富士精工株式会社 有価証券報告書 第65期(2022/03/01-2023/02/28)

提出書類 有価証券報告書-第65期(2022/03/01-2023/02/28)
提出日
提出者 富士精工株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    東海財務局長
     【提出日】                    2023年5月25日
                          第65期(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)
     【事業年度】
     【会社名】                    富士精工株式会社
                          FUJI   SEIKO   LIMITED
     【英訳名】
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長  森 誠
     【本店の所在の場所】                    愛知県豊田市吉原町平子26番地
                          (0565)53-6611(代表)
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                    執行役員管理部門長  近藤 規央
     【最寄りの連絡場所】                    愛知県豊田市吉原町平子26番地
                          (0565)53-6611(代表)
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                    執行役員管理部門長  近藤 規央
     【縦覧に供する場所】                    株式会社名古屋証券取引所
                          (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                 1/87













                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
              回次             第61期       第62期       第63期       第64期       第65期

             決算年月             2019年2月       2020年2月       2021年2月       2022年2月       2023年2月

                          22,490,429       21,381,782       17,354,371       20,100,636       19,747,336
     売上高                (千円)
                           1,703,733       1,336,677        96,918      823,803       671,756
     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する当期純利益
                           3,562,978        794,985              665,721       188,689
     又は親会社株主に帰属する当期純                (千円)                    △ 24,840
     損失(△)
                           3,258,770        547,083       308,629      1,768,004       1,779,370
     包括利益                (千円)
                          20,297,765       20,652,316       20,741,390       22,260,036       23,756,476
     純資産額                (千円)
                          25,787,358       26,543,488       25,665,363       26,908,600       28,141,789
     総資産額                (千円)
                           4,942.12       5,014.72       5,069.80       5,550.62       5,921.20
     1株当たり純資産額                (円)
     1株当たり当期純利益金額又は
                            966.47       216.73              183.24       52.74
                     (円)                    △ 6.77
     1株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
                     (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益金額
                             70.3       69.3       72.4       73.8       75.3
     自己資本比率                (%)
                             21.4       4.4              3.5       0.9
     自己資本利益率                (%)                       -
                             1.81       6.83              7.21      25.25
     株価収益率                (倍)                       -
     営業活動による
                           1,639,809       3,056,276       1,448,563       2,135,629        918,068
                     (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (千円)     △ 1,283,825      △ 1,122,457      △ 1,220,933      △ 1,108,923      △ 1,427,101
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                   75,488
                     (千円)      △ 297,548             △ 94,307     △ 818,181      △ 313,738
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                           6,134,712       8,162,636       8,189,607       8,690,769       8,275,676
                     (千円)
     の期末残高
                             1,543       1,570       1,555       1,541       1,493
     従業員数                (名)
     (注)1.当社は、2018年9月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。第61期の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後
           1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         2.第61期及び第62期ならびに第64期、第65期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、潜
           在株式が存在しないため記載しておりません。第63期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、1株
           当たり当期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第63期の自己資本利益率及び株価収益率につきましては、親会社株主に帰属する当期純損失または1株当た
           り当期純損失であるため記載しておりません。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第65期の期首から適用してお
           り、第65期以降に係る主要な経営指標等につきましては、当該会計基準等を適用した後の指標等となってお
           ります。
                                 2/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
              回次             第61期       第62期       第63期       第64期       第65期
             決算年月             2019年2月       2020年2月       2021年2月       2022年2月       2023年2月
                          13,843,057       12,980,853       10,237,624       10,722,658       10,216,681
     売上高                (千円)
                          1,033,650       1,811,206               158,961       226,870
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)                    △ 16,707
                          3,161,404       1,457,734               295,975
     当期純利益又は当期純損失(△)                (千円)                    △ 21,401             △ 100,943
                          2,882,016       2,882,016       2,882,016       2,882,016       2,882,016
     資本金                (千円)
                          4,306,778       4,306,778       4,306,778       4,306,778       4,306,778
     発行済株式総数                (株)
                          14,639,660       15,773,685       15,668,042       15,697,833       15,441,027
     純資産額                (千円)
                          17,671,278       18,792,187       18,205,104       17,742,999       17,665,331
     総資産額                (千円)
                           3,990.46       4,300.45       4,271.93       4,387.67       4,316.24
     1株当たり純資産額                (円)
                            30.00       50.00       40.00       35.00       50.00
     1株当たり配当額
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                       ( 5.00  )    ( 25.00   )    ( 25.00   )    ( 15.00   )    ( 25.00   )
     1株当たり当期純利益金額又は
                            857.55       397.40               81.47
                      (円)                    △ 5.83             △ 28.22
     1株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
                     (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益金額
                             82.8       83.9       86.1       88.5       87.4
     自己資本比率                (%)
                             23.8        9.6              1.9
     自己資本利益率                (%)                       -              -
                             2.04       3.73              16.21
     株価収益率                (倍)                       -              -
                             5.8       12.6              43.0
     配当性向                (%)                       -              -
                             470       462       465       452       428
     従業員数
                     (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 59 )      ( 64 )      ( 68 )      ( 66 )      ( 64 )
                            108.6        95.5       93.1       90.4       94.1
     株主総利回り                (%)
     (比較指標:配当込みTOPIX)                (%)       ( 92.9  )    ( 89.5  )    ( 113.2   )    ( 117.0   )    ( 127.0   )
     最高株価                (円)       2,030       1,886       1,538       1,697       1,397
                             (406)
     最低株価                (円)       1,451       1,481       1,271       1,305       1,271
                             (290)
     (注)1.第61期の1株当たり配当額には、創立60周年記念配当2円を含んでおります。
         2.当社は、2018年9月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。第61期の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後
           1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         3.第61期及び第62期ならびに第64期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、潜在株式が
           存在しないため記載しておりません。第63期及び第65期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、1
           株当たり当期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4.第63期及び第65期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向につきましては、当期純損失または1株当た
           り当期純損失金額であるため記載しておりません。
         5.第61期の1株当たり配当額30.00円は、1株当たり中間配当額5.00円と1株当たり期末配当額25.00円の合計
           であります。2018年9月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しているため、1株当た
           り中間配当額5.00円は株式併合前、1株当たり期末配当額25.00円は株式併合後の金額となります。
         6.最高株価及び最低株価は、2022年4月4日より名古屋証券取引所(メイン市場)におけるものであり、それ
           以前については名古屋証券取引所(市場第二部)におけるものであります。なお、第61期の最高株価及び最
           低株価については株式併合後の株価を記載し、( )内に株式併合前の株価を記載しております。
                                 3/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         7.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第65期の期首から適用してお
           り、第65期以降に係る主要な経営指標等につきましては、当該会計基準等を適用した後の指標等となってお
           ります。
     2【沿革】

        株式の額面金額を変更する目的で当社は1982年3月1日に富士精工株式会社(1株の株式額面金額500円)を吸収
      合併しましたが、実質上の存続会社は被合併会社(設立年月日1958年3月1日)であり特に記載のない限り実質上の
      存続会社たる富士精工株式会社(被合併会社)に関連するものを記載しております。
        1958年3月        資本金750千円をもって富士精工株式会社を設立
        1964年7月        現在地に工場建設移転
        1968年7月        現在地に本店移転
        1969年3月        東京営業所(現 関東営業所)開設
        1977年6月        大阪出張所(現 大阪営業所)開設
        1982年2月        厚木工場(1995年12月閉鎖)を新設し、東京営業所(現 関東営業所)を同地内に移転
        1982年10月        名古屋証券取引所市場第二部(現 メイン市場)に上場
        1984年3月        富士エンジニアリング株式会社(現 連結子会社)設立
        1984年4月        富士出張所(現 富士営業所)開設
        1984年8月        熊本工場新設
        1988年1月        韓富エンジニアリング株式会社(現 連結子会社)設立
        1988年7月        サンセツオーストラリアP.T.Y.リミテッド(現 サンセルP.T.Y.リミテッド)
               (現 連結子会社)設立
        1989年6月        アキュロムU.S.A.インコーポレーテッド(現 連結子会社)設立
        1990年5月        秋田営業所開設
        1992年8月        鹿児島工場新設
        1992年9月        熊本営業所(現 九州営業所)開設
        1992年11月        北海道営業所開設
        1993年11月        P.T.フジプレシシツールインドネシア(現 連結子会社)設立
        1995年10月        大連富士工具有限公司(現 連結子会社)設立
        1995年11月        北陸営業所開設
        2004年5月        アキュロムセントラルヨーロッパ有限会社(現 連結子会社)設立
        2004年9月        広州富士工具有限公司(現 連結子会社)設立
        2005年6月        長春韓富工具有限公司(現 連結子会社)設立
        2012年12月        アキュロムメキシコ株式会社(現 連結子会社)設立
        2013年3月        福井営業所開設
        2014年5月        持分法適用会社であったエフエスケータイランド株式会社(現 フジセイコウタイランド株式会
               社)の株式を追加取得し、連結子会社に変更
        2018年12月        韓富インド有限会社(現 連結子会社)設立
        2021年3月        志賀機械工業株式会社(現 連結子会社)の全株式を取得し、子会社とする
                                 4/87








                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社13社及び関連会社1社で構成され、超硬工具関連(ホ
      ルダー、チップ、バイト、カッター・ドリル・リーマ)、自動車部品関連、包装資材関連、その他の製造及び販売な
      らびにこれらに附随する事業を行っております。
       当社グループは、機械工具の総合的な供給と各地域市場に密接した技術サービスを顧客満足のための重要な要因と
      認識した事業展開をしているため、地域別セグメントを主体とした企業集団を構成しております。
       当社グループの事業内容及び当社と当社の関係会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。
      セグメントの名称                主な事業内容             当社、子会社及び関連会社の当該事業に係る位置づけ

               超硬工具等の製造及び販売

               自動車用試作部品の製造及び販売                   当社
               金型の製造及び販売
     日 本
               機械工具の設計及び販売、機械の販売                   富士エンジニアリング株式会社
               専用工作機械、汎用工作機械等の製造及
                                  志賀機械工業株式会社
               び販売
                                  韓富エンジニアリング株式会社
                                  大連富士工具有限公司
                                  P.T.フジプレシシツールインドネシア
               超硬工具等の製造及び販売                   フジセイコウタイランド株式会社
     アジア
                                  広州富士工具有限公司
                                  長春韓富工具有限公司
                                  韓富インド有限会社
               超硬工具等の販売                   ティーティーフジツールサポート株式会社
                                  アキュロムU.S.A.インコーポレーテッド
     北米・中米          超硬工具等の製造及び販売
                                  アキュロムメキシコ株式会社
               緩衝梱包材、断熱材、保冷剤等の製造及
     オセアニア                              サンセルP.T.Y.リミテッド
               び販売
     欧州          超硬工具等の製造及び販売                   アキュロムセントラルヨーロッパ有限会社
                                 5/87












                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                                関係内容
                                    議決権の

                                         役員の兼任
                       資本金また      主要な事業
        名称         住所                   所有割合
                       は出資金      内容
                                                営業上の取
                                     (%)                  その他
                                         当社   当社
                                                引
                                         役員   職員
                                         (名)   (名)
     (連結子会社)
     富士エンジニアリ          愛知県
                          千円   機械工具の設                  設計の依
     ング株式会社          豊田市                       100.0     -    4         ──
                         50,000    計及び販売、                  頼、機械の
                             機械の販売                  購入
     アキュロムU.S.A.

               米国                                 超硬工具等
     インコーポレー                   千米ドル     超硬工具等の
               ケンタッキー州                        88.8    -    5  の販売、技      資金の貸付
     テッド                     8,001    製造及び販売
               レキシントン市                                 術の供与
     ※
                                                外注の依
     韓富エンジニアリ          韓国                                 頼、超硬工
                        千ウォン     超硬工具等の
     ング株式会社          忠清南道                        97.5    -    4  具等の販        ──
                        2,300,000      製造及び販売
     ※          天安市                                 売、技術の
                                                供与
               豪州               緩衝梱包材、

     サンセルP.T.Y.リ
               ビクトリア州
                         千豪ドル      断熱材、保冷
     ミテッド                                 97.6    -    4   ──      ──
               カラムダウンズ
                          4,143    剤の製造及び
     ※
               市
                             販売
                                                設計・外注

     大連富士工具有限          中国                                 の依頼、超
                           千元    超硬工具等の
     公司          遼寧省                        58.9     1   2  硬工具等の        ──
                          52,970     製造及び販売
     ※          大連市                                 販売、技術
                                                の供与
                                                設計・外注
     P.T.フジプレシシ
               インドネシア                                 の依頼、超
     ツールインドネシ                    千ルピア      超硬工具等の
               西部ジャワ州                        75.0    -    3  硬工具等の        ──
     ア                  18,683,200      製造及び販売
               ブカシ県                                 販売、技術
     ※
                                                の供与
                                                外注の依
     アキュロムセント
               ポーランド                                 頼、超硬工
     ラルヨーロッパ有                   千ズロチ     超硬工具等の
               イェルチ・ラス                       100.0     -    4  具等の販      資金の貸付
     限会社                    11,000    製造及び販売
               コビツェ市                                 売、技術の
     ※
                                                供与
     広州富士工具有限          中国                                 外注の依
                           千元    超硬工具等の         82.8
     公司          広東省                            -    3  頼、超硬工      資金の貸付
                         30,937    製造及び販売         (21.9)
     ※          広州市                                 具等の販売
               メキシコ
     アキュロムメキシ          アグアスカリエ           千ペソ     超硬工具等の                  超硬工具等
                                      100.0     -    3         ──
     コ株式会社          ンテス州           27,000    製造及び販売                  の販売
               ヘススマリア市
               中国                                 外注の依
     長春韓富工具有限                     千元   超硬工具等の        100.0
               吉林省                            -   -  頼、超硬工        ──
     公司                    12,719    製造及び販売        (100.0)
               長春市                                 具等の販売
                                 6/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
                                                関係内容
                                    議決権の

                                         役員の兼任
                       資本金また      主要な事業
        名称         住所                   所有割合
                       は出資金      内容
                                                営業上の取
                                     (%)
                                                       その他
                                         当社   当社
                                                引
                                         役員   職員
                                         (名)   (名)
                                                外注の依
     フジセイコウタイ                                           頼、超硬工
               タイ          千バーツ      超硬工具等の
     ランド株式会社                                 51.0    -    3  具等の販        ──
               アユタヤ県          106,000     製造及び販売
     ※                                           売、技術の
                                                供与
               インド
     韓富インド有限会          タミル・ナー          千ルピー      超硬工具等の         55.0
                                          -   -    ──      ──
     社          ドゥ州カーン           48,999    製造及び販売         (55.0)
               チープラム県
                             専用工作機
     志賀機械工業株式          愛知県            千円   械、汎用工作
                                      100.0     1   5  外注の依頼      資金の貸付
     会社          知立市           48,000    機械等の製造
                             及び販売
     (持分法適用関連
     会社)
               タイ
     ティーティーフジ                    千バーツ      超硬工具等の         40.0     1   2  超硬工具等        ──
               チョンブリ県
     ツールサポート株                    23,000    販売                  の販売、技
     式会社                                           術の供与
     (注)1.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         2.※印の連結子会社は特定子会社であります。
         3.有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
         4.大連富士工具有限公司については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割
           合が10%を超えております。
            主要な損益情報等   (1)             売上高   3,053,551千円
                       (2)  経常利益           142,467千円
                       (3)  当期純利益         105,052千円
                       (4)  純資産額  2,807,864千円
                       (5)  総資産額        3,351,439千円
                                 7/87









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2023年2月28日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                    493
      日 本
                                                    856
      アジア
                                                    57
      北米・中米
                                                    68
      オセアニア
                                                    19
      欧 州
                                                   1,493
                 合計
     (注)1.従業員数は、就業人員数(当社グループからグループ外部への出向者は除く)であります。
        2.臨時従業員数は、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
      (2)提出会社の状況

                                                  2023年2月28日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           428                 43.5              21.6           5,619,561

              ( 64 )
     (注)1.従業員数は、就業人員数(当社から社外への出向者は除く)であり、臨時従業員数(嘱託契約の従業員、
           パートタイマーを含む)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
        2.提出会社の従業員は、すべて日本セグメントに属しております。
        3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (3)労働組合の状況

         当社に労働組合はありませんが、連結子会社の一部に労働組合が結成されております。なお、労使関係は良好で
        あり、特に記載すべき事項はありません。
                                 8/87











                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針

        当社グループは、1958年の設立以来、「社会への奉仕」「顧客への奉仕」「技術開発」「個人能力の開発」「職
       場の和」という基本方針のもとに、工作機械産業の特殊工具分野における「ものづくり」を通じて、産業界や社会
       の発展に貢献してまいりました。
        今後、ここまでに蓄積してきた技術をさらに進化させることにより幅広い事業活動の展開を図り、安定収益を確
       保して企業価値を高め、株主の皆様をはじめとするすべてのステークホルダーのご期待に応えられる企業集団であ
       り続けるよう、努力してまいります。
      (2)目標とする経営指標等

        当社グループは、安定配当が可能な収益を確保することにより、企業価値を高め、株主価値の最大化を図ること
       を重要な経営課題としております。
        具体的には、事業の収益力を示す営業利益率を重視し、連結ベースで6%以上の水準を確保・維持することを目
       標として掲げております。
      (3)経営環境ならびに経営戦略・優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けたものの、当社グループの主要な取引先であります自動車産業界で
       は、一部地域を除いて本格的に生産体制が戻りつつある状況にあります。しかしながら、世界的な自動車販売台数
       の見通しにつきましては、依然不透明な状況であります。
        また、米中の貿易摩擦などにより先行きの不透明な状況にあり、中国子会社をはじめとする当社グループの受注
       環境に影響を及ぼしております。
        さらに、自動車産業界は100年に一度の大変革期と言われております。当社グループにおいても新しい付加価値を
       つけた製品をお客様へ提供することで取引の深耕を進め、新たな需要を掘り起こすことが課題となっております。
        具体的には、「売上最大」「経費最小」「時間最短」を目指し、以下の取り組みを進めてまいります。
        ① 脱ガソリン車の流れに沿った新製品の開発とその事業化及び収益化
        ② 製品とIT技術の融合による、これまでにない付加価値サービスの開発
        ③ With     コロナ時代の働き方改革
      (4)グループ中期経営計画の要旨

        ① 守るべきものは「創業の心」
          創業以来培ってきた「創業の心」を守り、次世代へつなげていく
          「経営理念」「経営基本方針」「富士精工DNA」「長期経営ビジョン」
        ② 目指すものは「Good            Company」

          長期経営ビジョン「Good            Company」を目指すために、以下の視点でテーマを設定
          「カーボンニュートラル」「財務体質の強化」「人材開発」
        ③ 中期マスタープランの実施

          トップビジョンの達成を目指して、以下の取り組みを実施
          ア.既存製品・技術は温存しつつ、今ある経営資源の最適配分を行う
          イ.当社が進めてきたFTE事業コンセプトをこれからも大事にし、FUJI                                  Total   Connected-max       Engineering
            Companyとして、「ものづくり現場の困りごとを解決する企業」であり続ける
          ウ.企業コンセプト「C-max」に新たな意味づけを行い、C-MaX循環企業へと変身し、新しい事業へのキー
            ワードとしてサステナビリティ(持続可能な成長)を実現する
            C-MaX:Circular-Management                Transformation
          エ.従業員個々の能力を高め、長く働くことができる環境づくりと人材開発を行う
      (新型コロナウイルス感染症への対応)

