株式会社千葉興業銀行 四半期報告書 第101期第3四半期(2022/10/01-2022/12/31)

提出書類 四半期報告書-第101期第3四半期(2022/10/01-2022/12/31)
提出日
提出者 株式会社千葉興業銀行
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2023年2月9日
     【四半期会計期間】                    第101期第3四半期(自 2022年10月1日 至 2022年12月31日)
     【会社名】                    株式会社千葉興業銀行
     【英訳名】                    The  Chiba   Kogyo   Bank,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                    取締役頭取  梅田 仁司
     【本店の所在の場所】                    千葉市美浜区幸町2丁目1番2号
     【電話番号】                    (043)243-2111(代表)
     【事務連絡者氏名】                    執行役員経営企画部長  中村 遵史
     【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋堀留町2丁目3番3号 堀留中央ビル5階
                          株式会社千葉興業銀行 東京事務所
     【電話番号】                    (03)5695-1511(代表)
     【事務連絡者氏名】                    東京事務所長  中村 徹
     【縦覧に供する場所】                    株式会社千葉興業銀行 東京支店
                          (東京都中央区日本橋堀留町2丁目3番3号 堀留中央ビル5階)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/41












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                           2021年度            2022年度
                                                   2021年度
                       第3四半期連結累計期間            第3四半期連結累計期間
                        (自 2021年4月1日            (自 2022年4月1日            (自 2021年4月1日
                         至 2021年12月31日)            至 2022年12月31日)            至 2022年3月31日)
                               37,768            39,286            51,248

     経常収益              百万円
                                7,684            8,270            9,005

     経常利益              百万円
     親会社株主に帰属する四半期
                                5,788            5,867
                   百万円                                     ――
     純利益
     親会社株主に帰属する当期純
                                                        6,385
                   百万円             ――            ――
     利益
                                9,175
     四半期包括利益              百万円                        △ 1,232             ――
                                                        2,770

     包括利益              百万円             ――            ――
                               190,127            172,935            175,445

     純資産額              百万円
                              3,672,845            3,273,152            3,570,502

     総資産額              百万円
                                97.71            98.94

     1株当たり四半期純利益               円                                    ――
                                                        85.75

     1株当たり当期純利益               円            ――            ――
     潜在株式調整後1株当たり四
                                25.36            27.49
                    円                                    ――
     半期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                                                        26.63
                    円            ――            ――
     期純利益
                                 5.07            5.15            4.80
     自己資本比率               %
                           2021年度            2022年度

                       第3四半期連結会計期間            第3四半期連結会計期間
                        (自 2021年10月1日            (自 2022年10月1日

                         至 2021年12月31日)             至 2022年12月31日)
                                30.19            18.37

     1株当たり四半期純利益               円
     (注)自己資本比率は、((四半期)期末純資産の部合計-(四半期)期末新株予約権-(四半期)期末非支配株主持
        分)を(四半期)期末資産の部の合計で除して算出しております。
     2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当行及び当行の関係会社が営む事業の内容については、重要な変更はあり
       ません。また、主要な関係会社についても、異動はありません。
                                 2/41





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記
       載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)財政状態及び経営成績の状況
         当第3四半期連結累計期間(2022年4月1日~2022年12月31日)のわが国経済は、新型コロナウイルス感染症再
        拡大の影響を受けながらも、社会活動の正常化が進み、景気は緩やかに持ち直しております。しかしながら、資源
        や原材料価格の高騰などによる物価上昇や急激な為替相場の変動に加え、12月には日銀が長期金利の変動幅の範囲
        を拡大すると公表したことにより長期金利が上昇するなど、依然として先行きは不透明な状況にあります。
         このような金融経済環境のもと、当行は今年度より3ヵ年にわたる中期経営計画「幸せデザイン                                            絆プロジェク
        ト  2025 ~     CKBコミュニティ確立に向けて 1stステージ                     ~」をスタートさせ、各種施策を積極的に展開してま
        いりました。
         その結果、当第3四半期連結累計期間の当行グループの財政状態及び経営成績は、次のようになりました。
         財政状態につきましては、預金は、2022年3月末比971億円増加して2兆9,005億円となりました。貸出金は、
        2022年3月末比372億円増加して2兆3,420億円となりました。また、有価証券は、2022年3月末比126億円減少し
        て5,072億円となりました。
         経営成績につきましては、経常収益は、前第3四半期連結累計期間比15億17百万円増加して392億86百万円とな
        りました。また、経常費用は、前第3四半期連結累計期間比9億31百万円増加して310億16百万円となりました。
        この結果、経常利益は、前第3四半期連結累計期間比5億85百万円増加して82億70百万円となり、親会社株主に帰
        属する四半期純利益は、前第3四半期連結累計期間比78百万円増加して58億67百万円となりました。
         セグメントごとの経営成績につきましては、銀行業の経常収益は前第3四半期連結累計期間比15億18百万円増加
        して331億80百万円、セグメント利益は前第3四半期連結累計期間比6億91百万円増加して79億7百万円となりま
        した。リース業の経常収益は前第3四半期連結累計期間比1億57百万円増加して59億49百万円、セグメント利益は
        前第3四半期連結累計期間比46百万円増加して1億35百万円となりました。信用保証・クレジットカード業の経常
        収益は前第3四半期連結累計期間比1億12百万円減少して13億99百万円、セグメント利益は前第3四半期連結累計
        期間比53百万円減少して8億60百万円となりました。また、その他の事業の経常収益は前第3四半期連結累計期間
        比1億13百万円増加して10億94百万円、セグメント利益は前第3四半期連結累計期間比1億9百万円増加して1億
        18百万円となりました。
                                 3/41










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        ① 国内業務部門・国際業務部門別収支
          当第3四半期連結累計期間の資金運用収支は、国内業務部門で203億円、国際業務部門で4億円となり、内部
         取引による相殺消去後の合計で201億円となりました。
          役務取引等収支は、国内業務部門で58億円、国際業務部門で0.4億円となり、内部取引による相殺消去後の合
         計で58億円となりました。
          その他業務収支は、国内業務部門で△13億円、国際業務部門で△3億円となり、合計で△17億円となりまし
         た。
                              国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

         種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                前第3四半期連結累計期間                 20,970         505        550      20,925

     資金運用収支
                当第3四半期連結累計期間                 20,378         475        750      20,104
                前第3四半期連結累計期間                 21,263         521        569      21,215

      うち資金運用収益
                当第3四半期連結累計期間                 20,567         598        761      20,404
                前第3四半期連結累計期間                  293        16        19       289

      うち資金調達費用
                当第3四半期連結累計期間                  188        122        11       299
                前第3四半期連結累計期間                 5,262         44        53      5,253

     役務取引等収支
                当第3四半期連結累計期間                 5,886         42        38      5,890
                前第3四半期連結累計期間                 9,026         86       550       8,562

      うち役務取引等収益
                当第3四半期連結累計期間                 9,515         79       502       9,091
                前第3四半期連結累計期間                 3,763         41       496       3,308

      うち役務取引等費用
                当第3四半期連結累計期間                 3,628         36       463       3,201
                前第3四半期連結累計期間                  △85         4       -       △81

     その他業務収支
                当第3四半期連結累計期間                △1,375         △335         -     △1,710
                前第3四半期連結累計期間                  316        116        -       432

      うちその他業務収益
                当第3四半期連結累計期間                  951        97        -      1,049
                前第3四半期連結累計期間                  401        112        -       514

      うちその他業務費用
                当第3四半期連結累計期間                 2,326         432        -      2,759
     (注)1.国内業務部門は当行及び連結子会社の円建取引、国際業務部門は当行の外貨建取引であります。ただし、円
          建対非居住者取引等は国際業務部門に含めております。
         2.相殺消去については、当行と連結子会社及び連結子会社間の内部取引を相殺消去しております。また資金運
          用収益及び資金調達費用の相殺消去額には、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の利息を含めており
          ます。
                                 4/41






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        ② 国内業務部門・国際業務部門別役務取引の状況
          当第3四半期連結累計期間の役務取引等収益は、国内業務部門で95億円、国際業務部門で0.7億円となり、内
         部取引による相殺消去後の合計で90億円となりました。
          一方、役務取引等費用は、国内業務部門で36億円、国際業務部門で0.3億円となり、内部取引による相殺消去
         後の合計で32億円となりました。
                              国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

         種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                前第3四半期連結累計期間                 9,026         86       550       8,562

     役務取引等収益
                当第3四半期連結累計期間                 9,515         79       502       9,091
                前第3四半期連結累計期間                 2,154         -        2      2,151

      うち預金・貸出業務
                当第3四半期連結累計期間                 2,538         -        2      2,535
                前第3四半期連結累計期間                 1,065         81        0      1,146

      うち為替業務
                当第3四半期連結累計期間                  899        72        0       970
                前第3四半期連結累計期間                  178        -        -       178

      うち証券関連業務
                当第3四半期連結累計期間                  178        -        -       178
                前第3四半期連結累計期間                  816        -        -       816

      うち代理業務
                当第3四半期連結累計期間                 1,894         -        -      1,894
                前第3四半期連結累計期間                  129        -        0       129

      うち保護預り・貸金
      庫業務
                当第3四半期連結累計期間                  115        -        0       115
                前第3四半期連結累計期間                 1,126          3       496        632

      うち保証業務
                当第3四半期連結累計期間                 1,062          4       463        602
                前第3四半期連結累計期間                 3,763         41       496       3,308

     役務取引等費用
                当第3四半期連結累計期間                 3,628         36       463       3,201
                前第3四半期連結累計期間                  184        18        -       203

      うち為替業務
                当第3四半期連結累計期間                   95        15        -       111
     (注)1.国内業務部門は当行及び連結子会社の円建取引、国際業務部門は当行の外貨建取引であります。ただし、円
          建対非居住者取引等は国際業務部門に含めております。
         2.相殺消去については、当行と連結子会社及び連結子会社間の内部取引を相殺消去しております。
                                 5/41







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        ③ 国内業務部門・国際業務部門別預金残高の状況
         ○ 預金の種類別残高(末残)
                              国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計
         種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                前第3四半期連結会計期間               2,879,639          6,902       12,664      2,873,877

     預金合計
                当第3四半期連結会計期間               2,907,253          5,368       12,112      2,900,509
                前第3四半期連結会計期間               1,961,309           -      4,264      1,957,044

      うち流動性預金
                当第3四半期連結会計期間               2,043,762           -      3,712      2,040,049
                前第3四半期連結会計期間                913,819          -      8,400       905,419

      うち定期性預金
                当第3四半期連結会計期間                860,341          -      8,400       851,941
                前第3四半期連結会計期間                 4,510        6,902         -      11,413

