上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジなし 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジなし
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2022年11月25日       提出
      【発行者名】                      日興アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        ステファニー・ドゥルーズ
      【本店の所在の場所】                      東京都港区赤坂九丁目7番1号
      【事務連絡者氏名】                      新屋敷 昇
      【電話番号】                      03-6447-6147
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジなし
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      (1)当初申込額
      信託受益証券の金額】
                            100億円を上限とします。
                           (2)継続申込額
                            30兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所
                           東京都中央区日本橋兜町2番1号
                                 1/65













                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)【ファンドの名称】

        上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジなし(以下「ファンド」といいます。)
        ・愛称として「上場ダウ平均米国株(為替ヘッジなし)」という名称を用いることがあります。
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       ・追加型証券投資信託受益権です。(以下「受益権」といいます。)
       ・信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供され、も
        しくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ※ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律の規定の適用を受け、受益権の帰属は、後述の
        「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社債、
        株式等の振替に関する法律第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機
        関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿
        に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社は、やむ
        を得ない事情などがある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替
        受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

        ① 当初申込期間:100億円を上限とします。
        ② 継続申込期間:30兆円を上限とします。
    (4)【発行(売出)価格】

        ① 当初申込期間:1口当たり2,000円とします。
        ② 継続申込期間:取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせくださ
         い。
    (5)【申込手数料】

        販売会社は、取得申込者から、                販売会社が独自に定める手数料                および当該手数料に係る消費税等相当額
        を徴収することができるものとします。
        ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
    (6)【申込単位】

        5,000口以上で販売会社が定める単位
        ※詳しくは、       販売会社の照会先         にお問い合わせください。
    (7)【申込期間】

        ① 当初申込期間:          2022年12月12日        とします。
        ② 継続申込期間:          2022年12月13日        から  2024年4月8日       までとします。
        ・上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
    (8)【申込取扱場所】

        販売会社につきましては、委託会社の照会先にお問い合わせください。
                                 2/65



                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        <委託会社の照会先>
          日興アセットマネジメント株式会社
            ホームページ       アドレス         www.nikkoam.com/
            コールセンター         電話番号 0120-25-1404
              午前9時~午後5時 土、日、祝・休日は除きます。
    (9)【払込期日】

       ① 当初申込期間
        ・取得申込者は、申込期間中に申込金額を販売会社に支払うものとします。
        ・申込期間における発行価額の総額(設定総額)は、販売会社によって、設定日に委託会社の指定する
         口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
       ② 継続申込期間
        ・取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する期日までに販売会社に支払うものとします。
        ・申込期間における各取得申込受付日の発行価額の総額(設定総額)は、販売会社によって、追加設定
         が行なわれる日に委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込ま
         れます。
    (10)【払込取扱場所】

         申込金額は、販売会社にお支払いいただきます。
    (11)【振替機関に関する事項】

         振替機関は、株式会社証券保管振替機構とします。
    (12)【その他】

         該当事項はありません。
                                 3/65










                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

     ① ファンドの目的
      ② ファンドの基本的性格










       1)商品分類
       (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。





                                 4/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ◇追加型投信
        一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行なわれ従来の信託財産とともに運用されるファ
        ンドをいいます。
       ◇海外
        目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉と
        する旨の記載があるものをいいます。
       ◇株式
        目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨
        の記載があるものをいいます。
       ◇ETF
        投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号および第2号に規定する
        証券投資信託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信
        託をいいます。
       ◇インデックス型
        目論見書または投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果をめざす旨の記載があるものをい
        います。
       2)属性区分

       (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。








       ◇その他資産(投資信託証券(株式 一般))
        当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて、株式に投資を行ないます。よって、商品分類の「投資
        対象資産(収益の源泉)」においては、「株式」に分類されます。
       ◇年2回
        目論見書または投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいいます。
       ◇北米
        目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記
        載があるものをいいます。
       ◇ファミリーファンド
        目論見書または投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるもの
        を除きます。)を投資対象として投資するものをいいます。
       ◇為替ヘッジなし
        目論見書または投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるものまたは為替の
                                 5/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ヘッジを行なう旨の記載がないものをいいます。
       ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替変動リスクに対するヘッジの有無を記載して
        おります。
       上記は、一般社団法人投資信託協会が定める分類方法に基づき記載しています。

       上記以外の商品分類および属性区分の定義につきましては、一般社団法人投資信託協会のホームペー
       ジ(http    s ://www.toushin.or.jp/)をご参照ください。
      ③ ファンドの特色

      ④ 信託金限度額














       ・ 1兆円   を限度として信託金を追加することができます。
       ・委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
                                 6/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【ファンドの沿革】

        2022年12月13日
        ・ファンドの信託契約締結、運用開始
        2022年12月16日
        ・ファンドの受益権を東京証券取引所へ上場                       (予定)
    (3)【ファンドの仕組み】

      ① ファンドの仕組み
    ※1  投資信託を販売するルールを委託会社と販売会社の間で規定したもの。販売会社が行なう募集の取扱い、









       解約および買取りに関する業務                の業務範囲の取決めの内容などが含まれています。
    ※2  投資信託を運営するルールを委託会社と受託会社の間で規定したもの。運用の基本方針、投資対象、投資
       制限、信託報酬、受益者の権利、募集方法の取決めの内容などが含まれています。
     ② 委託会社の概況(           2022年8月末      現在)

       1)資本金
         17,363百万円
       2)沿革
         1959年:日興證券投資信託委託株式会社として設立
         1999年:日興国際投資顧問株式会社と合併し「日興アセットマネジメント株式会社」に社名変更
       3)大株主の状況
             名  称                   住  所                所有株数        所有比率
       三井住友トラスト・ホール
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                       192,211,000株         97.562%
       ディングス株式会社
    2【投資方針】

                                 7/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【投資方針】

       ・ ファンドは      、信託財産の1口あたりの純資産額の変動率を                        ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建
        て)  の変動率に一致させることを目指して、主として、インデックス                                  マザーファンド         アメリカ株式受
        益証券に投資を行ないます。
       ・ ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て)                        への連動率を向上させるため、資金動向に応じて有価証
        券指数等先物取引等(ダウ・ジョーンズ工業株価平均を対象とする先物取引とします。)を行なう場合
        があります。
       ・実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行ないません。
       ・ただし、市況動向に急激な変化が生じたとき、ならびに残存信託期間、残存元本が運用に支障をきたす
        水準となったとき等やむを得ない事情が発生した場合には、上記のような運用ができない場合がありま
        す。
    (2)【投資対象】

       <上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジなし>
        インデックス       マザーファンド         アメリカ株式       受益証券を主要投資対象とします。
       ① 投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1)有価証券
        2)デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、                                              約款第24条、
          第25条および第26条          に定めるものに限ります。)
        3)金銭債権
        4)約束手形
        5)為替手形
       ② 主として       インデックス       マザーファンド         アメリカ株式       受益証券ならびに次の有価証券(金融商品取引
         法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資する
         ことができます。
        1)株券または新株引受権証書
        2)国債証券
        3)地方債証券
        4)特別の法律により法人の発行する債券
        5)社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権
          付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6)特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
        7)コマーシャル・ペーパー
        8)新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および新
          株予約権証券
        9)外国または外国の者の発行する証券または証書で、                             1)~8)      の証券または証書の性質を有するも
          の
        10)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをい
          い、マザーファンドの受益証券を除きます。)
        11)投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。以下
          同じ。)で      12)  に定めるもの以外のもの
        12)投資法人債券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。以下同じ。)または
          外国投資証券で投資法人債券に類する証券
        13)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        14)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、
          有価証券に係るものに限ります。)
        15)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        16)外国法人が発行する譲渡性預金証書
        17)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
          券に限ります。)
        18)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
                                 8/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          証券に表示されるべきもの
        19)外国の者に対する権利で               18)  の有価証券の性質を有するもの
       ③ 次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲
         げる権利を含みます。)により運用することができます。
        1)預金
        2)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3)コール・ローン
        4)手形割引市場において売買される手形
        5)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6)外国の者に対する権利で               5)  の権利の性質を有するもの
       ④ 次の取引ができます。
        1)信用取引
        2)先物取引等
        3)スワップ取引
        4)金利先渡取引
        5)為替先渡取引
        6)有価証券の貸付
        7)公社債の空売
        8)公社債の借入
        9)外国為替予約取引
        10)資金の借入
       <インデックス         マザーファンド         アメリカ株式>
        米国の金融商品取引所上場株式を主要投資対象とします。
       ① 投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1)有価証券
        2)デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、                                              約款第18条、
          第19条および第20条          に定めるものに限ります。)
        3)金銭債権
        4)約束手形
        5)為替手形
       ② 主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に
         掲げる権利を除きます。)に投資することができます。
        1)株券または新株引受権証書
        2)国債証券
        3)地方債証券
        4)特別の法律により法人の発行する債券
        5)社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権
          付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6)特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
        7)コマーシャル・ペーパー
        8)新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および新
          株予約権証券
        9)外国または外国の者の発行する証券または証書で、                             1)~8)      の証券または証書の性質を有するも
          の
        10)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい
          ます。)
        11)投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。以下
          同じ。)で      12)  に定めるもの以外のもの
        12)投資法人債券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。以下同じ。)または
          外国投資証券で投資法人債券に類する証券
        13)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        14)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、
          有価証券に係るものに限ります。)
                                 9/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        15)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        16)外国法人が発行する譲渡性預金証書
        17)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
          券に限ります。)
        18)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
          証券に表示されるべきもの
        19)外国の者に対する権利で               18)  の有価証券の性質を有するもの
       ③ 次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲
         げる権利を含みます。)により運用することができます。
        1)預金
        2)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3)コール・ローン
        4)手形割引市場において売買される手形
        5)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6)外国の者に対する権利で               5)  の権利の性質を有するもの
       ④ 次の取引ができます。
        1)信用取引
        2)先物取引等
        3)スワップ取引
        4)金利先渡取引
        5)為替先渡取引
        6)有価証券の貸付
        7)公社債の空売
        8)公社債の借入
        9)外国為替予約取引
       ◆投資対象とするマザーファンドの概要

       <インデックス         マザーファンド         アメリカ株式>
       運用の基本方針
          基本方針            米国の金融商品取引所に上場されている株式(これに準ずるものを含みま
                      す。)に投資し、          別に定める米国の株式市場を代表する指数                       (ダウ・
                      ジョーンズ工業株価平均(円換算ベース)(有価証券届出書提出日現在)
                      以下同じ。)       に連動する投資成果を目標として運用を行ないます。
          主な投資対象            米国の金融商品取引所上場株式を主要投資対象とします。
          投資方針            ・主として、米国の金融商品取引所に上場されている株式(これに準ずる
                       ものを含みます。以下同じ。)に投資し、別に定める米国の株式市場を
                       代表する指数に連動する投資成果を目標として運用を行ないます。対象
                       指数の選定および変更にあたっては、当ファンドの商品性および運用上
                       の効率性を勘案し         委託会社     の判断により決定するものとします。
                      ・運用にあたって、対象指数に採用されていない株式についても、運用目
                       的を達成するために有用であると判断される場合は投資を行ないます。
                       また、対象指数に採用されている株式の一部または全部の値動きに連動
                       を目指す上場投資信託証券や債券等に投資する場合もあります。
                      ・運用の効率化をはかるため、株価指数先物取引や外国為替予約取引等を
                       活用することがあります。このため、株式の組入総額と株価指数先物取
                       引等の買建玉の時価総額の合計額および外貨建資産の組入総額と外国為
                       替予約取引等の買建玉の時価総額の合計額が、信託財産の純資産総額を
                       超えることがあります。
                      ・ただし、市況動向に急激な変化が生じたとき、ならびに残存信託期間、
                       残存元本が運用に支障をきたす水準となったとき等やむを得ない事情が
                       発生した場合には、上記のような運用ができない場合があります。
                                10/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          主な投資制限            ・株式(新株引受権証券および新株予約権証券を含みます。)への投資割
                       合には、制限を設けません。
                      ・投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託
                       財産の総額の5%以下とします。
                      ・外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
                      ・デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定める
                       ところに従い、合理的な方法により算出した額が信託財産の純資産総額
                       を超えないものとします。
                      ・一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクス
                       ポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ取引等エクス
                       ポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それ
                       ぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超え
                       ることとなった場合には、              委託会社     は、一般社団法人投資信託協会規則
                       に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
          収益分配            収益分配は行ないません。
       ファンドに係る費用

          信託報酬            ありません。
          申込手数料            ありません。
          信託財産留保額            ありません。
          その他の費用など            組入有価証券の売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する諸費
                      用、信託財産に関する租税など。
                      ※上記費用に付随する消費税等相当額を含みます。
       その他

                      日興アセットマネジメント株式会社
          委託会社
                      三井住友信託銀行株式会社
          受託会社
                      無期限(2014年         3月31日設定)
          信託期間
                      毎年   3月20日(休業日の場合は翌営業日)
          決算日
    (3)【運用体制】

                                11/65








                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                12/65





















                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ※上記体制は       2022年8月末      現在のものであり、今後変更となる場合があります。









    (4)【分配方針】

     ① 収益分配方針
       1)信託財産から生ずる配当等収益(                    配当金   、利子、貸付有価証券に係る品貸料およびこれらに類する収
         益から支払利息を控除した額をいいます。)と前期から繰り越した分配準備積立金は、毎計算期末に
         おいて諸経費、約款に定める報酬および当該報酬に係る消費税等に相当する金額を控除し、前期から
         繰り越した負数の分配準備積立金があるときはその全額を補てんした後、その残額を受益者に分配し
         ます。ただし、収益分配金額の調整のためその一部または全部を信託財産内に留保したときは分配準
         備積立金として積み立て、次期以降の分配に充てることができます。なお、諸経費、約款に定める報
         酬および当該報酬に係る消費税等に相当する金額ならびに負数の分配準備積立金を控除しきれないと
         きは、その差額を負数の分配準備積立金として次期に繰り越します。
       2)毎計算期末に信託財産から生じたイ)に掲げる利益の合計額は、ロ)に掲げる損失を控除し、繰越欠
         損金があるときは、その全額を補てんした後、次期に繰り越します。
         イ)有価証券売買益(評価益を含む)、                     先物取引等取引益(評価益を含む)                  、 追加信託差益金、解約
           差益金
         ロ)有価証券売買損(評価損を含む)、                     先物取引等取引損         (評価損を含む)         、 追加信託差損金、解約
           差損金
     ② 収益分配金の支払い
        原則として受託会社が、毎計算期間終了後40日以内の委託会社の指定する日に、受益者があらかじめ指
        定した預金口座などに振り込みます。なお、受益者が取扱会社と別途収益分配金の取扱いに係る契約を
        締結している場合は、当該契約にしたがい支払われるものとします。
    (5)【投資制限】

