日本マクドナルドホールディングス株式会社 四半期報告書 第52期第3四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第52期第3四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)
提出日
提出者 日本マクドナルドホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年11月14日
     【四半期会計期間】                   第52期第3四半期(自 2022年7月1日 至 2022年9月30日)
     【会社名】                   日本マクドナルドホールディングス株式会社
     【英訳名】                   McDonald's      Holdings     Company    (Japan),     Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  日色 保
     【本店の所在の場所】                   東京都新宿区西新宿六丁目5番1号
     【電話番号】                   (03)6911-6000
     【事務連絡者氏名】                   日本マクドナルド株式会社 執行役員 最高財務責任者  吉田 修子
     【最寄りの連絡場所】                   東京都新宿区西新宿六丁目5番1号
     【電話番号】                   (03)6911-6000
     【事務連絡者氏名】                   日本マクドナルド株式会社 執行役員 最高財務責任者  吉田 修子
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/18













                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第51期           第52期
              回次               第3四半期           第3四半期            第51期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自 2021年1月1日           自 2022年1月1日           自 2021年1月1日

             会計期間
                           至 2021年9月30日           至 2022年9月30日           至 2021年12月31日
                                 236,551           259,930           317,695
     売上高               (百万円)
                                  27,866           26,592           33,618
     経常利益               (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                                  17,937           16,795           23,945
                    (百万円)
     (当期)純利益
                                  17,923           16,782           23,927
     四半期包括利益又は包括利益               (百万円)
                                 188,218           203,512           194,222
     純資産額               (百万円)
                                 240,078           256,501           260,113
     総資産額               (百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                                  134.91           126.32           180.10
                     (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                                   78.4           79.3           74.7
     自己資本比率                (%)
                              第51期           第52期

              回次               第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自 2021年7月1日           自 2022年7月1日

             会計期間
                           至 2021年9月30日           至 2022年9月30日
                                  52.82           43.49
     1株当たり四半期純利益金額                (円)
     (注)1 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期首
           から適用しており、当第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結会計期間に係る主要な経営指標等につ
           いては、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
         2 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         3 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         4 直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上高である「システムワイドセールス」は以下のとおりでありま
           す。なお、「システムワイドセールス」の金額は「第4 経理の状況」には記載されておりません。
                              第51期           第52期

              回次               第3四半期           第3四半期            第51期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自 2021年1月1日           自 2022年1月1日           自 2021年1月1日

             会計期間
                           至 2021年9月30日           至 2022年9月30日           至 2021年12月31日
     システムワイドセールス               (百万円)             486,572           529,109           652,047

     2【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/18



                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間及び本四半期報告書提出日(2022年11月14日)現在において、本四半期報告書に記載し
      た事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生また
      は前連結会計年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)業績の状況
         当社グループでは、持続的成長と収益性を向上し、企業価値の継続的な拡大を目指す中期経営目標(2022年度か
        ら2024年度)を2022年2月に公表いたしました。より多様化し高まっていくお客様のご期待にお応えし着実な成長
        を実現するために、マクドナルドビジネスの基盤と将来に向けた分野への投資を強化いたします。これからの成長
        に向けた3本柱として「ブランド」「メニュー・バリュー」「店舗・デジタル・ピープル」の分野に注力し、3年
        間で全店売上高年平均成長率5%前後、営業利益年平均成長率3~5%、RОE10%以上を目指してまいります。
         当第3四半期連結累計期間におきましては、これまで同様お客様の声を伺い、QSCの向上を通じてお客様の店
        舗体験の向上に努めました。また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き店舗の衛生管理を徹底する
        とともに、ソーシャルディスタンスを確保した店舗運営などの対応を行いました。既存店売上高は2015年第4四半
        期から2022年第3四半期まで28四半期連続でプラスとなりました。
         一方で、急激な為替変動や小麦や牛肉をはじめとする原材料価格の高騰、エネルギーコストや人件費、物流費な
        どの上昇の影響を受け、利益面では年初の想定より厳しい状況となりました。これらの影響を慎重に検討した結
        果、9月30日より約6割の品目の店頭価格を改定いたしました。今後も引き続き、輸入業者やサプライヤーと協力
        のうえ、グローバル規模の原材料調達や、より効率的な物流網の構築といったコスト管理、為替ヘッジの取り組
        み、経費削減など最大限の企業努力を行うとともに、価格戦略等に柔軟に取り組み、お客様一人ひとりに寄り添っ
        たマクドナルドらしいおもてなしに努めてまいります。
        ①ブランド

