ダイワ通信株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 ダイワ通信株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
     【提出書類】                         有価証券届出書

     【提出先】                         北陸財務局長
     【提出日】                         2022年11月21日
     【会社名】                         ダイワ通信株式会社
     【英訳名】                         DAIWA   TSUSHIN    Co.,   Ltd
     【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  岩本 秀成
     【本店の所在の場所】                         石川県金沢市入江二丁目180番地
     【電話番号】                         076-291-4000
     【事務連絡者氏名】                         取締役管理部長  多賀 勝用
     【最寄りの連絡場所】                         石川県金沢市入江二丁目180番地
     【電話番号】                         076-291-4000
     【事務連絡者氏名】                         取締役管理部長  多賀 勝用
     【届出の対象とした売出有価証券の種類】                         株式
     【届出の対象とした売出金額】                         売出金額
                              (引受人の買取引受による売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し                      1,197,534,000円
                              (オーバーアロットメントによる売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し                           179,478,000円
                              (注) 売出金額は、有価証券届出書提出時における見込額であ
                                  ります。

     【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/148











                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部【証券情報】
    第1【募集要項】
       該当事項はありません。
                                  2/148



















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【売出要項】
     1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
       2022年12月16日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
      (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売
      出要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
      格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日(2022年12月
      26日)に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受
      人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
       なお、引受人の買取引受による売出しは、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証
      券上場規程施行規則」第246条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において売出価格
      に係る仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をい
      う。)により決定される価格で行います。
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
                                        石川県金沢市
                                        岩本 秀成
                                                      554,000株
                                        石川県金沢市
                                        前田 憲司
                                                       72,000株
                                        石川県白山市
             ブックビルディング
                                        隈田 佳孝
     普通株式                    708,600      1,197,534,000
             方式
                                                       39,600株
                                        石川県金沢市西都一丁目270番地
                                        IWAMOTOアセットマネジメント株式会社
                                                       31,000株
                                        石川県金沢市
                                        多賀 勝用
                                                       12,000株
     計(総売出株式)            -        708,600      1,197,534,000                 -
     (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,690円)で算出した見込額でありま
           す。
         3.売出数等については今後変更される可能性があります。
         4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
         5.引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを
           行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         6.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/148




                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                       申込株数
     売出価格     引受価額                  申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
     (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                                          東京都千代田区大手町一丁
                                          目5番1号
                                          みずほ証券株式会社
                                          東京都中央区日本橋一丁目

                                          13番1号
                                  引受人及びその        野村證券株式会社
                自 2022年                 委託販売先金融
      未定
           未定     12月19日(月)              未定    商品取引業者の        東京都千代田区丸の内一丁              未定
     (注)1                    100
           (注)1      至 2022年             (注)2     本店並びに全国        目9番1号              (注)3
                12月22日(木)                  各支店及び営業        大和証券株式会社
                                  所
                                          石川県金沢市十間町25番地
                                          今村証券株式会社
                                          東京都港区六本木一丁目6

                                          番1号
                                          株式会社SBI証券
     (注)1.売出価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           売出価格は、2022年12月7日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
           等を総合的に勘案した上で、2022年12月16日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社普通株式が市場において適正な評価を受けることを目的
           に、機関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.申込証拠金は、売出価格と同一の金額とし、利息をつけません。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2022年12月16日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、2022年12月26日(月)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。引受
           人の買取引受による売出しに係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等
           の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことがで
           きます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2022年12月9日から2022年12月15日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分
           に関する基本方針及び社内規程等に従い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各
           社の店頭における表示またはホームページにおける表示等をご確認下さい。
                                  4/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         8.引受人は、引受人の買取引受による売出しに係る株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望
           する引受人以外の金融商品取引業者に販売を委託する方針であります。
                                  5/148




















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
                                        東京都千代田区大手町一丁目5番1号
             ブックビルディング
     普通株式                    106,200       179,478,000       みずほ証券株式会社
             方式
                                                      106,200株
     計(総売出株式)            -        106,200       179,478,000                -
     (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況を勘案し、
           みずほ証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出しに係る売出
           株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があります。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、みずほ証券株式会社は、東京証券取引所においてオー
           バーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケー
           トカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプションとシ
           ンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.引受人の買取引受による売出しを中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたしま
           す。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,690円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」の(注)4に記載した振
           替機関と同一であります。
                                  6/148











                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                元引受契約の内容
      (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
                                   みずほ証券株
                                   式会社及びそ
             自 2022年
                                   の委託販売先
       未定      12月19日(月)                 未定
                         100          金融商品取引           -         -
      (注)1       至 2022年                (注)1
                                   業者の本店並
             12月22日(木)
                                   びに全国各支
                                   店及び営業所
     (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
           ん。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーア
           ロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.みずほ証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「2 売出しの条件(引受人の買
           取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様でありま
           す。
                                  7/148











                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
     1.東京証券取引所スタンダード市場への上場について
       当社は、「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式について、みずほ証券株式会社を主幹事会社と
      して、東京証券取引所スタンダード市場への上場を予定しております。
     2.グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

       オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
      に、主幹事会社が当社株主である岩本秀成(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
      て、主幹事会社は、106,200株を上限として貸株人より追加的に当社普通株式を取得する権利(以下「グリーン
      シューオプション」という。)を、2023年1月20日を行使期限として貸株人より付与される予定であります。
       また、主幹事会社は、2022年12月26日から2023年1月20日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的とし
      て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
      バー取引を行う場合があります。
       主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、貸株人から借入れている株式の返還に
      充当し、当該株式数については、グリーンシューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカ
      バー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至
      らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
     3.ロックアップについて

       引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である岩本秀成並びに売出人である前田憲司、隈田
      佳孝、IWAMOTOアセットマネジメント株式会社及び多賀勝用は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売
      買開始)日(当日を含む。)後180日目の2023年6月23日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主
      幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オー
      バーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当
      社普通株式を主幹事会社が取得することを除く。)等を行わない旨合意しております。
       また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株
      式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社普通株式を取得若しくは受領する権利
      を付与された有価証券の発行(ただし、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等
      を行わない旨合意しております。
       なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
      一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
                                  8/148










                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【その他の記載事項】
      株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社の社章及びロゴ                                          を記載いたします。

       (2)裏表紙に当社のロゴ                                        を記載いたします。

       (3)表紙の次に「1.当社グループについて」~「業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  9/148

















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 10/148





















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 11/148





















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 12/148





















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 13/148





















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/148





















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/148





















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/148





















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
              回次              第6期       第7期
             決算年月              2021年3月       2022年3月

                           6,740,258       4,790,753
     売上高                 (千円)
                           2,114,898        610,513
     経常利益                 (千円)
                           1,403,689        394,479
     親会社株主に帰属する当期純利益                 (千円)
                           1,403,689        394,479
     包括利益                 (千円)
                           1,790,095       2,184,575
     純資産額                 (千円)
                           3,896,933       3,344,653
     総資産額                 (千円)
                             661.28       807.01
     1株当たり純資産額                  (円)
                             518.54       145.73
     1株当たり当期純利益                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -
     益
                              45.9       65.3
     自己資本比率                  (%)
                             129.0       19.8
     自己資本利益率                  (%)
     株価収益率                  (倍)        -       -

                           1,235,149
     営業活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)            △ 498,881
                             14,417
     投資活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)            △ 288,060
                                   102,009
     財務活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)     △ 891,538
                           1,081,448        396,531
     現金及び現金同等物の期末残高                 (千円)
                              121       123
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( 5 )      ( 1 )
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         3.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平
           均人員を( )外数で記載しております。
         4.第6期及び第7期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
           (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
           有限責任監査法人トーマツの監査を受けております。
         5.2021年12月31日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。第6期の期首に当該
           株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         6.  第6期の売上高、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益及び包括利益の大幅な増加は、新型コロナウ
           イルス感染症対策商品の特需の影響によるものであります。
         7.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第7期の期首から適用してお
           り、第7期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
                                 17/148




                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)提出会社の経営指標等
          回次         第2期      第3期      第4期      第5期      第6期      第7期

         決算年月         2017年6月      2018年3月      2019年3月      2020年3月      2021年3月      2022年3月

                  3,262,378      2,219,658      2,960,606      2,936,567      5,041,767      3,448,037
     売上高        (千円)
                   69,934      44,167      21,300      122,396      809,142      159,365
     経常利益        (千円)
                     887     38,749      12,688      98,634      543,015      100,880
     当期純利益        (千円)
                   50,000      80,000      100,000      100,000      100,000      100,000
     資本金        (千円)
                     800     2,040      2,707      2,707      2,707    2,707,000
     発行済株式総数        (株)
                   53,584      147,191      180,237      278,524      821,540      922,420
     純資産額        (千円)
                  1,018,424      1,560,242      1,803,173      1,911,779      2,192,547      1,836,539
     総資産額        (千円)
     1株当たり純資
                  66,980.73      72,152.68      66,581.91      102,890.58        303.48      340.75
             (円)
     産額
     1株当たり配当
                     -      -      -      -      -      -
     額
             (円)
     (うち1株当た
                     ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     り中間配当額)
     1株当たり当期
                  1,159.78      47,898.12       5,609.54      36,436.85        200.59       37.27
             (円)
     純利益
     潜在株式調整後
     1株当たり当期        (円)        -      -      -      -      -      -
     純利益
                     5.3      9.4      10.0      14.6      37.5      50.2
     自己資本比率        (%)
                     1.8      38.6       7.8      43.0      98.7      11.6
     自己資本利益率        (%)
     株価収益率        (倍)        -      -      -      -      -      -

     配当性向        (%)        -      -      -      -      -      -

                     77      67      70      73      90      88
     従業員数
             (人)
     (外、平均臨時
                     ( 51 )     ( 14 )     ( 2 )     ( 2 )     ( 2 )     ( 1 )
     雇用者数)
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         3.2018年2月28日開催の臨時株主総会決議により、決算期を6月30日から3月31日に変更しております。従っ
           て、第3期は2017年7月1日から2018年3月31日の9ヶ月決算となっております。
         4.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載して
           おります。
         5.第6期から第7期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任
           監査法人トーマツの監査を受けております。なお、第2期から第5期については、「会社計算規則」(平成
           18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、
           金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく有限責任監査法人トーマツの監査を受けておりません。
         6.2021年12月31日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。第6期の期首に当該
           株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         7.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第7期の期首から適用してお
           り、第7期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
         8.当社は、2021年12月14日開催の取締役会決議に基づき、2021年12月31日付で普通株式1株につき1,000株の
           割合で株式分割を行っております。このため、東京証券取引所自主規制法人(現                                     日本取引所自主規制法
           人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点につい
           て」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に基づき、第2期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し
           て算定した場合の1株当たり指標の推移を、参考までに以下のとおり記載いたします。なお、第2期から第
                                 18/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           5期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、有限責任監査法人トーマツの監査を
           受けておりません。
           回次          第2期      第3期      第4期      第5期      第6期      第7期

          決算年月          2017年6月      2018年3月      2019年3月      2020年3月      2021年3月      2022年3月

    1株当たり純資産額(円)

                       66.98      72.15      66.58     102.89      303.48      340.75
    1株当たり当期純利益(円)
                        1.15     47.89      5.60     36.43     200.59      37.27
    潜在株式調整後1株当たり当期純
                         -      -      -      -      -      -
    利益(円)
    1株当たり配当額
                         -      -      -      -      -      -
    (うち1株当たり中間配当額)
                        (-)      (-)      (-)      (-)      (-)      (-)
    (円)
                                 19/148
















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【沿革】
         当社は、創業者であり現代表取締役社長である岩本秀成が、1996年4月に石川県金沢市において「有限会社ムー
        ブ北陸」を創業し、携帯電話の販売に係る代理店業を開始したことを端緒としております。今後の事業拡大に対応
        するため、またパブリック・カンパニーへの転換を図るべく、2016年3月に新設分割により当社を設立し、ここに
        事業基盤を引き継ぐことによって新たな経営体制の構築を図ってまいりました。
         現在、北陸地域(石川県・富山県)にソフトバンク株式会社の代理店として、ソフトバンクショップの多店舗展
        開を行うモバイル事業と、そのモバイル事業の安定収益を活用した成長戦略であるセキュリティ事業の2事業を展
        開しております。モバイル事業においては、石川県において8店舗、富山県において2店舗のソフトバンクショッ
        プを展開し、セキュリティ事業においては、営業拠点の拡充(札幌オフィス、仙台オフィス、新潟オフィス、東京
        オフィス、名古屋オフィス、大阪オフィス、北陸オフィス、広島オフィス、福岡オフィス)を図っております。ま
        た、セキュリティ事業における事業基盤の強化を目的に、2018年3月にディーズセキュリティ株式会社を子会社化
        し、2019年1月には電気通信工事業であるアクト通信株式会社を子会社化しております。
        なお、概要については以下のとおりであります。
    (旧ダイワ通信株式会社の事業変遷の概要)

       年  月                       事 業 変 遷 の 概 要
       1996年4月        有限会社ムーブ北陸(現 IWAMOTOアセットマネジメント株式会社)を設立
       1996年10月        株式会社デジタルツーカー北陸(現 ソフトバンク株式会社)の二次代理店として携帯電話
               サービスの取り扱いを開始
       1998年1月        社名をダイワ通信株式会社に変更
       1998年2月        株式会社デジタルツーカー北陸(現 ソフトバンク株式会社)と携帯電話サービスに関する代

               理店基本契約(一次代理店)を締結
       2013年12月        株式会社シーピーユーとセキュリティ事業に関する業務を提携
       2014年2月        株式会社シーピーユーよりセキュリティ事業を取得(事業譲渡)

       2016年3月        新設分割により新会社を設立し、モバイル事業とセキュリティ事業を移転

    (当社事業変遷の概要)

       年  月                       事 業 変 遷 の 概 要
       2016年3月        新設分割によりダイワ通信株式会社(資本金1,500万円)を設立。携帯電話の販売代理店業を行
               うモバイル事業と防犯・監視カメラの企画・販売・施工・保守を行うセキュリティ事業の展開
               を目的に設立。
       2016年7月        大阪府大阪市北区に大阪オフィス(セキュリティ事業)を開設
       2017年9月        アピタ松任(石川県白山市)にソフトバンクショップを出店

       2018年1月        宮城県仙台市青葉区に仙台オフィス(セキュリティ事業)を開設

       2018年1月        福岡県福岡市博多区に福岡オフィス(セキュリティ事業)を開設

       2018年2月        金沢大河端複合施設(石川県金沢市)にソフトバンクショップを出店

       2018年3月        ディーズセキュリティ株式会社を連結子会社化

       2018年3月        北海道札幌市北区に札幌オフィス(セキュリティ事業)を開設

       2018年3月        広島県広島市中区に広島オフィス(セキュリティ事業)を開設

       2019年1月        電気通信工事などを手掛けるアクト通信株式会社を連結子会社化

       2019年3月        イオンモールかほく(石川県かほく市)にソフトバンクショップを出店

       2019年4月        新潟県長岡市に9拠点目となる新潟オフィス(セキュリティ事業)を開設

       2019年7月        ネットワークカメラの映像をAIが自動解析し、スマートフォン等へ通知するAIセキュリティシ

               ステム「SeDAI(セダイ)」をリリース
       年  月                       事 業 変 遷 の 概 要

                                 20/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       2019年9月        イオンモール高岡(富山県高岡市)にソフトバンクショップを出店
       2019年9月        クラウド録画について、Eagle              Eye  Networks,     Inc.と販売契約を締結
       2020年3月        AI温度測定機能付顔認証デバイス「FACE                   FOUR」をリリース

       2020年4月        赤外線対応測定自動スクリーニングカメラをリリース

       2020年6月        成長戦略上のSafe         City実現に向け、国家戦略特区               スーパーシティ・オープンラボに参画

       2020年9月        商品「FACE      FOUR」が令和2年度プレミアム石川ブランド製品を受賞

       2020年11月        AI温度測定機能付顔認証デバイス「FACE                   FOUR   +(プラス)」を発表

       2020年12月         「FACE    FOUR」がいしかわ企業研究者表彰事業最優秀賞を受賞

       2021年3月        AI温度測定機能付顔認証デバイス「FACE                   FOUR   mini」をリリース

       2021年4月        自律走行式除菌ロボット「UV              FOUR」をリリース

       2021年6月        ラスパ白山(石川県白山市)にソフトバンクショップを出店

       2021年6月        自律走行配膳ロボット「CARRY              FOUR」をリリース

       2021年7月        イオンモール白山(石川県白山市)にソフトバンクショップを出店

       2021年8月        東京都港区(汐留シティセンター)に東京オフィス(セキュリティ事業)を移設

       2021年9月        顔認証システムを採用したウォークスルー型無人店舗「Face                            Free~Motte      ke!」をリリース

       2021年11月        東京都港区(汐留シティセンター)に東京ショールーム(セキュリティ事業)を移設

       2021年11月        ワクチンパスポート連携非接触型AI顔認証端末「Face                         Four   Pass」をリリース

       2022年4月        農薬散布ドローン「AIR           FOUR」をリリース

       2022年5月        大阪府大阪市北区(梅田スカイビル)に大阪オフィス・ショールーム(セキュリティ事業)を移

               設
                                 21/148











                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【事業の内容】
        当社グループは、継続的な手数料収入を得るモバイル事業(ソフトバンク株式会社の一次代理店として移動体通信
      機器等の販売)と成長戦略であるセキュリティ事業(防犯・監視カメラ等の販売及び監視カメラシステムの施工、保
      守等)の2つの事業を持ち、モバイル事業による安定収益をセキュリティ事業の拡大に充てることで、新たな価値を
      付加した商品やサービスの創出を行い、誰もが安心・安全・便利に暮らせる未来の街「Safe                                          City」(※)の実現に
      取り組んでおります。
        当社グループは、当社とセキュリティ事業に係る連結子会社2社(ディーズセキュリティ株式会社、アクト通信株
      式会社)の企業群で構成しております。当社は現在、モバイル事業では石川県において8店舗、富山県において2店
      舗のソフトバンクショップを展開し、セキュリティ事業では、営業拠点の拡充(札幌オフィス、仙台オフィス、新潟
      オフィス、東京オフィス、名古屋オフィス、大阪オフィス、北陸オフィス、広島オフィス、福岡オフィス)を図って
      きております。
       なお、前述の2つの事業区分については「第5                       経理の状況      1連結財務諸表等(1)連結財務諸表                注記事項」に掲げ
      るセグメントの区分と同一であります。
      ※ Safe       Cityとは、新世代の通信規格及び最先端のデジタルテクノロジーを活用し、人が安心・安全かつ便利に暮

         らせる未来の街のことを指します。
      (セキュリティ事業)

       セキュリティ事業は、防犯・監視カメラの販売を基本とし、そのカメラを用いた防犯・監視カメラシステムの販売
      及び施工、保守を行っております。防犯・監視カメラシステムの販売においては、防犯・監視カメラの機器の特性を
      理解し、そのうえでコストや撮影精度、また操作性などの顧客ニーズに適した施工に取り組んでおります。カメラの
      設置場所を定め、カメラ撮影の範囲を決め、設置場所に適したカメラを選定し、カメラ設置の目的に即した監視カメ
      ラシステムを提供しております。また、AI(画像認識)を用いた顔認証システムによる温度測定や入退室管理システ
      ムのソリューション並びに販売も行っております。
       その他、当社グループでは、国内外の防犯・監視カメラメーカー及びエレクトロニクス先端技術商品のメーカーの
      探求・開拓を通じて、広く商品の調達を行い、認定パートナー制度による販売活動を行っております。その他では、
      非接触、省人化、DX(デジタルトランスフォーメーション)(※)をはじめとするニーズ、また多様化、高度化等の
      広汎な範囲にわたるニーズに応える商品の企画・開発に取り組んでおります。防犯・監視カメラの画像データをAI
      (画像認識)で分析し、その不審行動から万引き等の発生可能性に関する結果を管理者に通報するシステム、またAI
      (画像認識)を用いた顔認証による入退室管理システム等の防犯・監視カメラを活用したセキュリティシステムのソ
      リューションを行っております。
       これら商品及びシステムを、販売取引先を介してショッピングモールなどの大型施設からドラッグストアなどの小
      売系の店舗、工場や倉庫、学校、病院、建設現場、オフィスなど幅広い業界に納入しております。
       セキュリティ事業は、当社のほか2社の子会社で構成しております。事業構造は、ディーズセキュリティ株式会社
      (子会社)が防犯・監視カメラの調達を担うとともに認定パートナー制度を構築し、卸売業を展開しております。当
      社は、その認定パートナー企業の1社となり、また子会社から仕入れた機器を用いて防犯・監視カメラシステムを考
      案し、現地据付工事を施して顧客にシステム提供を行っております。なおアクト通信株式会社(子会社)は、現地据
      付工事の工事を担当しております。当社グループは商品の調達からシステムの考案、販売、施工、保守まで一貫した
      ソリューションを提供しております。
        セキュリティ事業では、AI(画像認識)を各種機器に実装することによる新たな価値の創造に努めております。
      ニーズの多様化、高度化、広汎な範囲にわたるニーズに応える商品の企画・開発にも取り組んでおります。
        例えば、2019年に他社との共同開発によるAIセキュリティシステム「SeDAI」をリリースし、犯罪を未然に防ぐこ
      とを目的に家電量販店やドラッグストア等を中心に展開を行っています。SeDAIはネットワークカメラの映像をAI
      (画像認識)が自動解析し、人間の不審な動きを検知し、従業員・警備員のスマートフォンや警備本部のモニターへ
      リアルタイムで通知する最先端の防犯システムであります。その他には、検温機能を備えたAI温度測定機能付顔認証
      デバイス、AI(画像認識)が熊の種類、雄雌の区分、行動を学習することで実現するAI熊検知システム、警備ロボッ
      トにAI(画像認識)を搭載して除菌機能を備えた除菌ロボット「UV                               FOUR」の企画・開発も行い、病院や商業施設を
      中心に省人化による除菌ニーズへの対応を行っております。
        また、安心・安全で人が便利に暮らせる街づくりを目指すなかで、現在各種カメラ、AI(画像認識)、各種セン
      サー等を利用したレジや接客を省人化させて無人型店舗の企画・開発に取り組んでおります。これは、店舗にて顔認
      証による初期登録を行うことにより、店舗内から商品を持ち出す際、レジ精算を行うことなく、顔で自動精算される
      仕組みとなり、将来的に顔認証で、買い物、通勤、食事など各種サービスを享受できる仕組みづくりの実証実験も
      行っております。
      ※ DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を社会に浸透させ、人々の生活をより良いものへ

