昭和リース株式会社 半期報告書 第54期(令和4年4月1日-令和5年3月31日)

提出書類 半期報告書-第54期(令和4年4月1日-令和5年3月31日)
提出日
提出者 昭和リース株式会社
カテゴリ 半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   半期報告書

     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年11月25日
     【中間会計期間】                   第54期中(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)
     【会社名】                   昭和リース株式会社
     【英訳名】                   Showa   Leasing    Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 平野 昇一
     【本店の所在の場所】                   東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
     【電話番号】                   050-3354-7740
     【事務連絡者氏名】                   執行役員 業務管理部長  大石 彰
     【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
     【電話番号】                   050-3354-7740
     【事務連絡者氏名】                   執行役員 業務管理部長  大石 彰
     【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。
                                 1/66














                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次            第52期中       第53期中       第54期中        第52期       第53期
                         自2020年       自2021年       自2022年       自2020年       自2021年

                          4月1日        4月1日        4月1日        4月1日        4月1日
            会計期間
                         至2020年       至2021年       至2022年       至2021年       至2022年
                          9月30日        9月30日        9月30日        3月31日        3月31日
                           50,547       49,540       51,613       104,862       102,773
     売上高             (百万円)
                            1,543       2,348       2,891       3,333       4,752
     経常利益             (百万円)
     親会社株主に帰属する
                            1,212       1,899       1,948       2,392       3,488
                  (百万円)
     中間(当期)純利益
                            1,653       1,959       2,026       2,702       3,349
     中間包括利益又は包括利益             (百万円)
                           106,154       106,464        99,830       107,206       107,867
     純資産額             (百万円)
                           646,720       632,426       620,208       639,048       644,830
     総資産額             (百万円)
                           340.99       341.81       319.84       344.31       346.33
     1株当たり純資産額              (円)
     1株当たり中間(当期)
                            3.96       6.20       6.36       7.81       11.39
                   (円)
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     中間(当期)純利益
                            16.15       16.55       15.79       16.50       16.45
     自己資本比率              (%)
     営業活動による
                             146      2,959              13,930        7,980
                  (百万円)                       △ 7,411
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                             28                     510
                  (百万円)                 △ 40      △ 369             △ 459
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                            9,390                              166
                  (百万円)                △ 1,905      △ 14,344       △ 2,496
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                           34,193       36,765       21,294       35,737       43,577
                  (百万円)
     中間期末(期末)残高
                             587       577       574       584       567
     従業員数
                   (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 36 ]      [ 34 ]      [ 44 ]      [ 33 ]      [ 40 ]
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         2.従業員数は、嘱託及び契約社員の中間(当)期末雇用人員を[ ]内に外書きで記載しております。
                                 2/66







                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次            第52期中       第53期中       第54期中        第52期       第53期
                         自2020年       自2021年       自2022年       自2020年       自2021年

                          4月1日        4月1日        4月1日        4月1日        4月1日
            会計期間
                         至2020年       至2021年       至2022年       至2021年       至2022年
                          9月30日        9月30日        9月30日        3月31日        3月31日
                           37,417       35,821       37,546       76,151       75,214
     売上高             (百万円)
                             845      1,510       2,307       3,191       3,930
     経常利益             (百万円)
                             815      1,162       1,610       2,699       2,791
     中間(当期)純利益             (百万円)
                           29,360       29,360       29,360       29,360       29,360
     資本金             (百万円)
                         306,276,912       306,276,912       306,276,912       306,276,912       306,276,912
     発行済株式総数              (株)
                           104,476       104,435        97,341       105,954       105,853
     純資産額             (百万円)
                           540,227       535,687       531,570       533,516       548,876
     総資産額             (百万円)
                                                  8.80       32.70
     1株当たり配当額              (円)          -       -       -
                            19.34       19.50       18.31       19.86       19.29
     自己資本比率              (%)
                             486       478       474       485       470

     従業員数
                   (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 20 ]      [ 23 ]      [ 34 ]      [ 23 ]      [ 30 ]
     (注)従業員数は、嘱託及び契約社員の中間(当)期末雇用人員を[ ]内に外書きで記載しております。
                                 3/66













                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
     2【事業の内容】
       当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更
      はありません。
       前連結会計年度まで連結子会社でありました㈱エス・エル・シエラ及び㈱エス・エル・ペルムは、重要性が減少し
      たことにより、当中間連結会計期間において連結の範囲から除外しております。
     3【関係会社の状況】

         前連結会計年度まで連結子会社でありました㈱エス・エル・シエラ及び㈱エス・エル・ペルムは、重要性が減少
        したことにより、当中間連結会計期間において連結の範囲から除外しております。
     4【従業員の状況】

     (1)連結会社の状況
                                                  2022年9月30日現在
         セグメントの名称                            従業員数(人)
      リース・割賦
      ファイナンス                                  327[14]
      その他
      全社(共通)                                  247[30]
             合計                           574[44]
     (注)1.従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者(兼務出向者は含まない。)を除き、グ
           ループ外から当社グループへの出向者を含む。)であります。
         2.当社グループでは、セグメントごとの経営組織体系を有しておらず、同一の従業員が複数の事業に従事して
           おります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
         4.従業員数は、嘱託及び契約社員の中間期末雇用人員を[ ]内に外書きで記載しております。
     (2)提出会社の状況

                                                  2022年9月30日現在
         セグメントの名称                            従業員数(人)
      リース・割賦
      ファイナンス                                  270[9]
      その他
      全社(共通)                                  204[25]
             合計                           474[34]
     (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者(兼務出向者は含まない。)を除き、社外から当社への出

           向者を含む。)であります。
         2.当社では、セグメントごとの経営組織体系を有しておらず、同一の従業員が複数の事業に従事しておりま
           す。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
         4.従業員数は、嘱託及び契約社員の中間期末雇用人員を[ ]内に外書きで記載しております。
     (3)労働組合の状況

        労働組合との間に特記すべき事項はありません。
                                 4/66




                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       (1)経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
          当中間連結会計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等もしくは経営上の目標の達成
         状況を判断するための客観的な指標等に重要な変更はありません。
          また、新たに定めた経営方針・経営戦略等もしくは指標等はありません。
       (2)優先的に対処すべき事実上及び財務上の課題

          当中間連結会計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事実上及び財務上の課題について重要な変
         更はありません。
          また、新たに生じた優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題はありません。
     2【事業等のリスク】

        当中間連結会計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事
      業等のリスクについての重要な変更はありません。
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       当中間連結会計期間における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」)
      の状況の概要は次のとおりであります。
     (1)経営成績等の状況の概要

      財政状態及び経営成績の状況
         当中間連結会計期間において、日本経済は、新型コロナウイルス感染症の影響がワクチン接種の普及により行動
        制限緩和される中で、消費を中心に回復基調となりました。一方で、急激な円安による為替相場の変動やウクライ
        ナ情勢の緊迫化が資源価格や食料価格の上昇に拍車をかけたこと等により企業業績への影響が懸念され、経済の先
        行きは依然として不透明な状況が続いております。
         リース業界において、2022年4月~9月累計のリース取扱高は、前年同期比2.1%減少の1兆9,342億円となりま
        した。(公益社団法人リース事業協会統計)
         このような状況の下、当社グループは、新生銀行グループの中期経営戦略の基本戦略の下、2022年度よりスター
        トさせた中期事業計画の実現に向けて業務戦略を実施し、健全な事業運営を行ってまいりました。
         この結果、当中間連結会計期間の契約実行高は前年同期比90億68百万円増加の1,325億2百万円となり、当中間
        連結会計期間末における営業資産残高は前年度末比7億79百万円減少の5,604億58百万円となりました。
         財務面では、当中間連結会計期間末の総資産残高は前年度末246億22百万円減少の6,202億8百万円となりまし
        た。また、有利子負債残高(リース債務を除く)は同11億35百万円減少の4,663億91百万円となりました。
         損益面では、売上高は前年同期比20億72百万円増加の516億13百万円、営業利益は同2億15百万円減少の21億42
        百万円、経常利益は同5億43百万円増加の28億91百万円、親会社株主に帰属する中間純利益は同48百万円増加の19
        億48百万円となりました。
       セグメントの経営成績は、次のとおりであります。なお、セグメント利益は売上総利益ベースの数値であります。

        ①リース・割賦

          リース・割賦事業の契約実行高は前年同期比17億54百万円増加の816億61百万円となり、営業資産残高は前年
         度末比60億64百万円減少の4,883億96百万円となりました。また、売上高は前年同期比9億85百万円減少の395億
         18百万円となり、セグメント利益は前年同期比1億35百万円減少の48億76百万円となりました。
        ②ファイナンス
          ファイナンス事業の契約実行高は前年同期比72億31百万円増加の503億77百万円となり、営業資産残高は前年
         度末比52億85百万円増加の720億62百万円となりました。また、売上高は前年同期比1億40百万円増加の8億64
         百万円となり、セグメント利益は前年同期比75百万円増加の7億13百万円となりました。
        ③その他
          その他事業の契約実行高は前年同期比82百万円増加の4億63百万円となりました。また、売上高は前年同期
         比29億18百万円増加の112億30百万円となり、セグメント利益は前年同期比4億63百万円減少の12億85百万円と
         なりました。
     (2)キャッシュ・フローの状況

                                 5/66


                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
          当中間連結会計期間末の現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末残高より222億83百万円減少し、212
         億94百万円となりました。各区分のキャッシュ・フローの状況の内訳は以下のとおりであります。
        ①営業活動によるキャッシュ・フロー

          営業活動による収入は、税金等調整前中間純利益28億72百万円、賃貸資産減価償却費39億20百万円、リース債
         権及びリース投資資産の減少36億47百万円、割賦債権の減少23百万円及び賃貸資産の売却による収入35億89百万
         円等がありました。一方営業活動による支出は、仕入債務の減少109億31百万円、賃貸資産の取得41億50百万円
         及び未払金の減少23億26百万円等がありました。これにより営業活動によるキャッシュ・フローは74億11百万円
         の支出となりました。
        ②投資活動によるキャッシュ・フロー

          投資活動による収入は、匿名組合出資金の払戻による収入5百万円等がありました。一方投資活動による支出
         は、社用資産の取得2億66百万円等がありました。これにより投資活動によるキャッシュ・フローは、3億69百
         万円の支出となりました。
        ③財務活動によるキャッシュ・フロー

          財務活動による収入は、コマーシャル・ペーパーの純増額150億円及び長期借入れによる収入353億円等があ
         りました。一方財務活動による支出は、長期借入金の返済379億23百万円、債権流動化の返済24億99百万円及び
         配当金の支払100億15百万円等がありました。これにより、財務活動によるキャッシュ・フローは、143億44百
         万円の支出となりました。
                                 6/66













                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
     (3)特定金融会社等の開示に関する内閣府令に基づく貸付金(営業貸付金及びその他の営業貸付債権)の状況
          「特定金融会社等の開示に関する内閣府令」(平成11年5月19日 大蔵省令第57号)に基づく、提出会社にお
         ける貸付金の状況は次のとおりであります。
        ①貸付金の種別残高内訳

                                                  2022年9月30日現在
                                       残高       構成割合      平均約定金利
          貸付種別           件数(件)       構成割合(%)
                                      (百万円)         (%)       (%)
     消費者向
                         -         -         -       -        -
     無担保(住宅向を除く)
        有担保(住宅向を除く)                  -         -         -       -        -
        住宅向                  -         -         -       -        -