      うちその他
                当第3四半期連結会計期間                 3,149        5,368         -      8,518
                前第3四半期連結会計期間                109,700          -        -     109,700

     譲渡性預金
                当第3四半期連結会計期間                129,700          -        -     129,700
                前第3四半期連結会計期間               2,989,339          6,902       12,664      2,983,577

     総合計
                当第3四半期連結会計期間               3,036,953          5,368       12,112      3,030,209
     (注)1.国内業務部門は当行及び連結子会社の円建取引、国際業務部門は当行の外貨建取引であります。ただし、円
          建対非居住者取引等は国際業務部門に含めております。
         2.預金の区分は次のとおりであります。
           流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
           定期性預金=定期預金+定期積金
         3.相殺消去については、当行と連結子会社の内部取引を相殺消去しております。
                                 6/41











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        ④ 貸出金残高の状況
         ○ 業種別貸出状況(末残・構成比)
                           前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間
             業種別
                           金額(百万円)         構成比(%)         金額(百万円)         構成比(%)
     国内(除く特別国際金融取引勘定分)                         2,337,475         100.00         2,342,062         100.00
      製造業                         145,384         6.22         142,862         6.10

      農業,林業                          5,782        0.25          4,554        0.19
      漁業                          1,188        0.05          1,048        0.04
      鉱業,採石業,砂利採取業                          2,726        0.12          4,494        0.19
      建設業                         117,498         5.03         121,263         5.18
      電気・ガス・熱供給・水道業                         11,631        0.50         14,885        0.64
      情報通信業                          6,420        0.27          5,751        0.25
      運輸業,郵便業                         68,421        2.93         64,548        2.76
      卸売業,小売業                         181,923         7.78         179,952         7.68
      金融業,保険業                         83,321        3.56         117,739         5.03
      不動産業,物品賃貸業                         577,596        24.71         584,185        24.94
      各種サービス業                         217,830         9.32         210,503         8.99
      地方公共団体                         39,804        1.70         41,455        1.77
      その他                         877,944        37.56         848,815        36.24
     特別国際金融取引勘定分                             -       -          -       -
      政府等                            -       -          -       -

      金融機関                            -       -          -       -
      その他                            -       -          -       -
              合計                 2,337,475        ――          2,342,062        ――
     (注)1.「国内」とは、当行及び連結子会社であります。
         2.当行と連結子会社との間の内部取引は相殺消去しております。
      (2)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
        析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (3)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当行グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第3四半期連結累計期間において、当行グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                 7/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
      (6)主要な設備
        ① 当第3四半期連結累計期間に完成した新築、増改築等は次のとおりであります。
         銀行業
                                        敷地面積      建物延面積
         会社名      店舗名その他           所在地      設備の内容                     完了年月
                                         (㎡)       (㎡)
              八千代支店・花見川支             千葉県                      203
                                  店舗等        -            2022年7月
              店            八千代市                     (203)
          当行
              コンサルティングプラ             千葉県                      67
                                  店舗等        -            2022年8月
              ザ江戸川台             流山市                     (67)
          (注)1.上記は既存店舗の移転及び新設であります。
             2.建物延面積欄の( )内は、賃借面積(うち書き)であります。
        ② 当第3四半期連結累計期間に新たに確定した重要な設備の新設等の計画は次のとおりであります。

         銀行業
                              投資予定金額
             店舗名
                               (百万円)
         会社名         所在地    設備の内容                 資金調達方法        着手年月      完了予定年月
             その他
                             総額    既支払額
                  千葉県
          当行    支店         店舗等        219      -   自己資金       2022年12月       2023年9月
                  流山市
          (注)上記は既存店舗の移転であります。
     3【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                 8/41













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                         296,000,000

        第二種優先株式                                          5,000,000

        第四種優先株式                                          7,500,000

        第1回第五種優先株式                                           700,000

        第2回第五種優先株式                                           700,000

        第3回第五種優先株式                                           700,000

        第4回第五種優先株式                                           700,000

        第5回第五種優先株式                                           700,000

        第6回第五種優先株式                                           700,000

        第7回第五種優先株式                                           700,000

        第8回第五種優先株式                                           700,000

        第9回第五種優先株式                                           700,000

        第10回第五種優先株式                                           700,000

        第1回第六種優先株式                                           700,000

        第2回第六種優先株式                                           700,000

        第3回第六種優先株式                                           700,000

        第4回第六種優先株式                                           700,000

        第5回第六種優先株式                                           700,000

        第6回第六種優先株式                                           700,000

        第7回第六種優先株式                                           700,000

        第8回第六種優先株式                                           700,000

        第9回第六種優先株式                                           700,000

        第10回第六種優先株式                                           700,000

        第1回第七種優先株式                                           700,000

        第2回第七種優先株式                                           700,000

        第3回第七種優先株式                                           700,000

        第4回第七種優先株式                                           700,000

        第5回第七種優先株式                                           700,000

                  計                               296,000,000

     (注)1.計の欄には、定款に規定されている発行可能株式総数を記載しております。
         2.第1回ないし第10回第五種優先株式の発行可能種類株式総数は併せて2,500,000株、第1回ないし第10回第
          六種優先株式の発行可能種類株式総数は併せて2,500,000株、第1回ないし第5回第七種優先株式の発行可能
          種類株式総数は併せて2,500,000株をそれぞれ超えないものとしております。
                                 9/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        ②【発行済株式】
                  第3四半期会計期間                       上場金融商品取引所
                            提出日現在発行数(株)
          種類        末現在発行数(株)                       名又は登録認可金融              内容
                             (2023年2月9日)
                  (2022年12月31日)                       商品取引業協会名
                                          東京証券取引所
                     62,222,045            62,222,045                     (注)1
     普通株式
                                           プライム市場
                      3,500,000            3,500,000                   (注)2、6

     第二種優先株式                                        -
                       301,000            301,000                  (注)3、6

     第2回第六種優先株式                                        -
                       653,000            653,000                  (注)4、6

     第1回第七種優先株式                                        -
                        4,733            4,733                 (注)5、6

     第2回第七種優先株式                                        -
                     66,680,778            66,680,778

          計                                  ──          ──
     (注)1.完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当行における標準となる株式であります。また、単元株
          式数は100株であります。
     (注)2.第二種優先株式の内容は次のとおりであります。
          1.優先配当金
           (1)優先配当金の額
             毎年3月31日現在の本優先株式の株主(以下「本優先株主」という。)に対し、普通株式に先立ち本優
            先株式1株につき104円の優先配当金を支払う。ただし、2000年8月15日から2001年3月31日までの229日
            間に対する優先配当金については、本優先株式1株につき65円25銭を支払う。
           (2)非累積条項
             ある営業年度において、本優先株主に対して、優先配当金の全部または一部を支払わないときは、その
            不足額は翌営業年度以降に累積しない。
           (3)非参加条項
             本優先株主に対しては、優先配当金を超えて配当は行わない。
           (4)優先中間配当金の額
             中間配当を行うときは、毎年9月30日現在の本優先株主に対し、普通株主に先立ち本優先株式1株につ
            き52円の優先中間配当金を支払う。ただし、2000年度においては中間配当は行わず、優先配当金のみの支
            払とする。
          2.残余財産の分配
            当行は、残余財産を分配するときは、本優先株主に対し、普通株主に先立ち、本優先株式1株につき
           4,000円を支払う。本優先株主に対しては、前記の4,000円のほか、残余財産の分配は行わない。
          3.優先株式の消却
           (1)当行はいつでも本優先株式を買い入れ、これを株主に配当すべき利益をもって当該買入価額により消却
            することができる。
           (2)当行は、2007年3月31日以降いつでも、本優先株式1株につき4,000円で本優先株式の全部または一部
            を償還することができる。一部償還の場合は、抽選その他の方法により行う。
          4.議決権
            本優先株主は、法令に別段の定めがある場合を除くほか、株主総会において議決権を有しない。
          5.株式の併合または分割、新株引受権等
            当行は、法令に別段の定めがある場合を除くほか、本優先株式については株式の併合または分割を行わな
           い。また本優先株主には新株の引受権または転換社債もしくは新株引受権付社債の引受権を与えない。
          6.普通株式への転換
            本優先株主は、普通株式への転換請求権を有しない。また、普通株式への一斉転換も行われない。
                                10/41





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
     (注)3.第2回第六種優先株式の内容は次のとおりであります。
          1.第2回第六種優先期末配当金
           (1)第2回第六種優先期末配当金の額
             当行は、当行定款第11条に定めに従い、本優先株式の期末配当金(以下「第2回第六種優先期末配当
            金」という。)を支払うときは、当該期末配当金に係る基準日の最終の株主名簿に記載もしくは記録され
            た本優先株式を有する株主(以下「第2回第六種優先株主」という。)、本優先株式の信託受託者(以下
            「第2回第六種優先信託受託者」という。)又は本優先株式の登録株式質権者(以下「第2回第六種優先
            登録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)、普通株式の
            信託受託者(以下「普通信託受託者」という。)又は普通株式の登録質権者(以下「普通登録株式質権
            者」という。)に先立ち、本優先株式1株につき、本優先株式1株当たりの払込金額相当額に年率1.5%
            を乗じて算出した、300円(ただし、2022年3月31日を基準日とする第2回第六種優先期末配当金につい
            ては、本優先株式1株につき26.31円。また、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合又はこれに類す
            る事由があった場合には、適切に調整されるものとし、当該事業年度において当行定款第12条に定める優
            先中間配当金の全部又は一部を支払ったときは、当該優先中間配当金を控除した額とする。)の期末配当
            金を支払う。
           (2)非累積条項
             ある事業年度において第2回第六種優先株主、第2回第六種優先信託受託者又は第2回第六種優先登録
            株式質権者に対して支払う期末配当金の額が第2回第六種優先期末配当金の額に達しないときは、その不
            足額は翌事業年度以降に累積しない。
           (3)非参加条項
             第2回第六種優先株主、第2回第六種優先信託受託者又は第2回第六種優先登録株式質権者に対して
            は、第2回第六種優先期末配当金の額を超えて剰余金の配当を行わない。ただし、当行が行う吸収分割手
            続の中で行われる会社法第758条第8号ロもしくは同法第760条第7号ロに規定される剰余金の配当又は当
            行が行う新設分割手続の中で行われる同法第763条第1項第12号ロもしくは同法第765条第1項第8号ロに
            規定される剰余金の配当についてはこの限りではない。
          2.残余財産
           (1)残余財産の分配
             当行は、残余財産を分配するときは、第2回第六種優先株主、第2回第六種優先信託受託者又は第2回
            第六種優先登録株式質権者に対し、普通株主、普通信託受託者又は普通登録株式質権者に先立ち、本優先
            株式1株につき、本優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、本優先株式につき、株式の分割、株
            式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)に下記(3)に
            定める経過第2回第六種優先期末配当金相当額を加えた額の金銭を支払う。
           (2)非参加条項
             第2回第六種優先株主、第2回第六種優先信託受託者又は第2回第六種優先登録株式質権者に対して
            は、上記(1)のほか、残余財産の分配は行わない。
           (3)経過第2回第六種優先期末配当金相当額
             本優先株式1株当たりの経過第2回第六種優先期末配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以
            下「分配日」という。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日含
            む。)までの日数に第2回第六種優先期末配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未満
            小数第3位まで算出し、その小数第3位を切上げる。)をいう。ただし、分配日の属する事業年度におい
            て第2回第六種優先株主、第2回第六種優先信託受託者又は第2回第六種優先登録株式質権者に対して当
            行定款第12条に定める優先中間配当金の全部又は一部を支払ったときは、当該優先中間配当金を控除した
            額とする。
          3.議決権
            第2回第六種優先株主は、全ての事項について株主総会において議決権を有しない。ただし、第2回第六
           種優先株主は、(ⅰ)各事業年度終了後、(a)当該事業年度に係る定時株主総会に第2回第六種優先期末配当
           金の額全部の支払を受ける旨の議案が提出されないときは、当該定時株主総会より、又は、(b)第2回第六
           種優先期末配当金の額全部の支払を受ける旨の議案がその定時株主総会において否決されたときは、当該定
           時株主総会終結のときより、(ⅱ)第2回第六種優先期末配当金の額全部の支払を受ける旨の株主総会決議が
           なされるときまでの間は、全ての事項について株主総会において議決権を行使することができる。
                                11/41