         当社グループは、従業員の健康と安全を最優先事項としたうえで事業活動への影響を最小化するため、リモート
        会議やテレワークの推進、アルコール消毒や手洗いの徹底等の感染防止策を講じております。今後においては、状
        況の変化に適切かつ迅速に対応し、状況に応じた感染防止対策に取り組んでまいります。
                                 9/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
      であります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
      (1)戦略リスク
        ① 市場動向の変化に関するリスク
          当社グループは、自動車産業界を主要な取引先としており、対象地域は日本をはじめ、米国、欧州、アジア
         等世界各地に及んでおります。
          したがいまして、各地域における景気の減速または後退、需要の変化等により自動車産業界における設備投
         資や工具需要の減少等が進むことにより、当社グループの経営成績、財政状態に影響を与える可能性がありま
         す。
        ② 海外の事業展開に関するリスク
          当社グループは自動車産業界を主要な取引先としており、主要ユーザーの海外進出への対応と市場に近接し
         た最適地での生産・販売体制を確立するため、米国、欧州、アジア等世界各地で海外拠点を構築しておりま
         す。
          したがいまして、海外各国における法律や税制規則の変更、その他の社会的、政治的な諸情勢の変動によ
         り、当社グループの事業活動に障害が生じる可能性があります。
          これらのリスクに対し、グループ会社と連携し定期的な情報収集に努めておりますが、リスクが顕在化した
         場合には当社グループの経営成績、財政状態に影響を与える可能性があります。
      (2)事業リスク

        ① 価格競争の激化に関するリスク
          当社グループが主要な取引先とする自動車産業界におきましては、関連取引企業に対するコストダウンの要
         請が非常に厳しく、当社グループの主力商品であります超硬工具も常に厳しい価格競争のもとに置かれており
         ます。
          この状況のもと、当社グループにおきましては、生産性向上をはじめとする業務の合理化活動や海外拠点の
         現地調達等によるコスト低減を図り、価格競争力の維持確保に努めておりますが、競合他社との価格競争に勝
         てない場合、当社グループの経営成績、財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 取引先の技術革新に関するリスク
          当社グループの主力商品であります超硬工具は、アルミをはじめとする金属素材を切削加工するために使用
         されております。
          したがいまして、自動車部品の素材が金属から樹脂へと変更される等の技術革新が急激に進んだ場合や、電
         動化の推進によってエンジンなどの需要が減少した場合、超硬工具による切削加工そのものが減少する事態と
         なり、これが当社グループの経営成績、財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 原材料費の高騰に関するリスク
          当社グループの主力商品であります超硬工具は、産出地や生産量が限定されるタングステン、コバルト等と
         いった希少金属(レアメタル)を原材料としております。
          したがいまして、これらの希少金属の需要が急激に増加、あるいは産出量・生産量が減少した場合、原材料
         費の高騰が懸念され、これが当社グループの経営成績、財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)経営リスク

        ① 為替レートの変動に関するリスク
          当社グループにおきましては、在外連結子会社、在外持分法適用会社の個別財務諸表を現地通貨ベースで作
         成し、連結財務諸表作成時に円換算しております。
          したがいまして、現地通貨ベースで経営成績に変動がない場合であっても、為替レートの変動が当社グルー
         プの経営成績、財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 退職給付に関するリスク
          当社グループの従業員退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算上で設定される前提条件や年金資産の期
         待運用収益率に基づいて算出されております。
          このため、実際の金利水準の変動や年金資産の運用利回りの悪化が、当社グループの経営成績、財政状態に
         影響を及ぼす可能性があります。
                                10/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ③ 情報管理に関するリスク

          当社グループは、開発・営業に関する秘密情報を保有しております。情報管理については、情報セキュリ
         ティ基本方針を定め、コンピュータネットワークや情報システムの管理及び秘密情報の漏えい防止対策等の徹
         底を図っております。
          しかしながら、停電、ネットワーク等の通信障害、人為的ミスや外部からの不正アクセス等による情報漏え
         い等予期せぬ事象により、重要なデータの消失・毀損、業務の中断・遅延、社会的信用の低下、損害賠償責任
         の履行等が、当社グループの経営成績、財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (4)災害リスク

        ① 地震等の災害発生に関するリスク
          当社グループの本社所在地であります愛知県豊田市は、東海地震の地震防災対策強化地域及び東南海・南海
         地震防災対策推進地域に指定されておりますが、生産拠点の海外シフトや生産品目のすみ分けを推進してお
         り、生産に関するリスクは分散されつつあります。
          しかしながら、その対応にも限界があり、東海地震が発生した場合、本社施設等に重大な影響が及んで一時
         的に商品供給体制が停止する可能性があります。
        ② 新型コロナウイルス感染症に関するリスク
          当社グループは、従業員の健康と安全を最優先事項としたうえで事業活動への影響を最小化するため、リ
         モート会議やテレワークの推進、アルコール消毒や手洗いの徹底等の感染防止策を講じております。今後にお
         いては、状況の変化に適切かつ迅速に対応し、状況に応じた感染防止対策に取り組んでまいります。
          しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響が再拡大した場合には、当社グループの経営成績、財政状
         態に影響を及ぼす可能性があります。
                                11/87













                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
       キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況
          当連結会計年度における世界経済は、長期化しているウクライナ情勢の緊張のもと、世界的な半導体不足及
         び原油高の影響が顕在化してきており、当社グループの受注環境は依然として不透明感が続いております。
          わが国経済におきましては、新型コロナウイルス感染症対策としての行動制限の緩和が政府より打ち出さ
         れ、経済活動は一部の業種に持ち直しの兆しが見られるものの、円安の急激な進行により物価上昇が見られ、
         企業活動、家計の消費行動に重大な影響が見られます。
          当社グループの主要な取引先であります自動車産業界におきましては、電動化の推進、自動運転や安全装備
         などの技術開発への投資は継続されるものの、半導体不足の影響を強く受けており、生産額の計画値に対して
         下振れリスクが強く懸念されます。
          このような状況のもと、当社グループは前連結会計年度から継続して、工作機械分野での収益機会の獲得及
         びデータとデジタル技術の融合による生産効率の一層の向上を目的とした活動を行っております。また、カー
         ボンニュートラル推進課を新設し、地球温暖化防止への活動を行っております。
          この結果、当連結会計年度における業績は、売上高は19,747百万円(前連結会計年度比1.8%減)、営業利益
         は59百万円(前連結会計年度比83.6%減)、経常利益は671百万円(前連結会計年度比18.5%減)、親会社株主
         に帰属する当期純利益は188百万円(前連結会計年度比71.7%減)となりました。
          なお、当連結会計年度から、「その他」に含まれていた「欧州」について量的な重要性が増したため報告セ
         グメントとして記載する方法に変更しております。
          ア.日本
            当地域におきましては、国内の自動車生産は世界的な半導体不足の影響などを受け、新型コロナウイル
           スの感染拡大前の水準には至らず、売上高は8,776百万円(前連結会計年度比2.4%減)となりました。
            また、継続して経費最小活動に取り組んだものの、売上原価や販売費及び一般管理費の増加を吸収する
           ことはできず、セグメント損失は452百万円(前連結会計年度は222百万円のセグメント損失)となりまし
           た。
          イ.アジア
            当地域におきましては、自動車生産が徐々に回復しているものの、中国国内における行動制限による生
           産活動への影響が大きく、売上高は5,658百万円(前連結会計年度比5.6%減)となりました。
            また、労務費高騰などにより固定費負担が増加したものの、生産性の改善が進んだことなどにより、セ
           グメント利益は163百万円(前連結会計年度比13.8%増)となりました。
          ウ.北米・中米
            当地域におきましては、円安による好影響はあるものの、需要に一服感が見られ、工具需要が減少して
           いることなどにより、売上高は2,280百万円(前連結会計年度比2.8%減)となりました。
            また、物価の上昇が継続的に続いており、それにともなって売上原価の上昇に歯止めがかからず、セグ
           メント利益は152百万円(前連結会計年度比5.2%減)となりました。
          エ.オセアニア
            当地域におきましては、断熱材の需要が引き続き堅調に推移したことより、売上高は2,315百万円(前連
           結会計年度比11.2%増)となりました。
            また、堅調な受注に支えられ利益を確保したものの、材料費の高騰などにより、セグメント利益は97百
           万円(前連結会計年度比45.5%減)となりました。
          オ.欧州
            当地域におきましては、景気後退の懸念から新車需要の落ち込みは見られるものの、生産性向上への期
           待の高い工具需要を取り込み、売上高は715百万円(前連結会計年度比4.6%増)となりました。
            また、最低賃金の上昇、原材料費の高騰などにより利益は圧迫されたものの、生産性の向上などにより
           利益を確保することとなり、セグメント利益は62百万円(前連結会計年度比3.5%増)となりました。
                                12/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ② キャッシュ・フローの状況
          当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度
         末と比較して415百万円減少し、8,275百万円となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果、得られた資金は918百万円(前連結会計年度比57.0%減)となりました。
         これは主に、法人税等の支払額230百万円、棚卸資産の増減額204百万円などにより使用したものの、減価償却
        費1,036百万円、税金等調整前当期純利益477百万円などにより獲得したものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果、使用した資金は1,427百万円(前連結会計年度比28.7%増)となりました。
         これは主に、有形固定資産の取得による支出635百万円、有価証券の取得による支出600百万円、定期預金の預
        入による支出413百万円などによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果、使用した資金は313百万円(前連結会計年度比61.7%減)となりました。
         これは主に、長期借入金の返済による支出297百万円、配当金の支払額159百万円などによるものであります。
        ③ 生産、受注及び販売の実績

          ア.生産実績
            当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                           当連結会計年度
                                           前年同期比(%)
         セグメントの名称                (自 2022年3月1日
                          至 2023年2月28日)
      日本(千円)                         7,183,130                   101.2
      アジア(千円)                         2,376,466                    98.7
      北米・中米(千円)                          494,433                  109.8
      オセアニア(千円)                         2,291,996                   111.4
      欧州(千円)                          32,693                  97.4
          合計(千円)                    12,378,720                    102.8
     (注)金額は販売価格によっており、セグメント間の取引については含んでおりません。
          イ.商品仕入実績

            当連結会計年度における商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                           当連結会計年度
                                           前年同期比(%)
         セグメントの名称                (自 2022年3月1日
                          至 2023年2月28日)
      日本(千円)                         3,239,429                    87.0
      アジア(千円)                         1,984,620                    85.8
      北米・中米(千円)                          111,345                  115.2
      オセアニア(千円)                          14,887                  99.6
      欧州(千円)                          195,581                  110.5
          合計(千円)                    5,545,864                    87.7
     (注)金額は販売価格によっており、セグメント間の取引については含んでおりません。
                                13/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          ウ.受注実績
            当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
       セグメントの名称            受注高(千円)         前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)
      日本               8,979,497            97.6      2,064,052            110.9

      アジア               5,467,232            90.4       708,713           78.8
      北米・中米               2,956,505            125.6       1,161,798            239.1
      オセアニア               2,281,683            105.6        99,148           74.4
      欧州                768,380           120.0        162,682           147.5
          合計          20,453,299            100.3       4,196,395            120.2
     (注)金額は販売価格によっており、セグメント間の取引については含んでおりません。
          エ.販売実績

            当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
                                              前年同期比(%)
          セグメントの名称                (自 2022年3月1日
                           至 2023年2月28日)
      日本(千円)                           8,776,498                     97.6
      アジア(千円)                           5,658,337                     94.4
      北米・中米(千円)                           2,280,681                     97.2
      オセアニア(千円)                           2,315,844                    111.2
      欧州(千円)                            715,973                   104.6
           合計(千円)                     19,747,336                     98.2
     (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
            最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売数に対する割合は、
           当該割合が100分の10未満のため記載を省略しております。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの財政状態及び経営成績等の分析、検討内容は次のとおりであります。な
        お、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計方針及び当該見積りに用いた仮定
          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成さ
         れております。この連結財務諸表の作成にあたって、会計方針の選択、資産・負債及び収益・費用の報告金額
         及び開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合
         理的に判断しておりますが、実際の結果は見積りの不確実性があるため、これらの見積りと異なる結果となる
         場合があります。
          当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定につ
         きましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表作成のための基本
         となる重要な事項」に記載しておりますが、重要なものについては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等
         (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。
          なお、新型コロナウイルス感染症の影響等不確実性が大きく、将来の業績予測等に反映させることが難しい
         要素もありますが、現時点において入手可能な情報を基に検証等を行っております。
          新型コロナウイルス感染症の影響につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財
         務諸表 注記事項 (追加情報)」に記載しております。
                                14/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ② 当連結会計年度の経営成績の分析・検討内容
          当連結会計年度における経営成績の分析・検討内容につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者によ
         る財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に記載しており
         ます。
          なお、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (2)目標とする経営指標等」
         に記載してあります目標に対する結果につきましては、従業員が一丸となって「売上最大」「経費最小」「時
         間最短」に取り組んでまいりましたが、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、目標とする営
         業利益率には届きませんでした。
          当社グループとしましては、進展する脱ガソリン車の流れに沿った新製品の開発、製品とIT技術の融合によ
         る付加価値サービスの開発を進め、今後も「グループ中期経営計画」を着実に実行していくことで、目標の達
         成を目指してまいります。
        ③ 当連結会計年度末の財政状態の分析・検討内容

          ア.資産の部
            当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末と比較して1,233百万円増加し、28,141百万円となりま
           した。
            流動資産は、原材料及び貯蔵品が270百万円増加したことなどにより、前連結会計年度末と比較して351
           百万円増加し、16,558百万円となりました。
            有形固定資産は、主に当社本社工場製造設備等219百万円、熊本工場製造設備等227百万円、アジア子会
           社の工場製造設備等72百万円、オセアニア子会社の工場製造設備等50百万円の設備投資を実施いたしまし
           た。
            なお、有形固定資産合計は、前連結会計年度末と比較して12百万円増加し、8,312百万円となりました。
            投資その他の資産は、前連結会計年度末と比較して725百万円増加し、2,655百万円となりました。これ
           は主に、投資有価証券350百万円、退職給付に係る資産317百万円がそれぞれ増加したことなどによるもの
           であります。
          イ.負債の部
            当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末と比較して263百万円減少し、4,385百万円となりま
           した。
            これは主に、退職給付に係る負債が330百万円減少したことなどによるものであります。
          ウ.純資産の部
            当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末と比較して1,496百万円増加し、23,756百万円とな
           りました。
            これは主に、退職給付に係る調整累計額682百万円、為替換算調整勘定637百万円がそれぞれ増加したこ
           となどによるものであります。
        ④ 資本の財源及び資金の流動性についての分析・検討内容

          ア.キャッシュ・フロー
            各キャッシュ・フローの状況と増減につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状
           態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に記載しておりま
           す。
          イ.資金需要
            当社グループの資金需要の主なものは、運転資金、設備投資、法人税等の支払い、借入金の返済、配当
           金の支払等であります。
            また、その資金の原資といたしましては、営業活動によるキャッシュ・フロー、金融機関からの借入等
           により必要とする資金を調達しております。
     4【経営上の重要な契約等】

        当連結会計年度において、経営上の重要な契約等はございません。
                                15/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     5【研究開発活動】
        当社グループにおきましては、自動車産業の電動車シフトにともなう取引先の新たな部品試作や量産に貢献する製
      品や技術の開発及び加工現場における高速高能率化やフレキシブル生産対応を実現する製品・商品の提供を研究開発
      活動の基本方針としております。
        直近では「モーターなどの電動車部品生産用工具」や「水素タンクなどの燃料電池車生産用治具」をはじめとした
      特殊工具や特殊治具、さらにはそれらの周辺装置の開発テーマを中心に取り組んでおり、当連結会計年度における研
      究開発費の総額は        114  百万円(売上高比率0.6%)であります。
        当社グループは生産・販売体制を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、研究開発活動は主に当社を
      中心とした日本セグメントで行っております。なお、お客様との秘密保持契約に該当しない当連結会計年度における
      主な研究開発の成果は、次のとおりであります。
      (1)工具観察治具

        当製品は社内での業務効率化の中で生まれた製品であります。開発評価部署では、数多くの加工評価を進めてお
       りますが、その中で必ずマイクロスコープを使い、刃先状態を確認する作業が発生します。その頻度は高く、ま
       た、様々な角度からの測定をする必要があること、それによる姿勢変更の段取りには多くの時間を要し、評価業務
       の中で最も時間をかけている作業の1つでありました。そこで、当社は樹脂製品加工機を使い、段取り工数を大幅
       に削減することができる治具を開発しました。この製品は当社だけでなく、生産ラインで工具を使用しているお客
       様においても工具の観察作業をしていることから、製品として展開をしております。CFRP素材であり、高剛性であ
       りながら軽量かつお客様のニーズに柔軟に合わせることができるため、お客様の改善活動に寄与できる製品となっ
       ております。
      (2)G-oneホルダ

        当製品はアルミ部品の高精度穴加工をターゲットとして開発された製品であり、高精度な加工を維持しつつ、高
       能率、長寿命、低コスト、セッチング簡易化に貢献する製品であります。当社の技術研究の成果より導いた切刃の
       最適化で、切削抵抗を抑制し、部品の塑性変形を抑制することで従来の2工程(粗化工・仕上加工)を必要とした
       高精度加工を1工程に集約し、加工時間の短縮を実現しております。この効果に付随してカーボンニュートラル実
       現に向けた環境調和型製品としても位置付けできるため、今後の更なる改良を進め、多くのお客様に喜ばれる製品
       を目指します。
      (3)新たな取組み

        当社は切削工具の他に、部品把持用のワークチャック、マテハンホルダ、付加価値治具や樹脂製品開発にも力を
       入れており、お客様の生産ラインにおける全体最適化を目指しております。また、製品開発において基礎となる研
       究にも力を入れており、異常検知の基礎理論、システム構築に必要な「モニタリング・解析技術研究」、実験を行
       わなくても結果を予測できる「CAE解析技術研究」、安定した加工を実現する「振動解析技術研究」、マシニングセ
       ンタを使った素材の接合技術である「摩擦攪拌接合技術研究」、モーターなどの電動車部品生産で使われる「裁断
       技術研究」などを進めており、当社製品への付加価値向上、新製品開発の技術基礎となる研究を進めております。
        また、大学・お客様・設備メーカー・他業種メーカーとの連携もスタートさせており、当社の技術だけでは補え
       ない開発アプローチにも取り組み、技術開発力向上に向けた基盤作りを進めております。将来を見通すことが非常
       に困難である現状において、様々な活動を通じてお客様のニーズに応える技術力を高めていくことで、日本のもの
       づくりに貢献するとともに会社の発展に寄与してまいります。
                                16/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当社グループの設備投資については、建物・工場等の改修工事及び生産体制増強を目的とした投資を主体に実施い
      たしました。
        この結果、当連結会計年度の設備投資は、                   1,122   百万円となり、これらに要した資金は、自己資金及び金融機関か
      らの借入により充当いたしました。
        なお、生産能力に重大な影響を与えるような設備の除却、売却等はありません。
        セグメントの主な設備投資は、次のとおりであります。
        (1)日本
         当社本社工場製造設備等219百万円、熊本工場製造設備等227百万円、鹿児島工場製造設備等19百万円を実施いた
        しました。
        (2)アジア
         子会社の工場製造設備等72百万円を実施いたしました。
        (3)オセアニア
         子会社の工場製造設備等50百万円を実施いたしました。
     2【主要な設備の状況】