     ① 約款に定める投資制限
       <上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジなし>
       1)株式(新株引受権証券および新株予約権証券を含みます。)への実質投資割合には、制限を設けませ
         ん。
                                13/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       2)投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所が開設する
         市場に上場(金融商品取引所が開設する市場に準ずる市場等において取引されている場合を含みま
         す。  以下同じ。)されている株式等の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社
         債権者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではあ
         りません。また、上場予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目論見書等において上場
         されることが確認できるものについては、投資することを指図することができるものとします。
       3)投資信託証券(マザーファンドおよび上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財
         産の総額の5%以下とします。
       4)外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。
       5)信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付けることの指図をすることがで
         きます。信用取引の指図は、当該売付けにかかる建玉の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内と
         します。
       6)わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げる
         ものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるもの
         をいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるもの
         をいいます。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行なうことの指
         図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めるものとします。
       7)わが国の金融商品取引所における通貨にかかる先物取引ならびに外国の金融商品取引所における通貨
         にかかる先物取引およびオプション取引を行なうことの指図をすることができます。
       8)わが国の金融商品取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商
         品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行なうことの指図をすることができます。
       9)信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった受取金利または異なっ
         た受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を
         行なうことの指図をすることができます。スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限
         が、原則として当ファンドの信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内
         で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
       10)信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行なうこと
         の指図をすることができます。金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決
         済日が、原則として、当ファンドの信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託
         期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
       11)信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式、公社債および上場投資信託証券を次
         の範囲内で貸付の指図をすることができます。
         イ)株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合
           計額を超えないものとします。
         ロ)公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公
           社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
         ハ)上場投資信託証券の貸付は、貸付時点において、貸付上場投資信託証券の時価合計額が、信託財
           産で保有する上場投資信託証券の時価合計額を超えないものとします。
       12)信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さない公社債を売
         り付けることの指図をすることができます。当該売付けの指図は、当該売付けにかかる公社債の時価
         総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
       13)信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができます。公社債の借入
         れの指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
       14)信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。外
         国為替の売買の予約取引の指図は、信託財産にかかる為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差
         額につき円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属す
         る外貨建資産(マザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属するとみなした額
         を含みます。)の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限りで
         はありません。
       15)信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、解約に伴なう支払資金の手当て(解約
         に伴なう支払資金の手当てのために借り入れた資金の返済を含みます。)を目的として、資金借入れ
         (コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって
         有価証券等の運用は行なわないものとします。資金借入額および借入期間は、次に掲げる要件を満た
                                14/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         す範囲内とします。
         イ)解約に伴なう支払資金の手当てにあたっては、解約金の支払資金の手当てのために行なった有価
           証券等の売却または解約等ならびに有価証券等の償還による受取りの確定している資金の額の範
           囲内
         ロ)借入指図を行なう日における信託財産の純資産総額の範囲内
         ハ)解約に伴なう支払資金の手当てのための借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財
           産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から
           信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始
           日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の
           当該期間とします。
       16)デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合理的な方法
         により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
       17)一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
         ジャーおよびデリバティブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則と
         して、それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場
         合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこ
         ととします。
       <インデックス         マザーファンド         アメリカ株式>
       1)株式(新株引受権証券および新株予約権証券を含みます。)への投資割合には、制限を設けません。
       2)投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所が開設する
         市場に上場(金融商品取引所が開設する市場に準ずる市場等において取引されている場合を含みま
         す。以下同じ。)されている株式等の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社
         債権者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではあ
         りません。また、上場予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目論見書等において上場
         されることが確認できるものについては、投資することを指図することができるものとします。
       3)投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の総額の5%以下としま
         す。
       4)外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
       5)信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付けることの指図をすることがで
         きます。信用取引の指図は、当該売付けにかかる建玉の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内と
         します。
       6)わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げる
         ものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるもの
         をいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるもの
         をいいます。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行なうことの指
         図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めるものとします。
       7)わが国の金融商品取引所における通貨にかかる先物取引ならびに外国の金融商品取引所における通貨
         にかかる先物取引およびオプション取引を行なうことの指図をすることができます。
       8)わが国の金融商品取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商
         品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行なうことの指図をすることができます。
       9)信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった受取金利または異なっ
         た受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を
         行なうことの指図をすることができます。スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限
         が、原則としてマザーファンドの信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期
         間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
       10)信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行なうこと
         の指図をすることができます。金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決
         済日が、原則としてマザーファンドの信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信
         託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
       11)信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式、公社債および上場投資信託証券を次
         の範囲内で貸付の指図をすることができます。
         イ)株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合
           計額を超えないものとします。
                                15/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ロ)公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公
           社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
         ハ)上場投資信託証券の貸付は、貸付時点において、貸付上場投資信託証券の時価合計額が、信託財
           産で保有する上場投資信託証券の時価合計額を超えないものとします。
       12)信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さない公社債を売
         り付けることの指図をすることができます。当該売付けの指図は、当該売付けにかかる公社債の時価
         総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
       13)信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができます。公社債の借入
         れの指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
       14)信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。外
         国為替の売買の予約取引の指図は、信託財産にかかる為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差
         額につき円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属す
         る外貨建資産の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限りでは
         ありません。
       15)デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合理的な方法
         により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
       16)一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
         ジャーおよびデリバティブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則と
         して、それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場
         合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこ
         ととします。
     ② 法令による投資制限
        同一法人の発行する株式(投資信託及び投資法人に関する法律)
        同一法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行なう投資信託全体で、当該株式の議決権
        の過半数を保有することとなる取引は行ないません。
    3【投資リスク】

    (1)ファンドのリスク
        当ファンドの投資にあたっては、主に以下のリスクを伴ないます。お申込みの際は、当ファンドのリス
        クを充分に認識・検討し、慎重に投資のご判断を行なっていただく必要があります。
        ・投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資

         元金を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者(受益者)の皆様に帰属
         します。なお、当ファンドは預貯金とは異なります。
        ・当ファンドは、主に           株式  を 実質的な     投資対象としますので、             株式  の価格の下落や、         株式  の発行体の財
         務状況や業績の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。                                              また、外貨
         建資産に投資する場合には、為替の変動により損失を被ることがあります。
        当ファンドの主なリスクは以下の通りです。

        ① 価格変動リスク
          一般に株式の価格は、会社の成長性や収益性の企業情報および当該情報の変化に影響を受けて変動
          します。また、国内および海外の経済・政治情勢などの影響を受けて変動します。ファンドにおい
          ては、株式の価格変動または流動性の予想外の変動があった場合、重大な損失が生じるリスクがあ
          ります。
        ② 流動性リスク
          市場規模や取引量が少ない状況においては、有価証券の取得、売却時の売買価格は取引量の大きさ
          に影響を受け、市場実勢から期待できる価格どおりに取引できないリスク、評価価格どおりに売却
          できないリスク、あるいは、価格の高低に関わらず取引量が限られてしまうリスクがあり、その結
          果、不測の損失を被るリスクがあります。
        ③ 信用リスク
         ・一般に投資した企業の経営などに直接・間接を問わず重大な危機が生じた場合には、ファンドにも
          重大な損失が生じるリスクがあります。デフォルト(債務不履行)や企業倒産の懸念から、発行体
                                16/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          の株式などの価格は大きく下落(価格がゼロになることもあります。)し、ファンドの基準価額が
          値下がりする要因となります。また、金融商品取引所が定める一定の基準に該当した場合、上場が
          廃 止される可能性があり、廃止される恐れ                     が生じた場合       や廃止となる場合も発行体の株式などの価
          格は下がり、ファンドにおいて重大な損失が生じるリスクがあります。
         ・ファンドの資金をコール・ローン、譲渡性預金証書などの短期金融資産で運用することがあります
          が、買付け相手先の債務不履行により損失が発生することがあります。この場合、基準価額が下落
          する要因となります。
        ④ 為替変動リスク
          外貨建資産については、一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合には、
          ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。
        < ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て)                        と基準価額の主なカイ離要因>

         当ファンドは、基準価額の変動率を                  ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て)                        の変動率に一致さ
         せることをめざしますが、次のような要因があるため、同指数と一致した                                      推移をお約束       できるもので
         はありません。
         ・ ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て)                         の採用銘柄以外の銘柄に投資をする                   場合  があるこ
          と、  ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て)                        の採用銘柄の変更や          資本異動     などによってポー
          トフォリオの調整が行なわれる場合、個別銘柄の売買などにあたりマーケット・インパクトを受け
          る可能性があること、また、信託報酬、売買委託手数料、監査費用などの費用をファンドが負担す
          ること。
         ・ 分配  原資となる組入銘柄の           配当金   受け取りと、当ファンドの分配金支払いのタイミングや金額が完
          全には一致しないこと。
         ・先物取引等のデリバティブ取引を利用した場合、当該取引の値動きと                                     ダウ・ジョーンズ工業株価平
          均(TTM、円建て)          の採用銘柄の一部または全部の値動きが一致しないこと。
        ◇ 金融商品取引所で取引される市場価格と基準価額のカイ離
          当ファンドは東京証券取引所に上場され公に取引されますが、市場価格は、主に当ファンドの需
          要、当ファンドの運用成果および投資者が代替的な投資と比較して当ファンドが全般的にどの程度
          魅力的であるか、などの評価に左右されます。したがって、当ファンドの市場価格が、基準価額を
          下回って取引されるかまたは上回って取引されるかは予測することはできません。
        <その他の留意事項>

        ・システムリスク・市場リスクなどに関する事項
         証券市場および外国為替市場は、世界的な経済事情の急変またはその国における天災地変、政変、経
         済事情の変化、政策の変更もしくはコンピューター・ネットワーク関係の不慮の出来事などの諸事情
         により有価証券取引や為替取引などが一時的に停止されることがあります。これにより、ファンドの
         投資方針に従った運用ができない場合があります。上記の状況が発生した場合や、その他の事由によ
         り基準価額の算出が困難となる状況が発生した場合などには、委託会社の判断により一時的に取得・
         換金の取り扱いを停止することもあります。
        ・投資対象とする投資信託証券に関する事項
         ファンドが投資対象とする投資信託証券(マザーファンドを含みます。)と同じ投資信託証券に投資
         する他のファンドにおいて、解約・償還・設定などに伴なう資金流出入などがあり、その結果、当該
         投資信託証券において有価証券の売買などが生じた場合には、ファンドの基準価額に影響を及ぼす場
         合があります。
        ・解約によるファンドの資金流出に伴なう基準価額変動に関する事項
         一度に大量の解約があった場合に、解約資金の手当てをするため保有している有価証券を一度に大量
         に売却することがあります。その際は評価価格と実際の取引価格に差が生じるなどして、ファンドの
         基準価額が大きく変動する可能性があります。
        ・基準価額の妥当性に疑義が生じた場合の取得・換金の停止に関する事項
         ファンドの基準価額の算出に用いた評価価格と実際の取引価格に差が生じるなど、基準価額の妥当性
         に疑義が生じる場合は、委託会社の判断により、一時的に取得・換金の取扱いを停止する場合があり
         ます。
        ・運用制限や規制上の制限に関する事項
         関係する法令規制上、または社内方針などにより取引が制限されることがあります。例えば、                                                委託会
                                17/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         社またはその関連会社            が特定の銘柄の未公開情報を受領している場合には、当該銘柄の売買が制限さ
         れることがあります。また、               委託会社またはその関連会社               が行なう投資または他の運用業務に関連し
         て、  取引が制限されることもあります。したがって、これらの制限により当ファンドの運用実績に影
         響を及ぼす可能性や          インデックスと基準価額がカイ離する可能性                       があります。
        ・法令・税制・会計方針などの変更に関する事項
         ファンドに適用される法令・税制・会計方針などは、今後変更される場合があります。
    (2)リスク管理体制

    ■全社的リスク管理









     当社では運用部門、営業部門と独立した組織であるリスク管理/コンプライアンス業務担当部門を設置し、
     全社的なリスク管理活動のモニタリング、指導の一元化を図っております。当社グループの法令などの遵守
     状況についてはコンプライアンス部門が事務局を務めるコンプライアンス監督委員会、リスク管理状況につ
     いてはリスク管理部門が事務局を務めるリスク監督委員会を通して経営陣に報告され、更に年一度以上取締
     役会に対して全体的な活動状況を報告しております。両委員会およびそれに関連する部門別会議において
     は、法令遵守状況や各種リスク(運用リスク                       (流動性リスクを含む)、市場リスク、カウンターパーティー
     リスク、オペレーショナルリスク(事務リスクを含む)                             など)に関するモニタリングとその報告に加えて、
     重要事故への対応と各種リスク対応、事故防止のための施策やその管理手法の構築などの支援に努めており
     ます。
    ■運用状況の評価・分析および運用リスク管理
     ファンド財産について運用状況の評価・分析および運用リスク                                ( 流動性リスク       を含む)     の管理状況をモニタ
     リングします。運用パフォーマンスおよび運用リスクに係る評価と分析の結果については運用リスク会議に
     報告し、運用リスク          ( 流動性リスク       を含む)     の管理状況についてはリスク監督委員会へ報告され、問題点の
     原因の究明や改善策の策定が図られます。加えて外部委託運用部門は、外部委託ファンドの運用管理を行な
     い、投資方針に沿った運用が行なわれているかなどのモニタリングを行なっています。
    ■法令など遵守状況のモニタリング
     運用における法令・諸規則、信託約款などの遵守状況については、コンプライアンス業務担当部門が管理を
     行ないます。問題点についてはコンプライアンス関連の委員会に報告され、必要に応じ運用部門に対し是正
     指導が行なわれるなど、適切に管理・監督を行ないます。
    ※上記体制は       2022年8月末      現在のものであり、今後変更となる場合があります。
                                18/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ○代表的な資産クラスとの騰落率の比較に用いた指数について












    東証株価指数(TOPIX、配当込)

    当指数は、日本の株式市場を広範に網羅するとともに、投資対象としての機能性を有するマーケット・ベンチ
    マークで、配当を考慮したものです。なお、当指数に関する著作権、知的財産権その他一切の権利は                                                   株式会社
    JPX   総研または株式会社          JPX   総研の関連会社        に帰属します。
    MSCI-KOKUSAIインデックス(配当込、円ベース)

    当指数は、MSCI         Inc.が開発した、日本を除く世界の先進国の株式を対象として算出した指数で、配当を考慮し
    たものです。なお、当指数に関する著作権、知的財産権その他一切の権利は、MSCI                                           Inc.   に帰属します。
    MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込、円ベース)

    当指数は、MSCI         Inc.が開発した、世界の新興国の株式を対象として算出した指数で、配当を考慮したもので
    す。なお、当指数に関する著作権、知的財産権その他一切の権利は、MSCI                                      Inc.   に帰属します。
    NOMURA-BPI国債

    当指数は、野村證券株式会社が公表している指数で、その知的財産権は野村證券株式会社に帰属します。な
    お、野村證券株式会社は、対象インデックスの正確性、完全性、信頼性、有用性を保証するものではなく、対
    象インデックスを用いて行われる日興アセットマネジメント株式会社の事業活動・サービスに関し一切責任を
    負いません。
                                19/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース)

    当指数は、FTSE         Fixed   Income    LLCにより運営されている債券インデックスです。当指数はFTSE                                 Fixed   Income
    LLCの知的財産であり、指数に関するすべての権利はFTSE                              Fixed   Income    LLCが有しています。
    JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド(円ヘッジなし、円ベース)

    当指数は、J.P.         Morgan    Securities      LLCが算出、公表している、新興国が発行する現地通貨建て国債を対象に
    した指数です。なお、当指数に関する著作権、知的財産権その他一切の権利は、J.P.                                            Morgan    Securities      LLC
    に帰属します。
    4【手数料等及び税金】

    (1)【申込手数料】

        販売会社は、取得申込者から、                販売会社が独自に定める手数料                および当該手数料に係る消費税等相当額
        を徴収することができるものとします。
        ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ※申込手数料は、商品および関連する投資環境の説明や情報提供など、ならびに購入に関する事務コス
         トの対価です。
    (2)【換金(解約)手数料】

     ① 換金手数料
        販売会社は、受益者が           解約請求     を行なうときおよび受益権の買取りを行なうときは、当該受益者から、
        販売会社が独自に定める手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を徴収することができるものと
        します。
        ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ※換金手数料は、換金時の事務手続きなどに係る対価です。
     ② 信託財産留保額
        ありません。
    (3)【信託報酬等】

     ① 信託報酬
        信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に対し年                                        0.275%    (税抜0.25%)        以
        内 の率を乗じて得た額とします。
     ② 信託報酬の配分
        当ファンドの信託報酬が             税抜  0.25  % (有価証券届出書提出日現在)の場合の配分(年率)は、以下の通
        りとします。
               信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
             合計            委託会社             受託会社
            0.250%             0.215%             0.035%
                 委託した資金の運用の対価

          委託会社
          受託会社       運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価
        ※表中の率は税抜です。別途消費税がかかります。

     ③ 支払時期
        信託報酬(信託報酬に係る消費税等相当額を含みます。)は、                                日々計上され、        毎計算期末または信託終
        了のときに、信託財産から支払います。
    (4)【その他の手数料等】

