MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社 有価証券報告書 第15期(2022/04/01-2023/03/31)

提出書類 有価証券報告書-第15期(2022/04/01-2023/03/31)
提出日
提出者 MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2023年6月26日
     【事業年度】                    第15期(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)
     【会社名】                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
     【英訳名】                    MS&AD   Insurance     Group   Holdings,     Inc.
     【代表者の役職氏名】                    取締役社長 グループCEO 原 典之
     【本店の所在の場所】                    東京都中央区新川二丁目27番2号
     【電話番号】                    03-5117-0270(代表)
     【事務連絡者氏名】                    人事・総務部 文書・法務室長 日向 理仁
     【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区新川二丁目27番2号
     【電話番号】                    03-5117-0270(代表)
     【事務連絡者氏名】                    人事・総務部 文書・法務室長 日向 理仁
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                          株式会社名古屋証券取引所
                          (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                  1/234












                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1) 連結経営指標等
            回次            第11期       第12期        第13期       第14期        第15期
           決算年月            2019年3月       2020年3月        2021年3月       2022年3月        2023年3月

                        5,500,438       5,168,361        4,892,244       5,132,042        5,251,271
     経常収益             (百万円)
                        3,497,572       3,573,732        3,500,996       3,609,052        3,934,473
     正味収入保険料             (百万円)
                         290,847        157,701       306,524        390,499       231,113
     経常利益             (百万円)
     親会社株主に帰属する当期
                         192,705        143,030       144,398        262,799       161,530
                  (百万円)
     純利益
                                        753,938        310,470
     包括利益             (百万円)       △ 79,701      △ 157,288                      △ 80,923
                        2,778,047       2,494,038        3,126,657       3,302,749        3,056,273
     純資産額             (百万円)
                       23,132,539       23,196,455        24,142,562       25,033,846        25,000,433
     総資産額             (百万円)
                        4,712.11       4,308.37        5,525.42       5,955.21        5,633.94
     1株当たり純資産額              (円)
                         328.72        248.36       255.79        474.52       299.80
     1株当たり当期純利益              (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                         328.60        248.22       255.65        474.32       299.70
                   (円)
     当期純利益
                          11.89        10.57       12.78        13.02       12.04
     自己資本比率              (%)
                          6.77        5.50       5.22        8.29       5.15
     自己資本利益率              (%)
                          10.25        12.18       12.70        8.38       13.70
     株価収益率              (倍)
     営業活動による
                         776,724        667,896               236,708       194,153
                  (百万円)                     △ 323,912
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                        43,925              480,953
                  (百万円)      △ 252,417      △ 330,363              △ 71,976
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                 65,321       79,278        58,545
                  (百万円)       △ 33,337                            △ 314,502
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                        1,798,526       2,198,680        1,994,434       2,256,216        2,646,431
                  (百万円)
     期末残高
                         41,467        41,582       41,501        39,962       38,584
     従業員数
                   (人)
     〔外、平均臨時雇用者数〕                    〔 9,142   〕    〔 9,051   〕    〔 8,615   〕    〔 8,103   〕    〔 7,177   〕
    (注)1株当たり純資産額の算定上、株式報酬制度により設定された信託が保有する当社株式は、期末発行済株式総数か
      ら控除する自己株式に含めております。また、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算
      定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
                                  2/234







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
             回次             第11期       第12期       第13期       第14期       第15期
            決算年月             2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

                          117,939       130,128       216,887       124,693       179,756
     営業収益               (百万円)
                          106,467       115,249       204,638       119,169       176,437
     経常利益               (百万円)
                          106,445        33,244       232,030       117,016       174,315
     当期純利益               (百万円)
                          100,000       100,000       100,276       100,534       100,808

     資本金               (百万円)
     (発行済株式総数)               (千株)      ( 593,291    )   ( 593,291    )   ( 593,473    )   ( 593,632    )   ( 535,967    )
                         1,341,832       1,270,371       1,400,406       1,374,518       1,379,746
     純資産額               (百万円)
                         1,654,513       1,656,210       1,766,273       1,700,359       1,687,398
     総資産額               (百万円)
                          2,297.44       2,230.33       2,506.91       2,509.39       2,579.32
     1株当たり純資産額                (円)
                           140.00       150.00       155.00       180.00       200.00

     1株当たり配当額                (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                      ( 70.00   )    ( 75.00   )    ( 75.00   )    ( 82.50   )    ( 100.00   )
                           181.58        57.72       411.03       211.25       323.26
     1株当たり当期純利益                (円)
     潜在株式調整後1株当たり当期
                           181.51        57.69       410.80       211.16       323.16
                     (円)
     純利益
                           81.05       76.63       79.23       80.79       81.73
     自己資本比率                (%)
                            7.88       2.55       17.39        8.44       12.66
     自己資本利益率                (%)
                           18.56       52.41        7.90       18.83       12.70
     株価収益率                (倍)
                           77.10       259.88        37.71       85.21       61.87
     配当性向                (%)
                            399       409       423       401       418
     従業員数
                     (人)
     〔外、平均臨時雇用者数〕                       〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕
                           104.6        98.8       110.1       137.2       147.0
     株主総利回り                (%)
     (比較指標:TOPIX配当込み)                (%)       ( 95.0  )     ( 85.9  )    ( 122.1   )    ( 124.6   )    ( 131.8   )
     最高株価                (円)       3,882       3,800       3,459       4,254       4,663

     最低株価                (円)       3,001       2,590       2,621       3,093       3,651

     (注)1 臨時従業員の平均雇用人員数については、従業員数の百分の十未満であるため記載しておりません。
         2 最高株価及び最低株価は、2022年4月4日より東京証券取引所プライム市場におけるものであり、それ以前
          については東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         3 株主総利回り及び比較指標の最近5年間の推移は以下のとおりであります。
                                  3/234







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                                  4/234





















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
      2007年8月        三井住友海上火災保険株式会社の取締役会において、単独株式移転により持株会社を設立して、グ
               ループ経営体制を強化することを決定
      2008年1月        三井住友海上火災保険株式会社の臨時株主総会において、単独株式移転により当社を設立し、三井
               住友海上火災保険株式会社がその完全子会社になることについて決議
      2008年4月        三井住友海上火災保険株式会社が単独株式移転により当社を設立
               当社の普通株式を東京証券取引所市場第一部、大阪証券取引所市場第一部(2013年7月に東京証券
               取引所市場第一部に統合)及び名古屋証券取引所市場第一部に上場
      2008年7月        三井住友海上火災保険株式会社が保有する三井住友海上きらめき生命保険株式会社(現三井住友海
               上あいおい生命保険株式会社)、三井ダイレクト損害保険株式会社及び三井住友海上メットライフ
               生命保険株式会社(現三井住友海上プライマリー生命保険株式会社)の株式のすべてを、三井住友
               海上火災保険株式会社が当社に配当する方法により取得
      2010年4月        株式交換により、新たにあいおい損害保険株式会社(現あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)
               及びニッセイ同和損害保険株式会社(2010年10月にあいおい損害保険株式会社との合併により消
               滅)が主要な連結子会社となる
               当該株式交換に伴い、あいおい生命保険株式会社(2011年10月に三井住友海上きらめき生命保険株
               式会社との合併により消滅)及びAioi                  Motor   and  General    Insurance     Company    of  Europe    Limited
               (現Aioi     Nissay    Dowa   Insurance     Company    of  Europe    SE)が主要な連結子会社となる
               当該株式交換に際し、商号を三井住友海上グループホールディングス株式会社からMS&ADイン
               シュアランスグループホールディングス株式会社に変更
      2011年4月        三井住友海上プライマリー生命保険株式会社が主要な連結子会社となる
      2013年9月        三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社及び三井住友海上あいお
               い生命保険株式会社との間で、「機能別再編に関する合意書」を締結
      2016年2月        Amlin    plc(海外事業の組織再編に伴い、2020年10月に株式のすべてを売却)が主要な連結子会社
               となる
      2022年4月        東京証券取引所及び名古屋証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所市場第一部から
               プライム市場、名古屋証券取引所市場第一部からプレミア市場に移行
                                  5/234











                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社及び当社の関係会社(子会社176社、関連会社32社(2023年3月31日現在))において営まれている主な事業
      の内容及び当該事業における主要な関係会社の位置付けは次のとおりであります。
        なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお
      り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断すること
      となります。
      <事業の内容>

      (1)  国内損害保険事業

         日本国内において、以下の子会社3社などが損害保険事業を営んでおります。
        ① 三井住友海上火災保険株式会社
        ② あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
        ③ 三井ダイレクト損害保険株式会社
      (2)  国内生命保険事業

         日本国内において、以下の子会社2社などが生命保険事業を営んでおります。
        ① 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
        ② 三井住友海上プライマリー生命保険株式会社
      (3)  海外事業

         日本国内においては国内損害保険子会社の海外部門が、諸外国においては海外現地法人及び国内損害保険子会社
        の海外支店が、海外事業を営んでおります。
      (4)  金融サービス事業/リスク関連サービス事業

        ① 金融サービス事業
          国内損害保険子会社、三井住友DSアセットマネジメント株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社及び
         Leadenhall      Capital    Partners     LLPなどが、アセットマネジメント事業、金融保証事業、確定拠出年金事業、A
         RT(Alternative         Risk   Transfer)事業、個人融資関連事業及びベンチャー・キャピタル事業などを営んでお
         ります。
        ② リスク関連サービス事業

          MS&ADインターリスク総研株式会社などが、リスクマネジメント事業などを営んでおります。
                                  6/234









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      <事業の概要図>
         (注) それぞれの事業における主要な連結子会社等を記載しております。各記号の意味は次のとおりであります。

















            ★:連結子会社 ●:持分法適用の関連会社
                                  7/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                  主要な事     議決権の
          名称          住所        資本金                      関係内容
                                  業の内容     所有割合
     (連結子会社)

                                           当社と経営管理契約を締結しております。
     三井住友海上火災保険株式会                             国内損害
                 東京都千代田区          139,595百万円                当社に建物の一部を賃貸しております。
                                       100.0%
     社                             保険事業
                                           役員の兼任等 7名
                                           当社と経営管理契約を締結しております。
     あいおいニッセイ同和損害保
                                  国内損害
                 東京都渋谷区          100,005百万円            100.0%    当社に建物の一部を賃貸しております。
                                  保険事業
     険株式会社
                                           役員の兼任等 4名
     三井ダイレクト損害保険株式                             国内損害         当社と経営管理契約を締結しております。
                 東京都文京区          39,106百万円           100.0%
     会社                             保険事業         役員の兼任等 3名
     三井住友海上あいおい生命保                             国内生命         当社と経営管理契約を締結しております。
                 東京都中央区          85,500百万円           100.0%
     険株式会社                             保険事業         役員の兼任等 2名
     三井住友海上プライマリー生                             国内生命         当社と経営管理契約を締結しております。
                 東京都中央区          41,060百万円           100.0%
     命保険株式会社                             保険事業         役員の兼任等 2名
     リトルファミリー少額短期保                             国内損害      97.3%
                 東京都品川区            75百万円
     険株式会社                             保険事業     (97.3%)
     三井住友海上キャピタル株式                             金融サー     100.0%
                 東京都中央区           1,000百万円
     会社                             ビス事業
                                      (100.0%)
                                  リスク関
     MS&ADインターリスク総
                                           当社と経営管理契約を締結しております。
                 東京都千代田区            330百万円     連サービ     100.0%
                                           役員の兼任等 2名
     研株式会社
                                  ス事業
     MSIG  Holdings    (U.S.A.),
                                       100.0%
                 アメリカ合衆国            1,362百万
                                  海外事業         役員の兼任等 1名
                 ニューヨーク             米ドル
                                      (100.0%)
     Inc.
     Mitsui   Sumitomo    Insurance
                                       100.0%
                 アメリカ合衆国            5,000千
                                  海外事業
                 ニューヨーク             米ドル
     USA  Inc.
                                      (100.0%)
     Mitsui   Sumitomo    Insurance
                                       100.0%
                 アメリカ合衆国            5,000千
                                  海外事業
                 ニューヨーク             米ドル
     Company   of America                            (100.0%)
     MSIG  Specialty
                                       100.0%
                 アメリカ合衆国            5,000千
                                  海外事業
                 ニューヨーク             米ドル
     Insurance    USA  Inc.
                                      (100.0%)
     Transverse     Insurance
                 アメリカ合衆国            107,695千          100.0%
                                  海外事業
     Group,   LLC         デラウェア             米ドル        (100.0%)
     Transverse     Specialty
                 アメリカ合衆国            5,000千         100.0%
                                  海外事業
     Insurance    Company        ダラス             米ドル        (100.0%)
     Transverse     Insurance
                 アメリカ合衆国            4,200千         100.0%
                                  海外事業
                 ダラス             米ドル        (100.0%)
     Company
     TRM  Specialty    Insurance
                 アメリカ合衆国            2,500千         100.0%
                                  海外事業
                 ダラス             米ドル
                                      (100.0%)
     Company
     DTRIC   Insurance    Company,
                 アメリカ合衆国            4,500千         100.0%
                                  海外事業
                 ホノルル             米ドル
                                      (100.0%)
     Limited
     DTRIC   Insurance
                 アメリカ合衆国            2,500千         100.0%
                                  海外事業
     Underwriters,      Limited      ホノルル             米ドル
                                      (100.0%)
     Mitsui   Sumitomo    Seguros
                 ブラジル            619,756千          100.0%
                                  海外事業
                 サンパウロ         ブラジルレアル           (100.0%)
     S/A.
     Aioi  Nissay   Dowa  Europe
                 イギリス            350,010千          100.0%
                                  海外事業
                 ロンドン            英ポンド         (100.0%)
     Limited
     Aioi  Nissay   Dowa  Insurance
                 イギリス            135,100千          100.0%
                                  海外事業
                 ロンドン            英ポンド
     UK Limited                                (100.0%)
     MS Amlin   Corporate    Member
                 イギリス            1,700千         100.0%
                                  海外事業
                 ロンドン            英ポンド
                                      (100.0%)
     Limited
     MS Amlin   Underwriting
                 イギリス             400千        100.0%
                                  海外事業
                 ロンドン            英ポンド
     Limited                                 (100.0%)
     MSI  Corporate    Capital
                 イギリス            5,200千         100.0%
                                  海外事業
                 ロンドン            英ポンド         (100.0%)
     Limited
     Mitsui   Sumitomo    Insurance
                 イギリス            80,700千          100.0%
                                  海外事業
     Company   (Europe),    Limited     ロンドン            英ポンド         (100.0%)
     Leadenhall     Capital
                 イギリス            2,850千    金融サー      80.0%
     Partners    LLP        ロンドン             米ドル    ビス事業     (80.0%)
                 スイス            10,000千          100.0%
     MS Amlin   AG
                                  海外事業
                 チューリッヒ          スイスフラン          (100.0%)
                 ドイツ            184,000千          100.0%
     MSIG  Insurance    Europe   AG                   海外事業
                 ケルン             ユーロ
                                      (100.0%)
                                  8/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                                  主要な事     議決権の
          名称          住所        資本金                      関係内容
                                  業の内容     所有割合
     Aioi  Nissay   Dowa  Life
                 ドイツ            5,000千         100.0%
                                  海外事業
     Insurance    of Europe   AG    イスマニング             ユーロ        (100.0%)
     MS Financial    Reinsurance
                 バミューダ                金融サー     100.0%
                             46百万円
                 ハミルトン                ビス事業
                                      (100.0%)
     Limited
                 ベルギー            140,000千          100.0%
     MS Amlin   Insurance    SE
                                  海外事業
                 ブリュッセル             ユーロ
                                      (100.0%)
     Aioi  Nissay   Dowa  Insurance
                 ルクセンブルク            41,875千          100.0%
                                  海外事業
     Company   of Europe   SE     セナンゲルベル             ユーロ
                                      (100.0%)
     MSIG  Insurance    (Singapore)
                 シンガポール            333,442千          100.0%
                                  海外事業
     Pte.  Ltd.          シンガポール         シンガポールドル
                                      (100.0%)
     MS First   Capital   Insurance
                 シンガポール            26,500千          97.7%
                                  海外事業
                 シンガポール         シンガポールドル
                                      (97.7%)
     Limited
     Aioi  Nissay   Dowa  Insurance
                 オーストラリア            87,800千          100.0%
                                  海外事業
     Company   Australia    Pty  Ltd   メルボルン        オーストラリアドル
                                      (100.0%)
     MSIG  Mingtai   Insurance
                 台湾            2,535百万          100.0%
                                  海外事業         役員の兼任等 1名
                 台北           新台湾ドル
     Co.,Ltd.                                 (100.0%)
                             1,625百万
     MSIG  Insurance    (Hong   Kong)
                 中華人民共和国                      100.0%
                                  海外事業
                 香港                     (100.0%)
     Limited
                             香港ドル
     Aioi  Nissay   Dowa  Insurance
                 中華人民共和国            1,000百万          100.0%
                                  海外事業         役員の兼任等 1名
     (China)   Company   Limited     天津             中国元
                                      (100.0%)
     Mitsui   Sumitomo    Insurance
                 中華人民共和国            500,000千          100.0%
                                  海外事業
                 上海             中国元
     (China)   Company   Limited                          (100.0%)
     MSIG  Insurance    (Vietnam)
                 ベトナム           300,000百万           100.0%
                                  海外事業
                 ハノイ          ベトナムドン
     Company   Limited                              (100.0%)
     PT.  Asuransi    Jiwa  Sinarmas
                 インドネシア           210,000百万           80.0%
                                  海外事業         役員の兼任等 1名
     MSIG  Tbk          ジャカルタ        インドネシアルピア             (80.0%)
     PT.  Asuransi    MSIG
                 インドネシア           100,000百万           80.0%
                                  海外事業
                 ジャカルタ        インドネシアルピア             (80.0%)
     Indonesia
     MSIG  Insurance    (Thailand)
                                       86.4%
                 タイ            142,666千
                                  海外事業
     Public   Company   Limited                           (86.4%)
                 バンコク           タイバーツ
                                       65.4%
     MSIG  Insurance    (Malaysia)
                 マレーシア            1,511百万
                                  海外事業     (65.4%)
                 クアラルンプール         マレーシアリンギ
     Bhd.
                                       [1.4%]
     MSIG  Insurance    (Lao)   Co.,
                 ラオス            2,000千          51.0%
                                  海外事業
                 ビエンチャン             米ドル        (51.0%)
     Ltd.
     その他56社
     (持分法適用の関連会社)

                                  国内損害      49.0%
     au損害保険株式会社            東京都港区           3,150百万円
                                  保険事業     (49.0%)
     三井住友DSアセットマネジメ                             金融サー      15.0%
                 東京都港区           2,000百万円
     ント株式会社                             ビス事業
                                      (15.0%)
                             2,513百万
                 オーストラリア
     Challenger     Limited
                                  海外事業         役員の兼任等 1名
                                       15.2%
                 シドニー
                         オーストラリアドル
     BOCOM   MSIG  Life  Insurance
                             5,100百万
                 中華人民共和国
     Company   Limited                         海外事業      37.5%   役員の兼任等 1名
                 上海
                              中国元
     (交銀人寿保険有限公司)
     Cholamandalam      MS General                 2,988百万
                 インド                      40.0%
                                  海外事業
     Insurance    Company   Limited     チェンナイ                      (40.0%)
                            インドルピー
                             690,065千
     Max  Financial    Services
                 インド                      21.9%
                                  海外事業         役員の兼任等 1名
                 ナワーンシェヘル
                                       (21.9%)
     Limited                       インドルピー
                                         -
     Max  Life  Insurance    Company
                 インド           19,188百万
                                  海外事業      (-)
                 チャンディーガル          インドルピー
     Limited
                                      [87.0%]
                 スリランカ            1,324百万          15.0%
     Ceylinco    Insurance    PLC                     海外事業
                 コロンボ         スリランカルピー             (15.0%)
     BPI/MS   Insurance
                 フィリピン            350,000千          48.5%
                                  海外事業
                 マカティ         フィリピンペソ            (48.5%)
     Corporation
     Hong  Leong   Assurance
                 マレーシア            200,000千          30.0%
                                  海外事業
                 クアラルンプール         マレーシアリンギ
                                      (30.0%)
     Berhad
     その他2社
     (注)1 主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された事業領域の名称を記載しております。
                                  9/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         2 三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会
          社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、三井住友海上プライマリー生命保険株式会社、MSIG                                              Holdings
          (U.S.A.),     Inc.、Transverse         Insurance     Group,    LLC、Mitsui      Sumitomo     Seguros    S/A.、Aioi      Nissay    Dowa
          Europe    Limited、Aioi       Nissay    Dowa   Insurance     UK  Limited、Mitsui        Sumitomo     Insurance     Company    (Europe),
          Limited、MSIG       Insurance     Europe    AG、MS    Amlin   Insurance     SE、MSIG     Insurance     (Singapore)      Pte.   Ltd.、
          MSIG   Mingtai    Insurance     Co.,Ltd.、MSIG        Insurance     (Hong   Kong)   Limited、Aioi        Nissay    Dowa   Insurance
          (China)    Company    Limited及びMSIG        Insurance     (Malaysia)      Bhd.は、特定子会社に該当しております。
         3 上記関係会社のうち、有価証券報告書を提出している会社は、三井住友海上火災保険株式会社及びあいおい
          ニッセイ同和損害保険株式会社であります。
         4 三井住友海上火災保険株式会社及びあいおいニッセイ同和損害保険株式会社については、経常収益(連結会
          社相互間の内部経常収益を除く)の連結経常収益に占める割合が10%を超えております。三井住友海上火災保
          険株式会社及びあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は有価証券報告書を提出しているため、主要な損益情
          報等の記載を省略しております。
         5 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数、[ ]内は、緊密な者又は同意している者の所有割
          合で外数であります。
         6 三井住友DSアセットマネジメント株式会社、Challenger                            Limited、Max       Life   Insurance     Company    Limited及
          びCeylinco      Insurance     PLCに対する持分は100分の20未満でありますが、実質的な影響力を持っているため関
          連会社としたものであります。
                                 10/234















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                                (2023年3月31日現在)
                     セグメントの名称                          従業員数(人)
         (保険持株会社)

                                                 418
          MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社                                           〔 16 〕
         (国内損害保険事業)

                                               12,572
          三井住友海上火災保険株式会社                                         〔 3,684   〕
                                               12,741
          あいおいニッセイ同和損害保険株式会社                                         〔 2,693   〕
                                                 498
          三井ダイレクト損害保険株式会社                                           〔 -〕
         (国内生命保険事業)

                                                2,391
          三井住友海上あいおい生命保険株式会社                                           〔 19 〕
                                                 410
          三井住友海上プライマリー生命保険株式会社                                           〔 2 〕
         (海外事業)

                                                9,186
          海外保険子会社                                          〔 740  〕
                                                 368
          その他                                           〔 23 〕
                                               38,584
                        合計                           〔 7,177   〕
      (注)1 従業員数は就業人員数であり、執行役員を含んでおりません。
          2 臨時従業員については年間の平均雇用人員数を〔 〕で外書きしております。
          3 当社は保険持株会社であり、特定の事業セグメントに区分されておりません。
          4 その他欄には、国内保険会社以外のグループ会社が営むリスク関連サービス事業等の従業員数を記載して
            おります。
      (2)  提出会社の状況

                                                (2023年3月31日現在)
           従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
                418            48.5             23.6          11,013,816

      (注)1 当社の従業員は全て子会社からの出向者であります。
          2 当社は保険持株会社であり、特定の事業セグメントに区分されておりません。
          3 従業員数は就業人員数であり、執行役員、休職者及び臨時従業員を含んでおりません。
          4 平均勤続年数は子会社における勤続年数を通算しております。
          5 平均年齢及び平均勤続年数は小数点以下第2位を切り捨てて小数点以下第1位まで表示しております。
          6 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (3)  労働組合の状況

         当社には労働組合はありません。
         なお、労使関係について特に記載すべき事項はありません。
      (4)  管理職に占める女性労働者の割合

         当社及び主要な連結子会社の管理職に占める女性労働者の割合(以下、「女性管理職比率」という)
                                                 (2023年4月1日現在)
                         会社名                          割合
        MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社                                          16.0%
        三井住友海上火災保険株式会社                                          21.4%
        あいおいニッセイ同和損害保険株式会社                                          17.8%
        三井ダイレクト損害保険株式会社                                          17.9%
        三井住友海上あいおい生命保険株式会社                                          21.4%
        三井住友海上プライマリー生命保険株式会社                                          17.7%
                                 11/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        上記6社合計                                          19.5%
      (注) 1 管理職:課長職相当以上(執行役員を含んでおりません)。
           2 社外への出向者を含まず、他社からの出向者を含んでおります。
           3 連結子会社のうち主要な連結子会社以外のものについては、「第7 提出会社の参考情報 2 その他
             の参考情報 (2) 管理職に占める女性労働者の割合」に記載しております。
       <補足説明>

         女性管理職に関するKPIを、「女性管理職比率30%(2030年度末)」「女性ライン長比率15%(2030年度
        末)」とし、グループ各社でタレントパイプライン整備に取り組んでおり、女性管理職の割合は着実に増加してお
        ります。
      (主な取組み事例)

       ・持株直資関連事業会社の非常勤取締役への女性登用
       ・副部長・副支店長ポストへの女性の登用
       ・「グループ女性部長の会」のメンバーによる後輩社員へのエール発信
      [女性管理職比率の推移(上記6社合計)]                     (各年度4月1日時点)

              2021年度                 2022年度                 2023年度
               16.1%                 17.5%                 19.5%
      (5)  男性労働者の育児休業取得率

         当社及び主要な連結子会社の男性労働者の育児休業取得率(以下、「男性育児休業取得率」という)
                                                (2023年3月31日現在)
                         会社名                          取得率
        MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社                                          71.4%
        三井住友海上火災保険株式会社                                          93.6%
        あいおいニッセイ同和損害保険株式会社                                          95.2%
        三井ダイレクト損害保険株式会社                                          50.0%
        三井住友海上あいおい生命保険株式会社                                          89.2%
        三井住友海上プライマリー生命保険株式会社                                          72.7%
        上記6社合計                                          92.5%
      (注) 1 対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日
           2 当社以外の取得率は、当社への出向者を含まず算出しております。
           3 男性育児休業取得率は、雇用する男性労働者のうち、「育児休業を取得した者の人数」÷「配偶者が出
             産した者の人数」により算出しております。
           4 「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(平成3年法律第76号)
             の規定に基づき、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規
             則」(平成3年労働省令第25号)第71条の4第1号における育児休業等の取得割合を算出したものであ
             ります。
      <補足説明>

         男性育児休業に関するKPI「取得率100%、取得日数4週間」を目指して、取得促進に取り組んでおり、取得
        率は着実に増加しております。
      (主な取組み事例)

        ・育児休業の意義と制度理解を深める研修など、全社員に対する周知取組み
        ・育児休業取得を促す案内を、上司に対する働きかけとして実施
        ・育児休業中の職場メンバーへの一時金「育休職場応援手当(祝い金)」の新設
        ・グループ各社の好取組事例の共有・展開
                                 12/234




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      [男性育児休業取得率の推移](上記6社合計)
              2020年度                 2021年度                 2022年度
               69.0%                 86.4%                 92.5%
      (6)  労働者の男女の賃金の差異

         当社及び主要な連結子会社の労働者の男女の賃金の差異(男性の賃金に対する女性の賃金の割合(以下、「男女
        の賃金差異」という))は次のとおりであります。
      ①当社

              全労働者               うち正規雇用労働者                うちパート・有期労働者
               65.1%                 65.7%                 84.1%
      (注) 1 対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日
           2 賃金:通勤手当を含んでおりません。
           3 出向者:当社の従業員は全て子会社等からの出向者であります。
           4 正規雇用労働者:執行役員を含んでおりません。
           5 パート・有期労働者:派遣社員を含んでおりません。
      <補足説明>

       ・給与基準上は男女の賃金差異はありません。
        同じ社員区分・役割区分での男女の賃金差異はなく、在籍年数などによる差異が若干生じております。
         例えば、正規雇用労働者のうち、社員区分が総合社員(グローバル)の役割区分別の男女の賃金差異は
        95.0%~122.7%となっております。
      [総合社員(グローバル)の役割区分別の男女の賃金差異]
           役割区分           部長職          課長職         課長代理職           担当職
            差異          122.7%           95.0%          105.4%          107.8%
      ・また、年代別では、20代の差異が小さくなっております。

      [正規雇用労働者の年代別の男女の賃金差異]
            年代          20代          30代          40代          50代
            差異          73.0%          66.7%          60.2%          67.1%
        ・正規雇用労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、「管理職に占める女性の割合が低いこと」及び「転居転

         勤を前提に賃金水準を相対的に高く設定しているコース区分に占める男性の割合が高いこと」であります。
        ・当社グループでは、意思決定層の多様化の一環として、女性管理職の登用に取り組んでおり(※)、取組みを進
         めることで、男女の賃金差異の縮小についても進めてまいります。
         ※グループの女性管理職比率に関するKPIを「女性管理職比率30%(2030年度末)」として取組みを進めてお
          り、女性管理職の割合は着実に増加しております。
      [女性管理職比率の推移]

         当社及び主要な連結子会社の6社合計                      (各年度4月1日時点)
              2021年度                 2022年度                 2023年度
               16.1%                 17.5%                 19.5%
      (注)    6社:「(4)管理職に占める女性労働者の割合」に記載のグループ各社であります。
      ② 三井住友海上火災保険株式会社

              全労働者               うち正規雇用労働者                うちパート・有期労働者
               43.6%                 50.7%                 30.6%
      (注) 1 対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日
           2 賃金:通勤手当を含んでおりません。
           3 出向者:社外への出向者及び他社からの出向者を含んでおりません(ただし、賃金の支払いがある他社
             からの出向者は含んでおります)。
           4 正規雇用労働者:執行役員及び理事を含んでおりません。
           5 パート・有期労働者:派遣社員を除き、ic(インシュアランスコンサルタント)、理事、特別社員
             (産業医、高度専門職など)を含んでおります。
      <補足説明>

