センコーグループホールディングス株式会社 四半期報告書 第106期第3四半期(2022/10/01-2022/12/31)

提出書類 四半期報告書-第106期第3四半期(2022/10/01-2022/12/31)
提出日
提出者 センコーグループホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2023年2月14日
     【四半期会計期間】                   第106期第3四半期(自 2022年10月1日 至 2022年12月31日)
     【会社名】                   センコーグループホールディングス株式会社
     【英訳名】                   SENKO   Group   Holdings     Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  福田 泰久
     【本店の所在の場所】                   東京都江東区潮見二丁目8番10号
     【電話番号】                   (03)6862-7150(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員 財務経理担当 新田 浩隆
     【最寄りの連絡場所】                   東京都江東区潮見二丁目8番10号
     【電話番号】                   (03)6862-7150(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員 財務経理担当 新田 浩隆
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/26













                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第105期           第106期
              回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第105期
                              累計期間           累計期間
                              自2021年           自2022年           自2021年

                              4月1日            4月1日            4月1日
             会計期間
                              至2021年           至2022年           至2022年
                              12月31日            12月31日            3月31日
                                 465,449           515,298           623,139

     営業収益                (百万円)
                                  21,018           22,362           26,103
     経常利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                  12,611           14,947           15,233
                     (百万円)
     四半期(当期)純利益
                                  13,220           19,577           17,596
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)
                                 151,876           178,353           160,854
     純資産額                (百万円)
                                 461,605           563,394           480,818
     総資産額                (百万円)
     1株当たり
                                  86.05           100.28           104.09
                      (円)
     四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                                  71.43           88.81           91.99
                      (円)
     四半期(当期)純利益
                                   30.1           28.4           30.5
     自己資本比率                 (%)
                              第105期           第106期

              回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自2021年           自2022年

                              10月1日            10月1日
             会計期間
                              至2021年           至2022年
                              12月31日            12月31日
                                  39.03           46.70

     1株当たり四半期純利益                (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.前連結会計年度において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前第3四半期連結累計期
           間の関連する主要な経営指標等については、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
         3.第2四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前連結会計年度
           の関連する主要な経営指標等については、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
     2【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
       また、主要な関係会社における異動は、以下のとおりであります。
       当第3四半期連結会計期間において、新たに株式を取得したことにより中央化学㈱を連結子会社としております。
      なお、中央化学㈱は当社の特定子会社に該当しております。
       また、第1四半期連結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状
      況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」の「2.報告セグメントの変更等に関する事項」を
      ご参照ください。
                                 2/26



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券
      報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものです。
     (1)経営成績の分析

         当第3四半期連結累計期間             (2022年4月1日~2022年12月31日 以下「当第3四半期」)における
        経済環境は、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置が緩和され、経済社会活動の正常化が進む中で、景気は持
        ち直しの動きが見られましたが、第7波、第8波の感染再拡大、ウクライナ情勢の長期化や、世界的な金融引き
        締めを背景とした急激な為替変動など、経営環境は依然として予断を許さない状況が続くと見込まれます。
         当第3四半期の連結業績は、以下のとおりです。

                                                 (百万円)
                      前第3四半期         当第3四半期          増減額        増減率

          営   業   収   益      465,449         515,298         49,849        10.7%

          営   業   利   益      20,334         21,786         1,451        7.1%

          経   常   利   益      21,018         22,362         1,343        6.4%

          親会社株主に帰属する
                          12,611         14,947         2,336        18.5%
          四  半  期  純  利  益
         電気料金ならびに燃料価格、仕入価格の上昇や、コロナ特需の剥落などがありましたが、拡販ならびに料金・

        価格改定などにグループ全体で取り組むと共に、M&Aを推進した結果、営業収益、営業利益、経常利益、親会
        社株主に帰属する四半期純利益ともに前年同期を上回る結果となりました。
         当第3四半期のセグメント別の状況は以下のとおりです。

         なお、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分ならびに集計方法を変更しており、当第3四半期
        の比較・分析は、変更後の区分に基づいております。
        (物流事業)

                                                   (百万円)
                     前第3四半期         当第3四半期           増減額         増減率
        営   業   収   益      329,722         360,342          30,619          9.3%

        セグメント利益                18,921         20,095          1,173         6.2%

         電気料金ならびに燃料価格の上昇などがありましたが、拡販ならびに料金改定に取り組むと共に、M&Aの収

        益寄与があったことなどにより、営業収益は3,603億42百万円と対前年同期比306億19百万円の増
        収、セグメント利益は200億95百万円と対前年同期比11億73百万円の増益となりました。
                                 3/26





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        (商事・貿易事業)
                                                   (百万円)
                     前第3四半期         当第3四半期           増減額         増減率
        営   業   収   益      109,188         119,326          10,137          9.3%

