住友大阪セメント株式会社 有価証券報告書 第160期(2022/04/01-2023/03/31)

提出書類 有価証券報告書-第160期(2022/04/01-2023/03/31)
提出日
提出者 住友大阪セメント株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2023年6月28日
     【事業年度】                    第160期(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
     【会社名】                    住友大阪セメント株式会社
     【英訳名】                    Sumitomo     Osaka   Cement    Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                    取締役社長  諸橋 央典
     【本店の所在の場所】                    東京都港区東新橋一丁目9番2号
                         (2022年11月28日から本店所在地 東京都千代田区六番町6番地28が
                         上記のように移転しております。)
     【電話番号】                    03-6370-2700(代表)
     【事務連絡者氏名】                    管理部経理グループリーダー  西田 伸一
     【最寄りの連絡場所】                    東京都港区東新橋一丁目9番2号
     【電話番号】                    03-6370-2700(代表)
     【事務連絡者氏名】                    管理部経理グループリーダー  西田 伸一
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/122












                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)最近5連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
             回次             第156期       第157期       第158期       第159期       第160期

            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

    売上高               (百万円)       251,061       245,159       239,274       184,209       204,705

    経常利益又は経常損失(△)               (百万円)        15,799       16,947       17,641       9,834      △ 7,849

    親会社株主に帰属する当期純
    利益又は親会社株主に帰属す               (百万円)        7,799      10,922       11,719       9,674      △ 5,719
    る当期純損失(△)
    包括利益               (百万円)        5,049       9,027      14,717       12,207      △ 12,425
    純資産額               (百万円)       194,138       198,699       205,827       203,173       184,591

    総資産額               (百万円)       324,755       321,108       329,650       331,107       356,558

    1株当たり純資産額                 (円)     4,985.49       5,101.00       5,397.31       5,778.40       5,326.24

    1株当たり当期純利益又は
                     (円)      199.15       283.21       304.56       262.77      △ 166.79
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)        ―       ―       ―       ―       ―
    当期純利益
    自己資本比率                 (%)       59.2       61.3       61.8       60.7       51.2
    自己資本利益率                 (%)       4.0       5.6       5.9       4.8       ―

    株価収益率                 (倍)       21.9       11.4       11.6       12.8        ―

    営業活動による
                   (百万円)        29,252       32,305       32,797       18,255      △ 16,146
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (百万円)       △ 20,032      △ 18,815      △ 18,884      △ 16,062      △ 19,818
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (百万円)       △ 15,755      △ 12,959      △ 10,869      △ 7,995      37,292
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                   (百万円)        15,270       15,799       18,600       13,085       14,500
    期末残高
    従業員数                 (名)      2,974       3,005       3,065       3,068       2,896
    〔ほか、平均臨時雇用人員〕                 (名)      〔 498  〕    〔 564  〕    〔 509  〕    〔 512  〕    〔 584  〕
     (注)   1.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.当社は、2018年10月1日を効力発生日として、普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っておりま
         す。第156期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、「1株当たり純資産額」及び「1株当たり当期
         純利益」を算定しております。
       3.普通株式の期中平均株式数において控除する自己株式に、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社
         株式を含めております。
       4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日)等を第159期の期首から適用してお
         り、第159期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっており
         ます。
       5.第160期の自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載し
         ておりません。
                                  2/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移
             回次             第156期       第157期       第158期       第159期       第160期

            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

    売上高               (百万円)       157,375       155,935       147,619       146,262       166,654

    経常利益又は経常損失(△)               (百万円)        11,088       12,409       13,329       5,096     △ 12,526

    当期純利益又は当期純損失
                   (百万円)        4,692       8,157       9,104       7,145      △ 9,538
    (△)
    資本金               (百万円)        41,654       41,654       41,654       41,654       41,654
    発行済株式総数                 (株)    40,643,217       40,643,217       38,643,217       37,243,217       34,329,517

    純資産額               (百万円)       160,678       162,751       166,200       160,913       138,713

    総資産額               (百万円)       274,968       273,244       281,528       282,399       303,883
    1株当たり純資産額                 (円)     4,165.76       4,220.09       4,403.02       4,626.80       4,049.69
    1株当たり配当額
                            60.50      120.00       120.00       120.00       120.00
                      (円)
                            ( 5.50  )    ( 60.00   )    ( 60.00   )    ( 60.00   )    ( 60.00   )
    (内1株当たり中間配当額)
    1株当たり当期純利益又は
                      (円)      119.81       211.51       236.61       194.09      △ 278.13
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                      (円)        ―       ―       ―       ―       ―
    当期純利益
    自己資本比率                 (%)       58.4       59.6       59.0       57.0       45.6
    自己資本利益率                 (%)       2.8       5.0       5.5       4.4       ―

    株価収益率                 (倍)       36.4       15.3       14.9       17.3        ―

    配当性向                 (%)       91.8       56.7       50.7       61.8        ―

    従業員数                 (名)      1,186       1,196       1,203       1,232       1,243

    〔ほか、平均臨時雇用人員〕                 (名)       〔  295  〕    〔 358  〕    〔 341  〕    〔 352  〕    〔 424  〕
    株主総利回り                 (%)       94.7       73.5       82.1       81.1       91.5

    (比較指標:配当込みTOPIX)                 (%)      ( 95.0  )    ( 85.9  )    ( 122.1   )    ( 124.6   )    ( 131.8   )
                            5,190
    最高株価                 (円)             5,030       4,010       3,725       4,275
                            (554)
                           4,100
    最低株価                 (円)             3,055       2,857       2,892       3,030
                            (445)
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.当社は、2018年10月1日を効力発生日として、普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っておりま
         す。第156期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、「1株当たり純資産額」及び「1株当たり当期
         純利益」を算定しております。
       3.当社は、2018年10月1日を効力発生日として、普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っておりま
         す。第156期の1株当たり配当額の記載は、中間配当額5.50円(当該株式併合前)と、期末配当額55.00円
         (当該株式併合後)の合計値としております。なお、当該株式併合を踏まえて換算した場合、第156期の中
         間配当額は55.00円となる為、期末配当額55.00円を加えた年間配当額は110.00円となります。
       4.普通株式の期中平均株式数において控除する自己株式に、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社
         株式を含めております。
       5.最高・最低株価は、2022年4月3日以前は東京証券取引所市場第一部におけるものであり、2022年4月4日以
         降は東京証券取引所プライム市場におけるものであります。なお、2019年3月期の株価については株式併合
         後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式併合前の最高株価及び最低株価を括弧内に記載しておりま
         す。
       6.  「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日)等を第159期の期首から適用してお
         り、第159期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっており
         ます。
       7.第160期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため記載しておりませ
         ん。
                                  3/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    2【沿革】
      当社は、1994年10月に、住友セメント株式会社と大阪セメント株式会社とが合併し、商号を住友大阪セメント株式
     会社に変更しました。
      住友セメント株式会社は、1906年、広瀬金七、岩崎清七らにより、セメントの製造・販売を目的とする会社として
     その設立が企図され、1907年11月、商号を磐城セメント株式会社、資本金を100万円、本店を横浜市太田町3丁目52番
     として設立されました。その後、1963年10月に商号を住友セメント株式会社に変更しました。
      大阪セメント株式会社は、1917年、大阪窯業株式会社のセメント部として発足し、1926年12月、商号を大阪窯業セ
     メント株式会社として設立されました。その後、1963年7月に商号を大阪セメント株式会社に変更しました。
      その主な変遷は次の通りであります。
       1907年11月       磐城セメント株式会社を設立
       1908年9月       四倉工場を新設
       1925年7月       日の出セメント株式会社を合併(八戸工場)
       1926年12月       大阪窯業セメント株式会社を設立
       1940年12月       富国セメント株式会社を合併(現・栃木工場)
       1941年11月       七尾セメント株式会社を合併(七尾工場)
       1949年5月       東京証券取引所の市場第一部に上場
       1950年12月       東洋セメント株式会社を合併
       1952年6月       伊吹工場を新設
       1954年7月       浜松工場を新設
       1960年5月       川崎セメント株式会社を合併(現・岐阜工場)
       1961年12月       高知工場を新設
       1963年5月       福島セメント株式会社(田村工場)及び住友石灰工業株式会社(現・山口事業所)を合併
       1966年6月       滋賀興産株式会社を合併(多賀工場、彦根工場)
        同年9月      赤穂第一工場を新設
       1975年7月       七尾、多賀両工場を閉鎖
        同年12月      赤穂第二工場を新設
       1977年9月       八戸工場を分離し、八戸セメント株式会社を設立(現・連結子会社)
       1984年11月       浜松工場を閉鎖
       1986年9月       四倉工場を閉鎖
       1987年4月       赤穂第一工場及び赤穂第二工場を統合し、赤穂工場とする。
        同年12月      秋芳鉱業株式会社を設立(現・連結子会社)
       1988年12月       OAシステム事業部門を分離し、住友セメントシステム開発株式会社を設立(現・連結子会社)
       1990年4月       住友金属工業株式会社(現・日本製鉄株式会社)と共同で和歌山高炉セメント株式会社を設立
              (現・連結子会社)
        同年同月      株式会社エステックを設立(現・連結子会社)
        同年9月      千代田エンジニアリング株式会社を株式の追加取得により子会社化(現・連結子会社)
       1994年1月       スミセ建材株式会社を設立(現・連結子会社)
        同年3月      青木海運株式会社を買収(現・エスオーシー物流株式会社、連結子会社)
        同年10月      住友セメント株式会社と大阪セメント株式会社が合併、商号を住友大阪セメント株式会社に変更
       1996年3月       彦根工場を閉鎖
        同年10月      スミセ興産株式会社を合併
       2000年3月       田村工場を閉鎖
       2001年4月       泉石灰工業株式会社と栃木興産株式会社が合併(現・泉工業株式会社、連結子会社)
       2003年3月       伊吹工場におけるセメント生産を中止
       2009年9月       栗本コンクリート工業株式会社を株式の追加取得により子会社化(現・株式会社クリコン、連結
              子会社)
       2010年4月       東京エスオーシー株式会社が市川エスオーシー生コン株式会社を合併(現・連結子会社)
       2013年4月       エスオーシー建材株式会社と新北浦商事株式会社が合併(現・北浦エスオーシー株式会社、連結
              子会社)
       2022年4月       東京証券取引所の市場区分の見直しにより市場第一部からプライム市場へ移行
                                  4/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    3【事業の内容】
      当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下当社という)と子会社46社及び関連会社13社で構成されておりま
     す。 
      セメント事業については、セメントの製造・販売を中心とし、生コンクリートの製造・販売、セメント工場におけ
     る電力の販売やリサイクル原燃料の受入処理、営繕工事、各種品質試験サービス等の事業を行っております。鉱産品
     事業については、石灰石や骨材の採掘・販売等を行っております。建材事業については、コンクリート構造物向け補
     修材料等の製造・販売、その関連工事等を行っております。光電子事業については、導波路タイプ光変調器等の光関
     連部品の製造・販売を行っております。新材料事業については、各種セラミックス製品・各種ナノ粒子材料等の製
     造・販売を行っております。その他事業については、遊休地を活用した不動産賃貸や情報処理サービス、電設工事等
     を行っております。
      当社グループの事業に係る位置づけ、及びセグメントとの関連は、次の通りであります。
      なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5                                          経理の状況      1  連結財務
     諸表等    (1)連結財務諸表         注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。
      セメント事業           当社、八戸セメント㈱、及び和歌山高炉セメント㈱がセメントの製造を行い、当社経由で

                 スミセ建材㈱、東海スミセ販売㈱及び北浦エスオーシー㈱などの特約販売店等に販売して
                 おります。なお、その輸送にあたっては、エスオーシー物流㈱などが海上輸送を、和泉運
                 輸㈱が陸上輸送を行っております。また、当社がセメント系固化材の製造・販売及びセメ
                 ント工場における電力の販売を行うほか、東京エスオーシー㈱等が当社から特約店を経由
                 して供給しているセメントを主原料にして生コンクリートの製造・販売、泉工業㈱が建設
                 発生土の中間処理及び木質チップ等の製造・販売等、㈱中研コンサルタントが各種品質試
                 験サービス、エスオーエンジニアリング㈱等が当社の場内営繕工事を行っております。
                 当社が各地に所有する石灰石鉱山から、製鉄原料としての石灰石や道路工事用、生コンク
      鉱産品事業
                 リート製造用の骨材等を採掘、販売しているほか、滋賀鉱産㈱等が同様の事業展開、秋芳
                 鉱業㈱が石灰石、骨材を採掘し、当社経由で販売を行っております。
      建材事業           当社がコンクリート構造物向け補修材料等の製造・販売やその関連工事を行っておりま
                 す。また、㈱エステックが地盤改良工事等の施工、コンクリート構造物向け補修材料等を
                 製造し当社経由での販売、㈱SNCがコンクリート2次製品を使用した各種工事の施工、
                 ㈱クリコンが各種コンクリート製品の製造・販売等を行っております。
      光電子事業           当社が光通信部品及び計測機器の製造・販売を行っているほか、㈱スミテックが各種汎用
                 電子機器の製造・販売、東莞住創光電子技術有限公司が光通信部品を製造し、当社経由で
                 販売を行っております。
      新材料事業           当社が各種セラミック製品等、各種新素材の製造・販売を行っているほか、住龍納米技術
                 材料(深セン)有限公司が機能性塗料を製造し、当社経由で販売を行っております。
      その他事業           当社が賃貸ビル及び倉庫等の不動産賃貸を行っております。また住友セメントシステム開
                 発㈱が各種ソフトウェアの製作・販売を行っており、千代田エンジニアリング㈱が各種電
                 気設備工事及び電気炉等の設置工事を営んでおります。
                                  5/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      事業の系統図は次の通りであります。
                                  6/122




















                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    4【関係会社の状況】
                                                  2023年3月31日      現在
                       資本金      主要な     議決権の所有割合
        名称         住所                               関係内容
                      (百万円)      事業の内容        (%)
    (連結子会社)
                                          当社は各種セメントを仕入れておりま
                                          す。又、当社は工場用地を賃貸しており
               青森県八戸市
    八戸セメント㈱                    100   セメント            80.0
                                          ます。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は原料用ポルトランドセメントを供
               和歌山県
                                          給し、同社より高炉セメントを仕入れて
    和歌山高炉セメント㈱                    450   セメント            66.7
                                          おります。
               和歌山市
                                          役員の兼任等…有
                                          当社はセメント及びセメント原料の輸送
    エスオーシー物流㈱           東京都千代田区         300   セメント            100.0   を委託しております。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は子会社であるエスオーシー物流㈱
                                       100.0
                                          を通じて用船しております。
    エスオーシーマリン㈱           東京都千代田区         100   セメント
                                      (100.0)
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は大窯ホールディングス㈱の子会社
                                          からエスオーシー物流㈱を通じて用船し
    大窯ホールディングス㈱           大阪府大阪市          50   セメント            100.0
                                          ております。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は子会社であるエスオーシー物流を
                                       100.0
    タイヨウ汽船㈱           大阪府大阪市          20   セメント               通じて用船しております。
                                      (100.0)
                                          役員の兼任等…有
                                          当社はセメントの輸送及びセメント供給
                                          拠点(サービス・ステーション)の管理
    和泉運輸㈱           東京都江東区          42   セメント            100.0
                                          等を委託しております。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社はセメント等を販売しております。
    スミセ建材㈱           東京都文京区          40   セメント            100.0
                                          役員の兼任等…有
                                          当社はセメント等を販売しております。
    東海スミセ販売㈱           愛知県名古屋市          15   セメント            100.0
                                          役員の兼任等…有
                                          当社はセメント等を販売しております。
    北浦エスオーシー㈱           大阪府大阪市          90   セメント            100.0
                                          役員の兼任等…有
                                          当社はセメント製造における場内作業及
                                          び建材製品の製造の委託、建設発生土等
                                          の処理の受託、木質チップ等の仕入を
    泉工業㈱           栃木県佐野市          40   セメント            100.0   行っております。又、外販用石灰石等を
                                          供給し、土地・建物等を賃貸しておりま
                                          す。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は原料用セメントを供給し、土地・
    東京エスオーシー㈱           東京都港区          60   セメント            100.0   建物等を賃貸しております。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は設備工事及び営繕工事を発注して
    エスオーエンジニアリン
               大阪府大阪市         110   セメント            100.0   おります。
    グ㈱
                                          役員の兼任等…有
                                          当社はコンクリート・材料の試験・分析
    ㈱中研コンサルタント           大阪府大阪市          15   セメント            100.0   を委託しております。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社はセメント原料及び外販用石灰石を
    秋芳鉱業㈱           山口県美祢市         250   鉱産品            100.0   仕入れております。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は土地・建物等を賃貸しておりま
    滋賀鉱産㈱           滋賀県米原市          40   鉱産品            100.0   す。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は固化材等を販売し、コンクリート
                                          構造物向け補修材料等を仕入れておりま
                                          す。
    ㈱エステック           大阪府大阪市         300   建材            100.0
                                          又、土地・建物等を賃貸しております。
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は原料用セメントを供給しておりま
               福岡県糟屋郡
                                          す。又、工場用地の一部を賃貸しており
    ㈱SNC                    50   建材            100.0
                                          ます。
               志免町
                                          役員の兼任等…有
               滋賀県愛知郡
    ㈱クリコン                    100   建材            100.0   役員の兼任等…有
               愛荘町
                                          当社は同社に光電子部品の加工を委託し
    ㈱スミテック           静岡県浜松市          30   光電子            100.0   ております。
                                          役員の兼任等…有
                                  7/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
                       資本金      主要な     議決権の所有割合
        名称         住所                               関係内容
                      (百万円)      事業の内容        (%)
                                          当社は情報処理業務を委託しておりま
    住友セメントシステム開
               東京都港区         100   その他            70.0   す。
    発㈱
                                          役員の兼任等…有
                                          当社は同社に工場の一部設備の維持管理
    千代田エンジニアリング
               東京都港区         304   その他            91.7   を委託しております。
    ㈱
                                          役員の兼任等…有
    その他16社

    (持分法適用関連会社)

                                          当社はセメント原料を仕入れておりま
    八戸鉱山㈱           青森県八戸市         100   鉱産品            30.0   す。
                                          役員の兼任等…無
    その他3社

     (注)   1.  主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

       2.  有価証券届出書及び有価証券報告書を提出している会社はございません。
       3.  議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
                                  8/122















                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    5【従業員の状況】
     (1)連結会社の状況
                                               2023年3月31日       現在
             セグメントの名称                           従業員数(名)
                                          1,702    〔 92 〕

     セメント
                                           227   〔 24 〕

     鉱産品
                                           327   〔 65 〕

     建材
                                           124   〔 68 〕

     光電子
     新材料                                      198   〔  314  〕

                                           194    〔 8 〕

     その他
                                           124   〔 13 〕

     全社(共通)
                合計                          2,896    〔  584  〕

       (注)   1.  従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に年間の平均雇用人員を外数で記載しておりま
           す。
         2.  全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
     (2)提出会社の状況

                                               2023年3月31日       現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
             1,243              42.7             18.7           6,921,412

             セグメントの名称                           従業員数(名)

     セメント                                      783    〔   44 〕

                                           38   〔  2 〕

     鉱産品
     建材                                      53   〔   13 〕

     光電子                                      54   〔   38 〕

                                           184   〔 314  〕

     新材料
                                            7   〔 0 〕

     その他
                                           124   〔 13 〕

     全社(共通)
                                          1,243    〔 424  〕

                合計
       (注)   1.  従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に年間の平均雇用人員を外数で記載しておりま
           す。
         2.  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.  全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
     (3)労働組合の状況

       当社グループには、次の労働組合が組織されております。
       なお、労使関係については特記するような事項はございません。
       名称       住友大阪セメント労働組合
       組合員数           828  名(2023年3月31日現在、出向者を含む。)
                                  9/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (4)管理職に占める女性労働者の割合、男性労働者の育児休業取得率及び労働者の男女の賃金の差異
      ①提出会社
                         当事業年度
      管理職に
             男性労働者の
      占める
                            労働者の男女の賃金の差異(%)(注1)
              育児休業
     女性労働者の
              取得率(%)
      割合(%)
              (注2、3)
                       全労働者        正規雇用労働者          パート・有期労働者
      (注1、3)
         1.6         33.3         66.0          68.4            88.2
     (注)1.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)の規定に基づき算出したものであ
         ります。
       2.「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規定に
         基づき、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成3年労
         働省令第25号)第71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであります。
       3.    当該指標に関する目標については、「第2                    事業の状況      2  サステナビリティに関する考え方及び取組(6)
         人材の育成及び社内環境整備に関する方針に関する指標並びに当該指標を用いた目標及び実績」に記載してお
         ります。
      ②連結子会社

           当事業年度
                                      補足説明
            男性労働者の育児休業
      名称
             取得率(%)(注1)
                        女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画において、2021年7月1日
    秋芳鉱業㈱                16.7   から3年間で、「男性育児休業取得者1名以上」を目標として公表して
                        おります。
     (注)1.「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)の規定に
         基づき、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」(平成3年労
         働省令第25号)第71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであります。
                                 10/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
     <経営方針>
      当社グループは、「私たちは、地球環境に配慮し、たゆまない技術開発と多様な事業活動を通じて、豊かな社会の
     維持・発展に貢献する企業グループを目指します。」という企業理念のもと、セメントをはじめとする各種製品の安
     定供給を推進するとともに、持続的発展のため、グループを挙げて事業拡大及びコスト削減等に取り組んでまいりま
     す。
     <事業環境>

      今後のわが国経済は、為替の動向等による物価上昇や海外経済の下振れによる影響がわが国の景気を下押しするリ
     スクがなお存在するものの、政府の経済対策等の効果もあって、引き続き緩やかに持ち直していくことが期待されま
     す。
      セメント業界におきましては、都市部における再開発工事等の民間設備投資が引き続き増加することにより、民需
     は、増加すると見込まれ、また官公需は、公共投資が前年並みで推移すると見込まれることから、セメント国内需要
     は、増加するものと思われます。   
     <「2020―22年度        中期経営計画」の総括>

      当社グループは、「2020―22年度                 中期経営計画」において、セメント関連事業及び高機能品事業の両事業分野で、
     市場を拡大し、安定的に成長し続ける企業グループとなることを将来目指すべき方向性として、各種施策を実行して
     まいりました。ところが、当期は、国際情勢等の事業環境において想定以上の変化が生じたため、最優先でこれに対
     応するとともに、本中期経営計画が大幅な計画未達となることが見込まれたことから、セメント関連事業において
     は、コストアップに対応したセメント販売価格の値上げ及び石炭の安定調達に努め、高機能品事業においては、半導
     体製造装置向け電子材料需要拡大への対応に取り組み、次期中期経営計画に向けた態勢の立て直しに注力してまいり
     ました。しかしながら、本中期経営計画については、収益面においては計画未達となりました。
     <「2023―25年度        中期経営計画」>

      当社グループは、中長期ビジョンとして2035年のありたい姿「SOC                                Vision2035」を定めました。本ビジョンにおい
     ては、環境解決をキーワードとして、持続的な成長を通じて、社会の中で存在感のある会社となることを目指してお
     り、その最初のステップとして、「2023―25年度                       中期経営計画」を策定し、次のとおり取り組んでまいります。
      ①既存事業収益改善

       (イ)セメント事業収益力回復
       (ロ)次世代光通信部品の市場シェア獲得による収益改善
      ②成長基盤構築
       (イ)半導体製造装置向け電子材料事業へのリソース集中投入による規模拡大・収益力強化
       (ロ)海外事業拡大(豪州事業)
       (ハ)脱炭素分野の新規事業開発
      ③経営基盤強化
       (イ)人材戦略   :事業成長を支える人への投資及び新しい人事施策の積極的運用
       (ロ)研究開発戦略 :高機能品事業分野、脱炭素分野の新規事業創出のための研究開発強化
       (ハ)知財戦略   :知財スキル人材育成及び知財情報解析の経営戦略への活用(IPランド
                  スケープ)の推進
       (ニ)DX戦略   :各事業部門の課題解決のための基盤整備
      これらの取り組みを通じて利益の最大化を実現し、安定配当を含めた持続的な株主還元を図るとともに、資産圧縮

     等による資本最適化を通じて、2025年度の数値目標として、ROE(自己資本当期純利益率)8%以上及びROIC(投下資
     本利益率)5%以上を目指してまいります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
                                 11/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    2【サステナビリティに関する考え方及び取組】
      当社グループのサステナビリティに関する考え方及び取組は、次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)方針

        当社グループは、「信用を重んじ確実を旨とする」住友の事業精神に基づき、「私たちは、地球環境に配慮し、
       たゆまない技術開発と多様な事業活動を通じて、豊かな社会の維持・発展に貢献する企業グループを目指しま
       す。」と企業理念を定め、事業を通じて社会課題の解決に取り組んできました。
        当社グループの持続的で健全な発展には、「地球温暖化防止」という国境を越えた社会課題への取組が必要不可
       欠だと考えており、2020年には、2050年カーボンニュートラルへ向けた長期ビジョン「SO-CN2050」を策定し公表
       しました。また、広範囲に及ぶサステナビリティ(持続可能性)を経営に取り入れていく必要があると考え、カー
       ボンニュートラルの実現とともに、「サプライチェーン等における人権尊重」に対しても、包摂的に取り組んでい
       きます。
      (2)マテリアリティ

