西日本旅客鉄道株式会社 有価証券報告書 第36期(2022/04/01-2023/03/31)

提出書類 有価証券報告書-第36期(2022/04/01-2023/03/31)
提出日
提出者 西日本旅客鉄道株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   2023年6月26日

                         第36期(自       2022年4月1日 至           2023年3月31日)

     【事業年度】
     【会社名】                   西日本旅客鉄道株式会社

                         West   Japan    Railway     Company

     【英訳名】
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  長谷川 一明

     【本店の所在の場所】                   大阪市北区芝田二丁目4番24号

                         06-6375-2229

     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                   ガバナンス推進本部課長  豊島 達也

     【最寄りの連絡場所】                   大阪市北区芝田二丁目4番24号

                         06-6375-2229

     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                   ガバナンス推進本部課長  豊島 達也

     【縦覧に供する場所】                   西日本旅客鉄道株式会社近畿統括本部京滋支社

                         (京都市南区西九条北ノ内町5番地5)
                         同 近畿統括本部兵庫支社
                         (神戸市中央区加納町四丁目4番17号ニッセイ三宮ビル)
                         同 中国統括本部
                         (広島市東区上大須賀町15番20号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1    【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次           第32期        第33期        第34期        第35期        第36期

          決算年月           2019年3月        2020年3月        2021年3月        2022年3月        2023年3月
                        百万円
     営業収益                 1,529,308        1,508,201         920,046       1,031,103        1,395,531
                        百万円
     経常利益又は経常損失(△)                  183,323        148,353       △ 257,330       △ 121,047         73,619
                        百万円
     親会社株主に帰属する当期 
     純利益又は親会社株主に帰属
                       102,750         89,380       △ 233,166       △ 113,198         88,528
     する当期純損失(△)
                        百万円
     包括利益                  104,817         87,050       △ 240,416       △ 112,226         95,996
                        百万円
     純資産額                 1,179,861        1,223,106         956,256       1,074,211        1,144,309
                        百万円
     総資産額                 3,237,596        3,275,257        3,477,382        3,702,421        3,735,507
                          円
     1株当たり純資産額                 5,612.63        5,847.27        4,461.46        3,973.15        4,245.13
                          円
     1株当たり当期純利益又は
                       533.31        466.88      △ 1,219.46        △ 516.06        363.26
     1株当たり当期純損失(△)
                          円
     潜在株式調整後1株当たり 
                         -        -        -        -        -
     当期純利益
                          %
     自己資本比率                   33.3        34.1        24.5        26.2        27.7
                          %
     自己資本利益率                    9.8        8.1         -        -        8.8
                          倍
     株価収益率                   15.6        15.8         -        -       15.0
                        百万円
     営業活動によるキャッシュ・
                       289,728        240,152       △ 103,295        △ 86,468        273,964
     フロー
                        百万円
     投資活動によるキャッシュ・
                      △ 247,420       △ 268,657       △ 211,692       △ 188,711       △ 214,902
     フロー
                        百万円
     財務活動によるキャッシュ・
                       △ 7,174       △ 29,167        446,749        384,685        △ 88,765
     フロー
                        百万円
     現金及び現金同等物の期末 
                       136,581         78,283        210,045        319,596        289,893
     残高
                          人
     従業員数
                       47,842        48,323        47,984        46,779        44,897
    (外数:平均臨時雇用人員数)
                       ( 12,278   )     ( 12,617   )     ( 12,130   )     ( 10,509   )     ( 10,278   )
     (注)1 1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失については、表示単位未満の端数
           を四捨五入して表示しております。
         2 各期連結子会社数及び持分法適用関連会社数は次のとおりであります。
               回次         第32期        第33期        第34期        第35期        第36期
           連結子会社数                 64        64        64        61        60
           持分法適用関連会社数                  5        5        5        5        5
         3 第32期、第33期及び第36期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載し
           ておりません。第34期及び第35期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損
           失であり、また、潜在株式がないため記載しておりません。
         4 第34期及び第35期の自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるた
           め記載しておりません。
                                  2/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         5 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第35期の期首から適用してお
           り、第34期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっており
           ます。
                                  3/166




















                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第32期        第33期        第34期        第35期        第36期
          決算年月           2019年3月        2020年3月        2021年3月        2022年3月        2023年3月
                        百万円
     営業収益                  980,906        961,905        506,840        577,627        791,279
                        百万円
     経常利益又は経常損失(△)                  136,489        106,953       △ 250,779       △ 138,290         27,492
                        百万円
     当期純利益又は
                       80,613        73,596       △ 217,324       △ 121,605         59,437
     当期純損失(△)
                        百万円
     資本金                  100,000        100,000        100,000        226,136        226,136
                          株
     発行済株式総数                192,481,400        191,334,500        191,334,500        244,001,600        244,001,600
                        百万円
     純資産額                  799,779        823,966        580,205        688,478        724,443
                        百万円
     総資産額                 2,782,350        2,793,991        3,025,958        3,190,533        3,230,632
                          円
     1株当たり純資産額                 4,155.11        4,306.43        3,032.42        2,821.62        2,971.29
                          円
                         175       182.5         100        100        125
     1株当たり配当額
     (内数:1株当たり中間配当額)
                        ( 87.5  )       ( 95 )       ( 50 )       ( 50 )       ( 50 )
                          円
     1株当たり当期純利益又は
                       418.13        384.17      △ 1,135.84        △ 554.06        243.76
     1株当たり当期純損失(△)
                          円
     潜在株式調整後1株当たり
                         -        -        -        -        -
     当期純利益
                          %
     自己資本比率                   28.7        29.5        19.2        21.6        22.4
                          %
     自己資本利益率                   10.3         9.1         -        -        8.4
                          倍
     株価収益率                   19.9        19.3         -        -       22.4
                          %
     配当性向                   41.9        47.5         -        -       51.3
                          人
     従業員数                  24,866        24,439        23,900        22,715        21,727
     (外数:平均臨時雇用人員数)
                       ( 3,466   )     ( 3,869   )     ( 4,233   )     ( 4,372   )     ( 4,275   )
                          %
     株主総利回り
                        114.6        104.3         88.7        76.0        82.6
     (比較指標:TOPIX(配当込))                   ( 95.0  )      ( 85.9  )     ( 122.1   )     ( 124.6   )     ( 131.8   )
                          円
     最高株価                   8,542        9,978        7,663        7,000        6,075
                          円
     最低株価                   7,213        5,861        4,410        4,588        4,606
     (注)1 1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失については、表示単位未満の端数

           を四捨五入して表示しております。
         2 第32期、第33期及び第36期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載し
           ておりません。第34期及び第35期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損
           失であり、また、潜在株式がないため記載しておりません。
         3 第34期及び第35期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため記載して
           おりません。
         4 最高株価及び最低株価は2022年4月4日より東京証券取引所プライム市場におけるものであり、それ以前に
           ついては東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         5 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日)等を第35期の期首から適用してお
           り、第34期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっており
           ます。
                                  4/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      (1)  日本国有鉄道時代
        年月                            概要

      1949年6月        日本国有鉄道法に基づき、公共企業体として、日本国有鉄道(以下「国鉄」という。)が設立
      1972年3月        山陽新幹線「新大阪駅~岡山駅」間(180.3㎞)の営業開始
      1975年3月        山陽新幹線「岡山駅~博多駅」間(465.3㎞)の営業開始
      1986年12月        日本国有鉄道改革法(昭和61年法律第87号)等の国鉄改革関連8法公布
      1987年4月        日本国有鉄道法が廃止
      同        日本国有鉄道改革法により、北海道旅客鉄道株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、東海旅客鉄道株
              式会社、西日本旅客鉄道株式会社、四国旅客鉄道株式会社及び九州旅客鉄道株式会社(以下「旅客会
              社」という。)並びに日本貨物鉄道株式会社(以下「貨物会社」という。)が設立。国鉄は日本国有鉄
              道清算事業団(現:独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)に移行
      (2)  西日本旅客鉄道株式会社設立後

        年月                            概要

      1987年4月        西日本旅客鉄道株式会社が設立
      1987年7月        信楽線(14.8㎞)、岩日線(32.7㎞)を廃止
      1987年10月        和歌山支店(現:和歌山支社)(現:近畿統括本部の地方機関)、福知山支店(現:福知山管理部)を設
              置
      同        若桜線(19.2㎞)を廃止
      1988年3月        本四備讃線「茶屋町駅~児島駅」間(12.9㎞)の営業開始
      同        能登線(61.1㎞)を廃止
      1988年4月        自動車事業を「西日本ジェイアールバス株式会社」(現:連結子会社)及び「中国ジェイアールバス
              株式会社」(現:連結子会社)に譲渡
      同        「ハートアンドアクション・フーズ株式会社」(現:株式会社ジェイアール西日本フードサービス
              ネット)(現:連結子会社)及び「ハートアンドアクション・リーテイル株式会社」(現:株式会社
              ジェイアール西日本デイリーサービスネット)(現:連結子会社)を設立
      1988年10月        福岡支社(現:山陽新幹線統括本部の地方機関)を設置
      1989年4月        「株式会社ジェイアール西日本クリエイト」(現:JR西日本大阪開発株式会社)(現:連結子会社)を
              設立
      1989年11月        一般旅行業(運輸大臣登録第921号)の営業開始
      1990年3月        大社線(7.5㎞)、鍛冶屋線(13.2㎞)、宮津線(84.0㎞)を廃止
      1990年4月        博多南線「博多駅~博多南駅」間(8.5㎞)の営業開始
      1990年10月        「株式会社ジェイアール西日本ホテル開発」(現:連結子会社)を設立
      1990年11月        「嵯峨野観光鉄道株式会社」(現:連結子会社)を設立
      1991年6月        「ジェイアール西日本不動産株式会社」(現:JR西日本不動産開発株式会社)(現:連結子会社)を設
              立
      1991年9月        七尾線「和倉温泉駅~輪島駅」間(48.4㎞)の運営方式を第三種鉄道事業に変更
      1991年10月        山陽新幹線鉄道施設(車両を除く。)を新幹線鉄道保有機構(以下「保有機構」という。現:独立行政
              法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)から譲受け
      1992年3月        新本社屋完成、移転(大阪市北区)
      1993年6月        京都・大阪・神戸各支社(現:京滋・阪奈・兵庫各支社)を設置(現:近畿統括本部の地方機関)
      1994年6月        関西空港線「日根野駅~関西空港駅」間(11.1㎞)の営業開始
      1995年4月        1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災により不通となっていた東海道本線が4月1日に、山
              陽新幹線が4月8日にそれぞれ運転再開
                                  5/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        年月                            概要

      1996年10月        大阪(2013年7月16日に東京証券取引所と市場統合)、東京、名古屋の各証券取引所市場第一部及び
              京都(2001年3月1日に大阪証券取引所と合併)、広島(2000年3月1日に東京証券取引所と合併)、
              福岡の各証券取引所に株式上場
      1997年3月        JR東西線「京橋駅~尼崎駅」間(12.5㎞)の営業開始
      2000年2月        「西日本キヨスク株式会社」及び「株式会社ジェイアール西日本リーテックス」を合併(現:株式会
              社ジェイアール西日本デイリーサービスネット)(現:連結子会社)
      同        「株式会社ジェイアール ウェスト レストラン」及び「ジェイアール西日本フーズ株式会社」を
              合併(現:株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット)(現:連結子会社)
      同        金沢、岡山、米子、広島、福岡エリアに株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネットの子
              会社を設立(現:連結子会社)
      2001年10月        旅行業(鉄道事業者固有の営業等を除く。)を「株式会社日本旅行」(現:連結子会社)に譲渡
      2001年12月        旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律の一部を改正する法律(平成13年法律第61
              号)の施行により、旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律(昭和61年法律第88号)
              (以下、「JR会社法」という。)の適用対象から除外
      2002年11月        「ジェイアール西日本開発株式会社」及び「ジェイアール西日本不動産株式会社」を合併(現:JR西
              日本不動産開発株式会社)(現:連結子会社)
      2002年12月        「株式会社日本旅行」の第三者割当増資を引受け(連結子会社化)
      2003年12月        可部線「可部駅~三段峡駅」間(46.2㎞)を廃止
      2004年3月        独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構保有の当社株式634,344株が売却され、完全民営化を
              達成
      2005年1月        「JR西日本SC開発株式会社」(現:連結子会社)及び「西日本電気テック株式会社」(現:連結子会
              社)を設立
      2005年4月        「JR西日本フィナンシャルマネジメント株式会社」(現:連結子会社)を設立
      2006年3月        富山港線(8.0km)を廃止
      2006年7月        「神戸ステーション開発株式会社」、「芦屋ステーションビル株式会社」及び「株式会社明石ス
              テーション・センター」を合併(現:JR西日本アーバン開発株式会社)(現:連結子会社)
      2007年4月        「呉ステーション開発株式会社」及び「中国ステーション開発株式会社」を合併(現:中国SC開発株
              式会社)(現:連結子会社)
      2007年7月        新幹線管理本部(現:新幹線本部)を設置
      2008年3月        おおさか東線「放出駅~久宝寺駅」間(9.2km)の営業開始
      2009年2月        「JR西日本宮島フェリー株式会社」を設立(現:連結子会社)
      2009年4月        船舶事業を「JR西日本宮島フェリー株式会社」に譲渡
      同        「山陽ステーション開発株式会社」及び「株式会社岡山ステーションセンター」を合併(現:山陽SC
              開発株式会社)(現:連結子会社)
      同        「ジェイアール西日本ファイナンス株式会社」及び「ジェイアール西日本商事株式会社」を合併
              (現:ジェイアール西日本商事株式会社)(現:連結子会社)
      2009年7月        「株式会社駅レンタカー中国」及び「株式会社駅レンタカー関西」を合併(現:JR西日本レンタ
              カー&リース株式会社)(現:連結子会社)
      2009年8月        「株式会社JR西日本カスタマーリレーションズ」を設立(現:連結子会社)
      2009年10月        「新交工機株式会社」(現:株式会社JR西日本テクシア)が「株式会社ジェイアール西日本テクノ
              ス」(現:株式会社JR西日本テクノス)の事業の一部を承継(連結子会社化)
      2010年4月        「広島ステーションビル株式会社」及び「中国SC開発株式会社」を合併(現:中国SC開発株式会社)
              (現:連結子会社)
      2010年12月        近畿統括本部を設置
                                  6/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        年月                            概要

      2011年7月        「株式会社天王寺ステーションビルディング」及び「天王寺ターミナルビル株式会社」を合併(現:
              JR西日本SC開発株式会社)(現:連結子会社)
      2013年7月        「株式会社ジェイアールサービスネット米子」及び「山陰ステーション開発株式会社」を合併(現:
              JR西日本山陰開発株式会社)(現:連結子会社)
      同        「ジェイアール西日本不動産開発株式会社」及び「株式会社ジェイアール西日本福岡開発」を合併
              (現:JR西日本不動産開発株式会社)(現:連結子会社)
      2014年4月        「大鉄工業株式会社」及び同社の子会社である「株式会社ジェイアール西日本ビルト」を連結子会
              社化
      2014年7月        湖西線鉄道施設を独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構から譲受け
      2014年10月        ゴルフ事業を「JR西日本ゴルフ株式会社」に吸収分割後、「株式会社アコーディア・ゴルフ」に譲
              渡
      2015年3月        北陸新幹線「上越妙高駅~金沢駅」間(168.6㎞)の営業開始、北陸本線「直江津駅~金沢駅」間
              (177.2km)を廃止
      2015年4月        「大阪ステーション開発株式会社」及び「株式会社ジェイアール西日本クリエイト」を合併(現:JR
              西日本大阪開発株式会社)(現:連結子会社)
      2016年12月        「株式会社JR西日本イノベーションズ」(現:連結子会社)を設立
      2017年2月        「菱重プロパティーズ株式会社」(現:JR西日本プロパティーズ株式会社)の株式を取得し、連結子
              会社化
      2017年3月        可部線「可部駅~あき亀山駅」間(1.6㎞)の営業開始
      2018年4月        三江線(108.1㎞)を廃止
      2018年6月        「新幹線管理本部」及び「新幹線管理本部福岡支社」を「新幹線鉄道事業本部」(本社組織)(現:
              新幹線本部)に組織改正
      2019年3月        おおさか東線「新大阪駅~放出駅」間(11.1km)の営業開始
      2019年4月        「株式会社奈良ホテル」及び「株式会社てつでん」を連結子会社化
      2019年7月        「JR西日本SC開発株式会社」及び「天王寺SC開発株式会社」を合併(現:JR西日本SC開発株式会
              社)(現:連結子会社)
      2020年12月        名古屋証券取引所市場第一部、福岡証券取引所への株式上場を廃止
      2021年4月        「株式会社JR西日本中国交通サービス」(現:連結子会社)を設立
      2021年7月        「株式会社JR西日本メンテック」及び「株式会社JR西日本福知山メンテック」を合併(現:株式会
              社JR西日本メンテック)(現:連結子会社)
      同        「株式会社JR西日本岡山メンテック」、「株式会社JR西日本広島メンテック」、「株式会社JR西日
              本福岡メンテック」及び「株式会社JR西日本米子メンテック」を合併(現:株式会社JR西日本中国
              メンテック)(現:連結子会社)
      2022年4月        東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第一部からプライム市場に移行
      2022年6月        監査等委員会設置会社へ移行
      2022年7月        「株式会社京都駅観光デパート」及び「京都ステーションセンター株式会社」を合併(現:JR西日
              本京都SC開発株式会社)(現:連結子会社)
      2022年10月        中国統括本部、山陽新幹線統括本部を設置、福知山支社を廃止
              京都(現:京滋)・大阪(現:阪奈)・神戸(現:兵庫)・和歌山各支社を近畿統括本部に再編、
              広島・岡山・米子(現:山陰)各支社を中国統括本部に再編、福岡支社を山陽新幹線統括本部に再
              編
                                  7/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
       当社及び当社の関係会社(子会社146社及び関連会社22社)が営んでいる主要な事業内容は、次のと
      おりであります。
       なお、事業内容の区分については、「第5[経理の状況]                                 1[連結財務諸表等]            (1)[連結財務諸
      表][注記事項]」に掲げる「[セグメント情報]」における事業区分と同一であります。
      (1)運輸業

        鉄道事業のほかに、旅客自動車運送事業及び船舶事業を展開しております。
        鉄道事業のうち、当社は、北陸、近畿、中国及び九州北部の2府16県の広いエリアを営業範囲と
       して、新幹線、在来線の特急を中心とする都市間輸送及び京阪神都市圏や広島、岡山等の地方中核
       都市を中心とする地域での都市圏輸送等を行っております。
          事業の内容                           主要な関係会社
     鉄道事業                 当社、嵯峨野観光鉄道㈱、関西高速鉄道㈱※、大阪外環状鉄道㈱※
     旅客自動車運送事業                 中国ジェイアールバス㈱、西日本ジェイアールバス㈱
     船舶事業                 JR西日本宮島フェリー㈱
      (2)流通業

        百貨店業のほかに、主要駅における物販・飲食業等を展開しております。
          事業の内容                           主要な関係会社
     百貨店業                 ㈱ジェイアール西日本伊勢丹
     物販・飲食業                 当社、㈱ジェイアール西日本デイリーサービスネット、
                      ㈱ジェイアール西日本フードサービスネット、
                      ㈱ジェイアールサービスネット広島、㈱ジェイアールサービスネット岡山、
                      ㈱ジェイアールサービスネット金沢、㈱ジェイアールサービスネット福岡、
                      ㈱ジェイアール西日本ファッショングッズ
     各種物品等卸売業                 ジェイアール西日本商事㈱
     その他流通業                 JR西日本山陰開発㈱
      (3)不動産業

        保有不動産を活用した不動産販売・賃貸業のほかに、ショッピングセンター運営業を展開してお
       ります。
          事業の内容                           主要な関係会社
     不動産販売・賃貸業                 当社、JR西日本不動産開発㈱、京都駅ビル開発㈱、大阪ターミナルビル㈱、
                      JR西日本プロパティーズ㈱
     ショッピングセンター運営業                 JR西日本SC開発㈱、JR西日本京都SC開発㈱、富山ターミナルビル㈱、
                      山陽SC開発㈱、金沢ターミナル開発㈱、JR西日本アーバン開発㈱、
                      中国SC開発㈱、㈱和歌山ステーションビルディング、
                      ㈱新大阪ステーションストア、JR西日本大阪開発㈱
                                  8/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      (4)その他
        保有資産を活用したホテル業や広告業、鉄道事業と相乗効果の高い旅行業、建設事業等を営んで
       おります。
          事業の内容                           主要な関係会社
     ホテル業                 ㈱ジェイアール西日本ホテル開発、㈱ホテルグランヴィア広島、
                      ㈱ホテルグランヴィア大阪、㈱ホテルグランヴィア岡山、
                      和歌山ターミナルビル㈱、㈱奈良ホテル
     旅行業                 ㈱日本旅行
     貸自動車業                 JR西日本レンタカー&リース㈱
     広告業                 ㈱JR西日本コミュニケーションズ
     車両等設備工事業                 ㈱JR西日本テクノス、㈱JR西日本新幹線テクノス
     機械等設備工事業                 ㈱JR西日本テクシア
     電気工事業                 西日本電気テック㈱、西日本電気システム㈱、㈱てつでん
     土木・建築等コンサルタント業                 ジェイアール西日本コンサルタンツ㈱
     空間情報コンサルタント事業                 アジア航測㈱※
     清掃整備事業                 ㈱JR西日本メンテック、㈱JR西日本中国メンテック、㈱JR西日本金沢メンテック
     情報サービス業                 ㈱JR西日本ITソリューションズ、鉄道情報システム㈱※
     建設事業                 大鉄工業㈱、㈱レールテック、㈱ジェイアール西日本ビルト、広成建設㈱※
     その他                 ㈱ジェイアール西日本リネン、㈱ジェイアール西日本総合ビルサービス、
                      ㈱ジェイアール西日本マルニックス、JR西日本フィナンシャルマネジメント㈱、
                      ㈱JR西日本カスタマーリレーションズ、㈱JR西日本交通サービス、
                      ㈱JR西日本中国交通サービス、㈱ジェイアール西日本ウェルネット、
                      ㈱JR西日本イノベーションズ
     (注)※ 持分法適用関連会社であります。
                                  9/166












                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       以上に述べた事項の概要図は、次のとおりであります。
     (注)1 ※ 持分法適用関連会社であります。















         2 各事業の区分ごとの会社名は主たる事業内容により記載しております。
                                 10/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                 11/166





















                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                            議決権の

              名称             住所    資本金     主要な事業の内容                 関係内容
                                            所有割合
     (連結子会社)                          百万円               %
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         大阪市                       し、高架下貸付、駅ビル業等
     JR西日本不動産開発㈱                          13,200   不動産販売・賃貸業           100.0
                         北区                       を営んでおります。
                                                 役員の兼任   14名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         大阪市                       し、ショッピングセンターを
     JR西日本SC開発㈱                          8,539   不動産賃貸業           100.0
                         北区                       営んでおります。
                                                 役員の兼任   9名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         京都市                    61.9   し、駅ビル業を営んでおりま
     京都駅ビル開発㈱※                          6,000   不動産賃貸業
                         下京区                       す。
                                             (0.5)
                                                 役員の兼任   7名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         大阪市                       し、駅ビル業を営んでおりま
     大阪ターミナルビル㈱                          5,500   不動産賃貸業           76.2
                         北区                       す。
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社の建設工事及び軌道工事
                         大阪市                       等の請負等を行っておりま
     大鉄工業㈱                          1,232   建設事業           51.8
                         淀川区                       す。
                                                 役員の兼任   8名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         京都市                    100.0   し、ショッピングセンターを
     JR西日本京都SC開発㈱※                          1,000   不動産賃貸業
                         下京区                   (100.0)   営んでおります。
                                                 役員の兼任   5名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         和歌山県                    69.1   し、ホテル業等を営んでおり
     和歌山ターミナルビル㈱※                          1,000   ホテル業
                         和歌山市                    (69.1)   ます。
                                                 役員の兼任   3名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         富山県                    63.6   し、ショッピングセンターを
     富山ターミナルビル㈱※                           550  不動産賃貸業
                         富山市                    (63.6)   営んでおります。
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         岡山市                    100.0   し、ショッピングセンターを
     山陽SC開発㈱※                           300  不動産賃貸業
                         北区                   (100.0)   営んでおります。
                                                 役員の兼任   5名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         石川県                    80.0   し、ショッピングセンターを
                                  不動産賃貸業
     金沢ターミナル開発㈱※                           300
                         金沢市                    (80.0)   営んでおります。
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社のリネン類等のサプライ
                         大阪市
     ㈱ジェイアール西日本リネン                             リネンサプライ業              業等を行っております。
                                290             97.4
                         淀川区
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社より駅構内設備等を賃借
                         岡山市                    100.0   し、駅構内等で小売業及び飲
     ㈱ジェイアールサービスネット岡山※                           230  日用品雑貨等小売業
                         北区                       食業等を営んでおります。
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   4名
                                                鉄道事業法に基づく鉄道事業
                         京都市
     嵯峨野観光鉄道㈱                           200  鉄道事業           100.0   等を行っております。
                         右京区
                                                 役員の兼任   10名
                                                当社より駅構内設備等を賃借
                         石川県                    100.0   し、駅構内等で小売業及び飲
     ㈱ジェイアールサービスネット金沢※                           200  日用品雑貨等小売業
                         金沢市                   (100.0)   食業等を営んでおります。
                                                 役員の兼任   3名
                                                同社から鉄道資材等を購入し
                         大阪府                    100.0
                                  各種物品等卸売業              ております。
     ジェイアール西日本商事㈱※                           200
                         吹田市                    (20.2)
                                                 役員の兼任   6名
                                 12/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                            議決権の
              名称             住所    資本金     主要な事業の内容                 関係内容
                                            所有割合
                               百万円               %
                                                当社より駅構内設備等を賃借
                                                し、駅構内等で小売業、飲食
                         島根県         日用品雑貨等小売業・           100.0
     JR西日本山陰開発㈱※                           200                業及びショッピングセンター
                         松江市         不動産賃貸業
                                            (100.0)
                                                等を営んでおります。
                                                 役員の兼任   5名
                                                当社の広告宣伝業務及び広告
                         大阪市                       媒体の管理を行っておりま
     ㈱JR西日本コミュニケーションズ                           200  広告業           100.0
                         北区                       す。
                                                 役員の兼任   5名
                                                当社の車両設備等の保守修繕
                         大阪市
     ㈱JR西日本テクノス                           161  車両等設備工事業           62.7   を行っております。
                         北区
                                                 役員の兼任   8名
                                                当社の建物・施設の管理、整
                         兵庫県         建物管理・整備・           100.0   備、保全、清掃等を行ってお
     ㈱ジェイアール西日本総合ビルサービス※                           130
                         尼崎市         清掃業           (20.0)   ります。
                                                 役員の兼任   5名
                                                当社と乗車券類について連絡
                         広島市                       運輸契約を締結しておりま
     中国ジェイアールバス㈱                           100  旅客自動車運送事業           100.0
                         南区                       す。
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社と乗車券類について連絡
                         大阪市                       運輸契約を締結しておりま
     西日本ジェイアールバス㈱                           100  旅客自動車運送事業           100.0
                         阿倍野区                       す。
                                                 役員の兼任   6名
                                                海上運送法に基づく海上運送
                         広島県
                                  船舶事業              事業等を行っております。
     JR西日本宮島フェリー㈱                           100             100.0
                         廿日市市
                                                 役員の兼任   5名
                                                駅構内用地の駅ビルを賃借
                         京都市                       し、百貨店業を営んでおりま
     ㈱ジェイアール西日本伊勢丹                           100  百貨店業           60.0
                         下京区                       す。
                                                 役員の兼任   5名
                                                当社より駅構内設備等を賃借
                         兵庫県                       し、駅構内等で小売業を営ん
     ㈱ジェイアール西日本デイリーサービスネット                           100  日用品雑貨等小売業           100.0
                         尼崎市                       でおります。
                                                 役員の兼任   10名
                                                当社より駅構内設備等を賃借
                         大阪市                       し、駅構内及び列車内で飲食
     ㈱ジェイアール西日本フードサービスネット                           100  飲食業           100.0
                         淀川区                       業等を営んでおります。
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社より駅構内設備等を賃借
                         広島市                    100.0   し、駅構内等で小売業及び飲
     ㈱ジェイアールサービスネット広島※                           100  日用品雑貨等小売業
                         東区                       食業等を営んでおります。
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社より駅構内設備等を賃借
                         福岡市                    100.0   し、駅構内等で小売業及び飲
     ㈱ジェイアールサービスネット福岡※                           100  日用品雑貨等小売業
                         博多区                       食業等を営んでおります。
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   3名
                                                当社より駅構内設備等を賃借
                         大阪市                    100.0   し、駅構内等で小売業を営ん
     ㈱ジェイアール西日本ファッショングッズ※                           100  日用品雑貨等小売業
                         淀川区                       でおります。
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   3名
                                                不動産分譲、不動産賃貸業等
                         東京都
     JR西日本プロパティーズ㈱                           100  不動産販売・賃貸業           70.0   を営んでおります。
                         港区
                                                 役員の兼任   6名
                                                駅構内用地の駅ビルを賃借
                         京都市                       し、ホテル業等を営んでおり
     ㈱ジェイアール西日本ホテル開発                             ホテル業
                                100             100.0
                         下京区                       ます。
                                                 役員の兼任   8名
                                 13/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                            議決権の
              名称             住所    資本金     主要な事業の内容                 関係内容
                                            所有割合
                               百万円               %
                                                当社の駅構内用地等でホテル
                         広島市                    93.8
     ㈱ホテルグランヴィア広島※                           100  ホテル業              業等を営んでおります。
                         南区
                                             (93.8)
                                                 役員の兼任   1名
                                                駅構内用地の駅ビルでホテル
                         大阪市                    53.8
                                  ホテル業              業等を営んでおります。
     ㈱ホテルグランヴィア大阪※                           100
                         北区                    (53.8)
                                                 役員の兼任   1名
                                                当社の駅構内用地等でホテル
                         岡山市                    94.2
     ㈱ホテルグランヴィア岡山※                           100  ホテル業              業等を営んでおります。
                         北区
                                             (94.2)
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社の用地等を賃借し、ホテ
                         奈良県
     ㈱奈良ホテル                           100  ホテル業           100.0   ル業等を営んでおります。
                         奈良市
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社の乗車券等の受託販売等
                         東京都
     ㈱日本旅行                             旅行業              を行っております。
                                100             79.8
                         中央区
                                                 役員の兼任   5名
                                                当社の機械設備等の開発、設
                         兵庫県                    69.1   計、製造、保守修繕等を行っ
     ㈱JR西日本テクシア※                           100  機械等設備工事業
                         尼崎市                       ております。
                                             (17.1)
                                                 役員の兼任   7名
                                                当社の電気設備等の開発、設
                         大阪府                       計、製造等を行っておりま
     ㈱てつでん                           100  電気工事業           66.6
                         豊中市                       す。
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社の車両清掃等の受託業務
                         大阪市
     ㈱JR西日本メンテック                           100  清掃整備事業           100.0   を行っております。
                         淀川区
                                                 役員の兼任   11名
                                                当社の鉄道線路に関連する検
                         大阪市                       査・保守等の受託業務を行っ
     ㈱レールテック                           100  建設事業           100.0
                         淀川区                       ております。
                                                 役員の兼任   8名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         神戸市                    96.6   し、ショッピングセンターを
     JR西日本アーバン開発㈱※                            98  不動産賃貸業
                         東灘区                    (96.6)   営んでおります。
                                                 役員の兼任   10名
                                                当社の電気設備の検査等の受
                         大阪市
                                  電気工事業              託業務を行っております。
     西日本電気テック㈱                            90            100.0
                         淀川区
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社の電気設備等の保守修繕
                         大阪府
     西日本電気システム㈱                            81  電気工事業           100.0   を行っております。
                         吹田市
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社の車両設備等の保守修繕
                         福岡県                    100.0
     ㈱JR西日本新幹線テクノス※                            80  車両等設備工事業              を行っております。
                         春日市                   (100.0)
                                                 役員の兼任   8名
                                                当社の車両清掃等の受託業務
                         岡山市                    100.0
     ㈱JR西日本中国メンテック※                            80  清掃整備事業              を行っております。
                         北区
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社の荷物の取扱い及び集配
                         大阪市
     ㈱ジェイアール西日本マルニックス                            80  貨物自動車運送事業           100.0   業務等を営んでおります。
                         淀川区
                                                 役員の兼任   7名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         広島市                    100.0   し、ショッピングセンターを
     中国SC開発㈱※                            75  不動産賃貸業
                         南区                   (100.0)   営んでおります。
                                                 役員の兼任   7名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         和歌山県                    82.5   し、ショッピングセンターを
     ㈱和歌山ステーションビルディング※                            75  不動産賃貸業
                         和歌山市                    (82.5)   営んでおります。
                                                 役員の兼任   3名
                                 14/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                            議決権の
              名称             住所    資本金     主要な事業の内容                 関係内容
                                            所有割合
                               百万円               %
                                                当社の建物の調査、検査、保
                         大阪市                    84.0   守及び建築工事等の請負等を
     ㈱ジェイアール西日本ビルト※                            70  建設事業
                         北区                       行っております。
                                             (84.0)
                                                 役員の兼任   8名
                                                当社の駅構内設備等を賃借
                         大阪市                    100.0   し、ショッピングセンターを
     ㈱新大阪ステーションストア※                            60  不動産賃貸業
                         淀川区                       営んでおります。
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社の駅構内用地等を賃借
                         大阪市                    100.0   し、ショッピングセンターを
     JR西日本大阪開発㈱※                            50  不動産賃貸業
                         北区                       営んでおります。
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   7名
                                                当社の土木・建築等の設計及
                         大阪市         土木・建築等コンサル              びコンサルタント業務等を
     ジェイアール西日本コンサルタンツ㈱                            50            100.0
                         淀川区         タント業              行っております。
                                                 役員の兼任   9名
                                                当社及びグループ会社の経理
                         大阪市                       業務等の受託業務を行ってお
     JR西日本フィナンシャルマネジメント㈱                            50  経理業務受託業           100.0
                         淀川区                       ります。
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社のコールセンター運営等
                         兵庫県                       の受託業務を行っておりま
     ㈱JR西日本カスタマーリレーションズ                            50  コールセンター運営業           100.0
                         尼崎市                       す。
                                                 役員の兼任   5名
                                                当社の駅業務等の受託業務を
                         兵庫県
     ㈱JR西日本交通サービス                             駅業務等運営業              行っております。
                                 50            100.0
                         尼崎市
                                                 役員の兼任   9名
                                                当社の駅業務等の受託業務を
                         広島市                    100.0
     ㈱JR西日本中国交通サービス※                            50  駅業務等運営業              行っております。
                         東区
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   3名
                                                情報処理システムの設計及び
                         大阪市                       情報処理業務等を行っており
     ㈱JR西日本ITソリューションズ                            48  情報サービス業           100.0
                         淀川区                       ます。
                                                 役員の兼任   3名
                                                当社の駅前等において貸自動
                         兵庫県                    78.6
     JR西日本レンタカー&リース㈱※                            30  貸自動車業              車業を営んでおります。
                         尼崎市                    (9.7)
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社の車両清掃等の受託業務
                         石川県                    100.0
                                  清掃整備事業              を行っております。
     ㈱JR西日本金沢メンテック※                            30
                         金沢市
                                            (100.0)
                                                 役員の兼任   4名
                                                当社及びグループ会社の福利
                         大阪市                       厚生業務等の受託業務等を
     ㈱ジェイアール西日本ウェルネット                            10  福利厚生施設等運営業           100.0
                         北区                       行っております。
                                                 役員の兼任   6名
                                                当社の資本戦略業務等を一部
                         大阪市
     ㈱JR西日本イノベーションズ                            10  投資関連事業           100.0   受託しております。
                         北区
                                                 役員の兼任   7名
                                 15/166