                                20/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        以下の諸費用およびそれに付随する消費税等相当額について、委託会社は、その支払いをファンドのた
        めに行ない、       ファンドの日々の純資産総額に対して                   年率0.1%     を乗じた額の信託期間を通じた合計を上限
        と して、   支払金額の支弁を信託財産から受けることができます。                             (以下「実費方式」といいます。)                  な
        お、①から⑦までに該当する業務を委託する場合は、その委託費用を含みます。                                         また、実際に支払う金
        額の支弁を受ける代わりに、その金額をあらかじめ合理的に見積もった上で、見積額に基づいて見積率
        を算出し、かかる見積率を信託財産の純資産総額に乗じて得た額をかかる諸費用の合計額とみなして、
        信託財産から支弁を受けることができます。                       (以下「見積方式」といいます。)                  ただし、委託会社は、
        信託財産の規模などを考慮して、信託の設定時または期中に、かかる諸費用の見積率を見直し、                                                   年率
        0.1%   を上限として、これを変更することができます。                         委託会社は、実費方式または見積方式のいずれを
        用いるかについて、信託期間を通じて随時、見直すことができます。これら諸費用は、委託会社が定め
        た時期に、信託財産から支払います。
        ① ファンドの計理業務(設定解約処理、約定処理、基準価額算出、決算処理等)およびこれに付随す
          る業務(法定帳簿管理、法定報告等)に係る費用。
        ② 振替受益権に係る費用ならびにやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合における発行
          および管理事務に係る費用。
        ③   有価証券届出書、有価証券報告書および臨時報告書                          (これらの訂正に係る書類を含みます。)の作
          成、印刷および提出に係る費用。
        ④ 目論見書および仮目論見書(これらの訂正事項分を含みます。)の作成、印刷および交付に係る費
          用(これらを監督官庁に提出する場合の提出費用も含みます。)。
        ⑤ 信託約款の作成、印刷および交付に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の提出費用も含みま
          す。)。
        ⑥ 運用報告書および           決算短信など開示資料           の作成、印刷および交付に係る費用(これを監督官庁に提
          出する場合の提出費用も含みます。)。
        ⑦ ファンドの受益者に対して行なう公告に係る費用ならびに信託約款の変更または信託契約の解約に
          係る事項を記載した書面の作成、印刷および交付に係る費用。
        ⑧ 格付の取得に要する費用。
        ⑨ ファンドの監査人、法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用。
        ⑩ 受益権の上場に係る費用。
        ⑪ ファンドおよび主要投資対象である「インデックス                             マザーファンド         アメリカ株式」の運用におい
          て利用する指数の標章使用料。
        ⑫ ファンドおよび主要投資対象である「インデックス                             マザーファンド         アメリカ株式」の運用におい
          て利用する指数の指数値、構成銘柄、構成比率等の情報および投資対象市場の動向や特性等に関す
          る情報の入手に要する費用。
        ⑬ ファンドおよび主要投資対象である「インデックス                             マザーファンド         アメリカ株式」の運用におい
          て、クリアリング機構を利用した場合に生じる諸費用(当該関連費用を受託会社から請求された場
          合も含みます。)。
        信託財産に関する以下の             費用・報酬      およびそれに付随する消費税等相当額は、受益者の負担とし、信託

        財産から支払います。
        ① 組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料および先物・オプション取引などに要する費
          用。
        ② 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、外貨建資産の保管などに要する費用、解
          約に伴なう支払資金の手当てなどを目的とした借入金の利息および受託会社の立て替えた立替金の
          利息。
        ③ 有価証券の貸付を行なった場合に限り、その対価としての品貸料(                                      マザーファンド        (当該マザー
          ファンドの約款において、品貸料の一部を、同マザーファンドに投資を行なっている証券投資信託
          の報酬として収受する規定のあるものに限ります。)における品貸料については、他の証券投資信
          託が同一のマザーファンドに投資を行なっている場合は、マザーファンドの純資産総額における当
          該各証券投資信託の時価総額に応じて、毎日按分するものとします。)に                                      0.55  (税抜0.5)      以内(有
          価証券届出書提出日現在、              0.55  (税抜0.5)      )を乗じて得た貸付有価証券関連報酬。委託会社と受託
          会社の配分は       4:1   とし、信託報酬と同時期に支払います。
          なお、有価証券の貸付は現在行なっておりませんので、上記に関連する報酬はかかりません。
                                21/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        <投資対象とするマザーファンドに係る費用>
        ・組入有価証券の売買時の売買委託手数料
        ・信託事務の処理に要する諸費用
        ・信託財産に関する租税 など
        ※監査費用は、監査法人などに支払うファンドの監査に係る費用です。

        * 売買委託手数料など          は、保有期間や運用の状況などに応じて異なり、あらかじめ見積もることができ
         ないため、表示することができません。
        投資家の皆様にご負担いただく手数料などの合計額については、保有期間や運用の状況などに応じて異

        なりますので、表示することができません。
    (5)【課税上の取扱い】

        課税上は、      上場証券     投資信託として取り扱われます。公募                    株式  投資信託は税法上、少額投資非課税制度
        の適用対象です。
     ① 個人受益者の場合
       1)受益権の売却時の課税
         売却時の差益(譲渡益)については譲渡所得として、20.315%(所得税15.315%および地方税5%)
         の税率による申告分離課税の対象となり、確定申告が必要となります。なお、源泉徴収ありの特定口
         座(源泉徴収選択口座)を選択している場合は、20.315%(所得税15.315%および地方税5%)の税
         率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
       2)収益分配金の受取り時の課税
         収益分配金は配当所得として、20.315%(所得税15.315%および地方税5%)の税率による源泉徴収
         (原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。なお、確定申告を行ない、申告分離課税ま
         たは総合課税(        配当控除の適用はありません。                )のいずれかを選択することもできます。
       3)解約金および償還金に対する課税
         解約時および償還時の差益(譲渡益)については譲渡所得として、20.315%(所得税15.315%および
         地方税5%)の税率による申告分離課税の対象となり、確定申告が必要となります。なお、源泉徴収
         ありの特定口座(源泉徴収選択口座)を選択している場合は、20.315%(所得税15.315%および地方
         税5%)の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
        ※確定申告等により、解約時、償還時および売却時の差損(譲渡損失)については、上場株式等の譲渡
         益、上場株式等の配当等および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限りま
         す。)と損益通算が可能です。また、解約時、償還時および売却時の差益(譲渡益)、収益分配金お
         よび特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)については、上場株式等
         の譲渡損失と損益通算が可能です。
        ※ 少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」                        および未成年者少額投資非課税制度「愛称:ジュニア
         NISA」   をご利用の場合、毎年、             一定額   の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当
         所得および譲渡所得が            一定期間     非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開
         設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。                              なお、他の口座で生じた配当所得・譲渡所
         得との損益通算はできません。                詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     ② 法人受益者の場合
       1)受益権の売却時の課税
         受益権の売却価額と取得価額との差額について、他の法人所得と合算して課税されます。
       2)収益分配金の受取り時の課税
         収益分配金は配当所得として、15.315%(所得税のみ)の税率による源泉徴収が行なわれ、他の法人
         所得と合算して課税されます。
       3)解約金および償還金に対する課税
         受益権の解約価額および償還価額と取得価額との差額について、他の法人所得と合算して課税されま
         す。
       4)益金不算入制度の適用
         益金不算入制度は適用されません。
    ※買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
                                22/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。
    ※上記は     2022年11月25日        現在のものですので、税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが
     変更になる場合があります。税金の取扱いの詳細については、税務専門家などにご確認されることをお勧め
     します。
    5【運用状況】

    (1)【投資状況】

      該当事項はありません。

    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】

      該当事項はありません。

    ②【投資不動産物件】

      該当事項はありません。

    ③【その他投資資産の主要なもの】

      該当事項はありません。

    (3)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

      該当事項はありません。

    ②【分配の推移】

      該当事項はありません。

    ③【収益率の推移】

      該当事項はありません。

    (4)【設定及び解約の実績】

      該当事項はありません。

    ≪参考情報≫

                                23/65



                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】













    1【申込(販売)手続等】

    (1)申込方法
       ・取得申込者は、販売会社所定の方法でお申し込みください。申込時において、販売会社が独自に定める
        手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を支払うものとします。
       ・当ファンドは、東京証券取引所に上場                     (2022年12月16日上場予定)               しております。委託会社は、当該金
        融商品取引所が定める諸規則などを遵守し、当該金融商品取引所が諸規則などに基づいて行なう売買取
        引の停止または上場廃止その他の措置に従うものとします。
    (2)申込みの受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
    (3)取扱時間
        原則として、午後3時までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。な
        お、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
    (4)取得申込不可日
        販売会社の営業日であっても、下記のいずれかに該当する場合は、                                  原則として取得の申込みの受付は行
                                24/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ないません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        1)  取得申込日が       ファンドの計算期間終了日(決算日)の                     2営業日前      となる場合      (ただし、計算期間終
          了日が休業日の場合は、             取得申込日が       当該計算期間終了日の            3営業日前以降の2営業日間               となる場
          合 )
        2)  取得申込日が       ニューヨーク証券取引所の休業日またはニューヨークの銀行休業日                                  の場合
        3)1)および2)のほか、委託会社が約款に定める運用の基本方針に沿った運用に支障をきたす恐れ
          のあるやむを得ない事情が生じたものと認めたとき
    ( 5 )申込金額
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額                   (当初申込期間中は1口当たり                2,000円    ) に取得申込口数を乗じて
        得た額に、申込手数料と当該手数料に係る消費税等相当額を加算した額です。
    (6)申込単位
        5,000口以上で販売会社が定める単位
        ※詳しくは、       販売会社の照会先         にお問い合わせください。
    (7)申込代金の支払い
        取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する日までに販売会社へお支払いください。
    ( 8 )受付の中止および取消
                       ※
        委託会社は、金融商品取引所                における取引の停止、            外国為替取引の停止、            決済機能の停止、その他や
        むを得ない事情があるときは、取得の申込みの受付を中止すること、および既に受け付けた取得の申込
        みの受付を取り消すことができます。
        ※金融商品取引法第2条第              16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8項第3号ロ
         に規定する外国金融商品市場をいいます。
    2【換金(解約)手続等】

    <解約請求による換金>
    (1)解約の受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
    (2)取扱時間
        原則として、午後3時までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。な
        お、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
    (3)解約請求不可日
        販売会社の営業日であっても、下記のいずれかに該当する場合は、                                  原則として解約請求の受付は行ない
        ません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        1)  解約請求日が       ファンドの計算期間終了日(決算日)の                     3営業日前以降の2営業日間               となる場合      (た
          だし、計算期間終了日が休業日の場合は、                      解約請求日が       当該計算期間終了日の            4営業日前以降の3
          営業日間     となる場合      )
        2)  解約請求日が       ニューヨーク証券取引所の休業日またはニューヨークの銀行休業日                                  の場合
        3)1)および2)のほか、委託会社が約款に定める運用の基本方針に沿った運用に支障をきたす恐れ
          のあるやむを得ない事情が生じたものと認めたとき
    (4)解約制限
        ファンドの規模および商品性格などに基づき、運用上の支障をきたさないようにするため、大口の解約
        には受付時間制限および金額制限を行なう場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせくださ
        い。
    ( 5 )解約価額
        解約請求受付日の         翌営業日の      基準価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
        <委託会社の照会先>
          日興アセットマネジメント株式会社
            ホームページ       アドレス         www.nikkoam.com/
            コールセンター         電話番号 0120-25-1404
              午前9時~午後5時 土、日、祝・休日は除きます。
                                25/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (6)解約手数料
        受益者は解約時において、販売会社が独自に定める手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を支
        払うものとします。
    (7)解約単位
        5,000口以上1口単位
        ※販売会社によっては、解約単位が異なる場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせくださ
         い。
    (8)解約代金の支払い
        原則として、解約請求受付日から起算して5営業日目からお支払いします。
    ( 9 )受付の中止および取消
       ・委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、                            外国為替取引の停止、           決済機能の停止、その他やむ
        を得ない事情があるときは、解約請求の受付を中止すること、および既に受け付けた解約請求の受付を
        取り消すことができます。
       ・解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止                                 当日およびその前営業日             の解約請求を撤
        回できます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初
        の基準価額の計算日          (この計算日が解約請求を受け付けない日であると                          きは、この計算日以降の最初の
        解約請求を受け付けることができる日とします。)                          に解約請求を受け付けたものとして取り扱います。
    <買取請求による換金>

    ( 1 )受益者は、保有する受益権口数の合計が金融商品取引所の定める受益権の取引単位に満たない場合は、
        販売会社に当該受益権の買取りを請求することができます。
    (2)原則として、午後3時までに販売会社において所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分としま
        す。なお、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
    ( 3 )買取請求日が解約請求不可日と同日の場合は、買取請求の受付は行ないません。詳しくは、販売会社に
        お問い合わせください。
    (4)受益権の買取価額は、買取請求受付日の                        翌営業日の      基準価額とします。
    ( 5 )受益者は買取時において、販売会社が独自に定める手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を支
        払うものとします。
    (6)販売会社は、金融商品取引所における取引の停止、                              外国為替取引の停止、           決済機能の停止、その他やむ
        を得ない事情があるときは、委託会社との協議に基づいて買取りを中止すること、および既に受け付け
        た買取りを取り消すことができます。
    (7)買取請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止                                    当日およびその前営業日             の買取請求を撤
        回できます。ただし、受益者がその買取請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初
        の基準価額の計算日          (この計算日が買取請求を受け付けない日であるときは、この計算日以降の最初の
        買取請求を受け付けることができる日とします。)                          に買取請求を受け付けたものとして取り扱います。
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】

     ① 基準価額の算出
       ・基準価額は委託会社の営業日において日々算出されます。
       ・基準価額とは、信託財産に属する                  資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きます。)                                  を
        評価して得た信託財産の総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を、計算日における受益権総
        口数で除した金額をいいます。なお、ファンドは                          100口   当たりに換算した価額で表示することがありま
        す。
                                26/65




                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ② 有価証券などの評価基準






       ・信託財産に属する資産については、法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って                                               時価評価     しま
        す。
        <主な資産の評価方法>
        ◇マザーファンド受益証券
         基準価額計算日の基準価額で評価します。
        ◇外国株式
         原則として、基準価額計算日に知りうる直近の日における外国金融商品市場の最終相場で評価しま
         す。
       ・外貨建資産(外国通貨表示の有価証券、預金その他の資産をいいます。)の円換算については、原則と
        してわが国における計算日の対顧客相場の仲値によって計算します。
     ③ 基準価額の照会方法
        販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
        <委託会社の照会先>
          日興アセットマネジメント株式会社
            ホームページ       アドレス         www.nikkoam.com/
            コールセンター         電話番号 0120-25-1404
              午前9時~午後5時 土、日、祝・休日は除きます。
    (2)【保管】

        該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

        無期限とします(2022年12月13日設定)。ただし、約款の規定に基づき、信託契約を解約し、信託を終
        了させることがあります。
    (4)【計算期間】

        毎年1月9日から7月8日までおよび7月9日から翌年1月8日までとします。
        ※ただし、第1計算期間は2022年12月13日から2023年7月8日までとします。
    (5)【その他】