           計              -         -         -       -        -

     事業者向
                        1,013        100.00         82,126       100.00         1.87
           計
           合計             1,013        100.00         82,126       100.00         1.87
        ②資金調達内訳

                                                  2022年9月30日現在
                借入先等                   残高(百万円)             平均調達金利(%)

     金融機関からの借入                                     259,315               0.52
     その他                                     127,364               0.13

                   社債・CP                       116,500               0.09

                 合計                         386,680               0.39

                                          97,341                -

     自己資本
                   資本金・出資金                       29,360                -
                                 7/66










                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        ③業種別貸付金残高内訳
                                                  2022年9月30日現在
              業種別              先数(件)       構成割合(%)         残高(百万円)         構成割合(%)

     農業、林業、漁業                            1       0.21           2       0.00
     建設業                           41        8.63        1,792         2.18

     製造業                           89       18.74         3,096         3.77

     電気・ガス・熱供給・水道業                           11        2.32        4,255         5.18

     情報通信業                            5       1.05        3,221         3.92

     運輸業、郵便業                           38        8.00        25,708         31.32

     卸売業、小売業                           123        25.90         6,124         7.46

     金融業、保険業                            4       0.84        9,095        11.07

     不動産業、物品賃貸業                           56       11.79        11,585         14.11

     宿泊業、飲食サービス業                            8       1.68          35       0.04

     教育、学習支援業                            1       0.21           1       0.00

     医療、福祉                           44        9.26        9,781        11.91

     複合サービス事業                           -         -         -        -

     サービス業(他に分類されないもの)                           52       10.95         7,398         9.01

     個人                           -         -         -        -

     特定非営利活動法人                           -         -         -        -

     その他                            2       0.42          27       0.03

               合計                 475       100.00         82,126        100.00

                                 8/66










                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        ④担保別貸付金残高内訳
                                                  2022年9月30日現在
               受入担保の種類

                                   残高(百万円)              構成割合(%)
                                            -              -
     有価証券
                   うち株式                          -              -
                                            -              -

     債権
                   うち預金                          -              -
     商品                                       -              -

     不動産                                       660             0.80

     財団                                       -              -

     その他                                     40,060              48.78

                  計                         40,721              49.58

     保証                                     23,315              28.39

     無担保                                     18,089              22.03

                 合計                         82,126              100.00

        ⑤期間別貸付金残高内訳

                                                  2022年9月30日現在
               期間別              件数(件)       構成割合(%)        残高(百万円)        構成割合(%)

     1年以下                            470       46.39        42,095         51.25
     1年超 5年以下                            346       34.16        9,358        11.40

     5年超 10年以下                            177       17.47        24,652         30.02

     10年超 15年以下                            11       1.09        2,067         2.52

     15年超 20年以下                             9       0.89        3,953         4.81

     20年超 25年以下                            -        -        -         -

     25年超                            -        -        -         -

               合計                1,013        100.00        82,126        100.00

                 1件当たりの平均期間(年)                                        2.649

      (注)期間は、約定期間によっております。
                                 9/66







                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
     (4)営業取引の状況
      ①契約実行高
       当中間連結会計期間における契約実行高の実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当中間連結会計期間

             セグメントの名称                   (自 2022年4月1日                前年同期比(%)
                                 至 2022年9月30日)
                リース       (百万円)                   30,956             △8.2
      リース・割賦           割賦       (百万円)                   50,704              9.8
                   小計     (百万円)                   81,661              2.2
      ファイナンス                  (百万円)                   50,377              16.8
      その他                  (百万円)                    463            21.8
             合計          (百万円)                  132,502               7.3
     (注)リースについては、当中間連結会計期間に取得した賃貸資産の取得金額、割賦については、割賦債権から割賦未
         実現利益を控除した額を表示しております。
      ②営業資産残高

       前連結会計年度及び当中間連結会計期間における営業資産残高をセグメントごとに示すと、次のとおりでありま
      す。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2022年3月31日)                (2022年9月30日)
            セグメントの名称
                              期末残高        構成比        期末残高        構成比
                              (百万円)         (%)       (百万円)         (%)
                    リース            229,077        40.8        223,036        39.8
      リース・割賦               割賦            265,383        47.3        265,359        47.3
                       小計         494,460        88.1        488,396        87.1
      ファイナンス                           66,776        11.9        72,062       12.9
      その他                             -       -         -      -
                合計                 561,237        100.0        560,458       100.0
     (注)1.割賦については、割賦債権から割賦未実現利益を控除した額を表示しております。
         2.貸倒引当金を控除する前の額を表示しております。
                                10/66









                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
      ③営業実績
       中間連結会計期間における営業実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        ⅰ.前中間連結会計期間
                                                  (単位:百万円)
                               売上原価
         セグメントの名称              売上高                 差引利益       資金原価       売上総利益
                            (資金原価を除く)
      リース・割賦                  40,503          34,935        5,568        556      5,012
      ファイナンス                    724           9      714        76       637

      その他                   8,312          6,563       1,749         0     1,749

            合計            49,540          41,508        8,032        633      7,399

        ⅱ.当中間連結会計期間

                                                  (単位:百万円)
                               売上原価
         セグメントの名称              売上高                 差引利益       資金原価       売上総利益
                            (資金原価を除く)
      リース・割賦                  39,518          34,027        5,491        614      4,876
      ファイナンス                    864          60       803        89       713

      その他                  11,230          9,945       1,285         -      1,285

            合計            51,613          44,033        7,580        704      6,875

                                11/66












                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
     (5)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
      なお、文中における将来に関する事項は、当中間連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      ①当中間連結会計期間の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         a.経営成績の状況
          当社グループの当中間連結会計期間の経営成績は、次のとおりであります。
          財務面は、営業資産残高は前連結会計年度末前連結会計年度末を下回りました。これは主に、既存債権の回収
         が契約実行高を上回ったことが要因であります。それを受けて、有利子負債残高(リース債務を除く)は前連結
         会計年度末を下回りました。
          損益面は、売上高は前年同期を上回りました。これは主に、リースの解約、満了物件の売却や中古建設機械の
         販売が増加したこと等が要因であります。
          一方、親会社株主に帰属する中間純利益は前年同期を上回る結果となりました。これは主に、為替差益および
         貸倒引当金の戻入等により与信関連費用が減少したこと等が要因であります。
         b.経営成績に重要な影響を与える要因

          当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2                                    事業の状況 2        事業等のリス
         ク」に記載のとおりであります。
         c.資本の財源及び資金の流動性に係る情報

          当中間連結会計期間のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 (2)キャッ
         シュ・フローの状況」に記載のとおりです。
         d.セグメント情報に記載された区分ごとの状況

          セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりであります。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。なお、セグメント利益は売上総利益ベースの数値であります。

        リース・割賦

         リース・割賦事業は、アプラスとのベンダーリース事業及び個人向けオートリース事業が堅調に推移したもの
        の、既存債権の回収が契約実行高を上回ったことにより営業資産残高は前連結会計年度末より減少しました。その
        結果、売上高、セグメント利益はともに前年同期を下回りました。
        ファイナンス

         ファイナンス事業は、船舶案件の取扱い増加等により契約実行高は前年同期を上回り、営業資産残高についても
        前連結会計年度末より増加しました。その結果、売上高、セグメント利益はともに前年同期を上回る結果となりま
        した。
        その他

         その他事業は、貸付金の取扱い増加に伴う受取手数料の増加等により契約実行高は前年同期を上回りました。
         一方、売上高は前年同期を上回ったものの、セグメント利益は前年同期を下回る結果となりました。これは主
        に、前年同期に計上した船舶関連の大型売却益の反動等が要因であります。
                                12/66






                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
      ②財政状態の分析
         a.資産の部
          当中間連結会計期間末の総資産は、前年度末比246億22百万円減少の6,202億8百万円となりました。
         b.負債の部

          当社グループはリース・割賦及び営業貸付、事業投資等の金融サービスを提供するために、資金調達として、
         親会社である新生銀行を中心に幅広い金融機関と長きに渡り良好な取引関係を維持し借入取引を行っており、加
         えてコマーシャル・ペーパーや社債の発行、リース・割賦債権の流動化などを活用し、コストを抑制しつつ安定
         的に資金を確保するよう努めております。
          また、金融市場動向を分析しつつALM(資産・負債の総合管理)を実施し、金利や為替等の市場リスクを含
         め、各種リスクを適切にコントロールするように留意しております。
          資金の流動性については、平素から資金繰り管理を綿密に行い流動性を適切に確保すると共に、新生銀行を中
         心に複数の金融機関からの当座貸越枠等で十分な資金枠を確保しております。
         c.純資産の部

          当中間連結会計期間末の純資産は、剰余金の配当により100億15百万円減少した一方、親会社株主に帰属する
         中間純利益19億48百万円の増加とその他の包括利益累計額27百万円の増加及び非支配株主持分74百万円の増加等
         により、前期末から80億37百万円減少の998億30百万円となりました。
          この結果、自己資本比率15.79%となりました。
      ③会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
        析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
                                13/66













                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
     4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                14/66



















                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    第3【設備の状況】
     1【賃貸資産】
      (1)主要な設備の状況
         当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
      (2)設備の新設、除却等の計画

         当中間連結会計期間において、重要な設備の新設・除却等の計画及び重要な変更はありません。なお、取引先
        との契約等に基づき、オペレーティング・リースに係る資産の取得及び除却等を随時行っております。
     2【社用資産】

      (1)主要な設備の状況
         当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
      (2)設備の新設、除却等の計画

         当中間連結会計期間において、前連結会計年度末において計画中であった重要な設備の新設、除去等について
        重要な変更はありません。また、新たに確定した重要な設備の新設、拡充、改修、除去、売却等の計画はありま
        せん。
                                15/66














                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                1,000,000,000

                  計                              1,000,000,000

        ②【発行済株式】

                  中間会計期間末現在            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
          種類          発行数(株)             (株)       又は登録認可金融商品              内容
                  (2022年9月30日)           (2022年11月25日)          取引業協会名
                                                     単元株式数
         普通株式            306,276,912           306,276,912            非上場          1,000株
                                                      (注)
          計           306,276,912           306,276,912             -          -
     (注)当社の株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要する旨定款に定めております。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の状況】

                 発行済株式総                             資本準備金増
                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                             減額
                        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                   (株)                            (百万円)
     2022年4月1日~
                      -   306,276,912            -     29,360         -      5,138
     2022年9月30日
      (5)【大株主の状況】

                                                  2022年9月30日現在
                                                   発行済株式(自己

                                           所有株式数        株式を除く。)の
          氏名又は名称                    住所
                                            (株)       総数に対する所有
                                                   株式数の割合(%)
                                            306,276,912            100.00

     株式会社新生銀行                 東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
                                            306,276,912            100.00
             計                  -
                                16/66





                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年9月30日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                          -           -         -

     議決権制限株式(自己株式等)                          -           -         -

     議決権制限株式(その他)                          -           -         -

     完全議決権株式(自己株式等)                          -           -         -
     完全議決権株式(その他)                普通株式 306,276,000                  306,276            -
     単元未満株式                普通株式     912                     -         -