        ・給与基準上は男女の賃金差異はありません。
         同じ社員区分・役割区分での男女の賃金差異はなく、在籍年数などによる差異が若干生じております。
                                 13/234

                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
          例えば、正規雇用労働者のうち、社員区分が総合社員(グローバル)の役割区分別の男女の賃金差異は
         90.7%~105.6%となっております。
      [総合社員(グローバル)の役割区分別の男女の賃金差異]
          役割区分         部長職         課長職        課長代理職          主任職         担当職
           差異        105.6%         93.9%         90.7%         98.8%         96.4%
        ・また、年代別では、20代の差異が小さくなっております。

      [正規雇用労働者の年代別の男女の賃金差異]
            年代          20代          30代          40代          50代
            差異          74.7%          51.5%          47.1%          45.9%
        ・正規雇用労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、「管理職に占める女性の割合が低いこと」及び「転居転

         勤を前提に賃金水準を相対的に高く設定しているコース区分に占める男性の割合が高いこと」であります。
        ・パート・有期労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、理事、産業医、高度専門職など、相対的に賃金水準
         が高い有期労働者においては男性の割合が高い一方、パート・有期労働者の大半を占めるスタッフ社員(主に定
         型的な業務を担う社員)については女性が多いことであります。
        ・差異の要因解消のため、意思決定層の多様化の一環として、女性管理職比率の引上げ(目標:2025年度23%)に
         努めるとともに、キャリアビジョンやライフイベント等に応じた転居転勤の可否選択を柔軟に認めております。
      [女性管理職比率の推移]                             (各年度4月1日時点)

              2021年度                 2022年度                 2023年度
               16.5%                 18.9%                 21.4%
      ③ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

              全労働者               うち正規雇用労働者                うちパート・有期労働者
               52.8%                 56.7%                 65.5%
      (注) 1 対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日
           2 賃金:通勤手当を含んでおりません。
           3 出向者:社外への出向者及び他社からの出向者を含んでおりません。
           4 正規雇用労働者:執行役員を含まず、理事を含んでおります。
           5 パート・有期労働者:派遣社員を含んでおりません。
      <補足説明>

       ・給与基準上は男女の賃金差異はありません。
        同じ社員区分・役割区分での男女の賃金差異はなく、在籍年数などによる差異が若干生じております。
         例えば、正規雇用労働者のうち、社員区分が全域型社員の役職別の男女の賃金差異は94.4%~107.9%となって
        おります。
      [全域型社員の役職別の男女の賃金差異]
           役職       部長職       次長職       課長職      課長補佐職        主任職       担当職
           差異       107.9%        97.1%       103.1%        94.4%       101.2%        94.7%
        ・また、年代別では、20代の差異が小さくなっております。

      [正規雇用労働者の年代別の男女の賃金差異]
           年代          20代           30代           40代           50代
           差異          81.5%           56.5%           50.7%           59.0%
        ・正規雇用労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、「管理職に占める女性の割合が低いこと」及び「転居転

         勤を前提に賃金水準を相対的に高く設定している社員区分に占める男性の割合が高いこと」であります。
        ・パート・有期労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、相対的に賃金水準・専門性の高い有期労働者におい
         ては男性の割合が高い一方、短時間労働の契約社員・コミュニケーター職については女性が多いことでありま
         す。
        ・差異の要因解消のため、女性管理職比率の引上げ(目標:2025年度末24%)に取り組み、また、「全域型」「地
         域型」の社員区分を統合し、キャリアビジョンやライフイベント等に応じた転居転勤の可否選択の柔軟性を高め
         る制度改定を予定しております(2023年10月)。
      [女性管理職比率の推移]                             (各年度4月1日時点)

                                 14/234

                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
              2021年度                 2022年度                 2023年度
               15.6%                 16.2%                 17.8%
      ④ 三井ダイレクト損害保険株式会社

              全労働者               うち正規雇用労働者                うちパート・有期労働者
               61.9%                 56.3%                 65.7%
      (注) 1 対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日
           2 賃金:通勤手当を含んでおりません。
           3 出向者:社外への出向者及び他社からの出向者を含んでおりません。
           4 正規雇用労働者:執行役員を含まず、理事を含んでおります。
           5 パート・有期労働者:派遣社員を含んでおりません。
      <補足説明>

       ・給与基準上は男女の賃金差異はありません。
        同じ職掌・職務区分での男女の賃金差異はなく、在籍年数などによる差異が若干生じております。
         例えば、正規雇用労働者のうち、総合職掌(ゼネラル職種)の職務区分別の男女の賃金差異は60.0%~104.4%
        となっております。
      [総合職掌(ゼネラル職種)の職務区分別の男女の賃金差異]
                                 サブ        アシスタント            チーフ
           職務区分         マネージャー職
                              マネージャー職          マネージャー職           スタッフ職
            差異          97.8%          96.3%          60.0%          104.4%
        ・また、年代別では、20代の差異が小さくなっております。

      [正規雇用労働者の年代別の男女の賃金差異]
            年代          20代          30代          40代          50代
            差異          85.7%          54.4%          63.9%          55.2%
       ・正規雇用労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、「管理職に占める女性の割合が低いこと」及び「転居転

        勤を前提に賃金水準を相対的に高く設定している職種区分に占める男性の割合が高いこと」であります。
       ・パート・有期労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、賃金水準が高い専門人財の有期労働者において男性
        の割合が高いこと及びパート・有期労働者の大半を占める業務職掌(主に定型的な業務を担う社員)において、
        賃金水準が高い損害調査職における男性の割合が高い一方、相対的に賃金水準が低い事務職における女性の割合
        が高いことであります。
       ・差異の要因解消のため、勤務エリアを限定する職種の社員が、キャリアビジョンやライフイベント等に応じてゼ
        ネラル職種に転換できる機会を設けております。
      [女性管理職比率の推移]                             (各年度4月1日時点)

              2021年度                 2022年度                 2023年度
               16.5%                 17.3%                 17.9%
                                 15/234







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
              全労働者               うち正規雇用労働者                うちパート・有期労働者
               56.0%                 56.1%                 44.0%
      (注) 1 対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日
           2 賃金:交通費を含んでおりません。
           3 出向者:社外への出向者及び他社からの出向者を含んでおりません。
           4 正規雇用労働者:執行役員、理事、上席部長を含まず、キャリアLC社員を含んでおります。
           5 パート・有期労働者:派遣社員を含まず、理事、上席部長、LC社員を含んでおります。
      <補足説明>

       ・給与基準上は男女の賃金差異はありません。
        同じ社員区分・役割区分での男女の賃金差異はなく、在籍年数などによる差異が若干生じております。
         例えば、正規雇用労働者のうち、社員区分が全域社員の役職別の男女の賃金差異は89.8%~104.1%となってお
        ります。
      [全域社員の役割区分別の男女の賃金差異]
          役職区分         次長職         課長職        課長代理職          副長職         担当職
           差異        92.9%        104.1%         89.8%        100.4%         91.2%
      ・また、年代別では、20代の差異が小さくなっております。

      [正規雇用労働者の年代別の男女の賃金差異]
            年代          20代          30代          40代          50代
            差異          61.4%          51.7%          60.1%          51.3%
        ・正規雇用労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、「管理職に占める女性の割合が低いこと」及び「転居転

         勤を前提に賃金水準を相対的に高く設定している社員区分に占める男性の割合が高いこと」であります。
        ・パート・有期労働者の男女の賃金に差異がある主な要因は、理事、上席部長など、相対的に賃金水準が高い有期
         労働者においては男性の割合が高い一方、主に定型的な業務を担う社員である地域社員(事務)については女性
         が多いことであります。
        ・差異の要因解消のため、女性管理職比率の引上げや、キャリアビジョンやライフイベント等に応じて社員区分を
         一定期間柔軟に選択できる人事運営への見直し等を実施しております。
      [女性管理職比率の推移]                             (各年度4月1日時点)

              2021年度                 2022年度                 2023年度
               16.6%                 17.9%                 21.4%
      ⑥ 三井住友海上プライマリー生命保険株式会社

             全労働者              うち正規雇用労働者                 うちパート・有期労働者
              64.9%                 64.3%                  84.9%
      (注) 1 対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日
           2 賃金:通勤手当を含んでおりません。
           3 出向者:社外への出向者及び他社からの出向者を含んでおりません(ただし、賃金の支払いがある他社
             からの出向者は含んでおります)。
           4 正規雇用労働者:執行役員・顧問を含んでおりません。
           5 パート・有期労働者:派遣社員を含んでおりません。
      <補足説明>

       ・給与規程上は男女の賃金差異はありません。
        同じ資格等級での男女の賃金差異はなく、在籍年数などによる差異が若干生じております。
         例えば、正規雇用労働者のうち、資格等級別の男女の賃金差異は81.6%~118.5%となっております。
      [資格等級別の男女の賃金差異]
         役割区分      上席部長職        部長職       次長職      課長職     課長代理職        主任職       担当職
          差異      118.5%       99.8%       88.5%      95.7%       81.6%       84.8%       89.9%
        ・また、年代別では、20代の差異が小さくなっております。

      [正規雇用労働者の年代別の男女の賃金差異]
           年代          20代           30代           40代           50代
                                 16/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
           差異          86.5%           63.6%           64.6%           73.7%
        ・労働者全体の男女の賃金に差異がある主な要因は、「管理職に占める女性の割合が低いこと」であります。

        ・差異の要因解消のため、女性管理職比率の引上げ(目標:2030年度末30%以上)に取り組んでおります。
      [女性管理職比率の推移]                             (各年度4月1日時点)

              2021年度                 2022年度                 2023年度
               16.3%                 17.2%                 17.7%
                                 17/234


















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                                 18/234





















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        当社グループの経営方針、経営環境及び対処すべき課題等は、以下のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  会社の経営の基本方針
         当社グループは、グループの目指す姿として「経営理念(ミッション)」、「経営ビジョン」、「行動指針(バ
        リュー)」を以下のとおり定めております。
        <経営理念(ミッション)>
         グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未
         来を支えます
        <経営ビジョン>
         持続的成長と企業価値向上を追い続ける世界トップ水準の保険・金融グループを創造します
        <行動指針(バリュー)>
         お客さま第一     :わたしたちは、常にお客さまの安心と満足のために、行動します
         誠実         :わたしたちは、あらゆる場面で、あらゆる人に、誠実、親切、公平・公正に接します
         チームワーク     :わたしたちは、お互いの個性と意見を尊重し、知識とアイデアを共有して、ともに成
                     長します
         革新         :わたしたちは、ステークホルダーの声に耳を傾け、絶えず自分の仕事を見直します
         プロフェッショナリズム:わたしたちは、自らを磨き続け、常に高い品質のサービスを提供します
      (2)  目標とする経営指標

         当社グループは2022年度から2025年度までの4年間の中期経営計画において、グループ全体の業績を示す経営指
        標として「IFRS純利益」、「修正ROE」(注1)、「ESR(Economic                                    Solvency     Ratio)」(注2)を掲
        げており、目標値は次のとおりであります。なお、当社グループは2025年度決算からIFRS(国際財務報告基
        準)を適用する予定のため、現時点のIFRS純利益の実績値は算出しておりませんが、2025年度の利益目標を
        「グループ修正利益」(注3)(日本基準。2022年度実績1,727億円)に置き換えると4,400~4,700億円程度に相
        当します。
                                  2025年度目標

        IFRS純利益                         4,700~5,000億円
        修正ROE                       10%以上を安定的に達成
        ESR                          180~250%
        (注)1 修正ROE   =IFRS純利益÷(IFRS純資産-政策株式の含み損益)
           2 ESR     =時価純資産÷統合リスク量(信頼水準99.5%)
           3 グループ修正利益=連結当期利益+異常危険準備金等繰入・戻入額-その他特殊要因(のれん・その他
                      無形固定資産償却額等)+非連結グループ会社持分利益
      (3)  経営環境並びに事業上及び財務上の対処すべき課題

         今後のわが国を含む世界経済は、景気の緩やかな持ち直しが持続することが期待される一方、世界的な金融引締
        めに伴う影響や物価上昇等による下振れリスクが懸念されます。
         保険業界においては、大規模自然災害の頻発やウィズコロナ社会への移行、地政学リスクの高まりといった不確
        実な環境下においても、様々な課題に対応し社会のレジリエンスを高める社会インフラとしての役割を果たしてい
        くことが求められております。
         このような中、2023年度は前年度よりスタートした中期経営計画の2年目を迎え、当社グループでは、引き続き
        「リスクソリューションのプラットフォーマーとして、社会と共に成長する」ことをテーマに掲げ、レジリエント
        でサステナブルな社会を支える企業グループを実現するため、「Value(価値の創造)」「Transformation(事業
        の変革)」「Synergy(グループシナジーの発揮)」を基本戦略とし、「サステナビリティ」「品質」「人財」
        「ERM」を、基本戦略を支える基盤として各取組みを進めてまいります。
                                 19/234




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                        「CSV×DX」取組みをグローバルに展開することで、気候変動をはじめ
               Value        とした社会課題の解決に貢献します。また、データやデジタルを活用したリ
             (価値の創造)           スクコンサルティングを高度化し、補償・保障前後の商品・サービスの開発
                        を進め、収益基盤を強化します。
        基
        本     Transformation           主に「商品」「事業」「リスク」のポートフォリオ変革を進め、大規模自然
        戦     (事業の変革)           災害やパンデミック等の発生にも耐えうる態勢を構築します。
        略
                        「1プラットフォーム戦略」によりグループ共通化・共同化・一体化を推進
               Synergy
                        します。また、「生損保事業のシナジー」を進めるとともに、国内外のグ
           (グループシナジーの
                        ループ各社のノウハウ等を活用し合う「グローバルシナジー」を追求し、グ
               発揮)
                        ループの多様性を活かし連携を強化することで一層の成長につなげます。
            サステナビリティ                品質             人財           ERM

          ステークホルダーと当社             社会の信頼とお客さまの             基本戦略の実行を支える             リスク、リターン、
          グループ双方に重要度が             満足を確保するととも             人財を確保するととも             資本の一体的管理に
        基
          高い社会課題である「地             に、透明性と実効性の高             に、その能力・スキル・             よる収益力と資本効
        盤
          球環境との共生」「安             いコーポレートガバナン             意欲を最大限に発揮でき             率の向上に努め、政
          心・安全な社会」「多様             スを実践します。             る環境を整備します。             策株式の削減を進め
          な人々の幸福」に取り組                                        ます。
          みます。
         主な事業領域別の取組方針は以下のとおりです。

         国内損害保険事業においては、「特色ある3つの損害保険会社」「国内最大の販売網」「日本有数の企業グルー
        プとの緊密な関係」といった強みを活かして、トップラインを拡大し安定的な利益を創出してまいります。引き続
        き、火災保険の収益改善に取り組むとともに、「1プラットフォーム戦略」の推進をはじめとする事業費の削減取
        組みにより、収益性の向上を図ります。
         国内生命保険事業においては、三井住友海上あいおい生命と三井住友海上プライマリー生命の強みであるチャネ
        ル(損保代理店、金融窓販)を活かした顧客アプローチを強化し、収益を拡大していくとともに、2社の連携によ
        る資産形成マーケットの開拓を進め、持続的な成長を図ります。
         海外事業においては、収益力が回復してきたMS                      Amlin事業における良績契約の引受拡大、Transverse社を活用し
        た米国MGA市場の取込み、アジアのリテール事業強化等の収益力強化の取組みを着実に推進し、加えて、米国・
        アジアでの事業投資やグローバルシナジーの強化などを進めてまいります。また、資本効率を向上させるため、収
        益性と成長性のモニタリングを進め、海外事業管理の高度化に取り組んでまいります。
         リスク関連サービス事業においては、インターリスク総研をグループの中核に、デジタル・データの活用による
        補償・保障前後のサービスやコンサルティングなどのリスクマネジメントサービスを強化し、新たな事業機会を創
        出してまいります。
         当社グループは引き続き、これら各事業領域における収益力の向上により資本効率を高め、資本コスト・株価を
        意識した経営、企業価値向上に努めてまいります。
         さらに、サステナビリティにおける3つの重点課題として掲げた「地球環境との共生」「安心・安全な社会」
        「多様な人々の幸福」に基づき、社会の持続可能性への貢献と当社グループの長期的成長に向けて取り組んでまい
        ります。
                                 20/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     2【サステナビリティに関する考え方及び取組】
        当社グループは、経営理念の実現に向けたサステナビリティの考え方を定め、取組みを進めております。
                 MS&ADインシュアランス              グループのサステナビリティの考え方

        MS&ADインシュアランス              グループは、経営理念の実現に向け「価値創造ストーリー」を紡ぐ企業活動

        を通じて、社会との共通価値を創造し、「レジリエントでサステナブルな社会」を目指します。
        信頼と期待に応える最高の品質を追求し、ステークホルダーとともに、地球環境と社会の持続可能性を守
        りながら、誰もが安定した生活と活発な事業活動にチャレンジできる社会に貢献し続けます。
        <以下略>
        なお、本項に記載した将来に関する事項は有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。

      ① MS&ADの「価値創造ストーリー」とビジネスモデル

         当社グループは、保険事業という公共性の高い事業を中心に、社会課題を解決し社会への価値を提供するととも
        に、我々自身も売上や利益といった価値を享受するという、ビジネスモデル「価値創造ストーリー」を掲げており
        ます。
         当社グループは、「サステナビリティの考え方」に基づき、保険・金融サービス事業者として、事故や災害をは
        じめ様々なリスクを引き受け、万一の際の補償を提供します。また、リスクそのものの発生を抑制するとともに、
        リスクを引き起こす要因となる社会課題の解決に力を注いでおります。「リスクを見つけ伝える」「リスクの発現
        を防ぐ・影響を小さくする」「経済的な負担を小さくする」、この取組みにより、企業活動を通じた社会との共通
        価値の創造を実現してまいります。これが当社グループのビジネスモデルであります。
      ② めざす姿「レジリエントでサステナブルな社会を支える企業グループ」

         中期経営計画(2022-2025)では、価値創造ストーリーを実践し、リスクソリューションのプラットフォーマー
        として社会課題の解決へ貢献し社会とともに成長する「レジリエントでサステナブルな社会を支える企業グルー
        プ」をめざす姿としました。
         当社グループの経営理念の実現に向けて、社会課題に向き合い、当社のビジネスモデルを通じた商品・サービス
        を提供することで、お客さまが安心して生活や事業活動を行うことのできる環境づくりをサポートしてまいりま
        す。
      ③ 重点課題の特定







         重点課題の特定にあたっては、世界共通の目標や国際的なガイドラインやフレームワーク等を踏まえ、解決が望
        まれる社会課題を洗い出したうえで、ステークホルダーの評価や意思決定に対する影響と、当社グループの事業に
        おける影響を評価し、双方にとって重要度の高いものを選択しております。
                                 21/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        [STEP1]社会課題についての分析

         社会で解決が求められている課題を的確に把握するために、世界共通の目標であるSDGs(持続可能な開発計
        画)やISO26000、国際的なガイドラインやフレームワーク、報告書等を踏まえ、解決が望まれる社会課題を洗
        い出しました。
        [STEP2]サステナビリティの重点課題の決定





         洗い出した社会課題解決に向けた当社グループの事業活動について、ステークホルダーによる評価及び意思決定
        に対する影響が大きい項目、かつ、当社グループの長期的なリスク・機会に大きく影響するものを分析しました。
        ステークホルダーと当社の双方にとって重要度の高いものを整理して3つの重点課題を定めました。
        [STEP3]重点課題における主な取組み











         これらの重点課題は、社会と当社グループ双方に価値を創造する取組みとして進めることを明確にするため、C
        SV(Creating        Shared    Value)取組みと位置付けております。また、課題の解決によって到達すべきゴールはS
        DGsのめざすゴールとも一致しております。
                                 22/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
       [STEP4]経営への報告






        特定した重点課題は、中期経営計画のサステナビリティ重点課題として経営に報告を行い、インフォメーション
       ミーティングや従業員への対面での説明会等を通じステークホルダーに公表しております。
        当社グループでは、マテリアリティ分析を通じて3つの重点課題を特定し、「地球環境との共生」(気候変動、

       自然資本)、「安心・安全な社会」(サイバーセキュリティなど新たなリスクへの対応、防災・減災、地方創
       生)、「多様な人々の幸福」(人権尊重、DE&I、人的資本)の解決に取り組むとともに、腐敗防止、贈収賄防
       止、情報セキュリティ管理等の取組みを進めております。
      (1)  ガバナンス

         当社グループは、サステナビリティ関連の課題に対して取締役会、グループ経営会議、及び課題別委員会による
        ガバナンス体制を敷いております。
         取締役会は、法令・定款に定める事項のほか、グループの経営方針、経営戦略、資本政策等、グループ経営戦略
        上の重要なサステナビリティ関連の事項及び会社経営上の重要な事項の論議・決定を行うとともに、取締役、執行
        役員の職務の執行を監督しております。取締役会では、リスク・リターン・資本をバランスよくコントロールする
        ため、リスク選好に基づいて経営資源の配分を行い、健全性を基盤に「成長の持続」と「収益性・資本効率の向
        上」を実現し、中長期的な企業価値の拡大をめざしております。取締役会は、執行役員を選任するとともに、その
        遂行すべき職務権限を明確にすることにより、取締役会による「経営意思決定、監督機能」と執行役員による「業
        務執行機能」の分離を図っております。執行役員は、取締役会より委ねられた業務領域の責任者として業務執行を
        行い、その業務執行状況について取締役会に報告します。
         グループ経営会議では、経営方針、経営戦略等、グループの経営に関する重要な事項について協議するととも
        に、担当役員による決裁事項の一部について報告を受けることにより、具体的な業務執行のモニタリングを行って
        おります。
         課題別委員会は、業務執行にかかる会社経営上の重要事項に関する論議及び関係部門の意見の相互調整を図るこ
        とを目的として設置しております。サステナビリティ関連の課題や取組みは、主として、課題別委員会のサステナ
        ビリティ委員会及びERM委員会での論議を経て、取締役会とグループ経営会議の双方に報告し、決定します。
                                 23/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         サステナビリティ委員会は、2023年度に新設されたグループCSuO(Group                                    Chief   Sustainable      Officer)が







        運営責任者となり、グループ各社の社長、及びグループCFO、グループCRO、ダイバーシティ、エクイティ&
        インクルージョン担当役員等で構成し、サステナビリティ課題の取組方針・計画・戦略等の論議を行っておりま
        す。2022年度は、グループCFO(サステナビリティ担当役員)が運営責任者となり4回開催しました。主な論議
        テーマは、2022年度のサステナビリティ取組み、DE&Iの推進、グループ人権尊重取組みの推進、2050年ネット
        ゼロへの取組み等であります。なお、各論議内容は、取締役会に報告しております。
         ERM委員会は、グループCFOとグループCROが運営責任者となり、ERMに関する重要事項の協議・調整
        等を行うとともに、リスク・リターン・資本の状況やサステナビリティ関連を含むリスク管理の状況等について、
        モニタリング等を行っております。2022年度は8回開催し、2023年2月に開催したERM委員会では、経営が管理
        すべき重要なリスク(グループ重要リスク)として、「人財を取り巻く環境の変化」を新たに加えること、「気候
        変動」に引き続き留意してリスクを管理していくこと等を論議し、取締役会にてグループ重要リスクを決定してお
        ります。また、ERM委員会では気候変動を含む自然災害リスク管理の高度化についても論議しており、論議内容
        は取締役会に報告しております。
         なお、腐敗防止、贈収賄防止については「品質向上・コンプライアンス委員会」、情報セキュリティ管理につい
        ては「グループシステム委員会」において論議しております。両委員会については、                                       「第4 提出会社の状況 
        4 コーポレート・ガバナンスの状況等」                   を参照ください。
      (2)  戦略

         当社グループは、中期経営計画(2022-2025)において、「地球環境との共生(Planetary                                         Health)」、「安
        心・安全な社会(Resilience)」、「多様な人々の幸福(Well-being)」の3つをサステナビリティの重点課題
        (マテリアリティ)として定めております。
         社会で解決が求められている様々な課題は、当社グループの事業活動へのリスク(サステナビリティに関連する
        ものを含めた当社グループを取り巻くリスクについては「                           第2 事業の状況 3 事業等のリスク (2)当社グ
        ループの主要なリスク          」参照)となる一方で、これらの課題解決につながる商品・サービスの提供を通じて社会と
        の共通価値を創造する取組みは新たな事業機会となり得ます。
         当社グループは、このようなリスクと機会を踏まえ、社会との共通価値を創造するCSV取組みを進めておりま
        す。
        ① 地球環境との共生~Planetary                Health~

         当社が、サステナビリティに関する重点課題を特定する際に、ステークホルダー及び当社にとって最も重要度が
        高いものと判定した気候関連についてのリスクと機会は、次のとおりであります。
         気候関連のリスクや機会は、大規模自然災害のように単年度の収支に影響をもたらすものや、中期及び長期に発
        現するものがあることを認識しております。
         当社グループは、単年度毎の事業計画に加え、気候関連のリスクや機会を含む様々なリスクと機会を踏まえて、
        中期の戦略・計画を策定し、取り組んでおります。リスクソリューションのプラットフォーマーとして、気候変動
        の解決に貢献し、社会と共に成長してまいります。
                                 24/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         a.気候関連のリスク
           当社グループは、気象条件の物理的な変化による影響や脱炭素社会への移行を、事業におけるリスクとして
          捉え、安定的な収益や財務の健全性確保のための取組みを進めております。大規模自然災害発生時にも円滑に
          保険金をお支払いできる体制を維持・強化するとともに、防災・減災取組みを進め、リスクの軽減を図りま
          す。
           気候関連財務情報開示タスクフォース(以下「TCFD」)は、気候関連のリスクを物理的リスクと移行リ
          スクの2つに分類しております。
           物理的リスクは、気候変動の物理的影響に関連したリスクであります。更に、リスクが発生する状態に応じ
          て2種類(「台風等の急性の物理的な事象に起因する急性物理的リスク」「長期的な気候パターンの変化に起
          因する慢性物理的リスク」)に分類しております。
           移行リスクは、脱炭素経済への移行に関連するリスクであります。リスクをもたらす要因別に、4種類
          (「気候変動の緩和や適応に対する政策・法規制によるリスク」「脱炭素社会への移行を支援する技術の革新
          等によるリスク」「市場の需要供給の変化によるリスク」「気候変動への対応に対する社会の評価・評判によ
          るリスク」)に分類しております。
           本分類に沿ったリスクは以下の通りであります。

                                 25/234















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
          [シナリオ分析]
           当社グループでは、自然災害被害を補償する保険引受にかかる影響(物理的リスク)と、温暖化対策の導入
          による投資にかかる影響(移行リスク)について、それぞれシナリオ分析を実施しております。
           物理的リスクの分析では、温暖化の進行に伴って勢力等が変化した台風による支払保険金の変動について分
          析し、支払保険金が増加する可能性があることを確認しております。また、移行リスクの分析では、温暖化対
          策の進展に応じて投資先企業が追加負担する可能性のあるコストについて分析し、投資先企業が温暖化対策を
          進めることで追加コストを抑制できる可能性があることを確認しております。
           なお、分析にあたっては、気候変動の影響は、大きさや発生時期等の不確実性が高いことから、様々な前提
          や仮定を置いております。物理的リスクの分析では気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のシナリオ
          に、移行リスクの分析では国際エネルギー機関(IEA)のシナリオに基づいて分析しております。
           当社グループは、気候変動の緩和と適応への取組みや科学的知見の更新等を踏まえ、今後も継続的なシナリ
          オ分析の見直しと高度化に取り組んでまいります。
         b.気候関連の機会

           脱炭素社会への移行による社会や経済の急激な変化は、新たな保険商品・サービスへの需要の喚起や、新し
          い産業の勃興や技術変革に伴う顧客企業の業績向上など、当社グループの成長につながる機会をもたらすと考
          えております。TCFDは、気候関連の機会を「資源の効率性」、「エネルギー源」、「製品・サービス」、
          「市場」、「レジリエンス」の5つに分類しております。
           「資源の効率性」は、エネルギーや資源の効率的な活用に関する機会であります。
           「エネルギー源」は、低排出型エネルギーの生産や活用に関する機会であります。
           「製品・サービス」は、低排出型の新たな製品サービスの開発・イノベーションに関する機会であります。
           「市場」は、新しい市場への開拓に関する機会であります。
           「レジリエンス」は、気候関連の適応に関する機会であります。
          本分類に沿った当社グループの事業活動に対する機会は、以下の通りであります。
         c.リスクと機会を踏まえた当社グループの取組み







           重点課題「地球環境との共生(Planetary                   Health)」では、気候変動の影響を最小化し、脱炭素化への移行
          を支援する取組みを進めております。財務の健全性・収益の安定性を確保しつつ、台風や洪水等の自然災害に
          よって生じた損害に対して保険金をお支払いするとともに、2050                              年ネットゼロの目標を掲げて、気候変動の
          リスクを低減するための新しい技術の発展や脱炭素社会への移行を支える取組みと、グループの事業活動に伴
          う環境負荷を低減する取組みを進め、レジリエントでサステナブルな社会を支えております。
           具体的には、次のとおり取り組みました。

          ・2022年6月、サステナビリティに関する保険引受・投融資の方針を変更し、7月から運営を開始しました。
           既設の石炭火力発電に関する新規取引停止や、環境や社会に負の影響を及ぼす事業の周辺環境への配慮状況
           を確認する運営を導入しました。
                                 26/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
          ・投資先のGHG排出量削減に向けて、気候変動に対応した対話取組みの推進、再生可能エネルギーへの投融
           資を行っております。加えて、インパクト投資の実行と共にノウハウ構築も進めてまいります。
          ・TCFD提言に基づく情報開示において、投融資先におけるGHG排出量の計測対象の拡大(外国株式、外
           部委託先)や脱炭素に資する商品の保険料増収率などの拡充を図りました。
           また、「地球環境との共生(Planetary                  Health)」では、生物多様性の喪失等の自然資本の持続も気候変動

