株式会社 JFLAホールディングス 有価証券報告書 第17期(2022/04/01-2023/03/31)

提出書類 有価証券報告書-第17期(2022/04/01-2023/03/31)
提出日
提出者 株式会社 JFLAホールディングス
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2023年6月30日

    【事業年度】                     第17期(自 2022年4月1日 至 2023年3月31日)

    【会社名】                     株式会社JFLAホールディングス

    【英訳名】                     JFLA   Holdings     Inc.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  檜垣 周作

    【本店の所在の場所】                     東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目5番6号

    【電話番号】                     03-6311-8899(代表)

    【事務連絡者氏名】                     法務総務部長  尾崎 富彦

    【最寄りの連絡場所】                     東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目5番6号

    【電話番号】                     03-6311-8899(代表)

    【事務連絡者氏名】                     法務総務部長  尾崎 富彦

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/112









                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次            第13期       第14期       第15期       第16期       第17期

          決算年月            2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

    売上高             (千円)     64,335,882       80,871,361       69,619,945       70,374,273       76,713,786

    経常利益又は経常損失
                 (千円)      △ 967,969       217,556     △ 1,503,143       △ 827,739      △ 750,215
    (△)
    親会社株主に帰属する当
    期純利益又は親会社株主
                 (千円)     △ 2,931,470       1,689,146      △ 2,558,103      △ 1,884,159      △ 2,197,985
    に帰属する当期純損失
    (△)
    包括利益             (千円)     △ 3,405,905       1,618,174      △ 1,617,705      △ 2,709,120      △ 2,116,306
    純資産額             (千円)     10,636,972       12,276,789       10,035,312        8,282,755       6,159,429

    総資産額             (千円)     57,787,528       57,843,836       52,258,647       48,452,198       41,394,888

    1株当たり純資産額             (円)       241.74       283.24       221.57       151.47       102.51

    1株当たり当期純利益又
    は1株当たり当期純損失             (円)      △ 76.67       40.30      △ 61.05      △ 43.55      △ 47.59
    (△)
    潜在株式調整後1株
                  (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    当たり当期純利益
    自己資本比率             (%)        17.5       20.5       17.8       14.4       11.6
    自己資本利益率             (%)       △ 31.2       15.4      △ 24.2      △ 23.2      △ 37.4

    株価収益率             (倍)         ―      8.34        ―       ―       ―

    営業活動による
                 (千円)      1,689,411       1,405,618       △ 291,726       593,695      △ 728,132
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                 (千円)      △ 489,794      1,120,383       2,682,935      △ 1,418,002       △ 298,221
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                 (千円)       720,717     △ 2,147,287      △ 4,711,119       △ 511,435     △ 1,581,483
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                 (千円)      7,573,573       7,882,884       5,727,217       4,545,122       2,048,824
    期末残高
    従業員数
                         2,041       1,988       1,809       2,056       1,860
                  (人)
                        ( 1,163   )    ( 1,172   )     ( 928  )     ( 960  )     ( 911  )
    (外、平均臨時雇用者数)
     (注)   1.第13期、第16期及び第17期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの
         1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
       2.第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在してい
         ないため記載しておりません。
       3.第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、希薄化効
         果を有している潜在株式が存在していないため記載しておりません。
       4.第13期、第15期、第16及び第17期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失が計上されて
         いるため記載しておりません。
       5.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第16期の期首から適用してお
         り、第16期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
         す。
                                  2/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第13期       第14期       第15期       第16期       第17期

          決算年月           2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月       2023年3月

    売上高            (千円)      4,180,079       4,051,252       3,559,935       3,027,136       2,709,743

    経常利益又は経常損失
                (千円)       71,987      △ 741,113      △ 471,852      △ 951,319      △ 640,938
    (△)
    当期純利益又は当期純
                      △  844,817
                (千円)            △ 2,448,239         59,772      △ 783,781     △ 2,017,077
    損失(△)
    資本金            (千円)      2,910,363       2,910,363       2,910,363       3,513,801       3,633,910
    発行済株式総数            (株)     41,929,936       41,929,936       41,929,936       46,062,136       46,837,136

    純資産額            (千円)     11,359,561        8,860,806       9,382,076       9,165,040       7,053,417

    総資産額            (千円)     23,807,579       22,928,152       29,183,035       28,682,888       25,910,935

    1株当たり純資産額            (円)       270.85       211.38       223.85       198.66       150.34

    1株当たり配当額
                         4.0       4.0       4.0       4.0        ―
    (うち1株当たり            (円)
                         ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
    中間配当額)
    1株当たり当期純利益
    又は1株当たり当期純            (円)      △ 22.10      △ 58.42        1.43      △ 18.12      △ 43.68
    損失(△)
    潜在株式調整後1株
                 (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    当たり当期純利益
    自己資本比率            (%)        47.7       38.6       32.1       31.9       27.2
    自己資本利益率            (%)       △ 8.9      △ 24.2        0.7      △ 8.5      △ 24.9

    株価収益率            (倍)         ―       ―     255.25         ―       ―

    配当性向            (%)         ―       ―     279.72         ―       ―

    従業員数
                          41       45       51       71       69
                 (人)
    (外、平均臨時雇用者
                          ( 6 )      ( 5 )      ( 4 )      ( 4 )      ( 3 )
    数)
    株主総利回り            (%)        68.3       58.4       64.0       57.4       59.3
    (比較指標:配当込み
                 (%)       ( 95.0  )     ( 85.9  )    ( 122.2   )    ( 124.6   )    ( 131.8   )
    TOPIX)
    最高株価            (円)        625       431       390       410       359
    最低株価            (円)        270       303       290       298       312

     (注)   1.第13期、第14期、第16期及び第17期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在す
         るものの1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
       2.第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在してい
         ないため記載しておりません。
       3.第13期、第14期、第16期及び第17期の株価収益率、第13期、第14期、第16期及び第17期の配当性向について
         は、当期純損失が計上されているため記載しておりません。
       4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第16期の期首から適用してお
         り、第16期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
         す。
       5.第16期まで、株主総利回りの比較指標にJASDAQ                        INDEXを用いておりましたが、2022年4月4日の東京証券取
         引所の市場再編に伴い廃止されました。
         このため、第17期から比較指標を、継続して比較することが可能な配当込みTOPIXに変更しております。
       6.最高株価及び最低株価は、2022年4月4日以降は東京証券取引所スタンダート市場、2022年4月3日以前は
         東京証券取引所JASDAQ(スタンダート)におけるものであります。
                                  3/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
     1995年9月       飲食店舗運営会社「株式会社プライム・リンク」設立

     1998年5月       炭火焼肉酒家「牛角」のフランチャイズ加盟店として加盟店事業の展開を開始
     1999年12月       炭火焼肉酒家「牛角」のエリアフランチャイズ本部の権利を取得し、エリアフランチャイズ本部事
            業の展開を開始
     2000年9月       釜めしと串焼「とりでん」のエリアフランチャイズ本部の権利を取得し、加盟店事業及びエリアフ
            ランチャイズ本部事業の展開を開始
     2001年11月       大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現:東京証券取引所スタンダード市場)に株式を上場
     2006年10月       釜めしと串焼「とりでん」の特定地域における総本部運営を開始
     2007年1月       「株式会社プライム・リンク」から株式移転により「株式会社アスラポート・ダイニング」設立
            「株式会社アスラポート・ダイニング」が大阪証券取引所ヘラクレス・スタンダード市場(現:東
            京証券取引所スタンダード市場)に株式を上場
            「株式会社プライム・リンク」を連結子会社化
     2007年8月       「株式会社とり鉄」を連結子会社化
     2009年3月       「HSIグローバル株式会社」を引受先に第三者割当増資を実施
     2013年9月       「株式会社弘乳舎」を連結子会社化
     2014年9月       「レゾナンスダイニング株式会社」を連結子会社化
     2014年10月       英国法人「T&S        Enterprises      (London)     Limited」「S.K.Y.         Enterprise      UK  Limited」及び「Sushi
            Bar  Atari-Ya     Limited」の株式を取得し、持分法適用会社(2015年5月、追加取得し、連結子会社
            化)
     2015年3月       「TACO    BELL   RESTAURANTS      ASIA   PTE,LTD」との間で日本国内での出店を目的としたフランチャイズ
            契約を締結し、「Taco           Bell」事業を開始
     2015年4月       「茨城乳業株式会社」を連結子会社化
     2015年8月       「株式会社TOMONIゆめ牧舎」を連結子会社化(株式会社弘乳舎の子会社)
     2015年10月       「九州乳業株式会社」を連結子会社化
     2016年3月       米国法人「Pacific         Paradise     Foods,Inc.」の株式を取得及び第三者割当増資を実施し、連結子会社
            化
     2016年11月       「株式会社ドリームコーポレーション」の株式を取得及び第三者割当増資を実施し、連結子会社化
     2017年4月       「株式会社とり鉄」が「株式会社プライム・リンク」「レゾナンスダイニング株式会社」及び「株
            式会社どさん子」を吸収合併、「株式会社アスラポート」に商号変更
            英国及びEU圏の事業統括のため「Atariya                   Foods   Limited」を設立、連結子会社化
     2017年8月       「株式会社モミアンドトイ・エンターテイメント」を連結子会社化
     2017年10月       「株式会社菊家」を連結子会社化(九州乳業株式会社の子会社)
     2017年12月       「Atari-Ya      shops」事業(小売事業)を譲り受けた英国法人「Atariya                               Foods   Retail(UK)
            Limited」を連結子会社化(Atariya                 Foods   Limitedの子会社)
     2018年6月       「株式会社ジェイアンドジェイ」から海鮮居酒屋事業を譲り受けた「株式会社十徳」を連結子会化
            (株式会社アスラポートの子会社)
            「Taco    Bell」事業の運営を行うため「株式会社TBジャパン」を設立、連結子会社化
     2018年7月       「株式会社ドリームコーポレーション」が「株式会社モミアンドトイ・エンターテイメント」及び
            「株式会社フードスタンドインターナショナル」を吸収合併、「株式会社アルテゴ」に商号変更
     2018年8月       「盛田株式会社」「株式会社アルカン」「東洋商事株式会社」などを傘下に持つ「ジャパン・フー
            ド&リカー・アライアンス株式会社」の株式を追加取得し、連結子会社化
            「株式会社アスラポート・ダイニング」から「株式会社JFLAホールディングス」に商号変更
     2020年3月       炭火焼肉酒家「牛角」の直営事業及びフランチャイズ事業を譲渡
     2020年4月       「モリヨシ株式会社」を連結子会社化(東洋商事株式会社の子会社)
     2021年4月       「ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社」を「株式会社JFLAホールディングス」へ吸
            収合併
     2021年7月       鶏業態居酒屋「とり鉄」「とりでん」を小僧寿しに移管
     2022年4月       東京証券取引所の市場区分見直しによりJASDAQ(スタンダード)からスタンダード市場へ移
            行
     2022年7月       「株式会社アスラポート」の「どさん子ラーメン」など販売事業を譲渡
     2022年10月       「株式会社TBジャパン」の「Taco                Bell」事業を譲渡
     2023年1月       「富士高砂酒造株式会社」など酒造会社10社を譲渡
     2023年2月       「株式会社TOMONIゆめ牧舎」を譲渡
     2023年5月       「東洋商事株式会社」を譲渡
                                  4/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】

      当社グループは「食を通じた新たな価値の創造と提供」をミッションに、「新たな価値を生み出すブランド創
     出」、「新たな価値を提供する多様な販売手法の構築」、「新たな価値を支える経営基盤の確立と持続的成長」とい
     う3つの中長期戦略を実行しております。戦略に紐づく各課題へ積極的に取り組み、国内外において、生産・流通・
     販売の3機能が相互に価値を発揮する事業ポートフォリオの構築に努めてまいりました。
      当社グループは、生産事業、流通事業及び販売(外食)事業を展開しております。
      生産事業では、牛乳、脱脂粉乳、ヨーグルトなどの乳製品の製造販売及びしょうゆ、みそなど発酵調味料や日本
     酒、焼酎などの調味料・酒類の製造販売事業を行っております。
      流通事業では、欧州を中心として世界各国から輸入した食品類・酒類を国内において販売する事業や国内業務用総
     合食品類・酒類卸売事業を行っております。また、米国及び欧州において、食品の加工卸及び食材の輸出入事業を
     行っております。
      販売事業では、フランチャイズ加盟店として飲食店の経営、連結子会社が開発した飲食業態について、フランチャ
     イズ本部の運営及び直営店の経営も行っております。海外においては、英国における和食材関連スーパー運営事業等
     を行っております。
      当社は、当社グループの経営戦略、管理及びそれらに付帯する業務を行うとともに、外食店舗に対するマーチャン
     ダイジング事業を行っております。当社グループが営んでいる主な事業内容と当社グループを構成する各社の当該事
     業における位置づけは次のとおりであります。
     (1)  生産事業        乳業部門においては、株式会社弘乳舎は、余剰乳の加工受託事業及び各種乳製品の製造販売事

              業を行っております。九州乳業株式会社及び茨城乳業株式会社は、乳製品の製造及び販売を行っ
              ております。一方で、食品類・酒類部門においては、盛田株式会社や菓子等の製造販売を行う株
              式会社菊家などで構成されております。
     (2)  流通事業        国内においては、輸入食品類・酒類販売事業の株式会社アルカン、東栄貿易株式会社などを
              展開しております。海外においては、英国法人T&S                        Enterprises      (London)     Limitedは、英国の
              高級和食レストランなどに食材を卸しており、オランダのグループ会社とともに欧州全域に販
              路を拡大しようとしております。これら欧州子会社は現在、欧州事業を統括するAtariya                                         Foods
              Limitedのもとで、共通する業務の統合化を図り効率化を進めております。また、米国法人
              Pacific    Paradise     Foods,    Inc.は、北米における和食材製造加工及び流通に係る分野を担当し
              ております。
                                  5/112









                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (3)  販売事業        当社及び連結子会社がフランチャイズ加盟店となり、店舗の運営を行っております。また、フ
              ランチャイズ本部として展開している飲食店の運営を行っております。
              会社名                          ブランド
                            「たこばやし」
                            「BAGEL    & BAGEL」
                            「BAGEL    & BAGEL   City」
                            「MOMI&TOY’S」
    株式会社アルテゴ
                            「DRUNK    BEARS」
                            「Crepes     Familia」
                            「瑪蜜黛(モミトイ)」
                            「ESTADIO」
                            「お菓子の菊家」
    株式会社菊家                       「由布院 花麹菊家」
                            「シャンテ・ドール」
                            「さかな市場」
                            「十徳や」
    株式会社十徳                       「魚○鶏吉」
                            「親どりバカ一代」
                            「魚粋」
    Atariya    Foods   Retail(UK)      Limited           「Atari-Ya      shop」
                「食」を通じて健康増進や豊かな生活を実現する事業として、                             ウェルエイジング事業等

     (4)  その他事業
               を行っております。
                                  6/112












                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       事業系統図は、次のとおりであります。
                                  7/112




















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                    議決権の所有
                                    割合又は被所
                          資本金    主要な事業
          名称           住所                           関係内容
                          (千円)      の内容
                                     有割合
                                      (%)
    (連結子会社)
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                          役員の兼務
                                     (所有)
    九州乳業株式会社                                      債務保証
                   大分県大分市         10,000     生産
                                     直接    95.7
    (注)4                                      債務被保証
                                          資金の借入
                                          担保の受入
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                          役員の兼務
                                     (所有)
                                          担保の受入
    株式会社弘乳舎              熊本県熊本市        100,000     生産
                                     直接    93.4
                                          債務被保証
                                          債務保証
                                          資金の借入
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                     (所有)
                                          役員の兼務
                                     直接    70.0
    茨城乳業株式会社              茨城県石岡市         30,000     生産
                                          債務保証
                                     間接     2.8
                                          資金の借入
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                          役員の兼務
                                     (所有)
    盛田株式会社              愛知県                       債務被保証
                           100,000     生産
                                     直接  100.0
    (注)2(注)4              名古屋市                       債務保証
                                          担保の受入
                                          資金の貸付
                         33,223,616            (所有)
    大連丸金食品有限公司
                   中国大連市             生産          役員の兼務
                                     間接  100.0
    (注)2
                           人民元
                                     (所有)
    モリヨシ株式会社              群馬県邑楽郡         40,000     生産          役員の兼務
                                     間接  100.0
                                          役員の兼務
                                     (所有)
    株式会社ハイピース              福井県丹生郡         1,000    生産          債務被保証
                                     間接    95.7
                                          担保の受入
                                          役員の兼務
                                     (所有)
    株式会社栄喜堂              埼玉県入間郡          50   生産          債務被保証
                                     直接  100.0
                                          担保の受入
                                     (所有)
                                          役員の兼務
    株式会社LCAD              東京都中央区         4,500    生産
                                     間接    98.8
                                          債務被保証
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                          役員の兼務
                                     (所有)
    株式会社アルカン
                   東京都中央区        470,150     流通          資金の貸付
                                     直接    66.5
    (注)2(注)4
                                          資金の借入
                                          債務被保証
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                     (所有)
    東洋商事株式会社                                      役員の兼務
                   東京都中央区         10,000     流通
                                     直接  100.0
    (注)2                                      資金の借入
                                          債務被保証
    Atariya   Foods   Limited                           (所有)
                   英国イーストサ       8,270,991                役員の兼務
                                流通
                                     直接  100.0
                   セックス州         ポンド               資金の貸付
    (注)2
    T&S   Enterprises       (London)             1,000          (所有)
                   英国ロンドン市             流通          役員の兼務
                                     間接  100.0
    Limited                       ポンド
                   米国カリフォ
                                     (所有)
                           550,000
    Pacific   Paradise    Foods,   Inc.    ルニア州
                                流通          役員の兼務
                                     直接  100.0
                           米ドル
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                    (所有)
    株式会社アスラポート                                      役員の兼務
                   東京都中央区        100,000     販売
                                     直接    98.8
    (注)2                                      債務被保証
                                          資金の借入
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                    (所有)
    株式会社アルテゴ               東京都中央区        100,000     販売          役員の兼務
                                     直接    96.1
                                          債務保証
                                          経営管理に関するサービスの提供
                                    (所有)
                                          役員の兼務
    株式会社菊家               大分県由布市        80,000     販売
                                     間接    59.8
                                          資金の借入
                                          債務保証
                                    (所有)
    株式会社十徳                                      役員の兼務
                   熊本県熊本市         1,269    販売
                                     間接    98.8
    (注)3                                      債務保証
                                    (所有)
                  米国カリフォル         10,000               役員の兼務
    Asraport    Dining   USA
                                販売
                                     直接  100.0
                    ニア州       米ドル               資金の貸付
    その他19社
    (持分法適用関連会社)
                                    (所有)
    小手川酒造株式会社               大分県臼杵市        14,000     生産          ―
                                     間接    50.0
    その他2社
    (その他の関係会社)
                               投資有価
                                    (被所有)
                                          役員の兼務
    HSIグローバル株式会社               東京都中央区          500   証券等へ
                                     直接    23.7
                                          資金の貸付
                                の投資
                                  8/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (注)   1.「主要な事業の内容」欄にはセグメントの名称を記載しております。
       2.特定子会社に該当しております。
       3.債務超過会社であり、債務超過の額は2023年3月末時点で2,548,595千円となっております。
       4.九州乳業株式会社、盛田株式会社及び株式会社アルカンについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高
         を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
         主要な損益情報等(2023年3月期)                                          (単位:千円)

                      九州乳業株式会社            盛田株式会社          株式会社アルカン
          (1)  売上高
                          17,019,479           12,380,420            8,878,597
          (2)  経常損益                          △  244,050
                            18,608                      183,572
          (3)  当期純損益
                           △42,159          △1,530,947             147,985
          (4)  純資産額
                           1,687,951           5,382,788           2,341,444
          (5)  総資産額
                           8,635,114           12,470,344            4,608,605
    5  【従業員の状況】

     (1)  連結会社の状況
                                               2023年3月31日       現在
             セグメントの名称                           従業員数(人)
    生産                                             1,062     ( 315  )

    流通                                              307    ( 42 )

    販売                                              425    ( 550  )

     報告セグメント計                                             1,794     ( 907  )

    その他                                               8    ( 2 )

    全社(共通)                                              58    ( 2 )

                合計                                 1,860     ( 911  )

     (注)   1.従業員数は、就業人員(契約社員を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、派遣社員を含む。)
         は、( )内に年間平均雇用人員(1日8時間換算)を外数で記載しております。
       2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
         ものであります。
                                  9/112









                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の状況
                                               2023年3月31日       現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
            69  ( 3 )             45.8              7.8          5,554,782

             セグメントの名称                           従業員数(人)

    生産                                              ―    ( ―)

    流通                                              ―    ( ―)

    販売                                              11    ( 1 )

     報告セグメント計                                              11    ( 1 )

    その他                                              ―    ( ―)

    全社(共通)                                              58    ( 2 )

                合計                                   69    ( 3 )

     (注)   1.従業員数は、就業人員(契約社員を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、派遣社員を含む。)
         は、( )内に年間平均雇用人員(1日8時間換算)を外数で記載しております。
       2.平均年間給与は、基準外賃金を含んでおります。
       3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
         ものであります。
     (3)  女性活躍推進に関する状況

                                               2023年3月31日       現在
                                    男女間賃金格差(%)(注1、注2)
                       男性の育児休業
              女性管理職比率
                        取得率(%)
                (%)
                                 ⅰ)無期契約          ⅱ)有期契約
                         (注3)
                                                  ⅲ)全従業員
                                   従  業  員     従  業  員
    盛田株式会社               6.9          100        73.3        61.1         71.4
     (注)   1.原籍人数ベースで集計しております。
       2.「源泉徴収票」の給与・手当・賞与を含めた一人当たり総支給額を男女別に算出し、男性を100とした女性
         賃金割合を示しております。管理職比率など男女間に差異があることで1名当たり賃金に差が出ております
         が、賃金制度・体系において性別による処遇差は一切ありません。
       3.育児休業取得対象者は2名となっております。
     (4)  労働組合の状況

       株式会社弘乳舎において、弘乳舎労働組合が、九州乳業株式会社において、大分県酪九州乳業労働組合が、茨城
      乳業株式会社において、茨城乳業労働組合が、株式会社十徳において、十徳労働組合が、それぞれ結成されており
      ます。盛田株式会社の労働組合は、上部団体として日本食品産業労働組合連合会に加盟し、株式会社栄喜堂の労働
      組合は日本食品関連産業労働組合総連合会(フード連合)に加盟しております。
       なお、労使関係については良好であります。提出会社及びその他の子会社においては、労働組合は結成されてお
      りませんが、労使関係は良好に推移しております。
                                 10/112






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針(経営方針)

       当社グループは「食を通じた新たな価値の創造と提供」をミッションに、「新たな価値を生み出すブランド創
      出」、「新たな価値を提供する多様な販売手法の構築」、「新たな価値を支える経営基盤の確立と持続的成長」と
      いう3つの中長期戦略を実行しております。戦略に紐づく各課題へ積極的に取り組み、生産・流通・販売の3機能
      が相互に価値を発揮する事業ポートフォリオの構築に努めております。
     (2)  グループ方針

      ①  持続的成長モデルの確立
      ・消費者のライフスタイルの変化に応える商品・サービスの提供
      ・デジタルトランスフォーメーション(DX)による生産・流通・販売機能の競争力強化
      ・製販一体型モデルの深化による事業の生産性と収益性の向上
      ・「食」を通じて健康増進や豊かな生活を実現する新規事業(ウエルエイジング事業)の推進
      ②  事業リスクの耐性強化
      ・安定的な生産と供給を確保する様々なリスクへの耐性強化
      ・グループ会社の収益率基準の設定
      ・財務体質の強化(フリーCFの黒字化と負債比率の低減)
      ③  当社が目指すSDGsの実現
      ・乳業や醸造工場で排出されるCO2削減による環境保全や地域貢献の実現
      ・生産及び販売部門で発生するフードロスや食材廃棄の低減
      ・グループ各社における障がい者雇用や人材の多様化を推進
     (3)  部門別の重点目標