        セグメント利益                1,933         1,892          △41        △2.1%

         前期に連結子会社化した家庭紙卸売の株式会社カルタスの収益寄与があったことに加え、価格改定ならびに拡

        販、コスト改善などに努めましたが、テイクアウト・デリバリーに使用する包材需要の減少や、仕入価格の上昇
        などがあり、営業収益は1,193億26百万円と対前年同期比101億37百万円の増収、セグメント利益は
        18億92百万円と対前年同期比41百万円の減益となりました。
        (ライフサポート事業)

                                                   (百万円)
                     前第3四半期         当第3四半期           増減額         増減率
        営   業   収   益       21,086         27,746          6,660         31.6%

        セグメント利益
                         △340          245         586       ―
        又は損失(△)
         日常生活の正常化の動きに伴う利用者数・来店者数の回復と、新規出店ならびに前期に実施したM&Aの収益

        寄与があったことなどにより、営業収益は277億46百万円と対前年同期比66億60百万円の増収、セグメ
        ント利益は2億45百万円と対前年同期比5億86百万円の増益となりました。
        (ビジネスサポート事業)

                                                   (百万円)
                     前第3四半期         当第3四半期           増減額         増減率
        営   業   収   益       5,440         7,879         2,438         44.8%

        セグメント利益                 674         839         165        24.5%

         拡販ならびにコスト改善に取り組むと共に、M&Aの収益寄与があったことなどにより、営業収益は78億7

        9百万円と対前年同期比24億38百万円の増収、セグメント利益は8億39百万円と対前年同期比1億65百
        万円の増益となりました。
                                 4/26









                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
     (2)財政状態の分析
        資産、負債及び純資産の状況
        (総資産)
         当第3四半期末における総資産は、5,633億94百万円となり、前期末に比べ825億76百万円増加い
        たしました。
         流動資産は、2,113億16百万円となり、前期末に比べ402億82百万円増加いたしました。これは、
        現金及び預金が116億85百万円、受取手形、営業未収入金及び契約資産が161億36百万円、商品及び製
        品が65億33百万円、原材料及び貯蔵品が22億98百万円増加したことなどによるものです。
         固定資産は、3,520億78百万円となり、前期末に比べ422億93百万円増加いたしました。これは、
        有形固定資産が357億50百万円、無形固定資産が15億28百万円、投資その他の資産が50億14百万円
        増加したことなどによるものです。
        (負債)

         当第3四半期末における負債合計は、3,850億41百万円となり、前期末に比べ650億77百万円増加
        いたしました。
         流動負債は、1,572億43百万円となり、前期末に比べ195億97百万円増加いたしました。これは、
        支払手形及び営業未払金が106億58百万円、電子記録債務が33億37百万円増加したことなどによるもの
        です。
         固定負債は、2,277億97百万円となり、前期末に比べ454億80百万円増加いたしました。これは、
        長期借入金が385億18百万円、長期リース債務が31億40百万円、資産除去債務が10億33百万円、繰
        延税金負債が18億78百万円増加したことなどによるものです。
        (純資産)

         当第3四半期末における純資産は、1,783億53百万円となり、前期末に比べ174億98百万円増加い
        たしました。これは、利益剰余金が98億54百万円、為替換算調整勘定が32億89百万円、非支配株主持分
        が43億6百万円増加したことなどによるものです。自己資本比率は前期末から2.1ポイント低下し、28.
        4%となりました。
     (3)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について、
        重要な変更はありません。
     (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は、6百万円です。なお、当第3四半期連結累計期間におい
        て、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

        当社は、2022年11月14日開催の取締役会において、中央化学株式会社(以下「対象者」)の普通株式(以下「対象
      者株式」)の全て(ただし、対象者が所有する自己株式を除きます。)及び三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)
      が所有するA種優先株式に係る普通株式対価の取得請求権を行使することにより交付される対象者株式を取得し、対
      象者を公開買付者の完全子会社とする一連の取引を実施した後、三菱商事による再出資と併せて、当社が対象者を公
      開買付者の連結子会社とすることを目的とする取引の一環として、金融商品取引法に基づく公開買付けを実施するこ
      とを決議し、同日付で三菱商事と公開買付応募契約及び株主間契約を締結いたしました。
        詳細につきましては、「第4 経理の状況」の「1 四半期連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」をご参
      照ください。
                                 5/26





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 294,999,000

                  計                               294,999,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在発行数          上場金融商品取引所
        種類      末現在発行数(株)              (株)        名又は登録認可金融                内容
              (2022年12月31日)            (2023年2月14日)          商品取引業協会名
                                               権利内容に何ら限定のな
                                     東京証券取引所          い当社における標準とな
                 157,070,496          157,070,496
       普通株式
                                      プライム市場         る株式であり、単元株式
                                               数は100株です。
                 157,070,496          157,070,496
        計                                -            -
     (注)「提出日現在発行数」には、2023年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
         された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総       発行済株式総                      資本準備金増       資本準備金残
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日       数増減数       数残高                      減額       高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     2022年10月1日~
                  -       157,070        -       28,479        -       26,570
     2022年12月31日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/26







