドのDrishti-Soft           Solution     Pvt.   Ltd.と提携して、同社が開発したコールセンターシステム(注
            2)「AmeyoJ」の発売を開始
     2015年4月       フィリピン国内電気通信事業を行うことを目的とする子会社「InfiniVAN,Inc.」(当社40.0%、
            CorporateONE,       Inc.60.0%)(現連結子会社)を設立
     2016年6月       フィリピン国会で、「InfiniVAN,Inc.」がフィリピン国内で電気通信事業を営むことを認める法律
            (R.A10898:AN        ACT  GRANTING     THE  INFINIVAN,      INC.   A FRANCHISE     TO  CONSTRUCT,      INSTALL,
            ESTABLISH,      OPERATE    AND  MAINTAIN     TELECOMMUNICATIONS          SYSTEMS    THROUGHOUT      THE  PHILIPPINES 共和
            国法10898号)が可決される
     2017年11月       「InfiniVAN,       Inc.」がフィリピンルソン島における通信事業の適格であるCertificate                                  of  Public
            Convenience      and  Necessity(以下「CPCN」といいます。)のProvisional                          Authority(以下「PA」とい
            います。)を取得
     2018年6月       東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場
     2018年9月       「InfiniVAN,       Inc.」がフィリピンビサヤ・ミンダナオ地域における通信事業の適格であるCPCNのPAを
            取得
     2019年6月       「InfiniVAN,       Inc.」が5G無線通信サービスに用いるための周波数の割当を受ける。
     2020年5月       シンガポールに通信事業を営む「IPS                 Telecommunication         Singapore     Pte.   Ltd.(現 ISMO        Pte.
            Ltd.)」(当社100%)(現 連結子会社)を設立
                                  4/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
       年月                            概要
     2020年12月       東京証券取引所市場第一部へ市場変更
     2021年1月       人材関連事業を株式会社グローバルトラストネットワークスに事業譲渡
     2021年1月       シンガポールの子会社「IPS             Telecommunication         Singapore     Pte.   Ltd.」を、「ISMO         Pte.   Ltd.」に社
            名変更
     2022年1月       アメリカ合衆国のCarrier            Domain,    Inc.を連結子会社化
     2022年4月       東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第一部からプライム市場に移行
     2022年6月       フィリピンに人間ドック・健診センターを運営することを目的とする「Shinagawa                                      Healthcare
            Solutions     Corporation」(当社40%、Shinagawa                  Lasik   & Aesthetics      Center    Corporation50%)
            (現 連結子会社)を設立
     2022年7月       国内通信事業を会社分割により分社化し、株式会社アイ・ピー・エス・プロ(当社100%)(現 連結
            子会社)を設立
     (注1) 着信課金(トールフリー)再販サービス(秒課金サービス)
           着信者が契約し、発信者が(指定された番号を使用する等の)着信課金手順を指定して通話した場合、通常
           は発信者が払うべき通話料金を着信者が払う仕組みとなっております。当社の「秒課金サービス」は、課金
           単位を従来の3分又は30秒単位から、1秒単位での提供を行うサービスです。
     (注2) コールセンターシステム
           コールセンター業務に必要な発信、通話録音、通話履歴管理等の機能を搭載したシステムのこと。主にCTI
           (電話とコンピューターと統合させたシステム)、サーバー等のハードウェアや顧客データベース、対応履
           歴管理等のソフトウエアによって構成されております。
                                  5/122














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社アイ・ピー・エス)と連結子会社8社(KEYSQUARE,
      INC.   , Shinagawa     Lasik   & Aesthetics      Center    Corporation      , InfiniVAN,      Inc.   , CorporateONE,       Inc.   , ISMO
      Pte.   Ltd.   , Carrier    Domain,    Inc.   , Shinagawa     Healthcare      Solutions     Corporationおよび株式会社アイ・ピー・
      エス・プロ)により構成されており、「国際通信事業」、「フィリピン通信事業」、「国内通信事業」、「メディカ
      ル&ヘルスケア事業」、「その他」の5つのセグメントに分類されます。なお、当連結会計年度より報告セグメント
      の区分について、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)                               連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」
      に記載のとおり、従来「海外通信事業」、「フィリピン国内通信事業」及び「医療・美容事業」セグメントの名称を
      それぞれ「国際通信事業」、「フィリピン通信事業」及び「メディカル&ヘルスケア事業」に変更しております。
        各セグメントの事業内容および関係会社の位置付けは以下のとおりです。

        報告セグメント                       事業内容                    関係会社
                    フィリピンと北米・香港等とを結ぶ国際通信回線を、CATV
                                                KEYSQUARE,      INC.
                    事業者等のインターネット接続事業者に提供しておりま
                                                ISMO   Pte.   Ltd.
     国際通信事業
                    す。併せて、通信機器をCATV事業者等に販売しておりま
                                                Carrier    Domain,    Inc.
                    す。
                    子会社であるInfiniVAN,            Inc.がフィリピン国内で法人向
                                                InfiniVAN,      Inc.
                    けインターネット接続サービスを行っております。
     フィリピン通信事業
                                                CorporateONE,       Inc.
                    フィリピン国内に敷設した通信回線の提供を行っておりま
                    す。
                    ・音声通信(電話サービス)の提供
                     国内外の固定/携帯電話事業者と相互接続協定を締結
                     し、自社ネットワークを通じた音声通信サービスを提供
                     しております。他の通信事業者向けの格安な通話サービ
                     スの提供や、クレジットカード会社向けの自動督促用音
                     声装置と組み合わせた音声通話サービス等、大手通信事
                     業者が提供しないサービスを提供しております。大手通
                     信事業者の着信者払い通話サービスを大口で仕入れて小
                     口で再販し、1秒単位で課金する秒課金サービスを提供                           株式会社アイ・ピー・エ
     国内通信事業
                     しております。                           ス・プロ
                    ・コールセンターシステムの販売
                     インドのDrishti社が開発したコールセンターシステム
                     「AmeyoJ」のライセンスを仕入れ、日本国内のコールセ
                     ンター事業者へ販売。
                    ・データセンターサービス
                     東京都内にデータセンターを保有し、他の事業者のサー
                     バーを預かるコロケーションサービス(注1)等を提供
                     しております。
                                                Shinagawa     Lasik   &
                                                Aesthetics      Center
                    レーシック手術による近視矯正等の眼科、美容皮膚科等の
     メディカル&ヘルスケア事業                                           Corporation
                    科目で診療を行っております。
                                                Shinagawa     Healthcare
                                                Solutions     Corporation
                    在留フィリピン人を中心とした在留外国人に対して海外送
                                                KEYSQUARE,      INC.
     その他
                    金サービスの顧客開拓・利用促進等を行っております。
      (注1) コロケーションサービス
            主に通信事業者の局舎内で、通信機器等を設置する場所を提供することをいう。
                                  6/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        [事業系統図]
         事業系統図は、以下のとおりであります。
                                  7/122




















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
      (連結子会社)
                                      議決権の所有
                                主要な事業
         名称         住所       資本金              (又は被所有)            関係内容
                                 の内容
                                       割合(%)
                                              国際通信事業のバックオフィ
               フィリピン
                           30百万                   ス業務を委託しております。
     KEYSQUARE,      INC.
               共和国                国際通信事業           99.8
                       フィリピンペソ                       役員の兼任があります。資金
               パシッグ市
                                              の貸付を行っております。
                                              ※持分は100分の50ですが、
                                              役員及び業務執行社員(社
                                              長)の派遣により、日本の企
     Shinagawa     Lasik   &
               フィリピン                               業会計基準適用指針第22号、
     Aesthetics      Center                216百万     医療・美容事
               共和国                           50.0    連結財務諸表における子会社
                       フィリピンペソ        業
     Corporation
               タギッグ市                               及び関連会社の範囲の決定に
     (注)4,5
                                              関する適用指針第11項に従
                                              い、子会社としたものです。
                                              役員の兼任があります。
                                              ※議決権の直接所有割合は
                                              40.0%、日本の企業会計基準
                                              適用指針第22号、連結財務諸
                                              表における子会社及び関連会
               フィリピン                           100.0
     InfiniVAN,      Inc.
                          832百万     フィリピン通               社の範囲の決定に関する適用
               共和国                          (60.0)
                       フィリピンペソ        信事業               指針第8項に従いますと間接
     (注)4,5
               タギッグ市
                                              所有を含めた議決権の所有割
                                              合は100.0%になります。
                                              役員の兼任があります。資金
                                              の貸付を行っております。
                                              ※議決権の直接所有割合は
                                              0.0%、日本の企業会計基準
                                              適用指針第22号、連結財務諸
               フィリピン                フィリピン通           40.0
                           72百万                   表における子会社及び関連会
     CorporateONE,       Inc.
               共和国                信事業(持株          (40.0)
                       フィリピンペソ                       社の範囲の決定に関する適用
               パシッグ市                会社)          〔60.0〕
                                              指針第8項に従いますと間接
                                              所有を含めた議決権割合は
                                              100.0%になります。
     ISMO   Pte.   Ltd.
               シンガポー            2百万                   役員の兼任があります。資金
                               国際通信事業           100.0
               ル共和国      シンガポールドル                        の貸付を行っております。
     (注)4,5
               アメリカ合
               衆国
                           0百万               51.1
     CarrierDomain       Inc.
               ニュー                国際通信事業              役員の兼任があります。
                        アメリカドル                  〔48.9〕
               ジャージー
               州
     Shinagawa
               フィリピン
     Healthcare
                          350百万     人間ドック・           90.0
               共和国                              役員の兼任があります。
                       フィリピンペソ        健診センター          (50.0)
     Solutions
               タギッグ市
     Corporation
     株式会社アイ・
               東京都
     ピー・エス・プロ                     300百万     国内通信事業          100.0%     役員の兼任があります。
               中央区
     (注)4,5
     (注)1.議決権所有割合の(               )内は、間接所有割合で内数であります。また、〔                        〕内は緊密な者、又は同意してい
           る者の所有割合で外数であります。
         2.「主要な事業の内容欄」には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
         3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
         4.特定子会社に該当しております。
                                  8/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         5.株式会社アイ・ピー・エス・プロ、ISMO                     Pte.   Ltd.、Shinagawa        Lasik   & Aesthetics      Center    Corporation
           及びInfiniVAN,        Inc.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割
           合が10%を超えております。該当の主要な損益情報等につきましては以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                        Shinagawa     Lasik   &
                     株式会社アイ・
                               ISMO   Pte.   Ltd.               InfiniVAN,      Inc.
                                        Aesthetics      Center
                     ピー・エス・プロ
                                        Corporation
           ①売上高                3,255          2,391          1,690          1,877
           ②経常利益                 737         1,329           546         △38
           ③当期純利益                 519         1,090           409         △38
           ④純資産額                1,019          3,194          1,769          3,431
           ⑤総資産額                1,752          5,317          2,080         10,628
                                  9/122
















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2023年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                          27
     国際通信事業
                                                         〔 0 〕
                                                         219
     フィリピン通信事業
                                                         〔 0 〕
                                                          18
     国内通信事業
                                                         〔 0 〕
                                                          70
     メディカル&ヘルスケア事業
                                                         〔 9 〕
                                                          16
     その他
                                                         〔 0 〕
                                                         127
     全社(共通)
                                                         〔 0 〕
                                                         477
                 合計
                                                         〔 9 〕
     (注)1.従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。臨時従業員には、アルバイト・パー
           トタイマーを含み、派遣社員を除いております。
         2.全社(共通)は、人事総務、経理財務、経営企画等の管理部門の従業員であります。
         3.従業員数が前連結会計年度に比べ121人増加しております。これは事業拡大に伴い人員が増加したことによ
           るものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2023年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(百万円)
           31                 39.5              4.4               6
               〔 0 〕
              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                          8
     国際通信事業
                                                         〔 0 〕
                                                          0
     フィリピン通信事業
                                                         〔 0 〕
                                                          0
     国内通信事業
                                                         〔 0 〕
                                                          2
     メディカル&ヘルスケア事業
                                                         〔 0 〕
                                                          0
     その他
                                                         〔 0 〕
                                                          21
     全社(共通)
                                                         〔 0 〕
                                                          31
                 合計
                                                         〔 0 〕
     (注)1.従業員数は、当社から関係会社への出向者を含んでおります。他社から当社への出向者は含んでおりませ
           ん。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)は、人事総務、経理財務、経営企画等の管理部門の従業員であります。
         4.従業員数が前事業年度に比べ22人減少しております。これは会社分割により、従業員が子会社である株式会
           社アイ・ピー・エス・プロに移籍したことによります。
      (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 10/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (4)管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金の差異

         提出会社及び連結子会社は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)及び
        「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規定によ
        る公表義務の対象ではないため、記載を省略しております。
                                 11/122



















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       当連結会計年度末現在における経営方針、経営環境及び対処すべき課題等は、以下のとおりであります。また、文
      中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針及び経営環境

         当社グループは、Open            Doorという企業理念のもと、いまだ誰も突破できていない障壁のある生活に密着した分
        野で、誰よりも先んじて事業機会を創造し、事業を展開し、産業構造を変え、あるべき社会を実現すべく、様々な
        事業に取り組んでおります。当期の当社グループが事業を展開する日本及びフィリピンにおいては、新型コロナウ
        イルス感染症の蔓延による移動制限などの悪影響から、コロナワクチンの接種の進展などにより脱却し、社会経済
        活動の正常化に向けた取り組みが始まってきております。
         当社グループの中核事業である通信事業におきましては、社会経済活動の正常化に伴い事業活動が活発化し、通
        信需要が増加しており、特にフィリピンにおいては国際通信回線の受給の逼迫が続いております。当社グループで
        は、2020年5月にフィリピンとシンガポール・香港間を結ぶ国際回線(City-to-City                                       Cable   System、以下「C2C回
        線」という。)の使用権を取得して、フィリピンで3番目の国際通信キャリアとなり、2020年10月よりC2C回線と
        各国の陸上回線を併せた国際通信ネットワークの提供を開始しており、国際通信回線の供給能力が飛躍的に増加し
        たことにより、従来のCATV事業者向けに加えて通信事業者向けの提供が可能となり、キャリアズキャリア(通信事
        業者のための卸売業者)としてのポジションを確立しております。キャリアズキャリア販売により、通信回線の取
        得や建設にかかる投資資金の早期回収が可能となることから、当社グループが推進している、フィリピン国内海底
        ケーブルの敷設や5Gの実用化推進等の通信基盤の整備と事業化において、よりスピード感のあるダイナミックな
        事業展開を進めていくことが可能となります。
         メディカル&ヘルスケア事業では、新型コロナウイルス感染症の対策を徹底することにより、レーシックの手術
        数が過去最高を更新するなど引き続き事業が拡大しております。Shinagawa                                   Lasik   & Aesthetics      Center
        Corporation(以下「SLACC」という。)の提供する日本の技術やノウハウを導入した医療・美容サービスに対する
        顧客の評価は高く、引き続き高品質のサービスの提供を行ってまいります。また、予防医療分野への進出による事
        業拡大を図るため、人間ドック/健診センターを運営する子会社を設立し、人間ドック/健診センターを2023年度
        第1四半期での開業を目指し、準備を進めております。
         その他の分野として、在留フィリピン人を中心とした在留外国人の方たちにとって有益なサービスの提供を継続
        してまいります。
        ① 国際通信事業

          2020年5月に、オーストラリア最大手通信事業者の海外部門子会社との間で、フィリピンとシンガポール・香
         港を結ぶC2C回線の一部の使用権を取得しました。また、2020年6月にはISMO                                    Pte.   Ltd.(以下「ISMO」とい
         う。)を設立してシンガポールの通信ライセンスを取得し、上記3か国の陸上回線と併せた国際通信ネットワー
         クを構築して10月に提供を開始しました。C2C回線の使用権の取得および国内通信ネットワークの構築により、
         当社グループはフィリピンにおいて、海底ケーブルの権利を保有して運用する大手通信事業者2社に次ぐ3番目
         の国際通信キャリアとなり、国際通信回線の供給能力が飛躍的に増加したことから、キャリアズキャリアとして
         通信事業者向けの販売を開始するなど事業が大きく拡大いたしております。
          今後の国際通信事業の拡大には、フィリピン国内の通信網の整備による通信回線提供エリアの拡大が必要とな
         ることから、フィリピン通信事業におけるミンダナオ島等での光ファイバー敷設やフィリピン国内海底ケーブル
         建設などにより、ミンダナオ島等をはじめとする新たなエリアのCATV事業者や通信事業者への通信回線の提供を
         開始し、販売を拡大してまいります。
                                 12/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ② フィリピン通信事業
          本事業の収益の柱である法人向けブロードバンドサービスは、中長期では安定的な伸長が期待されますが、過
         去2年間は新型コロナウイルス感染症の影響による外出制限等の実施により、マニラ首都圏での新規顧客の開拓
         が低調に推移いたしましたが、社会経済活動の正常化に向けた取り組みにより外出制限が緩和され、事務所への
         出勤者数が増加してきていることから、営業員の増強などを図り、獲得の強化を行っております。
          2022年7月より、フィリピンの通信事業者2社と、ルソン島、ビサヤ諸島、ミンダナオ島を結ぶフィリピン国
         内海底ケーブルシステムの共同建設を開始いたしました。その完成時期は2023年4月を予定しております。併せ
         て、陸上回線の整備を行い、フィリピン通信事業及び国際通信事業の拡大に必要なフィリピン国内基幹回線の構
         築を推進してまいります。
          DX(デジタルトランスフォーメーション)の実現には5Gの同時接続が必要になる等今後も通信環境の整備が
         進んでいくことが想定されます。2021年2月に、InfiniVANが、フィリピン共和国国家通信委員会(NTC)から、
         1.5GHzの周波数帯の割当を受けました。2020年に割当済の5G専用の周波数帯である3.7GHz、24GHzと併せて、
         従来の4G技術と新たな5G技術の併用も視野に入れてマニラ首都圏の商業地域において、5G無線ブロードバ
         ンドサービスの提供を目指して実証実験を進めます。
        ③ 国内通信事業

          新型コロナウイルス感染症の拡大による在宅勤務やWeb会議の増加により、通信トラフィックが増加し、コー
         ルセンターシステムAmeyoJと秒課金サービスを合わせたコールセンターソリューションの売上が好調に推移いた
         しました。コールセンター向けのサービスでは、引き続き旺盛な需要が予想され、顧客管理とコールセンターの
         一元システムの構築等の包括的ソリューションの提供を進めてまいります。
        ④ メディカル&ヘルスケア事業

          メディカル&ヘルスケア事業では、近視矯正への旺盛な需要に対応して、2020年3月に眼科に特化した第3院
         を開院したものの、前期は新型コロナウイルス感染症の蔓延による人の移動制限の影響で来院者数が減少しまし
         たが、当期は安全に運営するノウハウの蓄積に加え、3院となったことによるレーシック手術者数への対応力が
         増加したことから過去最高の手術者数となりました。今後も、SLACCの提供する日本の技術やノウハウを導入し
         た医療・美容サービスに対する顧客の評価は高く、引き続き高品質のサービスの提供に努めてまいります。
          フィリピンでは予防医療の普及が遅れており、新たな医療事業として、日本の優れた画像診断技術を活用し、
         多くのフィリピン人の方々が適切な費用で利用出来る人間ドック・健診センターを2023年度第1四半期に開業す
         るための準備を進めております。
        ⑤ その他

          海外送金等の在留フィリピン人を中心とした在留外国人が必要としているサービスの提供を継続してまいりま
         す。
      (2)経営戦略

        ① 国際通信事業
          C2C回線の使用権を取得して当社グループの国際通信ネットワークを構築しております。これにより、国際通
         信回線の供給能力が飛躍的に増大して、従来のCATV事業者向けに加えて通信事業者向けの提供が可能となりまし
         た。一方で、国際通信事業の拡大には、フィリピン国内の通信網の拡大を始めとする通信基盤の整備が不可欠で
         あり、新たなエリアでのCATV事業者や通信事業者への販売の拡大を図ってまいります。
          当社グループが推進しておりますフィリピンにおける国内海底ケーブルの敷設や5Gの実用化等の通信基盤の
         整備を進捗させることにより、国際通信事業とフィリピン通信事業とのシナジーが高まり、さらなる事業の拡大
         を図ってまいります。
                                 13/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ② フィリピン通信事業
          新型コロナウイルス感染症後の社会経済活動の正常化により、フィリピン国内の通信需要が拡大しており、マ
         ニラ首都圏の法人顧客の需要は事務所への出勤者数の回復により法人向けインターネット接続サービスの新規獲
         得数が増加してきていることから、積極的に獲得の強化を図ってまいります。また、コロナウイルス感染症の影
         響で増加した在宅勤務などの就業形態が引き続き実施されていることもあり、個人向け通信市場も拡大している
         ことから、レジデンシャル向けサービスの提供を強化してまいります。
          フィリピンの通信事業者2社と、ルソン島、ビサヤ諸島、ミンダナオ島を結ぶフィリピン国内海底ケーブルシ
         ステムの共同建設を開始いたしました。併せて、陸上回線の整備を行い、フィリピン通信事業及び国際通信事業
         の拡大に必要なフィリピン国内基幹回線の構築を推進してまいります。
          2021年2月に、InfiniVANが、フィリピン共和国国家通信委員会(NTC)から1.5GHzの周波数帯の割当を受け、
         2020年に割当済の3.7GHz、24GHzの周波数帯と併せて、従来の4G技術と新たな5G技術の併用も視野に入れ、
         5G無線ブロードバンドサービスの提供を目指して工業団地などでの実証実験を進捗させ、実用化に向けた取り
         組みの強化を図ってまいります。
        ③ 国内通信事業

          新型コロナウイルス感染症からの社会経済活動の正常化により、引き続き通信トラフィックが堅調に推移し、
         コールセンター向けサービスにおいても安定的な需要が続くことが予想されます。コールセンターが必要として
         いるニーズは多様化しており、従来の割安な電話サービスの提供に留まらず、SNS(注1)やAI(注2)による
         コミュニケーションも含めた、顧客管理とコールセンターの一元システムの構築等、新しいコンセプトでの包括
         的ソリューションの提供を進めてまいります。また、会社分割により2022年7月1日に同事業を担う新会社とし
         て株式会社アイ・ピー・エス・プロを設立し、同社による新分野への事業展開等の検討を進めてまいります。
        (注1) SNS

             Social    Networking      Serviceの略称で、Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構
             築可能にするサービスです。
        (注2) AI

             Artificial      Intelligenceの略称で、人工知能と訳されます。コンピューターを使って、学習・推論・
             判断等人間の知能のはたらきを人工的に実現したものです。
        ④ メディカル&ヘルスケア事業

          新型コロナウイルス感染症の対策の徹底により来院者数を急回復させ、レーシック手術数が過去最大となって
         おります。これは、顧客からのSLACCの提供する医療・美容サービスに対する高い評価によるものを一因である
         と認識し、引き続き高品質のサービスの提供に努めてまいります。さらに潜在需要を掘り起こすため、SNSや
         ホームページによる情報発信とコンタクトセンターとの連携の強化等、マーケティング手法の改善強化などを進
         めてまいります。
          フィリピンでの新たな医療事業への取り組みとして、日本の優れた画像診断技術を活用した、適切な費用で利
         用出来る人間ドック・健診センターの開設を2023年度第1四半期に予定しており、その準備などを強化してまい
         ります。
        ⑤ その他

          海外送金等のサービスの提供を継続し、在留フィリピン人の方たちに対する新たなサービスの提供を模索して
         まいります。
      (3)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         中長期経営戦略を推進するにあたり、優先的に対処すべき課題として下記のものがあります。
         当社グループは、フィリピンでの通信事業に主要な収益の機会を求めており、この事業は、CATV事業者や通信事
        業者に対して国際通信回線を提供する国際通信事業と、主にマニラ首都圏地域に通信設備を構築し、法人向けのブ
        ロードバンドサービス等を提供するフィリピン通信事業から成り立っております。フィリピンでは外資規制等によ
        り新規参入が困難であり、既存の大手事業者による寡占市場であること等の理由で、さまざまな収益機会がありま
        したが、通信事業が外資規制の対象から除外されたこともあり、今後新たな競合事業者の参入も想定されることか
        ら、これから数年間の投資が今後の事業拡大にとって重要であり、そのための人材や資金その他のリソースの確保
        が、最も重要であると認識しております。
         その他にも、下記の対処すべき課題があります。
                                 14/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ① 国際通信事業
          2020年、2021年に使用権を取得いたしましたC2C回線は、順調に顧客への提供を積み上げており、さらなる安
         定的な供給のために新たな国際通信回線を確保していくことが必要となります。また、供給量確保の前提とし
         て、全体的な通信需要を適切に把握するとともに、通信事業者向け等の大口の顧客を開拓するなど新規顧客の獲
         得を進め、提供先を拡大することが求められます。
        ② フィリピン通信事業

          フィリピンの通信環境を改善し、フィリピン各地の通信事業者やCATV事業者にも国際通信回線の提供など当社
         グループのサービスを提供するには、フィリピン国内基幹回線の整備が必要となります。昨年7月に開始した
         フィリピン国内海底ケーブルシステムの共同建設が2023年4月に終了する見込みであり、陸上回線の敷設などを
         行い、ルソン島、ビサヤ諸島、ミンダナオ島を結ぶフィリピン国内基幹回線の整備を進めております。
          また、マニラ首都圏における法人向けブロードバンドサービスの拡大を図るとともに、個人向けブロードバン
         ドサービスの開拓等、市場の変化に合わせた新たな顧客の獲得による需要の確保も重要な課題であります。
        ③ 国内通信事業