          と一体的に取り組む課題と位置付けております。
           具体的には、次のとおり取り組みました。

          ・当社は、2023年9月の自然関連財務情報開示タスクフォース(以下「TNFD」)提言の最終化に向けて開
           示枠組みの開発に参画しております。また、日本におけるTNFDの主流化をめざして「TNFD日本協議
           会」を設置し、TNFD賛同企業向けに開発中の開示枠組に関する解説などを実施しております。
          ・2022年11月、株式会社三井住友フィナンシャルグループと気候変動・自然資本分野での協業を開始しまし
           た。さらに、農林中央金庫、株式会社日本政策投資銀行を加えた4金融機関グループで、ネイチャーポジ
           ティブ(以下「NP」)の実現に向けて金融アライアンスを2023年2月に発足しました。NPに資するソ
           リューションの調査や、企業の事業活動におけるNPへの転換を支援する金融商品の開発を検討してまいり
           ます。
        ② 安心・安全な社会~Resilience~

         a.リスクと機会
          当社グループは、イノベーションの進展や産業構造の変化などに伴う新しいリスクの発現、感染症の拡大、自
         然災害や大規模地震、地域産業の衰退などの社会課題を重点課題(安心・安全な社会~Resilience~)と位置づ
         けており、これらは当社グループの事業活動にとってもリスクとなります。
          一方、サイバーリスクの増加や、AI、宇宙開発、拡張・仮想現実などでの新たなリスクの発現への対処は、
         当社グループ事業における機会でもあると考えております。
         b.リスクと機会を踏まえた当社グループの取組み

          (a)    社会の変革に伴い発現する新たなリスクへの対応

            イノベーションの進展や産業構造の変化などに伴う新しいリスクに対応する商品・サービスの提供
            企業活動のサプライチェーン全体におけるサイバーセキュリティ対策に寄与する保険・「情報セキュリ
           ティeラーニング」等のリスクコンサルティングサービスをグループ各社で共同開発するなど、新たなリス
           クに対応した商品・サービスを提供しました。
          (b)    データ分析やAIを活用した防災・減災

            データ分析によるリスクの可視化や課題解決手段の提供など、事故                               ・自然災害大規模震への備えを支援
          (c)    レジリエントで包摂的な地域社会づくり(地方創生)

            地域を取り巻く様々なステークホルダーと連携した社会課題解決の推進や、持続可能なインフラへの移
           行、地域産業の活性化、多様なモビリティサービスの実現等による地方創生の推進
           ・自然環境の保全・再生、環境負荷低減、防災・減災、地方創生をテーマとした取組みとして、既存の取組
            み(「MS&ADみんなの地球プロジェクト」「ラムサールサポーターズ」)を包含した「MS&ADグ
            リーンアースプロジェクト」に取り組んでおります。
      ③ 多様な人々の幸福~Well-being~

        a.リスクと機会
          当社グループは、高齢化・少子化の進展、人権侵害・多様性の排除、貧困・格差拡大といった社会課題を重点
         課題(多様な人々の幸福~Well-being~)と位置づけており、これらは当社グループの事業活動にとってもリス
         クとなります。
          一方、自治体や地域企業、金融機関等と連携した地方創生取組みは当社事業における機会になると考えており
         ます。また、人権デュー・ディリジェンスの推進・支援や、女性、高齢者、障がい者、セクシュアルマイノリ
         ティのお客さまの保険・金融アクセス向上など、課題解決に向けた取組みは、当社グループ事業の中期的な成長
         実現につながる機会と考えております。
        b.リスクと機会を踏まえた当社グループの取組み

          (a)    健康、長寿社会への対応
                                 27/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
           企業の健康経営の支援や健康増進、未病・重症化予防に資する商品・サービスの提供、人生100年時代にお
          ける資産寿命の延伸を支援する商品・サービスの提供
          (b)    人権尊重の推進

            人権を尊重した事業活動、人権デュー・ディリジェンスによる人権課題への対応、保険・金融アクセスの
           向上
           ・2021年度に人権尊重取組として「公平・公正なお客さま対応」、「取引先、代理店における人権対応の考
            慮」、「社員の健康への配慮と差別のない職場環境」を重点項目に選定しました。重点項目ごとに予防・
            改善策とモニタリング方法を策定し、取組みを推進しております。
           ・海外は、国・地域によって抱える課題が異なるため、2022年6月に海外拠点向けアンケートを実施しまし
            た。人権リスク対応状況を確認し、予防・改善策やモニタリング方法を定めて人権尊重取組を推進してお
            ります。
           ・新たな課題として、LGBTQのお客さまへの対応、テクノロジー・AIに関する人権侵害への対応、外
            部委託先・代理店の人権課題に対する認識度の引上げ・人権尊重取組推進の支援、カスタマー・ハラスメ
            ント対策を認識し、対応を進めております。
          (c)    社員のエンゲージメント向上

            社員のDE&I推進やグループ一体感の醸成を図り、社員がいきいきと活躍できる企業文化をめざした、
           社員が参加できるグループ横断活動の検討
      (3)  リスク管理

         当社グループは、サステナビリティに関連するものを含め、当社グループを取り巻くリスクについて、リスク管
        理態勢を整備し、リスク管理を経営の最重要課題として取り組んでおります。当社グループのリスク管理について
        は、「   第2 事業の状況 3 事業等のリスク                  」を参照ください。
      (4)  指標・目標

         当社グループは、3つの重点課題ごとにリスクと機会に関する指標・目標を次のとおり定めております。
        ① 地球環境との共生~Planetary                Health~

          当社グループは、当社グループやサプライチェーンを通じて排出するGHGの削減に向けて、次のa.及び
         b.を指標・目標として取り組んでおります。
         a.GHG排出量削減率

                   指標・目標                       進捗状況
          ・2030年度:       ▲50%                   ・2022年12月末:         ▲25.3%
          (対2019年度)
          ・2050年度:       ネットゼロ
         b.再生可能エネルギー導入率

                   指標・目標                       進捗状況
          ・2030年度:       60%                   ・2022年12月末:         12.3%
          ・2050年度:100%
        当社グループは、脱炭素社会・環境汚染対策につながる循環型経済への移行に向けて、次のc.を指標・目標と

       して、技術革新と社会実装を支える商品・サービスの提供を行っております。
         c.社会の脱炭素化、循環型経済に資する商品

                   指標・目標                       進捗状況
          ・保険料増収率:         年平均18%                 ・2022年度:       17.9%
        ② 安心・安全な社会~Resilience~

          当社グループは、イノベーションの進展や産業構造の変化に伴う、サイバーリスクなど新たなリスクに対応す
         るため、次のa.を指標・目標として、商品・サービスの提供を行っております。
         a.社会のレジリエンス向上に資する商品

                                 28/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                   指標・目標                       進捗状況
          ・引受件数増加率:          年平均20%                ・2022年度:       29.4%
          当社グループは、次のb.を指標・目標として、自治体や商工団体等、地域を取り巻くステークホルダーと連
         携した社会課題解決の推進や、持続可能なインフラへの移行、地域産業の活性化、多様なモビリティサービスの
         実現等による地方創生の推進に取り組んでおります。
         b.地域企業の課題解決支援数

                   指標・目標                       進捗状況
          ・コンサルティングサービス、研修・セミナー等:
                                   ・2022年度:       12,349件
          2025年度 年1万件
        ③ 多様な人々の幸福~Well-being~

          当社グループは、次のa.及びb.を指標・目標として、企業の健康経営の支援、健康増進、未病・重症化予
         防に資する商品・サービスの提供、人生100年時代における資産寿命の延伸を支援する商品・サービスの提供を
         行っております。
         a.健康関連の社会課題解決につながる商品
                   指標・目標                       進捗状況
          ・保有契約件数:         260万件(2025年度末)                 ・2022年度:       217万件
         b.長寿に備える資産形成型商品

                   指標・目標                       進捗状況
          ・保有契約件数:         10万件(2025年度末)                 ・2022年度:       5.0万件
         当社は、次のc.を指標・目標として、企業の人権関連対応の支援を行っております。

         c.企業の人権関連対応の支援数
          指標・目標                         進捗状況
          ・コンサルティングサービス、研修・セミナー等:                         ・2022年度:       1,111件
          2025年度 年1,000件
          当社グループは、次のd.を指標・目標として、グループ一体感の醸成と社員がいきいきと活躍できる企業文

         化をめざし、社員が参加できるグループ横断活動に取り組んでおります。
         d.社員意識調査

                   指標・目標                       進捗状況
          ・CSVを実感している:             前年同水準以上            ・2022年度 4.5        pt(2021年度       4.6  pt)
          ・MVV※を意識している:              前年同水準以上           ・2022年度 4.6        pt(2021年度       4.7  pt)
          ※ミッション(経営理念)、ビジョン(経営ビジョ
           ン)、バリュー(行動指針)
      (5)  人財育成方針

        ① 基本的な方針
         ・当社グループには、国内外の連結会社に約4万人の社員がおり、グループの最大の財産は人財と考えておりま
          す。人財はグループの企業価値向上の原動力であり、人財育成に積極的に投資します。
         ・当社グループがめざす人財像は、「自律的に行動し、変革にチャレンジし、新たな価値を創造する人財」であ
          ります。このような人財を継続的に輩出するよう、人財育成に取り組みます。
         ・当社グループの強みである多様性を活かして組織を牽引することができる、多様なリーダーの育成に取り組み
          ます。経営をリードする人財、女性リーダーなどの育成を、グループ共同で進めます。
        ② 中期経営計画を踏まえた方針

         ・経営戦略を実現するのは人財であり、戦略実現のために必要なスキルを明確化し、リスキリングやアップスキ
          ルなどへの人財投資により社員の自律的な成長機会を拡充するとともに、外部人財を含めた専門人財の確保・
          活躍を推進し、最適な人財ポートフォリオを構築します。特に、CSV×DXのグローバルな展開や、事業・
          リスクポートフォリオの変革などを担う「デジタル人財」「海外人財」については、KPIを設定し、人財育
          成の進捗を確認しながら、重点的に育成に注力します。
         a.デジタル人財の育成

                                 29/234

                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
           すべての社員がベーシックなデジタルスキルを身につけることに加えて、大学等との連携育成プログラムな
          どを活用し、ビジネスサイド、データ分析サイドの両面からデジタル人財の育成を進めます。
         (a)ビジネスサイド :DXを活用してビジネスを創造・拡大することのできる人財
         (b)データ分析サイド:高度なデータ分析等、ビジネスを実現するための高いスキル・専門性を有し発揮で
                     きる人財
          〔KPI〕 2025年度7,000人  (上記(a)と(b)合計)
                (2023年4月時点3,601人、グループ国内保険会社5社合計)
          ・ビジネスサイドの取組み

           デジタルスキルに関するオンライン教育ツールの拡充や、グループ各社のデジタル人財認定制度、大学等
           (※)との連携講座などを活用して体系的に進めることで、多くの社員がスキルを身につけ、向上するよう
           取り組みます。
          ・データ分析サイドの取組み
           大学等(※)との連携講座や、データサイエンスに関する高度なスキルの認定制度を活用して育成に取り組
           みます。また、ジョブ型の社員区分を設け、外部専門人財の確保・活躍に適した環境を整備・活用します。
           (※)MS&ADデジタルアカデミー(INIAD:東洋大学情報連携学部)

              累計参加人数788人(2018年度~2022年度)
              MS&ADデジタルカレッジfrom京都(KUAS:京都先端科学大学)
              累計参加人数431人(2020年度~2022年度)
         b.海外人財の育成

           海外事業を担う人財を、ポストに対して質・人数ともに十分に確保することを必要としております。現状、
          必要な人数は確保できており、世代交代を進めながら持続的に人財を育成・確保するためのプログラムに取り
          組んでおります。
          〔KPI〕 2025年度1,200人  2023年4月時点1,182人

                (三井住友海上火災保険株式会社・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の2社合計)
           具体的には、海外事業に必要な「経営人財」や「専門人財(経理・財務、IT、リスク管理等)」につい

          て、次のような取組みを実施しており、多面的・計画的に人財を育成します。
          (a)指名型研修の実施

           ・経営人財育成:グローバルリーダー養成プログラム 2013~2022年度累計参加人数74人
           ・専門人財育成:グローバルエキスパート養成プログラム 2014~2022年度累計参加人数88人
           ・海外雇用社員の経営人財育成:グローバルマネジメント研修 2021~2022年度累計参加人数54人
          (b)海外派遣研修制度:2013~2022年度累計参加人数337人

           ・公募による海外派遣研修制度。派遣期間は原則1年以上で、海外事業展開を支える人財を中長期的視点で
            育成する取組み。
          (c)グローバルトレーニー制度:2013~2022年度累計参加人数1,085人

           ・1週間程度の外国人との協働プログラムを通じてグローバルビジネスを疑似体験することで、海外人財に
            求められるスキル・要素の習得をめざす取組み。
         上記の他にも、海外駐在経験者への本社部門やマネジメント経験の付与、若手の海外赴任、海外雇用社員の日本

        での勤務など、グローバルな人財相互交流などにより、人財育成を進めます。
      (6)  社内環境整備方針

       ① 基本的な方針
        ・経営戦略を実行するのは、社員一人ひとりであります。社員の能力・スキル・意欲を最大限発揮できる職場環境
         を整備することで、エンゲージメントを高め、経営戦略の実効性を高めます。
        ・中期経営計画の基本戦略「Transformation」にある「新たなビジネスの創造等、事業の構造を変革し、事業環境
         の変化に適応する」などの実現にあたっては、多様な人財の意見やアイデアを引き出し、活かすことが重要であ
         ります。ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DE&I)を推進し、意思決定層の多様性を確保
         し、当社グループの特長である多様性のメリットを最大化します。
                                 30/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
       ② 中期経営計画を踏まえた方針
        ・KPIを設定して取組みを進め、社員がいきいきと活躍し、グループの多様性を企業価値向上に結びつける環境
         を整えます。
      a.魅力ある職場環境の整備

         社員のエンゲージメントを向上させるためには、自律的なキャリア形成機会、柔軟で効率的・効果的な働き方、
        チャレンジを後押しする企業文化といった職場環境の整備が重要であり、それぞれ次のような取組みを進めます。
      (a)自律的なキャリア形成機会の提供

         自らが希望するポスト・部門に異動し、活躍のステージを広げるための公募制度(ポストチャレンジ)の活用を
        拡大し、グループ会社間での人事異動、人財育成、キャリア形成取組みを活性化します。また、自身を即戦力とし
        て、これまで培ってきた能力・スキル等を自ら指定する部署にアピールできる制度(フリーエージェント)の活用
        や、社員が既存組織の枠を超えて会社施策に参画する仕組みなど、自律的なキャリア形成機会の提供を拡充しま
        す。
        ポストチャレンジ応募実績:2022年度 376人
      (b)多様で柔軟な働き方の推進

        ・在宅勤務と出社を効率的に組み合わせ、リモートワークを活用した業務運営を進めます。また、ジョブ型雇用の
         導入や、副業・兼業の緩和により、スキル向上・活用の機会を拡大します。
        ・キャリアビジョンやライフイベント等に応じた転居転勤の可否選択を柔軟に認めていきます。
      (c)新たなチャレンジを後押しするマネジメント

         チャレンジを奨励し、社員の意欲を引き出し活かす意識改革・風土醸成につながるマネジメントを展開します。
      b.ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DE&I)

      (a)意思決定層の多様化
        イ 女性の登用について、役員や管理職への登用のためのパイプライン整備の取組みを強化しています。また、
         2030年度末までのKPIとして、女性管理職比率を30%に設定するとともに、組織の長となる「女性ライン長」
         の比率をその半数に定め、意思決定者の多様性を促進します。
         〔KPI〕 女性管理職比率               30%   (2030年度末)          2023年4月時点19.5%
               女性ライン長比率15%           (2030年度末)          2023年4月時点12.9%
                         (当社及びグループ国内保険会社5社合計)
        グループ各社におけるパイプライン整備の取組み例は次のとおりであります。
        ・持株直資関連事業会社非常勤取締役への女性選任
          2023年4月新任8人、2019年度以降累計28人
        ・副部長・副支店長ポストへの女性の配置
          2023年4月時点44人
                                 31/234








                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        ロ 外部人財の登用について、管理職に占める外部人財や、社外カルチャー経験者の比率向上を進めるなど、多様
         な経験を意思決定に活かす取組みを進めます。
         〔KPI〕 管理職に占める中途採用者比率:現行水準以上
                2023年4月時点22.6%、2022年4月時点22.1%
      (b)男性労働者育児休業

         男性労働者育児休業の取得促進は、企業の社会的責任・社会への貢献であるとともに、男性が育児や育児休業へ
        の理解を深める機会であります。多様な価値観を受け容れる職場環境整備の一環として、KPIを設定して取組み
        を進めます。
         〔KPI〕 2025年度男性労働者育児休業:取得率100%、取得日数4週間 をめざす
                2022年度 取得率92.5%、取得日数8.1日 (グループ国内保険会社5社合計)
      (c)意見やアイデアを積極的に引き出し活かすマネジメントノウハウの展開

         当社グループの特長である多様性を活かすためには、様々な人財の知識・経験・価値観を引き出し、組織の意思
        決定に活かすインクルーシブな組織運営が不可欠であります。そのためのマネジメントノウハウである「インク
        ルーシブ・リーダーシップ」の実践・浸透に取り組みます。
      (d)グループ社員の交流・意見交換機会の提供

         多様な人財が集まり、知識・経験の共有や、新たな気づきや価値観を創出する契機とするため、グループ各社の
        社員がグループ横断で参加する交流・意見交換会などを実施し、多様性とインクルーシブな体験の機会を提供しま
        す。
      c.健康経営

         社員がいきいきと働き、その能力を最大限発揮するためには、社員の健康維持・増進が不可欠であります。労働
        時間や休暇等の時間管理の徹底、メンタル不調への対策強化・復帰支援などにより、社員の心身の健康を保持・増
        進できる、健康や安全に配慮した職場づくりに取り組み、Well-beingを推進します。
         〔KPI〕 ・年次有給休暇取得日数:前年同水準以上 2022年度16.4日

                 休暇取得を促進し、社員の心身の健康保持に取り組みます。
               ・運動習慣者比率:現行水準以上 2022年度26.5%
                 「1回30分以上の軽く汗をかく運動を週2日以上、1年以上実施」の運動習慣のある社員の
                 比率をKPIに設定し、健康保持・増進への意識を高めています。
                              (当社及びグループ国内保険会社5社合計)
         上記のような環境整備を進め、以下の設問に対する回答スコアを社員のエンゲージメントを測る指標として、K

        PIを「前年同水準以上」と設定し、進捗を確認しております。
         〔KPI〕 社員意識調査
                ・設問「私は、今の仕事に誇りと働きがいを持っている」
                  :スコア4.4(2022年度)
                ・設問「私の職場は、年齢・経験・国籍・性別・障がいの有無等で差別することなく、多様な人
                 財の多様な価値観や意見が受け容れられ、人権を尊重し、いきいきと活躍できる環境にある」
                  :スコア4.6(2022年度)
                       (6段階スコア、当社及びグループ国内保険会社5社合計)
                                 32/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     3【事業等のリスク】
      (1)  当社グループのリスク管理
      ① リスク管理基本方針
         当社グループは、持続的成長と企業価値向上を追い続ける世界トップ水準の保険・金融グループを創造すること
        を経営ビジョンに掲げ、その実現を阻害するあらゆる不確実性を「リスク」と捉え、リスク管理態勢を整備し、リ
        スク管理を経営の最重要課題として取り組んでおります。
         当社グループでは、「MS&ADインシュアランス                        グループ     リスク管理基本方針」を定め、グループ内で共有
        された基本的な考え方のもとでリスク管理を実行しております。
         「MS&ADインシュアランス               グループ     リスク管理基本方針」には、リスク管理の基本プロセスと体制、保険
        グループとして認識すべきリスクの定義や管理の考え方等が定められております。
         グループ国内保険会社では、この基本方針に沿って各社の実態に合わせた「リスク管理方針」を制定し、主体的
        にリスク管理を行っております。
      ② リスク管理体制





         当社では、取締役会の課題別委員会の1つであるERM委員会にてリスク管理に係るモニタリング等を行い、重
        要事項についてはERM委員会の協議を踏まえて、グループ経営会議および取締役会に報告を行う体制としており
        ます。
         グループ国内保険会社は、国内外の子会社も含め各社それぞれのリスク管理を実行します。リスク管理部は、グ
        ループ全体のリスクおよび各社のリスク管理の状況をモニタリングし、グループ全体の統合リスク管理を行い、E
        RM委員会へその結果を報告しております。
                                 33/234










                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      ③ ERMをベースにしたグループ経営
         ERM(Enterprise          Risk   Management)は、保険会社の経営において重要なリスク・収益(リターン)・資本と
        いう3つの経営指標をバランスよく管理していく機能を担っております。
         当社グループでは、現中期経営計画の基本戦略を支える基盤の1つとして、ERMを位置づけ、リスク・収益
        (リターン)・資本のバランスを取った経営資源配分により、企業価値向上に取り組んでおります。
        a.ERMの機能と役割
          ERMでは、リスクを取って収益を求める際、リスク対比の収益性(ROR※1やVA※2)の高いものや高
         まる取り方を考え、資本の健全性(ESR※3)を維持しつつ、目標とする資本効率性(グループ修正ROE※
         4)の達成を図ります。これら3者の関係は下図のようになります。
          ※1   ROR(Return        on  Risk):後述b.(a)参照







          ※2   VA(Value      Added):後述b.(b)参照
          ※3   ESR(Economic         Solvency     Ratio:経済価値ベースのソルベンシー・レシオ:後述b.(c)参照
          ※4   修正ROE(Return          on  Equity):後述b.(d)参照
        b.ERMで注視する指標

          ※5   統合リスク量:200年に一度の確率で当社グループ全体が被る損失の予想額(時価)






          ※6   時価純資産:経営のバッファとしての純資産管理を徹底するために使用している指標(修正純資産+保
                   険負債の含み損益+その他負債性資本等)
                                 34/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         (a)   ROR    (Return    on  Risk)とは
           リスク量に対して利益(リターン)がどの程度確保されているか(リスク量対比の収益性)を示す指標で
          す。
           リスクを引き受けるためには、それに見合う資本の確保が必要になります。したがって、RORが高い
          (すなわち、引き受けたリスクに対して得られる利益が大きい)事業は、必要な資本に対して、得られる利
          益がより大きい事業と言えます。
         (b)   VA   (Value    Added)とは
           リスクを引き受けることによって、どれだけの付加価値が得られるかを示す指標です。資本コストは、資
          本資産価格モデル(CAPM)により推計しています。
         (c)   ESR(Economic         Solvency     Ratio)とは
           リスク量に対する資本の充実度を示す指標(=「時価純資産」÷「統合リスク量」)です。リスク量は、
          事業や資産に係る損失や価値変動のリスクを統計的に数値化したものであり、統合リスク量は当社グループ
          全体のリスクの総額となります。
         (d)修正ROE(Return            on  Equity)とは
           資本に対する利益の割合で、資本の効率性を示す指標です。
      ④ ERMとリスク管理

         当社グループでは、リスク選好方針に沿って経営計画を策定し、ERMサイクルをベースに、健全性の確保と、
        収益力と資本効率の向上を図っております。ERMサイクルに沿って、リスクに見合った資本の配賦を行い、引き
        受けたリスクに対するリターン(ROR)のモニタリングを通じて、リスクコントロールやアンダーライティング
        の強化等を行っております。
        a.ERMサイクル









          ERMは、企画・執行・モニタリングのサイクルを通じて実践しております。
        b.ROR向上に向けた取組み
          引き受けたリスクに対しどれだけの利益が得られるかを示すRORの推移は、当社グループのリスクポート
         フォリオの収益力の状況を表しております。当社グループでは、ERMサイクルをベースにRORの向上に取り
         組んでおります。
        c.ストレステストの実施
          当社グループは自然災害の発生、資産価値の下落など、様々な事象の発現による影響を分析して、資本の十分
         性、期間損益への影響、ポートフォリオの脆弱性の確認を行うためにストレステストを実施しております。
                                 35/234

                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
          また、事象発現時の状況を分析し、資本を毀損する因子の洗い出しを行い、リスク耐性の向上に有効な対策の
         検討にも活用しております。
      (2)  当社グループの主要なリスク

         当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識し
        ている主要なリスクは以下のとおりであります。
         なお、本項に記載した将来に関する事項は有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。
        ① グループ重要リスク
          グループ各社が洗い出した主要なリスク事象リストに基づき、下表のように発生可能性と影響度を目安とし
         て、総合的な判断により、経営が管理すべき重要なリスク事象を「グループ重要リスク」として選定し、グルー
         プ重要リスク管理取組計画を策定した上で、リスク対策の実行や各リスクの状況を定期的にモニタリングしてお
         ります。
          ※7 発生可能性:当面(5年以内)の発生可能性。統計的な発生頻度(確率)に加え、統計的手法で捉えき




                   れない切迫度、予兆等を勘案し、総合的に判断。
          ※8 影響度:「経済的損失」「ブランド力・信用力への影響」等を勘案し、総合的に判断。
          2023年度は人的資本・多様性に関する開示の義務化等の競争優位の源泉としての人財に対する認識の高まり

         や、労働需給の変化(人手不足)、DX推進等のグループ戦略の実行に求められる専門性やスキルの変化、社員
         の意識や価値観の多様化等を踏まえ、「人財を取り巻く環境の変化」をグループ重要リスクに追加しておりま
         す。また、下表のリスクの高まりや変化については、すでにグループ重要リスクに包含して管理しております
         が、「主な想定シナリオ」に明示することで管理を強化しております。
          なお、主な想定シナリオの策定においては「デジタライゼーションの急速な進展」「気候変動」「少子高齢化
         の進展」「新型コロナウイルスの影響長期化」「国家間等対立の激化・経済安全保障の強化」に留意しておりま
         す。
                 主な領域              「主な想定シナリオ」に明示する環境変化
                       (a)セカンダリーペリル(国内における雹災など従来影響が小さかった事象)
                  環境      を含む大規模災害の発生
                       (b)大規模自然災害の発生等に伴う再保険市場のハード化・キャパシティ減少
                       (c)世界的な景気減速への懸念、グローバルな経済圏の分断への懸念
          外的変化        経済
                       (d)物価変動やそれに伴う各国の金融政策の変更、財政規律への懸念
                       (e)デジタライゼーション・衛星通信技術の進展や極端な宇宙天気現象(太陽
                  社会      フレア爆発等)の発生等に伴う大規模通信障害への懸念
                       (f)脱炭素社会への移行や社会的要請の変化等による保険引受リスクの変化
                       (g)グループ戦略(1プラットフォーム戦略や大規模システム開発等)の進捗
                   ―
          内的変化             (h)IFRS導入に向けた準備の進捗
                       (i)リモートワークの常態化
          2023年度グループ重要リスクは下表のとおりであります。

          これらのリスクが発現することにより、多額の保険金・給付金の支払、保有資産の価値の低下、競争環境や評
         判の変化等が生じ、当社グループの業績や財務状況に影響が生じるリスクがあります。当社グループでは、これ
         らのリスクに対して、グループ重要リスク管理取組計画を策定(取締役会で決議)した上で、リスク対策の実行
         を通じて、リスクの軽減やコントロールを実施しております。
                                 36/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                              グループ重要リスク
       No.
                          (点線枠内は「主な想定シナリオ」)
          大規模自然災害の発生                           (留意事項:気候変動)
            ・気候変動の影響も受けた国内及び海外の大規模な風水災・森林火災・雪雹災・干ばつや地震・噴火
             等の発生による保険金支払の増加
        1
            ・大規模自然災害の発生等に伴う出再保険料の高騰や再保険会社の引受キャパシティの減少等によ
             り、方針どおりのリスクコントロールが困難になる事態の発生
            ・大規模自然災害の発生により当社グループが適切にビジネス・サービスを実行できない状態の発生
          金融マーケットの大幅な変動                      (留意事項:国家間等対立)
            ・大国間対立激化やグローバルな経済圏の分断等に伴う経済活動の停滞懸念による株式等の保有資産価
        2
             値の下落
            ・物価動向を踏まえた各国の金融政策の変更等に伴う金利・為替の変動による資本余力の低下
          信用リスクの大幅な増加                   (留意事項:国家間等対立、気候変動)
            ・各国の経済安全保障関連規制の強化等によるサプライチェーンの分断等に伴う実体経済の悪化や脱炭
        3
             素社会への移行に向けた規制の強化・対応の遅延等による投融資先企業の業績悪化やデフォルト
            ・財政規律の欠如に伴う各国の国債の格下げや信用力の低下、世界経済の減速懸念等に伴う投資家のリ
             スク回避姿勢の強まり等による保有債券等の価値の下落
          グループの企業価値の著しい毀損や社会的信用の失墜につながる行為※9の発生
                              (留意事項:デジタライゼーション、気候変動、国家間等対立)
            ・グループ戦略遂行上の組織改編・業務変革・システム開発に伴う業務混乱や苦情の増加
            ・国際財務報告基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示に向けた態勢整備の不足・遅延等による開示
             情報の重大な誤りの発生、若しくは、従来の経営管理指標からの移行・併用にあたっての投資家の否
        4
             定的な反応
            ・リモートワークの進展に伴う社内コミュニ―ケーション不足等による業務品質や効率の低下
            ・当社グループにおける気候変動対応等のサステナビリティに関わる課題への対応不備やそれに伴う訴
             訟等による評判の低下や財務的な負担
            ・当社グループ又は外部委託先等における人権や知的財産権の侵害・経済安全保障上の問題等による当
             社グループの評判の低下
          サイバー攻撃による大規模・重大な業務の停滞・情報漏えい・保険金支払の発生
                                   (留意事項:デジタライゼーション、国家間等対立)
            ・巧妙化・多様化したサイバー攻撃による当社グループ及び外部委託先等における業務の停滞・情報漏
        5
             えいの発生
            ・デジタライゼーションの進展や大国間の対立激化等に伴う世界的なサイバー攻撃被害の拡大等による
             保険金支払の増加
          システム障害の多発や重大なシステム障害の発生、大規模システム開発の進捗遅延・未達・予算超過・期
          待効果未実現                  (留意事項:デジタライゼーション、国家間等対立)
            ・デジタライゼーションの進展に伴い影響が増大したシステム障害の発生、大規模自然災害の発生等に
             伴うシステム関連施設の罹災、宇宙天気現象の影響も懸念される通信衛星・通信回線の不具合・事故
        6
             等に伴う通信障害によるビジネス・サービスの停滞
            ・休日や営業時間外に稼働するお客さま・代理店向けシステムの大規模な障害発生によるお客さま等へ
             の対応の遅れ
            ・各国の経済安全保障関連規制の強化等から外部委託先等を変更することによるシステム開発の遅延や
             サービスの劣化
                                 37/234