        当社グループは、企業活動を通じて重点的に取り組む社会課題を、下記の通り5つのマテリアリティとして特定
       しております。マテリアリティへの取組は、当社グループの成長と社会課題の解決を両立するもので、中長期の経
       営戦略の基盤となるものです。
       ①豊かな社会の維持・発展に貢献

        社会インフラを構築するために不可欠で、国民の安全・安心を守る国土強靭化に貢献するセメント製品・サー
       ビスの安定供給と、より便利で快適なIoT・ICT社会に必要な高機能品事業の展開を通して、イノベーションを支
       え、豊かな社会の維持・発展を目指します。また、研究・開発を継続して行い、製品の安全と品質を高めていき
       ます。
       ②地球環境への配慮

        環境負荷の少ない生産・発電・物流を追求して、地球環境保全を図ります。鉱山では資源開発を緑化等による
       森林復元とともに行い、工場・事業所ではエネルギーの効率的な利用、温室効果ガス排出削減、大気・水・土壌
       の汚染防止を進めていきます。
       ③循環型社会への貢献

        セメント製造を通して、産業廃棄物・一般廃棄物・副産物を安全かつ大量にリサイクルして、循環型社会に貢
       献します。また、バイオマス発電事業により、地域の間伐材等を受け入れ、クリーンエネルギー創出の役割を
       担っていきます。
       ④人材の育成・活用

        社員向け研修や、ダイバーシティ推進など諸施策を通して、人材の育成と活用を図ります。各職場では安全へ
       の取組を実施し、人権を尊重し、従業員が心身ともに健康に働けるような環境づくりを推進します。
       ⑤ガバナンスの充実

        企業経営を規律する仕組みであるコーポレートガバナンスの充実により、経営の効率性を向上させるととも
       に、コンプライアンスを徹底することにより経営の健全性と透明性を確保し、継続的な企業価値の向上を実現さ
       せます。
                                 12/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (3)サステナビリティ委員会の設置
        当社グループは「サステナビリティ委員会」を、サステナビリティ(持続可能性)の意識高揚、浸透および定着
       を図る目的で設置しています。委員長を社長と定め、全社の組織を横断して、事業活動と一体化したサステナビリ
       ティ推進に取り組んでいます。
        同委員会の中に専門部会として、カーボンニュートラルおよび環境(生物多様性、大気への排出、排水、廃棄物
       等)への取組を推進する「カーボンニュートラル・環境部会」と、労働・社会(サプライチェーン等における人権
       尊重等)への取組を推進する「労働・社会部会」を設置しています。
        委員会および部会は、議事内容を取締役会に定期的に報告し、重要な事項については取締役会に付議すること
       で、取締役会が監督し、経営と一体としてサステナビリティ課題に取り組んでいます。
      (4)気候変動に関する取組(TCFD提言に沿った気候変動関連の情報開示)





        当社グループは2021年7月に、金融安定理事会(FSB)により設置された気候関連財務情報開示タスクフォース
       (TCFD)による提言に賛同し、当社グループのCO                        排出量の大部分を占めるセメント事業を含むセメント関連事
                              2
       業、高機能品事業等、全事業における気候変動が及ぼす影響についてシナリオ分析を行いました。
        ガバナンス

        当社グループの気候変動問題への取組を推進する機関として社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」
       を設置しています。その下部組織である専門部会「カーボンニュートラル・環境部会」は定期的に開催され、気
       候変動問題に関する情報の集約、リスクの想定、対応策の立案、社内教育・啓蒙プログラム推進等、年度活動の
       計画立案およびその進捗管理を行っています。カーボンニュートラル・環境部会において審議された重要な事項
       については取締役会へ報告し、審議されます。また、カーボンニュートラル・環境部会を運営し、気候変動問題
       を中心としたサステナビリティ課題に関する事項を専属で司る「サステナビリティ推進室」を常設組織として設
       置しています。
        戦略

        当社グループ全事業における気候変動の影響について、2030年を想定し、IPCC(気候変動に関する政府間パネ
       ル)やIEA(国際エネルギー機関)などの専門機関が描くシナリオを参考に、分析を行いました。気候変動がも
       たらすリスクは、低炭素社会への移行に伴うリスク(移行リスク)と物理的な影響(物理的リスク)に分けられ
       ます。地球の平均気温上昇が産業革命前と比べて2℃以下または4℃上昇するシナリオを想定し、それぞれのリ
       スクと機会について、影響度が高いと思われる項目を抽出しました。
                                 13/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
          分 類                 リスク                    機会
         炭素税の引き上げ、           ・セメント産業はエネルギー多消費産                   ・従来より力を入れている石炭代替(廃
    移   政
         温室効果ガス排出や            業であるため、化石エネルギーの                   プラスチック、バイオマス燃料)の更
    行   策
         化石エネルギーに関            価格上昇によりエネルギーコスト                   なる利用推進により、廃棄物収集事業
    リ   ・  する規制            の増加が想定される。                   における収益拡大が期待できる。
                    ・保有する自家発電設備が、非効率石                   ・工場跡地等多数保有する遊休地を、再
    ス   規
                     炭火力のフェードアウト対象と                   生可能エネルギー発電等の新規発電設
    ク   制
                     なった場合、売電事業の縮小や喪                   備や植林に活用できる可能性があり,
                     失の可能性がある。発電設備の廃                   グリーン電力やグリーンカーボンによ
                     止により工場使用電力を小売電気                   り気候変動問題対応から発想する、新
                     事業者から購入した場合、電力コ                   たな事業の創出が期待できる。
                     ストの増加が想定される。
         新技術の開発           ・新技術の研究開発費やカーボン                   ・CO  排出削減技術の向上に伴う収益獲得

                                         2
       技
                     ニュートラル実現のための設備投
                                        が期待できる。(炭酸塩鉱物化技術、
       術
                     資増加による、コストの増加が予
                                        人工光合成水素製造技術、アンモニ
                     想される。
                                        ア/水素利用技術)
                                       ・CO  有効利用技術の進歩とその活用によ
                                         2
                                        り、大量のCO       の安定的固定化と新たな
                                              2
                                        事業分野への拡大が期待できる。(メ
                                        タン、メタノール、プラスチック素
                                        材)
                                       ・保有する未使用特許を新しい市場で活
                                        用できる可能性がある。
         ユーザー行動の       変化    ・混合セメントの使用量が増え、クリ                   ・従来より取り組んできた低炭素型セメ

       市
                     ンカ生産量の減少が想定される。                   ント、低炭素型コンクリートのさらな
       場
                    ・炭素排出コストが低い国からの低価                    る開発と普及促進により製品の差別化
                     格セメントの流入、気候変動対策                   が進み、今後普及と成長が期待される
                     の進んだ国からの低炭素型セメン                   低炭素型建設構造物への採用が進み、
                     トの普及が進み、セメントシェア                   事業を拡大することができる。
                     を圧迫する可能性がある。                  ・ヒートアイランド現象低減効果、燃費
                    ・低炭素物流が求められることで物流                    向上効果、耐久性の観点でLCCに優れた
                     コストが増加する可能性がある。                   コンクリート舗装が普及し、セメント
                                        需要が増加する可能性がある。
                                 14/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
          分 類                 リスク                    機会
          リサイクル市場          ・廃棄物/副産物(廃油類、廃プラス                   ・廃棄物/副産物処理の技術力向上に伴い
    移   市
                     チック、石炭灰、排煙脱硫石膏等)                   受入可能な品目が増加し、廃棄物収
    行   場
                     の発生減少により、廃棄物の収集競                   集・利活用における収益が期待でき
    リ                 争激化、品質悪化、処理費下落、価                   る。
                     格高騰が想定される。                  ・多様な廃棄物を収集、原燃料処理でき
    ス
                    ・バイオマス燃料の調達競争が激化す                    る巨大な製造インフラを有しているこ
    ク
                     ることで価格高騰が想定される。                   とから、廃棄物からの資源抽出・精
                                        製・販売などの新規事業分野の拡大が
                                        期待できる。
          高機能品事業                             ・平均気温上昇に伴うライフスタイル、

                                        ワークスタイルの変革によるデータト
                                        ラフィックの増大や脱化石エネルギー
                                        化による電力供給不足により、大容
                                        量、高速、省電力デバイスのニーズが
                                        高まり、光通信部品や半導体製造装置
                                        需要の増加が想定される。
          ステークホルダーの          ・温室効果ガス排出企業への評価低下                   ・積極的な気候変動対策、CO              利活用に係

                                                    2
       評
          評価の変化            による資金調達難等が予想される。
                                        る新規技術開発と新しいビジネスモデ
       判
                                        ルの推進、廃棄物/副産物処理の貢献
                                        への評価上昇により、資金調達、社員
                                        採用で有利に働くことが期待できる。
          自然災害の頻発・          ・大型台風・豪雨等の頻発により、生                   ・国土強靭化に資するインフラ整備、構

    物   急
          激甚化            産拠点の被害やサプライチェーンが                   造物の維持・補強・補修などに伴うセ
    理   性
                     寸断され、操業への支障や復旧に要                   メント関連製品の需要増加が見込まれ
    的   的              するコスト増加が想定される。                   る。
                                       ・災害廃棄物処理の要請により、社会的
    リ
                                        役割を高めていくことができる。
    ス
          平均気温の上昇、慢          ・気温上昇により生産現場における従                   ・より一層の工期短縮や施工効率化など
    ク
       慢
          性的な異常気象の発            業員の健康・安全面での労働力への                   の省人化工法の需要増加が見込まれ
       性
          生            悪影響が想定される。                   る。
       的             ・海面上昇により、臨海拠点の高潮等                   ・海洋製品の需要拡大、事業創出により
                     浸水被害の可能性がある。                   新たな収益源を獲得できる可能性があ
                                        る。
        2℃シナリオでは、炭素税の引き上げや化石エネルギーに関する規制が強化され、セメント製造及び自家発電設

       備において石炭を使用するほかに、他社石炭火力発電所から発生する石炭灰・石膏をセメント原料とする当社グ
       ループにとって、コスト増加が想定される一方で、石炭に代わる熱エネルギーとして廃プラスチックや木質バイオ
       マス燃料の利用を高めることで、リサイクル処理収入による収益拡大と化石エネルギーの代替によるCO                                                排出量削
                                                      2
       減が期待できます。
        また、CO     の排出削減を推進するためには、研究開発や設備投資によるコストの増加が予想されますが、同時
            2
       に、技術力向上による新たな事業の創出、収益機会の獲得が期待できます。低炭素社会への移行に際し、ユーザー
       行動の変容が想定されますが、製造過程でCO                     を発生するセメントを敬遠し需要が減少する可能性がある反面、ア
                           2
       スファルト舗装よりもライフサイクルコストに優れ、気温上昇を抑える効果も有するコンクリート舗装の評価が高
       まり、セメント需要が増加する可能性もあります。廃棄物/副産物の発生量が減少することが想定され、廃棄物/副
                                 15/122

                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       産物の調達に影響を及ぼす可能性がある一方で、廃棄物/副産物処理技術の向上に伴い受入れ可能な品目が拡大
       し、収益の増加が期待できます。またセメント産業はCO                           を排出する産業としてステークホルダーの評価が下が
                                 2
       り、  資金調達難等が想定される反面、気候変動対策、廃棄物/副産物処理を推進することで企業評価を高めること
       が期待できます。
        高機能品事業分野では、ライフスタイル、ワーキングスタイルの変革によるデータトラフィックの増大や脱化石
       エネルギーによる電力の増加に伴う需給逼迫リスクが増大することから、大容量、高速、省電力デバイスのニーズ
       が高まり、光電子事業の光通信部品や新材料事業の半導体製造装置部品の需要増が期待できます。
        4℃シナリオでは、気候変動を原因とする平均気温の上昇や自然災害の頻発・激甚化により、生産部門での労働
       力への影響や生産拠点やサプライチェーンの被害増加が生じ、コスト増加が見込まれる反面、国土強靭化に資する
       セメント関連製品や省人化工法等の需要増加が見込まれます。
       リスク管理

        当社グループは、サステナビリティ推進室を事務局とする「サステナビリティ委員会カーボンニュートラル・環
       境部会」においてCO          排出量削減の計画立案、進捗管理をグループ横断的に行っています。当社グループの事業が
                2
       気候変動によって受ける影響を識別・評価するため、気候変動のリスクと機会を抽出、分析し、必要に応じて「サ
       ステナビリティ委員会カーボンニュートラル・環境部会」や取締役会を通じて適切に対処します。
       指標及び目標

        当社グループは企業活動を通じて重点的に取り組む社会課題であるマテリアリティ(重要課題)の一つとして
       「地球環境への配慮」を掲げ、リサイクルによるエネルギー代替の推進やバイオマス発電の活用など地球温暖化防
       止に取り組んできました。また、2020年12月には、「2050年カーボンニュートラル」に向けた具体的な中期目標並
       びに長期取組方針である2050年カーボンニュートラルビジョン「SO-CN2050」を策定し、2050年までのあらゆる方
       策を通じて、当社グループの企業活動をカーボンニュートラルにすることに挑戦するとともに、サプライチェーン
       を通じて社会全体の脱炭素化への貢献をするための取組を進めています。
      <2030年のCO      排出削減目標>

           2
       当社グループのセメント工場は、これまで培ったリサイクル利用技術やその調達の最適化により国内トップクラ
      スの化石エネルギー代替率およびリサイクル品使用原単位を実現しています。加えて、国内外の先端省エネルギー
      基幹設備やバイオマス自家発電設備をいち早く導入するなど、セメント製造に係る温室効果ガス排出の削減に積極
      的に取り組んできました。
       ・2030年エネルギー起源CO              排出原単位を2005年比30%削減(排出量では45%削減)

                   2
       ①リサイクル品の更なる利用拡大により化石エネルギー代替率トップクラスの堅持
        目標:化石エネルギー代替率全社平均50%以上へ
        (当社グループ5工場8キルンのうち4キルンで化石エネルギー代替率80%超)
       ②熱効率・電力消費の最小化により電気エネルギー削減(原料粉砕工程の最新鋭化)
       ③自家発電で使用する化石エネルギー削減(木質チップなどバイオマス燃料増量)
       ・目標に対する進捗    

                                                (単位:kg-CO                                                 /t)
                                                       2
                                   実績                 目標
        エネルギー起源CO         排出原単位
                            2005年度           2021年度           2030年度
                 2
                             316           275           220
                                 16/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (5)人材の育成及び社内環境整備に関する方針、戦略
        当社グループは、従業員が安心して働く事ができるように、安全・健康で働きやすい快適な職場環境づくりに努
       めています。また従業員一人ひとりが長きにわたりいきいきと働ける組織・職場づくりを目指し、能力や適性を活
       かして社会に貢献できる人材の育成と、活力のある会社づくりを目指しています。
      ①健康経営(well-being)への取組

        社員の健康保持増進に取り組むため、健康宣言「住友大阪セメントグループは、すべての社員がノビノビ・イキ
       イキと心身ともに健康で、元気よく働くことができる、活気あふれる会社を目指します。」を制定し、2021年度の
       健康経営度調査においては、感染対策や健康診断の受診率、労働時間などのワークライフバランスが業種平均を上
       回った点が評価され、当社において健康経営優良法人2022(大規模法人部門)の認定を取得しました。
        男女とも仕事と生活を両立させながら意欲高く働き続けられる職場環境づくりを推進するため、法定を上回る育
       児・介護休業制度や短時間勤務制度の整備や、一事業年度のうち、年次有給休暇取得奨励日を計画的に配置する事
       で年次有給休暇取得率の向上を図っております。また、テレワーク制度・フレックス制度を整備することで、従業
       員の多様で柔軟な働き方を実現しております。
        その他の取組として、女性特有の健康課題について、従業員への周知と理解を深めることを目的とした産婦人
       科・小児科オンライン(相談窓口)サービスの導入や、従業員の喫煙率低下を目的とした、卒煙に向けた情報発
       信、啓蒙活動等に取り組んでおります。
      ②人材の育成・ダイバーシティの推進

        企業価値の向上に不可欠な市場価値の高いプロフェッショナル人材の育成を目的として各種研修を実施しており
       ます。
        1―4年目の若手社員に対しては、先輩社員が新入社員を指導する「トレーナー制度」や若手社員の早期戦力化
       を目的とした研修を実施し、若手社員の育成に注力しております。5年目以降の階層別研修では、中長期的視点と
       広い視野で10年後の当社の姿を常に考えながら行動することと、人材育成の重要性の意識づけを目的に、集合研
       修・個別指導など複数の手法で実施し、従業員のキャリアに応じた幅広い教育プログラムにて人材の育成に取り組
       んでおります。
        また、多様な人材がいきいきと働ける企業を目指し、女性の積極採用並びに活躍の場の拡充や、障がい者雇用に
       積極的に取り組み、定着に向けた取組を進めています。定年退職者に対しては、知識・技能経験を保有した貴重な
       人材と位置づけ、若年世代への着実な技術継承を行う為、希望者全員が65歳まで更新できる再雇用制度を導入して
       います。加えて、キャリアを振り返り、自身の強みを活かした新たな役割を創造するため、57歳と59歳でキャリア
       研修を実施しております。
      ③安全衛生への取組

        従業員の安全衛生は企業存立の基盤をなすものであり、安全衛生の確保は企業として重要な責務であると考えて
       います。当社グループは安全に厳しい企業として、災害ゼロを目指しており、職場単位の安全教育や、階層別安全
       教育、安全体感装置を用いた安全体感教育等を通じ、「安全に厳しい風土づくり」の醸成に努めています。
        また、当社グループでは、全社の安全衛生・保安対策本部を設置し、事務局を中心とした定期的な連絡会の実施
       等、安全に対する一層の取組強化を行っています。
        不安全行動と不安全状態の解消を徹底し、安全衛生水準の更なる向上と快適な作業環境の形成を図ります。
                                 17/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (6)人材の育成及び社内環境整備に関する方針に関する指標並びに当該指標を用いた目標及び実績
        (5)人材の育成及び社内環境整備に関する方針、戦略で記載した、人材の多様性の確保を含む人材の育成に関
       する方針および社内環境整備に関する方針について、次の指標を用いております。当該指標に関する目標および実
       績は、次の通りであります。
        なお、当社グループでは、当該指標については、当社においては、関連する指標のデータ管理とともに、具体的
       な取組が行われているものの、連結グループに属する全ての会社では行われていないため、連結グループにおける
       記載が困難であります。このため、次の指標に関する目標及び実績は、連結グループにおける主要な事業を営む提
       出会社のものを記載しております。
              指標                  目標            実績(当事業年度)

       管理職に占める女性労働者の割合                  2024年3月31日までに2%以上                            1.6%
       男性労働者の育児休業取得率                  2024年3月31日までに25%以上                           33.3%
       新卒採用数(総合職)に占める女性                  その事業年度の採用活動における
                                                     8.8%
       労働者の割合                  採用率20%以上
       年次有給休暇取得率(組合員平均)                  組合員平均で80%以上の取得率                           81.2%
                                 18/122















                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    3【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の概況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
     能性のある事項には、以下のようなものがあります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)セメント国内需要の減少リスク

       当社グループの基幹事業であるセメントの国内需要は、わが国の公共投資や民間設備投資等の動向に強く影響を
      受けております。そのため、国内の公共投資や民間設備投資が予測を上回る急激なスピードで減少した場合、当社
      グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があります。しかしな
      がら、セメントは社会資本を整備する上で欠かすことのできないものであり、中長期的には一定規模以上の需要は
      安定的に確保されることが予想されます。また、当社グループは当面の国内需要の減少を見据え、過年度において
      セメント工場閉鎖による生産体制の見直しを行うとともにさまざまなコスト削減や販売価格の改善にも取り組んで
      おります。
     (2)原材料の価格高騰リスク

       当社グループの主力事業であるセメント事業では、石灰石、粘土、石炭等さまざまな原材料を使用しておりま
      す。そのため、それら原材料の価格高騰はセメント製造コストの増加を招き、当社グループの財政状態、経営成績
      及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があります。しかしながら、石灰石は長期にわたって
      当社グループの自社鉱山より安定して供給することができる体制が整っております。一方、石炭は、価格が高騰し
      ており、ロシア・ウクライナをめぐる国際情勢等、今後の情勢次第では価格の高騰が長引く可能性があります。当
      社グループは石炭の調達価格上昇によるコスト増加分は販売価格への転嫁に努め、業績への影響の軽減を図ってお
      ります。
     (3)債権回収リスク

       当社グループは、主力製品である各種セメントや生コンクリートについては建設業等の大口顧客やそれら建設業
      等の大口顧客を取引先とする販売店との取引を行っております。それら取引先等の業績が急激に悪化し、当社グ
      ループの債権について貸倒れによる損失が発生した場合、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
      ローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があります。そのため、当社グループは「SS(セメント・サービス・ス
      テーション)渡し」による売掛債権圧縮や取引先に対する流動性担保の確保等を推進し与信管理を強化しておりま
      す。
     (4)工場操業に伴うリスク

       セメント産業は装置産業であり、当社グループのセメント工場は大型設備を有しております。そのため、重大故
      障、火災、事故、自然災害、停電その他の予期せぬ事態により、工場操業に支障を来す事態が発生した場合、復旧
      するための時間やコストを浪費することになり、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
      況に重要な影響を及ぼす可能性があります。しかしながら、当社グループは全ての工場において定期的な設備点検
      や災害防止パトロールを行い、生産計画に基づいた安定操業を図るべく万全の配慮を払っており、想定されるリス
      クが発生する可能性は低いものと考えております。また、当社グループは全国6拠点(当社4工場、関係会社2工
      場)にセメント工場を有しており、仮にどこか1つの工場で操業に支障を来す事態が発生した場合でも、セメント
      工場間の操業振替や業務提携先からの仕入等により取引先に対するセメント供給は安定して行うことが可能であり
      ます。
     (5)高機能品事業のリスク

       当社グループの事業のうち、高機能品事業の関わる市場は、技術の急速な変化やこれに伴う顧客の需要の変化に
      影響を受けます。業界で頻繁な技術革新があるため、比較的短期間で当社グループの既存製品が陳腐化する可能性
      があります。
                                 19/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (6)固定資産の減損リスク
       固定資産減損会計の適用に伴い、固定資産が収益性の低下や市場価値の下落により投資額の回収が見込めないと
      判断された場合、将来の収益計画等に関する予測に基づき、固定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額する固定
      資産の減損処理が必要となります。現時点では、固定資産減損会計への対応は完了しておりますが、今後の地価の
      動向や事業環境の変化により、減損損失が発生した場合、当社グループの財政状態及び経営成績の状況に重要な影
      響を及ぼす可能性があります。
     (7)感染症の流行に伴うリスク

       ウイルス等の感染症の流行により、当社グループの国内外事業所及び製造拠点等での活動に関する規制等を受け
      た場合、製造の中断、営業・物流・調達機能の停滞等が発生し業績に影響を与える可能性があります。さらに、国
      内外での経済・生産活動が停滞した場合には、出荷先の状況により生産縮小、停止、在庫調整により出荷の減少が
      見込まれ、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があり
      ます。また、当社グループは、感染症の発生時には、従業員をはじめとする当社グループの業務に従事する方々の
      安全確保を第一に考え、原則在宅勤務への移行等の対応を実施いたします。
     (8)環境規制等に伴うリスク

       当社グループは、業界最高レベルの資源・エネルギー効率でセメントを生産し、中長期的なCO                                            排出量削減の観
                                                   2
      点から長年培った技術の海外への移転・普及にも積極的に取り組んでおりますが、今後、CO                                           の排出や化石燃料の利
                                                2
      用に対する新たな規制等が導入された場合には、セメント事業を中心に当社グループの事業活動が制約を受けた
      り、費用が増加したりする可能性があります。
       引き続き、「2050年カーボンニュートラル」に向けた当社グループの具体的な中期目標及び長期取組方針である
      「SO-CN2050」に基づき、CO             排出削減への取組を進めてまいります。
                   2
                                 20/122












                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (経営成績等の概要)