          昨年7月に会社分割により国内通信事業を分社化し、株式会社アイ・ピー・エス・プロを設立いたしました。
         分社化による意思決定の迅速化などのメリットを活かし、新たな通信サービスの提供を行うなど事業の拡大を
         図ってまいります。
          また、国内通信事業において収益の大部分を担ってきました音声通信は、無料通話アプリの普及等により、国
         内での需要が減少しつつあります。そのような環境下、当社が主力としているコールセンター向け通信サービス
         は、広くコンタクトセンターのソリューション提供に方針を変えることが求められております。当社が提供して
         いるコールセンター向けソフトウエアの提供、自動書き起こしやAIによる応答等、多様なニーズに応えてまいり
         ます。
        ④メディカル&ヘルスケア事業

          フィリピンの医療環境の改善を図るため、昨年6月に人間ドック・健診センターを運営する子会社Shinagawa
         Healthcare      Solutions     Corporation(以下、「SHSC」という。)を設立し、本年4月に人間ドック・健診セン
         ターShinagawa       Diagnostic      & Preventive      Care   Center(以下、「SDPCC」という。)の開院を進めております。
         SDPCCの運営を軌道に乗せ、早期の収益化を図ってまいります。
          また、主力であるSLACCが提供するレーシックについては、引き続き需要の拡大に対応し、マーケティング手
         法の強化などにより、来院者数の増加に努めてまいります。
        ⑤ 内部統制システムの強化・運用

          当社グループはこれまで継続的に内部監査体制を強化し、業務の改善、統制の強化に努めてまいりました。今
         後は、コーポレート・ガバナンスの強化を推進するとともに、さらにコンプライアンス遵守を社内に浸透させる
         施策を展開してまいります。
      (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは事業拡大と企業価値の向上のために、売上高、営業利益を重要な指標としております。ただ下記
        の事業につきましては、投資が先行する新規事業であること等から、独自の尺度で経営上の目標の達成状況を判断
        しております。
         フィリピン通信事業は、法人向けブロードバンドサービスに関して、課金済みの顧客件数及びその契約容量を事
        業成長判断の一つの基準としており、毎月集計して進捗の管理をしております。
         また、同サービスを利用できるようになった建物の件数も、事業成長判断の一つの基準としております。通信回
        線・通信機器を設置するまで、調整に時間がかかるものの、いったん設置した後は容易にサービス提供できるた
        め、収益の可能性が高まるといえるからです。
                                 15/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     2【サステナビリティに関する考え方及び取組】
       当社グループのサステナビリティに関する考え方及び取組は、次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)サステナビリティ全般に関するガバナンス及びリスク管理

         当社グループは、当社取締役会において定めたサステナビリティ基本方針に基づき事業を推進するとともに、当
        社グループにおけるサステナビリティ関連のリスク及び機会の認識、各種施策の検討などを行うサステナビリティ
        委員会を設置しております。サステナビリティ委員会は、当社代表取締役を委員長とし、委員会は各部門の部門長
        および重要な子会社の社長により構成され、各部門・各子会社が抱える課題等を検討し、その活動のモニタリング
        を行うなど、サステナビリティに関する取組を決定・推進いたします。また、気候変動に伴う事業遂行に悪影響を
        及ぼす事象などのサステナビリティ関連のリスク管理についてもサステナビリティ委員会にて対応いたしておりま
        す。各事業分野の部門長が担当部門に関するリスク認識を共有し、当社グループとして必要な施策を迅速に講じて
        おります。さらに、重要な事案が生じた場合には適宜取締役会に報告し、その監視・監督のもとサステナビリティ
        経営を推進しております。
         サステナビリティに関する取組は、当社ホームページ(https://ipsism.co.jp/sustainability/)に記載してお
        ります。
      (2)重要なサステナビリティ項目

         上記、ガバナンス及びリスク管理を通じて識別された当社グループにおける重要なサステナビリティ項目は、以
        下のとおりであります。
         ・人々の生活の質の向上
         ・健全な市場競争の推進
         ・人々の健康意識・予防意識向上
         それぞれの項目に係る当社グループのサステナビリティに関する考え方及び取り組みは、次のとおりでありま
        す。
        ①人々の生活の質の向上

          当社グループが事業展開しているフィリピンでは、通信インフラの整備が課題であり、都市部では災害や事故
         が起きても都市機能が麻痺しない通信インフラの構築を行い、地方では都市部との格差の解消につながる通信イ
         ンフラの整備を行い、フィリピンの人々の生活の質の向上を目指します。
          そのため、フィリピン国内海底ケーブルを建設し、フィリピン国内において光ファイバー回線網の敷設を進め
         ることで、フィリピン国内基幹回線を整備し、強靭な通信インフラの構築を図ってまいります。
        ②健全な市場競争の推進

          フィリピンとシンガポール、香港、米国を結ぶ国際回線容量の提供を通し、各国事業者とパートナーシップを
         強化し、協業も行いながら地域の通信環境を改善し、通信サービスの選択肢を増やすことで市場の健全な競争状
         態の推進を目指します。
        ③人々の健康意識・予防意識向上

          日本品質の技術を導入したメディカル&ヘルスケアサービスを手頃な価格で提供することで、医療へのアクセ
         スを容易にし、フィリピンの人々の健康意識・予防意識の向上や生活習慣病の抑制を目指します。
          そのため、日本規格の予防医療に特化した人間ドック・健診センターの開院準備を進めております。
         当社グループでは、女性の役員の就任、女性・外国人・中途採用者の管理職の登用等を積極的に行うなど、属性

        などに関係なく中核人材を積極的に採用することで、その多様性の確保を図っております。さらに、社員一人一人
        の成長が実感できるような取り組みを進めるとともに、海外子会社への社員の派遣などを行うことにより多様な人
        材の育成を図っております。当連結会計年度末現在の当社の女性の役員の比率は33%です。また、管理職に占める
        女性労働者の割合などについて当社及び国内連結子会社は法律の規定による公表義務の対象でなく、小規模な組織
        のため、具体的な目標は定めておりませんが、今後も女性・外国人・中途採用者の登用等を積極的に行い、人材の
        多様性の確保を図り、女性管理職の比率などを高めてまいります。
         また、海外子会社についても同様の方針で採用し、人材の多様性を高めてまいります。
                                 16/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     3【事業等のリスク】
       本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、当社グループの事業展開その他に関するリスク要
      因となる可能性がある主な事項を記載しております。
       また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資者の投資判断上重要と考えられる事項に
      ついては、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。なお、当社グループは、これらの
      リスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針でありますが、本株式に関す
      る投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があります。
       なお、本書に記載されている将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが入手可能な情報から判
      断したものであります。
      (1)海外事業に関わるリスク

         当社グループは、主に日本国内のほかフィリピン及びシンガポールに事業拠点を設置し、事業を展開しておりま
        す。このため当該状況に係るリスクとして以下の3つの事項をあげることができます。
        ① 経済動向について

          当社グループと共に、当社グループの取引先も日本国内に留まらず海外においても事業を展開しております。
         このため、当社グループが事業拠点を設置している3か国のほか、取引先企業が事業展開を行っている国々や地
         域の経済環境や社会環境の変化及び景気動向の影響を受ける可能性があり、その結果、当社グループの財政状態
         や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ② 海外での事業展開について

          当社グループの海外での事業展開において適用を受ける関連法令・規制・税制・政策の制定、改正又は廃止、
         解釈・実務上の取扱いの相違・変更、行政の運用の変更、政治経済情勢・外交関係の変化、電力・輸送・通信等
         のインフラの停止・遅延、人件費の上昇、テロ、戦争、伝染病等が発生した場合や、日本との商習慣との違いか
         ら取引先等との間で紛争が生じ、現地での事業活動に悪影響が生じる場合には、当社グループの財政状態や経営
         成績等に影響を与える可能性があります。
        ③ フィリピンのカントリーリスクについて

          当社及びグループ会社7社は、フィリピンにおける事業を展開しております。このうち、KEYSQUARE,                                                INC.は
         国際通信事業のバックオフィス業務や在留フィリピン人向けのコールセンターの運営等を行っているほか、
         SLACCはマニラ市内に3つのクリニックを運営し、レーシック(近視矯正手術)、美容、矯正歯科等の施術を行
         う医療・美容事業を行っております。また、2015年にはフィリピン国内での通信事業展開を企図してInfiniVAN,
         Inc.を設立し、フィリピン国内にて通信事業を行っております。CorporateONE,                                     Inc.はInfiniVAN,         Inc.の発行
         済み株式の60%を保有する持株会社として機能しております。シンガポールにあるISMOはフィリピンのCATV事業
         者や通信事業者に国際通信回線を提供しております。Carrier                             Domain,    Inc.はフィリピンのCATV事業者などに通
         信機器の販売を行っております。さらに、SHSCは、人間ドック・健診センターの開院の準備を進めております。
          近年のフィリピンは、賃金水準が向上し、当社グループが希望する人材の確保が想定どおりにできない可能性
         があります。また、台風や火山の噴火等といった自然災害により通信システムの障害等が生じ都市機能が麻痺す
         る場合や、反政府組織によるテロ活動等により治安が悪化した場合は、当社グループの事業活動を期待どおりに
         展開できない可能性や、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
                                 17/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (2)国際通信事業に関わるリスク
         当社グループの国際通信事業は、①当社によるフィリピンと香港等を結ぶ国際通信サービスの提供と②
        InfiniVAN,      Inc.によるマニラ首都圏地域内での法人向けインターネット接続サービスの提供及び通信回線のリー
        スからなります。前者①は、当社が、フィリピンと香港、北米、シンガポール、東京との間の国際通信回線(フィ
        リピン国内区間を含みます)の契約期間中に解除不能な長期の使用権(IRU)(注1)又は国際通信回線の賃借権
        を、実質的な所有者である通信回線事業者から取得し小口化して、フィリピンでインターネット接続サービスを提
        供しているCATV事業者に対して提供しております。また後者②は、InfiniVAN,                                    Inc.がマニラ首都圏地域で法人向
        けにインターネット接続サービスを提供するとともに、自社で敷設した通信回線を他の通信事業者等にリースをし
        ております。当社グループの国際通信事業には、以下のようなリスクがあります。
      (注1) IRU

            「Indefeasible        Right   of  Use」の略称で、当事者間の合意がない限り破棄又は終了させることのできな
            い長期的・安定的な通信回線使用権のこと。当社は、主に15年間のIRU契約を締結して国際通信回線使用
            権を仕入れ、販売しております。
        ① 当社による国際通信事業

         A フィリピンにおける当社の通信事業サービスの提供の形態等について
           当社は、フィリピン国内外の通信事業者から取得したフィリピンと香港等を結ぶ大口の国際通信回線を小口
          化し、フィリピン国内のCATV事業者や通信事業者等の顧客に提供しておりますが、フィリピン領土内における
          通信事業については、フィリピンでの通信事業に適用されるRepublic                                Act  No.7925    AN  ACT  TO  PROMOTE    AND
          GOVERN    THE  DEVELOPMENT      OF  PHILIPPINE      TELECOMMUNICATIONS          AND  THE  DELIVERY     OF  PUBLIC
          TELECOMMUNICATIONS          SERVICES(以下「R.A.7925」という。)の規制を受けております。R.A.7925により、
          フィリピン国内の通信事業は、フィリピン国内の通信事業の認可を得た事業者のみが行なうことができます。
          また、フィリピン国内の規制により、当社が単独でフィリピン国内に通信設備を設置・運用することが認めら
          れておりません。そのため、当社の子会社であるInfiniVAN,                            Inc.は、下記「② InfiniVAN,               Inc.による通信
          事業について」「A フィリピンにおける規制等について」に記載のとおり、フィリピン国内で通信回線を敷
          設して通信事業を行う為に必要なCPCN(通信事業者適格)のProvisional                                  Authority(仮免許)を有しており
          ます。当社は、InfiniVAN,             Inc.との間で、通信回線の相互接続を内容としたMutual                          Business     Cooperation
          Agreementを締結し、InfiniVAN,               Inc.はフィリピン国内のCATV事業者及び通信事業者に対して、フィリピン国
          内にある通信回線等の通信用設備のリースを行っております。さらに当社がIRU等を取得している国際通信回
          線は、この提携により、InfiniVAN,                 Inc.が保有するフィリピン国内の通信回線と接続され、フィリピン国内
          の顧客は、当社及びInfiniVAN,               Inc.からそれぞれ個別に提供されることにより、シンガポール、香港、北
          米、東京にあるサーバー等と接続することができます。このような事業環境であるため、InfiniVAN,                                               Inc.の
          保有するCPCNのPAの更新が認められない事象が生じた場合には、当社グループの事業展開や財政状態及び経営
          成績等に影響を与える可能性はあります。
         B 他社との競合について

           フィリピン国内においては、大手2社(PLDT,Inc.及びGlobe                             Telecom,Inc.)が、主に携帯通信と地域間通
          信に係るサービスを寡占した結果、当該サービスについては、競争が不十分で料金が高止まりし、また、人口
          の少ない地域等では携帯電話を利用できない等の弊害が生じています。このような弊害への対応として、フィ
          リピン政府が主導して、3番目の携帯電話事業者(Dito                          Telecommunity       Corporation。以下「Dito社」といい
          ます。)を立ち上げました。現在、当社グループはPLDT,Inc.及びGlobe                                 Telecom,Inc.より国際通信回線の提
          供を受けており、また、当社グループからも一部国際通信回線を提供しており、これらの競合他社とは取引関
          係があります。また、当社はCATV事業者向け卸売り、上記の競合他社は携帯電話を中心とした小売りとマー
          ケットでの棲み分けもできておりますが、今後、これら競合他社が、その資本力、サービス・商品、顧客基
          盤、営業力、ブランド、知名度等において、その優位性を現状以上に活用してサービスや商品の販売に取り組
          んだ場合や、他の通信事業者を更に買収して寡占化が進む場合、当社グループが価格競争等で劣勢に立たさ
          れ、当社グループが顧客を獲得・維持できないことも考えられます。
         C 特定の仕入れへの依存について

           当社グループの国際通信事業の遂行にあたっては、現在、当社が、フィリピンとアメリカ間、フィリピンと
          アジア地域(香港・シンガポール・東京)間の国際通信回線のIRU又は国際通信回線の賃借権を、それぞれの
          回線ごとに別々の事業者より調達しており、調達先は①Telstra                              International       Limited(香港)、②Telekom
          Malaysia     Berhad(マレーシア)、③PLDT,               Inc.(フィリピン)及び④Globe               Telecom,     Inc.(フィリピン)の
          4社となっております。これら国際通信回線の調達において、供給停止、納入遅延、不具合等の問題が発生
          し、調達先や回線の切り替えが適時にできない場合、品質維持のために必要な保守・点検が打ち切られた場
                                 18/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          合、又は、大幅な値上げを要求される場合、当社グループのサービスの提供に支障をきたし、顧客の獲得・維
          持が困難になる可能性や調達先の変更のために追加のコストが生じる可能性があります。その結果として、当
          社 グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
         D サービスの構成について

           これまで当社は、国際通信事業において、国際通信回線のIRU又は賃借権を、当該回線の実質的な所有者で
          ある国際通信回線事業者から取得し、主にそれを小口化してフィリピンのCATV事業者に長期のIRU契約により
          提供してまいりました。しかし伝送技術の発達による既存通信回線の高速化や新規通信回線の設置計画等によ
          り、国際通信回線の価格が低下傾向であり、フィリピンのCATV事業者が長期のIRU契約から短期リースの契約
          にシフトする動きが顕著になっております。
           従来、国際通信回線の卸売りにおいて、PLDT,                      Inc.及びGlobe       Telecom,     Inc.以外の競合事業者がおらず、
          長期にわたって収益が見込めるマニラ以外の地域、地方都市において、CATV事業者向けの卸売事業を拡大して
          きました。しかしながら、下記「② InfiniVAN,                       Inc.による通信事業について E 地方へのネットワーク
          の拡大について」に記載のとおり、3番目の携帯電話事業者とされているDito社やConverge                                          ICT  Solutions,
          Inc.から、マニラとルソン島以外の地域を結ぶ海底ケーブルの建設工事計画が実施されており、地方都市のイ
          ンターネット接続サービスを取り巻く市場環境は大きく変わる可能性があります。これらの会社が、地方都市
          でのネットワークの整備を行った場合、当社の事業機会の可能性が小さくなり、当社グループの財政状態や経
          営成績に影響が出る場合があります。
           また、当社の仕入先である①Telstra                  International       Limited(香港)、②Telekom              Malaysia     Berhad(マ
          レーシア)、③PLDT,          Inc.(フィリピン)及び④Globe               Telecom,     Inc.(フィリピン)の4社の国際通信回線
          事業者が、当社の販売先である中堅CATV事業者等に国際通信回線を販売する場合には競争が激化するなど、当
          社グループのサービスの提供に影響を及ぼし、当社グループの財政状態や経営成績に影響を与える可能性があ
          ります。
         E ケーブルテレビの市場環境

           動画配信利用者の増加や、それに伴うテレビの視聴時間の減少、更に動画配信プラットフォームを経由した
          コンテンツの視聴時間の増加等のライフスタイルの変化により、有線放送を取り巻く環境は厳しく、米国をは
          じめとして、各国のCATV事業者は、収益の柱を有線放送からインターネットサービスプロバイダー事業に移行
          させることを試みております。ただし、そのためには、CATV事業者のインターネット接続サービスのほうが、
          通信事業者のサービスよりも魅力的であると市場が認知するだけの、通信設備や回線への投資が不可欠となり
          ます。一方、こうした動きに対応して、米国ではいち早く5Gによる家庭向けインターネット接続サービスが
          通信事業者によって提供される等、通信業界とCATV業界の競争が激化しております。また、フィリピンでも、
          これまでDSLサービス(注3)しか提供してこなかった大手通信事業者が、地方でもFTTH(注4)の提供を開
          始し、ポケットWi-Fi等の提供を始め、家庭用インターネット接続サービスに積極的に取り組むようになって
          います。こうした状況下、CATV事業者では、インターネット接続サービスで優位性を保つために、通信回線の
          光ファイバー等への置き換え等を行う必要があり、こうした投資に後れを取った場合、CATV事業者がインター
          ネット接続サービスで収益を上げることができなくなる可能性があり、ひいては当社が取得した下記「③ そ
          の他全般に関わること A 国際海底ケーブルの使用権の取得について」に記載のC2C回線の収益に影響を及
          ぼし、当社グループの財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
                                 19/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        (注3) DSLサービス
             電話回線等のアナログ回線を利用した高速なデータ通信を行う技術を使ったデータ通信サービスのこ
             と。既存の設備を使って高速通信ができるとして日本でも普及したが、距離に応じて通信速度が落ちる
             こともあり、日本では下記のFTTHサービスに置き換わっている。東日本電信電話株式会社(NTT東日
             本)・西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は2023年にサービスを終了と公表。
        (注4) FTTHサービス

             「Fiber    To  The  Home」サービスの略称であり、光ファイバーを使った高速データ通信サービス。東日
             本電信電話株式会社(NTT東日本)・西日本電信電話株式会社(NTT西日本)が提供する「フレッ
             ツ光」が有名。
         F 特定の顧客及び委託先への依存について

           当社グループの国際通信事業では、国際通信回線の案件開拓等の、営業活動の一部をフィリピン国内の事業
          者に委託しております。特にAmerille                  Management      Consultancy社を通じた2023年3月期の売上は1,008百万円
          で国際通信事業の売上の19.5%となっております。現在、同社との関係は良好でありますが、仮に同社との関
          係が悪化し、同社を介した売上がなくなった場合には、当社グループの財政状態や経営成績に影響を与える可
          能性があります。
        ② InfiniVAN,        Inc.による通信事業について

         A フィリピンにおける規制等について
           当社は、当社グループによるフィリピン国内の通信回線の提供を目的として、当社子会社であるInfiniVAN,
          Inc.を設立しております。2016年6月に同社に通信事業を行う権利(Franchise)を付与する法律AN                                              ACT
          GRANTING     THE  INFINIVAN,      INC.   A FRANCHISE     TO  CONSTRUCT,      INSTALL,     ESTABLISH,      OPERATE    AND  MAINTAIN
          TELECOMMUNICATIONS          SYSTEMS    THROUGHOUT      THE  PHILIPPINES(以下「R.A.10898」という。)が制定され、同社
          は、2017年7月にフィリピン国内に自ら通信回線を敷設することなく通信事業を行う為に必要となるValue
          Add  Service    Provider     (付加価値サービス。以下「VAS」という。)の登録を行ったほか、2017年11月に
          National     Telecommunication         Committee(国家通信委員会)から、フィリピン国内に通信回線を敷設して通信
          事業を行う為に必要な、Certificate                 of  Public    Convenience      and  Necessity(通信事業者適格。以下
          「CPCN」という。)のProvisional                Authority(仮免許。以下「PA」という。)を取得いたしました(Case
          Number    2016-227)。PAを同社に付与する命令書(Order)では、PAの有効期間は2017年11月10日から18か月間
          とされ、InfiniVAN,          Inc.はPAの取得後1年以内に約305百万ペソ以上の増資を行うこと等の義務を負い、増資
          義務に違反した場合には、PAの更新及び期間延長ができない旨が条件として規定されております。また、同社
          は、2018年9月11日に、ビサヤ・ミンダナオ地域でのCPCNのPAが認められました(Case                                        Number    2017-011)。
          この2つのPAによって同社に課された増資義務はすでに履行済みであり、各PAは更新されております。また、
          ルソン島のCPCNのPAの有効期限は2023年5月10日となっており、ビサヤ・ミンダナオ地域のCPCNのPAの有効期
          限は2023年3月10日となっており、現在、再更新の申請済みとなっております。
           また、InfiniVAN,          Inc.に通信事業の権利を付与するR.A.10898では、事業開始後5年内に同社株式を30%以
          上売り出して、フィリピン株式市場に上場させることが規定され、当該期限内に株式の上場ができない場合、
          通信事業を行う権利が無効になる旨規定されております。さらに、InfiniVAN,                                    Inc.が当該法令に違反する行
          為を行った場合、行政機関からVASの登録やCPCNを取り消されたり、当社グループの取引先から契約を解除さ
          れる可能性があります。上記のような事態が発生した場合、当社グループが想定している当社グループの国際
          通信事業の展開に支障が生じ、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
                                 20/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         B フィリピンにおける外国資本の出資規制について
           フィリピンでは、同国の憲法において、外国資本がPublic                            Utility(以下「公共事業」という。)に出資で
          きる上限を40%と定めており、Public                  Service    Act(以下「公共サービス法」という。)において、フィリピ
          ン国内の電気通信事業を公益事業の一つとして規制の対象にしていましたが、公共サービス法の改正法案が
          フィリピン共和国の国会での承認を経て、2022年3月に大統領が改正法案に署名して成立しました。この度の
          改正により、フィリピン国内の電気通信事業は公共事業の対象ではなくなり、外資規制の適用を受けなくなり
          ます。
           フィリピンの憲法では、外国資本の投資にその規程の細則を定めるForeign                                    Investments      Act(以下「外国
          投資法」という。)と外国資本が自己の出資比率以上に会社を支配し、経済的利益を得ることを規制するAnti
          Dummy   Law(以下「アンチダミー法」という。)が制定されております。上記法令に基づく外国資本の投資制
          限(以下「外資規制」という。)により、フィリピンにおける公益事業については、外国資本が単独で経営権
          を維持し、事業の拡大を図ることはできず、現地資本との協調が不可欠となります。具体的には、外国資本、
          および外国資本と信頼関係が構築されたフィリピン法人又はフィリピン人のパートナーとでフィリピン事業会
          社の株式の過半数を確保し、取締役に外国資本を代表する者と外国資本と信頼関係が構築されたフィリピン資
          本を代表する者が就任し、同社の取締役会の過半数を確保することが考えられます。
           当社のInfiniVAN,          Inc.の株式の直接持分は40%、残りの60%は当社子会社のCorporateONE,                                  Inc.が保有し
          ております。CorporateONE,             Inc.の株式は、当社子会社のKEYSQUARE,                   INC.がその発行済み株式の40%を保有
          し、残りの発行済み株式の60%はフィリピンにおいて当社と長期の信頼関係のあるフィリピン国籍を有する個
          人が保有しております。(株式保有割合の端数は切り上げております。)またCorporateONE,                                           Inc.の定款に
          は、フィリピン会社法第98条に基づく株式の譲渡制限規定が設けられており、既存の株主以外の方への譲渡は
          原則できません。この構成はフィリピン法の専門家の助言を受けた、上記外資規制等の法令に適合したもので
          あり、この度の改正前の公共サービス法においても適法であると判断しております。さらに両社の取締役は、
          当社グループの出資比率を超えない範囲で推薦する取締役のほかに、長期にわたり当社との間に、信頼関係が
          構築されているフィリピン国籍を有する個人に両社の取締役に就任いただき、合わせて取締役会(各定員5
          名)の過半数(各3名)を占め、経営権を維持するようにしております。もっとも当社とCorporateONE,                                                Inc.
          のフィリピン資本の株主間での信頼関係が失われるなどして、フィリピン資本の株主が、当社の意向に反する
          InfiniVAN,      Inc.の取締役の選任を行ったときは、当社と協調しない可能性の高い取締役が過半数を占めるだ
          けでなく、当社を代表する取締役の選出すらできず、それにより経営権を失い、当社の意図する事業計画を実
          行できなくなるおそれがあります。
           さらにCorporateONE,           Inc.の経営権が失われることで、CorporateONE,                      Inc.が競合他社に、InfiniVAN,
          Inc.の株式の過半数を売却するような事態に陥ったときは、当社国際通信事業のフィリピン国内区間のサービ
          ス提供が困難になり、当社の国際通信回線事業のうち、InfiniVAN,                               Inc.の回線を利用しているものについて
          は、お客様との契約期間満了後の継続提供ができなくなるおそれがあるとともに、新規のサービス提供が難し
          くなる可能性があります。当社が提供する海外通信回線サービスの事業の継続のため、フィリピン国内の通信
          事業者との提携は不可欠であり、代替する事業者との提携がうまくいかなかったときは、InfiniVAN,                                               Inc.事
          業だけでなく、当社の国際通信回線事業について事業計画の見直しの変更が必要になるおそれがあります。他
          にも、当社とInfiniVAN,            Inc.、CorporateONE,          Inc.との関係に変化が生じ、企業連結等に影響を及ぼすおそ
          れがあります。これらの事態は、当社グループの財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
           さらにCorporateONE,           Inc.の経営権が失われることで、CorporateONE,                      Inc.が競合他社に、InfiniVAN,
          Inc.の株式の過半数を売却するような事態に陥ったときは、当社国際通信事業のフィリピン国内区間のサービ
          ス提供が困難になり、当社の国際通信回線事業のうち、InfiniVAN,                               Inc.の回線を利用しているものについて
          は、お客様との契約期間満了後の継続提供ができなくなるおそれがあるとともに、新規のサービス提供が難し
          くなる可能性があります。当社が提供する海外通信回線サービスの事業の継続のため、フィリピン国内の通信
          事業者との提携は不可欠であり、代替する事業者との提携がうまくいかないときは、InfiniVAN,                                            Inc.事業だ
          けでなく、当社の国際通信回線事業について事業計画の見直しが必要になるおそれがあります。他にも、当社
          とInfiniVAN,       Inc.、CorporateONE,          Inc.との関係に変化が生じて企業連結等に影響を及ぼし、当社グループ
          の財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
           また外資規制に関する公権的判断が、裁判所の判決だけでなく、法務省、証券取引委員会による意見書に
          よってもなされている上、判例や意見の変更もしばしば行われていることから、外資規制については、予見可
          能性が相対的に低いという問題があり、当社グループの資本構成や事業活動が、法解釈の変更によって法令に
          適合していないという判断がなされた場合には、当社グループの事業や財政状態及び経営成績に影響を与える
          可能性があります。
           なお、公共サービス法の改正によって外国資本がフィリピン国内の通信事業者に過半数の出資ができる場
          合、当社がより積極的にフィリピンの通信事業に投資できるようになる半面、他の外国資本の参入により競争
          が激化し、当社グループの事業や財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
                                 21/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         C フィリピン国内通信回線整備について