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                              グループ重要リスク
       No.
                          (点線枠内は「主な想定シナリオ」)
          新型インフルエンザ等の感染症の大流行         (留意事項:気候変動、新型コロナウイルス)
            ・地球温暖化の影響も受けた新種の感染症の大流行・影響長期化、新型コロナウイルスの変異株による
        7
             感染再拡大等に伴い当社グループが適切にビジネス・サービスを実行できない状態の発生
            ・世界的な感染拡大による保険金・給付金支払の増加や感染症の影響長期化に伴う経済活動の長期停滞
             等による収益の低下
          保険市場の変化      (留意事項:デジタライゼーション、気候変動、少子高齢化、国家間等対立)
            ・デジタルプラットフォーマーの台頭や消費者意識の変化等によるビジネスモデルの大きな変革、運転
             支援・自動運転技術の進展による自動車事故の減少等による収益構造への影響
            ・補償・保障前後のサービス拡大に伴うアプリ・システム・IoT機器等の不具合、業務委託先・事業
             提携先の不正・事務ミスによる風評被害、機器等の供給制約等による販売戦略への影響
        8
            ・低炭素・脱炭素技術等の気候変動への対応に係る新たな保険引受による保険金支払の増加
            ・少子高齢化の進展・人口減少等に伴う市場規模・構造の変化による事業ポートフォリオへの影響
            ・大国間の対立激化に伴う規制変更や軍事的行動等による特定の国や地域での事業の制限・中断・撤退
            ・外部環境変化(社会的要請の変化、企業等の建物・設備の老朽化、気候変動リスクやサイバーリスク
             といった国・地域をまたがるリスクの出現を含む)に伴うリスクの高まり・集積やインフレ等による
             保険金・事業費の増加
          人財を取り巻く環境の変化                                       (留意事項:少子高齢化、デジタライゼーション)
            ・人財市場・労働需給等の外的な変化やDX推進等の戦略実行に必要なスキル・専門性の変化等によ
        9
             る、経営戦略と人財ポートフォリオのギャップ及びその解消に向けた人財の確保・育成の不足
            ・自律的なキャリア形成機会・柔軟で多様な働き方・多様性の尊重等に対する社員の意識の変化を的確
             に捉えた環境整備の不足による社員のエンゲージメントの低下や人財の流出
          ※9 企業価値の著しい毀損・社会的信用の失墜につながる行為とは、グループ事業に関連する法令等違反行

            為、重大な労務問題(長時間労働・ハラスメント等)、人権侵害・多様性の排除、データガバナンスの不
            備等に加え、社会規範等からの逸脱(不作為によるものを含む)や顧客本位の視点の欠如・不徹底等(コ
            ンダクトリスク)に起因するものをいいます。
      ② グループエマージングリスク

         中長期的な視点から当社グループ経営に影響を与える可能性のある事象や、現時点では当社グループ経営への影
        響の大きさ、発生時期の把握が難しいものの、経営が認識すべき事象を次のとおり「グループエマージングリス
        ク」として特定し、定期的にモニタリングしております。
         2023年度は「労働需給の大きな変化」を「人財を取り巻く環境の変化」としてグループ重要リスクへ移行すると
        ともに、今後20年で建設後50年以上を経過する社会インフラの割合が加速度的に高まること、および脱炭素対応や
        地政学的リスクによる供給制約等を踏まえたエネルギー供給の不確実性の高まり等を踏まえ、「社会資本(橋梁・
        トンネル・河川施設・港湾施設・下水道等)の維持管理・更新の大幅な停滞・遅延、エネルギー等の大幅かつ恒常
        的な供給不足」を追加しております。
                            グループエマージングリスク

        1  経済・消費者行動・ビジネスモデルの大きな変化・変革を及ぼす新たな仕組みや革新的な技術の出現・台頭
        2  自然資本の毀損(資源の枯渇、生態系の劣化・危機、環境に甚大な損害を与える人為的な汚染や事故)
        3  当社グループに大きな影響を及ぼす可能性がある国内外の法令・制度・規制等の新設・改廃
          社会資本(橋梁・トンネル・河川施設・港湾施設・下水道等)の維持管理・更新の大幅な停滞・遅延、エネ
        4
          ルギー等の大幅かつ恒常的な供給不足
        5  国家統治・政治の大きな混乱・機能不全、安全保障の崩壊
                                 38/234




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        ③ グループ重要リスクとグループエマージングリスクの管理
          グループ重要リスクとグループエマージングリスクの管理の概要は下図のとおりです。
                                 39/234




















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①  財政状態及び経営成績の状況
         当期の世界経済は、新型コロナウイルス感染症に対する規制緩和等により、景気持ち直しの動きが見られました
        が、一方で、ウクライナ情勢の長期化に伴う原材料価格の高騰等により、物価上昇圧力が高まったことやインフレ
        抑制に向けた各国による金融政策の影響により先行き不透明な状況が続きました。
         当期からスタートした中期経営計画(2022-2025)では、「リスクソリューションのプラットフォーマーとし
        て、社会と共に成長する」ことを目指し、「レジリエントでサステナブルな社会を支える企業グループ」を実現す
        るため、3つの基本戦略「Value(価値の創造)」「Transformation(事業の変革)」「Synergy(グループシナ
        ジーの発揮)」に取り組みました。当期の業績は、自然災害や新型コロナウイルス感染症などの影響により、グ
        ループ修正利益は年初予想(3,000億円)を下回りましたが、修正予想(1,700億円)を上回る1,727億円となりま
        した。また、資本効率においては、グループ修正ROEが年初予想(7.6%)を下回りましたが、修正予想である
        4.6%を達成しました。財務の健全性の観点では、ESRが目標レンジ(180~250%)内の228%となりました。
                           「CSV×DX(注1)」のグローバル展開により、すべてのステー

                          クホルダーに価値を提供し、企業価値を向上させること、及び、ビジネ
                          ス・商品・サービスの収益性を高め、収益基盤を強化することを目指
                          し、以下の取組みを行いました。
        Value
                          (取組内容)
                          ・「事故発生リスクAIアセスメント(注2)」など補償・保障前後の
        (価値の創造)
                           商品・サービスの開発と販売態勢の構築
                          ・火災保険の料率改定、防災・減災サービスの展開、新種保険の戦略商
                           品の拡販など、国内損害保険事業の収支改善・拡大に向けた施策の推
                           進
                           新たなビジネスの創造等により、事業の構造を変革し事業環境の変化

                          に適応すること、事業・商品・リスクポートフォリオを変革し、安定的
                          な収益基盤を構築することを目指し、以下の取組みを行いました。
                          (取組内容)
        Transformation
                          ・海外事業における米国MGA(注3)市場への事業投資や国内生命保
                           険事業・新たなビジネス領域の拡大
        (事業の変革)
                          ・新たなビジネス領域の確立に向けDXも活用し、インターリスク総研
                           を中核としたリスクコンサルティングを高度化
                          ・政策株式について、2022年度の修正目標(1,500億円)を上回る2,066
                           億円を削減
                           グループの多様性を活かした連携強化による一層の成長の実現、グ

                          ループ共通化・共同化・一体化の深化による生産性向上、グローバル
                          ベースでのシナジー発揮を目指し、以下の取組みを行いました。
                          (取組内容)
                          ・三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保の商品・損害サービス・事
        Synergy
                           務などの領域における品質向上・生産性向上を図る「1プラット
                           フォーム戦略」の推進
        (グループシナジーの発揮)
                          ・三井住友海上あいおい生命の販売網を活用した三井住友海上プライマ
                           リー生命の商品の販売推進、生損保併売の拡大
                          ・「グローバルシナジー」取組みとして、TENKAIプロジェクト
                           (注4)等による国内外グループ各社のノウハウ・スキルの共有・相
                           互利用
        (注1)CSV(Creating             Shared    Value)×DX(Digital            Transformation)
           CSV(社会との共通価値の創造)に、DX(デジタルトランスフォーメーション)を掛け合わせることに
           よって、生産性と競争力の向上を図り、持続的成長と企業価値向上を実現する取組み。
        (注2)事故発生リスクAIアセスメント
                                 40/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
           AIを活用し、交通事故発生リスクを地点(道路区間・交差点)ごとに数値化して、地図上に可視化する自
           治体向けのサービス。
        (注3)MGA(Managing             General    Agent)
           保険会社から権限などを付与され、保険募集に加えて引受けや損害額認定・査定の業務を担う代理店。
        (注4)TENKAIプロジェクト
           当社グループのシナジーを最大化すべく、ノウハウ・技術・サービスを国内・海外双方向で“展開”し、企
           業価値の向上と持続的な成長を加速する取組み。
         このような中、当連結会計年度の経営成績は次のとおりとなりました。

         経常収益は、保険引受収益が4兆4,824億円、資産運用収益が7,457億円、その他経常収益が231億円となった結
        果、5兆2,512億円となりました。一方、経常費用は、保険引受費用が4兆642億円、資産運用費用が1,956億円、
        営業費及び一般管理費が7,393億円、その他経常費用が208億円となった結果、5兆201億円となりました。
         以上の結果、経常利益は前連結会計年度に比べ1,593億円減少し、2,311億円となりました。経常利益に特別損
        益、法人税及び住民税等などを加減した親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ1,012億円減
        少し、1,615億円となりました。
         セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

        イ   国内損害保険事業(三井住友海上火災保険株式会社)

          経常収益は、保険引受収益が1兆7,244億円、資産運用収益が2,261億円、その他経常収益が57億円となった結
         果、1兆9,563億円となりました。一方、経常費用は、保険引受費用が1兆5,199億円、資産運用費用が520億
         円、営業費及び一般管理費が2,367億円、その他経常費用が63億円となった結果、1兆8,151億円となりました。
          以上の結果、経常利益は前事業年度に比べ430億円減少し、1,412億円となりました。経常利益に特別損益、法
         人税及び住民税などを加減した当期純利益は、前事業年度に比べ378億円減少し、1,078億円となりました。
        ロ   国内損害保険事業(あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)
          経常収益は、保険引受収益が1兆4,144億円、資産運用収益が1,004億円、その他経常収益が93億円となった結
         果、1兆5,243億円となりました。一方、経常費用は、保険引受費用が1兆2,333億円、資産運用費用が271億
         円、営業費及び一般管理費が1,948億円、その他経常費用が21億円となった結果、1兆4,576億円となりました。
          以上の結果、経常利益は前事業年度に比べ142億円減少し、667億円となりました。経常利益に特別損益、法人
         税及び住民税などを加減した当期純利益は、前事業年度に比べ107億円減少し、431億円となりました。
        ハ   国内損害保険事業(三井ダイレクト損害保険株式会社)
          経常収益は、保険引受収益が360億円となったことなどにより、360億円となり、経常費用は、保険引受費用が
         237億円、営業費及び一般管理費が127億円となったことなどにより、366億円となりました。
          これらにより、経常損益は前事業年度に比べ13億円減少し、5億円の損失となりました。経常損益に特別損
         益、法人税及び住民税などを加減した当期純利益は8億円となりました。この結果、出資持分考慮後の当期純利
         益(セグメント利益)は、前事業年度に比べ1億円増加し、8億円となりました。
        ニ   国内生命保険事業(三井住友海上あいおい生命保険株式会社)
          経常収益は、保険料等収入が4,890億円、資産運用収益が722億円、その他経常収益が39億円となった結果、
         5,653億円となりました。一方、経常費用は、保険金等支払金が2,701億円、責任準備金等繰入額が1,546億円、
         資産運用費用が174億円、事業費が745億円、その他経常費用が207億円となった結果、5,374億円となりました。
          以上の結果、経常利益は前事業年度に比べ111億円減少し、278億円となりました。経常利益に特別損益、法人
         税及び住民税などを加減した当期純利益は、前事業年度に比べ83億円減少し、127億円となりました。
                                 41/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        ホ   国内生命保険事業(三井住友海上プライマリー生命保険株式会社)
          経常収益は、保険料等収入が1兆3,498億円、資産運用収益が2,664億円、その他経常収益が1,752億円となっ
         た結果、1兆7,915億円となりました。一方、経常費用は、保険金等支払金が1兆6,414億円、資産運用費用が
         465億円、事業費が594億円、その他経常費用が130億円となった結果、1兆7,605億円となりました。
          以上の結果、経常利益は前事業年度に比べ567億円減少し、310億円となりました。経常利益に特別損益、法人
         税及び住民税などを加減した当期純利益は、前事業年度に比べ332億円減少し、197億円となりました。
        ヘ   海外事業(海外保険子会社)
          海外保険子会社セグメントについては、正味収入保険料は前連結会計年度に比べ2,311億円増加し、9,341億円
         となりました。
          経常利益は、前連結会計年度に比べ305億円減少し、90億円となり、出資持分考慮後の当期純利益(セグメン
         ト利益)は、前連結会計年度に比べ88億円減少し、157億円となりました。
         当連結会計年度末の財政状態は次のとおりであります。

         総資産は前連結会計年度末に比べ334億円減少し、25兆4億円となりました。

         当社の連結ソルベンシー・マージン比率は、前連結会計年度末に比べ80.2ポイント低下し、777.7%となりまし
        た。
       ②  キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度のキャッシュ・フローにつきましては、営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度
        に比べ425億円減少し、1,941億円となりました。投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べ
        5,529億円増加し、4,809億円となりました。また、財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べ
        3,730億円減少し、△3,145億円となりました。これらの結果、当連結会計年度末の現金及び現金同等物は、前連結
        会計年度末より3,902億円増加し、2兆6,464億円となりました。
       ③  生産、受注及び販売の実績

         保険持株会社としての業務の特殊性のため、該当する情報がないので記載しておりません。
                                 42/234











                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、本項に記載した予想、予測、見込み、見通し、方針、予定等の将来に関する事項は有価証券報告書提出日
        現在において判断したものであり、将来に関する事項には不確実性が内在しており、将来生じる実際の結果とは大
        きく異なる可能性があります。
        ①  財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当社グループの当連結会計年度の経営成績は次のとおりであります。
        [連結主要指標]

                      前連結会計年度            当連結会計年度
                    (自 2021年4月1日            (自 2022年4月1日              比較増減        増減率
                     至 2022年3月31日)            至 2023年3月31日)
      正味収入保険料 (百万円)                    3,609,052            3,934,473          325,421         9.0%

      生命保険料   (百万円)                     520,037            453,578        △66,458        △12.8%

      経常利益    (百万円)                     390,499            231,113        △159,386         △40.8%

      親会社株主に帰属する当期純
                          262,799            161,530        △101,268         △38.5%
      利益      (百万円)
         正味収入保険料は、国内損害保険事業において火災保険などで増収し、海外事業においてもアジア、欧州、米州

        の各地域で増収したことや為替影響などにより、前連結会計年度に比べ3,254億円増加し、3兆9,344億円となりま
        した。
         生命保険料は、保険料収入は増加したものの、円安の影響等により運用目標値に到達した外貨建契約の払戻しが
        増加したことなどにより、前連結会計年度に比べ664億円減少し、4,535億円となりました。
         経常利益は、自動車事故の増加や国内の自然災害、新型コロナウイルス感染症の感染拡大等による保険金・給付
        金の増加、海外事業における資産運用損益の減少などにより、前連結会計年度に比べ1,593億円減少し、2,311億円
        となりました。
         経常利益に特別損益、法人税及び住民税等などを加減した親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度に
        比べ1,012億円減少し、1,615億円となりました。
                                 43/234










                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         保険種目別の保険料・保険金は次のとおりであります。
        a 元受正味保険料(含む収入積立保険料)

                        前連結会計年度                     当連結会計年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                      至 2023年3月31日)
          区分
                                対前年増減                     対前年増減
                   金額       構成比               金額       構成比
                                (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)        (%)             (百万円)        (%)
     火災              784,527         20.3        3.5     877,573         21.2       11.9

     海上              201,365         5.2       5.6     254,672         6.2       26.5

     傷害              284,581         7.3      △3.0      296,170         7.2       4.1

     自動車             1,634,984          42.2        2.6    1,672,541          40.4        2.3

     自動車損害賠償責任              276,076         7.1      △7.0      279,102         6.7       1.1

     その他              692,153         17.9        4.2     756,927         18.3        9.4

          合計         3,873,688         100.0        2.1    4,136,987         100.0        6.8
     (うち収入積立保険料)              (52,185)         (1.3)      (△28.2)       (41,359)         (1.0)      (△20.7)
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺後の金額であります。
         2 元受正味保険料(含む収入積立保険料)とは、元受保険料から元受解約返戻金及び元受その他返戻金を控除
          したものであります。(積立型保険の積立保険料を含む。)
        b 正味収入保険料

                        前連結会計年度                     当連結会計年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                      至 2023年3月31日)
          区分
                                対前年増減                     対前年増減
                   金額       構成比               金額       構成比
                                (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)        (%)             (百万円)        (%)
     火災              620,531         17.2        4.7     725,039         18.4       16.8

     海上              159,293         4.4       5.7     199,375         5.1       25.2

     傷害              232,288         6.5       2.6     247,630         6.3       6.6

     自動車             1,679,430          46.5        2.4    1,730,383          44.0        3.0

     自動車損害賠償責任              281,282         7.8      △6.5      275,732         7.0      △2.0

     その他              636,224         17.6        7.7     756,310         19.2       18.9

          合計         3,609,052         100.0        3.1    3,934,473         100.0        9.0

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺後の金額であります。
                                 44/234







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        c 正味支払保険金
                        前連結会計年度                     当連結会計年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                      至 2023年3月31日)
          区分
                                対前年増減                     対前年増減
                   金額       構成比               金額       構成比
                                (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)        (%)             (百万円)        (%)
     火災              412,825         21.2        9.6     510,906         22.8       23.8

     海上               66,480         3.4      △11.9       85,586         3.8       28.7

     傷害              111,059         5.7      △1.7      154,745         6.9       39.3

     自動車              844,643         43.4        4.7     952,324         42.5       12.7

     自動車損害賠償責任              197,440         10.1       △8.2      183,660         8.2      △7.0

     その他              314,525         16.2       △0.2      353,975         15.8       12.5

          合計         1,946,975         100.0        2.4    2,241,198         100.0        15.1

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺後の金額であります。
                                 45/234















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         セグメントごとの経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりであります。
      イ 国内損害保険事業(三井住友海上火災保険株式会社)

      ロ 国内損害保険事業(あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)
         当社グループの中核損害保険会社である三井住友海上火災保険株式会社とあいおいニッセイ同和損害保険株式会
        社は、気候変動など社会課題の解決に貢献し、社会と共に成長すべく、CSVに資する商品・サービスを開発・提
        供しました。三井住友海上火災保険株式会社では、「見守るクルマの保険(プレミアムドラレコ型)」(注1)
        に、車両後方を鮮明に撮影する専用リアカメラをオプションで追加して社会のニーズに応えたほか、船舶事故が発
        生した際に自然環境の損害に対する拡大防止や回復活動の費用を補償する「海洋汚染対応追加費用補償特約」を発
        売するなど自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを提供しました。あいおいニッセイ同和損
        害保険株式会社では、蓄積した自動車走行データを活用し、地方公共団体での交通安全の立案・効果検証を支援す
        る「交通安全EBPM支援サービス」(注2)を提供したほか、業界屈指の手厚い補償やケガや病気の未然防止に
        つながるサービスを提供するペット保険「ワンにゃんdeきゅん」を発売するなど、社会・地域の課題解決に資す
        る商品・サービスを提供しました。また、両社共同で台風、水害、地震など災害発生時における事業者の社会貢献
        活動を支援する「災害対策支援保険」を発売したほか、脱炭素社会の実現に向け、ご契約のお車に大きな損害が発
        生した場合に、電気自動車等を代替自動車として取得する費用を補償する「電気自動車等買替費用特約」を国内損
        害保険会社で初めて開発・提供しました。
        (注1)見守るクルマの保険(プレミアムドラレコ型)

           「360度撮影」や「ドライブレコーダー本体の車外利用(撮影・通話)」等の機能を備えた通信型ドラ
           イブレコーダーの活用により、事故を未然に防止するとともに事故の影響を減らして回復を支援するサー
           ビスを提供する自動車保険。
        (注2)交通安全EBPM支援サービス
           自治体や都道府県警察における通学路の見直しや標識設置等の交通政策実施時に、保有するテレマティク
           スデータ(急減速などの自動車走行データ)をもとに「危険な交差点」を客観的に推定し、その交差点の
           詳細分析を通じて「危険の理由」を突き詰め、「最適な交通安全対策」を提案するサービス。なお、EB
           PM(Evidence-Based           Policy    Making)とは「証拠に基づく政策立案」の意。
         三井住友海上火災保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。

        [三井住友海上火災保険株式会社(単体)の主要指標]

                        前事業年度             当事業年度
                      (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日             比較増減       増減率
                      至 2022年3月31日)             至 2023年3月31日)
      正味収入保険料 (百万円)                     1,579,325             1,629,832         50,506        3.2%

      正味損害率    (%)                       59.0             64.3        5.3       -

      正味事業費率   (%)                       33.0             32.5       △0.5        -

      保険引受利益又は保険引受損
                            41,036            △15,937       △56,973       △138.8%
      失(△)    (百万円)
      経常利益    (百万円)                      184,234             141,224       △43,009        △23.3%
      当期純利益   (百万円)                      145,744             107,899       △37,845        △26.0%

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 正味損害率=(正味支払保険金+損害調査費)÷正味収入保険料
         3 正味事業費率=(諸手数料及び集金費+保険引受に係る営業費及び一般管理費)÷正味収入保険料
         保険引受の概況は次のとおりであります。

         正味収入保険料は、火災保険や海上保険で増収したことなどにより前事業年度に比べ505億円増加し、1兆6,298
        億円となりました。一方、正味支払保険金は、火災保険や自動車保険で増加したことなどにより前事業年度に比べ
        1,133億円増加し、9,445億円となりました。以上により、正味損害率は64.3%と、前事業年度に比べ5.3ポイント
        上昇しました。また、正味収入保険料が増加したことにより、正味事業費率は32.5%と、前事業年度に比べ0.5ポ
        イント低下しました。
                                 46/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         これらに収入積立保険料、満期返戻金、支払備金繰入額、責任準備金戻入額などを加減した保険引受損益は、国
        内の自然災害による発生保険金(正味支払保険金と支払備金繰入額の合計)が増加したことなどにより、前事業年
        度に比べ569億円減少し、159億円の損失となりました。
         資産運用の概況は次のとおりであります。

         利息及び配当金収入が前事業年度に比べ77億円増加し1,349億円となり、また、有価証券売却益が前事業年度に
        比べ193億円増加し1,107億円となったことなどから、積立型保険の満期返戻金などに充当する運用益を控除した残
        額の資産運用収益は、前事業年度に比べ244億円増加し、2,261億円となりました。一方、資産運用費用は、有価証
        券売却損が187億円増加したことなどにより前事業年度に比べ116億円増加し、520億円となりました。
         これらの結果、経常利益は前事業年度に比べ430億円減少し、1,412億円となりました。当期純利益は、前事業年

        度に比べ378億円減少し、1,078億円となりました。
         保険種目別の保険料・保険金は次のとおりであります。

        a 元受正味保険料(含む収入積立保険料)

                         前事業年度                     当事業年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                     至 2023年3月31日)
          区分
                                対前年増減                     対前年増減
                   金額       構成比               金額       構成比
                                (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)        (%)             (百万円)        (%)
     火災              348,191         19.1       △1.4      377,269         20.1        8.4

     海上               90,562         5.0       16.6      108,808         5.8       20.1

     傷害              191,612         10.5       △3.8      195,908         10.4        2.2

     自動車              696,098         38.3        0.8     695,445         37.0       △0.1

     自動車損害賠償責任              132,685         7.3      △7.6      132,470         7.1      △0.2

     その他              359,602         19.8        3.6     368,989         19.6        2.6

          合計         1,818,752         100.0        0.4    1,878,892         100.0        3.3
     (うち収入積立保険料)              (38,231)         (2.1)      (△27.7)       (31,397)         (1.7)      (△17.9)
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 元受正味保険料(含む収入積立保険料)とは、元受保険料から元受解約返戻金及び元受その他返戻金を控除
          したものであります。(積立型保険の積立保険料を含む。)
                                 47/234









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        b 正味収入保険料

                         前事業年度                     当事業年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                     至 2023年3月31日)
          区分
                                対前年増減                     対前年増減
                   金額       構成比               金額       構成比
                                (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)        (%)             (百万円)        (%)
     火災              236,649         15.0        1.4     266,048         16.3       12.4

     海上               62,347         4.0       17.5      76,070         4.7       22.0

     傷害              148,747         9.4       2.1     151,856         9.3       2.1

     自動車              688,564         43.6        0.7     688,505         42.3       △0.0

     自動車損害賠償責任              145,434         9.2      △7.6      142,102         8.7      △2.3

     その他              297,582         18.8        3.8     305,248         18.7        2.6

          合計         1,579,325         100.0        1.3    1,629,832         100.0        3.2

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。

                                 48/234














                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        c 正味支払保険金
                         前事業年度                     当事業年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                     至 2023年3月31日)
          区分
                         対前年増減                     対前年増減
                   金額             正味損害率         金額             正味損害率
                         (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)                (%)      (百万円)                (%)
     火災              143,497        △0.2        63.3      199,385         38.9       77.3

     海上               31,745        △8.7        53.4      34,996        10.2       48.3

     傷害               67,769         0.6       50.4      82,614        21.9       59.4

     自動車              325,077         2.0       56.9      367,488         13.0       63.5

     自動車損害賠償責任              107,338        △7.9        81.9      99,530        △7.3        78.3

     その他              155,828         1.1       54.7      160,556         3.0       54.8

          合計          831,256        △0.5        59.0      944,572         13.6       64.3

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 正味損害率は正味支払保険金に損害調査費を加えて算出しております。
         運用資産、有価証券及び利回りの状況は次のとおりであります。

        a 運用資産

                         前事業年度                     当事業年度
                       (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
          区分
                  金額(百万円)           構成比(%)          金額(百万円)           構成比(%)
      預貯金                 759,257            10.3         621,810             8.9

      買入金銭債権                  4,368            0.1          3,091            0.0

      金銭の信託                   474           0.0           494           0.0

      有価証券                5,524,192             74.9        5,288,584             75.5

      貸付金                 410,660             5.6         403,552             5.8

      土地・建物                 188,617             2.5         186,854             2.7

        運用資産計             6,887,569             93.4        6,504,387             92.9

         総資産            7,374,326             100.0         7,000,023             100.0

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
                                 49/234







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        b 有価証券
                         前事業年度                     当事業年度
                       (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
          区分
                  金額(百万円)           構成比(%)          金額(百万円)           構成比(%)
      国債                 701,440            12.7         605,721            11.4

      地方債                 83,840            1.5         77,611            1.5

      社債                 566,486            10.3         534,191            10.1

      株式                1,968,509             35.6        1,785,604             33.8

      外国証券                2,106,705             38.1        2,166,296             41.0

      その他の証券                 97,209            1.8         119,158             2.2

          合計            5,524,192             100.0         5,288,584             100.0

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
        c 利回り

          運用資産利回り(インカム利回り)
                       前事業年度                      当事業年度
                     (自 2021年4月1日                       (自 2022年4月1日
                     至 2022年3月31日)                       至 2023年3月31日)
        区分
                収入金額       平均運用額        年利回り        収入金額       平均運用額        年利回り
                (百万円)        (百万円)         (%)      (百万円)       (百万円)         (%)
      預貯金              294     666,060         0.04       1,125      675,340         0.17
      買現先勘定               0     1,919        0.00         -       -        -
      買入金銭債権              118      4,912        2.41         86      5,524        1.57
      金銭の信託              86      2,019        4.30         8      378       2.22
      有価証券            118,164      4,024,226          2.94      125,062      3,984,016          3.14
      貸付金             2,469      413,555         0.60       2,382      403,809         0.59
      土地・建物             6,160      188,940         3.26       6,260      192,834         3.25
        小計         127,293      5,301,634          2.40      134,926      5,261,903          2.56
      その他              30        -       -        76       -        -

        合計         127,323          -       -     135,003          -        -

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 収入金額は、「利息及び配当金収入」に、「金銭の信託運用益」のうち利息及び配当金収入相当額を含めた
          金額であります。
         3 平均運用額は原則として各月末残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出しております。ただ
          し、買現先勘定及び買入金銭債権については日々の残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出して
          おります。
                                 50/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
          資産運用利回り(実現利回り)
                       前事業年度                      当事業年度
                     (自 2021年4月1日                       (自 2022年4月1日
                     至 2022年3月31日)                       至 2023年3月31日)
        区分
                       平均運用額                      平均運用額
               資産運用損益                       資産運用損益
                        (取得原価        年利回り               (取得原価        年利回り
               (実現ベース)                      (実現ベース)
                        ベース)        (%)               ベース)        (%)
                (百万円)                       (百万円)
                       (百万円)                      (百万円)
      預貯金             6,531      666,060         0.98       4,495      675,340         0.67
      買現先勘定               0     1,919        0.00         -       -        -
      買入金銭債権              118      4,912        2.41         86      5,524        1.57
      金銭の信託              203      2,019        10.10         20       378       5.41
      有価証券            169,696      4,024,226          4.22      188,384      3,984,016          4.73
      貸付金             2,468      413,555         0.60       2,363      403,809         0.59
      土地・建物             6,160      188,940         3.26       6,260      192,834         3.25
      金融派生商品             2,903         -       -     △2,294          -        -
      その他             △289         -       -       219        -        -
        合計         187,793      5,301,634          3.54      199,536      5,261,903          3.79
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 資産運用損益(実現ベース)は、「資産運用収益」及び「積立保険料等運用益」の合計額から「資産運用費
          用」を控除した金額であります。
         3 平均運用額(取得原価ベース)は原則として各月末残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出し
          ております。ただし、買現先勘定及び買入金銭債権については日々の残高(取得原価又は償却原価)の平均に
          基づいて算出しております。
         あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。

