エネクス・インフラ投資法人 有価証券報告書(内国投資証券)-第6期(2022/06/01-2022/11/30)

提出書類 有価証券報告書(内国投資証券)-第6期(2022/06/01-2022/11/30)
提出日
提出者 エネクス・インフラ投資法人
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資証券)-第6期(2022/06/01-2022/11/30)

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2023年2月24日
     【計算期間】                   第6期 (自 2022年6月1日 至 2022年11月30日)
     【発行者名】                   エネクス・インフラ投資法人
     【代表者の役職氏名】                   執行役員  松塚 啓一
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区霞が関三丁目2番5号霞が関ビルディング29階
     【事務連絡者氏名】                   エネクス・アセットマネジメント株式会社
                         取締役兼財務経理部長 進 裕二
     【連絡場所】                   東京都千代田区霞が関三丁目2番5号霞が関ビルディング29階
     【電話番号】                   03-4233-8330
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/277














                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    第一部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】
     1【投資法人の概況】
      (1)【主要な経営指標等の推移】
        ① 主要な経営指標等の推移
                   回次                  第1期     第2期     第3期     第4期     第5期
                   決算年月                  2018年11月     2019年11月     2020年11月     2021年11月     2022年5月
     営業収益                           (百万円)        -   1,257     1,570     4,606     2,784
    (うち再生可能エネルギー発電設備等(注2)の賃貸事業収益)                           (百万円)        -   1,257     1,570     4,606     2,784
     営業費用                           (百万円)        4    829    1,254     3,307     1,752
    (うち再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業費用)                           (百万円)        -    737    1,116     2,988     1,556
     営業利益又は営業損失(△)                           (百万円)       △4     427     316    1,298     1,032
     経常利益又は経常損失(△)                           (百万円)       △15     315     221     896     856
     当期純利益又は当期純損失(△)                           (百万円)       △10     308     219     894     855
     出資総額(純額)                      (注8)    (百万円)       100    8,121     7,889    29,259     28,088
     発行済投資口の総口数                            (口)     1,000    91,825     91,825    349,075     349,075
     総資産額                           (百万円)        91   20,096     19,140     67,810     69,257
     (対前期比)                      (注4)      (%)      -     -   △4.8     254.3      2.1
     純資産額
                                (百万円)        89   8,420     8,090    30,112     28,639
     (対前期比)                      (注4)      (%)      -     -   △3.9     272.2     △4.9
     有利子負債額                           (百万円)        -   11,165     10,407     36,843     39,629
     1口当たり純資産額                            (円)    89,475     91,697     88,110     86,263     82,042
     1口当たり当期純利益又は当期純損失(△)                      (注5)      (円)   △10,524      4,198     2,393     2,568     2,450
     分配金総額
                                (百万円)        -    549     550    2,094     1,057
      (うち利益分配金総額)                          (百万円)        -    298     219     894     616
      (うち一時差異等調整引当額)                          (百万円)        -     18     23     28    246
      (うちその他の利益超過分配金総額)                          (百万円)        -    232     307    1,170      194
     1口当たり分配金                            (円)      -   5,980     6,000     6,000     3,030
      (うち1口当たり利益分配金)                           (円)      -   3,250     2,393     2,563     1,766
      (うち1口当たり一時差異等調整引当額)                           (円)      -    200     253     83    707
      (うち1口当たりその他の利益超過分配金)                           (円)      -   2,530     3,354     3,354      557
     総資産経常利益率
                           (注6)      (%)    △16.0      1.6     1.1     2.1     1.2
     (年換算値)                      (注7)      (%)    △48.6      2.0     1.1     2.1     2.5
     自己資本利益率                      (注6)      (%)    △11.1      3.8     2.7     4.7     2.9
     (年換算値)                      (注7)      (%)    △33.8      4.7     2.7     4.7     5.8
     自己資本比率                      (注6)      (%)     97.8     41.9     42.3     44.4     41.4
     (対前期増減)                                  -   △55.9      0.4     2.1    △3.0
     配当性向                      (注6)      (%)      -    96.6    100.0     100.0     72.1
     (一時差異等調整引当額による利益超過分配金を含めて算出した場
                                 (%)      -   102.5     110.6     103.2     100.9
     合)
     [その他参考情報]
     当期運用日数                      (注1)      (日)      120     291     366     365     182
     期末投資物件数                            (件)      -     5     6     8     9
     減価償却費
                                (百万円)        -    661     835    2,405     1,266
     資本的支出額                           (百万円)        -     -     3     1     4
     賃貸NOI(Net      Operating    Income)
                           (注6)    (百万円)        -   1,180     1,289     4,023     2,494
     FFO(Funds     from  Operation)
                           (注6)    (百万円)       △10     970    1,054     3,300     2,121
     1口当たりFFO                      (注6)      (円)   △10,524      10,564     11,487     9,455     6,078
     期末総資産有利子負債比率(LTV)                      (注6)      (%)      -    55.6     54.4     54.3     57.2
                                  2/277



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                   回次                  第6期

                   決算年月                  2022年11月
     営業収益                           (百万円)      2,679
    (うち再生可能エネルギー発電設備等(注2)の賃貸事業収益)                           (百万円)      2,679
     営業費用                           (百万円)      1,806
    (うち再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業費用)                           (百万円)      1,623
     営業利益又は営業損失(△)                           (百万円)       873
     経常利益又は経常損失(△)                           (百万円)       650
     当期純利益又は当期純損失(△)                           (百万円)       649
     出資総額(純額)                      (注8)    (百万円)      27,894
     発行済投資口の総口数                            (口)    349,075
     総資産額
                                (百万円)      68,041
     (対前期比)                      (注4)      (%)     △1.8
     純資産額                           (百万円)      28,464
     (対前期比)                      (注4)      (%)     △0.6
     有利子負債額                           (百万円)      38,471
     1口当たり純資産額
                                 (円)    81,542
     1口当たり当期純利益又は当期純損失(△)                      (注5)      (円)     1,859
     分配金総額                           (百万円)      1,047
      (うち利益分配金総額)                          (百万円)       649
      (うち一時差異等調整引当額)                          (百万円)        43
      (うちその他の利益超過分配金総額)                          (百万円)       353
     1口当たり分配金                            (円)     3,000
      (うち1口当たり利益分配金)                           (円)     1,861
      (うち1口当たり一時差異等調整引当額)                           (円)      126
      (うち1口当たりその他の利益超過分配金)                           (円)     1,013
     総資産経常利益率
                           (注6)      (%)      0.9
     (年換算値)                      (注7)      (%)      1.9
     自己資本利益率                      (注6)      (%)      2.3
     (年換算値)                      (注7)      (%)      4.5
     自己資本比率                      (注6)      (%)     41.8
     (対前期増減)                                  0.4
     配当性向                      (注6)      (%)     100.1
     (一時差異等調整引当額による利益超過分配金を含めて算出した場
                                 (%)     106.8
     合)
     [その他参考情報]
     当期運用日数
                           (注1)      (日)      183
     期末投資物件数                            (件)      9
     減価償却費                           (百万円)      1,325
     資本的支出額                           (百万円)        1
     賃貸NOI(Net      Operating    Income)
                           (注6)    (百万円)      2,381
     FFO(Funds     from  Operation)
                           (注6)    (百万円)      1,974
     1口当たりFFO                      (注6)      (円)     5,656
     期末総資産有利子負債比率(LTV)                      (注6)      (%)     56.5
                                  3/277




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (注1) 本投資法人の第1期から第4期までの営業期間は、毎年12月1日から翌年の11月30日までの1年間でしたが、第1期の営業期間
           は本投資法人設立の日(2018年8月3日)から2018年11月30日までです。また、第2期の営業期間は、2018年12月1日から2019
           年11月30日までですが、実質的な資産運用期間は、物件取得日である2019年2月13日から2019年11月30日までの291日間となりま
           す。そして、本投資法人の第5期以降の営業期間は、毎年6月1日から11月末日まで、及び12月1日から翌年5月末日までの6
           か月間です。
       (注2) 「再生可能エネルギー発電設備等」とは、後記「2                        投資方針 (2)      投資対象 ①      投資対象とする資産の種類 (イ)             再生可能
           エネルギー発電設備・不動産等」に記載するa.からd.までに掲げる資産及びi.に掲げる資産(外国の法令に基づく当該a.からd.
           までに掲げる資産に限ります。)並びにこれらに付随又は関連する資産をいいます。なお、以下、本投資法人の運用資産の裏付
           けとなる再生可能エネルギー発電設備等を含めて「再生可能エネルギー発電設備等」ということがあります。そのうち、太陽光
           をエネルギー源とするものを「太陽光発電設備等」、風力をエネルギー源とするものを「風力発電設備等」、水力をエネルギー
           源とするものを「水力発電設備等」、バイオマスをエネルギー源とするものを「バイオマス発電設備等」とそれぞれいいます。
           以下同じです。
       (注3) 本書に記載する数値は、特に記載のない限りいずれも記載未満の数値については切り捨て、比率は小数第2位を四捨五入して表
           示しています。したがって、各項目別の数値又は比率の合計が一致しない場合があります。
       (注4) 対前期増減率が1,000%以上のため、「                  - 」で記載しています。
       (注5) 1口当たり当期純利益金額又は当期純損失金額は、当期純利益金額又は当期純損失金額を期間の日数による加重平均投資口数で
           除することにより算定しています。また、第2期の1口当たり当期純利益については、当期純利益を日数による加重平均投資口
           数(73,594口)で除することにより算出しています。なお、実質的な資産運用期間の開始日である2019年2月13日時点を期首と
           みなして、日数による加重平均投資口数(91,745口)で除することにより算出した1口当たり当期純利益は3,367円です。
       (注6) 以下の算定式により算出しています。
                           経常利益÷{(期首総資産額+期末総資産額)÷2}×100
       総資産経常利益率
                           なお、第2期の期首総資産額には、本投資法人の実質的な資産運用期間の開始日
                           (2019年2月13日)時点の総資産額を使用しています。
                           当期純利益又は当期純損失÷
                           {(期首純資産額+期末純資産額)÷2}×100
       自己資本利益率
                           なお、第2期の期首純資産額には、本投資法人の実質的な資産運用期間の開始日
                           (2019年2月13日)時点の純資産額を使用しています。
       自己資本比率                    期末純資産額÷期末総資産額×100
       配当性向                    分配金総額(利益超過分配金を含みません。)÷当期純利益×100
                           再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業収益-再生可能エネルギー発電設備等の
       賃貸NOI(Net      Operating    Income)
                           賃貸事業費用+減価償却費
       FFO(Funds     from  Operation)
                           当期純利益+減価償却費±再生可能エネルギー発電設備等売却損益
       1口当たりFFO                    FFO÷発行済投資口の総口数
       期末総資産有利子負債比率(LTV)                    期末有利子負債額÷期末総資産額×100
       (注7) 第1期については、本投資法人の設立の日である2018年8月3日から2018年11月30日までの120日間に基づいて年換算を算出して
           います。なお、第2期については、実質的な運用を開始した2019年2月13日から2019年11月30日までの291日間に基づいて年換算
           を算出しています。
       (注8) 出資総額から出資総額控除額を差し引いた金額を記載しています。なお、一時差異等調整引当額に係る利益超過分配の実施に伴
           う出資総額控除額については考慮していません。
        ② 事業の概況

        (イ)当期の資産の運用の経過
         a.  投資法人の主な推移
         本投資法人は、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)(以
        下「投信法」といいます。)に基づき、エネクス・アセットマネジメント株式会社(以下「本資産運用会社」とい
        います。)を設立発起人とし、また、伊藤忠エネクス株式会社(以下「伊藤忠エネクス」といいます。)、三井住
        友信託銀行株式会社(以下「三井住友信託銀行」といいます。)、株式会社マーキュリアインベストメント(以下
        「マーキュリアインベストメント」といいます。)及びマイオーラ・アセットマネジメントPTE.                                              LTD.(Maiora
        Asset   Management      Pte.   Ltd.)(以下「マイオーラ」といいます。)をスポンサー(注)として2018年8月3日に設
        立され(出資額100百万円、発行口数1,000口)、同年9月5日に関東財務局への登録が完了しました(登録番号 
        関東財務局長 第139号)。
         2019年2月12日に一般募集(公募)による投資口の追加発行(90,000口)を行い、翌日、株式会社東京証券取引
        所(以下「東京証券取引所」といいます。)インフラファンド市場に上場しました(銘柄コード9286)。同年3月
        13日には、第三者割当による新投資口の発行(825口)を実施しました。
         その後   、 2020年12月1日に一般募集(公募)による投資口の追加発行(245,000口)を行い                                      、 同月23日には      、 第三者
        割当による新投資口の発行(12,250口)を実施しました                          。 この結果    、 2022年11月末日現在における発行済投資口の総
        口数は349,075口となっています               。
       (注) 本投資法人及び本資産運用会社との間で、それぞれスポンサー・サポート契約を締結している伊藤忠エネクス、三井住友信託銀
          行、マーキュリアインベストメント及びマイオーラを個別に又は総称して「スポンサー」といい、また総称して「スポンサー・グ
          ループ」ということがあります。以下同じです。
                                  4/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         b.  投資環境と運用実績
         当期における日本経済は、新型コロナウイルス感染症の蔓延が一部残る中、ウクライナ情勢など地政学リスクの
        影響による資源価格の高騰、米国におけるインフレに伴うFRBの利上げ、日本の金融政策正常化に伴う利上げ懸念
        などにより、依然として先行きの不透明な状況が継続しています。
         このような投資環境の中、当期末時点の保有資産は、9物件(合計パネル出力(注1)155.5MW、価格(注2)
        合計61,938百万円)となっています。
       (注1) 「パネル出力」とは、各太陽光発電設備に使用されている太陽光パネル1枚当たりの定格出力(太陽光パネルの使用における最

           大出力をいいます。以下同じです。)をパネル総数で乗じて算出される出力をいいます。なお、合計パネル出力は、小数第2位
           以下を切り捨てて記載しています。以下同じです。
       (注2) 「価格」については、PwCサステナビリティ合同会社より取得した、2022年11月30日を価格時点とするバリュエーションレポート
           (注3)に記載の各発電所の評価価値のレンジの中から、本投資法人が規約第41条第1項第1号に従い算出した中間値を用いてい
           ます。以下同じです。
       (注3) 「バリュエーションレポート」とは、投信法等の諸法令、一般社団法人投資信託協会(以下「投信協会」といいます。)の定め
           る諸規則並びに本投資法人の規約に定める資産評価の方法及び基準に基づき、再生可能エネルギー発電設備の価格等の調査を
           し、その結果の報告を行う書類をいいます。以下同じです。
         c.  資金調達の概要

         当期においては、2022年11月30日付で、2022年11月30日返済期限のコミットメントラインによる短期借入金
        7,000百万円の借換資金に充当するため、三井住友信託銀行より7,000百万円(最終返済期限2023年11月30日)を調
        達しました。また、当期中において、約定返済8,157百万円を行った結果、2022年11月末日現在の借入金残高は
        38,471百万円となり、総資産に占める有利子負債の割合(以下「LTV」といいます。)は56.5%となりました。
        なお、2022年11月末日現在の本投資法人の格付の取得状況は以下のとおりです。

       <格付>
            信用格付業者                  格付内容                 格付の方向性
          株式会社日本格付研究所                      A                 安定的

         d.  業績及び分配の概要

         上記の運用の結果、当期の実績として営業収益2,679百万円、営業利益873百万円、経常利益650百万円、当期純
        利益649百万円となりました。
         分配金については、本投資法人の定める分配方針(規約第47条)に従い、租税特別措置法(昭和32年法律第26
        号。その後の改正を含みます。)(以下「租税特別措置法」といいます。)第67条の15に規定される「配当可能利
        益の額」の100分の90に相当する金額を超えるものとします。また、本投資法人が妥当と考える現預金を留保した
        上で、本投資法人の財務状態に悪影響を及ぼさない範囲で、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)を原則とし
        て毎計算期間継続的に実施する方針とし、これにより投資主への還元を行います。
         このような方針に基づき、当期の利益分配金(利益超過分配金は含みません。)については、投資法人の租税特
        別措置法を適用し、投信法第136条第1項に定める利益から一時差異等調整引当額(投資法人の計算に関する規則
        (平成18年内閣府令第47号。その後の改正を含みます。)(以下「投資法人の計算に関する規則」といいます。)
        第2条第2項第30号に定めるものをいいます。以下同じです。)の戻入額を控除した額の概ね全額である649百万
        円を分配することとし、投資口1口当たりの利益分配金(利益超過分配金は含みません。)を1,861円としまし
        た。これに加えて、営業未収入金及び資産除去債務関連等に係る所得超過税会不一致(投資法人の計算に関する規
        則第2条第2項第30号(イ)に定めるものをいいます。)が分配金に与える影響を考慮して、一時差異等調整引当
        額に係る投資口1口当たり126円の利益超過分配とともに、投資口1口当たりその他の利益超過分配1,013円を行う
        こととしました。
         したがって、当期の投資口1口当たり分配金は、3,000円(うち、投資口1口当たりの利益超過分配金1,139円)
        となりました。
        (ロ)次期の見通し

         a.  新規物件取得(外部成長)について
         本投資法人は、スポンサー・サポート契約を通じて、エネクスグループ(注1)及びマイオーラが有する安定した
        物件開発能力に裏打ちされた将来のパイプラインを有しており、積極的に外部成長を図ります。また、再生可能エ
        ネルギー発電事業及び当該事業に対する金融取引のスペシャリストであるスポンサーが有する幅広いノウハウ、例
        えば、再生可能エネルギー発電設備(注2)の開発や、その前提となる情報収集及び分析並びに資金調達に関するこ
        れまでの経験も本投資法人の外部成長に資するものと考えています。
         さらに、本投資法人は、スポンサー・サポート契約に基づき、スポンサーが持つ豊富なソーシングルート(注3)
        を活用し、本投資法人の投資基準に合う物件を外部の第三者からも積極的に取得することを検討します。
                                  5/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         なお、本投資法人が保有する鉾田太陽光発電所に関しましては、収益増強を図るべくスポンサーである株式会社
        マーキュリアホールディングスの主導により約2.6MWのパネル増設計画が進めてられています。本日現在、開発に
        必要な許認可の取得が進められており、当該許認可等の取得が完了し、関連工事等が計画通りに進んだ場合、2023
        年 5月末を目途に完工の予定であり、稼働試験等で問題が無ければ本投資法人での当該増設部分取得を検討しま
        す。なお、当該増設部分について、本投資法人が取得を決定した事実はなく、また将来的に本投資法人に組み入れ
        られる保証もありません。
        (注1) 伊藤忠エネクス並びにその子会社46社及び持分法適用会社20社(2022年3月31日現在)を総称していいます。以下同じです。

       (注2) 「再生可能エネルギー発電設備」とは、再生可能エネルギー電気の利用の促進に関する特別措置法(平成23年法律第108号。その
            後の改正を含みます。)(以下「再エネ特措法」といいます。なお、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関す
            る特別措置法等の一部を改正する法律(平成28年法律第59号)による改正前の再エネ特措法を「平成28年改正前再エネ特措
            法」といい、当該改正後の再エネ特措法を「平成28年改正再エネ特措法」といい、強靱かつ持続可能な電気供給体制の確立を
            図るための電気事業法等の一部を改正する法律(令和2年法律第49号)による改正後の再エネ特措法を「令和2年改正再エネ
            特措法」といいます。)第2条第2項に定めるものをいいます(不動産に該当するものを除きます。)。以下同じです。
       (注3) 「ソーシング」とは、投資対象となる再生可能エネルギー発電設備等の物件取得に向けた情報取得のための諸活動をいい、
            「ソーシングルート」とは、ソーシングの対象となる再生可能エネルギー発電設備等に係る情報取得経路をいいます。以下同
            じです。
         b.  管理運営(内部成長)について

         本投資法人は、保有資産について、本資産運用会社のオペレーター選定基準に基づいてエネクス電力株式会社
        (伊藤忠エネクスが100%出資する子会社であり、以下「エネクス電力」といいます。)をオペレーター(運用資
        産の運営に関する事項を主導的に決定する者として東京証券取引所の有価証券上場規程及び同施行規則に定める者
        をいいます。以下同じです。)に選定しています。エネクス電力は、2002年の設立以降、多様な発電設備等の安定
        稼働、エネルギーの安定供給を行っており、顧客に対する高品質なサービスの提供と高いコストコントロール意識
        を持ったエンジニアリング集団であり、発電設備の維持管理を担う人材を保有しています。また、太陽光発電所の
        遠隔監視システムの導入を通じて、日々O&M業者(「O&M」とは、Operation                                   & Maintenance(オペレーション・ア
        ンド・メンテナンス)の略であり、「O&M業務」とは、再生可能エネルギー発電設備等の保守管理等の業務をい
        い、「O&M業者」とは、O&M業務を受託する者をいいます。以下同じです。)とともに発電設備の稼働状況を把握し
        ています。さらに、データ解析を含めた稼働状況に関する詳細な分析の実施、並びに定期点検を通じた設備の性能
        維持及び事故発生時の速やかな機器交換等に努めています。
         本投資法人は、エネクス電力の強みを活用して、太陽光発電設備の発電パフォーマンスを最大化し、発電設備の
        収益及び資産価値の維持向上を目指します。
         c.  財務戦略について

         本投資法人は、中長期的な収益の維持・向上及び着実な成長を目的とし、安定的かつ健全な財務基盤を構築する
        ことを基本方針とし、公募増資及び借入金等による資金調達を実施してまいります。
         公募増資は、経済環境、市場動向、LTVや投資資産の取得時期等を勘案した上で、投資口の希薄化に配慮しつつ
        実行してまいります。
         借入金等は、主要金融機関を中心としたバンクフォーメーションを構築し、長期・短期の借入期間及び固定・変
        動の金利形態等のバランス、返済期限の分散を図りながら、効率的な資金調達を実行してまいります。また、LTV
        は資金余力の確保に留意し、適切な水準の範囲で運営を行います。
                                  6/277







                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)決算後に生じた重要な事実
         a.  新投資口の発行
         2023年1月26日及び2023年2月6日開催の本投資法人役員会において決議された新投資口の発行に関し、下記
        のとおり、2023年2月10日に公募による新投資口の発行に係る払込が完了しました。この結果、2023年2月10日
        現在の出資総額は35,046,814千円、発行済投資口総数は412,075口となっています。
         なお、第三者割当による新投資口の発行に係る払込みは2023年3月15日を予定しています。
         ⅰ.  公募による新投資口の発行(一般募集)

           ・発行新投資口数       63,000口
           ・発行価格(募集価格)    1口当たり金87,555円
           ・発行価格(募集価格)の総額 5,515,965,000円
           ・発行価額(払込金額)    1口当たり金83,289円
           ・発行価額(払込金額)の総額 5,247,207,000円
           ・払込期日          2023年2月10日
           ・資金使途          一般募集における手取金については、後記「c.資産の取得」に記載の資
                          産の取得資金の一部に充当しました。
         ⅱ.  第三者割当による新投資口の発行

           ・発行新投資口数       3,150口(上限)
           ・発行価額(払込金額)    1口当たり金83,289円
           ・発行価額(払込金額)の総額 262,360,350円(上限)
           ・割当先           みずほ証券株式会社
           ・払込期日          2023年3月15日
           ・資金使途          第三者割当による新投資口の発行の手取金については、手元資金として
                          将来の特定資産(投信法第2条第1項における意味を有します。)の取
                          得資金の一部又は借入金返済資金の一部又は運転資金の全部又は一部に
                          充当する予定です。
                                  7/277











                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         b.  資金の借入れ
         本投資法人は、2023年2月13日付で、以下のとおり、資金の借入れを行いました。この借入金は、後記「c.                                                   資
        産の取得」に記載した新規取得資産の取得資金及びそれに関連する諸費用(消費税及び地方消費税を含みま
        す。)の一部並びに借入金の一部返済に充当しています。
                       借入金額       利率      借入     最終返済       返済
     区分        借入先                                          担保
                       (百万円)       (注3)       実行日       期日      方法
        三井住友信託銀行株式会社                     基準金利
        株式会社SBI新生銀行(注                     (注4)に       2023年      2023年       期日      有担保
     短期                    500
                                          9月29日
        2)                     0.20%を加       2月13日            一括弁済       無保証
        株式会社三井住友銀行                     えた利率
                             基準金利
        三井住友信託銀行株式会社
                             (注4)に
        株式会社SBI新生銀行                            2023年      2032年       一部      有担保
     長期                   2,900     0.55%を加
        株式会社三井住友銀行                           2月13日      11月30日      分割弁済       無保証
                             えた利率
        株式会社みずほ銀行
                             (注5)
                             基準金利
        三井住友信託銀行株式会社
                             (注4)に
        株式会社SBI新生銀行                            2023年      2032年      一部      有担保
     長期                   2,900     0.55%を加
        株式会社三井住友銀行                           2月13日      11月30日      分割弁済       無保証
                             えた利率
        株式会社みずほ銀行
                             (注5)
                             基準金利
         三井住友信託銀行株式会社                    (注4)に       2023年      2032年      一部      有担保
     長期                   5,000
        (注6)
                             2.00%を加       2月13日      11月30日      分割弁済       無保証
                             えた利率
    (注1)「短期借入金」とは、借入期間が1年未満の借入れを、「長期借入金」とは、借入期間が1年超の借入れをいいます。
    (注2)株式会社SBI新生銀行は、2023年1月4日付で商号を株式会社新生銀行から株式会社SBI新生銀行に変更しています。金銭消費貸借契約締
         結当時の名称が株式会社新生銀行である場合も、現在の商号を記載しています。以下同じです。
    (注3)借入先に支払われる融資手数料等は含まれません。
    (注4)各利払期日に支払う利息の計算期間に適用する基準金利は、一般社団法人全銀協TIBOR運営機関が公表する6ヶ月日本円TIBORをいいま
         す。日本円TIBORについては、一般社団法人全銀協TIBOR運営機関のホームページ(https://www.jbatibor.or.jp/)でご確認いただけ
         ます。
    (注5)本借入れの一部については、金利変動リスクを回避するため、別途金利スワップ契約を締結しています。当該契約により、本借入れの金
         利の一部は実質的に1.587%で固定化されます。
    (注6)三井住友信託銀行株式会社からの当該借入れはコーポレートローン(メザニンローン)です。
         c.資産の取得

         本投資法人は、2023年2月13日付で、以下の太陽光発電設備等及び風力発電設備等を取得しました。
      物件番号                            所在地             取得価格(百万円)
                 物件名称
      (注1)                            (注2)                (注3)
       S-10     高崎太陽光発電所A(注4)                群馬県高崎市                             5,810
       W-01     胎内風力発電所                新潟県胎内市                             4,379
    (注1)「物件番号」は、太陽光発電設備等についてはS、風力発電設備等についてはWと分類し番号を付しています。
    (注2)「所在地」は、各資産に係る太陽光発電設備等又は風力発電設備等が設置されている土地(複数ある場合にはそのうちの一つ)の登記簿
         上の記載に基づいて記載しています。ただし、市町村までの記載をしています。
    (注3)「取得価格」は、各資産の売買契約又は信託受益権売買契約に定める売買金額(取得に関する業務委託報酬等の取得経費、固定資産税、
         都市計画税、消費税等相当額及びその他手数料等を除きます。)を記載しています。以下同じです。
    (注4)本書の日付現在の名称は「ソーラーフレンドリーシティ」ですが、「高崎太陽光発電所A」に変更予定であるため、本書における物件名
         称は、変更後の名称を記載しています。以下同じです。
                                  8/277




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)【投資法人の目的及び基本的性格】
        ① 投資法人の目的及び基本的性格
          本投資法人は、その資産を主として特定資産に対する投資として運用することを目的とします(規約第2
         条)。本投資法人は、中長期にわたる安定した収益の確保と運用資産(注)の着実な成長を目指して、主とし
         て、不動産等資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129号。その後の改正を
         含みます。)(以下「投信法施行規則」といいます。)第105条第1号ヘに定める不動産等資産に該当するもの
         をいいます。以下同じです。)のうち後記「2                       投資方針 (2)        投資対象 ①       投資対象とする資産の種類 
         (イ)   再生可能エネルギー発電設備・不動産等」に掲げる特定資産(以下「再生可能エネルギー発電設備・不動
         産等」と総称します。)に該当するものに投資して運用を行います。また、本投資法人は、不動産等資産に該
         当しない再生可能エネルギー発電設備・不動産等及び同「(ロ)                              再生可能エネルギー発電設備・不動産対応証
         券」に掲げる特定資産(以下「再生可能エネルギー発電設備・不動産対応証券」と総称します。)(なお、再
         生可能エネルギー発電設備・不動産等及び再生可能エネルギー発電設備・不動産対応証券を、以下「再生可能
         エネルギー発電設備・不動産関連資産」と総称します。)その他の資産にも投資することができます(規約第
         31条第1項)。
          (注) 本投資法人の保有する資産を意味します。なお、本書においては、文脈に応じて、本投資法人の保有する資産の裏付けとなる
            資産を意味することがあります。
        ② 投資法人の特色

          本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型です。本投資法人
         は、投信法第198条第1項及び規約第54条第1項の規定に基づき、その資産の運用に係る業務を金融商品取引法
         (昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。)(以下「金融商品取引法」といいます。)上の金融商品
         取引業者である本資産運用会社に全て委託しています。
          (注1) 投資法人に関する法的枠組みの大要は、以下のとおりです。
             投資法人は、金融商品取引法上の金融商品取引業者等の一定の資格を有する設立企画人により設立されます。投資法人を設
             立するには、設立企画人が規約を作成しなければなりません。規約とは、株式会社における定款に相当するものであり、投
             資法人の商号、発行可能投資口総口数、資産運用の対象及び方針、金銭の分配の方針等を規定する投資法人の根本規則で
             す。投資法人は、かかる規約に沿って運営されます。なお、規約は、投資法人の設立後には、投資主総会の特別決議により
             変更することができます。
             投資法人は、投資口を発行して、投資家より出資を受けます。投資口を有する者を投資主といい、投資主は、投資主総会を
             通じて、一定の重要事項につき投資法人の意思決定に参画できるほか、投資法人に対して一定の権利を行使することができ
             ますが、かかる権利は株式会社における株主の権利とは必ずしも同一ではありません。また、投資法人は、投信法に定める
             ところに従って新投資口予約権証券を発行することができます。
             投資法人には、その機関として、投資主総会、執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人が設置されます。執行役員は、
             投資法人の業務を執行し、投資法人を代表します。監督役員は、執行役員の職務の執行を監督します。執行役員及び監督役
             員は、役員会を構成し、かかる役員会は、執行役員の一定の重要な職務の執行に対する承認、計算書類等(金銭の分配に係
             る計算書を含みます。)の承認等、投資法人の一定の業務の執行に係る重要な意思決定を行います。さらに、会計監査人
             は、投資法人の会計監査を行います。これらの執行役員、監督役員及び会計監査人はいずれも投資主総会の決議によって選
             任されます。投資主総会、執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人については、後記「(4)                                     投資法人の機構 ①        投資
             法人の統治に関する事項」をご参照ください。
             投資法人は、規約に定める額を限度として、借入れを行うことができるほか、投資主の請求により投資口の払戻しをしない
             旨を規約に定めたクローズド・エンド型の投資法人の場合には、規約に定める額を限度として、投資法人債を引き受ける者
             を募集することもできます。また、投資法人は一定の要件を充足した場合に、短期投資法人債を発行することができます。
             投資法人は、投資口、新投資口予約権及び投資法人債(短期投資法人債を含みます。以下同じです。)の発行による手取金
             並びに借入金を、規約に定める資産運用の対象及び方針に従い運用します。なお、投資法人がこのような資産の運用を行う
             ためには、内閣総理大臣の登録を受ける必要があります(以下、この登録を受けた投資法人を「登録投資法人」といいま
             す。)。本投資法人の資産運用の対象及び方針については、後記「2                            投資方針 (1)       投資方針」及び同「(2)          投資対
             象」をご参照ください。
             投資法人は、投資主に対して、規約で定めた金銭の分配の方針に従って、金銭の分配を行います。本投資法人の投資主に対
             する分配方針については、後記「2              投資方針 (3)      分配方針」をご参照ください。
             登録投資法人は、投信法上の資産運用会社(内閣総理大臣の登録を受けた金融商品取引業者(投資運用業を行うものに限
             り、信託会社を除きます。))にその資産の運用に係る業務を委託しなければなりません。また、登録投資法人は、信託銀
             行等の一定の資格を有する資産保管会社にその資産の保管に係る業務を委託しなければなりません。さらに、投資法人は、
             一般事務受託者に投資口及び投資法人債を引き受ける者の募集並びに新投資口予約権無償割当てに関する事務、投資主名簿
             等に関する事務その他の事務を委託しなければなりません。資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者等について
             は、後記「(3)      投資法人の仕組み」をご参照ください。
          (注2) 本投資口は、振替投資口(社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号。その後の改正を含みます。)(以下
             「振替法」といいます。)第226条第1項に定める意味を有します。以下同じです。)です(振替投資口である本投資口
             を、以下「本振替投資口」といいます。)。本振替投資口については、本投資法人は投資口を表示する証券(投資証券)を
             発行することができず、権利の帰属は振替口座簿の記載又は記録により定まります(振替法第226条第1項、第227条第1
             項)。なお、以下、本投資法人が発行する投資証券を「本投資証券」ということとしますが、同時に本投資証券には、別途
             明記する場合を除き、本振替投資口を含むものとします。
          (注3) 本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等に関する匿名組合出資持分(後記「2                                     投資方針 (2)      投資対象 ①      投資
             対象とする資産の種類 (イ)            再生可能エネルギー発電設備・不動産等                g.」に定義します。)その他の投資ビークルに投資
             することがあります。
                                  9/277

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                 10/277





















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (3)【投資法人の仕組み】
        ① 本投資法人の仕組図
              (イ)   資産運用委託契約










              (ロ)   資産保管委託契約/投資主名簿等管理事務委託契約/
                 一般事務委託契約/発電施設及び不動産管理処分信託契約
              (ハ)   スポンサー・サポート契約
              (ニ)   業務委託契約
              (ホ)   オペレーター業務委託契約(注)
          (注)  オペレーター業務委託契約については、本投資法人が保有する再生可能エネルギー発電設備等について本投資法人との間で発

             電設備等賃貸借契約を締結している賃借人も当事者になります。また、本投資法人が再生可能エネルギー発電設備等を主な
             信託財産とする信託の受益権を保有する場合については、当該信託に係る信託受託者と賃借人との間で発電設備等賃貸借契
             約が締結され、さらに、当該信託に係る信託受託者と賃借人とオペレーターの間でオペレーター業務委託契約が締結されま
             す。なお、三井住友信託銀行は、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所の信託受益権の信託受託者です。また、前記「(1)
             主要な経営指標等の推移 ②            事業の概況 (ハ)        決算後に生じた重要な事実 c.            資産の取得」に記載のとおり、本投資法
             人は2023年2月13日付で高崎太陽光発電所A及び胎内風力発電所を取得しており、三井住友信託銀行は、これらの信託受益権
             の信託受託者です。本投資法人が信託受益権を保有する物件の文脈において、以下同じです。
                                 11/277





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 本投資法人及び本投資法人の資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者等の名称、運営上の役割及び
          関係業務の内容
      運営上の役割               名称                    関係業務の内容
     投資法人          エネクス・インフラ                規約に基づき、投資主より払い込まれた資金等を、主として
               投資法人                再生可能エネルギー発電設備等及び再生可能エネルギー発電
                               設備等を信託する信託受益権(注)に対する投資として運用を
                               行います。
     資産運用会社          エネクス・アセット                本投資法人との間で2018年8月10日付の資産運用委託契約を
               マネジメント株式会社                締結しています。
                               投信法上の資産運用会社として、同契約に基づき、本投資法
                               人の規約に定める資産運用の対象及び方針に従い、資産の運
                               用に係る業務を行います(投信法第198条第1項)。
                               本資産運用会社に委託された業務の内容は、(イ)本投資法人
                               の資産の運用に係る業務、(ロ)本投資法人の資金調達に係る
                               業務、(ハ)本投資法人への報告業務及び(ニ)その他本投資法
                               人が随時委託する前記(イ)から(ハ)までに関連し又は付随す
                               る業務(本投資法人の役員会に出席して報告を行うことを含
                               みます。)です。
     資産保管会社/投資          三井住友信託銀行株式会社                本投資法人との間で2018年8月10日付の資産保管委託契約を
     主名簿等管理人/機                          締結しています。同契約に基づき、投信法上の資産保管会社
     関運営及び会計事務                          (投信法第208条第1項)として、資産保管委託契約に基づ
     等に関する一般事務                          き、本投資法人の保有する資産の保管に係る業務等を行いま
     受託者                          す。
                               また、本投資法人の設立企画人たる本資産運用会社との間で
                               2018年7月27日付で投資主名簿等管理事務委託契約を締結
                               し、本投資法人が2018年8月10日付で同契約上の地位を承継
                               しています。同契約に基づき、投信法上の一般事務受託者
                               (投信法第117条第2号、第3号及び第6号)として、投資主
                               名簿等の作成及び備置きその他の投資主名簿等に関する事務
                               並びに投資証券の発行に関する事務等を行います。
                               また、本投資法人との間で2018年8月10日付の一般事務委託
                               契約を締結しています。同契約に基づき、投信法上の一般事
                               務受託者(投信法第117条第4号、第5号及び第6号)とし
                               て、機関の運営に関する事務、計算に関する事務、会計帳簿
                               の作成に関する事務及び納税に関する事務等を行います。
     税務等に関する          PwC税理士法人                本投資法人との間で2018年8月10日付の業務委託契約を締結
     一般事務受託者                          しています。同契約に基づき、投信法上の一般事務受託者
                               (投信法第117条第6号)として、納税に関する事務等を行い
                               ます。
           (注)  本投資法人の投資対象を指す文脈においては、総称して「再生可能エネルギー発電設備等」ということがあります。以
               下同じです。
                                 12/277







                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③ 上記以外の本投資法人の関係法人の名称、運営上の役割及び関係業務の内容
      運営上の役割               名称                    関係業務の内容
     スポンサー/          伊藤忠エネクス株式会社                本投資法人及び本資産運用会社は、2018年12月26日付で伊藤
     本資産運用会社の親                          忠エネクス株式会社との間でスポンサー・サポート契約を締
     会社(注)                          結しています。詳細については、後記「第二部                      投資法人の詳
                               細情報 第3       管理及び運営 1         資産管理等の概要 (5)            そ
                               の他 ④     関係法人との契約の更改等に関する手続」をご参照
                               ください。
                               また、伊藤忠エネクス株式会社は本資産運用会社の親会社で
                               す。
     特定関係法人/本資          伊藤忠商事株式会社                伊藤忠商事株式会社は伊藤忠エネクス株式会社の親会社で
     産運用会社の親会社                          す。
     (注)
     スポンサー          三井住友信託銀行株式会社                本投資法人及び本資産運用会社は、2018年12月26日付で三井
               株式会社マーキュリア                住友信託銀行株式会社、株式会社マーキュリアインベストメ
               インベストメント                ント及びマイオーラ・アセットマネジメントPTE.                          LTD.
               マイオーラ・アセット
                               (Maiora     Asset   Management      Pte.   Ltd.)との間でそれぞれス
               マネジメントPTE.         LTD.
                               ポンサー・サポート契約を締結しています。詳細について
               (  Maiora    Asset    Management
                               は、後記「第二部         投資法人の詳細情報 第3              管理及び運
               Pte.   Ltd.)
                               営 1    資産管理等の概要 (5)            その他 ④      関係法人との契
                               約の更改等に関する手続」をご参照ください。
     保有資産のオペレー          エネクス電力株式会社                本投資法人及び各保有資産の賃借人との間で締結されたオペ
     ター                          レーター業務委託契約書に基づき、本投資法人の保有資産の
                               管理・運営業務を受託しています。詳細については、後記
                               「2   投資方針 (1)        投資方針 ⑧       運用ストラクチャー 
                               (ニ)   オペレーター」をご参照ください。
           (注) 本投資法人の特定関係法人(特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。その後の改正を
              含みます。)第12条第3項に規定する特定関係法人をいいます。)は、伊藤忠エネクス株式会社及び伊藤忠商事株式会社
              です。伊藤忠エネクス株式会社及び伊藤忠商事株式会社は、本資産運用会社の親会社(財務諸表等の用語、様式及び作成
              方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号。その後の改正を含みます。)(以下「財務諸表等の用語、様式及び作成方
              法に関する規則」といいます。)第8条第3項に規定する親会社をいいます。)です。
                                 13/277










                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (4)【投資法人の機構】
        ① 投資法人の統治に関する事項
         (イ)   機関の内容
            本書の日付現在、本投資法人の機関は、投資主により構成される投資主総会に加えて、執行役員1名、監
           督役員2名、執行役員及び監督役員を構成員とする役員会並びに会計監査人により構成されています。
          a. 投資主総会

            i.  投信法又は規約により定められる本投資法人に関する一定の事項は、投資主により構成される投資
               主総会にて決定されます。投資主総会における各投資主の議決権及び決議方法については、後記
               「第二部     投資法人の詳細情報 第3             管理及び運営 3         投資主・投資法人債権者の権利 (1)
               投資主総会における議決権」をご参照ください。
            ii.    投資主総会は、法令に別段の定めがある場合を除き、執行役員が1名の場合は当該執行役員が、執
               行役員が2名以上の場合は役員会においてあらかじめ定めた順序に従い執行役員の1名がこれを招
               集します(規約第10条)。
            iii. 投資主総会は、原則として、2020年2月1日及び同日以降遅滞なく招集され、以後、隔年ごとの2
               月1日及び同日以後遅滞なく招集されます(規約第9条第1項)。
            iv.    前記iii.に基づき投資主総会を招集する場合には、本投資法人は、2019年11月末日及び以後隔年ご
               との11月末日における最終の投資主名簿に記載又は記録されている投資主をもって、かかる投資主
               総会において権利を行使することができる投資主とします。かかる場合のほか、本投資法人は、投
               資主総会をその直前の決算期から3か月以内の日を投資主総会の日として開催する場合、当該決算
               期の最終の投資主名簿に記載又は記録された投資主をもって、当該投資主総会において権利を行使
               することのできる投資主とします(規約第12条第1項)。
            v.  投資主総会の議長は、執行役員が1名の場合は当該執行役員が、執行役員が2名以上の場合は役員
               会においてあらかじめ定めた順序に従い執行役員の1名がこれにあたります。全ての執行役員に欠
               員又は事故がある場合は、役員会においてあらかじめ定めた順序に従い、監督役員の1名がこれに
               あたります(規約第11条)。
          b. 執行役員、監督役員及び役員会

            i.  執行役員は、本投資法人の業務を執行し、本投資法人を代表して本投資法人の業務に関する一切の
               裁判上又は裁判外の行為をする権限を有しています(投信法第109条第1項及び第5項、会社法
               (平成17年法律第86号。その後の改正を含みます。)(以下「会社法」といいます。)第349条第
               4項)。ただし、投資主総会の招集、一般事務受託者への事務の委託、資産運用委託契約若しくは
               資産保管業務委託契約の締結又はこれらの契約内容の変更、本資産運用会社からの資産運用委託契
               約の解約への同意その他投信法に定められた重要な職務の執行については、役員会の承認を受けな
               ければなりません(投信法第109条第2項)。監督役員は、執行役員の職務の執行を監督する権限
               を有しています(投信法第111条第1項)。また、役員会は、重要な職務の執行に関する前記の承
               認権限を有するほか、投信法及び規約に定める権限並びに執行役員の職務の執行を監督する権限を
               有しています(投信法第114条第1項)。執行役員又は監督役員は、その任務を怠ったときには、
               本投資法人に対し、これによって生じた損害を賠償する責任を負いますが(投信法第115条の6第
               1項)、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条の6第7項)により、規約をもって、当該
               執行役員又は監督役員が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因
               となった事実の内容、当該執行役員又は監督役員の職務の執行の状況その他の事情を勘案して特に
               必要と認めるときは、法令に定める限度において、役員会の決議によって前記賠償責任を免除する
               ことができます(規約第27条)。本投資法人が、執行役員又は監督役員に対して、その職務の執行
               に関し、当該執行役員若しくは監督役員が法令の規定に違反したことが疑われ若しくは責任の追及
               に係る請求を受けたことに対処するために支出する費用、又は、第三者に生じた損害を賠償する責
               任を負う場合において、当該執行役員若しくは監督役員が当該損害を賠償することによる損失等の
               全部又は一部を補償することを約する契約の内容を決定する場合、役員会の決議によらなければな
               りません(投信法第116条の2第1項)。また、本投資法人が、保険者との間で締結する保険契約
               のうち、執行役員又は監督役員がその職務の執行に関し責任を負うこと又は当該責任の追及に係る
               請求を受けることによって生ずることのある損害を保険者が填補することを約するものであって、
               執行役員又は監督役員を被保険者とするものの内容を決定するには、役員会の決議によらなければ
               なりません(投信法第116条の3第1項)。
            ii.    執行役員は1名以上、監督役員は2名以上(ただし、執行役員の員数に1を加えた数以上としま
               す。)とし、執行役員及び監督役員は、役員会を構成します(規約第20条)。
                                 14/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            iii. 執行役員及び監督役員は、法令に別段の定めがある場合を除き、投資主総会の決議によって選任し
               ます(投信法第96条第1項、規約第21条)。
            iv.    執行役員及び監督役員の任期は、選任後2年とします。ただし、投資主総会の決議によって、法令
               で定める限度において、その期間を延長し又は短縮することを妨げません(規約第22条第1項)。
            v.  補欠として又は増員のために選任された執行役員又は監督役員の任期は、前任者又は在任者の残存
               期間と同一とします(規約第22条第2項)。
            vi.    補欠の執行役員又は監督役員の選任に係る決議が効力を有する期間は、当該決議がなされた投資主
               総会(当該投資主総会において役員が選任されなかった場合には、役員が選任された直近の投資主
               総会)において選任された執行役員又は監督役員の任期が満了する時までとします。ただし、投資
               主総会の決議によってその期間を短縮することを妨げません(投信法第96条第2項、会社法第329
               条第3項、投信法施行規則第163条第3項ただし書、規約第22条第3項)。
            vii. 役員会は、法令に別段の定めがある場合を除き、執行役員が1名の場合は当該執行役員が、執行役
               員が2名以上の場合は役員会においてあらかじめ定めた順序に従い執行役員の1名がこれを招集
               し、その議長となります(投信法第113条第1項、規約第23条第1項)。
            viii.   役員会招集権者以外の執行役員及び監督役員は、投信法の規定に従い、役員会の招集を請求するこ
               とができます(投信法第113条第2項、第3項)。
            ix.    役員会の招集通知は、役員会の日の3日前までに、執行役員及び監督役員の全員に対して発しま
               す。ただし、執行役員及び監督役員の全員の同意を得て、招集期間を短縮し、又は招集手続を省略
               することができます(投信法第115条第1項、会社法第368条、規約第23条第2項)。
            x.  役員会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることのできる役員の
               過半数が出席し、その過半数をもって行います(投信法第115条第1項、会社法第369条第1項、規
               約第24条)。
            xi.    投信法の規定(投信法第115条第1項、会社法第369条第2項)において、決議について特別の利害
               関係を有する役員は議決に加わることができないこと及びその場合には当該執行役員又は監督役員
               の数は出席した執行役員又は監督役員の数に算入しないことが定められています。
          c. 会計監査人

            i.  会計監査人は、法令に別段の定めがある場合を除き、投資主総会の決議によって選任します(投信
               法第96条第1項、規約第28条)。本投資法人は、太陽有限責任監査法人を会計監査人に選任してい
               ます。
            ii.    会計監査人の任期は、就任後1年経過後に最初に迎える決算期後に開催される最初の投資主総会の
               終結の時までとします。また、会計監査人は、前記の投資主総会において別段の決議がされなかっ
               たときは、当該投資主総会において再任されたものとみなします(投信法第103条、規約第29
               条)。
            iii. 会計監査人は、本投資法人の計算書類等の監査を行う(投信法第115条の2第1項)とともに、そ
               の職務を行うに際して執行役員の職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重
               大な事実があることを発見した場合における監督役員への報告その他法令で定める職務を行います
               (投信法第115条の3第1項等)。
            iv.    会計監査人は、その任務を怠ったときには、本投資法人に対し、これによって生じた損害を賠償す
               る責任を負いますが(投信法第115条の6第1項)、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条
               の6第7項)により、規約をもって、当該会計監査人が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失が
               ない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該会計監査人の職務の執行の状況その他の
               事情を勘案して特に必要と認めるときは、法令に定める限度において、役員会の決議によって前記
               賠償責任を免除することができます(規約第30条)。本投資法人が、会計監査人に対して、その職
               務の執行に関し、会計監査人が法令の規定に違反したことが疑われ若しくは責任の追及に係る請求
               を受けたことに対処するために支出する費用、又は、第三者に生じた損害を賠償する責任を負う場
               合において、当該会計監査人が当該損害を賠償することによる損失等の全部又は一部を補償するこ
               とを約する契約の内容を決定する場合、役員会の決議によらなければなりません(投信法第116条
               の2第1項)。また、本投資法人が、保険者との間で締結する保険契約のうち、会計監査人がその
               職務の執行に関し責任を負うこと又は当該責任の追及に係る請求を受けることによって生ずること
               のある損害を保険者が填補することを約するものであって、会計監査人を被保険者とするものの内
               容を決定するには、役員会の決議によらなければなりません(投信法第116条の3第1項)。
         (ロ)   内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続