           当社グループでは、InfiniVAN,                Inc.がマニラ首都圏地域内で通信回線敷設を行っております。マニラ首都
          圏地域内に通信回線を敷設するためには、Local                      Government      Unit(LGU     地方自治体)、Department             of
          Public    Works   and  Highways(DPWH        公共事業及び高速道路省)の許可も必要となります。しかしながら、通信
          回線の敷設工事に必要なこれらの許認可、住民の同意が想定どおりに整わなかったときは、事業の進捗に遅れ
          が生じ、当社グループの財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
           また、マニラ首都圏地域内は幹線道路の慢性的な渋滞等により、回線敷設工事の実施が困難であり、工事が
          遅延するケースも予想され、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
         D 地方のCATV事業者との取引拡大について

           当社及びInfiniVAN,           Inc.は、インターネット環境が十分ではなくCATV事業者が廉価な国際通信回線を必要
          としているビサヤ・ミンダナオ地域で通信回線敷設を行い、CATV事業者に対して国際通信回線のIRUを提供す
          ることを計画しております。ただし、小規模なCATV事業者にとってIRU代金の一括支払いは負担が大きく、分
          割払いを認める予定であり、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
           また、ビサヤ・ミンダナオ地域は、当社グループの拠点の所在地であるマニラ首都圏からは距離があり、通
          信回線に障害が発生した場合の対応に時間を要する可能性があります。従って、天災や障害が発生した場合に
          損害が拡大する可能性があり、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         E 地方へのネットワークの拡大について

           マニラとルソン島以外の地域とを結ぶ国内通信回線はPLDT,Inc.及びGlobe                                   Telecom,Inc.が寡占しており、
          これまで他の事業者によるルソン島以外の地域での通信サービスの提供は限られておりました。当社グループ
          のInfiniVANは、フィリピンの通信事業者2社と共同で、ルソン島とビサヤ諸島・ミンダナオ島を結ぶ海底
          ケーブルの建設工事を進めていますが、3番目の携帯電話事業者であるDito社やConverge                                         ICT  Solutions,
          Inc.も海底ケーブルの建設計画を表明しており、競争の激化が当社グループの財政状態や経営成績等に影響を
          与える可能性があります。
        ③ その他全般に関わること

         A 国際海底ケーブルの使用権の取得について
           当社は、2020年5月にフィリピンと香港・シンガポールを結ぶTelstra                                  International       Limited(香港)が
          保有するC2C回線のIRUを取得する契約を締結し、同年10月にフィリピン国内のCATV事業者や通信事業者に対す
          る当該回線の提供を開始いたしました。IRUは一種のリースであり、所有者としての責任を第三者に対して負
          うものではありませんが、伝送技術の進化又は新たな海底ケーブルの敷設により、今後も1Mbps(メガビッ
          ト)あたりの料金は年々下落することが予想され、C2C回線の販売における事業性の悪化が、当社グループの
          財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
         B 減損損失について

           当社は、国際通信回線の取得価額を無形固定資産である通信回線使用権として計上しておりますが、フィリ
          ピンのCATV事業者等に提供できない期間が長引き、将来キャッシュ・フローを創出しないと判断された場合に
          は、会計上、当該通信回線使用権について減損損失を計上することになります。現状において、保有する通信
          回線使用権の減損処理を必要とする事象は生じていませんが、顧客への提供が順調に進まなかった場合、当社
          グループの財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
        C 技術革新への対応について

          データ通信業界では、伝送技術の進化により、通信速度の高速化が進み、1Mbps(メガビット)あたりの料金
         は年々下落する傾向にあります。仕入れ方法の多様化を進めてリスクの分散を図っているものの、当社は国際通
         信事業において、国際通信回線を長期契約で調達していることから、当該調達に係る費用を上回るIRU料金・
         リース料で新規に契約する顧客がいなくなる可能性、さらには、当社が調達している国際通信回線が陳腐化し
         ニーズがなくなる可能性があり、その場合、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があり
         ます。
                                 22/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        D 自然災害等の予測困難な事情について
          当社が国際通信事業において展開する国際通信回線使用権の販売においては、海底ケーブルが重要な構成要素
         となっております。万が一、地震や事故等で海底ケーブルが切断された場合、当社のネットワークは迂回路を構
         築しておりませんので、再度接合されるまでは、サービスの提供に支障をきたす可能性があります。当社では、
         そのような場合に当社の顧客に対する責任額を一定限度に制限する旨の契約を締結し、損失額を限定しておりま
         すが、一定金額の費用負担が発生する可能性があります。また、復旧に相当時間を要した場合、当社の信頼性や
         企業イメージが低下し、顧客の獲得・維持が困難になる可能性があります。また、通信サービスを復旧させるた
         めに追加の費用負担が発生する可能性があります。その結果、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与
         える可能性があります。
      (3)国内通信事業に関わるリスク

         当社では、意思決定の迅速化及び機動的な企業運営を強化し、事業執行の確実性とスピード化を図るため、2022
        年7月に当社子会社として株式会社アイ・ピー・エス・プロ(以下「IPSP」という。)を設立し、IPSPが会社分割
        により国内通信事業を承継しております。IPSPは、主に、秒課金サービス等の音声通信サービス、及びコールセン
        ターシステムを提供しております。国内通信事業による売上高は、当連結会計年度の売上高の34.6%を占めており
        ますが、以下のようなリスクがあります。
        ① 日本における規制等について

          IPSPは、国内通信事業について電気通信事業法及び有線電気通信法等の関連法令・業界慣行による規制の適用
         を受けており、同社は総務大臣に電気通信事業者として届出(電気通信事業届出A-04-19836、届出の有効期限な
         し)を行い、これらの関連法令の遵守をしております。
                            登録の
              名称       所轄官庁               関連法令
                           有効期限
          電気通信事業者届出                      電気通信事業者法
                      総務省       なし
          A-04-19836                      昭和59年法律第86号
          IPSPが、その事業運営が適正かつ合理的でないために電気通信の健全な発達又は国民の利便の確保に支障が生
         ずるおそれがあるときは、総務大臣より業務改善命令を受けることがあります。当該法令や命令に違反する行為
         がある場合には、罰金等の処分を受けたり、または当社の取引先から契約を解除されたりする可能性がありま
         す。かかる事態が発生した場合には、当社グループの信頼性の低下や事業展開に支障が生じたりする可能性があ
         るほか、金銭的負担の発生により、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。ま
         た、これらの法令の変更やその解釈変更、新たな法令の施行、国内の情報通信政策等の変更・決定、これらに伴
         う規制の見直し・整備、業界慣行の変更が行われた場合、IPSPの事業展開や当社グループの財政状態や経営成績
         等に影響を与える可能性があります。
        ② 技術の進展等について

          IPSPが展開する国内通信事業においては、技術革新のスピードが速く、新技術によるサービスの導入により、
         音声通信需要は減少傾向にあります(2010年-2019年 総務省・経済産業省「情報通信基本調査」)。現状にお
         いて、国内通信事業の音声通信による売上比率は、当連結会計年度の国内通信事業の売上の約9割を占めてお
         り、当社は、コールセンターシステムやデータセンターでのコロケーションサービス等の音声通信に依存しない
         事業構造へ切り替えを進めておりますが、今後想定を上回る速度での技術革新が起こったり、新技術が出現した
         り、事業構造の切り替えが想定どおりに進まない場合には、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与え
         る可能性があります。
        ③ 他社経営資源への依存について

          IPSPは、国内通信事業に係る通信サービスの提供に必要な通信ネットワークを構築する上で、他の事業者が保
         有する通信回線設備等を一部利用しています。今後何らかの事情により、当該設備等を継続して利用することが
         できなくなった場合、又は当該設備に係る接続料(他の通信事業者に支払う必要のあるネットワークの利用料に
         なります。)等が引き上げられた場合、当社の事業展開や当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える
         可能性があります。また、この接続料の算定にあたっては、年度開始時の4月には単価を定めず、翌年の2月頃
         に利用実績を見て決定し、年度開始時の4月に遡って適用するというルールを取っている事業者もあります。そ
         のため精算が行われる第4四半期の収支や損益が他の月に比べて大きく振れる可能性があります。
                                 23/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ④ 環境の変化について
          IPSPが主力とする音声通話サービスは、チャット、メール、SNSその他通信手段の普及により、需要は減退し
         ております。また、当社のコールセンター事業者向けサービスの主なユーザーであるコールセンター運営事業者
         も、スタッフ確保が難しくなっていることから、チャットロボ等への移行を積極的に取り組んでおります。中長
         期的には、音声通信の市場が縮小する可能性は高く、特に音声通話に依存した通信事業を行うことは、当社の財
         政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑤ 特定の仕入先への依存について

          IPSPの国内通信事業におけるサービスの一つであるコールセンターシステム「AmeyoJ」は、Drishti-Soft
         Solutions     Pvt.   Ltd.が開発し、IPSPは同社より日本国内での販売代理権を付与され、またライセンスを仕入れ
         ております。同社との契約は、更新の規定はなく、また当事者の3か月前の通知により、いつでも解約ができる
         規定となっております。同社との契約が解約され、又は更新されない場合や、同社に不測の事態があった場合、
         代替の仕入先は存在せず、当社は当該サービスを提供できなくなることにより、当社グループの財政状態や経営
         成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑥ 個人情報及び情報セキュリティについて

          IPSPは、国内通信事業の遂行にあたり、顧客の企業情報や顧客が保有する個人情報等、様々な機密情報に接す
         る機会があります。通信事業者として通信の秘密の保護を遵守するとともに、それらの情報管理やセキュリティ
         管理に対しては個人情報保護規程や情報管理・秘密保持規程を整備し、利用権限の確認の強化、アクセスログの
         保存等の外部ネットワークからの不正侵入を防止する方策を実施する等、情報の適正な取り扱いと厳格な管理を
         行っております。しかしながら、外部の侵入や内部での人為的なミス等により、これらの情報が外部に漏洩した
         場合には、当社の信用低下や損害賠償責任の負担等を通じて、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与
         える可能性があります。また社会情勢の変化等により、情報の保護、通信の秘密の保護に要するコストが増加し
         たときは、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑦ システムトラブルや人為的なミスによるサービスの中断・品質低下について

          IPSPが提供する国内通信事業に係る通信サービスにおいて、IPSP及び他の通信事業者の人為的なミスや設備・
         システム上に障害等が発生した場合、通信回線の遮断等が生じて各種サービスを継続的に提供できなくなるこ
         と、又は各種サービスの品質が低下すること等の重大なトラブルが発生する可能性があります。サービスの中
         断・品質低下による影響が広範囲にわたり、復旧に相当時間を要した場合、顧客から損害賠償を請求される可能
         性、当社の信頼性や企業イメージが低下し、顧客の獲得・維持が困難になる可能性があります。その結果、当社
         グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑧ サービスの不適切利用について

          IPSPの国内通信事業に係る電話サービスが、振り込め詐欺をはじめとする犯罪行為の道具として利用された場
         合、当社の信頼性や企業イメージが低下したり、事業展開に影響を与える可能性があります。
      (4)メディカル&ヘルスケア事業に関わるリスク

         当社の海外子会社SLACCでは、フィリピンでレーシック(近視矯正手術)、美容、矯正歯科等の施術を行う医
        療・美容事業及び化粧品の販売を行っております。これら事業には、以下のようなリスクがあります。
        ① フィリピンにおける規制等について

          当社の海外子会社であるSLACCは、医療法人社団翔友会理事長との合弁会社でありフィリピンのマニラ首都圏
         地域で、3つのクリニックを運営し、レーシック(近視矯正手術)、美容及び矯正歯科等の施術を行う医療・美
         容事業を行っております。フィリピンでは民間企業による医療施設の開設及び運営が認められており、同社は
         Hospital     Licensure     Act(R.A4226)に基づいて医療施設開設の許可及び運営の免許を取得しております。ま
         た、医療機器の使用許可により規制されております。当社グループは許可等の取得・更新を行い、法令遵守を徹
         底しておりますが、法令の改正若しくは新たな法令の施行又は法令の解釈の変更により、当社グループの期待ど
         おりに医療・美容事業を展開できなくなる可能性があります。
          なお、フィリピンでは、日本における医療広告のような規制はありませんが、消費者保護を目的とする
         Consumers     Act  of  the  Philippines(R.A7394)により、値引き等の広告をする場合には、所轄官庁
         (Department       of  Trade   and  Industry:取引産業省)の事前の許可が必要です。当社グループは、被施術者獲得
         に関する法令を遵守しておりますが、法令の改正若しくは新たな法令の施行又は法令の解釈の変更により、当社
         グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
                                 24/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ② 他社との競合について
          フィリピンでは医療・美容事業に進出する会社が増加してきており、今後品質・価格・サービス競争が激化す
         るものと認識しております。このため、当社グループが品質・価格・サービス競争に適切に対応できず、競合他
         社が当社グループの施術・サービスと同等又はより優れたものを導入する場合には、当社グループの財政状態や
         経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ③ 合弁事業であることのリスク

          SLACCは当社及び医療法人社団翔友会理事長との合弁会社(当社の議決権所有割合は緊密者を含め約50.5%)
         であり、SLACCは医療機器の選定や医師の研修等を翔友会グループに委託しており、翔友会グループは当社グ
         ループの医療・美容事業の運営上重要な役割を果たしております。当社グループと翔友会グループとは、これま
         で円満な関係を維持しておりますが、状況の変化により、合弁関係が解消されるに至ったときは、SLACCによる
         メディカル&ヘルスケア事業が継続できず、当社グループの事業展開や経営成績等に影響を与える可能性があり
         ます。
        ④ 医療行為の安全性について

          SLACCが行う医療行為のうちレーシック(近視矯正手術)に関しましては、1995年にアメリカの食品医薬品局
         (FDA)がエキシマレーザーを使用した視力矯正術を認可し、日本でも2000年に厚生労働省が認可されておりま
         す。レーシック(近視矯正手術)の安全性については、歴史が比較的浅く、後遺症の有無等の長期にわたる安全
         性は実証されていないという意見もあり、こうした懸念が広がった場合、当社グループの顧客の獲得・維持が困
         難になり、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
          なお、SLACCで行う美容整形の施術は、全身麻酔を必要とするような外科的手術は行っておりません。また
         SLACCの合弁先である翔友会グループに対して医師の研修実施を委託し、医師が施術前の問診を徹底して行うこ
         と等により医療事故の抑止に努めておりますが、万が一医療事故が発生した場合、当社グループの信用低下や、
         損害賠償責任の負担等を通じて、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑤ フィリピンにおけるレーシック(近視矯正手術)の業界について

          近年は、フィリピン国内においてPCの操作、スマートフォンの操作の機会が増える等により近視になる要因が
         増えており、それに伴ってレーシック(近視矯正手術)の知名度の向上やレーシックの需要は拡大するものと考
         えております。しかしながら医療技術の未熟な医師による手術や、衛生管理が不徹底な医院での手術により、眼
         病の疾患が発生する等、レーシックへの信頼性が損なわれた場合等においては、レーシックに対する需要が減少
         し、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑥ 拠点展開方針と設備投資方針

          当社グループは、メディカル&ヘルスケア事業において、今後もフィリピン国内で分院の開設を進めていく予
         定です。新規分院の開設にあたって開設する地域の市場調査を十分に行った上で開設しますが、顧客や診療件数
         の増加が想定を下回り、開設からある程度の期間は、損失を計上する可能性があります。また、既存のクリニッ
         クにおいても、今後の顧客増加への対応、あるいは医療サービスの品質の向上を図るため、継続的な医療技術の
         向上、医療機器等の設備投資が必要であると認識しています。設備投資を行ったものの、顧客や診療件数の増加
         が想定を下回った場合には、稼働率が低下することになり、減価償却費等の費用を超える収益を確保できず、当
         社グループの事業展開や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑦ 医療スタッフの確保

          当社グループは、専門医をはじめとしたスタッフの確保は、メディカル&ヘルスケア事業の拡大にとって重要
         であるため、優秀なスタッフが就業・定着するように、積極的な採用活動のほか研修等を実施しております。し
         かしながら、こうしたスタッフの採用ができない、定着しない等、人材の確保に支障をきたすときは、当社グ
         ループの事業展開や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑧ 新規事項に関するリスク

          当社グループでは、人間ドック・健診センターを運営する会社を設立し、2023年度第1四半期の開業に向け、
         準備を進めております。当該人間ドック・健診センターは、設備の先行投資が必要となる事業であり、その開業
         が遅れた場合や顧客数や稼働率が計画を下回った場合には、減価償却費等の費用を超える収益を確保できず、当
         社グループの事業展開や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑨ 個人情報等の流出等について

          当社グループでは、メディカル&ヘルスケア事業の遂行に当たり、顧客の氏名・住所・電話番号等の個人情報
         を取り扱っております。当社グループでは、それらの情報管理やセキュリティ管理に対しては個人情報保護規程
         や情報管理・秘密保持に関する規程を整備し、情報の適正な取り扱いと厳格な管理を行っております。しかしな
                                 25/122

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         がら、外部からの不正な手段によるサーバー内の侵入等の犯罪や従業員の過誤等により個人情報が漏洩する可能
         性はあります。そのような場合、当社グループに対する信用低下や損害賠償責任の負担等を通じて、当社グルー
         プ の財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
      (5)その他の事業に関わるリスク

         その他の事業として、在留フィリピン人を主な対象とする海外送金等のサービスのあっせんを行っており、これ
        ら事業には以下のようなリスクがあります。
        ① 個人情報等の流出等について

          当社グループでは、事業の遂行にあたり、顧客の氏名・住所・電話番号等の個人情報を取り扱っております。
         当社グループでは、それらの情報管理やセキュリティ管理に対しては個人情報保護規程や情報管理・秘密保持に
         関する規程を整備し、情報の適正な取り扱いと厳格な管理を行っております。しかしながら、外部からの不正な
         手段によるサーバー内の侵入等の犯罪や従業員の過誤等により個人情報が漏洩する可能性はあります。そのよう
         な場合、当社グループに対する信用低下や損害賠償責任の負担等を通じて、当社グループの財政状態や経営成績
         等に影響を与える可能性があります。
      (6)組織体制に関わるリスク

        ① 特定の人物への依存について
          当社の創業者であり、代表取締役の宮下幸治は、当社グループの経営方針や経営戦略の策定、当社事業の推進
         に重要な役割を果たしております。当社グループでは、同氏に過度に依存しないように経営体制を整備し、権限
         の委譲と人材の育成・強化を通じてリスクの軽減を図っておりますが、何らかの理由により同氏に不測の事態が
         生じた場合、当社グループの事業展開や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ② 人材の確保と育成について

          当社グループは、経営理念の実現に向けて高い能力と志をもった人材を集めることに注力してまいりました
         が、中核となる社員が予期せぬ退社をした場合には、当社グループの事業展開及び経営成績等業績に重大な影響
         を与える可能性があります。このような事態を防ぐために、今後も事業拡大に伴い、積極的に優秀な人材を採
         用・教育し、また、魅力的な職場環境を整備していく方針ですが、そうした人材を獲得できないときは、当社グ
         ループの事業展開や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ③ 小規模組織における管理体制について

          当社は、2023年3月31日現在、取締役6名(内2名が社外取締役)、監査役3名(内3名が社外監査役)、従
         業員数は31名と小規模組織にて運営しており、また海外子会社を含めた連結ベースでは従業員477名となります
         が、グループ全体の管理も当社が行っております。内部管理体制もこの規模に応じたものになっております。当
         社では、今後、事業の拡大に応じた組織整備や内部管理体制の拡充を図る予定です。しかしながら、事業の拡大
         に応じた組織整備や内部管理体制の拡充が順調に進まなかった場合には、当社グループの事業展開や経営成績等
         に影響を与える可能性があります。
      (7)その他

        ① 為替相場の変動について
          当社グループは日本国内のほかフィリピン及びその他の国や地域において通信サービスの仕入及び販売を行っ
         ております。通信サービスの仕入及び販売に関する契約締結時と決済時の為替変動や、IRU取引に関連するリー
         ス投資資産(2023年3月末残高:3,203百万円)及び外貨建ての借入金(2023年3月末残高:4,406百万円)につ
         いての為替変動に伴う評価替えの結果、生じる為替差損益が当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与え
         る可能性があります。また、連結財務諸表を作成するにあたっては外貨を円換算する必要があり、換算時に使用
         する為替レートによっては当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ② 潜在株式について

          当社は、役職員の会社業績向上に対する意欲や士気を高めることを目的として、新株予約権を利用したストッ
         クオプション制度を導入しております。また、2019年8月には、より一層役職員に対して会社業績の向上への意
         識を強くさせるため、一定の営業利益に到達しないと新株予約権が交付されない信託を用いたインセンティブプ
         ランを導入しております。これらの新株予約権が行使された場合は、新株式が発行され、当社の1株当たりの株
         式価値及び議決権割合が希薄化する可能性があります。2023年3月31日現在、これらのストックオプションによ
         る潜在株式数は814,990株であり(上記信託を用いたインセンティブプランに係る未権利行使確定分の新株予約
         権は除く。)発行済株式総数12,440,800株の6.56%に相当しております。
        ③ 配当政策について

                                 26/122

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          当社は現在成長過程にあり、経営基盤の長期安定に向けた財務体質の強化及び事業の継続的な拡大発展を目指
         すため、内部留保の充実が重要であると考え、会社設立より2020年3月期まで配当は実施しておりませんでし
         た。  しかしながら、株主利益の最大化を重要な経営目標の一つとして認識しており、2020年12月25日の東京証券
         取引所市場第一部への上場市場変更を記念して、2021年3月期の期末配当において1株当たり10円の記念配当を
         実施いたしました。また当社は、株主への還元について、将来の事業展開と財務体質の強化のために必要な内部
         留保の確保を図りながら、達成した業績を反映した適切な配当を、継続して実施することを基本方針とすること
         といたしました。これにより2022年3月期の期末配当において1株当たり25円の普通配当を実施いたしました。
         2023年3月期は、1株当たり17.5円の中間配当を実施し、期末配当として1株当たり17.5円の普通配当を実施す
         ることとしました。これにより今期の年間の配当金は1株当たり35円となります。
          今後の株主への利益配当につきましては、業績の推移・財務状況、今後の事業・投資計画等を総合的に勘案
         し、内部留保とのバランスをとりながら達成した業績を反映した適切な配当の実施を検討していく方針です。
        ④ 自然災害等の大規模災害による被害について

          台風、地震、津波等の自然災害や火災等の事故及び情報システムの停止等により、当社グループの事業活動が
         停滞又は停止するような被害を受けた場合には、当社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性が
         あります。
        ⑤ 新型コロナウイルス感染症の影響について

          新型コロナウイルス感染症等の伝染病の流行により、当社グループが事業を行う国又は地方自治体等が事業停
         止命令、外出禁止命令又は休業要請等を行うような場合、当社グループの事業活動が停滞又は停止する可能性が
         あります。その場合当社グループの財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
        ⑥ 知的財産権について

          当社グループが意図せずに第三者の知的財産権を侵害した場合、権利侵害の差し止めや損害賠償、商業的に妥
         当ではないライセンス使用料の請求を受ける可能性があります。その結果、当社グループの財政状態や経営成績
         等に影響を与える可能性があります。
        ⑦ 訴訟について

          当社は、新たに法的な紛争が発生しそれに対する訴訟等が提起された場合、その内容及び結果によっては、当
         社グループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
        ⑧ 有利子負債依存度、支払利息の増加

          当社グループは、設備投資等のための資金調達を主に金融機関からの借入金に依存しており、2023年3月末現
         在における連結総資産に占める有利子負債依存度は27.6%であります。今後、フィリピンでの通信事業を展開す
         るために当社グループは設備投資を行う予定ですので、さらに有利子負債の依存度は高まる可能性があります。
         そのため、借入金の増加による財務体質の悪化や、借入金利の上昇により支払利息が増加した場合には、当社グ
         ループの財政状態や経営成績等に影響を与える可能性があります。
                                 27/122








