株式会社イー・ロジット 四半期報告書 第24期第3四半期(2022/10/01-2022/12/31)

提出書類 四半期報告書-第24期第3四半期(2022/10/01-2022/12/31)
提出日
提出者 株式会社イー・ロジット
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2023年2月14日

    【四半期会計期間】               第24期第3四半期(自 2022年10月1日 至 2022年12月31日)

    【会社名】               株式会社イー・ロジット

    【英訳名】               e-LogiT    co.,ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長CEO 角井 亮一

    【本店の所在の場所】               東京都千代田区神田練塀町68番地

    【電話番号】               03-3253-1600

    【事務連絡者氏名】               取締役執行役員CFO兼経営管理部長 堀池 康夫

    【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区神田練塀町68番地

    【電話番号】               03-3253-1600

    【事務連絡者氏名】               取締役執行役員CFO兼経営管理部長 堀池 康夫

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/16









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第23期           第24期

              回次                                      第23期
                           第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                           自   2021年4月1日         自   2022年4月1日         自   2021年4月1日

             会計期間
                           至   2021年12月31日         至   2022年12月31日         至   2022年3月31日
    売上高                   (千円)         9,078,430           9,818,390          12,208,682

    経常損失(△)                   (千円)          △ 57,611          △ 75,748         △ 190,197

    四半期(当期)純損失(△)                   (千円)         △ 142,015          △ 117,656          △ 342,238

    持分法を適用した場合の投資利益                   (千円)             -           -           -

    資本金                   (千円)          521,556           525,600           522,536

    発行済株式総数                   (株)         3,475,200           3,500,000           3,481,800

    純資産額                   (千円)         1,963,414           1,663,487           1,767,388

    総資産額                   (千円)         5,542,684           5,824,113           5,239,482

    1株当たり四半期(当期)純損失(△)                   (円)          △ 41.06          △ 33.65          △ 98.80

    潜在株式調整後1株当たり
                       (円)            -           -           -
    四半期(当期)純利益
    1株当たり配当額                   (円)            -           -           -
    自己資本比率                   (%)           35.4           28.5           33.7

                              第23期

                                         第24期
              回次
                                      第3四半期会計期間
                           第3四半期会計期間
                           自   2021年10月1日         自   2022年10月1日

             会計期間
                           至   2021年12月31日         至   2022年12月31日
    1株当たり四半期純利益
                       (円)           7.63         △ 33.71
    又は1株当たり四半期純損失(△)
     (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移につ
         いては記載しておりません。
       2 持分法を適用した場合の投資利益については、                        利益基準及び利益剰余金基準からみて                 重要性の乏しい関連会
         社であるため、記載を省略しております。
       3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期
         (当期)純損失であるため記載しておりません。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
                                 2/16





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経
      営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識し
      ている主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更
      はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

      ①経営成績の状況
       当第3四半期累計期間(2022年4月1日~2022年12月31日)におけるわが国の経済は、ウィズコロナ下の生活様式
      が浸透するなか、経済活動の再開を背景に持ち直しつつあるものの、新型コロナウイルス第8波による感染再拡大
      や、ウクライナ情勢に起因した世界的な原材料費の高騰、急激な円安による輸入価格の高騰、海外景気の減速な
      ど、景気の先行きは依然として不透明な状況が続いております。
       当社においては、引き続き新型コロナウイルス感染防止対策を実施しながら、経営ビジョンである『変化を先取

      りし、人々の感動体験を進化させ続ける』に基づき、消費者行動の変化やテクノロジーの変化を先取りし、多様な
      お客様のニーズに寄り添ったサービスの提供に取り組んでおります。
       当社は、物流業務をアウトソーシングされるEC通販事業者に対して、商品保管・ピッキング・流通加工・梱包・

      配送・代金回収等を行う「物流代行サービス」と、EC通販サイトの運営における、ささげ業務(商品の撮影・採
      寸・原稿)・受注処理・カスタマーサポート等を行う「運営代行サービス」を、EC通販事業者や消費者(購入者)の
      ニーズに対応したワンストップのフルフィルメントサービスとして提供する通販物流事業を運営しております。通
      販物流事業の拠点として当社が運営するフルフィルメントセンター(以下「FC」という。)は、大阪市内に新たに開
      設し2022年11月1日から稼働を開始したFCを含め、東京都に2施設、千葉県に1施設、埼玉県に3施設、大阪府に
      2施設の合計8施設、総延床面積は59,000坪であります。また、物流業務を自社運営される企業向けには、セミ
      ナー、教育、業務改善等の物流コンサルティングサービスを提供しております。
       当社がサービスを提供するBtoC-EC市場の物販系分野において、2021年の市場規模は2020年の12兆2,333億円から1