     発行済株式総数                     306,276,912                -         -

     総株主の議決権                          -         306,276            -

        ②【自己株式等】

                                                  2022年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                  自己名義所有株式         他人名義所有株式         所有株式数の合計
               所有者の住所                                    対する所有株式数
     名称                  数(株)         数(株)            (株)
                                                   の割合(%)
         -         -            -         -         -         -

         計         -            -         -         -         -

     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当半期報告書の提出日までにおいて、役員の異動はありません。
                                17/66











                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    第5【経理の状況】
      1.中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
      (1)当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令
        第24号)に基づいて作成しております。
      (2)当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38

        号)及び「特定金融会社等の会計の整理に関する内閣府令」(平成11年5月19日総理府・大蔵省令第32号)に基づ
        いて作成しております。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(2022年4月1日から2022年9月
      30日まで)の中間連結財務諸表及び中間会計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)の中間財務諸表につい
      て、有限責任監査法人トーマツによる中間監査を受けております。
                                18/66
















                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
     1【中間連結財務諸表等】
      (1)【中間連結財務諸表】
        ①【中間連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                    (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                           43,596              21,317
        現金及び預金
                                       ※3 ,※8  265,383          ※3 ,※8  265,359
        割賦債権
                                       ※3 ,※8  187,010          ※3 ,※8  183,402
        リース債権及びリース投資資産
                                        ※3 ,※6  29,941          ※3 ,※6  31,721
        営業貸付金
                                         ※3  36,835            ※3  40,340
        その他の営業貸付債権
                                          ※8  5,468            ※8  5,800
        賃貸料等未収入金
                                        ※3 ,※9  20,987          ※3 ,※9  19,596
        その他
                                           △ 2,899             △ 2,490
        貸倒引当金
                                           586,324              565,047
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          賃貸資産
                                        ※1 ,※3  41,476          ※1 ,※3  39,050
           賃貸資産
                                           41,476              39,050
           賃貸資産合計
          社用資産
                                           ※1  927            ※1  933
           社用資産
                                             927              933
           社用資産合計
                                           42,404              39,984
          有形固定資産合計
        無形固定資産
          賃貸資産
                                             106              139
           賃貸資産
                                             106              139
           賃貸資産合計
          その他の無形固定資産
                                             25              6
           のれん
                                            3,413              3,186
           ソフトウエア
                                              2              2
           その他
                                            3,441              3,195
           その他の無形固定資産合計
                                            3,547              3,335
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                          ※2  6,560            ※2  6,792
          投資有価証券
                                              3              2
          長期貸付金
                                            3,547              2,802
          繰延税金資産
                                             756              529
          破産更生債権等
                                            1,716              1,761
          その他
                                            △ 30             △ 47
          貸倒引当金
                                           12,553              11,841
          投資その他の資産合計
                                           58,506              55,160
        固定資産合計
                                           644,830              620,208
       資産合計
                                19/66






                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
                                                    (単位:百万円)

                                    前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                    (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                           32,148              21,217
        支払手形及び買掛金
                                         ※7  72,453            ※7  60,861
        短期借入金
                                        ※3 ,※5  8,987          ※3 ,※5  9,073
        債権流動化に伴う支払債務
                                                         10,000
        1年内償還予定の社債                                     -
                                         ※3  85,480            ※3  85,798
        1年内返済予定の長期借入金
                                           81,500              96,500
        コマーシャル・ペーパー
                                        ※3 ,※5  4,109          ※3 ,※5  1,703
        1年内支払予定の債権流動化に伴う長期支払債務
                                             56              7
        リース債務
                                             451              250
        未払法人税等
                                            1,196               628
        賞与引当金
                                         ※9  24,708            ※9  21,354
        その他
                                           311,092              307,394
        流動負債合計
       固定負債
                                           20,000              10,000
        社債
                                         ※3  194,815            ※3  192,366
        長期借入金
                                         ※3 ,※5  181           ※3 ,※5  87
        債権流動化に伴う長期支払債務
                                              0
        リース債務                                                   -
                                            2,000              1,993
        退職給付に係る負債
                                            1,619              1,660
        資産除去債務
                                            7,253              6,875
        その他
                                           225,870              212,984
        固定負債合計
                                           536,962              520,378
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                           29,360              29,360
        資本金
                                            5,171              5,171
        資本剰余金
                                           70,619              62,479
        利益剰余金
                                           105,150              97,011
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                            1,042              1,059
        その他有価証券評価差額金
                                            △ 119             △ 109
        退職給付に係る調整累計額
                                             922              949
        その他の包括利益累計額合計
                                            1,794              1,869
       非支配株主持分
                                           107,867              99,830
       純資産合計
                                           644,830              620,208
     負債純資産合計
                                20/66







                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        ②【中間連結損益及び包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
                                        49,540              51,613
     売上高
                                        42,141              44,737
     売上原価
                                         7,399              6,875
     売上総利益
                                        ※ 5,041             ※ 4,732
     販売費及び一般管理費
                                         2,357              2,142
     営業利益
     営業外収益
                                           0              0
       受取利息
                                          47              44
       受取配当金
                                          32              423
       為替差益
                                          34              367
       匿名組合投資利益
                                          42              69
       雑収入
                                           3              3
       その他
                                          160              908
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          28              38
       支払利息
                                          125              119
       持分法による投資損失
                                          15
       匿名組合投資損失                                                  -
                                           0              1
       その他
                                          169              159
       営業外費用合計
                                         2,348              2,891
     経常利益
     特別利益
                                          166
       投資有価証券売却益                                                  -
                                           0              0
       その他
                                          167               0
       特別利益合計
     特別損失
                                                         16
       投資有価証券評価損                                    -
                                           1              2
       関係会社株式評価損
                                           0              0
       固定資産除売却損
                                           2              19
       特別損失合計
                                         2,513              2,872
     税金等調整前中間純利益
                                          167               87
     法人税、住民税及び事業税
                                          414              786
     法人税等調整額
                                          581              873
      法人税等合計
                                         1,931              1,999
     中間純利益
     (内訳)
                                         1,899              1,948
     親会社株主に帰属する中間純利益
                                          32              50
     非支配株主に帰属する中間純利益
     その他の包括利益
                                          19              17
       その他有価証券評価差額金
                                           8              9
       退職給付に係る調整額
                                          27              27
       その他の包括利益合計
                                         1,959              2,026
     中間包括利益
     (内訳)
                                         1,927              1,976
     親会社株主に係る中間包括利益
                                          32              50
     非支配株主に係る中間包括利益
                                21/66





                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        ③【中間連結株主資本等変動計算書】
          前中間連結会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
                                                (単位:百万円)
                    株主資本              その他の包括利益累計額
                                               非支配
                                                  純資産合計
                           株主資本    その他有価証     退職給付に係     その他の包括      株主持分
             資本金    資本剰余金     利益剰余金
                           合計    券評価差額金     る調整累計額     利益累計額合計
     当期首残高        29,360     5,171    69,825     104,357      1,179     △ 79    1,099    1,749    107,206
     当中間期変動額
      剰余金の配当                △ 2,695    △ 2,695                        △ 2,695
      親会社株主に
      帰属する中間                 1,899     1,899                        1,899
      純利益
      連結範囲の変

                        △ 0    △ 0                        △ 0
      動
      株主資本以外

      の項目の当中
                                  19     8     27    25     53
      間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額
               -     -   △ 795    △ 795     19     8     27    25    △ 742
     合計
     当中間期末残高        29,360     5,171    69,030     103,561      1,199     △ 71    1,127    1,775    106,464
          当中間連結会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

                                                (単位:百万円)
                    株主資本              その他の包括利益累計額
                                               非支配
                                                  純資産合計
                           株主資本    その他有価証     退職給付に係     その他の包括      株主持分
             資本金    資本剰余金     利益剰余金
                           合計    券評価差額金     る調整累計額     利益累計額合計
     当期首残高        29,360     5,171    70,619     105,150      1,042     △ 119      922   1,794    107,867
     当中間期変動額
      剰余金の配当                △ 10,015    △ 10,015                        △ 10,015
      親会社株主に
      帰属する中間                 1,948     1,948                        1,948
      純利益
      連結範囲の変

                       △ 72    △ 72                        △ 72
      動
      株主資本以外

      の項目の当中
                                  17     9     27    74     101
      間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額
               -     -  △ 8,139    △ 8,139      17     9     27    74   △ 8,037
     合計
     当中間期末残高
             29,360     5,171    62,479     97,011     1,059     △ 109      949   1,869     99,830
                                22/66






                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                   (自 2021年4月1日             (自 2022年4月1日
                                    至 2021年9月30日)              至 2022年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                            2,513             2,872
       税金等調整前中間純利益
                                            4,055             3,920
       賃貸資産減価償却費
                                             558             556
       社用資産減価償却費
                                              18             18
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                     △ 237            △ 391
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                     △ 125            △ 567
                                              38
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                                   △ 18
       受取利息及び受取配当金                                      △ 47            △ 44
                                             661             742
       資金原価及び支払利息
                                             197            3,115
       為替差損益(△は益)
       投資有価証券売却損益及び償還損益(△は益)                                     △ 166              -
                                                           16
       投資有価証券評価損益(△は益)                                       -
                                              0             0
       社用資産売却処分損益(△は益)
                                             125             119
       持分法による投資損益(△は益)
                                            4,067               23
       割賦債権の増減額(△は増加)
                                            1,852             3,647
       リース債権及びリース投資資産の増減額(△は増加)
       営業貸付金の増減額(△は増加)                                    △ 1,546            △ 5,285
                                            2,991             3,589
       賃貸資産の売却による収入
       賃貸資産の取得による支出                                    △ 4,908            △ 4,150
       仕入債務の増減額(△は減少)                                    △ 3,153            △ 10,931
       未払金の増減額(△は減少)                                    △ 3,763            △ 2,326
                                             935
                                                          △ 502
       その他
                                            4,066
       小計                                                  △ 5,594
       利息及び配当金の受取額                                       47             44
       利息の支払額                                     △ 661            △ 740
                                            △ 493           △ 1,120
       法人税等の支払額
                                            2,959
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                                  △ 7,411
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       社用資産の取得による支出                                     △ 300            △ 266
                                             243              0
       投資有価証券の売却及び償還による収入
       定期預金の預入による支出                                      △ 0            △ 3
       匿名組合出資金の払込による支出                                      △ 36            △ 13
                                              7             5
       匿名組合出資金の払戻による収入
                                              45
                                                          △ 91
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                      △ 40            △ 369
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    △ 13,452            △ 14,284
                                            16,000             15,000
       コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減少)
                                            4,661               86
       債権流動化による支払債務の純増減額(△は減少)
                                            41,200             35,300
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                    △ 42,810            △ 37,923
       配当金の支払額                                    △ 2,695            △ 10,015
       非支配株主への配当金の支払額                                      △ 7            △ 7
                                           △ 4,801            △ 2,499
       債権流動化の返済による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △ 1,905            △ 14,344
                                              17             69
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                            1,029
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                   △ 22,055
                                            35,737             43,577
     現金及び現金同等物の期首残高
                                             △ 1           △ 227
     連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                           ※ 36,765            ※ 21,294
     現金及び現金同等物の中間期末残高
                                23/66