                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                            議決権の

              名称             住所    資本金     主要な事業の内容                 関係内容
                                            所有割合
                               百万円
     (持分法適用関連会社)                                         %
                                                鉄道事業法に基づく鉄道事業
                         大阪市
                                  鉄道事業              を行っております。
     関西高速鉄道㈱                          81,672              30.4
                         福島区
                                                 役員の兼任   2名
                                                鉄道事業法に基づく鉄道事業
                         大阪市                    25.7
     大阪外環状鉄道㈱※                          24,637   鉄道事業              を行っております。
                         中央区
                                             (1.2)
                                                 役員の兼任   2名
                                                当社事業に関する航空測量、
                         東京都         空間情報コンサルタン              コンサルタント業務等を行っ
     アジア航測㈱                          1,673              28.2
                         新宿区         ト事業              ております。
                                                 役員の兼任   1名
                                                鉄道に関する情報その他の情
                         東京都                       報処理業務の受託等を行って
     鉄道情報システム㈱                          1,000   情報サービス業           24.1
                         渋谷区                       おります。
                                                 役員の兼任   2名
                                                当社の建設工事及び軌道工事
                         広島市                    37.6   等の請負等を行っておりま
     広成建設㈱※                           780  建設事業
                         東区                    (16.1)   す。
                                                 役員の兼任   6名
     (注)1 ※ 議決権に対する所有割合の括弧書は、内数で間接所有の割合であります。
         2 上記関係会社のうち、有価証券報告書を提出している会社は関西高速鉄道㈱及びアジア航測㈱であります。
         3 上記連結子会社は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合がそれぞれ
           100分の10以下であるため、主要な損益情報等を記載しておりません。
                                 16/166













                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                                (2023年3月31日現在)
              セグメントの名称                              従業員数
                                                          人
     運輸業                                     22,646     ( 4,365   )
                                           2,649
     流通業                                          ( 3,245   )
                                           1,452
     不動産業                                           ( 153  )
                                          18,150
     その他                                          ( 2,515   )
                                          44,897
                 合計                             ( 10,278   )
     (注) 従業員数は就業人員数であり、括弧書は外数で臨時従業員の年間平均雇用人員数であります。
      (2)  提出会社の状況

                                                (2023年3月31日現在)
         従業員数              平均年齢             平均勤続年数              平均年間給与
                 人              歳              年              円
         21,727    ( 4,275   )             38.1         14.9   (15.4)              5,965,060
              セグメントの名称                              従業員数

                                                          人
     運輸業                                     21,633    ( 4,261   )
                                             1
     流通業                                           ( 1 )
                                            70
     不動産業                                           ( 10 )
                                            23
     その他                                           ( 3 )
                                          21,727
                 合計                             ( 4,275   )
     (注)1 従業員数は就業人員数であり、括弧書は外数で臨時従業員の年間平均雇用人員数であります。
         2 平均年齢、平均勤続年数及び平均年間給与は、従業員数から受入出向者数(512名)を除いたものについて
           の数値であります。
         3 平均勤続年数欄の括弧書は、国鉄における勤続年数を通算した平均勤続年数であります。
         4 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
                                 17/166









                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      (3)  労働組合の状況
       ① 労働組合の現況
        当社には、現在以下の組合があります。
                                                (2023年4月1日現在)
             労働組合名                 組合員数                上部団体

                                    人
     西日本旅客鉄道労働組合
                                      日本鉄道労働組合連合会
                                 21,220
     (JR西労組)
     ジェーアール西日本労働組合
                                  181    全日本鉄道労働組合総連合会
     (JR西労)
     国鉄労働組合西日本本部
                                  172    国鉄労働組合
     (国労西日本)
     全日本建設交運一般労働組合西日本鉄道本部
                                   7   全日本建設交運一般労働組合
     (建交労西日本鉄道本部)
     国鉄西日本動力車労働組合
                                   1   国鉄動力車労働組合総連合会
     (動労西日本)
     (注)1 括弧書は、労働組合名の略称であります。
         2 組合員数には、臨時従業員等は含んでおりません。
         西日本旅客鉄道労働組合、ジェーアール西日本労働組合、国鉄労働組合西日本本部及び全日本

        建設交運一般労働組合西日本鉄道本部との間において、労働協約を締結しており、この労働協約
        に基づき、経営協議会、団体交渉等を行っております。
         経営協議会は、安全性向上や決算、事業運営方針等をテーマに原則として四半期毎に開催する
        こととしており、必要に応じて臨時で開催しております。また、社員の働き方や処遇、福利厚生
        等に関しては、適宜団体交渉等により、協議を行っております。
         当社の労使関係の理念は「労働協約」に集約されており、その基本とするところは、「会社・
        組合双方が信義誠実の原則に従い健全な労使関係を確立し、基幹事業である鉄道の安全を基盤と
        して企業の健全な発展と社会的使命の達成を図るとともに、社員たる組合員とその家族の幸福を
        増進する」ことにあります。このような観点から、労使が十分意思疎通を図り、労使相互信頼の
        もと、健全かつ安定した労使関係の構築をめざして努力しております。
         なお、子会社の労働組合の状況については、特記すべき事項はありません。
       ② 労働組合等と係争中の労働事件について

         2023年5月1日現在、当社と労働組合等との間で係争中の労働事件はありません。
     (4)    管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金の差異

      ① 提出会社
                              当事業年度
                                   労働者の男女の賃金の差異(%)

     管理職に占める女性           男性労働者の育児休
                                         (注1)
     労働者の割合(%)           業取得率(%)
        (注1)           (注2)                                 パート・
                              全労働者            正社員
                                                    有期社員
             2.6           54.8           77.6           77.4           60.3
     (注)1 「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)の規定に基づき算出したもの
           であります。
         2 「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規
           定に基づき、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成
           3年労働省令第25号)第71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであります。
                                 18/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ② 連結子会社
                              当事業年度
                  管理職に占                           労働者の男女の賃金の差異(%)
                           男性労働者の育児休業取得率(%)
                  める女性労
                                                  (注1)
          名称        働者の割合
                  (%)                パート・                     パート・
                        全労働者      正社員          算定方法     全労働者      正社員
                   (注1)                有期社員                     有期社員
     中国ジェイアールバス㈱                 -     -     -     -          73.7     74.2     64.4
     西日本ジェイアールバス㈱                3.8     66.7      -     -  (注2)       69.0     67.6     61.8
     ㈱ジェイアール西日本伊勢丹
                     32.0     100.0     100.0       -  (注1)       58.1     60.6     153.8
     ㈱ジェイアール西日本デイリー
                     3.8      -     -     -          84.5     80.5     116.8
     サービスネット
     ㈱ジェイアール西日本フード
                     8.3     0.0      -     -  (注2)       67.9     72.0     88.4
     サービスネット
     ㈱ジェイアールサービスネット
                     18.8     100.0       -     -  (注2)       71.2     79.2     100.7
     広島
     ㈱ジェイアールサービスネット
                      -     -     -     -          86.6     97.2     55.5
     岡山
     ㈱ジェイアールサービスネット
                      -     -     -     -         108.6      89.0     143.8
     金沢
     ㈱ジェイアールサービスネット
                     23.1      -     -     -          89.2     89.9     98.1
     福岡
     ㈱ジェイアール西日本ファッ
                     25.0      -     -     -          70.5     63.5     94.7
     ショングッズ
     ジェイアール西日本商事㈱                 -    100.0       -     -  (注2)        -     -     -
     JR西日本山陰開発㈱                0.0      -     -     -          -     -     -
     JR西日本不動産開発㈱                0.0     50.0     50.0      -  (注1)       69.7     74.6     48.4
     JR西日本プロパティーズ㈱                4.0     40.0     40.0      -  (注1)       75.3     76.0     126.4
     ㈱ジェイアール西日本ホテル開
                     5.9      -     -     -          72.3     74.0     71.4
     発
     ㈱ホテルグランヴィア大阪
                     11.4      -     -     -          59.0     72.4     56.7
     ㈱ホテルグランヴィア岡山                 -     -     -     -          62.1     69.4     80.1
     和歌山ターミナルビル㈱                5.0      -     -     -          -     -     -
     ㈱日本旅行                20.2     10.3      -     -  (注2)       71.8     70.4     65.9
     ㈱JR西日本コミュニケーション
                     12.3     20.0     20.0      -  (注1)       78.6     76.6     74.2
     ズ
     ㈱JR西日本テクノス                 -    54.0     54.0      -  (注1)       75.6     84.9     58.2
     ㈱JR西日本新幹線テクノス                 -     -     -     -          77.8     96.6     50.1
     ㈱JR西日本テクシア                 -     -     -     -          65.5     70.2     49.8
     西日本電気テック㈱                0.0     21.0     21.0      -  (注1)       52.2     77.0     40.0
     西日本電気システム㈱                0.0     20.0     20.0      -  (注1)       53.8     70.1     77.6
     ジェイアール西日本コンサルタ
                      -     -     -     -          67.8     69.7     35.1
     ンツ㈱
     ㈱JR西日本メンテック                 -    52.9     52.9      -  (注1)       61.8     84.1     83.0
     ㈱JR西日本中国メンテック                5.1     0.0      -     -  (注2)       75.1     85.4     79.1
     ㈱JR西日本金沢メンテック
                      -     -     -     -          82.2     91.9     67.6
     ㈱JR西日本ITソリューションズ                 -     -     -     -          83.9     84.3     66.1
     大鉄工業㈱                 -    36.0      -     -  (注3)       54.3     57.0     56.0
     ㈱レールテック                 -    64.7     64.7      -  (注1)       59.1     62.7     50.2
     ㈱ジェイアール西日本ビルト
                      -    25.0     25.0      -  (注1)       89.6     79.5     99.0
                              当事業年度

                                 19/166


                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                  管理職に占
                                             労働者の男女の賃金の差異(%)
                           男性労働者の育児休業取得率(%)
                  める女性労
                                                  (注1)
                  働者の割合
          名称
                  (%)                パート・                     パート・
                        全労働者      正社員          算定方法     全労働者      正社員
                                  有期社員                     有期社員
                   (注1)
     ㈱ジェイアール西日本総合ビル
                     0.0     75.0      -     -  (注2)       83.4     79.4     75.7
     サービス
     ㈱ジェイアール西日本マルニッ
                     0.0     50.0      -     -  (注2)       63.1     62.5     68.1
     クス
     JR西日本フィナンシャルマネジ
                     28.6      0.0     0.0      -  (注1)       58.8     90.9     36.1
     メント㈱
     ㈱JR西日本カスタマーリレー
                     30.8      -     -     -          70.1     81.8     90.3
     ションズ
     ㈱JR西日本交通サービス                0.0      -     -     -          99.9     98.2     51.4
     ㈱JR西日本中国交通サービス
                     0.0     80.0     80.0      -  (注1)       93.7     93.7     92.1
     ㈱ジェイアール西日本ウェル
                      -     -     -     -          93.7     83.7     84.6
     ネット
     (注)1 「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)の規定に基づき算出したもの
           であります。
         2 「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規
           定に基づき、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成
           3年労働省令第25号)第71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであります。
         3 「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規
           定に基づき、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成
           3年労働省令第25号)第71条の4第2号における育児休業等及び育児目的休暇の取得割合を算出したもので
           あります。
                                 20/166













                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    第2    【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      (1) 当社グループを取り巻く経営環境
        当社グループを取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症を契機とした社会行動変容の加
       速等により、かつてない厳しい状況が続いていましたが、全国旅行支援や、水際対策の緩和等に伴
       い、鉄道のご利用が徐々に増加するなど、需要回復の兆しが見え始めています。一方、自然災害の
       激甚化、人口減少に伴う市場の縮小や労働力の減少に加え、国内外の情勢は不安定さを増してお
       り、これからの変化を想像することが難しい状況になってきています。
      (2) 経営の基本方針

        当社グループは、「福知山線列車事故のような事故を二度と発生させない」という確固たる決意
       のもと、被害に遭われた方々への真摯な対応、安全性向上に取り組んでいきます。
        これまで、鉄道や駅を中心に人と人、人とまちをつなぎ、安全で豊かな社会づくりに貢献できる
       よう努力を積み重ねてきましたが、インフラを担う企業として、未来においても社会づくりに貢献
       する役割を果たし続けていくため、大きな転換期を迎えているこれからの社会の課題と向き合い、
       求められる価値を、事業活動を通じて提供していきます。
        とりわけ、一人ひとりの暮らし、まち、社会全体が直面する課題に着目したとき、安全を基盤に
       広域で人と人、まち、社会をつなぐインフラサービスを提供し、またグループ全体で多くのお客様
       との接点、地域とのつながりを持つ当社グループは、これまで以上にお客様視点で「つながりを進
       化させる」ことで、大きな役割を果たしていくことができ、それこそが、未来の社会における私た
       ちの存在意義と考えます。
        今後は、鉄道の安全性向上に向けた不断の取り組みを積み重ねていくことを基盤としつつ、様々
       なパートナーとの共創とイノベーションにより、「地域共生企業」として事業を通じて社会や地域
       の課題解決に貢献することで、社会的価値と経済的価値を合わせて創出し、よりよい未来を創り上
       げていきます。
        当社グループが新たな一歩を踏み出すにあたり、新しいJR西日本グループがめざす姿として策定
       した「私たちの志」をグループ全体の羅針盤として、グループ一丸となって取り組んでいきます。
                              私たちの志

                       人、まち、社会のつながりを進化させ、
                          心を動かす。未来を動かす。
       私たちは、
       これからも安全、安心を追求し、高め続けます。
       人と人、人とまち、人と社会を、リアルとデジタルの場でつなぎ、
       西日本を起点に地域の課題を解決します。
       そして、持続可能で活力ある未来を創り、その先の一人ひとりが思い描く暮らしを
       様々なパートナーと共に実現していきます。
      (3) 中長期的経営戦略

        当社グループは、「私たちの志」の実現に向け、10年後(2032年)にありたい姿として「長期ビ
       ジョン2032」(以下、「長期ビジョン」)を策定しました。重点的に向き合う社会課題を、「安
       全、安心で、人と地球にやさしい交通」、「人々が行きかう、いきいきとしたまち」、「一人ひと
       りにやさしく便利で豊かなくらし」及び「持続可能な社会」の4つに設定しました。
        <安全、安心で、人と地球にやさしい交通>

         交通全体がシームレスなサービスとして認識され、定着している未来
        <人々が行きかう、いきいきとしたまち>
         地域の魅力が高まり、定住・交流・関係人口が増加していく未来
        <一人ひとりにやさしく便利で豊かなくらし>
         リアルの良さとデジタルの組み合わせで、個客体験が大きく高まる未来
        <持続可能な社会>
         様々なパートナーとの連携を通じて、持続可能な社会システムが構築されている未来
                                 21/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        この「長期ビジョン」の実現に向け、鉄道の安全性向上に向けた不断の努力に加え、鉄道を中心
       としたモビリティサービス分野の活性化、ライフデザイン分野の拡大に挑戦し、最適な事業ポート
       フォリオを構築することで、将来にわたって持続的に価値創造を実現する企業グループに成長して
       いきます。具体的には、北陸新幹線の敦賀延伸やなにわ筋線開業、大阪・広島・三ノ宮エリアでの
       駅ビル開発等のプロジェクトや、大阪・関西万博等の機会を活用し、関西都市圏ブランドの確立や
       西日本各エリアの更なる活性化に貢献していきます。
        「JR西日本グループ中期経営計画2025」(以下、「中期経営計画2025」)では、「長期ビジョ
       ン」実現に向けた第一ステップとの位置づけのもと、早期のコロナ前水準への回復に向けて、足元
       の機会を最大限活かした成長を加速するため、5つの重点戦略を掲げました。
         ①鉄道の安全性向上

         ②主要事業の活性化と構造改革(鉄道事業・グループ事業)
         ③不動産・まちづくりのさらなる展開
         ④デジタル戦略による多様なサービスの展開
         ⑤新たな事業の創出
         ①鉄道の安全性向上

          〇福知山線列車事故を原点とし、安全を追求し続け、弛まぬ努力を継続
          ・被害に遭われた方々への真摯な対応
          ・「JR西日本グループ鉄道安全考動計画2027」(以下、「安全考動計画2027」)の推進
           <ホーム安全>
           ・ホーム柵やホーム安全スクリーンの整備を推進
           <踏切安全>
           ・大型車が踏切に停滞していることを列車の運転士に音声で知らせる装置の整備を推進
           <地震対策>
           ・地震発生時の安全性向上に向けて、耐震補強や逸脱防止対策を推進
           <安全最優先の風土の醸成>
           ・「現場の判断を最優先するマネジメント」の確立
           ・「お客様を想い、ご期待にお応えする」考動
           <組織全体で安全を確保する仕組みの充実>
           ・リスクアセスメントの質の向上
           ・「心理的に安全なチーム」づくり
           ・現場起点の考動による課題解決への挑戦
           <一人ひとりの安全考動の実践>
           ・「大切にしたい5つの価値観」の共有、主体的な実践
           <ハード・ソフトの機能向上>
           ・ハード・ソフト両面の改良・改善による安全性向上
           ・安全で安定的な輸送の提供(輸送の質の向上)
           <社会とつながり、社外から学ぶ>
           ・関係機関との自然災害等の事象発生時の対応に関する対話
           ・他鉄道事業者等から安全対策を学び、採り入れる取り組みの推進
         ②主要事業の活性化と構造改革(鉄道事業・グループ事業)

          ア.鉄道事業
          〇新幹線を基軸とした鉄道ネットワークの充実と、交流人口・関係人口の創出に挑戦
           ・山陽新幹線各エリア:利便性の向上によるご利用促進等
           ・北陸エリア:金沢-敦賀延伸開業(2024年春)                           、北陸デスティネーションキャンペーン
            (2024年秋)を契機とした、観光素材の磨き上げと周遊ルートの整備等
           ・山陰エリア/南紀エリア:新型車両投入による旅の魅力向上等
           ・デジタルの活用
           ・多様化するニーズに対応した営業施策
          〇関西国際空港とのアクセス向上と、2025年の大阪・関西万博を契機とした取り組みを通じ
            て、国内外の様々なお客様が行き交う魅力的な関西都市圏を実現
           ・近畿エリア全体の魅力向上(奈良線複線化事業の効果最大化等)
           ・関西国際空港とのアクセス整備(大阪駅新改札口(西口、うめきた)使用開始による、大阪
            駅への直通化、所要時間の短縮等)
           ・大阪・関西万博を契機とした取り組み(会場アクセス整備・駅改良の推進等)
           ・インバウンド受け入れ体制整備
          〇変化し続けるニーズへの対応だけでなく、移動をより便利に、暮らしをより豊かにしてい
            くサービスを創出
                                 22/166

                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
          〇日々の業務プロセスを変革し、鉄道事業の活性化を支える生産性向上と持続可能なシステ
            ム構築を実現
           ・お客様サービスの変革
           ・運行オペレーションの変革
           ・保守メンテナンス手法の変革
          イ.物販・飲食事業
          〇お客様のデイリーニーズへのきめ細やかな対応力を磨き上げて、一人ひとりにやさしく便
            利で豊かな暮らしを実現
           ・外部提携による競争力向上
           ・既存店舗の磨き上げ
           ・ヴィアインのブランド再構築
          ウ.ホテル事業
          〇旅の魅力や人々のつながりを創り、最高の笑顔とチームワークでおもてなしを提供し、ま
            ちの価値向上に貢献
           ・JPタワー大阪の新ブランドホテルの新規開業
           ・既存ブランド価値の再構築
           ・広島駅新駅ビルホテルの新規開業
          エ.ショッピングセンター事業
          〇強みであるリアルを軸に、デジタルでもお客様とテナントをつなぎ、「地域一番のエリア
            プラットフォーマー」を実現
           ・変化する消費に応えるリアルコンテンツの充実
           ・リアル・デジタルによるお客様接点の拡大・強化
           ・地域特性を捉えた館づくり
         ③不動産・まちづくりのさらなる展開

          〇地域の皆様と連携して安心して暮らし・過ごせるコミュニティを形成し、地域・社会の課題
           解決に貢献
          ・駅からはじまるまちづくりの推進
          ・展開領域の更なる拡大
          ・マネジメント分野の強化と資産効率向上
          〇拠点駅の大規模開発と周辺まちづくりの促進、エリアマネジメントの推進により、人々が訪
           れたくなる、いきいきとしたまちを創出
          ・拠点駅開発(大阪、広島、三ノ宮)
          ・まちなかの体験価値向上
         ④デジタル戦略による多様なサービスの展開

          〇データやデジタル技術を駆使し、お客様一人ひとりとグループの多様なサービスをつなぐこ
           とで心を動かし、いつまでも住み続けたい・また来たいと感じる「WESTER体験」を提供
          ・「WESTER体験」における3つの進化を推進(お客様とのつながりの進化、「たまりやす
            い、つかいたい」ポイントへの進化、グループマーケティング力の進化)
         ⑤新たな事業の創出

          〇西日本を舞台に「つながり」を生み出し、新決済とポイント、データが「つなぐ」未来型の
           まちづくりに挑戦
          ・「WESTER体験」を支える新たな決済サービスの導入
          ・「よこてん」(内部向けに開発したデータソリューションの他鉄道会社等への横展開)で
            広がるデータソリューション事業
          〇地域・社会とともに持続可能性を高める事業を進めることで、人、まち、社会の未来を動か
           す
          ・持続可能な暮らしを実現する「総合インフラマネジメント事業」
          ・地域課題ソリューションビジネスの推進
          ・未来を動かすビジネスチャレンジ
        また、サステナビリティ経営の実現に向けて、地域共生、地球環境、人的資本経営、ガバナン

       ス・リスクマネジメント・人権等に取り組みます。
                                 23/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         ①地域共生
          〇ウェルビーイングな暮らしの実現、地域の課題解決と持続可能で豊かな地域づくりに貢献
          ・持続可能で豊かな地域づくりの推進
          ・ご利用しやすい持続可能な交通体系を地域とともに推進
         ②地球環境

          〇社会インフラを担う企業グループとして、地球環境保護の取り組みを通じて社会全体の持続
           可能性を向上
          ・地球温暖化防止・気候変動対策
          ・循環型社会構築への貢献
          ・自然との共生
         ③人的資本経営

          〇自ら変革し成長する人財こそが「長期ビジョン」実現の原動力と認識し、成長を支援し、多
           様性と働きがいを高め、変化対応・創出力のある人財を創出
          ・人財育成
          ・ダイバーシティ&インクルージョン
          ・ワークエンゲージメント
         ④ガバナンス・リスクマネジメント・人権

          〇「長期ビジョン」実現に向けて、適切なリスクテイクによる企業価値向上を図るガバナンス
           を一層充実
          ・コーポレート・ガバナンスの更なる強化
          ・リスクマネジメントの充実
          ・企業倫理・人権尊重の取り組み
      (4) 対処すべき課題

