ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社 有価証券報告書 第34期(2022/04/01-2023/03/31)

提出書類 有価証券報告書-第34期(2022/04/01-2023/03/31)
提出日
提出者 ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   近畿財務局長
     【提出日】                   2023年6月28日
     【事業年度】                   第34期(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
     【会社名】                   ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社
     【英訳名】                   Yamaichi     Uniheim    Real   Estate    Co.,Ltd
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  山田 茂
     【本店の所在の場所】                   和歌山県和歌山市中之島1518番地 中之島801ビル5階
     【電話番号】                   073-436-1010(代表)
     【事務連絡者氏名】                   専務取締役 経営企画本部長  山田 裕之
     【最寄りの連絡場所】                   大阪市中央区瓦町二丁目4番7号(新瓦町ビル1階)
     【電話番号】                   06-6204-0123(代表)
     【事務連絡者氏名】                   専務取締役 経営企画本部長  山田 裕之
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/118













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第31期       第32期       第33期       第34期
            決算年月             2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                         14,131,791       15,024,559       19,177,743       18,626,327
     売上高              (千円)
                         1,804,167       1,515,178       2,552,853       2,134,492
     経常利益              (千円)
     親会社株主に帰属する当期純
                         1,268,940        803,577      1,602,507       1,307,386
                   (千円)
     利益
                         1,272,104        801,986      1,608,030       1,315,008
     包括利益              (千円)
                         5,739,256       6,514,613       8,096,014       10,887,460
     純資産額              (千円)
                         36,318,787       38,344,072       37,890,960       41,439,576
     総資産額              (千円)
                          1,077.59       1,223.17       1,520.09       1,517.18
     1株当たり純資産額               (円)
                           238.25       150.88       300.88       193.84
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                                                191.99
                    (円)         -       -       -
     期純利益
                            15.8       16.9       21.3       26.3
     自己資本比率               (%)
                            24.9       13.1       21.9       13.8
     自己資本利益率               (%)
                                                 4.82
     株価収益率               (倍)         -       -       -
     営業活動によるキャッシュ・
                         1,780,722        781,014      4,997,710
                   (千円)                           △ 1,030,985
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   (千円)     △ 2,575,234       △ 880,193     △ 1,107,960      △ 2,711,263
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                         1,142,784        594,929             3,516,868
                   (千円)                   △ 3,027,818
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                         2,534,727       3,030,478       3,892,410       3,667,029
                   (千円)
     高
                             97       96       100       112
     従業員数
                    (名)
     〔ほか、平均臨時雇用人員〕                       〔 50 〕     〔 47 〕     〔 45 〕     〔 34 〕
     (注)1.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第33期の期首から適用してお
           り、第33期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
         2.第31期から第33期までの潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当
           社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
         3.当社は2022年6月20日に東京証券取引所スタンダード市場に上場したため、第34期の潜在株式調整後1株当
           たり当期純利益は、新規上場日から第34期の末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しておりま
           す。
         4.第31期から第33期までの株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
         5.従業員数は、就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
           出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の
           平均人員を〔 〕外数で記載しております。
         6.第31期以降の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51
           年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、仰星監査
           法人により監査を受けております。
         7.当社は、2019年12月5日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っております。第31期の期首に当該株
           式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/118


                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第30期       第31期       第32期       第33期       第34期
            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                         4,802,904       7,281,424       9,035,238       18,959,224       18,391,926
     売上高              (千円)
                          675,522      1,559,983       1,198,338       2,540,907       2,183,196
     経常利益              (千円)
                          475,612      1,017,972       3,055,378       1,594,048       1,357,852
     当期純利益              (千円)
                           45,000       45,000       45,000       45,000       836,478
     資本金              (千円)
                          532,600      5,326,000       5,326,000       5,326,000       7,176,100
     発行済株式総数               (株)
                         2,422,959       3,444,207       6,453,357       8,026,299       10,868,210
     純資産額              (千円)
                         23,999,462       25,509,049       38,301,354       37,753,048       39,564,377
     総資産額              (千円)
                          4,549.30        646.68      1,211.67       1,507.00       1,514.50
     1株当たり純資産額               (円)
                                          10.00       20.00       30.00
     1株当たり配当額                        -       -
                    (円)
     (1株当たり中間配当額)                       ( -)      ( -)     ( 5.00  )     ( -)      ( -)
                           893.00       191.13       573.67       299.30       201.32
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                                                        199.40
                    (円)         -       -       -       -
     期純利益
                            10.1       13.5       16.8       21.3       27.5
     自己資本比率               (%)
                            21.7       34.7       61.7       22.0       14.4
     自己資本利益率               (%)
                                                         4.64
     株価収益率               (倍)         -       -       -       -
                                           1.7       6.7       14.9
     配当性向               (%)         -       -
                             53       53       75       80       78
     従業員数
                    (名)
     〔ほか、平均臨時雇用人員〕                       〔 5 〕      〔 5 〕      〔 2 〕      〔 2 〕      〔 2 〕
     株主総利回り               (%)         -       -       -       -       -
     (比較指標:-)               (%)        ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     最高株価               (円)         -       -       -       -       950
     最低株価               (円)         -       -       -       -       750

     (注)1.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第33期の期首から適用してお
           り、第33期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第30期から第33期は潜在株式が存在するものの、当社株
           式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
         3.第30期から第33期までの株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
         4.第30期から第31期までの1株当たり配当額及び配当性向については、配当を行っていないため記載しており
           ません。
         5.第31期以降の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵
           省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、仰星監査法人に
           より監査を受けております。なお、第30期については、会社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に
           基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定による仰星監査法人の監
           査を受けておりません。
         6.当社は、2019年12月5日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っております。第31期の期首に当該株
           式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         7.従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
           雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を〔 〕外数で記載し
           ております。
                                  3/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         8.第30期から第34期までの株主総利回り及び比較指標については、2022年6月20日に東京証券取引所スタン
           ダード市場に上場したため、記載しておりません。
         9.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所スタンダード市場におけるものであります。なお、2022年6月20
           月をもって同市場に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については記載しておりません。
                                  4/118



















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       当社は、1989年6月に和歌山県和歌山市において、主に一般顧客向けの不動産仲介を取り扱う会社として設立さ
      れ、その後、自社による不動産開発を基礎として宅地販売、戸建建築、不動産賃貸、分譲マンション販売を事業展開
      するとともに、和歌山市周辺から大阪市を中心とする近畿圏全域へと主要な営業エリアを拡大してまいりました。
       沿革の概要については次のとおりであります。
       年月                            概要

     1989年6月       不動産仲介を主たる事業として、和歌山県和歌山市本町において、ヤマイチエステート株式会社(資本
            金500万円)を設立。
     1991年6月       本社を和歌山県和歌山市本町から和歌山県和歌山市太田三丁目へ移転。
     1993年5月       住宅用地の開発と販売を開始。
     1998年3月       建築工事の部門を新設し、建築請負を開始。
     1999年10月       賃貸用不動産を取得し、不動産賃貸事業を開始。
     2004年11月       本社を和歌山県和歌山市太田三丁目から和歌山県和歌山市太田二丁目へ移転。
     2005年11月       和歌山県海南市日方の不動産を取得後、フルリノベーションを実施し、高齢者向けマンション「ウェル
            ネス・コート」と名称を変更。
     2006年5月       高齢者向けマンション「ウェルネス・コート」の管理運営を主たる事業とする株式会社ウェルネス・
            コート(現連結子会社)を設立。
     2007年2月       「ウェルネス・コート」の居住区画を高齢者向けのマンションとして賃貸、分譲販売を開始。また、同
            施設にて、介護事業等の高齢者向け事業及び温泉事業を開始。
     2008年4月       郊外型商業施設の開発を開始し、不動産賃貸事業の営業エリアを和歌山県外へと拡大。
     2011年8月       自社住宅展示場である「ヤマイチハウジング紀伊川辺住宅展示場」を開設。
     2013年2月       代表取締役社長である山田茂の出資会社として設立したヤマイチハウジング株式会社(2001年8月設
            立)、ダイヤモンドホーム株式会社(2005年3月設立)、株式会社ウェルネス・コート(2006年5月設
            立)の3社を株式交換により完全子会社化。
     2013年7月       自社住宅展示場である「ヤマイチハウジング和歌山北住宅展示場」を開設。
     2014年9月       商品差別化を図るため、株式会社LIXIL住宅研究所の運営するGLホームのFCに加盟し、2×4工
            法の住宅販売を開始。
     2015年9月       経営効率を高める目的でヤマイチハウジング株式会社を吸収合併。
     2016年3月       ユニハイムエステート株式会社(旧株式会社ユニチカエステート)を完全子会社化し、マンション分譲
            事業を開始。
     2017年9月       経営効率を高める目的でダイヤモンドホーム株式会社を吸収合併。
     2017年12月       本社を和歌山県和歌山市太田二丁目より和歌山県和歌山市中之島(自社所有不動産「中之島801ビル」
            内)へ移転。
     2018年9月       和歌山総合住宅展示場にGLホームモデルハウスを出展。
     2019年3月       和歌山県和歌山市吐前にて産業用地を開発し販売開始。
     2019年6月       ユニハイムエステート株式会社が賃貸用不動産の取得を目的に株式会社グランドを完全子会社化。
     2019年10月       ユニハイムエステート株式会社が株式会社グランドを吸収合併。
        〃     兵庫県西宮市にて約40,000㎡の分譲用宅地開発(夙川St                          Terrace秀麗の丘)を完成し、兵庫県での宅地
            販売を開始。
     2021年3月       ユニハイムエステート株式会社を吸収合併し、ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社へ商号を変
            更。
        〃     大阪市中央区に本社機能を移転。
     2022年6月       東京証券取引所スタンダード市場へ上場。
     2022年11月       ニューライフサービス株式会社を完全子会社化し、マンション管理事業を開始。
     2023年1月       株式会社エルアンドビーを完全子会社化し、関東圏での店舗開発事業を拡大。
                                  5/118





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループは当社及び連結子会社(株式会社ウェルネス・コート、ニューライフサービス株式会社、株式会社エ
      ルアンドビー)の計4社で構成されており、不動産開発を通じて、土地の価値が最大限に発揮される可能性を追求す
      る事業に取り組んでおります。特に地権者調整が複雑な素地(宅地開発が必要な農地等)からの開発プロジェクトの
      経験値と、自社において用地取得から宅地造成そして売却または長期保有までフルラインでカバーしている点をコ
      ア・コンピタンスと位置付けております。
       当社グループの不動産開発は「土地を起点とした発想」でプロジェクトを構築し、中長期的なキャッシュ・フロー
      が最大化する出口戦略に基づいて事業を推進するため、年度ごとに各セグメントの業績への寄与率が変動する特徴が
      あります。
       当社グループは、開発した不動産の用途と収益形態に応じて、①商業施設や共同住宅等の賃貸用不動産の保有によ
      り賃料収入を得る「不動産開発・賃貸事業」、②住宅用地や産業用地の分譲販売、戸建並びに店舗事務所の建築を行
      う「不動産開発・販売事業」、③マンションの企画開発、分譲販売並びに管理業を行う「マンション事業」、④高齢
      者向けサービス事業等を行う「その他の事業」の4事業に区分して展開しております。
       2022年11月に子会社化したニューライフサービス株式会社は、分譲マンション管理のノウハウを有しており、今後
      は当社が企画販売した分譲マンションの管理業務を通じて顧客との長期リレーションを構築し、将来的な住み替え需
      要やリフォーム需要といったストック関連ビジネスに進出いたします。
       2023年1月に子会社化した株式会社エルアンドビーは埼玉県を中心とした店舗開発事業を得意としており、当社の
      素地からの開発力と高い親和性のあるビジネスを展開しております。人口増加が続く埼玉エリアは市場として魅力的
      であり、当社の強みを活かし安定収益の拡大を図ってまいります。
       なお、各セグメントにおける主要な関係会社の名称等は「4 関係会社の状況」に記載のとおりであります。
      (1)不動産開発・賃貸事業

         当該事業は、主に賃貸用不動産の開発・取得及び賃貸を行う事業であり、各不動産が生み出す長期的なキャッ
        シュ・フローを投資判断の指標としています。特定の用途に偏らない分散投資を行うことを基本とし、共同住宅、
        商業施設、オフィスビル及び駐車場等を保有しております。開発エリアは、近畿圏を中心に展開しており、近年は
        東海エリア及び関東エリアにも進出しております。
         事業スキームとしては、一般的な不動産の自社保有に加えて、複数の土地所有者から土地を賃借し、一団の土地
        としてテナント企業に転貸する形態も扱っております。長期保有による安定収益源の確保を基本方針としつつも、
        周辺地域の趨勢を総合的に勘案し、分譲事業へと切り替えて売却益を得るなど、不動産(=プロジェクト)単位の
        収益性に基づき柔軟かつ果断な経営判断を行ってまいります。
      (2)不動産開発・販売事業

         当該事業は、主に住宅用地の開発・販売や企業向けの産業用地の開発・販売を行っており、また、住宅用地の分
        譲販売と併せて戸建住宅の一般建築請負を行っております。新たに子会社化した株式会社エルアンドビーでは、テ
        ナントのオーダーに基づいた店舗建築を行っており、店舗開発事業の拡大を図っております。
         住宅用地の分譲販売は、主に和歌山県と兵庫県において展開しており、各地域の特性や顧客層に応じた分譲地の
        プランニングや価格設定を行っております。戸建建築については木造軸組み工法(注1)と2×6工法(注2)を
        取り扱っており、幅広い顧客ニーズと価格帯に対応できる商品ラインナップを有しております。
         産業用地の販売は、倉庫、物流拠点や工場等の用途に適した条件を満たす用地の取得・開発を行い、自社又は仲
        介業者を介した販売活動を行っております。
        (注1)柱(縦の構造材)に梁(横の構造材)などの軸組みで支える工法のこと。
        (注2)フレーム状に組まれた木材の骨組みに合板を打ちつけたものパネル化し、それらを壁・床・天井に使う枠
            組壁工法の一種。
                                  6/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (3)マンション事業
         当該事業は、主にファミリー層向け分譲マンションの企画開発及び分譲販売を行う事業であり、一次取得者を主
        要顧客層としております。
         自社ブランドとしてミドル~アッパークラスをターゲットとした「ユニハイム」及びハイエンドブランドである
        「ユニハイムエクシア」を中心として展開しており、また当社ブランドの「Only-I」という内装のオーダー対応オ
        プションによる他社との差別化を図っております。当事業は大阪市を中心とした近畿圏で展開しており、ユニハイ
        ムエステート株式会社(2021年3月に吸収合併)は、当社が2016年3月に子会社化する以前から50年以上にわたり
        累計16,000戸以上(旧社名での実績及び共同事業分の事業比率に応じた実績を含む。)のマンション販売実績がご
        ざいます(2023年3月末時点)。
      (4)その他の事業

         当該事業は、シニア向けマンションの賃貸・分譲・管理運営、訪問介護や居宅介護支援サービス、和食飲食店の
        運営及び温泉施設運営等により構成されております。また、当社の不動産関連ビジネスに付随して、損害保険代理
        店業、当社保有地の太陽光発電による売電事業による収益が含まれております。
        [事業系統図]

         事業の系統図は次のとおりです。
                      ヤマイチ・ユニハイムエステートグループ
                              (YUEG)
                                  7/118














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                            資本金      主要な事業        議決権の所有

          名称           住所                               関係内容
                            (千円)        の内容       割合(%)
     (連結子会社)                                             当社の建物等設備を

     株式会社             和歌山県和歌山市            10,000    その他の事業             100.0    賃貸している。
     ウェルネス・コート                                             役員の兼任あり
                                                  当社の賃貸等不動産
     (連結子会社)
                                                  の一部について管理
     ニューライフサービス             大阪市平野区            12,000    マンション事業             100.0
                                                  をしている。
     株式会社
                                                  役員の兼任あり
                                  不動産開発・販
     (連結子会社)
                                  売事業
     株式会社エルアンドビー             埼玉県熊谷市           100,000                 100.0    役員の兼任あり
                                  不動産開発・賃
     (注)2
                                  貸事業
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
         2.特定子会社であります。
         3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                  8/118














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2023年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                          17
     不動産開発・賃貸事業
                                                         ( -)
                                                          34
     不動産開発・販売事業
                                                         ( 2 )
                                                          18
     マンション事業
                                                         ( -)
                                                          15
     その他の事業
                                                         ( 30 )
                                                          28
     全社(共通)
                                                         ( 2 )
                                                         112
                 合計
                                                         ( 34 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマーを含み、人材会社からの派遣社員を除く。)は、年
           間平均雇用人員(1日8時間換算)を( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
         3.前連結会計年度末に比べ、従業員数が12名増加しております。これは主に2023年1月に㈱エルアンドビーを
           連結子会社化したことよるものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2023年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
                78
                             42.0              6.4             5,376
                ( 2 )
              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                          7
     不動産開発・賃貸事業
                                                         ( -)
                                                          31
     不動産開発・販売事業
                                                         ( 2 )
                                                          18
     マンション事業
                                                         ( -)
                                                          22
     全社(共通)
                                                         ( -)
                                                          78
                 合計
                                                         ( 2 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマーを含み、人材会社からの派遣社員を除く。)は、年間平均雇用人員(1日8時間換
           算)を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門等の従業員であります。
      (3)労働組合の状況

         当社グループにおいて労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
      (4)  管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金の差異

         提出会社及び連結子会社は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)及び
        「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規定によ
        る公表義務の対象ではないため、記載を省略しております。
                                  9/118


                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       当社グループの経営方針、経営環境及び対処すべき課題等は、以下のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)企業理念と経営の基本的な方針

         当社グループは、不動産事業を通じた「街づくり」と「地域活性化」を使命と考え、「人々が"安心"して住める
        街づくり」・「人々が"快適"に暮らせる街づくり」・「人々が"満足"する街づくり」を通して、地域の発展とそこ
        に住む人々の幸せを追求することを企業理念に掲げております。
         当社グループは、事業用不動産の取得(入口)~開発(商品化)~販売・賃貸(出口)までを縦断的にフルライ
        ンで扱う少数精鋭の専門家集団としての特徴を基盤とし、不動産業の一部領域に特化するのではなく、社会構造の
        変化、経済の動向、国策の転換等に応じて、柔軟に経営資源の選択と集中を行い、長期にわたり安定的成長を続け
        ていくことを目指しております。
      (2)経営環境

         当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルスの影響による大幅な落ち込みから段階的な社会経
        済活動の再開に伴う緩やかな回復基調となりました。一方で、世界的な金融引き締めや、地政学的リスクの顕在化
        により資源価格の高騰と物価上昇が進んでおり、今後の景気の下振れが懸念されています。当社グループの属する
        不動産市場に関しては、各種経済対策や継続的な低金利環境により、不動産需要自体は底堅く推移していると認識
        しておりますが、昨今の国際金融情勢の変化を踏まえた国内政策金利の動向や、物価高による消費マインドの減退
        といった要素が不動産市況に与える影響について注視が必要です。また、コロナ禍で急速に広がったリモートワー
        クの影響で、郊外における住居ニーズの高まりや、オフィス需要の縮小などの動きが一部ございましたが、ポスト
        コロナにおいてこうした傾向が今後も継続するのかどうか慎重な見極めが必要であります。
      (3)経営戦略

         当社グループは、土地の価値を最大化する不動産開発を掲げており、特定のエリアや用途に固執するのではな
        く、将来性のある優良地を見極め、中長期的な収益が最大化となる土地活用を追求する戦略を採っております。
         当社グループは、土地の価値に対する分析力とその価値を最大限に引き出す企画構成力を活かし、社会経済情勢
        やニーズの変化に即応する付加価値の高い不動産を提供してまいります。特に、素地からの不動産開発について
        は、土地ごとの個別性が高く、また、専門的知識と豊富な経験値が要求されることから、当社グループの独自性の
        高いアプローチとして、エリアや規模を問わず競争力を発揮できるものと考えており、このノウハウを活用して、
        近畿圏でのプレゼンスを高めると共に、首都圏へと営業エリアを拡大し、成長を加速させていきたいと考えており
        ます。
         事業ごとの具体的な施策は以下のとおりです。

        ① 不動産開発・賃貸事業

          当事業では、長期保有による安定した賃貸収益の獲得を目指しており、継続的に賃貸用不動産の保有数の積上
         げを進めております。賃貸用不動産の取得は、次の通り大別されますが、いずれも保有期間のキャッシュ・フ
         ローを投資の判断材料としております。
         a)既存賃貸用不動産の取得

           これまで当社グループでは、不動産の「目利き力」を活かして、高い収益性が見込まれる賃貸用不動産を取
          得してまいりました。過去のバブル崩壊やリーマンショックなどの経済的混乱が生じた際には、様々な理由で
          手放される「割安」な不動産を積極的に取得し、成長の糧としてまいりました。取得した不動産については長
          期保有を原則とし、設備更新やテナント管理、入居促進等によるバリューアップを図ることで安定的収益を獲
          得しているものと考えております。近年は、低金利環境等により収益不動産の市場価格が上昇したことを受
          け、含み益の大きな保有不動産については売却を実施し、手元資金を厚くすることで、新たな優良不動産を獲
          得する方針であります。
                                 10/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         b)新規賃貸用不動産の自社開発
           当社グループは、素地からの土地開発力を活かし、ロードサイドの商業施設開発を進めています。開発した
          土地について、当社が貸主となる事業用定期借地権(土地の用途が事業用に限定され、契約期間が10年から50
          年未満とされている借地権)を活用し、テナントから長期の安定収益を獲得するスキームに注力してまいりま
          した。こうした素地からの開発には、既存不動産の取得に比べて許認可の取得や地権者との折衝といった一定
          のリスク等がある反面、素地価格での取得や開発業務の分離発注等を通じて原価を抑制することが期待でき、
          収益性を高めることができる特徴があると考えております。また、開発行為に一定の期間を要するものの、計
          画の初期段階で借主となるテナントの誘致活動を行い、借主が内定した時点で開発作業を本格推進することが
          できることから、在庫リスクを低減することが可能であります。引き続き、新規賃貸用不動産の自社開発に積
          極的に取り組んでまいります。
           2023年1月に、埼玉県熊谷市に本社を置く株式会社エルアンドビーを完全子会社化しました。当該会社は、
          埼玉県下を中心とする関東圏において店舗開発ビジネスを展開しており、当社グループの事業エリアの拡大に
          寄与するものと考えています。
        ② 不動産開発・販売事業

          当事業では、戸建分譲地と、住宅以外の用途として産業用地(倉庫や工場用地などの事業活動に供する土地)
         の開発・販売を行っております。
         a)戸建分譲

           当社グループでは、主に和歌山市周辺エリアにおいて戸建分譲地の開発・販売と、住宅の建築請負事業を
          行っています。戸建分譲については、立地環境の優れた住宅地を開発することに加えて、「建物部分」の付加
          価値向上や市場細分化によるきめ細やかな価格及び仕様グレードの設定が重要であると考えております。そこ
          で、当社グループでは和歌山エリアの地元ビルダーが一般的に採用している木造軸組み工法による標準ランク
          の商品企画に加えて、株式会社LIXIL住宅研究所が展開する「GLホーム」のFC加盟店として、木造枠
          組壁工法の一種である2×6工法による高気密・高断熱を謳った災害に強い商品づくりや欧米風デザインの採
          用による他社商品との差別化を推進しております。
           和歌山市周辺エリアに加えて、近年は兵庫県西宮市、大阪府堺市等の近畿圏を中心として新たな住宅地開発
          に取り組んでおり、エリア拡大を進めています。
         b)産業用地