      ①  生産部門
       (乳業事業)
      ・ノンデイリーと機能性飲料の開発強化による商品ポートフォリオの拡充と収益性向上
      ・設備投資と人員体制の増強による生産性の向上
      (醸造事業)
      ・醸造技術を生かし付加価値の高い機能性飲料や調味料の開発強化
      ・海外市場向け商品開発を強化し輸出比率を高める
      ②  流通部門
      ・ブランド・商品ポートフォリオ戦略:消費者のライフスタイルやニーズに適ったブランド・商品ポートフォリオ
       の拡充
      ・ソリューション機能強化:取引先の課題解決と新たな価値創造の実現
      ・デジタルマーケティングの強化:電子取引、通販等のデジタルマーケティングの強化 
      ③  販売部門
      ・ブランド・商品ポートフォリオ戦略:高付加価値を有するブランドを中心に事業ポートフォリオの再構築
      ・製販一体型モデルの推進:優良ブランドの料飲から小売商品に至るトータル展開を推進
                                 11/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (4)  経営環境及び対処すべき課題
       当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症による影響を受けながらも3月にはマスク
      着用義務も緩和されるなど、社会経済活動の制限が緩和され正常化が進んでおりましたが、ウクライナ情勢の緊迫
      化、原材料価格やエネルギー価格の高騰、急激な円安進行等の影響により、依然として先行き不透明で厳しい経営
      環境が続いております。
       当社グループは、新しい経営方針である「新たな価値を創造し、提供するグローバル食品・飲料メーカーへ」の
      実現のため、「新たな価値を生み出すブランド創出」、「新たな価値を提供する多様な販売手法の構築」「新たな
      価値を支える経営基盤の確立と持続的な成長」の3つの戦略を遂行するにあたり対処すべき課題は以下の通りと考
      えております。
      ①  最適な事業ポートフォリオの構築
       当社及び当社グループは新たな成長に向けた事業体制を整えております。当計画のテーマである「新たな価値を
      創造し、提供するグローバル食品・飲料メーカーへ」の実現のために、機動的なアライアンスや事業再編の実施を
      通して最適な事業ポートフォリオの構築を進めてまいります。
      ②  経営基盤の強化
       当社グループの更なる事業拡大及び持続的な成長を遂げていくためには、最適な事業ポートフォリオの構築に加
      え、財務健全性向上の観点から適正な自己資本比率や資本効率の向上等の取り組みにより経営基盤の強化を図って
      いくことが必要であると認識しております。
      ③  既存事業の深化と転換
       新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、当社グループを取り巻く事業環境は急速な変化を遂げる中、この
      ような環境下で持続的な成長を遂げていくために、当社の中核事業である生産事業では、強みである発酵・醸造技
      術を活かした高付加価値の機能性飲料・食品の開発並びに製造販売に注力してまいります。流通事業では、Eコ
      マースやセールスドライバーの強化によるD2C機能の強化や欧州を中心とした海外パートナー企業との国内市場
      ニーズに呼応・合致した商品共同開発などに注力してまいります。販売事業では、販売機能を有し一定の知名度が
      あるブランドの強化をする一方で、既存の来店型外食事業は縮小し、デリバリー・テイクアウト複合型事業モデル
      の推進やオンライン販売やクラウドキッチンの整備と構築などにより、商品開発と生産機能を有する販売事業への
      再編を進めてまいります。
      ④  新規事業の創出と既存事業との融合
       当社グループは、2021年1月から健康増進に関する新規事業「ウェルエイジング事業」を開始しております。パ
      フォーマンス向上を目的とした事業に当社の強みである発酵・醸造技術を活かした高付加価値の機能性飲料・食品
      の開発との融合により競争優位性が発揮できる独自のポジションを確立してまいります。
      ⑤  コーポレート・ガバナンス体制の強化
       当社グループの持続的な成長及び企業価値向上を実現するために、コーポレート・ガバナンス体制の強化が重要
      であると認識しております。経営の透明性及び健全性確保の観点から、リスク管理の整備やグループ全体の横断的
      なコンプライアンス体制による法令遵守の徹底に努め、コーポレート・ガバナンス体制の強化に取り組んでまいり
      ます。
      ⑥  財務上の課題
       当連結会計年度末における有利子負債は19,435百万円(前連結会計年度末比3,995百万円減少)となっておりま
      す。また、主要な財務指標は、自己資本比率11.6%となっております。利益構造への改革を行っており、目標とす
      る経営指標や中長期的な会社の経営戦略を踏まえ、今後も従来以上に有利子負債削減と財務指標に重点を置いた事
      業運営を行ってまいります。
                                 12/112






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    2  【サステナビリティに関する考え方及び取組】
       当社グループのサステナビリティに関する考え方及び取組は次の通りであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  ガバナンス

       当社グループは、サステナビリティを巡る課題について、企業の社会的責任(CSR)を果たすことと捉えて対応し
      ており、「食の魅力を世界に伝え、お客様に安心と笑顔をお届けする」を企業理念の下、その実現に向けて、SDG’
      sや食の安全への取り組みを行っております。具体的には、CO2排出量及び廃棄物の削減、節水を全社で取組強化、
      国際標準モデル「ISO9001」の認証取得、工場において排出されるしょうゆ粕を新たな電力へと転換し重油使用量の
      削減を図るなどの施策に取り組んでおります。当社のCSR活動(SDG's)については、当社ウェブサイトにおいて開
      示しております。
     (2)  戦略

       当社グループはグル-プ社員の人材成長・育成をメインとした人材戦略を進めており、グル-プ社員の能力向上
      や育成に対して積極的な投資を行っており、社内外の研修受講等により人的資源の能力向上を図っております。
       また、知的財産においては、食と健康に貢献することの実現に向けて研究開発・技術開発を推進しております。
      新商品等開発において、いままで長年培ってきた開発ノウハウを活かし、「生産効率・品質の向上、環境への配
      慮、健康増進」に加え、知的財産の創出と活用を組み合わせることにより、当社グループの技術向上を図っており
      ます。
     (3)  リスク管理

       コンプライアンス体制については、「コンプライアンス規程」及び「コンプライアンス委員会規程」を制定し、
      コンプライアンス担当取締役を委員長としたコンプライアンス委員会の定期的な開催とともに、全役員・全従業員
      への研修等による意識の醸成や内部通報窓口(社内・社外)の設置によるコンプライアンス違反の防止・早期発
      見・是正などの施策を行っております。
       リスク管理体制については、代表取締役社長を委員長として、当社及び各グループ子会社らの人員で構成するリ
      スクマネジメント委員会を設置し、リスク事案に対する迅速な対応と情報共有を行う体制を整えております。リス
      クマネジメント委員会は、会社に不利益を生じさせ、企業目的の達成を阻むすべての可能性・情報収集・確認・分
      析し、その対策実施の指示を行う機能を有しており、さらに当該対策の実施状況・有効性についての監視も行いま
      す。
       これらの活動に加え、グループ経営戦略会議においても各社が情報共有を密にし、グループを挙げてコンプライ
      アンス及びリスク管理に関して迅速に対応する体制をとっております。
     (4)  指標及び目標

       当社は、中核人材の多様性を確保することは中長期的な企業価値の向上に向けた人材戦略において重要であると
      認識しており、育児休暇・育児短時間勤務・介護休暇等の制度を導入し、働きやすい環境を整え、多様な人材がそ
      の能力を発揮できる職場環境の確保に務めております。
       組織における多様性の確保のため女性・外国人・中途採用者の管理職への登用等を進めるとともに、今後大きく
      変わりつつある生活シ-ンを見据えての事業展開において、女性視点での事業模索から経営視点を変える事も目標
      としており、女性管理職の登用を更に積極的に推進し、現在8.6%である女性管理職割合比率を、具体的な目標値と
      して「女性管理職割合比率12%」を目指します。管理職への登用にあたっては、意欲と能力のある従業員が平等に機
      会を得られるような人事評価制度とキャリアプランを整備しております。今後も、キャリアアップを目指す人材を
      育成し、適正のある人材を管理職として登用していく方針であります。
       また、当社グループでは、「持続可能な社会」を実現するためにSDGsにおける様々な取り組みを行っており、環
      境保全への取り組みについても重要な取り組みであると認識しております。
       当社グループの盛田株式会社では産業ごみの再利用、エネルギー化に取り組んでおります。
       小豆島工場では年間約30,000klのしょうゆが生産されており、それに伴ってしょうゆのもろみ圧搾後に、しょう
      ゆ粕が約2,800トンが排出されます。この、しょうゆ粕を新たなエネルギーに変換し、製造工程に再利用することに
      より、CO2排出量を年間約860t削減しております。
       主な取り組みとして、「設備投資により生産性と品質の向上」「工場LED照明化の検討」などを計画しており、更
      なるCO2排出量削減に取り組んでおります。
                                 13/112

                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                 14/112





















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営
      成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のと
      おりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものでありま
      す。
     (1)  新型コロナウイルス感染症等の異常事態リスク

       当社グループは、国内外において外食店舗や生産工場などの複数の事業拠点や物流施設等を使用し事業運営をし
      ております。新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックや大規模な自然災害等の異常事態が当社の想定を超
      える規模で発生し、事業運営が困難になった場合、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を与える可
      能性があります。
       当社グループの販売事業では、回復が見込めない直営店舗の撤退を進めるほかに、お客様の生活様式の変化に対
      応するため、デリバリーサービスの導入を進めるなどの対策に着手しております。流通・海外事業では、欧州地域
      の不採算事業の撤退を行うことで経営資源の有効活用を行っております。
     (2)  投融資回収のリスク

       当社グループは、今後の事業拡大及び収益力向上のため、企業の買収や子会社設立、アライアンスを目的とした
      事業投資等を実施する場合があります。当社グループは、投融資案件に対しリスク及び回収可能性を十分に事前評
      価し、投融資を行っておりますが、投融資先の事業の状況が当社グループに与える影響を確実に予測することは困
      難な場合があり、投融資先の事業が計画通りに進展しない場合や、効率的な経営資源の活用を行うことができな
      かった場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループは、今
      後もシナジーを最大限に活用し、グループ全体の企業価値向上を目指してまいりますが、事業展開が計画通りに進
      まないことに伴う収益性の低下や時価の下落等に伴い、資産価値が低下した場合は、減損損失の発生や売却等での
      売却損により、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
     (3)  景気の下振れによる不況リスク

       日本における将来の景気減退又は経済減速等の経済不振は、当社グループが事業展開する乳製品や調味料などの
      商品・外食サービスに対する購買力や需要に影響を与える可能性があります。現在、新型コロナウイルス感染症の
      拡大  やウクライナ情勢による原材料・燃料等の高騰                      により、一時的に景気の後退に至っておりますが、今後も、
      様々な外的要因により、景気の下振れによる不況に陥った場合、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影
      響を与える可能性があります。当社グループは、各種のコスト削減策を実施することにより収益基盤を強化してお
      ります。
     (4)  自然災害に係るリスク

       当社グループ子会社の運営する外食チェーン店舗(販売事業)及び工場(生産事業)が、日本国内はもとより海
      外にも点在しており、これらが台風・地震・疫病などの自然災害にさらされる可能性があります。これらの災害に
      見舞われた場合は、店舗の休業や閉店を余儀なくされるため、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与え
      る可能性があります。
     (5)海外事業に係るリスク

       当社グループでは、欧州地域(英国、オランダ、フランス、ドイツ)や米国を中心に事業展開を行っておりま
      す。  ウクライナ情勢等の紛争、            政治的変動や為替相場変動のほか、各国の制度・習慣・宗教の違いなどにより、予
      期しえない事象が発生した場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
     (6)  原材料の調達に係るリスク

       販売事業におきましては、当社が運営する外食チェーン店で使用する原材料は、大部分が農業生産物であり、そ
      の種類も多種多様にわたります。そのため天候不順や食用家畜に対する伝染病の流行などが、原材料調達を困難に
      する可能性があります。また、政府による緊急輸入制限措置(セーフガード)の発動など、需給関係の変動を伴う
      事態が生じる可能性があります。流通事業及び生産事業におきましては、原材料及び商品の多くを海外から調達し
      ております。そのため、調達国における紛争、需給状況の変化や法律及び規制の変更、社会的混乱等により、調達
                                 15/112

                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      コストの上昇や供給不足となる可能性があります。また、当社グループが調達する主要原材料や重油等のエネル
      ギー資源は、その価格が市況により変動する可能性があります。これらの結果当社グループの経営成績及び財政状
      態 に影響を与える可能性があります。
     (7)  食材の安全及び衛生管理に係るリスク

       異物混入、伝染病(BSEや鳥インフルエンザ等)及び食品偽装問題など、食の安全に対する社会の関心が高
      まっております。当社が事業を継続するためには、安全・安心な食材を確保する努力が求められています。しか
      し、何らかの要因により食品事故等が発生した場合、当社のブランド・イメージが低下するほか損害賠償を求めら
      れることがあり得ます。このような事情が当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がありま
      す。
     (8)  出店政策に係るリスク

       販売事業におきましては、商圏調査や賃料、投資後のシミュレーションなどを綿密に行った上で採算性を重視し
      ながら出店を行っておりますが、景気動向や消費者のし好の変化などにより店舗が不採算化する可能性があり、こ
      れが当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
     (9)  法的規制に係るリスク

       当社ブランドで運営する店舗は、食品衛生法の規定に基づき、所管保健所の飲食店営業許可を取得しておりま
      す。万が一食品中毒等の事故を起こした場合、食品等の廃棄処分、営業許可の取消、営業の禁止、もしくは一定期
      間の営業停止処分などの処分を受けることがありうるほか、被害者からの損害賠償請求を求められる可能性があり
      ます。その結果、当社グループ全体の信用を毀損することになり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を
      与える可能があります。
    (10)   人材確保に係るリスク

       当社グループでは今後の業容拡大に伴う適切な人材確保が必要であると考えております。一方で少子高齢化社会
      の進行に伴い、人材の確保が困難となる場合や、人材の育成が順調に進まない場合、当社グループの経営成績及び
      財政状態に影響を与える可能性があります。
    (11)   製造技術の継承と技術者の育成

       当社グループの基本理念の一つである「日本の伝統的で良質な食生活や食文化を守り、次世代に伝えていく」と
      いう考えのもと、醤油、味噌、漬物及び清酒等の伝統食品の製造技術を継承すべく、後継者となり得る技術者の育
      成を行っておりますが、人材不足等により継承が円滑にできない場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影
      響を与える可能性があります。
    (12)   新商品開発

       食品業界における商品開発は非常に競争が激しく、同一カテゴリーにおいて類似した後発商品の相次ぐ発売や価
      格訴求等により、当社グループ商品の優位性が短期間で失われる可能性があります。また、開発した新商品が市場
      において一定の評価を得られない場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がありま
      す。
    (13)   個人情報の管理に係るリスク

       当社グループでは、顧客からのアンケート情報や住所等の情報を収集し、顧客満足度の把握及びサービスの向上
      に努めており、これら個人情報とマーケティング活用し、出店につなげております。個人情報の管理には万全を期
      しておりますが、何らかの理由で個人情報が外部に漏えいした場合には、損害賠償の発生や社会的信用の低下によ
      り、当社グル―プの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
    (14)   継続企業の前提に関する重要事象等

       当社グループは、ウクライナ情勢の緊迫化、原材料価格やエネルギー価格の高騰、急激な円安進行等の影響を受
      けております。販売事業においては原材料や重油などの燃料費の上昇などの影響を受けており、生産事業において
      も大豆などの原料や重油などの燃料費の上昇の影響を受け、流通事業においては、為替が円安に大きく振れたこと
      で輸入品の仕入コストの上昇などの影響の結果、継続して3期連続の営業損失を計上しております。これらの状況
                                 16/112

                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      から、当連結会計年度末において、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる状況が存在しております。
       当社グループはこのような状況を解消すべく、2022年5月13日に公表いたしました経営改善計画に基づき、赤字
      継続事業の撤退・売却を可及的速やかに実施すべく、株式会社アスラポートの一部販売事業、株式会社TBジャパン
      のタコベル運営事業、酒造会社、株式会社TOMONIゆめ牧舎及び東洋商事株式会社を売却し損益の安定化に努めてお
      ります。また流通・生産事業では為替相場・原材料・燃料価格の高騰による影響を吸収する値上げ等の対策、更に
      はグループ内の事業再編を通じた固定費削減等の施策の実施により、営業黒字の回復に取り組んでおります。
       今後の資金面においては、事業売却代金を資金繰りに充当することに加えて、当事業年度に新株予約権の権利行
      使が行われ236百万円を調達しており、引き続き、新株予約権の行使促進による資金調達を行ってまいります。ま
      た、金融機関による支払条件変更の同意を得ており、必要に応じた資金支援を含む協力体制を維持してまいりま
      す。
       以上のことから、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しております。
    4  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ①  財政状態及び経営成績

       当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症による影響を受けながらも3月にはマスク
      着用義務も緩和されるなど、社会経済活動の制限が緩和され正常化が進んでおりましたが、ウクライナ情勢の緊迫
      化、原材料価格やエネルギー価格の高騰、急激な円安進行等の影響により、依然として先行き不透明で厳しい経営
      環境が続きました。
       当社グループの属する飲食業界につきましては、ワクチン接種等の対策が進みましたが、新たな変異株の出現な
      どによるコロナ禍の影響を受けやすい業界であり、年間を通じて厳しい業況となりました。流通業界につきまして
      は、資源価格の高騰やインフレ率の上昇、ウクライナ情勢の緊迫、欧米における金利上昇、円安等の影響を大きく
      受けており、食料品・酒類を製造する業界におきましても、原材料・エネルギー価格及び物流費の上昇など、経営
      環境は依然として厳しい状況となりました。
       当社グループは、「食を通じた新たな価値の創造と提供」をミッションに、「新たな価値を生み出すブランド創
      出」、「新たな価値を提供する多様な販売手法の構築」、「新たな価値を支える経営基盤の確立と持続的な成長」
      という3つの中長期戦略に取り組んでおります。
       このような状況の中、事業ポートフォリオの再構築として、生産事業への経営資源の集中や販売事業における製
      販一体型事業への移行等を進めてまいりました。また、並行して2022年5月13日に公表いたしました経営改善計画
      に基づき収益改善に努め、販売事業部門では不採算継続事業の撤退・売却、生産事業部門では穀物価格やエネル
      ギーの価格変動リスクを吸収する値上げ等の対策、流通事業部門では円安の影響を改善するための売価調整、そし
      て本社部門では固定費削減等に取り組みました。
       その結果、当連結会計年度の売上高76,713百万円(前年同期比9.0%増)、営業損失は400百万円(前年同期は営
      業損失791百万円)、経常損失は750百万円(前年同期は経常損失827百万円)となり収益改善が進みました。親会
      社株主に帰属する当期純損失は、2,197百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失1,884百万円)となり
      ました。主な理由としましては、投資有価証券売却益374百万円の計上があった一方で、関係会社株式売却損970百
      万円、事業構造改善費用318百万円の計上などによるものであります。
       セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。
                                 17/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       (生産事業)
        生産事業におきましては、各社とも原材料価格やエネルギー価格の高騰によりコストが前年より大幅に増加し
       ました。このような状況の中、株式会社弘乳舎はアイスクリーム、バターの売上増加により引き続き増収したも
       のの減益となりました。九州乳業株式会社は豆乳、ヨーグルトの拡販、値上げ効果により増収したものの減益と
       なりました。茨城乳業株式会社は価格改定後も販売数量が減少することなく好調に推移する等、前期同様の利益
       となりました。盛田株式会社は、価格改定、業務用商品の改善、メディアにおいて紹介されました「麻布十番三
       幸園   焼肉のたれ」が好調に推移し、増収増益となりました。2023年1月には酒造会社10社、2023年2月には株
       式会社TOMONIゆめ牧舎を譲渡いたしました。以上により、当連結会計年度における売上高は43,054百万円(前年
       同期比8.4%増)、営業利益は378百万円(前年同期比40.4%減)となりました。
       (流通事業)

        株式会社アルカンは、為替が円安に大きく振れたことで輸入品の仕入コストが増加しました。このような状況
       の中、価格転嫁の実施、新型コロナウイルス感染症対策の緩和により、既存顧客深耕や新規顧客開拓が順調に進
       み、ホテル・レストラン向けの業務用食材の売上が好調に推移し増収増益となりました。当連結会計年度におけ
       る売上高は20,300百万円(前年同期比19.4%増)、営業利益は314百万円(前年同期は営業損失156百万円)とな
       りました。
       (販売事業)

        販売事業につきましては、2022年7月に株式会社アスラポートの一部事業、2022年10月に株式会社TBジャパ
       ンのTaco     Bell運営事業を譲渡しましたが、新型コロナウイルス感染症による変異株の影響により各社厳しい経
       営状態が続きました。当連結会計年度における売上高は13,069百万円(前年同期比2.5%減)、営業利益は79百
       万円(前年同期は営業損失28百万円)となりました。
       (その他)

        ウェルエイジング事業や店舗開発事業により、当連結会計年度における売上高は288百万円(前年同期比
       14.3%増)、営業損失は52百万円(前年同期は営業損失77百万円)となりました。
      ②  キャッシュ・フローの状況

       当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ2,496百
      万円減少し2,048百万円となりました。当連結会計年度末の各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は、
      次のとおりとなりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果使用した資金は、728百万円となりました。これは、主に税金等調整前当期純損失△1,922百万
       円、減価償却費及びその他の償却費1,345百万円、のれん償却額569百万円、棚卸資産の増加額△783百万円など
       によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果使用した資金は、298百万円となりました。これは、主に有形固定資産の取得による支出△
       1,138百万円、有価証券及び投資有価証券の売却及び償還による収入664百万円などによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果使用した資金は、1,581百万円となりました。これは、主に短期借入金の純減額△701百万円、
       長期借入れによる収入1,745百万円、長期借入金の返済による支出△2,414百万円、社債の償還による支出△326
       百万円によるものであります。
                                 18/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       ③  生産、受注及び販売の状況
       a.生産実績
         当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   当連結会計年度
             セグメントの名称                     (自    2022年4月1日            前年同期比(%)
                                  至   2023年3月31日       )
    生産(千円)                                   34,116,436            112.2
    流通(千円)                                        ―          ―

    販売(千円)                                    1,559,999            116.2

     報告セグメント(千円)                                   35,676,436            112.3

    その他(千円)                                        ―          ―

              合計(千円)                          35,676,436            112.3

     (注)   1.金額は製造原価によっております。
       2.流通及びその他については、生産を行っておりませんので、記載しておりません。
       b.受注実績

         当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
      セグメントの名称             受注高(千円)          前年同期比(%)         受注残高(千円)           前年同期比(%)

    生産                   25,238,351           106.4           267,515         110.5

    流通                       ―        ―            ―        ―

    販売                       ―        ―            ―        ―

    その他                       ―        ―            ―        ―

         合計              25,238,351           106.4           267,515         110.5

     (注)   1.セグメント間の取引については、相殺消去しております。
       2.流通、販売及びその他については、受注活動を行っておりませんので、記載しておりません。
       c.販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   当連結会計年度

             セグメントの名称                     (自    2022年4月1日            前年同期比(%)
                                  至   2023年3月31日       )
    生産(千円)                                   43,054,771            108.4
    流通(千円)                                   20,300,763            119.4