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループの財政状況、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」と
        いう。)の状況の概要は、次のとおりであります。
        ① 財政状況及び経営成績の状況

          当社グループは、Open            Doorという企業理念のもと、いまだ誰も突破できていない障壁のある生活に密着した
         分野で、誰よりも先んじて事業機会を創造し、事業を展開し、産業構造を変え、あるべき社会を実現すべく、さ
         まざまな事業に取り組んでおります。特に、新しいIT技術を活用した通信環境の提供によりフィリピンの社会課
         題を解決し、SDGsに貢献しつつ、事業の拡大を図っております。
          当連結会計年度におきましては、新型コロナウイルスワクチン接種の普及や各種政策の効果などにより世界各
         国では経済活動の正常化が進みましたが、日本を除き世界的な物価の上昇に対処するため、インフレ鎮静化に向
         けて日本を除く世界各国では金融引き締めが続いております。また、急激な為替相場の変動やウクライナ侵攻の
         長期化に起因する原材料・エネルギー価格の高騰など、依然として経済の先行きは不透明な状況となっておりま
         す。日本においては、まん延防止等重点措置が昨年3月下旬に全国的に解除されて以降、政府による行動制限は
         行われず、社会活動の正常化が進んでおります。また、経済においても景気の持ち直しが期待されております
         が、海外景気の下振れが日本の景気を押し下げるリスクになるとみられております。当社グループの主要市場の
         一つであるフィリピンにおいては、新型コロナウイルス感染者数は低く推移しており、2022年のGDP成長率は前
         年比7.6%となるなどコロナ禍以前の水準を上回り、社会経済活動が回復してきております。一方で、フィリピ
         ンにおいても2022年の消費者物価指数は上昇率平均5.8%と高い値で推移しており、急激な物価上昇を抑えるた
         めに中央銀行による金融引き締めが行われております。新型コロナウイルス感染症の影響をきっかけに、人々の
         新しい生活様式、リモートワークを前提とした新しい働き方への変化など、社会の変化が急速に進んでおり、通
         信回線を介してのコミュニケーションの重要性がさらに増大しています。社会を支える生活基盤としての通信回
         線の整備・拡充は、日本・フィリピンを始め世界中において急務となっており、今後とも積極的に事業の拡大を
         図ってまいります。
          当社グループでは、2020年と2021年それぞれにフィリピンとシンガポール・香港を結ぶ海底ケーブル(City-

         to-City    Cable   System、以下「C2C回線」)の使用権の一部及び各国の陸上回線から成る国際通信ネットワーク
         (以下「国際通信ネットワーク」)を取得して、キャリアズキャリア(通信事業者のための卸売業者)としての
         ポジションも確立し、拡大する通信需要に応えると共に、フィリピン国内基幹回線の拡充などを図るためフィリ
         ピン国内海底ケーブルの共同建設を2022年7月に開始するなど、事業の拡大に努めております。
          日本においては、コールセンター事業者を中心に、ソフトウエア、通信回線及びコンサルテーションを顧客毎
         に最適化したサービスの提供が拡大しています。
          マニラ首都圏地域においてクリニックを運営しているShinagawa                               Lasik   & Aesthetics      Center    Corporation
         (以下「SLACC」)では、お客様が安心して受診できるように徹底した新型コロナウイルス感染症予防対策に努
         めており、レーシックの件数が前年度に比べ大幅に増加しています。
          以上の結果、当連結会計年度における売上高は12,346百万円(前期比15.1%増)、営業利益は3,311百万円

         (同34.8%増)となりました。また、円安の進行に伴い為替差益を210百万円計上したことにより経常利益は
         3,464百万円(同19.6%増)となり、親会社株主に帰属する当期純利益は2,292百万円(同21.4%増)となりまし
         た。
          セグメント別の業績は次のとおりであります。

         (国際通信事業)

          当期における国際通信事業は、引き続きフィリピンにおける通信回線の需要拡大を捉え、当社グループが使用
         権を保有する国際通信ネットワークC2C回線の販売を強化し、ストック型ビジネスの拡大を図るとともに、今期
         はフィリピンのCATV事業者などに対する通信機器の販売の計上がありました。
         その結果、当期の国際通信事業の売上高は5,167百万円(前期比40.3%増)、セグメント利益は1,704百万円(同
         68.5%増)となりました。
         (フィリピン通信事業)


          当期におけるフィリピン通信事業では、コロナウイルス感染症による移動制限などが緩和されたことに対応
         し、マニラ首都圏での法人向けインターネット接続サービスの販売を強化するため、営業員の積極的な増強など
                                 28/122

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         の先行投資を行いました。また、フィリピン国内の基幹回線網を整備し、さらなる事業拡大を図るため、2022年
         7月に建設を開始したルソン島、ビサヤ諸島、ミンダナオ島を結ぶフィリピン国内海底ケーブルシステムの共同
         建 設は順調に進捗し、2023年4月に海底における敷設作業が終了いたしました。
          当期の売上高は1,181百万円となり、営業員の増強などにより法人向けインターネット接続サービス
         (Enterprise)の売上が増加しましたが、前期には大口の通信機器の販売による売上計上があったことから、前
         期比33.8%減となりました。セグメント利益は先行投資の増加を吸収し、229百万円(同2.5%増)となりまし
         た。
         (国内通信事業)

          当期における国内通信事業においては、同事業の意思決定の迅速化や機動的な企業運営を強化するため、2022
         年7月1日に会社分割により分社化し、株式会社アイ・ピー・エス・プロを設立いたしました。当期も引き続き
         日本国内の販売代理権を有する、インドのDrishti-soft                          Solutions     Pvt.   Ltd.が開発したコールセンターシステ
         ム「AmeyoJ」と、大手電気通信事業者が提供している着信課金サービス(フリーダイヤル)を大量に仕入れて、
         コールセンター事業者向けに秒単位で販売する秒課金サービスを組み合わせたコールセンター向けソリューショ
         ンの販売などが増加いたしました。
          この結果、売上高は4,275百万円(前期比7.2%増)、セグメント利益は919百万円(同12.3%増)となりまし
         た。
         (メディカル&ヘルスケア事業)

          当期におけるメディカル&ヘルスケア事業は、SLACCにおいてレーシック件数が増加し、好調に推移いたしま
         した。また、今後のレーシックの需要拡大に備え、オルティガス院の拡張工事を実施いたしました。
          2022年6月に、フィリピンにおいて人間ドック・健診センターを運営する子会社Shinagawa                                           Healthcare
         Solutions     Corporationを設立いたしました。同社が運営する人間ドック・健診センター「Shinagawa
         Diagnostic      & Preventive      Care   Center」には最新の医療機器を導入し、日本の専門医による画像診断の遠隔二
         次読影を実施するなど高品質な医療サービスの提供の準備を行い、2023年4月26日に開院いたしました。
          この結果、売上高は1,690百万円(前期比35.9%増)、セグメント利益は536百万円(同27.8%増)となりまし
         た。
         (その他)

          海外送金事業者の提供する在留外国人向け国際送金サービスの利用促進が主力サービスです。
          売上高は31百万円(前期比16.2%増)、セグメント利益は17百万円の損失(前期は19百万円の損失)となりま
         した。
          また、財政状態は次のとおりであります。

         (資産の状況)
          当連結会計年度末の流動資産は14,270百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,246百万円増加いたしまし
         た。これは主に、現金及び預金が1,102百万円、貯蔵品が82百万円、売掛金が562百万円それぞれ増加したことに
         よるものです。
          また、有形固定資産は8,171百万円となり前連結会計年度末に比べ4,395百万円増加いたしました。これは主
         に、建設仮勘定が3,973百万円、土地が78百万円増加したことによるものです。無形固定資産は1,760百万円とな
         り、前連結会計年度末に比べ39百万円増加いたしました。これは主に、通信回線使用権が45百万円増加したこと
         によるものです。この結果、資産合計は25,129百万円となり、前連結会計年度末に比べ6,708百万円増加いたし
         ました。
         (負債の状況)

          当連結会計年度末の流動負債は12,250百万円となり、前連結会計年度末に比べ4,385百万円増加いたしまし
         た。これは主に、短期借入金が4,382百万円、買掛金が748百万円、未払法人税等が323百万円それぞれ増加し、
         未払金が1,299百万円、リース債務2百万円、一年内返済予定の長期借入金が58百万円それぞれ減少したことによ
         るものです。
          また、固定負債は1,014百万円となり前連結会計年度末に比べ404百万円減少いたしました。これは主に、長期
         借入金が443百万円減少したことによるものです。
          この結果、負債合計は13,265百万円となり、前連結会計年度に比べ3,981百万円増加いたしました。
         (純資産の状況)

                                 29/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度末の純資産は11,864百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,727百万円増加いたしました。
         これは主に、非支配株主持分が610百万円増加し、親会社株主に帰属する当期純利益2,292百万円の計上により利
         益剰余金が同額増加したことによるものであります。
          この結果、自己資本比率は37.2%(前連結会計年度末は39.7%)となりました。
        ② キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ1,102百
         万円増加し、当連結会計年度における残高は6,881百万円となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動において獲得した資金は2,636百万円となり、前年同期に比べ944百万円減少しました。これは主に、
         税金等調整前当期純利益が3,466百万円、仕入債務685百万円、前受金159百万円がそれぞれ増加した一方、未払
         金の減少1,312百万円、売上債権の増加438百万円によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動において使用した資金は5,506百万円となり、前年同期に比べ2,848百万円増加しました。これは主
         に、有形固定資産の取得による支出5,323百万円によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動において獲得した資金は3,578百万円となり、前年同期に比べ2,511百万円増加しました。これは主
         に、短期借入金の増加が4,335百万円あった一方、長期借入金の返済による支出501百万円と配当金の支払額527
         百万円によるものであります。
        ③ 生産、受注及び販売の状況

         a.生産実績
           当社グループは生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。
         b.仕入実績

           当社の国内通信事業及び国際通信事業においては、提供するサービスの性質上、有形の物品ではなく無形の
          資産(通信回線の使用権)に対しての支払が原価の大部分を占めておりますため、これらを仕入と見做しま
          す。
           当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
            セグメントの名称                   仕入高(百万円)                前年同期比(%)
     国際通信事業                                   2,233                100.2

     フィリピン通信事業                                    593                61.0

     国内通信事業                                   2,720                109.8

     メディカル&ヘルスケア事業                                    643               146.3

     その他                                     -                -

               合計                          6,190                101.1

     (注)1.セグメント間取引は相殺消去しております。
         2.金額は、仕入価格によっております。
         c.受注実績

           当社グループは受注生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。
                                 30/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         d.販売実績
           当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
            セグメントの名称                   販売高(百万円)                前年同期比(%)
     国際通信事業                                   5,167                140.3

     フィリピン通信事業                                   1,181                 66.2

     国内通信事業                                   4,275                107.2

     メディカル&ヘルスケア事業                                   1,690                135.9

     その他                                     31               116.2

               合計                         12,346                 115.1

     (注)1.セグメント間取引は相殺消去しております。
         2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2021年4月1日                (自 2022年4月1日
                               至 2022年3月31日)                至 2023年3月31日)
                 相手先
                              販売高                販売高
                                     割合(%)                割合(%)
                            (百万円)                (百万円)
           株式会社NTTドコモ                     1,104         10.3         -        -

           Sky  Cable   Corporation
                                  -        -       1,401         11.3
           Globe   Telecom,     Inc.
                                1,303         12.2         -        -
           前連結会計年度のSky          Cable   Corporation及び当連結会計年度の株式会社NTTドコモとGlobe                              Telecom,
           Inc.に対する販売実績は、当該販売実績の総販売実績に対する割合が100分の10未満のため記載を省略して
           おります。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりでありま
        す。
        1)経営成績の分析

         (売上高)
          当連結会計年度における売上高は、12,346百万円(前年同期比15.1%増)となりました。これは主に、国際通
         信事業の売上高5,167百万円(前年同期比40.3%増)、並びに国内通信事業の売上高4,275百万円(前年同期比
         7.2%増)によるものであります。
         (営業利益)

          上記の結果、営業利益は3,311百万円(前年同期比34.8%増)となりました。これは主に、国際通信事業のセ
         グメント利益が1,704百万円(前年同期比68.5%増)、並びに国内通信事業のセグメント利益が919百万円(前年
         同期比12.3%増)となったことによるものであります。
         (経常利益)

          営業外収益として受取利息及び配当金を82百万円、為替差益を210百万円、営業外費用として支払利息を125百
         万円計上したこと等により、経常利益は3,464百万円(前年同期比19.6%増)となりました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

          法人税、住民税及び事業税として977百万円、非支配株主に帰属する当期純利益として261百万円を計上したこ
         と等により、親会社株主に帰属する当期純利益は2,292百万円(前年同期比21.4%増)となりました。
          なお、セグメントの概況につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者による財政状態、経営成績及び
         キャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概況 ① 財政状態及び経営成績の状況」に記載し
         ております。
        2)財政状態の分析

                                 31/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          財政状態の状況につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
         シュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概況 ① 財政状態及び経営成績の状況」に記載しており
         ます。
          国内通信事業が、コールセンター向けの電話サービスについて、競合事業者からの顧客獲得が進んだことや同
         サービスの認知度の向上により、大きな投資を伴わない形で、収益が拡大しております。
          一方回線の敷設が必要な、フィリピン通信事業は、地方での回線敷設も増え、社内の多くのリソースを割く必
         要が出てきました。売上は、1,181百万円、セグメント利益は229百万円となりました。
          これまで設備投資は、InfiniVAN社の現地資本に対する増資と手許資金で行ってまいりましたが、今後は、長
         期借入金を中心とした調達をすることを計画しております。
        3)キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

          当連結会計年度末(投資活動によるキャッシュ・フロー)における現金及び現金同等物(以下「資金」とい
         う。)は6,881百万円となり、投資活動において使用した資金は5,506百万円となりました。
          これは主に、有形固定資産の取得による支出5,323百万円によるものであります。
          当社グループは、今回取得した国際海底ケーブルを利用する通信トラフィックをフィリピン各地で獲得するた
         め、今後も、フィリピン国内の通信回線設備の構築等の投資が必要となります。当社グループによる回線構築に
         あたっては、他の事業者と共用できるように事前に他の事業者と調整する等、当社グループの負担額を抑えるこ
         とに努めておりますが、当面の間は、投資の需要が大きいことが見込まれます。投資に振り向ける資金の調達
         は、営業キャッシュ・フロー、銀行からの長期借入金を充てることを想定しております。手許資金については、
         今後少なくなることが見込まれますが、銀行からの当座貸越枠の設定・拡大等を通じて対応していく計画です。
          フィリピン国内の都市間中継回線・マニラ首都圏地域の設備投資が落ち着き、収益が安定したときは、手許資
         金を積極的に株主に還元していくことを予定しております。
         ① 重要な会計方針及び見積り

           当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成さ
          れております。
           当社グループは、過去の実績や取引の状況に照らして、合理的と考えられる見積り及び判断を行い、その結
          果を資産、負債の帳簿価額及び収益、費用の全般に反映して連結財務諸表を作成しておりますが、実際の結果
          は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
           財政状態及び経営成績に関する以下の分析が行われております。なお、本項に記載した予想、見込み、見通
          し、方針等の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、将来に関す
          る事項には、不確実性があるため、将来生じる実際の結果と大きく異なる可能性があります。
         ② 経営成績に重要な影響を与える要因について

           当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 3 事業等のリス
          ク」に記載しております。
         ③ 経営者の問題認識と今後の方針について

           当社グループが今後も持続的に成長していくためには、経営者は「第2 事業の状況 1 経営方針、経営
          環境及び対処すべき課題等」及び「第2 事業の状況 3 事業等のリスク」に記載の様々な課題に対応して
          いくことが必要であると認識しております。それらの課題に対応するために、経営者は常に外部環境の構造や
          変化に関する情報の入手及び分析を行い、現在及び将来における事業環境を確認し、その間の課題を認識する
          と同時に最適な解決策を実施していく方針であります。
                                 32/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (3)資金調達と資金の流動性についての分析
         当社グループの資金調達は、金融機関からの借入による間接調達及び資本市場からの調達による直接調達で構成
        されております。
         長期運転資金及び設備投資資金につきましては、営業活動により得られたキャッシュ・フロー、金融機関からの
        長期借入やリースによる間接調達及び株式発行による直接調達を基本としております。
         短期資金需要につきましては、営業活動により得られたキャッシュ・フロー及び当座貸越契約の融資枠の利用を
        含めた金融機関からの短期借入を基本としております。
         なお、当連結会計年度における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は6,930百万円、現金及び現金同
        等物の残高は6,881百万円となりました。
                                 33/122


















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     5【経営上の重要な契約等】
      (1)国内通信事業
                                相手先の
         契約会社名            相手先の名称            所在地      契約締結日       契約期間        契約内容
                                (国名)
     株式会社テレグローブ・
     ジャパン(後に株式会社ア
     ドベントへ社名変更した上
                                                   音声通信回線の相
     で当社が営業譲受。会社分              東日本電信電話株式会社            東京都新宿区        1999年7月       定めなし
                                                   互接続
     割により株式会社アイ・
     ピー・エス・プロが承
     継。)
     株式会社アドベント(後に
     当社が営業譲受。会社分割
                                                   音声通信回線の相
     により株式会社アイ・              西日本電信電話株式会社            大阪府大阪市        2003年3月       定めなし
                                                   互接続
     ピー・エス・プロが承
     継。)
     株式会社アイ・ピー・エス
     (会社分割により株式会社                                              音声通信回線の相
                   株式会社NTTドコモ            東京都千代田区        2008年11月       定めなし
     アイ・ピー・エス・プロが                                              互接続
     承継。)
     株式会社アイ・ピー・エス
     (会社分割により株式会社              KDDI株式会社及び沖縄セ            東京都新宿区及                    音声通信回線の相
                                       2009年3月       定めなし
     アイ・ピー・エス・プロが              ルラー電話株式会社            び沖縄県那覇市                    互接続
     承継。)
     株式会社アイ・ピー・エス
                   エヌ・ティ・ティ・コ
     (会社分割により株式会社                                              音声通信回線の相
                   ミュニケーションズ株式            東京都千代田区        2011年4月       定めなし
     アイ・ピー・エス・プロが                                              互接続
                   会社
     承継。)
     株式会社アイ・ピー・エス              ソフトバンクモバイル株
     (会社分割により株式会社              式会社(後にソフトバン                                音声通信回線の相
                               東京都港区        2013年6月       定めなし
     アイ・ピー・エス・プロが              ク株式会社へ社名変                                互接続
     承継。)              更。)
     株式会社アイ・ピー・エス
     (会社分割により株式会社                                              音声通信回線の相
                   楽天モバイル株式会社            東京都世田谷区        2019年7月       定めなし
     アイ・ピー・エス・プロが                                              互接続
     承継。)
     株式会社アイ・ピー・エス
                   エヌ・ティ・ティ・コ                                IP電話網サービス
     (会社分割により株式会社
                   ミュニケーションズ株式            東京都千代田区        2015年3月       定めなし      及び電話等サービ
     アイ・ピー・エス・プロが
                   会社                                スに係る提供
     承継。)
     株式会社アイ・ピー・エス
     (会社分割により株式会社                                              卸売通信役務の提
                   KDDI株式会社            東京都新宿区        2011年12月       定めなし
     アイ・ピー・エス・プロが                                              供
     承継。)
     株式会社アイ・ピー・エス
                                                   コールセンターシ
                   Drishti-Soft       Solutions
     (会社分割により株式会社
                               インド        2013年3月       定めなし      ステム「AmeyoJ」
     アイ・ピー・エス・プロが              Private    Limited
                                                   のライセンス提供
     承継。)
                                 34/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (2)国際通信事業・フィリピン通信事業
         契約会社名            相手先の名称           相手先国名       契約締結日       契約期間        契約内容
                                              2011年      国際通信回線
                   Telekom    Malaysia
                                            11月30日から       (10Gbps)の使
     株式会社アイ・ピー・エス                          マレーシア        2011年11月
                                              2026年      用権に関する合
                   Berhad
                                            11月29日まで       意
                   Telstra    Corporation
                   Limited
                                              2013年
                                                   国際通信回線
                   (締結時)Pacnet
                                            9月2日から
     株式会社アイ・ピー・エス                          豪州        2013年9月             (10Gbps)の使
                   Services     Asia   Pacific                    2028年
                                                   用権の合意
                                            9月1日まで
                   Commercial      Limited(香
                   港)
                                              2014年      国際通信回線
                                            11月10日から       (2.5Gbps)の使
                   Sky  Cable   Corporation
     株式会社アイ・ピー・エス                          フィリピン        2014年10月
                                              2028年      用権に関する合
                                            11月9日まで       意
                                             通知後180日       Cooperation
                   Philippine      Telegraph     &
                                             を経過した       Agreement
     株式会社アイ・ピー・エス                          フィリピン        2012年1月
                   Telephone     Corporation                     ときに終了       相互接続、提携
                                             する       の合意
                                              2021年      Facility
                                            2月18日から       Management
                                              2026年      Agreement
                   Philippine      Telegraph     &
                                        2016年
     株式会社アイ・ピー・エス                          フィリピン              2月17日ま       フィリピンにあ
                   Telephone     Corporation               2月18日
                                             で(原契約       る当社通信設備
                                             を5年間更       の運用・保守の
                                             新)       合意
                                             2018年9月       当社が、開通後
                                             30日から       10年を期間とす
                   INNOVE    COMMUNICATIONS,
                                             回線開通日       るIRU回線と開通
     株式会社アイ・ピー・エス                          フィリピン        2018年9月
                                             から15年を       後15年を期間と
                   INC.
                                             経過したと       するIRU回線を取
                                             き       得する合意
                                                   相互接続、当社
                                              2018年      が設置した機器
                                            1月30日から       の運用、通信
     株式会社アイ・ピー・エス              InfiniVAN,Inc.            フィリピン        2018年1月
                                              2033年      サービスを共同
                                            1月29日まで       して営業を行う
                                                   ことの合意
                                             対象となる
                                             ダークファ
                                                   Telstra社による
                   Telstra    International
                                             イバーの検
     株式会社アイ・ピー・エス                          香港        2020年5月             破棄しえない使
                                             収後、15年
                   Limited
                                                   用権の設定
                                             を経過した
                                             日
                                             対象となる
                                             通信設備の       当社による破棄
                   Sky  Cable   Corporation
     株式会社アイ・ピー・エス                          フィリピン        2020年5月      検収後、15       しえない使用権
                                             年を経過し       の設定
                                             た日
                                 35/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         契約会社名            相手先の名称           相手先国名       契約締結日       契約期間        契約内容
                                             対象となる
                                             ダークファ
                                                   Innove社による
                   Innove    Communications,
                                             イバーの検
     InfiniVAN,      Inc.
                               フィリピン        2020年5月             破棄しえない使
                                             収後、15年
                   Inc.
                                                   用権の設定
                                             を経過した
                                             日
                                             対象となる
                                             通信設備の       当社による破棄
                   Innove    Communications,
     株式会社アイ・ピー・エス                          フィリピン        2020年11月      検収後、15       しえない使用権
                   Inc.
                                             年を経過し       の設定
                                             た日
                                             対象となる
                                             通信設備の       当社による破棄
                   GlobeTel     Singapore
     株式会社アイ・ピー・エス                          シンガポール        2020年12月      検収後、15       しえない使用権
                   Pte.   Ltd.
                                             年を経過し       の設定
                                             た日
                                                   Telstra
                   Telstra    Singapore     Pte.
                                                   Singapore社によ
     ISMO   Pte.   Ltd.
                               シンガポール        2021年11月      14年間
                   Ltd.                                 る破棄しえない
                                                   使用権の設定
                                                   ISMO   Pte.   Ltd.
                                                   による破棄しえ
     ISMO   Pte.   Ltd.        Globe   Telecom,     Inc.
                               フィリピン        2021年12月      14年間
                                                   ない使用権の設
                                                   定
                                                   InfiniVAN,      Inc.
                                                   によるフィリピ
                   Kokusai    Cable   Ship
                                            2022年6月~
                                                   ン国内海底ケー
     InfiniVAN,      Inc.        Co.,   Ltd.
                               フィリピン        2021年12月
                                             2023年1月
                                                   ブル・ネット
                   Philippines      Branch
                                                   ワーク・システ
                                                   ムの建設
                                                   InfiniVAN,      Inc.
                                                   によるフィリピ
                   NTT  World   Engineering
                                            2022年11月~
                                                   ン国内海底ケー
     InfiniVAN,      Inc.        Marine    Corporation
                               フィリピン        2022年11月
                                             2023年4月
                                                   ブル・ネット
                   Manila    Branch
                                                   ワーク・システ
                                                   ムの建設
     6【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 36/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       国際通信回線の使用権が当社の設備に重要な意味を持つので、以下、有形固定資産のほか無形固定資産のうち通信
      回線使用権を含めて記載しております。
       当連結会計年度における設備投資の金額はフィリピン通信事業においては                                   4,890   百万円、国際通信事業においては
      44 百万円、メディカル&ヘルスケア事業においては                       345  百万円、国内通信事業においては               70 百万円となっておりま
      す。
     2【主要な設備の状況】

      (1)提出会社
                                                    2023年3月31日現在
                                   帳簿価額(百万円)
              セグメント
       事業所名                                                従業員数
               の   設備の内容
                        建物及び     機械装置     工具、器具      リース     通信回線
       (所在地)                                                 (名)
               名称                                    合計
                         構築物    及び運搬具      及び備品      資産     使用権
     本社
                   本社オフィ
              -              3     -     6     -     -     9     31
     (東京都中央区)              ス
     データセンター等         国際通信
                   伝送装置         0     98      0     -     51     151      -
     (フィリピン等)         事業
     (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記のほか、建物の一部を連結会社以外から賃借しております。賃借している主要な建物の面積及び年間の
           賃借料は、次のとおりであります。
           本社(東京都中央区)        建物の面積 449.61㎡、年間の賃借料 22百万円
      (2)国内子会社