                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        【注記事項】
         (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数            8 社
              主要な連結子会社の名称
               新生コベルコリース㈱
               トーザイ貿易㈱
               栄伸工業㈱
              前連結会計年度まで連結子会社でありました㈱エス・エル・シエラ及び㈱エス・エル・ペルムは、
             重要性が減少したことにより、当中間連結会計期間において連結の範囲から除外しております。
           (2)主要な非連結子会社の名称等

              主要な非連結子会社
               エス・エル・パシフィック㈱
               SLSS   SHIPPING     S.A.
              (連結の範囲から除いた理由)
                非連結子会社のうちエス・エル・パシフィック㈱他26社は、主として匿名組合方式による賃貸事
               業等を行っている営業者であり、その資産、負債及び損益は実質的に当該子会社に帰属せず、か
               つ、当該子会社との取引がほとんどないため、中間連結財務諸表規則第5条第1項第2号により連
               結の範囲から除外しております。
                SLSS    SHIPPING     S.A.   他25社は、その資産、売上高、中間純損益(持分に見合う額)、利益剰余
               金(持分に見合う額)及びその他の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、連結の範囲か
               ら除いても企業集団の財政状態及び経営成績に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏し
               いため、連結の範囲から除外しております。
          2.持分法の適用に関する事項

           (1)持分法適用の非連結子会社の数及び名称
              該当事項はありません。
           (2)持分法適用の関連会社の数及び名称

              3 社
              ナインアワーズプロパティファンド合同会社
              合同会社RLSプロジェクト
              合同会社GHインベストメント
           (3)主要な持分法非適用の非連結子会社の名称等

              主要な持分法非適用の非連結子会社
               エス・エル・パシフィック㈱
               SLSS   SHIPPING     S.A.
              (持分法の適用対象から除いた理由)
                エス・エル・パシフィック㈱他26社は、主として匿名組合方式による賃貸事業等を行っている営
               業者であり、その資産、負債及び損益は実質的に当該子会社に帰属せず、かつ、当該子会社との取
               引がほとんどないため、中間連結財務諸表規則第7条第1項第2号により持分法の適用対象から除
               いております。
                SLSS    SHIPPING     S.A.他25社は、中間純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)
               及びその他の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、持分法の適用対象から除いても中間
               連結財務諸表に重要な影響を及ぼさないため、持分法の適用対象から除いております。
           (4)持分法非適用の関連会社の名称等

              該当事項はありません。
          3.連結子会社の中間決算日等に関する事項

             連結子会社の中間決算日のうち、㈱エス・エル・ベータは6月16日、㈲エス・エル・セレスは12月24日
            であります。中間連結財務諸表の作成に当たって、中間連結決算日現在で実施した仮決算に基づく中間財
                                24/66


                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
            務諸表を使用しております。なお、その他の連結子会社の中間決算期の末日は、中間連結決算日と一致し
            ております。
          4.会計方針に関する事項

           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             ① 有価証券
             その他有価証券
              ⅰ.市場価格のない株式等以外のもの
                 時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主として移動平均法により算
                定)を採用しております。
              ⅱ.市場価格のない株式等
                 主として移動平均法による原価法を採用しております。
                 なお、匿名組合出資金については、匿名組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な
                直近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
             ② デリバティブ
                時価法によっております。
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             ① 有形固定資産
              ⅰ.賃貸資産
                 リース期間を償却年数とし、リース期間満了時のリース資産の見積処分価額を残存価額とする
                定額法によって償却しております。なお、中途解約に伴う資産の処分損見込額を追加償却してお
                ります。
              ⅱ.社用資産
                 定率法によって償却し、年間減価償却費見積額を期間により按分し計上しております。
                 ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降
                に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
                 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                 建物…3年~30年
                 器具備品…2年~20年
             ② 無形固定資産
              ⅰ.賃貸資産
                 リース期間にわたり定額法によって償却しております。
              ⅱ.ソフトウェア
                 社内における利用可能期間(5年~10年)に基づく定額法によって償却しております。
           (3)繰延資産の処理方法

               社債発行費…支出時に全額費用として処理しております。
                                25/66








                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
           (4)重要な引当金の計上基準

             ① 貸倒引当金
                当社では、リース投資資産、リース債権、割賦債権、営業貸付金及びこれらに準ずる債権(以下
               「債権」という。)を、資産の自己査定基準に基づき、営業担当部署等が資産査定を実施し、主に
               当該部署から独立した審査部署が最終査定を実施しております。その査定結果に基づいて、予め定
               めている償却・引当基準に則り、以下に定める債務者区分に応じて、貸倒引当金を計上しておりま
               す。
                なお、査定結果は新生銀行グループ本社グループポートフォリオリスク管理部が検証しておりま
               す。
               破綻先:破産、特別清算等、法的又は形式的に経営破綻の事実が発生している債務者
               実質破綻先:破綻先と実質的に同等の状況にある債務者
               破綻懸念先:現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債
               務者
               要注意先:貸出条件や返済履行状況に問題があり、業況が低調又は不安定で、今後の管理に注意を
               要する債務者
               正常先:業況が良好であり、かつ財務内容にも特段の問題がないと認められる債務者
                破綻先に係る債権及び実質破綻先に係る債権については、以下のなお書きに記載されている直接

               減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額
               を計上しております。
                破綻懸念先に係る債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能
               見込額を控除し、その残額に対して今後の3年間の予想損失額を見込んで計上しており、予想損失
               額は3年間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を
               求め、足許の状況を勘案する等の必要な修正を加えて算出しております。
                上記以外の債務者(正常先、要注意先)に係る債権については、債権の平均残存期間の予想損失
               額を見込んで計上しており、予想損失額は、ポートフォリオの特性に応じて、大口与信先(与信総
               額1億円以上の先)、小口一般与信先(与信総額1億円未満の一般審査先)、小口提携与信先(与
               信総額1億円未満の簡易審査先)の債権にグルーピングを行ったうえで、各々の債務者区分別の平
               均残存期間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を
               求め、足許の状況を勘案する等の必要な修正を加えて算出しております。
                連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と認めた額
               を、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞ
               れ計上しております。
                なお、当社及び一部の連結子会社では破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等につい
               ては、原則として債権額から担保の評価額及び保証による回収が可能と認められる額を控除した残
               額を取立不能見込額として債権額から直接減額しており、その金額は4,433百万円(前連結会計年
               度末は5,030百万円)であります。
               (追加情報)
                前連結会計年度末において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大やそれに伴う経済活動の停滞
               が債権の信用リスクに与える影響は、一部の特定業種において前連結会計年度末より、さらに1年
               程度続くものと想定しております。当中間連結会計期間において、当該想定に重要な変更はなく、
               当該想定に基づき、当社及び一部の連結子会社の特定業種に対する債権の信用リスクに影響がある
               との仮定を置いております。
                こうした仮定のもと、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により重要な影響を受けている特定
               の業種ポートフォリオについては、今後予想される業績悪化の状況を見積り貸倒実績率に修正を加
               えた予想損失率によって、当中間連結会計期間において必要な調整として貸倒引当金280百万円
               (前連結会計年度末は309百万円)を計上しております。
                なお、新型コロナウイルス感染症の感染状況やその経済環境への影響などが変化した場合には、
               当連結会計年度末において貸倒引当金は増減する可能性があります。
             ② 賞与引当金

                従業員に支給する賞与に備えるため、支給見込額のうち当中間連結会計期間負担額を計上してお
               ります。
           (5)退職給付に係る会計処理の方法

             ① 退職給付見込額の期間帰属方法
                                26/66

                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
                退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間連結会計期間末までの期間に帰属させる
               方法については、給付算定式基準によっております。
             ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内
               の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処
               理しております。
                過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
               (10年)による定額法により費用処理しております。
             ③ 一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己
              都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を採用しております。
                                27/66

















                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
           (6)重要な収益及び費用の計上基準

             ① ファイナンス・リース取引に係る売上高及び売上原価の計上基準
                リース料を収受すべき時に売上高と売上原価を計上しております。
             ② オペレーティング・リース取引に係る売上高の計上基準
                リース契約上収受すべきリース料総額をリース期間に相当する月数で均等割した月当たりリース
               料を基準として、その経過期間に対応する額を計上しております。
             ③ 割賦販売取引の会計処理
                割賦販売取引は、物件の引渡時に物件購入価額を元本相当額として割賦債権に計上し、賦払金回
               収額を元本部分と金利部分に区分して処理する方法を採用しております。なお、金利部分の期間配
               分については利息法を採用し、割賦売上高には金利部分のみを計上しております。
             ④ 金融費用の計上基準
                金融費用は、営業収益に対応する金融費用とその他の金融費用を区分計上することとしておりま
               す。
                その配分方法は、総資産を営業取引に基づく資産とその他の資産に区分し、その資産残高を基準
               として、営業資産に対応する金融費用は資金原価として売上原価に、その他の資産に対応する金融
               費用は営業外費用に計上しております。
                なお、資金原価は、営業資産に係る金融費用からこれに対応する預金の受取利息等を控除して計
               上しております。
           (7)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

              外貨建金銭債権債務は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、為替差額は損益に計上
             しております。
           (8)重要なヘッジ会計の方法

             ① ヘッジ会計の方法
                原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、振当処理の要件を満たしている為替予約に
               ついては振当処理によっており、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては特例処理
               によっております。
             ② ヘッジ手段とヘッジ対象
              ⅰ.ヘッジ手段…為替予約取引及び金利スワップ取引
              ⅱ.ヘッジ対象…営業貸付金及び借入金
             ③ ヘッジ方針
                為替リスクのある資産については、社内規定に基づき、為替予約等によりリスクをヘッジしてお
               ります。
                金利リスクのある資産及び負債については、社内規定に基づき、金利スワップによりリスクを
               ヘッジしております。
             ④ ヘッジ有効性評価の方法
              ⅰ.個別ヘッジ
                 ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計を
                比較し、両者の変動額等を基礎にして、ヘッジの有効性を評価しております。
              ⅱ.振当処理及び特例処理
                 有効性の評価は、省略しております。
                                28/66






                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
           (9)のれんの償却方法及び償却期間

               のれんについては、投資効果の発現する期間を4年と見積り、当該期間において均等償却しており
              ます。また、金額的重要性が乏しい場合には発生年度に一括償却しております。
           (10)中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

               手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少な
               リスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (11)その他中間連結財務諸表作成のための重要な事項

             ① 消費税等の会計処理
                固定資産に係る控除対象外消費税等は投資その他の資産「その他」に計上し、5年間で均等償却
               をしております。
             ② グループ通算制度の適用
                株式会社新生銀行を通算親会社として、グループ通算制度を適用しております。
             (追加情報)

               グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱いの適用
               当社及び一部の国内連結子会社は、当中間連結会計期間から、連結納税制度からグループ通算制度
              へ移行しております。これに伴い、法人税及び地方法人税並びに税効果会計の会計処理及び開示につ
              いては、「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第
              42号 2021年8月12日。以下「実務対応報告第42号」という。)に従っております。また、実務対応
              報告第42号第32項(1)に基づき、実務対応報告第42号の適用に伴う会計方針の変更による影響はない
              ものとみなしております。
         (会計方針の変更)


       (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                   2021年6月17日。以下「時価算定会計
       基準適用指針」という。)を当中間連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に定める
       経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することとい
       たしました。
        なお、中間連結財務諸表に与える影響はありません。
         (表示方法の変更)