      (1)財政状態及び経営成績の状況
         当期におけるわが国経済は、為替の動向等による物価上昇の影響がみられたものの、新型コロナウイルス感
        染症の影響が落ち着いたことに加え、海外経済の改善や政府の経済対策等の効果もあり、緩やかな持ち直しの
        状況が続きました。
         セメント業界におきましては、都市部における再開発工事等により民間設備投資が増加したことから、民需
        が増加したものの、公共事業関係費予算の減額や人手不足等の影響により、官公需が減少したことから、セメ
        ント国内需要は、前期を1.6%下回る37,280千トンとなりました。一方、輸出は、前期を29.1%下回りました。
        この結果、輸出分を含めた国内メーカーの総販売数量は、前期を8.0%下回る45,402千トンとなりました。
         このような情勢の中で、当社グループは、当期を最終年度とする「2020-22年度                                      中期経営計画」に基づき、
        事業戦略として、セメント関連事業(セメント・鉱産品・建材)においては、「セメント・固化材の収益力向
        上と事業基盤整備」・「関連事業の拡大」、高機能品事業(光電子・新材料)においては、「既存主力商品の
        競争優位性の確保と新製品の開発」に係る諸施策に取り組み、また、環境対策として、「環境対策強化」・
        「CO  排出削減への取り組み」を実行してまいりました。
          2
         以上の結果、当期の売上高は、セメント事業、新材料事業等で増収となったことから、204,705百万円と前期
        実績を11.1%上回りました。
         しかしながら、損益は、セメント事業等で減益となったことから、7,849百万円の経常損失となり、前期に比
        べ17,683百万円悪化し、また、投資有価証券売却益を計上したものの、5,719百万円の親会社株主に帰属する当
        期純損失となり、前期に比べ15,394百万円の悪化となりました。
         事業別の概況は、次のとおりであります。

         なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しており、前連結会計年度との比較・分析は変更
        後の区分に基づいて記載しております。
       1.  セメント

         販売数量が前期を下回ったものの、コストアップに対応した国内販売価格の値上げを実施したことなどか
        ら、売上高は、140,344百万円と前期に比べ13,724百万円(10.8%)増となったものの、石炭価格の高騰等によ
        り、損益は、19,542百万円の営業損失と前期に比べ17,160百万円の悪化となりました。
       2.  鉱産品

         海外及び国内鉄鋼向け石灰石が増収となったことなどから、売上高は、13,370百万円と前期に比べ1,060百万
        円(8.6%)増となり、営業利益は、2,448百万円と前期に比べ184百万円(8.1%)増となりました。
       3.  建材

         地盤改良工事が増加したことなどから、売上高は、22,107百万円と前期に比べ1,384百万円(6.7%)増と
        なったものの、営業利益は、コンクリート二次製品の販売数量が減少したこと及び原材料費等のコストが増加
        したことなどから、1,511百万円と前期に比べ306百万円(16.9%)減となりました。
       4.  光電子

         新伝送方式用光通信部品の販売数量が減少したことなどから、売上高は、2,385百万円と前期に比べ1,382百
        万円(36.7%)減となり、損益は、129百万円の営業損失と前期に比べ228百万円の悪化となりました。
       5.  新材料

         半導体製造装置向け電子材料の販売数量が増加したことなどから、売上高は、21,678百万円と前期に比べ
        7,082百万円(48.5%)増となり、営業利益は、5,384百万円と前期に比べ2,080百万円(63.0%)増となりまし
        た。
                                 21/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       6.  その他
         電池材料事業を譲渡したことなどにより、売上高は、4,818百万円と前期に比べ1,373百万円(22.2%)減と
        なったものの、不動産賃貸事業における補修費が減少したことなどにより、営業利益は、1,867百万円と前期に
        比べ166百万円(9.8%)増となりました。
      (2)キャッシュ・フローの状況

        当期の現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動によって16,146百万円減少し、また、投資
       活動によって19,818百万円減少し、財務活動によって37,292百万円増加したこと等により、前期末に比べ1,414百
       万円の増加となりました。その結果、当期末の資金残高は14,500百万円(前期比10.8%増)となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において営業活動により使用した資金は、16,146百万円(前連結会計年度は18,255百万円の収
       入)となりました。これは、税金等調整前当期純損失3,111百万円、棚卸資産の増減額23,484百万円の増加(支
       出)があったこと等によるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において投資活動により使用した資金は、19,818百万円(前期比23.4%の支出増加)となりま
       した。これは、固定資産の取得による支出27,913百万円があったこと等によるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において財務活動により得られた資金は、37,292百万円(前連結会計年度は7,995百万円の支
       出)となりました。これは、長期借入れによる収入18,860百万円、社債の発行による収入15,000百万円があった
       こと等によるものです。
                                 22/122













                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (生産、受注及び販売の状況)
      (1)生産実績
       当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
          セグメントの名称                   金額(百万円)                 前期比(%)

     セメント                            99,195                 144.8
     鉱産品                            9,734                 120.4
     建材                            4,644                 100.9
     光電子                            2,073                 50.2
     新材料                            14,723                 155.7
     その他                            1,395                 67.3
             合計                   131,767                  136.0
       (注)   金額は製造原価ベースによっております。
      (2)受注状況

       当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
                          受注高                 受注残高
          セグメントの名称                       前期比(%)                 前期比(%)
                         (百万円)                 (百万円)
     建材                      16,923         124.7         4,618         138.5
     その他                       3,267         188.1          438       103.6
             合計               20,191         131.9         5,057         134.6
       (注)   対象は、建材セグメントにおける各種工事、不動産・その他事業における各種ソフトウエア製作、各種電気
         工事等であります。なお、上記以外のセグメントについては、受注生産形態をとらない製品がほとんどであ
         るため、記載を省略しております。
      (3)販売実績

       当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
          セグメントの名称                   金額(百万円)                 前期比(%)

     セメント                           140,344                  110.8
     鉱産品                            13,370                 108.6
     建材                            22,107                 106.7
     光電子                            2,385                 63.3
     新材料                            21,678                 148.5
     その他                            4,818                 77.8
             合計                   204,705                  111.1
       (注)主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合については、当該割合が100分の10以上となる取引先が
         存在しないため、記載を省略しております。
                                 23/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)
      経営者の視点による当社グループ(当社及び連結子会社)の当連結会計年度における経営成績等の状況に関する認
     識及び分析・検討内容は、以下の通りであります。
      (1)経営成績の分析

        当連結会計年度の経営成績の概況については、「(経営成績等の概要)の(1)財政状態及び経営成績の状況」
       に記載しております。
      1 セメント需要、当社セメント販売数量の推移(最近5連結会計年度)

                     2019年3月       2020年3月        2021年3月       2022年3月        2023年3月
                     ( 第156期    )   ( 第157期    )   ( 第158期    )   ( 第159期    )   ( 第160期    )
     セメント需要
      国内需要(千トン)                  42,589        40,970       38,670        37,882       37,280
      輸出(千トン)                  10,371        10,532       11,113        11,484        8,137
     当社販売数量
      国内(千トン)                   8,925       8,764        8,286       8,342        8,145

      輸出(千トン)                   1,366       1,295        1,424       1,535        1,150

      計(千トン)                  10,291        10,058        9,710       9,876        9,295

      2 売上高、損益の推移(最近5連結会計年度)

                     2019年3月       2020年3月        2021年3月       2022年3月        2023年3月
                     ( 第156期    )   ( 第157期    )   ( 第158期    )   ( 第159期    )   ( 第160期    )
     売上高(百万円)                  251,061        245,159       239,274        184,209       204,705
     営業利益又は営業損失(△)
                        14,178        16,128       16,631        6,878      △8,555
     (百万円)
     経常利益又は経常損失(△)
                        15,799        16,947       17,641        9,834      △7,849
     (百万円)
     親会社株主に帰属する当期純利
     益又は
                        7,799       10,922       11,719        9,674      △5,719
     親会社株主に帰属する当期純損
     失(△)(百万円)
     総資産額(百万円)                  324,755        321,108       329,650        331,107       356,558
     売上高経常利益率(%)                    6.3       6.9        7.4       5.3      △3.8

     総資産経常利益率(%)                    4.8       5.2        5.4       3.0      △2.3

                                 24/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (2)財政状態(流動性及び資本の源泉)の分析
        当連結会計年度末の総資産は356,558百万円となり、前連結会計年度末に比べて25,450百万円の増加となりまし
       た。流動資産は116,978百万円となり、前連結会計年度末に比べて29,221百万円の増加となりました。固定資産は
       239,579百万円となり、前連結会計年度末に比べて3,771百万円の減少となりました。
        流動資産増加の主な要因は、原材料及び貯蔵品の増加等によるものです。固定資産減少の主な要因は、投資有
       価証券の減少等によるものです。
        当連結会計年度末の負債の合計は171,966百万円となり、前連結会計年度末に比べて44,032百万円の増加となり
       ました。流動負債は102,044百万円となり、前連結会計年度末に比べて26,564百万円の増加となりました。固定負
       債は69,922百万円となり、前連結会計年度末に比べて17,467百万円の増加となりました。
        流動負債増加の主な要因は、短期借入金、コマーシャルペーパーの増加等によるものです。固定負債増加の主
       な要因は、社債、長期借入金の増加等によるものです。
        当連結会計年度末の純資産は184,591百万円となり、前連結会計年度末に比べて18,582百万円の減少となりまし
       た。主な要因は、利益剰余金の減少等によるものです。
     (3)キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        当社グループの当連結会計年度のキャッシュ・フローの概況は、「(経営成績等の概要)の(2)キャッシュ・
       フローの状況」に記載しております。
        当社グループの資本の財源及び資金の流動性について、当社グループの資金需要は、製品の製造販売に関わる
       原材料費・運搬費や営業費用などの運転資金、設備投資資金及び研究開発などであります。資金調達は、主とし
       て内部資金により充当し、必要に応じ金融機関からの借入や社債発行などにより確保しております。
        最近5連結会計年度においては、営業活動によるキャッシュ・フローにより現金及び現金同等物(以下「資
       金」という。)を確実に獲得し、その資金を設備投資に活用しておりましたが、当連結会計年度は、営業活動に
       よるキャッシュ・フローがマイナスとなったため、金融機関からの借入や社債発行などにより、必要資金を確保
       いたしました。有利子負債は、2023年3月期には99,719百万円となりました。
        今後、当社グループは、2035年のありたい姿である「SOC                           Vision2035」を目指す中で、収益の改善・拡大に努
       め、営業活動で獲得した資金は、維持更新に加えてカーボンニュートラルや成長戦略への投資、株主還元などに
       活用していく方針であります。
      1 キャッシュ・フローの推移(最近5連結会計年度)

                      2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月
                      ( 第156期    )   ( 第157期    )   ( 第158期    )   ( 第159期    )   ( 第160期    )
     営業活動によるキャッシュ・
                        29,252       32,305       32,797       18,255      △16,146
     フロー(百万円)
     投資活動によるキャッシュ・
                       △20,032       △18,815       △18,884       △16,062       △19,818
     フロー(百万円)
     財務活動によるキャッシュ・
                       △15,755       △12,959       △10,869        △7,995        37,292
     フロー(百万円)
     現金及び現金同等物の期末残高
                        15,270       15,799       18,600       13,085       14,500
     (百万円)
                                 25/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      2 有利子負債の推移(最近5連結会計年度)
                     2019年3月       2020年3月        2021年3月       2022年3月        2023年3月
                     ( 第156期    )   ( 第157期    )   ( 第158期    )   ( 第159期    )   ( 第160期    )
     有利子負債残高(百万円)                  61,063        52,608       51,405        56,641       99,719
     純資産額(百万円)                  194,138        198,699       205,827        203,173       184,591

     有利子負債/純資産(%)                   31.5       26.5        25.0       27.9        54.0

       (注) 有利子負債残高は短期借入金、コマーシャルペーパー、社債及び長期借入金の合計額であります。
     (4)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
      ります。連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状
      況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載しております。連結財務
      諸表の作成にあたっては、会計上の見積りを行う必要があり、固定資産の減損会計や繰延税金資産の回収可能性等
      については、過去の実績や他の合理的な方法により見積りを行っております。当社グループは、これらの見積りの
      妥当性に対し継続して評価を行っておりますが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果と異なる場合があ
      ります。
    5【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
                                 26/122













                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    6【研究開発活動】
      当社グループ(当社及び連結子会社)は、常に独創技術の開発を基本理念として、主力事業であるセメント・コン
     クリート、並びにその周辺分野である建設資材等に関する新技術・新製品の研究開発をはじめ、それらの基盤技術を
     ベースとした新規事業である光電子・新材料事業分野における研究開発に至るまで、幅広く積極的な研究開発活動を
     行っております。
      当社グループの研究開発体制は、セメント・コンクリート研究所、新規技術研究所、建材事業部、光電子事業部、
     新材料事業部より構成されております。
      なお、当連結会計年度における研究開発費は                     3,092   百万円であり、各セグメントの研究の目的、主要課題、研究成果
     及び研究開発費は次の通りであります。
     1.  セメント

       当社のセメント・コンクリート研究所が、セメント事業に係わるセメント、コンクリート及びその関連分野の研
      究、開発を行っております。なお、当事業に係る研究開発費は                             694  百万円であり、当連結会計年度の主な成果として
      は以下の通りであります。
       ①セメント・固化材の品質及び環境負荷低減に対応したセメント製造技術に関する研究
       ②資源循環型社会に向けたリサイクル資源の原燃料化に関する研究
       ③コンクリート産業のDX・AIの利用技術に関する技術開発
       ④重金属汚染対策材の拡販に向けた技術開発
       ⑤SO-CN2050を目指した低炭素化関連技術開発
     2.  建材

       当社のセメント・コンクリート研究所が、建材事業に係わるセメント関連製品の研究、開発を行い、建材事業部
      が、それをもとに商品化及び改良、用途開発を行い、新商品の初期事業化を行っております。また、建材事業部独
      自にて、電気防食、海洋製品の開発を手掛けております。なお、当事業に係る研究開発費は                                          188  百万円であり、当連
      結会計年度の主な成果としては以下の通りであります。
       ①コンクリート床版補修材料の開発、高性能化
       ②断面修復材の高機能化
       ③省力化工法の開発
       ④環境配慮型材料の開発
     3.  光電子

       当社の新規技術研究所が光電子分野の基礎研究及び商品開発を行い、それをもとに光電子事業部がその応用製品
      の商品化、並びに事業化の研究・開発を行っております。なお、当事業に係る研究開発費は                                          1,127   百万円であり、当
      連結会計年度の主な成果としては以下の通りであります。
       ①800Gbps/1.2Tbps伝送方式に適応したコヒーレント対応LN変調器の商品開発
       ②次世代小型光デバイスに対応した要素技術開発
     4.  新材料

       当社の新規技術研究所が新材料分野の基礎研究及び商品開発を行い、それをもとに新材料事業部がその応用製品
      の商品化、並びに事業化の研究・開発を行っております。なお、当事業に係る研究開発費は                                          1,059   百万円であり、当
      連結会計年度の主な成果としては以下の通りであります。
       ①次世代半導体製造装置向け静電チャックの商品開発及び要素技術開発
       ②化粧品用及び機能性材料の商品開発
       ③半導体製造装置向け部材の材料及び製造プロセスの基盤技術開発
                                 27/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当社グループ(当社及び連結子会社)は、主力事業であるセメント事業においては、生産・物流の更なる合理化
      を通じ、その事業基盤の安定化を図っております。また、セメント以外の事業分野においては、成長分野への重点
      的な経営資源の配分を行うことにより、収益の拡大を図るという中長期的な経営戦略に基づき、設備投資を実施し
      ております。当連結会計年度の設備投資額は、セメント事業                            22,570   百万円、鉱産品事業         3,005   百万円、建材事業        466
      百万円、光電子事業         220  百万円、新材料事業         3,184   百万円、その他事業         219  百万円、総額      29,666   百万円の設備投資を実
      施しました。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、次の通りであります。
      (1)提出会社
                                                 2023年3月31日      現在
                                  帳簿価額(百万円)
             セグメント
       事業所名
                                                     従業員数
                  設備の内容
                       建物及び     機械装置及           リース
                                  土地
                                                      (名)
      (所在地)
             の名称
                                            その他      合計
                                 (面積千㎡)
                       構築物     び運搬具           資産
    栃木工場
                                   1,199
             セメント     生産設備      2,739     6,278            ―      0   10,217      88
                                   (507)
    (栃木県佐野市)
    岐阜工場
                                    595
             セメント     生産設備      1,879     4,224            ―      2   6,702      84
                                   (548)
    (岐阜県本巣市)
    赤穂工場
                                   3,232
             セメント     生産設備      7,064     12,836            ―     51   23,184      133
                                   (796)
    (兵庫県赤穂市)
    高知工場
                                    955
             セメント     生産設備      7,983     13,282            ―     35   22,257      137
                                   (630)
    (高知県須崎市)
    セメント供給拠点
                                   6,738
    (サービス・ステー
             セメント     保管基地      4,397     1,942      (403)     1,272       5   14,355      ―
    ション)
                                    [53]
    (全国58箇所)
    セメント・コンク
                  研究開発
    リート研究所
             セメント            463      82     ―     ―     24     570     61
                  設備
    (千葉県船橋市他)
    新規技術研究所
                  研究開発
    新材料事業部
             光電子及び                       532
                  設備及び      6,174     2,053            ―     389    9,150     238
             新材料                       (25)
    光電子事業部
                  生産設備
    (千葉県船橋市他)
    原料地
             セメント及
                  原石用地       ―     ―     ―     ―   16,034     16,034      ―
             び鉱産品
    (山口県美祢市他)
    本社
                  その他の                3,669
             全社           1,646       0          ―     378    5,694     124
                  設備                 (923)
    (東京都港区)
      (2)国内子会社

                                                  2023年3月31日      現在
                                      帳簿価額(百万円)
                  セグメント
             事業所名                                          従業員数
      会社名                 設備の内容
                            建物及び     機械装置及          リース資
                                       土地
            (所在地)                                           (名)
                  の名称
                                                その他    合計
                                      (面積千㎡)
                            構築物     び運搬具          産
            本社
    エスオーシーマ                                     44
            (東京都      セメント     船舶等        55    6,305          ―    1  6,406     153
    リン㈱                                     (1)
            千代田区)
            本社
    大窯汽船㈱              セメント     船舶等         0    5,659          ―    0  5,659     79
            (大阪府                              ―
            大阪市)
            本社
                                         393
    八戸セメント㈱       (青森県      セメント     製造設備       2,175     2,730           7   56   5,363     83
                                        (188)
            八戸市)
            本社
                       石灰石採                  12
    秋芳鉱業㈱       (山口県      鉱産品            3,210     1,832          ―    8  5,065     115
                       掘設備                  (5)
            美祢市)
                                 28/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (注)   1.  帳簿価額のうち、「その他」は工具、器具及び備品及び原料地勘定の合計であり、建設仮勘定は含めて
           おりません。
         2.  セメントサービスステーションには、一部賃借しているものがあり、賃借している土地の面積について
           は〔 〕書きしております。
         3.  原料地は、提出会社が全国各地に所有する採掘用地であり総面積は15,052千㎡であります。
         4.  本社欄に記載している従業員数はセグメントにおいて「全社」に区分される従業員のことであり、本社
           ビルの在勤者数とは一致いたしません。
         5.  本社欄に記載の土地及び建物及び構築物は各所に所在するものを含んでおります。
         6.  現在休止中の主要な設備はございません。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループ(当社及び連結子会社)は、生産・物流の更なる合理化投資を通じ主力事業のセメント事業におけ
      るコスト削減に努め、その事業基盤の安定化を図っております。またセメント以外の事業分野については、成長分
      野への重点的な経営資源の配分を行うことにより、更なる業容の拡大を図るという中長期的な経営戦略に基づき投
      資計画を決定しております。
       当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、除却等の計画は次の通りであります。
      (1)新設
                                 投資予定額               着手及び完了予定
                  セグメン
      事業所名       所在地           設備の内容                資金調達方法
                                総額    既支払額
                  トの名称
                                                着工      完了
                               (百万円)     (百万円)
                                         自己資金、
                       排ガス処理設備
    当社        兵庫県
                                         社債発行資
                  セメント     (No.3キルン)          2,500      296        2021年12月      2024年9月
                                         金及び借入
    赤穂工場        赤穂市
                       更新工事
                                         金
                                         自己資金、
    当社        兵庫県          原料ミル                  社債発行資
                  セメント               1,813      874        2022年1月      2024年6月
    赤穂工場        赤穂市          最新鋭化工事                  金及び借入
                                         金
                                         自己資金、
                       脱塩処理設備
    当社        高知県                            社債発行資
                  セメント     (6号キルン)          1,250     1,036         2022年1月      2023年8月
    高知工場        須崎市                            金及び借入
                       能力増強工事
                                         金
                                         自己資金、
                       脱塩処理設備
    当社        高知県                            社債発行資
                  セメント     (7号キルン)          1,380      14        2022年11月      2024年4月
    高知工場        須崎市                            金及び借入
                       能力増強工事
                                         金
                                         自己資金、
                       廃プラスチック
    当社        高知県                            社債発行資
                  セメント     破砕投入設備設置          1,597      198        2022年4月      2024年3月
    高知工場        須崎市                            金及び借入
                       工事
                                         金
                                         自己資金、
    当社        高知県          石炭屋外備蓄                  社債発行資
                  セメント               4,175      351        2022年7月      2025年4月
    高知工場        須崎市          ヤード設置工事                  金及び借入
                                         金
                                         自己資金、
                       半導体製造装置向
    当社        千葉県                            社債発行資
                  新材料     け電子材料生産能          2,815     2,271         2021年11月      2023年9月
    新材料事業部        市川市                            金及び借入
                       力増強工事
                                         金
            山口県          秋芳鉱山船積バー                  自己資金
    秋芳鉱業㈱             鉱産品               5,475      93        2023年2月      2025年12月
            美祢市          ス更新・延伸工事                  及び借入金
      (2)除売却等
        重要な設備について、当連結会計年度末時点で判明している除売却計画はございません。
                                 29/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

        普通株式                                       130,000,000
                 計                             130,000,000
       ②【発行済株式】

            事業年度末現在発行数             提出日現在発行数

                                    上場金融商品取引所名又は
       種類        (株)            (株)        登録認可金融商品取引業協                 内容
                                    会名
            ( 2023年3月31日       )    (2023年6月28日)
                                       東京証券取引所            単元株式数は
     普通株式          34,329,517            34,329,517
                                       プライム市場            100株である
       計        34,329,517            34,329,517              ―           ―
      (2)【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式

                          発行済株式                   資本準備金       資本準備金
                                       資本金残高
                                資本金増減額
          年月日         総数増減数       総数残高                   増減額       残高
                                 (百万円)
                                       (百万円)
                           (株)                  (百万円)       (百万円)
                    (株)
     2018年6月15日(注)1             △11,000,000       406,432,175           ―    41,654         ―     10,413

     2018年10月1日(注)2             △365,788,958        40,643,217          ―    41,654         ―     10,413

     2020年11月30日(注)1              △2,000,000       38,643,217          ―    41,654         ―     10,413

     2021年9月30日(注)1              △1,400,000       37,243,217          ―    41,654         ―     10,413

     2022年5月31日(注)1              △2,913,700       34,329,517          ―    41,654         ―     10,413

        (注)1.自己株式の消却による減少であります。
          2.2018年6月28日開催の第155回定時株主総会において、株式の併合に係る議案(当社普通株式につい
             て、10株を1株に併合)が承認可決されたため、同年10月1日をもって、当社の発行済株式総数は
             365,788,958株減少し、40,643,217株となっております。
                                 30/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                2023年3月31日      現在
                        株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                    単元未満
       区分                           外国法人等                  株式の状
           政府及び地          金融商品取     その他の法
                 金融機関                         個人その他       計
                                                    況(株)
           方公共団体          引業者     人
                                個人以外      個人
     株主数(人)         ―     35     27     260     186      13   13,602     14,123       ―
     所有株式数
               ―   106,560      6,487     34,490     154,267       42   38,686    340,532     276,317
     (単元)
     所有株式数の
               ―    31.29      1.90     10.13     45.30      0.01     11.36    100.00       ―
     割合(%)
       (注) 自己株式49,373株は、「個人その他」に49,300単元及び「単元未満株式の状況」に73株をそれぞれ含めて
          記載しております。
      (6)【大株主の状況】
                                                 2023年3月31日       現在
                                                  発行済株式(自
                                                  己  株  式  を  除
                                            所有株式数
            氏名又は名称                      住所                く。)の総数に
                                             (千株)
                                                  対する所有株式
                                                  数の割合(%)
    日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託
                           東京都港区浜松町2丁目11番3号                   5,804      16.93
    口)
    NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)    RE  SILCHESTER
                           50  BANK   STREET    CANARY    WHARF
    INTERNATIONAL        INVESTORS      INTERNATIONAL
                           LONDON    E14  5NT,   UK(東京都中央区           3,632      10.60
    VALUE   EQUITY    TRUST(常任代理人 香港上海銀
                           日本橋3丁目11―1)
    行東京支店 カストディ業務部)
    株式会社日本カストディ銀行(信託口)                       東京都中央区晴海1丁目8―12                   2,279       6.65

    NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)    RE  U.S.   TAX   50  BANK   STREET    CANARY    WHARF
    EXEMPTED     PENSION    FUNDS(常任代理人 香港上              LONDON    E14  5NT,   UK(東京都中央区           1,547       4.51
    海銀行東京支店 カストディ業務部)                       日本橋3丁目11―1)
                           1201   MARKET    STREET    SUITE   1202,
    THE  KILTEARN     GLOBAL    EQUITY    FUND(常任代理
                           WILMINGTON,       DE  19801,    UNITED      1,255       3.66
    人 香港上海銀行東京支店 カストディ業務
    部)
                           STATES
    NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)    RE  IEDU   UCITS
                           50  BANK   STREET    CANARY    WHARF
    CLIENTS    NON  LENDING    15  PCT  TREATY    ACCOUNT
                           LONDON    E14  5NT,   UK(東京都中央区           1,239       3.62
    (常任代理人 香港上海銀行東京支店 カスト
                           日本橋3丁目11―1)
    ディ業務部)
    NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)    RE  NON  TREATY    50  BANK   STREET    CANARY    WHARF
    CLIENTS    ACCOUNT(常任代理人 香港上海銀行                  LONDON    E14  5NT,   UK(東京都中央区           1,193       3.48
    東京支店 カストディ業務部)                       日本橋3丁目11―1)
                           P.O.     BOX    351    BOSTON
    STATE   STREET    BANK   AND  TRUST   COMPANY    505103
                           MASSACHUSETTS       02101   U.S.A.(東京
                                               873      2.55
    (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)
                           都港区港南2丁目15-1品川イン
                           ターシティA棟)
    住友生命保険相互会社                       東京都中央区八重洲2丁目2-1                    852      2.49
                           PALISADES      WEST   6300,BEE     CAVE
    DFA  INTL   SMALL   CAP  VALUE   PORTFOLIO(常任代         ROAD   BUILDING     ONE   AUSTIN    TX
                                               673      1.96
    理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)                       78746   US(東京都新宿区新宿6丁目
                           27番30号)
              計                    ―           19,351       56.45
     (注)1.上記のほか当社所有の自己株式49千株(0.14%)があります。
                                 31/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       2.2022年8月19日付で公衆の縦覧に供されている大量保有に関する変更報告書において、野村證券株式会社及

         びその共同保有者であるノムラ インターナショナル ピーエルシー(NOMURA                                    INTERNATIONAL       PLC)及び野
         村アセットマネジメント株式会社が2022年8月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているも
         のの、当社として2023年3月31日現在の実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含め
         ておりません。
         なお、その大量保有に関する変更報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                             (千株)         (%)
    野村アセットマネジメント株式会社                    東京都江東区豊洲二丁目2番1号                      2,085       6.07
                        1  Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,
    ノムラ インターナショナル ピーエル
                                                113      0.33
    シー(NOMURA       INTERNATIONAL       PLC)
                        United    Kingdom
    野村證券株式会社                    東京都中央区日本橋一丁目13番1号                        27     0.08
             計                   ―              2,226       6.49

       3.2023年2月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有に関する変更報告書において、三井住友信託銀行株

         式会社及びその共同保有者である三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社及び日興アセットマネ
         ジメント株式会社が2023年1月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社とし
         て2023年3月31日現在の実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、その大量保有に関する変更報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                             (千株)         (%)
    三井住友トラスト・アセットマネジメン
                         東京都港区芝公園一丁目1番1号                       932      2.72
    ト株式会社
    日興アセットマネジメント株式会社
                         東京都港区赤坂九丁目7番1号                       880      2.56
                         東京都千代田区丸の内一丁目4番
    三井住友信託銀行株式会社                                           142      0.42
                         1号
             計                    ―              1,956       5.70
       4.2023年6月19日付で公衆の縦覧に供されている大量保有に関する変更報告書において、キルターン・パート

         ナーズ・エルエルピー(Kiltearn                Partners     LLP)が2023年6月13日現在で以下の株式を所有している旨が
         記載されているものの、当社として2023年3月31日現在の実質所有株式数の確認ができないため、上記大株
         主の状況には含めておりません。
         なお、その大量保有に関する変更報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                             (千株)         (%)
                        英国スコットランドEH3 8BL、ミッ
    キルターン・パートナーズ・エルエル
                        ドロージアン、エディンバラ、センプ
                                               1,382       4.03
    ピー(Kiltearn        Partners     LLP)
                        ル・ストリート、エクスチェンジ・プ
                        レイス3
                                 32/122








                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
       ①【発行済株式】
                                               2023年3月31日       現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                     ―           ―            ―

    議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―            ―

    議決権制限株式(その他)                     ―           ―            ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                ―     単元株式数は100株です。
                    普通株式        49,300
                    普通株式      34,003,900
    完全議決権株式(その他)                                340,039     単元株式数は100株です。
                    普通株式       276,317
    単元未満株式                                ―     1単元(100株)未満の株式
    発行済株式総数                      34,329,517          ―            ―

    総株主の議決権                     ―           340,039            ―

     (注)「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社株式
        27,300株(議決権の数273個)が含まれております。
       ②【自己株式等】

                                               2023年3月31日       現在
                                                発行済株式総数に
     所有者の氏名又                   自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
               所有者の住所                                 対する所有株式数
     は名称                   株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                の割合(%)
    住友大阪セメント          東京都港区東新橋
                           49,300       ―         49,300          0.14
    株式会社          一丁目9番2号
        計          ―         49,300       ―         49,300          0.14
                                 33/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
       ① 株式報酬制度の概要
          当社は、2020年5月22日開催の取締役会の決議及び2020年6月26日開催の第157回定時株主総会の決議に
         よって、当社の取締役(社外取締役を除きます。)及び執行役員(以下総称して「取締役等」といいま
         す。)を対象に、新たに株式報酬制度(信託制度を利用した株式報酬(株式交付信託))を導入いたしまし
         た。
          本制度は、取締役等の報酬と当社の株式価値との連動性をより明確にし、取締役等が株価の変動による利
         益・リスクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高め
         ることを目的としております。
          本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」といいます。)が当社株式を
         取得し、当社が取締役等に役位等に応じて付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて
         取締役等に対して交付される、という株式報酬制度であります。本制度の対象期間(2020年6月26日開催の
         当社第157回定時株主総会終結日の時から2023年6月の当社定時株主総会終結の時までの約3年間)中に、
         本制度に基づき当社株式を取締役等に交付するために必要な当社株式の取得資金として、当社が本信託に拠
         出する金銭は、合計金150百万円を上限としております。当社が取締役等に付与するポイントの総数は、1
         事業年度あたり10,000ポイントを上限(1ポイントは当社株式1株とします。)とし、取締役等が当社株式
         の交付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時としております。
          また、本制度は、対象期間満了の都度、当社取締役会の決定により、対象期間を3年以内の期間を定めて
         延長するとともに、これに伴い本信託の信託期間を延長し(当社が設定する本信託と同一の目的の信託に本
         信託の信託財産を移転することにより、実質的に信託期間を延長することを含みます。以下も同様で
         す。)、継続することがあります。この場合、当社は、当該延長分の対象期間中に、本制度により取締役に
         交付するために必要な当社株式の追加取得資金として、当該延長分の対象期間の年数に金50百万円を乗じた
         金額を上限とする金銭を本信託に追加拠出することとしております。                                 なお、当社は、本制度の対象期間を
         2023年6月28日開催の当社第160回定時株主総会終結の時から2026年6月の当社定時株主総会終結の時まで
         の約3年間延長することを2023年5月30日開催の取締役会において決議しております                                       。
       ② 株式報酬制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          取締役等のうち受益者要件を満たす者
                                 34/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    2【自己株式の取得等の状況】
                会社法第155条第3号及び第7号に該当する普通株式の取得
     【株式の種類等】
     (1)【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (2)【取締役会決議による取得の状況】

       会社法第155条第3号による取得
                区分                   株式数(株)            価額の総額(百万円)
    取締役会(2021年11月25日)での決議状況
                                       3,500,000                10,000
    (取得期間2021年11月26日~2022年6月30日)
    当事業年度前における取得自己株式                                   2,392,000                8,297
    当事業年度における取得自己株式                                    521,700               1,702
    残存決議株式の総数及び価額の総額                                    586,300                 0
    当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     16.75               0.00
    当期間における取得自己株式                                      ―              ―
    提出日現在の未行使割合(%)                                     16.75               0.00
     (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)            価額の総額(百万円)

     当事業年度における取得自己株式                                   4,939                16
     当期間における取得自己株式                                    645               2

    (注) 当期間における取得自己株式には、2023年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
       による株式は含まれておりません。
     (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                               当事業年度                 当期間

              区分
                                  処分価額の総額                処分価額の総額
                           株式数(株)                株式数(株)
                                    (百万円)                (百万円)
    引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―
    消却の処分を行った取得自己株式                        2,913,700          10,008          ―        ―
    合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                ―        ―        ―        ―
    移転を行った取得自己株式
    そ の 他
                               221         0       ―        ―
    (単元未満株式の売渡請求による売渡)
    保有自己株式数                          49,373          ―      50,018          ―
      (注) 1.当事業年度及び当期間の保有自己株式数には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社
          株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、2023年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元
          未満株式の買取り・売渡による株式は含まれておりません。
                                 35/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    3【配当政策】
      当社は、株主各位に対する利益配分を、基本的には、収益に対応して決定する重要事項と認識しております。
      この収益を将来にわたって確保するためには、装置産業であるセメント製造業として、不断の設備の改善、更新の
     投資が必要であり、このための内部留保の拡充も不可欠のことと考えております。
      以上の観点から利益配分に関しては、安定的・継続的な配当を、事業環境、今後の見通し、前期配当等を総合的に
     判断し決定しております。
      毎事業年度における配当は、年1回の期末配当を基本方針としておりますが、状況により中間配当を行うこととし
     ております。なお、これら剰余金の配当の決定機関は期末配当については定時株主総会、中間配当については取締役
     会であります。
      2023年3月期につきましては、中間期末は1株当たり60円を実施しました。期末についても、1株当たり60円とす
     ることを決定し、年間で1株当たり120円となりました。
      当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる。」旨を定款に定
     めております。
      なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下の通りであります。
                    配当金の総額         1株当たり配当額
         決議年月日
                    (百万円)           (円)
        2022年11月9日
                        2,056          60.00
        取締役会決議
        2023年6月28日
                        2,056          60.00
       定時株主総会決議
      また、2024年3月期(2023年度)を初年度とする中期経営計画では、収益を改善させ、資本効率を踏まえた株主還

     元を実施する方針であります。2023―25年度の中期経営計画期間は、安定配当継続をベースに総還元性向3カ年平均
     50%以上を目指してまいります。
                                 36/122












                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
     ① 企業統治の体制
      1)  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、コーポレートガバナンスについて、企業経営を規律する仕組みであり、その目的は、経営の効率性
        を向上させるとともに、経営の健全性と透明性を確保することにより継続的な企業価値の増大を実現させるも
        のであると考えております。よって、当社は、その充実を経営上の最重要課題と位置付けております。
         また、当社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上を図るために、「住友大阪セメント                                          コーポレートガバ
        ナンス基本方針」を定めております。   
      2)  企業統治の体制の概要及び当該企業統治の体制を採用する理由

         当社は、「監査役設置会社」の形態を採用しております。
         業務に精通した取締役と経営に対する監査機能の強化を図るために選任された独立役員である社外取締役か
        らなる取締役会における審議等を通じて的確な経営判断を行い、業務の効率化に努めるとともに、監査役の監
        査機能の充実を図る形態が、現在のところ、より当社に適していると判断しております。
         提出日現在、取締役会は、取締役会長 関根福一、取締役社長 諸橋央典、取締役 大西利彦、取締役 土
        井良治、取締役 小西幹郎、取締役 関本正毅、社外取締役 牧野光子、社外取締役 稲川龍也、社外取締
        役 森戸義美の取締役9名(うち社外取締役3名)から構成されております。また、取締役の任期は1年とし
        ております。毎月1回以上、取締役会を開催し、経営上の重要事項の決定を行うとともに業務執行状況の報告
        を受けております。2022年度においては取締役会を16回開催しました(全ての取締役および監査役が16回中16
        回全てに出席。)。また、経営における意思決定・監査機能と執行機能の分離による各々の機能の強化や意思
        決定の迅速化と権限・責任の明確化を図るため、執行役員制度を導入しております。取締役会及び取締役の役
        割及び責務は次のとおりであります。
         ・取締役会は、経営理念の実現、企業価値及び株主の共同の利益の長期的な増大に向けて、経営方針その他
        会社の重要事項の決定を行います。
         ・取締役会は、法令、定款及び社内規程の定めに従い、取締役会にて決定すべき事項に係る意思決定を行う
        とともに、経営陣(代表取締役及び執行役員をいいます。以下同じ。)による職務の執行を監督します。ま
        た、経営陣による適正かつ効率的な職務の遂行を図るため、職務権限規程等の社内規程により職務権限及び意
        思決定のルールを明確に定めます。
         ・取締役会は、経営陣幹部(代表取締役及び役付執行役員をいいます。以下同じ。)による適切なリスクテ
        イクを支える環境整備を行います。
         ・取締役会及び経営陣幹部は、当社を取り巻く環境の変化に適切かつ効率的に対応するため、中期経営計画
        を策定し、達成すべき目標とそれを実現するためのアクションプランを明確にし、これに取り組みます。中期
        経営計画の策定にあたっては、前中期経営計画のレビューを行い、その分析結果を、株主に説明するととも
        に、次期計画に反映します。
         ・取締役会は、中長期的な企業価値の向上の観点から、サステナビリティを巡る取り組みについて基本的な
        方針を策定するとともに、人的資本および知的財産への投資等の重要性に鑑み、経営資源の配分や事業ポート
        フォリオに関する戦略の実行が持続的な成長に資するよう、実効的に監督を行います。
         ・取締役会は、適時かつ正確な情報開示が行われるよう監督を行います。
         ・取締役会は、経営陣、支配株主等の関連当事者と当社の間に生じ得る利益相反を適切に管理します。
         ・取締役は、その役割及び責務を果たすために十分な情報を収集するとともに、取締役会において説明を求
        め、互いに積極的に意見を表明して議論を尽くします。
         ・取締役は、能動的に情報を入手し、その役割及び責務を実効的に果たすために、必要に応じ、経営陣に対
        して、追加の情報提供を求めます。
         2022年度においては、各取締役の管掌に基づき、現状のグループ経営等における課題とその解決に向けた取
        り組み、出資や提携などの事業拡大に向けた取り組みについて、報告・審議したほか、中期経営計画の策定、
        コンプライアンス体制の強化、株主との対話に向けた取り組みなどについて多様な観点から議論を行いまし
        た。
         提出日現在、監査役会は、監査役 伊藤要、監査役 起塚岳哉、社外監査役 保坂庄司、社外監査役 鈴木
        和男、社外監査役 三井拓の監査役5名(うち社外監査役3名)から構成されております。社外監査役はいず
        れも非常勤であります。監査役は、毎月1回以上監査役会を開催するとともに重要会議に出席しております。
        監査役会及び監査役の役割及び責務は次のとおりであります。
         ・監査役会及び監査役は、取締役の職務の執行の監査、監査役・会計監査人の選解任や監査報酬に係る権限
        の行使などの役割及び責務を果たすにあたって、株主に対する受託者責任を踏まえ、独立した客観的な立場に
        おいて適切な判断を行います。
         ・監査役は、取締役会その他の自らが出席する重要会議において、能動的なかつ積極的に権限を行使し、取
        締役等に対して適切に意見を述べます。
         ・監査役は、その役割及び責務を実効的に果たすために、能動的に情報を入手し、必要に応じ、当社に対し
        て追加の情報提供を求めます。
         取締役候補者及び監査役候補者の指名並びに経営陣の選解任について、その役割・責務を果たせる者の指名
        手続き及び選解任手続きの客観性・透明性を確保する観点並びに取締役及び経営陣の報酬について、報酬水準
        の妥当性及び業績評価の客観性・透明性を確保する観点から、社内取締役1名、社外取締役3名、社外有識者
        1名で構成される任意の委員会である「指名・報酬委員会」を設置しております。同委員会は、取締役候補者
                                 37/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
        については、当社の利益、成長及び企業価値を考えて誠実に経営判断を下せる者であるか、経営陣について
        は、取締役会から委任された業務執行の決定と業務執行ができる者であるか等を勘案し、ジェンダー等の多様
        性 やスキルの観点を含め取締役候補者及び経営陣の選解任について審議を行い、取締役会に対して答申を行っ
        ております。なお、2022年度については、指名・報酬委員会を1回開催し、委員 諸橋央典、委員 牧野光
        子、委員 稲川龍也、委員 森戸義美、委員 高橋進の5名が出席しました。また、監査役候補者について
        は、適切な経験・能力及び必要な財務、会計及び法務に関する知識を有する者を選任することとし、特に財務
        及び会計に関する十分な知見を有している者が1名以上選任されるよう、監査役候補者の指名について審議を
        行い、取締役会に対して答申を行っております。さらに、同委員会は、業績や今後の持続的成長への貢献度等
        を勘案し、取締役及び経営陣の報酬について審議を行い、取締役会に対して答申を行っております。
      3)内部統制システムの整備の状況

         当社は、「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他業務の適正を確
        保するための体制(内部統制システム)」整備の基本方針について、以下のとおり取締役会において決議して
        おります。また、その有効性を適宜検証し、内部統制システムの向上及び改善に努めてまいります。
        (イ)取締役および使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          当社グループの全ての役職員(執行役員制度に基づく執行役員を含む。また、嘱託、派遣社員を含む。)
         に対し、コンプライアンスの意識高揚、浸透、定着を図るため、社長を委員長とするコンプライアンス委員
         会を設置し、その役割と責任を明確にするため、コンプライアンス委員会規程を制定している。
          コンプライアンス委員会は、毎年度ごとにコンプライアンスに関する活動の計画を策定し、その進捗を管
         理している。
          コンプライアンスの状況に関する監査は、内部監査室が行い、その監査結果をコンプライアンス委員会に
         報告している。コンプライアンス委員会は、監査結果について、必要に応じ適切な措置を講じるとともに、
         監査結果等を取締役会及び監査役に報告している。
          当社グループの企業活動にかかわるコンプライアンスに関して、                              当社グループの全ての役職員(通報の日
         から1年以内に退職または契約終了したものを含む。)                          から通報を受け、その是正のための措置を行うこと
         を目的とした通報制度(コンプライアンスホットライン制度)を設けている。なお、通報窓口は、社内にお
         いては内部監査室長、社外においては弁護士をこれにあてている。また、通報者の希望により匿名性を確保
         するとともに、通報者に対し不利益な扱いを行わないものとしている。
          当社グループの業務活動及び諸制度に関し、内部監査を行うことを目的として内部監査室を設置してい
         る。
          市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした対応を行い、一切の関係を遮
         断するための体制を整備している。
        (ロ)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          法令及び文書規程、情報管理基本規程、情報セキュリティ基本規程等の社内規程に基づき文書等の保存及
         び管理を行っている。
          当社の意思決定に係る書類である伺書については、検索が容易なデータベースに登録することにより管理
         するとともに、当該データベースについては、監査役の閲覧に供するものとしている。
        (ハ)損失の危機の管理に関する規程その他の体制
          当社グループのリスクの把握、評価及び対応を図るため、社長を委員長とするリスク管理委員会を設置
         し、その役割と責任を明確にするため、リスク管理委員会規程を制定している。
          リスク管理委員会は、毎年度ごとにリスク管理に関する活動の計画を策定しその進捗を管理している。
          リスク管理の状況に関する監査は、内部監査室が行い、その監査結果をリスク管理委員会に報告してい
         る。リスク管理委員会は、監査結果について、必要に応じ適切な措置を講じるとともに、監査結果等を取締
         役会及び監査役に報告している。
        (ニ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          当社を取り巻く環境の変化に適切かつ効率的に対応するため、中期経営計画を策定し、達成すべき目標と
         それを実現するためのアクションプランを明確にし、これに取り組んでいる。
          経営における意思決定・監督機能と執行機能の分離による各々の機能の強化や意思決定の迅速化と権限・
         責任の明確化により経営の効率化を図るため、執行役員制度を導入している。
          取締役会規程、職務権限規程等の社内規程により職務権限・意思決定のルールを明確にすることで適正か
         つ効率的な職務の執行を図っている。
        (ホ)当社グループにおける業務の適正を確保するための体制
         ○子会社の取締役等の職務の執行に係わる事項の会社への報告に関する体制
          当社グル-プ会社における協力の推進と子会社の自主責任を前提とした経営を基本理念に、当社グループ
         全体の業務の整合性の確保と効率的な遂行を図るため関係会社管理規程を制定し、子会社から報告すべき事
         項を明確にするとともに、子会社を管理する担当部署を設置している。
         ○子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          リスク管理については、リスク管理委員会の活動対象を当社グループ全体とし、内部監査室によるリスク
         管理の状況に関する内部監査の対象も当社グループ全体としている。
         ○子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          子会社を取り巻く環境の変化に適切かつ効率的に対応するため、年間予算を策定し、その達成に取り組ん
         でいる。取締役会規程、職務権限規程等の社内規程により職務権限・意思決定ルールを明確にすることで適
         正かつ効率的な職務の執行を図っている。
                                 38/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
         ○子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          コンプライアンスについては、コンプライアンス委員会の活動対象を当社グループ全体とし、内部監査室
         に よるコンプライアンスの状況に関する内部監査の対象も当社グループ全体としている。また、コンプライ
         アンスホットライン制度については、その通報窓口を子会社にも開放し、これを子会社に周知することによ
         り、当社グループにおけるコンプライアンスの実効性を確保している。
        (へ)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該
         使用人の取締役からの独立性に関する事項並びに当該使用人に対する指示の実効性確保に関する事項
          監査役を補助すべき使用人として、監査役業務補助員を設置している。監査役業務補助員は監査役の指示
         を受けて業務を遂行している。
          監査役業務補助員の人事異動及び人事考課に関しては、監査役会の事前の同意を得るものとしている。
        (ト)取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
          会議体の議事結果やコンプライアンス及びリスク管理に関する監査の結果等の定例的な事項については、
         監査役に対し定期的に報告するとともに、会社に著しい損害を与える事態が発生し、もしくはそのおそれの
         あることを知ったとき、職務執行に関する不正な行為もしくは法令定款に違反する重大な事実があったとき
         または当局から行政処分を受けたときは、速やかにその事実を監査役に報告している。
          内部監査室は、内部監査の結果を監査役に報告している。
        (チ)子会社の取締役等及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者の監査役への報告に関する体制
          子会社に著しい損害を与える事態が発生し、もしくはそのおそれがあることを知ったとき、職務執行に関
         する不正な行為もしくは法令定款に違反する重大な事実があったときまたは当局から行政処分を受けたとき
         は、速やかにその事実を監査役に報告している。
        (リ)監査役への報告をした者がそれを理由に不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
          報告者の匿名性を確保するとともに、報告者に対し人事上の処遇等において不利な取扱いを行わないもの
         としている。
        (ヌ)監査役の費用の前払い・償還の手続きその他職務執行について生ずる費用・債務処理の方針に関する事項
          監査方針・計画等に基づく監査役の職務の円滑な執行に必要と認められる費用(前払い・償還を含む)
         は、当社の負担としている。
        (ル)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          原則として2ケ月に1回、社長と監査役との懇談会を開催し、社長は、監査役に業務執行の状況を報告す
         るとともに、会社運営に関する意見の交換のほか、意思の疎通を図っている。
          当社の意思決定に係る書類である伺書のデータベースを監査役の閲覧に供するとともに、取締役会のほか
         にも業務執行の状況を把握するために必要な会議への監査役の出席を認めるものとしている。 
      4)  反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及び整備状況

         当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては毅然とした対応を行い、一切関係を
        持ちません。この基本方針に基づき、総務部を対応統括部署として情報収集を行うとともに、必要に応じ警
        察、弁護士等と連携して組織的に対応することとしております。
     ② 責任限定契約の内容の概要

        当社は、各社外役員と会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく
       損害賠償責任限度額は、法令の定める最低限度額であります。
     ③ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

        当社は、全ての取締役、監査役及び執行役員を被保険者として、役員等賠償責任保険契約を締結しておりま
       す。保険料は特約部分も含め当社が全額負担しており、被保険者の保険料負担はありません。
        当該保険契約では、被保険者である役員等がその職務の執行に関して責任を負うこと、または、当該責任の追
       及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害について填補することとされています。ただし、法令
       違反の行為であることを認識して行った行為に起因して生じた損害は填補されないなど、一定の免責事由があり
       ます。
        当該保険契約には免責額の定めが設けられており、当該免責額までの損害については填補の対象としないこと
       とされています。
        このように免責事由および免責額の定めを設けることにより、役員等の職務の適正性が損なわれないように措
       置を講じています。
     ④ 取締役の定数

        当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
     ⑤ 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
       主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票
       によらないものとする旨定款に定めております。
                                 39/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     ⑥ 株主総会の特別決議要件
        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
       す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
       的にするものであります。
     ⑦ 取締役会にて決議できる株主総会決議事項