         と変革することを指します。
       セキュリティ事業における強みは、以下のとおりであると当社グループは認識しております。

      (幅広い商品ラインナップ、顧客ニーズに合わせたワンストップ提案体制)
                                 22/148

                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社グループでは、複数メーカーの商品を取り扱っております。また顧客ニーズに合わせ防犯・監視カメラシステ
       ムの考案、施工、保守の一気通貫したソリューションを提供しております。
        当社グループで取り扱う主なメーカーは以下のとおりとなります。
       ・海外メーカー:HIKVISION、UNIVIEW、AXIS、Dahua、Honeywell、EAGLE                                  EYE
       ・国内メーカー:Panasonic、Sony、Canon、Wisenet、EIZO、IO                              DATA
        また、取り扱う商品群は、以下のとおりとなります。







       ・アナログカメラ
       ・HD-TVIカメラ
       ・ネットワークカメラ
       ・レコーダー
       ・モニターディスプレイ等の周辺装置
        その他、当社グループのオリジナル商品となる「D'SSブランド」を取り扱っております。当ブランドは、性能を簡
       素化し、低価格とすることを基本コンセプトとしております。他の国内メーカーと価格面での差別化を図り、コスト
       パフォーマンスに富んだ防犯・監視カメラシステムの推進に取り組んでおります。
                  商品名                      図
        DW-P10

       フルHDネットワークカメラ
       (ドーム型・屋外対応)
        DW-P08

       フルHDネットワークカメラ
       (ハウジング一体型・屋外対応)
        DW-N04

       フルHDネットワークディスクレコーダー
       (設置工事機能の内製化と一括管理体制)


        当社のセキュリティ事業における設置工事等の機能を、子会社のアクト通信株式会社が担い、一括管理すること
       で、工事単価の標準化を行い、当社グループ全体の利益率確保に寄与する体制となっております。また、工事の管理
                                 23/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       をアクト通信株式会社が行うことにより、工事品質の一定水準の確保が可能となり、工事手直しやクレーム等の減少
       につながります。
      (大手販売取引先との協力体制)

       当社のセキュリティ事業では、警備会社及び事務機器メーカー、商社等の販路が確保できております。また、全国
      に販売網をもつ大手販売先との販売協力体制が構築できており、安定的な顧客基盤が整備できております。
       (全国に広がる認定パートナー制度)

        当社グループでは、全国のエリア別に認定パートナーを計196社(2022年6月30日現在)設定し、年間取引金額に
       応じたランク分けを行うことで、安定した売上と利益を確保できる体制を構築しております。認定パートナーは、営
       業活動支援(デモ機の特別価格販売・貸出制度)、専任営業担当者支援、マーケティングツール支援、技術支援、教
       育(アカデミー)支援などの特典がランクに応じて受けられるため、安定した商品の供給及びスムーズな営業展開が
       可能となります。
                                 24/148
















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (新商品・新サービス提供に関する機動力)
        当社グループでは、高い企画力と販売力に基づき、社会情勢を踏まえた顧客ニーズをいち早く捉えて、新商品・新
       サービスを提供しております。
        これまでの実績は以下のとおりとなります。
        提供開始時期             商品・サービス名称                     対象となる顧客ニーズ例
                   AIセキュリティシステム(SeDAI)
                                     ドラッグストアなどの小売店舗において、店内

                                     に設置されたAIカメラが不審者の行動を検知
         2019年7月
                                     し、店員に通知を行うことにより、店舗の万引
                                     きロス率削減に有効なシステムとなります。
                  AI温度測定機能付顔認証デバイス                   新型コロナウイルスの感染予防対策として、

                       (FACE    FOUR)           測温センサーとAI認証システムのノウハウを
                                      組み合わせた非接触型AI体温検知機能付顔認
                                      証端末。この商品は、医療機関、工場、オ
         2020年3月                             フィスビルなどの入り口に設置し、事前に登
                                      録した人員情報をもとに、入退室管理の上
                                      に、人員の体温まで把握できることから、感
                                      染症の疑いのある体温の高い人員の建物内へ
                                      のアクセスを制限することができます。
                    自律走行式AI除菌ロボット
                       (UV   FOUR)
                                     自律走行式のUVランプ除菌ロボット。UV-C光を自

                                     動照射して除菌を行うことで、清掃作業の遠隔・
         2021年4月
                                     自動化ができ、安全に各種感染症拡大の防止に貢
                                     献できます。
                    自律走行式AI配膳ロボット

                       (CARRY    FOUR)
                                     自律走行式の配膳ロボット。AI搭載で走行ルート

                                     を学習させ、指定した客席に自動で配膳を行い、
         2021年6月
                                     飲食業界を中心に作業効率化・省人化に対応する
                                     ことができます。
                                 25/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社グループではその他に、これからの「買い物体験」を変えるAIスマートストア「Face                                          Free〜Motte      ke!」の実
      用化に向け、実証実験に取り組んでおります。
      (Face    Free〜Motte      ke!)
      (モバイル事業)

















        モバイル事業は、当社の創業時からの基幹事業であり、ソフトバンク株式会社から委託を受け、一次代理店として
      携帯電話の販売を目的とした店舗運営及び法人顧客を対象とした法人サービスの業務を行っております。
                                 26/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        主たる内容は、ソフトバンクショップ(ワイモバイル取扱店含む)の運営にあり、一般顧客向けにタブレット、ス
      マートフォン、フィーチャーフォン、モバイルWi-Fiルータ(※1)や携帯電話アクセサリー等の販売の他、料金プ
      ラ ンのコンサルティング、サービスの契約取次(※2)、通信料金の収納代行、及び故障受付などのアフターサービ
      スやスマートフォンやタブレット活用の講習会・相談会の実施、さらに提携保険の販売等を行っており、この運営の
      対価については、基本的に個別のユーザーから受領するのではなく、ソフトバンク等の各通信キャリア(※3)から、
      手数料(※4)と支援費(※5)を受領しております(※6)。ただし、機器のトラブルや使い方等に関して定期的に相
      談を希望する顧客より、契約時に一定の手数料を受領する場合があります。
        当該事業に係る国内の移動体通信端末市場は、飽和状態にあるものの、価格の割安な格安スマホの参入、また第5
      世代通信(5G)に対応したスマートフォンへの買替え需要等、市場内で変化がおきております。一方、他キャリア
      も含め、携帯電話契約の取扱いが、今後、インターネットによるオンライン契約に移行していくことが予想されま
      す。これに伴い、携帯電話ショップのリアル店舗は地区に応じて一定数に収斂していくものと予想でき、当社は新規
      出店ではなく、現在の店舗数(10店舗)を2023年、2024年と維持し、北陸地区でイオンモールなどの商業施設を中心
      としたドミナント戦略の展開と顧客サービスの向上から顧客を確保し、安定した売上高の確保に努めております。
        なお、本書提出日現在において当社が運営する販売ショップは、以下の通りであります。





      (販売店の一覧)
              店舗名                            所在地
       ソフトバンクアピタ松任
                          石川県白山市幸明町280番地
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンクプラント-3川北
                          石川県能美郡川北町字朝日63番地
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンクイオンモール白山
                          石川県白山市横江町土地区画整理事業施工地区内1街区
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンク金沢おこばた
                          石川県金沢市大川端西2丁目31-47
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンクイオンモールかほく
                          石川県かほく市内日角夕25番
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンクイータウン射水
                          富山県射水市本開発字代官免100
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンク笠舞
                          石川県金沢市笠舞1丁目11番30号
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンク入江
                          石川県金沢市入江二丁目180番地
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンクイオンモール高岡
                          富山県高岡市下伏間江383
       (ワイモバイル取扱店)
       ソフトバンクラスパ白山
                          石川県白山市倉光五丁目14番
       (ワイモバイル取扱店)
        一方、法人サービス業務につきましては、各通信キャリアの一次代理店として、法人顧客向けにタブレットやス
      マートフォン、モバイルWi-Fiルーター等の販売を行うほか、料金プランのコンサルティング、通信キャリアが提供
      する法人向けサービスの契約取次、並びに故障受付等の業務を行っております。当該業務につきましては、基本的に
      専任の部署や担当者を設けず、店舗販売担当者が得意先の企業に対して電話や訪問等によりアプローチを行っており
      ますが、ソフトバンクショップの各店舗には法人カウンターを設置しており、店頭においても法人顧客の対応を行っ
      ております。なお、本業務から得られる収益の内容については、基本的に店舗運営業務と同様であります。
                                 27/148

                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 28/148





















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社グループの事業内容及び当社と子会社の当該事業に係る位置づけ並びにセグメントとの関連は、次のとおりで
      あります。
          区分               会社

                   当社
       セキュリティ事業            ディーズセキュリティ株式会社
                   アクト通信株式会社
       モバイル事業            当社
      [用語解説]

      ※1「モバイルWi-Fiルーター」とは、携帯電話の通信ネットワークを利用しインターネットに無線LANで接続するこ
          とが出来る可搬型ルーターをいいます。
      ※2「サービスの契約取次」とは、留守番電話やスマートフォン向けワンセグ放送など各種サービスの取次業務をい
         います。
      ※3「通信キャリア」とは、自ら電気通信回線設備を設置して電気通信事業を行う第一種電気通信事業者のうち、移
        動体通信端末等の移動体通信サービスを提供している株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバ
        イル株式会社等の事業者の総称であります。
      ※4「手数料」とは、当社が顧客から移動体通信サービスへの加入契約を通信キャリアに取り次ぐことにより、通信
         キャリアから支払われる報酬(手数料)となります。手数料には加入手続きの取次の対価として支払われる手数
         料のほか、加入契約の取次後、一定条件を満たすことで継続的に受領するものがあります。
      ※5「支援費」とは、人員確保や店舗維持を目的として、店舗スタッフの勤続年数等や店舗規模等に応じて通信キャ
         リアから代理店に支払われる支援金をいいます。
      ※6顧客が支払った通信料金は、その全額を通信キャリアに支払うため、預り金の扱いとなります。また故障受付に
         ついても、各店舗では修理の受付のみを行い、機器等の修理はキャリア側で行われるため、顧客から収受した修
         理代金はキャリアに支払うため、同様の扱いとなります。ただし、いずれの場合も代行業務を行ったことに対す
         る手数料が、通信キャリアより支払われます。
      <事業系統図>

        事業の系統図は次のとおりであります。
        (注)当社は、ディーズセキュリティ株式会社における認定パートナー企業の1社であります。






                                 29/148





                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                           資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
    (連結子会社)

                                               当社商品であるセキュリティカ

     ディーズセキュリティ            石川県金沢市           50,000    セキュリティ事           100.0
                                               メラ・レコーダーの仕入
     株式会社                            業
                                               役員の兼任1名
     (注)1、2、3
                                               当社商品に係る電気機器関連工

     アクト通信株式会社            新潟県長岡市           10,000    セキュリティ事           100.0
                                               事
     (注)1、2                            業
                                               役員の兼任2名
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

         2.特定子会社であります。
         3.ディーズセキュリティ株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に
           占める割合が10%を超えております。2022年3月期の主要な損益情報等は、以下のとおりとなります。
           (主要な損益情報等)
           ①売上高   1,837,745千円
           ②経常利益   451,152             〃
           ③当期純利益  294,277             〃
           ④純資産額  1,336,050             〃
           ⑤総資産額  1,554,638             〃
                                 30/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2022年10月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                 74
      セキュリティ事業                                               ( -)
                                                 40
      モバイル事業                                               ( -)
                                                 114
       報告セグメント計                                              ( -)
                                                  9
      全社(共通)                                               ( 1 )
                                                 123
                 合計                                    ( 1 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近1年
           間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、本社管理部門等に所属しているものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2022年10月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
              90            32.2              4.8             3,639
               ( 1 )
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                 41
      セキュリティ事業                                               ( -)
                                                 40
      モバイル事業                                               ( -)
                                                 81
       報告セグメント計                                              ( -)
                                                  9
      全社(共通)                                               ( 1 )
                                                 90
                 合計                                    ( 1 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記
           載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、本社管理部門等に所属しているものであります。
      (3)労働組合の状況

         当社グループに労働組合は結成されていませんが、労使関係は安定しております。
                                 31/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
    (1)会社の経営の基本方針

         当社グループは、経営理念である「わたしたちは、「心」のこもった接客、一流のサービス、最適な情報を提供
        し、お客様から信頼を得ます。そして会社の発展と社員の幸福の実現をめざします。」という考え方の下、「“未
        来の街”を創造する」というビジョンの実現に向けて、事業等を探求し、新世代の通信規格や最先端のデジタルテ
        クノロジーを活用した商品やサービスの提供により、誰もが安心・安全・便利に暮らせる未来の街「Safe                                                 City」
        (※1)の実現に取り組んでおります。
         当社グループは、このビジョンを実現するためには、株主をはじめ、顧客、取引先、従業員、地域社会等の全て
        のステークホルダーの利益を重視した経営を行うことが、当社グループの使命であると考えており、より一層の
        コーポレート・ガバナンスの充実・強化を図り、経営の健全性、透明性及び効率性を確保することが経営上の重要
        課題であると認識しております。
      ※1     Safe   Cityとは、新世代の通信規格及び最先端のデジタルテクノロジーを活用し、人が安心・安全かつ便利に暮

         らせる未来の街のことを指します。
    (2)目標とする経営指標

         当社グループは、堅実で持続的な成長の実現を通じて新たな価値の創造を図り、安心・安全な街づくりへの貢献
        を目指しており、売上高成長率及び営業利益成長率を経営上の目標の達成状況を判断するための客観的指標として
        おります。
    (3)経営環境

         新型コロナウイルス感染拡大収束の不透明感が続く経営環境下にありますが、当社のセキュリティ事業に係る市
        場においては、画像処理技術の向上によって防犯・監視カメラが高画質・高感度となり、またAIやIoTの発展に伴
        い自動制御やクラウド等の汎用化が進んだことを背景に、事件・事故の解決や未然防止の目的から防犯・監視カメ
        ラの必要性が高まってきております。実際、防犯・監視カメラは、犯罪抑止と犯罪捜査に大きく貢献しておりま
        す。
        (刑法犯犯罪認知件数と検挙率)

           出典:公益社団法人日本防犯設備協会 統計データ(警察庁 令和2年の刑法犯に関する統計資料)






         カメラの需要は防犯・監視カメラだけではなく、AI(画像認識)と組み合わせることで、従来のセキュリティ

        カード等によって扉を開閉する形式から、AI顔認証による入退室が可能となり、なりすましの防止につながりま
        す。また、AIカメラを店舗に用いることでAIによる属性分析で顧客層に適したアプローチのできる売場を形成し、
        顧客は事前登録することで顔認証による決済ができるなど、その活用範囲はひろがっております。
         今後、防犯・監視カメラは社会全体の安心・安全並びに利便に貢献するデバイスとなるものと認識しておりま
        す。当社グループでは、国内外の電子機器メーカーとの連携により、多種多様な市場ニーズに対応するとともに、
                                 32/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社の商品力とソリューションを活かし、B                    to  BからB    to  Cへ、さらにはB        to  G(※2)へと活動領域を広げ、日本
        全国の各地にSafe         Cityの構築の普及を図ることを目指しております。
         もう一つ事業であるモバイル事業に係る市場においては、2020年の政府による「携帯電話の料金値下げ」要請を
        受け、キャリアは料金プランを一斉に引き下げております。また、インターネット上で申し込みが完結可能なサー
        ビスを展開しており、従来にない低価格なプランを展開しております。その他では、第4のキャリアとして、楽天
        モバイルが市場に参入し、業界に新たな動きが生じてきております。
         このような状況下において、当社はソフトバンク株式会社の委託販売代理店及び移動通信事業に携わる1企業と
        して、顧客と真摯に向き合い、ホスピタリティの向上に努めることが、顧客の確保につながると認識しておりま
        す。この取り組みを実施することで定常的なインセンティブが獲得できるものと考えており、当社ではショップク
        ルーの接客態度や適切な商品知識の維持と向上に取り組み、さらにそれを踏まえた顧客ニーズに適したソリュー
        ションの強化を継続してまいります。その他、5G(※3)の普及範囲拡大に伴う産業用データ通信端末としての利
        用拡大に鑑み、ITクラウド事業者との連携を高めつつ、新たなサービスの開発等にも取り組んでまいります。
        ※2 B    to  Gとは、Business        to  Government      の略

        ※3 5Gとは、5th          Generationの略(第5世代移動体通信端末)
       (セキュリティ事業)

         セキュリティ事業における防犯・監視カメラ市場は、株式会社矢野経済研究所の調査(出典:株式会社矢野経
        済研究所 2021年度版ネットワークカメラ/VCA画像解析システム市場)によれば、2020年の国内市場は、新型コ
        ロナウイルス感染症流行の影響から防犯・監視カメラの設置が行えず、市場に停滞感が漂うことになりました。
        これは市場が縮小したものではなく、防犯・監視カメラに関する設備投資が保留になったことによるものです。
        そのため、2021年以降は一時ストップとなっていた設備投資が再び動き出すことが予想され、市場は回復へと向
        かうと予測されています。このことから市場は、2024年には2,600億円を超えると予測されています。
         市場の動向としては、フードディフェンスの背景から工場にカメラの導入が進み、工場における需要は拡大傾
        向にあります。また、物流倉庫、マンション管理、住宅管理の分野でも需要があり、さらに公共施設等における
        モニタリングの需要、河川水位情報や交通網の遠隔モニタリングの需要からも拡大が予測されています。
         また、新型コロナウイルス感染症の影響はあるものの、カメラ画像による認証や分析といった機能の付加価値
        からも市場の拡大が予測されています。
         出典:株式会社矢野経済研究所「2021年度版ネットワークカメラ/VCA画像解析システム市場」






         (注)1.ベンダー出荷金額ベース
            2.カメラ、サーバー・エンコーダ、NVR/DVR録画装置、VMSソフトウエア、VCAシステム、その他シス
              テムを構築するハードウェア、ソフトウエアを対象として算出。ただし、工事費や保守・メンテナ
              ンス料は含まない。
            3.なお、上記見込数値及び予測数値に関しては、高い不確実性を伴うものであって、実際の市場規模
              と大きく異なる可能性があります。
         よって、この成長市場に対し、当社は海外メーカーとアライアンスを組み、市場が求めるニーズに対応した商

        品の投入を迅速に行っております。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の際には、スピーディーかつ適切な判
                                 33/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        断と温度検知ができるAI温度測定機能付顔認証デバイス「FACE                             FOUR」を投入し、市場から高い評価が得られたと
        認識しております。現在、東京、名古屋、大阪の主要都市の他、北陸、札幌、仙台、新潟、広島、福岡の計9箇
        所 に販売拠点を置き、複数の商流を使って病院、博物館、美術館、学校、福祉・介護施設、飲食店等の多くの場
        所に納入しております。当社商品は単なる検温目的でなく、顔認証と電気錠と連携させ、顔認証アクセスコント
        ローラーとして入室管理を実現できる情報セキュリティ管理のソリューションへ展開しております。当社は2020
        年11月に当社商品「FACE            FOUR」に新たに4つの機能(手首検温、スマホ通知、プリンター連動、音声変更)を付
        加した「FACE       FOUR+(プラス)」の企画及び商品化を行いました。上記市場分析にもあるとおり、今後の日本の
        市場においては、当社商品のように付加価値を持たせた商品需要が高まると予想され、当社は常に市場分析を行
        い、また、全国の販売代理店にヒアリングを行い、市場に求められる商品企画及びその提供を行っていきます。
         更に、東京オリンピック・パラリンピックを契機に政府や行政主導による安心・安全のための環境対策が促進
        され、その後、各施設への防犯・監視カメラ機器並びに監視等システムの導入にかかる需要が高まってきており
        ます。
         技術革新要素においても、映像圧縮方式をはじめ光学技術・クラウドシステムの高度化により、より高い次元
        でのセキュリティサービスの提供を可能とするほか、個人生活の利便性向上や企業のマーケティングにおける顧
        客行動分析など、それまでのセキュリティの枠組みを超えたサービスの拡大や、それに伴うさまざまなニーズの
        喚起が起こりつつあります。こうした環境のなか、当社では国内外の大手電子機器メーカーとの強い連携を背景
        に幅広い商品ラインナップを提供するほか、当社が認定する販売業者に対して商品の安定供給と商圏の確保を提
        供することにより、共存共栄関係の中、販売の拡大を図って参ります。またセキュリティシステム商品の企画・
        開発に注力し、より高度かつ社会的ニーズに合致したセキュリティ環境の提案を進めていきます。
        (モバイル事業)

         モバイル事業に関しまして、当社事業の主な事業領域である携帯電話等販売市場では、総務省が2019年に「モ
        バイルサービス等の適正化に向けた緊急提言」を発表し、ここではシンプルで分かりやすい料金体系の実現を図
        るべく端末代金と通信料金との完全分離を打ち出したことに伴い、それまでのような通信回線契約を条件とした
        端末価格の値引きが抑制されることとなりました。また大手通信事業者による通信料金の値下げや中古端末のSIM
        ロック解除の義務化、更に楽天株式会社による移動体通信事業(MNO)への新規参入・サービス開始により、
        固定ユーザーの確保に向けた業界内での競争は一層、熾烈化の様相を呈するとともに、通信キャリアによる代理
        店事業者へのインセンティブ評価が極めて厳しいものとなり、代理店同士の統合や事業譲渡といった淘汰がます
        ます進展する状況にあります。こうした中で、当社では質の高いサービスの提供によってユーザーの提案・販売
        拡大に努めるとともに、中小規模の地域同業者との業務提携、M&A等により、効率性の高い店舗網の維持・拡大を
        図ることで、安定収益の確保に努めて参ります。
    (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        ①セキュリティ事業における商品ラインナップの強化・拡大及び保管等場所の確保
         セキュリティ事業における防犯・監視カメラの販売において、新規及びリプレイス需要に対応するため、顧客
        ニーズを踏まえたソリューションの提供が重要となります。当社グループは、国内外の防犯・監視カメラ等メー
        カーと連携をはかり、多様化や高度化する顧客ニーズへの対応を実現しておりますが、今後さらなる多様化やそ
        れに伴うニーズの変化に対応していくための体制の構築、収益構造を改善していくことが重要であると考えてお
        ります。その対策の一環として、当社グループではオリジナル商品となる「D'SSブランド」を立ち上げておりま
        す。当ブランドは、性能を簡素化し、低価格とすることを基本コンセプトとしております。他の国内メーカーと
        価格面での差別化を図り、コストパフォーマンスに富んだ防犯・監視カメラシステムの展開を行っております。
         また、商品ラインナップの強化・拡大に伴い、商品を効率的に保管でき、かつ商品の品質を担保できる組立て
        作業場の確保が重要となります。当社グループは、自社の施設と設備、そして外部の委託倉庫を活用して迅速か
        つ的確な商品供給の顧客ニーズに対応しております。今後、よりスピード感をもって顧客ニーズに対応していく
        ためには、中長期的な設備投資が重要であると認識しており、引き続き商品管理の効率化及び品質管理の強化に
        取り組んでまいります。
        ②新たな顧客層への対応力の強化