                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2022年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  2022年12月31日現在
            区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -            -

      議決権制限株式(その他)                             -            -            -

                       (自己保有株式)

                                              -            -
                               7,199,900
                         普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)
                       (相互保有株式)
                                              -            -
                                103,800
                         普通株式
                              149,664,900             1,496,649
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                                 -
                                101,896
      単元未満株式                   普通株式                     -            -
                              157,070,496
      発行済株式総数                                        -            -
                                          1,496,649
      総株主の議決権                             -                       -
     (注)1.「単元未満株式」の欄には、自己保有株式84株、相互保有株式8株、株式付与ESOP信託口が保有する79
           株及び役員報酬BIP信託口が保有する21株が含まれております。
         2.株式付与ESOP信託口が保有する335,600株(議決権の数3,356個)及び役員報酬BIP信託口が保有する
           328,200株(議決権の数3,282個)は「完全議決権株式(その他)」に含まれております。
         3.当第3四半期会計期間において、吉賀海運株式会社が保有する当社株式はすべて売却されております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年12月31日現在
                                                  発行済株式総数に
      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                  の割合(%)
     センコーグループ
               東京都江東区潮見
                           7,199,900                 7,199,900            4.58
     ホールディングス                              -
               二丁目8番10号
       株式会社
               福岡県北九州市若
                            103,800                 103,800           0.07
     吉賀海運株式会社         松区本町2丁目17                     -
               番1号
                           7,303,700                 7,303,700            4.65
         計          -                 -
     (注)1.株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式は上記自己株式に含まれておりませ
           ん。
        2.当第3四半期会計期間において、吉賀海運株式会社が保有する当社株式はすべて売却されております。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 7/26




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2022年10月1日から2022
      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 8/26

















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        45,093              56,778
        現金及び預金
                                                    ※2  108,030
                                        91,893
        受取手形、営業未収入金及び契約資産
                                                     ※2  4,825
                                         3,543
        電子記録債権
                                        14,183              20,717
        商品及び製品
                                          95              933
        仕掛品
                                          845             3,144
        原材料及び貯蔵品
                                        15,411              16,945
        その他
                                         △ 34             △ 59
        貸倒引当金
                                        171,033              211,316
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        91,096              101,038
          建物及び構築物(純額)
                                        90,313              106,152
          土地
                                        50,229              60,197
          その他(純額)
                                        231,639              267,389
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        12,104              11,786
          のれん
                                        11,949              13,796
          その他
                                        24,054              25,583
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        17,957              18,602
          投資有価証券
                                          279              662
          長期貸付金
                                         7,703              8,395
          退職給付に係る資産
                                        14,388              17,013
          差入保証金
                                         5,115              4,464
          繰延税金資産
                                         9,066              10,733
          その他
                                         △ 418             △ 766
          貸倒引当金
                                        54,091              59,105
          投資その他の資産合計
                                        309,784              352,078
        固定資産合計
       繰延資産
                                           0              0
        開業費
                                           0              0
        繰延資産合計
                                        480,818              563,394
       資産合計
                                 9/26








                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間
                                  (2022年3月31日)             (2022年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                                     ※2  61,333
                                        50,675
        支払手形及び営業未払金
                                                     ※2  12,413
                                         9,076
        電子記録債務
                                          24
        1年内償還予定の社債                                                -
                                        36,335              32,644
        短期借入金
                                         4,632              5,960
        リース債務
                                         5,052              2,489
        未払法人税等
                                         6,585              4,253
        賞与引当金
                                          427              318
        役員賞与引当金
                                          416              247
        災害損失引当金
                                        24,420              37,582
        その他
                                        137,646              157,243
        流動負債合計
       固定負債
                                        40,000              40,000
        社債
                                        22,081              22,060
        転換社債型新株予約権付社債
                                        86,746              125,264
        長期借入金
                                        15,970              19,110
        リース債務
                                          573              600
        役員退職慰労引当金
                                          196              280
        特別修繕引当金
                                          336              325
        株式給付引当金
                                         7,050              7,413
        退職給付に係る負債
                                          950             1,983
        資産除去債務
                                         5,120              6,998
        繰延税金負債
                                         3,291              3,758
        その他
                                        182,317              227,797
        固定負債合計
                                        319,963              385,041
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        28,479              28,479
        資本金
                                        31,545              31,547
        資本剰余金
                                        91,737              101,591
        利益剰余金
                                        △ 8,159             △ 7,966
        自己株式
                                        143,602              153,651
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,472              1,643
        その他有価証券評価差額金
                                          70
        繰延ヘッジ損益                                               △ 127
                                          755             4,044
        為替換算調整勘定
                                          916              820
        退職給付に係る調整累計額
                                         3,215              6,380
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   388              366
                                        13,648              17,954
       非支配株主持分
                                        160,854              178,353
       純資産合計
                                        480,818              563,394
     負債純資産合計
                                10/26