      イ.自己株式の取得
         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる
        旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市
        場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
      ロ.中間配当

         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、中間
        配当を行うことができる旨定款に定めております。これは株主への機動的な利益還元を行うことを目的とする
        ものであります。
                                 40/122















                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (2)【役員の状況】
     ① 役員一覧
    男性  13 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             7 %)
                                                      所有株式数
        役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                       (株)
                                1975年4月     当社入社
                                1999年6月     人事部長
                                2003年6月     企画部長
                                2004年6月     取締役、企画部長
    取締役会長             関根 福一      1951年5月20日      生                     (注)4      23,300
                                2004年11月     取締役、管理部長
                                2006年6月     取締役常務執行役員
                                2011年1月     代表取締役社長
                                2021年6月     取締役会長(現任)
                                1982年4月     当社入社
                                2010年4月     名古屋支店長
                                2012年6月     大阪支店長
                                2013年6月     執行役員、大阪支店長
    取締役社長
                 諸橋 央典      1959年8月19日      生                     (注)4      3,100
    (代表取締役)
                                2016年6月     執行役員、東京支店長
                                2017年6月     常務執行役員、東京支店長
                                2019年6月     取締役常務執行役員
                                2021年6月     代表取締役社長(現任)
                                1981年4月     当社入社
                                2010年4月     セメント営業管理部長
                                2011年5月     東京支店長
                                2012年6月     執行役員、東京支店長
    取締役
                                2014年4月     常務執行役員、東京支店長
    執行役員副社長             大西 利彦      1957年9月19日      生                     (注)4      2,600
                                2016年6月     取締役常務執行役員
    (代表取締役)
                                2018年6月     取締役専務執行役員
                                2019年6月     代表取締役専務執行役員
                                2023年4月     代表取締役執行役員副社長(現
                                     任)
                                2016年10月     当社入社
                                     執行役員、生産技術部         部長
                                2017年6月     常務執行役員、栃木工場長兼唐
    取締役
    専務執行役員             土井 良治      1961年4月8日      生                     (注)4      2,900
                                     沢鉱業所長
    (代表取締役)
                                2019年6月     取締役常務執行役員
                                2020年6月     取締役専務執行役員
                                2021年6月     代表取締役専務執行役員(現任)
                                1981年4月     当社入社
                                2011年5月     新材料事業部長
                                2013年4月     新規技術研究所長
                                2015年6月     執行役員、新規技術研究所長
    取締役
                 小西 幹郎      1958年5月2日      生                     (注)4      2,000
    専務執行役員
                                2018年6月     取締役常務執行役員、新規技術
                                     研究所長
                                2019年6月     取締役常務執行役員
                                2021年6月     取締役専務執行役員(現任)
                                1987年4月     当社入社
                                2015年6月     管理部長
    取締役
                 関本 正毅      1964年9月10日      生   2018年6月     執行役員、資材部長             (注)4      1,400
    常務執行役員
                                2020年6月     常務執行役員、資材部長
                                2021年6月     取締役常務執行役員(現任)
                                1993年4月     日本放送協会静岡放送局契約
                                     キャスター
                                2000年10月     静岡放送株式会社(SBS静岡放
    取締役             牧野 光子      1972年5月12日      生                     (注)4       800
                                     送)契約リポーター
                                2009年4月     フリーアナウンサー
                                2018年6月     当社取締役(現任)
                                 41/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
                                         略歴
        役職名          氏名       生年月日                          任期
                                                       (株)
                                1983年4月     検事任官
                                2016年9月     最高検察庁公安部長
                                2017年3月     高松高等検察庁検事長
    取締役             稲川 龍也      1956年9月13日      生                     (注)4       200
                                2018年1月     広島高等検察庁検事長
                                2019年11月     弁護士登録
                                2021年6月     当社取締役(現任)
                                1974年4月     ㈱関電工入社
                                2013年7月     同社常務執行役員、神奈川支店
                                     長
                                2014年6月     同社取締役常務執行役員
    取締役             森戸 義美      1956年1月5日      生                     (注)4      1,300
                                2015年6月     同社取締役副社長
                                2016年6月     同社取締役社長 社長執行役員
                                2020年6月     同社取締役副会長
                                2021年6月     当社取締役(現任)
                                1982年4月     当社入社
                                2008年6月     内部監査室長
    監査役
                                2012年6月     二次電池材料事業推進室長
                 伊藤  要      1959年5月10日      生                     (注)4      1,100
                                2013年4月     電池材料事業部長
    (常勤)
                                2013年6月     八戸セメント㈱ 総務部長
                                2016年6月     当社監査役(現任)
                                1987年4月     当社入社
                                2018年6月     企画部長兼管理部長
    監査役
                                2020年6月     執行役員、企画部長兼管理部長
                 起塚 岳哉      1963年12月4日      生                     (注)5       800
                                2021年6月     執行役員、管理部長
    (常勤)
                                2023年4月     顧問
                                2023年6月     当社監査役(現任)
                                1969年4月     三井物産㈱入社
                                1994年6月     MITSUI   CHILE   LTDA.(現MITSUI
                                     & CO.  (CHILE)   LTDA.)社長
                                1998年8月     ㈱一冷(現プライフーズ㈱)
    監査役             保坂 庄司      1946年5月28日      生                     (注)6      1,300
                                     取締役社長
                                2002年10月     三井物産㈱検査役
                                2005年6月     三井石油開発㈱監査役
                                2009年6月     同社監査役退任
                                2010年6月     当社監査役(現任)
                                1973年1月     監査法人太田哲三事務所(現EY
                                     新日本有限責任監査法人)入所
                                1977年3月     公認会計士登録
                                1995年5月     同監査法人代表社員
                                2004年5月     同監査法人常任理事
    監査役             鈴木 和男      1947年3月3日      生                     (注)4      1,200
                                2008年5月     同監査法人経営専務理事
                                2008年9月     同監査法人シニア・アドバイ
                                     ザー
                                2009年7月     公認会計士鈴木和男事務所開設
                                2010年6月     当社監査役(現任)
                                2012年12月     弁護士登録
                                2012年12月     井上晴孝法律事務所(現井上・
     監査役             三井  拓      1980年6月7日      生        桜井法律事務所)入所             (注)4       200
                                2015年12月     三井拓法律事務所開設
                                2020年6月     当社監査役(現任)
                                        計                42,200
      (注)   1.  取締役 牧野光子、稲川龍也、森戸義美は、社外取締役であります。
        2.  監査役 保坂庄司、鈴木和男、三井拓は、社外監査役であります。
        3.  2006年6月29日より、経営における意思決定・監督機能と執行機能の分離による各々の機能の強化や意思
          決定の迅速化と権限・責任の明確化を図るため、執行役員制度を導入しております。
          執行役員は11名で、上記記載の4名の他に、常務執行役員小野昭彦、同小堺規行、同福嶋達雄、
          執行役員柳町ともみ、同細田啓介、同橋本康太郎、同眞鍋良彦の7名で構成されております。
        4.  2023年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
        5.  2023年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        6.  2023年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から3年間
                                 42/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     ② 社外取締役及び社外監査役
        当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。
        社外取締役牧野光子は、日本放送協会等においてニュースキャスター等を務めるなど、長年アナウンサーとし
       ての経験を重ね、様々な業界の中小企業経営者への取材や企業における安全教育・コミュニケーション研修等を
       多数行ってきており、特に、建設・土木関連の安全教育に携わるなかで、セメント業界関連の現場状況にも通じ
       ております。上記の幅広い経験と優れた見識を生かし、取締役会における意思決定の適正性の確保及び経営陣の
       監督に務めていただくことが期待され、独立した客観的立場から社外取締役としての職務を適切に遂行していた
       だけるものと判断しております。当社と同氏との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
       はありません。
        社外取締役稲川龍也は、広島高等検察庁等の検事長を歴任され、他の会社の社外監査役に就任されていること
       による優れた見識と幅広い経験を生かし、取締役会における意思決定の適正性の確保及び経営陣の監督に務めて
       いただくことが期待され、独立した客観的立場から社外取締役としての職務を適切に遂行していただけるものと
       判断しております。当社と同氏との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありませ
       ん。
        社外取締役森戸義美は、株式会社関電工の取締役社長等を務められたことによる経営者としての優れた見識と
       幅広い経験を生かし、取締役会における意思決定の適正性の確保及び経営陣の監督に務めていただくことが期待
       され、独立した客観的立場から社外取締役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断しております。
       当社と同氏との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
        社外監査役保坂庄司は、他社の取締役・監査役を歴任されたことなどによる優れた見識・経験を生かし、か
       つ、客観的立場から監査いただけるものと判断しております。同氏は、2005年6月まで、当社と取引のある三井
       物産株式会社に所属しておりましたが、当該取引の規模は、当社及び同社の事業規模に比して僅少であり、2021
       年度における同社連結売上高に占める当社に対する売上高の割合は、0.1%未満、又、当社において同社に対する
       売上はないことから、その独立性に影響はありません。
        社外監査役鈴木和男は、長年の公認会計士としての幅広い経験と会社経営に対する高い見識を生かし、かつ、
       客観的立場から監査いただけるものと判断しております。同氏は、2009年6月まで、当社の会計監査人である新日
       本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)に所属しておりました。同監査法人との間には、監査報酬
       の支払等の取引関係がありますが、同氏は、同監査法人に所属していた期間において当社の監査業務に一切関与
       しておらず、又、2022年度における同監査法人の売上高に占める当社の支払った監査報酬等の総額の割合は、
       0.1%未満であることから、その独立性に影響はありません。
        社外監査役三井拓は、弁護士としての企業法務に関する幅広い経験とコーポレートガバナンスに関する優れた
       見識を生かし、かつ、客観的立場から社外監査役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断しており
       ます。当社と同氏との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
        当社は、社外取締役牧野光子、社外取締役稲川龍也、社外取締役森戸義美、社外監査役保坂庄司、社外監査役
       鈴木和男及び社外監査役三井拓、いずれも一般株主と利益相反が生じるおそれのある場合には該当せず、独立性
       を有しているものと判断し、独立役員として東京証券取引所に届け出ております。
        当社は、社外取締役及び社外監査役を選定するための「独立性判断基準」を有しています。なお、「独立性判
       断基準」の内容は以下の通りであります。
                                 43/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       <独立性判断基準>
        社外取締役および社外監査役が次の(i)から(v)までのいずれにも該当しない場合には、独立性を有しているも

       のと判断する。
        (i)  当社を主要な取引先とする者(※1)またはその業務執行者(※2)
        (ii)      当社の主要な取引先(※3)またはその業務執行者
        (iii) 当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産(※4)を得ているコンサルタント、
           会計専門家または法律専門家(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、
           当該団体に所属する者をいう。)
        (iv)     最近において前(i)、(ii)または(iii)に該当していた者
        (v)  次のAからDまでのいずれかに掲げる者(重要でない者を除く。)の近親者(※5)
           A 前(i)から(iv)までに掲げる者
           B 当社の子会社の業務執行者
           C 当社の子会社の業務執行者でない取締役
           D   最近において前BまたはCのいずれか、または当社の業務執行者(社外監査役とする
              場合にあたっては、業務執行者でない取締役を含む。)に該当していた者
       (※1)   当社を主要な取引先とする者とは、直近事業年度における当社との取引による年間連結売上高等が、

          その者の年間連結売上高等の2%以上である者をいう。
       (※2)   業務執行者とは、業務執行取締役、執行役、執行役員または支配人その他の使用人である者を
          いう(以下同じ)。
       (※3)   当社の主要な取引先とは、直近事業年度における当社のその者との取引による年間連結売上高が、
          当社の年間連結売上高の2%以上である者をいう。
       (※4)   多額の金銭その他の財産とは、直近事業年度において、年間1,000万円以上(法人、組合等の
          団体である場合は、その団体の年間連結売上高等の2%以上)の金銭その他の財産を得ている
          場合における当該金銭その他の財産をいう。
       (※5)   近親者とは、配偶者または二親等内の親族をいう。
     ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

      制部門との関係
        社外取締役及び社外監査役に対して、社内外の情報について、都度、書類の配布、郵送、Eメール送信等によ
       り伝達しております。また、監査役を補助すべき使用人として、「監査役業務補助員」を設置し、社外監査役に
       ついても「監査役業務補助員」が補助しております。
                                 44/122










                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (3)【監査の状況】
     ① 監査役監査の状況
        社外監査役3名を含む5名の監査役が監査役監査を実施しております。
        なお、常勤監査役伊藤要は、経理・財務部門及び内部監査部門における業務経験を有し、常勤監査役起塚岳哉
       は、経理・財務部門及び企画部門における業務経験を有し、各々財務及び会計に関する相当程度の知見を有して
       おります。
        当事業年度においては当社は監査役会を13回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりで
       あります。
             氏名                 出席回数
            伊藤  要              13回/13回(出席率100%)
            髙瀨 芳章              13回/13回(出席率100%)
            起塚 岳哉                    ―
            保坂 庄司              13回/13回(出席率100%)
            鈴木 和男              13回/13回(出席率100%)
            三井  拓              13回/13回(出席率100%)
        (注)2023年6月28日開催の定時株主総会において、常勤監査役の髙瀨芳章は任期満了で退任し、
           新たに起塚岳哉が常勤監査役として選任され、就任しております。
        監査役会の主な決議、報告事項は以下の通りです。

         決議事項:監査方針、監査計画、監査報告書、会計監査人の選解任(再任)、会計監査人の報酬、
              定時株主総会への付議議案内容等
         報告事項:重要な会議の内容、事業所・当社グループ会社の監査結果、内部統制の運用および結果、

              会計監査人との意見交換の内容等
        各監査役は、取締役および執行役員等に対して業務執行および内部統制システムの構築及び運用状況につい

       て、定期的に報告を求めております。また、各監査役は、内部監査室や会計監査人と、定期的および必要の都度
       会合を行うなど緊密な連携を保ち、意見・情報の交換を行っております。また、社長との懇談会を開催し、社長
       は監査役に業務執行の状況を報告するとともに、会社運営に関する意見の交換のほか、意思の疎通を図っており
       ます。
        常勤監査役は、内部監査室と事業所・当社グループ会社への合同監査を実施し、事業所の長または当社グルー
       プ会社の経営者と意思疎通及び情報の交換を図り、その業務及び財産の状況を調査いたしました。また、重要な
       会議に出席するとともに、意思決定に係る書類である伺書を閲覧し、職務の執行に必要な情報を入手しておりま
       す。また、常勤監査役はその職務の遂行上知り得た情報を、他の監査役と共有するよう努めております。
        社外監査役は、取締役会および監査役会へ出席するとともに、経営上重要な案件については常勤監査役ととも
       に取締役等から説明を受けております。なお、社外監査役は各人の優れた見識・経験を生かし、かつ、客観的立
       場から発言を適宜行っております。
     ② 内部監査の状況

        内部監査のための社内組織として内部監査室を設置しており、「内部監査規程」に基づき内部監査室長以下8
       名にて、これにあたっております。内部監査室は、年間監査計画に基づき、必要に応じ監査役と合同で監査を実
       施し、情報・意見の交換を行うなど連携を取っており、監査役の依頼に従い特定事項の調査・報告を行っており
       ます。また、監査結果および監査指摘事項に対する改善状況等は、デュアルレポート体制を構築したうえで、代
       表取締役、取締役及び監査役に対して、適宜報告を行っております。
        なお、内部監査室は上記監査の他、金融商品取引法に基づく当社グループの財務報告に係る内部統制の有効性
       評価も行っております。それらは、会計監査を行うEY新日本有限責任監査法人による内部統制監査を受けてお
       り、監査法人と定期的な会合を行うなど、密接に連携を図っております。
     ③ 会計監査の状況

      a.監査法人の名称
        EY新日本有限責任監査法人
                                 45/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      b.  継続監査期間
        1952年以降
      c.業務を執行した公認会計士

        鈴木 聡
        小宮山 高路
      d.監査業務に係る補助者の構成

        会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他22名であります。
      e.監査法人の選定方針と理由

        監査役会は会計監査人候補を適切に選定し会計監査人を適切に評価する為の基準を策定しております。これに
       基づき、会計監査人が当社の会計監査を行うに足る独立性と専門性を有しているか等を確認し、選定について判
       断いたします。
        なお、解任・不再任については、会社法第340条に定める監査役会による解任のほか、会計監査人が適切な監査
       を遂行することが困難であると認められる場合等、その必要があると判断するときは、会計監査人の解任または
       不再任について判断いたします。
     ④ 監査報酬の内容等

      a.監査公認会計士等に対する報酬
                     前連結会計年度                      当連結会計年度

        区分
              監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
              報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
       提出会社                73           ―           72            2

      連結子会社                 ―           ―           ―           ―

        計               73           ―           72            2

       当社における非監査業務の内容は、当連結会計年度は社債発行に伴うコンフォートレター作成業務であります。
      b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属するErnst&Youngのメンバーファームに対する報酬(a.を除く)

                     前連結会計年度                      当連結会計年度
        区分
              監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
              報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
       提出会社                ―            8           ―            3

      連結子会社                 1           2           ―           ―

        計               1           11           ―            3

       当社における非監査業務の内容は、前連結会計年度、当連結会計年度ともに税務に関するアドバイザリー業務等
      であります。
       また、連結子会社における非監査業務の内容は、前連結会計年度は移転価格文書作成に係るコンサルティング業
      務等であります。
      c.その他重要な報酬の内容

        該当事項はありません。
      d.監査報酬の決定方針

        会計監査人からの聴取及び必要な資料の入手を通じて、監査計画の内容、前事業年度の会計監査遂行状況の評
       価を行い、報酬額の見積りの相当性を検討し、監査役会の同意を得て決定いたします。
                                 46/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      e.監査役会が会計監査人に対する報酬等に同意した理由
        監査役会は、会計監査人及び関係部署からの報告の聴取及び必要な資料の入手を通じて、会計監査人の監査計
       画の内容、前事業年度の会計監査遂行状況の評価を行い、報酬額の見積りの相当性を検討した結果、会計監査人
       の報酬等について会社法第399条第1項の同意を行っております。
                                 47/122



















                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (4)【役員の報酬等】
     ① 役員の報酬等の額またはその算出方法の決定に関する方針に係る事項
      1)取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針に関する事項
      (イ)   当該方針の決定の方法
          中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献し、かつ、当社の株式価値との連動性を確保した報酬体系
         を構築すべく、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針について、取締役会の任意の諮問機関である
         「指名・報酬委員会」にその検討を諮問し、その答申を踏まえ、取締役会において決定方針を決議いたしま
         した。
      (ロ)   当該方針の内容の概要
        ⅰ)基本方針
           当社の取締役の報酬は、当社の株式価値との連動性をより明確にし、中長期的な業績の向上と企業価値
          の増大に貢献する意識を高めるため、固定報酬としての基本報酬(金銭報酬)と株式報酬により構成する
          ものとし、社外取締役については、その職務に鑑み、基本報酬のみとする。
        ⅱ)基本報酬(金銭報酬)の個人別の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時
          期または条件の決定に関する方針を含む。)
           当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責ならびに業績や今後の持続的成長への貢
          献度等を勘案して決定するものとする。
        ⅲ)非金銭報酬等の内容および額もしくは数またはその算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期ま
          たは条件の決定に関する方針を含む。)
           非金銭報酬は、信託制度を利用した株式報酬(株式交付信託)とする。
           本株式報酬は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託が当社株式を取得し、当社が対象取締役
          に役位に応じて付与するポイントの数に相当する数の当社株式が当該信託を通じて対象取締役に対して交
          付されるもので、対象取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役の退任時である。
        ⅳ)金銭報酬の額または非金銭報酬等の額の取締役の個人別の報酬等の額に対する割合の決定に関する方針
           当社の取締役(社外取締役を除く。)の報酬の構成比率は、役位ごとに定める基準額を基準とし、基本
          報酬(金銭報酬)90%、株式報酬10%を目安とし、社外取締役の報酬は、基本報酬(金銭報酬)のみとす
          る。
        ⅴ)取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項
           個人別の報酬額については、取締役会決議に基づき取締役社長がその具体的内容について委任を受ける
          ものとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬(金銭報酬)の額の決定とする。
           取締役会は、取締役の報酬水準の妥当性および業績評価の客観性・透明性を確保する観点から、任意の
          委員会である「指名・報酬委員会」(社内取締役1名、社外取締役3名、社外有識者1名で構成)を設置
          し、当該委員会は、業績や今後の持続的成長への貢献度等を勘案し、取締役の報酬案について審議し、答
          申を行う。上記の委任を受けた取締役社長は、「指名・報酬委員会」の答申に基づく取締役会の決議に従
          い、取締役の報酬を決定するものとする。
      (ハ)   当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等の内容が決定方針に沿うものであると取締役会が判断した理由
           取締役の個人別の報酬等の内容の決定にあたっては、「指名・報酬委員会」が業績や今後の持続的成長
          への貢献度等を勘案し、取締役の報酬案について審議し、答申を行い、取締役社長は、「指名・報酬委員
          会」の答申に基づく取締役会の決議に従い、取締役の個人別の報酬額を決定しており、決定方針に沿うも
          のであると判断しております。
                                 48/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      2)   取締役および監査役の報酬等についての株主総会の決議に関する事項
         当社の取締役の金銭報酬の額は、1994年6月29日開催の当社第131回定時株主総会において、月額40百万円以
       内(使用人兼務取締役の使用人としての給与は含みません。)として株主の皆様のご承認をいただいておりま
       す。当該定時株主総会終結時点の取締役の員数は、22名であります。また、当該金銭報酬とは別枠で、2020年6
       月26日開催の当社第157回定時株主総会において、当社の取締役(社外取締役を除きます。)を対象に、株式報
       酬制度(信託制度を利用した株式報酬(株式交付信託))の導入について株主の皆様のご承認をいただいており
       ます。当該定時株主総会終結時点の取締役(社外取締役を除きます。)の員数は、6名であります。
         当社の監査役の金銭報酬の額は、1992年6月26日開催の当社第129回定時株主総会において、月額6百万円以
       内として株主の皆様のご承認をいただいております。当該定時株主総会終結時点の監査役の員数は、3名であり
       ます。
      3)取締役の個人別の報酬等の決定に係る委任に関する事項

         取締役の個人別の報酬額については、取締役会決議に基づき取締役社長諸橋央典がその具体的内容について委
       任を受けるものとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬(金銭報酬)の額の決定としております。
         取締役社長に権限を委任した理由は、業績や今後の持続的成長への貢献度等を勘案したうえで審議した「指
       名・報酬委員会」の答申に基づいた取締役会の決議に従い、取締役社長が取締役の個人別の報酬額を決定するこ
       とが最も適していると判断したためであります。
     ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                             報酬等の種類別の総額(百万円)
                                               対象となる
                   報酬等の総額
          役員区分                                     役員の員数
                                  業績連動
                                         非金銭
                    (百万円)
                           基本報酬
                                         報酬等
                                   報酬等
                                                (人)
           取締役
                     237       237       ―       ―       6
       (社外取締役を除く。)
           監査役
                      34       34       ―       ―       2
       (社外監査役を除く。)
          社外役員           57       57       ―       ―       6
     ③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

       連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 49/122










                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (5)【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、純投
       資目的株式には、専ら株式価値の変動又は配当金を目的として保有する株式を、純投資目的以外の株式には、そ
       れら目的に加え中長期的な企業価値の向上に資すると判断し保有する株式を区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
       ・当社は、事業推進のうえで発生する協力関係の維持または強化および事業機会の創出のために必要と判断され
        る企業の株式を保有しております。今後、必ずしも保有する必要がないと判断された株式については市場影響
        等考慮すべき事情に配慮したうえで縮減を図ります。
       ・当社は前項に基づき保有する株式(政策保有株式)に関し、2023年4月28日の取締役会において、個別銘柄毎
        に、事業推進上の協力関係の維持・強化、事業機会の創出などを通して中長期的な企業価値の向上に資するも
        のであるかといった観点から、保有目的が適切か、保有に伴う便益やリスクが資本コストに見合っているか等
        を具体的に精査し、保有の適否を検証いたしました。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                             合計額(百万円)
        非上場株式              41              1,859
        非上場株式以外の株式              27             39,835
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                       取引関係の維持のため、増加しており
        非上場株式               1               0
                                       ます。
        非上場株式以外の株式              ―          ―               ―
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数      株式数の減少に係る売却

                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式               2               5
        非上場株式以外の株式              11              6,681
                                 50/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
       ・当社は個別の保有株式について資本コストを踏まえ、配当・取引額等に加え、経営戦略上の重要性や事業上の
        関係等を総合的に判断し保有しております。定量的な保有効果については取引先との営業秘密との判断により
        記載しておりませんが、上記方針に基づいて保有の適否を検証しております。
    特定投資株式