        「中期経営計画2025」においては、人口減少や、社会行動変容の加速等、長期的な外部環境の変
       化に加え、国際情勢等目まぐるしく変化する足元の状況を強く意識し、安全を基盤に、様々な社会
       と市場構造の変化への対応力を向上させるとともに、事業ポートフォリオの再構築と継続的な事業
       構造の改革を図っていくことが重要な経営課題です。
        鉄道事業の安全性向上を基盤としながら、鉄道事業を中心としたモビリティサービス分野の活性
       化と構造改革を図るとともに、これまでに培った組織能力を活かし、お客様の暮らしに寄り添って
       価値を創造するライフデザイン分野における新たな事業の創出等の事業活動を通じ、社会的価値と
       経済的価値を創出していきます。
        また、これらの実現に向け、変化対応力向上に資する人財の確保・育成を図るとともに、様々な
       パートナーとの共創とイノベーションを生み出していくことに挑戦していきます。
        こうした取り組みを通じ、ポストコロナ以降の社会においても、持続的な価値創造を実現する企
       業集団となることをめざしていきます。
       なお、文中における将来に関する事項は、当有価証券報告書提出日において当社グループが判断し

      たものであります。
                                 24/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    2  【サステナビリティに関する考え方及び取組】
       当社グループは、安全を基盤に、広域でインフラサービスを提供しており、多くのお客様との接
      点や地域とのつながりを持っております。「私たちの志」のもと、社会の課題に向き合い、つなが
      りを進化させ、事業活動を通じて社会的価値と経済的価値を創出することで、持続可能な社会づく
      りと企業グループの持続的な発展につなげ、SDGsの達成にも貢献していきます。
       当社グループにおけるサステナビリティの取り組みは、本項目に記載しているほか、「1[経営
      方針、経営環境及び対処すべき課題等]」に記載のとおりであります。なお、文中における将来に
      関する事項は、当有価証券報告書提出日において当社グループが判断したものであります。
      (1)サステナビリティ全般に関するガバナンス及びリスク管理

         当社グループは、持続可能な社会づくりへの貢献と企業グループの持続的な発展を目的に、サス
        テナビリティに係るリスクや機会、取り組み等を審議するための体制として、「サステナビリティ
        委員会」を設置しております。同委員会は、代表取締役社長を委員長として、本社部門を所管する
        業務執行取締役や、サステナビリティの取り組み推進及び情報開示を所管する関係部門の長等で構
        成し、原則年2回開催しております。また、その審議内容は取締役会に付議・報告を行っており、
        社外取締役を含む取締役会において議論を重ねることにより、取り組みの透明性を高めておりま
        す。
         当社グループは、「私たちの志」の実現に向け、「長期ビジョン」を策定し、重点的に向き合う
        4つの社会課題を設定しました(「安全、安心で、人と地球にやさしい交通」、「人々が行きか
        う、いきいきとしたまち」、「一人ひとりにやさしく便利で豊かなくらし」及び「持続可能な社
        会」)。
         当社グループにおける社会的価値の創出は、「私たちの志」の実践と「長期ビジョン」の実現で
        あると認識しており、サステナビリティ委員会は、これらの取り組みの状況や課題について、社外
        からの評価や目標への到達度等も踏まえて俯瞰的に総合評価し、具体的なPDCAを推進する主体部署
        等に必要なフィードバックを行うこととしております。
         「長期ビジョン」に掲げる社会課題の解決に取り組む上で基盤となる「地球環境」と「価値創造
        の源泉であるひとづくり」のうち、「気候変動」及び「人的資本」については、次に記載のとおり
        であります。
         なお、     サステナビリティ全般に係る取り組みの詳細は、「JR西日本グループ統合レポート2022」
        (以下、「JR西日本グループ統合レポート」)及び当社ホームページ等で開示しております。
         ・「JR西日本グループ統合レポート」
          (参照URL:https://www.westjr.co.jp/company/action/csr_report/)
         ・当社ホームページ(サステナビリティ)
          (参照URL:https://www.westjr.co.jp/company/action/)
      (2)気候変動

         当社グループは、地球環境保護を重要な経営課題と認識しており、「地球温暖化防止・気候変動
        対策」、「循環型社会構築への貢献」、「自然との共生(生物多様性、水資源の保護等)」の3つ
        を取り組みの柱とする「JR西日本グループ環境基本方針」を定め、長期的な観点で検討を深め、取
        り組みを進めております。
        (参照URL:https://www.westjr.co.jp/company/action/env/pdf/20230519.pdf)
         なかでも気候変動については、当社グループが事業全体として、多くのCO2を排出しているとい
        う事実認識を踏まえ、気候変動への対応を将来にわたっての事業継続のための重要な経営課題であ
        ると認識し、気候変動から生じる、さまざまなリスクと機会の把握に努めております。
         また当社グループは「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同しており、
        気候変動のリスクと機会並びにその分析について、適切な情報開示を進めていきます。
         なお、気候変動に関するリスクと機会並びにその分析については、当社グループの基幹事業であ
        り、気候変動の影響をとりわけ強く受けると想定する鉄道事業を対象としております。
                                 25/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         ①ガバナンス
          当社グループは、持続可能な社会の実現に貢献し、長期にわたり持続的に発展していくため、
         地球環境保全の取り組みを推進しております。その推進体制として、代表取締役社長を委員長と
         し、本社部門を所管する業務執行取締役や主な部門長で構成する「地球環境委員会」を設置し、
         原則年2回以上、地球環境保護のグループとしての基本方針や環境に係る中長期の計画及び目標
         設定についての審議のほか、計画や目標に向けた具体的な取り組みの進捗状況の監視をしており
         ます。
          なお、地球環境委員会の審議事項は、必要に応じてサステナビリティ委員会やグループ経営会
         議、取締役会に付議・報告しております。
         <地球環境委員会の構成員及び体制図>
          委員長:代表取締役社長
          副委員長:代表取締役副社長
          委    員:本社部門の執行役員を兼ねる取締役、経営計画、設備投資、財務、ガバナンス、
             サステナビリティ、地球環境、BCP、情報開示を所管する部門の長及び各カンパニー長
        ※取締役会に付議した案件の例:環境長期目標の策定、気候変動関連のリスクと機会の分析、TCFD提言に基づく情



        報開示の内容等
         ②戦略

          IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が示すシナリオに照らした気候変動の影響や社会経済
         シナリオに基づき、気候変動における鉄道事業へのリスクと機会を分析しました。
          我が国の電源構成の見直しに伴う再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)の金額
         上昇やカーボンプライシング導入による費用負担の増加、また台風・洪水の発生頻度増加による
         被害の増加といったリスクを認識しております。一方、鉄道の環境優位性が評価され、MaaS普及
         等による利便性向上も通じてご利用増加の機会を得ることも分かりました。
          具体的な分析内容は「JR西日本グループ統合レポート」45~48ページに記載のとおりでありま
         す。(分析は2℃シナリオ(RCP※2.6)、4℃シナリオ(RCP8.5)について行いました。なお、定性
         的な分析内容は社会が気候変動に積極的な対応を実施する2℃シナリオ(RCP2.6)に基づいており
         ます。)
         ※RCP(Representative              Concentration        Pathways)…代表濃度経路シナリオ
        (参照URL:https://www.westjr.co.jp/company/action/csr_report/2022/pdf/report2022_14.pdf)
          当社グループは、環境長期目標「JR西日本グループ                               ゼロカーボン2050」を策定し、その目標
         として、グループ全体のCO2排出量※を2050年に「実質ゼロ」、その達成に向けた中間目標とし
         て、2025年度に35%削減、2030年度に50%削減(いずれも2013年度比)することを掲げておりま
         す。
         ※スコープ1及びスコープ2排出量(連結)
          目標達成に向け、「長期ビジョン」及び「中期経営計画2025」における地球環境保護の取り組
         みとして、省エネルギー型鉄道車両の導入等による省エネルギーのさらなる推進、再生可能エネ
         ルギー由来電力の導入や次世代バイオディーゼル燃料の実装等再生可能エネルギーの活用の推進
         に取り組みます。併せて、MaaS等を通じた鉄道・公共交通の利便性向上や都市圏・都市間輸送に
         おける鉄道の環境優位性の訴求強化を通じて旅客輸送のモーダルシフトを推進するなど、地域・
         社会と連携し、社会全体の脱炭素化に取り組んでいきます。
        (参照URL:https://www.westjr.co.jp/company/action/env/pdf/20230519.pdf)
          今後、当社グループは、認識したリスクと機会に対して適切な対処を講じることで、社会イン
         フラを担う企業グループとして長期持続的な企業価値向上を図りつつ、持続可能な社会の実現に
         貢献していきます。
                                 26/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         ③リスク管理
          JR西日本グループでは、気候変動によるリスクと機会並びにその対処について、経営環境の変
         化や公的機関による各種将来予測の公表、更新といった情報をもとに分析内容の更新を行いま
         す。そして、分析内容や、環境長期目標の達成に向けた取り組みの進捗状況を定期的に地球環境
         委員会で審議・監視しております。
          また、地球環境委員会に付議された内容は必要に応じて、サステナビリティ委員会やグループ
         経営会議、取締役会にも付議・報告し、経営マネジメントにおいて、気候変動に関するリスク等
         を重要な経営課題として共有し、管理しております。
          なお、リスクと機会の分析について、各種将来予測情報の充実度等も考慮し、現在は2℃シナ
         リオ(RCP2.6)及び4℃シナリオ(RCP8.5)に基づき実施しておりますが、今後の社会経済分析等の
         進捗、将来予測情報のさらなる充実を踏まえ、1.5℃シナリオ(RCP1.9)への対応を含めて分析内
         容のブラッシュアップを行っていきます。
         ④指標及び目標

          JR西日本グループは、環境長期目標「JR西日本グループ                                 ゼロカーボン2050」を策定し、その
         目標として、グループ全体のCO2排出量を2050年に「実質ゼロ」、その達成に向けた中間目標と
         して、2025年度に35%削減、2030年度に50%削減(いずれも2013年度比)とすることを掲げてお
         ります。
          なお、この目標はパリ協定においてめざす、産業革命期からの気温上昇1.5℃未満や同2℃未
         満の目標達成並びに我が国が掲げるCO2排出削減目標の達成にもつながる水準の目標であると認
         識しております。
          指標とするCO2排出量の直近集計年度(2022年3月期)の実績については、「JR西日本グルー
         プ統合レポート」71~72ページに記載しております。
        ( 参照URL:https://www.westjr.co.jp/company/action/csr_report/2022/pdf/report2022_19.pdf                                            )
          なお、2023年3月期の実績については、2023年度に発行するグループ統合レポート等により別
         途公表いたします。
      (3)人的資本

         当社グループでは「人財(注1)」をあらゆる価値を生む最大の源泉と考えており、自ら変革し
        成長する人財こそが「私たちの志」や「長期ビジョン」の実現に向けた原動力になると確信してお
        ります。グループ社員一人ひとりの成長を支援し、多様性と働きがいを高めることで変化対応力と
        変化創出力を備える人財ポートフォリオを構築すること、そして社員一人ひとりが有する力を最大
        限に発揮し、結集することを通じて、社員と企業が共に成長し、お客様や株主の皆様の期待に応え
        続ける好循環を生み出していきます。
         ①戦略

          ア.人財ポートフォリオ
           「JR西日本グループ中期経営計画2022」(以下、「中期経営計画2022」)では「人財と働き
          がい」を重要な経営基盤として位置づけ、将来のありたい姿として掲げた「人財育成ビジョ
          ン」と「人財育成の基盤」を実現すべく、各事業分野において人財育成に取り組んできまし
          た。一方で、この間の当社グループを取り巻く経営環境の変化を踏まえ、「長期ビジョン」や
          「中期経営計画2025」では、鉄道の活性化に加え、ライフデザイン分野の拡大への挑戦を目標
          に掲げております。人財戦略においても、これまでの人財育成の取り組みを着実に継続、推進
          し、モビリティサービス分野を中心とした既存分野における事業の質を確保していく一方、ラ
          イフデザイン分野の拡大をめざした取り組みを推進することで、同質性の高い人財で構成され
          るポートフォリオから、多様性のある人財で構成されるポートフォリオへの転換を図り、持続
          的に価値創造していく企業グループへの成長に貢献していきます。
                                 27/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
          イ.多様性のある人財で構成されるポートフォリオの実現に向けて





           めざすポートフォリオが実現した際に育成されているであろう「人財」、構築されているで
          あろう「組織」、醸成されているであろう「風土」を以下のとおり定義し、実現に向けた取り
          組みを推進していきます。
          ウ.「人財育成」の取り組み








          (ア)考え方
           社員一人ひとりが、自身の志向やライフイベントを踏まえた上で、グループ内で理想とする
          キャリアを思い描き(「自らが志すキャリア」)、その実現に向けて能力開発やキャリアの選
          択を行うことができる(「挑戦し、成長を実感できる」)環境の整備を推進しております。そ
          れにより、社員一人ひとりが自身の望むスキルや経験を蓄積していきます。
                                 28/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
          (イ)主な施策
          エ.「ダイバーシティ&インクルージョン」の取り組み





          (ア)考え方
           国籍、年齢、障がいの有無、性別や性指向、価値観、働き方、育児や介護の経験等は社員一
          人ひとりが有する「個性」です。多様な「個性」が重なり合い(「個性を活かし」)、新しい
          色彩が作り出される(「輝く」)ことでイノベーションが促され、新たな価値を創出するサイ
          クルを生む組織体制の構築を推進しております。それにより、グループ全体がシナジーと、多
          様な「個性」の掛け合わせにより生み出された強みを発揮していきます。
           また、取り組みの最重要課題に「女性活躍推進」を位置づけ、特にリーダー的役割を担う女
          性比率の向上に取り組んでいきます。
          (イ)主な施策

          オ.「ワークエンゲージメント」の取り組み




          (ア)考え方
           人財は「心をもつ資本」であり、社員一人ひとりのパフォーマンスは会社やチームとの関係
          性によって大きく変化します。社員と会社が共通の価値観として「私たちの志」を共有し、社
          員一人ひとりが高い心理的安全性や一体感を有する「JR西日本グループ」というチームのも
          と、理想とするキャリアに繋がる実感を仕事を通じて得ることで、会社や仕事に対して貢献意
          欲を持ち続ける(「いきいきと働く」)ことができる組織風土や文化の醸成、定着を推進して
          おります。それにより、社員一人ひとりが高いワークエンゲージメントのもと、仕事を通じた
          成長を志向し、実感していきます。
          (イ)主な施策


                                 29/166


                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         ②指標及び目標




          ア.KPI(注5)
          (ア)人財育成
          (イ)ダイバーシティ&インクルージョン





          (ウ)ワークエンゲージメント



                                 30/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
          イ.KPI等の体系
        (注)1 当社グループではグループ社員を重要な経営資源と考え、「人財」と表現しております。









           2 知識、経験、技術、能力等を総称して「スキル」と表現しております。
           3 全社員を対象に新規事業やプロジェクトを担う人財を募集する制度。
           4 当社グループの全社員を対象に、新規事業及び既存事業でのイノベーションの創出をめざすビジネスア
             イディア公募制度。
           5 いずれも提出会社のみの目標。連結目標の設定については、指標含め、今後検討していきます。
           6 一部指標については「中期経営計画2025」の非財務目標として、2026年3月期目標を設定しておりま
             す。
           7 2023年3月期の実績については、2023年度に発行するグループ統合レポート等により、
             別途公表いたします。
           8 重要ポストを担うことができる候補者の準備率。
           9 「全職場に占める、低ストレスかつ高ワークエンゲージメント職場」の割合。
           10 KPIの達成に向けた具体的施策の進捗状況を把握する指標。
           11 職場や社員個人による健康活動を支援する5ヶ年の行動目標。
                                 31/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業等のリスク】
       当社グループでは、「長期ビジョン」、「中期経営計画2025」のもと、新たな価値創造へ積極的に
      挑戦していく観点から、2023年度より「全社的リスクマネジメント体制」を構築し、当社グループに
      おける経営上の重要リスクとその管理状況をモニタリングしております。具体的には、当社内(コー
      ポレート)の各部門及びグループ各社(カンパニー・その他グループ会社)が抽出・選定したリスク
      のうち、経営上対処すべき重要リスクについて、代表取締役社長を委員長とする「グループリスクマ
      ネジメント委員会」において集約・一覧化し、モニタリングしていく取り組みを行っております。
       また、同委員会を通じて確認したリスク管理状況については「社長マネジメントレビュー」を実施
      し、必要な改善措置を講じるなど、次年度のリスク管理の取り組みに反映するとともに、委員会の議
      論状況を取締役会に報告することとしております。
       上記の「全社的リスクマネジメント体制」のもと、「長期ビジョン」、「中期経営計画2025」の実



      現に大きな影響を及ぼすリスクを以下に記載します。
       なお、文中における将来に関する事項は、当有価証券報告書提出日において当社グループが判断し
      たものであります。
     (1)  安全の確保

       鉄道事業においては、事故が発生した場合、お客様の生命・財産に大きな被害をもたらすことがあ
      り、これに伴うお客様への補償及び事故後の事業中断等により経営に対しても甚大な影響を及ぼすこ
      とがあります。鉄道を基幹事業とする当社グループにおいては、安全で安心され信頼される質の高い
      輸送サービスを提供していくことが最重要課題であると考えております。
       当社グループは、「福知山線列車事故のような事故を二度と発生させない」という確固たる決意の
      もと、福知山線列車事故の教訓である「安全の実現に欠かせない視点」に照らしてこれまでの取り組
      みについて確認した上で、「安全考動計画2027」を2023年3月に策定し、より一層の安全性向上をめ
      ざし、重大な事故や労働災害の未然防止に向けた取り組みを開始しております。
       具体的には、ホームの安全対策として、バリアフリー料金制度対象駅のうち、乗降10万人以上の駅
      にはホーム柵を整備し、乗降10万人未満の駅にはホーム柵又はホーム安全スクリーンを整備する方針
      としており、10年以内の完了をめざします。なお、このうち2027年度までの5年間で約400億円の整
      備費を見込んでおります。
       踏切の安全対策として、関係行政機関と協議・連携の上、立体交差事業等による踏切の解消を実施
      しているほか、大型車の通行が多い踏切を対象に重点的にハード整備を実施します。踏切内に自動車
      が停滞している場合、運転士に音声で知らせる装置を新たに追加し、10年以内の完了をめざします。
       こうしたハード対策に加えて、ソフト対策として「組織全体で安全を確保する仕組み」を充実さ
      せ、その仕組みのもとで「一人ひとりの安全考動」を積み重ねていきます。これらの営みを通じて
      「安全最優先の風土」を育み、さらなる「仕組み」の構築・改善や「一人ひとりの安全考動」につな
      がり、このサイクルを回し続けることで、継続的な安全性の向上を実現します。
     (2)  自然災害等の発生

       地震、台風、地すべり、洪水等の自然災害によって、当社グループの事業及び輸送網インフラは大
      きな被害を受ける可能性があります。
       これに対し当社グループは、将来においても事業にもたらす影響の大きな自然災害等による被害を
      最小限のものとするよう、防災や減災に努めております。
       具体的には、地震対策として、阪神・淡路大震災以降、地震発生確率や活断層の観点から優先順位
      をつけて構造物の耐震補強対策や逸脱防止ガードの整備等の地震対策を進めてきたところですが、近
      年、大規模地震が複数発生していることを踏まえ、地震対策を山陽新幹線全線に拡大し、30年以内の
      対策完了をめざします。なお、30年間で約3,000億円の整備費を見込んでおり、在来線についても、
      計画に基づき着実に整備を進めていきます。
       津波対策としては、避難誘導標等を整備し、「津波避難誘導心得」を制定するなど、速やかな避
      難・誘導等に向けた取り組みを進めるとともに、実践的訓練を行っております。
       また、近年、短期間に集中化する豪雨等の激甚化する災害に対して、防護設備等を整備するなど、
      重大な被害の発生を可能な限り回避するための取り組みを推進していきます。
                                 32/166


                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       なお、当社ではこれらの自然災害等に備えるため、あらかじめ定めた条件によって資金調達が可能
      なコミットメントラインを金融機関から導入するとともに、主な鉄道施設を対象とする地震保険を含
      めた損害保険に加入しております。
     (3)  経営環境の激変

       当社グループは、日本経済の情勢の中でも、主な営業エリアである西日本地域における景気動向の
      影響を特に受けており、人口減少・少子高齢化や新型コロナウイルス感染症がもたらした社会行動変
      容、円安・物価高騰等が、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
       とりわけ人口減少・少子高齢化の進展は最大の経営上のリスクと考えており、中長期的なお客様の
      ご利用の減少に加え、当社グループの事業の運営、事業領域の拡大、新しい分野への挑戦に必要な人
      財の確保が一層困難となることで、当社グループの事業継続性や戦略遂行に支障をきたす可能性があ
      ります。なお、人財確保に関するリスク認識の詳細については、後述の「(4)人財の確保」に記載の
      とおりであります。
       また、海外の景気動向や政治情勢等が訪日外国人の動向、サプライチェーン等に影響を及ぼす可能
      性があるほか、コロナ禍と同様に、感染症等さまざまな要因により鉄道のご利用に影響を及ぼす事象
      が発生した場合、これに連動してグループ全体の経営成績に影響を与える可能性があります。さら
      に、金利の変動により支払利息等が増加し、当社グループの収益に影響を与える可能性があります。
       一方で、当社グループは、鉄道事業においては対抗輸送機関と、鉄道以外の事業においても各業種
      業態の事業者と競合関係にありますが、近年ますます競争が激化しており、当社グループの収益に影
      響を与える可能性があります。
       さらに、デジタル化の加速等に伴う革新的な技術の発達や、新たなビジネス・価値提供の仕組みの
      普及が、当社グループの収益に極めて大きな影響を与える可能性があります。
       加えて、地球環境保護や気候変動問題対応への社会的な要請の高まりや、気候変動による災害激甚
      化が、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
       以上のような経営環境に関するリスクも踏まえ、当社グループでは10年後を見据えたありたい姿と
      して「長期ビジョン」を設定するとともに、その実現に向けた第一ステップとして「中期経営計画
      2025」を策定しました。引き続き安全性の向上を最優先としつつ、鉄道を中心としたモビリティサー
      ビス分野の活性化と、ライフデザイン分野の拡大を通じて事業ポートフォリオを最適化し、未来社会
      においても価値を創造し続ける企業グループとなるよう、取り組みを推進しております。
       ・「中期経営計画2025」
        (参照URL:https://www.westjr.co.jp/company/info/plan/pdf/plan_2025.pdf)
     (4)  人財の確保

       当社グループの営業エリアである西日本地域においても人口減少・少子高齢化が今後進展すること
      が予測されており、当社グループの事業運営を支える人財の確保が困難になる可能性があります。
       とりわけ「長期ビジョン」をはじめとした経営戦略を実現していく上で、事業領域の拡大、新しい
      分野への挑戦に必要な人財を育成、確保することが不可欠であり、こうした取り組みが停滞すること
      があれば、当社グループの事業継続性や戦略遂行に支障をきたす可能性があります。
       これに対し当社グループでは、採用活動の多様化と人財戦略の推進により、人財の確保及びリテン
      ションに努めております。
       採用活動の多様化については、外部労働市場から社会人の採用を拡大することに加え、技術力の高
      い社員については65歳以降も雇用を行うなど、社会環境の変化を踏まえた活動を展開しております。
      また、グループ全体の人財を確保する観点から、グループ合同で企業説明会を行うなど、効率的かつ
      効果的な採用活動を進めております。
       人財戦略の推進については、多様性の確保やさまざまな挑戦の機会を用意することが重要との認識
      のもと、「人財育成」、「ダイバーシティ&インクルージョン」及び「ワークエンゲージメント」の
      取り組みを中心に進めております。詳細は「2[サステナビリティに関する考え方及び取組](3)
      人的資本」に記載のとおりであります。
                                 33/166






                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     (5)  サプライチェーンの確保
       当社グループは、鉄道の持続的な運行に必要な工事・保守関係業務を委託する協力会社をはじめ、
      多種多様な部品・材料等を製造・調達する取引先等、さまざまなパートナー企業に支えられてサプラ
      イチェーンを構築し、事業を推進しております。当社グループのサプライチェーンを支えるパート
      ナー企業の操業停止や少子化に伴う労働力の減少、部品・材料等の調達ルートの寸断、需要急増等に
      よる資材調達の停滞等があった場合、鉄道運行に必要な技術力や部品・材料の提供が円滑に得られ
      ず、事業の継続に支障をきたす可能性があります。
       当社グループでは、工事・保守関係業務に係る施工の平準化や労働環境の更なる向上を通じてパー
      トナー企業への安定的な業務委託に努めるとともに、中長期的な老朽取替計画に基づく前広な予備品
      の発注や代替品への置換等を進めております。
       また、ビジネスにおける人権、環境問題への関心が世界的に高まっており、当社グループは、「JR
      西日本グループサプライチェーン方針」を制定し、取引先の皆様とともに相互に遵守していきたい基
      本的な考え方と行動原則をまとめております。
     (6)  情報セキュリティ、情報管理

       当社グループでは、列車運行や乗車券販売等の鉄道に関わるシステムに始まり、流通、不動産等の
      各事業分野全般にわたってコンピュータシステムを用いております。昨今、DX(デジタルトランス
      フォーメーション)にも取り組んでおり、これによりコンピュータシステムが当社グループの事業運
      営において益々重要な役割を果たすようになっております。
       このようなコンピュータシステムにおいて、サイバー攻撃や自然災害、停電・通信障害、人的ミス
      等の要因によりシステム障害が生じた場合、事業の遂行に支障をきたす可能性があります。
       また、その他の情報管理不備等により個人情報、営業秘密等の機密情報が流出し、第三者や競合事
      業者に利用又は悪用された場合、お客様への被害はもとより、当社グループの社会的な信用低下を招
      き、収益に影響を与える可能性があります。
       これらのリスクに備えるため、当社グループでは、情報セキュリティ対策状況を定期的に点検し、
      自社システムへの継続的な対策の見直しを行うとともに、研修の実施等による役員・従業員のITリテ
      ラシー向上を進めております。また、システム障害や情報漏えい事故及びサイバー攻撃被害が発生し
      た場合においても、その影響を最小限のものとするよう、初動体制の整備と平時における訓練に努め
      ております。
       加えて、個人情報等の取得・利活用に関するデータガバナンス体制等を整備し、適正な業務執行と
      法令遵守に努めております。
     (7)  重大な犯罪行為・テロ等の発生

       重大な犯罪行為やテロ活動、武力攻撃等により当社グループの設備等が被害を受けた場合、事業の
      継続に支障をきたす可能性があります。
       当社では、これらに備え、不審物及び不審者への警戒警備の強化や防犯対策訓練の実施、防護装備
      品の配備等の各種対策を行っております。特に大規模イベント時においては、当社グループ全体で警
      戒警備体制の強化を図り、駅・列車・重要施設における巡回強化や、最新技術を取り入れたセキュリ
      ティ対策等を実施しております。
       また、国民保護法に基づく、武力攻撃事態等における対処については、的確かつ迅速な体制の確立
      等、具体的な取り扱いを定めているほか、自治体からの要請に基づき、緊急避難を目的とした利用に
      当社グループ施設の一部を供することとしております。
     (8)  感染症の発生・流行

       新型コロナウイルス感染症が発生・流行したコロナ禍においては、長期間にわたり日本国内や海外
      において経済活動の制限や行動自粛がなされ、当社グループの経営成績に深刻な影響を及ぼしまし
      た。
       また、社員の感染、濃厚接触者指定により、鉄道運行の確保が脅かされるなど、事業継続が懸念さ
      れる事態も発生しました。この点について、当社では、過去の感染症拡大に伴い整備したマスク等医
      療物資の備蓄や鉄道運行に関するBCPダイヤを活用し、事業継続の面においては、最小限の影響に止
      めることができました。
       今後、新たな感染症の発生・流行があった場合においても、これらの知見を活かしつつ、新型イン
      フルエンザ等対策特別措置法に基づく指定公共機関として、当社が定める「西日本旅客鉄道株式会社
      新型インフルエンザ等対策に関する業務計画」に基づき、政府関係機関や各自治体等と緊密に連携し
      ながら、社会インフラとしての鉄道輸送サービスの継続に万全を期していきます。
                                 34/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     (9)  コンプライアンス
       コンプライアンスは、単に法令等を遵守するだけでなく、世の中の基準に照らして、その期待に誠
      実に応え、当社グループの事業に対して信頼をいただく取り組みであると認識しております。
       当社グループは、事業活動を営む上で、会社法、金融商品取引法、独占禁止法、下請法、個人情報
      保護法等、一般に適用される法令に加え、鉄道事業法等の業態ごとに適用される法令の規制を受ける
      ほか、事業種別に応じた規制当局の監督を受けております。これらの法的規制等に違反があった場
      合、行政処分を受け当社グループの社会的な信用低下を招く可能性があるほか、関連諸法令の改正や
      ガイドラインの制定等により、既存の規制が強化された場合、当社グループの事業運営や経営成績に
      影響を与える可能性があります。
       また、法令等違反以外にも社会規範や企業倫理にもとる事象や人権を侵害する問題が発生した場
      合、当社グループの社会的な信用低下を招き、お客様のご利用や人財の確保に影響を与える可能性が
      あります。
       これに対し当社グループでは、グループ全体で法令遵守・コンプライアンスに関する教育・啓発を
      行うとともに、代表取締役社長を委員長とする「企業倫理・人権委員会」を開催し、法令等の遵守や
      人権に関する経営上重大な事項等について審議を行い、その議論状況を取締役会に報告することとし
      ております。
       また、社内の内部通報窓口である「JR西日本グループ倫理・人権ホットライン(倫理相談室)」の
      体制拡充を行うなど、信頼性・対応能力の向上を図り、グループ全体のコンプライアンス向上に取り
      組んでいきます。
     (10)   特有の法的規制