         当社の現状のセキュリティ事業においては、主にスーパーマーケットやドラッグストアといった事業会社が主
        要な販売先となっておりますが、今後はマンションやオフィスビル等の開発・販売事業者、あるいは地方公共団
        体等の社会資本企業体に対する需要の増加が見込まれております。ここでは価格競争力と高機能ラインアップの
        棲み分けを明確にしつつ、周辺市場を含めた受注ボリュームの拡大を図ることが重要となりますが、これに伴う
        施工作業を十分に賄うための対応能力の整備・強化が課題となっております。当社では2019年1月に電気工事事業
        者であるアクト通信株式会社を子会社化し、更に同社の事業遂行能力を高める取り組みの実施により内製機能の
        強化を図っておりますが、今後の顧客層の拡大に伴う需要増に対しては、外部業者との提携を含めた更なる機能
        強化と、安全かつ適切な施工のための提携事業者の管理・教育が課題となっております。
                                 34/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③新たな商品及びサービスの展開について

         当社には、AI(画像認識)を用いたAI温度測定機能付顔認証デバイス「FACE                                    FOUR」があります。当該商品は非
        接触のニーズに対応し、マスク有無の識別が可能であり、また同時に温度検知も可能とした商品になります。そ
        の後、機能改良を加えワクチン接種者及び中和抗体獲得者・抗原検査の陰性者に対して発行されたデジタルワク
        チンパスポートを読み取る機能を搭載した「Face                       Four   Pass」を商品化しております。
         次なる主力商品とするべく、省人化を目指した自律走行式AIロボットの企画・開発を行っており、自律走行式
        除菌ロボット「UV         FOUR」、自律走行式噴霧ロボット「MIST                   FOUR」、自律走行式配膳ロボット「CARRY                   FOUR」を
        リリースし、医療機関、飲食店、宿泊施設、オフィスを中心に展開を行っております。
         加えて、これからの買い物体験を変えるAIスマートストア「Face                              Free~Motte      ke!」の実用化に向け、実証実
        験に取り組んでおります。「Face                Free」は、店内に設置された多数のAIカメラによって、画像認識機能と荷重セ
        ンサー棚から誰がどの商品を手に取ったかを認識することができるため、入店時に入口にある温度検知顔認証端
        末に顔をかざし、好きな商品を手に取って店を出るだけで決済が完了するシステムとなっております。
         当社グループは、新たな商品及びサービスの展開に取り組んでいくとともに、これら商品を体験できる環境整
        備も重要であると認識し、商品の訴求を目的とした中長期的な設備投資(体験型ショールーム等)が重要である
        と考えております。体験を通じて商品の仕様及び特長、また顧客がもつ課題解決への作用具合、それらを適確か
        つ迅速に訴求することが競合他社との差別化につながり、今後の商品販売の促進につながっていくものと考えて
        おります。
         このように当社は、今後も市場ニーズへの対応強化を図るため、防犯・監視カメラをはじめとした商品の企
        画・販売に注力し、更なる事業拡大を図ってまいります。
        ④モバイル事業における顧客訴求力強化に向けた取組み

         モバイル事業において、キャリア(※)が構成するインセンティブ獲得のための条件は、重要な動向となりま
        す。現在、従前の販売台数を基礎とした条件から、1人のお客様(あるいはご家族)に対する携帯電話、イン
        ターネット(光)回線、IoT商材等様々なサービスを組み合わせ、複合商材の獲得に重点を置く条件に変わってき
        ております。当社が着実に成長するためには、そのような事業環境の変化に素早く適応し、お客様及びキャリア
        双方から継続的に高い評価を得ることが重要な課題であると認識しております。このため、当社では人材育成を
        通じてショップクルーの接客能力の向上と店舗運営の効率化を図っております。
        ※ キャリアとは、電気通信事業者(=携帯電話会社)であります。

        ⑤収益力の高い店舗網の整備

         モバイル事業において、店舗の立地条件や店舗網を運営するうえでの業務の効率化が極めて重要になります。
        これについて、当社では通信事業者との連携に基づき、好条件エリアへの新規出店・移転を行うほか、中小同業
        者との事業提携や、将来の投資回収等を考慮した適切な金額による商流変更の実施により、収益性の高い店舗網
        の整備に努めるとともに、お客様が居心地の良いと感じる快適な店舗空間を提供するための改装や移転等を効率
        的に進めることが課題となります。
        ⑥優秀な人材の継続的な確保

         当社グループでは、常に新しいサービスを創出しつつ中長期的に成長を続けるためには、優秀な人材の採用、
        育成が最重要課題であると認識しております。当社ではこれまで、新卒者を中心として優秀な人材の採用に努め
        るとともに、役職員に対しても細やかなメンタルケア、労働環境改善等のES(従業員満足度)への配慮に加え、
        働き方の改革等も踏まえた人事戦略を行っており、今後もこの継続・強化を図ってまいります。また、当社のバ
        リューに掲げる「1人ひとりが、センターで輝ける企業へ」を社員一丸となって実践し、成功と失敗を繰り返し
        ながらも成長し続ける「ダイワ通信らしい企業風土」をこれまで以上に推進して参ります。
        ⑦コーポレート・ガバナンスの継続的な強化

         当社グループは、より有効性の高いコーポレート・ガバナンスを実践していくことを経営の重要課題と位置付
        け、経営の効率性、健全性を高めるコーポレート・ガバナンス・コードに対応した体制の整備・充実に努めており
        ます。引き続き、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、一層の体制強化を図って参ります。
                                 35/148




                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【事業等のリスク】
         本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があると認識している主要なリスク及び当該リスクへの対
        応策等を以下に記載しております。
         なお、本文の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、将来において
        発生の可能性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
     1.事業環境に関する事項

      (1)  市場について
        ①セキュリティ事業
         セキュリティ事業におきましては、セキュリティカメラ並びに関連商品の販売・設置、及びセキュリティカメラ
        による画像データを、AI技術を用いて分析するセキュリティシステムの提供を行う事業を主力事業としておりま
        す。今後、新たな法的規制や業界団体による規制の導入、その他予期せぬ要因等により、セキュリティカメラ動向
        の低迷、顧客のニーズの変化等、市場規模が縮小する動きがみられた場合には、当社セキュリティの事業及び業績
        に影響を及ぼす可能性があります。
         そのため、当社グループは、常に市場動向を把握し、市場動向に応じた柔軟な対応を行うとともに、他市場への
        展開を積極的に進めることでリスクの低減を図ってまいります。
        ②モバイル事業

         モバイル事業におきましては、携帯端末販売では、電気通信事業者の販売奨励制度の見直し、店舗支援策の変更
        などにより、業績に影響を及ぼす可能性があります。そのため、当社モバイル事業は、教育制度を充実させ、店舗
        での接客スキルを向上させ、端末販売に依存しない、付加価値サービス(データ移行サービス、ガラスフィルム貼
        付サービスなど)の獲得による収益獲得を図っていきます。
      (2)  競合他社による影響について

         セキュリティ事業におきましては、大手・中小を問わず多くの企業と競合しております。そのため、当社グルー
        プセキュリティ事業では、新しい技術・商品の企画・開発や新しい組み合わせによるソリューションの提供を継続
        して実施することで、他社との差別化を行うことにより、上記リスクに対応しております。
         また、モバイル事業におきましては、法人向け営業を含め、ソフトバンク以外の通信キャリアの代理店のみなら
        ず、ソフトバンクの他の代理店との競争も生じております。そのため、当社モバイル事業は、教育制度を充実さ
        せ、店舗での接客スキルを向上させ、端末販売に依存しない、付加価値サービス(データ移行サービス、ガラス
        フィルム貼付サービスなど)の獲得による収益獲得を図っていきます。
      (3)通信事業者政策変更による当社収益への影響について

         モバイル事業におけるソフトバンク株式会社一次代理店としてのソフトバンクショップの運営は、ソフトバンク
        株式会社から手数料等を収受しております。そのため、受取手数料等の金額、受取対象期間、受取対象となるサー
        ビス業務の内容、通話料金に対する割合等の取引条件は、ソフトバンク株式会社の事業方針等により変更される可
        能性があり、今後大幅な取引条件等の変更が生じた場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。また、当
        該事業はソフトバンクブランドに依拠するものであるため、ソフトバンク株式会社がソフトバンクショップ運営に
        関する方針、料金プラン、広告宣伝方針等の事業上の施策を変更した場合、並びにソフトバンクブランドのイメー
        ジの悪化その他の原因により他の通信キャリアに比してソフトバンクブランドの魅力が相対的に低下した場合、他
        の通信キャリアやMVNO事業者との競争激化・SIMロック解除等による通信キャリア間のシェアの変化等、ソ
        フトバンク株式会社の戦略・事業計画の変更やソフトバンクブランドの動向等により、当社の業績に影響を及ぼす
        可能性があります。
      (4)  総務省によるルール改正等の影響について

         2019年1月、総務省は「モバイルサービス等の適正化に向けた緊急提言」を公表しました。当該公表を受け、今
        後、シンプルで分かりやすい料金プランの実現や販売代理店の業務の適正性の確保に向けた法令等のルール改正
        が行われる可能性があります。当社グループは、総務省の法令等のルール改正に適切に対応いたしますが、今後の
        総務省から通信事業者への要請内容、関連する法令の改正等によっては、携帯電話等販売市場全体、当社グループ
        の事業及び業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  法的規制等について

         移動体通信事業者の代理店業務については、「電気通信事業法」、「景品表示法」、「個人情報保護法」、「携
        帯電話不正利用防止法」等の法的規制があります。当社グループは、当該法令等を遵守し販売活動を行っておりま
        す。当社グループは、上記法令等を遵守するために従業員教育の実施を含め社内管理体制の強化に努めておりま
                                 36/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        す。しかしながら、個人情報の漏洩等が発生した場合や上記法令等に違反した場合には、損害賠償責任を負い、代
        理店契約の解除又は営業の停止等の処分を受ける可能性があり、当社グループの業績及び事業計画に重大な影響を
        及 ぼす可能性があります。
      (6)  技術革新

        当社グループが事業展開しているセキュリティ関連市場・モバイル関連市場では、情報技術の進化とそれに伴う
        市場ニーズの変化に迅速に対応することが求められております。当社グループとしても、技術革新に応じた機器の
        選定、ソリューションの拡充・改善及び事業戦略の修正などを迅速に行う必要があるものと考えております。な
        お、急激な技術革新の進展により、非常に速い速度で顧客の需要が変化した場合には、当社グループの業績に影響
        を及ぼす可能性があります。そのため、当社グループは、海外・国内の開発企業・協力企業との連携を密にとるこ
        と(定期的な打ち合わせ、セキュリティショーへの参加など)により、新しい技術・商品のキャッチアップを継続
        して行い、常に顧客の需要動向を注視し、適切な在庫管理に努めることでリスク回避を図っております。
      (7)  経営上の重要な契約について

        当社の経営上重要と思われる契約の概要は、「第2 事業の状況 4 経営上の重要な契約等」に記載のとおり
        であります。当該契約が期間満了、解除、その他の理由に基づき終了した場合、もしくは当社にとって不利な改定
        が行われた場合、または契約の相手方の経営状態が悪化したり、経営方針が変更されたりした場合には、当社の事
        業戦略及び業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
      (8)  人材確保について

        当社グループは、継続的な事業成長のため、営業・販売及び商品企画並びに技術的な対応ができる優秀な人材の
        確保が重要であると認識しており、継続的な人材採用及び教育を実施しております。また、福利厚生等の充実によ
        り人材定着に努めておりますが、国内及び各地域における人材雇用・採用環境の変化等により人材確保が困難とな
        る場合、社内人材の流出が継続する場合、人材獲得またはつなぎ止めのための費用増加が生じる可能性があるほ
        か、著しい人材流出が生じた場合には事業運営に影響を及ぼし、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす
        可能性があります。
     2.事業内容に関する事項

      (1)  商品の調達及び外部生産委託について
         セキュリティ事業における商品は、海外及び国内メーカーより調達しております。また外部業者に商品の生産を
        委託し、商品の調達を行っております。各メーカー及び外部業者とは密接かつ良好な関係を保ち、安定的な商品の
        調達に努めております。一方、需要急増による商品の納入遅れ、商品の欠陥といった品質上の問題、地震等の災害
        が発生した場合等、商品の調達に重大な支障をきたした場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼ
        す可能性があります。また、現在の世界的な半導体不足の影響で、一部の商品において調達が困難になる恐れが生
        じております。
         そのため、当社グループでは複数のメーカー及び外部業者と幅広く取引を行うこと、また独自ブランドの商品を
        活用することで、特定企業の経営方針等の変更及び特定商品の需給状況の変動等にも対応できる体制を構築してお
        ります。
      (2)  認定パートナー制度について

         セキュリティ事業では、各地域の認定パートナーとの間で商取引基本契約書及び商品の取引に関する覚書を締結
        し、特定地域での商品の販売を委託しております。当該代理店の業績・販売方針によって、当社グループの業績に
        影響を及ぼす可能性があります。そのため、当社グループでは、毎年認定パートナーの販売状況に応じたパート
        ナー契約の見直し作業を行っており、常に優良パートナーと契約を行うことにより、当社グループの業績を安定さ
        せる体制をとっております。
      (3)  特定商品に関する大幅な需要変動

        ①セキュリティ事業
         セキュリティ事業は、市場動向を注視し、需給の変動に合わせた商品の生産及び購入を行い、急激な変動への対
        応と余剰在庫の発生を抑制するよう努めておりますが、経済状況や市場動向の急激な変化により当社グループ商品
        の需要が予想を大幅に下回る事態となった場合には、商品が余剰となり、当社グループの業績及び財務状況に影響
        を及ぼす可能性があります。
         2021年3月期は、新型コロナウイルスの感染防止目的で、特に施設等入場者の温度検知の用途からAI温度測定機
        能付顔認証デバイス「FACE             FOUR」の需要が急激に増加となりました。その後の2022年3月期は、変異株(デルタ
        株)の流行から政府主導による人流抑制の影響から温度検知に対する需要は減少となりました。このことから、当
                                 37/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        社グループは、AI顔認証と扉の開閉を連携させた入退室管理システムのソリューションを展開し、商品の拡販に努
        めております。
       ②モバイル事業

         モバイル事業においては、国内の景気低迷等による携帯電話の買い控え等に起因して携帯電話端末の販売台数が
        減少した場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (4)製造物責任について

         セキュリティ事業では、品質管理基準に従い商品の組み立て作業を実施しておりますが、全ての商品について欠
        陥がなく、将来においてリコールが発生しないという保証はありません。また、製造物責任賠償保険に加入してお
        りますが、この保険が最終的に負担する賠償額を十分にカバーできるという保証はありません。万が一、大規模な
        リコールが発生した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、当
        社グループでは、商品の仕様及び特性を熟知し、商品に関係する知識及び資格を持った者を組立作業に関与させる
        等、商品欠陥発生予防に努めております。
      (5)   特定の取引先(販売先、仕入先)への依存について

       ①セキュリティ事業
         セキュリティ事業では、警備会社系及び事務機器メーカー系の販路をもち、また全国に販売網を持つ大手販売先
        との販売体制を構築できていることが強みであります。なかでも販売比率が10%を超える販売先である綜合警備保
        障株式会社及びその関係会社、並びに株式会社リコーは重要な特定販売先にあります。当該事業においては、特定
        販売先と継続的な取引を目的とした取引基本契約書を締結し、また特定販売先と密接かつ良好な関係に務め、リス
        クの低減を図っております。ただし、特定販売先との取引契約において、取引条件の重大な変更や取引の解消等の
        不測の事態が生じた場合、販売高に大きく影響することが考えられ、当社グループの業績に重大な影響を与える可
        能性があります。
         当該事業における商品調達は、全商品調達に対し、HIKVISION(※)をはじめとする海外メーカーの商品が半数
        を占め、特にHIKVISIONに依存しております。当社グループは、特定メーカーと良好な関係を維持しつつ、また特
        定メーカーとの対話に努め、リスクの低減を図っております。一方、今後の世界情勢によっては、特定地域または
        特定メーカーからの商品調達が困難となることが考えられます。これにより、当社グループの業績に重大な影響を
        与える可能性があります。
         その他、当該事業における商品調達に関し、海外メーカーから商品を輸入するための輸入業務及び海外メーカー
        との取引き等に関する手続き業務を兼ねて株式会社F.K.Solutionsから商品調達を行っております。海外メーカー
        からの調達比率が高いことを背景に、同社を経由して調達する商品は多く、同社への依存度は高い状況にありま
        す。当社グループは、同社と密接かつ良好な関係を維持し、また仕入先の管理には万全を期すことによりリスクの
        低減を図っております。ただし、同社との急な取引契約の解消や経営不振等の不測の事態が生じた場合、商品の円
        滑な供給に支障をきたすことが考えられ、当社グループの業績に重大な影響を与える可能性があります。
       ※ HIKVISIONとは、中国の監視カメラメーカーであります。

       ②モバイル事業

         モバイル事業においては、ソフトバンク株式会社との代理店委託契約に基づくソフトバンクショップの運営並び
        に携帯電話端末等の販売及びソフトバンクのサービス提供にあります。当該事業にかかる商品の仕入れも代理店委
        託契約に基づき、同社より仕入れを行うことから同社に依存しております。
         当該事業における事業活動の前提となる同社との代理店委託契約は、1年毎の自動更新でありますが、契約上、
        同社及び当社の双方どちらかが3ヶ月前に事前告知することで解除が可能となっているほか、以下のような事由を
        即時解除事由として定めております。
       (解除事由)
       ・当事者のいずれかが、差押、会社の整理もしくは再生・更生手続の開始、営業停止又は解散等に該当する場合
       ・当社が同社の信用・名誉を失墜させる行為もしくは同社との信頼関係を著しく損なう行為を行った場合
       ・当社が虚偽の請求もしくは報告等その他同社または顧客に対する背信的な行為を行った場合
       ・当社に反社会的勢力との関係があることの疑いが判明した場合
        なお、当社は同社と良好な関係を維持しており、本書提出日現在において解除事由等は生じておりません。ただ

        し、同社との代理店委託が解除・解約等により契約が終了した場合や、契約の内容が大幅に変更された場合には、
        当該事業の存続に支障が生じ、当社の業績に影響が生じる可能性があります。
      (6)商品の需給動向の変動について

                                 38/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社が取り扱う商品は、半導体をはじめとする様々な部品で構成されております。主要部品の半導体において
        は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック、またそれに伴う加速的なリモート化、各種電子機器の技術革新を
        背景に、需要と供給のバランスが崩れる状況が生じております。今後の世界情勢によって、より半導体やその他部
        品 の需給バランスが崩れ、商品仕入価格の高騰、また予定数量の商品確保ができない恐れがあり、当社グループの
        経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        その他、米国と中国における貿易摩擦に端を発し、米国は中国ハイテク企業からの製品調達を禁止すると表明し
        ております。そのハイテク企業に、HIKVISIONが含まれております。本書提出日現在、国内(日本政府の方針含
        む)におけるHIKVISION製品の取扱いに関し、当社は、特別な問題は生じていないと認識をしております。ただ
        し、米国と販売取引の関係を有する国内大手企業においては、HIKVISION製品の取扱いを見直す動きがあるように
        も認識しております。
        当社における影響として、リコー並びにその関係会社との販売取引があります。同社は、HIKVISION製品の取扱
        いを行わない方針を表明しております。当社は同社の方針を受け、当社オリジナル商品「D'SSブランドカメラ」ま
        たはHIKVISION以外のメーカー商品で対応を既に実施しており、現状、当社における影響度は、限定的なものと捉
        えております。
        当社は、今後も各取引先(販売先、仕入先)と密接な関係を保ち、計画的かつ安定的な商品の調達を目指したう
        えで、安定した商品供給に努めてまいります
     3.その他

      (1)特定人物への依存
         当社代表取締役社長である岩本秀成は、当社の創業者であり、本書提出日現在、同氏及び同氏の資産管理会社が
        当社株式の92.39%を所有する株主であります。同氏は創業以来の最高経営責任者であり、当社グループの事業運
        営において重要な役割を果たしております。当社グループは、同氏への過度な依存を回避すべく、経営管理体制の
        強化、経営幹部職員の育成、採用を図っておりますが、現時点において同氏に対する依存度は高い状況にあると考
        えております。今後、何らかの理由により同氏の当社グループにおける業務遂行の継続が困難となった場合、当社
        グループの事業運営等に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)知的財産権

        当社は、第三者の特許権や商標等の知的財産権に関して、外部の弁理士等を通じて調査する等、その権利を侵害
       しないように留意するとともに、必要に応じて商標権等について知的財産権を登録することにより、当社権利の保
       護にも留意しております。しかしながら、当社の認識していない第三者の知的財産権が既に成立している又は今後
       成立する可能性があり、仮に当社が第三者の知的財産権を侵害した場合には、当該第三者により損害賠償請求、使
       用差止請求又はロイヤリティ支払要求等が発生する可能性があり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を
       及ぼす可能性があります。
      (3)配当政策について

        当社は、株主に対する利益還元と同時に、財務体質の強化及び競争力の確保を経営の重要課題の一つとして位置
        付けております。当社は成長過程にあると考えており、内部留保の充実を図り、事業の効率化と事業拡大のための
        投資に充当していくことが株主に対する最大の利益還元に繋がると考えております。このことから、創業以来当社
        は配当を実施しておらず、今後においても当面の間は内部留保の充実を図る方針にあります。将来的には、各事業
        年度の経営成績を勘案しながら株主への利益還元を検討していく方針ですが、現時点において配当実施の可能性及
        びその実施時期については未定となっております。
      (4)当社株式の流動性について

         当社は、東京証券取引所スタンダード市場への上場に際しては、本売出しによって当社株式の流動性の確保に努
        めることとしておりますが、株式会社東京証券取引所の定める流通株式比率は新規上場時において30%前後にとど
        まる見込みにあります。今後は、当社大株主への一部売出しの要請、当社の事業計画に沿った成長資金としての公
        募増資による調達等による流通株式数の増加分を勘案し、これらの組み合わせにより、流動性の向上を図っていく
        方針ではありますが、何らかの事情により上場時よりも流動性が低下する場合には、当社株式の市場における売買
        が停滞する可能性があり、それにより当社株式の需給関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。
      (5)大規模な自然災害、重大な感染症等の発生について

       ①大規模な自然災害
        火災、地震、風水害等の大規模な自然災害等の緊急事態が発生した場合には、当社グループの事業活動が停滞
        し、業績及び事業計画に影響を及ぼす可能性があります。また、取引先からの商品供給不足や仕入価格の高騰、特
        定商品の欠品による機会損失が発生し、売上高及び利益が減少する等、当社グループの業績、財政状態及び事業計
        画に影響を及ぼす可能性があります。当社グループは、これら自然災害に対する備えとして、各自然災害への対応
                                 39/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        及び対策を記載した危機管理マニュアルを従業員に周知徹底するとともに、商品及び店舗設備等に損害保険を付保
        し、自然災害の影響を低減させる等の対策を講じております。
       ②重大な感染症