                                 15/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本投資法人の役員会は、執行役員1名及び執行役員の職務の執行を監督する監督役員2名で構成されてい
           ます。2名の監督役員は、それぞれ本投資法人及び本資産運用会社と利害関係のない弁護士及び公認会計士
           で構成されています。
            監督役員は、投資主総会の決議によって選任され、任期は、選任後2年間となっています。ただし、法令
           で定める限度において、その期間を延長し又は短縮することを妨げません。また、補欠として又は増員のた
           めに選任された監督役員の任期は、前任者又は在任者の残存期間と同一とされています(規約第22条第1
           項、第2項)。
            役員会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることのできる役員の過半数
           が出席し、その過半数をもって行うものとされています(投信法第115条第1項、会社法第369条第1項、規
           約第24条)。
            本投資法人は、役員会において前記のような監督役員による監督の組織等を構成することにより厳格な内
           部管理体制を構築しています。
         (ハ)   内部管理、監督役員による監督及び会計監査の相互連携

            本投資法人の役員会は、執行役員と監督役員により構成され、3か月に1回以上開催されるものと定めら
           れています。役員会においては、執行役員による本資産運用会社や一般事務受託者等の業務執行状況等に関
           する報告に加え、必要に応じて本資産運用会社や一般事務受託者等の役職員から業務執行状況の詳細につい
           て報告が行われます。
            各監督役員は、本投資法人の役員会において、執行役員から業務執行状況等の報告を受け、必要に応じて
           本資産運用会社の役職員に資産運用状況等の報告を求めます。
            一方で、会計監査人は、決算期(毎年5月末日及び11月末日)ごとに本投資法人の計算書類等の監査を行
           い、これらの承認を付議する役員会に先立ち監査報告会を開催し、監査内容を監督役員に報告します。ま
           た、会計監査人は、その職務を遂行するに際して執行役員の職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは
           規約に違反する重大な事実があることを発見したときは、遅滞なくこれを監督役員に報告しなければなりま
           せん(投信法第115条の3第1項)。
         (ニ)   投資法人による関係法人に対する管理体制の整備の状況

          a. 本資産運用会社に対する管理体制
            執行役員又は監督役員は、必要と認めるときは、本資産運用会社の役職員を役員会に同席させ、業務執行
           等について説明をさせることができます。
          b. 一般事務受託者及び資産保管会社に対する管理体制

            執行役員又は監督役員は、必要と認めるときは、一般事務受託者及び資産保管会社の役職員を役員会に同
           席させ、業務執行等について説明をさせることができます。
          c. その他の関係法人に対する管理体制

            執行役員又は監督役員は、上記以外の関係法人についても、必要と認めるときは、本資産運用会社を通じ
           て、その業務の状況の把握に努めます。
                                 16/277








                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 投資法人の運用体制
          前記に記載のとおり、本投資法人は資産の運用を本資産運用会社に委託して行います。
         (イ)   業務運営の組織体制
            本資産運用会社の業務運営の組織体制は、以下のとおりです。
            本資産運用会社は、上記組織の下、資産運用業務を行います。本資産運用会社の各種業務は、インフラ・









           ファンド運用部及び財務経理部の各部並びにコンプライアンス・リスク管理室及び内部監査室に分掌されま
           す。
            また、資産の運用に関する審議を行う機関として投資委員会を、コンプライアンスに関する審議を行う機
           関としてコンプライアンス・リスク管理委員会を設置します。
                                 17/277









                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ロ)   本資産運用会社の各組織の業務分掌体制
            本資産運用会社の各組織の主な業務は、以下のとおりです。
            組織名                        業務範囲
          取締役会          a.営業の基本方針及び利益計画(予算)の決定
                   b.株主総会の招集及びこれに提出すべき議案
                   c.株式譲渡の承認
                   d.代表取締役、社長及び役付取締役の選任及び解任
                   e.執行役員、支配人その他重要な使用人の選任及び解任
                   f.重要な組織の設置、変更及び廃止
                   g.取締役と本資産運用会社との間の取引の承認
                   h.取締役の競業取引の承認
                   i.計算書類及び事業報告並びにこれらの附属明細書の承認
                   j.新株の発行、新株予約権の発行
                   k.自己株式の取得、処分及び消却
                   l.株式の分割
                   m.株式取扱規則の制定及び改廃
                   n.法定準備金の資本組入
                   o.資本組入分の新株発行
                   p.重要な財産の処分及び譲受
                   q.多額の借財又は債務の保証
                   r.投資委員会から上申される、本資産運用会社が資産の運用を受託する本投資法人
                     の資産の運用等に関する事項
                   s.コンプライアンス・リスク管理委員会から上申される、本資産運用会社のコンプ
                     ライアンス及びリスク管理に関する事項
                   t.その他法令、定款若しくは株主総会の決議において定められた事項又はその他本
                     資産運用会社の社内諸規則において取締役会決議事項と定められた事項
                   u.投資委員会及びコンプライアンス・リスク管理委員会の外部委員の選任及び解任
                   v.前記a.からu.以外の本資産運用会社の重要な事項
          インフラ・          a.本投資法人の資産運用のための基本的な投資方針・基準に関する事項
          ファンド          b.本投資法人の資産運用のための投資スキーム及び投資手法に関する事項
          運用部          c.本投資法人の資産運用のための個別の再生可能エネルギー発電設備等及び再生可
                     能エネルギー発電設備等を信託する信託受益権(以下、本②において総称して
                     「対象資産」といいます。)その他資産取得のための情報収集、取得の可否、取
                     得価格及び取得交渉、並びに取得に係る契約締結に関する事項
                   d.本投資法人の資産運用のための個別対象資産に係る市場性及び評価に関する事項
                   e.本投資法人の資産運用に係る契約締結等の業務に関する事項
                   f.本投資法人の資産運用計画その他運用方針に関する事項
                   g.本投資法人の資産運用の実績評価、ポートフォリオ分析の実行、報告書の取りま
                     とめ及び保管に関する事項
                   h.本投資法人の資産等の維持管理に関する事項
                   i.本投資法人の資産の譲渡の可否並びに譲渡価格、譲渡代り金の使途、譲渡交渉及
                     び譲渡に係る契約締結に関する事項
                   j.本投資法人の資産の計数情報管理及び分析に関する事項、資産運用のための情報
                     管理に関する事項、債権者に対する情報提供に関する事項
                   k.本投資法人の資産の取得、賃貸、管理、譲渡その他の運用等に係る諸記録、注文
                     記録の作成、取りまとめ及び保管に関する事項
                   l.本投資法人の運用資産等に係る性能・品質の基準に関する事項
                   m.本投資法人の投資主等に対する情報提供に関する事項
                   n.本投資法人に係る投資委員会の事務局に関する事項
                   o.本投資法人に係るリスク管理に関する事項
                   p.国内外の一般経済及び証券・金融・インフラ等市場の動向等に係る調査及び分析
                     に関する事項
                   q.前記a.からp.に付随する事項
                                 18/277



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            組織名                        業務範囲
          財務経理部          a.本投資法人の一般的制度、法令等の調査・研究に関する事項
                   b.本投資法人の資本政策の策定に関する事項
                   c.本投資法人の諸官庁等との渉外(各種届出、問い合わせ対応等)に関する事項
                   d.本投資法人の財務経理に関する事項
                   e.本投資法人の資金調達に関する事項(資金調達方法の検討、金融機関との交渉を
                     含みます。)
                   f.本投資法人の投資主に対する収益の分配に係る基本方針の策定・変更に関する事
                     項
                   g.本投資法人の資産運用の実績評価、ポートフォリオ分析の確認に関する事項
                   h.本投資法人の法定帳簿等帳簿・帳票類の写しの確認に関する事項
                   i.本投資法人の財産の運用状況管理に関する事項(資産管理計画の策定及び変更を
                     含みます。)
                   j.本投資法人の管理に関する事項
                   k.本投資法人のIRに関する事項
                   l.法人関係情報管理に関する事項
                   m.本資産運用会社の経営全般についての企画・立案に関する事項
                   n.本資産運用会社の人事、給与、厚生、労務及び秘書に関する事項
                   o.本資産運用会社の総務、文書及び管財に関する事項
                   p.本資産運用会社の諸規則・規程の制定・改廃に関する事項
                   q.本資産運用会社の株式、株主及び株主総会に関する事項
                   r.本資産運用会社の取締役会の事務局に関する事項
                   s.本資産運用会社の経理、予算及び決算に関する事項
                   t.本資産運用会社の諸官庁等との渉外に関する事項
                   u.本資産運用会社が許認可又は登録を受けている資格に関する法令等対応書面、申
                     請書類その他重要な文書等の保管に関する事項
                   v.電算システム、情報基盤(ITインフラ)の管理・構築に関する事項
                   w.本投資法人及び本資産運用会社の広報、情報開示に関する事項
                   x.前記a.からw.に付随する事項
                                 19/277











                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            組織名                        業務範囲
          コンプライアン          a.法令・規則の要件に準拠した内部統制制度を含むコンプライアンスの枠組みの立
          ス・リスク管理            案に関する事項
          室及びコンプラ          b.社内規則が法令・規則に整合していることの確認に関する事項
          イアンス・オ          c.コンプライアンス及びリスク管理に関する役職員の社内教育に関する事項
          フィサー          d.コンプライアンス及びリスク管理に係る役職員に対する助言に関する事項
                   e.本資産運用会社の業務に関連する法令・規則の改廃・新設等に係る社内通知に関
                     する事項
                   f.取引形態等の関連法令・規則の要件への適合性の検証に関する事項
                   g.苦情・トラブル・コンプライアンス違反行為等に対する協議・対応に関する事項
                   h.コンプライアンス・リスク管理委員会の招集及び運営に関する事項
                   i.本資産運用会社全体のリスク管理に関する事項
                   j.広告管理の審査に関する事項
                   k.前記a.からj.に付随する事項
          内部監査室及び          a.内部監査計画書の作成及びそれに基づく定期監査の実施に関する事項
          インターナル・          b.取締役会又は社長の特命等による特別監査の実施に関する事項
          オーディター          c.内部監査報告書の作成及び監査結果の取締役会及び社長への報告に関する事項
                   d.外部に監査を委託する場合の監査担当者との連絡、窓口に関する事項
                   e.前記a.からd.に付随する事項
                                 20/277














                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ハ)   委員会の概要
            投資委員会及びコンプライアンス・リスク管理委員会の概要は、以下のとおりです。
          a. 投資委員会
          委員       社長、各部長、各担当部長、コンプライアンス・オフィサー、外部専門家1名(注)
          審議内容       ⅰ.資産運用の基本方針・予算に関する事項
                  a.運用資産の運用に係る基本的な運用方針・基準(運用ガイドライン(本投資法人に
                    係る運用実施ガイドラインを含みます。以下同じです。)、資金調達計画、資産管
                    理計画、中期運用計画及び年度運用計画)の策定及び変更等
                  b.本投資法人の予算策定に関する事項
                  c.前記a.からb.に付随する事項
                ⅱ.個別の資産運用業務に関する事項
                  a.資産の取得の可否並びに取得価格及び取得交渉に係る方針(リスク管理に関する事
                    項を含みます。)の策定及び変更
                  b.資産の運用及び管理に関する事項(オペレーターの選定及び業務委託契約の締結の
                    可否に関する事項を含みます。)
                  c.個別資産に係る年間の運用及び維持管理計画の策定
                  d.資産の譲渡の可否並びに譲渡価格、譲渡代金の使途及び譲渡交渉に係る方針の策定
                    及び変更
                  e.運用実績及び実績管理手法の方策検討の指示及びその承認
                  f.前記a.からe.に付随する事項
          審議方法等        委員は、1人につき1個の議決権を有するものとし(ただし、コンプライアンス・オフィ
                サーは議決権を有しませんが、コンプライアンス上の問題がある場合は、差し戻すことがで
                きるものとします。)、投資委員会における決議は議決権を有する委員の3分の2以上の出
                席(ただし、コンプライアンス・オフィサー及び外部専門家は必ず出席するものとしま
                す。)及び出席委員全員の賛成により行うものとします。ただし、やむを得ない事情によ
                り、委員会に出席できない場合は、出席者と同等の資料の交付及び説明を受けた上で、書面
                又はE-mailにより意思表明をすることができます。
                 ただし、委員が次の各号に掲げる場合に該当するとき、当該委員は当該各号に該当する議
                案について議決権を有しません。また、当該委員の数は、議決に加わることができる委員及
                び出席委員の数に算入しません。
                  a.委員が会社法における特別利害関係人に該当する場合、その議案
                  b.委員が利害関係者(個人)(利害関係者(後記「第二部                             投資法人の詳細情報 第
                    3  管理及び運営 2         利害関係人との取引制限 (2)               利害関係者取引規則」に定
                    義します。以下同じです。)に該当する者が個人である場合の当該個人をいいま
                    す。以下同じです。)である委員又は利害関係者(法人)(利害関係者に該当する
                    者が法人である場合の当該法人をいいます。以下同じです。)の役員若しくは使用
                    人の地位を現に有する委員に該当する場合、その議案
         (注) 本書の日付現在、外部専門家には、本投資法人及び本資産運用会社との間に特別の利害関係を有していない不動産鑑定士1名が
           就任しています。
                                 21/277







                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b. コンプライアンス・リスク管理委員会
          委員       社長、コンプライアンス・オフィサー、各部長、各担当部長及び外部専門家1名(注)
          審議内容       ⅰ.コンプライアンス・リスク管理の基本方針に関する事項
                  a.コンプライアンス規則の策定及び変更
                  b.コンプライアンス・マニュアルの策定及び変更
                  c.コンプライアンス・プログラムの策定及び変更
                  d.リスク管理規則の策定及び変更
                  e.リスク管理方針の策定及び変更その他社内のコンプライアンス及びコンプライアン
                    ス体制に関する事項
                  f.前記a.からe.に付随する事項
                ⅱ.個別の資産運用業務に係るコンプライアンス・リスク管理に関する事項
                  a.コンプライアンス上不適切な行為又はそのおそれがある行為に対する改善措置又は
                    将来における未然防止措置等の必要な措置
                  b.利害関係者間取引(後記「第二部                  投資法人の詳細情報 第3             管理及び運営 2
                    利害関係人との取引制限 (2)               利害関係者取引規則」に定義します。以下同じで
                    す。)
                  c.利害関係者(法人)の役員又は使用人との間の取引
                  d.運用ガイドラインにおいて規定外である取引又は条件付きで認められている取引
                  e.年度運用計画に定める取得金額の範囲を超える取引
                  f.前記a.からe.に付随する事項
                ⅲ.その他のコンプライアンス・リスク管理に関する事項
                  a.運用資産の運用に係る基本的な運用方針・基準(運用ガイドライン、資金調達計
                    画、資産管理計画、中期運用計画及び年度運用計画)の策定及び変更等
                  b.規則等の策定及び改廃(ただし、当該規則等又は規則等管理規則に基づきコンプラ
                    イアンス・リスク管理委員会の決議が必要とされる場合に限ります。)
                  c.コンプライアンス・オフィサーが随時定める事項に係るコンプライアンスに関する
                    事項
                  d.前記a.からc.に付随する事項
          審議方法等        委員は、1人につき1個の議決権を有するものとし、コンプライアンス・リスク管理委員
                会における決議は議決権を有する委員の3分の2以上の出席(ただし、コンプライアンス・
                オフィサー及び外部専門家は必ず出席するものとします。)及び出席委員全員の賛成により
                行うものとします。ただし、やむを得ない事情により、委員会に出席できない場合は、出席
                者と同等の資料の交付及び説明を受けた上で、書面又はE-mailにより意思表明をすることが
                できます。
                 ただし、委員が次の各号に掲げる場合に該当するとき、当該委員は当該各号に該当する議
                案について議決権を有しません。また、当該委員の数は、議決に加わることができる委員及
                び出席委員の数に算入しません。
                  a.委員が会社法における特別利害関係人に該当する場合、その議案
                  b.委員が利害関係者(個人)である委員又は利害関係者(法人)の役員若しくは使用
                    人の地位を現に有する委員に該当する場合、その議案
         (注) 本書の日付現在、外部専門家には、本投資法人及び本資産運用会社との間に特別の利害関係を有していない、運用資産の投資及
           び運用に関して専門的な知識を有する弁護士1名が就任しています。
                                 22/277






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③ 投資運用の意思決定機構
          本資産運用会社は、本投資法人から資産運用の一任を受けた資産運用会社として、本投資法人の資産運用に
         関連し、運用ガイドラインを作成し、投資方針、利害関係者との取引のルール、分配の方針、開示の方針等の
         投資運用に関する基本的な考え方について定めます。
          また、本資産運用会社は、本投資法人の資産運用に関連し、運用ガイドラインに従い、資産管理計画書等
         (資産管理計画書のほか、中期運用計画及び年度運用計画を含みます。以下同じです。)を作成し、運用ガイ
         ドラインに定める投資方針、利害関係者との取引のルールに従い、投資資産を選定し、その取得を決定しま
         す。
         (イ)   投資方針及び資産管理計画書の策定及び変更に関する事項

            投資方針の策定及び変更については、起案部署であるインフラ・ファンド運用部が起案し、コンプライア
           ンス・オフィサーの事前確認及び承認、コンプライアンス・リスク管理委員会の審議及び決議並びに投資委
           員会の審議及び決議を経て、取締役会に上程され、取締役会において審議及び決議されることにより、策定
           又は変更されます。ただし、当該投資方針の策定又は変更が、利害関係者との取引に関する事項の策定又は
           変更である場合には、取締役会の決議後、さらに本投資法人の役員会に上程され、本投資法人の役員会にお
           いて審議及び承認されることにより、策定又は変更されます。なお、かかる意思決定手続の各過程において
           承認されず又は否決された議案は、起案部署に差し戻されるものとします。
            資産管理計画書の策定及び変更については、起案部署が、資産管理計画書の策定の場合には財務経理部に
           なり、変更の場合には、変更の内容に対応した所管部署になるほか、投資方針の策定及び変更と同様の手続
           で決定されます。
         (ロ)   対象資産の取得及び譲渡に関する事項

            対象資産の取得及び譲渡については、起案部署であるインフラ・ファンド運用部が起案し、コンプライア
           ンス・オフィサーの事前確認及び承認、コンプライアンス・リスク管理委員会の審議及び決議並びに投資委
           員会の審議及び決議を経て、取締役会に上程され、取締役会において審議及び決議されることにより、実行
           されます。ただし、当該対象資産の取得及び譲渡が、利害関係者間取引に該当する場合には、取締役会の決
           議後、さらに本投資法人の役員会に上程され、本投資法人の役員会において審議及び承認されることによ
           り、実行されます。なお、かかる意思決定手続の各過程において承認されず又は否決された議案は、起案部
           署に差し戻されるものとします。
                                 23/277











                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                   <投資方針及び資産管理計画書の策定及び変更
                並びに対象資産の取得及び譲渡に関する意思決定フロー図>
         (注1) 投資方針の策定並びに対象資産の取得及び譲渡についてはインフラ・ファンド運用部が起案部署となり、資産管理計画書の策










            定については財務経理部が起案部署になります。
         (注2) 投資方針及び資産管理計画書の策定若しくは変更が、利害関係者との取引に関する事項の策定若しくは変更である場合又は対
            象資産の取得若しくは譲渡が、利害関係者間取引に該当する場合。
         (ハ)   対象資産の賃貸及び管理並びに資産管理業務等の委託に関する事項

            対象資産の賃貸及び管理並びに資産管理業務等の委託については、起案部署であるインフラ・ファンド運
           用部が起案し、コンプライアンス・オフィサーの事前確認及び承認、コンプライアンス・リスク管理委員会
           の審議及び決議並びに投資委員会の審議及び決議を経て、取締役会に上程され、取締役会において審議及び
           決議されることにより、実行されます。ただし、当該対象資産の賃貸及び管理並びに資産管理業務等の委託
           が、利害関係者間取引に該当する場合には、取締役会の決議後、さらに本投資法人の役員会に上程され、本
           投資法人の役員会において審議及び承認されることにより、実行されます。なお、かかる意思決定手続の各
           過程において承認されず又は否決された議案は、起案部署に差し戻されるものとします。
                                 24/277






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ④ 投資運用に関するリスク管理体制の整備状況
          本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人の資産運用に関する諸リスクに対し、以下のとおりリスク管
         理体制を整備しています。
         (イ)   本投資法人のリスク管理体制

          a. 役員会
            本投資法人は、業務執行の意思決定及び執行役員に対する監督機関として役員会が十分に機能し、執行役
           員が本投資法人のために忠実にその職務を遂行するよう努めています。本投資法人の定時役員会は、3か月
           に1回以上開催され、定時役員会において、執行役員は、本資産運用会社、一般事務受託者及び資産保管会
           社の業務執行状況等を報告するものとされています。
          b. 本資産運用会社への牽制

            本投資法人と本資産運用会社との間で締結された資産運用委託契約には、本資産運用会社が規約の基準に
           従って運用ガイドラインを策定すること及び投信法、規約、運用ガイドラインその他の本資産運用会社の社
           内諸規則に従って委託業務を遂行することが定められています。また、本資産運用会社が策定する資産管理
           計画、年度運用計画等につき本投資法人の承認を要求し、かつ、本投資法人に対する報告義務を本資産運用
           会社に負わせることにより、本投資法人の投資リスクを管理しています。
          c. 内部者取引管理規則

            本投資法人は、内部者取引管理規則を制定し、役員によるインサイダー取引等(インサイダー情報を利用
           した取引その他の不適切な取引をいいます。以下同じです。)の防止に努めています。
         (ロ)   本資産運用会社のリスク管理体制

          a. 運用ガイドライン及びリスク管理規則の策定・遵守
            本資産運用会社は、投資方針、分配の方針及び開示の方針等の投資運用に関する基本的な考え方について
           定めた運用ガイドラインを策定しており、かかる運用ガイドラインを遵守することにより、投資運用に係る
           リスクの管理に努めています。
            本資産運用会社は、リスク管理規則において、リスク管理方針、リスク管理部及びリスク管理方法等を規
           定し、主要なリスクとして投資運用リスク、運用資産に関するリスク、財務リスク、法令遵守リスク、事務
           リスク、システムリスク及び事業継続リスクを定義し、それぞれ個別に管理部を定めています。
            また、本資産運用会社では、利害関係者取引規則により、利害関係者との一定の取引について事前にコン
           プライアンス・オフィサーの確認及び承認を得た上で、コンプライアンス・リスク管理委員会の審議・決
           議、投資委員会における審議・決議、取締役会の審議・決議を経て、本投資法人の役員会の事前の承認を得
           るという厳格な手続を経ることが要求されています。さらに、本資産運用会社では、内部者取引管理規則を
           制定し、本資産運用会社の役職員等によるインサイダー取引等の防止に努めています。
          b. 組織体制

            本資産運用会社は、コンプライアンスの徹底を経営の最重要課題の一つと位置付けており、取締役会、コ
           ンプライアンス・オフィサー及びコンプライアンス・リスク管理委員会により、コンプライアンスを推進す
           る体制を整備しています。取締役会は、コンプライアンスの推進に関する基本方針その他の基本的事項を決
           定し、また、コンプライアンスの推進状況について、コンプライアンス・オフィサー及びコンプライアン
           ス・リスク管理委員会に適宜報告を求めることができます。また、取締役会は、投資委員会及びコンプライ
           アンス・リスク管理委員会の外部委員並びにコンプライアンス・オフィサーの任命を決議します。コンプラ
           イアンス・オフィサーは、本資産運用会社内のコンプライアンス体制を確立するとともに、法令やルールを
           遵守する企業風土を醸成することに努めます。なお、コンプライアンス・オフィサーは、運用ガイドライン
           及び資産管理計画書等の制定・変更、個別資産の取得等の議案の上申に際して、所定の必要書類が整ってい
           ることを確認した上で、法令違反等コンプライアンス上の重大な問題の有無につき事前の審査を行います。
           さらに、コンプライアンス・リスク管理委員会の委員長として、本資産運用会社内のコンプライアンスに関
           する事項を統括します。具体的には、コンプライアンス・マニュアル及びコンプライアンス・プログラム等
           のコンプライアンスに関連する規則の立案・整備及びコンプライアンス・プログラムに基づく、本資産運用
           会社の役職員に対する定期的な指導・研修、法令等の遵守状況の検証等の業務を行います。
            インターナル・オーディターは、内部監査担当責任者として、原則として、内部監査計画書に基づいて、
           各部署に対する内部監査及び特定の業務又は課題等に関連するテーマ別の内部監査を年1回以上行わなけれ
           ばなりません。なお、各部署に対する内部監査にテーマ別の内部監査を包括して行うことを妨げられませ
           ん。内部監査担当責任者は、内部監査終了後、内部監査において重要度が高い問題点等が多く発見された場
           合には、改善すべき事項を記載した指摘・改善事項通知書を作成し、被監査部署に対し指摘事項を通知し、
                                 25/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           改善を要請するものとします。内部監査担当責任者は、内部監査終了後遅滞なく合理的証拠に基づき内部監
           査報告書を作成し、被監査部署に通知するとともに、取締役会及び社長に報告しなければなりません。内部
           監 査報告書には、内部監査実施中に発見した重要な指摘事項及び改善要請事項を記載します。被監査部署
           は、内部監査報告書に記載された改善要請事項について、遅滞なく改善しなければなりません。内部監査担
           当責任者は、指摘・改善事項通知書を被監査部署へ提出した際に、当該指摘・改善事項通知書に記載された
           指摘事項及び改善要請事項の内容及び数量等に基づき、改善の必要性が高いと判断した場合には、被監査部
           署の長に改善計画書の提出を求めることができます。内部監査担当責任者は、指摘事項及び改善要請事項の
           是正、改善状況を確認し、取締役会及び社長に報告するものとします。
          c. 利害関係者取引規則

            後記「第二部       投資法人の詳細情報 第3             管理及び運営 2         利害関係人との取引制限 (2)                利害関係
           者取引規則」をご参照ください。
          d. 内部者取引管理規則

            本資産運用会社では、内部者取引管理規則を制定し、本資産運用会社の役職員等によるインサイダー取引
           等の防止に努めています。なお、同規則によれば、本資産運用会社の役職員(退任又は退職後1年を経過し
           ない者を含みます。)等が、本投資口を売買することは、禁止されています。
          e. フォワード・コミットメント等

            フォワード・コミットメント等(先日付での売買契約であって、契約締結から1か月以上経過した後に決
           済(物件引渡し)を行うこととしているもの及びその他これに類する契約をいいます。以下同じです。)に
           係る物件は、決済までの間、本投資法人の貸借対照表には計上されずオフバランスとなりますが、当該期間
           中の当該物件の価格変動リスクは本投資法人に帰属することになります。このため、本投資法人は、過大な
           フォワード・コミットメント等が本投資法人の財務に与える影響の大きさを勘案し、原則として、解約によ
           り違約金等の負担が生じるフォワード・コミットメント等を行いません。フォワード・コミットメント等を
           締結する際には、あらかじめ慎重に検討し対応し、フォワード・コミットメント等に係る規則を遵守するも
           のとし、当該リスクを管理します。
                                 26/277












                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (5)【投資法人の出資総額】
                                          (本書の日付現在)
         出資総額(純額)(注1)                                    32,787百万円
         発行可能投資口総口数                                    10,000,000口

         発行済投資口の総口数                                     412,075口

         最近5年間における出資総額(純額)及び発行済投資口の総口数の増減は、以下のとおりです。

                        出資総額(純額)(百万円)              発行済投資口の総口数(口)
           年月日        摘要                                    備考
                          増減       残高       増減       残高
           2018年
                 私募設立           100       100      1,000       1,000     (注2)
          8月3日
           2019年
                 公募増資          7,948       8,048       90,000       91,000     (注3)
          2月12日
           2019年
                第三者割当増資             72      8,121        825      91,825     (注4)
          3月13日
                利益を超える金
           2020年
                銭の分配(出資           △232       7,889         -     91,825     (注5)
          2月21日
                 の払戻し)
           2020年
                 公募増資         20,645       28,535       245,000       336,825      (注6)
          12月1日
           2020年
                第三者割当増資           1,032       29,567       12,250       349,075      (注7)
          12月23日
                利益を超える金
           2021年
                銭の分配(出資           △307       29,259         -     349,075      (注8)
          2月19日
                 の払戻し)
                利益を超える金
           2022年
                銭の分配(出資          △1,170        28,088         -     349,075      (注9)
          2月21日
                 の払戻し)
                利益を超える金
           2022年
                銭の分配(出資           △194       27,894         -     349,075      (注10)
          8月19日
                 の払戻し)
           2023年
                 公募増資          5,247       33,141       63,000       412,075      (注11)
          2月10日
                利益を超える金
           2023年
                銭の分配(出資           △353       32,787         -     412,075      (注12)
          2月20日
                 の払戻し)
         (注1) 出資総額から出資総額控除額を差し引いた金額を記載しています。なお、一時差異等調整引当額に係る利益超過分配の実
            施に伴う出資総額控除額については考慮していません。
         (注2) 本投資法人の設立に際して、1口当たり発行価格100,000円で投資口を発行しました。
         (注3) 1口当たり発行価格92,000円(発行価額88,320円)にて太陽光発電設備等の取得資金の調達等を目的とした公募により新
            投資口を発行しました。
         (注4) 1口当たり発行価額88,320円にて借入金の返済又は将来の特定資産の取得資金の一部に充当する目的で、第三者割当によ
            る新投資口の発行を行いました。
         (注5) 2020年1月10日開催の本投資法人役員会において、第2期(2019年11月期)に係る金銭の分配として、1口当たり2,530円
            の利益を超える分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を行うことを決議し、2020年2月21日よりその
            支払を開始しました。
         (注6) 1口当たり発行価格88,452円(発行価額84,268円)にて太陽光発電設備等の取得資金の調達等を目的とした公募により新
            投資口を発行しました。
         (注7) 1口当たり発行価額84,268円にて、手元資金として、借入金の一部返済、将来の特定資産の取得資金又は運転資金の全部
            又は一部に充当する目的で、第三者割当による新投資口の発行を行いました。
         (注8) 2021年1月14日開催の本投資法人役員会において、第3期(2020年11月期)に係る金銭の分配として、1口当たり3,354円
            の利益を超える分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を行うことを決議し、2021年2月19日よりその
            支払を開始しました。
         (注9) 2022年1月14日開催の本投資法人役員会において、第4期(2021年11月期)に係る金銭の分配として、1口当たり3,354円
            の利益を超える分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を行うことを決議し、2022年2月21日よりその
            支払を開始しました。
                                 27/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (注10) 2022年7月15日開催の本投資法人役員会において、第5期(2022年5月期)に係る金銭の分配として、1口当たり557円の
            利益を超える分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を行うことを決議し、2022年8月19日よりその支
            払を開始しました。
         (注11) 1口当たり発行価格87,555円(発行価額83,289円)にて太陽光発電設備等及び風力発電設備等の取得資金の調達等を目的
            とした公募により新投資口を発行しました。
         (注12) 2023年1月13日開催の本投資法人役員会において、第6期(2022年11月期)に係る金銭の分配として、1口当たり1,013円
            の利益を超える分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を行うことを決議し、2023年2月20日よりその
            支払を開始しました。
                                 28/277


















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (6)【主要な投資主の状況】
         2022年11月30日現在における主要な投資主は、以下のとおりです。
                                                  発行済投資口の
                                            所有
                                                  総口数に対する
        氏名又は名称                     住所              投資口数
                                                  所有投資口数の
                                            (口)
                                                   割合(%)
     伊藤忠エネクス株式会社             東京都千代田区霞が関3丁目2-5                           8,286            2.3

     日本マスタートラスト信託
                  東京都港区浜松町2丁目11番3号                           4,891            1.4
     銀行株式会社(信託口)
     株式会社福岡銀行             福岡県福岡市中央区大手門1丁目8-3                           4,727            1.3
     株式会社愛知銀行             愛知県名古屋市中区栄3丁目14番12号                           3,570            1.0

     大和信用金庫             奈良県桜井市桜井281-11                           3,200            0.9

     山田 みち子             千葉県柏市                           3,108            0.8

     三井住友信託銀行株式会社             東京都千代田区丸の内1丁目4-1                           2,899            0.8

     株式会社福邦銀行             福井県福井市順化1丁目6番9号                           2,720            0.7

     株式会社東日本銀行             東京都中央区日本橋3丁目11番2号                           2,607            0.7
     株式会社日本カストディ銀
                  東京都中央区晴海1丁目8-12                           2,468            0.7
     行(信託口)
                      合計                       38,476            11.0
      (注)    発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合は、小数第2位を切捨てにより記載しています。
                                 29/277













                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     2【投資方針】
      (1)【投資方針】
        ① 本投資法人の基本理念及び特徴
         (イ)   本投資法人の基本理念
          a. 再生可能エネルギー発電設備等への投資
            本投資法人は、二酸化炭素(CO               )をほとんど排出しない地球にやさしい再生可能エネルギー(注1)の普
                          2
           及・拡大を通じて、地球環境への貢献と持続可能な社会の実現を目指し、そのために主として再生可能エネ
           ルギー発電設備等への投資を行います。
            我が国は、石油をはじめとするエネルギー資源の大部分を海外に依存しており、一次エネルギー(注2)自
           給率(推計値)が2020年度において11.2%にとどまるなど、その脆弱なエネルギー供給構造の解決がエネル
           ギー安全保障の観点から課題となっています。また、近年、地球温暖化が世界的な問題となるなど、人の活
           動の基盤である地球環境を保護し、将来にわたって持続可能な社会を実現することに対する関心が高まって
           おり、化石燃料から枯渇の懸念がなくCO                    を排出しないエネルギー源への移行が国際的に求められていま
                              2
           す。
            こうしたエネルギー安全保障の観点や環境意識の高まりを背景として、再生可能エネルギーの利用拡大に
           対しては国民からの強い期待が寄せられています。また、政府としても、2021年10月に策定した「第6次エ
           ネルギー基本計画」において、再生可能エネルギーについて、重要な脱炭素の国産エネルギー源として、主
           力電源化を徹底することとしています。このような状況に鑑み、本投資法人は社会インフラとして拡大が強
           く期待される再生可能エネルギー発電設備等への投資を行います。
           (注1) 「再生可能エネルギー」とは、太陽光、風力、水力、地熱及びバイオマスをいいます。以下同じです。
           (注2) 「一次エネルギー」とは、石油、石炭、天然ガス、太陽光や風力等の再生可能エネルギー及び原子力等、自然界に存在
              し、加工や変換する前のエネルギーをいいます。
          b. スポンサー・グループによる全面的なサポート

            本投資法人のスポンサーは、再生可能エネルギー発電事業又は当該事業に対する金融取引に関する実績が
           豊富な、伊藤忠エネクス(出資比率(注1)50.1%)、三井住友信託銀行(出資比率22.5%)、マーキュリア
           インベストメント(出資比率22.5%)及びマイオーラ(出資比率4.9%)の4社であり(スポンサーの詳細
           については、後記「④           スポンサーの概要」をご参照ください。)、本投資法人は、スポンサーとの間でそ
           れぞれの多様な特性及び強みを活かしたスポンサー・サポート契約を締結しています。
            伊藤忠エネクスを中心とするスポンサー・グループ(各スポンサーのグループ会社を含みます。以下同じ
           です。)は、スポンサー・サポート契約に基づき、自らが開発した物件を本投資法人に売却することによ
           り、売却によって得た資金をさらなる物件開発に充てることが可能となります。また、スポンサーとして参
           画し、本投資法人に様々なソーシングルートやノウハウを提供することにより、再生可能エネルギー発電事
           業及び当該事業に対する金融取引に関する実績を積み重ねていくことが可能となります。
            スポンサー・グループは、このような本投資法人との互恵的協働関係を背景に、スポンサー・サポート契
           約を通じて、スポンサー・グループが開発・保有する再生可能エネルギー発電設備等(当該再生可能エネル
           ギー発電設備等に係る再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を含みます。以下、本b.において同じ
           です。)に関するパイプライン・サポート(詳細については、後記「⑤                                  継続的な外部成長を可能とするス
           ポンサー・グループによる強力なパイプライン・サポート (イ)                               スポンサーの保有する多様なパイプライ
           ン」をご参照ください。)及びスポンサー以外が保有する再生可能エネルギー発電設備等に関するソーシン
           グルート、ウェアハウジング機能(注2)、並びに再生可能エネルギー発電事業から資金調達に及ぶ多種多様
           なノウハウ等を本投資法人に提供し、本投資法人の着実な資産規模の拡大と堅実かつ効率的な設備運営の実
           現を全面的にサポートします(スポンサー・グループによるサポートの内容の詳細については、後記「⑦
           スポンサー・サポート契約の概要」をご参照ください。)。
           (注1) 「出資比率」は、本書の日付現在の本資産運用会社の発行済株式総数に対する各スポンサーの所有株式数の比率(ただ
              し、マーキュリアインベストメントについては、本書の日付現在の本資産運用会社の発行済株式総数に対する、マー
              キュリアインベストメントの完全親会社である株式会社マーキュリアホールディングス(以下「マーキュリアホール
              ディングス」といいます。)の所有株式数の比率)を、小数第2位を四捨五入して記載しており、また、マイオーラ
              は、Maiora     Research    Japan合同会社を経由して本資産運用会社に出資しています。以下同じです。
           (注2) 「ウェアハウジング機能」とは、将来における本投資法人による再生可能エネルギー発電設備等の取得を実現するため
              に、スポンサーにおいて、第三者が保有又は運用している再生可能エネルギー発電設備等を取得し、一時的に保有する
              機能をいいます。以下同じです。
                                 30/277



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      <スポンサー・グループによるサポートの内容>
           (注)  上記サポートの内容に関する詳細については、後記「⑦                         スポンサー・サポート契約の概要」をご参照ください。






          c. 本投資法人の目的

            本投資法人は、伊藤忠エネクスを中心とするスポンサー・グループの幅広いサポートを活用し、再生可能
           エネルギー発電設備等に対し投資運用を行い、着実な資産規模の拡大と安定したキャッシュ・フローの創出
           を目指します。また、本投資法人は、社会インフラとして拡大が強く期待される再生可能エネルギー発電設
           備等への投資機会を提供し、投資主価値の最大化を目指します。
         (ロ)   本投資法人の特徴及び強み

            本投資法人は、前記「(イ)             本投資法人の基本理念」に記載の基本理念に基づき、今後の導入拡大が見込
           まれる再生可能エネルギー発電設備等に特化したポートフォリオを構築し、安定的な運用を行うことによ
           り、投資主価値の最大化を図ります。本投資法人の主な特徴及び強みは、以下の3点です。
            a.    伊藤忠エネクスを中心とするスポンサー・グループからの多様なサポートの活用
            b.    太陽光発電設備等を中心とする再生可能エネルギー発電設備等への投資
            c.    運用ストラクチャー及び賃料スキームにサポートされた長期安定的なキャッシュ・フローの確保
          a. 伊藤忠エネクスを中心とするスポンサー・グループからの多様なサポートの活用

            本投資法人においては、再生可能エネルギー発電事業及び当該事業に対する金融取引のスペシャリストで
           あるスポンサー・グループ各社が、それぞれのノウハウを結集し、再生可能エネルギー発電事業及び資金調
           達に関する幅広いサポート体制を実現しています。
           i.  多様な特性と強みを有する本投資法人のスポンサー・グループ

             (i) 伊藤忠エネクス株式会社
               伊藤忠エネクスは、伊藤忠商事グループ(注1)の一員として1961年に設立されたエネルギー商社
              であり、東京証券取引所プライム市場に上場しています。その経営理念「社会とくらしのパート
              ナー」の下、事業領域に掲げる「社会インフラとしてのエネルギーから、人を育み、くらしと心を
              豊かにするエネルギーまで」を4つの部門(電力・ユーティリティ部門、ホームライフ部門、カー
              ライフ部門及び産業ビジネス部門)において提供してきており、従来型エネルギー(注2)に加えて
              再生可能エネルギーに関しても、主に国内を拠点に幅広い事業を展開しています。電力事業につい
              ては、電源開発から需給管理・販売までを一気通貫で行うビジネスモデルで取り組んでいます。ま
              た、同社は、全国のエネルギー供給のネットワークを用いた再生可能エネルギー発電設備等の開発
              に基づくパイプライン・サポートを提供するとともに、開発済案件を取得するウェアハウジング機
              能を提供することにより、本投資法人の外部成長をサポートするほか、本資産運用会社に対する人
              材提供及び業務サポート(本資産運用会社の役職員に対する研修の実施や本投資法人及び本資産運
              用会社のIT環境構築に関するサポート等)も行います。伊藤忠エネクスの詳細については、後記
              「④   スポンサーの概要 b.スポンサー・グループ各社の概要 ⅰ.                             伊藤忠エネクスの概要」をご参
              照ください。
                                 31/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
              (注1) 「伊藤忠商事グループ」とは、伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」といいます。)及びその関係会社を
                  いいます。以下同じです。
              (注2) 「従来型エネルギー」とは、原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭等のいわゆる化石燃料を原料とするエ
                  ネルギーをいいます。
             (ii)   三井住友信託銀行株式会社

               三井住友信託銀行は、日本における再生可能エネルギー発電事業の草創期から資金提供を行って
              おり、多数の再生可能エネルギー発電事業向けファイナンスの取組実績を有するとともに、金融市
              場及び資金調達環境に対する幅広い知見を保有しています。また、三井住友トラスト・グループ(注
              1)は、国内最大級の機関投資家として、ESG投資(注2)にも積極的に取り組んでいます。加えて、
              三井住友信託銀行は、信託銀行として不動産事業を行ってきた経験や、上場不動産投資法人(以下
              「J-REIT」といいます。)の運営ノウハウも有しています。同社は、国内外における再生可能エネ
              ルギー発電事業に対するノンリコースローンの提供や、機関投資家としての投資を通じた金融取
              引、また、J-REIT運営をはじめとする不動産関連業務における豊富な経験を元に、本投資法人をサ
              ポートします。
              (注1) 「三井住友トラスト・グループ」とは、三井住友トラスト・ホールディングス株式会社並びに連結子会社・子
                  法人等59社(三井住友信託銀行を含みます。)及び持分法適用関連法人等33社(2022年3月31日現在)から構
                  成される企業グループをいいます。
              (注2) 「ESG投資」とは、投資という行動を通じて社会の持続可能性(サステナビリティ)を高めることに貢献しよう
                  とする社会的責任投資(サスティナブル(持続可能)、社会的責任、倫理、環境等の観点に基づく投資のほ
                  か、ESG要因(環境(Environment)、社会(Social)及びガバナンス(Governance)の3つの分野(以下
                  「ESG」と総称します。)に関連する要因をいいます。)を組み入れたあらゆる投資手法をいい、SRI
                  (Socially     Responsible     Investment)とも呼ばれています。)の中で、非財務情報であるESG要因に関して評
                  価の高い企業を選んで投資する手法をいいます。
             (iii)   株式会社マーキュリアインベストメント

               マーキュリアインベストメントは、株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」といいます。)等が
              出資し、同行出身者を創設メンバーとして2005年に設立された資産運用会社です。DBJの他、伊藤忠
              商事、三井住友信託銀行を主要株主とし、約2,171億円(2021年12月末日現在)の資産を運用してい
              ます。同社は、これまで企業投資においては、主として日本国内企業やアジア企業を対象とする成
              長投資ファンドや日本国内企業を対象とするバイアウトファンドを数多く手掛けており、また資産
              投資においては、日本国内の不動産ファンドや香港子会社を通じた海外上場REITの運営のほか、最
              近は航空機リースファンドを運営するなど、多岐にわたる豊富なファンド運用経験を活かし、本投
              資法人の投資戦略の構築や投資家とのコミュニケーション向上に寄与すべく本投資法人をサポート
              します。
             (iv)   マイオーラ・アセットマネジメントPTE.                   LTD.

