ディープリサーチ・チャイナ・ファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 ディープリサーチ・チャイナ・ファンド
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
    【提出書類】                   有価証券届出書

    【提出先】                   関東財務局長殿

    【提出日】                   2022年11月25日       提出

    【発行者名】                   ファイブスター投信投資顧問株式会社

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長        篠原 直人

    【本店の所在の場所】                   東京都中央区入船一丁目2番9号 八丁堀MFビル8階

    【事務連絡者氏名】                   谷内 恒司

    【電話番号】                   03-3523-9556

    【届出の対象とした募集(売出)内国                   ディープリサーチ・チャイナ・ファンド

     投資信託受益証券に係るファンドの
     名称】
    【届出の対象とした募集(売出)内国                   1,000億円を上限とします。

     投資信託受益証券の金額】
    【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。

                                 1/83











                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)【ファンドの名称】

        ディープリサーチ・チャイナ・ファンド(以下「ファンド」といいます。)
        ・愛称として「翡翠探訪」という名称を用いることがあります。
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       ・追加型証券投資信託受益権です。(以下「受益権」といいます。)
       ・信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供され、もしくは閲
        覧に供される予定の信用格付はありません。
       ※ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律の規定の適用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)
        振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社債、株式等の振替に関
        する法律第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振
        替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより
        定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社は、やむを得ない事情などがある場合を除き、当該振
        替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

        1,000億円を上限とします。
    (4)【発行(売出)価格】

        取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせください。
    (5)【申込手数料】

        販売会社が定めるものとします。申込手数料率につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会
        先にお問い合わせください。
        ・販売会社における申込手数料率は3.30%(税抜3%)が上限となっております。
    (6)【申込単位】

        販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせください。
    (7)【申込期間】

        2022年11月26日から2023年5月26日までとします。
        ・上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
    (8)【申込取扱場所】

        販売会社につきましては、委託会社の照会先にお問い合わせください。
         委託会社の照会先
             <ファイブスター投信投資顧問株式会社 お客様デスク>
              電  話  番  号:03-3553-8711
              受  付  時  間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時まで
              ホームページアドレス:https://www.fivestar-am.co.jp/
                                 2/83




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (9)【払込期日】

       ・取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する期日までに販売会社に支払うものとします。
       ・申込期間における各取得申込受付日の発行価額の総額(設定総額)は、販売会社によって、追加設定が行なわれ
        る日に委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】

         申込金額は、販売会社にお支払いいただきます。
    (11)【振替機関に関する事項】

         振替機関は、株式会社証券保管振替機構とします。
    (12)【その他】

         該当事項はありません。
                                 3/83















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
     ① ファンドの目的
        この投資信託は、投資信託証券への投資を通じて、信託財産の中長期的な成長を目指します。
     ② ファンドの基本的性格
      1)商品分類
      (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。








                                 4/83









                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2)属性区分

      (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。











      ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」欄は、対円での為替変動リスクに対するヘッジの有無を記載しておりま

        す。
      当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズです。このため、組入れている資産を示す属性区分上の投資対象資産

      (その他資産(投資信託証券))と収益の源泉となる資産を示す商品分類上の投資対象資産(資産複合)とが異な
      ります。
    <商品分類の定義>

    1.単位型投信・追加型投信の区分
     (1)単位型投信:当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドを
       いう。
     (2)追加型投信:一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファ
       ンドをいう。
    2.投資対象地域による区分
     (1)国内:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨
       の記載があるものをいう。
                                 5/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)海外:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨
       の記載があるものをいう。
     (3)内外:目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
    3.投資対象資産による区分
     (1)株式:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載
       があるものをいう。
     (2)債券:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載
       があるものをいう。
                                 6/83

















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)不動産投信(リート):目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資

       信託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
     (4)その他資産:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記(1)から(3)に掲
       げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な収益の源泉と
       なる資産の名称記載も可とする。
     (5)資産複合:目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産による投資収益を
       実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
    4.独立した区分
     (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド):「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
     (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド):「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
     (3)ETF:投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資
       信託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいう。
    <補足として使用する商品分類>

     (1)インデックス型:目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載があるもの
       をいう。
     (2)特殊型:目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組み
       あるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊型の小分類において「条件付運用型」に
       該当する場合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合には当該小分類を
       括弧書きで付記できるものとする。
    <属性区分の定義>

    1.投資対象資産による属性区分
     (1)株式
       ①一般:次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②大型株:目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいう。
       ③中小型株:目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいう。
     (2)債券
       ①一般:次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②公債:目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機
        関債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいう。
       ③社債:目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをい
        う。
       ④その他債券:目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記載がある
        ものをいう。
       ⑤格付等クレジットによる属性:目論見書又は投資信託約款において、上記①から④の「発行体」による区分のほ
        か、特にクレジットに対して明確な記載があるものについては、上記①から④に掲げる区分に加え「高格付債」
        「低格付債」等を併記することも可とする。
     (3)不動産投信
       これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
     (4)その他資産
       組入れている資産を記載するものとする。
                                 7/83




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)資産複合

       以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
       ①資産配分固定型:目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的と
        する旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
       ②資産配分変更型:目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については、機動的
        な変更を行なう旨の記載があるものもしくは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合わせている
        資産を列挙するものとする。
    2.決算頻度による属性区分
      ①年1回:目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      ②年2回:目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      ③年4回:目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      ④年6回(隔月):目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑤年12回(毎月):目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑥日々:目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑦その他:上記属性にあてはまらない全てのものをいう。
    3.投資対象地域による属性区分(重複使用可能)
      ①グローバル:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものとする。
      ②日本:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるも
       のをいう。
      ③北米:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載があ
       るものをいう。
      ④欧州:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載があ
       るものをいう。
      ⑤アジア:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とす
       る旨の記載があるものをいう。
      ⑥オセアニア:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする
       旨の記載があるものをいう。
      ⑦中南米:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載
       があるものをいう。
      ⑧アフリカ:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      ⑨中近東(中東):目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨
       の記載があるものをいう。
      ⑩エマージング:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地
       域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
    4.投資形態による属性区分
      ①ファミリーファンド:目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資さ
       れるものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      ②ファンド・オブ・ファンズ:「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをい
       う。
    5.為替ヘッジによる属性区分
      ①為替ヘッジあり:目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッジを行う旨
       の記載があるものをいう。
      ②為替ヘッジなし:目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの又は為替の
       ヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
    6.インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分
      ①日経225
      ②TOPIX
                                 8/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③その他の指数:前記指数にあてはまらない全てのものをいう。
    7.特殊型
      ①ブル・ベア型:目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うとと
       もに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるも
       のをいう。
      ②条件付運用型:目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組みを用いることによ
       り、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値により定め
       られる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
      ③ロング・ショート型/絶対収益追求型:目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されにくい収益の
       追求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の記載があるものをいう。
      ④その他型:目論見書又は投資信託約款において、上記①から③に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組み
       あるいは運用手法の記載があるものをいう。
    ※上記は、一般社団法人投資信託協会が定める分類方法に基づき記載しています。また、商品分類および属性区分の定義