              当事業年度         前事業年度

                                                    当社の株
                                  保有目的、業務提携等の概要、
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                             定量的な保有効果及び                式の保有
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                    株式数が増加した理由
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
    Holcim
               594,952,726         594,952,726
                               海外セメント事業への投資及び海外展開に関
                                                      無
    Philippines,In
                               わる情報収集のため。
                  5,731         7,896
    c.
                3,589,709         3,589,709
    ㈱ヨータイ                          資材調達に関わる取引関係強化のため。                       有
                  5,449         4,519
                 999,553         999,553
    三谷セキサン㈱                          セメント販売に関わる取引関係強化のため。                       有
                  4,667         6,657
                1,901,103         2,534,803
                               セメント・石灰石の輸出及び石炭の輸入に関
    住友商事㈱                                                 有
                               わる取引関係強化のため。
                  4,450         5,371
                 558,482        1,116,882
    住友金属鉱山㈱                          セメント販売に関わる取引関係強化のため。                       有
                  2,819         6,883
                                                      有
                 445,600         445,600
    ショーボンド
                               補修製品の販売に関わる取引関係強化のた
                                                    (ショーボ
    ホールディング
                               め。
                                                    ンド建設㈱
    ス㈱
                  2,441         2,375
                                                    が保有)
                1,719,100         1,719,100
    三谷商事㈱                          セメント販売に関わる取引関係強化のため。                       有
                  2,313         3,199
                 555,198         740,298
    住友重機械工業                          セメント製造設備の機材・工事発注に関わる
                                                      有
    ㈱                          取引関係強化のため。
                  1,798         2,086
                 565,370         565,370
                               不動産取引の情報収集を目的とした関係強化
    住友不動産㈱                                                 有
                               のため。
                  1,685         1,916
                 525,987         525,987
                               資材調達及び発電事業に関わる取引関係強化
    住友林業㈱                                                 有
                               のため。
                  1,378         1,140
                 213,244         213,244
    住友ベークライ
                               セメント事業に関わる取引関係強化のため。                       有
    ト㈱
                  1,100         1,064
                 343,640         343,640
    ニチハ㈱                          セメント販売に関わる取引関係強化のため。                       無
                   927         862
                               製品仕入及び原材料調達に関わる取引関係強
                 258,360         129,180
    日鉄鉱業㈱                          化のため。なお株式数の増加は、株式分割に                       有
                   924         914
                               よるもの。
                 435,665         435,665
                               セメント製造設備の機材・工事発注に関わる
    ㈱明電舎                                                 有
                               取引関係強化のため。
                   836        1,107
                 212,600         212,600
    デンカ㈱                          セメント事業に関わる取引関係強化のため。                       無
                   581         722
                 334,059         667,959
    住友電気工業㈱                          光電子事業に関わる取引関係強化のため。                       有
                   566         976
                                                      有
                 101,495         202,795
    ㈱三井住友フィ
                               資金調達・社債発行等の金融取引の円滑化及
                                                    (㈱三井住
    ナンシャルグ
                               び情報収集のため。
                                                    友銀行が保
    ループ
                   537         792
                                                      有)
                1,100,719         2,201,319
    住友化学㈱                          セメント事業に関わる取引関係強化のため。                       有
                   489        1,237
                 151,500         151,500
                               不動産取引の情報収集を目的とした関係強化
    ㈱住友倉庫                                                 有
                               のため。
                   329         348
                                                      有
                  67,614        135,214
    三井住友トラス
                               資金調達及び年金資産運用などの金融取引の
                                                    (三井住友
    ト・ホールディ
                               円滑化のため。
                                                    信託銀行㈱
    ングス㈱
                   307         540
                                                    が保有)
                                 51/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
              当事業年度         前事業年度
                                                    当社の株
                                  保有目的、業務提携等の概要、
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                             定量的な保有効果及び                式の保有
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                    株式数が増加した理由
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
                 109,000         109,000
    ナラサキ産業㈱                          セメント事業に関わる取引関係強化のため。                       有
                   202         226
    インフロニア・
                 110,000         110,000
    ホールディング                          セメント事業に関わる取引関係強化のため。                       有
                   112         114
    ス㈱
                 100,000         100,000
                               鉱産品事業及び環境事業に関わる取引関係強
    ㈱神戸製鋼所                                                 無
                               化のため。
                   105         59
                  10,000         10,000
    ㈱ナカボーテッ
                               電気防食事業に関わる取引関係強化のため。                       有
    ク
                    50         50
                  12,320         12,320
    ㈱テノックス                          固化材販売に関わる取引関係強化のため。                       無
                    11         9
                  22,200         22,200
                               セメント製造設備の機材・工事発注に関わる
    三井住友建設㈱                                                 有
                               取引関係強化のため。
                    8         9
    アジアパイル
                  7,600         7,600
    ホールディング                          セメント販売に関わる取引関係強化のため。                       無
                    5         3
    ス㈱
    MS&ADインシュ
                    ―       61,245
    アランスグルー                          当社及び当社グループの保険取引の円滑化の
                                                      無
    プホールディン                          ため。
                    ―        243
    グス㈱
                    ―       89,800
    三菱マテリアル                          セメント事業及び鉱産品事業に関わる取引関
                                                      無
    ㈱                          係強化のため。
                    ―        192
                    ―      113,148
    ㈱栗本鐵工所                          資材調達に関わる取引関係強化のため。                       無
                    ―        177
                    ―      112,600
    住石ホールディ
                               原材料調達に関わる取引関係強化のため。                       無
    ングス㈱
                    ―         19
    みなし保有株式

              当事業年度         前事業年度

                                                    当社の株
                                  保有目的、業務提携等の概要、
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                             定量的な保有効果及び                式の保有
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                    株式数が増加した理由
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
                ―         ―
        ―                                 ―             ―
                ―         ―
                                 52/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

                      当事業年度                   前事業年度

                          貸借対照表計                   貸借対照表計
         区分
                  銘柄数                   銘柄数
                          上額の合計額                   上額の合計額
                  (銘柄)                   (銘柄)
                           (百万円)                   (百万円)
    非上場株式               ―         ―         ―         ―
    非上場株式以外の株式               ―         ―         ―         ―
                                当事業年度

         区分
                   受取配当金の             売却損益の             評価損益の
                  合計額(百万円)             合計額(百万円)            合計額(百万円)
    非上場株式                 ―             ―            ―
    非上場株式以外の株式                 ―             ―            ―
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

            銘柄                株式数(株)              貸借対照表計上額(百万円)

            ―                  ―                  ―
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

            銘柄                株式数(株)              貸借対照表計上額(百万円)

            ―                  ―                  ―
                                 53/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号。以
      下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財
      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
      ます。
     2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年4月1日から2023年3月31日
     まで)の連結財務諸表及び事業年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
     責任監査法人により監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、以下の取組みで
     あります。
     (1) 会計基準等の内容を適切に把握し、連結財務諸表の適正性を確保できる体制を整備するため、公益財団法人財務
     会計基準機構へ加入し、情報の収集、内容の理解に努めております。
       また、監査法人、経営財務等の研究調査と普及を目的に設立された財団法人、企業のディスクロージャー支援サ
      ービス会社等が主催する研修に数多く参加しております。
     (2) 会計基準等の内容に不明な点があれば、適宜専門家と協議し、確認をしております。
     (3) 把握した会計基準等の内容については、連結グループ会社処理基準として文書化した上で、連結子会社への説明
     会を通じて、周知徹底を図っております。
                                 54/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    1【連結財務諸表等】
     (1)【連結財務諸表】
      ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※3  13,148            ※3  14,542
        現金及び預金
                                     ※1  39,396            ※1  41,922
        受取手形、売掛金及び契約資産
        電子記録債権                                6,156              7,989
        商品及び製品                                8,024              10,043
        仕掛品                                  230              103
        原材料及び貯蔵品                                17,005              37,961
        短期貸付金                                  800              377
        その他                                3,016              4,047
                                         △ 22              △ 9
        貸倒引当金
        流動資産合計                                87,756              116,978
      固定資産
        有形固定資産
                                   ※3 ,※5  177,463           ※3 ,※5  177,697
         建物及び構築物
                                      △ 128,368             △ 128,217
          減価償却累計額
          建物及び構築物(純額)                             49,094              49,479
                                   ※3 ,※5  462,747           ※3 ,※5  477,585
         機械装置及び運搬具
                                      △ 405,895             △ 414,993
          減価償却累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                             56,852              62,591
                                    ※3 ,※5  37,157           ※3 ,※5  37,128
         土地
         建設仮勘定                               7,834              8,845
                                    ※3 ,※5  38,748           ※3 ,※5  39,235
         その他
                                      △ 20,476             △ 20,727
          減価償却累計額
          その他(純額)                             18,271              18,507
         有形固定資産合計                              169,211              176,552
        無形固定資産
         のれん                                127               95
                                      ※5  3,317            ※5  3,556
         その他
         無形固定資産合計                               3,444              3,651
        投資その他の資産
                                     ※4  59,401            ※4  47,784
         投資有価証券
         長期貸付金                               3,074              4,022
         繰延税金資産                               1,094              1,168
         退職給付に係る資産                               1,748              1,851
         その他                               5,496              4,661
                                        △ 119             △ 113
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               70,695              59,375
        固定資産合計                               243,351              239,579
      資産合計                                 331,107              356,558
                                 55/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※3  28,344            ※3  29,676
        支払手形及び買掛金
        電子記録債務                                1,707              2,290
                                     ※3  19,972            ※3  31,316
        短期借入金
        コマーシャルペーパー                                5,000              10,000
                                      ※3  5,843            ※3  7,237
        1年内返済予定の長期借入金
        1年内償還予定の社債                                  -             5,000
        未払法人税等                                1,171              1,364
        賞与引当金                                2,523              2,511
                                     ※2  10,916            ※2  12,648
        その他
        流動負債合計                                75,479              102,044
      固定負債
        社債                                10,000              20,000
                                     ※3  15,825            ※3  26,166
        長期借入金
        繰延税金負債                                12,183               9,981
        役員退職慰労引当金                                  139              116
        PCB廃棄物処理費用引当金                                  26              12
        退職給付に係る負債                                  892              893
        株式給付引当金                                  40              38
        資産除去債務                                1,003               253
                                        12,343              12,461
        その他
        固定負債合計                                52,454              69,922
      負債合計                                 127,934              171,966
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                41,654              41,654
        資本剰余金                                10,459              10,551
        利益剰余金                               127,896              107,791
                                       △ 8,566              △ 272
        自己株式
        株主資本合計                               171,443              159,724
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                28,892              22,093
        為替換算調整勘定                                  197              239
                                         431              382
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                29,520              22,714
      非支配株主持分                                  2,209              2,152
      純資産合計                                 203,173              184,591
     負債純資産合計                                  331,107              356,558
                                 56/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                     ※1  184,209            ※1  204,705
     売上高
                                       142,113              175,841
     売上原価
     売上総利益                                   42,096              28,864
                                    ※2 ,※3  35,217           ※2 ,※3  37,419
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                   6,878             △ 8,555
     営業外収益
      受取利息                                   104               77
      受取配当金                                  2,522              2,007
      為替差益                                   412               -
      持分法による投資利益                                   242               -
      受取賃貸料                                   126              123
                                         853              997
      その他
      営業外収益合計                                  4,260              3,206
     営業外費用
      支払利息                                   577              785
      為替差損                                    -              526
      持分法による投資損失                                    -              127
                                         727             1,060
      その他
      営業外費用合計                                  1,305              2,500
     経常利益又は経常損失(△)                                   9,834             △ 7,849
     特別利益
                                       ※4  629           ※4  1,738
      固定資産売却益
                                        2,471              4,703
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                  3,101              6,441
     特別損失
                                       ※5  895           ※5  1,079
      固定資産除却損
                                       ※6  13            ※6  15
      固定資産売却損
                                       ※7  12           ※7  608
      減損損失
      特別損失合計                                   922             1,703
     税金等調整前当期純利益又は
                                        12,013              △ 3,111
     税金等調整前当期純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        3,039              1,706
                                        △ 817              801
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   2,222              2,508
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   9,791             △ 5,619
     非支配株主に帰属する当期純利益                                    116              100
     親会社株主に帰属する当期純利益又は
                                        9,674             △ 5,719
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)
                                 57/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   9,791             △ 5,619
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  2,422             △ 6,800
      為替換算調整勘定                                  △ 227              △ 40
      退職給付に係る調整額                                   220              △ 48
                                          0              82
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                      ※  2,416           ※  △  6,806
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   12,207             △ 12,425
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 12,090             △ 12,526
      非支配株主に係る包括利益                                   116              100
                                 58/122















                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      ③【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2021年4月1日 至          2022年3月31日)
                                            (単位:百万円)

                                株主資本
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高               41,654       14,102       124,190       △ 3,319      176,626
    当期変動額
     剰余金の配当                            △ 4,498             △ 4,498
     親会社株主に帰属する 
                                  9,674              9,674
     当期純利益
     自己株式の取得                                   △ 10,366      △ 10,366
     自己株式の処分                       △ 0              8       8
     自己株式の消却                     △ 5,111              5,111        ―
     持分法の適用範囲の変動                                             ―
     非支配株主との取引に 
                                                  ―
     係る親会社の持分変動
     利益剰余金から資本剰余
                           1,468      △ 1,468                ―
     金への振替
     株主資本以外の項目の 
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 ―     △ 3,643       3,706      △ 5,246      △ 5,182
    当期末残高               41,654       10,459       127,896       △ 8,566      171,443
                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                       為替換算調整勘定
                 評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高               26,469        424       210      27,104        2,096      205,827
    当期変動額
     剰余金の配当                                                  △ 4,498
     親会社株主に帰属する 
                                                        9,674
     当期純利益
     自己株式の取得                                                 △ 10,366
     自己株式の処分                                                    8
     自己株式の消却                                                    ―
     持分法の適用範囲の変動                                                    ―
     非支配株主との取引に 
                                                         ―
     係る親会社の持分変動
     利益剰余金から資本剰余
                                                         ―
     金への振替
     株主資本以外の項目の 
                    2,422       △ 227       220      2,416        112      2,528
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                2,422       △ 227       220      2,416        112     △ 2,653
    当期末残高               28,892        197       431      29,520        2,209      203,173
                                 59/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自         2022年4月1日 至          2023年3月31日)
                                            (単位:百万円)

                                株主資本
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高               41,654       10,459       127,896       △ 8,566      171,443
    当期変動額
     剰余金の配当                            △ 4,145             △ 4,145
     親会社株主に帰属する 
                                  △ 5,719             △ 5,719
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                    △ 1,718      △ 1,718
     自己株式の処分                        0              3       3
     自己株式の消却                     △ 10,008              10,008         ―
     持分法の適用範囲の変動                             △ 231             △ 231
     非支配株主との取引に 
                            92                     92
     係る親会社の持分変動
     利益剰余金から資本剰余
                           10,008      △ 10,008                ―
     金への振替
     株主資本以外の項目の 
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 ―       92     △ 20,105        8,293      △ 11,719
    当期末残高               41,654       10,551       107,791        △ 272     159,724
                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                       為替換算調整勘定
                 評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高               28,892        197       431      29,520        2,209      203,173
    当期変動額
     剰余金の配当                                                  △ 4,145
     親会社株主に帰属する 
                                                       △ 5,719
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                                  △ 1,718
     自己株式の処分                                                    3
     自己株式の消却                                                    ―
     持分法の適用範囲の変動                                                   △ 231
     非支配株主との取引に 
                                                         92
     係る親会社の持分変動
     利益剰余金から資本剰余
                                                         ―
     金への振替
     株主資本以外の項目の 
                   △ 6,798        41      △ 48     △ 6,806        △ 56     △ 6,862
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               △ 6,798        41      △ 48     △ 6,806        △ 56     △ 18,582
    当期末残高               22,093        239       382      22,714        2,152      184,591
                                 60/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益又は
                                        12,013              △ 3,111
      税金等調整前当期純損失(△)
      減価償却費                                 19,336              20,214
      減損損失                                    12              608
      のれん償却額                                    31              31
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 402             △ 173
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  △ 14             △ 23
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    14              △ 3
      受取利息及び受取配当金                                 △ 2,626             △ 2,084
      支払利息                                   577              785
      為替差損益(△は益)                                  △ 697             △ 203
      持分法による投資損益(△は益)                                  △ 242              127
      固定資産売却益                                  △ 629            △ 1,738
      固定資産売却損                                    13              15
      固定資産除却損                                   205              232
      投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 2,471             △ 4,703
      売上債権の増減額(△は増加)                                  1,147             △ 3,800
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 4,195             △ 23,484
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,621              1,952
                                       △ 2,106              △ 598
      その他
      小計                                 21,589             △ 15,957
      利息及び配当金の受取額
                                        2,640              2,125
      利息の支払額                                  △ 573             △ 769
                                       △ 5,400             △ 1,544
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 18,255             △ 16,146
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      固定資産の取得による支出                                △ 20,921             △ 27,913
      固定資産の売却による収入                                  1,347              1,867
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 375             △ 451
      投資有価証券の売却による収入                                  3,869              6,692
      貸付けによる支出                                  △ 738             △ 789
      貸付金の回収による収入                                   767              386
                                         △ 11              389
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 16,062             △ 19,818
                                 61/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                   537             11,382
      長期借入れによる収入                                  6,300              18,860
      長期借入金の返済による支出                                 △ 6,757             △ 7,141
      社債の発行による収入                                    -            15,000
      コマーシャルペーパーの発行による収入                                  5,000              32,000
      コマーシャルペーパーの償還による支出                                    -           △ 27,000
      自己株式の売却による収入                                    8              3
      自己株式の取得による支出                                △ 10,366              △ 1,718
      自己株式取得のための預託金の増減額(△は増
                                        1,867               187
      加)
      配当金の支払額                                 △ 4,498             △ 4,145
      非支配株主への配当金の支払額                                   △ 4             △ 4
                                         △ 82             △ 132
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 7,995              37,292
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    146               76
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 5,656              1,403
     現金及び現金同等物の期首残高                                   18,600              13,085
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                    141               10
                                      ※  13,085            ※  14,500
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 62/122













                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1 連結の範囲に関する事項
       (1)連結子会社の数         38 社
        主要な連結子会社名は、「第1               企業の概況      4  関係会社の状況」に記載しているため、省略しております。
       (2)主要な非連結子会社の名称等
        SOC  AMERICA    INC.
       (連結の範囲から除いた理由)
        非連結子会社は、総資産の合計額、売上高の合計額、当期純損益の額及び利益剰余金の額等のうち持分に見合
        う額の合計額がいずれも少額であり、全体としても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため連結の範
        囲から除外しております。
       (3)連結の範囲の変更
        SOC  VIETNAM    CO.,LTD.は、当連結会計年度において譲渡したため、連結の範囲から除外しております。
        また当連結会計年度より、重要性が増したSOC                     OCEANIA    PTY  LTD他1社を連結の範囲に含めております。
      2 持分法の適用に関する事項

       (1)持分法適用の非連結子会社の数                  0 社
       (2)持分法適用の関連会社の数                4 社
        持分法適用会社名は、「第1              企業の概況      4  関係会社の状況」に記載しているため、省略しております。
       (3)持分法非適用の非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社等の名称等
        SOC  AMERICA    INC.
        Right   Grand   Investments      Limited
        Forcecharm      Investments      Limited
       (持分法を適用しない理由)
        持分法非適用会社は、当期純損益の額及び利益剰余金の額等のうち持分に見合う額の合計額がいずれも少額で
        あり、全体としても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため持分法の適用から除外しております。
       (4)持分法適用範囲の重要な変更
        当連結会計年度より、重要性が増したFALCON                     CP(NSW)PTY      LTDを持分法の適用範囲に含めております。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち東莞住創光電子技術有限公司、住龍納米技術材料(深セン)有限公司の決算日は、12月31日
        であり、連結財務諸表の作成に当たっては、連結決算日との差が3ヶ月以内であるため、当該連結子会社の決
        算日現在の財務諸表を使用しております。また、SOC                         OCEANIA    PTY  LTD他1社の決算日は6月30日であり、12
        月31日現在で仮決算を行った財務諸表を基礎としております。これら連結子会社に関して、決算日もしくは仮
        決算日から連結決算日までの期間に発生した重要な取引については連結上必要な調整を行っております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         有価証券
          子会社株式及び関連会社株式
           移動平均法による原価法によっております。
         その他有価証券
          市場価格のない株式等以外のもの
           時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定する)によってお
           ります。
          市場価格のない株式等
           移動平均法による原価法によっております。
                                 63/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
         デリバティブ
          時価法によっております。
         棚卸資産
          主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)に
          よっております。
          ただし、一部の連結子会社については個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づ
          く簿価切下げの方法)によっております。
       (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法によっております。(ただし、当社の赤穂工場、高知工場及び栃木工場の自家発電設備及び一部の
          連結子会社は定額法、原料地は生産高比例法によっております。)
          また、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した
          建物付属設備及び構築物については定額法によっております。なお、主な耐用年数は以下の通りでありま
          す。
           建物及び構築物                  2~75年
           機械装置及び運搬具                2~22年
         無形固定資産(リース資産を除く)
          鉱業権
           生産高比例法によっております。
          その他
           定額法によっております。
           ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
           によっております。
         リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(残価保証の取り決めがある場合は残価保証額)とする定額
           法を採用しております。
       (3)重要な引当金の計上基準
         貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
          権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         賞与引当金
          従業員賞与の支払に充てるため支給見込額基準により計上しております。
         役員退職慰労引当金
          連結子会社においては、役員退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額の全額を計上し
          ております。
         株式給付引当金
          株式交付規定に基づく、取締役及び執行役員(社外取締役を除く)への当社株式の交付に備えるため、当
          連結会計年度末における株式給付債務見込額を計上しております。
         PCB廃棄物処理費用引当金
          保管するPCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の処理費用の支出に備えるため、処理費用及び収集運搬費
          用の見積額を計上しております。
       (4)退職給付に係る会計処理の方法
        ①退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっております。 
                                 64/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
        ②数理計算上の差異の費用処理方法
          数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15
          年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしておりま
          す。
        ③小規模企業等における簡便法の採用
          一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
          給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
       (5)重要な収益及び費用の計上基準
         当社グループは、以下の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
          ステップ1:顧客との契約を識別する
          ステップ2:契約における履行義務を識別する
          ステップ3:取引価格を算定する
          ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
          ステップ5:企業が履行義務の充足時に収益を認識する
         当社グループでは、セメント関連事業においては、セメント・生コンクリート・石灰石・コンクリート構造
         物向け補修材料等の製造及び販売並びにその関連工事等を行っております。高機能品事業においては、導波
         路タイプ光変調器等の光関連部品・各種セラミックス製品・ナノ粒子材料等の製造及び販売を行っておりま
         す。その他事業においては、不動産賃貸、情報処理サービスや電設工事等を行っております。
         これらの事業のうち、製品の販売については、当該製品が顧客に引き渡された時点で、当該製品と交換に受
         け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。なお、国内での製品の販売において、出荷
         時から当該製品が顧客に引き渡される時までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識して
         おります。
         当社及び子会社において、代理人取引に該当する取引については、顧客から受け取る対価の総額から仕入先
         に対する支払額を差し引いた純額で収益を認識しております。
         また、工事会社等における工事契約に係る収益の認識に関して、財またはサービスに対する支配が顧客に一
         定の期間にわたり移転する場合には、財またはサービスを顧客に移転する履行義務を充足するにつれて、一
         定の期間にわたり収益を認識しております。履行義務の充足に係る進捗度の測定は、各報告期間の期末日ま
         でに発生した工事原価が、予想される工事原価の合計に占める割合に基づいて行っております。また、履行
         義務の充足に係る進捗度を合理的に見積もることができないが、発生する費用を回収することが見込まれる
         場合は、原価回収基準にて収益を認識しております。
       (6)重要なヘッジ会計の方法
        ①ヘッジ会計の方法
          金利スワップ取引については、特例処理の要件を満たしておりますので、特例処理を採用しております。
        ②ヘッジ手段とヘッジ対象
          当連結会計年度にヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下の通りであります。
           ヘッジ手段…金利スワップ
           ヘッジ対象…借入金
        ③ヘッジ方針
          ヘッジ対象の識別は、資産又は負債等について取引単位で行い、識別したヘッジ対象とヘッジ手段はヘッ
          ジ取引時にヘッジ指定によって紐付けを行い、区分管理しております。
        ④ヘッジ有効性評価の方法
          ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計又は相場変動とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計
          又は相場変動を比較し、両者の変動額等を基礎にして、ヘッジ有効性を評価しております。ただし、特例
          処理によっている金利スワップ取引については、有効性の評価を省略しております。
       (7)のれんの償却方法及び償却期間
         発生日を含む連結会計年度から5年間で均等償却しております。
       (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
         か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなります。
                                 65/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    (重要な会計上の見積り)
     (1)固定資産の減損
      ①   当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                          (百万円)
                            前連結会計年度           当連結会計年度
        有形固定資産                         169,211           176,552

        うち、当社のセメント事業に係る

                                  82,965           83,480
        有形固定資産
        減損損失(セメント事業)                           ―           ―