               (Maiora     Asset   Management      Pte.   Ltd.)
               マイオーラは、2010年にシンガポールにて設立され、本書の日付現在、マイオーラとその関連会
              社は、シンガポールの他、東京、台湾及びスペインに拠点を置き、不動産、再生可能エネルギー
              (太陽光発電)への豊富な投資実績を保有しています。同社の主要メンバーは、1990年代以降の日
              本での金融、不動産事業の経験を活かして、2012年に日本国内の太陽光発電事業への投資を開始し
              ました。これまでの太陽光発電事業への投資案件は、2023年1月末日現在、開発中案件を含み、パ
              ネル出力(注)換算にして日本で196.3MW、世界全体で1.25GWを超えています。マイオーラは、再生可
              能エネルギー投資におけるその専門性を活かし、本投資法人をサポートします。
              (注) 実際の太陽光発電設備の出力は、当該設備の太陽電池モジュール容量とPCS(パワーコンディショニングサブシス
                 テム)容量のいずれか小さい方の数値となるため、パネル出力よりも小さくなる可能性があります。以下同じで
                 す。また、以下、別途明示しない限り、太陽光発電設備の出力はいずれもパネル出力を意味するものとします。
             ii.    豊富な外部成長機会

                本投資法人は、スポンサー・サポート契約を通じて、エネクスグループ及びマイオーラが有する
               安定した物件開発能力に裏打ちされた将来にわたるパイプライン供給及びこれまでの取引実績に支
               えられた強固なソーシングルートを活かした豊富な外部成長機会を有しています。
                本投資法人の2022年11月末日時点のポートフォリオは、太陽光発電設備等9物件で構成され、こ
               れらの資産の評価価値(注)の合計は619.38億円であり、合計パネル出力は155.5MWです。これらの
               資産のうち、JEN防府太陽光発電所及びJEN玖珠太陽光発電所はエネクスグループが開発した物件、
               高萩太陽光発電所、鉾田太陽光発電所及び松阪太陽光発電所はマイオーラが開発した物件、千代田
               高原太陽光発電所はマイオーラ、長崎琴海太陽光発電所は伊藤忠エネクスが各々ソーシング(情報
               提供)し、エネクスグループが所有していた物件、新城太陽光発電所は伊藤忠エネクスがソーシン
                                 32/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
               グした物件です。本投資法人は、このようにスポンサー各社が有するパイプライン及びソーシング
               ルートに支えられてポートフォリオを構築しています。
              (注) 評価価値は、PwCサステナビリティ合同会社より取得した、2022年11月30日を価格時点とするバリュエーションレ
                  ポートに記載の各発電所の評価価値のレンジの中から、本投資法人が規約第41条第1項第1号に従い算出した
                  中間値を用いています。以下同じです。
                これらに加えて、本投資法人は、スポンサー・サポート契約に基づき、スポンサーが有するパイ

               プライン物件を優先的に取得することができます。本書の日付現在において、稼働中又は建設中の
               パイプライン物件は、太陽光発電設備等が6物件(設備容量(注1):70.3MW)、水力発電設備等が
               3物件(設備容量:8.8MW)、合計で9物件(設備容量:79.2MW)となっており、本投資法人は当
               該9物件のパイプライン物件の優先的売買交渉権(優先的売買交渉権の詳細は、後記「⑦                                          スポン
               サー・サポート契約の概要」をご参照ください。以下同じです。)の取得を予定しています(注
               2)。本投資法人は、今後も継続的に、エネクスグループを含めたスポンサー・グループからのス
               ポンサー・サポートを受けながら、外部成長を行っていくことを目指します。
                このようなスポンサーのパイプラインに加えて、本投資法人は、スポンサーの豊富な取引実績に
               裏打ちされた強固なソーシングルートを活用し、本投資法人の投資基準に合う再生可能エネルギー
               発電設備等を外部の第三者からも積極的に取得することを目指しています。なお、これらの外部の
               第三者からの取得案件についても、本投資法人が外部から直接取得するスキームに加え、一度スポ
               ンサーが外部から取得した後に本投資法人が取得するスキームを採用することにより、売却時期が
               限定的かつ短期間での検討が必要なケースにおいても機動的に資産を取得したり、資産に瑕疵等が
               ある場合にスポンサーが保有する間にこれを是正して本投資法人の投資対象として妥当性を確保し
               たり、本投資法人による取得の際に対象となる資産についてスポンサー・サポートを得たりするこ
               とが可能になり、スポンサーのウェアハウジング機能を活用した機動的かつ柔軟な物件取得が実現
               できると考えています(詳細については、後記「⑤                        継続的な外部成長を可能とするスポンサー・
               グループによる強力なパイプライン・サポート」及び「⑥                            伊藤忠エネクスを中心とするスポン
               サー・グループからの多様なサポートの活用 (イ)                        セカンダリーマーケットにおける豊富なソー
               シングルート」をご参照ください。)。
                また、本資産運用会社は、スポンサー・パイプライン以外にも、本資産運用会社独自の積極的な
               ソーシング活動により外部成長を企図します。本投資法人は、第三者より風力発電所(設備容量:
               104.5MW)の優先的売買交渉権を獲得しており、今後も風力発電所の取得を目指します(注2)。
              (注1) 太陽光発電所の設備容量はパネル出力に、風力発電所及び水力発電所の出力は発電機の定格出力に基づきま
                  す。以下同じです。
              (注2) 本書の日付現在、これらのパイプライン物件について、本投資法人が取得を決定した事実はなく、また将来的
                  に本投資法人に組み入れられる保証もありません。また、今後の計画によっては、設備容量が予定より増減す
                  る可能性があります。なお、パイプラインのひとつである新潟県妙高市所在の発電所(第三発電所)について
                  は、本書の日現在、固定価格買取制度の対象としない形で運営がなされており、固定価格買取制度の下で電気
                  事業者(再エネ特措法第2条第4項に定める電気事業者をいいます。以下同じです。)による再エネ特措法第
                  9条第4項に定める認定(以下「事業計画認定」又は単に「認定」といいます。)は取得していません。な
                  お、本投資法人は、原則として、再生可能エネルギー発電事業の実施に関する計画について経済産業大臣によ
                  る認定を受け、再生可能エネルギー発電設備に係る事業計画認定を受けた者(以下「認定事業者」といいま
                  す。)が既に買取電気事業者との間で特定契約(注3)を締結し、接続電気事業者との系統連系が完了し、か
                  つ、当該特定契約に基づく電気の供給を既に開始した再生可能エネルギー発電設備等に投資します。そのた
                  め、固定価格買取制度の対象とならない資産については、本投資法人の原則的な投資対象には含まれません。
              (注3) 「特定契約」とは、調達期間を超えない範囲内の期間にわたり、認定事業者が電気事業者に対し再生可能エネ
                  ルギー発電設備で発電した電気を供給することを約し、電気事業者が調達価格によりこれを調達することを約
                  する契約をいい、以下「売電契約」ともいいます。以下同じです。
            iii. 再生可能エネルギー発電設備等の運営・管理に関するノウハウ及び本投資法人の運営に関するサ
               ポートの享受
               スポンサーは、発電事業の運営や発電設備の維持管理運営を行う人材の提供をはじめとする、再
              生可能エネルギー発電設備等の管理・運営に関するサポートを提供します(再生可能エネルギー発
              電設備等の管理・運営に関するサポートの詳細については、後記「⑥                                伊藤忠エネクスを中心とする
              スポンサー・グループからの多様なサポートの活用 (ロ)                            本投資法人の運営及び再生可能エネル
              ギー発電設備の運営・管理に関するサポート b.                       再生可能エネルギー発電設備の運営・管理に関す
              るリソースの活用」をご参照ください。)。
               また、スポンサーは、再生可能エネルギーに関するマーケットリサーチの提供をはじめとする本
              投資法人の運営に関するサポートも提供します(本投資法人の運営に関するサポートの詳細につい
              ては、後記「⑥        伊藤忠エネクスを中心とするスポンサー・グループからの多様なサポートの活用 
              (ロ)   本投資法人の運営及び再生可能エネルギー発電設備の運営・管理に関するサポート a.                                         本投
              資法人の運営に関するリソースの活用」をご参照ください。)。
               本投資法人は、このようなスポンサーの再生可能エネルギー発電設備等の管理・運営に関するノ
              ウハウを通じた賃料収入の長期安定化及び本投資法人の運営に関するサポートを享受することによ
                                 33/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
              り、発電設備等の取得後においても高い収益性を維持し、かつ安定した運営を行うことができると
              考えています。
                                 34/277




















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            iv.    強固なバンクフォーメーションの構築による財務の安定化
               本投資法人は、スポンサーである三井住友信託銀行を中心とした強固なバンクフォーメーション
              (借入れに係る金融機関の構成)の構築を目指します。すなわち、本投資法人は、J-REITへの豊富
              な貸付実績を有するのみならず、再生可能エネルギー発電事業に対するプロジェクト・ファイナン
              ス(注)等の金融取引の豊富な経験をも有する本邦唯一の専業信託銀行であり、本投資法人のスポン
              サーでもある三井住友信託銀行を中心に、複数の金融機関との間で強固な取引関係を築くことで、
              財務の安定化を図るとともに、運用資産の着実な成長を達成する最適な財務基盤を構築することを
              目指します。
           (注) 「プロジェクト・ファイナンス」とは、プロジェクトに対する資金調達手法であり、当該プロジェクトから生み出される
              物又はサービスの対価に基づくキャッシュ・フローのみを返済原資とするものをいいます。
          b. 太陽光発電設備等を中心とする再生可能エネルギー発電設備等への投資

            再生可能エネルギーは、自然の中に豊富に存在し、エネルギー安全保障の観点から重要な国産エネルギー
           資源として位置付けられています。2015年には、国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)が開催
           され、温室効果ガスの排出削減に向けてパリ協定が採択され、2016年11月に発効しました。また、2015年9
           月に国連総会で「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、2016年11
           月に国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)が開催されるなど、持続可能な社会の実現に対する
           国際的な関心が高まっています。さらに、2017年11月に開催された国連気候変動枠組条約第23回締約国会議
           (COP23)では、2020年以降の温室効果ガスの削減に係る計画や各国における排出量の報告及び評価の仕組
           み等について、各国の意見をとりまとめた文書が作成され、パリ協定の指針に関する協議が行われました。
           このような中、再生可能エネルギーは、利用時にCO                        をほとんど排出しないため、温室効果ガスの削減に大
                                   2
           きく貢献することが期待されています。
            これらを背景に、経済産業省も、2015年7月に決定した「長期エネルギー需給見通し」において再生可能
           エネルギーの最大限の導入拡大を掲げており、固定価格買取制度をはじめとした様々な導入推進策がとられ
           ています(詳細については、後記「②                  太陽光発電設備等をはじめ、風力発電設備等や水力発電設備等など
           の再生可能エネルギー発電設備等への投資 (イ)                        再生可能エネルギー発電事業の概要」をご参照くださ
           い。)。また、2021年10月には、「第6次エネルギー基本計画」が閣議決定されました。かかる基本計画に
           おいては、再生可能エネルギーを、温室効果ガスを排出しない脱炭素エネルギー源であるとともに、国内で
           生産可能なことからエネルギー安全保障にも寄与できる有望かつ多様で、重要な国産エネルギー源であると
           位置付けた上で、2050年カーボンニュートラル及び2030年度の温室効果ガス排出削減目標の実現を目指し、
           エネルギー政策の原則であるS+3E(注)を大前提に、電力部門の脱炭素化に向け、再生可能エネルギーの主
           力電源化を徹底し、再生可能エネルギーに最優先の原則で取り組み、国民負担の抑制と地域との共生を図り
           ながら最大限の導入を促すものとされています。
            本投資法人は、このようなサスティナブル(持続可能)な社会の実現に対する国際的な関心の高まりや政
           府による導入推進策に牽引される再生可能エネルギーの導入拡大の可能性に着目し、主として再生可能エネ
           ルギー発電設備等に投資します。
            なお、本投資法人は、運転開始までの時間が短く、メンテナンスも比較的容易であることから、太陽光発
           電設備等に関する再生可能エネルギー発電設備等を中心に投資しますが、再生可能エネルギー源(再エネ特
           措法第2条第3項に定める、太陽光、風力、水力、地熱及びバイオマス(動植物に由来する有機物であって
           エネルギー源として利用することができるもの(原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭並びにこれらか
           ら製造される製品を除きます。)をいいます。以下同じです。)の分散及び太陽光発電設備等以外の再生可
           能エネルギー発電設備等の導入拡大の観点から、太陽光発電設備等と同様に固定価格買取制度が適用され、
           安定した収益を期待することができる風力発電設備等や水力発電設備等をはじめとする、太陽光発電設備等
           以外の再生可能エネルギー発電設備等に対する投資も検討します。詳細については、後記「⑤                                            継続的な外
           部成長を可能とするスポンサー・グループによる強力なパイプライン・サポート (イ)                                         スポンサーの保有
           する多様なパイプライン」をご参照ください。
          (注) エネルギー政策を進める上の大原則としての、安全性(Safety)を前提とした上で、エネルギーの安定供給(Energy
             Security)を第一とし、経済効率性の向上(Economic                     Efficiency)による低コストでのエネルギー供給を実現し、同時
             に、環境への適合(Environment)を図る視点をいいます。
          c. 運用ストラクチャー及び賃料スキームにサポートされた長期安定的なキャッシュ・フローの確保

            本投資法人が2022年11月末日時点で保有する9物件は、全て固定価格買取制度が適用される太陽光発電設
           備等です。固定価格買取制度においては、発電事業者(注1)が再生可能エネルギー源を利用して発電した電
           気を、電気事業者(注2)が固定の調達期間にわたり、固定の調達価格で買い取ることを国が保証していま
           す。本投資法人の保有資産の賃借人は、固定の調達価格により売電し、その収入を原資として、本投資法人
           に対して賃料を支払うため、発電量に変動がない限り、本投資法人は、J-REITのように経済情勢や周辺環境
           の変化等の影響を受けることなく、賃料の確実な支払を見込むことができます。
                                 35/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            さらに、本投資法人は、運営実績のあるオペレーターを選定の上、物件ごとに、原則として、長期かつ基
           本賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料形態の賃貸借契約を締結することで、安定したキャッシュ・フ
           ロー  の実現を図る方針です。本投資法人が2022年11月末日時点で保有する資産については、全物件で、エネ
           クス電力をオペレーターに選定の上、賃借人との間で、上記の性質を有する賃貸借契約を締結することで、
           安定したキャッシュ・フローの実現を図っています(詳細については、後記「③                                      長期かつ基本賃料と実績
           連動賃料を組み合わせた賃料形態を原則とする賃貸借契約及び堅固な運用ストラクチャーに裏付けられる
           キャッシュ・フローの安定 (ハ)                安定性の重視とアップサイドを加えた賃料スキーム」をご参照くださ
           い。)。
            このように、本投資法人は、固定価格買取制度を通じて得られる安定した売電収入を賃料支払の原資とす
           る賃借人の高い賃料支払能力を背景として、賃借人との間で、原則として、長期かつ基本賃料と実績連動賃
           料を組み合わせた賃料形態の賃貸借契約を締結することで安定したキャッシュ・フローを実現することがで
           きると考えています。
            上記に加えて、本投資法人は、本投資法人が2022年11月末日時点で保有する資産について、オペレーター
           から独立した特別目的会社(以下「発電事業者SPC」といいます。)を賃借人とすることで、賃借人による
           賃料支払債務についてオペレーターの信用リスクからの遮断を図りつつ、匿名組合契約に基づく発電事業者
           SPCへのスポンサーの当初出資を原資として賃料等積立口座へのリザーブの積み立てがなされない新城太陽
           光発電所以外の資産について、発電事業者SPCでは、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産に
           ついては、運営初年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入(注3)の10%相当額、松阪太陽光
           発電所については1億円、紋別太陽光発電所については一定の金額を、準備金として賃料等積立口座に積み
           立てます(ある年度において、実際の売電収入が想定売電収入を上回り、超過売電収入が生じた場合で、か
           つ、賃料等積立口座内の準備金が必要額(松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、
           当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については1
           億円、紋別太陽光発電所については一定の金額)に不足している場合には、当該不足額に満つるまで、超過
           売電収入の充当等の方法により、当該金額を維持することとされています。)。さらに、全ての保有資産に
           ついて、(賃料等積立口座がある場合はそれを活用しても)基本賃料の支払に不足が生じる場合には、発電
           事業者SPCの匿名組合出資者に、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、当該年度
           における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については当該10%相
           当額から1億円を控除した額、紋別太陽光発電所については当該10%相当額から当該一定の金額を控除した
           額を限度として、当該発電事業者SPCに対して追加出資を求める補填スキームを備えることで天候不順等そ
           の他の理由による賃料不払のリスクの軽減を図ります。なお、スポンサーのうちいずれかが、発電事業者
           SPCの匿名組合出資者になることを想定しています。
            このように、本投資法人は、不測の事態が生じた場合の賃料収入のダウンサイド・リスクを可能な限り限
           定して投資主の利益を守る施策を導入しています(詳細については、後記「③                                     長期かつ基本賃料と実績連
           動賃料を組み合わせた賃料形態を原則とする賃貸借契約及び堅固な運用ストラクチャーに裏付けられる
           キャッシュ・フローの安定 (ロ)                発電事業者SPCを賃借人とすることによる賃料支払債務についてのオペ
           レーターの信用リスクからの遮断」及び同「(ニ)                       賃料等積立口座及び追加出資による、天候不順等による
           賃料不払いリスクの軽減」をご参照ください。)。
            本投資法人は、このような運用ストラクチャー及び賃料スキームにサポートされた長期安定的なキャッ
           シュ・フローの確保を目指します。
          (注1) 「発電事業者」とは、別段の記載のない限り、再生可能エネルギー発電設備を用いて電気を発電する事業を営む者をい
              い、電気事業法(昭和39年法律第170号。その後の改正を含みます。)(以下「電気事業法」といいます。)第2条第1
              項第15号に規定する発電事業者に限られません。以下同じです。
          (注2) 「電気事業者」とは、再エネ特措法第2条第4項に定める電気事業者をいい、平成28年改正前再エネ特措法との関係で
              は、小売電気事業者(電気事業法第2条第1項第3号に規定する小売電気事業者をいいます。以下同じです。)を指し、
              平成28年改正再エネ特措法との関係では、一般送配電事業者(電気事業法第2条第1項第9号に規定する一般送配電事業
              者をいいます。以下同じです。)及び特定送配電事業者(電気事業法第2条第1項第13号に規定する特定送配電事業者を
              いい、一般送配電事業者と併せて「送配電事業者」又は「一般送配電事業者等」といいます。以下同じです。)を指しま
              す。以下同じです。
          (注3) 「発電量予測値(P50)」とは、超過確率P(パーセンタイル)50の数値(50%の確率で達成可能と見込まれる数値を意味
              します。以下同じです。)としてテクニカルレポート(後記「③                         長期かつ基本賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料
              形態を原則とする賃貸借契約及び堅固な運用ストラクチャーに裏付けられるキャッシュ・フローの安定 (ハ)                                           安定性の
              重視とアップサイドを加えた賃料スキーム」に定義します。)の作成者その他の専門家によって算出された発電電力量を
              いい、「発電量予測値(P50)の想定売電収入」とは、当該発電電力量に調達価格を乗じた想定売電収入をいいます。以
              下同じです。
          (注4) 本投資法人が今後取得する全ての資産について、本「c.                         運用ストラクチャー及び賃料スキームにサポートされた長期安
              定的なキャッシュ・フローの確保」に記載の特徴を有する賃貸借契約が締結されるとは限りません。以下同じです。
                                 36/277



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 太陽光発電設備等をはじめ、風力発電設備等や水力発電設備等などの再生可能エネルギー発電設備等への投
          資
         (イ)   再生可能エネルギー発電事業の概要
          a. 再生可能エネルギーの固定価格買取制度の概要
           i. 固定価格買取制度の基本的な仕組み
              再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再生可能エネルギーの普及を図るため、再エネ特措法
             により2012年7月に開始された、再生可能エネルギー電気(注)を、固定の調達期間にわたり、固定の
             調達価格で買い取ることを電気事業者に義務付ける制度です。固定価格買取制度により、発電事業者
             は安定的かつ継続的な売電収入を見込むことができ、再生可能エネルギー発電設備の高い建設コスト
             の回収の見通しが立ちやすくなります。
              本投資法人は、主として事業計画認定を受けた再生可能エネルギー発電設備等に投資することによ
             り、長期的かつ安定的な収益の確保を目指します。なお、本投資法人が2022年11月末日時点で保有す
             る資産は、いずれも固定価格買取制度の適用を受ける物件であり、これにより、本投資法人には安定
             的かつ継続的な売電収入を原資とする賃料収入が見込まれます。
             (注) 「再生可能エネルギー電気」とは、再生可能エネルギー発電設備を用いて再生可能エネルギーを変換して得られる
                電気をいいます。以下同じです。
              <再生可能エネルギーの固定価格買取制度の概要>

           出所: 経済産業省資源エネルギー庁「再生可能エネルギーの固定価格買取制度について」(2012年7月)に基づき、本資産運





               用会社にて作成
           (注)  発電設備の種類・規模によっては、入札により調達価格が定められる場合があります。
           ii.    固定価格買取制度の適用要件

              固定価格買取制度に基づく発電事業を行おうとする者は、再生可能エネルギー発電事業の実施に関
             する計画を提出し、事業計画認定を受ける必要があります。事業計画の認定にあたっては、関係法
             令・条例の遵守のほか、事業実施中の点検・保守や事業終了後の設備撤去等の遵守を求めるなど、適
             切な事業実施を確保する仕組みがとられています。事業計画認定の基準は、以下のとおりです。
              ・再生可能エネルギー発電事業の内容が再生可能エネルギー電気の利用の促進に資するものとして
               定められる基準に適合するものであること
              ・再生可能エネルギー発電事業が円滑かつ確実に実施されると見込まれるものであること
              ・再生可能エネルギー発電設備が、安定的かつ効率的に再生可能エネルギー電気を発電することが
               可能であると見込まれるものとして定められる基準に適合すること
              なお、平成28年改正前再エネ特措法に基づく認定を受けた案件で、同法の施行日(2017年4月1
             日)までに運転開始又は接続契約(注1)の締結に至っている案件その他一定の要件を満たすものにつ
             いては、当該改正後の再エネ特措法に基づく事業計画認定を受けたものとみなされています。本投資
             法人が保有する全ての資産は、かかる要件を満たしており、事業計画認定を受けたものとみなされて
             います。
              発電事業者が固定価格買取制度の適用を受けるためには、事業計画認定を受けることに加え、電気
             事業者又は送電事業者(注2)(以下「電気事業者等」といいます。)との間で接続契約を締結しなけ
             ればなりません。また、発電事業者の再生可能エネルギー発電設備を電気事業者等の電気工作物に電
             気的に接続するとともに、電気事業者と再エネ特措法第2条第5項に定める特定契約を締結する必要
             もあります。固定価格買取制度における再生可能エネルギー電気の買取義務者(電気事業者)は、平
             成28年改正前再エネ特措法の下では小売電気事業者等(注3)、平成28年改正再エネ特措法においては
                                 37/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             一般送配電事業者及び特定送配電事業者となっています。発電事業者はかかる買取義務者と特定契約
             を締結することとなります。なお、一般送配電事業者等が買い取った電気は、原則として卸電力取引
             所 に売却されますが、発電事業者と小売電気事業者の間で合意が成立している場合には、当該小売電
             気事業者に引き渡すことも可能です。
             (注1)   「接続契約」とは、再生可能エネルギー発電設備と電気事業者等(電気事業者又は送電事業者(注2)をいいます。
                以下同じです。)が維持、運用する電線路(発電所や変電所等と電気使用場所相互間の電線及びこれを支持、保蔵
                する工作物をいいます。)との電気的な接続に係る契約をいいます。以下同じです。
             (注2)   「送電事業者」とは、電気事業法第2条第1項第11号に規定する送電事業者をいいます。
             (注3)   「小売電気事業者等」とは、再エネ特措法第31条第1項に規定する小売電気事業者等をいいます。以下同じです。
          b. 調達価格の引下げ等と本投資法人の対応

           i.  システム費用の低下と調達価格の引下げ
              固定価格買取制度における太陽光発電設備を用いて発電された電気の調達価格は、技術革新や市場
             競争による建設コストの低下を反映して、年々引き下げられています。2023年度の事業用太陽光の調
             達価格については、10kW以上50kW未満の場合は10円/kWh(税抜)、50kW以上250kW未満の場合は9.5
             円/kWh(税抜)とされ、2022年度の事業用太陽光の調達価格よりさらに引き下げられました(注1)。
             また、陸上風力については、2023年度まで毎年調達価格が引き下げられています。ただし、各再生可
             能エネルギー発電設備について、一度確定した調達価格又は調達期間が変更されることは原則として
             ありません(注2)。
              また、調達価格は、国民負担抑制の観点に加えて、技術革新や市場競争によるシステム費用の低下
             見込みを反映して設定されるという側面もあるため、必ずしも調達価格の低下に比例して発電事業者
             全体の利益が損なわれるものではないと考えられます。厳密なコストコントロールと効率的な事業運
             営等によって、再生可能エネルギー発電事業の採算性は今後も維持され、また、2030年度のエネル
             ギーミックスに向けて、再生可能エネルギーの主力電源化に向けた取組みが引き続き積極的に推進さ
             れていくであろうという動向を踏まえると、再生可能エネルギー発電事業に係る市場拡大が図られて
             いくものと本投資法人は考えています。
              また、スポンサー・グループは、再生可能エネルギー発電設備・不動産等の資金調達・企画開発・
             運営の各フェーズを通じて、資産規模の拡大及び資産価値の維持・向上並びにコスト低減のための豊
             富なノウハウを有しているため、高い収益性及び効率性と実現可能性を併せ持つ事業計画を策定し、
             事業計画認定を受け、再生可能エネルギー発電設備等を開発することができ、本投資法人は、今後も
             安定したパイプラインを期待できると考えています。
              したがって、本投資法人は、調達価格の引下げの傾向の下でも、継続してプレゼンスを発揮し、成
             長を維持することが期待できると考えています。
             (注1)   2017年度より再エネ特措法改正法により新たに導入された入札制度の適用対象が徐々に拡大され、2020年度から発
                電出力(発電設備の定格発電出力をいいます。太陽光発電設備の場合は、パネル出力とパワーコンディショナー
                (以下「パワコン」又は「PCS」ということがあります。)の出力のいずれか小さい方の出力をいいます。以下同
                じです。)250kW以上の太陽光発電設備がその対象となっています(平成29年経済産業省告示第37号)。
             (注2)   一度確定した調達価格又は調達期間が変更される場合及びかかる変更が実施された際のリスクについては、後記
                「3  投資リスク (1)       リスク要因 ⑤固定価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に関するリス
                ク (ハ)    調達価格又は調達期間が変更されるリスク」をご参照ください。
                                 38/277







                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
              <調達価格の推移>
                        年度                調達価格(税抜)

                   2012年度(7月1日以降)                        40円/kWh

                       2013年度                   36円/kWh

                       2014年度                   32円/kWh

                2015年度(4月1日から6月30日まで)                           29円/kWh

                   2015年度(7月1日以降)                        27円/kWh

                       2016年度                   24円/kWh

                       2017年度                  21円/kWh(注1)

                       2018年度                  18円/kWh(注1)

                       2019年度                  14円/kWh(注1)

                       2020年度             13円/kWh又は12円/kWh(注1)(注2)

                       2021年度             12円/kWh又は11円/kWh(注1)(注2)

                       2022年度             11円/kWh又は10円/kWh(注1)(注2)

                       2023年度             10円/kWh又は9.5円/kWh(注1)(注2)

           出所:   経済産業省 調達価格等算定委員会「令和5年度以降の調達価格等に関する意見」(2023年2月8日)のデータを基

               に、本資産運用会社にて作成
           (注1) 2017年度から発電出力2,000kW以上の太陽光発電設備について、2019年度から発電出力500kW以上の太陽光発電設備につ
               いて、また、2020年度から発電出力250kW以上の太陽光発電設備については、それぞれ入札により、認定を受けること
               ができる者と調達価格が決定されることとなっています。
           (注2) 2020年度における調達価格は、原則として発電出力10kW以上50kW未満の太陽光発電設備については13円/kWh、発電出力
               50kW以上250kW未満の太陽光発電設備については12円/kWhとなっています。2021年度における調達価格は、原則として
               発電出力10kW以上50kW未満の太陽光発電設備については12円/kWh、発電出力50kW以上250kW未満の太陽光発電設備につ
               いては11円/kWhとなっています。2022年度における調達価格は、原則として発電出力10kW以上50kW未満の太陽光発電設
               備については11円/kWh、発電出力50kW以上250kW未満の太陽光発電設備については10円/kWhとなっています。2023年度
               における調達価格は、原則として発電出力10kW以上50kW未満の太陽光発電設備については10円/kWh、発電出力50kW以上
               250kW未満の太陽光発電設備については9.5円/kWhとなっています。なお、発電出力250kW以上の太陽光発電設備につい
               ては(注1)をご参照ください。
          c. 固定価格買取制度をめぐる近時の状況

            令和2年改正再エネ特措法により、太陽光発電設備の廃棄等費用の積立てを担保するための新たな制度が
           導入されています。また、いわゆる発電側課金の導入に向けた検討が進められています。
            また、令和2年改正再エネ特措法では、競争電源(大規模事業用太陽光発電、風力発電等)を対象とし
           て、入札制度によりコストダウンを加速化させることに加え、FIP(Feed                                  in  Premium)制度が創設されてい
           ます。ただし、本投資法人の保有資産は、既にFIT制度による売電が開始されているところ、これらについ
           ては引き続き現在の固定価格買取制度(以下「FIT制度」といいます。)の対象となり、認定事業者がFIP制
           度への移行を希望しない限り、FIP制度に移行する訳ではありません。
                                 39/277






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③ 長期かつ基本賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料形態を原則とする賃貸借契約及び堅固な運用ストラク
          チャーに裏付けられるキャッシュ・フローの安定
         (イ)   固定価格買取制度に支えられた安定したキャッシュ・フロー
            固定価格買取制度に基づく発電事業は、前記「②                       太陽光発電設備等をはじめ、風力発電設備等や水力発
           電設備等などの再生可能エネルギー発電設備等への投資 (イ)                             再生可能エネルギー発電事業の概要 a.                   再
           生可能エネルギーの固定価格買取制度の概要」のとおり固定の調達価格に支えられた安定した売電収入を見
           込むことができます。そして、当該安定的な売電収入を原資とする賃料の支払を受ける本投資法人において
           も、安定したキャッシュ・フローが見込めるものと、本投資法人は考えています。
           (注)  賃借人(発電事業者SPC)の売電収入の額と賃借人から本投資法人に支払われる賃料の額は異なります。



            2022年11月末日現在の保有資産の平均残存調達期間(注)は15.8年に及び、各保有資産に係る賃貸借契約で

           は、保有資産に適用される残存調達期間を超える賃貸借期間を設定することで、固定価格買取制度に裏付け
           られた長期安定的な賃料収入を確保しています。
            これらに加えて、調達期間の終了後においても、伊藤忠エネクスにより、当該発電設備において発電する
           再生可能エネルギー電気の売却手段を早期に確保できるよう支援を受けることができます。このように、本
           投資法人は安定したキャッシュ・フローを、長期にわたり見込むことができると考えています。
           (注)  「平均残存調達期間」は、各保有資産に係る太陽光発電設備等における、当期末から調達期間満了日までの期間の全保
              有資産の取得価格に基づく加重平均値を、年単位で小数第2位以下を切り捨てて記載しています。
         (ロ)   発電事業者SPCを賃借人とすることによる賃料支払債務についてのオペレーターの信用リスクからの遮断

            本投資法人は、保有資産について、いずれも、オペレーターから独立した発電事業者SPCを賃借人とし
           て、賃貸しています。本投資法人の賃借人は、電気事業者との間の特定契約に基づき電気を販売し、電気事
           業者から売電収入を受け取ります。賃借人は、かかる売電収入から本投資法人に賃料を支払います。
            このように、本投資法人においては、賃借人として発電事業者SPCを利用することで、売電収入として得
           られる資金が、オペレーターであるエネクス電力の資産から分別され、本投資法人への賃料の支払が確保さ
           れる運用ストラクチャーを構築しており、本投資法人に対する賃料支払債務は、オペレーターの信用リスク
           から遮断されています。
         (ハ)   安定性の重視とアップサイド(注1)を加えた賃料スキーム



            本投資法人は、発電事業者SPCと長期間の賃貸借契約を締結することにより、安定した賃料収入を得るこ
           とを企図しています。賃料は、原則として、基本賃料と実績連動賃料とを組み合わせた形態としますが、そ
           の大部分は基本賃料が占める予定です。
            2022年11月末日時点で保有する資産のうち、長崎琴海太陽光発電所、松阪太陽光発電所、新城太陽光発電
           所及び紋別太陽光発電所を除く資産の基本賃料については、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合
           開発機構(以下「NEDO」といいます。)等がまとめた年間時別日射量データベース等を基礎として、公認会
           計士が設備価格を算出する際に用いる想定キャッシュ・フローの基となる発電量予測や修繕計画を専門業者
           が調査し、その結果を報告した書類(以下「テクニカルレポート」といいます。)に記載された各月の発電
           量予測値(P50)の想定売電収入(注2)の100%を賃料原資とし、当該賃料原資から発電設備に係る運営管理
           費用(注3)見込額を控除した金額が支払われます。長崎琴海太陽光発電所、松阪太陽光発電所及び新城太陽
           光発電所の基本賃料については、テクニカルレポートに記載された各月の発電量予測値(P50)の想定売電
           収入(注2)の90%を賃料原資とし、当該賃料原資から発電設備に係る運営管理費用(注3)見込額を控除した
           金額が支払われます。紋別太陽光発電所の基本賃料については、テクニカルレポートに記載された各月の発
                                 40/277

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           電量予測値(P50)の想定売電収入(注2)の70%を賃料原資とし、当該賃料原資から発電設備に係る運営管
           理費用(注3)見込額を控除した金額が支払われます。このように発電量予測値に基づく想定売電収入を賃料
           原 資とすることにより、本投資法人は、実際の発電量にかかわらず、安定した賃料収入を見込むことができ
           ます。
            固定価格買取制度に基づく発電事業は、前記「②                       太陽光発電設備等をはじめ、風力発電設備等や水力発
           電設備等などの再生可能エネルギー発電設備等への投資 (イ)                             再生可能エネルギー発電事業の概要 a.                   再
           生可能エネルギーの固定価格買取制度の概要」に記載のとおり、調達価格に支えられた安定した売電収入を
           見込むことができ、本投資法人においても安定したキャッシュ・フローが見込めるものと、本投資法人は考
           えています。
            また、2022年11月末日時点で保有する資産のうち、長崎琴海太陽光発電所、松阪太陽光発電所、新城太陽
           光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産について、アップサイド部分となる実績連動賃料は、実績売電収
           入額が、発電量予測値(P50)の想定売電収入の110%相当額を超過した場合に発生し(注4)、当該超過分の
           50%相当額が実績連動賃料として、本投資法人に対して支払われます。長崎琴海太陽光発電所について、
           アップサイド部分となる実績連動賃料は、実績売電収入額が発電量予測値(P50)の想定売電収入の90%相
           当額を超過した場合に発生し(注5)、当該超過部分のうち100%までに相当する金額についてはその全額
           が、さらに100%を超過する場合には当該超過部分のうち、25%に相当する金額が実績連動賃料として、本
           投資法人に対して支払われます。松阪太陽光発電所及び新城太陽光発電所について、アップサイド部分とな
           る実績連動賃料は、実績売電収入額が発電量予測値(P50)の想定売電収入の90%相当額を超過した場合に
           発生し(注5)、当該超過部分のうち100%までに相当する金額についてはその全額が、さらに100%を超過す
           る場合には当該超過部分のうち、50%に相当する金額が実績連動賃料として、本投資法人に対して支払われ
           ます。紋別太陽光発電所について、アップサイド部分となる実績連動賃料は、実績売電収入額が発電量予測
           値(P50)の想定売電収入の70%相当額を超過した場合に発生し(注6)、当該超過部分のうち100%までに相
           当する金額についてはその全額が、さらに100%を超過する場合には当該超過部分のうち、75%に相当する
           金額が実績連動賃料として、本投資法人に対して支払われます。
            このように、2022年11月末日時点で保有する資産については、いずれも、賃借人との間で、長期かつ基本
           賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料形態の賃貸借契約を締結しています。
           (注1) 本投資法人が保有する資産について発電事業者SPCと締結している賃貸借契約上、賃料は、原則として、基本賃料と実績
              連動賃料とを組み合わせた形態となりますが、その結果、実際の発電量が多くなれば実績連動賃料により賃料が増加す
              ることが期待できます。本投資法人では、このような実績連動賃料による賃料総額の増加可能性を「アップサイド」と
              呼んでいます。
           (注2) 発電量予測値(P50)の想定売電収入は、賃貸借契約に定める期間ごとに変更されます。
           (注3) 「運営管理費用」とは、再生可能エネルギー発電設備等の運営・維持管理に関する費用をいい、オペレーター報酬、O&M
              業者に対する報酬、賃借人(発電事業者SPC)の維持管理に関する費用、修繕費等、買電料等の発電所の運営費用、並び
              に賃借人(発電事業者SPC)が負担する電気事業税、法人税及び消費税を含みます。
           (注4) 発電量予測値(P50)の想定売電収入の110%相当額を超過しているかについては、各計算期間(各年の12月1日から翌
              年5月末日までの期間及び6月1日から11月末日までの期間をいいます。)内の各月の発電量の合計値が、当該計算期
              間内の各月の発電量予測値(P50)の合計値の110%を超過しているかに基づいて判断されます。
           (注5) 発電量予測値(P50)の想定売電収入の90%又は100%相当額を超過しているかについては、各計算期間(各年の12月1
              日から翌年5月末日までの期間及び6月1日から11月末日までの期間をいいます。)内の各月の発電量の合計値が、当
              該計算期間内の各月の発電量予測値(P50)の合計値の90%又は100%を超過しているかに基づいて判断されます。
           (注6) 発電量予測値(P50)の想定売電収入の70%又は100%相当額を超過しているかについては、各計算期間(各年の12月1
              日から翌年5月末日までの期間及び6月1日から11月末日までの期間をいいます。)内の各月の発電量の合計値が、当
              該計算期間内の各月の発電量予測値(P50)の合計値の70%又は100%を超過しているかに基づいて判断されます。
         (ニ)   賃料等積立口座及び追加出資による、天候不順等による賃料不払いリスクの軽減

            2022年11月末日時点で保有する資産の賃借人である発電事業者SPCでは、匿名組合契約に基づく発電事業
           者SPCへのスポンサーによる当初出資を原資として賃料等積立口座へのリザーブの積み立てがなされない新
           城太陽光発電所以外の資産について、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、運営
           初年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については1億
           円、紋別太陽光発電所については一定の金額を準備金として賃料等積立口座に積み立てます。天候不順等そ
           の他の理由により、実績売電収入額が発電量予測値(P50)の想定売電収入を下回った場合でも、直ちに本
           投資法人への基本賃料の支払に支障が生じることのないよう、賃料等積立口座から不足額を補填します。ま
           た、ある年度において、実際の売電収入が想定売電収入を上回り、超過売電収入が生じた場合で、かつ、賃
           料等積立口座内の準備金が必要額(松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、当該年
           度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については1億円、
           紋別太陽光発電所については一定の金額)に不足している場合には、当該不足額に満つるまで、超過売電収
           入の充当等の方法により、当該金額を維持することとされています(注1)。さらに、全ての資産について、
           スポンサーが発電事業者SPCを営業者とする匿名組合の出資者となり、天候不順等の継続等で実績売電収入
           額が減少し、(賃料等積立口座がある場合はそれを活用しても)基本賃料の支払に不足が生じる場合には、
                                 41/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           発電事業者SPCへの匿名組合出資者は、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、当
           該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については当該
           10%  相当額から1億円を控除した額、紋別太陽光発電所については当該10%相当額から当該一定の金額を控
           除した額を限度として当該発電事業者SPCに対して追加出資を行い、かかる追加出資額が本投資法人に対す
           る賃料支払に充当されることで、賃料不払いリスクを軽減することとしています(注2)。
          (注1) スポンサー及び発電事業者SPCとの間の匿名組合契約においては、賃料等積立口座がある場合は当該口座に積み立てられた
             準備金を超過する部分が匿名組合員であるスポンサーに対する分配可能原資となるため、準備金を取り崩して賃料の支払を
             行った場合においては、準備金の額に満つるまではスポンサーに対する金銭の分配はなされません。ただし、この場合で
             あっても、スポンサーが発電事業者SPCに対して追加出資した場合で、賃料等積立口座に残高が存在する場合については、
             分配可能原資の有無に関わらず、追加出資額の範囲内において、賃料等積立口座内の残高を限度として、スポンサーに対す
             る金銭の分配がなされます。
          (注2) 本書の提出日現在、鉾田太陽光発電所において、発電事業者SPCの賃料等積立口座内の準備金が全て取り崩されており、か
             つ、当該発電事業者SPCの匿名組合出資者であるスポンサーによる追加出資も上限額に達しています。
             <賃料スキーム>

          (注1) 匿名組合契約に基づく発電事業者SPCへのスポンサーの当初出資を原資として賃料等積立口座へのリザーブの積み立てがな






             されない新城太陽光発電所以外の資産について、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、運営初
             年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については1億円、紋別太陽光発
             電所については一定の金額に満つるまで、匿名組合契約に基づく発電事業者SPCへのスポンサーによる当初出資を原資とし
             て積立口座にリザーブが積み立てられ、その後、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、各年度
             における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については1億円、紋別太陽光発電所
             については一定の金額を上限として当該リザーブが維持されます。天候不順等その他の理由により、実績売電収入額が発
             電量予測値(P50)の想定売電収入を下回り、想定売電収入に基づき算出される(A)の支払に不足する場合には、当該積
             立口座内のリザーブから(A)の不足額が補填されます。
             全ての資産について、(積立口座がある場合は当該口座内のリザーブを活用しても)(A)の支払に不足が生じる場合に
             は、スポンサーは、匿名組合契約に基づき、総額で、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、当
             該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については当該10%相当額から
             1億円を控除した額、紋別太陽光発電所については当該10%相当額から当該一定の金額を控除した額を限度として当該発
             電事業者SPCに対して追加出資を行い、かかる追加出資額が(A)の支払に充当されます。
             これによっても(A)の支払に不足が生じる場合には、補填はなされず、(A)の支払に係る不足額の支払期日は次回の賃
             料精算日に繰り延べられます。
          (注2) ある年度において(C)が生じ、かつ、既にスポンサーが発電事業者SPCに対して追加出資している場合においては、当該
             追加出資額の払戻しとして、当該追加出資額に満つるまで、スポンサーに対する金銭の分配が行われます。そして、当該
             分配後の残額について、積立口座がある場合は当該口座内のリザーブの金額が必要額(松阪太陽光発電所、新城太陽光発
             電所及び紋別太陽光発電所を除く資産については、当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当
             額、松阪太陽光発電所については1億円、紋別太陽光発電所については一定の金額)に不足している場合には、当該不足
             額に満つるまで積立口座に補填されリザーブとして積み立てられます。
          (注3) 新城太陽光発電所については、①発電事業者SPCへのスポンサーによる当初出資を原資とした積立口座へのリザーブの積み
             立てがなされない点及び②追加出資の額が当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額を限度
             とする点を除き、松阪太陽光発電所と同様の賃料スキームとなります。
          (注4) 上図で表示されている賃料や運営管理費用は仮定にすぎず、実際に想定されている賃料や運営管理費用の割合と必ずしも
             一致しません。
          (注5) 本投資法人が今後取得する全ての資産について、上図の特徴を有する賃貸借契約が締結されるとは限りません。
        ④ スポンサーの概要

          a. 本投資法人のスポンサー構成
                                 42/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            スポンサーによる、本投資法人が運用を委託している本資産運用会社への出資比率は、本書の日付現在、
           伊藤忠エネクスが50.1%、三井住友信託銀行が22.5%、マーキュリアインベストメントが22.5%、マイオー
           ラ が4.9%です。
          b. スポンサー・グループ各社の概要

            i.  伊藤忠エネクスの概要
             (i) 伊藤忠エネクスの概要
               伊藤忠エネクスは、1961年に設立した伊藤忠商事グループのエネルギー商社であり(東京証券取
              引所プライム市場上場)、2022年3月期の連結売上収益(国際会計基準)は9,363億円に上ります。
               伊藤忠エネクスは、石油製品・LPガスの卸売・小売を中核事業としながら、自動車関連事業や生
              活関連事業の拡充を進めてきました。また、2010年より電力事業へ参入し、新電力事業者として
              も、エネルギーの安定供給に貢献しています。
               エネクスグループは、電力・ユーティリティ部門、ホームライフ部門、カーライフ部門及び産業
              ビジネス部門の4つの事業部門を有しており、電力・ユーティリティ部門では発電事業(石炭、天
              然ガス、風力、水力、太陽光等)、電力小売事業、熱供給関連事業等を行っています。
               エネクスグループは、今後も、経営理念である「社会とくらしのパートナー」のもと、全国各地
              の地域に根ざし、生活に欠かせないエネルギーの安定供給を行っていきます。
              <伊藤忠エネクスの会社概要>

               社名           伊藤忠エネクス株式会社
               代表           代表取締役社長 岡田           賢二
               設立           1961年1月28日
               本社所在地           東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
               資本金           19,878百万円(2022年3月末日現在)
               従業員数           単体564名
                         連結5,641名(2022年3月末日現在)
               売上収益           9,363億円(2022年3月期連結、IFRS)
               市場           東京証券取引所プライム市場
              <エネクスグループの事業概要>