                                                    2023年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
             事業所名      セグメントの                                     従業員数
                         設備の内容
      会社名
            (所在地)        名称         建物及び    機械装置    工具、器具     リース    通信回線         (名)
                                                     合計
                              構築物    及び運搬具     及び備品     資産    使用権
           本社              本社
                   国内通信事業             32     0     6    -    -    38    19
           (東京都中央区)              オフィス
      株式会社
     アイ・ピー・
           深川
                         データセ
     エス・プロ
           データセンター        国内通信事業             22     7    14     7    -    52     8
                         ンター等
           (東京都江東区)
     (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記のほか、建物の一部を連結会社以外から賃借しております。賃借している主要な建物の面積及び年間の
           賃借料は、次のとおりであります。
           本社(東京都中央区)        建物の面積 304.22㎡、年間の賃借料 23百万円
           深川データセンター(東京都江東区) 建物の面積 577.28㎡、年間の賃借料 19百万円
                                 37/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (3)在外子会社
                                                   2023年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
              事業所名     セグメントの                                     従業員数
       会社名                  設備の内容
                               建物及び     機械装置     土地       通信回線
             (所在地)       名称                                    (名)
                                             その他        合計
                               構築物    及び運搬具     面積(㎡)         使用権
             フィリピン
     KEYSQUARE,     INC.
             共和国      国際通信事業      オフィス         2     3    -    0    -    6    62
             パシッグ市
     Shinagawa    Lasik
             フィリピン      メディカル&
     & Aesthetics
                         オフィス、
             共和国      ヘルスケア               71    211     -    36    -   319    100
                         医療機器
     Center
             タギッグ市      事業
     Corporation
             フィリピン            通信機材、
                   フィリピン                         78
     InfiniVAN,     Inc.
             共和国            光ケーブル、         85    989        6,168     205   7,527     246
                   通信事業                     (4,824)
             タギッグ市            車両等
             フィリピン
     CorporateONE,
                   フィリピン 
             共和国            オフィス         1     -    -    -    -    1    -
                   通信事業
     Inc.
             パシッグ市
     ISMO

             シンガポール            オフィス、
                   国際通信事業               -    63     -    -  1,397    1,460      1
     Pte.  Ltd.
             共和国            通信機材等
             アメリカ

                         オフィス、
     Carrier   Domain,
             合衆国
                   国際通信事業      データセン         -    18     -    -    -    18    -
             ニュー
     Inc.
                         ター等
             ジャージー州
     Shinagawa
             フィリピン      メディカル&
     Healthcare
                         オフィス、
             共和国      ヘルスケア               -     -    -   197     -    -    10
                         医療機器
     Solutions
             タギッグ市      事業
     Corporation
     (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。
         3.上記のほか、建物の一部を連結会社以外から賃借しております。賃借している主要な建物の面積及び年間の
           賃借料は、次のとおりであります。
           KEYSQUARE,INC.
            ORTIGAS    Branch    建物の面積  411.70㎡、年間の賃借料                          5百万円
           Shinagawa     Lasik   & Aesthetics      Center    Corporation
            BGC  Main   Branch       建物の面積 1,155.40㎡、年間の賃借料                      40百万円
            MAKATI Branch    建物の面積 1,095.96㎡、年間の賃借料                              43百万円
            ORTIGAS    Branch    建物の面積 1,503.60㎡、年間の賃借料                          12百万円
           InfiniVAN,      Inc.
            ORTIGAS    Branch    建物の面積  884.90㎡、年間の賃借料                          8百万円
            BGC  Branch      建物の面積  1,600.16㎡、年間の賃借料                             51百万円
           ISMO,Pte.     Ltd.
            Singapore     Branch   建物の面積  86.40㎡、年間の賃借料                         9百万円
           Carrier    Domain,    Inc.
            New  Jersey    Branch      建物の面積  114.27㎡、年間の賃借料                     10百万円
                                 38/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
      (1)重要な設備の新設等
                               投資予定額
                                        資金          完了
            事業所名      セグメント                            着手         完成後の
      会社名                 設備の内容                 調達          予定
                              総額    既支払額
            (所在地)       の名称                           年月         増加能力
                                        方法          年月
                             (百万円)     (百万円)
                                                      電話ネット
                                                      ワークにか
           深川デー
                                                      わるイン
     株式会社ア      タ  セ  ン
                 国内通信事      音声通信                               ターネット
     イ・ピー・      ター(東                    100      56  自己資金     2020年度     2024年度
                 業      機器                               プロトコル
     エス・プロ      京都江東
                                                      に対応した
           区)
                                                      音声通信シ
                                                      ステム
                                                      マニラ首都
                                       自己資金               圏中心地の
     InfiniVAN,
           フィリピン      フィリピン      無線通信                及び当社               法人顧客向
                              1,000        1       2021年度     2024年度
           共和国      通信事業      設備                からの投               け無線通信
     Inc.
           タギッグ市                            融資               サービスの
                                                      提供
                                                      ルソン島、
                                                      ビザヤ諸
                       フィリピ                自己資金               島、ミンダ
     InfiniVAN,
           フィリピン      フィリピン      ン国内海                及び当社               ナオ島を結
                              8,500     3,824         2022年度     2023年度
           共和国      通信事業      底ケーブ                からの投               ぶインター
     Inc.
           タギッグ市            ル機器                融資               ネット回線
                                                      サービスの
                                                      提供
     Shinagawa
           フィリピン                                           人間ドッ
                 メディカ
     Healthcare
           共和国                                           ク・健診セ
                 ル&ヘルス      医療機器       1,040      195   自己資金     2022年度     2023年度
           タギッグ市                                           ンターの提
     Solutions
                 ケア事業
                                                      供
     Corporation
      (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 39/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                      39,960,000

                  計                                    39,960,000

        ②【発行済株式】

            事業年度末現在            提出日現在           上場金融商品取引所名
      種類      発行数(株)           発行数(株)           又は登録認可金融商品                  内容
           (2023年3月31日)           (2023年6月28日)               取引業協会名
                                                完全議決権株式であり、
                                                株主としての権利内容に
                                    東京証券取引所            何ら限定のない当社にお
               12,440,800           12,440,800
     普通株式
                                    (プライム市場)            ける標準となる株式であ
                                                ります。なお、単元株式
                                                数は100株であります。
               12,440,800           12,440,800
       計                                -              -
     (注) 提出日現在発行数には、2023年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
          れた株式数は、含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                         2015年9月10日
                              当社代表取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数(名)                         当社取締役   3名
                              当社従業員   11名  (注)1
     新株予約権の数(個)  ※                         420 (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                              普通株式 420,000  (注)2
     (株)  ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)  ※                         70  (注)3
     新株予約権の行使期間  ※                         2017年9月11日~2025年8月23日

     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式                         発行価格   70
     の発行価格及び資本組入額(円)  ※                         資本組入額  35
                              新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の
                              取締役、又は従業員のいずれかの地位にあることを要する。但
     新株予約権の行使の条件  ※                         し、新株予約権の割当てを受けた時に取締役であった者は、任期
                              満了による退任その他取締役会が正当な理由があると認めた場合
                              はこの限りでない。
                              新株予約権を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要す
     新株予約権の譲渡に関する事項  ※
                              る。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                              (注)4
     項  ※
     ※ 当事業年度の末日(2023年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2023年5月31
        日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)1.当社従業員の退職による権利喪失及び取締役の退任並びに権利行使により、提出日の前月末(2023年5月31
           日)現在の付与対象者の区分及び人数は、当社代表取締役1名、当社従業員1名となっております。
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1,000株であります。
           なお、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとす
           る。ただし、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数         =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
                                 40/122

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
           また、当社が合併、会社分割、株式交換又は株式移転(以下「合併等」という。)を行う場合、株式の無償
           割当を行う場合、その他目的となる株式の数の調整を必要とする場合には、合併等、株式の無償割当の条件
           等 を勘案の上、合理的な範囲内で目的となる株式の数を調整することができる。ただし、調整の結果生じる
           1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         3.当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1株未満の端数は
           切り上げる。
                                    1
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                 分割・併合の比率
           また、行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行をするときは、次の算式により行使価額を調整し、調整
           により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                          募集株式数      ×  1株当たり払込金額
                                 既発行株式数       +
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                新規発行前の株価
                                       既発行株式数       +  募集株式数
           上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
           数とする。
           また、株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の
           端数は切り上げる。
                                    1
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                 分割・併合の比率
           さらに、当社が合併等を行う場合、株式の無償割当を行う場合、その他上記の行使価額の調整を必要とする
           場合には、合併等の条件、株式の無償割当の条件等を勘案の上、合理的な範囲内で行使価額を調整すること
           ができる。
         4.組織再編に際して定める契約書又は計画書等に以下に定める株式会社の新株予約権を交付する旨を定めた場
           合には、当該組織再編の比率に応じて、以下に定める株式会社の新株予約権を交付するものとする。
           ①合併(合併により当社が消滅する場合に限る。)
            合併後存続する株式会社又は合併により設立する株式会社
           ②吸収分割
            吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を承継させる株式会社
           ③新設分割
            新設分割により設立する株式会社
           ④株式交換
            株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
           ⑤株式移転
            株式移転により設立する株式会社
                                 41/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     決議年月日                         2017年3月14日
                              当社取締役  1名
     付与対象者の区分及び人数(名)
                              当社顧問   2名  (注)1
     新株予約権の数(個)  ※                         20  (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                              普通株式 20,000  (注)2
     (株)  ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)  ※                         230  (注)3
     新株予約権の行使期間  ※                         2019年4月1日~2027年2月28日

     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式                         発行価格   230
     の発行価格及び資本組入額(円)  ※                         資本組入額  115
                              新株予約権の割当てを受けた者のうち、新株予約権発行時に当社
                              の役員又は従業員である者は、権利行使時においても、当社又は
                              当社子会社の役員又は従業員のいずれかの地位にあることを要す
                              る。ただし、新株予約権の割当てを受けた時に役員であった者
                              は、任期満了による退任その他取締役会が正当な理由があると認
     新株予約権の行使の条件  ※                         めた場合はこの限りでない。また、新株予約権の割当てを受けた
                              者のうち、新株予約権発行時に当社の顧問、コンサルタント等の
                              社外協力者として当社と取引関係にある者は、権利行使時におい
                              ても当社との取引関係が良好に継続していることを要するものと
                              する。ただし、当社の取締役会による承認を受け、かつ、書面に
                              よる承諾を受けた場合については、この限りでない。
                              新株予約権を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要す
     新株予約権の譲渡に関する事項  ※
                              る。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                              (注)4
     項  ※
     ※ 当事業年度の末日(2023年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2023年5月31
        日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)1.当社取締役退任及び権利行使により、提出日の前月末(2023年5月31日)現在の付与対象者の区分及び人数
           は、当社顧問1名となっております。
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1,000株であります。
           なお、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとす
           る。ただし、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数         =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
           また、当社が合併等を行う場合、株式の無償割当を行う場合、その他目的となる株式の数の調整を必要とす
           る場合には、合併等、株式の無償割当の条件等を勘案の上、合理的な範囲内で目的となる株式の数を調整す
           ることができる。ただし、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         3.当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1株未満の端数は

           切り上げる。
                                    1
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                 分割・併合の比率
           また、行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行をするときは、次の算式により行使価額を調整し、調整
           により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                          募集株式数      ×  1株当たり払込金額
                                 既発行株式数       +
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                新規発行前の株価
                                       既発行株式数       +  募集株式数
           上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
           数とする。
           また、株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の
           端数は切り上げる。
                                 42/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
                                    1
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                 分割・併合の比率
           さらに、当社が合併等を行う場合、株式の無償割当を行う場合、その他上記の行使価額の調整を必要とする
           場合には、合併等の条件、株式の無償割当の条件等を勘案の上、合理的な範囲内で行使価額を調整すること
           ができる。
         4.組織再編に際して定める契約書又は計画書等に以下に定める株式会社の新株予約権を交付する旨を定めた場
           合には、当該組織再編の比率に応じて、以下に定める株式会社の新株予約権を交付するものとする。
           ①合併(合併により当社が消滅する場合に限る。)
            合併後存続する株式会社又は合併により設立する株式会社
           ②吸収分割
            吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を承継させる株式会社
           ③新設分割
            新設分割により設立する株式会社
           ④株式交換
            株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
           ⑤株式移転
            株式移転により設立する株式会社
     決議年月日                         2019年8月9日

     付与対象者の区分及び人数(名)                         石尾 肇  (注)1

     新株予約権の数(個)  ※                         5,357  (注)2

     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                              普通株式 535,700  (注)2
     (株)  ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)  ※                         1,152  (注)3
     新株予約権の行使期間  ※                         2020年7月1日~2029年8月25日  (注)4

     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式                         発行価格   1,152
     の発行価格及び資本組入額(円)  ※                         資本組入額   576  (注)5
     新株予約権の行使の条件  ※                         (注)6
                              新株予約権を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要す
     新株予約権の譲渡に関する事項  ※
                              る。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                              (注)8
     項  ※
     ※ 当事業年度の末日(2023年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2023年5月31
        日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)1.本新株予約権は、石尾 肇を受託者とする信託に割り当てられ、信託期間満了日において当社が受益者とし
           て指定した者に交付され、2021年6月28日に受益者として当社役職員等71名に交付されております。
           当社従業員の退職による権利喪失、当社子会社への転籍、当社子会社取締役の就任、当社子会社の取締役の
           任期満了退任及び当社顧問等の契約終了により、提出日の前月末(2023年5月31日)現在の付与対象者の区
           分及び人数は、当社取締役2名、当社監査役1名、当社従業員18名、当社顧問等5名、当社元顧問等2名、
           子会社取締役4名、当社元取締役1名、子会社従業員28名、子会社顧問等2名となっております。
         2.新株予約権の目的となる株式に関する事項は次のとおりであります。
           本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、当社普通株式100株と
           する。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含
           む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整
           は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行わ
           れ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
            調整後付与株式数         =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
           また、本新株予約権の割引日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの場
           合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものと
           する。
         3.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額に関する事項は次のとおりであります。
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次により決定される1株当たりの払込金額(以下
           「行使価額」という。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
                                 43/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
           行使価額は、金1,152円とする。
           なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整
           し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                    1
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                 分割・併合の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の
           処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式
           の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                          新規発行株式数×1株当たり払込金額
                                 既発行株式数       +
                                              新規発行前の株価
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                      既発行株式数       +  新規発行株式数
           なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式に
           かかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規
           発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
           これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調
           整を行うことができるものとする。
         4.新株予約権を行使することができる期間に関する事項は次のとおりであります。
           2020年7月1日から2029年8月25日(但し、最終日が銀行営業日でない場合には、その前銀行営業日)まで
           の期間とする。
         5.増加する資本金及び資本準備金に関する事項は次のとおりであります。
           本新株予約権の行使により当社普通株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17
           条第1項の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし(計算の結果1円未満の端数が
           生じる場合はその端数を切り上げた額とする。)、当該資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じ
           た額を増加する資本準備金の額とする。
         6.新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりであります。
           ①本新株予約権の割当を受けた者(以下、「受託者」という。)は、本新株予約権を行使することができ
            ず、受託者より本新株予約権の付与を受けた者(以下、「受益者」又は「本新株予約権者」という。)の
            みが、本新株予約権を行使できることとする。
           ②受益者は、2020年3月期から2023年3月期までの事業年度に係る当社が提出した有価証券報告書に記載さ
            れる当社連結損益計算書の営業利益が、いずれかの事業年度において下記各号に掲げる条件を満たした場
            合、満たした条件に応じて、交付を受けた本新株予約権のうち当該条件に応じた割合を乗じた本新株予約
            権を行使することができる。この場合において、かかる割合に基づき算定される行使可能な本新株予約権
            の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、かかる端数を切り捨てた個数の本新株予約権についての
            み行使することができるものとする。なお、国際財務報告基準の適用等により参照すべき指標の概念に重
            要な変更があった場合や決算期を変更する場合等これらの場合に準じて指標の調整を必要とする場合に
            は、合理的な範囲で適切に別途参照すべき指標を取締役会にて定めるものとする。
            (a)17億円を超過している場合:受益者が交付を受けた本新株予約権のうち70%
            (b)25億円を超過している場合:受益者が交付を受けた本新株予約権のうち100%
           ③受益者は、権利行使時において、当社又は当社子会社・関連会社の取締役、監査役又は従業員若しくは顧
            問のいずれかの地位を有していることを要する。但し、任期満了による退任、定年又は会社都合による退
            職、その他取締役会が正当な理由があると認めた場合にはこの限りではない。
           ④受益者が権利行使期間中に死亡した場合、その相続人は本新株予約権を行使することができない。
           ⑤本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過するこ
            ととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           ⑥各新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         7.新株予約権の取得の事由及び取得の条件に関する事項は次のとおりであります。
           ①当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
            又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
            認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
            もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
           ②新株予約権者が権利行使をする前に、上記「新株予約権の行使の条件」に定める規定により本新株予約権
            の行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
         8.組織再編成行為を実施する際の新株予約権の取扱いに関する事項は次のとおりであります。
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
                                 44/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
           株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社
           (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
           だ し、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
           分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
           ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記「新株予約権の目的となる株式の数」に準じて決定する。
           ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
            上記「新株予約権の行使時の払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上
            記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
           ⑤新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価額及び資本組入額」に準じて決定す
            る。
           ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           ⑧その他新株予約権の行使の条件
            上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
           ⑨新株予約権の取得事由及び条件
            前記7に準じて決定する。
         9.新株予約権の行使により発生する端数の切り捨てに関する事項は次のとおりであります。
           新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切り捨てるものとする。
         10.その他細目事項に関する事項は次のとおりであります。
           新株予約権に関するその他の細目事項については、当社取締役会により決定しております。
     決議年月日                         2022年4月13日

     付与対象者の区分及び人数(名)                         当社従業員   3名  (注)1

     新株予約権の数(個)  ※                         350  (注)2

     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                              普通株式 35,000  (注)2
     (株)  ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)  ※                         2,166  (注)3
     新株予約権の行使期間  ※                         2025年4月14日~2032年4月13日

     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式                         発行価格   2,166
     の発行価格及び資本組入額(円)  ※                         資本組入額  1,083  (注)4
                              当社子会社の取締役、監査役または従業員のいずれかの地位にあ
                              ることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、会社
     新株予約権の行使の条件  ※                         都合による退任・退職、業務上の疾病に起因する退職、及び転籍
                              その他正当な理由であると取締役会が認めた場合に限り権利行使
                              をなしうるものとする。
                              新株予約権を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要す
     新株予約権の譲渡に関する事項  ※
                              る。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                              (注)6
     項  ※
     ※ 当事業年度の末日(2023年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2023年5月31
        日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)1.付与対象者の当社取締役就任及び当社従業員の退職による権利喪失により、提出日の前月末(2023年5月31
           日)現在の付与対象者の区分及び人数は、当社取締役1名、当社従業員1名となっております。
                                 45/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
           なお、割当日後、当社が、当社普通株式につき、株式分割、株式無償割当て又は株式併合を行う場合には、
           次の算式により付与株式数の調整を行い、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
            調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  株式分割、株式無償割当て又は株式併合の比率
           また、当社が吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合又は当社が完全子会社となる株
           式交換もしくは株式移転を行い新株予約権が承継される場合には、当社は、合併比率等に応じ、必要と認め
           る付与株式数の調整を行うことができる。
         3.当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は
           切り上げる。
                                    1
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                 分割・併合の比率
           また、当社が時価を下回る価額で募集株式の発行又は自己株式の処分(株式の無償割当てによる株式の発行
           及び自己株式を交付する場合を含み                、 新株予約権(新株予約権付社債も含む                 。 )の行使による場合及び当社の
           普通株式に転換できる証券の転換による場合を除く                        。 )を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
           整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                         新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                                 既発行株式数       +
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×               募集株式発行前の株価
                                      既発行株式数       +  新規発行株式数
           上記算式中の既発行株式数は、上記の株式の発行の効力発生日前日における当社の発行済株式総数から、当
           該時点における当社の保有する自己株式の数を控除した数とし、自己株式の処分を行う場合、新規発行株式
           数を処分する自己株式の数、募集株式発行前の株価を自己株式処分前の株価にそれぞれ読み替えるものとす
           る。また、算式中の募集株式発行前の株価は、当社株式に市場価格がない場合、調整前行使価額とし、当社
           株式に市場価格がある場合、直前の当社優先市場における最終取引価格とする。また、株式分割又は株式併
           合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
           さらに、当社が吸収合併存続会社となる吸収合併を行う場合、当社が吸収分割承継会社となる吸収分割を行
           う場合、又は当社が完全親会社となる株式交換を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を
           必要とする場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行う。
         4.新株予約権の行使により株式を発行する場合に増加する資本金及び資本準備金に関する事項は次のとおりと

           する。
           (1)  新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
             項に従い計算される資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じた
             ときは、その端数を切り上げるものとする。
           (2)  新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記(1)記載の資本
             金等増加限度額から上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
         5.新株予約権の取得条項は次のとおりとする。
           (1)  以下のi、ii、iii、iv又はvのいずれかの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が
             不要の場合は、当社の取締役会決議がなされた場合)は、取締役会が別途定める日に、当社は無償で新
             株予約権を取得することができる。
             i    当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
             ii   当社が分割会社となる分割契約もしくは新設分割計画承認の議案
             iii  当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画承認の議案
             iv   当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要するこ
               とについての定めを設ける定款の変更承認の議案
             v    新株予約権の目的である株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要する
               こと又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについて
               の定めを設ける定款の変更承認の議案
           (2)  新株予約権者が、下記           11.(1)に定める新株予約権の行使の条件を満たさず、新株予約権を行使できな
             くなった場合もしくは新株予約権者が死亡した場は、当社はその新株予約権を無償にて取得することが
             できる。
         6.合併、吸収分割、新設分割、株式交換及び株式移転をする場合の新株予約権の取扱いに関する事項は次のと
           おりとする。
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
           割会社となる場合に限る。)、又は株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
           る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生
           日(吸収合併につき吸収合併の効力発生日、新設合併につき新設合併設立会社成立の日、吸収分割につき吸
                                 46/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
           収分割の効力発生日、新設分割につき新設分割設立会社成立の日、株式交換につき株式交換の効力発生日、
           及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。)の直前において残存する新株予約権(以
           下、  「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第                                              236
           条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「組織再編対象会社」という。)の新株予約権を
           交付することとする。ただし、以下の条件に沿って組織再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合
           併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めること
           を条件とする。
           (1)  交付する組織再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           (2)  新株予約権の目的である組織再編対象会社の株式の種類
             組織再編対象会社の普通株式とする。
           (3)  新株予約権の目的である組織再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記2.に準じて決定する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             i   交付される1個当たりの新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後払込金額に上
              記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である組織再編対象会社の株式の数を乗じて得られ
              る金額とする。
             ii  組織再編後払込金額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記3.で定められる行使価額を調
              整して得られる額とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記4.に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、組織再編対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
           (8)  新株予約権の取得条項
             上記5.に準じて決定する。
           (9)  その他の新株予約権の行使の条件は、次の事項に準じて決定する。
             ⅰ   新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役、監査役又は従業員のいず
               れかの地位にあることを要するものとする。ただし、任期満了による退任、定年退職、会社都合に
               よる退任・退職、業務上の疾病に起因する退職、及び転籍その他正当な理由があると甲の取締役会
               が認めた場合に限り権利行使をなしうるものとする。
             ⅱ   新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続を認めないものとする。
                                 47/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2018年6月26日
                    320,000      2,318,000          574       953       574       893
     (注)1
     2018年7月25日
                    48,000      2,366,000           86      1,039         86       979
     (注)2
     2018年4月1日~
     2019年3月31日               74,000      2,440,000           12      1,052         12       992
     (注)3
     2019年1月1日
                   9,760,000       12,200,000           -      1,052         -       992
     (注)4
     2019年4月1日~
     2020年3月31日               150,000      12,350,000           12      1,064         12      1,004
     (注)3
     2020年4月1日~
     2021年3月31日               30,000     12,380,000            2     1,067         2     1,007
     (注)3
     2021年4月1日~
     2022年3月31日               30,500     12,410,500           17      1,084         17      1,024
     (注)3
     2022年4月1日~
     2023年3月31日               30,300     12,440,800           24      1,109         24      1,049
     (注)3
     (注)1.2018年6月26日を払込期日とする有償一般募集による増資により、普通株式320,000株(発行価格3,900円、
           引受価額3,588円、資本組入額1,794円)が発行され、資本金及び資本準備金はそれぞれ574百万円増加して
           おります。
         2.2018年7月25日を払込期日とする有償第三者割当による増資(オーバーアロットメントによる売出しに関連
           した第三者割当増資)により、割当先のみずほ証券株式会社に対し、普通株式48,000株(割当価格3,588
           円、資本組入額1,794円)が発行され、資本金及び資本準備金はそれぞれ86百万円増加しております。
         3.新株予約権(ストックオプション)の権利行使による増加であります。
         4.株式分割(1:5)によるものであります。
         5.2023年4月1日から2023年5月31日までの間に、新株予約権の行使はありません。
                                 48/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                  2023年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
                                                        株式の
        区分      政府及び                       外国法人等
                                                        状況
                        金融商品     その他の                個人
              地方公共     金融機関                                計
                        取引業者      法人               その他          (株)
               団体                   個人以外      個人
                      10     26     22     43     12    2,688     2,801
     株主数(人)            -                                       -
     所有株式数(単
                    19,929      5,641     3,819     1,709      548    92,695     124,341      6,700
                 -
     元)
     所有株式数の割合
                     16.03      4.54     3.07     1.37     0.44     74.55
                 -                                  100.00      -
     (%)
     (注) 自己株式395株は、「個人その他」に3単元、「単元未満株式の状況」に95株含まれております。
      (6)【大株主の状況】