      ②  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         固定資産の減損会計の適用に際し、減損の兆候があると認められる資産グループについては、減損損失の認識
       の判定を行い、割引前将来キャッシュ・フローが資産グループの帳簿価額を下回った場合、その資産グループの
       帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を連結損益計算書の減損損失に計上することとしております。
         セメント事業につきましては、石炭・重油価格の高騰等により、販売価格の改定によるコスト上昇分の価格転
       嫁を進めてまいりましたが、価格転嫁の遅れ、ロシア・ウクライナ情勢による更なる石炭価格の高騰や為替の円
       安進行などにより、前連結会計年度及び当連結会計年度において、営業活動から生じる損益が継続してマイナス
       となったため、セメント事業の有形固定資産の減損の兆候が生じております。
         今後の収益を確保し事業を継続するためにセメントの販売価格の改定を引き続き行っており、セメント事業
       の有形固定資産の減損の認識の判定を行った結果、割引前将来キャッシュ・フローの総額が固定資産の帳簿価額
       を上回ることから減損損失の認識はしないものと判断をしております。
         2023年度以降の見通しには、セメント需要想定に基づく販売数量や販売価格改定の状況、ロシア・ウクライ
       ナをめぐる現下の国際情勢を踏まえた石炭・重油価格や為替相場の影響等、主要な仮定が含まれております。し
       たがいまして、市場環境の変化により、これらの仮定に重要な変更が生じた場合には、連結財務諸表に重要な影
       響を受ける可能性があります。
    (未適用の会計基準等)

     ・「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」(企業会計基準第27号 2022年10月28日)
     ・「包括利益の表示に関する会計基準」(企業会計基準第25号 2022年10月28日)
     ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2022年10月28日)
     (1)概要

       その他の包括利益に対して課税される場合の法人税等の計上区分及びグループ法人税制が適用される場合の子会
      社株式等の売却に係る税効果の取扱いを定めるもの。
     (2)適用予定日

       2025年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

       「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現
      時点で評価中であります。
                                 66/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    (表示方法の変更)
     (連結貸借対照表関係)
      前連結会計年度において、「流動負債」の「支払手形及び買掛金」に含めていた「電子記録債務」は、金額的重要
     性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前
     連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
      この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「支払手形及び買掛金」に表示していた
     30,051百万円は、「支払手形及び買掛金」28,344百万円、「電子記録債務」1,707百万円として組替えております。
                                 67/122


















                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
        ※1 受取手形、売掛金及び契約資産のうち、顧客との契約から生じた債権及び契約資産の金額は、それぞれ
          以下の通りであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              2022年3月31日                2023年3月31日
        受取手形                            5,866   百万円              5,422   百万円
        売掛金                           32,675                35,026
        契約資産                             854               1,473
        ※2 その他のうち、契約負債の金額は、以下の通りであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              2022年3月31日                2023年3月31日
        契約負債                             110  百万円               113  百万円
        ※3 担保資産及び担保付債務

           担保に供している資産及び担保付債務は次の通りであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              2022年3月31日                2023年3月31日
        普通預金                             50百万円                100百万円
        定期預金                             412                409
        有形固定資産
         建物及び構築物                            4,729                4,531
         機械装置及び運搬具                           10,168                11,198
         土地                            3,806                3,779
         その他                             236                234
        担保資産合計                           19,403                20,253
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                              2022年3月31日                2023年3月31日
        買掛金                             225百万円                311百万円
        短期借入金                             380                380
        1年内返済予定の長期借入金                             282                282
        長期借入金                            2,536                2,253
        債務合計                            3,425                3,228
        ※4 非連結子会社及び関連会社に対するものは次の通りであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              2022年3月31日                2023年3月31日
        投資有価証券(株式)                            5,653百万円                5,880百万円
                                 68/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
        ※5 圧縮記帳
           前連結会計年度(        2022年3月31日       )
           国庫補助金等による圧縮記帳額は建物及び構築物510百万円、機械装置及び運搬具4,704百万円、土地280
          百万円、その他有形固定資産4百万円、その他無形固定資産1百万円であり、連結貸借対照表計上額はこ
          の圧縮記帳額を控除しております。
           当連結会計年度(        2023年3月31日       )

           国庫補助金等による圧縮記帳額は建物及び構築物510百万円、機械装置及び運搬具4,868百万円、土地280
          百万円、その他有形固定資産4百万円、その他無形固定資産1百万円であり、連結貸借対照表計上額はこの
          圧縮記帳額を控除しております。
        ※6 偶発債務

           銀行借入金等に対する保証債務は次の通りであります。
           ①銀行借入金について行っている保証債務(再保証を含む)
                前連結会計年度                          当連結会計年度
                2022年3月31日                          2023年3月31日
        八戸バイオマス発電㈱                  1,248百万円        八戸バイオマス発電㈱                  1,164百万円
        その他(2社)                   591       その他(2社)                   278
               計           1,840               計                  1,442
           ②生コンクリート協同組合からの商品仕入債務に対する保証債務

                前連結会計年度                          当連結会計年度
                2022年3月31日                          2023年3月31日
        ㈱ブラスト                   83百万円       吉田建材㈱                   20百万円
        その他(3社)                   32       野原産業セメント㈱                   14
                                 その他(2社)                   21
               計            116              計                   56
                                 69/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
        ※1 顧客との契約から生じる収益
           売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。
          顧客との契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)                                       1.顧客との契約から
          生じる収益を分解した情報」に記載しております。
        ※2 販売費及び一般管理費のうち主なものは次の通りであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             自   2021年4月1日              自   2022年4月1日
                             至   2022年3月31日              至   2023年3月31日
        販売諸掛                           11,183   百万円             12,102   百万円
        給与、賞与                            8,389                8,383
        株式給付引当金繰入額                             25                0
        賞与引当金繰入額                            1,110                1,069
        退職給付費用                             329                332
        役員退職慰労引当金繰入額                             34                47
        研究開発費                            3,052                3,092
        ※3 一般管理費に含まれる研究開発費

                前連結会計年度                         当連結会計年度
               自   2021年4月1日                       自   2022年4月1日
               至   2022年3月31日                       至   2023年3月31日
                          3,052   百万円                       3,092   百万円
        ※4 固定資産売却益の主な内訳

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             自   2021年4月1日              自   2022年4月1日
                             至   2022年3月31日              至   2023年3月31日
        土地                              3百万円              1,078百万円
        原料地                              9                42
        建物及び構築物                             ―                13
        機械装置及び運搬具                             616                603
        ※5 固定資産除却損の主な内訳

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             自   2021年4月1日              自   2022年4月1日
                             至   2022年3月31日              至   2023年3月31日
        建物及び構築物                             24百万円                76百万円
        機械装置及び運搬具                             186                125
        機械装置及び運搬具等の撤去費用                             682                846
        ※6 固定資産売却損の主な内訳

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             自   2021年4月1日              自   2022年4月1日
                             至   2022年3月31日              至   2023年3月31日
        土地                              3百万円                ―百万円
        機械装置及び運搬具                              1                0
        建物及び構築物                              8                3
        工具、器具及び備品                             ―                12
                                 70/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
        ※7 減損損失
           当社グループは、事業用資産と遊休資産の区分を基礎とし、事業用資産については管理会計上の区分を
          最小の単位とし、遊休資産については物件単位毎に資産のグルーピングを行っております。
           なお、事業用資産のうち、不動産事業の賃貸物件については物件単位毎に資産のグルーピングを行って
          おります。
          前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

           当社グループの保有する資産のうち、一部のオフィスビルについて、解体処分が予定されていることに
          より、回収可能価額が著しく低下することになったことから、帳簿価額を備忘価額まで減額し、当該減少
          額を減損損失(594百万円)として特別損失に計上しました。
           また、遊休資産において、回収可能額が帳簿価額を下回るものについては、帳簿価額を回収可能額まで
          減額し、当該減少額を減損損失(14百万円)として特別損失に計上しました。
           なお、減損損失の内訳は、以下の通りであります。
                                                    減損損失
                  用途             場所            種類
                                                    (百万円)
           オフィスビル                 大阪府大阪市         建物及び構築物等                  594
           遊休資産                 滋賀県米原市他         土地及び原料地                   14

           ※用途ごとの減損損失の内訳

                  用途                   内訳(百万円)
                            建物590、構築物2、工具、器具及び備品等1
           オフィスビル
                            計594
                            土地11、原料地2
           遊休資産
                            計14
           遊休資産の回収可能価額は、正味売却価額により測定しておりますが、土地については不動産鑑定評価
          額等によって評価しております。
                                 71/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
         ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2021年4月1日             (自    2022年4月1日
                              至   2022年3月31日       )      至   2023年3月31日       )
        その他有価証券評価差額金:
         当期発生額                            5,981百万円              △5,154百万円
                                   △2,471               △4,701
         組替調整額
          税効果調整前
                                    3,510              △9,856
                                   △1,087                3,056
          税効果額
          その他有価証券評価差額金                            2,422              △6,800
        為替換算調整勘定:
                                    △227                △40
         当期発生額
        退職給付に係る調整額:
         当期発生額                             227              △155
                                     92               84
         組替調整額
          税効果調整前
                                     320               △70
                                    △99                21
          税効果額
          退職給付に係る調整額                             220               △48
        持分法適用会社に対する持分相当額:
                                      0               82
         当期発生額
                その他の包括利益合計                            2,416              △6,806
                                 72/122













                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
      1.  発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                    株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          式数(千株)
    発行済株式
     普通株式(注)2                     38,643            ―        1,400         37,243

           合計               38,643            ―        1,400         37,243

    自己株式

     普通株式(注)1、3、4                       896         2,970          1,402          2,464

           合計                896         2,970          1,402          2,464

      (注)   1.普通株式の自己株式数には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社株式(当連結会計年度期首
           30千株、当連結会計年度末28千株)が含まれております。
        2.  普通株式の発行済株式の減少の内訳は以下の通りです。

           取締役会決議に基づく自己株式の消却による減少   1,400千株
        3.  普通株式の自己株式数の増加の内訳は以下の通りです。

           取締役会決議に基づく自己株式の取得による増加                                  2,966千株
           単元未満株式の買取による増加                                            3千株
        4.  普通株式の自己株式数の減少の内訳は以下の通りです。

           取締役会決議に基づく自己株式の消却による減少   1,400千株
           株式交付信託による減少                                               2千株
           単元未満株式の買増による減少                                            0千株
      2.  配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
               株式の種類                 配当額        基準日        効力発生日
                       (百万円)
    (決議)
                                (円)
     2021年6月29日
               普通株式           2,266        60.00     2021年3月31日         2021年6月30日
     定時株主総会
     2021年11月11日
               普通株式           2,232        60.00     2021年9月30日         2021年12月1日
       取締役会
     (注)   1.2021年6月29日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当
          社株式に対する配当金1百万円が含まれております。
        2.2021年11月11日取締役会決議による配当金の総額には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社株
          式に対する配当金1百万円が含まれております。
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                  1株当たり
                    配当金の総額
              株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                     (百万円)
    (決議)
                                   (円)
     2022年6月28日
               普通株式         2,088     利益剰余金        60.00     2022年3月31日         2022年6月29日
     定時株主総会
     (注)   2022年6月28日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社株
        式に対する配当金1百万円が含まれております。
                                 73/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )
      1.  発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                    株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          式数(千株)
    発行済株式
     普通株式(注)2                     37,243            ―        2,913         34,329

           合計               37,243            ―        2,913         34,329

    自己株式

     普通株式(注)1、3、4                      2,464           526         2,914           76

           合計               2,464           526         2,914           76

      (注)   1.普通株式の自己株式数には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社株式(当連結会計年度期首
           28千株、当連結会計年度末27千株)が含まれております。
        2.  普通株式の発行済株式の減少の内訳は以下の通りです。

           取締役会決議に基づく自己株式の消却による減少   2,913千株
        3.  普通株式の自己株式数の増加の内訳は以下の通りです。

           取締役会決議に基づく自己株式の取得による増加                                     521千株
           単元未満株式の買取による増加                                            4千株
        4.  普通株式の自己株式数の減少の内訳は以下の通りです。

           取締役会決議に基づく自己株式の消却による減少   2,913千株
           株式交付信託による減少                                               0千株
           単元未満株式の買増による減少                                            0千株
      2.  配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
               株式の種類                 配当額        基準日        効力発生日
                       (百万円)
    (決議)
                                (円)
     2022年6月28日
               普通株式           2,088        60.00     2022年3月31日         2022年6月29日
     定時株主総会
     2022年11月9日
               普通株式           2,056        60.00     2022年9月30日         2022年12月1日
       取締役会
     (注)   1.2022年6月28日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当
          社株式に対する配当金1百万円が含まれております。
        2.2022年11月9日取締役会決議による配当金の総額には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社株
          式に対する配当金1百万円が含まれております。
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                  1株当たり
                    配当金の総額
              株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                     (百万円)
    (決議)
                                   (円)
     2023年6月28日
               普通株式         2,056     利益剰余金        60.00     2023年3月31日         2023年6月29日
     定時株主総会
     (注)   2023年6月28日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式報酬制度に係る信託が所有する当社株
        式に対する配当金1百万円が含まれております。
                                 74/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             自   2021年4月1日              自   2022年4月1日
                             至   2022年3月31日              至   2023年3月31日
      現金及び預金期末残高                            13,148百万円                14,542百万円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                             △62                △42
      現金及び現金同等物期末残高                            13,085                14,500
     (リース取引関係)

    1.ファイナンス・リース取引(借手側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      (1)リース資産の内容
       有形固定資産
       主として、セメント事業における生産設備(構築物、機械装置及び運搬具)であります。
      (2)リース資産の減価償却の方法

       連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4                         会計方針に関する事項           (2)重要な減価償却資産の減価償却
       の方法」に記載の通りであります。
    2.オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                 (単位:百万円)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                          ( 2022年3月31日       )          ( 2023年3月31日       )
    1年内                                 48                 438
    1年超                                 86                1,412
    合計                                 134                 1,850
                                 75/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (金融商品関係)
       1.金融商品の状況に関する事項

        (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、主にセメントの製造販売事業を行うための設備投資計画をはじめ、事業を行うための資
         金計画に照らして、必要な資金を調達(主に銀行借入や社債発行)しております。一時的な余資は安全性の
         高い金融商品で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。デリバティブは、後
         述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
          営業債権である受取手形及び売掛金並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。当該
         リスクに関しては、当社経理規程等に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行う体制としておりま
         す。投資有価証券は、主に取引先企業との業務又は資本提携等に関連する株式であり、市場価格の変動リス
         クに晒されております。
          営業債務である支払手形及び買掛金並びに電子記録債務は、1年以内の支払期日であります。また、その
         一部には、原料等の輸入に伴う外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されておりますが、その影響
         は軽微であります。借入金、社債及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要
         な資金の調達を目的としたものであり、償還日は決算日後、最長で32年後であります。このうち一部は、変
         動金利であるため金利の変動リスクに晒されておりますが、デリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用
         して支払利息の固定化を実施しております。ヘッジの有効性の評価方法については、金利スワップの特例処
         理の要件を満たしているため、その判定をもって有効性の評価を省略しております。
          デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従って行っており、デリバティ
         ブの利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を行っております。
          また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、各社が月次に資金
         繰計画を作成するなどの方法により管理しております。
        (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金
         額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではございません。
                                 76/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       2.金融商品の時価等に関する事項
         前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。また、現金及び預金、
         受取手形及び売掛金、電子記録債権、短期貸付金、支払手形及び買掛金、短期借入金、コマーシャルペー
         パーは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、記載を省略しております。
                                            (単位:百万円)
                           連結貸借対照表
                                      時価        差額
                             計上額
         (1)  投資有価証券
                               51,863        51,863          ―
             その他有価証券
         (2)  長期貸付金
                                3,074        3,372         298
         (3)  社債
                               10,000         9,992         △7
         (4)  長期借入金
                               21,668        21,630         △38
         (5)  デリバティブ取引
                                 ―        ―        ―
         (注)市場価格のない株式等は、「(1)                  投資有価証券       その他有価証券」には含まれておりません。当該金融

           商品の連結貸借対照表計上額は以下の通りであります。
                                   (単位:百万円)
                 区分           連結貸借対照表計上額
           非上場有価証券                           7,537
         当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。また、現金及び預金、
         受取手形及び売掛金、電子記録債権、短期貸付金、支払手形及び買掛金、電子記録債務、短期借入金、コ
         マーシャルペーパーは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、記載を省略してお
         ります。
                                            (単位:百万円)
                           連結貸借対照表
                                      時価        差額
                             計上額
         (1)  投資有価証券
                               39,984        39,984          ―
             その他有価証券
         (2)  長期貸付金
                                4,022        4,185         162
         (3)  社債
                               25,000        24,823         △176
         (4)  長期借入金
                               33,403        33,216         △186
         (5)  デリバティブ取引
                                 ―        ―        ―
         (注)市場価格のない株式等は、「(1)                  投資有価証券       その他有価証券」には含まれておりません。当該金融

           商品の連結貸借対照表計上額は以下の通りであります。
                                   (単位:百万円)
                 区分           連結貸借対照表計上額
           非上場有価証券                           7,799
                                 77/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       3.金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
         前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                               (単位:百万円)
                                1年超        5年超
                        1年以内                         10年超
                                5年以内        10年以内
         現金及び預金                 13,126          ―        ―        ―
         受取手形、売掛金及び
                          39,396          ―        ―        ―
         契約資産
         電子記録債権                 6,156          ―        ―        ―
         投資有価証券                   ―        ―        ―        ―
          満期保有目的の債券                   ―        ―        ―        ―
          その他有価証券のうち
                            ―        ―        ―        ―
          満期があるもの
         短期貸付金                  800         ―        ―        ―
         長期貸付金                   0        23      1,637        1,413
               合計           59,480          23      1,637        1,413
         当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                               (単位:百万円)
                                1年超        5年超
                        1年以内                         10年超
                                5年以内        10年以内
         現金及び預金                 14,517          ―        ―        ―
         受取手形、売掛金及び
                          41,922          ―        ―        ―
         契約資産
         電子記録債権                 7,989          ―        ―        ―
         投資有価証券                   ―        ―        ―        ―
          満期保有目的の債券                   ―        ―        ―        ―
          その他有価証券のうち
                            ―        ―        ―        ―
          満期があるもの
         短期貸付金                  377         ―        ―        ―
         長期貸付金                   1      2,198         700       1,121
               合計           64,808         2,198         700       1,121
                                 78/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       4.社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
         前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                                (単位:百万円)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                              5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
         短期借入金             19,972        ―      ―      ―      ―      ―
         コマーシャルペーパー              5,000        ―      ―      ―      ―      ―
         社債               ―    5,000       ―      ―    5,000       ―
         長期借入金              5,843      4,169      3,561      2,477      1,622      3,994
              合計         30,816      9,169      3,561      2,477      6,622      3,994
         当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                                (単位:百万円)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                              5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
         短期借入金             31,316        ―      ―      ―      ―      ―
         コマーシャルペーパー             10,000        ―      ―      ―      ―      ―
         社債              5,000        ―      ―    5,000     10,000      5,000
         長期借入金              7,237      6,628      5,553      4,704      3,863      5,415
              合計         53,553      6,628      5,553      9,704     13,863      10,415
       5.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

         金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下                                          の3つのレベル
        に分類しております。
          レベル1の時価: 同一の資産または負債の活発な市場における調整されていない相場価格によって算定
                   した時価
          レベル2の時価: レベル1のインプット以外の直接または間接的に観察可能なインプットを用いて算定
                   した時価
          レベル3の時価: 重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
         時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ
        属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
        (1)  時価をもって連結貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債

          前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                               (単位:百万円)
                                      時価
               区分
                         レベル1        レベル2        レベル3         合計
           投資有価証券
            その他有価証券                51,863          ―        ―      51,863
          当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                               (単位:百万円)
                                      時価
               区分
                         レベル1        レベル2        レベル3         合計
           投資有価証券
            その他有価証券                39,984          ―        ―      39,984
                                 79/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
        (2)  時価をもって連結貸借対照表計上額としない金融資産及び金融負債
          前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                               (単位:百万円)
                                      時価
               区分
                         レベル1        レベル2        レベル3         合計
           長期貸付金                  ―       3,372          ―       3,372
           社債                  ―       9,992          ―       9,992
           長期借入金                  ―      21,630          ―      21,630
          当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                               (単位:百万円)
                                      時価
               区分
                         レベル1        レベル2        レベル3         合計
           長期貸付金                  ―       4,185          ―       4,185
           社債                  ―      24,823          ―      24,823
           長期借入金                  ―      33,216          ―      33,216
        (注)   時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

          投資有価証券
            これらの時価については、取引所の価格によっております。上場株式は活発な市場で取引されている
           ため、その時価をレベル1の時価に分類しております。
          長期貸付金
            これらの時価については、長期貸付金を一定の期間ごとに分類し、その将来キャッシュ・フローを約
           定金利に金利水準(国債利回り)の変動を反映した利子率で割り引いた現在価値により算定しており、
           レベル2の時価に分類しております。
          社債
            当社の発行する社債の時価は、市場価格に基づいて算定しており、レベル2の時価に分類しておりま
           す。
          長期借入金
            これらの時価については、長期借入金を一定の期間ごとに分類し、その将来キャッシュ・フローを約
           定金利に金利水準(国債利回り)の変動を反映した利子率で割り引いた現在価値により算定しており、
           レベル2の時価に分類しております。なお、変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対
           象とされており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行なった
           場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いて算定する方法によっております。
          デリバティブ取引
            金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されて
           いるため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております(上記「長期借入金」参
           照)。
                                 80/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (有価証券関係)
       1.その他有価証券
        前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                         取得原価
                             連結貸借対照表計
                     種類                             差額(百万円)
                             上額(百万円)
                                         (百万円)
                 (1)株式                 51,655           9,857          41,798
     連結貸借対照表計上額
                 (2)債券                   ―          ―          ―
     が取得原価を超えるも
                 (3)その他                   ―          ―          ―
     の
                     小計             51,655           9,857          41,798
                 (1)株式                   207          236          △28

     連結貸借対照表計上額
                 (2)債券                   ―          ―          ―
     が取得原価を超えない
                 (3)その他                   ―          ―          ―
     もの
                     小計              207          236          △28
               合計                   51,863          10,093          41,769

        当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                         取得原価
                             連結貸借対照表計
                     種類                             差額(百万円)
                             上額(百万円)
                                         (百万円)
                 (1)株式                 39,976           8,098          31,877
     連結貸借対照表計上額
                 (2)債券                   ―          ―          ―
     が取得原価を超えるも
                 (3)その他                   ―          ―          ―
     の
                     小計             39,976           8,098          31,877
                 (1)株式                    8          10          △1

     連結貸借対照表計上額
                 (2)債券                   ―          ―          ―
     が取得原価を超えない
                 (3)その他                   ―          ―          ―
     もの
                     小計               8          10          △1
               合計                   39,984           8,108          31,876

                                 81/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       2.売却したその他有価証券
        前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
                                  売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                   (百万円)              (百万円)
     (1)株式                      3,869              2,471               ―

     (2)債券                       ―              ―              ―

     (3)その他                       ―              ―              ―

          合計                 3,869              2,471               ―

        当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

                                  売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                   (百万円)              (百万円)
     (1)株式                      6,692              4,722               18
     (2)債券                       ―              ―              ―

     (3)その他                       ―              ―              ―

          合計                 6,692              4,722               18

       (デリバティブ取引関係)

       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          該当事項はありません。
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

         金利関連
         前連結会計年度(          2022年3月31日       )
                                           契約額等の
                                     契約額等              時価
         ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象              うち1年超
                                     (百万円)             (百万円)
                                           (百万円)
        金利スワップの特例          金利スワップ取引
                              長期借入金         1,450        300    (注)
        処理          支払固定・受取変動
        (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されてい
           るため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
         当連結会計年度(          2023年3月31日       )

                                           契約額等の
                                     契約額等              時価
         ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象              うち1年超
                                     (百万円)             (百万円)
                                           (百万円)
        金利スワップの特例           金利スワップ取引
                                               ―
                              長期借入金          300           (注)
        処理           支払固定・受取変動
        (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されてい
           るため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 82/122






                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社及び国内連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び退職一
        時金制度を設けております。
         なお、国内連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る
        負債及び退職給付費用を計算しております。
      2.確定給付制度

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                                      (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                 至   2022年3月31日       )    至   2023年3月31日       )
       退職給付債務の期首残高                                  14,375              14,404
        勤務費用                                  661              623
        利息費用                                   42              57
        数理計算上の差異の発生額                                 △138              △205
        退職給付の支払額                                 △536             △1,040
       退職給付債務の期末残高                                  14,404              13,839
       (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                                      (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                 至   2022年3月31日       )    至   2023年3月31日       )
       年金資産の期首残高                                  14,981              15,708
        期待運用収益                                  299              314
        数理計算上の差異の発生額                                   89            △360
        事業主からの拠出額                                  867              608
        退職給付の支払額                                 △529             △1,028
       年金資産の期末残高                                  15,708              15,242
       (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                                      (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                 至   2022年3月31日       )    至   2023年3月31日       )
       退職給付に係る負債の期首残高                                   473              447
        退職給付費用                                  247              290
        退職給付の支払額                                  △78             △104
        制度への拠出額                                 △194              △188
        その他                                   ―              ―
       退職給付に係る負債の期末残高                                   447              444
       (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