    販売(千円)                                   13,069,723             97.5

     報告セグメント(千円)                                   76,425,257            109.0

    その他(千円)                                     288,528           114.3

              合計(千円)                          76,713,786            109.0

     (注)   1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
       2.生産セグメントにおける販売実績とは、株式会社弘乳舎における生産余剰乳の加工受託及び各種乳製品の製
         造販売及び茨城乳業株式会社、九州乳業株式会社における乳製品等の製造販売、盛田株式会社における調味
         料や酒類の製造販売による実績等であります。
       3.流通セグメントにおける販売実績とは、輸入食品類酒類販売や業務用国内食品類酒類卸売、英国等における
         食材の卸し、製造加工及び流通による販売実績等であります。
       4.販売セグメントにおける販売実績とは、当社グループ直営店における飲食販売実績、フランチャイジーより
         加盟契約時に受け取る加盟金、ロイヤリティ及び食材備品等の販売による実績等であります。
                                 19/112

                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       5.その他販売実績とは、店舗開発事業等の売上等に係る実績であります。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      ①  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
      ります。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び
      仮定を用いておりますが、これら見積り及び仮定に基づいた数値は実際の結果と異なる可能性があります。
       (固定資産の減損処理)

        固定資産の減損処理に際しては「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項
       (重要な会計上の見積り)」に記載しております。
      ②  当連結会計年度の経営成績の分析

       a.売上高は76,713百万円(前年同期比9.0%増)となりました。
       b.営業損失は400百万円(前年同期は営業損失791百万円)となりました。
       c.経常損失は750百万円(前年同期は経常損失827百万円)となりました。
       d.親会社株主に帰属する当期純損失は2,197百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失1,884百万円)
        となりました。
      ③  当連結会計年度の財政状態の分析

       当連結会計年度末の総資産は41,394百万円となり、前連結会計年度末に比べ7,057百万円減少いたしました。こ
      れは主に、固定資産が3,985百万円の減少したことによるものであります。
       総負債は、35,235百万円となり、前連結会計年度末に比べ4,933百万円減少いたしました。これは主に、流動負
      債が2,448百万円減少したことによるものであります。
       純資産は、親会社株主に帰属する当期純損失の計上等により、前連結会計年度末に比べ2,123百万円減少し、
      6,159百万円となっております。
      ④  財務及び資金の流動性について

       当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況については、「(1)経営成績等の状況の概要                                           ②キャッシュ・フ
      ローの状況」に記載のとおりです。
       当社グループの運転資金需要のうち主なものは、商品の仕入のほか、製造費用、販売費及び一般管理費等の営業
      費用であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資や中長期的な成長に必要な子会社株式の取得等によるも
      のであります。また、株主還元については、財務の健全性等に留意しつつ、配当政策に基づき実施してまいりま
      す。運転資金及び投資資金並びに株主還元等については、主として営業活動から得られるキャッシュ・フローを源
      泉とする内部資金又は金融機関からの借入や社債を基本としております。
      ⑤  経営成績に重要な影響を与える要因について

       当社グループの財政状態及び経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 3 事
      業等のリスク」に記載のとおり、様々な要因の変化による影響を受ける可能性があります。このため、事業環境を
      注視するとともに、組織体制の整備などこれらのリスク要因を全社挙げて取り組んでまいります。
                                 20/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ⑥  経営上の目標達成を判断するための客観的な指標等の達成・進捗状況について
       経営上の目標達成を判断するための客観的な指標等の達成・進捗状況については、「1                                         経営方針、経営環境及
      び対処すべき課題等」に記載しております。
    5  【経営上の重要な契約等】

     (1)  当社がフランチャイズ本部と締結している                   契約
       当社は、TACO       BELL   RESTAURANTS      ASIA   PTE,LTDとの間で日本国内における「TACO                    BELL」ブランドのフランチャイ
      ズ契約を締結しておりましたが、2022年10月3日付で「Taco                            Bell」事業を会社分割(新設分割)させるとともに、
      新設分割会社の株式を株式会社小僧寿しへ譲渡したことに伴い、フランチャイズ契約も株式会社小僧寿しへ移管し
      ております。
     (2)  子会社がフランチャイズ本部と締結している契約

          相手先名称                        契約内容                       契約期間
                      日本国内における「LE             CHOCOLAT
    CABOSSE     &  ASSOCIES      and   DE
                                         契約先の要望により、非開示として
                      ALAIN   DUCASSE」ブランドのフラン
    GUSTIBUS     SAS                                おります。
                      チャイズチェーン展開
                      日本国内における「ANGELINA」ブラ                  契約先の要望により、非開示として
    BERTRAND     RESTAURATION       SAS
                      ンドのフランチャイズチェーン展開                  おります。
     (3)   会社分割と株式譲渡に関する契約

       株式会社アスラポートは、2022年6月15日開催の取締役会において、当社グループの販売事業を担う飲食等の事
      業の一部を新設分割の方法により新会社に承継する決議をいたしました。
       また、当社の2022年9月6日開催の取締役会において、当社グループの販売事業を担う株式会社TBジャパンの事
      業を新設分割の方法により新会社に承継する決議をいたしました。
       詳細につきましては「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関
      係)」をご参照ください。
     (4)   株式譲渡に関する契約

       盛田株式会社は、2022年12月27日開催の取締役会において、当社グループの生産事業を担う富士高砂酒造株式会
      社など酒造会社10社を株式会社伝統蔵へ譲渡する決議をいたしました。
       また、当社及び株式会社弘乳舎は2022年12月27日開催の取締役会において、株式会社TOMONIゆめ牧舎を株式会社
      フジタコーポレーションへ譲渡する決議をいたしました。
       詳細につきましては「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関
      係)」をご参照ください。
    6  【研究開発活動】

       重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 21/112







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

       当連結会計年度において実施しました設備投資の総額は                          1,739,952     千円となりました。その主なものは、生産事業
      における設備投資及び更新工事の費用であります。なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記
      載しております。
    2  【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
                                                2023年3月31日       現在
                                    帳簿価額(千円)
                                                      従業員数
      事業所名                                                 (人)
            セグメントの
                   設備の内容
                              機械装置
             名称            建物及び
     (主な所在地)                               土地                 外[臨時雇
                               及び        リース資産      その他     合計
                                   (面積㎡)
                          構築物
                                                      用者]
                               運搬具
    本社         販売
                  統括業務施設、                  3,658                   69
                          237,820       0       20,821     24,558    286,858
                  店舗内装設備等                  (1,553)                    [3]
    (東京都中央区)         その他
     (2)  国内子会社

                                                2023年3月31日       現在
                                    帳簿価額(千円)
                                                      従業員数
                 セグメ
           事業所名
                                                       (人)
     会社名            ントの   設備の内容
                               機械装置
           (主な所在地)
                                                      外[臨時
                          建物及び           土地
                 名称
                                及び         リース資産      その他     合計
                                                      雇用者]
                          構築物         (面積㎡)
                               運搬具
    株式会社弘     本社            製造設備               1,409,523                     74
                  生産         231,991     284,633            ―   27,342   1,953,490
    乳舎     (熊本県熊本市)            等               (24,871)                   [15]
    九州乳業株     本社            製造設備               1,077,036                     82
                  生産         446,735    1,114,452           457,842     32,328   3,128,396
    式会社     (大分県大分市)            等               (255,571)                    [35]
         本社  他
                     店舗内設
    株式会社菊                                681,363                   168
                  販売   備、製造      67,610    172,270          11,807     11,870    944,923
         (大分県由布市 
    家                                (86,412)                   [187]
                     設備等
         他)
         本社  他
    盛田株式会                 製造設備               3,538,402                    402
                  生産         988,597     547,370          337,705     57,483   5,469,558
         (愛知県名古屋
    社                 等               (231,252)                    [44]
         市 他)
     (3)  在外子会社

                                                2023年3月31日       現在
                                    帳簿価額(千円)
                                                      従業員数
                 セグメ
           事業所名                                           (人)
     会社名            ントの    設備の内容
                               機械装置
          (主な所在地)                                           外[臨時雇
                          建物及び          土地
                 名称
                               及び        リース資産      その他     合計
                                                      用者]
                          構築物         (面積㎡)
                               運搬具
    Pacific
         本社
                     事務設備                                    6
    Paradise
                  流通         17,141      ―     ―     23     ―   17,164
         米国カリフォルニア州
    Foods,                等                                   [―]
    Inc.
     (注)   1.帳簿価額は、連結財務諸表の数値を記載しております。

       2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
       該当事項はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 22/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    100,000,000

                計                                  100,000,000

      ②  【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                 上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                 商品取引業協会名
              ( 2023年3月31日       )  (2023年6月30日)
                                  東京証券取引所
                                           単元株式数
      普通株式           46,837,136          47,182,136
                                  スタンダード市場
                                           100株
        計         46,837,136          47,182,136          ―            ―
     (注)   1.発行済株式のうち、3,259,724株は、現物出資(関係会社株式 1,532,619千円)によるものであります。
       2.「提出日現在発行数」欄には、2023年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使によ
         り発行された株式数は、含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

       当社は、会社法に基づき、行使価額修正条項付新株予約権を発行しております。
       株式会社JFLAホールディングス第9回新株予約権(2021年10月29日発行)
       決議年月日                          2021年10月13日
       新株予約権の数(個) ※                          40,325
       新株予約権のうち自己新株予約権の数(個) ※                          ―
                                 普通株式 4,032,500
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 但し、(注)1        により調整されることがあ
       (株) ※
                                 る。
                                 当初行使価額 387
                                 但し、行使価額は(注)2及び3                 により調整
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※
                                 される。
       新株予約権の行使期間 ※                          自 2021年11月1日 至 2023年10月31日
                                 発行価格  313 ※
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                 資本組入額 157 ※
       発行価格及び資本組入額(円) ※
                                 (注)4
       新株予約権の行使の条件 ※                          (注)5
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※                          (注)6
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)7
       項 ※
       ※当事業年度の末日(2023年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2023年5月31日)にかけて変更された事項はなく、その他の事項についても当事業年度の末日における
       内容から変更はありません。
       (注)   1.新株予約権の目的となる株式の数
                                 23/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
          (1)  本新株予約権の目的である株式の種類及び総数は、当社普通株式8,300,000株とする(本新株予約権1
          個当たりの目的たる株式の数(以下「付与株式数」という。)は100株とする。)。
          なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以
          下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、
          本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行わ
          れ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
                         調整前付与株式数×調整前行使価額

           調整後付与株式数=
                         調整後行使価額
          また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これら

          の場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整される
          ものとする。
       2.新株予約権の行使時の払込金額

        (1)  各本新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、その価額は、行使価額に付与株式数を乗じた
          額とする。
        (2)  本新株予約権の行使価額は、当初387円とする。
       3.行使価額の修正

          本新株予約権の各行使請求の効力発生日(以下「修正日」という。)の直前取引日の株式会社東京証券取
          引所(以下「東京証券取引所」という。)における当社普通株式の普通取引の終値(以下「終値」とい
          う。)(同日に終値がない場合には、その直前の終値)の90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上
          げた金額(以下「修正日価額」という。)が、当該修正日の直前に有効な行使価額を1円以上上回る場合
          又は下回る場合には、行使価額は、当該修正日以降、当該修正日価額に修正される。但し、修正日にかか
          る修正後の行使価額が194円を下回ることとなる場合には行使価額は下限行使価額とする。
       4.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項

          本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の定めると
          ころに従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる
          場合はその端数を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資
          本金の額を減じた額とする。
       5.新株予約権の行使の条件

          本新株予約権の一部行使はできない。
       6.新株予約権の譲渡に関する事項

          該当事項なし。但し、本新株予約権の譲渡には当社取締役会の承認を要するものとする。
       7.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

          該当事項なし。
       8.本新株予約権は行使価額修正条項付新株予約権であること

        (1)  行使価額修正条項付新株予約権の特質は次のとおりである。
           ①  本新株予約権の目的である株式の総数は8,300,000株、割当株式数は100株で確定しており、株価の上
           昇又は下落により行使価額が修正されても変化しない(但し、別記「新株予約権の目的となる株式の
           数」欄に記載のとおり、調整されることがある。)。なお、株価の上昇又は下落により行使価額が修正
           された場合、本新株予約権による資金調達の額は増加又は減少する。
           ②  行使価額の修正基準:本新株予約権の行使価額は、本新株予約権の各行使請求の修正日の直前取引日
           の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終
           値)の90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた金額が、当該修正日の直前に有効な行使価額
           を1円以上上回る場合又は下回る場合には、行使価額は、当該修正日以降、当該金額に修正される。
           ③  行使価額の修正頻度:行使の際に上記記載の条件に該当する都度、修正される。
                                 24/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
           ④  行使価額の下限:本新株予約権の下限行使価額は、2021年10月12日の終値の50%に相当する194円で
           ある。
           ⑤  割当株式数の上限:本新株予約権の目的である株式の総数は8,300,000株である。
           ⑥  本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限:1,646,803,000円(但し、本新株予約権は
           行使されない可能性がある。)               。
           ⑦  本新株予約権には、当社の決定により本新株予約権の全部又は一部の取得を可能とする条項が設けら
           れている。
        (2)  行使価額修正条項付新株予約権に関する事項は次のとおりである。

           ①  権利の行使に関する事項について所有者との間の取決め内容は、上記の「行使価額修正条項付新株予
           約権の特質」に定めるほか、次の事項を定めている。
           ・  東京証券取引所の定める有価証券上場規程第434条第1項及び同規程施行規則第436条第1項乃至第5
           項の定めに基づき、暦月の1ヶ月間において割当日の上場株式数の10%を超える行使を行わないこと。
           ・所有者の事前の書面による同意がない限り、本新株予約権の発行及び本新株予約権の行使による当社
           の株式の交付を除き、本第三者割当契約の締結日からその180日後の日までの期間において、株式、新株
           予約権又はこれらに転換し若しくはこれらを取得する権利が付与された証券を発行しないこと。
           ②  権利の売買に関する事項について所有者との間の取決めはない。
           ③  権利の貸借に関する事項について所有者と会社の特別利害関係者等との間の取決めはない。
           ④  その他投資家の保護を図るため、本新株予約権の譲渡については、当社の取締役会の承認を要するも
           のとする旨が定められている。なお、本新株予約権が譲渡された場合でも、本第三者割当契約に定めら
           れた割当予定先の権利義務は、譲受人に引き継がれる。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

                                 第4四半期会計期間                 第17期
                                ( 2023年1月1日       から      ( 2022年4月1日       から 
                                 2023年3月31日       まで)      2023年3月31日       まで)
    当該期間に権利行使された当該行使価額修正条項付新株
                                          4,600              7,750
    予約権付社債券等の数(個)
    当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                    460,000              775,000

    当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                      309              305

    当該期間の権利行使に係る資金調達額(百万円)                                      142              236

    当該期間の末日における権利行使された当該行使価額修

                                     ─                 42,675
    正条項付新株予約権付社債券等の数の累計(個)
    当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                     ─                4,267,500
    約権付社債券等に係る累計の交付株式数(株)
    当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                     ─                   290
    約権付社債券等に係る累計の平均行使価額等(円)
    当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                     ─                  1,241
    約権付社債券等に係る累計の資金調達額(百万円)
                                 25/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

                発行済株式
        年月日                総数残高                     増減額       残高
                総数増減数
                 (株)
                        (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    2018年8月1日
                 11,033,207       41,929,936           ―   2,910,363       4,843,577       7,916,834
    (注)1
    2019年8月1日
                     ―   41,929,936           ―   2,910,363      △7,916,834            ―
    (注)2
    2020年6月29日
                     ―   41,929,936           ―   2,910,363        16,762       16,762
    (注)3
    2021年6月30日
                     ―   41,929,936           ―   2,910,363        16,759       33,521
    (注)3
    2021年11月1日~
    2022年3月25日             3,492,500      45,422,436        510,058      3,420,422        510,058       543,580
    (注)4
    2022年2月25日
                  324,200     45,746,636         46,684     3,467,107        46,684      590,265
    (注)5
    2022年3月25日
                  315,500     46,062,136         46,694     3,513,801        46,694      636,959
    (注)6
    2022年6月30日
                     ─   46,062,136           ─   3,513,801        18,410      655,370
    (注)3
    2022年9月27日~
    2023年3月28日              775,000     46,837,136        120,108      3,633,910        120,108       775,479
    (注)4
    (注)   1.ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社との株式交換に伴う新株発行
                         11,033,207株
               発行価格          439円
                         ―  円
               資本組入額
      2.会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金を減少し、その他資本剰余金へ振り替えたもの
        です。
      3.資本準備金の増加額は、資本剰余金を原資とする剰余金の配当に伴う積立てによるものであります。
      4.新株予約権の行使による増加であります。
      5.有償第三者割当
         割当先      アサヒビール株式会社
                         324,200株
               発行価格          288円
               資本組入額          144円
      6.有償第三者割当
         割当先      株式会社神明ホールディングス
                         315,500株
               発行価格          296円
               資本組入額          148円
      7.2023年4月1日から2023年5月31日の間に、行使価額修正条項付新株予約権の行使により、発行済株式総数が
        345,000株、資本金及び資本準備金がそれぞれ52,138千円増加しております。
                                 26/112






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2023年3月31日       現在
                      株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満
      区分                           外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品      その他                個人
                                                     (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      の法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数
              ―     ―     18     215      15     33   29,507     29,788        ─
    (人)
    所有株式数
              ―     ―     601   200,985      1,294      261   259,073     462,214      615,736
    (単元)
    所有株式数
              ―     ―    0.13     43.48      0.28     0.06     56.05     100.00        ─
    の割合(%)
     (注)自己株式       38,725   株は、「個人その他」に           387  単元を含めて記載しております。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2023年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                                                  (自己株式を
                                                   除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)
                                                  総数に対する
                                                  所有株式数の
                                                   割合(%)
    HSIグローバル株式会社                東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目5-6                       11,136,996           23.79
    株式会社神明ホールディングス                兵庫県神戸市中央区栄町通6丁目1-21                        3,241,500           6.92

    株式会社SAKEアソシエイツ                東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目5-6                        2,301,509           4.91

    アサヒビール株式会社                東京都墨田区吾妻橋1丁目23-1                        1,757,200           3.75

    株式会社M&T                東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目5-6                         766,290          1.63

    檜垣 周作                東京都千代田区                         593,363          1.26

    鈴木 成和                東京都千代田区                         373,046          0.79

    ワイエスフード株式会社                福岡県田川郡香春町大字鏡山字金山552番8                         199,300          0.42
    齊藤 隆光                東京都品川区                         163,900          0.35

    株式会社エイチウィル                東京都渋谷区代々木5丁目34-28                         161,900          0.34

           計                                20,695,004           44.22

                                 27/112








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2023年3月31日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                        ―          ―                  ―

    議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―                  ―

    議決権制限株式(その他)                        ―          ―                  ―

                    普通株式
    完全議決権株式(自己株式等)                                 ―                  ―
                          38,700
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               461,827                    ―
                        46,182,700
                    普通株式
    単元未満株式                                 ―                  ―
                         615,736
    発行済株式総数                    46,837,136              ―                  ―
    総株主の議決権                        ―       461,827                    ―

     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式25株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                               2023年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名
                                                  総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
        又は名称
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    株式会社JFLAホール             東京都中央区日本橋蛎殻
                                 38,700         ―     38,700        0.08
    ディングス             町1丁目5-6
          計                       38,700         ―     38,700        0.08
                                 28/112











                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
     【株式の種類等】           会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

            区分                株式数(株)                 価額の総額(千円)

    当事業年度における取得自己株式                                 3,904                  1,309
    当期間における取得自己株式                                 1,060                   349
     (注)当期間における取得自己株式には、2023年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式は含まれておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             当事業年度                  当期間

             区分
                                 処分価額の総額                 処分価額の総額
                         株式数(株)                 株式数(株)
                                  (千円)                 (千円)
    引き受ける者の募集を行った取得自己株
                              ―         ―         ―         ―
    式
    消却の処分を行った取得自己株式                          ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、会社分割に
                              ―         ―         ―         ―
    係る移転を行った取得自己株式
    その他
                              10         4        ―         ―
    (単元未満株式の買増請求による売渡)
    保有自己株式                        38,725           ―      39,785           ―
     (注)当期間における保有自己株式数には、2023年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式及び買増請求による売渡による株式は含まれておりません。
    3  【配当政策】

      当社は株主に対する利益還元を経営の重要政策の1つとして認識しており、安定的な経営基盤の確保と株主資本利
     益率の向上に努めるとともに、経営上可能な限り最大の範囲で安定配当を行うことを基本方針としております。
      なお、当社は定款に「          毎年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録ある株主又は登録株式質権者に対して、会社
     法第454条第5項に定める剰余金の配当をすることができる。」旨を定めております。
      当期は、経営改善計画の着実な実行により経営基盤の改善を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症、
     ウクライナ情勢の緊迫化、原材料価格やエネルギー価格の高騰、急激な円安の進行など、経営環境は依然として不透
     明な状況であり、今後の事業環境や財務状況等を勘案した結果、現時点において財務体質基盤の強化を図ることが最
     重要であると考え、当期の期末配当は無配といたしました。
                                 29/112






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、すべてのステークホルダーとの信頼関係を大切に、グループ全体の企業価値の向上を目指すことを経
       営目標としています。その実現のため、迅速な意思決定と業務執行の推進、経営の健全性と透明性の確保が不可
       欠であり、組織体制の整備等により、実効性のある                        コーポレート・ガバナンス            体制の構築を基本的な考え方とし
       ております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
       イ.企業統治体制の概要
        当社は、持株会社として当社グループの中心に位置し、グループ全体の戦略決定、経営管理及び資本政策の決
       定等を行う機能を有します。これに基づき各事業会社が業務を執行するという体制をとることで、経営の決定及
       び管理機能と執行機能を分離し、経営責任の明確化と業務執行の迅速化、意思決定の透明性の向上及びコンプラ
       イアンスの強化を図っております。
        当社は監査役会を設置し、社外監査役を含めた監査役による監査体制が経営監視機能として有効であると判断
       し、監査役会設置会社の形態を採用しております。
        取締役会は、取締役7名で構成され、うち2名は社外取締役が在任しております。原則月1回の定時取締役会
       の他、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営方針等の意思決定およびグループ会社の業務執行の管理を行っ
       ております。取締役会に対する監視機能を確保するために選任している社外取締役は、企業経営における豊富な
       経験にもとづき、重要な業務執行にかかる意思決定において的確な提言を行っております。2名の社外取締役に
       ついては、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考に、一般株主と利益相反を生じる恐れ
       がないことを基本的な考え方として選任し、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として同取引所に届け出て
       おります。
        監査役会は、3名の監査役で構成され、2名が社外監査役となっております。監査役は毎月1回の取締役会に
       出席し取締役会の業務執行に対する監督を行うほか、毎月1回監査役会を開催し、監査の重要事項に関わる協議
       を行っています。社外監査役はそれぞれ高い専門性および企業経営における経験を有し、その見地から的確に経
       営の監視を行っています。
        1名の社外監査役については、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考に、一般株主と
       利益相反を生じる恐れがないことを基本的な考え方として選任し、東京証券取引所の定めに基づく独立役員とし
       て同取引所に届け出ております。
        当社は、会計監査人として、Mooreみらい監査法人と監査契約を締結し、会計監査を委託しております。会計
       監査人は、監査項目、監査体制、監査スケジュールを内容とする監査計画を立案し、第1四半期から第3四半期
       の四半期毎に四半期レビュー報告会を、又、期末には期末決算に関する会計監査報告会を開催しております。な
       お、以上の報告会には、経理を主幹する経理・財務部部長が参加しております。
        グループ経営戦略会議は、原則として毎週1回開催をしております。取締役、常勤監査役、グループ事業会社
       の業務執行者及び関係者が出席し、業務執行の進捗確認と現状課題の明確化並びに取締役会への付議事項の検討
       を行います。
        なお、当社のコーポレート・ガバナンスの体制は、次のとおりであります。
                                 30/112