           近年多発する自然災害等に対する企業の危機管理の観点から、産業用地の移転や分散などの需要が高まるも
          のと考えられます。当社グループではこうした需要に応えるべく、新たな取組みとして、企業をターゲットと
          した産業用地の開発・販売を進めており、2019年に和歌山県和歌山市吐前にて産業用分譲地を完成し、物流用
          途や工場用地として売却が進んでいます。
           現在は後続案件の開発許可の取得を進めているところです。
         c)店舗建築

          2023年1月に株式会社エルアンドビーを完全子会社化したことにより、商業地開発に付随して、テナントから
          のオーダーに基づいて店舗や事務所等の建築事業を扱うようになりました。
        ③ マンション事業

          ユニハイムエステート株式会社(2021年3月に吸収合併)は、当社が2016年3月に完全子会社化する以前から
         50年以上にわたり累計16,000戸以上(旧社名での販売実績及び共同事業分の事業比率に応じた販売実績を含
         む。)のマンション販売を継続してきました。
          当事業では、この実績とブランド力を活用し、今後も大阪市中心部をはじめ、交通利便性の高いマンション適
         地を積極的に取得し、マンション供給数を着実に拡大していく方針です。また、これまで外部委託していた販売
         業務の一部を内製化することで収益力の向上と販売ノウハウの充実を図っており、セグメント利益率の改善に寄
         与しています。
          今後、当社グループの賃貸用不動産運用のノウハウと、分譲マンション事業を主力としてきたユニハイムエス
         テート株式会社(2021年3月当社に吸収合併)のリソースを活用した新たなビジネスモデルを推進し、合併のシ
         ナジー効果を創出してまいります。具体的には、中古マンションを一棟購入し数年程度運用した後、リノベー
         ションを実施して分譲販売する案件や、マンション適地である不動産を取得して一定期間運用し、解体更地化を
         実施して分譲マンションに用途変更する案件等を手掛けております。一定期間、賃料収益獲得の目的で運用して
         いる間に、減価償却が進み、さらに分譲事業化のタイミングをコントロールすることで、他社物件との販売競争
         を回避し、適切な販売価格の設定と利益率の確保が可能であると考えております。
          2022年11月に分譲マンション管理を手掛けてきたニューライフサービス株式会社を完全子会社化し、分譲マン
         ションの管理業に進出しました。今後、当社グループが企画したマンションの管理事業を行うことで、顧客との
                                 11/118


                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         長期リレーションを確立し、将来的なリフォーム需要や買替需要といったストックビジネスの拡充を図ってまい
         ります。
      (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、不動産開発を基礎とした事業展開を行っており、不動産の仕入から販売に至るまでをフルライ
        ンでカバーすることで高い収益性を達成することを目指しており、目標達成状況を判断する材料として、自己資本
        当期純利益率(ROE)を客観的な指標としております。
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        ① 経営管理体制の継続的な強化
          当社グループでは、2022年11月ニューライフサービス株式会社を、2023年1月に株式会社エルアンドビーをそ
         れぞれ完全子会社化し、既存ビジネスの深耕を進めています。両社とも経営管理やコンプライアンス管理におい
         て整備が必要であり、早期の体制構築に向けて鋭意取り組んでまいります。従来の当社グループ経営管理体制に
         ついても継続的に改善を行い、強化を図ってまいります。
        ② 優秀な人材の確保

          不動産のワンストップサービスを向上させるためには、優秀な人材の確保が必要であると考えております。当
         社グループでは、不動産に関する幅広い知識と高い専門性を養うために、採用した人材について配置転換や部署
         横断的なキャリアプロセスを通じて、モチベーションの持続を図るとともにマルチスキルを有する人材としての
         育成を進めております。また、企業成長を促進するために、従来の人材育成プロセスを継続する一方で、即戦力
         となる経験豊富な人材も獲得し、営業エリアの拡大や新たなビジネス領域への進出を進めてまいります。
        ③ 再開発用地の取得

          当社グループのビジネスモデルは優良な土地をできるだけ安価に仕入れることが重要であります。直ちに利用
         可能な完成宅地の取得は競合が多く、価格が上昇する傾向にあることから、当社グループの素地からの開発力と
         フルラインの強みを活かし、様々な理由で過小評価されている土地や現況では利用が限定される土地をできるだ
         け安価で取得し、隣地の買い増しや権利関係の整理あるいは既存建物の建替え等を通じて土地の価値を再生・バ
         リューアップする再開発ビジネスを推進してまいります。
          また、優良な開発用地の取得判断の迅速化のために、組織体制の一部を見直し、情報伝達の合理化を図るとと
         もに、デジタルツールを活用した検討プロセスの効率化を進めてまいります。
        ④ 営業エリアの拡大

          さらなる企業成長のためには、近畿圏だけでなく、より大きなマーケットである首都圏での営業展開が必要と
         考えております。2020年から東京支店を中心に不動産取得に向けた活動を開始しており、着実に不動産取得が進
         んでいますが、新たに子会社化した株式会社エルアンドビーの開発部門との連携を深めることで、首都圏での用
         地取得を強化してまいります。
       ⑤ 資金調達の多様化

          当社グループにおける事業の資金調達は、主に金融機関からの借入に依存しております。近年の低金利の状況
         下において、期中の支払金利は低水準にあると認識していますが、借入実行時に発生するストラクチャリング手
         数料等のコストが増加傾向にあります。こうした一過性の費用の抑制と将来的な金利上昇の局面に備えて、エク
         イティファイナンス等を含めた資金調達の多様化を検討してまいります。
        ⑥ M&Aの実施

          当社グループの不動産開発の特長は、素地開発から販売/賃貸まで一気通貫で扱う点にありますが、素地の開
         発用地に関する情報ルートは地域性が強い傾向があり、安定した情報ネットワークの構築には一定の時間や人材
         育成が必要であります。それぞれの地域に根差した企業とのM&Aや業務提携は、営業エリアの拡大や新規事業
         領域の開拓に有効であり、当社のビジネスモデルを導入することでシナジー創出も期待できることから、今後も
         積極的にM&Aの実施による事業拡大を図ってまいります。
                                 12/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     2【サステナビリティに関する考え方及び取組】
      当社グループのサステナビリティに関する考え方及び取組は、次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      事業環境が急激に変化する時代となり、企業にとって、経済だけではなく社会や自然環境における持続可能性への取

     組が重要な経営課題となりました。当社グループでは、企業活動を通じてサステナブル社会の実現に貢献することを基
     本方針とし、常に長期的視点に立った不動産事業を進めてまいります。
     [理念・価値観]

     ・スローガン
      拓く力、街に息吹。
     ・ミッション
      「安心」・「快適」・「満足」な街づくりと地域の活性化
     ・ビジョン
      夢がかなう世界に。
     ・バリュー
      柔軟な発想、迅速な行動、常に挑戦
     [事業領域]

      当社グループは、不動産開発を通じて、土地の価値が最大限に発揮される可能性を追求する事業に取り組んでおりま
     す。土地や建物は長い年月にわたって存在し人間活動の基盤となることから、持続可能な社会の実現において不動産が
     果たす役割は極めて重要であると認識しております。
     [重要課題]

      当社グループの理念や価値観に基づき、不動産・建設業界における社会課題や環境関連課題について、国交省の「不
     動産分野TCFD対応ガイダンス」等の資料やSDGs関連資料を参照しつつ、当社グループのリスクマネジメント委
     員会及びコンプライアンス委員会において取り上げられてきた課題の精査を行いました。それぞれのプロセスで抽出さ
     れたテーマについて、「弊社にとって重要性の高いもの」と「ステークホルダーの皆様にとって重要性の高いもの」と
     いう2軸の観点で絞り込みを行いました。そして、2023年3月開催の取締役会において、環境問題・社会課題への貢献
     を中心とした次の9つの重要課題を特定いたしました。
     ・当社グループが取り組むべき重要課題

           ①「安心」・「快適」・「満足」な居住環境の提供
           ②持続可能な街づくりと地域の活性化
           ③健やかな生活
           ④低炭素社会への貢献
           ⑤省エネ・創エネの推進
           ⑥防災・減災への貢献
           ⑦人材の多様性
           ⑧柔軟な雇用形態
           ⑨成長機会の提供
     (1)ガバナンス

         当社グループにおけるサステナビリティ関連の経営課題を統括するため代表取締役を委員長とするサステナビリ
        ティ委員会を2023年3月より発足しました。サステナビリティ委員会は当社グループのサステナビリティ関連の重
        要課題への取組を推進する役割であり、コンプライアンス委員会、リスクマネジメント委員会、経営会議と連携し
        て目標設定やモニタリングを統括し、取締役会への報告を行います。取締役会はサステナビリティ委員会の監督や
        経営会議を通じてサステナビリティ経営を実践してまいります。
     (2)戦略

         当社グループにおける環境関連の課題と動向について、重要なものは次のとおりと考えています。
                                 13/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     大テーマ①低炭素社会(温室効果ガス排出抑制)への移行
         小テーマ                リスク                     機会
                   新たな税負担・規制導入によるコ
     政策・法規制                               認証取得/低炭素不動産への需要増
                   スト増加
                   新技術・設備への切り替えコスト
     技術の発達                               省エネ等によるランニングコストの減少
                   増加
                   未対応による企業ブランドの毀
     社会認識の変化                               対応による企業ブランドの向上
                   損、競争力の低下
     投資家・金融機関からの評
                   未対応による低評価                 対応による評価向上
     価
                   炭素税・カーボンプライシングに                 炭素税・カーボンプライシング対応によるコスト
     市場の変化
                   よるコスト・逸失利益                 減/収益獲得
     大テーマ②気候変動の物理的影響

     リスク分類              小テーマ                  具体的な損害・被害
                                    ・不動産の物理的損傷
                                    ・復旧コストの増加
                   風水害の激甚化
                                    ・沿岸地域の資産価値の低下
     急性リスク
                                    ・従業員のケガ・事故
                                    ・浸水・停電・降雪・強風等による事業停止
                   風水害による事業停止
                                    ・サプライチェーンの断絶による事業停止
                                    ・空調コストの増加
                                    ・冬季リゾート地の需要減少
                   平均気温の上昇                  ・労働生産性の低下
                                    ・労働環境の悪化
                                    ・浸水被害の増加
     慢性リスク
                                    ・水不足、干ばつによる事業の制限
                   水リスク
                                    ・水道料金の増加
                                    ・保険適用範囲の縮小
                   保険料
                                    ・保険料の増額
     ・環境関連課題への対応方針

      これら環境関連のうち、低炭素社会への移行リスク/機会への対応として、住宅や店舗建築において環境負荷の低い
     材料や、省エネ・創エネの採用を進めていく方針であります。また、気候変動の物理的影響については、損害・被害を
     逓減することを目的として、新規開発時には防災・減災設備の充実やレジリエントな企画を進めることとし、また既存
     不動産については各物件の長期修繕計画を精査し、リノベーションや大規模修繕による不動産価値向上と耐用年数の延
     長を図ってまいります。
      当社グループの不動産開発・賃貸事業は、長期保有を基本原則としており、できるだけ長期にわたり資産価値が保持
     されるように適切な管理と投資を行ってまいります。
     当社グループにおける社会課題と動向、人的資本に関連する項目について、重要なものは次のとおりと考えています。

           課題・動向                   リスク                   機会
                                          ・企業イメージ
                       ・企業イメージ
     ジェンダー平等 ※                                     ・生産性向上
                       ・労働生産性
     (女性エンパワーメント)                                     ・採用/人材確保
                       ・人手不足
                                          ・新規サービス、事業
                                          ・企業イメージ
                       ・企業イメージ
                                          ・生産性向上
     働き方の多様化 ※                  ・労働生産性
                                          ・採用/人材確保
                       ・人手不足
                                          ・新規サービス、事業
                       ・企業イメージ                   ・企業イメージ
     人権問題(サプライチェーン)                  ・不買運動                   ・ファンづくり
                       ・サプライチェーンの停止                   ・原材料確保
                       ・企業イメージ                   ・企業イメージ
                       ・採用、人材確保                   ・採用、人材確保
     雇用環境の改善 ※
                       ・離職率と採用コスト                   ・離職率と採用コスト
                       ・労働意欲                   ・労働意欲
                                 14/118


                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
                                          ・企業イメージ
                       ・企業イメージ
                                          ・人材確保
     人材育成投資 ※                  ・研修コスト
                                          ・生産性の向上
                       ・導入、モニタリングコスト
                                          ・許認可要件の充足
                       ・マーケットサイズの縮小
                                          ・差別化の推進
     社会構造の変化                  ・ボリュームゾーンの変化
                                          ・新規商品、サービス
     (少子化・晩婚化・高齢化)                  ・ニーズの変容
                       ・所得、資産格差
                       ・マーケット縮小                   ・新規事業/サービスの推進
     地方の活力低下                  ・資産価値の減退                   ・公的機関との連携
                       ・在庫リスク                   ・ドミナント戦略の推進
     (注) ※印は、人的資本関連課題であります。
     ・人材の多様性を含む人材の育成に関する方針及び社内環境整備に関する方針

      先行きの予測が困難な時代となり、これまで以上に柔軟な発想で、迅速な行動がとれる人材の確保が重要と認識して
     おります。また、当社グループでは創業以来、不動産業はお客様の夢をカタチにする事業であること、そして、社員自
     身も夢を持ち、その実現に向けて努力することが大切であると考えてまいりました。自分自身とお客様の夢の実現に向
     けて取り組む人材が当社グループの事業を支えており、これからの企業価値向上のためにも大切な価値観であると考え
     ております。
      当社グループでは不動産事業をワンストップで扱うビジネスモデルを展開していることから、幅広い知識と経験及び
     高い専門性を有する人材が必要であります。
      こうした考え方に基づき、当社グループでは、企業の成長ステージや営業エリアの拡大に合わせて即戦力のキャリア
     採用、異業種からの転職者、新卒採用などを通じて多様な人材の獲得を進めております。
      育成方針としては、知識や資格取得のための研修制度を充実することで学びの機会を増やし、また、事業推進におい
     て必須な項目については研修成果の評価プロセスを通じてモチベーションの維持を図ってまいります。
      社内環境の整備として、働き方の多様化を踏まえ、また、育児・介護といった各社員の家庭状況に応じた柔軟な業務
     内容や勤務形態が採れる体制の整備を進めてまいります。
      加えて、柔軟な配置転換や役割変更を実施することで多様なキャリアパスを用意し、高い意欲が損なわれない工夫を
     してまいります。
     ・社会課題対応に関する方針

      当社グループでは、コンプライアンス委員会やリスクマネジメント委員会において、当社の事業と関連性の高い社会
     課題の抽出を行い、各テーマに沿った研修や意見交換を実施しております。交わされた議論に基づき、当社グループの
     規模に応じて実行可能な施策に順次取り組んでまいります。
     (3)リスク管理

         サステナビリティ関連のリスク及び機会を識別、評価、及び管理するために、サステナビリティ委員会を推進役
        として位置付けております。同委員会は、代表取締役社長を議長とし、常勤取締役並びに執行役員により構成され
        ております。同委員会では、コンプライアンス委員会で議論される環境・ガバナンス関連の課題や、リスクマネジ
        メント委員会で取り上げられる環境・社会にかかわる事項の抽出や見直しを行い、経営会議を通じて目標設定や具
        体的なアクションプランの設定とモニタリングを行っております。
        取締役会はサステナビリティ委員会と連携し、効果測定や進捗率について協議を行い、当社グループの各事業計
       画や中期計画との整合を図りつつ、経営会議や各事業責任者への指導を通じて改善指導を行ってまいります。
     (4)指標及び目標

         上記「(2)戦略」において記載した環境関連課題への対応方針に基づき、モニタリングとして次の指標を用い
        ております。なお、当社グループは各社の業態、営業エリアが異なり、商品構成や規模が異なるため、提出会社の
        主要事業のうち、毎期一定量の供給等が見込まれる指標について具体的な目標を記載しております。
         なお、自社ビルのCO2排出量モニタリングは2024年3月期より開始する予定であり、現状を把握したうえで目標設
        定を検討してまいります。
                                 15/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
                 指標                目標          実績(当連結会計年度)
        住宅事業(和歌山エリア)
                            2030年 搭載率80%            搭載率52%
        新築太陽光搭載率
        住宅事業(和歌山エリア)
                            2030年 普及率50%            普及率11%
        ZEH比率
        自社ビルCO2排出量(従業員1人当たり)                    未設定            2023年4月よりモニタリング開始
         また、上記「(2)戦略」において記載した人材の多様性を含む人材の育成に関する方針及び社内環境整備に関

        する方針に基づき、モニタリングとして次の指標を用いております。なお、当社グループは状況の異なるM&A直
        後の子会社を含んでおり連結グループにおける記載が困難であるため、提出会社における指標について記載してお
        ります。
                 指標                目標        実績(当連結会計年度)
                              2030年      50%
        女性採用率 ※1                                     50%
        男女の賃金の差異 ※2                      2030年 100%               87%
        ※1 (年間女性採用数)÷(年間総採用数)
        ※2 労働者(管理監督者を除く)に関して、平均基本給(女性)÷平均基本給(男性)
                                 16/118















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     3【事業等のリスク】
       本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであり
      ます。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)社会経済情勢の変動について

         当社グループの事業は、景気、個人消費、金利、地価・不動産需要、各種税制及び補助制度等の動向により影響
        を受けます。景気の急速な悪化や個人消費の冷え込み、大幅な金利上昇、不動産需給の悪化、住宅税制の変更等が
        生じた場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         新型コロナウイルス感染症の再拡大や、新たなパンデミック発生等により景気全体が著しく悪化した場合には、
        一般顧客層の住宅購入意欲の低下や出店施策変更による賃貸需要の減退、賃料低下等が生じる可能性があり、当社
        グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         著しい販売不振が生じた場合には、販売促進のための費用増加や値引施策の実施等により採算悪化が生じるリス
        クがあり、これらのリスクが顕在化した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を及ぼす可
        能性があります。
      (2)土地の仕入について

         当社グループの事業は、賃貸又は分譲販売に用いる優良な土地を取得することが重要であり、取引事業者や金融
        機関等からの情報に基づき、不動産毎の立地、周辺環境、価格、顧客ニーズ等を踏まえた事業化・商品化を検討
        し、収益性等を考慮の上で新規取得を行っております。
         今後において、良質な不動産情報入手が困難となる場合や地価上昇その他の要因により収益性確保が可能な不動
        産が減少した場合及び、その他何らかの要因により取得が困難となった場合、当社グループの事業展開の制約要因
        となり、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)原材料・資材価格等の変動について

         当社グループの事業展開においては、戸建建築及びマンション等の建築において、木材・鉄材・セメント等の各
        種原材料・資材等を使用しております。それらの仕入価格は市場価格の変動により影響を受けており、今後におい
        て、原材料市況や需給、為替等の変動により仕入価格が高騰した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影
        響を及ぼす可能性があります。
         特に、海外での新築住宅需要の急増や商流の変動により、新築住宅建築に必要な材木価格が上昇傾向にありま
        す。仕様見直しや代替品確保等による企業努力で吸収できないコスト増分については、建築請負による販売利益の
        圧縮や営業計画の変更が必要となる可能性があります。
      (4)外注企業の活用について

         当社グループの各事業においては、開発用地のプランニング、開発許可申請、造成工事にかかる設計施工等につ
        いて外注企業を活用しております。また、「不動産開発・販売事業」においては、戸建建築等に際して、自社にて
        設計業務及び管理者(監理技術者・主任技術者)配置による施工管理業務を行うほか、施工工事等は外注企業を活
        用しており、「マンション事業」においては、設計から施工までの各工程について外注により対応しております。
        当社グループの事業運営において、外注活用の重要性は高いことから、外注企業の確保及び育成に努めておりま
        す。
         今後の事業展開において、外注企業にかかる十分なリソース確保が困難となった場合には、当社グループの事業
        拡大の制約要因となる可能性があるほか、外注企業の経営不振や請負契約の不履行、設計・施工上の不具合の発生
        やその他予期せぬ事象が発生した場合には、工事等の中断又は大幅な遅延、建設コストの上昇等により、当社グ
        ループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (5)契約不適合について

         戸建建築及び分譲マンションについては、宅地建物取引業法及び住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づ
        き、売主に対して物件引渡後10年間にかかる契約不適合責任が課せられております。
         当社グループは、開発、分譲及び販売等を行う不動産にかかる品質管理を徹底しており、土壌汚染、使用建材、
        耐火・耐震性能及び施工品質等について、自社及び第三者機関の検査等を含むチェック体制を構築しております。
         今後において、当社グループが供給する不動産について、販売・引渡し後に上記事項を含む何らかの契約不適合
        が判明した場合、当社グループに対する信頼性低下や損害賠償請求の発生等により、経営成績及び財政状態に影響
        を及ぼす可能性があります。
      (6)賃貸用不動産にかかる稼働率について

                                 17/118


                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         当社グループが展開する不動産賃貸においては、商業施設やオフィスビルにおける主要テナント企業の出店戦略
        変更等に伴う退去や、入居者獲得競争の激化等により、賃貸用不動産にかかる稼働率に低下が生じる可能性があり
        ます。また、代替テナント等の確保のため賃料引下げが必要となる場合もあり、これらの要因による収益性低下が
        当 社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (7)大型開発案件について

         当社グループは、着手から販売まで数年単位の期間を要する不動産開発を事業の軸としています。
         大規模開発には、用地取得等にかかる多額の投資が必要であるほか、開発許可取得、各種関係者の調整や工事等
        の多くの業務プロセスが必要であります。開発に際し、近隣住民等の反対運動が発生し結果としてプロジェクトの
        中止や遅延が発生する可能性があるほか、必要とされる許認可の取得や関係者の調整ができない場合は、事業が中
        止となるリスクを有しております。
      (8)エリア展開について

         当社グループの営業地域は、和歌山県を中心とした近畿エリアに集中しております。当該地域において、地域経
        済の悪化や人口動態に変化が生じた場合又は台風や地震等の大規模災害による影響が発生した場合には、当該エリ
        アにおける不動産市況等に影響が生じ、当社グループの経営成績及び財務状態に影響を及ぼす可能性があります。
         なお、当社グループは、当該地域を中心として事業エリア拡大を推進していく方針でありますが、新たな営業エ
        リアにおける競合や事業実績が限定的であること等に起因して、当社グループの想定する事業拡大が実現出来ない
        可能性があり、営業拠点分散に伴う業務効率の悪化等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼ
        す可能性があります。
      (9)人材の確保について

         当社グループの事業は、専門的な知識及び経験に加えて、不動産取引に係るソリューション提供や調整能力、高
        いコミュニケーション能力を有する人材が重要な要素であります。
         今後における事業拡大を図るため、優秀な人材の確保及び育成が必要であると考えておりますが、これらが計画
        通り進まない場合又は現在在籍する人材の流出が生じた場合には、当社グループの事業展開に影響が生じ、経営成
        績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)法的規制について