        る資産の調整表
                                                      (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2022年3月31日       )      ( 2023年3月31日       )
       積立型制度の退職給付債務                                  15,730              15,177
       年金資産                                 △17,603              △17,173
                                         △1,873              △1,996
       非積立型制度の退職給付債務                                  1,017              1,037
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  △856              △958
       退職給付に係る負債                                   892              893

       退職給付に係る資産                                 △1,748              △1,851
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  △856              △958
                                 83/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                      (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                 至   2022年3月31日       )    至   2023年3月31日       )
       勤務費用                                   661              623
       利息費用                                    42              57
       期待運用収益                                  △299              △314
       数理計算上の差異の費用処理額                                    92              84
       簡便法で計算した退職給付費用                                   247              290
       確定給付制度に係る退職給付費用                                   743              741
       (6)  退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。
                                                      (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                 至   2022年3月31日       )    至   2023年3月31日       )
       数理計算上の差異                                   320             △70
       合計                                   320             △70
       (7)  退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。
                                                      (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2022年3月31日       )      ( 2023年3月31日       )
       未認識数理計算上の差異                                  △624              △553
       合計                                  △624              △553
       (8)  年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次の通りであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2022年3月31日       )      ( 2023年3月31日       )
       債券                                   49%              53%
       株式                                   30%              26%
       一般勘定                                   15%              15%
       その他                                    7%              7%
       合計                                   100%              100%
        ②長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成
         する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                 至   2022年3月31日       )    至   2023年3月31日       )
       割引率                                   0.3%              0.4%
       長期期待運用収益率                                   2.0%              2.0%
       予想昇給率                                2.7%~5.2%              2.7%~5.2%
       (ストック・オプション等関係)

        該当事項はありません。
                                 84/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               ( 2022年3月31日       )      ( 2023年3月31日       )
       繰延税金資産
        減損損失                             2,155百万円              2,323百万円
        繰越欠損金(注)2                              606             3,935
        賞与引当金                              804              800
        未実現利益                              425              474
        退職給付に係る負債
                                     93              115
        未払事業税                              134              139
        子会社に対する投融資に係る税効果                             1,139                ―
                                    1,446              1,581
        その他
       繰延税金資産       小計
                                    6,806              9,370
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △606             △3,595
                                   △2,393              △2,673
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額       小計(注)1
                                   △3,000              △6,269
       繰延税金資産       合計
                                    3,805              3,101
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                           △12,971               △9,915
        租税特別措置法上の準備金                            △1,063              △1,084
                                    △860              △914
        その他
       繰延税金負債       合計
                                  △14,895              △11,913
       繰延税金負債の純額                           △11,089               △8,812
      (注)1.繰延税金資産から控除された額(評価性引当額)に重要な変動が生じている当該変動の主な

          内容は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額が増加したものであります。
        2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

       前連結会計年度(         2022年3月31日       )
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                          5年超       合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
       税務上の繰越欠損金(a)               51     96     60     110      48     237     606百万円
       評価性引当額              △51     △96     △60     △110      △48     △237     △606
       繰延税金資産               -     -     -     -     -     -     -
       (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       当連結会計年度(         2023年3月31日       )

                        1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                          5年超       合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
       税務上の繰越欠損金(a)               54     60     66     48     51    3,652     3,935百万円
       評価性引当額              △54     △60     △66     △48     △51    △3,312     △3,595
       繰延税金資産               -     -     -     -     -     340   (b)340
       (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)税務上の繰越欠損金3,935百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産340百万円を
         計上しております。当該繰延税金資産は、当社における税務上の繰越欠損金の残高3,491百万円
        (法定実効税率を乗じた額)の一部について認識したものであり、将来の課税所得の見込みにより、
         回収可能と判断した金額については評価性引当額を認識しておりません。
                                 85/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
        なった主要な項目別の内訳
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               ( 2022年3月31日       )      ( 2023年3月31日       )
       法定実効税率
                                     31.0%              31.0%
       (調整)
       一時差異でない申告調整項目                             △2.7              △1.0
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                             △0.5              △99.9
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                              0.1             △8.6
       税額控除                             △1.4                ―
       子会社に対する投融資に係る税効果                             △9.5                ―
                                     1.5             △2.1
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                              18.5             △80.6
      (企業結合等関係)

       事業分離
     (1)   事業分離の概要
     ①  分離先企業の名称
       住友金属鉱山株式会社(以下「住友金属鉱山」)
     ②  分離した事業の内容
       リン酸鉄リチウム(以下、LFP)電池材料事業(新規技術研究所電池材料研究グループ、子会社であるSOC
      VIETNAM    CO.,LTD.を含む)
     ③  事業分離を行った主な理由
       当社は1980年代から培った独自のナノ粒子合成技術を活かしたLFP電池材料を開発し、2012年12月にはベトナム量
      産工場を竣工させ、高性能で品質安定性に優れたLFP電池材料を市場に提供してまいりました。
       LFP電池材料は電気自動車、定置式蓄電池への採用などにより今後も需要が拡大すると予測される中で、既に複数
      のニッケル系正極材製品をラインナップし、増産体制を進めている住友金属鉱山が本事業を営む方がより事業成長
      機会があると考え、本事業を同社に託すことにいたしました。
     ④  事業分離日
       2022年5月1日
     ⑤  法的形式を含む取引の概要
       受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
     (2)   実施した会計処理の概要

     ①  移転損益の金額
       事業譲渡による連結財務諸表に与える影響は軽微です。
     ②  移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
       流動資産         947百万円
                822百万円
       固定資産
               1,770百万円
       資産合計
       流動負債
                162百万円
                781百万円
       固定負債
                944百万円
       負債合計
     ③  会計処理
       当社のLFP電池材料事業の連結上の帳簿価額と売却価額との差額から売却に係る費用を控除した金額を、営業外損
      益として処理しております。
                                 86/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (3)  分離した事業が含まれていた報告セグメントの名称
       その他セグメント
       なお、当連結会計年度において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「(セグメント情報
      等)」をご参照ください。
     (4)   当連結会計年度に係る連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

       重要性が乏しいため記載を省略しております。
      (賃貸等不動産関係)

       当社及び一部の子会社では、大阪府その他の地域において、賃貸用物流倉庫や賃貸用オフィスビル(土地を含
      む。)、遊休地等を有しております。
       前連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は1,169百万円(賃貸収益は売上等に、賃貸費用は売
      上原価等に計上)、減損損失は12百万円(特別損失に計上)であります。当連結会計年度における当該賃貸等不動産に
      関する賃貸損益は1,183百万円(賃貸収益は売上高等に、賃貸費用は売上原価等に計上)、固定資産売却益は59百万
      円(特別利益に計上)、減損損失は14百万円(特別損失に計上)であります。
       また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次の通りであります。

                                                  (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2021年4月1日               (自    2022年4月1日
                            至   2022年3月31日       )        至   2023年3月31日       )
    連結貸借対照表計上額
         期首残高                            21,136                 20,463

         期中増減額                             △673                 △254

         期末残高                            20,463                 20,209

    期末時価                                 32,114                 31,774

     (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
       2.期末の時価は、重要なものは「不動産鑑定評価基準」、それ以外のものは「固定資産税評価額」に基づいて
         自社で算定した金額(指標等を用いて調整を行ったものを含む。)であります。
                                 87/122









                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (収益認識関係)
        1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
         前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
                                               (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                                     合計
                       セメント     鉱産品     建材    光電子     新材料     その他
          一時点で移転される
                       125,973     12,310     7,848     3,767    14,595     4,917    169,414
          財又はサービス
          一定の期間にわたり移転           さ
                          646     -   12,875       -     -   1,274    14,795
          れる財又はサービス
         顧客との契約から生じる
                       126,620     12,310     20,723     3,767    14,595     6,191    184,209
         収益
         その他の収益                 -     -     -     -     -     -     -
         外部顧客に対する        売上高      126,620     12,310     20,723     3,767    14,595     6,191    184,209

         当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

                                               (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                                     合計
                       セメント     鉱産品     建材    光電子     新材料     その他
          一時点で移転される
                       139,833     13,370     8,187     2,385    21,678     3,621    189,078
          財又はサービス
          一定の期間にわたり移転           さ
                          511     -   13,920       -     -   1,196    15,627
          れる財又はサービス
         顧客との契約から生じる
                       140,344     13,370     22,107     2,385    21,678     4,818    204,705
         収益
         その他の収益                 -     -     -     -     -     -     -
         外部顧客に対する        売上高      140,344     13,370     22,107     2,385    21,678     4,818    204,705

        2.報告セグメントの変更等に関する事項

          「(セグメント情報等)」に記載の通り、前連結会計年度まで区分して記載していた「電池材料」に
         つきましては、重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より「その他」に含めて記載する方法に
         変更しております。
          なお、前連結会計年度の顧客との契約から生じる収益を分解した情報については、変更後の区分に
         より作成したものを記載しております。
        3.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

          収益を理解するための基礎となる情報は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          4 会計方針に関する事項 (5)重要な収益及び費用の計上基準」に記載の通りであります。
                                 88/122





                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
        4.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会
         計年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時
         期に関する情報
         (1)契約資産及び契約負債の残高等

                                           (単位:百万円)
                                 前連結会計年度          当連結会計年度
         顧客との契約から生じた債権(期首残高)                            46,135          44,698
         顧客との契約から生じた債権(期末残高)                            44,698          48,438
         契約資産(期首残高)                             823          854
         契約資産(期末残高)                             854         1,473
         契約負債(期首残高)                             597          110
         契約負債(期末残高)                             110          113
           契約資産は、主に工事契約において進捗度の測定に基づいて認識した収益に係る未請求の債権であり、
          対価に対する当社グループの権利が請求または引渡しにより無条件になった時点で、顧客との契約から生
          じた債権に振り替えられます。
           契約負債は、主に工事契約において履行義務の充足の前に顧客から受領する前受金であり、履行義務の
          充足による収益の計上に伴い取り崩されます。
           個々の契約により支払条件は異なるため、通常の支払期限はありません。
         (2)残存履行義務に配分した取引価格

           前連結会計年度末において未充足(または部分的に未充足)の履行義務は、2,182百万円であります。
           当連結会計年度末において未充足(または部分的に未充足)の履行義務は、4,674百万円であります。
          当該履行義務は工事契約に関するものであり、概ね1年以内に収益として認識されると見込んでおりま
          す。
                                 89/122











                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経
          営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
           当社は、セメントセグメント及び事業部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されてお
          り、「セメント」、「鉱産品」、「建材」、「光電子」、「新材料」、「その他」の6つを報告セグメン
          トとしております。
           各セグメントの主要な製品は以下の通りであります。
           報告セグメント                         主要製品
                    各種セメント、セメント系固化材、生コンクリート、電力の供給、原燃料リサイ
           セメント
                    クル
           鉱産品         石灰石、ドロマイト、タンカル、骨材、シリカ微粉
                    コンクリート構造物補修・補強(材料、工事)、各種混和剤、重金属汚染対策
           建材         材、魚礁・藻場礁、電気防食工法、各種地盤改良工事、PC(製品、工事)、
                    各種ヒューム管
           光電子         光通信部品、光計測機器
           新材料         各種セラミック製品、各種ナノ粒子材料、抗菌剤、化粧品材料、各種機能性塗料

           その他         不動産賃貸、エンジニアリング、ソフトウエア開発

          (報告セグメントの変更等に関する事項)

           前連結会計年度まで区分して記載していた「電池材料」につきましては、2022年5月1日に住友金属鉱
          山株式会社に事業譲渡したことにより重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より「その他」に含め
          て記載する方法に変更しております。
           なお、前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の区分により作成したものを記載しており
          ます。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
          項」における記載と概ね同一であります。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント内の内部収益及び振替高は市
          場実勢価格に基づいております。
                                 90/122








                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
          前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                   注1    注2
                                                  調整額     連結
                    セメント     鉱産品     建材    光電子    新材料    その他     計
          売上高及び営業損益
          売上高
          (1)外部顧客に対する
                    126,620     12,310    20,723     3,767    14,595     6,191   184,209       ―  184,209
           売上高
          (2)セグメント間の
                     2,834    3,993    2,280      ―    ―   6,484    15,593    △ 15,593      ―
           内部売上高又は
           振替高
              計      129,454     16,304    23,004     3,767    14,595    12,676    199,803    △ 15,593    184,209
          セグメント利益又は
                    △ 2,382    2,264    1,818      99   3,304    1,700    6,804      74   6,878
          損失(△)
          セグメント資産          222,132     33,996    18,915     2,872    12,437    26,392    316,747     14,360    331,107
          その他の項目
           減価償却費           15,026     2,279     539     67    815    588   19,317       18  19,336
                       ―    ―    31    ―    ―    ―    31     ―    31
           のれんの償却額
           有形固定資産及び
                     16,200     1,897     405    162   1,883     134   20,684       ―  20,684
           無形固定資産の
           増加額
          (注)   1.調整額は以下の通りであります。
               (1)  セグメント利益又は損失の調整額74百万円は、セグメント間取引消去であります。
               (2)  セグメント資産の調整額14,360百万円は、事業セグメントに配分していない全社資産39,223
                 百万円及びセグメント間取引消去△24,862百万円であります。全社資産は、主に当社の長期
                 投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。
               (3)  減価償却費の調整額18百万円は、全社資産に係る償却額41百万円及びセグメント間消去△23
                 百万円であります。
             2.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                   注1    注2
                                                  調整額     連結
                    セメント     鉱産品     建材    光電子    新材料    その他     計
          売上高及び営業損益
          売上高
          (1)外部顧客に対する
                    140,344     13,370    22,107     2,385    21,678     4,818   204,705       ―  204,705
           売上高
          (2)セグメント間の
                     3,326    4,324    2,726      5    ―  10,831    21,215    △ 21,215      ―
           内部売上高又は
           振替高
              計      143,671     17,695    24,834     2,391    21,678    15,649    225,921    △ 21,215    204,705
          セグメント利益又は
                    △ 19,542     2,448    1,511    △ 129   5,384    1,867   △ 8,460     △ 94  △ 8,555
          損失(△)
          セグメント資産          248,784     39,827    20,465     2,022    16,530    23,357    350,987      5,570   356,558
          その他の項目
           減価償却費           15,751     2,078     510     66   1,299     490   20,195       18  20,214
                       ―    ―    31    ―    ―    ―    31     ―    31
           のれんの償却額
           有形固定資産及び
                     22,570     3,005     466    220   3,184     219   29,666       ―  29,666
           無形固定資産の
           増加額
          (注)   1.調整額は以下の通りであります。
               (1)  セグメント利益又は損失の調整額△94百万円は、セグメント間取引消去であります。
               (2)  セグメント資産の調整額5,570百万円は、事業セグメントに配分していない全社資産32,735
                 百万円及びセグメント間取引消去△27,164百万円であります。全社資産は、主に当社の長期
                 投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。
               (3)  減価償却費の調整額18百万円は、全社資産に係る償却額40百万円及びセグメント間消去△22
                 百万円であります。
             2.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 91/122


                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       【関連情報】
        前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

          売上高     本邦の売上高の金額は、連結損益計算書の売上高の合計に占める割合が90%超であるため、地域
         ごとの情報の記載を省略しております。
         有形固定資産

          本邦の有形固定資産の金額は、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の合計額に占める割合が90%超であ
         るため、地域ごとの情報の記載を省略しております。
        当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

          売上高     本邦の売上高の金額は、連結損益計算書の売上高の合計に占める割合が90%超であるため、地域
         ごとの情報の記載を省略しております。
         有形固定資産

          本邦の有形固定資産の金額は、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の合計額に占める割合が90%超であ
         るため、地域ごとの情報の記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

        前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )                  (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                              調整額     連結
              セメント     鉱産品     建材    光電子     新材料     その他      計
         減損損失        6     4    ―     ―     ―     ―     10     2    12
         (注)調整額2百万円は、全社資産に含まれる遊休資産等に係る金額であります。
        当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )                    (単位:百万円)

                          報告セグメント
                                              調整額     連結
              セメント     鉱産品     建材    光電子     新材料     その他      計
         減損損失        5     1    ―     ―     ―    594     601      7    608
         (注)調整額7百万円は、全社資産に含まれる遊休資産等に係る金額であります。
                                 92/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
        前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )                      (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                               調整額     連結
               セメント     鉱産品     建材    光電子     新材料     その他      計
         当期償却額         ―     ―     31     ―     ―     ―     31     ―     31
         当期末残高         ―     ―    127     ―     ―     ―    127     ―    127
        当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )                      (単位:百万円)

                           報告セグメント
                                               調整額     連結
               セメント     鉱産品     建材    光電子     新材料     その他      計
         当期償却額         ―     ―     31     ―     ―     ―     31     ―     31
         当期末残高         ―     ―     95     ―     ―     ―     95     ―     95
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

         該当事項はありません。
                                 93/122













                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
       【関連当事者情報】
        前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

         該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
            項目               自   2021年4月1日                自   2022年4月1日
                           至   2022年3月31日                至   2023年3月31日
     1株当たり純資産額(円)                          5,778.40                  5,326.24
     1株当たり当期純利益又は
                               262.77                 △166.79
     1株当たり当期純損失(△)(円)
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             自   2021年4月1日               自   2022年4月1日
                             至   2022年3月31日               至   2023年3月31日
    親会社株主に帰属する当期純利益又は
    親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                  9,674                △5,719
    (百万円)
    普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   ―                 ―
    普通株式に係る親会社株主に帰属する
    当期純利益又は普通株式に係る親会社
                                      9,674                △5,719
    株主に帰属する当期純損失(△)
    (百万円)
    期中平均株式数(株)                               36,816,557                 34,295,232
       (重要な後発事象)

        (投資有価証券の売却)
         当社は、2023年6月28日開催の取締役会において、保有する投資有価証券の売却について決議しました。
          投資有価証券売却の内容

          売却株式            上場有価証券1銘柄
          投資有価証券売却益の発生時期  2023年6月末予定(状況によっては7月となる可能性があります)
          売却益             約42億円(見込)
                          投資有価証券売却益は、現在の当該有価証券の株価等から算出した見込
                          額であり、変動する場合があります。
          売却目的            コーポレートガバナンス基本方針に基づく、政策保有株式の
                          見直し、資本効率の改善のため。
                                 94/122







                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
      ⑤【連結附属明細表】
       【社債明細表】
                              当期首残高     当期末残高       利率
       会社名          銘柄       発行年月日                       担保     償還期限
                              (百万円)     (百万円)      (%)
    住友大阪セメント
              第15回無担保社債                        5,000
                       2016年8月30日         5,000          0.240    無担保    2023年8月30日
              (注)1                        (5,000)
    株式会社
    住友大阪セメント
              第16回無担保社債          2019年6月12日         5,000     5,000     0.270    無担保    2026年6月12日
    株式会社
    住友大阪セメント
              第17回無担保社債          2022年6月14日           ―    5,000     0.470    無担保    2027年6月14日
    株式会社
    住友大阪セメント
              第18回無担保社債          2022年6月14日           ―    5,000     0.720    無担保    2032年6月14日
    株式会社
    住友大阪セメント
              第19回無担保社債          2023年3月9日           ―    5,000     0.669    無担保    2028年3月9日
    株式会社
                                     25,000
       合計          ―         ―      10,000           ―     ―      ―
                                     (5,000)
     (注)1.「当期末残高」欄の(内書)は、1年内償還予定の金額であります。
       2.連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額は次の通りであります。
                1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
     1年以内(百万円)
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
           5,000            ―           ―         5,000          10,000
       【借入金等明細表】

                             当期首残高        当期末残高       平均利率
               区分                                     返済期限
                             (百万円)        (百万円)        (%)
    短期借入金                            19,972        31,316      0.354       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                            5,843        7,237      0.546       ―

    1年以内に返済予定のリース債務                              71        69      ―      ―

                                                 2024年4月1日~
    長期借入金(1年以内に返済予定のものを除
                                15,825        26,166      0.586
                                                  2033年3月31日
    く。)
                                                 2024年4月30日~
    リース債務(1年以内に返済予定のものを除
                                1,320        1,256       ―
                                                  2054年9月30日
    く。)
    その他有利子負債
                                5,000       10,000      0.004       ―
     コマーシャルペーパー(1年以内)
               合計                 48,034        76,045        ―      ―
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
         連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
       3.  長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定
         額は以下の通りであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
    長期借入金                 6,628           5,553           4,704           3,863
    リース債務                  67           60           54           40

       【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
       計年度末の負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                 95/122




                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
     (2)【その他】
         当連結会計年度における四半期情報等
    (累計期間)                   第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
    売上高(百万円)                      45,500         95,673         150,499         204,705

    税金等調整前四半期(当期)
                          △1,754         △4,231         △2,358         △3,111
    純損失(△)(百万円)
    親会社株主に帰属する四半期
                          △1,107         △2,910         △1,705         △5,719
    (当期)純損失(△)(百万円)
    1株当たり四半期(当期)
                          △32.20         △84.79         △49.71         △166.79
    純損失(△)(円)
    (会計期間)                   第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

    1株当たり四半期純利益又は
                          △32.20         △52.65          35.19        △117.20
    純損失(△)(円)
                                 96/122















                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
    2【財務諸表等】
     (1)【財務諸表】
      ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                9,681              11,582
                                      ※1  1,684            ※1  1,584
        受取手形
                                     ※1  23,395            ※1  25,243
        売掛金
        電子記録債権                                1,607              2,015
        商品及び製品                                6,295              8,227
        仕掛品                                  -               2
        原材料及び貯蔵品                                12,785              32,565
        前払費用                                  317              298
                                      ※1  3,831            ※1  4,066
        短期貸付金
                                      ※1  1,571            ※1  2,636
        その他
                                       △ 1,090             △ 1,113
        貸倒引当金
        流動資産合計                                60,080              87,110
      固定資産
        有形固定資産
                                    ※2 ,※3  19,539           ※2 ,※3  20,118
         建物
                                    ※2 ,※3  22,539           ※2 ,※3  21,915
         構築物
                                    ※2 ,※3  38,413           ※2 ,※3  42,209
         機械及び装置
         車両運搬具                                 29              20
                                     ※2 ,※3  708           ※2 ,※3  906
         工具、器具及び備品
                                     ※2  15,914            ※2  16,044
         原料地
                                    ※2 ,※3  34,501           ※2 ,※3  34,472
         土地
         リース資産                               1,321              1,272
                                        5,380              7,607
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                              138,348              144,567
        無形固定資産
         借地権                                 48              48
         鉱業権                                607              604
         ソフトウエア                               1,288              1,759
                                         499              273
         その他
         無形固定資産合計                               2,444              2,686
        投資その他の資産
         投資有価証券                               53,540              41,694
         関係会社株式                               10,924              11,150
         関係会社出資金                                261              261
                                     ※1  15,938            ※1  13,234
         長期貸付金
         長期前払費用                               1,391              1,292
         前払年金費用                                679              849
         その他                               1,845              1,292
                                       △ 3,054              △ 255
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               81,525              69,519
        固定資産合計                               222,319              216,772
      資産合計                                 282,399              303,883
                                 97/122



                                                          EDINET提出書類
                                                   住友大阪セメント株式会社(E01127)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※1  19,063            ※1  21,023
        買掛金
                                     ※1  35,460            ※1  46,826
        短期借入金
        コマーシャルペーパー                                5,000              10,000
                                      ※2  4,899            ※2  5,723
        1年内返済予定の長期借入金
        1年内償還予定の社債                                  -             5,000
                                      ※1  9,131           ※1  11,618
        未払金
                                       ※1  401            ※1  528
        未払費用
        未払法人税等                                  223              228
        預り金                                  227              243
        賞与引当金                                1,438              1,405
                                       ※1  166            ※1  163
        その他
        流動負債合計                                76,013              102,761
      固定負債
        社債                                10,000              20,000
                                     ※2  12,267            ※2  21,436
        長期借入金
        繰延税金負債                                11,631               9,419
        長期預り金                                8,202              8,324
        株式給付引当金                                  40              38
        PCB廃棄物処理費用引当金                                  24               4
        資産除去債務                                  235              180
                                        3,071              3,005
        その他
        固定負債合計                                45,472              62,408
      負債合計                                 121,485              165,169
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                41,654              41,654
        資本剰余金
                                        10,413              10,413
         資本準備金
         資本剰余金合計                               10,413              10,413
        利益剰余金
         その他利益剰余金
          固定資産圧縮積立金                              2,017              1,967
          別途積立金                             25,097              25,097
          探鉱準備金                               26              12
                                        61,437              37,809
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                     &n