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
                                        465,449              515,298
     営業収益
                                        398,717              438,622
     営業原価
                                        66,731              76,676
     営業総利益
                                        46,396              54,889
     販売費及び一般管理費
                                        20,334              21,786
     営業利益
     営業外収益
                                          79              86
       受取利息
                                          159              191
       受取配当金
                                          20              212
       為替差益
                                         1,876              1,973
       その他
                                         2,136              2,463
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          908             1,158
       支払利息
                                          543              729
       その他
                                         1,452              1,888
       営業外費用合計
                                        21,018              22,362
     経常利益
     特別利益
                                                       1,651
       負ののれん発生益                                    -
                                          248              206
       補助金収入
                                          82              143
       固定資産売却益
                                                         40
                                          -
       投資有価証券売却益
                                          330             2,042
       特別利益合計
     特別損失
                                          243              206
       固定資産圧縮損
                                                        136
       事業所撤退損                                    -
                                          124              106
       固定資産除却損
                                         ※ 211
       新型コロナウイルス感染症による損失                                                  -
                                           8
                                                         -
       災害による損失
                                          587              449
       特別損失合計
                                        20,761              23,955
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    5,890              6,296
                                         1,547              1,832
     法人税等調整額
                                         7,438              8,129
     法人税等合計
                                        13,323              15,825
     四半期純利益
                                          712              878
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        12,611              14,947
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                11/26







                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
                                        13,323              15,825
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                                        181
       その他有価証券評価差額金                                  △ 195
       繰延ヘッジ損益                                   △ 4            △ 221
                                                       2,900
       為替換算調整勘定                                   △ 3
                                          101
       退職給付に係る調整額                                                 △ 96
                                                        987
                                          -
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                                       3,751
       その他の包括利益合計                                  △ 103
                                        13,220              19,577
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        12,624              18,112
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          595             1,464
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                12/26















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
     (1)連結の範囲の重要な変更
       第1四半期連結会計期間において、新たに株式を取得したことによりKyoudou                                     Project㈱を連結の範囲に含めており
      ます。
       第2四半期連結会計期間において、新たに設立したことによりSENKO                                 LOGISTICS     INDIA   PRIVATE    LIMITED、㈱ゼロブ
      ランズを連結の範囲に含めております。また、新たに株式を取得したことにより㈱COSPAウエルネスを連結の範囲に含
      めております。
       当第3四半期連結会計期間において、新たに設立したことにより扇拡有容(上海)国際物流有限公司を連結の範囲
      に含めております。また、新たに株式を取得したことにより中央化学㈱及びその子会社7社を連結の範囲に含めてお
      ります。なお、中央化学㈱は当社の特定子会社に該当しております。
     (2)持分法適用の範囲の重要な変更

       当第3四半期連結会計期間において、中央化学㈱の株式を取得したことに伴い、同社の関連会社であるAPETウエス
      ト㈱を持分法適用の範囲に含めております。
        (会計方針の変更)

        (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                    2021年6月17日。以下「時価算定会
       計基準適用指針」という。)を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に
       定める経過的な取り扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用するこ
       とといたしました。なお、当該会計基準の適用指針の適用が四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
        (追加情報)

      (株式付与ESOP信託)
      (1)  取引の概要
       当社は、従業員に対する福利厚生制度を拡充させるとともに、グループ共通の横串を通した本制度を通じて、
      当社グループに対する帰属意識の醸成と経営参画意識を持たせ、当社グループの中長期的な業績の向上と企業価
      値増大への貢献意識を高めることを目的として、株式付与ESOP信託を導入しております。本信託は、信託が
      取得した当社株式を、予め定める株式交付規程に基づき、一定の要件を充足する対象従業員に交付するインセン
      ティブ・プランであります。なお、本信託が取得する当社株式の取得資金はその全額を各対象会社が拠出するた
      め、対象従業員の負担はありません。
      (2)  信託に残存する自社の株式
       信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株式
      として計上しております。当該自己株式の帳簿価額および株式数は、前連結会計年度286百万円、338千株、当第
      3四半期連結会計期間283百万円、334千株であります。
      (役員報酬BIP信託)