         地域社会の一員として、サステナビリティを積極的に取り組むべき重要課題と位置づけ、「安全でおいしいお食
        事を」「地球環境のために」「地域の仲間にサポートを」「働きがいをすべての人に」を重点的に取り組む4つの
        領域と定めました。2022年3月にサステナビリティレポート2021としてマクドナルドの考え方と取り組みをウェブ
        サイトで公開しております。
        「安全でおいしいお食事を」:食を提供する企業として「食の安全」の確保を最優先課題とし、お客様に安全なお

        食事をお召し上がりいただけるよう食品管理システムの正確な運用に取り組んでおります。関連法令・規制の遵守
        とともに、グローバル食品安全イニシアチブ(GFSI)にも準拠し、さらにマクドナルド独自の基準を加えて構成さ
        れた、厳しい品質管理システムを構築しております。また、商品に対するお客様の信頼を高めるため、最終加工
        国、主要原材料の主要原産国の情報公開や、対象サプライヤーに対する監査の実施など、徹底した品質管理体制の
        構築と強化を図っております。
        「地球環境のために」:海のエコラベル(MSC)や森林認証制度(FSC)といった持続可能な原材料であるとの認証

        を取得した素材の使用、ハッピーセットのおもちゃリサイクル、プラスチック素材の削減、店舗の省エネ機器やデ
        リバリーの電動三輪バイクの導入による温室効果ガス排出の削減にも取り組んでまいります。
        「地域の仲間にサポートを」:公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンへの支

        援や、スポーツ支援、教育支援、安全笛の提供等を通じて地域社会への貢献に努めてまいります。
        「働きがいをすべての人に」:全国で19万人のクルーを雇用する雇用主として、性別や年齢、国籍といった様々な

        個性や背景を持った多様な人材が、それぞれの強みを発揮して働きがいを感じていただける職場環境を作ってまい
        ります。
        ②メニュー・バリュー

         お客様のご期待にお応えするために、それぞれの時間帯に合わせたメニューラインアップを強化し、バリュー・
        フォー・マネーにおいてお客様にお得感を感じていただける様々な取り組みを実施いたしました。期間限定商品と
        しては、夏の定番バーガー「チーズロコモコ」と「ガーリックシュリンプ」に加え、新商品として「ザク切りポテ
        ト&ビーフ ハラペーニョマヨ」を販売したほか、9月には、秋の定番として毎年ご提供している「月見バー
        ガー」に新商品を加えた全8種類のラインアップにて販売し、多くのお客様にご好評をいただきました。また、平
        日のランチタイムのお得なセットメニューを、お得な価格はそのままに、より親しみやすい「ひるまック」として
        名称をリニューアルしたほか、100円から手軽に様々な商品をお選びいただける「ちょいマック」を継続するな
                                 3/18


                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
        ど、お客様に「おいしさ」「お得さ」「手軽さ」を通じて、マクドナルドのバリューを実感していただける商品を
        お届けしております。
        ③店舗・デジタル・ピープル

        「店舗」:今後の成長に向けて、移転を含む新規出店や改装、リビルドに積極的に投資を行っていくことで、より
        お客様や地域のニーズに合った店舗ポートフォリオへの進化を実現してまいります。キッチンの製造能力アップや
        ドライブスルーレーンの増設、デリバリーサービスの最適化など、お客様により便利で快適にご利用いただける環
        境をご提供してまいります。
         当第3四半期連結累計期間においては、新規出店39店舗、閉店31店舗となり、当第3四半期連結会計期間末の店
        舗数は2,950店舗となりました。経営資源を効果的に活用するために、新規出店と改装、リビルドへの投資配分を
        柔軟に行いながら、お客様の満足度と業績を向上させるための投資を継続してまいります。
                                           区分移行