          (注) 「カーライフ・ステーション(CS)」とは、カーライフの全てのニーズに応える複合的なサービス拠点をいいます。





                                 43/277





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             (ii)   電源開発から需給管理・販売までを一気通貫で行うビジネスモデルを展開
               エネクスグループの電力・ユーティリティ部門は、電源開発から需給管理・販売までを一気通貫
              で行うビジネスモデルを構築することで、顧客への電力の安定供給と電気料金削減に貢献していま
              す。
               例えば、発電事業については、2011年3月にグループ会社に加わったエネクス電力が中核を担
              い、電気・蒸気の最適バランス化によりエネルギー資源の効率利用を図っています。
               需給管理については、伊藤忠エネクスが自社電源及び外部調達(他社の発電所や市場等を通じて
              調達)により調達した多様な電源をバランス良く組み合わせることにより、環境保全と経済性の両
              立を推進した需給管理を行っています。
               販売事業については、2020年2月に九州電力株式会社及びその子会社の九電みらいエナジー株式
              会社と電力小売事業に関する販売業務の提携を行い、顧客へ低廉で安定した電力を供給し両社の着
              実かつ飛躍的な発展を目指していくこととなりました。今後もエネクスグループのノウハウや販売
              ネットワークを最大限に活用し、強固な電力バリューチェーンの構築と拡充を進めています。
               このように、発電から販売まで一貫体制で事業展開を行うエネクスグループは、固定価格買取期
              間終了後に有力な電力販売候補先となり得るものと、本投資法人は考えています。
               <電源開発から需給管理・販売までを一気通貫で行うビジネスモデル>

          (注)    「王子グループ」とは、王子ホールディングス株式会社及びそのグループ会社の総称をいいます。



             (iii)再生可能エネルギー発電設備等の主な開発・運営実績

               エネクスグループは、従来型の火力発電設備のみならず、風力・水力・太陽光など多彩な再生可
              能エネルギーを用いた発電設備を開発・運営し、継続的な発電能力の拡充を推進しています。
               直近の開発事例として、エネクスグループは、2019年3月に鹿児島県南九州市で太陽光発電所
              (設備容量1.2MW(注))を、2019年4月に鹿児島県南九州市で太陽光発電所(設備容量0.7MW
              (注))、鹿児島県薩摩川内市で太陽光発電所(設備容量2.2MW(注))を新設しています。このよう
              に、エネクスグループは、日本国内における実績に裏打ちされた、再生可能エネルギー発電設備等
              を含むさまざまな種類の発電設備の開発及び管理運営に関する豊富な知見及びノウハウを培ってき
              ました。
             (注) 「設備容量」は、太陽光発電所についてはパネル出力に、その他の発電所については発電機の定格出力に基づきま
               す。以下同じです。
                                 44/277








                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                  <再生可能エネルギー発電設備等の主な開発・運営実績>
                再生可能エネルギー発電設備等の主な開発・運営実績







                    所在地          ステータス           設備容量          エネルギー源
                山口県防府市           稼働中          1.9MW          太陽光
                                     1.0MW   (太陽光)
                大分県玖珠郡玖珠町
                            稼働中                    太陽光、風力
                (注1)                     11.0MW    (風力)
                北海道根室市(注2)           一部稼働中          10.0MW          風力
                新潟県胎内市           稼働中          20.0MW          風力
                新潟県妙高市
                            稼働中          1.5MW          水力
                (第一発電所)
                新潟県上越市
                            稼働中          3.2MW          水力
                (第二発電所)
                新潟県妙高市
                            稼働中          3.9MW          水力
                (第三発電所)
                兵庫県南あわじ市           稼働中          10.7MW          太陽光
                広島県山県郡北広島町           稼働中          1.5MW          太陽光
                長崎県長崎市           稼働中          2.6MW          太陽光
                鹿児島県薩摩川内市           稼働中          2.2MW          太陽光
                鹿児島県南九州市           稼働中          1.2MW          太陽光
                鹿児島県南九州市           稼働中          0.7MW          太陽光
                岩手県一関市(注3)           稼働中          14.9MW          太陽光
                群馬県高崎市           稼働中          11.6MW          太陽光
                群馬県高崎市           稼働中          53.6MW          太陽光
                鹿児島県霧島市           稼働中          1.7MW          太陽光
                                 45/277




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                その他の開発・運営実績
                    所在地          ステータス           設備容量          エネルギー源
                新潟県上越市(注4)           一部稼働中          30.6MW          天然ガス
                宮城県仙台市           稼働中          112.0MW          石炭
                山口県防府市           稼働中          79.5MW          石炭
           (注1) 風力発電設備等については、資産保有SPC(再生可能エネルギー発電設備等の保有を目的とした、伊藤忠エネクスが間
               接に出資しているSPCを個別に又は総称していいます。以下同じです。)に売却されており、本書の日付現在、当該SPC
               が保有しています。
           (注2) 当該発電所は売却済みであり、本書の日付現在、当該発電所の運営への関与はありません。
           (注3) 当該発電所は売却済みであり、本書の日付現在、エネクス電力がオペレーターに選定されています。
           (注4) 当該発電所は、ボイラータービン発電機とガスエンジン発電機で構成されていますが、本書の日付現在、ガスエンジン
               発電機(7.8MW)のみ稼働しています。
           (注5) 本書の日付現在、上記の各資産の保有者等との間で具体的な交渉を行っておらず、現時点において取得する予定はな
               く、今後取得できる保証もありません。また、上記物件の全てについて優先的売買交渉権を取得することは予定してい
               ません。優先的売買交渉権の取得を予定している物件については、後記「⑤ 継続的な外部成長を可能とするスポン
               サー・グループによる強力なパイプライン・サポート(イ)                       スポンサーの保有する多様なパイプライン」をご参照くだ
               さい。
            ii.    三井住友信託銀行の概要

               三井住友信託銀行は、銀行事業・不動産事業において、J-REITへの豊富な融資経験、及び多数の
              再生可能エネルギー発電事業向けファイナンスの取組実績と金融市場や資金調達環境に対する幅広
              い知見を有しています。また、幅広いネットワークに基づく再生可能エネルギー発電設備に関する
              豊富な情報を保有しています。これらにより、本投資法人に対して、運用資産の取得、運営管理な
              どのアドバイスを実施し、本投資法人の安定的な成長をサポートします。また、一般事務・資産保
              管業務の受託のみならず、スポンサーとして自ら複数のJ-REITの設立に関与した実績と経験を踏ま
              えた各種サポート業務を展開しています。
            iii. マーキュリアインベストメントの概要

                マーキュリアインベストメントを中心とするマーキュリアインベストメントグループ(マーキュ
               リアホールディングス、マーキュリアインベストメント及び連結子会社11社を総称していいます。
               以下同じです。)は、国内外投資家の資金を投資事業組合等のファンドを通じて運用するファンド
               運用事業及び自己資金の運用を行う自己投資事業を主たる業務としています。ファンド運用事業に
               おいては、日本、中国、その他のアジア地域での、成長企業、不動産及びプロジェクトに対する豊
               富な投資実績を有するとともに、国内外の様々な投資家層からの資金の運用実績を有しています。
               かかる実績を基に、本投資法人の投資戦略の構築や投資家とのコミュニケーション向上に寄与すべ
               く本投資法人をサポートします。
            iv.    マイオーラの概要

                マイオーラは、太陽光発電事業では世界規模で太陽光発電事業への投資を行っています。
                マイオーラは、世界各国で太陽光発電所開発プロジェクトに投資しています。特に、南米での投
               資に注力し、太陽光発電所の開発案件に投資しています。このような実績を通じて再生可能エネル
               ギーへの投資及び開発に関するグローバルネットワークを構築しており、再生可能エネルギーに関
               する世界的な動向及び専門知識を本投資法人及び本資産運用会社に提供することができます。
                                 46/277






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑤ 継続的な外部成長を可能とするスポンサー・グループによる強力なパイプライン・サポート
          本投資法人は、スポンサー・サポート契約を通じて、エネクスグループ及びマイオーラが有する安定した物
         件開発能力に裏打ちされた将来のパイプラインを有しており、積極的に外部成長を図ります。また、再生可能
         エネルギー発電事業及び当該事業に対する金融取引のスペシャリストであるスポンサーが有するこれらに関す
         る幅広いノウハウ、例えば、再生可能エネルギー発電設備の開発や、その前提となる情報収集及び分析並びに
         資金調達に関するスポンサーのノウハウも本投資法人の外部成長に資するものと考えています。
          さらに、本投資法人は、スポンサー・サポート契約に基づき、スポンサーが持つ豊富なソーシングルートを
         活用し、本投資法人の投資基準に合う物件を外部の第三者からも積極的に取得することを検討します。
         (イ)   スポンサーの保有する多様なパイプライン

            本投資法人は、スポンサーであるエネクスグループ及びマイオーラが保有、開発又は投資する物件のう
           ち、9物件(太陽光発電設備等及び水力発電設備等を合わせた合計設備容量79.2MW)(注)について、スポン
           サー・グループ又は当該物件の保有者が売却をしようとする場合に、スポンサーとの間のスポンサー・サ
           ポート契約に基づき、優先的売買交渉権を取得する予定です。
            本投資法人及び本資産運用会社は、優先的売買交渉権を活用することで、将来における再生可能エネル
           ギー発電設備等の取得機会を確保します。
           (注) 本書の日付現在、上記の再生可能エネルギー発電設備等について、本投資法人が取得を決定した事実はなく、また将来的
             に本投資法人に組み入れられる保証もありません。今後の計画によっては、設備容量が予定より増減する可能性がありま
             す。なお、計画中の再生可能エネルギー発電設備等は、今後の計画によっては、完成時期が予定より遅れたり、当該再生
             可能エネルギー発電設備等の開発そのものを取りやめたりする可能性や、事業計画認定が取り消される可能性もありま
             す。
         (ロ)   スポンサー・グループの今後の物件開発能力

            スポンサーである伊藤忠エネクス、三井住友信託銀行、マーキュリアインベストメント及びマイオーラ
           は、再生可能エネルギー発電事業及び当該事業に対する金融取引のスペシャリストとして、パイプラインの
           充実のために、再生可能エネルギー発電設備の開発及びそのための資金提供の側面において、様々なノウハ
           ウを結集します。
            スポンサー・グループのうち、伊藤忠エネクス及びマイオーラは、再生可能エネルギー発電設備の開発に
           係る情報収集・分析、並びに再生可能エネルギー発電設備の計画、発注及び建設に関して、また、三井住友
           信託銀行及びマーキュリアインベストメントは、再生可能エネルギー発電設備の開発及び建設を促進する資
           金調達に関して豊富な実績とノウハウを有しており、今後もスポンサー・グループが、収益性の高い再生可
           能エネルギー発電設備を継続的に開発する能力を有していると、本投資法人は考えます。
            本投資法人は、これらのスポンサーの有するノウハウに基づいて開発された、収益性の高い豊富な物件
           を、スポンサー・サポート契約に基づくパイプライン・サポートを通じて取得することにより、着実な外部
           成長を目指します。
                                 47/277









                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑥ 伊藤忠エネクスを中心とするスポンサー・グループからの多様なサポートの活用
         (イ)   セカンダリーマーケットにおける豊富なソーシングルート
            本投資法人は、スポンサー・サポート契約に基づき、スポンサーが持つ強固なソーシングルートを活用
           し、本投資法人の投資基準に適合する物件を外部の第三者からも積極的に取得することを目指しています。
           なお、本投資法人が外部から直接取得するスキームに加え、一度スポンサーが外部から取得した後に本投資
           法人が取得するスキームを採用することにより、売却時期が限定的かつ短期間での検討が必要なケースにお
           いても機動的に資産を取得したり、資産に瑕疵等がある場合にスポンサーが保有する間にこれを是正して本
           投資法人の投資対象として妥当性を確保したり、本投資法人による取得の際に対象となる資産についてスポ
           ンサー・サポートを得たりすることが可能になり、スポンサーのウェアハウジング機能を活用した機動的か
           つ柔軟な物件取得が実現できると考えています。
            伊藤忠エネクスは、多様なエネルギー事業の展開による独自のネットワークを有しています。
            三井住友信託銀行は、金融機関としての幅広いネットワークに基づく再生可能エネルギー発電設備に対す
           る流動化・売却情報を豊富に入手することができます。
            マイオーラは、これまでの太陽光発電プロジェクトを通じて、取引実績のある多くの太陽光発電所開発事
           業者から情報収集を行うことが可能です。
            マーキュリアインベストメントは、第三者保有の再生可能エネルギー発電設備に対する流動化及び売却に
           関する情報を入手することができます。
         (ロ)   本投資法人の運営及び再生可能エネルギー発電設備の運営・管理に関するサポート





            スポンサーが持つ本投資法人の運営に関するリソース及び再生可能エネルギー発電設備の運営・管理に関
           するリソースを活用し、安定した運営が可能であると、本投資法人は考えています。
          a. 本投資法人の運営に関するリソースの活用

            本投資法人は、投資法人の運営に関するスポンサーのサポートを享受し、安定した運営を行うことを目指
           します。
            伊藤忠エネクスは、エネクスグループにおける電源開発から需給管理・販売までを垂直統合し、一体化し
           たビジネスモデルの下での実績を背景として、また、マイオーラは、国内外での再生可能エネルギー発電事
           業の実績を背景として、再生可能エネルギーに関するマーケットリサーチを本投資法人に提供します。
            三井住友信託銀行は、投資法人に関して、運用資産の取得、運営管理などのアドバイスを実施し、投資法
           人の安定的な成長をサポートしていきます。また、一般事務・資産保管業務の受託のみならず、スポンサー
           として自らJ-REITを組成した実績・ノウハウを踏まえた各種サポート業務を展開しています。このような実
           績を背景として、三井住友信託銀行は、J-REITの運営ノウハウやファイナンスなどの金融取引に関する知見
           の提供を行います。
            マーキュリアインベストメントは、海外上場REITの運営実績に基づく投資法人の適切な情報開示・透明性
           の高い運営に関するノウハウの提供を行います。
            さらに、伊藤忠エネクス、三井住友信託銀行、マーキュリアインベストメント及びマイオーラは、本資産
           運用会社への人材提供及び業務サポート(本資産運用会社の役職員に対する研修の実施や本投資法人及び本
           資産運用会社のIT環境構築に関するサポート等)を行います。
                                 48/277




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b. 再生可能エネルギー発電設備の運営・管理に関するリソースの活用




            本投資法人は、発電設備の運営・管理に関するスポンサーのサポートを享受し、安定した運営を行うこと
           を目指します。
            伊藤忠エネクスは、エネクスグループにおいて、発電事業の運営を行う人材や発電事業会社において発電
           設備の維持管理運営を行う人材を保有しています。
            また、太陽光発電所の遠隔監視システムの導入を通じて、日々O&M業者とともに発電設備の運転状況の管
           理及び確認が可能です。
            さらに、データ解析を含めた運転状況に関する詳細な分析を行うこと、並びに定期点検を通じた設備の性
           能の維持及び事故発生時の速やかな機器交換及び点検が可能です。
          c. 発電設備等の安定運営ノウハウを持つオペレーター

            本投資法人は、2022年11月末日時点で保有する全ての資産について、本資産運用会社のオペレーター選定
           基準に基づいてエネクス電力をオペレーターに選定しています。エネクス電力は、2002年の設立以降、多様
           な発電設備等の安定稼働、エネルギーの安定供給を行っており、顧客に対する高品質サービスの提供と高い
           コストコントロール意識を持ったエンジニアリング集団です。本投資法人は、エネクス電力の強みを活用し
           て、太陽光発電設備の発電パフォーマンスを最大化し、発電設備の収益及び資産価値の維持向上を目指しま
           す。
                                 49/277












                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑦ スポンサー・サポート契約の概要
          本投資法人及び本資産運用会社は、各スポンサーとの間で、本書の日付現在、各スポンサー・サポート契約
         を締結しており、本投資法人は、下記の各種のサポートの提供を受けます。
          各スポンサー・サポート契約の概要は、以下のとおりです。
         (イ)   伊藤忠エネクスとのスポンサー・サポート契約の概要

          a. エネクスグループ保有情報の優先的提供及び優先的売買交渉権の付与
           i.  伊藤忠エネクス(以下、本(イ)において「スポンサー」といいます。)は、エネクスグループ(ス
              ポンサー及びスポンサーの子会社、並びにスポンサー又はその子会社が過半数を出資(匿名組合出
              資を含みます。)しているSPC及びスポンサー又はその子会社が投資一任契約又は資産管理・処分等
              業務委託契約を締結しているSPCをいいます。以下、本(イ)において同じです。)が保有し又は今後
              開発して保有することになる、再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産のうち、本投資法人
              及び本資産運用会社の投資方針及び投資基準に適合すると合理的に想定される再生可能エネルギー
              発電設備・不動産関連資産、並びに、スポンサー、本投資法人及び資産運用会社が別途書面で合意
              する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産(以下、本(イ)においては当該資産を「適格再
              生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産」といいます。)を売却しようとする場合には、本投
              資法人及び本資産運用会社に対し、第三者に先立ち当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産
              関連資産に関する情報を優先的に提供し、優先的売買交渉権を付与し、又は当該適格再生可能エネ
              ルギー発電設備・不動産関連資産の保有者をして当該情報を優先的に提供させ、優先的売買交渉権
              を付与させます。スポンサーは、本i.に基づき情報を提供した場合には、後記iv.に従い優先的売買
              交渉権が消滅するまでの間、自ら当該情報を第三者に提供せず、また、当該適格再生可能エネル
              ギー発電設備・不動産関連資産の保有者をして当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連
              資産の売却に関する情報を第三者に提供させません。また、当該期間中、スポンサーは、第三者と
              の間で当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売却に関する交渉を行わず、ま
              た、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の保有者をして当該適格再生可能エネ
              ルギー発電設備・不動産関連資産の売却に関する交渉を行わせません。
           ii.    本投資法人及び本資産運用会社は、前記i.に従い適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資
              産に関する情報の提供を受けた日(同日を含みます。)から30日(以下、本(イ)において「優先検
              討期間」といいます。)以内に、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得
              (本投資法人による取得には、本投資法人が指定する第三者による取得を含みます。以下、本(イ)
              において同じです。)の意向の有無を優先的売買交渉権を付与した者(スポンサーを含み、以下、
              本(イ)において「優先交渉権付与者」といいます。)に書面で回答します。なお、優先交渉権付与
              者と本投資法人又は本資産運用会社とが別途合意した場合には、優先検討期間は、当該合意した期
              間延長されます。
           iii. スポンサーは、優先検討期間内に本投資法人又は本資産運用会社が当該適格再生可能エネルギー発
              電設備・不動産関連資産の取得の意向がある旨を優先交渉権付与者に回答した場合には、自ら本投
              資法人又は本資産運用会社と当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売却の条件
              について誠実に協議し、又は優先交渉権付与者をして誠実に協議させます。優先交渉権付与者と本
              投資法人又は本資産運用会社との間で当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売
              買を合意した場合には、スポンサーは、本投資法人又は本投資法人が指定する第三者に対し、当該
              適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を売却し、又は優先交渉権付与者をして売却さ
              せます。
           iv.    本投資法人及び本資産運用会社が、優先交渉権付与者に対し、(i)優先検討期間内に取得の意向があ
              る旨を書面にて回答しなかった場合、(ii)取得の意向がない旨を書面にて回答した場合又は(iii)取
              得の意向がある旨を書面にて回答したものの当該回答を優先交渉権付与者が受領した日(同日を含
              みます。)から30日又は優先交渉権付与者と本投資法人若しくは本資産運用会社とが別途合意して
              定める期間内に売却の条件について合意に達しなかった場合、優先的売買交渉権は消滅します。
           v.  前記i.からiv.までの規定は、(i)エネクスグループが行政機関の要請に基づいて適格再生可能エネ
              ルギー発電設備・不動産関連資産を売却する場合、(ii)エネクスグループが第三者との共同事業に
              基づき開発又は取得した適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産で、当該第三者に譲渡
              又は優先的売買交渉権を付与することをあらかじめ合意している場合及び(iii)エネクスグループが
              適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を取得する前からその売却について第三者との
              協議を開始している場合には適用しません。
                                 50/277



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b. 第三者保有情報の提供
           i.  スポンサーは、エネクスグループ以外の第三者が所有、開発又は運営する適格再生可能エネルギー
              発電設備・不動産関連資産について、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の所
              有者が売却を検討していることを知った場合において、本投資法人による取得可能性があると合理
              的に判断した場合には、本投資法人及び本資産運用会社に対し、当該適格再生可能エネルギー発電
              設備・不動産関連資産に関する情報を提供するよう合理的に努力します。例えば、スポンサーは、
              自らが行う再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の開発・運営業務又は三井住友信託銀行
              と共同で運営するファンドを通じて、再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売却に関す
              る情報を取得することがあり得るとの認識のもと本規定を設けており、本規定に基づき、スポン
              サーが個別に負う守秘義務等の関係で情報提供が制限される場合等のやむを得ない事情がない限
              り、当該情報は本投資法人に提供されることになるものと本投資法人は認識しています。
           ii.    前記i.の規定は、エネクスグループがスポンサー・サポート契約締結前に締結済みの第三者との契
              約に基づき、売却情報の提供が制限されている場合又は売却情報の優先提供、優先的売買交渉権等
              の付与若しくは売却をすることを要する場合には適用しません。
          c. 資産取得業務等の支援

            スポンサーは、本投資法人がエネクスグループ以外の第三者から適格再生可能エネルギー発電設備・不動
           産関連資産を取得しようとする場合において、本資産運用会社から資産取得業務等の支援を要請されたとき
           は、本投資法人及び本資産運用会社のため、(i)当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産に
           関する情報収集及び提供、(ii)当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産における運営計画及
           び広報戦略等の立案及び検討、(iii)当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の改善計画の
           立案及び検討その他の支援業務を行い、本資産運用会社による当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動
           産関連資産の取得業務等を支援します。
          d. ウェアハウジング機能の提供

            本投資法人及び本資産運用会社は、将来における本投資法人による適格再生可能エネルギー発電設備・不
           動産関連資産の取得を目的として、取得予定時期並びに取得予定価格又は取得価格の決定方法等を提示した
           上で、第三者が保有又は運用している適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得及び一時的
           な保有(ウェアハウジング)をスポンサーに依頼することができます。スポンサーは、かかる依頼を受けた
           場合には、誠実に検討し、受諾の可否を本投資法人及び本資産運用会社に対し回答します。
          e. SPCを用いた賃貸借スキームの組成に関する支援

            本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人による再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取
           得及び保有に関連して賃借人となるSPCの組成が必要となる場合、スポンサーに対してSPCを用いた賃貸借ス
           キームの組成に関する支援(当該SPCの組成に関する支援を含みます。以下、本(イ)において同じです。)
           を申し入れることができます。スポンサーは、かかる申入れを受けた場合には、かかる申入れについて誠実
           に検討するものとし、必要と認める場合には、かかるSPCを用いた賃貸借スキームの組成に関する支援を行
           うものとします。具体的な支援の内容としては、例えば、当該SPCに対する出資等を想定しています。
          f. オペレーター及びO&M業者その他の業務受託者の選定等支援

            本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人が保有する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産
           (本投資法人が保有する資産の裏付けとなる再生可能エネルギー発電設備、再生可能エネルギー発電設備に
           付随又は関連する不動産、不動産の賃借権及び地上権、外国の法令に基づくこれらの資産並びにこれらに付
           随又は関連する資産を含みます。以下、本f.及び後記g.において同じです。)について、スポンサーに対
           し、当該再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の運営に係るオペレーター又はO&M業者その他の再
           生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産に係る業務受託者の選定、管理、交代等に関する支援を申し入
           れることができます。スポンサーは、かかる申入れを受けた場合には、かかる申入れについて誠実に検討す
           るものとし、必要と認める場合には、業務受託者の選定、管理、交代等に関する支援(自らがオペレーター
           としての運営業務又はO&M業務を受託することを含みます。)を行うものとします。
          g. 固定価格買取期間終了後の電力売却支援

            スポンサーは、本投資法人及び本資産運用会社から依頼された場合、本投資法人が保有する再生可能エネ
           ルギー発電設備・不動産関連資産における固定価格買取期間が終了した後、当該設備に係る売電事業者(当
           該設備の賃借人を含みます。)が、当該設備において発電する再生可能エネルギー電気の売却手段を早期に
           確保できるよう支援します。
                                 51/277



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          h. その他の支援(人的サポート・ノウハウの提供等)
            スポンサーは、本投資法人及び本資産運用会社から依頼された場合、適用法令に反しない範囲で、(i)適
           格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得及び運用(本投資法人の賃貸先又は業務委託先の管
           理(選定、期中管理、交代等)を含みます。)に関する助言・補助、(ii)人材の出向を含め必要とされる人
           材確保への協力、(iii)保有資産の売却を予定している旨の通知を受けた場合、当該売却予定資産を購入す
           る意欲があると合理的に見込まれる購入希望者の情報(スポンサー自身が購入を希望する場合にはその旨の
           情報を含みます。)の優先的な提供、並びに(iv)本資産運用会社の役職員に対する研修の提供その他の本投
           資法人又は本資産運用会社の運営に関し必要と認める支援を行うよう努めます。
          i. 本投資口の保有

            スポンサーは、本投資法人が新たに投資口を発行する場合には、当該投資口の一部を取得することについ
           て誠実に検討します。
         (ロ)   三井住友信託銀行とのスポンサー・サポート契約の概要

          a. 第三者保有情報の提供
           i.  三井住友信託銀行(以下、本(ロ)において「スポンサー」といいます。)は、三井住友信託銀行グ
              ループ(スポンサー、その子会社及び関連会社並びにそれらのものが実質的に支配している特別目
              的会社をいいます。以下、本(ロ)において同じです。)以外の第三者が所有、開発又は運営する、
              本投資法人及び本資産運用会社の投資方針及び投資基準に適合すると合理的に想定される再生可能
              エネルギー発電設備・不動産関連資産(以下、本(ロ)においては当該資産を「適格再生可能エネル
              ギー発電設備・不動産関連資産」といいます。)について、当該適格再生可能エネルギー発電設
              備・不動産関連資産の所有者が売却を検討していることを知った場合には、当該適格再生可能エネ
              ルギー発電設備・不動産関連資産の所有者の意向等で情報を提供することができない場合を除き、
              本投資法人及び本資産運用会社に対し、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産に
              関する情報を提供するよう合理的に努力します。例えば、スポンサーは、自ら又は伊藤忠エネクス
              と共同で運営するファンドを通じて、再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売却に関す
              る情報を取得することがあり得るとの認識のもと本規定を設けており、本規定に基づき、スポン
              サーが個別に負う守秘義務等の関係で情報提供が制限される場合等のやむを得ない事情がない限
              り、当該情報は本投資法人に提供されることになるものと本投資法人は認識しています。
           ii.    前記i.の規定は、三井住友信託銀行グループがスポンサー・サポート契約締結前に締結済みの第三
              者との契約に基づき、売却情報の提供が制限されている場合又は売却情報の優先提供、優先的売買
              交渉権等の付与若しくは売却をすることを要する場合には適用しません。
          b. ウェアハウジング機能の提供

            本投資法人及び本資産運用会社は、将来における本投資法人による適格再生可能エネルギー発電設備・不
           動産関連資産の取得を目的として、取得予定時期並びに取得予定価格又は取得価格の決定方法等を提示した
           上で、第三者が保有又は運用している適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得(本投資法
           人による取得には、本投資法人が指定する第三者による取得を含みます。以下、本(ロ)において同じで
           す。)及び一時的な保有(ウェアハウジング)をスポンサーに依頼することができます。スポンサーは、か
           かる依頼を受けた場合には、誠実に検討し、受諾の可否を本投資法人及び本資産運用会社に対し回答しま
           す。
          c. その他の支援(人的サポート・ノウハウの提供等)

            スポンサーは、本投資法人及び本資産運用会社から依頼された場合、適用法令に反しない範囲で、(i)適
           格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得及び運用(本投資法人の賃貸先又は業務委託先の管
           理(選定、期中管理、交代等)を含みます。)に関する助言・補助、(ii)人材の出向を含め必要とされる人
           材確保への協力、(iii)保有資産の売却を予定している旨の通知を受けた場合、当該売却予定資産を購入す
           る意欲があると合理的に見込まれる購入希望者の情報(スポンサー自身が購入を希望する場合にはその旨の
           情報を含みます。)の優先的な提供、並びに(iv)本資産運用会社の役職員に対する研修の提供その他の本投
           資法人又は本資産運用会社の運営に関し必要と認める支援を行うよう努めます。
          d. 本投資口の保有

            スポンサーは、本投資法人が新たに投資口を発行する場合には、当該投資口の一部を取得することについ
           て誠実に検討します。
         (ハ)   マーキュリアインベストメントとのスポンサー・サポート契約の概要
          a. 第三者保有情報の提供
                                 52/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           i.  マーキュリアインベストメント(以下、本(ハ)において「スポンサー」といいます。)は、マー
              キュリアインベストメントグループ(スポンサー、その子会社及び関連会社並びにそれらのものが
              実 質的に支配している特別目的会社をいいます。以下、本(ハ)において同じです。)以外の第三者
              が所有、開発又は運営する、本投資法人及び本資産運用会社の投資方針及び投資基準に適合すると
              合理的に想定される再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産(以下、本(ハ)においては当該
              資産を「適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産」といいます。)について、当該適格
              再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の所有者が売却を検討していることを知った場合に
              は、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の所有者の意向等で情報を提供するこ
              とができない場合を除き、本投資法人及び本資産運用会社に対し、当該適格再生可能エネルギー発
              電設備・不動産関連資産に関する情報を提供するよう合理的に努力します。例えば、スポンサー
              は、自らが行う再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の開発・運営を通じて、再生可能エ
              ネルギー発電設備・不動産関連資産の売却に関する情報を取得することがあり得るとの認識のもと
              本規定を設けており、本規定に基づき、スポンサーが個別に負う守秘義務等の関係で情報提供が制
              限される場合等のやむを得ない事情がない限り、当該情報は本投資法人に提供されることになるも
              のと本投資法人は認識しています。
           ii.    前記i.の規定は、マーキュリアインベストメントグループがスポンサー・サポート契約締結前に締
              結済みの第三者との契約に基づき、売却情報の提供が制限されている場合又は売却情報の優先提
              供、優先的売買交渉権等の付与若しくは売却をすることを要する場合には適用しません。
          b. 資産取得業務等の支援

            スポンサーは、本投資法人がマーキュリアインベストメントグループ以外の第三者から適格再生可能エネ
           ルギー発電設備・不動産関連資産を取得(本投資法人による取得には、本投資法人が指定する第三者による
           取得を含みます。以下、本(ハ)において同じです。)しようとする場合において、本資産運用会社から資産
           取得業務等の支援を要請されたときは、本投資法人及び本資産運用会社のため、(i)当該適格再生可能エネ
           ルギー発電設備・不動産関連資産に関する情報収集及び提供、(ii)当該適格再生可能エネルギー発電設備・
           不動産関連資産における運営計画及び広報戦略等の立案及び検討、(iii)当該適格再生可能エネルギー発電
           設備・不動産関連資産の改善計画の立案及び検討その他の支援業務を行い、本資産運用会社による当該適格
           再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得業務等を支援します。
          c. ウェアハウジング機能の提供

            本投資法人及び本資産運用会社は、将来における本投資法人による適格再生可能エネルギー発電設備・不
           動産関連資産の取得を目的として、取得予定時期並びに取得予定価格又は取得価格の決定方法等を提示した
           上で、第三者が保有又は運用している適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得及び一時的
           な保有(ウェアハウジング)をスポンサーに依頼することができます。スポンサーは、かかる依頼を受けた
           場合には、誠実に検討し、受諾の可否を本投資法人及び本資産運用会社に対し回答します。
          d. SPCを用いた賃貸借スキームの組成に関する支援

            本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人による再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取
           得及び保有に関連して賃借人となるSPCの組成が必要となる場合、スポンサーに対してSPCを用いた賃貸借ス
           キームの組成に関する支援(当該SPCの組成に関する支援を含みます。以下、本(ハ)において同じです。)
           を申し入れることができます。スポンサーは、かかる申入れを受けた場合には、かかる申入れについて誠実
           に検討するものとし、必要と認める場合には、かかるSPCを用いた賃貸借スキームの組成に関する支援を行
           うものとします。具体的な支援の内容としては、例えば、当該SPCに対する出資等を想定しています。
          e. その他の支援(人的サポート・ノウハウの提供等)

            スポンサーは、本投資法人及び本資産運用会社から依頼された場合、適用法令に反しない範囲で、(i)適
           格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得及び運用(本投資法人の賃貸先又は業務委託先の管
           理(選定、期中管理、交代等)を含みます。)に関する助言・補助、(ii)人材の出向を含め必要とされる人
           材確保への協力、(iii)保有資産の売却を予定している旨の通知を受けた場合、当該売却予定資産を購入す
           る意欲があると合理的に見込まれる購入希望者の情報(スポンサー自身が購入を希望する場合にはその旨の
           情報を含みます。)の優先的な提供、並びに(iv)本資産運用会社の役職員に対する研修の提供その他の本投
           資法人又は本資産運用会社の運営に関し必要と認める支援を行うよう努めます。
          f. 本投資口の保有
            スポンサーは、本投資法人が新たに投資口を発行する場合には、当該投資口の一部を取得することについ
           て誠実に検討します。
                                 53/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ニ)   マイオーラとのスポンサー・サポート契約の概要
          a. スポンサー等保有情報の優先的提供及び優先的売買交渉権の付与
           i.  マイオーラ(以下、本(ニ)において「スポンサー」といいます。)は、スポンサー及びスポンサー
              が実質的に運営管理等する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の保有者(以下、本(ニ)
              において「資産保有者」といいます。)が保有し又は今後開発して保有することになる再生可能エ
              ネルギー発電設備・不動産関連資産のうち、本投資法人及び本資産運用会社の投資方針及び投資基
              準に適合すると合理的に想定される再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産(以下、本(ニ)
              においては当該資産を「適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産」といいます。)を売
              却しようとする場合には、本投資法人及び本資産運用会社に対し、第三者に先立ち当該適格再生可
              能エネルギー発電設備・不動産関連資産に関する情報を優先的に提供し、優先的売買交渉権を付与
              し、又は当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の保有者をして当該情報を優先的
              に提供させ、優先的売買交渉権を付与させます。スポンサーは、本i.に基づき情報を提供した場合
              には、後記iv.に従い優先的売買交渉権が消滅するまでの間、自ら当該情報を第三者に提供せず、ま
              た、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の保有者をして当該適格再生可能エネ
              ルギー発電設備・不動産関連資産の売却に関する情報を第三者に提供させません。また、当該期間
              中、スポンサーは、第三者との間で当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売却
              に関する交渉を行わず、また、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の保有者を
              して当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売却に関する交渉を行わせません。
           ii.    本投資法人及び本資産運用会社は、前記i.に従い適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資
              産に関する情報の提供を受けた日(同日を含みます。)から20日(以下、本(ニ)において「優先検
              討期間」といいます。)以内に、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得
              (本投資法人による取得には、本投資法人が指定する第三者による取得を含みます。以下、本(ニ)
              において同じです。)の意向の有無を優先的売買交渉権を付与した者(スポンサーを含み、以下、
              本(ニ)において「優先交渉権付与者」といいます。)に書面で回答します。なお、優先交渉権付与
              者と本投資法人又は本資産運用会社とが別途合意した場合には、優先検討期間は、当該合意した期
              間延長されます。
           iii. スポンサーは、優先検討期間内に本投資法人又は本資産運用会社が当該適格再生可能エネルギー発
              電設備・不動産関連資産の取得の意向がある旨を優先交渉権付与者に回答した場合には、自ら本投
              資法人又は本資産運用会社と当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売却の条件
              について誠実に協議し、又は優先交渉権付与者をして誠実に協議させます。優先交渉権付与者と本
              投資法人又は本資産運用会社との間で当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売
              買を合意した場合には、スポンサーは、本投資法人又は本投資法人が指定する第三者に対し、当該
              適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を売却し、又は優先交渉権付与者をして売却さ
              せます。
           iv.    本投資法人及び本資産運用会社が、優先交渉権付与者に対し、(i)優先検討期間内に取得の意向があ
              る旨を書面にて回答しなかった場合、(ii)取得の意向がない旨を書面にて回答した場合又は(iii)取
              得の意向がある旨を書面にて回答したものの当該回答を優先交渉権付与者が受領した日(同日を含
              みます。)から15日又は優先交渉権付与者と本投資法人若しくは本資産運用会社とが別途合意して
              定める期間内に売却の条件について合意に達しなかった場合、優先的売買交渉権は消滅します。
           v.  前記i.からiv.までの規定は、(i)スポンサー及び資産保有者が行政機関の要請に基づいて適格再生
              可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を売却する場合、(ii)スポンサー及び資産保有者が第三
              者との共同事業に基づき開発又は取得した適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産で、
              当該第三者に譲渡又は優先的売買交渉権を付与することをあらかじめ合意している場合及び(iii)ス
              ポンサー及び資産保有者が適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を取得する前からそ
              の売却について第三者との協議を開始している場合には適用しません。
                                 54/277





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b. 第三者保有情報の提供
           i.  スポンサーは、スポンサー及び資産保有者以外の第三者が所有、開発又は運営する適格再生可能エ
              ネルギー発電設備・不動産関連資産について、当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連
              資産の所有者が売却を検討していることを知った場合において、本投資法人による取得可能性があ
              ると合理的に判断した場合には、本投資法人及び本資産運用会社に対し、当該適格再生可能エネル
              ギー発電設備・不動産関連資産に関する情報を提供するよう合理的に努力します。例えば、スポン
              サーは、自らが運営するファンドを通じて、再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の売却
              に関する情報を取得することがあり得るとの認識のもと本規定を設けており、本規定に基づき、ス
              ポンサーが個別に負う守秘義務等の関係で情報提供が制限される場合等のやむを得ない事情がない
              限り、当該情報は本投資法人に提供されることになるものと本投資法人は認識しています。
           ii.    前記i.の規定は、スポンサー及び資産保有者がスポンサー・サポート契約締結前に締結済みの第三
              者との契約に基づき、売却情報の提供が制限されている場合又は売却情報の優先提供、優先的売買
              交渉権等の付与若しくは売却をすることを要する場合には適用しません。
          c. 資産取得業務等の支援

            スポンサーは、本投資法人がスポンサー及び資産保有者以外の第三者から適格再生可能エネルギー発電設
           備・不動産関連資産を取得しようとする場合において、本資産運用会社から資産取得業務等の支援を要請さ
           れたときは、本投資法人及び本資産運用会社のため、(i)当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関
           連資産に関する情報収集及び提供、(ii)当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産における運
           営計画及び広報戦略等の立案及び検討、(iii)当該適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の改
           善計画の立案及び検討その他の支援業務を行い、本資産運用会社による当該適格再生可能エネルギー発電設
           備・不動産関連資産の取得業務等を支援するよう努めます。
          d. ウェアハウジング機能の提供

            本投資法人及び本資産運用会社は、将来における本投資法人による適格再生可能エネルギー発電設備・不
           動産関連資産の取得を目的として、取得予定時期並びに取得予定価格又は取得価格の決定方法等を提示した
           上で、第三者が保有又は運用している適格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得及び一時的
           な保有(ウェアハウジング)をスポンサーに依頼することができます。スポンサーは、かかる依頼を受けた
           場合には、誠実に検討し、受諾の可否を本投資法人及び本資産運用会社に対し回答します。
          e. SPCを用いた賃貸借スキームの組成に関する支援

            本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人による再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取
           得及び保有に関連して賃借人となるSPCの組成が必要となる場合、スポンサーに対してSPCを用いた賃貸借ス
           キームの組成に関する支援(当該SPCの組成に関する支援を含みます。以下、本(ニ)において同じです。)
           を申し入れることができます。スポンサーは、かかる申入れを受けた場合には、かかる申入れについて誠実
           に検討するものとし、必要と認める場合には、かかるSPCを用いた賃貸借スキームの組成に関する支援を行
           うものとします。具体的な支援の内容としては、例えば、当該SPCに対する出資等を想定しています。
          f. オペレーター及びO&M業者その他の業務受託者の選定等支援

            本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人が保有する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産
           (本投資法人が保有する資産の裏付けとなる再生可能エネルギー発電設備、再生可能エネルギー発電設備に
           付随又は関連する不動産、不動産の賃借権及び地上権、外国の法令に基づくこれらの資産並びにこれらに付
           随又は関連する資産を含みます。以下、本f.において同じです。)について、スポンサーに対し、当該再生
           可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の運営に係るオペレーター又はO&M業者その他の再生可能エネル
           ギー発電設備・不動産関連資産に係る業務受託者の選定、管理、交代等に関する支援を申し入れることがで
           きます。スポンサーは、かかる申入れを受けた場合には、かかる申入れについて誠実に検討するものとし、
           必要と認める場合には、業務受託者の選定、管理、交代等に関する支援(自らがオペレーターとしての運営
           業務又はO&M業務を受託することを含みます。)を行うものとします。
          g.  その他の支援(人的サポート・ノウハウの提供等)

            スポンサーは、本投資法人及び本資産運用会社から依頼された場合、適用法令に反しない範囲で、(i)適
           格再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の取得及び運用(本投資法人の賃貸先又は業務委託先の管
           理(選定、期中管理、交代等)を含みます。)に関する助言・補助、(ii)人材の出向を含め必要とされる人
           材確保への協力、(iii)保有資産の売却を予定している旨の通知を受けた場合、当該売却予定資産を購入す
           る意欲があると合理的に見込まれる購入希望者の情報(スポンサー自身が購入を希望する場合にはその旨の
                                 55/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           情報を含みます。)の優先的な提供、並びに(iv)本資産運用会社の役職員に対する研修の提供その他の本投
           資法人又は本資産運用会社の運営に関し必要と認める支援を行うよう努めます。
          h. 本投資口の保有

            スポンサーは、本投資法人が新たに投資口を発行する場合には、当該投資口の一部を取得することについ
           て誠実に検討します。
        ⑧ 運用ストラクチャー

          本投資法人は、主として太陽光発電設備等を中心とする再生可能エネルギー発電設備等へ投資します。本投
         資法人は、再生可能エネルギー発電設備等については賃借人へ賃貸し、賃借人から賃料を受領します。2022年
         11月末日時点で保有する資産は全て再生可能エネルギー発電設備等であり、売主である発電事業者SPCが賃借人
         となります。ただし、今後取得する資産については、発電事業者SPC以外が賃借人となる可能性があります。
          (注) 本投資法人が再生可能エネルギー発電設備等を主な信託財産とする信託の受益権を保有する場合については、当該信託に係る
             信託受託者と賃借人との間で発電設備等賃貸借契約が締結されます。
                     <保有資産の運用ストラクチャー>

         (イ)   本投資法人








            本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を保有し、これを賃借人(発電事業者SPC)に賃貸する方
           法(又は、再生可能エネルギー発電設備等を信託受託者に信託することで再生可能エネルギー発電設備等の
           信託受益権を保有し、信託受託者が再生可能エネルギー発電設備等を賃借人(発電事業者SPC)に賃貸する
           方法)により運用し、賃借人から受け取る賃貸料を原資に投資主に分配金を支払います。
            このため、本投資法人は、賃借人との間で再生可能エネルギー発電設備等に係る賃貸借契約を締結してい
           ます(ただし、本投資法人が信託受益権を保有する場合については、当該信託に係る信託受託者と賃借人と
           の間で再生可能エネルギー発電設備等に係る賃貸借契約が締結されます。)。
            賃貸借契約の詳細は後記「5              運用状況 (2)        投資資産 ④       保有資産の個別の概要」をご参照くださ
           い。
         (ロ)   本資産運用会社

            本資産運用会社は、本投資法人の資産運用業務を受託し、運用ガイドラインに従い、再生可能エネルギー
           発電設備等の取得、売却、その他の資産運用について本投資法人のために判断し、その指示を行います。
         (ハ)   賃借人(発電事業者SPC)
                                 56/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            賃借人は、本投資法人の保有資産を賃借することを目的とする特別目的会社であり、電気事業者等との間
           で特定契約及び接続契約を締結し、再生可能エネルギー発電設備を用いて発電した電気を電気事業者に販売
           します。
            また、賃借人は、再生可能エネルギー発電設備を用いて発電事業を行うため、本投資法人及びエネクス電
           力との間でオペレーター業務委託契約を締結し、エネクス電力を再生可能エネルギー発電設備のオペレー
           ターに選定しています(オペレーターの行う業務内容は、後記「(ニ)                                  オペレーター」をご参照くださ
           い。)。
            エネクス電力が、本資産運用会社が定めるオペレーター選定基準を満たさなくなった場合、本投資法人又
           は賃借人は、オペレーター業務委託契約を解除することができます。
            なお、保有資産の賃借人に対しては、スポンサーであるマーキュリアインベストメントの完全親会社であ
           るマーキュリアホールディングスが匿名組合出資を行っています(注)。
           (注) 本投資法人が今後取得する全ての資産について、発電事業者SPCを用いた賃貸借契約が締結されるとは限らず、また、発電
             事業者SPCを用いた賃貸借契約が締結された場合であっても、当該発電事業者SPCに対しては、スポンサーのうちいずれか
             又はマーキュリアホールディングスが匿名組合出資をすることが想定されており、常にマーキュリアホールディングスが
             匿名組合出資をするとは限りません。
         (ニ)   オペレーター

            オペレーターは、賃借人から、賃借人の運営管理に関する業務の委託を受け、これらの業務を行います。
           保有資産については、エネクス電力がオペレーターに選定されています。なお、エネクス電力は、その業務
           の一部を第三者に再委託することがあります。
            賃借人の運営管理に関する業務には以下の業務が含まれます。
            a.賃貸借契約に基づく、賃借人の義務履行に関する業務
            b.長期修繕計画、維持管理計画、年次予算等の作成に関する業務
            c.決算、税務申告等の補助に関する業務
            d.保険関連業務
            e.紛争等対応業務
            f.発電施設の運営・管理等に関連する業務
            g.その他の業務
         (ホ)   O&M業者

            O&M業者は、賃借人からの委託を受けてO&M業務及び太陽光発電設備等の電気主任技術者に関する業務を行
           います。2022年11月末日時点で保有する資産のうち、高萩太陽光発電所及び鉾田太陽光発電所に関するO&M
           業務は、株式会社CO2Oが、松阪太陽光発電所に関するO&M業務は、同発電所のEPC業者であるMAETEL
           CONSTRUCTION       JAPAN株式会社が、千代田高原太陽光発電所、JEN防府太陽光発電所、JEN玖珠太陽光発電所及
           び長崎琴海太陽光発電所に関するO&M業務は、エネクスエンジニアリング&サービス株式会社(以下「EES」
           ということがあります。)が、新城太陽光発電所に関するO&M業務は、株式会社シーイーテックが、紋別太
           陽光発電所に関するO&M業務は、スマートソーラー株式会社が、それぞれ行っています。なお、O&M業者は、
           O&M業務の一部を第三者に再委託することがあります。
         (ヘ)   特定契約における電気事業者