        該当事項はありません。
                                29/66







                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (中間連結貸借対照表関係)
    ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     賃貸資産の減価償却累計額                               49,052   百万円              46,203   百万円
                                     748                 732
     社用資産の減価償却累計額
    ※2.非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     投資有価証券(株式)                                100百万円                 101百万円
     投資有価証券(その他)                               2,356                 2,586
    ※3.担保資産及び担保付債務

        担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     割賦債権                               3,572百万円                 2,207百万円
     リース債権及びリース投資資産                               10,315                  9,339
     賃貸資産                               3,994                 2,552
     営業貸付金                                154                  22
     その他の営業貸付債権                               8,987                 9,073
     流動資産「その他」                                 44                 38
              計                     27,068                 23,233
        担保付債務は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     債権流動化に伴う支払債務                               8,987百万円                 9,073百万円
     長期借入金(1年内返済予定を含む)                               5,828                 5,262
     債権流動化に伴う長期支払債務(1年内支
                                    4,291                 1,791
     払を含む)
              計                     19,106                 16,126
    4.偶発債務

      次のとおり保証等を行っております。
        連結会社以外の会社について金融機関等からの借入に対するもの
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     保証債務(Shinsei         Kobelco    Leasing

                                      60百万円                 72百万円
     Singapore     Pte.   Ltd.)
        営業取引に関するもの

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     保証債務                                768百万円                 626百万円
     引取予約                                179                 122
              計                       948                 748
    注)保証債務のうち国土交通省下請債権保全支援事業に係わる保証債務(前連結会計年度25百万円、当中間連結会計期間
    9百万円)については、保証履行時に建設業振興基金から保証履行額の75%が補償されます。
    ※5.債権流動化に伴う支払債務及び債権流動化に伴う長期支払債務

                                30/66


                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
       債権流動化に伴う支払債務及び債権流動化に伴う長期支払債務は、主にリース債権等流動化により資金調達した金
      額のうち、金融取引として処理しているものであります。
    ※6.貸出コミットメントに係る貸出未実行残高は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     貸出コミットメントの総額                               3,580百万円                  860百万円
     貸出実行残高                               1,282                  538
             差引額                       2,298                  321
       なお、上記貸出コミットメント契約においては、借入人の資金使途、信用状態等に関する審査を貸出の条件として
      いるものが含まれているため、必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
    ※7.当社及び連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行13行(前連結会計年度は13行)と当

      座貸越契約を締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     当座貸越極度額の総額                              281,000百万円                 287,000百万円
     借入実行残高                               58,400                 42,500
             差引額                      222,600                 244,500
    ※8.リース・割賦販売契約等に基づく預り手形

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     リース契約に基づく預り手形                                603百万円                 477百万円
     割賦販売契約に基づく預り手形                               5,656                 5,180
     その他の預り手形                                350                 314
    ※9.消費税等の取扱い

      仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動資産の「その他」及び流動負債の
     「その他」に含めて表示しております。
                                31/66










                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (中間連結損益計算書関係)
    ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2021年9月30日)                   至 2022年9月30日)
     給与手当                               1,661   百万円               1,727   百万円
                                     598                 615
     賞与引当金繰入額
                                     376                 415
     福利厚生費
                                     558                 556
     減価償却費
                                     870                 872
     業務委託費
     貸倒引当金繰入額                               △ 151                △ 594
                                32/66

















                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (中間連結株主資本等変動計算書関係)
    前中間連結会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当中間連結会計期間          当中間連結会計期間          当中間連結会計期間
                   株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          末株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                 306,276,912               -          -      306,276,912

           合計            306,276,912               -          -      306,276,912

     自己株式

      普通株式                     -          -          -          -

           合計                 -          -          -          -

          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                          基準日        効力発生日
     (決議)                     (百万円)       額(円)
     2021年6月25日
                   普通株式           2,695         8.80    2021年3月31日         2021年6月25日
     定時株主総会
           (2)基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が中間連結会計期間末日後となる

            もの
             該当事項はありません。
    当中間連結会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当中間連結会計期間          当中間連結会計期間          当中間連結会計期間
                   株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          末株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                 306,276,912               -          -      306,276,912

           合計            306,276,912               -          -      306,276,912

     自己株式

      普通株式                     -          -          -          -

           合計                 -          -          -          -

          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                          基準日        効力発生日
     (決議)                     (百万円)       額(円)
     2022年6月24日
                   普通株式           10,015         32.70    2022年3月31日         2022年6月24日
     定時株主総会
           (2)基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が中間連結会計期間末日後となる

            もの
             該当事項はありません。
                                33/66



                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※ 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおりであ
     ります。
                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2021年9月30日)                 至 2022年9月30日)
     現金及び預金勘定                               36,783百万円                 21,317百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                △17                 △22
     現金及び現金同等物                               36,765                 21,294
                                34/66


















                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
             所有権移転外ファイナンス・リース取引
             (1)リース資産の内容
              有形固定資産
               リース事業における諸設備(建物並びに器具及び備品)であります。
             (2)リース資産の減価償却の方法

               リース期間にわたり定額法によって償却しております。
           2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                   (単位:百万円)
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間

                               (2022年3月31日)                (2022年9月30日)
     1年内                                     21                19

     1年超                                     36                32

               合計                           57                51

                                35/66














                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
          (貸主側)
           1.ファイナンス・リース取引
            (1)リース投資資産の内訳
                                                   (単位:百万円)
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間

                               (2022年3月31日)                (2022年9月30日)
                                       152,324                150,344
     リース料債権部分
                                        4,863                4,551
     見積残存価額部分
                                      △  21,677               △  21,878
     受取利息相当額
                                        1,235                1,159
     その他
                                       136,745                134,177
     リース投資資産
            (2)リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の中間連結決算日後(連結決算日後)の回収

              予定額
                                                   (単位:百万円)
                                   前連結会計年度

                                  (2022年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超

                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    15,593       11,834        9,028       7,962       3,414       4,872
     リース債権
                    40,878       32,759       25,216       18,078       12,049       23,341
     リース投資資産
                                                   (単位:百万円)

                                  当中間連結会計期間

                                  (2022年9月30日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超

                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    15,267       11,547        9,551       7,075       3,272       4,669
     リース債権
                    39,704       32,302       24,724       18,429       11,833       23,350
     リース投資資産
           2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                   (単位:百万円)
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間

                               (2022年3月31日)                (2022年9月30日)
                                        7,750                7,206
     1年内
                                        22,884                22,248
     1年超
                                        30,634                29,454
               合計
                                36/66





                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (金融商品関係)
      1.金融商品の時価等に関する事項
           中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりであ
          ります。
           「現金及び預金」については、現金であること、及び預金は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似
          するものであることから、記載を省略しております。又、「賃貸料等未収入金」につきましても、短期間で決
          済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、記載を省略しております。
           「支払手形及び買掛金」、「短期借入金」、「コマーシャル・ペーパー」及び「債権流動化に伴う支払債
          務」につきましては、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから記載を省
          略しております。
          前連結会計年度(2022年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
       (1)割賦債権(*1)                          264,081           267,335            3,253
       (2)リース債権及びリース投資資産(*1)                          185,734

                                 △5,291

          見積残存価額(*2)
                                 180,443           190,810           10,367

       (3)営業貸付金(*1)                           29,836           29,034           △802

       (4)その他の営業貸付債権(*1)                           36,703           36,772             68

       (5)投資有価証券(*3)                           1,954           1,954            -

              資産計                   513,019           525,907           12,887

       (1)社債
                                  20,000           19,909            △91
       (1年内償還予定を含む)
       (2)長期借入金
                                 280,295           280,220            △75
       (1年内返済予定を含む)
       (3)債権流動化に伴う長期支払債務
                                  4,291           4,288            △2
       (1年内支払予定を含む)
              負債計                   304,587           304,418            △168
          (*1)各項目の債権に対する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。

          (*2)リース投資資産に含まれる見積残存価額を控除しております。
          (*3)市場価格のない株式等は、「(5)投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸借対照
           表計上額は以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                           前連結会計年度

                  区分
                                          (2022年3月31日)
     非上場株式                                                   1,865

     匿名組合出資金                                                   2,639

     子会社株式                                                    100

           金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
           り、当該価額が変動することもあります。
                                37/66



                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
          当中間連結会計期間(2022年9月30日)
                            連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
       (1)割賦債権(*1)                          264,274           266,422            2,147
       (2)リース債権及びリース投資資産(*1)                          182,240

                                 △4,990

          見積残存価額(*2)
                                 177,250           187,817           10,566

       (3)営業貸付金(*1)                           31,653           30,850           △803

       (4)その他の営業貸付債権(*1)                           40,252           40,324             71

       (5)投資有価証券(*3)                           1,797           1,797            -

              資産計                   515,228           527,211           11,982

       (1)社債
                                  20,000           19,927            △73
       (1年内償還予定を含む)
       (2)長期借入金
                                 278,165           277,420            △744
       (1年内返済予定を含む)
       (3)債権流動化に伴う長期支払債務
                                  1,791           1,791            △0
       (1年内支払予定を含む)
              負債計                   299,956           299,138            △817
          (*1)各項目の債権に対する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。

          (*2)リース投資資産に含まれる見積残存価額を控除しております。
          (*3)市場価格のない株式等は、「(5)投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の中間連結貸借
           対照表計上額は以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                          当中間連結会計期間

                  区分
                                          (2022年9月30日)
     非上場株式                                                   2,006

     匿名組合出資金                                                   2,887

     子会社株式                                                    101

           金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
           り、当該価額が変動することもあります。
                                38/66







                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
      2.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
         金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分
        類しております。
         レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算
                 定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
         レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係
                 るインプットを用いて算定した時価
         レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
         時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属す
         るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
      (1)時価で中間連結貸借対照表に計上している金融商品

        前連結会計年度(2022年3月31日)
                                        時価(百万円)
               区分
                              レベル1        レベル2        レベル3         合計
       投資有価証券                         1,919          35        -      1,954

              資産計                 1,919          35        -      1,954

        当中間連結会計期間(2022年9月30日)

                                        時価(百万円)
               区分
                              レベル1        レベル2        レベル3         合計
       投資有価証券                         1,730          67        -      1,797

              資産計                 1,730          67        -      1,797

      (2)時価で中間連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

        前連結会計年度(2022年3月31日)
                                        時価(百万円)
               区分
                              レベル1        レベル2        レベル3         合計
       割賦債権                          -        -      267,335        267,335

       リース債権及びリース投資資産                          -        -      190,810        190,810

       営業貸付金                          -        -      29,034        29,034

       その他の営業貸付債権                          -        -      36,772        36,772

               資産計                   -        -      523,953        523,953

       社債
                                 -      19,909          -      19,909
       (1年内償還予定を含む)
       長期借入金
                                 -        -      280,220        280,220
       (1年内返済予定を含む)
       債権流動化に伴う長期支払債務
                                 -        -       4,288        4,288
       (1年内支払予定を含む)
               負債計                   -      19,909        284,509        304,418
                                39/66





                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        当中間連結会計期間(2022年9月30日)
                                        時価(百万円)
               区分
                              レベル1        レベル2        レベル3         合計
       割賦債権                          -        -      266,422        266,422