         当社グループの事業である不動産・建設・介護・飲食・温泉等に関する事業活動において、「宅地建物取引業
        法」、「建設業法」、「建築基準法」、「都市計画法」、「国土利用計画法」、「借地借家法」、「介護保険
        法」、「公衆浴場法」、「食品衛生法」及び関連法令等による法的規制を受けており、特に「宅地建物取引業法」
        に関しては当社の主要な事業活動の前提となっております。
         当社グループの事業に関係する許認可は下表のとおりであります。当社グループは、法令遵守に留意した事業展
        開を行っており、現時点において当該許認可が取消しとなる事由は発生しておりませんが、今後において何らかの
        理由により、当該許認可が取消される又はこれらの更新が認められない場合には、当社グループの事業活動に支障
        をきたすとともに、経営成績及び財政状態に重大な影響を与える可能性があります。
         また、将来において、当社グループの事業に関連する法規制等が改廃された場合や新たな法規制等が設けられた
        場合には、事業展開において制約要因となる可能性があります。
                                 18/118








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        許認可の名称             事業所名          許認可番号等/有効期限                   取消条項
                              国土交通大臣(2)第8520号
     宅地建物取引業
                                              宅地建物取引業法         第5条
                  和歌山本店           自 2018年10月19日
     (免許)
                              至 2023年10月18日
                              国土交通大臣
     一般建設業                         許可(般-3)第28183号
                                              建設業法     第7条・第8条
                  和歌山本店
     (許可)                         自 2021年6月18日
                              至 2026年6月17日
                              国土交通大臣
     特定建設業                         許可(特-3)第28183号
                                              建設業法     第15条・第17条
                  和歌山本店
     (許可)                         自 2021年6月18日
                              至 2026年6月17日
                              和歌山県知事登録         第(リ)136-2号
                  和歌山本店
                              自 2020年7月3日
                              至 2025年7月2日
     一級建築士事務所
                                              建築士法     第23条の4
     (登録)
                              大阪府知事(イ)第26063号
                  大阪本社           自 2021年4月16日
                              至 2026年4月15日
                              国土交通大臣(02)第000417号                賃貸住宅の管理業務等の適正
     賃貸住宅管理業者
                  和歌山本店           自 2021年8月13日                化に関する法律
     (登録)
                              至 2026年8月12日                第23条
     小規模不動産特定共同事業                         和歌山県知事(1)第1号
     事業者             和歌山本店           自 2020年9月2日                不動産特定共同事業法第53条
     (登録)                         至 2025年9月1日
     公衆浴場営業             株式会社ウェルネス・           和歌山県指令海保衛第09190003号
                                              公衆浴場法      第7条
     (許可)             コート           -
                              -
     訪問介護営業             株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
                              自 2019年8月1日
     (許可)             コート
                              至 2025年7月31日
     海南市介護予防・日常生活                         -
                  株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
     支援総合事業営業                         自 2022年9月1日
                  コート
     (許可)                         至 2025年8月31日
                              -
     居宅介護支援営業             株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
                              自 2020年7月1日
     (許可)             コート
                              至 2023年6月30日
                              -
     介護予防・訪問看護             株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
                              自 2019年1月1日
     (指定)             コート
                              至 2024年12月31日
                              -
     地域密着型通所介護営業             株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
                              自 2022年9月1日
     (許可)             コート
                              至 2028年8月31日
                              4-21-1-01-003
     飲食店営業             株式会社ウェルネス・           (LIC20210000005169)                食品衛生法
     (許可)             コート           自 2021年6月15日                第55条及び第56条
                              至 2027年6月30日
                              AIG損害保険株式会社
     損害保険代理店                         損害保険代理店委託登録番号                保険業法第280条
                  和歌山本店
     (登録)                         21661000579                民法第653条
                              -
                                 19/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (12)個人情報の管理について
         当社グループは、事業活動において顧客等の個人情報を取得しており、また、各種契約に際してはその性質上プ
        ライバシー性の高い情報を扱っております。当社グループは、個人情報の取り扱いにかかる社内規程及びマニュア
        ルの整備及び運用を実施すること等により厳正な管理を行っておりますが、不測の事態により情報漏洩が発生した
        場合、信用低下や企業イメージの毀損、また損害賠償請求等により経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性が
        あります。
      (13)不動産の引渡時期等による業績の変動について

         当社グループの「不動産開発・販売事業」及び「マンション事業」においては、不動産売買契約後において顧客
        に対する引渡をもって売上を計上する引渡基準を採用しております。
         当社グループの四半期業績は、不動産引渡しのタイミングにより売上及び利益が変動しており、大型開発案件の
        有無や各不動産の完成・引渡しの時期により大きく依存しております。当該要因から、四半期ごとの業績について
        は、必ずしも他の四半期業績と同水準にはならず、また、各四半期業績の偏重度合は過年度のそれと同様にならな
        い可能性があります。
         また、当社グループの計画に対して、販売活動や建築工事の遅延等に起因して、引渡時期が各決算期末を超える
        可能性があり、当社グループの通期経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。このほか、完成・引
        渡し不動産の取得価額や販売価格の高低等により業績が変動する場合、当社グループの通期経営成績及び財政状態
        に影響を及ぼす可能性があります。
      (14)有利子負債について

         当社グループは、販売用不動産及び賃貸用不動産にかかる不動産取得資金について、主に金融機関借入により
        賄っております。また、事業成長を目的としてこれら投資を継続していることから、当社グループの連結総資産額
        に占める有利子負債の割合は、当連結会計年度末時点で61.0%(前期58.4%)となっております。
         当該状況から、今後、金利の急激な上昇が発生した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及
        ぼす可能性があります。また、金融情勢の急速な変動等の何らかの理由により将来における十分な資金調達が困難
        となる場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (15)保有資産の減損について

         当社グループの保有資産について、棚卸資産においては販売用不動産(仕掛含む)が、固定資産においては賃貸
        用不動産が、それぞれ多くを占めております。不動産市況の著しい悪化等によりこれら棚卸資産及び固定資産の価
        値が下落した場合、評価損の計上や減損処理が適用され、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可
        能性があります。
      (16)訴訟等について

         当社グループの事業においては、不動産売買や賃貸借、土地開発、設計施工その他の各種取引、飲食や介護等に
        かかる各種サービス提供について、予期せぬトラブルや問題が生じるリスクがあり、その要因が当社グループに起
        因するか否かに拘らず、紛争等が発生する可能性があります。また、紛争等に対する対応が不適当であった場合等
        には、風評を含めた信頼性低下や訴訟に発展する可能性があり、場合によっては多額の費用負担が生じる可能性が
        ある等、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (17)大株主に関するリスク

         当社の代表取締役社長である山田茂は、当連結会計年度末現在で発行済株式総数の38.9%を保有しており、同氏
        の資産管理会社であるウィル・アセット株式会社が保有の7.0%と併せて45.8%を保有しております。同氏は、当
        社の創業者であり代表取締役社長であることから、引き続き安定株主として一定の議決権を保有し、その議決権行
        使に当たっては株主共同の利益を追求するとともに、少数株主の利益にも配慮する方針ですが、将来的に何らかの
        事情により同氏の当社株式が売却され議決権比率が低下した場合、当社株式の市場価格及び議決権の行使に影響を
        及ぼす可能性があります。
      (18)M&Aに関するリスク

         当社グループでは、事業領域の拡大や新たな収益獲得のためにM&Aを実施する場合があります。当社グループの
        経常的なビジネスモデルと異なり、投資先の探索については、対象企業ごとに状況が大きく異なり、安定的に優良
        案件を獲得できるとは限りません。また、M&A実施時に発生する一時的なコストにより、業績が悪化する可能性が
        あります。また、想定した事業計画が予定通り進捗しない場合は、のれんの減損処理等により当社グループの経営
        成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 20/118


                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        (以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ① 財政状態の状況

         (資産)
          当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ3,548,615千円増加し、41,439,576千円とな
         りました。
          これは主に、仕掛販売用不動産が2,608,477千円増加したこと及び有形固定資産が2,657,992千円増加したこと
         並びにのれんが425,592千円増加した一方で、販売用不動産が2,141,439千円減少したことによるものでありま
         す。
         (負債)

          当連結会計年度末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ757,169千円増加し、30,552,116千円となり
         ました。
          これは主に、支払手形及び買掛金が2,378,906千円減少した一方で、借入金が3,150,550千円増加したことによ
         るものであります。
         (純資産)

          当連結会計年度末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ2,791,445千円増加し、10,887,460千円と
         なりました。
          その主な要因は        、 利益剰余金が1,200,866千円増加したことによるもの及び東京証券取引所スタンダード市場へ
         の上場に伴う公募増資やストック・オプションの行使により資本金及び資本準備金がそれぞれ791,478千円増加
         したことによるものであります              。
        ② 経営成績の状況

          当連結会計年度におけるわが国の経済は                    、 新型コロナウイルスの影響による大幅な落ち込みから段階的な社会
         経済活動の再開に伴う緩やかな回復基調となりました。一方で、世界的な金融引き締めや、地政学的リスクの顕
         在化により資源価格の高騰と物価上昇が進んでおり、今後の景気の下振れが懸念されております。
          当社グループの属する不動産市場に関しては、各種経済対策や継続的な低金利環境により、需要は底堅く推移
         していると認識していますが、昨今の国際金融情勢の変化を踏まえた国内政策金利の動向や、物価高による消費
         マインドの減退といった要素が不動産市況に与える影響について注視が必要です。また、コロナ禍で急速に広
         がったリモートワークの影響で、郊外における住居ニーズの高まりや、オフィス需要の縮小などが一部ございま
         したが、ポストコロナにおいてこうした傾向が継続するのかどうか慎重な見極めが必要であります。
          当社グループは        、 不動産開発を通じて         、 土地の価値が最大限に発揮される可能性を追求する事業に取り組んで
         おり、特定の建物用途に固執せず                、「  土地を起点とした発想          」 で中長期的なキャッシュ・フローの最大化ができ
         るように、時代の変化に応じて柔軟な事業展開を行っております                              。 不動産売却による利益の一部は              、 賃貸用不動産
         の獲得に投資し       、 安定収益の上積みを継続することを基本戦略としております                            。
          当社グループは、開発した不動産の用途と収益形態に応じて、①商業施設や共同住宅等の賃貸用不動産の保有
         により賃料収入を得る「不動産開発・賃貸事業」、②戸建用地や産業用地の分譲販売と住宅建築を行う「不動産
         開発・販売事業」、③マンションの企画開発及び分譲販売を行う「マンション事業」、④高齢者向けサービス事
         業等を行う「その他の事業」の4事業に区分して展開しております。
          このような状況の下、当社グループの当連結会計年度の経営成績は、売上高18,626,327千円(前年同期比
         2.9%減)、営業利益2,508,766千円(前年同期比12.5%減)、経常利益2,134,492千円(前年同期比16.4%
         減)、親会社株主に帰属する当期純利益1,307,386千円(前年同期比18.4%減)となりました。
          セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

         (不動産開発・賃貸事業)
          当セグメントにおきましては、共同住宅物件並びに商業用不動産の稼働が堅調に推移しました。新たに、期中
         においてオフィスビル(和歌山県和歌山市)等の取得に成功したことに加えて、2023年1月に子会社化した株式
         会社エルアンドビーにおいても、埼玉県下を中心に賃貸用不動産を所有しており、保有不動産の用途やエリアの
         分散化が進められました。
          これらの結果、セグメント売上としては2,466,090千円(前年同期比2.2%増)、セグメント利益は824,055千
         円(前年同期比2.4%増)となりました。
                                 21/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (不動産開発・販売事業)
          当セグメントにおきましては               、 法人向けの産業用地販売に関して、前期に続き、一定規模の土地売却に成功し
         ました。
          一般顧客向けの分譲地販売・戸建販売に関して、コロナ禍の影響が残る中で上半期の和歌山エリア展示場での
         集客が弱く、下半期の引渡しに伸び悩みました。建築コストに関して、資材価格の高騰がありましたが、商品仕
         様の見直しや広告宣伝・販売促進活動の工夫により資材高騰分の吸収に成功したことで、一定の利益率を維持す
         ることができました。西宮エリアでは、「夙川                      St  Terrace    秀麗の丘」の在庫販売を中心として予定通りの販売
         進捗となりました。
          これらの結果、セグメント売上としては5,609,457千円(前年同期比6.2%減)、セグメント利益は1,318,252
         千円(前年同期比30.2%減)となりました。
         (マンション事業)

          当セグメントにおきましては               、 一部の物件について、販売開始直後の集客に弱含みがありましたが、次第に客
         足が回復し、若干計画を上回るペースで進捗しました。当期は前期完成在庫の販売に加えて、新規完成物件であ
         るコンパクトマンションシリーズのアウラ上本町(総戸数39戸)、アウラ京町堀(総戸数48戸)と、主力ブラン
         ド商品のユニハイム平野本町(総戸数46戸)、ユニハイム東住吉フォレスト(総戸数54戸)等を中心として、
         277戸の引渡しがありました。
          これらの結果、セグメント売上としては10,282,740千円(前年同期比2.2%減)、セグメント利益は1,089,991
         千円(前年同期比59.2%増)となりました。
         (その他の事業)

         当セグメントにおきましては               、 シニア事業に関しては、高齢者向けマンションの入居率が90%と高稼働を維持
        し、これに伴い介護関連サービスの利用も堅調となりました。レジャー事業に関しては徐々に回復基調にあるもの
        の、コロナ前の水準に戻るにはもう少し時間を要すると考えています。
          これらの結果、セグメント売上としては268,038千円(前年同期比0.6%減)、セグメント利益は66,252千円
         (前年同期比20.9%減)となりました。
        ③ キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前連結会計年度末に比べ225,380
         千円減少し、3,667,029千円(前事業年度末比5.8%減)となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果、使用した資金は1,030,985千円(前年同期は4,997,710千円の収入)となりました。主な増加
         要因は、税金等調整前当期純利益2,110,194千円、減価償却費527,281千円であり、主な減少要因は、仕入債務の
         減少額2,514,781千円及び法人税等の支払額1,250,992千円であります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果、使用した資金は2,711,263千円(前年同期は1,107,960千円の支出)となりました。主な減少
         要因は、定期預金の増加額429,394千円及び有形固定資産の取得(主に賃貸用不動産の取得)による支出
         1,862,214千円並びに連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出411,232千円であります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果、得られた資金は3,516,868千円(前年同期は3,027,818千円の支出)となりました。主な増加
         要因は、長期借入れによる収入9,579,020千円及び株式の発行による収入1,572,624千円であり、主な減少要因
         は、短期借入金の純減額1,871,474千円及び長期借入金の返済による支出5,656,782千円であります。
                                 22/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ④ 生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
           当社グループが営む事業では、生産実績を定義することが困難であるため「生産実績」は記載しておりませ
          ん。
         b.受注実績

           当社グループでは、受注生産として、注文建築の請負工事が該当しますが、金額の重要性が低いため「受注
          実績」としての記載は省略しております。
         c.販売実績

           当連結会計年度の販売実績は、次のとおりであります。
             セグメントの名称                     金額(千円)                前年同期比
     不動産開発・賃貸事業                                  2,466,090                2.2%増

     不動産開発・販売事業                                  5,609,457                6.2%減

     マンション事業                                  10,282,740                 2.2%減

     その他の事業                                   268,038               0.6%減

                合計                       18,626,327                 2.9%減

     (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2021年4月1日                  (自 2022年4月1日
            相手先               至 2022年3月31日)                  至 2023年3月31日)
                        金額(千円)          割合(%)         金額(千円)          割合(%)

     ニデックグローバルサービス株式会社                      2,190,000            11.4          -         -

      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計方針及び見積りに用いた仮定

          当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)
         連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しておりますが、特に下
         記の会計方針が連結財務諸表作成に係る重要な見積りの判断等に影響を及ぼすと考えております。
         a.賃貸不動産(固定資産)の減損

           当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、減損の要否を検討しております。将来の事
          業計画や市場環境の変化により、減損の兆候が発生した場合、減損損失を計上する可能性があります。
           なお、当連結会計年度末の賃貸不動産(固定資産)の減損に関する算定は「第5 経理の状況 1 連結財
          務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。
         b.繰延税金資産

           当社グループの繰延税金資産については、将来の課税所得を合理的に見積り、回収可能性を判断し計上して
          おります。市場環境の変化等により課税所得の見積り額が変動した場合や、税制改正により実効税率が変更さ
          れた場合及び将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、翌連結会計年度以降の連結
          財務諸表において認識する繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に重要な影響を与える可能性があります。
         c.販売用不動産の評価

           当連結会計年度末の販売用不動産の評価に関する見積りに用いた仮定は「第5 経理の状況 1 連結財務
          諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)4.会計方針に関
          する事項」に記載のとおりであり、当連結会計年度末の販売用不動産の評価に関する算定については、「第
          5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載の
          とおりであります。
                                 23/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
         a.経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討
          (売上高)
           当連結会計年度における売上高は18,626,327千円(前年同期比2.9%減)となりました。これは主に、マン
          ション事業において、ファミリー向けの分譲マンションを277戸(前期282戸)引き渡したことによる売上高が
          10,282,740千円(前年同期比2.2%減)、不動産開発・販売事業において、土地販売89区画(前期100区画)・
          戸建販売69棟(前期81棟)の引渡しをしたことによる売上高5,609,457千円(前年同期比6.2%減)を計上した
          ことによるものであります。
          (売上原価、売上総利益)

           当連結会計年度における売上原価は13,462,004千円(前年同期比0.8%減)となりました。これは主に売上
          高の減少に伴う原価の減少によるものであります。
           この結果、売上総利益は5,164,322千円(前年同期比7.8%減)となりました。
          (販売費及び一般管理費、営業利益)

           当連結会計年度における販売費及び一般管理費は2,655,556千円(前年同期比3.0%減)となりました。これ
          は主に、住宅・マンションの売上戸数に応じた広告宣伝費や販売促進費等の変動費用が減少したことによるも
          のであります。
           この結果、営業利益は2,508,766千円(前年同期比12.5%減)となりました。
          (営業外損益、経常利益)

           当連結会計年度における営業外収益は60,085千円(前年同期比35.1%減)となりました。これは主に受取保
          険金の減少によるものであります。また、営業外費用は434,359千円(前年同期比7.1%増)となりました。こ
          れは主に、支払手数料の増加によるものであります。
           この結果、経常利益は2,134,492千円(前年同期比16.4%減)となりました。
          (特別損益、親会社株主に帰属する当期純利益)

           当連結会計年度における特別利益は27千円(前年同期は5,793千円)となりました。これは、固定資産売却
          益の減少によるものであります。また、特別損失は24,325千円(前年同期比84.3%減)となりました。これは
          主に、固定資産除却損の減少によるものであります。
           当連結会計年度における法人税等合計は802,808千円(前年同期比0.2%増)となりました。
           この結果、親会社株主に帰属する当期純利益は1,307,386千円(前年同期比18.4%減)となりました。
         b.当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因

           「第2 事業の状況 3 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
         c.キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

           当連結会計年度中におけるキャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者に
          よる財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③キャッ
          シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
           当社グループの資金需要の主なものは、販売用及び賃貸用不動産の取得資金であります。その所要資金につ
          いては自己資金、金融機関からの借入及び社債発行等により調達しており、案件ごとに調達条件を検討して決
          定しております。
        ③ 財政状態の分析

          「第2 事業の状況 4 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営
         成績等の状況の概要 ①財政状態の状況」に記載のとおりであります。
        ④ 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の進捗状況について

          当社グループは、不動産開発を基礎として、不動産の仕入から販売に至るまでをフルラインでカバーすること
         で高い収益性を達成することを目指しております。目標達成状況を判断する材料として、自己資本当期純利益率
         (ROE)を客観的な指標としております。
          なお、過去2年間の自己資本当期純利益率(ROE)は以下のとおりであります。

                 決算年月                2022年3月期             2023年3月期
         自己資本当期純利益率(ROE)                          21.9%             13.8%
                                 24/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     5【経営上の重要な契約等】
      (1)フランチャイズ契約
         当社は、初契約日を2019年9月30日付とした「GLホームフランチャイズチェーン加盟契約書」を株式会社LI
        XIL住宅研究所と締結しております。契約の概要といたしましては、契約期間を2022年9月30日から2025年9月
        29日までとした契約更新型の「GLホーム住宅の建築・販売」に関するフランチャイズ契約となっております。ロ
        イヤリティとして固定的費用と売上高に応じた変動的費用を支払っております。
     6【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 25/118

















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当連結会計年度の設備投資の総額は                 1,862,214     千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとお
      りであります。なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
      (1)不動産開発・賃貸事業

         当連結会計年度の主な設備投資の内容は、賃貸用不動産の取得及び改修であり、その総額は                                           1,815,141     千円であ
        ります。
         除却及び売却については、賃貸用不動産(3件)の立体駐車場撤去工事等に伴う除却を行っており、合計で
        24,325千円であります。
      (2)不動産開発・販売事業

         当連結会計年度の主な設備投資の内容は常設住宅展示場の設置等であり、その総額は                                        38,724   千円であります。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (3)マンション事業

         当連結会計年度の主な設備投資はありません。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (4)その他の事業

         当連結会計年度の主な設備投資の内容は、設備等の取得であり、その総額は                                    2,361   千円であります。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (5)全社共通

         当連結会計年度の主な設備投資の内容は、設備等の取得であり、その総額は                                    5,657   千円であります。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 26/118












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     2【主要な設備の状況】
      (1)提出会社
                                                  2023年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)

         事業所名         セグメントの                                      従業員数
                         設備の内容
        (所在地)           名称              建物及び       土地                (名)
                                             その他      合計
                                 構築物     (面積㎡)
                  全社共通
                                       104,804
     中之島801ビル                     本社機能
                 不動産開発・                269,199            2,261     376,265        48
     (和歌山県和歌山市)                    賃貸用不動産
                                       (2,317)
                  賃貸事業
                                       228,442
     サンシティ広瀬            不動産開発・
                         賃貸用不動産         246,704              -   475,146        -
     (和歌山県和歌山市)             賃貸事業
                                       (2,800)
                                        75,054
     ウェルネス・コート海南            不動産開発・        高齢者向け
                                  244,634            7,634     327,323        -
     (和歌山県海南市)             賃貸事業      賃貸マンション
                                       (4,091)
                                      1,720,133
     奈良パワーシティ            不動産開発・
                         賃貸用不動産         572,459      (13,292)        -  2,292,592         -
     (奈良県奈良市)             賃貸事業
                                       [24,582]
     レイクサイドガーデン            不動産開発・                     1,152,538
                         賃貸用不動産         410,173              -  1,562,712         -
     (滋賀県大津市)             賃貸事業                    (23,850)
                                       606,226
     シェモア平野            不動産開発・
                         賃貸用不動産         508,874            5,676    1,120,776         -
     (大阪市平野区)             賃貸事業
                                       (2,926)
                                       186,990
     シェモア平野駅前            不動産開発・
                         賃貸用不動産         216,834              -   403,824        -
     (大阪市平野区)             賃貸事業
                                        (859)
                                       183,009
     エンゼルプラザ瀬田駅前            不動産開発・
                         賃貸用不動産         421,988              -   604,997        -
     (滋賀県大津市)             賃貸事業
                                        (812)
                                       902,310
     グランド西長堀            不動産開発・
                         賃貸用不動産         191,897              0  1,094,207         -
     (大阪市西区)             賃貸事業
                                        (542)
     (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.帳簿価額のうち「その他」は、機械装置、工具器具・備品及びリース資産の合計額であります。
         3.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。
         4.ウェルネス・コート海南は、連結子会社に賃貸しております。
         5.奈良パワーシティは、建物及び土地の一部を賃借しており、年間賃借料は112,622千円であります。なお、
           賃借している土地の面積については、[ ]で外書きしております。
         6.上記の他、連結会社以外から賃借している主要な設備の内容は、下記のとおりであります。
          事業所名                                         賃借料
                      セグメントの名称               設備の内容
          (所在地)                                         (千円)
     ヤマイチGARDEN紀伊川辺Ⅰ
     他2件                不動産開発・賃貸事業               賃貸用不動産                   218,446
     (和歌山県和歌山市)
      (2)国内子会社