        当社グループの当連結会計年度末における主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                     帳簿価額(千円)
               セグメ                                          従業
        事業所名
               ントの     設備の内容                                     員数
                          建物及     機械装置
        (所在地)
                                      土地    建設仮勘
               名称                                          (人)
                          び構築     及び運搬                その他      合計
                                     (面積㎡)       定
                          物     具
                    全社管理、
                    販売及び研
                                     206,637
     本社・本社工場               究開発設
               日本            412,995     912,975     (17,756)      3,232     73,198    1,609,040      260
     (愛知県豊田市)               備、超硬工
                                     [20,016]
                    具等の製造
                    設備
     熊本工場
                    超硬工具等                 313,426
     (熊本県菊池郡大津          日本            230,028     958,340             -    6,851   1,508,647      118
                    の製造設備                 (44,755)
     町)
     鹿児島工場               超硬工具等                 278,474
               日本            167,758     358,535             -    2,812    807,581     36
     (鹿児島県霧島市)               の製造設備                 (27,512)
      (2)国内子会社

                                     帳簿価額(千円)
               セグメ                                          従業
        会社名
               ントの     設備の内容                                     員数
                          建物及     機械装置
        (所在地)                              土地    建設仮勘
               名称                                          (人)
                          び構築     及び運搬                その他      合計
                                     (面積㎡)       定
                          物     具
     富士エンジニアリン
     グ株式会社          日本     測定機器         -     706      -     -    4,248     4,954    31
     (愛知県豊田市)
     志賀機械工業株式会
                    工作機械等                 512,607
     社          日本              -     -         2,278       -   514,885     34
                    の製造設備                 (6,836)
     (愛知県知立市)
                                17/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
      (3)在外子会社
                                     帳簿価額(千円)
               セグメ                                          従業
        会社名
                          建物及     機械装置
               ントの     設備の内容                                     員数
                                      土地    建設仮勘
        (所在地)
                          び構築     及び運搬                その他      合計
               名称                                          (人)
                                     (面積㎡)       定
                          物     具
     アキュロムU.S.A.イ
               北米・     超硬工具等                  47,447
     ンコーポレーテッド
                           81,420     163,033             -    7,144    299,046     35
     (米国   ケンタッキー
               中米     の製造設備                 (17,170)
     州  レキシントン市)
     韓富エンジニアリン
                                      11,082
                    超硬工具等
     グ株式会社
               アジア            158,984      97,433      (384)      -    1,764    269,265     58
     (韓国   忠清南道     天
                    の製造設備
                                     [11,991]
     安市)
                    緩衝梱包
     サンセルP.T.Y.        リ
               オセア     材・断熱                 270,345
     ミテッド
                           381,428     293,319           34,459      9,896    989,449     68
     (豪州   ビクトリア州
               ニア     材・保冷剤                 (16,000)
     カラムダウンズ市)
                    製造設備
     大連富士工具有限公
                    超硬工具等                    -
     司
               アジア            18,842     499,990             -    9,690    528,523     348
     (中国   遼寧省    大連
                    の製造設備                 [17,330]
     市)
     P.T.   フジプレシシ
                    超硬工具等                  14,423
     ツールインドネシア
               アジア            48,581     124,114             -   39,184     226,304     212
     (インドネシア       西部
                    の製造設備                 (16,610)
     ジャワ州     ブカシ県)
     アキュロムセントラ
     ルヨーロッパ有限会
                    超硬工具等                  18,370
     社
               欧州            72,770     67,129          19,640      7,854    185,765     19
     (ポーランド      イェル
                    の製造設備                 (13,541)
     チ・ラスコビツェ
     市)
     広州富士工具有限公
                    超硬工具等                    -
     司
               アジア            74,772     225,595           2,349      279   302,996     52
     (中国    広東省    広州
                    の製造設備                  [9,556]
     市)
     アキュロムメキシコ
     株式会社
               北米・     超硬工具等                    -
     (メキシコ      アグア
                             -   114,240             -    6,524    120,764     22
               中米     の製造設備                 [15,000]
     スカリエンテス州
     ヘススマリア市)
     フジセイコウタイラ
                    超硬工具等                 210,584
     ンド株式会社
               アジア            114,722     188,868           9,203     23,354     546,733     115
     (タイ    アユタヤ
                    の製造設備                 (27,112)
     県)
     長春韓富工具有限公
                    超硬工具等                    -
     司
               アジア            77,891     14,127            -     232    92,251     35
     (中国    吉林省    長春
                    の製造設備                  [5,000]
     市)
     韓富インド有限会社
     (インド     タミル・
                    超硬工具等                    -
               アジア              288    34,679            -    1,685     36,653     35
     ナードゥ州      カーン
                    の製造設備                   [464]
     チープラム県)
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であり、有形リース資産を含んでおります。
         2.賃借している土地の面積については、[  ]で外書きしております。
         3.現在休止中の主要な設備はありません。
                                18/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、生産計画、需要動向、景気予測、投資効果等を総合的に勘案して策定してお
      ります。
        設備計画は連結会社各社が個別に策定しておりますが、グループ全体で重複投資にならないよう提出会社を中心に
      して調整を図っております。
        なお、重要な設備の新設、除却等の計画は次のとおりであります。
      (1)重要な設備の新設等
                                     投資予定額
       会社名               セグメント                       資金調達          完了予定
               所在地             設備の内容                      着手年月
                                    総額    既支払額
      事業所名                 の名称                       方法          年月
                                   (千円)     (千円)
     当社        愛知県               超硬工具等の                       2023年     2023年
                      日本              84,500       -  自己資金
     本社工場        豊田市               製造設備                        7月     10月
     当社        愛知県               超硬工具等の                       2023年     2023年

                      日本              81,000       -  自己資金
     本社工場        豊田市               製造設備                        9月     12月
     当社        熊本県菊池郡               超硬工具等の                       2023年     2023年

                      日本              95,000       -  自己資金
     熊本工場        大津町               製造設備                        8月     10月
     当社        鹿児島県               超硬工具等の                       2023年     2024年

                      日本              60,000       -  自己資金
     鹿児島工場        霧島市               製造設備                        10月     1月
      (2)重要な設備の除却等

        経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                19/87













                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          10,000,000

                  計                               10,000,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数            提出日現在発行数
                                     上場金融商品取引所名又は登
        種類          (株)           (株)                          内容
                                     録認可金融商品取引業協会名
              (2023年2月28日)           (2023年5月25日)
                                    名古屋証券取引所                単元株式数
                  4,306,778           4,306,778
     普通株式
                                    メイン市場                100株
                  4,306,778           4,306,778
        計                                   -            -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
               (株)
     2018年9月1日          △17,227,113         4,306,778           -    2,882,016           -    4,132,557
    (注)2018年5月23日開催の第60回定時株主総会決議により、2018年9月1日付で普通株式5株を1株とする株式併合を
        実施いたしました。これにより、発行済株式総数は17,227,113株減少し、4,306,778株となっております。
                                20/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                  2023年2月28日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
       区分                                                株式の状
                                   外国法人等
           政府及び
                      金融商品     その他の
                                                      況(株)
           地方公共      金融機関                          個人その他       計
                      取引業者     法人
           団体
                                 個人以外      個人
     株主数 

                    11     11     71     13      1   1,262     1,369
               -                                           -
     (人)
     所有株式数

                  5,419      150    10,089       286      1   26,923     42,868     19,978
               -
     (単元)
     所有株式数
                  12.64      0.35     23.54      0.67     0.00     62.80
     の割合          -                                    100.00       -
     (%)
    (注)自己株式729,351株は「個人その他」に7,293単元、「単元未満株式の状況(株)」に51株含まれております。
      (6)【大株主の状況】

                                                  2023年2月28日現在
                                                   発行済株式(自
                                                   己株式を除
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                     く。)の総数に
                                            (千株)
                                                   対する所有株式
                                                   数の割合(%)
                                               251        7.01
      C.I.F.HOLDING株式会社                東京都渋谷区東一丁目2番20号 1204号
                                               236        6.59

      有限会社シーマックス                愛知県豊田市吉原町平子26番地
                                               210        5.87

      株式会社晃永                東京都品川区南大井六丁目17番1号
                                               130        3.63

      森 誠                愛知県豊田市
                                               120        3.36

      富士精工従業員持株会                愛知県豊田市吉原町平子26番地
                                               111        3.12

      株式会社大垣共立銀行                岐阜県大垣市郭町三丁目98番地
                                               92       2.57

      株式会社三菱UFJ銀行                東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
                                               91       2.55

      森 仁志                愛知県安城市
                                               62       1.74

      第一生命保険株式会社                東京都千代田区有楽町一丁目13番1号
                                               60       1.67

      東京海上日動火災保険株式会社                東京都千代田区大手町二丁目6番4号
                                              1,365        38.17

            計                  -
                                21/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2023年2月28日現在
             区分               株式数(株)           議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                               -      -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                               -      -           -

      議決権制限株式(その他)                               -      -           -

                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                     -           -
                                  729,300
                         普通株式
                                 3,557,500         35,575
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                             -
                                  19,978
      単元未満株式                   普通株式                  -           -
                                 4,306,778
      発行済株式総数                                     -           -
                                          35,575
      総株主の議決権                               -                 -
    (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式51株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2023年2月28日現在
                                                   発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有       所有株式数の        に対する所有株
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)       合計(株)        式数の割合
                                                   (%)
                               729,300               729,300          16.93
      富士精工株式会社           豊田市吉原町平子26番地                         -
                               729,300               729,300          16.93

          計            -                    -
     2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】
       会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません          。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)

      当事業年度における取得自己株式                                     289            389,696
      当期間における取得自己株式                                     127            167,666
     (注)当期間における取得自己株式には、2023年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取に
        よる株式は含まれておりません。
                                22/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                 -        -        -        -
      移転を行った取得自己株式
      その他
      (単元未満株式の売渡請求による売渡)                           -        -        -        -
      保有自己株式数                         729,351        -        729,351        -

      (注)1.当期間における処理自己株式には、2023年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
            売渡による株式は含まれておりません。
          2.当期間における保有自己株式数には、2023年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
            の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

        利益配分については、安定した配当を継続的に行うことを重要な経営課題の一つとして考えており、利益の状
       況、将来の事業展開、配当性向などを総合的に判断して適切な利益配分を行うことを基本方針としております。
        当社は、期末配当及び中間配当の年2回の剰余金の配当を行うことを配当の回数についての基本的な方針として
       おり、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会でありま
       す。
        当事業年度の配当については、上記方針に基づき検討いたしましたところ、期末配当金については、1株につき
       25円の配当を実施し、すでに実施いたしました中間配当金1株につき25円とあわせて年間配当金50円とさせていた
       だきます。
        また、内部留保資金については経営体質、財務体質の強化を図るために必要な投資を有効的に行ってまいりたい
       と考えております。
        当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
        なお、基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
              決議年月日           配当金の総額(千円)             1株当たり配当額(円)
             2022年10月12日
                                 89,439                25
              取締役会決議
             2023年5月24日
                                 89,435                25
             定時株主総会決議
                                23/87








                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、創業者の経営哲学でもある「誠実、高品質、顧客第一」という経営理念と、「1.社会への
         奉仕、2.顧客への奉仕、3.技術開発、4.個人能力の開発、5.職場の和」という経営基本方針を掲げ、事業活動
         を通じてこれらを実践することで、企業価値の向上を図り、2030年までに、当社に関わるすべての人にとって
         価値ある会社・信頼感ある会社(Good                  Company)となることを長期経営ビジョンとして定めております。
          Good   Companyとは…
          ・従業員が自己の成長・生活の安定を実感でき、定年時に長い間勤めてよかったと思える会社
           (従業員よし)
          ・モビリティ産業界の課題を解決する特長的な製品やサービスを生み出す活力ある会社
           (顧客よし、仕入先よし)
          ・投資と収益のバランスが取れ、安定的な利益を創出する強い財務体質の会社
           (株主よし、金融機関よし)
          ・経営資源や創出した利益を活用して、地域の人々が抱える課題を解決する社会貢献型の会社
           (社会よし)
          当社グループは、この実現のために、コーポレート・ガバナンス体制の改善及び強化は経営上の最重要課題
         であると認識しております。この認識に基づき、独立役員の資格を満たす社外役員の選任や、社外取締役を委
         員長とする指名・報酬諮問委員会を設置するとともに、執行役員制度を導入して責任の明確化と経営のスピー
         ドアップを図るなど、経営の監視・監督機能の強化に努めております。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         ア.企業統治の体制の概要
           当社は、監査役制度を採用しており、取締役会と監査役会により、業務執行の監督、監視を行っておりま
          す。
           取締役会は、取締役5名(うち社外取締役2名)で構成しており、法令・定款に定める事項や経営目標、
          経営戦略等の重要事項の決定と業務執行状況の監督を行っております。
           取締役の指名、報酬決定については、任意の機関として指名・報酬諮問委員会を設置しております。諮問
          委員会の委員長は独立社外取締役としており、取締役、監査役及び執行役員の選定や持続的な成長に向けた
          インセンティブを含む役員報酬について、客観的な立場から検討を行うことで決定プロセスの透明性を確保
          しております。取締役会は諮問委員会の適切な関与・助言を得ながら慎重に審議しております。
           業務執行については、執行役員制度を導入し、取締役会で選任され権限の委譲を受けた執行役員が、取締
          役会で決定された経営の方針にしたがい業務執行を行うことで責任の明確化と経営のスピードアップを図っ
          ております。取締役及び執行役員は、執行役員会を毎月1回開催して業務執行における重要案件に関する討
          議を行うこととしております。
           また、取締役、執行役員及び各組織の部長職を構成メンバーとした経営会議を毎月1回開催し、取締役会
          で決定された重要事項の伝達、各組織における業務の執行状況に関する報告、討議を行っております。
           監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成しており、各監査役は必要に応じて随時、取締
          役・会計監査人・内部監査室と意見交換を行うとともに、業務執行における重要会議に出席し、業務の執行
          状況を常に監視する体制を敷いております。
           なお、当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要は次のとおりであります。
                                24/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         イ.当該体制を採用する理由










           当社は、監査役会設置会社の体制を採用しており、取締役会による業務執行の監督機能と監査役会による
          監査機能の強化・充実がコーポレート・ガバナンスの有効性を高める方法であると考えております。この考
          えのもと、取締役会の諮問機関として指名・報酬諮問委員会を設置することで取締役会の機能を補完する体
          制を強化しております。また、執行役員制度を導入し、取締役の業務監督機能と業務執行機能の分離を進め
          ております。
           このように、当社は、従来からの監査役会設置会社の体制をベースに、新たなコーポレート・ガバナンス
          強化の体制を導入することで、企業経営の健全性、適法性及び効率性の維持・向上を実現することができる
          と考えております。
        ③ 企業統治に関するその他の事項

         内部統制システムの整備の状況
          当社の「内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況」は以下のとおりであります。
         ア.取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          (a)  当社は、コンプライアンス体制の基盤を、法令や社会規範、経営理念や経営基本方針、各種社内規程等
           におき、これらを順守した事業活動を行うことを旨とします。
          (b)  当社は、コンプライアンス推進と統括にあたる組織の設置と、コンプライアンス規程やこれに関連する
           諸方針・マニュアル等の制定・周知を通じて、関係者のコンプライアンス意識や行動の浸透を図ります。
          (c)  当社は、法令違反行為などコンプライアンスに関する問題を早期に発見し、適切に処理・                                         是正を図るた
           め、社内及び第三者機関を情報提供先とする内部通報制度(企業倫理ヘルプライン)を設置します。ま
           た、通報内容を秘守し、通報者及び協力者等に対する不利益な取扱いを行いません。
          (d)  取締役は、財務報告の信頼性を確保し、会社情報を適正かつ適時に開示するために必要な体制を整備・
           運用します。
          (e)  監査役は、独立した立場から、内部統制システムの整備・運用状況を含め、取締役の職務執行を監査し
           ます。
                                25/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          (f)  内部監査室は、業務執行部門から独立し、富士精工グループにおける業務の適正性及び効率性を監査し
           ます。
          (g)  当社は、取締役・監査役・執行役員・内部監査室・コンプライアンス統括部署によって構成する内部統
           制審議会を定期開催し、コンプライアンスや経営リスクに関する情報共有や諸課題の解決にあたります。
         イ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          (a)  当社は、取締役会のほか重要な会議における意思決定に係る議事録・稟議書類などの取締役の職務執行
           に係る文書を、文書管理規程・情報セキュリティ管理規程に基づき適切に保存・管理します。
          (b)  取締役及び監査役は、必要に応じてこれらの情報を閲覧できます。
         ウ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          (a)  当社は、代表取締役社長を最高責任者とし、管理部門長が統括するリスク管理担当部署を設置して、全
           社横断的なリスク管理を推進します。
          (b)  当社は、取締役会や内部統制審議会を通じて、富士精工グループの事業活動に影響を及ぼすと考えられ
           るリスクを予見・把握・評価し、必要に応じて対応策を協議し、その回避・軽減・移転その他必要な措置
           を講じます。
          (c)  当社は、事業活動に重大な影響を及ぼす危機の発生に備え、危機管理マニュアルを定め、迅速かつ的確
           な危機対応・再発防止を行うことにより、損失の拡大防止・最小化に努めます。
         エ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          (a)  当社は、取締役会を原則として1か月に1度、その他必要に応じて適宜開催します。
          (b)  職務執行については、組織規程・業務分掌規程・職務権限基準等で、責任者とその責任・権限を定めて
           業務を執行させるとともに、内部監査を通じて業務の運営状況を把握し、その妥当性・有効性を検証しま
           す。
          (c)  中期経営計画・年度経営計画を策定し、取締役会がこれを決定します。部門長のもと、各部門は当該計
           画・年度社方針に沿った方針・目標を策定し、その実施状況を取締役会を始めとする重要会議でレ
           ビュー、必要に応じた改善等を行うことで、取締役の職務の効率性を確保します。
          (d)  当社は、独立性を有する社外取締役を継続して選任し、取締役による職務執行の監督機能の維持・向上
           に努めます。
         オ.富士精工グループにおける業務の適正を確保するための体制
          (a)  当社は、関係会社における職務執行状況を的確に把握するため、担当役員制を採用します。業務執行取
           締役・業務執行役員は、担当する関係会社の監視・監督を担い、関係会社から適時適切に職務執行の報告
           を受けるものとします。
          (b)  関係会社は、関係会社管理規程に定める報告事項に関して、定期開催される関係会社会議を通じて取締
           役を始めとする関係者に報告します。また、事業活動に重大な影響を及ぼす可能性のあるリスク等につい
           ては、取締役会・内部統制審議会で報告し、対応策等を決定することで、関係会社の職務執行が効率的に
           行われる体制を確保します。
          (c)  内部監査室は、内部監査規程に基づき、関係会社の監査を定期的に実施し、その結果について代表取締
           役社長に報告します。また、関係会社に重要な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実等を
           発見した場合、代表取締役社長を通じて、取締役会・内部統制審議会に遅滞なく報告します。
         カ.監査役の職務を補助すべき従業員に関する事項及び当該従業員の取締役からの独立性に関する事項
          (a)  取締役は、監査役の求めにより、監査役の職務を補助する従業員として適切な人材を選任し、必要な設
           備・施設・予算を確保します。
          (b)  取締役は、監査役補助者の適切な職務の遂行のため、人事(評価、異動等)に関しては、監査役の同意
           を得るものとします。
          (c)  監査役補助者は、取締役からの独立性確保のため、他部門の職務を兼務せず、監査役の指揮命令に従う
           ものとします。
         キ.取締役及び従業員等が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
          (a)  取締役は、監査役が取締役会のほか重要な会議へ出席するとともに関係書類の閲覧を行える体制を整備
           します。また、当社の取締役及び従業員並びに子会社の取締役、監査役及び従業員は、会社経営・事業運
           営上の重要事項や業務執行の状況・結果について、監査役に報告します。
          (b)  取締役は、当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見したときは、直ちに
           監査役会に報告します。
          (c)  取締役及び従業員等は、監査役に対する報告が通常の職制を通じた報告であるか否かを問わず、監査役
           に報告したことを理由として、当該報告者に対し一切の不利益な取扱いを行いません。
          (d)  代表取締役社長は、企業倫理ヘルプラインの適切な運用を図り、当該内容は監査役へ適切に報告しま
           す。
                                26/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         ク.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          (a)  代表取締役社長と会計監査人は、監査役の効果的な監査業務遂行を支援するため、対処すべき課題・監
           査役監査の環境整備の状況・監査上の重要課題等について、監査役との定期的な意見交換を行います。
          (b)  監査役は、内部監査室から内部監査の経過や結果について報告を受けるとともに、会計監査人から会計
           監査の内容について随時説明を受けるなど情報交換を行い、相互連携を図ります。
          (c)  取締役は、監査役の職務の遂行にあたり、監査役が必要に応じ弁護士等外部専門家との連携を図れるよ
           うにするなど、監査環境の整備に努めます。
          (d)  監査役の職務の執行に係る費用等については、当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合
           を除き、所定の手続きによって速やかに支払います。
        ④ 責任限定契約の内容の概要