        [あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(単体)の主要指標]

                        前事業年度             当事業年度
                      (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日             比較増減       増減率
                      至 2022年3月31日)             至 2023年3月31日)
      正味収入保険料 (百万円)                     1,291,344             1,335,557         44,212        3.4%

      正味損害率    (%)                       59.8             66.6        6.8        -

      正味事業費率   (%)                       35.0             34.6       △0.4         -

      保険引受利益  (百万円)                      30,508               679     △29,828        △97.8%

      経常利益    (百万円)                      80,964             66,757      △14,206        △17.5%

      当期純利益   (百万円)                      53,973             43,195      △10,778        △20.0%

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 正味損害率=(正味支払保険金+損害調査費)                      ÷ 正味収入保険料
         3 正味事業費率=(諸手数料及び集金費+保険引受に係る営業費及び一般管理費)                                      ÷ 正味収入保険料
                                 51/234





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         保険引受の概況は次のとおりであります。
         正味収入保険料は、火災保険や自動車保険で増収したことなどにより前事業年度に比べ442億円増加し、1兆
        3,355億円となりました。一方、正味支払保険金は、自動車保険や火災保険で増加したことなどにより前事業年度
        に比べ1,151億円増加し、8,093億円となりました。以上により、正味損害率は66.6%と、前事業年度に比べ6.8ポイ
        ント上昇しました。また、正味収入保険料が増加したことなどにより、正味事業費率は34.6%と、前事業年度に比
        べ0.4ポイント低下しました。
         これらに収入積立保険料、満期返戻金、支払備金繰入額、責任準備金戻入額などを加減した保険引受利益は、自
        動車事故や国内の自然災害による発生保険金(正味支払保険金と支払備金繰入額の合計)が増加したことなどによ
        り、前事業年度に比べ298億円減少し、6億円となりました。
         資産運用の概況は次のとおりであります。

         利息及び配当金収入が前事業年度に比べ68億円増加し636億円となり、また、有価証券売却益が前事業年度に比
        べ262億円増加し500億円となったことなどから、積立型保険の満期返戻金などに充当する運用益を控除した残額の
        資産運用収益は、前事業年度に比べ290億円増加し、1,004億円となりました。一方、資産運用費用は、金融派生商
        品費用が増加したことなどにより前事業年度に比べ145億円増加し、271億円となりました。
         これらの結果、経常利益は前事業年度に比べ142億円減少し、667億円となりました。当期純利益は前事業年度に

        比べ107億円減少し、431億円となりました。
         保険種目別の保険料・保険金は次のとおりであります。

        a 元受正味保険料(含む収入積立保険料)

                         前事業年度                     当事業年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                     至 2023年3月31日)
          区分
                                対前年増減                     対前年増減
                   金額       構成比               金額       構成比
                                (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)        (%)             (百万円)        (%)
     火災              261,139         19.2       △1.9      289,953         20.8       11.0

     海上                 -       -     △100.0          -       -       -

     傷害               77,984         5.7      △1.4       77,048         5.5      △1.2

     自動車              707,702         52.1        1.5     710,812         50.9        0.4

     自動車損害賠償責任              143,391         10.6       △6.5      146,631         10.5        2.3

     その他              168,231         12.4        5.3     170,941         12.3        1.6

          合計         1,358,449         100.0        0.2    1,395,388         100.0        2.7
     (うち収入積立保険料)              (13,953)         (1.0)      (△29.5)        (9,962)        (0.7)      (△28.6)
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 元受正味保険料(含む収入積立保険料)とは、元受保険料から元受解約返戻金及び元受その他返戻金を控除
          したものであります。(積立型保険の積立保険料を含む。)
                                 52/234







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        b 正味収入保険料
                         前事業年度                     当事業年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                     至 2023年3月31日)
          区分
                                対前年増減                     対前年増減
                   金額       構成比               金額       構成比
                                (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)        (%)             (百万円)        (%)
     火災              199,610         15.5       △3.9      224,684         16.8       12.6

     海上               6,811        0.5      △2.6       7,847        0.6       15.2

     傷害               59,440         4.6       2.6      60,615         4.5       2.0

     自動車              748,022         57.9        2.5     765,208         57.3        2.3

     自動車損害賠償責任              135,506         10.5       △5.4      133,306         10.0       △1.6

     その他              141,952         11.0        4.4     143,895         10.8        1.4

          合計         1,291,344         100.0        0.8    1,335,557         100.0        3.4

    (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
        c 正味支払保険金

                         前事業年度                     当事業年度
                       (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                       至 2022年3月31日)                     至 2023年3月31日)
          区分
                         対前年増減                     対前年増減
                   金額             正味損害率         金額             正味損害率
                         (△)率    (%)                  (△)率    (%)
                  (百万円)                (%)      (百万円)                (%)
     火災              140,084         7.3       73.8      178,407         27.4       83.4

     海上               3,845       △3.1        56.9       6,852        78.2       87.8

     傷害               26,343         3.5       50.5      31,118        18.1       56.8

     自動車              360,797         3.4       55.5      417,598         15.7       61.6

     自動車損害賠償責任               89,719        △8.5        72.7      83,775        △6.6        69.6

     その他               73,416         0.4       54.9      91,562        24.7       67.3

          合計          694,206         2.1       59.8      809,314         16.6       66.6

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 正味損害率は正味支払保険金に損害調査費を加えて算出しております。
                                 53/234








                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         運用資産、有価証券及び利回りの状況は次のとおりであります。
        a 運用資産

                         前事業年度                     当事業年度
                       (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
          区分
                  金額(百万円)           構成比(%)          金額(百万円)           構成比(%)
      預貯金                 155,554             4.1         232,701             6.2

      金銭の信託                  2,821            0.1          3,050            0.1

      有価証券                2,643,754             70.6        2,536,311             67.9

      貸付金                 245,701             6.5         260,537             7.0

      土地・建物                 167,287             4.5         165,225             4.4

        運用資産計             3,215,118             85.8        3,197,827             85.6

         総資産            3,745,150             100.0         3,733,689             100.0

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
        b 有価証券

                         前事業年度                     当事業年度
                       (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
          区分
                  金額(百万円)           構成比(%)          金額(百万円)           構成比(%)
      国債                 430,559            16.3         407,935            16.1

      地方債                 39,319            1.5         23,768            0.9

      社債                 305,408            11.6         254,975            10.1

      株式                 888,329            33.6         863,841            34.1

      外国証券                 865,355            32.7         885,682            34.9

      その他の証券                 114,781             4.3         100,107             3.9

          合計            2,643,754             100.0         2,536,311             100.0

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
                                 54/234









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        c 利回り
          運用資産利回り(インカム利回り)
                       前事業年度                      当事業年度
                     (自 2021年4月1日                       (自 2022年4月1日
                     至 2022年3月31日)                       至 2023年3月31日)
        区分
                収入金額       平均運用額        年利回り        収入金額       平均運用額        年利回り
                (百万円)        (百万円)         (%)      (百万円)       (百万円)         (%)
      預貯金               6    160,781         0.00         93     212,080         0.04
      金銭の信託               0     2,543        0.00         0     2,535        0.00
      有価証券            49,562      1,980,412          2.50      56,127      2,030,208          2.76
      貸付金             2,174      240,022         0.91       2,393      251,897         0.95
      土地・建物             4,612      171,033         2.70       4,477      167,405         2.67
        小計         56,355      2,554,794          2.21      63,091      2,664,126          2.37
      その他              477        -       -       545        -        -

        合計         56,833          -       -     63,636          -        -

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 収入金額は、「利息及び配当金収入」に、「金銭の信託運用益」のうち利息及び配当金収入相当額を含めた
          金額であります。
         3 平均運用額は原則として各月末残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出しております。
          資産運用利回り(実現利回り)

                       前事業年度                      当事業年度
                     (自 2021年4月1日                       (自 2022年4月1日
                     至 2022年3月31日)                       至 2023年3月31日)
        区分
                       平均運用額                      平均運用額
               資産運用損益                       資産運用損益
                        (取得原価        年利回り               (取得原価        年利回り
               (実現ベース)                      (実現ベース)
                        ベース)        (%)               ベース)        (%)
                (百万円)                       (百万円)
                       (百万円)                      (百万円)
      預貯金              873     160,781         0.54        614     212,080         0.29
      金銭の信託               0     2,543        0.00         0     2,535        0.00
      有価証券            65,157      1,980,412          3.29      89,859      2,030,208          4.43
      貸付金             2,176      240,022         0.91       2,396      251,897         0.95
      土地・建物             4,612      171,033         2.70       4,477      167,405         2.67
      金融派生商品             △679         -       -    △10,786           -        -
      その他              380        -       -       742        -        -
        合計         72,521      2,554,794          2.84      87,304      2,664,126          3.28
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 資産運用損益(実現ベース)は、「資産運用収益」及び「積立保険料等運用益」の合計額から「資産運用費
          用」を控除した金額であります。
         3 平均運用額(取得原価ベース)は原則として各月末残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出し
          ております。
                                 55/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      ハ 国内損害保険事業(三井ダイレクト損害保険株式会社)
         三井ダイレクト損害保険株式会社では、「強くてやさしい」というブランドコンセプトを具体化する新商品とし
        て、補償や事故対応に「強く」、お客さまが自ら選べて納得感があり価格もリーズナブルで「やさしい」、その2
        つを兼ね備えた「強くてやさしいクルマの保険」を発売しました。
         三井ダイレクト損害保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。

         正味収入保険料は前事業年度に比べ8億円減少し、345億円となりました。一方、正味支払保険金は前事業年度

        に比べ5億円増加し、205億円となりました。正味損害率は67.5%と、前事業年度に比べ3.1ポイント上昇しまし
        た。
         また、諸手数料及び集金費並びに保険引受に係る営業費及び一般管理費は前事業年度に比べ14億円増加し、130
        億円となりました。正味事業費率は37.9%と、前事業年度に比べ4.9ポイント上昇しました。
         保険引受損益は前事業年度に比べ11億円減少し、3億円の損失となりました。特別損益、法人税及び住民税など
        を加減した当期純利益は8億円となりました。
         この結果、出資持分考慮後の当期純利益(セグメント利益)は、前事業年度に比べ1億円増加し、8億円となり
        ました。
         (注) 正味損害率=(正味支払保険金+損害調査費)                         ÷ 正味収入保険料
             正味事業費率=(諸手数料及び集金費+保険引受に係る営業費及び一般管理費)                                     ÷ 正味収入保険料
      ニ 国内生命保険事業(三井住友海上あいおい生命保険株式会社)

         三井住友海上あいおい生命保険株式会社では、入院や手術に備える医療保険において、入院時(日帰り入院も含
        みます。)に一時金を受け取れる保障を新設するとともに、ガン保険において、ガンと確定診断されたときに保険
        料の支払いが不要となる特約を追加し、商品の魅力向上を図りました。さらに、保険商品による保障の提供に加
        え、「予防・早期発見、重症化・再発防止」にも対応し、お客さまの健康をトータルでサポートすることを目指す
        新しいヘルスケアサービスブランド「MSAケア」をリリースし、保険商品とヘルスケアサービスを一体で提供し
        ました。
         三井住友海上あいおい生命保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。

         保険料等収入は、個人保険の保険料が減少したことなどにより前事業年度に比べ144億円減少し、4,890億円とな

        りました。
         経常利益は、新型コロナウイルス感染症による給付金請求が増加したことなどにより前事業年度に比べ111億円
        減少し、278億円となりました。当期純利益は前事業年度に比べ83億円減少し、127億円となりました。
                                 56/234









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         保有契約高、新契約高及び保有契約年換算保険料の状況は次のとおりであります。
        a 保有契約高

                        前事業年度                     当事業年度
                       (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
         区分
                             対前年増減(△)率                     対前年増減(△)率
                   金額   (億円)                  金額   (億円)
                                (%)                     (%)
      (1)  個人保険

                       232,274           △1.7          226,521           △2.5
      (2)  個人年金保険
                        6,203          △3.5           5,977          △3.6
      (3)  団体保険

                        96,180           2.8          98,467           2.4
      (4)  団体年金保険
                          2        △6.5             2        △9.1
      個人合計((1)+(2))                  238,477           △1.7          232,499           △2.5

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 個人年金保険については、年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資と年金支払開始後契約の
          責任準備金を合計したものであります。
         3 団体年金保険については、責任準備金の金額であります。
        b 新契約高

                       前事業年度                     当事業年度
                    (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                     至 2022年3月31日)                     至 2023年3月31日)
          区分
                                           対前年増
                 新契約+転換             転換によ     新契約+転換                   転換によ
                         新契約                        新契約
                                          減  (△)率
                 による純増加             る純増加     による純増加                   る純増加
                         (億円)                        (億円)
                   (億円)            (億円)      (億円)                  (億円)
                                            (%)
      (1)  個人保険
                    16,860      16,860       -     14,534      △13.8      14,534       -
      (2)  個人年金保険
                      44      44     -       32    △27.3        32     -
      (3)  団体保険

                      433      433    ―        687     58.5      687    ―
      (4)  団体年金保険
                      -      -   ―         -      -      -   ―
         個人合計

                    16,904      16,904       -     14,566      △13.8      14,566       -
        ((1)+(2))
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 新契約の個人年金保険の金額は年金支払開始時における年金原資であります。
        c 保有契約年換算保険料

                            前事業年度                   当事業年度
                          (2022年3月31日)                   (2023年3月31日)
            区分
                               対前年増減(△)率                   対前年増減(△)率
                      金額(億円)                   金額(億円)
                                 (%)                   (%)
      個人保険                    4,057          △0.3         4,035          △0.6

      個人年金保険                     381         △7.0          369         △2.9
            合計              4,438          △0.9         4,405          △0.8

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 年換算保険料とは、1回当たりの保険料について保険料の支払方法に応じた係数を乗じ、1年当たりの保険
          料に換算した金額(一時払契約等は、保険料を保険期間で除した金額)であります。
         個人保険・個人年金保険を合計した新契約高は、収入保障保険の減少などにより前事業年度に比べ2,338億円減

        少し、1兆4,566億円となりました。一方、個人保険・個人年金保険を合計した解約失効契約高は前事業年度に比
                                 57/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        べ528億円減少し、1兆4,305億円となりました。これらの結果、個人保険・個人年金保険を合計した保有契約高は
        前事業年度末に比べ2.5%減少し、23兆2,499億円となりました。
         保有契約年換算保険料は前事業年度末に比べ33億円減少し、4,405億円となりました。
         運用資産、有価証券及び利回りの状況は次のとおりであります。

        a 運用資産

                          前事業年度                    当事業年度
                        (2022年3月31日)                    (2023年3月31日)
           区分
                    金額(百万円)           構成比(%)          金額(百万円)           構成比(%)
      預貯金                  107,416            2.2        416,761            8.3
      有価証券                 4,613,652             94.5        4,422,873             88.3
      貸付金                   58,990            1.2         60,780            1.2
      土地・建物                    346          0.0          304          0.0
         運用資産計              4,780,406             97.9        4,900,718             97.8
          総資産             4,883,740            100.0        5,009,178            100.0

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
        b 有価証券

                         前事業年度                     当事業年度
                       (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
          区分
                  金額(百万円)           構成比(%)          金額(百万円)           構成比(%)
      国債                3,499,113             75.9        3,279,976             74.2
      地方債                 102,265             2.2         102,572             2.3
      社債                 624,513            13.5         636,994            14.4
      株式                  1,001            0.0           823           0.0
      外国証券                 315,227             6.8         341,199             7.7
      その他の証券                 71,531            1.6         61,306            1.4
          合計            4,613,652             100.0         4,422,873             100.0
     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
                                 58/234









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        c 利回り
          運用資産利回り(インカム利回り)
                       前事業年度                      当事業年度
                    (自 2021年4月1日                      (自 2022年4月1日
                     至 2022年3月31日)                       至 2023年3月31日)
        区分
                収入金額       平均運用額        年利回り        収入金額       平均運用額        年利回り
                (百万円)        (百万円)         (%)      (百万円)       (百万円)         (%)
      預貯金               0    250,268         0.00         0    380,444         0.00
      有価証券            48,830      4,387,775          1.11      52,246      4,595,862          1.14
      貸付金             1,651       58,853         2.81       1,664       59,740         2.79
      土地・建物              -       422        -        -       358        -
        小計         50,481      4,697,319          1.07      53,911      5,036,406          1.07
      その他              273        -       -       436        -        -

        合計         50,755          -       -     54,347          -        -

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 収入金額は、「利息及び配当金収入」であります。
         3 平均運用額は日々の残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出しております。
          資産運用利回り(実現利回り)

                       前事業年度                      当事業年度
                    (自 2021年4月1日                      (自 2022年4月1日
                     至 2022年3月31日)                       至 2023年3月31日)
        区分
                       平均運用額                      平均運用額
               資産運用損益                       資産運用損益
                       (取得原価        年利回り              (取得原価        年利回り
               (実現ベース)                      (実現ベース)
                        ベース)        (%)              ベース)        (%)
                (百万円)                       (百万円)
                       (百万円)                      (百万円)
      預貯金               0    250,268         0.00        △0     380,444        △0.00
      有価証券            53,704      4,387,775          1.22      55,469      4,595,862          1.21
      貸付金             1,651       58,853         2.81       1,664       59,740         2.79
      土地・建物              -       422        -        -       358        -
      金融派生商品             △222         -       -     △2,718          -        -
      その他              227        -       -       366        -        -
        合計         55,361      4,697,319          1.18      54,782      5,036,406          1.09
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 資産運用損益(実現ベース)は、「資産運用収益」から「資産運用費用」を控除した金額であります。
         3 平均運用額(取得原価ベース)は日々の残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出しておりま
          す。
                                 59/234







                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      ホ 国内生命保険事業(三井住友海上プライマリー生命保険株式会社)
         三井住友海上プライマリー生命保険株式会社では、お客さまの資産形成や資産寿命の延伸につながる商品の魅力
        向上を図るため、年金原資を守りながらふやす楽しみがある指数連動型年金保険「みのり                                          10年」において保証
        重視コースと運用重視コースを新設して選択肢を増やしました。また、お客さま向けWEBサービス「プライマ
        リー生命マイページ」を全面刷新し、画面デザインの一新やサービス内容の充実により、利便性の高いサービスを
        提供しました。
         三井住友海上プライマリー生命保険株式会社の経営成績は次のとおりとなりました。

         保険料等収入は、マーケット環境の改善に加え、主力商品の改定や営業・研修活動の積極展開により前事業年度

        に比べ4,242億円増加し、1兆3,498億円となりました。
         経常利益は、前事業年度に金利上昇により責任準備金の繰入負担が減少した反動や新たに標準責任準備金制度の
        対象となった外貨建保険に係る責任準備金繰入負担などにより前事業年度に比べ567億円減少し、310億円となりま
        した。当期純利益は前事業年度に比べ332億円減少し、197億円となりました。
         保有契約高、新契約高及び保有契約年換算保険料の状況は次のとおりであります。

        a 保有契約高

                        前事業年度                     当事業年度
                       (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
         区分
                             対前年増減(△)率                     対前年増減(△)率
                   金額   (億円)                  金額   (億円)
                                (%)                     (%)
      (1)  個人保険

                        45,874           8.5          46,553           1.5
      (2)  個人年金保険
                        22,161          △6.4           22,768           2.7
      (3)  団体保険

                          -          -           -          -
      (4)  団体年金保険
                          -          -           -          -
      個人合計((1)+(2))                  68,036           3.2          69,322           1.9

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 個人年金保険については、年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資(ただし、個人変額年金
          保険については保険料積立金)と年金支払開始後契約の責任準備金を合計したものであります。
                                 60/234









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        b 新契約高
                       前事業年度                     当事業年度
                    (自 2021年4月1日                     (自 2022年4月1日
                     至 2022年3月31日)                     至 2023年3月31日)
          区分
                                           対前年増
                 新契約+転換            転換による      新契約+転換                  転換による
                         新契約                        新契約
                                          減  (△)率
                 による純増加             純増加     による純増加                   純増加
                         (億円)                        (億円)
                   (億円)            (億円)      (億円)                  (億円)
                                            (%)
      (1)  個人保険
                    7,273      7,273       -     9,256      27.3     9,256       -
      (2)  個人年金保険
                      923      923      -     3,542      283.7      3,542       -
      (3)  団体保険

                      -      -   ―         -      -      -   ―
      (4)  団体年金保険
                      -      -   ―         -      -      -   ―
         個人合計

                    8,196      8,196       -     12,798       56.1     12,798       -
        ((1)+(2))
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 新契約の個人年金保険の金額は、年金支払開始時における年金原資(ただし、個人変額年金保険については
          契約時の保険料積立金)であります。
        c 保有契約年換算保険料

                            前事業年度                   当事業年度
                          (2022年3月31日)                   (2023年3月31日)
            区分
                               対前年増減(△)率                   対前年増減(△)率
                      金額(億円)                   金額(億円)
                                 (%)                   (%)
      個人保険                    4,284          17.0         4,632           8.1
      個人年金保険                    2,475          △7.4         2,618           5.8
            合計              6,759           6.7        7,250           7.3
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 年換算保険料とは、1回当たりの保険料について保険料の支払方法に応じた係数を乗じ、1年当たりの保険
          料に換算した金額(一時払契約等は、保険料を保険期間で除した金額)であります。
         個人保険・個人年金保険を合計した新契約高は前事業年度に比べ4,601億円増加し、1兆2,798億円となりまし

        た。一方、個人保険・個人年金保険を合計した解約失効契約高は前事業年度に比べ2,894億円増加し、7,827億円と
        なりました。個人保険・個人年金保険を合計した保有契約高は、新契約高の増加や為替影響により前事業年度末に
        比べ1.9%増加し、6兆9,322億円となりました。
         保有契約年換算保険料は前事業年度末に比べ491億円増加し、7,250億円となりました。
                                 61/234








                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         運用資産、有価証券及び利回りの状況は次のとおりであります。
        a 運用資産

                          前事業年度                     当事業年度
                        (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
          区分
                    金額(百万円)           構成比(%)          金額(百万円)           構成比(%)
      預貯金                   764,012           10.8          764,633           11.2
      買入金銭債権                   80,995           1.1          74,996           1.1
      金銭の信託                  2,035,737            28.9         2,078,352            30.5
      有価証券                  3,748,856            53.2         3,451,044            50.6
      貸付金                   288,656            4.1         261,512            3.8
      土地・建物                     274          0.0           236          0.0
         運用資産計              6,918,533            98.1         6,630,775            97.2
          総資産             7,053,307            100.0         6,823,733            100.0

     (注) 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
        b 有価証券

                         前事業年度                     当事業年度
                       (2022年3月31日)                     (2023年3月31日)
          区分
                  金額(百万円)           構成比(%)          金額(百万円)           構成比(%)
      国債                 19,266            0.5         18,884            0.5
      地方債                  1,302            0.0           -           -
      社債                 54,543            1.5         67,776            2.0
      外国証券                1,789,095             47.7        1,801,060             52.2
      その他の証券                1,884,649             50.3        1,563,322             45.3
          合計            3,748,856             100.0         3,451,044             100.0
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 「その他の証券」は、証券投資信託の受益証券等であります。
                                 62/234










                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        c 利回り
          運用資産利回り(インカム利回り)
                        前事業年度                      当事業年度
                     (自 2021年4月1日                      (自 2022年4月1日
                      至 2022年3月31日)                      至 2023年3月31日)
         区分
                 収入金額       平均運用額        年利回り       収入金額       平均運用額        年利回り
                (百万円)       (百万円)        (%)      (百万円)       (百万円)        (%)
      預貯金                6    731,341         0.00        115     834,512         0.01
      買入金銭債権               33     92,717        0.04         28     83,070        0.03
      金銭の信託             36,054      1,824,782          1.98      68,216      2,150,859          3.17
      有価証券             56,030      1,857,549          3.02      66,661      1,686,862          3.95
      貸付金              9,497      260,507         3.65      10,317       290,864         3.55
      土地・建物               -       302        -        -       256        -
         小計         101,622      4,767,201          2.13      145,339      5,046,426          2.88
      その他                1       -       -        0       -       -

         合計         101,623          -       -     145,339          -       -

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。なお、保険業法第118条に規定する特別勘定に
          係る収入金額及び平均運用額については除外しております。
         2 収入金額は、「利息及び配当金収入」に、「金銭の信託運用益」のうち利息及び配当金収入相当額を含めた
          金額であります。
         3 平均運用額は日々の残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出しております。
          資産運用利回り(実現利回り)

                        前事業年度                      当事業年度
                     (自 2021年4月1日                      (自 2022年4月1日
                      至 2022年3月31日)                      至 2023年3月31日)
         区分
                        平均運用額                      平均運用額
                資産運用損益                      資産運用損益
                        (取得原価        年利回り              (取得原価        年利回り
               (実現ベース)                      (実現ベース)
                        ベース)        (%)              ベース)        (%)
                (百万円)                      (百万円)
                        (百万円)                      (百万円)
      預貯金              1,948      731,341         0.27      △4,381        834,512        △0.53
      買入金銭債権               33     92,717        0.04         28     83,070        0.03
      金銭の信託            156,494      1,824,782          8.58      162,891      2,150,859          7.57
      有価証券            199,531      1,857,549         10.74       89,931      1,686,862          5.33
      貸付金             33,961       260,507        13.04       5,342      290,864         1.84
      土地・建物               -       302        -        -       256        -
      その他               174        -       -     △1,224          -       -
         合計         392,142      4,767,201          8.23      252,588      5,046,426          5.01
     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。なお、保険業法第118条に規定する特別勘定に
          係る資産運用損益及び平均運用額については除外しております。
         2 資産運用損益(実現ベース)は、「資産運用収益」から「資産運用費用」を控除した金額であります。
         3 平均運用額(取得原価ベース)は日々の残高(取得原価又は償却原価)の平均に基づいて算出しておりま
          す。
                                 63/234





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      ヘ 海外事業(海外保険子会社)
         当社グループでは、海外自然災害リスクの保険引受けを抑制しつつ、海外事業の成長を通じたグループの利益の
        拡大や安定化に向けた取組みを進めました。さらなる事業拡大のための事業投資を行いつつ、海外拠点に対するガ
        バナンスや海外自然災害リスクの管理などの強化にも取り組みました。
         三井住友海上火災保険株式会社では、米国において成長を続けているMGA市場を捕捉すべく、Transverse
        Insurance     Group,    LLC(注1)を買収し、米国保険市場におけるプレゼンスの拡大を図りました。また、MS                                         Amlin
        事業は、自然災害リスクの抑制と引受けの厳選、料率引上げなどの収支改善取組みを継続した結果、ロシア・ウク
        ライナ紛争、ハリケーン・イアンによる損害などの影響を受けながらも保険引受利益を黒字化するなど収益力が強
        化されました。アジア地域では、デジタル技術の活用やプラットフォーマー等との連携によるリテール市場の開拓
        や、MS    First   Capital    Insurance     Limited等の各拠点の強みを活かした域内連携強化による企業市場の開拓を継続
        して進め、引き続き安定した収益をあげました。
         あいおいニッセイ同和損害保険株式会社では、日本、米国、欧州、中国、東南アジアの5極を中心としたテレマ
        ティクス・モビリティサービス事業を進めました。欧州ではMind                              Foundry(注2)と共同開発したAIモデルを用
        い、料率設定や保険金支払業務の効率化などによる収支改善に取り組みました。また、タイにおいて、運転挙動反
        映型自動車保険の累計販売件数が20万件を超え、データ活用の先進事例としてInsurance                                          Asia   Awards    2022(注
        3)でInsurtech        Initiative      of  the  Year   - Thailandを受賞するなどテレマティクス技術を用いたイノベーショ
        ン取組みが高く評価され、アジア地域でのプレゼンス向上に貢献しました。
        (注1)Transverse          Insurance     Group,    LLC

            MGAに一定の機能と権限を委譲し、そのMGAが販売した保険契約に関わるリスクを再保険会社へ仲
            介するビジネスモデルの保険事業を展開する持株会社。2018年に米国で設立。
        (注2)Mind       Foundry
            オックスフォード大学のAI分野の教授2名が設立した、AI開発に強みを持つスタートアップ企業。
        (注3)Insurance         Asia   Awards    2022
            アジア太平洋地域の保険会社や投資家などを対象とした出版物「Insurance                                      Asia」の発行会社、
            Charlton     Media   Groupが主催する表彰制度。
         海外保険子会社セグメントの経営成績は次のとおりとなりました。

        [海外保険子会社の主要指標]

                     前連結会計年度              当連結会計年度
                    (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日              比較増減        増減率
                     至 2022年3月31日)              至 2023年3月31日)
     正味収入保険料 (百万円)                      703,026              934,187         231,160      32.9%

     経常利益             (百万円)

                            39,638              9,044        △30,594      △77.2%
     セグメント利益 (百万円)                       24,575              15,718         △8,856     △36.0%

     (注)1 諸数値はセグメント間の内部取引相殺前の金額であります。
         2 セグメント利益は出資持分考慮後の当期純利益に相当する金額であります。
         正味収入保険料は、アジア、欧州、米州の各地域で増収したことや為替影響などにより前連結会計年度に比べ