            電気事業者は、発電事業者となる賃借人との間で、再生可能エネルギー発電設備の固定価格買取制度に基
           づき、特定契約を締結し、賃借人から当該再生可能エネルギー発電設備で発電した電気を調達価格により調
           達します。なお、2017年3月31日までに締結された特定契約は、その契約の期間が終了するまでの間は、平
           成28年改正再エネ特措法に基づく特定契約とみなされるため、平成28年改正前再エネ特措法に基づき小売電
           気事業者等との間で締結した特定契約を継続させることができます。また、当該特定契約を締結した小売電
           気事業者等は、その契約の期間が終了するまでの間は、平成28年再エネ特措法による一般送配電事業者とみ
           なされます。2022年11月末日時点で保有する資産に係る全ての特定契約は、2017年3月31日より前に締結さ
           れており、当該特定契約における電気事業者は、以下のとおりです。
                                 57/277





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      保有資産名                  電気事業者
                  高萩太陽光発電所              東京電力パワーグリッド株式会社
                  千代田高原太陽光発電所              中国電力ネットワーク株式会社
                  JEN防府太陽光発電所              中国電力ネットワーク株式会社
                  JEN玖珠太陽光発電所              九州電力送配電株式会社
                  鉾田太陽光発電所              東京電力パワーグリッド株式会社
                  長崎琴海太陽光発電所              九州電力送配電株式会社
                  松阪太陽光発電所              中部電力パワーグリッド株式会社
                  新城太陽光発電所              中部電力パワーグリッド株式会社
                  紋別太陽光発電所              北海道電力株式会社
         (ト)   接続契約における電気事業者等

            電気事業者等は、2022年11月末日時点で保有する資産に係る発電事業者となる賃借人との間で、接続契約
           を締結しています。接続契約に従い、再生可能エネルギー発電設備と電気事業者等の変電用、送電用又は配
           電用の電気工作物を電気的に接続しています。なお、これらの資産のうち高萩太陽光発電所及び鉾田太陽光
           発電所については、東京電力パワーグリッド株式会社が、千代田高原太陽光発電所及びJEN防府太陽光発電
           所については、中国電力ネットワーク株式会社が、JEN玖珠太陽光発電所及び長崎琴海太陽光発電所につい
           ては、九州電力送配電株式会社が、松阪太陽光発電所及び新城太陽光発電所については、中部電力パワーグ
           リッド株式会社が、紋別太陽光発電所については、北海道電力株式会社が各接続契約における電気事業者等
           です。
         (チ)   スポンサー

            スポンサーはそれぞれ、スポンサー並びに本投資法人及び本資産運用会社との間のスポンサー・サポート
           契約に基づき、前記「⑦            スポンサー・サポート契約の概要」に記載のとおり、本投資法人に対して、パイ
           プライン・サポート等の多岐にわたる支援を行います。
         (リ)   保険会社

            本投資法人は、保険会社との間で、火災又は事故等に起因する設備への損害、第三者からの損害賠償請求
           等のリスク、又は落雷若しくは風水災等偶然かつ突発的な事故により再生可能エネルギー発電設備等が損壊
           し、復旧するまでの間、発電が不可能になった場合の逸失利益に対処するため、必要な火災保険、第三者賠
           償責任保険及び利益保険等を運用資産に付保する方針です。ただし、予想される個別の資産又はポートフォ
           リオ全体に対する影響と保険の実効性を勘案して、付保しないこともあります。
         (ヌ)   EPC業者

            2022年11月末日時点で保有する資産に係る太陽光発電設備の建設に係る工事請負契約(以下「EPC契約」
           といいます。)において太陽光モジュール等の瑕疵担保責任又は性能保証が定められている場合、本投資法
           人は、必要に応じて、後記「5               運用状況 (2)        投資資産 ③その他投資資産の主要なもの (カ)                       保有資
           産に関する権利関係の従前の経緯」に記載の現所有者から、EPC契約上の権利義務の一部を承継することを
           検討します。
         (ル)   地権者等

            後記「5     運用状況 (2)        投資資産 ③       その他投資資産の主要なもの (ロ)                 設備・施設の概要 a.           敷
           地等の概要」に記載のとおり、本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備を運営するために必要な土地・
           建物を、賃借権又は地上権等によって確保することがあり、この場合、地権者等との間で、土地の利用権の
           設定に係る契約を締結します。
                                 58/277




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑨ ポートフォリオ構築方針
         (イ)   ポートフォリオ構築方針の基本的考え方
            本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象とします。
            再生可能エネルギー発電設備等のうち、太陽光発電設備等への投資割合は50%以上、太陽光発電設備等以
           外の投資対象として、風力発電設備等、水力発電設備等及びバイオマス発電設備等に対して50%以下の比率
           (取得価格ベース)で投資を行います。
                      投資比率

             種類                              特 徴
                    (取得価格ベース)
                              ・太陽光がエネルギー源のため、基本的に設置する地域に制約
                               がなく、導入が容易
         太陽光発電設備等          50%以上           ・システム的に可動部分が少ないため、機器のメンテナンスが
                               比較的少ない
                              ・災害時などに、貴重な非常用電源として使用可能
                              ・再生可能エネルギーの中では発電コストが比較的低い
         風力発電設備等                     ・風力エネルギーは高効率で電気エネルギーに変換が可能
                              ・風況次第では夜間でも発電が可能
                              ・エネルギー変換率が80%と、他の再生可能エネルギーに比べ
         水力発電設備等
                   50%以下            て高い
         (注1)
                              ・山が多く起伏に富んでいる日本に向いている発電方法
                              ・廃棄物の再利用や減少につながり、循環型社会構築に寄与
         バイオマス
                              ・廃棄物を資源として利用することで、地球環境の改善に貢献
         発電設備等(注1)
                               が可能
           (注1) 太陽光発電設備等及び風力発電設備等以外の資産については保有資産に含まれておらず、現時点において具体的な取得
              予定はありません。
           (注2) 本書の日付現在、本投資法人は主として太陽光発電設備等を中心としたポートフォリオを構築する予定ですが、太陽光
              発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等に対する投資も検討していきます。
            太陽光発電設備等への投資に際しては、設備規模、日射量及び気候その他の気象条件、電気事業者等との

           系統連系の容易性その他の立地条件、自然災害リスク及び土地履歴等の環境条件、太陽電池モジュール(太
           陽光パネル)及びパワーコンディショナーその他の機器・資材の製造業者及び性能その他の技術的要件、当
           該発電設備の過去における発電実績(もしあれば)、再エネ特措法に基づく固定価格買取制度における調達
           価格及び残存する調達期間その他の固定価格買取制度の適用条件、並びに敷地の取得・使用条件又は賃借等
           の条件を総合的に検討し、投資対象の選定を行います。
            太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等への投資に際しても、太陽光発電設備等への投資
           に準じた検討を行います。
         (ロ)   投資基準

          a. 立地地域
            本投資法人が取得を検討する太陽光発電設備等は、主として日本国内に立地するものとします。ただし、
           海外への投資を妨げないものとします。なお、海外に立地する太陽光発電設備等に投資する場合には、あら
           かじめ投資方針、投資対象国・地域及び投資基準等を定め、リスク管理体制を整備するものとします。
          b. 固定価格買取制度の適用等

            本投資法人が取得を検討する日本国内の太陽光発電設備等は、原則として、当該太陽光発電設備等に係る
           認定事業者が既に電気事業者との間で特定契約を締結し、事業計画認定を受け、電気事業者等との系統連系
           が完了し、かつ、当該特定契約に基づく電気の供給を既に開始した太陽光発電設備等とします。ただし、東
           京証券取引所の有価証券上場規程、投信協会の規則その他関連諸法令及び諸規則に従い認められる限度で、
           未稼働の太陽光発電設備等又は事業計画認定を受けていない太陽光発電設備等に投資することができるもの
           とします。
            本投資法人は、固定価格買取制度の適用を受ける太陽光発電設備等に投資する際には、当該時点における
           物価水準等の経済環境を踏まえて、当該太陽光発電設備等に適用される調達価格、残存する調達期間及び出
           力制御のルールその他の固定価格買取制度の適用条件を考慮します。
            本投資法人は、太陽光発電設備等に投資する際には、当該太陽光発電設備等について締結されている特定
           契約及び接続契約の条件を考慮します。なお、特定契約に基づく電気の買取価格は、当該太陽光発電設備等
           に適用ある調達価格と同額又は実質的にそれ以上の金額とします。
          c. 発電出力

                                 59/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本投資法人が取得を検討する太陽光発電設備等の発電出力は、原則として500kW以上とします。ただし、
           発電出力が500kW未満である太陽光発電設備等についても投資資産の収益性、オペレーター及び地域性等を
           勘案の上、厳選して取得を行うことができるものとします。なお、太陽光発電設備等の発電出力は、太陽電
           池 モジュールの容量とパワーコンディショナーの容量のいずれか小さい方の数値とします。
          d. 環境条件

            本投資法人は、太陽光発電設備等に投資する際には、当該太陽光発電設備等の設置場所又は近接する適当
           な箇所における日射量その他の気象条件、自然災害等リスク、太陽光発電設備等に係る太陽電池モジュール
           の容量・効率等、パワーコンディショナーの容量・効率等、太陽電池モジュールの配置、角度等、日影等の
           周辺環境を踏まえて第三者によって算定された推定発電量を考慮するものとします。
            本投資法人は、立地地域の気象条件等(降雪量、降雨量、降灰量及び風量を含みます。)や設置場所の地
           形、地盤、その他自然災害等のリスク等を考慮し、それらに適合する設計及び仕様により設置されたと判断
           した太陽光発電設備等について、ポートフォリオ構築方針等への適合性を総合的に勘案の上、太陽光発電設
           備等の取得を検討します。
          e. 電気事業者等との系統連系その他の立地条件

            本投資法人は、太陽光発電設備等に投資する際には、当該太陽光発電設備等と電気事業者等の系統との接
           続地点までの距離、変電設備及び鉄塔等の当該太陽光発電設備等から系統への送電設備の設置状況及び当該
           設置場所に関する権利関係、その他の立地条件を考慮の上、長期的運用に支障がないと判断できる太陽光発
           電設備等の取得を検討します。
          f. 太陽電池モジュールの製造業者及び性能その他技術的要件

            本投資法人は、太陽光発電設備等に投資する際には、当該太陽光発電設備等に用いられている太陽電池モ
           ジュール、パワーコンディショナーその他の機器・資材について、製造業者が提供する保証の内容、製造実
           績、製造業者の立地、能力及び信用力等について検証し、考慮します。
            本投資法人は、太陽光発電設備等に用いられている太陽電池モジュール、パワーコンディショナーその他
           の機器・資材の性能その他の技術的要件につき、当該太陽光発電設備等が立地する場所の気象条件、地理条
           件その他の立地条件を踏まえ、本投資法人が適正と考える一定の水準を満たすと判断できる太陽光発電設備
           等の取得を検討します。
          g. 過去における発電実績

            本投資法人は、太陽光発電設備等に投資する際には、当該太陽光発電設備等における過去における発電実
           績があれば、当該実績を考慮します。
          h. 太陽光発電設備等の設置、保守、運用に必要な用地の確保

            太陽光発電設備等の設置、保守、運用に必要な用地(太陽光発電設備等の送電線の送電線敷設用地を除き
           ます。)は、原則として、所有権、賃借権又は地上権によって確保することとし、登記により対抗要件を具
           備するものとします。賃借権又は地上権の場合には、原則として、その期間を20年以上とします(契約期間
           がそれより短い場合でも、更新条項等の存在より実質的に20年以上の期間が確保されていると評価できる場
           合を含みます。)。
            送電線敷設用地は、その属性及び使用目的に従い適切な使用権原又は使用のための許認可を確保すること
           とします。
          i. 事業用地の境界確定に関する方針

           i.  本投資法人が太陽光発電設備等を取得するにあたっては、本投資法人がその事業用地を取得するか
              否かにかかわらず、隣地との間の境界が確定していることを原則とし、境界が確定していない場合
              には境界確定を実施します。
           ii.    前記i.にかかわらず、各隣地との境界が以下のいずれかに該当し、境界未確定のリスクが限定的と
              判断する場合には、例外的に、当該境界の確定を実施しないことができるものとします。
             (a)  国土調査法(昭和26年法律第180号。その後の改正を含みます。)(以下「国土調査法」といいま
               す。)に基づく地籍調査が完了している場合において、隣地所有者の属性、隣地所有者と当該敷
               地の現所有者との関係及び当該敷地に設置されている太陽光発電設備に対する隣地所有者の認識
               その他の状況を総合的に勘案し、隣地所有者との間で境界に関する紛争が生じる可能性が低いと
               判断できる場合。
             (b)  当該境界について現況測量が実施されており、かつ、隣地所有者との間で境界に関する紛争が生
               じていない場合。
                                 60/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             (c)  当該境界と太陽光発電設備との間に十分なバッファー(間隔)がある場合において、隣地所有者
               の属性、隣地所有者と当該敷地の現所有者との関係及び当該敷地に設置されている太陽光発電設
               備 に対する隣地所有者の認識その他の状況を総合的に勘案し、隣地所有者との間で境界に関する
               紛争が生じる可能性が低いと判断できる場合。
             (d)  当該境界について境界確定を行うことが実務上難しい場合であって、隣地の所有者又は管理者か
               ら境界に関する指摘がなされておらず、隣地所有者との間で境界に関する紛争が生じる可能性が
               低いと判断できる場合。なお、太陽光発電設備等の取得にあたって、原則として、当該隣地の所
               有者に対して、境界に関する問題を認識しているか否かの確認を行います。
             (e)  太陽光発電設備等に係る売買契約において、境界未確定の部分においてフェンス、アレイ(注)そ
               の他の設備が隣地に越境していることが判明した場合、当該設備の移設その他越境の解消に要す
               る費用を売主に負担させることが合意されており、境界未確定のリスクが発現した場合において
               も本投資法人が損害を被るおそれが限定的と判断できる場合。なお、売主に対して費用請求でき
               る期間については、一定の制限(原則として、2年間を下限とする。)を設けることができるも
               のとします。
          (注) 「アレイ」とは、太陽電池モジュールを複数枚並べ、直列や並列接続し、架台等に設置したものをいいます。以下同じです。
           iii.   前記ii.    (c)に規定する「境界と太陽光発電設備との間に十分なバッファー(間隔)がある場合」に

              該当するか否かは、境界とフェンス、アレイその他の設備との距離並びに境界部分及びその周辺の
              地形その他の状況を総合的に勘案して判断します。かかる文脈における「境界」とは、公図、現地
              の状況、周辺の境界標等を勘案して境界が存在すると推測される箇所をいいます。
          j. 太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等

            本投資法人は、太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等に投資する際には、当該再生可能
           エネルギー発電設備等の種類及び特徴を勘案の上、前記(イ)及び本(ロ)を準用し、又は必要に応じ運用ガイ
           ドラインの変更を行って検討を行い、太陽光発電設備等への投資と同等の利益が得られるものとして本投資
           法人が適正と考える一定の水準を満たすと判断したものに投資するものとします。
        ⑩ デュー・ディリジェンスの実施

          運用資産(注)の取得を決定するに際しては、売主から提供される情報に加えて、原則として、本資産運用会
         社の委託業務管理規程に定める一般的な選定基準を充足し、業務経験が5年以上であり、かつ、運用資産の分
         類において業界内での評価が高い第三者たる専門家によるバリュエーションレポート、不動産鑑定評価書、テ
         クニカルレポートを取得するほか、必要と判断する場合にはその他の第三者たる専門家の報告書等を取得し、
         下記にあげる調査項目に基づき、経済的調査、物理的調査及び法的調査を適正かつ十分に実施し、当該運用資
         産の投資対象としての妥当性を検討します。
          (注) 再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産へ投資する場合の裏付けとなる再生可能エネルギー発電設備等を含みます。
             以下、本「⑩      デュー・ディリジェンスの実施」において同じです。
                                 61/277








                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         評価項目               調査事項
         経済的調査       取得価格        バリュエーションレポート及び不動産鑑定評価書に記載
                        の評価基準、評価方法等の合理性・妥当性
                        本資産運用会社による評価額と不動産鑑定評価書及びバ
                        リュエーションレポートの評価額との差額及びその理由
                収益関係        同種、同規模の運用資産に係る賃料水準
                (事業性調査を        運用資産の事業に伴う費用(保険等)の見積額
                含みます。)        見込まれる賃貸借契約の条件(賃貸期間、解除事由等)
                        運用資産に適用される調達価格及び残存調達期間
                        運用資産に係る売電収入及び将来予想される修繕保守費
                        用等の売電事業に伴う費用の見通額
                        各種エネルギー価格の動向
                        国内の総電力需給及び電源ごとの需給の見通し
                        発電した電力の買取総量の変動の可能性(出力制御の影
                        響等)
                        調達期間満了後の買取価格の見通し
                        パネル増設等出力増加及びこれに伴う買取価格変更の可
                        能性
                        固定価格買取制度改正の可能性
                        国又は地方公共団体等からの補助金等の支給の見込み
                オペレーター等        オペレーターの事業の内容、財務の状況、運用資産の管
                運営体制        理・運営の体制及び従事する人員の状況、再生可能エネ
                        ルギー発電設備の管理・運営の実績その他オペレーター
                        としての業務遂行能力及び体制に関する事項(反社会的
                        勢力に該当しないことの調査を含みます。)
                        オペレーターの受託業務に必要となる許認可等の取得状
                        況、維持状況等
                        O&M業者その他の発電事業の運営に必要な業者(以下
                        「O&M業者等」といいます。)の事業の内容、財務の状
                        況、再生可能エネルギー発電設備のO&M業務等の体制及
                        び従事する人員の状況、再生可能エネルギー発電設備の
                        O&M業務等の実績その他O&M業者等としての業務遂行能力
                        及び体制に関する事項(反社会的勢力に該当しないこと
                        の調査を含みます。)
                        オペレーター又はO&M業者等がその業務を継続すること
                        ができなくなった場合の対応策
                        大規模な自然災害等が発生した場合の事業継続及び復旧
                        計画
                                 62/277








                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         物理的調査       発電設備・仕様        売主から提供される発電設備・仕様に関する情報の内容
                        及び正確性
                        テクニカルレポートによる発電設備の主要項目(主要構
                        造、設計、設備仕様、設計・製造業者等)及び想定発電
                        量(太陽光発電設備がゴルフ場跡地等の傾斜地に設置さ
                        れ、当該傾斜が発電量に影響する可能性が高いと見込ま
                        れる場合、当該傾斜を反映した想定発電量)
                        立地条件への適合性(太陽光発電設備の場合は日射量、
                        積雪量、気温等。風力発電設備の場合は風況、環境影響
                        等。水力発電設備の場合は高低差、流水量等。バイオマ
                        ス発電設備の場合は燃料供給元からの距離・アクセス
                        等。)
                        再エネ特措法に定める認定基準への適合に関する事項
                        現地調査による発電設備の現況、周辺環境
                土地・立地        土地利用の状況
                        運用資産へのアクセス性、電気事業者等の送電用又は配
                        電用電気工作物との接続の状況
                耐震性能判断        地震PML値(予想最大損失率)(注1)
                将来の修繕の可        テクニカルレポートによる将来の修繕の可能性
                能性等        過去の修繕履歴
                        設備等の更新費等の負担及びその妥当性
                環境・土壌等        地質状況、土地利用履歴、土壌汚染等の環境等
                        運用資産が周辺環境に及ぼす影響
                                 63/277













                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         法的調査       違法性        関係法令(再エネ特措法、電気事業法その他の電気事業
                        関連法規、建築基準法(昭和25年法律第201号。その後
                        の改正を含みます。)、都市計画法(昭和43年法律第
                        100号。その後の改正を含みます。)その他建築関連法
                        規及び自治体による指導要綱等並びに自主規制団体によ
                        る自主規制等)の遵守状況
                        現地調査による法令遵守の現況
                許認可等        開発許可、農地法(昭和27年法律第229号。その後の改
                        正を含みます。)に基づく転用許可等
                        再エネ特措法に基づく事業計画認定の取得状況
                        自治体との特別な合意の有無
                敷地等の権利関        所有権取得の可否(対抗要件の具備状況等)
                係        共有物、借地物件、制限付物件(注2)等を取得する場合
                        は、以下の事項
                        ・共有物の場合
                         他の共有者の属性及び保有する権利の内容、共有者間
                         協定書の有無、共有物分割請求権及び共有物分割等に
                         関する措置
                        ・借地物件の場合
                         借地権設定契約、借地権者の属性、借地料の適正性、
                         借地権に優先する権利の有無(対抗要件の具備状況
                         等)、借地権売却時の承諾料の有無及び金額
                        ・制限付物件の場合
                         当該制限の発生根拠(担保権設定契約等)、担保権者
                         等の属性、敷地利用権に優先する権利の有無(対抗要
                         件の具備状況等)
                        ・送電線敷設用地の場合
                         使用権原又は許認可の有無及びその内容、使用権原に
                         優先する権利の有無(対抗要件の具備状況等)
                発電設備の権利        所有権取得の可否(対抗要件の具備状況等)
                関係
                契約関係        設計・建設請負契約の概要(EPC業者による瑕疵担保責
                        任等による保証の有無、期間、保証内容等)
                        保守管理契約(O&M業者等との契約を含みます。)の概
                        要(保守管理保証の有無、期間、保証内容等)
                        パネル製造業者からの保証書に基づく保証及びアフター
                        サービスの内容及び承継等の発電設備等に関する契約の
                        概要
                        電気事業者等との間の特定契約、接続契約等の締結状況
                        及び概要、系統連系に関する契約の概要
                        賃貸借契約の概要
                        その他第三者との契約の有無及び概要
                パイプライン・        パイプライン・サポート契約に基づきスポンサーから付
                サポート関係        与された取得物件に係る優先的売買交渉権等の概要
                賃借人関係        賃借人の基本情報(商号、所在地、(代表)社員、職務
                        執行者等)及び賃借人がSPCである場合における倒産隔
                        離の確保状況
                        反社会的勢力に該当しないこと
                境界・越境物        境界確定の実施状況、実測面積、越境物の有無とその状
                        況
                調査
         その他               保険関連事項
                        近隣住民関連事項
                        紛争関連事項
          (注1) 「PML値(予想最大損失率)」とは、対象施設又は施設群に対して最大級の損失をもたらすと考えられる、今後50年間に
              超過確率が10%となる地震動(再現期間475年相当の地震動)が発生し、その場合の90%非超過確率に相当する物的損失
              額の再調達価格に対する割合をいいます。以下同じです。
                                 64/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (注2) 「制限付物件」とは、抵当権、根抵当権、地役権、通行権、質権、根質権、留置権等第三者による権利の付着のある物件
              をいいます。
        ⑪ フォワード・コミットメント等に関する方針

          本投資法人は、過大なフォワード・コミットメント等が本投資法人の財務に与える影響の大きさを勘案し、
         原則として、解約により違約金等の負担が生じるフォワード・コミットメント等を行いません。
          例外的にフォワード・コミットメント等を締結する際には、あらかじめ慎重に検討し対応し、フォワード・
         コミットメント等に係る規則を遵守するものとします。また、フォワード・コミットメント等を行った場合に
         は、速やかに、その事実及び行ったフォワード・コミットメント等の概要を開示するものとします。その際に
         は、設定理由、解約条件及び履行できない場合の本投資法人の財務に与える影響についても概要を開示するも
         のとします。
        ⑫ 資産管理方針

          a. オペレーターの選定基本方針
            本投資法人は、資産の運営を円滑に行うための経営体制、財務基盤及び業務執行体制を有している者をオ
           ペレーターとして選定します。そのため、オペレーターの選定に際しては、以下のオペレーター選定基準に
           従い、オペレーターが運営をすることとなる種類の資産の運営に関する実績、運営の対象となる資産が立地
           する地域における運営体制、オペレーターが運営をすることとなる種類の資産の運営業務に係る社内体制、
           財務状況及び反社会的勢力非該当性を確認するものとします。
          b. オペレーター選定基準

            本投資法人又は賃借人が運用する資産のオペレーターは、以下の基準を満たす者から選定するものとしま
           す。オペレーターがオペレーター選定基準を満たさなくなったことを、オペレーターとの契約の解除事由と
           し、かかる場合において、本投資法人は、オペレーターの変更を検討します。
           i.  再生可能エネルギー発電設備等(本投資法人が保有する資産の裏付けとなるこれらの資産を含み、
              以下「運営対象資産」といいます。)が属する種類の資産に係る運営実績
              以下の全てを満たしていることとします。
             (a)  商用運転を開始した当該種類の再生可能エネルギー発電設備の運営に関する実績が1年以上ある
               こと。
             (b)  直近事業年度における、発電事業に関係する売上高の合計が1億円以上であること。
             (c)  過去2年間において当該種類の再生可能エネルギー発電設備の運営に関する実績が2件以上ある
               こと。ただし、その発電出力が500kW以上で、かつ、商用運転段階において半年以上運営を継続し
               たものに限ります。
           ii.    運営対象資産の所在する地域における運営体制(人的・組織的・技術的な体制)整備の状況

              以下のいずれかを満たしていることとします。
             (a)  運営対象資産が所在する地域又はその近隣に現地事務所又は委託先事務所その他の拠点が存在
               し、かつ、当該拠点において十分な人的・組織的体制が整備されていること。
             (b)  前記(a)に定める拠点が存在しない場合、遠隔地の再生可能エネルギー発電設備及びその発電状況
               をモニタリングするための体制・システム(監視カメラ/ストリング監視を含みます。)が構築
               されており、運営対象資産の所在する地域において、当該種類の再生可能エネルギー発電設備が
               適切に運用できる技術的体制が整備されていること。
           iii. 運営対象資産が属する種類の資産の運営業務に係る社内体制(人的・組織的・技術的な体制)整備

              の状況
              以下の(a)から(c)までを満たしていること、また、運営業務の遂行に際しその業務の全部又は重要
             な一部の外部委託を行う場合(子会社に委託する場合を含みます。)には、以下の(d)を満たし、か
             つ、当該委託先が以下の(a)から(c)までを満たしていることとします。
             (a)  運営対象資産が属する種類の資産の運営を行うために十分と認められる人員が在籍しているこ
               と。具体的には、当該種類の再生可能エネルギー発電設備の運営管理業務に携わる人員が常時5
               名以上(そのうち1年以上の当該業務経験を有している者が3名以上)存在し、そのうち責任者
               の地位にある者は、2年以上の当該業務経験及び当該業務に係る十分な知識を有していること。
                                 65/277



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             (b)  運営対象資産が属する種類の資産の運営を行うために十分と認められるコンプライアンス体制及
               び内部統制体制を有していること。具体的には、(i)オペレーター又はその親会社の法定開示書類
               その他の公表資料により、コンプライアンス体制及び内部統制体制(運営業務の遂行にあたり必
               要な許認可の取得状況の確認等の体制を含みます。)の構築状況について確認できること、(ii)
               オペレーター又はその親会社に対するヒアリングにより、コンプライアンス体制及び内部統制体
               制の構築状況について確認できること、並びに(iii)再生可能エネルギー発電設備に関するクレー
               ムにつき適切に対応できる体制・能力を有していること。
             (c)  運営業務の遂行状況について適示に報告を行うための体制が整備されていること。具体的には、
               委託業務に係る報告書について、発電設備の状況について定期的に報告を行う体制が整備されて
               いること。
             (d)  当該委託先(オペレーターの子会社である場合を含みます。)の監督について必要な体制を整備
               していること。具体的には、(i)再生可能エネルギー発電設備の運営に際し、運営管理業務、保守
               点検業務又は電気保安業務等の委託を行う場合、当該業務の委託先における業務遂行状況のモニ
               タリングを行うための体制が整備されていること、(ii)委託先に対し、委託した業務につき定期
               的に書面による報告を求めることとしていること、及び、当該業務の遂行状況等につき随時報告
               を求めることができること、並びに(iii)前記対応が可能となるよう委託に係る契約において必要
               な条項が定められていること。
           iv.    財務状況

              以下の全てを満たしていることとします。
             (a)  直近の連続する2決算期における単体の損益計算書及びかかる連続する2決算期における連結の
               損益計算書に示される経常損益が損失となっているものではないこと。ただし、かかる連続する
               2決算期における連結の損益計算書に示される経常損益については、当該対象者に完全親会社等
               (会社法第847条の3第2項に規定する完全親会社等をいいます。以下同じです。)がある場合
               は、当該対象者の最終完全親会社等(会社法第847条の3第1項に規定する最終完全親会社等をい
               います。以下同じです。)の連結の損益計算書にて判断します。
             (b)  当該対象者が過去3年間において債務超過となっていないこと。ただし、当該対象者に完全親会
               社等がある場合は、当該対象者の最終完全親会社等について判断します。
             (c)  その他、当該再生可能エネルギー発電設備の運営・維持管理業務の遂行に関し懸念を生じさせる
               財務上の問題が存在しないこと。
           v.  反社会的勢力の排除に関する体制

              本資産運用会社が定める反社会的勢力による被害の防止マニュアルに定める反社会的勢力でないこ
             ととするとともに、反社会的勢力との関係を排除するための体制が整備されていることとします。
           vi.    委託条件

              以下の全てを満たしていることとします。
             (a)  オペレーターとの運営の委託に関する契約(以下「オペレーター管理業務委託契約」といいま
               す。)において設定される委託期間が、対象となる運営対象資産の運営期間に照らし合理的なも
               のであること。
             (b)  オペレーターとの運営の委託に関する契約において設定されるオペレーターの中途解約権、解除
               権その他の条件が合理的なものであり、対象となる運営対象資産の運営期間中にオペレーターが
               不在となる可能性が一定程度限定されていること。
          c. オペレーターによる運営のパフォーマンスのモニタリング

            賃借人又はオペレーターに対し、発電設備の操業実績等のオペレーターの運営状況や、賃借人又はオペ
           レーターの財務状況について、賃貸借契約、オペレーターとの業務委託契約その他の関連契約の中で一定の
           報告義務を課すことを基本方針とします。ただし、報告義務の内容については、資産ごとに異なるものとす
           ることができるものとします。
          d. 賃貸条件の決定方針

            本投資法人は、収入の安定化を図るため、太陽光発電設備等の賃貸借契約において、賃料は、原則とし
           て、長期かつ基本賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料形態の賃貸借契約を締結することにより、本投資
           法人の賃料収入の安定化を図ります。
            賃料形態の大部分を占める基本賃料は、原則として、NEDO等がまとめた年間時別日射量データベース等を
           基礎としてテクニカルレポートの作成者その他の専門家によって算出された発電量予測値を勘案して算定さ
                                 66/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           れた将来の月ごとの発電量予測値の100%又は一定割合に各太陽光発電設備等に適用される買取価格を乗じ
           て得られる金額から、事業に伴う想定費用として賃借人と合意した費用を控除して得られる金額とします。
           実 績連動賃料は、原則として、実際の発電量に連動して算定される金額とします。
            調達期間を勘案して、実務上可能な限り、賃貸借契約の契約期間を長期にし、かつ、賃借人の選択による
           同契約の解約を制限します。
            太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等に投資する際には、原則として、上記に準じた決
           定方針によるものとします。
          e. 資産管理基本方針

            資産管理については原則として、再生可能エネルギー発電設備等の保有者たる賃貸人(本投資法人の場合
           を含みます。)若しくは賃借人(オペレーターを兼ねる場合を含みます。)のいずれか適切な者又はその両
           者からO&M業者に委託するものとします(以下、本⑫において、当該委託をした者を「委託者」といいま
           す。)。このうち、再生可能エネルギー発電設備等の保守管理等の業務については、オペレーターとは別の
           O&M業者に委託します。
            委託者は、委託に際し、中長期にわたる安定した収益の確保と資産価値の維持及び向上を目指し、発電
           量、売電収入、適切な管理及び修繕の実施、管理コストの適正化及び効率化並びに再委託先への再委託状況
           についてモニタリングします(本投資法人が必要と認めるときは、再委託先に対する直接のモニタリングを
           行います。)。
            本投資法人が委託者となる場合、本投資法人は、O&M業者の管理に関する業務をオペレーターに委託して
           行わせます。
            賃借人が委託者となる場合、委託状況のモニタリングは第一次的には委託者である賃借人が行いますが、
           本投資法人も賃借人との賃貸借契約等を通じて間接的に行うこととします。
          f. O&M業者の選定及びモニタリング

            O&M業者を選定するにあたっては、再生可能エネルギー発電設備等の運営・管理の経験や能力、対象とな
           る運用資産における実績、運用計画に沿った業務遂行の実現性、コスト水準、運用の継続性等を総合的に勘
           案し、本投資法人の総合的な収益向上に寄与すると認められる業者を選定するものとします。また、委託者
           がO&M業者のモニタリングを行うとともに、モニタリングにあたっては、O&M業者の事業環境・運営状況につ
           き適時モニタリングするとともに、必要があれば、財務状況のモニタリングによるO&M業者のクレジット・
           リスクの管理等を行うことで業務水準等についての評価を定期的に行い、適正な業務遂行レベルが維持でき
           ない場合は、契約の解除を行うこと又は契約の更新を行わないことを検討するものとします。
          g. 修繕計画の基本方針

            中長期的な運用資産の収益の維持向上を図ることを目的として、運用資産の状況及び特性等を考慮した個
           別資産ごとの修繕計画を、オペレーター及びO&M業者と協議の上策定し、必要な修繕及び資本的支出を行う
           ものとします。修繕及び資本的支出は、原則としてポートフォリオ全体の減価償却費もあわせて勘案して本
           投資法人が判断するものとします。ただし、運用資産のパフォーマンスの維持及び向上に資するものと本投
           資法人が合理的に判断したものについては、早期に実施するものとします。
            なお、運用期間中に発生する再生可能エネルギー発電設備等の維持、管理、修繕等に要する費用(再生可
           能エネルギー発電設備等に賦課される公租公課、再生可能エネルギー発電設備等に係る資本的支出、再生可
           能エネルギー発電設備を構成する機器又は部品の交換に係る新たな機器又は部品の代金その他の費用、本投
           資法人が保険契約者又は被保険者となる再生可能エネルギー発電設備に係る保険の保険料を含みます。)は
           再生可能エネルギー発電設備等の保有者たる賃貸人が負担することとし、それ以外の再生可能エネルギー発
           電設備等の日常的な維持、管理、修繕等に要する費用は原則として賃借人が負担することとします。
          h. 付保方針

            災害、事故、関係者の倒産等による設備の損害及び収益の減少、対人・対物事故による第三者からの損害
           賠償によるリスクを回避することを目的として、以下の方針に基づき損害保険(火災保険、賠償責任保険、
           利益保険等)及び地震保険等を付保します。
                                 67/277




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             損害保険       運用資産の規模、用途、周辺環境等の特性を考慮した上で付保を決定します。
             地震保険       地震発生の可能性とそれに基づき予想される個別不動産及びポートフォリオ全体へ

                   の影響と、保険料等の負担の収益への影響等を比較検討した上で付保を決定しま
                   す。なお、個別物件のPML値が20%以上の場合は該当物件について付保を検討しま
                   す。
          i. 固定価格買取期間満了後の再生可能エネルギー発電設備等

            固定価格買取期間が満了し、固定価格買取制度の適用外となった再生可能エネルギー発電設備等について
           は、(i)当該再生可能エネルギー発電設備等により発電した電気を小売電気事業者等に対して直接若しくは
           卸電力取引所を通じて売却するか、又は、(ii)当該再生可能エネルギー発電設備等を売却するものとしま
           す。かかる選択においては、当該満了時における売電市場、卸電力取引所、当該再生可能エネルギー発電設
           備のセカンダリー取引市場の動向及びそれらを踏まえた具体的な売却条件等を勘案するものとし、当該再生
           可能エネルギー発電設備等を売却する場合は、後記「⑬                           売却方針」についても考慮します。ただし、あら
           かじめ賃貸借期間満了後に賃借人へ所有権を移転させる旨の合意をしている場合には、当該合意に従いま
           す。
          j. 賃借人の契約上の地位の移転

            将来の賃借人の変更に備えて、あらかじめ円滑な賃借人の地位の承継を行うための手続(例えば、認定事
           業者たる地位並びに特定契約及び接続契約における電気事業者との間の契約上の地位の移転に関する地位譲
           渡予約並びに当該電気事業者の承諾等)を講じることを検討します。
            賃借人の破たんその他の事由により賃貸借契約が終了し、又は終了するおそれが生じた場合、事前に上記
           の地位譲渡予約及びその承諾等が得られている場合には、賃借人の交代を早急に検討し、状況に応じて交代
           を行います。事前に地位譲渡予約及びその承諾等が得られていない場合には、早急に地位譲渡及びその承諾
           等に関する交渉を行います。
                                 68/277












                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑬ 売却方針
          原則として短期的な運用資産の売却は行いませんが、ポートフォリオ全体の構成、ニーズの変化、個別資産
         の状況、収益性の見通し、周辺環境の変化、インフレーション等経済環境の変化に伴う収益力の変化、セカン
         ダリー取引市場の形成状況等を総合的に判断した結果、当該運用資産の売却がポートフォリオの収益の安定に
         資するものと判断される場合には、適切な時期での売却を検討することがあります。
        ⑭ 財務戦略

         (イ)   財務の基本方針
            本投資法人は、中長期的な収益の維持・向上を目的とし、安定的かつ健全な財務基盤を構築することを基
           本方針とします。
          a. エクイティファイナンス
            新投資口の発行は、経済環境、市場動向、LTVや投資資産の取得時期等を勘案した上で、投資口の希薄化
           に配慮しつつ実行します。
          b. デットファイナンス

            主要金融機関を中心としたバンクフォーメーションを構築し、長期・短期の借入期間及び固定・変動の金
           利形態等のバランス、返済期限の分散を図りながら、効率的な資金調達を実行します。また、LTVは資金余
           力の確保に留意し、適切な水準の範囲で運営を行います。また、投資法人債の発行等による資金調達手法の
           多様化にも積極的に取り組みます。これに加えて、金利変動リスクの軽減を図るため、日本相互証券株式会
           社の公表する新発10年国債利回りの各営業日の終値が60営業日連続で1%を超える金利環境となった場合に
           おいては、原則として、金利スワップ契約又は金利キャップ契約等を締結することにより変動金利の実質的
           固定化を図ることとします。なお、上記にかかわらず、金利環境の変化に応じて、金利スワップ契約又は金
           利キャップ契約等を締結することにより、金利の実質的固定化を図る場合があります。
          c. LTV水準

            LTV水準は、資金調達余力の確保に留意しつつ、原則として70%を上限とし、財務健全性を確保するよう
           にします。ただし、新たな資産の取得、資産評価の変動により一時的に70%を超えることがあります。当面
           の間は、ポートフォリオ規模等を考慮して60%を目処に保守的に運用します。
         (ロ)   利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)及び自己投資口の取得

            本投資法人の投資対象である太陽光発電設備等は、その多くが都市部以外の地域に所在し、土地の価格が
           相対的に安いため、資産全体に占める償却資産の割合が一般的なJ-REITに比べて相対的に高くなることが想
           定され、結果として高い減価償却費を計上することが見込まれます。他方で、太陽光発電設備に対する資本
           的支出や修繕費は、その資産の特性から減価償却費に比べて低額となる傾向があります。本投資法人の財務
           状態に悪影響を及ぼさない範囲で、投信協会規則に定める金額を上限として、利益を超えた金銭の分配(出
           資の払戻し)(注1)又は自己投資口の取得を原則として毎計算期間実施する方針です(注2)。本投資法人
           は、再投資(新規投資、保有資産の価値の維持・向上に向けて必要な長期修繕計画及び資本的支出計画に
           沿った積立等)や設備廃棄に対応するために妥当と考える範囲で現預金を内部留保することとし、基本的に
           内部留保後の余剰資金から投資主に還元することを目指します。
          (注1) 本投資法人は、当面の間、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)を毎計算期間実施する方針です。
          (注2) 本投資法人は、減価償却費の算出方法につき、定額法を採用しています。保有資産(計9物件)の減価償却費(予想)は
              月額平均約221百万円を想定しています。以上の金額から借入金の元本返済等を行った後の金額を利益超過分配の原資と
              することを予定しています。
          (注)  上記はあくまでもイメージであり、実際の分配金の額と利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)の額又は自己投資口の



             取得額の比率等を示すものではありません。
                                 69/277




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑮ 開示の基本方針
          本投資法人は、以下のとおり、透明性確保の観点から、法定開示に加えて、有用かつ適切と判断される投資
         情報を、情報の透明性及び分かりやすさに配慮し、正確かつ迅速に開示します。
          a. 本投資法人は、投信法及び金融商品取引法等その他適用のある法令並びに諸規則、東京証券取引所、投信
            協会等がそれぞれ要請する内容及び様式に従って、情報の透明性や分かりやすさに配慮し、投資主の投資
            判断に必要な情報を適時かつ適切に開示を行います。
          b. 法定開示事項以外にも投資主にとって有益かつ重要な情報についても、可能な限り適時かつ適切な開示を
            努めるものとします。
                                 70/277


















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)【投資対象】
        ① 投資対象とする資産の種類
          本投資法人が投資する資産の種類は、以下のとおりとします。
         (イ)   再生可能エネルギー発電設備・不動産等
          a.  再生可能エネルギー発電設備
          b.  再生可能エネルギー発電設備に付随又は関連する不動産(以下、本(イ)において、「不動産」という場合
            かかる不動産を意味します。)
          c.  再生可能エネルギー発電設備に付随又は関連する不動産の賃借権(以下、本(イ)において、「不動産の賃
            借権」という場合かかる不動産の賃借権を意味します。)
          d.  再生可能エネルギー発電設備に付随又は関連する地上権(以下、本(イ)において、「地上権」という場合
            かかる地上権を意味します。)
          e.  再生可能エネルギー発電設備、不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権(再生可能エ
            ネルギー発電設備、不動産に付随する金銭と合わせて信託する包括信託を含みます。)
          f.  信託財産を再生可能エネルギー発電設備、不動産、不動産の賃借権又は地上権に対する投資として運用す
            ることを目的とする金銭の信託の受益権
          g.  当事者の一方が相手方の行う前記a.からf.までに掲げる資産の運用のために出資を行い、相手方がその出
            資された財産を主として当該資産に対する投資として運用し、当該運用から生じる利益の分配を行うこと
            を約する契約に係る出資の持分(以下「再生可能エネルギー発電設備・不動産等に関する匿名組合出資持
            分」といいます。)
          h.  信託財産を主として再生可能エネルギー発電設備・不動産等に関する匿名組合出資持分に対する投資とし
            て運用することを目的とする金銭の信託の受益権
          i.  外国の法令に基づく前記a.からd.までに掲げる資産及び外国の法令に準拠して組成された前記e.からh.ま
            でに掲げる資産
         (ロ)   再生可能エネルギー発電設備・不動産対応証券(裏付けとなる資産の2分の1を超える額を再生可能エネ

            ルギー発電設備・不動産等に投資することを目的とする次に掲げるものをいいます。)
          a.  優先出資証券(資産の流動化に関する法律(平成10年法律第105号。その後の改正を含みます。)(以下
            「資産流動化法」といいます。)第2条第9項に定めるものをいいます。)
          b.  受益証券(投信法第2条第7項に定めるものをいいます。)
          c.  投資証券(投信法第2条第15項に定めるものをいいます。)
          d.  特定目的信託の受益証券(資産流動化法第2条第15項に定めるものをいいます。)(前記(イ)e.、f.又は
            h.に掲げる資産に該当するものを除きます。)
          e.  外国の法令に基づく権利及び外国の者の発行する証券で前記a.からd.までに掲げる権利及び証券の性質を
            有するもの
         (ハ)   前記(イ)及び(ロ)に掲げる特定資産のほか、次に掲げる特定資産に投資することができます。

          a.  預金
          b.  コール・ローン
          c.  金銭債権(ただし、前記a.及びb.に該当するものを除きます。)
          d.  国債証券(金融商品取引法第2条第1項第1号に定めるものをいいます。)
          e.  地方債証券(金融商品取引法第2条第1項第2号に定めるものをいいます。)
          f.  特別の法律により法人の発行する債券(金融商品取引法第2条第1項第3号に定めるものをいいます。)
          g.  資産流動化法第2条第9項に定める特定社債券
          h.  社債券(金融商品取引法第2条第1項第5号に定めるものをいいます。)
          i.  株券(実質的に再生可能エネルギー発電設備・不動産等若しくは再生可能エネルギー発電設備・不動産対
            応証券に投資することを目的とするもの又は再生可能エネルギー発電設備・不動産等若しくは再生可能エ
            ネルギー発電設備・不動産対応証券への投資に付随し若しくは関連して取得するものに限ります。)
          j.  公社債投資信託の受益証券(投信法第2条第4項に定める証券投資信託の受益証券のうち、前記d.、e.若
            しくはh.又は後記l.若しくはm.に掲げる資産等への投資として運用することを目的としたものをいいま
            す。)
          k.  投信法第2条第20項に定める投資法人債券
          l.  コマーシャル・ペーパー(金融商品取引法第2条第1項第15号に定めるものをいいます。)
          m.  譲渡性預金証書
          n.  信託財産を前記a.からm.までに掲げる資産に対する投資として運用することを目的とした金銭の信託の受
            益権
                                 71/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          o.  デリバティブ取引に係る権利(投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号。その
            後の改正を含みます。)(以下「投信法施行令」といいます。)第3条第2号に定めるものをいいま
            す。)
          p.  不動産、不動産の賃借権及び地上権並びにそれらを信託する信託の受益権(それらに付随する金銭と合わ
            せて信託する包括信託を含みます。)(前記(イ)b.からe.に該当するものを除きます。)
         (ニ)   本投資法人は、前記(イ)、(ロ)及び(ハ)に定める特定資産のほか、再生可能エネルギー発電設備・不動産

