テルストラ・コーポレーション・リミテッド 有価証券報告書

提出書類 有価証券報告書
提出日
提出者 テルストラ・コーポレーション・リミテッド
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     令和4年12月2日

    【事業年度】                     自 2021年7月1日 至 2022年6月30日

    【会社名】                     テルストラ・コーポレーション・リミテッド

                          (Telstra     Corporation       Limited)
    【代表者の役職氏名】                     会社秘書役

                          スー・レーバー
                          (Sue   Laver   , Company     Secretary     )
    【本店の所在の場所】                     オーストラリア連邦 ヴィクトリア州3000

                          メルボルン市 エクスビション・ストリート242
                          (242   Exhibition      Street,     Melbourne,      Victoria     3000
                          Commonwealth       of  Australia)
    【代理人の氏名又は名称】                     弁護士  梅津 立

    【代理人の住所又は所在地】                     東京都千代田区大手町一丁目1番1号

                          大手町パークビルディング
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
    【電話番号】                     (03)6775-1000
    【事務連絡者氏名】                     弁護士  久米 野乃香

    【連絡場所】                     東京都千代田区大手町一丁目1番1号

                          大手町パークビルディング
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
    【電話番号】                     (03)6775-1000
    【縦覧に供する場所】                     該当事項なし

                                  1/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    第一部      【企業情報】

     (注)1 本書において、別段の記載がある場合を除き、下記の語は以下の意味を有するものとする。

          「我々」、「当社」または「テルストラ」  別段の記載がある場合を除き、テルストラ・コーポレーション・リ
                               ミテッド(ABN       33  051  775  556)およびその被支配会社全体
          「普通株式」               テルストラ・コーポレーション・リミテッドの普通株式
          「連邦」                 オーストラリア連邦
        2 別段の記載がある場合を除き、本書に記載の「豪ドル」および「豪セント」は連邦政府の法定通貨を指すものと

          する。本書において便宜上記載されている日本円への換算は、別段の記載のある場合を除き、1豪ドル=94.17円
          の換算率(2022年9月30日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信直物売買相場の仲値)により計算されてい
          る。
        3 テルストラの会計年度は、6月30日をもって終了する1年間である。本書では、2022年6月30日に終了した会計

          年度を「2022年度」または「2022事業年度」といい、他の会計年度についてもこれに準ずる。特に明記しない限
          り、本書における情報は2022年8月11日現在のものとする。
        4 本書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。

        5 「将来予測に関する記述」についての注意点

          本書に記載する情報には、最新の情報および想定に基づき、種々のリスクや不確実性に左右される将来予測に関
          する記述を構成するものがある。これらの記述は、「可能性がある」、「予定である」、「予期する」、「予想す
          る」、「見積もる」、「引き続き~する」、「計画である」、「意図している」、「信じる」、「目標」、「見通
          し」、「指針」等、またはこれらに類する将来を予測する用語の使用により確認することができる。当社の実際の
          業績、パフォーマンスや成果は、かかる将来予測に関する記述において明示的もしくは暗示的に記載されているも
          のとは著しく異なる可能性がある。
          当社の実際の業績、パフォーマンスや成果が本書に明示的もしくは暗示的に記載されている将来予測に関する記
          述と大きく相違することとなる可能性のある重要な要因については、「第一部 第3 2 事業等のリスク」およ
          び本書のその他の項目(「第一部 第3 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」を含む。)に記載して
          いる。これらのリスク、不確実性やその他の要因を踏まえ、将来予測に関する記述に過度に依拠すべきではない。
          TM              TM

        nbn  、nbn   coおよびその他のnbn           のロゴおよびブランドは、nbn              co・リミテッドの商標であり、ライセンスに従って
        使用される。
        フォクステル(Foxtel)は、20世紀フォックス・フィルム・コーポレーションの登録商標である。
                                  2/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    第1    【本国における法制等の概要】
    1  【会社制度等の概要】

     (1)  【提出会社の属する国・州等における会社制度】
        当社は、オーストラリア連邦の法律である2001年会社法(Corporations                                     Act)によって規制されている。会
       社法は、オーストラリア証券・投資委員会(Australian                             Securities      and  Investments       Commission)の管轄の
       下にある。会社事務書類は、オーストラリア証券・投資委員会のウェブサイトを通じてオンライン上で提出す
       るか、または、ヴィクトリア州に所在するオーストラリア証券・投資委員会のトララルゴン事務所にメールで
       提出することができる。当社はオーストラリア連邦に於いて設立され、オーストラリア首都特別地域に登録さ
       れている。
        会社法の規制を受ける上場公開会社として当社に適用のある会社法の主要な規定の概略は以下の通りであ
       る。
        会社を登録するには、その申請書をオーストラリア証券・投資委員会に提出しなければならない。オースト
       ラリア証券・投資委員会がこの申請書を受理し、登記証明書を発行して初めて会社は適法な法人として存在す
       ることとなる。
        オーストラリア証券取引所(「ASX」)に上場している企業として、当社は、当社およびASX間の契約として
       機能する、オーストラリア証券取引所上場規則の規定に服する。オーストラリア証券取引所上場規則の一部
       (オーストラリア証券取引所の市場公表基盤を通じた情報の継続開示に関するもの。)は、会社法のもとで法
       的効力を与えられる。
       定款

        会社はその選択により、定款(Constitution)を置くことができる。定款は会社の基礎をなす書類として、
       会社法とともに会社内の経営および管理に関する規則を定めるものである。会社が定款を置かないことを選択
       する場合、社内の経営および管理に関する事項は会社法のみに基づくことになる。
        定款には、会社の業務、事務、権利および権限並びに株主、取締役その他の役員の権利および権限に関し
       て、法律の規定と矛盾しないあらゆる事項を定めることができる。定款は、28日以上前に通知がなされた株主
       総会において、自らまたは代理人または代表者により出席し投票した株主の議決権の少なくとも75%によって
       特別に決議された場合にのみ変更することができる。
        定款は通常次の事項に関する規定を含んでいる。
        ・会社の株式に付随する権利および義務(株式の名義書換および譲渡に関する事項を含む)。
        ・株主総会に於ける議決権の行使(定足数および議長の任命に関する事項を含む)。
        ・取締役の員数、権限および職務、任免に関する手続並びに取締役会の議事の運営。
        ・配当の宣言およびその支払。
                                  3/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        ・財務書類の管理および特定の財務報告書等の株主総会への提出。
        ・株主への通知の送付に係る諸手続。
        ・会社の清算時における財産の分配。
       株主

        会社法の規定に従い、1名以上の株主を有する公開会社については、株主総会は少なくとも毎年1回開催さ
       れなければならない。この株主総会を年次株主総会と称する。また、取締役および一定比率以上の株式を保有
       する株主は、その他の株主総会を招集することができる。年次株主総会の通常の活動は、取締役の選任、取締
       役報酬の上限額の決定、監査人の任命、財務書類および報告書の審議並びに報酬報告書(Remuneration
       Report)の採択である。
        会社の株式に付随する議決権については、株主総会におけるその行使方法と共に、定款に定められている。
        株主総会への出席権および議決権を有する株主は、代理人(プロクシー、法定代理人または代表者)によっ
       て株主総会に出席することができる。この場合の代理人は会社の株主たることを要しない。
        株主総会の決議は、一般に普通決議、即ち自らまたは代理人により出席し投票した株主議決権の単純過半数
       によって採択される。しかし、特定の事項(例えば定款の変更)については、会社法、オーストラリア証券取
       引所上場規則または定款によって、特別決議、即ち自らまたは代理人により出席し投票した株主の議決権の少
       なくとも75%をもって可決されることを要する。
        会社法第671条Bによる通知-ある者(またはその関係者)が関連する持分を有する議決権付株式に付された
       議決権の数の合計がASXに上場している企業の議決権付株式に付された議決権の総数の5%以上である場合、
       かかる者は当該持分をオーストラリア証券取引所および当社に通知しなければならない。さらに、かかる持分
       の一定の変動も通知しなければならない。
        会社法第672条Aによる通知-オーストラリア証券・投資委員会は自発的に、ASXに上場している企業の株主
       名簿上の株主に対し、その株主の株式に対する権利やその保有する株式について当該株主以外で「関連する利
       害」を有する者全員の利害に関して詳細を報告するよう請求した通知書を送付することができる。かかる通知
       書は当該通知書を既に送付した者からの回答において開示された者に対してもさらに送付することができる。
       ただし、オーストラリア証券・投資委員会は、株主から請求があれば、(いかなる状況においても不合理であ
       ると考えられる場合を除き)これらを行う義務を負う。本手続は、連鎖する株主系統の最終的な実質株主の情
       報が開示されるまで続けて行うことができる。オーストラリア証券・投資委員会のほか、ASXに上場している
       企業も自発的にかかる「追跡型の」通知を送付することができる。
                                  4/428








                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        第672条Aによる通知はオーストラリア国外に居住している株主または株式に利害を有する者に交付すること
       ができる。第672条Aによる通知を受け取った者は、法律により2営業日以内に通知に従うよう義務づけられて
       いる。但し、かかる通知を受け取った者がオーストラリア証券・投資委員会に対し開示義務の変更を証する免
       除証書または告知書を申請し、これを取得した場合にはこの限りではない。第672条Aによる通知に従い正確な
       詳細情報を開示しなかった者は、かかる違反行為により損失を被った者に対し損害賠償の責任を負うことがあ
       る。
       経営および運営

        当社のような公開会社は3名以上の取締役によって運営しなければならない。取締役は自然人でなければな
       らず、そのうち少なくとも2名はオーストラリアに通常居住する者であることを要する。また、1991年連邦テ
       ルストラ・コーポレーション法(「テルストラ法」)の規定によると、当社の会長および当社の取締役の過半
       数は、オーストラリア市民でなければならない。取締役の会社運営権限(およびこの権限に対するすべての制
       限)は一般的には定款で定められている。定款は通常、取締役に対して、特定の職務の遂行または特定分野の
       業務の処理のために委員会を設置する権限を付与している。
        取締役は、取締役会として行為しなければならず、取締役会は諸決議を会議で行うほか、定款に別段の規定
       がない限り、会議を開催することなく書面決議の方法によりこれを行うことができる。取締役は、取締役会の
       決議で付与された権限の範囲内に於いてのみ会社を単独で代理して行為する実際の権限を有するが、マネージ
       ング・ディレクター(Managing                Director)は会社を代理して行為する一定の黙示的な権限を有する。
        公開会社は1名または複数の秘書役を置くことを義務づけられているが、会社法はその他の特定の役員の任
       命を要求していない。秘書役は会社法に基づく特定の機能と責任を有しており、各秘書役はオーストラリア国
       内に通常居住する1名以上の自然人でなければならない。
        定款は、会社の業務運営権限を取締役に付与するのみならず、通常は、取締役が業務運営権限を専有するも
       のと定めており、これによって、株主が会社業務の運営方法につき取締役会に指示を与え、業務遂行につき取
       締役会の決定した事項を覆すことを排除している。但し、株主は次の事項について最終的決定権を保持してい
       る。
       (a)   取締役会に諸権限を付与している定款の規定を株主総会において修正すること。
       (b)   取締役の全員若しくは一部の解任または不再任を決議すること。
        取締役は合理的な注意をもってこれにあたる義務を負い、その権限の行使と義務の履行に際しては常時会社
       の利益が最大となるように誠実に、かつ適切なる目的をもってこれを行うことが要求されている。また、取締
       役は、自己または第三者が不当な利益を得るためにその地位または知識を利用してはならない。
       株式の発行

        取締役会が適切と判断した条件により新株式を発行することができる。但し、定款またはオーストラリア証
       券取引所上場規則に別段の定めがある場合はこの限りでない。
                                  5/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       会計
        当社は、会社法に基づき、その取引ならびに財政状態および経営成績を正確に記録しかつこれを説明する会
       計帳簿を保持することを要する。これらの帳簿は、真正かつ公正な財務書類を作成し、その監査を受けるのに
       十分なものでなければならない。当社はまた、各会計年度について会計基準によって要求される財務書類、そ
       の注記ならびに財務書類および注記に対する取締役会の宣言からなる財務報告書を作成しなければならない。
       財務報告書は、会社法ならびに関連する会計士および監査人の職業団体が定める手続および基準に従って、登
       録会社監査人(「監査人」)による監査を受けなければならない。監査人は、財務報告書が会計基準に従って
       会社(連結財務書類が要求される場合は連結会社)の財政状態および業績の真正かつ公正な概観を示している
       か否かを含め、会社法に則っているか否かを記載した報告書を作成し、これを当社に提出しなければならな
       い。
        取締役は、会社法で特定された事項に関する株主宛の報告書を作成しなければならない。これらの事項に
       は、主要業務活動、配当提案額(もしあれば)および配当支払額または宣言額、当該会計年度の当社の事業
       (およびそれらの事業の業績)の検討、一定の会計年度中に於ける重要な業務内容の変更および当該会計年度
       末以降に生じた事象のうち当社の業務、経営成績または財政状態に重大な影響を及ぼしたかまたは将来の事業
       年度中に重大な影響を及ぼす可能性のあるすべての事項が含まれる。取締役報告書には、取締役および主要経
       営陣の報酬に関連する取締役会の方針その他の情報を含めなければならない。
        当社は、株主に当社の財務報告書および取締役報告書(または当社が作成することを決定した場合には、簡
       易財務報告書)を、年次株主総会の21日前または当社の事業年度末から4ヶ月後のいずれか早い方までに提供
       しなければならない。これは、財務報告書および取締役報告書(または当社が作成することを決定した場合に
       は、簡易財務報告書)の写しを、当社のウェブサイトで入手可能な状態にすることならびにこれを入手できる
       場所および方法を株主に通知することにより充足される。株主がこれらの書類の写しを受領することを書面に
       より選択した場合には、当社は、株主に財務報告書および取締役報告書(または当社が作成することを決定し
       た場合には、簡易財務報告書)を送付しなければならない。財務報告書は、各事業年度終了後3ヶ月以内に
       オーストラリア証券取引所およびオーストラリア証券・投資委員会にも提出しなければならない。株主は上の
       書類を受けとらないことを選択することができる。
       配当

        当社の場合、すべての配当について、これを支払うか否かの決定権が取締役会に付与されている。会社法の
       規定によると、会社は、会社の資産が配当の宣言の直前に負債を上回っており、その超過額が配当の支払いに
       十分な額でない限り、配当を支払ってはならない。配当の支払は、総じて株主にとって公正かつ合理的であ
       り、支払は、当社の債権者に対する支払能力を実質的に害することはない。
                                  6/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        オーストラリアの各州および各テリトリー(州未編入地域)の法律は未請求の配当は当社が留保し、一定の
       年限(各法域により期間は異なる。)経過後は、当該州またはテリトリーに支払われる旨を規定する。当該州
       またはテリトリーに支払われる未請求配当に関する詳細は、当該州またはテリトリーの登記において公告され
       なければならない。正当な権利者は申請により当該州またはテリトリーに支払われた金額の払戻しを請求でき
       る。
        また、当社の定款は、取締役会が株主を代理して未請求の配当金、分配金もしくはその他の資金を当社の株
       式の取得の為に再投資すること、または請求が行われるもしくは未請求金の関連法令に基づく取り扱いを義務
       づけられるまで当社の利益のために適宜当該資金を取り扱うことができると規定している。かかる再投資によ
       り生じる残額は、取締役の決定により、繰越または株主を代理して慈善事業に対して寄付されることができる
       が、しなくても良い。
       減資

        当社は法律の認めるところに従い、裁判所の許可を得ずとも随時資本金を減少させることができる。「平等
       な減資」の場合、当会社の株主総会において単純過半数の承認を受けなければならない。「選択的減資」の場
       合、当社の株主総会(減資の一部として対価を受け取るか、株式に関して未払いの金額を支払う債務が減額さ
       れることとなる株主またはその関係者は議決権を有しない。)における特別決議または普通株式保有者全員一
       致の決議による承認を受けなければならない。当社はまた一定の条件に従って裁判所の承認を得ずに株式を買
       い戻すことができる。
       取引市場の性質

       株式が上場されている取引所
        当社および当社の全ての発行済株式はオーストラリア証券取引所(「ASX」)に上場している。当社の株式
       は、オーストラリア証券取引所と競合する代替株式取引市場であるチャイエックス・オーストラリア(「Chi-
       X Australia」)においても取引可能である。
        2021年6月16日まで、当社の株式はニュージーランド証券取引所(「NZX」)にも上場されていた。当社
       は、2021年6月18日にNZXにおいて上場廃止となった。
     (2)  【提出会社の定款等に規定する制度】

       株式および定款の概要
        以下に記載するのは、株式に関する一定の情報ならびに当社の定款の重要な規定の要約である。当社の定款
       は株主の権利について多数規定している。この要約は定款に含まれる全ての情報を網羅したものではなく、株
       主としての権利の詳細については当社の定款の全文を参照すべきものである。
        2022  年6月30日現在、テルストラ・コーポレーション・リミテッドの全額払込済発行済普通株式数は
       11,554,427,353        株であった。
        現在、当社は普通株式1種類の株式を保有する。オーストラリアにおいては授権資本の概念が廃止されたた
       め、発行可能株式数には制限がない。オーストラリアでは、株式に係る額面価額の概念も廃止された。つま
       り、株式の発行価格は自由に決定できる。
                                  7/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       株主名簿
        株主の電子的登録が行われる
        オーストラリア株主名簿は電子的である。すべての株主はオーストラリア株主名簿に登録される。当社は、
       オーストラリア証券取引所の上場規則、オーストラリア証券取引所決済業務規則(ASX                                            Settlement      Operating
       Rules)ならびにASXクリアの業務規則(ASX                       Clear   Operating      Rules)に従い、決済機構電子予備登録システ
       ム(Clearing       House   Electronic      Sub-register       System)(「CHESS」)に参加することが認められている。こ
       のシステムのもとでは、発行者運営電子予備登録簿および電子CHESS予備登録簿を維持する。これらの予備登
       録簿を合わせてオーストラリアの株主名簿とする。株主は、無償で株主名簿を閲覧することができる。会社法
       に基づき、ある一定の状況のもとで、いかなる第三者も株主名簿を閲覧またはその写しを取得することができ
       る。会社法は、株主名簿上の情報の株主または第三者による使用および開示に対して一定の制限を設けてい
       る。
        取締役会は、法令またはオーストラリア証券取引所の上場規則に従い、株券の不発行を決定することができ
       る。株主名簿が電子的なものであるため、すべての株主はその株式保有の内容について通知を受ける。通知は
       銀行の残高通知書と類似のものであり、株主の保有株式数を知らせるものである。株主名簿上の株式保有に変
       更があった場合、株主は月末時点における株式保有に関して新たな通知を受領する。株主は株券の交付を受け
       ない。株主がCHESS予備登録簿に登録されている場合、株主の保有者識別番号(Holder                                                Identification
       Number)(「HIN」)が株主に対する通知に記載される。株主が発行者運営予備登録簿に登録されている場
       合、有価証券保有者参照番号(Security                     Holder    Reference      Number)(「SRN」)が株主に通知される。株主
       は、証券会社と取引する際または当社の株式登録機関に連絡する場合、自己のHINまたはSRNを申し出なければ
       ならない。
        オーストラリアにおける株式登録機関は、リンク・マーケット・サービシズ・リミテッド(Link                                                   Market
       Services     Limited)である。
       株式の譲渡

        オーストラリアにおける株式譲渡の方法は以下のとおりである。
        オーストラリアにおける株式の譲渡

        株式の電子決済による場合は、オーストラリア証券取引所決済業務規則および当社が参加しているオースト
       ラリア証券取引所策定または認定の電子決済制度の規則に従って、株式の譲渡は行われなければならない。そ
       の他の場合には、譲渡人および譲受人によって作成された譲渡証書(必要がある場合、印紙を貼付する。)に
       より行われる。当社の取締役会は、会社法、オーストラリア証券取引所の上場規則、ならびにオーストラリア
       証券取引所決済業務規則、当社の定款その他テルストラ法を含む法律の規定に従い、上記の手続に従う譲渡の
       登録を行わなければならない。取締役は、特定の状況において、電子決済を取り止めるためにオーストラリア
       証券取引所決済に対しホールディング・ロックを適用するよう要求することができる。
                                  8/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       当社株式の外国人による所有には一定の制限がある
        外国人は、個別にまたは合計して当社株式の一定割合以上を保有できない。これは、
       ・テルストラ法およびテルストラ法に基づき定められた規制
       ・当社の定款および当社の定款に従いテルストラによって定められた規制
       に定められている要件である。
        オーストラリアの会社の外国資本による買収は、オーストラリアの1975年外資企業取得買収法およびオース
       トラリア連邦政府の外国資本政策によっても規制されている。
        この規制については、下記「第1 2 外国為替管理制度」を参照のこと。
       定款および備置書類

        当社の定款
         以下は、株主に影響を与える可能性のある当社定款の主要な規定の要約である。
         当社の定款は、2020年10月13日に開催された2020年度年次株主総会において採択された。
        株式の追加発行

         当社の取締役会は、その裁量により株式を発行することができる。しかしながら、取締役は当社の定款、
        会社法、テルストラ法、オーストラリア証券取引所の上場規則、ならびに株主に付与された特別の権利に
        従って行為しなければならない。
        払込請求

         当社の取締役会は、株主が保有する株式にかかる払込未了の金銭について、当該株式の発行条件に従い、
        株主に払込を請求することができる。当社の株主は、それ以上の資本の払込請求につきその他に何ら責任を
        負わない。
        優先株式

         当社の取締役会は、普通株式による強制償還条項または普通株式への転換条項を含むことのある優先株式
        を発行することができる。
         各優先株式の保有者には優先配当受領権および清算の権利が付与されるが、一定の状況または取締役が定
        めるところを除き株主総会における議決権は付与されない。
         償還可能な優先株式の発行条項に従った償還通知を受領した場合、当社は当該優先株式の該当価格を支払
        わなければならない。
                                  9/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        外資所有制限
         テルストラ法は、テルストラに対する特定の外資所有を制限している。当社の定款は、当社がかかる制限
        を監視し実施することを意図した規定を置いている。当社は、当該規定を実施するための規則を採択した。
        当該規則はすべての株主を拘束する。これらの概要については本書の下記「第1 2 外国為替管理制度」
        の項を参照。
        権利の変更

         当社の株式に付された権利は、当該種類の発行済株式の75%を有する株主による書面の同意または当該種
        類の発行済株式の株主による種類株主総会において採択された特別決議による承認をもって変更し、または
        放棄することができる。
        一般的権限

         定款に基づき、当社は株式有限責任会社が法律上行使できるあらゆる権限および実行することができるあ
        らゆる行為を行使し実行することができる。当社の定款には特定の目的は掲げられていない。
        借入権限

         当社の取締役は、その絶対的な裁量により借入にかかる一切の権限を行使することができる。この権限
        は、当社の定款を変更することによってのみ変更することができる。なお、定款の変更には、当社株主が株
        主総会において特別決議を採択する必要がある。
        株主による承認の必要性

         当社の業務遂行権限は取締役に付与されている。しかしながら、定款、会社法およびオーストラリア証券
        取引所上場規則により、取締役の選任および主要事業の売却または処分等の一定の重要事項については株主
        の承認を要する。
        取締役会および株主は株主総会を招集できる

         取締役会は、その裁量により株主総会を招集することができる。また、株主総会において行使可能な議決
        権の5%以上を有する株主の要求がある場合、取締役は株主総会を招集し開催の手続をしなければならな
        い。
        株主総会への出席および招集通知

         株主は、株主総会にかかる通知を受け、株主総会に出席することができる。当社は、会議の28日前までに
        招集通知を株主全員に送付する。
         株主総会の議長は、一定の状況において総会への出席を制限することのほか、株主総会の出席者の安全を
        確保し、議事を整然と進行するために適切であると考えるあらゆる行為を行うことができる。
                                 10/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         取締役または議長から株主総会への出席を要請された者(株主であるか否かを問わない。)は、株主総会
        に出席し、議長から要請がある場合には総会の席上で発言する権利を有する。
         当社は、株主全員が参加できる合理的な機会を提供する、取締役が承認した技術を利用した株主総会を開
        催することができる。当該総会への参加は、当該総会に「直接」出席しているものとみなされる。
         かかる技術を通じて出席した株主は総会の主たる会場に出席した場合と同様にあらゆる議決権を行使する
        ことが認められる。当社は、COVID-19パンデミックとこれに伴う政府の制限措置により、2020年度および
        2021年度において、取締役が承認した技術を利用して株主総会を開催した。
        議決権

         株主(オーストラリアの居住者または非居住者の別を問わない。)は、株主総会において自らまたは代理
        人もしくは代表者により(当該株主が個人であるか法人であるかによる。)議決権を行使することができ
        る。
         取締役会は、株主が、株主総会で審議される決議事項に関し、総会前に当社に議決権行使の内容を郵送、
        ファックスまたは取締役会により認められたその他の電子的手段により送付することで直接議決権を行使す
        ることを許可することができる。かかる取扱いを認めるか否かは取締役会の裁量による。かかる選択肢は、
        株主が自ら総会に出席することができず、代理人、代行者または代表者の指名を希望しない場合であっても
        当該株主の議決権を算入することができるということを意味する。
         定足数を満たすためには、3名の株主が自らまたは代理人もしくは代表者により出席しなければならな
        い。技術を利用して総会が開催される場合、当該3名の株主は同じ場所にいる必要はなく、技術を利用した
        参加で十分である。定刻を30分経過しても定足数を満たさない場合において、
        ・当該株主総会が株主により招集されたものであるときは、当該総会は解散され、
        ・その他の場合においては、株主総会は翌週の同じ日時および場所、または、出席した取締役が決定する日
         時および場所に延期される。延期された総会の定刻を30分経過しても定足数を満たさない場合には、延
         期された株主総会は解散される。
         株主総会における議決権の行使は、通常、投票によって行われなければならない。
         当社の定款および当社株式に付された権利または制限に服することを条件として、                                           投票  による場合、自ら
        または代理人もしくは代表者により出席する各株主は保有する全額払込済株式1株につき1個の議決権を有
        する。   決議の決定が挙手による場合、当社の定款および当社株式に付された権利または制限に服することを
        条件として、自らまたは代理人もしくは代表者により出席する各株主は1個の議決権を有する。                                                 当社の株式
        は現在1種類の全額払込済普通株式のみであり、議決権行使上の制限はない。払込請求金額の全額の払込が
        完了していない場合には、当該株式にかかる議決権数は、投票において、当社の定款に従って削減される。
                                 11/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         普通決議は、
        ・挙手による場合には、決議のために自らまたは代理人もしくは代表者により出席し議決権を行使する、議
         決権を行使することができる株主の過半数の賛成により、また
        ・投票による場合には、(取締役会により承認された場合)直接投票を行うか、普通決議のために自らまた
         は代理人もしくは代表者により出席し、かつ行使された議決権の過半数に相当する株主の賛成により
        採択される。
         特別決議は、
        ・挙手による場合には、決議のために自らまたは代理人もしくは代表者により出席し議決権を行使する、議
         決権を行使することができる株主の75%以上の賛成により、また
        ・投票による場合には、(取締役会により承認された場合)直接投票を行うか、特別決議のために自らまた
         は代理人もしくは代表者により出席し、かつ行使された議決権の75%以上に相当する株主の賛成により
        採択される。
        配当

         当社株式に付された特別な権利および株式の発行条件に従うことを条件として、株主は、保有する株式
        の数および当該株式への払込金額に応じて配当を収受する。現在、当社株式に特別な権利は付されていな
        い。
         取締役会は、配当の支払方法を決定し、株主に対して、指定の口座への電信振替により配当を支払うこ
        とができる。請求のない配当金は、一定の状況においては、関連する株主を代理して、およびその名義によ
        り、テルストラ株式に再投資すること、または請求が行われるもしくは未請求金の関連法令に基づく取り扱
        いを義務づけられるまで取締役会が当社の利益のために適宜当該資金を取り扱うことができる。
         株式に対する配当金は取締役が指定した基準日、または基準日が指定されていない場合には配当支払日と
        して指定された日において株主名簿に株主として登録される資格を有する者に対して支払わなければならな
        い。基準日以前に登録されていない株式の譲渡による配当を受領する権利の移転は効力を有しない。
        利益に対する権利

         配当を支払う権限およびその支払時期を決定する権限は、取締役会に付与されている。
         当社の取締役は、配当の支払を決議しまたは支払う前に、積立金に充当すべきと判断する金額を当社の
        利益から控除することができる。また、配当として分配すべきでないと判断する利益について、積立金に積
        み立てず繰り越すことができる。
        株主に送付される書類

         株主は、財務諸表または当社の定款、会社法またはオーストラリア証券取引所の上場規則に基づき当社が
        送付しなければならないその他の文書の写しを受領する。
                                 12/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         株主は、当社の財務諸表の写しを受領することを書面により選択した場合にのみ、当該写しを受領する。
        株主はその他に、当社のウェブサイトにて、当社の財務諸表の写しにアクセスすることができる。
        清算

         当社が清算される場合、清算人は(当社の特別決議を条件として)株主間で当社の財産を分割し、分割さ
        れる財産を評価し、また、(特別条件で発行された株式の株主権利を条件として)株主間または異なる種類
        株主間での当該分割方法を決定することができる。
        取締役の員数

         当社は、常時3名以上11名以下の取締役を置かなければならない。株主は、取締役の上限数を変更するた
        めに議決権を行使することができる。
        取締役の株式保有に対する資格

         当社の取締役は、取締役に任命されるための資格としてテルストラの株式を保有することを要求されな
        い。
        取締役の退任

         当社は毎年取締役を選任しなければならず、全ての取締役は選任または最後の再任から3年後もしくは3
        回目の年次株主総会(いずれか遅い方)において退任しなければならない。選任後3回目の年次株主総会に
        該当して退任すべき取締役が存在しない場合、退任すべき取締役は、退任して再任を申し出ることを希望す
        る取締役となり、かかる取締役がいなければ、再任なしに在任期間が最長の取締役となる。かかる取締役の
        交代は、退任および再任から免除される「マネージング・ディレクター」1名には適用されない。
        取締役の利害関係

         取締役会において審議している提案、取決めまたは契約に対し個人的に重大な利害関係を有する取締役
        は、当該会議に出席し、当該事項に関して議決権を行使する上で限られた権利しか有しない。
         当該取締役会の会議に出席し、議決権を行使する権限は、会社法に定める一定の場合にのみ存在する。例
        えば、
        ・取締役会が、当該取締役およびその利害関係を確認する決議を採択するとともに、当該関係により当該取
         締役が会議に出席し、議決権を行使する資格を喪失させるべきでないことを他の取締役が確認している
         旨を公表した場合、または
        ・個人的に重大な利害関係があるにもかかわらず、当該取締役が会議に出席し、議決権を行使できる旨を
         ASICが宣言し、または集団的命令を出した場合。
                                 13/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         定款および会社法に基づき、取締役には自己の報酬に関する取締役会の決議に関し議決権を行使する権限
        が認められている。これらの規定によれば、当社の取締役としての報酬に関連して生じる取締役の利害関係
        は、当該利害関係自体が会議で審議され、決議の対象となるものの、当該取締役の出席を禁止すべき利害関
        係にはあたらない。
         当社の株主総会において、報酬関連の決議または会社法およびオーストラリア証券取引所上場規則に基づ
        き利害関係を有すると判断されるその他の決議についての取締役の議決権に対しては、さらなる制約が適用
        される。
        役員の免責および保険

         当社の定款は、法により許容される限度において、以下について補償する旨を規定している。
        ・テルストラおよび関連法人の特定の役員および従業員(「テルストラ役員」)がその資格の下で被った責
         任および訴訟費用。
        ・テルストラと関係を有しない会社の役員への就任要請をテルストラから受けたテルストラ役員について、
         当該会社の役員として被った責任
         当社は、法律により、以下を含むテルストラまたは関連法人の役員として被った特定の責任および訴訟費
        用について補償することを禁止されている。
        ・当社または関連法人に対する責任、
        ・会社法に基づく罰金刑もしくは賠償命令またはその他の法律の特定の違反に対する民事制裁金、
        ・悪意による行為から生じた責任、および
        ・有罪判決がされた、または当社が補償することのできない上記の責任を有すると判決がされた刑事裁判の
         弁護費用
         当社は、過去または現在においてテルストラ役員であった者が当該地位の下で被った一定の債務に対し、
        当該者を付保する保険料を支払うことができる。この保険は、当該者の当社に対する故意による職務違反ま
        たは当該者の地位もしくは会社の情報の不正使用により生ずる債務を含む、特定の債務については保険の対
        象とはならない。
         「役員」、「従業員」および「社外取締役」の各用語については、当社の定款において定義している。
                                 14/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    2  【外国為替管理制度】
    証券保有者に影響を及ぼす外国為替およびその他の規制

     外国為替管理規制および取引に関するその他の規制
       オーストラリア外務大臣は、2011年独立制裁法および2011年独立制裁規制に基づき、一定の個人および団体に
     対する制裁を定めた。以下を含む一定の個人または団体に対して資金を支払う場合またはその者から資金を受け
     取る場合、オーストラリアへの資金の持ち込みおよび持ち出しにはオーストラリア外務大臣(またはその適切に
     権限を与えられた代理人)の同意が必要となる。
       ・前ユーゴスラビア連邦共和国政府の特定の支援者
       ・ジンバブエ政府の特定の大臣および高官
       ・朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に関係する一定の人物および団体
       ・国連安全保障理事会によるリストに載っていないイランの一定の団体および人物
       ・リビアのカダフィ政権に関係する一定の重要な人物および団体
       ・シリアにおける人権侵害に責任があり、または関与している特定の個人および団体
       ・ウクライナの統治権および領土の保全に対する脅威に責任があり、またはこれに加担する特定の個人および
        団体
       ・ミャンマーの軍部に関与している一定の団体および重要な人物
       ・また、1945年国際連合憲章法は、国連安全保障理事会により指定された特定の個人および団体の資産に関す
        る金融取引および取引に対して規制を課す。これには、テロに関係しているとされるおよび/またはテロに
        関係のある特定の国家と関係のある人物および団体を含む。
       ・オーストラリア外交貿易省は、2011年独立制裁法または1945年国際連合憲章法のいずれかが適用される個人
        ま  た  は  団  体  の  総  合  リ  ス  ト  を  管  理  し  て  い  る  。  本  リ  ス  ト  は  、  現  在
        http://www.dfat.gov.au/sanctions/consolidated-list.htmlにおいて入手可能である。
       現在オーストラリア連邦準備銀行は、テルストラが行う上述の者以外の非オーストラリア人の有価証券の保有
      者に対する配当、利子その他の支払の送金について、外国為替管理または制限を課していない。
     外資所有制限

        1975年外資企業取得買収法(FATA)は、オーストラリア連邦財務長官(「連邦財務長官」)に対して特定の
       状況においてオーストラリア企業の株式に対する持分の取得を禁止する権限を与えている。さらに、オースト
       ラリア電気通信事業者の直接的な持分(                     通常  10%以上)を含む特定のオーストラリアの持分の直接的または間
       接的な取得の申入れの届出を(外国投資審査委員会(FIRB)を介して)財務長官に対して行                                               い、またその持分
       につき異議がない旨の通知を受けなければならない                          。また、テルストラ法には外資所有にかかる制限を扱う規
       定がある。
                                 15/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     テルストラ法
        1991年連邦テルストラ・コーポレーション法(「テルストラ法」)は、「外国人」およびその関係者があわ
       せて連邦以外の者の保有する株式の35%(「総額規制」)を超えるテルストラの「特定種類の持分」を保有
       する場合、またはある外国人およびその関係者が連邦以外の者の保有する株式の5%(「個別規制」)を超
       えるテルストラの特定種類の持分を保有している場合には、テルストラに関して「容認できない外資所有状
       況」が存在すると規定している。「外国人」、「関係者」、「グループ」、特定種類の「持分」、「直接支
       配持分」および「株式に対する持分」の各語句は、すべてテルストラ法において定義されており、後掲の
       「定義」の項においてその要約が記載されている。
         ある会社の株式または株式に対する持分の取得により、
         (ⅰ)テルストラに関して容認できない外資所有状況が生じ、
         (ⅱ)ある外国人グループが保有するテルストラのいずれかの種類の持分の合計が増加して総額規制に違
            反し、または
         (ⅲ)既に個別規制に違反している外国人が保有するテルストラのいずれかの種類の持分が増加し、か
            つ、
         (ⅳ)当該株式の取得者がその取得によりそうした状況が発生するか否かについて認識していた場合また
            はその注意を怠っていた場合には、当該者は最高884,800豪ドルの罰金刑に処せられる。
         有効な総額規制は35%であり、有効な個別規制は5%である。
         通信大臣またはテルストラは、容認できない外資所有状況が存在する場合に株式の処分を要求し、株式に
        付された権利の行使を制限し、株式につき支払われるべき金額の受領を禁止もしくは繰り延べさせ、または
        株式に付された権利の行使を無視する命令等の救済命令を連邦裁判所に申請することができる。また、テル
        ストラ法に基づき、当社に関して容認できない外資所有状況が存在しないよう、あらゆる合理的な措置を講
        じることが当社に義務づけられている。
         当社の定款には、当社が外資所有制限を監視し実施できる旨の規定が定められている。当社の定款に記載
        されるこれらの規定は、すべての株主を拘束する。当社はまた、これらの規定を実施するためのテルストラ
        外資所有規則(「本規則」)を採択した。以下にその要約を記載する。本規則は、変更されることがある。
         株式の譲渡または移転申請の登録以後その取得者が初めて株主となる場合には、当該取得者は、原則とし
        て
        (ⅰ)外国人もしくは外国人の関係者として株式に対する持分を有する者であるか、または
        (ⅱ)外国人もしくは外国人の関係者が持分を有している株式を保有する者
         (いずれの場合も「外国人保有者」)
         であるかどうかを当社に届け出なければならない。
         これらの届出から得た情報は、外国人保有者により保有されている株式に関係する名簿上に反映される場
        合がある。
                                 16/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         オーストラリア証券取引所において売買される株式についてはシステムが構築されており、オーストラリ
        ア証券取引所決済情報の定期的な提供の一環として証券会社が届出を行う。米国預託証書(米国預託証券制
        度)上、預託機関またはその保管機関(「ADR機構」)は、定款との関係において当然に外国人株主として
        取り扱われる。その他の譲渡または移転申請の場合においては、取得者が外国人保有者であるときは当該取
        得者が当社に届け出る義務を負う。オーストラリア国外に登記上の住所を有するすべての株主は、当該株主
        から別段の通知がない限り、外国人株主として取り扱われる。
         外国人保有者が保有する株式は、当該保有者が当社に対してその保有する株式の一部は外国人または外国
        人の関係者が持分を有するもの(「外国株式」または「外国分割払証書」)があるが残りは全てそうではな
        い(「国内株式」)旨の届出を行い、かつ、
        (ⅰ)自己の持分を(それぞれオーストラリア証券取引所のCHESSシステム(決済機構電子予備登録システ
        ム)または発行者が提供している予備登録システムの下で)保有者識別番号(外国株式を対象とする。)も
        しくは有価証券保有者参照番号(国内株式を対象とする。)に分割するか、または
        (ⅱ)取締役が、外国人保有者を2人の別個の株主(国内株式を有する者と外国株式を有する者)として扱
        うと決定した場合を除き、すべて外国株式または外国分割払証書として扱われる。
         当社は特定の株式の名義人が外国人株主であるか否かを決定し、当該株式に対する持分を有する外国人ま
        たは外国人の関係者の詳細ならびに外資所有状況に関して要求されるその他の情報を要求するために当該者
        に通知を送付することができる。当該通知は、通知に記載される日数以内、または本規則にて別途定められ
        た日数以内に回答されなければならない。
         上述の届出および通知に対する回答から得られる情報の結果、当社に関して容認できない外資所有状況が
        存在すると当社が判断した場合、当社はこの状況を治癒するために株式の処分を要求する権限を有する。こ
        の処分権限を行使するにあたり、当社は、上述の届出および通知に対する回答に依拠することができる。外
        資所有の水準が総額規制の5パーセント・ポイント以内となった場合、また以後1パーセント・ポイントの
        変動ごとに、当社はオーストラリア証券取引所に通知する。
         処分権限の範囲は広く定められており、当社および当社の取締役は、その行使方法について株主に責任を
        負わない。個別規制に違反していると判断した場合には、当社は、各自で処分を要求する通知(「処分通
        知」。)の送付日から通知に記載される日数以内に、違反している「持分」の一部を構成すると判断される
        株式の保有者から株式を剥奪するよう要求することができる。
         総額規制に違反していると判断した場合、現在の規則では、外国の登録総数が規制を上回った日に、外国
        株式が自己の名義で登録されることとなったすべての株主に対し処分通知を送付する旨を定めている。(当
        該日に登録された外国株式の処分を受け、なお総額規制に違反していると判断した場合、当社は、前日まで
        に登録された外国株式の処分を要求することができる。)
         処分通知の受領者は、通知において指定された処分日までに、通知の対象となった株式を処分するよう要
        求される。処分日は、処分通知が発せられた月の翌月の第5営業日である(ただし、その日が通知の発送日
        から数えて30日に満たない場合は、その翌月の第5営業日が処分日となる。)。
                                 17/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         処分日において名簿上に記載された外国株式が個別規制または総額規制(適用される方)を超えていない
        場合は、当該日の処分は要しない。処分通知が遵守されなかった場合について、当社はその処分日以後に保
        有者に代わって当該株式を売却することができる(同日以後、保有者は株式を譲渡する能力を失う。)。
        外国人保有者の間の譲渡

         ある外国人保有者から別の外国人保有者への一定の譲渡については、特別の措置が適用される。
         外国人保有者間の譲渡のために特別の方式による特別CHESSシステム(外国間配賦システム)の下で取得
        した外国株式(ただし、現に処分通知の対象ではなくまたその対象となりそうでもない場合。)について
        は、処分通知はなされない。
         上述の要約は完全なものではなく、当社の定款および外資所有規定を施行するために当社が採択した規則
        および手続、ならびにテルストラ法を参照することが必要である。当社の定款およびテルストラ外資所有規
        則の写しは、テルストラのウェブサイト(www.telstra.com)上で入手可能であり、テルストラ法の写し
        は、オーストラリア連邦ヴィクトリア州3000、メルボルン市、エクスビション・ストリート242の会社秘書
        役を通じて通常の営業時間中に縦覧可能である。
        定義