          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償
         責任を限定する契約を締結しております。
          当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額であります。
        ⑤ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要等

          当社は、取締役及び監査役全員を被保険者とする会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契
         約を保険会社との間で締結しており、被保険者が職務の執行に関し責任を負うこと、または当該責任の追及を
         受けることによって負担することになる損害を、当該保険契約により填補することとしております。保険料
         は、当社が全額負担しており、被保険者の実質的な保険料負担はありません。
          なお、当該保険契約は2023年6月に更新される予定であります。
        ⑥ 取締役の定数

          当社の取締役は、8名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑦ 取締役の任期

          当社は、取締役の任期を1年以内とする旨を定款で定めております。
        ⑧ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及びその選任決議は、累積投票によらないものとする旨
         を定款に定めております。
        ⑨ 自己の株式の取得

          当社は、自己株式の取得について、機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定に基づ
         き、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めておりま
         す。
        ⑩ 中間配当

          当社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議により毎年8月31日を基準日として中間配当
         をすることができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とする
         ものであります。
        ⑪ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上の決議をもって行う旨を定款に
         定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営
         を行うことを目的とするものであります。
                                27/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
         男性    8 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率                -%)
                                                       所有株式数
       役職名       氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                       (百株)
                            1971年3月     当社入社
                            1982年3月     当社本社工場長
                            1982年5月     当社取締役本社工場長
                            1987年5月     当社常務取締役
                            1994年5月     当社専務取締役
                            1997年5月     当社代表取締役社長
                            1997年10月     アキュロムU.S.A.インコーポレーテッド
      代表取締役
             森  誠      1948年1月16日      生
                                                    (注)3     1,301
                                 取締役
      会長兼社長
                            2000年2月     富士エンジニアリング株式会社取締役
                            2000年7月     有限会社シーマックス代表取締役社長(現任)
                            2011年4月     大連富士工具有限公司副董事長(現任)
                            2012年8月     富士エンジニアリング株式会社取締役会長
                            2018年5月     当社代表取締役会長
                            2023年5月     当社代表取締役会長兼社長(現任)
                            1997年4月     当社入社
                            2005年3月     ティーティーフジツールサポート株式会社
                                 取締役副社長
                            2013年3月     ティーティーフジツールサポート株式会社
                                 代表取締役社長
                            2015年3月     当社執行役員
      専務取締役
                            2017年3月     当社常務執行役員
             樋口 直行       1964年8月15日      生                           (注)3       49
      営業部門長
                            2017年10月     フジセイコウタイランド株式会社取締役
                            2019年3月     当社常務執行役員営業部門長
                            2020年5月
                                 当社専務取締役営業部門長(現任)
                            2021年3月
                                 志賀機械工業株式会社取締役副社長(現任)
                            2021年6月
                                 ティーティーフジツールサポート株式会社
                                 取締役(現任)
                            1996年4月     当社入社
                            2016年3月     当社技術部長
                            2017年4月     アキュロムセントラルヨーロッパ有限会社取締
                                 役
                            2018年3月     当社執行役員技術部門長
      常務取締役
                            2020年3月     韓富エンジニアリング株式会社取締役
             篠田 直毅       1970年10月27日      生                          (注)3       3
      技術部門長
                            2020年6月     アキュロムU.S.A.インコーポレーテッド
                                 取締役
                            2021年3月     志賀機械工業株式会社取締役
                            2022年3月     富士エンジニアリング株式会社取締役
                            2023年5月
                                 当社常務取締役技術部門長(現任)
                            1989年5月     ユニオンツール株式会社入社
                            1998年12月     同社長岡工場管理部長
                            2000年10月     同社総合企画部長
                            2000年11月     同社子会社佑能工具(上海)有限公司董事長
                            2002年9月     同社海外子会社支援室長
                            2009年12月     同社長岡工場管理部長
                            2010年12月     同社総務部長
                            2011年2月     同社執行役員総務部長
       取締役      大平 博      1957年11月28日      生                          (注)3       22
                            2012年2月     同社取締役管理本部担当総務部長
                            2012年12月     同社子会社台湾佑能工具股份有限公司董事長
                            2013年2月     同社常務取締役管理本部担当総務部長
                            2014年2月     同社代表取締役社長(現任)
                            2017年5月     当社社外取締役(現任)
                            2022年3月     ユニオンツール株式会社内部監査部担当(現
                                 任)
                                28/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
                            1975年4月     株式会社日本電装(現 株式会社デンソー)入
                                 社
                            1999年1月     同社ディーゼル製造部長
                            2004年1月     SIAM DENSO МFG(THAILA
                                 ND)代表取締役社長
                            2006年6月
                                 株式会社デンソー常務役員(生産技術)
                            2009年6月
                                 同社常務役員(調達)
                            2010年6月
                                 同社顧問
       取締役      浅野 佳孝       1951年6月25日      生                          (注)3
                                                          -
                            2010年6月     株式会社デンソー北九州製作所(現 株式会社
                                 デンソー九州)代表取締役社長
                            2014年4月     同社顧問
                            2015年8月     DMG森精機株式会社技術顧問
                            2019年4月     当社技術顧問
                            2020年4月     当社アドバイザー
                            2023年5月
                                 当社社外取締役(現任)
                            1978年4月     安井建設株式会社入社
                            1979年12月     当社入社
                            2004年6月     当社調達部長
      常勤監査役       加藤 芳彦       1958年2月14日      生                          (注)4       46
                            2012年3月     当社熊本工場長
                            2016年3月     当社経営管理部付主幹
                            2016年5月     当社常勤監査役(現任)
                            2002年10月     弁護士登録
                                 第一東京弁護士会入会
                            2004年7月     愛知県弁護士会入会
                                 成田法律事務所(現 成田・長谷川法律事務
       監査役      平野 徹      1976年8月18日      生
                                                    (注)4
                                                          -
                                 所)入所(現任)
                            2006年4月     愛知県弁護士会憲法問題特別委員会委員(現
                                 任)
                            2016年5月
                                 当社社外監査役(現任)
                            2003年10月     中央青山監査法人入所
                            2007年6月     公認会計士登録
                            2007年7月     あずさ監査法人(現 有限責任あずさ監査法
                                 人)入所
                            2009年7月     税理士登録
       監査役      木村 元泰       1978年12月18日      生                          (注)4
                                                          -
                                 木村元泰会計事務所設立所長(現任)
                            2009年9月     株式会社JBイレブン社外監査役
                            2016年5月
                                 当社社外監査役(現任)
                            2016年6月
                                 株式会社JBイレブン社外取締役(現任)
                            2021年6月
                                 株式会社グルメ杵屋社外取締役(現任)
                                       計                  1,421
    (注)1.取締役大平博、浅野佳孝は、社外取締役であります。
        2.監査役平野徹、木村元泰は、社外監査役であります。
        3.2023年5月24日選任後、1年内に終了する最終の事業年度に関する定時株主総会の終結の時までであります。
        4.2020年5月20日選任後、4年内に終了する最終の事業年度に関する定時株主総会の終結の時までであります。
                                29/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。当社は様々な経歴、経験等を有した社外取締役及
         び社外監査役を選任し、独立的な立場から客観的かつ公正に当社の経営を監督、監査できる体制を確保するこ
         とで、経営における透明性の向上や経営監視機能の強化に繋がると考えております。
          社外取締役大平博氏はユニオンツール株式会社の代表取締役社長であり、当社は同社から商品の仕入を行っ
         ておりますが、これは通常の取引であり、社外取締役個人が直接利害関係を有するものではありません。
          社外取締役浅野佳孝氏と当社との間に人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役平野徹氏は成田・長谷川法律事務所に所属しており、当社は同所との間において顧問契約を締結
         しておりますが、その顧問料は僅少であり一般株主と利益相反が生じるおそれがなく、独立性に影響を及ぼす
         ものではありません。
          社外監査役木村元泰氏と当社との間に人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
          なお、社外取締役及び社外監査役による当社株式の保有状況については、「第4                                     提出会社の状況        4  コーポ
         レート・ガバナンスの状況等              (2)役員の状況         ①役員一覧」の所有株式数欄に記載のとおりであります。
          当社は、社外取締役または社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準または方針を定めて
         おりませんが、株式会社名古屋証券取引所が定める独立役員の独立性に関する判断基準を参考として、独立性
         の高い社外取締役または社外監査役を選任しております。
          なお、当社は、社外取締役大平博氏及び浅野佳孝氏、社外監査役平野徹氏及び木村元泰氏を株式会社名古屋
         証券取引所の定めに基づく独立役員として届け出ております。
          社外取締役及び社外監査役は、出席した取締役会において独立した立場で適宜発言を行うことで企業統治に
         おいて重要な役割を果たしており、選任状況は適切であります。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内

         部統制部門との関係
          社外取締役は、取締役会において必要な情報収集を行い、経営者としての経験から適宜質問を行い、意見交
         換を行う等連携をはかっております。
          社外監査役は、取締役会や監査役会においてその専門的見地からの報告や発言を適宜行っており、監査役監
         査においてはその独立性、中立性、専門性を十分に発揮し、監査を実施するとともに、内部監査室、他の監査
         役及び会計監査人と連携をはかり情報収集や意見交換を行っております。
      (3)【監査の状況】

        ① 監査役監査の状況
          当社における監査役監査は、監査役会制度を採用しております。常勤監査役1名及び非常勤監査役2名で構
         成されており、うち2名が社外監査役であります。
          当事業年度では、年間11回の監査役会を開催し、常勤監査役の選定、年度監査方針・計画の決定、監査役の
         職務分担、監査役報酬の配分、内部統制システムの整備・運用状況、会計監査人の監査の方法及び結果の相当
         性、会計監査人の選解任又は不再任、会計監査人の報酬の適切性、監査報告の作成など法令で定められている
         事項に関する協議や決議をしております。また、会計監査人及び内部監査室とは定期的に意見交換を行い、監
         査の有効性、効率性を高めております。
          個々の監査役の監査役会への出席状況は、次の通りです。
              氏名          開催回数           出席回数

          加藤 芳彦               11回           11回

          平野 徹               11回           11回

          木村 元泰               11回           11回

          常勤監査役加藤芳彦氏は、常勤としての特性を踏まえ、監査環境の整備や社内の情報収集を積極的に行い、

         執行役員会や経営会議・関係会社会議等主要な会議への出席、重要書類の閲覧などを通じて、内部統制システ
         ムの構築・運用状況などを日常的に監視しております。
          社外監査役平野徹氏は、弁護士として豊富な経験と専門知識を有し、企業法務にも精通しており、社外監査
         役木村元泰氏は、公認会計士・税理士として財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。弁護
         士・公認会計士・税理士の専門性を踏まえ、取締役会に対する忌憚の無い質問、意見、指摘をしております。
                                30/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ② 内部監査の状況
          取締役社長直轄の内部監査部門である内部監査室は、専任者2名で構成しております。
          内部監査室は内部監査規程に基づき各年度の内部監査計画を立案・実施し、会社の内部統制の整備及び運用
         状況を日常的に監視するとともに、必要がある場合は都度改善勧告を行っております。
        ③ 会計監査の状況

         ア.監査法人の名称
           有限責任あずさ監査法人
         イ.継続監査期間
           16年間
         ウ.業務を執行した公認会計士
           指定有限責任社員 業務執行社員 加藤浩幸、池ヶ谷正
         エ.監査業務に係る補助者の構成
           公認会計士5名、その他16名
         オ.監査法人の選定方針と理由
           監査役会は、取締役、社内関係部署及び会計監査人から必要な資料を入手しかつ報告を受け、その職務遂
          行状況、監査体制、独立性及び専門性などが適切であるかを総合的に評価し、会計監査人を選定しておりま
          す。
           監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合など、その必要があると判断した場合は、株主総
          会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定いたします。
           また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、
          監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任
          後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告します。
         カ.監査役会による会計監査人の評価
           監査役及び監査役会は、会計監査人の職務遂行状況、監査体制及び独立性等において会計監査人に解任又
          は不再任に該当する事由は認められないと評価しています。
        ④ 監査報酬等の内容等

         ア.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(千円)           報酬(千円)           報酬(千円)           報酬(千円)
                     27,900                       30,500
      提出会社                             -                       -
      連結子会社                  -           -           -           -

                     27,900                       30,500

         計                          -                       -
         イ.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(ア.を除く)

           該当事項はありません。
         ウ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
           該当事項はありません。
         エ.監査報酬の決定方針
           当社は監査公認会計士等に対する監査報酬について、監査内容、監査時間等を勘案し、監査役会の同意を
          得たうえで決定しております。
         オ.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
           監査役会は、取締役、社内関係部署及び会計監査人から必要な資料を入手しかつ報告を受け、また非監査
          業務の委託状況及びその報酬の妥当性、監査計画の内容、職務遂行状況及び報酬見積りの算定根拠を確認の
          うえ審議した結果、当社の会計監査人に対する監査報酬等について適切と判断し、会社法第399条第1項の同
          意をしております。
                                31/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は役員の報酬等の額または算定の方法の決定に関する方針を定めております。
          役員報酬の算定方法に関して、当社では、取締役の報酬につきましては、1987年5月28日開催の第29回定時
         株主総会において決議されております月額1,300万円以内を報酬限度額とし、監査役の報酬については、2007年
         5月17日開催の第49回定時株主総会において決議いただいております月額350万円以内を報酬限度額としており
         ます。
          取締役の報酬につきましては、透明性を高めるため、指名・報酬諮問委員会において、担当分野、各人業績
         に基づき、報酬総額の限度内で報酬額を協議し、これを取締役会にて審議のうえ決定しております。また、監
         査役の報酬につきましては監査役の協議により決定しております。
          当社の指名・報酬諮問委員会は、役員等の指名及び取締役等の報酬に係る取締役会の機能の独立性・客観性
         と説明責任を強化するため、取締役会の任意の諮問機関として設置しており、当事業年度の報酬に係る指名・
         報酬諮問委員会は1回開催いたしました。また、当事業年度の報酬に係る取締役会は、2022年1月12日に開催
         いたしました。
          当社は、固定報酬制度の他に業績連動型報酬制度及びストックオプション制度を導入しております。
          固定報酬は、役職に応じて設定されており、報酬限度額の範囲内で毎月定額が支払われます。
          また、業績連動報酬は、役位別評価係数ならびに親会社株主に帰属する当期純利益の増減に連動した支給率
         により決定しております。算定基準に親会社株主に帰属する当期純利益を採用している理由としては、当社グ
         ループの経営管理を責任範囲に持たせるためであります。ストックオプションは、株主総会の決議により取締
         役への割当の上限個数を都度決定し、各取締役への割当個数は取締役会で決定しております。
          なお、当連結会計年度における業績連動報酬額の決定において参考とされた実績値は、当連結会計年度の親
         会社株主に帰属する当期純利益188,689万円であります。当社は、業績連動報酬の支給にあたっては、具体的な
         目標値は設定しておりませんが、親会社株主に帰属する当期純利益の増減に基づいて評価しております。
          また、取締役の月額報酬のうち一定額を役員持株会に拠出し、当社株式を継続的に取得するとともに、取得
         した株式は原則として役員在任期間中は保有することとしております。これにより、役員報酬と株価との連動
         性を一層向上させ、会社業績に対する経営責任を明確にするとともに、業績向上及び株価上昇に対する意欲を
         高め、企業価値の向上に資するものと考えております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                     報酬等の総額                               対象となる役員
           役員区分
                                              ストック
                      (千円)                               の員数(人)
                              固定報酬       業績連動報酬
                                             オプション
        取締役
                        76,116        76,116                          3
                                          -        -
        (社外取締役を除く)
        監査役
                        10,200        10,200                          1
                                          -        -
        (社外監査役を除く)
                        12,912        12,912                          4
        社外役員                                  -        -
        ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
                                32/87






                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、売
         買による差益及び配当金を得ることを目的として取得する株式を純投資目的である投資株式とし、取引関係の
         維持強化、情報収集を目的とする株式を純投資目的以外の目的である投資株式と区分としております。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         ア.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
          の内容
           当社の純投資目的以外の目的である投資株式の保有方針は、取引先との関係維持・強化等を考慮し、中長
          期的な視点で当社の企業価値を向上させる株式を保有する方針としており、取締役会において定期的に保有
          の合理性、妥当性について検証をしています。
           保有の合理性については、取得価額と時価評価額との差益、受取配当金額等による定量的評価及び取得経
          緯や保有によるメリットとリスク等の定性的情報による検証結果を勘案した上で、保有の適否を決定してお
          ります。
           この方針に基づき個別銘柄について、保有継続の意義ならびに一定期間における時価変動及び受取配当金
          の累計を考慮した収益をもとに合理性を検証した結果、保有する銘柄については、保有を継続することに合
          理性が認められるものと判断しております。
         イ.銘柄数及び貸借対照表計上額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
                      1            290
     非上場株式
                     19          1,092,238
     非上場株式以外の株式
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
     非上場株式                -             -             -

                      4           7,797
     非上場株式以外の株式                                取引先持株会による増加
          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