         該当事項はありません。
      (3)在外子会社

         該当事項はありません。
     3【設備の新設、除却等の計画】

      (1)重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
      (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 27/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                      21,300,000

                  計                                    21,300,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在            提出日現在         上場金融商品取引所名
       種類       発行数(株)           発行数(株)         又は登録認可金融商品                 内容
             (2023年3月31日)           (2023年6月28日)             取引業協会名
                                              完全議決権株式であり、権利
                                              内容に何ら限定のない当社に
                                    東京証券取引所
                  7,176,100           7,176,100
      普通株式                                        おける標準となる株式であり
                                   (スタンダード市場)
                                              ます。なお、単元株式数は
                                              100株であります。
                  7,176,100           7,176,100
        計                                -             -
     (注)1.2022年6月20日に東京証券取引所スタンダード市場に上場しております。
         2.提出日現在の発行数には、2023年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
           行された株式数は、含まれておりません。
                                 28/118













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                         2019年3月28日
                              当社並びに当社子会社の取締役7名
     付与対象者の区分及び人数                         当社並びに当社子会社の執行役員2名
                              当社並びに当社子会社の従業員69名(注)1
     新株予約権の数(個) ※                         2,620(注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                              普通株式 26,200(注)2、5
     (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                         260 (注)3、5
     新株予約権の行使期間 ※                         2021年3月29日~2029年3月28日

     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式                         発行価格  260
     の発行価格及び資本組入額(円) ※                         資本組入額 130(注)5
                               新株予約権者は、権利行使時において当社又は当社子会社の取
                              締役、執行役員、従業員のいずれかの地位を有していることを要
     新株予約権の行使の条件 ※                         する。ただし、取締役会が認めた場合はこの限りでない。
                               その他の条件は、当社と新株予約権者との間で締結した「新株
                              予約権割当契約書」で定めるところによる。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                          新株予約権は、譲渡することができない。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                              (注)4
     項 ※
     ※ 当事業年度の末日(2023年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2023年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
     (注)1.付与対象者の権利行使、当社従業員等の退職による権利喪失、取締役の辞任により、有価証券報告書提出日

           現在、付与対象者の区分及び人数は、当社子会社の取締役1名、当社執行役員1名、当社並びに当社子会社
           の従業員21名、その他1名となっております。
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株であります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
           整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
         3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後払込金額=調整前払込金額×
                            分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
           式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数+
                                          1株当たり時価
            調整後払込金額=調整前払込金額×
                                 既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が、合併消滅会社となる合併契約が当社株主総会で承認されたとき、又は当社が完全子会社となる株式
           交換契約もしくは株式移転計画が当社株主総会(株主総会決議が不要の場合は、当社取締役会)で承認され
           たときは、当該合併、株式交換又は株式移転の効力発生日以後、本新株予約権は行使することができない。
         5.2019年11月11日開催の当社取締役会の決議に基づき、2019年12月5日付をもって普通株式1株を10株に分割
           したことにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金
           額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されてお
           ります。
                                 29/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     2019年12月5日
                   4,793,400       5,326,000           -     45,000         -       -
     (注)1
     2022年6月19日
                   1,700,000       7,026,000        746,937       791,937       746,937       746,937
     (注)2
     2022年7月20日
                    80,900      7,106,900         35,545       827,482        35,545       782,482
     (注)3
     2022年6月20日~
     2023年3月31日               69,200      7,176,100         8,996      836,478        8,996      791,478
     (注)4
     (注)1.株式分割(1:10)によるものであります。
        2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格                         950円
          引受価額                    878.75円
          資本組入額                   439.37円
        3.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
          発行価格                     878.75円
          資本組入額                  439.375円
          割当先     野村證券㈱
        4.新株予約権の行使による増加であります。
      (5)【所有者別状況】

                                                    2023年3月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満
        区分      政府及び                       外国法人等                  株式の状況
                        金融商品     その他の
              地方公共     金融機関                         個人その他       計    (株)
                        取引業者      法人
               団体                    個人以外      個人
     株主数(人)            -      2     16     44      6     4   2,000     2,072      -
     所有株式数(単元)            -    1,673     2,323     20,686      676      45   46,343     71,746      1,500
     所有株式数の割合
                 -    2.33     3.24     28.83      0.94     0.06     64.59     100.00       -
     (%)
                                 30/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2023年3月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                             所有株式数       除く。)の総数
           氏名又は名称                     住所
                                              (株)       に対する所有
                                                     株式数の割合
                                                      (%)
                                              2,789,800           38.9
     山田 茂                  和歌山県和歌山市
     Ys'  Assortment株式会社                                       1,500,000           20.9
                       和歌山県和歌山市西浜1丁目3番36号
                                               500,000          7.0
     ウィル・アセット株式会社                  和歌山県和歌山市西浜1丁目2番9号
                                               266,200          3.7
     堂村 眞由美                  和歌山県和歌山市
     株式会社日本カストディ銀行
                       東京都中央区晴海1丁目2-1                        160,500          2.2
     (信託口)
                       東京都中央区日本橋1丁目17-6                        143,300          2.0
     岡三証券株式会社
                                                60,000          0.8
     小川 由晃                  和歌山県和歌山市
     BBH LUX/BROWN BRO
                       80 ROUTE D‘ESCH LUXE
     THERS HARRIMAN (L
                       MBOURG LUXEMBOURG L
     UXEMBOURG) SCA CU
                       -1470
     STODIAN FOR SMD-A
     M FUNDS - DSBI JA
                                                49,900          0.7
     PAN EQUITY SMALL 
     CAP ABSOLUTE VALU
     E
     (常任代理人 株式会社三井住友銀行)
                       (東京都千代田区丸の内1丁目1番2号)
                                                42,800          0.6
     後和 信英                  和歌山県和歌山市
                                                38,800          0.5
     大岩 徳成                  和歌山県和歌山市
                                                38,800          0.5
     田中 智弘                  神奈川県海老名市
                                              5,590,100           77.9
             計                   -
                                 31/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2023年3月31日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                         -            -         -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -         -

     議決権制限株式(その他)                         -            -         -

     完全議決権株式(自己株式等)                         -            -         -

                                             完全議決権株式であり、権利内
                                             容に何ら限定のない当社におけ
                           7,174,600              71,746
     完全議決権株式(その他)               普通株式                         る標準となる株式であります。
                                             なお、単元株式数は100株であ
                                             ります。
                             1,500
     単元未満株式               普通株式                      -         -
                           7,176,100
     発行済株式総数                                      -         -
                                         71,746
     総株主の議決権                         -                     -
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
     2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】 該当事項はありません。
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
     3【配当政策】

       当社の配当政策の基本方針としましては、収益力の強化や事業基盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況及び
      企業を取り巻く事業環境を勘案したうえで、株主に対して安定的かつ継続的な利益還元を実施する方針であります。
      内部留保資金につきましては、事業拡大を目的とした中長期的な事業原資として利用していく予定であります。
       また、剰余金の配当を行う場合の決定機関は株主総会となっております。期末配当の年1回を基本としております
      が、業績の見通しに基づき、状況に応じて中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款に定めてお
      ります。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
              決議年月日                 配当金の総額(千円)               1株当たり配当額(円)

             2023年6月28日
                                        215,283                30.00
             定時株主総会決議
                                 32/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、常に実効性の高いコーポレート・ガバナンス体制の構築を継続して追求することを重要な経営課題と
         して位置づけております。そのために、透明性・公正性の高い経営に努めるとともに、全てのステークホルダー
         との適切な協議を行い、持続的な成長及び長期的な企業価値の発展を目指し、次の基本的な考え方に沿って、
         コーポレート・ガバナンスの充実に取り組みます。
          ・株主の権利を尊重し平等性が確保されるように適切に対応します。
          ・全てのステークホルダーとの適切な協議に努めます。
          ・会社情報を適切に開示し、平等性、透明性が確保されるように適切に対応します。
          ・取締役会等が、その役割と責任を適切に果たすように努めます。
          ・業績を適切に反映した配当を安定的かつ継続的に行えるよう、株主との建設的な対話を行えるよう努めま
           す。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         ・企業統治の体制の概要
          当社は取締役8名からなる取締役会、監査等委員である取締役3名(3名は社外取締役)からなる監査等委員
         会、代表取締役社長直轄の内部監査室並びに第三者としての公正な立場で財務諸表の内容及び会計処理の適正に
         ついて監査を実施する会計監査人による実効性の高いコーポレート・ガバナンス体制を整備しております。この
         体制は固定的なものではなく、今後も継続的に改良改善の推進が重要な経営課題であると認識しております。
          当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は次のとおりになります。

                                 33/118













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          a.取締役会
            当社の取締役会は、代表取締役社長 山田茂が議長を務めております。その他の構成員は、専務取締役 
           山田裕之、取締役 園田賢志、取締役 國定主征、取締役 川上確(社外取締役)、監査等委員である3名
           の取締役 取締役 松原広幸(社外取締役)、取締役 谷口博則(社外取締役)、取締役 寺戸高史で構成
           されております。取締役会は経営方針その他経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行
           を監督しております。原則として毎月1回の定時取締役会を開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催して
           おります。
          b.監査等委員会

            当社は監査等委員会設置会社であります。常勤の監査等委員である取締役 谷口博則(社外取締役)が議
           長を務めております。その他の構成員は、非常勤の監査等委員である取締役 松原広幸(社外取締役)、及
           び寺戸高史(社外取締役)であり、議長を含む合計3名で構成されております。常勤の監査等委員が社内の
           重要会議や稟議書類の閲覧を通じて、必要に応じた意見を述べる等の日常継続的な監査を行う体制を維持す
           ることに加え、すべての監査等委員に対し、監査等委員会の決議により、独立した立場から業務執行状況の
           調査及び監査を実施する権限等を付与できる体制としております。原則として毎月1回の定時監査等委員会
           を開催し、必要に応じて臨時監査等委員会を開催しております。
          c.経営会議

            当社の取締役会決議事項の事前確認やその他の重要事項についての審議を行う機関であり、原則として毎
           月2回開催しております。
            代表取締役社長 山田茂が議長を務めており、その他の構成員は、専務取締役 山田裕之、取締役 園田
           賢志、取締役 國定主征、、監査等委員である取締役 谷口博則(社外取締役)、執行役員 浅井三義、執
           行役員 天堀充信、執行役員 伊藤由哉、執行役員 藤井一嘉、副本部長 古賀学で構成されております。
            この他、議題や内容に応じて、取締役 川上確(社外取締役)、監査等委員である取締役 松原広幸(社
           外取締役)、監査等委員である取締役 寺戸高史(社外取締役)等が参加しております。
          d.内部監査室

            内部監査室は内部監査室長 井畑尚隆が内部監査規程に基づき、子会社を含む各部門の業務活動に関し
           て、実行可能性、収益性、手続きの適正性、効率性、コンプライアンス遵守等を検証し、改善のための提言
           または是正のための勧告を行っております。
          e.コンプライアンス委員会

            コンプライアンス委員会は、代表取締役社長 山田茂が委員長を務めております。その他の構成員は、専
           務取締役 山田裕之、取締役 園田賢志、取締役 國定主征、監査等委員である取締役 谷口博則(社外取
           締役)、内部監査室長 井畑尚隆、及び各社各部のコンプライアンス担当者等により構成されております。
           コンプライアンス遵守のための方針の策定、教育等に関する企画、不祥事等が発生した場合の再発防止策の
           検討を行っております。
          f.リスクマネジメント委員会

            リスクマネジメント委員会は、代表取締役社長 山田茂が委員長を務めております。その他の構成員は、
           専務取締役 山田裕之、取締役 園田賢志、取締役 國定主征、監査等委員である取締役 谷口博則(社外
           取締役)、執行役員 浅井三義、執行役員 天堀充信、執行役員 伊藤由哉、及び部長等の業務執行部門の
           従業員により構成されております。リスク対策を適切に行うため、予見されるリスクの洗い出し・評価・防
           止策等の方針及び施策等を検討しております。
          g.サステナビリティ委員会

            「第2 事業の状況 2 サステナビリティに関する考え方及び取組」に記載のとおりであります。
          h.会計監査人

            当社は仰星監査法人と監査契約を締結し、公正不偏の立場から会計に関する監査を受けております。
         ・当該企業統治の体制を採用する理由

          当社の現在の事業規模・事業内容を考慮し、現行の企業統治体制が、効果的な経営監視機能を実現しながら迅
         速かつ適切な経営判断・業務執行を行うことが可能であると判断し、当該体制を採用しております。
                                 34/118


                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ③ 企業統治に関するその他の事項
         ・内部統制システムの整備の状況
           当社の内部統制システムは、取締役会にて「内部統制システムに関する基本方針」を決議しており、取締役
          の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制並びにその他業務の適正を確保するための
          体制を適切に運用しております。
           なお、当社の内部統制システムの整備状況は次のとおりであります。
          a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

            取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、「ヤマイチグループ行動憲章」「コ
           ンプライアンス規程」を定めており、コンプライアンス委員会の運営を通じて定期的にコンプライアンス勉
           強会を実施しております。また、「内部通報制度管理規程」を定め、コンプライアンス上疑義のある行為等
           を知った場合に、報告・相談等を行うことができる「相談窓口」を設置しております。
          b.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

            取締役会を意思決定・監督機関と位置づけ、運営及び付議事項等は、「取締役会規程」「取締役会付議事
           項」にて定められております。取締役会は、全役職員が共有する毎年度の経営方針、経営計画、部門目標を
           決定し、各担当取締役、部門長は、これらに沿って効率的な業務遂行を実践することとしております。
          c.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

            取締役の職務の執行に係る情報については、文書(電磁的記録を含む)の整理、保管・保存を定めた「文
           書管理規程」に基づき適正な管理及び保存を行い、株主総会・取締役会・各会議及び委員会については、議
           事録を作成し適切に管理・保存します。秘密情報は「秘密情報管理規程」に基づき、区分に応じて定められ
           る管理規程に従い適切に管理し、個人情報については、法令及び「個人情報保護規程」に基づき厳正に管理
           します。
          d.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

            リスクに関する事項の一元管理とリスク発生時の対応を的確に行うため「リスクマネジメント統括規程」
           を定めており、代表取締役社長を委員長とするリスクマネジメント委員会を設置し、的確かつ迅速な対応が
           取られる体制を整備しております。内部監査室は、リスク管理体制の有効性及び適切性について監査を行
           い、その結果を、代表取締役社長を通じて取締役会に報告するとともに、必要に応じてリスクマネジメント
           委員会並びに被監査部門に改善すべき事項を示達し、その改善状況の検証を行います。
          e.当社及びその子会社から成るグループ企業における業務の適正を確保するための体制

            当社及びグループ企業は、情報の共有を図るための会議等を開催します。また、子会社の業務執行に係る
           重要事項については、当社の取締役会に付議するなど適切な関係を構築しております。内部監査室は、グ
           ループ企業に対し業務の有効性等の監査を行います。監査等委員会は、グループ企業に対し往査を含め監査
           を行うとともに、グループにおける業務の適正を確保するため、監査に関して子会社の取締役、監査役と意
           見交換等を行うなど連携を図ります。
          f.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項並びにその独立性及び指示の実効性の確保に関する

           事項
            監査等委員会がその職務を補助すべき職員の配置を求めた場合は、取締役会において協議のうえ、監査の
           対象となる業務等について十分な能力を有する者を配置します。監査等委員会の職務を補助すべき者に対す
           る業務遂行上の指示命令権は、監査等委員会に移譲します。また、その者に対する勤務評価、配置換等は、
           監査等委員会と協議します。
          g.財務報告の信頼性を確保するための体制

            当社グループでは、財務諸表及び財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性のある情報の信頼性を確保するた
           めに、業務分掌による牽制、日常的なモニタリング、独立的評価等を実施し、財務報告の適正性を確保する
           体制を運用しています。
                                 35/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          h.反社会的勢力を排除するための体制
            反社会的勢力対応規程を制定しており、反社会的勢力の不当な介入を許さず断固として排除する方針を明
           確にしています。全契約について契約書への暴排条項の記載と、定期的な取引先の調査を実施し、反社会的
           勢力との関わりを一切排除しています。
          i.監査等委員会への報告及び報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けないことを確保するための

           体制
            内部通報制度等を利用して監査等委員会への報告を行った者が当該報告を理由として、不当な取扱を行う
           ことを禁止しております。監査等委員会に報告を行った者の個人情報及び報告内容を開示してはならないこ
           ととしております。また、不当な取扱を行った者がいた場合は、「内部通報制度管理規程」、「就業規則」
           に則り厳正な処分を行います。
          j.監査等委員会の職務の執行について生じる費用又は債務に関する事項

            監査等委員会の職務の執行について生じる費用又は債務については速やかに支払うものとします。
          k.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

            監査等委員会は、重要な意思決定の過程及び業務執行の状況を把握するため、取締役会等の会議に出席し
           ます。監査等委員会は、取締役等や部門長とのミーティング、子会社への往査を定期的に実施します。
         ・リスク管理体制の整備状況

          当社のリスク管理体制は、様々な経営リスクについて統括的に管理を行うリスクマネジメント委員会及び法
         令・諸規則等の遵守を徹底するためのコンプライアンス委員会を設置しており、当社の重要会議である取締役会
         及び経営会議と連携し、多面的かつ多層的にコーポレート・ガバナンスの実効性を高めております。また、当社
         の子会社の業務の適正を確保するため、「関係会社管理規程」を定め、定期的に経営状況の報告を義務付けると
         ともに、事前に親会社の承諾を得る事項を定めることで必要な牽制機能を整備しております。
         ・取締役の定数

          当社では、定款にて取締役(監査等委員である取締役を除く。)の員数を7名以内、監査等委員である取締役
         の員数を5名以内とそれぞれ定めております。
         ・取締役の選解任の決議要件

          当社では、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、
         その議決権の過半数をもって行い、累積投票によらない旨を定款で定めております。また、解任決議は、議決権
         を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う
         旨を定款で定めております。
         ・中間配当

          当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議に
         よって毎年9月30日を基準として中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
         ・自己株式の取得

          当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行するこ
         とを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己株
         式を取得することができる旨を定款で定めております。
         ・取締役の責任免除

          当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締
         役(取締役であったものを含む。)の賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定めてお
         ります。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たし得る
         環境を整備することを目的とするものであります。
                                 36/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         ・責任限定契約の内容
          当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。以下「非業務執行取締役」という。)は、会社法第423
         条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しています。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が
         定める額としており、責任限定が認められるのは、非業務執行取締役が責任の原因となった職務の遂行について
         善意でかつ重大な過失が無い時に限られます。
         ・役員等賠償責任保険契約の内容の概要

          当社は、取締役及び執行役員の全員を被保険者とする会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保
         険契約を保険会社との間で締結しております。当該保険契約の被保険者の範囲は当社の取締役(社外取締役を含
         む)及び執行役員であり、被保険者は保険料を負担しておりません。被保険者が会社の職務執行に関して行った
         行為に起因して損害賠償請求がなされたことにより、被保険者が被る損害賠償金や訴訟費用等が填補されること
         となります。ただし、被保険者の職務の執行の適正性が損なわれないようにするため、被保険者が、犯罪行為や
         法令違反を認識しながら行った行為等に起因する損害等は、填補の対象としないこととしています。
         ・株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めておりま
         す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
         的とするものであります。
         ④ 取締役会の活動状況

          当事業年度において当社は取締役会を原則月1回開催しており、個々の取締役の出席状況については次のとお
         りであります。
              氏 名            開催回数           出席回数
         山田 茂                       17回           17回
         今村 共秀  (注)1                       8回           7回
         山田 裕之                       17回           17回
         園田 賢志                       17回           17回
         川上 確                       17回           17回
         森本 和男                       17回           17回
         松原 広幸                       17回           17回
         谷内 圭一郎                       17回           17回
         谷口 博則  (注)2                       12回           11回
         (注)1.今村共秀氏については、2022年7月13日に逝去により退任されましたので、在任時に開催された取締
              役会の出席状況を記載しております。
            2.谷口博則氏については、2022年6月30日開催の第33回定時株主総会において、新たに監査等委員であ
              る取締役に選任されましたので、監査等委員である取締役の就任後に開催された取締役会の出席状況
              を記載しております。
         取締役会における主な検討内容は次のとおりです。

             テーマ                        主な審議事項
         経営戦略           中期計画の承認 年度計画の承認 M&A エリア展開
                    規程の制定・変更 ガバナンス体制 サステナビリティ関連 コンプライアンス関
         ガバナンス
                    連 リスクマネジメント関連 内部統制評価 取締役会実効性評価
         指名・報酬           役付取締役 特定取締役 役員報酬関連
         決算           決算(四半期含む)関連 業績予測 配当関連 政策保有株式
         グループ管理           子会社業務執行管理 子会社役員
         財務           資金計画 重要な借財
         営業施策           不動産投資 事業計画
                                 37/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
          2023年6月28日(有価証券報告書提出日)現在の当社の役員の状況は以下のとおりです。
          男性    8 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                       所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                            1981年4月     延時商事㈱入社
                            1985年3月     山一不動産設立
                            1989年6月     ヤマイチエステート㈱(現当社)設立
                                 代表取締役社長就任(現任)
      代表取締役社長         山田 茂      1957年8月21日                              (注)3    3,289,800
                            2018年6月     ユニハイムエステート㈱取締役就任
                            2018年6月     ㈱ウェルネス・コート取締役就任(現任)
                            2023年1月     ㈱エルアンドビー代表取締役就任(現任)
                            2010年4月     京都大学大学院薬学研究科医薬創生情報科学
                                 システムバイオロジー分野 研究員着任
                            2012年4月     同分野 特任助教就任
                            2012年5月     同分野 退職
                            2012年7月     ヤマイチエステート㈱(現当社)入社
                            2012年9月     当社総務管掌取締役就任
                            2015年9月     当社工務部管掌取締役就任
                            2017年5月
                                 当社経営企画本部管掌取締役就任(現任)
       専務取締役
              山田 裕之       1981年9月29日                              (注)3    1,500,000
                            2018年6月     ユニハイムエステート㈱取締役就任
      経営企画本部長
                            2018年6月     ㈱ウェルネス・コート代表取締役就任(現
                                 任)
                            2018年6月     当社常務取締役就任
                            2022年11月     ニューライフサービス㈱代表取締役就任(現
                                 任)
                            2023年1月
                                 ㈱エルアンドビー取締役就任(現任)
                            2023年6月
                                 当社専務取締役就任(現任)
                            1993年4月     ㈱ユニチカエステート(旧ユニハイムエス
                                 テート㈱)入社
                            2013年6月     管理部長就任
       取締役
                            2017年10月     同社 執行役員管理部長就任
              園田 賢志       1969年9月6日                              (注)3     2,500
       管理本部長
                            2020年6月     同社 取締役管理部長就任
                            2021年3月
                                 当社管理本部管掌取締役就任(現任)
                            2022年11月
                                 ニューライフサービス㈱取締役就任(現任)
                            2017年5月     当社入社
                            2019年3月     当社取締役就任、不動産賃貸部管掌
                            2021年3月     当社執行役員就任、不動産開発本部管掌不動
       取締役
                                 産開発本部長
              國定 主征       1969年6月14日                              (注)3     20,000
     不動産事業本部長
                            2023年1月     ㈱エルアンドビー取締役就任(現任)
                            2023年6月     当社取締役就任、不動産開発本部管掌(現
                                 任)
                            2002年10月     大阪本町法律事務所入所
                            2019年7月     大阪本町法律事務所退所
                            2019年8月     筒井・川上法律事務所開設
       取締役       川上 確      1976年4月10日                              (注)3       -
                                 同事務所パートナー(現任)
                            2021年6月
                                 当社取締役就任(現任)
                                                       所有株式数