     は一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成したものです。なお、一般社
     団法人投資信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)でもご覧頂けます。
                                 9/83















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ③ ファンドの特色

                                10/83




















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                11/83





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                12/83





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                13/83





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ④ 信託金限度額










      ・1,000億円を限度として信託金を追加することができます。
      ・委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
    (2)【ファンドの沿革】

        2006年10月31日
        ・ファンドの信託契約締結、運用開始
        2012年9月26日
        ・主要投資対象の変更
        2018年1月29日
                                           ※
        ・ファンドの委託会社変更(日本アジア・アセット・マネジメント株式会社                                    からファイブスター投信投資顧問
         株式会社へ変更)を実施
         ※2018年10月1日付けで商号が日本アジア・アセット・マネジメント株式会社からあいグローバル・アセット・マネジメント
          株式会社    (同社は2022年7月末に廃業)            に変更となりました。
                                14/83





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【ファンドの仕組み】

     ① ファンドの仕組み
    ※1  投資信託を販売するルールを委託会社と販売会社の間で規定したもの。販売会社が行なう募集の取扱い、収益分配













      金・償還金の支払い、解約請求の受付の業務範囲の取決めの内容などが含まれています。
    ※2  投資信託を運営するルールを委託会社と受託会社の間で規定したもの。運用の基本方針、投資対象、投資制限、信託
      報酬、受益者の権利、募集方法の取決めの内容などが含まれています。
    <ファンド・オブ・ファンズの仕組み>

                                15/83




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                16/83





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ② 委託会社の概況(2022年9月末現在)

      1)資本金
         2億3,325万円
      2)沿革

         2009年4月1日:              株式会社ファイブスター投資顧問を設立(資本金100万円)
         2009年6月24日:              増資の実施(新資本金5,000万円)
                      金融商品取引業登録  関東財務局長                  (金商)    第2266号
         2009年10月20日:
         2013年4月25日:              増資の実施(新資本金2億675万円)
         2013年8月8日:              ファイブスター投信投資顧問株式会社に商号変更
         2014年8月29日:              増資の実施(新資本金2億1,175万円)
         2021年3月31日:              増資の実施(新資本金2億3,105万円)
         2022年3月31日:              増資の実施(新資本金2億3,325万円)
      3)大株主の状況

               名  称                  住  所             所有株数      所有比率
         ユニコムグループホールディング
                          東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11                     1,000株      15.06%
         ス株式会社
                          東京都港区東新橋1-9-1            東京汐留ビル
         アイザワ証券グループ株式会社                                       550株     8.28%
                          ディング7階
                                17/83













                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】

    (1)【投資方針】
     ① ファンド・オブ・ファンズの形態で運用を行ないます。
        「Value    Partners     Ireland    Fund   Plc  - Value   Partners     Classic    Equity    Fund」および「iシェアーズ・コア                 日
        本国債    ETF」の投資信託証券を主要投資対象とし、各ファンドに対する投資比率は概ね以下の通りとします。
        1.Value     Partners     Ireland    Fund   Plc  - Value   Partners     Classic    Equity    Fund……     90%以上
          主に大中華経済圏の株式に分散投資を行ない、中長期的な信託財産の成長を図ることを目的としたアイルラ
          ンド籍米ドル建会社型外国籍投資信託
        2.iシェアーズ・コア           日本国債     ETF……10%未満
          安定した収益の確保を目的とするわが国の上場投資信託証券
          ただし、この比率は将来的に変わる可能性があります。
     ② 市場動向、資金動向等に急激な変化が生じたとき、この投資信託の残存信託期間、残存元本等が運用に支障をき
        たす水準となったとき、ならびに投資対象とする投資信託証券が償還となる場合等やむを得ない事情が発生した
        場合には、上記のような運用ができない場合があります。
    (2)【投資対象】

        投資信託証券(投資信託及び投資法人に関する法律に規定する投資信託または外国投資信託の受益証券をいいま
        す。以下同じ。)を主要投資対象とします。
        ① 投資の対象とする資産の種類
          この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
          1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるも
            のをいいます。以下同じ。)
            イ.有価証券
            ロ.約束手形
            ハ.金銭債権
          2.次に掲げる特定資産以外の資産
            イ.為替手形
        ② 有価証券および金融商品の指図範囲等
          委託者は、信託金を、主として別に定める投資信託証券(以下「指定投資信託証券」といいます。)のほ
          か、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利
          を除きます。)に投資することを指図します。
          1.コマーシャル・ペーパー
          2.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前号の証券または証書の性質を有するもの
          3.国債証券、地方債証券、特別の法律により法人の発行する債券および社債券(新株引受権証券と社債券と
            が一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券を除きます。)
          なお、第3号の証券を以下「公社債」といい、公社債にかかる運用の指図は短期社債等への投資ならびに買
          い現先取引(売戻し条件付の買い入れ)および債券貸借取引(現金担保付き債券借入れ)に限り行なうこと
          ができるものとします。
        ③ 前記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等および委託者が運
          用上必要と認めるときは、委託者は、信託金を、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定
          により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用することの指図ができます。
          1.預金
          2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
          3.コール・ローン
          4.手形割引市場において売買される手形
                                18/83