     ① 信託の終了(繰上償還)
       1)委託会社は、         次のいずれかの場合には、              受託会社と合意の上、信託契約を解約し繰上償還させること
         ができます。
         イ)  2026年1月9日以降に純資産総額が5億円                    を下回ることとなった場合
                                27/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ロ)繰上償還することが受益者のために有利であると認めるとき
         ハ)やむを得ない事情が発生したとき
       2)この場合、委託会社は書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行ないます。(後述の
         「書面決議」をご覧ください。)
       3)委託会社は、次のいずれかの場合には、後述の「書面決議」の規定は適用せず、信託契約を解約し繰
         上償還させます。
         イ)受益権を上場したすべての金融商品取引所において上場廃止となった場合
         ロ)  ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て)                        が廃止された場合
         ハ)  ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て)                        の計算方法の変更などに伴なって委託会社または
           受託会社が必要と認めた信託約款の変更が、                       書面決議の規定を満たさず、               信託約款の変更が行な
           われないこととなった場合
         ニ)信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合で、書面決議が困難な場合
         ホ)監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたとき
         ヘ)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき(監
           督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じたときは、
           書面決議で可決された場合、存続します。)
         ト)受託会社が委託会社の承諾を受けてその任務を辞任した場合またはその任務に違反するなどして
           解任された場合に、委託会社が新受託会社を選任できないとき
         なお、上記イ)        について、すべての金融商品取引所において上場が廃止された場合には、その廃止さ
         れた日に     信託を終了するための手続を開始するものとします。
       4)繰上償還を行なう際には、委託会社は、その旨をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
     ② 償還金について
        原則として受託会社または取扱会社が、信託終了後40日以内の委託会社の指定する日に、受益者があら
        かじめ指定した預金口座などに振り込みます。
     ③ 信託約款の変更など
       1)委託会社は、         受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、                                           受託
         会社と合意の上、この信託約款を変更すること、または当ファンドと他のファンドとの併合(以下
         「併合」といいます。)を行なうことができます。信託約款の変更または併合を行なう際には、委託
         会社は、その旨および内容をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
       2)  この変更事項のうち、その内容が重大なものまたは併合(受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものを
         除きます。)については、書面決議を行ないます。(後述の「書面決議」をご覧ください。)
       3)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後述の「書面決
         議」の規定を適用します。
     ④ 書面決議
       1)繰上償還、信託約款の重大な変更または併合に対して、委託会社は書面決議を行ないます。この場合
         において、あらかじめ、書面決議の日ならびにその内容および理由などの事項を定め、決議の日の2
         週間前までに知れている受益者に対し書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発送し
         ます。
       2)受益者は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている
         受益者が議決権を行使しないときは、書面決議について賛成するものとみなします。
       3)  書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあたる多数をもって行
         ないます。
       4)繰上償還、信託約款の重大な変更または併合に関する委託会社の提案に対して、すべての受益者が書
         面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、書面決議を行ないません。
       5)当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合であっても、併合にかかる他のファンドにおい
         て併合の書面決議が否決された場合は、当該他のファンドとの併合を行なうことはできません。
       6)当ファンドの繰上償還、信託約款の重大な変更または併合を行なう場合には、書面決議において反対
         した受益者は、受託会社に対し、自己の有する受益権を信託財産をもって買い取るべき旨を請求でき
         ます。
                                28/65



                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑤ 公告





        公告は電子公告により行ない、委託会社のホームページに掲載します。
         ホームページ       アドレス         www.nikkoam.com/
        ※なお、やむを得ない事由によって公告を電子公告によって行なうことができない場合には、公告は日
         本経済新聞に掲載します。
     ⑥ 運用報告書の作成
        投資信託及び投資法人に関する法律により、運用報告書の作成・交付は行ないません。
      ⑦ 関係法人との契約について
        販売会社との募集の取扱いなどに関する契約の有効期間は契約日より1年間とします。ただし、期間満
        了の3ヵ月前までに、販売会社、委託会社いずれからも別段の意思表示がないときは、自動的に1年間
        延長されるものとし、以後も同様とします。
     ⑧ 他の受益者の氏名などの開示の請求の制限
        受益者は、委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行なうことはできません。
        1.他の受益者の氏名または名称および住所
        2.他の受益者が有する受益権の内容
    4【受益者の権利等】

     受益者の有する主な権利は次の通りです。
    (1)収益分配金受領権
       ・名義登録手続きによって受益者を確定し、当該受益者に対して収益分配金の支払いを行ないます。当
        ファンドの収益分配金は、計算期間終了日現在において、受託会社に名義登録している受益者に支払わ
        れます。受益者は、取扱会社を経由して名義登録を行なうことができます。
       ・計算期間終了日現在において、氏名または名称および住所が受託会社に登録されている受益者は、ファ
        ンドの収益分配金を登録されている受益権の口数に応じて受領する権利を有します。
       ・ただし、受益者が、           収益分配金      について、民法第166条第1項第1号または第2号に規定する期間が経過
        する日までにその支払いを請求しないときは、その権利を失い、                                 受託会社     から交付を受けた金銭は、              委
        託会社   に帰属します。
    (2)償還金受領権
       ・信託期間終了日現在において、氏名または名称および住所が受託会社に登録されている受益者は、ファ
        ンドの償還金を登録されている受益権の口数に応じて受領する権利を有します。
       ・ただし、受益者が、           信託終了による償還金           について、民法第166条第1項第1号または第2号に規定する
        期間が経過する日までにその支払いを請求しないときは、その権利を失い、                                       受託会社     から交付を受けた
        金銭は、     委託会社     に帰属します。
    (3)解約請求権
        受益者は、自己に帰属する受益権につき販売会社を通じて、委託会社に解約の請求をすることができま
        す。
    (4)受益権の買取請求権
        受益者が保有する受益権の口数の合計が、金融商品取引所の定める受益権の取引単位に満たない場合
                                29/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        は、販売会社に対して、受益権の買取りを請求することができます。
    (5)帳簿閲覧権
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内にファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧を請求する
        ことができます。
                                30/65



















                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    (1)ファンドの運用は、              2022年12月13日        から開始する予定であり、ファンドは有価証券届出書提出日現在、
        資産を有しておりません。
    (2)ファンドの会計監査は、委託会社が指定する監査法人により行なわれ、監査証明を受けたファンドの財
        務諸表は、      特定計算期間毎に作成する有価証券報告書                      に記載されます。
    (3)委託会社は、ファンドの信託財産に係る財務諸表の作成にあたっては、「投資信託財産の計算に関する
        規則」の定めるところによります。
    1【財務諸表】

      該当事項はありません。

                                31/65
















                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】

    【純資産額計算書】

      該当事項はありません。

    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

    (1)名義書換
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券
        から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求を行なわな
        いものとします。
    (2)受益者に対する特典
        該当事項はありません。
    (3)譲渡制限の内容
     ① 譲渡制限はありません。
     ② 受益権の譲渡
       ・受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
        は記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ・前述の申請のある場合には、振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少およ
        び譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとし
        ます。ただし、振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設し
        た他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に                                    社債、株式等の振替に関する法律
        の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知
        するものとします。
       ・前述の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている
        振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合などにおいて、
        委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止
        期間を設けることができます。
     ③ 受益権の譲渡の対抗要件
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗する
        ことができません。
    (4)受益証券の再発行
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発行
        の請求を行なわないものとします。
    (5)受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、                    社債、株式等の振替に関する法律                 に定めるところにしたがい、一
        定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
    (6)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、                                                    解
        約請求の受付、解約金および償還金の支払いなど                         については、約款の規定によるほか、民法その他の法
        令などにしたがって取り扱われます。
                                32/65





                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

    (1)資本金の額
        2022年8月末      現在           資本金                   17,363,045,900円
                        発行可能株式総数                    230,000,000株
                        発行済株式総数                    197,012,500株
        ●過去5年間における主な資本金の増減 : 該当事項はありません。

    (2)会社の意思決定機関(               2022年8月末      現在)

       ・株主総会
        株主総会は、取締役の選任および定款変更に係る決議などの株式会社の基本的な方針や重要な事項の決
        定を行ないます。
        当社は、毎年3月31日の最終の株主名簿に記載または記録された議決権を有する株主をもって、その事
        業年度に関する定時株主総会において、その権利を行使することができる株主とみなし、毎年3月31日
        (事業年度の終了)から3ヶ月以内にこれを招集し、臨時株主総会は必要に応じてこれを招集します。
       ・取締役会
        取締役会は、業務執行の決定を行い、取締役の職務の執行の監督をします。また、取締役会の決議に
        よって重要な業務執行(会社法第399条の13第5項各号に掲げる事項を除く。)の決定の全部又は一部を
        取締役に委任することができます。
        当社の取締役会は10名以内の取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び5名以内の監査等委員であ
        る取締役で構成され、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は選任後1年以内に終了する
        事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとします。取締役会はその決議をもっ
        て、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の中から、代表取締役若干名を選定します。
       ・監査等委員会
        当社の監査等委員会は、5名以内の監査等委員である取締役で構成され、監査等委員である取締役の任
        期は選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとしま
        す。監査等委員会は、その決議をもって、監査等委員の中から、常勤の監査等委員を選定します。
    (3)運用の意思決定プロセス(                 2022年8月末      現在)

     1.投資委員会にて、国内外の経済見通し、市況見通しおよび資産配分の基本方針を決定します。
     2.各運用部門は、投資委員会の決定に基づき、個別資産および資産配分戦略に係る具体的な運用方針を策
        定します。
     3.各運用部門のファンドマネージャーは、上記方針を受け、個別ファンドのガイドラインおよびそれぞれ
        の運用方針に沿って、ポートフォリオを構築・管理します。
     4.トレーディング部門は、社会的信用力、情報提供力、執行対応力において最適と判断し得る発注業者、
        発注方針などを決定します。その上で、トレーダーは、最良執行のプロセスに則り売買を執行します。
     5.運用状況の評価・分析および運用リスク                       ( 流動性リスク       を含む)     の管理ならびに法令など遵守状況のモ
        ニタリングについては、運用部門から独立したリスク管理/コンプライアンス業務担当部門が担当し、
        これを運用部門にフィードバックすることにより、適切な運用体制を維持できるように努めています。
    2【事業の内容及び営業の概況】

     ・「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設
       定を行なうとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行
       なっています。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務を行なっています。
      ・委託会社の運用する、            2022年8月末      現在の投資信託などは次の通りです。
                                33/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                           純資産額

               種 類               ファンド本数
                                         (単位:億円)
       投資信託総合計                              879           240,066
           株式投資信託                          811           203,661
               単位型                      316           10,232
               追加型                      495           193,428
           公社債投資信託                          68           36,405
               単位型                       55           1,592
               追加型                       13           34,812
    3【委託会社等の経理状況】

    1. 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、
      以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣
      府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
    2. 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、                                  第63期事業年度        (2021年4月1日から2022

      年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任                          あずさ監査法人により監査を受けております。
    (1)【貸借対照表】

                                                  (単位:百万円)
                                   第62期                第63期
                                (2021年3月31日)                (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                                  24,698                42,427
       有価証券                                    17               170
       前払費用                                   785                932
       未収入金                                   225                96
       未収委託者報酬                                  24,738                25,193
       未収収益                       ※3             891   ※3           1,048
       関係会社短期貸付金                                  2,403                5,005
       立替金                                   930               1,056
                                        361                998
       その他                       ※2                ※2
       流動資産合計                                  55,053                76,928
      固定資産
       有形固定資産
        建物                       ※1             245   ※1            244
        器具備品                       ※1             190   ※1            153
        有形固定資産合計                                   436                397
       無形固定資産
        ソフトウエア                                   241                335
        無形固定資産合計                                   241                335
       投資その他の資産
        投資有価証券                                  22,903                23,969
        関係会社株式                                  25,987                22,366
        長期差入保証金                                   678                652
                                       1,845                3,678
        繰延税金資産
                                34/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        投資その他の資産合計                                  51,414                50,667
       固定資産合計                                  52,092                51,399
      資産合計                                 107,145                128,328
                                                  (単位:百万円)

                                   第62期                第63期
                                (2021年3月31日)                (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                   844                651
       未払金                                  9,834                9,693
        未払収益分配金                                    8                7
        未払償還金                                    71                71
        未払手数料                                  8,956                8,783
        その他未払金                                   798                831
       未払費用                       ※3            4,660    ※3           5,572
       未払法人税等                                  1,090                2,354
       未払消費税等                       ※4             775   ※4           3,669
       賞与引当金                                  3,034                3,958
       役員賞与引当金                                    55                5
       訴訟損失引当金                                  -              7,847
                                        643               1,330
       その他
       流動負債合計                                  20,938                35,083
      固定負債
       退職給付引当金                                  1,456                1,395
       賞与引当金                                   156                423
                                        544                390
       その他
       固定負債合計                                  2,157                2,209
      負債合計                                  23,095                37,292
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                  17,363                17,363
       資本剰余金
        資本準備金                                  5,220                5,220
        資本剰余金合計                                  5,220                5,220
       利益剰余金
        その他利益剰余金
                                      61,956                68,901
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                  61,956                68,901
       自己株式                                 △2,067                △2,067
       株主資本合計                                  82,472                89,417
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                  1,461                2,350
                                        115               △731
       繰延ヘッジ損益
       評価・換算差額等合計                                  1,577                1,618
      純資産合計                                  84,049                91,035
     負債純資産合計                                 107,145                128,328
    (2)【損益計算書】

                                35/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位:百万円)
                                  第62期                第63期
                              (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                                  78,975                94,938
                                       3,973                4,743
       その他営業収益
       営業収益合計                                  82,948                99,682
      営業費用
       支払手数料                                  34,050                42,026
       広告宣伝費                                   953                987
       公告費                                    1                1
       調査費                                  17,813                23,000
        調査費                                   966               1,042
        委託調査費                                  16,825                21,932
        図書費                                    22                25
       委託計算費                                   545                598
       営業雑経費                                  1,053                1,014
        通信費                                   174                143
        印刷費                                   331                308
        協会費                                    51                52
        諸会費                                    11                13
                                        483                494
        その他
       営業費用計                                  54,419                67,628
      一般管理費
       給料                                  10,383                11,759
        役員報酬                                   243                156
        役員賞与引当金繰入額                                    55                5
        給料・手当                                  6,766                7,229
        賞与                                   159                143
        賞与引当金繰入額                                  3,158                4,225
       交際費                                    14                22
       寄付金                                    30                29
       旅費交通費                                    57                66
       租税公課                                   485                429
       不動産賃借料                                   939                937
       退職給付費用                                   388                394
       退職金                                    10               169
       固定資産減価償却費                                   138                172
       福利費                                  1,084                1,171
                                       4,286                3,888
       諸経費
       一般管理費計                                  17,817                19,042
      営業利益                                  10,711                13,010
                                                  (単位:百万円)

                                  第62期                第63期
                              (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
      営業外収益
       受取利息                                    75                71
       受取配当金
                           ※1            2,555    ※1            5,257
       有価証券償還益                                  14                -
       時効成立分配金・償還金                                  1                1
       為替差益                                    -              1,548
                                        62                58
       その他
                                36/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       営業外収益合計                                  2,710                6,936
      営業外費用
       支払利息                                   122                177
       デリバティブ費用                                   804                49
       時効成立後支払分配金・償還金                                  25                9
       為替差損                                  59                -
       その他                                  42                39
       営業外費用合計                                  1,054                 275
      経常利益                                  12,367                19,672
      特別利益
       投資有価証券売却益                                   774                253
       子会社有償減資払戻益                                    -              1,445
       その他                                    0               -
       特別利益合計                                   774               1,699
      特別損失
       投資有価証券売却損                                   237                132
       投資有価証券評価損                                    5               -
       固定資産処分損                                    0                0
       役員退職一時金                                 125                -
       訴訟損失引当金繰入額                                  -              7,847
       特別損失合計                                   369               7,980
      税引前当期純利益                                  12,773                13,391
      法人税、住民税及び事業税
                                       3,722                3,435
      法人税等還付税額                                    -  ※2            △329
      法人税等調整額                                  △373               △1,851
      法人税等合計                                  3,348                1,255
      当期純利益                                  9,424               12,136
    (3)【株主資本等変動計算書】