      (1)  取引の概要
       当社は、当社およびグループ子会社の取締役(社外取締役および国内非居住者を除く。)を対象に、当社グルー
      プの中長期的な業績の向上と企業価値増大への貢献意識を高めることを目的として、当社グループの業績との連
      動性が高く、かつ透明性・客観性の高い役員報酬制度として、役員報酬BIP(Board                                        Incentive     Plan)信託を導
      入しております。本信託は、欧米の業績連動型株式報酬(Performance                                  Share)制度および譲渡制限付株式報酬
      (Restricted      Stock)制度と同様に、役位や業績の達成度等に応じて、当社株式および当社株式の換価処分金相当
      額の金銭を取締役に交付または給付する制度であります。
      (2)  信託に残存する自社の株式
       信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株式と
      して計上しております。当該自己株式の帳簿価額および株式数は、前連結会計年度293百万円、338千株、当第3
      四半期連結会計期間275百万円、317千株であります。
                                13/26




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
     1  偶発債務
      (1)保証債務
               前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
              (2022年3月31日)                            (2022年12月31日)
                                  理研食品包装(江蘇)有限公司
                            -百万円                    (借入債務)        10百万円
           計                 -           計                10
      (2)売掛債権及び手形信託に係る偶発債務

                            前連結会計年度                当第3四半期連結会計期間
                           (2022年3月31日)                  (2022年12月31日)
     売掛債権及び手形債権流動化による
                                     227百万円                  979百万円
     買戻し義務限度額
      (3)受取手形裏書譲渡高及び電子記録債権譲渡高

                            前連結会計年度                当第3四半期連結会計期間
                           (2022年3月31日)                  (2022年12月31日)
     受取手形裏書譲渡高及び
                                     78 百万円                 115  百万円
     電子記録債権譲渡高
    ※2 四半期連結会計期間末日満期手形等

       四半期連結会計期間末日満期手形等の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理しておりま
      す。なお、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形等を
      満期日に決済が行われたものとして処理しております。
                            前連結会計年度                当第3四半期連結会計期間
                           (2022年3月31日)                  (2022年12月31日)
     受取手形                                -百万円                  192百万円
     電子記録債権                                -                  509
     支払手形                                -                  94
     電子記録債務                                -                 1,184
                                14/26










                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
    ※ 新型コロナウイルス感染症による損失
      前第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
      当社グループは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、政府及び各自治体からの要請等を受け、ホテル事業
     に関連する店舗等の休業や営業時間の短縮を実施いたしました。当該店舗等において営業自粛期間中に発生した固定費
     (人件費・賃借料など)を特別損失に計上しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連結
    累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであ
    ります。
                             前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間

                              (自 2021年4月1日                (自 2022年4月1日
                               至 2021年12月31日)                至 2022年12月31日)
     減価償却費                             14,510百万円                16,382百万円

     のれんの償却額                               773                986
    (注)前連結会計年度において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前第3四半期連結累計期間の数
        値については、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
                                15/26














                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
        配当金支払額
                     配当金の総額
                            1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                            配当額(円)
                     (百万円)
     2021年6月25日
               普通株式       (注1)2,233         15.00     2021年3月31日         2021年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
     2021年11月12日
               普通株式       (注2)2,475         17.00     2021年9月30日         2021年12月3日         利益剰余金
     取締役会
     (注)1.配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金
           10百万円が含まれております。
        2.配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金
           11百万円が含まれております。
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年12月31日)

        配当金支払額
                     配当金の総額
                            1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                            配当額(円)
                     (百万円)
     2022年6月28日
               普通株式       (注1)2,545         17.00     2022年3月31日         2022年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     2022年11月14日
               普通株式       (注2)2,547         17.00     2022年9月30日         2022年12月5日         利益剰余金
     取締役会
     (注)1.配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金
           11百万円が含まれております。
        2.配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金
           11百万円が含まれております。
                                16/26












                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
    Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
     1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                              報告セグメント                        四半期連結

                                                  調整額    損益計算書
                                                  (注)1     計上額
                         商事・貿易       ライフ      ビジネス
                   物流事業                          計         (注)2
                          事業    サポート事業       サポート事業
     営業収益
                    329,722      109,188       21,086       5,440    465,438       10    465,449

      外部顧客への営業収益
      セグメント間の内部営業

                     2,784      9,609        62     4,533    16,989
                                                 △ 16,989        -
      収益又は振替高
                    332,507      118,798       21,148       9,974    482,428           465,449
           計                                      △ 16,979
     セグメント利益
                     18,921       1,933               674   21,188           20,334
                                  △ 340               △ 853
     又は損失(△)
     (注)1.調整額の内容は以下のとおりであります。
        (1)外部顧客への営業収益は、持株会社である当社で計上したものであります。
        (2)セグメント利益又は損失(△)の調整額△853百万円は、セグメント間取引消去△54百万円及び各報告セ
            グメントに帰属しない全社費用△799百万円であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (のれんの金額の重要な変動)
         「ライフサポート事業」セグメントにおいて、ダイヤクリーニング株式会社の株式を新たに取得したことによ
        り、連結の範囲に含めております。当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間においては296
        百万円であります。
         また、2020年12月1日に行われた株式会社UACJ物流との企業結合について、取得原価の配分が完了していな
        かったため、のれんの金額は暫定的に算出された金額でありましたが、第2四半期連結会計期間に取得原価の配分
        が完了し、暫定的な会計処理が確定したため、「物流事業」セグメントにおいてのれんの金額を修正しておりま
        す。
                                17/26