        当社グループでは新型コロナウイルス感染症等重大な感染症が長期間にわたり拡大・蔓延した場合には、出店施
        設の臨時休業、時短営業、外出自粛による来店客数の減少、取扱い業務の制限、取引先からの商品供給不足等が生
        じる恐れがあり、当社グループの業績及び事業計画に影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループでは、重大な感染症が流行又は発生した場合には、監督官庁及び関連する行政機関の指針に従うと
        ともに、キャリアショップにおいては通信事業者と適切な連携を図り、お客様、取引先及び従業員の安全を最優先
        に考え、関係機関と連携しながら感染症拡大防止に努めてまいります。
        なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として下記の対策を実施しております。
          イ.全従業員に対し、健康状態の確認アンケートを実施
          ロ.法人営業・間接部門等におけるテレワーク及び時差出勤の実施
          ハ.キャリアショップにおける感染予防策の実施
           1)対面接客用フェンスの設置及び座席間隔の確保
           2)スタッフのマスク及びゴーグル着用
           3)共用部、物品の除菌
           4)非接触型体温計を利用したお客様の検温
           5)Web来店予約の推進
      (6)訴訟等について

        当社グループが事業活動を行うに当たっては、偶発的に発生する訴訟や訴訟に至らない請求等を受ける可能性が
        あります。このような訴訟等が発生し、予期せぬ結果となった場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に
        影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループは、役職員に対しコンプライアンス意識の醸成のために定期的に啓蒙活動を行うと同時に、訴訟等
        の当事者となる可能性のある案件の発生を適切なモニタリングにより未然に防げるよう努めてまいります。
      (7)設備投資について

        当社グループは、「Safe                City」の実現に向け、またセキュリティ事業の将来を見据え、中長期的なDSS商品倉庫
        兼研究施設(仮称)の建設を予定しております。当社グループが認識する経営課題(商品在庫の保管場所及び組立
        て加工場、実証実験場の確保、商品購買の訴求を目的としたショールーム等)の解決を目的とした設備投資にあり
        ますが、投資予定額が3,000百万円と大きな投資にあたり、建設工事等の進捗の計画との乖離や物価上昇による追
        加費用の発生等が生じた場合には当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。当社グ
        ループは、当該設備投資計画の進捗状況等を継続的にモニタリングし、社外関係者との密な連携及び計画内容の調
        整により、投資予定額に見合う効果を得るよう努めてまいります
                                 40/148









                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」
        という。)の状況の概要は次のとおりであります。
         なお、当連結会計年度より、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適
        用しております。
         詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(会計方針の変更)」の
        記載のとおりとなります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況

         第7期連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           当社グループはセキュリティ事業において、前連結会計年度は温度検知デバイスの特需があったことで、当
         初予算策定時にはAI温度測定機能付顔認証デバイス「FACE                            FOUR」の需要継続を見込んでいましたが、4月以
         降、機器購入にかかる補助金制度が無くなったことなどが影響し、温度検知デバイスの売上が急速に減少しま
         した。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、上期や年明け1月から3月中旬など、多期間に
         わたって非常事態宣言やまん延防止等措置法の発令により経済活動が大きく抑制され、営業活動に悪影響を受
         けた1年となりました。
           一方、モバイル事業においては、巣ごもり需要の高まりにより、新商品への買い替え需要が増え、また、
         キャリア各社ともに打ち出した格安プランにより、モバイル店舗来店者数が増加したことも相まって総販台数
         は大きく増加しました。
          このような経営環境のもと、当連結会計年度の売上高は4,790百万円(前期比28.9%減)となり、営業利益は
         611百万円(前期比71.0%減)、経常利益は610百万円(前期比71.1%減)、親会社株主に帰属する当期純利益
         は394百万円(前期比71.9%減)となりました。
        a. セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

        (セキュリティ事業)
          セキュリティ事業におきましては、AI温度測定機能付顔認証デバイス「FACE                                      FOUR」の需要減により、売上高
         及び利益ともに前連結会計年度を大幅に下回りました。売上高は2,698百万円(前期比44.0%減)となり、セグ
         メント利益は627百万円(前期比70.1%減)となりました。
        (モバイル事業)

          モバイル事業におきましては、顧客嗜好が低額商品であるandroidから高額商品であるiPhoneへのシフトが見
         られ、販売台数は前期を上回り、販売単価の上昇の影響もあり、売上高は前年を上回りました。また、当連結
         会計年度の学割商戦時に各通信キャリアともに新ブランドを立ち上げた結果、店舗への問い合わせ来客数が増
         加する傾向になり、集客の高いイオンなどの商業施設に店舗を持つ当社が高い接客能力での店頭契約の締結を
         行えた結果、通信キャリアからのインセンティブ獲得が多くなりました。その結果、売上高は2,078百万円(前
         年同期比8.7%増)、セグメント利益は213百万円(前年同期比11.4%減)となりました
        (その他)

          その他につきましては、不動産賃貸事業等によるもので、当連結会計年度は賃貸期間が増えたことにより、
         売上高は14百万円(前年同期比3.3%増)、セグメント利益は16百万円(前年同期比11.2%増)となりました。
        b. 当連結会計年度の財政状態は次のとおりであります。

          当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末比552百万円減の3,344百万円となりました。これは

         主に、売上債権の減少558百万円、法人税等の支払等による現金及び預金の687百万円の減少、未収還付法人税
         等の増加269百万円、商品及び製品の増加185百万円、未収還付消費税等を含むその他の流動資産の増加96百万
         円などによるものであります。
          負債につきましては、前連結会計年度末比946百万円減の1,160百万円となりました。これは主に未払法人税

         等732百万円の減少、未払消費税等を含むその他流動負債208百万円の減少などによるものであります。
          純資産につきましては、前連結会計年度末比394百万円増の2,184百万円となりました。これは、親会社株主

         に帰属する当期純利益の計上による利益剰余金の増加394百万円によるものであります。
         第8期第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

                                 41/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、国内の製造業を中心に企業業績は一部を除いて順調に改善

         し、昨年9月末での新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の全面解除からは非製造業でも回復に転じておりま
         す。このように景気は回復基調にありますが、一方で、部品供給不足、資源価格の上昇、ウクライナ情勢などの
         地政学リスクがあり、依然として慎重な姿勢が求められております。
        a. セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

        (セキュリティ事業)
          当社グループセキュリティ事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、工事の中止、延
         期  など営業活動に悪影響を受けた期間となりました。
         (モバイル事業)

          モバイル事業においては、巣ごもり需要の高まりにより、新製品への買い替え需要が増え、また、キャリア各
         社ともに打ち出した格安プランにより、モバイル店舗来店者数が増加したことも相まって総販台数は大きく増加
         しました。
          このような経営環境のなか、当第2四半期連結累計期間の売上高は2,126百万円、営業利益は186百万円、経常
         利益は184百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は122百万円となりました。
         b. 当第2四半期連結会計期間末の財政状態は次のとおりであります。

         (資産)
          当第2四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末比235百万円増の3,579百万円となりまし
         た。これは主に、未収還付法人税等の減少269百万円、未収還付消費税等を含むその他流動資産の減少81百万
         円、商品の減少48百万円、売上債権の減少30百万円、現金及び預金の増加559百万円、建設仮勘定の増加91百万
         円などによるものであります。
         (負債)

          当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末比113百万円増の1,273百万円となりまし
         た。これは主に支払手形及び買掛金の増加106百万円、未払法人税等の増加97百万円、短期借入金の減少100百万
         円などによるものであります。
         (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末比122百万円増の2,306百万円となりま
        した。これは、親会社株主に帰属する四半期純利益による利益剰余金の増加122百万円によるものであります。
        ② キャッシュ・フローの状況

         第7期連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は396百万円となり、前連結会計
        年度末に比べて684百万円減少しました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果使用した資金は498百万円(前連結会計年度は1,235百万円の収入)となりました。これは主に、
        税金等調整前当期純利益608百万円及び売上債権の減少額558百万円等の収入があったことに対し、棚卸資産の増加
        額187百万円、仕入債務の減少額107百万円、未払消費税等の減少額270百万円、法人税等の支払額1,124百万円等の
        支出があったことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は288百万円(前連結会計年度は14百万円の収入)となりました。これは主に、敷
        金及び保証金の返還による収入26百万円等に対して、固定資産の取得による支出255百万円、敷金及び保証金の差
        入による支出71百万円等があったことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果得られた資金は102百万円(前連結会計年度は891百万円の支出)となりました。これは主に、短
        期借入金の純増加額205百万円に対して、長期借入金の返済による支出84百万円等があったことによるものであり
        ます。
         第8期第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)

                                 42/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は955百万円とな
        り、前連結会計年度末に比べて559百万円増加しました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は756百万円となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益186百万円、法
        人税等の還付額269百万円、未収還付消費税等の減少額90百万円、仕入債務の増加額106百万円があったことによる
        ものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は89百万円となりました。これは主に、固定資産の売却による収入17百万円に対し
        て、固定資産の取得による支出106百万円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は108百万円となりました。これは主に、長期借入れによる収入40百万円に対し
        て、短期借入金の純減少額100百万円、長期借入金の返済による支出40百万円の支出があったことによるものであ
        ります。
        ③ 生産、受注及び販売の実績

         a.生産実績
           当社グループは生産活動を行っていないため、記載すべき事項はありません。
         b.仕入実績

           当連結会計年度の仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                        当連結会計年度
                      (自2021年4月1日
         セグメントの名称                           前年同期比(%)
                       至2022年3月31日)
      セキュリティ事業(千円)                       1,359,938            70.9
      モバイル事業(千円)                       1,514,161            110.2

      合計(千円)                       2,874,099            87.3

     (注)金額は、仕入価格によっております。
         c.受注実績

           当社グループは、主にパッケージされた商品の販売を行っており、個別受注に基づく商品の生産を行ってお
          りませんので、記載を省略しております。
                                 43/148









                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         d.販売実績
           当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
          セグメントの名称                   (自2021年4月1日                   前年同期比(%)
                              至2022年3月31日)
      セキュリティ事業(千円)                              2,698,104                    56.0

      モバイル事業(千円)                              2,078,074                   108.7

       報告セグメント計(千円)                             4,776,178                    71.0

      その他(千円)                                14,574                  103.3

           合計(千円)                         4,790,753                    71.1

     (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.最近2連結会計年度及び第8期第2四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販
           売実績に対する割合は次のとおりであります
                  前連結会計年度               当連結会計年度            第8期第2四半期連結累計期間
                (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
        相手先
                 至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)               至 2022年9月30日)
               金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)
     ソフトバンク株式
                  685,744         10.2       762,210         15.9       338,305         15.9
     会社
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ①  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の進捗について

         当社グループは、経営理念である「心のこもった接客・一流のサービス・最適な情報を提供し」という考え方の
        下、「未来の街を創造する」というビジョンの実現に向けて、セキュリティ事業を探求し、新世代の通信規格や最
        先端のデジタルテクノロジーを活用した商品やサービスの提供により、誰もが安心・安全・便利に暮らせる未来の
        街「Safe     City」の実現に取り組んでおります。
         このことから当社グループでは、売上高成長率及び営業利益成長率を経営上の目標とし、その客観的指標を用い
        て、経営上の目標の達成状況を判断しております。
         2022年3月期連結会計年度においては、売上高4,790百万円(前年同期比71.1%)となっております。これは主
        に、前連結会計年度における特需(※)剥落の影響によるもの、並びに新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影
        響から先行きが見通せないことによる、防犯・監視カメラ市場における設備投資の鈍化、また限られた設備投資に
        おける投資順位後退の影響によるものと考えております。
         また営業利益においては、611百万円(前年同期比29.0%)となっております。このことも売上高同様に前連結
        会計年度における特需剥落が大きく影響したものと考えております。2022年3月期連結会計年度では、新型コロナ
        ウイルス感染症の感染拡大抑制が人流を抑制するところとなり、感染予防機器の需要が減衰したことによる影響が
        大きいと考えております。また、特需に係る製商品は、高利益率なものであったことも影響しております。なお、
        当該特需を除いた売上高の前年同期比は105.8%、営業利益の前年同期比は100.3%となっております。
       (※)特需とは、セキュリティ事業における新型コロナウイルス感染症の感染予防を目的として、特に第1波及び

           第2波の期間に集中的に販売した特定製商品の売上高並びに当社グループのAI温度測定機能付顔認証デバイ
           ス「FACE     FOUR」を新型コロナウイルス感染症防止対策に係る補助金・助成金の活用を背景に販売した売上
           高を、特需と定義しております。
          (特定製商品:温度測定を目的とした需要に対応)

          ・DG-T104S及びDG-T104(商品シリーズ:FACE                            FOUR)
          ・DG-T108S及びDG-T108(商品シリーズ:FACE                            FOUR)
          ・DS-PT8 等
          (特定製商品以外の特需)
          ・不織布マスク
          (売上高)
           特需に係る売上高の算出は、特需に区分する特定製商品(関連する各種部材及び据付工事等も含む)及び
           不織布マスクを伝票ごとに集計し、それぞれ特需に係る売上高としております。
          (営業利益)
                                 44/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           特需に係る営業利益の算出は、特需に区分する特定製商品の売上総利益を伝票ごとに集計し、そこから売
           上高の構成比率を用いて按分した販売費及び一般管理費を差し引いて算出しております。
          (2021年3月期連結会計年度)
          ・特需に係る売上高 2,699百万円(セキュリティ事業における売上高構成比率56.1%)
          ・内訳 特定製商品の売上高 2,609百万円(セキュリティ事業における売上高構成比率54.2%)
              不織布マスク 90百万円(セキュリティ事業における売上高構成比率1.9%)
          ・特需に係る売上総利益 2,027百万円
           内訳 特定製商品の売上総利益 2,000百万円
              不織布マスク 26百万円
          ・特需に係る販売費及び一般管理費 377百万円
           内訳 特定製商品の販売費等 377百万円
              不織布マスク -
              (注)通常営業の取り組みのため、当該売上高に係る経費は生じていないものとしております。
          ・特需に係る営業利益 1,649百万円
           内訳 特定製商品の営業利益 1,622百万円
              不織布マスクの営業利益 26百万円
           (2022年3月期連結会計年度)
          ・特需に係る売上高 515百万円(セキュリティ事業における売上高構成比率19.1%)
           ※マスクの販売は無く、特需の内訳は特定製商品のみとなるため内訳表示は省略(以下同様)。
          ・特需に係る売上総利益 250万円
          ・特需に係る販売費及び一般管理費 100百万円
          ・特需に係る営業利益 149百万円
        ②  キャッシュ・フローの状況分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        a.キャッシュ・フローの状況分析
         キャッシュ・フローの状況の詳細は「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
        シュ・フローの状況分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであり
        ます。
        b.資本の財源及び流動性に係る内容
         当社グループの主な資金需要は運転資金と設備投資資金になります。運転資金は、「営業活動によるキャッ
        シュ・フロー」及び銀行借入金にて賄う方針であります。具体的には、手許流動性資金、国内金融機関10行と締結
        している特殊当座貸越枠のフレキシブルな資金調達手段を確保し、流動性リスクを適切にコントロールしてまいり
        ます。また、設備投資資金に関しては、内部留保及び資金計画に基づき、長期借入による調達を行い、財務の安定
        性を確保してまいります。
        ③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについて
        は、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載の
        とおりであります。
                                 45/148








                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【経営上の重要な契約等】
      当社グループのセキュリティ事業及びモバイル事業における重要な契約等は、以下のとおりとなります。
        a.セキュリティ事業

     締結年月          2014年5月13日              2019年1月11日               2021年4月1日
     契約の名称          売買取引基本契約              売買基本契約               販売基本契約
     相手先          株式会社リコー              綜合警備保障株式会社               株式会社F.K.Solutions
               自2014年5月13日              自2019年1月11日               自2021年4月1日
               至2015年5月12日              至2020年1月10日               至2022年3月31日
               (1年ごとの自動更新)              (1年ごとの自動更新)               (1年ごとの自動更新)
                当社が株式会社リコーに対               当社が綜合警備保障株式会                連結子会社ディーズセキュ
               し継続的に商品を売り渡すこ              社に対し継続的に商品を売り               リティ株式会社が株式会社
               との契約となっております。              渡すことの契約となっており               F.K.Solutionsより継続的に
                また個別契約により販売し              ます。               商品を買い受けることの契約
               た商品の代金を、同社よりそ               また個別契約により販売し               となっております。
     契約の概要
               の支払いを受けるものとして              た商品の代金を、同社よりそ                子会社は、個別契約により
               おります。              の支払いを受けるものとして               購入した商品の代金を、同社
                なお、同社に対し、売上高              おります。               に支払うものとしておりま
               に応じた販売報酬を支払うも               なお、販売報酬に係る支払               す。
               のとしております。販売報酬              いはありません。
               に係る料率は、当社及び同社
               間の協議のうえ決定するもの
               としております。
     締結年月          2019年1月1日              2020年4月1日

               HIKVISIONディストリビュー
     契約の名称                        OEM/ODM契約
               ター契約
     相手先          HIKVISION              UNIVIEW
               自2019年1月1日              自2020年4月1日
               至2020年12月31日              至2021年3月31日
               (1年ごとの自動更新)              (1年ごとの自動更新)
                連結子会社ディーズセキュ               連結子会社ディーズセキュ
               リティ株式会社が日本におけ              リティ株式会社がUNIVIEWに
               るHIKVISIONのディストリ              対して商品開発を委託するこ
     契約の概要          ビューターとなることの契約              と、また商品販売取引を行う
               となっております。              ことの契約となっておりま
                子会社は、個別契約により              す。
               購入した商品の代金を、同社               子会社は、個別契約により
               に支払うものとしておりま              購入した商品の代金を、同社
               す。              に支払うものとしておりま
                             す。
                                 46/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        b.モバイル事業
     締結年月          2013年6月20日                2015年8月1日
                               代理店基本契約
     契約の名称          代理店委託契約
                               (ワイモバイル通信サービス)
               ソフトバンク株式会社
                               ソフトバンク株式会社
     相手先          (旧ソフトバンクモバイル株式
                               (旧ワイモバイル株式会社)
               会社)
               自2013年6月20日
               至2014年3月31日
                               自2015年8月1日
               (1年ごとの自動更新)
                               至2016年3月31日
                ソフトバンク株式会社が、当
                               (1年ごとの自動更新)
               社に電気通信サービスに係る商
                               ソフトバンク株式会社が、当社に
               品販売並びに委託業務の委託を
                               電気通信サービスに係る商品販売
               行うことの契約となっておりま
                               並びに委託業務の委託を行うこと
     契約の概要          す。
                               の契約となっております。
                また、当社は当社による委託
                                また、当社は当社による委託業
               業務の対価を、同社よりその支
                               務の対価を、同社よりその支払い
               払いを受けるものとしておりま
                               を受けるものとしております。
               す。
                                なお、対価は、同社が定める条
                なお、対価は、同社が定める
                               件により算出となっております。
               条件により算出となっておりま
               す。
                                 47/148













                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【研究開発活動】
      該当事項はありません。
                                 48/148




















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       重要な設備投資はありません。
                                 49/148



















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【主要な設備の状況】
      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                          2022年3月31日現在
                                  帳簿価額
        事業所名       セグメントの                               従業員数
                           建物及び      土地
                     設備の内容
        (所在地)       名称                      その他     合計    (人)
                            構築物    (千円)
                                     (千円)     (千円)
                           (千円)    (面積㎡)
     本社                             221,222                 23
               -      本社       506,159          32,114    759,495
     (石川県金沢市)                           (2,341.57)                 (1)
     ソフトバンクアピタ松任                               -
               モバイル事業      店舗設備        4,057           -   4,057      3
     (石川県白山市)                              (-)
     ソフトバンクプラント-
                                    -
     3川北          モバイル事業      店舗設備        1,429           0   1,429      4
                                   (-)
     (石川県能美郡川北町)
     ソフトバンクイオンモー
                                    -
     ル白山          モバイル事業      店舗設備       11,003           315   11,319       4
                                   (-)
     (石川県白山市)
     ソフトバンク金沢おこば
                                    -
     た          モバイル事業      店舗設備       11,002           902   11,904       3
                                   (-)
     (石川県金沢市)
     ソフトバンクイオンモー
                                    -
     ルかほく          モバイル事業      店舗設備
                             7,463           -   7,463      7
                                   (-)
     (石川県かほく市)
     ソフトバンクイータウン
                                    -
     射水
               モバイル事業      店舗設備        9,149           0   9,149      4
                                   (-)
     (富山県射水市)
     ソフトバンク笠舞
                                    -
               モバイル事業      店舗設備        1,101          1,724     2,826      2
     (石川県金沢市)
                                   (-)
     ソフトバンク入江                               -
               モバイル事業      店舗設備        5,205          1,262     6,467      2
     (石川県金沢市)                              (-)
     ソフトバンクイオンモー
                                    -
     ル高岡          モバイル事業      店舗設備
                             9,760           -   9,760      5
                                   (-)
     (富山県高岡市)
     ソフトバンクラスパ白山
                                    -
               モバイル事業      店舗設備        1,587          1,040     2,627      3
     (石川県白山市)                              (-)
    (注)   1.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
       2.セキュリティ事業における営業拠点(札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、福岡)は賃借物件であ
         り、その従業員数は28人であります
       3.提出会社の本社中には、ディーズセキュリティ株式会社(国内子会社)に貸与中の土地18,131千円(222.00
         ㎡)を含んでおります。
       4.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、車両運搬具、リース資産等の合計であります。なお、建
         設仮勘定は含んでおりません。
      (2)国内子会社

                                           2022年3月31日現在
                                  帳簿価額
            事業所名                                   従業員数
                 セグメント
      会社名                設備の内容     建物及び      土地
            (所在地)     の名称                     その他     合計    (人)
                            構築物    (千円)
                                     (千円)     (千円)
                           (千円)    (面積㎡)
     ディーズセ      本社
                 セキュリ                178,262
           (石川県金沢
     キュリティ株                 本社      55,313          30,749    264,325       21
                 ティ事業               (24,893.00)
     式会社      市)
           本社
     アクト通信株            セキュリ                 6,388
           (新潟県長岡           本社       7,255          3,312    16,956      14
     式会社            ティ事業
                                (1,268.41)
           市)
    (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。

        2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、車両運搬具、リース資産等の合計であります。なお、建
          設仮勘定は含んでおりません。
                                 50/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【設備の新設、除却等の計画】                  (2022年10月31日現在)
      (1)重要な設備の新設
        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
        設備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定していますが、計画策定に当たってはグループ会議において提出会
        社を中心に調整を図っております。
         なお、最近日現在における重要な設備の新設計画は次のとおりであります。
                                                         完成