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
          4.金銭を対価とする取得条項
           (1)金銭を対価とする取得条項
             当行は、2027年10月1日以降、取締役会が別に定める日(以下「取得日」という。)が到来したとき
            は、金融庁の事前確認を受けている場合に限り、第2回第六種優先株主、第2回第六種優先信託受託者又
            は第2回第六種優先登録株式質権者に対して、取得日から2週間以上の事前通知を行ったうえで、法令上
            可能な範囲で、本優先株式の全部又は一部を取得することができる。この場合、当行は、かかる本優先株
            式を取得するのと引換えに、下記(2)に定める財産を第2回第六種優先株主に対して交付するものとす
            る。なお、本優先株式の一部を取得するときは、按分比例の方法による。
           (2)取得と引換えに交付すべき財産
             当行は、本優先株式の取得と引換えに、本優先株式1株につき、本優先株式1株当たりの払込金額相当
            額(ただし、本優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があっ
            た場合には、適切に調整される。)に、取得日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から取得日の前
            日(同日を含む。)までの期間につき当該事業年度における第2回第六種優先配当金の額を月割計算(た
            だし、1か月未満の期間については年365日の日割計算とし、円位未満は切り捨てる。)して算出される
            額を加算した額の金銭を交付する。ただし、取得日の属する事業年度において第2回第六種優先株主等に
            対して第2回第六種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
          5.普通株式を対価とする取得条項
           (1)普通株式を対価とする取得条項
             当行は、本優先株式の全てを、2032年3月1日(以下「一斉取得日」という。)をもって、一斉取得す
            る。この場合、当行は、かかる本優先株式を取得するのと引換えに、各第2回第六種優先株主に対し、そ
            の有する本優先株式数に本優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、本優先株式につき、株式の分
            割、株式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)を乗じ
            た額を下記(2)に定める普通株式の時価(以下「一斉取得価額」という。)で除した数の普通株式を交付
            するものとする。本優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合
            には、会社法第234条に従ってこれを取扱う。
           (2)一斉取得価額
             一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ20取引日目に始まる15連続取引日(終値が算出されない日を除
            く。)の毎日の終値の平均値に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨
            てる。)とする。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が下限取得価額(下記(3)に定義する。以下
            同じ。)を下回る場合は、一斉取得価額は下限取得価額とする。
           (3)下限取得価額
             下限取得価額は、142円とする(ただし、下記(4)による調整を受ける。)。
           (4)下限取得価額の調整
            イ.本優先株式の発行後、次の各号のいずれかに該当する場合には、下限取得価額を次に定める算式(以
              下「下限取得価額調整式」という。)により調整する(以下、調整後の下限取得価額を「調整後下限
              取得価額」という。)。下限取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算出し、そ
              の小数第1位を切り捨てる。
                                              1株当たり
                                      交付普通株式数×
                                              払込金額
                             既発行普通株式数+
                                          1株当たり時価
               調整後       調整前
                     =       ×
               下限取得価額       下限取得価額
                                 既発行普通株式数+交付普通株式数
             (ⅰ)下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価(下記ハ.(ⅰ)に定義する。以下同じ。)を下回る
              払込金額をもって普通株式を発行又は自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を
              含む。)(ただし、当行の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株
              予約権付社債に付されたものを含む。以下本(4)において同じ。)その他の証券(以下「取得請求権
              付株式等」という。)、又は、当行の普通株式の交付と引換えに当行が取得することができる取得条
              項付株式もしくは取得条項付新株予約権その他の証券(以下「取得条項付株式等」という。)が取得
              又は行使され、これに対して普通株式が交付される場合を除く。)
               調整後下限取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下
              同じ。)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、又は株主に募集株式の割当てを受ける
              権利を与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用す
              る。
                                12/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
             (ⅱ)株式の分割をする場合
               調整後下限取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日にお
              ける当行の自己株式である普通株式に関して増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみな
              して下限取得価額調整式を適用して算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
             (ⅲ)下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価を下回る価額(下記ニ.に定義する。以下、本
              (ⅲ)、下記(ⅳ)及び(ⅴ)並びに下記ハ.(ⅳ)において同じ。)をもって当行の普通株式の交付を請求
              できる取得請求権付株式等を発行する場合(無償割当ての場合を含む。)
               調整後下限取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償
              割当ての場合はその効力発生日)に、又は株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与える
              ためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該取得請求権付株式等の全部が当
              初の条件で取得又は行使されたとした場合に交付されることとなる普通株式の数を交付普通株式数と
              みなして下限取得価額調整式を適用して算出し、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の
              場合は割当日)の翌日以降、又はその基準日の翌日以降、これを適用する。
               上記に関わらず、上記の当該取得請求権付株式等の払込期日において価額が確定しておらず、後日
              一定の日(以下「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等を発行した場合に
              おいて、決定された価額が下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価を下回る場合には、調整後
              下限取得価額は、当該価額決定日に残存する取得請求権付株式等の全部が価額決定日に確定した条件
              で取得又は行使されたとした場合に交付される普通株式の数を交付普通株式数とみなして下限取得価
              額調整式を適用して算出し、価額決定日の翌日以降、これを適用する。
             (ⅳ)当行が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.又は下記
              ロ.と類似する希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行われる日
              (以下「修正日」という。)における修正後の価額(以下「修正価額」という。)が下限取得価額調
              整式に使用する1株当たり時価を下回る場合
               調整後下限取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式の全部が修正価額で取得又は行
              使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、修正日の翌日
              以降、これを適用する。
               なお、かかる下限取得価額調整式の適用に際しては、下記(a)又は(b)の場合に応じて、調整後下限
              取得価額を適用する日の前日において有効な下限取得価額に、それぞれの場合に定める割合(以下
              「調整係数」という。)を乗じた額を調整前下限取得価額とみなすものとする。
              (a)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による調整が行われてい
                ない場合
                 調整係数は1とする。
              (b)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による調整が行われてい
                る場合
                 調整係数は、上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による直前の調整を行う前の下限取得価額を当該調整後の下
                限取得価額で除した割合とする。
             (ⅴ)取得条項付株式等の取得と引換えに、下限取得価額調整式に使用される1株当たり時価を下回る価
              額をもって普通株式を交付する場合
               調整後下限取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
               ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(ⅲ)又は(ⅳ)による下限取得価額の調整が行われ
              ている場合には、調整後下限取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄化
              後普通株式数(下記ホ.に定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるときに限
              り、当該超過する普通株式数が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、取
              得の直前の既発行普通株式数を超えないときは、本(ⅴ)による調整を行わない。
             (ⅵ)株式の併合をする場合
               調整後下限取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少する普通株式の数(効力発
              生日における当行の自己株式である普通株式に関して減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示
              して交付普通株式数とみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
            ロ.上記イ.(ⅰ)ないし(ⅵ)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換又は株式移転等により、下
              限取得価額の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する下限取得価額に変更される。
                                13/41