                                                  2023年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
           氏名又は名称                    住所                     総数に対する
                                            (株)
                                                    所有株式数の
                                                     割合(%)
                                             4,955,000           39.83
     宮下 幸治                  フィリピン パシッグ市
     株式会社日本カストディ銀行(信託
                                              993,900           7.99
                       東京都中央区晴海1丁目8番12号
     口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                                              679,200           5.46
                       東京都港区浜松町2丁目11番3号
     社(信託口)
                                              373,000           3.00
     丸本 桂三                  東京都文京区
                                              350,000           2.81
     丸谷 和徳                  東京都目黒区
                                              341,300           2.74
     株式会社SBI証券                  東京都港区六本木1丁目6番1号
                                              244,200           1.96
     佐々木 嶺一                  東京都品川区
     日本テクノロジーベンチャーパート
                                              225,000           1.81
     ナーズi-S2号投資事業有限責任組                  東京都世田谷区等々力4丁目1番1号
     合 無限責任組合員 村口 和孝
                       東京都文京区本郷3丁目34番3号 本
                                              204,100           1.64
     株式会社ストレッチ
                       郷第1ビル5F
     三井住友信託銀行株式会社(信託口 
                                              200,000           1.61
                       東京都千代田区丸の内1丁目4番1号
     甲12号)
                                             8,565,700           68.85
             計                  -
     (注)1.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
           株式会社日本カストディ銀行(信託口)           976,800株
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)      251,100株
         2.三井住友信託銀行株式会社(信託口 甲12号)200,000株は、宮下幸治氏が委託した信託財産であり、信託
           契約上、議決権の行使については同氏が指図権を留保しております。
                                 49/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         3.2021年10月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、レオス・キャピタ
           ルワークス株式会社及びその共同保有者である株式会社SBI証券が2021年10月15日現在で以下の株式を所
           有している旨が記載されているものの、当社として2023年3月31日現在における実質所有株式数の確認がで
           きませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                          保有株券等の数         株券等の保有割合
           氏名及び名称                    住所
                                            (株)         (%)
     レオス・キャピタルワークス株式会社                  東京都千代田区丸の内1丁目11番1号                       402,200           3.25

     株式会社SBI証券                  東京都港区六本木1丁目6番1号                       191,200           1.54

             計                  -               593,400           4.79

         4.2023年3月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、りそなアセットマ
           ネジメント株式会社が2023年3月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社と
           して2023年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めてお
           りません。
           なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                          保有株券等の数         株券等の保有割合
           氏名及び名称                    住所
                                            (株)         (%)
     りそなアセットマネジメント株式会社                  東京都江東区木場1丁目5番65号                      951,900株            7.65

      (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2023年3月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -        -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -        -             -

     議決権制限株式(その他)                           -        -             -

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  -             -
                               300
                    普通株式
                                               単元株式数は100株であり
                           12,433,800               124,338
     完全議決権株式(その他)               普通株式
                                               ます。
                              6,700
     単元未満株式                                  -             -
                           12,440,800
     発行済株式総数                                  -             -
                                          124,338
     総株主の議決権                           -                     -
     (注) 「単元未満株式」欄には、自己株式95株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2023年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                 自己名義       他人名義       所有株式数
                                                     総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                      所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都中央区築地4丁目1
                                    300              300       0.00
                                            -
     株式会社アイ・ピー・エス             番1号
                                    300              300       0.00
           計             -                    -
                                 50/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】   普通株式
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(株)            価額の総額(百万円)
     当事業年度における取得自己株式                                       -              -

     当期間における取得自己株式                                       -              -

     (注) 当期間における取得自己株式には、2023年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
          よる株式数は含まれておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                     (百万円)                (百万円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -        -        -

     消却の処分を行った取得自己株式                             -        -        -        -

     合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移
                                  -        -        -        -
     転を行った取得自己株式
     その他( - )                             -        -        -        -
     保有自己株式                            395      -           395      -

     (注) 当期間における保有自己株式数には、2023年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
          による株式数は含まれておりません。
     3【配当政策】

       当社は、株主への還元につきましては、将来の事業展開と財務体質の強化のために必要な内部留保の確保を図りな
      がら、達成した業績を反映した適切な配当を、継続して実施していくことを基本方針といたします。
       当社は現在成長過程にあり、経営基盤の長期安定に向けた財務体質の強化及び事業の継続的な拡大発展を目指すた
      め、内部留保の充実が重要であると考え、会社設立以来配当は実施しておりませんでした。しかしながら、株主利益
      の最大化を重要な経営目標の一つとして認識しており、株主への利益配当につきましては、業績の推移・財務状況、
      今後の事業・投資計画等を総合的に勘案し、内部留保とのバランスをとりながら適切な配当の実施を検討していく方
      針です。
       当事業年度の剰余金の配当につきましては、利益成長等を勘案し、中間配当を1株につき17.5円、期末配当を1株
      につき17.5円、合計35円としております。この結果、当事業年度の配当性向(連結)は19.0%となります。
       内部留保については、今後の成長に資する設備投資や経営基盤の強化等に有効活用してまいります。
       当社が剰余金の配当を行う場合は、年1回の期末配当を基本方針としておりましたが、当期の事業年度から中間配
      当を実施し、期末配当と合わせ、年2回の配当を実施する方針に変更いたしております。
       なお、当社は、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。配当の決定機関は、中間配当については
      取締役会、期末配当については株主総会であります。
      (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                             配当金の総額                 1株当たり配当金
           決議年月日
                              (百万円)                   (円)
          2022年11月11日
                                       217                  17.5
            取締役会
          2023年6月27日
                                       217                  17.5
          定時株主総会決議
                                 51/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方
          当社は、中長期的に企業価値を向上させ、株主利益の最大化を目指した経営を推進するためには、コーポレー
         ト・ガバナンスが重要課題であると認識しております。迅速かつ果断な意思決定を行うとともに、経営の透明性
         を高め、経営の監視機能の強化を図るため、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでおります。
        ② 企業統治体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、監査役会制度を採用しており、当社のコーポレート・ガバナンス体制を図示すると以下のとおりであ
         ります。
          当社は、企業統治のため、以下の組織を構築しております。







         a)取締役、取締役会
           当社の取締役会は、全社的な事業戦略及び業務執行を統括し、議長を務める代表取締役 宮下幸治、専務取
          締役 上森雅子、取締役 中原茂樹、川渕正光及び社外取締役 村口和孝、雪丸暁子の6名で構成しておりま
          す。
           当社の取締役会は、毎月1回定期的に開催するほか、必要に応じて随時開催しており、経営の基本方針や重
          要事項の決定及び取締役の業務執行の監督を行っております。また、取締役会には、すべての監査役が出席
          し、取締役の業務執行状況を監視できる体制となっております。
           当期は、臨時取締役会を含め17回開催し、すべての取締役および監査役が出席しております。取締役会にお
          いては、事業計画・予算の承認、当社および子会社の事業の進捗状況の監督、重要プロジェクトの進捗管理、
          資金調達の決定等を行っております。
         b)監査役、監査役会

           当社の監査役会は、当社の事業や企業経営に精通し、議長を務める常勤監査役社外監査役の稲垣耕一、社外
          監査役の西村誉弘、岡﨑友子の3名で構成しております。社外監査役のうち2名は会計又は法律の専門分野に
          精通しております。
           当社の監査役会は、毎月1回定期的に開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。監査
          役会では、監査計画に基づく監査実施状況を確認、内部監査室からの報告及び意見交換、事業の進捗及び取締
          役の業務執行等の監査を行うとともに、監査役間の緊密な連携と情報交換を行っております。また、各監査役
          は取締役会に出席し、必要な意見表明及び取締役の業務執行の監督にあたっております。さらに、会計監査人
          との間で意見・情報交換を行うとともに、連携して会社財産の状況や職務の執行状況等を監査し、経営の健全
          性の確保を図っております。
                                 52/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         c)内部監査室
           当社は、社長の直轄部署として内部監査室を設置しており、人員は内部監査室長 苅谷政美及び室員1名で
          す。内部監査室は、当社グループ全体の業務執行状況を監査し、結果について社長に報告するとともに、改善
          指摘事項を周知し、そのフォローアップを行っております。また、取締役会及び監査役会に出席し、内部監査
          の進捗状況などを適宜報告しております。さらに、監査役や会計監査人との意見・情報交換等を通じて、内部
          監査業務の強化を図っております。
         d)指名・報酬委員会

           当社は、取締役の指名・報酬等に関する手続きの公正性・透明性・客観性を強化し、コーポレート・ガバナ
          ンスの更なる充実を図るため、任意の「指名・報酬委員会」を設置しております。指名・報酬委員会は、委員
          の過半数が独立社外取締役で構成され、委員長は独立社外取締役となっており、取締役会の諮問機関として、
          主に取締役等の選任及び解任に関する事項、取締役等の報酬に関する事項、その他取締役会が諮問した事項に
          ついて審議し、答申を行っております。
           当期は2回開催し、委員全員が出席し、取締役の選任およびその報酬等に関する諮問事項について審議して
          おります。
           当社は、監査役による監査により、コーポレート・ガバナンスの実効性の確保を図ることが最適であると判

          断し、監査役会制度を採用しております。また、複数の社外取締役及び社外監査役を任用することにより、業
          務執行役員等への監視、監督の強化を図り、透明性の高いガバナンス体制の構築を図っております。
        ③ 企業統治に関するその他の事項

          当社の内部統制システムは、取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他
         株式会社の業務並びに当該株式会社及びその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するために必要なもの
         として法務省令で定める体制(内部統制システム)の整備に関して、「内部統制システムの整備に関する基本方
         針」及び2015年5月における改正会社法の施行以降、必要事項を基本方針に追加修正する決議を行っており、最
         終決議は2021年3月30日です。
          当社は、その方針に従い、以下のように体制を整備しております。
         a)取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          ・取締役及び使用人の職務の執行が、法令及び定款に適合することを確保するため、コンプライアンス研修を
           実施し、法令及び社内規程を遵守するよう徹底を図っております。
          ・取締役会規程を始めとする社内規程を整備し、各規程に基づいた活動となるように体制を構築しておりま
           す。
          ・当社において不正行為等があった場合に、役職員や取引先等が直接情報提供を行う手段として「内部通報窓
           口」を設置し、当社の役職員に周知し、適切な運営を行います。
          ・役職員の職務執行の適切性を確保するため、執行部門から独立した内部監査部門による、当社及び子会社全
           体の監査を実施し、代表取締役に内部監査の状況について、報告します。
          ・市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力には、毅然とした態度を貫き、一切の関係を遮断しま
           す。
         b)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

          ・取締役会、経営会議その他重要な会議の意思決定に係る情報を保存及び管理し、必要な関係者が閲覧できる
           体制を整備します。
          ・取締役会議事録、その他重要な書類等の取締役の職務執行に係る情報の取扱は、情報管理・秘密保持規程等
           の社内規程に基づき、文書又は電磁的媒体に記録し、適切に保存及び管理しています。
         c)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          ・当社及び子会社のリスク管理に関する基本的な事項を定め、その徹底を図ります。
          ・企業活動に伴う損失の危険の管理は、原則として所管部署が行い、重要事項については取締役会に報告する
           体制になっております。
         d)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          ・取締役会等での決定に基づく職務執行については、職務権限規程、業務分掌規程等に基づき、効率的かつ適
           正に職務執行が行われる体制の維持・向上を図ります。
          ・組織のスリム化、簡素化、ITの適切な活用を通じて業務の効率化を推進します。
         e)当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

                                 53/122

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          ・子会社の経営に係わる重要事項は、職務の有効性と効率性の観点から、当社の取締役会において決定しま
           す。
          ・当社の関係会社への指導と支援を円滑に遂行して適切に管理することにより、当社グループの安定成長、経
           営の効率化及び内部統制に資することを目的に、関係会社管理規程を定めています。
          ・当社は子会社に対し、営業成績、財務状況その他一定の経営上の重要事項について定期的に当社に報告する
           ことを義務付け、子会社の独自性を尊重しつつ、経営方針・会社間の緊密な連携等に関する協議を実施しま
           す。
          ・子会社と緊密な連携を確保し、経営ノウハウや情報その他の資源の有効活用を促進して、業務遂行の効率化
           を図ります。
          ・モニタリングや必要に応じて子会社の監査実施により、内部管理体制の適切性や有効性を検証します。
         f)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

          ・取締役は、監査役の求めにより、監査役の職務を補助する専任の使用人として適切な人材の配置を行いま
           す。
          ・内部監査部門の使用人に対して、監査役がその職務を補助することを求めた場合、取締役は当該使用人に対
           して、これを命じるものとします。
          ・監査役の職務を補助することを命じられた使用人は監査役の指示に従い、監査役の監査に必要な調査をする
           権限を有します。
         g)前号の使用人の取締役からの独立性及び当該使用人に対する指示の実効性の確保

          ① 監査役を補助する使用人については、その適切な業務を遂行する為、人事考課、人事異動に関して事前に
            監査役の意見を尊重して、同意を得るものとします。
          ② 監査役を補助する使用人は、監査役の指揮命令に従うものとし、当社はその旨を取締役及び使用人に周知
            徹底します。
         h)取締役及び使用人が監査役に報告する体制

          ① 当社の取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人は、経営及び事業運営上の重要事項並
            びに業務執行の状況及び結果について、監査役に報告するものとします。
          ② 当社の取締役及び使用人並びに関係会社の取締役、監査役及び使用人(以下「当社グループ職員」)は、
            業績見込みに影響を与えるような損失やコンプライアンス違反の発生のおそれがあると認識した場合に
            は、直ちに監査役に報告します。
          ③ 当社グループ役職員は、監査役から業務執行に関する報告を求められた場合には、誠実かつ速やかに当該
            事項について報告します。
         i)監査役に報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

          ・監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用
           又は債務の処理に係る方針を整備しております。
         j)監査役の職務執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続きその他の当該職務の執行について生ずる費

           用又は償還の処理に係る方針に関する事項
          ・監査役がその職務の執行について当社に対して会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求をしたときは
           担当部署において審議の上、当該請求に係る費用又は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認めら
           れた場合を除き、速やかにこれに応じるものとします。
                                 54/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         j)その他監査役の監査が実効的に行われる体制
          ・代表取締役と監査役は、相互に意思疎通を図るため、適宜会合をもち、意見交換をします。
          ・取締役は、監査役の職務の遂行のため、監査役と社外取締役、監査役と子会社等の取締役等との意思疎通、
           情報の収集・交換が適切に行えるよう協力します。
          ・取締役は、監査役が重要な業務執行に係わる会議体に出席できる体制を整備します。
          ・内部監査部門は、監査役に当社及び子会社の内部監査の実施状況について、適時報告を行うとともに、意
           見・情報交換を行う等の連携体制を構築し、監査の実効性を図ります。
          当社のリスク管理体制は、リスク管理規程に基づき、事業を取り巻く経営上のリスクに対して的確な管理並び

         に実践が可能となるようにすることを目的として整備・運用しております。万が一危機が発生した場合につきま
         しては、緊急時対策本部を設置し、損失を最小化して速やかに復旧するための体制を整備しております。また、
         各部門・子会社におけるサステナビリティ関係のリスクについては、サステナビリティ委員会にて共有し、対策
         等を検討することとしております。
          また、コンプライアンス管理規程を制定し、役員及び社員が法令、定款及び社会規範を遵守した行動を実践す
         る体制を整備・運用しております。法的リスクにつきましては、顧問弁護士に適時助言を受けることができる体
         制を整えております。
          また、当社の子会社の業務の適正を確保するため、関係会社管理規程を制定し、業務執行にかかわる重要な事
         項の報告を義務付ける等の指導・監督を行っております。また、子会社から毎月の業況を当社取締役会に報告さ
         せ、計画の進捗管理を行うとともに、リスク管理規程に基づき子会社の損失のリスク管理を行っております。
          また、当社は子会社に対し、監査役並びに内部監査室による業務監査を行っております。
          なお、子会社の人事、総務、経理等の管理業務については、当社の管理部及び経理部等の担当部署が指導・育
         成に努めております。
          当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役との間で、会社法第427条第1項の規定に

         より、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償額の
         限度額は、法令の定める額としております。当該責任限定契約が認められるのは、当該取締役及び監査役が責任
         の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。
          当社は、会社法第430条の3に規定する役員等賠償責任保険を保険会社との間で締結し、当該保険により被保
         険者が負担することになる法律上の損害賠償金及び争訟費用等の損害を補填することとしております。当該役員
         等賠償責任保険の被保険者は、当社取締役及び監査役です。
          当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。
          当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定めております。
          当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、
         議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上
         をもって行う旨定款に定めております。
          当社は、株主への機動的な利益還元を可能にするため、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日とし
         て中間配当ができる旨を定款に定めております。
          当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規
         定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含
         む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定め
         ております。
                                 55/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員の状況
          男性    6 名 女性      3 名 (役員のうち女性の比率             33.3  %)
                                                       所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴             任期
                                                        (株)
                            1985年5月      株式会社リクルート入社
                            1991年10月      当社代表取締役(現任)
                            2003年4月      Pilipinas    International      Marketing
                                  Services,Inc.(現 KEYSQUARE,INC.)
                                  President
                            2010年3月      同社Director
                            2016年6月      Shinagawa    Lasik   & Aesthetics     Center
                                  Corporation     Director(現任)
       代表取締役         宮下幸治      1965年2月3日                             (注)3     4,955,000
                            2016年10月      InfiniVAN,     Inc.  Director(現任)
                            2020年7月      IPS  Telecommunication        Singapore    Pte.
                                  Ltd.(現 ISMO      Pte.  Ltd.)   Director
                                  and  Chief   Executive    officer
                            2022年6月      Carrier   Domain,   Inc.  Director(現
                                  任)
                            2022年6月      Shinagawa    Healthcare     Solutions
                                  Corporation     Director(現任)
                            1990年4月      株式会社N.P.S入社
                            1994年6月      当社入社    営業推進部課長
                            1998年1月      I.P.S.   USA  Inc.出向    General   Manager
                            2001年9月      当社営業推進部部長
                            2007年9月      当社取締役
                            2010年2月      Shinagawa    Lasik   & Aesthetics     Center
                                  Corporation     President
                                  (現任)
                            2010年3月      Pilipinas    International      Marketing
       専務取締役
                                  Services,Inc.(現KEYSQUARE,INC.)
     メディカル&ヘルスケ           上森雅子      1969年7月4日                             (注)3      195,000
                                  President
       ア事業本部長
                            2017年3月
                                  KEYSQUARE,INC.      Director
                            2018年4月
                                  InfiniVAN,     Inc.  Director
                            2018年6月
                                  当社専務取締役(現任)
                            2021年1月
                                  KEYSQUARE,     Inc.  President
                            2022年6月      Shinagawa    Healthcare     Solutions
                                  Corporation     President(現任)
                            2022年7月      当社メディカル&ヘルスケア事業本部長
                                  (現任)
                            1983年4月      三井物産株式会社入社
                            2014年9月      同社九州化学品統括
                            2016年5月      日曹ビーエーエスエフ・アグロ株式会
                                  社 取締役
                            2019年11月      三井物産株式会社
                            2020年3月      当社管理本部長代理
                            2020年5月      当社管理部長
                            2020年6月
                                  当社取締役(現任)
                                  当社管理本部副本部長
        取締役
                中原茂樹      1959年11月9日                             (注)3        -
                            2021年2月      当社管理本部長(現任)
      通信事業本部長
                            2022年4月      当社事業推進本部副本部長
                                  KEYSQUARE,     Inc.  President(現任)
                                  InfiniVAN,     Inc.  Director(現任)
                            2022年6月      Carrier   Domain,   Inc.  Director(現
                                  任)
                                  ISMO  Pte.  Ltd.  Director    and  Chief
                                  Executive    officer(現任)
                            2022年7月      当社通信事業本部長(現任)
                                 56/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数

        役職名         氏名      生年月日               略歴             任期
                                                        (株)
                            1996年4月      太田昭和監査法人(現 EY新日本有限責
                                  任監査法人)入所
                            2001年11月      三菱商事株式会社入社
                            2006年8月      モルガン・スタンレー証券株式会社
                                  (現 三菱UFJモルガン・スタンレー
                                  証券株式会社)入社
                            2013年1月      三菱UFJモルガン・スタンレー証券株
        取締役
                川渕正光      1972年11月22日                             (注)3        -
                                  式会社   エグゼクティブディレクター
      経営企画本部長
                            2016年8月      コニカミノルタ株式会社          経営企画部所
                                  属(M&Aグループ リーダー)
                            2022年2月
                                  当社経営企画本部長(現任)
                            2022年6月      当社取締役(現任)
                            2022年7月      株式会社アイ・ピー・エス・プロ             取締
                                  役(現任)
                            1984年4月      日本合同ファイナンス株式会社(現 株
                                  式会社ジャフコ)入社
                            1998年7月      株式会社日本テクノロジーベンチャー
                                  パートナーズ設立       代表取締役(現任)
                            2007年3月      株式会社ウォーターダイレクト(現 株
                                  式会社プレミアムウォーターホールディ
                                  ングス)    取締役(現任)
                            2012年6月      ぷらっとホーム株式会社          社外取締役
                            2015年6月
                                  当社監査役(2017年10月退任)
                            2017年6月      株式会社デンタス       社外取締役(現任)
        取締役        村口和孝      1958年11月20日                             (注)3       2,000
                            2017年11月      株式会社ブロードバンドタワー            社外取
                                  締役
                            2018年11月      JESCOホールディングス株式会社             社外取
                                  締役(現任)
                            2019年1月      株式会社ブロードバンドタワー            取締役
                                  (現任)
                            2019年3月      株式会社パルテック        社外取締役(現
                                  任)
                            2021年6月      株式会社ラック      社外取締役(現任)
                                  当社取締役(現任)
                            2000年4月      司法研修所入所(54期)
                            2001年10月      東京地方裁判所 裁判官
                            2004年7月      最高裁判所在外研究員として、ジョージ
                                  タウンロースクールに1年間派遣
                            2008年2月      裁判官退官
                                  弁護士登録
        取締役        雪丸暁子      1977年1月7日
                                                  (注)3        -
                                  吉岡・辻総合法律事務所
                            2019年4月
                                  横浜綜合法律事務所(現任)
                            2021年6月
                                  当社取締役(現任)
                            2022年8月      佐鳥電機株式会社       社外取締役     監査等委
                                  員(現任)
                            1980年4月      株式会社住友銀行(現株式会社三井住友
                                  銀行)入行
                            2003年4月      同社  千住法人営業部法人営業部長
                            2005年4月      株式会社東京スター銀行          営業本部長
                            2008年7月      株式会社マッコーニホールディングス
                                  代表取締役副社長
        監査役
                稲垣耕一      1956年9月25日                             (注)4        -
                            2017年4月      HITOWAホールディングス株式会社             常勤
       (常勤)
                                  監査役
                            2018年9月      株式会社FCE     Holdings    常勤監査役
                            2020年6月
                                  当社常勤監査役(現任)
                            2022年7月      株式会社アイ・ピー・エス・プロ             監査
                                  役
                                 57/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴             任期
                                                        (株)
                            1995年4月      碧海信用金庫入社
                            2005年12月      監査法人トーマツ(現有限責任監査法人
                                  トーマツ)東京事務所入所
                            2008年5月      公認会計士登録
                            2013年10月      西村誉弘公認会計士事務所(現リーダー
                                  ズサポート公認会計士事務所)開設              代
                                  表(現任)
                            2013年12月      税理士登録
        監査役        西村誉弘      1972年4月10日                             (注)5        -
                            2014年4月      税理士法人エムエーパートナーズ(現
                                  リーダーズサポート税理士法人) 社員
                            2015年4月      リーダーズサポート税理士法人 代表社
                                  員(現任)
                            2015年10月      株式会社フルブリッジ 監査役(現任)
                            2015年10月      岐阜製版株式会社 監査役(現任)
                            2017年6月      当社監査役(現任)
                            2017年7月      プリントネット株式会社 社外取締役
                            2007年12月      弁護士登録
                                  外国法共同事務法律事務所リンクレー
                                  ターズ
                            2013年9月      Gatmaytan    Yap  Patacsil    Gutierrez    &
        監査役        岡﨑友子      1981年8月6日                             (注)5        -
                                  Protacio(C&G      Law)
                            2017年6月      T&K法律事務所(現任)
                            2021年6月
                                  当社監査役(現任)
                             計                          5,152,000
     (注)1.取締役村口和孝及び雪丸暁子の両氏は、社外取締役であります。
         2.監査役稲垣耕一、西村誉弘及び岡﨑友子の3氏は、社外監査役であります。
         3.取締役の任期は、2023年6月27日開催の第32回定時株主総会の終結の時から選任後1年以内に終了する事業
           年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
         4.監査役の任期は、2020年6月26日開催の第29回定時株主総会の終結の時から選任後4年以内に終了する事業
           年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
         5.監査役の任期は、2021年6月24日開催の第30回定時株主総会の終結の時から選任後4年以内に終了する事業
           年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        ② 社外役員の状況