       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                            1983年3月     ノーリツ鋼機㈱入社
                            2011年6月     ㈱和歌山リサーチラボ取締役(非常勤)就任
                            2015年6月     NKワークス㈱(現        ノーリツプレシジョン
                                 ㈱)監査役(非常勤)就任
       取締役
                            2015年6月
                                 今&未来の創造サポート開業(代表)
              谷口 博則       1960年6月30日                              (注)4       -
       監査等委員
                            2017年6月     日本商業開発㈱(現        地主㈱)入社
                            2021年4月     今to未来パートナーズ開業(代表)
                            2022年6月     当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                            2022年11月
                                 ニューライフサービス㈱監査役就任(現任)
                                 38/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
                            2004年11月     有限責任監査法人トーマツ入社
                            2009年3月     新井・松原コンサルティング㈱入社
                            2009年9月     同社取締役就任
       取締役
              松原 広幸       1981年3月11日                              (注)4       -
                            2016年7月     同社代表取締役就任(現任)
       監査等委員
                            2017年5月     当社監査役就任
                            2020年6月
                                 当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                            2009年3月     有限責任監査法人トーマツ入社
                            2018年10月     仰星監査法人入社
       取締役
              寺戸 高史       1980年10月18日                              (注)5       -
                            2023年1月     監査法人FRIQ代表パートナー就任(現任)
       監査等委員
                            2023年6月
                                 当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                             計                          4,812,300
     (注)1.取締役 川上確、取締役監査等委員 谷口博則、松原広幸、寺戸高史は、社外取締役であります。
         2.専務取締役 山田裕之は、代表取締役社長 山田茂の長男であります。
         3.2023年6月28日開催の定時株主総会選任後、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株
           主総会の終結の時までであります。
         4.2022年6月30日開催の定時株主総会選任後、2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株
           主総会の終結の時までであります。
         5.取締役 寺戸高史の任期は、前任者の任期の満了する2022年6月30日開催の定時株主総会後、2年以内に終
           了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         6.当社では、意思決定の迅速化及び業務執行機能の強化による経営効率の向上を図るため、執行役員制度を導
           入しております。執行役員は、住宅事業本部長                      天堀充信、マンション事業本部長                浅井三義、賃貸事業本部
           長  伊藤由哉、不動産営業本部長              藤井一嘉の4名で構成されております。
         7.山田茂の所有株式数には、山田茂の資産管理会社であるウィル・アセット株式会社の所有株式500,000株を
           加算して記載しております。
         8  山田裕之の所有株式数には、山田裕之の資産管理会社であるYs′Assortment株式会社の所有株式1,500,000株
           を記載しております。
        ② 社外役員の状況

          当社の社外取締役は4名であります。
          社外取締役の川上確氏は、弁護士としての専門性の高い経験と知識を当社の経営に活かし、コンプライアンス
         経営の強化を期待して選任されております。同氏は、筒井・川上弁護士事務所を開設しておりますが、当社と同
         事務所とは人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
          社外取締役監査等委員の谷口博則氏は、上場会社での人事・総務部門並びに関連会社の監査役としての経験に
         加えて、経営者としての幅広い見識を有しております。その豊富な知識と経験を活かして当社経営体制のさらな
         る強化を図ることを期待して選任されております。同氏と当社は、人的関係、資本的関係、取引関係その他の利
         害関係はありません。
          社外取締役監査等委員の松原広幸氏は、公認会計士としての財務及び会計に関する専門的な知識と経験を活か
         して当社経営体制のさらなる強化を図ることを期待して選任されております。同氏は、新井・松原コンサルティ
         ング株式会社の代表を兼務しておりますが、当社とは人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はあり
         ません。
          社外取締役監査等委員の寺戸高史氏は、税理士・公認会計士としての財務及び会計に関する専門的な知識と経
         験を活かして当社経営体制のさらなる強化を図ることを期待して選任されております。同氏は、監査法人FRIQの
         代表パートナーを兼務しておりますが、当社とは人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありませ
         ん。
          また、当社は社外取締役を選任する際の判断基準として、具体的な基準は定めておりませんが、東京証券取引
         所の定める独立性判断基準等を参考に、当社との間に特別な利害関係がなく、一般株主と利益相反が生じる恐れ
         のない者を選任することとしております。
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

         制部門との関係
          社外取締役は、取締役会や経営会議を通じて内部監査の状況を把握し、適宜連携のための会議を開催し情報共
         有と意見交換を行っております。監査等委員会は三様監査連携会議を定期的に開催しており、会計監査人及び内
         部監査室から報告を受け監査の方針や手続き及びその結果について意見交換を行っております。
          これらすべての会議には経理・財務を管掌する取締役管理本部長並びに情報開示責任者である専務取締役経営
         企画本部長も参加し情報共有を行っています。
                                 39/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ① 監査等委員会監査の状況
          当社の監査等委員会は監査等委員である社外取締役3名(常勤1名、非常勤2名)で構成されております。監
         査等委員である取締役は、原則月1回開催される監査等委員会に加えて、定時取締役会、臨時取締役会その他の
         重要な会議へ出席し、取締役の職務の執行等に関する監査、内部統制システムの整備・運用状況の確認等、業務
         執行の適法性及び妥当性について監査しております。なお、非常勤の監査等委員である取締役松原広幸氏及び寺
         戸高史氏については公認会計士であり、財務及び会計に関する専門知識及び経験に基づいた適切な助言を行って
         おります。
          当事業年度において、監査等委員会を14回開催しており、個々の取締役の出席状況については次のとおりであ
         ります。
              氏名             開催回数              出席回数
        森本 和男         (注)1
                             14              14
        松原 広幸                     14              14
        谷内 圭一郎 (注)1                     14              14
        谷口 博則         (注)3
                             14               9
        (注)1.森本和男氏及び谷内圭一郎氏については、2023年6月28日開催の第34回定時株主総会の終了の時をもっ
            て辞任により退任いたしましたので、在任時に開催された監査等委員会の出席状況を記載しておりま
            す。
           2.谷口博則氏については、2022年6月30日開催の第33回定時株主総会において、新たに監査等委員である
            取締役に選任されましたので、監査等委員である取締役の就任後に開催された監査等員会の出席状況を
            記載しております。
          監査等委員会における具体的な検討事項は、取締役の職務の執行等に関する監査、子会社を含む各部門単位で

         の「内部統制システムに関する基本方針」に掲げる各体制の整備・運用状況の確認、反社会的勢力への対応状況
         やコンプライアンス及びリスク管理の対応状況等についてであります。
          また、常勤監査等委員である取締役の主な活動としては、監査等委員会等の運営並びに業務監査であります。
        ② 内部監査の状況

          内部統制の有効性及び実際の業務遂行状況の監査は、代表取締役社長直属に設置されている内部監査室(室長
         1名)が担っております。監査実施に際しては、内部監査規程に基づき必要に応じて、社員若しくは社外の者に
         よる支援を可能としております。内部監査の運用状況は、経営目的に照らした監査を行い会社の健全な発展に寄
         与することを目的とし、内部監査計画に基づき各部門に対しコンプライアンス状況の確認、定款及び業務諸規程
         全般への準拠状況、法令遵守の状況、内部統制が機能しているかどうかの確認について監査を実施しておりま
         す。
          また、内部監査室と監査等委員会は当社の会計監査人である仰星監査法人と定期的に連携会議を開催してお
         り、監査計画や監査実施状況や監査結果の報告を共有し、意見交換を行い、相互連携を取り計らっております。
          また、内部監査室は報告会や上記連携会議等を通じて、管理本部並びに経営企画本部と連携し、適宜必要な指
         導提言を行っております。
        ③ 会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           仰星監査法人
         b.継続監査期間

           2018年3月期以降の6年間
         c.業務を執行した公認会計士

           指定社員 業務執行社員 田邉 太郎
           指定社員 業務執行社員 西田 直樹
         d.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士3名、その他7名であります。
                                 40/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         e.監査法人の選定方針と理由
           会計監査人の選定にあたっては、監査等委員において会計監査人が当社の会計監査を行うために必要な品質
          管理(監査体制、独立性、専門性、実績等)についての適正性を確認し、提示された監査計画や報酬見積もり
          の算出根拠を充分精査したうえで決定する方針としています。
           当社が仰星監査法人を会計監査人の候補として選定した理由は、当社監査等委員会において同監査法人の品
          質管理体制、独立性、専門性並びに監査報酬等を総合的に勘案した結果、適任と判断したためであります。
         f.監査等委員会による監査法人の評価

           当社の監査等委員会は、監査法人に対して、日本監査役協会の「会計監査人の選解任等に関する議案の内容
          の決定権行使に関する監査役の対応指針」並びに「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実
          務指針」に準拠した評価を行っており、会計監査人の監査体制及び独立性等において、会計監査人に解任又は
          不再任に該当する事由は認められないと評価しております。
        ④ 監査報酬の内容等

         a.監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
                      17,500                      19,000             500
     提出会社                               -
     連結子会社                   -           -           -           -

                      17,500                      19,000             500
         計                           -
     (注)当連結会計年度における非監査業務の内容は、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である、コンフォー
        トレター作成業務であります。
         b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する者に対する報酬の内容

           該当事項はありません。
         c.その他重要な報酬の内容

           該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針

           当社の会計監査人等に対する監査報酬の決定方針について特に定めておりませんが、監査法人の定める監査
          計画に基づく監査日数、業務内容を勘案し、会社法第399条に基づき、監査等委員会の同意を得た上で決定し
          ております。
         e.監査等委員会による監査報酬の同意理由

           当社監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、監査法人の職務遂行状況及び報酬見積もりの算出根拠
          などが当社の事業規模や事業内容に適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、当該監査報酬に
          ついて同意の判断を行いました。
                                 41/118







                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
          取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額は、2022年6月30日開催の当社定時株主総会の決議
         により、年額300百万円としております。各取締役の報酬等の額については、各取締役が担当する役割等を勘案
         し、社外取締役を交えた取締役会において協議し決定する方針としております。
          具体的には、期末時点における従業員の最高給与額(各種手当等を除く。)を基準とし、ROA及び経常利益の
         前期比増加率によって、役職別に係数を算出し、当該係数を前述の基準値に乗じることで、報酬額を算出いたし
         ます。ROA及び経常利益の前期比を指標として採用したのは、当該指標が当社の業務執行の成果を表しており、
         客観的に報酬に反映させるのに適当であると判断したためです。取締役の個人別の報酬等の算定は、上述の基準
         を定めた社内規程に従い決定されていることから、取締役会としても、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬
         等の内容は決定方針に沿うものであると判断しております。
          また、取締役(監査等委員である取締役を除く。)に当社の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを
         与えるとともに、株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として、譲渡制限付株式報酬制度を導入し
         ております。本報酬の限度額については、2023年6月28日開催の第34回定時株主総会において、上記の報酬枠と
         は別枠で、年額40百万円以内(うち社外取締役分は年額3百万円以内)と決議いただいております。
          監査等委員である取締役の報酬総額は、2022年6月30日開催の当社定時株主総会の決議により、年額25百万円
         としております。各監査等委員である取締役の報酬等の額については、各監査等委員である取締役の監査業務等
         を勘案し、監査等委員会の協議により決定しております。
          監査等委員である取締役についても、譲渡制限付株式報酬制度を導入しており、その限度額は2023年6月28日
         開催の第34回定時株主総会において、上記の報酬枠とは別枠で、年額3百万円以内と決議いただいております。
         ② 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の人数

                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                    報酬等の総額
          役員区分                                           役員の員数
                     (千円)                        左記以外の
                             固定報酬       非金銭報酬等                  (名)
                                              報酬等
     取締役
                       86,680        86,680                           3
     (監査等委員及び社外取締役                                     -        -
     を除く。)
                       16,950        16,950                           5
     社外役員                                     -        -
     (注)1.当事業年度の各取締役(監査等委員及び社外取締役を除く。)の報酬等の額については、株主総会で承認さ
           れた報酬総額の範囲内で、2022年6月30日開催の取締役会において協議の上、決定しております。
        2.取締役(監査等委員及び社外取締役を除く。)には、2022年7月13日に退任した取締役1名を含んでおりま
           す。社外役員には、2023年6月28日開催の第34回定時株主総会の終結の時をもって退任した取締役2名を含
           んでおります。
        ③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である役員が存在しないため、記載しておりません。
        ④ 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者の氏名等

          該当事項はありません。
                                 42/118







                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社では、保有目的がもっぱら株式の価値の変動又は配当の受領によって利益を得ることを目的とする株式を
         純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資以外の目的である投資株式であるとそれぞれ認識しており
         ます。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
          内容
           当社では、当事業年度末時点で保有している下記の銘柄以外の純投資目的以外の目的である投資株式の新た
          な取得及び保有は行わない方針であります。保有している各銘柄に関しては、直近3年の取引実績等を鑑み保
          有継続の必要性と合理性を毎年当社取締役会にて協議して方針を決定します。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                      銘柄数       貸借対照表計上額の
                      (銘柄)        合計額(千円)
                          3           12,750
         非上場株式
                          2          160,617
         非上場株式以外の株式
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                      銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                             株式数の増加の理由
                      (銘柄)       価額の合計額(千円)
         非上場株式                -             -                    -

                                         当社の企業価値向上の観点から金融面で
                          1           6,000
         非上場株式以外の株式                                の安定的な取引の維持を図るために毎月
                                         一定額の株式を取得しております。
          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

           該当事項はありません。
                                 43/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
           特定投資株式
                    当事業年度         前事業年度
                                     保有目的、業務提携等の概要、
                   株式数(株)         株式数(株)                         当社の株式の
            銘柄                            定量的な保有効果
                                                      保有の有無
                                      及び株式数が増加した理由
                  貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                    (千円)         (千円)
                                     主に取引関係の維持・強化を保有
                                     目的としており、定量的な保有効
                       107,569         103,522
                                     果については記載が困難でありま
                                     す。保有の合理性は、取引の発生
           ㈱紀陽銀行                          状況や株価の推移等を総合的に勘                   無
                                     案することにより検証しておりま
                                     す。
                       159,633         142,654
                                     株式累積投資による株式取得によ
                                     り株式数が増加しております。
                                     主に取引関係の維持・強化を保有
                                     目的としており、定量的な保有効
                         600         600
                                     果については記載が困難でありま
            ㈱T&D
                                     す。保有の合理性は、取引の発生                   無
         ホールディングス
                                     状況や株価の推移等を総合的に勘
                                     案することにより検証しておりま
                         984        1,002
                                     す。
         みなし保有株式

          該当事項はありません。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
        ④ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

          該当事項はありません。
        ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

          該当事項はありません。
                                 44/118









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年4月1日から2023年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)の財務諸表について、仰星監査法人
      により監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には会計基準等の内容
      を適切に把握できる体制を整備するため、監査法人及び各種団体の主催する研修会に参加する等平素より積極的な情
      報収集活動に努めております。
                                 45/118














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                     ※3  4,644,916            ※3  4,773,631
        現金及び預金
                                      ※6  357,058             ※6  32,622
        売掛金
                                   ※3 ,※5  5,882,126            ※3  3,740,687
        販売用不動産
                                     ※3  8,193,385            ※3  10,801,862
        仕掛販売用不動産
                                        508,750              553,830
        その他
                                         △ 455             △ 455
        貸倒引当金
                                      19,585,782              19,902,178
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                  ※1 ,※3 ,※5  5,642,317           ※1 ,※3  6,778,795
          建物及び構築物(純額)
                                     ※1 ,※3  95,930           ※1 ,※3  78,754
          機械装置及び運搬具(純額)
                                 ※2 ,※3 ,※5  10,963,909           ※2 ,※3  12,311,767
          土地
                                       ※1  13,914             ※1  12,142
          リース資産(純額)
                                        48,902              237,872
          建設仮勘定
                                     ※1 ,※3  12,982           ※1 ,※3  16,618
          その他(純額)
                                      16,777,957              19,435,949
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        258,546              684,139
          のれん
                                         9,026              2,772
          リース資産
                                         4,619              5,788
          その他
                                        272,192              692,699
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        156,407              184,347
          投資有価証券
                                        13,524              11,493
          長期貸付金
                                         1,109              11,643
          繰延税金資産
                                       1,083,987              1,201,263
          その他
                                       1,255,029              1,408,748
          投資その他の資産合計
                                      18,305,178              21,537,397
        固定資産合計
                                      37,890,960              41,439,576
       資産合計
                                 46/118








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       3,267,150               888,243
        支払手形及び買掛金
                                   ※3 ,※4  3,349,180           ※3 ,※4  1,238,474
        短期借入金
                                   ※3 ,※4  3,780,107           ※3 ,※4  4,229,613
        1年内返済予定の長期借入金
                                                      130,000
        1年内償還予定の社債                                  -
                                         9,195              5,755
        リース債務
                                        911,200              387,189
        未払法人税等
                                        38,545              46,383
        賞与引当金
                                     ※7  1,068,524              ※7  967,916
        その他
                                      12,423,904               7,893,577
        流動負債合計
       固定負債
                                        540,000              410,000
        社債
                                   ※3 ,※4  14,434,082           ※3 ,※4  19,245,832
        長期借入金
                                        15,859              10,585
        リース債務
                                        54,701              52,145
        退職給付に係る負債
                                        388,577              681,273
        繰延税金負債
                                      ※2  182,411             ※2  182,411
        再評価に係る繰延税金負債
                                        102,446              123,939
        資産除去債務
                                       1,652,963              1,952,350
        その他
                                      17,371,042              22,658,538
        固定負債合計
                                      29,794,946              30,552,116
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        45,000              836,478
        資本金
                                                      791,478
        資本剰余金                                   -
                                       8,059,434              9,260,300
        利益剰余金
                                       8,104,434              10,888,258
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                △ 9,258             △ 1,636
                                        ※2  838            ※2  838
        土地再評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                △ 8,419              △ 798
                                       8,096,014              10,887,460
       純資産合計
                                      37,890,960              41,439,576
     負債純資産合計
                                 47/118








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)              至 2023年3月31日)
                                     ※1  19,177,743            ※1  18,626,327
     売上高
                                     ※2  13,574,451            ※2  13,462,004
     売上原価
                                       5,603,292              5,164,322
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
                                        450,712              462,453
       給与手当
                                        23,442              24,103
       退職給付費用
                                        575,745              498,428
       広告宣伝費
                                        51,768              59,809
       賞与引当金繰入額
                                        371,076              304,953
       業務委託費
                                       1,264,554              1,305,807
       その他
                                       2,737,299              2,655,556
       販売費及び一般管理費合計
                                       2,865,992              2,508,766
     営業利益
     営業外収益
                                          562              529
       受取利息
                                         4,401              7,252
       受取配当金
                                        16,566              18,903
       受取手数料
                                        37,546              11,697
       受取保険金
                                        11,733               3,325
       違約金収入
                                        21,764              18,378
       その他
                                        92,575              60,085
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        352,590              304,423
       支払利息
                                        24,435              118,846
       支払手数料
                                        28,687              11,088
       その他
                                        405,714              434,359
       営業外費用合計
                                       2,552,853              2,134,492
     経常利益
     特別利益
                                       ※3  5,793              ※3  27
       固定資産売却益
                                         5,793                27
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※4  66,272
       減損損失                                                  -
                                       ※5  88,546             ※5  24,325
       固定資産除却損
                                        154,818               24,325
       特別損失合計
                                       2,403,829              2,110,194
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                 1,005,379               726,355
     法人税等還付税額                                   △ 3,566                -
                                                       76,452
                                       △ 200,492
     法人税等調整額
                                        801,321              802,808
     法人税等合計
                                       1,602,507              1,307,386
     当期純利益
     非支配株主に帰属する当期純利益                                     -              -
                                       1,602,507              1,307,386
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 48/118





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)              至 2023年3月31日)
                                       1,602,507              1,307,386
     当期純利益
     その他の包括利益
                                                       7,621
       その他有価証券評価差額金                                 △ 18,970
                                        24,493
                                                         -
       土地再評価差額金
                                        ※ 5,522             ※ 7,621
       その他の包括利益合計
                                       1,608,030              1,315,008
     包括利益
     (内訳)
                                       1,608,030              1,315,008
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 49/118
















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                            (単位:千円)
                                  株主資本
                         資本金         利益剰余金         株主資本合計
     当期首残高                       45,000        6,483,556         6,528,556
     当期変動額
      剰余金の配当                               △ 26,630         △ 26,630
      親会社株主に帰属する当期純利益                               1,602,507         1,602,507
      株主資本以外の項目の当期変動額
                                                 -
      (純額)
     当期変動額合計                         -      1,575,877         1,575,877
     当期末残高                       45,000        8,059,434         8,104,434
                               その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                       その他有価証券                   その他の包括利益
                                 土地再評価差額金
                        評価差額金                   累計額合計
     当期首残高                        9,712        △ 23,654         △ 13,942        6,514,613
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                 -       △ 26,630
      親会社株主に帰属する当期純利益                                           -      1,602,507
      株主資本以外の項目の当期変動額
                           △ 18,970         24,493          5,522         5,522
      (純額)
     当期変動額合計
                           △ 18,970         24,493          5,522        1,581,400
     当期末残高                       △ 9,258          838        △ 8,419        8,096,014
                                 50/118