        2,311億円増加し、9,341億円となりました。
         経常利益は、ロシアによるウクライナ侵攻に関連する保険金の見積額を計上したことや金融マーケット変動の影
        響により資産運用損益が減少したこと、海外生命保険関連会社の持分法投資損益が減少したことなどにより前連結
        会計年度に比べ305億円減少し、90億円となりました。
         出資持分考慮後の当期純利益(セグメント利益)は前連結会計年度に比べ88億円減少し、157億円となりまし
        た。
                                 64/234




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度末の財政状態は次のとおりであります。
         総資産は前連結会計年度末に比べ334億円減少し、25兆4億円となりました。主な総資産の内訳は、有価証券が
        16兆1,493億円(前連結会計年度末比8,099億円減少)、現金及び預貯金が2兆7,719億円(同4,149億円増加)、金
        銭の信託が2兆820億円(同428億円増加)であります。
         当社及び国内保険子会社のソルベンシー・マージン比率の状況は、以下のとおりであります。

         保険会社グループでは、保険金支払等に備えて準備金を積み立てておりますが、巨大災害の発生や、資産の大幅

        な価格下落等、通常の予測を超える危険が発生した場合でも、十分な支払能力を保持しておく必要があります。こ
        の「通常の予測を超える危険」を示す「リスクの合計額」(以下の各表の(B))に対する「資本金・準備金等の支
        払余力」(すなわちソルベンシー・マージン総額:以下の各表の(A))の割合を示す指標として、保険業法等に基
        づき計算されたものが、「ソルベンシー・マージン比率」(以下の各表の(C))であります。
         ソルベンシー・マージン比率は、行政当局が保険会社又は保険持株会社を監督する際に、経営の健全性を判断す
        るために活用する客観的な指標のひとつでありますが、その数値が200%以上であれば「保険金等の支払能力の充
        実の状況が適当である」とされております。
        イ 当社

          連結ソルベンシー・マージン比率
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
                                  (百万円)               (百万円)
         (A)ソルベンシー・マージン総額                           5,778,630               5,234,013
         (B)リスクの合計額                           1,347,114               1,345,950

         (C)ソルベンシー・マージン比率
                                      857.9%               777.7%
           [(A)/{(B)×1/2}]×100
         (注)「連結ソルベンシー・マージン比率」は、保険業法施行規則第210条の11の3及び第210条の11の4並び
           に平成23年金融庁告示第23号の規定に基づいて算出された比率であります。
           保有有価証券の時価下落を主因に、ソルベンシー・マージン総額が前連結会計年度末に比べて5,446億円減

          少したことなどにより、ソルベンシー・マージン比率は前連結会計年度末に比べて80.2ポイント低下し、
          777.7%となりました。
        ロ 三井住友海上火災保険株式会社

          単体ソルベンシー・マージン比率
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
                                  (百万円)               (百万円)
         (A)ソルベンシー・マージン総額                           3,598,612               3,405,349

         (B)リスクの合計額                            996,144               995,234

         (C)ソルベンシー・マージン比率
                                      722.5%               684.3%
           [(A)/{(B)×1/2}]×100
         (注)「単体ソルベンシー・マージン比率」は、保険業法施行規則第86条及び第87条並びに平成8年大蔵省告
           示第50号の規定に基づいて算出された比率であります。
           劣後特約付社債の期限前償還やその他有価証券の評価差額の減少を主因に、ソルベンシー・マージン総額が

          前事業年度末に比べて1,932億円減少したことなどにより、ソルベンシー・マージン比率は前事業年度末に比
          べて38.2ポイント低下し、684.3%となりました。
                                 65/234




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        ハ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
          単体ソルベンシー・マージン比率
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
                                  (百万円)               (百万円)
         (A)ソルベンシー・マージン総額                           1,396,160               1,327,493

         (B)リスクの合計額                            368,045               319,545

         (C)ソルベンシー・マージン比率
                                      758.6%               830.8%
           [(A)/{(B)×1/2}]×100
        (注)上記ロの(注)に記載のとおりであります。
           巨大災害リスク相当額の減少を主因に、リスクの合計額が前事業年度末に比べて484億円減少したことなど

          により、ソルベンシー・マージン比率は前事業年度末に比べて72.2ポイント上昇し、830.8%となりました。
        ニ 三井ダイレクト損害保険株式会社

          単体ソルベンシー・マージン比率
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
                                  (百万円)               (百万円)
         (A)ソルベンシー・マージン総額                            17,001               17,853

         (B)リスクの合計額                             5,199               5,060

         (C)ソルベンシー・マージン比率
                                      653.9%               705.5%
           [(A)/{(B)×1/2}]×100
         (注)上記ロの(注)に記載のとおりであります。
           当期純利益による株主資本の増加を主因に、ソルベンシー・マージン総額が前事業年度末に比べて8億円増

          加したことなどにより、ソルベンシー・マージン比率は前事業年度末に比べて51.6ポイント上昇し、705.5%
          となりました。
        ホ 三井住友海上あいおい生命保険株式会社

          単体ソルベンシー・マージン比率
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
                                  (百万円)               (百万円)
         (A)ソルベンシー・マージン総額                            398,033               338,880
         (B)リスクの合計額                            69,105               69,474

         (C)ソルベンシー・マージン比率
                                     1,151.9%                975.5%
           [(A)/{(B)×1/2}]×100
         (注)上記ロの(注)に記載のとおりであります。
           保有債券の時価下落に伴いその他有価証券の評価差額が減少したことを主因に、ソルベンシー・マージン総

          額が前事業年度末に比べて591億円減少したことなどにより、ソルベンシー・マージン比率は前事業年度末に
          比べて176.4ポイント低下し、975.5%となりました。
                                 66/234





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        ヘ 三井住友海上プライマリー生命保険株式会社
          単体ソルベンシー・マージン比率
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2022年3月31日)               (2023年3月31日)
                                  (百万円)               (百万円)
         (A)ソルベンシー・マージン総額                            739,516               683,942
         (B)リスクの合計額                            135,086               152,103

         (C)ソルベンシー・マージン比率
                                     1,094.8%                899.3%
           [(A)/{(B)×1/2}]×100
         (注)上記ロの(注)に記載のとおりであります。
           保有債券の時価下落に伴いその他有価証券の評価差額が減少したことを主因に、ソルベンシー・マージン総

          額が前事業年度末に比べて555億円減少したことなどにより、ソルベンシー・マージン比率は前事業年度末に
          比べて195.5ポイント低下し、899.3%となりました。
       ②  キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。

                                 前連結会計年度           当連結会計年度

                                (自 2021年4月1日           (自 2022年4月1日            比較増減
                                至 2022年3月31日)            至 2023年3月31日)
         営業活動によるキャッシュ・フロー (百万円)                             236,708           194,153      △42,555

         投資活動によるキャッシュ・フロー (百万円)                            △71,976            480,953       552,930

         財務活動によるキャッシュ・フロー (百万円)                             58,545          △314,502       △373,047

         現金及び現金同等物の期末残高   (百万円)                            2,256,216           2,646,431        390,215

           当連結会計年度のキャッシュ・フローにつきましては、営業活動によるキャッシュ・フローは、保険金の支

          払額が増加したことなどにより前連結会計年度に比べ425億円減少し、1,941億円となりました。投資活動によ
          るキャッシュ・フローは、有価証券の売却・償還による収入や金銭の信託の減少による収入が増加したことな
          どにより前連結会計年度に比べ5,529億円増加し、4,809億円となりました。また、財務活動によるキャッ
          シュ・フローは、社債の発行による収入や売現先取引による収入が減少したことなどにより前連結会計年度に
          比べ3,730億円減少し、△3,145億円となりました。これらの結果、当連結会計年度末の現金及び現金同等物
          は、前連結会計年度末より3,902億円増加し、2兆6,464億円となりました。
           当社グループの資本の財源及び資金の流動性に係る情報は次のとおりであります。

           長期的な投資資金等に対しては、主に営業活動から得た資金及び内部留保による自己資金を活用するほか、
          社債の発行や金融機関からの長期借入による外部からの資金調達を行っております。
           また、資金の流動性につきましては、大規模自然災害時に保険金の支払や市場の混乱等により資金繰りが悪
          化する場合に備え、当社グループは、流動性資産を十分に保有するとともに、資金の流出入の動向を踏まえて
          資産・負債両面から流動性についての評価を行い、適切な資金繰りを行っております。
                                 67/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
       ③  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
         当社の連結財務諸表はわが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成しておりま
        す。その作成には経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の開示に影響を与える見積りを
        必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、見積り特
        有の不確実性から、実際の結果はこれらの見積りと異なる場合があります。
         当社の連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況」の「連結財務諸表作成のための基本と
        なる重要な事項」に記載しておりますが、次の事項を会計上の重要な見積りと考えております。
        イ 時価の算定方法
          資産・負債の一部は時価をもって貸借対照表価額としており、時価の算定は市場価格等に基づいております。
         一部のデリバティブ取引において市場価格がない場合には、将来キャッシュ・フローの現在価値や取引対象の市
         場価格、契約期間等の構成要素に基づく合理的な見積りによって算出された価格を時価としております。
        ロ 有価証券の減損
          保有している有価証券は有価証券市場の価格変動リスクを負っているため、合理的な基準に基づいて減損処理
         を行っております。将来、有価証券市場が悪化した場合には有価証券評価損が発生する可能性があります。
        ハ 固定資産の減損
          収益性の低下により投資額の回収が見込めなくなった固定資産については、一定の条件の下で回収可能性を反
         映させるように、減損処理を行っております。資産又は資産グループの回収可能価額は、正味売却価額(資産又
         は資産グループの時価から処分費用見込額を控除して算定される価額)と使用価値(資産又は資産グループの継
         続的使用と使用後の処分によって生ずると見込まれる将来キャッシュ・フローの現在価値)のいずれか高い金額
         であることから、固定資産の減損損失の金額は合理的な仮定及び予測に基づく将来キャッシュ・フローの見積り
         に依存しております。したがって、関連する事業の環境が変化した場合、固定資産の使用方法を変更した場合又
         は不動産取引相場や賃料相場等が変動した場合には、新たに減損損失が発生する可能性があります。
        ニ 繰延税金資産
          繰延税金資産の回収可能性の判断に際して、将来の課税所得を合理的に見積もっております。繰延税金資産の
         回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積額が変動した場合は繰延税金資産が変動する可
         能性があります。
        ホ 貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えて、回収不能となる見積額を貸倒引当金として計上しております。貸付先の財
         務状況の変化などにより、回収不能となった金額や貸倒引当金の計上額が、当初の見積額から変動する可能性が
         あります。
        ヘ 支払備金
          保険契約に基づいて支払義務が発生した、又は発生したと認められる保険金等のうち、まだ支払っていない金
         額を見積もり、支払備金として積み立てております。損害調査の進展、裁判等の結果や為替の変動などにより保
         険金等の支払額や支払備金の計上額が、当初の見積額から変動する可能性があります。
        ト 責任準備金等
          保険契約に基づく将来における債務の履行に備えるため、責任準備金等を積み立てております。当初想定した
         環境・条件等が大きく変動し予期せぬ損害の発生が見込まれる場合には、責任準備金等の積増しが必要になる可
         能性があります。
        チ 退職給付費用及び退職給付債務
          退職給付費用及び退職給付債務は、割引率や将来の退職率及び死亡率など、いくつかの前提条件に基づいて算
         出しております。実際の結果が前提条件と異なる場合、または前提条件を変更する必要が生じた場合には、将来
         の退職給付費用及び退職給付債務が変動する可能性があります。
         なお、上記のうち「ハ 固定資産の減損」及び「ヘ 支払備金」については、関連する事項を「第5 経理の状

        況」の「重要な会計上の見積り」に記載しております。
                                 68/234





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
       ④  目標とする経営指標等の分析等
                              2021年度              2022年度

               目標項目
                               実績        修正予想         実績
         グループ修正利益    (億円)                       3,471          1,700        1,727
           国内損害保険事業  (億円)                     2,307          1,390        1,180

           国内生命保険事業  (億円)                      757          280        347

           海外事業      (億円)                      343          10        179

           金融サービス/リスク
                                 63          20        20
           関連サービス事業  (億円)
         グループ修正ROE                         9.5%          4.6%        4.8%
         ESR(Economic         Solvency     Ratio)

                                 228%           -       228%
        (注)グループ修正利益=連結当期利益+異常危険準備金等繰入・戻入額-その他特殊要因(のれん・その他無形
          固定資産償却額等)+非連結グループ会社持分利益
          グループ修正ROE=グループ修正利益÷期初・期末平均修正純資産(除く新株予約権・非支配株主持分)
          修正純資産=連結純資産+異常危険準備金等-のれん・その他無形固定資産
          ESR=時価純資産÷統合リスク量(信頼水準99.5%)
          2025年度までの中期経営計画の初年度となる2022年度は、自然災害や新型コロナウイルス感染症、コロナ禍か

         らの回復に伴う経済活動の活発化による自動車損害率の上昇、大口保険事故の発生などの影響により、グループ
         修正利益とグループ修正ROEは2021年度を下回りましたが、期中に公表した修正予想を上回る水準を達成しま
         した。財務健全性を表すESRは、目標とする幅(180~250%)の範囲内を維持しております。
       ⑤  問題認識と今後の方針について






         問題認識と今後の方針は、「1               経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載しているとおりでありま
        す。
                                 69/234





                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     5【経営上の重要な契約等】
       当社の子会社である三井住友海上火災保険株式会社(以下「三井住友海上」という。)は、2022年8月10日に、
      Virgo   Transverse      Core   LLC等と、Transverse          Insurance     Group,    LLC(以下「Transverse社」という。)を買収する
      基本合意に至りました。その後、関係各国の監督当局の認可を得て、2023年1月3日付(米国時間)で三井住友海上
      の米国子会社を通じた買収手続きを完了いたしました。取得価額は399百万米ドル(注)となっております。
      Transverse社は、Managing             General    Agent(以下「MGA」という。)に一定の機能と権限を付与し、そのMGAが
      引き受けた保険契約に関わるリスクを再保険会社に仲介するビジネスモデルの保険事業を展開する持株会社であり、
      対象会社の概要および株式の取得目的は以下のとおりであります。
      (1)    対象会社の概要

        社名   Transverse           Insurance     Group,    LLC
        本社   米国デラウェア州
        事業内容 傘下に損害保険会社等を有する持株会社
      (2)    取得の目的

         米国MGA市場の成長取込みによる収益拡大や、三井住友海上の強固な財務基盤を背景としたTransverse社の信
        用力引上げによるビジネス機会の拡大等のグループシナジー効果を発揮することを目的とするものであります。
      (注)買収後のTransverse社の業績の水準等に応じて一定の追加額を支払う業績連動型追加支払条項を有しておりま

         す。
     6【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 70/234













                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当連結会計年度の設備投資は、主として三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
      において、国内損害保険事業に係る営業店舗網の整備並びに業務効率化及び顧客サービスの充実を主眼に実施いたし
      ました。
       このうち主なものは、店舗等に係る建物等の取得(155億円)及びパソコンネットワーク関連機器をはじめとする
      コンピュータ関連機器の購入(12億円)であり、これらを含む当連結会計年度中の投資総額は                                           249  億円であります。
                                 71/234


















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     2【主要な設備の状況】
       当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は以下のとおりであります。
      (1)  提出会社
        該当事項はありません。
      (2)  国内子会社

                                                (2023年3月31日現在)
                                     帳簿価額(百万円)

                  地域                                     年間
                           セグメントの                       従業員数
       会社名           主な店名                                      賃借料
                                    土地
                             名称                     (人)
                 (所在地)                  (面積㎡)       建物     動産        (百万円)
                                   [面積㎡]
     三井住友海上
             北海道
                                     4,161               400
     火災保険株式
             北海道支店              三井住友海上                946     357          204
                                      (564)              [118]
             (札幌市中央区)
     会社
             東北
                                     2,148               492
             仙台支店              三井住友海上               2,224      538          147
                                     (5,237)               [174]
             (仙台市青葉区)
             関東甲信越
                                      438              769
             茨城支店              三井住友海上                988     705          487
                                     (2,518)               [291]
             (茨城県水戸市)
             千葉埼玉
                                     1,369               612
             埼玉支店              三井住友海上               1,426      531          287
                                     (3,417)               [173]
             (さいたま市大宮区)
             東京
                                     5,073              1,191
             東京東支店              三井住友海上              16,573      247          341
                                     (5,483)               [234]
             (東京都千代田区)
             神奈川静岡
                                     1,111               618
             神奈川支店              三井住友海上               5,249      514          248
                                     (1,885)               [198]
             (横浜市西区)
             北陸
                                      980              209
             金沢支店              三井住友海上                731     201           59
                                     (1,536)               [66]
             (石川県金沢市)
             中部                        7,991
                                                   1,082
             愛知支店              三井住友海上          (4,715)     5,235      844          325
                                                    [350]
             (名古屋市中区)                         [396]
             関西
                                     11,883              1,721
             大阪北支店              三井住友海上               9,325      954          413
                                     (5,512)               [560]
             (大阪市中央区)
             中国
                                     1,592               592
             広島支店              三井住友海上               1,017      469          224
                                     (2,030)               [197]
             (広島市中区)
             四国
                                      955              287
             四国東支店              三井住友海上               3,758      256           83
                                     (3,751)               [105]
             (香川県高松市)
             九州
                                     3,239               906
             福岡支店              三井住友海上               3,120      642          378
                                     (2,530)               [313]
             (福岡市中央区)
                                     19,690
             本店                                      3,693
                           三井住友海上         (129,205)      33,781     8,052           998
             (東京都千代田区)                                       [905]
                                     [1,290]
                                 72/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                                     帳簿価額(百万円)
                  地域                                     年間
                           セグメントの                       従業員数
       会社名           主な店名                   土地                   賃借料
                             名称                     (人)
                 (所在地)                                     (百万円)
                                   (面積㎡)       建物     動産
                                   [面積㎡]
     あいおいニッ
             北海道
                           あいおいニッ           851              352
     セイ同和損害
                                          1,189      161          107
             札幌支店
                           セイ同和損保          (1,721)               [41]
     保険株式会社
             (札幌市北区)
             東北                        3,920
                           あいおいニッ                         725
             仙台支店                        (9,857)     2,657      363          178
                           セイ同和損保                         [101]
             (仙台市青葉区)                         [685]
             北関東
                           あいおいニッ          1,195               537
             群馬支店                             1,493      260          137
                           セイ同和損保          (8,229)               [81]
             (群馬県高崎市)
             東京
                           あいおいニッ          10,094              2,076
             東京中央支店                            11,060      474          239
                           セイ同和損保          (9,180)               [493]
             (東京都中央区)
             千葉
                           あいおいニッ          1,146               446
             千葉支店                             2,015      149           52
                           セイ同和損保          (5,724)               [69]
             (千葉市中央区)
             埼玉
                           あいおいニッ          1,280               837
             埼玉支店                             1,828      357          384
                           セイ同和損保          (2,759)               [571]
             (さいたま市中央区)
             神奈川
                           あいおいニッ           127              450
             横浜支店                             1,058      187          181
                           セイ同和損保          (1,061)               [67]
             (横浜市中区)
             甲信越
                           あいおいニッ          1,260               443
             新潟支店                             1,809      239          142
                           セイ同和損保          (2,956)               [77]
             (新潟市中央区)
             静岡                         908
                           あいおいニッ                         349
             静岡支店                        (1,870)     1,378      115           28
                           セイ同和損保                         [37]
             (静岡市葵区)                         [223]
             中部                        4,251
                           あいおいニッ                        1,094
             名古屋支店                        (6,863)     2,869      542          641
                           セイ同和損保                         [143]
             (名古屋市中村区)                        [1,025]
             近畿
                           あいおいニッ          2,506              1,247
             大阪支店                            10,902      971          257
                           セイ同和損保         (17,061)               [120]
             (大阪市北区)
             北陸
                           あいおいニッ          1,033               212
             金沢支店                              820     109           20
                           セイ同和損保          (2,566)               [25]
             (石川県金沢市)
             中国
                           あいおいニッ           853              572
             広島支店                             1,737      274          184
                           セイ同和損保          (2,213)               [75]
             (広島市中区)
             四国
                           あいおいニッ           676              224
             高松支店                              729     118           0
                           セイ同和損保          (2,330)               [24]
             (香川県高松市)
             九州
                           あいおいニッ          3,773               917
             福岡支店                             2,882      379          191
                           セイ同和損保          (3,845)               [124]
             (福岡市博多区)
             本店              あいおいニッ          11,487              2,260
                                         23,874     5,375            4
             (東京都渋谷区)              セイ同和損保         (23,140)               [644]
                                 73/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      (3)  在外子会社
                                                (2023年3月31日現在)
                                     帳簿価額(百万円)
                                                        年間
                  店名         セグメントの                       従業員数
       会社名                                                賃借料
                                    土地
                 (所在地)            名称                     (人)
                                                       (百万円)
                                   (面積㎡)       建物    その他
                                   [面積㎡]
     MSIG   Mingtai
             本店              海外保険
                                     1,041
                                           421   2,160     1,267      226
     Insurance
            (台湾・台北)               子会社          (3,306)
     Co.,Ltd.
     (注)1 上記は全て営業用設備であります。

         2 土地及び建物の一部を賃借しております。賃借している土地の面積については[ ]で外書きしておりま
          す。
         3 臨時従業員数については、従業員数欄に[ ]で外書きしております。
         4 在外子会社の「その他」は、動産及びリース資産であります。
         5 上記の他、主要な賃貸用設備として以下のものがあります。
                                                帳簿価額(百万円)
                 会社名                  設備名
                                                土地
                                                       建物
                                               (面積㎡)
           三井住友海上火災保険株式会社                千葉ニュータウンセンター                      1,431
                                                         3,469
                           (千葉県印西市)                      (9,000)
                           八重洲ファーストフィナンシャルビル                        33
                                                         3,313
                           (東京都中央区)                      (1,782)
                           三井住友海上テプコビル                        56
                                                         3,233
                           (東京都中央区)                      (1,376)
           あいおいニッセイ同和損害保険                新宿ビル                       990
                                                         4,319
           株式会社
                           (東京都渋谷区)                      (2,024)
                           御堂筋ビル                      4,336
                                                         1,996
                           (大阪市中央区)                      (1,640)
         6 上記の他、主要な社宅用、厚生用設備として以下のものがあります。
                                                帳簿価額(百万円)
                 会社名                  設備名
                                                土地
                                                       建物
                                               (面積㎡)
           あいおいニッセイ同和損害保険
                           自動車研究所東富士センター                       958
                                                         1,571
           株式会社
                           (静岡県裾野市)                      (9,014)
                           自動車研究所埼玉センター                       546
                                                          759
                           (埼玉県さいたま市)                      (3,215)
                           経堂中央研修所                        27
                                                          955
                           (東京都世田谷区)                     (13,114)
         7 リース契約による設備について、重要なものはありません。
                                 74/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
       2023年3月31日現在の重要な設備の新設、除却等の計画は以下のとおりであります。
      (1)  新設
                                  投資予定金額               着手及び完了予定
       会社名           セグメントの                         資金調達
             所在地              内容
       設備名             名称                        方法
                                  総額    既支払額
                                                  着手     完了
                                 (百万円)     (百万円)
     三井住友海上
             石川県             営業用ビル取                        2022年     2024年
     火災保険株式
                  三井住友海上                4,960     2,263    自己資金
     会社
             金沢市             得                        12月     8月
     金沢ビル
     (注)金沢ビルの土地はすでに取得しており、既支払額には土地購入費用等を含んでおります。
      (2)  改修

                                  投資予定金額               着手及び完了予定
       会社名           セグメントの                         資金調達
             所在地              内容
       設備名             名称              総額    既支払額       方法
                                                  着手     完了
                                 (百万円)     (百万円)
     あいおいニッ
     セイ同和損害
             東京都     あいおいニッ                               2018年     2023年
     保険株式会社                    改修工事         4,100     3,414    自己資金
             渋谷区     セイ同和損保                               4月     9月
     本社ビル(本
     館・別館)
     あいおいニッ

     セイ同和損害       大阪府     あいおいニッ                               2022年     2027年
                          改修工事         2,301      37  自己資金
     保険株式会社       大阪市     セイ同和損保                               10月     2月
     御堂筋ビル
      (3)  売却

       会社名           セグメントの                  期末帳簿価額

             所在地              内容                     売却の予定時期
                    名称                 (百万円)
       設備名
     三井住友海上
     火災保険株式       大阪府
                  三井住友海上        売却                 2,439       2024年2月
     会社       豊中市
     千里ビル
                                 75/234








                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     900,000,000

                  計                                   900,000,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在            提出日現在
       種類       発行数(株)           発行数(株)            上場金融商品取引所名                 内容
             (2023年3月31日)           (2023年6月26日)
                                  東京証券取引所
                                  プライム市場
               535,967,347           535,967,347
      普通株式                                             単元株式数100株
                                  名古屋証券取引所
                                  プレミア市場
               535,967,347           535,967,347
        計                                  -             -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
                                        2016年第1回

                                      株式報酬型新株予約権
      決議年月日                      2016年6月22日
                           当社取締役(社外取締役を除く)及び執行役員並びに当社子会社の

      付与対象者の区分及び人数
                           取締役(社外取締役を除く)及び執行役員 77名
      新株予約権の数 ※                      24,764[18,965]個

      新株予約権の目的となる株式の種類 ※                      (注)1
      新株予約権の目的となる株式の数 ※                      24,764[18,965]株
      新株予約権の行使時の払込金額 ※                      株式1株当たり払込金額1円
      新株予約権の行使期間 ※                      2016年7月30日から2046年7月29日までとする。
                           発行価格 2,782円
      新株予約権の行使により株式を発行する
      場合の株式の発行価格及び資本組入額 ※
                           資本組入額 (注)2
      新株予約権の行使の条件 ※                      (注)3
                           譲渡による新株予約権の取得については当社取締役会の承認を要する
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           ものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                           (注)6
      関する事項 ※
                                 76/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                               2017年第1回                 2017年第2回

                             株式報酬型新株予約権                 株式報酬型新株予約権
      決議年月日                      2017年6月26日
                           当社取締役(社外取締役を除
                           く)及び執行役員並びに当社子
      付与対象者の区分及び人数                                      当社子会社の理事 67名
                           会社の取締役(社外取締役を除
                           く)及び執行役員 91名
      新株予約権の数 ※                            24,018[18,106]個                    879[302]個
      新株予約権の目的となる株式の種類 ※                      (注)1
      新株予約権の目的となる株式の数 ※                            24,018[18,106]株                    879[302]株
      新株予約権の行使時の払込金額 ※                      株式1株当たり払込金額1円
      新株予約権の行使期間 ※                      2017年8月2日から2047年8月1日までとする。
                           発行価格 3,717円                 発行価格 3,661円
      新株予約権の行使により株式を発行する
      場合の株式の発行価格及び資本組入額 ※
                           資本組入額 (注)2
      新株予約権の行使の条件 ※                      (注)3                 (注)5
                           譲渡による新株予約権の取得については当社取締役会の承認を要する
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           ものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                           (注)6                 (注)7
      関する事項 ※
                               2018年第1回                 2018年第2回

                             株式報酬型新株予約権                 株式報酬型新株予約権
      決議年月日                      2018年6月25日
                           当社取締役(社外取締役を除
                           く)及び執行役員並びに当社子
      付与対象者の区分及び人数                                      当社子会社の理事 68名
                           会社の取締役(社外取締役を除
                           く)及び執行役員 96名
      新株予約権の数 ※                            33,708[25,069]個                   1,411[414]個
      新株予約権の目的となる株式の種類 ※                      (注)1
      新株予約権の目的となる株式の数 ※                            33,708[25,069]株                   1,411[414]株
      新株予約権の行使時の払込金額 ※                      株式1株当たり払込金額1円
      新株予約権の行使期間 ※                      2018年8月2日から2048年8月1日までとする。
                           発行価格 3,260円                 発行価格 3,187円
      新株予約権の行使により株式を発行する
      場合の株式の発行価格及び資本組入額 ※
                           資本組入額 (注)2
      新株予約権の行使の条件 ※                      (注)3                 (注)5
                           譲渡による新株予約権の取得については当社取締役会の承認を要する
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           ものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                           (注)6                 (注)7
      関する事項 ※
                                 77/234






                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                               2019年第1回                 2019年第2回

                             株式報酬型新株予約権                 株式報酬型新株予約権
      決議年月日                      2019年6月24日
                           当社取締役(社外取締役を除
                           く)及び執行役員並びに当社子
      付与対象者の区分及び人数                                      当社子会社の理事 74名
                           会社の取締役(社外取締役を除
                           く)及び執行役員 104名
      新株予約権の数 ※                            79,626[62,604]個                  3,804[2,041]個
      新株予約権の目的となる株式の種類 ※                      (注)1
      新株予約権の目的となる株式の数 ※                            79,626[62,604]株                  3,804[2,041]株
      新株予約権の行使時の払込金額 ※                      株式1株当たり払込金額1円
      新株予約権の行使期間 ※                      2019年8月2日から2049年8月1日までとする。
                           発行価格 3,396円                 発行価格 3,369円
      新株予約権の行使により株式を発行する
      場合の株式の発行価格及び資本組入額 ※
                           資本組入額 (注)2
      新株予約権の行使の条件 ※                      (注)3                 (注)5
                           譲渡による新株予約権の取得については当社取締役会の承認を要する
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           ものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                           (注)6                 (注)7
      関する事項 ※
        ※  当事業年度の末日(2023年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前
           月末現在(2023年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]
           内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
        (注)1 新株予約権の目的となる株式の種類及び数
            当社普通株式とし、新株予約権1個当たりの目的となる株式数(以下、「付与株式数」という。)は、1
           株とする。
            なお、新株予約権の割当日後に、当社が普通株式の株式分割(株式無償割当てを含む。以下同じ。)又は
           株式併合を行う場合は、新株予約権のうち、当該株式分割又は株式併合の時点で行使されていない新株予約
           権について、次の計算式により付与株式数の調整を行い、調整により生じる1株未満の端数については、こ
           れを切り捨てる。
           調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割又は併合の比率
            また、割当日後に当社が合併又は会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じ付与株式数の調整を必
           要とする場合には、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲内で株式数を調整されるものと
           する。
          2① 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
            項の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じ
            たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
            等増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた金額とする。
          3 新株予約権者は、権利行使時において、当社及び当社子会社である国内5保険会社((注)4)の取締
           役、執行役員及び常勤監査役のいずれの地位も喪失した時に限り、新株予約権を行使できるものとする。た
           だし、この場合、新株予約権者は、当社及び国内5保険会社の取締役、執行役員及び常勤監査役のいずれの
           地位も喪失した日の翌日から10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括して行使することができ
           る。
          4 三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式
           会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社及び三井住友海上プライマリー生命保険株式会社
          5 新株予約権者は、権利行使時において、当社子会社である三井住友海上火災保険株式会社又はあいおい
           ニッセイ同和損害保険株式会社の雇用契約が終了した時に限り、新株予約権を行使できるものとする。ただ
           し、この場合、新株予約権者は、三井住友海上火災保険株式会社又はあいおいニッセイ同和損害保険株式会
           社の雇用契約が終了した日の翌日から10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括して行使するこ
           とができる。
          6 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転