       リース債権及びリース投資資産                          -        -      187,817        187,817

       営業貸付金                          -        -      30,850        30,850

       その他の営業貸付債権                          -        -      40,324        40,324

               資産計                   -        -      525,414        525,414

       社債
                                 -      19,927          -      19,927
       (1年内償還予定を含む)
       長期借入金
                                 -        -      277,420        277,420
       (1年内返済予定を含む)
       債権流動化に伴う長期支払債務
                                 -        -       1,791        1,791
       (1年内支払予定を含む)
               負債計                   -      19,927        279,211        299,138
     (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

      投資有価証券
         上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式のうち活発な市場で取引されているものは、その時価
        をレベル1の時価に分類しております。一方で、当社が保有している上場株式のうち市場での取引頻度が低く、活
        発な市場における相場価額と認められないものは、その時価をレベル2の時価に分類しております。
      割賦債権、リース債権及びリース投資資産

         各債権の内部格付、商品分類に基づく区分ごと、債権の合計額と、同様の新規契約を行った場合に想定される利
        率を基に割引現在価値法により算定しており、レベル3の時価に分類しております。また、貸倒懸念債権について
        は、担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積高を算出しているため、時価は中間連結決算日(連結決
        算日)における中間連結貸借対照表価額(連結貸借対照表価額)から現在の貸倒見積高を控除した金額に近似して
        いることから、当該価額をもって時価とし、レベル3に算定しております。
         また、リース債権及びリース投資資産については、残価保証額以外の残価を除いて時価を算出しております。
      営業貸付金

         元利金の合計額と、新規に同様の貸付金を行った場合に想定される利率を基に割引現在価値法により算定してお
        り、レベル3の時価に分類しております。また、貸倒懸念債権については、担保及び保証による回収見込額等に基
        づいて貸倒見積高を算出しているため、時価は中間連結決算日(連結決算日)における中間連結貸借対照表価額
        (連結貸借対照表価額)から現在の貸倒見積高を控除した金額に近似していることから、当該価額をもって時価と
        し、レベル3に分類しております。
         固定金利による営業貸付金は金利スワップの特例処理の対象とされており、当該金利スワップと一体として処理
        された元利金の合計額を同額の貸付を行った場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いて算出する方法
        によっており、レベル3に分類しております。
                                40/66






                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
      その他の営業貸付債権
         その他の営業貸付債権のうち支払委託契約及び一年超の買取債権契約に係るものについては、各債権の内部格付
        け区分ごとに債権の合計額を同様の新規契約を行った場合に想定される利率を基に割引現在価値法により算定して
        おり、レベル3の時価に分類しております。また、貸倒懸念債権については、担保及び保証による回収見込額等に
        基づいて貸倒見積高を算出しているため、時価は中間連結決算日(連結決算日)における中間連結貸借対照表価額
        (連結貸借対照表価額)から現在の貸倒見積高を控除した金額に近似していることから、当該価額をもって時価と
        し、レベル3に分類しております。
         上記以外の債権については、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額を
        もって時価とし、レベル3に分類しております。
      社債

        当社の発行する社債の時価は、公表されている相場価格を参照して算定しておりますが、市場での取引頻度が低
        く、活発な市場における相場価格とは認められないため、その時価をレベル2の時価に分類しております。
      長期借入金(1年内返済予定を含む)、債権流動化に伴う長期支払債務(1年内支払予定を含む)

         元利金の合計額と、新規に同様の発行、借入あるいは流動化を行った場合に想定される利率を基に割引現在価値
        法により算定しており、レベル3の時価に分類しております。
         変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされており、当該金利スワップと一体として処理
        された元利金の合計額と、同様の借入を行った場合に適用される合理的に見積られる利率を基に割引現在価値法に
        より算定しており、レベル3の時価に分類しております。
                                41/66














                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            前連結会計年度(2022年3月31日)
                              連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)           差額(百万円)
                              額(百万円)
                 株式                   1,912           529         1,383

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                      小計              1,912           529         1,383
                 株式                    41          53         △12

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                      小計                41          53         △12
                合計                    1,954           583         1,370

            当中間連結会計期間(2022年9月30日)

                              中間連結貸借対照表
                      種類                  取得原価(百万円)           差額(百万円)
                              計上額(百万円)
     中間連結貸借対照表計上
                 株式                   1,742           519         1,222
     額が取得原価を超えるも
                      小計              1,742           519         1,222
     の
     中間連結貸借対照表計上
                 株式                    54          64          △9
     額が取得原価を超えない
                      小計                54          64          △9
     もの
                合計                    1,797           584         1,212
          2.売却したその他有価証券

            前連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           種類           売却額(百万円)           売却益の合計額(百万円)             売却損の合計額(百万円)
     株式                          276             185              -

           合計                    276             185              -

            当中間連結会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

           種類           売却額(百万円)           売却益の合計額(百万円)             売却損の合計額(百万円)
     株式                           -             -             -

           合計                    -             -             -

                                42/66








                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
            該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           金利関連
            前連結会計年度(2022年3月31日)
                                          契約額等のうち
                                  契約金額                   時価
     ヘッジ会計の方法           取引の種類        主なヘッジ対象
                                  (百万円)                  (百万円)
                                          1年超(百万円)
               金利スワップ取引
     金利スワップの
                         営業貸付金
                 変動受取
                                     14,803          1,803      (注)
                         長期借入金
       特例処理
                 固定支払
                 合計                    14,803          1,803
            (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている営業貸付金及び長期借入金と一体
            として処理されているため、その時価は、当該営業貸付金及び当該長期借入金の時価に含めて記載してお
            ります。
            当中間連結会計期間(2022年9月30日)

                                  契約金額        契約額等のうち           時価
     ヘッジ会計の方法           取引の種類        主なヘッジ対象
                                  (百万円)        1年超(百万円)          (百万円)
               金利スワップ取引
     金利スワップの                    営業貸付金
                 変動受取                     13,893          1,893      (注)
       特例処理                  長期借入金
                 固定支払
                 合計                    13,893          1,893
            (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている営業貸付金及び長期借入金と一体
            として処理されているため、その時価は、当該営業貸付金及び当該長期借入金の時価に含めて記載してお
            ります。
         (収益認識関係)


          収益認識に関する会計基準等の対象となる収益に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                43/66









                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
            経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
            す。
             当社は、リース・割賦を中心に事業を展開しており、主たる営業取引の形態に応じた区分である、
            「リース・割賦」、「ファイナンス」及び「その他」の3つを報告セグメントとしております。
             「リース・割賦」は、電算事務機、産業機械、工作機械、土木建設機械、輸送機器、医療機器、商業機
            器等のリース業務及び割賦販売業務を行っております。
             「ファイナンス」は、航空機・船舶ファイナンス、法人向け融資、診療・介護報酬債権ファクタリン
            グ、売掛債権ファクタリング業務等を行っております。
             「その他」は、リース取引の満了・中途解約に伴う物件売却、保険代理店業務、保証業務及び中古建設
            機械等の販売等を行っております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要
            な事項」における記載と同一であります。
             報告セグメントの利益は、売上総利益ベースの数値であります。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

             前中間連結会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                              報告セグメント                        中間連結財
                                                調整額     務諸表計上
                    リース・割賦       ファイナンス        その他        計           額
     売上高

                       40,503        724      8,312      49,540             49,540
      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の内部売上高又
                         -       -       -       -       -       -
      は振替高
                       40,503        724      8,312      49,540             49,540
            計                                        -
                       5,012        637      1,749       7,399             7,399
     セグメント利益                                              -
                      505,086       69,288       4,704      579,078       53,348      632,426
     セグメント資産
     その他の項目

      有形固定資産及び無形固定資
                       4,908                    4,908        755      5,664
                                -       -
      産の増加額
     (注) セグメント資産の調整額は、主に管理部門を中心とした本社機能にかかる資産であります。
                                44/66







                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
             当中間連結会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                              報告セグメント                        中間連結財
                                                調整額     務諸表計上
                    リース・割賦       ファイナンス        その他        計           額
     売上高

                       39,518        864     11,230       51,613             51,613
      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の内部売上高又
                         -       -       -       -       -       -
      は振替高
                       39,518        864     11,230       51,613             51,613
            計                                        -
                       4,876        713      1,285       6,875             6,875
     セグメント利益                                              -
                      507,971       72,561       3,694      584,227       35,980      620,208
     セグメント資産
     その他の項目

      有形固定資産及び無形固定資
                       4,150                    4,150        360      4,510
                                -       -
      産の増加額
     (注) セグメント資産の調整額は、主に管理部門を中心とした本社機能にかかる資産であります。
         【関連情報】

          前中間連結会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            製品及びサービスの区分が報告セグメントと同一であるため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が中間連結損益及び包括利益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
            略しております。
           (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
            め、記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が、中間連結損益及び包括利益計算書の売上高の10%
           以上を占めるものがないため、記載を省略しております。
          当中間連結会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

          1.製品及びサービスごとの情報
            製品及びサービスの区分が報告セグメントと同一であるため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が中間連結損益及び包括利益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
            略しております。
           (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
            め、記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が、中間連結損益及び包括利益計算書の売上高の10%
           以上を占めるものがないため、記載を省略しております。
                                45/66


                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
          前中間連結会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
           該当事項はありません。
          当中間連結会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

           該当事項はありません。
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前中間連結会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
           2018年12月に行われた企業結合により発生したのれんの償却額及び未償却残高は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                              調整額        合計
             リース・割賦        ファイナンス         その他         計
                   18                        18                18
     当期償却額                      -        -                -
                   43                        43                43
     当期末残高                      -        -                -
          当中間連結会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

           2018年12月に行われた企業結合により発生したのれんの償却額及び未償却残高は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                              調整額        合計
             リース・割賦        ファイナンス         その他         計
                   18                        18                18
     当期償却額                      -        -                -
                   6                        6                6
     当期末残高                      -        -                -
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          前中間連結会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
           該当事項はありません。
          当中間連結会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

           該当事項はありません。
         (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
                                46/66








                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (1株当たり情報)
          1株当たり純資産額は、以下のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当中間連結会計期間
                           (2022年3月31日)                  (2022年9月30日)
     1株当たり純資産額                               346.33円                  319.84円
          1株当たり中間純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                           前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間
                           (自 2021年4月1日                  (自 2022年4月1日
                            至 2021年9月30日)                    至 2022年9月30日)
     1株当たり中間純利益                                6.20円                  6.36円
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する中間純利益
                                    1,899                  1,948
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額
                                      -                  -
      (百万円)
      普通株式に係る親会社株主に帰属
                                    1,899                  1,948
      する中間純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数
                                   306,276                  306,276
      (千株)
          (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      (2)【その他】

          該当事項はありません。
                                47/66










                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
     2【中間財務諸表等】
      (1)【中間財務諸表】
        ①【中間貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度             当中間会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        41,222              19,441
        現金及び預金
                                      ※1  220,354             ※1  222,781
        割賦債権
                                       ※1  39,426             ※1  38,391
        リース債権
                                      ※1  118,957             ※1  117,307
        リース投資資産
                                  ※1 ,※5 ,※7 ,※8  33,576       ※1 ,※5 ,※7 ,※8  34,233
        営業貸付金
                                   ※1 ,※7 ,※9  32,926         ※1 ,※7 ,※9  37,072
        その他の営業貸付債権
                                     ※1 ,※4  27,830             ※1  27,720
        その他
                                        △ 2,372             △ 1,954
        貸倒引当金
                                        511,922              494,993
        流動資産合計
       固定資産
                                        12,759              12,841
        有形固定資産
                                         2,891              2,582
        無形固定資産
                                        21,302              21,153
        投資その他の資産
                                        36,953              36,577
        固定資産合計
                                        548,876              531,570
       資産合計
                                48/66