          本報告書提出日現在において、当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名です。
          社外取締役村口和孝は、ベンチャーキャピタル最大手の株式会社ジャフコ出身で独立系ベンチャーキャピタル
         の株式会社日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表取締役で、数多くの企業の株式上場に関わる等豊富な
         経験と知識を有していることから、その経験及び知識を当社の経営に活かしていただくため、社外取締役として
         選任しており、その知見を活かし、当社の事業運営全般において適切な提言をいただくことを期待しておりま
         す。また、同氏は、当社の株式2,000株を保有しており、同氏が無限責任組合員である組合が当社の株式601,000
         株、4.83%(発行済株式(自己株式を除く)の総数に対する保有株式の割合)を保有しております。当社と同氏
         との関係はそれ以外に人的関係、資本的関係又は重要な取引関係その他の利害関係はありませんので、一般株主
         との利益相反のおそれがないことから、独立役員として東京証券取引所に届けております。
          社外取締役雪丸暁子は、長年裁判官及び弁護士として培ってきた豊富な経験や法律知識を有していることか
         ら、その経験や知識を活かしていただくため、社外取締役として選任しており、その知見を活かし、当社の経営
         全般において法律家としての適切な提言をいただくことを期待しております。また、同氏及びその兼務先と当社
         との間に重要な利害関係はなく、一般株主との利益相反のおそれがないことから、独立役員として東京証券取引
         所に届けております。
          社外監査役稲垣耕一は、金融機関における長年の職務経験があり、国際ビジネスにも経験と知識を有し、経営
         者としての豊富な経験に加えて、監査業務に知見を有していること等が、当社の監査体制に活かしていただける
         ものと考え、社外監査役として選任しております。また、同氏及びその兼務先と当社との間に重要な利害関係は
         なく、一般株主との利益相反のおそれがないことから、独立役員として東京証券取引所に届けております。
                                 58/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          社外監査役西村誉弘は、公認会計士及び税理士としての専門的知識と豊富な実績を有しており、当社の監査体
         制に活かしていただけるものと考え、社外監査役として選任しております。同氏及びその兼務先と当社との間に
         重要な利害関係はなく、一般株主との利益相反のおそれがないことから、独立役員として東京証券取引所に届け
         ております。
          社外監査役岡﨑友子は、弁護士としての専門的知識をもって当社の監査体制に活かしていただけるものと考
         え、社外監査役として選任しております。同氏及びその兼務先と当社との間に重要な利害関係はなく、一般株主
         との利益相反のおそれがないことから、独立役員として東京証券取引所に届けております。
          当社は、社外役員の独立性に関する基準又は方針を定めておりませんが、専門的な知見に基づく客観的かつ適
         切な監督又は監査といった機能や役割が期待され、一般株主と利益相反が生じるおそれはないものと判断し、選
         任しております。また、株式会社東京証券取引所に届けている独立役員の選定については、株式会社東京証券取
         引所が定める独立性基準に基づいて行っております。
          なお、当社は社外取締役及び社外監査役を選任することで、経営への監督機能を強化しております。その経
         験・知識等を活用した、独立性を有する社外取締役及び社外監査役による独立・公正な立場からの、取締役の職
         務執行に対する監視機能が十分に期待できることから、現状の体制としております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
          社外取締役及び社外監査役は、取締役会を通じて必要な情報の収集及び意見の表明を行うとともに、内部監査
         室から適宜取締役会にて内部監査の進捗状況等の報告を受けております。さらに、社外監査役は、監査役会にて
         内部監査の進捗状況等の報告を受けております。また、社外取締役及び社外監査役は、適時内部監査室及び会計
         監査人と意見・情報交換を行う等の相互連携を行うことによって、監視・牽制の有効性と効率性を高めておりま
         す。
                                 59/122













                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
          当社は監査役会制度を採用しており、監査役3名(うち社外監査役は3名)で構成しております。社外監査役
         のうち1名は、公認会計士・税理士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。監
         査役は、取締役会に出席し、議事運営、決議内容等を監査し、必要により意見表明を行っています。また、重要
         な海外子会社に訪問し、事業状況の監査を実施しております。常勤監査役は、経営会議、経営戦略会議等重要な
         会議に出席し、重要な決裁書類等を閲覧し、主要な部門の監査、情報収集、意見交換等の業務監査を実施するこ
         とで、取締役の業務の執行状況を監視しております。また、各部門での帳票の確認や聞き取り等を通じて、取締
         役の業務の執行状況を監視しております。
          監査役会の開催頻度及び各監査役の出席状況

           当事業年度は12回開催し各監査役の出席率は100%でした。(各監査役の出席状況は、稲垣耕一氏は12回/
          12回、西村誉弘氏は12回/12回、岡﨑友子氏は12回/12回。)
          当事業年度における監査役会の具体的な協議事項および報告事項は次のとおりです。

                監査方針及び監査計画(監査業務の分担、監査年間スケジュールを含む)の策定、監査報告書
        協議事項        の作成、常勤監査役の選定、監査役の報酬、会計監査人の監査の相当性に関する意見形成、会
                計監査人の監査報酬に関する同意等
                代表取締役その他経営幹部との意見交換の内容、各部門への業務監査の内容、国内事業所、海
        報告事項        外子会社への往査の内容、経営戦略会議の内容、取締役会付議事項及び報告事項の事前説明、
                会計監査人との意見交換の内容、その他取締役の職務執行に関する重要事項等
          当事業年度における監査役会の会計監査人と内部監査部門との相互連携の具体的な内容は次のとおりです。

                ⅰ.会計監査人から四半期決算毎の監査結果に関する報告聴取、意見交換(KAMの選定に関する
       会計監査人           意見交換を含む)
                ⅱ.四半期毎の常勤監査役との意見交換(内容は監査役会にて報告)
                ⅰ.内部監査部門から監査役会にて監査状況に関する報告聴取、意見交換
       内部監査部門
                ⅱ.常勤監査役との随時の意見交換
        ② 内部監査の状況

          当社は、業務の効率性改善及び不正取引の発生を防止するために、内部監査室が、各部門・連結子会社と連携
         して必要な内部監査を継続的に実施しております。各年度に策定する内部監査計画に従い、業務処理フローの合
         理性や効率性、社内規程の遵守状況等を評価・検討するとともに、必要に応じて海外子会社を直接訪問し、内部
         監査を実施したうえで、内部監査報告書を作成し、社長に報告します。社長指示による改善指摘事項がある場合
         は、内部監査室を通じて迅速な改善対応を行うとともに、フォローアップ監査を行い、企業経営の効率性及び透
         明性の維持に努めております。また、内部監査室は、取締役会において定期的に内部監査の進捗状況等を報告し
         ております。さらに、内部監査室は、監査役会において原則毎月の内部監査の進捗状況の報告と意見交換を行う
         とともに、必要に応じて監査法人と意見交換を行い、内部統制体制の充実を図っております。
        ③ 会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           太陽有限責任監査法人
         b.継続監査期間

           8年間
         c.業務を執行した公認会計士

           桐川 聡
           山田 大介
         d.監査業務における補助者の構成

           当社の監査業務に係る補助者は、公認会計士5名、その他13名です。
                                 60/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         e.監査法人の選定方針と理由
           当社は、監査法人の能力・品質管理体制・独立性・監査報酬等を総合的に判断して選定しております。その
          結果、監査役会は太陽有限責任監査法人を再任しております。
          (会計監査人の解任又は不再任の決定の方針)
           会計監査人が会社法第340条第1項各号いずれかに該当すると認められる場合、監査役全員の同意に基づき
          会計監査人を解任します。
           また、上記の場合のほか、会計監査人の適格性、独立性及び専門性を害する事由の発生により、適正な監査
          の遂行が困難であると認められる場合その他監査役会が解任又は不再任が相当と認める事由が発生した場合、
          監査役会は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任の議案内容を決定します。
         f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っており、品質管理、独立性を保持した管理体
          制、監査報酬、監査役とのコミュニケーション、不正リスクへの対応等を評価し、適正に行われていることを
          確認しております。
        ④ 監査報酬の内容等

         a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
                        29                       32
     提出会社                               -                       -
                                               2
     連結子会社                   -           -                       -
                        29                       34
         計                           -                       -
         (注)本表の金額以外に、前事業年度に係る監査証明業務に基づく報酬の追加報酬として前事業年度中に支出し
            た額が3百万円あります。
         b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(グラントソントンインターナショナル)に対する報酬(a.を除

          く)
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
     提出会社                   -           -           -           -

                         5                       5
     連結子会社                               -                       -
                         5                       5
         計                           -                       -
         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         (前連結会計年度)
           当社の連結子会社であるISMO               Pte.Ltd.は、BDO        LLPに対して、前連結会計年度において、監査証明業務に基
          づく報酬2百万円を支払っております。
         (当連結会計年度)

           当社の連結子会社であるISMO               Pte.Ltd.は、BDO        LLPに対して、当連結会計年度において、監査証明業務に基
          づく報酬3百万円を支払っております。
         d.監査報酬の決定方針

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査公認会計士等から提示された監査計画及び監
          査報酬見積資料に基づき、監査公認会計士等との協議により決定しております。なお、監査公認会計士等の独
          立性を担保する観点から、監査報酬の額の決定に関しては監査役会の同意を得ております。
                                 61/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         f.監査役会が会計監査人の報酬に同意した理由
           取締役会が提案した会計監査人に対する報酬に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をし
          た理由は、会計監査人の報酬について算出根拠の説明を受け、また会計監査人から監査計画の説明を受けて検
          討した結果、当社の会計監査を実施するうえで妥当なものであると判断したためです。
      (4)【役員の報酬等】

        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めており、2021年3月19日開催の取締役
         会において、取締役の役割、職責等に相応しい水準となる報酬体系を構築するため、取締役の個人別の報酬等の
         内容に係る決定方針を決議しております。また、指名・報酬委員会の設置に伴い、2022年3月18日開催の取締役
         会にて一部改訂し、2023年5月26日開催の取締役会において役員退職慰労金制度を廃止し、2023年6月27日開催
         の第32回定時株主総会において役員退職慰労金の打ち切り支給を決議し、同日開催の取締役会において一部改定
         しております。 その内容は、当社の取締役の個人別の報酬等の決定について、取締役の役割、職責等に相応し
         い水準とすることを方針とし、「基本報酬」としての金銭報酬を支払うこととしております。
          当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責、業務内容、在任年数に応じて他社水準、当社
         の業績、業績への貢献度、従業員給与の水準をも考慮しながら、短期業績に基づくインセンティブの機能を備え
         るよう総合的に勘案するとともに、指名・報酬委員会の意見を尊重して決定するものとしております。
          なお、当事業年度の取締役の報酬額に関する「取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針」の

         内容は、当社の取締役の個人別の報酬等の決定について、取締役の役割、職責等に相応しい水準とすることを方
         針とし、「基本報酬」と「役員退職慰労金」とで構成する金銭報酬を基本的枠組みとし、具体的には、業務執行
         取締役の報酬は、基本報酬及び退職慰労金を支払うこととし、監督機能を担う社外取締役については、その職務
         に鑑み、基本報酬のみを支払うこととすることを基本方針としております。
          当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責、在任年数に応じて他社水準、当社の業績、業
         績への貢献度、従業員給与の水準をも考慮しながら、短期業績に基づくインセンティブの機能を備えるよう総合
         的に勘案するとともに、指名・報酬委員会の意見を尊重して決定するものとしております。また、当社の取締役
         の退職慰労金は、長期的なインセンティブ付与を目的として毎年役員退職慰労金規程に定められた基準に基づき
         一定額の引当てを行い、退任時に金額等を決定するものとしております。
          各監査役の報酬額は、監査役の協議により、株主総会にて決議された監査役の報酬限度額の範囲内で、それぞ

         れの職務に応じて、決定されます。
          取締役の報酬限度額(退職慰労金を除く。)は、2005年6月24日開催の第14回定時株主総会において、年額

         180百万円(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。当該定時株主総会終結時点の取
         締役の員数は5名です。
          監査役の報酬限度額(退職慰労金を除く。)は、2005年6月24日開催の第14回定時株主総会において、年額60
         百万円と決議いただいております。当該定時株主総会終結時点の監査役の員数は1名です。
          なお、各取締役の報酬額は、取締役会の決議により、当社全体の業績を俯瞰しつつ各取締役の担当業務の評価

         を行うには代表取締役が最も適していると判断し、代表取締役社長                               宮下幸治に決定が一任されております。当
         事業年度に係る各取締役の個人別の基本報酬の額については、株主総会にて決議した報酬限度額の範囲内で、基
         本報酬の個人別の額の決定に関する方針に従い、指名・報酬委員会の答申を尊重して決定することが委任されて
         おります。また、退職慰労金の額については、株主総会決議及び取締役会決議に基づき、役員退職慰労金規程の
         基準に従い、相当額の範囲内で、その具体的な金額、贈呈の時期、支給の方法を決定することが委任されており
         ます。また、その取締役の個人別の報酬等の額については、指名・報酬委員会の答申及び取締役会決議に沿うも
         のであるか、取締役会にて確認しております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                    報酬等の総額                                対象となる役員
          役員区分
                    (百万円)                                の員数(名)
                             固定報酬       業績連動報酬         退職慰労金
     取締役
                         90        79                11         5
                                          -
     (社外取締役を除く)
     監査役
                         -        -        -        -        -
     (社外監査役を除く)
                         23        23                         5
     社外役員                                     -        -
     (注)1.上記対象となる役員の員数に、2022年6月28日開催の第31回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役
           1名を含んでおります。
         2.取締役の報酬等の額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
                                 62/122

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         3.退職慰労金の内容は、役員退職慰労引当金の当事業年度繰入額11百万円(取締役11百万円)であります。
         4.上記の報酬等の額のほか、2022年6月28日開催の第31回定時株主総会決議に基づき、退職慰労金を退任取締
           役1名に対し4百万円支給しております。この金額には、過年度の有価証券報告書において開示した役員退
           職慰労引当金の繰入額が含まれております。
        ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者はおりませんので、記載しておりません。
        ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

          該当事項はありません。
      (5)【株式の保有状況】

           当社は、投資株式を保有しておりません。
                                 63/122

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ

        いて作成しております。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年4月1日から2023年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責任
      監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するため、次のような取組みを行っております。具体的には、会計基準等
      の内容を適切に把握し変更等に的確に対応する事ができる体制を整備するため、社外の研修への参加や社内の勉強会
      を通じて適時適正な開示を実施できる体制の構築に努めております。
                                 64/122















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         5,778              6,881
        現金及び預金
                                       ※3  2,069             ※3  2,631
        売掛金
                                         3,340              3,203
        リース投資資産
                                          49              35
        商品
                                          62              144
        貯蔵品
                                          831             1,619
        その他
                                         △ 108             △ 245
        貸倒引当金
                                        12,023              14,270
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                          270              449
          建物及び構築物
                                         △ 192             △ 230
           減価償却累計額
                                          78              219
           建物及び構築物(純額)
                                         2,501              3,016
          機械装置及び運搬具
                                        △ 1,306             △ 1,623
           減価償却累計額
                                         1,195              1,393
           機械装置及び運搬具(純額)
          工具、器具及び備品                                193              238
                                         △ 136             △ 169
           減価償却累計額
                                          56              69
           工具、器具及び備品(純額)
                                                         78
          土地                                 -
          リース資産                                159               47
                                         △ 144              △ 39
           減価償却累計額
                                          15               7
           リース資産(純額)
                                         2,429              6,403
          建設仮勘定
                                         3,776              8,171
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         1,609              1,654
          通信回線使用権
                                          43              47
          のれん
                                          68              58
          その他
                                         1,721              1,760
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                          266              256
          長期前払費用
                                          165              231
          繰延税金資産
                                          468              423
          その他
                                          △ 0             △ 4
          貸倒引当金
                                          899              907
          投資その他の資産合計
                                         6,397              10,839
        固定資産合計
                                                         19
       繰延資産                                    -
                                        18,420              25,129
       資産合計
                                 65/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         1,032              1,781
        買掛金
                                       ※1  1,344             ※1  5,726
        短期借入金
                                          501              443
        1年内返済予定の長期借入金
                                           2              0
        リース債務
                                         1,447               147
        未払金
                                          558              881
        未払法人税等
                                         2,246              2,190
        繰延延払利益
                                          16              39
        賞与引当金
                                        ※4  716           ※4  1,040
        その他
                                         7,865              12,250
        流動負債合計
       固定負債
                                     ※1 ,※2  1,203            ※1 ,※2  760
        長期借入金
                                          50              65
        退職給付に係る負債
                                          136              143
        役員退職慰労引当金
                                           4              17
        資産除去債務
                                          23              27
        その他
                                         1,418              1,014
        固定負債合計
                                         9,283              13,265
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         1,084              1,109
        資本金
                                         1,020              1,004
        資本剰余金
                                         5,026              6,791
        利益剰余金
                                          △ 0             △ 0
        自己株式
                                         7,131              8,905
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          178              448
        為替換算調整勘定
                                           0              1
        退職給付に係る調整累計額
                                          178              449
        その他の包括利益累計額合計
                                          191              263
       新株予約権
                                         1,635              2,245
       非支配株主持分
                                         9,136              11,864
       純資産合計
                                        18,420              25,129
     負債純資産合計
                                 66/122








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                       ※1  10,728             ※1  12,346
     売上高
                                         6,610              6,513
     売上原価
                                         4,118              5,832
     売上総利益
                                       ※2  1,662             ※2  2,521
     販売費及び一般管理費
                                         2,456              3,311
     営業利益
     営業外収益
                                          25              82
       受取利息及び配当金
                                          431              210
       為替差益
                                           6              8
       その他
                                          463              301
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          14              125
       支払利息
                                           6              22
       その他
                                          21              147
       営業外費用合計
                                         2,897              3,464
     経常利益
     特別利益
                                         ※4  9            ※4  5
       新株予約権戻入益
                                           9              5
       特別利益合計
     特別損失
                                         ※3  0            ※3  4
       固定資産除却損
                                           0              4
       特別損失合計
                                         2,906              3,466
     税金等調整前当期純利益
                                          837              977
     法人税、住民税及び事業税
                                         △ 58             △ 66
     法人税等調整額
                                          779              911
     法人税等合計
                                         2,126              2,554
     当期純利益
                                          238              261
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                         1,888              2,292
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 67/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                         2,126              2,554
     当期純利益
     その他の包括利益
                                          260              376
       為替換算調整勘定
                                           4              1
       退職給付に係る調整額
                                        ※1  265            ※1  378
       その他の包括利益合計
                                         2,392              2,933
     包括利益
     (内訳)
                                         2,093              2,563
       親会社株主に係る包括利益
                                          298              370
       非支配株主に係る包括利益
                                 68/122
















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                      (単位:百万円)

                        株主資本              その他の包括利益累計額
                                        退職給付        新株予約    非支配

                                             その他の            純資産合計
                                株主資本    為替換算     に係る         権   株主持分
               資本金   資本剰余金     利益剰余金     自己株式                 包括利益
                                 合計   調整勘定    調整累計
                                            累計額合計
                                          額
     当期首残高           1,067     1,003     3,262     △ 0  5,332     △ 22    △ 4   △ 26   210   1,238    6,754

     当期変動額
      新株の発行            17     17     -    -    34    -    -    -    -    -    34
      剰余金の配当
                 -     -   △ 123     -   △ 123     -    -    -    -    -   △ 123
      自己株式の取得            -     -     -    △ 0   △ 0    -    -    -    -    -    △ 0
      親会社株主に帰属する
                 -     -   1,888     -   1,888     -    -    -    -    -   1,888
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
                 -     -     -    -    -    200     4    205   △ 19   397    583
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             17     17   1,764     △ 0  1,798     200     4    205   △ 19   397    2,381
     当期末残高           1,084     1,020     5,026     △ 0  7,131     178     0    178    191   1,635    9,136
     当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                      (単位:百万円)

                        株主資本              その他の包括利益累計額
                                        退職給付        新株予約    非支配

                                             その他の            純資産合計
                                株主資本    為替換算     に係る         権   株主持分
               資本金   資本剰余金     利益剰余金     自己株式                 包括利益
                                 合計   調整勘定    調整累計
                                            累計額合計
                                          額
     当期首残高

                1,084     1,020     5,026     △ 0  7,131     178     0    178    191   1,635    9,136
     当期変動額
      新株の発行            24     24     -    -    49    -    -    -    -    -    49
      剰余金の配当            -     -   △ 527     -   △ 527     -    -    -    -    -   △ 527
      親会社株主に帰属する
                 -     -   2,292     -   2,292     -    -    -    -    -   2,292
      当期純利益
      連結子会社の増資によ
                 -    △ 41     -    -   △ 41    -    -    -    -    -    △ 41
      る持分の増減
      株主資本以外の項目の
                 -     -     -    -    -    270     0    270    72   610    953
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             24    △ 16   1,765     -   1,773     270     0    270    72   610    2,727
     当期末残高           1,109     1,004     6,791     △ 0  8,905     448     1    449    263   2,245    11,864
                                 69/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2021年4月1日            (自 2022年4月1日
                                   至 2022年3月31日)             至 2023年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           2,906            3,466
       税金等調整前当期純利益
                                            377            449
       減価償却費
                                                         92
       株式報酬費用                                      -
                                                         20
       為替差損益(△は益)                                     △ 62
                                             0           137
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                                         22
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                     △ 0
                                             8            14
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                             1            6
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
       受取利息及び配当金                                     △ 25           △ 82
                                            14            125
       支払利息
                                             0            4
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                    △ 874           △ 438
                                                        532
       リース投資資産の増減額(△は増加)                                    △ 940
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                     △ 12           △ 65
                                            280            685
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                           1,196
       未払金の増減額(△は減少)                                               △ 1,312
                                            978
       繰延延払利益の増減額(△は減少)                                                 △ 55
                                            92            159
       前受金の増減額(△は減少)
                                            329
                                                       △ 392
       その他
                                           4,269            3,369
       小計
       利息及び配当金の受取額                                      25            82
       利息の支払額                                     △ 14           △ 125
                                           △ 699           △ 690
       法人税等の支払額
                                           3,580            2,636
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                   △ 1,647           △ 5,323
                                            63
       有形固定資産の売却による収入                                                  -
       無形固定資産の取得による支出                                    △ 885            △ 8
                                          ※2  △ 28
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出                                                  -
       保証金の差入による支出                                     △ 1          △ 111
                                                         12
       差入保証金の回収による収入                                      -
       長期前払費用の取得による支出                                     △ 20           △ 40
                                             1
       保険積立金の解約による収入                                                  -
                                            36
       定期預金の払戻による収入                                                  -
                                           △ 176            △ 33
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                   △ 2,658           △ 5,506
                                 70/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2021年4月1日            (自 2022年4月1日
                                   至 2022年3月31日)             至 2023年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           1,344            4,335
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                            400
       長期借入れによる収入                                                  -
       長期借入金の返済による支出                                    △ 644           △ 501
                                            24            34
       株式の発行による収入
                                            80            244
       非支配株主からの払込みによる収入
       長期未払金の返済による支出                                     △ 1           △ 1
       リース債務の返済による支出                                     △ 10            △ 4
       配当金の支払額                                    △ 123           △ 527
                                            △ 0            -
       自己株式の取得による支出
                                           1,067            3,578
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            199            394
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                           2,188            1,102
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                           3,589            5,778
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※1  5,778           ※1  6,881
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 71/122














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数           8 社
             連結子会社は、「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため、省略しております。
            (連結の範囲の変更)

            当連結会計年度より会社分割(簡易新設分割)により設立した株式会社アイ・ピー・エス・プロと、
            Shinagawa     Lasik   & Aesthetics      Center    Corporationの子会社(当社の孫会社)として設立したShinagawa
            Healthcare      Solutions     Corporationを連結の範囲に含めております。
          2.持分法の適用に関する事項

           (1)持分法を適用した非連結子会社及び関連会社
             該当事項はありません。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           株式会社アイ・ピー・エス・プロを除く連結子会社7社の決算日は12月31日であります。
           連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引に
           ついては、必要な調整を行っております。株式会社アイ・ピー・エス・プロの決算日は、連結決算日と同一
           であります。
          4.会計方針に関する事項

           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            ① 棚卸資産
              商品
               当社は、総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用
              しております。
              貯蔵品
               当社及び一部の連結子会社は最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの
              方法)を採用しております。
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

            ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              当社は定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び2016年4月
             1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)、連結子会社は定額法を採用しており
             ます。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物及び構築物      3~50年
               機械装置及び運搬具    2~17年
               工具、器具及び備品    2~15年
            ② 無形固定資産(リース資産を除く)

              通信回線使用権
               当社は、定額法を採用しております。なお、耐用年数については経済的使用可能予測期間(7年~
              15年)に基づき決定しております。
            ③ リース資産

              所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               当社は、自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               当社は、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           (3)重要な引当金の計上基準

            ① 貸倒引当金
              当社は、債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
             等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
                                 72/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
            ② 賞与引当金
              当社及び一部の連結子会社は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づ
             き、当連結会計年度に見合う分を計上しております。
            ③ 役員退職慰労引当金

              当社は、役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上し
             ております。
           (4)退職給付に係る会計処理の方法

            ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              当社は、従業員の退職給付に備えるため、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付
             に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。また、一
             部の連結子会社は、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
             算定式基準によっております。
            ② 数理計算上の差異の費用処理方法

              数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
             による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしておりま
             す。
              当社は退職金規程に基づく退職一時金制度を採用しておりましたが、2023年3月31日をもって退職金

             制度を廃止いたしました。これに伴い、制度廃止時点の退職金要支給額を「退職給付に係る負債」とし
             て計上しております。
           (5)重要な収益及び費用の計上基準

            ・ファイナンス・リース取引に係る収益の計上基準
              リース料受取時に売上高と売上原価を計上する方法によっております。
            ・収益の計上基準

              約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見
             込まれる金額で収益を認識しております。
              主要な事業における主な履行義務の内容及び収益を認識する通常の時点については、「注記事項(収
             益認識関係」)に記載のとおりであります。
           (6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

             外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
            ております。なお、在外連結子会社の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、
            収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び
            非支配株主持分に含めております。
           (7)のれんの償却方法及び償却期間