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ◆投資対象とする投資信託証券の概要

                                19/83




















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用体制】

       当ファンドの運用体制は以下のとおりです。
        運用委員会は、経済環境や市場動向等の調査、分析に基づいて、投資判断、運用方針、運用計画等の運用に関す
       る事項を協議、検討し、決定します。
        運用部は、運用委員会で決定された運用計画等に従って、運用を実施します。
        コンプライアンス部は、法令等、投資信託約款及び社内規程等の遵守状況の確認を行います。
        コンプライアンス委員会では、ファンドの運用成果の評価、運用にかかるリスクの分析・管理等が報告され審議
       を行います。
                                20/83

















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       運用に関する社内規則

        運用にあたっては、関係諸法令および一般社団法人投資信託協会が定める諸規則等のほか、以下の運用関連の社
       内規程を遵守しています。
       ・投資運用業に係る業務方法書
       ・運用基本指針
       ・運用規程
       ・運用実施細則
       ・議決権等行使指図規程
       ・内部者取引規程
       ・役職員の自己売買に関する規程
       ・運用再委任に関する規程
       ・発注先の評価・選定に係る基準
     ※上記の運用体制は、2022年9月末現在のものであり、今後変更となる可能性があります。

    (4)【分配方針】

     ① 収益分配方針
        毎決算時に、原則として次の通り収益分配を行なう方針です。
      1)分配対象額の範囲
         経費控除後の利子・配当等収益および売買益(評価益を含みます。)などの全額とします。
      2)分配対象額についての分配方針
         分配金額は、委託会社が基準価額水準、市場動向などを勘案して決定します。ただし、分配対象収益が少額の
         場合には分配を行なわないこともあります。
      3)留保益の運用方針
         収益分配に充てず信託財産内に留保した利益については、特に制限を設けず、運用の基本方針に基づき運用を
         行ないます。
     ② 収益分配金の支払い
      <分配金再投資コース>
        原則として、収益分配金は税金を差し引いた後、無手数料で自動的に再投資されます。
      <分配金受取りコース>
        毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して5営業日まで)から収
        益分配金を支払います。支払いは販売会社において行なわれます。
                                21/83








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (5)【投資制限】

     ① 約款に定める投資制限
      1)投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
      2)投資信託証券および短期金融商品以外には投資を行いません。
      3)外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
      4)委託者は、信託財産に属する外貨建資産について、当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外国為替の売買の予
         約取引の指図をすることができます。
      5)資金の借入れ
        1.委託者は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性をはかるため、一部解約に伴う支払資金の手当て
          (一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的として、または再投
          資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みま
          す。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行なわないものとしま
          す。
        2.一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有
          する有価証券等の売却代金の受渡日、解約代金入金日もしくは償還金の入金日までの期間が5営業日以内であ
          る場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度と
          します。ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行なう日における信託財産の純資産総額の10%を超えない
          こととします。
        3.収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日までと
          し、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        4.借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      6)同一銘柄の投資信託証券への投資は、当該投資信託証券が一般社団法人投資信託協会の規則に定めるエクス
         ポージャーがルックスルーできる場合に該当しないときは、当該投資信託証券への投資は、信託財産の純資産
         総額の10%以内とします。
      7)一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャー
         およびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、
         合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社団法人投資信託協会の規則
         に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
                                22/83










                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】

    (1)ファンドのリスク
        委託会社の指図に基づく行為により信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。また、投
        資信託は預金商品や保険商品ではなく、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。ま
        た、銀行などの登録金融機関は、投資者保護基金には加入しておりません。
        <基準価額の主な変動要因>

         当ファンドは、投資信託証券への投資等を通じて、株式や債券などの値動きのある有価証券等に実質的に投資
         しますので、当ファンドの基準価額は変動します。したがって、受益者の皆様の投資元本は保証されているも
         のではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。また、投資信託は預
         貯金と異なります。
        当ファンドおよび当ファンドが投資する投資信託証券の基準価額の変動要因の主なものは、以下の通りです。

        ① 価格変動リスク

          当ファンドが投資する投資信託証券は株式、債券など値動きのある有価証券を組入れておりますので当ファ
          ンドの基準価額は、当該投資信託証券が組入れる株式、債券等の価格変動の影響を受けます。株式、債券等
          の価格は、国内外の政治、経済、社会情勢、株式等の発行企業の経営状況等の変化により、下落することが
          あります。
        ② 金利変動リスク
          投資信託証券を通じて債券を組入れますので、金利変動の影響を受けます。一般に金利が上昇した場合に
          は、既に発行されて流通している債券の価格は下落します。金利上昇は、投資信託証券が投資する債券の価
          格に影響を及ぼし、当ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。また、残存期間の長い債券の方
          が短い債券より金利変動が債券価格に与える影響が大きい傾向にあります。なお、投資信託証券が投資対象
          とする債券のうち、信用度の低い低格付けの債券の価格は、一般的に金利変動より発行体の財務内容や信用
          状況の影響をより大きく受ける傾向があります。
        ③ 為替変動リスク
          投資信託証券を通じて外貨建資産に投資しておりますので、為替相場の変動の影響を受けます。為替相場が
          当該資産の通貨に対して円高になった場合にはファンドの基準価額が値下がりする要因となります。
        ④ 流動性リスク
          組入有価証券を売却あるいは取得しようとする際に、市場規模や市場動向によっては、組入有価証券が当初
          期待される価格で売却できずに、基準価額が下落することがあります。
          特に、当ファンドが投資する外国籍投資信託証券の投資対象市場には新興市場が含まれています。かかる新
          興市場の市場規模や取引量は成熟市場に比べて低い水準にあり、流動性の低さから投資有価証券ひいては基
          準価額の変動性が大きくなることがあります。また、市場の流動性の低さは投資有価証券の処分価格または
          処分の容易性に悪影響を及ぼすことがあります。
        ⑤ 信用リスク
          有価証券の発行体において、経営不振、その他の理由により債務不履行が発生した場合、またはそうした事
          態が予測される場合等には、当該発行体が発行する有価証券の価格は大きく下落し、基準価額が値下がりす
          る要因となります。
        ⑥ カントリーリスク
          外貨建資産に投資する場合、その国の政治、経済情勢、外国為替規制、資本規制等による影響を受け、当
          ファンドの基準価額が大きく変動する可能性があります。特に、当ファンドが投資する外国籍投資信託証券
          の投資対象市場には新興市場が含まれています。新興市場では、法制・司法・当局による規制等が未だ整備
          途上の場合があり、当ファンドが投資する外国籍投資信託証券の投資・管理・運用に対する法令の適用や裁
          判機関・監督官庁の対応も不透明である可能性があります。かかる不透明さが投資先の外国籍投資信託証
          券、ひいては当ファンドに悪影響を及ぼす可能性があります。
        ⑦ 解約による資金流出に伴うリスク
                                23/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          一部解約金の支払資金を手当てするために、ファンドの組入有価証券等を大量に売却しなければならない場
          合があります。この場合、市場規模や市場動向によっては、当初期待される価格で売却できないことがあ
          り、当該取引によりファンドの基準価額が値下がりする要因となります。また、ファンド・オブ・ファンズ
          方 式による運用は、ファンドが投資する投資信託証券の資金動向によって、ファンドの基準価額が影響を受
          ける場合があります。
        (ご注意)以上は、基準価額の主な変動要因であり、変動要因はこれに限られるものではありません。