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                 31/112





















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       ロ.当該体制を採用する理由
        このような企業統治体制は、当社のような持株会社においてグループ全体の意思決定、経営執行を円滑に行う
       とともに適切な監督機能を確保することにおいて、有効に機能すると考えております。
        また、決定されたグループの経営方針に基づき各グループ事業会社が業務を執行するにあたっても、迅速性、
       透明性が確保され有効に機能していると考えているため上記体制を採用しております。
        a 取締役会
        取締役会は、檜垣周作(代表取締役社長)、齊藤隆光、岡山哲也、遠藤大輔、坂下直史、宇野友三郎(社外取
       締役)、香本明彦(社外取締役)の7名で構成され、毎月1回定期開催をする他、必要に応じて臨時取締役会を
       開催しており、法令で定められた事項や経営に関する重要な事項についての意思決定及び監督を行っておりま
       す。
        なお、2023年度3月期の定時取締役会の出席状況は次のとおりです。具体的には、グループ間取引、決算承
       認、社内規程の策定・修正、役員・重要人事異動の承認、資金繰り、経営方針の決定等を議案として意思決定を
       行っております。
                           取締役会(12回開催)
                          出席回数         出席率
         代表取締役 檜垣周作                12回/12回         100.0%
           取締役 森下將典                12回/12回         100.0%
           取締役 齊藤隆光                12回/12回         100.0%
           取締役 山本博紀                12回/12回         100.0%
           取締役 宇野友三郎                12回/12回         100.0%
           取締役 香本明彦                12回/12回         100.0%
           監査役 大野千幸                12回/12回         100.0%
           監査役 森本晃一                12回/12回         100.0%
           監査役 浅川威                12回/12回         100.0%
        b 経営会議
        経営会議は、取締役や常勤監査役で構成され、原則毎週1回の定期開催をする他、必要に応じて臨時経営会議
       を開催しており、経営に関する特に重要な事項についての円滑かつ迅速な審議及び意思決定を行っております。
        c 監査役会
        監査役会は、大野千幸(社外常勤監査役)、森本晃一、浅川威(社外監査役)の3名で構成されております。
       監査役会は原則毎月1回の開催により、監査の方針・計画・方法、その他監査に関する重要な事項についての意
       思決定を行っております。また、各監査役は取締役会をはじめとする重要な会議に出席する他、業務執行状況の
       監査を適宜実施しております。
      ③ 企業統治に関するその他の事項

       イ.コンプライアンスに関する基本的な考え方及び整備状況
        当社グループは、食に携わる企業としての使命と責任を一人ひとりが理解し、法令遵守はもとより、高い倫理
       観をもって良心と良識にしたがって業務を遂行するため、「コンプライアンス委員会」を設置し、グループ全体
       でコンプライアンスに取り組む体制を構築しています。また、「コンプライアンス行動規範カード」を作成し、
       全役員・全従業員に配布、コンプライアンス意識の醸成及び啓蒙活動を継続して行っています。さらには、「内
       部通報窓口」を社内と社外に設置し、コンプライアンス問題や不正行為等の早期発見・早期解決、是正を図り、
       社会的信頼の確保・向上に努めています。反社会勢力については事案発生時の報告及び対応等の整備を行い、反
       社会勢力による不当要求等が発生した場合には、所轄部署を中心に警察等関連機関と連携し、毅然とした態度で
       対応いたします。
       ロ.内部統制システムに関する基本的な考え方及び整備状況
        当社は、業務の有効性・効率性、財務報告の信頼性の確保、法令等の遵守等、内部統制の目的を達成するた
       め、業務の適正性を確保するための体制についての基本方針を定めております。また管理本部が中心となり内部
       統制システムの構築・整備・改善を行い、内部監査室がその評価を行います。
        代表取締役社長を委員長とした内部統制委員会の定期的な開催により、グループ企業全体に、内部統制制度に
                                 32/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       対する統一した意識を浸透させるとともに、総括的責任を担っております。内部統制委員会は、基本方針の決
       定、全体の進捗管理、評価結果の最終承認等、最終的な意思決定機関としての役割を担っております。内部統制
       事 務局は基本方針に従って、計画を確認し、進捗管理を行うとともに、事務局として各部門や内部監査室が業務
       遂行するための具体的に支援を行い、自己点検の方法について各部門に教育を行っております。また、外部監査
       人との協議の窓口となり内部統制の不備についての改善状況の進捗管理を行なっております。内部監査部門は経
       営者及び経営者の指揮下で経営者の補助を行う部門として、各部門について独立的な評価及び各部署担当者にヒ
       ヤリングおよびサンプリングを行うことによる整合性の評価結果を、年一回、内部統制委員会に報告をいたしま
       す。
        コンプライアンス体制については、「コンプライアンス規程」及び「コンプライアンス委員会規程」を制定、
       コンプライアンス担当取締役を委員長としたコンプライアンス委員会の定期的な開催とともに、全役員・全従業
       員への研修等による意識の醸成や内部通報窓口(社内・社外)の設置によるコンプライアンス違反の防止・早期
       発見・是正などの施策を行っております。
        リスク管理体制については、代表取締役社長を委員長として、当社及び各グループ子会社らの人員で構成する
       リスクマネジメント委員会を設置し、リスク事案に対する迅速な対応と情報共有を行う体制を整えております。
       リスクマネジメント委員会は、会社に不利益を生じさせ、企業目的の達成を阻むすべての可能性・情報収集・確
       認・分析し、その対策実施の指示を行う機能を有しており、さらに当該対策の実施状況・有効性についての監視
       も行います。
        さらに、グループ経営戦略会議においても各社が情報共有を密にし、グループを挙げてコンプライアンス及び
       リスク管理に関して迅速に対応する体制をとっております。
       ハ.責任限定契約の内容の概要

        当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契
       約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、各社外取締役については、いずれも5百万
       円または法令が定める額のいずれか高い額としております。
        当社と社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契
       約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、各社外監査役については、いずれも1百万
       円または法令が定める額のいずれか高い額としております。
       二.役員等賠償責任保険契約について

        当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険を保険会社との間で締結しております。                                                 当
       該保険により被保険者がその職務の執行に関し責任を負うことまたは当該責任の追及にかかる請求を受けること
       によって生ずる損害(防御費用および損害賠償金または和解金)の一部または全部を補償します。ただし、故意
       による法令違反にかかる損害賠償請求など一定の事由に対しては補償の対象としないこととしております。
        当該保険契約の被保険者は当社取締役及び当社子会社の取締役等の主要な業務執行者であり、保険料は全額会
       社負担としております。
      ④ 取締役に関する事項
       イ.取締役の定数及び任期
         当社の取締役の定数は8名以内とし、任期は選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
        定時株主総会の終結の時までとする旨を定款に定めております。
       ロ.取締役の選任及び解任の決議要件
         当社は、取締役の選任及び解任決議については、株主総会において議決権を行使することができる株主の議
        決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数以上をもって行う旨、また、累積投票によら
        ない旨を定款に定めております。
      ⑤ 株主総会決議に関する事項
      A.取締役会で決議できることとした事項
       イ.剰余金の配当等の決定機関
         当社は、資本政策及び配当政策を機動的に遂行することが可能となるよう、剰余金の配当等会社法第459条
        第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会決議によって定めること
        ができる旨を定款に定めております。
       ロ.取締役の責任を免除することができる旨
         当社は、取締役がその職務の遂行にあたり、その能力を十分に発揮し、期待される役割を果たすことを目的
                                 33/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
        として、取締役会の決議によって、会社法第423条第1項に定める取締役(取締役であったものを含む。)の
        賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定めております。
       ハ.監査役の責任を免除することができる旨
         当社は、監査役がその職務の遂行にあたり、その能力を十分に発揮し、期待される役割を果たすことを目的
        として、取締役会の決議によって、会社法第423条第1項に定める監査役(監査役であったものを含む。)の
        賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定めております。
       ニ.中間配当の決定機関
         当社は、必要な場合に株主への機動的な利益還元を行うことを目的として、取締役会の決議によって、毎年
        9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録ある株主又は登録株式質権者に対して、会社法第454条5項に定め
        る剰余金の配当をすることができる旨を定款に定めております。
       ホ.自己の株式の取得
         当会社は、資本政策を機動的に遂行することが可能となるよう、会社法第165条第1項に定める市場取引等
        により、自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
      B.株主総会の特別決議の要件
        当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議
       要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権
       の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
     (2)  【役員の状況】

    男性    9 名 女性      1 名 (役員のうち女性の比率               10.0  %)
                                                      所有株式数
       役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                            1999年4月
                                 アサヒビール株式会社
                            2001年11月
                                 阪神酒販株式会社 代表取締役社長(現任)
                            2009年3月
                                 HSIグローバル株式会社 代表取締役社長(現
                                 任)
                            2009年6月
                                 当社 取締役
                                 株式会社とり鉄(現株式会社アスラポー
                                 ト) 取締役
                            2009年10月
                                 当社 代表取締役社長
                            2013年4月
                                 九州乳業株式会社 代表取締役社長(現任)
                            2013年9月
                                 株式会社弘乳舎 代表取締役
                            2014年6月
                                 Pacific   Paradise    Foods,Inc. 取締役(現
                                 任)
                            2015年4月
                                 茨城乳業株式会社 取締役(現任)
                            2015年6月
                                 株式会社ドリームコーポレーション(現株式
                                 会社アルテゴ) 代表取締役
                            2016年2月     当社代表取締役会長
    代表取締役社長          檜 垣 周 作       1976年1月13日                              (注)3    593,363
                                 盛田株式会社 代表取締役社長(現任)
                                 株式会社アルカン 代表取締役社長(現任)
                                 Atariya   Foods   Limited   代表取締役(現任)
                            2016年3月     株式会社フンドーダイ五葉 代表取締役会長
                                 株式会社小僧寿し 取締役
                            2017年4月     株式会社アスラポート 代表取締役社長(現
                                 任)
                                 株式会社スティルフーズ 取締役
                            2017年6月     株式会社弘乳舎 代表取締役会長
                            2017年10月     株式会社菊家 代表取締役会長(現任)
                            2018年5月     株式会社十徳 取締役(現任)
                            2018年8月     当社 代表取締役社長(事業統括担当)(現
                                 任)
                            2019年10月     株式会社アルテゴ 代表取締役社長(現任)
                            2021年6月     東洋商事株式会社 代表取締役社長(現任)
                            2022年3月     株式会社栄喜堂 代表取締役社長(現任)
                            2023年6月     株式会社弘乳舎 代表取締役社長(現任)
                                 34/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                            2002年1月     国際キャピタル株式会社
                            2008年5月     阪神酒販株式会社 入社(現任)
                            2009年11月     当社 管理本部長
                            2015年6月     株式会社ドリームコーポレーション(現株式
                                 会社アルテゴ) 取締役(現任)
                                 茨城乳業株式会社 監査役
                            2016年3月     株式会社小僧寿し 監査役(現任)
                            2016年6月     株式会社弘乳舎 取締役
                                 当社 取締役
                                 株式会社フルッタフルッタ 取締役
                                 九州乳業株式会社 取締役
    取締役          齊 藤 隆 光       1973年8月31日                              (注)3    163,900
                            2017年3月     Atariya   Foods   Limited   監査役(現任)
                            2017年6月     当社 取締役(管理兼生産事業担当)管理本
                                 部長(現任)
                                 株式会社弘乳舎 代表取締役社長
                            2018年5月     株式会社十徳 取締役
                            2019年6月     株式会社フジタコーポレーション 取締役
                                 (現任)
                            2021年6月     茨城乳業株式会社 取締役(現任)
                                 盛田株式会社 取締役(現任)
                                 株式会社アルカン 取締役(現任)
                                 東洋商事株式会社 監査役(現任)
                            2001年4月     株式会社神戸製鋼所
                            2003年2月     阪神酒販株式会社(現任)
                            2010年4月     株式会社オアシスリンク 取締役(現任)
                            2015年6月     当社 ITソリューション部長(現任)
    取締役          岡 山 哲 也       1979年10月3日                              (注)3      ―
                            2021年6月     東洋商事株式会社 取締役 通販営業部長
                            2022年6月     株式会社ウェルサーブ 取締役(現任)
                            2023年6月     当社 取締役(ITソリューション担当)(現
                                 任)
                            1992年4月     大阪ヒルトン株式会社
                            2001年9月     株式会社プライム・リンク(現株式会社アス
                                 ラポート)
                            2016年2月     当社 事業開発部長
                            2016年4月     株式会社プライム・リンク(現株式会社アス
                                 ラポート)取締役
    取締役          遠 藤 大 輔       1976年2月22日       2016年6月     株式会社フジタコーポレーション 取締役                  (注)3     6,800
                            2019年3月     同社 代表取締役社長(現任)
                            2021年6月     株式会社フジックス 代表取締役社長(現
                                 任)
                            2023年2月     株式会社TOMONIゆめ牧舎 代表取締役社長
                                 (現任)
                            2023年6月     当社 取締役(販売事業担当)(現任)
                            1992年4月     三井ホーム株式会社
                            1997年5月     オリックス株式会社
                            2011年7月     ORIX Investment        and  Management     Private
                                 Limited(Singapore)        CFO
                            2013年4月     ダイドードリンコ株式会社
                            2016年2月     ダイドードリンコトルコ 代表取締役CEO
                            2020年1月     ダイドーグループホールディングス執行役員/
    取締役          坂 下 直 史       1968年8月10日                              (注)3      ―
                                 ヨーロッパ管掌トルコ・UK・ロシア法人CEO
                            2021年4月     森永製菓株式会社 執行役員待遇主席戦略ス
                                 タッフ
                            2022年9月     株式会社ハウスパートナーホールディング
                                 ス 代表取締役社長
                            2023年6月     当社 執行役員 グループ戦略本部長
                            2023年6月     当社 取締役(グループ戦略担当)グループ
                                 戦略本部長(現任)
                                 35/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                            1976年3月     大阪サニタリー金属工業協同組合 東京支店
                            1990年4月     大阪サニタリー金属工業協同組合 理事
                            1992年3月     大阪サニタリー金属工業協同組合 東京支店
                                 長兼理事
                            1996年5月     サニタリープラント株式会社 取締役
                            1997年5月     大阪サニタリー金属工業協同組合 副理事長
                                 兼東京支店長
                            2000年5月     サニタリープラント株式会社 代表取締役
              宇 野 友   三 郎
    取締役                 1950年3月13日                              (注)3      ―
                            2003年3月     大阪サニタリー金属工業協同組合 副理事長
                            2014年6月     大阪サニタリー金属工業協同組合 相談役
                                 当社 社外取締役(現任)
                            2015年6月     大阪サニタリー株式会社 代表取締役社長(現
                                 任)
                            2015年9月     サニタリーホールディングス株式会社 代表
                                 取締役社長
                            2018年4月     サニタリーホールディングス株式会社 代表
                                 取締役会長(現任)
                            1981年3月     公認会計士登録(現任)
                                 公認会計士香本明彦事務所設立(現任)
                            1982年10月     税理士登録(現任)
                                 香本明彦税理士事務所設立(現任)
    取締役          香 本 明 彦       1943年11月24日                              (注)3      ―
                            1990年9月     清友監査法人 代表社員
                            2011年6月     株式会社ザ・キッス 社外監査役(現任)
                            2018年6月     当社 社外取締役(現任)
                            1990年2月     ソロモンブラザーズ・アジア・リミテッド
                            1996年10月     メリルリンチ日本証券株式会社(現BofA証券
                                 株式会社)債券部クレジット・トレーディン
                                 グ ディレクター
                            2003年1月     UBS証券会社 債券部グローバル・クレ
                                 ジット・デリバティブ・トレーディング 
    常勤監査役          大 野 千 幸       1964年7月2日                              (注)4      ―
                                 ディレクター
                            2004年5月     日興シティグループ証券株式会社 債券部
                                 ローン事業部長
                            2009年8月     阪神酒販株式会社 社外監査役(現任)
                            2009年12月     当社 社外監査役(現任)
                            1995年4月     豊田通商株式会社
                            1999年10月     株式会社エルシーアール国土利用研究所
                            2002年10月     朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)
                            2008年10月     吉田・森本公認会計士事務所 代表パート
    監査役          森 本 晃 一       1972年10月7日                              (注)4     20,000
                                 ナー(現任)
                            2009年7月     誠栄監査法人 代表社員(現任)
                            2009年12月     当社 社外取締役
                            2013年6月     当社 監査役(現任)
                            1996年4月     三菱石油株式会社
                            2000年2月     マース ジャパン リミテッド
                            2006年6月     株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン 
                                 執行役員 経営戦略室長
    監査役          浅 川  威      1973年10月6日                              (注)5      ―
                            2011年7月     グリー株式会社 グローバルDRマネジメント
                                 室長
                            2012年10月     株式会社ペイバー 代表取締役社長(現任)
                            2016年6月     当社 社外監査役(現任)
                            計                           784,063
     (注)   1.取締役宇野友三郎氏及び香本明彦氏は、社外取締役であります。
       2.監査役大野千幸氏及び浅川威氏は、社外監査役であります。
       3.取締役の任期は、2023年3月期に係る定時株主総会の終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の
         時までであります。
       4.2021年6月29日就任の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の
         時までであります。
       5.2020年6月26日就任の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の
         時までであります。
                                 36/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
        当社は社外取締役2名、社外監査役2名を選任しております。
        社外取締役の宇野友三郎氏については、食品業界において経営に携わってきた豊富な経験と幅広い知識から、
       経営に関する有効な助言を期待し選任しております。社外取締役の香本明彦氏については、公認会計士・税理士
       としての専門的な知識及び実務経験を有しており、経営者や特定の利害関係者の利益に偏ることなく、当社が社
       会において果たす役割を公正に認識し、当社の業務執行の適法性の確保のために専門的な知識及び実務経験を活
       かしていただけるものと期待して選任しております。
        社外監査役の大野千幸氏については、金融及びコーポレートファイナンスに関する知識と企業活動に関する豊
       富な見識からの経営全般の監視と有効な助言を期待し選任しております。なお、大野千幸氏は阪神酒販株式会社
       の監査役を兼任しております。社外監査役の浅川威氏については、シカゴ大学経営大学院修士課程を修了した企
       業経営者であり、企業経営者及びMBA資格保有者としての豊富な経験、幅広い知見を有しており、経営全般の監
       視と有効な助言を期待し選任しております。
        当社の社外取締役及び社外監査役は、上記の大野千幸氏以外には当社とは一切の人的関係、資本的関係又は取
       引関係その他の利害関係はありません。
        なお、社外取締役の宇野友三郎氏、香本明彦氏及び社外監査役の大野千幸氏については、独立役員として東京
       証券取引所に届け出ております。
        当社においては、社外取締役及び社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準または方針
       はありませんが、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考に、一般株主と利益相反を生じ
       る恐れがないことを基本的な考え方として選任しております。
        内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係については、(3)[監査の状
       況]に記載のとおりです。
     (3)  【監査の状況】

      ① 監査役監査の状況
        監査役監査は、毎月の定時取締役会に出席することで取締役の業務執行の監査を行うとともに、監査の結果報
       告と改善点の提案等を行っております。また、常勤監査役は、週1回の「グループ経営戦略会議」にも出席して
       おり、日常的な業務執行に関わる意思決定も監督し、情報を共有しております。なお、監査役会は常勤監査役1
       名及び非常勤監査役2名により構成されており、うち2名が社外監査役です。監査役のうち1名は公認会計士で
       あり、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
        監査役と内部監査室は適宜密接な情報交換と連携をとっており、また会計監査人とも情報交換、意見交換を行
       うことで、監査の実効性を確保するよう努めております。
      (イ)監査役会の開催回数と各監査役の出席状況

        当事業年度において当社は監査役会を月1回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりで
       あります。
            氏名          開催回数           出席回数            出席率
        大野 千幸                    12回           12回          100.0%
        森本 晃一                    12回           12回          100.0%
        浅川  威                    12回           12回          100.0%
      (ロ)監査役会における主な検討事項

        当連結会計年度の監査役会における主な検討事項として、当社グループの事業戦略及び事業展開上のリスクマ
       ネジメント状況や、経営管理体制及び内部統制システムの整備・運用状況のほか、会計監査人及び内部監査担当
       者との連携や常勤監査役による月次活動報告に基づく情報共有等を行っております。具体的には、資金繰り、ハ
       ラスメント防止策、コロナ情勢・ウクライナ情勢を踏まえての対応策、事業再編等を議題とした検討を行いまし
       た。
      (ハ)常勤監査役による監査活動

        当事業年度の常勤監査役の監査役監査活動は、年間監査計画に基づいて実施されており、会計監査人との連携
       や内部監査室との連携により、効率的かつ実効性のある監査体制が構築されています。さらに常勤監査役は年間
       を通じて業務監査を実施する他、各取締役及び各部門長と定期的な面談を実施し、業務執行状況の把握に努めて
                                 37/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       おります。
      ② 内部監査の状況

        当社は、適正な財務報告の信頼性確保の観点から公正かつ独立の内部監査室を設置しております。内部監査室
       は3名で構成されており、年度ごとに作成する監査計画及び内部監査規程に従い、当社と子会社に対してコンプ
       ライアンス監査、業務監査及び内部統制監査等を実施しております。
        内部監査室は監査結果を社長に報告し、監査対象に対して改善計画書を提出して実施状況を確認し、必要な場
       合はフォローアップ監査を行っています。
        また、取締役会に対しては、「財務報告に係る内部統制の評価結果」「内部監査結果」及び次年度の「内部統
       制評価に関する方針」について報告を行っております。
        内部監査室と監査役は適宜密接な情報交換と連携をとっており、また会計監査人とも情報交換、意見交換を行
       うことで、監査の実効性を確保するよう努めております。
      ③ 会計監査の状況
      イ.監査法人の名称
        Mooreみらい監査法人
        (注)Moore至誠監査法人は、2022年7月1日付で、きさらぎ監査法人と合併し、同日付にてMooreみらい監査法
       人に名称変更いたしました。
      ロ.継続監査期間
        2016年4月以降
      ハ.業務を執行した公認会計士
        馬渕 貴弘
        宇田川 和彦
      ニ.監査業務に係る補助者の構成
        会計監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士7名及びその他3名(うち公認会計士試験合格者2名)とな
       ります。
      ホ.監査法人の選定方針と理由
        当社は、会計監査人の選定及び評価については、当社グループの広範囲な業務内容に対応して効率的な監査業
       務を実施することができる一定の規模や、審査体制が整備されていること、監査日数、監査期間及び具体的な監
       査実施要項並びに監査費用が合理的かつ妥当であること、国際税務に精通していること、監査実績など総合的に
       判断をいたします。また、日本公認会計士協会の定める「独立性に関する指針」に基づき独立性を有することを
       確認するとともに、必要な専門性を有することについて、検証、確認しております。
      へ.監査役会による監査法人の評価
        従前から適正に行われていることを確認しております。
      ④ 監査報酬の内容等

      イ.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                   当連結会計年度
           区分
                  監査証明業務に          非監査業務に         監査証明業務に          非監査業務に
                 基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)
          提出会社            54,000            ―        54,000            ―
          連結子会社               ―          ―          ―          ―

            計           54,000            ―        54,000            ―

      ロ.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する者に対する報酬
        該当事項はありません。
                                 38/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ハ.その他の重要な報酬証明業務に基づく報酬の内容
        該当事項はありません。
      ニ.監査報酬の決定方針
        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査に係る日数、工数を適切に判断し、
       監査公認会計士と協議の上決定しております。
      ホ.会計監査人の報酬等に同意した理由
        当社の取締役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する行動指針」を踏まえ、監査方法
       及び監査内容などを確認し、検討をいたしました。その結果、会計監査人の報酬報酬等につきましては、会社法
       第399条第1項及び第2項の同意を行っております。
     (4)  【役員の報酬等】

       当社の役員報酬制度は企業価値の持続的な向上を図る体系とし、個々の報酬の決定に際しては各職責を踏まえた
      適正水準とすることを基本方針としております。
       具体的には、取締役、経営監督機能を担う社外取締役、監査役の報酬は基本報酬である固定金額報酬のみとして
      おります。固定報酬(基本報酬)は、役位を基準として役割や責任に応じて支給する報酬であり、取締役に対する
      確定金額報酬は支給実績、業績指標等を基準として、取締役会決議により決定しております。
       また、監査役に対する確定金額報酬は支給実績等を基準として監査役の協議により決定しております。なお、上
      記の基本方針は社外取締役・社外監査役から意見を聴取して策定し、取締役会決議で決定いたしました。
      ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