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
            ハ.
             (ⅰ)下限取得価額調整式に使用する「1株当たり時価」は、調整後下限取得価額を適用する日に先立つ
              5連続取引日(終値が算出されない日を除く。)の終値の平均値とする。ただし、平均値の計算は円
              位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。なお、上記5連続取引日の間に、下限
              取得価額の調整事由が生じた場合、調整後下限取得価額は、本(4)に準じて調整する。
             (ⅱ)下限取得価額調整式に使用する「調整前下限取得価額」は、調整後下限取得価額を適用する日の前
              日において有効な下限取得価額とする。
             (ⅲ)下限取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.
              (ⅰ)ないし(ⅲ)に基づき当該基準日において「交付普通株式数」とみなされる普通株式数は含まな
              い。)の、基準日がない場合は調整後下限取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の、当行の発行済普
              通株式数(自己株式である普通株式の数は除く。)に当該下限取得価額の調整の前に上記イ.及び
              ロ.に基づき「交付普通株式数」とみなされた普通株式であって未だ交付されていない普通株式数
              (ある取得請求権付株式数について上記イ.(ⅳ)(b)に基づく調整が初めて適用される日(当該日を
              含む。)からは、当該取得請求権付株式等に係る直近のイ.(ⅳ)(b)に基づく調整に先立って適用さ
              れた上記イ.(ⅲ)又は(ⅳ)に基づく調整により「交付普通株式数」とみなされた普通株式数は含まな
              い。)を加えたものとする。
             (ⅳ)下限取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(ⅰ)の場合には、当該払
              込金額(無償割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込みの場合には適正な評価額)、上記
              イ.(ⅱ)及び(ⅳ)の場合には0円、上記イ.(ⅲ)ないし(ⅴ)の場合には価額(ただし、(ⅳ)の場合は
              修正価額)とする。
            ニ.上記イ.(ⅲ)ないし(ⅴ)及び上記ハ.(ⅳ)において「価額」とは、取得請求権付株式等又は取得条項
              付株式等の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資される
              財産の価額を加えた額とする。)から、その取得又は行使に際して当該取得請求権付株式等又は取得
              条項付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得又は行使
              に際して交付される普通株式の数で除した金額をいう。
            ホ.上記イ.(ⅴ)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後下限取得価額を適用する日の既発行
              普通株式数から、上記ハ.(ⅲ)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普
              通株式数で当該取得条項付株式等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付され
              る普通株式数を加えたものとする。
            ヘ.上記イ.(ⅰ)ないし(ⅲ)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準
              日以降に開催される当行の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合
              には、上記イ.(ⅰ)ないし(ⅲ)の規定にかかわらず、調整後下限取得価額は、当該承認決議をした株
              主総会の終結の日の翌日以降にこれを適用する。
            ト.下限取得価額調整式により算出された上記イ.柱書後段を適用する前の調整後下限取得価額と調整前
              下限取得価額との差額が1円未満にとどまるときは、下限取得価額の調整は、これを行わない。ただ
              し、その後下限取得価額調整式による下限取得価額の調整を必要とする事由が発生し、下限取得価額
              を算出する場合には、下限取得価額調整式中の調整前下限取得価額に代えて調整前下限取得価額から
              この差額を差し引いた額(ただし、円位未満小数第2位までを算出し、その小数第2位を切り捨て
              る。)を使用する。
          6.譲渡制限
           (1)本優先株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を得なければならない。
           (2)本優先株式に対して金融商品取引法第27条の2第6項に定める公開買付けが開始された場合において、
            当該公開買付けに応募し、本優先株式の受渡しその他決済による譲渡が行われるときには、取締役会が上
            記(1)に定める承認をしたものとみなす。なお、相続により本優先株式を取得するときには、上記(1)に
            定める承認を要しない。
          7.株式の分割又は併合及び株式無償割当て
           (1)分割又は併合
             当行は、当行定款により制限を受ける場合を除き、株式の分割又は併合を行うときは、普通株式及び本
            優先株式の種類ごとに、同時に同一の割合で行う。
           (2)株式無償割当て
             当行は、当行定款により制限を受ける場合を除き、株式無償割当てを行うときは、普通株式及び本優先
            株式の種類ごとに、当該種類の株式の無償割当てを、同時に同一の割合で行う。
                                14/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
          8.優先順位
            第二種優先株式、各第五種優先株式、各第六種優先株式及び各第七種優先株式にかかる優先期末配当金、
           優先中間配当金及び残余財産の分配における支払順位は、それぞれ同順位とする。
          9.法令変更等
            法令の変更等に伴い本優先株式に要項の規定について読み替えその他の措置が必要となる場合には、当行
           の取締役会は合理的に必要な措置を講じる。
          10.非上場
            本優先株式は、非上場とする。
          11.その他
           (1)上記各項は、各種の法令に基づく許認可等の効力発生日を条件とする。
           (2)上記の他、本優先株式の発行に関し必要なその他一切の事項は、取締役頭取に一任する。
     (注)4.第1回第七種優先株式の内容は次のとおりであります。
          1.第1回第七種優先期末配当金
           (1)第1回第七種優先期末配当金
             当行は、当行定款11条の定めに従い、本優先株式の期末配当金(以下「第1回第七種優先期末配当金」
            という。)を支払うときは、当該期末配当に係る基準日の最終の株主名簿に記載もしくは記録された本優
            先株式を有する株主(以下「第1回第七種優先株主」という。)、本優先株式の信託受託者(以下「第1
            回第七種優先信託受託者」という。)又は本優先株式の登録株式質権者(以下「第1回第七種優先登録株
            式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)、普通株式の信託受
            託者(以下「普通信託受託者」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」
            という。)に先立ち、本優先株式1株につき、本優先株式の1株当たりの払込金額相当額に年率1.8%を
            乗じて算出した900円(ただし、2019年3月31日を基準日とする第1回第七種優先期末配当金について
            は、本優先株式1株につき年34.53円。また、本優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の
            併合又はこれに類する事由があった場合には、適切に調整されるものとし、当該事業年度において当行定
            款第12条に定める優先中間配当金の全部又は一部を支払ったときは、当該優先中間配当金を控除した額と
            する。)の期末配当金を支払う。
           (2)非累積条項
             ある事業年度において第1回第七種優先株主、第1回第七種優先信託受託者又は第1回第七種優先登録
            株式質権者に対して支払う期末配当金の額が第1回第七種優先期末配当金の額に達しないときは、その不
            足額は翌事業年度以降に累積しない。
           (3)非参加条項
             第1回第七種優先株主、第1回第七種優先信託受託者又は第1回第七種優先登録株式質権者に対して
            は、第1回第七種優先期末配当金の額を超えて配当は行わない。ただし、当行が行う吸収分割手続の中で
            行われる会社法第758条第8号ロもしくは同法第760条第7号ロに規定される剰余金の配当又は当行が行う
            新設分割手続の中で行われる同法第763条第1項第12号ロもしくは第765条第1項第8号ロに規定される剰
            余金の配当についてはこの限りではない。
          2.残余財産
           (1)残余財産の分配
             当行は、残余財産を分配するときは、第1回第七種優先株主、第1回第七種優先信託受託者又は第1回
            第七種優先登録株式質権者に対し、普通株主、普通信託受託者又は普通登録株式質権者に先立ち、本優先
            株式1株につき、本優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、本優先株式につき、株式の分割、株
            式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)に下記(3)に
            定める経過第1回第七種優先期末配当金相当額を加えた額の金銭を支払う。
           (2)非参加条項
             第1回第七種優先株主、第1回第七種優先信託受託者又は第1回第七種優先登録株式質権者に対して
            は、上記(1)のほか、残余財産の分配は行わない。
           (3)経過第1回第七種優先期末配当金相当額
             本優先株式1株当たりの経過第1回第七種優先期末配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以
            下「分配日」という。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日を
            含む。)までの日数に第1回第七種優先期末配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未
            満小数第3位まで算出し、その小数第3位を切上げる。)をいう。ただし、分配日の属する事業年度にお
            いて第1回第七種優先株主、第1回第七種優先信託受託者又は第1回第七種優先登録株式質権者に対して
            当行定款第12条に定める優先中間配当金の全部又は一部を支払ったときは、当該優先中間配当金を控除し
            た金額とする。
                                15/41


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
          3.議決権
             第1回第七種優先株主は、全ての事項について株主総会において議決権を有しない。ただし、第1回第
            七種優先株主は、(ⅰ)各事業年度終了後、(a)当該事業年度に係る定時株主総会に第1回第七種優先期末
            配当金の額全部の支払を受ける旨の議案が提出されないときは、当該定時株主総会より、又は、(b)第1
            回第七種優先期末配当金の額全部の支払いを受ける旨の議案がその定時株主総会において否決されたとき
            は、当該定時株主総会終結のときより、(ⅱ)第1回第七種優先期末配当金の額全部の支払いを受ける旨の
            株主総会決議がなされるときまでの間は、全ての事項について株主総会において議決権を行使することが
            できる。
          4.金銭を対価とする取得条項
           (1)金銭を対価とする取得条項
             当行は、2026年4月1日以降、取締役会が別に定める日(以下「取得日」という。)が到来したとき
            は、金融庁の事前確認を受けている場合に限り、第1回第七種優先株主、第1回第七種優先信託受託者又
            は第1回第七種優先登録株式質権者に対して、取得日から2週間以上の事前通知を行ったうえで、法令上
            可能な範囲で、本優先株式の全部又は一部を取得することができる。この場合、当行は、かかる本優先株
            式を取得するのと引換えに、下記(2)に定める財産を第1回第七種優先株主に対して交付するものとす
            る。なお、本優先株式の一部を取得するときは、按分比例の方法による。
           (2)取得と引換えに交付すべき財産
             当行は、本優先株式の取得と引換えに、本優先株式1株につき、本優先株式1株当たりの払込金額相当
            額(ただし、本優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があっ
            た場合には、適切に調整される。)に経過第1回第七種優先期末配当金相当額を加えた額の金銭を交付す
            る。なお、本(2)においては、上記2.(3)に定める経過第1回第七種優先期末配当金相当額の計算にお
            ける「残余財産の分配が行われる日」及び「分配日」をいずれも「取得日」と読み替えて、経過第1回第
            七種優先期末配当金相当額を計算する。
          5.普通株式を対価とする取得条項
           (1)普通株式を対価とする取得条項
             当行は、本優先株式の全てを、2029年4月1日(以下「一斉取得日」という。)をもって一斉取得す
            る。この場合、当行は、かかる本優先株式を取得するのと引換えに、各第1回第七種優先株主に対し、そ
            の有する本優先株式数に本優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、本優先株式につき、株式の分
            割、株式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)を乗じ
            た額を下記(2)に定める普通株式の時価(以下「一斉取得価額」という。)で除した数の普通株式を交付
            するものとする。本優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合
            には、会社法第234条に従ってこれを取扱う。
           (2)一斉取得価額
             一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ20取引日目に始まる15連続取引日(終値が算出されない日を除
            く。)の毎日の終値の平均値に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切捨て
            る。)とする。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が下限取得価額(下記(3)に定義する。以下同
            じ。)を下回る場合は、一斉取得価額は下限取得価額とする。
           (3)下限取得価額
             下限取得価額は、200円とする。ただし、下記(4)による調整を受ける。
           (4)下限取得価額の調整
            イ.本優先株式の発行後、次の各号のいずれかに該当する場合には、下限取得価額を次に定める算式(以
              下「下限取得価額調整式」という。)により調整する(以下、調整後の下限取得価額を「調整後下限
              取得価額」という。)。下限取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算出し、そ
              の小数第1位を切捨てる。
                                              1株当たり
                                      交付普通株式数×
                                              払込金額
                             既発行普通株式数+
                                          1株当たり時価
               調整後       調整前
                     =       ×
               下限取得価額       下限取得価額
                                 既発行普通株式数+交付普通株式数
                                16/41