        <その他の留意点>

        ① ファンド運営上のリスク
        (A)取得申込みの受付の中止・取消、解約の受付の中止・取消
           委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止、外国為替取引の停止、その他やむ
           を得ない事情があるときは、受益権の取得のお申込みの受け付けを中止することがあり、また、既に受け
           付けた取得のお申込みの受け付けを取消す場合があります。また、同様の理由により、ご解約のお申込み
           の受け付けを中止することおよびすでに受け付けたご解約のお申込みを取消す場合があります。
        (B)信託の途中終了
           委託会社は、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が10億口を下回った場合、またはこの信
           託契約を解約することが受益者のために有利と認める場合、もしくはその他やむを得ない事情等が発生し
           たときは、信託期間の途中でも信託を終了し繰上償還させる場合があります。
        (C)外国籍投資信託証券
           当ファンドが投資対象とする外国籍投資信託証券は、海外の運用会社が運用をしております。当該運用会
           社の業務または財産の状況の変化、運用担当者の交代、その他の理由により、運用に支障が出る場合があ
           ります。
        ② 販売会社、受託会社等関係法人に関する留意点
        (A)販売会社
           委託会社と販売会社は、ファンドの受益権の募集等について契約を締結しており、受益者の購入資金は、
           販売会社を通じて、ファンドに振り込まれますので、当該ファンドに着金するまでは、委託会社および受
           託会社において責任を負いません。また、収益分配金、一部解約金、償還金の支払いについても、販売会
           社へ支払った後の受益者への支払いについては、委託会社および受託会社は責任を負いません。
           委託会社は、販売会社とは別法人であり、委託会社は設定・運用について、販売会社は販売(お申込み代
           金の預かり等を含みます。)について、それぞれの責任を負い、互いに他についての責任を負いません。
        (B)受託会社
           委託会社と受託会社は、ファンドの信託契約を締結しており、収益分配金、一部解約金、償還金の支払い
           は、委託会社の指示により、ファンドから販売会社の指定口座に支払われます。ファンドから、販売会社
           の指定口座への支払いをした後は、受託会社は、当該収益分配金、一部解約金、償還金についての責任を
           負いません。
           受託会社の格付けが低下した場合やその他信用力が低下した場合には、為替取引等の相手方の提供するク
           レジットラインが削減される可能性があり、その結果、当ファンドの運用に支障が出る可能性がありま
           す。
           受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社が辞任した後、委託
           会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社は当ファンドの信託を終了させます。
        ③ 収益分配に係る留意点
          ファンドの収益分配金は、収益分配方針に基づいて、委託会社が決定します。
          委託会社の判断により、基準価額の水準、市場動向等、分配対象収益の水準によって分配を行わない場合が
          あります。
                                24/83




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ④ 投資信託に関する一般的な留意点

          (A)当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の
             適用はありません。
          (B)当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取引市
             場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢から期待で
             きる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。これにより、基準価額
             にマイナスの影響をおよぼす可能性や、換金の申し込みの受付けが中止となる可能性、換金代金のお
             支払いが遅延する可能性があります。
          (C)当ファンドは、預金や保険契約ではありません。また、預金保険機構及び保険契約者保護機構の保護
             の対象ではありません。加えて、証券会社を通して購入していない場合には、投資者保護基金の対象
             とはなりません。
    (2)リスク管理体制

        投資信託財産に係る運用のリスク管理は、業務管理部とコンプライアンス部が関係諸法令及び一般社団法人投資
       信託協会の定める諸規則等、並びに社内規程違反等がないか監視する他、信託財産の運用成果とその内容について
       客観的に把握するため、定期的にパフォーマンス評価を実施するとともに、流動性リスクを含む運用リスクの状況
       及び運用事務状況をモニタリングします。
       尚、この内容については原則月次で開催されるコンプライアンス委員会に報告されます。
      コンプライアンス部

       コンプライアンス部は、法令・諸規則の遵守態勢の整備に関する事項および運用のリスク管理に関する事項、なら
      びに顧客属性調査等及び対外契約審査全般に関する事項、その他コンプライアンスに関する事項全般を統括する。
      業務管理部

       業務管理部は、法定帳簿作成・管理に係る事項、顧客管理に関する事項、その他運用事務・管理全般に関する事項
      を分掌する。
      コンプライアンス委員会

       コンプライアンス委員会は、コンプライアンス部が策定したコンプライアンスプログラム案の審議・承認する他、
      承認済みのコンプライアンスプログラムの進捗状況及び月次社内コンプライアンスチェックリストの集計報告や運用
      リスクモニタリング結果及び運用事故等の報告並びにリスク管理事項の見直し及び運用委員会への上程について審
      議・決定する。
     ※上記体制は2022年9月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。