                  前連結会計
                                                    当第3四半期
          区分                新規出店        閉店
                                                    連結会計期間末
                   年度末
                                         増加       減少
     直営店舗数                 867店        15      △12        0      △6      864店
     フランチャイズ店舗数                2,075店         24      △19        6       0    2,086店
     合計店舗数                2,942店         39      △31        6      △6     2,950店
        「デジタル」:デジタルとピープルの融合により、より良いサービスをご提供していく「未来型店舗体験」のひと

        つとして、「モバイルオーダー」を導入しております。また、お客様のニーズにお応えし続けるために、決済方法
        の拡充をはじめとした機能強化を通してさらに利便性を高め、利用者数を伸ばすことを目指しています。
         デリバリーは、今後も大きく成長が期待されるポテンシャルの高いマーケットです。マクドナルドのクルーがお
        届けするマックデリバリーサービス(MDS)と、Uber                          Eats、出前館等との提携により、デリバリーサービスを
        展開しております。2022年9月末時点で、デリバリー実施店舗数はそれぞれMDS952店舗、Uber                                             Eats1,880店
        舗、出前館1,933店舗等を合わせて、合計で全国2,191店舗となっております。今後もデリバリーサービスを提供で
        きる店舗を拡大し、お客様の利便性の向上を目指してまいります。
         ドライブスルーについては、キャパシティの増強に加え、「モバイルオーダー」でご注文いただいた商品を、車
        に乗ったまま店舗の駐車場で受け取れるサービス「パーク&ゴー」をより多くの店舗に拡大しており、2022年9月
        末時点で全国の1,077店舗で展開しております。また、マクドナルド公式アプリのモバイルオーダーに、ドライブ
        スルーでの受け取りが可能になる「ドライブスルー モバイルオーダー」機能を追加し、全国のドライブスルー店
        舗(一部店舗を除く)でスタートいたしました。
        「ピープル」:新型コロナウイルス感染症による環境変化が激しい中で、お客様のご期待にお応えできたのは、約

        19万人のクルーや店舗社員をはじめとしたピープル、つまり人材があってこそだと考えております。お客様に最高
        の店舗体験をしていただくため、優秀な人材の採用と育成に積極的な投資を継続しております。デジタル端末を
        使ったトレーニング教材である「デジタルCDP」は現在日本語以外に5ヶ国語に対応しており、クルーの理解度の
        向上、トレーニング時間の短縮に繋がっております。また、ハンバーガー大学ではオンラインによる授業を継続
        し、当第3四半期連結累計期間においては16,000名以上が受講いたしました。また、多様な人材の多様なライフス
        タイルに応じた社員としてのキャリアパスを提供するため、地域社員制度を導入しております。
         今後も、新型コロナウイルスの影響を注視し、お客様、従業員をはじめ全ての方々の安全と健康を最優先しなが

        ら、常にお客様に寄り添い、変化する社会やお客様のニーズに柔軟に対応できるよう進化を続けてまいります。お
        いしいメニュー、お得感、納得感のあるバリュー並びに便利で快適な店舗環境を日々ご提供するとともに、持続可
        能な社会の実現に向けて取り組みながら、「おいしさと笑顔を地域の皆さまに」ご提供してまいります。
                                 4/18





                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
         上述の施策の結果、当第3四半期連結累計期間の既存店売上高は7.7%の増加となりました。システムワイド
        セールスは5,291億9百万円(対前年同期比425億36百万円増加)、売上高は2,599億30百万円(対前年同期比233億
        78百万円増加)、営業利益は271億25百万円(対前年同期比14億22百万円減少)、経常利益は265億92百万円(対前
        年同期比12億73百万円減少)となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は167億95百万円(対前年同期比
        11億42百万円減少)となりました。
        (注)1.既存店売上高とは、少なくとも13ヶ月以上開店している店舗の合計売上高です。