       鉄道事業は公益的な性格を持つことから、公的サービスにおける官民の役割分担に対する政府の考
      え方によって、さまざまな影響を受ける可能性があります。
       ① 鉄道事業に対する法的規制
         当社は、「鉄道事業法(1986年法律第92号)」の定めにより、営業する路線及び鉄道事業の種別
        ごとに国土交通大臣の許可を受けなければならない(第3条)とともに、運賃及び一定の料金の上
        限について国土交通大臣の認可を受け、その範囲内での設定・変更を行う場合は、事前届出を行
        うこととされております(第16条)。また、鉄道事業の休廃止については、国土交通大臣に事前届
        出(廃止は廃止日の1年前まで)を行うこととされております(第28条、第28条の2)。これらの手
        続きや許認可の基準が変更された場合、当社グループの収益に影響を与える可能性があります。
         事業運営にあたっては、株主に対する配当に加え、将来の設備投資や財務体質の強化等を可能
        なものとする適正な利潤を確保することが必要であると考えており、収入の確保と経費削減を進
        め効率的な経営に努めていますが、経営環境の変化等により適正な利潤を確保できない場合は、
        運賃改定を適時実施する必要があるものと考えております。
         なお、当社をJR会社法の適用対象から除外するJR会社法改正法が2001年12月1日に施行されま
        した。すなわち、当社においては、JR会社法に定められる発行する株式等の募集及び長期借入金
        の認可(第5条)、重要な財産の譲渡等の認可(第8条)等の全ての規定の適用から除外されて
        おります。
         一方で、本法附則により、国土交通大臣が指定するものがその事業を営むに際し、当分の間配
        慮すべき事項に関する指針として以下の3点について定めることとされております。この指針は
        2001年11月7日に告示され、2001年12月1日から適用となっております。
        〈指針に定められる事項〉
        ・会社間における旅客の運賃及び料金の適切な設定、鉄道施設の円滑な使用その他の鉄道事業に
         関する会社間における連携及び協力の確保に関する事項
        ・日本国有鉄道の改革の実施後の輸送需要の動向その他の新たな事情の変化を踏まえた現に営業
         している路線の適切な維持及び駅その他の鉄道施設の整備に当たっての利用者の利便の確保に
         関する事項
        ・新会社がその事業を営む地域において当該事業と同種の事業を営む中小企業者の事業活動に対
         する不当な妨害又はその利益の不当な侵害を回避することによる中小企業者への配慮に関する
         事項
                                 35/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       ② 整備新幹線
       ア.整備新幹線の建設計画
         1970年に制定された全国新幹線鉄道整備法に基づき整備計画が決定された路線のうち、当社は
        北陸新幹線(上越市-大阪市)の営業主体となっており、建設主体である独立行政法人鉄道建
        設・運輸施設整備支援機構が建設・保有する新幹線施設の貸付けを受けて営業することとなって
        おります。
         2015年3月に北陸新幹線(長野-金沢間)が開業し、現在、北陸新幹線(金沢-敦賀間)にお
        いて、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構により工事が進められております。
         当社としては、目標である2023年度末の金沢-敦賀間開業に向けて着実に準備を進めておりま
        す。
       イ.整備新幹線建設の費用負担

         整備新幹線の建設費は、全国新幹線鉄道整備法及び関連法令に基づいて「国、地方公共団体及
        び旅客会社が負担すること」、「旅客会社の負担は、整備新幹線の営業主体となる旅客会社が支
        払う受益の範囲を限度とした貸付料等をあてること」と定められております。
         なお、整備新幹線の営業主体である旅客会社が支払う貸付料の額については、「独立行政法人
        鉄道建設・運輸施設整備支援機構法施行令」第6条において、当該新幹線開業後の営業主体の受
        益に基づいて算定された額(定額部分)に、貸付けを受けた鉄道施設に関して同機構が支払う租
        税及び同機構の管理費の合計額を加えた額を基準として、同機構において定めるものとされてお
        ります。
         北陸新幹線上越妙高-金沢間の貸付料につきましては、同機構により算定された定額部分の年
        額80億円が当該新幹線開業に伴う当社の受益の範囲内にあると判断し、2015年3月に同機構との
        合意に至るとともに、当該貸付料の額について、同機構は2015年3月に国土交通大臣の認可を受
        けております。
         今後開業が予定されている区間の貸付料につきましても、同様に、当社と同機構との合意を経
        て決定されるものと認識しております。
       ウ.北陸新幹線に対する当社の考え方

         敦賀以西区間については、新幹線整備により大幅な時間短縮効果が見込まれることから、早期
        の大阪までの全線開業が望ましいと考えております。現在、2017年3月に与党整備新幹線建設推
        進プロジェクトチームより出された結論に基づき、「小浜京都ルート」(敦賀駅-小浜市(東小
        浜)附近-京都駅-京田辺市(松井山手)附近-新大阪駅)の環境影響評価の手続きが進められ
        ております。
         なお、全線開業に向けた着工区間の延伸に際しても「当社の負担は受益の範囲内であること」
        や「並行在来線の経営分離」という従前からの基本原則が守られる必要があると考えておりま
        す。
         当社としては、引き続き今後の動向を注視していきます。
                                 36/166









                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の概要
       当連結会計年度においては、想定以上に長引いた新型コロナウイルス感染症の影響の縮小に伴い、
      お客様のご利用や個人消費が回復するとともに、コスト節減等の構造改革や需要喚起策を実施しまし
      た。
       その結果、「中期経営計画2022」見直しで掲げた数値目標には達しなかったものの、営業収益は前
      期比35.3%増の1兆3,955億円、営業利益は839億円、経常利益は736億円となり、加えて、昨年4月
      に認定された事業適応計画に基づく税制特例により繰越欠損金に係る繰延税金資産の未計上額435億
      円を計上したことに伴い、法人税等を控除した親会社株主に帰属する当期純利益は885億円となりま
      した。
       これをセグメント別に示すと次のとおりとなります。
      ① 運輸業

         当社グループは、2005年4月25日に福知山線列車事故を発生させたことを踏まえ、引き続き被
        害に遭われた方々への真摯な対応、安全性向上への弛まぬ努力を積み重ねるとともに、このよう
        な重大な事故を二度と発生させないとの決意のもと、最終年度となる「JR西日本グループ鉄道安
        全考動計画2022」(以下、「安全考動計画2022」)に基づき、ハード、ソフト両面における安全
        性向上の取り組みや、安全マネジメントの仕組みづくりを進めてきました。
         こうした中、「安全考動計画2022」の振り返りと、1月に発生させた降積雪に伴う大規模輸送
        障害における安全マネジメント上の課題等を踏まえ、より一層の安全性向上の取り組みを実践す
        る「安全考動計画2027」を3月に策定しました。「お客様を想い、ご期待にお応えする」ことを
        強く意識して安全性向上に取り組むよう、安全に対する向きあい方を深め、「お客様から安心、
        信頼していただける鉄道」を築きあげていきます。
         当連結会計年度においても、ホームの安全対策として、在来線のご利用の多い駅等における
        ホーム柵の整備等を引き続き進め、京都駅、三ノ宮駅の一部ホームでホーム柵の使用を開始しま
        した。また、3月に開業した大阪駅(うめきたエリア)では世界初のフルスクリーンホームドア
        の使用を開始しました。さらに、茨木駅の一部ホーム、放出駅及び福島駅の全てのホームでホー
        ム安全スクリーンの使用を開始しました。
         激甚化する自然災害への対策としては、引き続き斜面防災対策や、降雨時運転規制へのレー
        ダー雨量活用をはじめとした豪雨対策を実施しました。山陽新幹線における地震対策について
        は、耐震補強対策及び逸脱防止対策を全線に拡大することを決定し、そのうち、主要な対策は
        2027年度末までの完了をめざし、着実に整備を進めました。在来線における建物・高架橋等の耐
        震補強等についても、計画に基づき着実に整備を進めました。
         加えて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止については、お客様の安全を最優先に、より安
        心してご利用いただくためのさまざまな取り組みを行いました。今後も安全・安心に十分留意し
        つつ、各エリアの状況に応じた需要回復策、行動様式やお客様の意識の変化を捉えた新たな施策
        の展開に取り組んでいきます。
        (需要回復に向けた主な具体的取り組み)

        ・「サイコロきっぷ」の発売(昨年7月、9月及び1月)
        ・「西日本グリーンきっぷ(特別版)」の発売(1月)
        ・「西日本どこまで4DAYS(在来線乗り放題)」の発売(2月)
        ・「大阪駅(うめきたエリア)開業記念きっぷ」の発売(2月)
        (新たな価値創造へ向けた主な具体的取り組み)

        ・岡山県新見市におけるICOCAを活用した地域ポイント事業の開始(昨年10月)
        ・グループ共通の新たなポイントサービス「WESTERポイント」の開始(3月)
        ・大阪駅(うめきたエリア)における「顔認証改札機」の実証実験開始、AIによる自動応対機能
         を搭載した「みどりの券売機プラス+AI」の導入(3月)
        ・「モバイルICOCA           for  Android™」のサービス開始(3月)
         運輸業セグメントでは、鉄道需要の回復によりご利用が増加したことから、営業収益は前期比

        37.9%増の7,503億円、営業利益は244億円となりました。
                                 37/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ② 流通業
         流通業については、各業界団体において作成されたガイドライン(以下、「ガイドライン」)
        を踏まえ、感染症対策を十分に実施し、安心してご利用いただけるように努めてきました。
         昨年7月には、大阪駅の駅ナカ商業施設「エキマルシェ大阪」をグランドオープンしました。
        また、1月には、㈱ジェイアール西日本フードサービスネットがスターバックス                                            コーヒー     ジャ
        パン㈱とのライセンス契約を締結しました。
         流通業セグメントに区分される宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」については、昨年11月に
        「ヴィアインプライム」ブランドを立ち上げ、「ヴィアインプライム赤坂<茜音の湯>」を開業
        しました。
         流通業セグメントでは、感染状況の一定程度の落ち着き等による鉄道需要の回復に伴いコンビ
        ニエンスストアや百貨店等の売上が増加したこと、全国旅行支援による旅行需要の押し上げ効果
        等により流通業セグメントに区分される宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」や土産店において売上
        が増加したこと等により、営業収益は前期比36.4%増の1,694億円、営業利益は56億円となりまし
        た。
      ③ 不動産業

         不動産業についても、流通業と同様に、「ガイドライン」を踏まえ、感染症対策を十分に実施
        し、安心してご利用いただけるように努めてきました。
         ショッピングセンター運営業では、「ルクア大阪」や「天王寺ミオ」、「マリエとやま」等の
        商業施設において、変化する消費者の利用シーンに対応する店揃えやコンテンツを強化し、リ
        ニューアルを行いました。
         不動産販売・賃貸業では、販売事業の拡大、「JR金沢駅西第四NKビル」(昨年8月)や
        「VIERRA蒔田」(横浜市、同10月)の開業等、賃貸事業の強化を進めるとともに、私募リート事
        業の参画に向けアセットマネジメント業務を行うJR西日本不動産投資顧問㈱を設立しました(同
        7月)。
         不動産業セグメントでは、不動産販売・賃貸業において、投資家向け販売が増加したこと等に
        より、営業収益は前期比12.5%増の1,700億円、営業利益は同22.2%増の367億円となりました。
      ④ その他

         ホテル業及び旅行業についても、「ガイドライン」を踏まえ、感染症対策を十分に実施し、安
        心してご利用いただけるように努めてきました。
         旅行業において、非旅行部門の「ソリューション事業」として、国や自治体よりワクチン接種
        関連事業等を受託するとともに、ツーリズム事業のデジタル化に向け、㈱野村総合研究所とのア
        ライアンス契約を締結しました(2月)。
         その他セグメントでは、全国旅行支援による旅行需要の押し上げ効果や、旅行業において国内
        旅行収入やワクチン接種関連事業受託等の附帯事業収入が増加したこと等により、営業収益は前
        期比44.5%増の3,056億円、営業利益は同480.8%増の172億円となりました。
                                 38/166









                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       運輸業のうち、当社の鉄道事業の営業成績は以下のとおりであります。
        ア.輸送実績
                                    当事業年度
             区分             単位      (自 2022年4月1日
                                                 前事業年度比
                                  至 2023年3月31日)
            営業日数               日             365               -
                   新幹線        キロ             812.6              812.6
                                       (28.0)              (28.0)
                   在来線        キロ
         キロ程
                                      4,090.5              4,090.5
                                       (28.0)              (28.0)
                    計       キロ
                                      4,903.1              4,903.1
                                                          %
                   新幹線       千キロ            529,327               102.1
        客車走行キロ           在来線       千キロ            746,695               101.3
                    計      千キロ           1,276,022                101.6
                   定期       千人           1,043,937                103.2
         輸送人員          定期外        千人            597,301               129.9
                    計       千人           1,641,238                111.6
                   定期      千人キロ             869,067               105.4
           新幹線        定期外       千人キロ           15,424,692                 172.9
                    計      千人キロ           16,293,759                 167.2
                   定期      千人キロ           16,259,468                 104.1
              近
              畿     定期外       千人キロ            8,539,545                136.1
              圏
                    計      千人キロ           24,799,014                 113.3
      輸
                   定期      千人キロ            3,503,288                102.0
      送    在    そ
      人    来    の     定期外       千人キロ            3,296,060                147.4
      キ    線    他
                    計      千人キロ            6,799,348                119.9
      ロ
                   定期      千人キロ           19,762,757                 103.8
              計     定期外       千人キロ           11,835,606                 139.0
                    計      千人キロ           31,598,363                 114.7
                   定期      千人キロ           20,631,824                 103.8
            合計       定期外       千人キロ           27,260,298                 156.4
                    計      千人キロ           47,892,123                 128.4
                   新幹線        %             39.4              24.0
         乗車効率          在来線        %             33.8              29.9
                    計       %             35.5              28.1
       (注)1 キロ程欄の上段括弧書は、外数で第三種鉄道事業のキロ程であり、それ以外は第一種鉄道事業及び第二
            種鉄道事業のキロ程であります。また、前事業年度比は、前事業年度末の数値を記載しております。
          2 客車走行キロ数には、試運転、営業回送を含めておりません。
          3 輸送人キロ欄の近畿圏は、京都府(南部)、大阪府(一部を除く)、兵庫県(南部)、滋賀県、奈良県
            (一部を除く)及び三重県(一部)について記載しております。
          4 乗車効率欄の前事業年度比は、前事業年度の数値を記載しております。
            なお、乗車効率は次の方法により算出しております。
                            輸送人キロ
              乗車効率     =
                    客車走行キロ       ×  客車平均定員(標準定員)
                                 39/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        イ.収入実績
                                    当事業年度

             区分             単位      (自 2022年4月1日
                                  至 2023年3月31日)                前事業年度比
                                                          %
                   定期       百万円             11,186              105.2
            新幹線       定期外       百万円             340,492              169.4

                    計      百万円             351,679              166.2

                   定期       百万円             101,512              103.7

               近
               畿    定期外       百万円             155,268              137.6
               圏
                    計      百万円             256,781              121.9
                   定期       百万円             21,672              102.0

         旅
            在   そ
     旅   客
            来   の    定期外       百万円             64,407              146.2
     客   収
            線   他
     運   入
                    計      百万円             86,080              131.8
     輸
     収
                   定期       百万円             123,185              103.4
     入
               計    定期外       百万円             219,676              140.0
                    計      百万円             342,862              124.2

                   定期       百万円             134,372              103.5

             合計      定期外       百万円             560,169              156.5

                    計      百万円             694,541              142.4

              荷物収入            百万円                1            88.5

               合計           百万円             694,543              142.4

          鉄道線路使用料収入                百万円              4,578              98.2

            運輸雑収              百万円             65,102              110.4

            収入合計              百万円             764,223              138.6

     (注) 旅客収入欄の近畿圏は、京都府(南部)、大阪府(一部を除く)、兵庫県(南部)、滋賀県、奈良県(一部を
          除く)及び三重県(一部)について記載しております。
     (2)  資産、負債及び純資産の状況

       当連結会計年度末の総資産額は、3兆7,355億円となり、前連結会計年度末と比較し330億円増加し
      ました。これは主に、繰延税金資産の増加によるものです。
       負債総額は、2兆5,911億円となり、前連結会計年度末と比較し370億円減少しました。これは主
      に、借入金の減少によるものです。
       純資産総額は、1兆1,443億円となり、前連結会計年度末と比較し700億円増加しました。これは主
      に、利益剰余金の増加によるものです。
                                 40/166






                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     (3)  キャッシュ・フローの状況
       当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ297億円減の2,898億円
      となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        税金等調整前当期純利益が増加したこと等から、営業活動において得た資金は2,739億円(前連結
       会計年度は864億円の支出)となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        固定資産の売却による収入が減少したこと等から、投資活動において支出した資金は2,149億円
       (前連結会計年度は1,887億円の支出)となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        借入金の返済を行ったこと等から、財務活動において支出した資金は887億円(前連結会計年度は
       3,846億円の収入)となりました。
     (4)  生産、受注及び販売の実績

       当社及びその連結子会社(以下「当社グループ」という。)の大多数は、受注生産形態を取らない
      業態であります。このため、生産、受注及び販売の状況については、「4[経営者による財政状態、
      経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析]」における各事業のセグメント別経営成績に関連付
      けて示しております。
     (5)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       文中における将来に関する事項は、当有価証券報告書提出日現在において判断したものでありま
      す。
      ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要
       なものについては、「第5[経理の状況]                        1[連結財務諸表等]            (1)  [連結財務諸表][注記事
       項](重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。
      ② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループは、基幹事業である鉄道事業において安全性の向上に全力で取り組むとともに、そ
       の他のグループ事業においては、各事業の特性を活かしたさまざまな施策の展開及び保有資産の有
       効活用等に努めてきました。
        当連結会計年度においては、想定以上に長引いた新型コロナウイルス感染症の影響の縮小に伴
       い、お客様のご利用や個人消費が回復するとともに、コスト節減等の構造改革や需要喚起策を実施
       したことにより営業収益、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益のいずれも増加
       しました。
       ア.営業収益
          営業収益は、前連結会計年度に比べ35.3%、3,644億円増加の1兆3,955億円となりました。
          運輸業セグメントについては、当社の運輸収入が、鉄道需要の回復に伴い増加したこと等によ
         り、営業収益は前連結会計年度に比べ37.9%、2,061億円増加の7,503億円となりました。
          このうち、新幹線については、前連結会計年度に比べ66.2%、1,400億円増加の3,516億円とな
         りました。
          在来線については、前連結会計年度に比べ24.2%、668億円増加の3,428億円となりました。
          流通業セグメントについては、鉄道需要の回復に伴い、コンビニエンスストアや百貨店等の売
         上が増加したこと、全国旅行支援による旅行需要の押し上げ効果等により、前連結会計年度に比
         べ36.4%、452億円増加の1,694億円となりました。
          不動産業セグメントについては、不動産販売・賃貸業において、投資家向け販売が増加したこ
         と等により、前連結会計年度に比べ12.5%、188億円増加の1,700億円となりました。
          その他セグメントについては、全国旅行支援による旅行需要の押し上げ効果や、旅行業におい
         て国内旅行収入やワクチン接種関連事業受託等の附帯事業収入が増加したこと等により、前連結
         会計年度に比べ44.5%、941億円増加の3,056億円となりました。
       イ.営業費

                                 41/166


                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
          資源価格高騰の影響に伴う動力費の増加や発売手数料等の業務費の増加等により、前連結会計
         年度に比べ14.0%、1,613億円増加の1兆3,115億円となりました。
       ウ.営業損益
          営業損益は、前連結会計年度に比べ2,030億円改善し、839億円の利益となりました。
       エ.営業外損益
          営業外損益については、雇用調整助成金の受入の減少等により、前連結会計年度に比べ83億円
         減少し、103億円の損失となりました。
       オ.経常損益
          経常損益は、前連結会計年度に比べ1,946億円改善し、736億円の利益となりました。
       カ.特別損益
          特別損益については、固定資産売却益の減少等により、前連結会計年度に比べ162億円悪化
         し、7億円の損失となりました。
       キ.親会社株主に帰属する当期純損益
          親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度に比べ2,017億円改善し、885億円の利益
         となりました。
      ③ 経営成績に重要な影響を与える要因

       ア.収益に影響する要因
       [運輸業]
          運輸業セグメントは鉄道運輸収入が大宗を占めております。鉄道運輸収入は、主に鉄道利用者
         数により左右され、航空機を含めた他の輸送モード、同業他社との競争や、経済情勢、少子高齢
         化等、多くの要因により影響を受けます。また、鉄道利用者は、安全性、信頼性をベースに、所
         要時間・ネットワーク性・運賃・快適性を基準として選択を行うと考えております。
          新幹線の収入は、主として、ビジネスや観光旅行客の数に左右され、経済環境や航空機との競
         争、訪日観光客の動向等に影響を受けます。
          近畿圏の収入は通勤・通学客が多いことから、経済情勢の影響を受けにくいと考えております
         が、少子高齢化や都市化等の人口推移による影響を受けると考えております。
          その他在来線のうち、都市間輸送の収入は経済情勢や高速バス、自家用車との競争による影響
         を受けます。また、ローカル線の収入は自家用車との競争や地域の経済情勢及び人口の推移によ
         る影響を受けます。
       [流通業]
          流通業セグメントの収入は、主に百貨店業、物品販売業及び飲食業からの収入で構成されてお
         ります。当セグメントの収入は、経済情勢及び他の百貨店、物販店舗、レストランとの競争に左
         右されます。当セグメントの事業の多くが駅やその周辺で行われているため、鉄道輸送量も影響
         を受ける要因です。しかし、駅は比較的安定したご利用があるため、当セグメントの収益は同業
         他社に比べ、これらの影響は少ないと考えております。また、新規店舗の開発や既存店舗の廃止
         によっても左右されます。
       [不動産業]
          不動産業セグメントの収入は、主に駅やその周辺施設の賃貸収入、沿線におけるマンションの
         分譲販売により得られます。当セグメントは、経済情勢の影響を受けることや、マンション分譲
         事業の販売数の増減により業績が変動するものの、賃貸事業において、駅は比較的安定したご利
         用があり、テナントは立地の利便性から駅構内及びその周辺オフィスを好むことから、同業他社
         に比べ、経済情勢による影響は少ないと考えております。
                                 42/166






                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       [その他]
          その他セグメントの収入は、主としてホテル業及び旅行業によるものです。ホテル業の収益
         は、経済情勢や宿泊料金、他ホテルとの競争、訪日観光客の動向に影響されます。また、旅行業
         による収入は主に他旅行業者との競争、経済情勢やテロ等旅行を妨げる状況により影響を受けま
         す。
          その他セグメントには、ホテル業、旅行業のほか、建設事業、広告業等がありますが、そのほ
         とんどが基幹事業である鉄道事業の顧客基盤、駅及びその他の施設の強化を目的としたものであ
         ります。
       イ.費用に影響する要因

       [人件費]
          当社は、構造改革を推進しつつ、新規採用等により事業運営に必要な社員数を確保してきてお
         ります。当事業年度の人件費は1,866億円となっております。
          人財確保については、新卒採用に加えて、近年の雇用の流動性の高まりが今後も継続すること
         を念頭に、さまざまな経験を有する社会人の方の採用を行い、さらに多様性のある企業グループ
         の構築を図っております。当事業年度においては新卒採用及び社会人採用等合計約300名の採用
         を行いました。
          また、年齢構成により退職者数が多い中で、高年齢層の人財を確保し、一層円滑な技術継承を
         図ること及び高年齢者雇用安定法への対応の観点から、定年後の再雇用制度を設定しておりま
         す。
       [物件費]
          当社は、鉄道事業の特徴である、(ⅰ)多くの設備を有し、安全の確保のために必要なメンテナ
         ンスに係るコストの比重が大きい、(ⅱ)収益に連動しない「固定費用」の割合が高いなどの事情
         から、安全性の確保を大前提として、メンテナンスが容易な車両及び設備の導入、機械化、既存
         のインフラの改良等により、これらの経費を構造的に削減する取り組みを行っております。
          しかしながら、福知山線列車事故の責任とその重大性及び新幹線重大インシデントを重く受け
         止め、安全で安心・信頼していただける鉄道を築き上げるために全力で取り組んでいるところで
         あり、当分の間、安全性の向上に必要となる費用の増加が想定されます。
          また、対抗輸送機関との競争力向上のため、サービスレベルの向上、販売促進のためのIT化、
         効率化に寄与する外注化等による費用の増加も想定されます。
          さらに、電気料金の値上げによる費用の増加が想定されます。
       [線路使用料等]
          当社は、JR東西線を関西高速鉄道株式会社から借り受けており、2004年度以降の線路使用料の
         年額については、3年度毎に協議し、金利変動等を勘案して決定することとなっております。ま
         た、2021年度以降の線路使用料については減額を行い、当事業年度の費用は105億円となってお
         ります。
       [支払利息]
          営業外費用のうち、重要なものとして支払利息があります。当社グループとしては、経営の安
         定性を保つために長期債務残高や支払利息の水準を注視しております。当連結会計年度の当社グ
         ループの支払利息については208億円となり、前連結会計年度に比べ6億円減少しております。
                                 43/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ④ 流動性と資本の源泉
       ア.キャッシュ・フロー
          当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析については、「第2[事業の状況]                                            4[経営者
         による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析]                                     (3)  キャッシュ・フローの
         状況」に記載のとおりであります。
       イ.資本需要と設備投資

          当社グループは、当連結会計年度において総額2,382億円の設備投資を実施し、そのうち運輸
         業では1,735億円、流通業、不動産業及びその他では、38億円、587億円及び20億円をそれぞれ実
         施しました。運輸業に関する設備投資においては、安全性の向上を中心とした鉄道インフラの整
         備や、老朽車両の更新等を目的とした新型車両の購入を行っております。流通業、不動産業及び
         その他における当社グループの設備投資においては、新設備の建設や老朽設備の改築等を行って
         おります。
          さらに、福知山線列車事故の責任とその重大性及び新幹線重大インシデントを重く受け止め、
         安全で安心・信頼していただける鉄道を築き上げるために全力で取り組んでいるところであり、
         安全をより一層高めるために必要な運転保安設備の整備等ハード対策を盛り込むとともに、今後
         もさまざまな検討を行うこととしております。
       ウ.資金調達

          資金調達については、既存債務の返済資金や設備投資資金等のうち当社グループのフリー・
         キャッシュ・フローで賄いきれない分の調達を主としており、その調達手段は社債及び銀行等か
         らの長期借入金等、市場動向や金利動向等を総合的に勘案しながら決定しております。
          また、短期的に資金を必要とする場合には、主として短期社債やコミットメントライン等で賄
         うことを基本としております。
          なお、コミットメントラインの一部については、地震が発生した場合でも、あらかじめ定めた
         条件によって資金調達が可能な契約内容となっております。
       エ.流動性

          新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、前連結会計年度まで早め厚めの資金調達を行い、
         また、当連結会計年度においては経営状況が改善したことにより鉄道事業を中心に日々の収入金
         も確保していることから、流動性資金は十分な水準を確保しているものと考えております。
          一方で、資金効率向上は企業経営にとって極めて重要と認識しており、その一環として、2002
         年10月からキャッシュ・マネジメント・サービス(CMS)を導入し、グループ内資金の有効活用
         を図っております。
    5  【経営上の重要な契約等】

     (1)  当社は、乗車券類等の相互発売等旅客営業に係る事項、会社間の運賃及び料金の収入区分並びに収
       入清算の取扱い、駅業務並びに車両及び鉄道施設の保守等の業務の受委託、会社間の経費清算の取
       扱い等に関して、他の旅客会社との間に契約を結んでおります。
        なお、上記の契約では、2社以上の旅客会社間をまたがって利用する旅客及び荷物に対する運賃及
       び料金の算出に当たっては、通算できる制度によることとし、かつ、旅客運賃については、遠距離
       逓減制が加味されたものでなければならないこと、また、旅客会社において、他の旅客会社に関連
       する乗車券類を発売した場合は、当該他の旅客会社は、発売した旅客会社に販売手数料を支払うも
       のとされております。
     (2)  当社は、貨物会社が、当社の鉄道線路を使用する場合の取扱い、駅業務並びに車両及び鉄道施設の

       保守等の業務の受委託、会社間の経費清算の取扱い等に関して、貨物会社との間に契約を結んでお
       ります。
     (3)  当社は、旅客会社6社共同で、列車の座席指定券等の発売を行うためのオンラインシステム(マル