           該当事項はありません。
         ウ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

          特定投資株式
                当事業年度       前事業年度
                                                       当社の株
                株式数(株)       株式数(株)             保有目的、定量的な保有効果
         銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
                                                        の有無
               貸借対照表計上       貸借対照表計上
                額(千円)       額(千円)
                              当社グループは同社と取引関係があり、当該関係を
                  120,000       120,000
     ユニオンツール㈱
                              維持・強化することを目的として保有しておりま                           有
                  387,600       444,000
                              す。
                              当社グループは同社との製品売買の取引があり、当
                   41,000       41,000
     日本特殊陶業㈱
                              該関係を維持・強化することを目的として保有して                           無
                  112,299        84,788
                              おります。
                              当社グループは同社との製品売買の取引があり、当
                  120,000       120,000
     旭ダイヤモンド工業
                              該関係を維持・強化することを目的として保有して                           有
     ㈱
                  100,080        68,760
                              おります。
                                33/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
                当事業年度       前事業年度
                                                       当社の株
                株式数(株)       株式数(株)             保有目的、定量的な保有効果
         銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
                                                        の有無
               貸借対照表計上       貸借対照表計上
                額(千円)       額(千円)
                              当社グループは同社との製品売買の取引があり、当
                   40,226       38,093
                              該関係を維持・強化することを目的として保有して
     三菱マテリアル㈱
                              おります。また、当社は同社の取引先持株会に加入                           無
                              しており、毎期定額拠出を行っていることにより、
                   85,280       78,969
                              前事業年度より株数が増加しております。
                              当社グループは同社と取引関係があり、当該関係を
                   20,000       20,000
     ㈱十六フィナンシャ
                              維持・強化することを目的として保有しておりま                           有
     ルグループ
                   64,300       48,880
                              す。
                   61,200       61,200
                              地元経済界での友好的関係維持を目的として保有し
     タキヒヨー㈱
                                                         有
                              ております。
                   58,262       74,480
                              同社は主要納入先のひとつであり、当該関係を維
                  108,527       105,020
                              持・強化することを目的として保有しております。
     日産自動車㈱
                              また、当社は同社の取引先持株会に加入しており、                           無
                              毎期定額拠出を行っていることにより、前事業年度
                   57,258       57,268
                              より株数が増加しております。
                   71,400       71,400
                              地元経済界での友好的関係維持を目的として保有し
     新東工業㈱
                                                         有
                              ております。
                   54,978       49,409
                              当社グループは同社と取引関係があり、当該関係を
                   40,000       40,000
     ㈱和井田製作所                         維持・強化することを目的として保有しておりま                           有
                   39,720       38,080
                              す。
                   60,400       60,400
                              地元経済界での友好的関係維持を目的として保有し
     フタバ産業㈱
                                                         有
                              ております。
                   26,032       23,496
                              当社グループは同社と取引関係があり、当該関係を
                   10,900       10,900
     ㈱大垣共立銀行                         維持・強化することを目的として保有しておりま                           有
                   21,909       22,192
                              す。
                   18,400       18,400
                              同社は主要納入先のひとつであり、当該関係を維
     愛三工業㈱
                                                         有
                              持・強化することを目的として保有しております。
                   17,075       13,671
                              当社グループは同社と取引関係があり、当該関係を
                   16,100       16,100
     ㈱三菱UFJフィナン
                              維持・強化することを目的として保有しておりま                           有
     シャル・グループ
                   15,538       11,476
                              す。
                              同社は主要納入先のひとつであり、当該関係を維
                   13,081       11,746
                              持・強化することを目的として保有しております。
     ㈱ジェイテクト                         また、当社は同社の取引先持株会に加入しており、                           無
                              毎期定額拠出を行っていることにより、前事業年度
                   13,304       11,640
                              より株数が増加しております。
                              当社グループは同社と取引関係があり、当該関係を
                   19,000       19,000
     ㈱大和証券グループ
                              維持・強化することを目的として保有しておりま                           無
     本社
                   12,369       12,954
                              す。
                   5,000       5,000
                              当社と同業である同社の情報収集・動向調査を目的
     オーエスジー㈱
                                                         無
                              として保有しております。
                   9,695       9,575
                              当社グループは同社と取引関係があり、当該関係を
                   1,400       1,400
     三井住友トラスト・
                              維持・強化することを目的として保有しておりま                           有
     ホールディングス㈱
                   7,063       5,754
                              す。
                                34/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
                当事業年度       前事業年度
                                                       当社の株
                株式数(株)       株式数(株)             保有目的、定量的な保有効果
         銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
                                                        の有無
               貸借対照表計上       貸借対照表計上
                額(千円)       額(千円)
                   10,000       10,000
                              同社は主要納入先のひとつであり、当該関係を維
     大豊工業㈱
                                                         無
                              持・強化することを目的として保有しております。
                   6,450       7,280
                              同社は主要納入先のひとつであり、当該関係を維
                   4,338       3,974
                              持・強化することを目的として保有しております。
     エンシュウ㈱
                              また、当社は同社の取引先持株会に加入しており、                           無
                              毎期定額拠出を行っていることにより、前事業年度
                   3,023       2,508
                              より株数が増加しております。
    (注)定量的な保有効果につきましては、株式発行会社との取引内容や契約内容等の営業機密に言及するため、記載が困
      難ですが、「ア.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等におけ
      る検証の内容」に記載した検証の結果、保有を継続することに合理性が認められるものと判断しております。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(千円)            (銘柄)         合計額(千円)
                          3         5,900             3         5,900
     非上場株式
                          2        24,598             2        20,873
     非上場株式以外の株式
                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                   合計額(千円)           合計額(千円)           合計額(千円)
                        1,200
     非上場株式                                -     (注)
                        2,189                     7,769
     非上場株式以外の株式                                -
    (注)非上場株式については、市場価格がない株式等であることから、「評価損益の合計額」は記載しておりません。

        ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

          該当事項はありません。
        ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

          該当事項はありません。
                                35/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28
        号。)に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下
        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年3月1日から2023年2月28
        日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2022年3月1日から2023年2月28日まで)の財務諸表について、有限責
        任  あずさ監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等
        の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財
        団法人財務会計基準機構へ加入しております。
         また、監査法人等の各種団体が主催する研修への参加や、専門誌の購読等を行っております。
                                36/87














                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
     資産の部
       流動資産
                                       8,592,033              8,640,055
        現金及び預金
                                       2,896,945              2,991,801
        受取手形及び売掛金
                                        998,242             1,034,900
        電子記録債権
                                        673,531              542,125
        有価証券
                                       1,406,295              1,373,183
        商品及び製品
                                        639,897              746,514
        仕掛品
                                        591,608              861,778
        原材料及び貯蔵品
                                        423,537              384,269
        その他
                                       △ 14,478             △ 15,645
        貸倒引当金
                                      16,207,612              16,558,983
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                     ※2  1,819,062            ※2  1,896,219
          建物及び構築物(純額)
                                       4,041,600              4,113,332
          機械装置及び運搬具(純額)
                                     ※2  2,129,848            ※2  2,036,413
          土地
                                        110,201               71,164
          建設仮勘定
                                        199,569              195,827
          その他(純額)
                                     ※1  8,300,282            ※1  8,312,957
          有形固定資産合計
        無形固定資産                                470,124              613,886
        投資その他の資産
                                     ※3  1,244,514            ※3  1,594,581
          投資有価証券
                                         6,080              5,497
          長期貸付金
                                        474,952              511,814
          繰延税金資産
                                                      317,625
          退職給付に係る資産                                 -
                                        229,879              251,290
          その他
                                       △ 24,846             △ 24,846
          貸倒引当金
                                       1,930,581              2,655,962
          投資その他の資産合計
                                      10,700,988              11,582,806
        固定資産合計
                                      26,908,600              28,141,789
       資産合計
                                37/87









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
     負債の部
       流動負債
                                        981,115              958,852
        支払手形及び買掛金
                                                    ※2  433,903
                                        388,923
        短期借入金
                                      ※2  179,060             ※2  129,727
        1年内返済予定の長期借入金
                                        150,165              145,890
        未払法人税等
                                        132,080              117,005
        賞与引当金
                                       1,406,061              1,505,596
        その他
                                       3,237,407              3,290,976
        流動負債合計
       固定負債
                                      ※2  128,866             ※2  82,517
        長期借入金
                                        41,940              45,840
        役員退職慰労引当金
                                        164,343              128,968
        繰延税金負債
                                        810,445              480,429
        退職給付に係る負債
                                        265,561              356,580
        その他
                                       1,411,156              1,094,336
        固定負債合計
                                       4,648,564              4,385,312
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,882,016              2,882,016
        資本金
                                       4,162,607              4,133,694
        資本剰余金
                                      13,890,681              13,918,377
        利益剰余金
                                      △ 1,042,493             △ 1,042,882
        自己株式
                                      19,892,811              19,891,205
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        323,230              328,745
        その他有価証券評価差額金
                                        92,352              729,615
        為替換算調整勘定
                                                      233,111
                                       △ 449,868
        退職給付に係る調整累計額
                                                     1,291,472
        その他の包括利益累計額合計                               △ 34,284
                                       2,401,510              2,573,798
       非支配株主持分
                                      22,260,036              23,756,476
       純資産合計
                                      26,908,600              28,141,789
     負債純資産合計
                                38/87









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2022年2月28日)               至 2023年2月28日)
                                      20,100,636              19,747,336
     売上高
                                      15,606,117              15,336,678
     売上原価
                                       4,494,519              4,410,657
     売上総利益
                                   ※1 ,※4  4,134,888           ※1 ,※4  4,351,563
     販売費及び一般管理費
                                        359,630               59,093
     営業利益
     営業外収益
                                        44,673              70,876
       受取利息
                                        29,063              35,512
       受取配当金
                                        58,911              48,123
       持分法による投資利益
                                        14,338              11,744
       仕入割引
                                        180,757              279,209
       為替差益
                                        52,054              62,487
       技術指導料
                                        98,510              110,125
       その他
                                        478,309              618,079
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         5,879              3,522
       支払利息
                                          470
       売上割引                                                  -
                                         7,786              1,894
       その他
                                        14,136               5,417
       営業外費用合計
                                        823,803              671,756
     経常利益
     特別利益
                                      ※2  131,130              ※2  5,572
       固定資産売却益
                                        102,585
                                                         -
       投資有価証券売却益
                                        233,716               5,572
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※3  10,902             ※3  6,920
       固定資産除売却損
                                         ※5  -          ※5  193,177
       減損損失
                                          875
                                                         -
       その他
                                        11,777              200,097
       特別損失合計
                                       1,045,742               477,231
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   315,437              229,439
                                       △ 35,143             △ 23,395
     法人税等調整額
                                        280,294              206,043
     法人税等合計
                                        765,448              271,188
     当期純利益
                                        99,726              82,498
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                        665,721              188,689
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                39/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2022年2月28日)               至 2023年2月28日)
                                        765,448              271,188
     当期純利益
     その他の包括利益
                                                       5,515
       その他有価証券評価差額金                                 △ 32,001
                                        662,831              802,338
       為替換算調整勘定
                                        372,132              686,422
       退職給付に係る調整額
                                                       13,906
                                         △ 405
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                      ※ 1,002,556             ※ 1,508,182
       その他の包括利益合計
                                       1,768,004              1,779,370
     包括利益
     (内訳)
                                       1,498,353              1,514,447
       親会社株主に係る包括利益
                                        269,650              264,923
       非支配株主に係る包括利益
                                40/87















                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                2,882,016         4,162,614        13,334,986         △ 918,349       19,461,267
     当期変動額
      剰余金の配当
                                      △ 110,026                △ 110,026
      親会社株主に帰属する当期純
                                       665,721                 665,721
      利益
      自己株式の取得                                         △ 124,299        △ 124,299
      自己株式の処分
                                △ 7                156         148
      非支配株主との取引に係る親
                                                          -
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                   -        △ 7      555,694        △ 124,143         431,543
     当期末残高
                     2,882,016         4,162,607        13,890,681        △ 1,042,493        19,892,811
                           その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る調        その他の包括利
                   評価差額金         定      整累計額      益累計額合計
     当期首残高
                     355,232      △ 412,070      △ 810,078      △ 866,917      2,147,040       20,741,390
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 110,026
      親会社株主に帰属する当期純
                                                        665,721
      利益
      自己株式の取得                                                  △ 124,299
      自己株式の処分                                                    148
      非支配株主との取引に係る親
                                                          -
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変
                    △ 32,001       504,423       360,210       832,632       254,469      1,087,102
      動額(純額)
     当期変動額合計
                    △ 32,001       504,423       360,210       832,632       254,469      1,518,645
     当期末残高                323,230        92,352      △ 449,868       △ 34,284      2,401,510       22,260,036
                                41/87








                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                2,882,016         4,162,607        13,890,681        △ 1,042,493        19,892,811
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 160,993                △ 160,993
      親会社株主に帰属する当期純
                                       188,689                 188,689
      利益
      自己株式の取得                                           △ 389        △ 389
      自己株式の処分
      非支配株主との取引に係る親
                              △ 28,912                         △ 28,912
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                   -      △ 28,912         27,696         △ 389       △ 1,606
     当期末残高                2,882,016         4,133,694        13,918,377        △ 1,042,882        19,891,205
                           その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る調        その他の包括利
                   評価差額金         定      整累計額      益累計額合計
     当期首残高                323,230        92,352      △ 449,868       △ 34,284      2,401,510       22,260,036
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 160,993
      親会社株主に帰属する当期純
                                                        188,689
      利益
      自己株式の取得                                                   △ 389
      自己株式の処分
      非支配株主との取引に係る親
                                                        △ 28,912
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変
                      5,515      637,262       682,980      1,325,757        172,288      1,498,045
      動額(純額)
     当期変動額合計                 5,515      637,262       682,980      1,325,757        172,288      1,496,439
     当期末残高
                     328,745       729,615       233,111      1,291,472       2,573,798       23,756,476
                                42/87








                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2022年2月28日)               至 2023年2月28日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,045,742               477,231
       税金等調整前当期純利益
                                       1,046,390              1,036,769
       減価償却費
                                                      193,177
       減損損失                                    -
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 58,911             △ 48,123
                                                       11,063
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 52,207
                                         1,620              3,900
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                         5,491
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                               △ 15,074
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 71,793                -
       受取利息及び受取配当金                                 △ 73,736             △ 106,389
                                         5,879              3,522
       支払利息
                                                       1,347
       有形固定資産除売却損益(△は益)                                △ 120,227
       投資有価証券売却損益(△は益)                                △ 101,710                 -
                                        535,331
       売上債権の増減額(△は増加)                                               △ 41,260
                                        123,854
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                              △ 204,782
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 273,142              △ 92,668
                                        309,792
                                                     △ 167,604
       その他
                                       2,322,372              1,051,107
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  77,613              100,110
       利息の支払額                                 △ 5,582             △ 2,991
                                       △ 258,773             △ 230,158
       法人税等の支払額
                                       2,135,629               918,068
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                △ 135,946             △ 413,040
                                        82,620               3,240
       定期預金の払戻による収入
       有価証券の取得による支出                                △ 207,526             △ 600,397
                                        217,250              364,386
       有価証券の売却及び償還による収入
       有形固定資産の取得による支出                                △ 713,454             △ 635,259
                                        161,212               13,789
       有形固定資産の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                       △ 352,657                 -
       支出
       貸付けによる支出                                 △ 2,859               △ 92
                                         1,208              1,340
       貸付金の回収による収入
                                       △ 158,770             △ 161,069
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 1,108,923             △ 1,427,101
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                       48,533
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 505,948
                                        200,000              200,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                △ 277,056             △ 297,346
       自己株式の取得による支出                                △ 124,299               △ 389
                                          148
       自己株式の売却による収入                                                  -
       配当金の支払額                                △ 109,990             △ 159,912
       非支配株主への配当金の支払額                                 △ 1,035             △ 8,158
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                          -           △ 96,465
       よる支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 818,181             △ 313,738
                                        292,637              407,679
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        501,161
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                △ 415,093
                                       8,189,607              8,690,769
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 8,690,769             ※ 8,275,676
     現金及び現金同等物の期末残高
                                43/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
         (1)連結子会社の数            13 社
            主要な連結子会社の名称
             アキュロムU.S.A.インコーポレーテッド
             韓富エンジニアリング株式会社
             大連富士工具有限公司
         (2)非連結子会社の状況
             該当事項はありません。
         2.持分法の適用に関する事項
         (1)持分法適用の関連会社数                1 社
            会社の名称
             ティーティーフジツールサポート株式会社
         (2)持分法を適用していない非連結子会社または関連会社の状況
            該当事項はありません。
         (3)持分法適用会社でありますティーティーフジツールサポート株式会社は、決算日が3月31日のため、当連
           結会計年度における当該会社の会計期間は、2021年10月1日から12ヶ月仮決算の財務諸表を使用しておりま
           す。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           連結子会社のうちアキュロムU.S.A.インコーポレーテッド、韓富エンジニアリング株式会社、サンセ
          ルP.T.Y.リミテッド、大連富士工具有限公司、P.T.フジプレシシツールインドネシア、アキュロム
          セントラルヨーロッパ有限会社、広州富士工具有限公司、長春韓富工具有限公司、アキュロムメキシコ株式会
          社及びフジセイコウタイランド株式会社の決算日は12月31日であり、連結財務諸表の作成にあたっては、12月
          31日現在の財務諸表を使用しております。また、韓富インド有限会社の決算日は3月31日であり、連結財務諸
          表の作成にあたっては、12月31日現在で仮決算を行った財務諸表を基礎としております。
           ただし、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
           また  、 当連結会計年度において           、 連結財務情報のより適正な開示を図るため                   、 志賀機械工業株式会社の決算日
          を5月31日から2月28日に変更しております                    。 そのため    、 当該連結子会社の当連結会計年度における会計期間は
          2021年12月1日から2023年2月28日までの15ヶ月決算となっております                                 。 当該決算日の変更による影響額は連
          結損益計算書を通じて調整しております                  。
           なお、富士エンジニアリング株式会社の決算日は当社と同じであります。
         4.会計方針に関する事項
         (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
             その他有価証券
              市場価格のない株式等以外のもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法
               (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
              市場価格のない株式等
               移動平均法に基づく原価法
           ② 棚卸資産
             製品・仕掛品
              主として総平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方
              法)
             商品・原材料・貯蔵品
              主として移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの
              方法)
         (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             機械装置
              当社及び在外連結子会社5社については定額法
             上記を除く有形固定資産
              主として定率法
               ただし、当社において1998年4月1日以降に取得いたしました建物(建物附属設備を除く)ならび
              に2016年4月1日以降に取得いたしました建物附属設備及び構築物については、定額法を採用してお
              ります。
                                44/87


                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。

               建物及び構築物                  3年   ~  50年
               機械装置及び運搬具                3年   ~  12年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法
               なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を
              採用しております。
           ③ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引については、リース期間を耐用年数として、残存価額を零とす
            る定額法を採用しております。
         (3)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           ② 賞与引当金
             当社、国内連結子会社2社及び在外連結子会社1社は、従業員の賞与金の支給に備えるため、賞与支給
            見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。
           ③ 役員賞与引当金
             当社は、役員の賞与金の支給に備えるため、役員賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を計上してお
            ります。
           ④ 役員退職慰労引当金
             国内連結子会社1社は、役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金に関する内規に基づく
            期末要支給額を計上しております。
         (4)退職給付に係る会計処理の方法
           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、給付算定式基準によっております。
           ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の損益処理方法
             数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10年)に
            よる定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から損益処理することとしております。
             過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10年)による定額法により
            損益処理しております。
           ③ 未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
             未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整のうえ、純資産の部におけ
            るその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
           ④ 小規模企業等における簡便法の採用
             国内連結子会社2社、在外連結子会社1社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給
            付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
         (5)重要な収益及び費用の計上基準
            商品又は製品の販売に係る収益は、主に超硬工具等の販売であり、顧客との販売契約に基づいて商品又は
           製品を引き渡す履行義務を負っております。当該履行義務は、商品又は製品を引き渡す一時点において、顧
           客が当該商品又は製品に対する支配を獲得して充足されると判断し、引渡し時点で収益を認識しておりま
           す。ただし、商品又は製品の国内販売において、出荷時から当該商品又は製品の支配が顧客に移転される時
           までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識しております。
            取引価格は、価格変更による値引き等の変動価格を控除した金額で算定しております。
         (6)重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準
            在外子会社等の資産及び負債、収益及び費用は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は
           純資産の部における「為替換算調整勘定」及び「非支配株主持分」に含めております。
         (7)のれんの償却方法及び償却期間
            のれんの償却については、5年間の均等償却を行っております。ただし、金額に重要性が乏しいものにつ
           いては発生時に一括償却しております。
         (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な
           預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以
           内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
                                45/87