                              投資予定額               着手及び完了予定年月
      会社名           セグメン      設備の                資金調達                  後の
            所在地
                             総額     既支払額
      事業所名           トの名称      内容                 方法                 増加
                                              着手      完了
                            (千円)      (千円)
                                                         能力
                      セキュリ

                                       自己資
     ディーズセ      石川県金           ティ事業
                 セキュリ                      金、借入
                                                        (注)
     キュリティ      沢市五郎           の商品倉     3,000,000      271,452           2023年4月      2025年3月
                 ティ事業                      金
     株式会社      島町地内           庫兼研究
                      施設等
     (注)完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。

      (2)重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 51/148













                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        5,000,000

                  計                             5,000,000

        ②【発行済株式】

                                上場金融商品取引所名又は登
            種類            発行数(株)                            内容
                                録認可金融商品取引業協会名
                                              完全議決権株式であり、権利
                                              内容に何ら限定のない当社に
                       2,707,000
      普通株式                           非上場             おける標準となる株式であり
                                              ます。単元株式数は100株で
                                              あります。
                       2,707,000
             計                          -              -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
                                 52/148










                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      2016年9月1日
                      200        800       10,000        40,000           -        -
        (注)1
      2016年9月30日
                       -       800       10,000        50,000           -        -
        (注)2
       2018年3月1日
                      540       1,340        9,000        59,000        24,857        24,857
        (注)3
      2018年3月31日
                      700       2,040        21,000        80,000           -      24,857
        (注)4
      2018年11月30日
                      667       2,707        20,000        100,000           10      24,867
        (注)5
      2021年12月31日
                  2,704,293       2,707,000           -    100,000          -     24,867
        (注)6
      (注)1.有償第三者割当増資による増加であります。
            発行価格 50,000円、資本組入額 50,000円
            割当先:岩本秀成
          2.資本剰余金の資本組入による資本金の増加であります。
         3.2018年3月1日付で、ディーズセキュリティ株式会社を株式交換完全子会社とする株式交換取引に伴う新
            株発行による増加であります。
          4.有償第三者割当増資による増加であります。
            発行価格 30,000円、資本組入額 30,000円
            割当先:ディーズカンパニー株式会社(現IWAMOTOアセットマネジメント株式会社)、岩本秀成、隈田佳
            孝、多賀勝用
          5.有償第三者割当増資による増加であります。
            発行価格 30,000円、資本組入額 29,985円
            割当先:IWAMOTOアセットマネジメント株式会社、岩本秀成
          6.株式分割(1:1000)によるものであります。
      (4)【所有者別状況】

                                                    2022年10月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                          個人その他       計    (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     -     -      1     -     -      4     5   -
     所有株式数
               -     -     -    13,810       -     -    13,260     27,070     -
     (単元)
     所有株式数の割
               -     -     -    51.02       -     -    48.98     100.00     -
     合(%)
                                 53/148






                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年10月31日現在

              区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                              -           -       -

      議決権制限株式(自己株式等)                              -           -       -

      議決権制限株式(その他)                              -           -       -

      完全議決権株式(自己株式等)                              -           -       -

                                                 完全議決権株式であ
                                                 り、権利内容に何ら
                                                 限定のない当社にお
                                2,707,000             27,070
      完全議決権株式(その他)                     普通株式                       ける標準となる株式
                                                 であります。単元株
                                                 式数は100株であり
                                                 ます。
      単元未満株式                              -           -       -
                                2,707,000
      発行済株式総数                                         -       -
                                            27,070
      総株主の議決権                              -                  -
        ②【自己株式等】

        該当事項はありません。
     2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】 該当事項はありません。
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
     3【配当政策】

        当社は、財務体質の強化と事業拡大のための内部留保の充実等を図ることが重要であると考え、過去において配
       当を行っておりませんが、株主に対する利益還元も経営の重要課題であると認識しております。
        今後の配当政策の基本方針としましては、収益力の強化や事業基盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況及
        び企業を取り巻く事業環境を勘案したうえで、株主に対して安定的かつ継続的な利益還元を実施する方針でありま
        す。内部留保資金につきましては、事業拡大を目的とした中長期的な事業原資として利用していく予定でありま
        す。
        なお、剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、配当の決定機関は株主総会となって
        おります。また、当社は中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款に定めております。
        当事業年度の配当につきましては、将来の事業展開と経営体質を強化し、必要な内部留保を確保するため、配当
        を実施しておりません。
                                 54/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社グループは、経営理念である「心のこもった接客・一流のサービス・最適な情報を提供し」という考え方の
        下、「未来の街を創造する」というビジョンの実現に向けて、セキュリティ事業を探求し、新世代の通信規格や最
        先端のデジタルテクノロジーを活用した商品やサービスの提供により、誰もが安心・安全・便利に暮らせる未来の
        街「Safe     City」の実現に取り組んでおります。
         当社グループは、このビジョンを実現するためには、株主をはじめ、顧客、取引先、従業員、地域社会等の全て
        のステークホルダーの利益を重視した経営を行うことが、当社グループの使命であると考えており、より一層の
        コーポレート・ガバナンスの充実・強化を図り、経営の健全性、透明性及び効率性を確保することが経営上の重要
        課題であると認識しております。
         当社は、株主総会の充実、取締役会及び監査役会の機能強化、適時適切な情報開示・IR活動の実施、内部管理体
        制の強化等により、盤石なコーポレート・ガバナンス体制の構築に努めてまいります。
      ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       (a)企業統治の体制の概要
         当社は、取締役会制度・監査役会制度を採用しております。取締役6名(内社外取締役2名)で構成する取締役
        会と社外監査役3名で構成する監査役会が、経営者たる取締役の職務執行を監視・監督する二重のチェック体制を
        とっております。取締役会が的確な意思決定と迅速な職務執行を行う一方、監査役会は取締役の職務執行の適正性
        及び適法性の監査並びに監視を行い、経営管理の充実を図り、その実効性を高める体制としております。また、会
        社の機関として会計監査人を設置しており、会計監査においては会社法に基づく監査のほか、金融商品取引法第
        193条の2第1項に基づく監査を受け、財務諸表等の信頼性に努めております。
        (取締役会)

         取締役会は、代表取締役社長岩本秀成を議長に、取締役6名(専務取締役隈田佳孝、常務取締役前田憲司、取締
        役多賀勝用、社外取締役米沢寛、社外取締役木村基之)で構成されており、法令及び定款に定められた事項、経営
        の基本方針、業務の意思決定のほか、取締役間の相互牽制による業務執行の監督を行っております。また、当社で
        は経営陣の迅速な意思決定と業務執行を可能とするため、原則として月1回の定時取締役会の他、必要に応じて臨
        時取締役会を開催するとともに、取締役会規程において、取締役会に付議すべき事項を具体的に定めております。
      (監査役会)

       監査役会は、常勤社外監査役福村徹を議長に、監査役3名(社外監査役宮川昌江、社外監査役武部勝)で構成され
      ております。監査役会は、原則として月1回の定時監査役会の他、必要に応じて臨時監査役会を開催し、監査計画の
      策定、監査実施状況、監査役相互の情報共有を図っております。なお、各監査役は、取締役会及び必要に応じてその
      他の社内会議に出席し、取締役の職務遂行を監督するとともに、監査計画に基づいて会計監査及び業務監査を実施し
      ております。監査役会は、内部監査担当者や会計監査人とも連携し、効率的かつ効果的な監査を実施しております。
      (経営諮問委員会)

       経営諮問委員会は、社外取締役米沢寛を議長に、委員3名(代表取締役社長岩本秀成、社外取締役木村基之)で構
      成されております。経営諮問委員会は、役員の報酬及び選任・解任並びに経営上の重要な事項に関し、取締役会決議
      事項の事前審議及び重要事項に関する協議、決定を行っております。なお、取締役会の監督機能の強化、また経営の
      透明性及び公平性を担保する目的で、監査役3名(常勤社外監査役福村徹、社外監査役武部勝、社外監査役宮川昌
      江)がオブザーバーとして参加しております。
      (執行役員会)

       執行役員会は、代表取締役社長岩本秀成を議長に、取締役4名(専務取締役隈田佳孝、常務取締役前田憲司、取締
      役多賀勝用)、執行役員3名(執行役員セキュリティ事業部長小西啓太、執行役員モバイル事業部長小石寛人、執行
      役員経営企画室長大澤公治)で構成し、定例的に月1回開催しております。取締役会への上程議案の確認、部門毎の
      業務執行状況に関する報告を行っております。なお、監査役1名(常勤社外監査役福村徹)は、執行役員会のオブ
      ザーバーとして参加しております。
      (リスク・コンプライアンス委員会)

       リスク・コンプライアンス委員会は、専務取締役隈田佳孝を委員長に、取締役3名(常務取締役前田憲司、取締役
      多賀勝用)、執行役員3名(執行役員セキュリティ事業部長小西啓太、執行役員モバイル事業部長小石寛人、執行役
      員経営企画室長大澤公治)で構成し、四半期に1回開催しております。当社グループにおけるコンプライアンス体制
                                 55/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      の強化及びリスク管理の実施状況を把握し、必要な措置について審議を行っております。なお、監査役1名(常勤社
      外監査役福村徹)は、リスク・コンプライアンス委員会のオブザーバーとして参加しております。
      (会計監査人)

       当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、独立の立場から会計監査を受けており、定期的な監査の
      ほか、会計上の論点については適宜連携して適切な会計処理に努めております。
      (内部監査)

       当社は、会社の規模が比較的小さいため独立した内部監査部門を設けていませんが、代表取締役社長の指示の下、
      内部監査責任者を任命しております。なお、内部監査責任者の所属する部門に対しては、他の部門から内部監査責任
      者を選任することで自己監査とならないよう手当しております。内部監査担当者には、当社ビジネスや内部監査に対
      する専門知識を有した担当者を割り当てております。また、監査は必要に応じて、監査役及び会計監査人との調整を
      行い、効率的な監査に努めております。
      なお、各会議・委員会等における構成員の役職及び氏名は以下のとおりとなります。

                                 (◎:議長又は委員長、〇:出席者、△:オブザーバー)
                                                     リスク・コ
                 氏名                      経営諮問委
       役職                 取締役会       監査役会              執行役員会       ンプライア
                 注1                      員会
                                                     ンス委員会
       代表取締役社長          岩本 秀成          ◎              〇       ◎
       専務取締役          隈田 佳孝          〇                      〇       ◎
       常務取締役          前田 憲司          〇                      〇       〇
       取締役
                 多賀 勝用          〇                      〇       〇
       (兼 管理部長)
       社外取締役
                 米沢 寛          〇              ◎
       (非常勤)
       社外取締役
                 木村 基之          〇              〇
       (非常勤)
       社外監査役          福村 徹          〇       ◎       △       △       △
       社外監査役
                 宮川 昌江          〇       〇       △
       (非常勤)
       社外監査役
                 武部 勝          〇       〇       △
       (非常勤)
       執行役員 セキュ
                 小西 啓太                               〇       〇
       リティ事業部長
       執行役員 モバイ
                 小石 寛人                               〇       〇
       ル事業部長
       執行役員 経営企
                 大澤 公治                               〇       〇
       画室長
      (注)1.部長職以外の構成員は記載を省略しております。
      (b)企業統治体制を採用する理由

       当社は、監査役会制度を採用しております。当社事業に精通した取締役を中心とした取締役会の迅速な意思決定に
      よる経営戦略の力強い推進を確保し、独立性の高い社外取締役2名を含む取締役会によるモニタリング及び監査役に
      よる監査の二重の監視体制をとることで監督・監視機能の充実を図ることとしております。また、社外取締役と監査
      役による二重の監視体制による監督・監視機能を効果的に発揮すべく、社外取締役と監査役との間で情報共有・意見
      交換等を行い、適宜連携する体制をとっております。
                                 56/148




                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当社の企業統治の体制を図式化すると以下のとおりとなります。

      ③企業統治に関するその他の事項










       当社は会社法及び会社法施行規則に基づき、内部統制システムの構築に係る基本方針を以下のとおり定めておりま
      す。
      (イ)内部統制システムの整備の状況
         当社は業務の適正性を確保するための体制として、取締役会にて「内部統制システムの整備に関する基本方針」
        を定める決議を行っており、現在その基本方針に基づき内部統制システムの運用を行っております。その概要は以
        下のとおりとなります。当社は、経営理念を具現化するために、組織の構築、規程の制定、情報の伝達、及び業務
        執行のモニタリングを適切に行う体制として、以下の基本方針に従って内部統制システムを整備することにより、
        適法かつ効率的に         業務を執行する体制の確立を図ります。
       (a)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

       ⅰ 企業倫理・法令遵守を推進するため、全社委員会のひとつとして「リスク・コンプライアンス委員会」を設け
         るほか、専任組織の設置など必要な社内の体制を整備する。
       ⅱ 取締役及び使用人が遵守すべき方針として経営理念を制定するほか、必要なガイドライン等を整備する。                                                   特に
         反社会的勢力との関係遮断については、全社一体の毅然とした対応を徹底する。
       ⅲ 法令や定款に違反する行為を発見した場合の内部通報体制を構築する。
       (b)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

       ⅰ 職務権限に関する社内規程を制定し、意思決定事項のうち、取締役会に留保される事項及び代表取締役社長、
         取締役、執行役員会、執行役員等に委任される事項を規定する。
       ⅱ 取締役会又は代表取締役社長、取締役が決定する重要事項について、執行役員会において事前協議を行う。
                                 57/148



                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (c)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
       ⅰ 経営に関する重要文書や重要情報、秘密情報、個人情報について規程を整備し、適切に保存・管理する。
       (d)当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

       ⅰ 当社及び子会社における業務の適正を確保するため、当社の内部監査部門による監査に基づき、問題の適切な
         処理を行う。
       ⅱ 当社は、子会社における業務の適正を確保するため、担当する取締役を任命し、子会社における法令遵守体制
         等の構築を指導するとともに、当社の関係部署はこれをサポートする。
       ⅲ 子会社の取締役会は、法定事項及び経営上重要な事項について十分に審議し、適法かつ適正に意思決定を行う
         とともに、取締役の業務執行状況を監督する。
       ⅳ 子会社における意思決定については、その重要度に応じて権限者による承認、会議への付議など、定められた
         手続により適切に行う。
       ⅴ 子会社では、社内規程により、各部門の分掌事項と職務権限を明確に定め、効率的な業務体制を整える。
       ⅵ 当社は、子会社と一定の重要事項について協議・報告を行う旨の協定を締結のうえ、必要な管理、指導を行
         う。
       (e)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

       ⅰ 企業活動に潜在するリスクを特定し、平常時からその低減及び危機発生の未然防止に努める全社リスクマネジ
         メントを推進するとともに、重大な危機が発生した場合に即応できるよう、規程を整備し、リスク・コンプライ
         アンス委員会を社内に設置する。
       ⅱ 財務報告に関する内部統制を整備し、財務報告の信頼性を確保する。
       (f)監査役への報告に関する体制及びその報告をした者がそれを理由として不利な取扱いを受けないことを確保する

         ための体制
       ⅰ 当社の取締役、使用人は、監査役からの要請に応じ、職務の執行に関する事項を報告する。
       ⅱ 内部通報制度の窓口及びリスク・コンプライアンス委員会は、当社の内部通報の状況について、定期的に監査
         役に報告する。
       ⅲ 監査役へ報告を行った者に対し、それを理由として不利な取扱いを行わない旨を「リスク管理・コンプライア
         ンス規程」に定める。
       (g)監査役の職務の執行について生ずる費用・債務の処理方針に関する事項

       ⅰ 監査役の職務の執行について生ずる費用等を支弁する。
       (h)監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の取締役からの独立性に関する事項及び監査役の当

         該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
       ⅰ 監査役の求めがある場合、職務を補助すべき使用人を置く。当該使用人は、監査役の指揮命令に従うものと
         し、その人事については監査役と事前に協議を行う。
       (i)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

       ⅰ 監査役会には、法令に従い、社外監査役を含み、公正かつ透明性を担保する。
       ⅱ 代表取締役社長及び内部監査人は、監査役と定期的に意見交換を行う。
       ⅲ 監査役会は定期的に会計監査人から監査の状況報告を受けることにより、監査環境を整備し監査の有効性、効
         率性を高める。
       ⅳ 監査役は、取締役を始め、執行役員会等重要な会議に出席することにより、重要な報告を受ける体制とする。
       (j)財務報告の信頼性を確保するための体制

       ⅰ 内部統制システムの構築に関する基本方針及び別途定める「財務報告に係る内部統制の基本方針」に基づき、
         財務報告に係る内部統制の整備及び運用を行う。
      (ロ)リスク管理体制の整備の状況

         当社グループは、「リスク管理・コンプライアンス規程」を制定し、会社経営にかかるリスクマネジメント活動
        を一元的に管理する体制を構築しております。その中で、定期的に「リスク・コンプライアンス委員会」を開催
        し、他社事例を含めた個々の事業等に係るリスクの把握及び発生可能性の検討等を行い、リスク要因への変化に対
        する適時適切な対応を行うこととしております。
         情報システム管理については、情報システム担当者を責任者として、管理部を担当部署としております。具体的
        には、業務内容により、アクセス権を制限し、担当者ごとにアクセスの範囲を定め、個々人にIDを付与し、パス
        ワードは3か月ごとに個人設定する管理体制とし、アクセスの証跡が残るようにしています。
                                 58/148

                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         また、外部接続措置の禁止、WEBサイトも業務上必要なサイトのみ利用することやSPAMメールを処理する等の
        ウィルス対策を進めています。
         なお、緊急事態発生時におけるマニュアルを定め、会社及び利害関係者の損失最小化を図るための体制、対応を
        定めております。
      (ハ)    反社会的勢力排除に係る基本方針

        当社は、(社)日本経済団体連合会が公表した「企業行動憲章実行の手引き(第7版)」(2017年11月)及び
         「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(平成19年6月 犯罪対策閣僚会議幹事会申合わせ)
         を基本理念として尊重し、これらに沿って体制を構築し運用しています。当企業集団における方針・基準等に
         ついては、「反社会的勢力排除に関する規程」において定めており、主要な社内会議等の機会を捉えて繰り返
         しその内容の周知徹底を図っております。また、定期的に企業集団の全ての役員、従業員(子会社は主要な従
         業員)を対象に反社会的勢力との関係の遮断に関する研修会を開催しております。これらのように、当企業集
         団及び全ての役員、従業員は反社会的勢力との絶縁を基本方針としております。
         社内体制としては、コンプライアンス及びリスク管理に係る会議体としてリスク・コンプライアンス委員会を
        設置し、反社会的勢力との関係排除を推進し、役員・従業員等の適切な職務執行が図られるよう、常に留意しな
        ければならないとしています。また、反社会的勢力に対する業務を所管する部署は管理部(取締役管理部長)と
        し、不当要求等に対する対応部署への速やかな通報や外部専門機関への相談など実務上の業務マニュアルとして
        「反社会的勢力等の調査実施マニュアル」を整備しています。また、各取引先との契約においては、反社会的勢
        力排除条項を設けるなど、その徹底を図っております。
         排除・防止策としては以上ですが、万一に備えて、所轄警察署の相談窓口との関係強化や顧問弁護士のシミュ
        レーションを通じた緊急体制の構築を実施しており、今後、社団法人警視庁菅内特殊暴力防止対策連合会に参加
        することを予定しております。
      (ニ)株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項及びその理由

       ⅰ 中間配当
         当社は、剰余金の配当等会社法第454条第5項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
        き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により、毎年9月30日現在の最終の株主名簿に記載または記録された
        株主または登録株式質権者に対して中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、剰余金の配当
        等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
       ⅱ 取締役及び監査役の責任免除
         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって、取締役及び監査役(これらの者であっ
        た者を含む。)の会社法第427条第1項の規定により損害賠償責任を法令の定める限度において、免除することが
        できる旨を定款に定めております。また、会社法第427条第1項の規定により、取締役及び監査役との間に、任務
        を怠ったことによる損害賠償を限定する契約をできる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が期
        待される役割を十分に発揮できることを目的とするものであります。
        ⅲ 自己株式の取得
         当社は、機動的な資本政策の追行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議に
        よって自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
      (ホ)株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
        とするものであります。
       (へ)取締役の定数

         当社の取締役8名以内とする旨を定款に定めております。
       (ト)取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
        が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を、また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨
        を定款に定めております。
                                 59/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【役員の状況】
           ①役員一覧
           男性  8 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             11.1  %)
                                                        所有株式
                                                         数
       役職名       氏名      生年月日                  略歴                任期
                                                        (株)
                         1984年4月 内灘町役場入庁
                         1993年4月 金城交通㈱入社 取締役営業部長
                                                        2,501,000
                         1996年4月 有限会社ムーブ北陸設立 代表就任
     代表取締役社長       岩本 秀成     1966年2月3日      生                             (注)3
                         2016年3月 ディーズカンパニー㈱(現IWAMOTOアセットマネジメン
                                                        (注)5
                              ト㈱)代表取締役就任(現)
                         2016年3月 当社設立、代表取締役社長就任(現)
                         1999年4月 相互移動通信㈱入社
                         2003年6月 同社取締役営業部長
                         2005年11月 旧ダイワ通信㈱入社 事業部長
                                                         66,000
     専務取締役       隈田 佳孝     1977年2月16日      生
                                                    (注)3
                         2007年2月 同社取締役
                         2015年4月 同社専務取締役
                         2016年3月 当社専務取締役就任(現)
                         2001年4月 ㈱シーピーユー 入社
                         2011年10月 同社ソリューション事業部長
                         2014年2月 旧ダイワ通信㈱入社 取締役営業部長
                                                         120,000
     常務取締役       前田 憲司     1976年6月19日      生  2015年4月 同社常務取締役(現)                           (注)3
                         2015年10月 ディーズセキュリティ㈱設立
                               代表取締役就任(現)
                         2016年3月 当社常務取締役就任(現)
                         2003年10月 有限責任監査法人トーマツ入所
                         2012年9月 朝日ビジネスソリューション㈱海外現地駐在
                                                         20,000
     取締役管理部長       多賀 勝用     1977年1月6日      生                             (注)3
                         2015年12月 旧ダイワ通信㈱入社 管理部長
                         2016年3月 当社取締役管理部長就任(現)
                         1989年4月 米沢電気工事㈱ 代表取締役社長
                         1990年4月 石川県中小企業経営者同友会 理事長
                         1995年2月 ㈱テクノブレーン 取締役(現)
                         1995年3月 大和タクシー㈱ 代表取締役社長
                         1995年3月 大和商事㈱ 代表取締役社長(現)
                         1995年10月 ㈱米沢ビルシステムサービス 代表取締役(現)
                         1999年3月 ㈱オータム 代表取締役社長(現)
                         2001年2月 社会福祉若松福祉会 理事長(現)
                         2001年3月 大和タクシー㈱ 代表取締役会長
                         2005年6月 社団法人石川県消防設備協会 会長
                         2006年4月 社団法人金沢経済同友会 副代表幹事(現)
                         2009年6月 石川県電気工事工業組合 理事長(現)
                         2009年6月 北陸電気工事組合連合会 会長(現)
     取締役
                                                           -
                         2009年9月 ㈱日産プリンス金沢 代表取締役会長
            米沢 寛     1951年9月9日      生                             (注)3
     (非常勤)
                         2010年6月 北陸経済連合会 常任理事(現)
                         2011年5月 北星ホールディングス㈱ 取締役(現)
                         2011年6月 石川日産自動車販売㈱ 代表取締役会長
                         2011年6月 全日本電気工事業工業組合連合会 会長(現)
                         2011年6月 大和タクシーコールネット㈱ 取締役(現)
                         2012年1月 ㈱石川ツエーゲン 代表取締役社長(現)
                         2014年3月 米沢電気工事㈱ 代表取締役会長(現)
                         2015年3月 学校法人金沢医科大学 理事(現)
                         2018年2月 北星産業㈱ 取締役相談役(現)
                         2020年6月 ㈱日産プリンス金沢 取締役(現)
                         2020年6月 ㈱エオネックス 取締役(現)
                         2020年6月 当社取締役就任(現)
                         2020年7月 石川日産自動車販売㈱ 取締役(現)
                         2008年12月 弁護士登録 藏大介法律事務所パートナー弁護士入所
                              (現)
                         2013年7月 経営革新等支援機関認定
     取締役
                                                           -
            木村 基之     1981年5月1日      生  2016年4月 信託法学会入会                           (注)3
     (非常勤)
                         2016年7月 一般社団法人いしかわ家族信託サポートセンター監事
                         2018年4月 金沢弁護士会副会長
                         2021年6月 当社取締役就任(現)
                                 60/148