         テルストラ法において、
         「 外国人   」とは、
         (ⅰ)通常はオーストラリアに居住していない外国市民(テルストラ法において、非オーストラリア市民
            と定義されている。)(「外国市民」)、
         (ⅱ)外国市民もしくは外国会社(テルストラ法において、オーストラリア国外で設立された会社と定義
            されている。)が15%以上の特定種類の持分を保有している会社、
         (ⅲ)外国市民もしくは外国会社である2以上の者のグループが全体で40%以上の特定種類の持分を保有
            している会社、
         (ⅳ)外国市民もしくは外国会社が相当の持分(具体的には、当該外国市民もしくは外国会社の関係者の
            持分を含めて15%の実質持分)を保有している信託財産の受託者、または
         (ⅴ)外国市民もしくは外国会社である2以上の者があわせて相当の持分(具体的には、当該外国市民ま
            たは外国会社の関係者の持分を含めて40%の実質持分)を保有している信託財産の受託者
         と定義される。
         ある者が保有するある会社に対する                  特定種類の「持分」          とは、当該者およびその関係者が有する当該会社
       に対する当該種類の「直接支配持分」の合計として定義される。
        ある者の「      関係者   」には、
        (ⅰ)当該者の親類、パートナー、被用者および使用者等、広範囲にわたる直接および間接の関係、
         (ⅱ)当該者がある個人の被用者である場合には、当該個人のその他の被用者、
                                 18/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         (ⅲ)当該者が会社である場合にはその会社の役員、また当該者がある会社の役員である場合には、その
            会社およびその会社のその他の役員、
         (ⅳ)当該者または当該者の関係者が受益者である裁量信託の受託者、
         (ⅴ)取締役が当該者の意思、命令もしくは指図に従って行為することが慣習となっているか、またはそ
            のように行為する義務を公式もしくは非公式に負っている会社、
         (ⅵ)当該者が会社の意図、命令もしくは指図に従って行為することが慣習となっているか、またはその
            ように行為する義務を公式もしくは非公式に負っている会社、
         (ⅶ)当該者が少なくとも15%の特定種類の持分を有している会社、また当該者が会社である場合には、
            その会社に対して少なくとも15%の特定種類の持分を保有する者、ならびに
         (ⅷ)当該者の関係者の関係者(上記の関係に基づく)
         を含むと定義される。
         会社の外資所有状況を決定する目的上、ある者の関係者には、当該者がその会社の議決権を共同で支配す
       ることを可能にし、もしくはその会社の取締役の選任もしくは解任を行う取極めを締結しているか、もしく
       は締結することを提案しているか、またはその会社の一名もしくは複数の取締役が、行動を共にする者の意
       図、命令もしくは指図に従って行為することが慣習となっているか、もしくはそのように行為する義務を公
       式もしくは非公式に負っている場合におけるその他の者も含まれる。
         外資所有制限に関連して、「グループ」には一名または複数名の者が含まれる(これらの者が相互に資本
       関係を有さず、または共同して行為しない場合も含まれる。)。
         ある者のある会社に対する「               直接支配持分       」とは、     次に掲げるものに相当する割合として定義される。
         (ⅰ)当該者が持分を有する会社の払込資本の総額、
         (ⅱ)当該者が支配する立場にある会社の「議決権」、
         (ⅲ)清算時に株主に対して分配される会社の資本または利益にかかる分配請求権、および
         (ⅳ)清算以外の場合に株主に対して分配される資本または利益にかかる分配請求権。
         「 株式に対する持分         」とは、

         (ⅰ)株式に対するコモン・ローまたはエクイティ上の権利、
         (ⅱ)株式購入契約の締結、
         (ⅲ)株式または株式に対する持分を取得するためのオプション、
        (ⅳ)(信託の受益権によるものではなく)当該者または当該者の指図により株式を移転させる権利、お
            よび
        (ⅴ)株式もしくは株式に対する持分を取得し、または株式に付された権利を行使し、もしくは行使を支
            配する権利(当社の株主総会において議決権を行使するための代理人または代表者として指名され
            る場合を除く。)
        を含むと定義される。
                                 19/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         これは、他の者と共同で保有する持分を含む。ただし、担保権に基づく、または担保権実行に伴う貸し手
       の一定の持分など、テルストラ法およびテルストラ法に基づき定められた規制に定める株式に対する一定の
       持分は除外する。
        テルストラに対する外国投資に必要な承認

         オーストラリアにおける外国投資は、主に買収法を含む連邦法およびオーストラリア連邦政府の外国資本
        政策(「外国資本政策」)により規制されている。この規制制度は、上述のテルストラの外資所有における
        特別の制限に加えて適用される。
         買収法または外国資本政策を適用するためには、取得者は買収法にそれぞれ定義される「外国政府投資
        家」または「外国人」でなければならない。「外国人」の定義は当該言葉が持つ通常の意味よりも幅広く、
        買収法に規定されるように、ある程度の外国株式を保有するオーストラリアまたは外国で設立された会社を
        含む。
         買収法は、
         (ⅰ)投資の価値に関わらず、全ての外国政府投資家に、オーストラリア企業の直接の持分(通常、外国
            政府投資家がその関係者とともに保有する10%以上の株式)を取得する前に連邦財務長官に(FIRB
            を通じて)届出をする(および連邦財務長官から事前                           に異議がない旨の通知を受ける                )こと
         (ⅱ)ほとんどの外国人に、資産総額(純資産額ではなく)が                                 289  百万豪ドルまたはそれ以上(米国、
            ニュージーランド、チリ、中国、日本、シンガポールおよび韓国の投資家が電気通信業界などの指
            定業種に投資する場合にも、かかる                  289  百万豪ドルの制限が適用され、規定された指定業種を含ま
            ない投資については          1,250   百万豪ドルの制限が適用される。)となるオーストラリア企業の相当量
            の持分(すなわち外国人がその関係者とともに直接的または間接的に保有する20%以上の株式)を
            取得する前に連邦財務長官に(FIRBを通じて)届出をする(および連邦財務長官から事前                                             に異議が
            ない旨の通知を受ける           )こと   (注:価値基準値は毎年インデックス化されている。)および
         (ⅲ)投資の価値に関わらず、全ての外国人に、電気通信プロバイダーなどの国家安全関連事業の直接の
            持分(通常、外国人がその関係者とともに保有する10%以上)を取得する前に連邦財務長官に
            (FIRBを通じて)届出をする(および連邦財務長官から事前                               に異議がない旨の通知を受ける                )こと
            を義務付けている。
        国家安全関連事業

         国家安全関連事業における持分の取得は、0豪ドルの届出価値基準値および10%の比例所有基準値を条件
        としている。取締役の任命や取締役会の決議に対する拒否権などの支配的要素が取得された場合、10%の所
        有基準値は0%まで引き下げられる。
         国家安全関連事業の定義は、他のカテゴリーの中でも、テルストラのような、電気通信業者または指定電
        気通信サービスのプロバイダーである事業が含まれる。
                                 20/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         テルストラは国家安全関連事業に該当することから、テルストラにおける持分を10%以上(または支配的
        要素を有する場合は任意の割合)取得しようとするすべての外国人は、買収法に基づき外国投資に係る承認
        を必要とする。
         「国家安全関連事業」の定義には、電気通信、放送、食品・食料品、銀行・金融、輸送、エネルギー、上
        下水道、防衛産業、高等教育といった幅広い分野の事業が含まれる。
        任意の届出

         取得が義務的届出要件を満たさない場合において、当該取得が国家安全保障上の懸念を引き起こす可能性
        があると連邦財務長官が判断したとき、連邦財務長官は、当該投資が行われてから10年以内に、当該投資に
        ついて「コールイン」を行い、審査を行うことができる。
         投資についてコールインが行われた場合、連邦財務長官による審査および                                      異議がない旨の通知          が必要とな
        る。投資についてコールインが行われた場合、取得                          について異議がない旨の通知を受けなかった                       場合でも、
        当該投資家は買収法に違反したものとはみなされない。
         連邦財務長官によるコールイン権限が発動されるリスクを取り除くため、投資家は、任意の届出を提出
        し、取得について         異議がない旨の通知          を得ることができる。公開されているガイダンスにおいて、FIRBは、
        電気通信事業への投資が義務的届出要件に該当しない場合には、任意の届出を行うことを推奨している。
        追加情報

         (ⅰ)   届出義務のある行為について               届出をせずに相当量の/直接的な持分を取得するために契約を締結す
            ること(当該契約が適切な状況において締結された場合を除く)、または
         (ⅱ)届出後、連邦財務長官から異議がない旨の通知を受ける前に取得を進めること
         は違反となる。
         各届出につき、申込費用がFIRBに支払われる。当該費用の金額は、当該取得を考慮して決定される。任意
        の届出に係る費用は、標準適用費用の25%である。
         外国人または外国政府投資家による10%未満                       (その関係者が保有する持分を含む。)                    の完全な受動的投資
        については、買収法の強制届出義務は適用されない。しかし、取得の状況によっては取得に関して命令をす
        る連邦財務長官の権限(取得を禁止する権限を含む)を発動する場合がある。これらの状況においては、買
        収法に基づく連邦財務長官の異議がない旨の通知を求めて任意の届出を行うことを考慮する必要がある。当
        該異議が存在しない旨の通知の発行により、取得に関する連邦財務長官の権限は停止する。
         買収法に基づいてなされた届出は、個別的にオーストラリアの国益に反しているか否かを審査される。特
        定の届出は、国家安全保障に基づいてのみ検討される。国益についての定義はない。ただし、オーストラリ
        ア連邦政府により検討される予定の関連要因の詳細については外国資本政策に含まれている。オーストラリ
        アの外国投資制度は複雑であり、特別の状況および取得の申入れに関する事情について助言を求めるべきで
        ある。
                                 21/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        外資所有状況
         2022年10月28日        現在、テルストラの名簿上に外国株式として登録されたテルストラ株式は、テルストラの
        発行済株式の合計の約           21.16   %に相当する       2,445,350,059       株であった。
                                 22/428



















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    3  【課税上の取扱い】
     普通株式
       (1)   オーストラリアの課税上の取扱い
         本項は、株式の所有に関するオーストラリアの主要な課税上の取扱いについて記載したものであり、株式
        を公募により取得した場合にのみ適用され、オーストラリアのキャピタルゲイン課税(「CGT」)のルール
        に基づき当該株式の取引を行うことにより生じた利益または損失に対して評価が行われる。本項は、株式の
        所有に関する重要な課税上の取扱いをすべて取扱うものでなく、以下をはじめとする特定の区分の所有者
        (一部には他の規則が適用される場合がある。)について取扱うものではない。
         ・非課税法人
         ・一定の保険会社
         ・有価証券または通貨の売買を業とする者
         ・時価評価を選択する有価証券を取引する者
         ・代替ミニマム税の納税義務を負う投資家
         ・当社の議決権付き株式の10%以上を現に所有し、または所有しているとみなされる投資家
         ・オーストラリアの税法上の一時的居住者
         ・ストラドル取引もしくはヘッジ取引またはコンバージョン取引の一環として株式を保有する投資家
         ・資産勘定よりもむしろ収益勘定で投資商品を保有する金融機関
         同様に、オーストラリアの税法上オーストラリアの非居住者である一定の投資家(「課税対象非居住
        者」)の課税上の取扱いも著しく異なる場合がある。一定の投資家に関するオーストラリア所得税の取扱い
        は、当該投資家の税務上の地位および状況に左右される。
         ここでの議論は、本書の日付現在で施行されている法律に基づいている。
     株式の取扱い

      配当に対する課税
       オーストラリアでは、法人所得税について「帰属方式」が用いられている。例外または特権が存在しない場
      合、オーストラリア国内の企業は、その課税所得について、法人税率(現在は、年間総売上高の閾値が(i)50
      百万豪ドル以下、かつ、(ii)課税所得の80%以下が基準率法人の受動的所得(例:利息、賃借料および使用
      料)の団体については、2022年6月30日終了年度には25%、その他すべての団体については30%)のオースト
      ラリア所得税を支払う義務がある。しかしながら、テルストラなどのオーストラリア国内の企業によるオース
      トラリア所得税の支払いからは、特に、普通配当の非課税控除が作り出される。企業が支払う税額は、当社が
      株主に対して非課税の配当を支払った場合には通常、(非課税控除として)株主に対して付与される。
       オーストラリア国内に在住する株主に対して支払われる配当は、通常その課税所得に含まれる。
                                 23/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       配当が非課税配当である場合、かかる配当に関する非課税控除も、通常当該オーストラリア国内に在住する
      株主の課税所得に含まれる。
       非課税控除と同額の税務上の相殺金(「税務相殺金(tax                              offset)」として知られる)は、オーストラリア
      に居住する株主のみが利用できる。
       株主に対して非課税控除の特典を利用する資格が付与されない状況が存在する。これらの規則の適用は、株
      式が保有される期間および株主が当該投資につき「リスクを負う」程度を含む、株主自身の状況に左右され
      る。
       非居住株主に対して支払われる完全非課税配当(100%非課税とされる配当)は、オーストラリア非居住配
      当源泉課税(「DWHT」)の適用を受けない。完全非課税とされない範囲の配当は、通常、30%の比率(該当す
      る二重課税防止のための租税条約の規定に基づき軽減されない限り)でDWHTの適用を受ける。
       日本の居住者である場合、保有するテルストラの議決権が10%に満たない日本の居住者である株主に対して
      は、新たに締結された、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とオースト
      ラリアとの間の条約(「日本条約」)第10条に基づき、この比率は10%に軽減される。DWHTは、日本の居住者
      が 法人であり、       テルストラの議決権の少なくとも10%を有している場合において、5%まで減額される。
       特に、日本条約に基づきDWHTの比率の軽減を受けるためには、株式は、オーストラリアにおける課税対象非
      居住者の恒久的施設(これらを通して課税対象非居住者がオーストラリアにおいて取引を実施し、または事業
      を経営する場合。)と事実上関係性を有していないことが要求される。
       「導管外国所得」であると宣言された課税済みでない一切の部分については、DWHTの適用を受けない可能性
      がある。一般的に導管外国所得とは、オーストラリア税が課税されないエンティティにより得られた外国所得
      の額をいう。
       テルストラが課税対象非居住者に対して支払う一切の配当のうち、非課税とされない部分で、導管外国所得
      であると宣言されていないものについては、DWHTの適用を受ける。テルストラは、該当する支払配当からDWHT
      を控除し、その差額を課税対象非居住者に対して支払う。
       課税対象非居住者に対して支払われる完全非課税とされた配当および、DWHTの適用を受けた配当が、さらに
      オーストラリア所得税の課税を受けることはない。
      株式処分時の利益に対する課税

       課税対象非居住者によるテルストラの株式の処分によるオーストラリアにおける税効果は、処分にかかる利
      益または損失に対してオーストラリアのCGTのルールに基づく課税がなされるか否かも含み、課税対象非居住
      者が処分に際してどのように課税されるかにより変化する。
       オーストラリアのCGT法に基づき、課税対象非居住者による株式の処分によるキャピタルゲインは、課税対
      象非居住者が「課税オーストラリア資産」に対する持分を保有している場合にのみ、オーストラリア所得税の
      課税対象となる。
       「課税オーストラリア資産」には、課税対象非居住者の、オーストラリア国内に所在する不動産またはオー
      ストラリア国内の恒久的施設の事業資産に対する直接および間接的持分が含まれる。また、これには以下の場
      合の株式も含まれる。
                                 24/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
         (a)    株主およびその関係者が当該時点より24ヶ月以上前に開始し当該時点までに終了した12ヶ月間の間
            に、10%以上を保有する場合、および
         (b)   株式の50%以上の価値が、株式が保有されている会社によって直接又は間接的に所有されている課
            税対象のオーストラリア国内不動産に起因する場合。
       一定の課税対象非居住者も、CGT規定に基づくものではなく株式取引による経常利益としての利益につい
      て、納税義務を負うことがある。
       課税対象非居住者による特定の課税オーストラリア資産の売却に対して最終的でない源泉徴収税が適用され
      る場合がある。大まかに言って、CGT源泉所得税に係る制度の下では、外国居住者から特定の課税オーストラ
      リア資産(「オーストラリア不動産に対する間接的持分」を含む。)を取得した者は、(2016年7月1日以降
      に締結された2百万豪ドル以上の市場価値を有する契約については)購入価格の10%または(2017年7月1日
      以降に締結された750,000豪ドル以上の市場価値を有する契約については)購入価格の12.5%をオーストラリ
      ア税務局に支払うことを義務付けられている。
       日本条約は、その目的上、日本の居住者である課税対象非居住者のオーストラリア所得税の納税義務を免除
      することがある。
       日本条約第7条は、オーストラリア国内の恒久的施設を通じて事業を行っており、その事業所得が当該恒久
      的施設に起因する場合を除いて、日本の居住者である企業は、その事業所得につき、オーストラリアでの課税
      を受けない旨を規定している。「恒久的施設」は、日本条約第5条において定義されている。
       株主は、株式処分により実現された利益が、所得として扱われるのか、またはオーストラリアのCGT規定に
      基づき課税されるのかについて、独自に税務上の助言を求める必要がある。さらに、もし株式処分に係るオー
      ストラリア所得税の納税義務の免除を求めて二重課税防止のための租税条約に依拠することを望むのであれ
      ば、それについてもまた独自に税務上の助言を求める必要がある。
       オーストラリアの課税目的上、株式処分により実現された利益がキャピタルゲインとして扱われる場合に
      は、キャピタルゲインの額は、通常、株式の処分に係る公正妥当な対価の額と基礎となる原価(買収の対価お
      よび買収に関連する附随費用を含む。)との差額となる。
       株主が分割払証書を以前保有していたことにより保有している株式については、基礎となる原価の決定に特
      別な規定が適用される。この規定の適用は、課税対象者が当該分割払証書の原保有者であったか否かによって
      決定される。
       株主が個人居住者、オーストラリア適格年金機関または信託である場合、CGT減額特権に基づき正味キャピ
      タルゲインの減額を受ける資格を有する。これは、株主が当該株式の処分前にこれを12ヶ月以上保有してお
      り、減額を受けるためのその他の要件が満たされた場合にのみ当てはまる。
       株主がキャピタルゲインの減額措置を受ける資格を有する場合で、個人または信託(オーストラリア適格年
      金機関である信託を除く。)である場合、正味キャピタルゲインは、半額に減額される。
       株主がオーストラリア適格年金機関である場合、正味キャピタルゲインは、3分の1減額される。
       株主が法人である場合、CGT減額特権は、株式の処分に対する正味キャピタルゲインについては適用されな
      い。
                                 25/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       一定の課税対象非居住者は、2012年5月8日よりも後に取得した資産に関してキャピタルゲインの課税減額
      を受けることができない。課税対象非居住者は、2012年5月8日までに(同日を含む。)発生した利益のみに
      ついて、CGT減額を受けることができる。
       オーストラリア所得税の納税義務を有する課税対象非居住株主は、オーストラリアにおいて確定申告をする
      必要がある。
      オーストラリア印紙税

         ・オーストラリアでは、印紙税は特定の種類の取引に課される州ごとの税金である。
         ・株式に関する取引には通常、土地保有税のみが課され、この場合であっても、一定の条件が満たされる
          場合のみ課税される。
         ・テルストラは上場会社であるため、テルストラ株式の90%以上を取得しない限り、現行法に基づき、そ
          の後のテルストラ株式の購入者もしくは譲受人が土地保有税の納税義務を負うことはない。
       (2)   日本の課税上の取扱い

         下記「第8 2 (7)本邦における配当等に関する課税上の取扱い」参照。
                                 26/428














                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    4  【法律意見】
       当社の   リーガル     ・カウンセル(        M&Aおよびコーポレート・アドバイザリー                       )である     アレクサンダー・トッド

     により、以下の趣旨の法律意見が提出されている。
     (1)   当社は、オーストラリア連邦法に基づいて、適式に設立されかつ有効に存続している。
     (2)   本書「第一部 第1 本国における法制等の概要」および「第一部 第5 提出会社の状況 3 コーポ
        レート・ガバナンスの状況等」中のオーストラリア連邦法に関する記述は、すべての重要な点において真実
        かつ正確である。
                                 27/428

















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    第2    【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

       以下の要約連結財務情報は当社の監査済連結財務書類に基づくが、本書「第6 経理の状況」中の監査済連結
     財務書類等と併せて検討すること。2018年、2019年、2020年、2021年および2022年6月30日に終了した事業年度
     に関する当社の監査済連結財務書類は、オーストラリア2001年会社法、オーストラリアにおいて適用される会計
     基準およびオーストラリア会計基準審議会(AASB)によるその他の正式な発表の要件に従って作成されている。
     当社の連結財務書類はまた、国際会計基準審議会(IASB)が公表した国際財務報告基準(IFRS)および解釈指針
     にも準拠している。これらの基準は、日本で一般に公正妥当と認められた会計原則および米国で一般に公正妥当
     と認められた会計原則と一定の重要な点において異なっている。
                                 28/428
















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     2018  年、2019年、2020年、2021年および2022年6月30日に終了した事業年度に関する財務データ
                                   (1株当たりの金額を除き、単位:百万豪ドル)
                                         *        *        *
       6月30日に終了した年度               2022  年度     2021  年度
                                     2020  年度     2019  年度     2018  年度
      損益計算書データ
      継続的事業
      収益合計(金融収益を除く)
                        22,045        23,132        26,161        27,807        28,841
      (注1)
      営業費用(減価償却費および
      償却費ならびに金融費用を除                  14,758        15,470        16,951        19,835        18,622
      く)(注1)(注2)
      ジョイント・ベンチャーおよ
      び関連会社の純利益/(損                    (31)        (24)       (305)         12       (22)
      失)に対する持分
      減価償却費および償却費                   4,358        4,646        5,338        4,282        4,470
      純金融費用                    417        551        771        630        588
      税引前当期利益                   2,481        2,441        2,796        3,072        5,139
      継続事業からの当期純利益                   1,814        1,902        1,839        2,149        3,557
      非継続事業からの当期の利
                          -        -        -        -        -
      益/(損失)
      基本的1株当たり当期純利益
                     14.4  豪セント     15.6豪セント        15.3豪セント        18.1豪セント        30.2豪セント
      (注3)
      希薄化後1株当たり当期純利
                     14.3  豪セント     15.6豪セント        15.3豪セント        18.1豪セント        30.2豪セント
      益(注3)
      支払配当金(注4)                   1,888        1,902        1,903        2,259        3,150
      1株当たり配当金               16.0  豪セント     16.0豪セント        16.0豪セント        16.0豪セント        22.0豪セント
      収益合計の構成
      継続的事業
      顧客との契約からの収入                  20,920        20,998        22,745        24,291        24,950
      その他の収入源からの収入                    357        560        965        968        898
      その他収益                    768       1,574        2,451        2,548        2,993
      金融収益                    110        103        274        238        218
      継続事業からの合計                  22,155        23,235        26,435        28,045        29,059
      非継続事業からの合計                    -        -        -        -        -
      貸借対照表データ
      資産合計                  41,628        42,525        44,403        42,589        42,723
      短期借入金                   2,690        3,631        2,763        2,222        1,635
      長期借入金                   8,292       10,505        13,066        15,031        15,316
      資本金                   3,098        4,436        4,451        4,447        4,428
      株主持分合計                  16,837        15,275        15,147        14,530        14,619
     (注1)商品グループ別の営業収入の内訳および費用項目別の営業費用の内訳については、下記「第3 3 (3)財政状態、
          経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照。
     (注2)被共同支配会社および関連会社からの純(利益)/損失の持分を含まない。
     (注3)下記「第6 1 財務書類」注記2.5を参照。
     (注4)2022事業年度中、当社は1,888百万豪ドルの配当金を支払った。前事業年度の最終配当金は951百万豪ドルであり、
          2022事業年度の中間配当は937百万豪ドルであった。
     * 
       当社は、2020年6月30日に終了した事業年中、遡及調整なしにAASB第16号「リース」を適用し、2019年6月30日に終了し
      た事業年度中、2018事業年度の比較業績を修正再表示することによりAASB第15号「顧客との契約から生じる収入」を適用
      した。AASB第16号の適用に関する詳細については、下記「第6 1 財務書類」注記1.5、また、AASB第15号の適用に関す
      る詳細については、2019年度年次報告書内の財務報告書の注記1.5を参照のこと。
                                 29/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
       テルストラの起源は、1901年にすべての国内電信電話および郵便業務を所轄するため、オーストラリア政府が

     逓信省を設置したこと、ならびに1946年に国際通信業務を所轄するため、オーストラリア政府が海外通信委員会
     を設置したことに遡る。
       以来、テルストラは数々の変化を遂げ、1991年11月にはオーストラリアの公開有限責任会社として設立され
     た。テルストラ・コーポレーション・リミテッドは現在、会社法に基づいて、設立され運営されている、株式有
     限責任会社である。1997年7月に、オーストラリア通信市場に完全競争が導入された後、オーストラリア政府
     は、テルストラ株式の保有を100%から徐々に減少させ、2007年2月以降は、当該株式をもはや直接保有してい
     ない。
       テルストラ・コーポレーション・リミテッド(TLS)とその株主との間のスキーム・オブ・アレンジメント
     は、2022年10月20日にその効力が発生した(本スキーム)。本スキームの統括会社設立手続は2022年10月31日に
     実施され、本スキームに基づき、テルストラ・コーポレーション・リミテッドの普通株式は1:1の比率でテル
     ストラ・グループ・リミテッドの普通株式と交換された。詳細については、2022年11月1日提出の臨時報告書を
     参照のこと。
    日本における活動

       テルストラは、1987年から東京に事務所を置いている。
       また、1999年2月以降株式会社インテックコミュニケーションズ(特別第二種通信事業者)の株式を少し保有
     していたが、2005年度に株式会社インテックコミュニケーションズが親会社である株式会社インテックに吸収合
     併された際にこの持分を売却した。
       2000年2月、日本テルストラ株式会社(1999年設立、第一種通信事業者免許を有する事業者)およびテルスト
     ラ・シンガポール株式会社日本支社(特別第二種通信事業者免許を有する事業者であり、データ・サービスと音
     声サービスを合わせて提供する。)がPCCWリミテッドとの合弁会社(折半出資)に売却された。この合弁会社
     リーチ・リミテッドは、株主にサービスを提供している。
       リーチ・リミテッドの設立後、日本においてリテール利用者へのサービス提供およびサポート、さらに日本の
     通信事業者との関係維持を目的として、テルストラは全額出資子会社日本テルストラ・リテール株式会社を日本
     に設立した。2005年、同社はテルストラ・ジャパン株式会社に社名変更し、大半が付加価値サービスおよび再販
     売サービスのための、「届出」型の免許を保有していた。2011年10月に、テルストラ・ジャパン株式会社は、通
     信事業者が施設およびネットワーク構成要素を保有および運営し、当該施設およびネットワーク構成要素におい
     て商品およびサービスを提供することを可能とする「登録」型の免許を取得した。テルストラ・ジャパン株式会
     社は、現在は日本の多国籍企業、日本に拠点を有する外国企業、通信事業者およびサービス・プロバイダーを対
     象とした新規事業成長活動に重点を置いた大規模電気通信回路および施設事業者である。
       パクネット・サービス(ジャパン)株式会社は、2015年のパクネット・グループ買収の一環として、テルスト
     ラによって買収された。同社は、ケーブル・インフラストラクチャーの運営と取り扱いを可能とする「登録」型
     の免許を有している。テルストラが日本で運営している海底ケーブル・インフラストラクチャーは、パクネッ
     ト・サービス(ジャパン)株式会社の免許によるものである。
                                 30/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       テルストラ・ジャパン株式会社は、当社の日本における主要な顧客契約事業体であり、現地の契約締結、日本
     の利用者に対する現地通貨での請求、国際プライベート専用回線(IPLC)等のグローバル・ワイド・エリア・
     ネットワーク(GWAN)ソリューション、イーサネット・プライベート専用回線(EPLC)、IPヴァーチャル・プラ
     イベート・ネットワーク(IPVPN)、ヴァーチャル・プライベートLANサービス(VPLS)、イーサネット・ヴァー
     チャル・プライベート回線(EVPL)、ウェーブレンスサービス、グローバル・インターネット・ダイレクトおよ
     びIPトランジット・ソリューション、PENおよび衛星放送サービス、グローバルCPEソリューション、グローバ
     ル・データ・センター・ソリューション、マネージド・ネットワークス・ソリューション、クラウド、SIP、グ
     ローバル・ヴォイス・オーバーIP(VOIP)ソリューションおよびデジタルメディア等のコラボレーションを含む
     広範囲の情報通信技術(ICT)ならびにITサービスの提供を行っている。
       2022年11月2日現在、テルストラは、オーストラリア-ジャパン・ケーブル(Australia-Japan                                                   Cable)の
     46.94%の持分を保有している。オーストラリア-ジャパン・ケーブルは、グアムを経由してオーストラリアと
     日本を直接結ぶ、12,700キロメートルの光ファイバーリング海底ケーブル・ネットワークである。
                                 31/428















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
       別段の記載がない限り、本セクションの情報は、2022年8月11日現在の最新の情報である。
       セグメント情報

        セグメント情報は、経営者が事業上の意思決定を行う際に使用する情報に基づいているため、情報の利用者
       は、経営者の視点で当社グループの事業を評価することができる。
        当社グループの事業セグメントは、市場で主要な製品およびサービスを提供する機能を表すが、全ての事業
       セグメントが報告セグメントとして開示される基準を満たしているわけではない。
       事業セグメント

        当社グループは、報告日現在における当社グループの内部管理報告体制と同じ基準により、セグメント情報
       を報告している。セグメントの比較数値は、同一条件による開示のために、前事業年度の終了時点以降に発生
       した組織変更を反映するものである。
        2022  事業年度中、当社のタワーズ事業の別事業体への法的な譲渡(タワーズ事業の譲渡に関する詳細につい
       ては、下記「第6 1 財務書類」注記6.1.2を参照のこと。)があったものの、当社の事業セグメントに変
       更はなかった。これは、内部リストラクチャリングによる事業機能の説明責任、業績評価や資源配分の方法に
       変更はなかったことから、内部管理報告体制への変更もなかったためである。
        当社の事業セグメントに組織的変更はなかったものの、当社のセグメントを記載した表に続くセクションに
       て詳述されているとおり、当社はセグメント業績の測定方法を変更した。
        セグメント業績において、「その他全て」のカテゴリーには、事業セグメントとして適格ではない機能およ
       び個別の報告を要するほど重要ではない事業セグメントが含まれる。
                                 32/428











                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        当社グループの報告セグメントは以下の4つである。
       セグメント          業務内容

       テルストラ・          ・オーストラリアのコンシューマー&スモール・ビジネス顧客に対する、移動体および
                  固定ネットワーク・テクノロジーを利用した、電気通信、メディアおよびテクノロ
       コンシューマー&
                  ジーの製品およびサービスを提供する
       スモール・
                 ・オーストラリア内のコール・センター、小売店舗、販売代理店ネットワーク、デジタ
       ビジネス
                  ル・チャネル、販売システムおよびテルストラ・プラス顧客のロイヤルティ・プログ
       (TC&SB)
                  ラムを運営する
       テルストラ・          ・オーストラリア国内外の政府機関ならびに大規模なエンタープライズおよびビジネス
                  顧客に対する、電気通信サービス、先端技術ソリューション、ネットワーク容量・管
       エンタープライズ
                  理、ユニファイド・コミュニケーション、クラウド、セキュリティ、産業ソリュー
       (TE)
                  ション、インテグレーテッドおよび監視サービスを提供する
                 ・オーストラリア国外において、音声およびデータの両方を含むホールセール・サービ
                  スを提供する
                 ・ネットワーク&ITおよびインフラCoのセグメントと協力したオーストラリア国外にお
                  けるテルストラのネットワークを管理する
       ネットワーク&IT          ・当社のネットワーク・プラットフォームおよびデータの高い信頼性およびセキュリ
       (N&IT)           ティを維持することで、他のセグメントおよびその収入稼得活動を支援する
                 ・顧客のデジタル体験を裏打ちするデジタル・プラットフォームを構築および管理する
                 ・あらゆる内部機能のためにソフトウェアを構築および管理し、情報技術サービスを提
                  供する
       インフラCo          ・他の電気通信業者、電気通信サービスのプロバイダーおよびインターネット・サービ
                  ス・プロバイダーに対し、テルストラのネットワークによる電気通信製品およびサー
                  ビスを提供する
                 ・他のテルストラの機能およびホールセール顧客に対しテルストラ・インフラCoの資産
                  勘定項目に含まれるネットワーク・インフラストラクチャーへのアクセスを提供する
                 ・データ・センター、電話交換局、電信柱、ダクト、ピットおよびパイプならびに光
                  ファイバー・ネットワークを含む、固定パッシブ・ネットワーク・インフラストラク
                  チャーを運営する
                 ・光ファイバー、電話交換局およびその他のインフラストラクチャーを設計および構築
                  する
                 ・nbn   coに対し、インフラストラクチャー・サービス契約に基づく、当社のインフラス
                  トラクチャーの特定部分への長期アクセスを提供する
                 ・アンプリテル事業が所有または運営しているパッシブおよび物理的な携帯電話の中継
                  塔の資産を運営する
        各セグメントの損益は、内部管理報告のために表示された情報に一致するよう、EBITDAに対する貢献額に基

       づき測定されており、報告額基準EBITDAとは異なる。
                                 33/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        2021  年7月1日より、当社は個別セグメントの業績測定方法を変更している。下表は、各セグメントのセグ
       メント収益およびEBITDAに対する貢献額の算定方法を示したものである。
     取引の性質           概要              測定基準              セグメント業績への影響

     外部との取引            テルストラ・グループ会              オーストラリア会計基準              外部との取引による影響
                社と以下の当事者との取              に準拠して会計処理され              は、全てセグメント業績に
                引:              る。              含まれている。
                ・サプライヤーや顧客など               当社は、TC&SB顧客にサ
                 の外部の取引相手。             ブリースを行っているリー
                ・テルストラ・グループに              スから発生する携帯端末の
                 よって支配されていな             使用権資産に係る減価償却
                 い、すなわち、連結上消             費については、残りのリー
                 去されていない関連当事             スに重要性がないため、
                 者。             EBITDAに対する貢献額の調
                              整を中止した。
     他のセグメントとの取            以下から発生したセグメ              セグメント間取引には、              他のセグメントとの取引
     引           ント間取引:              その内容に応じて異なる測              の影響は、セグメント業績
                ・テルストラ・グループ被              定基準が適用されている:              に含まれ、取引内容に応じ
                 支配会社間の法的契約。             ・当社のインフラ資産の業              て、経営者視点に基づいて
                ・法的契約に規定されてい               績に関連する取引は、             測定されるか、またはオー
                 ない名目上の請求に関す              「経営者視点」に基づい             ストラリア会計基準に基づ
                 るグループ内の取決め。              て測定される。すなわ             いて会計処理される。
                               ち、稼得/発生した全て
                 名目上の内部請求は、独              の請求額が、収益または
                立当事者間取引を反映する               費用として認識される。
                ために社内外で観察可能な               そのような認識は、多く
                様々なインプットに基づい               の領域、例えばリース会
                て算定される。               計などにおいて、オース
                 比較期間において、当社              トラリア会計基準の要求
                のインフラ資産の業績に関               事項とは異なる可能性が
                連する取引は名目上の内部               ある。
                取引から生じたものであ              ・上記以外の取引について
                り、テルストラ・インフラ               は、オーストラリア会計
                Coセグメントのみが当該取               基準に準拠して会計処理
                引をセグメント業績にて報               を行っている。
                告していた(すなわち、当
                該取決めの相手方セグメン               同一セグメント内の取引
                トは当該取引の影響を報告              については、当該セグメン
                していない)。同一条件に              ト業績の中で消去されてい
                よる開示のために、当社              る。
                は、全ての関連セグメント               他のセグメントとの取引
                における名目上の内部請求              は全て連結上消去されるた
                を反映するよう比較期間を              め、テルストラ・グループ
                修正再表示した。              の報告額基準収益および報
                              告額基準EBITDA合計は、法
                              定財務書類と一致する。
     集中管理される、また            一部の項目および取引は              オーストラリア会計基準              当該取引の影響は、以下
     は単一セグメントによ           集中管理されるか、または              に準拠して会計処理され              の表に詳述されているとお
     り管理される一部取引           複数セグメントの業績に関              る。              り、セグメント業績に含ま
                連する取引であっても単一                            れる。
                のセグメントにより管理さ
                れる。
                                 34/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        以下の表は、一部の取引について、それらがどのように配分および管理され、結果としてどのように当社の
       セグメント業績に反映されているかの詳細を示している。
                                                 テルストラ・

     取引の性質             TC &SB       TE         N &IT    その他全て
                                                 インフラCo
                           EBITDAに対する
                           貢献額には、セ
                           グメント間収入                      EBITDAに対する
                  EBITDAに対する        (TC&SBおよび                      貢献額には、セ
     外部顧客からの収入および
                  貢献額には、TE        テルストラ・イ                      グメント間収入
     外部費用として開示されて                               該当     会社間取引
                  から再請求され        ンフラCoから稼                      (TEから稼得)
     いる国際コネクティビティ                               なし     の消去
                  るセグメント間        得)および費用                      および費用(TE
     に係る会社間取引
                  費用が含まれる        (テルストラ・                      からの再請求)
                           インフラCoから                      が含まれる
                           の再請求)が含
                           まれる
     nbn接続停止に係る手数料             EBITDAに対する貢献額には、かかる                  該当     EBITDAに対する        EBITDAに対する
     および関連する費用による             取引は含まれない                  なし     貢献額には、か        貢献額には、か
     収益                                    かる取引が含ま        かる取引は含ま
                                         れる        れない
     パッシブ・インフラのサ             EBITDAに対する貢献額には、TC&SB                  EBITDAに対する貢献額に             EBITDAに対する
     ポート費用以外のネット             およびTE顧客へのネットワーク・                  は、TC&SB、TEおよびテ             貢献額には、テ
     ワーク・サービス提供費用             サービス提供費用は含まれない                  ルストラ・インフラCo顧             ルストラ・イン
                                    客に関連するネットワー             フラCoのパッシ
                                    ク・サービス提供費用が             ブ・インフラの
                                    含まれる             サービスを受け
                                                 ている顧客につ
                                                 いてのネット
                                                 ワーク・サービ
                                                 ス提供費用は含
                                                 まれない
     全セグメントにおけるテル             EBITDAに対する貢献額には、かかる費用は含                      EBITDAに対する        EBITDAに対する
     ストラ社の人員整理および             まれない                      貢献額には、テ        貢献額には、か
     リストラクチャリング費用                                    ルストラ社の費        かる費用は含ま
                                         用が含まれる        れない
                                 35/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
     (1)   親会社

        当社に親会社はない。
     (2)   子会社

        下記「第6 1 財務書類」注記6.2を参照。
                                 36/428

















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
       下記「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の小見出し「労務費」を参
     照のこと。
                                 37/428



















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    第3    【事業の状況】

    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       下記「第3 2 事業等のリスク」、「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の

     分析」および「第3 4 経営上の重要な契約等」を含む本書のその他セクション、また、2022年3月30日提出
     の半期報告書ならびに2022年9月13日提出および2022年11月1日提出の臨時報告書を参照のこと。
                                 38/428

















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
       2022年8月11日現在の本書の以下およびその他のセクション(下記「第6 3 (2)訴訟事件」を含む。)を

     参照のこと。
       当社の事業の最重要リスクを特定、計測および監視し続けることの重要性はかつてないほどに顕著となってい
     る。当社は、地政学的および経済的な不確実性がより一層高まったニューノーマル、また、世界および地域にお
     ける人々の暮らしおよび商業についていくつかの主要な部分を混乱させた、今もなお続いている世界的なパンデ
     ミックによる継続的な困難の下で運営している。
       事業として、当社は、T25戦略への移行を進めており、これは、テルストラの歴史における刺激的な新しい時
     代を示すものである。T25戦略は、当社の中核からの成長だけでなく事業の拡大を加速させ、また、適切に管理
     しなければならないいくつかのリスクをもたらす。
       当社の重要リスクを効果的に管理することは、当社の戦略の成功を確実にすること、また、顧客経験価値、当
     社の評判、財政状態および配当支払能力の向上において重要な要素である。
       以下は、環境または社会的リスクに対する重大なエクスポージャーを含む、この意味においてテルストラに影
     響を与える可能性のある重大なリスクおよび当社がどのようにそれらを管理していくかを説明している。これら
     は重要度の順で列挙されている訳ではなく、また包括的でもない。これらは、リスク管理プロセスを通じて企業
     全体のレベルとして確認されている最も重大なリスクを反映している。
    変革および市場原理

       2022事業年度終了時点で、テルストラは、T22戦略の完了により、当社の歴史の中で重要な段階を迎えた。現
     在のテルストラは、よりシンプルで、よりアジャイル(俊敏)で、協力的で、顧客に重点を置いた組織となって
     いる。これを基盤として、当社は、T22戦略からT25戦略への移行、すなわち変革から成長への移行を進めてい
     る。
       当社のT25戦略には、5Gの人口カバー率、ネットワーク容量および接続速度を向上させること、顧客とコ
     ミュニティーにとって正しく行動することにより当社の評判を高めること、アジャイルとハイブリッド型の働き
     方を統合するにより進化を続けること、また、生産性の向上を活用して株主に持続的な成長とさらなる価値を提
     供することへの注力が含まれる。
       当社は、この変革から成長への移行が、当社の意思決定が顧客のニーズを十分に満たさない商品およびサービ
     スの設計および提供につながるリスクを含め、一定の固有リスクをもたらすことを認識している。当社はまた、
     テルストラが競争の熾烈な環境の中で運営しており、当社の変革をよそに、競合他社も独自の進歩を遂げている
     ことを認識している。
                                 39/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       これらのリスクを管理するために、当社は外部環境の変化に対して業績や業績見通しを絶えず監視し、様々な
     市場シナリオに対して当社の取り組みについてストレステストを実施している。今や事業全体にわたって大規模
     に導入されている当社のアジャイルな働き方によっても、市場の困難について迅速に対応することを可能にして
     いる。当社はまた、成長リスクおよび当社が事業を行う市場セグメント内のリスクを特定し、上位レベルに検討
     を打診し、管理することができるよう、効率的なガバナンスおよびリーダーシップの維持に引き続き注力してい
     る。
    グループのリストラクチャリング