                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
          固定資産の減損
           (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                 (単位:千円)
                              当連結会計年度
                   前連結会計年度
           有形固定資産             8,300,282           8,312,957
           無形固定資産              470,124           613,886
           減損損失                -        193,177
            ※セグメント情報における日本セグメントに含まれる当社計上額は4,557,103千円です。
           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
            イ.見積りの算出方法
             当社グループは、事業用資産については原則として、継続的に収支の管理を行っている管理会計上の
            区分(会社別)を単位としてグルーピングを行っております。
             各資産グループにおいて、土地・建物等の時価下落や収益性の低下等により減損の兆候があると認め
            られる場合には、資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額と帳簿価額を比較す
            ることによって、減損損失の認識の要否を判定します。
             判定の結果、割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回り減損損失の認識が必要とされ
            た場合、帳簿価額を回収可能価額(正味売却価額又は使用価値のいずれか高い価額)まで減額し、当該
            帳簿価額の減少額は減損損失として認識します。
             当社は、半導体不足の影響などを受けて国内の自動車生産が新型コロナウイルス感染症拡大前の水準
            まで回復せず、受注の停滞等により売上が減少しており、営業損益が継続してマイナスとなっているこ
            とから、減損の兆候が認められていますが、見積られた割引前将来キャッシュ・フローの総額が資産の
            帳簿価額を上回ったことから、減損損失の認識は不要と判断したため、減損損失は計上しておりませ
            ん。
            ロ.見積りの算出に用いた主な仮定
             当社の割引前将来キャッシュ・フローの見積りは、主に将来の製品及び商品の売上金額の予測等を織
            り込んだ事業計画を基礎として見積られております。
             また、新型コロナウイルス感染症の広がり方や収束時期及び半導体不足の解消時期を正確に予測する
            ことは困難ですが、期末時点で入手可能な情報をもとに事業計画に織り込んでおります。
            ハ.翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響
             新型コロナウイルス感染症の影響を含む経済状況の変動等により、当初の見積りに用いた仮定が変化
            した場合は、割引前将来キャッシュ・フローの見積りに重要な影響を及ぼす可能性があり、減損損失の
            計上が必要となる可能性があります。
         (会計方針の変更)

          (収益認識に関する会計基準等の適用)
           「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
          う。)等を当連結会計年度の期首より適用しております。これにより、当社グループは、従来の実現主義によ
          る収益認識から、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け
          取ると見込まれる金額で収益認識する方法へ変更しております。なお、「収益認識に関する会計基準の適用指
          針」第98項に定める代替的な取扱いを適用し、商品又は製品の販売において、出荷時から当該商品又は製品の
          支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識しております。
           収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っ
          ており、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年
          度の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しておりますが、当該期首残高に与
          える影響はありません。また、当該会計基準の適用が連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
          (時価の算定に関する会計基準等の適用)

           「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
          う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
          (企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
          が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、連結財務諸表に与える影響
          はありません。
                                46/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
           ・「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」(企業会計基準第27号 2022年10月28日)
           ・「包括利益の表示に関する会計基準」(企業会計基準第25号 2022年10月28日)
           ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2022年10月28日)
           (1)概要

             その他の包括利益に対して課税される場合の法人税等の計上区分及びグループ法人税制が適用される場
            合の子会社株式等の売却に係る税効果の取扱いを定めるものであります。
           (2)適用予定日

             2026年2月期の期首から適用します。
           (3)当該会計基準等の適用による影響

             「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額につい
            ては、現時点で評価中であります。
         (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
          新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積りの仮定について、2024年2月期連結会
         計年度においては感染拡大が収束するものとして、会計上の見積りの仮定をしております。
         (新型コロナウイルス感染症に関するその他の事項)

          当社は、新型コロナウイルス感染症の影響にともない、休業を実施したことにより支給した休業手当等につ
         いて、雇用調整助成金の特例措置の適用を受け、助成金の支給額11,790千円を販売費及び一般管理費ならびに
         当期製造費用の給料手当から控除しております。
         (連結貸借対照表関係)

          ※1 有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年2月28日)                 (2023年2月28日)
                                   21,176,385     千円            22,561,913     千円
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年2月28日)                 (2023年2月28日)
     建物                                19,614千円                 20,375千円
     土地                                  -               512,607
              計                      19,614                 532,982
             担保付債務は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年2月28日)                 (2023年2月28日)
     短期借入金                                  -千円               134,000千円
     1年内返済予定の長期借入金                                1,883                 34,007
     長期借入金                                6,013                 82,517
              計                       7,896                250,525
          ※3 非連結子会社及び関連会社に係る注記

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2022年2月28日)                 (2023年2月28日)
     投資有価証券(株式)                                93,035千円                 131,842千円
                                47/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                             至 2022年2月28日)                   至 2023年2月28日)
     役員報酬                               187,168    千円              202,309    千円
                                   1,830,040                 1,932,971
     給料手当
                                    103,544                  78,308
     賞与引当金繰入額
                                    135,857                 118,677
     退職給付費用
                                    139,561                 156,220
     減価償却費
                                    113,335                 114,853
     研究開発費
          ※2 固定資産売却益は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                             至 2022年2月28日)                 至 2023年2月28日)
     建物                               127,678千円                    -千円
     機械装置及び運搬具                                3,333                 5,529
     その他                                 118                  43
            計                        131,130                  5,572
          ※3 固定資産除売却損は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                             至 2022年2月28日)                 至 2023年2月28日)
     建物及び構築物                                2,359千円                 3,550千円
     機械装置及び運搬具                                7,582                 2,241
     その他                                 960                1,128
            計                         10,902                  6,920
          ※4 一般管理費に含まれる研究開発費は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                             至 2022年2月28日)                 至 2023年2月28日)
                                    113,335    千円              114,853    千円
                                48/87









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          ※5 減損損失
             前連結会計年度(自           2021年3月1日        至  2022年2月28日)
            該当事項はありません。
             当連結会計年度(自          2022年3月1日        至  2023年2月28日)

            当連結会計年度において           、 当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております                                  。
     場所               用途         種類                    減損損失(千円)
     志賀機械工業株式会社               事業用資産         有形固定資産        建物及び構築物                 34,735
                                     機械装置及び運搬具                 13,365
     (愛知県知立市)
                                     土地                141,539
                                     その他                 2,436
                                                      1,100
                            無形固定資産
                                                     193,177
           計
             当社グループは        、 事業用資産については原則として               、 継続的に収支の管理を行っている管理会計上の区分
            (会社別)を単位としてグルーピングを行っております                          。
             当連結会計年度において            、 営業活動から生ずる損益が継続してマイナスになっている資産グループにつ
            いて  、 帳簿   価額を回収可能価額まで減額し              、 当該減少額193,177千円を減損損失として特別損失に計上して
            おります    。
             なお   、 当資産グループの回収可能価額は               、 正味売却価額により測定しており               、 主として不動産鑑定評価額
            に基づいて算定しております。
         (連結包括利益計算書関係)

          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年3月1日               (自 2022年3月1日
                                至 2022年2月28日)               至 2023年2月28日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 16,118千円                1,017千円
      組替調整額                                △61,175                  -
       税効果調整前
                                      △45,056                 1,017
       税効果額                                13,055                4,497
       その他有価証券評価差額金
                                      △32,001                 5,515
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                662,831               802,338
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                133,679               509,244
      組替調整額                                178,377               274,571
       税効果調整前
                                      312,056               783,815
       税効果額                                60,075              △97,392
       退職給付に係る調整額
                                      372,132               686,422
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                 △405               13,906
       その他の包括利益合計
                                     1,002,556               1,508,182
                                49/87






                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   4,306,778             -          -      4,306,778
            合計             4,306,778             -          -      4,306,778
     自己株式
      普通株式 (注)1.2                    639,105          90,066           109        729,062
            合計              639,105          90,066           109        729,062
        (注)1.普通株式の自己株式数の増加は、取締役会の決議に基づく自己株式立会外買付取引                                           (N-NeT-3)による
             増加89,600株、単元未満株式の買取りによる取得466株であります。
           2.普通株式の自己株式数の減少は、単元未満株式の買増請求による減少109株であります。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1) 配当金支払額
                                 1株当たり
         決議        株式の種類        配当金の総額                  基準日         効力発生日
                                  配当額
     2021年5月19日
                 普通株式         55,015千円          15円    2021年2月28日          2021年5月20日
     定時株主総会
     2021年10月13日
                 普通株式         55,011千円          15円    2021年8月31日          2021年11月15日
     取締役会
          (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度になるもの

                                    1株当たり
        決議       株式の種類       配当の原資       配当金の総額                基準日        効力発生日
                                     配当額
     2022年5月18日
               普通株式      利益剰余金        71,554千円          20円    2022年2月28日         2022年5月19日
     定時株主総会
                                50/87










                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   4,306,778             -          -      4,306,778
            合計             4,306,778             -          -      4,306,778
     自己株式
      普通株式 (注)                    729,062            289          -       729,351
            合計              729,062            289          -       729,351
        (注)普通株式の自己株式数の増加は、単元未満株式の買取りによる取得289株であります。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1) 配当金支払額
                                 1株当たり
         決議        株式の種類        配当金の総額                  基準日         効力発生日
                                  配当額
     2022年5月18日
                 普通株式         71,554千円          20円    2022年2月28日          2022年5月19日
     定時株主総会
     2022年10月12日
                 普通株式         89,439千円          25円    2022年8月31日          2022年11月14日
     取締役会
          (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度になるもの

                                    1株当たり
        決議       株式の種類       配当の原資       配当金の総額                基準日        効力発生日
                                     配当額
     2023年5月24日
               普通株式      利益剰余金        89,435千円          25円    2023年2月28日         2023年5月25日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                  至 2022年2月28日)              至 2023年2月28日)
     現金及び預金勘定                                 8,592,033千円              8,640,055千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                  △55,756              △468,720
     有価証券(MMF等)                                  154,493              104,341
     現金及び現金同等物                                 8,690,769              8,275,676
                                51/87








                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            (1)  リース資産の内容
              有形固定資産
               日本における情報システム機器及び設計用コンピュータ装置(工具、器具及び備品)であります。
            (2)  リース資産の減価償却の方法
              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償
             却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
              重要性が乏しいため注記を省略しております。
         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、資金計画及び設備投資計画に照らして、必要な資金を主に銀行借入により調達して
             おります。
              一時的な余裕資金は安全性及び流動性の高い金融資産で運用しております。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク
              営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。
              また、グローバルに事業を展開していることから生じている外貨建ての営業債権は、為替の変動リス
             クに晒されております。
              有価証券及び投資有価証券は、主にその他保有目的の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されて
             おりますが、定期的に時価や必要に応じて発行体の財務状況等を把握しております。
              営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。
              また、その一部には、外貨建ての営業債務があり、為替の変動リスクに晒されております。
              借入金は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制
            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社は、販売管理規程にしたがい、営業債権について営業担当部門が主要な取引先の状況を定期的に
             モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸
             念の早期把握や軽減を図っております。
              また、連結子会社についても当社の規程に準じて、同様の管理を行っております。
            ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              当社は、有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等
             を把握し、時価等を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
              連結子会社についても当社の規程に準じて、同様の管理を行っております。
            ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社は、経理担当部門が適時に資金計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持等により流動
             性リスクを管理しております。
              連結子会社についても同様の管理を行っております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
              金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため                              、 異なる前提条件等を採用すること
             により   、 当該価額が変動することもあります                。
                                52/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
            なお、市場価格のない株式等は、次表には含まれておりません((*2)をご参照ください)。また、
           「現金及び預金」、「受取手形及び売掛金」、「電子記録債権」、「支払手形及び買掛金」及び「短期借入
           金」は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
            前連結会計年度(2022年2月28日)

                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     有価証券及び投資有価証券                           1,818,809           1,818,809               -
      資産計                         1,818,809           1,818,809               -

     長期借入金(*1)                            307,927           307,927              -

      負債計                           307,927           307,927              -

            当連結会計年度(2023年2月28日)

                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     有価証券及び投資有価証券                           1,998,663           1,998,663               -
      資産計                         1,998,663           1,998,663               -

     長期借入金(*1)                            212,244           212,244              -

      負債計                           212,244           212,244              -

         (*1)長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
         (*2)市場価格のない株式等

                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                  区分
                                (2022年2月28日)               (2023年2月28日)
          非上場株式                               99,226               138,032
          非上場外国債券等                                 9               10
                                53/87









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (注)1 金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(2022年2月28日)
                                     1年超        5年超
                            1年以内                          10年超
                                     5年以内        10年以内
                            (千円)                         (千円)
                                     (千円)        (千円)
          現金及び預金                   8,592,033            -        -        -
          受取手形及び売掛金                   2,896,945            -        -        -
          電子記録債権                    998,242           -        -        -
          有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券のうち満期があ
           るもの
            投資信託                  291,781           -        -        -
            社債                  227,256         58,613          -        -
                 合計            13,006,258           58,613          -        -
           当連結会計年度(2023年2月28日)

                                     1年超        5年超
                            1年以内                          10年超
                                     5年以内        10年以内
                            (千円)                         (千円)
                                     (千円)        (千円)
          現金及び預金                   8,640,055            -        -        -
          受取手形及び売掛金                   2,991,801            -        -        -
          電子記録債権                   1,034,900            -        -        -
          有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券のうち満期があ
           るもの
            投資信託                  276,802           -        -        -
            社債                  160,981        339,097           -        -
                 合計            13,104,541          339,097           -        -
         (注)2 短期借入金及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(2022年2月28日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          短期借入金             388,923         -      -      -      -      -
          長期借入金             179,060       38,245      35,686      10,627       8,583      35,724
              合計         567,984       38,245      35,686      10,627       8,583      35,724
           当連結会計年度(2023年2月28日)

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          短期借入金             433,903         -      -      -      -      -
          長期借入金             129,727       30,735      10,822       8,568      8,568      23,824
              合計         563,630       30,735      10,822       8,568      8,568      23,824
                                54/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
            金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベル
           に分類しております。
            レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時
                    価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
            レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算
                    定に係るインプットを用いて算定した時価
            レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
            時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞ
           れ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
           (1)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

             当連結会計年度(2023年2月28日)
                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     有価証券及び投資有価証券

      その他有価証券
       株式                      1,117,440             -         -      1,117,440

       社債                         -       500,079            -       500,079

       その他                         -       381,143            -       381,143
            資産計               1,117,440          881,222            -      1,998,663

           (2)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品
             当連結会計年度(2023年2月28日)
                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     長期借入金                         -       212,244            -       212,244
            負債計                  -       212,244            -       212,244

     (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

       有価証券及び投資有価証券

        上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価をレベ
       ル1の時価に分類しております。一方で、債券、投資信託及びMMFの時価は、取引金融機関から提示された価格
       によっており、その時価をレベル2の時価に分類しております。
       長期借入金
        長期借入金の時価は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値に
       より算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                55/87






                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            前連結会計年度(2022年2月28日)
                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                            額(千円)
                 (1)株式                 914,088           485,723           428,364

                 (2)債券
     連結貸借対照表計上額が
                   社債                186,399           174,696           11,703
     取得原価を超えるもの
                 (3)その他                 154,493           143,597           10,895
                     小計            1,254,980            804,017           450,963

                 (1)株式                 172,576           198,430          △25,853

                 (2)債券
     連結貸借対照表計上額が
                   社債                99,470          100,000            △529
     取得原価を超えないもの
                 (3)その他                 291,781           300,000           △8,218
                     小計             563,829           598,430          △34,601

               合計                  1,818,809           1,402,448            416,361

     (注) 非上場株式等(連結貸借対照表計上額6,199千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
          て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」に含まれておりません。
            当連結会計年度(2023年2月28日)

                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                            額(千円)
                 (1)株式                 936,060           485,116           450,944

                 (2)債券
     連結貸借対照表計上額が
                   社債                67,479           53,666           13,813
     取得原価を超えるもの
                 (3)その他                 104,341           90,134           14,206
                     小計            1,107,881            628,917           478,964

                 (1)株式                 181,379           206,835          △25,456

                 (2)債券
     連結貸借対照表計上額が
                   社債                432,600           442,220           △9,620
     取得原価を超えないもの
                 (3)その他                 276,802           300,000          △23,197
                     小計             890,781           949,056          △58,274

               合計                  1,998,663           1,577,973            420,689

     (注) 非上場株式等(連結貸借対照表計上額6,200千円)については、市場価格のない株式等であることから、上表
          の「その他有価証券」に含まれておりません。
                                56/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          2.売却したその他有価証券
            前連結会計年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
          種類           売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)
     (1)株式                       141,132              102,130                875

     (2)債券
       社債                      22,408               455              -

     (3)その他                       133,332                -              -
          合計                  296,872              102,585                875

            当連結会計年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)

          種類           売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)
     (1)株式                         -              -              -

     (2)債券
       社債                        -              -              -

     (3)その他                       395,012                -              -
          合計                  395,012                -              -

          3.減損処理を行った有価証券

             前連結会計年度及び当連結会計年度において、減損処理を行った有価証券はありません。
             なお、減損処理にあたっては、個々の銘柄の時価が取得原価に対して45%以上下落した場合にはすべて
            減損対象とし、30%以上45%未満下落している場合には個々の銘柄の回復可能性を検討して減損処理を行
            うこととしております。
         (デリバティブ取引関係)

           該当事項はありません。
                                57/87










                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            当社は、確定給付型の制度として企業年金基金制度を設けております。連結子会社は確定給付制度及び確
           定拠出制度を採用し、一部の連結子会社は退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る
           期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          2.確定給付制度

           (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                  至 2022年2月28日)              至 2023年2月28日)
         退職給付債務の期首残高                             6,543,559千円              6,705,068千円
          勤務費用                             288,758              285,315
          利息費用                              72,487              66,804
          数理計算上の差異の発生額                             △22,009              △787,225
          退職給付の支払額                            △145,677              △289,817
          その他                             △32,050              △57,262
         退職給付債務の期末残高                             6,705,068              5,922,882
           (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                  至 2022年2月28日)              至 2023年2月28日)
         年金資産の期首残高                             5,794,078千円              6,111,890千円
          期待運用収益                             115,881              122,237
          数理計算上の差異の発生額                              54,085             △277,981
          事業主からの拠出額                             280,765              250,495
          退職給付の支払額                            △132,920              △234,033
         年金資産の期末残高                             6,111,890              5,972,609
           (3)簡便法を適用した制度の退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                  至 2022年2月28日)              至 2023年2月28日)
         退職給付に係る負債の期首残高                               99,413千円              217,267千円
          退職給付費用                              21,645              37,856
          退職給付の支払額                             △28,162              △28,777
          その他                             124,370              △13,816
         退職給付に係る負債の期末残高                              217,267              212,530
           (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

