日本マクドナルドホールディングス株式会社 有価証券報告書 第52期(2022/01/01-2022/12/31)

提出書類 有価証券報告書-第52期(2022/01/01-2022/12/31)
提出日
提出者 日本マクドナルドホールディングス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2023年3月29日
     【事業年度】                    第52期(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)
     【会社名】                    日本マクドナルドホールディングス株式会社
     【英訳名】                    McDonald's      Holdings     Company    (Japan),     Ltd.
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  日色 保
     【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目5番1号
     【電話番号】                    (03)6911-6000
     【事務連絡者氏名】                    日本マクドナルド株式会社 取締役 最高財務責任者  吉田 修子
     【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目5番1号
     【電話番号】                    (03)6911-6000
     【事務連絡者氏名】                    日本マクドナルド株式会社 取締役 最高財務責任者  吉田 修子
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/99













                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次            第48期       第49期       第50期       第51期       第52期
            決算年月            2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月       2022年12月

                          272,257       281,763       288,332       317,695       352,300
      売上高            (百万円)
                          25,644       27,487       31,425       33,618       32,813
      経常利益            (百万円)
      親会社株主に帰属する
                          21,939       16,885       20,186       23,945       19,937
                  (百万円)
      当期純利益
                          20,524       17,058       20,174       23,927       19,995
      包括利益            (百万円)
                          146,226       159,295       175,081       194,222       206,724
      純資産額            (百万円)
                          210,037       221,696       232,984       260,113       277,365
      総資産額            (百万円)
                         1,099.78       1,198.08       1,316.81       1,460.77       1,554.80
      1株当たり純資産額             (円)
      1株当たり当期純利益
                          165.01       127.00       151.83       180.10       149.96
                    (円)
      金額
      潜在株式調整後1株当た
                    (円)         -       -       -       -       -
      り当期純利益金額
                           69.6       71.9       75.1       74.7       74.5
      自己資本比率             (%)
                           15.9       11.1       12.1       13.0        9.9
      自己資本利益率             (%)
                           28.2       41.3       32.9       28.3       33.3
      株価収益率             (倍)
      営業活動による
                          34,817       44,952       27,881       38,860       23,775
                  (百万円)
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                  (百万円)       △ 10,115      △ 14,569      △ 44,051      △ 20,765      △ 32,222
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                  (百万円)       △ 7,344      △ 15,102       △ 4,712      △ 5,569      △ 5,459
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の
                          43,326       58,624       37,741       50,266       36,362
                  (百万円)
      期末残高
                           2,145       2,085       2,083       2,272       2,475
      従業員数
                    (人)
      (外、平均臨時雇用者数)                    ( 13,270   )    ( 13,588   )    ( 13,665   )    ( 15,084   )    ( 15,369   )
     (注)1 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日)等を当連結会計年度の期首から適用
           しており、当連結会計年度に係る各数値については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっておりま
           す。
         2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3 直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上高である「システムワイドセールス」は以下の通りであります。
           なお、「システムワイドセールス」の金額は、第5[経理の状況]には記載されておりません。
                                 2/99






                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
             回次            第48期       第49期       第50期       第51期       第52期
            決算年月            2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月       2022年12月

      システムワイドセールス            (百万円)       524,203       549,059       589,228       652,047       717,589

      (2)提出会社の経営指標等

             回次            第48期       第49期       第50期       第51期       第52期
            決算年月            2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月       2022年12月

                          45,340       51,222       49,519       54,053       57,615
      売上高            (百万円)
                          17,180        4,596       2,645       4,360       4,294
      経常利益            (百万円)
                          11,016        4,569       2,598       4,622       4,241
      当期純利益            (百万円)
                          24,113       24,113       24,113       24,113       24,113
      資本金            (百万円)
                        132,960,000       132,960,000       132,960,000       132,960,000       132,960,000
      発行済株式総数             (株)
                          141,417       141,998       140,208       140,044       139,100
      純資産額            (百万円)
                          161,255       152,615       150,094       147,649       150,168
      総資産額            (百万円)
                         1,063.62       1,067.98       1,054.52       1,053.29       1,046.19
      1株当たり純資産額             (円)
                           30.00       33.00       36.00       39.00       39.00
      1株当たり配当額
                    (円)
      (うち1株当たり
                            ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
      中間配当額)
      1株当たり当期純利益
                           82.86       34.36       19.54       34.77       31.90
                    (円)
      金額
      潜在株式調整後1株当た
                    (円)         -       -       -       -       -
      り当期純利益金額
                           87.7       93.0       93.4       94.8       92.6
      自己資本比率             (%)
                            8.0       3.3       1.8       3.3       3.0
      自己資本利益率             (%)
                           56.2       152.5       255.8       146.4       156.6
      株価収益率             (倍)
                           36.2       96.0       184.2       112.2       122.2
      配当性向             (%)
                             0       0       0       0       0
      従業員数
                    (人)
      (外、平均臨時雇用者数)                      ( 0 )      ( 0 )      ( 0 )      ( 0 )      ( 0 )
                           94.7       107.0       102.9       105.5       104.4
      株主総利回り             (%)
      (比較指標:配当込み
                    (%)       ( 84.0  )     ( 99.2  )    ( 106.6   )    ( 120.2   )    ( 117.2   )
      TOPIX)
      最高株価             (円)       5,990       5,550       6,160       5,400       5,210
      最低株価             (円)       4,475       4,720       4,470       4,875       4,870

     (注)1 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日)等を当事業年度の期首から適用して
           おり、当事業年度に係る各数値については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
         2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3 最高株価及び最低株価は、2022年4月4日より東京証券取引所(スタンダード市場)におけるものであり、
           それ以前は東京証券取引所(JASDAQ市場)におけるものであります。
                                 3/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       当社(形式上の存続会社、1977年1月19日設立、本店所在地・東京都千代田区、1999年3月30日に商号を株式会社
      タキレックから日本マクドナルド株式会社に変更、1株の額面金額500円)は、旧日本マクドナルド株式会社(実質
      上の存続会社、1971年5月1日設立、本店所在地・東京都新宿区、無額面普通株式)の株式の額面金額を変更するた
      め、2000年1月1日を合併期日として同社を吸収合併し、合併により本店を東京都新宿区に移転し、同社の資産・負
      債及びその他一切の権利義務を引き継ぎましたが、合併前の当社は休業状態にあり、合併後におきましては被合併会
      社の営業活動を全面的に継承しております。
       従いまして、1999年12月31日以前に関する事項は、特に記載のない限り、実質上の存続会社である旧日本マクドナ
      ルド株式会社について記載しております。
       また、当社は、2002年7月1日をもって100%子会社「日本マクドナルド株式会社」を会社分割により新設し、同
      社が当社のハンバーガーレストランの営業を承継いたしました。当社は商号を「日本マクドナルドホールディングス
      株式会社」と変更のうえ、持株会社として事業を行っております。
                                 4/99

















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        1971年5月       東京都港区に日本マクドナルド株式会社設立
           6月    店舗運営を基本とする人材教育のため、ハンバーガー大学を開校する
           7月    日本での第1号店を東京都中央区にオープン(銀座店)
        1973年12月       資本金を3億2,400万円に増資
        1974年3月       東京都新宿区 新宿住友ビルに本社移転
        1976年2月       フランチャイズ契約第1号店が沖縄県浦添市にオープン(牧港店)
        1977年10月       本格的なドライブスルー方式を採用した第1号店を東京都杉並区にオープン(環八高井戸店)
        1978年8月       当社出資100%の新会社カリフォルニア・ファミリー・レストランツ・インクを設立
           12月    カリフォルニア・ファミリー・レストランツ・インクが米国カリフォルニア州サンタ・クララ市に
               店舗をオープン
        1979年11月       社員フランチャイズ制度を発足させ第1号店を埼玉県東松山市にオープン(東松山丸広店)
        1982年12月       国内における外食産業で売上高1位(直営・フランチャイズ店合計売上高702億円)になる(日経
               流通新聞 1983年4月28日掲載)
        1984年5月       資本金を4億5,600万円に増資
        1985年5月       資本金を5億8,800万円に増資
        1986年5月       資本金を7億2,000万円に増資
        1987年5月       資本金を8億5,200万円に増資
        1988年5月       資本金を10億円に増資
        1995年3月       東京都新宿区 新宿アイランドタワーに本社移転
        1999年4月       資本金を68億7,512万円に増資
           6月    資本金を82億7,387万円に増資
        2000年1月       株式の額面金額変更のため、形式上の存続会社である日本マクドナルド株式会社(旧株式会社タキ
               レック、本店の所在地・東京都千代田区)と合併
           12月    資本金を88億1,387万円に増資
        2001年7月       JASDAQ市場へ上場
               資本金を241億1,387万円に増資
        2002年2月       東京都新宿区に当社50%出資の株式会社エブリデイ・マックを設立
           6月    東京都新宿区に当社50%出資の英国サンドイッチチェーン日本プレタ・マンジェ株式会社を設立
           7月    商号を「日本マクドナルドホールディングス株式会社」に変更後、会社分割により東京都新宿区に
               100%子会社として「日本マクドナルド株式会社」を設立するとともに、ハンバーガーレストラン
               の営業を日本マクドナルド株式会社へ承継
           9月    東京都千代田区日比谷にプレタ・マンジェ1号店をオープン(日比谷シティ店)
        2003年1月       株式会社エブリデイ・マックを100%子会社化
        2004年11月       日本プレタ・マンジェ株式会社清算
        2004年12月       日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
        2007年7月       東京都新宿区に当社70%出資のThe                JV株式会社を設立
        2010年4月       ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場
        2010年10月       大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場統合に伴い、
               大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
        2011年10月       カリフォルニア・ファミリー・レストランツ・インク清算
        2013年7月       東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に
               上場
        2015年12月       株式会社エブリデイ・マック清算
        2017年12月       The  JV株式会社清算
        2022年4月       東京証券取引所の市場区分の見直しに伴い、JASDAQ(スタンダード)からスタンダード市場
               に移行
                                 5/99





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループの事業はハンバーガーレストラン事業単一であるため、セグメント情報に関連付けた記載を行ってい
      ません。
      (当社の事業内容)
       当社は、日本マクドナルド株式会社の持株会社として、グループ企業の連結経営戦略の策定業務と実行業務及び不
      動産賃貸業務を主たる事業としております。
       なお、当社は特定上場会社等であります。特定上場会社等に該当することにより、インサイダー取引規制の重要事
      実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。
      (関係会社の事業内容)
       日本マクドナルド株式会社(当社出資比率100%)は、直営店方式による店舗運営とともにフランチャイズ方式に
      よる店舗展開を通じハンバーガーレストラン事業を展開しております。同社は、米国マクドナルド・コーポレーショ
      ンから許諾されるライセンスに対するロイヤルティーを支払っております。日本国内においては、フランチャイズ店
      舗を経営するフランチャイジーに対してノウハウ及び商標等のサブ・ライセンスを許諾し、フランチャイジーからロ
      イヤルティーを収受しております。
       当社と関係会社との当連結会計年度における資本関係及び取引関係の概要は、以下の通りであります。
      [事業系統図]
                                 6/99















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                        議決権の所有
                          資本金又は
           名称          住所            主要な事業内容        割合又は被所       関係内容        摘要
                           出資金
                                        有割合(%)
      (その他の関係会社)
      マクドナルド・レストランズ・             カナダ         4,663千    ハンバーガーレスト           被所有
                                                 -
      オブ・カナダ・リミティッド             オンタリオ州        カナダドル     ランチェーン
                                           25.26
      マクド・エー・ピー・エム・
      イー・エー・シンガポール・イ                     3,214百万                被所有
                   シンガポール             持株会社                 -
      ンベストメンツ・ピーティー                      米ドル
                                           10.07
      イー・リミテッド
      (連結子会社)
                                              役員の兼任あり
                                              貸付金等の投融
                                ハンバーガーレスト                     (注)1
      日本マクドナルド株式会社             東京都新宿区        100百万円                100.00    資
                                ラン事業
                                                     (注)2
                                              店舗用固定資産
                                              等の賃貸
     (注)1 特定子会社に該当しております。
         2 日本マクドナルド株式会社については、売上高の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
            主要な損益情報等          (1)売上高         352,301百万円
                     (2)経常利益         33,752百万円
                     (3)当期純利益         20,928百万円
                     (4)純資産額         67,647百万円
                     (5)総資産額         174,358百万円
     5【従業員の状況】

       当社グループの事業はハンバーガーレストラン事業単一であるため、セグメント情報に関連付けた記載を行ってお
      りません。
      (1)連結会社の状況
                                                 2022年12月31日現在
                 事業部門の名称                         従業員数(人)
         店舗部門                                   1,868          (15,322)

         管理部門                                    607           (47)

                                            2,475
                    合計                                  ( 15,369   )
         (注)1 従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループ
              への出向者を含んでおります。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材派遣会社からの派遣
              社員)は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
            2 従業員数の中には、出向・海外派遣社員(1名)、休職(75名)、顧問(3名)は含まれておりませ
              ん。
      (2)提出会社の状況

         2022年12月31日現在、従業員はおりません。
        (注) 当社は持株会社であり、管理・経理事務処理業務等に関しては日本マクドナルド株式会社に委託しており
            ます。
      (3)労働組合の状況

         当社の連結子会社である日本マクドナルド株式会社においては労働組合が存在しております。なお、労使関係は
        良好であり、特記すべき事項はありません。
                                 7/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末(2022年12月31日)現在において当社グループが判断したものであ
      ります。
      (1) 経営方針

         当社グループは食の安全・安心を徹底し、お客様に利便性と最高のクオリティー、サービス、清潔さとバ
        リュー等の最高の店舗体験をご提供させていただくことを基本方針としています。
         また、株主の皆様やお客様をはじめ、地域社会、従業員、フランチャイジー、サプライヤー等の全てのステー
        クホルダーと良好な関係を築くとともに、経営の健全性、透明性を確保し、当社グループの持続的成長と企業価
        値の向上を実現することを経営上の重要課題としています。
         各種法令を遵守し、「環境・社会・ガバナンス(ESG)」のさまざまな課題について責任を果たすべく、店舗運
        営をはじめとする、食材や資材の調達、環境負荷の軽減、地域社会への貢献などの活動に注力しております。ま
        た、世界的なアジェンダである「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、「安心でおいしいお食事を」
        「地球環境のために」「地域の仲間にサポートを」「働きがいをすべての人に」の4つの領域を重点的に、当社
        グループの持つ強みと規模を生かした取り組みを引き続き展開してまいります。
      (2) 経営環境

         新型コロナウイルス感染症の流行に加え、ウクライナ情勢などに端を発した急激な為替相場の変動、原材料価
        格やエネルギー価格の高騰、人件費の上昇や原材料の調達に影響を及ぼす気候変動など、厳しい経済環境となっ
        ております。このような状況の中、当社グループは、お客様、従業員等の安全を最優先に、店舗の衛生管理を徹
        底しております。また、輸入業者やサプライヤーと協力のうえ、グローバル規模の原材料調達や、より効率的な
        物流網の構築といったコスト管理、商社を通じた為替ヘッジの取り組み、経費の最適化など最大限の企業努力を
        行っております。さらに、商品をご自宅にお届けするデリバリーサービス、レジを通さない注文を可能にするモ
        バイルオーダー、店舗の駐車場所に商品をお届けするパーク&ゴーといった、お客様のニーズに合わせた利用し
        やすい販売方法を積極的に導入しています。
      (3) 経営戦略及び対処すべき課題

        <経営戦略>
        ①目標とする経営指標
         当社グループは、継続的な成長と収益性の向上による企業価値の向上を目指しまして、以下の項目を主な経営
        指標としています。
           成長性 :売上高成長率
           収益性 :営業利益成長率、営業利益率
           投資効率:ROE
        ②中長期的な会社の経営戦略

         2022年度から2024年度を対象とする「ブランド」「メニュー・バリュー」「店舗・デジタル・ピープル」を成
        長に向けた柱に据えた、中期経営計画は以下の通りです。
         1.成長に向けた3本の柱

           ・ ブランド:マクドナルドのパーパスに基づき社会的責任を果たす
           ・ メニュー・バリュー:より幅広いお客様・食事シーンに向けたメニュー提案
           ・ 店舗・デジタル・ピープルへの投資を加速:お客様の期待の一歩先を行く体験の創造
              年間およそ100店舗をオープン、3,000店舗以上の展開を確立
              「デジタルとピープルの融合」により、未来型店舗体験をさらに進化
         2.財務目標
            全店売上高              +1,000億円
                         年平均成長率5%前後
            営業利益              年平均成長率3~5%
                         営業利益率      10%以上
            ROE              10%以上
        <対処すべき課題>

                                 8/99

                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         今後の成長に向けて、中期経営計画で掲げた3本の柱である「ブランド」「メニュー・バリュー」「店舗・デ
        ジタル・ピープル」に注力してまいります。これらの3本の柱に対する課題とその対処につきましては、第2
        [事  業の状況]-3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析]-業績等の概要
        (1)業績<中期経営計画の3本柱>をご参照ください。
         当社グループのビジネスを取り巻く環境としては、急激な為替相場の変動及び原材料価格やエネルギーコスト
        の高騰に加え、人件費の上昇、さらに原材料の調達に影響を及ぼす気候の変化など、厳しい状況が続くと見てお
        ります。当社グループといたしましては、輸入業者やサプライヤーと協力のうえ、グローバル規模の原材料調達
        や、より効率的な物流網の構築といったコスト管理、商社を通じた為替ヘッジの取り組み、経費の最適化など最
        大限の企業努力を行ってまいります。
     2【事業等のリスク】

       当社グループの経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには次のようなものがあります。
       なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(2022年12月31日)現在において判断したものであり
      ます。
      (1) 食品に関するリスク

       ① 食品の安全管理について
        (リスクの概要)
          飲食店営業の特有の問題点といたしまして、衛生問題が発生した場合、各店舗における営業停止等による直
         接的な影響に加え、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。
        (リスクへの対応)
          日本マクドナルド株式会社の食材は、国内外のサプライヤーで製造され、店舗に供給されております。日本
         マクドナルド株式会社では、サプライヤーの製造工程と食材の品質を管理するプログラムを定め、安全で高品
         質な食材の確保と店舗への供給に努めております。
          サプライヤーにおける食材の製造工程は、関連法令、規制要求事項の遵守はもちろんのこと、GMP、HACCPプ
         ログラムをベースとした世界食品安全イニシアチブ(GFSI)に準拠した食品安全管理システムに加え、マクド
         ナルド品質基準を加えたサプライヤー品質マネジメントシステム(SQMS)によって管理されています。マクド
         ナルドがグローバルで取り組んでいる約150項目に渡る品質・食品安全マネジメントシステムの要求項目に基づ
         く品質管理、衛生管理に取り組むとともに、内部監査による自己点検、第三者機関による外部監査を設けてお
         ります。
          併せて、サプライヤーで製造された食材は店舗に納められるまで、倉庫保管及び輸送中の安全性を確認する
         プログラム(DQMP)を運用することによって安全性の確保に努めております。
          また、サプライヤーと当社グループで、年に1度『Supplier                             summit』を開催しており、製造現場レベルから
         高い意識で食品安全に取り組むという共通理念を、お互いに共有しております。
          店舗においては、食品衛生責任者の設置、害虫駆除の定期的実施、従業員の身だしなみチェックと手洗いの
         励行に加え、厨房機器の定期的なメンテナンス、食品管理に関するマニュアルの整備と従業員教育の実施等に
         より、安全な商品をお客様に提供するための衛生管理を徹底しております。万一、異常が発生した場合には、
         異常申立者の救護治療、拡大防止のための迅速な措置を取る体制を整えているほか、賠償責任保険への加入な
         どの対策も講じております。
       ② 食品に関する安全性について
        (リスクの概要)
          社会全般に影響を与える衛生問題あるいは風評等が発生した場合、売上の減少、安全衛生強化の施策費の増
         加、関連設備投資、安全性に関するキャンペーン費用等により、当社グループの経営成績に影響を与える可能
         性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループでは、お客様の当社グループ商品に対する信頼を高めるため、商品がどこで製造され、日本マ
         クドナルド株式会社がどのように品質や安全性を確保しているかを伝える必要があると考え、最終加工国、主
         要原材料の主要原産国の情報公開を積極的に行っております。また、品質管理体制の強化、具体的には、対象
         サプライヤーに対する定期的な監査の実施と第三者検査機関による残留検査や食品衛生法の規格基準に基づく
         検査を原材料に応じた頻度で定期的に実施しております。
      (2) 経営環境に関するリスク

       ① 原材料の価格変動等によるリスクについて
        (リスクの概要)
                                 9/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
          日本マクドナルド株式会社が提供する商品の原材料である牛肉、ポテト等の価格は国際商品市況等の影響を
         受けて変動しております。また、輸出国での労使協議等の影響による物流遅延などにより、当社グループの経
         営成績に影響を与える可能性があります。
        (リスクへの対応)
          日本マクドナルド株式会社は、国内、海外を含め多数のサプライヤーと取引を維持することで、その時々に
         おいてより有利な取引条件を確保しております。
       ② 為替変動リスクについて
        (リスクの概要)
          日本マクドナルド株式会社が提供する商品の原材料及び貯蔵品は海外からの輸入があるため、その価格は為
         替変動の影響を受けており、為替の変動が当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。
        (リスクへの対応)
          日本マクドナルド株式会社は、商社を通じた適切かつ機動的な為替予約により、為替変動リスクを回避する
         努力を行っております。
       ③ 競合について
        (リスクの概要)
          日本マクドナルド株式会社は、ハンバーガーを中心とするファストフード業界のみならず、コンビニエンス
         ストアや中食と言われる惣菜販売業者等との間において、競合状態にあります。競合の激化が当社グループの
         経営成績に影響を与える可能性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループは、主に飲酒を主とした居酒屋・スナック及び給食施設を除いた外食マーケットをIEO
         (Informal      Eating    Out)市場と設定して、日本マクドナルド株式会社の置かれた状況を分析して経営を行って
         おります。特に、先進的なテクノロジーや経営手法を導入することで、優位なポジションの確保に努めており
         ます。
       ④ 法的規制について
        (リスクの概要)
          日本マクドナルド株式会社の直営店舗及びフランチャイズ店舗は、食品衛生法の規定に基づき、監督官庁か
         ら飲食店営業許可、菓子製造許可及び乳類販売営業許可を取得していることに加え、環境の保護に関して、容
         器包装リサイクル法等、各種環境保全に関する法令による制限を受けております。これらの法的規制が強化さ
         れた場合、それに対応するための新たな費用が増加すること等により、当社グループの経営成績に影響を与え
         る可能性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループは、各種法的規制に対しマクドナルドシステムとしての対応方法を個別に定め徹底すること
         で、法令を遵守しかつ経営に重大な影響が生じることなく対応できる体制を整えております。
       ⑤ 労務管理について
        (リスクの概要)
          当社グループは、「ピープル」を重要な経営基盤の一つと位置づけ、継続的な投資を強化しており、関連法
         令を遵守した適切な労務管理を実施しておりますが、直営及びフランチャイズ店舗における労務管理も含め、
         実務の中でこれが適切に実施されなかった場合には、訴訟リスクや、当社グループの社会的信用を失う可能性
         があり、当社の財政状況及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループは、継続的なモニタリングにより勤務状況の確認を行い、また従業員への定期的なトレーニン
         グや通知により、労務管理に関連するルールの理解と遵守の徹底に継続的に取り組んでおります。また、2021
         年度より新しく労務システムを導入し、より効率的な労務管理及び法令遵守の徹底を図っております。
      (3) 特定の取引先との関係に関するリスク