                                25/83







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                26/83





















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】

    (1)【申込手数料】
        販売会社が定めるものとします。申込手数料率につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わ
        せください。
        ・販売会社における申込手数料率は3.30%(税抜3%)が上限となっております。
        ・申込手数料の額(1口当たり)は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額に申込手数料率を乗じて得た額とし
         ます。
        ・<分配金再投資コース>の場合、収益分配金の再投資により取得する口数については、申込手数料はかかりま
         せん。
        ※申込手数料は、商品および関連する投資環境の説明や情報提供など、ならびに購入に関する事務コストの対価
         です。
    (2)【換金(解約)手数料】

     ① 換金手数料
       ありません。
     ② 信託財産留保額
       ありません。
    (3)【信託報酬等】

     ① 信託報酬
                    信託報酬率(年率)<純資産総額に対し>
        当ファンド                    1.3530%(税抜1.23%)
        投資対象とする投資信託証券                    1.3566%(税抜年1.3560%)程度
                                          ※ 1
        実質的負担
                            2.7096%(税抜2.5860%)程度
        ・当ファンドの信託報酬は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に対し年1.3530%(税抜1.23%)の
         率を乗じて得た額とします。
         ※ 1
           当ファンドが投資対象とする投資信託証券の信託報酬等を加味して、投資者が実質的に負担する信託報酬
          について算出したものです。
         ※投資対象とする投資信託証券の信託報酬の詳細については、「第1 ファンドの状況-2 投資方針-
          (2)投資対象」-「投資対象とする投資信託証券の概要」をご覧ください。
     ② 信託報酬の配分
        当ファンドの信託報酬の配分は、以下の通りとします。
                          信託報酬率(年率)
            合計           委託会社            販売会社            受託会社
            1.23%            0.58%            0.60%            0.05%
        ※表中の率は税抜です。別途消費税がかかります。
        役務の内容
         委託会社      委託した資金の運用の対価
               運用報告書など各種書類の送付、口座内でのファンドの管理、購入後の情報提
         販売会社
               供などの対価
         受託会社      運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価
     ③ 支払時期

        信託報酬(信託報酬に係る消費税等相当額を含みます。)は日々計上され、毎計算期末または信託終了のとき
        に、信託財産から支払います。
                                27/83



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)【その他の手数料等】

     ① 当ファンドの組入有価証券の売買に係る売買委託手数料ならびに外国投資信託証券に係る保管費用等は、受益者
        の負担とし、信託財産中から支払われます。
                          ※
     ② 信託財産の財務諸表の監査に要する費用                     は、受益者の負担とし、当ファンドの計算期間を通じて毎日、当該計算
        期間の日数で除して計算し、毎計算期末または信託終了のとき、当該消費税等相当額とともに信託財産中から支
        払われます。
     ③ 信託財産に関する租税、信託事務の処理等に要する諸費用(法律顧問・税務顧問への報酬、印刷費用、公告費
        用、格付費用、受益権の管理事務に関連する費用等を含みます。以下「諸経費」といいます。)および諸経費に
        かかる消費税等相当額ならびに受託会社の立替えた立替金の利息は信託財産中から支払われます。
     ④ 信託財産において一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的として資金借入れの指図を行った場合、当該借入金
        の利息は信託財産中から支払われます。
     ⑤ 投資する投資信託証券において上記①から④の費用と同様の費用がかかり、当該費用は、投資する投資信託証券
        の信託財産中から支払われます。また、投資する投資信託証券の一部には、実績報酬が発生するものがある場合
        があります。その場合には、当該投資信託証券の信託財産中から支払われます。
     ※監査費用は、監査法人などに支払うファンドの監査に係る費用です。

     上記その他の手数料等は、運用の状況等により異なるため、料率、上限率等をあらかじめ表示することができませ

     ん。
     受益者が負担する手数料などの合計額については、保有期間や運用の状況などに応じて異なるため、あらかじめ表示

     することができません。
     上記手数料等については、販売会社または委託会社までお問い合わせください。

    (5)【課税上の取扱い】

        課税上は、株式投資信託として取り扱われます。公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度の適用対象で
        す。
     ① 個人受益者の場合
      1)収益分配金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については配当所得として、20.315%(所得税15.315%および地
         方税5%)の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。なお、確定申告を
         行ない、申告分離課税または総合課税(配当控除の適用はありません。)のいずれかを選択することもできま
         す。
                                28/83







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2)解約金および償還金に対する課税

                          *
         解約時および償還時の差益(譲渡益)                   については譲渡所得として、20.315%(所得税15.315%および地方税
         5%)の税率による申告分離課税の対象となり、確定申告が必要となります。なお、源泉徴収ありの特定口座
         (源泉徴収選択口座)を選択している場合は、20.315%(所得税15.315%および地方税5%)の税率による源
         泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
        *解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を含みます。)を
         控除した利益
        ※確定申告等により、解約時および償還時の差損(譲渡損失)については、上場株式等の譲渡益、上場株式等の
         配当等および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)と損益通算が可能です。
         また、解約時および償還時の差益(譲渡益)、普通分配金および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選
         択したものに限ります。)については、上場株式等の譲渡損失と損益通算が可能です。
        ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合、毎年、年間120万円の範囲で新たに購入した公
         募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が5年間非課税となります。ご利用になれるのは、成
         年の方で、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。また、未成年
         者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)をご利用の場合、未成年の居住者などを対象に、年間80万円の範囲で
         新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が5年間非課税となります。詳しく
         は、販売会社にお問い合わせください。
     ② 法人受益者の場合
      1)収益分配金、解約金、償還金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本超過額については配当所
         得として、15.315%(所得税のみ)の税率による源泉徴収が行なわれます。源泉徴収された税金は、所有期間
         に応じて法人税から控除される場合があります。
      2)益金不算入制度の適用
         益金不算入制度は適用されません。
     ※買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
     ③ 個別元本
      1)各受益者の買付時の基準価額(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額は含まれません。)が個別
         元本になります。
      2)受益者が同一ファンドを複数回お申込みの場合、1口当たりの個別元本は、申込口数で加重平均した値となり
         ます。ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申込みの場合などにより把握方法が異なる場合があ
         りますので、販売会社にお問い合わせください。
                                29/83