           2.システムワイドセールスとは、直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上高であり、四半期連結損益計
             算書に記載されている売上高と一致しません。
           3.当社グループの事業はハンバーガーレストラン事業単一であるため、セグメント情報に関連付けた記載
             を行っておりません。
      (2)財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末の流動資産は891億73百万円となり、前連結会計年度末に比べ137億21百万円の減少
        となりました。これは、現金及び預金が139億38百万円減少したことが主な要因です。
         固定資産は1,673億27百万円となり、前連結会計年度末に比べ101億9百万円の増加となりました。これは、有形
        固定資産が22億34百万円増加、投資その他の資産のその他が20億2百万円増加、投資有価証券が20億円増加したこ
        とが主な要因です。
         流動負債は460億23百万円となり、前連結会計年度末に比べ126億5百万円の減少となりました。これは、その他
        が70億20百万円減少、未払法人税等が43億58百万円減少、未払金が42億36百万円減少したことが主な要因です。
         固定負債は69億66百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億96百万円の減少となりました。これは、リース債
        務が1億18百万円減少、賞与引当金が1億10百万円減少したことが主な要因です。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
        ありません。
      (4)研究開発活動

         特記すべき研究開発活動はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/18










                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     480,840,000

                  計                                    480,840,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所名
         種類        現在発行数(株)             発行数(株)          又は登録認可金融商品               内容
                (2022年9月30日)           (2022年11月14日)             取引業協会名
                                        東京証券取引所            単元株式数
                    132,960,000            132,960,000
        普通株式
                                        スタンダード市場              100株
                    132,960,000            132,960,000
         計                                  -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2022年7月1日~
                      -   132,960,000            -     24,113         -     42,124
     2022年9月30日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/18








                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2022年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                  2022年6月30日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                         -       -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -       -              -

     議決権制限株式(その他)                         -       -              -

                             1,000
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                -              -
                          132,890,300            1,328,903           (注)1
     完全議決権株式(その他)                普通株式
                            68,700                     (注)2
     単元未満株式                普通株式                -
                          132,960,000
     発行済株式総数                                -              -
                                      1,328,903
     総株主の議決権                         -                    -
     (注)1.株式会社証券保管振替機構名義の株式が3,800株(議決権38個)含まれております。
         2.当社所有の自己株式94株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年6月30日現在
                                                      発行済株式
                                 自己名義       他人名義       所有株式数
                                                     総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                      所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     日本マクドナルドホール             東京都新宿区西新宿
                                   1,000              1,000        0.00
                                            -
     ディングス株式会社             6-5-1
                                   1,000              1,000        0.00
           計             -                    -
     2【役員の状況】

       前連結会計年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりです。
      (1)退任役員

            役職名                   氏名                 退任年月日
         代表取締役副社長兼                                      2022年4月18日
                              下平 篤雄
          最高執行責任者                                    (逝去による退任)
      (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

         男性     9 名 女性    3 名(役員のうち女性の比率            25.0  %)
                                 7/18






                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2022年7月1日から2022
      年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2022年1月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 8/18

















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        75,267              61,328
        現金及び預金
                                        20,557              20,682
        売掛金
                                         1,243              1,229
        原材料及び貯蔵品
                                         5,835              5,943
        その他
                                          △ 9             △ 9
        貸倒引当金
                                        102,894               89,173
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       ※ 63,070             ※ 63,492
          建物及び構築物(純額)
                                       ※ 10,113             ※ 11,034
          機械及び装置(純額)
                                        ※ 7,778             ※ 7,234
          工具、器具及び備品(純額)
                                        21,170              21,265
          土地
                                         ※ 537             ※ 412
          リース資産(純額)
                                          359             1,822
          建設仮勘定
                                        103,029              105,263
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                                       ※ 651
                                          518
          のれん
                                         8,685              9,923
          ソフトウエア
                                          694              694
          その他
                                         9,898              11,269
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                          56             2,056
          投資有価証券
                                           9              9
          長期貸付金
                                         7,558              8,756
          繰延税金資産
                                        34,240              35,544
          敷金及び保証金
                                         3,628              5,631
          その他
                                        △ 1,202             △ 1,203
          貸倒引当金
                                        44,290              50,795
          投資その他の資産合計
                                        157,218              167,327
        固定資産合計
                                        260,113              256,501
       資産合計
                                 9/18