       ① 物流関連業務の委託について
        (リスクの概要)
          当社グループが指定する製造元からの商品や備品等の購入業務、当該商品や備品等の在庫管理業務及び店舗
         への配送業務等の物流関連業務を特定の外部業者に委託しており、需要の急増減や天災地変、品質問題や倒
         産・経営破綻等により調達に重大な支障をきたした場合等には、当社グループの財政状況と経営成績に影響を
         与える可能性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループは特定の外部業者と密接な関係を保ちながら、それらの業者と協力して物流・調達業務を常に
         見直し改善することで、安定的な調達に努めております。
       ② 店舗の賃借物件への依存について
        (リスクの概要)
                                10/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
          当社は、本社、事務所及び95%以上の店舗の土地建物を賃借しております。賃貸借期間は当社と賃貸人との
         合意により更新可能でありますが、賃貸人側の事情による賃貸借契約の不更新または期限前解約により、業績
         が好調な店舗であっても閉店を余儀なくされることがあります。
          また当社は、賃貸人に対して預託金を差し入れておりますが、契約終了時に一括で返還される敷金と、数年
         から最長30年にわたり分割によって返還を受ける保証金(建設協力金)があります。当連結会計年度末の「敷
         金及び保証金」残高は359億21百万円であります。敷金及び保証金のうち全部または一部が、賃貸人に生じた倒
         産その他の事由により回収できなくなるリスクがあります。
        (リスクへの対応)
          当社は、契約条件を精査し、適宜賃貸人と協議し、かつ賃借人として賃貸物件を適切に利用し賃貸人と良好
         な関係を維持することで、必要な賃貸借期間の確保に努めております。また、必要以上の敷金、保証金を預託
         しないことに加え、賃貸人の与信を適切に管理することで、敷金及び保証金の回収不能リスクを低減しており
         ます。
       ③ デリバリー関連業務の委託について
        (リスクの概要)
          お客様の生活様式の変化、新型コロナウイルス感染拡大による影響等により、デリバリーの需要が増加する
         中、日本マクドナルド株式会社及びフランチャイジーにおいては、複数の外部業者にデリバリー業務を委託し
         ておりますが、需要の急増減、法令の整備、業者の撤退等により、外部業者のサービス提供あるいはその仕組
         みに大きな変更がある場合、当社グループの財政状況と経営成績に影響を与える可能性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループはこれらの外部業者と密接な関係を保ちながら、全体のバランスやサービス内容を常に見直し
         改善することで、安定的なデリバリーサービスの実施に努めております。
      (4) 情報セキュリティ・内部統制に関するリスク

       ① 情報システムへの依存について
        (リスクの概要)
          当社グループは、店舗運営、食材などの仕入れ、配送システムなどの業務を情報システムに依存しており、
         その情報システムに様々な障害が生じた場合には、店舗の効率的な運営やお客様に対する食品の適時の提供が
         阻害され、重要なデータの喪失等が発生することにより、当社グループの財政状態及び経営成績に重要な影響
         を与える可能性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループは、プログラムの不具合などやコンピュータウイルス、外部からのサイバー攻撃などに対し、
         監視ツールの導入によるシステム検知やモニタリングの実施等、適切な防止策を実施しております。
       ② 個人情報保護について
        (リスクの概要)
          当社グループは、多数のお客様や従業員の個人情報等を管理しておりますが、万一漏洩があった場合には、
         お客様等に重大な損失を与え、当社グループの社会的信用を失う可能性があります。また、従業員の個人情報
         については、2021年度から新労務システムを導入してセキュリティを高めることにより、更にその保護を図っ
         ております。
        (リスクへの対応)
          当社グループは、個人情報保護法や各種ガイドラインに基づいた規程類及び社内体制を整備し、定期的な社
         内・委託先の情報管理体制の確認を行うことで、個人情報漏洩を防止しています。
       ③ コンプライアンスについて
        (リスクの概要)
          コンプライアンスに対する意識が高まる中、役職員個人による法令違反などコンプライアンス上の問題が発
         生した場合には、当社の財政状況及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。また直営及びフランチャ
         イズの役職員による不適切なSNSの使用などがあった場合、当社グループの評判や信頼に影響を及ぼす可能
         性もあります。
        (リスクへの対応)
          当社グループは、コンプライアンス意識の徹底と定着に継続的に取り組んでおります。この取り組みにおい
         ては全社リスク管理委員会規程を定めて全社リスク管理委員会を設置し、コンプライアンス&リスク管理体制
         を整備するとともに、コンプライアンス・ホットラインを設けて内部通報制度の充実を図り、加えて必要な研
         修トレーニングを通じて役職員に対するコンプライアンス教育も実施しております。また、業務執行部門から
         独立した内部監査部により、各部門の業務プロセスが適切に行われていることを監査しております。
          各フランチャイジー及び各店舗に対する定期的な研修や監査も実施し、マクドナルドシステム全体としての
         コンプライアンスを維持しております。
      (5) 事故・災害に関するリスク

                                11/99

                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
       ① 天候、災害によるリスクについて
        (リスクの概要)
          特に店舗が集中している地域や原材料の輸出国で台風や地震等の自然災害が発生した場合は、店舗設備の損
         壊、社会インフラ、物流の寸断、避難勧告等の理由により、店舗の休業や営業時間の短縮を余儀なくされる場
         合があります。また、自然災害による影響が長期化し、さらには消費意欲の低下等が生じた場合、当社グルー
         プの財政状態及び経営成績に重要な影響を与える可能性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループは、日本国内の様々な地域に多くの店舗を構え、かつ外部業者と協力して物流網を整備するこ
         とにより、また損害保険に加入することで、天候や災害によるリスクに対応しております。
       ② 新型コロナウイルス(COVID-19)等の感染症に関するリスク
        (リスクの概要)
          新型コロナウイルス等の感染拡大による対応により、店舗の運営方法や設備の変更、政府、行政の方針に伴
         う営業時間短縮や、営業の一時停止といった事象が生じております。今後の感染拡大状況によって更なる制限
         が求められる場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
        (リスクへの対応)
          当社グループは、政府、行政の方針に則り、お客様、従業員等の安全を最優先に、衛生管理の徹底、店舗の
         営業時間の短縮や店内客席ご利用の制限など営業形態の見直しを行っております。今後も全国の店舗で実施し
         ている感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応してまいりま
         す。また、商品をご自宅にお届けするデリバリーサービス、レジを通さない注文を可能にするモバイルオー
         ダー、店舗の駐車場所に直接お届けするパーク&ゴーといった、新型コロナウイルス禍においてもお客様が利
         用しやすい販売方法を積極的に導入しております。
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      業績等の概要
       当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
      う。)の状況の概要は次のとおりであります。なお、当連結会計年度の期首から「収益認識に関する会計基準」(企
      業会計基準第29号 2018年3月30日)及び「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30
      号 2018年3月30日)を適用しております。詳細は、第5[経理の状況]-1[連結財務諸表等]-(1)連結財務諸
      表-注記事項-(会計方針の変更)をご参照ください。
      (1)業績

         当社グループでは、持続的成長と収益性の向上と、企業価値の継続的な拡大を目指す中期経営計画(2022年度か
        ら2024年度)を2022年2月に公表いたしました。より多様化するお客様の大きなご期待にお応えし着実な成長を実
        現するために、マクドナルドビジネスの基盤と将来に向けた分野への投資を強化いたします。これからの成長に向
        けた分野としては「ブランド」「メニュー・バリュー」「店舗・デジタル・ピープル」の3本柱に注力し、3年間
        で全店売上高年平均成長率5%前後、営業利益年平均成長率3~5%、営業利益率10%以上、RОE10%以上を目
        指しております。
         当連結会計年度におきましては、これまで同様お客様の声を伺い、QSCの向上を通じてお客様の店舗体験の向
        上に努めました。また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き店舗の衛生管理を徹底するとともに、
        ソーシャルディスタンスを確保した店舗運営などの対応を行いました。既存店売上高は2015年第4四半期から2022
        年第4四半期まで29四半期連続でプラスとなりました。
         一方で、急激な為替変動及び小麦や牛肉をはじめとする原材料価格の高騰、エネルギーコストや人件費、物流費
        の上昇などにより、ビジネス環境は大変厳しいものとなりました。当社グループとしては、輸入業者やサプライ
        ヤーと協力のうえ、グローバル規模の原材料調達や、より効率的な物流網の構築といったコスト管理、商社を通じ
        た為替ヘッジの取り組み、経費削減など最大限の企業努力を行ってまいりましたが、フランチャイズオーナーやサ
        プライヤーも含めビジネスを健全に成長させるために、一部商品の店頭価格を改定いたしました。当連結会計年度
        において、利益面では対前年減益となり、年初の想定より厳しい状況となりましたが、11月に公表いたしました修
        正後通期業績予想数値に対してはほぼ想定通りとなりました。
        <中期経営計画の3本柱>

        1.ブランド
         地域社会の一員として、サステナビリティを積極的に取り組むべき重要課題と位置づけ、「安全でおいしいお食
        事を」「地球環境のために」「地域の仲間にサポートを」「働きがいをすべての人に」を重点的に取り組む4つの
        領域と定めました。2023年3月にサステナビリティレポート2022としてマクドナルドの考え方と取組みをウェブサ
        イトで公開しております。
                                12/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        「安全でおいしいお食事を」:食を提供する企業として「食の安全」の確保を最優先課題とし、お客様に安全なお
        食事をお召し上がりいただけるよう食品管理システムの正確な運用に取り組んでおります。関連法令・規制の遵守
        とともに、世界食品安全イニシアチブ(GFSI)にも準拠し、さらにマクドナルド独自の基準を加えて構成された、
        厳 しい品質管理システムを構築しております。また、商品に対するお客様の信頼を高めるため、最終加工国、主要
        原材料の主要原産国の情報公開や、対象サプライヤーに対する監査の実施など、徹底した品質管理体制の構築と強
        化を図っております。
        「地球環境のために」:海のエコラベル(MSC)や森林認証制度(FSC)といった持続可能な原材料であるとの認証

        を取得した素材の使用、ハッピーセットのおもちゃリサイクル、紙ストローや木製カトラリーの導入によるプラス
        チック素材の削減、店舗の省エネ機器やデリバリーの電動三輪バイクの導入による温室効果ガス排出の削減にも取
        り組んでまいります。
        「地域の仲間にサポートを」:公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンへの支

        援や、スポーツ支援、教育支援、安全笛の提供等を通じて地域社会への貢献に努めてまいります。
        「働きがいをすべての人に」:全国で19万人のクルーを雇用する雇用主として、性別や年齢、国籍といった様々な

        個性や背景を持った多様な人材が、それぞれの強みを発揮して働きがいを感じていただける職場環境を作ってまい
        ります。
         2022年は、テレビCMやホームページ、SNS等を活用したブランドコミュニケーションの継続に加え、QSC

        の向上を通じて店舗体験を高めた結果、お客様のブランドに対する好感度や信頼度がさらに上がっております。今
        後もこれまでの取り組みを継続強化することで、よりお客様との結びつきを強化してまいります。
        2.メニュー・バリュー

         お客様のご期待にお応えするために、それぞれの時間帯に合わせたメニューラインアップを強化し、バリュー・
        フォー・マネーにおいてお客様にお得感を感じていただける様々な取り組みを実施いたしました。期間限定商品と
        しては、「てりたま」や「月見バーガー」「グラコロ®」等を販売し、季節の風物詩として多くのお客様にご好評
        いただきました。また、平日のランチタイムのお得なセットメニューを、お得な価格はそのままに、より親しみや
        すい「ひるまック」として名称をリニューアルしたほか、手軽に様々な商品をお選びいただける「ちょいマック」
        を継続するなど、お客様に「おいしさ」「お得さ」「手軽さ」を通じて、マクドナルドのバリューを実感していた
        だける商品をお届けしております。引き続きおいしいメニュー、お得感、納得感のある商品をご提供することに加
        え、価格以上の価値を感じていただける店舗体験の提供を目指してまいります。
        3.店舗・デジタル・ピープル

        「店舗」:今後の成長に向けて、移転を含む新規出店や改装、リビルドに積極的に投資を行っていくことで、より
        お客様や地域のニーズに合った店舗ポートフォリオへの進化を実現してまいります。キッチンの製造能力強化やド
        ライブスルーレーンの増設、デリバリーサービスの最適化など、お客様により便利で快適にご利用いただける環境
        を提供してまいります。
         当連結会計年度においては、新規出店78店舗、閉店53店舗となり、当連結会計年度末の店舗数は2,967店舗とな
        りました。キャパシティの増強についても、製造能力を強化したキッチンシステム、商品の受け渡し口を増強した
        店舗の導入を徐々に進めております。経営資源を効果的に活用するために、新規出店と改装、リビルドへの投資配
        分を柔軟に行いながら、お客様の満足度と業績を向上させるための投資を継続してまいります。
                                             区分移行

                       前連結会計                               当連結会計
              区分                新規出店       閉店
                        年度末                               年度末
                                           増加      減少
        直営店舗数                  867店        26     △20        0     △14      859店

        フランチャイズ店舗数                 2,075店         52     △33       14       0   2,108店

        合計店舗数                 2,942店         78     △53       14     △14     2,967店

        「デジタル」:デジタルとピープルの融合により、より良いサービスをご提供していく「未来型店舗体験」のひと

        つとして、「モバイルオーダー」を導入しております。2022年の新たな取り組みとして、公式アプリにモバイル
        オーダーやデリバリーのアプリを統合し、よりお客様にシームレスなサービスを提供できるようになりました。お
        客様のニーズにお応えし続けるために、決済方法の拡充をはじめとした機能強化を通してさらに利便性を高め、利
        用者数の拡大を目指しています。
                                13/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         デリバリーは、今後も大きく成長が期待されるポテンシャルの高いマーケットです。マクドナルドのクルーがお
        届けするマックデリバリーサービス(MDS)と、Uber                          Eats、出前館等との提携により、デリバリーサービスを
        展 開しております。2022年12月末時点で、デリバリー実施店舗数はそれぞれMDS967店舗、Uber                                            Eats1,905店
        舗、出前館1,932店舗等、合計で全国2,200店舗となっております。今後もデリバリーサービスを提供できる店舗を
        拡大し、お客様の利便性の向上を目指してまいります。
         ドライブスルーについては、キャパシティの増強に加え、「モバイルオーダー」でご注文いただいた商品を、車
        に乗ったまま店舗の駐車場で受け取れるサービス「パーク&ゴー」をより多くの店舗に拡大しており、2022年12月
        末時点で全国の1,104店舗で展開しております。また、マクドナルド公式アプリのモバイルオーダーに、ドライブ
        スルーでの受け取りが可能になる「ドライブスルー モバイルオーダー」機能を追加し、全国のドライブスルー店
        舗(一部店舗を除く)でスタートいたしました。
        「ピープル」:新型コロナウイルス感染症による環境変化が激しい中で、お客様のご期待にお応えできたのは、約

        19万人のクルーや店舗社員をはじめとしたピープル、つまり人材があってこそだと考えております。お客様に最高
        の店舗体験をしていただくため、優秀な人材の採用と育成に積極的な投資を継続しております。デジタル端末を
        使ったトレーニング教材である「デジタルCDP」は現在日本語以外にも5ヶ国語に対応しており、クルーの理解度
        の向上、トレーニング時間の短縮に繋がっております。また、ハンバーガー大学ではオンラインによる授業を継続
        し、当連結会計年度においては19,000人以上が受講いたしました。さらに、多様な人材の多様なライフスタイルに
        応じた社員としてのキャリアパスを提供するため、地域社員制度を導入しております。今後も、性別、国籍、年齢
        などの属性に関わらず、多様な個性や背景を持った人材がそれぞれの強みを生かして自分らしく働き、成長できる
        環境を提供し、人材育成とリテンションに繋げてまいります。
         今後も、新型コロナウイルスの影響を注視し、お客様、従業員をはじめ全ての方々の安全と健康を最優先しなが

        ら、常にお客様に寄り添い、変化する社会やお客様のニーズに柔軟に対応できるよう進化を続けてまいります。お
        いしいメニュー、お得感、納得感のあるバリュー並びに便利で快適な店舗体験を日々ご提供するとともに、持続可
        能な社会の実現に向けて取り組みながら、「おいしさと笑顔を地域の皆さまに」ご提供してまいります。
        <システムワイドセールス及び売上高>

         当連結会計年度は、お客様の満足度向上のために実施した様々な施策の相乗効果により、既存店売上高は8.9%
        の増加となり、1店舗当たりの平均月商は上場以来最高を更新することができました。システムワイドセールスは
        7,175億89百万円(前連結会計年度比655億41百万円増加)、売上高は3,523億円(前連結会計年度比346億5百万円
        増加)となりました。
        <売上原価>

         直営売上原価率は、主に急激な為替変動や原材料価格の高騰により原材料費が4.2ポイント増加したこと等によ
        り3.3ポイント増加しました。また、フランチャイズ収入原価率は、主に売上高の増加に伴いフランチャイズ収入
        が増加したこと等により1.6ポイント減少となりました。
                                14/99








                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        (売上原価の内訳)                                           (単位:百万円)
                           前連結会計年度           当連結会計年度           前連結会計年度比

                           金額     原価率      金額     原価率      金額     原価率

        直営売上原価                  189,349      88.4%     217,887      91.6%      28,538      3.3%

        (内訳)         材料費          75,797      35.4%      94,130      39.6%      18,332      4.2%

                 労務費          60,751      28.4%      63,862      26.9%      3,111     △1.5%

                 その他          52,800      24.6%      59,894      25.2%      7,093      0.5%

        フランチャイズ収入原価                   64,916      62.8%      70,082      61.2%      5,166     △1.6%

        売上原価合計                  254,265      80.0%     287,969      81.7%      33,704      1.7%

        <販売費及び一般管理費>

         販売費及び一般管理費につきましては、売上高の増加やコロナ禍の状況に応じた一般管理費の最適化等により
        0.4ポイント減少となりました。
        (販売費及び一般管理費の内訳)                                           (単位:百万円)
                           前連結会計年度           当連結会計年度           前連結会計年度比

                           金額     売上高比       金額     売上高比       金額     売上高比

                理費           28,911      9.1%     30,523      8.7%      1,611     △0.4%

        販売費及び一般管
        (内訳)         広告宣伝費及び
                           7,539      2.4%      7,723      2.2%       183    △0.2%
                 販売促進費
                 一般管理費          21,371      6.7%     22,799      6.5%      1,428     △0.3%
        <営業利益及び経常利益>

         売上高が増加する一方で、急激な為替変動や原材料価格の高騰により、営業利益は338億7百万円(前連結会計
        年度比7億10百万円減少)、経常利益は328億13百万円(前連結会計年度比8億5百万円減少)となりました。
        <親会社株主に帰属する当期純利益>

         親会社株主に帰属する当期純利益は、経常利益の328億13百万円を計上したことや、主に特別損失で減損損失及
        び固定資産除却損で16億76百万円、法人税等合計で112億39百万円計上したこと等により、199億37百万円(前連結
        会計年度比40億7百万円減少)となりました。
        (注)1.既存店売上高とは、少なくとも13ヶ月以上開店している店舗の合計売上高です。

           2.システムワイドセールスとは、直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上高であり、連結損益計算書に
             記載されている売上高と一致しません。
           3.当社グループの事業はハンバーガーレストラン事業単一であるため、セグメント情報に関連付けた記載
             を行っておりません。
      (2)キャッシュ・フロー

         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は次の通りです。
         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度末に比べて139億4
        百万円減少し、363億62百万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により得られた資金は237億75百万円(前連結会計年度比150億84百万円減少)となりました。
        これは主に税金等調整前当期純利益311億77百万円、減価償却費及び償却費138億95百万円、法人税等の支払額128
        億79百万円、長期繰延営業債権の増加額123億26百万円によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動により使用した資金は322億22百万円(前連結会計年度比114億56百万円増加)となりました。これは主
        に有形固定資産の取得による支出237億76百万円、投資有価証券の取得による支出40億円、ソフトウエアの取得に
        よる支出39億53百万円によるものです。
                                15/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果使用した資金は54億59百万円(前連結会計年度比1億9百万円減少)となりました。これは主
        に、配当金の支払額51億85百万円によるものです。
      (3)生産、受注及び販売の実績

       当社グループの事業はハンバーガーレストラン事業単一であります。なお、当連結会計年度の販売実績をサービス
      ごとに示すと、以下の通りであります。
                                         当連結会計年度
                                  (自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)
                                販売高(百万円)          構成比(%)        前年同期比(%)

      直営店売上高                              237,757           67.5         11.0

      フランチャイズ収入                              113,925           32.3         10.5

      店舗運営事業の売却から生じる利益                                617         0.2         86.2

                 合計                   352,300          100.0          10.9
     (注)1 上記の直営店売上高には、フランチャイズ店舗分は含まれておりません。
         2 フランチャイズ収入の売上金額は、ロイヤルティー、賃貸料、広告宣伝費負担金収入等であります。
      (4)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次の通りであります。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計上の見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してい
        ます。この連結財務諸表を作成するに当たって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮
        定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
         連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは、第5[経理の状況]-1
        連結財務諸表-(1)連結財務諸表-注記事項-(重要な会計上の見積り)をご参照ください。
        ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        a 経営成績等
        (1)経営成績
         当連結会計年度における経営成績の状況につきましては、第2[事業の状況]-3[経営者による財政状態、経
        営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析]-(1)業績をご参照ください。
        (2)財政状態の分析

         当連結会計年度末の流動資産は907億68百万円となり、前連結会計年度比121億26百万円の減少となりました。こ
        れは、現金及び預金が139億4百万円減少したことが主な要因です。
         固定資産は1,865億97百万円となり、前連結会計年度比293億79百万円の増加となりました。これは、長期繰延営
        業債権が116億32百万円増加、有形固定資産が102億5百万円増加、投資有価証券が40億円増加したことが主な要因
        です。
         流動負債は638億26百万円となり、前連結会計年度比51億98百万円の増加となりました。これは未払金が37億50
        百万円増加したことが主な要因です。
         固定負債は68億14百万円となり、前連結会計年度比4億48百万円の減少となりました。これは賞与引当金が1億
        58百万円減少、リース債務が1億52百万円減少、退職給付に係る負債が1億20百万円減少したことが主な要因で
        す。
        b 経営成績等に重要な影響を与える要因について

         経営成績等に重要な影響を与える要因につきましては、第2[事業の状況]-2[事業等のリスク]をご参照く
        ださい。
                                16/99



                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        c 資本の財源及び資金の流動性について
        (1)財務戦略の基本的な考え方
         当社グループは、安定的な営業キャッシュ・フローの創出により、事業活動のための適切な資金確保、流動性の
        維持並びに健全な財政状態を目指しております。
         運転資金及び設備投資資金は主に営業活動によって得られた自己資金を充当し、必要に応じて借入金等による資
        金調達を実施する方針としております。
        (2)経営資源の配分に関する考え方

         経営資源については、中長期的な持続的成長と収益性向上を実現するための投資に配分してまいります。このう
        ち、設備投資に関しては、2023年度において、300億円の新規投資を計画しています。(第3[設備の状況]-3
        [設備の新設、除却等の計画]ご参照)
         株主配分の考え方については、第4[提出会社の状況]-3[配当政策]をご参照ください。
        (3)資金需要の主な内容

         当社グループの営業活動に係る主な資金支出は、直営店舗の原材料費、人件費、その他店舗運営に関わる費用、
        直営・フランチャイズ店舗にかかる賃借料、広告宣伝・販売促進費、本社の人件費等となります。また、投資活動
        に係る主な資金支出は、店舗の建設や改装及びITシステムを含む設備投資等となります。
        (4)資金調達