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
             (ⅰ)下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価(下記ハ.(ⅰ)に定義する。以下同じ。)を下回る
              払込金額をもって普通株式を発行又は自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を
              含む。)(ただし、当行の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株
              予約権付社債に付されたものを含む。以下本(4)において同じ。)その他の証券(以下「取得請求権
              付株式等」という。)、又は当行の普通株式の交付と引換えに当行が取得することができる取得条項
              付株式もしくは取得条項付新株予約権その他の証券(以下「取得条項付株式等」という。)が取得又
              は行使され、これに対して普通株式が交付される場合を除く。)
              調整後下限取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下同
              じ。)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、又は株主に募集株式の割当てを受ける権
              利を与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用す
              る。
             (ⅱ)株式の分割をする場合
              調整後下限取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日におけ
              る当行の自己株式である普通株式に関して増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみなし
              て下限取得価額調整式を適用して算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
             (ⅲ)下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価を下回る価額(下記ニ.に定義する。以下、本
              (ⅲ)、下記(ⅳ)及び(ⅴ)並びに下記ハ.(ⅳ)において同じ。)をもって当行の普通株式の交付を請求
              できる取得請求権付株式等を発行する場合(無償割当ての場合を含む。)
              調整後下限取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割
              当ての場合はその効力発生日)に、又は株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与えるた
              めもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該取得請求権付株式等の全部が当初
              の条件で取得又は行使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算
              出し、その払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以
              降、又はその基準日の翌日以降、これを適用する。
              上記にかかわらず、上記の普通株式が交付されたものとみなされる日において価額が確定しておら
              ず、後日一定の日(以下「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等を発行し
              た場合において、決定された価額が下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価を下回る場合に
              は、調整後下限取得価額は、当該価額決定日に残存する取得請求権付株式等の全部が価額決定日に確
              定した条件で取得又は行使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用し
              て算出し、当該価額決定日の翌日以降これを適用する。
             (ⅳ)当行が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.又は下記
              ロ.と類似する希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行われる日
              (以下「修正日」という。)における修正後の価額(以下「修正価額」という。)が下限取得価額調
              整式に使用する1株当たり時価を下回る場合
              調整後下限取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式等の全部が修正価額で取得又は行
              使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、当該修正日の
              翌日以降これを適用する。
              なお、かかる下限取得価額調整式の適用に際しては、下記(a)又は(b)の場合に応じて、調整後下限取
              得価額を適用する日の前日において有効な下限取得価額に、それぞれの場合に定める割合(以下「調
              整係数」という。)を乗じた額を調整前下限取得価額とみなすものとする。
              (a)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による調整が行われてい
                ない場合
                調整係数は1とする。
              (b)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による調整が行われてい
                る場合
                調整係数は、上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による直前の調整を行う前の下限取得価額を当該調整後の下限
                取得価額で除した割合とする。
                                17/41





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
             (ⅴ)取得条項付株式等の取得と引換えに下限取得価額調整式に使用される1株当たり時価を下回る価額
              をもって普通株式を交付する場合
              調整後下限取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
              ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(ⅲ)又は(ⅳ)による下限取得価額の調整が行われて
              いる場合には、調整後下限取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄化後
              普通株式数(下記ホ.に定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるときに限り、
              当該超過する普通株式数が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、取得の
              直前の既発行普通株式数を超えないときは、本(ⅴ)による調整は行わない。
             (ⅵ)株式の併合をする場合
              調整後下限取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少する普通株式数(効力発生日
              における当行の自己株式である普通株式に関して減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示して
              交付普通株式数とみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
            ロ.上記イ.(ⅰ)ないし(ⅵ)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換又は株式移転等により、下
              限取得価額の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する下限取得価額に変更される。
            ハ.
             (ⅰ)下限取得価額調整式に使用する「1株当たり時価」は、調整後下限取得価額を適用する日に先立つ
              5連続取引日(終値が算出されない日を除く。)の終値の平均値とする。ただし、平均値の計算は円
              位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切捨てる。なお、上記5連続取引日の間に、下限取
              得価額の調整事由が生じた場合、調整後下限取得価額は、本(4)に準じて調整する。
             (ⅱ)下限取得価額調整式に使用する「調整前下限取得価額」は、調整後下限取得価額を適用する日の前
              日において有効な下限取得価額とする。
             (ⅲ)下限取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.
              (ⅰ)ないし(ⅲ)に基づき当該基準日において交付されたものとみなされる普通株式数は含まない。)
              の、基準日がない場合は調整後下限取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の、当行の発行済普通株式
              数(自己株式である普通株式の数を除く。)に当該下限取得価額の調整の前に上記イ.及び上記ロ.
              に基づき「交付普通株式数」とみなされた普通株式であって未だ交付されていない普通株式数(ある
              取得請求権付株式等について上記イ.(ⅳ)(b)に基づく調整が初めて適用される日(当該日を含
              む。)からは、当該取得請求権付株式等に係る直近の上記イ.(ⅳ)(b)に基づく調整に先立って適用
              された上記イ.(ⅲ)又は(ⅳ)に基づく調整により「交付普通株式数」とみなされた普通株式数は含ま
              ない。)を加えたものとする。
             (ⅳ)下限取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(ⅰ)の場合には、当該払
              込金額(無償割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込の場合には適正な評価額)、上記
              イ.(ⅱ)及び(ⅵ)の場合には0円、上記イ.(ⅲ)ないし(ⅴ)の場合には価額(ただし、(ⅳ)の場合は
              修正価額)とする。
            ニ.上記イ.(ⅲ)ないし(ⅴ)及び上記ハ.(ⅳ)において「価額」とは、取得請求権付株式等又は取得条項
              付株式等の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資される
              財産の価額を加えた額とする。)から、その取得又は行使に際して当該取得請求権付株式等又は取得
              条項付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得又は行使
              に際して交付される普通株式の数で除した金額をいう。
            ホ.上記イ.(ⅴ)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後下限取得価額を適用する日の既発行
              普通株式数から、上記ハ.(ⅲ)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普
              通株式数で当該取得条項付株式等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付され
              る普通株式数を加えたものとする。
            ヘ.上記イ.(ⅰ)ないし(ⅲ)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準
              日以降に開催される当行の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合
              には、上記イ.(ⅰ)ないし(ⅲ)の規定にかかわらず、調整後下限取得価額は、当該承認決議をした株
              主総会の終結の日の翌日以降にこれを適用する。
            ト.下限取得価額調整式により算出された上記イ.柱書第2文を適用する前の調整後下限取得価額と調整
              前下限取得価額との差額が1円未満にとどまるときは、下限取得価額の調整は、これを行わない。た
              だし、その後下限取得価額調整式による下限取得価額の調整を必要とする事由が発生し、下限取得価
              額を算出する場合には、下限取得価額調整式中の調整前下限取得価額に代えて調整前下限取得価額か
              らこの差額を差し引いた額(ただし、円位未満小数第2位までを算出し、その小数第2位を切捨て
              る。)を使用する。
                                18/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
          6.株式の分割又は併合及び株式無償割当て
           (1)分割又は併合
             当行は、定款により制限を受ける場合を除き、株式の分割又は併合を行うときは、普通株式及び本優先
            株式の種類ごとに、同時に同一の割合で行う。
           (2)株式無償割当て
             当行は、定款により制限を受ける場合を除き、株式無償割当てを行うときは、普通株式及び本優先株式
            の種類ごとに、当該種類の株式の無償割当てを、同時に同一の割合で行う。
          7.優先順位
            第二種優先株式、第四種優先株式、第五種優先株式、第六種優先株式及び第七種優先株式にかかる優先期
           末配当金、優先中間配当金及び残余財産の分配における支払順位は、それぞれ同順位とする。
          8.法令変更等
            法令の変更等に伴い本優先株式に係る要項の規定について読み替えその他の措置が必要となる場合には、
           当行の取締役会は合理的に必要な措置を講じる。
          9.非上場
            本優先株式は、非上場とする。
          10.その他
            上記各項は、各種の法令に基づく許認可等の効力発生を条件とする。
     (注)5.第2回第七種優先株式の内容は以下のとおりであります。
          1.第2回第七種優先期末配当金
           (1)第2回第七種優先期末配当金
             当行は、当行定款11条の定めに従い、本優先株式の期末配当金(以下「第2回第七種優先期末配当金」
            という。)を支払うときは、当該期末配当に係る基準日の最終の株主名簿に記載もしくは記録された本優
            先株式を有する株主(以下「第2回第七種優先株主」という。)、本優先株式の信託受託者(以下「第2
            回第七種優先信託受託者」という。)又は本優先株式の登録株式質権者(以下「第2回第七種優先登録株
            式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)、普通株式の信託受
            託者(以下「普通信託受託者」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」
            という。)に先立ち、本優先株式1株につき、本優先株式の1株当たりの発行価格相当額に年率1.8%を
            乗じて算出した9,000円(ただし、2021年3月31日を基準日とする第2回第七種優先期末配当金について
            は、本優先株式1株につき年7,101円。また、本優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の
            併合又はこれに類する事由があった場合には、適切に調整されるものとし、当該事業年度において当行定
            款第12条に定める優先中間配当金の全部又は一部を支払ったときは、当該優先中間配当金を控除した額と
            する。)の期末配当金を支払う。
           (2)非累積条項
             ある事業年度において第2回第七種優先株主、第2回第七種優先信託受託者又は第2回第七種優先登録
            株式質権者に対して支払う期末配当金の額が第2回第七種優先期末配当金の額に達しないときは、その不
            足額は翌事業年度以降に累積しない。
           (3)非参加条項
             第2回第七種優先株主、第2回第七種優先信託受託者又は第2回第七種優先登録株式質権者に対して
            は、第2回第七種優先期末配当金の額を超えて配当は行わない。ただし、当行が行う吸収分割手続の中で
            行われる会社法第758条第8号ロもしくは同法第760条第7号ロに規定される剰余金の配当又は当行が行う
            新設分割手続の中で行われる同法第763条第1項第12号ロもしくは第765条第1項第8号ロに規定される剰
            余金の配当についてはこの限りではない。
          2.残余財産
           (1)残余財産の分配
             当行は、残余財産を分配するときは、第2回第七種優先株主、第2回第七種優先信託受託者又は第2回
            第七種優先登録株式質権者に対し、普通株主、普通信託受託者又は普通登録株式質権者に先立ち、本優先
            株式1株につき、本優先株式1株当たりの発行価格相当額(ただし、本優先株式につき、株式の分割、株
            式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)に下記(3)に
            定める経過第2回第七種優先期末配当金相当額を加えた額の金銭を支払う。
           (2)非参加条項
             第2回第七種優先株主、第2回第七種優先信託受託者又は第2回第七種優先登録株式質権者に対して
            は、上記(1)のほか、残余財産の分配は行わない。
                                19/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
           (3)経過第2回第七種優先期末配当金相当額
             本優先株式1株当たりの経過第2回第七種優先期末配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以
            下「分配日」という。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日を
            含む。)までの日数に第2回第七種優先期末配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未
            満小数第3位まで算出し、その小数第3位を切上げる。)をいう。ただし、分配日の属する事業年度にお
            いて第2回第七種優先株主、第2回第七種優先信託受託者又は第2回第七種優先登録株式質権者に対して
            当行定款第12条に定める優先中間配当金の全部又は一部を支払ったときは、当該優先中間配当金を控除し
            た金額とする。
          3.議決権
             第2回第七種優先株主は、全ての事項について株主総会において議決権を有しない。ただし、第2回第
            七種優先株主は、(ⅰ)各事業年度終了後、(a)当該事業年度に係る定時株主総会に第2回第七種優先期末
            配当金の額全部の支払を受ける旨の議案が提出されないときは、当該定時株主総会より、又は、(b)第2
            回第七種優先期末配当金の額全部の支払いを受ける旨の議案がその定時株主総会において否決されたとき
            は、当該定時株主総会終結の時より、(ⅱ)第2回第七種優先期末配当金の額全部の支払いを受ける旨の株
            主総会決議がなされる時までの間は、全ての事項について株主総会において議決権を行使することができ
            る。
          4.種類株主総会
             当行が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、
            第2回第七種優先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
          5.金銭を対価とする取得条項
           (1)金銭を対価とする取得条項
             当行は、2027年10月1日以降、取締役会が別に定める日(以下「取得日」という。)が到来したとき
            は、金融庁の事前確認を受けている場合に限り、第2回第七種優先株主、第2回第七種優先信託受託者又
            は第2回第七種優先登録株式質権者に対して、取得日から2週間以上の事前通知を行ったうえで、法令上
            可能な範囲で、本優先株式の全部又は一部を取得することができる。この場合、当行は、かかる本優先株
            式を取得するのと引換えに、下記(2)に定める財産を第2回第七種優先株主に対して交付するものとす
            る。なお、本優先株式の一部を取得するときは、按分比例の方法による。
           (2)取得と引換えに交付すべき財産
             当行は、本優先株式の取得と引換えに、本優先株式1株につき、本優先株式1株当たりの発行価格相当
            額(ただし、本優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があっ
            た場合には、適切に調整される。)に経過第2回第七種優先期末配当金相当額を加えた額の金銭を交付す
            る。なお、本(2)においては、上記2.(3)に定める経過第2回第七種優先期末配当金相当額の計算におけ
            る「残余財産の分配が行われる日」及び「分配日」をいずれも「取得日」と読み替えて、経過第2回第七
            種優先期末配当金相当額を計算する。
          6.普通株式を対価とする取得条項
           (1)普通株式を対価とする取得条項
             当行は、本優先株式の全てを、2030年10月1日(以下「一斉取得日」という。)をもって一斉取得す
            る。この場合、当行は、かかる本優先株式を取得するのと引換えに、各第2回第七種優先株主に対し、そ
            の有する本優先株式数に本優先株式1株当たりの発行価格相当額(ただし、本優先株式につき、株式の分
            割、株式無償割当て、株式の併合又はこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)を乗じ
            た額を下記(2)に定める普通株式の時価(以下「一斉取得価額」という。)で除した数の普通株式を交付
            するものとする。本優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合
            には、会社法第234条に従ってこれを取扱う。
           (2)一斉取得価額
             一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ20取引日目に始まる15連続取引日(終値が算出されない日を除
            く。)の毎日の終値の平均値に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切捨て
            る。)とする。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が下限取得価額(下記(3)に定義する。以下同
            じ。)を下回る場合は、一斉取得価額は下限取得価額とする。
           (3)下限取得価額
             下限取得価額は、200円とする。ただし、下記(4)による調整を受ける。
                                20/41