                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式
       役職名       氏名      生年月日                  略歴                任期    数
                                                        (株)
                         1981年4月 ㈱北國銀行入行
                         2005年1月 同行安宅支店長
                         2006年10月 同行川北支店長
                                                           -
     常勤監査役        福村 徹     1958年5月31日      生  2009年4月 同行動橋支店長                           (注)4
                         2010年4月 同行総合企画部広報CSR課調査役
                         2012年11月 長野ポンプ㈱入社 管理部長
                         2018年9月 当社常勤監査役就任(現)
                         1964年4月 赤座繊維工業㈱入社
                         1975年5月 住友生命保険相互会社入社
                         1980年5月 ㈱朝日通商入社
     監査役
                                                           -
            宮川 昌江     1945年8月17日      生                             (注)4
                         1984年9月 ㈱シーピーユー設立 代表取締役就任
     (非常勤)
                         2017年9月 当社監査役就任            (現)
                         2020年4月 ㈱シーピーユー 代表取締役辞任
                         1991年4月 大東建託㈱入社
                         1993年10月 父親の不動産業を引き継ぐ
                         2000年11月 有限会社ナカガワ不動産 取締役就任
                         2002年1月 エステック㈱(現エステック不動産投資顧問㈱)
     監査役
                                                           -
                               代表取締役社長就任(現)
            武部 勝     1968年11月6日      生                             (注)4
     (非常勤)
                         2013年8月 エステック不動産㈱ 代表取締役社長(現)
                         2018年10月 当社監査役就任(現)
                         2019年2月 エステックホールディングス㈱ 代表取締役就任(現)
                               エステックアセットマネジメント㈱ 取締役就任(現)
                                                        2,707,000
                              計
     (注)1.取締役 米沢寛、木村基之は社外取締役であります。
        2.監査役 福村徹 宮川昌江、武部勝は社外監査役であります。
         3.取締役の任期は、2022年6月29日開催の定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の
           時までであります。
         4.監査役の任期は、2021年12月31日開催の臨時株主総会終結の時から、選任後4年以内に終了する事業年度の
           うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
         5.代表取締役社長岩本秀成の所有株式数に、同氏の資産管理会社であるIWAMOTOアセットマネジメント株式会
           社の所有株式数を含んでおります。
        6.当社では、意思決定の迅速化及び取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しております。本書提出日
           現在の執行役員は以下の3名であります。
            執行役員セキュリティ事業部長                        小西 啓太
            執行役員モバイル事業部長                        小石 寛人
            執行役員経営企画室長                        大澤 公治
                                 61/148









                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②社外役員の状況
        当社は、社外取締役2名及び社外監査役3名を選任しております。
      a.社外取締役及び社外監査役が企業統治において果たす機能及び役割

         当社では、社外の視点を踏まえた実効的なコーポレート・ガバナンスの構築を目的に、社外取締役、社外監査役
        について、専門家としての豊富な経験、金融・会計・法律に関する高い見識等に基づき、客観性、中立性ある助言
        及び取締役の職務執行の監督を期待しており、当目的にかなう専門的知識と経験を有していること、また会社との
        関係、代表取締役社長その他の取締役及び主要な使用人との関係等を勘案するとともに、会社法の要件を充足する
        ことを社外取締役、社外監査役の選考基準としております。
         社外取締役の米沢寛氏は、米沢電気工事株式会社の代表取締役会長として経営に長年携わられており、これまで
        培ってこられた経営に関する知識、経験等をもって当社経営に対し適切なご助言をいただくことで、当社のコーポ
        レート・ガバナンス体制強化が期待できる方として選任しております。当社との間に人的関係、資本的関係又は取
        引関係その他の利害関係はありません。
         社外取締役の木村基之氏は、弁護士としての専門知識、経験等に基づく意見や助言をいただける方として選任し
        ております。当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
         社外監査役の福村徹氏は、当社の取引金融機関である株式会社北國銀行出身であり、同支店長としての豊富な知
        見・経験を有しており、当社において社外監査役として中立かつ客観的観点から、当社の経営に有用な意見・助言
        をいただける方として選任しております。同行とは金融取引等の取引関係はありますが、社外監査役と当社との間
        に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
         社外監査役の宮川昌江氏は、株式会社シーピーユーの相談役(元代表取締役)として、経営者としての豊富な知
        見・経験を有しており、当社において社外監査役として中立かつ客観的観点から、当社の経営に有用な意見・助言
        をいただける方として選任しております。当社は同社の株式を10,000株保有しておりましたが、同氏との間で株式
        譲渡契約を締結し、2019年10月18日に当社保有のすべての同社株式を譲渡しております。それ以外に、人的関係、
        資本的関係、重要な取引関係その他の利害関係はありません。
         社外監査役の武部勝氏は、エステック不動産投資顧問株式会社の代表取締役社長として、経営者としての豊富な
        知見・経験を有しており、当社において社外監査役として中立かつ客観的観点から、当社の経営に有用な意見・助
        言をいただける方として選任しております。当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係は
        ありません。
         当社では、社外取締役及び社外監査役の独立性に関する具体的な基準は定めていないものの、東京証券取引所の
        独立役員の独立性に関する判断基準等を勘案したうえで、当社との利害関係及び経歴を踏まえ、当社から独立した
        客観的な立場で職務遂行を行うことのできるものを選任することとしております。
         社外取締役2名及び社外監査役3名全員は、当社と人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はな
        く、一般株主と利益が相反する関係となるおそれはないものと判断しております。
     ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部

      門との関係
      社外取締役は、取締役会に出席し、決議事項に関する審議や決定に参加するほか、業務執行等の報告を受ける等の監
     督を行っております。また、監査役監査、内部監査及び会計監査と連携をとり、また内部統制に係る経営企画室及び管
     理部とも必要に応じて連携をとり、書類閲覧及び担当者との面談を通じて情報交換・意見交換を行っております。
      社外監査役は、取締役会及び監査役会において、知識や豊富な経験に基づき意見・提言を行っております。また、常
     勤監査役は、執行役員会に出席し意見交換や情報共有を行うとともに、社内の各部門に対してヒアリングを行い内部統
     制に関する指摘・指導を行っております。また、会計監査人及び内部監査担当者と連携をとり、必要に応じて随時、相
     互の意見交換、質問等を行うことにより、業務の適正の確保に努めております。
                                 62/148






                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【監査の状況】
      ①監査役監査の状況
       監査役監査につきましては、常勤の社外監査役1名と非常勤の社外監査役2名により、様々な経営環境や社会環境
      のほか、過年度の監査結果を踏まえながら、重点監査事項を設定した監査計画に基づき、モニタリング機能としての
      監査の実効性を高めるために、内部監査担当者や会計監査人とも積極的なコミュニケーションを図りながら監査を進
      めております。なお、監査計画は、監査役会において監査基本計画を策定したうえ、常勤監査役が具体的な監査計画
      案を作成しております。作成した監査計画案は、定時株主総会の終了後に監査役会を招集し、その監査役会での承認
      をもって監査計画の確定としております。
      (監査役の活動状況)

       監査役会は、定例監査役会を毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しているほか、内部監査担
      当者及び会計監査人とともに、会社組織の内部管理体制の適正性を総合的かつ客観的に評価するとともに抽出された
      課題等に対し、改善に向けた提言やフォローアップを実施すべく、適時会合等により監査体制、監査計画及び監査実
      施状況等について情報を共有し、意見交換等を行っております。
       最近事業年度に開催した監査役会への各監査役の出席状況は以下のとおりとなっております。
           役職名           氏名       開催回数        出席回数
       常勤社外監査役             福村 徹           14        14
       社外監査役(非常勤)             宮川 昌江           14        14
       社外監査役(非常勤)             武部 勝           14        14
      (監査役会の主な検討事項)

       監査役会における主な検討事項は、監査方針、監査計画、重点監査項目、取締役の職務の執行の適正性、内部統制
      システムの整備・運用状況、会計監査人及び内部監査担当者との意見交換によって得られた監査上、コーポレート・
      ガバナンス上の課題等であります。なお、重点監査項目は、コンプライアンスの遵守、適正な利益管理、内部統制シ
      ステムの構築への取り組み状況にあります。
       また、常勤監査役の活動としては、監査計画に基づき日々の監査役監査を実施し、取締役会及び監査役会での当該
      監査の実施結果を共有するほか、随時、取締役との面談、監査法人及び内部監査担当者との意見交換等を行っており
      ます。
      ②内部監査の状況

      a.内部監査の組織、人員及び手続
       当社の内部監査担当部署として、社長直轄の経営企画室を設置しております。経営企画室長及び経営企画室担当1
      名の計2名が担当者であります。内部監査人は、業務の有効性及び効率性等を担保することを目的として、代表取締
      役社長による承認を得た内部監査計画に基づいて内部監査を実施し、監査結果を代表取締役社長に報告するととも
      に、監査対象となった各事業部門に対して業務改善等のための指摘を行い、後日改善状況を確認します。また、経営
      企画室に対する内部監査は自己監査を回避するために、別部署による監査を受けております。
      b.内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携

       監査役、内部監査人及び会計監査人は、相互に連携して、三者間で定期的に会合を開催し、課題・改善事項等の情
      報の共有化を図っており、効率的かつ効果的な監査を実施するように努めております。
      ③会計監査の状況

      a.監査法人の名称
        有限責任監査法人トーマツ
      b.継続監査期間

        2年
      c.業務を執行した公認会計士

        業務執行社員 陸田 雅彦
        業務執行社員 大枝 和之
      d.監査業務に係る補助者の構成

        監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士13名、その他の補助者7名、合わせて20名となっています。
      e.監査法人の選定方針と理由

                                 63/148

                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       会計監査人の選定に際しては、監査役会が、日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関
      する監査役等の実務指針」を踏まえ、監査法人より法人の概要、品質管理体制、欠格事項の有無、独立性、監査の実
      施 体制、監査報酬見積額等について必要な説明を受けたうえで、その内容を総合的に判断して監査法人を選定するこ
      ととしております。解任又は不再任に当たっては、監査役会は、会計監査人に会社法第340条第1項各号のいずれかに
      該当する事由が認められる場合、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任します。この場合、監査役会が選定
      した監査役が、解任後最初に招集される株主総会において、解任の旨及びその理由を報告します。また、会計監査人
      の適格性、独立性を害する事由の発生により適正な監査の遂行が困難であると認められる場合には、監査役会は、会
      計監査人の解任又は不再任を株主総会の付議議案の内容とすることを決定します。
      f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

        監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。監査役及び監査役会は、日本監査役協会が公表
      する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」を踏まえ、監査法人より監査計画や監査実
      施状況等について定期的に説明を受け、必要に応じ監査法人の監査に立ち合ったうえで、総合的に評価しており、有
      限責任監査法人トーマツについて、会計監査の適格性・独立性を害する事由等の発生はなく、適切な監査の遂行が可
      能であると評価しております。
                                 64/148
















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  監査報酬の内容等

       a.監査公認会計士等に対する報酬
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                         最近連結会計年度

          区分
                  監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
                      15,000                      25,000
         提出会社                           -                     -
        連結子会社                -           -           -          -
                      15,000                      25,000
          計                         -                     -
      b.監査公認会計士と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

       該当事項はありません。
      c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

       該当事項はありません。
      d.監査報酬の決定方針

       当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査公認会計士等からの見積提案をもとに監
      査計画、監査の日数等を検討し、監査役会の同意を得て決定しております。
      e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

       当社監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、監査方法及び監
      査内容などを確認し、検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意を行っております。
      (4)【役員の報酬等】

        ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めております。当該方針に基づき、株主総会
        の決議を経て、役員の報酬総額の上限を定めており、その範囲内で支給することとしております。報酬につきまし
        ては、業界水準、当社業績及び従業員給与等の諸般の事情を考慮し決定することとしており、報酬の適正性につい
        ては、任意の機関である経営諮問委員会でも協議しております。
         当社の役員報酬等に関する株主総会の決議内容は、次のとおりであります。
         当社の役員報酬等に関する株主総会の決議年月日は2017年9月22日であり、決議の内容は取締役年間報酬総額の
        上限を2億円、監査役年間報酬総額の上限を3千万円としております。
        ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)
                      報酬等の総額                         対象となる役員の員数
            役員区分
                       (千円)                           (人)
                                    固定報酬
        取締役
                           96,162                96,162               4
        (社外取締役を除く。)
        監査役
                             -                -            -
        (社外監査役を除く。)
                           6,450                6,450              5
        社外役員
        ③報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

          該当事項はありません。
        ④使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
        ⑤役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者

         当社は、取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議しております。当該取締役
        会の決議に際しては、あらかじめ決議する内容について経営諮問委員会へ諮問し、答申を受けております。
         経営諮問委員会は、社外取締役2名及び代表取締役社長1名で構成されており、また社外監査役3名がオブザー
        バーとして参加しております。経営諮問委員会では、取締役報酬制度の構築及び改定の審議を行い、各取締役に対
        する評価結果や基本報酬及び業績連動報酬支給額の妥当性について審議を行っております。
                                 65/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         なお、取締役会は、最近事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定さ
        れた報酬等の内容が取締役会で決議された決定方針と整合していること、また経営諮問委員会からの答申が尊重さ
        れ ていることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。なお、社外取締役の報酬につ
        いては月額基本報酬のみとし、役割や業務分担に応じて取締役会にて決定しております。
         加えて、監査役の報酬は、株主総会にて承認された報酬総額を上限として、月額基本報酬のみで構成されており
        ます。各監査役個別の報酬は、各監査役の役割、業務分担に応じた定額を支給しており、監査役の協議により決定
        しております。
      (5)【株式の保有状況】

          ①投資株式の区分の基準及び考え方
           該当事項はありません。
          ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

           該当事項はありません。
          ③保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
                                 66/148















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
      (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
     2.監査証明について

      (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月
        31日まで)及び当連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度
        (2020年4月1日から2021年3月31日まで)及び当事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸
        表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
      (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年7月1日から
        2022年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結
        財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、適時・適切な開示を行うことができる体制を整備するため、必要に応じて監査法人との協議を実
      施し、その他会計専門家からの情報共有、専門的な情報を有する各種団体の主催する研修への参加などを通じて積極
      的な情報収集活動に努めております。
                                 67/148













                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,087,236               399,684
        現金及び預金
                                        990,750
        受取手形及び売掛金                                                 -
                                                       5,213
        受取手形                                   -
                                                      466,101
        売掛金                                   -
                                        38,770
        電子記録債権                                                 -
                                        620,075              805,359
        商品及び製品
                                                      269,384
        未収還付法人税等                                   -
                                        15,872              112,719
        その他
                                       2,752,706              2,058,462
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                    ※1 ,※2  632,321           ※1 ,※2  630,838
          建物及び構築物(純額)
                                      ※2  227,611             ※2  405,873
          土地
                                       ※1  55,364             ※1  41,756
          リース資産(純額)
                                         6,600              20,108
          建設仮勘定
                                       ※1  12,667             ※1  29,954
          その他(純額)
                                        934,565             1,128,530
          有形固定資産合計
                                        11,798               7,841
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                        77,813              114,690
          敷金及び保証金
                                        96,698               7,964
          繰延税金資産
                                        23,351              27,163
          その他
                                        197,863              149,818
          投資その他の資産合計
                                       1,144,227              1,286,190
        固定資産合計
                                       3,896,933              3,344,653
       資産合計
                                 68/148









                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        183,960               76,309
        支払手形及び買掛金
                                                    ※3  205,000
        短期借入金                                   -
                                       ※2  84,204             ※2  79,664
        1年内返済予定の長期借入金
                                        732,840
        未払法人税等                                                 -
                                        17,106              17,963
        リース債務
                                        34,867              26,907
        賞与引当金
                                        303,527               95,110
        その他
                                       1,356,506               500,954
        流動負債合計
       固定負債
                                      ※2  706,042             ※2  626,378
        長期借入金
                                        38,258              23,792
        リース債務
                                                       2,648
        繰延税金負債                                   -
                                         6,031              6,303
        その他
                                        750,331              659,123
        固定負債合計
                                       2,106,838              1,160,077
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        100,000              100,000
        資本金
                                          10              10
        資本剰余金
                                       1,690,085              2,084,565
        利益剰余金
                                       1,790,095              2,184,575
        株主資本合計
                                       1,790,095              2,184,575
       純資産合計
                                       3,896,933              3,344,653
     負債純資産合計
                                 69/148











                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結会計期間
                                (2022年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        958,925
        現金及び預金
                                         3,448
        受取手形
                                        436,965
        売掛金
                                        757,231
        商品及び製品
                                        31,651
        その他
                                       2,188,221
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        629,115
          建物及び構築物(純額)
                                        405,873
          土地
                                        27,682
          リース資産(純額)
                                        111,489
          建設仮勘定
                                        32,018
          その他(純額)
                                       1,206,179
          有形固定資産合計
                                         6,021
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                        114,143
          敷金及び保証金
                                        38,216
          繰延税金資産
                                        27,097
          その他
                                        179,457
          投資その他の資産合計
                                       1,391,658
        固定資産合計
                                       3,579,880
       資産合計
                                 70/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)

                              当第2四半期連結会計期間
                                (2022年9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        183,184
        支払手形及び買掛金
                                        105,000
        短期借入金
                                        74,423
        1年内返済予定の長期借入金
                                        97,482
        未払法人税等
                                        14,347
        リース債務
                                        22,705
        賞与引当金
                                        125,409
        その他
                                        622,552
        流動負債合計
       固定負債
                                        631,017
        長期借入金
                                        13,335
        リース債務
                                         6,342
        その他
                                        650,694
        固定負債合計
                                       1,273,247
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        100,000
        資本金
                                          10
        資本剰余金
                                       2,206,623
        利益剰余金
                                       2,306,633
        株主資本合計
                                       2,306,633
       純資産合計
                                       3,579,880
     負債純資産合計
                                 71/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
                                       6,740,258              4,790,753
     売上高
                                       3,368,195              3,042,263
     売上原価
                                       3,372,062              1,748,489
     売上総利益
                                     ※1  1,262,045            ※1  1,136,562
     販売費及び一般管理費
                                       2,110,017               611,927
     営業利益
     営業外収益
                                          59              24
       受取利息及び受取配当金
                                         4,487
       為替差益                                                  -
                                         2,750
       受取家賃                                                  -
                                         9,382              6,265
       助成金収入
                                          721             1,297
       その他
                                        17,401               7,587
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        10,434               8,082
       支払利息
                                                        918
       為替差損                                    -
                                         2,085
                                                         -
       その他
                                        12,520               9,001
       営業外費用合計
                                       2,114,898               610,513
     経常利益
     特別利益
                                       ※2  1,348             ※2  4,930
       固定資産売却益
                                         1,348              4,930
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※4  1,159
       固定資産売却損                                                  -
                                       ※3  1,594             ※3  7,075
       店舗閉鎖損失
                                         2,754              7,075
       特別損失合計
                                       2,113,492               608,368
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   783,781              122,505
                                                       91,383
                                       △ 73,978
     法人税等調整額
                                        709,803              213,888
     法人税等合計
                                       1,403,689               394,479
     当期純利益
                                       1,403,689               394,479
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 72/148








                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
                                       1,403,689               394,479
     当期純利益
                                       1,403,689               394,479
     包括利益
     (内訳)
                                       1,403,689               394,479
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 73/148

















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
           【四半期連結損益計算書】
            【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自2022年4月1日
                                至2022年9月30日)
                                       2,126,594
     売上高
                                       1,362,459
     売上原価
                                        764,134
     売上総利益
                                       ※ 577,913
     販売費及び一般管理費
                                        186,221
     営業利益
     営業外収益
                                           3
       受取利息及び受取配当金
                                          666
       助成金収入
                                         1,808
       還付加算金
                                         1,070
       その他
                                         3,549
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         4,178
       支払利息
                                          706
       為替差損
                                         4,884
       営業外費用合計
                                        184,885
     経常利益
     特別利益
                                         3,117
       固定資産売却益
                                         3,117
       特別利益合計
     特別損失
                                         1,364
       店舗閉鎖損失
                                         1,364
       特別損失合計
                                        186,638
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   97,482
                                       △ 32,901
     法人税等調整額
                                        64,580
     法人税等合計
                                        122,057
     四半期純利益
                                        122,057
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 74/148









                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           【四半期連結包括利益計算書】
            【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自2022年4月1日
                                至2022年9月30日)
                                        122,057
     四半期純利益
                                        122,057
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        122,057
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -
                                 75/148

















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                 株主資本
                                                     純資産合計
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                  100,000          10      286,396        386,406        386,406
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期純利
                                      1,403,689        1,403,689        1,403,689
      益
     当期変動額合計

                         -        -     1,403,689        1,403,689        1,403,689
     当期末残高

                       100,000          10     1,690,085        1,790,095        1,790,095
                                 76/148
















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                 株主資本
                                                     純資産合計
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                  100,000          10     1,690,085        1,790,095        1,790,095
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期純利
                                       394,479        394,479        394,479
      益
     当期変動額合計                    -        -      394,479        394,479        394,479

     当期末残高                  100,000          10     2,084,565        2,184,575        2,184,575