         当社グループの事業活動の維持拡大に必要な資金を安定的に確保するため、内部資金及び外部資金を有効に活用
        しております。現状におきましては手元現預金を十分に保有していることから今後の資金需要は確保できておりま
        すが、資金調達手段として金融機関と円滑な関係を築いております。
        d 経営上の目標の達成状況について

         2022年度の達成状況は以下の通りとなりました。これまでに築き上げてきたお客様との絆やマクドナルドブラン
        ドの価値、取り組んできた様々な施策の成果として、全店売上高は過去最高を更新し、年初計画を上回る実績を達
        成することができました。一方で、急激な為替変動や原材料価格の高騰等、年初に想定していなかったビジネス環
        境の変化により、利益面では厳しい一年となりました。11月に通期業績予想を修正いたしましたが、通期実績とし
        ては、ほぼ想定通りの結果となりました。
                                              (単位:百万円)

                              2022年度         2022年度         2022年度
                             (年初計画)         (修正計画)          (実績)
        全店売上高                        678,000         710,000        717,589
        連結売上高                        333,000         350,000        352,300

        連結営業利益                         35,000         33,500        33,807

        連結経常利益                         34,000         32,500        32,813

        親会社株主に帰属する連結純利益                         21,500         20,000        19,937

         2023年通期の業績見通しについては、引き続きお客様のご期待にお応えするメニュー・バリュー、快適な店舗体

        験のご提供を通じて、2022年を上回る売上高を目指します。また2022年に策定した中期経営計画に基づき、これま
        でに築いてきたビジネスの基盤をさらに強化しつつ、将来の成長に向けた投資を行ってまいります。ビジネスの環
        境としては不透明な要素が多くありますが、安全・安心の分野を徹底しながら、お客様の利便性と店舗体験の向上
        を目指し、お客様にマクドナルドらしいFUNを感じていただける様々な活動を行います。そして、地域社会に貢献
        し、皆様に愛されるブランドとなるよう努めてまいります。
         全店売上高は創業以来最高となった2022年をさらに上回る7,700億円、連結売上高は3,740億円、連結営業利益は
        350億円、連結経常利益は335億円、親会社株主に帰属する当期純利益は210億円を目指してまいります。
                                17/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                              (単位:百万円)
                                      2023年度
                                業績予想             対前年比

        全店売上高                            770,000             +7.3%

        連結売上高                            374,000             +6.2%

        連結営業利益                             35,000             +3.5%

        連結経常利益                             33,500             +2.1%

        親会社株主に帰属する連結純利益                             21,000             +5.3%

     4【経営上の重要な契約等】

      (1)米国マクドナルドとのライセンス契約
        a.契約日 :1998年8月26日(2018年10月29日改訂)
        b.契約先 :マクドナルド・コーポレーション(米国マクドナルド)
        c.契約内容:
          1971年7月14日付で米国マクドナルドと契約を締結しております。当該契約に従い、米国マクドナルドの有す
          る商標、商号及びノウハウを使用し、日本におけるマクドナルド・レストランの運営を行っております。ま
          た、当社が日本におけるフランチャイザーとして、フランチャイズ権をサブ・ライセンスするマスター・ライ
          センス契約としても機能しております。
          当該契約の当初期限は2000年末であったため、2001年1月1日以降に係るライセンス契約に関して、1998年8
          月26日に締結いたしました(2018年10月29日改訂)。主な内容は次の通りであります。
                          自 2001年1月1日                   自 2011年1月1日
          契約期間
                          至 2010年12月31日                   至 2030年12月31日
          支払ロイヤルティー           システムワイドセールスの2.5%                   システムワイドセールスの3%

          (注)1.日本マクドナルド株式会社は、2002年3月20日付の会社分割に関する合意書により、当社と同等の
               権利義務を保有する契約当事者としております。
             2.システムワイドセールスとは、直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上高であります。
      (2)国内フランチャイジーとのフランチャイジー加盟契約

        a.契約の名称
          フランチャイズ契約
        b.契約の本旨
          日本マクドナルド株式会社の許諾によるマクドナルド・レストラン経営のための契約を取り決めております。
        c.契約期間
          10年
        d.加盟店から徴収する加盟金、その他金銭に関する主な事項
          加盟金               各店舗のフランチャイズ契約毎に2,500,000円
          固定ロイヤルティー               3.0%

                         店舗の総売上高に基づく一定割合。

          レントロイヤルティー
                         または、固定金額のどちらか高い方。
          インフラサービスフィー               0.7%

          広告宣伝費               4.5%

          (注)1.店舗形態により、加盟金5,000,000円、最長期間20年間のフランチャイズ契約を一部採用しており
               ます。
             2.上記割合は店舗の総売上高に基づくものであります。
             3.2002年7月1日付の会社分割により、日本マクドナルド株式会社が同日をもってその権利義務のす
               べてを当社から承継し、フランチャイジーとの契約当事者となっております。
                                18/99



                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
      (3)国内フランチャイジーとの分割弁済契約
        a.契約の名称
          債務承認分割弁済契約
        b.契約の本旨
          フランチャイズオーナーへの財務施策の一環として、2022年9月以降に支払期日の到来するフランチャイジー
          から日本マクドナルド株式会社への支払ロイヤルティー等の一部について支払期限を延期し、2023年10月から
          始まる24ヵ月間での分割払いへと変更しております。
      (4)HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社との業務委託基本契約

        a.契約日 :2012年9月1日
        b.契約先 :HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社
        c.契約内容:
          日本マクドナルド株式会社が認定した規格・単価の原材料を、HAVIサプライチェーン・ソリューション
          ズ・ジャパン合同会社が日本マクドナルド株式会社の指定する製造元より購入し日本マクドナルド株式会社及
          びそのフランチャイジーへ販売、配送することを取り決めております。
        d.契約期間:本契約においては契約期間の定めはありません。
      (5)HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社との価格合意に係る規定

        a.締結日 :2016年6月21日
        b.締結先 :HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社
        c.締結内容:
          日本マクドナルド株式会社とHAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社との間で決め
          られる物流単価の価格合意に関する包括的な規定となることを定めております。
        d.期間:本契約においては契約期間の定めはありません。
     5【研究開発活動】

       特記すべき研究開発活動はありません。
                                19/99











                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当連結会計年度中は、新規出店と改装、リビルドや未来型店舗への投資等を中心に、以下の投資を行いました。な
      お、当社グループの事業はハンバーガーレストラン事業単一であるため、セグメント情報に関連付けた記載を行って
      おりません。
                                  (単位:百万円)
                       店舗     本社管理部門          計

         建物及び構築物               15,863          5     15,869

         機械及び装置                5,050         20      5,071

         工具、器具及び備品                2,691        132      2,824

         土地                 563        -      563

         リース資産                 102        -      102

         ソフトウエア                  -     4,493       4,493

                                       28,924
              計          24,271        4,652
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次の通りであります。
      (1)提出会社
                              帳簿価額(百万円)
                                                       従業員数
                          工具、器具        土地      ソフト     敷金及び           (人)
                建物     構築物                              合計
                          及び備品      (面積㎡)       ウエア      保証金
      ハンバーガー

                                  21,561
      レストラン事業          3,183       154       0          7,507     35,890      68,296       -
                                (124,843.76)
      (店舗)
                                    -

      本社本部           110       0      0          2,516       30    2,659      -
                                    (-)
                                  21,561
         計       3,294       154       0          10,023      35,921      70,955       -
                                (124,843.76)
      (2)国内子会社(日本マクドナルド株式会社)

                             帳簿価額(百万円)
                                                       従業員数
                                   工具、器具                    (人)
                建物      構築物     機械及び装置              リース資産        合計
                                   及び備品
      ハンバーガー
      レストラン事業           56,726       9,648      12,349       7,215        325     86,266      1,868
      (店舗)
      本社本部             801       21       98      437       59     1,418       607
         計        57,527       9,669      12,447       7,653        385     87,684      2,475

     (注)1.上記の他に土地及び建物を賃借しており、年間賃借料は47,602百万円であります。
         2.上記の他に厨房機器等の店舗設備を賃借しており、年間賃借料は76百万円であります。
                                20/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
       当社グループの設備投資計画については、今後の景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案の上策定してお
      ります。
       当連結会計年度末現在における重要な設備の新設・改修及び除却等の計画は次の通りであります。これらは主に、
      当社の連結子会社であります日本マクドナルド株式会社が運営するハンバーガーレストランの営業に関連する設備で
      あります。
      (1)重要な設備の新設・改修
             設備の内容               投資予定金額(百万円)                    増加店舗数
      店舗建設                                13,000                65~75

      既存店への投資                                14,000                   -

      ITその他                                 3,000                  -

               計                       30,000                65~75

     (注)1 上記の金額については、自己資金によりまかなう予定であります。
         2 完成後の増加能力については、合理的な算定が困難であるため記載しておりません。
         3 当社グループは単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
      (2)重要な設備の除却等

             設備の内容                計画金額(百万円)                    店舗数
      店舗閉店                                  500               50~60

      店舗改装                                  700               20~30

               計                        1,200                70~90

     (注)1 上記「店舗閉店」の店舗数と計画金額には、当社グループの設備が計上されている店舗の閉店数と除却損等
           見積額が含まれております。
         2 当社グループは単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
                                21/99











                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)
      普通株式                                              480,840,000

                  計                                  480,840,000

        ②【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所
         種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                (2022年12月31日)          (2023年3月29日)          商品取引業協会名
                                    東京証券取引所             単元株式数
                   132,960,000          132,960,000
        普通株式
                                   スタンダード市場               100株
                   132,960,000          132,960,000
          計                             -            -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金
          年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                    (百株)       (百株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      2001年7月26日(注)               120,000      1,329,600        15,300       24,113       34,140       42,124

     (注) 有償・一般募集増資(ブックビルディング方式)
          発行価格      4,300円
          引受価額      4,120円
          発行価額      2,550円
          資本組入額      1,275円
                                22/99







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                 2022年12月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
        区分     政府及び                      外国法人等                  株式の状況
                       金融商品     その他の               個人
             地方公共     金融機関                               計     (株)
                       取引業者      法人              その他
              団体                   個人以外      個人
      株主数
                     18     23    1,465      481     335   331,463      333,785
               -                                         -
      (人)
      所有株式数
                   29,663      6,583     9,702    653,259       734   628,949     1,328,890       71,000
               -
      (単元)
      所有株式数
                    2.23     0.50     0.73    49.16     0.06     47.33
               -                                   100.00      -
      の割合(%)
     (注)1.自己株式1,094株は、「個人その他」に10単元及び「単元未満株式の状況」に94株を含めて記載しておりま
           す。
         2.上記「その他の法人」には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が38単元含まれております。
                                23/99















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                 2022年12月31日現在
                                                   発行済株式(自

                                                    己株式を除
                                            所有株式数
           氏名又は名称                    住所                    く。)の総数に
                                            (百株)
                                                   対する所有株式
                                                   数の割合(%)
      MCDONALD’S

      RESTAURANTS            OF
                      カナダ・トロント
                                              335,750         25.25
      CANADA       LIMITED
                      (東京都港区六本木1-6-1)
      (常任代理人 スキャデン・アー
      プス法律事務所)
      MCD    APMEA
      SINGAPORE
                      シンガポール・シンガポール
      INVESTMENTS
                                              133,850         10.07
                      (東京都港区六本木1-6-1)
      PTE.LTD.
      (常任代理人 スキャデン・アー
      プス法律事務所)
      STATE      STREET
      BANK     WEST     CLIENT
                      アメリカ・ノースクインシー
                                               23,388         1.76
      -  TREATY       505234
                      (東京都港区港南2-15-1)
      (常任代理人 株式会社みずほ銀
      行決済営業部)
      日本マスタートラスト信託銀行株
                      東京都港区浜松町2-11-3                        16,624         1.25
      式会社(信託口)
      JP   JPMSE      LUX    RE
      UBS    AG   LONDON
                      スイス・チューリッヒ
                                               10,718         0.81
      BRANCH       EQ   CO
                      (東京都千代田区丸の内2-7-1)
      (常任代理人 株式会社三菱UF
      J銀行)
      BNYM     TREATY
      DTT    15             アメリカ・ニューヨーク
                                               9,470         0.71
                      (東京都千代田区丸の内2-7-1)
      (常任代理人 株式会社三菱UF
      J銀行)
      株式会社日本カストディ銀行(信
                      東京都中央区晴海1-8-12                         8,815         0.66
      託口)
                      東京都新宿区西新宿6-5-1                         7,172         0.54
      日本マクドナルドグループ持株会
      BNY    GCM    CLIENT
      ACCOUNT        JPRD     AC
                      イギリス・ロンドン
                                               6,918         0.52
      ISG    (FE-AC)
                      (東京都千代田区丸の内2-7-1)
      (常任代理人 株式会社三菱UF
      J銀行)
                      東京都千代田区丸の内2-7-3                         4,638         0.35
      JPモルガン証券株式会社
                                              557,345         41.91
             計
     (注) 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)、株式会社日本カストディ銀行(信託口)は、全て信託業
          務に係るものであります。
                                24/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                 2022年12月31日現在
             区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
      無議決権株式                          -           -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -           -        -

      議決権制限株式(その他)                          -           -        -

                              1,000
      完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                     -        -
                           132,888,000            1,328,880          (注)1
      完全議決権株式(その他)                普通株式
                              71,000                    (注)2
      単元未満株式                普通株式                     -
                           132,960,000
      発行済株式総数                                     -        -
                                        1,328,880
      総株主の議決権                          -                   -
     (注)1.株式会社証券保管振替機構名義の株式が3,800株(議決権38個)含まれております。
         2.当社所有の自己株式94株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                 2022年12月31日現在
                                                     発行済株式
                                自己名義       他人名義       所有株式数
                                                    総数に対する
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                     所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
      日本マクドナルドホール            東京都新宿区西新宿
                                  1,000              1,000        0.00
                                           -
      ディングス株式会社            6-5-1
                                  1,000              1,000        0.00
           計            -                   -
                                25/99











                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
        会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                  株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                      74           370,740
      当期間における取得自己株式                                      -             -

     (注) 当期間における取得自己株式には、2023年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式は含まれておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間
             区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                  (円)                  (円)
      引き受ける者の募集を行った取得
                             -         -         -         -
      自己株式
      消却の処分を行った取得自己株式                       -         -         -         -
      合併、株式交換、株式交付、会社
      分割に係る移転を行った取得自己                       -         -         -         -
      株式
      その他                       -         -         -         -
      保有自己株式数                      1,094           -        1,094           -

     (注) 当期間における保有自己株式数には、2023年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取りによる株式は含まれておりません。
                                26/99









                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
       当社は業績、配当性向及びキャッシュ・フローのバランスを総合的に勘案し、自己資本比率、株主資本利益率等の
      財務指標を妥当な水準に維持しながら、株主の皆様への利益還元に努めることを基本方針としております。
       当社は、期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、この剰余金の配当の決定機関は、株
      主総会であります。
       当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり39円の配当を実施させていただきました。内部留
      保資金につきましては、将来の事業発展に必要不可欠な成長投資として活用し、中長期的な成長による企業価値向上
      を通じて、株主の皆様の期待にお応えしてまいります。
       当社は、取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めて
      おります。
       なお、当事業年度の剰余金の配当は以下の通りであります。
            決議年月日               配当金の総額(百万円)                 1株当たり配当額(円)
           2023年3月28日
                                      5,185                   39
           定時株主総会決議
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社は、株主の皆様やお客様をはじめ、地域社会、従業員、フランチャイジー、サプライヤー等の全てのス
          テークホルダーと良好な関係を築くとともに、経営の健全性、透明性を確保し、当社グループの持続的成長と
          企業価値の向上を実現することを経営上の重要な課題としております。
           このため、経営の意思決定・監督機能と業務の執行機能を分離し、適時的確かつ効率的な経営・執行体制の
          確立を図り、社外取締役の参加による透明性の高い経営の実現に取り組んでおります。
         ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          1. 会社の機関の内容
            当社は、取締役会、監査役会、会計監査人設置会社であります。
            当社グループは執行役員制度を採用しており、取締役と執行役員の業務執行を分離しております。取締役
           会は、社外取締役6名を含む10名で構成(構成員の氏名については、後記「(2)役員の状況」に記載して
           おります。)され、当社代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)の日色保氏が取締役会議長を務めてお
           ります。取締役会は、重要な経営の意思決定や、取締役の職務執行及び執行役員の業務執行に対する監督を
           行い、執行役員は担当分野において機動的な業務執行を行っております。
            また、当社は、事業会社である日本マクドナルド株式会社において、CEO及びCEOが選任したメン
           バーで構成する「エグゼクティブ・マネジメント・チーム」(以下「EMT」という)を設置しています。
           EMTの構成員はサラ L.             カサノバ氏、日色保氏、ズナイデン房子氏、菱沼秀仁氏、コナー・マクベイ
           氏、芳賀万代子氏、斎藤由希子氏及び吉田修子氏の8名で構成されています。EMTの議長は、当社代表取
           締役社長兼最高経営責任者(CEO)かつ日本マクドナルド株式会社の代表取締役社長兼最高経営責任者
           (CEO)である日色保氏が務めています。EMTは、執行役員から適宜報告を受け、執行役員と連携する
           ことで業務遂行の円滑化をはかるとともに、当該会社の取締役会から受託された範囲で、経営の意思決定を
           行うことで、意思決定の迅速化をはかっております。
            取締役会の監督機能を強化し、意思決定プロセスの透明性を高めるため、取締役会の任意の諮問委員会と
           して、取締役会の下に、指名委員会及び報酬委員会を設置しております。両委員会の役割及び委員構成は次
           の通りです。
           (a)指名委員会
            指名委員会の権限及び構成員は、次の通りです。
            ・株主総会決議事項である、当社及び当社子会社の取締役及び監査役の選解任案について審議する。
            ・取締役会決議事項である、当社及び当社子会社の代表取締役の選解任案について審議する。
            ・当社及び当社子会社の代表取締役及び執行役員の後継・育成計画について審議する。
            ・取締役会の構成がその独立性・多様性に係るベストプラクティスに従っていることを審議する。
            ・その他当社の取締役会から指示された事項を履行する。
            指名委員会は、社内取締役1名(サラ L.                     カサノバ氏)及び社外取締役4名(ヨー・センペルズ氏、川
           村明氏、上田昌孝氏、高橋鉄氏)の5名の委員で構成されています。議長は社外取締役である上田昌孝氏が
           務めております。
           (b)報酬委員会の権限及び構成員は次の通りです。
            ・法定の取締役会決議事項である当社の取締役個別報酬決定方針について審議する。
                                27/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
            ・取締役に対する報酬が、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能するものであ
             り、かつ各職責を踏まえ適正であり同業他社及び他業種同規模他社との比較において競争力のある水準
             となっていることを審議する。
            ・当社又は当社子会社の取締役会からの個別の委任に基づき、それらの取締役の個別報酬額について審議
             し承認する。
            ・その他、当社の取締役会から指示された事項を履行する。
            報酬委員会は、社内取締役1名(サラ L.                     カサノバ氏)及び社外取締役5名(アンドリュー・グレゴ
           リー氏、川村明氏、上田昌孝氏、高橋鉄氏、田代祐子氏)の6名の委員で構成されています。議長は社外取
           締役である川村明氏が務めております。
            監査役会は、常勤監査役1名と3名の非常勤監査役(社外監査役)で構成(構成員の氏名については、後
           記「(2)役員の状況」に記載しております。)され、議長は、常勤監査役の石井隆朗氏が務めています。
           監査役会は、法令で定められた事項及び監査に関する重要な事項について、報告を受け、協議を行い又は決
           議をしています。監査機能につきましては、後記「(3)監査の状況」をご参照下さい。また、任意の委員
           会として、当社及び当社連結子会社である日本マクドナルド株式会社において、取締役及び従業員(執行役
           員を含む)の職務の執行が法令及び定款に適合することを維持確保すること並びに業務執行におけるリスク
           管理を目的として、全社リスク管理委員会を設置しております。全社リスク管理委員会は、日色保氏、芳賀
           万代子氏、斎藤由希子氏、コナー・マクベイ氏、菱沼秀仁氏及び吉田修子氏を常任委員として構成されてい
           ます。
            全社リスク管理委員会の委員長は、日本マクドナルド株式会社代表取締役社長兼最高経営責任者(CE
           O)である日色保氏が務めています。
            第三者の関与としては、顧問弁護士等の専門家から法令遵守に対する指導及び助言を受けております。ま
           た、会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人より会社法及び金融商品取引法に基づく法定監査を受けて
           おり、監査の結果は、監査役会及び取締役会に報告されております。
         ③ 企業統治に関するその他の事項
          1. 内部統制システムの整備の状況及びリスク管理体制の整備の状況等
            取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他会社の業務の適正を確保
           するための当社グループの体制についての決定内容の概要は以下の通りであります                                      。
           (a) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
            イ.取締役会議事録をはじめ、株主総会議事録、計算書類及び事業報告、当社の連結子会社で実施されて
             いるEMT議事録、「権限委譲に関するガイドライン」に基づく事前審査と承認記録、監査役会議事
             録、監査役の活動に関する書類、及びその他取締役会及び監査役会が定める書類(電磁的に記録された
             ものを含む)については、関連資料とともに10年間保存し管理する。
            ロ.業務執行に係る文書の保存及び管理については、文書の重要度に応じて保存期間や保存方法を規定す
             る「文書保存管理規程」を策定し、これを従業員に周知徹底するとともに、各本部の日常の文書管理基
             準を設定し、必要な研修を実施する。
           (b) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            イ.当社グループのリスク管理については、詳細を定めた「全社リスク管理委員会規程」に基づき、全社
             リスク管理委員会が担当し、その指導のもと各本部のコンプライアンス・リスク管理責任者が当該各本
             部におけるリスクに係るアクションプランの策定と実行などのリスク管理を行う。また、リスクの事前
             審査体制を確保するため「権限委譲に関するガイドライン」において、関係各部門又はEMTの事前審
             査の必要性の有無を明記しこれを従業員に周知徹底するため必要な研修を実施する。
            ロ.業務執行部門から独立した内部監査部門を設置し、各部門の業務プロセスを監査し、リスクの発見・
             防止と業務プロセスの改善に努める。
            ハ.大規模な事故、災害、不祥事等の発生等による大規模なリスクに対処するため、必要な人員で構成す
             る緊急対策本部を適宜設置する。緊急対策本部で取り扱うべきリスク、本部の活動及び権限の詳細につ
             いては、「危機管理規程」及び「大規模災害対策本部規程」において定める。
            ニ.そのほか、ビジネスの性質に鑑み、「危機管理規程」に基づいて、①店舗で発生する事故に対応する
             リスクの管理体制を確立するために、「エマージェンシー・ホットライン規程」に基づき、エマージェ
             ンシー・ホットライン(緊急通報体制)を設置し、経営陣への報告体制を整備する。②店舗における事
             故が発生した場合の対応方法については、「店舗商品・製品の品質の危機レベル管理とストックリカバ
             リーに関する規程」を策定して、事故レベルごとの各部門の役割とともに、対応方法を具体的に定め
             る。
           (c) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            「取締役会規程」及び「取締役会規程細則」において取締役会での決議、報告事項を明記するとともに、
            各取締役は、「業務分掌・職務権限規程」及び「権限委譲に関するガイドライン」に基づき、職務権限の
            分配及び意思決定の適正化をはかり、効率的かつ適正な職務執行を行う。また、各取締役は、当社の経営
            方針の策定、重要事項の検討や決定、当社のコンプライアンス体制、リスク管理体制の整備、運用等につ
                                28/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
            いて、効率的に取締役に対して報告が行われる体制を構築するよう、取締役会又は代表取締役に適宜提案
            する。
           (d) 取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            イ.連結子会社の代表取締役CEOを長とし、同社法務担当執行役員、人事担当執行役員、直営本部担当
             執行役員、全地区本部を統括する執行役員及びCFOを常任委員として全社リスク管理委員会を設置
             し、職務の執行が法令及び定款に適合することの維持に必要な調査を行い、指導を提案する権限を与え
             る。全社リスク管理委員会の権限と活動に関する詳細を「全社リスク管理委員会規程」において定め
             る。
            ロ.コンプライアンスについて平易な言葉で説明した「業務上の行動規範」(Standards                                         of  Business
             Conduct)ハンドブックを策定し、全従業員に配布するとともに、その遵守を確保するため、各従業員
             から遵守の誓約書を徴求する。
            ハ.取締役、執行役員、従業員など、役職及び職責に応じて、コンプライアンスに必要な研修を実施す
             る。
            ニ.当社の業務執行に係る取締役及び従業員の承認権限を、役職及び職責ごとに明記し、関係各部署又は
             EMTによる事前承認の必要性の有無及び取締役会での決議や報告の必要性の有無を明記した「権限委
             譲に関するガイドライン」を策定するとともに、重要な業務執行の決定については、EMTにおいて事
             前に審査させるため、「EMT規程」を策定し、これらを従業員に周知徹底する。
            ホ.業務執行部門から独立した内部監査部門を設置し、各部門の業務プロセスを監査し、不正の発見・防
             止と業務プロセスの改善に努める。
            ヘ.これらの取組みについて、積極的に株主、投資家、社会並びに取締役及び従業員に対して開示を行う
             ことで、コンプライアンス体制の啓蒙と透明性の確保に努める。
           (e) 企業集団における業務の適正を確保するための体制
            当社を含む企業集団全体での業務の適正化を維持するため、当社企業集団を構成する日本マクドナルド株
            式会社において、「内部統制規程」に定める業務適正化体制と同等の体制をとらせるとともに、業務の適
            正を維持するために重要と考えられる事項について当社に報告する体制をとらせるものとする。
           (f) 監査役がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合における当該従業員に関する事項
            取締役会は、監査役が求めた場合は監査役の求める職務の補助を行うことができるだけの専門性、知識を
            有する従業員を、実務上可能な限り速やかに監査役補助従業員として任命するとともに、取締役及び従業
            員は、監査役補助従業員の調査、監査等に対し、監査役に対するのと同等の協力を行う。
           (g) 前号の従業員の取締役からの独立性及び指示の実効性の確保に関する事項
            監査役補助従業員は、取締役会の指揮命令系統には属さず、独立して監査役の職務の補助にあたり、監査
            役補助従業員に対する人事異動、懲戒処分その他の人事上の措置は、あらかじめ監査役会に報告され、そ
            の承諾を得なければ発動しないものとする。
           (h) 取締役及び従業員が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制
            イ.内部監査、財務及び法務部門は、担当部門の業務執行において法令に違反する事実、会社に著しい損
             害を与えるおそれのある事実を発見したときは、直ちに監査役に報告する。
            ロ.取締役はイ.の報告義務について、その周知を図る。
            ハ.内部通報窓口を通じ又はその他の方法により、法令や企業倫理等に違反する事実や当社に著しい損害
             を与えるおそれのある事実を発見した旨の報告を受け、事実調査を実施した結果、法令に違反する重大
             な事実又は当社に著しい損害を与えるおそれのある事実が判明した場合、全社リスク管理委員会は監査
             役に報告する。
            ニ.取締役及び従業員は、監査役から業務執行に関する事項の報告を求められた場合には、速やかに報告
             しなければならない。
            ホ.監査役は、内部監査部門の実施する監査について、当該部門から適宜報告を受け、監査役が必要と認
             めたときは、追加監査の実施又は業務改善等の施策の実施を求めることができる。
           (i) 監査役への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保する
             ための体制
            当社は、「内部統制規程」に基づき、当社グループの監査役へ報告を行った当社グループの役職員が、当
            該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないものとしている。
           (j) 監査の職務執行について生ずる費用又は債務の処理に関する方針
            当社は、「内部統制規程」に基づき、監査役がその職務の執行について、費用の前払い等の請求をしたと
            きは、速やかに当該費用又は債務を処理しなければならないものとしている。
                                29/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
           (k) その他の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            イ.監査役会は、監査の実施にあたり、連結子会社の内部監査部門及び会計監査人と連携することができ
             るほか、常勤監査役及びその指定する者は重要な業務執行が協議される会議(会議の種類を問わない)
             に出席することができ、その場において意見を述べ、又は説明を求めることができる。
            ロ.監査役は会計監査人を監督し、取締役からの会計監査人の独立性を確保するため、会計監査人の監査
             報告について独自に報告が受けられる。
            ハ.当社を含む企業集団全体での業務の適正化を維持するため、当社企業集団を構成する日本マクドナル
             ド株式会社において、「内部統制規程」に定める業務適正化体制と同等の体制をとらせるとともに、業
             務の適正を維持するために重要と考えられる事項について当社に報告する体制をとらせるものとする。
             なお同規程においては、連結子会社の内部監査部門及び各担当部門が、直接当社の監査役に報告できる
             こと、不利益取り扱いの禁止、監査役補助使用人への協力義務、監査費用等の処理などが定められてい
             る。
          2. 責任限定契約の内容の概要
            当社は、社外取締役及び監査役との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損
           害賠償責任を法令が定める額を限度として負担するものとする契約を締結しております。なお、当該責任限
           定が認められるのは、当該社外取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大
           な過失がないときに限られます。
          3. 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