       スシステム)の使用、各旅客会社間の収入清算等の計算業務の委託等に関して、鉄道情報システム
       株式会社との間に契約を結んでおります。
                                 44/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    6  【研究開発活動】
       運輸業における研究開発活動につきましては、鉄道事業の存立基盤である安全の確保やお客様への
      サービス向上に向けた継続的な取り組みに加え、ヒューマンファクターの観点から安全性向上に資す
      る研究を行うとともに、将来の経営環境を見据え、安全性やサービスの向上を図りながら持続的に鉄
      道・交通サービスを提供していくため、さまざまなパートナーとともに日々イノベーションを追求
      し、新たな価値創造にチャレンジする「JR西日本技術ビジョン」を策定し、その方向性に沿った研究
      開発活動を進めることとしました。
       その中で、鉄道固有の技術に関する基礎的課題の解明、最先端技術の基礎研究等については、特に
      公益財団法人鉄道総合技術研究所と密接な連携を図り効率的な研究開発を推進しております。同研究
      所には、「研究開発等に関する協定」に基づき、運営費として当連結会計年度は17億円を支払ってお
      ります。
      (当連結会計年度 研究開発費総額                   60 億円)
       当連結会計年度の主な研究開発は、次のとおりであります。
       (1)  さらなる安全と安定輸送の追求
         技術の開発や応用を通じ、列車の運行に必要な設備の安全性を向上させるとともに、ホームや
        踏切の安全対策、防災・減災、労働災害防止等の設備がより効果的なものとなるよう研究・開発
        を進めております。
         ・将来に向けた新しい保安システムの検討・開発
         ・予兆を把握するためのAI画像分析技術の導入
       (2)  魅力的なエリア創出の一翼を担う鉄道・交通サービスの提供
         お客様お一人おひとりと、また、さまざまな事業者や地域の方々とつながり、技術を活用する
        ことで、多様なお客様へのシームレスできめ細かいサービスの提供をめざしております。
         ・大阪駅(うめきたエリア)開業をきっかけとした顧客体験の再構築と未来駅の実現(フルス
          クリーンホームドア、スマホと連動したデジタル案内、顔認証改札、インタラクティブ空間
          等)
         ・自動運転・隊列走行BRTの技術確立、自治体等との連携による実用化検討
       (3)  持続可能な鉄道・交通システムの構築
         IoTやAI等新しい技術を活用し、働き方改革と生産性向上を進め、人口減少時代にも持続可能
        な、地球にもやさしい鉄道・交通システムの構築をめざしております。
         ・地上検査の車上化及び設備の状態保全に向けた技術開発
         ・工事の省力化や安全性向上に向けた多機能鉄道重機の開発
         ・次世代バイオディーゼル燃料の実証実験の推進
       (4)  ヒューマンファクターに関する研究
         ・鉄道業界におけるワークエンゲージメントに関する研究
         ・検修作業における最適な照明に関する研究
         ・職場における適切なリーダーシップ行動に関する研究
         ・発言しやすい職場環境の醸成に向けた研究
         ・リスク感度向上に関する研究
         ・加齢(高齢化)が鉄道係員の業務に与える影響に関する研究
       なお、流通業、不動産業及びその他につきましては、特記すべき事項はありません。

                                 45/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    第3    【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

       当連結会計年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)は、全体で                                        2,382   億円の設備投資を行
      いました。
       運輸業においては、安全安定輸送の確保、旅客サービス及び収益性の向上、輸送基盤の整備等のた
      めの投資を行い、車両新造工事等に                   1,735   億円の設備投資を実施いたしました。
       流通業においては           38 億円、不動産業においては              587  億円、その他においては             20 億円の設備投資を実
      施いたしました。
       また、経営に重要な影響を及ぼすような設備の売却、撤去又は滅失はありません。
    2  【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
      ① 総括表
                                 帳簿価額
      セグメントの名称                                                従業員数
                 土地(面積)        建物      構築物       車両      その他       合計
                    百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円        人
                   561,986
     運輸業
                     千㎡
                         124,426      694,392      272,778      115,586     1,769,170        21,633
                   (92,592)
     流通業                -       0      0      -       0      0      1

                   53,876

     不動産業                    11,621        335       -      232     66,066        70
                    (466)
                     999
     その他                      197       21      -      59     1,277        23
                    (102)
     (注)1 上記は、有形固定資産の残高(ただし、建設仮勘定は除く。)であります。
         2 運輸業の用に供する土地の内訳は、線路用地(帳簿価額242,841百万円、面積57,362千㎡)、停車場用地
           (帳簿価額295,164百万円、面積24,109千㎡)、鉄道林用地(帳簿価額147百万円、面積10,739千㎡)等であ
           ります。
         3 運輸業の用に供する建物とは、停車場建物、詰所、事務所等であります。
         4 運輸業の用に供する構築物とは、高架橋、橋梁、トンネル、配電線等であります。
         5 その他とは、自動車(運輸業185百万円)、機械及び装置(運輸業102,274百万円、不動産業182百万円、そ
           の他59百万円)、工具・器具・備品(運輸業12,657百万円、流通業0百万円、不動産業49百万円、その他0
           百万円)、リース資産(運輸業468百万円)の合計であります。
         6 上記のほかに、管理施設、社宅、福利厚生施設等の固定資産があります。
                                 46/166








                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         7 貸付けを受けている主な設備は次のとおりであります。
                                   設備のうち

                  賃借先                            賃借期間
                                                       賃借料
                  賃借設備                           (賃借終了年度)
                                 土地       建物
                                    ㎡       ㎡              百万円
          独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援
                                               30年
          機構                      1,982,472        213,477                12,205
                                              (2044年度)
          北陸新幹線(上越妙高~金沢間168.6km)
          独立行政法人日本高速道路保有・債務返済
          機構                       177,292        8,411     1年更新            41
          本四備讃線(茶屋町~児島間12.9㎞)
          新関西国際空港株式会社
                                               100年
          関西空港線                       36,799       35,726                1,715
                                              (2094年度)
          (りんくうタウン~関西空港間6.9㎞)
                                               30年
          関西高速鉄道株式会社
                                 11,916       40,089                10,500
                                              (2026年度)
          JR東西線(京橋~尼崎間12.5㎞)
                                               43年
          大阪外環状鉄道株式会社
                                  5,518       9,882                2,140
                                              (2061年度)
          おおさか東線(新大阪~久宝寺間20.2㎞)
          (1)  独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構から貸付けを受けている北陸新幹線(上越妙高~金沢間)
           については、あらかじめ、同機構が国土交通大臣の認可を受けた貸付料を貸付けから30年間にわたり年4回
           支払うこととされております。この貸付料は、当該新幹線開業後の営業主体である当社の受益に基づいて算
           定された額及び借り受けた鉄道施設に関して同機構が支払う租税並びに同機構の管理費からなっております
           が、このうち受益に基づき算定された額については貸付けから30年間は定額とされております。
            また、設備の維持更新については、通常の維持管理は当社が行い、これを超えるものについては同機構に
           おいて行うこととなっております。
            なお、31年目以降の取扱いについては、協議の上定めることとなっております。
          (2)  独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構から借り受けている本四備讃線の利用料は、当社との協定
           等に基づき、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構法施行令第6条に規定するところの管理費及び
           租税公課相当額を年4回支払うこととされております。
            また、設備の維持更新については、当社が行うこととなっております。
          (3)  新関西国際空港株式会社から借り受けている関西空港線の使用料は、当社並びに南海電気鉄道株式会社と
           新関西国際空港株式会社との協定等に基づき、当該鉄道施設の建設、所有及び管理に要する費用を償うもの
           として、年2回支払うこととされております。このうち、連絡橋部分の建設に係わるものについては、当社
           と南海電気鉄道株式会社が、それぞれの輸送実績に応じた使用料を支払うこととなっております。
            また、設備の維持更新については、資本的支出を伴う鉄道施設の変更は新関西国際空港株式会社が行い、
           通常の保守管理は当社が行うこととなっております。
            なお、100年経過後の使用料については、基本的には鉄道施設の所有及び管理に要する費用を支払うこと
           となっております。
          (4)  関西高速鉄道株式会社から借り受けているJR東西線については、当社との協定等に基づき、当該鉄道施設
           の建設、所有及び管理に要する費用を線路使用料として、30年間にわたり年4回支払うこととされており、
           その間の設備の維持更新については当社が行うこととなっております。
            なお、31年目以降の線路使用料は、協議の上定めることとなっております。
          (5)  大阪外環状鉄道株式会社から借り受けているおおさか東線(新大阪~久宝寺間)については、当社との協
           定等に基づき、当該鉄道施設の建設、所有及び管理に要する費用を線路使用料として、43年間にわたり年1
           回年額2,140百万円を支払うこととされており、その間の設備の維持更新については当社が行うこととなっ
           ております。
          (6)  宇野線・本四備讃線(岡山~児島間)輸送改善事業において、当社は瀬戸大橋高速鉄道保有株式会社か
           ら、宇野線(備中箕島~茶屋町間)の設備改良部分を借り受けております。その利用料は、当社と瀬戸大橋
           高速鉄道保有株式会社との協定に基づき当該事業における、瀬戸大橋高速鉄道保有株式会社に発生する鉄道
           施設の保有及び管理に要する費用を賄うものとして、40年間にわたり年1回支払うこととされております。
           その間の利用施設の維持管理については当社が行うこととなっております。
            利用料の年額は81百万円とし、21年目以降の利用料は協議の上定めることとなっております。
                                 47/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       ② 運輸業
        ア.線路及び電路施設
        (ア)第一種鉄道事業
                                                         変電
      線名            区間          キロ程    単線・複線等別         駅数    軌間      電圧
                                                         所数
                               km            箇所     m        V  箇所
     赤穂線       (相生)      ~    (東岡山)       57.4      単線        17   1.067     直流1,500        3
     因美線       (東津山)      ~    (鳥取)       70.8      単線        17   〃      -      -
     宇野線       (岡山)      ~     宇野      32.8    単線、複線         14   〃    直流1,500        2
     宇部線       (新山口)      ~    (宇部)       33.2      単線        16   〃      〃      1
     越美北線       越前花堂      ~    九頭竜湖       52.5      単線        22   〃      -      -
     大糸線       (南小谷)      ~    糸魚川       35.3      単線        8   〃      -      -
     大阪環状線       (天王寺)      ~    新今宮       20.7    複線、3線         16   〃    直流1,500        5
            (小野田)      ~    (居能)       11.6      単線        7   〃      〃      -
     小野田線
            (雀田)      ~    長門本山        2.3     単線        2   〃      〃      -
     小浜線       (敦賀)      ~    (東舞鶴)       84.3      単線        22   〃      〃      4
     加古川線       (加古川)      ~    (谷川)       48.5      単線        19   〃      〃      2
            (木津)      ~    (京橋)       44.8    単線、複線         22   〃      〃      5
     片町線      (正覚寺(信))       ~    (平野)       1.5     単線        -   〃      〃      -
            (神崎川(信))~(吹田貨物ターミナル)
                              3.7     単線        -   〃      〃      -
     可部線       (横川)      ~    あき亀山       15.6      単線        13   〃      〃      2
             (亀山)    ~  奈良   ~  JR難波
     関西線                        115.0   単線、複線、4線           31   〃   一部直流1,500         5
     関西空港線        (日根野)~(りんくうタウン)                 4.2     複線        -   〃    直流1,500        -
     岩徳線       (岩国)      ~    (櫛ケ浜)       43.7      単線        13   〃      -      -
     姫新線       (姫路)      ~    (新見)      158.1      単線        34   〃      -      -
     木次線      (備後落合)       ~    (宍道)       81.9      単線        16   〃      -      -
            新宮   ~  紀伊田辺     ~  和歌山市
     紀勢線                        204.0     単線、複線         56   〃    直流1,500        16
     吉備線       (岡山)      ~    (総社)       20.4      単線        8   〃      -      -
     草津線       (柘植)      ~    (草津)       36.7      単線        9   〃    直流1,500        2
     呉線       (三原)      ~    (海田市)       87.0      単線        26   〃      〃      6
     芸備線      (備中神代)       ~    (広島)      159.1      単線        42   〃      -      -
     湖西線      (近江塩津)       ~    (山科)       74.1      複線        19   〃    直流1,500        8
     境線       (米子)      ~     境港      17.9      単線        15   〃   一部直流1,500         -
     桜井線       (奈良)      ~    (高田)       29.4      単線        12   〃    直流1,500        2
     桜島線       (西九条)      ~     桜島       4.1     複線        3   〃      〃      1
             (京都)    ~  松江   ~  (幡生)
                             673.8     単線、複線         158    〃   一部直流1,500         21
     山陰線
            (長門市)      ~     仙崎       2.2     単線        1   〃      -      -
             (神戸)~上郡~柳井~下関                528.1     複線、4線         124    〃    直流1,500        55
     山陽線
            (兵庫)      ~    和田岬       2.7     単線        1   〃      〃      -
     城端線        高岡     ~     城端      29.9      単線        13   〃      -      -
     高山線        猪谷     ~     富山      36.6      単線        10   〃      -      -
     津山線       (津山)      ~    (岡山)       58.7      単線        15   〃      -      -
                                  単線、複線、
              米原   ~  大阪   ~  神戸
                             143.6              52   〃    直流1,500        17
                                  4線、5線
     東海道線
            (吹田貨物ターミナル)~(尼崎)
                             12.2              -   〃      〃      -
                                   複線
                                 48/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                                         変電
      線名            区間          キロ程     単線・複線等別         駅数    軌間      電圧
                                                         所数
                               km            箇所     m        V  箇所
     七尾線        津幡     ~    和倉温泉        59.5      単線        20   1.067     直流1,500        5
     奈良線       (木津)      ~    (京都)       34.7    単線、複線         17   〃      〃      5
     博多南線       (博多)      ~    博多南        8.5     複線        1  1.435    交流25,000        -
     伯備線       (倉敷)      ~   (伯耆大山)        138.4     単線、複線         26   1.067     直流1,500        11
     播但線       (和田山)      ~    (姫路)       65.7      単線        16   〃   一部直流1,500         2
            (天王寺)      ~    (和歌山)        61.3      複線        33   〃    直流1,500        7
     阪和線
             (鳳)     ~    東羽衣        1.7     単線        1   〃      〃      -
     氷見線       (高岡)      ~     氷見       16.5      単線        7   〃      -      -
     福塩線       (福山)      ~    (塩町)       78.0      単線        25   〃   一部直流1,500         1
     福知山線       (尼崎)      ~    (福知山)       106.5     単線、複線         28   〃    直流1,500        9
                                                 一部直流1,500
     北陸線        金沢     ~    (米原)       176.6      複線        41   〃            9
                                                  交流20,000
     本四備讃線       (茶屋町)      ~     児島       12.9      複線        4   〃    直流1,500        1
     舞鶴線       東舞鶴      ~    (綾部)       26.4      単線        5   〃      〃      2
     美祢線       (厚狭)      ~    (長門市)        46.0      単線        10   〃      -      -
     山口線       (新山口)      ~    (益田)       93.9      単線        26   〃      -      -
            (王寺)    ~  橋本   ~  (和歌山)
     和歌山線                        87.5      単線        34   〃    直流1,500        6
     在来線計             47線          4,052.5        -      1,147     -      -     215
                                           (12)
     山陽新幹線       (新大阪)      ~     博多      644.0      複線          1.435    交流25,000        13
                                            6
                                           (3)
     北陸新幹線      (上越妙高)       ~    (金沢)       168.6      複線          1.435    交流25,000        5
                                            2
                                           (15)
      合計            49線          4,865.1        -          -      -     233
                                          1,155
     (注)1 区間欄の括弧内の駅は、当該区間の駅数には含んでおりません。
         2 山陽新幹線の駅数は、新神戸、新尾道、東広島、新岩国、小倉及び博多の駅数であります。なお、山陽新幹
           線駅数欄の上段括弧書は、外数で在来線との併設駅数(小倉及び博多を除く。)を示しております。
         3 北陸新幹線の駅数は、黒部宇奈月温泉及び新高岡の駅数であります。なお、北陸新幹線駅数欄の上段括弧書
           は、外数で在来線との併設駅数(新高岡を除く。)を示しております。
        (イ)第二種鉄道事業

                                                         変電
       線名            区間          キロ程     単線・複線等別         駅数    軌間      電圧
                                                         所数
                                           箇所               箇所
                               km                 m        V
     関西空港線       りんくうタウン ~ 関西空港                  6.9     複線        (2)   1.067     直流1,500        (2)
     JR東西線        (京橋)     ~    (尼崎)       12.5      複線        (7)   〃      〃      (2)
             (放出)     ~    (久宝寺)        9.2             (6)   〃      〃      (0)
     おおさか東線                              複線
            (新大阪)      ~    (鴫野)        9.4             (4)   〃      〃      (1)
       合計            3線           38.0      -       (19)    -      -      (5)
     (注)1 区間欄の括弧内の駅は、当該区間の駅数には含んでおりません。
         2 駅数及び変電所数欄の括弧書は、第三種鉄道事業者である「新関西国際空港株式会社」、「関西高速鉄道株
           式会社」及び「大阪外環状鉄道株式会社」の保有する駅数及び変電所数を示しております。
        (ウ)第三種鉄道事業

                                                         変電
      線名            区間          キロ程     単線・複線等別         駅数    軌間      電圧
                                                         所数
                               km            箇所     m        V  箇所
     七尾線      (和倉温泉)       ~     穴水       28.0      単線        (6)   1.067      -      -
     (注)1 区間欄の括弧内の駅は、当該区間の駅数には含んでおりません。
         2 駅数欄の括弧書は、第二種鉄道事業者である「のと鉄道株式会社」が営業する駅数を示しております。
                                 49/166


                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        イ.車両
        (ア)車両数
                                    電車
           蒸気     電気     内燃     内燃
      区分                                          客車    貨車     計
          機関車     機関車     機関車     動車
                             電動    制御電動      制御     付随
             両     両     両     両     両     両     両     両    両    両    両
     在来線       5    10     29    461    1,541     1,351      892     789     20    152   5,250
     新幹線       -     -     -     -   1,028       52    154      1    -    -   1,235
      計      5    10     29    461    2,569     1,403     1,046      790     20    152   6,485
     (注) 上記のほかに、線路建設保守用工作車1,263両を保有しております。
        (イ)車両施設

           主な工場、車両所、電車区等は、次のとおりであります。
                                          土地            建物

            名称               所在地
                                      面積       帳簿価額        帳簿価額
                                          ㎡      百万円        百万円
        (山陽新幹線統括本部)
     博多総合車両所                 福岡県那珂川市ほか                 500,915         23,199         2,842
          (金沢支社)
     白山総合車両所                 石川県白山市               (279,964)            -         0
     金沢総合車両所                 石川県白山市ほか                 293,997          225        249
     金沢総合車両所 富山支所                 富山県富山市                 21,812          33        25
     金沢総合車両所 敦賀支所                 福井県敦賀市ほか                 116,001           36        68
         (近畿統括本部)
     吹田総合車両所                 大阪府吹田市ほか                 169,021           79        937
     吹田総合車両所 京都支所                 京都府向日市ほか                 299,723          179        601
     吹田総合車両所 日根野支所                 大阪府泉佐野市ほか                 236,551          890        184
     吹田総合車両所 森ノ宮支所                 大阪市城東区ほか                 113,481          882        190
     吹田総合車両所 奈良支所                 奈良県奈良市ほか                 77,794         2,940         177
     吹田総合車両所 福知山支所                 京都府福知山市ほか                 160,709          919        171
     網干総合車両所                 兵庫県揖保郡太子町ほか                 174,674          665       1,436
     網干総合車両所 宮原支所                 大阪市淀川区ほか                 155,075          298        289
     新宮列車区                 和歌山県新宮市                 23,615          26        107
         (中国統括本部)
     後藤総合車両所                 鳥取県米子市ほか                 253,431         1,344         410
     後藤総合車両所 岡山気動車支所                 岡山市北区                 29,824          35        28
     後藤総合車両所 鳥取支所                 鳥取県鳥取市                 38,686           1        53
     下関総合車両所                 山口県下関市ほか                 167,440          231        663
     下関総合車両所 岡山電車支所                 岡山市北区                 126,236           59        250
     (注) ( )内は外数で独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構から賃借中のものであります。
                                 50/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        ウ.その他の主な施設
                                          土地            建物

            名称               所在地
                                      面積       帳簿価額        帳簿価額
                                          ㎡      百万円        百万円
     大阪資材センター                 神戸市中央区                  8,476          10        383
     広島資材センター                 広島市東区ほか                  5,249          1        28
       ③ 不動産業

         主な賃貸資産等は次のとおりであります。
                                          土地            建物

            賃貸先
                           所在地
           (名称)
                                      面積       帳簿価額        帳簿価額
                                          ㎡      百万円        百万円
     西日本電気システム㈱
                      山口県山陽小野田市                 132,930          418         -
     (厚狭太陽光発電所)
     大阪ターミナルビル㈱
                      大阪市北区                 39,447         9,099          -
     (大阪ステーションシティ)
     JR西日本不動産開発㈱
                      山口県柳井市                 36,089           4        -
     (ミスターマックス)
     ㈱奈良ホテル
                      奈良県奈良市                 20,398          589         0
     (奈良ホテル)
     JR西日本大阪開発㈱
                      大阪府吹田市                 18,615           8        -
     (吹田グリーンプレイス)
     JR西日本不動産開発㈱
                      広島市安佐北区                 18,290          96        -
     (コカ・コーラウエスト           ホッケース
     タジアム)
     医療法人JR広島病院
                      広島市東区                 15,241          829         -
     (JR広島病院)
     JR西日本不動産開発㈱
                      山口県宇部市                 13,586           4        -
     (ナフコ)
     JR西日本不動産開発㈱
                      兵庫県明石市                 12,571          23        -
     (ビエラタウン西明石)
     JR西日本不動産開発㈱
                      石川県金沢市                  9,831          50        -
     (金沢フォーラス)
                                 51/166









                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      (2)  国内子会社
       ① 運輸業
                                   帳簿価額

           会社名
                                                      従業員数
           (所在地)
                     土地(面積)        建物      構築物      その他       合計
                        百万円       百万円      百万円       百万円       百万円        人
                        1,494
     中国ジェイアールバス㈱
                         千㎡
                               2,366        192     2,115      6,168        434
     (広島市南区)
                         (131)
     西日本ジェイアールバス㈱                   1,925
                               1,383        318     3,443      7,070        515
     (大阪市阿倍野区)                    (100)
     (注)1 上記は、有形固定資産の残高(ただし、建設仮勘定は除く。)であります。
         2 その他とは、自動車、機械及び装置、工具・器具・備品、リース資産の合計であります。
       ② 流通業

                                   帳簿価額

           会社名
                                                      従業員数
           (所在地)
                     土地(面積)        建物      構築物      その他       合計
                        百万円       百万円      百万円       百万円       百万円        人
                          -
     ㈱ジェイアール西日本伊勢丹
                         千㎡
                               7,073         0     489     7,563        830
     (京都市下京区)
                         (-)
     ㈱ジェイアール西日本デイリー
                         986
     サービスネット                         11,911         73    26,634       39,606        480
                          (4)
     (兵庫県尼崎市)
     (注)1 上記は、有形固定資産の残高(ただし、建設仮勘定は除く。)であります。
         2 その他とは、自動車、機械及び装置、工具・器具・備品、リース資産の合計であります。
       ③ 不動産業

                                   帳簿価額

           会社名
                                                      従業員数
           (所在地)
                     土地(面積)        建物      構築物      その他       合計
                        百万円       百万円      百万円       百万円       百万円        人
     JR西日本不動産開発㈱                   35,289
                         千㎡
                              148,567        2,707        860    187,424         378
     (大阪市北区)
                         (94)
     JR西日本SC開発㈱                     -
                              21,625         21      635     22,283        193
     (大阪市北区)                    (-)
     京都駅ビル開発㈱                     -
                              36,459         19      248     36,727         46
     (京都市下京区)                    (-)
     大阪ターミナルビル㈱                     -
                              47,935        128       320     48,384         65
     (大阪市北区)                    (-)
     JR西日本プロパティーズ㈱                   30,456
                              37,876        758       335     69,427        307
     (東京都港区)                    (467)
     (注)1 上記は、有形固定資産の残高(ただし、建設仮勘定は除く。)であります。
         2 その他とは、自動車、機械及び装置、工具・器具・備品、リース資産の合計であります。
                                 52/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       ④ その他
                                   帳簿価額

           会社名
                                                      従業員数
           (所在地)
                      土地(面積)        建物      構築物      その他       合計
                        百万円       百万円       百万円      百万円       百万円        人
                        3,782
     大鉄工業㈱
                         千㎡
                               3,695        236      439     8,153       1,366
     (大阪市淀川区)
                         (143)
     ㈱ジェイアール西日本ホテル開発                    877
                              12,548         30    10,894       24,351        449
     (京都市下京区)                     (9)
     ㈱日本旅行                    755
                                708        5     230     1,699       1,808
     (東京都中央区)                     (5)
     ㈱JR西日本テクシア                     71
                                908       13      372     1,365        536
     (兵庫県尼崎市)                     (1)
     西日本電気システム㈱                   1,834
                               1,757        46     1,657      5,295        881
     (大阪府吹田市)                    (10)
     (注)1 上記は、有形固定資産の残高(ただし、建設仮勘定は除く。)であります。
         2 その他とは、自動車、機械及び装置、工具・器具・備品、リース資産の合計であります。
      (3)  在外子会社

        該当する会社はありません。
                                 53/166













                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    3  【設備の新設、除却等の計画】
     (1)  重要な設備の新設等
                        セグメントの                    今後の     工事着手      完成予定

            工事件名                   予算総額      既支出額
                          名称                 所要額      年月      年月
                                 百万円      百万円      百万円
      地震対策
                         運輸業       90,341      10,324      80,017    2015年5月      2027年度
      (山陽新幹線の逸脱防止対策等)
      鉄道駅バリアフリー料金制度を活用
      したバリアフリー設備の整備
                         運輸業       34,531      1,164     33,367    2022年4月      2029年度
      (可動式ホーム柵、
      ホーム安全スクリーンの整備等)
      広島市東部地区連続立体交差事業                    運輸業       34,700      3,353     31,346    2021年6月      2036年度
      大和路線     奈良・郡山間
                         運輸業       13,741      1,681     12,060    2021年6月      2028年度
      高架化及び新駅設置
                         運輸業
      大阪駅西側エリアの開発工事                   不動産業       103,500      36,151      67,349    2019年8月      2027年春
                         その他
                         運輸業
      広島駅ビル建替                   不動産業        59,621      21,828      37,793    2019年10月      2025年春
                         その他
      車両新造工事                    運輸業       61,665      4,386     57,279    2021年1月      2024年度
      博多総合車両所のリニューアル工事                    運輸業       30,693      6,080     24,613    2018年11月      2037年度

      吹田総合車両所のリニューアル工事                    運輸業       35,534      1,754     33,779    2019年7月      2035年度
     (注) 今後の必要資金は、自己資金を中心に、必要により社債及び借入金により調達します。
          なお、自治体等の要請に基づく工事については、当該自治体等の負担金により行います。
     (2)  重要な設備の除却

       該当事項はありません。
                                 54/166










                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    第4    【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                         発行可能株式総数

                                                          株
                普通株式                          800,000,000
                  計                         800,000,000
      ②  【発行済株式】

           事業年度末現在発行数            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名又は登

      種類                                               内容
            (2023年3月31日)           (2023年6月26日)           録認可金融商品取引業協会名
                     株           株
                                  東京証券取引所
                                                 単元株式数は100株で
     普通株式
                244,001,600           244,001,600
                                                 あります。
                                  プライム市場
                244,001,600           244,001,600

       計                                 -             -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

         年月日                      資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                       株       株     百万円       百万円       百万円       百万円
       2018年8月15日
                  △1,253,600       192,481,400            -     100,000          -     55,000
       (注1)
       2019年8月15日
                  △1,146,900       191,334,500            -     100,000          -     55,000
       (注1)
       2021年9月17日
                  48,545,400       239,879,900         116,265       216,265       116,265       171,265
       (注2)
       2021年9月29日
                   4,121,700      244,001,600          9,871      226,136        9,871      181,136
       (注3)
     (注)1     自己株式の消却による減少であります。
        2  有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格       4,996円
          発行価額               4,789.96円
          資本組入額              2,394.98円
          払込金総額 232,530,524,184円
        3  有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
          発行価格               4,789.96円
          資本組入額              2,394.98円
          割当先          野村證券株式会社
                                 55/166


                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                (2023年3月31日現在)
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
            政府及び
       区分                            外国法人等                   株式の状況
                      金融商品     その他の                 個人
            地方公共     金融機関                                 計
                                                       (株)
                      取引業者       法人               その他
                                 個人以外      個人
             団体
               1    154      46    2,081      686     555   224,219     227,742
     株主数(人)                                                     -
     所有株式数
               1  862,665      68,947     143,312     649,772      1,995    712,161    2,438,853       116,300
      (単元)
     所有株式数
              0.00     35.37      2.83     5.88     26.64      0.08     29.20
                                                    100       -
     の割合(%)
     (注)1 「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式94単元が含まれております。
         2 「個人その他」及び「単元未満株式の状況」の欄には、自己株式がそれぞれ1,868単元及び42株含まれてお
           ります。
     (6)  【大株主の状況】