       取締役の報酬については、総額の限度額を株主総会の決議により決定されたうえで、代表取締役が取締役会から
      委任を受けて、限度額の範囲内で個別の報酬額を決定いたします。個別の報酬額については、その役割と責務に相
      応しい水準となることや、常勤、非常勤の別、企業業績等を総合的に勘案して決定しております。
       取締役の報酬限度額は、2007年6月7日開催の第1回定時株主総会において年額1億円以内と決議されておりま
      す。また、監査役の報酬限度額は、2007年6月7日開催の第1回定時株主総会において年額20百万円以内と決議さ
      れております。監査役の報酬については、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、常勤、非常勤の別、
      業務分担の状況を考慮して、監査役の協議により決定しております。
      ②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                対象となる
                     報酬等の総額
            役員区分                                    役員の員数
                      (千円)
                                                 (名)
                            固定報酬      業績連動報酬       退職慰労金
         取締役
                       68,970       68,970         ―       ―       4
         (社外取締役を除く。)
         監査役
                        2,400       2,400        ―       ―       1
         (社外監査役を除く。)
         社外役員               11,400       11,400         ―       ―       4
     (注)役員ごとの報酬等の総額につきましては、1億円以上を支給している役員はありませんので、記載を省略して
        おります。
      ③  取締役の個人別の報酬等の内容が方針に沿うものであると取締役会が判断した理由

       取締役の個人別の報酬等の決定にあたっては、基本方針・決定方針を踏まえて取締役会で検討しております。
      よって、個人別の報酬等の内容は方針に沿ったものであると判断しております。
                                 39/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ④  取締役の個人別の報酬等の決定に係る委任に関する事項
       当社は、2022年6月24日開催の取締役会において、代表取締役に対し、個別支給額を決定することを委任する旨
      の決議をしております。
       (ア)   委任を受けた者の氏名ならびに内容を決定した日における会社での地位および担当
       代表取締役社長 檜垣 周作
       (イ)   委任された権限の内容
       各取締役の担当部門の業績を考慮した基本報酬の中で取締役の個別の支給額を決定すること
       (ウ)   権限を委任した理由
       当社事業全体を俯瞰しつつ各取締役の評価を行うには代表取締役が最も適していると判断したからであります。
     (5)  【株式の保有状況】

      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、投資株式について、株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的として
       保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有
       株式)に区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社は、持続的な成長を伴う事業規模の拡大に資する業務提携、原料や製品などの安定調達などの経営戦略
        の一環としてや、取引先や地域社会との良好な関係構築による事業の円滑な推進を図るために必要と判断する
        企業の株式を保有しております。
         当社は、保有意義が薄れたと考えられる政策保有株式が発生した場合は、グループ経営戦略会議や取締役会
        において適宜検証の上、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資すると認められない場
        合は、株主として相手先企業と必要十分な対話をしたうえで、処分や縮減など適時適切な対応をいたします。
        また、必要に応じてその結果を開示いたします。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                           貸借対照表計上額の
                    銘柄数
                    (銘柄)
                            合計額(千円)
      非上場株式                  18          275,742
      非上場株式以外の株式                  6          202,154
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                    銘柄数     株式数の増加に係る取得価
                                            株式数の増加の理由
                    (銘柄)        額の合計額(千円)
      非上場株式                  ―             ―
                                       フジタコーポレーションの第三者割当増資
      非上場株式以外の株式                  1          98,008    を現物出資(子会社株式)で引き受けるこ
                                       とにより取得したものです。
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                    銘柄数     株式数の減少に係る売却価
                    (銘柄)        額の合計額(千円)
      非上場株式                  ―             ―
      非上場株式以外の株式                  2          391,036
                                 40/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
         特定投資株式
                    当事業年度         前事業年度
                                     保有目的、業務提携等の概要、
                                                     当社の株式
                    株式数(株)         株式数(株)
                                        定量的な保有効果
           銘柄                                          の保有の有
                   貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     無
                                       及び株式数が増加した理由
                      (千円)          (千円)
                      2,973,011        14,407,856
                                     当社グループとの業務上の関係強
      株式会社小僧寿し                                                 無
                                     化のため保有しております。
                        50,541        389,012
                       558,400         346,800
      株式会社フジタコーポ                               当社グループとの業務上の関係強
                                                       無
      レーション                               化のため保有しております。
                       135,691         79,070
                       209,400         209,400
      株式会社フルッタフルッ                               当社グループとの業務上の関係強
                                                       無
      タ                               化のため保有しております。
                        15,286         24,290
                         271         271
      株式会社サガミホール                               当社グループとの業務上の関係強
                                                       無
      ディングス                               化のため保有しております。
                         347         323
                          65         65
      株式会社ライフコーポ                               当社グループとの業務上の関係強
                                                       無
      レーション                               化のため保有しております。
                         167         204
                          20         20
      株式会社王将フードサー                               当社グループとの業務上の関係強
                                                       無
      ビス                               化のため保有しております。
                         120         120
     (注)特定投資株式における定量的な保有効果については、記載が困難であります。保有の合理性は、保有目的、経
        済合理性、取引状況等により検証をしております。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの
        該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの
        該当事項はありません。
                                 41/112










                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
      以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

      「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
      また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
     す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年4月1日から2023年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)の財務諸表について、Mooreみらい監査
     法人による監査を受けております。
      なお、従来、当社が監査証明を受けているMoore至誠監査法人は、2022年7月1日に名称を変更し、Mooreみらい監
     査法人となりました。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができるようにするため、監査法人及び
     取引金融機関や各種団体の主催する講習会に参加する等積極的に情報収集に努め、社内においても説明会を開催する
     等により徹底を図っております。
                                 42/112












                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                   ※2   4,869,433
        現金及び預金                                             2,093,805
        受取手形                               151,910              157,939
                                   ※2   8,691,788            ※2   8,456,310
        売掛金
                                   ※2   4,496,582            ※2   4,663,894
        商品及び製品
        仕掛品                              2,490,257              1,691,530
        原材料及び貯蔵品                              1,375,654              1,323,253
        その他                              1,175,928              1,796,042
                                      △ 22,309             △ 20,487
        貸倒引当金
        流動資産合計                              23,229,246              20,162,289
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                            14,794,977              12,110,711
                                    △ 10,890,897              △ 9,107,466
          減価償却累計額
                                   ※2   3,904,080            ※2   3,003,245
          建物及び構築物(純額)
         機械装置及び運搬具
                                     20,310,710              14,617,046
                                    △ 17,428,247             △ 12,118,247
          減価償却累計額
                                   ※2   2,882,462            ※2   2,498,798
          機械装置及び運搬具(純額)
                                   ※2   9,485,166            ※2   7,983,128
         土地
         リース資産                             1,816,679              2,092,313
                                      △ 850,378             △ 911,327
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                             966,300             1,180,985
         建設仮勘定
                                        89,873              35,086
         その他                             2,322,476              1,837,962
                                     △ 2,009,633             △ 1,632,577
          減価償却累計額
          その他(純額)                             312,843              205,385
         有形固定資産合計                            17,640,726              14,906,629
        無形固定資産
         のれん                             2,916,681              2,355,246
                                       334,758              232,197
         その他
         無形固定資産合計                             3,251,439              2,587,444
        投資その他の資産
                                 ※1 、 2 、 4  1,608,530         ※1 、 2 、 4  1,136,304
         投資有価証券
         長期貸付金                              286,174              247,786
         繰延税金資産                               39,001              125,813
         退職給付に係る資産                              689,925              722,866
                                  ※1 、 2  1,933,749          ※1 、 2  1,606,996
         その他
                                      △ 231,159             △ 101,242
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             4,326,220              3,738,524
        固定資産合計                              25,218,386              21,232,598
      繰延資産
                                        4,565                ―
        社債発行費
        繰延資産合計                                4,565                ―
      資産合計                               48,452,198              41,394,888
                                 43/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                              6,428,548              6,697,400
                                   ※2   11,629,781            ※2   10,633,975
        短期借入金
                                    ※2   146,200            ※2   93,600
        1年内償還予定の社債
                                   ※2   2,841,147            ※2   1,831,125
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                               290,756              339,625
        未払費用                              2,297,655              2,152,116
        未払法人税等                               249,356              123,505
        契約負債                                20,075              11,390
        賞与引当金                                79,185              75,385
        店舗閉鎖損失引当金                                81,299               9,326
                                      2,506,131              2,152,690
        その他
        流動負債合計                              26,570,139              24,120,141
      固定負債
                                    ※2   153,600
        社債                                                ―
                                   ※2   8,660,351            ※2   6,876,769
        長期借入金
        リース債務                               936,299              987,165
        繰延税金負債                              1,007,737               900,739
        債務保証損失引当金                                64,465              64,465
        事業構造改善引当金                                  ―            52,000
        退職給付に係る負債                               912,258              720,543
        資産除去債務                              1,025,216               752,763
                                       839,373              760,870
        その他
        固定負債合計                              13,599,302              11,115,317
      負債合計                               40,169,442              35,235,458
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              3,513,801              3,633,910
        資本剰余金                              8,525,795              8,461,794
        利益剰余金                             △ 4,524,298             △ 6,765,215
                                      △ 14,308             △ 15,614
        自己株式
        株主資本合計                              7,500,989              5,314,875
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               △ 84,342             △ 60,318
        為替換算調整勘定                              △ 347,051             △ 322,233
                                      △ 97,777             △ 134,930
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                              △ 529,170             △ 517,481
      新株予約権
                                        21,201              17,783
                                      1,289,735              1,344,253
      非支配株主持分
      純資産合計                                8,282,755              6,159,429
     負債純資産合計                                 48,452,198              41,394,888
                                 44/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                   ※1   70,374,273            ※1   76,713,786
     売上高
                                     50,633,200              56,251,866
     売上原価
     売上総利益                                 19,741,072              20,461,919
     販売費及び一般管理費
      貸倒引当金繰入額                                 △ 5,161              19,743
      給料及び賞与                                6,425,910              6,586,114
      賞与引当金繰入額                                 45,621              57,629
      退職給付費用                                 70,375              63,448
      支払手数料                                3,035,748              2,663,723
      運賃                                4,085,805              4,365,498
      のれん償却額                                 671,737              569,967
                                      6,202,969              6,536,378
      その他
      販売費及び一般管理費合計                               20,533,006              20,862,504
     営業損失(△)                                 △ 791,933             △ 400,585
     営業外収益
      受取利息                                 28,982              12,743
      受取配当金                                  4,030              4,479
      持分法による投資利益                                  3,730              5,310
      為替差益                                 325,265              150,632
                                       240,579              205,190
      その他
      営業外収益合計                                 602,589              378,357
     営業外費用
      支払利息                                 380,977              395,189
      支払手数料                                 129,142              148,552
                                       128,275              184,246
      その他
      営業外費用合計                                 638,394              727,988
     経常損失(△)                                 △ 827,739             △ 750,215
                                 45/112










                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     特別利益
                                     ※2   87,800            ※2   39,613
      固定資産売却益
      投資有価証券売却益                                 457,089              374,849
      関係会社株式売却益                                    ―            139,220
      助成金収入                                1,269,457               266,014
      債務免除益                                    ―            164,377
                                       323,406               72,446
      その他
      特別利益合計                                2,137,753              1,056,521
     特別損失
                                      ※3   375            ※3   396
      固定資産売却損
                                     ※4   7,962            ※4   6,132
      固定資産除却損
                                   ※5   1,403,359             ※5   185,418
      減損損失
      投資有価証券売却損                                    ―            127,275
      投資有価証券評価損                                    ―            394,681
      関係会社株式売却損                                    ―            970,154
      債権譲渡損                                 411,207                 ―
      事業構造改善費用                                    ―            318,819
                                      1,009,102               225,727
      その他
      特別損失合計                                2,832,008              2,228,605
     税金等調整前当期純損失(△)                                △ 1,521,993             △ 1,922,299
     法人税、住民税及び事業税
                                       251,073              273,253
                                        84,953             △ 67,623
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  336,027              205,630
     当期純損失(△)                                △ 1,858,020             △ 2,127,930
     非支配株主に帰属する当期純利益                                   26,138              70,055
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                △ 1,884,159             △ 2,197,985
                                 46/112











                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     当期純損失(△)                                △ 1,858,020             △ 2,127,930
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 688,029               26,027
      為替換算調整勘定                                △ 121,986               26,359
                                      △ 41,083             △ 40,764
      退職給付に係る調整額
                                   ※1   △  851,099            ※1   11,623
      その他の包括利益合計
     包括利益                                △ 2,709,120             △ 2,116,306
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                               △ 2,727,309             △ 2,186,296
      非支配株主に係る包括利益                                 18,188              69,990
                                 47/112
















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2021年4月1日 至          2022年3月31日)
                                      (単位:千円)
                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
    当期首残高           2,910,363      8,053,955     △ 1,981,684       △ 12,902     8,969,732
     会計方針の変更によ
                            △ 49,771           △ 49,771
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                2,910,363      8,053,955     △ 2,031,456       △ 12,902     8,919,960
    した当期首残高
    当期変動額
     新株の発行           603,437      603,437                  1,206,874
     剰余金(その他資本
                      △ 167,596                  △ 167,596
     剰余金)の配当
     親会社株主に帰属す
                           △ 1,884,159           △ 1,884,159
     る当期純損失(△)
     自己株式の取得                              △ 1,493     △ 1,493
     自己株式の処分                   △ 10            86      76
     連結範囲の変動                  36,009     △ 608,682           △ 572,673
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                      ―
     額)
    当期変動額合計            603,437      471,839    △ 2,492,842       △ 1,406    △ 1,418,971
    当期末残高           3,513,801      8,525,795     △ 4,524,298       △ 14,308     7,500,989
                      その他の包括利益累計額

                                              非支配
               その他有価             退職給付      その他の
                                       新株予約権            純資産合計
                     為替換算
                                              株主持分
               証券評価             に係る      包括利益
                     調整勘定
                差額金           調整累計額      累計額合計
    当期首残高            599,996     △ 229,081      △ 56,887      314,027       2,840     748,712     10,035,312
     会計方針の変更によ
                                     ―                △ 49,771
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                 599,996     △ 229,081      △ 56,887      314,027       2,840     748,712     9,985,540
    した当期首残高
    当期変動額
     新株の発行                                ―               1,206,874
     剰余金(その他資本
                                     ―               △ 167,596
     剰余金)の配当
     親会社株主に帰属す
                                     ―               △ 1,884,159
     る当期純損失(△)
     自己株式の取得                                ―                △ 1,493
     自己株式の処分                                ―                  76
     連結範囲の変動                                ―               △ 572,673
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純           △ 684,338     △ 117,969      △ 40,889     △ 843,197       18,361      541,022     △ 283,813
     額)
    当期変動額合計           △ 684,338     △ 117,969      △ 40,889     △ 843,197       18,361      541,022    △ 1,702,784
    当期末残高            △ 84,342     △ 347,051      △ 97,777     △ 529,170       21,201     1,289,735      8,282,755
                                 48/112






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自         2022年4月1日 至          2023年3月31日)
                                      (単位:千円)
                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
    当期首残高           3,513,801      8,525,795     △ 4,524,298       △ 14,308     7,500,989
     会計方針の変更によ
                                           ―
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                3,513,801      8,525,795     △ 4,524,298       △ 14,308     7,500,989
    した当期首残高
    当期変動額
     新株の発行           120,108      120,108                  240,217
     剰余金(その他資本
                      △ 184,109                  △ 184,109
     剰余金)の配当
     親会社株主に帰属す
                           △ 2,197,985           △ 2,197,985
     る当期純損失(△)
     自己株式の取得                              △ 1,309     △ 1,309
     自己株式の処分                   △ 0            4      3
     連結範囲の変動                       △ 42,931           △ 42,931
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                      ―
     額)
    当期変動額合計            120,108      △ 64,001    △ 2,240,916       △ 1,305    △ 2,186,114
    当期末残高           3,633,910      8,461,794     △ 6,765,215       △ 15,614     5,314,875
                      その他の包括利益累計額

                                              非支配
               その他有価             退職給付      その他の
                                       新株予約権            純資産合計
                     為替換算
                                              株主持分
               証券評価             に係る      包括利益
                     調整勘定
                差額金           調整累計額      累計額合計
    当期首残高            △ 84,342     △ 347,051      △ 97,777     △ 529,170       21,201     1,289,735      8,282,755
     会計方針の変更によ
                                     ―                  ―
     る累積的影響額
    会計方針の変更を反映
                △ 84,342     △ 347,051      △ 97,777     △ 529,170       21,201     1,289,735      8,282,755
    した当期首残高
    当期変動額
     新株の発行                                ―                240,217
     剰余金(その他資本
                                     ―               △ 184,109
     剰余金)の配当
     親会社株主に帰属す
                                     ―               △ 2,197,985
     る当期純損失(△)
     自己株式の取得                                ―                △ 1,309
     自己株式の処分                                ―                   3
     連結範囲の変動                                ―                △ 42,931
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            24,023      24,817     △ 37,153      11,688      △ 3,417      54,517      62,788
     額)
    当期変動額合計             24,023      24,817     △ 37,153      11,688      △ 3,417      54,517    △ 2,123,325
    当期末残高            △ 60,318     △ 322,233     △ 134,930     △ 517,481       17,783     1,344,253      6,159,429
                                 49/112






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純損失(△)                               △ 1,521,993             △ 1,922,299
      減価償却費及びその他の償却費                                1,508,477              1,345,972
      減損損失                                1,403,359               185,418
      のれん償却額                                 671,737              569,967
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                △ 48,299             △ 154,663
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 43,586               6,687
      店舗閉鎖損失引当金の増減額(△は減少)                                 62,346             △ 71,972
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                △ 122,401             △ 180,843
      受取利息及び受取配当金                                △ 33,013             △ 17,223
      支払利息                                 380,977              395,189
      固定資産売却損益(△は益)                                △ 87,425             △ 39,216
      固定資産除却損                                  7,962              6,132
      受取保険金                                △ 59,269              △ 2,395
      助成金収入                               △ 1,269,457              △ 266,014
      債務免除益                                    ―           △ 164,377
      債権譲渡損                                 411,207                 ―
      事業構造改善費用                                    ―            318,819
      新型コロナウイルス感染症による損失                                 672,583               91,657
      有価証券及び投資有価証券売却損益(△は益)                                △ 456,690             △ 247,574
      投資有価証券評価損益(△は益)                                   941            394,681
      関係会社株式売却損益(△は益)                                    ―            830,933
      持分法による投資損益(△は益)                                 △ 3,730             △ 5,310
      売上債権の増減額(△は増加)                                 177,778             △ 172,421
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 691,847             △ 783,171
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 447,392              305,004
      未払金の増減額(△は減少)                                △ 256,789               98,187
      未払費用の増減額(△は減少)                                △ 17,447               1,466
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 225,019             △ 221,351
      前受金の増減額(△は減少)                                △ 66,154              13,422
                                      △ 185,524             △ 346,508
      その他
      小計                                 743,288              △ 31,802
      利息及び配当金の受取額
                                        34,400              15,414
      利息の支払額                                △ 396,221             △ 387,172
      法人税等の支払額                                △ 444,016             △ 450,760
      保険金の受取額                                 59,269               2,395
      助成金収入の受取額                                1,273,153               266,554
      新型コロナウイルス感染症による損失の支払額                                △ 676,177              △ 91,657
      事業構造改善費用の支払額                                    ―           △ 48,502
                                          ―            △ 2,601
      その他
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 593,695             △ 728,132
                                 50/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                △ 91,801             △ 87,056
      定期預金の払戻による収入                                 112,900              269,205
      有形固定資産の取得による支出                               △ 1,587,528             △ 1,138,606
      有形固定資産の売却による収入                                 164,587              185,304
      無形固定資産の取得による支出                                △ 14,948              △ 4,161
      投資有価証券の取得による支出                                △ 117,066              △ 32,061
      有価証券及び投資有価証券の売却及び償還によ
                                       540,903              664,349
      る収入
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                   ※2   △  353,979
                                                        ―
      る支出
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                     ※2   21,784
                                                        ―
      る収入
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                                  ※3   △  104,555
                                          ―
      る支出
      貸付けによる支出                                △ 234,500              △ 76,808
      貸付金の回収による収入                                 202,765               19,383
      敷金及び保証金の差入による支出                                △ 81,316             △ 23,027
      敷金及び保証金の回収による収入                                 98,091              61,023
      長期前払費用の取得による支出                                △ 80,047             △ 29,675
                                        2,154             △ 1,535
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 1,418,002              △ 298,221
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 128,201             △ 701,973
      長期借入れによる収入                                2,986,700              1,745,000
      長期借入金の返済による支出                               △ 3,620,638             △ 2,414,613
      社債の発行による収入                                 980,000              120,000
      社債の償還による支出                               △ 1,934,200              △ 326,200
      セール・アンド・リースバックによる収入                                    ―            342,981
      新株予約権の発行による収入                                 36,603                ―
      株式の発行による収入                                1,191,473               236,800
      非支配株主からの払込みによる収入                                 518,841                 ―
      割賦債務の返済による支出                                △ 76,216             △ 74,079
      リース債務の返済による支出                                △ 304,496             △ 314,357
      自己株式の処分による収入                                    76               3
      自己株式の取得による支出                                 △ 1,493             △ 1,309
      配当金の支払額                                △ 159,883             △ 185,898
                                          ―            △ 7,836
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 511,435            △ 1,581,483
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   43,800              66,135
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                △ 1,291,941             △ 2,541,701
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      5,727,217              4,545,122
     非連結子会社の連結に伴う現金及び現金同等物の増
                                       109,846               45,403
     加額
                                   ※1   4,545,122            ※1   2,048,824
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 51/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
     (1)  連結子会社の数         38 社
       主要な連結子会社の名称
        株式会社アスラポート
        株式会社弘乳舎
        九州乳業株式会社
        盛田株式会社
        株式会社アルカン
       非連結子会社としておりました東栄貿易株式会社は、重要性が増したため、連結の範囲に含めております。
       連結子会社でありました加賀の井酒造株式会社他13社は株式売却等により、連結の範囲から除外しております。
     (2)  非連結子会社の名称等
       主要な非連結子会社の名称
        Japan   Traditionals       Sp.  z o.o.
      (連結の範囲から除いた理由)
       非連結子会社は、いずれも小規模会社であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰
      余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から除外して
      おります。
    2.持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法適用の関連会社の数              3 社
       主要な関連会社の名称
        小手川酒造株式会社
     (2)  持分法を適用していない主要な非連結子会社及び関連会社の名称等
        (非連結子会社)Japan           Traditionals       Sp.  z o.o.
        (関連会社)  株式会社大分フットボールクラブ
      (持分法を適用しなかった理由)
       当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結
      財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しており
      ます。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社のうち、T&S            Enterprises      (London)     Limited他11社の決算日は12月31日であります。
       連結財務諸表の作成に当たっては、連結子会社の決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決算
      日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
       上記以外の連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
    4.会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      イ 有価証券
        その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
          時価法
          (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
         市場価格のない株式等
          移動平均法による原価法
                                 52/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ロ デリバティブ
        時価法
      ハ 棚卸資産
        通常の販売目的で保有する棚卸資産
         評価基準は原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        a 製品・商品・原材料・仕掛品
          主として移動平均法
        b 貯蔵品
          先入先出法
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
      イ 有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法によっております。
        ただし、一部の連結子会社ついては、定額法によっています。また、1998年4月1日以降に取得した建物(建
       物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法によってお
       ります。
        主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物及び構築物
         2年~65年
        機械装置及び運搬具
         2年~32年
      ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法によっております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
       ます。
      ハ リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
     (3)  重要な引当金の計上基準
      イ 貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見積額を計上しております。
      ロ 賞与引当金
        従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
      ハ 店舗閉鎖損失引当金
        店舗の閉鎖に伴い発生する損失に備えるため、今後発生すると見込まれる損失について、合理的に見積られる
       金額を計上しております。
      ニ 債務保証損失引当金
        債務保証に係る損失に備えるため、被保証先の財政状態等を勘案し、損失負担見込額を計上しております。
      ホ 事業構造改善引当金
        事業構造改善に伴い発生する費用及び損失に備えるため、その発生見込み額を計上しております。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法
      イ 退職給付見込額の期間帰属方法
        一部の連結子会社は退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させ
       る方法については、給付算定式基準によっております。また、一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退
       職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用し
       ております。
                                 53/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ロ 過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(9年)による定額法により費用
       処理しております。
      ハ 数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間の定額法により按
       分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度より費用処理しております。
     (5)  重要な収益及び費用の計上基準
       当社及び連結子会社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該履
      行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下のとおりであります。
        商品及び製品の販売、サービスの提供
        生産事業においては、牛乳、乳製品、酒類、調味料の製造及び販売、流通事業においては業務用食材の販売、
       販売事業においては外食サービスの提供を主に行っております。
        このような商品及び製品の販売、サービスの提供については、顧客に商品及び製品、サービスそれぞれを引き
       渡した時点で収益を認識しております。
        なお、商品の販売のうち、当社及び連結子会社が代理人に該当すると判断したものについては、他の当事者が
       提供する商品と交換に受け取る額から当該他の当事者に支払う額を控除した純額を収益として認識しておりま
       す。
     (6)  重要な外貨建ての資産又は負債の本邦通貨への換算基準
       外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
      す。なお、在外子会社等の資産及び負債、収益及び費用は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算
      差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。
     (7)  重要なヘッジ会計の方法
      イ ヘッジ会計の方法
        金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
      ロ ヘッジ手段とヘッジ対象
        ヘッジ手段………金利スワップ
        ヘッジ対象………借入金
      ハ ヘッジ方針
        借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っております。
      ニ ヘッジ有効性評価の方法
        特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。
     (8)  のれんの償却方法及び償却期間
       のれんの償却については、その効果の及ぶ合理的な期間で均等償却を行っております。
     (9)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
       手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
      わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
    (10)   その他連結財務諸表作成のための重要な事項
      イ 繰延資産の処理方法
        社債発行費については、社債の償還までの期間にわたり定額法により償却しております。
      ロ グループ通算制度の適用
        グループ通算制度を適用しております。
                                 54/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (重要な会計上の見積り)
       (有形固定資産、無形固定資産の減損判定におけるキャッシュ・フロー予測の計算に用いた重要な仮定)
       1.当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                       前連結会計年度          当連結会計年度
         有形固定資産             17,640,726千円          14,906,629千円
         無形固定資産              3,251,439千円          2,587,444千円
         減損損失              1,403,359千円           185,418千円
       2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         当社及び連結子会社は、有形固定資産、無形固定資産について、減損判定を行っております。その判定にお
        ける回収可能価額の算定において、将来のキャッシュ・フロー、割引率等について仮定を設定しております。
         これらの仮定については、経営者の最善の見積りにより決定しておりますが、将来の不確実な経済条件の変
        動結果によって影響を受ける可能性があり、見直しが必要となった場合、翌連結会計年度の連結財務諸表に重
        要な影響を与える可能性があります。
      (会計方針の変更)