            当社は、当社並びに当社子会社の取締役、監査役及び執行役員(以下、本項目において総称して「役員
           等」という)を被保険者として会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を締結してお
           ります。当該保険契約では、被保険者が会社の役員等の業務として行った行為(不作為を含む)に起因し
           て、損害賠償請求された場合の法律上の損害賠償金及び争訟費用等を当該保険契約により填補することとし
           ております。但し、故意による任務懈怠がある場合、違法に利益若しくは便宜の供与を得た場合又は犯罪行
           為等に起因する場合は、填補の対象外とすることにより、役員等の職務の執行の適正性が損なわれないよう
           にしております。保険料は、当社が全額負担しております。
           当社グループ内のコーポレート・ガバナンス体制を図式化すると以下の通りになります。

         ④ 取締役会で決議できる株主総会決議事項










          1. 自己の株式の取得
                                30/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
            当社は会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる
           旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするた
           め、  市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
          2. 取締役及び監査役の責任免除
            当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する
           取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度におい
           て免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、
           その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものでありま
           す。
          3. 中間配当
            当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議に
           よって毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
         ⑤ 取締役の定数

           当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
         ⑥ 取締役の選任及び解任の決議要件

           当社は取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
          主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及びその選任決議は累積投票によらない旨定款に定めてお
          ります。
           また、解任決議について、会社法の定めに従い、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有
          する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行うこととしております。
         ⑦ 株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めて
          おります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行う
          ことを目的とするものであります。
                                31/99











                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    9 名 女性      5 名 (役員のうち女性の比率               35.7  %)
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                               1991年1月     マクドナルドカナダ入社
                               1997年1月     マクドナルドロシア/ウクライナ
                                     マーケティングシニアディレク
                                     ター
                               2001年7月     マクドナルドカナダ マーケティ
                                     ングシニアディレクター
                               2004年10月     日本マクドナルド株式会社マーケ
                                     ティング本部執行役員
                               2007年4月     同社ビジネスディベロップメント
                                     部上席執行役員
                               2009年7月     マクドナルドマレーシア マネー
                                     ジングディレクター
        代表取締役          サラ
                               2012年5月     マクドナルドマレーシア マネー
                       1965年4月6日      生
                                                  (注)4       20
          会長       L.カサノバ
                                     ジングディレクター並びにマクド
                                     ナルドシンガポール及びマクドナ
                                     ルドマレーシアリージョナルマ
                                     ネージャー
                               2013年8月     日本マクドナルド株式会社代表取
                                     締役社長兼最高経営責任者(CE
                                     O)
                               2014年3月     当社代表取締役社長兼最高経営責
                                     任者(CEO)
                               2019年3月     日本マクドナルド株式会社代表取
                                     締役会長(現任)
                               2021年3月     当社代表取締役会長(現任)
                               1988年4月     ジョンソン・エンド・ジョンソン
                                     株式会社入社
                                     同社エチコンプロダクト事業部
                               2002年5月
                                     ゼネラルマネージャー
                               2004年7月     同社ライフスキャン事業部バイス
                                     プレジデント
                               2005年4月     オーソ・クリニカル・ダイアグノ
                                     スティックス株式会社代表取締役
                                     社長
        代表取締役
                               2008年1月     同社代表取締役社長兼アジアパシ
          社長
                                     フィックバイスプレジデント
         最高経営       日 色   保       1965年12月11日      生
                                                   (注)5       33
                               2012年1月     ジョンソン・エンド・ジョンソン
         責任者
                                     株式会社代表取締役社長
        (CEO)
                               2018年9月     日本マクドナルド株式会社上席執
                                     行役員チーフ・サポート・オフィ
                                     サー(CSO)
                               2019年3月     当社取締役
                                     日本マクドナルド株式会社代表取
                                     締役社長兼最高経営責任者(CE
                                     O)(現任)
                               2021年3月     当社代表取締役社長兼最高経営責
                                     任者(CEO)(現任)
                                32/99






                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                                1987年4月     株式会社資生堂入社
                                1994年4月     ユニリーバジャパン株式会社ブラ
                                    ンドマネージャー
                                1997年4月     同社マーケティングマネージャー
                                2000年10月     同社アジアリージョナルブランド
                                    ディレクター
                                2002年7月     パルファン・クリスチャン・ディ
                                    オール・ジャポン株式会社マーケ
                                    ティングディレクター
                                2003年11月     日本ロレアル株式会社ランコム事
                                    業部ジェネラルマネージャー
                                2006年3月     エイボン・プロダクツ株式会社
                                    (現エフエムジー&ミッション株
                                    式会社)取締役コマーシャルマー
                                    ケティング本部長
                                2007年4月     株式会社資生堂ヘアケアブランド
                                    ストラテジックビジネスユニット
                                    (SBU)ブランドマネージャー
                                2008年4月     同社ヘアケアメンズ及びボディー
                                    ケアブランドSBUブランドマ
                                    ネージャー
                                2010年4月     同社マスアンドマスティージブラ
                                    ンドマーケティングSBUブラン
                                    ドマネージャー
         取締役       ズナイデン房子       1964年9月9日      生                     (注)5       -
                                2012年4月     同社ブランド企画部長
                                2013年10月     同社マーケティング部長
                                2014年6月     日清食品株式会社取締役兼マーケ
                                    ティング部長
                                2015年4月     日清食品ホールディングス株式会
                                    社経営戦略部グローバルブランド
                                    戦略室長兼ダイバーシティー推進
                                    委員長
                                2016年6月     日清食品ホールディングス株式会
                                    社執行役員グローバルCMO兼ダ
                                    イバーシティー推進委員長
                                2018年6月     STEM    Girls     Ambas
                                    sadors(理工系女子応援大
                                    使)就任(現任)
                                2018年10月     日本マクドナルド株式会社上席執
                                    行役員兼チーフ・マーケティン
                                    グ・オフィサー(CMO)
                                2021年12月     オリオンビール株式会社非常勤取
                                    締役(現任)
                                2022年3月     日本マクドナルド株式会社取締
                                    役、上席執行役員兼チーフ・マー
                                    ケティング・オフィサー(CMO)
                                    (現任)
                                2023年3月     当社取締役(現任)
                                33/99






                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                               1981年4月     エアランカ航空(現スリランカ航
                                     空)入社 アカウントスーパーバ
                                     イザー
                               1989年6月     ピザハット(英国)アカウンタン
                                     ト
                               1993年9月     マクドナルドサウジアラビア 
                                     ファイナンスマネージャー
                               1998年3月     マクドナルドルーマニア ファイ
                                     ナンスディレクター
                               2000年2月     マクドナルドミドルイースト・ア
                                     フリカ シニアファイナンスディ
                                     レクター
                               2009年1月     日本マクドナルド株式会社リレー
                                     ションシップパートナーフィール
                                     ドサービス執行役員
                               2010年10月     マクドナルドチャイナ チーフ
                                     オーナーシップストラテジーオ
                                     フィサー
                 アローシャ・
         取締役              1961年12月10日      生                     (注)4       -
                               2014年6月     マクドナルド・APMEA・LL
                 ウィジェムニ
                                     Cバイスプレジデントフランチャ
                                     イジング
                               2015年6月     マクドナルドファウンデーショナ
                                     ルセグメント バイスプレジデン
                                     ト兼チーフアライメントオフィ
                                     サー
                               2016年3月
                                     当社取締役(現任)
                               2017年9月     マクドナルドグローバルフラン
                                     チャイジングリミティッド コー
                                     ポレートバイスプレジデント兼グ
                                     ローバルフランチャイジングオ
                                     フィサー
                               2022年5月     マクドナルドミドルイーストデベ
                                     ロップメントカンパニー バイス
                                     プレジデントビジネスユニット
                                     リードミドルイーストアンドアフ
                                     リカ(現任)
                                34/99










                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                               1992年8月     マクドナルドベルギー入社
                               1996年9月     マクドナルドベルギー ファイナ
                                     ンシャルコントローラー
                               1998年1月     マクドナルドベルギー ファイナ
                                     ンス及びヒューマンリソーシズ
                                     (HR)ディレクター
                               2001年3月     マクドナルドベルギー マネージ
                                     ングディレクター
                               2005年3月     マクドナルドオランダ マネージ
                                     ングディレクター
                               2015年7月     マクドナルド・コーポレーショ
                                     ン バイスプレジデントファウン
                                     デーショナルマーケットヨーロッ
                                     パ
                  ヨー・
                               2019年1月     同社バイスプレジデント・ビジネ
         取締役              1967年12月21日      生                     (注)4       -
                 センペルズ
                                     スユニットリードヨーロッパイン
                                     ターナショナルデベロップメンタ
                                     ルライセンスドマーケット
                               2019年12月     同社シニアバイスプレジデントイ
                                     ンターナショナルデベロップメン
                                     タルライセンスドマーケット
                               2022年3月
                                     当社社外取締役(現任)
                               2022年7月     マクドナルド・コーポレーショ
                                     ン シニアバイスプレジデント兼
                                     プレジデントインターナショナル
                                     デベロップメンタルライセンスド
                                     マーケット(現任)
                               2022年9月     グランドフーズホールディングス
                                     リミテッド取締役(現任)
                                1996年10月     マクドナルドオーストラリア入社
                                    リージョナルコントローラー
                                2002年1月     同社デベロップメントディレク
                                    ター
                                2006年1月     同社バイスプレジデントリージョ
                                    ナルマネージャー
                                2010年2月     日本マクドナルド株式会社執行役
                                    員店舗開発本部長
                                2011年1月     同社上席執行役員チーフ・サポー
                                    ト・オフィサー(CSO)
                                2013年1月     マクドナルドオーストラリア 
                                    チーフ・ファイナンシャル・オ
                                    フィサー(CFO)兼チーフデベ
                アンドリュー・
                                    ロップメントオフィサー
         取締役              1972年10月5日      生                     (注)5       -
                 グレゴリー
                                2014年5月     マクドナルドオーストラリア(及び
                                    ニュージランド) マネージング
                                    ディレクター兼CEO
                                2022年5月     マクドナルド・コーポレーショ
                                    ン シニアバイスプレジデントグ
                                    ローバルフランチャイジングオ
                                    フィサー
                                2023年2月     マクドナルド・コーポレーショ
                                    ン シニアバイスプレジデントグ
                                    ローバルフランチャイジングアン
                                    ドデベロップメントオフィサー
                                    (現任)
                                2023年3月     当社社外取締役(現任)
                                35/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                               1967年4月     弁護士登録
                                     アンダーソン・毛利、ラビノ
                                     ウィッツ法律事務所(現アンダー
                                     ソン・毛利・友常法律事務所外国
                                     法共同事業)入所
                               1976年1月     同事務所パートナー就任
                               1985年4月     第二東京弁護士会副会長
                               1986年4月     日本弁護士連合会常務理事
                               1996年6月     同外国法事務弁護士及び国際法律
                                     業務委員会委員長
                               1998年4月     京都大学法学部客員教授
                               2002年3月
                                     当社社外取締役(現任)
                               2002年7月     日本マクドナルド株式会社取締役
                               2011年1月     国際法曹協会(IBA)会長
                               2012年11月     旭日中綬章受賞受勲
         取締役       川 村   明       1941年5月9日      生
                                                   (注)5       -
                               2013年1月     アンダーソン・毛利・友常法律事
                                     務所(現アンダーソン・毛利・友
                                     常法律事務所外国法共同事業)顧
                                     問(現任)
                               2013年3月     社団法人日本仲裁人協会(現公益
                                     社団法人日本仲裁人協会)理事長
                               2014年1月     国際陸上競技連盟(IAAF)倫
                                     理委員
                               2017年11月     国際陸上競技連盟(IAAF)規範審判
                                     所委員(現ワールドアスレティッ
                                     クス  ディスシプリナリー・トラ
                                     イビューナル委員)(現任)
                               2021年8月     公益社団法人日本仲裁人協会顧問
                                     (現任)
                                36/99












                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                               1979年4月     株式会社三菱銀行(現株式会社三
                                     菱UFJ銀行)入行 上野支店新
                                     橋支店
                               1983年8月     アメリカンエキスプレスインター
                                     ナショナル日本支社財務企画部マ
                                     ネージャー/ディレクター
                               1987年1月     同社金融機関関連サービス部ディ
                                     レクター
                               1989年1月     同社加盟店マーケティング部ディ
                                     レクター
                               1990年4月     同社個人金融サービス部門ヴァイ
                                     ス・プレジデント
                               1992年8月     同社事業開発部ヴァイス・プレジ
                                     デント
                               1994年5月     同社個人カードヴァイス・プレジ
                                     デント
                               1996年9月     同社グローバルネットワークサー
                                     ビス極東(日本及び韓国)リー
                                     ジョナル・ビジネス・リーダー
                               2000年9月     アメリカンホーム保険会社(AI
                                     Gグループ)副会長
                               2001年12月
                                     同社会長兼CEO
         取締役       上 田 昌 孝       1955年4月5日      生                     (注)4       -
                               2007年1月     ING   Direct      Servi
                                     ces株式会社顧問(専任)
                               2007年3月     同社顧問(非常勤)
                                     株式会社セシール代表取締役会長
                                     兼CEO
                               2013年7月     株式会社ディノス・セシール取締
                                     役会長(合併により社名変更)
                               2014年5月     KCJ   GROUP株式会社エグ
                                     ゼクティブ・アドバイザー
                               2014年6月     公益社団法人会社役員育成機構
                                     (BDTI)理事(現任)
                               2015年6月     株式会社ディノス・セシール相談
                                     役
                               2016年3月     当社社外取締役(現任)
                               2016年10月     株式会社光通信顧問
                               2017年2月     特定非営利法人日本卵殻膜推進協
                                     会理事長(現任)
                               2017年7月     株式会社スカラ顧問(現任)
                                     株式会社東日本銀行社外取締役
                               2018年6月
                                     (現任)
                               2018年9月     一般社団法人日本ゴルフツアー機
                                     構専務理事(現任)
                                37/99








                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                               1986年4月     弁護士登録(東京弁護士会)三宅
                                     法律事務所入所パートナー
                               1989年4月     東京弁護士会法制委員会副委員長
                               1996年2月     東京弁護士会司法修習委員会副委
                                     員長
                               2002年4月     日弁連司法制度調査委員会(商法
                                     部会)
                               2003年7月     霞が関パートナーズ法律事務所代
                                     表パートナー
                               2006年3月     アップルジャパン株式会社社外監
                                     査役
                               2007年3月     日本マクドナルド株式会社社外取
                                     締役
         取締役        高橋 鉄      1956年10月24日      生                     (注)4       -
                                     当社社外取締役
                               2007年6月     株式会社グローベルス社外監査役
                               2007年10月     株式会社ビットアイル社外監査役
                               2012年1月     株式会社ズーム社外監査役
                               2015年6月
                                     同社社外取締役(監査等委員)
                               2016年10月     株式会社イーブックイニシアティ
                                     ブジャパン社外監査役
                               2020年6月     野村不動産ホールディングス株式
                                     会社社外取締役(監査等委員)
                                     (現任)
                               2020年12月     ITN法律事務所代表弁護士(現
                                     任)
                               2022年3月     当社社外取締役(現任)
                               1986年6月     KPMG    LLP入所
                               1995年7月     同所パートナー
                               2000年11月     ゼネラル・エレクトリック・イン
                                     ターナショナル・インクGEコー
                                     ポレートジャパンソーシングリー
                                     ダー
                               2003年7月     フェニックスリゾート株式会社最
                                     高財務責任者
                               2005年4月     エーオン・ホールディングス・
                                     ジャパン株式会社取締役最高業務
                                     責任者兼最高財務責任者
                               2010年4月     TSアソシエイツ株式会社代表取
                                     締役
                               2011年9月     GI地域開発研究所代表取締役
                               2012年6月     株式会社アコーディア・ゴルフ社
                                     外取締役
                               2014年9月     特定非営利活動法人未来開発研究
         取締役       田 代 祐 子       1954年3月14日      生                     (注)5       -
                                     所理事長
                               2016年3月     当社社外監査役
                               2016年6月     株式会社アコーディア・ゴルフ代
                                     表取締役社長執行役員
                                     特定非営利活動法人未来開発研究
                                     所理事(現任)
                               2017年12月     特定非営利活動法人ザ・ファース
                                     ト・ティー・オブ・ジャパン理事
                               2018年1月     株式会社アコーディア・ゴルフ取
                                     締役会長
                               2018年4月
                                     同社代表取締役会長兼社長CEO
                               2019年3月     ヤマハ発動機株式会社社外取締役
                                     (現任)
                               2021年4月     株式会社アコーディア・ゴルフ取
                                     締役会長(現任)
                               2023年3月     当社社外取締役(現任)
                                38/99



                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                               1976年3月     日本マクドナルド株式会社(現日
                                     本マクドナルドホールディングス
                                     株式会社)入社
                               2001年1月     同社予算管理部部長
                               2004年6月     日本マクドナルド株式会社財務部
        常勤監査役        石 井 隆 朗       1954年1月1日      生                     (注)3       18
                                     部長
                               2010年1月     同社IR部部長
                               2012年3月     当社常勤監査役(現任)
                                     日本マクドナルド株式会社常勤監
                                     査役(現任)
                               1985年8月     リゾート・インターナショナル入
                                     社
                               1987年9月     フロリダ・パワーアンドライト入
                                     社
                               1997年8月     プライスウォ-ターハウスクー
                                     パースインターナルオーディット
                                     プラクティスディレクター
                               2001年4月     エクセロン・コーポレーション 
                                     インターナルオーディットディレ
                                     クター
                               2002年2月     同社インターナルオーディットバ
                                     イスプレジデントアンドチーフ
                                     オーディットエグゼクティブ
                               2010年9月     オフィス・マックス・インク(現
         監査役       エレン・カイヤ       1959年6月15日      生
                                                   (注)3       -
                                     オフィス・デポ・インク) イン
                                     ターナルオーディットバイスプレ
                                     ジデントアンドチーフオーディッ
                                     トエグゼクティブ
                               2015年8月     ウォルグリーンズ・ブーツ・アラ
                                     イアンス インターナルオー
                                     ディットバイスプレジデントアン
                                     ドチーフオーディットエグゼク
                                     ティブ
                               2017年4月     マクドナルド・コーポレーショ
                                     ン バイスプレジデントインター
                                     ナルオーディット兼チーフオー
                                     ディットエグゼクティブ(現任)
                               2020年3月     当社社外監査役(現在)
                                39/99