                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                       株主資本
                         資本金         資本剰余金         利益剰余金         株主資本合計
     当期首残高                       45,000           -      8,059,434         8,104,434
     当期変動額
      新株の発行
                            782,482         782,482                  1,564,965
      剰余金の配当                                        △ 106,520         △ 106,520
      ストック・オプションの行使                       8,996         8,996                  17,992
      親会社株主に帰属する当期純利益                                        1,307,386         1,307,386
      株主資本以外の項目の当期変動額
                                                          -
      (純額)
     当期変動額合計                       791,478         791,478         1,200,866         2,783,824
     当期末残高                       836,478         791,478         9,260,300         10,888,258
                               その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                        その他有価証券                  その他の包括利益
                                 土地再評価差額金
                        評価差額金                   累計額合計
     当期首残高                       △ 9,258          838        △ 8,419        8,096,014
     当期変動額
      新株の発行                                           -      1,564,965
      剰余金の配当                                           -      △ 106,520
      ストック・オプションの行使                                           -        17,992
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                                 -      1,307,386
      株主資本以外の項目の当期変動額
                             7,621                   7,621         7,621
      (純額)
     当期変動額合計                        7,621           -        7,621        2,791,445
     当期末残高
                            △ 1,636          838         △ 798      10,887,460
                                 51/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)              至 2023年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,403,829              2,110,194
       税金等調整前当期純利益
                                        513,676              527,281
       減価償却費
                                        66,272
       減損損失                                                  -
                                        33,713              28,938
       のれん償却額
       受取利息及び受取配当金                                 △ 4,964             △ 7,781
                                        352,590              304,423
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 5,793               △ 27
                                        88,546              24,325
       固定資産除却損
                                       1,807,026
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                              △ 159,249
                                        123,159
       仕入債務の増減額(△は減少)                                             △ 2,514,781
                                        11,235               2,627
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         5,974
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                               △ 2,555
                                                      201,204
                                        △ 7,777
       その他
                                       5,387,488               514,600
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  4,964              7,781
       利息の支払額                                △ 348,426             △ 302,375
       法人税等の支払額                                △ 138,888            △ 1,250,992
                                        92,572
                                                         -
       法人税等の還付額
                                       4,997,710
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                             △ 1,030,985
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の増減額(△は増加)                                △ 261,224             △ 429,394
       有形固定資産の取得による支出                                △ 853,196            △ 1,862,214
       有形固定資産の除却による支出                                    -            △ 5,574
                                         8,301                27
       有形固定資産の売却による収入
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 6,000             △ 6,000
       貸付けによる支出                                  △ 300               -
                                         4,458              3,456
       貸付金の回収による収入
       出資金の払込による支出                                    -             △ 330
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                                   ※2  △ 411,232
                                          -
       支出
       投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 1,107,960             △ 2,711,263
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 770,946            △ 1,871,474
                                       3,798,396              9,579,020
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                               △ 6,304,358             △ 5,656,782
                                        284,915
       社債の発行による収入                                                  -
                                                     1,572,624
       株式の発行による収入                                    -
       配当金の支払額                                 △ 26,630             △ 106,520
                                        △ 9,195                -
       リース債務の返済による支出
                                                     3,516,868
       財務活動によるキャッシュ・フロー                               △ 3,027,818
                                        861,931
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                △ 225,380
                                       3,030,478              3,892,410
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  3,892,410            ※1  3,667,029
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 52/118





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
          該当事項はありません。
                                 53/118




















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
            すべての子会社を連結しております。
            連結子会社の数
             3 社
            連結子会社の名称
             株式会社ウェルネス・コート
             株式会社エルアンドビー
             ニューライフサービス株式会社
            連結の範囲の変更
             当連結会計年度において、当社は株式会社エルアンドビー、ニューライフサービス株式会社の全株式を
             取得したため、連結の範囲に含めております。
          2.持分法の適用に関する事項

            該当事項はありません。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
            2023年1月20日付けで全株式を取得(みなし取得日2023年3月31日)し、当連結会計年度より新たに連結
           子会社となった株式会社エルアンドビーは決算日を8月31日から3月31日に変更しております。なお、みな
           し取得日を2023年3月31日としているため、当連結会計年度は貸借対照表のみを連結しております。
            また、2022年11月30日付けで全株式を取得(みなし取得日2022年12月31日)し、当連結会計年度より新た
           に連結子会社となったニューライフサービス株式会社は決算日を12月31日から3月31日に変更しておりま
           す。この決算期変更に伴い、当連結会計年度においては、被取得企業の2023年1月1日から2023年3月31日
           までの3か月間を連結しております。
          4.会計方針に関する事項

           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            ① 有価証券
              その他有価証券
               市場価格のない株式等以外のもの
                時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
               市場価格のない株式等
                主として移動平均法による原価法
            ② 棚卸資産

              通常の販売目的で保有する棚卸資産
               主として個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

            ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並
             びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物及び構築物   2~47年
              機械装置及び運搬具 2~17年
              その他       2~20年
            ② 無形固定資産(リース資産を除く)

              定額法を採用しております。
              なお、主な償却年数は次のとおりであります。
              自社利用のソフトウエア 5年
            ③ リース資産

              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           (3)重要な引当金の計上基準
            ① 貸倒引当金
                                 54/118


                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
              債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
             ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            ② 賞与引当金

              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を
             計上しております。
           (4)退職給付に係る会計処理の方法

             当社及び連結子会社は、退職一時金制度に加え、確定拠出型の制度として中小企業退職金共済制度(中
            退共)と確定拠出年金制度を併用しております。退職一時金制度については、退職給付に係る負債及び退
            職給付費用の計算に、退職給付に係る自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用
            しております。
           (5)重要な収益及び費用の計上基準

            ① 不動産開発・賃貸事業
              不動産の賃貸から生じる収益のほとんどは、オペレーティング・リースによっております。オペレー
             ティング・リースによる収益は、「リース取引に関する会計基準」(企業会計基準第13号 2007年3月
             30日)等に基づき認識しております。
            ② 不動産開発・販売事業

              住宅用地の分譲販売や産業用地の販売は、用地の仕入から造成、企画、設計、施工までを自社一貫体
             制にて行った戸建て住宅(土地付き建物)及び宅地を一般消費者又は法人へ販売する事業であり、顧客
             との不動産売買契約に基づき当該物件の引き渡しを行う義務を負っております。
              当該履行義務は物件が引き渡される一時点で充足されるものであり、当該引渡時点において収益を計
             上しております。
              戸建て住宅の一般建築請負は、規格型注文住宅及び自由設計注文住宅の建築工事を請け負う事業であ
             り、顧客(一般消費者及び法人)との建物請負工事契約に基づき、建築工事を行う義務を負っておりま
             す。
              当該建物請負工事契約においては、当社グループの義務の履行により資産(仕掛品)が創出され又は
             増価し、資産の創出又は増価につれて顧客が当該資産を支配することから、当該履行義務は一定の期間
             にわたり充足される履行義務であり、契約期間にわたる工事の進捗に応じて充足されるため、工事の進
             捗度に応じて収益を計上しております。なお、進捗度の測定は、発生原価が履行義務の充足における企
             業の進捗度に寄与及び概ね比例していると考えられることから、発生原価に基づくインプット法によっ
             ております。
              ただし、建物請負工事契約について、契約における取引開始日から完全に履行義務を充足すると見込
             まれる時点までの期間がごく短い場合には、一定の期間にわたり収益を認識せず、完全に履行義務を充
             足した時点で収益を認識しております。
            ③ マンション事業

              マンションの分譲販売は、用地の仕入から施工までを行ったマンションの各分譲住戸を主に一般消費
             者へ販売する事業であり、顧客との不動産売買契約に基づき当該物件の引き渡しを行う義務を負ってお
             ります。
              当該履行義務は物件が引き渡される一時点で充足されるものであり、当該引渡時点において収益を計
             上しております。
                                 55/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
           (6)重要なヘッジ会計の方法
            ① ヘッジ会計の方法
              繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、
             特例処理によっております。
            ② ヘッジ手段とヘッジ対象

              ヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりであります。
              ヘッジ手段…金利スワップ
              ヘッジ対象…借入金
            ③ ヘッジ方針

              借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別
             契約ごとに行っております。
            ④ ヘッジ有効性評価の方法

              金利スワップは特例処理の要件を満たしているため、有効性の判定を省略しております。
           (7)のれんの償却方法及び償却期間

             のれんは20年以内の合理的な償却期間を設定し、定額法により償却しております。
           (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない、取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
           (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

            消費税等の会計処理
             資産にかかる控除対象外消費税及び地方消費税は繰延消費税等(投資その他の資産のその他)とし、5
            年間で均等償却を行っております。
                                 56/118











                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
          1.販売用不動産の評価
           (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

     販売用不動産                                  5,882,126               3,740,687

           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

             販売用不動産を含む棚卸資産は取得原価で評価しておりますが、正味売却価額が取得原価より下落して
            いる場合には、正味売却価額で評価し、取得原価との差額を当期の費用として処理しております。不動産
            市況が悪化して、正味売却価額が著しく下落した場合には、損失が発生し重要な影響を与える可能性があ
            ります。
          2.賃貸事業目的で保有する不動産(賃貸不動産)の減損

           (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

     賃貸不動産                                  16,105,160               18,303,516

             上記は、賃貸不動産と賃貸不動産として使用される部分を含む不動産を合算した金額であります。
           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

             賃貸不動産は、商業施設やオフィスビル物件における主要テナント企業の出店戦略変更等に伴う退去
            や、居住用物件における入居者獲得競争の激化等により、賃貸不動産にかかる稼働率に低下が生じるリス
            クに晒されており、賃料の低下等により、その帳簿価額が回収できなくなる可能性があります。また、事
            業計画の変更等により、賃貸不動産について販売用不動産へ保有目的を変更する場合があり、保有目的の
            変更が減損の兆候に該当する可能性があります。減損の認識の判定においては、将来の収益不動産にかか
            る賃貸需要や保有目的変更後の開発計画等において見積りが伴います。減損の認識の判定に使用した割引
            前将来キャッシュ・フローの合計額が不動産賃貸契約の変更や土地・建物等の時価の下落等により見直し
            が必要となった場合、翌連結会計年度の連結財務諸表において、減損損失が発生する可能性があります。
          3.のれんの評価

           (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

     のれん                                   258,546               684,139

           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

             減損の兆候が認められる場合には、のれんが帰属する事業から得られる割引前将来キャッシュ・フロー
            の総額と帳簿価額を比較することにより、減損損失の認識の要否を判定しております。判定の結果、減損
            損失の認識が必要と判定された場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、帳簿価額の減少額は減損
            損失として計上いたしますが、当連結会計年度において減損は認識しておりません。
             なお、減損損失の認識の要否の判定及び回収可能価額の算定の基礎となる子会社の事業計画は、将来の
            売上高の受注見込や規模及び計上時期、並びに、将来費用の見込等の仮定も含み不確実性を伴いますの
            で、将来の不確実な経済条件の変動等により翌連結会計年度において損失が発生する可能性があります。
                                 57/118





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     有形固定資産の減価償却累計額                              5,660,561     千円             6,483,930     千円
          ※2 土地の再評価

             当社は、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用の土地の再
            評価を行い、当該再評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上
            し、これを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
             ・再評価の方法

              土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第5号に定める不動
             産鑑定評価により算出しております。
             ・再評価を行った年月日
              2000年3月31日
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     再評価を行った土地の期末における時価と
                                    172,074千円                 172,074千円
     再評価後の帳簿価額との差額
                                    (172,074     〃  )            (172,074〃      )
     (うち、賃貸等不動産に係る差額)
          ※3 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     現金及び預金                               240,298千円                 294,307千円
                                   4,736,112     〃            2,521,036     〃
     販売用不動産
                                   6,541,402     〃            8,541,917     〃
     仕掛販売用不動産
                                   5,340,372     〃            6,236,163     〃
     建物及び構築物
                                     58,762    〃              47,214    〃
     機械装置及び運搬具
                                   10,588,996      〃            11,781,604      〃
     土地
                                     16,996    〃              13,529    〃
     その他(有形固定資産)
              合計                     27,522,942千円                 29,435,773千円
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     短期借入金                              3,282,508千円                  980,468千円
                                   16,655,579      〃            20,255,197      〃
     長期借入金
              合計                     19,938,087千円                 21,235,665千円
     (注) 長期借入金には1年内返済予定の長期借入金が含まれております。
                                 58/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          ※4 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締
            結しております。
             連結会計年度末における当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりで
            あります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                   4,239,500千円                 4,600,000千円
     総額
                                   2,601,704     〃            2,739,561     〃
     借入実行残高
             差引額                      1,637,795千円                 1,860,439千円
          ※5 資産の保有目的の変更

             保有目的の変更により、以下の金額を振替えております。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     有形固定資産から販売用不動産                               395,160千円                    -千円
                                    671,046    〃                -  〃
     販売用不動産から有形固定資産
          ※6 売掛金のうち、顧客との契約から生じた債権の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係) 

            3.(1)契約資産及び契約負債の残高等」に記載しております。
          ※7 前受金のうち、契約負債の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係) 3.(1)契約資産及び

            契約負債の残高等」に記載しております。
                                 59/118













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 顧客との契約から生じる収益
             売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。
             顧客との契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)1.顧客との契約か
            ら生じる収益を分解した情報」に記載しております。
          ※2 期末棚卸高は収益性の低下による簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれて

            おります。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2021年4月1日                            (自 2022年4月1日
              至 2022年3月31日)                            至 2023年3月31日)
                          28,560   千円                         75,309   千円
          ※3 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     機械装置及び運搬具                                5,793千円                   27千円
          ※4 減損損失

             前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
              当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしまし
             た。
          場所              用途              種類            金額(千円)
                                 のれん                       66,272
     兵庫県西宮市                    -
              当社グループは、原則として、事業用資産については管理会計上の区分を基礎としてグルーピングを
             行っており、賃貸不動産については物件ごとにグルーピングを行っております。
              当連結会計年度において、建替えの意思決定を行った賃貸不動産の取得時に発生したのれんついて、
             未償却残高の全額を減損損失として特別損失に計上しました。
             当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

              該当事項はありません。
          ※5 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     建物及び構築物                                19,777千円                 18,750千円
                                     66,463    〃              5,574   〃
     解体費用
                                     2,305   〃                -  〃
     その他(無形固定資産)
              合計                       88,546千円                 24,325千円
                                 60/118







                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     その他有価証券評価差額金
      当期発生額                                  △28,143                10,959
      組替調整額                                     -               -
       税効果調整前
                                        △28,143                10,959
       税効果額                                  9,173               3,338
       その他有価証券評価差額金
                                        △18,970                 7,621
     土地再評価差額金
      当期発生額                                     -               -
      組替調整額                                     -               -
       税効果調整前
                                           -               -
       税効果額                                  24,493                 -
       土地再評価差額金
                                         24,493                 -
     その他の包括利益合計
                                         5,522               7,621
                                 61/118














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          1 発行済株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                   5,326,000              -          -       5,326,000

          2 自己株式に関する事項

            該当事項はありません。
          3 新株予約権等に関する事項

            該当事項はありません。
          4 配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                        配当金の総額          1株当たり
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
     2021年6月28日
                普通株式            26,630            5  2021年3月31日         2021年6月30日
     定時株主総会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                        基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     2022年6月30日
               普通株式      利益剰余金         106,520          20   2022年3月31日         2022年7月1日
     定時株主総会
          当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

          1 発行済株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                   5,326,000          1,850,100              -       7,176,100

          2 自己株式に関する事項

            該当事項はありません。
          3 新株予約権等に関する事項

            該当事項はありません。
          4 配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                        配当金の総額          1株当たり
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
     2022年6月30日
                普通株式            106,520            20   2022年3月31日         2022年7月1日
     定時株主総会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                        基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     2023年6月28日
               普通株式      利益剰余金         215,283          30   2023年3月31日         2023年6月29日
     定時株主総会
                                 62/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおり
            であります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     現金及び預金                              4,644,916千円                 4,773,631千円
                                   △610,153     〃            △952,247     〃
     預入期間が3か月を超える定期預金
                                   △142,352     〃            △154,353     〃
     引出が制限されている預金
     現金及び現金同等物                              3,892,410千円                 3,667,029千円
          ※2 当連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

             株式の取得により新たに株式会社エルアンドビーを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内
            訳並びに同社株式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
             流動資産                     897,576    千円
             固定資産                    1,398,424      〃
             のれん                     422,916     〃
             流動負債                    △750,114      〃
             固定負債                   △1,029,655       〃
             株式の取得価額
                                  939,147    千円
             現金及び現金同等物                    △555,730      〃
             差引:取得のための支出
                                  383,417    千円
             なお、株式の取得により新たに連結子会社となったその他の会社の資産及び負債の金額は、重要性が乏

            しいため、記載を省略しております。
         (リース取引関係)

          1 ファイナンス・リース取引
           (借主側)
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
             ・有形固定資産 主にコインランドリー設備(機械装置及び運搬具)であります。
             ・無形固定資産 主に会計システム(ソフトウエア)であります。
            ② リース資産の減価償却の方法

              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却
             資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
          2 オペレーティング・リース取引

            該当事項はありません。
                                 63/118







                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1 金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、主に不動産開発・販売事業、マンション事業及び不動産開発・賃貸事業を行うための
            投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入や社債発行)を調達しております。一時的な余資は安全
            性の高い金融資産で運用し、投機的な取引は行わない方針であります。また、デリバティブ取引は一部の
            長期借入金における金利変動リスクを回避するための金利スワップを利用しておりますが、投機的な取引
            は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             当社の主たる事業である不動産開発・販売事業及びマンション事業においては、取引先が主として個人
            の顧客であり、取引は現金決済をもって完了するため、原則として営業債権である受取手形及び売掛金は
            発生しません。また、不動産開発・賃貸事業において発生する売掛金に対しては、顧客の信用リスクに晒
            されております。
             投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式等であり、上場株式については市場価格の変動
            リスクに晒されております。
             営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。借入金及び社債は、主に不動
            産開発・販売事業、マンション事業及び不動産開発・賃貸事業において商品等となる不動産の仕入に必要
            な資金の調達を目的としたものであります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              不動産開発・販売事業及びマンション事業においては、建築請負工事の受注契約及び販売契約時には
             顧客の信用状況について十分に把握することで信用リスクの管理に努めております。
              不動産開発・賃貸事業においては、一定の保証金を預かる等の対応によりリスク管理を行っておりま
             す。
            ② 市場リスクの管理

              投資有価証券に関しては、四半期ごとに時価の評価を行い、保有状況を継続的に見直しております。
            ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

              各部署からの報告に基づき財務・経理部が適時に資金繰計画を作成・更新することなどにより、流動
             性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
            より、当該価額が変動することもあります。
                                 64/118








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          2 金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。また、現金は注記を
           省略しており、預金は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しておりま
           す。
            前連結会計年度(2022年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額               時価           差額
                              (千円)           (千円)           (千円)
     (1)売掛金                            357,058

                                  △455
       貸倒引当金 ※1
                                 356,603           356,603              -

     (2)投資有価証券 ※4
                                 143,657           143,657              -
              資産計                   500,260           500,260              -

     (1)支払手形及び買掛金                           3,267,150           3,267,150               -

     (2)短期借入金                           3,349,180           3,349,180               -
     (3)未払法人税等                            911,200           911,200              -

     (4)社債                            540,000           541,942            1,942

     (5)長期借入金 ※3                           18,214,189           18,094,290            △119,899
              負債計                  26,281,719           26,163,764            △117,956

            当連結会計年度(2023年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額               時価           差額
                              (千円)           (千円)           (千円)
     (1)売掛金                             32,622

                                  △455
       貸倒引当金 ※1
                                  32,167           32,167             -

     (2)投資有価証券 ※4
                                 171,497           171,497              -
              資産計                   203,665           203,665              -

     (1)支払手形及び買掛金                            888,243           888,243              -

     (2)短期借入金                           1,238,474           1,238,474               -
     (3)未払法人税等                            387,189           387,189              -

     (4)社債 ※2                            540,000           541,383            1,383

     (5)長期借入金 ※3                           23,475,445           23,415,755            △59,690
              負債計                  26,529,353           26,471,046            △58,307

     ※1 売掛金については対応する引当金を控除しております。
     ※2 1年以内償還予定の社債も含めて表示しております。
     ※3 1年以内返済予定の長期借入金も含めて表示しております。
     ※4 市場価格のない株式等
                                                     (単位:千円)
                 区分                  2022年3月31日              2023年3月31日

     非上場株式                                     12,750              12,850

         これらについては、「(2)投資有価証券」には含めておりません。
                                 65/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     (注1)金銭債権の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2022年3月31日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      4,642,229             -         -         -

     売掛金                       357,058            -         -         -

             合計              4,999,287             -         -         -

          当連結会計年度(2023年3月31日)

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      4,769,345             -         -         -

     売掛金                       32,622           -         -         -

             合計              4,801,967             -         -         -

     (注2)短期借入金、社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(2022年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              3,349,180           -       -       -       -       -

     社債                 -     130,000          -       -     410,000          -

     長期借入金              3,780,107       3,796,215       1,319,675        964,052      2,438,211       5,915,927

          合計         7,129,287       3,926,215       1,319,675        964,052      2,848,211       5,915,927

          当連結会計年度(2023年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              1,238,474           -       -       -       -       -

     社債               130,000          -       -     410,000          -       -

     長期借入金              4,229,613       5,958,012       3,003,432       2,777,347        959,595      6,547,443

          合計         5,598,087       5,958,012       3,003,432       3,187,347        959,595      6,547,443

                                 66/118







                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     (注3)金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
          金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに
          分類しております。
          レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により算定した時価
          レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを用いて算定した時価
          レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
         (1)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

           前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                        時価

             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券

      その他有価証券
       株式                     143,657            -         -       143,657
            資産計                143,657            -         -       143,657

           当連結会計年度(2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                        時価

             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券

      その他有価証券
       株式                     171,497            -         -       171,497
            資産計                171,497            -         -       171,497

         (2)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

           前連結会計年度(2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                        時価

             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     売掛金                         -       356,603            -       356,603

            資産計                  -       356,603            -       356,603

     支払手形及び買掛金                         -      3,267,150             -      3,267,150

     短期借入金                         -      3,349,180             -      3,349,180
     未払法人税等                         -       911,200            -       911,200

     社債                         -       541,942            -       541,942

     長期借入金                         -     18,094,290             -     18,094,290
            負債計                  -     26,163,764             -     26,163,764

                                 67/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
           当連結会計年度(2023年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                        時価

             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     売掛金                         -       32,167           -       32,167

            資産計                  -       32,167           -       32,167

     支払手形及び買掛金                         -       888,243            -       888,243

     短期借入金                         -      1,238,474             -      1,238,474
     未払法人税等                         -       387,189            -       387,189

     社債                         -       541,383            -       541,383

     長期借入金                         -     23,415,755             -     23,415,755
            負債計                  -     26,471,046             -     26,471,046

     (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
          投資有価証券
           上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価を
          レベル1の時価に分類しております。
          売掛金

           時価は、一定の期間ごとに区分した債権ごとに、債権額と満期までの期間及び信用リスクを加味した利率を
          基に割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
          支払手形及び買掛金、短期借入金、未払法人税等

           これらの時価は、一定の期間ごとに区分した債務ごとに、その将来キャッシュ・フローと返済期日までの期
          間及び信用リスクを加味した利率を基に割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しており
          ます。
          社債

           元利金の合計額と、当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に割引現在価値法により算定し
          ており、レベル2の時価に分類しております。
          長期借入金

           借入契約毎に分類した当該長期借入金の元利金を同様の借入において想定される利率で割り引いた現在価値
          により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 68/118








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1 その他有価証券
            前連結会計年度(2022年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
              区分
                              (千円)           (千円)           (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるも
     の
      株式                            1,002            810           192
              小計                    1,002            810           192

     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えない
     もの
      株式                           142,654           156,315           △13,660
              小計                   142,654           156,315           △13,660