       テルストラ・グループのリストラクチャリングは、T22変革の重要な要素であったし、新しいT25戦略の重要な
     要素にもなっている。提案された法的リストラクチャリングには、テルストラ・グループの本社組織としての
     ニュー・テルストラ・コーポレーション、また、ニュー・テルストラ・コーポレーションの傘下に置かれるサー
     ブCo、インフラCoフィックスト、アンプリテルおよびテルストラ・インターナショナルという4つの主要な子会
     社の設立が含まれる。このリストラクチャリングは内部の法的再編であり、テルストラ・グループの原資産や事
     業活動に対して直ちに変更を及ぼすものではない。これは、顧客およびインフラ事業への注力を強化し、これら
     の事業における資産の透明性を高め、長期にわたりテルストラ・グループの固定インフラ資産から価値を実現す
     るための柔軟性および選択性を高めるというテルストラの取り組みにおける重要な次のステップである。
       2022事業年度において、アンプリテルの設立が完了し、テルストラが事業の51%(過半数の所有権)を維持し
     た。
       新持株会社の設立および資産のサーブCoへの移転は、裁判所および株主によって承認されたスキーム・オブ・
     アレンジメントの形で行われた。
       当社は、スキームの実施および法的リストラクチャリングに関連する、当社が管理しなければならないリスク
     が存在することを認識している。これには、スキームが予想以上に継続的なコストを生じさせる可能性、運営上
     の実施リスクおよびより一層複雑化している規制の管理が含まれる。
       これらのリスクを軽減するため、当社は、これらのリスクへの対処およびリストラクチャリングの実施が成功
     するよう確実にすることに焦点を当てた特化プログラムおよび強固なガバナンスを有している。また、この再編
     が株主、政府、サプライヤー、顧客および従業員を含む利害関係者にもたらす多くのメリットを説明するための
     包括的な協議プログラムを用意している。
                                 40/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    責任ある事業
       テルストラにとって、責任ある事業を行うこととは、顧客、従業員、そして当社が事業を行うコミュニティー
     のために正しく行動することを意味する。当社は、これほど事業が社会において果たす役割について深く考える
     ための重要な機会は今までになかったと認識しており、このため、責任ある事業を行うことはT25戦略の重要な
     柱の1つとなっている。
       持続可能性の原則は、当社とその運営方法の基礎を成している。当社の目的は、全ての人々が成功できるよ
     う、つながりのある未来を構築することである。これは力強い目的であり、テルストラには、より持続可能で包
     摂性のある世界をつくるために積極的かつ有意義な役割を果たすという極めて実質的な責任があるという当社の
     信念を裏打ちしている。当社が提供する基礎的なコネクティビティおよびデジタル・ソリューションは、顧客、
     従業員、コミュニティー、そして株主のために価値を創出している。
       当社は、当社の事業慣習が、当社の目的および企業理念ならびに広範なコミュニティーの期待に沿っているこ
     とを確実にするために懸命に取り組み続けている。当社は、正しく行動する責任は、当社の営業慣行の中核(特
     に社会的に弱い立場にいる顧客に影響を与える可能性のあるもの)にまで至るものであることを認識している。
     当社は、これを常に正しく行うことができていたわけではないことを認識しているものの、当社が新しい段階に
     向かう中で、過去から学ぶことに多くの関心とリソースを集中させている。
       責任を持って事業を行わないリスクは広範囲に及び、責任ある企業市民としての立場のコミュニティーと顧客
     からの信頼の低下および利害関係者による当社の評判の失墜、また、規制上および財務上の潜在的なマイナス影
     響のリスクが存在する。
       当社は、様々な施策を通じて、責任を持って事業を行うことができるよう取り組んでいる。これには、再生可
     能エネルギー発電を可能にすること、絶対排出量を削減すること、オーストラリア人のためにデジタルスキルを
     構築することを含めデジタルで活動的な顧客を増加させること、社会的に弱い立場にいる顧客の接続状態の保持
     に重点を置くこと、また、従業員が責任ある行動をとることを後押しする広範な文化を醸成することなどが含ま
     れる。
                                 41/428










                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    従業員および文化
       高度な技能を有しかつ積極的に関与している人材を呼び込み、成長させ、保持することは不可欠である。当社
     は、シンプルさと説明責任に焦点を当てた、機動的で、企業理念によって牽引される、能力の高い組織を築き、
     変化に応じて転換できる労働力を築くことを目指している。
       当社はまた、当社がT25戦略およびサステナビリティ戦略の一環で優先課題として認識している、責任ある事
     業慣習へのコミットメントに沿って、広範なコミュニティーの期待および基準を反映する目的および価値主導の
     文化を維持することにも焦点を当てている。当社の企業理念は、事業にわたって一体化され、当社の行動および
     意思決定に組み込まれている。当社のアプリーシエイト(Appreciate)報酬・表彰プログラムでは、日々の行動
     を通じて企業理念を実行する従業員を評価している。
       当社は、従業員エンゲージメント調査、主要な人材セグメントにおける能力範囲の監視、また、重要な役割の
     後継範囲の確保を含む、当社の従業員および文化リスクを管理するためのいくつかのメカニズムを有している。
     当社の企業理念と一致しない行動が発生した場合、当社は、内部通報プロセスおよび内部調査チームを通じたも
     のを含め、これを特定および適切に対処するためのプロセスを整備している。
       当社は運営モデルの進化を続けており、2021暦年から2022暦年初めにかけて事業分野のいくつかを本格的にア
     ジャイルへ移行させている。これには、リスクおよびコンプライアンスならびにリーガル分野が含まれる。ア
     ジャイル・モデルは、チームの成長と発展のためにより多くの機会を提供し、従業員が自らの仕事に対してより
     高い水準の説明責任と責任感を持つことを可能にし、これは、やる気があり、影響力があり、作業への流れを通
     じて新しい機会を定期的に得ることができる、より活発で積極的な労働力を作り出すのに役立つ。
       当社は、追加のマイクロ・クレデンシャルにより包括的な一連の技術訓練を補完するため、従業員の再教育お
     よびスキルアップのために多額の投資を行っている。2022年2月には、7つの中核的な機能の開発とスキルアッ
     プに重点を置き、当社が競争力と効果を維持するために必要な最新のスキルおよびクレデンシャルを当社の労働
     力が身につけていない場合に生じるリスクを軽減する手助けとなる、「フューチャー・レディー・プログラム」
     を開始した。
    健康、安全および福利

       健康、安全性、セキュリティおよび福利の効果的な管理は、従業員(身体的および/または精神的の両方)、
     当社の資産、環境および当社が事業を行うコミュニティーに与えるリスクを踏まえて、基本的な優先事項であ
     る。当社の事業および当社が事業を行う環境が変化するにつれて、このリスクの性質は絶えず変化している。
       当社は、広範囲の健康、安全性および福利の結果を積極的に監視および管理している。これには、(特に、よ
     り多くの従業員が、より頻繁に在宅で勤務するようになったことから)当社の様々な職場における身体的安全、
     従業員および職場のセキュリティ、メンタルヘルスおよび福利(変革に関連する福利リスクを含む。)ならびに
     当社が事業を運営する環境およびコミュニティーへの危害の可能性が含まれる。
                                 42/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       当社は、依然として困難かつ頻繁に変化し続けるオーストラリアおよび世界情勢の中で、今もなお続いている
     COVID-19パンデミックの間、COVID-19の影響を直接的に受けた従業員の身体的健康およびメンタルヘルスならび
     に福利に注力することを含め、引き続き従業員の安全性および福利を支援している。また当社は、特定の職種に
     関するワクチン接種義務化へのアプローチ、従業員へのワクチン接種に対する報酬、そしてメルボルン・オフィ
     スにおける独自の予防接種ハブの設置について、政府/産業フォーラムにおけるCOVID-19に係る安全性に関する
     議論の中で、重要な指導的役割を果たした。当社のアプローチは、従業員の福利を支援し、パンデミックの間も
     事業運営を継続することを可能にした。
    気候変動

       気候変動は、私たちの経済、環境、健康、生き方、そして未来にとって相当な脅威である。これは2020年代を
     特徴付けるとも言える困難であり、オーストラリア最大の電力消費者の1つであることから、当社は、これにつ
     いて取り組む上で大きな役割を果たさなければならない。熱波の悪化、前例のない洪水や森林火災、そして降雨
     パターンの変化などによる脅威は増大し、無策がもたらす影響は年々深刻になっている。当社は、気候変動およ
     び低炭素経済への移行に伴う財務上および評判上のリスクを理解している。気候変動はまた、2022年のニューサ
     ウスウェールズ州における洪水とこれに続いた局地的なネットワークの停止によってオーストラリアで見られた
     ように、当社の事業遂行能力にも直接的に影響を及ぼす。
       対応の一環として、当社は、2020年7月より、事業運営においてカーボンニュートラルを達成しているとして
     認証を受けている。当社は、2025年までに再生可能エネルギーの発電量を(2019事業年度ベースラインに対し
     て)当社の消費量の100%に相当する量にすること、また、2030年までに絶対的排出量を少なくとも50%削減す
     ることにコミットしている。
       当社は、当社のスコープ3排出量プロファイルに関連したリテール・エネルギーの増加による影響を評価して
     いる最中であり、これが完了次第、最新情報を提供する。当社はまた、当社のカーボンニュートラルと排出量削
     減目標に関連した、最近完了したデジセル・パシフィックの買収による影響を確認している最中であり、この分
     析が完了次第、重大な影響が認められた場合には最新情報を提供する。
       当社は例えば、温室効果ガス排出量削減のために大胆かつ野心的な目標を設定し、再生可能エネルギーへの投
     資を行い、また、カーボンニュートラルの認証を受けた組織であり続けることで、主導的な役割を果たすことに
     コミットしている。当社はまた、排出量実質ゼロへの道における環境面での成果を向上させるため、当社の規模
     と発信力を利用している。さらに、2022事業年度において、オーストラリアの地上インフラの物理的気候リスク
     分析を完了させた。これらは重要なステップであるものの、当社はまだスタート地点に立ったに過ぎないことを
     認識している。
       2020年より、当社は「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の枠組みに沿った報告を行っている。
     当社の2022年気候変動報告書は、そのTCFDの枠組み内の当社の気候関連のガバナンス、計画、戦略および活動を
     要約している。
                                 43/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    ネットワークITおよび回復力
       テルストラの競争上の優位の一つとして、当社のネットワークの品質、規模、速度および回復力が挙げられ
     る。COVID-19パンデミックによって、自宅で仕事や学習をする顧客にとってのシームレスかつ高品質なコネク
     ティビティに対する需要が浮き彫りとなった。当社は、ハイブリッド型の働き方が当たり前となった世界に人々
     が暮らす中で、変化した仕事および教育の性質により一層対応できるようにネットワークを計画する必要がある
     ことを認識している。
       多くの顧客が当社のネットワークの品質に依存していることからも、当社は、ネットワークの混雑や停止に
     よって生じる潜在的に重大な影響を認識している。これらの事象は、顧客にとって、混乱を生じさせ、苛立たし
     いものであり、財務上の損失、潜在的な規制上の監視、当社のブランドに対する評判上のリスクおよび人々の信
     頼という点で、当社にとって重要なものである。
       当社のネットワークの回復力は、自然災害、予期しない需要の急増、悪意のある行為者による活動、人為的ミ
     ス、設備故障、データ品質またはネットワークに電力を供給する基盤となる電力グリッドの故障によって損なわ
     れる可能性がある。当社は、熟考されたリスク管理アプローチを通じてこのようなリスクシナリオを提起および
     評価し、サービスおよびネットワークの遅延を防止し、これに対応し、これから回復することを目指す様々な戦
     略およびプロセスを通じて当該リスクシナリオに対応している。
       当社は、ネットワークならびにITパフォーマンスおよび回復力を動的に監視するためのいくつかの指標を設定
     しており、リスク・エクスポージャーを着実に軽減するために、当社のネットワークにおけるリスクの是正およ
     び改善を長期にわたり積極的に追跡している。さらに、小規模なインパクト・ゾーン、アプリやコネクティビ
     ティのためのオーケストレーションがなされたフェイルオーバーを通じて顧客のために回復力を強化することに
     よる、システムおよびプロセスのエンドツーエンドの回復力は、当社のT25成長戦略を実現するための重要な要
     素である。
       当社は、顧客サービスに潜在的に影響を与えうる全ての要素(当社のネットワークおよびIT技術への混乱を含
     む。)を考慮し、主要な商品およびサービスのエンドツーエンドの回復力を管理する全社的なアプローチを引き
     続き実施している。
    プライバシー、データおよびサイバーセキュリティ

       オンラインで生活し、働き、そして学ぶことができることに対する需要および依存度の高まりとともに、情報
     およびサイバーセキュリティの脅威は高まっている。これは、当社がデータのプライバシー、情報セキュリティ
     およびサイバーセキュリティを第一に念頭に置いている理由の一つである。そうしなければ、犯罪、スパイ行為
     およびエラーを前例のないペース、規模および範囲で発生させる可能性のある重大リスクが生じることを当社は
     理解している。当社はまた、オーストラリアの電気通信業界においてを含め、オーストラリアの顧客に影響を与
     えた侵害やインシデントが発生している中で、サイバーセキュリティが引き続き、当社の利害関係者にとって大
     きな懸念事項であることにも留意している。
                                 44/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       全てのサイバーリスクを軽減することは不可能であるものの、当社が提供するコネクティビティを顧客が信頼
     できるよう、当社が行動することが重要となる。当社は、当社のネットワークおよびシステムへの不正アクセス
     の可能性および影響を最小限にするために、様々なテクノロジーおよびセキュリティ管理を活用している。これ
     には、内外の脅威を未然に防ぎ、積極的に備えるためのログ機能および監視機能や、業界標準のインフラストラ
     クチャー設定が含まれる。
       当社は、新たなセキュリティ脅威の一歩先を常に行くことができるよう、既存のテクノロジーを維持および強
     化することを含め、当社のセキュリティ能力に対して継続的に投資している。また、変化するセキュリティおよ
     び詐欺脅威の範囲に確実に適応できるように、新しいテクノロジーも導入している。
       テルストラは現在、地政学的な状況および世界的なサイバーセキュリティの脅威や事象に起因するリスクの増
     加により、脅威の態勢を強化して業務を行っている。対応の一環として、当社は、包括的な対応計画を策定し、
     テルストラ・ネットワークの完全性を確保するために当社のインフラおよびシステムを見直し、重大なサイバー
     攻撃から国を守るための技術的能力を提供するために内務省およびオーストラリア・サイバーセキュリティ・セ
     ンターと極めて緊密に連携している。
       サイバーセキュリティのリスク管理プロセスに対する当社のアプローチは、適切な所有権、監督および継続的
     なリスク管理が、ITシステム、データおよびリスクに適用されることを確実にしている。当社はまた、プロジェ
     クトやソリューションの技術的レビューや、重要なポイントにおけるセキュリティ管理のプレゼンスおよび有効
     性をテストするための第三者によるデュー・デリジェンスを含む、セキュリティ・プロセスも有している。当社
     は、堅牢なサイバーセキュリティ文化を発展させるために設計されたプログラムを実行している。これには、全
     従業員および請負業者を対象として義務付けられている年1回の研修や、定期的なフィッシング演習が含まれ
     る。技術が進化するにつれ、当社は人工知能や機械学習に関連して生じる新たな問題を認識しており、これらの
     リスクを検討するためのガバナンス・プログラムを導入している。
       当社は、当社のプライバシー保護方針および保護手続を定期的に精査および更新しており、法的義務を引き続
     き遵守し、また、顧客の個人情報の収集、保管および使用に関する社会の期待を考慮している。テルストラによ
     るプライバシーの管理方法についての詳細は、下記「第5 3 (1)コーポレート・ガバナンスの概要」を参照
     のこと。
       当社はまた、オーストラリア政府が2020年サイバーセキュリティ戦略を実行するにあたり、オーストラリア政
     府と引き続き協働しており、最高経営責任者(CEO)は産業諮問委員会の会長を務めている。
    地政学的環境

       現在の世界的な地政学的環境では、不安定性と不確実性が増大している。国際的な政治的緊張や紛争が高まっ
     ている中、当社は、世界的な政治情勢の重大な変化に対して効果的に計画し、対応することができないリスクが
     存在する。
                                 45/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       地政学的リスクは、複雑かつ予測不可能な性質を有しており、当社は、これらのリスクを効果的に管理できな
     い場合、主要材料の不足、経済市場の変動の増大、商品またはサービスのインフレおよび価格変動を含む、当社
     の従業員、サプライチェーンおよび事業に重大な影響が生じる可能性があることを認識している。また、オース
     トラリアのテクノロジー業界のリーダーとして、当社は、世界的なサイバー脅威に起因するリスクが増大してい
     る現在の環境の中で、サイバーの最前線にも身を置いている。経済制裁や貿易制裁の世界的な適用は急速に変化
     しており、当社の事業、顧客およびサプライヤー層への制裁適用の複雑さと複数管轄の性質により、当社のコン
     プライアンス・リスクは増大している。デジセル・パシフィックへの国際的投資もまた、サイバーセキュリティ
     の観点とデジセル・パシフィックが事業を展開する国際市場に存在する地政学的リスクの両方から、当社が直面
     する問題の複雑さを高める可能性がある。
       対応の一環として、当社は、地政学的監視のためのガバナンス構造および枠組み、不安定な地域における意思
     決定の見直し、また、今後3年から5年の間に起こり得る地政学的シナリオについて助言する第三者の関与を含
     む、いくつかのプロセスを実施した。
       当社は、事業運営の継続性を維持し、従業員と顧客の安全を守り、情報を提供するためにできることを行うた
     めに、国際的な不確実性が高まる中で、変化する環境を積極的に監視し続ける。
    規制の変更および利害関係者の関わり

       テルストラの製品およびサービスならびにそれらの提供方法に対して、広範な規制当局および機関からの継続
     的な監視を受けている。
       これらの規制を遵守していることを確実にするため、政策および規制が公平、均衡の取れたものかつ社会的に
     許容されるものであることを確実にするための取り組みとして、当社は関連する全ての規制当局、消費者および
     コミュニティー・グループならびに政策立案者との透明性のある関係を維持し続けることが不可欠である。
       現在のテルストラに関連する主な規制問題は、期待が高まった環境の中で生じ、規制遵守、責任ある事業慣
     習、新たなリテール向けエネルギー事業の設立、NBN                           Coの規制および方針、消費者の保護およびサービス基準、
     周波数帯の割り当て、政府のセキュリティおよびデジタル化政策、地域や地方コミュニティーのコネクティビ
     ティならびにユニバーサル・サービス方針に関連するものである。
       これらの、また、その他の規制および政策に係る問題は、当社の戦略および事業モデルに直接的な影響をもた
     らし、当社事業にかかる規制費用および複雑性の増加リスクが上昇する可能性がある。当社は、これらのリスク
     を管理するための強力なフレームワークを有し、関係のある行政改革の機会を特定できるよう動向、機会および
     脅威を監視しており、また、積極的に規制当局、政府機関、産業および消費者グループならびにその他の利害関
     係者と関わっている。
    コンプライアンス

       デバイスの販売方法から海底ケーブルの保守管理方法に至るまで、テルストラは幅広い義務に遵守する必要が
     ある。責任ある事業として、当社は、従業員、顧客、コミュニティー、そして株主に対して正しく行動するた
     め、これらを理解し、遵守する責任がある。
                                 46/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       当社は、コンプライアンスに対する標準的なアプローチを定めた強固な枠組み、当社の義務の違反につながる
     またはその可能性がある重大なコンプライアンス問題に関する監査・リスク委員会への隔月報告、ならびに全
     チームでの研修の修了状況の監視および未修の場合には罰則を含む、義務付けられたコンプライアンス研修の枠
     組みをはじめとした、コンプライアンス・リスクを管理するためのいくつかの措置を講じている。
       2022事業年度において当社は、統制環境の改善に焦点を当てた、組織全体でコンプライアンス違反のリスクを
     軽減する必要性をサポートするために設けられた仕事のコンプライアンス強化プログラムを策定した。組織内の
     全てのレベルで重要なコンプライアンス義務に対する意識と責任感を定着させ、保証、ガバナンスおよび監督を
     向上するため、また、違反が判明した場合は、より迅速に報告し、上位レベルに検討を打診するために、全社的
     なアプローチが実施されている。
       当社は、継続的な改善の必要性を認識している一方、義務をより深く理解し、責任を持って行動することが意
     思決定の中核であり、コンプライアンスに則った持続可能な成果をもたらす文化を醸成する上で、組織として著
     しい進歩を遂げることができた。
       当社のリスク管理フレームワークおよびリスク管理に対する全般的なアプローチに関する詳細は、下記「第
     5 3 (1)コーポレート・ガバナンスの概要」に記載されている。
       当社のサステナビリティ関連のリスクに関する詳細は、当社の2022年概観サステナビリティ報告
     (www.telstra.com/sustainability/report/dataにて閲覧可能)に記載されている。
                                 47/428













                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  業績等の概要

       下記「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
     (2)  生産、受注及び販売の状況

       下記「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を含む本書のその他のセク
     ションを参照のこと。
     (3)  財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

       下記および「第6 1 財務書類」注記4.5.4を参照のこと。
       本セクションの情報は、別段の記載がない限り、2022年8月11日現在の最新の情報である。
     会長および最高業務執行役員(CEO)のメッセージ

       2022  事業年度、株主各位からテルストラに寄せられた変わらぬご支援と投資にお礼申し上げます。
       4年前、当社はテルストラをより良く根本的に変化するため大胆な変革戦略に乗り出した。そして今年、T22
     戦略の下での4年間の規律、集中、努力が実を結び、当社が継続的に成長する体制が整ったことを喜んで報告す
     る。
       イノベーションおよびテクノロジー、デジタル化およびネットワークへの投資、顧客経験価値および働き方の
     改善、そして資本管理の規律あるアプローチにより、テルストラは素晴らしく明るい未来を持った全く異なる会
     社に変化した。
       T22  の下での当社の数多くの成果の概要およびこれらの取組みやその他多くの主要な取組みについての詳細
     は、本書の「戦略および業績」セクションを参照のこと。
       重要なのは、事業が変革されている間も、資本管理の規律あるアプローチを維持していたことであり、当事業
     年度の財務成績を踏まえて、取締役会は、2022事業年度、1株当たり8.5豪セントの最終配当金(株主に1.9十億
     豪ドルの還元)を支払うことを決議した。また、当社のアンプリテル・タワーズ事業の非支配持分を2.8十億豪
     ドルで売却したことに伴い、市場での株式買戻しにより、さらに1.35十億豪ドルが株主に還元された。
       当社が提案した組織再編の作業も順調に進んでいる。組織再編は、テルストラ・グループの法的組織再編であ
     る。組織再編の下、ニュー・テルストラ・コーポレーションをテルストラ・グループの本社組織とする新体制が
     構築される。ニュー・テルストラ・コーポレーションの傘下には、主要な子会社4社が入る。
       ・ サーブCo     -サーブCo事業を所有および運営する。
       ・ インフラCoフィックスト            -インフラCoフィックスト事業を所有および運営する。
       ・ アンプリテル       -アンプリテル事業を所有および運営する。テルストラ・グループのアンプリテルに対する
        51%の持分は、アンプリテル・ホールドCoが保有している。
       ・ テルストラ・インターナショナル                 -国際事業を所有および運営する。
                                 48/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       これら全ての事業は、革新的な製品およびサービスの創出、顧客のサポート、卓越した顧客体験の提供に今後
     も注力していく。これを実現するために必要なインフラストラクチャーへのアクセス、サービスおよびサポート
     を各事業体が確実に利用できるようにするために、会社間契約(ICA)が確立され、または今後確立される予定
     である。
       組織再編は当社が昨年発表したT25戦略の主要項目である。これは、当社が顧客およびインフラ事業への注力
     を高め、これらの事業における資産の透明性を向上させ、長期的にテルストラ・グループの固定インフラ資産か
     らの価値を実現するための機動性を高め選択の幅を広げる当社の取組みにおいて重要な次のステップである。
       組織再編は当社グループ内の法的な組織再編であり、それ自体によって直ちにテルストラ・グループ全体の資
     産および事業活動に変更をもたらすものではない。
       我々はそれと同時に、社会に対する責任を果たすトップ企業としての取組みのさらなる強化も継続してきた。
     テルストラは、経済への重要な貢献者、主要な雇用者、また資源の大量ユーザーであるため、社会の改善に寄与
     する責任を負う。
       すなわち、顧客に対して当社が負う義務は、契約書の細かい印刷文字によって定義されるだけではなく、組織
     としての当社の社会的存在意義と企業理念によって定義されるべきものである。
       それは、主導的な立場を取り続け、気候変動、多様性、デジタル・インクルージョン、人権などの主要な課題
     に対して取り組むことや、先住民族のコミュニティー(First                                Nations     communities)との信頼関係の再構築に
     取り組むことも意味する。当社が行うべき誓約および行動を定めた新たな先住民族社会との協調活動計画を最近
     開始したことを喜ばしく思う。これらの主要な問題に対する当社の対応および社会に対する責任を果たす企業に
     ついての当社の広範な取組みの詳細に関して、2022年8月26日に公開された当社の「2022年概観サステナビリ
     ティ報告」をご一読願いたい。
       T22  からT25へ-成長のための新しい戦略

       2023  事業年度、当社はT22からT25に移行する。T25への移行は、テルストラの歴史における心躍る新時代を象
     徴するものである。この新時代では、将来的な機会が期待されるテルストラ・エナジーのような新規事業に投資
     する一方で、当社の中核事業からの成長を加速させ、成功している医療および国際事業の拡大を継続する。
       当社は、顧客のために構築したよりシンプルな世界を基に取り組み、                                   さらなるパーソナライゼーション、チャ
     ネル全体での一貫性、および顧客が個人としてつながり、ビジネスとして成長するために必要な商品・サービス
     を提供する。
       当社は、5Gの展開で達成された多くの大きな進歩を活用し、移動体ネットワークの容量、速度、人口カバー
     率を向上させる。また、地域ネットワークをさらに100,000平方キロメートル拡大することで、トップレベルの
     移動体の受信可能地域を引き続き提供し、ネットワークのリーダーシップを強化していく。
                                 49/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       当社は、社会に対する責任を果たす企業としての評判を向上させ、当社の炭素排出量をさらに削減し、社会的
     に最も弱い立場にいる顧客をサポートし、当社が行う全てのことに公平性、包摂性およびアクセシビリティを引
     き続き構築していく。当社は、事業を良い方向に変化させているが、顧客が当社と事業を行いたいと思うよう、
     変化の利点について顧客を納得させるために努力を続ける必要があることも認識している。
       当社は、アジャイルを使って、当社が作り上げたものを基礎として構築できるように、当社の働き方を進化さ
     せ続ける。アジャイルによって、当社は事業を行う方法を完全に変革し、市場参入が加速化し、効率性が向上
     し、より顧客に焦点に当てた企業となった。ハイブリッドな働き方は、職場の柔軟性を高め、チームが成長する
     ために必要な全ての学習機会とツールを確保して、本当に最適な職場になるようにしている。
       そして、当社の財務状況に影響を与えてきたnbnの逆風をようやく脱し、事業全体で得た生産性の向上を最大
     限に活用して、持続的な成長と株主価値の向上を実現する。
       T22  の成功要因は、当社が大胆だったことである。当社は野心的で大きな目標を設定し、規律と透明性をもっ
     て実行した。T25でも、これと同じ規律あるアプローチを採用する。
       厳しい環境の中での奮闘

       もちろん、テルストラは孤立して存在するわけではなく、過去4年間で当社が変化してきたように、当社を取
     り巻く世界も同じく変化してきた。技術刷新は加速し続けており、メタバースが急速に形成され、5Gと4Gが
     ほぼ普及し、IoTとAIが本格的な規模に到達している。
       COVID-19     は、企業のデジタル化を加速させ、コネクティビティの重要性を強調し、教育と医療を変革した。仕
     事、交流および教育を、どのように、どこで行うかという常識も一新した。同時に、地政学も、今までにないよ
     うな、不安定で不確実なものになっており、そのため脅威の状況や当社のサイバー防御と戦略的サプライチェー
     ンに対する要求も変化している。インフレと生計費の圧力も引き続き課題となっている。その一方で、気候は変
     化し続け、それに対応して自然災害の頻度と深刻さが増している。
       これら全てが次の10年で私たちの国と地球を形作るであろう。そしてこれらはテルストラも形作るだろう。し
     かし、T22で行った多くの変更と、T25で引き続き実施する変更により、当社はこれらに対処するために最善の状
     態にあり、また顧客がこれらに対処するのを支援するために最善の状態にある。
       新しい成長の時代は、9月1日から、ヴィッキー・ブレーディーがCEOに就任し、マイケル・アクランドがCFO
     に就任する新しいリーダーシップチームによって主導される。また、コンシューマー&スモール・ビジネスのグ
     ループ・エグゼクティブも新たに任命され、顧客重視を推進する。
                                 50/428








                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     2022  事業年度/T22の成果
                                 51/428




















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     戦略および業績
     2022  事業年度の財務成績
       (1)  金融収益を除く収益合計。











       (2)  このガイダンスは、合併・買収、売却、減損、周波数帯、リストラクチャリング費用などの重要な1回限りの項目、
         および取締役会と経営陣が決定するその他の項目を除いている。
                                 52/428








                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     当社の戦略的背景と重点
       2018  年6月にT22変革戦略を開始したとき、当社はテルストラを根本的に変革し、抜本的に簡素化し、デジタ
     ル化するために大胆に行動しなければならなかった。当社は、nbn敷設のテルストラへの影響の現実に対応しな
     ければならなかった。また、新しい技術に投資し、システムを簡素化し、顧客のペインポイントを除去する一方
     で、中核となる事業を変革して改善しなければならないことも理解していた。
     当社のT22戦略

       当社のT22戦略は2018事業年度に開始され、4本の柱がある。
     提供商品を抜本的に簡素化             独立組織のインフラビジネ             組織構造と働き方を大幅に             業界の先頭を切るコスト削

     し、顧客のペインポイント             ス・ユニットを設立し、こ             簡素化して従業員への権限             減プログラムおよびポート
     を除去し、そしてあらゆる             れにより業績の推進を図る             委譲を進め、顧客にサービ             フォリオ管理を実施する。
     デジタル経験価値を創出す             とともにnbn敷設後の選択             スを提供する。
     る。             肢を用意する。
       この戦略は、2016事業年度に発表した「未来のためのネットワーク」の創設と事業のデジタル化に対する最大

     3十億豪ドルの戦略的投資を通じて既に構築されてきた多くの重要な機能を駆使した。
                                 53/428













                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     T22  スコアカード
       今年6月に終了したT22プログラムは確実に成功を収めており、テルストラは現在、はるかにシンプルで、よ
     り機敏で、顧客を重視した、デジタル対応のビジネスになっている。T22の下で達成された進歩の度合いを示す
     多くの指標は、事業のあらゆる場面で明らかとなっている。
                                 54/428



















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     技術リーダーシップ
      今年も引続き、当社は、オーストラリアで最も優れ、最大で、最も信頼できる移動体ネットワークを運営して
     いる。当社はオーストラリアの人々の80%が住んでいる場所をカバーできるよう5Gのフットプリント(電波到
     達範囲)を拡大した。当社のネットワーク全体で、全オーストラリア人の99.5%をカバーし、2.6百万平方キロ
     メートルを超えている。オークラの総合移動体速度でも1位を獲得している。
       当社は、ネットワーク内で新技術を試行することで革新を続けており、2022年2月には、mmWave周波数帯を使
     用した商用ネットワークにおいて、5Gピークダウンロード速度5.9Gbpsを達成した。2022年12月、当社のパー
     トナーであるエリクソンおよびクアルコム・テクノロジーズ・インクと共同で、オーストラリアのクイーンズラ
     ンド州でのライブデモにおいて、商用ネットワークで記録された歴代最高のアップリンクピーク速度を達成し、
     1Gbpsに近いアップリンクデータ速度に到達した。
     顧客経験価値

       2022  事業年度も引き続き、顧客経験価値を向上させるための重要な取り組みを実施した。オーストラリアのコ
     ンシューマー&スモール・ビジネスの顧客からの全ての電話に対応するという誓約を達成し、当社のライセン
     シーの店舗は全て社内に取り戻され、現在全てのテルストラ店舗がテルストラにより所有・運営されている。現
     在、コンシューマー&スモール・ビジネスの顧客との全ての販売取引のほぼ半分、および全てのサービス取引の
     3/4以上がデジタル化されている。T22の開始以降、テルストラのコンシューマー&スモール・ビジネスのコンタ
     クトセンターにかかってくる電話の数は70%以上減少した。これらの改善は、当社のエピソードNPSの結果にも
     反映されており、過去12ヶ月間で5ポイント、T22プログラム開始以来18ポイント改善するなど、これまで以上
     に高い成果を上げている。
     貸借対照表および財務

       2022  事業年度は、業績報告額においてnbn敷設のマイナスの移行効果がほぼ最終的であったことと、基礎とな
     る業績の勢いが増したことから、テルストラにとって財務的に重要な年となった。
       主な業績は次のとおりである。
       ・収益合計:22.0十億豪ドル(-4.7%)
       ・EBITDA:7.3十億豪ドル(-5.0%)
       ・NPAT(利益):1.8十億豪ドル(-4.6%)
       ・1株当たり当期純利益(EPS):14.4豪セント(-7.7%)
     文化・働き方の変革

       T22  はテルストラ内部の急進的な文化的変化なしには不可能だっただろう。より迅速かつシンプルに行動する
     という以前の課題は、当社が直面していた中核的な社内のペインポイントの1つであった。そのため、T22に
     よって、当社は働き方を根本的に変化させた。
                                 55/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       新しいアジャイルな働き方の導入は、このことの中心となっている。アジャイルを大規模に導入したことで、
     優先順位付けおよびリソースの割当てのアプローチが変わり、市場への参入がより迅速になり、より効率的にな
     り、顧客により集中できるようになった。現場のスタッフ、現場の技術者や専門的な役職以外は、オーストラリ
     アを拠点とするスタッフ全員がアジャイルで働いている。実際、当社は国内最大のアジャイル労働力を有してお
     り、現在17,000人以上がアジャイルで働いている。
       テルストラは長年にわたり、柔軟な働き方をリードしてきた。これは当社の文化の大きな部分を占めており、
     COVID-19が発生した際、大部分の従業員をすぐに在宅勤務に移行することができた。これは1週間の間に行った
     ことである。そこから、当社はハイブリッドな働き方を維持し、従業員がどこで働くかを選択できるようにし続
     けてきた。また、2022事業年度には、テルストラは、多くの役職について、勤務地にとらわれない契約に移行
     し、雇用契約条件から従業員の勤務地を規定する条項を削除した。
       テルストラの価値観の1つは「We                  Care(配慮する)」であり、当社が従業員、顧客およびコミュニティーの
     ために行う全てにおいて配慮を示している。当社の多様なグローバル事業において、テルストラは常に従業員と
     当社の事業活動に関わる人々の安全と健康を確保することに重点を置いている。このことは、COVID-19パンデ
     ミックの過去2年間で最も重要になったことだ。当社は、顧客のために毎日出勤する最前線の重要なインフラ担
     当者を指導およびサポートする一方で、その他の従業員については柔軟な働き方を維持してきた。
       アジャイルおよび柔軟な働き方への移行に加えて、T22の下では、事業の重要な部分がnbnに移行したことに対
     応して、また、デジタル化と効率化の取組みにより、直接および間接従業員を1/3削減した。同時に、ソフト
     ウェアエンジニアリング、データ分析、サイバーセキュリティおよび人工知能などの新しい分野で新たな人材を
     採用するという目標を、1,500人以上の新規採用で達成した。平均して4つの管理者層も削除された。
     新たな機会および能力

       当社は、事業の成長およびインフラストラクチャーの真の価値を引き出すために継続して新たな機会を探索し
     ている。昨年、当社は、ザ・フューチャー・ファンド(the                                Future    Fund)、コモンウェルス・スパーアニュ
     エーション・コーポレーション(Commonwealth                            Superannuation         Corporation)およびサンスーパー
     (Sunsuper)からなるコンソーシアムとの間で、インフラCo                                タワーズ(InfraCo          Towers)事業の49%の被支配
     持分を2.8十億豪ドルで売却するとの重要な取引を完了した。当社は51%の所有権を維持し、そしてネットワー
     クのアクティブ・パートを引き続き所有することにより、引き続きトップの移動体カバレッジの提供とネット
     ワークにおける主導的地位の維持を確実に可能にする。
       この取引による正味手取額の約50%(1.35十億豪ドル)は、市場での自社株買いを通じて、2022事業年度中に
     株主に還元された。また、同手取額のうち75百万豪ドルは地域におけるコネクティビティのさらなる改善のため
     の投資に振り向けられた。残りの手取額は、バランスシートの健全性と柔軟性を維持するために、負債の削減に
     充当された。
                                 56/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       昨年10月、当社はオーストラリア政府と協同してデジセル・パシフィックの買収を発表した。これにより、パ
     プアニューギニア、フィジー、バヌアツ、トンガ、ナウルおよびサモアでの2.8百万人の顧客を持つ大手モバイ
     ル企業を当社のインターナショナル事業に加えた。当社はこの買収を2022年7月に完了した。
       また、テルストラは、国のデジタル経済をサポートし、オーストラリア全土で前例のないレベルのコネクティ
     ビティを可能にするために、今年2つの主要な通信インフラプロジェクトを発表した。テルストラは、ヴァイア
     サット社の新シリーズ3衛星システムのために、オーストラリアで地上インフラとファイバー・ネットワークを
     構築および管理し、同国全土に最先端の都市間デュアルファイバーパスを構築するための主要なファイバープロ
     ジェクトを構築する。
       今年、テルストラ・ヘルスは、最初の5年間、約200百万豪ドルの契約金額で1800RESPECTを提供する企業に選
     出された。これは、GP診療管理、専門医の請求および臨床コーディングにおける戦略的医療ソフトウェア企業
     の買収に追加されるものである。また、エネルギー事業も開始し、その目標はオーストラリアの家庭の費用と時
     間の節約、排出量の削減を通じて成長することである。テルストラ・エナジーの野望には3つの構成要素があ
     る。シンプル、持続可能かつ統合されたエネルギー計画を立ち上げること、テルストラのチャネルおよび関係を
     活用して規模を拡大すること、そして100%カーボンニュートラルなエネルギー計画を顧客に提供することであ
     る。しかし、エネルギー小売市場が現在深刻な混乱状態にあることは明らかであり、2023事業年度は市場のダイ
     ナミクスを見直し、規模拡大はしない。
       また、今年は、インテリハブとの100百万豪ドルの契約により、次の10年で最大4.1百万のモノのインターネッ
     ト(IoT)用のSIMを提供することも発表した。これは、価額およびデバイス数という点で当社にとって過去最大
     のIoT案件となる。IoT用SIMは、リアルタイムの監視と知見を提供し、インテリハブとその顧客がエネルギー需
     要をより適切に管理できるよう支援する。
       11 月には、クアンティアムの市場をリードするデータサイエンスおよびAI機能と、当社の顧客、製品および
     ネットワークデータ資産を統合するために、クアンティアムと新しいジョイントベンチャーを設立する意向を発
     表した。このユニークなパートナーシップは、データおよびAIに関する当社の将来の野望にとって重要な成功要
     因である。
     社会に対する責任を果たす事業運営

       同時に、当社は社会に対する責任を果たす主要企業としての活動を継続してきた。テルストラは、経済への重
     要な貢献者、主要な雇用主、商品やサービスの大規模な調達者であり、大規模な資源の利用者であるため、社会
     をより良くするために貢献する責任がある。
       すなわち、顧客に対して当社が負う義務は、契約書の細かい印刷文字によって定義されるだけではなく、組織
     としての当社の社会的存在意義と企業理念によって定義されるべきものである。また、それは、気候変動、多様
     性、デジタル・インクルージョン、人権などの主要な社会の課題に対して主導的な立場で取り組み、数年前に少
     数のパートナー店舗で不適切な販売行為があったことを受けて先住民族のコミュニティーとの信頼関係の再構築
     に取り組むことも意味する。
                                 57/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       当社の誓約は様々な形態をとり、気候変動に関する重要な行動を含む。当社は、2020年にオーストラリア政府
     のClimate      Activeプログラムによりカーボンニュートラルとして認定され、当社の他の2つの気候目標(2030年
     までに絶対排出量を2019事業年度比で少なくとも50%削減すること、および2025年までに当社の消費量の100%
     に相当する再生可能エネルギー発電を可能にすること)に向けて引き続き進展している。エネルギー需要を削減
     するために事業を最適化するだけでなく、当社は、当社の発言力と影響力を利用して、気候問題を提唱し、行動
     を通じて気候と環境に関するリーダーシップを発揮し、可能な限り他の人々の行動を可能にし、加速させる。気
     候変動に対処するには、革新的な考え方と行動する決意が必要であり、その一環として、テルストラはニューサ
     ウスウェールズ州北部のヤロウィックで取得した240ヘクタールの土地の緑化を行っている。このプロジェクト
     では、今後25年間で約160,000トンの二酸化炭素を吸収する予定だ。
       また、廃棄物の最終処分量を削減するために、機器や包装材の再利用・再資源化プログラムを通じて当社資源
     の効率性の改善に注力している。
       当社は、バリューチェーン全体で、当社の事業および事業パートナーが人権を尊重した活動を行うことを目指
     している。当社は、現代の奴隷制度に対して明確かつ明白な立場を取ってきた。当社は、非人道的で非道徳的な
     行為には完全に反対しており、当社の事業やサプライチェーンのどこにもそのような行為の居場所はないと考え
     ている。当社は、国際的事業および人権の規範に従い、当社の事業またはサプライチェーンにおける現代奴隷制
     度のあらゆる事例を防止し、特定し、対処することを誓約している。
       また、テルストラは、デジタル・インクルージョンを構築するためのプログラムにも深く関与している。なぜ
     なら、デジタル経済は多くのオーストラリア人にとって信じられないほどの社会的、文化的、経済的な利益を生
     み出している一方で、これらの利益は平等に共有されていないからである。あまりに多くのオーストラリア人、
     特に社会的に弱い立場にいるオーストラリア人は、デジタル時代において取り残され、さらに周縁化される危険
     にさらされている。テルストラには、アクセスの構築において重要な役割を有し、ネットワークへの投資を通じ
     て、製品やサービスを手頃な価格で提供し、デジタルスキルを構築するための様々なプログラムを支援すること
     でこれを達成する。当社は、低所得者、障害者、オーストラリアの高齢者、地方および遠隔地のコミュニ
     ティー、先住民、および失業、ホームレスまたは家庭内暴力を経験している個人に対する支援に焦点を当ててい
     る。
       また、当社は、地方や遠隔地のより多くの人々に、より多くの受信可能地域を提供している。2022事業年度末
     までの7年間で、テルストラは、国内のモバイルネットワークに11十億豪ドルを投資することになる。そのうち
     4十億豪ドルは地方の移動体ネットワークに投資され、追加容量と新しく改善された受信可能地域が提供され
     る。また、当社は昨年、2022事業年度における150百万豪ドルの地方投資、および今後4年間にわたる地域のコ
     ネクティビティを改善するための200百万豪ドルの共同投資ファンドを含む、重要な先行投資を発表した。
       今年、当社は、傾聴、学び、理解に向けた一歩を踏み出し、新しい長期的な(stretch)協調活動計画を策定
     した。これらの活動は、当社が信頼を再構築し、オーストラリア全土の先住民の人々やコミュニティーとの和解
     に向けてより良い道を築く上で、当社にとっての新たな出発点を象徴している。
                                 58/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       当社は、COVID-19パンデミック、欧州における紛争、洪水や森林火災などの壊滅的な自然災害に見舞われた地
     域を含め、危機的な状況下で継続的に支援パッケージや支援プログラムを提供した。当社の対応は、切迫した状
     況下でも、業務を維持し、顧客をサポートし、従業員の安全を守るという、当社の価値感の強さと組織の回復力
     を浮き彫りにした。
       当社は、責任ある、持続可能な、コミュニティー志向の組織としてテルストラを形成し続けることについて、
     今年成し遂げた進歩を非常に誇りに思っている。世界が我々の周りで変化し続ける中にあって、変わることなく
     当社を主導し、そして牽引するのは、当社の社会的存在意義と企業理念である。
     T22  からT25への移行