                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
    Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年12月31日)
     1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                              報告セグメント                        四半期連結

                                                  調整額    損益計算書
                                                  (注)1     計上額
                         商事・貿易       ライフ      ビジネス
                   物流事業                          計         (注)2
                          事業    サポート事業       サポート事業
     営業収益
                    360,342      119,326       27,746       7,879    515,294        4   515,298

      外部顧客への営業収益
      セグメント間の内部営業

                     3,064      11,287        111      5,296    19,760
                                                 △ 19,760        -
      収益又は振替高
                    363,407      130,613       27,857       13,175    535,054           515,298
           計                                      △ 19,755
                     20,095       1,892        245       839   23,072           21,786
     セグメント利益                                            △ 1,285
     (注)1.調整額の内容は以下のとおりであります。
        (1)外部顧客への営業収益は、持株会社である当社で計上したものであります。
        (2)セグメント利益の調整額△1,285百万円は、セグメント間取引消去△267百万円及び各報告セグメントに帰
            属しない全社費用△1,018百万円であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        3.前連結会計年度において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前第3四半期連結累計期
          間の数値については、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
     2.報告セグメントの変更等に関する事項

       (報告セグメントの区分方法の変更)
         当社グループは第1四半期連結会計期間より「事業の深化と創出を通じて、人と社会に新しい価値を届け、持続
        的な成長を目指す」を基本方針とする5年間の新中期経営計画を開始することに伴い、従来の「その他事業」セグ
        メントを「ライフサポート事業」及び「ビジネスサポート事業」に変更しております。
         また、複雑かつ多岐にわたる事業領域を効果的かつ効率的に管理するため、第1四半期連結会計期間から、報告
        セグメントへの集計方法を、各事業会社の事業を業種別に分類集計する方法から、事業会社単位で分類集計する方
        法に変更しております。
         なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後のセグメント区分に基づき組み替えたものを開示
        しております。
       (報告セグメントの利益又は損失の算定方法の変更)

         第1四半期連結会計期間より、各セグメントの経営成績をより適切に評価するため、従来、各セグメントへ配分
        していた取得関連費用を、報告セグメントに帰属しない「調整額」として表示する方法に変更しております。
         なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の算定方法に基づき組み替えたものを開示してお
        ります。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (のれんの金額の重要な変動)
         2022年1月31日に行われたAIR               PLANNERS     (S)  PTE.LTD.との企業結合について、取得原価の配分が完了していな
        かったため、のれんの金額は暫定的に算出された金額でありましたが、第2四半期連結会計期間に取得原価の配分
        が完了し、暫定的な会計処理が確定したため、「物流事業」セグメントにおいてのれんの金額を修正しておりま
        す。
        (重要な負ののれん発生益)

         当第3四半期連結会計期間において、中央化学株式会社の株式を取得し、連結子会社としたことにより、負のの
        れん発生益を1,559百万円計上しております。なお、負ののれん発生益の金額は、当第3四半期連結会計期間末に
        おいて取得原価の配分が完了していないため、暫定的に算定された金額であります。また、特別利益に計上してい
        るため、報告セグメントには配分しておりません。
                                18/26



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        (企業結合等関係)
       企業結合に係る暫定的な会計処理の確定
     2021年4月30日に行われたAIRROAD                 PTY  LIMITEDとの企業結合について前第3四半期連結会計期間において暫定的な会
    計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末に確定しております。
     この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報において取
    得原価の当初配分額に重要な見直しが反映されており、前第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表は、販売費及び
    一般管理費が21百万円増加したことにより、営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益がそれぞれ21百万円減少
    し、法人税等調整額が12百万円、非支配株主に帰属する四半期純利益が11百万円増加し、四半期純利益が33百万円、親会
    社株主に帰属する四半期純利益が45百万円減少しております。
     2022年1月31日に行われたAIR               PLANNERS     (S)  PTE.LTD.との企業結合について前連結会計年度において暫定的な会計処
    理を行っておりましたが、第2四半期連結会計期間に確定しております。
     この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報において取
    得原価の当初配分額に重要な見直しが反映されており、無形資産である顧客関連資産に789百万円、繰延税金負債に133百
    万円、非支配株主持分に196百万円が配分されました。
     この結果、暫定的に算定されたのれんの金額1,471百万円は、会計処理の確定により459百万円減少し、1,012百万円と
    なっております。
     また、前連結会計年度末の連結貸借対照表は、のれんが459百万円減少し、その他無形固定資産が789百万円、繰延税金
    負債が133百万円、非支配株主持分が196百万円増加しております。
      取得による企業結合