              合計                   143,657           157,125           △13,467

            当連結会計年度(2023年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
              区分
                              (千円)           (千円)           (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるも
     の
      株式                            79,739           78,314            1,424
              小計                   79,739           78,314            1,424

     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えない
     もの
      株式                            91,758           96,411           △4,653
              小計                   91,758           96,411           △4,653

              合計                   171,497           174,725           △3,228

                                 69/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
            金利関連
            前連結会計年度(2022年3月31日)
                                             契約額等の
                  デリバティブ                   契約額等                 時価
     ヘッジ会計の方法                      主なヘッジ対象                 うち1年超
                  取引の種類等                   (千円)                (千円)
                                             (千円)
               金利スワップ取引

     金利スワップの特例
                            長期借入金
     処理
                支払固定・受取変動                       312,530        287,534         (注)
     (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
          め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
            当連結会計年度(2023年3月31日)

                                             契約額等の
                  デリバティブ                   契約額等                 時価
     ヘッジ会計の方法                      主なヘッジ対象                 うち1年超
                  取引の種類等                   (千円)                (千円)
                                             (千円)
               金利スワップ取引

     金利スワップの特例
                            長期借入金
     処理
                支払固定・受取変動                       287,534        262,538         (注)
     (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
          め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
         (退職給付関係)

          1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び一部の連結子会社は、退職一時金制度に加え、確定拠出型の制度として中小企業退職金共済制度
           (中退共)と確定拠出年金制度を併用しております。退職一時金制度については、退職給付に係る負債及び
           退職給付費用の計算に、退職給付に係る自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用
           しております。
          2.簡便法を適用した確定給付制度

           (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     退職給付に係る負債の期首残高                                  48,727千円               54,701千円
                                       7,871   〃            8,629   〃
      退職給付費用
                                      △1,897    〃           △11,185     〃
      退職給付の支払額
     退職給付に係る負債の期末残高                                  54,701千円               52,145千円
           (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

            に係る資産の調整表
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
     非積立型制度の退職給付債務                                  54,701千円               52,145千円
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  54,701千円               52,145千円
     退職給付に係る負債                                  54,701千円               52,145千円

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  54,701千円               52,145千円
          3.確定拠出制度

            当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度15,571千円、当連結会計年度12,274千円でありま
           す。
                                 70/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
            当社はストック・オプション付与日時点において未公開企業であり、ストック・オプション等の単位当た
           りの本源的価値は0円であるため、費用計上はしておりません。
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            当連結会計年度(2023年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
           ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            なお、2019年12月5日に1株を10株とする株式分割を行っておりますが、以下は当該株式分割を反映した
           数値を記載しております。
           (1)ストック・オプションの内容

     会社名                  提出会社
     決議年月日                  2019年3月28日

                       当社並びに当社子会社の取締役7名
     付与対象者の区分及び人数                  当社並びに当社子会社の執行役員2名
                       当社並びに当社子会社の従業員69名
     株式の種類別のストック・オプション
                       普通株式 127,500株
     の数
     付与日                  2019年3月28日
                       新株予約権者は、権利行使時において当社又は当社子会社の取締役、執行役
                       員、従業員のいずれかの地位を有していることを要する。ただし、取締役会が
     権利確定条件                  認めた場合はこの限りでない。
                       その他の条件は、当社と新株予約権者との間で締結した「新株予約権割当契約
                       書」で定めるところによる。
     対象勤務期間                  定めなし
     権利行使期間                  2021年3月29日~2029年3月28日

     (注) 「付与対象者の区分及び人数」は、退職等の理由による権利の喪失及び新株予約権の行使により、本書提出日
          現在において、当社子会社の取締役1名、当社の執行役員1名、当社並びに当社子会社の従業員20名、その他
          1名となっております。
                                 71/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
            ① ストック・オプションの数
     会社名                         提出会社
     決議年月日                       2019年3月28日

     権利確定前(株)

      前連結会計年度末                                  ―

      付与                                  ―

      失効・消却                                  ―

      権利確定                                  ―

      未確定残                                  ―

     権利確定後(株)

      前連結会計年度末                                99,900

      権利確定                                  ―

      権利行使                                69,200

      失効・消却(注)                                4,500

      未行使残                                26,200

     (注) 「失効・消却」の4,500株については、新株予約権者が退職により権利行使が不可能となった部分であり、
          2023年3月10日開催の取締役会をもって消却しております。
            ② 単価情報

     会社名                         提出会社
     決議年月日                       2019年3月28日

     権利行使価格(円)                                  260

     行使時平均株価(円)                                  828

     付与日における公正な評価単価(円)                                   ―

          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            ストック・オプションを付与した日時点において、当社は未公開企業であるため、公正な評価単価の見積
           り方法を、単位当たりの本源的価値の見積りによって算定しております。また、当社株式の評価方法は、類
           似業種比準価額方式に基づいて算定した価格を基礎として算定しております。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
           しております。
          5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源

           的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本
           源的価値の合計額
            当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                   17,685千円
            当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの
                                              39,305千円
            権利行使日における本源的価値の合計額
                                 72/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     繰延税金資産
      未払役員退職金                                 123,363千円              123,363千円
                                        73,290    〃           15,019    〃
      未払事業税
                                        65,343    〃           43,480    〃
      資産除去債務
                                        16,662    〃           15,883    〃
      退職給付に係る負債
                                        18,869    〃           19,017    〃
      減価償却超過額
                                        16,447    〃           41,531    〃
      販売用不動産評価損
                                        11,740    〃           14,446    〃
      賞与引当金
                                          -  〃           13,896    〃
      取得関連費用
                                          -  〃          115,570    〃
      税務上の繰越欠損金
                                        34,184    〃           52,151    〃
      その他
     繰延税金資産小計                                  359,901千円              454,359千円
      税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                                     -  〃         △115,570     〃
                                      △165,193     〃         △216,295     〃
      将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                      △165,193     〃         △331,865     〃
     評価性引当額小計(注)1
     繰延税金資産合計                                  194,707千円              122,494千円
     繰延税金負債

                                       △22,727     〃          △26,372     〃
      資産除去債務に対応する除却費用
                                      △428,026     〃         △424,247     〃
      子会社合併時の時価評価差額金
                                          -  〃         △213,281     〃
      連結子会社の時価評価差額金
                                      △131,422     〃         △128,074     〃
      固定資産圧縮積立金
                                          -  〃           △149   〃
      その他
                                      △582,176     〃         △792,124     〃
     繰延税金負債合計
     繰延税金負債の純額                                 △387,468千円              △669,630千円
     (表示方法の変更)

      前連結会計年度において区分掲記していた繰延税金資産の「製品保証未払金」は、重要性が低下したため、当連結会
     計年度より「その他」に含めて表示しております。また、前連結会計年度において繰延税金資産の「その他」に含めて
     いた「賞与引当金」は、重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記することとしました。この表示方法を反映
     させるため、前連結会計年度の注記の組替えを行っております。
      この結果、前連結会計年度において表示していた「製品保証引当金」13,895千円及び「その他」32,029千円は、「賞
     与引当金」11,740千円及び「その他」34,184千円として組み替えております。
      (注)1.評価性引当額が166,672千円増加しております。この増加の主な内容は、連結子会社の税務上の繰越欠損

           金に係る評価性引当額が115,570千円増加したことによるものです。
      (注)2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
                                 73/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        前連結会計年度(2022年3月31日)

         該当事項はありません。
        当連結会計年度(2023年3月31日)

                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                             5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (千円)                             (千円)       (千円)
                       (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         税務上の繰越欠
                    -      -      -      -      -    115,570       115,570
         損金(※1)
         評価性引当額            -      -      -      -      -   △115,570       △115,570
         繰延税金資産            -      -      -      -      -       -       -

        (※1)     税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     法定実効税率
                                  法定実効税率と税効果会                     30.46%
                                 計適用後の法人税等の負担
     (調整)
                                 率との間の差異が法定実効
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                                  0.19〃
                                 税率の100分の5以下であ
     のれん償却額                                                  0.42〃
                                 るため注記を省略しており
                                                       0.27〃
     住民税均等割
                                 ます。
     留保金課税                                                  5.29〃
     評価性引当額の増減額                                                  1.35〃
                                                       0.06〃
     その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                                 38.04%
                                 74/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          取得による企業結合
          当社は、2023年1月13日開催の取締役会において、株式会社エルアンドビーの発行済株式の全部を取得し連結
         子会社化することについて決議いたしました。これに基づき同日に株式譲渡契約を締結し、2023年1月20日に本
         株式を取得しております。
         1.企業結合の概要

           ①被取得企業の名称及び事業の内容
             被取得企業の名称 株式会社エルアンドビー
             事業の内容    テナント開発、不動産の売買・賃貸
          ②企業結合を行った主な理由
             株式会社エルアンドビーは、埼玉県を中心とした店舗開発事業を得意としており、当社の素地からの開
           発力と高い親和性のあるビジネスを展開しております。人口増加が続く埼玉エリアは市場として魅力的で
           あり、当社の強みを活かし安定収益の拡大を図ることが期待できると判断いたしました。
          ③企業結合日
             2023年1月20日(株式取得日)
             2023年3月31日(みなし取得日)
          ④企業結合の法的形式
             現金を対価とする株式取得
          ⑤結合後企業の名称
             変更はありません。
          ⑥取得した議決権比率
             100%
          ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
            当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
         2.連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

           みなし取得日を2023年3月31日としているため、当連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しており
          連結損益計算書に被取得企業の業績は含まれておりません。
         3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

           取得の対価    現金    939,147千円
           取得原価           939,147千円
         4.主要な取得関連費用の内容及び金額

           アドバイザリー費用等   45,622千円
         5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

          ①発生したのれんの金額
           422,916千円
          ②発生原因
           取得原価が企業結合日における時価純資産を上回ったため、その差額をのれんとして認識しております。
          ③償却方法及び償却期間
           現時点では確定しておりません。
                                 75/118





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         6.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          流動資産         897,576千円
                  1,398,424千円
          固定資産
          資産合計        2,296,000千円
          流動負債
                   750,114千円
                  1,029,655千円
          固定負債
          負債合計        1,779,769千円
         7.取得原価の配分

          当連結会計年度末において取得原価の配分が完了していないため、その時点で入手可能な合理的情報に基づ
          き暫定的な会計処理を行っております。
         8.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす

         影響の概算額及びその算定方法
          当連結会計年度における概算額の算定が困難であるため、記載しておりません。
                                 76/118















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
          (1)当該資産除去債務の概要
            住宅展示場及び賃貸営業目的用地の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
          (2)当該資産除去債務の金額の算定方法

            使用見込期間を不動産賃貸借期間とし、割引率はその期間に対応する国債利回りを使用して資産除去債務
           の金額を計算しております。
          (3)当該資産除去債務の総額の増減

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     期首残高                                 102,144千円               102,446千円
                                         -  〃            35,352    〃
     連結子会社の取得に伴う増加額
                                        332  〃             334  〃
     時の経過による調整額
     期末残高                                 102,446千円               138,133千円
     (注) 当連結会計年度の期末残高には流動負債の「その他」に含まれる資産除去債務の残高14,193千円を含めて表示
          しております。
                                 77/118














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
          当社及び一部の連結子会社では、和歌山県及び大阪府を中心として、賃貸用のオフィスビルや賃貸商業施設等
         (土地を含む。)を所有しております。なお、賃貸オフィスビル等の一部については、当社及び一部の連結子会
         社が使用しているため、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産としております。
          また、当該賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する連結貸借対照表計上
         額、期中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度

                                    (自 2021年4月1日            (自 2022年4月1日
                                     至 2022年3月31日)            至 2023年3月31日)
                          期首残高               15,110,016            15,718,659

               連結貸借対照表計上額           期中増減額                 608,642           1,728,422

     賃貸等不動産
                          期末残高               15,718,659            17,447,081
               期末時価                           17,754,349            21,755,047

                          期首残高                 418,048            386,500

     賃貸等不動産として
               連結貸借対照表計上額           期中増減額                △31,547             469,934
     使用される部分を含
                          期末残高                 386,500            856,435
     む不動産
               期末時価                            929,498           1,304,034
     (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
         2.賃貸等不動産の期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加は、不動産の取得(759,323千円)、棚卸資
           産からの振替(671,046千円)、主な減少は、減価償却費(419,175千円)、棚卸資産への振替(395,160千
           円)であります。また、当連結会計年度の主な増加は、不動産の取得(1,846,336千円)、株式会社エルア
           ンドビーの連結子会社化に伴う増加(337,793千円)、主な減少は、減価償却費(432,506千円)でありま
           す。
         3.賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産の期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加は、資本
           的支出(3,200千円)、主な減少は、減価償却費(34,747千円)であります。また、当連結会計年度の主な
           増加は、資本的支出(18,067千円)、株式会社エルアンドビーの連結子会社化に伴う増加(487,397千
           円)、主な減少は、減価償却費(35,530千円)であります。
         4.期末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額及び簡便的に公示価格等の
           適切な指標に基づき算定した金額であります。
                                 78/118









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          また、賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する損益は、次のとおりであり
         ます。
                                                     (単位:千円)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度

                                    (自 2021年4月1日            (自 2022年4月1日
                                     至 2022年3月31日)            至 2023年3月31日)
               賃貸収益                           2,265,743            2,275,742

               賃貸費用                           1,491,166            1,398,026

     賃貸等不動産
               差額                            774,577            877,716
               その他(売却損益等)                            △65,739            △24,325

               賃貸収益                            146,564            152,908

     賃貸等不動産として
               賃貸費用                            116,247            131,274
     使用される部分を含
               差額                             30,317            21,633
     む不動産
               その他(売却損益等)                               -            -
     (注)1.賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産には、サービスの提供及び経営管理として当社及び一部の
           連結子会社が使用している部分も含むため、当該部分の賃貸収益は、計上されておりません。なお、当該不
           動産に係る費用(減価償却費、修繕費、保険料、租税公課等)については、賃貸費用に含まれております。
         2.賃貸等不動産のその他損益のうち、前連結会計年度の主なものは、固定資産除却損(65,739千円)でありま
           す。また、当連結会計年度の主なものは、固定資産除却損(24,325千円)であります。
                                 79/118













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (収益認識関係)
          1 顧客との契約から生じる収益を分解した情報
            前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                           報告セグメント

                                               その他
                 不動産開発・                                      合計
                        不動産開発・        マンション               (注)2
                  賃貸事業                       計
                         販売事業        事業
                  (注)1
     売上高

      大阪              452,678        3,720     7,812,966       8,269,364          596    8,269,961
      和歌山             1,095,999       2,395,028           -    3,491,027        269,164      3,760,192

      兵庫              146,493      1,348,092       1,739,939       3,234,525           -    3,234,525

      その他(注)3              717,137      2,235,600        960,326      3,913,064           -    3,913,064
     顧客との契約から生じる
                   2,412,308       5,982,440       10,513,232       18,907,982         269,761      19,177,743
     収益
     外部顧客への売上高              2,412,308       5,982,440       10,513,232       18,907,982         269,761      19,177,743
     (注1)ほとんどが賃貸借契約に基づくリース収益でありますが、顧客との契約から生じる収益に含めて記載しており
          ます。
     (注2)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、介護事業、飲食事業、損害保険代理
          店業等を含んでおります。
     (注3)「その他」に属する主な地域は奈良、滋賀、京都等であります。
            当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                           報告セグメント

                                               その他
                 不動産開発・                                      合計
                        不動産開発・        マンション               (注)2
                  賃貸事業                       計
                         販売事業        事業
                  (注)1
     売上高

      大阪              455,738      1,583,559       9,076,919       11,116,217           64   11,116,282
      和歌山             1,121,931       2,362,309           -    3,484,241        267,973      3,752,214

      兵庫              126,834      1,608,940          281    1,736,056           -    1,736,056

      その他(注)3              761,585        54,647      1,205,540       2,021,773           -    2,021,773
     顧客との契約から生じる
                   2,466,090       5,609,457       10,282,740       18,358,288         268,038      18,626,327
     収益
     外部顧客への売上高              2,466,090       5,609,457       10,282,740       18,358,288         268,038      18,626,327
     (注1)ほとんどが賃貸借契約に基づくリース収益でありますが、顧客との契約から生じる収益に含めて記載しており
          ます。
     (注2)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、介護事業、飲食事業、損害保険代理
          店業等を含んでおります。
     (注3)「その他」に属する主な地域は奈良、滋賀、京都等であります。
          2 顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

            顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、「4.会計方針に関する事項(5)重要
           な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
                                 80/118



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          3 顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会
           計年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時
           期に関する情報
           (1)契約資産及び契約負債の残高等
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
     顧客との契約から生じた債権(期首残高)

      売掛金                                  45,848千円              357,058千円
     顧客との契約から生じた債権(期末残高)

      売掛金                                 357,058千円               32,622千円
     契約負債(期首残高)

      前受金(その他の流動負債)                                 428,638千円              494,200千円
     契約負債(期末残高)

      前受金(その他の流動負債)                                 494,200千円              297,764千円
             契約負債は、主に不動産開発・販売事業及びマンション事業の不動産売買契約に基づいて、顧客から受
            け取った手付金等の前受金に関するものであります。契約負債は、収益の認識に伴い、取り崩されます。
             前連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、428,638千
            円であります。また、前連結会計年度において、契約負債が65,562千円増加した主な理由は、不動産開
            発・販売事業及びマンション事業における連結会計年度末の契約状況によるものです。
             当連結会計年度に認識された収益の額のうち期首現在の契約負債残高に含まれていた額は、494,200千
            円であります。また、当連結会計年度において、契約負債が196,436千円減少した主な理由は、不動産開
            発・販売事業及びマンション事業における連結会計年度末の契約状況によるものです。
             過去の期間に充足(又は部分的に充足)した履行義務から、当連結会計年度に認識した収益(主に、取
            引価格の変動)の額に重要性はありません。
           (2)残存履行義務に配分した取引価格

             当社及び連結子会社では、残存履行義務に配分した取引価格については、当初に予想される契約期間が
            1年を超える重要な契約がないため、実務上の便法を適用し、記載を省略しております。また、顧客との
            契約から生じる対価の中に、取引価格に含まれていない重要な金額はありません。
                                 81/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1 報告セグメントの概要
            (1)報告セグメントの決定方法
              当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取
             締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているも
             のであります。
              当社グループは、不動産業を中心に事業展開を行っており、「不動産開発・賃貸事業」「不動産開
             発・販売事業」「マンション事業」を報告セグメントとしております。
            (2)各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

              「不動産開発・賃貸事業」は、住居用及び事業用不動産物件の開発と賃貸、駐車場業、「不動産開
             発・販売事業」は、住宅用地の開発、土地販売、戸建建築請負、「マンション事業」は、分譲マンショ
             ンの企画・販売をしております。
           2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、棚卸資産の評価基準を除き、「連結財務諸表作成
            のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。
             棚卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ前の価額で評価しております。報告セグ
            メントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
                                 82/118














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
           3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
             前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                      連結財務諸表
                                       その他           調整額
                                             合計           計上額
               不動産開発・      不動産開発・      マンション            (注)1           (注)2
                                  計
                                                       (注)3
                賃貸事業      販売事業      事業
     売上高
      外部顧客への売上高
                2,412,308      5,982,440     10,513,232      18,907,982       269,761    19,177,743         -  19,177,743
      セグメント間の内部売
                   -      -      -      -      -      -      -      -
      上高又は振替高
         計       2,412,308      5,982,440     10,513,232      18,907,982       269,761    19,177,743         -  19,177,743
     セグメント利益            804,894     1,888,029      684,621     3,377,545       83,714    3,461,260      △ 595,267     2,865,992
     セグメント資産           16,435,295      5,622,252      9,170,648     31,228,197       700,404    31,928,601      5,962,359     37,890,960
     その他の項目
      減価償却費           459,054      10,460       85   469,599      22,535     492,134      21,541     513,676
      のれんの償却額            33,713       -      -    33,713       -    33,713       -    33,713
      有形固定資産及び無形
                 774,791        -      -   774,791      20,145     794,936      19,059     813,996
      固定資産の増加額
     (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、介護事業、飲食事業、損害保険代
           理店業等を含んでおります。
         2.調整額は、以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額△595,267千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用でありま
            す。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
          (2)セグメント資産の調整額5,962,359千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社資産でありま
            す。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない余資運用資産、長期投資資金及び管理部門に係る資産
            等であります。
          (3)減価償却の調整額21,541千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費でありま
            す。
          (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額19,059千円は、各報告セグメントに配分していない全社
            資産に係るものであります。
         3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 83/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                      連結財務諸表
                                       その他           調整額
                                             合計           計上額
               不動産開発・      不動産開発・      マンション
                                      (注)1           (注)2
                                  計                     (注)3
                賃貸事業      販売事業      事業
     売上高
      外部顧客への売上高           2,466,090      5,609,457     10,282,740      18,358,288       268,038    18,626,327         -  18,626,327
      セグメント間の内部売
                   -      -      -      -      -      -      -      -
      上高又は振替高
         計
                2,466,090      5,609,457     10,282,740      18,358,288       268,038    18,626,327         -  18,626,327
     セグメント利益            824,055     1,318,252      1,089,991      3,232,299       66,252    3,298,552      △ 789,786     2,508,766
     セグメント資産           19,139,046      4,774,239     10,930,281      34,843,567       625,333    35,468,901      5,970,675     41,439,576
     その他の項目
      減価償却費
                 473,294      15,528       154    488,976      21,740     510,717      16,563     527,281
      のれんの償却額            27,950       -     988    28,938       -    28,938       -    28,938
      有形固定資産及び無形
                1,815,141       38,724       329   1,854,195       2,361    1,856,556       5,657    1,862,214
      固定資産の増加額
     (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、介護事業、飲食事業、損害保険代
           理店業等を含んでおります。
         2.調整額は、以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額△789,786千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用でありま
            す。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
          (2)セグメント資産の調整額5,970,675千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社資産でありま
            す。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない余資運用資産、長期投資資金及び管理部門に係る資産
            等であります。
          (3)減価償却の調整額16,563千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費でありま
            す。
          (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額5,657千円は、各報告セグメントに配分していない全社
            資産に係るものであります。
         3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 84/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           1 製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2 地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
           3 主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称または氏名                      売上高               関連するセグメント名

     日本電産グローバルサービス株式会社                               2,190,000      不動産開発・販売事業

           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

           1 製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2 地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
           3 主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないため、
            主要な顧客ごとの情報の記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                           その他     全社・消去        合計
                 不動産開発      不動産開発      マンション
                                      計
                 ・賃貸事業      ・販売事業        事業
                   66,272                  66,272                  66,272
     減損損失                      -      -            -      -
           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

            該当事項はありません。
                                 85/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
           前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                           その他     全社・消去        合計
                 不動産開発      不動産開発      マンション
                                      計
                 ・賃貸事業      ・販売事業        事業
                   258,546                  258,546                  258,546
     当期末残高                      -      -            -      -
     (注) のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                           その他     全社・消去        合計
                 不動産開発      不動産開発      マンション
                                      計
                 ・賃貸事業      ・販売事業        事業
                   230,595      422,916       30,627      684,139                  684,139
     当期末残高                                         -      -
     (注) のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                 86/118













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          1 関連当事者との取引
           (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
             該当事項はありません。
           (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

             該当事項はありません。
          2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

          1 関連当事者との取引
           (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
             該当事項はありません。
           (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