           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日にお
           いて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)については、会社法第236条第1項第8号
           イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づき、
           新株予約権者に交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株
           予約権を新たに交付するものとする。
            ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設
           分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
            ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
              新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数を交付するものとする。
            ② 新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類及び数
                                 78/234

                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
              新株予約権の目的となる株式の種類は再編対象会社普通株式とし、新株予約権の行使により交付する
             再編対象会社普通株式の数は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
            ③ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に当該
             各新株予約権の目的となる株式数を乗じて得られる金額とする。再編後行使価額は、交付される新株予
             約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たりの金額を1円とす
             る。
            ④ 新株予約権の行使期間
              上表に定める新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、上表に定める新株予約権の行使期間の満了日までとする。
            ⑤ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
              (注)2に準じて決定する。
            ⑥ 新株予約権の譲渡制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
            ⑦ 新株予約権の取得に関する事項
             a.新株予約権者が権利行使をする前に、(注)3の定め又は新株予約権割当契約の定めにより新株予
              約権の行使をできなくなった場合、当社は当社の取締役会が別途定める日をもって、当該新株予約権
              を無償で取得することができる。
             b.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割契約若しくは新設分割計画又は当
              社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画の承認の議案が当社株主総会(株主総会が
              不要な場合は当社の取締役会)において承認された場合は、当社は当社の取締役会が別途定める日を
              もって、同日時点で権利行使されていない新株予約権を無償で取得することができる。
          7 当社が、組織再編行為をする場合において、残存新株予約権については、再編対象会社の新株予約権を以
           下の条件に基づき、新株予約権者に交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、
           再編対象会社の新株予約権を新たに交付するものとする。
            ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設
           分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
            ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
              新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数を交付するものとする。
            ② 新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類及び数
              新株予約権の目的となる株式の種類は再編対象会社普通株式とし、新株予約権の行使により交付する
             再編対象会社普通株式の数は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
            ③ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に当該
             各新株予約権の目的となる株式数を乗じて得られる金額とする。再編後行使価額は、交付される新株予
             約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たりの金額を1円とす
             る。
            ④ 新株予約権の行使期間
              上表に定める新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、上表に定める新株予約権の行使期間の満了日までとする。
            ⑤ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
              (注)2に準じて決定する。
            ⑥ 新株予約権の譲渡制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
                                 79/234









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
            ⑦ 新株予約権の取得に関する事項

             a.新株予約権者が権利行使をする前に、(注)5の定め又は新株予約権割当契約の定めにより新株予
              約権の行使をできなくなった場合、当社は当社の取締役会が別途定める日をもって、当該新株予約権
              を無償で取得することができる。
             b.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割契約若しくは新設分割計画又は当
              社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画の承認の議案が当社株主総会(株主総会が
              不要な場合は当社の取締役会)において承認された場合は、当社は当社の取締役会が別途定める日を
              もって、同日時点で権利行使されていない新株予約権を無償で取得することができる。
        ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金        資本準備金
                              資本金増減額        資本金残高
        年月日
                 総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (千株)       (千株)                      (百万円)        (百万円)
     2020年7月22日
                     181     593,473          276     100,276          276     729,532
     (注1)
     2021年7月27日
                     159     593,632          258     100,534          258     729,790
     (注2)
     2022年7月26日
                     134     593,767          274     100,808          274     730,064
     (注3)
     2022年11月30日
                  △57,800       535,967          -     100,808          -     730,064
     (注4)
     (注)1 譲渡制限付株式報酬としての新株式発行による増加であります。
           発行価格  3,045.00円
           資本組入額 1,522.50円
           割当先 当社の取締役(社外取締役を除く。)     6名
               当社の執行役員               8名
               当社子会社の取締役(社外取締役を除く。)  27名
               当社子会社の執行役員            63名
               当社子会社の理事              75名
        2 譲渡制限付株式報酬としての新株式発行による増加であります。
           発行価格  3,236.00円
           資本組入額 1,618.00円
           割当先 当社の取締役(社外取締役を除く。)     6名
               当社の執行役員               8名
               当社子会社の取締役(社外取締役を除く。)  29名
               当社子会社の執行役員            58名
               当社子会社の理事              77名
        3 譲渡制限付株式報酬としての新株式発行による増加であります。
           発行価格  4,079.00円
           資本組入額 2,039.50円
           割当先 当社の取締役(社外取締役を除く。)     5名
               当社の執行役員               7名
               当社子会社の取締役(社外取締役を除く。)  24名
               当社子会社の執行役員            62名
               当社子会社の理事              77名
        4 自己株式の消却による減少であります。
                                 80/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                (2023年3月31日現在)
                         株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状況
           政府及び地           金融商品     その他の
                                                       (株)
                 金融機関                          個人その他       計
           方公共団体           取引業者      法人
                                 個人以外      個人
     株主数(人)          1     174      46    1,204      808      97    56,190     58,520       -
     所有株式数
               60  1,870,779      342,504     881,065     1,671,223        430    577,822     5,343,883     1,579,047
      (単元)
     所有株式数の
              0.00     35.01      6.41     16.49     31.27      0.01     10.81     100.00       -
     割合(%)
     (注)1 自己株式267,916株は、「個人その他」に2,679単元、「単元未満株式の状況」に16株含まれております。
         2 「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が、それぞ
          れ17単元及び11株含まれております。
      (6)【大株主の状況】

                                                (2023年3月31日現在)
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式
                                                      を除く。)
                                               所有株式数
             氏名又は名称                       住所                  の総数に対
                                                (千株)
                                                      する所有株
                                                      式数の割合
                                                       (%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託
                            東京都港区浜松町2-11-3                     78,193       14.60
     口)
                            愛知県豊田市トヨタ町1                     52,610        9.82

     トヨタ自動車株式会社
                            東京都千代田区丸の内1-6-6

                                                 36,325        6.78
     日本生命保険相互会社
                            日本生命証券管理部内
     株式会社日本カストディ銀行(信託口)                       東京都中央区晴海1-8-12                     28,800        5.38

                            270  PARK   AVENUE,    NEW  YORK,   NY

     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380055
                            10017,    UNITED    STATES    OF  AMERICA
                                                 16,494        3.08
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業
                            (東京都港区港南2-15-1 品川イ
     部)
                            ンターシティA棟)
                            東京都千代田区丸の内2-7-3東京
                                                 11,635        2.17
     JPモルガン証券株式会社
                            ビルディング
                            1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT    - TREATY
                            MA  02171,    U.S.A.
     505234
                                                  9,864       1.84
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業
                            (東京都港区港南2-15-1 品川イ
     部)
                            ンターシティA棟)
                            東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒ
                                                  6,455       1.20
     バークレイズ証券株式会社
                            ルズ森タワー31階
                            東京都中央区八重洲2-2-1                      6,077       1.13
     住友生命保険相互会社
                            25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385781
                            LONDON,    E14  5JP,UNITED      KINGDOM
                                                  6,018       1.12
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業
                            (東京都港区港南2-15-1 品川イ
     部)
                            ンターシティA棟)
                                                 252,474        47.13
                         計
                                 81/234




                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      (注)1 2019年4月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、日本生命保険相互
          会社他2名が2019年4月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として2023年
          3月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。
                                                   発行済株式総数に

                                           所有株式数       対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                            (株)         の割合
                                                     (%)
     日本生命保険相互会社                  大阪府大阪市中央区今橋三丁目5番12号                      36,522,858             6.16

     ニッセイアセットマネジメント

                       東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                       841,200           0.14
     株式会社
     大樹生命保険株式会社                  東京都千代田区大手町二丁目1番地1号                      1,043,100            0.18

                       計                      38,407,158             6.47

         2 2020年12月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、三井住友トラスト・アセットマネ

          ジメント株式会社他1名が2020年11月30日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社
          として2023年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めてお
          りません。
           なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                                   発行済株式総数に

                                           所有株式数       対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                            (株)         の割合
                                                     (%)
     三井住友トラスト・アセットマネジ
                       東京都港区芝公園一丁目1番1号                      20,650,687             3.48
     メント株式会社
     日興アセットマネジメント株式会社                  東京都港区赤坂九丁目7番1号                      9,471,300            1.60

                       計                      30,121,987             5.08

         3 2022年12月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、ブラックロック・

          ジャパン株式会社他6名が2022年11月30日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社
          として2023年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めてお
          りません。
           なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。
                                                   発行済株式総数に

                                           所有株式数       対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                            (株)         の割合
                                                     (%)
     ブラックロック・ジャパン株式会社                  東京都千代田区丸の内一丁目8番3号                      8,554,900            1.60

     ブラックロック(ネザーランド)BV

                       オランダ王国 アムステルダム 
                                             1,990,456            0.37
     (BlackRock      (Netherlands)       BV)
                       HA1096 アムステルブレイン 1
     ブラックロック・ファンド・マネ
                       英国 ロンドン市 スログモートン・ア
     ジャーズ・リミテッド(BlackRock
                                             1,481,746            0.28
                       ベニュー 12
     Fund   Managers     Limited)
                                 82/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     ブラックロック・アセット・マネジ
                       アイルランド共和国 ダブリン ボール
     メント・アイルランド・リミテッド
                       スブリッジ ボールスブリッジパーク                       3,878,649            0.72
     (BlackRock      Asset   Management
                       2 1階
     Ireland    Limited)
     ブラックロック・ファンド・アドバ
                       米国 カリフォルニア州 サンフランシ
     イザーズ(BlackRock          Fund
                                             9,085,036            1.70
                       スコ市 ハワード・ストリート 400
     Advisors)
     ブラックロック・インスティテュー
     ショナル・トラスト・カンパニー、
                       米国 カリフォルニア州 サンフランシ
     エヌ.エイ.(BlackRock
                                             6,852,503            1.28
                       スコ市 ハワード・ストリート 400
     Institutional       Trust   Company,
     N.A.)
     ブラックロック・インベストメン
     ト・マネジメント(ユーケー)リミ
                       英国 ロンドン市 スログモートン・ア
                                              730,226           0.14
     テッド(BlackRock         Investment
                       ベニュー 12
     Management      (UK)   Limited)
                       計                      32,573,516             6.08
      (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                (2023年3月31日現在)
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -            -       -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -

      議決権制限株式(その他)                             -            -       -

                        (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                        -  単元株式数100株
                                267,900
                        普通株式
                              534,120,400            5,341,204
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                        同上
                                                一単元(100株)未満
                               1,579,047
      単元未満株式                   普通株式                      -
                                                の株式
                              535,967,347
      発行済株式総数                                        -       -
                                          5,341,204
      総株主の議決権                             -                  -
     (注)1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,700株含まれ
          ております。
           なお、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数17個は、「議決権の数」欄に含まれております。
         2 「単元未満株式」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が11株、自己株式が16株含まれ
          ております。
        ②【自己株式等】

                                                (2023年3月31日現在)
                                                      発行済株式
                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       総数に対する
       所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)        合計(株)       所有株式数の
                                                      割合(%)
      (自己保有株式)
      MS&ADインシュアランス               東京都中央区新川
                                  267,900              267,900         0.05
                                            -
      グループホールディングス株               二丁目27番2号
      式会社
                                  267,900              267,900         0.05
            計             -                   -
                                 83/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 普通株式(会社法第155条第3号及び第7号に掲げる事由に基づく取得)
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

                    区分                    株式数(株)          価額の総額(円)

      取締役会(2022年5月20日)での決議状況
                                           20,000,000         50,000,000,000
      (取得期間 2022年6月13日~2022年9月22日)
      当事業年度前における取得自己株式                                         -           -
      当事業年度における取得自己株式                                     11,930,700         49,999,651,832

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                      8,069,300            348,168

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                        40.3            0.0
      当期間における取得自己株式                                         -           -

      提出日現在の未行使割合(%)                                        40.3            0.0
                    区分                    株式数(株)          価額の総額(円)

      取締役会(2023年5月19日)での決議状況
                                           6,000,000         20,000,000,000
      (取得期間 2023年5月22日~2023年9月22日)
      当事業年度前における取得自己株式                                         -           -
      当事業年度における取得自己株式                                         -           -

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                         -           -

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                         -           -
      当期間における取得自己株式                                       121,800         581,522,700

      提出日現在の未行使割合(%)                                        98.0           97.1

     (注)1 取得自己株式は、受渡日基準で記載しております。

         2 当期間における取得自己株式には、2023年6月1日から有価証券報告書提出日までの自己株式の取得による
          株式は記載しておりません。
                                 84/234








                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)

      当事業年度における取得自己株式                                     12,244            50,648,376
      当期間における取得自己株式                                     2,154            9,418,927

     (注) 当期間における取得自己株式には、2023年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
         よる株式は含まれておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                当期間

                区分
                                    処分価額の総額               処分価額の総額
                             株式数(株)               株式数(株)
                                      (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -         -      -         -

      消却の処分を行った取得自己株式                        57,800,000      207,920,696,672             -         -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移
                                  -         -       -         -
      転を行った取得自己株式
      その他                          62,052      213,995,111         40,802      147,363,371
      保有自己株式数                          267,916           -    351,068           -

     (注)1 当事業年度のその他の内訳は単元未満株式の買増請求(株式数434株、処分価額の総額1,804,778円)及び新
          株予約権の権利行使(株式数61,618株、処分価額の総額212,190,332円)によるものであります。また、当期
          間におけるその他の内訳は単元未満株式の買増請求(株式数93株、処分価額の総額398,113円)及び新株予約
          権の権利行使(株式数40,709株、処分価額の総額146,965,258円)によるものであります。
         2 当期間におけるその他及び保有自己株式数には、2023年6月1日から有価証券報告書提出日までの取締役会
          決議により取得した株式、単元未満株式の買取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。
                                 85/234











                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
        当社は、財務健全性の確保を前提として、持続的な成長により企業価値を高めていくとともに、継続的・安定的な
      株主還元を実施することにより、株主の皆さまのご期待にお応えしていきたいと考えております。
        これを踏まえ、中期経営計画(2022-2025)の第1ステージ(2022-2023)においては、1株当たりの配当水準の安
      定性を維持しつつ、グループ修正利益の50%を基本として、配当と自己株式の取得により株主還元を行う方針として
      おります。
        また、毎期の配当の回数については、中間配当及び期末配当の年2回を基本としております。なお、これらの配当
      の決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会であります。
         当事業年度の期末配当金につきましては1株当たり100円とし、年間配当金は中間配当金100円と合わせて1株に
      つき200円といたしました。
        内部留保資金につきましては、財務健全性に留意しつつ、経営基盤の更なる強化に向け、成長性・収益性の高い領
      域へ積極的に投資してまいります。
        当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。

        当事業年度の剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                         配当金の総額            1株当たり配当額
          決議年月日
                         (百万円)              (円)
      2022年11月18日
                              53,570             100.0
      取締役会決議
      2023年6月26日
                              53,569             100.0
      定時株主総会決議
     (注) グループ修正利益は、当社グループ全体の経常的な収益力を示す当社独自の指標であり、連結当期純利益を基礎

        に、異常危険準備金等繰入額(繰入の場合は加算・戻入の場合は減算)などの加減算を行うことにより算出してお
        ります。
                                 86/234












                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方
          当社は、グループの事業を統括する持株会社として、「経営理念(ミッション)」の下、経営資源の効率的な
         活用と適切なリスク管理を通じ、グループの長期的な安定と持続的成長を実現するため、全てのステークホル
         ダーの立場を踏まえ、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための経営体制を構築し、企業価値の向上に
         努めております。
          そのため、グループの全役職員が業務のあらゆる局面で重視すべき「MS&ADインシュアランス                                              グループ
         の経営理念(ミッション)・経営ビジョン・行動指針(バリュー)」を策定し、当社及びグループ会社の全役職
         員へ浸透させるよう努めるとともに、中期経営計画において、コーポレート・ガバナンス、コンプライアンス、
         リスク管理等を経営の重要課題として位置づけ、計画の推進に積極的に取り組んでおります。
        ① 会社の機関

         a.会社の機関の基本説明
           当社は、監査役会設置会社として、取締役会が適切に監督機能を発揮するとともに、独任制の監査役が適切
          に監査機能を発揮するものとし、双方の機能の強化、積極的な情報開示等を通じ、ガバナンスの向上に取り組
          んでおります。取締役会の内部委員会である「人事委員会」及び「報酬委員会」(委員会の過半数及び委員長
          は社外取締役)並びに、「ガバナンス委員会」(社外取締役全員と取締役会長・取締役副会長・取締役社長で
          構成)を設置し、実効性と透明性の高いコーポレート・ガバナンス態勢を構築しております。
           また、取締役会は、執行役員を選任するとともに、その遂行すべき職務権限を明確にすることにより、取締
          役会による「経営意思決定、監督機能」と執行役員による「業務執行機能」の分離を図っております。
         b.当社の経営体制(2023年6月26日現在)
           (注)関連事業会社は、MS&ADインターリスク総研、MS&ADビジネスサポート、MS&ADスタッ









              フサービス、MS&ADシステムズ、MS&AD事務サービス、MS&ADグランアシスタンス、M
              S&ADアビリティワークス、MS&AD                    Venturesの8社であります。
                                 87/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
         c.各機関の内容
          (a)取締役会
           イ 取締役会は、法令・定款に定める事項のほか、グループの経営方針、経営戦略、資本政策等、グループ
            経営戦略上重要な事項、及び会社経営上の重要な事項の論議・決定を行うとともに、取締役、執行役員の
            職務の執行を監督します。
           ロ 取締役会では、リスク・リターン・資本をバランスよくコントロールしたリスク選好に基づいて経営資
            源の配分を行い、健全性を基盤に「成長の持続」と「収益性・資本効率の向上」を実現し、中長期的な企
            業価値の拡大を目指します。
           ハ 取締役11名(男性8名、女性3名)のうち3分の1を超える5名の社外取締役を選任することで、経営
            から独立した社外人材の視点を取り入れて監視・監督機能を強化し、透明性の高い経営を行っておりま
            す。なお、2022年度は12回開催し、全ての取締役が全ての回に出席しております。
              議長及び構成員は以下のとおりであります。
              柄澤   康喜<議長:取締役会長>、金杉                恭三、原     典之、樋口      哲司、嶋津      智幸、白井      祐介、
              坂東   眞理子(社外取締役)、飛松              純一(社外取締役)、ロッシェル・カップ(社外取締役)、
              石渡   明美(社外取締役)、鈴木             純(社外取締役)
           ニ 取締役会の内部委員会
            ・ 人事委員会
              当社の取締役・監査役・執行役員の候補者及び当社が直接出資するグループ国内保険会社の取締役・
             監査役の選任等の重要な人事事項について審議し、取締役会に助言します。また、コーポレート・ガバ
             ナンス強化に向けた実質的な論議を行う観点から、取締役及び監査役の候補者の選任に関する方針を審
             議項目に追加し、開催頻度も、年1回以上行うことを明確化しております。なお、2022年度は3回開催
             し、全委員が全ての回に出席しております。
              委員長及び構成員は以下のとおりであります。
              ロッシェル・カップ<委員長:社外取締役>、柄澤                        康喜、金杉      恭三、原     典之、坂東      眞理子(社外
             取締役)、飛松        純一(社外取締役)、石渡             明美(社外取締役)、鈴木             純(社外取締役)
            ・ 報酬委員会
              当社の取締役・執行役員の報酬及び当社が直接出資するグループ国内保険会社の役員報酬体系等につ
             いて取締役会に助言します。報酬委員会がその機能を十分に発揮するため、当社は、報酬委員会メン
             バーである社外取締役の所属企業(又は法人)との間で取締役又は監査役の相互兼任を行っておりませ
             ん。また、報酬委員会にて、コーポレート・ガバナンス強化に向けた実質的な論議を行う観点から、取
             締役及び執行役員の報酬等に関する方針を審議項目に追加し、開催頻度も、年1回以上行うことを明確
             化しております。なお、2022年度は3回開催し、全委員が全ての回に出席しております。
              委員長及び構成員は以下のとおりであります。
              坂東   眞理子<委員長:社外取締役>、柄澤                   康喜、金杉      恭三、原     典之、飛松      純一(社外取締
             役)、ロッシェル・カップ(社外取締役)、石渡                       明美(社外取締役)、鈴木             純(社外取締役)
           ホ ガバナンス委員会
             委員長を社外取締役の互選により選任し、コーポレート・ガバナンスの状況や方針・態勢に関する事項
            について、社外取締役全員と取締役会長・取締役副会長・取締役社長が協議し、必要に応じ取締役会に提
            言を行うことを目的とする「ガバナンス委員会」を設置しております。なお、2022年度は3回開催し、全
            委員が全ての回に出席しております。
             委員長及び構成員は以下のとおりであります。
             飛松   純一<委員長:社外取締役>、柄澤                 康喜、金杉      恭三、原     典之、坂東      眞理子(社外取締役)、
            ロッシェル・カップ(社外取締役)、石渡                    明美(社外取締役)、鈴木             純(社外取締役)
          (b)監査役・監査役会

           イ 監査役
             各監査役は、業務及び財産の調査権限等法令に基づく権限を適切に行使し、監査役会で定めた監査の方
            針・計画等に従い、取締役会その他の重要な会議への出席、重要な決裁書類等の閲覧、社内各部の調査、
            子会社の調査等により、取締役の職務の執行を監査します。
           ロ 監査役会
             監査役会は、常勤監査役2名、非常勤監査役(社外監査役)2名の4名(男性2名、女性2名)で構成
            されております。監査役会は、監査役からの職務の執行の状況の報告や役職員等からの監査に関する重要
            な事項についての報告を受けるとともに、監査の方針及び監査計画等を決定します。なお、2022年度は11
            回開催し、植村監査役は10回出席、それ以外の監査役は全ての回に出席しております。
             議長及び構成員は以下のとおりであります。
             鈴木   啓司<議長:常勤監査役>、須藤                敦子、千代田       邦夫(社外監査役)、植村             京子(社外監査役)
                                 88/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
          (c)グループ経営会議

             経営方針、経営戦略、会社及びグループの経営に関する重要な事項について協議するとともに、執行役
            員による決裁事項について、グループ経営会議規程に基づき、報告を受けることにより、具体的な業務執
            行のモニタリングを行っております。なお、2022年度は12回開催し、全メンバーが全ての回に出席してお
            ります。
             議長及び構成員は以下のとおりであります。
             原  典之<議長:代表取締役            取締役社長>、柄澤          康喜、金杉      恭三、樋口      哲司、田村      悟、
             本島   なおみ、舩曵       真一郎、新納       啓介、川手      環、嶋津     智幸、白井      祐介、早川      琢磨、津田      卓也、
             荒川   裕司、立松      博、本山     智之、佐藤      満、河村     隆之、加治      資朗、藏田      順、鈴木     啓司、須藤      敦子
          (d)その他の機関

             業務執行に係る会社経営上の重要事項に関する協議及び関連部門の意見の相互調整を図ることを目的
            に、課題別委員会を設置しております。委員会の協議結果は、必要に応じて担当役員が取りまとめ、取締
            役会、グループ経営会議等に報告しております。課題別委員会は以下のとおりであります。
            ・サステナビリティ委員会(年4回程度)
              グループのサステナビリティに関する取組方針・計画等、ダイバーシティ、エクイティ&インクルー
             ジョン推進、人財力向上(働き方改革)及びグループ全体のブランド戦略・広告戦略の方針・計画等に
             関する論議を行っております。
              運営責任者及び構成員は以下のとおりであります。
              本島   なおみ<運営責任者:常務執行役員>、柄澤                      康喜、金杉      恭三、原     典之、樋口      哲司、田村
             悟、舩曵     真一郎、新納       啓介、坂東      眞理子(社外取締役)、ロッシェル・カップ(社外取締役)、須
             藤  敦子
            ・品質向上・コンプライアンス委員会(年4回程度)
              グループ及び各社における、お客さま第一の業務運営の推進などの品質向上の諸課題や企業倫理の確
             立を図るためのコンプライアンス態勢等について、モニタリングや重要事項の協議・調整等を行ってお
             ります。
              運営責任者及び構成員は以下のとおりであります。
              田村   悟<運営責任者:専務執行役員>、樋口                   哲司、本島      なおみ、飛松       純一(社外取締役)、石渡
             明美(社外取締役)、須藤             敦子
            ・デジタライゼーション推進委員会(年4回程度)
              グループのデジタライゼーション推進に関する協議・調整及び進捗管理等を行っております。運営責
             任者及び構成員は以下のとおりであります。
              本山   智之<運営責任者:執行役員>、柄澤                  康喜、金杉      恭三、原     典之、樋口      哲司、田村      悟、
              津田   卓也、舩曵      真一郎、新納       啓介、河村      隆之、加治      資朗、藏田      順、一本木      真史、須藤      敦子
            ・グループシステム委員会(月1回程度)
              グループのIT戦略やシステムリスク管理態勢、グループ各社に跨る大規模システム開発等に関する
             協議・調整及び進捗管理を行っております。
              運営責任者及び構成員は以下のとおりであります。
              津田   卓也<運営責任者:執行役員>、樋口                  哲司、本山      智之、鈴木      啓司
              グループ国内保険会社のシステム担当役員
            ・グループ海外事業委員会(年4回程度)
              グループの持続的な成長に資する海外事業戦略の在り方(海外事業投資等)についての確認・協議を
             行っております。また、海外事業におけるグループ全体の収益力強化、シナジー発揮に関する課題認識
             を共有するとともに、課題への具体的な対応策の方向性やその進捗状況についての確認・協議を行って
             おります。
              運営責任者及び構成員は以下のとおりであります。
              川手   環<運営責任者:執行役員>、柄澤                 康喜、金杉      恭三、原     典之、樋口      哲司、舩曵      真一郎、新
             納  啓介、嶋津      智幸、白井      祐介、古谷      泰一、鈴木      啓司
            ・ERM委員会(年8回程度)
              グループ全体の企業価値、財務の健全性及び資本効率・収益性の向上を図るため、ポートフォリオの
             変革などの重要事項の協議・調整等を行っております。また、リスク・リターン・資本の状況、グルー
             プ各事業・商品等の評価・管理等を行っております。
              運営責任者及び構成員は以下のとおりであります。
              樋口   哲司<運営責任者:代表取締役               副社長執行役員>、田村            悟<運営責任者:専務執行役員>、
             鈴木   啓司
            ・グループ共通化委員会(年4回程度)
                                 89/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
              三井住友海上火災保険株式会社とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社のミドル・バックの大胆な
             効率化を進め、合併と同等の効果を創出するため、商品・営業に関して各社の強みを活かす領域の特定
             を行うとともに、商品、事務、システム、保険金支払業務等の更なる共通化について、協議・調整を
             行っ  ております。
              運営責任者及び構成員は以下のとおりであります。
              樋口   哲司<運営責任者:代表取締役               副社長執行役員>、田村            悟、須藤     敦子
                                 90/234



















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        ② 内部統制システムに関する基本的な考え方
          会社法及び会社法施行規則に基づき決定した「MS&ADインシュアランス                                    グループ     内部統制システムに関
         する基本方針」は以下のとおりであり、本方針に基づき体制を整備しております。
         <MS&ADインシュアランス               グループ 内部統制システムに関する基本方針>
          MS&ADインシュアランス              グループ     ホールディングス株式会社(以下「持株会社」という。)は、グ

         ループの事業を統括する持株会社として、経営理念(ミッション)の下、経営資源の効率的な活用と適切なリ
         スク管理を通じ、グループの長期的な安定と持続的成長を実現するため、透明性と牽制機能を備えた経営体制
         を構築し、企業価値の向上に努めていく。
          1.グループ経営管理体制

          (持株会社およびその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制)
          (1)持株会社は、グループの全役職員が業務のあらゆる局面で重視すべき経営理念(ミッション)・経営
             ビジョン・行動指針(バリュー)を定め、持株会社およびその子会社(会社法および保険業法上の子
             会社をいう。本基本方針において以下「グループ会社」という。)の全役職員へ浸透させ、実践させ
             るよう努める。持株会社は、経営理念(ミッション)・経営ビジョン・行動指針(バリュー)の趣
             旨・精神を尊重する企業文化・風土が形成されているか、その実践状況を取締役会に報告する。
          (2)持株会社は、グループ全体の事業を統括し、グループ全体の企業価値を最大化する観点から、持株会
             社が直接出資するグループ国内保険会社および関連事業会社(以下「直接出資会社」という。)に対
             し、株主総会決議事項について適切な意思表示を行うなど、適切に株主権を行使する。
          (3)持株会社は、直接出資会社との間で経営管理契約を締結し、グループ基本方針(コーポレートガバナ
             ンス、リスク管理、コンプライアンス、内部監査等)を定める。
          (4)持株会社は、経営管理契約に基づき、直接出資会社に対しグループ基本方針について遵守を求めると
             ともに、以下の①~④に記載する内容を含めた業務の適正を確保するための体制を整備する。
             ①直接出資会社の取締役の職務執行に係る事項の持株会社への報告に関する体制
              直接出資会社の重要事項について、持株会社の承認または持株会社への報告を求める。また、持株
              会社は、直接出資会社の子会社の経営管理状況等について直接出資会社に報告を求めることができ
              る。
             ②直接出資会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制(下記2.)
             ③直接出資会社の取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するため
              の体制(下記3.)
             ④直接出資会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制(下記4.)
          (5)直接出資会社の子会社(会社法および保険業法上の子会社)については、原則として、経営管理契約
             に基づき、直接出資会社が適切に経営管理を行う。なお、海外の拠点・子会社については、体制整備
             の推進にあたり現地の法令や特性を考慮する。
          2.職務執行の効率性確保のための体制