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
           (4)下限取得価額の調整
            イ.本優先株式の発行後、次の各号のいずれかに該当する場合には、下限取得価額を次に定める算式(以
              下「下限取得価額調整式」という。)により調整する(以下、調整後の下限取得価額を「調整後下限
              取得価額」という。)。下限取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算出し、そ
              の小数第1位を切捨てる。
                                              1株当たり
                                      交付普通株式数×
                                              払込金額
                             既発行普通株式数+
                                          1株当たり時価
               調整後       調整前
                     =       ×
               下限取得価額       下限取得価額
                                 既発行普通株式数+交付普通株式数
             (ⅰ)下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価(下記ハ.に定義する。以下同じ。)を下回る払込
              金額をもって普通株式を発行又は自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を含
              む。)(ただし、当行の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株予
              約権付社債に付されたものを含む。以下本(4)において同じ。)その他の証券(以下「取得請求権付
              株式等」という。)、又は当行の普通株式の交付と引換えに当行が取得することができる取得条項付
              株式もしくは取得条項付新株予約権その他の証券(以下「取得条項付株式等」という。)が取得又は
              行使され、これに対して普通株式が交付される場合を除く。)
              調整後下限取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下同
              じ。)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、又は株主に募集株式の割当てを受ける権
              利を与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用す
              る。
             (ⅱ)株式の分割をする場合
              調整後下限取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日におけ
              る当行の自己株式である普通株式に関して増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみなし
              て下限取得価額調整式を適用して算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
             (ⅲ)下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価を下回る価額(下記ニ.に定義する。以下、本
              (ⅲ)、下記(ⅳ)及び(ⅴ)並びに下記ハ.(ⅲ)において同じ。)をもって当行の普通株式の交付を請求
              できる取得請求権付株式等を発行する場合(無償割当ての場合を含む。)
              調整後下限取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割
              当ての場合はその効力発生日)に、又は株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与えるた
              めもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該取得請求権付株式等の全部が当初
              の条件で取得又は行使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算
              出し、その払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以
              降、又はその基準日の翌日以降、これを適用する。
              上記にかかわらず、上記の普通株式が交付されたものとみなされる日において価額が確定しておら
              ず、後日一定の日(以下「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等を発行し
              た場合において、決定された価額が下限取得価額調整式に使用する1株当たり時価を下回る場合に
              は、調整後下限取得価額は、当該価額決定日に残存する取得請求権付株式等の全部が価額決定日に確
              定した条件で取得又は行使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用し
              て算出し、当該価額決定日の翌日以降これを適用する。
             (ⅳ)当行が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.又は下記
              ロ.と類似する希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行われる日
              (以下「修正日」という。)における修正後の価額(以下「修正価額」という。)が下限取得価額調
              整式に使用する1株当たり時価を下回る場合
              調整後下限取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式等の全部が修正価額で取得又は行
              使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、当該修正日の
              翌日以降これを適用する。
              なお、かかる下限取得価額調整式の適用に際しては、下記(a)又は(b)の場合に応じて、調整後下限取
              得価額を適用する日の前日において有効な下限取得価額に、それぞれの場合に定める割合(以下「調
              整係数」という。)を乗じた額を調整前下限取得価額とみなすものとする。
              (a)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による調整が行われてい
                ない場合
                調整係数は1とする。
                                21/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
              (b)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による調整が行われてい
                る場合
                調整係数は、上記(ⅲ)又は本(ⅳ)による直前の調整を行う前の下限取得価額を当該調整後の下限
                取得価額で除した割合とする。
             (ⅴ)取得条項付株式等の取得と引換えに下限取得価額調整式に使用される1株当たり時価を下回る価額
              をもって普通株式を交付する場合
              調整後下限取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
              ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(ⅲ)又は(ⅳ)による下限取得価額の調整が行われて
              いる場合には、調整後下限取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄化後
              普通株式数(下記ホ.に定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるときに限り、
              当該超過する普通株式数が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、取得の
              直前の既発行普通株式数を超えないときは、本(ⅴ)による調整は行わない。
             (ⅵ)株式の併合をする場合
              調整後下限取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少する普通株式数(効力発生日
              における当行の自己株式である普通株式に関して減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示して
              交付普通株式数とみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
            ロ.上記イ.(ⅰ)ないし(ⅵ)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換又は株式移転等により、下
              限取得価額の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する下限取得価額に変更される。
            ハ.下限取得価額調整式に使用する「1株当たり時価」は、調整後下限取得価額を適用する日に先立つ5
              連続取引日(終値が算出されない日を除く。)の終値の平均値とする。ただし、平均値の計算は円位
              未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切捨てる。なお、上記5連続取引日の間に、下限取得
              価額の調整事由が生じた場合、調整後下限取得価額は、本(4)に準じて調整する。
             (ⅰ)下限取得価額調整式に使用する「調整前下限取得価額」は、調整後下限取得価額を適用する日の前
              日において有効な下限取得価額とする。
             (ⅱ)下限取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.
              (ⅱ)または(ⅲ)に基づき当該基準日において交付されたものとみなされる普通株式数は含まない。)
              の、基準日がない場合は調整後下限取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の、当行の発行済普通株式
              数(自己株式である普通株式の数を除く。)に当該下限取得価額の調整の前に上記イ.に基づき「交
              付普通株式数」とみなされた普通株式であって未だ交付されていない普通株式数(ある取得請求権付
              株式等について上記イ.(ⅳ)(b)に基づく調整が初めて適用される日(当該日を含む。)からは、当
              該取得請求権付株式等に係る直近の上記イ.(ⅳ)(b)に基づく調整に先立って適用された上記イ.
              (ⅲ)又は(ⅳ)に基づく調整により「交付普通株式数」とみなされた普通株式数は含まない。)を加え
              たものとする。
             (ⅲ)下限取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(i)の場合には、当該払
              込金額(無償割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込の場合には適正な評価額)、上記
              イ.(ⅱ)及び(ⅵ)の場合には0円、上記イ.(ⅲ)ないし(ⅴ)の場合には価額(ただし、(ⅳ)の場合は
              修正価額)とする。
            ニ.上記イ.(ⅲ)ないし(ⅴ)及び上記ハ.(ⅲ)において「価額」とは、取得請求権付株式等又は取得条項
              付株式等の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資される
              財産の価額を加えた額とする。)から、その取得又は行使に際して当該取得請求権付株式等又は取得
              条項付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得又は行使
              に際して交付される普通株式の数で除した金額をいう。
            ホ.上記イ.(ⅴ)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後下限取得価額を適用する日の既発行
              普通株式数から、上記ハ.(ⅱ)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普
              通株式数で当該取得条項付株式等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付され
              る普通株式数を加えたものとする。
            ヘ.上記イ.(ⅰ)ないし(ⅲ)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準
              日以降に開催される当行の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合
              には、上記イ.(ⅰ)ないし(ⅲ)の規定にかかわらず、調整後下限取得価額は、当該承認決議をした株
              主総会の終結の日の翌日以降にこれを適用する。
                                22/41