             該当事項はありません。
          2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

            該当事項はありません。
                                 87/118













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 1,520円09銭               1,517円18銭

     1株当たり当期純利益                                  300円88銭               193円84銭

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                      -            191円99銭

     (注)1.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在するものの、当社は非上
          場であり、期中平均株価が把握できなかったため、記載しておりません。
        2.当社は、2022年6月20日に東京証券取引所スタンダード市場に上場したため、当連結会計年度の潜在株式調整
          後1株当たり当期純利益は、新規上場日から当連結会計年度の末日までの平均株価を期中平均株価とみなして
          算定しております。
        3.1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりでありま
          す。
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                項目               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                 1,602,507               1,307,386

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                       1,602,507               1,307,386
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 5,326,000               6,744,810
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

     親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                      -               -
     普通株式増加数(株)                                      -             64,984
     (うちストック・オプション(株))                                     (-)            (64,984)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
                              新株予約権1種類(新株予約権               新株予約権1種類(新株予約権
     たり当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の
                              の数9,990個)               の数2,620個)
     概要
                                 88/118









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                               当期首残高      当期末残高       利率
        会社名          銘柄      発行年月日                         担保     償還期限
                               (千円)      (千円)      (%)
     ヤマイチ・ユニハイム                    2017年             100,000                 2024年
               第7回無担保社債                 100,000             0.34   無担保社債
      エステート株式会社                    2月22日             (100,000)                 2月22日
                          2018年             30,000                2023年
         〃      第8回無担保社債                  30,000            0.44   無担保社債
                         10月25日                             10月25日
                                      (30,000)
                          2020年                             2027年
         〃      第9回無担保社債                 110,000      110,000       0.45   無担保社債
                         2月25日                             2月25日
                          2021年                             2026年
         〃      第10回無担保社債                                 無担保社債
                                 300,000      300,000       0.21
                         9月10日                             9月10日
                                      540,000
         合計          -        -      540,000            -      -      -
                                      (130,000)
     (注)1.「当期末残高」の(内書)は、1年以内償還予定の金額であります。
         2.連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
        1年以内         1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
        (千円)           (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
                         -           -                       -
           130,000                                  410,000
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
     短期借入金                           3,349,180       1,238,474        1.674       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                           3,780,107       4,229,613        1.428       -
     1年以内に返済予定のリース債務                             9,195       5,755        -      -
                                                    2024年4月~
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)                           14,434,082       19,245,832         1.260
                                                     2042年12月
                                                    2024年4月~
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)                             15,859       10,585        -
                                                     2030年10月
     その他有利子負債                               -       -      -      -
                合計               21,588,424       24,730,261          -      -
     (注)1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
           なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結
           貸借対照表上に計上しているため、「平均利率」の記載をしておりません。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの
           返済予定額の総額
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
           区分
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
     長期借入金                   5,958,012          3,003,432          2,777,347           959,595
     リース債務                     5,434          2,242          1,252          1,252
         【資産除去債務明細表】

          明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、記載
         を省略しております。
                                 89/118




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
      (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
             (累計期間)                第1四半期        第2四半期        第3四半期       当連結会計年度
     売上高                 (千円)        3,395,120        11,295,225        15,098,550        18,626,327

     税金等調整前四半期(当期)純利益                 (千円)         297,078       1,373,601        1,927,198        2,110,194

     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)         199,843        972,197       1,243,454        1,307,386
     期)純利益
     1株当たり四半期(当期)純利益                  (円)         36.02        153.66        188.24        193.84
             (会計期間)                第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期

     1株当たり四半期純利益                  (円)         36.02        108.85         37.88         8.92

                                 90/118
















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                     ※2  4,514,538            ※2  4,035,542
        現金及び預金
                                        344,003               16,918
        売掛金
                                   ※2 ,※4  5,882,126            ※2  3,624,692
        販売用不動産
                                     ※2  8,193,385            ※2  10,610,068
        仕掛販売用不動産
                                        483,956              502,768
        前払費用
                                                     ※1  64,739
                                        23,111
        その他
                                         △ 455             △ 455
        貸倒引当金
                                      19,440,665              18,854,274
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                   ※2 ,※4  5,610,445            ※2  5,861,745
          建物(純額)
                                       ※2  31,872             ※2  25,252
          構築物(純額)
                                       ※2  83,002             ※2  68,028
          機械及び装置(純額)
                                        12,928               7,939
          車両運搬具(純額)
                                       ※2  12,982             ※2  13,490
          工具、器具及び備品(純額)
                                   ※2 ,※4  10,963,909            ※2  11,871,580
          土地
                                       ※2  13,914             ※2  11,695
          リース資産(純額)
                                        48,902              237,872
          建設仮勘定
                                      16,777,956              18,097,604
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        258,546              230,595
          のれん
                                         3,420              2,629
          ソフトウエア
                                                       1,760
          ソフトウエア仮勘定                                 -
                                         9,026              2,772
          リース資産
                                        270,993              237,757
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        156,407              173,367
          投資有価証券
                                        10,000             1,030,769
          関係会社株式
                                        29,730              30,060
          出資金
                                        13,012              11,493
          長期貸付金
                                         1,133
          従業員に対する長期貸付金                                               -
                                        61,154              58,596
          長期前払費用
                                        991,993             1,070,453
          その他
                                       1,263,431              2,374,740
          投資その他の資産合計
                                      18,312,382              20,710,102
        固定資産合計
                                      37,753,048              39,564,377
       資産合計
                                 91/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       2,708,491               458,565
        支払手形
                                        556,692              291,250
        買掛金
                                  ※1 ,※2 ,※3  3,449,505          ※1 ,※2 ,※3  917,480
        短期借入金
                                   ※2 ,※3  3,769,877           ※2 ,※3  4,110,417
        1年内返済予定の長期借入金
                                                      130,000
        1年内償還予定の社債                                  -
                                         9,195              5,434
        リース債務
                                        211,600              219,066
        未払金
                                        34,713              28,218
        未払費用
                                        907,987              385,737
        未払法人税等
                                        494,200              301,017
        前受金
                                        60,244              43,400
        預り金
                                        157,193              169,782
        前受収益
                                        36,095              38,001
        賞与引当金
                                        96,830              61,642
        その他
                                      12,492,627               7,160,016
        流動負債合計
       固定負債
                                        540,000              410,000
        社債
                                   ※2 ,※3  14,297,161           ※2 ,※3  18,482,043
        長期借入金
                                        54,701              52,145
        退職給付引当金
                                        15,859              10,424
        リース債務
                                        182,411              182,411
        再評価に係る繰延税金負債
                                        102,446              102,780
        資産除去債務
                                        388,577              467,992
        繰延税金負債
                                                   ※1  1,828,351
                                       1,652,963
        その他
                                      17,234,121              21,536,149
        固定負債合計
                                      29,726,749              28,696,166
       負債合計
                                 92/118










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     純資産の部
       株主資本
                                        45,000              836,478
        資本金
        資本剰余金
                                                      791,478
                                          -
          資本準備金
          資本剰余金合計                                            791,478
                                          -
        利益剰余金
                                         5,326              5,326
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        117,167              124,488
           土地圧縮積立金
                                        175,548              167,903
           建物圧縮積立金
                                       7,691,701              8,943,356
           繰越利益剰余金
                                       7,989,742              9,241,075
          利益剰余金合計
                                       8,034,742              10,869,033
        株主資本合計
       評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                △ 9,282             △ 1,660
                                          838              838
        土地再評価差額金
        評価・換算差額等合計                                △ 8,443              △ 822
                                       8,026,299              10,868,210
       純資産合計
                                      37,753,048              39,564,377
     負債純資産合計
                                 93/118













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)              至 2023年3月31日)
                                     ※1  18,959,224            ※1  18,391,926
     売上高
                                                   ※1  13,437,146
                                      13,554,877
     売上原価
                                       5,404,347              4,954,779
     売上総利益
                                   ※1 ,※2  2,547,258           ※1 ,※2  2,394,320
     販売費及び一般管理費
                                       2,857,089              2,560,459
     営業利益
     営業外収益
                                                     ※1  1,042
                                          562
       受取利息
                                         4,381              7,229
       受取配当金
                                        16,566              18,903
       受取手数料
                                        37,546              11,697
       受取保険料
                                        11,733               3,325
       違約金収入
                                        18,210              14,341
       その他
                                        89,001              56,539
       営業外収益合計
     営業外費用
                                      ※1  352,059
                                                      303,866
       支払利息
                                        53,123              129,935
       その他
                                        405,182              433,802
       営業外費用合計
                                       2,540,907              2,183,196
     経常利益
     特別利益
                                       ※3  5,793              ※3  27
       固定資産売却益
                                         5,793                27
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※4  66,272
       減損損失                                                  -
                                       ※5  88,546             ※5  24,325
       固定資産除却損
                                        154,818               24,325
       特別損失合計
                                       2,391,883              2,158,898
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   998,303              724,969
                                                       76,076
                                       △ 200,468
     法人税等調整額
                                        797,834              801,045
     法人税等合計
                                       1,594,048              1,357,852
     当期純利益
                                 94/118









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         【売上原価明細書】
          a.不動産開発・販売事業
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
                                      構成比                 構成比

              区分              金額(千円)                 金額(千円)
                                      (%)                 (%)
     土地原価                           2,298,519        64.1          2,485,511        65.5

     建物原価                           1,094,734        30.5          1,093,632        28.8
     工事原価                            137,684       3.8           79,600       2.1

     その他                             56,080       1.6          134,979       3.6
              計                  3,587,017       100.0          3,793,724       100.0

          b.不動産開発・賃貸事業

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
                                      構成比                 構成比

              区分              金額(千円)                 金額(千円)
                                      (%)                 (%)
     地代                            433,943       29.4           405,898       26.5

     減価償却費                            454,602       30.8           473,294       30.9
     管理費                            161,096       10.9           157,232       10.3

     修繕費                             89,768       6.1           94,463       6.2

     水道光熱費                            138,328       9.4          158,247       10.3

     租税公課                            169,668       11.5           220,493       14.4

     その他                             28,678       1.9           23,106       1.4
              計                  1,476,086       100.0          1,532,736       100.0

          c.マンション事業

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
                                      構成比                 構成比

              区分              金額(千円)                 金額(千円)
                                      (%)                 (%)
     建物原価                           8,450,947       100.0          8,052,897        99.9

     その他                               -     -          10,324       0.1
              計                  8,450,947       100.0          8,063,222       100.0

                                 95/118





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          d.その他事業
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
                                      構成比                 構成比

              区分              金額(千円)                 金額(千円)
                                      (%)                 (%)
     経費                             40,825      100.0            47,462      100.0

              計                   40,825      100.0            47,462      100.0

                                 96/118


















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     株主資本
                                    利益剰余金
                                   その他利益剰余金
                   資本金                                   株主資本合計
                                                利益剰余金
                        利益準備金
                               土地圧縮      建物圧縮      繰越利益       合計
                               積立金      積立金      剰余金
     当期首残高                45,000      2,663     117,167      172,619     6,129,874      6,422,324      6,467,324
     当期変動額
      圧縮積立金の積立                                 2,928     △ 2,928       -      -
      剰余金の配当
                           2,663                 △ 29,293     △ 26,630     △ 26,630
      当期純利益                                     1,594,048      1,594,048      1,594,048
      株主資本以外の項目の当期変
                                                    -      -
      動額(純額)
     当期変動額合計
                      -     2,663       -     2,928    1,561,827      1,567,418      1,567,418
     当期末残高                45,000      5,326     117,167      175,548     7,691,701      7,989,742      8,034,742
                       評価・換算差額等

                   その他                 純資産合計
                        土地再評価      評価・換算
                   有価証券
                         差額金     差額等合計
                   評価差額金
     当期首残高                9,688     △ 23,654     △ 13,966     6,453,357
     当期変動額
      圧縮積立金の積立
                                  -      -
      剰余金の配当                            -   △ 26,630
      当期純利益                            -   1,594,048
      株主資本以外の項目の当期変
                    △ 18,970      24,493      5,522      5,522
      動額(純額)
     当期変動額合計               △ 18,970      24,493      5,522    1,572,941
     当期末残高               △ 9,282       838    △ 8,443    8,026,299
                                 97/118









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     株主資本
                           資本剰余金                  利益剰余金
                                               その他利益剰余金
                   資本金
                              資本剰余金合
                        資本準備金            利益準備金
                                計           土地圧縮      建物圧縮      繰越利益
                                           積立金      積立金      剰余金
     当期首残高
                     45,000        -      -     5,326     117,167      175,548     7,691,701
     当期変動額
      新株の発行              782,482      782,482      782,482
      圧縮積立金の積立                            -           7,321           △ 7,321
      圧縮積立金の取崩
                                  -                △ 7,644      7,644
      剰余金の配当                            -                     △ 106,520
      ストック・オプションの行使               8,996      8,996      8,996
      当期純利益                            -                     1,357,852
      株主資本以外の項目の当期変
                                  -
      動額(純額)
     当期変動額合計               791,478      791,478      791,478        -     7,321     △ 7,644    1,251,655
     当期末残高               836,478      791,478      791,478       5,326     124,488      167,903     8,943,356
                      株主資本             評価・換算差額等

                   利益剰余金
                                                純資産合計
                               その他
                                    土地再評価      評価・換算
                        株主資本合計       有価証券
                   利益剰余金                   差額金     差額等合計
                              評価差額金
                    合計
     当期首残高
                   7,989,742      8,034,742       △ 9,282       838    △ 8,443    8,026,299
     当期変動額
      新株の発行                 -   1,564,965                     -   1,564,965
      圧縮積立金の積立                 -      -                  -      -
      圧縮積立金の取崩
                      -      -                  -      -
      剰余金の配当              △ 106,520     △ 106,520                    -   △ 106,520
      ストック・オプションの行使                 -    17,992                    -    17,992
      当期純利益              1,357,852      1,357,852                     -   1,357,852
      株主資本以外の項目の当期変
                      -      -     7,621       -     7,621      7,621
      動額(純額)
     当期変動額合計              1,251,332      2,834,290        7,621       -     7,621    2,841,911
     当期末残高              9,241,075      10,869,033       △ 1,660       838     △ 822   10,868,210
                                 98/118






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
           (1)有価証券の評価基準及び評価方法
             子会社株式及び関連会社株式……移動平均法による原価法
             その他有価証券
              市場価格のない株式等以外のもの……決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純
                               資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算
                               定)
              市場価格のない株式等……移動平均法による原価法
           (2)棚卸資産の評価基準及び評価方法

             通常の販売目的で保有する棚卸資産……主として個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げ
                               の方法)
          2.固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並び
            に2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
           (2)無形固定資産(リース資産を除く)

             定額法を採用しております。
           (3)リース資産

             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          3.引当金の計上基準

           (1)貸倒引当金
             債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
            いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)賞与引当金

             従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上し
            ております。
           (3)退職給付引当金

             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しておりま
            す。
          4.収益及び費用の計上基準

           (1)不動産開発・賃貸事業
             不動産の賃貸から生じる収益は、オペレーティング・リースによっております。オペレーティング・
            リースによる収益は、「リース取引に関する会計基準」(企業会計基準第13号 2007年3月30日)等に基
            づき認識しております。
                                 99/118





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
           (2)不動産開発・販売事業
             住宅用地の分譲販売や産業用地の販売は、用地の仕入から造成、企画、設計、施工までを自社一貫体制
            にて行った戸建て住宅(土地付き建物)及び宅地を一般消費者又は法人へ販売する事業であり、顧客との
            不動産売買契約に基づき当該物件の引き渡し行う義務を負っております。
             当該履行義務は物件が引き渡される一時点で充足されるものであり、当該引渡時点において収益を計上
            しております。
             戸建て住宅の一般建築請負は、規格型注文住宅及び自由設計注文住宅の建築工事を請け負う事業であ
            り、顧客(一般消費者及び法人)との建物請負工事契約に基づき、建築工事を行う義務を負っておりま
            す。
             当該建物請負契約においては、当社の義務の履行により資産(仕掛品)が創出され又は増価し、資産の
            創出又は増価につれて顧客が当該資産を支配することから、当該履行義務は一定の期間にわたり充足され
            る履行義務であり、契約期間にわたる工事の進捗に応じて充足されるため、工事の進捗度に応じて収益を
            計上しております。なお、進捗度の測定は、発生原価が履行義務の充足における企業の進捗度に寄与及び
            概ね比例していると考えられることから、発生原価に基づくインプット法によっております。
             ただし、建物請負工事契約について、契約における取引開始日から完全に履行義務を充足すると見込ま
            れる時点までの期間がごく短い場合には、一定の期間にわたり収益を認識せず、完全に履行義務を充足し
            た時点で収益を認識しております。
           (3)マンション事業

             マンションの分譲販売は、用地の仕入から施工までを行ったマンションの各分譲住戸を主に一般消費者
            へ販売する事業であり、顧客との不動産売買契約に基づき当該物件の引き渡しを行う義務を負っておりま
            す。
             当該履行義務は物件が引き渡される一時点で充足されるものであり、当該引渡時点において収益を計上
            しております。
          5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           (1)ヘッジ会計の処理
             繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては特例
            処理によっております。
           (2)のれんの償却方法及び償却期間

             のれんは20年以内の合理的な償却期間を設定し、定額法により償却しております。
           (3)消費税等の会計処理

             資産にかかる控除対象外消費税及び地方消費税は繰延消費税等(投資その他の資産のその他)とし、5
            年間で均等償却を行っております。
                                100/118








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
          1.販売用不動産の評価
           (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                                  前事業年度               当事業年度

     販売用不動産                                  5,882,126               3,624,692

           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

             「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)の
            内容と同一であります。
          2.賃貸事業目的で保有する不動産(賃貸不動産)の減損

           (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                                  前事業年度               当事業年度

     賃貸不動産                                  16,105,160               17,478,325

             上記は、賃貸不動産と賃貸不動産として使用される部分を含む不動産を合算した金額であります。
           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

             「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」
            の内容と同一であります。
          3.関係会社株式の評価

            (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                                  前事業年度               当事業年度

     関係会社株式                                    10,000              1,030,769

            (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

             関係会社株式のうち、市場価格のない子会社株式については、実質価額が貸借対照表価額と比較して著
            しく低下している場合、回復可能性の判定を行った上で減損要否の判定を行っております。なお、超過収
            益力等を加味して取得した子会社株式については、実質価額の算定に当たって超過収益力を含めておりま
            す。
             このように、超過収益力を含む実質価額の評価や回復可能性の判定には経営者の判断が含まれることか
            ら、将来の不確実な経済条件の変動などによって影響を受ける可能性があります。
                                101/118








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 関係会社に対する資産及び負債(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     短期金銭債権                                  -千円               52,004千円
                                    100,325    〃               314  〃
     短期金銭債務
                                       -  〃               200  〃
     長期金銭債務
          ※2 担保に供している資産及び担保に係る債務

            (1)担保に供している資産
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     現金及び預金                               240,298千円                 252,301千円
                                   4,736,112     〃            2,453,103     〃
     販売用不動産
                                   6,541,402     〃            8,541,917     〃
     仕掛販売用不動産
                                   5,310,156     〃            5,519,964     〃
     建物
                                     30,216    〃              23,872    〃
     構築物
                                     58,762    〃              47,214    〃
     機械及び装置
                                     7,222   〃              4,771   〃
     工具、器具及び備品
                                   10,588,996      〃            11,413,720      〃
     土地
                                     9,774   〃              8,635   〃
     リース資産
              計                    27,522,942千円                 28,265,503千円
            (2)担保に係る債務

                               前事業年度                 当事業年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     短期借入金                              3,282,508千円                  896,468千円
                                   16,655,579      〃            19,922,022      〃
     長期借入金
              計                    19,938,087千円                 20,818,490千円
     (注) 長期借入金には1年内返済予定の長期借入金が含まれております。
          ※3 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行5行と当座貸越契約を締結しております。

             事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     当座貸越極度額の総額                              4,239,500千円                 4,350,000千円
                                   2,601,704     〃            2,715,561     〃
     借入実行残高
             差引額                      1,637,795千円                 1,634,439千円
          ※4 資産の保有目的の変更

             保有目的の変更により、以下の金額を振替えております。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2022年3月31日)                 (2023年3月31日)
     有形固定資産から販売用不動産                               395,160千円                    -千円
                                    671,046    〃                -  〃
     販売用不動産から有形固定資産
                                102/118





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                               24,000千円                 24,140千円
                                       -  〃               140  〃
      売上原価
                                       94  〃               218  〃
      販売費及び一般管理費
     営業取引以外の取引による取引高
      受取利息                                 -千円                 303千円
                                      990  〃                -  〃
      支払利息
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     役員報酬                               103,575    千円              103,630    千円
                                    348,181    〃             351,913    〃
     給料手当
                                     19,706    〃              20,903    〃
     退職給付費用
                                    574,551    〃             496,945    〃
     広告宣伝費
                                     31,333    〃              31,402    〃
     減価償却費
                                     46,374    〃              38,001    〃
     賞与引当金繰入額
                                    259,897    〃             167,919    〃
     租税公課
                                    371,076    〃             304,953    〃
     業務委託・仲介料
     おおよその割合

                                       50  %                43  %
      販売費
                                       50  〃                57  〃
      一般管理費
          ※3 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     車両運搬具                                5,793千円                   27千円
                                103/118









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
          ※4 減損損失
             前事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          場所              用途              種類            金額(千円)
                                 のれん                       66,272
     兵庫県西宮市                    -
              当社は、原則として、事業用資産については管理会計上の区分を基礎としてグルーピングを行ってお
             り、賃貸不動産については物件ごとにグルーピングを行っております。
              当事業年度において、建替えの意思決定を行った賃貸不動産の取得時に発生したのれんについて、未
             償却残高の全額を減損損失として特別損失に計上しました。
             当事業年度(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

              該当事項はありません。
          ※5 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2022年3月31日)                 至 2023年3月31日)
     建物                                19,777千円                 18,750千円
                                     66,463    〃              5,574   〃
     解体費用
                                     2,305   〃                -  〃
     ソフトウェア
              計                       88,546千円                 24,325千円
                                104/118














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          前事業年度(2022年3月31日)
           子会社株式は、市場価格のない株式等のため、子会社株式の時価を記載しておりません。
           なお、市場価格のない株式等の子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                     区分                          当事業年度

     子会社株式                                                   10,000
                     計                                   10,000

          当事業年度(2023年3月31日)

           子会社株式は、市場価格のない株式等のため、子会社株式の時価を記載しておりません。
           なお、市場価格のない株式等の子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                     区分                          当事業年度

     子会社株式                                                  1,030,769

                     計                                 1,030,769

                                105/118














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     繰延税金資産
      未払役員退職金                                 123,363千円              123,363千円
                                        73,039    〃           14,893    〃
      未払事業税
                                        16,662    〃           15,883    〃
      退職給付引当金
                                        18,869    〃           19,017    〃
      減価償却超過額
                                        65,343    〃           31,307    〃
      資産除去債務
                                        13,895    〃           13,895    〃
      製品保証未払金
                                        16,447    〃           29,652    〃
      販売用不動産評価損
                                        31,171    〃           35,356    〃
      その他
     繰延税金資産小計                                  358,792千円              283,368千円
                                      △165,193     〃         △177,897     〃
     評価性引当額
     繰延税金資産合計