                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前事業年度             当中間会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                         7,183              5,911
        支払手形
                                        19,771              11,743
        買掛金
                                       ※6  5,500             ※6  7,500
        短期借入金
                                       ※6  55,953             ※6  44,361
        株主からの短期借入金
                                     ※1 ,※3  8,987           ※1 ,※3  9,073
        債権流動化に伴う支払債務
                                                       10,000
        1年内償還予定の社債                                  -
                                        54,305              53,051
        1年内返済予定の長期借入金
                                        10,500              12,836
        1年内返済予定の株主からの長期借入金
                                        81,500              96,500
        コマーシャル・ペーパー
        1年内支払予定の債権流動化に伴う長期支払
                                     ※1 ,※3  4,109           ※1 ,※3  1,703
        債務
                                          53               6
        リース債務
                                          338              120
        未払法人税等
                                         1,110               555
        賞与引当金
                                                     ※4  19,791
                                        23,555
        その他
                                        272,866              273,154
        流動負債合計
       固定負債
                                        20,000              10,000
        社債
                                        106,942               98,532
        長期借入金
                                        33,820              43,034
        株主からの長期借入金
                                      ※1 ,※3  181           ※1 ,※3  87
        債権流動化に伴う長期支払債務
                                         1,621              1,620
        退職給付引当金
                                         1,608              1,649
        資産除去債務
                                         5,982              6,151
        その他
                                        170,156              161,075
        固定負債合計
                                        443,022              434,229
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        29,360              29,360
        資本金
        資本剰余金
                                         5,138              5,138
          資本準備金
                                         5,138              5,138
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                         2,282              2,282
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        68,106              59,701
           繰越利益剰余金
                                        70,389              61,984
          利益剰余金合計
                                        104,888               96,482
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          965              858
        その他有価証券評価差額金
                                          965              858
        評価・換算差額等合計
                                        105,853               97,341
       純資産合計
                                        548,876              531,570
     負債純資産合計
                                49/66





                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        ②【中間損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前中間会計期間               当中間会計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     売上高
                                        30,428              29,763
       リース売上高
                                         1,660              1,770
       割賦売上高
                                          777              901
       ファイナンス収益
                                         2,954              5,111
       その他の売上高
                                        35,821              37,546
       売上高合計
                                       ※3  30,505             ※3  31,990
     売上原価
                                         5,316              5,556
     売上総利益
                                       ※3  3,822             ※3  3,964
     販売費及び一般管理費
                                         1,493              1,591
     営業利益
                                        ※1  129            ※1  759
     営業外収益
                                        ※2  112             ※2  43
     営業外費用
                                         1,510              2,307
     経常利益
     特別利益                                     164               0
                                           2              29
     特別損失
                                         1,673              2,278
     税引前中間純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     98
                                                        △ 52
                                          412              721
     法人税等調整額
                                          510              668
     法人税等合計
                                         1,162              1,610
     中間純利益
                                50/66












                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        ③【中間株主資本等変動計算書】
          前中間会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
                                           (単位:百万円)
                                株主資本
                         資本剰余金           利益剰余金
                                    その他利益
                                              株主資本
                   資本金                  剰余金
                            資本剰余             利益剰余    合計
                       資本準備金         利益準備金
                            金合計             金合計
                                     繰越利益
                                     剰余金
     当期首残高
                    29,360     5,138    5,138    2,282    68,010    70,293    104,792
     当中間期変動額
      剰余金の配当                               △ 2,695    △ 2,695    △ 2,695
      中間純利益                                1,162    1,162    1,162

      株主資本以外の項目の当中間期

      変動額(純額)
     当中間期変動額合計                 -    -    -    -  △ 1,532    △ 1,532    △ 1,532
     当中間期末残高               29,360     5,138    5,138    2,282    66,477    68,760    103,259
                    評価・換算差額等

                   その他有価          純資産合計
                        評価・換算
                   証券評価差
                        差額等合計
                   額金
     当期首残高                1,162     1,162    105,954
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                              △ 2,695
      中間純利益                         1,162

      株主資本以外の項目の当中間期

                      14     14     14
      変動額(純額)
     当中間期変動額合計
                      14     14   △ 1,518
     当中間期末残高                1,176     1,176    104,435
                                51/66









                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
          当中間会計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)
                                           (単位:百万円)
                                株主資本
                         資本剰余金           利益剰余金
                                    その他利益
                                              株主資本
                   資本金                  剰余金
                            資本剰余             利益剰余    合計
                       資本準備金         利益準備金
                            金合計             金合計
                                     繰越利益
                                     剰余金
     当期首残高               29,360     5,138    5,138    2,282    68,106    70,389    104,888
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                                     △ 10,015    △ 10,015    △ 10,015
      中間純利益

                                      1,610    1,610    1,610
      株主資本以外の項目の当中間期

      変動額(純額)
     当中間期変動額合計                 -    -    -    -  △ 8,405    △ 8,405    △ 8,405
     当中間期末残高               29,360     5,138    5,138    2,282    59,701    61,984    96,482
                    評価・換算差額等

                   その他有価          純資産合計
                        評価・換算
                   証券評価差
                        差額等合計
                   額金
     当期首残高
                      965     965   105,853
     当中間期変動額
      剰余金の配当                        △ 10,015
      中間純利益                         1,610

      株主資本以外の項目の当中間期

                     △ 107    △ 107    △ 107
      変動額(純額)
     当中間期変動額合計                △ 107    △ 107   △ 8,512
     当中間期末残高                 858     858    97,341
                                52/66









                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
        1.資産の評価基準及び評価方法
        (1)有価証券の評価基準及び評価方法
          ①子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法によっております。
          ②その他有価証券
           a 市場価格のない株式等以外のもの
             時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主として移動平均法により算定)を採
             用しております。
           b 市場価格のない株式等
             主として移動平均法による原価法を採用しております。
           c その他の関係会社有価証券
             匿名組合出資金については、匿名組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な直近の決算書を
             基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
         (2)デリバティブ等の評価基準及び評価方法

           時価法によっております。
        2.固定資産の減価償却の方法

          (1)有形固定資産
           ① 賃貸資産
             リース期間を償却年数とし、リース期間満了時のリース資産の見積処分価額を残存価額とする定額法に
            よって償却しております。なお、中途解約に伴う資産の処分損見込額を追加償却しております。
           ② 社用資産
             定率法によって償却し、年間減価償却費見積額を期間により按分し計上しております。
             ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得し
            た建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物…3年~18年
              器具備品…2年~20年
          (2)無形固定資産

           ① 賃貸資産
             リース期間にわたり定額法によって償却しております。
           ② ソフトウェア
             社内における利用可能期間(5年~10年)に基づく定額法によって償却しております。
           ③ のれん
             投資効果の発生する期間を4年と見積もり、当該期間において均等償却をしております。
        3.繰延資産の処理方法

            社債発行費…支出時に全額費用として処理しております。
        4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

            外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に換算し、為替差額は損益に計上しており
           ます。
                                53/66





                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        5.引当金の計上基準
          (1)貸倒引当金
            当社では、リース投資資産、リース債権、割賦債権、営業貸付金及びこれらに準ずる債権(以下「債権」
           という。)を、資産の自己査定基準に基づき、営業担当部署等が資産査定を実施し、主に当該部署から独立
           した審査部署が最終査定を実施しております。その査定結果に基づいて、予め定めている償却・引当基準に
           則り、以下に定める債務者区分に応じて、貸倒引当金を計上しております。
            なお、査定結果は新生銀行グループ本社グループポートフォリオリスク管理部が検証しております。
            破綻先:破産、特別清算等、法的又は形式的に経営破綻の事実が発生している債務者

            実質破綻先:破綻先と実質的に同等の状況にある債務者
            破綻懸念先:現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者
            要注意先:貸出条件や返済履行状況に問題があり、業況が低調又は不安定で、今後の管理に注意を
                 要する債務者
            正常先:業況が良好であり、かつ財務内容にも特段の問題がないと認められる債務者
            破綻先に係る債権及び実質破綻先に係る債権については、以下のなお書きに記載されている直接減額後の

           帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上しておりま
           す。
            破綻懸念先に係る債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を
           控除し、その残額に対して今後の3年間の予想損失額を見込んで計上しており、予想損失額は3年間の貸倒
           実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を求め、足元の状況を勘案す
           る等の必要な修正を加えて算出しております。
            上記以外の債務者(正常先、要注意先)に係る債権については、債権の平均残存期間の予想損失額を見込
           んで計上しており、予想損失額は、ポートフォリオの特性に応じて、大口与信先(与信総額1億円以上の
           先)、小口一般与信先(与信総額1億円未満の一般審査先)、小口提携与信先(与信総額1億円未満の簡易
           審査先)の債権にグルーピングを行ったうえで、各々の債務者区分別の平均残存期間の貸倒実績を基礎とし
           た貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を求め、足元の状況を勘案する等の必要な修
           正を加えて算出しております。
            なお、当社では破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、原則として債権額から担
           保の評価額及び保証による回収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額から直
           接減額しており、その金額は4,244百万円(前事業年度末は4,680百万円)であります。
           (追加情報)
            前事業年度末において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大やそれに伴う経済活動の停滞が債権の信用
           リスクに与える影響は、一部の特定業種において前事業年度末より、さらに1年程度続くものと想定してお
           ります。当中間会計期間において、当該想定に重要な変更はなく、当該想定に基づき、当社の特定業種に対
           する債権の信用リスクに影響があるとの仮定を置いております。
            こうした仮定のもと、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により重要な影響を受けている特定の業種
           ポートフォリオについては、今後予想される業績悪化の状況を見積り貸倒実績率に修正を加えた予想損失率
           によって、当中間会計期間において必要な調整として貸倒引当金280百万円(前事業年度末は309万円)を計
           上しております。
            なお、新型コロナウイルス感染症の感染状況やその経済環境への影響などが変化した場合には、当事業年
           度末において貸倒引当金は増減する可能性があります。
          (2)賞与引当金

           従業員に支給する賞与に備えるため、支給見込額のうち当中間会計期間負担額を計上しております。
          (3)退職給付引当金

            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当
           中間会計期間末において発生していると認められる額を計上しております。
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法について
           は、給付算定式基準によっております。
            数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
           (10年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
             過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)に
           よる定額法により費用処理しております。
        6.収益及び費用の計上基準

                                54/66

                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (1)ファイナンス・リース取引に係る売上高及び売上原価の計上基準
            リース料を収受すべき時に売上高と売上原価を計上しております。
         (2)オペレーティング・リース取引に係る売上高の計上基準

            リース契約上収受すべきリース料総額をリース期間に相当する月数で均等割した月当たりリース料を基準
           として、その経過期間に対応する額を計上しております。
         (3)割賦販売取引の会計基準

            割賦販売取引は、物件の引渡時に物件購入価額を元本相当額として割賦債権に計上し、賦払金回収額を元
           本部分と金利部分に区分して処理する方法を採用しております。なお、金利部分の期間配分については利息
           法を採用し、割賦売上高には金利部分のみを計上しております。
         (4)金融費用の計上基準