            関連資産への投資に付随して取得する以下に掲げる資産に(ただし、後記l.については、本投資法人が借
            入れを行うために必要な場合に限り)投資することがあります。
          a.  商標法(昭和34年法律第127号。その後の改正を含みます。)に定める商標権又はその専用使用権若しく
            は通常使用権
          b.  温泉法(昭和23年法律第125号。その後の改正を含みます。)に定める温泉の源泉を利用する権利、観光
            施設財団抵当法(昭和43年法律第91号。その後の改正を含みます。)に定める温泉を利用する権利及び慣
            習法上の権利として認められる温泉権又は温泉利用権並びに当該温泉に関する設備等
          c.  地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。その後の改正を含みます。)に基づく算定
            割当量その他これに類似するもの、又は排出権(温室効果ガスに関する排出権を含みます。)
          d.  再生可能エネルギー発電設備・不動産等に付随する器具備品等の民法(明治29年法律第89号。その後の改
            正を含みます。)(以下「民法」といいます。)上の動産
          e.  著作権法(昭和45年法律第48号。その後の改正を含みます。)に定める著作権等
          f.  民法上の組合の出資持分(ただし、再生可能エネルギー発電設備、不動産、再生可能エネルギー発電設備
            若しくは不動産の賃借権若しくは地上権を出資することにより設立され、又はこれらの資産を保有するこ
            とを目的に設立され、その賃貸、運営又は管理等を目的としたものに限ります。)
          g.  地役権
          h.  資産流動化法第2条第6項に定める特定出資
          i.  会社法に定める合同会社の社員たる地位
          j.  一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号。その後の改正を含みます。)に定め
            る一般社団法人の基金拠出者の地位(基金返還請求権を含みます。)
          k.  信託財産として前記a.からj.までに掲げる資産を信託する信託の受益権
          l.  信用金庫法(昭和26年法律第238号。その後の改正を含みます。)に定める出資
          m.  各種保険契約に係る権利
          n.  その他、保有する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の運用に必要なものとして、投資口を上
            場する金融商品取引所等が認めるもの
         (ホ)   金融商品取引法第2条第2項に定める有価証券表示権利について、当該権利を表示する有価証券が発行さ

            れていない場合においては、当該権利を当該有価証券とみなして、前記(イ)から(ニ)までを適用するもの
            とします。
        ② 投資基準及び種類別、地域別等による投資割合

         (イ)   投資基準については、前記「(1)                投資方針 ⑨       ポートフォリオ構築方針」をご参照ください。
         (ロ)   再生可能エネルギー発電設備等の種類別、地域別等による投資割合については、前記「(1)                                           投資方針 

            ⑨  ポートフォリオ構築方針 (イ)               ポートフォリオ構築方針の基本的考え方」及び同「(ロ)                           投資基準 
            a.  立地地域」をご参照ください。
                                 72/277






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (3)【分配方針】
        本投資法人は、原則として以下の方針に基づき分配を行うものとします。
        ① 利益の分配(規約第47条第1号)
          投資主に分配する金銭の総額のうち、利益(本投資法人の貸借対照表上の純資産額から出資総額等の合計額
         を控除して算出した金額をいいます。以下、本「(3)                         分配方針」において同じです。)の金額は、投信法及び
         一般に公正妥当と認められる企業会計の慣行に従って計算されるものとします。
          分配金額は、原則として租税特別措置法第67条の15(以下、本「(3)                                分配方針」において「投資法人に係る
         課税の特例規定」といいます。)に規定される配当可能利益の額(以下、本「(3)                                       分配方針」において「配当
         可能利益の額」といいます。)の100分の90に相当する金額(法令改正等により当該金額の計算に変更があった
         場合には変更後の金額とします。以下、本「(3)                       分配方針」において同じです。)を超えるものとし、本投資
         法人が決定する金額とします。なお、本投資法人は、運用資産の維持又は価値向上に必要と認められる長期修
         繕積立金、支払準備金、分配準備積立金並びにこれらに類する積立金及び引当金等を積み立て、又は留保その
         他の処理を行うことができます。
          利益の金額のうち、分配金に充当せず留保したものについては、本投資法人の資産運用の対象及び方針に基
         づき運用を行うものとします。
        ② 利益を超えた金銭の分配(規約第47条第2号)

          本投資法人は、利益の金額が配当可能利益の額の100分の90に相当する金額以下である場合又は本投資法人が
         適切と判断する場合、当該営業期間に係る利益の金額に、法令等(投信協会の定める規則を含みます。)に定
         める金額を限度として、本投資法人が決定した額を加算した金額を、利益の金額を超えて金銭で分配すること
         ができます。また、この場合において金銭の分配金額が投資法人に係る課税の特例規定における要件を満たさ
         ない場合には、当該要件を満たす目的をもって本投資法人が決定した金額をもって金銭の分配をすることがで
         きます。また、本投資法人は、本投資法人における課税負担の軽減を目的として役員会において適切と判断し
         た場合、役員会が決定した金額により利益を超えて金銭の分配をすることができるものとします。
          なお、本投資法人は、投信協会の諸規則に定める金額を限度として、本投資法人が決定した金額を、原則と
         して毎営業期間、利益を超えた金銭として分配する方針です。ただし、経済環境、再生可能エネルギー発電事
         業に関する市場環境、本投資法人の財務状況等を踏まえ、修繕や資本的支出への活用、借入金の返済、新規物
         件の取得資金への充当、自己投資口の取得などの他の選択肢についても検討の上、利益を超えた金銭の分配を
         実施しない場合があります。
        ③ 金銭の分配の方法(規約第48条)

          本投資法人は、決算期現在の最終の投資主名簿に記載又は記録のある投資主又は登録投資口質権者に対し
         て、その所有口数又は登録投資口質権の対象たる投資口の口数に相当する金銭の分配を行います。当該分配
         は、原則として決算期から3か月以内に行われます。
        ④ 金銭の分配の除斥期間(規約第49条)

          投資主に対する金銭の分配が受領されずにその支払開始の日から満3年を経過したときは、本投資法人はそ
         の支払の義務を免れるものとします。なお、金銭の分配の未払金には利息を付さないものとします。
        ⑤ 投信協会規則(規約第50条)

          本投資法人は、その規約に定めるほか、金銭の分配にあたっては、投信協会の定める規則等に従うものとし
         ます。
                                 73/277






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (4)【投資制限】
        ① 規約に基づく投資制限
          本投資法人の規約に基づく投資制限は、以下のとおりです。
         (イ)   投資制限(規約第34条)
          a.  本投資法人は、金銭債権及び有価証券への投資を、安全性及び換金性並びに再生可能エネルギー発電設
            備・不動産等との関連性を重視して行うものとし、積極的な運用益の取得のみを目指した投資を行わない
            ものとします。
          b.  本投資法人は、前記「(2)             投資対象 ①       投資対象とする資産の種類 (ハ)                o.」に掲げるデリバティブ
            取引に係る権利への投資を、本投資法人の運用資産又は負債から生じる価格変動リスク、金利変動リスク
            その他のリスクをヘッジすることを目的としてのみ行うものとします。
         (ロ)   組入資産の貸付けの目的及び範囲(規約第36条)

          a.  本投資法人は、中長期的な安定収益の確保を目的として、運用資産に属する全ての再生可能エネルギー発
            電設備(本投資法人が取得する再生可能エネルギー発電設備以外の再生可能エネルギー発電設備・不動産
            関連資産の裏付けとなる再生可能エネルギー発電設備を含みます。)を賃貸するものとします。
          b.  本投資法人は、中長期的な安定収益の確保を目的として、運用資産に属する全ての不動産(本投資法人が
            取得する不動産以外の再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の裏付けとなる不動産を含みま
            す。)について、第三者との間で賃貸借契約を締結して賃貸を行うことを原則とします。
          c.  本投資法人は、前記a.及びb.の再生可能エネルギー発電設備の賃貸又は不動産の賃貸若しくは運営委託そ
            の他再生可能エネルギー発電設備・不動産等の投資又は運用に際して、敷金、保証金、預託金等その他こ
            れらに類する金銭を受け入れ又は差し入れることがあり、それらの金銭を受け入れた場合には、本投資法
            人の資産運用の基本方針及び投資態度等の定めに基づき運用します。
          d.  本投資法人は、運用資産に属する再生可能エネルギー発電設備及び不動産(本投資法人が取得する再生可
            能エネルギー発電設備及び不動産以外の再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の裏付けとなる再
            生可能エネルギー発電設備及び不動産を含みます。)以外の運用資産の貸付けを行うことがあります。
          e.  本投資法人は、資産運用の一環として、再生可能エネルギー発電設備及び不動産を賃借した上で、当該再
            生可能エネルギー発電設備及び不動産を転貸することがあります。
         (ハ)   借入金及び投資法人債発行の限度額(規約第44条)

            借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、かつ、その合計額が1兆円を超えないもの
           とします。
        ② その他の投資制限

         (イ)   有価証券の引受け及び信用取引
            本投資法人は、有価証券の引受け及び信用取引は行いません。
         (ロ)   集中投資

            集中投資について制限はありません。なお、ポートフォリオの構築方針については、前記「(1)                                             投資方
           針 ⑨    ポートフォリオ構築方針 (イ)               ポートフォリオ構築方針の基本的考え方」をご参照ください。
         (ハ)   他のファンドへの投資

            他のファンドへの投資について制限はありません。
                                 74/277






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     3【投資リスク】
      (1)リスク要因
        以下には、本投資証券への投資に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載していま
       す。ただし、以下は本投資証券への投資に関する全てのリスクを網羅したものではなく、記載されたリスク以外の
       リスクも存在します。また、本投資法人が保有している個別の太陽光発電設備等に特有のリスクについては、後記
       「5   運用状況 (2)        投資資産 ④       保有資産の個別の概要」を併せてご参照ください。
        本投資法人は、対応可能な限りにおいてこれらのリスクの発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針です
       が、回避及び対応が結果的に十分である保証はありません。以下に記載するリスクが現実化した場合、本投資証券
       の市場価格は下落し、発行価格に比べて低くなることもあると予想され、その結果、投資主が損失を被る可能性が
       あります。また、本投資法人の純資産額の減少、その他財務状況の悪化による分配金の減少が生じる可能性があり
       ます。
        各投資家は、自らの責任において、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で、本投資証券に
       関する投資判断を行う必要があります。
        なお、以下の各項目には太陽光発電設備等に関するリスクとして記載されている項目が多くありますが、その多
       くは、将来本投資法人が太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等を取得した場合、それらについて
       も同様に該当します。
        また、本書に記載の事項には、将来に関する事項が含まれますが、別段の記載のない限り、これらの事項は本書
       の日付現在における本投資法人及び本資産運用会社の判断によるものです。
        本項に記載されているリスク項目は、以下のとおりです。
        ① 本投資証券の商品性に関するリスク

         (イ)   本投資証券の市場価格の変動に関するリスク
         (ロ)   本投資証券の市場での取引に関するリスク
         (ハ)   金銭の分配、自己投資口の取得等に関するリスク
         (ニ)   収入及び支出の変動に関するリスク
         (ホ)   新投資口の発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
         (ヘ)   投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことによるリスク
        ② 本投資法人の運用方針に関するリスク
         (イ)   再生可能エネルギー発電設備等への投資に特化していることによるリスク
         (ロ)   太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等に関するリスク
         (ハ)   運用資産の立地の地域的な偏在に関するリスク
         (ニ)   スポンサー・グループからの資産取得が想定どおりに行えないリスク
         (ホ)   再生可能エネルギー発電設備等を取得又は処分できないリスク
         (ヘ)   少数の電気事業者に依存していることのリスク
         (ト)   新投資口の発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
         (チ)   敷金及び保証金に関するリスク
         (リ)   少数の物件に収入が依存していることによるリスク
         (ヌ)   LTVに関するリスク
        ③ 本投資法人の仕組みに関するリスク
         (イ)   スポンサー・グループへの依存、利益相反に関するリスク
         (ロ)   本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
         (ハ)   本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク
         (ニ)   本投資法人及び本資産運用会社の歴史が浅いことによるリスク
         (ホ)   本投資法人の投資方針等の変更に関するリスク
         (ヘ)   本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
        ④ 保有資産に関わる関係者に関するリスク
         (イ)   賃借人に関するリスク
         (ロ)   オペレーターに関するリスク
         (ハ)   O&M業者に関するリスク
         (ニ)   EPC業者又はメーカーから保証その他のサポートが得られなくなるリスク
         (ホ)   電気事業者(売電先)に関するリスク
        ⑤ 固定価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に関するリスク
         (イ)   売電契約及び接続契約等の変更・終了のリスク
         (ロ)   出力制御を求められるリスク
         (ハ)   調達価格又は調達期間が変更されるリスク
                                 75/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ニ)   インフレにより売電価格の価値が実質的に低下すること等によるリスク
         (ホ)   固定価格買取制度の下での買取期間満了後の売電に関するリスク
         (ヘ)   再エネ特措法に基づく事業計画認定が取り消される又は失効するリスク
         (ト)   固定価格買取制度が変更又は廃止されるリスク
        ⑥ 発電事業に係る操業リスク
         (イ)   再生可能エネルギー発電設備の発電量が想定より低下するリスク
         (ロ)   周囲の環境・天候に関するリスク
         (ハ)   事故等に関するリスク
         (ニ)   送電設備その他第三者の資産に関するリスク
         (ホ)   近隣住民との紛争が生じるリスク
         (ヘ)   電気事業法上の発電事業者に対する規制等に関するリスク
         (ト)   その他の法令の制定・変更に関するリスク
        ⑦ 保有資産に関するリスク
         (イ)   再生可能エネルギー発電設備の欠陥・瑕疵及び契約不適合に関するリスク
         (ロ)   発電設備用地等に関するリスク
         (ハ)   送電線敷設用地に関するリスク
         (ニ)   発電設備用地の瑕疵及び契約不適合や境界に関するリスク
         (ホ)   災害等による再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地の毀損、滅失及び劣化のリスク
         (ヘ)   再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地に係る所有者責任、修繕・維持・管理費用等に関するリス
            ク
         (ト)   土地に係る行政法規・条例等に関するリスク
         (チ)   法令の制定・変更に関するリスク
         (リ)   売主の倒産等の影響を受けるリスク
         (ヌ)   共有資産に関するリスク
         (ル)   有害物質に関するリスク
         (ヲ)   埋立地に関するリスク
         (ワ)   切土及び盛土等の造成工事を行った土地に関するリスク
         (カ)   フォワード・コミットメント等に係るリスク
         (ヨ)   技術革新等により、本投資法人の保有する再生可能エネルギー発電設備の需要が低減するリスク
        ⑧ 信託受益権に関するリスク
         (イ)   受益権の流動性に関するリスク
         (ロ)   信託受託者の倒産手続等に関するリスク
         (ハ)   信託受託者の信託違反等に関するリスク
         (ニ)   信託受益権の準共有に関するリスク
        ⑨ 税制に関するリスク
         (イ)   導管性の維持に関する一般的なリスク
         (ロ)   現時点の税制の下では、インフラファンドの投資法人については導管性を維持できる期間が20年に限定さ
            れるリスク
         (ハ)   税負担の発生により90%超配当要件が満たされないリスク
         (ニ)   借入れに係る導管性要件に関するリスク
         (ホ)   同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
         (ヘ)   投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
         (ト)   税務調査等による更正処分のため、追加的な税負担の発生するリスク
         (チ)   固定資産の減損に係る会計基準の適用に伴うリスク
         (リ)   一般的な税制の変更に関するリスク
         (ヌ)   会計基準の変更に関するリスク
         (ル)   資金不足により計上された利益の全部を配当できないリスク
         (ヲ)   納税遅延に係る延滞税等の発生に関するリスク
        ⑩ その他
         (イ)   専門家の意見への依拠に関するリスク
        ① 本投資証券の商品性に関するリスク

         (イ)   本投資証券の市場価格の変動に関するリスク
            本投資法人は、投資主からの請求による投資口の払戻しを行わないクローズド・エンド型であるため、投
           資主が本投資証券を換価する手段は、原則として、第三者に対する売却に限定されます。
                                 76/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本投資証券の市場価格は、本投資証券が上場している東京証券取引所における需給バランスにより影響を
           受け、一定の期間内に大量の売却が出た場合には、大きく価格が下落する可能性があります。また、本投資
           証券の市場価格は、金利情勢、経済情勢、再生可能エネルギー発電設備及び不動産の取引市況、固定価格買
           取 制度等の再生可能エネルギーや投資法人に係る諸法制度の変更その他市場を取り巻く様々な要因の影響を
           受けて変動します。本投資法人若しくは本資産運用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産運用会社に対
           して監督官庁による行政処分の勧告や行政処分が行われた場合にも、本投資証券の市場価格が下落すること
           があります。本投資証券の市場価格が下落した場合、投資主は、本投資証券を取得した価格以上で売却でき
           ない可能性があり、その結果、損失を被る可能性があります。
         (ロ)   本投資証券の市場での取引に関するリスク

            わが国においてインフラファンド市場は、東京証券取引所が2015年4月に開設したものが初めてであり、
           本書の日付現在において、インフラファンド市場に既に上場している銘柄は限られており、同市場における
           過去の取引実績はまだ十分なものとはいえません。また、本投資証券の上場は、一定期間金銭の分配を行わ
           ないこと、本投資法人の資産総額の減少、投資口の売買高の減少、一定期間オペレーターがオペレーター選
           定基準に抵触することその他の東京証券取引所の定める有価証券上場規程に規定されるインフラファンドの
           上場廃止基準に抵触する場合には廃止されます。さらに、現時点では、インフラファンド市場の将来の市場
           規模を予測することはできず、インフラファンド市場の存続も保証されていません。
            本投資証券の上場が廃止される場合、投資主は、保有する本投資証券を相対で譲渡する他に換金の手段が
           ないため、本投資証券を本投資法人の純資産額に比して相当に廉価で譲渡せざるを得ない場合や本投資証券
           の譲渡自体が事実上不可能となる場合があり、損失を被る可能性があります。
         (ハ)   金銭の分配、自己投資口の取得等に関するリスク

            本投資法人は前記「2           投資方針 (3)        分配方針」に記載の分配方針に従って、投資主に対して金銭の分
           配を行う予定ですが、金銭の分配の有無及びその金額は、いかなる場合においても保証されるものではあり
           ません。本投資法人が保有する再生可能エネルギー発電設備等の賃貸状況、発電量その他の売電状況及び修
           繕・維持・管理費用等により、期間損益が変動し、投資主への分配金が増減し、又は一切分配されないこと
           があります。
            また、本投資法人は、前記「2               投資方針 (1)        投資方針 ⑭       財務戦略 (ロ)        利益を超えた金銭の分配
           (出資の払戻し)及び自己投資口の取得」に記載のとおり、所定の方針に基づき原則として継続的に利益を
           超えた金銭の分配を行う方針としていますが、経済環境、再生可能エネルギー発電事業に関する市場環境、
           本投資法人の財務状況等を踏まえ、修繕や資本的支出への活用、借入金の返済、新規物件の取得資金への充
           当等の他の選択肢についても検討した結果、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)の額が減少したり、
           行われない場合もあります。
            さらに、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)は、その経済効果に着目すると実質的には出資の払戻
           しに相当するため、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)が実施された場合、本投資法人の純資産は減
           少することになります。また、これにより、手元資金が減少することとなるため、突発的な事象等により本
           投資法人の想定を超えて資本的支出等を行う必要が生じた場合に手元資金の不足が生じる可能性や、機動的
           な物件取得にあたり資金面での制約となる可能性があります。
            加えて、本投資法人は、自己投資口の取得を行うことがありますが、取得した自己投資口は相当の時期に
           処分又は消却をしなければならず、必ずしも投資法人にとって有利な時期及び価格で処分できる保証はあり
           ません。また、投資法人が税務上の特例要件を満たし法人税が課税されないこととなるためには、税引前当
           期純利益に一定の調整を加えた租税特別措置法施行令(昭和32年政令第43号。その後の改正を含みます。)
           (以下「租税特別措置法施行令」といいます。)に規定する配当可能利益の額又は配当可能額の90%超の分
           配を行う必要があります(以下「90%超配当要件」といいます。)が、自己投資口は貸借対照表上、純資産
           の控除項目として計上されることから、税引前当期純利益に比し、本投資法人が実際に配当できる金額が自
           己投資口の金額分減少する可能性があり、結果として、決算期を超えて自己投資口を保有し続けた場合に
           90%超配当要件を満たせない可能性があります。
                                 77/277





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ニ)   収入及び支出の変動に関するリスク
            本投資法人の収入は、再生可能エネルギー発電設備等の賃料収入に主として依存しています。松阪太陽光
           発電所、紋別太陽光発電所、高崎太陽光発電所A及び胎内風力発電所を除く本投資法人の保有資産である再
           生可能エネルギー発電設備等に係る賃貸借契約は、基本賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料形態となっ
           ていますが、基本賃料であってもその基礎は各月の発電量予測に連動したものであることを原則としている
           ため、本投資法人が賃借人から収受する賃料収入は、太陽光発電設備等の場合は日射量に応じて、また、風
           力発電設備等の場合は風況により変動します。また、松阪太陽光発電所、紋別太陽光発電所、高崎太陽光発
           電所A及び胎内風力発電所は太陽光発電設備等又は風力発電設備等を主な信託財産とする信託の受益権です
           が、この場合、当該太陽光発電設備等又は風力発電設備等の信託に係る信託受託者(以下「信託受託者」と
           いいます。以下本「(1)リスク要因」において同じです。)から信託配当を収受することになります。か
           かる信託配当は、信託受託者が太陽光発電設備等又は風力発電設備等を賃借人に賃貸することにより収受す
           る賃料を原資としています。そして、信託受託者と太陽光発電設備等又は風力発電設備等の賃借人との間の
           賃貸借契約においても、基本賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料形態が採用されており、基本賃料の基
           礎は各月の発電量予測に連動したものを原則としています。したがって、本投資法人自らが太陽光発電設備
           等又は風力発電設備等を保有する場合と同様、発電設備の稼働状況や売電収入の増減による賃料の変動の影
           響を受けることになります。このような賃料変動リスクは、実績連動賃料の割合が高い賃貸借契約であれば
           あるほど大きくなります。また、本投資法人の保有資産又は信託受託者の信託財産の賃借人は、いずれも発
           電事業者SPCですが、賃借人が発電事業者SPCである場合、実際の売電収入が賃料の支払に対して十分でない
           ときは、発電事業者SPCに余剰の支払原資がなく賃料の支払が滞る可能性があります。さらに、賃借人との
           協議等により賃料が減額される可能性や、現在の賃借人との賃貸借契約が終了した後に賃料が生じない期間
           が発生する可能性や新たな賃借人との間で締結される賃貸借契約の賃料がそれまでよりも低額になる可能性
           もあります。加えて、再生可能エネルギー発電設備等に関して締結される賃貸借契約に基づく賃料が、一般
           的な賃料水準に比して適正な水準にあるとは限りません。
            一方、収入の減少だけでなく、再生可能エネルギー発電設備等の維持、管理、修繕等に要する費用(再生
           可能エネルギー発電設備等に賦課される公租公課、再生可能エネルギー発電設備等に係る資本的支出、再生
           可能エネルギー発電設備等を構成する機器又は部品の交換に係る新たな機器又は部品の代金、その他の費
           用、本投資法人が保険契約者又は被保険者となる再生可能エネルギー発電設備に係る保険の保険料を含みま
           す。)その他再生可能エネルギー発電設備等に関する本投資法人の支出が状況により増大し、キャッシュ・
           フローを減ずる要因となる可能性があります。
            このように、再生可能エネルギー発電設備等からの収入が減少する可能性があるとともに、再生可能エネ
           ルギー発電設備等に関する支出は増大する可能性があり、これら双方又はいずれか一方の事由が生じた場
           合、投資主への分配金額が減少したり、本投資証券の市場価格が下落することがあります。
         (ホ)   新投資口の発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク

            本投資法人は、新投資口を随時発行する予定ですが、かかる新投資口の発行により既存の投資主の保有す
           る投資口の持分割合が減少します。また、本投資法人の営業期間中に発行された新投資口に対して、当該営
           業期間の期初から存在する投資口と同額の金銭の分配が行われるため、既存の投資主は、新投資口の発行が
           なかった場合に比して、1口当たりの受取分配金額が減少する可能性があります。
            さらに、当該新投資口の発行の結果、本投資口1口当たりの価値や市場における需給バランスが影響を受
           け、本投資口の市場価格が下落する可能性があります。
         (ヘ)   投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことによるリスク

            本投資法人の投資主は、投資主総会を通じて、一定の重要事項につき本投資法人の意思決定に参画できる
           ほか、本投資法人に対して一定の権利を行使することができますが、かかる権利は株式会社における株主の
           権利とは必ずしも同一ではありません。
            例えば、金銭の分配に係る計算書を含む本投資法人の計算書類等は、役員会の承認のみで確定し(投信法
           第131条第2項)、投資主総会の承認を得る必要はないことから、投資主総会は必ずしも決算期ごとに招集
           されるわけではありません。また、投資主が投資主総会に出席せず、かつ、議決権を行使しないときは、当
           該投資主は、その投資主総会に提出された議案(複数の議案が提出された場合において、これらのうちに相
           反する趣旨の議案があるときは、当該議案のいずれをも除きます。)について賛成するものとみなされます
           (投信法第93条第1項、規約第17条第1項)。さらに、本投資法人は、資産の運用に係る業務その他の業務
           を本資産運用会社その他の第三者に委託しています。これらの要因により、投資主による資産の運用に係る
           業務その他の業務に対する統制が効果的に行えない可能性もあります。
                                 78/277



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 本投資法人の運用方針に関するリスク
         (イ)   再生可能エネルギー発電設備等への投資に特化していることによるリスク
          a. 再生可能エネルギーの市場環境等に関するリスク
            本書の日付現在、再生可能エネルギーの市場及び再生可能エネルギー発電設備の市場はいずれも形成途上
           であり、電源種別によって再生可能エネルギー発電設備の市場の成熟度合いに差があるため、新エネルギー
           の開発、技術革新、政府による政策の転換等により、再生可能エネルギーの導入拡大が進展せず、本投資法
           人の成長戦略の実現が困難となる可能性があります。また、再生可能エネルギー発電設備の供給が増加する
           場合でも、再生可能エネルギー発電設備の取得競争が活発化する可能性があり、本投資法人が適正と判断す
           る時期・条件で再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を取得できる保証はありません。
            また、再生可能エネルギーによる発電は、電源種別によっては導入コストが高く、太陽光発電設備等や風
           力発電設備等については、発電量が日射量、風況等の自然状況に左右され、設備利用率が低いなどの課題が
           あるため、既存のエネルギーに比べると発電コストが高くなっています。このため、再生可能エネルギーの
           普及・拡大には固定価格買取制度をはじめとする政府による支援施策が重要な要素となっており、本投資法
           人の収益等は、固定価格買取制度等の政府による支援施策の変更又は廃止により大きく影響を受ける可能性
           があります。なお、固定価格買取制度の変更又は廃止のリスクについては、後記「⑤ 固定価格買取制度下
           における発電事業に係る権利・法制度に関するリスク (ト)                             固定価格買取制度が変更又は廃止されるリス
           ク」をご参照ください。
          b. 本投資法人の収益が再生可能エネルギー発電設備等からの売電収入を背景とする賃料収入に依存している

            ことのリスク
            本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象としています。また、本投資法人は、再
           生可能エネルギー発電設備等を主な信託財産とする信託の受益権を取得することがあります。
            再生可能エネルギー発電設備に係る賃料収入や信託受託者からの信託配当は、賃借人が再生可能エネル
           ギー発電設備により発電した電気を電気事業者に供給して得る売電収入を背景としたものであるため、発電
           設備の毀損・故障等により売電収入が減少又は途絶した場合には、本投資法人の賃料収入や信託受託者から
           の信託配当も減少又は途絶する可能性があります。
            また、再生可能エネルギー発電設備の運営・維持管理に要する費用等が増加した場合、再生可能エネル
           ギー発電設備の価値が毀損し、減損損失の計上を余儀なくされる可能性や、本投資法人が保有資産の売却を
           希望したとしても、希望どおりの時期又は条件で売却できない可能性などもあります。さらに、このような
           場合には、賃借人との協議等により賃料が減額される可能性もあります。
            このように、本投資法人の収益等は、賃借人の発電事業による売電収入に大きく影響を受ける可能性があ
           ります。
          c. 本投資法人の投資方針に適合する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産が限定されるリスク

            本投資法人は、主たる投資対象を再生可能エネルギー発電設備に限定しているため、今後、立地上や制度
           上の理由等により再生可能エネルギー発電設備の設置が進まない場合、本投資法人が取得することができる
           再生可能エネルギー発電設備が減少し、又は存在しなくなる可能性があります。
            固定価格買取制度における調達価格は年々下落する傾向にあります。また、入札により調達価格を決定す
           る対象が年々拡大する傾向にあります。その結果、事業者により新たに設置される再生可能エネルギー発電
           設備が、投資採算等の観点から減少する可能性があります。
            また、再生可能エネルギー発電設備の設置には、地形、用地面積、日照・風況・水量等の周辺環境、地域
           の気候、公法上の規制、環境規制、燃料供給、電気事業者等との接続可能地点等により立地上の制約があり
           ます。特に、本投資法人は、運用資産である再生可能エネルギー発電設備等のうち太陽光発電設備等への投
           資割合を50%以上とする方針としていますが、固定価格買取制度の導入後、その設置に適する場所において
           既に太陽光発電設備の設置が進んでいるため、新たな太陽光発電設備の設置に適する場所は限られていま
           す。
            さらに、令和2年改正再エネ特措法では、再生可能エネルギー源を利用する電源のうち競争力ある電源へ
           の成長が見込まれるもの(競争電源)を対象として、従来のFIT制度に代わり、他の電源と同様に市場等で
           取引する仕組みを導入するとともに、市場価格に一定の供給促進交付金(プレミアム)を上乗せして交付す
           る制度(Feed       in  Premium    = FIP制度)が創設されています。
            そして、一定の電源種別・規模の再生可能エネルギー発電設備については、新規認定でFIP制度のみを認
           める対象とし、固定価格買取制度の適用を受けられないものとされ、その対象は年々拡大する傾向にありま
           す。また、入札により決定する対象は拡大する傾向にあります。これらにより、今後、新たに設置される太
           陽光発電設備及び風力発電設備が減少する可能性があります。
            さらに、経済産業大臣は、調達価格等算定委員会の意見を聴いて、電気についてエネルギー源としての再
           生可能エネルギー源の効率的な利用を促進するため誘導すべき再生可能エネルギー電気の価格の水準に関す
           る目標を定めるものとされており(再エネ特措法第8条の9第1項、平成29年経済産業省告示第36号)、か
           かる目標を達成するよう再生可能エネルギー電気の価格の低減を含めた諸施策が取られるものと思われま
                                 79/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           す。これらの施策により、今後も再生可能エネルギー電気の価格の下落傾向は続くとともに、今後一層固定
           価格買取制度における調達価格が引き下げられることも予想されます。
            このように、太陽光発電設備及び風力発電設備の建設は以前に比して容易ではなくなりつつある面があ
           り、今後、新規設置数が減少する可能性があります。
            さらに、将来、固定価格買取制度等の政府による施策の更なる変更又は廃止により、接続電気事業者との
           接続の条件や調達価格その他の買取条件がさらに不利となったり、既存の認定が失効したり、未稼働の案件
           に対するさらなる規制強化が行われたり、出力制御その他により買取がさらに制限されたり、再生可能エネ
           ルギー発電設備の運営・維持管理に要する費用等が増加したりすることにより、本投資法人の投資方針に適
           合する再生可能エネルギー発電設備の設置が進まなくなり、その結果、本投資法人が将来取得することがで
           きる再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産がさらに減少し、又は存在しなくなる可能性がありま
           す。
         (ロ)   太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等に関するリスク

          a. 太陽光発電設備以外の再生可能エネルギー発電設備に共通するリスク
            本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産のうち、太陽光発電設備等を裏付資産とす
           る再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を中心に投資する方針ですが、太陽光発電設備等のみなら
           ず、風力発電設備等及び水力発電設備等に関する優先的売買交渉権の取得も予定しており、太陽光発電設備
           等以外の再生可能エネルギー発電設備等を裏付資産とする再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を
           取得することもあり得ます。本投資法人が投資対象とする固定価格買取制度の適用を受ける太陽光発電設備
           以外の再生可能エネルギー発電設備としては、風力、水力及びバイオマスをエネルギー源とする発電設備を
           裏付資産とする再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産があります。
            本「(1)     リスク要因」において太陽光発電設備等に関するリスクとして記載する事項の多くは、太陽光
           発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等にもあてはまります。また、太陽光発電設備等以外の再生
           可能エネルギー発電設備等に関する特有のリスクとしては、例えば、以下のようなリスクがあります。ま
           ず、一般的に、発電事業者の数が少なく、立地上の制約があり、取引市場が形成途上であること等から、太
           陽光発電設備等に比してさらに流動性が低く、本投資法人が希望した価格、時期その他の条件で取得及び売
           却ができないリスクや、太陽光発電設備等に比して技術的に維持管理・運営が困難であるため、当該種類の
           再生可能エネルギー発電設備の維持管理・運営を行う業者が少なく、本投資法人の希望する条件で、十分な
           能力と専門性を有するオペレーター又はO&M業者を選任できないリスクがあります。さらに、風力発電に関
           しては、風況による発電量の変動や暴風、落雷等による風車の破損等のリスクや、風車による騒音、電波障
           害、景観の変化等により近隣住民との紛争が生じるリスク等のほか、後記「b.                                     風力発電設備に関するリス
           ク」に記載する特有のリスクがあります。水力発電に関しては、水量の変化による発電量の変動等のリスク
           等があります。バイオマスに関しては、十分な燃料が安定的に調達できないリスク及び輸入バイオマス燃料
           を利用する場合における為替変動リスクや、無制限に無補償の出力制御が行われるリスク等があります。こ
           のように、太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等を取得した場合又は裏付資産とした場
           合、太陽光発電設備等を保有する場合とは異なるリスクが生じる可能性があります。
          b. 風力発電設備に関するリスク

            風力発電設備に関しては、風況により発電量が変動するリスクがあります。また、暴風、落雷等により風
           車の破損等が生じるリスクがあります。
            風車の修理・交換には、技術・手間を要し、技術者の派遣や交換部品の調達に時間を要することがありま
           す。また、故障、破損等により一又は複数の風車を停止しなければならない場合、その間、発電事業者の売
           電収入が大きく減少する可能性があります。そして、風力発電設備の復旧に要する時間は、修理を担う風車
           メーカーやO&M業者の能力・技術や国内における人員体制及び交換用部品の保管状況によって左右されま
           す。また、風車メーカー又はO&M業者が十分な能力、体制等を備えていたとしても、それらが将来にわたっ
           て維持される保証はなく、O&M業者が、財務状況の悪化や倒産手続等により履行能力を喪失する可能性があ
           ります。さらに、風力発電設備の修理に一定の能力、体制等を有する業者は少ないため、風車メーカー又は
           O&M業者が履行能力を喪失した場合に、本投資法人の希望する条件で、十分な能力、体制等を有する代替の
           O&M業者を選任できないリスクがあります。
            また、風車メーカー又はO&M業者が一定の期間において一定の性能(パワーカーブ)や稼働率を保証する
           場合がありますが、保証期間の終了、当該風車メーカー又はO&M業者の財務状況の悪化や倒産手続等によ
           り、かかる保証が受けられなくなる可能性があります。
            上記の他、風力発電設備に関しては、風車による騒音、電波障害、景観の変化、部品等の脱落・飛散等に
           より近隣住民との紛争が生じるリスク等があります。
         (ハ)   運用資産の立地の地域的な偏在に関するリスク

            本書の日付現在の本投資法人のポートフォリオのうち、高萩太陽光発電所、鉾田太陽光発電所及び高崎太
           陽光発電所Aは関東地方に、松阪太陽光発電所、新城太陽光発電所及び胎内風力発電所は中部地方に所在し
           ます。当該各地方における各発電所の2023年5月期の基本賃料の合計は、ポートフォリオ全体の約31.4%及
                                 80/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           び約58.5%に達し、関東地方及び中部地方、特に当該各発電所が所在する特定の地域又はその周辺地域にお
           ける地震その他の災害等の理由により、本投資法人の収益等に大きな悪影響が生じる可能性があります。
            また、今後の運用次第では、本投資法人の運用資産の立地に新たな地域的な偏在が生じる可能性もありま
           す。その場合、前記同様、当該地域に特有の事由により、本投資法人の収益等に大きな悪影響が生じる可能
           性があります。
            (注) 高崎太陽光発電所A及び胎内風力発電所については、収益帰属起算日である2023年2月1日から2023年5月期末である
               2023年5月31日までの基本賃料をベースにしています。以下同じです。
         (ニ)   スポンサー・グループからの資産取得が想定どおりに行えないリスク

            本投資法人及び本資産運用会社は、スポンサー・グループ各社との間でスポンサー・サポート契約を締結
           し、資産の取得に関してスポンサー・グループからサポートを受けます。しかし、当該契約は、本投資法人
           及び本資産運用会社に対して、本投資法人の投資方針に合致する資産の売却に関する優先的情報提供権や優
           先的売買交渉権等を付与するものに過ぎず、スポンサー・グループが本投資法人に対して、本投資法人の希
           望する価格で資産を売却する義務を負っているわけではありません。すなわち、本投資法人は、スポン
           サー・サポート契約により、本投資法人が適切であると判断する資産を適切な価格でスポンサー・グループ
           から取得できることまで確保されているわけではありません。また、スポンサー・グループが本投資法人の
           投資方針に合致する資産の売却情報を十分に取得できない可能性もあります。
            さらに、本投資法人、本資産運用会社及び伊藤忠エネクスとの間のスポンサー・サポート契約において
           は、エネクスグループに含まれない者が保有する資産についても、別途の合意に基づき本投資法人に対して
           優先的売買交渉権を付与することができるとされていますが、当該別途の合意がなされなかった場合には、
           上記スポンサー・サポート契約に基づく優先的売買交渉権の付与はなされません。また、当該別途の合意が
           なされたとしても、かかる合意の当事者に優先的売買交渉権の対象となっている資産の保有者が含まれてい
           ない場合には、伊藤忠エネクスから優先的売買交渉権が付与されたとしても、保有者に他の投資家等が存在
           する等の保有者固有の事情により、優先的売買交渉権の付与者である伊藤忠エネクスの意向に従って本投資
           法人が資産を取得することができない可能性もあります。
            したがって、本投資法人は、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産の
           ポートフォリオを構築できない可能性があります。
         (ホ)   再生可能エネルギー発電設備等を取得又は処分できないリスク

            わが国において再生可能エネルギー発電設備の建設数が増加したのは2012年の固定価格買取制度導入以降
           であり、本投資法人による取得に適する再生可能エネルギー発電設備等の数は未だ限られています。また、
           前記「(イ)      再生可能エネルギー発電設備等への投資に特化していることによるリスク」及び後記「⑤                                          固定
           価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に関するリスク」に記載のとおり、今後建設される再
           生可能エネルギー発電設備等が減少し、その結果、本投資法人が将来取得することができる再生可能エネル
           ギー発電設備等がさらに減少し、又は存在しなくなる可能性があります。また、再生可能エネルギー発電設
           備等の取引市場は形成途上であり、再生可能エネルギー発電設備等の流動性は依然として低い状況です。し
           たがって、必ずしも本投資法人が取得を希望した再生可能エネルギー発電設備等を取得することができると
           は限りません。また、取得が可能であったとしても、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件
           で取得できない可能性もあります。
            次に、固定価格買取制度導入以降、太陽光発電設備や風力発電設備を始めとする再生可能エネルギー発電
           設備の設置が進んだ結果、これらの発電設備を組み込んだファンドを設立又は設定する動きがあり、今後、
           このようなファンドの設立又は設定が増加する可能性があります。そして、今後本投資法人に類似する上場
           インフラファンドの設立又は設定が増加する可能性があります。また、気候変動を含む環境問題への意識へ
           の高まりや企業によるSDGsやESGへの取組みの拡大を受けて、また、エネルギー供給事業者による非化石エ
           ネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(エネルギー供給構造高度化
           法)の適用を受ける電気事業者等による同法に基づく目標の達成のため、非化石価値その他の環境価値を生
           み出す再生可能エネルギー発電設備へのニーズが高まっています。これらの結果、再生可能エネルギー発電
           設備等の購入需要が増大し、再生可能エネルギー発電設備等の購入価格の高騰をもたらす可能性がありま
           す。したがって、本投資法人が取得を希望する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を希望どおり
           の価格、時期その他の条件で取得できない可能性があります。
            また、再生可能エネルギー発電設備等の取引市場が形成途上であること等のため、本投資法人が再生可能
           エネルギー発電設備・不動産関連資産を取得した後にこれらを処分する場合にも、投資採算の観点から希望
           した価格、時期その他の条件で処分できない可能性もあります。
            さらに、再生可能エネルギー発電設備に適用される法令又は契約上の制限により、本投資法人による再生
           可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の処分が妨げられる可能性もあり、かかる制限の結果、本投資法
           人が追加の費用を負担したり、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で処分できない可能性
           もあります。
                                 81/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ヘ)   少数の電気事業者に依存していることのリスク

            本投資法人の保有資産である再生可能エネルギー発電設備等により発電した電気は、少数の電気事業者へ
           売却されます。
            したがって、当該電気事業者の破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。)(以下「破産
           法」といいます。)上の破産手続、会社更生法(平成14年法律第154号。その後の改正を含みます。)(以
           下「会社更生法」といいます。)上の更生手続、民事再生法(平成11年法律第225号。その後の改正を含み
           ます。)(以下「民事再生法」といいます。)上の再生手続その他の倒産手続(以下、総称して「倒産手続
           等」といいます。)の開始や当該電気事業者との売電契約の変更・解約等が生じた場合には、売電収入の遅
           滞・一時中断や買取条件の変更等の悪影響(後記「④                         保有資産に関わる関係者に関するリスク (ホ)                      電気
           事業者(売電先)に関するリスク」及び「⑤                     固定価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に
           関するリスク (イ)売電契約及び接続契約等の変更・終了のリスク」をご参照ください。)が本投資法人の
           多数の保有資産に及ぶ可能性があります。このような場合であっても、賃借人との間の賃貸借契約上、賃借
           人は本投資法人又は信託受託者に対し約定どおりの賃料の支払義務が生じますが、賃料収入の減少、賃料減
           額交渉、資産の価値の下落、賃借人の連鎖倒産等が生じる可能性があり、本投資法人の財政状態等に大きな
           悪影響が生じる可能性があります。
         (ト)   新投資口の発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク

          a. 資金調達全般に関するリスク
            新投資口の発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行の可能性及び条件は、本投資法人の経済的信用力、
           金融市場の情勢その他の要因による影響を受けるため、今後本投資法人の希望する時期及び条件で新投資口
           の発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行を行うことができる保証はなく、その結果、予定した資産を取
           得できなかったり、弁済期の到来した借入れ又は投資法人債の借換えをすることができない等の理由によ
           り、予定しない資産の売却を余儀なくされたり、資金繰りがつかなくなる可能性があります。
            また、借入れ及び投資法人債の金利は、借入時及び投資法人債発行時の市場動向に左右され、変動金利の
           場合には、その後の市場動向にも左右されます。借入れ及び投資法人債の金利が上昇し、又は本投資法人の
           借入金額及び投資法人債発行額が増加した場合には、本投資法人の利払額は増加します。特に、固定価格買
           取制度の下では、再生可能エネルギー電気の買取価格(調達価格)は、調達期間にわたり固定されているた
           め、借入時及び投資法人債発行時の市場動向等によって金利水準が上昇した場合や、変動金利の場合はその
           後の市場動向等により金利が上昇した場合に、基本的な収益は変わらないにもかかわらず利払額が増加する
           ため、その影響はより大きくなる可能性があります。このような利払額の増加により、投資主に対する金銭
           の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
            本投資法人は、金利変動の影響を軽減するため、変動金利と固定金利のスワップ取引及び長期借入れや返
           済期限の分散化等の取組みを行う予定です。しかし、これらの取組みが金利変動の影響を軽減できない場
           合、本投資法人の財務状況に悪影響が及ぶ可能性があります。
          b. 財務制限条項に関するリスク

            本投資法人が金銭の借入れ又は投資法人債の発行を行う場合において、当該金銭の借入れ又は投資法人債
           の発行の条件として、資産・負債等に基づく一定の財務指標上の数値を維持する、本投資法人の信用状況に
           関する評価を一定の水準に維持する、若しくは投資主への金銭の分配(利益を超えた金銭の分配を含みま
           す。)を制約する等の財務制限条項が設けられること、運用資産に担保を設定すること、又は規約の変更若
           しくは本投資法人の資産運用が制限されること等の可能性があります。このような制約が本投資法人の運営
           に支障をきたし、又は投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。加えて、これら
           の制限に違反した場合には、追加の担保設定や費用負担等を求められ、又は当該借入れに係る借入金若しく
           は投資法人債の元利金について期限の利益を喪失する等の可能性があり、その結果、本投資法人の運営に重
           大な悪影響が生じる可能性があります。本投資法人の借入れについては、本投資法人の各決算日を基準とし
           て、元利金支払能力を判定する指標(DSCR)を維持する財務制限条項が付されているほか、上記のような一
           般的な条項が設けられます。
            本投資法人の運用資産に担保が設定された場合、本投資法人が運用資産の売却を希望したとしても、担保
           の解除手続その他の事情により、希望どおりの時期に売却できない可能性又は希望する価格で売却できない
           可能性があります。また、収益性の悪化等により運用資産の評価額が引き下げられた場合又は他の借入れを
           行う場合等、一定の条件のもとに運用資産に対して担保を設定することを要求される可能性もあります。こ
           の場合、他の借入れ等のために担保が既に設定されている等の理由で担保に供する適切な資産がない可能性
           もあります。また、担保資産からのキャッシュ・フローが減少したり、その評価額が引き下げられたりした
           場合には、本投資法人の希望しない条件で借換資金を調達せざるを得なくなったり、本投資法人の希望しな
           い時期及び条件で運用資産を処分せざるを得なくなる状況も想定され、その結果、本投資法人の収益に悪影
           響を及ぼす可能性があります。さらに、担保に供する適切な資産がないために、本投資法人の希望どおりの
           借入れ等を行えない可能性もあります。なお、2022年11月末日現在、本投資法人の借入れに関連して、新城
                                 82/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           太陽光発電所を除く保有資産については、後記「5                        運用状況 (2)        投資資産 ③       その他投資資産の主要
           なもの (ヘ)担保提供の状況」記載の担保が設定されています。
         (チ)   敷金及び保証金に関するリスク

            本投資法人は、運用資産の賃借人が無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を運用資産の取得資金の一
           部として利用することがあります。しかし、賃貸市場の動向、賃借人との交渉等により、本投資法人の想定
           よりも賃借人からの敷金及び保証金の預託額が少なくなり、又は預託期間が短くなる可能性があります。
         (リ)   少数の物件に収入が依存していることによるリスク