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ④ 普通分配金と元本払戻金(特別分配金)

      1)収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」(元本の一部
         払戻しに相当する部分)の区分があります。
      2)受益者が収益分配金を受け取る際
         イ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本と同額かまたは上回っている場合には、
           当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
         ロ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本を下回っている場合には、収益分配金の
           範囲内でその下回っている部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、収益分配金から元本払戻金(特別
           分配金)を控除した金額が普通分配金となります。
         ハ)収益分配金発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の受益者の個別
           元本となります。
         ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。












       ※税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更になる場合があります。
       ※税金の取扱いの詳細については、税務専門家などにご確認されることをお勧めします。
                                30/83



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】

    以下の運用状況は2022年9月末日現在です。
    ・投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    (1)【投資状況】

             資産の種類                国・地域          時価合計(円)            投資比率(%)
           投資信託受益証券                   日本               3,823,500            1.65
             投資証券               アイルランド                224,339,793            96.76
      現金・預金・その他資産(負債控除後)                         -               3,688,682            1.59
                合計(純資産総額)                             231,851,975            100.00
    (注)国・地域は、発行者が法的に登録されている国の、または登録が行われていない場合は法的な所在地のある国を表
      します。
    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】
    イ.評価額上位銘柄明細
                                  簿価      簿価      評価      評価    投資
     国・                      数量又は
         種類         銘柄名                単価      金額      単価      金額    比率
     地域                      額面総額
                                  (円)      (円)      (円)      (円)     (%)
    アイル    投資証券     Value   Partners     Classic
                           93,607.31       2,599.33     243,317,177        2,396.60     224,339,793      96.76
    ランド
             Equity    Fund
    日本    投資信託     iシェアーズ・コア日本国債
                             1,500      2,587    3,880,500        2,549    3,823,500     1.65
        受益証券     ETF
    (注)国・地域は、発行者が法的に登録されている国の、または登録が行われていない場合は法的な所在地のある国を表
      します。
    ロ.種類別の投資比率

                  種類                     投資比率(%)

              投資信託受益証券                                  1.65
                投資証券                                96.76
                合  計                                98.41
    ②【投資不動産物件】

    該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

    該当事項はありません。
                                31/83






                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用実績】

    ①【純資産の推移】
                           純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)
            期別
                        分配落ち        分配付き         分配落ち         分配付き
             (2013年    2月25日)
     第13計算期間末                    712,419,620         747,757,198           1.0080         1.0580
             (2013年    8月26日)
     第14計算期間末                    596,516,600         596,516,600           0.9886         0.9886
             (2014年    2月25日)
     第15計算期間末                    464,100,076         529,128,289           0.9992         1.1392
             (2014年    8月25日)
     第16計算期間末                    445,234,798         467,143,496           1.0161         1.0661
             (2015年    2月25日)
     第17計算期間末                    406,724,669         465,310,716           1.0414         1.1914
             (2015年    8月25日)
     第18計算期間末                    315,964,481         315,964,481           0.9195         0.9195
             (2016年    2月25日)
     第19計算期間末                    266,862,550         266,862,550           0.8371         0.8371
             (2016年    8月25日)
     第20計算期間末                    265,741,655         265,741,655           0.8713         0.8713
             (2017年    2月27日)
     第21計算期間末                    282,614,591         284,024,398           1.0023         1.0073
             (2017年    8月25日)
     第22計算期間末                    264,116,113         289,865,015           1.0257         1.1257
             (2018年    2月26日)
     第23計算期間末                    247,763,692         264,461,314           1.0387         1.1087
             (2018年    8月27日)
     第24計算期間末                    226,142,732         226,142,732           0.9646         0.9646
             (2019年    2月25日)
     第25計算期間末                    225,320,884         225,320,884           0.9602         0.9602
             (2019年    8月26日)
     第26計算期間末                    198,281,418         198,281,418           0.8945         0.8945
             (2020年     2月25日)
     第27計算期間末                    217,265,630         217,265,630           0.9978         0.9978
             (2020年     8月25日)
     第28計算期間末                    236,424,064         243,022,878           1.0748         1.1048
             (2021年     2月25日)
     第29計算期間末                    335,753,608         343,001,903           1.3897         1.4197
             (2021年     8月25日)
     第30計算期間末                    315,371,630         315,371,630           1.2601         1.2601
             (2022年     2月25日)
     第31計算期間末                    253,800,160         253,800,160           1.0908         1.0908
             (2022年     8月25日)
     第32計算期間末                    243,089,092         243,089,092           1.0486         1.0486
                2021年9月末日         300,164,505             -       1.2539           -
                  10月末日       304,333,258             -       1.2993           -
                  11月末日       295,000,319             -       1.2709           -
                  12月末日       286,474,618             -       1.2324           -
                2022年1月末日         264,353,252             -       1.1348           -
                   2月末日      254,486,027             -       1.0938           -
                   3月末日      251,289,027             -       1.0736           -
                   4月末日      233,056,053             -       1.0078           -
                   5月末日      240,235,701             -       1.0380           -
                   6月末日      274,995,099             -       1.1514           -
                   7月末日      256,413,135             -       1.0761           -
                   8月末日      251,210,307             -       1.0856           -
                   9月末日      231,851,975             -       1.0208           -
                                32/83



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ②【分配の推移】

          期                   期間                 1口当たりの分配金(円)
                2012年    8月28日~2013年        2月25日
         第13期                                                0.0500
                2013年    2月26日~2013年        8月26日
         第14期                                                0.0000
                2013年    8月27日~2014年        2月25日
         第15期                                                0.1400
                2014年    2月26日~2014年        8月25日
         第16期                                                0.0500
                2014年    8月26日~2015年        2月25日
         第17期                                                0.1500
                2015年    2月26日~2015年        8月25日
         第18期                                                0.0000
                2015年    8月26日~2016年        2月25日
         第19期                                                0.0000
                2016年    2月26日~2016年        8月25日
         第20期                                                0.0000
                2016年    8月26日~2017年        2月27日
         第21期                                                0.0050
                2017年    2月28日~2017年        8月25日
         第22期                                                0.1000
                2017年    8月26日~2018年        2月26日
         第23期                                                0.0700
                2018年    2月27日~2018年        8月27日
         第24期                                                0.0000
                2018年    8月28日~2019年        2月25日
         第25期                                                0.0000
                2019年    2月26日~2019年        8月26日
         第26期                                                0.0000
                2019年    8月27日~2020年        2月25日
         第27期                                                0.0000
                2020年    2月26日~2020年        8月25日
         第28期                                                0.0300
                2020年    8月26日~2021年        2月25日
         第29期                                                0.0300
                2021年    2月26日~2021年        8月25日
         第30期                                                0.0000
                2021年    8月26日~2022年        2月25日
         第31期                                                0.0000
                2022年    2月26日~2022年        8月25日
         第32期                                                0.0000
                                33/83