                                                (2023年3月31日現在)
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                             所有株式数         除く。)の
           氏名又は名称                     住所
                                              (株)       総数に対する
                                                     所有株式数の
                                                      割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                                              39,272,700           16.11
                       東京都港区浜松町二丁目11番3号
     社(信託口)
     株式会社日本カストディ銀行(信託口)                                         13,042,400           5.35
                       東京都中央区晴海一丁目8番12号
                                              4,480,000           1.84
     株式会社三井住友銀行                  東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
                                              4,410,000           1.81
     株式会社三菱UFJ銀行                  東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT    –
                       1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA
     TREATY    505234
                                              4,164,440           1.71
                       02171,    U.S.A.
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決
                       (東京都港区港南二丁目15番1号)
     済営業部)
                                              4,000,000           1.64
     日本生命保険相互会社                  東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
                                              3,487,900           1.43
     JR西日本社員持株会                  大阪市北区芝田二丁目4番24号
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT        ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
                                              3,104,432           1.27
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店                  02111
     カストディ業務部)                  (東京都中央区日本橋三丁目11番1号)
                       25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385781
                                              3,088,065           1.27
                       E14  5JP,UNITED      KINGDOM
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決
     済営業部)
                       (東京都港区港南二丁目15番1号)
                                              2,158,107           0.89
     JPモルガン証券株式会社                  東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
                                              81,208,044           33.31
             計                   -
     (注)1 ブラックロック・ジャパン株式会社から2018年12月6日付で関東財務局長に提出された大量保有報告書(変
           更報告書)において、同社及びその共同保有者7名が、2018年11月30日現在で11,478,532株(同日現在の発
           行済株式総数に対する所有株式数の割合5.96%)を保有している旨が記載されておりますが、当社として議
           決権行使基準日における実質所有株式数の確認ができませんので、上記「大株主の状況」には含めておりま
           せん。
         2 三井住友信託銀行株式会社から2022年10月6日付で関東財務局長に提出された大量保有報告書(変更報告
           書)において、同社及びその共同保有者2名が、2022年9月30日現在で16,285,619株(同日現在の発行済株
           式総数に対する所有株式数の割合6.67%)を保有している旨が記載されておりますが、当社として議決権行
           使基準日における実質所有株式数の確認ができませんので、上記「大株主の状況」には含めておりません。
                                 56/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                (2023年3月31日現在)
           区分              株式数(株)             議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                             -            -       -

     議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -

     議決権制限株式(その他)                             -            -       -

                    (自己保有株式)
                                              -
                                186,800
                    普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                                -
                    (相互保有株式)
                                              -
                                410,000
                    普通株式
                              243,288,500             2,432,885
     完全議決権株式(その他)               普通株式                                 -
                                116,300
     単元未満株式               普通株式                          -       -
                              244,001,600
     発行済株式総数                                         -       -
                                           2,432,885
     総株主の議決権                             -                   -
     (注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式9,400株(議決権94個)が含ま
          れております。
      ②  【自己株式等】

                                                (2023年3月31日現在)
                                 自己名義      他人名義      所有株式数       発行済株式総数

     所有者の氏名又は名称                所有者の住所           所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
                                  (株)      (株)      (株)     株式数の割合(%)
     (自己保有株式)

                                  186,800             186,800           0.08
                 大阪市北区芝田二丁目4番24号                          -
     西日本旅客鉄道株式会社
     (相互保有株式)            東京都新宿区西新宿六丁目14番
                                  10,000             10,000          0.00
                                           -
     アジア航測株式会社            1号 新宿グリーンタワービル
                                  400,000             400,000           0.16
     広成建設株式会社            広島市東区上大須賀町1番1号                          -
                                  596,800             596,800           0.24

          計             -                   -
                                 57/166









                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得、会社法第155条第7号に該当
       する普通株式の取得及び会社法第155条第13号に該当する普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】
                 区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      取締役会(2022年4月28日)での決議状況
                                        200,000          1,000,000,000
      (取得期間       2022年5月2日~2022年6月10日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     -             -
      当事業年度における取得自己株式                                   200,000           961,903,100
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                     -         38,096,900
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     -            3.81
      当期間における取得自己株式                                     -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                     -            3.81
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)               価額の総額(円)

     当事業年度における取得自己株式                                     402             1,861,682
     当期間における取得自己株式                                     -                -

      (注)1 当事業年度における取得自己株式のうち64株は、当社の取締役等に対し譲渡制限付株式報酬として付与し
            ていた普通株式の一部を無償取得したものであります。
          2 当期間(2023年4月1日から有価証券報告書提出日まで)における取得自己株式数には、2023年6月1日
            から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取請求による株式数は含めておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間

               区分
                              株式数      処分価額の総額          株式数      処分価額の総額
                              (株)        (円)        (株)        (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -

     消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -

     合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移
                                 -        -        -        -
     転を行った取得自己株式
     その他(譲渡制限付株式報酬として処分を行っ
                               14,151      69,184,239            -        -
     た取得自己株式)
     保有自己株式数                         186,842           -      186,842           -
     (注) 当期間(2023年4月1日から有価証券報告書提出日まで)における保有自己株式数には、2023年6月1日から
         有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取請求及び売渡請求による株式数は含めておりません。
                                 58/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    3  【配当政策】
      当社は、長期安定的な株主還元を行うことが重要と考えております。
      2020年10月に公表した「中期経営計画2022」見直しにおいて、長期安定的な配当を基本方針とし、
     2022年度において配当性向35%程度をめざすこととしてきました。
      この方針に基づき、当事業年度の配当金につきましては、1株当たり年間125円(うち中間配当金50
     円)といたしました。
      今後につきましては、2023年4月に公表した「中期経営計画2025」において、引き続き長期安定的な
     株主還元を行うことを基本方針とし、各期における配当性向を35%以上として安定的に配当を実施する
     とともに、機会を捉えた資本政策を実施することといたしました。
      内部留保資金の使途につきましては、上記の株主還元に加え、「長期ビジョン」「中期経営計画
     2025」に掲げる各施策の推進や経営基盤強化等のために投入することとしております。今後、これらの
     施策の実現を通じて企業価値の向上、ひいてはステークホルダーの皆様に提供する価値の向上を図って
     いきます。
      なお、当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当
     の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。また、当社は、取締役会の決議
     によって中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
     (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

               決議年月日             配当金の総額(百万円)               1株当たり配当額(円)

          2022年11月1日
                                     12,190                50.0
          取締役会決議
          2023年6月23日
                                     18,286                75.0
          定時株主総会決議
                                 59/166












                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社グループは、これまで安全で豊かな社会づくりに貢献できるよう努力を積み重ねてきまし
       た。安全を基盤に、インフラサービスを提供し、多くのお客様との接点や、地域とのつながりを持
       つ当社グループは、社会の課題に向き合い、「つながりを進化させる」ことで、未来の社会づくり
       に貢献する役割を果たすことができると考えております。こうしためざす姿を「私たちの志」と
       し、事業活動を通じて社会的価値と経済的価値を創出していきます。
        当社においても、「私たちの志」、「企業理念」及び「安全憲章」のもと、鉄道の安全性向上に
       向けた不断の取り組みを積み重ねるとともに、企業の社会的責任を遂行し、持続的な発展を図って
       いきます。
        それらを実現するため、「コーポレートガバナンス・コード」の趣旨及び当社の事業の特性を踏
       まえつつ、中長期的視点に立った経営を行うとともに、株主をはじめとした各ステークホルダーと
       の長期的な信頼関係の構築をめざしていきます。また、経営の透明性、健全性及び効率性を高める
       観点から、企業倫理の確立、経営の監視・監督機能の充実並びに迅速な意思決定及び機動的な業務
       執行を図るための体制を整備し、コーポレート・ガバナンスの充実に努めていきます。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該企業統治の体制を採用する理由

        当社は、取締役会の監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスの一層の強化を図るととも
       に、迅速な意思決定及び機動的な業務執行を図るため、2022年6月23日開催の第35回定時株主総会
       における承認を得て、監査等委員会設置会社に移行しております。また、後述のとおり必要な内部
       統制システムを整備しております。
        取締役会については、原則として毎月1回開催し(2022年度は全取締役出席のもと計15回開
       催)、経営上の重点戦略、事業ポートフォリオの方向性、サステナビリティに関する機会・リスク
       等、中長期的な企業価値向上のための諸課題に関する議論を行い、また、安全、企業倫理に関する
       事項等について、適時、適切に報告を受けております。さらに、意思決定権限を業務執行取締役に
       大幅に委任の上、その業務執行の状況についても、適時、適切に報告を受けるなど、企業倫理の確
       立、監視・監督機能の充実に努めております。加えて、取締役(監査等委員である取締役を除
       く。)13名(男性12名・女性1名)のうち、監視・監督に特化する取締役として5名の社外取締役
       (監査等委員である社外取締役を除く。)を置くとともに、取締役会における議決権等を有する監
       査等委員である取締役4名(男性2名・女性2名。うち監査等委員である社外取締役3名)を置く
       ことにより、監視・監督機能を一層充実・強化し、経営の透明性・公平性を高めております。この
       ために、社外取締役に対する事前の説明の機会を増やすなど、社外取締役への情報伝達体制充実を
       図っております。
        また、代表取締役、業務執行取締役、執行役員及びグループ執行役員等で構成されるグループ経
       営会議を原則として毎週1回開催し、グループ経営における基本的事項を審議しております。
        役員等の人事及び報酬等に係る客観性、公正性及び信頼性を高めることを目的として、人事報酬
       諮問委員会を設置しております。人事報酬諮問委員会は、過半数を独立社外取締役とする取締役5
       名以上で構成し、委員長を務める独立社外取締役のもと、客観的かつ公正な観点から、役員等の人
       事及び報酬等に関して審議の上、取締役会に対して答申を行っております。具体的には、取締役会
       の構成及びその多様性、取締役等に期待されるスキル、取締役等の選定及び解任の方針・基準、取
       締役等の報酬の方針・基準、後継者計画の策定等の審議を行っております。2022年度は全委員出席
       のもと、10回の委員会を開催いたしました。
        なお、取締役(監査等委員である取締役を除く。)候補者は取締役会の定める選考基準に基づ
       き、人事報酬諮問委員会の審議を経て、代表取締役社長が株主総会に推薦する候補者を提案し、取
       締役会で決議します。
        監査等委員である取締役候補者は、人事報酬諮問委員会の審議を経て、代表取締役社長が株主総
       会に推薦する候補者を監査等委員会の同意を得た上で提案し、取締役会で決議します。
                                 60/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ③ 内部統制システム(リスク管理体制を含む)の整備状況について
        当社における内部統制システムに関する基本的な考え方については、会社法に基づき取締役会で
       決定しており、その内容は以下のとおりであります。
          当社は、内部統制システムを、社会における存在意義・めざす姿である「私たちの志」のもと「JR西日本
         グループ長期ビジョン」を実現するための基盤と位置付け、安全・安心の追求をはじめとしたコンプライア
         ンス及びリスクマネジメント活動に取り組んでいくことで社会的価値と経済的価値の創出につなげる。
          この目的を実現するため、以下の基本的な取り組みを定めるとともに、継続的改善を図る。
         1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         (1)「企業理念」及び「安全憲章」をはじめとした行動規範や倫理綱領を定めることにより、共通の価値
          観を醸成するなど、グループの事業活動全般において、法令遵守・企業倫理を確立する体制を整備する。
         (2)取締役会規則に基づく適正な取締役会の運営と監督を行うとともに、職務執行に係る責任と権限を明
          確化することで、監視・監督機能を担保する。
         (3)JR西日本グループにおける法令又は企業倫理に関する重要な事象に関しては、専門の委員会にて審
          議・評価するとともに、社内外に内部通報体制を整備することで適切に対応し、取締役会に必要な報告を
          行う。
         (4)JR西日本グループにおける法令遵守の状況等については、社内規程に基づいて関係部門が随時確認
          し、重大な事象があれば取締役会に報告する。
         (5)内部監査部門において、独立客観の立場から、当社の業務全般及びグループ会社の業務について監査
          し、内部監査の結果を取締役会に報告する。
         (6)反社会的勢力との関係排除については、統括部署等の設置及び対応要領の整備を行うとともに、外部
          の専門機関と緊密な連携を図る。
         2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         (1)取締役の職務の執行に係る情報については、法令及び社内規程に従い、文書又は電磁的記録として各
          担当部門において適切に作成、保存・管理、廃棄を行うとともに、必要に応じてこれらを閲覧できる状態
          を維持する。
         (2)情報セキュリティについては、JR西日本グループ全体に関する施策や方針を策定し、情報セキュリ
          ティ・マネジメント・システムを整備する。
         3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         (1)福知山線列車事故を厳粛に受け止め、「企業理念」「安全憲章」に基づき、「鉄道安全管理規程」
          「JR西日本グループ鉄道安全考動計画」等を制定するなど、重大事故の未然防止及び事故・災害等が発生
          した際の迅速かつ適切な対処に向けた安全管理体制を整備するとともに、安全に関する必要な事項等につ
          いて、適時、取締役会に報告する。
         (2)JR西日本グループの経営に重大な影響を与えるリスクを定期的に評価・抽出するとともに、一元的に
          管理する委員会を設置し、グループ横断的な発生予防対策を推進するとともに、委員会での審議内容を取
          締役会に報告する。
         (3)JR西日本グループの経営に重大な影響を与えるリスクについては、危機管理に関する責任部署及び社
          内規程を定め、重大事象の恐れがある事態に際し、迅速かつ正確な情報を共有し、必要により対策本部を
          設置するなど、お客様・社員の安全・安心確保とグループの損失最小化に向けた全社的体制を構築する。
         4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         (1)監査等委員会設置会社として重要な業務執行に係る意思決定権限を取締役会から業務執行取締役に大
          幅に委任するとともに、執行役員制度等を導入し執行役員等に権限委任することで、迅速・果断な経営の
          意思決定、業務執行を行う。
         (2)取締役会では、経営上重要な事項について審議を行うとともに、安全、内部統制システムをはじめ、
          業務執行状況に関する事項等について、適時、適切に報告を受ける。
         (3)業務執行上の基本的事項を審議するため、代表取締役、業務執行取締役、社長が指定する執行役員及
          びグループ執行役員等で構成するグループ経営会議を開催する。
         5.企業集団における業務の適正を確保するための体制
         (1)グループ経営の担当部署を当社に設け、事業計画をはじめ、取締役・監査役の人事・報酬等、グルー
          プ会社における経営上の重要な事項について当社と事前の協議及び報告並びに事後の報告に関する体制を
          整備する。
         (2)当社の役員等が重要なグループ会社の取締役・監査役に就任し、グループ経営の適法性及び実効性を
          確保する。
                                 61/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         (3)JR西日本グループ内で同業種の事業を展開するグループ会社群を、また鉄道事業については関係する
          JR西日本の部門を一体と捉えた経営単位としてカンパニーを設置し、同統括組織がカンパニー全体の統
          率、指揮及び経営を行う。
         6.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の取締役(監査等委員である取締役
          を除く。)からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         (1)監査等委員会の職務を補助する取締役室の使用人は、監査等委員会の指揮命令の下、各部門から独立
          した立場でその職務を遂行する。
         (2)本使用人は、監督・監査機能の一翼を担う重要な役割を持つことに鑑み、知見・識見を十分に考慮し
          て選任するものとし、人事異動、人事評価に際しては、監査等委員会の同意を得て決定する。
         7.当社及び子会社の取締役等及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が監査等委員会に報告をする
          ための体制その他の監査等委員会への報告に関する体制、報告をしたことを理由として不利な取扱いを受
          けないことを確保するための体制
         (1)当社の取締役、執行役員等、本社内各長等は、法令・定款に違反する行為、当社又はグループ会社に
          著しい損害を及ぼすおそれのある事実の発生等を認めた際は、速やかに監査等委員会へ報告する。
         (2)JR西日本グループ内からの内部通報については、通報対応業務の従事者である常勤監査等委員に、随
          時又は定期的に報告する。
         (3)上記の報告等を行った者について、当該報告を理由として不利益な扱いを受けないよう、必要な体制
          を整備する。
         8.その他監査等委員会の監査が実効的に行われていることを確保するための体制
         (1)監査等委員が必要に応じ弁護士・監査法人等の外部の専門家に相談することを含め、その職務執行に
          よって生ずる費用は当社が負担する。
         (2)当社監査等委員とグループ会社の監査役による連絡会等の定期的開催等に対応するなど、JR西日本グ
          ループ全体の監査体制の充実・強化を図る。
          なお、内部統制システムの実効性を担保すると共に、その継続的改善を図るため、内部統制システムに関

         する責任体制や具体的取り組み等に関して「内部統制管理規程」を定める。
       ④ 責任限定契約の内容の概要

         当社は、会社法第427条第1項の規定により、社外取締役との間に、会社法第423条第1項の責
        任を法令が規定する額に限定する契約を締結することができる旨を定款で定めており、当有価証
        券報告書提出日現在、各氏との間で、当該契約を締結しております。
       ⑤ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

         当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結
        し、当該保険契約により、当社取締役を含む被保険者が業務につき行った行為に起因して損害賠
        償請求がなされた場合において、被保険者が負担することになる損害賠償金及び訴訟費用等を填
        補することとしております。
       ⑥ 取締役の定数

         当社は、20名以内の取締役を置く旨を定款で定めております。
       ⑦ 取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任の決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の
        1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨、また、取締
        役の選任決議は累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
                                 62/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       ⑧ 取締役会において決議することができる株主総会決議事項

        ア.自己の株式の取得
          当社は、自己の株式の取得について、機動的な経営判断を可能とするため、会社法第165条第
         2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができ
         る旨を定款で定めております。
        イ.中間配当
          当社は、株主への利益還元の機会を充実させるため、会社法第454条第5項の規定により、取
         締役会の決議によって中間配当をすることができる旨を定款で定めております。
       ⑨ 株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使するこ
        とができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3
        分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。これは、株主総会における特別決議の定足
        数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
     (2)  【役員の状況】

      ① 役員一覧
      男性  14 名 女性     3 名(役員のうち女性の比率              18 %)
                                                         所有
       役職名         氏名       生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                         (株)
                              1981年4月      日本国有鉄道入社
    代表取締役社長         長谷川 一明       1957年5月1日       生                         注2   13,200
                              1987年2月      同総裁室秘書課勤務
                              1987年4月      当社総務部秘書課勤務
                              2000年6月      当社鉄道本部営業部次長
                              2001年10月      当社鉄道本部営業本部マネジャー
                              2003年6月      当社神戸支社次長
                              2005年6月      当社総合企画本部担当部長
                              2006年6月      当社総合企画本部次長
                              2008年6月      当社執行役員岡山支社長
                              2012年6月      当社取締役兼常務執行役員近畿統
                                    括本部長
                              2016年6月      当社代表取締役副社長兼執行役員
                                    創造本部長
                              2019年12月      当社代表取締役社長兼執行役員
                              2020年11月      当社代表取締役社長兼執行役員デ
                                    ジタルソリューション本部長
                              2022年6月      当社代表取締役社長兼執行役員
                                    (現在)
                              1977年4月      東京大学助手
    取締役          髙木 光      1954年12月12日       生                         注2      0
                              1980年8月      神戸大学法学部助教授
                              1990年4月      同大学法学部教授
                              1991年4月      学習院大学法学部教授
                              2004年4月      同大学大学院法務研究科教授
                              2007年4月      京都大学大学院法学研究科教授
                              2018年6月      当社取締役(現在)
                              2020年4月      京都大学名誉教授(現在)
                                 63/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
       役職名         氏名       生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                         (株)
                              1977年4月      日本生命保険相互会社入社
    取締役          筒井 義信      1954年1月30日       生                         注2      0
                              2004年7月      同社取締役
                              2007年1月      同社取締役執行役員
                              2007年3月      同社取締役常務執行役員
                              2009年3月      同社取締役専務執行役員
                              2010年3月      同社代表取締役専務執行役員
                              2011年4月      同社代表取締役社長
                              2015年6月      当社監査役
                              2018年4月      日本生命保険相互会社代表取締役
                                    会長(現在)
                              2020年6月      当社取締役(現在)
                              1978年4月      株式会社ホリバコミュニティ入社
    取締役          野崎 治子      1955年6月19日       生                         注2    1,100
                              1980年3月      株式会社堀場製作所入社
                              2001年4月      同社人事教育部長
                              2008年1月      同社管理本部人事担当副本部長
                              2014年4月      同社ジュニアコーポレートオフィ
                                    サー
                              2015年7月      堀場製作所健康保険組合理事長
                              2020年6月      当社取締役(現在)
                              2021年9月      公益財団法人2025年日本国際博覧会
                                    協会理事(現在)
                              2022年4月      京都大学理事(現在)
                              2022年6月      積水化学工業株式会社社外取締役
                                    (現在)
                              1978年4月       三井不動産株式会社入社
    取締役          飯野 健司      1955年1月3日       生                         注2     100
                              2004年4月       同社ビルディング本部ビルディング
                                    営業一部長
                              2007年4月       同社執行役員人事部長
                              2009年4月       同社常務執行役員人事部長
                              2011年4月       同社常務執行役員
                              2011年6月       同社常務取締役常務執行役員
                              2013年4月       同社取締役常務執行役員
                              2016年4月       同社取締役
                              2016年6月       同社常任監査役
                              2020年6月       同社顧問(現在)
                              2020年6月       三井不動産リアルティ株式会社常任
                                    監査役
                              2022年6月       当社取締役(現在)
                              1983年4月       松下電器産業株式会社(現パナソニ
    取締役          宮部 義幸      1957年12月5日       生                         注2     100
                                    ック   ホールディングス株式会社)
                                    入社
                              2003年1月       同社R&D企画室長
                              2008年4月       同社役員
                              2011年4月       同社常務役員
                              2011年6月       同社常務取締役
                              2014年4月       同社代表取締役専務
                              2017年6月       同社専務執行役員CTO、CMO
                              2021年4月       同社専務執行役員東京代表
                              2022年4月       同社副社長執行役員東京代表
                              2022年6月       同社取締役副社長執行役員東京代表
                                    (現在)
                              2022年6月       当社取締役(現在)
                                 64/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
       役職名         氏名       生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                         (株)
                              1981年4月      日本国有鉄道入社
    代表取締役副社長          緒方 文人      1958年3月16日       生                         注2   10,900
                              1985年3月      同経理局主計課勤務
    地域まちづくり本
                              1987年4月      当社近畿圏運行本部姫路保線区長
    部長
                              2008年6月      当社総合企画本部次長
                              2009年12月      当社執行役員企業倫理・リスク統
                                    括部長
                              2011年4月      当社執行役員企業倫理・リスク統
                                    括部長、監査部長
                              2011年6月      当社執行役員企業倫理・リスク統
                                    括部長
                              2012年6月      当社執行役員広報部長
                              2014年6月      当社常務執行役員総合企画本部
                                    長、東京本部長
                              2016年6月      当社取締役兼常務執行役員総合企
                                    画本部長、IT本部長
                              2017年6月      当社取締役兼専務執行役員総合企
                                    画本部長、IT本部長
                              2018年1月      当社代表取締役副社長兼執行役員
                                    鉄道本部長
                              2022年6月      当社代表取締役副社長兼執行役員
                                    地域まちづくり本部長(現在)
                              1985年4月      日本国有鉄道入社
    代表取締役副社長          倉坂 昇治      1962年6月7日       生                         注2    9,600
                                    大阪鉄道管理局総務部人事課勤務
                              1987年4月      当社人事部人事課勤務
                              2008年6月      当社人事部担当部長
                              2009年6月      当社執行役員人事部長
                              2012年6月      当社執行役員近畿統括本部副本部
                                    長、近畿統括本部大阪支社長
                              2014年6月      当社執行役員広報部長
                              2016年6月      当社常務執行役員福知山線列車事
                                    故ご被害者対応本部長
                              2018年6月      当社取締役兼常務執行役員福知山
                                    線列車事故ご被害者対応本部長、
                                    福知山線列車事故対策審議室長、
                                    総務部長
                              2019年6月      当社取締役兼専務執行役員総務部
                                    長
                              2019年12月      当社取締役兼専務執行役員総務部
                                    長、東京本部長
                              2020年6月      当社取締役兼専務執行役員総合企
                                    画本部長
                              2021年6月      当社取締役兼専務執行役員総合企
                                    画本部長、ガバナンス推進本部長
                              2021年6月      当社代表取締役副社長兼執行役員
                                    総合企画本部長
                              2022年6月      当社代表取締役副社長兼執行役員
                                    経営戦略本部長
                              2022年6月      当社代表取締役副社長兼執行役員
                                    (現在)
                                 65/166






                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
       役職名         氏名       生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                         (株)
                              1985年4月      日本国有鉄道入社
    代表取締役副社長         中村 圭二郎       1960年7月10日       生                         注2   12,800
                              1987年3月      同大阪鉄道管理局施設部保線課勤
    鉄道本部長、鉄道
                                    務
    カンパニー長
                              1987年4月      当社近畿圏運行本部施設部保線課
                                    勤務
                              2005年9月      当社鉄道本部施設部担当部長
                              2007年7月      当社新幹線管理本部次長
                              2011年6月      当社新幹線管理本部副本部長
                              2012年6月      当社執行役員新幹線管理本部長
                              2014年6月      当社執行役員岡山支社長
                              2016年6月      当社執行役員鉄道本部施設部長
                              2018年1月      当社常務執行役員近畿統括本部長
                              2018年6月      当社取締役兼常務執行役員近畿統
                                    括本部長
                              2019年6月      当社取締役兼常務執行役員鉄道本
                                    部副本部長、鉄道本部安全推進部
                                    長
                              2022年6月      当社代表取締役副社長兼執行役員
                                    鉄道本部長
                              2023年4月      当社代表取締役副社長兼執行役員
                                    鉄道本部長、鉄道カンパニー長
                                    (現在)
                              1990年4月      当社入社
    取締役          坪根 英慈      1966年12月3日       生                         注2    3,200
                              2003年6月      当社開発本部サブリーダー
    経営戦略本部長
                              2005年7月      当社総合企画本部担当マネジャー
                              2008年6月      当社総合企画本部課長
                              2008年7月      株式会社ジェイアール西日本デイ
                                    リーサービスネット取締役
                              2011年6月      当社岡山支社次長
                              2013年6月      当社総合企画本部担当部長
                              2016年6月      当社執行役員鉄道本部技術企画部長
                              2020年6月      当社執行役員総合企画本部副本部
                                    長、総合企画本部グループ経営強化
                                    チーム長
                              2021年6月      当社執行役員総合企画本部副本部長
                              2021年6月      当社取締役兼常務執行役員総合企画
                                    本部副本部長
                              2022年6月      当社取締役兼常務執行役員経営戦略
                                    本部副本部長、経営戦略部長
                              2022年6月      当社取締役兼常務執行役員経営戦略
                                    本部長(現在)
                              1988年4月       当社入社
    取締役          前田 洋明      1963年4月17日       生                         注2    6,900
                              2005年9月      当社鉄道本部施設部保線課長
    鉄道本部副本部
                              2007年7月      当社鉄道本部施設部担当部長
    長、鉄道本部安全
                              2012年6月      当社監査部長
    推進部長、鉄道本
                              2015年6月      当社執行役員福知山支社長
    部安全研究所長
                              2017年6月      当社執行役員近畿統括本部副本部
                                    長、近畿統括本部神戸支社長
                              2018年6月      当社執行役員金沢支社長
                              2021年6月      当社常務理事鉄道本部副本部長、鉄
                                    道本部企画統括部長
                              2022年6月       当社取締役兼常務執行役員鉄道本部
                                    副本部長、鉄道本部安全推進部長、
                                    鉄道本部安全研究所長(現在)
                                 66/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
       役職名         氏名       生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                         (株)
                              1990年4月       当社入社
    取締役          三輪 正稔      1966年12月3日       生                         注2    4,400
                              2008年7月      当社人事部課長
    経営戦略本部人財
                              2011年6月      当社新幹線管理本部次長
    戦略部長
                              2013年7月      当社人事部担当部長
                              2017年2月      当社執行役員近畿統括本部副本部
                                    長、近畿統括本部京都支社長
                              2019年6月      当社執行役員鉄道本部副本部長、鉄
                                    道本部鉄道経営強化チーム長
                              2020年6月      当社執行役員鉄道本部副本部長、鉄
                                    道本部企画統括部長
                              2021年6月      当社執行役員人事部長
                              2022年6月      当社取締役兼執行役員人事部長
                              2023年4月      当社取締役兼執行役員経営戦略本部
                                    人財戦略部長(現在)
                              1992年4月       当社入社
    取締役          奥田 英雄      1968年5月7日       生                         注2    1,800
                              2012年6月      当社近畿統括本部企画課担当課長
    デジタルソリュー
                              2014年7月      当社総合企画本部課長
    ション本部長
                              2016年6月      当社総合企画本部グループ経営推進
                                    室長
                              2016年12月      株式会社JR西日本イノベーションズ
                                    代表取締役社長
                              2018年2月      当社総合企画本部担当部長
                              2019年10月      当社総合企画本部担当部長・MaaS推
                                    進部長
                              2020年11月      当社執行役員デジタルソリューショ
                                    ン本部副本部長
                              2021年6月      当社理事デジタルソリューション本
                                    部副本部長
                              2022年6月       当社取締役兼執行役員デジタルソリ
                                    ューション本部長(現在)
                              1982年4月      日本国有鉄道入社
    取締役          小倉 真樹      1957年2月26日       生                         注3      0
                              1985年12月      同経営計画室勤務
    監査等委員
                              1987年4月      当社総合企画本部経営管理室勤務
    (常勤)
                              1988年2月      当社退職
                              1990年4月      弁護士登録
                              2004年6月      法務省大臣官房司法法制部司法法制
                                    課法務専門職
                              2007年4月      裁判官任官
                                    大阪高等裁判所判事
                              2009年4月      大阪地方裁判所判事
                              2011年4月      盛岡地方裁判所、盛岡家庭裁判所判
                                    事
                              2014年4月      神戸地方裁判所、神戸家庭裁判所尼
                                    崎支部判事
                              2017年4月      大阪高等裁判所判事
                              2019年4月      大阪地方裁判所、大阪家庭裁判所岸
                                    和田支部判事
                              2020年6月      当社監査役
                              2022年6月      当社取締役監査等委員(現在)
                                 67/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
       役職名         氏名       生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                         (株)
                              1989年4月      当社入社
    取締役         多田 真規子       1965年3月8日       生                         注2    4,000
                              2001年10月      当社総合企画本部IT推進室担当マネ
    監査等委員
                                    ジャー
    (常勤)
                              2004年6月      当社総合企画本部カスタマー企画推
                                    進室担当マネジャー
                              2006年6月      当社鉄道本部営業本部カスタマー企
                                    画推進室担当マネジャー
                              2007年7月      当社鉄道本部営業本部マネジャー
                              2008年6月      当社鉄道本部営業本部課長
                              2009年7月      当社鉄道本部営業本部担当部長
                              2012年6月      当社鉄道本部営業本部CS推進部長
                              2015年6月      当社執行役員鉄道本部CS推進部長
                              2018年6月      当社執行役員近畿統括本部副本部
                                    長、近畿統括本部神戸支社長
                              2021年6月      当社理事総合企画本部地域共生部長
                              2022年6月      当社理事地域まちづくり本部地域共
                                    生部長
                              2023年6月      当社取締役監査等委員(現在)
                              1982年4月      サントリー株式会社入社
    取締役         狹間 惠三子       1960年1月6日       生                         注3    1,100
                              2002年4月      同社不易流行研究所課長
    監査等委員
                              2005年3月      同社次世代研究所課長
                              2008年4月      同社大阪秘書室課長
                              2008年4月      財団法人大阪観光コンベンション協
                                    会情報発信担当部長
                              2012年4月      堺市副市長
                              2019年4月      立命館大学衣笠総合研究機構教授
                                    (招聘研究教員)
                              2020年4月      大阪商業大学公共学部教授(現在)
                              2020年5月      NPO法人こども環境活動支援協会
                                    代表理事(現在)
                              2020年6月      当社監査役
                              2022年6月      当社取締役監査等委員(現在)
                              1981年9月       監査法人朝日会計社(現有限責任あ
    取締役          後藤 研了      1958年2月18日       生                         注3     100
                                    ずさ監査法人)入社
    監査等委員
                              1984年3月      公認会計士登録
                              2005年5月      同監査法人代表社員(現パート
                                    ナー)
                              2010年8月      同監査法人理事大阪事務所第3事業
                                    部長
                              2013年7月      同監査法人専務理事大阪事務所第3
                                    事業部長
                              2015年7月      同監査法人専務理事大阪事務所長
                              2020年6月      同監査法人退職
                              2020年7月      後藤研了公認会計士事務所開設(現
                                    在)
                              2021年6月      東和薬品株式会社社外取締役監査等
                                    委員(現在)
                              2022年6月      当社取締役監査等委員(現在)
                                                        69,300