                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                               1980年11月     クーパースアンドライブランド
                                     (現プライスウォーターハウス
                                     クーパース)東京事務所入所
                               1985年9月     同シカゴ事務所
                               1991年1月     同事務所中西部地区日本企業担当
                                     ディレクター
                               1992年7月     ペプシコ・インク ニューヨーク
                                     本社ビジネスプランニング
                               1993年11月     日本ペプシコーラ社経営企画部長
                               1995年7月     同社財務本部本部長
                               1998年2月     シスコシステムズ株式会社財務本
                                     部本部長
                               1998年9月     同社執行役員
                               1999年9月     同社取締役管理本部長
                               2002年8月     株式会社ディーアンドエムホール
                                     ディングCFO
                               2003年6月     同社執行役
                               2005年2月     リップルウッド・ジャパン(現株
                                     式会社RHJインターナショナ
                                     ル・ジャパン)CFO
                               2005年6月     同社代表取締役
                                     株式会社ディーアンドエムホール
                                     ディングス取締役
         監査役       本 多 慶 行       1956年1月8日      生                     (注)3       -
                                     コロンビアミュージックエンタテ
                                     インメント株式会社取締役
                                     フェニックス・リゾート株式会社
                                     取締役
                                     株式会社ユーシン監査役
                                     株式会社シグマクシス(現株式会
                                     社シグマクシス・ホールディング
                                     ス)監査役
                                     株式会社アルファパーチェス監査
                                     役
                               2007年10月     株式会社ディーアンドエムホール
                                     ディングスCFO
                               2009年6月     同社代表取締役副社長
                               2010年2月     株式会社シグマクシス(現株式会
                                     社シグマクシス・ホールディング
                                     ス) エグゼクティブアドバイ
                                     ザー
                               2011年3月     スミダコーポレーション株式会社
                                     入社
                               2011年8月     同社執行役
                               2012年2月     同社代表執行役CFO(現任)
                               2016年3月     当社社外監査役(現任)
                                40/99







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      (百株)
                                1988年4月     チリ中央銀行東京事務所(チリ大
                                    使館財務部)入所
                                1992年9月     JPモルガン証券(現JPモルガン
                                    証券株式会社)東京支店入社
                                1995年4月     スペイン・カタルーニャ州政府産
                                    業貿易省企業情報局東京事務所入
                                    所
                                1998年6月     トムソン・ファイナンシャル・イ
                                    ンベスター・リレーションズ入社
                                2000年3月     ヤフー株式会社入社
                                2009年4月     同社IR室長
                                2014年4月     同社SR(ステークホルダー・リ
         監査役       浜辺 真紀子       1964年8月28日      生                     (注)6       -
                                    レーションズ)本部長
                                2018年4月     同社社長室長兼コーポレートエバ
                                    ンジェリスト
                                2019年9月     ディップ株式会社執行役員経営管
                                    理本部コーポレートコミュニケー
                                    ション統括部長
                                2021年2月
                                    浜辺真紀子事務所代表(現任)
                                2021年3月     ソウルドアウト株式会社社外取締
                                    役
                                    株式会社大塚商会社外取締役(現
                                    任)
                                2023年3月     当社社外監査役(現任)
                             計                            71

     (注)1 取締役ヨー・センペルズ氏、アンドリュー・グレゴリー氏、川村明氏、上田昌孝氏、高橋鉄氏及び田代祐子
           氏は社外取締役であります。
         2 監査役エレン・カイヤ氏、本多慶行氏及び浜辺真紀子氏は社外監査役であります。
         3 任期は、2020年3月27日開催の第49回定時株主総会から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
           する定時株主総会の終結の時までであります。
         4 任期は、2022年3月29日開催の第51回定時株主総会から2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
           する定時株主総会の終結の時までであります。
         5 任期は、2023年3月28日開催の第52回定時株主総会から2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
           する定時株主総会の終結の時までであります。
         6 任期は、2023年3月28日開催の第52回定時株主総会から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
           する定時株主総会の終結の時までであります。
        ② 社外役員の状況

          1. 社外取締役及び社外監査役の員数並びに社外取締役及び社外監査役と当社との人的・資本的・取引関係及
           びその他の利害関係
            当社の社外取締役は6名、社外監査役は3名であります。
            社外取締役川村明氏、社外取締役上田昌孝氏、社外取締役高橋鉄氏及び社外取締役田代祐子氏と当社の間
           に重要な該当事項はありません。
            社外監査役本多慶行氏及び社外監査役浜辺真紀子氏と当社の間に重要な該当事項はありません。社外取締
           役ヨー・センペルズ氏、社外取締役アンドリュー・グレゴリー氏及び社外監査役エレン・カイヤ氏が所属す
           るマクドナルド・コーポレーションと当社の連結子会社日本マクドナルド株式会社との間には、ライセンス
           契約に基づくロイヤルティーの支払等の取引関係があります。詳細につきましては、第5[経理の状況]-
           1[連結財務諸表等]-[注記事項]-[関連当事者情報]をご参照ください。
            当社は、社外取締役川村明氏、上田昌孝氏、高橋鉄氏及び田代祐子氏並びに社外監査役本多慶行氏及び浜
           辺真紀子氏について、一般株主との利益相反が生じる恐れがないと判断し、東京証券取引所に独立役員とし
           て届け出ております。
          2. 社外取締役及び社外監査役が当社の企業統治において果たす機能及び役割並びに社外取締役及び社外監査
           役の選任についての考え方
           (社外取締役)
            ヨー・センペルズ氏は、長年海外の複数のマクドナルドにおいて、財務、人事の責任者及びマネージング
           ディレクター等を歴任され、経営者として豊富な経験と実績並びに財務、人事及びマクドナルドビジネス等
                                41/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
           に関しても豊富な見識を有しております。同氏のこれまでの職務における実績、及び豊富な見識を踏まえ、
           当社の企業価値の向上に貢献できると判断し、選任しております。
            アンドリュー・グレゴリー氏は、海外のマクドナルドにおいて、財務の責任者、マネージングディレク
           ター・CEO等を歴任され、経営者としての豊富な経験と実績並びに財務及びマクドナルドビジネスに関し
           ても豊富な見識を有しております。同氏のこれまでの職務における実績、及び豊富な見識を踏まえ、当社の
           企業価値の向上に貢献できると判断し、選任しております。
            川村明氏は、弁護士として、法律事務所のパートナー、国際法曹協会(IBA)の会長、公益社団法人日本
           仲裁人協会理事長等を歴任し、弁護士として国内外における豊富な経験と実績並びに企業法務、コンプライ
           アンス、国際法務及び仲裁等に関して豊富な見識を有しております。このような                                     豊富な経験及び見識に基
           づき、2002年より当社の社外取締役として独立かつ客観的な観点から、当社の経営上有用な発言を行ってき
           ていること等を踏まえ、引き続き当社の取締役会の監督機能の実効性の強化を図る上で、適任であると判断
           し、選任しております。
            上田昌孝氏は、複数の企業で代表取締役等を歴任され、経営者として豊富な経験と実績並びに財務、マー
           ケティング及び人事等に関しても豊富な見識を有しております。このような豊富な経験及び見識に基づき、
           2016年より当社の社外取締役として独立かつ客観的な観点から経営上有用な発言を行ってきていること等を
           踏まえ、当社の取締役会の監督機能の実効性の強化を図る上で、適任であると判断し、選任しております。
            高橋鉄氏は、弁護士として、法律事務所のパートナー、また複数の企業で、社外取締役・社外監査役等を
           歴任され、弁護士及び社外役員として豊富な経験と実績並びに企業法務、コンプライアンス及びコーポレー
           ト・ガバナンス等に関しても豊富な見識を有しております。このような豊富な経験及び見識に基づき、2007
           年より当社子会社の日本マクドナルド株式会社の社外取締役として独立かつ客観的な観点から経営上有用な
           発言を行ってきていること等を踏まえ、当社の取締役会の監督機能の実効性の更なる強化を図る上で、同氏
           を当社の社外取締役として迎え入れることが適切であると判断し、選任しております。
            田代祐子氏は、米国公認会計士として、監査法人のパートナー、複数の企業の財務責任者、代表取締役等
           を歴任され、会計士及び経営者として豊富な経験と実績並びに財務等に関しても豊富な見識を有しておりま
           す。このような豊富な経験及び見識に基づき、2016年より当社の社外監査役として独立かつ客観的な観点か
           ら有用な発言を行っており、その職責を十分に果たしていただいていること、また、同氏は、監査を通じ
           て、当社の業務内容に精通していることから、当社の取締役会の監督機能の実効性のさらなる強化を図る上
           で、同氏を当社の社外取締役として迎え入れることが適切であると判断し、選任しております。
           (社外監査役)

            エレン・カイヤ氏は、複数の企業及び当社の子会社が運営するマクドナルドビジネスのライセンサーであ
           る米国法人マクドナルド・コーポレーションで内部監査の部門責任者として、内部監査業務に携わり、監査
           業務に関し、豊富な経験と実績並びにマクドナルドビジネス、監査、企業統治及び                                      会計に係る豊富な見識
           を有しております。このような経験及び見識に基づき、2020年より当社の社外監査役として、客観的な立場
           から有用な発言を行ってきていること等を踏まえ、引き続き当社の監査役会の監督・監査機能等の強化を図
           る上で、適任であると判断し、選任しております。
            本多慶行氏は、公認会計士・米国公認会計士として、監査業務に従事され、また、複数の企業でCFO及
           び代表取締役・代表執行役等を歴任され、CFO及び経営者として豊富な経験と実績並びに企業会計、コー
           ポレートファイナンスに関する専門的知識及び会社経営に関する豊富な見識を有しております。このような
           経験及び見識に基づき、2016年より当社の社外監査役として、独立かつ客観的な立場から有用な発言を行っ
           てきていること等を踏まえ、引き続き当社の監査役会の監督・監査機能等の強化を図る上で、適任であると
           判断し、選任しております。
            浜辺真紀子氏は、長年コーポレートコミュニケーション及びIR関連業務に携わられ、ステークホルダーと
           の対話に関し豊富な経験と実績並びにESG・サステナビリティ等に関しても豊富な見識を有しておりま
           す。同氏のこれまでの職務における実績、及び豊富な見識を踏まえ、当社の監督・監査機能のさらなる強化
           を図る上、同氏を監査役候補者として、迎え入れることが適切であると判断し、選任しております。
          3. 社外取締役及び社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準又は方針の内容
            当社の独立性に関する基準は以下の通りです。
           当社は、当社の社外取締役及び社外監査役が、以下に定める項目を全て満たす場合、当社に対し十分な独立
           性を有していると判断いたします。
           1.  下記AからGのいずれにも、過去3事業年度において該当したことがない場合。
           A.当社及び当社の子会社(以下「当社グループ」という。)を主要な取引先とする者(注1)又はその業務
           執行者(注2)。
           B.当社グループの主要な取引先(注3)又はその業務執行者。
           C.当社の大株主(総議決権10%以上の議決権を直接又は間接的に保有している)又はその業務執行者。
                                42/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
           D.当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産(注4)を得ているコンサルタント、会計専門
           家又は法律専門家(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する
           者)。
           E.当社グループの会計監査人(法人、組合等の団体である場合は、その団体に所属する者)。
           F.当社グループの業務執行者が他の会社において社外役員に就いている場合における当該他の会社の業務
           執行者。
           G.当社グループから多額の金銭その他の財産による寄付を受けている者又はその業務執行者。
           2.  次のa、bどちらの近親者(注5)でもない場合。

           a.上記1のAからEまでのいずれかに過去3事業年度において該当する者。但し、AからCの業務執行者におい
           ては重要な業務執行者(注6)に限る。D・Eにおいては公認会計士や弁護士等の専門的な資格を有する者に
           限る。
           b.現事業年度及び過去3事業年度のいずれかにおいて当社グループの重要な業務執行者(社外監査役につ
           いては、業務執行役でない取締役を含む)。
           (注)

           1.当社グループを主要な取引先とする者とは、直前事業年度における当社グループへの当該取引先の取引額
           が100百万円若しくは当該取引先グループの連結売上高の2%のいずれか高い方の額を超える者をいう。
           2.業務執行者とは、法人その他団体の業務執行取締役、執行役、その他法人等の業務を執行する役員、使用
           人等、業務を執行する者をいう。
           3.当社グループの主要な取引先とは、以下のいずれかに該当する者をいう。
           ①当社グループの取引先であって、直前事業年度における当社グループの当該取引先との取引額が当社グ
           ループの連結売上高の2%を超える者。
           ②当社グループが借入をしている者であって、直前事業年度における当社グループの全借入額が当社グ
           ループの連結総資産の2%を超える者。
           4.多額の金銭その他の財産とは、その価額の総額が1事業年度当たり1,000万円又はその者の直前事業年度の
           売上高の2%のいずれか高い方の額を超えているものをいう。
           5.近親者とは配偶者、2親等内の親族及び生計を一にする者をいう。
           6.重要な業務執行者とは業務執行者のうち、業務執行取締役、執行役その他法人等の業務を執行する役員、
           及び部門責任者等の重要な業務を執行する者をいう。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
           社外取締役に対しては法務部門が、社外監査役に対しては常勤監査役、内部監査部門及び法務部門が連携
          し、監督または監査に必要な当社またはグループ全体の情報の提供及び説明を実施しております。
           また、内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係については、「(3)
          [監査の状況]」に記載の通りであります。
      (3)【監査の状況】

         ① 監査役監査の状況
           当社の監査役監査は、1名の常勤監査役と3名の非常勤監査役で監査役会を構成し、経営に関する監視を
          行っております。常勤監査役石井隆朗氏は、当社及び当社子会社の財務部門における長年の経験があり、財務
          及び会計に関する相当程度の知見を有しております。社外監査役エレン・カイヤ氏は、複数の企業及びマクド
          ナルド・コーポレーションの内部監査の部門責任者として、長年内部監査業務に従事し、監査、企業統治及び
          会計に関する相当程度の知見を有しております。社外監査役本多慶行氏は、公認会計士・米国公認会計士の資
          格を有し、公認会計士並びに民間企業の財務責任者、経営者としての長年の経験があり、財務及び会計に関す
          る相当程度の知見を有しております。社外監査役浜辺真紀子氏は、複数の企業において、長年コーポレートコ
          ミュニケーション及びIR関連業務に従事し、ステークホルダーとの対話及びESG・サステナビリティに関
          する相当程度の知見を有しております。さらに内部監査部と密接に連携をとりながら、「監査役監査基準」に
          準拠して厳正に監査を行っております。
                                43/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
           当事業年度において当社は監査役会を14回開催しており、個々の監査役の出席状況については次の通りであ
          ります。
                 氏名               開催回数                 出席回数
               石井   隆朗
                                 14回                14回
              エレン・カイヤ                   14回                12回

               田代   祐子
                                 14回                14回
               本多   慶行
                                 14回                14回
           監査役会における主な検討事項は以下の通りであります。

          a.会計監査人による四半期ごとの会計監査報告の確認・検討
          b.内部監査部からの内部監査報告の確認・検討
          c.内部統制部からのJ-SOX報告の確認・検討
          d.会計監査人の評価
          e.監査計画の検討
           常勤監査役の活動等は以下の通りであります。

          f.「法定事項監査」として取締役会に出席し、討議内容の確認・意見交換を実施
          g.「経営監査」「会計監査」として必要な内容を監査役会で確認(上記a~eが該当)
          h.社外監査役、会計監査人との連携の質・量を高め、監査体制を強化(監査役会開催回数増、会計監査人と
          の進捗確認・意見交換頻度増)
         ② 内部監査の状況

           当社の内部監査は、3名で構成されるCEO直轄の独立した内部監査部を設置しております。内部監査の対
          象は、当社及び連結子会社であります。内部監査は、その活動を通じて、リスク・アプローチの概念に基づき
          各業務プロセスに潜在あるいは顕在化しているリスクを把握し、業務及び財産の実態を監査することにより、
          法令及び規程等の遵守、会社財産の保全、業務の効率化及び内部統制機能の強化に貢献することをその使命と
          しております。具体的には、CEOの決裁を受けた年度内部監査計画に基づいて監査を実施し、その結果を被
          監査部門の長に報告しております。また、監査結果に対して被監査部門と改善計画について協議、合意した上
          で、監査報告書をCEO及び監査役等に提出しております。なお、被監査部門に関しては、改善期限を設定
          し、その期限経過後遅滞なく改善内容の実施状況についてフォローアップ監査を行い、内部監査の実効性を担
          保しております。会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人と内部監査部及び監査役会は、会社法及び金融
          商品取引法に基づく法定監査の結果報告に加え、必要の都度、相互の情報交換、意見交換を行うなどの連携を
          通じて監査の実効性と効率性を確保するよう努めております。
         ③ 会計監査の状況

          a.監査法人の名称
           EY新日本有限責任監査法人
          b.継続監査期間

           1994年以降
          c.業務を執行した公認会計士

           指定有限責任社員 業務執行社員 堀井 秀樹
           指定有限責任社員 業務執行社員 長谷川 宗
           ※   同監査法人は、業務執行社員について当社の会計監査に一定期間を超えて関与することのないような措
            置を取っており、当社に対する継続監査年数は前述の2名とも法令等が定める一定年数以内となってお
            ります。
          d.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士9名、その他31名です。
                                44/99



                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
          e.監査法人の選定方針と理由
           監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると判断した場合又は会計監査
          人の職務の執行に支障がある場合には、会計監査人の解任または不再任に関する決定を行う方針であります。
          また、監査役会がEY新日本有限責任監査法人を会計監査人とした理由は、会計監査人としての品質管理体制、
          専門性の有無などを総合的に勘案し検討した結果、適任と判断したためであります。
          f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社は、監査法人の評価に関し、「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」に準
          拠し、実施しております。定期的な意見交換や監査実施状況の報告などを通じて、独立性、専門性、職務執行
          状況に問題がないかを確認しております。
         ④ 監査報酬の内容等

          a.監査公認会計士等に対する報酬
                     前連結会計年度                      当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
              基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
                       124                      126
        提出会社                           -                      -
                       15                       15
       連結子会社                            -                      -
                       139                      141
         計                          -                      -
          b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst                        & Young)に対する報酬(a.を除く)

                     前連結会計年度                      当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
              基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
                                   3                      3
        提出会社                -                       -
                                   5                      3
       連結子会社                -                       -
                                   8                      7
         計              -                       -
           当社及び連結子会社における非監査業務の内容は、税務申告及び税務アドバイザリー業務等であります。
          c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
          d.監査報酬の決定方針

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査日数、当社の規模・特性等を勘案
          したうえで決定しております。
          e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、会計監査人の前事業年度の監査実績及び報酬等支払額を確認、検証するとともに、当事業年度
          における監査計画の内容、報酬等の額の見積り算定根拠等を検討した結果、会計監査人の報酬等の額として妥
          当であると判断し、会社法第399条第1項の同意を行っております。
      (4)【役員の報酬等】

         ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          1. 役員の報酬等の額の決定に関する方針
           当社の役員の報酬等の額につきましては、当社の業績、役員の役位、職責等を総合的に勘案の上、株主総会
           で承認された限度額の範囲内で決定しております。
           取締役の報酬限度額は、2018年3月28日開催の第47回定時株主総会において年額1,200百万円以内(うち社
           外取締役の報酬額は、年額60百万円以内。ただし使用人兼務取締役の使用人分の給与及び当社子会社から支
           払われる同社との兼務取締役に対する報酬は含まない。)と決議されております。なお、本決議時点におい
           て、取締役報酬の支給対象となる取締役の員数は8名(うち、社外取締役の員数は2名)です。また、取締
           役報酬体系といたしましては、会社法第361条第1項に基づく限度額枠内での月例報酬、株価連動型報酬、
           業績連動型報酬及び退職慰労金を設けております。
                                45/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
           監査役の報酬限度額は、2017年3月24日開催の第46回定時株主総会において年額50百万円以内と決議されて
           おります。なお、本決議時点において、監査役報酬の支給対象となる監査役の員数は4名です。また、監査
           役 報酬体系といたしましては、会社法第387条に基づく限度額枠内での月例報酬及び退職慰労金を設けてお
           ります。
          2. 役員報酬の決定プロセス
           取締役の報酬に関しては、任意の諮問機関であり、社外取締役が議長を務める報酬委員会にて審議しており
           ます。具体的には、取締役会の委任に基づき、株主総会が定める報酬限度額の範囲内で、取締役報酬(退職
           慰労金を含む)を配分する審議及び決議を行っております。
           監査役の報酬に関しては、監査役会の協議により、決定しております。
           なお、当事業年度における報酬委員会は4回開催し、取締役ごとの報酬について審議・決定しております。
          3. 業績連動型報酬の割合に関する方針
           取締役(社外取締役を除く)報酬のうち、業績連動型の報酬につきましては、役員の役位、職責等を総合的
           に勘案の上で、責任と役割の増加に応じて総報酬に占める業績連動型報酬及び株価連動型報酬の割合を高く
           設定しております。その割合を含めた各役員の報酬構成は、前述の報酬委員会にて審議し、決定しておりま
           す。なお、業績連動型報酬は短期(単年度)の業績に連動する報酬、株価連動型報酬は中長期的な企業価値
           の増大を意識するための報酬と位置付けております。
          4. 業績連動型報酬に係る指標
           当事業年度の連結経常利益を最も主要な指標としつつ、各事業年度に応じたビジネス上の強化策等の指標を
           補助的に設定しています。当社グループの企業活動の状況を最も分かりやすく示し、かつ成長に向けた投資
           や株主還元の原資となる指標として、連結経常利益は継続的に重要性が揺るがないものと考えているためで
           す。
         ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

          1. 当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する報酬の内容
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象
                   報酬等の総額
          役員区分                                          となる役員の
                    (百万円)             業績連動報       株価連動型
                           月例報酬                   退職慰労金       員数(人)
                                   酬      報酬
      取締役
                       277       143       62       44       27       6
      (社外取締役を除く)
      監査役
                        17       17                    0       1
                                     -       -
      (社外監査役を除く)
                        46       44                    2       5
      社外役員                               -       -
     (注)1 上記取締役及び監査役の支給人員は、無報酬の取締役2名及び監査役1名を除いております。
         2 取締役の報酬等の総額には、使用人兼務取締役の使用人分給与及び当社子会社から支払われる同社との兼務
           取締役に対する報酬は含まれておりません。
         3 上記報酬等の総額には、以下のものが含まれており当事業年度に費用計上した金額であります。
           ・役員報酬(業績連動型報酬)62百万円(取締役4名に対して62百万円)
           ・役員報酬(株価連動型報酬)44百万円(取締役4名に対して44百万円)
           ・役員退職慰労引当金繰入額                30百万円(取締役7名に対して28百万円、監査役3名に対して1百万円)
         4 連結報酬等の総額1億円以上の役員としては、代表取締役サラ L.                                  カサノバ氏及び代表取締役日色保氏
           が該当いたします。
           サラ L.      カサノバ氏の報酬等の内訳は、提出会社より月例報酬                         75 百万円、株価連動型報酬           18 百万円、業
           績連動型報酬      21 百万円、退職慰労金         8 百万円であります。連結子会社日本マクドナルド株式会社より、月例
           報酬  75 百万円、株価連動型報酬           18 百万円、業績連動型報酬           21 百万円、退職慰労金         8 百万円があります。
           日色保氏の報酬等の内訳は、提出会社より月例報酬                        31 百万円、株価連動型報酬           27 百万円、業績連動型報
           酬 25 百万円、退職慰労金         8 百万円であります。連結子会社日本マクドナルド株式会社より、月例報酬                                  31 百万
           円、株価連動型報酬         27 百万円、業績連動型報酬           25 百万円、退職慰労金         8 百万円があります。
                                46/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
         ① 投資株式の区分の基準及び考え方
           当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的と
          して保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政
          策保有株式)に区分しております。
         ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

          a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
           の内容
           期末日時点で保有目的が純投資以外の目的である投資株式のうち上場株式を保有しておりません。
          b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                         銘柄数       貸借対照表計上額の
                         (銘柄)        合計額(百万円)
                             3             56
            非上場株式
            非上場株式以外の株式                -             -