                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ③【収益率の推移】

          期                   期間                    収益率(%)
                2012年    8月28日~2013年        2月25日
         第13期                                                37.56
                2013年    2月26日~2013年        8月26日
         第14期                                                △1.92
                2013年    8月27日~2014年        2月25日
         第15期                                                15.23
                2014年    2月26日~2014年        8月25日
         第16期                                                 6.70
                2014年    8月26日~2015年        2月25日
         第17期                                                17.25
                2015年    2月26日~2015年        8月25日
         第18期                                               △11.71
                2015年    8月26日~2016年        2月25日
         第19期                                                △8.96
                2016年    2月26日~2016年        8月25日
         第20期                                                 4.09
                2016年    8月26日~2017年        2月27日
         第21期                                                15.61
                2017年    2月28日~2017年        8月25日
         第22期                                                12.31
                2017年    8月26日~2018年        2月26日
         第23期                                                 8.1
                2018年    2月27日~2018年        8月27日
         第24期                                                △7.1
                2018年    8月28日~2019年        2月25日
         第25期                                                △0.5
                2019年    2月26日~2019年        8月26日
         第26期                                                △6.8
                2019年    8月27日~2020年        2月25日
         第27期                                                 11.5
                2020年    2月26日~2020年        8月25日
         第28期                                                 10.7
                2020年    8月26日~2021年        2月25日
         第29期                                                 32.1
                2021年    2月26日~2021年        8月25日
         第30期                                                △9.3
                2021年    8月26日~2022年        2月25日
         第31期                                                △13.4
                2022年    2月26日~2022年        8月25日
         第32期                                                △3.9
    (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落ち)に当該計算期間の分配金を加算し、当該計算期間の直
      前の計算期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で
      除して得た数に100を乗じた数です。
                                34/83









                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)【設定及び解約の実績】

          期                期間             設定口数(口)            解約口数(口)
                2012年    8月28日~2013年        2月25日
         第13期                                   5,157,434           161,712,748
                2013年    2月26日~2013年        8月26日
         第14期                                   7,856,597           111,224,791
                2013年    8月27日~2014年        2月25日
         第15期                                   2,896,846           141,792,981
                2014年    2月26日~2014年        8月25日
         第16期                                  11,544,115            37,857,385
                2014年    8月26日~2015年        2月25日
         第17期                                   8,445,832           56,046,147
                2015年    2月26日~2015年        8月25日
         第18期                                  42,621,388            89,574,086
                2015年    8月26日~2016年        2月25日
         第19期                                   3,698,081           28,538,751
                2016年    2月26日~2016年        8月25日
         第20期                                   3,704,006           17,495,534
                2016年    8月26日~2017年        2月27日
         第21期                                   6,937,209           29,964,475
                2017年    2月28日~2017年        8月25日
         第22期                                   6,315,887           30,788,354
                2017年    8月26日~2018年        2月26日
         第23期                                  32,070,608            51,022,164
                2018年    2月27日~2018年        8月27日
         第24期                                  18,699,703            22,784,402
                2018年    8月28日~2019年        2月25日
         第25期                                  12,261,243            12,056,335
                2019年    2月26日~2019年        8月26日
         第26期                                  14,357,086            27,358,066
                2019年    8月27日~2020年        2月25日
         第27期                                  16,143,505            20,051,425
                2020年    2月26日~2020年        8月25日
         第28期                                  15,943,023            13,731,305
                2020年    8月26日~2021年        2月25日
         第29期                                  57,298,891            35,649,535
                2021年    2月26日~2021年        8月25日
         第30期                                  60,443,451            51,783,118
                2021年    8月26日~2022年        2月25日
         第31期                                  19,403,886            37,003,445
                2022年    2月26日~2022年        8月25日
         第32期                                  26,268,543            27,114,806
                                35/83










                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ≪参考情報≫

                                36/83




















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】

    1【申込(販売)手続等】

    (1)申込方法
        販売会社所定の方法でお申し込みください。
    (2)コースの選択
        収益分配金の受取方法によって、<分配金再投資コース>と<分配金受取りコース>の2通りがあります。ただ
        し、販売会社によって取扱コースは異なります。
        <分配金再投資コース>
         収益分配金を自動的に再投資するコースです。
        <分配金受取りコース>
         収益分配金を再投資せず、その都度受け取るコースです。
    (3)申込みの受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
    (4)取扱時間
        原則として、午後3時までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。なお、上記時
        刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
    (5)取得申込不可日
        販売会社の営業日であっても、取得申込日が下記のいずれかに該当する場合は、取得の申込みの受付は行ないま
        せん。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ●香港もしくはダブリンの銀行の休業日
        ●香港の取引所の休業日
    (6)申込金額
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額に取得申込口数を乗じて得た額に、申込手数料と当該手数料に係る消費税
        等相当額を加算した額です。
    (7)申込単位
        販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
         委託会社の照会先
             <ファイブスター投信投資顧問株式会社 お客様デスク>
              電  話  番  号:03-3553-8711
              受  付  時  間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時まで
              ホームページアドレス:https://www.fivestar-am.co.jp/
    (8)申込代金の支払い

        取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する日までに販売会社へお支払いください。
    (9)受付の中止および取消
                     ※
        委託会社は、金融商品取引所              における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得な
        い事情があるときは、取得の申込みの受付を中止すること、および既に受け付けた取得の申込みの受付を取り消
        すことができます。
        ※金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定す
         る外国金融商品市場をいいます。
                                37/83