            に係る資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
         積立型制度の退職給付債務                             6,340,340千円              5,654,983千円
         年金資産                            △6,111,890              △5,972,609
                                       228,450             △317,625
         非積立型制度の退職給付債務                              581,995              480,429
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              810,445              162,803
         退職給付に係る負債                              810,445              480,429
         退職給付に係る資産                                 -           △317,625
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              810,445              162,803
                                58/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
           (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                  至 2022年2月28日)              至 2023年2月28日)
         勤務費用                              288,758千円              285,315千円
         利息費用                               72,487              66,804
         期待運用収益                             △115,881              △122,237
         数理計算上の差異の費用処理額                              109,075               83,055
         過去勤務費用の費用処理額                               69,301              69,192
         その他                               2,610             △70,465
         確定給付制度に係る退職給付費用                              426,352              311,664
           (注)1.連結子会社の退職給付費用は「勤務費用」に計上しております。
              2.企業年金基金に対する従業員拠出額を「勤務費用」から控除しております。
           (6)退職給付に係る調整額

             退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                  至 2022年2月28日)              至 2023年2月28日)
         数理計算上の差異                              242,755千円              714,622千円
         過去勤務費用                               69,301              69,192
           合 計                            312,056              783,815
           (7)退職給付に係る調整累計額

             退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
         未認識数理計算上の差異                             △346,235千円               303,206千円
         未認識過去勤務費用                             △464,104              △394,585
           合 計                           △810,339               △91,379
           (8)年金資産に関する事項

            ① 年金資産の主な内訳
              年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
         共同運用資産                                75.3%              75.2%
         債券                                6.0              6.5
         株式                                2.0              5.8
         一般勘定                                4.6              4.3
         その他                                12.1               8.2
           合 計                             100.0              100.0
            ② 長期期待運用収益率の設定方法

              年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を
             構成する多様な資産から現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
           (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

             当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
         割引率                                0.8%              1.5%
         長期期待運用収益率                                2.0%              2.0%
         一時金選択率                                47.0%              46.0%
          3.確定拠出制度

            連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度1,970千円、当連結会計年度3,544千円であり
           ます。
         (ストック・オプション等関係)

           該当事項はありません。
                                59/87


                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2022年2月28日)             (2023年2月28日)
           繰延税金資産
            税務上の繰越欠損金                             103,411千円              76,951千円
            退職給付に係る負債                             439,739             152,553
            投資有価証券評価損                              95,168             95,168
            ゴルフ会員権評価損                              14,405             14,405
            減損損失                              67,887             125,809
            賞与引当金                              37,107             36,759
            棚卸資産評価損                              24,883             19,450
                                         300,818             455,891
            その他
           繰延税金資産小計                             1,083,422              976,989
           評価性引当額                             △503,549             △362,601
           繰延税金資産合計                              579,873             614,388
           繰延税金負債
            土地評価差額                            △164,343             △121,740
            その他有価証券評価差額金                             △82,048             △77,553
                                        △22,871             △32,249
            その他
           繰延税金負債合計                             △269,264             △231,543
           繰延税金資産(負債)の純額                              310,609             382,845
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2022年2月28日)             (2023年2月28日)
           法定実効税率
                                          30.1%             30.1%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                               0.0             2.1
            受取配当金益金不算入等                              △0.2             △8.8
            住民税均等割等                               2.0             4.1
            評価性引当額の増減                              △4.4              14.0
            在外子会社税率調整                              △3.5             △2.4
            控除対象外源泉税                               2.4             5.1
            法人税額の特別控除額                              △1.0             △1.6
                                           1.4             0.6
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                                26.8             43.2
         (資産除去債務関係)

          該当事項はありません。
                                60/87






                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (収益認識関係)
          1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
             顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりで
            あります。
          2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

             収益を理解するための基礎となる情報は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)4.
            会計方針に関する事項(5)              重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
          3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会

           計年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時
           期に関する情報
           (1)契約資産及び契約負債の残高等
                                          (単位:千円)
                                       当連結会計年度
            顧客との契約から生じた債権(期首残高)                                 3,895,187
            顧客との契約から生じた債権(期末残高)                                 4,026,702
            契約負債(期首残高)                                  58,667
            契約負債(期末残高)                                  28,104
            契約負債は契約に基づく履行に先立ち受領した対価であり、収益の認識に伴い取り崩されます。
           (2)残存履行義務に配分した取引価格

               当社グループでは、残存履行義務に配分した取引価格については、当初に予想される契約期間が1
              年を超える重要な契約がないため、実務上の便法を適用し、記載を省略しております。また、顧客と
              の契約から生じる対価の中に、取引価格に含まれていない重要な金額はありません。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経
            営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
             当社は、主に超硬工具関連事業等ならびにこれらの附帯事業を事業内容としており、国内においては当
            社及び連結子会社2社が、海外においてはアジア(韓国、中国、インドネシア、タイ、インド)、北米・
            中米(米国、メキシコ)、欧州(ポーランド)及び包装資材関連事業を事業内容とするオセアニア(豪
            州)においてそれぞれの現地法人が事業を行っております。
             現地法人はそれぞれ独立した経営単位であり、各地域における戦略を立案し、事業活動を展開しており
            ます。
             なお、包括的なグループ経営方針等については当社がすべて統括し、各現地法人へ指示しております。
             したがって、当社は生産・販売体制を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「日本」、
            「アジア」、「北米・中米」、「オセアニア」及び「欧州」の5つを報告セグメントとしております。
             当連結会計年度から、「その他」に含まれていた「欧州」について量的な重要性が増したため報告セグ
            メントとして記載する方法に変更しております。
             なお、前連結会計年度のセグメント情報は、当連結会計年度の報告セグメントの区分に基づき作成した
            ものを開示しております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と概ね同一であります。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
             セグメント間の内部売上高または振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                61/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
           3.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報及び収益
            の分解情報
             前連結会計年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
                                                  (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                    連結財務諸表
                                           合計    調整額(注)1
                                                    計上額(注)2
                 日本     アジア    北米・中米     オセアニア       欧州
        売上高
         外部顧客への売
                8,989,532     5,996,796     2,347,487     2,082,349      684,471    20,100,636         -  20,100,636
         上高
         セグメント間の
                2,145,573      679,289       19     -    30,974    2,855,856    △ 2,855,856        -
         内部売上高又は
         振替高
           計
                11,135,106      6,676,085     2,347,506     2,082,349      715,445    22,956,493     △ 2,855,856     20,100,636
        セグメント利益又
                △ 222,605     143,392     160,691     178,304      60,097     319,879      39,750     359,630
        は損失(△)
                18,095,040      6,946,967     1,171,916     2,172,532      463,733    28,850,190     △ 1,941,589     26,908,600
        セグメント資産
        その他の項目
                 505,478     358,588     109,001      73,579     17,815    1,064,463      △ 18,073    1,046,390
         減価償却費
                 16,449       -     -     -     -    16,449       -    16,449
         のれんの償却額
         持分法適用会社
                   -    93,035       -     -     -    93,035       -    93,035
         への投資額
         有形固定資産及
                 433,997     197,244      29,598     36,301      3,972    701,114     △ 7,258    693,856
         び無形固定資産
         の増加額
          (注)   1.調整額は以下のとおりであります。
             (1)セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
             (2)セグメント資産の調整額、減価償却費の調整額、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額
              は、セグメント間取引消去であります。
            2.セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                62/87












                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)
                                                  (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                    連結財務諸表
                                           合計    調整額(注)1
                                                    計上額(注)2
                 日本     アジア    北米・中米     オセアニア       欧州
        売上高
         超硬工具関連事
                7,885,428     5,658,337     2,280,681        -   715,973    16,540,421         -  16,540,421
         業
         自動車部品関連
                 326,889       -     -     -     -   326,889       -   326,889
         事業
         包装資材関連事
                   -     -     -  2,315,844        -  2,315,844        -  2,315,844
         業
                 564,180       -     -     -     -   564,180       -   564,180
         その他
         顧客との契約か
                8,776,498     5,658,337     2,280,681     2,315,844      715,973    19,747,336         -  19,747,336
         ら生じる収益
         外部顧客への売
                8,776,498     5,658,337     2,280,681     2,315,844      715,973    19,747,336         -  19,747,336
         上高
         セグメント間の
                1,988,858      666,188      2,237       -    38,560    2,695,844    △ 2,695,844        -
         内部売上高又は
         振替高
           計     10,765,357      6,324,525     2,282,918     2,315,844      754,534    22,443,180     △ 2,695,844     19,747,336
        セグメント利益又
                △ 452,268     163,155     152,307      97,265     62,211     22,671     36,422     59,093
        は損失(△)
                18,497,701      7,176,251     1,432,881     2,355,861      517,644    29,980,340     △ 1,838,551     28,141,789
        セグメント資産
        その他の項目
                 535,058     320,840     105,736      61,450     19,115    1,042,201      △ 5,431    1,036,769
         減価償却費
                   -     -     -     -     -     -     -     -
         のれんの償却額
         持分法適用会社
                   -   131,842       -     -     -   131,842       -   131,842
         への投資額
         有形固定資産及
                 879,117     132,872      22,403     91,226      6,750    1,132,369      △ 9,769    1,122,600
         び無形固定資産
         の増加額
          (注)   1.調整額は以下のとおりであります。
             (1)セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
             (2)セグメント資産の調整額、減価償却費の調整額、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額
              は、セグメント間取引消去であります。
            2.セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           4.報告セグメントの変更等に関する事項

             会計方針の変更に記載のとおり、当連結会計年度の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識に
            関する会計処理方法を変更したため、事業セグメントの利益又は損失の算定方法を同様に変更しておりま
            す。
             これによる各事業セグメントにおける当連結会計年度の外部顧客への売上高及びセグメント損益への影
            響は軽微であります。
                                63/87








                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          【関連情報】
             前連結会計年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                       超硬工具       自動車部品        包装資材
                                              その他事業          計
                       関連事業        関連事業        関連事業
            外部顧客への売上高           17,181,443         313,269       2,082,349         523,574      20,100,636
            (注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。
               2.各事業の主な製品
                (1)超硬工具関連事業……ホルダー、チップ、バイト、カッター・ドリル・リーマ
                (2)自動車部品関連事業…自動車用試作部品
                (3)包装資材関連事業……緩衝梱包材、断熱材、保冷剤
                (4)その他事業……………機械工具の設計及び販売、機械の販売、金型の製造及び販売、専用工
                            作機械、汎用工作機械等の製造及び販売
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                     (単位:千円)
             日 本       中 国       アジア      オセアニア       北米・中米        欧 州       合 計
             8,989,532       3,388,170       2,608,626       2,082,349       2,347,487        684,471      20,100,636
            (注)売上高は、拠点の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

                                                     (単位:千円)
             日 本       中 国       アジア      オセアニア       北米・中米        欧 州       合 計
             4,777,303        854,680      1,173,092        893,638       432,763       168,804      8,300,282
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないため、
            主要な顧客ごとの情報の記載を省略しております。
                                64/87











                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                       超硬工具       自動車部品        包装資材
                                              その他事業          計
                       関連事業        関連事業        関連事業
            外部顧客への売上高           16,540,421         326,889       2,315,844         564,180      19,747,336
            (注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。
               2.各事業の主な製品
                (1)超硬工具関連事業……ホルダー、チップ、バイト、カッター・ドリル・リーマ
                (2)自動車部品関連事業…自動車用試作部品
                (3)包装資材関連事業……緩衝梱包材、断熱材、保冷剤
                (4)その他事業……………機械工具の設計及び販売、機械の販売、金型の製造及び販売、専用工
                            作機械、汎用工作機械等の製造及び販売
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                     (単位:千円)
             日 本       中 国       アジア      オセアニア       北米・中米        欧 州       合 計
             8,776,498       2,924,469       2,733,868       2,315,844       2,280,681        715,973      19,747,336
            (注)売上高は、拠点の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

                                                     (単位:千円)
             日 本       中 国       アジア      オセアニア       北米・中米        欧 州       合 計
             4,715,742        831,519      1,170,667        989,449       419,811       185,765      8,312,957
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないため、
            主要な顧客ごとの情報の記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)

            「日本」セグメントにおいて固定資産の減損損失を193,177千円、計上しております。
                                65/87









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
           前連結会計年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
                                                     (単位:千円)
                 日本       アジア       北米・中米        オセアニア         欧州        合計
                  16,449                                      16,449
     当期償却額                      -        -        -        -
     当期末残高               -        -        -        -        -        -

           当連結会計年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

           該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                              至 2022年2月28日)                 至 2023年2月28日)
     1株当たり純資産額                             5,550円62銭                 5,921円20銭
     1株当たり当期純利益金額                              183円24銭                 52円74銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
        2.1株当たり当期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                              至 2022年2月28日)                 至 2023年2月28日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益

                                    665,721                 188,689
      金額(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -                 -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する

                                    665,721                 188,689
      当期純利益金額(千円)
      期中平均株式数(千株)                               3,632                 3,577

                                66/87






                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】
                               当期首残高       当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
     短期借入金                             388,923        433,903       0.3      -
     1年以内に返済予定の長期借入金                             179,060        129,727       0.3      -
     1年以内に返済予定のリース債務                              1,656        1,656       -     -
                                                     2024年~
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)                             128,866        82,517       0.7
                                                     2031年
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)                              8,283        6,626       -    2028年
     その他有利子負債                               -       -      -     -
                合計                 706,790        654,431        -     -
     (注)1.「平均利率」については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額
           は以下のとおりであります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
           長期借入金                 30,735         10,822          8,568         8,568
           リース債務                 1,656         1,656         1,656         1,656
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
      (2)【その他】

        ① 当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
     売上高(千円)                      5,402,903         10,584,177         15,592,892         19,747,336
     税金等調整前四半期(当期)純利益
                            388,911         604,086         714,288         477,231
     (千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                            221,963         351,153         406,568         188,689
     純利益(千円)
     1株当たり四半期(当期)純利益
                             62.04         98.15         113.64          52.74
     (円)
     (会計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は1株当た
                             62.04         36.11         15.49        △60.90
     り四半期純損失(△)(円)
        ② 連結会計年度終了後の状況

          特記事項はありません。
        ③ 訴訟

          該当事項はありません。
                                67/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
     資産の部
       流動資産
                                       3,793,368              3,548,087
        現金及び預金
                                        62,703              50,666
        受取手形
                                        969,144              965,048
        電子記録債権
                                      ※ 1,699,283             ※ 1,616,666
        売掛金
                                        673,531              542,125
        有価証券
                                        308,439              327,174
        商品及び製品
                                        432,616              514,950
        仕掛品
                                        97,959              98,918
        原材料及び貯蔵品
                                        47,845              46,138
        前払費用
                                       ※ 19,833              ※ 9,049
        短期貸付金
                                       ※ 72,690             ※ 89,192
        未収入金
                                       ※ 15,167             ※ 27,900
        その他
                                       8,192,583              7,835,917
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        705,198              674,913
          建物(純額)
                                        63,250              191,602
          構築物(純額)
                                       2,251,071              2,363,152
          機械及び装置(純額)
                                         1,141               845
          車両運搬具(純額)
                                        79,255              77,234
          工具、器具及び備品(純額)
                                        951,550              951,551
          土地
                                         8,340              6,950
          リース資産(純額)
                                        91,542               3,232
          建設仮勘定
                                       4,151,352              4,269,484
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        34,466              34,466
          借地権
                                        221,382              321,169
          ソフトウエア
                                         5,564              5,564
          電話加入権
                                        261,413              361,200
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       1,150,858              1,462,125
          投資有価証券
                                       2,217,880              2,082,759
          関係会社株式
                                        52,785              52,785
          出資金
                                        868,446              868,446
          関係会社出資金
                                        224,150              180,457
          関係会社長期貸付金
                                        82,104              93,346
          保険料払込金
                                        534,718              445,857
          前払年金費用
                                        31,553              37,796
          その他
                                       △ 24,846             △ 24,846
          貸倒引当金
                                       5,137,650              5,198,729
          投資その他の資産合計
                                       9,550,416              9,829,414
        固定資産合計
                                      17,742,999              17,665,331
       資産合計
                                68/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
     負債の部
       流動負債
                                        241,827              191,336
        支払手形
                                       ※ 446,847             ※ 451,126
        買掛金
                                        169,000              297,320
        短期借入金
                                        138,000               90,000
        1年内返済予定の長期借入金
                                       ※ 161,653             ※ 192,400
        未払金
                                        245,710              235,600
        未払費用
                                        29,540
        未払消費税等                                                -
                                        123,110               40,239
        未払法人税等
                                        18,272              17,009
        預り金
                                        115,506              109,143
        賞与引当金
                                       ※ 71,947             ※ 346,854
        設備代支払手形
                                        38,907              29,666
        その他
                                       1,800,324              2,000,697
        流動負債合計
       固定負債
                                        83,974              83,974
        長期未払金
                                        151,803              132,284
        繰延税金負債
                                         9,063              7,346
        その他
                                        244,841              223,605
        固定負債合計
                                       2,045,165              2,224,303
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,882,016              2,882,016
        資本金
        資本剰余金
                                       4,132,557              4,132,557
          資本準備金
                                        30,049              30,049
          その他資本剰余金
                                       4,162,607              4,162,607
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                        413,560              413,560
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       7,880,000              7,880,000
           別途積立金
                                       1,078,728               816,792
           繰越利益剰余金
                                       9,372,289              9,110,353
          利益剰余金合計
        自己株式                              △ 1,042,493             △ 1,042,882
                                      15,374,419              15,112,093
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        323,414              328,934
        その他有価証券評価差額金
                                        323,414              328,934
        評価・換算差額等合計
                                      15,697,833              15,441,027
       純資産合計
                                      17,742,999              17,665,331
     負債純資産合計
                                69/87