       (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                    2021年6月17日。以下「時価算定
      会計基準適用指針」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に定める
      経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することとし
      ております。なお、連結財務諸表に与える影響はありません。
                                 55/112













                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)
       (電子記録移転有価証券表示権利等の発行及び保有の会計処理及び開示に関する取扱い)
       ・「電子記録移転有価証券表示権利等の発行及び保有の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第43
        号 2022年8月26日)
      (1) 概要

        株式会社が「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号。)第1条第4項第17号に規定
       される「電子記録移転有価証券表示権利等」を発行又は保有する場合の会計処理及び開示に関する取扱いを定め
       るもの。
      (2) 適用予定日

        2024年3月期の期首から適用します。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
       (法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準等)

       ・「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」(企業会計基準第27号 2022年10月28日)
       ・「包括利益の表示に関する会計基準」(企業会計基準第25号 2022年10月28日)
       ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2022年10月28日)
      (1) 概要

        その他の包括利益に対して課税される場合の法人税等の計上区分及びグループ法人税制が適用される場合の子
       会社株式等の売却に係る税効果の取扱いを定めるもの。
      (2) 適用予定日

        2025年3月期の期首から適用します。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      (表示方法の変更)

       (連結貸借対照表)
       前連結会計年度において、「流動負債」の「その他」に含めていた「未払費用」は、負債純資産合計の100分の
      5を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することといたしました。この表示方法の変更を反映させるため、
      前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「その他」に表示していた4,803,787千
      円は、「未払費用」2,297,655千円、「その他」2,506,131千円として組み替えております。
       (連結損益計算書)
       前連結会計年度において、独立掲記しておりました「特別損失」の「新型コロナウイルス感染症による損失」
      は、特別損失の総額の100分の10以下となったため、当連結会計年度より「特別損失」の「その他」に含めて表示
      しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っておりま
      す。
       この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「特別損失」に表示していた「新型コロナウイルス感染
      症による損失」672,583千円、「その他」336,519千円は、「特別損失」の「その他」1,009,102千円として組み替
      えております。
                                 56/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
    ※1.非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。
                               前連結会計年度                当連結会計年度

                              ( 2022年3月31日       )        ( 2023年3月31日       )
        投資有価証券(株式)                         335,355千円                229,932千円
        その他(投資その他の資産(出資
                                 61,669千円                61,499千円
        金))
    ※2.担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              ( 2022年3月31日       )         ( 2023年3月31日       )
                                               ―  千円
        現金及び預金                    171,200千円
        売掛金                   1,726,416千円                 1,704,970千円
        商品及び製品                   1,105,649千円                 1,373,456千円
        建物及び構築物(うち、財団抵当
                           1,454,822千円        (348,491千円)         853,624千円       (318,418千円)
        分)
        機械装置及び運搬具(うち、財団抵
                            134,117千円          (0千円)      107,420千円          (0千円)
        当分)
        土地(うち、財団抵当分)                   8,714,132千円       (3,200,730千円)         7,857,888千円       (3,200,730千円)
        投資有価証券                    432,612千円                 334,063千円
        その他(投資その他の資産)                    126,333千円                 121,233千円
        計                   13,865,284千円        (3,549,222千円)         12,352,656千円        (3,519,149千円)
     (注)上記のほか、連結上消去されている子会社株式について前連結会計年度末14,913,975千円、当連結会計年度末 
        14,913,975千円を担保に供しております。
       担保付債務は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              ( 2022年3月31日       )         ( 2023年3月31日       )
        短期借入金(うち、財団抵当分)                   7,720,534千円       (2,739,705千円)         6,832,727千円       (2,475,347千円)
        1年内償還予定の社債                     18,200千円                 93,600千円
        1年内返済予定の長期借入金(う
                            846,131千円        (60,000千円)         544,276千円        (30,000千円)
        ち、財団抵当分)
                                               ―  千円
        社債                     93,600千円
        長期借入金(うち、財団抵当分)                   3,957,547千円        (535,000千円)        3,195,847千円        (510,000千円)
        計                   12,636,013千円        (3,334,705千円)         10,666,451千円        (3,015,347千円)
     3.一部の連結子会社は、資金調達の機動性を高めるため、取引銀行と当座貸越契約を締結しております。なお、当

       連結会計年度末における当融資枠に基づく借入の実行状況は次のとおりであります。
       (1)  円建取引

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                              ( 2022年3月31日       )         ( 2023年3月31日       )
        当座貸越限度額                        5,944,356千円                 4,312,380千円
        借入実行残高                        5,090,756千円                 3,592,380千円
        差引額                         853,600千円                 720,000千円
       (2)  ドル建取引

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                              ( 2022年3月31日       )         ( 2023年3月31日       )
        当座貸越限度額                    138,024千円       (1,200千ドル)         159,240千円       (1,200千ドル)
                             ―  千円    ( ―  千ドル)        ―  千円    ( ―  千ドル)
        借入実行残高
        差引額                    138,024千円       (1,200千ドル)         159,240千円       (1,200千ドル)
    ※4.貸株に提供している投資有価証券は、次のとおりであります。

                                 57/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2022年3月31日       )         ( 2023年3月31日       )
        投資有価証券                         11,400千円                 12,150千円
     5.保証債務

       連結会社以外の会社の金融機関等からの借入債務に対し、保証を行っております。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2022年3月31日       )         ( 2023年3月31日       )
                                 ―  千円
        株式会社TOMONIゆめ牧舎                                        243,668千円
                                 ―  千円
        中川酒造株式会社                                        33,232千円
                                 ―  千円
        千代菊株式会社                                        30,000千円
                                 ―  千円
        加賀の井酒造株式会社                                        11,184千円
                                 ―  千円
        計                                        318,084千円
      (連結損益計算書関係)

    ※1.顧客との契約から生じる収益
       売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との
      契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)                                  1.顧客との契約から生じる収益を分解
      した情報」に記載しております。
    ※2.固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                             至   2022年3月31日       )       至   2023年3月31日       )
                                  ―  千円
        建物及び構築物                                           900千円
        機械装置及び運搬具                          2,474千円                13,523千円
        土地                         25,652千円                 23,388千円
        その他                         59,673千円                 1,800千円
        計                         87,800千円                 39,613千円
    ※3.固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                             至   2022年3月31日       )       至   2023年3月31日       )
        機械装置及び運搬具                           369千円                 39千円
                                  ―  千円
        土地                                           357千円
        その他                            5千円                 0千円
        計                           375千円                 396千円
    ※4.固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                             至   2022年3月31日       )       至   2023年3月31日       )
        建物及び構築物                           262千円                 758千円
        機械装置及び運搬具                           318千円                 109千円
        その他                          7,381千円                 5,265千円
        計                          7,962千円                 6,132千円
                                 58/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    ※5.減損損失
       当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
       前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
                                                減損損失
         地域             用途             種類
                                                 (千円)
         関東            直営店舗等              のれん等                  956,109
         九州            直営店舗等            建物及び構築物等                     50,348
         四国             工場等             のれん等                  282,896
         東北              ―            のれん                  73,781
         その他            直営店舗等            建物及び構築物等                     40,223
                       合計                             1,403,359
       当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として事業または店舗を基本単位としてグルーピング
      しております。
       営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである固定資産等について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、
      当該減少額を減損損失(1,403,359千円)として特別損失に計上しております。その内訳は、建物及び構築物
      319,367千円、機械装置及び運搬具72,570千円、その他39,523千円、のれん971,898千円であります。
       なお、回収可能価額は正味売却価額または使用価値により測定しており、正味売却価額は処分見込額により算定
      し、使用価値については将来キャッシュ・フローを主として2.59%で割り引いて算定しております。
       当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

                                                減損損失
         地域             用途             種類
                                                 (千円)
         関東            直営店舗等            建物及び構築物等                    134,264
         九州            直営店舗等              土地等                  51,154
                       合計                              185,418
       当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として事業または店舗を基本単位としてグルーピング
      しております。
       営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである固定資産等について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、
      当該減少額を減損損失(185,418千円)として特別損失に計上しております。その内訳は、建物及び構築物70,004千
      円、土地37,053千円、その他22,103千円、のれん56,257千円であります。
       なお、回収可能価額は正味売却価額または使用価値により測定しており、正味売却価額は処分見込額により算定
      しております。
                                 59/112









                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
    ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                              (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                               至   2022年3月31日       )     至   2023年3月31日       )
        その他有価証券評価差額金:
          当期発生額                        △514,538千円              △248,959千円
                                △398,053千円                211,145千円
          組替調整額
            税効果調整前
                                △912,591千円               △37,813千円
                                 224,562千円               63,841千円
            税効果額
          その他有価証券評価差額金
                                △688,029千円                26,027千円
        為替換算調整勘定:
                                △121,986千円                26,359千円
         当期発生額
        退職給付に係る調整額:
                                   ―  千円
          当期発生額                                        14,060千円
                                △61,029千円              △74,876千円
          組替調整額
            税効果調整前
                                △61,029千円              △60,816千円
                                 19,945千円              20,051千円
            税効果額
          退職給付に係る調整額
                                △41,083千円              △40,764千円
        その他の包括利益合計                        △851,099千円                11,623千円
      (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                 株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
    発行済株式数
     普通株式
                   41,929,936           4,132,200              ―       46,062,136
    (注)1
        合計           41,929,936           4,132,200              ―       46,062,136
    自己株式
     普通株式
                     30,901           4,140            210         34,831
    (注)2、3
        合計             30,901           4,140            210         34,831
     (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加4,132,200株は、第三者割当による新株の発行による増加639,700株、新株
         予約権の権利行使による新株の発行による増加3,492,500株であります。
       2.普通株式の自己株式の株式数の増加4,140株は、単元未満株式の買取りによる増加4,140株であります。
       3.普通株式の自己株式の株式数の減少210株は、単元未満株式の買増請求による減少210株であります。
                                 60/112






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
                              新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                   当連結会計
                      新株予約権の
      区分      新株予約権の内訳          目的となる株                              年度末残高
                            当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                       式の種類
                                                    (千円)
                             年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社      第9回新株予約権
                       普通株式         ―  8,300,000      3,492,500      4,807,500       21,201
    (親会社)      (注)1、2
               合計                 ―  8,300,000      3,492,500      4,807,500       21,201
     (注)1.第9回新株予約権の当連結会計年度の増加は、新株予約権の発行によるものであります。
       2.第9回新株予約権の当連結会計年度の減少は、新株予約権の行使によるものであります。
     3.配当に関する事項

     (1) 配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
    2021年5月14日
                普通株式           167,596            4  2021年3月31日         2021年6月15日
    取締役会
     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議       株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
    2022年5月13日
               普通株式      資本剰余金         184,109          4  2022年3月31日         2022年6月10日
    取締役会
     当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                 株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
    発行済株式数
     普通株式
                   46,062,136            775,000             ―       46,837,136
    (注)1
        合計           46,062,136            775,000             ―       46,837,136
    自己株式
     普通株式
                     34,831           3,904            10         38,725
    (注)2、3
        合計             34,831           3,904            10         38,725
     (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加775,000株は、新株予約権の権利行使による新株の発行による増加775,000
         株であります。
       2.普通株式の自己株式の株式数の増加3,904株は、単元未満株式の買取りによる増加3,904株であります。
       3.普通株式の自己株式の株式数の減少10株は、単元未満株式の買増請求による減少10株であります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                              新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                   当連結会計
                      新株予約権の
      区分      新株予約権の内訳          目的となる株                              年度末残高
                            当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                       式の種類
                                                    (千円)
                             年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社      第9回新株予約権
                       普通株式      4,807,500         ―   775,000     4,032,500       17,783
    (親会社)      (注)
               合計              4,807,500         ―   775,000     4,032,500       17,783
     (注)第9回新株予約権の当連結会計年度の減少は、新株予約権の行使によるものであります。
                                 61/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     3.配当に関する事項
     (1) 配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
    2022年5月13日
                普通株式           184,109            4  2022年3月31日         2022年6月10日
    取締役会
     (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

       該当事項はありません。
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                           至   2022年3月31日       )       至   2023年3月31日       )
        現金及び預金勘定                      4,869,433千円                 2,093,805千円
        預入期間が3ヶ月を超える
                              △324,310千円                 △44,980千円
        定期預金
          現金及び現金同等物                      4,545,122千円                 2,048,824千円
    ※2.株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

       前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
       当連結会計年度において株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の額は、重要性が乏し
      いため記載を省略しております。
       当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

       該当事項はありません。
    ※3.株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

       前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
       該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

       アスラポート株式会社及びその子会社
        流動資産                                 85,929千円

        固定資産                               1,265,605千円
        流動負債                                △86,547千円
        固定負債                               △876,121千円
        為替換算調整勘定                                 41,414千円
        連結除外に伴う利益剰余金の増加                                △91,897千円
                                        180,113千円
        株式売却益
        連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却価額
                                        518,496千円
        対価として受け取った有価証券                               △518,496千円
                                       △72,285千円
        連結子会社の現金及び現金同等物
        差引:連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による支出                                △72,285千円
                                 62/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       各酒造会社10社((企業結合等関係)に詳細記載。)
        流動資産                               2,726,043千円

        固定資産                               1,997,295千円
        のれん                                 23,478千円
        流動負債                              △1,427,161千円
        固定負債                              △1,952,183千円
                                       △969,700千円
        株式売却損
        連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却価額
                                        397,772千円
                                       △412,965千円
        連結子会社の現金及び現金同等物
        差引:連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による支出                                △15,192千円
       なお、その他当連結会計年度において株式の売却により新たに連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の額

      は、重要性が乏しいため記載を省略しております。
      (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については原則として短期的な預金等に限定し、資金調達については銀行等金融機
       関からの借入や社債発行により調達する方針であります。デリバティブは、金利変動リスクを回避するために利
       用しており、投機的な取引は行っておりません。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
         営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されておりますが、回収までの期間はおおむね
       短期であり、また、取引先ごとの期日管理及び残高管理を定期的に行いリスク低減を図っております。 
        投資有価証券は市場価格の変動リスクに晒されておりますが、主に取引先企業との業務・資本提携等関係強化
       を目的として中長期的に保有することを原則としております。
        貸付金については、当社グループ各社の担当部門が取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引先ごとに期
       日及び残高を管理するとともに、財務状況の悪化等による回収懸念の軽減を図っております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は支払までの期間はおおむね短期であります。
        借入金、社債については、運転資金(主として短期)及びM&A、設備投資資金(長期)であります。
      (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額の他、市場価格がない場合には、合理的に算定された価額が含ま
       れております。
                                 63/112








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       前連結会計年度(        2022年3月31日       )

                     連結貸借対照表計上額

                                   時価(千円)            差額(千円)
                        (千円)
    (1)   投資有価証券
        その他有価証券                     857,859            857,859               ―
    (2)   長期貸付金
                            291,748
        貸倒引当金(*3)                    △10,440
                            281,307            280,803             △504
      資産計
                           1,139,167            1,138,662              △504
    (1)   社債
                            299,800            299,111             △688
    (2)   長期借入金
                           11,501,499            11,429,194             △72,305
      負債計
                           11,801,299            11,728,305             △72,993
      (*1)     「現金及び預金」、「受取手形」、「売掛金」、「支払手形及び買掛金」、「短期借入金」、「未払法人税
         等」については、現金であること、及び短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであること
         から、記載を省略しております。
      (*2)    市場価格のない株式等は、「(1)投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸借対照表
         計上額は以下のとおりであります。
                                前連結会計年度
                 区分
                                ( 2022年3月31日       )
         非上場株式                         415,315千円
         非連結子会社株式及び関連会社株式                         335,355千円
      (*3)    長期貸付金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
       当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                     連結貸借対照表計上額

                                   時価(千円)            差額(千円)
                        (千円)
    (1)   投資有価証券
        その他有価証券                     586,693            586,693               ―
    (2)   長期貸付金
                            303,081            302,452             △628
      資産計
                            889,775            889,146             △628
    (1)   社債
                             93,600            93,744              144
    (2)   長期借入金
                           8,707,895            8,579,638            △128,256
      負債計
                           8,801,495            8,673,382            △128,112
      (*1)     「現金及び預金」、「受取手形」、「売掛金」、「支払手形及び買掛金」、「短期借入金」、「未払法人税
         等」については、現金であること、及び短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであること
         から、記載を省略しております。
      (*2)    市場価格のない株式等は、「(1)投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸借対照表
         計上額は以下のとおりであります。
                                当連結会計年度
                 区分
                                ( 2023年3月31日       )
         非上場株式                         319,677千円
         非連結子会社株式及び関連会社株式                         229,932千円
                                 64/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (注)1.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
         前連結会計年度(        2022年3月31日       )

                                1年超         5年超

                      1年以内                            10年超
                               5年以内         10年以内
                      (千円)                            (千円)
                               (千円)         (千円)
         長期貸付金                5,574        235,422          49,451          1,300
             合計             5,574        235,422          49,451          1,300
         当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                1年超         5年超

                      1年以内                            10年超
                               5年以内         10年以内
                      (千円)                            (千円)
                               (千円)         (千円)
         長期貸付金                55,294         247,786            ―         ―
             合計            55,294         247,786            ―         ―
       2.借入金等の連結決算日後の返済予定額

         前連結会計年度(        2022年3月31日       )

                           1年超      2年超      3年超      4年超

                    1年以内                                5年超
                          2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                    (千円)                                (千円)
                          (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         社債           146,200       38,200      38,200      38,200      18,200      20,800
         長期借入金          2,841,147      1,747,582      2,031,601      1,150,653       967,059     2,763,453
             合計       2,987,347      1,785,782      2,069,801      1,188,853       985,259     2,784,253
         当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                           1年超      2年超      3年超      4年超

                    1年以内                                5年超
                          2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                    (千円)                                (千円)
                          (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         社債            93,600        ―      ―      ―      ―      ―
         長期借入金          1,831,125      1,516,019      1,214,196      1,014,324       994,713     2,137,516
             合計       1,924,725      1,516,019      1,214,196      1,014,324       994,713     2,137,516
       3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

         金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに
        分類しております。
          レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該
                   時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
          レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の
                   算定に係るインプットを用いて算定した時価
          レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
          時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ
        属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
                                 65/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       (1)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品
         前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                    時価(千円)
              区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
          投資有価証券
           その他有価証券
           株式               857,859           ―         ―      857,859
              資産計            857,859           ―         ―      857,859
         当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                    時価(千円)
              区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
          投資有価証券
           その他有価証券
           株式               586,693           ―         ―      586,693
              資産計            586,693           ―         ―      586,693
       (2)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

         前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                    時価(千円)
              区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
          長期貸付金                   ―      280,803           ―      280,803
              資産計               ―      280,803           ―      280,803
          社債                   ―      299,111           ―      299,111
          長期借入金                   ―     11,429,194             ―     11,429,194
              負債計               ―     11,728,305             ―     11,728,305
         当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                    時価(千円)
              区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
          長期貸付金                   ―      302,452           ―      302,452
              資産計               ―      302,452           ―      302,452
          社債                   ―       93,744           ―       93,744
          長期借入金                   ―     8,579,638            ―     8,579,638
              負債計               ―     8,673,382            ―     8,673,382
         (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

            投資有価証券
            上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その
           時価をレベル1の時価に分類しております。
            長期貸付金
            長期貸付金の時価は、一定の期間ごとに分類し、与信管理上の信用リスク区分ごとに、その将来
           キャッシュ・フローと国債の利回り等適切な指標に信用スプレッドを上乗せした利率を基に割引現在価
           値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。また、貸倒懸念債権の時価は、同様の
           割引率による見積キャッシュ・フローの割引現在価値、又は、担保及び保証による回収見込額等を基に
           割引現在価値法により算定しており、時価に対して観察できないインプットによる影響額が重要ではな
           いためレベル2の時価に分類しております。
            社債、並びに長期借入金
            これらの時価は、元利金の合計額と、当該債務の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に、割
           引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております
                                 66/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
     1.その他有価証券
       前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                           連結貸借対照表

                   種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                           計上額(千円)
               (1)  株式
                                503,201           230,522           272,678
               (2)  債券
                                  ―           ―           ―
                ①   国債・地方債等
                                  ―           ―           ―
    連結貸借対照表計上
                ②   社債
    額が取得原価を超え                              ―           ―           ―
    るもの
                ③   その他
                                  ―           ―           ―
               (3)  その他
                                  ―           ―           ―
                   小計             503,201           230,522           272,678
               (1)  株式
                                354,658           614,419          △259,761
               (2)  債券
                                  ―           ―           ―
                ①   国債・地方債等
                                  ―           ―           ―
    連結貸借対照表計上
                ②   社債
    額が取得原価を超え                              ―           ―           ―
    ないもの
                ③   その他
                                  ―           ―           ―
               (3)  その他
                                  ―           ―           ―
                   小計             354,658           614,419          △259,761
             合計                  857,859           844,942           12,917
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額415,315千円)については、市場価格のない株式等のため、上表の「その他
        有価証券」には含めておりません。
                                 67/112