      兆532億円増加し、13兆2,865億円となりました(出典:経済産業省「令和3年度デジタル取引環境整備事業(電子商
      取引に関する市場調査)」)。オムニチャネルなど小売業における実店舗とECサイトの最適な融合への取組み、メー
      カーが自社の商材をECサイト上で直接消費者向けに販売するDtoC(Direct                                  to  Consumer)の成長、スマートフォンを
      通じた電子商取引のさらなる増加などにより、物販系BtoC-EC市場は引き続き進展していくものと予想されます。
       このような経営環境の中、当第3四半期累計期間における当社の取り組みとしては、引き続き、売上高の高い成

      長を目指し、営業力の強化による新規顧客獲得・顧客基盤の拡大、生産性向上等によるFC運営の強化、人材育成等
      に努めてまいりました。
       この結果、当第3四半期累計期間の売上高は、既存顧客の出荷数量の減少と新規顧客獲得の計画未達により、出

      荷作業料収入が当初の計画を下回り、特に繁忙期である12月において計画を大きく下回ったものの、前年同四半期
      に比べ739,960千円増収の9,818,390千円(8.2%増)となりました。
       利益面におきましては、売上計画の達成を前提としてFC内作業スタッフ等のリソースを確保しておりましたが、
      売上高が計画を下回ったことにより、人件費のほか水道光熱費の上昇分等を吸収できず、営業損失82,314千円(前年
      同四半期は営業損失63,799千円)、経常損失75,748千円(前年同四半期は経常損失57,611千円)、四半期純損失
      117,656千円(前年同四半期は四半期純損失142,015千円)となりました。
       なお、当社は通販物流事業の単一セグメントであるため、セグメント別の業績の記載をしておりません。

      ②財政状態の分析

      (資産の部)
                                 3/16


                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
       当第3四半期会計期間末における資産合計は、前事業年度末比584,631千円増の5,824,113千円となりました。
       流動資産は現金及び預金が290,042千円、受取手形及び売掛金が55,333千円増加したことなどにより、前事業年度
      末比357,890千円増の3,877,316千円となりました。固定資産は、差入保証金が217,103千円増加したことなどによ
      り、前事業年度末比226,741千円増の1,946,797千円となりました。
      (負債の部)

       当第3四半期会計期間末における負債合計は、前事業年度末比688,531千円増の4,160,626千円となりました。
       流動負債は1年内返済予定の長期借入金が88,164千円、未払金が47,691千円増加したことなどにより、前事業年
      度末比211,163千円増の2,973,341千円となりました。固定負債は、長期借入金が351,767千円増加したことなどによ
      り、前事業年度末比477,368千円増の1,187,285千円となりました。
      (純資産の部)

       当第3四半期会計期間末における純資産合計は、資本金及び資本剰余金が6,128千円増加する一方、利益剰余金が
      117,656千円減少したことにより、前事業年度末比103,900千円減の1,663,487千円となりました。
       この結果、自己資本比率は、前事業年度末比5.3ポイント減の28.5%となりました。
     (2)会計上の見積り及び当該見積もりに用いた仮定

       当第3四半期累計期間において、会計上の見積もり及び当該見積もりに用いた仮定に重要な変更はありません。
     (3)   経営方針・経営戦略等

       当第3四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
     (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題についての重要な変更はありません。
     (5)  研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/16









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      11,440,000

                 計                                    11,440,000

      ② 【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               ( 2022年12月31日       )  (2023年2月14日)          商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、権利
                                            内容に何ら限定のない当社に
                                   東京証券取引所
       普通株式            3,500,000          3,500,000                おける標準となる株式であり
                                   スタンダード市場
                                            ます。なお、単元株式数は100
                                            株であります。
        計          3,500,000          3,500,000          -            -
     (注)提出日現在発行数には、2023年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
        た株式数は、含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
    2022年10月1日~
                     -    3,500,000           -     525,600          -     445,600
    2022年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/16





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
     ることができないことから、直前の基準日(2022年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ① 【発行済株式】

                                                2022年12月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    -          -              -

    議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

    議決権制限株式(その他)                    -          -              -

    完全議決権株式(自己株式等)                    -          -              -

                                         権利内容に何ら限定のない当社にお
                     普通株式
    完全議決権株式(その他)                                34,990     ける標準となる株式であります。単
                         3,499,000
                                         元株式数は100株であります。
    単元未満株式                      1,000        -              -
    発行済株式総数                    3,500,000          -              -

    総株主の議決権                    -            34,990             -

      ② 【自己株式等】

         該当事項はありません。
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
     (1)   退任役員
           役職名                   氏名                 退任年月日
           取締役                 羽森 綱平                 2022年8月31日
     (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

        男性       7 名 女性      ―名(役員のうち女性の比率               ―%)
                                 6/16