       T22  では、当社は常に規律を保ち、焦点を絞ってきた。そして今では、世界的な電気通信会社として、最大か
     つ最も野心的な変革プログラムの1つを実現した。
       現在は、やらなければならない戦略から、やりたい戦略へ、つまり、変革戦略から継続的な成長に焦点を当て
     た戦略へと移行している。T25は、テルストラの歴史の中で心躍る新時代を示すもので、将来的な機会が見込め
     るエネルギーなどの新しい事業に投資する一方で、中核事業からの成長を加速させ、成功しているヘルスおよび
     インターナショナル事業の拡大を継続していくことができる。
       当社は、顧客のために構築したよりシンプルな世界を基に、さらなるパーソナライゼーション、チャネル全体
     での一貫性、および顧客が個人としてつながり、ビジネスとして成長するために必要な商品・サービスを提供す
     る。
       当社は、5Gの展開で達成した大きな進歩を生かし、移動体ネットワークの容量、速度、人口カバー率を向上
     させる。また、地域ネットワークをさらに100,000平方キロメートル拡大する。当社は、顧客や地域社会のため
     に正しいことをすることで、当社の評判を高め、オーストラリア人の当社に対する考え方を変えていく。それ
     は、当社の炭素排出量をさらに削減し、社会的に最も弱い立場にいる顧客をサポートし、当社が行う全てのこと
     に公平性、包摂性、アクセシビリティを継続的に組み込むことである。
       当社は、アジャイルでハイブリッドな働き方を最大限に活用できるよう働き方を継続的に進化させ、当社が本
     当に最適な職場になれるよう、従業員が成長するために必要な全ての学習機会とツールを得られるようにする。
     そして最後に、当社の財務状況に影響を与えたnbnの逆風を乗り越え、当社が事業全体で得た生産性の向上を最
     大限に活用し、持続的な成長と株主価値の向上を実現する。
     T25  戦略

       T22  と同様に、T25も4つの主要な戦略的柱を中心に構築されている。
     信頼できる優れた顧客経験             顧客の未来を実現する、先             株主のための持続的な成長             働きたくなるような会社に

     価値を提供。顧客経験価値             進のネットワークとテクノ             と価値の創造。             なる。T25は、T22で築いた
     を向上させ続けることが最             ロジーソリューションの提                           能力を活かして成長するこ
     も重要であり、T25の根底             供。                           とを主眼とした戦略であ
     にある。                                        る。
                                 59/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       T22  が2016年に発表した基礎的投資なしには実現できなかったのと同じように、T22で達成した全てのことなし
     にはT25は実現できない。
       当社は、コンシューマー&スモール・ビジネス、エンタープライズ、ニュー・マーケッツ(エナジー&ヘル
     ス、インターナショナルおよびインフラストラクチャーからなる)の5つの主要事業を通じてT25を実行する。
     T25の4つの柱は、これらの各事業の戦略の指針となっているが、それぞれが、現在の状況と今後の機会を反映
     した独自の目標を持っている。
       実行に際しては、T22で使用したものと同様の規律およびガバナンスを使用する。これには、戦略的な柱を支
     える重要なマイルストーンおよび指標を示すT25スコアカードが含まれる。
     T25  スコアカード

                                 60/428
















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     テルストラの変革
       当社がT22で多くの変更を行ったこと、そしてT25で今後も変更を行い続けることは、今後の多くの機会を最大
     限に活用し、顧客が同じく機会を活用できるようにするために、当社が最善の状態にあることを意味する。オー
     ストラリアがデジタル・コネクティビティへの依存度をますます高め、生計費上昇の圧力、地政学的な不安定
     性、気候変動などの課題に対処し続ける中で、当社は、顧客(インターナショナル事業の顧客を含む。)が必要
     とするインフラ、ソリューション、製品およびセキュリティを提供し、オーストラリアが世界をリードするデジ
     タル経済になるための旅路をサポートする上で、非常に有利な立場にあると言える。
     将来の見通し

       T25  プログラムの初年度を迎えた我々は、財務面での勢いを維持し、基礎的な成長を継続的に行う上で強固な
     ポジションを保っている。以前のT22戦略の下での変革は、当社が、拡大するデジタル経済と出現するテクノロ
     ジーシフトのための基盤を構築し、それを活用するだけでなく、COVID-19パンデミックに起因する継続的な混乱
     への対応と不確実な経済情勢への対応に際して国家を支援する体制が整っていることを意味する。
             (1)
       2023  事業年度      のガイダンスとしては、当社は継続的な基礎的事業成長を見込んでいる。
       ・23.0十億豪ドルから25.0十億豪ドルの収益合計
                                (2)
       ・7.8十億豪ドルから8.0十億豪ドルの基礎EBITDA
                                (3)
       ・3.5十億豪ドルから3.7十億豪ドルの資本的支出
                                                      (4)
       ・2.6十億豪ドルから3.1十億豪ドルのリース支払後のフリー・キャッシュ・フロー(FCFal)
       当社は、製品の成長、生産性の向上、そしてnbnによってもたらされた財政的な逆風の終わりに牽引され、財
     務面での勢いが継続すると確信している。当社は、成功しているヘルスおよびインターナショナル事業の規模拡
     大を継続すること、将来的な機会が見込まれるテルストラ・エナジーのような新たな機会への投資、デジセル・
     パシフィックの買収などにより、成長機会を引き続き多様化していく。これは、T25戦略の下での財務的目標の
     実現をサポートする。
       今後1年間の当社の重点分野には、より簡素なデジタル体験の構築を継続することで顧客の体験を向上させる
     ことが含まれる。当社は、さらなるパーソナライゼーション、チャネル全体での一貫性、および顧客が個人とし
     てつながり、ビジネスとして成長するため必要な商品・サービスを提供することで、これを達成しようと考えて
     いる。
       当社は、5Gにおけるリーダーシップの拡大、移動体ネットワークの容量、速度、人口カバー率の向上、地域
     ネットワークの拡大を目指している。
       当社は、顧客や地域社会のために正しいことをすることで、当社の評判を高め、オーストラリア人の当社に対
     する考え方を変えていく。それは、当社の炭素排出量をさらに削減し、社会的に最も弱い立場にいる顧客をサ
     ポートし、当社が行う全てのことに公平性、包摂性、アクセシビリティを継続的に組み込むことである。
       当社は、アジャイルでハイブリッドな働き方を最大限に活用できるよう働き方を継続的に進化させ、当社が本
     当に最適な職場になれるよう、従業員が成長するために必要な全ての学習機会とツールを得られるようにする。
                                 61/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       組織再編は当社が昨年発表したT25戦略の主要項目である。これは、当社が顧客およびインフラ事業への注力
     を高め、これらの事業における資産の透明性を向上させ、長期的にテルストラ・グループの固定インフラ資産か
     らの価値を実現するための機動性を高め選択の幅を広げる当社の取組みにおいて重要な次のステップである。組
     織再編は当社グループ内の法的な組織再編であり、それ自体によって直ちにテルストラ・グループ全体の資産お
     よび事業活動に変更をもたらすものではない。
       これらの優先事項を実現し、生産性のさらなる向上を図ることが、持続的な成長と株主価値の向上につなが
     る。
       当社の戦略的方向性は明確だが、予測不可能な要素をもたらす重要な要因が数多くある。これらについては、
     本書の「リスク」セクションで詳しく説明している。これらには、インフレや生計費の圧力を含む経済における
     継続的な課題、技術革新の加速とデジタル経済の成長、サイバー防衛と戦略的サプライチェーンに対する需要を
     高めている地政学的なボラティリティと不安定性、気候変動の継続的な脅威とそれに伴う壊滅的な自然災害の増
     加が含まれる。これら全てが次の10年で私たちの市場、国、そして地球を形作るであろう。そして、これらはテ
     ルストラも形作るだろう。しかし、T22で行った多くの変更と、T25で引き続き実施する変更により、当社はこれ
     らに対処するために最善の状態にあり、また顧客がこれらに対処するのを支援するために最善の状態にある。
       これら全てを通じて、テルストラは                  、引き続き当社の社会的存在意義および企業理念に従い、長期的な株主価
     値の創出に注力する所存である。当社                    は、企業としても国としても、テクノロジーが主導する未来と、それに
     よってもたらされる機会に胸を躍らせている。
       (1)  このガイダンスは、合併・買収、売却、減損、周波数帯、リストラクチャリング費用などの重要な1回限りの項目、

         および取締役会と経営陣が決定するその他の項目を除いている。
       (2)  基礎EBITDAは、nbn接続費用(C2C)純額を差し引いたnbn正式契約に基づく1回限りの受取金純額およびガイダンス調
         整額を含まない。2020事業年度/2021事業年度の基礎EBITDAは、移動体リースに係る使用権資産の減価償却費も含
         む。
       (3)  資本的支出は発生主義ベースで測定され、周波数帯およびガイダンス調整額、外部資金による資本的支出およびキャ
         ピタル・リースは含まれない。
       (4)  リース料支払い後のフリー・キャッシュ・フロー(FCFaL)は、「投資活動によるキャッシュ・フローを控除した営業
         活動によるキャッシュ・フロー」から「リース負債についての支払い」を差し引いたものとして定義され、周波数帯
         およびガイダンス調整額は含まれない。
                                 62/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     通年度の業績および事業運営の検討
                             2022  事業年度         2021  事業年度             増減

      財務情報概要                        百万豪ドル           百万豪ドル               %
      収入(金融収益を除く)                          21,277           21,558            (1.3)
      収益合計(金融収益を除く)                          22,045           23,132            (4.7)
      営業費用                          14,758           15,470            (4.6)
      持分法適用会社の純利益/(損失)に
      対する持分                           (31)            (24)          (29.2)
      利息、法人所得税、減価償却費および
      償却費控除前利益(EBITDA)                           7,256           7,638            (5.0)
      減価償却費および償却費                           4,358           4,646            (6.2)
      利息および法人所得税控除前利益
      (EBIT)                           2,898           2,992            (3.1)
      純金融費用                            417           551          (24.3)
      法人所得税費用                            667           539           23.7
      当期利益                           1,814           1,902            (4.6)
      テルストラの株主に帰属する当期利益                           1,688           1,857            (9.1)
           (1)
      資本的支出                           3,042           3,020            0.8
      フリー・キャッシュ・フロー                           3,854           4,887           (21.1)
      1株当たり利益(豪セント)                           14.4           15.6           (7.7)
       (1)  資本的支出は、有形固定資産および無形資産の増加分として定義され、周波数帯およびガイダンス調整額、外部資金
         による資本的支出ならびにキャピタル・リースは除かれる。資本的支出は発生主義ベースで測定される。
     業績報告額

       テルストラの2022事業年度の業績は、T22が成功裏に完了したことと、当社の基礎となる事業が力強い勢いを
     見せたことを受けて、7年ぶりに配当金合計が増加した。
       報告額基準では、収益合計が4.7%減少して22.0十億豪ドルとなった。報告額基準EBITDAは、5.0%減少して
     7.3十億豪ドルとなった。NPATは4.6%減少して1.8十億豪ドル、1株当たり当期純利益は7.7%減少して14.4豪セ
                                                            (1)
     ントとなった。基礎EBITDAは8.4%増加して7.3十億豪ドルとなり、中核事業の強さを示した。基礎EPS                                                        は
     48.5%増加して14.4豪セントとなった。
       また、当社は、継続して事業のコスト削減を行った。固定費の基礎費用は8.1%(454百万豪ドル)減少し、                                                       報
     告額基準リース調整後           の営業費用合計は5.8%(906百万豪ドル)減となった。
       移動体ネットワークにおける当社のリーダーシップの継続により、当社の移動体事業は好調に推移し、EBITDA
     は700百万豪ドル(21.2%増)、ポストペイド式携帯のARPUは2.9%増、移動体サービス収益は6.4%増となっ
     た。155,000件(正味)のリテール向けポストペイド式携帯サービスが追加され、そのうち121,000件はエンター
     プライズからの強力な貢献を受けたものである。
       コンシューマー&スモール・ビジネスの固定事業は下半期に連続して成長し、当社のエンタープライズ事業は
     再び成長に転じた。インフラ資産からの利益を実現し、インフラCoフィックストの中核アクセス収入は3.1%増
     加した。これには、3.3%増加したnbnの反復的受取金が含まれる。アンプリテルの収入は8.9%増加した。アン
     プリテルは、非支配持分である49%を売却することで独立事業として設立され、取引費用2.8十億豪ドルを差し
     引いた正味手取額をもたらした。
                                 63/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       2022  事業年度の業績は、T22戦略が完了したことを示すものでもある。T22戦略は、顧客と従業員に優れた体験
     を提供するテルストラの成功を示すものである。また、当社は、T22の生産性目標である2.7十億豪ドルも達成し
     た。また、2022事業年度には、いくつかの戦略に関する発表と、T25戦略のいくつかの点に関して早期の進捗が
     あった。これには、ACCCの承認対象となるTPGテレコムとの画期的なネットワーク共有契約、ヴァイアサットと
     の提携による主要インフラの発表、および都市間ファイバー・ネットワークのアップグレードが含まれる。ま
     た、50%の排出量削減目標をスコープ3まで拡大し、多くの従業員が参加する新たな労働                                             協定  を締結した。
       テルストラの取締役会は、1株当たり8.5                     豪 セントの完全税額控除適格の配当金を支払うことを決議し、当事
     業年度の配当金合計は、1株当たり16.5                     豪 セントとなった。これには1株当たり10豪セントから13.5豪セントへ
     の普通配当の増加が含まれ、2022年5月に完了した1.35十億豪ドルの自社株買戻しに加えて、約1.9十億豪ドル
     が株主に還元される。また、テルストラは、2023事業年度の一連の測定指標についての仮定を含む財務ガイダン
       (2)
     ス   を提供した。同ガイダンスは、基礎となる事業の成長が継続していることを示している。
       (1)  各株式に帰属する税引後当期純利益から少数株主持分を控除した後の利益(PATMI)として計算される(nbnに係る1
         回限りの受取金純額およびガイダンス調整(脚注(2)に定義されるガイダンス調整)を除く)。
       (2)  このガイダンスには、合併・買収、売却、減損、周波数帯、リストラクチャリング費用などの重要な1回限りの項
         目、および取締役会と経営陣が決定するその他の項目を除いている。2022事業年度に市場に提供されたガイダンスの
         基準に基づき業績を反映するために当事業年度および比較対象事業年度について行われた調整の詳細については、
         「ガイダンスと業績報告額との対比―調整表」を参照のこと。
     その他の情報

       内部管理報告の目的で提示されている情報と一致し、各セグメントの業績は、EBITDAに対する貢献額に基づい
     て測定される。詳細については財務報告の注記2.1.1を参照のこと。
       以下の説明は、法定および管理業績を説明している。

                   (1)

      ガイダンス基準による業績                      2022  事業年度    業績          2022  事業年度    のガイダンス
      収益合計                       22.0  十億豪ドル         21.6  十億豪ドルから23.6十億豪ドル
      基礎EBITDA                        7.3  十億豪ドル          7.0  十億豪ドルから7.3十億豪ドル
      資本的支出                        3.0  十億豪ドル          2.8  十億豪ドルから3.0十億豪ドル
      リース負債支払い後のフリー・キャッ
      シュ・フロー                        4.0  十億豪ドル          3.5  十億豪ドルから3.9十億豪ドル
                       2022  事業年度       2022  事業年度       2022  事業年度       2021  事業年度

                                           ガイダンス         ガイダンス
      ガイダンスと業績報告額との
                        業績報告額           調整額     基準による業績         基準による業績
        (1)
      対比                  百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
      収益合計                    22,045           (87)        21,958         22,924
      基礎EBITDA                    7,256           (5)        7,251         6,689
      フリー・キャッシュ・フロー                    3,854          107        3,961         3,740
                                 64/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       (1)  これらの表は、当社が市場に提供したガイダンスの基準に基づき事業の業績を反映するために、当事業年度および比
         較対象事業年度において業績報告額に対して行われた調整を詳述したものである(合併・買収、売却、減損、周波数
         帯、リストラクチャリング費用などの重要な1回限りの項目、ならびに取締役会および経営陣が決定するその他の項
         目を除く)。業績報告額とガイダンスとの詳細な調整については、「ガイダンスと業績報告額との対比―調整表」を
         参照のこと。基礎EBITDAは、nbn接続費用純額を差し引いたnbn正式契約に基づく1回限りの受取金純額およびガイダ
         ンス調整額を含まず、2021事業年度の基礎EBITDAは、移動体リースに係る使用権資産の減価償却費も含む。資本的支
         出は発生主義ベースで測定され、周波数帯およびガイダンス調整額、外部資金による資本的支出およびキャピタル・
         リースは含まれない。リース料支払い後のフリー・キャッシュ・フロー(FCFaL)は、「投資活動によるキャッ
         シュ・フローを控除した営業活動によるキャッシュ・フロー」から「リース負債についての支払い」を差し引いたも
         のとして定義され、周波数帯およびガイダンス調整額は含まれない。「ガイダンスと業績報告額との対比―調整表」
         を参照のこと。同調整表内の表の中の調整は当社の監査人のレビューを受けている。
       2022  年8月11日にテルストラ・コーポレーション・リミテッドの取締役は、普通株式1株当たり8.5                                                 豪 セント

     の完全税額控除適格の最終配当金(内訳は1株当たり7.5                             豪 セントの最終普通配当金および1株当たり1                       豪 セン
     トの最終特別配当金)を支払うことを決議した。株式は、2022年8月24日から配当権利落ちとして売買され、配
     当金は2022年9月22日に支払われる。2022事業年度の配当金合計は、1株当たり16.5                                           豪 セント(完全税額控除適
     格)であり、その内訳は13.5               豪 セントの普通配当金および3               豪 セントの特別配当金であり、配当総額は1,919百
     万豪ドルとなる。これは2021年9月のインベスター・デイで更新された当社の資本管理フレームワークと一致し
     ている。
       2022  事業年度の特別配当金はnbnに係る1回限りの受取金純額に連動する最終の特別配当金となる。当社は
     2022事業年度末までに、完全税額控除適格の特別配当金により、nbnに係る1回限りの受取金純額の累計額の
     79%を株主に還元してきた。これは、nbnに係る1回限りの受取金純額のおよそ75%を完全税額控除適格の特別
     配当金により時間の経過に応じて株主に還元するとの当社の誓約と一致している。
       当社の更新された資本管理フレームワークの原則2は、「完全税額控除適格の配当を最大化し、時間の経過と
     ともに成長を目指す」ことである。
       最終配当金は、2022事業年度の1株当たりの利益報告額に対して115%の配当性向に相当し、フリー・キャッ
     シュ・フローに支えられている。
    ガイダンスと業績報告額との対比―調整表

     本調整表は、当社が市場にガイダンスを提供した基準に基づいて事業の業績を反映させるために、当事業年度お
    よび比較対象事業年度の業績報告額になされた調整の詳細を示す。当該基準は、合併・買収、売却、減損、周波数
    帯、リストラクチャリング費用などの重要な1回限りの項目、ならびに取締役会および経営陣が決定するその他の
    項目を除く。基礎EBITDAは、nbn接続費用純額およびガイダンス調整額を差し引いたnbn正式契約に基づく1回限り
    の受取金純額は含まれていない。2021事業年度の基礎EBITDAには、移動体リースに係る使用権資産の減価償却費も
    含まれている。        リース料支払い後のフリー・キャッシュ・フロー(FCFaL)は、「投資活動によるキャッシュ・フ
    ローを控除した営業活動によるキャッシュ・フロー」から「リース負債についての支払い」を差し引いたもとして
    定義され、周波数帯およびガイダンス調整額は含まれない。以下の調整は、ガイダンス基準項目ごとに報告額基準
    業績からガイダンス基準による業績への調整過程の詳細を示す。
                                 65/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
                                               フリー・キャッシュ・
               収益合計                 基礎EBITDA                   フロー
              2021      2022            2021      2022            2021      2022
            事業年度      事業年度            事業年度      事業年度            事業年度      事業年度
           百万豪ドル      百万豪ドル            百万豪ドル      百万豪ドル            百万豪ドル      百万豪ドル
                                         報告額基準
                                         フリー・
             23,132      22,045            7,638      7,256   キャッ         4,887      4,887
     報告額基準                  報告額基準                  シュ・フ
     収益合計                  EBITDA                  ロー
                              調整額
                           (1)
     M&A  調整
                       M&A  調整
              (106)      (87)            (96)      157           (164)       841
                                            (1)
     (1)
                                         M&A  調整
     センシス                  センシス                  センシス
               n/a      n/a            34     n/a             0     n/a
       (2)                  (2)                  (2)
     減損                  減損                  減損
     ピットス                  ピットス                  ピットス
     トリート                  トリート                  トリート
     のセー                  のセー                  のセー
     ル・アン                  ル・アン                  ル・アン
              (102)      n/a           (102)      n/a           (282)      n/a
     ド・リー                  ド・リー                  ド・リー
     スバック                  スバック                  スバック
     (3)                  (3)                  (3)
     リストラ                  リストラ                  リストラ
     クチャリ                  クチャリ                  クチャリ
     ング費用                  ング費用                  ング費用
     (4)                  (4)                  (4)
               n/a      n/a            211      71           n/a      n/a
     NBN  に係る                NBN  に係る                NBN  に係る
     1回限り                  1回限り                  1回限り
     の受取金                  の受取金                  の受取金
       (5)                  (5)                  (5)
     純額         n/a      n/a  純額         (802)      (233)   純額         n/a      n/a
     周波数帯                  周波数帯                  周波数帯
     の支払い                  の支払い                  の支払い
               n/a      n/a            n/a      n/a            88      41
     (6)                  (6)                  (6)
        (7)                  (7)                  (7)
               n/a      n/a           (194)       0          (789)      (775)
     リース                  リース                  リース
                                         ガイダン
                                         ス基準に
                                         よるフ
     ガイダン        22,924      21,958            6,689      7,251    リー・        3,740      3,961
     ス基準に                  ガイダンス                  キャッ
     よる収益                  基準による                  シュ・フ
     合計                  基礎EBITDA                  ロー
       上表に示される調整は、本ページに示されるガイダンス基準との整合性について当社の監査人のレビューを受

     けている。
                                 66/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     注記:
       (1)  被支配会社、ジョイントベンチャー、関連会社、その他の投資の取得または処分および関連する純利得または損失な
         らびに条件付対価に係る調整。
         2022事業年度中、当社は、タワーズ事業の持分49%を非支配持分に処分した。
         2022事業年度には、以下のものを取得した。
         ・パワー・ソリューションズ・ホールディングス・ピーティワイ・リミテッドおよびその子会社(パワーヘルス)
         ・クリニカル・テクノロジー・ホルディングス・ピーティワイ・リミテッドおよびその子会社(メディカルディレ
         クター)
         ・アライアンス・オートメーション・ピーティワイ・リミテッドおよびその子会社
         ・アキュラ・テクノロジーズ・ピーティワイ・リミテッド
         ・フォン・ゾーン・ピーティワイ・リミテッド(フォン・ゾーン)およびその被支配会社、ならびに様々なライセ
         ンシーの個別には重要性の低い小売店
         当社が市場に提供したガイダンスと一致して、当社はこれらの店舗の営業成績について、収益、EBITDAまたはフ
         リー・キャッシュ・フローを調整していない。
         2021事業年度には、当社が行ったe-コマース・プラットフォーム事業であるFTTP高速データ通信サービス事業の処
         分、およびエピコン・ITソリューションズ・ピーティーワイ・リミテッド(その完全子会社であるサービス・ポテ
         ンシャル・ピーティーワイ・リミテッドを含む)、エピコン・ソフトウェア・ピーティーワイ・リミテッドならび
         にメディアクラウド・リミテッドの事業の取得が含まれる。
       (2)  2021  事業年度におけるプロジェクト・サンシャイン1ピーティーワイ・リミテッド(センシス)に対する投資の減損
         損失に係る調整。
       (3)  2021  事業年度におけるピットストリート電話交換局の不動産のセール・アンド・リースバック取引に係る調整。
       (4)  独立したインフラ事業の設立、組織構造の簡素化、顧客経験価値の向上および通常時の人員整理に加えてのコスト削
         減を目的とする戦略的重点取組み(T22プログラム)についての調整。2022事業年度の調整額には、法務およびITコ
         ストを含むテルストラの法的再構築のためのコストが含まれる。
       (5)  nbn  に係る1回限りの受取金純額についての調整。当該受取金純額とは、nbn接続費用純額を差し引いたnbn正式契約に
         基づく1回限りの受取金純額(PSAAおよびインフラ所有権から構成される。)として定義される。
       (6)  以下を含む当期中の周波数帯の購入および更新に関連するフリー・キャッシュ・フローへの影響に係る調整。
         ・当社の全国的な900          MHz帯の周波数帯のライセンス更新のための28百万豪ドル
         ・様々な周波数帯および装置のライセンスのための13百万豪ドルの支払い
       (7)  2021  事業年度における移動体リースに係る使用権資産の減価償却費についてのEBITDAの調整。リース負債および利息
         の支払いに係るフリー・キャッシュ・フローの調整。
       n/a  調整が該当しないガイダンス規準項目
                                 67/428










                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     セグメント業績
       当社は報告日現在の当社の内部管理報告システムと同じ基準に基づきセグメント情報を報告している。セグメ
     ントの比較数値は、前報告期間以後に生じた組織変更を反映させて同一条件ベースで表示している。
       セグメント収益合計(内部手数料含む)
                                 2022  事業年度      2021  事業年度          増減





      社外収益の合計                            百万豪ドル        百万豪ドル             %
      テルストラ・コンシューマー&スモール・ビジネス
                                    11,978        12,330         (2.9  )
      (1)
      テルストラ・エンタープライズ                              7,132        6,985         2.1
              (2)
                                     248        244        1.6
      ネットワーク&IT
                 (2)
                                    3,638        3,790         (4.0)
      テルストラ・インフラCo
           (2)
                                     624       1,295        (51.8)
      その他全て
      管理報告額基準収益合計                              23,620        24,644         (4.2)
      セグメント間取引                              (1,575)        (1,512)         (4.2)
      外部収益合計                              22,045        23,132         (4.7)
     (1)  1回限りのnbn正式契約および接続を含む。
     (2)  内部手数料を除く。
       報告額基準では、収益合計(金融収益を除く)は4.7%減少して22,045百万豪ドルとなった。ガイダンス基準

     では、収益合計(金融収益を除く)は21,958百万豪ドルであった。減少の主な要因は、利益率の低いハードウェ
     ア収入、nbnに係る1回限りの収益、                   オンネット固定収入          およびnbn商業ベース工事による利益の減少である。こ
     れは、移動体サービス収益が増加したことで、一部相殺された。セグメント業績は、別途の記載がある場合を除
     いて報告額基準である。
                                 68/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       テルストラ・コンシューマー&スモール・ビジネス
       テルストラ・コンシューマー&スモール・ビジネスは、移動体および固定ネットワークの技術を用いて、オー
     ストラリアのコンシューマー&スモール・ビジネスの顧客に対し、電気通信、メディアおよび技術の商品および
     サービスを提供している。当セグメントはコールセンター、小売店舗、販売代理店ネットワーク、デジタル・
     チャネル、流通システムおよびロイヤルティ・プログラムも運営する。
       収益は、固定商品全体にわたる5.3%の減少(nbnへの移行に伴うオンネット通話・通信収入の40.2%の減少を
     含む)および移動体サービス収入の増加がハードウェア収入の落ち込みに相殺されたことによる移動体収入の
     0.6%の減少に影響されて、2.9%減少して11,978百万豪ドルとなった。
       テルストラ・エンタープライズ

       テルストラ・エンタープライズは、オーストラリアおよび世界中の政府機関および大企業の顧客に、電気通
     信・テクノロジーのサービスおよびソリューションを提供している。また、ユニファイド・コミュニケーショ
     ン、クラウド、インダストリー向けソリューション、統合サービスなどのデータ・アンド・コネクティビティ製
     品およびネットワーク・アプリケーション・アンド・サービス(NAS)製品を通じて、先端技術ソリューション
     の製品管理も提供する。
       収益は、移動体収入の10.8%増に牽引され、2.1%増加して7,132百万豪ドルとなった。固定収入は、NAS収入
     の増加がデータ・アンド・コネクティビティの減少により相殺されて、0.1%増加した。NAS収入が5.8%増加し
     たのは、戦略を実行する中で戦略的分野が成長したことによるものであるが、通話アプリケーションの旧来製品
     の減少により一部相殺された。
       ネットワーク&IT

       ネットワーク&ITは、テルストラのネットワーク、テクノロジーおよびITソリューションの全体的な計画、エ
     ンジニアリングアーキテクチャ、構築およびメンテナンスを担当している。同セグメントは、主に他のセグメン
     トの収入稼得活動を支援する。
       テルストラ・インフラCo

       テルストラ・インフラCoは、テルストラ内の独立したインフラ事業ユニットである。同セグメントは、データ
     センター、電話交換局、当社の光ファイバー・ネットワーク、アンプリテル事業が所有または運営する当社の携
     帯電話の中継塔資産、ダクトおよびパイプを含む重要なパッシブ・ネットワーク資産を所有・運営している。ま
     た、他の通信事業者およびインターネット・サービス・プロバイダーに対してアクティブな移動体および固定の
     ホールセール電気通信製品およびサービスを提供している。
                                 69/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       内部手数料を含むテルストラ・インフラCoの収益は、4.0%減少して3,638百万豪ドルとなった。それをもたら
     したのは、固定-アクティブ・ホールセールの旧来商品およびnbn向けの商業ベース工事からの想定されていた
     収益の減少である。当該減少は、使用されていない旧来のネットワーク資産の処分、CPIおよびその他の外部ア
     クセス手数料に伴うnbn正式契約に基づく反復的受取金の増加ならびにホールセール向け移動体の増加による当
     社の中核的なパッシブ・インフラストラクチャーからの収益の増加によって一部相殺された。内部アクセス手数
     料を除くと、収益は8.1%減少して2,354百万豪ドルとなり、これには商業ベース工事の減少が含まれる。
       その他全て

       複数の報告セグメントに関連する一定の収益および費用項目は、当社のコーポレート部門に計上され、その他
     全ての項目に含まれる。この区分にはプロダクト&テクノロジー・グループ、グローバル・ビジネス・サービス
     (GBS)およびテルストラ・ヘルスも含まれる。収益は51.8%減少して624百万豪ドル(内部手数料を除くと549
     百万豪ドル)となったが、これはnbnネットワークの敷設の進捗に伴う契約者アドレス当たり受取金額(PSAA)
     の減少によるものである。
     商品別業績

       収入の商品別内訳(内部手数料を含む)
                                 2022  業年度      2021  事業年度           増減




      主要商品の収入                           百万豪ドル         百万豪ドル             %
      移動体                              9,470         9,310          1.7
      固定-C&SB                              4,486         4,736         (5.3  )
      固定-エンタープライズ                              3,729         3,724          0.1
      固定-アクティブ・ホールセール                               477         591        (19.3)
      インターナショナル                              1,501         1,496          0.3
      インフラCoフィックスト                              2,456         2,569         (4.4)
      アンプリテル                               368         338         8.9
      nbn  正式契約に基づく1回限りの受取金&接続                             378        1,050         (64.0)
      その他                               755         830        (9.0)
      管理  報告  額基準収益     合計                    23,620         24,644          (4.2)
      消去                             (1,575)         (1,512)          (4.2)
      外部収益合計                             22,045         23,132          (4.7)
                                 70/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
      EBITDA   に対する貢献額の利益
                               2022  事業年度       2022  事業年度
                      2022  事業年度                         2021  事業年度
       (1)
                                 下半期    %      上半期    %
      率                     %                            %
      移動体                    42.2         42.6         41.8         35.4
      固定-C&SB                     1.2         1.4         1.0         2.9
      固定-エンタープライズ                    17.9         19.1         16.5         17.3
      固定-アクティブ・ホール
                          33.3         30.7         35.7         39.1
      セール
      インターナショナル                    25.8         26.0         25.6         22.5
      インフラCo-フィックスト                    67.4         68.3         66.4         65.1
      アンプリテル                    79.9         75.1         84.9         88.8
      その他                     6.3         12.7         -2.0         10.9
      nbn  接続費用純額を差し引い
      た nbn  正式契約に基づく1回                  61.6         61.7         61.6         76.4
      限りの受取金純額
       (1)  商品分類の変更を反映させるために、上表のデータには既往の数字に微調整が加えられている。
       各製品の詳細については、別段の記載がない限り、2022年1月13日に市場に公表した当社の製品報告の枠組み

     に基づき、報告額基準で以下のとおり記載している。改訂された製品報告の枠組みは、T25戦略に沿ったもの
     で、次のものが含まれる。
     ・インフラCoフィックストおよびアンプリテル(タワーズ)を独立させることで、インフラ事業全体の透明性を
       向上
     ・内部手数料を含む移動体および固定商品のEBITDA利益率
       移動体

       移動体サービスの収入は6.4%増となり、ハードウェア収益は減少したものの、移動体製品全体の収益の増加
     を強く裏付けた。移動体事業全体の収益は1.7%増加して9,470百万豪ドルとなった。移動体サービスの収益は、
     全てのサブプロダクトで増加した。
       リテールの稼働中サービス(SIO)は、1.3百万増加して総数は20.8百万となった。現在、当社は、8.7百万の
     ポストペイド式携帯リテールSIOを有している。これは155,000の増加である。
       ポストペイド式携帯サービスの収入は、SIOの1.8%の上昇がARPUの48.16豪ドルから48.74豪ドルへの1.2%の
     増加によって補填されたことで、4.5%増加して5,045百万豪ドルとなった。
       プリペイド式携帯収入は、215,000名のユニークユーザー数の増加、ARPUの増加および休会数の減少により、
     14.2%増加して924百万豪ドルとなった。
       移動体ブロードバンド収入は、ARPUの16.20豪ドルから18.46豪ドルへの14.0%の増加およびSIOの0.4%の増加
     に牽引され、655百万豪ドルとなった。
       モノのインターネット(IoT)収入は、SIOが当事業年度で1百万以上増加したことで、8.9%増加して268百万
     豪ドルとなった。成長の主な要因は、エンタープライズ顧客向けのSIOの増加および付加価値アプリケーション
     である。
                                 71/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       ホールセール収入は15.4%増加して308百万豪ドルとなった。また、ホールセール収入の成長は、218,000件の
     純増(合計2.0百万件となった)およびARPUの伸びに支えられた。これは、テルストラ移動体ネットワークで提
     供されるモバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーターズ(MVNO)プランの人気の継続的な高まりを示し
     ている。
       ハードウェア、相互接続およびその他の収入は、供給制約によるハードウェアの販売台数減少を主因に11.0%
     減少して2,252百万豪ドルとなった。
       移動体のEBITDAに対する貢献額の利益率は、利益率の高いサービス収入の増加、顧客の補助金・リースプラン
     からの移行、利益率の低いハードウェア販売の減少およびコスト削減を要因に、6.8パーセント・ポイント上昇
     して42.2%となった。
       固定―コンシューマー&スモール・ビジネス(C&SB)

       固定―C&SB収益は、旧来の音声およびSIOにおける減少と並んでnbnへの移行の影響により5.3%減少して
     4,486百万豪ドルとなった。C&SB向け一括および単体データのSIOは、87,000減少し、総数は3.5百万となった。
       オンネット固定収入(テルストラ・ネットワーク上のサービスによる収入)は、40.2%減少して469百万豪ド
     ルとなった。他方、オフネット固定収入(当社が再販売するサービスからの収入)は、5.0%増加して3,150百万
     豪ドルとなった。これは顧客が引き続きnbnネットワークに移行しているためである。オフネットのnbn再販売利
     益率は5.0%で変わりなかった。
       消費者向けコンテンツおよびサービスによる収入は、最終SIOが669,000、ゲームSIOが35%増の84,000で、
     SVOD(サブスクリプション・ビデオ・オンデマンド)が前年同期比4%増となったことにかかわらず、フォクス
     テル・フロム・テルストラのSIOが減少したため9.1%減少して601百万豪ドルとなった。
       事業者向けアプリおよびサービスによる収入は、旧来商品の減少により、8.2%減少して168百万豪ドルとなっ
     た。
       固定―C&SBのEBITDAに対する貢献額の利益率は、1.7パーセント・ポイント低下して1.2%となった。この低
     下は、利益率の高い収入の減少およびnbnネットワーク支払いの増加がコスト削減で部分的に相殺されたことに
     よる。
       固定―エンタープライズ

       固定―エンタープライズ収益は、データ・アンド・コネクティビティの減少を相殺するNAS収益の増加に支え
     られ、0.1%増加して3,729百万豪ドルとなった。
       データ・アンド・コネクティビティ収益は、13.3%減少の956百万豪ドルであった。この減少は、競争や技術
     変化によるARPUの圧縮によるものである。T-Fibreの顧客ベースはわずかに減少し、顧客離れは主にミッドマー
     ケットおよびビジネスセグメントに限定された。
       NAS  収益は、5.8%増加して2,773百万豪ドルとなった。これは主として、マネージド・サービス、プロフェッ
     ショナル・サービス、クラウドアプリケーション、機器の販売といった戦略的分野の成長によるものだが、通話
     アプリケーションの減少により一部相殺された。
                                 72/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       通話アプリケーション収入は、計画された撤退に伴い、ISDNおよび旧来の固定通話商品により、10.0%減少し
     て637百万豪ドルとなった。これは、特に上半期におけるSIOの成長およびコラボレーション・コミュニケーショ
     ン・ソフトウェアの顧客利用の増加により、一部相殺された。
       マネージド・サービスおよびメンテナンス収入は、戦略的アカウントにおいてサイバー・セキュリティ・サー
     ビス、マネージド・データ・ネットワーク、サービス管理を付帯するネットワーク顧客が増えたことから、
     10.0%増加して738百万豪ドルとなった。
       プロフェッショナル・サービス収入は、大型の戦略的契約による単発のインフラ建設と、テルストラ・パープ
     ルによるデジタル・トランスフォーメーションの短期取決めが牽引し、16.8%増加して439百万豪ドルとなっ
     た。
       クラウド・アプリケーション収入は、パブリック・クラウドへの需要を受けて8.6%増加して279百万豪ドルと
     なった。
       機器の販売収入は、COVID-19による市場の低迷の影響でハードウェア支出が回復したことから、15.7%増加し
     て397百万豪ドルとなった。
       固定―エンタープライズの              EBITDA   に対する貢献額の利益率は、0.6パーセント・ポイント上昇して17.9%と
     なった。データ・アンド・コネクティビティのEBITDAに対する貢献額の利益率は、収入の減少により、7.6パー
     セント・ポイント低下して36.2%となった。NASのEBITDAに対する貢献額の利益率は、戦略分野の収入増加およ
     びコスト削減により5.3パーセント・ポイント上昇して11.5%となった。
       固定―アクティブ・ホールセール

       固定―アクティブ・ホールセール収益は、nbnへの移行の継続および旧来商品                                        の減少に影響を受けて、19.3%
     減少して477百万豪ドルとなった。
       データ・アンド・コネクティビティ収入は、主に低価格のエンタープライズ・グレード級の旧来商品のSIOの
     減少、ワイドバンドのファイバー商品の価格競争および旧来サービスからの移行を反映して、11.1%減少して
     303百万豪ドルとなった。
       旧来通話および固定収入は、nbnへの移行が完了に近づく中で、nbn再販売が成長したことにより、30.4%減少
     して174百万豪ドルとなった。
       固定―ホールセールのEBITDAに対する貢献額の利益率は、旧来およびnbn関連の収入の継続的な減少がコスト
     削減により部分的に相殺されたことにより、5.8パーセント・ポイント低下して33.3%となった。
       インターナショナル

       インターナショナル事業からの収益は、0.3%増加して1,501百万豪ドル(恒常通貨(CC)ベースでは-1.3%)
     となった。ホールセールでは、インフラへの投資を継続し、好調な業績を上げたが、利益率の低い旧来音声商品
     の減少により相殺された。
       固定の旧来音声収入は、市場動向に伴い12.2%(CCベース)減少した。
       データ・アンド・コネクティビティ収入は、ホールセールでの成長がエンタープライズでの低下を相殺して
     1.2%(CCベース)増加した。
                                 73/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       NAS  およびその他の収入は、2.3%(CCベース)減少したが、マネージド・サービスの新規契約や、マネージ
     ド・ネットワークおよび機器が増加し、テルコム・テルストラの撤退を除くと1.6%(CCベース)増加した。
       インターナショナルのEBITDAに対する貢献額の利益率は、利益率の低い固定通話の削減、データ・アンド・コ
     ネクティビティおよびNASの貢献額の増加ならびにコスト削減による利益率の拡大により、3.3パーセント・ポイ
     ント上昇して25.8%となった。
       インフラCoフィックスト

       インフラCoフィックスト収益は、4.4%減少して2,456百万豪ドルとなった。当社の世界クラスの固定パッシ
     ブ・インフラ資産は、ファイバ、ダクトおよび固定ネットワークサイトにおいて、インフラストラクチャ・アク
     セス収益の安定した成長をもたらした。nbnの反復的収益、今後も継続すると予想される旧来ネットワーク銅線
     資産の売却、下半期の電話交換局の空中権の売却が収益を支えた。これらのプラス要因は、nbn商業ベース工事
     収入の減少によって相殺された。nbn商業ベース工事収入は、nbn敷設の完了および契約終了が近づくにつれて減
     少している。
       商業ベース工事および修復工事の収入                    は、49.7%減少して294百万豪ドルとなった。商業ベース工事および修
     復工事ならびに旧来のネットワークの処分を除くと、インフラCoフィックストの収益は、3.1%増加した。
       nbn  正式契約に基づく反復的収益には、nbn                     Coに提供されるダクト、ラックおよびファイバーの全てについて
     のインフラストラクチャー・サービスが含まれる。収益はCPIの価格上昇を反映して、3.3%増加して930百万豪
     ドルとなった。
       インフラCoフィックストのEBITDAに対する貢献額の利益率は、2.3パーセント・ポイント増加して67.4%と
     なった。しかしながら、EBITDAに対する貢献額は、商業ベース工事および修復工事の減少、ならびに資産のメン
     テナンスおよび成長機会への追加投資により18百万豪ドル減少したが、旧来のネットワーク資産の処分によるプ
     ラスの寄与により一部相殺された。
       アンプリテル(タワーズ)

       アンプリテルは、中継塔の新規建設や5Gアップグレードに対する需要が続いていることから、内部手数料を
     含め、収益が8.9%増加して368百万豪ドルとなった。また、外部収入は、非移動体通信事業者(MNO)の新規顧
     客の需要により増加したが、一回限りの商業ベース工事の減少に相殺された。2021年9月、タワーズ事業の49%
     の持分を売却した(事業価値を5.9十億豪ドルと評価した)。
       nbn  正式契約に基づく1回限りの受取金&接続

       nbn  正式契約に基づく1回限りの受取金&接続の収益には、旧来ネットワークから顧客を接続停止するための
     nbn  Coからの受取金およびnbnネットワークに接続するために顧客から受領する1回限りの収益が含まれる。収
     益は、nbnへの移行が完了に近づいているため、64.0%減少して378百万豪ドルとなった。
                                 74/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       その他
       その他の商品の収益に含まれるのは、テルストラ・ヘルスおよびコーポレート調整額である。テルストラ・ヘ
     ルスの収益は、有機的に13%増加、メディカルディレクターおよびパワーヘルスの買収を含めると51%増加し
     て、243百万豪ドルとなった。この部門の収益は、内部手数料を含め、75百万豪ドル減少して755百万豪ドルと
     なった。これは主として、債券相場の変動およびピットストリート電話交換局のセール・アンド・リースバック
     ならびに2022事業年度には繰り返されなかった2021事業年度のその他の合併・買収取引に係る利益によるもので
     ある。
       その他のEBITDAへの貢献額には、債券相場の変動が従業員負債に与えた影響による約80百万豪ドルのプラス、
     および前報告期間に認識された収入に対する累積的な遡及修正による約50百万豪ドルのプラスが含まれている。
       消去