                              計
     (注)1 髙木光、筒井義信、野崎治子、飯野健司、宮部義幸、小倉真樹、狹間惠三子及び後藤研了の8氏は、会社法
           第2条第15号に定める社外取締役であります。
         2 任期は、2023年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであ
           ります。
         3 任期は、2022年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであ
           ります。
         4 取締役飯野健司氏は、2023年6月29日に三井不動産株式会社顧問を退任予定であります。
                                 68/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
        取締役会の監視・監督機能の一層の強化を図るため、監視・監督に特化する取締役として社外取
       締役(監査等委員である社外取締役を除く。)5名及び、取締役会における議決権等を有する監査
       等委員である取締役4名(うち、監査等委員である社外取締役3名)を置いております。
        社外取締役(監査等委員である社外取締役を除く。)髙木光、筒井義信、野崎治子、飯野健司及
       び宮部義幸の5氏については、いずれも学識経験者や経営者等としての専門知識や高い見識を当社
       の経営に反映していただくため、社外取締役として選任しております。
        また、5氏とも下記独立性基準及び東京証券取引所が定める独立役員の要件を満たしており、一
       般株主と利益相反が生じるおそれがなく、独立した立場から当社の経営を監視していただけるもの
       と考えております。
        なお、社外取締役(監査等委員である社外取締役を除く。)筒井義信氏は、日本生命保険相互会
       社代表取締役会長であり、当社は、同社との間で長期借入金に関する取引及び従業員を加入対象と
       する保険契約に基づく取引を行っておりますが、同氏の社外取締役としての独立性は十分に確保さ
       れていると判断いたしております。さらに、社外取締役(監査等委員である社外取締役を除く。)
       野崎治子氏は、京都大学(国立大学法人京都大学)の理事であり、同法人は当社の寄付先及び取引
       先ですが、同氏の社外取締役としての独立性は十分に確保されていると判断いたしております。
        監査等委員である社外取締役小倉真樹、狹間惠三子及び後藤研了の3氏については、いずれも弁
       護士及び裁判官、民間企業や行政、公認会計士等での豊富な経験と幅広い見識、専門的な知識を当
       社の監査に反映していただくため、監査等委員である社外取締役として選任しております。また、
       3氏とも下記独立性基準及び東京証券取引所が定める独立役員の要件を満たしており、一般株主と
       利益相反が生じるおそれがなく、独立した立場から取締役の職務の執行を監査していただけるもの
       と考えております。
        なお、小倉真樹氏は、過去に当社の業務執行者(使用人)でありましたが、業務執行者でなく
       なった後(1988年2月退職後)相当の年数が経過しており、同氏の監査等委員である社外取締役と
       しての独立性は十分に確保されていると判断いたしております。
        また、当社は取締役会において、当社から独立した客観的立場から実効性の高い監視・監督を行

       える社外役員を招聘するための独立性基準を次のとおり定めております。
       1.当社グループ関係者
         (1)  当該役員が、現在又は過去10年間のいずれかの事業年度において、当社又は当社子会社(以
          下「当社グループ会社」という)の業務執行者(業務執行取締役、執行役、執行役員、その他
          使用人をいう。以下同じ)でないこと。
         (2)  当該役員の2親等以内の近親者が、現在又は過去10年間のいずれかの事業年度において、当
          社グループ会社の業務執行者でないこと。
       2.主要な取引先の関係者
          当社との取引金額が、現在又は過去3年間の事業年度において、平均して当社又は取引先の連
         結売上高(借入の場合は連結総資産額)の2%に達しないこと(当該取引者が法人等の場合、現
         在又は過去3年間その業務執行者でないこと)。
       3.法律専門家等
          当社からの役員報酬を除く報酬等が、現在又は過去3年間の事業年度において、平均して年間
         1,000万円を超えていないこと(当該専門家等が法人等に属する場合、当該法人等の連結売上高
         の2%に達しないこと)。
       4.その他
        (1)  当社から、現在又は過去3年間の事業年度において、平均して年間1,000万円を超える寄付を
         受けている者でないこと。但し、当該寄付を受けている者が法人等の場合、当社から得ている
         寄付が、その者の連結売上高又は年間総収入の2%を超える法人等の業務執行者でないこと。
        (2)  現在又は過去5年間のいずれかの事業年度において、当社の主要株主(持株比率が総議決権
         の10%以上)でないこと(当該主要株主が法人等の場合、現在又は過去5年間、その業務執行
         者でないこと)。
        (3)  現在又は過去3年間のいずれかの事業年度において、当社グループ会社との間で重要な利害
         関係がないこと。
        当社は、社外取締役の全員について、上記独立性基準及び東京証券取引所が定める独立役員の要

       件を満たしていることから、同取引所の定めに基づき、独立役員として届け出ております。
       ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並び
        に内部統制部門との関係
                                 69/166


                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         社外取締役(監査等委員である社外取締役を除く。)と監査等委員である社外取締役は、内部
        監査、会計監査、内部統制の評価の結果等について、取締役会その他の場を通じて報告を受ける
        ほ か、社外取締役(監査等委員である社外取締役を除く。)と監査等委員である取締役の意見交
        換の実施等により、連携を確保していきます。
     (3)  【監査の状況】

      ① 監査等委員会監査の状況
        監査等委員である取締役については、現在、常勤の監査等委員である取締役2名(うち監査等委
       員である社外取締役1名)、非常勤の監査等委員である社外取締役2名の4名体制であり、そのう
       ち監査等委員である社外取締役後藤研了氏は、公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関
       する相当程度の知見を有するものであります。監査等委員である取締役は、監査等委員会で策定し
       た監査の方針、監査計画に基づき、取締役会に出席し、取締役(監査等委員である取締役を除
       く。)及び使用人等からその職務の執行状況、業務の適正を確保するための体制(内部統制システ
       ム)の構築及び運用について報告を受け、必要に応じて説明を求める等、取締役の職務の執行を監
       査するとともに、必要な助言・勧告等を行っております。このうち常勤の監査等委員である取締役
       は、グループ経営会議を始めとする重要な会議に出席する他、地方機関・現業機関の調査、各取締
       役等からの個別聴取等の方法で監査を行い、グループ会社に対しても、事業の報告を求め、必要に
       応じてその業務及び財産の状況を調査しております。
        また、会計監査人や内部監査部門等とも定期的に情報交換を実施する等の方法で連携に努めてお
       ります。
        このほか、非常勤の監査等委員である取締役は、常勤の監査等委員である取締役とともに地方機
       関等・グループ会社の調査等に適宜参加し、また、代表取締役社長や社外取締役(監査等委員であ
       る社外取締役を除く。)との意見交換にも出席し、専門的知見や各々の経験に基づく意見を述べて
       おります。
        なお、グループ全体からの内部通報窓口に対する通報等の内容については、常勤の監査等委員で
       ある取締役が定期的に報告を受けるとともに、その運用状況を調査します。
        当事業年度は、「コロナ禍における厳しい経営環境への対応」と「企業集団の内部統制システム
       の構築・運用状況」を重点監査項目として監査を実施しました。監査役会及び監査等委員会設置会
       社移行後は監査等委員会を全監査役、監査等委員である取締役出席のもと計14回開催し、監査等委
       員会規則の制定、監査方針や監査計画の策定、会計監査人の再任、会計監査人の報酬等に対する同
       意、監査報告の作成、株主総会への付議議案等の適法性確認、利益相反取引の承認、その他取締役
       の職務執行状況等の確認、地方機関等・グループ会社の調査結果の報告、監査上の主要な検討事項
       (KAM)の協議状況等、監査に関する重要な事項について報告を受け、法定の権限その他の事項を
       必要に応じて協議・決定いたしました。加えて、監査等委員会を補完し、監査等委員や内部監査部
       門等との間で監査活動その他の情報共有を図るため、監査等委員である取締役全員が出席する監査
       等委員連絡会を10回開催しました。
        また、監査等委員である取締役の職務を補助すべき専任の使用人を配置するとともに、監査等委
       員である取締役の職務を補助すべき専任の使用人は、監査等委員会の指揮命令下でその職務を遂行
       します。
        当事業年度においては、監査等委員会設置会社に移行した2022年6月23日までに、監査役会設置
       会社として監査役会を3回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりでありま
       す。
            役職           氏名         開催回数         出席回数

           常勤監査役          田 仲 文 郎             3         3
         常勤監査役(社外)            小 倉 真 樹             3         3

            監査役         柴 田   信             3         3

          監査役(社外)           勝 木 保 美             3         3

                     狹  間  惠  三  子
          監査役(社外)                         3         3
                                 70/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        その後、当事業年度末までに監査等委員会を11回開催しており、個々の監査等委員である取締役
       の出席状況については次のとおりであります。
            役職           氏名         開催回数         出席回数

          常勤監査等委員           田 仲 文 郎             11         11
          常勤監査等委員
                     小 倉 真 樹             11         11
           (社外)
                     狹  間  惠  三  子
         監査等委員(社外)                          11         11
                     後 藤     研 了
         監査等委員(社外)                          11         11
      ② 内部監査の状況

        内部監査部門である監査部において、15名の体制により、当社及びグループ会社を対象に業務プ
       ロセスが有効に機能しているかなど、本質的課題解決に向けた内部監査及び財務報告に係る内部統
       制評価を実施しております。それらの監査計画及び監査結果については、代表取締役及び取締役会
       に報告しております。
        また、監査等委員である取締役と監査部との間で、監査計画・方法及び監査結果等について定期
       的に報告及び意見交換を行うなど、相互に密接な連携を図りながら、効果的かつ効率的な監査並び
       に財務報告の正確性と信頼性の確保に努めていきます。
      ③ 会計監査の状況

       ア.監査法人の名称
         会計監査については、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結しており、業務執行社員3
        名のほか、監査業務に係る補助者55名(公認会計士14名及びその他41名)により、一般に公正妥
        当と認められる監査の基準による適正な監査を行っております。また、監査等委員会、監査部及
        び監査法人による各監査は、随時、監査計画・方法及び監査結果等について情報を交換のうえ相
        互に密接な連携を図りながら、効果的かつ効率的な監査を実施しております。
       イ.継続監査期間

         1987年以降
       ウ.業務を執行した公認会計士

         当事業年度において、業務を執行した公認会計士は次のとおりであります。
               公認会計士の氏名等                  所属する監査法人名

                        松本 要

          指定有限責任社員
                       柴田 芳宏        EY新日本有限責任監査法人
           業務執行社員
                        仲 昌彦
       エ.監査法人の選定方針と理由

         当社は、会計監査人を選定する際には、監査等委員会があらかじめ定めた基準をもとに、監査
        法人の監査実績、監査品質、監査体制等について評価を行い、その検討結果に基づき、選任につ
        いての議案を株主総会に提出いたします。なお、監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第
        1項各号に掲げる事項に該当する場合は、監査等委員の全員の同意に基づき解任いたします。ま
        た、会計監査人の職務を適切に遂行することが困難と認められる場合は、監査等委員会の決定に
        基づき、解任又は不再任について株主総会の議案として提出いたします。
         当事業年度については、監査役会はあらかじめ定めた方針に基づき会計監査人を再任すること
        が妥当であると判断したため、解任又は不再任についての議案を株主総会に提出しておりませ
        ん。
                                 71/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       オ.監査等委員会による会計監査人の評価
         当社の監査等委員会は、会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施している
        かを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要
        に応じて説明を求めました。
         その結果、会計監査人による計算書類及びその附属明細書並びに連結計算書類の監査の方法及
        び結果は相当であると認めるとともに、会計監査人を再任することが妥当であると判断いたしま
        した。
      ④ 監査報酬の内容等

       ア.監査公認会計士等に対する報酬
                         前連結会計年度                     当連結会計年度
            区分
                   監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                     基づく報酬          基づく報酬          基づく報酬          基づく報酬
                         百万円          百万円          百万円          百万円
                          185           32          181           12
        提出会社
                          223           24          227           53

        連結子会社
                          408           57          408           66
            計
         当社及び連結子会社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容といた

        しましては、会計処理及び財務諸表の作成方法に関する助言業務等があります。
       イ.監査公認会計士等と同一のネットワーク(EYメンバーファーム)に対する報酬(ア.を除く)

         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       ウ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       エ.監査報酬の決定方針

         該当事項はありませんが、監査日数等を勘案した上で決定しております。
       オ.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         当社の監査等委員会は、取締役、社内関係部門及び会計監査人から必要な資料を入手し報告を
        受けるとともに、前事業年度の監査の遂行状況、当事業年度における監査計画の内容及び報酬見
        積の相当性等を確認した結果、会計監査人の報酬等について妥当な水準であると判断し、同意い
        たしました。
                                 72/166








                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
      ア.業績評価報酬に関する事項
        事業年度ごとの会社業績向上に対する意識を高めるため、鉄道の安全確保、連結収益、連結利
       益、資産効率を単年度の業績指標とし、前事業年度の期首に掲げた各指標の目標に対する達成状況
       に応じて支給することとしております。当社の基幹事業である鉄道事業の安全かつ安定的な運営が
       大前提である一方で、企業グループとしての長期持続的な成長、企業価値向上の観点から経営陣に
       よる適切なリスクテイクを支える仕組みも重要であることに鑑み、鉄道の安全確保及び「JR西日本
       グループ中期経営計画2022」において設定した経営指標を業績指標として選定しております。
        当事業年度に係る業績評価報酬の指標の達成状況(2021年度実績)につきまして、鉄道の安全確
       保については、「JR西日本グループ鉄道安全考動計画2022」の到達目標として掲げたお客様が死傷
       する列車事故、死亡に至る鉄道労災の発生はありませんでしたが、部内原因による輸送障害件数に
       ついては目標に未達となりました。経営指標については、2021年7月に公表した業績予想に基づき
       設定した目標に対して、連結利益については目標に到達しましたが、連結収益及び資産効率につい
       ては目標に未達となりました。
        このように一部目標を達成した指標はあるものの、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う厳しい
       経営状況を勘案し、役位に応じて報酬返上を実施した結果、業績評価報酬は支給しておりません。
      イ.株式報酬に関する事項

        当社の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを与えるとともに、株主との一層の価値共
       有を進めることを目的に、取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)に対して金
       銭債権を支給し、その払込みと引き換えに譲渡制限付株式を交付いたします。金銭債権は経営に関
       わる責任に応じた基準額で支給することとし、株式の譲渡制限期間は、当社取締役の地位その他当
       社取締役会で定める地位を退任又は退職した直後の時点までの間といたします。
      ウ.取締役の報酬についての株主総会の決議に関する事項

        当社取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬の額は、2022年6月23日開催の第35回定
       時株主総会において、金銭報酬額を年額690百万円以内(うち社外取締役分120百万円以内)、株式
       報酬額を年額75百万円以内(株式数は年20千株以内)と決議しております。当該定時株主総会終結
       時点での取締役(監査等委員である取締役を除く。)の員数は13名であります。また、当社監査等
       委員である取締役の金銭報酬の額は、2022年6月23日開催の第35回定時株主総会において年額135
       百万円以内と決議しております。当該定時株主総会終結時点での監査等委員である取締役の員数は
       4名であります。
      エ.取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針

      (ア)取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針の決定方法
          企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能し、かつ「JR西日本グループ
         中期経営計画2022」も踏まえた報酬体系を構築すべく、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決
         定方針(以下、「決定方針」という。)について人事報酬諮問委員会に諮問し、その答申内容を
         尊重して2021年2月24日開催の取締役会において決定方針を決議いたしました。
          なお、当該決定方針については、2023年3月16日開催の取締役会において、業績評価報酬の支
         給方法を改正する決議を行っており、事業年度末日における決定方針は(イ)決定方針の内容の
         概要に記載のとおりであります。
      (イ)決定方針の内容の概要
         ・当社の取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)の報酬については、固定報
          酬である「基本報酬」、短期インセンティブとしての「業績評価報酬」及び長期にわたる株主
          との価値共有と中長期の企業価値向上に対するインセンティブとしての「株式報酬」から構成
          します。基本報酬は月例により、業績評価報酬及び株式報酬は毎年一定の時期に支給します。
          監査等委員である取締役及び社外取締役の報酬については、基本報酬のみで構成します。
         ・ 基本報酬の額については、外部専門機関による他社調査等を考慮し、経営に関わる責任に応じ
          た報酬テーブルを作成し、適正な水準を確保することとします。
         ・業績評価報酬の額については、前事業年度の期首に掲げた各業績指標(鉄道の安全確保、連結
          収益、連結利益、資産効率)の目標達成状況に応じて支給することとします。
         ・株式報酬として譲渡制限付株式を交付します。株式報酬の額については、経営に関わる責任に
          応じた基準額を設定することとします。
                                 73/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         ・取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)の報酬については、全ての業績指
          標が前事業年度の期首に掲げた目標に達した時に、基本報酬、業績評価報酬、株式報酬の比率
          が7:2:1となることを目安に構成します。
         ・取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬額については、上記方針を踏まえた上で、
          取締役会決議により決定します。ただし、基本報酬及び業績評価報酬に係る内容の決定につい
          ては、取締役会の決議により、代表取締役社長に一任します。
          具体的決定にあたっては、報酬決定の公正と信頼を確保する観点から、人事報酬諮問委員会 
          の答申を受けてこれを尊重するとともに、複数名の代表取締役及び人事担当役員等で構成する
          総合人事委員会を開催し、審議を経ることとします。
          監査等委員である取締役の報酬については、株主総会で決議された報酬額の範囲内で、監査等
          委員である取締役の協議により決定します。
      (ウ)当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等の内容が決定方針に沿うものであると取締役会が判
          断した理由
          取締役(監査等委員である取締役を除く。以下、同じ。)の個人別の報酬等の内容の決定にあ
         たっては、社外取締役が過半数を占める人事報酬諮問委員会が決定方針との整合性を含め多角的
         な検討を行った上で、取締役会に対し答申を行っております。取締役の個人別の報酬等の内容が
         同答申を尊重して決定されていることに鑑み、取締役会としては、同内容が決定方針に沿うもの
         であると判断しております。
      オ.取締役の個人別の報酬等の決定に係る委任に関する事項

        取締役(監査等委員である取締役を除く。以下、同じ。)の個人別の報酬等の決定においては、
       上記の決定方針を踏まえた上で、取締役会の決議により基本報酬及び業績評価報酬に係る当該決定
       権限を代表取締役社長長谷川一明氏に一任しております。当該権限の一任は、当社では、業務執行
       の最高責任者を社長に一元化する体制としており、各取締役の評価を最終的に決定するにあたって
       は、代表取締役社長の任にある同氏が最も適切であると考えたことによります。取締役の個人別の
       報酬等の具体的決定にあたっては社外取締役が過半数を占める人事報酬諮問委員会の答申を受けて
       これを尊重するとともに、複数名の代表取締役及び人事担当役員等で構成する総合人事委員会を開
       催し、その審議を経ることとし、報酬決定の公正と信頼を確保することとしております。
      カ.取締役の報酬等の額の決定過程における取締役会及び人事報酬諮問委員会の活動内容

        取締役の報酬等の額の決定過程における2022年度の人事報酬諮問委員会の活動として、全委員出
       席のもと、報酬水準の妥当性、業績評価報酬の適用、報酬返上及び2023年度以降の役員報酬体系見
       直しに関わる審議を実施し、取締役会に答申しております。
                                 74/166









                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額
                                   (百万円)              対象となる
                    報酬等の総額
            役員区分                                      役員の員数
                     (百万円)
                                                   (名)
                            基本報酬      業績連動報酬        株式報酬
        取締役(監査等委員であ

                         294       274               20       18
                                        -
        る取締役を除く。)
        [うち社外取締役]                [ 50 ]      [ 50 ]       -       -       [ 7 ]
                         52       52                      4
        取締役(監査等委員)                                -       -
        [うち社外取締役]                [ 34 ]      [ 34 ]       -       -       [ 3 ]
                         18       18                      5
        監査役                                -       -
        [うち社外監査役]                 [ 9 ]      [ 9 ]       -       -       [ 3 ]
       (注)1 報酬返上後の金額を記載しております。
            (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う厳しい経営状況等を勘案し、役位に応じ、報酬の2割~5割の報
            酬返上を実施しております)
          2 対象となる役員の員数には、当事業年度中に退任した取締役5名、監査役2名が含まれております。
          3 当社は2022年6月23日開催の当社第35回定時株主総会終結の時をもって、監査等委員会設置会社に移行し
            ております。監査役の報酬等は当該移行前の期間に係るものであり、監査等委員である取締役の報酬等
            は当該移行後の期間に係るものであります。
      ③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
    (参考)

     上記「エ.取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針(イ)決定方針の内容の概要」について
    は、「JR西日本グループ中期経営計画2025」の開始に伴い、業績と取締役個々人の報酬を適切に連動さ
    せ、取締役の業績向上へのインセンティブを高めることにより、中長期的な企業価値向上へ繋げていく
    報酬体系とするため、2023年4月28日開催の取締役会において当該決定方針の改正を決議しており、
    2023年7月以降の報酬から適用することとします。改正後の当該決定方針の内容の概要は以下のとおり
    であります。
    (イ)決定方針の内容の概要

     ・当社の取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)の報酬については、固定報酬で
       ある「基本報酬」、短期インセンティブとしての「業績評価報酬」及び長期にわたる株主との価値
       共有と中長期の企業価値向上に対するインセンティブとしての「株式報酬」から構成します。基本
       報酬は月例により、業績評価報酬及び株式報酬は毎年一定の時期に支給します。
      監査等委員である取締役及び社外取締役の報酬については、基本報酬のみで構成します。
     ・基本報酬の額については、外部専門機関による他社調査等を考慮し、経営に関わる責任に応じた報
       酬テーブルを作成し、適正な水準を確保することとします。
     ・業績評価報酬は、事業年度ごとの業績指標を反映した現金報酬とし、会社業績分と個人業績分によ
       り構成します。全ての業績指標が目標に達した場合の会社業績分と個人業績分の比率は、7:3と
       します。ただし、代表取締役社長等は会社業績分のみを適用します。
      会社業績分、個人業績分のいずれについても、前事業年度の期首に掲げた各指標の目標に対する達
       成状況に応じて、定量的・定性的に評価を行います。
      会社業績分の業績指標は財務指標と非財務指標とします。財務指標については、「連結利益」、
       「資産効率」及び「連結利益に占めるライフデザイン分野の比率」の3項目を、非財務指標につい
       ては、「鉄道の安全」、「地球環境」及び「ワークエンゲージメント」に関する指標の3項目を業
       績指標とします。
      個人業績分の業績指標は、各取締役が担当する部門における主要なKPIを業績指標とします。なお、
       指標の達成状況及び定性的評価に応じて、個人業績分は0~200%の範囲で変動します。
                                 75/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     ・株式報酬として譲渡制限付株式を交付します。株式報酬の額については、経営に関わる責任に応じ
       た基準額を設定することとします。
     ・取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)の報酬については、全ての業績指標が
       前事業年度の期首に掲げた目標に達した時に、基本報酬、業績評価報酬、株式報酬の比率が6:
       3:1となることを目安に構成します。
      (注)1 代表取締役社長等は会社業績分のみを適用します。




         2 全ての業績指標が前事業年度の期首に掲げる目標に達した場合
     ・取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬額については、上記方針を踏まえた上で、取締

       役会決議により決定します。ただし、基本報酬及び業績評価報酬に係る内容の決定については、取
       締役会の決議により、代表取締役社長に一任します。
      具体的決定にあたっては、報酬決定の公正と信頼を確保する観点から、人事報酬諮問委員会の答申
       を受けてこれを尊重するとともに、複数名の代表取締役及び人事担当役員等で構成する総合人事委
       員会を開催し、審議を経ることとします。
      監査等委員である取締役の報酬については、株主総会で決議された報酬額の範囲内で、監査等委員
       である取締役の協議により決定します。
                                 76/166












                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする株式
       を純投資目的である投資株式、当該目的以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式と区分
       しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       ア.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等に
         おける検証の内容
          当社グループの中長期的な企業価値向上に向けた、事業の持続的成長のためには、これに資す
         る取引先等との関係の維持、強化を図ることが重要であり、当社グループの事業への相乗効果等
         を総合的に勘案の上、当該会社株式を取得、保有しております。
          株式の保有については、中長期的な経済合理性や取引先と当社グループの事業との関係性の観
         点から、企業価値向上に資するか否かについて検証を行い、保有株式の保有目的、合理性につい
         て、取締役会において確認します。2023年3月末において保有している株式については、2023年
         6月に開催した取締役会において、中長期的な経済合理性や取引先と当社グループの事業との関
         係性の観点から、経営成績、保有に伴うリターン、相乗効果、リスク等を個別に検証し、保有の
         合理性を確認しております。
       イ.銘柄数及び貸借対照表計上額

                     銘柄数       貸借対照表計上額の

                     (銘柄)        合計額(百万円)
                        31            2,120
        非上場株式
                        11           24,928
        非上場株式以外の株式
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                             株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                        移動創出に向けた新たな協業関係を構築
                         1            100
        非上場株式
                                        するため
        非上場株式以外の株式                -             -           -
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数      株式数の減少に係る売却

                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式                -             -

        非上場株式以外の株式                -             -

                                 77/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       ウ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
         特定投資株式
                   当事業年度         前事業年度
                                     保有目的、業務提携等の概要、                当社の株式の
                  株式数(株)         株式数(株)
          銘柄                              定量的な保有効果              保有の有無
                                      及び株式数が増加した理由                 (注3)
                 貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                   (百万円)         (百万円)
                                    安全で安定的な輸送サービスの提
                     1,972,100         1,972,100
                                    供、鉄道事業の技術面における連
                                    携、及びEXサービスの拡大等営業面
     九州旅客鉄道株式会社                                                   有
                                    における連携の強化等に資するた
                       5,815         4,944
                                    め。(注2)
                      336,900         336,900
     東海旅客鉄道株式会社                                       〃            有
                       5,326         5,378
                                    安全で安定的な輸送サービスの提
                      705,000         705,000
                                    供、新幹線の自動運転等鉄道事業の
                                    技術面における連携、及びシェアオ
     東日本旅客鉄道株式会社                                                   有
                                    フィス事業の展開等営業面における
                                    連携の強化等に資するため。(注
                       5,171         5,012
                                    2)
                     2,050,200         2,050,200
                                    信号システム装置に関する技術協力
     日本信号株式会社(注1)
                                                        有
                                    関係の強化に資するため。(注2)
                       2,177         1,808
     株式会社三菱UFJフィナ
                     2,045,100         2,045,100
                                    経営に資する情報収集及び安定的な
     ンシャル・グループ                                                   有
                                    資金調達に資するため。(注2)
                       1,734         1,554
     (注1)
     三井住友トラスト・ホー
                      373,453         373,453
     ルディングス株式会社
                                            〃            有
                       1,695         1,494
     (注1)
                      285,840         285,840
     株式会社三井住友フィナ
                                            〃            有
     ンシャルグループ(注1)
                       1,514         1,116
                      500,000         500,000