                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度(        2023年3月31日       )
                           連結貸借対照表

                   種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                           計上額(千円)
               (1)  株式
                                165,332           117,218           48,113
               (2)  債券
                                  ―           ―           ―
                ①   国債・地方債等
                                  ―           ―           ―
    連結貸借対照表計上
                ②   社債
    額が取得原価を超え                              ―           ―           ―
    るもの
                ③   その他
                                  ―           ―           ―
               (3)  その他
                                  ―           ―           ―
                   小計             165,332           117,218           48,113
               (1)  株式
                                421,361           494,196          △72,834
               (2)  債券
                                  ―           ―           ―
                ①   国債・地方債等
                                  ―           ―           ―
    連結貸借対照表計上
                ②   社債
    額が取得原価を超え                              ―           ―           ―
    ないもの
                ③   その他
                                  ―           ―           ―
               (3)  その他
                                  ―           ―           ―
                   小計             421,361           494,196          △72,834
             合計                  586,693           611,415          △24,721
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額319,677千円)については、市場価格のない株式等のため、上表の「その他
        有価証券」には含めておりません。
     2.連結会計年度中に売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自          2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
         種類           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
    株式                      562,495             398,053               398

    債券                        ―             ―             ―
    その他                        ―             ―             ―
         合計                 562,495             398,053               398
        売却の理由
         経営資源の有効活用を図るためであります。
       当連結会計年度(自          2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

         種類           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
    株式                      664,333             194,736             111,303

    債券                        ―             ―             ―
    その他                        ―             ―             ―
         合計                 664,333             194,736             111,303
        売却の理由
         経営資源の有効活用を図るためであります。
                                 68/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     3.減損処理を行った有価証券
       前連結会計年度(自          2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
        有価証券について941千円(その他有価証券の株式941千円)の減損処理を行っております。
        なお、減損処理にあたっては、期末における時価等が取得価額に比べ著しく下落した場合に、回収可能性を考
       慮して必要と認められた額について減損処理を行っております。
       当連結会計年度(自          2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

        有価証券について394,681千円(その他有価証券の株式294,681千円、関連会社株式100,000千円)の減損処理を
       行っております。
        なお、減損処理にあたっては、期末における時価等が取得価額に比べ著しく下落した場合に、回収可能性を考
       慮して必要と認められた額について減損処理を行っております。
      (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
      一部の連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を採用しており、確定
     拠出型の制度として、特定退職金共済制度及び中小企業退職金共済制度を採用しております。
      なお、さらに一部の連結子会社は簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                                至   2022年3月31日       )     至   2023年3月31日       )
      退職給付債務の期首残高                           1,599,009千円              1,553,712千円
       勤務費用                           121,288千円              121,504千円
       利息費用                            4,797千円              4,689千円
                                     ―  千円
       数理計算上の差異の発生額                                         △18,821千円
       退職給付の支払額                          △171,382千円               △77,154千円
      退職給付債務の期末残高                           1,553,712千円              1,583,930千円
     (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                                至   2022年3月31日       )     至   2023年3月31日       )
      年金資産の期首残高                           2,241,712千円              2,218,692千円
       期待運用収益                            22,417千円              22,695千円
                                     ―  千円
       数理計算上の差異の発生額                                          △1,066千円
       事業主からの拠出額                           125,944千円              125,137千円
       退職給付の支払額                          △171,382千円               △77,154千円
      年金資産の期末残高                           2,218,692千円              2,288,304千円
                                 69/112







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                                至   2022年3月31日       )     至   2023年3月31日       )
      退職給付に係る負債の期首残高                            704,456千円              887,311千円
                                                   ―  千円
       新規連結子会社の取得に伴う増加額                           221,270千円
       退職給付費用                            53,136千円              21,099千円
       退職給付の支払額                           △83,897千円              △94,027千円
       制度への拠出額                           △8,140千円              △6,924千円
       その他                             485千円           △105,408千円
      退職給付に係る負債の期末残高                            887,311千円              702,051千円
      (注)「その他」は連結子会社の退職給付制度の移行に伴う減少額及び連結子会社の除外に伴う減少額等でありま
        す。
     (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

      産の調整表
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2022年3月31日       )       ( 2023年3月31日       )
      積立型制度の退職給付債務                           1,546,386千円              1,565,438千円
      年金資産                          △2,218,692千円              △2,288,304千円
                                  △672,305千円              △722,866千円
      非積立型制度の退職給付債務                            894,638千円              720,543千円
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            222,332千円              △2,322千円
      退職給付に係る負債                            912,258千円              720,543千円

      退職給付に係る資産                           △689,925千円              △722,866千円
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            222,332千円              △2,322千円
      (注)簡便法を適用した制度を含んでおります。
     (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                                至   2022年3月31日       )     至   2023年3月31日       )
      勤務費用                            174,425千円              142,603千円
      利息費用                             4,797千円              4,689千円
      期待運用収益                            △22,417千円              △22,695千円
      数理計算上の差異の費用処理額                            △62,146千円              △75,993千円
      過去勤務費用の費用処理額                             1,117千円              1,117千円
      確定給付制度に係る退職給付費用                             95,775千円              49,721千円
     (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、勤務費用に計上しております。
     (6)  退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                                至   2022年3月31日       )     至   2023年3月31日       )
      過去勤務費用                             1,117千円              1,117千円
      数理計算上の差異                            △62,146千円              △61,933千円
      合計                            △61,029千円              △60,816千円
                                 70/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (7)  退職給付に係る調整累計額
       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2022年3月31日       )       ( 2023年3月31日       )
      未認識過去勤務費用                            △7,823千円              △6,705千円
      未認識数理計算上の差異                            275,097千円              213,163千円
      合計                            267,274千円              206,458千円
     (8)  年金資産に関する事項

      ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2022年3月31日       )       ( 2023年3月31日       )
      債券                                62%              63%
      株式                                34%              34%
      現金及び預金                                 4%              3%
      合計                                100%              100%
      ②長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                                至   2022年3月31日       )     至   2023年3月31日       )
      割引率                               0.30%              0.30%
      長期期待運用収益率                               1.00%              1.00%
    3.確定拠出制度

      一部の連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度2,456千円、当連結会計年度1,884千円でありま
     す。
      (ストック・オプション等関係)

    1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                                                      ―  千円
    その他特別利益(新株予約権戻入益)                               2,840千円
                                 71/112






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                  ( 2022年3月31日       )     ( 2023年3月31日       )
      繰延税金資産
       税務上の繰越欠損金(注)2                             2,863,965千円             3,053,908千円
        減損損失                               694,854千円             218,128千円
       貸倒引当金
                                     755,261千円             941,998千円
        資産除去債務                               302,743千円             242,177千円
       減価償却超過額
                                     201,472千円             490,111千円
       投資有価証券評価損                               106,828千円             365,535千円
       土地等評価差額金                               145,341千円             150,804千円
       退職給付に係る負債                               103,423千円             72,089千円
       貸倒損失                               157,010千円             158,953千円
       閉鎖損失                                4,365千円             2,858千円
       その他有価証券評価差額金                               44,289千円             55,127千円
       未払費用                               75,834千円             71,127千円
       賞与引当金                               12,511千円             24,462千円
        未払事業税                               20,088千円             3,036千円
                                     389,963千円             443,183千円
        その他
      繰延税金資産小計
                                    5,877,954千円             6,293,505千円
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △2,843,851千円             △3,027,397千円
                                   △2,689,271千円             △2,927,583千円
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
      評価性引当額小計(注)1                             △5,533,123千円             △5,954,981千円
      繰延税金資産合計                               344,831千円             338,524千円
      繰延税金負債

       土地等評価差額金                              △833,978千円             △680,508千円
       退職給付に係る資産                              △232,891千円             △243,348千円
       資産除去債務に対応する除去費用                              △86,261千円             △63,304千円
       その他有価証券評価差額金                              △51,383千円             △7,711千円
                                    △109,052千円             △118,576千円
       その他
      繰延税金負債合計                             △1,313,568千円             △1,113,450千円
      繰延税金資産(負債)の純額                              △968,736千円             △774,926千円
     (注)   1.評価性引当額が421,858千円増加しております。この増加の主な内容は、連結子会社株式会社アスラポート
         において税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額186,753千円が増加したことに伴うものであります。
                                 72/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        前連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                                  (単位:千円)
                         1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                          5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
         税務上の繰越欠損金(a)            170,072     640,780      17,012     38,280     99,517     1,898,303       2,863,965
         評価性引当額           △149,958     △640,779      △17,012     △38,280     △99,517     △1,898,303       △2,843,851
         繰延税金資産            20,113       0     ―     ―     ―      ―    (b)20,114
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)  税務上の繰越欠損金2,863,965千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産20,114千円を計上
         しております。当該繰延税金資産20,114千円は、連結子会社式会社アルテゴ、モリヨシ株式会社、株式会社
         ASOジャパン及び株式会社プリマパスタにおける税務上の繰越欠損金の残高193,468千円(法定実効税率
         を乗じた額)の一部について認識したものであります。当該繰延税金資産は将来の課税所得の見込みによ
         り、回収可能と判断し評価性引当額を認識しておりません。
        当連結会計年度(        2023年3月31日       )

                                                  (単位:千円)
                         1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                          5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
         税務上の繰越欠損金(a)            90,379     7,871      616    59,439     55,258     2,840,342       3,053,908
         評価性引当額           △63,868     △7,871      △616    △59,439     △55,258     △2,840,342       △3,027,397
         繰延税金資産            26,510       ―     ―     ―     ―      ―    (b)26,510
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)  税務上の繰越欠損金3,053,908千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産26,510千円を計上
         しております。当該繰延税金資産26,510千円は、連結子会社式会社アルテゴにおける税務上の繰越欠損金の
         残高178,232千円(法定実効税率を乗じた額)の一部について認識したものであります。当該繰延税金資産
         は将来の課税所得の見込みにより、回収可能と判断し評価性引当額を認識しておりません。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
      前連結会計年度(        2022年3月31日       )及び当連結会計年度(           2023年3月31日       )につきましては、税金等調整前当期純
     損失を計上しているため注記を省略しております。
    3.法人税及び地方法人税の会計処理又はこれらに関する税効果会計の会計処理

      当社及び一部の国内連結子会社は、当連結会計年度から、グループ通算制度を適用しております。また、「グルー
     プ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第42号 2021年8月12日)に従っ
     て、法人税及び地方法人税の会計処理又はこれらに関する税効果会計の会計処理並びに開示を行っております。
                                 73/112








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (企業結合等関係)
      事業分離
     Ⅰ.アスラポート株式会社
      1.事業分離の概要
        当社は2022年6月15日開催の取締役会決議に基づき、2022年7月1日付で当社の連結子会社である株式会社ア
       スラポート(以下「AR社」)の居酒屋、ラーメン事業(以下「対象事業」)を、新設分割により新設会社に承
       継させ、さらに、新設会社の全株式を株式会社小僧寿しに譲渡いたしました。
       (1)  会社分割による事業分離先企業の名称及び株式譲渡先企業の名称
         ①会社分割による事業分離先企業の名称                     アスラポート株式会社
         ②株式譲渡先企業の名称                     株式会社小僧寿し
       (2)  分離した事業の名称及び事業の内容
         事業の名称        居酒屋、ラーメン事業
         事業の内容        「どさん子ラーメン」、「ぢどり亭」、「DELIS(デリズ)」、                               「らーめん      みそ
                 膳」、「浪花屋        鳥造」、「らー麺         藤平」、     「キムカツ」、「らーめん             大」、「旨
                 辛至福研究飯店        陳  麻家」などの運営及びフランチャイズ事業
       (3)  事業分離を行った理由
         当社グループの根幹である「食のグローバル・バリューチェーンの構築」の経営方針の下で、事業ポート
        フォリオの見直しを行った結果、アスラポート株式会社の株式の譲渡を実施することといたしました。
       (4)  会社分割日及び株式譲渡日
         2022年7月1日
       (5)  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         ①会社分割        AR社を分割会社とし、本新設会社に対して対象事業に関する権利・義務を承継させる新
                 設分割
         ②株式譲渡        受取対価を株式のみとする現物出資
      2.実施した会計処理の概要

       (1)  移転損益の金額
         投資有価証券売却益              180,113千円
       (2)  分離した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
         流動資産              85,929千円
         固定資産             1,265,605千円
         資産合計             1,351,534千円
         流動負債              86,547千円

         固定負債              876,121千円
         負債合計              962,669千円
       (3)  会計処理
         「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 2013年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事
        業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、処理して
        おります。
      3.分離した事業が含まれていた報告セグメント

        販売セグメント
      4.当連結会計年度に係る連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

        売上高               292,013千円
        営業損失               23,910千円
                                 74/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     Ⅱ.株式会社TBJ
      1.事業分離の概要
        当社は2022年9月6日開催の取締役会決議に基づき、2022年10月3日付で当社の連結子会社である株式会社T
       Bジャパン(以下「TB社」)のメキシカン・ファストフードブランド「Taco                                      Bell」の運営(以下「対象事
       業」)を、新設分割により新設会社に承継させ、さらに、本新設会社の全株式を株式会社小僧寿しに譲渡いたし
       ました。
       (1)  会社分割による事業分離先企業の名称及び株式譲渡先企業の名称
         ①会社分割による事業分離先企業の名称                     株式会社TBJ
         ②株式譲渡先企業の名称                     株式会社小僧寿し
       (2)  分離した事業の名称及び事業の内容
                 「Taco    Bell」事業
         事業の名称
         事業の内容        メキシカン・ファストフードブランド「Taco                     Bell」の運営
       (3)  事業分離を行った理由
         当社グループの根幹である「食のグローバル・バリューチェーンの構築」の経営方針の下で、事業ポート
        フォリオの見直しを行った結果、株式会社TBJの株式の譲渡を実施することといたしました。
       (4)  事業分離日
         2022年10月3日
       (5)  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         ①会社分割        TB社を分割会社とし、本新設会社に対して対象事業に関する権利・義務を承継させる新
                 設分割
         ②株式譲渡        受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
      2.実施した会計処理の概要

       (1)  移転損益の金額
         投資有価証券売却損              15,971千円
       (2)  分離した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
         流動資産               1,000千円
         固定資産              108,668千円
         資産合計              109,668千円
         流動負債                ―  千円

         固定負債              93,697千円
         負債合計              93,697千円
       (3)  会計処理
         「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 2013年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事
        業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、処理して
        おります。
      3.分離した事業が含まれていた報告セグメント

        販売セグメント
      4.当連結会計年度に係る連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

        売上高               365,082千円
        営業損失               80,452千円
                                 75/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     Ⅲ.各酒造会社10社(以下に詳細記載。)
      1.事業分離の概要
        当社の子会社である盛田株式会社(以下、盛田)は、2022年12月27日開催の取締役会において、盛田の保有す
       る加賀の井酒造株式会社、株式会社老田酒造店、中川酒造株式会社、千代菊株式会社、常楽酒造株式会社、佐藤
       焼酎製造場株式会社、銀盤酒造株式会社、富士高砂酒造株式会社、阿櫻酒造株式会社、桜うづまき酒造株式会社
       (以下、各酒造会社)の全ての株式を、株式会社伝統蔵(以下、伝統蔵)に株式譲渡いたしました。
       (1)  分離先企業の名称
         株式会社伝統蔵
       (2)  分離した子会社の名称及び事業の内容
         名称        各酒造会社
         事業の内容        酒類製造・販売事業
       (3)  事業分離を行った理由
         当社グループは「食を通じた新たな価値の創造と提供」をミッションに、「新たな価値を生み出すブランド
        創出」、「新たな価値を提供する多様な販売手法の構築」、「新たな価値を支える経営基盤の確立と持続的な
        成長」という3つの中長期戦略に取り組んでおります。しかしながら、当社グループは2022年3月期におい
        て、想定以上のコロナ禍の影響や円安の進行により、販売及び流通事業の業績が低迷したことに加え、大豆や
        小麦等の穀物価格や重油等のエネルギー価格が高騰しており、主力事業である生産事業においても収益率が悪
        化し、連結業績の大幅な下方修正を余儀なくされました。そのため経営改善計画を2022年5月に公表し、同計
        画に基づき組織再編を進めております。
         このような中、伝統蔵より、MBOの方法にて、各酒造会社の酒類製造・販売事業を譲り受けたいとの要請
        があり、当社にて検討した結果、現在進めている経営改善計画にも資するものであると判断いたしましたた
        め、譲渡いたしました。
       (4)  事業分離日
         2023年1月1日
       (5)  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
      2.実施した会計処理の概要

       (1)  移転損益の金額
         関係会社株式売却損              969,700千円
       (2)  分離した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
         流動資産             2,726,043千円
         固定資産             1,997,295千円
         資産合計             4,723,339千円
         流動負債             1,427,161千円

         固定負債             1,952,183千円
         負債合計             3,379,344千円
       (3)  会計処理
         当該譲渡株式の売却額と連結上の帳簿価額との差額を「特別損失(関係会社株式売却損)」に計上しており
        ます。
      3.分離した事業が含まれていた報告セグメント

        生産セグメント
      4.当連結会計年度に係る連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

        売上高              1,696,026千円
        営業利益               100,966千円
     Ⅳ.株式会社TOMONIゆめ牧舎

                                 76/112


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      1.事業分離の概要
        当社及び子会社である株式会社弘乳舎は、2022年12月27日開催の取締役会において、株式会社フジタコーポ
       レーションの第三者割当増資を連結子会社である株式会社TOMONIゆめ牧舎のB種類株式(優先配当権のある種類
       株式)による現物出資にて引き受けることを決議いたしました。この現物出資と合わせて実施する対象会社のA
       種類株式(議決権のある種類株式)を株式会社フジタコーポレーション及びその関係者に譲渡いたしました。
       (1)  分離先企業の名称
         株式会社フジタコーポレーション及びその関係者
       (2)  分離した子会社の名称及び事業の内容
         名称        株式会社TOMONIゆめ牧舎
         事業の内容        農産物の生産販売等
       (3)  事業分離を行った理由
         当社グループは「食を通じた新たな価値の創造と提供」をミッションに、「新たな価値を生み出すブランド
        創出」、「新たな価値を提供する多様な販売手法の構築」、「新たな価値を支える経営基盤の確立と持続的な
        成長」という3つの中長期戦略に取り組んでおります。しかしながら、当社グループは2022年3月期におい
        て、想定以上のコロナ禍の影響や円安の進行により、販売及び流通事業の業績が低迷したことに加え、大豆や
        小麦等の穀物価格や重油等のエネルギー価格が高騰しており、主力事業である生産事業においても収益率が悪
        化し、連結業績の大幅な下方修正を余儀なくされました。そのため経営改善計画を2022年5月に公表し、同計
        画に基づき組織再編を進めております。このような中、資本業務提携先である株式会社フジタコーポレーショ
        ンより、食品製造事業の拡大において、TOMONIゆめ牧舎とのシナジーにより収益性及び企業価値の向上に繋が
        るとのことから、TOMONIゆめ牧舎の事業を譲り受けたいとの要請がありましたため、譲渡することといたしま
        した。
       (4)  事業分離日
         2023年2月1日
       (5)  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
      2.実施した会計処理の概要

       (1)  移転損益の金額
         関係会社株式売却益              73,965千円
       (2)  分離した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
         流動資産              27,652千円
         固定資産              286,129千円
         資産合計              313,782千円
         流動負債              45,513千円

         固定負債              244,186千円
         負債合計              289,700千円
       (3)  会計処理
         当該譲渡株式の売却額と連結上の帳簿価額との差額を「特別利益(関係会社株式売却益)」に計上しており
        ます。
      3.分離した事業が含まれていた報告セグメント

        生産セグメント
      4.当連結会計年度に係る連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

        売上高               147,451千円
        営業損失               35,703千円
                                 77/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (資産除去債務関係)
        資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
         イ 当該資産除去債務の概要
           連結子会社における直営店舗等の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
         ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法
           使用見込期間を15~20年と見積り、割引率は0.7~2.0%を使用して資産除去債務の金額を計算しており
          ます。
         ハ 当該資産除去債務の総額の増減
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                              至   2022年3月31日       )       至   2023年3月31日       )
        期首残高                         994,189千円               1,025,216千円
        新規連結子会社の取得に伴う増加                          18,626千円                 1,282千円
        有形固定資産の取得に伴う増加額                          11,865千円                24,572千円
        時の経過による調整額                          6,113千円                5,630千円
        見積りの変更による増加額                          91,646千円                 3,321千円
        資産除去債務の履行による減少額                         △97,225千円                △51,959千円
                                   ―  千円
        会社分割による減少額                                        △156,245千円
                                   ―  千円
        連結子会社の売却に伴う減少額                                         △92,184千円
                                   ―  千円            △6,000    千円
        その他増減額(△は減少)
        期末残高                        1,025,216千円                 753,633千円
      (注)当連結会計年度において連結子会社の資産除去債務の再見積により金額が増加したことによる見積の変更で
        3,321千円資産除去債務に加算しております。
                                 78/112












                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (収益認識関係)
     1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりでありま
      す。
     2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

       収益を理解するための基礎となる情報は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項) 4.会計方
      針に関する事項 (5)            重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりです。
     3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会計年度

      末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情
      報
      前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
      (1)  契約資産及び契約負債の残高等
                                      (単位:千円)
                                当連結会計年度
                             期首残高          期末残高
        顧客との契約から生じた債権                       8,818,880          8,843,699
        契約資産                          ―          ―
        契約負債                        59,410          27,934
      (2)  残存履行義務に配分した取引価格
        当初に予想される契約期間が1年を超える重要な契約がないため、重要性の観点から、記載を省略しておりま
       す。
      当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )

      (1)  契約資産及び契約負債の残高等
                                      (単位:千円)
                                当連結会計年度
                             期首残高          期末残高
        顧客との契約から生じた債権                       8,843,699          8,614,250
        契約資産                          ―          ―
        契約負債                        27,934          11,390
      (2)  残存履行義務に配分した取引価格
        当初に予想される契約期間が1年を超える重要な契約がないため、実務上の便法を使用し、残存履行義務に関
       する記載を省略しております。
                                 79/112







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
      当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の
     配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
      当社は、「食のバリューチェーン」を構築するという方針に沿って、市場へのきめ細やかな対応を主眼に置き、同
     種業務を統合化し顧客対応力の強化と顧客拡大を図ることを目的とした事業活動を展開しております。
      従って、当社の報告セグメントは、対応する市場やビジネスの類似性の観点から構成されており、「生産事業」、
     「流通事業」及「販売事業」びの3つを報告セグメントとしております。
      「生産事業」は、商品生産分野、「流通事業」は、商品の卸売りや物流に係る分野、「販売事業」は、商品・サー
     ビスの販売に係る分野としております。
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と同一であります。
      セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
    3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報