    第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                   株主資本
                          資本剰余金            利益剰余金
                                   その他利益
                                                     株主資本
                  資本金                             自己株式
                                    剰余金
                             資本剰余金            利益剰余金
                                                      合計
                       資本準備金
                              合計            合計
                                   繰越利益
                                    剰余金
     当期首残高               17,363      5,220      5,220     55,395      55,395      △905     77,073
     当期変動額
     剰余金の配当                               △2,862      △2,862            △2,862
     当期純利益                                9,424      9,424            9,424
     自己株式の取得                                          △1,161      △1,161
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 -      -      -     6,561      6,561     △1,161       5,399
     当期末残高               17,363      5,220      5,220     61,956      61,956     △2,067      82,472
                                37/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     評価・換算差額等
                  その他           評価・
                                  純資産合計
                       繰延ヘッジ
                  有価証券           換算差額
                        損益
                 評価差額金            等合計
     当期首残高                △60      389      329     77,402
     当期変動額
     剰余金の配当                               △2,862
     当期純利益                               9,424
     自己株式の取得                               △1,161
     株主資本以外の項目の
                    1,521     △273      1,247      1,247
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               1,521     △273      1,247      6,647
     当期末残高               1,461      115     1,577      84,049
    第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                                   株主資本
                          資本剰余金            利益剰余金
                                   その他利益
                                                     株主資本
                  資本金                             自己株式
                                    剰余金
                             資本剰余金            利益剰余金
                                                      合計
                       資本準備金
                              合計            合計
                                   繰越利益
                                    剰余金
     当期首残高               17,363      5,220      5,220     61,956      61,956     △2,067      82,472
     当期変動額
     剰余金の配当                               △5,191      △5,191            △5,191
     当期純利益                               12,136      12,136            12,136
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 -      -      -     6,944      6,944       -     6,944
     当期末残高               17,363      5,220      5,220     68,901      68,901     △2,067      89,417
                     評価・換算差額等

                  その他           評価・
                                  純資産合計
                       繰延ヘッジ
                  有価証券           換算差額
                        損益
                 評価差額金            等合計
     当期首残高               1,461      115     1,577      84,049
     当期変動額
     剰余金の配当                               △5,191
     当期純利益                               12,136
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目の
                     889    △847       41      41
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                889    △847       41     6,985
     当期末残高               2,350     △731      1,618      91,035
    [注記事項]

    (重要な会計方針)
                                38/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       第63期
           項目                       (自 2021年4月1日
                                    至 2022年3月31日)
     1 資産の評価基準及び評価方法                (1)  有価証券
                      ① 子会社株式及び関連会社株式
                        総平均法による原価法
                      ② その他有価証券
                       市場価格のない株式等以外のもの
                        時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、総平均法
                       により算定)
                       市場価格のない株式等
                        総平均法による原価法
                     (2)  デリバティブ
                       時価法
     2 固定資産の減価償却の方法                (1)  有形固定資産
                       定率法により償却しております。ただし、2016年4月1日以後に取得した建物
                      附属設備については、定額法を採用しております。
                       なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                       建物                3年~15年
                       器具備品                3年~20年
                     (2)  無形固定資産
                       定額法により償却しております。ただし、ソフトウエア(自社利用分)について
                      は、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
     3 引当金の計上基準                (1)  賞与引当金
                       従業員に支給する賞与の支払に充てるため、支払見込額に基づき、当事業年度
                      の負担額を計上しております。
                     (2)  役員賞与引当金
                       役員に支給する賞与の支払に充てるため、支払見込額に基づき、当事業年度の
                      負担額を計上しております。
                     (3)  退職給付引当金
                       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金
                      資産の見込額に基づき、計上しております。
                      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
                       退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰
                      属させる方法については、給付算定式基準によっております。
                      ② 数理計算上の差異の費用処理方法
                       数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間
                      以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事
                      業年度から費用処理しております。
                     (4)  訴訟損失引当金
                       訴訟による損失に備えるため、損失見込額を計上しております。
     4 収益の計上基準                 当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行業務の
                     内容及び当該履行業務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は以下
                     のとおりであります。
                     (1)  投資信託委託業務
                       当社は、投資信託契約に基づき投資信託商品に関する投信委託サービスを提供
                      し、商品の運用資産残高(以下「AUM」)に応じて手数料を受領しております。
                      サービスの提供を通じて得られる投資信託報酬は、各ファンドのAUMに固定料率を
                      乗じて毎日計算され、日次で収益を認識しております。
                                39/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     (2)  投資顧問業務
                       当社は、投資顧問契約に基づき機関投資家に投資顧問サービスを提供し、ファ
                      ンドのAUMに応じて手数料を受領しております。サービスの提供を通じて得られる
                      投資顧問報酬は、一般的に各ファンドのAUMに投資顧問契約で定められた固定料率
                      を乗じて毎月計算され、月次で収益を認識しております。
                     (3)  成功報酬
                       当社がファンドの運用成果に応じて受領する成功報酬は、投資信託契約または
                      投資顧問契約のもと、報酬を受領することが確実であり、将来返還する可能性が
                      無いことが判明した時点で収益を認識しております。
     5 ヘッジ会計の方法                (1)  ヘッジ会計の方法
                       繰延ヘッジ処理によっております。
                     (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
                       ヘッジ手段は為替予約、ヘッジ対象は投資有価証券であります。
                     (3)  ヘッジ方針
                       ヘッジ取引規程等に基づき、ヘッジ対象に係る為替変動リスクをヘッジしてお
                       ります。
                     (4)  ヘッジ有効性評価の方法
                       ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間における相場変動によるヘッジ手
                      段及びヘッジ対象資産に係る損益の累計を比較し有効性を評価しております。
     6 その他財務諸表作成のための                 消費税等の会計処理
       基本となる重要な事項                資産に係る控除対象外消費税及び地方消費税は、当事業年度の費用として処理
                      しております。
    (会計方針の変更)

                             第63期

                          (自 2021年4月1日
                           至 2022年3月31日)
       (収益認識に関する会計基準の適用)
         「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下、「収益認識会計基準」と
       いう。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
       又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
         収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに
       従っており、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の
       期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。収益認識会計基準等の適
       用による、当財務諸表に与える影響はありません。
       (時価の算定に関する会計基準の適用)

         「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」と
       いう。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企
       業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定
       める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、当財務諸表に与える影響はあり
       ません。
         また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行
       うこととしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号
       2019年7月4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前事業年度に係るものについ
       ては、記載しておりません。
    (未適用の会計基準等)

     ・    「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                   2021年6月17日)

     (1)    概要

        投資信託の時価の算定及び注記に関する取扱い並びに貸借対照表に持分相当額を純額で計上する組合等へ
        の出資の時価の注記に関する取扱いが定められました。
                                40/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)    適用予定日
        2023年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)    当該会計基準等の適用による影響

        当該適用指針の適用が財務諸表に及ぼす影響は、現時点で評価中であります。
    (重要な会計上の見積り)

     第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
     1 当事業年度の財務諸表に計上した金額
        訴訟損失引当金を7,847百万円計上しております。
     2 会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報
     (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額の算出方法
         訴訟について将来発生しうる損失の見込額を算出し、訴訟損失引当金として計上しています。
     (2)  当事業年度の財務諸表に計上した金額の算出に用いた主要な仮定
         原告が主張する損害額に基づき、将来発生することが予想される損失の見積を行っています。
     (3)  翌事業年度の財務諸表に与える影響
         当社では、現在までに想定しうる最善の仮定に基づき訴訟損失引当金を計上しておりますが、今後の
        経過により、翌事業年度において訴訟損失引当金の追加計上または取り崩しを行う可能性があります。
    (貸借対照表関係)

                第62期                           第63期

              (2021年3月31日)                           (2022年3月31日)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額                           ※1 有形固定資産の減価償却累計額
        建物                 1,349百万円          建物                 1,390百万円
        器具備品                  764百万円         器具備品                  823百万円
     ※2 信託資産                           ※2 信託資産
        流動資産のその他のうち2百万円は、「直販顧客                              流動資産のその他のうち2百万円は、「直販顧客
       分別金信託契約」により、野村信託銀行株式会社に                           分別金信託契約」により、野村信託銀行株式会社に
       信託しております。                           信託しております。
     ※3 関係会社に対する資産及び負債は次のとおりであ                           ※3 関係会社に対する資産及び負債は次のとおりであ
        ります。                           ります。
       (流動資産)                           (流動資産)
        未収収益                  257百万円         未収収益                  233百万円
       (流動負債)                           (流動負債)
        未払費用                 1,247百万円          未払費用                 2,314百万円
     ※4 消費税等の取扱い                           ※4 消費税等の取扱い
        仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、                              仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、
       「未払消費税等」として表示しております。                           「未払消費税等」として表示しております。
                               ※5 保証債務
                                  ティンダルエクイティーズ・オーストラリア・
                                 ピーティーワイ・リミテッド(旧社名「日興AMエ
                                 クイティーズ・オーストラリア・ピーティーワイ・
                                 リミテッド」)が発行する買戻し条件付株式の買戻
                                 請求に関する債務について、ヤラ・キャピタル・マ
                                 ネジメント・リミテッドは最大5百万豪ドルを提供
                                 する義務を負っています。当社はヤラ・キャピタ
                                 ル・マネジメント・リミテッドが負う当該資金提供
                                 義務を保証しております。
    (損益計算書関係)

                第62期                           第63期

             (自 2020年4月1日                           (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                            至 2022年3月31日)
     ※1 各科目に含まれている関係会社に対するものは、                           ※1 各科目に含まれている関係会社に対するものは、
        次のとおりであります。                           次のとおりであります。
        受取配当金                 2,498百万円          受取配当金                 5,194百万円
                                41/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               ※2 法人税等還付税額
                                  過年度の取引に関する法人税等の還付金相当額を
                                 計上しています。
    (株主資本等変動計算書関係)

    第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
    1 発行済株式の種類及び総数に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
      普通株式(株)             197,012,500               -           -      197,012,500
    2 自己株式の種類及び株式数に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
      普通株式(株)              1,454,500           1,405,500              -       2,860,000
    (変動事由の概要)
     2020年3月25日の取締役会決議による自己株式の取得                               594,300株
     2020年7月17日の取締役会決議による自己株式の取得                              811,200株
    3 新株予約権等に関する事項

                              新株予約権の目的となる株式の数(株)
                   新株予約権の                                  当事業年
       新株予約権の内訳            目的となる                                 度末残高
                           当事業年度       当事業年度      当事業年度       当事業
                    株式の種類                                 (百万円)
                            期首       増加      減少      年度末
     2011年度
                    普通株式        1,184,700          -    752,400      432,300        -
     ストックオプション(1)
     2016年度
                    普通株式        1,346,000          -    330,000     1,016,000         -
     ストックオプション(1)
     2016年度
                    普通株式        2,394,000          -    622,000     1,772,000         -
     ストックオプション(2)
     2017年度
                    普通株式        2,939,000          -    332,000     2,607,000         -
     ストックオプション(1)
              合計              7,863,700          -   2,036,400      5,827,300         -
    (注)  1  当事業年度の減少は、新株予約権の失効等によるものであります。
       2  2011年度ストックオプション(1)432,300株、2016年度ストックオプション(1)1,016,000株、2016年度ストッ
        クオプション(2)1,088,000株及び2017年度ストックオプション(1)874,000株は、当事業年度末現在、権利行
        使期間の初日が到来しておりますが、他の条件が満たされていないため新株予約権を行使することができま
        せん。また、2016年度ストックオプション(2)684,000株及び2017年度ストックオプション(1)1,733,000株
        は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
    4 配当に関する事項

    (1)  配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (百万円)        配当額(円)
      2020年6月12日
                普通株式           2,862         14.64    2020年3月31日         2020年7月1日
       取締役会
    (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
     2021年5月25日
               普通株式      利益剰余金          5,191       26.74    2021年3月31日         2021年6月29日
       取締役会
    第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    1 発行済株式の種類及び総数に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
       普通株式(株)             197,012,500               -           -      197,012,500
    2 自己株式の種類及び株式数に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
                                42/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       普通株式(株)              2,860,000              -           -       2,860,000
    3 新株予約権等に関する事項

                              新株予約権の目的となる株式の数(株)
                   新株予約権の                                  当事業年
       新株予約権の内訳            目的となる                                 度末残高
                           当事業年度       当事業年度      当事業年度       当事業
                    株式の種類                                 (百万円)
                            期首       増加      減少      年度末
     2011年度
                    普通株式         432,300         -    432,300         -     -
     ストックオプション(1)
     2016年度
                    普通株式        1,016,000          -    928,000       88,000       -
     ストックオプション(1)
     2016年度
                    普通株式        1,772,000          -    956,000      816,000        -
     ストックオプション(2)
     2017年度
                    普通株式        2,607,000          -   1,071,000      1,536,000         -
     ストックオプション(1)
              合計              5,827,300          -   3,387,300      2,440,000         -
    (注)  1  当事業年度の減少は、新株予約権の失効等によるものであります。
       2  2016年度ストックオプション(1)88,000株、2016年度ストックオプション(2)816,000株及び2017年度ストッ
        クオプション(1)847,000株は、当事業年度末現在、権利行使期間の初日が到来しておりますが、他の条件が
        満たされていないため新株予約権を行使することができません。また、2017年度ストックオプション(1)
        689,000株は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
    4 配当に関する事項

    (1)  配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (百万円)        配当額(円)
      2021年5月25日
                普通株式           5,191         26.74    2021年3月31日         2021年6月29日
       取締役会
    (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
     2022年5月27日
               普通株式      利益剰余金          7,420       38.22    2022年3月31日         2022年6月27日
       取締役会
    (リース取引関係)

                第62期                           第63期

             (自 2020年4月1日                           (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                            至 2022年3月31日)
     オペレーティング・リース取引                           オペレーティング・リース取引
      解約不能のものに係る未経過リース料                             解約不能のものに係る未経過リース料
        1年内                  911百万円         1年内                  911百万円
        1年超                 5,236百万円          1年超                 4,324百万円
         合計                 6,148百万円           合計                 5,236百万円
    (金融商品関係)

     第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     1  金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
        当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持を目的として、
       当該投資信託を有価証券及び投資有価証券として保有しております。当社が行っているデリバティブ取引
       については、保有する投資信託に係る将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を目的としているた
       め、有価証券及び投資有価証券保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバティブ取引は
       行わない方針であります。
        また、資金運用については短期的な預金等に限定しております。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        預金に関しては10数行に分散して預入れしておりますが、これら金融機関の破綻及び債務不履行等によ
       る信用リスクに晒されております。営業債権である未収委託者報酬及び未収収益に関しては、それらの源
       泉である預り純資産を数行の信託銀行に分散して委託しておりますが、信託銀行はその受託資産を自己勘
       定と分別して管理しているため、仮に信託銀行が破綻又は債務不履行等となった場合でも、これら営業債
       権が信用リスクに晒されることは無いと考えております。また、グロ-バルに事業を展開していることか
       ら生じている外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されます。有価証券及び投資有価証券は、主
                                43/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       に自己で設定した投資信託へのシ-ドマネ-の投入によるものであります。これら投資信託の投資対象は
       株式、公社債等のため、価格変動リスクや信用リスク、流動性リスク、為替変動リスクに晒されておりま
       す が、それらの一部については為替予約、株価指数先物等のデリバティブ取引により、リスクをヘッジし
       ております。なお、為替変動リスクに係るヘッジについてはヘッジ会計(繰延ヘッジ)を適用しておりま
       す。デリバティブ取引は、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しております。なお、ヘッジ
       会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有効性評価の方法等については、前述の「重
       要な会計方針「5 ヘッジ会計の方法」」をご参照下さい。
        営業債務である未払金(未払手数料)、未払費用に関しては、すべてが1年以内の支払期日でありま
       す。未払金(未払手数料)については、債権(未収委託者報酬)を資金回収した後に、販売会社へ当該債
       務を支払うフローとなっているため、流動性リスクに晒されることは無いと考えております。また未払費
       用のうち運用再委託先への顧問料支払に係るものについてもほとんどのものが、未払金同様のフローのた
       め、流動性リスクに晒されることは無いと考えております。それ以外の営業費用及び一般管理費に係る未
       払費用に関しては、流動性リスクに晒されており、一部は外貨建て債務があるため、為替の変動リスクに
       も晒されております。
        上記以外の外貨建ての債権及び債務に関しては、為替変動リスクに晒されておりますが、一部為替予約
       によりリスクをヘッジしております。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制

      ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、預金の預入れやデリバティブ取引を行う金融機関の選定に関しては、相手方の財政状態及び
        経営成績、又は必要に応じて格付等を考慮した上で決定しております。また既に取引が行われている相
        手方に関しても、定期的に継続したモニタリングを行うことで、相手方の財務状況の悪化等による信用
        リスクを早期に把握することで、リスクの軽減を図っております。
      ②  市場リスク(為替や価格等の変動リスク)の管理
         当社は、原則、有価証券及び投資有価証券以外の為替変動や価格変動に係るリスクに対して、ヘッジ
        取引を行っておりません。外貨建ての営業債権債務について、月次ベ-スで為替変動リスクを測定し、
        モニタリングを実施しております。また、有価証券及び投資有価証券に関しては、一部について、為替
        変動リスクや価格変動リスクを回避する目的でデリバティブ取引を行っております。毎月末にそれぞれ
        の時価を算出し、評価損益(ヘッジ対象の有価証券及び投資有価証券は、ヘッジ損益考慮後の評価損
        益)を把握しております。また、市場の変動等に基づき、今後の一定期間において特定の確率で、金融
        商品に生じ得る損失額の推計値を把握するため、バリュ-・アット・リスクを用いた市場リスク管理を
        週次ベ-スで実施しております。さらに、外貨建ての貸付金に関しては、為替変動リスクを回避する目
        的でデリバティブ取引を行っております。
      ③  流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、日々資金残高管理を行っております。また、適時に資金繰予定表を作成・更新するととも
        に、手許流動性(最低限必要な運転資金)を状況に応じて見直し・維持すること等により、流動性リス
        クを管理しております。
     2  金融商品の時価等に関する事項

        2021年3月31日(当事業年度の決算日)における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額について
       は、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含め
       ておりません。
                                                  (単位:百万円)

                          貸借対照表
                                      時価(※1)             差額
                          計上額(※1)
     (1)現金・預金                         24,698            24,698             -
     (2)  未収委託者報酬
                              24,738            24,738             -
     (3)  未収収益
                                891            891            -
     (4)  関係会社短期貸付金
                               2,403            2,403             -
     (5)  有価証券及び投資有価証券
       その他有価証券                         22,905            22,905             -
     (6)  未払金
                              (9,834)            (9,834)              -
     (7)  未払費用
                              (4,660)            (4,660)              -
     (8)  デリバティブ取引(※2)
     ヘッジ会計が適用されていないもの                          (188)            (188)             -
     ヘッジ会計が適用されているもの                          (453)            (453)             -
         デリバティブ取引計                      (642)            (642)             -
    (※1)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
    (※2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
    (注)   1 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

        (1)  現金・預金、(2)         未収委託者報酬         、(3)   未収収益並びに(4)関係会社短期貸付金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
          おります。
                                44/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (5)  有価証券及び投資有価証券
          投資信託は基準価額によっております。
        (6)  未払金及び(7)        未払費用
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
          おります。
        (8)  デリバティブ取引
          (デリバティブ取引関係)注記を参照ください。なお、上記金額は貸借対照表上流動負債のその他
          に含まれております。
       2 非上場株式等(貸借対照表計上額16百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見

         積ること等ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(5)有価証券及び投資
         有価証券 その他有価証券」には含めておりません。
       3 子会社株式(貸借対照表計上額23,094百万円)及び関連会社株式(貸借対照表計上額2,892百万円)

         は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時価を把握することが
         極めて困難と認められるため、上記の表には含めておりません。
       4 金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                                  (単位:百万円)
                                  1年超         5年超
                         1年以内                           10年超
                                 5年以内         10年以内
      現金・預金                                -         -         -
                           24,698
      未収委託者報酬                                -         -         -
                           24,738
      未収収益                                -         -         -
                            891
      有価証券及び投資有価証券
       投資信託                      17        812       10,348           20
            合計               50,346          812       10,348           20
     第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

     1  金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
        当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持を目的として、
       当該投資信託を有価証券及び投資有価証券として保有しております。当社が行っているデリバティブ取引
       については、保有する投資信託に係る将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を目的としているた
       め、有価証券及び投資有価証券保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバティブ取引は
       行わない方針であります。
        また、資金運用については短期的な預金等に限定しております。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        預金に関しては10数行に分散して預入れしておりますが、これら金融機関の破綻及び債務不履行等によ
       る信用リスクに晒されております。営業債権である未収委託者報酬及び未収収益に関しては、それらの源
       泉である預り純資産を数行の信託銀行に分散して委託しておりますが、信託銀行はその受託資産を自己勘
       定と分別して管理しているため、仮に信託銀行が破綻又は債務不履行等となった場合でも、これら営業債
       権が信用リスクに晒されることは無いと考えております。また、グロ-バルに事業を展開していることか
       ら生じている外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されます。有価証券及び投資有価証券は、主
       に自己で設定した投資信託へのシ-ドマネ-の投入によるものであります。これら投資信託の投資対象は
       株式、公社債等のため、価格変動リスクや信用リスク、流動性リスク、為替変動リスクに晒されておりま
       すが、それらの一部については為替予約、株価指数先物等のデリバティブ取引により、リスクをヘッジし
       ております。なお、為替変動リスクに係るヘッジについてはヘッジ会計(繰延ヘッジ)を適用しておりま
       す。デリバティブ取引は、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しております。なお、ヘッジ
       会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有効性評価の方法等については、前述の「重
       要な会計方針「5 ヘッジ会計の方法」」をご参照下さい。
        営業債務である未払金(未払手数料)、未払費用に関しては、すべてが1年以内の支払期日でありま
       す。未払金(未払手数料)については、債権(未収委託者報酬)を資金回収した後に、販売会社へ当該債
       務を支払うフローとなっているため、流動性リスクに晒されることは無いと考えております。また未払費
       用のうち運用再委託先への顧問料支払に係るものについてもほとんどのものが、未払金同様のフローのた
       め、流動性リスクに晒されることは無いと考えております。それ以外の営業費用及び一般管理費に係る未
       払費用に関しては、流動性リスクに晒されており、一部は外貨建て債務があるため、為替の変動リスクに
       も晒されております。
        上記以外の外貨建ての債権及び債務に関しては、為替変動リスクに晒されておりますが、一部為替予約
       によりリスクをヘッジしております。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制

      ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、預金の預入れやデリバティブ取引を行う金融機関の選定に関しては、相手方の財政状態及び
                                45/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        経営成績、又は必要に応じて格付等を考慮した上で決定しております。また既に取引が行われている相
        手方に関しても、定期的に継続したモニタリングを行うことで、相手方の財務状況の悪化等による信用
        リ スクを早期に把握することで、リスクの軽減を図っております。
      ②  市場リスク(為替や価格等の変動リスク)の管理
         当社は、原則、有価証券及び投資有価証券以外の為替変動や価格変動に係るリスクに対して、ヘッジ
        取引を行っておりません。外貨建ての営業債権債務について、月次ベ-スで為替変動リスクを測定し、
        モニタリングを実施しております。また、有価証券及び投資有価証券に関しては、一部について、為替
        変動リスクや価格変動リスクを回避する目的でデリバティブ取引を行っております。毎月末にそれぞれ
        の時価を算出し、評価損益(ヘッジ対象の有価証券及び投資有価証券は、ヘッジ損益考慮後の評価損
        益)を把握しております。また、市場の変動等に基づき、今後の一定期間において特定の確率で、金融
        商品に生じ得る損失額の推計値を把握するため、バリュ-・アット・リスクを用いた市場リスク管理を
        週次ベ-スで実施しております。さらに、外貨建ての貸付金に関しては、為替変動リスクを回避する目
        的でデリバティブ取引を行っております。
      ③  流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、日々資金残高管理を行っております。また、適時に資金繰予定表を作成・更新するととも
        に、手許流動性(最低限必要な運転資金)を状況に応じて見直し・維持すること等により、流動性リス
        クを管理しております。
     2  金融商品の時価等及び時価のレベルごとの内訳等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びレベルごとの内訳等については、次のとおりであります。なお、企業会計
       基準適用指針第31号「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年
       7月4日。以下、「時価算定適用指針」という。)第26項に従い経過措置を適用した投資信託及び市場価
       格のない株式等は、次表には含めておりません。
        また、金融商品の時価は、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下3つ
       のレベルに分類しております。
         レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当
                  該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
         レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価
                  の算定に係るインプットを用いて算定した時価
         レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
         時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそ

        れぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しておりま
        す。
       (1)  時価をもって貸借対照表価額とする金融資産及び金融負債

                                                 (単位:百万円)
                                 貸借対照表計上額         (*4)
                       レベル1         レベル2         レベル3          合計
       デリバティブ取引         (*1)
        株式関連     (*2)              △262           -         -        △262
        通貨関連     (*3)               -       △1,066           -       △1,066
         デリバティブ取引計                  △262        △1,066           -       △1,329
       (※1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務と
           なる項目については、△で示しております。
       (※2)株式関連のデリバティブ取引のうち△262百万円は、貸借対照表上流動負債のその他に含まれてお
           ります。
       (※3)通貨関連のデリバティブ取引の△1,066百万円は、貸借対照表上流動負債のその他に含まれており
           ます。
       (※4)時価算定適用指針に従い、経過措置を適用した投資信託は上記に含めておりません。貸借対照表
           における当該投資信託の金額は有価証券に170百万円、投資有価証券に23,952百万円となります。
       (2)  時価をもって貸借対照表価額としない金融資産及び金融負債

         現金・預金、未収委託者報酬、未収収益、関係会社短期貸付金、未払金及び未払費用は、短期間(1
        年以内)で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
       (注1)時価の算定に用いた評価技法及びインプットの説明

        デリバティブ取引
         株式関連
          株式指数先物取引は活発な市場における無調整の相場価格を利用できることから、その時価をレベ
          ル1に分類しております。
         通貨関連
          為替予約の時価は、金利や為替レート等の観察可能なインプットを用いて割引現在価値法により算
          定しており、レベル2の時価に分類しております。
       (注2)市場価格のない株式等の貸借対照表計上額は次のとおりであります。

                                46/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          (単位:百万円)
            区分          貸借対照表計上額
        非上場株式                        16
        子会社株式                      17,183
        関連会社株式                       5,183
     3  金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                                  (単位:百万円)
                                  1年超         5年超
                         1年以内                           10年超
                                  5年以内         10年以内
      現金・預金
                           42,427
      未収委託者報酬
                           25,193
      未収収益
                           1,048
      有価証券及び投資有価証券
       投資信託
                            170         345        8,874          19
            合計
                           68,839          345        8,874          19
    (有価証券関係)

    第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
    1 子会社株式及び関連会社株式
                          (単位:百万円)
                      貸借対照表計上額
     子会社株式                       23,094
     関連会社株式                       2,892
    (注)    子会社株式及び関連会社株式は市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時

        価を把握することが極めて困難と認められるため、時価を記載しておりません。
    2 その他有価証券

                                                  (単位:百万円)
                  種類       貸借対照表計上額              取得原価            差額
     貸借対照表計上
                 投資信託             16,914            14,476            2,438
     額が取得原価を
                  小計            16,914            14,476            2,438
     超えるもの
     貸借対照表計上
                 投資信託             5,990            6,322           △332
     額が取得原価を
                  小計            5,990            6,322           △332
     超えないもの
             合計                 22,905            20,799            2,105
    (注)  1  減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行

        い、30%~50%程度下落した場合には、当該金額の重要性、回復可能性等を考慮して必要と認められた額に
        ついて減損処理を行っております。当事業年度において、有価証券について5百万円(その他有価証券の投
        資信託)減損処理を行っております。
       2  非上場株式等(貸借対照表計上額 16百万円)については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フロー
        を見積ること等ができず、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証
        券」には含めておりません。
    3 当事業年度中に売却したその他有価証券

                                                  (単位:百万円)
           種類             売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
     投資信託                       5,735              774             237
           合計                  5,735              774             237

                                47/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
    1 子会社株式及び関連会社株式
                          (単位:百万円)
                      貸借対照表計上額
     子会社株式                       17,183
     関連会社株式                       5,183
    (注)    子会社株式及び関連会社株式は市場価格のない株式等であるため、時価を記載しておりません。

    2 その他有価証券

                                                  (単位:百万円)
                  種類       貸借対照表計上額              取得原価            差額
     貸借対照表計上
                 投資信託             20,934            17,366            3,568
     額が取得原価を
                  小計            20,934            17,366            3,568
     超えるもの
     貸借対照表計上
                 投資信託             3,188            3,369           △180
     額が取得原価を
                  小計            3,188            3,369           △180
     超えないもの
             合計                 24,123            20,735            3,387
    (注)  1  減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行

        い、30%~50%程度下落した場合には、当該金額の重要性、回復可能性等を考慮して必要と認められた額に
        ついて減損処理を行っております。
       2  非上場株式等(貸借対照表計上額 16百万円)については、市場価格のない株式等であることから、上表の
        「その他有価証券」には含めておりません。
    3 当事業年度中に売却したその他有価証券

                                                  (単位:百万円)
           種類             売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
     投資信託                       3,079              253            △132
           合計                  3,079              253            △132

    (デリバティブ取引関係)

    第62期(2021年3月31日)
    1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
    (1)株式関連
                                   契約額等
                         契約額等                    時価       評価損益
            種類                     のうち1年超
                         (百万円)                   (百万円)        (百万円)
                                  (百万円)
             株価指数先物取引
      市場取引         売建               2,670            -       △75        △75
               買建                 -          -        -        -
            合計                2,670            -       △75        △75
    (注)  1  上記取引については時価評価を行い、評価損益は損益計算書に計上しております。

       2  時価の算定方法
        金融商品取引所が定める清算指数によっております。
    (2)通貨関連

                                   契約額等
                         契約額等                    時価       評価損益
             種類                     のうち1年超
                         (百万円)                   (百万円)        (百万円)
                                  (百万円)
                                48/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             為替予約取引
     市場取引以外
               売建
       の取引
                米ドル               1,713            -       △112        △112
             合計                1,713            -       △112        △112
    (注)  1  時価の算定方法

        取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
    2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       通貨関連
                                            契約額等
     ヘッジ会計の        デリバティブ取引の                       契約額等                  時価
                        主なヘッジ対象                   のうち1年超
       方法         種類等                   (百万円)                 (百万円)
                                            (百万円)
             為替予約取引
              売建
      原則的処理          米ドル                         4,620          -       △273
                         投資有価証券
       方法        香港ドル                          862         -       △57
               人民元                         1,684          -       △117
               ユーロ                          180         -        △5
                  合計                     7,347          -       △453
    (注)  1  時価の算定方法

        取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
    第63期(2022年3月31日)

    1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
    (1)株式関連
                                   契約額等
                         契約額等                    時価       評価損益
            種類                     のうち1年超
                         (百万円)                   (百万円)        (百万円)
                                  (百万円)
             株価指数先物取引
                                        -      △  262       △  262
               売建               2,306
      市場取引
                              -          -        -        -
               買建
                                              △  262       △  262
            合計                2,306            -
    (注)   1  上記取引については時価評価を行い、評価損益は損益計算書に計上しております。

       2  時価の算定方法
         金融商品取引所が定める清算指数によっております。
    (2)通貨関連

                                   契約額等
                         契約額等                    時価       評価損益
             種類                     のうち1年超
                         (百万円)                   (百万円)        (百万円)
                                  (百万円)
             為替予約取引
     市場取引以外
               売建
       の取引
                            4,708            -      △  293       △  293
                米ドル
                                              △  293       △  293
             合計                4,708            -
    (注)  1  時価の算定方法

        取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
    2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       通貨関連
                                49/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                            契約額等
     ヘッジ会計の        デリバティブ取引の                       契約額等                  時価
                        主なヘッジ対象                   のうち1年超
       方法         種類等                   (百万円)                 (百万円)
                                            (百万円)
             為替予約取引
              売建
                                                -
               米ドル                         5,445                △367
      原則的処理
                                                -
               豪ドル                          222                △20
                         投資有価証券
       方法
                                                -
               香港ドル                         1,097                 △59
                                                -
               人民元                         5,185                △324
                                                -
               ユーロ                           35                △0
                                                -
                  合計                    11,986                 △772
    (注)  1  時価の算定方法