                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)              (2022年9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                          983              617
        買掛金
                                          237              228
        リース債務
                                        29,169              24,932
        未払金
                                         7,453              7,624
        未払費用
                                         6,856              2,497
        未払法人税等
                                         2,428              1,668
        未払消費税等
                                                       5,005
        契約負債                                   -
                                         2,316              1,306
        賞与引当金
                                          35              15
        棚卸資産処分損失引当金
                                         9,147              2,127
        その他
                                        58,628              46,023
        流動負債合計
       固定負債
                                          415              296
        リース債務
                                          417              307
        賞与引当金
                                          200              170
        役員賞与引当金
                                          271              251
        役員退職慰労引当金
                                         1,388              1,391
        退職給付に係る負債
                                         4,071              4,065
        資産除去債務
                                           3              0
        繰延税金負債
                                          289              289
        再評価に係る繰延税金負債
                                          204              192
        その他
                                         7,262              6,966
        固定負債合計
                                        65,890              52,989
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        24,113              24,113
        資本金
                                        42,124              42,124
        資本剰余金
                                        132,179              141,438
        利益剰余金
                                          △ 2             △ 3
        自己株式
                                        198,414              207,673
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
        土地再評価差額金                                △ 4,246             △ 4,202
                                          53              41
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                △ 4,192             △ 4,161
                                        194,222              203,512
       純資産合計
                                        260,113              256,501
     負債純資産合計
                                10/18







                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
                                       ※ 236,551             ※ 259,930
     売上高
                                        186,379              210,810
     売上原価
                                        50,171              49,119
     売上総利益
                                        21,623              21,994
     販売費及び一般管理費
                                        28,547              27,125
     営業利益
     営業外収益
                                          82              68
       受取利息
                                          33
       貸倒引当金戻入額                                                  -
                                          185               39
       受取補償金
                                          134               47
       受取保険金
                                          257              194
       その他
                                          692              349
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           8              3
       支払利息
                                                         0
       貸倒引当金繰入額                                    -
                                         1,306               744
       店舗用固定資産除却損
                                          59              132
       その他
                                         1,374               881
       営業外費用合計
                                        27,866              26,592
     経常利益
     特別利益
                                          247               41
       固定資産売却益
                                          247               41
       特別利益合計
     特別損失
                                          366              394
       固定資産除却損
                                                        265
                                           -
       減損損失
                                          366              660
       特別損失合計
                                        27,747              25,973
     税金等調整前四半期純利益
                                         9,810              9,178
     法人税等
                                        17,937              16,795
     四半期純利益
                                        17,937              16,795
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                11/18









                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
                                        17,937              16,795
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                         △ 14             △ 12
       退職給付に係る調整額
       その他の包括利益合計                                   △ 14             △ 12
                                        17,923              16,782
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        17,923              16,782
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                12/18
















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (会計方針の変更)
         (収益認識に関する会計基準等の適用)
          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
         を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
         又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識しております。これにより、従来、国内フラン
         チャイジーとのフランチャイズ契約に基づく加盟金については一時点で収益を認識しておりましたが、履行義務
         の充足に従い一定の期間にわたり収益を認識する方法に変更しております。また、他社が運営するポイントプロ
         グラムについて、商品販売時に付与されるポイント相当額を販売費及び一般管理費として計上しておりました
         が、取引価格から付与ポイント相当額を差し引いた金額で収益を認識する方法に変更しております。
          収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
         おり、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半
         期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。この結
         果、当第3四半期連結累計期間の売上高は18百万円減少し、販売費及び一般管理費は294百万円減少し、営業利
         益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ275百万円増加しております。また、利益剰余金の当期
         首残高は2,307百万円減少しております。
          収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表における流動負債の「その他」の一部
         について、第1四半期連結会計期間より「契約負債」に含めて表示しております。これにより、当第3四半期連
         結会計期間末においては、流動負債の「その他」が1,754百万円減少しています。なお、収益認識会計基準第89-
         2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを行っておりませ
         ん。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号2020年3月31日)第28-15項に定める経
         過的な取扱いに従って、前第3四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載し
         ておりません。
         (時価の算定に関する会計基準等の適用)