            本書の日付現在の本投資法人のポートフォリオのうち、松阪太陽光発電所の2023年5月期の基本賃料ベー
           スでの割合は、約52.3%であるため、本投資法人の保有資産の収入全体に対する当該物件への依存度は、非
           常に大きいといえます。したがって、当該物件が何らかの理由で毀損、滅失若しくは劣化し、若しくは賃貸
           が不可能となる事由が生じた場合には、又は後記「④                         保有資産に関わる関係者に関するリスク」に記載の
           とおり、その賃借人、オペレーター若しくはO&M業者等の財政状況の悪化若しくはこれらとの契約の終了等
           が生じた場合には、本投資法人の収益等に大きな悪影響が生じる可能性があります。
         (ヌ)   LTVに関するリスク

            本投資法人のLTVは、本資産運用会社の運用ガイドラインにより、原則として70%を上限としています
           が、資産の取得等に伴い一時的に70%を超えることがあります。一般にLTVの水準が高くなればなるほど、
           金利が低下しない限り利払額は増加し、また、金利上昇の影響を受けやすくなり、その結果、本投資法人の
           収益の安定性等に悪影響を及ぼしたり、投資主に対する金銭の分配額が減少するおそれがあります。
        ③ 本投資法人の仕組みに関するリスク

         (イ)   スポンサー・グループへの依存、利益相反に関するリスク
          a. スポンサー・グループへの依存に関するリスク
            本投資法人及び本資産運用会社は、再生可能エネルギー発電設備等の取得・運営や固定価格買取制度に基
           づく発電事業等に関してスポンサー・グループが有する独自のノウハウを活用することを企図し、スポン
           サー・グループとスポンサー・サポート契約を締結して、スポンサー・グループから、スポンサー・グルー
           プが保有する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の情報の優先的提供及び優先的売買交渉権の付
           与、第三者保有情報の提供、資産取得業務等の支援、ウェアハウジング機能の提供、SPCを用いた賃貸借ス
           キームの組成に関する支援、オペレーター及びO&M業者その他の業務受託者の選定等支援、固定価格買取期
           間終了後の電力売却支援、その他の支援(人的サポート・ノウハウの提供等)を享受します。また、全ての
           保有資産について、エネクスグループの一社であるエネクス電力がオペレーターとして賃借人の運営管理に
           関する業務を実施し、高萩太陽光発電所、鉾田太陽光発電所、松阪太陽光発電所、新城太陽光発電所、紋別
           太陽光発電所及び高崎太陽光発電所Aを除く保有資産については、エネクスグループの一社であるエネクス
           エンジニアリング&サービス株式会社がO&M業者としてO&M業務の提供を行います。そして、保有資産につい
           て、スポンサーは、発電事業者SPCの匿名組合出資者となり、当該匿名組合出資者が、発電事業者SPCが(賃
           料等積立口座がある場合はそれに積み立てた準備金を活用しても)基本賃料の支払に不足する場合には、松
           阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く保有資産については、当該年度における年間発電量予測値
           (P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については当該10%相当額から1億円を控除した
           額、紋別太陽光発電所、高崎太陽光発電所A及び胎内風力発電所については当該10%相当額から一定の金額
           を控除した額を限度として当該発電事業者SPCに対して追加出資を行うこととしています。
            今後も、スポンサー・グループからの運用資産の取得が見込まれます。また、本投資法人は、伊藤忠エネ
           クスが有する商標の使用許諾についての商標の使用等に関する覚書を締結し、これに基づき本投資法人は、
           伊藤忠エネクスのロゴ等を使用します。
            このように、本投資法人及び本資産運用会社は、スポンサー・グループと密接な関係を有し、また、その
           投資方針におけるスポンサー・グループに対する依存度は極めて高いといえます。したがって、本投資法人
           及び本資産運用会社がスポンサー・グループとの間で、本書の日付現在における関係と同一の関係を維持で
           きなくなった場合、スポンサー・グループの事業方針の変更等によりスポンサー・グループにおける本投資
           法人の位置付けが変化した場合、スポンサー・グループのレピュテーション、ブランド力等が低下した場
           合、スポンサー・グループの再生可能エネルギー発電設備等に関する開発・取得・管理・運営能力が低下し
           た場合、又はスポンサー・グループの業績若しくは財政状態が悪化した場合その他の理由により、スポン
           サー・グループによるスポンサー・サポートが受けられなくなった場合には、本投資法人に悪影響が及ぶ可
           能性があります。なお、保有資産の賃借人である発電事業者SPCに対して、その匿名組合出資者であるスポ
           ンサーから追加出資がなされないことがあり得るリスクについては、後記「④                                     保有資産に関わる関係者に
           関するリスク (イ)          賃借人に関するリスク a.             財務状況の悪化、倒産等に関するリスク」をご参照くださ
           い。
                                 83/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            特に、本投資法人及び本資産運用会社とエネクスグループとの関係性に鑑み、保有資産全てに係るオペ
           レーター業務委託契約並びに千代田高原太陽光発電所、JEN防府太陽光発電所、JEN玖珠太陽光発電所及び長
           崎 琴海太陽光発電所に係るO&M業務委託契約においては、本投資法人と本資産運用会社との間の資産運用委
           託契約の終了その他の理由により、本資産運用会社が本投資法人の資産運用会社でなくなった場合には、オ
           ペレーターであるエネクス電力及びO&M業者であるEESは、それぞれ、オペレーター業務委託契約及びO&M業
           務委託契約を解除できることとなり、かかる解除がなされた場合、即時に代替するオペレーター及びO&M業
           者を選任することができず、保有資産の運営に悪影響を及ぼす可能性があります。
          b. スポンサー・グループとの利益相反に関するリスク
            スポンサー・グループが、本投資法人又は本資産運用会社との間で取引等を行う場合、スポンサー・グ
           ループの利益のために、本投資法人の投資主の利益に反する行為が行われる可能性があり、その場合には、
           本投資法人の投資主に損害が発生する可能性があります。加えて、本投資法人及び本資産運用会社がスポン
           サー・グループとの間で締結している契約は、スポンサー・グループが、本投資法人と競合する事業を行う
           ことを禁止するものではありません。スポンサー・グループは、メガソーラー事業等、様々な形で再生可能
           エネルギー発電設備等に関連する業務を行っています。したがって、本投資法人又は本資産運用会社とスポ
           ンサー・グループとが、特定の資産の取得、リース、賃貸借、管理運営、処分等に関して競合する可能性や
           その他利益相反が問題となる状況が生じる可能性は否定できません。
            前記のような利益相反が問題となり得る場合としては、例えば、運用資産の取得その他の取引機会に関す
           る本投資法人及びスポンサー・グループの競合、スポンサー・グループを通じた運用資産の取得に際しての
           取得価格その他の購入条件、オペレーターであるエネクス電力に対する業務委託に関する条件、O&M業者で
           あるEESに対する業務委託に関する条件、スポンサー・グループに対する瑕疵担保責任又は契約不適合責任
           や債務不履行責任の追及その他の権利行使、スポンサー・サポート契約の変更、更新の有無等があげられま
           す。
            また、オペレーターであるエネクス電力とEESは完全親子会社の関係にあるため、EESがO&M業者となる資
           産についてO&M業務委託契約を締結するにあたり、エネクス電力は、O&M業者が当該O&M業務委託契約上の義
           務を適切に履行しているか否かをモニタリングすることとされていますが、かかるモニタリングが十分に行
           われない可能性があります。この点、O&M業務委託契約が、本投資法人、賃借人SPC及びEESの三者間契約と
           なる物件については、本投資法人が承認した各保有資産に係る年間運営計画に従ってO&M業務を行うことや
           長期修繕を要する場合等における計画立案に本投資法人の承認を要することとし、また、O&M業務について
           O&M業者に対して本投資法人に対する報告を求めることができるなど、O&M業者による業務の提供に関して本
           投資法人が一定の関与ができる旨が規定されます。また、O&M業務委託契約がEESと賃借人SPCとの二者間契
           約となる物件については、賃貸借契約及びO&M業務委託契約の両契約に上記と同趣旨の規定をすることで、
           間接的にO&M業者による業務の提供に関して本投資法人が一定の関与ができることとされます。しかし、か
           かる規定により利益相反に伴い生じ得る問題の全てを解消することができるとは限りません。
            これらの利益相反により、本投資法人の利益が不当に害され、本投資法人の投資主に損害が発生する可能
           性があります。
         (ロ)   本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク

            本投資法人は、投信法に基づき、執行役員及び監督役員から構成される役員会において重要な意思決定を
           行い、資産の運用を本資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社に、一般事務を一般事務受託者に、それ
           ぞれ委託しています。本投資法人の円滑な業務遂行の実現のためにはこれらの者の能力、経験及びノウハウ
           に依存するところが大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な人的・財政的基盤等を必ずし
           も維持できる保証はありません。また、投信法は、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本投資法人の
           関係者に関する義務及び責任を定めていますが、これらの本投資法人の関係者等が投信法その他の法令に反
           し、又は、法定の措置をとらないときは、投資主に損害が発生する可能性があります。
            また、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者が、
           法令上又は契約上負っている善良な管理者としての注意義務、投資法人のために忠実に職務を遂行する義
           務、利益相反状況にある場合に投資法人の利益を害してはならない義務その他の義務に違反した場合には、
           本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼし、投資主が損害を受ける可能性があります。
         (ハ)   本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク

            本投資法人の運営は、本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に大きく依存しており、これらの
           人材が失われた場合、本投資法人の運営に悪影響をもたらす可能性があります。
         (ニ)   本投資法人及び本資産運用会社の歴史が浅いことによるリスク

            本投資法人及び本資産運用会社は、それぞれ2018年8月3日及び2013年8月19日に設立され、2019年2月
           13日に本投資法人の資産の運用が開始されました。本投資法人には十分な過去の運用実績はありません。ま
                                 84/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           た、本資産運用会社が登録投資法人の資産運用業務を行うのは、本投資法人が初めてとなります。したがっ
           て、本投資法人の今後の実績を予測することは困難です。また、スポンサー・グループのこれまでの再生可
           能 エネルギー発電設備等に関する運用実績は、本投資法人の今後の運用実績を保証するものではありませ
           ん。
         (ホ)   本投資法人の投資方針等の変更に関するリスク

            規約に記載されている資産運用の対象及び方針、オペレーターの選定基本方針等の基本的な事項の変更に
           は、投資主総会の承認が必要ですが、より詳細な投資方針又は運用ガイドライン、リスク管理方針、オペ
           レーター選定基準等については、投資主総会の承認を経ることなく変更することが可能です。そのため、本
           投資法人の投資主の意思が反映されないまま、これらが変更される可能性があります。
         (ヘ)   本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク

            本投資法人には、破産手続、再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)が適用される可能
           性があります。
            本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した場合に
           投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、本投資口の
           上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。
            本投資法人が清算される場合、投資主は、全ての債権者への弁済(投資法人債の償還を含みます。)後の
           残余財産の分配に与ることによってしか投資金額を回収することができません。このため、投資主は、投資
           金額の全部又は一部について回収を得ることができない可能性があります。
        ④ 保有資産に関わる関係者に関するリスク

         (イ)   賃借人に関するリスク
          a. 財務状況の悪化、倒産等に関するリスク
            本投資法人又は信託受託者が保有する再生可能エネルギー発電設備等は、本投資法人又は信託受託者が賃
           借人に対して賃貸し、賃借人がこれを賃借します。本投資法人又は信託受託者は、賃借人との間の再生可能
           エネルギー発電設備等に係る賃貸借契約に基づき、賃借人から賃料を収受します。賃借人の財務状況が悪化
           した場合又は賃借人が倒産手続等の対象となった場合、賃貸借契約に基づく賃料支払が滞る可能性がありま
           す。賃貸借契約上敷金又は保証金を差し入れることとなっている場合は、この延滞賃料等の債務の合計額が
           敷金及び保証金で担保される範囲内であれば敷金又は保証金から当該債務に充当することも可能ですが、そ
           れを超える状況になった場合、又は賃貸借契約上敷金若しくは保証金の差入れが行われない場合には、投資
           主が損失を被る可能性があります。なお、本投資法人は、かかるリスクを限定すべく、自ら又は信託受託者
           による、再生可能エネルギー発電設備等の取得に際し、原則として、当該再生可能エネルギー発電設備等に
           おける発電事業のみを行う発電事業者SPCを賃借人とすることとしており、保有資産の賃借人も、発電事業
           者SPCとなりますが、発電事業の収支の悪化や賃借人たるSPCに想定外の支出が生じる等により、賃借人の財
           務状況が悪化することがあるため、当該リスクを必ずしも回避又は低減できるとは限りません。また、本投
           資法人は、匿名組合契約に基づく発電事業者SPCへのスポンサーの当初出資を原資として賃料等積立口座へ
           のリザーブの積み立てがなされない新城太陽光発電所以外の資産について、いずれも、賃借人である発電事
           業者SPCが、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く保有資産については、運営初年度における年間
           発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については1億円、紋別太陽光発電
           所、高崎太陽光発電所A及び胎内風力発電所については一定の金額を準備金として賃料等積立口座に積み立
           てます(ある年度において、実際の売電収入が想定売電収入を上回り、超過売電収入が生じた場合で、か
           つ、賃料等積立口座内の準備金が必要額(松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く保有資産について
           は当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については
           1億円、紋別太陽光発電所、高崎太陽光発電所A及び胎内風力発電所については当該一定の金額)に不足し
           ている場合には、当該不足額に満つるまで、超過売電収入の充当等の方法により、当該金額を維持すること
           とされています。)。さらに、全ての保有資産について、スポンサーが発電事業者SPCの匿名組合出資者と
           なり、当該匿名組合出資者が、発電事業者SPCが(賃料等積立口座がある場合はそれに積み立てた準備金を
           活用しても)基本賃料の支払に不足する場合には、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く保有資産
           については、当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所
           については当該10%相当額から1億円を控除した額、紋別太陽光発電所、高崎太陽光発電所A及び胎内風力
           発電所については当該10%相当額から当該一定の金額を控除した額を限度として当該発電事業者SPCに対し
           て追加出資を行うこととします。このように、保有資産について、本投資法人は、発電事業者SPCが倒産す
           る可能性を低減するための措置を講じていますが、発電事業者SPCにおいて準備金の積み立てが困難である
           等、スポンサーによる追加出資を要する状況においても、その信用状態の悪化に伴い、追加出資がなされな
           い場合や追加出資の額が上限額に達してしまい、更なる追加出資を要請することができない場合も想定さ
                                 85/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           れ、当該措置は賃借人たる発電事業者SPCの倒産を確実に防止する性質のものではないため、賃借人たる発
           電事業者SPCが倒産するリスクを必ずしも回避又は低減できるとは限りません。
          b. 賃貸借契約の終了に関するリスク

            賃貸借契約が終了した場合(賃貸借契約が中途解約された場合を含みます。)又は賃貸借契約が期間満了
           時に更新・再締結されない場合、本投資法人が新たな賃借人をして固定価格買取制度のもとで同一の価格で
           売電を継続させるためには、既存の賃借人から新たな賃借人へ、発電設備用地等、再生可能エネルギー発電
           事業に係る事業計画認定上の発電事業者たる地位並びに特定契約及び接続契約における電気事業者等との間
           の契約上の地位を移転させる必要があります。本投資法人では、全ての保有資産に係る賃貸借契約におい
           て、賃貸借契約が終了した場合には、事業計画認定上の発電事業者たる地位並びに特定契約及び接続契約に
           おける電気事業者等との契約上の地位等のうち、売電を継続するために必要なものとして本投資法人が指定
           するものを、本投資法人又は本投資法人が指定する第三者に移転する義務を既存の賃借人に課しますが、こ
           れらの地位等の移転を行うためには、発電設備用地の所有者や電気事業者等の承諾が必要となります。した
           がって、賃貸借契約の終了時において、発電設備用地の所有者、電気事業者等の承諾が得られなかった場
           合、既存の発電設備用地で発電事業を継続できない可能性や新たな賃借人が固定価格買取制度のもとで従前
           と同一の価格で売電することができない可能性があり、その結果、賃料収入や信託受託者からの信託配当の
           減少等により、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
            また、本投資法人では、自ら又は信託受託者をして、JEN玖珠太陽光発電所及び胎内風力発電所を除く保
           有資産に係る賃貸借契約において、賃貸借期間は20年としつつ、本投資法人又は信託受託者が再契約を希望
           した場合には、再契約の締結につき誠実に協議するものとし、協議の上合意した場合には再契約を締結する
           旨の規定を設け、かかるリスクを限定すべく対応していますが、合意に至らず再契約を締結できない可能性
           等があるため、当該リスクを必ずしも回避又は低減できるとは限りません。
          c. 賃借人がSPCであることに関するリスク

            本投資法人の保有資産においては、SPCが賃借人となりますが、SPCは、売電事業以外の事業は行わないた
           め、賃料支払の原資は売電収入に依存しており、売電収入が減少すると賃料支払が困難になるおそれがあり
           ます。そのため、匿名組合契約に基づく発電事業者SPCへのスポンサーの当初出資を原資として賃料等積立
           口座へのリザーブの積み立てがなされない新城太陽光発電所以外の保有資産においては、賃借人である発電
           事業者SPCが、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く保有資産については、運営初年度における年
           間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電所については1億円、紋別太陽光発
           電所、高崎太陽光発電所A及び胎内風力発電所については一定の金額を準備金として賃料等積立口座に積み
           立てます(ある年度において、実際の売電収入が想定売電収入を上回り、超過売電収入が生じた場合で、か
           つ、賃料等積立口座内の準備金が必要額(当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の、
           松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く保有資産については10%相当額、松阪太陽光発電所について
           は1億円、紋別太陽光発電所、高崎太陽光発電所A及び胎内風力発電所については当該一定の金額)に不足
           している場合には、当該不足額に満つるまで、超過売電収入の充当等の方法により、当該金額を維持するこ
           ととされています。)。さらに、全ての保有資産について、スポンサーが発電事業者SPCの匿名組合出資者
           となり、当該匿名組合出資者が、発電事業者SPCが(賃料等積立口座がある場合はそれに積み立てた準備金
           を活用しても)基本賃料の支払に不足する場合には、松阪太陽光発電所及び紋別太陽光発電所を除く保有資
           産については、当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、松阪太陽光発電
           所については当該10%相当額から1億円を控除した額、紋別太陽光発電所、高崎太陽光発電所A及び胎内風
           力発電所については当該10%相当額から当該一定の金額を控除した額を限度として当該発電事業者SPCに対
           して追加出資を行うこととしています。しかし、かかる準備金の積立て及び追加出資を行ったとしても、発
           電事業者SPCにおいて基本賃料として支払うべき額を捻出できない可能性や追加出資の額が上限額に達して
           しまい、更なる追加出資を要請することができない場合も想定されます。
            また、SPCは、その業務の大半を外部の第三者に業務委託するため、SPCの事業が適切に遂行されるかは、
           委託先の能力、経験及び知見に依拠するところが大きく、これらの能力等が十分でない場合は、SPCの事業
           が滞り、ひいては本投資法人の収益等に悪影響が及ぶ可能性があります。
          d. 賃料改定に係るリスク

            賃貸借契約の期間が比較的長期間である場合、賃料等の賃貸借契約の内容について、定期的に見直しを行
           うこととされることがあります。
            したがって、賃貸借契約が締結された時点での賃料がその後も維持される保証はありません。賃料改定に
           より賃料が減額された場合、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
         (ロ)   オペレーターに関するリスク

                                 86/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            運用資産の管理・運営は、オペレーターの能力、経験及び知見によるところが大きいといえますが、本投
           資法人又は信託受託者が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背景としているため、オペレー
           ターが再生可能エネルギー発電設備等を適切に管理・運営せず、売電収入が減少する場合、本投資法人又は
           信 託受託者の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が減少する可能性があります。このため、
           当該オペレーターの能力、経験及びノウハウが十分であることが必要となりますが、当該オペレーターにお
           ける人的・財産的基盤が将来にわたって維持される保証はありません。また、オペレーターが、財務状況の
           悪化や倒産手続等により業務遂行能力を喪失する可能性もあります。これらにより、再生可能エネルギー発
           電設備等の管理・運営が十分に行われなくなり、その場合、売電収入が減少し、その結果、再生可能エネル
           ギー発電設備等の価値や本投資法人の収益等に悪影響が生じる可能性があります。
            また、オペレーターが、自ら保有する再生可能エネルギー発電設備等の管理及び運営業務等を行い、又は
           他の顧客から再生可能エネルギー発電設備等の管理及び運営業務等を受託することがありますが、この場
           合、当該オペレーターは、オペレーター自身、又は本投資法人以外の顧客の利益を優先することにより、本
           投資法人の利益を害する可能性があります。
            さらに、オペレーターは賃借人との契約に基づきオペレーターとしての業務を行いますが、かかる契約は
           解除、解約その他の理由により終了することがあるほか、当該契約の期間満了時に契約の更新がなされない
           ことがあり、また、契約上オペレーターからの解約が行えない旨の特約を設けた場合であっても、裁判所に
           よって当該特約の効力の全部又は一部が否定されることがあります。これらの場合、後任のオペレーターが
           選任されるまではオペレーター不在又は機能不全のリスクが生じるため、一時的に、賃料収入が得られない
           可能性や当該再生可能エネルギー発電設備等の管理状況が悪化する可能性があります。加えて、オペレー
           ターとしての業務には、一定の知識・ノウハウが要求されることから、これらの場合に本投資法人の希望す
           る時期及び条件で現在と同等又はそれ以上の能力と専門性を有する新たなオペレーターを選任できる保証は
           ありません。
            また、本投資法人の保有資産については、エネクスグループの一社であるエネクス電力がオペレーターと
           して選定され、太陽光発電設備等の運営が委託されますが、スポンサーについて、本(ロ)に記載のリスクが
           顕在化した場合、本投資法人が保有する全ての運用資産に波及し、本投資法人の存続及び収益等に重大な悪
           影響を及ぼす可能性があります。
         (ハ)   O&M業者に関するリスク

            一般に、再生可能エネルギー発電設備の稼働状況に係るモニタリング、点検・修理その他の保守管理等、
           再生可能エネルギー発電設備等の維持管理・運営全般の成否は、O&M業者の能力、経験及び知見によるとこ
           ろが大きいといえますが、本投資法人又は信託受託者が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背
           景としているため、O&M業者が再生可能エネルギー発電設備等を適切に保守管理せず、売電収入が減少する
           場合、本投資法人又は信託受託者の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が減少する可能性が
           あります。このため、当該O&M業者の能力、経験及びノウハウが十分であることが必要となります。O&M業者
           が一定の期間において一定の性能(パワーカーブ)や稼働率を保証する場合がありますが、その履行能力は
           当該O&M業者の財務状況に依拠します。当該O&M業者における人的・財産的基盤が将来にわたって維持される
           保証はありません。また、O&M業者が、財務状況の悪化や倒産手続等により履行能力を喪失する可能性もあ
           ります。これらにより、再生可能エネルギー発電設備等の保守管理が十分に行われなくなり、又は十分な保
           証を受けられなくなり、その場合、売電収入が減少し、また損失が増加し、その結果、再生可能エネルギー
           発電設備等の価値や本投資法人の収益等に悪影響が生じる可能性があります。
            また、O&M業者が、自ら保有する再生可能エネルギー発電設備等の保守管理を行い、又は他の顧客から再
           生可能エネルギー発電設備等の保守管理業務等を受託することがありますが、この場合、当該O&M業者は、
           O&M業者自身、又は本投資法人以外の顧客の利益を優先することにより、本投資法人の利益を害する可能性
           があります。
            さらに、O&M業者は本投資法人、信託受託者又は賃借人との契約に基づきO&M業者としての業務を行います
           が、かかる契約は解除、解約その他の理由により終了することがあるほか、当該契約の期間満了時に契約の
           更新がなされないことがあり、また、契約上O&M業者からの解約が行えない旨の特約を設けた場合であって
           も、裁判所によって当該特約の効力の全部又は一部が否定されることがあります。これらの場合、後任の
           O&M業者が選任されるまではO&M業者不在又は機能不全のリスクが生じるため、一時的に、当該再生可能エネ
           ルギー発電設備等の管理状況が悪化する可能性があります。加えて、O&M業者としての業務には、一定の知
           識・ノウハウが要求されることから、これらの場合に本投資法人の希望する時期及び条件で現在と同等又は
           それ以上の能力と専門性を有する新たなO&M業者を選任できる保証はありません。また、当初のO&M業者が一
           定の性能(パワーカーブ)や稼働率を保証していた場合でも、同様の保証を提供する新たなO&M業者を選任
           できない可能性があります。
            また、O&M業者が再生可能エネルギー発電設備等の維持管理・運営を懈怠したり、維持管理・運営業務の
           遂行に際して再生可能エネルギー発電設備等を毀損するなど、O&M業者が再生可能エネルギー発電設備等に
           対して損害を生じさせた場合、本投資法人は、O&M業者に対して、自ら又は信託受託者をして、O&M業務委託
                                 87/277

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           契約に基づき損害賠償を請求することがありますが、O&M業務委託契約において、かかる場合のO&M業者の責
           任が制限されている場合があり、本投資法人に生じた損害が填補されない可能性があり、投資主に損害を与
           え る可能性があります。
            加えて、本書の日付現在の本投資法人の保有資産のうち、5物件について、エネクスグループの一社であ
           るEESがO&M業者として選定され、太陽光発電設備等及び風力発電設備等の保守管理が委託されますが、スポ
           ンサーについて、本(ハ)に記載のリスクが顕在化した場合、本投資法人が保有する運用資産の大半に波及
           し、本投資法人の存続及び収益等に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ニ)   EPC業者又はメーカーから保証その他のサポートが得られなくなるリスク

            後記「⑥     発電事業に係る操業リスク (イ)                再生可能エネルギー発電設備の発電量が想定より低下するリ
           スク」及び「⑦        保有資産に関するリスク (イ)               再生可能エネルギー発電設備の欠陥・瑕疵及び契約不適合
           に関するリスク」に記載のとおり、欠陥、瑕疵、契約不適合、性能未達、稼働率低下等又は再生可能エネル
           ギー発電設備の劣化等に備えて、本投資法人又は賃借人は、EPC業者又はメーカーに対して、表明保証責
           任、瑕疵担保責任若しくは契約不適合責任、性能保証、稼働率保証又はメーカー保証の履行を求める権利を
           有する場合がありますが、権利行使期間又は通知期間の満了、EPC業者又はメーカーが解散したり無資力に
           なっていること、その他の理由により実効性がない場合もあります。
            かかる場合、再生可能エネルギー発電設備の修補等を行うことが不可能又は困難となることや、本投資法
           人が再生可能エネルギー発電設備の修補等に係る予定外の費用を負担せざるを得なくなることがあり、投資
           主に損害を与える可能性があります。
         (ホ)   電気事業者(売電先)に関するリスク

            電気事業者の財務状況が悪化した場合又は電気事業者が倒産手続等の対象となった場合、売電契約に基づ
           く売電料金の支払が滞る可能性があります。
            この場合、調達期間内であれば、発電事業者は、固定価格買取制度に基づき、一般送配電事業者等に再生
           可能エネルギー電気の買取を申し込むことができますが、新たに電気事業者となる一般送配電事業者等によ
           る買取が開始されるまでの間、売電収入が得られず、発電事業者が調達期間満了までに得られる総売電収入
           が減少する可能性があります。また、固定価格買取制度による調達期間内においては、新たな電気事業者に
           よる買取価格は、固定価格買取制度に基づく買取価格(調達価格)又はそれ以上の価格であることには変わ
           りないものの、既存の電気事業者が調達価格より高い価格で買取を行っていた場合、当該価格より低い価格
           となる可能性があります。本投資法人又は信託受託者が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背
           景としているため、これらの事情により売電収入が減少する場合、本投資法人の賃料収入が減少し、その結
           果、本投資法人の収益等が減少する可能性があります。
                                 88/277










                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑤ 固定価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に関するリスク
         (イ)   売電契約及び接続契約等の変更・終了のリスク
            固定価格買取制度の下では、発電事業者は電気事業者との間で売電契約を締結する必要がありますが、か
           かる売電契約の期間満了時に契約の更新がなされる場合、又は当該売電契約に契約期間中における買取条件
           の見直しに関する条項がある場合、契約の更新又は変更により買取条件が変更されることがあり、特に、既
           存の売電契約に基づく買取価格が固定価格買取制度に基づく買取価格(調達価格)より高い場合、買取価格
           がより低い価格に変更される可能性があります。また、売電契約が解除、解約その他の理由により終了する
           ことがあるほか、当該契約の期間満了時に契約の更新がなされないことがありますが、調達期間内に売電契
           約が終了する場合、発電事業者は、固定価格買取制度に基づき、一般送配電事業者等に再生可能エネルギー
           電気の買取を申し込むことができますが、新たに電気事業者となる一般送配電事業者等による買取が開始さ
           れるまでの間、売電収入が得られず、発電事業者が調達期間満了までに得られる総売電収入が減少する可能
           性があります。また、この場合、新たな電気事業者による買取価格は、固定価格買取制度に基づく調達価格
           以上の価格であることには変わりないものの、既存の電気事業者が固定価格買取制度に基づく調達価格より
           高い価格で買取を行っていた場合、当該価格より低い価格となる可能性があります。本投資法人又は信託受
           託者が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背景としているため、これらの事情により売電収入
           が減少する場合、本投資法人又は信託受託者の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が減少す
           る可能性があります。
            また、固定価格買取制度の下では、発電事業者は電気事業者との間で接続契約を締結する必要があります
           が、かかる接続契約が解除、解約その他の理由により終了することがあるほか、当該契約の期間満了時に契
           約の更新がなされないことがあります。接続契約が終了する場合、発電事業者は、電気事業者を通じて電気
           を供給することができなくなり、再度接続契約が締結されるまでの間、売電収入が得られず、発電事業者が
           調達期間満了までに得られる総売電収入が減少する可能性があります。また、かかる場合、買取価格(調達
           価格)や適用される出力制御のルールその他の条件が変更される可能性があります。本投資法人又は信託受
           託者が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背景としているため、これらの事情により売電収入
           が減少する場合、本投資法人又は信託受託者の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が減少す
           る可能性があります。
         (ロ)   出力制御を求められるリスク

            各太陽光発電設備について、再生可能エネルギー電気の利用の促進に関する特別措置法施行規則(平成24
           年経済産業省令第46号。その後の改正を含みます。)(以下「再エネ特措法施行規則」といいます。)に定
           める以下の事由に該当する場合、接続電気事業者(注1)から出力の抑制を求められる場合があります。
            i.    電気事業者における電気の供給量がその需要量を上回ることが見込まれる場合。
            ii. 天災事変により、被接続先電気工作物(電気事業者の事業の用に供する変電用、送電用又は配電用
              の電気工作物をいいます。以下同じです。)の故障又は故障を防止するための装置の作動により停
              止した場合(電気事業者の責めに帰すべき事由によらない場合に限ります。)。
            iii.   人若しくは物が被接続先電気工作物に接触した場合又は被接続先電気工作物に接近した人の生命及
              び身体を保護する必要がある場合において、電気事業者が被接続先電気工作物に対する電気の供給
              を停止した場合(電気事業者の責めに帰すべき事由によらない場合に限ります。)。
            iv. 被接続先電気工作物の定期的な点検を行うため、異常を探知した場合における臨時の点検を行うた
              め又はそれらの結果に基づき必要となる被接続先電気工作物の修理を行うため必要最小限度の範囲
              で当該電気事業者が被接続先電気工作物に対する電気の供給を停止又は抑制する場合。
            v.    当該発電事業者以外の者が用いる電気工作物と被接続先電気工作物とを電気的に接続する工事を行
              うため必要最小限度の範囲で電気事業者が被接続先電気工作物に対する電気の供給を停止又は抑制
              する場合。
            かかる出力の抑制が行われた場合、賃借人である発電事業者が得られる売電収入が減少する可能性があり
           ます。本投資法人又は信託受託者が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背景としているため、
           これらの事情により売電収入が減少する場合、本投資法人又は信託受託者の賃料収入が減少し、その結果、
           本投資法人の収益等が減少する可能性があります。
            ただし、前記i.の理由による需給バランスの調整のための太陽光発電設備の出力制御は、年間のうち電力
           需要が小さい時期・時間帯において、火力発電の抑制、揚水発電の揚水運転、電気の需給の調整を行う蓄電
           池の充電、会社間連系線を用いた広域的な周波数調整の要請等の措置を講じても、電力の供給量が需要を超
           過することが見込まれる場合に行われます。なお、需給バランスの調整のための出力制御は、今後、経済産
           業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部「出力制御の公平性の確保に係る指針」(2017年3月
           策定、2019年10月改定、2021年4月改定、2022年4月改定)に従って実施されることが見込まれます。
            なお、出力抑制の対象(注2)となる太陽光発電設備に関する前記i.の理由による需給バランスの調整のた
           めの無補償の出力の抑制は、2015年1月25日までに接続申込みをした案件は、原則として年間30日(30日
                                 89/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           ルールをいいます。)、2015年1月26日から2021年3月31日までに接続申込みをした案件は、原則として年
           間360時間がそれぞれ上限とされており、これらの上限を超えて出力の抑制がなされる場合、賃借人は、電
           気 事業者に対して、当該抑制により生じた損害の補償を求めることができます。他方、指定電気事業者(注
           3)は、接続申込量が接続可能量を超過した後から2021年3月31日までに接続申込みをしたと認められる太
           陽光発電設備について、また、全ての接続電気事業者は、2021年4月1日以降に接続申込みをした全ての太
           陽光発電設備について、前記の上限にかかわらず、無補償の出力制御を無制限に行うことができます(いわ
           ゆる無制限・無補償ルール)。各保有資産に適用される出力制御ルールについては、後記「5                                            運用状況 
           (2)   投資資産 ③       その他投資資産の主要なもの (ロ)                 設備・施設の概要 d.           適用される出力制御ルー
           ル」をご参照ください。
         (注1)平成28年改正再エネ特措法の下では買取義務者(電気事業者)が送配電事業者となったため、改正法施行日以降に特定契約が締
           結される案件については、買取電気事業者と同一の者になります。本(ロ)において以下同じです。
         (注2)10kW未満の太陽光発電設備は、当面の間、出力抑制の対象外とされています。
         (注3)「指定電気事業者」とは、2021年4月1日施行の改正前の再エネ特措法施行規則第14条第1項第11号に定める指定電気事業者を
           意味し、同項第8号イの規定により特定契約電気事業者(同規則第14条第1項第1号に定める意味によります。)が損害の補償
           をすることなく特定契約申込者(同規則第14条第1項第2号に定める意味によります。)に求めることができる種類の認定発電
           設備(認定に係る再生可能エネルギー発電設備をいい、経済産業大臣が指定する種類の再生可能エネルギー発電設備に限りま
           す。)の出力の抑制の上限を超えて出力の抑制を行わなければ当該再生可能エネルギー発電設備により発電された電気を追加的
           に受け入れることができなくなることが見込まれる電気事業者として経済産業大臣が指定する電気事業者をいいます。
         (ハ)   調達価格又は調達期間が変更されるリスク

            固定価格買取制度の下では、各再生可能エネルギー発電設備において運転開始時に適用された買取価格
           (調達価格)又は買取期間(調達期間)は、原則として、当該再生可能エネルギー発電設備については変更
           されることはありませんが、再エネ特措法上、経済産業大臣は、物価その他の経済事情に著しい変動が生
           じ、又は生ずるおそれがある場合において、特に必要があると認めるときは、調達価格及び調達期間を改定
           することができるものとされています。また、かかる調達価格及び調達期間の改定によらなくても、固定価
           格買取制度の運用が変更され、調達価格等の適用時点に関する取扱いが変更されたり、運転開始期限が設定
           されたりすることにより、個別の発電設備に適用される調達価格及び調達期間が変更される可能性がありま
           す。さらに、将来、調達価格自体は変更されなくても、発電設備の撤去費用その他の費用の留保等により、
           発電事業者が実際に受領する金額が減少する可能性があります。かかる変更が実施された場合、売電収入が
           減少する可能性があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、また、発電設備等の価値が毀損
           し、投資主が損失を被る可能性があります。
            また、将来、各年度に適用される調達価格や入札における上限が低く設定され、又は調達期間が短く設定
           された場合、それ以降に建設される新規の再生可能エネルギー発電設備が減少し、又は建設されても投資に
           適さず、本投資法人が希望どおりに再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を取得できなくなる可能
           性があります。
         (ニ)   インフレにより売電価格の価値が実質的に低下すること等によるリスク

            固定価格買取制度の下では、再生可能エネルギー電気の買取価格(調達価格)は、調達期間にわたり固定
           されており、インフレにより他の物価が上昇した場合、売電価格の価値が実質的に低下し、再生可能エネル
           ギー発電設備等の価格が実質的に低下する可能性があります。本投資法人又は信託受託者の再生可能エネル
           ギー発電設備等に係る賃料収入は、売電収入を背景としているため、再生可能エネルギー発電設備等に係る
           賃料を他の物価の上昇に合わせて上げることが困難である可能性があり、この場合、賃料の価値が実質的に
           低下する可能性があります。また、インフレにより物価が上昇した場合、再生可能エネルギー発電設備等の
           運営・維持管理に要する費用等が増加する可能性があります。これらの場合、本投資法人の収益等が悪影響
           を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
         (ホ)   固定価格買取制度の下での買取期間満了後の売電に関するリスク

            本投資法人は、買取期間が満了し、固定価格買取制度の適用外となった再生可能エネルギー発電設備等に
           ついては、(i)当該再生可能エネルギー発電設備により発電した電気を小売電気事業者等に対して直接若し
           くは卸電力取引所を通じて売却するか、又は、(ii)当該再生可能エネルギー発電設備等を売却します。
            各再生可能エネルギー発電設備に係る固定価格買取制度の下での買取期間が満了した後は、同制度の下で
           のように電気を一定の価格で買い取る義務を有する者がおらず、発電事業者が当該発電設備により発電した
           電気の売却を継続するためには、電気事業者との交渉により売却及びその条件について合意するか、卸電力
           取引市場で売却するか、又は自ら売電の相手方を探して売電することとなります。これらの場合、固定価格
           買取制度の下での買取期間終了後の売電先が見つからない可能性があり、売電先が見つかった場合(既存の
           電気事業者と契約の更新又は再契約を行う場合を含みます。)又は市場で売却する場合でも、買取の価格そ
           の他の条件は、固定価格買取制度の下での買取価格その他の条件に比べて、発電事業者にとって大幅に不利
                                 90/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           となり、賃借人である発電事業者の売電収入が大きく減少する可能性があり、その結果、本投資法人の収益
           等が悪影響を受けます。
            また、このような固定価格買取制度の下での買取期間満了後の売電に関するリスクを理由として、発電設
           備等の価値の毀損や、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で処分できないことにより、投
           資主が損失を被る可能性があります。
         (ヘ)   再エネ特措法に基づく事業計画認定が取り消される又は失効するリスク

            固定価格買取制度の適用を受けるためには、再生可能エネルギー発電事業に関し、事業計画認定を受ける
           必要がありますが、再エネ特措法上、経済産業大臣は、認定事業者が事業計画認定を受けた再生可能エネル
           ギー発電事業計画(以下「認定計画」といいます。)に従って再生可能エネルギー発電事業を行っていない
           とき、事業計画認定が再エネ特措法及び再エネ特措法施行規則に定める基準に適合しなくなったとき又は認
           定事業者が改善命令に違反したときは、事業計画認定を取り消すことができるものとされています。事業計
           画認定が取り消された場合、当該再生可能エネルギー発電設備を用いた再エネ特措法の固定価格買取制度に
           基づく売電を行うことができず、事業計画認定を再取得した場合でも、再取得時の調達価格(当初の調達価
           格より低額であることが予想されます。)及び調達期間が適用されます。
            これらの場合、売電収入が大きく減少する可能性があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受
           け、また、発電設備等の価値が毀損し、投資主が損失を被る可能性があります。
            令和2年改正再エネ特措法では、長期未稼働案件により空押さえされた系統容量を開放する観点から認定
           失効制度が新たに導入されています。ただし、本投資法人の保有物件は、既にFIT制度による売電が開始さ
           れているところ、令和2年改正再エネ特措法により導入された認定失効制度により本投資法人が保有する太
           陽光発電所の認定が失効することはありません。もっとも、こうした認定失効制度の創設の結果、本投資法
           人の取得に適する太陽光発電設備が減少し、本投資法人が希望どおりに太陽光発電設備を取得できなくなる
           可能性があります。
         (ト)   固定価格買取制度が変更又は廃止されるリスク

            固定価格買取制度を取り巻く情勢の変化により、現在の制度が変更又は廃止され、かかる変更又は廃止の
           結果、発電事業自体は継続できるとしても、従前と同様の条件で安定的かつ継続した売電収入を得ることが
           できなくなる可能性や新たな規制を遵守するために再生可能エネルギー発電設備等の運営・維持管理に要す
           る費用等が増加する可能性があります。
            また、かかる変更又は廃止の結果、それ以降に建設される新規の再生可能エネルギー発電設備が減少し、
           又は建設されても投資に適さず、本投資法人が希望どおりに再生可能エネルギー発電設備を取得できなくな
           る可能性があります。
        ⑥ 発電事業に係る操業リスク

          本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象とし、そのうち50%以上を太陽光発電設備
         等に関する当該資産に投資する方針です。かかる資産を用いて行われる発電事業には以下のようなリスクが存
         在します。かかる資産を裏付けとする他の資産に投資する場合も同様です。本投資法人又は信託受託者の再生
         可能エネルギー発電設備等に係る賃料収入は、賃借人である発電事業者の売電収入を背景としているため、以
         下に記載するリスクが現実化した場合、保有資産の価値の減少や損害賠償義務の負担などのほかに、賃借人で
         ある発電事業者の売電収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可
         能性があります。
         (イ)   再生可能エネルギー発電設備の発電量が想定より低下するリスク

            再生可能エネルギー発電設備の性能が取得後に想定以上に低下し、又は再生可能エネルギー発電設備に故
           障、不具合等が発生し、想定していた発電量が得られず、売電収入が減少する可能性があります。本投資法
           人又はオペレーター若しくは賃借人は、EPC契約若しくはO&M契約上の性能保証若しくは稼働率保証又はメー
           カーの保証の内容に応じて、EPC業者、O&M契約又はメーカーに対して、発電装置を構成する機器又は部品等
           の修理若しくは交換又は補償金の支払を請求できる場合がありますが、保証の対象、期間等は一定範囲に限
           定されており、性能又は稼働率を回復・維持するために修補その他に係る予定外の費用を負担せざるを得な
           くなることや、想定した性能又は稼働率を維持できないことがあります。
            また、本投資法人又は信託受託者が保有する資産の大半は、十分な期間の操業記録がないため、経年劣化
           や将来にわたる故障の発生率等の正確な予測が困難であり、実際の発電量が想定を下回る可能性がありま
           す。これらの場合は、賃借人である発電事業者の再生可能エネルギー発電設備に係る売電収入が減少し、そ
           の結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
                                 91/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ロ)   周囲の環境・天候に関するリスク
            太陽光発電設備は発電量が日射量によって変動しますが、周辺に新しい建物等が建築されたり、周辺の植
           物の成長等により事後的に太陽光発電設備への日照が制限されたりすることにより、太陽電池モジュールへ
           の日射が遮られる状態になる等、本投資法人の運用資産である太陽光発電設備等の周辺環境が本投資法人の
           支配できない事由により悪化する可能性があります。また、天候不順が続いた場合や積雪等により太陽電池
           モジュールへの日射が遮られる状態となる可能性もあります。風力発電設備は、その発電量が風況によって
           変動するため、周辺に他の風力発電設備が建設される場合には発電量が減少するおそれがあり、また、風量
           が少ない日が続くことや強風や落雷等により風力発電設備等が損傷する可能性もあります。
            これらの場合、再生可能エネルギー発電設備から得られる売電収入が減少する可能性があり、本投資法人
           又は信託受託者が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背景としているため、これらの事情によ
           り売電収入が減少する場合、本投資法人又は信託受託者の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益
           等が減少し、又は本投資法人の運用資産である発電設備の収益の低下や価値の下落が生じ、本投資法人に悪
           影響が生じる可能性があります。なお、強風、暴風雨、洪水、落雷、竜巻等の異常な気象現象によるリスク
           については、後記「⑦           保有資産に関するリスク (ホ)               災害等による再生可能エネルギー発電設備及び発電
           設備用地の毀損、滅失及び劣化のリスク」をご参照ください。
         (ハ)   事故等に関するリスク

            再生可能エネルギー発電設備においては、設置された電気工作物等の危険物や発電された電気を原因とす
           る事故、強風又は落雷等による太陽電池モジュールや風車の破損、洪水によるダム・堰の決壊等、各再生可
           能エネルギー発電設備特有の事故等が発生する可能性があり、万が一、運用資産において、かかる事故等が
           発生した場合、再生可能エネルギー発電設備が滅失、劣化又は毀損し、又は一定期間の不稼働を余儀なくさ
           れる場合があります。かかる事故等が発生した場合のリスクについては、後記「⑦                                       保有資産に関するリス
           ク (ホ)     災害等による再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地の毀損、滅失及び劣化のリスク」及
           び同「(ヘ)      再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地に係る所有者責任、修繕・維持・管理費用等に
           関するリスク」をご参照ください。
         (ニ)   送電設備その他第三者の資産に関するリスク

            発電事業者は、原則として、再生可能エネルギー発電設備が電気事業者等の送電設備に電気的に接続さ
           れ、当該送電設備その他の送電に関連する第三者の設備が維持されている場合のみ売電することができま
           す。したがって、これらの設備が故障又は損壊した場合、発電事業者は、一定期間再生可能エネルギー発電
           設備の不稼働を余儀なくされる可能性があります。
            これらの場合、賃借人である発電事業者の売電収入が減少する可能性があり、その結果、本投資法人の収
           益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
         (ホ)   近隣住民との紛争が生じるリスク

            本投資法人又は信託受託者が保有する太陽光発電設備等に関し、土地の造成・治水の不備・瑕疵、太陽光
           パネルの反射光、設備の稼働音、景観上の問題等により近隣住民との紛争が生じ、訴訟費用及び損害賠償責
           任の負担を余儀なくされる等、太陽光発電設備等について予想外の費用又は損失を負担する可能性がありま
           す。また、場合によってはさらに土地の再整備、太陽光パネルの撤去その他の対策を余儀なくされるほか、
           太陽光発電事業の継続が困難又は不可能になる可能性もあります。風力発電設備等に関しても、土地の造成
           や施工の瑕疵、騒音、景観上や環境上の問題等により紛争になる可能性があります。これらの紛争により、
           本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
         (ヘ)   電気事業法上の発電事業者に対する規制等に関するリスク