        取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
    (持分法損益等)

                第62期                           第63期

             (自 2020年4月1日                           (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                            至 2022年3月31日)
     関連会社に持分法を適用した場合の投資損益等                           関連会社に持分法を適用した場合の投資損益等

                        (単位:百万円)                                            (単位:百万円)
     (1)  関連会社に対する投資の金額                     3,010     (1)  関連会社に対する投資の金額                     5,312
     (2)  持分法を適用した場合の投資の金額                    12,258     (2)  持分法を適用した場合の投資の金額                    15,942
     (3)  持分法を適用した場合の投資利益の金額                     2,751     (3)  持分法を適用した場合の投資利益の金額                     1,964
    (退職給付関係)

     第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

     1 採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定拠出型企業年金制度及びキャッシュバランスプラン型退職金制度を設けております。
     2 確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                    (百万円)
        退職給付債務の期首残高                             1,363
         勤務費用                               142
         利息費用                                2
         数理計算上の差異の発生額                                6
         退職給付の支払額                              △86
        退職給付債務の期末残高                             1,429
     (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

        退職給付債務                             1,429
        未積立退職給付債務                             1,429
        未認識数理計算上の差異                               27
        貸借対照表に計上された負債の額                             1,456
        退職給付引当金                             1,456

        貸借対照表に計上された負債の額                             1,456
     (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

        勤務費用                               142
        利息費用                                2
                                50/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        数理計算上の差異の費用処理額                                2
        確定給付制度に係る退職給付費用                               147
     (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

        当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
        割引率                       0.2%
     3 確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、240百万円でありました。
    第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

     1 採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定拠出型企業年金制度及びキャッシュバランスプラン型退職金制度を設けております。
     2 確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                    (百万円)
                                      1,429
        退職給付債務の期首残高
                                       143
         勤務費用
                                        2
         利息費用
                                      △12
         数理計算上の差異の発生額
                                      △211
         退職給付の支払額
                                      1,352
        退職給付債務の期末残高
     (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                      1,352
        退職給付債務
                                      1,352
        未積立退職給付債務
                                       43
        未認識数理計算上の差異
                                      1,395
        貸借対照表に計上された負債の額
                                      1,395

        退職給付引当金
                                      1,395
        貸借対照表に計上された負債の額
     (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                       143
        勤務費用
                                        2
        利息費用
                                        3
        数理計算上の差異の費用処理額
                                       150
        確定給付制度に係る退職給付費用
     (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

        当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
        割引率                       0.3%
     3 確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、244百万円でありました。
    (ストックオプション等関係)

    第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    1 ストックオプション(新株予約権)の内容、規模及びその変動状況
    (1)  ストックオプション(新株予約権)の内容
                       2011年度ストックオプション(1)                  2016年度ストックオプション(1)
                                51/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      当社及び関係会社の                  当社及び関係会社の
     付与対象者の区分及び人数                                186名                   16名
                      取締役・従業員                  取締役・従業員
     株式の種類別のストックオプショ
                      普通株式            6,101,700株      普通株式            4,437,000株
     ンの付与数 (注)
     付与日                      2011年10月7日                  2016年7月15日
                      2013年10月7日(以下「権利行使可                  2018年7月15日(以下「権利行使可能
                      能初日」といいます。)、当該権利                  初日」といいます。)、当該権利行使
                      行使可能初日から1年経過した日の                  可能初日から1年経過した日の翌日、
                      翌日、及び当該権利行使可能初日か                  及び当該権利行使可能初日から2年経
                      ら2年経過した日の翌日まで原則と                  過した日の翌日まで原則として従業員
     権利確定条件                 して従業員等の地位にあることを要                  等の地位にあることを要し、それぞれ
                      し、それぞれ保有する新株予約権の                  保有する新株予約権の3分の1、3分
                      2分の1、4分の1、4分の1ずつ                  の1、3分の1ずつ権利確定する。た
                      権利確定する。ただし、本新株予約                  だし、本新株予約権の行使時におい
                      権の行使時において、当社が株式公                  て、当社が株式公開していることを要
                      開していることを要する。                  する。
                      付与日から、権利行使可能初日から                  付与日から、権利行使可能初日から
     対象勤務期間
                      2年を経過した日まで                  2年を経過した日まで
                          2013年10月7日から                  2018年7月15日から
     権利行使期間
                          2021年10月6日まで                  2026年7月31日まで
                       2016年度ストックオプション(2)                  2017年度ストックオプション(1)

                      当社及び関係会社の                  当社及び関係会社の
     付与対象者の区分及び人数                                31名                  36名
                      取締役・従業員                  取締役・従業員
     株式の種類別のストックオプショ
                      普通株式            4,409,000株      普通株式            4,422,000株
     ンの付与数 (注)
     付与日                      2017年4月27日                  2018年4月27日
                      2019年4月27日(以下「権利行使可                  2020年4月27日(以下「権利行使可
                      能初日」といいます。)、当該権利                  能初日」といいます。)、当該権利
                      行使可能初日から1年経過した日の                  行使可能初日から1年経過した日の
                      翌日、及び当該権利行使可能初日か                  翌日、及び当該権利行使可能初日か
                      ら2年経過した日の翌日まで原則と                  ら2年経過した日の翌日まで原則と
     権利確定条件                 して従業員等の地位にあることを要                  して従業員等の地位にあることを要
                      し、それぞれ保有する新株予約権の                  し、それぞれ保有する新株予約権の
                      3分の1、3分の1、3分の1ずつ                  3分の1、3分の1、3分の1ずつ
                      権利確定する。ただし、本新株予約                  権利確定する。ただし、本新株予約
                      権の行使時において、当社が株式公                  権の行使時において、当社が株式公
                      開していることを要する。                  開していることを要する。
                      付与日から、権利行使可能初日から                  付与日から、権利行使可能初日から
     対象勤務期間
                      2年を経過した日まで                  2年を経過した日まで
                          2019年4月27日から                  2020年4月27日から
     権利行使期間
                          2027年4月30日まで                  2028年4月30日まで
    (注) 株式数に換算して記載しております。

    (2)  ストックオプション(新株予約権)の規模及びその変動状況

    ① ストックオプション(新株予約権)の数
                      2011年度ストックオプション(1)                  2016年度ストックオプション(1)

     付与日                     2011年10月7日                  2016年7月15日
                                52/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     権利確定前(株)
      期首                            1,184,700                  1,346,000
      付与                                0                  0
      失効                             752,300                  330,000
      権利確定                                0                  0
      権利未確定残                             432,300                 1,016,000
     権利確定後(株)
      期首                               -                  -
      権利確定                               -                  -
      権利行使                               -                  -
      失効                               -                  -
      権利未行使残                               -                  -
                      2016年度ストックオプション(2)                  2017年度ストックオプション(1)

     付与日                     2017年4月27日                  2018年4月27日
     権利確定前(株)

      期首                            2,394,000                  2,939,000
      付与                                0                  0
      失効                             622,000                  332,000
      権利確定                                0                  0
      権利未確定残                            1,772,000                  2,607,000
     権利確定後(株)
      期首                               -                  -
      権利確定                               -                  -
      権利行使                               -                  -
      失効                               -                  -
      権利未行使残                               -                  -
    (注) 株式数に換算して記載しております。

    ② 単価情報

                      2011年度ストックオプション(1)                   2016年度ストックオプション(1)

     付与日                     2011年10月7日                   2016年7月15日
     権利行使価格(円)
                                  737(注)3                      558
     付与日における公正な評価単価
                                      0                   0
     (円) (注)1
                      2016年度ストックオプション(2)                   2017年度ストックオプション(1)

     付与日                     2017年4月27日                   2018年4月27日
     権利行使価格(円)
                                     553                   694
     付与日における公正な評価単価
                                      0                   0
     (円) (注)1
    (注)   1  公正な評価単価に代え、本源的価値(評価額と行使価格との差額)の見積りによっております。

       2  ストックオプションの単位当たりの本源的価値による算定を行った場合の本源的価値の合計額
         当事業年度末における本源的価値の合計額      1,738百万円
                                53/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       3  株式公開価格が737円(割当日後、株式の分割又は併合が行われたときは、当該金額は、当該株式の分割
         又は併合の内容を適切に反映するように調整される。)を上回る金額に定められた場合には、株式公開日
         において、権利行使価格は株式公開価格と同一の金額に調整されます。
    第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    1 ストックオプション(新株予約権)の内容、規模及びその変動状況
    (1)  ストックオプション(新株予約権)の内容
                       2011年度ストックオプション(1)                  2016年度ストックオプション(1)
                      当社及び関係会社の                  当社及び関係会社の
     付与対象者の区分及び人数                                186名                   16名
                      取締役・従業員                  取締役・従業員
     株式の種類別のストックオプショ
                      普通株式            6,101,700株      普通株式            4,437,000株
     ンの付与数 (注)
     付与日                      2011年10月7日                  2016年7月15日
                      2013年10月7日(以下「権利行使可                  2018年7月15日(以下「権利行使可能
                      能初日」といいます。)、当該権利                  初日」といいます。)、当該権利行使
                      行使可能初日から1年経過した日の                  可能初日から1年経過した日の翌日、
                      翌日、及び当該権利行使可能初日か                  及び当該権利行使可能初日から2年経
                      ら2年経過した日の翌日まで原則と                  過した日の翌日まで原則として従業員
     権利確定条件                 して従業員等の地位にあることを要                  等の地位にあることを要し、それぞれ
                      し、それぞれ保有する新株予約権の                  保有する新株予約権の3分の1、3分
                      2分の1、4分の1、4分の1ずつ                  の1、3分の1ずつ権利確定する。た
                      権利確定する。ただし、本新株予約                  だし、本新株予約権の行使時におい
                      権の行使時において、当社が株式公                  て、当社が株式公開していることを要
                      開していることを要する。                  する。
                      付与日から、権利行使可能初日から                  付与日から、権利行使可能初日から
     対象勤務期間
                      2年を経過した日まで                  2年を経過した日まで
                          2013年10月7日から                  2018年7月15日から
     権利行使期間
                          2021年10月6日まで                  2026年7月31日まで
                       2016年度ストックオプション(2)                  2017年度ストックオプション(1)

                      当社及び関係会社の                  当社及び関係会社の
     付与対象者の区分及び人数                                31名                  36名
                      取締役・従業員                  取締役・従業員
     株式の種類別のストックオプショ
                      普通株式            4,409,000株      普通株式            4,422,000株
     ンの付与数 (注)
     付与日                      2017年4月27日                  2018年4月27日
                      2019年4月27日(以下「権利行使可                  2020年4月27日(以下「権利行使可
                      能初日」といいます。)、当該権利                  能初日」といいます。)、当該権利
                      行使可能初日から1年経過した日の                  行使可能初日から1年経過した日の
                      翌日、及び当該権利行使可能初日か                  翌日、及び当該権利行使可能初日か
                      ら2年経過した日の翌日まで原則と                  ら2年経過した日の翌日まで原則と
     権利確定条件                 して従業員等の地位にあることを要                  して従業員等の地位にあることを要
                      し、それぞれ保有する新株予約権の                  し、それぞれ保有する新株予約権の
                      3分の1、3分の1、3分の1ずつ                  3分の1、3分の1、3分の1ずつ
                      権利確定する。ただし、本新株予約                  権利確定する。ただし、本新株予約
                      権の行使時において、当社が株式公                  権の行使時において、当社が株式公
                      開していることを要する。                  開していることを要する。
                      付与日から、権利行使可能初日から                  付与日から、権利行使可能初日から
     対象勤務期間
                      2年を経過した日まで                  2年を経過した日まで
                          2019年4月27日から                  2020年4月27日から
     権利行使期間
                          2027年4月30日まで                  2028年4月30日まで
                                54/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (注) 株式数に換算して記載しております。
    (2)  ストックオプション(新株予約権)の規模及びその変動状況

    ① ストックオプション(新株予約権)の数
                      2011年度ストックオプション(1)                  2016年度ストックオプション(1)
     付与日                     2011年10月7日                  2016年7月15日
     権利確定前(株)

      期首                             432,300                 1,016,000
      付与                                0                  0
      失効                             432,300                  928,000
      権利確定                                0                  0
      権利未確定残                               -                88,000
     権利確定後(株)
      期首                               -                  -
      権利確定                               -                  -
      権利行使                               -                  -
      失効                               -                  -
      権利未行使残                               -                  -
                      2016年度ストックオプション(2)                  2017年度ストックオプション(1)

     付与日                     2017年4月27日                  2018年4月27日
     権利確定前(株)

      期首                            1,772,000                  2,607,000
      付与                                0                  0
      失効                             956,000                 1,071,000
      権利確定                                0                  0
      権利未確定残                             816,000                 1,536,000
     権利確定後(株)
      期首                               -                  -
      権利確定                               -                  -
      権利行使                               -                  -
      失効                               -                  -
      権利未行使残                               -                  -
    (注) 株式数に換算して記載しております。

    ② 単価情報

                      2011年度ストックオプション(1)                   2016年度ストックオプション(1)
     付与日                     2011年10月7日                   2016年7月15日
     権利行使価格(円)
                                  737(注)3                      558
     付与日における公正な評価単価
                                      0                   0
     (円) (注)1
                      2016年度ストックオプション(2)                   2017年度ストックオプション(1)

     付与日                     2017年4月27日                   2018年4月27日
     権利行使価格(円)
                                     553                   694
                                55/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     付与日における公正な評価単価
                                      0                   0
     (円) (注)1
    (注)   1  公正な評価単価に代え、本源的価値(評価額と行使価格との差額)の見積りによっております。

       2  ストックオプションの単位当たりの本源的価値による算定を行った場合の本源的価値の合計額
         当事業年度末における本源的価値の合計額      1,222百万円
       3  株式公開価格が737円(割当日後、株式の分割又は併合が行われたときは、当該金額は、当該株式の分割
         又は併合の内容を適切に反映するように調整される。)を上回る金額に定められた場合には、株式公開日
         において、権利行使価格は株式公開価格と同一の金額に調整されます。
    (税効果会計関係)

                 第62期                            第63期

              (2021年3月31日)                            (2022年3月31日)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の                            1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の
       内訳                            内訳
                     (単位:百万円)                            (単位:百万円)
      繰延税金資産                            繰延税金資産
       賞与引当金                    929         賞与引当金                   1,341
       投資有価証券評価損                    97        投資有価証券評価損                    97
       関係会社株式評価損                  1,430          関係会社株式評価損                    52
       退職給付引当金                   446         退職給付引当金                   427
       固定資産減価償却費                    90        固定資産減価償却費                    87
       その他                   978         繰延ヘッジ損益                   322
                                   訴訟損失引当金                  2,403
      繰延税金資産小計
                         3,972
                                   その他                  1,039
                        △1,430
       評価性引当金
                                   繰延税金資産小計
                                                     5,772
      繰延税金資産合計                   2,541
                                                      △52
                                  評価性引当金(注)
                                  繰延税金資産合計
                                                     5,719
      繰延税金負債
       繰延ヘッジ利益                     51
                                  繰延税金負債
                          645
       その他有価証券評価差額金
                                   その他有価証券評価差額金                   1,092
      繰延税金負債合計                    696
                                                      948
                                   その他
      繰延税金資産の純額                   1,845
                                  繰延税金負債合計                   2,041
                                  繰延税金資産の純額                   3,678
                                 (注)関係会社株式評価損に係る繰延税金資産から控除した

                                   評価性引当金が、在外子会社の減資により1,377百万円
                                   減少しております。
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率                            2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率

       との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と                            との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
       なった主要な項目別の内訳                            なった主要な項目別の内訳
      法定実効税率                       30.6%     法定実効税率                       30.6%