          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

           該当事項はありません。
          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)
           該当事項はありません。
          c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

           該当事項はありません。
                                47/99












                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2022年1月1日から2022年12月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2022年1月1日から2022年12月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
      責任監査法人により監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握できる体制を整備するため公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準の変更等についてセミ
      ナー・講演会等に参加しております。
                                48/99














                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        75,267              61,362
        現金及び預金
                                        20,557              19,997
        売掛金
                                                        693
        1年内回収予定の長期繰延営業債権                                   -
                                         1,243              1,428
        原材料及び貯蔵品
                                         5,835              7,297
        その他
                                          △ 9             △ 11
        貸倒引当金
                                        102,894               90,768
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        116,464              127,341
          建物及び構築物
                                       △ 53,394             △ 56,721
           減価償却累計額
                                       ※3  63,070             ※3  70,620
           建物及び構築物(純額)
          機械及び装置                               19,837              22,951
                                        △ 9,724             △ 10,478
           減価償却累計額
                                       ※3  10,113             ※3  12,472
           機械及び装置(純額)
                                        17,913              19,534
          工具、器具及び備品
                                       △ 10,135             △ 11,848
           減価償却累計額
                                       ※3  7,778             ※3  7,685
           工具、器具及び備品(純額)
                                       ※2  21,170             ※2  21,498
          土地
                                         4,902              4,283
          リース資産
                                        △ 4,364             △ 3,897
           減価償却累計額
                                        ※3  537            ※3  386
           リース資産(純額)
                                          359              571
          建設仮勘定
                                      ※1  103,029             ※1  113,234
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                                      ※3  596
                                          518
          のれん
                                         8,685              10,023
          ソフトウエア
                                          694              694
          その他
                                         9,898              11,314
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                          56             4,056
          投資有価証券
                                           9              9
          長期貸付金
                                                       11,632
          長期繰延営業債権                                 -
                                         7,558              8,449
          繰延税金資産
                                        34,240              35,921
          敷金及び保証金
                                       ※4  3,628             ※4  3,180
          その他
                                        △ 1,202             △ 1,202
          貸倒引当金
                                        44,290              62,048
          投資その他の資産合計
                                        157,218              186,597
        固定資産合計
                                        260,113              277,365
       資産合計
                                49/99





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                          983             1,080
        買掛金
                                          237              218
        リース債務
                                        29,169              32,919
        未払金
                                         7,453              8,266
        未払費用
                                         6,856              5,277
        未払法人税等
                                         2,428              1,274
        未払消費税等
                                                     ※4  5,216
        契約負債                                   -
                                         2,316              2,257
        賞与引当金
                                          35               8
        棚卸資産処分損失引当金
                                       ※4  9,147
                                                       7,307
        その他
                                        58,628              63,826
        流動負債合計
       固定負債
                                          415              262
        リース債務
                                          417              258
        賞与引当金
                                          200              173
        役員賞与引当金
                                          271              261
        役員退職慰労引当金
                                         1,388              1,268
        退職給付に係る負債
                                         4,071              4,050
        資産除去債務
                                           3              44
        繰延税金負債
                                          289              289
        再評価に係る繰延税金負債
                                          204              204
        その他
                                         7,262              6,814
        固定負債合計
                                        65,890              70,641
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        24,113              24,113
        資本金
                                        42,124              42,124
        資本剰余金
                                        132,179              144,580
        利益剰余金
                                          △ 2             △ 3
        自己株式
                                        198,414              210,815
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                      ※2  △ 4,246           ※2  △ 4,202
        土地再評価差額金
                                          53              111
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                △ 4,192             △ 4,091
                                        194,222              206,724
       純資産合計
                                        260,113              277,365
     負債純資産合計
                                50/99







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
     売上高
                                        214,275              237,757
       直営店舗売上高
                                        103,420              114,543
       フランチャイズ収入
                                        317,695              352,300
       売上高合計
     売上原価
                                        189,349              217,887
       直営店舗売上原価
                                        64,916              70,082
       フランチャイズ収入原価
                                        254,265              287,969
       売上原価合計
                                        63,429              64,330
     売上総利益
                                     ※1 ,※2  28,911           ※1 ,※2  30,523
     販売費及び一般管理費
                                        34,518              33,807
     営業利益
     営業外収益
                                          91              93
       受取利息
                                          426              140
       受取補償金
                                          224               86
       受取保険金
                                          35
       貸倒引当金戻入額                                                  -
                                          77              88
       受取報奨金
                                          287              348
       その他
                                         1,142               757
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           9              5
       支払利息
                                                         1
       貸倒引当金繰入額                                    -
                                         1,936              1,307
       店舗用固定資産除却損
                                          37              289
       賃貸借契約解約違約金
                                          59              148
       その他
                                         2,042              1,752
       営業外費用合計
                                        33,618              32,813
     経常利益
     特別利益
                                        ※3  247             ※3  41
       固定資産売却益
                                          247               41
       特別利益合計
     特別損失
                                        ※4  835            ※4  813
       固定資産除却損
                                        ※5  319            ※5  863
       減損損失
                                         1,155              1,676
       特別損失合計
                                        32,711              31,177
     税金等調整前当期純利益
                                        11,813              10,899
     法人税、住民税及び事業税
                                                        340
                                        △ 3,047
     法人税等調整額
                                         8,765              11,239
     法人税等合計
                                        23,945              19,937
     当期純利益
                                        23,945              19,937
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                51/99






                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
                                        23,945              19,937
     当期純利益
     その他の包括利益
                                                         57
                                         △ 18
       退職給付に係る調整額
                                                         57
       その他の包括利益合計                                   △ 18
                                        23,927              19,995
     包括利益
     (内訳)
                                        23,927              19,995
       親会社株主に係る包括利益
                                52/99

















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                              (単位:百万円)
                                  株主資本
                   資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高
                     24,113        42,124       113,016         △ 2     179,251
     当期変動額
      剰余金の配当

                                    △ 4,786              △ 4,786
      親会社株主に帰属する

                                    23,945               23,945
      当期純利益
      自己株式の取得                                       △ 0       △ 0

      土地再評価差額金の取崩                                 4               4

      株主資本以外の項目の

      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -        -      19,163         △ 0      19,163
     当期末残高                24,113        42,124       132,179         △ 2     198,414
                       その他の包括利益累計額

                                         純資産合計
                                  その他の
                  土地再評価       退職給付に係る
                                  包括利益
                   差額金       調整累計額
                                 累計額合計
     当期首残高                △ 4,242         72      △ 4,169       175,081
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △ 4,786

      親会社株主に帰属する

                                            23,945
      当期純利益
      自己株式の取得                                       △ 0

      土地再評価差額金の取崩                △ 4              △ 4        -

      株主資本以外の項目の

                             △ 18       △ 18       △ 18
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 4      △ 18       △ 22      19,140

     当期末残高                △ 4,246         53      △ 4,192       194,222
                                53/99







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)
                                              (単位:百万円)
                                  株主資本
                   資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高                24,113        42,124       132,179         △ 2     198,414
      会計方針の変更による累積
                                    △ 2,307              △ 2,307
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                     24,113        42,124       129,872         △ 2     196,107
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                              △ 5,185              △ 5,185

      親会社株主に帰属する

                                    19,937               19,937
      当期純利益
      自己株式の取得                                       △ 0       △ 0

      土地再評価差額金の取崩                               △ 44              △ 44

      株主資本以外の項目の

      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -        -      14,708         △ 0      14,708
     当期末残高
                     24,113        42,124       144,580         △ 3     210,815
                       その他の包括利益累計額

                                  その他の       純資産合計
                  土地再評価       退職給付に係る
                                  包括利益
                   差額金       調整累計額
                                 累計額合計
     当期首残高
                    △ 4,246         53      △ 4,192       194,222
      会計方針の変更による累積
                                           △ 2,307
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                    △ 4,246         53      △ 4,192       191,915
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △ 5,185

      親会社株主に帰属する

                                            19,937
      当期純利益
      自己株式の取得                                       △ 0

      土地再評価差額金の取崩

                       44               44        -
      株主資本以外の項目の

                              57        57        57
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  44        57       101      14,809

     当期末残高                △ 4,202         111      △ 4,091       206,724
                                54/99





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        32,711              31,177
       税金等調整前当期純利益
                                        12,464              13,895
       減価償却費及び償却費
                                          319              863
       減損損失
                                                         1
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 35
                                           9
       その他の引当金の増減額(△は減少)                                                △ 281
                                          23
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                                △ 120
       受取利息                                   △ 91             △ 93
                                           9              5
       支払利息
       固定資産売却益                                  △ 247              △ 41
                                         1,819              1,100
       固定資産除却損
                                         1,111               560
       売上債権の増減額(△は増加)
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 101             △ 184
       フランチャイズ店舗の買取に係るのれんの増加額                                  △ 196             △ 316
       長期繰延営業債権の増減額(△は増加)                                    -           △ 12,326
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,399             △ 2,218
                                          190               96
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                                       3,192
       未払金の増減額(△は減少)                                   △ 13
                                          480              812
       未払費用の増減額(△は減少)
                                          430
       その他の負債の増減額(△は減少)                                               △ 1,066
                                          60              18
       その他
                                        47,545              35,075
       小計
       利息の受取額                                    52              30
       利息の支払額                                  △ 153              △ 5
                                          326              390
       業務協定合意金の受取額
       法人税等の支払額                                 △ 10,691             △ 12,879
                                         1,781              1,164
       法人税等の還付額
                                        38,860              23,775
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                 △ 5,000                -
                                         5,000
       定期預金の払戻による収入                                                  -
       投資有価証券の取得による支出                                    -           △ 4,000
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 18,943             △ 23,776
                                         1,352              1,453
       有形固定資産の売却による収入
       敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 1,856             △ 3,137
                                         1,333              1,299
       敷金及び保証金の回収による収入
       ソフトウエアの取得による支出                                 △ 2,485             △ 3,953
       資産除去債務の履行による支出                                  △ 173             △ 114
                                           8              7
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 20,765             △ 32,222
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入金の返済による支出                                  △ 500               -
       ファイナンス・リース債務の返済による支出                                  △ 282             △ 273
       自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 0
                                        △ 4,786             △ 5,185
       配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 5,569             △ 5,459
                                           1              1
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        12,525
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                △ 13,904
                                        37,741              50,266
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  50,266             ※1  36,362
     現金及び現金同等物の期末残高
                                55/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1 連結の範囲に関する事項
           すべての子会社を連結しております。
            連結子会社の数           1 社
            連結子会社の名称  日本マクドナルド株式会社
         2 連結子会社の事業年度に関する事項

           連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
         3 会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
             a.満期保有目的の債券
              原価法
             b.その他有価証券
              市場価格のない株式等
              総平均法による原価法
           ② 棚卸資産
             原材料及び貯蔵品
              主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
              定)
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             定額法
              なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
               建物及び構築物           2年~50年
               機械及び装置           2年~15年
               工具、器具及び備品           2年~20年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5〜10年)に基づく定額法
             を採用しております。
           ③ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準

           ① 貸倒引当金
             金銭債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等特
            定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           ② 賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しており
            ます。また、一部の社員を対象に株価連動型賞与を導入しており、賞与の支給額は当社の株価に連動して
            算定されるため、付与日から支給日までの間の各決算日時点における公正価値をオプション評価モデル
            (ブラックショールズモデル)を用いて算定し、権利確定期間の経過割合を乗じた金額を引当金として計
            上しております。なお、市場条件以外の業績条件は反映しておりません。
           ③ 役員賞与引当金
             役員を対象に株価連動型賞与を導入しており、賞与の支給額は当社の株価に連動して算定されるため、
            付与日から支給日までの間の各決算日時点における公正価値をオプション評価モデル(ブラックショール
            ズモデル)を用いて算定し、権利確定期間の経過割合を乗じた金額を引当金として計上しております。な
            お、市場条件以外の業績条件は反映しておりません。
                                56/99



                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
           ④ 役員退職慰労引当金
             役員の退職慰労金の支出に備えて、役員退職慰労金規程に基づく当連結会計年度末要支給額を計上して
            おります。
           ⑤ 棚卸資産処分損失引当金
             サプライヤーからの買取り予定の棚卸資産の処分により、今後発生すると見込まれる損失について、合
            理的に見積もられる金額を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法

           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、期間定額基準によっております。
           ② 数理計算上の差異の費用処理方法
             数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
            (6年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしてお
            ります。
          (5)重要な収益及び費用の計上基準

            (ハンバーガーレストラン事業に係る収益認識)
             店舗運営において、販売取引はお客様からの注文に基づき日々発生しますがこれには店頭で注文を受け
            る販売取引、モバイルオーダーで注文を受ける販売取引、自社及び外部委託業者を利用したデリバリー
            サービスによる販売取引があり、モバイルオーダー及びデリバリーサービスは、お客様からの受注データ
            がオーダー受領サーバーを経由してPOSシステムに転送され、販売取引データに変換されます。
           ① 直営店舗売上高
             直営店舗売上高は、お客様に商品を提供した時点で履行義務が充足されることから、当該時点をもって
            収益を認識しております。なお、直営店舗売上高は、直営店舗における販売取引がPOSシステムに記録さ
            れ、販売管理システムを経由して会計システムに自動転送されることにより計上されます。
           ② フランチャイズ収入
             フランチャイズ契約書に基づきフランチャイズ法人から受領するロイヤルティー収入については、フラ
            ンチャイズ法人に対するライセンス供与の約束であることから、フランチャイズ法人の売上高に基づいて
            算定し、当該売上高が生じる時に収益を認識しております。なお、フランチャイズ収入は、フランチャイ
            ズ店舗における販売取引がPOSシステムに記録され、販売管理システムを経由して会計システムに自動転
            送され、記録された販売取引データとフランチャイズ契約書に規定された料率に基づき自動計算され、会
            計システムに計上されます。
             フランチャイズ契約書に基づきフランチャイズ法人から受領する加盟金については、契約締結時に当該
            対価を契約負債として計上した後、履行義務の充足に従い一定期間にわたって収益を認識しております。
          (6)のれんの償却方法及び償却期間

            5年間で均等償却しております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (重要な会計上の見積り)

          (1)固定資産の減損処理
           ① 当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                               (単位:百万円)
                               前連結会計年度              当連結会計年度

                              (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
            減損損失                            319              863
           ② 識別した項目に係る重要な会計上の見積りに関する情報
             当社グループは、減損の兆候が識別された資産グループについて減損損失の認識を判定し、当該資産グ
            ループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収
            可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。割引前将来キャッシュ・フロー
            は、各資産グループの売上高、売上原価及び本社費等の過去実績を基礎として、翌期以降の売上成長見込
            み及び売上原価率変動見込みを加味して見積っており、当該見積りにおける重要な仮定は各資産グループ
                                57/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
            における翌期以降の売上高成長率及び売上原価率となります。当該重要な仮定については見積りの不確実
            性が存在するため、キャッシュ・フローの実績が見積金額と乖離する可能性があります。また、新型コロ
            ナ ウイルス感染症の収束の遅れ等により資産グループの収益が悪化した場合、翌連結会計年度において新
            たに減損の兆候が識別され、減損損失を計上する可能性があります。
          (2)  長期繰延営業債権の評価

           ① 当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                               (単位:百万円)
                               前連結会計年度              当連結会計年度

                              (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
            長期繰延営業債権

                                        -            12,326
            (1年内回収予定のものを含む)
           ② 識別した項目に係る重要な会計上の見積りに関する情報
             長期繰延営業債権は、一部のフランチャイズ法人に対して、当社の100%子会社である日本マクドナルド
            株式会社への支払ロイヤルティー等の一部について支払期限を延期して回収するものです。
             長期繰延営業債権の回収可能価額は、債務者の経営状態、今後の収益及び資金繰りの見通し等を加味し
            て見積っており、当該見積りにおける重要な仮定は債務者の返済計画に基づく回収見込額であります。当
            連結会計年度末においては、当該長期繰延営業債権について全額回収可能と判断したため、貸倒引当金を
            計上しておりません。
             当該重要な仮定については見積りの不確実性が存在するため、債務者の経営状態が想定以上に悪化した
            場合等に、翌連結会計年度以降において貸倒引当金が計上される可能性があります。
         (会計方針の変更)

          (1)収益認識に関する会計基準等の適用
            「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
           う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当
           該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識しております。これにより、従来、国内
           フランチャイジーとのフランチャイズ契約に基づく加盟金については一時点で収益を認識しておりました
           が、履行義務の充足に従い一定の期間にわたり収益を認識する方法に変更しております。また、他社が運営
           するポイントプログラムについて、商品販売時に付与されるポイント相当額を販売費及び一般管理費として
           計上しておりましたが、取引価格から付与ポイント相当額を差し引いた金額で収益を認識する方法に変更し
           ております。
            収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに
           従っており、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結
           会計年度の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。この結果、
           当連結会計年度の売上高は79百万円減少し、販売費及び一般管理費は396百万円減少し、営業利益、経常利
           益及び税金等調整前当期純利益はそれぞれ317百万円増加しております。また、利益剰余金の当期首残高は
           2,307百万円減少しております。
            収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表における流動負債の「その他」の
           一部について、当連結会計年度より「契約負債」に含めて表示しております。これにより、当連結会計期間
           末においては、流動負債の「その他」が2,006百万円減少しています。なお、収益認識会計基準第89-2項に
           定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを行っておりませ
           ん。
          (2)時価の算定に関する会計基準等の適用

            「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
           う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
           (企業会計基準第10号2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が
           定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。なお、連結財務諸表に与える影響
           はありません。
            また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価レベルごとの内訳等に関する事項等について注記
           を行うこととしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針(企業会計基準適用指針第19
           号 2019年7月4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るもの
           については記載しておりません。
                                58/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
         ※1 保険差益による有形固定資産の圧縮額及び収用による有形固定資産の圧縮額は以下の通りであります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (2021年12月31日)             (2022年12月31日)
            保険差益による有形固定資産の圧縮額                            22百万円             22百万円
         ※2 土地再評価

            「土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)」に基づき、事業用の土地の再評価を
           行い、土地再評価差額金を純資産の部に計上しております。
            再評価の方法
             「土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第3号」に定める固
            定資産税評価額に基づき合理的な調整を行い算出しております。
             再評価を行った年月日   2001年12月31日
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (2021年12月31日)             (2022年12月31日)
            再評価を行った土地の期末における時価
                                      △630百万円             △820百万円
            と再評価後の帳簿価額との差額
         ※3 フランチャイズ契約の締結に伴う店舗運営事業の売却によりフランチャイズオーナーに譲渡された固定資

           産の帳簿価額は次の通りであります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (2021年12月31日)             (2022年12月31日)
            建物及び構築物                           379百万円             602百万円
            機械及び装置                           150百万円             239百万円
            工具、器具及び備品                           126百万円             177百万円
            リース資産                            4百万円             31百万円
            のれん                            -百万円             50百万円
                     計                  660百万円            1,102百万円
         ※4 担保資産及び担保付債務に関する注記

            前連結会計年度(2021年12月31日)
             投資その他の資産における「その他」のうち2,000百万円は、前払式証票の規則等に関する法律に基づ
            き、マックカード発行に係る発行保証金として供託されております。なお、担保される負債は前受金
            3,254百万円(ただし、連結貸借対照表計上額は使用されないと見込まれる金額を控除した1,748百万円)
            であります。
            当連結会計年度(2022年12月31日)

             投資その他の資産における「その他」のうち2,000百万円は、前払式証票の規則等に関する法律に基づ
            き、マックカード発行に係る発行保証金として供託されております。なお、担保される負債は契約負債
            3,513百万円(ただし、連結貸借対照表計上額は使用されないと見込まれる金額を控除した2,006百万円)
            であります。
                                59/99






                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次の通りであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
            広告宣伝費                          6,518   百万円           7,166   百万円
            給与手当                          6,496   百万円           6,468   百万円
            減価償却費                          2,364   百万円           2,814   百万円
            賞与引当金繰入額                          1,718   百万円           1,384   百万円
            退職給付費用                           332  百万円            362  百万円
            役員退職慰労引当金繰入額                            80 百万円            94 百万円
            外部委託費                          3,011   百万円           3,338   百万円
            役員賞与引当金繰入額                           311  百万円            234  百万円
         ※2 販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費は次の通りであります。

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
                                       230  百万円            207  百万円
         ※3 固定資産売却益の内容は次の通りであります。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
            土地                           247百万円              41百万円
             計                          247百万円              41百万円
         ※4 固定資産除却損の内容は次の通りであります。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
            建物及び構築物                           593百万円             725百万円
            機械及び装置                           110百万円              43百万円
            工具、器具及び備品                            57百万円             43百万円
            無形固定資産                            74百万円             -百万円
             計                          835百万円             813百万円
                                60/99








                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         ※5 減損損失
            前連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
             当連結会計年度において、当社グループは以下の減損損失を計上しております。
                 用途            種類          場所      減損損失(百万円)
                                      関東地区                142
                                      中部地区                70

                営業店舗          建物及び構築物等
                                      近畿地区                93
                                      九州地区                12

             当社グループは、営業店舗については主に管理会計の区分であり継続的に収支の把握を行っている一定

            の地域等を単位として資産のグルーピングを行っています。閉店の意思決定を行った店舗及び、営業損益
            が継続してマイナスで資産グループの固定資産簿価を全額回収できる可能性が低いと判断した資産グルー
            プについて、当該グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(319百万円)
            として特別損失に計上しております。
             その種類ごとの内訳は以下の通りであります。
            (内訳)                  (百万円)
             建物及び構築物                    179
             機械及び装置                     68
             工具、器具及び備品                     68
             リース資産                     3
             無形固定資産                     0
              合計
                                 319
             なお、当社資産グループの回収可能価額は、営業店舗については使用価値により測定しており、将来
            キャッシュ・フロー見積額を7.2%で割り引いて算出し、処分予定資産については正味売却価額により測
            定し、固定資産税評価額で算出しております。
                                61/99











                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
            当連結会計年度(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)
             当連結会計年度において、当社グループは以下の減損損失を計上しております。
                 用途            種類          場所      減損損失(百万円)
                                     北海道地区                 14
                                      東北地区                 6

                                      関東地区                548

                営業店舗          建物及び構築物等            中部地区                121

                                      近畿地区                108

                                      中国地区                32

                                      九州地区                31

             当社グループは、営業店舗については主に管理会計の区分であり継続的に収支の把握を行っている一定

            の地域等を単位として資産のグルーピングを行っています。閉店の意思決定を行った店舗及び、営業損益
            が継続してマイナスで資産グループの固定資産簿価を全額回収できる可能性が低いと判断した資産グルー
            プについて、当該グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(863百万円)
            として特別損失に計上しております。
             その種類ごとの内訳は以下の通りであります。
            (内訳)                  (百万円)
             建物及び構築物                    543
             機械及び装置                    184
             工具、器具及び備品                    118
             リース資産                     6
             無形固定資産                     9
              合計
                                 863
             なお、当社資産グループの回収可能価額は、営業店舗については使用価値により測定しており、将来
            キャッシュ・フロー見積額を4.0%で割り引いて算出し、処分予定資産については正味売却価額により測
            定し、固定資産税評価額で算出しております。
                                62/99