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
            ト.下限取得価額調整式により算出された上記イ.柱書第2文を適用する前の調整後下限取得価額と調整
              前下限取得価額との差額が1円未満にとどまるときは、下限取得価額の調整は、これを行わない。た
              だし、その後下限取得価額調整式による下限取得価額の調整を必要とする事由が発生し、下限取得価
              額を算出する場合には、下限取得価額調整式中の調整前下限取得価額に代えて調整前下限取得価額か
              らこの差額を差し引いた額(ただし、円位未満小数第2位までを算出し、その小数第2位を切捨て
              る。)を使用する。
          7.株式の分割又は併合及び株式無償割当て
           (1)分割又は併合
             当行は、定款により制限を受ける場合を除き、株式の分割又は併合を行うときは、普通株式及び本優先
            株式の種類ごとに、同時に同一の割合で行う。
           (2)株式無償割当て
             当行は、定款により制限を受ける場合を除き、株式無償割当てを行うときは、普通株式及び本優先株式
            の種類ごとに、当該種類の株式の無償割当てを、同時に同一の割合で行う。
          8.優先順位
            第二種優先株式、第四種優先株式、第五種優先株式、第六種優先株式及び第七種優先株式にかかる優先期
           末配当金、優先中間配当金及び残余財産の分配における支払順位は、それぞれ同順位とする。
          9.法令変更等
            法令の変更等に伴い本優先株式に係る要項の規定について読み替えその他の措置が必要となる場合には、
           当行の取締役会は合理的に必要な措置を講じる。
          10.非上場
            本優先株式は、非上場とする。
          11.その他
            上記各項は、各種の法令に基づく許認可等の効力発生を条件とする。
     (注)6.単元株式数は100株であります。また、第二種優先株式は、会社法第322条第2項に規定する定款の定めはあ
          りません。第2回第六種優先株式、第1回第七種優先株式及び第2回第七種優先株式は、会社法第322条第2
          項に規定する定款の定めをしております。なお、剰余金の配当及び残余財産の分配について普通株式に優先す
          ること等の株式の内容との関係から、法令に別段の定めがある場合を除くほか、株主総会において議決権を有
          しないとしております。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総       発行済株式総                     資本準備金増
                                資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数       数残高                     減額
                                (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)
     2022年10月1日~
                      -     66,680         -     62,120         -      6,971
      2022年12月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                23/41




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2022年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                  2022年12月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
                        第二種優先
                               3,500,000
                                         ――
                        株式
                        第2回第六                        前記「1 株式等の状
                                301,000
                                         ――
                        種優先株式                        況」の「(1)株式の総
      無議決権株式
                        第1回第七                        数等」に記載しており
                                653,000
                                         ――
                        種優先株式                        ます。
                        第2回第七
                                 2,500
                                         ――
                        種優先株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       ――                 -
      議決権制限株式(その他)                             -            -            -

                                                前記「1 株式等の状
                                                況」の「(1)株式の総
                               2,893,600
      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                ――
                                                数等」に記載しており
                                                ます。
                              59,210,700             592,107
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                            同上
                                117,745

                        普通株式                ――
      単元未満株式                                               同上
                        第2回第七
                                 2,233
                                         ――
                        種優先株式
                              66,680,778
      発行済株式総数                                   ――            ――
                                            592,107
      総株主の議決権                          ――                     ――
     (注)上記の「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,700株含まれており
        ます。
         また、「議決権の数」の欄に、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権が17個含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年12月31日現在
                                                  発行済株式総数に対
      所有者の氏名又                   自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                所有者の住所                                  する所有株式数の割
      は名称                   式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                  合(%)
     株式会社千葉興業         千葉市美浜区幸町
                           2,893,600                 2,893,600             4.33
                                       -
     銀行         2-1-2
                           2,893,600                 2,893,600             4.33
         計         ──                     -
     2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
                                24/41





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.当行の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」
      (1982年大蔵省令第10号)に準拠しております。
     2.当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(自2022年10月1日 至

      2022年12月31日)及び第3四半期連結累計期間(自2022年4月1日 至2022年12月31日)に係る四半期連結財務諸表
      について、EY新日本有限責任監査法人の四半期レビューを受けております。
                                25/41


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年12月31日)
     資産の部
                                        685,727              355,286
       現金預け金
                                          97              97
       買入金銭債権
                                          154              135
       商品有価証券
                                    ※1 ,※2  519,922           ※1 ,※2  507,289
       有価証券
                                     ※1  2,304,777            ※1  2,342,062
       貸出金
                                       ※1  3,750             ※1  4,327
       外国為替
                                       ※1  36,753             ※1  41,337
       その他資産
                                        19,324              19,108
       有形固定資産
                                         2,670              2,545
       無形固定資産
                                          261             1,349
       繰延税金資産
                                       ※1  5,844             ※1  7,214
       支払承諾見返
                                        △ 8,781             △ 7,599
       貸倒引当金
                                       3,570,502              3,273,152
       資産の部合計
     負債の部
                                       2,803,335              2,900,509
       預金
                                        129,700              129,700
       譲渡性預金
                                         1,243
       債券貸借取引受入担保金                                                  -
                                        423,646               43,392
       借用金
                                          164              224
       外国為替
                                        25,303              15,585
       その他負債
                                         3,993              3,227
       退職給付に係る負債
                                          38              30
       役員退職慰労引当金
                                          154               49
       睡眠預金払戻損失引当金
                                         1,631               282
       繰延税金負債
                                         5,844              7,214
       支払承諾
                                       3,395,056              3,100,216
       負債の部合計
     純資産の部
                                        62,120              62,120
       資本金
                                         7,889              7,888
       資本剰余金
                                        88,440              93,009
       利益剰余金
                                         △ 937             △ 911
       自己株式
                                        157,512              162,107
       株主資本合計
       その他有価証券評価差額金                                  14,495               6,694
                                                        278
       繰延ヘッジ損益                                    -
                                         △ 400             △ 251
       退職給付に係る調整累計額
                                        14,094               6,721
       その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   120              115
                                         3,718              3,991
       非支配株主持分
                                        175,445              172,935
       純資産の部合計
                                       3,570,502              3,273,152
     負債及び純資産の部合計
                                26/41






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
                                        37,768              39,286
     経常収益
                                        21,215              20,404
       資金運用収益
                                        16,605              16,337
        (うち貸出金利息)
                                         4,074              3,420
        (うち有価証券利息配当金)
                                         8,562              9,091
       役務取引等収益
                                          432             1,049
       その他業務収益
                                       ※1  7,558             ※1  8,741
       その他経常収益
                                        30,084              31,016
     経常費用
                                          289              299
       資金調達費用
                                          215              112
        (うち預金利息)
                                         3,308              3,201
       役務取引等費用
                                          514             2,759
       その他業務費用
                                        19,088              18,288
       営業経費
                                       ※2  6,883             ※2  6,467
       その他経常費用
                                         7,684              8,270
     経常利益
     特別利益                                      0
                                                         -
                                           0
       固定資産処分益                                                  -
                                          142              103
     特別損失
                                          16              103
       固定資産処分損
                                          125
                                                         -
       減損損失
                                         7,542              8,167
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     949             1,441
                                          756              714
     法人税等調整額
                                         1,706              2,155
     法人税等合計
                                         5,835              6,011
     四半期純利益
                                          46              144
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         5,788              5,867
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                27/41










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
                                         5,835              6,011
     四半期純利益
                                         3,339
     その他の包括利益                                                 △ 7,243
                                         3,154
       その他有価証券評価差額金                                               △ 7,671
                                                        278
       繰延ヘッジ損益                                    -
                                          185              149
       退職給付に係る調整額
                                         9,175
     四半期包括利益                                                 △ 1,232
     (内訳)
                                         9,100
       親会社株主に係る四半期包括利益                                               △ 1,505
                                          74              273
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                28/41
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (会計方針の変更)
         (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
          「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価算
         定会計基準適用指針」という。)を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第
         27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって
         適用することといたしました。
          なお、これによる当第3四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
        (会計上の見積りの変更)

         (耐用年数の変更)
          当行が保有する営業店舗の建物、建物附属設備及び構築物については、従来、耐用年数を3~50年として減価
         償却を行ってきましたが、2022年12月28日開催の取締役会において店舗移転の決議をしたことに伴い、当該店舗
         にかかる固定資産の耐用年数を短縮し、将来にわたり変更しております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の経常利益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ4百万円減少して
         おります。
        (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の影響)
          当第3四半期連結累計期間における新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積りの仮定について
         は、前連結会計年度の有価証券報告書の(重要な会計上の見積り)に記載した内容から重要な変更はありませ
         ん。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※1.銀行法及び金融機能の再生のための緊急措置に関する法律に基づく債権は次のとおりであります。なお、
           債権は、四半期連結貸借対照表(連結貸借対照表)の「有価証券」中の社債(その元本の償還及び利息の支
           払の全部又は一部について保証しているものであって、当該社債の発行が有価証券の私募(金融商品取引法
           第2条第3項)によるものに限る。)、貸出金、外国為替、「その他資産」中の未収利息及び仮払金並びに
           支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並びに注記されている有価証券の貸付けを行っている場合のその有
           価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限る。)であります。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年12月31日)
     破産更生債権及びこれらに準ずる債権額                              4,904百万円                 5,058百万円
     危険債権額                             30,969百万円                 33,052百万円
     三月以上延滞債権額                               -百万円                 -百万円
     貸出条件緩和債権額                              3,301百万円                 3,666百万円
     合計額                             39,176百万円                 41,777百万円
            なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
         ※2.「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証

           債務の額
               前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
              (2022年3月31日)                            (2022年12月31日)
                   32,887百万円                            33,555百万円
                                29/41





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
         ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2021年12月31日)                 至 2022年12月31日)
     貸倒引当金戻入益                               -百万円                 743百万円
     償却債権取立益                               832百万円                 892百万円
         ※2.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2021年12月31日)                 至 2022年12月31日)
     貸出金償却                               250百万円                  82百万円
     貸倒引当金繰入額                               562百万円                  -百万円
     株式等償却                               -百万円                 93百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2021年12月31日)                 至 2022年12月31日)
     減価償却費                              1,798百万円                 1,532百万円
                                30/41













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         前第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
         配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
       (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       当額(円)
              普通株式            177        3  2021年3月31日         2021年6月28日         利益剰余金

              第二種優先株

                          416       104   2021年3月31日         2021年6月28日         利益剰余金
              式
     2021年6月25日         第1回第六種
                          330       550   2021年3月31日         2021年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会         優先株式
              第1回第七種
                          587       900   2021年3月31日         2021年6月28日         利益剰余金
              優先株式
              第2回第七種
                          33      7,101    2021年3月31日         2021年6月28日         利益剰余金
              優先株式
         当第3四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年12月31日)