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2022年10月1日から2022年12月
     31日まで)及び第3四半期累計期間(2022年4月1日から2022年12月31日まで)に係る四半期財務諸表について、監査法
     人和宏事務所による四半期レビューを受けております。
      なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
      第23期事業年度 EY新日本有限責任監査法人
      第24期第3四半期会計期間及び第3四半期累計期間 監査法人和宏事務所
    3   四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 7/16















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              2,070,057              2,360,100
        受取手形及び売掛金                              1,151,835              1,207,168
        原材料及び貯蔵品                                24,116              28,967
        その他                               285,422              290,413
                                      △ 12,004              △ 9,332
        貸倒引当金
        流動資産合計                              3,519,426              3,877,316
      固定資産
        有形固定資産                               379,673              389,563
        無形固定資産                                15,457              67,156
        投資その他の資産
         差入保証金                             1,203,309              1,420,412
         その他                              148,137               77,979
                                      △ 26,521              △ 8,314
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,324,925              1,490,077
        固定資産合計                              1,720,056              1,946,797
      資産合計                                5,239,482              5,824,113
                                 8/16













                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               862,557              901,396
        1年内返済予定の長期借入金                               191,588              279,752
        未払金                              1,446,670              1,494,361
        未払法人税等                                19,756               8,400
        賞与引当金                                70,000              44,072
                                       171,606              245,358
        その他
        流動負債合計                              2,762,178              2,973,341
      固定負債
        長期借入金                               525,774              877,541
        資産除去債務                                83,566              97,292
                                       100,576              212,451
        その他
        固定負債合計                               709,916             1,187,285
      負債合計                                3,472,094              4,160,626
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               522,536              525,600
        新株式申込証拠金                                  543               -
        資本剰余金                               442,536              445,600
                                       799,422              681,765
        利益剰余金
        株主資本合計                              1,765,038              1,652,967
      評価・換算差額等
                                        2,349              4,849
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                2,349              4,849
      新株予約権                                    -            5,670
      純資産合計                                1,767,388              1,663,487
     負債純資産合計                                 5,239,482              5,824,113
                                 9/16










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期損益計算書】
      【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                               (自  2021年4月1日              (自  2022年4月1日
                                至  2021年12月31日)               至  2022年12月31日)
     売上高                                 9,078,430              9,818,390
                                      8,581,174              9,289,140
     売上原価
     売上総利益                                  497,255              529,250
     販売費及び一般管理費                                  561,054              611,564
     営業損失(△)                                  △ 63,799             △ 82,314
     営業外収益
      受取利息                                    9              9
      受取配当金                                  1,943              2,520
      受取保険金                                    -             245
      物品売却益                                  3,863              4,134
      投資事業組合運用益                                  2,014                -
                                        1,970              2,862
      その他
      営業外収益合計                                  9,802              9,772
     営業外費用
      支払利息                                  2,950              3,091
                                         663              115
      その他
      営業外費用合計                                  3,614              3,207
     経常損失(△)                                  △ 57,611             △ 75,748
     特別利益
      固定資産売却益                                    -              9
                                        2,141                -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                  2,141                9
     特別損失
      固定資産除売却損                                   842             1,146
                                          -            1,536
      移転費用
      特別損失合計                                   842             2,682
     税引前四半期純損失(△)                                  △ 56,312             △ 78,421
     法人税、住民税及び事業税
                                        17,760             △ 13,766
                                        67,942              53,001
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   85,702              39,235
     四半期純損失(△)                                 △ 142,015             △ 117,656
                                10/16








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (会計方針の変更等)
      (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
      「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価算定会
     計基準適用指針」という。)を第1四半期会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に定める
     経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することといた
     しました。
      なお、財務諸表に与える影響はありません。
      (四半期貸借対照表関係)

      当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行2行との間で当座貸越契約を締結しております。当座貸越
     契約は、次のとおりであります。
                             前事業年度              当第3四半期会計期間

                                            ( 2022年12月31日       )
                           ( 2022年3月31日       )
       当座貸越限度額
                                   300,000千円                 150,000千円
       借入実行残高
                                      ―                  ― 
       差引額                           300,000千円                 150,000千円
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
       間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであ
       ります。
                             前第3四半期累計期間                 当第3四半期累計期間

                             (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                             至   2021年12月31日       )       至   2022年12月31日       )
        減価償却費                         48,460千円                 64,650千円
        のれんの償却額                          1,499千円                 1,499千円
      (株主資本等関係)

      前第3四半期累計期間(自               2021年4月1日        至   2021年12月31日       )
      1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
    2021年6月29日
               普通株式         10,200        3.00    2021年3月31日          2021年6月30日         利益剰余金
    定時株主総会
      2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後とな

        るもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動に関する事項

       当社は2021年4月19日を払込期日とする第三者割当増資(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者
      割当増資)による新株式33,200株の発行により、資本金及び資本準備金がそれぞれ22,908千円増加しております。
       この結果、当第3四半期累計期間における新株予約権の行使による新株の発行を含めて、当第3四半期会計期間
      末において、資本金が521,556千円、資本剰余金が441,556千円となっております。
                                11/16




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
      当第3四半期累計期間(自              2022年4月1日        至   2022年12月31日       )
      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後とな

        るもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動に関する事項

        該当事項はありません。
      (持分法損益等)

       当社が有しているすべての関連会社は、利益基準及び利益剰余金基準からみて                                    重要性の乏しい関連会社           であるた
      め、記載を省略しております。
      (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
        当社は、「通販物流事業」の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
      (収益認識関係)

       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       当社の売上高は、主に顧客との契約から認識された収益であり、当社の報告セグメントを財又はサービスの種類
      別に分解した場合の内訳は、以下のとおりです。
      前第3四半期累計期間(自              2021年4月1日        至    2021年12月31日       ) 

                                  (単位:千円)
                              報告セグメント
                              通販物流事業
    物流運営・代行サービス                                  8,869,663
    物流コンサルティングサービス                                    68,577
    顧客との契約から生じる収益                                  8,938,241
    その他の収益                                   140,188
    外部顧客への売上高                                  9,078,430
     (注)   その他の収益は、「リース会計に関する会計基準」の範囲に含まれる不動産賃貸収入等であります。
      当第3四半期累計期間(自              2022年4月1日        至    2022年12月31日       ) 

                                  (単位:千円)
                              報告セグメント
                              通販物流事業
    物流運営・代行サービス                                  9,582,311
    物流コンサルティングサービス                                    31,011
    顧客との契約から生じる収益                                  9,613,323
    その他の収益                                   205,067
    外部顧客への売上高                                  9,818,390
     (注)   その他の収益は、「リース会計に関する会計基準」の範囲に含まれる不動産賃貸収入等であります。
                                12/16



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
      以下のとおりであります。
                                 前第3四半期累計期間             当第3四半期累計期間

                                 (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                項目
                                 至   2021年12月31日       )    至   2022年12月31日       )
    (1)1株当たり四半期純損失(△)                                   △41円06銭             △33円65銭
     (算定上の基礎)

      四半期純損失(△)(千円)                                  △142,015             △117,656

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -             -

      普通株式に係る四半期純損失(△)(千円)                                  △142,015             △117,656

      普通株式の期中平均株式数(株)                                  3,458,650             3,496,554

    (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                                           -             -
     (算定上の基礎)
      四半期純利益調整額(千円)                                     -             -
      普通株式増加数(株)                                     -             -
                                             2022年6月29日開催の取締
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり                                         役会決議による第4回新株
    四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前事業                                       -  予約権
    年度末から重要な変動があったものの概要                                         新株予約権の数 545個
                                              (普通株式 54,500株)
     (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、                         潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失                         で
        あるため、記載しておりません。
      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                13/16









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                14/16



















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2023年2月14日

    株式会社イー・ロジット
     取締役会      御中
                       監査法人和宏事務所

                       東京都千代田区

                        代表社員
                                   公認会計士          大  嶋     豊
                        業務執行社員
                        代表社員

                                   公認会計士          大  塚  尚  吾
                        業務執行社員
    監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社
    イー・ロジットの2022年4月1日から2023年3月31日までの第24期事業年度の第3四半期会計期間(2022年10月1日
    から2022年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(2022年4月1日から2022年12月31日まで)に係る四半期財務諸
    表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社イー・ロジットの2022年12月31日現在の財政状態及び同日を
    もって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において
    認められなかった。
    監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを
    行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の
    責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、
    また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手し
    たと判断している。
    その他の事項

     会社の2022年3月31日をもって終了した前事業年度の第3四半期会計期間及び第3四半期累計期間に係る四半期財
    務諸表並びに前事業年度の財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が実施されている。
    前任監査人は、当該四半期財務諸表に対して2022年2月14日付けで無限定の結論を表明しており、また、当該財務諸
    表に対して2022年6月29日付けで無限定適正意見を表明している。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸
    表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成
    し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切で
    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業
    に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四
    半期財務諸表に対する結論を表明することにある。
                                15/16

                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社イー・ロジット(E36405)
                                                            四半期報告書
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠し
      て実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が
      認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥
      当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められない
      かどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      において四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事
      項が適切でない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監
      査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は
      継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・   四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準
      に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表
      の表示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる
      事項が認められないかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重
    要な発見事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
    と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセー
    フガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以  上 
     (注)   1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                16/16









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。