       消去は、インフラCoフィックストの976百万豪ドル、アンプリテルの308百万豪ドル、その他の291百万豪ドル
     の内部収益を示している。
     費用実績

       営業費用合計は、報告額基準では4.6%減少して14,758百万豪ドルとなった。報告額基準リース調整後で
     は、営業費用合計は、5.8%減少して14,758百万豪ドルになった。減少の主な要因は、1回限りのnbn費用およ
     びリストラクチャリング費用ならびにその他のガイダンス調整について調整された報告額費用である基礎営業
     費用合計が863百万豪ドル減少したことである。基礎ベースの基礎営業費用は5.7%減少した。
       収入および顧客の増加に関連する直接費用である売上原価は0.8%減少して8,120百万豪ドルとなった。これ
     はハードウェア費用およびフォクステルのサービス料金の減少によるその他売上原価の低下170百万豪ドルが
     nbnアクセス支払いの増加106百万豪ドルにより部分的に相殺されたことに起因する。
       固定費用の基礎費用は、8.1%減少して454百万豪ドルとなった。これは、プロセスのデジタル化と簡素化を
     継続的に推進していることと、アジャイルな労働力への移行により実現した。固定顧客のnbnネットワークへ
     の継続的な移行と、サードパーティベンダーおよびサービスの合理化に重点を置いたことも、コスト削減に貢
     献している。その他固定費は、2021事業年度の移動体リースの中止および商業ベース工事費用の減少により
     24.9%減少した。
       nbn  正式契約に基づく1回限りの費用およびnbn接続費用は、nbnネットワークの敷設の完了が近づき、
     41.5%減少した。その他のガイダンス調整のための営業費用は200百万豪ドル増加したが、これは主として、
     インフラCoタワーズ(現アンプリテル)に関する125百万豪ドルの取引費用ならびにメディカルディレクター
     およびパワーヘルスの買収に関する58百万豪ドルの取引費用および統合費用によるものである。
                                 75/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       2018  年6月、当社は、基準年次である2016事業年度における修正後の固定費の基礎費用約7.9十億豪ドルとの
     対比で、2022事業年度までの固定費の基礎費用の年間削減額目標を2.5十億豪ドルとすることを発表した。その
     後、2022事業年度の目標を200百万豪ドル引き上げ、2.7十億豪ドルとした。2016年事業度以降、年間で約2.73十
     億豪ドルのコストを削減し、目標を達成した。2.7十億豪ドルのコスト削減は、提供製品の簡素化、デジタル体
     験の向上、管理者層の削減、アジャイルな労働力への移行、サードパーティ支出の最適化、および顧客のnbnへ
     の移行によって達成された。
                              2022  事業年度     2021  事業年度                増減

         (1)
     営業費用                          百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル           %
     売上原価                            8,120       8,184        (64)       (0.8)
     - nbn  支払い
                                 2,081       1,975        106       5.4
     - その他
                                 6,039       6,209        (170)       (2.7)
     固定費                             6,178       6,977        (799)       (11.5)
     - 基礎費用
                                 5,139       5,593        (454)       (8.1)
         (1)
                                 1,039       1,384        (345)       (24.9)
     - その他
     基礎費用                            14,298       15,161        (863)       (5.7)
     nbn  正式契約に基づく1回限りの費用およびnbn接続
                                  145       248       (103)       (41.5)
     費用
     リストラクチャリング                              71       211       (140)       (66.4)
               (2)
                                  244        44       200       n/m
     その他ガイダンス調整
                (3)
                                 14,758       15,664        (906)       (5.8)
     報告額基準リース調整後
          (4)
                                   0      (194)        194       n/m
     リース調整
     報告額基準                            14,758       15,470        (712)       (4.6)
     (1)  「固定費-その他」には、収入増を支える費用項目である、関連のNAS費用、携帯端末リース費用、商品の減損費用お
        よび2022事業年度からの小売販路のインソーシングによる追加費用が含まれる。
     (2)  「ガイダンス調整」には合併・買収、売却、減損、周波数帯などの重要な1回限りの項目、および取締役会と経営陣が
        決定するその他の項目が含まれる。
     (3)  「報告額基準リース調整後」に含まれるのは、営業費用として計上する全ての携帯端末リース、およびEBITDAより下の
        行に区分表示する全ての賃貸借/その他のリースである。2022事業年度は重要性がないため、リース調整はなかっ
        た。
     (4)  「ガイダンスと業績報告額との対比―調整表」の注記(7)を参照のこと。
                                 76/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       生産性目標を達成する進捗状況は、上記の営業費用の表に示される。以下に記載の詳細は、当社の法定計算
     書で開示されている営業費用についての注釈である。
                               2022  事業年度       2021  事業年度           増減







      報告額基準営業費用                           百万豪ドル         百万豪ドル             %
      労務費                             3,620         4,012         (9.8)
      購入商品および購入サービス                             8,228         8,318         (1.1)
      金融資産の減損損失純額                               98        160        (38.8)
      その他費用                             2,812         2,980         (5.6)
      合計                             14,758         15,470          (4.6)
       労務費

       労務費合計は、9.8%(392百万豪ドル)減少して3,620百万豪ドルとなった。給与および関連費用は、76百万
     豪ドル減少した。これは、テルストラのアジャイルへの移行に伴う労働力の最適化とプロセスの簡素化、フィー
     ルド最適化プログラムによるフィールドサービスサポートの減少、およびNBN移行後の旧来サービスの継続的な
     減少によるものである。代替労務費は、83百万豪ドル減少した。従業員解雇手当も173百万豪ドル減少した。こ
     れは、2021事業年度に約8,000人の従業員を最適化するというT22のコミットメントが概ね達成されたためであ
     る。正規社員および同等者(FTE)の合計は、6.9%(1,874人)増加して28,889人となった。これは主として、
     当社の小売販路のインソーシングおよびコールセンターのオンショアリングによるものである。
                                 77/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       購入商品および購入サービス
       購入商品および購入サービスの合計は、1.1%(90百万豪ドル)減少して8,228百万豪ドルとなった。
       売上原価(携帯端末・付属品、タブレット、移動体ブロードバンド・ハードウェア、モデムおよびその他の固
     定ハードウェアを含む。)は、5.3%(149百万豪ドル)減少して2,648百万豪ドルとなった。これは主に、C&SB
     ポストペイド式移動体ハードウェアの販売台数が落ち込んだことおよび当社の固定事業のモデム費用が低下した
     ことによる。
       ネットワーク支払いは、2.2%(70百万豪ドル)増加して3,223百万豪ドルとなった。これは主に、速度ティア
     構成の変化、販売数量の増加およびコネクティビティ・バーチャル・サーキットの料金上昇に起因するnbn支払
     いの増加による。
       その他の購入商品および購入サービスの費用は、フォクステル・フロム・テルストラの販売数が減少したこと
     でサービス手数料が減少したため、0.5%(11百万豪ドル)減少して2,357百万豪ドルとなった。これは、クラウ
     ド・アプリケーションおよびマネージド・サービスにおけるNAS収入の増加による管理売上原価の増加によって
     相殺された。
       その他費用

       その他費用合計は、5.6%(168百万豪ドル)減少して2,812百万豪ドルとなった。
       その他の費用の減少は、主に端末リースの終了およびそれに伴う解約手数料、ならびにコスト合理化およびベ
     ンダーとの交渉によるITコストの削減によるものである。これらは、アンプリテルの印紙税費用によって相殺さ
     れた。サービス契約およびその他の契約費用は、2.0%(23百万豪ドル)増加して1,167百万豪ドルとなった。減
     損損失(金融資産に係る純損失を除く)は、2021事業年度に売却目的保有に分類され2022事業年度には繰り返され
     なかったセンシスに対する投資についての減損損失を要因に11.1%(18百万豪ドル)減少して144百万豪ドルと
     なった。
       減価償却費および償却費

       減価償却費および償却費は、主として使用権資産ならびにネットワークおよびITアプリケーション資産が2021
     事業年度に完全に減価償却されたことにより、6.2%(288百万豪ドル)減少して4,358百万豪ドルとなった。こ
     の減少に含まれるのは、主にスワップ端末リースの終了による使用権資産の減価償却費の減少139百万豪ドル、
     有形固定資産の減価償却費の減少34百万豪ドル、および無形資産の償却費の減少115百万豪ドルである。
       外国通貨の影響

       当社の連結業績報告上、外貨建ての在外営業活動体の豪ドルへの換算は、当社の営業収入を34百万豪ドル増加
     させた。この外国為替の影響は、労務費、購入商品および購入サービス、その他費用など全体で21百万豪ドルの
     費用の増加により部分的に相殺され、結果として13百万豪ドルのEBITDAに対する貢献額がもたらされた。
                                 78/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       純金融費用
       純金融費用は、24.3%(134百万豪ドル)減少して417百万豪ドルとなった。この減少は、借入金に係る利息の
     減少74百万豪ドルおよび財務書類注記4.4.3に記載されたその他の金融項目によるものである。借入金に係る利
     息の低下は、主に発行済債務の減少によるものであり、また、平均総借入費用が3.8%から3.7%にわずかに低下
     したことを反映している。
     財政状態

                                 2022  事業年度      2021  事業年度          増減

      要約キャッシュ・フロー計算書
                                  百万豪ドル        百万豪ドル            %
      営業活動により得られた現金純額                               7,249        7,231         0.2
      投資活動により使用された現金純額                              (3,395)        (2,344)         (44.8)
      - 資本的支出(投資前)
                                    (3,094)        (3,140)          1.5
      - その他の投資活動のキャッシュ・フロー
                                     (301)         796        n/m
      フリー・キャッシュ・フロー                               3,854        4,887        (21.1)
      財務活動により使用された現金純額                              (3,971)        (4,236)          6.3
      現金および現金同等物純増加/(減少)                               (117)         651        n/m
      現金および現金同等物期首残高                               1,125         499        n/m
      現金および現金同等物に係る為替レートの変動の影響                                32        (25)        n/m
      現金および現金同等物期末残高                               1,040        1,125         (7.6)
       資本的支出およびキャッシュ・フロー

       営業活動および投資活動により得られたフリー・キャッシュ・フローは投資活動に使用した現金純額の増加に
     より、1,033百万豪ドル(21.1%)減少して3,854百万豪ドルとなった。
       営業活動により得られた現金純額は、0.2%(18百万豪ドル)増加して、7,249百万豪ドルとなった。これは主
     として、サプライヤーおよび従業員に対する支払いの減少2,914百万豪ドルが、顧客からの受取りの減少2,851百
     万豪ドルにより一部相殺されたことによる。営業活動により得られた現金純額は、ハードウェア売上の減少、債
     権の回収強化および不良債権の減少を含む受取債権の減少による運転資本の923百万豪ドルの改善によりプラス
     の影響を受けた。これらの運転資金の改善は、主に報告額基準EBITDAの減少により相殺された。
       投資活動により使用された現金純額は、44.8%(1,051百万豪ドル)増加して3,395百万豪ドルとなった。その
     主因は、健康関連事業の買収および小売店舗のインソーシングを含む被支配会社の株式に対する支払額の745百
     万豪ドルの増加、セール・アンド・リースバックからの収入の279百万豪ドルの減少(2021事業年度は                                                    ピットス
     トリート電話交換局のセール・アンド・リースバック                            を含んでいた。)、ならびに事業の売却による収入の214
     百万豪ドルの減少(2021事業年度にはヴェロシティ・ファイバー資産の売却を含んでいた。)によるものであ
     る。
       財務活動により使用された現金純額は、6.3%(265百万豪ドル)減少して3,971百万豪ドルとなった。これ
     は、インフラCoタワーズ(現アンプリテル)の当社持分の49%の処分による2,883百万豪ドルの収入によるもの
     である。これは、当社株式の買戻しに費やした1,350百万豪ドル、借入金の収入の838百万豪ドルの減少および借
     入金の返済の490百万豪ドルの増加により部分的に相殺された。
                                 79/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       発生主義ベースで測定した当事業年度のガイダンス基準による資本的支出は、3,042百万豪ドルすなわち営業
     収入の14.5%であった。
       オペレーティング・リース料支払い後のガイダンス基準によるフリー・キャッシュ・フローは、3,961百万豪
     ドルであった。ガイダンスに対する実績は、フリー・キャッシュ・フローについて、リース料支払い関連として
     マイナス775百万豪ドル、合併・買収関連としてプラス841百万豪ドル(前述のテルストラ・ヘルスおよび小売店
     舗の買収を含む。)、および周波数帯関連としてプラス41百万豪ドルの調整が加えられている。
     債務の発行                    百万豪ドル        債務の返済                    百万豪ドル

                                 ユーロ債                      (1,002)
     引き出し(バイラテラル・ローン・
                             901
     ファシリティ)
                                 米ドル債                       (956)
     リボルビング銀行ファシリティ                        14    私募債                       (140)
     その他借入金                        15    バイラテラル・ローン・ファシリティ                       (602)
     合計                       930    コマーシャル・ペーパー(純額)                       (415)
                                 その他借入金                       (95)
                                 合計                      (3,210)
       債務の状況

       当社の総債務は、13,760百万豪ドルであり、10,982百万豪ドルの借入金から509百万豪ドルの正味デリバティ
     ブ資産を差し引いた後3,287百万豪ドルのリース負債を加算した額で構成される。総債務は、16.0%(2,628百万
     豪ドル)減少したが、これは債務の新規発行を上回る債務の返済が原因である。ま                                           た、現金以外の影響および
     リース負債の変動も、348百万豪ドルの債務の純減額につながった。純債務は、16.7%(2,543百万豪ドル)減少
     して12,720百万豪ドルとなった。これは、総債務の減少が現金保有残高の減少85百万豪ドルにより一部相殺され
     たことを反映している。
      財務の設定目標                          2022  事業年度    実績         2022  事業年度    安全値域

              (1)
      デッド・サービス                               1.8  倍           1.5  倍から2.0倍
           (2)
      ギアリング                               43.0  %            50 %から70%
                (3)
      インタレスト・カバー                               14.5  倍                7 倍超
       (1)  デッド・サービス・レシオは、純債務をEBITDAで除して計算される。
       (2)  ギアリング・レシオは、純債務を純債務と株主持分の和で除して計算される。
       (3)  インタレスト・カバーは、EBITDAを債務に係る純利息(資産計上された利息および純金融費用内のキャッシュ・フ
         ローを伴わない会計上の影響額を除く)で除して計算される。
       当社は引き続き信用リスク測定指標の安全値域内におさまっており、デット・サービスは1.8倍(2021年:2.0

     倍)、ギアリング・レシオは43.0%(2021年:50.0%)、インタレスト・カバーは14.5倍(2021年:13.2倍)と
     なっている。
                                 80/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       財政状態計算書
       当社の貸借対照表は引き続き強固であり、純資産は16,837百万豪ドルであった。流動資産は12.0%減少して
     6,260百万豪ドルとなった。現金および現金同等物は、85百万豪ドル減少した。デリバティブ金融資産は、当期
     に満期が到来する金融商品ならびに外国通貨およびその他の評価影響額を主因に322百万豪ドル減少した。売上
     債権およびその他受取債権ならびに契約資産の503百万豪ドルの減少は、繰延債務の巻戻し、収入の減少および
     債権の回収強化を反映している。これは、主にテルストラブランドの小売店舗のインソーシングによる棚卸資産
     の91百万豪ドルの増加によって一部相殺された。
       非流動資産は0.1%減少して35,368百万豪ドルとなった。無形資産は、被支配会社の買収により1,024百万豪ド
     ル増加した。これは、デリバティブ金融資産が12ヶ月以内に満期が到来する金融商品により274百万豪ドル減少
     したことにより相殺された。有形固定資産は、主として減価償却費が増加額を上回ったことにより378百万豪ド
     ル減少したが、売上債権およびその他受取債権ならびに契約資産は、当期の売上債権およびその他受取債権と同
     様に307百万豪ドル減少した。
       流動負債は5.4%減少して9,860百万豪ドルとなった。借入金は満期の到来により941百万豪ドル減少した。買
     掛債務およびその他支払債務は、キャリア・ネットワークに係る支払債務の101百万豪ドルの増加およびアンプ
     リテル事業の設立時に支払った印紙税の76百万豪ドルにより423百万豪ドル増加したが、当期未払税金は、主に
     PAYG(pay      as  you  go)による所得税の分割払の増加により82百万豪ドル減少した。
       非流動負債は11.3%減少して14,931百万豪ドルとなった。この減少は主に、12ヶ月以内に満期が到来する債務
     の流動負債への再分類により、借入金が2,213百万豪ドル減少したことによるものである。これは、主に周波数
     帯によるその他の支払債務の224百万豪ドルの増加、繰延税金負債の75百万豪ドルの増加および前報告期間に認
     識された収入に対する47百万豪ドルの累積的な遡及修正により一部相殺された。
                               2022  年6月30日        2021  年6月30日             増減

      要約財政状態計算書                           百万豪ドル          百万豪ドル              %
      流動資産                             6,260          7,114          ( 12.0  )
      非流動資産                             35,368          35,411           ( 0.1  )
      資産合計                             41,628          42,525           ( 2.1  )
      流動負債                             9,860         10,424           ( 5.4  )
      非流動負債                             14,931          16,826          ( 11.3  )
      負債合計                             24,791          27,250           ( 9.0  )
      純資産                             16,837          15,275           10.2
      株主持分合計                             16,837          15,275           10.2
      投資資本利益率(%)                              7.1          7.5        ( 0.4  ) pp
      平均株主持分利益率(%)                              11.3          12.8        ( 1.5  ) pp
                                 81/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     サステナビリティ
       当社の目標は、社会と環境についての配慮を当社の事業にしっかり組み込みつつ当社とその利害関係者のため
     に価値を創出することである。
     当社のアプローチ

       当社は、テルストラ全体に社会に対する責任を果たす企業原則および慣行を組み込むというT22の目標の一環
     として、2021年に「社会に対する責任を果たす企業戦略」およびそれを支える「社会に対する責任を果たす企業
     枠組み」を開始した。「社会に対する責任を果たす企業戦略」は、主要な利害関係者との協議を経て策定され、
     国際的な文書や枠組みによる情報提供を受けた。これには、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」、国連の
     「ビジネスと人権に関する指導原則」、OECDの「責任ある企業行動のためのデュー・デリジェンス・ガイダン
     ス」、「国連グローバル・コンパクトの原則」などが含まれる。
       この「社会に対する責任を果たす」というアプローチは、T25戦略の重要な部分でもあり、組織の全てのレベ
     ルでこのアプローチの意義がより深く理解されるよう取り組んでいる。
       「社会に対する責任を果たす企業戦略および枠組み」は、当社の従業員および利害関係者のために社会に対す
     る責任を果たす事業を実現させ、主要な持続可能性の問題、リスクおよび機会に対する全社的な監視を維持する
     ことを可能にする。当社の持続性専門センター(CoE)は、気候および資源の効率性、デジタル・インクルー
     ジョン、ガバナンスに関する当社の取組みを含む、「社会に対する責任を果たす企業戦略」の目標達成に向けた
     進捗状況の計画、実施、報告を担う。
       これは、中核事業活動により情報を提供され、中核事業活動と一体化される包括的アプローチである。それ
     は、顧客、サプライヤー、多くの人々との当社のインタラクト方法、デジタル経済の恩恵を受けるオーストラリ
     アの人々を増やすために当社が果たし得る役割、そして地球に与えている当社の影響をどのように管理し最小化
     するかの指針となる。当社は、「社会に対する責任を果たす企業戦略」を通じて、当社への期待を理解し、事業
     活動を行うコミュニティーが直面する環境・社会課題の解決に貢献していく。
       「社会に対する責任を果たす企業戦略」は、当社の最重要テーマ、当社におけるSDGの優先事項、当社が有す
     る専門知識により有意義な影響力を与えることが可能な分野、そして社会が抱える重要な課題とそこに潜む可能
     性に対する社会の取組みの助けになる革新的な技術的ソリューションを活用する機会があると当社が認める分野
     を反映している。当社は「社会に対する責任を果たす企業戦略」を通じて信頼される持続可能な事業者としての
     評判をさらに強化し、そして当社の技術的な専門知識を駆使することにより、先頭に立ってデジタル・インク
     ルージョンと環境保護活動の推進に取り組む方針である。
                                 82/428








                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       「企業戦略」は次の3本の柱から成る。
       これら3つの戦略的柱のそれぞれに関する当社のアプローチおよび進捗の詳細な概要については、当社の




     「2022年概観サステナビリティ報告」(telstra.com/sustainability/report/dataで閲覧可能)を参照のこと。
       人権の尊重と支援に対する当社の取り組みは、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」に沿ったものであ
     り、当社の人権リスクへの対処方法に関する詳細な情報は、当社の「2022年人権と現代の奴隷制に関する声明」
     (telstra.com/sustainability/report/dataで閲覧可能)に記載されている。
       当社は、気候関連財務開示タスクフォース(TCFD)の提言に沿った報告を行っており、気候変動の影響に対す
     る当社の対応を反映するため、気候関連の開示を引き続き強化していく。詳細については、2022年気候変動報告
     書(telstra.com/sustainability/report/dataで閲覧可能)を参照のこと。
                                 83/428













                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】

       投資家またはその専門アドバイザーが、当社の資産、負債、財政状態、経営成績および見通しに関し十分な情

     報に基づく評価を行うために合理的に必要とする全ての重要な契約等に関する情報は本書(上記「第3 3 
     (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」で提供される情報を含む。)に記載されてい
     る。
    テルストラは、国防省との重大な契約について更新を行った

       2021年11月3日、テルストラは、不可欠なネットワークおよび電気通信サービスを提供するため、オーストラ
     リア国防省との契約を更新することについて合意に至ったことを発表した。
       この5年間の契約は1十億豪ドル超の価値に相当し、テルストラは引き続き、最先端の技術および電気通信会
     社のソリューションを同省に提供する。この契約には、国防省が、最長3年までの期間を1回またはそれ以上、
     この契約を延長できるオプションが含まれている。これは、テルストラ・エンタープライズが今まで締結した同
     種の契約の中で最大の顧客契約であり、エンタープライズ事業を成長軌道に復帰させるという、テルストラが以
     前発表した目標に貢献するものである。
       この合意では、専用のWi-Fi6敷設プログラムと、国防省関係者のための、テルストラの業界トップの5G移
     動体ネットワーク機能(利用可能であれば)の導入により、無線受信可能地域が大幅に拡大される。またこれに
     は、より柔軟で、自己修復型であり、かつ予測的なネットワーク機能を提供するための、完全なSDWANおよびSDN
     機能の導入も含まれる。
       2021年11月3日に行われたASXに対するテルストラの発表の完全なコピーは、
     https://www.telstra.com.au/aboutus/investors/announcementsにて閲覧可能である。
                                 84/428











                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    テルストラは、2つの国家建設プロジェクトによりオーストラリアのデジタル経済について将来を保証した
       2022年2月2日、テルストラは、世界的な通信会社であるヴァイアサット(Viasat)のための、オーストラリ
     アにおける地上インフラおよび光ファイバー・ネットワークを構築および管理する、電気通信インフラに係る主
     要なプロジェクトに投資すると発表した。このプログラムは、16.5年契約の一環として、新しいヴァイアサット
     -3テラビット級グローバル衛星をサポートするものである。
       3つのグローバルなヴァイアサット-3衛星はそれぞれ、150                                Mbps超のデータ速度およびビデオストリーミン
     グ速度を実現するために、1                Tbps超のネットワーク総容量を提供できるように設計されている。ヴァイアサッ
     トは、世界中の固定、移動体および政府の顧客にブロードバンド・インターネット・サービスを提供している。
     テルストラは、ヴァイアサットの衛星アクセスノード(SAN)設備をオーストラリア中の数百の基地局に共同設
     置し、各基地局への高速光ファイバー・リンクを構築および管理する。このネットワークにより、SAN基地局は
     複数の冗長データ・センターに接続され、ここには、予想されるデータ・トラフィックの増加を管理するために
     必要なコア・ネットワーク機器が収容される。
       2022年2月2日に行われたASXに対するテルストラの発表の完全なコピーは、
     https://www.telstra.com.au/aboutus/investors/announcementsにて閲覧可能である。
    5  【研究開発活動】

     上記「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。

                                 85/428













                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    第4    【設備の状況】

    1  【設備投資等の概要】

       上記「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」、および下記「第6 1 

     財務書類」(注記3.1を含む。)を参照のこと。
                                 86/428

















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    2  【主要な設備の状況】
     有形固定資産

       下記「第6 1 財務書類」注記3.1を参照のこと。
     環境規制および業績

       下記の情報は、2022年8月11日現在の最新の情報である。
       テルストラは、最低でも、その事業に関連する環境法および規制上の義務の遵守を目指す。不遵守の事例が発

     生した場合には、テルストラは、不遵守の原因を特定し、再発のリスクが最小化されることを確実にするための
     内部調査が行われることを義務付ける手続を有している。テルストラの手続は、さらに、規制上の要件に従い、
     関連する政府当局が(必要に応じて)あらゆる環境問題について通知されることを義務付ける。テルストラは、
     政府当局および規制当局が発行する通知を遵守している。
    (a)  起訴および有罪判決

       テルストラは、当事業年度中に環境規制の重大な違反について起訴または有罪判決を受けていない。
    (b)  エネルギーおよび温室効果ガス排出量

       オーストラリアにおいて、テルストラは、2007年連邦国家温室効果ガスおよびエネルギーレポートに関する法
     律の報告義務を負っている。同法律に基づき、テルストラは、自社のオーストラリアにおける年間の温室効果ガ
     ス排出量、エネルギー消費量およびエネルギー生産量を報告することを義務づけられている。テルストラは、
     データの収集および報告のためのシステムおよびプロセスを実施しており、当社の義務にのっとって、毎年ク
     リーンエネルギー監視局に報告を行ってきた。直近の報告は、提出期限の2022年10月31日までに提出され、また
     独立した保証レポートによって裏付けられた。
       英国において、テルストラは、2014年省エネ機会スキーム(ESOS)規制の対象となっている。テルストラはESOS
     の資格を得ているため、4年ごとに省エネ評価を実施しなければならない。これらの評価は、費用効率の高い省
     エネルギー対策を特定するために、当社の建物、ネットワーク設備および運送で消費されるエネルギーの監査で
     ある。テルストラは、現在までの全ての遵守期間、すなわち2015年12月5日および2019年12月5日にそれぞれ終
     了した第1および第2遵守期間において、ESOSに基づく当社の義務を果たした。
       環境規制を含む、環境面での実績の詳細は、2022年概観サステナビリティ報告
     (telstra.com/sustainability/reportにて閲覧可能)を参照のこと。
                                 87/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    3  【設備の新設、除却等の計画】
       設備の新設、除却等の計画に関する情報は、本書において提供されている。特に、上記「第3 2 事業等の

     リスク」、上記「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および上記「第
     3 4 経営上の重要な契約等」を参照のこと。
                                 88/428


















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    第5    【提出会社の状況】

    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
        ①  【株式の総数】
        オーストラリアでは授権資本の概念は廃止された。当社の発行済株式数は、本書提出日時点で
        11,554,427,353株である。
        ②  【発行済株式】         (本書提出日現在)

          記名・無記名の別                        上場金融商品取引所名又は

             及び       種類     発行済株式数         登録認可金融商品取引業                 内容
          額面・無額面の別                             協会名
                                               普通株式(完全議決権
           記名式無額面               全額払込済                      株式であり、権利内容
       株式            普通株式               オーストラリア証券取引所
            (注1)            11,554,427,353株                       に何らの限定のない標
                                               準的な株式)
       (注1)オーストラリアでは株式の額面金額という概念が廃止された。
     (2)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当なし。

                                 89/428












                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【発行済株式総数及び資本金の推移】
                          株式数

                                           資本金額
         年月日                                            摘要
                                         (百万豪ドル)
                   全額払込済           一部払込済
                                            4,530
      2017年6月30日現在           11,893,297,855株               ―
                                         (約4265.9億円)
         期中増減            ―           ―            ―
                                            4,530
      2018年6月30日現在           11,893,297,855株               ―
                                         (約4265.9億円)
         期中増減            ―           ―            ―
                                            4,530
      2019年6月30日現在           11,893,297,855株               ―
                                         (約4265.9億円)
         期中増減            ―           ―            ―
                                            4,530
      2020年6月30日現在           11,893,297,855株               ―
                                         (約4265.9億円)
         期中増減            ―           ―            ―
                                            4,530
      2021年6月30日現在           11,893,297,855株               ―
                                         (約4265.9億円)
                                           -1,350
         期中増減          -338,870,502              ―
                                        (約-1271.3億円)
                                            3,180
      2022年6月30日現在           11,554,427,353株               ―
                                        (約2994.61億円)
     (4)  【所有者別状況】           (本書提出日現在)

                                   所有株式数                 割合

         上場株主                        11,554,427,353株                   100.0%

         合計                        11,554,427,353株                   100.0%

                                 90/428










                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【大株主の状況】  (2022年7月25日現在)
                     株主                     株式数        保有割合(%)

      HSBCカストディー・ノミニーズ・(オーストラリア・)リミテッド                                   2,589,331,866            22.41

      JPモルガン・ノミニーズ・オーストラリア・リミテッド                                   1,324,065,652            11.46

      シティコープ・ノミニーズ・プロプライエタリー・リミテッド                                   1,049,083,122             9.08

      BNPパリバ・ノミニーズ・プロプライエタリー・リミテッド                                    654,866,158            5.67

      ナショナル・ノミニーズ・リミテッド                                    482,614,756            4.18

                                    合計      6,099,961,554            52.79

                                 残余株式数         5,454,465,799            47.21

                                    総計     11,554,427,353            100.00

                                 91/428















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    2  【配当政策】
       当社の資本管理フレームワークの目的は、株主の利回りを最大化し、財務力を維持し、財務上の柔軟性を保持
     することである。当社の資本管理フレームワークの目的は、以下の指針に基づいている。
     ・Aバンド信用格付と一致したバランスシート状況に取り組む。
     ・完全税額控除適格の配当を最大化し、長期的な成長を目指す。
     ・周波数帯を除く年間約3十億豪ドルの通常の事業活動における資本的支出を継続する。
     ・成長のための投資を行い、余剰現金を株主に還元する。
      2022  年2月17日、取締役は、1株当たりの中間普通配当金6豪セントおよび1株当たりの中間特別配当金2豪
     セントから成る、2022事業年度に係る完全税額控除適格の普通株式1株当たり8豪セントの中間配当金の支払い
     を決議した。
      2022  年8月11日、取締役は、1株当たりの最終配当金7.5豪セントおよび普通株式1株当たりの最終特別配当
     金1.0豪セントから成る、完全税額控除適格の普通株式1株当たりの最終配当金8.5豪セント(982百万豪ドル)
     の支払いを決議した。2022事業年度の特別配当は、                           nbnの1回限りの受取金           に連動する最後の特別配当となった。
     最終配当の基準日は2022年8月25日で、2022年9月22日に支払われた。株式は、2022年8月24日に、最終配当権
     利落ちとして売買された。
      2022  事業年度配当金に関するさらなる情報は、上記「第3 3 (3)財務状態、経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況の分析」の「通年度の業績および事業運営の検討」に記載されている。
      取締役会は、2022事業年度の最終配当について、配当金再投資計画(DRP)を継続して実施することを決定し
     た。DRPへの参加についての選択日は2022年8月26日である。
      年度中に支払われた配当は以下の通りである。
                                      1株当たりの完全             配当合計

          配当          決定日           支払日
                                      税額控除適格の配当            (百万豪ドル)
      2021年6月30日終了
                  2021年8月12日           2021年9月23日            8豪セント            951
      年度の最終配当合計
      2022年6月30日終了
                  2022年2月17日           2022年4月1日            8豪セント            937
      年度の中間配当合計
      当社の配当政策の詳細については、上記「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況

     の分析」を参照のこと。
                                 92/428








                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
    3  【コーポレート・ガバナンスの状況等】

     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
        本セクションの情報は、別段の記載がない限り、2022年8月26日現在の最新の情報である。

        我々は、優れたコーポレート・ガバナンス、透明性および説明責任に関して努力している。
        これは、当社の長期的な業績および持続可能性、ならびに当社の株主およびその他の利害関係者の利益の保
       護および拡大に不可欠である。
        我々のガバナンスに係る取決めおよび慣行は、当社の事業をサポートし、当社の戦略の実行を支援する重要
       な役割を果たす。
        これは、当社の戦略および事業目的を定め、当社の業績が監視され、当社の直面するリスクが管理される構
       造を提供する。
        またこれは、意思決定および当社の事業における説明責任の明瞭な体制を含み、互いに期待する行動基準の
       指針を提供する。
        当社は、市場慣行、期待および規制変更を反映するため、当社に関連する現在および新興のコーポレート・
       ガバナンスの進展に照らし、ガバナンスの慣行を精査している。
        この報告書は、2022事業年度中のテルストラのガバナンスに係る取決めおよび慣行を概説したものである。
       これは、テルストラ・コーポレーション・リミテッドの取締役会によって承認されており、(別段の記載がな
       い限り)2022年8月26日現在の最新の情報である。
        当社は、第4版オーストラリア証券取引所コーポレート・ガバナンス評議会のコーポレート・ガバナンス原
       則および勧告(「オーストラリア証券取引所勧告」)を遵守しており、これは、この声明だけでなく、(当社
       のオーストラリア証券取引所勧告の遵守状況を概説した)2022年度コーポレート・ガバナンス声明の別表4G
       にも反映されている。
                                 93/428











                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        テルストラのガバナンスに関する詳細(この声明および別表4G、取締役会および常設取締役会委員会規程
       ならびに重要なガバナンス方針)は、当社のガバナンスに関するウェブサイト
       (www.telstra.com/governance)で閲覧可能である。
       1.取締役会








        本報告書の日付現在、当社の取締役会には8名の取締役(7名の非業務執行取締役およびCEO)がおり、会
       長であるジョン・マレン、CEOおよびマネージング・ディレクターであるヴィッキー・ブレーディー、ならび
       に非業務執行取締役であるエールコ・ブロック、ロイ・チェスナット、クレイグ・ダン、ブリジット・ラウド
       ン、エラナ・ルービンおよびニーク・ヤン・ファン・ダンメにより構成されている。
        2022事業年度中、2名の取締役が取締役会から退任した。取締役としての3年間の任期の3期目を終了した
       マーガレット・シーレは、2021年10月の年次株主総会の終了をもって取締役を退任し、2014年から取締役を務
       めていたピーター・ハールは、2021年12月31日に退任した。
        最高経営責任者を7年超務めたアンドリュー・ペンの後任として、ヴィッキー・ブレーディーがテルストラ
       の新しい最高経営責任者に就任した。今まではテルストラの最高財務責任者であったブレーディー氏は、2022
       年9月1日からCEOに就任し、同日付でペン氏に代わって取締役会に加わった。
                                 94/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        2022年AGMの招集通知に記載されているとおり、3年間の任期の4期目を終了したノラ・シャインケステル
       は、2022年10月11日の(年次株主総会の後に行われた)本スキーム・ミーティング終了後まもなく取締役を退
       任した。
        資格、経験および任期を含む取締役の詳細については、下記「第5 3 (2) ①取締役および役員の略

       歴」ならびにwww.telstra.com.au/aboutus/our-company/present/the-boardに記載されている。
       役割および責任

        取締役会
        取締役会は、テルストラの事業を運営する責任を負い、その役割を果たすことについて株主に説明する責任
       を負う。取締役会には、その責任だけでなく、活動を行う取締役会の構成、行動および取決めに関するその他
       の事項について詳細に定めている規程が設けられている。
        取締役会の責任には、テルストラの戦略を策定し、企業計画の実施を承認および監視し、CEOを選任し、テ
       ルストラのリスク選好度を設定し、また、テルストラの経営、業績およびガバナンスを監督することが含まれ
       る。
        取締役会は、取締役会またはその委員会により特に留保されている事項を除き、取締役会によって承認され
       た戦略、企業計画および方針に従い、テルストラの日々の経営に関する責務をCEOに委任している。留保事項
       には、重大な支出およびCEOに委任されている限度を超える取得および処分取引、戦略および当社の年間企業
       計画の大幅な変更、また、配当の支払い、株式の発行および買戻しならびに投資利益を含む、資本管理のイニ
       シアチブが含まれる。
        CEOは、同様に、テルストラの委任枠組みに基づき、これらの権限の一部を上級経営陣に、その他について
       組織全体に委任することができ、また、委任している。
        CEOは、取締役会に対し、委任された権限の行使について説明責任を負っており、とりわけ、当社の戦略の
       策定および実施、ならびに当社の戦略および企業計画に沿った組織の管理、また、テルストラの企業理念およ
       び行動規範の浸透および強化について責任を負っている。上級経営陣のサポートも受けながら、CEOは、年間
       を通じて定期的に取締役会に対して報告、説明および発表を行い、取締役は、経営陣に対し説明を求めること
       で説明責任を問う。
                                 95/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        当社の会長
        当社の会長である、ジョン・マレンは、独立した非業務執行取締役である。同氏は、2008年7月以降当社の
       取締役を務めており、2016年4月に会長に選任された。
        会長の最も重要な責務は、取締役会およびテルストラに対して適切なリーダーシップを提供すること、およ
       び取締役会が取締役会規程に基づく義務を履行するよう確保することである。
        会社秘書役

        当社の会社秘書役であるスー・レーバーは、取締役会によって任命されており、会長を経由して取締役会に
       直属している。全ての取締役が会社秘書役に接触することができる。会社秘書役の役割には、取締役会および
       その委員会に対するガバナンス事項についての助言、取締役会および委員会の方針および手続が遵守されてい
       るかの監視、あらゆる取締役会の業務の調整、ならびに取締役会および経営陣との間の取引に関する評価基準
       の提供を含む。
        取締役会、取締役会委員会、CEOおよび経営陣の役割および責任に関する詳細を記載した、当社の取締役

       会および取締役会委員会規程は、当社のガバナンスに関するウェブサイト(www.telstra.com/governance)
       にて閲覧可能である。
        CEOおよびリーダーシップ・チームに関する情報については、2022年年次報告書および
       www.telstra.com.au/aboutus/our-company/present/leadership-teamを参照のこと。
                                 96/428













                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
      2022  事業年度ガバナンス活動
      2022  事業年度中の取締役会の主要な焦点となった分野には以下が含まれる。
      戦略および業績                          新しいCEOおよびCFOの任命
      (今年6月に完了した)T22戦略の実行ならびにT25戦                          最高経営責任者を7年超務めたアンドリュー・ペンの
      略の策定および公表。T25への移行は、テルストラの                          後任として、ヴィッキー・ブレーディーが2022年9月
      歴史における刺激的な新しい時代を示しており、これ                          1日からのテルストラの新しい最高経営責任者に任命
      は、将来の機会を見越した新規事業に投資しながら、                          されたこと。
      中核からの成長を加速させ、成功を収めている医療お                          当年度中、当社はまた、ブレーディー氏のCEO就任に
      よび国際事業の拡大を継続させるものである。                          あたり、マイケル・アクランド(現在のコンシュー
                                マー&スモール・ビジネスのグループ・エグゼクティ
                                ブ)が、ブレーディー氏の後任として最高財務責任者
                                およびストラテジー&ファイナンスのグループ・エグ
                                ゼクティブに就任することも発表した。
      責任ある事業を行うこと                          従業員および文化
      優れた責任ある事業としての活動の継続。                          高度な技能を有しかつ積極的に関与している人材を呼
      テルストラは、経済の重要な貢献者、主要な雇用主、                          び込み、成長させ、保持することの継続。
      そして資源の重大な利用者であるため、社会の向上に                          当社は、シンプルさと説明責任に焦点を当てた、機動
      貢献する責任を負っている。                          的で、企業理念によって牽引される、能力の高い組織
      つまり、当社の顧客に対する義務は、契約書の小さな                          を築き、変化に応じて転換できる労働力を築くことを
      文字だけでなく、当社の組織としての目的および企業                          目指している。
      理念によっても定義されるということを意味する。                          当社はまた、責任ある事業慣習へのコミットメントに
      これは、気候変動、多様性、デジタル・インクルー                          沿って、広範なコミュニティーの期待および基準を反
      ジョン、人権などの重要な問題について主導的な立場                          映する目的および価値主導の文化を維持することにも
      をとり続け、取り組むことも意味する。またこれは、                          焦点を当てている。
      先住民族コミュニティーとの信頼関係を再構築するこ
      とも意味する。
      リスク管理                          提案された組織再編
      当社の戦略の成功を確実にすること、また、顧客経験                          テルストラ・グループの本社組織としてのニュー・テ
      価値、当社の評判、財政状態および当社の配当支払能                          ルストラ・コーポレーション、また、ニュー・テルス
      力の向上において重要な要素である、当社の重要リス                          トラ・コーポレーションの傘下に置かれる4つの主要
      クを効果的に管理すること。                          な子会社の設立を含む、テルストラ・グループの法的
                                再編。
                                この組織再編は、T25戦略の重要な要素である。これ
                                は、顧客およびインフラ事業への注力を強化し、これ
                                らの事業における資産の透明性を高め、長期にわたり
                                テルストラ・グループの固定インフラ資産から価値を
                                実現するための柔軟性および選択性を高めるというテ
                                ルストラの取り組みにおける重要な次のステップであ
                                る。
                                 97/428








                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       取締役会の構造および構成
        取締役会は、取締役会がその責務を効果的に果たし、当社が直面する様々なチャンスおよび課題をつかみ、
       問題を切り抜けることを支援するために十分に身につけておくべき適切な割合の多様性、技能、経験および専
       門知識を有することを確実にするために積極的に努力している。
        取締役会(および取締役委員会)の構造および構成に関連する事項は、取締役会および指名委員会規程に定






       める枠組みに基づき、および取締役会により実施されるプロセスを経て、取締役会および指名委員会により検
       討される。
        技能、経験および多様性

        その構成員に適切な割合かつ多様な経験を維持し、また、重点分野の特定を支援するため、取締役会は、技
       能マトリクスを活用している。このマトリックスは、取締役会が現在その構成員全体について有し、獲得する
       ことを目指す技能を定めている。
        当社の取締役会技能マトリックスは、取締役会が特に関係すると考える、技能および経験に関する3つの幅
       広いカテゴリー(ならびに個人的技能)に焦点を当てており、取締役会は、3つのカテゴリーそれぞれについ
       て取締役会に高度に開発された能力が代表されているかどうかを検討する。
        取締役は、多くの場合、多くの分野にわたって、幅広いスキルおよび経験を様々なレベルで有していること
       が多い。このマトリックスは、意図的にこれを評価基準で捉えたり、テルストラの取締役会における取締役で
       あることと関連性がある可能性のある全てのスキルを反映したりしようとするものではない。
                                 98/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        取締役会技能マトリックス
      カテゴリー          以下のような分野における技能および経験を含む。