                                 77/148

















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,113,492               608,368
       税金等調整前当期純利益
                                        64,824              64,854
       減価償却費
                                         2,008              2,008
       のれん償却額
       受取利息及び受取配当金                                   △ 59             △ 24
                                        10,434               8,082
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 188            △ 4,930
                                         1,594              7,075
       店舗閉鎖損失
                                                      558,206
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 586,914
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 397,781             △ 187,809
                                        53,918
       仕入債務の増減額(△は減少)                                              △ 107,651
                                        12,522
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                               △ 7,960
       為替差損益(△は益)                                  △ 809              △ 14
                                        97,857
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                              △ 270,028
                                        17,466
                                                      △ 36,269
       その他
                                       1,388,364               633,907
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    59              24
       利息の支払額                                 △ 10,434              △ 8,082
                                       △ 142,840            △ 1,124,730
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                       1,235,149
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                              △ 498,881
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                 △ 3,153             △ 3,153
                                         3,153              3,152
       定期預金の払戻による収入
       固定資産の取得による支出                                 △ 2,261            △ 255,508
                                        20,500              12,943
       固定資産の売却による収入
       敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 18,813             △ 71,642
                                        14,746              26,148
       敷金及び保証金の返還による収入
                                          245
                                                         -
       その他
                                        14,417
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                              △ 288,060
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                      205,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 826,300
                                        40,000
       長期借入れによる収入                                                  -
       長期借入金の返済による支出                                 △ 89,204             △ 84,204
                                       △ 16,034             △ 18,786
       リース債務の返済による支出
                                                      102,009
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 891,538
                                          809               14
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        358,837
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                △ 684,917
                                        722,610             1,081,448
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 1,081,448              ※ 396,531
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 78/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自2022年4月1日
                                至2022年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        186,638
       税金等調整前四半期純利益
                                        28,881
       減価償却費
                                         1,004
       のれん償却額
       受取利息及び受取配当金                                   △ 3
                                         4,178
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 3,117
                                         1,364
       店舗閉鎖損失
                                        30,900
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        39,233
       棚卸資産の増減額(△は増加)
                                        106,875
       仕入債務の増減額(△は減少)
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 4,201
       為替差損益(△は益)                                   △ 28
                                        90,068
       未収還付消費税等の増減額(△は増加)
                                        26,038
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                       △ 16,253
       その他
                                        491,578
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    3
       利息の支払額                                 △ 4,178
                                        269,384
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        756,788
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                 △ 3,153
                                         3,153
       定期預金の払戻による収入
       固定資産の取得による支出                                △ 106,603
                                        17,677
       固定資産の売却による収入
       敷金及び保証金の差入による支出                                  △ 658
                                          555
       敷金及び保証金の返還による収入
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 89,028
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 100,000
                                        40,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 40,602
                                        △ 7,945
       リース債務の返済による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 108,547
                                          28
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        559,240
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        396,531
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 955,771
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 79/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.連結の範囲に関する事項
            すべての子会社を連結しております。
              連結子会社の数 2社
              連結子会社の名称
               ディーズセキュリティ株式会社
               アクト通信株式会社
           2.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
           3.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ 有価証券
              その他有価証券
                時価のないもの
                移動平均法による原価法
             ロ 棚卸資産

               総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産(リース資産を除く)
                定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
               く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用して
               おります。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                建物及び構築物 10年~50年
             ロ 無形固定資産(リース資産を除く)

                定額法を採用しております。
                なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                ソフトウエア 5年
             ハ リース資産

               所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(リース契約上に残価保証の取り決めがある場合は、
               当該残価保証額)とする定額法を採用しております。
                                 80/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (3)重要な引当金の計上基準
             イ 貸倒引当金
                債権の貸倒に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
               ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
             ロ 賞与引当金

                従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う
               分を計上しております。
            (4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

             外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理
            しております。
            (5)のれんの償却方法及び償却期間

             5年間の定額法により償却を行っております。
            (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
            スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 81/148













                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           1.連結の範囲に関する事項
             すべての子会社を連結しております。
              連結子会社の数 2社
              連結子会社の名称
               ディーズセキュリティ株式会社
               アクト通信株式会社
           2.連結子会社の事業年度等に関する事項

              連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
           3.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ 有価証券
              その他有価証券
                市場価格のない株式等
                移動平均法による原価法
             ロ 棚卸資産

               総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産(リース資産を除く)
                定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
               く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用して
               おります。
                なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                 建物及び構築物 10年~50年
             ロ 無形固定資産(リース資産を除く)

                定額法を採用しております。
                なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                 ソフトウエア 5年
             ハ リース資産

                所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(リース契約上に残価保証の取り決めがある場合は、
               当該残価保証額)とする定額法を採用しております。
            (3)重要な引当金の計上基準

             イ 貸倒引当金
                債権の貸倒に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
               ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
             ロ 賞与引当金

                従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う
               分を計上しております。
            (4)重要な収益及び費用の計上基準

             セキュリティ事業においては、主に防犯カメラ等の販売を行っており、顧客との販売契約に基づき商
            品を引き渡す義務を負っております。当該履行義務は、商品を引き渡す一時点において、顧客が当該商品
            に対する支配を獲得して充足されると判断し、収益を認識しております。なお、取引は全て国内の販売で
            あり、出荷時から商品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間であるため、出荷時点で収益
            を認識しております。セキュリティ事業に関する取引の対価は、商品引き渡し後、概ね1~6ヵ月以内に
            受領しており、対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
                                 82/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             商品の据付工事に係る収益は、主に電気工事によるものであり、顧客との契約に基づいて工事の履行
            義務を負っております。当該履行義務は、期間が3ヵ月未満の短期間に遂行されることから、完成工事の
            検収時点で収益を認識しております。商品の据付工事に関する取引の対価は、工事検収後、概ね1~6ヵ
            月 以内に受領しており、対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
             モバイル事業においては、主に移動体通信機器を販売することにより、顧客及び代理店契約を締結し
            ている通信キャリアより対価及び手数料収入を受領しております。当該収益を、顧客へ当該商品を引き渡
            す一時点において、認識しております。取引の対価は、商品引き渡し後、概ね1ヵ月以内に受領してお
            り、対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
            (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

              外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処
             理しております。
            (6)のれんの償却方法及び償却期間

             5年間の定額法により償却を行っております。
            (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
                                 83/148














                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な会計上の見積り)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          繰延税金資産の回収可能性
          (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した額

                             (単位:千円)
                            当連結会計年度
            繰延税金資産                    96,698
          (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

          繰延税金資産の認識は、将来の事業計画に基づく課税所得の発生時期及び金額によって見積っております。
          当該見積りは、将来の不確実な経済条件の変動などによって影響を受ける可能性があり、実際に発生した課
         税所得の時期及び金額が見積りと異なった場合、翌連結会計年度の連結財務諸表において、繰延税金資産の金
         額に重要な影響を与える可能性があります。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          繰延税金資産の回収可能性
          (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した額

                             (単位:千円)
                            当連結会計年度
            繰延税金資産                     7,964
            繰延税金負債                     2,648
          (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

          繰延税金資産の認識は、将来の事業計画に基づく課税所得の発生時期及び金額によって見積っております。
          当該見積りは、将来の不確実な経済条件の変動などによって影響を受ける可能性があり、実際に発生した課
         税所得の時期及び金額が見積りと異なった場合、翌連結会計年度の連結財務諸表において、繰延税金資産の金
         額に重要な影響を与える可能性があります。
         (会計方針の変更)

          前連結会計年度(自          2020年4月1日        至  2021年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自          2021年4月1日        至  2022年3月31日)

           (収益認識に関する会計基準等の適用)
            「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
           う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当
           該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
            収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに
           従っておりますが、当連結会計年度の損益及び期首利益剰余金に与える影響はありません。
            また、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「受取手形及び売掛金」
           は、当連結会計年度より「受取手形」及び「売掛金」に含めて表示しております。ただし、収益認識会計基
           準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを
           行っておりません。
            なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識
           関係」注記については記載しておりません。
                                 84/148




                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前連結会計年度(自          2020年4月1日        至  2021年3月31日)
          (収益認識に関する会計基準)

          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2021年3月26日)
          1.概要

            収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
             ステップ1:顧客との契約を識別する。
             ステップ2:契約における履行義務を識別する。
             ステップ3:取引価格を算定する。
             ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
             ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
          2.適用予定日

            2022年3月期の期首から適用予定であります。
          3.当該会計基準等の適用による影響

            「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える重要な影響はありません。
          (時価の算定に関する会計基準等)

          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日)
          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号                             2019年7月4日)
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                          2019年7月4日)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                    2019年7月4日)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日)
          1.概要

            国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価
           の算定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法
           に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
          ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
            また、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等
           の注記事項が定められました。
          2.適用予定日

            2022年3月期の期首から適用予定であります。
          3.当該会計基準等の適用による影響

            「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える重要な影響はありません。
          当連結会計年度(自          2021年4月1日        至  2022年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 85/148





                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (表示方法の変更)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号                                2020年3月31日)を当連結会計年度の
           年度末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載してお
           ります。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         (「時価の算定に関する会計基準」の適用)
           「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                          2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
           う。)等を当連結会計年度の期首から適用しております。時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関す
           る会計基準」(企業会計基準第10号                 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価
           算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとし、「金融商品関係」注記に
           おいて、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこととしました。ただし、
           「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                    2019年7月4日)第7-4
           項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載しており
           ません。
                                 86/148















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (追加情報)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          (新型コロナウイルス感染症の影響について)
            新型コロナウイルス感染症について、連結財務諸表作成時において当社グループの事業活動へ与える影響
           は限定的であります。したがって、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微との仮定にもとづいて、会計上
           の見積りを行っております。
            しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多く、将来においての財政状態
           及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          (新型コロナウイルス感染症の影響について)
            新型コロナウイルス感染症について、連結財務諸表作成時において当社グループの事業活動へ与える影響
           は限定的であります。したがって、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微との仮定にもとづいて、会計上
           の見積りを行っております。
            しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多く、将来においての財政状態
           及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 87/148















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     有形固定資産の減価償却累計額                               294,050千円                 318,705千円
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     建物及び構築物                               519,355千円                  499,779千円
     土地                               203,091                  203,091
              計                      722,446                  702,871
             担保付債務は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                                52,008千円                 52,008千円
     長期借入金                               533,810                  481,802
              計                      585,818                  533,810
          ※3 当座貸越契約

              当社及び連結子会社においては運転資金の効率的な調達をおこなうため取引銀行10行と当座貸越契
             約を締結しております。
              これらの契約に基づく連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりで
             あります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     当座貸越契約の総額                              2,440,000千円                 2,440,000千円
     借入実行残高                                  -              205,000
             差引額                      2,440,000                 2,235,000
                                 88/148










                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     給料及び手当                               340,638千円                 369,474千円
     役員報酬                               109,377千円                 120,156千円
     賞与引当金繰入額                                34,867千円                 26,907千円
     支払手数料                               146,277千円                  50,541千円
          ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     建物及び構築物                                  -千円               4,767千円
     その他(車両運搬具)                                1,348                  162
              計                       1,348                 4,930
          ※3 店舗閉鎖損失の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     閉鎖費用等                                1,594千円                 4,686千円
     差入保証金償却                                  -               2,389
              計                       1,594                 7,075
          ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     その他(車両運搬具)                                1,159千円                   -千円
              計                       1,159                   -
                                 89/148










                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結包括利益計算書関係)
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          該当事項はありません。
                                 90/148



















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                       首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                       2,707           -         -       2,707

             合計                2,707           -         -       2,707

     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

              該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

              該当事項はありません。
                                 91/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                       首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)                       2,707       2,704,293             -     2,707,000

             合計                2,707       2,704,293             -     2,707,000

     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

    (注)2021年12月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を行っており、普通株式の発行済株式数が2,704,293株
       増加しております。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

               該当事項はありません。
                                 92/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                              1,087,236千円                  399,684千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △5,788                 △3,153
     現金及び現金同等物                              1,081,448                  396,531
                                 93/148


















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (リース取引関係)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
             有形固定資産
             主として、セキュリティ事業・モバイル事業及び本部における什器・備品であります。
            ② リース資産の減価償却の方法

             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「3.会計方針に関する事項(2)重要な減価償却資
             産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                     (単位:千円)
                               当連結会計年度
                              (2021年3月31日)
             1年内                          11,617
             1年超                          17,744
             合計                          29,361
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
             有形固定資産
             主として、セキュリティ事業・モバイル事業及び本部における什器・備品であります。
            ② リース資産の減価償却の方法

             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「3.会計方針に関する事項(2)重要な減価償却資
             産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                     (単位:千円)
                               当連結会計年度
                              (2022年3月31日)
             1年内                          54,566
             1年超                          76,073
             合計                         130,640
                                 94/148






                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。一時
             的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達してお
             ります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

              営業債権である受取手形、売掛金及び電子記録債権は取引先の信用リスクに晒されております。当該
             リスクに関しては、取引先ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による貸倒懸
             念の早期把握を図っております。
              投資有価証券は主に業務上の関係を有する企業の株式であり、発行体の信用リスクに晒されておりま
             すが、定期的に発行会社の財務状況等を監視し、そのリスク状況を勘案して、保有状況を継続的に見直
             すことで、リスクの軽減を図っております。
              営業債務である支払手形及び買掛金は1年以内の支払期日であります。未払法人税等は、法人税、住
             民税(都道府県民税及び市町村民税をいう。)及び事業税の未払額であり、そのほぼ全てが2ヶ月以内
             に納付期限が到来するものであります。借入金は営業取引に係る資金調達であり、当社グループでは、
             月次で資金繰計画を作成するなどの方法により資金調達に係る流動性リスクを管理しています。
            (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
             が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を
             採用することにより、当該価額が変動することもあります。
                                 95/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                              連結貸借対照表計上額              時価        差額

                                 (千円)          (千円)        (千円)
        (1)現金及び預金                           1,087,236        1,087,236            -

        (2)受取手形及び売掛金                            990,750        990,750           -

        (3)電子記録債権                             38,770        38,770          -

          資産計                           2,116,757        2,116,757            -

        (1)支払手形及び買掛金                            183,960        183,960           -

        (2)未払法人税等                            732,840        732,840           -

        (3)長期借入金(1年内返済予定額を含む)                            790,246        790,769          523

          負債計                           1,707,047        1,707,570           523

           (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項
              資 産
               (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)電子記録債権
                 これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当
                 該帳簿価額によっております。
              負 債
               (1)支払手形及び買掛金、(2)未払法人税等
                 これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当
                 該帳簿価額によっております。
               (3)長期借入金
                 長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また、当社の信用
                 状態は実行後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるた
                 め、当該帳簿価額によっております。固定金利によるものは、元利金の合計額を残存期間及び
                 信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
              2.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                           1年以内
                                                      10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)
                                                      (千円)
                                     (千円)          (千円)
          現金及び預金
                            1,087,236             -         -         -
          受取手形及び売掛金                   990,750            -         -         -

          電子記録債権                   38,770           -         -         -

                合計            2,116,757             -         -         -

                                 96/148





                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              3.長期借入金の連結決算日後の返済予定額
                              1年超      2年超      3年超      4年超

                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          長期借入金
                        84,204      79,664      78,489      74,461      57,924      415,504
              合計          84,204      79,664      78,489      74,461      57,924      415,504
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。一時
             的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達してお
             ります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

              営業債権である受取手形及び売掛金は取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクに関して
             は、取引先ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による貸倒懸念の早期把握を
             図っております。
              投資有価証券は主に業務上の関係を有する企業の株式であり、発行体の信用リスクに晒されておりま
             すが、定期的に発行会社の財務状況等を監視し、そのリスク状況を勘案して、保有状況を継続的に見直
             すことで、リスクの軽減を図っております。
              営業債務である支払手形及び買掛金は1年以内の支払期日であります。未払法人税等は、法人税、住
             民税(都道府県民税及び市町村民税をいう。)及び事業税の未払額であり、そのほぼ全てが2ヶ月以内
             に納付期限が到来するものであります。借入金は営業取引に係る資金調達であり、当社グループでは、
             月次で資金繰計画を作成するなどの方法により資金調達に係る流動性リスクを管理しています。
            (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することもあります。
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                             連結貸借対照表計上額              時価       差額
                                (千円)          (千円)       (千円)
          長期借入金(1年内返済予定額を含む)
                                    706,042         706,073         31
          ※現金は注記を省略しており、預金、受取手形、売掛金、未収還付法人税等、支払手形、買掛金及
           び短期借入金は短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略してお
           ります。
                                 97/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (注)1.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                           1年以内
                                                      10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)
                                                      (千円)
                                     (千円)          (千円)
          現金及び預金
                             399,684            -         -         -
          受取手形                    5,213           -         -         -

          売掛金                   466,101            -         -         -

          未収還付法人税等                   269,384            -         -         -

                合計            1,140,383             -         -         -

           (注)2.短期借入金及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          短期借入金
                       205,000         -      -      -      -      -
          長期借入金              79,664      78,489      74,461      57,924      57,924      357,580
              合計         284,664       78,489      74,461      57,924      57,924      357,580
           3.金融商品の時価のレベルごとの内訳に関する事項

             金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベ
            ルに分類しております。
              レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当
                      該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
              レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価
                      の算定に係るインプットを用いて算定した時価
              レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
             時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットが属す

            るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
             (1)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

               該当事項はありません
             (2)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

                                       時価(千円)
                区分
                           レベル1         レベル2         レベル3          合計
          長期借入金                      -      706,073            -      706,073
               負債合計                 -      706,073            -      706,073

             (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
             長期借入金(1年以内返済予定額を含む)

              長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は実
             行後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額
             によっており、レベル2の時価に分類しております。
              固定金利によるものは、元利金の合計額を残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在
             価値により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 98/148



                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前連結会計年度(2021年3月31日)
           1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
            繰延税金資産

             賞与引当金                             11,919千円
             未払社会保険料                              1,856
             未払事業税                             66,304
             敷金償却                             2,187
             のれん                              1,531
             投資有価証券評価損                              1,027
             棚卸資産評価損
                                          11,859
                                          3,227
             その他
            繰延税金資産小計                              99,914
            評価性引当額                             △3,215
            繰延税金資産合計
                                         96,698
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であ
             るため注記は省略しております。
          当連結会計年度(2022年3月31日)

           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
            繰延税金資産
             賞与引当金                             9,220千円
             未払社会保険料                             1,435
             敷金償却                             2,403
             のれん                              898
             投資有価証券評価損                             1,027
             棚卸資産評価損
                                         14,019
                                          4,582
             その他
            繰延税金資産小計
                                         33,587
            評価性引当額                             △3,431
            繰延税金資産合計
                                         30,156
            繰延税金負債
             未収還付事業税                             △24,841
            繰延税金負債合計
                                        △24,841
            繰延税金資産の純額
                                          5,315
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
             あるため注記は省略しております。
                                 99/148






                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (収益認識関係)
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報

             「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
          2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

             収益を理解するための基礎となる情報は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項) 
           3.会計方針に関する事項(4)重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
          3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会

            計年度末において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び
            時期に関する情報
             (1)契約資産及び契約負債の残高等
               該当事項はありません。
             (2)残存履行義務に配分した取引価格
               契約期間が1年を超える重要な契約がないため、記載を省略しております。
                                100/148















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          ①セグメント情報
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
            1.報告セグメントの概要
              当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
             が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであ
             ります。
              当社は製品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて包括的
             な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
              したがって、当社は、事業本部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、
             「セキュリティ事業」及び「モバイル事業」の2つを報告セグメントとしております。
             「セキュリティ事業」は、セキュリティ機器の販売及び設置工事を行っております。
             「モバイル事業」は、ソフトバンクの携帯電話販売業務を行っております。
            2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

              報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な
             事項」における記載と概ね同一であります。
              報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
              セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
            3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                                     その他            調整額
                                           合計            計上額
                セキュリティ       モバイル事            (注)1            (注)2
                                計                      (注)3
                  事業       業
     売上高
                  4,814,540       1,911,612      6,726,152      14,105     6,740,258             6,740,258
      外部顧客への売上高                                              -
      セグメント間の内部
                                     6,420      6,420
                      -       -      -              △ 6,420         -
      売上高又は振替高
                  4,814,540       1,911,612      6,726,152      20,525     6,746,678             6,740,258
          計                                       △ 6,420
                  2,098,334        240,645     2,338,979      14,842     2,353,822             2,110,017
     セグメント利益                                           △ 243,805
    (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり不動産賃貸事業等を含んでおりま
          す。
       2.セグメント利益の調整額は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       3.セグメント利益は連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       4.セグメント資産については、事業セグメントに資産を配分していないため記載しておりません。
                                101/148








                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
            1.報告セグメントの概要
              当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
             が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであ
             ります。
              当社は製品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて包括的
             な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
              したがって、当社は、事業本部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、
             「セキュリティ事業」及び「モバイル事業」の2つを報告セグメントとしております。
             「セキュリティ事業」は、セキュリティ機器の販売及び設置工事を行っております。
             「モバイル事業」は、ソフトバンクの携帯電話販売業務を行っております。
            2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

              報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な
            事項」における記載と概ね同一であります。
              報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
              セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
            3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                      連結財務諸
                                     その他            調整額
                                           合計            表計上額
                セキュリティ       モバイル事            (注)1            (注)2
                                計                      (注)3
                  事業       業
     売上高
      顧客との契約から生
                  2,698,104       2,078,074      4,776,178         -   4,776,178          -  4,776,178
      じる収益
      その他の収益                -       -      -  14,574       14,574         -    14,574
                  2,698,104       2,078,074      4,776,178      14,574     4,790,753            4,790,753

      外部顧客への売上高                                              -
      セグメント間の内部
                                     6,420       6,420
                      -       -      -               △ 6,420        -
      売上高又は振替高
                  2,698,104       2,078,074      4,776,178      20,994     4,797,173            4,790,753
          計                                        △ 6,420
                   627,526       213,309      840,835     16,508      857,343            611,927
     セグメント利益                                           △ 245,415
    (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり不動産賃貸事業等を含んでおりま
          す。
       2.セグメント利益の調整額は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       3.      セグメント利益は連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       4.セグメント資産については、事業セグメントに資産を配分していないため記載しておりません。
                                102/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ②関連情報
           前連結会計年度(自 2020年4月1日                   至 2021年3月31日)
             1.製品及びサービスごとの情報
                セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
             2.地域ごとの情報

              (1)売上高
                本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
              (2)有形固定資産

                本邦以外の有形固定資産がないため、該当事項はありません。
             3.主要な顧客ごとの情報

                                                      (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
       ソフトバンク株式会社                               685,744     モバイル事業
           当連結会計年度(自 2021年4月1日                   至 2022年3月31日)

             1.製品及びサービスごとの情報
                セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
             2.地域ごとの情報

              (1)売上高
                本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
              (2)有形固定資産

                本邦以外の有形固定資産がないため、該当事項はありません。
             3.主要な顧客ごとの情報

                                                      (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
       ソフトバンク株式会社                               762,210          モバイル事業
          報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