    中央化学株式会社
     当社は、2022年11月14日開催の取締役会において、中央化学株式会社(以下「対象者」)の普通株式(以下「対象者株
    式」)の全て(ただし、対象者が所有する自己株式を除きます。)及び三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)が所有す
    るA種優先株式に係る普通株式対価の取得請求権を行使することにより交付される対象者株式を取得し、対象者を公開買
    付者の完全子会社とする一連の取引(以下「本取引」)を実施した後、三菱商事による再出資(以下「本再出資」)と併
    せて、当社が対象者を公開買付者の連結子会社とすることを目的とする取引の一環として、金融商品取引法に基づく公開
    買付けにより取得することを決議し、2022年11月15日より第一回目の公開買付け(以下「第一回公開買付け」)を実施し
    ておりましたが、第一回公開買付けは2022年12月13日をもって終了しております。また、第一回公開買付けの結果、2022
    年12月20日(第一回公開買付けの決済の開始日)付で、対象者は当社の連結子会社となり、当社の特定子会社に該当して
    おります。
     なお、第一回公開買付けが成立したため、当社は、第一回公開買付けで取得した対象者以外の対象者株式(ただし、対
    象者が所有する自己株式を除きます。)を取得することを目的として、2022年12月21日から2023年2月7日を買付け等の
    期間とする公開買付け(以下「第二回公開買付け」といい、第一回公開買付けと併せて「本両公開買付け」といいま
    す。)を実施しております。
     当社は、本取引により対象者を当社の完全子会社とすることを目的としているため、本両公開買付けにより対象者株式
    の全て(ただし、対象者が所有する自己株式を除きます。)を取得できなかった場合には、本両公開買付後、株式売渡請
    求もしくは株式併合の方法により、当社が対象者株式の全て(ただし、対象者が所有する自己株式を除きます。)を取得
    するための手続(以下「本スクイーズアウト手続」)を実施する予定です。
     本スクイーズアウト手続の完了日以降、当社の対象者株式の本再出資後の議決権割合が60%、三菱商事の対象者株式の
    本再出資後の議決権割合が40%となるように、当社が所有する対象者株式の一部を三菱商事に対して譲り渡します。
    1.企業結合の概要
      (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
        被取得企業の名称   中央化学株式会社
        事業の内容      プラスチック製食品包装容器及びその関連資材の製造・販売
      (2)企業結合を行った主な理由
          当社は、物流事業         、 商事・貿易事業       、 ライフサポート事業及びビジネスサポート事業を営んでおります                              。 その中
         で商事・貿易事業では          、 当社の子会社等を通じて燃料販売事業                 、 ティッシュペーパー等の家庭紙卸売事業                  、 包装資
         材・酒類・      家具・生活雑貨販売事業を営んでおり                 、 近年も   、 家庭紙卸売事業を行う株式会社カルタス                  、 会員制卸販
         売事業を行う寺内株式会社を買収し                、 生活に関連する事業の領域を拡大してまいりました                        。 今後も社会の利便性向
         上 、 消費者の生活向上に資する事業を拡大すると同時に                        、 卸事業からモノ作り事業にも進出することを目指してお
         ります。
      (3)企業結合日
        2022年12月20日(みなし取得日 2022年12月31日)
      (4)企業結合の法的形式
        現金を対価とした株式取得
                                19/26


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
      (5)結合後企業の名称
        中央化学株式会社
      (6)取得した議決権比率
        70.64%
      (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
          当社が、現金を対価に同社の株式を取得したためであります。
    2.四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間
          みなし取得日を当第3四半期連結会計期間末日である2022年12月31日としているため、当第3四半期連結会計
         期間は貸借対照表のみを連結しており、四半期連結損益計算書に被取得企業の業績は含まれておりません。
    3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
          取得の対価(現金)  3,726百万円
          取得原価       3,726百万円
    4.主要な取得関連費用の内容及び金額
        アドバイザリー費用   98百万円
    5.負ののれん発生益の金額及び発生原因
      (1)負ののれん発生益の金額
        1,559百万円
      (2)発生原因
         第一回公開買付けによる対象者株式取得は、株主間契約に定められている対象者株式の一部譲渡と一体の取引
         として処理しております。このため、企業結合時の時価純資産額が取得原価を上回ったため、その差額のうち、
         取得した議決権比率(70.64%)から株主間契約により減少する議決権比率(40%)を控除した比率(30.64%)
         に係る差額を負ののれん発生益として計上しております。また、減少する議決権比率に係る差額をその他流動負
         債に計上しております。
         また、負ののれん発生益の金額は、当第3四半期連結会計期間末において取得原価の配分が完了していないた
         め、暫定的に算定された金額であります。
                                20/26