     株式会社三越伊勢丹ホー                               共同して百貨店を運営することに資
                                                        有
     ルディングス(注1)                               するため。(注2)
                        741         483
                      345,400         345,400

                                    車両製造に関する技術協力関係の強
     近畿車輛株式会社(注1)
                                                        有
                                    化に資するため。(注2)
                        510         412
                      299,300         299,300

     株式会社りそなホール                               経営に資する情報収集及び安定的な
                                                        有
     ディングス(注1)                               資金調達に資するため。(注2)
                        191         156
                       27,400         27,400

     株式会社みずほフィナン
                                            〃            有
     シャルグループ(注1)
                         51         42
     (注)1 貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上場株式11銘柄について記載しております。
         2 当社グループの事業への相乗効果等を総合的に勘案して取得・保有しているものであり、定量的な保有効果
           を記載することは困難ですが、②                ア.に記載のとおり、保有の合理性を検証しております。
         3 当社の株式の保有の有無については、銘柄が持株会社の場合はその主要な子会社の保有分(実質所有株式
           数)を勘案し記載しております。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 78/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    第5    【経理の状況】
     1.   連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大
       蔵省令第28号)に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令

       第59号。以下「財務諸表等規則」という。)第2条の規定に基づき、「財務諸表等規則」及び「鉄
       道事業会計規則」(昭和62年運輸省令第7号)により作成しております。
     2.   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年4月1日から
      2023年3月31日まで)及び事業年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)の連結財務諸表及び
      財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
     3.   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。具体的に
      は、会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構に加
      入し、会計基準等に関する情報を適時入手しております。また有価証券報告書等に関する研修に参加
      しております。
                                 79/166













                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                      ※4  319,843             ※4  290,138
        現金及び預金
                                        42,579              43,886
        受取手形及び売掛金
                                        30,906              41,472
        未収運賃
                                        90,441              115,535
        未収金
                                         ※4  79            ※4  36
        有価証券
                                      ※1  145,884             ※1  153,234
        棚卸資産
                                        88,902              73,844
        その他
                                         △ 588            △ 1,616
        貸倒引当金
                                        718,048              716,532
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                     ※4  1,234,911            ※4  1,230,595
          建物及び構築物(純額)
                                        385,046              399,001
          機械装置及び運搬具(純額)
                                      ※4  782,009             ※4  782,965
          土地
                                        150,783              117,193
          建設仮勘定
                                        57,029              51,447
          その他(純額)
                                     ※2  2,609,781            ※2  2,581,205
          有形固定資産合計
                                        31,268              49,254
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                     ※3 ,※4  97,520          ※3 ,※4  101,980
          投資有価証券
                                         3,134              3,173
          退職給付に係る資産
                                        197,964              232,895
          繰延税金資産
                                       ※4  48,499             ※4  53,558
          その他
                                        △ 4,936             △ 3,761
          貸倒引当金
                                        342,181              387,846
          投資その他の資産合計
                                       2,983,232              3,018,306
        固定資産合計
       繰延資産
                                         1,140               668
        株式交付費
        繰延資産合計                                 1,140               668
                                       3,702,421              3,735,507
       資産合計
                                 80/166








                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       ※4  57,134             ※4  66,020
        支払手形及び買掛金
                                        14,229              17,483
        短期借入金
                                        25,000              100,000
        1年内償還予定の社債
                                        71,572              39,553
        1年内返済予定の長期借入金
                                         1,167              1,245
        鉄道施設購入未払金
                                                    ※4  122,108
                                        105,944
        未払金
                                         8,371              23,451
        未払消費税等
                                         9,535              13,600
        未払法人税等
                                         3,588              2,240
        預り連絡運賃
                                        122,083              119,536
        預り金
                                        30,404              37,244
        前受運賃
                                        62,336              44,052
        前受金
                                        23,480              29,540
        賞与引当金
                                         1,205               396
        災害損失引当金
                                          654              706
        ポイント引当金
                                        39,188              41,283
        その他
                                        575,898              658,464
        流動負債合計
       固定負債
                                        949,990              859,992
        社債
                                        578,435              557,482
        長期借入金
                                        98,681              97,436
        鉄道施設購入長期未払金
                                         1,145              1,474
        繰延税金負債
                                        25,000              29,166
        新幹線鉄道大規模改修引当金
                                         5,880              3,414
        環境安全対策引当金
                                        16,627              15,794
        線区整理損失引当金
                                        238,077              223,318
        退職給付に係る負債
                                        138,471              144,653
        その他
                                       2,052,311              1,932,733
        固定負債合計
                                       2,628,209              2,591,198
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        226,136              226,136
        資本金
                                        183,812              183,904
        資本剰余金
                                        561,874              626,108
        利益剰余金
                                         △ 482            △ 1,378
        自己株式
                                        971,341             1,034,772
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                                       1,061
        その他有価証券評価差額金                                △ 1,270
        繰延ヘッジ損益                                  -              △ 9
                                        △ 1,131             △ 1,347
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                △ 2,402              △ 295
                                        105,272              109,832
       非支配株主持分
                                       1,074,211              1,144,309
       純資産合計
                                       3,702,421              3,735,507
     負債純資産合計
                                 81/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自  2021年4月1日            (自  2022年4月1日
                                至   2022年3月31日)             至   2023年3月31日)
                                     ※1  1,031,103            ※1  1,395,531
     営業収益
     営業費
                                      ※4  987,857           ※4  1,126,833
       運輸業等営業費及び売上原価
                                    ※3 ,※4  162,338           ※3 ,※4  184,727
       販売費及び一般管理費
                                     ※2  1,150,195            ※2  1,311,560
       営業費合計
                                                       83,970
     営業利益又は営業損失(△)                                 △ 119,091
     営業外収益
                                          101               41
       受取利息
                                         3,153               997
       受取配当金
                                         1,443              1,546
       保険配当金
                                         1,762              1,646
       受託工事事務費戻入
                                         1,022              1,099
       持分法による投資利益
                                          173             1,708
       貸倒引当金戻入額
                                        10,371               1,854
       雇用調整助成金
                                         5,591              4,282
       その他
                                        23,620              13,177
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        21,450              20,816
       支払利息
                                         4,126              2,711
       その他
                                        25,576              23,528
       営業外費用合計
                                                       73,619
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 121,047
     特別利益
                                       ※5  33,674             ※5  7,262
       固定資産売却益
                                        19,678              65,983
       工事負担金等受入額
                                         1,208              1,406
       収用補償金
                                         4,256              1,787
       その他
                                        58,818              76,440
       特別利益合計
     特別損失
                                        18,375              63,493
       工事負担金等圧縮額
                                         1,208              1,405
       収用等圧縮損
                                         8,638
       線区整理損失引当金繰入額                                                  -
                                        15,121              12,287
       その他
                                        43,343              77,186
       特別損失合計
     税金等調整前当期純利益又は
                                                       72,873
                                       △ 105,573
     税金等調整前当期純損失(△)
                                        11,378              14,429
     法人税、住民税及び事業税
                                        △ 6,186             △ 35,426
     法人税等調整額
                                         5,191
     法人税等合計                                                △ 20,997
                                                       93,871
     当期純利益又は当期純損失(△)                                 △ 110,764
                                         2,433              5,342
     非支配株主に帰属する当期純利益
     親会社株主に帰属する当期純利益又は
                                                       88,528
                                       △ 113,198
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)
                                 82/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自  2021年4月1日            (自  2022年4月1日
                                至   2022年3月31日)             至   2023年3月31日)
                                                       93,871
     当期純利益又は当期純損失(△)                                 △ 110,764
     その他の包括利益
                                                       2,442
       その他有価証券評価差額金                                  △ 484
       繰延ヘッジ損益                                    -             △ 12
       退職給付に係る調整額                                  △ 975             △ 275
                                          △ 1             △ 29
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                                       2,125
       その他の包括利益合計                                 △ 1,462
                                      ※ △ 112,226              ※ 95,996
     包括利益
     (内訳)
                                                       90,635
       親会社株主に係る包括利益                                △ 114,838
                                         2,611              5,361
       非支配株主に係る包括利益
                                 83/166















                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自           2021年4月1日 至           2022年3月31日)
                                              (単位:百万円)
                                株主資本
                 資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高              100,000        57,454       696,843        △ 482      853,815
     当期変動額
      新株の発行             126,136        126,136                       252,273
      剰余金の配当                            △ 21,766              △ 21,766
      親会社株主に帰属する
      当期純利益又は
                                 △ 113,198              △ 113,198
      親会社株主に帰属する
      当期純損失(△)
      連結範囲の変動                              △ 8              △ 8
      合併による増減                       -        4               4
      自己株式の取得                                      △ 0       △ 0
      自己株式の処分                       -               -        -
      持分法適用会社に
      対する持分変動に                                      0        0
      伴う自己株式の増減
      連結子会社株式の取得
                            221                       221
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              126,136        126,358       △ 134,969         △ 0     117,525
     当期末残高              226,136        183,812        561,874        △ 482      971,341
                         その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券               退職給付に係る       その他の包括利益
                       繰延ヘッジ損益
                評価差額金               調整累計額        累計額合計
     当期首残高               △ 780        0       17      △ 762      103,203        956,256
     当期変動額
      新株の発行                                                   252,273
      剰余金の配当                                                   △ 21,766
      親会社株主に帰属する
      当期純利益又は
                                                        △ 113,198
      親会社株主に帰属する
      当期純損失(△)
      連結範囲の変動
                                                           △ 8
      合併による増減                                                      4
      自己株式の取得                                                     △ 0
      自己株式の処分                                                     -
      持分法適用会社に
      対する持分変動に                                                      0
      伴う自己株式の増減
      連結子会社株式の取得
                                                           221
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
                    △ 490        △ 0     △ 1,149       △ 1,639        2,069        429
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 490        △ 0     △ 1,149       △ 1,639        2,069       117,954
     当期末残高              △ 1,270         -     △ 1,131       △ 2,402       105,272       1,074,211
                                 84/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2022年4月1日 至           2023年3月31日)
                                              (単位:百万円)
                                株主資本
                 資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高              226,136        183,812        561,874        △ 482      971,341
     当期変動額
      新株の発行               -        -                       -
      剰余金の配当                            △ 24,390              △ 24,390
      親会社株主に帰属する
      当期純利益又は
                                  88,528               88,528
      親会社株主に帰属する
      当期純損失(△)
      連結範囲の変動                              -               -
      合併による増減
                            △ 62        97               34
      自己株式の取得
                                          △ 963       △ 963
      自己株式の処分                       0               68        69
      持分法適用会社に
      対する持分変動に                                      -        -
      伴う自己株式の増減
      連結子会社株式の取得
                            153                       153
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -        91      64,234        △ 895      63,430
     当期末残高              226,136        183,904        626,108        △ 1,378      1,034,772
                         その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券               退職給付に係る       その他の包括利益
                       繰延ヘッジ損益
                評価差額金               調整累計額        累計額合計
     当期首残高              △ 1,270         -     △ 1,131       △ 2,402       105,272       1,074,211
     当期変動額
      新株の発行
                                                           -
      剰余金の配当                                                   △ 24,390
      親会社株主に帰属する
      当期純利益又は
                                                         88,528
      親会社株主に帰属する
      当期純損失(△)
      連結範囲の変動                                                     -
      合併による増減
                                                           34
      自己株式の取得                                                    △ 963
      自己株式の処分                                                     69
      持分法適用会社に
      対する持分変動に
                                                           -
      伴う自己株式の増減
      連結子会社株式の取得
                                                           153
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
                    2,332        △ 9      △ 215       2,106        4,559        6,666
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               2,332        △ 9      △ 215       2,106        4,559       70,097
     当期末残高               1,061        △ 9     △ 1,347        △ 295      109,832       1,144,309
                                 85/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自  2021年4月1日            (自  2022年4月1日
                                至   2022年3月31日)             至   2023年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は
                                                       72,873
                                       △ 105,573
       税金等調整前当期純損失(△)
                                        160,868              159,655
       減価償却費
                                        18,375              63,493
       工事負担金等圧縮額
                                         5,984              5,228
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 33,488              △ 7,184
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 18,686             △ 15,416
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 113             △ 147
                                           4            6,055
       賞与引当金の増減額(△は減少)
       新幹線鉄道大規模改修引当金の
                                         4,166              4,166
       増減額(△は減少)
                                         5,721
       その他の引当金の増減額(△は減少)                                               △ 4,089
       受取利息及び受取配当金                                 △ 3,255             △ 1,039
                                        21,450              20,816
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 1,022             △ 1,099
       工事負担金等受入額                                 △ 19,678             △ 65,983
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 39,478             △ 37,305
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 22,680              △ 3,364
                                                       55,335
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 41,733
                                        10,194              15,073
       未払又は未収消費税等の増減額
                                         8,563              37,883
       その他
                                                      304,952
       小計                                 △ 50,382
       利息及び配当金の受取額                                  3,254              1,033
       利息の支払額                                 △ 21,215             △ 20,633
                                       △ 18,124             △ 11,388
       法人税等の支払額
                                                      273,964
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 86,468
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       固定資産の取得による支出                                △ 240,480             △ 246,013
                                        34,832              11,389
       固定資産の売却による収入
                                        26,365              28,920
       工事負担金等受入による収入
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 1,829             △ 2,375
                                         1,582               700
       投資有価証券の売却による収入
       貸付金の純増減額(△は増加)                                 △ 3,144             △ 1,304
                                        △ 6,036             △ 6,218
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 188,711             △ 214,902
                                 86/166







                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自  2021年4月1日            (自  2022年4月1日
                                至   2022年3月31日)             至   2023年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                       1,217
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 5,104
                                        68,600              18,600
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 36,952             △ 71,572
                                        160,000               10,000
       社債の発行による収入
       社債の償還による支出                                 △ 25,000             △ 25,000
       鉄道施設購入長期未払金の支払による支出                                 △ 1,309             △ 1,167
                                        250,857
       株式の発行による収入                                                  -
       自己株式の取得による支出                                   △ 0            △ 963
       配当金の支払額                                 △ 23,214             △ 24,400
       非支配株主への配当金の支払額                                  △ 305             △ 235
                                                       4,756
                                        △ 2,885
       その他
                                        384,685
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                               △ 88,765
                                        109,505
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                △ 29,703
                                        210,045              319,596
     現金及び現金同等物の期首残高
                                          45
                                                         -
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                       ※ 319,596             ※ 289,893
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 87/166













                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
       (1)  連結子会社の数           60 社
          連結子会社名は、「第1[企業の概況]                        4[関係会社の状況]」に記載しているため省略し
         ております。
       (2)  非連結子会社は、㈱関西シビルコンサルタント等86社であり、その合計の総資産、売上高、当
        期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、連結財務諸表に重要な影
        響を及ぼさないため連結の範囲から除外しております。
       (3)  当連結会計年度において、2022年7月1日に㈱京都駅観光デパートが京都ステーションセン
        ター㈱と合併して消滅しております。また、2022年7月1日に京都ステーションセンター㈱はJR
        西日本京都SC開発㈱に社名を変更しております。
       2.持分法の適用に関する事項

       (1)  持分法適用の非連結子会社はありません。
       (2)  持分法適用の関連会社は、関西高速鉄道㈱、大阪外環状鉄道㈱、アジア航測㈱、広成建設㈱、
        鉄道情報システム㈱の            5 社であります。
       (3)  非連結子会社86社及び関連会社の㈱交通新聞社等17社の当期純損益(持分に見合う額)の合計
        及び利益剰余金(持分に見合う額)等の合計は、連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であるため、
        持分法の適用範囲から除外しております。
       (4)  持分法適用会社のうち、アジア航測㈱の決算日は9月30日であります。同社については、直近
        の事業年度に係る財務諸表を使用しております。その他の持分法適用会社の決算日はすべて3月
        31日であり、連結決算日と同一であります。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、㈱日本旅行の決算日は12月31日であります。連結財務諸表の作成に当たって
       は、同決算日現在の財務諸表を使用しております。連結決算日との間に生じた重要な取引について
       は、連結上必要な調整を行っております。その他の連結子会社の決算日はすべて3月31日であり、
       連結決算日と同一であります。
       4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         ① 有価証券
          その他有価証券
            市場価格のない株式等以外のもの
             時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主として移動平均法に
            より算定)によっております。
            市場価格のない株式等
             主として移動平均法による原価法によっております。
         ② デリバティブ
           時価法によっております。
         ③ 棚卸資産
           商品
            主として売価還元法、最終仕入原価法による原価法によっております。
           分譲土地建物
            個別法による原価法によっております。
           仕掛品
            個別法による原価法によっております。
           貯蔵品
            主として移動平均法による原価法によっております。
           なお、貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算定しておりま
           す。
                                 88/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ① 有形固定資産(リース資産を除く)
           主として定率法によっております。ただし、鉄道事業取替資産については取替法によってお
          ります。
         ② 無形固定資産
           定額法によっております。
           なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(主として5年)に
          基づく定額法によっております。
         ③ リース資産
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
         ④ 長期前払費用
           均等償却を行っております。
       (3)  繰延資産の処理方法
         ① 社債発行費
          支出時に全額費用処理しております。
         ② 株式交付費
          3年間にわたり均等償却しております。
       (4)  重要な引当金の計上基準
         ① 貸倒引当金
           債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
          の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ② 賞与引当金
           従業員賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
         ③ 災害損失引当金
           「平成30年7月豪雨」による被害に対する今後の復旧に要する費用の支出に備えるため、そ
          の見積り額を計上しております。
         ④ ポイント引当金
           SC業における店舗利用者に付与したポイントの利用に備えるため、当連結会計年度末にお
          いてその金額を合理的に見積もることができる将来引換見込額を計上しております。
         ⑤ 新幹線鉄道大規模改修引当金
           全国新幹線鉄道整備法第17条第1項の規定に基づき計上しております。
         ⑥ 環境安全対策引当金
           保管するPCB廃棄物等の処理費用の支出に備えるため、当連結会計年度末における処理費用
          の見積り額を計上しております。
         ⑦ 線区整理損失引当金
           廃止した三江線(江津~三次駅間)の橋梁の撤去等の支出に備えるため、その見積り額を計
          上しております。
       (5)  退職給付に係る会計処理の方法
         ① 退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる
          方法については、給付算定式基準によっております。
         ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用については、主として発生年度に全額を一括して費用処理しております。
           数理計算上の差異については、主としてその発生時における従業員の平均残存勤務期間以内
          の一定の年数(主として10年)による定額法により按分した額を、主としてそれぞれ発生の翌
          連結会計年度から費用処理しております。
         ③ 小規模企業等における簡便法の採用
           一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末
          自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
                                 89/166




                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
       (6)  重要な収益及び費用の計上基準
          当社及び連結子会社は、主として以下の5ステップアプローチに基づき、顧客への財又はサー
         ビスの移転との交換により、その権利を得ると見込む対価を反映した金額で収益を認識しており
         ます。
           ステップ1:顧客との契約を識別する
           ステップ2:契約における履行義務を識別する
           ステップ3:取引価格を算定する
           ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する
           ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するにつれて)収益を識別する
          各事業における収益の計上基準は次のとおりです。
           運輸業
            運輸業は、主に鉄道による旅客輸送サービスを提供しており、運送約款に基づいて顧客に
           対し旅客輸送サービスを提供する義務を負っております。当該履行義務は、旅客輸送サービ
           スが完了した時点又は一定の期間にわたり充足されると判断し収益を認識しております。
           流通業

            流通業は、主に駅構内において展開する店舗にて商品の販売を行っており、通常、商品の
           引き渡し時点において顧客が当該商品に対する支配を獲得し、履行義務が充足されると判断
           し収益を認識しております。
           不動産業

            不動産販売業は、主に沿線におけるマンションの分譲販売を行っており、顧客との不動産
           売買契約に基づいて顧客に対し当該物件の引き渡しを行う義務を負っております。当該履行
           義務は、物件の引き渡し時点において充足されると判断し収益を認識しております。
            なお、不動産賃貸業は、主に駅やその周辺施設の貸付けを行っておりますが、これら不動
           産賃貸による収益は、「リース取引に関する会計基準(企業会計基準第13号 2007年3月30
           日)」に従い、賃貸借期間にわたって計上しております。
          その他の事業

           ホテル業
            ホテル業は、駅構内用地の駅ビルにおいて主に宿泊、宴会サービスを提供しており、利用
           規約に基づいて、顧客に対し施設及びサービスを提供する義務を負っております。当該履行
           義務は、施設の利用又はサービスを提供した時点において履行義務が充足されると判断し収
           益を認識しております。
           旅行業

            旅行業は、主に旅行の手配、自社の企画旅行商品の販売を行っており、旅行条件書に基づ
           いて顧客に対し鉄道等の予約手配、宿泊券類の発行、企画旅行を実施する義務を負っており
           ます。当該履行義務は、鉄道等の予約手配、宿泊券類を発行した時点又は旅行の実施期間に
           わたり充足されると判断し収益を認識しております。
           建設事業

            建設事業は、主に鉄道関連工事やマンション、公共施設の工事を請け負っており、工事請
           負契約等に基づいて顧客に対し当該施設等の引き渡しを行う義務を負っております。当該履
           行義務は、資産の価値が増加し、当該資産の価値が増加するにつれて顧客が当該資産を支配
           すると判断したものについては、履行義務の進捗に応じて収益を認識しております。また、
           進捗度の測定は、発生原価に基づくインプット法に拠っております。
            なお、契約における取引開始日から完全に履行義務を充足すると見込まれる時点までの期
           間がごく短い工事請負契約等については代替的な取扱いを適用し、一定の期間にわたり収益
           を認識せず、完全に履行義務を充足した時点で収益を認識しております。
                                 90/166





                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
         収益の総額と純額表示
           当社及び連結子会社が当事者として取引を行っている場合には、本人取引として、顧客から
          受け取る対価の総額で収益を認識しております。当社及び連結子会社が第三者のために取引を
          行っている場合には、代理人取引として、顧客から受け取る対価の総額から第三者のために回
          収した金額を差し引いた純額で収益を表示しております。
           当社及び連結子会社が本人取引としているか、代理人取引としているかの判定にあたって
          は、次の指標を考慮しております。
           ・企業が、約束の履行に対する主たる責任を有しているか
           ・企業が、顧客の発注前後、出荷中や返品中に在庫リスクを有しているか
           ・企業が、価格設定の裁量権を有しているか
         ポイントプログラム

           当社及び連結子会社は会員向けのポイントプログラムを運営しており、旅客輸送サービス等
          の利用に応じて付与されるポイントは、将来当社及び連結子会社並びに提携他者によるサービ
          スを受けるために利用することができます。付与したポイント分を履行義務として認識し、契
          約負債に計上しております。取引価格は、必要に応じてサービスの利用割合や失効見込分を考
          慮した上で、独立販売価格の比率に基づいて各履行義務に配分しております。ポイントプログ
          ラムの履行義務に配分された取引価格は「契約負債」として繰延べ、ポイントの利用に伴い収
          益を認識しております。
         重要な金融要素

          当社及び連結子会社の約束した対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
       (7)  重要なヘッジ会計の方法

         ① ヘッジ会計の方法
           原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、振当処理の要件を満たしている為替予
          約及び通貨スワップについては振当処理に、特例処理の要件を満たしている金利スワップにつ
          いては特例処理によっております。
         ② ヘッジ手段とヘッジ対象
          ・ヘッジ手段…為替予約取引
           ヘッジ対象…外貨建金銭債権債務及び外貨建予定取引
          ・ヘッジ手段…通貨スワップ取引
           ヘッジ対象…外貨建金銭債務
          ・ヘッジ手段…金利スワップ取引
           ヘッジ対象…資金調達に伴う金利取引
         ③ ヘッジ方針
           デリバティブ取引に関する各社の規程に基づき、ヘッジ対象に係る為替変動リスク及び金利
          変動リスクを一定の範囲内でヘッジしております。
         ④ ヘッジ有効性評価の方法
           ヘッジ手段とヘッジ対象の対応関係について、決算日毎に確認することにより、ヘッジの有
          効性を確認しております。ただし、振当処理の要件を満たしている通貨スワップ並びに特例処
          理の要件を満たしている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。
       (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
          連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き
         出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わな
         い取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (9)  工事負担金等の会計処理
          当社は、鉄道事業における連続立体交差化工事等を行うにあたり、地方公共団体等より工事
         費の一部として工事負担金等を受けております。これらの工事負担金等は、工事完成時に当該
         工事負担金等相当額を取得した固定資産の取得原価から直接減額しております。
          なお、連結損益計算書においては、工事負担金等受入額を特別利益に計上するとともに、固
         定資産の取得原価から直接減額した額を工事負担金等圧縮額として特別損失に計上しておりま
         す。
       (10)   ファイナンス・リース取引に係る収益の計上基準
          リース料金受取時に売上高と売上原価を計上する方法によっております。
                                 91/166


                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        (重要な会計上の見積り)
       1.繰延税金資産の回収可能性
        (1)   当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
            西日本旅客鉄道㈱が計上した繰延税金資産(純額)                                170,226            200,573
            繰延税金負債と相殺前の金額                                181,571            211,939
        (2)   識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         ① 算出方法
           連結財務諸表における繰延税金資産の計上額のうち、当社の計上額が大きな割合を占めて
          おり、2023年3月31日現在の計上額は200,573百万円であります。繰延税金資産の計上に当
          たっては、合理的な仮定に基づく将来の事業計画に基づき将来の課税所得又は税務上の欠損
          金を見積もることとしております。
         ② 主要な仮定
           将来の課税所得を見込むに当たって、新型コロナウイルス感染症の影響について一定の前
          提を基に織り込んでおります。当社の営業収益の大半を占める運輸収入について、当社とし
          ては、鉄道需要が2023年度に回復するとの仮定を置いております。
           回復の程度については、2022年度の回復状況及び各種調査結果等から、新型コロナウイル
          ス感染症が発生する前の9割程度まで回復するものと見込んでおります。
         ③ 翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響
           以上が現時点で入手可能な情報に基づく経営者による最善の見積りの判断であると考えて
          おりますが、鉄道需要の回復時期が見込みよりも遅れた場合等に翌連結会計年度の繰延税金
          資産の計上額が限定的となり業績に一定の影響を及ぼす可能性があります。
       2.固定資産の減損

        (1)   当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
            連結子会社である㈱ジェイアール西日本ホテル開発
                                            26,442            14,673
            が保有する対象固定資産の金額
           (注)主要な固定資産は建物となります。
        (2)   識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         ① 算出方法
           当社グループの主なホテルを運営している連結子会社の㈱ジェイアール西日本ホテル開発
          は、2023年3月31日現在、対象固定資産を14,673百万円計上しております。減損損失の計上
          にあたっては、減損の兆候の有無を判断した上で、合理的な仮定に基づく将来の事業計画に
          基づいた将来キャッシュ・フローが固定資産の帳簿価額を下回る場合に減損損失を計上する
          こととしております。
           当連結会計年度においては、新型コロナウイルス感染症の影響の収束により宿泊需要が回
          復し経営環境が改善しつつも、営業活動から生ずる損益が依然としてマイナスとなっている
          ことから、減損の兆候があると判断しておりますが、主要な固定資産の経済的残存使用年数
          における将来キャッシュ・フローが固定資産の帳簿価額を上回ることから、減損損失の計上
          は不要であると判断しております。
         ② 主要な仮定
           将来キャッシュ・フローの見積りについては、中長期の事業計画に基づいて算出しており
          ます。当該事業計画においては、宿泊需要は、2023年度に回復するとの仮定を置いておりま
          す。回復の程度については、2022年度の回復状況等から、2023年度には新型コロナウイルス
          感染症が発生する前と同程度まで回復すると見込んでおります。また、事業計画の最終年度
          (2027年度)以降は、最終年度と同水準で推移すると仮定しております。
         ③ 翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響
           以上が現時点で入手可能な情報に基づく経営者による最善の見積りの判断であると考えて
          おりますが、新型コロナウイルス感染症の影響の収束が予想よりも遅れた場合等に将来
          キャッシュ・フローが当連結会計年度の見積りを下回り、減損損失を計上する可能性があり
          ます。
                                 92/166



                                                          EDINET提出書類
                                                    西日本旅客鉄道株式会社(E04148)
                                                           有価証券報告書
        (会計方針の変更)
       (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                          2021年6月17日。以
       下「時価算定会計基準適用指針」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基
       準適用指針第27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな
       会計方針を将来にわたって適用することといたしました。
        これによる連結財務諸表への影響はありません。
        (未適用の会計基準等)

       ・「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」(企業会計基準第27号 2022年10月28日

        企業会計基準委員会)
       ・「包括利益の表示に関する会計基準」(企業会計基準第25号 2022年10月28日
        企業会計基準委員会)
       ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2022年10月28日
        企業会計基準委員会)
      &nb