         配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
       (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       当額(円)
              普通株式            296        5  2022年3月31日         2022年6月27日         利益剰余金

              第二種優先株

                          364       104   2022年3月31日         2022年6月27日         利益剰余金
              式
     2022年6月24日         第2回第六種
                           7     26.31    2022年3月31日         2022年6月27日         利益剰余金
     定時株主総会         優先株式
              第1回第七種
                          587       900   2022年3月31日         2022年6月27日         利益剰余金
              優先株式
              第2回第七種
                          42      9,000    2022年3月31日         2022年6月27日         利益剰余金
              優先株式
                                31/41










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          前第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
          1.報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                       四半期連
                                                       結損益計
                              信用保証・
                                         その他     合計    調整額
                                                       算書計上
                              クレジット
                     銀行業    リース業           計
                                                       額
                               カード業
           経常収益
            外部顧客に対す
                     31,046     5,660      984   37,690      159   37,850          37,768
                                                    △ 81
            る経常収益
            セグメント間の
                       615     131     527    1,275      821    2,096
                                                  △ 2,096      -
            内部経常収益
                     31,662     5,791     1,512    38,966      980   39,946          37,768
               計                                    △ 2,177
                      7,215      89    914    8,219       9   8,228          7,684
           セグメント利益                                        △ 543
            (注)1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
               2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、コンピュータシ
                ステムの開発・販売・保守管理業務を含んでおります。
               3.外部顧客に対する経常収益の調整額△81百万円は、貸倒引当金戻入益の調整であります。その
                他の調整額は、主にセグメント間取引消去であります。
               4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
            「銀行業」セグメントにおいて、営業用の土地・建物等について、使用方法の変更により帳簿価額を回収
           可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
            なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては、125百万円であります。
           (のれんの金額の重要な変動)

            該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)

            該当事項はありません。
                                32/41









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
          当第3四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年12月31日)
          1.報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                       四半期連
                                                       結損益計
                              信用保証・
                                         その他     合計    調整額
                                                       算書計上
                              クレジット
                     銀行業    リース業           計
                                                       額
                               カード業
           経常収益
            外部顧客に対す
                     32,380     5,866      906   39,154      185   39,339          39,286
                                                    △ 53
            る経常収益
            セグメント間の
                       800     82    493    1,376      908    2,284
                                                  △ 2,284      -
            内部経常収益
                     33,180     5,949     1,399    40,530     1,094    41,624          39,286
               計                                    △ 2,337
                      7,907      135     860    8,903      118    9,021          8,270
           セグメント利益                                        △ 751
            (注)1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
               2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、コンピュータシ
                ステムの開発・販売・保守管理業務を含んでおります。
               3.外部顧客に対する経常収益の調整額△53百万円は、貸倒引当金戻入益の調整であります。その
                他の調整額は、主にセグメント間取引消去であります。
               4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
            該当事項はありません。
           (のれんの金額の重要な変動)

            該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)

            該当事項はありません。
                                33/41










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        (有価証券関係)
         ※ 企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められる
          ものは、次のとおりであります。
         1.満期保有目的の債券

    前連結会計年度(2022年3月31日)
                     連結貸借対照表計上額
                                    時価(百万円)             差額(百万円)
                     (百万円)
      国債                         -             -             -
      地方債                         -             -             -
      社債                       32,887             32,993               106
      その他                         -             -             -
      合計                       32,887             32,993               106
    当第3四半期連結会計期間(2022年12月31日)

                     四半期連結貸借対照表
                                    時価(百万円)             差額(百万円)
                     計上額(百万円)
      国債                         -             -             -
      地方債                         -             -             -
      社債                       33,555             33,497              △58
      その他                         -             -             -
      合計                       33,555             33,497              △58
         2.その他有価証券

    前連結会計年度(2022年3月31日)
                                  連結貸借対照表計上額
                     取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                  (百万円)
      株式                       13,421             38,503             25,082
      債券                      279,683             278,308             △1,375
       国債                      41,123             40,502              △621
       地方債                     134,530             133,583              △946
       社債                     104,030             104,222                192
      その他                      171,013             167,929             △3,084
      合計                      464,118             484,740              20,621
    当第3四半期連結会計期間(2022年12月31日)

                                  四半期連結貸借対照表
                     取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                  計上額(百万円)
      株式                       12,840             36,796             23,955
      債券                      283,500             277,464             △6,036
       国債                      42,106             40,176             △1,930
       地方債                     136,385             132,943             △3,441
       社債                     105,008             104,344              △664
      その他                      165,298             156,991             △8,307
      合計                      461,639             471,251              9,612
                                34/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
     (注)その他有価証券のうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回復
        する見込みがあると認められないものについては、当該時価をもって四半期連結貸借対照表計上額(連結貸借対照
        表計上額)とするとともに、評価差額を当第3四半期連結累計期間(連結会計年度)の損失として処理(以下「減
        損処理」という。)しております。
         前連結会計年度における減損処理額は、52百万円(うち、株式52百万円)であります。
         当第3四半期連結累計期間における減損処理額は、15百万円(うち、株式15百万円)であります。
         また、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、以下のとおりであります。
          ①時価が取得原価に比べて50%以上下落した場合
          ②時価が取得原価に比べて30%以上50%未満下落、且つ過去1年間の平均時価が40%以上下落した状態にある
           場合
        (デリバティブ取引関係)

         企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
        は、次のとおりであります。
        (1)金利関連取引
         前連結会計年度(2022年3月31日現在)
           区分         種類        契約額等(百万円)            時価(百万円)          評価損益(百万円)

                                    -           -           -

                金利先物
          金融商品
          取引所
                金利オプション                   -           -           -
                金利先渡契約                   -           -           -
                金利スワップ                 26,851            204           204
           店頭
                金利オプション                   -           -           -
                その他                 54,197             -           -
                合  計               ――――                204           204
         (注)上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
         当第3四半期連結会計期間(2022年12月31日現在)

           区分         種類        契約額等(百万円)            時価(百万円)          評価損益(百万円)

                                    -           -           -

                金利先物
          金融商品
          取引所
                金利オプション                   -           -           -
                金利先渡契約                   -           -           -
                金利スワップ                 31,227            231           231
           店頭
                金利オプション                   -           -           -
                その他                 47,979             -           -
                合  計               ――――                231           231
         (注)上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
            なお、ヘッジ会計を適用しているデリバティブ取引は、上記記載から除いております。
                                35/41






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        (2)通貨関連取引
         前連結会計年度(2022年3月31日現在)
           区分         種類        契約額等(百万円)            時価(百万円)          評価損益(百万円)

                                    -           -           -

                通貨先物
          金融商品
          取引所
                通貨オプション                   -           -           -
                通貨スワップ                 41,175             42           42
                為替予約                 24,984          △1,107           △1,107
           店頭
                通貨オプション                   -           -           -
                その他                   -           -           -
                合  計               ――――              △1,065           △1,065
         (注)上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
         当第3四半期連結会計期間(2022年12月31日現在)

           区分         種類        契約額等(百万円)            時価(百万円)          評価損益(百万円)

                                    -           -           -

                通貨先物
          金融商品
          取引所
                通貨オプション                   -           -           -
                通貨スワップ                 79,161            115           115
                為替予約                 15,427            486           486
           店頭
                通貨オプション                   -           -           -
                その他                   -           -           -
                合  計               ――――                602           602
         (注)上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
         (3)株式関連取引

           該当事項はありません。
         (4)債券関連取引

           該当事項はありません。
         (5)商品関連取引

           該当事項はありません。
         (6)クレジット・デリバティブ取引

           該当事項はありません。
                                36/41







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
         顧客との契約から生じる収益を分解した情報
         前第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                信用保証・            その他      調整額      合計

                     銀行業     リース業     クレジット        計
                                カード業
         預金・貸出業務              599      -      -     599      -      -     599

         為替業務             1,146       -      -    1,146       -      -    1,146
         証券関連業務              178      -      -     178      -      -     178

         代理業務              816      -      -     816      -      -     816

         保護預り・貸金庫業務              129      -      -     129      -      -     129

         その他業務             3,330       -     253     3,583       159      -    3,743
         顧客との契約から生じ
                      6,200       -     253     6,454       159      -    6,613
         る経常収益
         上記以外の経常収益             24,845      5,660       731    31,236        0    △81     31,155
         外部顧客に対する経常
                      31,046      5,660       984    37,690       159     △81     37,768
         収益
         (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、コンピュータシステ
             ムの開発・販売・保守管理業務を含んでおります。
            2.上記以外の経常収益の調整額△81百万円は、貸倒引当金戻入益の調整であります。
         当第3四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年12月31日)

                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                信用保証・            その他      調整額      合計

                     銀行業     リース業     クレジット        計
                                カード業
         預金・貸出業務              648      -      -     648      -      -     648

         為替業務              970      -      -     970      -      -     970
         証券関連業務              178      -      -     178      -      -     178

         代理業務             1,894       -      -    1,894       -      -    1,894

         保護預り・貸金庫業務              115      -      -     115      -      -     115

         その他業務             2,612       -     253     2,865       185      -    3,051
         顧客との契約から生じ
                      6,420       -     253     6,674       185      -    6,860
         る経常収益
         上記以外の経常収益             25,959      5,866       653    32,479        0    △53     32,426
         外部顧客に対する経常
                      32,380      5,866       906    39,154       185     △53     39,286
         収益
         (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、コンピュータシステ
             ムの開発・販売・保守管理業務を含んでおります。
            2.上記以外の経常収益の調整額△53百万円は、貸倒引当金戻入益の調整であります。
                                37/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
        次のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2021年12月31日)               至 2022年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                     円             97.71               98.94
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益                  百万円              5,788               5,867

       普通株主に帰属しない金額                  百万円                -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                         百万円              5,788               5,867
       四半期純利益
       普通株式の期中平均株式数                   千株             59,243               59,301
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利
                          円             25.36               27.49
      益
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調
                         百万円                -               -
       整額
       普通株式増加数                   千株             169,014               154,141
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整                                    -               -
     後1株当たり四半期純利益の算定に含めな
     かった潜在株式で、前連結会計年度末から
     重要な変動があったものの概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

        該当事項はありません。
                                38/41










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。

                                39/41




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2023年2月8日

    株式会社 千 葉 興 業 銀 行

      取 締 役 会  御 中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             東   京   事   務   所
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               近藤 敏弘
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               中桐 徹
                             業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社千葉興
    業銀行の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2022年10月1日から2022年
    12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
    行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社千葉興業銀行及び連結子会社の2022年12月31日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要
    な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                40/41



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社千葉興業銀行(E03557)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
    (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当行(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                41/41











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。