          (持株会社およびその子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制)
          (1)持株会社は、迅速な意思決定と適切なモニタリングを両立させるため、執行役員制度を採用するとと
             もに社外取締役を選任し、取締役会による「経営意思決定、監督機能」と執行役員による「業務執行
             機能」の分離と機能強化を図る。加えて、取締役会において実質的な議論を可能とするため取締役の
             員数を15名以内とするとともに、執行役員への業務執行権限の委譲を進める。
          (2)持株会社は、取締役および執行役員の職務執行が適正かつ効率的に行われるよう、組織・職務権限規
             程等を定め、遂行すべき職務および職務権限を明確にする。
          (3)持株会社は、グループの中期経営計画および年次計画を定め、持株会社およびグループ会社の全役職
             員にその浸透を図るとともに、その実現に向け、事業分野別の目標数値を設定し、適切な経営資源の
             配分を行う。また、グループ中期経営計画において、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、
             リスク管理等を経営の重要課題として位置づける。
          (4)持株会社は、経営基盤としてのITの重要性に鑑み、グループのITガバナンス基本方針を定め、I
             Tガバナンス態勢を構築する。
          (5)持株会社は、事業活動における税務の重要性に鑑み、グループの税務に関する基本方針を定め、税務
             ガバナンス態勢を構築する。
                                 91/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
          (6)持株会社の執行役員は、当社および直接出資会社の業務執行状況(業績概況を含む)を取締役会に報

             告する。持株会社の取締役会は、報告内容を踏まえ、必要に応じて、目標の修正または経営資源の追
             加配分等の対応を行う。
          (7)持株会社は、グループ経営会議を定期的に開催する。グループ経営会議には、必要に応じて、グルー
             プ国内保険会社役員も出席した上で、グループ事業戦略およびグループ国内保険会社の経営上の重要
             事項について協議し、意思決定の方向性を定める。
          3.グループの法令等遵守体制

          (持株会社およびその子会社の取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保す
           るための体制)
          (1)持株会社およびグループ会社は、持株会社が定めるグループのコンプライアンス基本方針に従い、全
             役職員に対しコンプライアンス意識の徹底に取り組み、法令や社内ルール等を遵守し、高い倫理観に
             基づいた事業活動を行う。
          (2)持株会社は、コンプライアンスの徹底と企業倫理の確立を図るため、法令等遵守規程を定めるととも
             に、その実践計画としてコンプライアンス・プログラムを定め、その実施状況を監視する。また、コ
             ンプライアンス・マニュアルを定め、グループ全体の事業活動、経営環境等を勘案して必要に応じて
             見直しを行う。
          (3)持株会社は、グループ全体のコンプライアンスに関する事項を統括して管理するコンプライアンス統
             括部門などの組織・体制を整備する。また、コンプライアンス推進状況のモニタリングを行うため品
             質向上・コンプライアンス委員会を設置し、同委員会で確認された課題について必要な措置を講じ
             る。持株会社は、定期的にコンプライアンス推進状況を取締役会に報告する。
          (4)持株会社は、持株会社およびグループ会社の役職員がコンプライアンス上の問題を発見した場合の報
             告ルールを法令等遵守規程に定める。報告・通報を受けた持株会社のコンプライアンス統括部門は、
             関係部門およびグループ会社と連携のうえ、その内容を調査し、再発防止策等を策定する。
          (5)持株会社およびグループ会社は、持株会社が定めるグループの反社会的勢力に対する基本方針に従
             い、反社会的勢力排除のための体制整備(対応統括部署の整備、対応要領の整備、反社会的勢力に係
             るデータベース管理体制の整備、警察等外部専門機関等との連携強化等)に取り組み、反社会的勢力
             に対しては毅然とした姿勢で臨み、不当、不正な要求に応じない旨を全役職員に徹底する。
          (6)持株会社は、グループの役員等の関連当事者との取引を行う場合には、グループおよび株主共同の利
             益を害することのないよう、競業取引や利益相反取引を取締役会で承認するなど適切に監視を行う。
          (7)持株会社およびグループ保険会社は、持株会社が定めるグループ内取引および業務提携等に関する基
             本方針に従い、アームズ・レングス・ルールの遵守その他グループ内取引等の適切性を確保するため
             の体制を整備する。
          (8)持株会社およびグループ国内保険会社は、持株会社が定めるグループの利益相反管理に関する基本方
             針に従い、利益相反管理のための体制を整備する。
          (9)持株会社およびグループ会社は、持株会社が定めるグループの外部委託管理基本方針に従い、外部委
             託管理のための体制を整備する。
          (10)持株会社およびグループ会社は、組織または個人による法令違反、社内規定違反、不適切な行為また
             はこれらのおそれのある行為について、全役職員等が社内および社外の窓口に直接通報できるスピー
             クアップ制度(内部通報制度)を設け、全役職員に対し制度の周知を図る。また、持株会社はグルー
             プのスピークアップ制度運用規程を定め、通報者が通報を行ったことにより不利な取扱いを行わない
             ことを定めるとともに、制度の運用状況を取締役会に報告する。
          (11)持株会社は、グループ会社やグループ会社の役職員に対して法令に違反する行為を助言、容認または
             指示しない。
          4.統合リスク管理体制

          (持株会社およびその子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制)
         (1)持株会社およびグループ会社は、持株会社が定めるグループのリスク管理基本方針に従い、基本的な
            考え方を共有するとともに、各社の事情に応じて会社別のリスク管理方針を定め、適切なリスク管理
            を実行する。
         (2)持株会社は、グループに内在する各種リスクを把握し統合リスク管理を適切に行うため、リスク管理
            部門などの組織・体制を整備する。また、ERM委員会を設置し、同委員会における協議結果(統合
            リスク管理(定量)確認結果を含む)に基づき、リスクの回避・削減などの必要な措置を講じる。
                                 92/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
          (3)持株会社は、グループ全体のリスクおよびリスク管理の状況をモニタリングするとともに、グループ
             全体のリスクを統合して定量化し、グループ全体で必要な資本が確保されていることを確認する。こ
             れらの状況についてERM委員会の協議・調整結果も踏まえて、取締役会に報告する。
          (4)持株会社は、社会的使命の遂行およびステークホルダーへの責任を果たすため、持株会社が定めるグ
             ループの危機管理マニュアル及び再建計画に従い、グループ全体の危機管理態勢および事業継続態勢
             を構築し、危機のもたらす被害・ダメージを最小化するために必要な体制を整備する。
          5.財務報告の信頼性を確保するための体制

          (1)持株会社は、監査役候補の選任にあたり、監査役のうち最低1名は経理または財務に関して十分な知
             識を有する者を選任する。
          (2)持株会社およびグループ会社は、持株会社が定めるグループの情報開示統制基本方針に従い、財務情
             報その他グループに関する情報を適時かつ適正に開示するための体制を整備する。
          (3)持株会社は、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に則って、持株会社および連結子会社の経
             営成績ならびに財政状態の真実明瞭なる報告を行うため、経理規程を定め、経理業務に関する重要事
             項を規定する。
          (4)持株会社は、公正な情報開示を担保するため、情報開示統制及び手続規程を定め、情報開示統制の有
             効性評価と実効性向上への対応を行うとともに、情報開示の適正性をERM委員会で検証する。
          (5)持株会社は、ERM委員会において、金融商品取引法に準拠して実施する「財務報告に係る内部統
             制」の持株会社および連結子会社における整備・運用状況の評価結果について検証を行う。
          (6)持株会社は、持株会社および連結子会社における情報開示統制の有効性および情報開示の適正性に関
             するERM委員会による検証結果を取締役会に報告する。
          6.内部監査の実効性を確保するための体制

          (1)持株会社およびグループ国内保険会社は、持株会社が定めるグループの内部監査基本方針に従い、グ
             ループ全ての業務活動を対象として内部監査体制を整備し、実効性があり、かつ効率的な内部監査を
             実行する。
          (2)持株会社およびグループ国内保険会社は、内部監査部門として独立した専門組織を設置するととも
             に、内部監査に係る基本的事項を規定する内部監査規程ならびにリスクの種類および程度に応じた内
             部監査計画を定める。
          (3)持株会社の内部監査部門は、持株会社およびグループ国内保険会社等が実施した内部監査の結果等の
             うち重要な事項、監査対象部門における改善状況等を取締役会に報告する。
          7.情報管理体制

          (取締役の職務の執行等に係る情報の保存および管理に関する体制)
          (1)持株会社は、会社情報管理規程を定め、取締役および執行役員の職務の執行に係る文書等(取締役会
             議事録および決裁書等の重要な文書をいい、電磁的記録を含む。)その他の会社情報を適切に保存お
             よび管理する。また、取締役および監査役は、これらの情報を常時閲覧できるものとする。
          (2)持株会社およびグループ会社は、持株会社が定めるグループのお客さま情報管理基本方針に従い、個
             人情報(お客さま情報)の適切な取扱いおよび安全管理措置を徹底するための体制を整備する。
          8.監査役監査の実効性を確保するための体制

          (1)監査役の職務を補助すべき使用人、当該使用人の独立性および当該使用人に対する指示の実効性の確
             保に関する体制
             ①持株会社は、監査役の職務を補助するため、監査役室を設け専任の職員を置く。
             ②持株会社の取締役は、監査役室の独立性に配慮し、監査役室の組織変更、上記職員の人事異動およ
              び懲戒処分を行うにあたっては監査役会の同意を得るほか、上記職員の人事考課については監査役
              会が定める監査役と協議のうえ行う。
          (2)監査役への報告に関する体制
             ①持株会社の取締役および執行役員は、職務執行に関して重大な法令・定款違反もしくは不正行為の
              事実、または会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を知ったときは、直ちに監査役会に報告
              しなければならない。
             ②持株会社の取締役および執行役員は、事業・組織に重大な影響を及ぼす決定、内部監査の実施結
              果、内部通報の状況その他監査役に報告を行う事項について、監査役との協議により定める方法に
              より、遅滞なく監査役に報告する。
                                 93/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
             ③持株会社およびグループ会社の役職員等は、経営上重大な法令違反、社内規定違反、不適切な行為

              またはこれらのおそれのある行為について、持株会社の監査役に直接内部通報することができるも
              のとする。
             ④持株会社およびグループ会社は、①~③の報告をした者について、当該報告をしたことを理由とし
              て不利な取扱いを行わない。
          (3)その他
             ①持株会社は、監査役が、取締役会のほか、グループ経営会議その他の重要な会議に出席できること
              を、関連する規程等において明記する。
             ②持株会社の取締役会長、取締役副会長、取締役社長および代表取締役は、監査役会と定期的に、持
              株会社が対処すべき課題、監査役監査の環境整備の状況、監査上の重要課題等について意見交換を
              行う。
             ③持株会社の内部監査部門は、監査役から求められたときは、監査役の監査に対し協力する。
             ④持株会社は、監査役からその職務の執行について会社法第388条に基づく費用の前払または償還の
              請求等を受けた場合には、同条に従い手続を行う。
          9.本基本方針の改廃

           本基本方針の改廃は取締役会決議により行う。ただし、方針・規程等管理規程第4条第1項ただし書およ
          び第3項に基づく改廃はこの限りでない。
                                                         以上

        ③ 責任限定契約の締結

                氏 名                      責任限定契約の内容の概要
        社外取締役           坂  東  眞  理  子
                   飛   松   純   一
                   ロッシェル・カップ
                               当社は各氏との間で会社法第423条第1項の賠償責任を限定す
                   石   渡   明   美
                              る契約を締結しており、当該契約に基づく責任の限度額は、会
                   鈴    木     純
                              社法第425条第1項各号に定める額の合計額となります。
        社外監査役
                   千  代  田  邦  夫
                   植   村   京   子
        ※会計監査人について、該当事項はありません。
        ④ 役員等賠償責任保険契約の締結

          当社は会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。
         被保険者は保険料を負担しておりません。被保険者が、その職務の執行に関し、責任を負うこと又は当該責任の
         追及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害を当該保険契約により保険会社が補填するものであ
         り、1年ごとに契約更新しております。
        ⑤ 取締役の定数

          当社では、取締役は15名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑥ 取締役の選解任の決議要件

          当社では、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
         出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。なお、取締役の選任決議は、累積投票に
         よらないものとしております。
        ⑦ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項

         a.当社では、環境変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定に
          より、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めておりま
          す。
         b.当社では、社外取締役及び社外監査役を招聘するに当たり、取締役及び監査役の責任を合理的な範囲にとど
          めることにより、それぞれが職務の執行に際して期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第
          1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であっ
          た者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を
          定款に定めております。
                                 94/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
           また、会社法第427条第1項の規定により、社外取締役及び社外監査役との間に、任務を怠ったことによる
          損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めております。ただし、当該契約に基づく
          責 任の限度額は、会社法第425条第1項各号に定める額の合計額としております。
         c.当社では、株主への利益配分の機会を充実させるため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決
          議によって毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
        ⑧ 株主総会の特別決議要件の変更

          当社では、株主総会における円滑な意思決定を行うために、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を
         行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって
         行う旨を定款に定めております。
                                 95/234

















                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  10 名 女性    5 名 (役員のうち女性の比率             33.3  %)
                                                  (2023年6月26日現在)
                                                         所有
        役職名         氏名     生年月日                略歴               任期    株式数
                                                         (株)
                           1975年4月     住友海上火災保険株式会社入社
                           2004年4月     三井住友海上火災保険株式会社執行役員経営企画
                                 部長
                           2005年6月     同社取締役執行役員経営企画部長
                           2006年4月     同社取締役常務執行役員
                           2008年4月     同社取締役専務執行役員
                                 当社取締役
                           2009年4月     取締役専務執行役員
       取締役会長               1950年10月
                           2010年4月     三井住友海上火災保険株式会社取締役社長                 社長
               柄 澤 康 喜
                                                     (注)3     53,460
       会長執行役員                27日  生
                                 執行役員
                                 当社取締役執行役員
                           2014年6月     取締役社長     社長執行役員
                           2016年4月     三井住友海上火災保険株式会社取締役会長                 会長
                                 執行役員
                           2020年6月
                                 当社取締役会長      会長執行役員(現職)
                           2021年4月     三井住友海上火災保険株式会社取締役常任顧問
                           2021年6月
                                 同社常任顧問(現職)
                           1979年4月     大東京火災海上保険株式会社入社
                           2008年4月     あいおい損害保険株式会社常務役員人事企画部長
                           2009年4月     同社執行役員
                           2010年10月     あいおいニッセイ同和損害保険株式会社執行役員
                           2011年4月     同社常務執行役員
                           2012年4月     当社執行役員
                           2012年6月     あいおいニッセイ同和損害保険株式会社取締役常
       取締役副会長
                      1956年5月
                                 務執行役員
       副会長執行役員         金 杉 恭 三
                                                     (注)3     60,611
                       29日  生
                           2013年4月     同社取締役専務執行役員
       (代表取締役)
                           2014年6月     当社取締役執行役員
                           2016年4月     あいおいニッセイ同和損害保険株式会社取締役社
                                 長
                           2020年6月     当社取締役副会長       副会長執行役員(現職)
                           2022年4月
                                 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社取締役会
                                 長(現職)
                           1978年4月     大正海上火災保険株式会社入社
                           2008年4月     三井住友海上火災保険株式会社執行役員企業品質
                                 管理部長
                           2010年4月     同社常務執行役員名古屋企業本部長
                           2012年4月     同社取締役常務執行役員
                           2013年4月     同社取締役専務執行役員
       取締役社長
                      1955年7月
                           2015年4月     同社取締役     副社長執行役員
       社長執行役員        原   典 之                                     (注)3     54,537
                       21日  生
                           2016年4月     同社取締役社長      社長執行役員
       (代表取締役)
                                 当社執行役員
                           2016年6月     取締役執行役員
                           2020年6月     取締役社長     社長執行役員(現職)
                           2021年4月     三井住友海上火災保険株式会社取締役会長                 会長
                                 執行役員(現職)
                           1984年4月     住友海上火災保険株式会社入社
                           2014年4月     三井住友海上火災保険株式会社執行役員東京本部
                                 長
                           2015年4月     同社執行役員経営企画部長
                           2016年4月     同社取締役常務執行役員
        取締役
                      1961年6月
                           2017年4月     当社執行役員
       副社長執行役員
               樋 口 哲 司                                     (注)3     22,122
                       24日  生
                           2018年4月     三井住友海上火災保険株式会社取締役専務執行役
       (代表取締役)
                                 員
                           2020年4月     当社専務執行役員
                           2020年6月     取締役専務執行役員
                           2021年4月
                                 取締役   副社長執行役員(現職)
                                 96/234



                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
        役職名         氏名     生年月日                略歴               任期    株式数
                                                         (株)
                           1985年4月     大正海上火災保険株式会社入社
                           2015年4月     三井住友海上火災保険株式会社執行役員人事部長
                           2016年4月     同社執行役員中国本部長
                           2018年4月     同社常務執行役員損害サポート本部長
        取締役              1963年3月
               嶋 津 智 幸
                                                     (注)3     18,716
                           2021年4月     同社取締役専務執行役員
        執行役員               16日  生
                                 当社執行役員(現職)
                           2023年4月     三井住友海上火災保険株式会社取締役               副社長執
                                 行役員(現職)
                           1988年4月     大東京火災海上保険株式会社入社
                           2019年4月     当社執行役員総合企画部長
                           2021年4月     あいおいニッセイ同和損害保険株式会社常務執行
                                 役員
        取締役              1964年6月
                           2022年4月     同社取締役常務執行役員
               白 井 祐 介                                     (注)3     10,421
        執行役員               13日  生
                                 当社執行役員
                           2022年6月
                                 取締役執行役員(現職)
                           2023年4月     あいおいニッセイ同和損害保険株式会社取締役専
                                 務執行役員(現職)
                           1969年7月     総理府入府
                           1985年10月     内閣総理大臣官房参事官・内閣審議官
                           1989年7月     総務庁統計局消費統計課長
                           1994年7月     内閣総理大臣官房男女共同参画室長
                           1995年4月     埼玉県副知事
                           1998年6月     在オーストラリア連邦ブリスベン日本国総領事
                      1946年8月
        取締役       坂 東 眞理子                                     (注)3     6,600
                           2001年1月     内閣府男女共同参画局長
                       17日  生
                           2003年10月     学校法人昭和女子大学理事
                           2007年4月     昭和女子大学学長
                           2014年4月     学校法人昭和女子大学理事長
                           2016年7月
                                 昭和女子大学総長(現職)
                           2017年6月     当社取締役(現職)
                           1998年4月     弁護士登録
                                 森綜合法律事務所(現         森・濱田松本法律事務
                                 所)弁護士
                           2004年6月     ニューヨーク州弁護士登録
                      1972年8月
        取締役       飛 松 純 一                                     (注)3      -
                           2010年4月     東京大学大学院法学政治学研究科准教授
                       15日  生
                           2016年7月     飛松法律事務所(現        外苑法律事務所)弁護士
                                 (現職)
                           2018年6月
                                 当社取締役(現職)
                                 97/234









                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
        役職名         氏名     生年月日                略歴               任期    株式数
                                                         (株)
                           1986年6月     ZS Associates,Inc.ビジネスアナリスト
                           1987年6月     同社シニア・ビジネスアナリスト
                           1988年8月     安田信託銀行株式会社(現みずほ信託銀行株式会
                                 社)国際広報スペシャリスト
                ロッシェル・
                           1992年10月     IPC  Group,Inc.コンサルタント
                 カップ     1964年6月
                           1994年7月     Japan   Intercultural      Consultingマネージングプ
        取締役                                            (注)3      -
                (Rochelle       29日  生
                                 リンシパル(社長)(現職)
                           2015年1月     ビジネス・ブレークスルー大学グローバル・リー
                 Kopp)
                                 ダーシップコース教授
                           2019年4月     北九州市立大学外国語学部教授
                           2020年6月     当社取締役(現職)
                           1983年4月     ブリストル・マイヤーズ株式会社入社
                           1985年12月     花王株式会社入社       花王生活科学研究所配属
                           2003年3月     同社ハウスホールド事業本部商品開発マネジャー
                           2005年12月     同社生活者研究センター室長
                           2010年3月     同社生活者研究センターセンター長
                      1960年8月
        取締役       石 渡 明 美                                     (注)3      100
                           2015年3月     同社執行役員コーポレートコミュニケーション部
                       23日  生
                                 門統括
                           2021年1月     同社エグゼクティブ・フェロー
                           2022年1月
                                 同社特命フェロー(現職)
                           2022年6月
                                 当社取締役(現職)
                           1983年4月     帝人株式会社入社
                           2011年4月     同社帝人グループ駐欧州総代表
                                 Teijin   Holdings    Netherlands     B.V.社長
                           2012年4月     帝人株式会社帝人グループ執行役員
                      1958年2月     2013年4月     同社帝人グループ常務執行役員
        取締役       鈴 木   純
                                                     (注)3     2,500
                           2013年6月     同社取締役常務執行役員
                       19日  生
                           2014年4月     同社代表取締役社長執行役員 CEO
                           2022年4月     同社取締役会長
                           2023年4月
                                 同社取締役シニア・アドバイザー(現職)
                           2023年6月
                                 当社取締役(現職)
                           1990年4月     大東京火災海上保険株式会社入社
                           2020年4月     あいおいニッセイ同和損害保険株式会社理事経理
        監査役              1967年5月
                                 部長
               須 藤 敦 子                                     (注)4     6,579
                       21日  生
        (常勤)
                           2021年4月     同社顧問
                           2021年6月     当社監査役(現職)
                           1991年4月     三井海上火災保険株式会社入社
                           2016年4月     三井住友海上火災保険株式会社経理部部長
                           2018年4月     同社リスク管理部長
        監査役              1968年6月
                                 当社リスク管理部部長
               鈴 木 啓 司
                                                     (注)6     2,100
                       18日  生
        (常勤)
                           2019年4月     リスク管理部長
                           2022年4月     執行役員リスク管理部長
                           2023年6月     監査役(現職)
                           1971年5月     公認会計士登録
                           1976年4月     立命館大学経営学部助教授
                           1984年4月     同大学経営学部教授
                           1999年4月     同大学経営学部長・理事
                      1944年1月
        監査役       千代田 邦 夫
                                                     (注)5     6,300
                           2009年4月     熊本学園大学大学院会計専門職研究科教授
                       2日  生
                           2012年4月     早稲田大学大学院会計研究科教授
                           2013年4月     公認会計士・監査審査会会長
                           2016年6月
                                 当社監査役(現職)
                           1994年4月     大阪地方裁判所判事補
                           2004年4月     静岡家庭裁判所沼津支部判事
                           2005年4月     横浜地方裁判所判事
                      1961年7月
                           2008年4月     弁護士登録
        監査役       植 村 京 子                                     (注)4      500
                       22日  生
                                 LM法律事務所弁護士
                           2017年6月
                                 当社監査役(現職)
                           2018年10月     深山・小金丸法律会計事務所弁護士(現職)
                              計                           244,546
     (注)1 取締役坂東眞理子、飛松純一、ロッシェル・カップ、石渡明美及び鈴木純は、社外取締役であります。
         2 監査役千代田邦夫及び植村京子は、社外監査役であります。
         3 2023年6月26日付の定時株主総会での選任後2023年度に関する定時株主総会終結の時までであります。
         4 2021年6月28日付の定時株主総会での選任後2024年度に関する定時株主総会終結の時までであります。
         5 2020年6月25日付の定時株主総会での選任後2023年度に関する定時株主総会終結の時までであります。
         6 2023年6月26日付の定時株主総会での選任後2026年度に関する定時株主総会終結の時までであります。
                                 98/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況

         a.社外取締役及び社外監査役の員数及び人的関係、資本関係又は取引関係その他の利害関係
           当社では、社外取締役5名と社外監査役2名を選任しております。各社外役員につきまして、当社との間に
          一般株主と利益相反が生じるおそれがある人的関係、資本的関係、又は取引関係その他の利害関係はなく、当
          社は、株式会社東京証券取引所及び株式会社名古屋証券取引所に対し、独立役員として届出を行っておりま
          す。
         b.社外取締役及び社外監査役が当社の企業統治において果たす機能及び役割並びに独立性
           社外役員は、取締役会の監視・監督機能の強化、透明性の高い経営の確保に寄与しております。また、社外
          役員からの法律及び会計等の専門家としての知識や経験に基づくアドバイスを受けることで、重要な業務執行
          の決定を適切に行うことが可能となる体制を確保することができます。
           なお、社外取締役及び社外監査役を選任する際の独立性判断基準は以下のとおりであり、以下に該当しない
          者を選任することとしております。
           (a)当社又は当社の子会社の業務執行者
           (b)当社の子会社の取締役又は監査役
           (c)当社を主要な取引先とする者(その直近事業年度における年間連結売上高の2%以上の支払いを当社
              又は当社の子会社から受けた者)又はその業務執行者
           (d)当社の主要な取引先(当社の直近事業年度における連結元受正味収入保険料(除く積立保険料)の
              2%以上の支払いを当社の子会社に対して行った者)又はその業務執行者
           (e)当社の上位10位以内の株主(当該株主が法人である場合は当該法人の業務執行者)
           (f)当社又は当社の子会社が取締役を派遣している会社の業務執行者
           (g)当社又は当社の子会社から役員報酬以外に過去3年間の平均で年間1,000万円以上の金銭その他の財
              産上の利益を得ているコンサルタント、会計専門家又は法律専門家
           (h)過去5年間において上記(b)から(g)のいずれかに該当していた者
           (i)過去に当社又は当社の子会社の業務執行者であった者
           (j)上記(a)から(i)までに掲げる者の配偶者又は二親等内の親族
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
          社外取締役は、内部監査や監査役監査及び会計監査の結果、内部統制の状況について取締役会で報告を受けて
         おります。
          社外監査役は、上記の報告を同様に受けているほか、「(3)監査の状況」に記載のとおり、会計監査人と連
         携しております。
      (3)【監査の状況】

        ① 監査役監査の状況
          a. 組織・人員
            常勤監査役2名及び社外監査役2名で構成しており、常勤監査役1名及び社外監査役1名は女性であり、
           女性比率は50%です。常勤監査役は、リスク管理、経理部門等、並びに、保険数理、財務及び会計に関する
           知見を有しております。社外監査役は、公認会計士として会計に関する専門的な知見、弁護士として企業法
           務に関する専門的な知見を有しております。
            また、監査役の職務遂行を補助する組織として監査役室を設置し、専任のスタッフ3名及び兼任のスタッ
           フ1名を配置しております。
          b. 監査役会の開催
            監査役会は、2022事業年度に11回開催され、常勤監査役2名並びに千代田社外監査役は11回に出席し、植
           村社外監査役は10回出席しております。開催に際しては、全ての議案資料について監査役が事前確認を実施
           し、常勤監査役及び社外監査役は常に相互間の情報共有に努めており、平均議題数は、13.3件、所要時間は
           概ね1時間で効率的に運営されております。また、当日は、監査計画及び会計監査人の報酬に関する事項の
           決議、監査活動の内容、会計監査人の活動、並びにその他諸課題等について、適宜活発な審議・意見交換を
           行っております。
          c.監査役の活動状況及び監査役会の評価
           監査役は、取締役会をはじめとした重要な会議への出席、取締役・執行役員との意見交換、グループ国内保
          険会社及び直接出資する関連事業会社のモニタリング等の活動を行い、取締役の職務執行の監査、取締役会等
          の意思決定の監査、内部統制システムの構築・運用状況の監査、会計監査人の独立性の監視及び財務報告体制
          の監査、会計方針・会計処理等の監査、計算書類の監査等を実施しております。
                                 99/234


                                                          EDINET提出書類
                                    MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(E03854)
                                                           有価証券報告書
           会計監査人とは、監査上の主要な検討事項等についての協議等を行うとともに、内部監査関連部門とも緊密
          な連携を図るなど、実効性ある監査に努めております。
           監査役会は、2021監査年度の総括を行うとともに、2022監査年度の監査計画を決議し、以下の重点監査項目
          について監査役の各種活動の中で、年間を通じ確認と検証をすすめました。
                               重点監査項目
         ①中期経営計画(2022-2025)基本戦略の遂行にかかる取組
          ・Value(価値の創造)  ・Transformation(事業の変革) ・Synergy(グループシナジーの発揮)
         ②中期経営計画(2022-2025)基本戦略を支える基盤整備にかかる取組
          ・サステナビリティ(気候変動への対応、自然資本の持続可能性向上、人権尊重の推進等)
          ・品質(お客さまの声による業務改善、デジタル活用によるお客さま体験価値の向上等)
          ・人財(専門人財の確保、D&I、魅力ある職場環境の整備等)
          ・ERM(事業管理強化による企業価値向上、資本の有効活用、政策株式の削減等)
         ③グループガバナンスの機能発揮
          ・大規模災害リスク等への対応態勢(経営戦略、商品・再保険での対処方針等)
          ・海外事業ガバナンス(事業戦略、ガバナンスの状況、コンプライアンス取組等)
          ・ITガバナンス、データガバナンス(システム開発、コスト削減、サイバーセキュリティ、データ活用
           等)
          ・直接出資する関連事業会社の経営管理(経営課題、内部統制システムの状況等)
         ④IFRS関連
          ・IFRSへの取組状況
          ・IFRS適用に向けた内部統制取組の準備状況
          常勤監査役は、内部統制システムの構築・運用の検証等を日常的に行うとともに、社外監査役への情報共有や
  &