          「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)
         等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
         (企業会計基準第10号2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定め
         る新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。なお、四半期連結財務諸表に与える影響は
         ありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用して
         おります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        ※ フランチャイズ契約の締結に伴う店舗運営事業の売却によりフランチャイズオーナーに譲渡された固定資産の
         帳簿価額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (2021年12月31日)                 (2022年9月30日)
        建物及び構築物(純額)                             379百万円                 379百万円
        機械及び装置(純額)                             150百万円                 149百万円
        工具、器具及び備品(純額)                             126百万円                 103百万円
        リース資産(純額)                              4百万円                 22百万円
        のれん                              -百万円                 50百万円
         計                            660百万円                 705百万円
                                13/18




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
        ※ フランチャイズ契約の締結に伴う店舗運営事業の売却益を次のとおり売上高に含めて表示しております。な
         お、当該フランチャイジーへの売却価額は、売却対象の店舗運営事業が将来生み出すと期待されるキャッシュ・
         フローに基づき算定されており、買い手であるフランチャイジーと合意された金額であります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 2021年1月1日                 (自 2022年1月1日
                             至 2021年9月30日)                 至 2022年9月30日)
                                     300百万円                 394百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自    2021年1月1日              (自    2022年1月1日
                             至   2021年9月30日)               至   2022年9月30日)
        減価償却費                            9,201百万円                 10,299百万円
        のれんの償却額                             108百万円                 125百万円
        (株主資本等関係)

        前第3四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年9月30日)
        1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2021年3月26日
               普通株式         4,786         36   2020年12月31日         2021年3月29日         利益剰余金
     定時株主総会
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

         日後となるもの
          該当事項はありません。
        当第3四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年9月30日)

        1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2022年3月29日
               普通株式         5,185         39   2021年12月31日         2022年3月30日         利益剰余金
     定時株主総会
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

         日後となるもの
          該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
        前第3四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年9月30日)及び当第3四半期連結累計期間(自 
        2022年1月1日 至 2022年9月30日)
         当社グループの事業は、ハンバーガーレストラン事業単一であるため、セグメント情報の記載を省略しておりま
        す。
                                14/18




                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
        顧客との契約から生じる収益を分解した情報
         当社グループの事業は、ハンバーガーレストラン事業単一であり、顧客との契約から生じる収益の内訳は以下
        のとおりです。
                          当第3四半期連結累計期間

                          (自 2022年1月1日
                           至 2022年9月30日)
        直営店舗売上高                        175,174百万円
        フランチャイズ収入                        84,361百万円
        顧客との契約から生じる収益                        259,535百万円
        その他の収益                          394百万円
        外部顧客への売上高                        259,930百万円
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                項目               (自 2021年1月1日               (自 2022年1月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   134.91円               126.32円

     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                    17,937               16,795

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -               -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         17,937               16,795
     金額(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   132,958               132,958
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                15/18









                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                16/18




















                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                2022年11月14日

    日本マクドナルドホールディングス株式会社
      取締役会 御中
                           EY新日本有限責任監査法人

                           東京事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             堀井 秀樹
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             長谷川 宗
                            業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本マクドナ
    ルドホールディングス株式会社の2022年1月1日から2022年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結
    会計期間(2022年7月1日から2022年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2022年1月1日から
    2022年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四
    半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本マクドナルドホールディングス株式会社及び連結子会社の
    2022年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示してい
    ないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
      実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
                                17/18

                                                          EDINET提出書類
                                            日本マクドナルドホールディングス株式会社(E03366)
                                                            四半期報告書
      当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
      いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      に おいて四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
      注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
      企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
      財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
      信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
      監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
     (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                18/18












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。