            金融費用は、営業収益に対応する金融費用とその他の金融費用を区分計上することとしております。
            その配分方法は、総資産を営業取引に基づく資産とその他の資産に区分し、その資産残高を基準として、
           営業資産に対応する金融費用は資金原価として売上原価に、その他の資産に対応する金融費用は営業外費用
           に計上しております。
            なお、資金原価は、営業資産に係る金融費用からこれに対応する預金の受取利息等を控除して計上してお
           ります。
                                55/66














                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
        7.ヘッジ会計の方法
         (1)ヘッジ会計の方法
            原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、振当処理の要件を満たしている為替予約については
           振当処理によっており、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては特例処理によっておりま
           す。
         (2)ヘッジ手段とヘッジ対象

           ① ヘッジ手段
             為替予約取引及び金利スワップ取引
           ② ヘッジ対象
             営業貸付金及び借入金
         (3)ヘッジ方針

            為替リスクのある資産については、社内規定に基づき、為替予約等によりリスクをヘッジしております。
            金利リスクのある資産及び負債については、社内規定に基づき、金利スワップによりリスクをヘッジして
           おります。
         (4)ヘッジ有効性評価の方法

           ① 個別ヘッジ
             ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計を比較し、
            両者の変動額等を基礎にして、ヘッジの有効性を評価しております。
           ② 振当処理及び特例処理
             有効性の評価は、省略しております。
        8.その他中間財務諸表作成のための重要な事項

         (1)退職給付に係る会計処理
            退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、中間連結財務諸表
           におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
         (2)消費税等の会計処理

            固定資産に係る控除対象外消費税等は投資その他の資産に計上し、5年間で均等償却をしております。
         (3)グループ通算制度の適用

            株式会社新生銀行を通算親会社として、グループ通算制度を適用しております。
         (追加情報)

           グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱いの適用)
            当社は、当中間会計期間から、連結納税制度からグループ通算制度へ移行しております。これに伴い、法
           人税及び地方法人税並びに税効果会計の会計処理及び開示については、「グループ通算制度を適用する場合
           の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第42号 2021年8月12日。以下「実務対応報告第42
           号」という。)に従っております。また、実務対応報告第42号第32項(1)に基づき、実務対応報告第42号の
           適用に伴う会計方針の変更による影響はないものとみなしております。
                                56/66






                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (会計方針の変更)
       (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                   2021年6月17日。以下「時価算定会計
       基準適用指針」という。)を当中間会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針第27-2項に定める経過
       的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわたって適用することといたし
       ました。
        なお、中間財務諸表に与える影響はありません。
         (表示方法の変更)

        該当事項はありません。
                                57/66

















                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (中間貸借対照表関係)
    ※1.担保資産及び担保付債務
       担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前事業年度                当中間会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     割賦債権                               3,572百万円                 2,207百万円
     リース債権                                706                 503
     リース投資資産                               3,090                 2,046
     営業貸付金                                154                  22
     その他の営業貸付債権                               8,987                 9,073
     流動資産「その他」                                 44                 38
              計                     16,554                 13,892
       担保付債務は、次のとおりであります。

                               前事業年度                当中間会計期間
                             (2022年3月31日)                  (2022年9月30日)
     債権流動化に伴う支払債務                               8,987百万円                 9,073百万円

     債権流動化に伴う長期支払債務

                                    4,291                 1,791
     (1年内支払予定を含む)
              計                     13,278                 10,864
     2.偶発債務

       営業取引として次のとおり保証等を行っております。
                               前事業年度                当中間会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     保証債務                                768百万円                 626百万円

     引取予約                                179                 122

              計                       948                 748
     注)保証債務のうち国土交通省下請債権保全支援事業に係わる保証債務(前事業年度25百万円、当中間会計期間9百万
        円)については、保証履行時に建設業振興基金から保証履行額の75%が補償されます。
    ※3.債権流動化に伴う支払債務及び債権流動化に伴う長期支払債務

       債権流動化に伴う支払債務及び債権流動化に伴う長期支払債務は、主にリース債権等流動化により資金調達した金
      額のうち、金融取引として処理しているものであります。
    ※4.消費税等の取扱い

       仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動資産の「その他」又は流動負債の
      「その他」に含めて表示しております。
    ※5.貸付業務における貸出コミットメントに係る貸出未実行残高は次のとおりであります。

                               前事業年度                当中間会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     貸出コミットメントの総額                               16,080百万円                 23,660百万円
     貸出実行残高                               8,282                 8,438
             差引額                       7,798                 15,221
      なお、上記貸出コミットメント契約においては、借入人の資金使途、信用状態等に関する審査を貸出の条件としてい
     るものが含まれているため、必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
                                58/66




                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    ※6.当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行(前事業年度は6行)と当座貸越契約を締結しておりま
    す。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前事業年度                当中間会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     当座貸越極度額の総額                              243,500百万円                 250,500百万円
     借入実行残高                               47,400                 33,500
             差引額                      196,100                 217,000
    ※7.「特定金融会社等の会計の整理に関する内閣府令」(2020年1月24日 内閣府令第3号)第9条の分類に基づく営業

    貸付金及びその他の営業貸付債権等に係る不良債権の状況は次のとおりであります。(投資その他の資産「破産更生債権
    等」に含まれる貸付金及びその他の営業貸付債権を含む)
                               前事業年度                当中間会計期間
                             (2022年3月31日)                 (2022年9月30日)
     破産更生債権及びこれらに準ずる債権                                335百万円                 427百万円
     危険債権                               1,781                  733
     三月以上延滞債権                                 -                 -
     貸出条件緩和債権                               1,689                   0
     正常債権                               70,948                 79,313
    (注)1.破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由に
         より経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権であります。
        2.危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った
         債権の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権で、破産更生債権及びこれらに準ずる債権に
         該当しないものであります。
        3.三月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から三月以上遅延している貸付金で、破産更
         生債権及びこれらに準ずる債権、危険債権に該当しないものであります。
        4.貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、
         元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸付金で破産更生債権及びこれらに準
         ずる債権、危険債権、三月以上延滞債権に該当しないものであります。
        5.正常債権とは、破産更生債権及びこれらに準ずる債権、危険債権、三月以上延滞債権、貸出条件緩和債権以外
         のものに区分される債権であります。
    ※8.営業貸付金

        主に証書貸付によるものであります。
    ※9.その他の営業貸付債権

        主にファクタリング及び支払委託契約によるものであります。
                                59/66








                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
         (中間損益計算書関係)
    ※1.営業外収益のうち主要な項目及び金額は次のとおりであります。
                              前中間会計期間                 当中間会計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2021年9月30日)                 至 2022年9月30日)
     受取利息                                 2百万円                 7百万円
     受取配当金                                 77                 74
     匿名組合投資収益                                 -                609
     為替差益                                 9                 -
    ※2.営業外費用のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前中間会計期間                 当中間会計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2021年9月30日)                 至 2022年9月30日)
     支払利息                                 28百万円                 38百万円
     為替差損                                 -                 4
     匿名組合投資損失                                 83                  -
    ※3.減価償却実施額

                              前中間会計期間                 当中間会計期間
                            (自 2021年4月1日                 (自 2022年4月1日
                             至 2021年9月30日)                 至 2022年9月30日)
     有形固定資産                               1,477百万円                 1,463百万円
     無形固定資産                                450                 445
         (有価証券関係)

          子会社株式等(前事業年度の貸借対照表計上額は、関係会社株式8,619百万円及びその他の関係会社有価証券
         4,350百万円、当中間会計期間の中間貸借対照表計上額は、関係会社株式8,609百万円及びその他の関係会社有価
         証券4,941百万円)は、市場価格のない株式等であることから、記載しておりません。
         (収益認識関係)


          収益認識に関する会計基準等の対象となる収益に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         (重要な後発事象)


          該当事項はありません。
      (2)【その他】


           該当事項はありません。
                                60/66




                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    第6【提出会社の参考情報】
     当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書及びその添付書類
        事業年度 第53期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日) 2022年6月24日関東財務局長に提出。
        (2)発行登録書(株券、社債券等)及びその添付書類
        2022年8月1日関東財務局長に提出。
                                61/66


















                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                62/66




















                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
                        独立監査人の中間監査報告書
                                                     2022年11月15日

    昭和リース株式会社

      取締役会 御中

                             有限責任監査法人ト ー マ ツ

                                     東 京 事 務 所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              佐藤 嘉雄
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              野根 俊和
                              業務執行社員
     中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる昭和リース株式会社の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(2022年4月1日か
     ら2022年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益及び包括利益計算
     書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・フロー計算書、中間連結財務諸表作成のための基本となる
     重要な事項及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基
     準に準拠して、昭和リース株式会社及び連結子会社の2022年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間
     連結会計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報
     を表示しているものと認める。
     中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査
     の基準における当監査法人の責任は、「中間連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人
     は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのそ
     の他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手
     したと判断している。
     中間連結財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中間連結財務
     諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間連結財務諸
     表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      中間連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間連結財務諸表を作成することが適切
     であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企
     業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     中間連結財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関して
     投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立
     場から中間連結財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
     り、個別に又は集計すると、中間連結財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要
     性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的
     専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
       ・不正又は誤謬による中間連結財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リス
      クに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間
                                63/66


                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
      監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手
      続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間連結財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に
      基 づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
       ・中間連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リ
      スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間連結財務諸表の作成と有用な情
      報の表示に関連する内部統制を検討する。
       ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連す
      る注記事項の妥当性を評価する。
       ・経営者が継続企業を前提として中間連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証
      拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるか
      どうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間連結
      財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間連結財務諸表の注記事項が適切でない
      場合は、中間連結財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報
      告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくな
      る可能性がある。
       ・中間連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに
      中間連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
       ・中間連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査
      証拠を入手する。監査人は、中間連結財務諸表の中間監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人
      は、単独で中間監査意見に対して責任を負う。
      監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重
     要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行
     う。
      監査人は、監査役に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人
     の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じてい
     る場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上
     (注)1.上記の中間監査報告書の原本は当社(半期報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
                                64/66









                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
                        独立監査人の中間監査報告書
                                                     2022年11月15日

    昭和リース株式会社

      取締役会 御中

                             有限責任監査法人ト ー マ ツ

                                     東 京 事 務 所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              佐藤 嘉雄
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              野根 俊和
                              業務執行社員
     中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる昭和リース株式会社の2022年4月1日から2023年3月31日までの第54期事業年度の中間会計期間(2022年4月1日から
     2022年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算
     書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
     して、昭和リース株式会社の2022年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(2022年4月1日か
     ら2022年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査
     の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、
     我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任
     を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
     る。
     中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作
     成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有
     用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるか
     どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事
     項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資
     者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場か
     ら中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に
     又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断
     される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的
     専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
       ・不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに
      対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査
      の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の
                                65/66


                                                          EDINET提出書類
                                                      昭和リース株式会社(E31658)
                                                             半期報告書
      一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づい
      て、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
       ・中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク
      評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示
      に関連する内部統制を検討する。
       ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連す
      る注記事項の妥当性を評価する。
       ・経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に
      基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどう
      か結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表
      の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間
      財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手
      した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
       ・中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表
      が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重
     要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行
     う。
      監査人は、監査役に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人
     の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じてい
     る場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記の中間監査報告書の原本は当社(半期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
                                66/66











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。