            一定規模以上の発電設備を維持・運用する発電事業者は、電気事業法に従い、発電事業の届出を行わなけ
           ればなりません。そして、かかる届出を行った電気事業法上の発電事業者(電気事業法第2条第1項第15号
           に規定する発電事業者をいい、本(ヘ)において以下「届出発電事業者」といいます。)は、毎年度、供給計
           画を作成し、電力広域的運営推進機関(以下「広域機関」といいます。)を経由して経済産業大臣に届け出
           る必要があります。経済産業大臣は、広域的運営による電気の安定供給の確保等のため、届出発電事業者に
           対して、供給計画の変更を勧告したり、電気の供給その他必要な措置を命じたりすることができます。ま
           た、届出発電事業者は、電気事業法に従い、経済産業大臣による業務改善命令等の行政処分の対象となり得
           ます。かかる権限が行使された場合には、届出発電事業者である賃借人の売電収入が減少する可能性があ
           り、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
            また、届出発電事業者は、広域機関に加入することが義務付けられており、需給バランス悪化時における
           広域機関の指示に従う義務があります。かかる指示がなされた場合には、届出発電事業者である賃借人の売
                                 92/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           電収入が減少する可能性があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能
           性があります。
            さらに、本書の日付現在、現在は託送料金によって小売電気事業者のみから回収することとされている送
           配電関連費用のうち、設備の固定費の一部を発電、送電、変電又は配電のために使用する電力設備が連系し
           て構成するシステム全体(以下「電力系統」といいます。)の利用者である発電側にも負担させる制度(発
           電側課金)の導入に向けた検討が進められています。なお、発電側課金の導入検討と併せて、発電事業者が
           電力系統に接続する際の系統増強費用について一般送配電事業者の負担(一般負担)の上限額の見直しが行
           われ、太陽光・風力等の発電事業者の初期負担を軽減する措置がとられました。発電側課金の導入による負
           担増加に伴う補填の有無及び内容は議論の途上にありますが、仮に当該負担増加に見合う十分な調整措置が
           実施されない場合には、発電事業者である賃借人の売電収入が減少したり、費用が増加したりする可能性が
           あり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
            また、2021年1月13日から、全国の空き容量の無い基幹系統についてはノンファーム型接続適用系統とさ
           れ、これら空き容量のない基幹系統以下に連系する電源は、原則ノンファーム型接続が適用されます。これ
           に加え、2022年4月1日以降に接続検討の受付を行った案件のうち受電電圧が基幹系統の電圧階級である電
           源については、連系先の基幹系統の空き容量の有無にかかわらず、ノンファーム型接続が適用されます。ノ
           ンファーム型接続が適用された電源は、ノンファーム型接続適用系統の送変電設備の空き容量がない場合、
           無補償の出力制御が無制限に実施されます。
         (ト)   その他の法令の制定・変更に関するリスク

            電気事業法その他再生可能エネルギー発電設備の保安又は維持管理に関する法令の制定又は改正により、
           再生可能エネルギー発電設備の管理費用等が増加する可能性があります。また、電気事業に関する法令又は
           電力広域的運営推進機関若しくは一般送配電事業者が定める規程や約款等に定められる電力系統の接続・利
           用ルール等の制定又は改正により、本投資法人又はオペレーター若しくは賃借人に対し新たな義務や負担が
           課されたり、電力系統の接続・利用の条件が不利になったりする可能性があります。
            さらに、将来的に環境保護や防災を目的とする法令等が制定・施行され、再生可能エネルギー発電設備の
           保有又は処分若しくは廃棄に関し、新たな義務等が課される可能性があります。
            このような法令の制定又は改正の後、発電事業者である賃借人の売電収入が減少したり、発電事業者であ
           る賃借人や太陽光発電設備の保有者である本投資法人の費用が増加する可能性があり、その結果、本投資法
           人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
        ⑦ 保有資産に関するリスク

          本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象とし、そのうち50%以上を太陽光発電設備
         等に関する当該資産に投資する方針です。かかる資産には以下のようなリスクが存在します。かかる資産を裏
         付けとする他の資産に投資する場合も同様です。本投資法人又は信託受託者の再生可能エネルギー発電設備等
         に係る賃料収入は、賃借人である発電事業者の売電収入を背景としているため、以下に記載するリスクが現実
         化した場合、保有資産の価値の減少や損害賠償義務の負担などのほかに、賃借人である発電事業者の売電収入
         が減少し、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
                                 93/277








                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (イ)   再生可能エネルギー発電設備の欠陥・瑕疵及び契約不適合に関するリスク
            再生可能エネルギー発電設備には設計・材質・施工、部品・資材、権利等に関して欠陥、瑕疵、契約不適
           合等が存在している可能性があり、また、かかる欠陥、瑕疵、契約不適合等が取得後に判明する可能性もあ
           ります。なお、本書の日付現在、胎内風力発電所に係る風力発電機のうちの一基(第10号機)が増速機の損
           傷により、二基(第1号機及び第6号機。第10号機と併せて、以下「対象風力発電機」といいます。)が落
           雷による故障(これらの損傷及び故障を合せて、以下「本件故障」といいます。)により運転を停止してい
           ます。本件故障に関して、本投資法人及び胎内風力発電所の売主は、2023年1月26日付で、売主は、2023年
           4月末日を是正期限として、対象風力発電機における本件故障の修補を行うこと等を内容とする確認書を締
           結していますが、当該期限までに修補が完了しない可能性もあります。
            再生可能エネルギー発電設備について、本投資法人、信託受託者又は発電事業者に対しEPC業者がEPC契約
           において一定の事項につき表明及び保証し、又は瑕疵担保責任若しくは契約不適合責任を負担している場合
           や、再生可能エネルギー発電装置を構成する機器又は部品の製造業者又はO&M業者が当該機器又は部品等に
           関する保証を提供している場合、本投資法人、信託受託者又は発電事業者は、かかる表明及び保証が真実で
           なかったことを理由とする損害賠償責任や瑕疵担保責任若しくは契約不適合責任を追及し、又は製品保証の
           内容に従って修理若しくは交換又は保証金の支払を請求しますが、これらの責任の対象、期間等は一定範囲
           に限定されているため欠陥、瑕疵、契約不適合等がこれらの範囲外となる場合があります。
            また、本投資法人は、状況によっては、前所有者又は前信託受益者に対し一定の事項につき表明及び保証
           を要求し、瑕疵担保責任又は契約不適合責任を負担させることも想定されますが、表明及び保証又は瑕疵担
           保責任若しくは契約不適合責任を負担させることができない可能性があるほか、負担させることができた場
           合においても、これらの責任の期間及び責任額は一定範囲に限定されるのが通例であり、また、前所有者又
           は前信託受益者が解散したり無資力になっているために実効性がない場合もあります。かかる可能性は、前
           所有者又は前信託受益者がSPCであるような場合に特に顕著です。
            これらの場合には、再生可能エネルギー発電設備の修補等を行うことが不可能又は困難となることや、本
           投資法人が再生可能エネルギー発電設備の修補等に係る予定外の費用を負担せざるを得なくなることがあ
           り、投資主に損害を与える可能性があります。
         (ロ)   発電設備用地等に関するリスク

            本投資法人は、原則として発電設備用地が、登記等により対抗要件を具備された所有権、賃借権又は地上
           権によって確保された再生可能エネルギー発電設備に投資する方針ですが、特に借地権の場合には契約期間
           満了や契約解除等により、また、許認可を受けて発電設備用地を利用している場合にはその許認可の取消し
           等により、発電設備用地に係る権利を失い、再生可能エネルギー発電設備を本投資法人の費用負担で収去
           し、発電設備用地を返還せざるを得ない状況となる可能性があります。特に、2020年3月31日以前に締結し
           た賃貸借の存続期間は、2020年4月1日以降に新たに覚書を締結する等しない限り、20年を超えることがで
           きないため、固定価格買取制度に基づく調達期間が満了する前に発電設備用地に係る賃貸借契約が終了する
           可能性があります。また、借地権が地代の不払等の理由による解除等により消滅する可能性もあります。
            また、発電設備用地が借地権である場合における当該土地の所有権が、他に転売されたり、借地権設定時
           に既に存在する土地上の抵当権等の実行により第三者に移転する可能性があります。この場合、借地権につ
           いて適用のある法令に従い第三者対抗要件が具備されていないとき、又は競売等が先順位の対抗要件を具備
           した担保権の実行によるものであるときは、借地権者は、借地権を当該土地の新所有者に対して対抗でき
           ず、当該土地の明渡義務を負う可能性があります。なお、発電設備用地には、通常、建物が存在しないた
           め、発電設備用地に係る借地権には借地借家法(平成3年法律第90号。その後の改正を含みます。)(以下
           「借地借家法」といいます。)の適用がなく、借地上の建物の登記により借地権の対抗要件を具備すること
           ができず、賃貸借の場合、賃貸人の任意の協力により発電設備用地に係る賃借権を登記する以外に借地権の
           対抗要件を具備する方法がありません。
            さらに、借地権が賃借権である場合、借地権を譲渡し、又は発電設備用地を転貸するには、原則として、
           借地権設定者の承諾が必要となります。借地上の再生可能エネルギー発電設備の所有権を譲渡する場合に
           は、当該借地に係る借地権も一緒に譲渡することになるため、原則として、借地権設定者の承諾が必要とな
           ります。かかる借地権設定者の承諾に関しては、借地権設定者への承諾料の支払があらかじめ約束されてい
           たり、約束されていなくても慣行を理由として借地権設定者が承諾料を承諾の条件として請求してくる場合
           があります(なお、法律上、借地権設定者に当然に承諾料請求権が認められているものではありませ
           ん。)。したがって、かかる承諾が得られず再生可能エネルギー発電設備等の処分ができない可能性がある
           ほか、適時に承諾が得られないことにより、再生可能エネルギー発電設備等を希望どおりの時期その他の条
           件で処分できない可能性があります。このリスクは借地権設定者が多数に及ぶ場合に特に顕著となります。
            加えて、借地権設定者の資力の悪化や倒産等により、借地権設定者に差し入れた敷金及び保証金等の全額
           又は一部が返還されない可能性があります。なお、借地権設定者に対する敷金及び保証金等の返還請求権に
                                 94/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           ついて担保設定や保証はなされないのが通例です。また、発電設備用地が第三者に譲渡された場合、借地権
           設定者に差し入れた敷金及び保証金等の返還請求権の存在が当該第三者に対抗できない場合があります。
            さらに、借地権設定者について倒産手続等が開始した場合において、借地権について適用のある法令に従
           い第三者対抗要件が具備されていないときは、当該借地権設定者又はその破産管財人若しくは管財人は、賃
           貸借契約等を解除することができます。
            なお、上記のとおり、再生可能エネルギー発電設備の発電設備用地には、通常、管理等の建物を除き、原
           則として建物が存在しないため、発電設備用地に係る借地権には借地借家法の適用がなく、本投資法人は、
           発電設備用地に係る借地権に関して、借地借家法に定める借地権者保護のための規定の適用を受けることが
           できません。
            借地上に建てられている再生可能エネルギー発電設備については、敷地及び再生可能エネルギー発電設備
           を一括して所有している場合と比べて、前記のような制限やリスクがあるため、取得又は売却のために多く
           の時間と費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性があります。
         (ハ)   送電線敷設用地に関するリスク

            送電線敷設用地を使用する権限等については、道路使用許可等の許認可により確保する場合や、賃借権又
           は地役権等の登記できる権利により確保している場合でも登記を行っていないために送電線敷設用地を使用
           する権利について対抗要件が具備されていない場合もあります。道路使用許可等の許認可は、有効期間が比
           較的短期間に限られることが多く、その更新は所轄行政機関の裁量であるため、発電事業を継続している間
           に当該許認可が失効し、既存の送電線敷設用地が使用できなくなる可能性があります。また、送電線敷設用
           地を使用する権利について対抗要件が具備されていない場合、又は送電線敷設用地の所有者がこれを第三者
           に売却した場合若しくは第三者に二重賃貸した場合、当該第三者に送電線敷設用地を使用する権利を対抗で
           きなくなる可能性があります。これらの場合には、他の送電線敷設用地を確保するための費用の支出が必要
           となったり、あるいは他の送電線敷設用地が確保できず、再生可能エネルギー発電設備により発電した電気
           の売電ができなくなることにより、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ニ)   発電設備用地の瑕疵及び契約不適合や境界に関するリスク

            発電設備用地には権利、地盤、地質、構造等に関して瑕疵、契約不適合等が存在している可能性があり、
           また、かかる瑕疵、契約不適合等が取得後に判明する可能性もあります。本投資法人は、状況によっては、
           前所有者、前信託受益者又は前借地権者に対し一定の事項につき表明及び保証を要求し、瑕疵担保責任又は
           契約不適合責任を負担させることも想定されますが、表明及び保証又は瑕疵担保責任若しくは契約不適合責
           任を負担させることができない可能性があるほか、負担させることができた場合においても、これらの責任
           の期間及び責任額は一定範囲に限定されるのが通例であり、また、前所有者、前信託受益者又は前借地権者
           が解散したり無資力になっているために実効性がない場合もあります。かかる可能性は、前所有者、前信託
           受益者又は前借地権者がSPCであるような場合に特に顕著です。
            これらの場合には、当該瑕疵、契約不適合等の程度によっては当該発電設備用地の資産価値が低下するこ
           とを防ぐために買主である本投資法人が当該瑕疵、契約不適合等の修補その他に係る予定外の費用を負担せ
           ざるを得なくなることがあり、投資主に損害を与える可能性があります。
            また、本投資法人又は信託受託者が発電設備用地を売却する場合において当該発電設備用地が宅地建物取
           引業法(昭和27年法律第176号。その後の改正を含みます。)(以下「宅建業法」といいます。)上の宅地
           に該当する場合、本投資法人又は信託受託者は、宅建業法上、宅地建物取引業者とみなされるため、同法に
           基づき、売却の相手方が宅地建物取引業者である場合を除いて、発電設備用地の売買契約において、瑕疵担
           保責任又は契約不適合責任に関し、買主に不利となる特約をすることが制限されています。したがって、こ
           のような場合、売却した発電設備用地の瑕疵、契約不適合等の修補その他に係る予定外の費用を負担せざる
           を得なくなることがあり、投資主が損失を被る可能性があります。
            加えて、発電設備用地をめぐる権利義務関係の複雑さゆえに、発電設備用地に関する権利が第三者の権利
           や行政法規等により制限を受けたり、第三者の権利を侵害していることが後になって判明する可能性があり
           ます。その結果、本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。
            また、不動産登記簿の記載を信じて取引した場合にも、買主は発電設備用地に係る権利を取得できないこ
           とがあります。さらに、権利に関する事項のみならず、不動産登記簿中の不動産の表示に関する事項が現況
           と一致していない場合もあります。このような場合、前記と同じく、本投資法人又は信託受託者は売主等に
           対して法律上又は契約上可能な範囲で責任を追及することができますが、その実効性があるとの保証はあり
           ません。
            さらに、発電設備用地を取得するまでの時間的制約や発電設備用地の立地上の特性等から、太陽光発電設
           備や風力発電設備の発電設備用地の場合、隣接地所有者からの境界確定同意が取得できず又は境界標の確認
           ができないまま、発電設備用地を取得する事例が少なからず見られます。これらの場合、境界に関して紛争
           が生じ、境界確定の過程で所有敷地の面積が減少することにより、運用資産の運営に不可欠の土地が隣接地
                                 95/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           所有者の所有に属する等の問題が発生する可能性があります。また、訴訟費用及び損害賠償責任の負担を余
           儀なくされる等、発電設備用地について予定外の費用又は損失を負担する可能性もあります。さらに、これ
           ら の事象が生じなかったとしても、境界未確定の事実が発電設備用地処分の際の障害となる可能性がありま
           す。同様に、越境物の存在により、発電設備用地の利用が制限され賃料に悪影響を及ぼす可能性や、越境物
           の除去等のために追加費用を負担する可能性があります。
         (ホ)   災害等による再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地の毀損、滅失及び劣化のリスク

            火災、地震、液状化、津波、火山の噴火・降灰、高潮、強風、暴風雨、積雪、大雨、洪水、落雷、竜巻、
           土砂災害、戦争、武力攻撃、暴動、騒乱、テロ等(以下、総称して「災害等」といいます。)又は第三者に
           よる盗難、損壊行為等の不法行為若しくは動植物による被害により再生可能エネルギー発電設備又は発電設
           備用地が滅失、劣化若しくは毀損し、その価値が悪影響を受ける可能性があります。特に、太陽光発電所及
           び風力発電所においては、人員が常駐していない無人の発電所が多く、人目に付かない箇所も多いため、監
           視カメラやセンサー等による警備システムを導入してもなお、第三者による盗難、損壊行為等の不法行為又
           は動植物による被害に遭うリスクがあります。また、災害等又は第三者による不法行為若しくは動植物によ
           る被害により再生可能エネルギー発電設備若しくは発電設備用地又は本投資法人、発電事業者若しくは電気
           事業者等の送電設備その他の送電に関連する第三者の設備が滅失、劣化若しくは毀損し、再生可能エネル
           ギー発電設備の発電量が減少し又は周辺環境の悪化等の間接被害が生じた場合には、当該災害の解消までの
           期間、若しくは滅失、劣化若しくは毀損した箇所を修復するため一定期間、再生可能エネルギー発電設備の
           不稼働を余儀なくされること、又はかかる修復が困難であること等により、賃借人である発電事業者の売電
           収入が減少し、本投資法人の賃料収入が減少し若しくは得られなくなり、又は当該再生可能エネルギー発電
           設備若しくは発電設備用地等の価値又は収益が下落する結果、投資主が損失を被る可能性があります。さら
           に、災害等又は疫病のまん延により、再生可能エネルギー発電設備又は発電事業者若しくは接続電気事業者
           の送電設備その他の送電に関連する第三者の設備の保守・点検・修繕・修復等又はそれらに必要な部品、機
           材若しくは人員の調達又は確保に支障又は遅滞が生じ、一定期間、再生可能エネルギー発電設備の発電量が
           減少した状態が継続したり、再生可能エネルギー発電設備の不稼働を余儀なくされたりすること等によって
           も、賃借人である発電事業者の売電収入が減少し、賃料収入等が減少し若しくは得られなくなり、又は当該
           再生可能エネルギー発電設備若しくは発電設備用地等の価値又は収益が下落する結果、投資主が損失を被る
           可能性があります。
            本投資法人は、想定される損害の可能性及び程度、保険料の水準等を総合勘案して、保険の対象とする損
           害の種類や上限額を決定しており、全ての損害が保険の対象となっているわけではありません。再生可能エ
           ネルギー発電設備又は発電設備用地等の個別事情等により保険契約が締結されない場合、保険契約で支払わ
           れる上限額を上回る損害が発生した場合、保険契約で填補されない災害等又は第三者による不法行為若しく
           は動植物による被害が発生した場合又は保険契約に基づく保険会社による支払が他の何らかの理由により行
           われず、減額される若しくは遅れる場合、さらには、保険金が支払われた場合であっても、行政規制その他
           の理由により当該再生可能エネルギー発電設備若しくは発電設備用地又は送電設備その他の設備を災害等又
           は第三者による不法行為若しくは動植物による被害の発生前の状態に回復させることが不可能となる場合に
           は、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。また、保険金が支払われ
           た場合であっても、設備の大部分が更新されたことにより新設設備とみなされ、当初の調達価格及び調達期
           間の適用が受けられない可能性があります。
         (ヘ)   再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地に係る所有者責任、修繕・維持・管理費用等に関するリス

            ク
            再生可能エネルギー発電設備等を原因として、第三者の生命、身体又は財産等を侵害した場合に、損害賠
           償義務が発生し、結果的に本投資法人が予期せぬ損害を被る可能性があります。特に、土地の工作物の所有
           者は、民法上無過失責任を負うことがあります。また、再生可能エネルギー発電設備の個別事情により保険
           契約が締結されない場合、前記「(ホ)                   災害等による再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地の毀
           損、滅失及び劣化のリスク」と同様の理由により、本投資法人は悪影響を受ける可能性があります。
            また、再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地につき滅失、毀損又は劣化等が生じ、修繕が必要と
           なる場合には、かかる修繕に関連して多額の費用を要する可能性があります。また、かかる修繕が困難又は
           不可能な場合には、再生可能エネルギー発電設備等から得られる売電収入が減少し、再生可能エネルギー発
           電設備等の価格が下落する可能性があります。加えて、発電設備用地につき滅失又は毀損等が生じ、修繕が
           困難又は不可能な場合には、発電設備用地の一部又は全部において再生可能エネルギー発電設備を従前どお
           り設置することができなくなり、再生可能エネルギー発電設備等から得られる売電収入が減少し、その結
           果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
                                 96/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            さらに、経済状況によっては、インフレーション、人件費、資材等の費用の高騰、再生可能エネルギー発
           電設備又は発電設備用地の維持管理に係る費用及び各種保険料等のコストの上昇、公租公課の増大その他の
           理由により、再生可能エネルギー発電設備・不動産等の運用に関する費用が増加する可能性があります。
         (ト)   土地に係る行政法規・条例等に関するリスク

            不動産に係る様々な行政法規や各地の条例による規制が発電設備用地に適用される可能性があります。か
           かる規制により一定の義務が課せられている場合、当該発電設備用地の処分等に際して、事実上の困難が生
           じたり、これらの義務を遵守するための追加的な費用負担が生じる可能性があります。さらに、発電設備用
           地が都市計画区域内に存在する場合で、運用資産である発電設備用地を含む地域が道路設置等の都市計画の
           対象となる場合には、当該都市計画対象部分に建築制限が付され、収益が減少する可能性があります。
         (チ)   法令の制定・変更に関するリスク

            土壌汚染対策法(平成14年法律第53条。その後の改正を含みます。)(以下「土壌汚染対策法」といいま
           す。)のほか、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず発電設備
           用地につき大気、土壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性があ
           ります。
            また、土地の管理に影響する関係法令の改正により、発電設備用地の管理費用等が増加する可能性があり
           ます。さらに新たな立法、収用、再開発、区画整理等の行政行為等により発電設備用地に関する権利が制限
           される可能性があります。このような法令若しくは行政行為又はその変更等が本投資法人の収益に悪影響を
           もたらす可能性があります。
         (リ)   売主の倒産等の影響を受けるリスク

            本投資法人は、債務超過の状況にある等財務状態が実質的危機状態にあると認められる又はその疑義があ
           る者を売主として再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地等を取得する場合には、管財人等により売
           買が否認又は取り消されるリスク等について諸般の事情を慎重に検討し、実務的に可能な限り管財人等によ
           り売買が否認又は取り消されるリスク等を回避するよう努めますが、このリスクを完全に排除することは困
           難です。
            万一債務超過の状況にある等財務状態が実質的危機状態にある状況を認識できずに本投資法人が再生可能
           エネルギー発電設備又は発電設備用地等を取得した場合には、当該再生可能エネルギー発電設備又は発電設
           備用地等の売買が詐害行為であるとして売主の債権者により取り消される可能性があります。また、本投資
           法人が再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地等を取得した後、売主について倒産手続等が開始され
           た場合には、当該再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地等の売買が破産管財人、監督委員又は管財
           人により否認される可能性が生じます。
            また、本投資法人が、ある売主(以下、本(リ)において「前々所有者」といいます。)から再生可能エネ
           ルギー発電設備又は発電設備用地等を取得した別の者(以下、本(リ)において「前所有者」といいます。)
           からさらに再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地等を取得した場合において、本投資法人が、当該
           再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地等の取得時において、前々所有者及び前所有者との間の当該
           再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地等の売買が詐害行為として取り消され又は否認される根拠と
           なりうる事実関係を知っている場合には、本投資法人に対しても、前々所有者及び前所有者との間の売買が
           詐害行為であるとして前々所有者の債権者により取り消され、また、否認され、その効果を主張される可能
           性があります。
            さらに、取引の態様如何によっては売主及び本投資法人との間の再生可能エネルギー発電設備又は発電設
           備用地等の売買が、担保取引であると判断され、当該再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地等は破
           産者である売主の破産財団の一部を構成し、又は更生会社若しくは再生債務者である売主の財産に属すると
           みなされる可能性(いわゆる真正譲渡でないとみなされるリスク)もあります。
            また、売主又は前所有者若しくは前借地権者による再生可能エネルギー発電設備又は発電設備用地等の取
           得行為がいわゆる事後設立(会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第87号)
           (以下「会社法整備法」といいます。)に基づく改正前の商法(明治32年法律第48号。その後の改正を含み
           ます。)第246条第1項、会社法整備法に基づく廃止前の有限会社法(昭和13年法律第74号。その後の改正
           を含みます。)第40条第3項及び会社法第467条第1項第5号)に該当するにもかかわらず、所定の手続が
           とられていない場合には、取得行為が無効と解される可能性があります。
         (ヌ)   共有資産に関するリスク

            本投資法人が、再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産へ投資する場合であって、裏付資産である
           再生可能エネルギー発電設備等が第三者との間で共有される場合には、その保存・利用・処分等について単
           独で所有する場合には存在しない種々の問題が生じる可能性があります。
                                 97/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            まず、共有物の管理は、共有者間で別段の定めをした場合を除き、共有者の持分の過半数で行うものとさ
           れているため(民法第252条)、持分の過半数を有していない場合には、当該再生可能エネルギー発電設備
           等の管理及び運営について本投資法人の意向を反映させることができない可能性があります。また、共有者
           は その持分の割合に応じて共有物の全体を利用することができるため(民法第249条)、他の共有者による
           これらの権利行使によって、本投資法人の当該再生可能エネルギー発電設備の保有又は利用が妨げられるお
           それがあります。
            さらに、共有の場合、他の共有者からの共有物全体に対する分割請求権行使を受ける可能性(民法第256
           条)及び裁判所により共有物全体の競売を命じられる可能性(民法第258条第2項)があり、ある共有者の
           意図に反して他の共有者からの分割請求権行使によって共有物全体が処分されるリスクがあります。また、
           裁判所によって現物分割が命じられた場合、再生可能エネルギー発電設備等が効率的に機能する形に分割さ
           れない可能性があります。
            この分割請求権を行使しないという共有者間の特約は有効ですが、この特約は5年を超えては効力を有し
           ません。また、登記済みの不分割特約がある場合でも、特約をした者について倒産手続の対象となった場合
           には、管財人等はその換価処分権を確保するために分割請求ができるとされています。ただし、共有者は、
           倒産手続の対象となった他の共有者の有する共有持分を相当の対価で取得することができます(破産法第52
           条、会社更生法第60条、民事再生法第48条)。
            共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されていますが、共有の再生可能エネルギー発電
           設備等については、共有者間で共有持分の優先的購入権の合意をすることにより、共有者がその共有持分を
           第三者に売却する場合に他の共有者が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合がありま
           す。
            共有の再生可能エネルギー発電設備等については、単独所有の場合と比べて前記のような制限やリスクが
           あるため、取得及び売却により多くの時間と費用を要し、又は価格の減価要因が増す可能性があります。
         (ル)   有害物質に関するリスク

            本投資法人又は信託受託者が発電設備用地を保有する場合において、当該発電設備用地について産業廃棄
           物等の有害物質が埋蔵されている可能性があり、かかる有害物質が埋蔵されている場合には当該発電設備用
           地の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質を除去するために土壌の入替えや洗浄が必要
           となる場合には、これに係る予想外の費用や時間が必要となる可能性があります。また、かかる有害物質に
           よって第三者が損害を受けた場合には、直接本投資法人又は信託受託者がかかる損害を賠償する義務を負う
           可能性があります。なお、土壌汚染対策法によれば、土地の所有者、管理者又は占有者は、鉛、砒素、トリ
           クロロエチレンその他の特定有害物質による土地の土壌の汚染の状況について、都道府県知事により調査・
           報告を命ぜられることがあり(土壌汚染対策法第4条第2項、第5条第1項)、また、土壌の特定有害物質
           による汚染により、人の健康に係る被害が生じ、又は生ずるおそれがある等の要件を満たす区域として都道
           府県知事による指定を受けた場合には、都道府県知事によりその被害を防止するため必要な汚染の除去等の
           措置を講ずべきことを指示されることがあり(土壌汚染対策法第7条第1項)、当該措置を講じない場合、
           かかる措置を講じるよう命じられることがあります(土壌汚染対策法第7条第4項)。
            これらの場合、本投資法人に多額の負担が生じる可能性があり、また、本投資法人は、支出を余儀なくさ
           れた費用について、その原因となった者やその他の者から常に償還を受けられるとは限りません。
            また、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず発電設備用地に
           つき大気、土壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性がありま
           す。
         (ヲ)   埋立地に関するリスク

            発電設備用地が埋立地に立地する場合、埋立地に所在する不動産には、埋立に使用した土壌に有害物質が
           含まれている等の理由により、土地に有害物質が含まれている可能性があります(当該土地に有害物質が含
           まれる場合のリスクの詳細は、前記「(ル)                    有害物質に関するリスク」をご参照ください。)。また、埋立
           地は沿岸部に所在することも多く、津波、高潮その他の災害、海面上昇等による被害を受ける可能性もあり
           ます(かかる災害が生じた場合のリスクの詳細は、前記「(ホ)                              災害等による再生可能エネルギー発電設備
           及び発電設備用地の毀損、滅失及び劣化のリスク」をご参照ください。)。さらに、埋立地の地盤は、軟弱
           である可能性があることから、当該土地上の再生可能エネルギー発電設備について、不等沈下その他の沈下
           を生じる可能性があるほか、地震の際には液状化による沈下や毀損等の被害を生じる可能性もあります。
            また、発電設備用地は、海岸や河川の近くなどの低地、湿地、泥炭地等に立地することがありますが、こ
           れらの土地には、津波、高潮、洪水その他の災害、海面上昇等による被害を受けやすいリスク、発電設備が
           沈下するリスク、液状化リスク等の立地に由来する特有のリスクがあります。
            これらの理由により当該再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地が被害を受けた場合、予定されて
           いない費用、損害若しくは損失を本投資法人が負担し若しくは被る可能性があるほか、当該再生可能エネル
                                 98/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           ギー発電設備及び発電設備用地の価値が下落する可能性があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を
           受け、投資主が損失を被る可能性があります。
         (ワ)   切土及び盛土等の造成工事を行った土地に関するリスク

            発電設備用地が切土及び盛土等の造成工事を行った土地上に立地する場合、かかる土地においては、大雨
           等による大規模な法面部の崩壊の発生等による甚大な被害を受けやすいリスク、発電設備が沈下するリス
           ク、液状化リスク、盛土等に使用した素材に含まれることのある汚染物質に関するリスク等の特有のリスク
           があります。これらの理由により当該発電設備用地又は当該再生可能エネルギー発電設備が損害を被った場
           合、当該発電設備用地及び当該再生可能エネルギー発電設備の価値及び収益が下落し、投資主が損失を被る
           可能性があります。
         (カ)   フォワード・コミットメント等に係るリスク

            本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等の資産を取得するにあたり、フォワード・コミットメント
           等を行うことがあります。この場合において、再生可能エネルギー発電設備等の資産に係る売買契約等が買
           主の事情により解約された場合には、買主は債務不履行による損害賠償義務を負担することとなります。ま
           た、損害額等の立証にかかわらず、再生可能エネルギー発電設備等の資産の売買価格に対して一定の割合の
           違約金が発生する旨の合意がなされることも少なくありません。本投資法人は、原則として、違約金の負担
           が生じるフォワード・コミットメント等を行いませんが、対象となる物件、本投資法人の財務状況、解約条
           件等を勘案の上、フォワード・コミットメント等を行うことがあります。フォワード・コミットメント等の
           場合には、契約締結後、決済・引渡しまでに一定の期間があるため、その期間における市場環境の変化等に
           より本投資法人が再生可能エネルギー発電設備等の資産の取得資金を調達できない場合等、売買契約を解約
           せざるを得なくなった場合には、違約金等の支払により、本投資法人の財務状況等が悪影響を受ける可能性
           があります。
         (ヨ)   技術革新等により、本投資法人の保有する再生可能エネルギー発電設備の需要が低減するリスク

            将来の技術革新等により、再生可能エネルギー発電設備その他の発電設備について、太陽電池モジュール
           の変換効率の向上、風車の大型化等により従前よりも発電コストが低下し、また、既存の発電設備よりも発
           電コストの低い新規の発電技術が発明され、当該技術を利用した発電設備が実用化される可能性がありま
           す。これらの場合、固定価格買取期間終了後において、本投資法人の保有資産である再生可能エネルギー発
           電設備により発電される電気の価格競争力が低下し、電力売却による本投資法人の収益が低下したり、本投
           資法人の保有する再生可能エネルギー発電設備の価値が相対的に下落し、本投資法人が保有資産の売却を希
           望したとしても、希望どおりの時期に売却できない可能性又は希望する価格で売却できない可能性などがあ
           り、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
        ⑧ 信託受益権に関するリスク

          本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象としていますが、再生可能エネルギー発電
         設備等を信託財産とする信託の受益権を取得することがあります。この場合には、信託の受託者が再生可能エ
         ネルギー発電設備等の所有者(又は地上権者若しくは賃借人)となりますが、信託受益者である本投資法人が
         信託受託者に指図し、信託受託者はその運用方針に従って信託受益者である本投資法人のために再生可能エネ
         ルギー発電設備等を管理、運用、処分します。再生可能エネルギー発電設備等に基づく経済的利益と損失は、
         最終的には信託受益者に帰属することになるため、本投資法人は、信託受益権の保有に伴い、信託受託者を介
         して、運用資産が再生可能エネルギー発電設備等そのものである場合と実質的にほぼ同じリスクを負担するこ
         とになります。他方で、本投資法人にとって、再生可能エネルギー発電設備等を直接保有する場合と信託受益
         権を保有する場合とでは、税務上の取扱いや資産を担保提供する方法等に違いがあります。信託受益権を取得
         する場合には、以下のような信託受益権特有のリスクを負います。
         (イ)   受益権の流動性に関するリスク

            信託契約上、信託受益者が信託受益権を譲渡しようとする場合には信託受託者の承諾が必要となることが
           あります。
            また、不動産、不動産の賃借権、地上権又は地役権を信託する信託の受益権については、受益証券発行信
           託の受益証券でない限り私法上の有価証券としての性格を有しないため、債権譲渡と同様の譲渡方法によっ
           て譲渡することとなり、有価証券のような流動性がありません。私法上の有価証券としての性格を有する受
           益権についても、譲渡を第三者に対抗するためには債権譲渡と同様の方法によることが必要であり(信託法
           (平成18年法律第108号。その後の改正を含みます。)(以下「信託法」といいます。)第94条)、有価証
           券のような流動性はありません。
                                 99/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ロ)   信託受託者の倒産手続等に関するリスク
            信託受託者につき倒産手続等が開始された場合には、信託財産は、破産財団、再生債務者財産及び更生会
           社財産に属しないものとされています(信託法第25条第1項、第4項及び第7項)が、信託財産であること
           を破産管財人等の第三者に対抗するためには、信託財産について信託設定登記をする必要があります。した
           がって、仮にかかる登記が具備されていない場合には、本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等が信
           託受益権の目的であることを第三者に対抗できない可能性があります。
         (ハ)   信託受託者の信託違反等に関するリスク

            信託受託者は、信託業務を行うに当たり、忠実義務及び善管注意義務を負い、信託受益者を害するおそれ
           のある一定の行為を行ってはならないものとされています。しかし、信託受託者が、かかる義務又は信託契
           約上の義務に反することがないとは言い切れず、当該義務違反により本投資法人が不測の損害を被る可能性
           があります。
         (ニ)   信託受益権の準共有に関するリスク

            信託受益権が準共有されている場合には、その保存、利用、処分等について単独で所有する場合とは異な
           る種々のリスクが存在します。
            まず、受益者が複数ある場合の意思決定については、信託契約において意思決定の方法が定められていな
           い場合には、一定の行為(信託法第92条各号、第105条第2項から第4項までに該当するもの)を除き、全
           ての受益者の一致によってこれを決することとされています。したがって、信託受益権が準共有されている
           場合には、他の準共有者全員が承諾しない限り、投資対象資産の管理及び運営(発電設備等の管理及び運営
           等についての信託受託者への指図を含みます。)について、本投資法人の意向を反映させることができない
           こととなります。また、信託契約において意思決定の方法が定められている場合でも、当該方法が本投資法
           人の意向を反映するような形で定められているとは限らず、本投資法人の意向を反映させることができない
           可能性があります。
            また、準共有持分の処分については、準共有者は、信託受託者の承諾を得ることができれば、自己の準共
           有持分を自己の判断で処分することができます。したがって、本投資法人の意向にかかわりなく他の準共有
           者が変更される可能性があります。他方で、準共有者間において、準共有者が自分の持分を処分する場合に
           は他の準共有者に先買権又は優先交渉権を与える等の合意がなされる場合があり、この場合には、本投資法
           人の意向に沿わない他の準共有者の変動のリスクは減少しますが、本投資法人自身が自己の持分を処分する
           際に制約を受けることとなります。
            さらに、信託受益権の準共有者が信託受託者に対して有する信託交付金の請求権及び信託受託者に対して
           負担する信託費用等の支払義務は、別段の合意のない限り、不可分債権及び不可分債務であると一般的に解
           されています。したがって、準共有者は、信託受託者に対して、当該準共有者の準共有持分の割合を超え
           て、信託費用等の債務の支払を負担する可能性や、他の準共有者の債権者が当該準共有者の準共有持分の割
           合を超えて信託交付金請求権を差し押さえられる可能性があります。このような場合には、本投資法人は、
           信託受託者に対して支払った金額のうち自己の準共有持分に応じた金額を超えた金額の支払や差し押さえら
           れた信託交付金請求権のうち自己の準共有持分に応じた金額の支払を、他の準共有者に請求することができ
           ますが、当該準共有者の資力の如何によっては、支払を受けることができない可能性があります。
        ⑨ 税制に関するリスク

         (イ)   導管性の維持に関する一般的なリスク
            税法上、一定の要件(以下「導管性要件」といいます。)を満たした投資法人に対しては、投資法人と投
           資主との間の二重課税を排除するため、後記「4                       手数料等及び税金 (5)            課税上の取扱い」に記載する配
           当等の額を投資法人の損金に算入することが認められています。導管性要件のうち一定のものについては、
           営業期間ごとに判定を行う必要があります。本投資法人は、導管性要件を継続して満たすよう努める予定で
           すが、後記「(ロ)         現時点の税制の下では、インフラファンドの投資法人については導管性を維持できる期
           間が20年に限定されるリスク」に記載のとおり、現時点においては、再生可能エネルギー発電設備の貸付け
           を最初に行った日以後20年を経過した日までの間に終了する各事業年度しか導管性要件を満たすことはでき
           ないと見込まれるなか、この期間中についても、今後、本投資法人の投資主の減少、分配金支払原資の不
           足、資金の調達先、法律の改正その他の要因により導管性要件を満たすことができない営業期間が生じる可
           能性があります。現行税法上、導管性要件を満たさなかったことについてやむを得ない事情がある場合の救
           済措置が設けられていないため、後記「(ホ)                     同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばない
           リスク」に記載する同族会社化の場合等、本投資法人の意図しないやむを得ない理由により要件を満たすこ
           とができなかった場合においても、配当等の額を損金の額に算入できなくなり、本投資法人の税負担が増大
           する結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があり、本投資証券の市場価格に影響を及ぼすこ
                                100/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           ともあります。なお、課税上の取扱いについては、後記「4                            手数料等及び税金 (5)            課税上の取扱い」を
           ご参照ください。
         (ロ)   現時点の税制の下では、インフラファンドの投資法人については導管性を維持できる期間が20年に限定さ

            れるリスク
            導管性要件の一つとして、営業期間終了時における投資法人の保有する特定資産のうち有価証券、不動産
           その他の租税特別措置法施行令で定める資産の帳簿価額が、その時において有する資産の総額の2分の1に
           相当する金額を超えていることが必要となります(以下「資産要件」といいます。)。「その他の租税特別
           措置法施行令で定める資産」には再生可能エネルギー発電設備は含まれないのが原則ですが、規約において
           再生可能エネルギー発電設備の運用方法(その締結する匿名組合契約等の目的である事業に係る財産に含ま
           れる再生可能エネルギー発電設備の運用の方法を含みます。)を賃貸に限定する旨規定する上場投資法人
           が、2023年3月31日までの期間内に再生可能エネルギー発電設備を取得した場合には、資産要件との関係で
           は特例として、再生可能エネルギー発電設備も「その他の租税特別措置法施行令で定める資産」に含まれる
           こととされています。主たる投資対象が再生可能エネルギー発電設備等である本投資法人は、基本的に保有
           資産の帳簿価額のうち再生可能エネルギー発電設備の帳簿価額の占める割合が2分の1に相当する金額を超
           えることが想定され、かかる特例によって導管性要件を満たすことが可能と考えられます。しかし、当該特
           例が認められるのは、現行法制を前提とすると、再生可能エネルギー発電設備を最初に取得した日から、再
           生可能エネルギー発電設備の貸付けを最初に行った日以後20年を経過した日までの間に終了する各事業年度
           に限られています。したがって、その後の事業年度においては、再生可能エネルギー発電設備の減価償却が
           進み、本投資法人の保有資産及び再生可能エネルギー発電設備の帳簿価額がそれぞれ減少した結果、本投資
           法人の保有資産の帳簿価額のうち(再生可能エネルギー発電設備を除く)不動産(敷地)等の特定資産の帳
           簿価額の占める割合が2分の1に相当する金額を超えることになった場合等の例外的な場合を除き、本投資
           法人は導管性要件を満たすことができなくなる可能性があります。そして、本投資法人では、当該期限経過
           時点において、導管性要件を引き続き充足できるようにするために、投資する資産の種類や比率を変更する
           ことを予定していません。
            従って、現在の税制を前提とすると、不動産投資法人とは異なり、インフラファンドの投資法人である本
           投資法人の場合には上記期限内でしか導管性要件を満たせず、その後は法人税が課税され、その結果、分配
           金水準が大きく低下することが見込まれます。
            上記のような導管性要件における制約は将来的に変更される可能性もありますが、現時点において当該変
           更の予定はなく、また変更される保証もありません。かかる将来的な変更がなされず、前記特例期間経過後
           の営業期間において本投資法人が導管性要件を満たせなくなった場合、配当等の額を損金の額に算入できな
           くなり、本投資法人の税負担が増大する結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があり、本投
           資証券の市場価格に影響を及ぼすこともあります。なお、課税上の取扱いについては、後記「4                                             手数料等
           及び税金 (5)課税上の取扱い」をご参照ください。
         (ハ)   税負担の発生により90%超配当要件が満たされないリスク

            導管性要件のうち、90%超配当要件においては、投資法人の会計上の税引前当期純利益を基礎として判定
           を行うこととされています。したがって、会計処理と税務上の取扱いの差異により本投資法人の税負担が増
           加し、実際に配当できる利益(会計上の税引後当期純利益)が減少した場合、この要件を満たすことが困難
           となる営業期間が生じる可能性があります。なお、2015年4月1日以後に開始する営業期間については、会
           計処理と税務上の取扱いの差異である一時差異等調整引当額の増加額に相当する金銭の分配については配当
           等の額として損金の額に算入することが可能になるという手当てがなされています。
         (ニ)   借入れに係る導管性要件に関するリスク

            税法上、前記の各営業期間ごとに判定を行う導管性要件の一つに、借入れを行う場合には機関投資家(租
           税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)及び租税特別措置法施行規則(昭和32年大蔵省令第15号。そ
           の後の改正を含みます。)(以下「租税特別措置法施行規則」といいます。)第22条の19に定めるものをい
           います。以下、本「⑨           税制に関するリスク」において同じです。)のみから行うべきという要件がありま
           す。したがって、本投資法人が何らかの理由により機関投資家以外からの借入れを行わざるを得ない場合、
           本投資法人に対する貸付債権が機関投資家以外の者に譲渡された場合、又は、保証金若しくは敷金の全部若
           しくは一部がテナントからの借入金に該当すると解釈された場合においては、導管性要件を満たせないこと
           になります。この結果、本投資法人の税負担が増大し、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があ
           ります。
         (ホ)   同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないリスク

            各営業期間ごとに判定を行う導管性要件のうち、営業期間終了時に同族会社のうち租税特別措置法施行令
           第39条の32の3に定めるものに該当していないこと(発行済投資口の総口数又は議決権総数の50%超が1人
                                101/277


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           の投資主及びその特殊関係者により保有されていないこと)とする要件、即ち、同族会社要件については、
           本投資証券が市場で流通することにより、本投資法人のコントロールの及ばないところで、結果として満た
           さ れなくなる営業期間が生じる可能性があります。
         (ヘ)   投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないリスク

            税法上、導管性要件の一つに、営業期間末において投資法人の投資口が機関投資家のみにより保有される
           こと、又は50人以上の投資主に保有されることという要件があります。しかし、本投資法人は投資主による
           投資口の売買をコントロールすることができないため、本投資口が50人未満の投資主により保有される(機
           関投資家のみに保有される場合を除きます。)こととなる可能性があります。
         (ト)   税務調査等による更正処分のため、追加的な税負担の発生するリスク

            本投資法人に対して税務調査が行われ、税務当局との見解の相違により過年度の課税所得計算について追
           加の税務否認項目等の更正処分を受けた場合には、予想外の追加的な課税が発生することがあります。現行
           税法上このような場合の救済措置が設けられていないため、本投資法人の税負担が増大し、投資主への分配
           額や純資産額が減少する可能性があります。
         (チ)   固定資産の減損に係る会計基準の適用に伴うリスク

            固定資産の減損に係る会計基準及び固定資産の減損に係る会計基準の適用指針の適用により、収益性の低
           下により投資額の回収が見込めなくなった場合には、一定の条件の下で回収可能額を反映させるように固定
           資産の帳簿価額を減額する会計処理(減損処理)を行うこととなっており、今後、本投資法人の保有する再
           生可能エネルギー発電設備等の市場価格及び収益状況によっては減損処理を行う可能性があります。
            その場合、時価の動向及び運用資産の収益状況等によっては、会計上減損損失が発生し、本投資法人の損
           益に悪影響を及ぼす可能性があり、税務上は当該資産の売却まで損金を認識することができない(税務上の
           評価損の損金算入要件を満たした場合や減損損失の額のうち税務上の減価償却費相当額を除きます。)た
           め、減損の会計処理と税務上の取扱いの差異については、本投資法人の税負担を増加させる可能性がありま
           す。なお、2015年4月1日以後に開始する営業期間については、会計処理と税務上の取