          前連結会計年度(自 2020年4月1日                    至 2021年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日                    至 2022年3月31日)

           該当事項はありません。
                                103/148







                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報
          前連結会計年度(自 2020年4月1日                    至 2021年3月31日)
                                       (単位:千円)
                  セキュリティ事業           モバイル事業            合計
                        2,008                   2,008
           当期償却額                         -
                        6,025                   6,025
           当期末残高                         -
          当連結会計年度(自 2021年4月1日                    至 2022年3月31日)

                                       (単位:千円)
                  セキュリティ事業           モバイル事業            合計
                        2,008                   2,008
           当期償却額                         -
                        4,016                   4,016
           当期末残高                         -
         報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

          前連結会計年度(自 2020年4月1日                    至 2021年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日                    至 2022年3月31日)

           該当事項はありません。
                                104/148














                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

           該当事項はありません。
                                105/148


















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
                               前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                              661.28円                807.01円

     1株当たり当期純利益                              518.54円                145.73円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、2021年12月14日開催の当社取締役会の決議に基づき、2021年12月31日付で普通株式1株につき1,000
           株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当
           たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                               当連結会計年度

                               前連結会計年度
                                             (自 2021年4月1日
                            (自 2020年4月1日
                                              至 2022年3月31日)
                              至 2021年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                              1,403,689                 394,479

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                   1,403,689                 394,479
     当期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                              2,707,000                2,707,000
                                106/148













                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         (重要な設備投資)
           当社は   、 2022年5月16日開催の取締役会において                  、 当社連結子会社であるディーズセキュリティ株式会社が
          新倉庫兼研究棟の建設を行うことについて                   、 決議いたしました        。
          1.設備投資の目的

            セキュリティカメラの販売及びカメラの画像データの解析によるセキュリティシステムの開発・提供を
           グループ事業の主軸と位置づけ              、 商品開発並びにサービス提供の拡大に取り組んでまいります                            。
          2.設備投資の内容

             (1)所在地    石川県金沢市五郎島町
             (2)用途     ディーズセキュリティ株式会社本社                           、 商品倉庫及び研究施設
             (3)敷地面積   19,151.03               ㎡
             (4)投資予定金額 3,000,000千円
             (5)既支払金額  271,452千円
          3.設備の導入時期

             (1)着工予定   2023年4月(建設開始予定)
             (2)竣工予定   2025年3月
          4.当該設備が営業活動に及ぼす重要な影響

            本物件の建設に伴い         、 2023年3月期連結財務諸表に及ぼす重要な影響はありません                            。
                                107/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (追加情報)
          (新型コロナウイルス感染症の影響について)
           新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた会計上の見積りにおいて、前連結会計年度の追加情報に記載い
          たしました仮定に重要な変更はありません。
          (四半期連結損益計算書関係)

           ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           当第2四半期連結累計期間
                            (自2022年4月1日
                              至2022年9月30日)
     給料及び手当                               195,289千円
     賞与引当金繰入額                                22,705
          (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

           ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下
             記のとおりであります。
                           当第2四半期連結累計期間
                            (自2022年4月1日
                              至2022年9月30日)
     現金及び預金勘定                               958,925千円
                                    △  3,153
     預入期間が3か月を超える定期預金
     現金及び現金同等物                               955,771
                                108/148













                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (収益認識関係)
           顧客との契約から生じる収益を分解した情報
           当第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)
            「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
          (セグメント情報等)

            当第2四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年9月30日)
             報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                     四半期連結財
                                    その他            調整額
                                           合計           務諸表計上額
                セキュリティ                    (注)1            (注)2
                      モバイル事業         計                       (注)3
                  事業
     売上高
      顧客との契約から
                 1,191,095        928,422     2,119,518         -  2,119,518          -   2,119,518
      生じる収益
      その他の収益               -       -      -   7,075      7,075        -     7,075
      外部顧客への売上
                 1,191,095        928,422     2,119,518       7,075    2,126,594             2,126,594
                                                    -
      高
      セグメント間の内
                                     3,210      3,210
      部売上高又は振替               -       -      -              △ 3,210         -
      高
                 1,191,095        928,422     2,119,518       10,285     2,129,804             2,126,594
         計                                       △ 3,210
                  215,051       80,023      295,074      8,100     303,174             186,221
     セグメント利益                                           △ 116,953
    (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり不動産賃貸事業等を含んでおりま
          す。
       2.     セグメント利益の調整額は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       3.     セグメント利益は四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                109/148











                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (1株当たり情報)
           1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第2四半期連結累計期間
                                (自2022年4月1日
                                 至2022年9月30日)
     1株当たり四半期純利益                                 45円09銭

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                 122,057

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                       122,057
      益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                2,707,000
    (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                110/148















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                              当期首残高       当期末残高        平均利率

                区分                                     返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                              -    205,000          -      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                           84,204       79,664         0.9       -

     1年以内に返済予定のリース債務                           17,106       17,963         -      -

                                                   2023年4月30日~
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           706,042       626,378         1.1
                                                   2038年3月31日
                                                   2023年4月30日~
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                           38,258       23,792         -
                                                   2026年10月31日
                合計                845,610       952,798          -      -
     (注)1.平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、一部のリース契約について、リース料総額に含まれる利息相当額を控除
           する前の金額でリース債務を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
           下のとおりであります。
                           1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                 区分
                             (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           長期借入金                    78,489        74,461        57,924        57,924

           リース債務                     6,594        9,452        1,035         517

         【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
                                111/148









                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【その他】
          該当事項はありません                。
                                112/148




















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        153,290              158,100
        現金及び預金
                                         7,660              4,141
        受取手形
                                        754,657              271,570
        売掛金
                                        38,770
        電子記録債権                                                 -
                                        112,829              129,005
        商品及び製品
                                         7,292              8,308
        前払費用
                                                      123,432
        未収還付法人税等                                   -
                                         3,879              47,382
        その他
                                       1,078,380               741,941
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                      ※1  563,318             ※1  547,317
          建物(純額)
                                       ※1  23,600             ※1  20,951
          構築物(純額)
                                           0             125
          車両運搬具(純額)
                                         2,747              6,302
          工具、器具及び備品(純額)
                                      ※1  221,222             ※1  221,222
          土地
                                        40,031              29,121
          リース資産(純額)
                                         2,100              2,100
          その他
                                        853,019              827,140
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         2,943              1,724
          のれん
                                         1,078               463
          ソフトウエア
                                         1,357              1,243
          その他
                                         5,379              3,431
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        147,537              147,537
          関係会社株式
                                         1,715              2,737
          長期前払費用
                                        36,611
          繰延税金資産                                               -
                                        69,903              113,751
          その他
                                        255,767              264,026
          投資その他の資産合計
                                       1,114,166              1,094,598
        固定資産合計
                                       2,192,547              1,836,539
       資産合計
                                113/148








                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                      ※2  126,348             ※2  79,278
        買掛金
                                                     ※3  50,000
        短期借入金                                   -
                                       ※1  74,196             ※1  74,196
        1年内返済予定の長期借入金
                                        53,675              40,272
        未払金
                                        11,811              10,451
        未払費用
                                        262,074
        未払法人税等                                                 -
                                        14,407              15,222
        リース債務
                                        26,340              19,500
        賞与引当金
                                        114,924               20,967
        その他
                                        683,778              309,889
        流動負債合計
       固定負債
                                      ※1  660,574             ※1  586,378
        長期借入金
                                        25,623              13,899
        リース債務
                                                       2,648
        繰延税金負債                                   -
                                         1,031              1,303
        その他
                                        687,229              604,230
        固定負債合計
                                       1,371,007               914,119
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        100,000              100,000
        資本金
        資本剰余金
                                        24,867              24,867
          資本準備金
                                        24,867              24,867
          資本剰余金合計
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        696,672              797,552
           繰越利益剰余金
                                        696,672              797,552
          利益剰余金合計
                                        821,540              922,420
        株主資本合計
                                        821,540              922,420
       純資産合計
                                       2,192,547              1,836,539
     負債純資産合計
                                114/148









                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
                                       5,041,767              3,448,037
     売上高
     売上原価
                                        82,632              112,829
       商品期首棚卸高
                                     ※1  3,365,522            ※1  2,390,615
       当期商品仕入高
                                       3,448,154              2,503,445
       合計
                                        112,829              129,005
       商品期末棚卸高
                                       3,335,324              2,374,439
       商品売上原価
                                       1,706,443              1,073,597
     売上総利益
                                      ※2  889,174             ※2  908,968
     販売費及び一般管理費
                                        817,269              164,629
     営業利益
     営業外収益
                                          17               1
       受取利息
                                           0              0
       受取配当金
                                         4,218              1,811
       助成金収入
                                                         1
       為替差益                                    -
                                          20              83
       その他
                                         4,256              1,898
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         8,683              7,161
       支払利息
                                         1,614
       為替差損                                                  -
                                         2,085
                                                         -
       その他
                                        12,383               7,161
       営業外費用合計
                                        809,142              159,365
     経常利益
     特別利益
                                        ※3  381           ※3  4,930
       固定資産売却益
                                          381             4,930
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※4  1,594             ※4  3,719
       店舗閉鎖損失
                                         1,594              3,719
       特別損失合計
                                        807,929              160,576
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   287,958               20,436
                                                       39,260
                                       △ 23,044
     法人税等調整額
                                        264,914               59,696
     法人税等合計
                                        543,015              100,880
     当期純利益
                                115/148








                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                (単位:千円)
                              株主資本
                      資本剰余金           利益剰余金
                              その他利益剰
                                                 純資産合計
               資本金                           株主資本合計
                                余金
                   資本準備     資本剰余金            利益剰余
                     金     合計            金合計
                              繰越利益剰余
                                金
     当期首残高          100,000     24,867      24,867      153,657     153,657        278,524      278,524
     当期変動額
      当期純利益                           543,015     543,015        543,015      543,015
     当期変動額合計            -     -      -    543,015     543,015        543,015      543,015
     当期末残高          100,000     24,867      24,867      696,672     696,672        821,540      821,540
          当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                                (単位:千円)
                              株主資本
                      資本剰余金           利益剰余金
                              その他利益剰
                                                 純資産合計
               資本金                           株主資本合計
                                余金
                   資本準備     資本剰余金            利益剰余
                     金     合計            金合計
                              繰越利益剰余
                                金
     当期首残高          100,000     24,867      24,867      696,672     696,672        821,540      821,540
     当期変動額
      当期純利益
                                 100,880     100,880        100,880      100,880
     当期変動額合計             -     -      -    100,880     100,880        100,880      100,880
     当期末残高
               100,000     24,867      24,867      797,552     797,552        922,420      922,420
                                116/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
              (1)子会社株式
              移動平均法による原価法
              (2)その他有価証券
               時価のないもの
               移動平均法による原価法
           2.棚卸資産の評価基準及び評価方法

               総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
           3.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)
             並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しておりま
             す。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
             建物  10年~50年
             構築物 10年~20年
            (2)無形固定資産(リース資産を除く)

               定額法を採用しております。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                のれん 5年
                ソフトウエア 5年
            (3)リース資産

             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(リース契約上に残価保証の取り決めがある場合は、当該残
             価保証額)とする定額法を採用しております。
           4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

             外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
             おります。
           5.引当金の計上基準

             (1)貸倒引当金
               売上債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
              債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
             (2)賞与引当金

               従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計
              上しております。
           6.その他財務諸表作成のための基礎となる事項

              消費税等の会計処理
                消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                117/148




                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
              (1)子会社株式
              移動平均法による原価法
              (2)その他有価証券
               市場価格のない株式等
               移動平均法による原価法
           2.棚卸資産の評価基準及び評価方法

              総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
           3.固定資産の減価償却の方法

             (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              当社は定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
              く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用してお
              ります。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物  10年~50年
               構築物 10年~20年
             (2)無形固定資産(リース資産を除く)

               定額法を採用しております。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                のれん 5年
                ソフトウエア 5年
             (3)リース資産

               所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(リース契約上に残価保証の取り決めがある場合は、当
              該残価保証額)とする定額法を採用しております。
           4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

             外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
             おります。
           5.引当金の計上基準

             (1)貸倒引当金
               売上債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
              債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
             (2)賞与引当金

               従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計
              上しております。
           6.収益及び費用の計上基準

             セキュリティ事業においては、主に防犯カメラ等の販売を行っており、顧客との販売契約に基づき商
             品を引き渡す義務を負っております。当該履行義務は、商品を引き渡す一時点において、顧客が当該商
             品に対する支配を獲得して充足されると判断し、収益を認識しております。なお、取引は全て国内の販
             売であり、出荷時から商品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間であるため、出荷時点
             で収益を認識しております。セキュリティ事業に関する取引の対価は、商品引き渡し後、概ね1~6ヵ
             月以内に受領しており、対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
             商品の据付工事に係る収益は、主に電気工事によるものであり、顧客との契約に基づいて工事の履行
             義務を負っております。当該履行義務は、期間が3ヵ月未満の短期間に遂行されることから、完成工事
             の検収時点で収益を認識しております。商品の据付工事に関する取引の対価は、工事検収後、概ね1~
             6ヵ月以内に受領しており、対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
                                118/148


                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             モバイル事業においては、主に移動体通信機器を販売することにより、顧客及び代理店契約を締結し
             ている通信キャリアより対価及び手数料収入を受領しております。当該収益を、顧客へ当該商品を引き
             渡 す一時点において、認識しております。取引の対価は、商品引き渡し後、概ね1ヵ月以内に受領して
             おり、対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
                                119/148



















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な会計上の見積り)
            前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
            繰延税金資産の回収可能性
            (1)当事業年度の財務諸表に計上した額

                               (単位:千円)
                                当事業年度
              繰延税金資産                   36,611
            (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

              連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)繰延税金資産の回収可能性                                    (2)識別した項目に
              係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報」に記載した内容と同一であります。
            当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

            繰延税金資産の回収可能性
            (1)当事業年度の財務諸表に計上した額
                               (単位:千円)
                                当事業年度
              繰延税金負債                    2,648
            (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

              連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)繰延税金資産の回収可能性                                    (2)識別した項目に
              係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報」に記載した内容と同一であります。
                                120/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (会計方針の変更)
          前事業年度(自        2020年4月1日        至  2021年3月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自        2021年4月1日        至  2022年3月31日)

           (収益認識に関する会計基準等の適用)
            「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
           う。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
           又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
            収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに
           従っておりますが、当事業年度の損益及び期首繰越利益剰余金に与える影響はありません。
            なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認識関
           係」注記については記載しておりません。
                                121/148
















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (表示方法の変更)
         前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年
           度末に係る財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
         当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          該当事項はありません。
                                122/148


















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (追加情報)
          前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          (新型コロナウイルス感染症の影響について)
           新型コロナウイルス感染症について、財務諸表作成時において当社の事業活動へ与える影響は限定的であり
          ます。したがって、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微との仮定にもとづいて、会計上の見積りを行って
          おります。
           しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多く、将来においての財政状態及
          び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
          当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          (新型コロナウイルス感染症の影響について)
           新型コロナウイルス感染症について、財務諸表作成時において当社の事業活動へ与える影響は限定的であり
          ます。したがって、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微との仮定にもとづいて、会計上の見積りを行って
          おります。
           しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多く、将来においての財政状態及
          び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                123/148















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
          ※1 担保資産及び担保付債務
             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     建物                               497,487千円                 480,121千円
     構築物                                21,867                 19,658
     土地                               203,091                 203,091
              計                      722,446                 702,871
             担保付債務は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                                52,008千円                 52,008千円
     長期借入金                               533,810                 481,802
              計                      585,818                 533,810
          ※2 関係会社に対する資産及び負債

             関係会社に対する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     買掛金                               113,281千円                  65,341千円
          ※3 当座貸越契約

             当社は運転資金の効率的な調達をおこなうため取引銀行8行と当座貸越契約を締結しております。
             これらの契約に基づく事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりでありま
             す。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     当座貸越契約の総額                              1,200,000千円                 1,200,000千円
     借入実行残高                                  -               50,000
             差引額                      1,200,000                 1,150,000
                                124/148









                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (損益計算書関係)
          ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
      関係会社からの仕入高                              1,860,644千円                 812,853千円
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     給与及び手当                               268,680千円                 285,178千円
     役員報酬                                86,580                 102,612
     地代家賃                                87,259                 99,037
     賞与引当金繰入額                                26,340                 19,500
     減価償却費                                45,649                 46,380
    おおよその割合

     販売費                                  10%                 11%
     一般管理費                                  90%                 89%
          ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     建物                                  -千円               4,767千円
     車両運搬具                                 381                 162
              計                        381                4,930
          ※4 店舗閉鎖損失の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     閉鎖費用等                                1,594千円                 1,918千円
     差入保証金償却                                  -               1,801
              計                       1,594                 3,719
                                125/148








                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (有価証券関係)
          前事業年度(2021年3月31日)
           子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式147,537千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが
          極めて困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度(2022年3月31日)

           子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式147,537千円)は、市場価格のない株式等のため、記載して
          おりません。
                                126/148


















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(2021年3月31日)
           1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
            繰延税金資産

             賞与引当金                              9,003千円
             未払社会保険料                              1,400
             未払事業税                              24,209
             のれん                              1,531
             棚卸資産評価損                               466
             敷金償却                             2,158
                                          1,027
             投資有価証券評価損
             繰延税金資産小計                             39,797
             評価性引当額                            △3,186
             繰延税金資産合計                             36,611
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
              法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
             あるため注記は省略しております。
          当事業年度(2022年3月31日)

           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
            繰延税金資産

             賞与引当金                              6,682千円
             未払社会保険料                              1,039
             のれん                               898
             棚卸資産評価損                               481
             敷金償却                             2,403
                                          1,027
             投資有価証券評価損
             繰延税金資産小計                             12,533
             評価性引当額                            △3,431
             繰延税金資産合計                             9,102
            繰延税金負債
                                        △11,750
             未収還付事業税
             繰延税金負債合計                            △11,750
            繰延税金負債の純額                             △2,648
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度

                                    (2022年3月31日)
            法定実効税率
                                          34.27%
             (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.37
             住民税均等割                              2.43
                                          0.10
             その他
                                          37.17
                                127/148



                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (収益認識関係)
          当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
           顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関
          係)」に同一の内容を記載しているので、注記を省略しております。
                                128/148



















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          有価証券の金額が資産総額の100分の1以下であるため                               、 財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略し
          ています    。
                                129/148



















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
        資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
      建物              693,952       13,778      15,816      691,914      144,596       22,536      547,317
      構築物
                    35,435        -    1,687      33,748      12,797       2,420      20,951
      車両運搬具              26,093       300     18,590       7,803      7,678       175      125
      工具、器具及び備品              27,485       5,692        -    33,178      26,875       2,137      6,302
      土地
                   221,222         -      -    221,222         -      -    221,222
      リース資産              82,368       5,178        -    87,546      58,424      15,287      29,121
      建設仮勘定                -    7,016      7,016        -      -      -      -
      その他              2,100        -      -    2,100        -      -    2,100
        有形固定資産計
                  1,088,658       31,964      43,109     1,077,513       250,373       42,557      827,140
     無形固定資産
      のれん              6,086        -      -    6,086      4,361      1,219      1,724
      ソフトウエア              7,399        -      -    7,399      6,935       614      463
      その他              1,715        -      -    1,715       471      114     1,243
        無形固定資産計            15,200        -      -    15,200      11,769       1,948      3,431
     長期前払費用               6,017        -    1,906      4,111      1,374       811     2,737
                                130/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【引当金明細表】
                                     当期減少額        当期減少額
                    当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                     (千円)        (千円)
      賞与引当金                  26,340        19,500        26,340           -      19,500

                                131/148



















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【主な資産及び負債の内容】
           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
                                132/148




















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【その他】
          該当事項はありません。
                                133/148




















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 毎年4月1日から翌年3月31日まで

      定時株主総会                 毎事業年度末日の翌日から3か月以内

      基準日                 毎年3月31日

      株券の種類                 -

                       毎年9月30日

      剰余金の配当の基準日
                       毎年3月31日
      1単元の株式数                 100株

      株式の名義書換え(注)1

                        大阪市中央区北浜四丁目5番33号

       取扱場所
                         三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                         三井住友信託銀行株式会社
       取次所                  三井住友信託銀行株式会社 全国本支店

       名義書換手数料                無料

       新券交付手数料                無料

      単元未満株式の買取り

                        大阪市中央区北浜四丁目5番33号

       取扱場所
                         三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                         三井住友信託銀行株式会社
       取次所                  三井住友信託銀行株式会社 全国本支店(注)1

       買取手数料                株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                       電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告に

                       よる公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       https://daiwawa.com
      株主に対する特典                 該当事項はありません。

    (注)1.当社株式は、株式会社東京証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項に規

          定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
       2.当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を有しておりません。
         ・会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         ・会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         ・株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                134/148



                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       該当事項はありません。
                                135/148


















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部【特別情報】
    第1【連動子会社の最近の財務諸表】
      当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                136/148



















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部【株式公開情報】
    第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
     該当事項はありません。
    第2【第三者割当等の概況】

     1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
     該当事項はありません           。
     2【取得者の概況】

     該当事項はありません           。
     3【取得者の株式等の移動状況】

     該当事項はありません           。
                                137/148















                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【株主の状況】
                                                  株式(自己株式を除
                                                  く。)の総数に対す
          氏名又は名称                   住所           所有株式数(株)
                                                  る所有株式数の割合
                                                     (%)
     IWAMOTOアセットマネジメント株式
     会社
                      石川県金沢市西都一丁目270番地                      1,381,000            51.02
     ※  ①、④
     岩本 秀成
                      石川県金沢市                      1,120,000            41.37
     ※  ①、②、③
     前田 憲司
                      石川県金沢市                       120,000            4.43
     ※  ①、③
     隈田 佳孝
                      石川県白山市                       66,000           2.44
     ※  ①、③
     多賀 勝用
                      石川県金沢市                       20,000           0.74
     ※  ①、③
             計                 -              2,707,000            100.00
     (注)1.「氏名又は名称」欄の※の番号は、次のとおり株主の属性を示します。
          ①  特別利害関係者等(大株主上位10名)
          ②  特別利害関係者等(当社代表取締役社長)
          ③  特別利害関係者等(当社取締役)
          ④   特別利害関係者等(当社代表取締役社長により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社)
         2.株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しておりま
           す。
                                138/148












                                                          EDINET提出書類
                                                      ダイワ通信株式会社(E38202)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2022年11月14日

    ダイワ通信株式会社

      取締役会 御中
                             有限責任監査法人トーマツ

                              北陸事務所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              陸田 雅彦
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              大枝 和之
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いるダイワ通信株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
    対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務
    諸表作成のための基本となる重要な事項その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ダイ
    ワ通信株式会社及び連結子会社の2022年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及
    びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券届出書 第二部【企業情報】に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びに
    これらの監査報告書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役
    及び監査役会の責任は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
    ある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記
    載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容
    と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのよ
    うな重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重