      電気通信          電気通信    -電気通信業界における豊富な経験(国際的な経験を含む。)
      および技術          技術、革新およびデジタル            -技術および革新に焦点を当てている組織における経験、電
                 子商取引、デジタル製品およびサービスならびに働き方の商業化などの分野における経
                 験
                 製品およびサービス         -大口リテール顧客基盤に対し製品およびサービスを提供している
                 組織における経験
      ASX  またはその他で         上級役員および取締役会の経験               - CEO  または上級役員ポジションおよびその他の非業務
      上場している大企業          執行取締役の経験
      におけるCEOまたは          財務  - 会計、財務報告および財務管理における高いレベルの財務見識、資格または経験
      上級経営陣レベルで          資本市場およびインベスター・リレーションズ                     -コーポレート・ファイナンス、財務、
      の経験          株式および債券市場ならびに一般投資家および機関投資家に関する知識
                 人材  - 報酬、職場の文化、人材管理および後継者計画における経験
      ガバナンス、          評判および地位       - 評判、コミュニティーにおける地位および主要な利害関係者(業界、
      利害関係者、          政府および規制機関を含む。)との関係の管理における経験
      評判および規範          ガバナンス     - ASX  に上場している大企業および高度に規制されている企業に適用される
                 法律上、コンプライアンス上および規制上の環境を含む、ガバナンスおよび持続可能性
                 の問題に関する堅実な知識
                 リスク管理     - リスク管理枠組みおよび規制の理解ならびに大規模な組織におけるリスク
                 の特定、評価および管理
                 農村部、地方および遠隔地             - オーストラリアの地方、農村部および遠隔地のコミュニ
                 ケーションに関するニーズの理解
                             個人属性

                                               健全な対人スキル
       誠実さおよび高         好奇心、創造力                  良好なビジネス感覚           (機転が利く一方、率直に
                          批判的思考
        い倫理規範         および勇気                 および堅実な判断力           意見を伝えることができる
                                               良好な聞き役)
        取締役会は、マトリックスにおいて定められているこれらの3つの各カテゴリーは、現在取締役会に十分に

       表れていると考えており、複数の取締役が各カテゴリーについて高度に開発された能力を有しているものとし
       て認定されている。さらに、取締役会は、取締役個人の特定の分野に関する技能および経験の組み合わせ、な
       らびに多様な背景を有する取締役との交流により発生する多様な見地および見識から利益を享受する。取締役
       会は、最高の機能を備えてその役割を効果的に果たすことができるよう、取締役会に代表される技能および経
       験を高める方法を探究し続ける。
        マトリックスに反映されている個人スキルもまた、取締役会が建設的かつ効果的に上級経営陣と協働するた
       めの能力の重要な要素である。取締役会は、取締役会の構成、取締役の任命および業績の審議の一環として、
       年間を通じてこれらの要素を検討している。
                                 99/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        多様性に関して、取締役会は、取締役会に新しい考え方および異なる視点を(年齢、経験またはその他を通
       じて)提供するため、ジェンダーおよびそれ以外のいくつかの観点を通じて、多様性について検討している。
       新しい取締役を任命するにあたり、取締役会は、その責任を効果的に果たし、付加価値を与えることができる
       よう、取締役会における技能、知識、経験および多様性の適切なバランスを取ることを強く意識している。
        2022事業年度における取締役会の多様性の目標は、取締役会に最低4名の女性が在籍することであった(非
       業務執行取締役のうち、女性の代表が最低40%となることを意味する。)。
        前述のとおり、マーガレット・シーレは2021年10月に取締役から退任し、取締役会は、取締役会の刷新期間
       中一時的に多様性レベルが影響を受ける可能性があることを認識している。2022年6月30日現在、取締役のう
       ち3名が女性であり、非業務執行取締役における女性の割合は37.5%(または取締役会全体においては
       33.3%)である。
        2023事業年度について、取締役会は、非業務執行取締役のうち少なくとも40%が女性であるという目標に引
       き続きコミットしている(これにより、従来の目的の設定方法が単純化された。)。
        取締役会は、当社が多様性のある取締役会を有することを確保するという戦略的要請を満たすため、任命に
       際し、資格要件を満たした多様な範囲の候補者が検討されることを確保すること、潜在的な取締役候補者との
       つながりを構築することを含み、いくつかの取組みを実施している。多くの取締役はまた、公共、民間および
       非営利部門にわたる執行委員および非業務執行取締役(男女両方)のためのメンタリングなど、能力のある経
       験豊富な取締役候補者を幅広く確保することに資するための公式および非公式のプログラムおよびアレンジメ
       ントに参加している。
        任期、選挙および再選

        各非業務執行取締役の任期は、会社法、オーストラリア証券取引所上場規則および当社定款の規定に従う。
        取締役会は非業務執行取締役について固定された任期の上限を定めておらず、任期は依然として取締役会の
       裁量に従う。取締役会の刷新および承継計画の重要性を認識するため、取締役会は、取締役会および委員会の
       任期につき、以下の原則を含む方針を採用した。
      取締役の地位           非業務執行取締役の3年の任期の3期目終了が近づいている場合、より広範な取締役

                 会の刷新および取締役会の構成への配慮ならびにテルストラ法の要件を考慮した上
                 で、取締役として続投すべきかについて、より正式な審査を行う。
      取締役会委員会           非業務執行取締役の取締役会委員会の委員長の地位を保持することのできる最長任期
      の委員長の地位           は、一般的に5年である。
      取締役会委員会           委員会の委員は、委員会の承継計画および委員会の全体的な構成/技能/経験を考慮
      の委員           した上で3年から5年毎に交代するものとする。
        取締役会は、取締役の独立性の評価の一環として、各非業務執行取締役の任期についても検討する。

                                100/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        非業務執行取締役の選定、指名および任命に関する当社のプロセスは、指名委員会および取締役会による手
       続の実施が含まれ、当社はその過程において、通常この手続を補佐する役員調査会社を利用している。この過
       程の一環として、取締役会は、一般的な資格および経験についての基準、ならびに候補者が保有すべき特定の
       資格、技能および専門性に関する基準を設定した。取締役会が取締役を任命する前、または候補者を取締役の
       選挙の候補者として周知する前に、当社は取締役の資格剥奪、破産、犯罪歴および学歴を含む、適切な経歴調
       査を実施する。
        当社は、個人の資格による任命条件を記載した正式な任命書類を新たな非業務執行取締役(および上級経営
       陣)の全員に交付する。取締役の任命書類には、新たな非業務執行取締役または執行役員の任命を取締役が受
       け入れるか否かを会長に通知する要件が含まれる。取締役は、テルストラの非業務執行取締役としての役割と
       相反し、またはその役割のために充てられる時間に影響を及ぼす可能性のある新たなコミットメントを受諾す
       る前に、会長と協議することが義務付けられる。テルストラの業務に対して適切な時間を充てることは、取締
       役の業績審査で取り上げられている問題の一つである。
        事業年度中に取締役会により任命された非業務執行取締役は、その次のAGMの選挙に立候補しなければなら
       ず、非業務執行取締役は、再任されることなく、3年を超えて(または選任もしくは直近選挙後3度目のAGM
       を超えて(いずれか遅い方))在任することはできない。
        任期終了時の非業務執行取締役再選への推薦は、自動的に行われるものではない。取締役会は各AGMの前
       に、再選に向けて立候補を予定する非業務執行取締役の再選に株主が賛成票を投じることを推薦するか否かを
       決定する。この決定は、当社のニーズ、取締役の年間業績の評価および取締役会が関連すると考えるその他の
       事項を考慮したうえで取締役会により行われる。
        取締役としてのCEOの任期は業務執行役員としての任務と結びついているため、CEOは選挙に立候補する必要
       はない。
        当社はまた、取締役を選任または再任するか否かの判断に関連する、当社が有する全ての重要な情報を、
       AGMの招集通知において株主に対して提供する。
        当社の取締役会および指名委員会規程ならびに定款は、当社のガバナンスに関するウェブサイト

       (www.telstra.com/governance)にて閲覧可能である。資格、経験および任期を含む取締役の情報について
       は、下記「第5 3 (2) ①取締役および役員の略歴」の取締役セクションならびに
       www.telstra.com.au/aboutus/our-company/present/the-boardに記載されている。
       取締役の独立性

        取締役会は、独立取締役が健全なコーポレート・ガバナンスに対して行う重要な貢献についても認識してい
       る。独立取締役であるか否かを問わず、全ての取締役はテルストラの最善の利益となるよう行為し、自由かつ
       独立した判断を行うことが求められている。
        取締役会は、CEOが唯一の業務執行取締役であり、全ての非業務執行取締役も独立取締役であるべきと考え
       る。
                                101/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        取締役会は、少なくとも年に1回、各非業務執行取締役の独立性について評価する。当社は、独立取締役
       を、取締役会に提起された問題に取り組むための取締役の独立した判断を行う能力、および個別の有価証券保
       有者またはその他の当事者の利益ではなくテルストラの最善の利益となる形で行為する能力に著しく影響を及
       ぼす可能性があるか、または著しく影響を及ぼすと合理的に認められる可能性のある利害関係、地位または関
       係等の存在しない非業務執行取締役であると考える。
        取締役の独立性を評価する際、取締役会は、オーストラリア証券取引所勧告の表2.3に記載されている取締
       役の独立性に潜在的に影響を及ぼす関係について考慮する。著しいと認められるかはテルストラおよび取締役
       双方の観点から個々に評価され、質的要素および量的要素の双方に対する検討が行われる。
        CEOを除く当社の全ての取締役が非業務執行取締役である。また、各非業務執行取締役は独立していると取
       締役会により判断されている。独立性の評価の一環として、取締役会は、各非業務執行取締役の取締役会にお
       ける任期を検討し、取締役の何れも、その独立性を損なう可能性のある期間にわたり、テルストラの取締役で
       あった者はいなかったと結論づけた。
        取締役会に9年超在籍している会長ジョン・マレンおよびノラ・シャインケステルについては、取締役会
       は、取締役会における在籍期間にかかわらず、各氏ともに人格および判断の独立性を保ち続けていると結論づ
       けた。
        前述のとおり、3年間の任期の4期目を終了したノラ・シャインケステルは、2022年10月11日の(年次株主
       総会の後に行われる)本スキーム・ミーティング終了後まもなく取締役を退任する意向を表明した。
       業績評価

        取締役会、委員会および取締役
        取締役会、その常設委員会および各取締役の業績(取締役会の会長としての会長の評価を含む。)は毎年レ
       ビューされている。取締役会は定期的に、業績のレビューを促進するため外部コンサルタントを利用してお
       り、2021事業年度のレビューは、外部コンサルタントの協力のもとで実施された。
        2022事業年度のレビューは内部で実施され、以下の形式で行われた。
       ・取締役およびCEOリーダーシップ・チームのメンバーに関する調査
       ・取締役、委員会および取締役会の業績について話し合うための会長による個別の取締役との面接(会長の
         業績については監査・リスク委員会会長による会長との面接)
       ・さらなる検討が必要な事項を含む、取締役会および委員会の業績に関する取締役間の議論
       ・取締役会規程の要求事項に対する取締役会の業績の評価(同様に、各常設取締役委員会の自己評価レ
         ビューも行われ、取締役会に提供された。)
        取締役会は、2022年AGMでの再選に立候補する取締役について、その再選に関する株主への推奨を決定する
       際に、当該取締役の業績も考慮した。
                                102/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        CEO  および上級経営陣
        取締役会は、CEOの業績について、合意された指標およびその他の関連要因に照らして毎年レビューを行
       う。CEOは、上級経営陣について同様の評価を行い、取締役会は、上級経営陣の業績結果について承認を行
       う。CEOおよび上級経営陣の業績のレビューは、2022事業年度末に実施された。
        報酬の枠組みおよび方針についての情報ならびに非業務執行取締役、CEOおよび経営幹部であった上級経

       営陣に対する2022事業年度の報酬の詳細は、下記「第5 3 (2) ②取締役の株式保有および報酬」を参
       照のこと。
       取締役の任命および継続的教育

        新取締役はいずれも会社秘書役が手配する任命手続に参加する。この任命手続は、新たな取締役会のメン
       バーへの円滑な移行を支援する。当社の非業務執行取締役の任命手続には、当社の構造、戦略、事業運営、な
       らびに当社が活動を行っているセクターおよび環境、重大なリスク、そして従業員についての上級役員からの
       概要説明だけでなく、現地視察を含む。
        テルストラはまた、取締役に対する継続教育プログラムも実施しており、当社は、取締役としての役割を効
       率的に行うことに必要な技能および知識を向上および維持するための、取締役に対する他の適切な専門性の向
       上のための機会を提供する。
        2022事業年度中、当社のプログラムには、以下が取り入れられていた。
       ・サプライヤー、電気通信企業およびテクノロジー企業ならびに業界の専門家とのセッションを含む米国お
         よび欧州への取締役会の出張
       ・取締役が顧客や利害関係者と交流し、テクノロジーや電気通信の面で地域コミュニティーが直面している
         機会や課題を直接体験する機会を提供したオーストラリア地域への取締役会の出張
       ・主要な利害関係者および規制当局とのセッション
       ・テルストラの排出量削減に係る進捗ならびにスコープ3目標、サイバーセキュリティおよびエネルギーに
         関する研修セッション、また、一部の取締役による関連する業界およびテルストラの会議への出席
       経営陣および独立した助言へのアクセス

        取締役は、会長、CEOまたは会社秘書役を通じていつでも当社の上級経営陣チームに接触することができ
       る。上級経営陣が取締役会に対して行う定期的なプレゼンテーションのほか、取締役は、個別事項について上
       級経営陣に状況説明を求めることができる。
        取締役会は、その責務を遂行するために必要な調査を行い、もしくは必要な調査を指示する権限を有し、ま
       た職務遂行にあたり随時必要と認める法律、会計等のアドバイザー、コンサルタントおよび専門家をテルスト
       ラの費用負担により採用することができる。取締役会委員会はいずれもこれに基づき独立した専門家の助言を
       得ることができる。
        また、一定の状況では、特定の限度内で、各取締役はテルストラの費用負担により独立した専門家の助言を
       求めることができる。
                                103/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       利益相反
        会社法および当社の定款の要件に従い、取締役は、利益相反を申告し、一定の状況下において、重大な個人
       的利害を有する事項についての協議または議決権行使への参加を見合わせることを含む、取締役利害関係方針
       に定める手続に従わなければならない。
       2.取締役会委員会

        取締役会には、3つの常設委員会があり、これらは一体となって当社の運営およびガバナンス体制の特定の
       エリアにより詳細に焦点をあてることで重要な役割を果たし、取締役会によるテルストラの監視を強化に役
       立っている。
        以下の3つの常設委員会が、取締役会がその責務を遂行することを補佐している。
        ・監査・リスク委員会
        ・人事・報酬委員会
        ・指名委員会
               監査・リスク委員会               人事・報酬委員会               指名委員会

               ・テルストラ・グループの外               ・テルストラの報酬の枠組               ・取締役会の構成および職務
                部財務報告、ならびにテル               み、戦略、方針および慣行               の遂行(取締役会の多様性
                ストラの主要な会計および              ・取締役、CEOおよび会社秘                を含む。)
                統合報告プロセスの完全性               書役の報酬ならびに上級経              ・取締役の独立性
               ・テルストラのリスク管理フ                営陣の報酬および業績              ・CEOの任命およびCEO承継計
                レームワーク(リスク文化              ・テルストラの従業員株式制                画
                を含む。)、コンプライア               度の設計および結果              ・CEOおよび会社秘書役の業
                ンス・フレームワークなら              ・テルストラ内の文化および                績
       主要な責務-
                びに内部統制システムおよ               行動
       右記に関する
                びプロセスの設計、実施お              ・選定された従業員に関連す
       事項について
                よび有効性               るリスク、また、テルスト
        取締役会を
               ・選定されたリスクまた、新                ラの多様性目標達成に係る
       支援すること
                たに発生し拡大しているリ               進捗状況、人材および能力
                スク原因               育成、ならびに後継者計画
               ・独立性を含む、内部および                などのその他の従業員に関
                外部の監査               連する事項
               ・テルストラのESG(環境・
                社会・ガバナンス)業績お
                よびESGに関連する重要な
                課題
               クレイグ・ダン(委員長)               エラナ・ルービン(委員長)               ジョン・マレン(委員長)
         2022  年
               ロイ・チェスナット               ニーク・ヤン・ファン・               その他全ての
        6月30日
               ノラ・シャインケステル               ダンメ               非業務執行取締役
        現在の委員
                             ノラ・シャインケステル
                                104/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
               監査・リスク委員会               人事・報酬委員会               指名委員会
               ・テルストラのリスク管理フ               ・2022事業年度役員変動報酬               ・CEO承継および新しいCEOの
                レームワーク(リスク文化               制度(EVP)および短期イ               任命
                を含む。)の設計、実施お               ンセンティブ制度に基づく              ・取締役会および委員会のメ
                よび有効性の監視を継続す               設計および結果について検               ンバーならびに潜在的な新
                ること               討および勧告を行うこと               しい取締役会の候補者を含
               ・社内のコンプライアンスお               ・テルストラの全体的な報酬                む、取締役会の構成および
                よびガバナンスのレベルが               の枠組み、また、CEOおよ               刷新に関する事項を検討す
                適切であったかについての               び上級経営陣の報酬取決め               ること
                監視を継続すること、ま               および結果が、テルストラ              ・2022事業年度の取締役会の
                た、組織再編および大規模               の企業理念またはリスク選               業績レビューに係るプロセ
                買収がテルストラのリスク               好度に反する行為には報い               ス
                特性およびガバナンスなら               ずに、テルストラの戦略お              ・2022事業年度中のCEOおよ
                びに運営モデルに与える潜               よび成功の追求を従業員に               び会社秘書役の業績レ
                在的な影響を検討すること               促すものであるかを監視す               ビュー
               ・業務の規制上のプログラム                ること
                を注意深く監視すること              ・選定された従業員に関連す
               ・サイバーセキュリティなら                るリスク、また、それらの
                びにネットワークおよび物               リスクに対処するためのリ
                理的インフラストラク               スク管理計画を検討し、テ
                チャーの回復力に関するも               ルストラが取締役会によっ
         2022      のを含む、当社のリスクお               て設定されたリスク選好度
       事業年度中の        よびコンプライアンス管理               の範囲内で活動しているか
       重点活動/分野         を強化するための重要かつ               どうかを監視すること
                進行中のイニシアチブの監              ・文化および行動が組織全体
                視を継続すること               でどのように管理されてい
               ・テルストラの責任ある事業                るかを監視することならび
                に係る要素および当社が顧               にテルストラの企業理念お
                客にとって適切な結果を達               よびテルストラの行動規範
                成する方法についての監視               の遵守を促進および強化す
                を継続すること               るための経営陣のイニシア
               ・コンプライアンス義務を果                チブを監督すること
                たすためのテルストラのア              ・多様性および包摂性、労働
                プローチおよび成功の監視               力の構成、従業員経験、人
               ・テルストラの環境へのコ                材の引き付けおよび自然
                ミットメントおよび気候変               減、ならびに学習および開
                動に関する情報開示に対す               発を含む、テルストラの労
                る進捗状況のレビュー               働力および文化の中心とな
               ・内部通報者によって指摘さ                る事項を検討および考慮す
                れた事項についての管理プ               ること
                ロセスを監視することおよ
                びかかるプロセスを通じて
                指摘された重大な事項を検
                討すること
                                105/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        取締役会は、各委員会の委員および委員長を任命し、また、独立非業務執行取締役のみが委員となることが
       できる。
        各委員会は、取締役会が承認した規程に基づき運営され、委員会の規程および委員は、毎年見直される。各
       委員会は、必要に応じ、取締役会に対して報告および勧告を行い、いずれかの委員会が検討した情報および書
       類は、関連する他の委員会および取締役会にも提供される。
        取締役会は適宜、取締役会がその責務を遂行することを支えるため特別委員会を設置する。
        当社の常設取締役会委員会規程は、当社のガバナンスに関するウェブサイト

       (www.telstra.com/governance)にて閲覧可能である。2022事業年度中に取締役会および取締役会の常設委
       員会が開催した会議数および取締役の出欠の詳細については、2022年度年次報告書
       (www.telstra.com/annualreport)に含まれる2022年取締役報告書に記載されている。委員会の委員の関連
       する資格および経験の詳細に関する情報については、下記「第5 3 (2) ①取締役および役員の略歴」
       において記載されている。
       3.株主および投資家との関わり

        当社は、当社の株主および投資家との双方向の直接対話に価値を置き、促進している。株主に関連情報を提
       供し、株主の考え方に耳を傾けてそれらを理解し、株主からのフィードバックに対処することが大切であると
       考えている。
       当社の年次株主総会

        当社の年次株主総会(AGM)は、会長およびCEOから直接、当社の事業、ガバナンス、財務成績および今後の
       見通しについて聞く機会を株主に与えるという重要な役割を果たしている。これはまた、取締役会、経営陣お
       よび監査人に対して、当社の経営および業績についての質問をする機会を株主に与えている。
        2021年AGMは、今もなお続いているCOVID-19パンデミックの影響を考慮し、株主およびコミュニティーの安
       全を確保できるよう、2021年10月12日にバーチャルで開催された。このバーチャルでの総会は、所在地に関係
       なく参加する機会を株主に提供し、当社は株主に対し、オンライン・プラットフォームを活用して総会に参加
       し、総会中にオンラインまたは電話を通じて質問やコメントを提供してもらうよう促進した。
        当社のAGMウェブサイト(www.telstra.com/agm)では、バーチャルAGMオンラインガイドを含め、AGMに参加
       するために株主が必要とするあらゆる情報を提供した。
       当社のウェブサイト

        当社は、以下を含む、当社のウェブサイト上でテルストラに関する情報への迅速なアクセスを提供してい
       る。
       ・投資家センター(www.telstra.com/investor)-当社の財務成績、年次報告書、ASX発表および投資家向け
        プレゼンテーションに関する情報を含む。
                                106/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       ・テルストラのガバナンスに関するウェブサイト(www.telstra.com/governance)-当社の取締役会および委
        員会規程、行動規範およびその他のガバナンス方針、ならびにその他のガバナンスに関連するテルストラの
        報告書など、重要なガバナンス文書へのアクセスを提供する。
       ・持続可能性に関するウェブサイト(www.telstra.com/sustainability/report)-テルストラの持続可能性
        (および気候変動)に関する情報を含む。
       その他の株主および投資家との関与およびやり取り

        当社はまた、AGMにおける株主の参加や関与を促進し、株主および投資家との効果的なコミュニケーション
       を広く推し進めるため、いくつかのイニシアチブをとっている。2022事業年度において、これには以下が含ま
       れた。
             AGM               その他の株主および投資家との関与イニシアチブ

                       ・2021年AGMの開催に先立ち、2021
                        年9月にバーチャル・リテール
                        株主総会を開催したこと。これ
      ・AGM開催前の質問の提供を株主に                  には、当社のCEO(当時)である
       促進すること。                 アンドリュー・ペンおよびCFOで
       これは、株主の持つ問題や関心                 あるヴィッキー・ブレーディー                ・当社の半期および通年度業績の
       事を当社がさらに理解すること                 (当時)によるプレゼンテー                 説明会の後に国内外における投
       に役立ち、これにより、AGMにお                 ションが含まれた。                 資家向け巡回説明会を開催する
       いて株主によるフィードバック                ・2021年9月および11月にバー                  こと。
       の分野について取り上げること                 チャルで2回のインベスター・                ・テルストラの戦略および業績に
       ができる。                 デイを開催したこと。これに                 ついて話し合うことができるよ
       当社はまた、株主のよくある質                 は、T25戦略の発表と、当社の事                 う、機関投資家と公式に会うた
       問への回答をウェブサイトに掲                 業および戦略の様々な部分に関                 めのオーストラリア国内外にお
       載している。                 する最新情報の提供が含まれ                 けるバーチャルおよび対面会議
      ・AGMを録画し、AGM終了後に株主                  た。これらのイベントの記録は                 への参加を行うこと。
       が視聴できるようにすること。                 終了後にASXにて公開された。                ・機関投資家、リテール・ブロー
       総会での質問のうち、事業内容                ・2021年12月にウェブ放送され                  カー、セル・サイド・アナリス
       に関するものもAGM終了後にオン                 た、主要なESGに係る問題を議論                 トおよび議決権行使助言者との
       ラインで公開した。                 するための持続可能性座談会を                 特別対話の予定を立てた。
      ・当社の慣習は、会社法と一致                  開催した。                ・株主と電子的に連絡が取れるよ
       し、できるだけ多くの株主の考                ・当社の半期および通年度の財務                  う、株主にEメールアドレスの提
       えを反映することができるよ                 成績の説明会、ならびにその他                 供を継続的に促すこと。
       う、当社はあらゆる決議を挙手                 の投資家向けプレゼンテーショ
       ではなく投票で採択している。                 ン等のイベントを記録し、それ
                        らのプレゼンテーションを当社
                        の投資家センターで公開するこ
                        と。
        当社の継続開示に係る方針については、当社のガバナンスに関するウェブサイト

       (www.telstra.com/governance)を参照のこと。また、当社の年次株主総会に関する情報については、
       www.telstra.com/agmを参照のこと。
                                107/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       4.リスク管理および保証
       リスク管理
        当社のリスクを理解し管理することは、当社の仕事の一部である。そうすることで、当社の戦略および事業
       目的ならびに法的および規制上の義務を果たすことに役立ち、また、テルストラ・グループおよび当社の株主
       の最善の利益のために確かな情報に基づく事業に関する決定を行い、倫理的に行動することが可能になる。
        当社のリスク管理フレームワーク







        当社は、グループ内のリスク管理方法の基礎および組織的取決めを提供するリスク管理フレームワークを実
       施している。このフレームワークは、リスク管理の国際規格であるISO                                    31000:2018に沿っており、テルストラ
       のリスク管理の策定、実施、監視、審査および継続的な向上のための一揃いの構成要素からなっている。当社
       のリスク管理フレームワークの目的は、リスク管理が当社のガバナンス、戦略的意思決定、事業活動、営業お
       よび文化に組み込まれることを確実にすることである。
        当社のリスク管理フレームワークは、下記を含む当社の「3つの防衛線」説明責任モデルによって裏打ちさ
       れている。
      第1の防衛線           リスクの特定、評価および管理の責任を負う、事業の利害関係者および運営管理担当

                 者
      第2の防衛線           リスクおよびコンプライアンスのフレームワーク、監督、監視の責任を負う、各事業
                 分野においてリスク管理チームと協働する最高リスク担当室およびその他の第2の防
                 衛線の監視機能(例:健康、安全、福利および環境ならびにサイバーセキュリティ、
                 サプライヤー・ガバナンスおよびグループ・コンプライアンス)
      第3の防衛線           ガバナンス、リスク管理および内部統制プロセスに関して独立した保証をすることに
                 責任を負う、当社のグループ・インターナル・オーディット機能
                                108/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        当社のフレームワークの中核となる構成要素の一つは、成功を阻む可能性がある数多くのリスクを管理する
       ために特定、評価および行動を取ることができるよう組織化された一連の活動を提供するリスク管理プロセス
       である。このプロセスは、リスク選好度の声明および当社の主要リスクに係る指標と一致している。リスク管
       理プロセスは、戦略、業務、財務および規制、ならびに行動、経済、環境および社会的持続可能性に関するリ
       スクを含む、内部および外部ソースからのリスクの全タイプが確実に考慮されるようにする。
        監査・リスク委員会

        監査・リスク委員会は、以下を含む、テルストラのリスク管理フレームワーク(リスク文化を含む。)の設
       計、実行および有効性を監督する。
        ・テルストラのリスク管理フレームワークを少なくとも年1回見直すことで、当該フレームワークが引き続
         き健全かつ効果的であり、テルストラが取締役会によって設定されたリスク選好度を十分に考慮して活動
         しているかを確認すること
        ・監査・リスク委員会の責務に関係する、リスク文化およびテルストラの企業理念または行動規範と著しく
         矛盾する行為(重大な違反、および当該違反に対して講じられた措置または講じるよう提案された措置を
         含む。)に関する経営陣からの報告書を検討すること
        2022事業年度に関して、監査およびリスク委員会は、テルストラのリスク管理フレームワークを精査し、当
       該フレームワークが引き続き健全かつ有効であり、テルストラが取締役会によって設定されたリスク選好度を
       十分に考慮して活動していることについて確認済みである。
        経営陣フォーラム

        当社のCEOリーダーシップ・チームは、テルストラ全体にわたるリスク管理のための経営ガバナンスの頂点
       のフォーラムとして機能している。当社は、当社のチームが、当社のリスクを特定、管理および監視するため
       の効果的なリスク管理および内部統制フレームワークを実行できるようにし、かつリスク管理の責務を審査お
       よび検討するために、CEOリーダーシップ・チームとともに一連のリスク・ガバナンス・フォーラムを設置し
       ている。
        このフォーラムは、上級経営陣に対して、現存するリスク、新たなリスク、法令遵守、プライバシー、不正
       行為、顧客経験価値、責任ある事業、事業の継続性、ネットワーク回復力、サイバーおよびデータセキュリ
       ティ、サプライヤー・ガバナンス、健康、安全および福利、気候変動、そして内部の監査活動を含む当社の主
       要なリスクおよびコントロールに関する、より詳細かつタイムリーな情報を提供している。
        当社のリスク

        当社は、事業に対する新たなかつ拡大しつつあるリスク原因を特定するための継続的なプロセスを維持して
       いる。これには、設計から市場投入までの商品およびサービスのリスク評価、業界および市場動向の分析、当
       社のパートナーとのリスクワークショップ、ならびに上級経営陣との定期的なリスクフォーラムが含まれる。
                                109/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        特定されたリスクは、そのコントロールおよび取り扱い計画と併せて、エクスポージャー中の変化または有
       効性が監視され、年度中に取締役会(委員会を含む。)に報告される。
        当社は、環境・社会・ガバナンス(ESG)要因を当社のリスクの検討事項の一部として考えている。当社は
       毎年、これらの要因に関連するリスクおよび機会を決定し、利害関係者、社会および事業の長期的な持続可能
       性にとって最も重要なESGに係る問題、リスクおよび機会への対応を確実にするための評価を実施している。
        気候変動に関連するリスクおよび機会の確実な監視を維持することは、当社の持続可能性ガバナンスの優先
       事項のひとつである。当社は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に沿った気候変動報告書
       に記載しているとおり、気候変動関連の開示を強化することに取り組んでいる。
        2022  事業年度中の活動およびイニシアチブ

        当社は、当社のリスク管理フレームワークが計画通り行なわれることを確実にするため、当社のリスク管理
       フレームワークの監視および審査のための様々な活動を行なっている。当社は少なくとも年1回、会社全体で
       フレームワークの審査および自己評価を行っており、上級経営陣リスクフォーラムおよび監査・リスク委員会
       に結果を報告している。当社は、それらの審査およびグループ・インターナル・オーディットからの提案を、
       フレームワークを改善する機会を特定・実施するために使用する。
        2022事業年度、当社は、リスク管理に関連して数多くのイニシアチブを実行し、これらは引き続き当社のリ
       スク管理の成熟度を向上させた。これには、当社のアジャイル運営モデルにおけるリスク管理に対する説明責
       任および責任に係る全般的な注力の強化、当社のコンプライアンス義務の履行に新たな焦点を当てたコンプラ
       イアンスの強化プログラム、管理ドキュメンテーションおよび保証に対する当社のアプローチの成熟度を高め
       る品質保証センターの創設、また、資本計画、M&Aおよびより広範な戦略開発を含む、意識的なリスクの考え
       方が事業に関する決定において第一に念頭に置かれていることを引き続き確実にすることが含まれる。
        当社のリスク管理に改善をもたらした(または完了した際にもたらす)イニシアチブには、誤販売のリスク
       を軽減するための統制の大幅な強化、ますます困難になる外部の脅威環境の中でのサイバーセキュリティリス
       クに対する備えの向上、物理的インフラストラクチャーおよびネットワークの回復力の継続的な強化、ならび
       にコンプライアンス強化プログラムの継続が含まれる。当社はまた、リスクの報告と監視を統合し、より効果
       的なリスク管理を可能にするデータ駆動型の洞察を可能にする、組織全体でのリスクツール(Archer(内部で
       はRICOMと呼称されている。))への移行において重要な進展を遂げた。
                                110/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        監査・リスク委員会規程は、当社のガバナンスに関するウェブサイト(www.telstra.com/governance)に
       て閲覧可能である。
        テルストラに影響を及ぼしうる重大なリスク(経済的なものだけでなく、ESGリスクに対する重大なエク
       スポージャーを含む。)の概要、および当社がいかにしてそのリスクの管理しようとするかについては、上
       記「第3 2 事業等のリスク」に記載されている。
        気候変動およびその他の持続可能性リスク、当該リスクの管理方法および当社の業績に関する詳細は、上
       記「第3 2 事業等のリスク」、また、当社の気候変動報告書および「2022年概観サステナビリティ報
       告」(telstra.com/sustainability/report)にて閲覧可能である。
       内部監査

        当社の内部監査業務は、テルストラの内部監査の役割を果たす、グループ・インターナル・オーディットに
       より行われている。グループ・インターナル・オーディットの役割は、取締役会および経営陣に対し、当社の
       ガバナンス、リスク管理および内部統制の手続の有効性について独立かつ客観的な保証を提供することであ
       る。グループ・インターナル・オーディットは、その役割を果たすために必要な独立性を維持するために、当
       社のいかなる事業またはリスク管理業務においても直接的な運営責任または権限を有していない。
        グループ・インターナル・オーディットの機能的責務は、取締役会によりその任命が承認されるグループ・
       インターナル・オーディット・COEエグゼクティブに属する。グループ・インターナル・オーディット・COEエ
       グゼクティブは、監査・リスク委員会に報告し、実務上、最高財務責任者(CFO)にも報告を行う。グルー
       プ・インターナル・オーディットは、その業務を遂行するため、当社のあらゆる情報システム、記録、物理的
       資産および従業員に対して完全かつ無制限のアクセスを有している。グループ・インターナル・オーディット
       の業務は、内部監査人協会により提供されている、専門職的実施の国際フレームワークに基づき行われる。監
       査・リスク委員会は、グループ・インターナル・オーディットの業務および業績を監視する(その独立性を含
       む)。
       外部監査人

        テルストラの外部監査人は、アーンスト・アンド・ヤング(「EY」)である。当社のEY統括監査人は、AGM
       に出席し、監査の実施および監査報告書の作成・内容に関する株主の質問に答えることができる。
        監査・リスク委員会は、EYの業績および独立性のレビューおよび評価、また、経営陣の、EYにより提供され
       る監査および非監査業務に関する方針の遵守状況の監督を含む、EYとの関係を監督する。
        監査・リスク委員会は、2022事業年度においてEYから提供された非監査業務の内容および規模、ならびに当
       該非監査業務の提供がどのように監査人の独立性と両立し得たかについての説明を概説した年次報告書を提出
       した。
        当該年度において提供された非監査業務に関してEYに支払われたかまたは支払われる金額の詳細は、下記

       「第6 1 財務書類」注記7.1において開示されている。
                                111/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       財務書類に関する宣言
        2022年6月30日終了事業年度および2021年12月31日終了半期の当社の財務書類に関連して、当社のCEOおよ
       びCFOは、取締役会に対し、以下の宣言を行った。
        ・彼らの意見によると、テルストラの財務記録は、適切に管理されたこと、また、財務書類(その注記を含
         む。)は、適切な会計基準を遵守しており、テルストラの財政状態および経営成績に対する真実かつ公正
         な概観を提供していること。
        ・彼らの意見は、有効に機能している健全なリスク管理および内部統制システムに基づき形成されたこと。
       定期的な統合報告書の検証のためのプロセス

        当社の年次財務報告書および年次取締役報告書に含まれる報酬報告書は、当社の外部監査人による監査を受
       けている。当社の半期財務報告書は、当社の外部監査人により審査される。
        投資家の利益のために作成された他の定期的な統合報告書で、当社の外部監査人による監査または審査の必
       要がないものについては、市場に公表される前にそれらに含まれる情報の完全性を検証するための方針および
       プロセスを有している。
        一般的に、当社のプロセスには、とりわけ、以下を確認するため、複数の内部グループ(機能対象分野の専
       門家、インベスター・リレーションズ、通信およびリーガルを含む。)による審査および承認が含まれる。
        ・提出された資料が事実に基づき正確であること、また、テルストラの状態を公正に表していること
        ・報告書に商業もしくは財務情報が含まれる場合、またはその性質が商業戦略的であり市場に影響されやす
         いと考えられる場合、市場にとって重要な報告書の要素が、他の公知情報およびテルストラの財務会計の
         開示と一致していること
        ・報告書が、全ての適用法令を遵守していること
        概観サステナビリティ報告では、環境・社会問題やその他の関連する指標を含む特定の業績開示について、
       外部による保証を定期的に要求している。これには、当社の規制上の開示の一部を構成する環境(連邦国家温
       室効果ガスおよびエネルギーレポート)および社会(現代奴隷法)基準が含まれる。2022年気候変動報告書も
       また、「合意された手続き」の取決めに基づき外部審査を受けた。
                                112/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       5.合法的、倫理的および責任感のある行動
        個性および行動規範は、個人と同じように、組織にとっても重要なものである。テルストラでは、当社がど
       のように事業を運営し、顧客を支援しているかは、当社がもたらす事業結果と同じように重要である。
       当社の目的および企業理念

        当社の目的は、全ての人々が成功できるよう、つながりのある未来を構築することである。当社の目的と併
       せて、当社の企業理念は、当社の存在意義を表明しており、当社の行動を導いていくものである。これは、当
       社の中核を為しており、当社は全ての行動をこれと一致させている。テルストラでは、4つの企業理念を有し
       ている。
        当社の目的および企業理念に対する強いコミットメントは、顧客が成功できるように最高のネットワークで





       最高の商品およびサービスを提供することにより、顧客、従業員、そして当社が事業を行うコミュニティーの
       ために正しく行動するというテルストラの取り組みを推進し続けている。
       責任ある事業を行うこと

        テルストラにとって、責任ある事業を行うことは、顧客、従業員、そして当社が事業を行うコミュニティー
       のために正しく行動することを意味する。当社は、これほど事業が社会において果たす役割について深く考え
       るための重要な機会は今までになかったと認識しており、このため、「責任ある事業を行うこと」はT25戦略
       の重要な柱の1つである。
        当社の責任ある事業戦略および枠組みは、当社の従業員および利害関係者のために責任ある事業を実現し、
       主要な持続可能性の問題、リスクおよび機会を全社的に監視し続けることを可能にする。
                                113/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        当社は持続可能性に対する包括的なアプローチ(中核事業活動により情報を提供され、これと一体化され
       る。)を有している。これは、当社が顧客、サプライヤー、そして人々と交流する方法、デジタル経済の恩恵
       を受けるオーストラリアの人々を増やすために当社が果たし得る役割、また、地球に与えている当社の影響を
       どのように管理し最小限に抑えるかを導くものである。責任ある事業戦略を通じて、当社は、当社への期待を
       理解しており、当社が事業を行うコミュニティーが直面する環境・社会的課題の解決に貢献できるよう取り組
       んでいることを示している。
        当社の責任ある事業戦略についての詳細は、telstra.com/sustainability/reportの「2022年概観サステ

       ナビリティ報告」に記載されている。
       リーダーシップ、倫理およびガバナンス

        当社は、事業活動全体を通じて、当社の行動規範、ガバナンス方針、義務付けられたコンプライアンス研
       修、および当社の理念を実行する従業員への報奨を通じて、公正かつ責任ある文化を推進している。当社の目
       的および企業理念、当社の行動規範ならびに支援方針は、従業員およびパートナーが、公正、倫理的にかつ法
       令を遵守して行動するという当社の期待に応えるための指針となるものである。
        テルストラの企業理念および行動規範は、当社がどのように事業を行うかを定義し、また、戦略を実行し顧
       客の期待に応えるために必要な行動を示すものである。テルストラおよび当社のより広範な事業体のあらゆる
       領域における全ての従業員およびパートナーは、主要原則および方針の要件を理解および遵守する責任、ま
       た、行動規範に抵触する懸念またはインシデントを報告する責任を負う。当社のグループ・エグゼクティブお
       よびリーダーは、適格かつ持続可能性のある結果を達成するために、責任を持って行動することがあらゆる日
       常的な意思決定の中核となる文化を作り出し促進することについて責任を負う。
        率直に発言することおよび内部通報

        当社の行動規範は、従業員が自信を持って率直に発言し、懸念を表明することを促される文化をより一層確
       実にしている。
        当社のイントラネットには、従業員が懸念を表明する方法をガイドする手助けとなる専用のポータルがあ
       る。この選択肢の1つがテルストラの内部通報方針である。内部通報方針および関連法は、現従業員や元従業
       員、その親族や扶養家族、そしてサプライヤーを含む様々な者が、テルストラにおける違法、非倫理的もしく
       は不正行為を含む不適切な行為、または不適切な状況もしくは事態の懸念を報告するための保護制度を確立し
       ている。
                                114/428








                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        当社の内部通報方針は、懸念事項を報告する全ての者に適切な保護を提供する機密性のある手続によって支
       えられており、これは、電話またはウェブフォームを通じて懸念事項を匿名で報告することができる内部通報
       サービス、また、有用な報告書を調査する専門の調査員およびケース・マネージャーによって構成されてい
       る。テルストラの内部通報委員会は、会社秘書役が委員長を務めており、有用な内部通報の開示を受領し、そ
       れぞれの事項に関する調査および要求されたフォローアップを監督している。内部通報委員会は、監督したプ
       ロセスおよび調査をテルストラの監査・リスク委員会に報告する。
                                115/428


















                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        その他のガバナンス方針および戦略
        当社は、企業理念、行動規範および内部通報方針に加え、優れたコーポレート・ガバナンスおよび合法的、
       倫理的かつ責任ある行動文化の促進方法の中核となるその他のガバナンスの方針および活動を数多く有してい
       る。これには、以下が含まれる。
       贈賄防止および腐敗          贈賄および腐敗に対してゼロ・トレランス・アプローチをとること。当社は、あらゆ