             のれんは、20年以内の合理的な償却期間を設定し、定額法により償却しております。ただし、金額が僅
            少であり重要性が乏しいものは、発生時に一括償却しております。
           (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
                                 73/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (会計方針の変更)
         (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
          「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価算
         定会計基準適用指針」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に
         定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用する
         ことといたしました。これによる、連結財務諸表への影響はありません。
         (未適用の会計基準等)

            1.電子記録移転有価証券表示権利等の発行及び保有の会計処理及び開示に関する取扱い
            ・「電子記録移転有価証券表示権利等の発行及び保有の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報
            告第43号 2022年8月26日 企業会計基準委員会)
            (1)概要

            2019年5月に成立した「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する
            法律等の一部を改正する法律」(令和元年法律第28号)により、金融商品取引法が改正され、いわゆる投
            資性ICO(Initial         Coin   Offering。企業等がトークン(電子的な記録・記号)を発行して、投資家から資
            金調達を行う行為の総称)は金融商品取引法の規制対象とされ、各種規定の整備が行われたことを踏ま
            え、「金融商品取引業等に関する内閣府令」における電子記録移転有価証券表示権利等の発行・保有等に
            係る会計上の取扱いを明らかにすることを目的として企業会計基準委員会から公表されたものです。
            (2)適用予定日

            2024年3月期の期首から適用します。
            (3)当該会計基準等の適用による影響

            「電子記録移転有価証券表示権利等の発行及び保有の会計処理及び開示に関する取扱い」の適用による連
            結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。
            2.法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準等

            ・「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」(企業会計基準第27号 2022年10月28日 企業会計
            基準委員会)
            ・「包括利益の表示に関する会計基準」(企業会計基準第25号 2022年10月28日 企業会計基準委員会)
            ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2022年10月28日 企業会計
            基準委員会)
            (1)概要

            2018年2月に企業会計基準第28号「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等(以下「企業会計基準
            第28号等」)が公表され、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務指針の企業会計基準委員
            会への移管が完了されましたが、その審議の過程で、次の2つの論点について、企業会計基準第28号等の
            公表後に改めて検討を行うこととされていたものが、審議され、公表されたものであります。
            ・  税金費用の計上区分(その他の包括利益に対する課税)
            ・  グループ法人税制が適用される場合の子会社株式等(子会社株式又は関連会社株式)の売却に係る税
            効果
            (2)適用予定日

            2025年3月期の期首から適用します。
            (3)当該会計基準等の適用による影響

            「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額について
            は、現時点で評価中であります。
                                 74/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 当座貸越契約及び貸出コミットメントライン契約
           当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行7行と極度額2,950百万円及び30.5百万米
          ドルの当座貸越契約及びコミットメントライン契約を締結しております。なお、この契約に基づく当連結会計
          年度末の当座貸越及びコミットメントラインの利用は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     当座貸越極度額                                950百万円                 950百万円
     コミットメントライン極度額                               2,000百万円                 6,072百万円
     借入実行残高                                120百万円                3,456百万円
     差引額                               2,830百万円                 3,566百万円
          ※2 財務制限条項

          前連結会計年度(2022年3月31日)
           当社が株式会社みずほ銀行と締結しているコミットメントライン契約の極度額2,000百万円には、下記の財
          務制限条項が付されており、下記の条項に抵触した場合には当該債務の即時弁済が請求される可能性がありま
          す。
          ①純資産の部の金額を2021年3月期決算における純資産の部の金額の75%以上を維持すること。
          ②営業損益の黒字を維持すること。
          なお、2022年3月末現在において、当社は財務制限条項に抵触しておりません。
          当連結会計年度(2023年3月31日)

           当社が株式会社みずほ銀行と締結しているコミットメントライン契約の極度額2,000百万円及び30.5百万ド
          ルには、下記の財務制限条項が付されており、下記の条項に抵触した場合には当該債務の即時弁済が請求され
          る可能性があります。
          (日本円)
          ①純資産の部の金額を2022年3月期決算における純資産の部の金額の75%以上を維持すること。
          ②営業損益の黒字を維持すること。
          (米ドル)
          ①2023年3月期決算を初回とし、以降各年度の決算期の末日における連結貸借対照表における純資産の部の金
          額を、直前の年度の決算期末日における連結貸借対照表における純資産の部の金額の75%以上とすること。
          ②各年度の決算期における連結の損益計算書に示される営業損益が、2023年3月期を初回とし、以降の決算期
          につき2期連続して損失とならないようにすること。なお、本号の遵守に関する最初の判定は、2023年3月決
          算期及びその直後の期の決算を対象として行われる。
          なお、2023年3月末現在において、当社は財務制限条項に抵触しておりません。
          ※3 売掛金のうち、顧客との契約から生じた債権の金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     売掛金                               2,069   百万円               2,631   百万円
          ※4 その他流動負債のうち契約負債の金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     契約負債                                144  百万円                315  百万円
                                 75/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 顧客との契約から生じる収益
           売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分掲記しておりません。顧客との
          契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(セグメント情報等)」に記載しております。
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     業務委託費                                104  百万円                153  百万円
     給与手当                                579  百万円                812  百万円
     退職給付費用                                 14 百万円                44 百万円
     賞与引当金繰入額                                 51 百万円                97 百万円
     役員退職慰労引当金繰入額                                 15 百万円                11 百万円
     貸倒引当金繰入額                                 1 百万円                137  百万円
     株式報酬費用                                 -百万円                 92 百万円
          ※3 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     機械装置及び運搬具                                 0百万円                 -百万円
     工具、器具及び備品                                 0百万円                 0百万円
     ソフトウエア                                 0百万円                 -百万円
     リース資産                                 -百万円                  1百万円
     その他(除却資産の廃棄費用等)                                 -百万円                  1百万円
     計                                 0百万円                 4百万円
          ※4 新株予約権戻入益の内訳は次のとおりであります。

             前連結会計年度(自 2021年4月1日  至 2022年3月31日)
              前連結会計年度の特別利益に計上している「新株予約権戻入益」は、ストック・オプションの権利失
             効を見込んだ取り崩しによるものであります。
             当連結会計年度(自 2022年4月1日  至 2023年3月31日)

              当連結会計年度の特別利益に計上している「新株予約権戻入益」は、ストック・オプションの権利失
             効を見込んだ取り崩しによるものであります。
         (連結包括利益計算書関係)

          ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     為替換算調整勘定
                                          260               376
      当期発生額
     退職給付に係る調整額
      当期発生額                                     6               2
                                           0               0
      組替調整額
       税効果調整前
                                           6               2
                                          △1               △0
       税効果額
       退職給付に係る調整額                                    4               1
                  その他の包括利益合計                        265               378
                                 76/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                      株式数          株式数          株式数          株式数
     発行済株式

          普通株式              12,380,000            30,500            -      12,410,500

           合計             12,380,000            30,500            -      12,410,500

     自己株式

          普通株式                 264          131           -          395

           合計                264          131           -          395

     (注)1.増加株式数の内訳は次のとおりであります。
           新株予約権(ストック・オプション)の権利行使による増加 30,500株
           単元未満株式の買取りによる増加                                            131株
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                新株予約権の目的となる株式の数(株)
                      新株予約権の                                当連結会計
      区分      新株予約権の内訳           目的となる                               年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                       株式の種類                               (百万円)
                              年度期首      年度増加      年度減少       年度末
     提出会社      ストック・オプション
                         -         -      -      -      -      191
     (親会社)      としての新株予約権
            合計             -         -      -      -      -      191
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                        配当金の総額
                                 1株当たり配当額
       (決議)         株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     2021年6月24日
                普通株式              123          10   2021年3月31日         2021年6月25日
     定時株主総会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額               1株当たり
       (決議)       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                     (百万円)              配当額(円)
     2022年6月28日
               普通株式          310   利益剰余金            25   2022年3月31日         2022年6月29日
     定時株主総会
                                 77/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                      株式数          株式数          株式数          株式数
     発行済株式

          普通株式              12,410,500            30,300            -      12,440,800

           合計             12,410,500            30,300            -      12,440,800

     自己株式

          普通株式                 395           -          -          395

           合計                395           -          -          395

     (注)1.増加株式数の内訳は次のとおりであります。
           新株予約権(ストック・オプション)の権利行使による増加                                30,300株
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                新株予約権の目的となる株式の数(株)
                      新株予約権の                                当連結会計
      区分      新株予約権の内訳           目的となる                               年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                       株式の種類                               (百万円)
                              年度期首      年度増加      年度減少       年度末
     提出会社      ストック・オプション
                         -         -      -      -      -      263
     (親会社)      としての新株予約権
            合計             -         -      -      -      -      263
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                        配当金の総額
                                 1株当たり配当額
       (決議)         株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     2022年6月28日
                普通株式              310          25   2022年3月31日         2022年6月29日
     定時株主総会
     2022年11月11日
                普通株式              217         17.5    2022年9月30日         2022年12月5日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額               1株当たり
       (決議)       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                     (百万円)              配当額(円)
     2023年6月27日
               普通株式          217   利益剰余金           17.5    2023年3月31日         2023年6月28日
     定時株主総会
                                 78/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおり
            であります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     現金及び預金                               5,778百万円                 6,881百万円
     現金及び現金同等物                               5,778百万円                 6,881百万円
          ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

             前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
              株式の取得により新たにCarrier                Domain,    Inc.(以下新規取得連結子会社)を連結したことに伴う連
             結開始時の資産及び負債の内訳並びに新規取得連結子会社株式の取得価額と取得による支出(純額)と
             の関係は次のとおりであります。
             流動資産                        93 百万円

             のれん                        43 百万円
             流動負債                      △51  百万円
             為替換算調整勘定                       △0  百万円
             非支配株主持分                      △20  百万円
             株式の取得価額
                                    64 百万円
             現金及び現金同等物                      △35  百万円
             差引:取得のための支出
                                    28 百万円
             当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

              該当事項はありません。
                                 79/122












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (リース取引関係)
          1.ファイナンス・リース取引
           (借主側)
            (1)所有権移転ファイナンス・リース取引
             ① リース資産の内容
               有形固定資産
                通信事業における深川データセンターの設備(機械装置及び運搬具)であります。
             ② リース資産の減価償却の方法

               連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償
              却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
            (2)所有権移転外ファイナンス・リース取引

             ① リース資産の内容
               有形固定資産
                主として国際通信事業及び国内通信事業における伝送装置(機械装置及び運搬具)、深川データ
               センターの設備(機械装置及び運搬具)であります。
             ② リース資産の減価償却の方法

               連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償
              却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           (貸主側)

            (1)リース投資資産の内訳
              流動資産
                                                   (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                               (2022年3月31日)                (2023年3月31日)
     リース料債権部分                                   3,373                3,279

     見積残存価額部分                                     -                -

     受取利息相当額                                    △33                △76

     リース投資資産                                   3,340                3,203

     (注) 国際通信事業及びフィリピン通信事業におけるIRU取引の回収予定見込額を、リース投資資産に計上しており
          ます。
            (2)リース投資資産に係るリース料債権部分の連結会計年度末日後の回収予定額

              流動資産
                                                   (単位:百万円)
                                      前連結会計年度

                                     (2022年3月31日)
                               1年超      2年超      3年超      4年超

                        1年以内                               5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
     リース投資資産                     1,453       641      571      516       88      68

                                      当連結会計年度

                                     (2023年3月31日)
                               1年超      2年超      3年超      4年超

                        1年以内                               5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
     リース投資資産                     1,032       849      807      308      173       31

                                 80/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          2.オペレーティング・リース取引
           (借主側)
            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                   (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                               (2022年3月31日)                (2023年3月31日)
              1年内                            97                219

              1年超                           132                249

               合計                           229                469

                                 81/122

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、必要な資金を主に銀行借入や社債発行により調達し、一時的な余資は主に預金を中心
            に安全性の高い金融資産で運用し、投機的な取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

             外貨建預金は為替リスクに晒されております。
             営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、リース投資資産は、主に通信
            回線使用権のリース料債権で、リース先の信用リスクに晒されております。海外取引から生じている外貨
            建ての営業債権、長期貸付金は、為替の変動リスクに晒されております。信用リスクに対しては、当社グ
            ループの与信管理規程に沿って取引先相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況の悪化等に
            よる回収懸念についてリスク低減を図っております。為替変動のリスクに対しては、毎月通貨別に為替差
            損益を把握し、為替変動が損益計画に与える影響を勘案しております。
             営業債務である買掛金及び未払法人税等は、1年以内の支払期日であります。海外取引から生じている
            外貨建ての営業債務は、為替の変動リスクに晒されております。社債、借入金及びリース債務は、主に設
            備資金の調達を目的としたものであり、支払期日にその支払いを実行できなくなる流動性リスクを内包し
            ておりますが、返済時期又は償還時期を分散させることにより流動性リスクの回避を図っております。ま
            た、その一部は、変動金利であるため金利の変動リスクに晒されております。借入金の固定金利と変動金
            利の構成割合については、金利市場の動向を勘案しております。資金調達に係る流動性リスクに対して
            は、財務部が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持等により流動性リスクを
            管理しております。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。また、現金は注記を
           省略しており、預金、売掛金、買掛金、短期借入金及び未払法人税等は短期間で決済されるため時価が帳簿
           価額に近似することから、注記を省略しております。
          前連結会計年度(2022年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額               時     価       差    額
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
       (1) リース投資資産                        3,340
                                △0
         貸倒引当金 ※1
                               3,340            3,354            13
             資産計                   3,340            3,354            13
       (1) 長期借入金 ※2                        1,705            1,705             0
       (2) リース債務                          2            2          △0
             負債計                   1,707            1,707             0
        ※1. リース投資資産について、対応する貸倒引当金を控除しております。
        ※2. 長期借入金には1年内に返済予定の金額を含めております。
          当連結会計年度(2023年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額               時     価       差    額
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
       (1) リース投資資産                        3,203            2,930           △272
             資産計                   3,203            2,930           △272
       (1) 長期借入金 ※                        1,203            1,203            △0
       (2) リース債務                          0            0          △0
             負債計                   1,203            1,203            △0
        ※  長期借入金には1年内に返済予定の金額を含めております。
                                 82/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     (注1)金銭債権の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2022年3月31日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
        現金及び預金                     5,778           -         -         -

        売掛金                     2,069           -         -         -

        リース投資資産                     1,453         1,818           68         -

              合計               9,301         1,818           68         -

          当連結会計年度(2023年3月31日)

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
        現金及び預金                     6,881           -         -         -

        売掛金                     2,631           -         -         -

        リース投資資産                     1,032         2,138           31         -

              合計              10,545          2,138           31         -

     (注2)短期借入金、長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(2022年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
        短期借入金             1,344         -       -       -       -       -

        長期借入金              501       411       423       318        50       -

        リース債務               2       -       -       -       -       -

           合計          1,847        411       423       318        50       -

          当連結会計年度(2023年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
        短期借入金             5,726         -       -       -       -       -

        長期借入金              443       392       318        50       -       -

        リース債務               0       -       -       -       -       -

           合計          6,170        392       318        50       -       -

                                 83/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
            金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベル
           に分類しております。
           レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価

                   の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
           レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定
                   に係るインプットを用いて算定した時価
           レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
           時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ

           属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
           (1)時価をもって連結貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債

             前連結会計年度(2022年3月31日)
              該当事項はありません。
             当連結会計年度(2023年3月31日)

              該当事項はありません。
           (2)時価をもって連結貸借対照表計上額としない金融資産及び金融負債

             前連結会計年度(2022年3月31日)
                                      時価(百万円)
              区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
        リース投資資産                       -        3,354           -        3,354

             資産計                 -        3,354           -        3,354

        長期借入金                       -        1,705           -        1,705

        リース債務                       -          2         -          2
             負債計                 -        1,707           -        1,707

             当連結会計年度(2023年3月31日

                                      時価(百万円)
              区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
        リース投資資産                       -        2,930           -        2,930

             資産計                 -        2,930           -        2,930

        長期借入金                       -        1,203           -        1,203

        リース債務                       -          0         -          0
             負債計                 -        1,203           -        1,203

     (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
         リース投資資産
         リース投資資産については、将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値によ
         り算定しており、レベル2の時価に分類しております。
        長期借入金及びリース債務

         これらの時価は、元利金の合計額を同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定される利率で割り引い
         た現在価値により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 84/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を採用しております。
       なお当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
       また、一部の連結子会社は、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算
      定式基準によっております。
    2.確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
        退職給付債務の期首残高                                   17               14
         勤務費用                                   3               2
         利息費用                                   0               0
         数理計算上の差異の発生額                                  △6               △2
         退職給付の支払額                                  △0                -
         為替の変動による影響                                   0               0
        退職給付債務の期末残高                                   14               16
     (2)簡便法を適用した制度の退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
        退職給付に係る負債の期首残高                                   28               35
         退職給付費用                                   9               26
         退職給付の支払額                                  △2               △13
        退職給付に係る負債の期末残高                                   35               49
     (3)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
        非積立型制度の退職給付債務                                   50               65
        連結貸借対照表に計上された負債                                   50               65
        退職給付に係る負債                                   50               65
        連結貸借対照表に計上された負債                                   50               65
       (注) 簡便法を適用した制度を含みます。
                                 85/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
         勤務費用                                   3               2
         利息費用                                   0               0
         数理計算上の差異の費用処理額                                   0               0
         簡便法で計算した退職給付費用                                   9               26
        確定給付制度に係る退職給付費用                                   13               30
     (5)退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
        数理計算上の差異                                    6               2
        合計                                    6               2
     (6)退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
        未認識数理計算上の差異                                    0               2
        合計                                    0               2
     (7)数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
        割引率                              5.09~5.17%               7.21~7.32%
                                 86/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
                                                   (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2021年4月1日                (自 2022年4月1日
                               至 2022年3月31日)                至 2023年3月31日)
     販売費及び一般管理費                                     -                92
          2.権利不行使による失効により利益として計上した額

                                                   (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2021年4月1日                (自 2022年4月1日
                               至 2022年3月31日)                至 2023年3月31日)
     新株予約権戻入益                                     9                5
          3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            2017年9月14日開催の取締役会決議に基づき、2017年10月14日付で普通株式1株につき200株の割合で株
           式分割を行っております。また、2018年12月11日開催の取締役会決議に基づき、2019年1月1日付で普通株
           式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。このため、以下は、当該株式分割を反映した数値を
           記載しております。
           (1)ストック・オプションの内容

     会社名                提出会社
     決議年月日                2015年9月10日

                     当社代表取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数                当社取締役   3名
                     当社従業員   11名
     株式の種類及び付与数                普通株式 420,000株
     付与日                2015年9月11日

                     権利確定条件は付されておりません。なお、権利行使条件は「第一部 企業情報 
     権利確定条件                第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況」に記載のと
                     おりであります。
     対象勤務期間                -
     権利行使期間                2017年9月11日~2025年8月23日

     (注) 当社従業員の退職による権利喪失及び取締役の退任並びに権利行使により、当連結会計年度末日現在の付与対
          象者の区分及び人数は、当社代表取締役1名、当社従業員1名となっております。
     会社名                提出会社

     決議年月日                2017年3月14日

                     当社取締役  1名
     付与対象者の区分及び人数
                     当社顧問   2名
     株式の種類及び付与数                普通株式 20,000株
     付与日                2017年3月31日

                     権利確定条件は付されておりません。なお、権利行使条件は「第一部 企業情報 
     権利確定条件                第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況」に記載のと
                     おりであります。
     対象勤務期間                -
     権利行使期間                2019年4月1日~2027年2月28日

     (注) 当社取締役退任及び権利行使により、当連結会計年度末日現在の付与対象者の区分及び人数は、当社顧問1名
          となっております。
                                 87/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
     会社名                提出会社

     決議年月日                2019年8月9日

     付与対象者の区分及び人数                石尾 肇

     株式の種類及び付与数                普通株式 573,500株

     付与日                2019年8月26日

                     「第一部 企業情報 第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権
     権利確定条件
                     等の状況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                -
     権利行使期間                2020年7月1日~2029年8月25日

     (注) 本新株予約権は、石尾 肇を受託者とする信託に割り当てられ、信託期間満了日において当社が受益者として
          指定した者に交付され、2021年6月28日に受益者として当社役職員71名に交付されております。当連結会計年
          度末日現在の付与対象者の区分及び人数は、当社従業員の退職による権利喪失、当社子会社への転籍、当社子
          会社取締役の就任、当社子会社の取締役の任期満了退任及び当社顧問等の契約終了により、当社取締役2名、
          当社監査役1名、当社従業員18名、当社顧問等6名、当社元顧問等1名、子会社取締役4名、当社元取締役1
          名、子会社従業員28名、子会社顧問等2名となっております。
     会社名                提出会社

     決議年月日                2022年4月13日

     付与対象者の区分及び人数                当社従業員   3名

     株式の種類及び付与数                普通株式 35,000株

     付与日                2022年4月28日

                     権利確定条件は付与されておりません。「第一部 企業情報 第4 提出会社の状
     権利確定条件
                     況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                -
     権利行使期間                2025年4月14日~2032年4月13日

     (注)付与対象者の当社取締役就任及び当社従業員の退職による権利喪失により、当連結会計年度末日現在の付与対象
          者の区分及び人数は、当社取締役1名、当社従業員1名となっております。
                                 88/122








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数
     会社名                         提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2015年9月10日                  2017年3月14日

     権利確定前(株)

      前連結会計年度末                                  -                  -

      付与                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      未確定残                                  -                  -

     権利確定後(株)

      前連結会計年度末                               420,000                   20,000

                                        -                  -
      権利確定
                                        -                  -
      権利行使
                                                          -
      失効                                  -
      未行使残                               420,000                   20,000

     会社名                         提出会社                  提出会社

     決議年月日                       2019年8月9日                  2022年4月13日

     権利確定前(株)

      前連結会計年度末                               183,750                     -

                                        -
      付与                                                  40,000
      失効                                  -                 5,000

      権利確定                               183,750                     -

      未確定残                                  -                35,000

     権利確定後(株)

      前連結会計年度末                               389,750                     -

      権利確定                               183,750                     -

      権利行使                                30,300                    -

      失効                                7,500                    -

      未行使残                               535,700                     -

                                 89/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
            ② 単価情報
     会社名                         提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2015年9月10日                  2017年3月14日

     権利行使価格(円)                                   70                  230

     行使時平均株価(円)                                   -                  -

     付与日における公正な評価単価(円)                                   -                  -

     会社名                         提出会社                  提出会社

     決議年月日                       2019年8月9日                  2022年4月13日

     権利行使価格(円)                                 1,152                  2,166

     行使時平均株価(円)                                 2,754                    -

     付与日における公正な評価単価(円)                                  491                 1,245

          4.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            当連結会計年度において付与された2022年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は
           以下のとおりであります。
           ①使用した評価技法                       ブラック・ショールズ式
           ②主な基礎数値及び見積方法
           株価変動性(注)1               65.7%
           予想残存期間(注)2               6.468年
           予想配当(注)3               10円/株
           無リスク利子率(注)4               0.1%
          (注)1.2018年6月27日から2022年4月28日までの株価実績に基づき算定しております。
             2.十分なデータの蓄積がなく、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の中間点において行
              使されるものと推定して見積もっております。
             3.2022年3月期の配当実績によっております。
             4.評価基準日における償還年月日2028年9月20日の長期国債352の流通利回りであります。
          5.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
           しております。
                                 90/122








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2022年3月31日)             (2023年3月31日)
     繰延税金資産
      繰延延払利益                                   119百万円             207百万円
      貸倒引当金                                    19百万円             38百万円
      退職給付に係る負債                                    13百万円             16百万円
      減価償却超過額                                    49百万円             42百万円
      繰越欠損金                                    1百万円             12百万円
                                          22百万円            △39百万円
      その他
     繰延税金資産小計
                                         225百万円             277百万円
      税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)1                                   △1百万円             △12百万円
                                         △59百万円             △33百万円
      将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
     評価性引当額小計                                    △60百万円             △45百万円
     繰延税金資産合計
                                         165百万円             231百万円
     繰延税金負債
                                         △9百万円             △15百万円
      その他
     繰延税金負債合計                                    △9百万円             △15百万円
     繰延税金資産純額                                    156百万円             216百万円
     (注)1.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
           前連結会計年度(2022年3月31日)
                          1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                            5年超       合計
                          2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
        税務上の繰越欠損金(a)               -     -     -     -      1     -    1百万円
        評価性引当額               -     -     -     -     △1      -   △1百万円
        繰延税金資産               -     -     -     -     -     -    -百万円
           (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
           当連結会計年度(2023年3月31日)

                          1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                            5年超       合計
                          2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
        税務上の繰越欠損金(a)               -     -     12     -     -     -    12百万円
        評価性引当額               -     -    △12      -     -     -   △12百万円
        繰延税金資産               -     -     -     -     -     -    -百万円
           (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                 91/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2022年3月31日)             (2023年3月31日)
     法定実効税率
                                           30.6%             30.6%
     (調整)
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                      0.3%             0.2%
     住民税均等割等                                      0.1%              -%
     評価性引当額の増減                                      0.4%             4.3%
     海外子会社の法人所得税免除                                     △3.0%             △4.8%
     海外子会社の税率差                                     △4.1%             △4.5%
     外国子会社合算課税                                      0.4%              -%
     過年度法人税等                                      0.3%              -%
     外国源泉税                                      0.7%              -%
                                           1.2%             0.5%
     その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                      26.8%             26.3%
                                 92/122















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                           有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          重要性が乏しいため記載を省略しております。
         (収益認識関係)

          1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
            顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであ
           ります。
          2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

            当社における主な顧客との契約から生じる収益の内容は以下のとおりであります。
            国際通信事業には、一定の期間にわたり移転されるサービスの収益として、国際通信回線使用権のリース
           契約に基づくリース料の収益、及び、国際通信回線使用権のファイナンス・リースに関連する運用保守契約
           に基づく収益が含まれております。
            フィリピン通信事業には、一定の期間にわたり移転されるサービスの収益として、インターネット接続
           サービスの収益やフィリピン国内通信回線のリー