                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
         ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
            退職給付に係る調整額
             当期発生額                           0百万円            113百万円
                                       △29百万円             △25百万円
             組替調整額
              税効果調整前
                                       △28百万円              87百万円
                                        9百万円            △30百万円
              税効果額
              退職給付に係る調整額                         △18百万円              57百万円
            その他の包括利益合計                           △18百万円              57百万円
         (連結株主資本等変動計算書関係)

         前連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
         1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                    期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
       発行済株式

        普通株式               132,960,000               -          -      132,960,000

            合計           132,960,000               -          -      132,960,000

       自己株式

        普通株式(注)                  1,019            1          -         1,020

            合計              1,019            1          -         1,020

         (注)普通株式の自己株式の株式数の増加1株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
         2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3 配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
          決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
       2021年3月26日
                  普通株式            4,786          36   2020年12月31日         2021年3月29日
       定時株主総会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり
          決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)             配当額(円)
       2022年3月29日
                 普通株式         5,185    利益剰余金           39  2021年12月31日         2022年3月30日
       定時株主総会
                                63/99





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)
         1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                    期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
       発行済株式

        普通株式               132,960,000               -          -      132,960,000

            合計           132,960,000               -          -      132,960,000

       自己株式

        普通株式(注)                  1,020            74          -         1,094

            合計              1,020            74          -         1,094

         (注)普通株式の自己株式の株式数の増加74株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
         2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3 配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
          決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
       2022年3月29日
                  普通株式            5,185          39   2021年12月31日         2022年3月30日
       定時株主総会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり
          決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)             配当額(円)
       2023年3月28日
                 普通株式         5,185    利益剰余金           39  2022年12月31日         2023年3月29日
       定時株主総会
                                64/99










                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
            現金及び預金                          75,267百万円             61,362百万円
            預入期間が3か月を超える定期預金                         △25,000百万円             △25,000百万円
            現金及び現金同等物                          50,266百万円             36,362百万円
          2 重要な非資金取引の内容

            ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、以下の通りであります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
            ファイナンス・リース取引に係る資産及
                                       128百万円             102百万円
            び債務の額
         (リース取引関係)

         1 ファイナンス・リース取引(借主側)
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
           ① リース資産の内容
             有形固定資産
              ハンバーガーレストラン事業における生産設備(「機械及び装置」、「工具、器具及び備品」)であ
             ります。
           ② リース資産の減価償却の方法
             「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 3 会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却
            資産の減価償却の方法 ③ リース資産」に記載の通りであります。
         2 オペレーティング・リース取引(借主側)

           オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                               (単位:百万円)
                            前連結会計年度                当連結会計年度

                           (2021年12月31日)                (2022年12月31日)
          1年内                           5,329                5,148

          1年超                          16,309                16,149

          合計                          21,639                21,298

                                65/99








                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1 金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に関する取組方針
            当社グループは、資金運用については短期的でリスクの比較的低い金融商品に限定して運用を行っており
           ます。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
            営業債権である売掛金及び長期繰延営業債権は、顧客の信用リスク又は取引先の信用リスクに晒されてお
           ります。当該リスクに関しては、当社のフランチャイジー債権管理規程及び不動産関係債権管理規程等に従
           い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を把握する体制をとってお
           ります。
            投資有価証券は主に満期保有目的の債券であり、これは資金・資産管理規程に従い、格付けの高い債券の
           みを対象としているため、信用リスクは僅少であります。
            敷金及び保証金は、主に店舗の賃貸借契約に係る敷金であり、賃貸人の信用リスクに晒されております。
           当該リスクに関しては、当社の不動産関係債権管理規程に従い、賃貸人ごとの残高管理を行うとともに、主
           な賃貸人の信用状況を把握する体制をとっております。
            営業債務である買掛金及び未払金の支払期日は、そのほとんどが1年以内であります。
            ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであ
           り、償還日は連結決算日後最長6年であります。
          (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            当該価格の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用することにより当該価
           格が変動することがあります。
         2 金融商品の時価等に関する事項

           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。
           前連結会計年度(2021年12月31日)

                                                   (単位:百万円)
                          連結貸借対照表計上額               時価           差額

       (1)現金及び預金                           75,267           75,267             -

       (2)売掛金                           20,557
                                   △9
         貸倒引当金 *1
                                  20,548           20,548             -

       (3)敷金及び保証金

                                  34,240
                                  △465
         貸倒引当金 *2
                                  33,774           33,868             93

         資産計                        129,590           129,683              93

       (4)未払金                           29,169           29,169             -

         負債計                        29,169           29,169             -

      (*1)売掛金に対する貸倒引当金を控除しております。
      (*2)敷金及び保証金に対する貸倒引当金を控除しております。
    (注1)以下の金融商品は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上記の表

         には含まれておりません。当該金融商品の連結貸借対照表計上額は以下の通りであります。
              区分            前連結会計年度(百万円)

             非上場株式                           56

                                66/99



                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
           当連結会計年度(2022年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                          連結貸借対照表計上額               時価           差額

       (1)現金及び預金                           61,362           61,362             -

       (2)売掛金                           19,997
                                   △11
         貸倒引当金 *1
                                  19,986           19,986             -

       (3)投資有価証券

         満期保有目的の債券                         4,000           3,988            △12

       (4)長期繰延営業債権                           12,326           12,326             -

         (1年内回収予定のものを含む)

       (5)敷金及び保証金                           35,921

                                  △467
         貸倒引当金 *2
                                  35,454           32,105           △3,348

         資産計                        133,129           129,768           △3,360

       (6)未払金                           32,919           32,919             -

         負債計                        32,919           32,919             -

      (*1)売掛金に対する貸倒引当金を控除しております。
      (*2)敷金及び保証金に対する貸倒引当金を控除しております。
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資産
         (1)現金及び預金、並びに(2)売掛金
           これらは、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額に
          よっております。
         (3)投資有価証券
           債券は、取引先金融機関から提示された価格に基づき算定しております。
         (4)長期繰延営業債権
           回収見込額等に基づいて貸倒見積額を算定しており、時価は決算日における貸借対照表価額と近似してお
          り、当該価額を時価としております。
         (5)敷金及び保証金
           これらの時価の算定については、一定期間ごとに分類し、その将来のキャッシュ・フローを国債利回り等適
          切な指標による利率で割り引いた現在価値により算定しております。
         負債
         (6)未払金
           短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額によっておりま
          す。
    (注2)市場価格のない株式等は、「(3)投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸借対照表計上

        額は以下の通りであります。
              区分            当連結会計年度(百万円)

             非上場株式                           56

                                67/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         3 金銭債権の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(2021年12月31日)
                     1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
                    (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
       現金及び預金                 75,267            -          -          -

       売掛金                 20,557            -          -          -

       敷金及び保証金                  1,235          1,541          1,231          30,232

           合計             97,060           1,541          1,231          30,232

           当連結会計年度(2022年12月31日)

                     1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
                    (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
       現金及び預金                 61,362            -          -          -

       売掛金                 19,997            -          -          -

       投資有価証券

        満期保有目的の債券                   -         4,000            -          -
       長期繰延営業債権                   693         11,632            -          -

       敷金及び保証金                  1,098          1,864          1,712          31,246

           合計             83,152          17,497           1,712          31,246

         4 金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

           金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに
          分類しております。
          レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価

                  の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
          レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定
                  に係るインプットを用いて算定した時価
          レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
           時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ

          属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
           時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

             当連結会計年度(2022年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                        時価
              区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
       投資有価証券

        満期保有目的の債券                       -        3,988           -        3,988
       敷金及び保証金                       -       32,105           -       32,105
             資産計                 -       36,093           -       36,093

                                68/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
          投資有価証券

          満期保有目的の債券
           満期保有目的の債券は、取引先金融機関から提示された価格に基づき算定しており、レベル2の時価に分類
          しております。
          敷金及び保証金
           敷金及び保証金の時価の算定は、一定の期間ごとに分類し、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等
          適切な指標による利率を基に割引現在価値法により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
         (有価証券関係)

         1 満期保有目的債券
           前連結会計年度(2021年12月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(2022年12月31日)

                                                       (百万円)
                              連結貸借対照表
                     種類                      時価           差額
                                計上額
                 (1)国際・地方債等                    -           -           -
     時価が連結貸借対照表
                 (2)社債                   4,000           3,988           △12
     計上額を超えないもの
                 (3)その他                    -           -           -
                 合計                   4,000           3,988           △12
         2 その他有価証券

           前連結会計年度(2021年12月31日)
            非上場株式(連結貸借対照表計上額56百万円)については、時価を把握することが極めて困難と認められ
           ることから、記載しておりません。
           当連結会計年度(2022年12月31日)

            非上場株式(連結貸借対照表計上額56百万円)については、市場価額がないため、記載しておりません。
         (退職給付関係)

         1 採用している退職給付制度の概要
           連結子会社は、確定給付型の制度として、退職金規程に基づく社内積立の退職一時金制度(退職給付信託を
          設定しております。)及び確定拠出年金制度を採用しています。
         2 確定給付制度
          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
       退職給付債務の期首残高                                  2,251              2,273
        勤務費用                                  176              182
        利息費用                                   7              7
        数理計算上の差異の発生額                                  △2             △121
        退職給付の支払額                                 △160              △196
       退職給付債務の期末残高                                  2,273              2,145
                                69/99




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
          (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
       年金資産の期首残高                                   886              885
        期待運用収益                                   -              -
        数理計算上の差異の発生額                                  △1              △8
        退職給付の支払額                                   -              -
       年金資産の期末残高                                   885              876
          (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に

           係る資産の調整表
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
       積立型制度の退職給付債務                                  2,273              2,145
       年金資産                                  △885              △876
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  1,388              1,268
       退職給付に係る負債                                  1,388              1,268

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  1,388              1,268
          (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
       勤務費用                                   176              182
       利息費用                                    7              7
       期待運用収益                                    -              -
       数理計算上の差異の費用処理額                                   △16              △13
       過去勤務費用の費用処理額                                   △12              △12
       確定給付制度に係る退職給付費用                                   155              164
          (5)退職給付に係る調整額

            退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
       数理計算上の差異                                   △15               100
       過去勤務費用                                   △12              △12
       合計                                   △28               87
                                70/99





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
          (6)退職給付に係る調整累計額
            退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
       未認識数理計算上の差異                                    32              132
       未認識過去勤務費用                                    49              37
       合計                                    82              170
          (7)年金資産に関する事項

           ① 年金資産の主な内訳
             年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次の通りであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
       債券                                   78%              69%
       現金及び預金                                   22%              31%
       合計                                  100%              100%
           ② 長期期待運用収益率の設定方法

             年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構
            成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
          (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

            当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表している。)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
       割引率                                  0.3%              1.1%
       長期期待運用収益率                                  0.0%              0.0%
         3 確定拠出制度

           連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度628百万円、当連結会計年度658百万円でありま
          す。
                                71/99









                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
         1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2021年12月31日)               (2022年12月31日)
       繰延税金資産
         繰越欠損金                           288  百万円             483  百万円
         未払事業税等                           674  百万円             517  百万円
         賞与引当金                          1,085   百万円            1,013   百万円
         役員退職慰労引当金                            88  百万円             84  百万円
         貸倒引当金                           399  百万円             399  百万円
         退職給付に係る負債                           508  百万円             497  百万円
         減価償却費                           518  百万円             736  百万円
         減損損失                          2,648   百万円            2,597   百万円
         資産除去債務                          1,304   百万円            1,299   百万円
         建設協力金                            29  百万円             50  百万円
         前受金                           604  百万円             694  百万円
         未払金                          1,148   百万円            1,050   百万円
         繰延収益                            -             1,052   百万円
         長期前払費用                           121  百万円             139  百万円
                                    569               503
         その他                             百万円               百万円
         繰延税金資産小計                             百万円               百万円
                                   9,989              11,120
                                  △2,113               △2,318
         評価性引当額                             百万円               百万円
                 計                     百万円               百万円
                                   7,876               8,801
       繰延税金負債
         資産除去債務に対応する除去費用                          △252   百万円            △247   百万円
         長期前払費用                           △35   百万円            △86   百万円
         退職給付に係る調整累計額                           △28   百万円            △58   百万円
                                    △4               △4
         その他                             百万円               百万円
                 計                  △321   百万円            △397   百万円
       繰延税金資産の純額                            7,554   百万円            8,404   百万円
       上記のほか、「再評価に係る繰延税金負債」として計上している土地の再評価に係る繰延税金資産及び繰延税金負

      債の内訳は次の通りであります。
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2021年12月31日)               (2022年12月31日)
       繰延税金資産
                                   1,627               1,613
         土地再評価に係る繰延税金資産                             百万円               百万円
         評価性引当額                         △1,627    百万円           △1,613    百万円
                 計                   -  百万円             -  百万円
       繰延税金負債
                                   △289               △289
         土地再評価に係る繰延税金負債                             百万円               百万円
                 計                  △289   百万円            △289   百万円
       繰延税金負債の純額                            △289   百万円            △289   百万円
                                72/99





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
          なった主要な項目の内訳
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
          法定実効税率                             30.6%              30.6%
          (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目
                                       0.2              0.4
          住民税均等割
                                       0.3              0.3
          評価性引当額の増減額
                                      △7.9               0.7
          親子間税率差異
                                       4.0              4.1
          その他
                                      △0.5               0.0
          税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                       26.8              36.0
         (資産除去債務関係)

         資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
         (1)当該資産除去債務の概要
           事業用店舗等の建物に関する不動産賃貸借契約に基づく原状回復義務であります。
         (2)当該資産除去債務の金額の算定方法
           資産除去債務の見積りにあたり、支出までの使用見込期間は不動産賃貸借契約の契約期間等によっており、
          1年~50年であります。また、割引率は△0.2%~2.0%を使用しております。
         (3)当連結会計年度における当該資産除去債務の総額の増減
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2021年1月1日                (自 2022年1月1日
                               至 2021年12月31日)                至 2022年12月31日)
         期首残高                             3,956百万円                4,071百万円
         有形固定資産取得に伴う増加額                              201百万円                114百万円
         時の経過による調整額                              33百万円                29百万円
         資産除去債務の履行による減少額                             △67百万円               △114百万円
                                      △52百万円                △51百万円
         その他増減額(△は減少)
         期末残高                             4,071百万円                4,050百万円
         (賃貸等不動産関係)

         当社グループは、千葉県、埼玉県及びその他の地域において店舗施設等(土地含む)を有しております。
         当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は前連結会計年度38,177百万円、当連結会計年度43,726百万円(賃貸収入は
        売上高、賃貸費用は売上原価に計上)であります。
         また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は下記の通りであります。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
                       期首残高                 33,937              38,691

         連結貸借対照表計上額              期中増減額                 4,753              6,282

                       期末残高                 38,691              44,974

         期末時価                               34,251              41,446

         (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
            2.期中増減額の主な増加は、店舗及び店舗用設備を貸与したためであります。
            3.期末の時価は、企業会計基準適用指針第23号「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準の適用
              指針」第33項に基づき、土地については主として「固定資産税評価額」に基づいて自社で算定した金
              額(指標等を用いて調整を行ったものを含む。)、建物等の償却性資産については適正な帳簿価額を
              もって時価とみなしております。
                                73/99



                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (収益認識関係)
         1 顧客との契約から生じる収益を分解した情報
         当連結会計年度(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)
          当社グループの事業は、ハンバーガーレストラン事業単一であり、顧客との契約から生じる収益の内訳は以下
         の通りです。
                                     (単位:百万円)
                                    当連結会計年度
                     直営店舗売上高                   237,757
                     フランチャイズ収入                   113,925
                     顧客との契約から生じる収益                   351,683
                     その他の収益                     617
                     外部顧客への売上高                   352,300
         2 顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

          顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、「連結財務諸表作成のための基本となる重
         要な事項 3会計方針に関する事項 (5)重要な収益及び費用の計上基準」に記載の通りであります。
         3 顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会計

         年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関
         する情報
         (1)  契約負債の残高等
                                           (単位:百万円)
                                   当連結会計年度
                              期首残高            期末残高
              契約負債                     5,275            5,216
          契約負債は、主にフランチャイズ契約締結時にオーナーから前受する加盟金に係る繰延収益、並びにマック

         カード販売時にお客様から受け取る前受金であります。契約負債は収益の認識に伴い取崩されます。当連結会計
         年度に認識した収益のうち、期首時点で契約負債に含まれていた額は、1,453百万円です。過去の期間に充足、
         または部分的に充足した履行義務から、取引価格の変動等により当連結会計年度に認識した収益はありません。
         (2)  残存履行義務に配分した取引価格

          残存履行義務に配分した取引価格の総額及び収益の認識が見込まれる期間は、以下の通りです。
                                      (単位:百万円)
                                    当連結会計年度
                  1年以内                          1,593
                  1年超2年以内                           887
                  2年超3年以内                           645
                  3年超4年以内                           579
                  4年超5年以内                           525
                  5年超                           983
                  合計                          5,216
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
            当社グループの事業は、ハンバーガーレストラン事業単一であるため、セグメント情報の記載を省略して
           おります。
          【関連情報】

          前連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
          1 製品及びサービスごとの情報
            ハンバーガーレストラン事業における直営店舗売上高及びフランチャイズ収入の金額は、それぞれ
           214,275百万円及び103,420百万円であります。なお、フランチャイズ収入には、フランチャイズ契約に伴う
           店舗運営事業の売却益331百万円が含まれております。当該フランチャイジーへの売却価額は売却対象の店
           舗運営事業が将来生み出すと期待されるキャッシュ・フローに基づき算定されており、買い手であるフラン
           チャイジーと合意された金額であります。
          2 地域ごとの情報
            本邦以外の国または地域に所在する連結子会社がなく、かつ海外売上高及び有形固定資産もないため、記
           載を省略しております。
                                74/99

                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
          3 主要な顧客ごとの情報
            外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省
           略しております。
          当連結会計年度(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)

          1 製品及びサービスごとの情報
            ハンバーガーレストラン事業における直営店舗売上高及びフランチャイズ収入の金額は、それぞれ
           237,757百万円及び114,543百万円であります。なお、フランチャイズ収入には、フランチャイズ契約に伴う
           店舗運営事業の売却益617百万円が含まれております。当該フランチャイジーへの売却価額は売却対象の店
           舗運営事業が将来生み出すと期待されるキャッシュ・フローに基づき算定されており、買い手であるフラン
           チャイジーと合意された金額であります。
          2 地域ごとの情報
            本邦以外の国または地域に所在する連結子会社がなく、かつ海外売上高及び有形固定資産もないため、記
           載を省略しております。
          3 主要な顧客ごとの情報
            外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省
           略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

            当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しています。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しています。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しています。
                                75/99












                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
         関連当事者との取引
         (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
            前連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                               議決権等の
           会社等の名称          資本金又は     事業の内容           関連当事者          取引金額         期末残高
        種類         所在地             所有(被所有)            取引の内容          科目
            又は氏名          出資金    又は職業           との関係          (百万円)         (百万円)
                               割合(%)
                                                   長期
           マクドナル
                                          資金の返済
                                                 500          -
                                                   借入金
       その他の    ド・レスト
                 米国デラ               被所有
       関係会社    ラン・オペ          3千米ドル     持株会社           資金の借入
                                                   その他固定
                 ウエア州              間接 35.33
       の親会社    レーション
                                          利息の支払        2 負債(未払        -
           ズ・インク
                                                   利息)
      (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
           マクドナルド・レストラン・オペレーションズ・インクからの借入金の金利につきましては、市場金利を参
           考にした利率としております。
            当連結会計年度(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)

             該当の取引はありません。
         (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

           連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
            前連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                               議決権等の
                                               取引金額         期末残高
           会社等の名称          資本金又は     事業の内容           関連当事者
        種類         所在地             所有(被所有)            取引の内容          科目
            又は氏名          出資金    又は職業           との関係          (百万円)         (百万円)
                               割合(%)
                                     役員の兼任
                          ハンバー
       その他の    マクドナル                          ライセンス     ロイヤル
                 米国イリ     16.6百万    ガーレス      被所有
       関係会社    ド・コーポ                          契約に基づ     ティーの支     19,561    未払金     10,236
                 ノイ州     米ドル   トラン     間接 35.33
       の親会社    レーション                          くライセン     払
                          チェーン
                                     ス許諾
      (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
           当社の連結子会社であります日本マクドナルド株式会社はマクドナルド・コーポレーションとライセンス契
           約を締結しており、その契約に基づきシステムワイドセールス(直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上
           高)の3.0%をロイヤルティーとして支払っております。
            当連結会計年度(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)

                               議決権等の
                                               取引金額         期末残高
           会社等の名称          資本金又は     事業の内容           関連当事者
        種類         所在地             所有(被所有)            取引の内容          科目
            又は氏名          出資金    又は職業           との関係          (百万円)         (百万円)
                               割合(%)
                                     役員の兼任
                          ハンバー
       その他の    マクドナル                          ライセンス     ロイヤル
                 米国イリ     16.6百万    ガーレス      被所有
       関係会社    ド・コーポ                          契約に基づ     ティーの支     21,527    未払金     11,267
                 ノイ州     米ドル   トラン     間接 35.33
       の親会社    レーション                          くライセン     払
                          チェーン
                                     ス許諾
      (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
           当社の連結子会社であります日本マクドナルド株式会社はマクドナルド・コーポレーションとライセンス契
           約を締結しており、その契約に基づきシステムワイドセールス(直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上
           高)の3.0%をロイヤルティーとして支払っております。
                                76/99





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 2021年1月1日                 (自 2022年1月1日
                            至 2021年12月31日)                 至 2022年12月31日)
      1株当たり純資産額                              1,460.77円                 1,554.80円

      1株当たり当期純利益金額                               180.10円                 149.96円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
          親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                         23,945              19,937
          (百万円)
          普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 -              -
          普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                         23,945              19,937
          利益金額(百万円)
          期中平均株式数(千株)                               132,958              132,958
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                77/99













                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                       当期首残高        当期末残高
             区分                          平均利率(%)            返済期限
                       (百万円)        (百万円)
      1年以内に返済予定のリース債務                      237        218        0.34        -

      リース債務(1年以内に返済予定                                            2024年1月〜
                            415        262        0.26
      のものを除く。)                                            2028年2月
             計               653        480         -       -
     (注)1 リース債務の平均利率については、リース債務残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2 リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとお
           りであります。
                       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                        (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
           リース債務                  180          67         15          0

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
      (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
            累計期間            第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
      売上高(百万円)                     84,289         168,227         259,930         352,300
      税金等調整前四半期(当期)純利
                            9,463         17,024         25,973         31,177
      益金額(百万円)
      親会社株主に帰属する四半期(当
                            6,116         11,013         16,795         19,937
      期)純利益金額(百万円)
      1株当たり四半期(当期)純利益

                            46.00         82.83         126.32         149.96
      金額(円)
            会計期間            第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

      1株当たり四半期純利益金額
                            46.00         36.83         43.49         23.64
      (円)
                                78/99