       防止          る種類の腐敗、賄賂、リベートまたは便宜のための支払いを禁止している。
       継続的な開示          取締役会に留保される権限(および経営陣に委任されていない責任)の範囲内にある
                  事項またはテルストラにとって根本的に重要である事項に関する公表について、取締
                  役会の承認を要する場合を含む、オーストラリア証券取引所に対する公表の承認につ
                  いての責務およびその手順、ならびに開示事項に関する当社のCEO、CFOおよび当社の
                  継続開示委員会の役割を概括する。
                  当社は、あらゆる重要な発表の写しを、オーストラリア証券取引所に公表された後、
                  速やかに取締役会に提供する。投資家またはアナリスト向けの新たなかつ実質的なプ
                  レゼンテーションを行う場合、当社は、当該プレゼンテーションの実施前に、そのプ
                  レゼンテーション資料の写しをオーストラリア証券取引所の市場公表基盤において公
                  表する。
       多様性および          多様性および包摂性、ならびにこれらがテルストラ・グループにもたらすプラス効果
       包摂性          (目的の達成、評判の高まり、ならびに優れた人材の引き付け、雇い入れ、および雇
                  用継続面でのプラス効果)に価値を置くこと。
       健康、安全および福          テルストラ・グループにおいて、私たちがどのようにしてお互い、請負業者、そして
       利(HSW)          公共の安全と健康を確保するかを定めている。従業員の健康および安全を気遣うこと
                  の重要性を強調することに加えて、当社の運営におけるHSWリスクの減少のイニシアチ
                  ブに対する当社のコミットメントを定めている。
       有価証券の取引          取締役、CEO、上級経営陣、特定のその他従業員および当該従業員と近い関係にある当
                  事者に適用される特定の規則および制約(ヘッジに関するものを含む。)を備えた、
                  インサイダー取引法の遵守を確実にするために当社の従業員によるテルストラの有価
                  証券の取引に関する規則を定めている。
       サステナビリティ          テルストラにとって基礎的な持続可能性の原則を概説している。当社の目的は、テル

       (持続可能性)          ストラがより持続可能で包摂性のある世界を作り出すために積極的かつ有意義な役割
                  を果たす非常に現実的な機会を有しているという信念を裏打ちするものである。当社
                  は、顧客、従業員および当社が事業を行うコミュニティーのために、正しく行動する
                  ことへの重視を強化している。
                  当社の責任ある事業戦略は、当社が有意義な影響を及ぼすことのできる専門知識を有
                  する分野、および革新的な技術ベースのソリューションを使用して主要な社会的課題
                  と機会を解決する機会のある場所を反映している。当社は、責任ある事業戦略を通じ
                  て、信頼される持続可能な事業としての評判をさらに高め、当社の技術的な専門知識
                  を駆使することにより、デジタル・インクルージョンと環境保護活動の推進において
                  主導的役割を果たしていく。
                  環境方針は、気候変動への対応についての当社のコミットメントを定めており、当社
                  がどのように環境上の責任を果たし、従業員や組織の環境面での実績を向上させるた
                  めに力づけることができるかを説明している。
                                116/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        経営陣は、当社の企業理念および行動規範、ならびに主要なガバナンス方針と著しく矛盾する行為につい
       て、取締役会委員会(人事・報酬委員会および/または監査・リスク委員会)ならびにテルストラ取締役会に
       対し、対応として経営陣が取ったまたは取ることを提案された行動の詳細と併せて報告する。
        テルストラにおける多様性および包摂性に関する詳細については、下記セクション6に記載されている。

        当社の行動規範、また、贈賄および腐敗防止、継続開示、多様性および包摂性、健康、安全および福利、
       有価証券の取引、環境ならびに内部通報方針は、当社のガバナンスに関するウェブサイト
       (www.telstra.com/governance)で閲覧することができる。
        贈賄防止および腐敗防止(寄付やスポンサーシップへの当社のアプローチを含む。)、HSWおよび持続可
       能性への当社のアプローチの詳細については、2022年概観サステナビリティ報告を参照のこと。当社の2022
       年気候変動報告書は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に沿った、気候関連のガバナン
       ス、戦略、リスク、目標および活動を概説している。これらの報告書はいずれも、当社のガバナンスに関す
       るウェブサイト(www.telstra.com/governance)にて閲覧可能である。
       6.テルストラにおける多様性と包摂性

        我々は、多様性および包摂性、ならびにこれらが当社の目的を達成するためにテルストラにもたらすプラス
       効果を重視している。
        テルストラは、数百万人もの多様な顧客に対しサービスを提供している。当社は、従業員が自らの独自性を
       仕事で発揮することができる、多様なかつ包摂性のあるチームを有することの価値を認識している。意見、ス
       キルおよび経験の多様性は、当社の戦略の達成に不可欠である革新を後押しし、全ての人々が成功できるよ
       う、つながりのある未来を構築する当社の目的を支える。
        当社は、包摂性があり、アクセスしやすく、支援が得られる環境、すなわち、全ての人々が自分らしくいら
       れて、所属意識を感じることができる場所を構築することについて情熱を注いでいる。当社は、過小評価され
       ている従業員や候補者が公平かつ平等に機会にアクセスできる公正な職場を目指している。
        当社の5つの従業員代表者グループ(スペクトラム、ライズ-ジェンダー・エクイティ、テルストラビリ
       ティー、ダーラン、そしてモザイク)は、CEOリーダーシップ・チームのメンバーによって出資され、多様性
       および包摂性チームによる支援を受けており、過小評価されているグループの視点や経験が理解され支持され
       るよう確実にするために、さらなる協議を促進している。
        当社の多様性および包摂性に関する方針は、取締役会が多様性のための測定可能な目標を設定している。年
       間を通じて、経営陣ならびに取締役会(指名委員会および人事・報酬委員会を経由したものを含む。)は、当
       社の目標達成に向けた進歩を評価する。
                                117/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        多様性に関する目標は、月次の事業報告書やグループ・エグゼクティブ・スコアカードに含まれている。
       CEOが議長を務める、組織レベルの多様性および包摂性評議会は、それぞれの多様性目標を達成できるよう各
       機能をサポートし、各機能における多様性および包摂性に係る活動が当社の全体的な多様性および包摂性戦略
       と一致していることを確実にし、従業員代表グループの多様な視点および専門性を活用し、また、多様性およ
       び包摂性における企業レベルでの戦略的優先事項を特定する。
        下表は、2022年6月30日時点における当社の目標およびその目標に照らした実績の概要である。
       多様性目標および実績

           施策          2022  事業年度における目標および実績                     2023  事業年度における目標

                       (またはその他の結果)                    (またはその他の目標)
       取締役に就任して          目標   - 少なくとも4名の女性が取締役会に在籍                    非業務執行取締役中の女性の割合
       いる女性                                  が少なくとも40%を占めるように
                  し、非業務執行取締役中の女性の割合が少なくと
                                          する。
                  も40%を占めるようにする。
                  実績   - 2022年6月30日時点で、取締役会に3名
                  の女性が在籍しており、非業務執行取締役中の女
                  性の割合は37.5%に相当した。
       オーストラリアにお          目標   - 女性の合計割合のパイプラインを強化す                    2023年に入社する2022年のオース
       ける                                  トラリアにおける新卒採用決定者
                  るため、2021年の新卒採用決定者のうちの女性の
       新卒採用人員の                                  の多様性割合:
                  割合が60%に達することを目標とすること。さら
       多様性                                  ・女性:50%
                  に、新卒採用決定者のうち障害を抱える人々の割
                                          ・アボリジニまたはトレス海峡諸
                  合が12%、先住民族の割合が5%に達すること。
                                           島民:5%
                  実績   - 2022年に入社した2021年の新卒採用決定
                                          ・障害を抱える人々:10%
                  者コホートでは女性の割合は63%、障害を抱える
                  人々の割合は9.71%、先住民族の割合は6%で
                  あった。
                                     (i)
       6 月30日時点での                                  2023年6月30日時点の女性の割合
                  目標   - 2022年6月30日現在の女性の割合                  :
            (i)                             (i)
       女性の割合                                    :
                  34%(テルストラ合計)、36%(上級管理職)お
                                          ・テルストラ合計:34%
                  よび33%(上級管理職を除く全ての管理職)
                                     (i)
                                          ・上級管理職(バンドAからC):
                  実績   - 2022年6月30日現在の女性の割合                 :
                                           40%
                  ・テルストラ合計:33.5%
                                          ・上級管理職を除く管理職:35%
                  ・上級管理職(バンドAからC):39%
                  ・全ての管理職(上級管理職を除く):32.6%
      (i)     ワークデイ(当社の内部人事管理記録システム)内のテルストラ・コーポレーション・リミテッドおよびその完全
          所有子会社の正規社員、パートタイム社員およびアルバイトを含み、請負業者および代理店職員を除く。これには
          テルストラ・グループのその他の被支配会社の従業員は含まれない。
        取締役会における多様性の詳細については、上記セクション1を参照のこと。

                                118/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       男女共同参画
        当年度において管理職およびエグゼクティブ・リーダーシップ・レベルにおける女性の割合は上昇した。こ
       の要因としては、候補者リストおよび面接に50%の割合の女性を含めるという当社のコミットメント、内部に
       人材のパイプラインを有していること、市場における女性技術者人材の認知度の向上、また、当社のブランド
       および理念(柔軟な働き方を含む。)が挙げられる。
        我々はテルストラにおける男女共同参画の達成にコミットしており、この目標を当社が達成するのを後押し
       するために多岐にわたる方針、プログラムおよびエンゲージメント面での率先的取組みを整備している。当社
       の取組みの一部には以下を含む。
       ・当社の前CEOであるアンドリュー・ペンは、「変革の旗手グループ(Champions                                          of  Change)」の創設メン
        バーである。2022事業年度中、ペン氏はデジタル経済およびジェンダー平等座談会の共同主催者を務め、変
        革の旗手グループ連立メンバーは、デジタル経済におけるジェンダー平等の実現に向けた12の共同コミット
        メントを承認した。テルストラは、これらのコミットメントをサポートするいくつかのイニシアチブを進め
        ている。
        -アイコニック・エクスペリエンス-技術職の女性のためのアクセラレーター・プログラム。このプログラ
         ムの焦点は、テルストラにおいて影響力や注目度の高い役職に女性を迅速に配置し、また業界に影響を与
         えることである。このプログラムには、学習、ネットワーク形成、協働、そして機会を促進するため、
         ウィメン・イン・テック・アライアンスが参加している。
        -女性のための企業間メンタリング-マイクロソフトおよびアクセンチュアと提携し、2022年において、技
         術者として働く女性や技術者リーダーシップの育成に重点を置いた、業界メンタリング・プログラムを開
         始した。このプログラムの目的には、以下が含まれる。
         ・3社の力強いリーダーからの専門的な助言と指導を提供すること
         ・女性がキャリア目標を追求し、迅速に達成できるようにすること
         ・業界全体の女性支援ネットワークの構築に貢献すること
       ・テルストラ全体で男女共同参画を公式に推進し、採用過程における平等基準を確立するため、当社の採用平
        等手続では、全ての職種において候補者リストおよび面接リストに最低50%の割合の女性を載せなくてはな
        らない(特定の職種については労働市場に既に男女の数の著しい不均衡があることから、35%としてい
        る。)。
       ・ライズ-ジェンダー・エクイティはテルストラの従業員代表グループの一つであり、2022事業年度におい
        て、当社の集合知メンタリング・プログラムの対象を海外の従業員まで拡大した。集合知メンタリング・プ
        ログラムは、実際のビジネス上の課題とその解決に必要なスキル、戦略および行動について話し合うため、
        従業員の小さなグループと上級リーダーをコーチとメンターとして結びつける。この目的は、思考の多様性
        を結びつけ、ネットワーク化し、成長させることである。2022年度には、オーストラリア国内外の19都市で
        192名の従業員と48名の上級リーダーがこのプログラムに参加した。
       ・2022年3月の国際女性デーにて、それぞれの組織全体におけるジェンダー平等に取り組む変革者と支援者の
        両方を表彰し、敬意を表するため、ライズ-ジェンダー・エクイティはNAB、AGL、メディバンク、そして
        オーストラリア・ポストとともに、初めてのジェンダー平等賞を創設した。
                                119/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       集合知プログラム
       アーラニー、コンプライアンス部門責任者
       「私は最近テルストラに入社したばかりで、直属のチームや機能以外の人たちと会ってつながりたいと思っ
       ていたため、集合知プログラムに参加することを決めた。私がこの経験から学んだ主なことは、手に負えな
       いと思われる問題が発生したときでも、協力的で多様な人たちに助けを求めて、その問題について十分に話
       し合うことである。この経験は、私の専門性における自信も高めてくれた。」
       2022  年6月30日現在のテルストラにおける女性の割合

       職務                   人数      割合

           (ⅰ)
                           3    37.5%
       取締役会
            *(ⅱ)
                           69    39.0%
       上級管理職
        CEO                   0    0.0%
        CEO-1                   5    38.5%
        CEO-2                   18    37.5%
        CEO-3                   46    40.0%
            *(ⅲ)
                          2,848     28.7%
       中間管理職
            *(ⅳ)
                          6,037     36.0%
       運営レベル
              *
                          9,150     33.5  %
       テルストラ合計
                   **
                          9,412     33.5  %
       テルストラ・グループ合計
       * 
        ワークデイ(当社の内部人事管理記録システム)内のテルストラ・コーポレーション・リミテッドおよびその完全所有
        子会社の正規社員、パートタイム社員およびアルバイトを含み、請負業者および代理店職員を除く。これにはテルスト
        ラ・グループのその他の被支配会社の従業員は含まれない。
       ** 
        ワークデイ(当社の内部人事管理記録システム)内のテルストラ・グループの被支配会社の正規社員、パートタイム
        社員およびアルバイトを含み、請負業者および代理店職員を除く。
       テルストラ・グループ内の被支配企業の情報は、当社のウェブサイト(telstra.com.au/aboutus/investors/financial-
       information/financial-results)を参照のこと。
       注記:
       (i)    人数および割合は、非業務執行取締役に係るものである。
       (ii)    上級管理職は、バンドA、BおよびCに指定されるテルストラ内の職務に就いている者により構成される。CEOも上級
          管理職の合計に含まれている。
       (iii)   中間管理職は、テルストラにおいて、バンド1もしくは2またはこれらに相当するものに指定されている職務に就
          いている者により構成される。
       (iv)    運営レベルは、テルストラにおいて、バンド3もしくは4またはこれらに相当するものに指定されている職務に就
          いている者により構成される。
       先住民族の雇用

        2022年6月30日現在、オーストラリアにおける労働力に占めるアボリジニおよびトレス海峡諸島民の割合は
       1%であった。2022事業年度のオーストラリアにおける新卒採用決定者のうちのアボリジニおよびトレス海峡
       諸島民の割合は6%であった。アボリジニおよびトレス海峡諸島民の学生に有給の機会を提供する全国的なプ
       ログラムであるキャリア・トラッカーズとの10年間のパートナーシップの一環として、当社は、2022事業年度
       において21名のキャリア・トラッカー・インターンを採用した。2022事業年度のキャリア・トラッカーの採用
       決定者のうち7名のインターンが、2023年度の新卒プログラムの参加権を得た。
                                120/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       障害を抱える従業員の雇用
        当社は、引き続きオーストラリアン・ネットワーク・オン・ディスアビリティ(AND)を通じて障害信頼採
       用の認定を受けている。当社はまた、ANDのアクセス・アンド・インクルージョン・インデックスも完了し
       た。2022年6月、当社は、障害を抱える従業員をサポートするための革新的な方針および慣行を導入したこと
       で、イノベーション分野のアクセス・アンド・インクルージョン・インデックスで26組織中第1位となったこ
       とが認められ、ANDからアワードを受賞した。新卒採用決定者のうちの障害を抱える人々の割合は9.71%とな
       り、2022事業年度の目標であった12%に及ばなかった。
       LGBTQIの包摂

        レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランス・ジェンダー、クィアおよびインターセックス(LGBTQI)
       の包摂は、当社にとって重要である。2021年11月のトランス・ジェンダー認知週間において、当社は誇りを
       持って、適格従業員が自らのジェンダーを確認・肯定するための法的、医療的、または社会的措置を受けるた
       めに8週間の有給休暇を取得することができる、ジェンダー・アファーメーション休暇方針を開始した。
        当社はプライド・イン・ダイバーシティの積極的なメンバーであり、2022年度にはオーストラリアの職場に
       おける平等インデックス(プライド・イン・ダイバーシティが運営するオーストラリアの職場におけるLGBTQ
       の包摂に関する全国的なベンチマーク指標)でシルバーを獲得した。シルバーの認定を受けた雇用者は、当該
       評価年度の全国ベンチマークと比較して、LGBTQの包摂に非常に積極的であったとみなされる。
       ジェンダー・アファーメーション休暇

       エイミー、グループ内部監査
        「私の移行期について人事リーダーと共有したとき、私はサポートされているのを感じた。人事リーダー
       は、私が個人的な側面から何をしなければならないかに耳を傾け、システム上の名前の更新や、チームの他
       のメンバーへの連絡など、最初の負担を軽減するために仕事の側面から積極的に参加してくれた。移行期に
       ついてチームと共有したとき、「職場で自分らしくいられる」という意味で、私は非常に安堵感を覚えた。
       これによって全てが変わり、私の大きな自信につながった。この方針は、私に確信を与えてくれる。『テル
       ストラは、あなたをサポートしているし、あなたがあなたであることを望んでいる。』ということを示す方
       針である。」
       文化的・言語的多様性

        テルストラの文化的・言語的多様性(CALD)従業員代表グループであるモザイクは、2022事業年度において
       初めてのCALD学習コースを開始した。このコースでは従業員が、文化の違いや共通点、また、オーストラリア
       での異文化コミュニケーションについて理解を深めることができる。従業員は、職場内での対話、顧客との会
       話、そして日常生活において、実践的なスキルや文化特有の知識を身につけている。
                                121/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       男女間賃金平等
        組織全体でより大きな公平性を推進するための方針とイニシアチブをさらに進化させる中で、男女間賃金平
       等は、引き続きテルストラの重要な事項である。当社は、同様の仕事をしている個人の報酬における差異に注
       目することで、組織内に存在する男女間の賃金不平等を特定および標的化し、削減することに継続的に取り組
       んでおり、当社は、類似した役割において、男女間で賃金の支払いを公平かつ平等に行っていると確信してい
       る。
        テルストラにおける多様性および包摂性の詳細(男女間賃金平等を含む。)については、

       telstra.com/sustainability/reportにて閲覧可能な当社の2022年概観サステナビリティ報告を参照のこ
       と。
        当社の多様性および包摂性に係る方針については、当社のガバナンスに関するウェブサイト
       (www.telstra.com/governance)を参照のこと。
        当社は、2012年職場における男女平等法により、毎年3月31日時点における従業員の性別統計を報告する
       ことを義務づけられている。当社の2021年度から2022年度の報告書は、職場における男女平等局に提出され
       ており、当社のガバナンスに関するウェブサイトでも閲覧可能である。
                                122/428














                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】

        ①  取締役および役員の略歴
       取締役

        本報告書の日付現在における当社取締役は以下のとおりである。
        男性:5名、女性:3名(業務執行取締役であるCEOを含む。)(女性取締役の割合:全体で38%、非業務
       執行取締役のうち29%。)
                                           最初に選任       前回再選された

              氏名          年齢         役職
                                           された年度        年度(注)
       ジョン    P マレン
                         67   会長および非業務執行取締役                 2008        2020
                            最高経営責任者およびマネー
       ヴィッキー・ブレーディー                 51                    2022         -
                            ジング・ディレクター
       エールコ・ブロック                 65   非業務執行取締役                 2019        2022
       ロイ   H チェスナット
                         63   非業務執行取締役                 2018        2021
       クレイグ     W ダン
                         59   非業務執行取締役                 2016        2022
       ブリジット・ラウドン                 34   非業務執行取締役                 2020         -
       エラナ・ルービン                 64   非業務執行取締役                 2020         -
       ニーク・ヤン・ファン・ダンメ                 61   非業務執行取締役                 2018        2021
       (注)CEOを除き、取締役は、再選無しに3年以上または選任後3回目の年次株主総会(「AGM」)を超えて(いずれか遅
          い方)在職することはできない。一時的な空位を補充するために選任された取締役は、次のAGMにおいて立候補しな
          ければならない。
        ノラ・シャインケステルは、2022年10月11日の年次株主総会の後に行われた本スキーム・ミーティング終了

       後まもなく取締役を退任した。
        2022年10月11日現在(別段の記載がない限り)の各取締役の略歴は以下のとおりである。

       ジョン    P マレン:

       67歳、理学士
        2008年7月から非業務執行取締役、2016年4月27日から会長を務めており、直近では2020年に再選された。
       指名委員会委員長であり、以前は報酬委員会委員長を務めた(2009-2016年)。
        マレン氏は、国際運送および物流における長年の経験を有し、20年以上の間、いくつかの世界最大の運送お
       よびインフラストラクチャ企業において上級役職に就いていた。同氏はこの期間に13ヶ国に居住し、勤務して
       きた。2011年から2017年の間、同氏は、オーストラリア最大の港湾・鉄道会社であるアシアノの最高経営責任
       者を務めた。これ以前には、220ヶ国で140,000名以上もの従業員を雇用する20十億米ドルの企業であるDHLエ
       クスプレスに15年間勤務し、2005年から2009年にはグローバル最高経営責任者を務めた。
        DHLの前には、TNTグループに10年間勤務し、1991年から1994年の4年間はオランダに拠点を置くTNTエクス
       プレス・ワールドワイドにおいて最高経営責任者を務めた。
       その他の上場会社における地位(過去3年間):                         ブランブルズ・リミテッド会長(2019年に参加、2020年から
       会長)およびブルックフィールド・インフラストラクチャ・パートナーズL.P取締役(2021年以降。過去2017-
       2020年)。
                                123/428



                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       その他の地位および任命:              オーストラリア国立海事博物館会長(2016年に参加、2019年から会長)。トール・
       ホールディングス・ピーティワイ・リミテッドの上級顧問(2022年7月以降)。ニューサウスウェールズ大学
       ビジネススクールの諮問委員会メンバー(2005年以降)。トール・ホールディングス・ピーティワイ・リミ
       テッドの元会長(2017-2022年)。ワシントンの全米貿易協議会元会長(2008-2010年)。職場における性差別
       およびハラスメントに関するUNICEFのタスクフォースメンバー(2018-2019年)。
       ヴィッキー・ブレーディー:

       51 歳、理学修士(経営学)(スタンフォード大学経営大学院)、商学士(オーストラリア国立大学)、勅許会
       計士
        2022  年9月1日から最高経営責任者(CEO)およびマネージング・ディレクターを務める。
        ヴィッキー・ブレーディー氏は、オーストラリア最大手の電気通信会社であるテルストラのCEOおよびマ
       ネージング・ディレクターに2022年9月1日付で就任した。同氏は、以下のために設計された、テルストラの
       持続可能な成長のための戦略であるT25を主導していく。
        ・信頼できる卓越した顧客経験価値を創出すること
        ・顧客の未来を実現するネットワークおよびテクノロジー・ソリューションを主導すること
        ・株主のための持続的な成長および価値を提供すること
        ・働きたいと思える場所を作り出すこと
        ブレーディー氏は、2016年にテルストラに入社し、これまでは最高財務責任者およびストラテジー&ファイ
       ナンス・グループ・エグゼクティブを務めていた。この役職において、ブレーディー氏は、長期的に株主価値
       を提供することを目的として、当社の財務成績および報告を導き、企業戦略の策定およびこれに対する当社の
       進展を主導し、また、当社のリスクおよび内部監査能力を監督していた。
        これ以前には、ブレーディー氏は、テルストラのコンシューマー&スモール・ビジネス機能の統括者を務め
       ていた。この役職において、同氏は、14.6十億豪ドルの収益を有する事業部門を主導し、またT22戦略の立案
       者の一人であった。同氏はさらに、セールス&サービス・グループ・マネージング・ディレクターおよび顧客
       グループ・マネージング・ディレクターも務めていた。テルストラへの入社以前には、ブレーディー氏は、オ
       プタス、シングテルおよびKPMGなどの組織で勤務し、オーストラリア内外の電気通信およびサービス会社にお
       いて執行役員としてのリーダーシップに関する幅広い経験を積んだ。
        ブレーディー氏は、オーストラリア国立大学の商学士およびスタンフォード大学経営大学院の経営学領域に
       おける理学修士を有する。同氏は、オーストラリア・ニュージーランド勅許会計士協会のメンバーであり、ま
       たオーストラリア企業取締役協会のグラデュエイトである。
                                124/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       エールコ・ブロック:
       65歳、理学修士、経営学士
        2019年2月15日、非業務執行取締役に任命され、直近では2022年10月11日に再選された。指名委員会の委員
       を務める。
        オランダを拠点とする地上通信線および携帯電話の電気通信会社であり、2018年4月まで7年間CEOを務め
       たKPNにおいて、約35年間、電気通信業界を経験した。
        通信事業サービス、コーポレート・ネットワークス、ネットワーク・オペレーションズを含む複数の事業に
       おいて職責を担う前に、KPNの財務においてキャリアを開始した。2006年、KPNの理事会のメンバーに任命さ
       れ、順次、固定電話部門、ビジネス市場、ホールセール、オペレーションズおよびモバイル・インターナショ
       ナルの職責を担った。2011年4月にCEOに任命された。
        2011年から2017年まで、オランダ政府の諮問機関であるオランダ・ナショナル・サイバー・セキュリティ・
       カウンシルの共同議長を務めた。2017年から2018年4月まで、国際団体であるGSMAの取締役も務めた。
       その他の上場会社における地位(過去3年間):                         OTEグループの取締役(2019年以降)。ポストNLの監査委員
       会の元委員(2017-2021年)。シグニファイNVの監査委員会の元委員(2017-2022年)。
       その他の地位および任命:              Koninklijke       VolkerWessels        N.V(2019年以降)およびフェアフォン(2020年以
       降)の監査委員会の委員。Glasfaser                    Plusの取締役会アドバイザー(2022年4月以降)。グロー・フィナン
       シャル・サービシズの取締役会アドバイザー(2022年6月以降)。Reggeborgh                                           Groep   BVのアドバイザー
       (2018年以降)。
       ロイ   H チェスナット:

      63歳、理学士、文学士、MBA
        2018年5月11日、非業務執行取締役に任命され、直近では2021年10月12日に再選された。監査・リスク委員
       会および指名委員会の委員を務める。
        チェスナット氏は、直接通信産業において30年以上の経験を有する。直近では、ベライゾン・コミュニケー
       ションズの業務執行副社長および最高戦略責任者を務め、モトローラ、グランデ・コミュニケーションズ、ス
       プリント・ネクステルおよびエアタッチを含むその他の主要企業において指導的地位を担った。同氏のベライ
       ゾンでの過去6年間のうち、約5年間はベライゾン全体の企業戦略(事業開発、ジョイント・ベンチャー、戦
       略的投資、買収および事業売却を含む。)の開発および実施を担う戦略室長を務めていた。
        同氏は、国際的業界団体であるGSMAの取締役を務めた経験があり、世界をリードする無線通信事業者から25
       名のグローバルな戦略家が集まった最高戦略責任者グループの前会長である。
       その他の上場会社における地位(過去3年間):                          インテルサットの取締役(2022年3月以降)。デジタル・
       タービン・インクの取締役(2018年以降)。アクセンチュア・ルミナリーの諮問委員会(2021年以降)。サウ
       ジ・テレコム(2018-2021年)およびボインゴ・ワイヤレス・インク(2019-2021年)の元取締役。
                                125/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       その他の地位および任命:              FTIコンサルティング・グループ/デルタ・パートナーズ非業務執行パートナー。
       ヴイエムウェア・インクおよびティルマン・グローバル・ホールディングスLLCの上級顧問。ロータスフレア
       の取締役会アドバイザー(2019年以降)。
       クレイグ     W ダン:

      59歳、商学士、勅許会計士(FCA)
        2016年4月12日、非業務執行取締役に任命され、直近では2022年10月11日に再選された。監査・リスク委員
       会委員長および指名委員会の委員を務める。
        ダン氏は、金融サービス、アジア全域の事業活動ならびに政府および主要な企業への戦略的アドバイスの分
       野で20年以上の経験を有する、高い評価を受ける実業界のリーダーである。ダン氏は、2008年から2013年ま
       で、AMPの最高経営責任者およびマネージング・ディレクターを務め、13年間のキャリアの中で、AMPフィナン
       シャル・サービシズのマネージング・ディレクター、AMPバンクのマネージング・ディレクター、企業戦略お
       よびM&A部門の代表を含む様々な役職を務めてきた。
        以前ダン氏は、1991年から2000年までコロニアル・ミューチュアル・グループに在籍しており、マレーシア
       のEON   CMBライフ・インシュアランスのマネージング・ディレクター、グループ戦略、M&Aおよびファイナンス
       での上級職などを務めた。同氏はまた、2014年の連邦政府の金融制度審議会ならびに消費者および金融リテラ
       シー・タスクフォースのメンバーも務めた。
       その他の上場会社における地位(過去3年間):                         ウェストパック取締役(2015-2021年)。
       その他の地位および任命:              ISOブロックチェーン標準委員会委員長(2017年以降)。オーストラリアン・バレ
       エの会長(2014年に参加、2015年から会長)。ライオン・ピーティワイ・リミテッドおよびライオン・グロー
       バル・クラフト・ビバレッジ・ピーティワイ・リミテッドの取締役(2021年以降)。
      ブリジット・ラウドン:

      34歳、商学士(ユニバーシティ・カレッジ・ゴールウェイ)
        2020年8月14日、非業務執行取締役に任命され、2020年10月13日に選任された。人事・報酬委員会および指
       名委員会の委員を務める。
        ラウドン氏は、Expert360の創設者かつ最高経営責任者である。Expert360はオーストラリアで最も優れた人
       材プラットフォームであり、高度な審査・マッチング技術を用いて1,000社以上の企業と3万人以上の優秀な
       コンサルタント、プロジェクト・マネージャー、データ・アナリスト、および開発者を結びつけている。
       Expert360はハーバード・ビジネス・レビューやエコノミストなどから革新的なプラットフォームとして認め
       られている。
        2013年にExpert360を設立する前は、シドニーでベイン・アンド・カンパニーの経営コンサルタントとして
       働いていた。ベインでは、小売、消費財、鉱業、および教育などの様々な業界にわたり戦略と変革について
       ASX  50のリーダーに助言を行うチームの一員であった。
                                126/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        ラウドン氏は、テクノロジーの発展がもたらす機会を捉えるための組織変革を牽引する。顧客の問題の解決
       に情熱を持ち、テクノロジーを使って社会に良い結果を生み出したいという強い意志を持っている。
       その他の地位および任命:              Expert360ピーティワイ・リミテッド(2013年以降)およびE360                                  ホールディング
       ス・ピーティワイ・リミテッド(2019年以降)の取締役。
      エラナ・ルービン:

      64歳、オーストラリア勲章メンバー(AM)、文学士(優等学位)、修士、フィナンシャル・サービシズ・イン
      スティチュート・オブ・オーストラリアのシニア・フェロー(SF                                  Fin)、オーストラリア取締役協会ライフ・
      フェロー(FAICDLife)
        2020年2月14日、非業務執行取締役に任命され、2020年10月13日に選任された。人事・報酬委員会の会長な
       らびに監査・リスク委員会および指名委員会の委員を務める。
        ルービン氏は、フィンテック、不動産、インフラおよび政府部門だけでなく、退職年金やファンドのマネジ
       メントを含む金融サービス業界において20年以上の取締役会の経験を有する。役員としてのキャリアは労使関
       係、社会経済政策および退職年金など多岐にわたる。
        顧客重視の消費者向け組織での業務に精通し、商業的利益と規制業界の複雑な要件とのバランスを図る能力
       を有する。
        オーストラリア最大かつ革新的なスーパーファンドの一つであるオーストラリアンスーパーの会長および高
       い評価を受けている監督機関であり労災保険機関であるビクトリアン・ワークカバー・オーソリティの会長な
       ど、規制の厳しい業界で働いた経験を有し、リスク管理と規制関連の経験が豊富である。
       その他の上場会社における地位(過去3年間):                          デクサス・ファンズ・マネジメント・リミテッドの取締役
       (2022年9月以降)およびスレーター・アンド・ゴードン・リミテッドの取締役(2018年以降。2021年8-11
       月は会長代理を務めていた。)。アフターペイ・リミテッドの元取締役(2017-2022年。2020年-2022年は会長
       を務めていた。)。ミルバック・リミテッドの元取締役(2010-2019年)。
       その他の地位および任命:              ヴィクトリアン・マネージド・インシュランス・オーソリティーの会長(2016年以
       降)。
      ニーク・ヤン・ファン・ダンメ:

      61歳、修士
        2018年10月16日、非業務執行取締役に選任され、直近では2021年10月12日に再選された。人事・報酬委員会
       および指名委員会の委員を務める。
                                127/428







                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        ニーク・ヤン氏は、約20年間の直接通信産業の経験を有し、初めのキャリアは、消費財およびリテールを含
       む幅広い事業でのブランドおよびカテゴリー管理を主とするものであった。最近では、ドイツ・テレコムの理
       事会のメンバーを務め、ドイツ国内の固定回線および移動体通信の責任者であった。また、挑戦的な移動体ブ
       ランドであるベン・ネダーランド(後のT-Mobileネザーランド)を含むその他の主要な企業で指導的地位に就
       いていた。ベン・ネダーランドでは、経営委員会の会長を務めた。
        ドイツ・テレコムでは、移動体および固定回線事業の統合を主導し、ドイツ・テレコムを集中型サービスの
       主要な事業者にするための基礎を築いた。また、新たなIPコアの設立および4Gネットワークへの多額の投資
       を行ない、主要なネットワークの近代化計画を進めた。
       その他の地位および任命:              NGNファイバー・ネットワークの監査委員会委員長(2022年2月以降)。インフラ
       ファイバー・ドイツGmbHの取締役会メンバー(2021年11月以降)。グロー・フィナンシャル・サービシズ・リ
       ミテッドの取締役会アドバイザー(2022年5月以降)。ロータスフレアの取締役会アドバイザー(2020年11月
       以降)。
       会社秘書役

       スー・レーバー:
       文学士、法学士(優等学位)(モナシュ大学)、オーストラリア取締役協会グラジュエイト(GAICD)、ガバ
       ナンス・インスティチュート・オブ・オーストラリアのフェロー(FGIA)
        レーバー氏は、2018年2月1日に当社の会社秘書役として選任された。
        同氏は、上級経営幹部および取締役会への顧問経験を20年以上有する法律およびガバナンスの上級専門職で
       ある。同氏は、取締役会に直属し、同氏の職責には、継続開示遵守、コーポレート・ガバナンスおよび1.2百
       万人の当社の株主への連絡が含まれる。
        同氏は、1997年に当社へ入社し、副グループ・ゼネラル・カウンセルを含む当社の上級法務職、ならびに、
       紛争解決、人事、財務、リスクおよびコンプライアンス、メディアならびにテルストラ・カントリー・ワイド
       などを含む当社のゼネラル・カウンセルの役職に従事してきた。
        同氏は、モナシュ大学の法学士(優等学位)および文学士を有する。
       CEO  リーダーシップ・チーム

        本報告書の日付現在におけるテルストラCEOリーダーシップ・チームの構成は、以下のとおりである。
        ●ヴィッキー・ブレーディー-CEO(兼業務執行取締役)
        ●マイケル・アクランド-最高財務責任者およびストラテジー&ファイナンス・グループ・エグゼクティブ
                                                        (1)
        ●アマンダ・ハットン-コンシューマー&スモール・ビジネス・グループ・エグゼクティブ代理
        ●キム・クロー・アンデルセン-プロダクト&テクノロジー・グループ・エグゼクティブ
        ●アレックス・バデノック-トランスフォーメーション、コミュニケーション&ピープル・グループ・エグ
              (2)
         ゼクティブ
                                128/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        ●デーヴィッド・バーンズ-エンタープライズ・グループ・エグゼクティブ
        ●ニコス・カティナキス-ネットワーク&IT・グループ・エグゼクティブ
        ●ブレンドン・ライリー-テルストラ・インフラCo                           CEO
        ●ディーン・ソルター-グローバル・ビジネス・サービス・グループ・エグゼクティブ
        ●リンダル・ストイルズ-サステナビリティ・エクスターナル・アフェアーズ&リーガル・グループ・ゼネ
         ラル・カウンセルおよびグループ・エグゼクティブ
       (1)  ブラッド・ウィットコムは、コンシューマー&スモール・ビジネス・グループ・エグゼクティブに任命されており、
         2023年1月16日付でこの役職に就任する。アマンダ・ハットンが、本報告書の日付現在、この役職の代理を務めてい
         る。詳細については、2022年8月31日にテルストラ・コーポレーション・リミテッドが行ったASXに対する公表を参照
         のこと。
       (2)  2022年11月14日、テルストラは、トランスフォーメーション、コミュニケーション&ピープル・グループ・エグゼク
         ティブであるアレックス・バデノックが2022年12月23日にテルストラを退社することを発表した。
        ②  取締役の株式保有および報酬

       取締役のテルストラ株式保有状況
        本報告書の日付現在、取締役のテルストラ株式保有状況は、下表のとおりである。
       取締役
                                                (1)

                                           保有株式数
       ジョン    P マレン
                                                   126,159
                   (2)
                                                   771,888
       ヴィッキー・ブレーディー
       エールコ・ブロック                                             75,000
       ロイ   H チェスナット
                                                    70,000
       クレイグ     W ダン
                                                    70,073
       ブリジット・ラウドン                                             12,500
       エラナ・ルービン                                             67,961
       ニーク・ヤン・ファン・ダンメ                                             77,000
       (1)  保有株式数は、本報告書の日付時点またはこれより取締役退任日が早い場合は当該取締役退任日時点で取締役により
         直接または間接的に保有されている株式である。取締役の関係者(親族を含む。)により保有されている株式を含
         む、取締役が関連持分を有さない株式は除外されている。2022年6月30日時点で、取締役およびその関係者により直
         接的、間接的および受益的に保有されている総株式数については、下記の報酬セクションの表を参照のこと。
       (2)  ヴィッキー・ブレーディー氏は、760,902の業績連動型行使権も保有している。
       報酬

        本セクションの情報は、2022年8月11日現在の最新の情報である。
        役員の報酬については下記「第6 1 財務書類」注記5.4を参照のこと。上級役員および非業務執行取締
       役の報酬の詳細については以下のとおりである。
                                129/428






                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       テルストラ2022事業年度報酬報告書
       人事・報酬委員会委員長のメッセージ
        私は、人事・報酬委員会を代表して、テルストラの2022事業年度報酬報告書を喜んで提供する。

        過去4年間にわたる当社の大胆なT22変革プログラムは、テルストラを根本的に良い方向に変え、当社を成
       長のための好位置につけた。事業が変革するにつれ、取締役会は、株主の利益を守りながら、同時に変化を牽
       引し、また、当社が引き付けることのできる最高の経営人材を刺激し、保持することとのバランスをとること
       に引き続き注力してきた。
       2022  事業年度の役員報酬結果

        テルストラの役員変動報酬制度(EVP)は、報酬の大部分が変動し、リスクにさらされることを確実にする
       ように設計されている。業績は、第1次業績評価基準(財務、戦略、顧客および変革の評価基準で構成され
       る。)および第2次業績評価基準(つまり付与された業績連動型行使権に関する相対的株主総利回り業績条件
       をいう。)の両方に対して評価される。
        2022  事業年度の第1次業績評価基準および目標は、CEOとグループ・エグゼクティブ(GE)が引き続き当社
       のT22戦略に対して成果を上げ、当該役員の報酬が、個人の貢献、当社の業績および長期的な株主価値の創出
       に直結するようにするために取締役会が選定したものである。
        2022  事業年度EVPに基づく主な報酬結果には以下が含まれる。
        ・最大機会の62.1%のCEOの個別EVP結果
        ・最大機会の58.0%のその他全ての上級役員(すなわち、CEOを除く。)の個別EVP結果平均
        2022  事業年度の多くの財務および非財務の第1次業績評価基準においてプラスの結果が達成され、2022事業
       年度のコーポレート・プランおよびT22戦略に対して大きな成果がもたらされた。取締役会は、第1次業績評
       価基準の結果およびEVPスコアカード結果は、達成された業績によって左右されると判断した。今もなお続い
       ているCOVID-19パンデミックの影響について調整は行われなかった。
        CEO  およびその他の上級役員の2022事業年度の主要な報酬結果ならびに非業務執行取締役の報酬の詳細につ
       いては、本報酬報告書内に記載されている。
       将来に向けて

        これから当社は、必要に迫られて行った戦略から望んで行う戦略へ、つまり、変革戦略から継続的な成長に
       重点を置いた戦略へと移行する。T25は、テルストラの歴史における刺激的な新しい時代を示しており、これ
       は、将来の機会を見越した新規事業に投資しながら、中核からの成長を加速させ、成功を収めている医療およ
       び国際事業の拡大を継続させるものである。
        当年度において当社は、CEOの退任発表と新しいCEOおよびCFOの任命に伴う、2023事業年度から効力が発生
       する上級役員チームの大幅な変更を発表した。これらの変更に関する詳細は、本報酬報告書のセクション4.1
       に記載されている。
                                130/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        取締役会は、この機会に、CEOとグループ・エグゼクティブ間の業績連動型報酬曲線の差異に対処すること
       にしている(CEOについては変更なし)。CEOおよびグループ・エグゼクティブの個別EVP結果は全て、参加者
       の個人業績に基づき、EVPスコアカード結果にパーセンテージを乗じて決定される。これらの変更は、EVPの設
       計を市場慣行およびテルストラの短期インセンティブ制度の設計とより整合させ、制度参加者間の業績結果の
       差異を大きくするものである。当然ながら、取締役会は、最終的なインセンティブ支払いの結果を決定する完
       全な裁量権を引き続き有する。詳細については、本報酬報告書のセクション4.2に記載されている。
        市場をリードする透明性および開示を提供するという当社のコミットメントの一環として、当社はまた、次
       年度の報酬枠組みや目標についても、詳細を提供している。これらは、本報酬報告書内のセクション4.3に記
       載されている。これは、当社の報酬目標および結果の適切性を評価するための有意義な情報を株主に対して提
       供するものである。2023事業年度の業績評価基準を設定するにあたり、取締役会は、T25戦略に示された主な
       成果および注目すべき出来事、2023事業年度コーポレート・プランに示した計画財務結果ならびに2023事業年
       度ガイダンス(2022年8月11日に公表されたもの)を考慮した上で、妥協のない、十分に要求の高い基準およ
       び目標となるようにした。
        取締役会は、年に1回、取締役会報酬について市場調査を行う。取締役会会長の報酬は2014年以降、非業務
       執行取締役の年間基本報酬は2012年以降変更がなく、2022年10月1日よりそれぞれ1.9%および2.1%増額さ
       れる。人事・報酬委員会の委員報酬は、2017年以降変更がなく、2022年10月1日より1.8%増額される予定で
       ある。詳細については、本報酬報告書のセクション3.1に記載されている。
                                131/428













                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       テルストラの報酬および2022事業年度における報酬の結果-要旨
        下表には、2022事業年度における要旨および報酬の結果が含まれている。
     主要分野の焦点          要旨/詳細