      前連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
                                                   (単位:千円)
                            報告セグメント
                                               その他
                                                      合計
                                               (注)
                    生産       流通       販売       計
    売上高
     物品の販売・サービス
                   39,712,124       16,993,087       13,266,613       69,971,825         49,758     70,021,583
     手数料収入
                     1,002       4,793      133,974       139,771        7,135      146,906
     その他
                       ―       ―       ―       ―    171,216       171,216
     顧客との契約から生じる
                   39,713,127       16,997,881       13,400,587       70,111,596        228,109     70,339,706
     収益
     その他の収益
                     10,323         ―       ―     10,323       24,243       34,566
     外部顧客に対する売上高
                   39,723,450       16,997,881       13,400,587       70,121,919        252,353     70,374,273
      セグメント間の内部
                    555,321      1,150,273        434,857      2,140,453         3,857     2,144,310
      売上高又は振替高
          計        40,278,772       18,148,154       13,835,445       72,262,372        256,210     72,518,583
    セグメント利益又は損失
                    635,593      △ 156,151      △ 28,575      450,866      △ 77,764      373,101
    (△)
    セグメント資産              35,327,668        9,840,522      12,210,726       57,378,916        154,430     57,533,347
    その他の項目
      減価償却費               1,019,542         97,632      273,130      1,390,305        21,311     1,411,617
      のれんの償却額                410,277       184,695       55,295      650,267         ―    650,267
      有形固定資産及び
                    876,985        14,351      143,364      1,034,701        49,731     1,084,432
      無形固定資産の増加額
     (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ウェルエイジング事業及び店舗開
        発事業等の売上であります。
                                 80/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2022年4月1日        至   2023年3月31日       )
                                                   (単位:千円)
                            報告セグメント
                                               その他
                                                      合計
                                               (注)
                    生産       流通       販売       計
    売上高
     物品の販売・サービス
                   43,039,859       20,287,973       12,977,173       76,305,006         53,378     76,358,384
     手数料収入
                      508      12,789       92,550      105,848        8,385      114,234
     その他
                       ―       ―       ―       ―    200,322       200,322
     顧客との契約から生じる
                   43,040,368       20,300,763       13,069,723       76,410,854        262,086     76,672,941
     収益
     その他の収益
                     14,403         ―       ―     14,403       26,441       40,844
     外部顧客に対する売上高
                   43,054,771       20,300,763       13,069,723       76,425,257        288,528     76,713,786
      セグメント間の内部
                    936,454       775,685       378,626      2,090,766         5,300     2,096,066
      売上高又は振替高
          計        43,991,225       21,076,449       13,448,349       78,516,024        293,828     78,809,852
    セグメント利益又は損失
                    378,640       314,894       79,282      772,816      △ 52,680      720,136
    (△)
    セグメント資産              30,844,113        9,940,394      12,664,808       53,449,315        117,359     53,566,674
    その他の項目
      減価償却費                932,788       104,368       186,383      1,223,541         6,264     1,229,806
      のれんの償却額                338,333       199,192       10,971      548,497         ―    548,497
      有形固定資産及び
                   1,448,796         67,039      217,811      1,733,647          947    1,734,594
      無形固定資産の増加額
     (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ウェルエイジング事業及び店舗開
        発事業等の売上であります。
    4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                                                  (単位:千円)
               売上高                  前連結会計年度             当連結会計年度
    報告セグメント計                                  72,262,372             78,516,024
    「その他」の区分の売上高                                   256,210             293,828
    セグメント間取引消去                                 △2,144,310             △2,096,066
    連結財務諸表の売上高                                  70,374,273             76,713,786
                                                  (単位:千円)

              利益又は損失                   前連結会計年度             当連結会計年度
    報告セグメント計                                   450,866             772,816
    「その他」の区分の損失(△)                                   △77,764             △52,680
    全社費用(注)                                 △1,165,035             △1,120,721
    連結財務諸表の営業損失(△)                                  △791,933             △400,585
     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 81/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:千円)
                資産                 前連結会計年度             当連結会計年度
    報告セグメント計                                  57,378,916             53,449,315
    「その他」の区分の資産                                   154,430             117,359
    その他の調整額(注)                                 △9,081,148             △12,171,786
    連結財務諸表の資産合計                                  48,452,198             41,394,888
     (注)その他の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない余資運用資金(現預金)、長期投資資金及び管理部門に
        係る資産等の全社資産、セグメント間消去によるものであります。
                                                  (単位:千円)

              報告セグメント計             その他           調整額        連結財務諸表計上額
     その他の項目
              前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結
             会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度
    減価償却費         1,390,305     1,223,541       21,311      6,264     96,859     116,166    1,508,477     1,345,972
    のれんの償却額          650,267     548,497        ―     ―   21,469     21,469     671,737     569,967
    有形固定資産及
    び無形固定資産         1,034,701     1,733,647       49,731       947    27,700      5,358   1,112,132     1,739,952
    の増加額
     【関連情報】

      前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産
        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

       主要な顧客の区分の外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高で連結損益計算書の売上高の10%以上を
      占めるものがないため、記載を省略しております。
                                 82/112








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )
     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                                  (単位:千円)
        日本           欧州           米国          その他           合計
         69,039,648           4,152,247           3,251,723            270,166         76,713,786
      (2)  有形固定資産
        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

       主要な顧客の区分の外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高で連結損益計算書の売上高の10%以上を
      占めるものがないため、記載を省略しております。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
                                                  (単位:千円)
             生産        流通        販売       その他       全社・消去         合計
    減損損失          845,453          ―     557,906          ―        ―    1,403,359
      当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

                                                  (単位:千円)
             生産        流通        販売       その他       全社・消去         合計
    減損損失            ―      56,257        80,052        49,108          ―     185,418
     (注)「その他」金額は、ウェルエイジング事業に係るものであります。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
                                                  (単位:千円)
             生産        流通        販売       その他       全社・消去         合計
    当期償却額          410,277        184,695        55,295          ―      21,469       671,737
    当期末残高         1,986,007         633,169        50,607          ―     246,897       2,916,681
      当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

                                                  (単位:千円)
             生産        流通        販売       その他       全社・消去         合計
    当期償却額          338,333        199,192        10,971          ―      21,469       569,967
    当期末残高         1,624,195         461,738        43,885          ―     225,428       2,355,246
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前連結会計年度(自          2021年4月1日        至  2022年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自          2022年4月1日        至  2023年3月31日       )

       該当事項はありません。
                                 83/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
       【関連当事者情報】
        1.関連当事者との取引
         (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
          (ア)        連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
             前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
               該当事項はありません。
             当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

                             議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
         又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                             (被所有)
    その他の
                        EC事業
        阪神酒販株式      兵庫県神戸
    関係会社               190,000              役員の兼任     債務免除       63,779     ―     ―
                              間接
        会社      市兵庫区
                        貿易事業
    の親会社
                              23.8
     (注)    当社は阪神酒販株式会社に対して有する経営指導料等の未払金について、債務免除を受けております。
          (イ)        連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等

             前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
               該当事項はありません。
             当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

                             議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
         又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                             (所有)
                                       賃料支援金       263,798     ―     ―
                              直接
    関連会社    株式会社TB      東京都中央
                    1,000     飲食業           役員の兼任
                              1.5
    の子会社    J      区
                                       固定資産等
                              間接
                                              182,099     ―     ―
                                       譲渡損
                              16.5
                             (所有)
        株  式  会  社
    関連会社          北海道寿都          農産物の生          役員の兼任               事業構造改
        TOMONIゆめ牧           100,000                    事業支援       54,000          52,000
                              間接
    の子会社          郡          産販売等           資金の貸付               善引当金
        舎
                              16.4
     (注)   1.株式会社TBJは、2022年10月3日付で株式会社TBジャパンから新設分割により設立した会社でありま
         す。2022年12月に持分比率の減少により、関連当事者ではなくなっております。このため、取引金額は関連
         当事者であった期間の取引金額を記載しております。
       2.当社は、2023年2月1日付で株式会社TOMONIゆめ牧舎を譲渡したことで、子会社から関連会社の子会社と
         なっております。
       3.株式会社TBJの店舗運営事業に関して、事業継続を支援することを目的として、店舗賃料の支援金を支給
         しております。
       4.当社の子会社である株式会社TBジャパンが株式会社TBJに店舗運営事業を譲渡したことに伴い、当社が
         保有する店舗資産等を株式会社TBJに譲渡しております。
       5.株式会社TOMONIゆめ牧舎の農場経営事業に関して、事業継続を支援することを目的として、同社に対し支援
         金を支給しております。
                                 84/112







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
         (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者の取引
          (ア)        連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
             前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
                             議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
         又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                             (被所有)
    その他の
                        EC事業
        阪神酒販株式      兵庫県神戸
    関係会社               190,000              役員の兼任     債務被保証       783,276     ―     ―
                              間接
        会社      市兵庫区
                        貿易事業
    の親会社
                              24.2
     (注)    銀盤酒造株式会社は、銀行借入に対して阪神酒販株式会社より債務保証を受けております。
        なお、保証料は契約に基づいた上で支払っております。
             当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

               該当事項はありません。
          (イ)        連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等

             前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
               該当事項はありません。
             当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

                             議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
         又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                             (所有)
                              直接
        株式会社小僧      東京都中央         寿し、弁当                事業の譲渡
    関連会社                78,000              事業の譲渡            518,496     ―     ―
                              1.5
        寿し      区         の製造販売                による収入
                              間接
                              16.5
     (注)    株式会社アスラポートの居酒屋、ラーメン事業を株式会社小僧寿しに譲渡いたしました。
        事業の譲渡対価は第三者による価格算定を踏まえ、両社協議の上、決定しております。
        2022年12月に持分比率の減少により、関連当事者ではなくなっております。
          (ウ)        連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

             前連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
                             議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
         又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                             (被所有)
                        当社代表
     役員    檜垣 周作        ―    ―         直接    債務被保証     債務被保証      1,260,138      ―     ―
                       取締役社長
                              1.3
     (注)    株式会社アルテゴ、盛田株式会社、株式会社アルカン、銀盤酒造株式会社及び株式会社DAH等は、銀行借入
        に対して当社代表取締役社長檜垣周作より債務保証を受けております。
        なお、保証料は契約に基づいた上で支払っております。
             当連結会計年度(自           2022年4月1日        至    2023年3月31日       )

                             議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
         又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                             (被所有)
                        当社代表
     役員    檜垣 周作        ―    ―         直接    債務被保証     債務被保証       743,759     ―     ―
                       取締役社長
                              1.3
     (注)    株式会社JFLAホールディングス、株式会社アルテゴ、株式会社DAH、盛田株式会社、株式会社アルカン
        及び東洋商事株式会社等は、銀行借入に対して当社代表取締役社長檜垣周作より債務保証を受けております。
        なお、保証料は契約に基づいた上で支払っております。
                                 85/112



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり純資産額及び算定上の基礎、1株当たり当期純損失(△)及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1
      株当たり当期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度              当連結会計年度

               項目
                                ( 2022年3月31日       )       ( 2023年3月31日       )
    (1)  1株当たり純資産額
                                      151円47銭              102円51銭
      (算定上の基礎)
      純資産の部の合計額(千円)                               8,282,755              6,159,429
      純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                               1,310,936              1,362,036
       (うち新株予約権)                                (21,201)              (17,783)
       (うち非支配株主持分)                               (1,289,735)              (1,344,253)
      普通株式に係る期末の純資産額(千円)                               6,971,819              4,797,393
      1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
                                     46,027,305              46,798,411
      普通株式の数(株)
                                前連結会計年度              当連結会計年度

               項目               (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                               至   2022年3月31日       )     至   2023年3月31日       )
    (2)  1株当たり当期純損失(△)
                                     △43円55銭              △47円59銭
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)(千
                                     △1,884,159              △2,197,985
      円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   ―              ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純純
                                     △1,884,159              △2,197,985
      損失(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               43,265,591              46,181,729
    (3)  潜在株式調整後1株当たり当期純利益

                                         ―              ―
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                         ―              ―
      (千円)
       (うち支払利息(税額相当額控除後))                                ( ―  )            ( ―  )
      普通株式増加数(株)                                   ―              ―
       (うち転換社債型新株予約権付社債)                                ( ―  )            ( ―  )
                                        ( ―  )            ( ―  )
        (うち新株予約権)
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                         第9回新株予約権              第9回新株予約権
    たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概
                             なお、概要は「第4提出会              なお、概要は「第4提出会
    要
                             社の状況、1株式等の状              社の状況、1株式等の状
                             況、(2)新株予約権等の状              況、(2)新株予約権等の状
                             況」に記載のとおりであり              況」に記載のとおりであり
                             ます。              ます。
     (注)    潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失である
        ため記載しておりません。
                                 86/112




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      (重要な後発事象)
      当社は、2023年4月21日開催の取締役会におきまして、現在進めている経営改善計画に資するものであると判断
     し、連結子会社である東洋商事株式会社及びその子会社であるモリヨシ株式会社の株式を株式会社小僧寿しへ譲渡
     することを決議しております。
     (1)  事業分離日
                               2023年5月1日
     (2)  分離先企業の名称
                               株式会社小僧寿し
     (3)  分離した子会社の名称及び事業の内容
                               東洋商事株式会社及びモリヨシ株式会社 ※1.
     (4)  法的形式
                               受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
     (5)  今後の見通し                       2024年3月期連結業績に与える影響につきましては、譲渡
                               による特別損益含め現在精査中であります。
      ※1.東洋商事株式会社              流通セグメント          業務用総合食品類・酒類卸売事業
         モリヨシ株式会社              生産セグメント          和惣菜、食料品製造販売事業
                                 87/112
















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                              当期首残高      当期末残高       利率

      会社名          銘柄       発行年月日                        担保    償還期限
                              (千円)      (千円)      (%)
            第6回無担保社債
    株式会社JF
                         2020年                            2023年
                                108,000         ―
            (株式会社山陰合同銀
    LAホール                                       0.110    なし
                               (108,000)         (―)
            行保証付および適格機            3月25日                            3月25日
    ディングス
            関投資家限定)
            第1回無担保社債
                         2020年                            2023年
    茨城乳業株式                           111,800       93,600
            (株式会社常陽銀行保
                                           0.370    あり
    会社                           (18,200)      (93,600)
            証付・適格機関投資家            10月30日                            4月28日
            限定)
            第2回無担保社債
                         2021年                            2023年
    茨城乳業株式                            80,000         ―
            (株式会社筑波銀行保
                                           0.250    なし
    会社                           (20,000)         (―)
            証付及び適格機関投資            3月25日                            3月24日
            家限定)
                                299,800       93,600
       合計          ―         ―                  ―    ―     ―
                               (146,200)       (93,600)
     (注)   1.( )内は内書きで、1年以内の償還予定額であります。
       2.連結決算日後5年間の償還予定額は次のとおりであります。
            1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

            (千円)          (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
               93,600            ―          ―          ―          ―
        【借入金等明細表】

                      当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                       (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                   11,629,781         10,633,975            2.71       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                    2,841,147         1,831,125           1.05       ―
    1年以内に返済予定のリース債務                     290,756         339,625           ―      ―
    長期借入金(1年以内に返済予定
                        8,660,351         6,876,769           1.03    2024年~2036年
    のものを除く。)
    リース債務(1年以内に返済予定
                         936,299         987,165           ―   2024年~2026年
    のものを除く。)
           合計            24,358,337         20,668,661             ―      ―
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
         連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
       3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
         下のとおりであります。
                     1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          長期借入金              1,516,019         1,214,196         1,014,324          994,713
          リース債務               259,940         197,405         188,475         165,224
        【資産除去債務明細表】

         本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、
        資産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 88/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【その他】
      ① 当連結会計年度における四半期情報等
                   第1四半期          第2四半期          第3四半期           第17期
                  連結累計期間          連結累計期間          連結累計期間          連結会計年度
                 自 2022年4月1日         自 2022年4月1日         自 2022年4月1日         自 2022年4月1日
                 至 2022年6月30日         至 2022年9月30日         至 2022年12月31日         至 2023年3月31日
    売上高(千円)                18,856,014          37,550,497          58,702,082          76,713,786
    税金等調整前四半期純
    利益又は税金等調整前
                      195,510         △135,939          △511,430         △1,922,299
    四半期(当期)純損失
    (△)(千円)
    親会社株主に帰属する
    四半期純利益又は親会
    社株主に帰属する四半                  86,005         △147,801          △599,184         △2,197,985
    期(当期)純損失
    (△)(千円)
    1株当たり四半期純利
    益又は1株当たり四半
                        1.87         △3.21          △13.01          △47.59
    期(当期)純損失
    (△)(円)
                   第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

                  連結会計期間          連結会計期間          連結会計期間          連結会計期間
                 自 2022年4月1日         自 2022年7月1日         自 2022年10月1日         自 2023年1月1日
                 至 2022年6月30日         至 2022年9月30日         至 2022年12月31日         至 2023年3月31日
    1株当たり四半期純利
    益又は1株当たり四半                   1.87         △5.08          △9.80          △34.62
    期純損失(△)(円)
                                 89/112













                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               422,110              108,024
                                    ※3   464,208            ※3   463,059
        売掛金
        商品                                61,513              55,649
        前渡金                                  ―            173,085
        前払費用                                67,109              49,091
                                   ※3   2,113,056            ※3   1,851,378
        短期貸付金
                                    ※3   777,708            ※3   330,233
        未収入金
                                    ※3   711,354            ※3   560,872
        その他
                                      △ 896,711             △ 315,200
        貸倒引当金
        流動資産合計                              3,720,351              3,276,194
      固定資産
        有形固定資産
         建物                              532,767              280,328
         構築物                               1,845              1,575
         機械及び装置                                 0              0
         工具、器具及び備品                               67,265              25,180
         土地                               3,658              3,658
                                        54,408              20,821
         リース資産
         有形固定資産合計                              659,944              331,563
        無形固定資産
         ソフトウエア                               50,636              39,946
         のれん                              246,897              225,428
                                       184,499              119,509
         リース資産
         無形固定資産合計                              482,033              384,884
        投資その他の資産
                                   ※1 、 2  791,915          ※1 、 2  477,896
         投資有価証券
                                   ※1   19,545,427            ※1   18,638,247
         関係会社株式
         関係会社長期貸付金                             4,286,774              3,914,811
         繰延税金資産                                 ―             3,186
                                    ※3   560,263
         その他                                            495,132
                                     △ 1,368,386             △ 1,610,981
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                            23,815,994              21,918,293
        固定資産合計                              24,957,972              22,634,741
      繰延資産
                                        4,565                ―
        社債発行費
        繰延資産合計                                4,565                ―
      資産合計                               28,682,888              25,910,935
                                 90/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2022年3月31日)              (2023年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                    ※3   186,532            ※3   157,578
        買掛金
                                 ※1 、 3  15,859,322          ※1 、 3  15,606,423
        短期借入金
        1年内償還予定の社債                               108,000                 ―
                                    ※1   997,431            ※1   531,924
        1年内返済予定の長期借入金
                                    ※3   493,335            ※3   592,847
        未払金
                                     ※3   32,721            ※3   39,364
        未払費用
        未払法人税等                                6,450              6,001
        リース債務                               105,616               93,228
        前受金                                82,183              105,021
                                       282,633               67,504
        その他
        流動負債合計                              18,154,228              17,199,894
      固定負債
                                    ※1   865,534           ※3   1,210,350
        長期借入金
        リース債務                               163,522               75,180
        繰延税金負債                                49,758                ―
        関係会社事業損失引当金                                55,619                ―
        事業構造改善引当金                                  ―            52,000
        資産除去債務                               121,758              122,972
                                    ※3   107,427            ※3   197,121
        その他
        固定負債合計                              1,363,620              1,657,624
      負債合計                               19,517,848              18,857,518
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              3,513,801              3,633,910
        資本剰余金
         資本準備金                              636,959              775,479
                                      7,917,541              7,715,020
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                             8,554,500              8,490,499
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                     △ 3,022,879             △ 5,039,957
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                            △ 3,022,879             △ 5,039,957
        自己株式                               △ 14,308             △ 15,614
        株主資本合計                              9,031,113              7,068,838
      評価・換算差額等
                                       112,725              △ 33,204
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                               112,725              △ 33,204
      新株予約権                                 21,201              17,783
      純資産合計                                9,165,040              7,053,417
     負債純資産合計                                 28,682,888              25,910,935
                                 91/112





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2022年3月31日)               至 2023年3月31日)
                                   ※1   3,027,136            ※1   2,709,743
     売上高
                                   ※1   1,542,406            ※1   1,377,787
     売上原価
     売上総利益                                 1,484,730              1,331,956
                                  ※1 、 2  1,557,965          ※1 、 2  1,415,871
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                  △ 73,235             △ 83,915
     営業外収益
                                    ※1   153,037            ※1   155,759
      受取利息
      受取配当金                                  1,436              1,407
                                     ※1   26,533            ※1   24,429
      その他
      営業外収益合計                                 181,007              181,596
     営業外費用
                                    ※1   283,510            ※1   347,923
      支払利息
      支払手数料                                 92,863              86,916
      貸倒引当金繰入額                                 632,500              262,595
                                     ※1   50,216            ※1   41,183
      その他
      営業外費用合計                                1,059,091               738,619
     経常損失(△)                                 △ 951,319             △ 640,938
     特別利益
      固定資産売却益                                  5,115                ―
      投資有価証券売却益                                 398,050              194,236
      抱合せ株式消滅差益                                 240,801                 ―
      新株予約権戻入益                                  2,840                ―
                                                   ※1   63,779
      債務免除益                                    ―
                                          ―            55,619
      関係会社事業損失引当金戻入額
      特別利益合計                                 646,807              313,635
     特別損失
      関係会社株式評価損                                 332,987              887,052
      関係会社事業損失引当金繰入額                                 55,619                ―
                                                   ※1   569,666
      事業構造改善費用                                    ―
                                                   ※1   220,066
                                        39,113
      その他
      特別損失合計                                 427,720             1,676,785
     税引前当期純損失(△)                                 △ 732,232            △ 2,004,088
     法人税、住民税及び事業税
                                        49,280               5,503
                                        2,269              7,485
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   51,549              12,988
     当期純損失(△)                                 △ 783,781            △ 2,017,077
                                 92/112







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       2021年4月1日 至          2022年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                            その他利益
                資本金
                              その他資本       資本剰余金
                                             剰余金
                       資本準備金                            利益剰余金合計
                               剰余金        合計
                                           繰越利益剰余金
    当期首残高            2,910,363        16,762      8,101,907       8,118,670      △ 2,239,097      △ 2,239,097
    当期変動額
     新株の発行            603,437       603,437              603,437                ―
     剰余金(その他資本
                         16,759      △ 184,355      △ 167,596                ―
     剰余金)の配当
     当期純損失(△)                                    ―    △ 783,781      △ 783,781
     自己株式の取得                                    ―              ―
     自己株式の処分                            △ 10      △ 10              ―
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                    ―              ―
     額)
    当期変動額合計             603,437       620,197      △ 184,366       435,830      △ 783,781      △ 783,781
    当期末残高            3,513,801        636,959      7,917,541       8,554,500      △ 3,022,879      △ 3,022,879
                   株主資本             評価・換算差額等

                                            新株予約権       純資産合計

                             その他有価証券        評価・換算
                自己株式      株主資本合計
                              評価差額金       差額等合計
    当期首残高             △ 12,902      8,777,033        602,202       602,202        2,840     9,382,076

    当期変動額
     新株の発行                   1,206,874                 ―           1,206,874
     剰余金(その他資本
                        △ 167,596                ―           △ 167,596
     剰余金)の配当
     当期純損失(△)                   △ 783,781                ―           △ 783,781
     自己株式の取得            △ 1,493      △ 1,493                ―            △ 1,493
     自己株式の処分               86       76              ―              76
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                      ―    △ 489,476      △ 489,476        18,361      △ 471,115
     額)
    当期変動額合計             △ 1,406      254,079      △ 489,476      △ 489,476        18,361      △ 217,035
    当期末残高             △ 14,308      9,031,113        112,725       112,725        21,201      9,165,040
                                 93/112







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社 JFLAホールディングス(E03508)
                                                           有価証券報告書
     当事業年度(自       2022年4月1日 至          2023年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                            その他利益
                資本金
                              その他資本       資本剰余金
                                             剰余金
                       資本準備金                            利益剰余金合計
                               剰余金        合計
                                           繰越利益剰余金
    当期首残高            3,513,801        636,959      7,917,541       8,554,500      △ 3,022,879      △ 3,022,879
    当期変動額
     新株の発行            120,108       120,108              120,108                ―
     剰余金(その他資本
                         18,410      △ 202,520      △ 184