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        31,794              28,196
        現金及び預金
                                       ※2  4,833             ※2  4,916
        関係会社売掛金
                                         2,524              2,634
        前払費用
                                          101               60
        未収入金
                                       ※2  1,003             ※2  1,202
        その他
                                        40,256              37,009
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         3,680              3,294
          建物
                                          238              154
          構築物
                                           0              0
          工具、器具及び備品
                                        21,232              21,561
          土地
                                                        178
                                           -
          建設仮勘定
                                       ※1  25,151             ※1  25,188
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          718              718
          借地権
                                         8,685              10,023
          ソフトウエア
                                          37              37
          電話加入権
                                         9,441              10,779
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                          56             4,056
          投資有価証券
                                           9              9
          長期貸付金
                                       ※2  36,758             ※2  35,313
          関係会社長期貸付金
                                          54              54
          破産更生債権等
                                          175              333
          長期前払費用
                                        34,240              35,921
          敷金及び保証金
                                       ※3  2,002             ※3  2,002
          その他
                                         △ 498             △ 500
          貸倒引当金
                                        72,799              77,190
          投資その他の資産合計
                                        107,393              113,159
        固定資産合計
                                        147,649              150,168
       資産合計
                                79/99








                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         1,230              1,374
        買掛金
                                          99              253
        未払金
                                       ※2  3,616             ※2  6,573
        関係会社未払金
                                          294              238
        未払費用
                                                        137
        未払法人税等                                   -
                                          192              494
        未払消費税等
                                          20              16
        賞与引当金
                                          124               20
        その他
                                         5,578              9,108
        流動負債合計
       固定負債
                                           4              3
        賞与引当金
                                          200              173
        役員賞与引当金
                                          149              154
        役員退職慰労引当金
                                         1,151              1,102
        資産除去債務
                                           0              7
        繰延税金負債
                                          314              314
        再評価に係る繰延税金負債
                                          204              204
        その他
                                         2,026              1,959
        固定負債合計
                                         7,604              11,068
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        24,113              24,113
        資本金
        資本剰余金
                                        42,124              42,124
          資本準備金
                                        42,124              42,124
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                          253              253
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        78,118              77,130
           繰越利益剰余金
                                        78,371              77,383
          利益剰余金合計
        自己株式                                  △ 2             △ 3
                                        144,606              143,618
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        △ 4,562             △ 4,518
        土地再評価差額金
        評価・換算差額等合計                                △ 4,562             △ 4,518
                                        140,044              139,100
       純資産合計
                                        147,649              150,168
     負債純資産合計
                                80/99







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
     売上高
                                       ※2  49,053             ※2  52,415
       不動産賃貸収入
                                       ※2  5,000             ※2  5,200
       関係会社受取配当金
                                        54,053              57,615
       売上高合計
     売上原価
                                        47,196              50,398
       不動産賃貸原価
                                        47,196              50,398
       売上原価合計
                                         6,856              7,216
     売上総利益
                                     ※1 ,※2  3,287           ※1 ,※2  3,429
     販売費及び一般管理費
                                         3,569              3,787
     営業利益
     営業外収益
                                          156              192
       受取利息
                                        ※2  343            ※2  215
       経営指導料
                                        ※2  299             ※2  84
       受取補償金
                                           2
       貸倒引当金戻入額                                                  -
                                          27              24
       その他
                                          829              515
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           2
       支払利息                                                  -
                                          35
       店舗用固定資産除却損                                                  -
                                                         1
       貸倒引当金繰入額                                    -
                                                         6
                                           -
       その他
                                          38               8
       営業外費用合計
                                         4,360              4,294
     経常利益
     特別利益
                                        ※3  228             ※3  41
       固定資産売却益
                                          228               41
       特別利益合計
     特別損失
                                          33              86
       固定資産除却損
                                          33              86
       特別損失合計
                                         4,556              4,249
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                                    1
                                         △ 63
                                                         6
                                          △ 2
     法人税等調整額
                                                         7
     法人税等合計                                    △ 66
                                         4,622              4,241
     当期純利益
                                81/99








                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2021年1月1日                 (自 2022年1月1日
                             至 2021年12月31日)                 至 2022年12月31日)
                                      構成比                 構成比

              区分              金額(百万円)                 金額(百万円)
                                      (%)                 (%)
     支払賃借料                             44,174      93.6           46,672      92.6
                                  3,022      6.4           3,725      7.4
     その他
     売上原価
                                  47,196      100.0            50,398      100.0
                                82/99

















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自        2021年1月1日 至          2021年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                           資本剰余金                   利益剰余金
                資本金                             その他利益剰余金
                       資本準備金       資本剰余金合計         利益準備金              利益剰余金合計
                                             繰越利益剰余金
     当期首残高             24,113        42,124        42,124         253      78,282        78,535
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                 △ 4,786       △ 4,786
      当期純利益                                            4,622        4,622
      自己株式の取得
     当期変動額合計                -        -        -        -      △ 164       △ 164
     当期末残高
                  24,113        42,124        42,124         253      78,118        78,371
                    株主資本              評価・換算差額等

                                              純資産合計
                               土地再評価         評価・
                自己株式       株主資本合計
                                差額金      換算差額等合計
     当期首残高               △ 2     144,770        △ 4,562       △ 4,562       140,208
     当期変動額
      剰余金の配当                    △ 4,786                      △ 4,786
      当期純利益                     4,622                       4,622
      自己株式の取得
                    △ 0       △ 0                      △ 0
     当期変動額合計               △ 0      △ 164         -        -      △ 164
     当期末残高               △ 2     144,606        △ 4,562       △ 4,562       140,044
                                83/99










                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自        2022年1月1日 至          2022年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                           資本剰余金                   利益剰余金
                資本金                             その他利益剰余金
                       資本準備金       資本剰余金合計         利益準備金              利益剰余金合計
                                             繰越利益剰余金
     当期首残高
                  24,113        42,124        42,124         253      78,118        78,371
     当期変動額
      剰余金の配当                                           △ 5,185       △ 5,185
      当期純利益                                            4,241        4,241
      自己株式の取得
      土地再評価差額金の
                                                  △ 44       △ 44
      取崩
     当期変動額合計                -        -        -        -      △ 987       △ 987
     当期末残高             24,113        42,124        42,124         253      77,130        77,383
                    株主資本              評価・換算差額等

                                              純資産合計
                               土地再評価         評価・
                自己株式       株主資本合計
                                差額金      換算差額等合計
     当期首残高               △ 2     144,606        △ 4,562       △ 4,562       140,044
     当期変動額
      剰余金の配当
                          △ 5,185                      △ 5,185
      当期純利益                     4,241                       4,241
      自己株式の取得              △ 0       △ 0                      △ 0
      土地再評価差額金の
                           △ 44        44        44        -
      取崩
     当期変動額合計               △ 0      △ 987        44        44      △ 943
     当期末残高
                    △ 3     143,618        △ 4,518       △ 4,518       139,100
                                84/99










                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1 有価証券の評価基準及び評価方法
          (1)関係会社株式
            総平均法による原価法
          (2)満期保有目的の債券
            原価法
          (3)その他有価証券
            市場価格のない株式等
             総平均法による原価法
         2 固定資産の減価償却の方法

          (1)有形固定資産(リース資産除く)
            定額法
             なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
              建物           2年~40年
              構築物           2年~50年
              工具、器具及び備品           2年~20年
          (2)無形固定資産(リース資産除く)
            定額法
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5〜10年)に基づく定額法を
            採用しております。
         3 引当金の計上基準

          (1)貸倒引当金
            金銭債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等特
           定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)賞与引当金
            従業員兼務取締役の従業員部分を対象に株価連動型賞与を導入しており、賞与の支給額は当社の株価に連
           動して算定されるため、付与日から支給日までの間の各決算日時点における公正価値をオプション評価モデ
           ル(ブラックショールズモデル)を用いて算定し、権利確定期間の経過割合を乗じた金額を引当金として計
           上しております。なお、市場条件以外の業績条件は反映しておりません。
          (3)役員賞与引当金
            役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。ま
           た、株価連動型賞与を導入しており、賞与の支給額は当社の株価に連動して算定されるため、付与日から支
           給日までの間の各決算日時点における公正価値をオプション評価モデル(ブラックショールズモデル)を用
           いて算定し、権利確定期間の経過割合を乗じた金額を引当金として計上しております。なお、市場条件以外
           の業績条件は反映しておりません。
          (4)役員退職慰労引当金
            役員の退職慰労金の支出に備えて、役員退職慰労金規程に基づく当事業年度末要支給額を計上しておりま
           す。
         4 収益及び費用の計上基準

            当社の収益は、子会社からの受取配当金と不動産賃貸料になります。受取配当金については、配当金の効
           力発生日をもって収益を認識しております。不動産賃貸料については、賃貸契約期間に基づく契約上の収受
           すべき賃貸料を基準として、その経過期間に対応する収益を認識しております。
                                85/99





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (会計方針の変更)
         (1)「収益認識に関する会計基準等」の適用
          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
         を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービス
         と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識しております。
          収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
         おり、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の利
         益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。これによる計算書類に与える影響は
         ありません。
         (2)「時価の算定に関する会計基準等」の適用

          「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)
         等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準
         第10号2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方
         針を、将来にわたって適用することといたしました。これによる計算書類に与える影響はありません。
         (貸借対照表関係)

         ※1 保険差益による有形固定資産の圧縮額及び収用による有形固定資産の圧縮額は以下の通りであります。
                                   前事業年度             当事業年度
                                 (2021年12月31日)             (2022年12月31日)
            保険差益による有形固定資産の圧縮額                            22百万円             22百万円
         ※2 関係会社に対する資産及び負債

            関係会社に対する金銭債権及び債務は次の通りであります。
                                   前事業年度             当事業年度
                                 (2021年12月31日)             (2022年12月31日)
            短期金銭債権                          4,975百万円             5,083百万円
            長期金銭債権                          36,758百万円             35,313百万円
            短期金銭債務                          3,616百万円             6,573百万円
         ※3 担保資産及び担保付債務に関する注記

            前事業年度(2021年12月31日)
             投資その他の資産における「その他」のうち2,000百万円は、子会社の日本マクドナルド株式会社が販
            売するマックカードに係る発行保証金として同社のために前払式証票の規則等に関する法律に基づき供託
            されております。なお、担保される負債は日本マクドナルド株式会社の前受金3,254百万円(ただし、同
            社の貸借対照表計上額は使用されないと見込まれる金額を控除した1,748百万円)であります。
            当事業年度(2022年12月31日)

             投資その他の資産における「その他」のうち2,000百万円は、子会社の日本マクドナルド株式会社が販
            売するマックカードに係る発行保証金として同社のために前払式証票の規則等に関する法律に基づき供託
            されております。なお、担保される負債は日本マクドナルド株式会社の契約負債3,513百万円(ただし、
            同社の貸借対照表計上額は使用されないと見込まれる金額を控除した2,006百万円)であります。
                                86/99






                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (損益計算書関係)
         ※1 販売費に属する費用は発生しておりません。一般管理費に属する費用の内、主要な費目及び金額は次の通
           りであります。
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)              至 2022年12月31日)
            株主優待関連費用                          1,142   百万円           1,469   百万円
            賞与引当金繰入額                            29 百万円             1 百万円
            役員賞与引当金繰入額                           303  百万円            198  百万円
            役員退職慰労引当金繰入額                            57 百万円            30 百万円
            外部委託費                           592  百万円            592  百万円
            役員報酬                           411  百万円            338  百万円
            租税公課                           353  百万円            430  百万円
         ※2 関係会社との営業取引及び営業取引以外の取引の取引高の総額は次の通りであります。

                                   前事業年度             当事業年度
                                (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
            不動産賃貸収入                          48,805百万円             52,125百万円
            受取配当金                          5,000百万円             5,200百万円
            その他の営業取引高                           569百万円             569百万円
            営業取引以外の取引高                           486百万円             382百万円
         ※3 固定資産売却益の内訳は次の通りであります。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                 至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
                                       228百万円              41百万円
            土地
             計                          228百万円              41百万円
         (有価証券関係)

         前事業年度(2021年12月31日現在)
          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         当事業年度(2022年12月31日現在)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                87/99









                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
         1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2021年12月31日)               (2022年12月31日)
       繰延税金資産
         未払事業税等                            52  百万円             52  百万円
         役員退職慰労引当金                            45  百万円             47  百万円
         貸倒引当金                           152  百万円             153  百万円
         減価償却費                            8 百万円              8 百万円
         関係会社株式評価損                           220  百万円             220  百万円
         資産除去債務                           352  百万円             337  百万円
         建設協力金                            29  百万円             50  百万円
         繰越欠損金                           288  百万円             483  百万円
                                    185               220
         その他                             百万円               百万円
         繰延税金資産小計                             百万円               百万円
                                   1,335               1,575
                                  △1,289               △1,490
         評価性引当額                             百万円               百万円
         繰延税金資産計                             百万円               百万円
                                     45               84
       繰延税金負債
         資産除去債務に対応する除去費用                           △36   百万円             △5  百万円
                                    △10               △86
         長期前払費用                             百万円               百万円
         繰延税金負債計                           △46   百万円            △92   百万円
       繰延税金資産(負債)の純額                             △0  百万円             △7  百万円
          上記のほか、「再評価に係る繰延税金負債」として計上している土地の再評価に係る繰延税金資産及び繰延税

          金負債の内訳は次の通りであります。
                                  前事業年度               当事業年度
                                (2021年12月31日)               (2022年12月31日)
       繰延税金資産
         土地再評価に係る繰延税金資産                          1,627   百万円            1,613   百万円
                                  △1,627               △1,613
         評価性引当額                             百万円               百万円
                 計                     百万円               百万円
                                     -               -
       繰延税金負債
                                   △314               △314
         土地再評価に係る繰延税金負債                             百万円               百万円
                 計                  △314   百万円            △314   百万円
       繰延税金負債の純額                            △314   百万円            △314   百万円
         2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

          なった主要な項目の内訳
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2021年12月31日)              (2022年12月31日)
          法定実効税率                             30.6%              30.6%
          (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目
                                       1.5              2.4
          受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                      △33.6              △37.5
          評価性引当額の増減額
                                       1.2              4.7
          その他
                                      △1.2              △0.1
          税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                      △1.5               0.2
         (収益認識関係)

          「 重要な会計方針 4 収益及び費用の計上基準                     」 に記載の通りであります           。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                88/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                  (単位:百万円)
                                         当期末減価

                                         償却累計額            差引当期末
        資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
                                         又は償却             残高
                                          累計額
      建物            16,046         4    1,004      15,046      11,751        242     3,294

      構築物             1,847        -     144     1,703      1,549        82      154
      工具、器具及び備品               0      0      -      1      0      0      0

      土地            21,232        563      234     21,561         -      -    21,561

      建設仮勘定               -     746      568      178       -      -     178
       有形固定資産計           39,126       1,315      1,951      38,489      13,301        325     25,188

      借地権              718       -      -     718       -      -     718

      ソフトウエア            39,325       4,019       241     43,103      33,079       2,519      10,023
      電話加入権              37       -      -      37       -      -      37
       無形固定資産計           40,080       4,019       241     43,858      33,079       2,519      10,779

     (注)1.土地の主な増加理由は新規出店及び改装等によるものであります。
         2.建物、構築物、土地の主な減少理由は閉店及び改装等によるものであります。
         3.ソフトウェアの主な増加理由はデータセンター移行等によるものであります。
         【引当金明細表】

                                          (単位:百万円)
          区分        当期首残高         当期増加額         当期減少額         当期末残高

      貸倒引当金                498         10         8        500

      賞与引当金                 25         20         25         20

      役員賞与引当金                200         173         200         173

      役員退職慰労引当金                149         30         25        154

      (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                89/99







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度              1月1日から12月31日まで
      定時株主総会              3月中

      基準日              12月31日

                    6月30日
      剰余金の配当の基準日
                    12月31日
      1単元の株式数              100株
      単元未満株式の買取り

                    (特別口座)
       取扱場所             東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
                    みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                    (特別口座)
       株主名簿管理人             東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
                    みずほ信託銀行株式会社
       取次所             ―――――
       買取手数料             無料
                    当社の公告方法は、電子公告としております。
                    ただし事故その他やむを得ない事由により電子公告をすることができないときは、日
      公告掲載方法              本経済新聞に掲載しております。
                    当社の公告掲載URLは次の通りであります。
                    https://www.mcd-holdings.co.jp/
                    毎年6月30日、12月31日現在の100株以上保有している株主に対し、マクドナルドで
                    利用できる「優待食事券」を以下の基準により贈呈する。
                    (1)贈呈基準(所有株式数により以下の通り優待食事券を贈呈する)
                     ① 株式100株~299株保有株主  優待食事券1冊
                     ② 株式300株~499株保有株主  優待食事券3冊
                     ③ 株式500株以上保有株主                   優待食事券5冊
                    (2)利用方法
      株主に対する特典
                      優待食事券は、「バーガー類お引換券・サイドメニュー引換券・ドリンク引換
                     券」の3枚が切り離し可能な1シートとなっており、1冊につきシートは6枚。
                    (3)有効期限
                      6月30日権利確定分→到着後翌年3月31日まで有効
                      12月31日権利確定分→到着後同年9月30日まで有効
                    (4)取扱場所
                      日本国内のマクドナルド店舗
     (注) 当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、株主の有する株式数に応
          じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利以外の権利を有しておりません。
                                90/99







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

         事業年度 第51期(自2021年1月1日 至2021年12月31日)2022年3月30日関東財務局長に提出
      (2)内部統制報告書及びその添付書類

         2022年3月30日関東財務局長に提出
      (3)四半期報告書及び確認書

         (第52期第1四半期)(自2022年1月1日 至2022年3月31日)2022年5月13日関東財務局長に提出
         (第52期第2四半期)(自2022年4月1日 至2022年6月30日)2022年8月12日関東財務局長に提出
         (第52期第3四半期)(自2022年7月1日 至2022年9月30日)2022年11月14日関東財務局長に提出
      (4)臨時報告書

         2022年3月30日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書であります。
         2022年4月28日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の9(提出会社の代表取締役の異動)に基づく臨時報告
         書であります。
                                91/99












                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                92/99




















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                 2023年3月27日

    日本マクドナルドホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                          EY新日本有限責任監査法人

                          東京事務所
                            指定有限責任社員

                                     公認会計士       堀 井   秀 樹
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                     公認会計士       長 谷 川   宗
                            業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
    ている日本マクドナルドホールディングス株式会社の2022年1月1日から2022年12月31日までの連結会計年
    度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連
    結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表につ
    いて監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、日本
    マクドナルドホールディングス株式会社及び連結子会社の2022年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終
    了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認
    める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要
    であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形
    成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                93/99






                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
                     ハンバーガーレストラン事業における収益認識
            監査上の主要な検討事項の
                                           監査上の対応
              内容及び決定理由
      会社の事業は、ハンバーガーレストラン事業単一であ                             当監査法人は、ハンバーガーレストラン事業における収
     り、直営店方式による店舗運営及びフランチャイズ方式に                            益認識の正確性を検討するため、主として以下の監査手続
     よる店舗展開を行っている。                            を実施した。
      連結損益計算書に記載されているとおり、2022年1
     2月期において、会社は売上高352,300百万円を計上して
                                 (1)内部統制の評価
     おり、その内訳は直営店舗売上高237,757百万円及びフラ
                                  直営店舗売上高及びフランチャイズ収入に関連するプロ
     ンチャイズ収入114,543百万円である。
                                 セス並びに入金プロセスに係る業務処理統制の整備・運用
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)3
                                 状況を評価した。
     会計方針に関する事項(5)重要な収益及び費用の計上基
                                  上記の内部統制の評価においては、データ連携を含む販
     準 に記載されているとおり、直営店舗売上高は、直営店舗
                                 売取引データの正確性を担保するための内部統制として、
     における販売取引がPOSシステムに記録され、販売管理シ
                                 以下を含む自動化された業務処理統制の整備・運用状況を
     ステムを経由して会計システムに自動転送されることによ
                                 評価した。
     り計上される。また、フランチャイズ収入は、フランチャ
                                 ・販売管理システムにおける直営及びフランチャイズ店舗
     イズ店舗における販売取引がPOSシステムに記録され、販
                                  の日々の販売取引集計
     売管理システムを経由して会計システムに自動転送され、
                                 ・POSシステム、販売管理システム、会計システム等のシ
     記録された販売取引データとフランチャイズ契約書に規定
                                  ステム間データ連携処理
     された料率に基づき自動計算され、会計システムに計上さ
                                 ・会計システムにおけるフランチャイズ収入の自動計算
     れる。
                                  加えて、上記の自動化された業務処理統制の基盤となる
      販売取引は顧客からの注文に基づき日々発生するが、こ
                                 販売管理システム及び会計システムについて、プログラム
     れには店頭で注文を受ける販売取引、モバイルオーダーで
                                 変更管理、アクセス・セキュリティ管理等自動処理の一貫
     注文を受ける販売取引、自社及び外部委託業者を利用した
                                 性を担保するための全般統制の整備・運用状況を評価し
     デリバリーサービスによる販売取引があり、モバイルオー
                                 た。
     ダー及びデリバリーサービスは、顧客からの受注データが
     オーダー受領サーバーを経由してPOSシステムに転送さ
                                 (2)実証手続による検証
     れ、販売取引データに変換される。
                                  直営店舗売上高及びフランチャイズ収入に係る収益認識
      このように会社のハンバーガーレストラン事業の売上高
                                 の正確性を検証するため、主に以下の手続を実施した。
     は、国内約3,000店舗における日々の膨大な販売取引デー
                                 ①仕訳フローの正確性を検証するためのデータ分析
     タが複数のシステム間で連携されることで計上されてお
                                 ・仕訳データ分析ツールを用いて、収益及び売掛金の計上
     り、自動化された業務処理統制に高度に依存している。
                                  から入金に至る年間の仕訳フローの相関関係を定量的に
     よって、システム間のデータ連携が適切に行われず、会社
                                  分析するとともに、当期の入金額について金融機関によ
     のハンバーガーレストラン事業に係る販売取引が会計シス
                                  る入金証憑と突合した。
     テムに正確に計上されない場合、財務報告に重要な影響を
                                 ②データ連携の正確性及びデータ連携外の処理(手入力)
     与える可能性がある。また、こうしたデータ連携のほか、
                                  の正確性を直接検証するための手続
     販売管理システムへの手入力による販売取引データの登
                                 ・販売管理システムにおける販売取引データと連携先の会
     録・修正や、会計システムへの手入力による売上仕訳が行
                                  計システムに計上された売上高を照合した。
     われる場合があり、これらの登録・修正や手仕訳が正確に
                                 ・販売管理システムから手入力による登録・修正の履歴を
     処理されない場合も、財務報告に重要な影響を与える可能
                                  抽出し、その内容を閲覧した。
     性がある。従って、ハンバーガーレストラン事業における
                                 ・会計システムへの手入力による売上仕訳を抽出し、取引
     収益認識において、これらシステム間のデータ連携及び
                                  内容を理解するとともに、関連証憑と突合した。
     データ連携外の処理(手入力)の正確性の検討が監査上重
                                 ③個別の売上取引及び関連する債権残高の正確性を検証す
     要である。
                                  るための手続
      以上から、当監査法人は、ハンバーガーレストラン事業
                                 ・各直営店舗の月次売上高について、販売管理システムか
     における収益認識の正確性を監査上の主要な検討事項と判
                                  らの取引レポート、入金証憑等の関連証憑と突合した。
     断した。
                                 ・フランチャイズ収入について、販売管理システムに集計
                                  された各フランチャイズ店舗に係る販売取引データ及び
                                  フランチャイズ契約書に規定された料率を使用して、再
                                  計算した。
                                 ・フランチャイズ法人等の主要な相手先について、売掛金
                                  の残高確認を実施した。
    その他の記載内容

                                94/99


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                           有価証券報告書
     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責任
    は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記
    載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容
    と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのよ
    うな重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する