              テルストラの全体的な報酬体系およびアプローチについて、2021事業年度からの変更はな
              かった。
              2022事業年度中、プロダクト&テクノロジー・グループ・エグゼクティブのキム・クロー・
              アンデルセンについて、同職に就任してからの経験、貢献およびリーダーシップの高まりを
              反映し、また、他のASX20企業で同様の役割を務める執行役員の固定報酬を考慮して報酬が調
              整された(詳細はセクション2.1(b)を参照のこと。)以外に、上級役員の固定報酬の増加は
     報酬体系、          行われていない。
     固定報酬および          (2021事業年度報酬報告書に記載されているとおり)TE商品ポートフォリオ簡素化指標の
     非業務執行取締役          5%の加重をエピソードNPS指標に再配分した以外に、2022事業年度における変動報酬機会の
     報酬          レベルおよび役員変動報酬制度(EVP)の体系に変更はなかった。
              非業務執行取締役の報酬については、2022事業年度中、会長の報酬、非業務執行取締役の年
              間基本報酬および常設委員会の報酬に変更はなかった。一部の取締役は、2020年11月12日に
              発表された、テルストラ・グループの提案された組織再編に関連して行った、追加のまたは
              特別な職務に対する報酬を受け取った。2022事業年度中に非業務執行取締役に対して支払わ
              れた報酬および2023事業年度において予定されている報酬の増額については、セクション3
              を参照のこと。
     2022  事業年度の        2022事業年度の個別EVP結果は以下のとおりである。
     業績および
                                    個別EVP結果(最大値に対する割合)
     EVP  結果
               CEO                     62.1%
               その他の上級役員(平均)                     58.0%
               各上級役員の2022事業年度の個別EVP結果は、EVPスコアカード結果(以前は基本EVP結果と呼
               称されていた。)、目標EVP機会および個人業績を考慮して決定され、最終的には取締役会の
               裁量に委ねられた。
               取締役会は、2022事業年度EVPに基づく第1次業績評価基準に対するテルストラの業績評価を
               受けて、EVPスコアカード結果を決定した。多くの財務・非財務の評価基準においてプラスの
               結果が得られ、2022事業年度のコーポレート・プランおよびT22戦略に対して好調な成果が示
               された。EVPスコアカード結果の詳細については、セクション2.2を参照のこと。
               上級役員による2022事業年度の個別EVP結果の受領形式は、以下のとおりである。
               報酬                     時機および条件
               現金25%                     2022年9月に支払われる。
               制限付株式35%                     継続的雇用条件に従い、2026年6月30日ま
                                    での4年間にわたり毎年25%が権利確定す
                                    る資格を付与される。
               業績連動型行使権40%                     相対的株主総利回り(RTSR)業績条件およ
                                    び継続的雇用条件が達成された場合に限
                                    り、2026事業年度末に権利確定する。
               詳細については、セクション2.1を参照のこと。
     2018  事業年度EVP        2018事業年度EVPに基づき付与された業績連動型行使権の第2トランシェに関するRTSR業績条
     業績連動型行使権          件は、2022年6月30日の業績期間終了後にテストされた。この結果および権利確定結果は以
     (トランシェ2)          下に詳述されており、業績連動型行使権の権利確定はなかった。詳細についてはセクション
     RTSR  結果        2.4を参照のこと。
               業績条件                テルストラの             権利確定した業績連動型
                               パーセンタイル順位             行使権の割合
               2017年7月1日時点のRTSR-                42パーセンタイル             0%
               ASX100(資源会社を除く。)
                                132/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       本書で対象となる経営幹部(KMP)
        テルストラのKMPは、毎年評価され、テルストラの取締役および上級役員により構成されている。上級役員
       という用語は、直接的または間接的に、CEOならびにテルストラおよび当グループの事業の計画、指揮および
       統制を行う権限および責務を有する執行役員をいう。各KMPは、別段の記載がない限り、2022事業年度の全期
       間、当該役職についていた。
     非業務執行取締役              上級役員

     現職              現職            KMP  ポジション
     ジョン    P マレン         アンドリュー・ペン            最高経営責任者およびマネージング・ディレクター
                               (CEO)
     エールコ・ブロック              マイケル・アクランド            テルストラ・コンシューマー&スモール・ビジネス
                               (TC&SB)・グループ・エグゼクティブ(GE)
     ロイ   H チェスナット          キム・クロー・            プロダクト&テクノロジー(P&T)・グループ・エグゼ
                   アンデルセン            クティブ
     クレイグ     W ダン        アレックス・            トランスフォーメーション、コミュニケーションズ&

                   バデノック            ピープル(TC&P)・グループ・エグゼクティブ
     ブリジット・ラウドン              ヴィッキー・            最高財務責任者(CFO)およびストラテジー・アンド・
                   ブレーディー            ファイナンス・グループ・エグゼクティブ
     エラナ・ルービン              デーヴィッド・            テルストラ・エンタープライズ(TE)・グループ・エグ
                   バーンズ            ゼクティブ
     ノラ   L シャインケステル          ニコス・カティナキス            ネットワーク&IT(N&IT)・グループ・エグゼクティブ
     ニーク・ヤン・              ブレンドン・ライリー            テルストラ・インフラCo・グループ・エグゼクティブ
     ファン・ダンメ                          および同CEO
                   ディーン・ソルター            グローバル・ビジネス・サービス(GBS)・グループ・エ
                               グゼクティブ
     前職
     ピーター・ハール
     (2021年12月31日退任)
     マーガレット       L  シーレ
     (2021年10月12日退任)
                                133/428









                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       1.0  方針
       1.1  報酬方針、戦略およびガバナンス
        当社の報酬方針および枠組みは、当社の戦略のサポートならびに当社の文化および価値を強化することを目
       的とするものである。当社の戦略の詳細については、「第3 3 (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・
       フローの状況の分析」内の「戦略および業績」セクションを参照のこと。
        上級役員の報酬を決定するための当社のガバナンス体制は、以下に概述する要素を含む。
       (a)  人事・報酬委員会

        監査・リスク委員会の委員長は、特定の人事・報酬委員会に出席する。これは、監査・リスク委員会が検討







       した主要な問題のうち、人事・報酬委員会によるCEOの報酬結果およびその他の上級役員の業績および報酬結
       果の評価に関係すると考えられるものの概要を提供する。いずれかの委員会が検討した情報および書類は、関
       連する他の委員会および取締役会にも提供される。
        人事・報酬委員会およびその責務の詳細については、いずれもtelstra.com/governanceにおいて閲覧可能
       な、上記「第5 3 (1)コーポレート・ガバナンスの概要」および人事・報酬委員会規程を参照のこと。
                                134/428








                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       (b)  報酬審査
        その役割の一環として、人事・報酬委員会は、CEOおよびその他の上級役員の報酬パッケージについて、固
       定報酬およびインセンティブ報酬のバランスがとれており、適切な短期および長期の業績目標を反映している
       ことを毎年審査する。
        人事・報酬委員会および取締役会は、上級役員の報酬に関する勧告を行うにあたって従う一連の原則を定め
       ている。上級役員の任命の際または年次もしくは臨時の報酬審査の一環として、人事・報酬委員会は、報酬に
       関する勧告を行うにあたって様々な要因を考慮する。これらの考慮事項には、同様の規模および複雑性を有す
       る役割に関する社内外両方の相対性、証明されかつ安定した高実績、および/または経験や貢献度の顕著な向
       上が含まれる。
        人事・報酬委員会は、以下について審査し、(最終承認を得るため)取締役会に勧告する。
        ・(CEOの業績に関する取締役会の評価を考慮した)CEOの固定および変動報酬
        ・(その他の上級役員の業績に関するCEOの評価を考慮した)その他の上級役員の固定および変動報酬なら
         びに業績結果
       (c)  インセンティブ設計および業績評価

        人事・報酬委員会は、EVPの第1次業績評価基準を含む、業績およびテルストラの企業理念に沿った行動を
       促す、健全な測定基準および目標の設定を監督する。取締役会は、それぞれの第1次業績評価基準に対して業
       績を評価することにより、EVPスコアカード結果を決定する。EVPスコアカード結果は、各上級役員の個別EVP
       結果を評価する際のインプットとして使用される。取締役会はまた、偶発的利益または偶発的損失が生じない
       ようにするため、結果を調整する裁量権を有する。詳細については、セクション2.1(c)を参照のこと。
       (d)  取締役会の意思決定枠組み

        取締役会は、変動報酬結果について裁量権を行使する際の指針を提供し、報酬調整の一貫性を高めるため
       の、意思決定枠組みを有している。この枠組みは、2022事業年度EVPに基づく個別EVP結果を決定する際に考慮
       された。
       (e)  コンサルタントとの契約

        当社は、2022事業年度中、報酬コンサルタントから当社KMPの報酬に関する提案を求めなかった。
       (f)  株主および利害関係者との関わり

        取締役会会長および人事・報酬委員会委員長は、当社の全ての役員の利益と長期的な株主価値の創出の一致
       を目的として、フィードバックを得て当社の報酬体系の有効性をさらに高める機会について検討するため、1
       年間を通して利害関係者と話し合いを行った。2022事業年度中、株主および株主助言機関と数多くの会合が開
       催された。
                                135/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       (g)  株式保有方針
        テルストラは、CEO、上級役員および非業務執行取締役に適用される株式保有方針を有している。かかる方
       針の意図は、CEO、グループ・エグゼクティブおよび非業務執行取締役の利益を株主の利益と合致させること
       である。
        2022  年6月30日現在、CEOは、本方針において認識されている固定報酬の470%の価値に相当するテルストラ
       株式を保有していた。少なくとも5年間グループ・エグゼクティブとして在職していた上級役員は、2022年6
       月30日時点で、株式保有要件を満たしていた。テルストラ株式における上級役員の持分についての情報は、セ
       クション2.5(e)を参照のこと。
        取締役会に2年以上在籍している非業務執行取締役は全員、最低株式保有要件を満たしている。本報告書の
       日付現在の取締役の株式保有状況は、上記「取締役のテルストラ株式保有状況」に記載されている。
        当社の株式保有方針要件の概要は、以下のとおりである。
                株式保有方針要件の概要

                       任命されてから5年以内の
             役職
                          最低保有要件
       CEO              固定報酬の200%
       グループ・エグゼクティブ              固定報酬の100%
                     非業務執行取締役の
       取締役会会長
                     年間基本報酬の200%
                     非業務執行取締役の
       非業務執行取締役
                     年間基本報酬の100%
        以下は、本方針のために個人の株式保有を計算する際に、各種テルストラ株式がどのように評価されるかを

       概説している。
       本方針におけるテルストラ株式の評価方法

       役職                 株式                 本方針における評価基準
                        市場で購入された普通株式                 取得価格
                                         関連する従業員株式制度に基づい
                                         て付与された制限付株式数を決定
                        制限付株式
                                         するために使用されるテルストラ
       CEOおよび
                                         株式の出来高加重平均株価
       グループ・エグゼクティブ
                        業績連動型行使権                 含まれない
                        業績連動型行使権の権利確定時に                 業績連動型行使権が権利確定され
                        付与されたあらゆる株式                 る日のテルストラ株価の終値
       会長および非業務執行取締役                 市場で購入された普通株式                 取得価格
        上級役員は、最低保有要件を満たしていない場合には、テルストラ株式売却前に、取締役会、または特定の

       状況においては、CEOもしくは会長の承認を得なければならない。最低保有要件に向けての進捗状況は、継続
       的に監視されている。
                                136/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       (h)  有価証券取引規程
        全てのKMPは、テルストラの有価証券取引規程を遵守しなければならない。この規程は、テルストラの有価
       証券は、事前の書面による承諾を得た上で、特定の取引ウィンドウ中でしか取引を行ってはならないという要
       件を含んでいる。また、KMPは、テルストラの有価証券の提案された取引がどのように市場に判断される可能
       性があるかを考慮し、提案された取引が不適切な方法でそのポジションを利用しているととらえられる可能性
       がある場合には、取引を実行してはならない。彼らは、テルストラの有価証券(テルストラの株式制度に基づ
       き保有されるものを含む。)を保有することの経済的リスクを制限するヘッジ取引を締結することについても
       禁止されている。これは、KMPの利益と株主の利益を合致させることに役立つ。KMPは、毎年当社の有価証券取
       引規程の要件を遵守していることを確認することを義務づけられており、これは当社の方針を監視し、実施す
       ることの一助となる。当社の有価証券取引規程は、telstra.com/governanceにて閲覧可能である。
       (i)  クローバック(マルス)方針

        クローバック委員会は、クローバック(マルス)方針の適用を監督している。この方針はテルストラの全従
       業員に適用され、有価証券の権利確定前に、クローバック事由が発生したかどうか、また、権利が確定してい
       ない業績連動型行使権、制限付株式および現金受給権を失効または権利喪失させるかどうかを取締役会が判断
       できるようにするためのプロセスを規定している。クローバック委員会は四半期ごとに開催され、年2回、人
       事・報酬委員会に対して報告を行う。クローバック委員会は、トランスフォーメーション、コミュニケーショ
       ンズ&ピープル(TC&P)・グループ・エグゼクティブ、CFO、サステナビリティ・エクスターナル・アフェ
       アーズ&リーガル(SEAL)・グループ・エグゼクティブ、および最高リスク管理責任者で構成される。その
       後、人事・報酬委員会は、権利が確定していない株式に対してクローバックを行う裁量権を行使するかどうか
       につき、取締役会に勧告を行う。クローバック委員会のメンバーは、自らの報酬に関連したクローバック委員
       会の勧告に関与することを禁止されている。
        クローバック委員会による検討および勧告を受け、2022事業年度中、上級役員が所有する権利が確定してい
       ない株式のクローバックについて勧告および承認はなかった。
                                137/428










                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       2.0  上級役員の報酬
       2.1  2022  事業年度報酬の構成
        下表は、2022事業年度中、当社の上級役員について適用される報酬の枠組みを示している。この枠組みにつ
       いて、2021事業年度からの変更はなかった。
       高度な技能を有する人々             当社の戦略をサポート            金銭的報酬結果を、従業

                                             長期的な株主価値の創出
        を引き付け、刺激し、             し、文化および価値を            員の貢献および会社の業
                                               へ調整を行うこと
          保持すること             強化すること           績と関連付けること
           固定報酬                           EVP
                  現金                         株式
                    各上級役員の個別EVP結果は、EVPスコアカード結果(財務、戦略、顧客および変
        基本給与+退職年金            革優先事項に対するテルストラの業績に基づく。)、目標EVP機会および個人業
                       績を考慮して決定され、最終的には取締役会の裁量に委ねられた。
       テルストラと同様の規模             2022事業年度の個別EVP             2022事業年度の個別EVP             2022事業年度の個別EVP
       および複雑性を有する役             結果のうち25%が現金で             結果のうち35%が、当初             の結果のうち40%が5年
       割に関する社内外両方の               提供される。          業績期間終了後4年間に             間の相対的株主総利回り
       相対性、証明されかつ安                         わたり、毎年25%が権利             (RTSR)の業績状況に従
       定した高実績、および/                         確定の資格を付与される             う業績連動型行使権に割
       または経験や貢献度の顕                         制限付株式として繰り延               り当てられる。
       著な向上を考慮して設定                            べられる。
           される。
                                 許容事由以外で雇用が終了した場合またはクロー
                                 バック(マルス)事由が発生した場合には権利喪失
                                     または失効する可能性がある。
                              中長期の持続可能な業績を認識する。
        内部で一貫性があり、
                    戦略的な優先事項につい             長期的な価値創造の推進
                                             利害関係者のための長期
         市場競争力のある
                    て特定の焦点を提供し、             力としての戦略的な非財
                                             的で優秀な業績の達成に
           基本報酬
                    年間業績に対し報酬を提             務の基準の重要性を認識
                                                注力する。
                        供する。             する。
                                138/428










                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       (a)  上級役員の2022事業年度報酬の構成要素
        以下のグラフは、固定報酬(FR)の割合として示される上級役員の2022事業年度の報酬構成を示している。
                            目標値の個別EVP結果=以下から構成される固定報酬の200%

                               50 %        70 %         80 %
                   100 %
         (1)
                                 (2)          (2)           (2)
        CEO
                  固定報酬
                              EVP 現金      EVP 制限付株式       EVP 業績連動型行使権
                                          株式合計=固定報酬の150%
                            目標値の個別EVP結果=以下から構成される固定報酬の180%

                               45 %       63 %        72 %
                   100 %
        その他の
                                 (2)         (2)          (2)
        上級役員
                  固定報酬
                              EVP 現金      EVP 制限付株式      EVP 業績連動型行使権
                                        株式合計=固定報酬の135%
       (1)  CEOは、EVPに基づく2022事業年度の制限付株式および業績連動型行使権が割り当てられる前に、許容事由により退職
         したため、これらの制限付株式および業績連動型行使権に代わって現金受給権を付与された。退職者の現金受給権の
         詳細については、セクション2.1(c)の表を参照のこと。
       (2)  表示されている割合は、2022事業年度EVPの25%の現金、35%の制限付株式および40%の業績連動型行使権の構成要素
         と、CEO(固定報酬の200%)およびその他の上級役員(固定報酬の180%)の2022事業年度EVP目標機会を乗じて計算
         されている。
       (b)  現在の上級役員の固定報酬および契約の詳細

        下表は、2022年8月11日現在、現在の上級役員の現行のサービス契約に適用される固定報酬ならびに通知お
       よび退職金の条件を要約したものである。
                                        固定報酬

             氏名               役職                   通知期間      退職金
                                       (豪ドル)
       アンドリュー・ペン              CEO                    2,390,000       6ヶ月      6ヶ月
                     GE  コンシューマー&スモール・
       マイケル・アクランド                                  1,150,000       6ヶ月      6ヶ月
                     ビジネス
       キム・クロー・
                                             *
                     GE  プロダクト&テクノロジー
                                                6ヶ月      6ヶ月
                                        1,100,000
       アンデルセン
                     GE  トランスフォーメーション、
       アレックス・バデノック                                   930,000      6ヶ月      6ヶ月
                     コミュニケーションズ&ピープル
                     CFOおよびGE      ストラテジー・アン
       ヴィッキー・ブレーディー                                  1,200,000       6ヶ月      6ヶ月
                     ド・ファイナンス
                     GE  テルストラ・エンタープライ
       デーヴィッド・バーンズ                                  1,150,000       6ヶ月      6ヶ月
                     ズ
                     GE  ネットワーク&IT
       ニコス・カティナキス                                  1,100,000       6ヶ月      6ヶ月
                                                        **
                     GE兼CEO    テルストラ・インフラCo
       ブレンドン・ライリー                                  1,400,000       6ヶ月
                                                     12ヶ月
                     GE  グローバル・ビジネス・サー
       ディーン・ソルター                                   950,000      6ヶ月      6ヶ月
                     ビス
       * 
        キム・クロー・アンデルセンの固定報酬は、同職に就任してからの経験、貢献およびリーダーシップの高まりを反映
        し、また、他のASX20企業で同様の役割を務める執行役員の固定報酬を考慮して10%増額された。この変更は、2022年1
        月6日から効力が発生している。
       **
        ブレンドン・ライリーは、2011年2月にテルストラに就職した際に交渉された、12ヶ月の退職金条項を契約に有してい
        る。テルストラは現在、執行役員の契約においては6ヶ月分の退職金を支払うという方針をとっている。
                                139/428





                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        テルストラは、通知を行うことで、上級役員に対して、通知期間中の従業を要求することができ、また、通
       知の代わりに支払いを行うこと、またはその両方を行うことによって、直ちに雇用を終了することができる。
       通知の代わりになされる支払いは、退職日時点の上級役員の固定報酬に基づき算出される。
        雇用の終了が、重大な不正行為または人員整理による場合には、退職金の支払いは行われない(テルストラ
       の解雇方針に基づく解雇手当が退職金を下回る場合を除く。この場合、退職金の支払いが代わりに適用され
       る。)。
       (c)  2022  事業年度役員変動報酬制度(EVP)の構成

        上級役員が、2022事業年度EVPに参加した。2022事業年度EVPの構成は、下図に示される。
        2022  年3月30日に発表されたとおり、ヴィッキー・ブレーディーは、2022年9月1日にCEOに就任した。





       2022年10月11日に開催された2022年AGMにおいて、当社は、2022事業年度EVPに基づきヴィッキー・ブレー
       ディーに分配される制限付株式および業績連動型行使権について株主の承諾を得た。
                                140/428










                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
        下表は、2022事業年度EVPの主要な特性を概説したものである。
       2022  事業年度        詳細

       EVP  設計特性
       EVP  報酬機会
                        2022  事業年度の固定報酬に対する割合としての報酬機会
                                                グループ・
                                     CEO
                                               エグゼクティブ
                 閾値                   100%             90%
                 目標値                   200%             180%
                 最大値                   300%             300%
       当初業績期間          1年(2021年7月1日から2022年6月30日まで)
       個別EVP結果          概要
       の計算          各上級役員の2022事業年度の個別EVP結果は、セクション2.5(c)に記載されている。
                 CEOおよび各グループ・エグゼクティブの個別EVP結果は、それぞれの「目標値の」EVP
                 報酬機会、EVPスコアカード結果、それぞれの個人業績(グループ・エグゼクティブの
                 場合には、各グループ・エグゼクティブに対する相対的な業績を含む。)、ならびに特
                 定された重大なリスク事象、その影響の重大性およびその問題に対する執行役員の説明
                 責任など、取締役会の意思決定枠組みに従ったその他の要素を考慮して取締役会によっ
                 て決定された。
                 EVP  スコアカード結果



                 EVPスコアカード結果は、2022事業年度中(当初業績期間という。)の第1次業績評価
                 基準(下記に詳述される。)に対するテルストラの業績評価を受けて、取締役会によっ
                 て決定された。
                 第1次業績評価基準は独立して運用され、また、各基準には加重があり、定義された業
                 績閾値、目標値および最大値が存在した。
                 業績がこれらの水準のいずれかの中間に該当する場合、結果は、CEOおよびその他の上
                 級役員に関して以下の範囲に応じて比例的に決定された。
                 取締役会は、偶発的利益または偶発的損失が生じないようにするため、それぞれの第1




                 次業績評価基準に対する結果を調整する裁量権を有した。2022事業年度について取締役
                 会によって承認された調整の詳細は、セクション2.2に概説されている。
                 取締役会はまた、テルストラの業績、顧客経験価値および株主の期待を含む事項を考慮
                 した上で、そうすることが適切であると判断された場合には、EVPスコアカード結果の
                 合計を調整する裁量権を有した。2022事業年度について、かかる調整を行うことは適切
                 とは判断されなかった。
                 EVPスコアカード結果は、各上級役員の個別EVP結果を決定するにあたってインプットと
                 して使用された。2022事業年度の個別EVP結果を決定するにあたって行使された裁量権
                 の詳細については、セクション2.3を参照のこと。
                                141/428


                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       第1次          下記に概説されている第1次業績評価基準は、テルストラのT22戦略およびテルストラ
       業績評価基準          のコーポレート・プランの実行ならびに株主価値の向上を達成するにあたり重要な関連
                 性があるため、2022事業年度について選択された。取締役会は、戦略、顧客および変革
                 の非財務評価基準がT22戦略の極めて重要な部分の達成を直接実証するものであり、長
                 期的な価値創造の基本的な牽引役であると考える。
                 これらの評価基準およびテルストラの業績との関連性についての株主の理解を助けるた
                 め、各評価基準の詳細を以下に示す。
                 各評価基準および加重の閾値、目標値および最大値については、セクション2.2を参照
                 のこと。
                                 第1次業績評価基準
                       評価基準および指標                    選択理由
                         収益合計        ・財務成績の主要な指標である。
                       テルストラ社外収益          ・顧客維持および成長への継続した注力を保証する。
                      (金融収益を除く。)          ・T22戦略の第1の柱に合致する。
                        基礎EBITDA
                     基礎  EBITDA   とは、   nbn 接続
                     費用(   C2C )純額を控除し
                     た nbn 正式契約に基づく1
                                ・財務成績の主要な指標である。
                     回限りの受取金純額ならび
                                ・利益および費用の適切な追及を保証する。
                      に1回限りのリストラク
                                ・基礎的な会社の収益性の強力な指標である。
                     チャリング費用およびガイ
                                ・T22戦略の第4の柱に合致する。
                     ダンス調整を除く、        EBITDA
                  財務
                     (利息、法人所得税、減価
                 ( 60 %)
                     償却費および償却費控除前
                       利益)をいう。
                      フリー・キャッシュ・          ・財務成績の主要な指標である。
                        フロー(FCF)         ・資本集約型の事業に適切であり、また、配当金を支払い、強
                     M&A および   周波数帯を除い        固な資本基盤を維持する会社の能力を管理するために必須で
                      たリース支払い後のフ           ある。
                     リー・キャッシュ・フロー           ・T22戦略の第4の柱に合致する。
                                ・費用の積極的な削減は競争の強まる市場における競争および
                                 堅調な財務成績の達成に不可欠である。
                       純営業費用の削減
                                ・大幅かつ完全な費用削減は生産性向上および費用削減の目的
                      非直接変動費の前年比減
                                 に合致する。
                                ・T22戦略の第4の柱に合致する。
                                142/428










                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
                                ・経営陣が顧客サービス経験価値の継続的改善に特に注力し、
                                 顧客の誘引および維持を牽引することは株主の利益になる。
                        エピソードNPS
                                ・顧客の不要な労力およびペインポイントの原因を特定および
                     エピソード・ネット・プロ
                                 除去することによる経営の質の高さの改善に焦点をおいた会
                      モーター・スコアの改善
                                 社全体のプログラムを支える。
                                ・ T22 戦略の第1の柱に合致する。
                                ・商品およびサービスを簡素化させることは、顧客が経験する
                      C &SB商品ポートフォリオ           簡便性、透明性および満足度を向上させ、大幅な費用削減の
                         の簡素化         達成を可能にする。
                      コンシューマー&スモー           ・20の簡素化した接続プランに顧客を移行することで、向上し
                     ル・ビジネスの市場内プラ            た顧客経験価値の提供を後押しし、単純かつ簡単なテルスト
                     ンに係る固定およびポスト            ラとの取引を顧客に提供し、顧客に対する将来のデジタル経
                      ペイド式移動体サービス            験の提供の準備を後押しする。
                                ・T22戦略の第1の柱に合致する。
                                ・顧客とのデジタル・エンゲージメントの強化は、費用削減へ
                  戦略、
                                 の注力を後押ししながら、顧客経験価値を向上させる。
                  顧客
                        C &SBデジタル・         ・当社は   デジタルな販売チャネルを通じたマス・マーケットの
                  および
                       エンゲージメント          顧客のエンゲージメントを増加させることに引き続き注力し
                  変革
                      コンシューマー&スモー            ており、半分をわずかに下回る販売がデジタル・チャネルを
                 ( 40 %)
                     ル・ビジネス・セールスの            通じた販売となることを目標としている。
                        デジタル販売         ・ これを達成する鍵は、顧客にとって当社のデジタル・チャネ
                       のインタラクション           ルを利用する価値と利用の簡単さを最大限に高めることにあ
                                 る。
                                ・T22戦略の第1の柱に合致する。
                        TE デジタル・
                       エンゲージメント          ・ 顧客に選択肢を与え、当社のサービスに係る費用を削減する
                     テルストラ・エンタープラ            ことを目的としている。
                     イズのデジタル・サービス           ・T22戦略の第1の柱に合致する。
                       のインタラクション
                       従業員の能力および          ・当社の従業員エンゲージメントに焦点を当てている。
                       エンゲージメント          ・当社の意欲的な戦略を達成するために必要な、重要なリー
                      高水準かつ持続可能な           ダーシップおよび技術的人材を当社が引き付け、また保持す
                     従業員エンゲージメント・            ることを後押しする。
                         スコア       ・T22戦略の第3の柱に合致する。
                 第1次業績評価基準を評価するため、取締役会は、外部監査人であるアーンスト・アン
                 ド・ヤング(「EY」)によって監査された財務書類を含む当グループの業績の審査を
                 行った。また、第1次業績評価基準に対する業績についてEYによって実施されたその他
                 の業務についても審査を行った。詳細については、セクション2.2を参照のこと。
       EVP  結果-現金対        各上級役員のEVP結果は、現金(25%)、制限付株式(35%)および相対的株主総利回
       株式のバランス          り(RTSR)業績条件に従う業績連動型行使権(40%)の組み合わせとして提供されてい
                 る。これにより、現金対株式の割合は25対75となる。業績連動型行使権の権利を確定す
                 る際、保有者は、株式を受け取るか、テルストラの裁量により、権利確定時に株式の価
                 値に相当する現金額を受け取る。
       株式分配の方法
                 上級役員に割り当てられる制限付株式および業績連動型行使権の数は、個別EVP結果の


                 豪ドル額を、制限付株式については35%、業績連動型行使権については40%で乗じて、
                 2022事業年度の業績の発表の翌日に開始する5日間のテルストラ株式の出来高加重平均
                 株価で除した数(VWAP)(すなわち額面価額分配法)に基づく。
       発行/行使価格          制限付株式および業績連動型行使権は、上級役員の変動報酬の一部を構成するものであ
                 るため、制限付株式の付与時または業績連動型行使権の付与時もしくは権利確定時にお
                 いて、上級役員によって支払われるべき額は存在しない。制限付株式および業績連動型
                 行使権の権利確定時に給付されるあらゆる株式は、いずれも市場で購入される。
                                143/428



                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       株式の制限および          制限付株式
       業績期間          制限付株式は、4つの均等なトランシェに権利確定する資格を有し、2022年6月30日
                 (つまり、当初業績期間終了後)から4年間にわたり、毎年(すなわち、2023年6月30
                 日、2024年6月30日、2025年6月30日および2026年6月30日)25%が権利確定の資格と
                 して付与されるようになる。
                 業績連動型行使権
                 業績連動型行使権は、2021年7月1日から2026年6月30日の5年の業績期間の間にテス
                 トされる、RTSR業績条件の対象となる。詳細については下記に概説されている第2次業
                 績評価基準セクションを参照のこと。
                 テルストラ・グループの本社組織の株式の50%以上が取得される企業買収など、特定の
                 限定された状況において、取締役会は、業績連動型行使権の権利確定を早め、制限付株
                 式の制限期間の終了を早めるため、裁量権を行使することができる。
       第2次          第1次業績評価基準に加え(これは2022年6月30日までの1年間に評価される。)、各
       業績評価基準          上級役員の個別EVP結果の業績連動型行使権部分は、2026年6月30日における5年間の
                 業績期間の終了時に、RTSR業績条件が達成された場合に限り、権利が確定する。RTSR業
                 績条件のテスト後に権利確定する業績連動型行使権は、テルストラの2026事業年度年間
                 業績の公表を受けて自動的に行使され、また、テスト後に権利確定しない業績連動型行
                 使権は、その時点で失効する。これは、上級役員が、それぞれの個別EVP結果の業績連
                 動型行使権部分に関連して、当初業績期間および5年間のRTSR業績期間の両方で業績が
                 測定されるという二重のハードルを有することを意味している。
                 RTSRは、RTSR業績期間中に対照グループの他の会社(2021年7月1日時点でS&P/ASX100
                 指数に含まれる企業(資源会社を除く。))が発行する普通株式の業績と比較した、テ
                 ルストラ株式の業績(RTSR業績期間中に支払われた現金配当額およびその他の株主に対
                 する給付を含む。)を測定する。
                 取締役会は、長期的に役員報酬とテルストラの株価および対照グループの企業の配当金
                 実績を結びつけていることから、RTSRが適切な二次的業績評価基準であると考えてい
                 る。これは、株主価値の創出に対し最終的に焦点を当てることを強化するものであり、
                 実際の報酬結果と長期株主に対し提供される利益を一致させるのに役立っている。
                 RTSR業績条件に基づき、権利確定する業績連動型行使権の数は、以下のとおり決定され
                 る。
                 RTSR  順位                  権利確定
                 50パーセンタイル未満に位置する                    0%
                 50パーセンタイルに位置する                    50%
                 50パーセンタイルから75パーセンタイル                    50%から100%まで
                 の間に位置する                    ストレートライン基準で権利確定
                 75パーセンタイル以上に位置する                    100%
                 テルストラのRTSRを計算するために使用される始値および終値のいずれも、当該年度の
                 6月30日までの30日間のテルストラ株式の日次終値の平均価格である。2022事業年度
                 EVPについてRTSR業績期間終了時にテルストラのRTSRを決定するために使用される始値
                 は3.57豪ドルである。
       配当          制限付株式
                 参加者は、制限期間において他のテルストラ株主と一致した制限付株式に対する配当を
                 受領する。当該制限付株式には追加的な業績条件が設定されていないことから、これは
                 適切な取り扱いである。これは、参加者が許容事由またはクローバック以外の事由のた
                 めに雇用を終了した場合においてより簡単に権利喪失の対象となるよう、報酬を繰り延
                 べつつ株主の経験を反映させることを意図している。
                 業績連動型行使権
                 業績連動型行使権に対する配当は権利確定以前には支払われない。RTSR業績要件の充足
                 後、最終的に権利確定する業績連動型行使権については、業績連動型行使権の付与と権
                 利確定の間にテルストラによって支払われた配当と同額の現金が、適用される税制に従
                 い、権利確定する頃に支払われる(配当同等物支払)。
                                144/428



                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       退職者          制限付株式および業績連動型行使権の分配前
                 上級役員が許容事由のために雇用を終了した場合、上級役員は2022事業年度中に雇用さ
                 れた時間の割合に比例した個別EVP結果を受領する資格を有する。上級役員は、比例す
                 る個別EVP結果の現金部分を受領する。上級役員は、業績連動型行使権および制限付株
                 式に代わって現金受給権(または、上級役員が死亡、完全永久障害もしくは特定疾患の
                 ために雇用を終了した場合、取締役会の裁量により、現金)の付与を受ける。権利確定
                 時に、上級役員は、適用される制限期間または(該当する場合)RTSR業績期間終了時の
                 テルストラ株式価値に相当する現金支払いを受給する権利を得る。また、制限付株式に
                 代わって現金受給権を付与された上級役員は、現金受給権が割り当てられた日から適用
                 される制限期間の終了日までにテルストラ株式について支払われる配当金に相当する金
                 額を、テルストラが配当金を支払うのと同じ頃に受給する権利を得る。業績連動型行使
                 権に代わって現金受給権を付与された上級役員は、現金受給権の権利が確定した場合、
                 現金受給権の割り当てから権利確定までにテルストラ株式について支払われる配当金に
                 相当する金額を、RTSR業績期間の終了後に受給する権利を得る。上級役員が現金受給権
                 の付与を受けた場合、制限期間、RTSR業績期間またはRTSR業績条件に変更はない。上級
                 役員がその他の理由で雇用を終了した場合、EVPの権利は失効する。これにより、全て
                 の役員が平等な待遇を受け、退職する役員が引き続き株主の長期的な利益に合致した意
                 思決定を行うことを確実にする。
                 制限付株式および業績連動型行使権の分配後
                 制限付株式および業績連動型行使権の割り当て後に上級役員が許容事由のために雇用を
                 終了する場合、当該制限付株式および業績連動型行使権は維持される。制限期間、RTSR
                 業績期間またはRTSR業績条件に変更はない。上級役員がその他の理由で雇用を停止した
                 場合、制限付株式および業績連動型行使権は失効する。
       クローバック          取締役会は、業績連動型行使権の権利確定前または該当する制限期間の終了後に制限付
       (マルス)          株式が上級役員に譲渡される前に特定のクローバック事由が発生した場合、業績連動型
                 行使権および制限付株式をクローバックする裁量権を有する。クローバック事由には、
                 上級役員による詐欺、不正、重大な違法行為もしくは重大な義務違反、またはテルスト
                 ラの評判を落とし、もしくはテルストラの長期的な財務の健全性に悪影響を与える行動
                 を含む。またこれは、業績連動型行使権または制限付株式の付与に繋がった財務成績に
                 ついてその後重大な誤表示が認められた場合、上級役員がテルストラのリスク管理フ
                 レームワークに基づく責務を果たすことができず、テルストラのリスク管理フレーム
                 ワークに対する重大な違反となった場合、また、業績連動型行使権または制限付株式が
                 不適切な利益であると取締役会が決定した場合といった、テルストラの財務成績に重大
                 な悪化をもたらす、または主要な規制当局との間のテルストラの立場、評判または関係
                 性に悪影響を及ぼす可能性のある行為も含まれる。
       組織再編          より広範な組織再編の一環として、テルストラは、テルストラ・グループ・リミテッド
                 (ニュー・テルストラ・コーポレーション)がテルストラ・グループの新しい本社組織
                 となるスキーム・オブ・アレンジメントを提案している(本スキーム)。
                 本スキームが実施されたため、(i)2022事業年度EVPに基づく業績連動型行使権および制
                 限付株式は、本スキームの実施後にニュー・テルストラ・コーポレーションより付与さ
                 れ、(ii)制限付株式は、全額払込済のニュー・テルストラ・コーポレーション株式とな
                 り、(iii)上級役員には、権利確定する各業績連動型行使権について、ニュー・テルス
                 トラ・コーポレーションの全額払込済普通株式1株、またはニュー・テルストラ・コー
                 ポレーションの裁量によりニュー・テルストラ・コーポレーション株式に相当する現金
                 が支払われ、(iv)RTSR業績期間におけるテルストラのRTSR業績は、本スキームの実施ま
                 ではテルストラ・コーポレーション・リミテッドの業績を、それ以降はニュー・テルス
                 トラ・コーポレーションの業績を考慮し、また、(v)ニュー・テルストラ・コーポレー
                 ションが、制限付株式および業績連動型行使権に関する決定を行う。
                 本スキームの実施時に発行済のその他の制限付株式および業績連動型行使権について
                 も、同様の変更が行われる。
                 組織再編は、上記に記載されたものを除き、EVPの構成に影響を与えるものではない。
                                145/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       (d)  財務成績
        下表は、過去5年間のテルストラの主要な財務成績の概略を示している。
                     2022事業年度        2021事業年度        2020事業年度        2019事業年度        2018事業年度

           (1)
       財務成績
                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
       収益
       収益合計                  22,045        23,132        26,161        27,807        28,841
       EBITDA                  7,256        7,638        8,905        7,984       10,197
          (2)
                         1,688        1,857        1,819        2,154        3,591
       純利益
       株主価値
              (3)
                          3.85        3.76        3.13        3.85        2.62
       株価(豪ドル)
       1株当たりの支払配当金
                          16.0        16.0        16.0        19.0        26.5
             (4)
       (豪セント)
       (1)  これらの結果は、当該期間における会計基準の変更により完全には比較可能となっていない。AASB第16号「リース」
         の適用に関する詳細については2020年度年次報告書内の注記1.5を、また、AASB第15号「顧客との契約からの収入」
         の適用に関する詳細については2019年度年次報告書内の注記1.5を参照のこと。
       (2)  テルストラ社の株主に帰属する純利益は、継続事業および非継続事業の業績を含んでいる。
       (3)  株価は、毎年6月30日時点のものである。2017事業年度の株価の終値は、4.30豪ドルであった。
       (4)  当社は、テルストラの普通株式の保有者に対し、過去5事業年度において中間および最終配当金の計2回の配当金を
         毎事業年度中に支払った。この表に含まれる金額は、当事業年度中において支払われた配当金と関連している。その
         ため、各事業年度について、金額には前事業年度の最終配当金および当事業年度の中間配当金として支払われた配当
         金が含まれる。2022事業年度中に支払われた配当金の更なる情報については、下記「第6 1 財務書類」注記4.2
         を参照のこと。
       (e)  テルストラ株価と比較した過去の個別EVP結果

        以下のグラフは、業績の有用な比較を提供するものであり、過去5年間のテルストラの株価の実績と比較し
       た目標機会に対する、2018事業年度から2022事業年度の平均個別EVP結果の割合を示す。
       (1)  目標に対する平均した個別EVP結果の割合は、該当期間における全ての上級役員(CEOを含む。)について示してい






         る。現金、制限付株式および業績連動型行使権の相対的割合を含め、当期中、EVP構成について変更が行われた。
    次へ

                                146/428




                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
       2.2  2022  事業年度のEVPスコアカード結果

        取締役会は、第1次業績評価基準に照らしてテルストラの業績を評価した。各指標の閾値、目標値および最
       大値(2021年報酬報告書に記載の通り。)は、T22戦略に示された主な成果および注目すべき出来事、コーポ
       レート・プランに示した計画財務結果ならびに2021年8月12日に公表された2022事業年度ガイダンスを考慮し
       て、妥協のない、適度に要求の高い基準に設定された。2022事業年度のEVP構成は、TE商品ポートフォリオ簡
       素化の指標の5%の加重をエピソードNPSの指標に再配分した以外に変更はなかった(2021年報酬報告書に記
       載の通り。)。全ての財務評価基準(純営業費用の削減を除く。)の水準は、各目標値がガイダンスの中央値
       程度、各最大値がガイダンスの上限値または上限を上回る値に設定され、市場ガイダンスに則して決定され
       た。取締役会は引き続き、これらの水準は、極めて厳しい市場に対して、妥協のない、要求の高い目標だと考
       えている。
        取締役会は、テルストラの業績、顧客経験価値、株主の期待等を考慮して、適切なEVPスコアカード結果を
       確保するための絶対的な裁量権を維持した。取締役会は、2022事業年度の第1次業績評価基準の結果および
       EVPスコアカード結果は達成された業績に基づき導き出されるものと判断した。COVID-19パンデミックの継続
       的な影響についての調整は行わなかった。
        2022  事業年度のEVPスコアカード結果は、CEOについて目標機会の93.1%(最大値の62.1%)、他の上級役員
       について目標機会の96.6%(最大値の58.0%)であった。
    次へ

                                147/428












                                                          EDINET提出書類
                                            テルストラ・コーポレーション・リミテッド(E05845)
                                                           有価証券報告書
                                             加重結果
                                            (対目標値(%))
     評価項目         加重            目標および業績結果                             追加情報
                                            CEO    GE
                                                   テルストラは2022事業年度
                                                   の収益合計を22,045百万豪
                                                   ドルと報告した。この結果
                                                   の計算は外部監査人のEYに
                                                   よる監査を受けた。
                                                   取締役会は、2022事業年度
                                                   のEVPスコアカード結果が適
     収益合計(百万豪ド                                              切に役員の業績を反映する
        ル)                                           よう、125百万豪ドルのマイ
              15 %                             0%    0%
     金融収益を除くテルス                                              ナスの調整を承認した。こ
      トラの社外収益                                             れにより、NBN取引を含む目
                                                   標値の設定方法と比較し
                                                   て、偶発的利益または偶発
                                                   的損失がないようにした。
                                                   その結果、この指標の評価
                                                   額は21,920百万豪ドルとな
                                                   り、2022事業年度EVPの閾値
                                                   を下回った。
                                                   テルストラは2022事業年度
                                                   の基礎EBITDAを7,251百万豪
                                                   ドルと報告した。この結果
     基礎EBITDA(百万豪ド                                              の計算は外部監査人のEYに
        ル)                                           よる審査を受けた。
     利息、法人所得税、減                                              取締役会は、2022事業年度
     価償却費および償却費                                              のEVPスコアカード結果が適
    控除前利益をいい、nbn                                               切に役員の業績を反映する
    接続費用(C2C)純額を                                               よう、NBN取引を含む目標値
              15 %                             15.7  %  16.1  %
    差し引いたnbn正式契約                                               の設定方法と比較して、偶
     に基づく1回限りの受                                              発的利益または偶発的損失
     取金純額、1回限りの                                              がないように37百万豪ドル
     リストラクチャリング