                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       前第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                       物流事業
                                           ラ  イ  フ ビジネス
                                      商  事  ・
                                           サポート    サポート     その他     合計
                         冷凍冷蔵     その他
                                      貿易事業
             国内物流    国際物流     海運              計
                                           事   業 事   業
                         物    流 物   流
      顧客との契約
             240,557     24,497    17,770     44,530     2,366    329,722    109,186     21,086     5,394      10  465,400
      から生じる
      収益
               -    -    -     -    -     -     2    -    46    -     48
      その他の収益
      外部顧客への
             240,557     24,497    17,770     44,530     2,366    329,722    109,188     21,086     5,440      10  465,449
      営業収益
       当第3四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                       物流事業
                                           ラ  イ  フ ビジネス
                                      商  事  ・
                                           サポート    サポート     その他     合計
                         冷凍冷蔵     その他
                                      貿易事業
             国内物流    国際物流     海運              計
                                           事   業 事   業
                         物    流 物   流
      顧客との契約
             247,933     41,722    21,231     47,603     1,851    360,342    119,323     27,746     7,726      4  515,142
      から生じる
      収益
               -    -    -     -    -     -     2    -    153     -    155
      その他の収益
      外部顧客への
             247,933     41,722    21,231     47,603     1,851    360,342    119,326     27,746     7,879      4  515,298
      営業収益
    (注)「注記事項(セグメント情報)」に記載のとおり、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更し

        ております。
        なお、前第3四半期連結累計期間については、変更後のセグメント区分に基づき作成したものを記載しておりま
        す。
                                21/26









                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                  (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日
                                   至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                   86円05銭             100円28銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                  12,611             14,947

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -             -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         12,611             14,947
       (百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 146,554             149,049
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                   71円43銭             88円81銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                   △19             △14

       普通株式増加数(千株)                                  29,733             19,088

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四                                  -             -
     半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計
     年度末から重要な変動があったものの概要
    (注)1.株式付与ESOP信託及び役員報酬BIP信託が保有する当社株式を、「1株当たり四半期純利益」の算定
          上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前第3四半期連結累計期間683千
          株、当第3四半期連結累計期間668千株)。
       2.前連結会計年度において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前第3四半期連結累計期間
          の数値については、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
        (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                22/26









                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
    (中間配当の決議について)
      2022年11月14日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
      (イ)中間配当による配当金の総額・・・・・・・                        2,547百万円

      (ロ)1株当たりの金額・・・・・・・・・・・・                        17円00銭

      (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日・・・                        2022年12月5日

    (注)2022年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。
    (中央化学株式会社に対する公開買付けの結果について)

     当社は、2022年12月20日、中央化学株式会社(以下「対象者」)の普通株式(以下「対象者株式」)を金融商品取引法
    に基づく公開買付けにより取得することとし、2022年12月21日より第二回公開買付けを実施しておりましたが、第二回公
    開買付けが2023年2月7日をもって終了いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
    1.買付け等の概要

    (1)  買付期間
      2022年12月21日(水曜日)から2023年2月7日(火曜日)まで(30営業日)
    (2)  買付金額(以下「第二回公開買付価格」)

      普通株式1株につき、418円
    (3)  買付予定の株券等の数

        買付予定数は第一回公開買付けにおける買付予定数から、第一回公開買付けにより取得した対象者株式数を控除し
      た数となります。
        買付予定数の上限及び下限は設定しておりません。
    (4)  買付代金は、上記買付予定数に第二回公開買付価格(1株あたり418円)を乗じた金額となります。

    (5)  決済の開始日

      2023年2月14日(火曜日)
    (6)  買付資金の調達方法

      自己資金を充当
    2.買付け等の結果

    (1)  公開買付けの成否
        本公開買付けにおいては、買付予定数の下限及び上限を設定しておりませんので、公開買付開始公告及び公開買付
      届出書に記載のとおり、応募株券等の全部の買付けを行います。
    (2)  買付け等を行った株券等の数

      普通株式 7,070,875株
    (3)  買付け等を行った後における株券等所有割合

      96.78%
                                23/26





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                24/26




















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2023年2月13日

    センコーグループホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                             太陽有限責任監査法人

                              東京事務所
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                大木 智博        印
                              業  務  執  行  社  員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                荒井 巌        印
                              業  務  執  行  社  員
                              指定有限責任社員
                                        公認会計士
                                                児玉 秀康        印
                              業  務  執  行  社  員
    監査人の結論


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているセンコーグルー
    プホールディングス株式会社の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2022
    年10月1日から2022年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年12月31日まで)に係る四
    半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
    いて四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、センコーグループホールディングス株式会社及び連結子会社の2022年
    12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさ
    せる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                25/26





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
    ない。
                                                         以 上

      (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                26/26








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。