      (調整)                            (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                        0.3%    交際費等永久に損金に算入されない項目                        0.1%
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目                       △5.7%     受取配当金等永久に益金に算入されない項目                      △10.9%
      その他                        1.0%    評価性引当金の減少                      △10.3%
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                       26.2%     その他                       △0.1%
                                  税効果会計適用後の法人税等の負担率                        9.4%
    (関連当事者情報)

                                56/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
    1 関連当事者との取引
    (1)  財務諸表提出会社と関連当事者の取引
    (ア)   財務諸表提出会社の親会社
       重要な該当事項はありません。
    (イ)   財務諸表提出会社の子会社

                            議決権等     関連
         会社等の         資本金
                        事業    の所有    当事者          取引金額           期末残高
     種類    名称又は     所在地    又は                 取引の内容             科目
                        の内容    (被所有)     との          (百万円)           (百万円)
          氏名        出資金
                            割合(%)     関係
                                    資金の貸付
                                                        1,825
                                                関係会社
                                    (米国ドル
                                                 短期
                                                        (USD
                                              -
                                     貨建)
                                                 貸付金
                                                     16,500    千)
                                     (注1)
                                    貸付金利息
                                                          7
                                              63
        Nikko   Asset
                                    (米国ドル
                                                未収収益
               シンガ        アセット                                 (USD
                                             (USD
                             直接
        Management                             貨建)
                  342,369
     子会社          ポール        マネジメント           -
                                                       71  千)
                                            596千)
                                     (注1)
                  (SGD千)
        International
                            100.00
                国         業
                                    資金の貸付            関係会社
        Limited
                                     (円貨建)            短期
                                              -          577
                                     (注1)           貸付金
                                    貸付金利息
                                     (円貨建)           未収収益
                                              12           3
                                     (注1)
        Nikko   AM
                                             1,783
                  131,079
                       アセット
                             直接
        Americas
                  (USD  千)
     子会社          米国       マネジメント           -   配当の受取             -
                                             (USD
                                                         -
        Holding    Co.,
                            100.00
                  (注  2)    業
                                          17,000    千)
        Inc.
        Nikko   Asset
                                              217
               ルクセ        アセット
                             直接
        Management          2,828
                                    増資の引受
     子会社          ンブル        マネジメント           -           (EUR     -
                                                         -
                  (EUR  千)
                                     (注3)
        Luxembourg
                            100.00
                グ         業
                                           1,750   千)
        S.A.
    (注)  取引条件及び取引条件の決定方針等

       1  融資枠5,000百万円(若しくは5,000百万円相当額の外国通貨)、返済期間1年間のリボルビング・ローンで、
        金利は市場金利を勘案して決定しております。
       2  Nikko   AM  Americas     Holding    Co.,   Inc.の資本金は、資本金及び資本剰余金の合計額を記載しております。
       3  Nikko   Asset   Management      Luxembourg      S.A.の行った70,000株の新株発行増資を、1株につき25ユーロで当社が
        引き受けたものであります。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

    (1)  親会社情報
       三井住友トラスト・ホールディングス株式会社(東京証券取引所等に上場)
    (2)  重要な関連会社の要約財務情報

       当事業年度において、重要な関連会社は融通(ロントン)基金管理有限公司であり、その要約財務情報は以
       下のとおりであります。なお、下記数値は2020年12月31日に終了した年度の財務諸表を当日の直物為替相
       場で円貨に換算したものであります。
        資産合計            30,151百万円

        負債合計            5,919百万円
        純資産合計            24,231百万円
        営業収益            19,946百万円

        税引前当期純利益            7,020百万円
        当期純利益            5,194百万円
    第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    1 関連当事者との取引
    (1)  財務諸表提出会社と関連当事者の取引
    (ア)   財務諸表提出会社の親会社
       重要な該当事項はありません。
                                57/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (イ)   財務諸表提出会社の子会社

                            議決権等     関連
         会社等の         資本金
                        事業    の所有    当事者          取引金額           期末残高
     種類    名称又は     所在地    又は                 取引の内容             科目
                        の内容    (被所有)     との          (百万円)           (百万円)
          氏名        出資金
                            割合(%)     関係
                                    資金の貸付
                                                         2,019
                                                関係会社
                                    (米国ドル
                                                 短期
                                                         (USD
                                              -
                                     貨建)
                                                 貸付金
                                                      16,500    千)
                                     (注1)
                                    貸付金利息
                                                          10
                                              44
                                    (米国ドル
                                                未収収益        (USD
                                             (USD
                                     貨建)
                                                        86  千)
                                            397千)
                                     (注1)
                                    資金の返済            関係会社
                                     (円貨建)            短期
                                              577            -
                                     (注1)           貸付金
        Nikko   Asset
                                    貸付金利息
               シンガ        アセット
                             直接
        Management
                  232,369
                                     (円貨建)           未収収益
                                               3           -
     子会社          ポール        マネジメント           -
                  (SGD千)
        International
                            100.00
                                     (注1)
                国         業
        Limited
                                    資金の貸付
                                             2,788            2,985
                                                関係会社
                                    (シンガポール
                                                 短期
                                             (SGD            (SGD
                                    ドル貨建)
                                                 貸付金
                                          33,000千)            33,000千)
                                     (注1)
                                    貸付金利息
                                              23            23
                                    (シンガポール
                                                未収収益
                                             (SGD            (SGD
                                    ドル貨建)
                                            266千)            266千)
                                     (注1)
                                             9,149
                                      減資
                                                 -
                                           (SGD
                                                          -
                                     (注2)
                                          110,000千)
        Nikko   AM
                                             3,788
                  131,079
                       アセット
                             直接
        Americas
                  (USD  千)
     子会社          米国       マネジメント           -   配当の受取      (USD       -
                                                          -
        Holding    Co.,
                            100.00
                  (注  3)    業
                                           34,000千)
        Inc.
    (注)  取引条件及び取引条件の決定方針等

       1  融資枠5,300百万円(若しくは5,300百万円相当額の外国通貨)、返済期間1年間のリボルビング・ローンで、
        金利は市場金利を勘案して決定しております。
       2  Nikko   Asset   Management      International       Limitedの行った110,000千株の減資により、当社は資金の払戻を受
        けております。
       3  Nikko   AM  Americas     Holding    Co.,   Inc.の資本金は、資本金及び資本剰余金の合計額を記載しております。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

    (1)  親会社情報
       三井住友トラスト・ホールディングス株式会社(東京証券取引所等に上場)
    (2)  重要な関連会社の要約財務情報

       当事業年度において、重要な関連会社は融通(ロントン)基金管理有限公司であり、その要約財務情報は以
       下のとおりであります。なお、下記数値は2021年12月31日に終了した年度の財務諸表を当日の直物為替相
       場で円貨に換算したものであります。
        資産合計            34,450百万円

        負債合計            6,257百万円
        純資産合計            28,192百万円
        営業収益            18,176百万円

        税引前当期純利益            5,587百万円
        当期純利益            3,956百万円
    (セグメント情報等)

     セグメント情報

     第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          当社はアセットマネジメント業の単一セグメントであるため、記載しておりません。
                                58/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
          当社はアセットマネジメント業の単一セグメントであるため、記載しておりません。
     関連情報

     第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       1 製品及びサービスごとの情報
         当社の製品及びサービスはアセットマネジメント業として単一であるため、記載しておりません。
       2 地域ごとの情報

       (1)営業収益
          国内の外部顧客への営業収益に分類した額が営業収益の90%超であるため、記載を省略しておりま
          す。
       (2)有形固定資産

          国外に所在している有形固定資産が無いため、該当事項はありません。
       3 主要な顧客ごとの情報

         営業収益の10%以上を占める単一の外部顧客が無いため、記載しておりません。
     第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       1 製品及びサービスごとの情報
         当社の製品及びサービスはアセットマネジメント業として単一であるため、記載しておりません。
       2 地域ごとの情報

       (1)営業収益
          国内の外部顧客への営業収益に分類した額が営業収益の90%超であるため、記載を省略しておりま
          す。
       (2)有形固定資産

          国外に所在している有形固定資産が無いため、該当事項はありません。
       3 主要な顧客ごとの情報

         営業収益の10%以上を占める単一の外部顧客が無いため、記載しておりません。
    報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

     第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          該当事項はありません。
     第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          該当事項はありません。
     報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

     第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          該当事項はありません。
     第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

          該当事項はありません。
     報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

     第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          該当事項はありません。
     第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                59/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          該当事項はありません。
    (収益認識関係)

    第63期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    1 顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        重要性が乏しいため記載を省略しております。
    2 顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

        顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、「(重要な会計方針) 4 収益の計
       上基準」に記載のとおりです。
    3 顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当事業年

       度末において存在する顧客との契約から当事業年度の末日後に認識すると見込まれる収益の金額及び時期
       に関する情報
        重要性が乏しいため記載を省略しております。
    (1株当たり情報)

                                  第62期              第63期

                項目               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                               至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 432円90銭              468円88銭
     1株当たり当期純利益金額                                  48円45銭              62円50銭
    (注)1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社
         株式が非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので、希薄化効果を算定できないた
         め記載しておりません。
       2 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  第62期               第63期
               項目               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                               至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     当期純利益(百万円)                                   9,424              12,136
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -               -
     普通株式に係る当期純利益(百万円)                                   9,424              12,136

     普通株式の期中平均株式数(千株)                                  194,509               194,152
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                        2011年度ストックオプション               2016年度ストックオプション
     当たり当期純利益金額の算定に含まれなかった潜                        (1) 432,300株、2016年度ス               (1) 88,000株、2016年度ス
     在株式の概要                        トックオプション(1)                トックオプション(2) 
                             1,016,000株、2016年度ストッ               816,000株、2017年度ストック
                             ク  オ  プ  シ  ョ  ン  (2)     オプション(1)1,536,000株
                             1,772,000株、2017年度ストッ
                             クオプション(1)2,607,000
                             株
       3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  第62期              第63期
                項目
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                   84,049              91,035
     純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                     -              -
                                60/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                   84,049              91,035
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普
                                       194,152              194,152
     通株式の数(千株)
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。

    4【利害関係人との取引制限】

     委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が
     禁止されています。
    (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと
        (投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれ
        がないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
    (2)運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の保護に欠け、もし
        くは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で
        定めるものを除きます。)。
    (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等
        (委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関
        係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)、(5)に
        おいて同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当
        該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をい
        います。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバティブ取引を行なうこと。
    (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方針、運
        用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと。
    (5)上記(3)、(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であっ
        て、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
        れのあるものとして内閣府令で定める行為。
    5【その他】

    (1)定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
    (2)訴訟事件その他の重要事項
        委託会社に重要な影響を与えた事実、または与えると予想される訴訟事件などは発生していません。
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

    (1)受託会社
                                 資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                               ( 2022年3月末現在         )
                                            銀行法に基づき銀行業を営
                                            むとともに、金融機関の信
        三井住友信託銀行株式会社                            342,037百万円        託業務の兼営等に関する法
                                            律に基づき信託業務を営ん
                                            でいます。
        <再信託受託会社の概要>
         名称    :株式会社日本カストディ銀行
         資本金の額 :51,000百万円(                2022年3月末現在         )
         事業の内容 :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に
                                61/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 基づき信託業務を営んでいます。
         再信託の目的:原信託契約にかかる信託業務の一部(信託財産の管理)を原信託受託者から再信託受
                 託者(株式会社日本カストディ銀行)へ委託するため、原信託財産のすべてを再信託
                 受託者へ移管することを目的とします。
    (2)販売会社
                                 資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                               ( 2022年3月末現在         )
        エービーエヌ・アムロ・クリアリング                             5,505百万円
        証券株式会社                        (2021年12月末現在)
                                            金融商品取引法に定める第
        SMBC日興証券株式会社                             10,000百万円
                                            一種金融商品取引業を営ん
        野村證券株式会社                             10,000百万円
                                            でいます。
                                    38,945百万円
        バークレイズ証券株式会社
                                (2021年12月末現在)
    2【関係業務の概要】

    (1)受託会社
        ファンドの信託財産に属する有価証券などの管理・計算事務                               ・収益分配金および償還金の支払い                  などを
        行ないます。
    (2)販売会社
        日本におけるファンドの募集               の取扱い、解約および買取りに関する業務                      など  を行ないます。
    3【資本関係】

    (1)受託会社
        該当事項はありません。
    (2)販売会社
        該当事項はありません。
    第3【その他】

    (1)目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見
        書)」という名称を使用します。
    (2)目論見書の表紙、表紙裏または裏表紙に、以下を記載することがあります。
        ① 委託会社の金融商品取引業者登録番号および設立年月日
        ② ファンドの基本的性格など
        ③ 委託会社およびファンドのロゴ・マークや図案など
        ④ 委託会社のホームページや携帯電話サイトのご案内など
        ⑤ 目論見書の使用開始日
    (3)目論見書の表紙または表紙裏に、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
        ① 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象で
          はない旨。また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはな
          らない旨の記載。
        ② 投資信託は、元金および利回りが保証されているものではない旨の記載。
        ③ 投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託を購入されたお客様が負う旨の記載。
        ④ 「金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である。」旨の記載。
        ⑤ 「ご購入に際しては、目論見書の内容を十分にお読みください。」という趣旨の記載。
        ⑥ 請求目論見書の入手方法(ホームページで閲覧、ダウンロードできるなど)についての記載。
        ⑦ 請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行なった場合には
          その旨の記録をしておくべきである旨の記載。
        ⑧ 「約款が請求目論見書に掲載されている。」旨の記載。
        ⑨ 商品内容に関して重大な変更を行なう場合には、投資信託及び投資法人に関する法律に基づき事前
                                62/65


                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          に受益者の意向を確認する旨の記載。
        ⑩ 投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨の記載。
        ⑪ 有価証券届出書の効力発生およびその確認方法に関する記載。
        ⑫ 委託会社の情報として記載することが望ましい事項と判断する事項がある場合は、当該事項の記
          載。
    (4)有価証券届出書本文「第一部 証券情報」、「第二部 ファンド情報」に記載の内容について、投資者
        の理解を助けるため、当該内容を説明した図表などを付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記
        載することがあります。
    (5)目論見書に約款を掲載し、有価証券届出書本文「第二部 ファンド情報」中「第1 ファンドの状況」
        「2 投資方針」の詳細な内容につきましては、当該約款を参照する旨を記載することで、目論見書の
        内容の記載とすることがあります。
    (6)投信評価機関、投信評価会社などによる評価を取得・使用する場合があります。
    (7)目論見書は電子媒体などとして使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
    (8)交付目論見書の投資リスクに、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
        ① ファンドの取引に関して、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用
          がない旨の記載。
        ② 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象で
          はない旨。また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはな
          らない旨の記載。
        ③ ファンドは、大量の解約が発生し、短期間で解約資金の手当てをする必要が生じた場合や、主たる
          取引市場において市場が急変した場合などに、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢から
          期待できる価格どおりに取引できないリスク、評価価格どおりに売却できないリスク、取引量が限
          られてしまうリスクがある旨。これにより、基準価額にマイナスの影響をおよぼす可能性や、換金
          の申込みの受付を中止する可能性、換金代金のお支払が遅延する可能性がある旨の記載。
                                63/65












                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                     2022年6月13日

    日興アセットマネジメント株式会社
      取 締 役 会 御 中

                               有限責任      あずさ監査法人

                                   東京事務所
                                指定有限責任社員

                                          公認会計士      貞 廣 篤 典
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                          公認会計士      三 上 和 彦
                                業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲
    げられている日興アセットマネジメント株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第63期事業年度の財務諸表、
    すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、日興アセッ
    トマネジメント株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な
    点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における当
    監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に
    関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人
    は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の情報
    である。
     当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる作業も実施していな
    い。
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示す
    ることにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要
    と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価
    し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場
    合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がない
    かどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。
    虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与
    えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家として
    の判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を立案
      し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証
      拠を入手する。
    ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実施に
      際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
                                64/65

                                                          EDINET提出書類
                                               日興アセットマネジメント株式会社(E12430)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連
      する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、継続
      企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。
      継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起す
      ること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表
      明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象
      や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどうかと
      ともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適
      正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不
    備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

      2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                65/65














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。