                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2022年2月28日)               至 2023年2月28日)
     売上高
                                       6,864,324              6,712,292
       製品売上高
                                       3,858,334              3,504,389
       商品売上高
                                     ※1  10,722,658            ※1  10,216,681
       売上高合計
     売上原価
                                        292,068              308,439
       商品及び製品期首棚卸高
                                       5,654,051              5,651,071
       当期製品製造原価
                                       3,210,523              2,856,755
       当期商品仕入高
                                       9,156,643              8,816,266
       合計
       広告宣伝等社内消費高                                  10,516               9,140
                                        308,439              327,174
       商品及び製品期末棚卸高
                                     ※1  8,837,688            ※1  8,479,951
       売上原価合計
                                       1,884,970              1,736,730
     売上総利益
                                   ※1 ,※2  2,093,539           ※1 ,※2  2,155,357
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 208,568             △ 418,627
     営業外収益
                                       ※1  3,524            ※1  21,923
       受取利息
                                         4,625              9,042
       有価証券利息
                                       ※1  80,064            ※1  175,108
       受取配当金
                                        14,338              11,744
       仕入割引
                                       ※1  70,445             ※1  77,555
       受取技術援助料
                                        121,848              273,750
       為替差益
                                       ※1  74,512             ※1  77,250
       その他
                                        369,359              646,374
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          960              592
       支払利息
                                          470
       売上割引                                                  -
                                          398              283
       その他
                                         1,830               876
       営業外費用合計
                                        158,961              226,870
     経常利益
     特別利益
                                    ※1 ,※3  132,262            ※1 ,※3  1,879
       固定資産売却益
                                        102,585
                                                         -
       投資有価証券売却益
                                        234,847               1,879
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※4  7,288             ※4  5,187
       固定資産除売却損
                                                      231,586
       関係会社株式評価損                                    -
                                          875
                                                         -
       投資有価証券売却損
                                         8,163             236,773
       特別損失合計
                                        385,645
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                                 △ 8,023
     法人税、住民税及び事業税                                   132,433              107,943
                                       △ 42,763             △ 15,023
     法人税等調整額
                                        89,670              92,919
     法人税等合計
                                        295,975
     当期純利益又は当期純損失(△)                                                △ 100,943
                                70/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                             資本剰余金                  利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                    資本金
                             その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                        資本準備金               利益準備金
                             剰余金     合計               繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                                  余金
     当期首残高               2,882,016     4,132,557      30,057    4,162,614      413,560    7,880,000      892,780    9,186,341
     当期変動額
      剰余金の配当                                             △ 110,026    △ 110,026
      当期純利益                                              295,975     295,975
      自己株式の取得
      自己株式の処分                           △ 7    △ 7
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                  -     -     △ 7    △ 7     -     -   185,948     185,948
     当期末残高
                    2,882,016     4,132,557      30,049    4,162,607      413,560    7,880,000     1,078,728     9,372,289
                           株主資本              評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                        その他有価証券評価差額
                      自己株式         株主資本合計
                                        金
     当期首残高                    △ 918,349         15,312,622            355,420         15,668,042
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 110,026                    △ 110,026
      当期純利益
                                    295,975                     295,975
      自己株式の取得                   △ 124,299         △ 124,299                    △ 124,299
      自己株式の処分                      156          148                     148
      株主資本以外の項目の当期変動額
                                              △ 32,006         △ 32,006
      (純額)
     当期変動額合計
                         △ 124,143           61,797         △ 32,006          29,791
     当期末残高                   △ 1,042,493          15,374,419            323,414         15,697,833
                                71/87








                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2022年3月1日 至 2023年2月28日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                             資本剰余金                  利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                    資本金
                             その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                        資本準備金               利益準備金
                             剰余金     合計               繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                                  余金
     当期首残高               2,882,016     4,132,557      30,049    4,162,607      413,560    7,880,000     1,078,728     9,372,289
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                  △ 160,993    △ 160,993
      当期純損失(△)                                             △ 100,943    △ 100,943
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -     -     -  △ 261,936    △ 261,936
     当期末残高               2,882,016     4,132,557      30,049    4,162,607      413,560    7,880,000      816,792    9,110,353
                           株主資本              評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                        その他有価証券評価差額
                      自己株式         株主資本合計
                                        金
     当期首残高                   △ 1,042,493          15,374,419            323,414         15,697,833
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 160,993                    △ 160,993
      当期純損失(△)                             △ 100,943                    △ 100,943
      自己株式の取得                     △ 389         △ 389                    △ 389
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の当期変動額
                                               5,520          5,520
      (純額)
     当期変動額合計                     △ 389        △ 262,326           5,520         △ 256,806
     当期末残高
                        △ 1,042,882          15,112,093            328,934         15,441,027
                                72/87









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
           子会社株式及び関連会社株式
            移動平均法に基づく原価法
           その他有価証券
            市場価格のない株式等
             事業年度の末日の市場価格等に基づく時価法
            (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
            市場価格のない株式等以外のもの
             移動平均法に基づく原価法
         2.棚卸資産の評価基準及び評価方法
           製品・仕掛品
            総平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
           商品・原材料・貯蔵品
            移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
         3.固定資産の減価償却の方法
         (1)有形固定資産(リース資産を除く)
            機械及び装置
             定額法
            上記を除く有形固定資産
             定率法
              ただし、1998年4月1日以降に取得いたしました建物(建物附属設備を除く)ならびに2016年4月1
             日以降に取得いたしました建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物           3年   ~  50年
              機械及び装置       3年   ~  12年
         (2)無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法
              なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採
             用しております。
         (3)リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引については、リース期間を耐用年数として、残存価額を零とす
            る定額法を採用しております。
         4.引当金の計上基準
         (1)貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
           権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         (2)賞与引当金
            従業員の賞与金の支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しておりま
           す。
         (3)役員賞与引当金
            役員の賞与金の支給に備えるため、役員賞与支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しており
           ます。
         (4)退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
           しております。
            数理計算上の差異は、各事業年度の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法に
           より按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から損益処理することとしております。
            過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の定数(10年)による定額法により
           損益処理しております。
         5.収益及び費用の計上基準
            商品及び製品の販売にかかる収益は、主に超硬工具の販売であり、顧客との販売契約に基づいて商品及び
           製品を引き渡す履行義務を負っております。当該履行義務は、商品及び製品を引き渡す一時点において、顧
           客が当該商品及び製品に対する支配を獲得して充足されると判断し、引渡し時点で収益を認識しておりま
           す。ただし、商品及び製品の販売において、出荷時から当該商品及び製品の支配が顧客に移転される時まで
           の期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識しております。
         6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           退職給付に係る会計処理
            退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理は、連結財務諸表におけるこ
           れらの会計処理の方法と異なっております。
                                73/87


                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
          固定資産の減損
           (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                        (単位:千円)
                             前事業年度           当事業年度
         有形固定資産及び無形固定資産                      4,412,765           4,630,685
           (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
             連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載している内容と同一であるため、記載を省
            略しております。
         (会計方針の変更)

         (収益認識に関する会計基準等の適用)
          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
         う。)等を当事業年度の期首から適用しております。これにより、当社は、従来の実現主義による収益認識か
         ら、約束した財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益認識する方法へ変更しております。な
         お、「収益認識に関する会計基準の適用指針」第98項に定める代替的な取扱いを適用し、商品及び製品の販売に
         おいて、出荷時から当該商品又は製品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場合には、出
         荷時に収益を認識しております。
          収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
         おり、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の利
         益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しておりますが、当該期首残高に与える影響はあり
         ません。また、当該会計基準の適用が財務諸表に与える影響は軽微であります。
         (時価の算定に関する会計基準等の適用)

          「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
         う。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会
         計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新
         たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、財務諸表に与える影響はありません。
         (追加情報)

          (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
           新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積りの仮定について、2024年2月期事業年
          度においては感染拡大が収束するものとして、会計上の見積りの仮定をしております。
          (新型コロナウイルス感染症に関するその他の事項)

           新型コロナウイルス感染症の影響にともない、休業を実施したことにより支給した休業手当等について、雇
          用調整助成金の特例措置の適用を受け、助成金の支給額11,790千円を販売費及び一般管理費ならびに当期製造
          費用の給料手当から控除しております。
         (貸借対照表関係)

          ※ 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分掲記したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2022年2月28日)                 (2023年2月28日)
     短期金銭債権                               498,945千円                 498,078千円
     短期金銭債務                                75,651                 109,947
         (損益計算書関係)

          ※1 関係会社との取引
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                             至 2022年2月28日)                  至 2023年2月28日)
     営業取引による取引高
      売上高                             2,201,964千円                 2,075,720千円
      仕入高                              664,592                 813,311
     営業取引以外の取引高                               149,336                 239,191
                                74/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度50%、当事業年度50%、一般管理費に属する費用の
            おおよその割合は前事業年度50%、当事業年度50%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                  当事業年度
                            (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                             至 2022年2月28日)                   至 2023年2月28日)
     広告宣伝費                                10,389   千円              31,930   千円
                                     39,635                 48,535
     旅費及び通信費
                                     99,228                 99,228
     役員報酬
                                   1,034,430                 1,062,152
     給料手当
                                     22,785                 23,973
     賞与引当金繰入額
                                    189,846                 187,371
     法定福利及び厚生費
                                    114,179                 109,084
     退職給付費用
                                     52,861                 64,215
     減価償却費
                                     69,546                 70,773
     賃借料
                                     97,697                 109,976
     研究開発費
          ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                             至 2022年2月28日)                  至 2023年2月28日)
     建物                               127,678千円                    -千円
     機械及び装置                                4,583                 1,879
            計                        132,262                  1,879
          ※4 固定資産除売却損の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年3月1日                 (自 2022年3月1日
                             至 2022年2月28日)                  至 2023年2月28日)
     建物                                2,359千円                 3,550千円
     機械及び装置                                4,126                  949
     工具、器具及び備品                                 802                 687
            計                         7,288                 5,187
         (有価証券関係)

          前事業年度(2022年2月28日)
          時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額
              区分          前事業年度
                        (千円)
         子会社株式                 2,190,924
         関連会社株式                  26,956
          当事業年度(2023年2月28日)

          市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
              区分          当事業年度
                        (千円)
         子会社株式                 2,055,803
         関連会社株式                  26,956
                                75/87




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
           繰延税金資産
            長期未払金                             25,276千円              25,276千円
            投資有価証券評価損                             95,168              95,168
            ゴルフ会員権評価損                             14,405              14,405
            関係会社株式評価損                             213,270              282,977
            関係会社出資金評価損                             41,601              41,601
            減損損失                             67,887              67,663
            賞与引当金                             34,767              32,852
            棚卸資産評価損                             11,406              15,484
            固定資産除却損                              6,565              4,377
                                         72,892              58,172
            その他
           繰延税金資産小計                              583,242              637,979
           評価性引当額                             △492,047              △558,507
           繰延税金資産合計                              91,195              79,471
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                            △82,048              △77,553
                                       △160,950              △134,203
            前払年金費用
           繰延税金負債合計                             △242,998              △211,756
           繰延税金資産(負債)の純額                             △151,803              △132,284
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2022年2月28日)              (2023年2月28日)
           法定実効税率
                                          30.1%               -%
           (調整)
            受取配当金益金不算入等                              △4.2               -
            住民税均等割                               5.4              -
            評価性引当額の増減                             △11.9                -
            外国法人税額                               6.6              -
            法人税額の特別控除額                              △2.9               -
                                           -              -
            追徴税額
            その他                               0.2              -
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                               23.3               -
           (注)   当事業年度は、税引前当期純損失であるため注記を省略しております。
                                76/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
         (収益認識関係)
          顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関
         係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
        ④【附属明細表】

         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
       区分       資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高      減価償却累計額
     有形固定資産       建物            705,198       26,069        -     56,355      674,913      3,639,556
            構築物
                        63,250      137,282        -     8,929     191,602       543,278
            機械及び装置           2,251,071       467,041       1,781     353,178     2,363,152       7,052,910
            車両運搬具             1,141       607       -      902      845      25,798
            工具、器具及び備品            79,255      42,072        135     43,958      77,234       623,358
            土地            951,550         1      -      -    951,551         -
            リース資産
                         8,340        -      -     1,390      6,950       6,987
            建設仮勘定            91,542       3,232      91,542        -     3,232        -
                計       4,151,352       676,304       93,458      464,715     4,269,484       11,891,890
     無形固定資産       借地権            34,466        -      -      -     34,466         -
            ソフトウエア            221,382      153,876        -     54,089      321,169       525,008
            電話加入権
                         5,564        -      -      -     5,564        -
                計
                        261,413      153,876        -     54,089      361,200       525,008
    (注)当期増減額のうち主なものは、次のとおりであります。
           構築物の増加額
            本社野球場                     133,816     千円
           機械及び装置の増加額:
            熊本工場複合旋盤                      79,104
            本社工場CNC工具研削盤                      71,600
            本社工場レーザー加工機                      69,731
            熊本工場自動溝入れインサート研削盤                      62,521
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
            区分            当期首残高         当期増加額         当期減少額         当期末残高

      貸倒引当金                      24,846           -         -       24,846

      賞与引当金                      115,506         109,143         115,506         109,143
      (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

        ① 決算日後の状況
          特記事項はありません。
        ② 訴訟

          該当事項はありません。
                                77/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  3月1日から2月末日まで
      定時株主総会                  5月中

      基準日                  2月末日

      剰余金の配当の基準日                  8月31日、2月末日

      1単元の株式数                  100株

      単元未満株式の買取り

                       (特別口座)
       取扱場所                 名古屋市中区栄三丁目15番33号
                       三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                       (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                       三井住友信託銀行株式会社
       取次所                    ─────
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                       電子公告とします。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公
                       告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載します。
      公告掲載方法
                       当社の公告掲載ウェブサイトは次のとおりです。
                        https://www.c-max.co.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

    (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、取得請求権付株式の取得を請
        求する権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当及び募集新株予約権の割当を受ける権利、ならびに単元
        未満株式の売渡請求をする権利以外の権利を有しておりません。
                                78/87











                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類ならびに確認書

          事業年度(第64期)(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)2022年5月19日東海財務局長に提出
      (2)内部統制報告書及びその添付書類

          2022年5月19日東海財務局長に提出
      (3)四半期報告書及び確認書

          (第65期第1四半期)(自 2022年3月1日 至 2022年5月31日)2022年7月8日東海財務局長に提出
          (第65期第2四半期)(自 2022年6月1日 至 2022年8月31日)2022年10月12日東海財務局長に提出
          (第65期第3四半期)(自 2022年9月1日 至 2022年11月30日)2023年1月11日東海財務局長に提出
      (4)臨時報告書

          2022年5月19日東海財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく
          臨時報告書であります。
          2023年4月12日東海財務局長に提出
          金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4(監査公
          認会計士等の異動)の規定に基づく臨時報告書であります。
                                79/87












                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                80/87




















                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   2023年5月24日

    富 士 精 工 株 式 会 社
       取締役会 御中

                        有限責任     あずさ監査法人

                        名古屋事務所
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           加 藤 浩 幸
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           池 ヶ 谷 正
                          業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる富士精工株式会社の2022年3月1日から2023年2月28日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対
    照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸
    表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、富士
    精工株式会社及び連結子会社の2023年2月28日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
    キャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要
    であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形
    成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                81/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     富士精工株式会社の固定資産の減損損失の認識の要否に関する判断の妥当性
        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

      富士精工株式会社の2023年2月28日に終了する連結会計                             当監査法人は、富士精工株式会社の固定資産の減損損失
     年度の連結貸借対照表において、有形固定資産及び無形固                            の認識の要否に関する判断の妥当性を評価するために、主
     定資産8,926,843千円が計上されている。このうち、                        注記    に以下の監査手続を実施した。
     事項「(重要な会計上の見積り)固定資産の減損」                        に記載    (1)内部統制の評価
     されているとおり、4,557,103千円は、セグメント情報に                             減損損失の認識の要否の判断に関連する内部統制の整
     おける日本セグメントに含まれる富士精工株式会社に関す                            備・運用状況の有効性を評価した。
     るものであり、連結総資産の16%を占めている。                            (2)将来キャッシュ・フローの見積りの合理性の評価
      これらの固定資産は規則的に減価償却されるが、減損の                             将来キャッシュ・フローの見積りの基礎となる事業計画
     兆候があると認められる場合には、資産グループから得ら                            に含まれる主要な仮定の適切性を評価するため、その根拠
     れる割引前将来キャッシュ・フローの総額と帳簿価額を比                            について、営業部門の責任者に対して質問をするととも
     較することによって、減損損失の認識の要否を判定する必                            に、主に以下の手続を実施した。
     要がある。判定の結果、減損損失の認識が必要と判定され                            ●取締役会によって承認された事業計画との整合性を検討
     た場合、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、帳簿価額の                            した。また、過年度における予算とそれらの実績を比較す
     減少額は減損損失として認識される。                            ることにより、経営者の見積りの精度を評価した。
      富士精工株式会社においては、半導体不足の影響などを                            ●売上金額の予測に関する仮定について、次の手続を実施
     受けて国内の自動車生産が新型コロナウイルス感染症拡大                            した。
     前の水準まで回復せず、受注の停滞等により売上が減少し                            ・主要顧客の生産計画、対象会社が属する業界団体が公表
     ており、営業損益が継続してマイナスとなっていることか                            している需要予測に照らして、上記責任者の回答の合理性
     ら、減損の兆候が認められている。このため、当連結会計                            を検討した。
     年度において減損損失の認識の要否の判定が行われている                            ・顧客からの内示を含む営業部門の積算根拠資料との整合
     が、見積られた割引前将来キャッシュ・フローの総額が固                            性を確認した。
     定資産の帳簿価額を上回ったことから、減損損失の認識は                            ・過去の事業計画の達成状況と過去の事業計画に対する実
     不要と判断されている。当該判定に用いられる将来キャッ                            績との乖離要因を分析し、売上金額の予測の合理性を検討
     シュ・フローは、経営者が作成した事業計画を基礎として                            した。
     見積られており、特に受注の獲得見込みを含む売上金額の                            ●事業計画に一定の不確実性を織り込んだ場合の将来
     予測について不確実性が高い仮定が使用されている。これ                            キャッシュ・フローを見積った。そのうえで、減損損失の
     らに係る経営者による判断が将来キャッシュ・フローの見                            認識の要否の判定に与える影響について検討した。
     積りに重要な影響を及ぼす。
      以上から、当監査法人は、富士精工株式会社の固定資産
     の減損損失の認識の要否に関する判断の妥当性が、当連結
     会計年度の連結財務諸表監査において特に重要であり、監
     査上の主要な検討事項に該当すると判断した。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責任
    は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記
    載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容
    と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのよ
    うな重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
                                82/87


                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を立
     案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査
     証拠を入手する。
    ・連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関
     連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
     付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
     ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取引
     や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入手
     する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に
     対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断
    した事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁
    止されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上
    回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
                                83/87







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    <内部統制監査>
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、富士精工株式会社の2023年2
    月28日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、富士精工株式会社が2023年2月28日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
    統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告
    に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
    監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
    切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
    係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについ
    て合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにあ
    る。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施する。
     内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用さ
     れる。
    ・財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統
     制報告書の表示を検討する。
    ・内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人は、
     内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任を負
     う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識
    別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項につ
    いて報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                      以  上
     (※)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                84/87



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                   2023年5月24日

    富 士 精 工 株 式 会 社

       取締役会 御中

                        有限責任     あずさ監査法人

                        名古屋事務所

                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           加 藤 浩 幸
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           池 ヶ 谷 正
                          業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる富士精工株式会社の2022年3月1日から2023年2月28日までの第65期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、
    損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、富士精工
    株式会社の2023年2月28日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適
    正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要であると
    判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成において対
    応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     (固定資産の減損損失の認識の要否に関する判断の妥当性)
      財務諸表の監査報告書で記載すべき監査上の主要な検討事項「固定資産の減損損失の認識の要否に関する判断の妥当
     性」は、連結財務諸表の監査報告書に記載されている監査上の主要な検討事項「富士精工株式会社の固定資産の減損損
     失の認識の要否に関する判断の妥当性」と実質的に同一の内容である。このため、財務諸表の監査報告書では、これに
     関する記載を省略する。
                                85/87





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    その他の記載内容
     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責任
    は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載内
    容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と財
    務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような重要
    な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を立
     案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査
     証拠を入手する。
    ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実施
     に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関
     連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、継
     続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどうか
     とともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を
     適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の

    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事項
    を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止されて
    いる場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると合
    理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
                                86/87


                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                           有価証券報告書
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
     (※)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                87/87



















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。