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【換金(解約)手続等】

    <解約請求による換金>
    (1)解約の受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
    (2)取扱時間
        原則として、午後3時までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。なお、上記時
        刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
    (3)解約請求不可日
        販売会社の営業日であっても、解約請求日が下記のいずれかに該当する場合は、解約請求の受付は行ないませ
        ん。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ●香港もしくはダブリンの銀行の休業日
        ●香港の取引所の休業日
    (4)解約制限
        ファンドの規模および商品性格などに基づき、運用上の支障をきたさないようにするため、大口の解約には受付
        時間制限および金額制限(1億口または1億円以上の解約は、正午まで)を行なう場合があります。詳しくは、
        販売会社にお問い合わせください。
    (5)解約価額
        解約請求受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
         委託会社の照会先
             <ファイブスター投信投資顧問株式会社 お客様デスク>
              電  話  番  号:03-3553-8711
              受  付  時  間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時まで
              ホームページアドレス:https://www.fivestar-am.co.jp/
    (6)手取額

        1口当たりの手取額は、解約価額から所得税および地方税を差し引いた金額となります。
        ※税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更になる場合があります。
         詳しくは、「課税上の取扱い」をご覧ください。
    (7)解約単位
        1口単位
        ※販売会社によっては、解約単位が異なる場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
    (8)解約代金の支払い
        原則として、解約請求受付日から起算して8営業日目からお支払いします。
    (9)受付の中止および取消
      ・委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない
        事情があるときは、解約請求の受付を中止すること、および既に受け付けた解約請求の受付を取り消すことがで
        きます。
      ・解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行なった当日の解約請求を撤回できます。
        ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日
        (この計算日が解約請求を受け付けない日であるときは、この計算日以降の最初の解約請求を受け付けることが
        できる日とします。)に解約請求を受け付けたものとして取り扱います。
                                38/83




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】
     ① 基準価額の算出
      ・基準価額は委託会社の営業日において日々算出されます。
      ・基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きます。)を評価して
        得た信託財産の総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を、計算日における受益権総口数で除した金額
        をいいます。なお、ファンドは1万口当たりに換算した価額で表示することがあります。
     ② 有価証券などの評価基準








      ・信託財産に属する資産については、法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価または一部償却原価
        法により評価します。
        <主な資産の評価方法>
        ◇投資信託証券
         原則として、基準価額計算日に知りうる直近の日の基準価額で評価します。
       ・外貨建資産(外国通貨表示の有価証券、預金その他の資産をいいます。)の円換算については、原則としてわが
        国における計算日の対顧客相場の仲値によって計算します。
     ③ 基準価額の照会方法
        販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
         委託会社の照会先
             <ファイブスター投信投資顧問株式会社 お客様デスク>
              電  話  番  号:03-3553-8711
              受  付  時  間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時まで
              ホームページアドレス:https://www.fivestar-am.co.jp/
    (2)【保管】

        該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

        無期限とします(2006年10月31日設定)。ただし、約款の規定に基づき、信託契約を解約し、信託を終了させる
        ことがあります。
                                39/83

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)【計算期間】

        毎年2月26日から8月25日までおよび8月26日から翌年2月25日までとします。ただし、各計算期間の末日が休業日
        のときはその翌営業日を計算期間の末日とし、その翌日より次の計算期間が開始されます。
                                40/83



















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (5)【その他】

     ① 信託の終了(繰上償還)
      1)委託会社は、次のいずれかの場合には、受託会社と合意の上、信託契約を解約し繰上償還させることができま
         す。
         イ)受益者の解約により受益権の口数が10億口を下回ることとなった場合
         ロ)繰上償還することが受益者のために有利であると認めるとき
         ハ)やむを得ない事情が発生したとき
      2)この場合、あらかじめ、その旨およびその理由などを公告し、かつ知られたる受益者に書面を交付します。た
         だし、全ての受益者に書面を交付した場合は、原則として公告を行ないません。
      3)この繰上償還に異議のある受益者は、一定の期間内(1ヵ月以上で委託会社が定めます。以下同じ。)に異議
         を述べることができます。(後述の「異議の申立て」をご覧ください。)
      4)委託会社は、次のいずれかの場合には、後述の「異議の申立て」の規定は適用せず、信託契約を解約し繰上償
         還させます。
         イ)信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合で、一定の期間を設けてその公告およ
           び書面の交付が困難な場合
         ロ)監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたとき
         ハ)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき(監督官庁が
           この信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じ、異議申立の結果、信託約款
           の変更が成立の場合を除きます。)
         ニ)受託会社が委託会社の承諾を受けてその任務を辞任した場合またはその任務に違反するなどして解任され
           た場合に、委託会社が新受託会社を選任できないとき
      5)繰上償還を行なう際には、委託会社は、その旨をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
     ② 償還金について
      ・償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日の場合は翌営
        業日)から起算して5営業日まで)から受益者に支払います。
      ・償還金の支払いは、販売会社において行なわれます。
     ③ 信託約款の変更
      1)委託会社は、受託会社と合意の上、この信託約款を変更することができます。信託約款の変更を行なう際に
         は、委託会社は、その旨をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
      2)この変更事項のうち、その内容が重大なものについては、あらかじめ、その旨およびその内容などを公告し、
         かつ知られたる受益者に書面を交付します。ただし、全ての受益者に書面を交付した場合は、原則として公告
         を行ないません。
      3)この信託約款の変更に異議のある受益者は、一定の期間内に異議を述べることができます。(後述の「異議の
         申立て」をご覧ください。)
      4)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後述の「異議の申立て」の
         規定を適用します。
     ④ 異議の申立て
      1)繰上償還または信託約款の重大な変更に対して、受益者は一定の期間内に委託会社に対して所定の手続きによ
         り異議を述べることができます。一定の期間内に、異議を述べた受益者の受益権口数が受益権総口数の二分の
         一を超えるときは、繰上償還または信託約款の変更は行ないません。
      2)委託会社は、繰上償還または信託約款の変更を行なわない場合は、その旨およびその理由などを公告し、かつ
         知られたる受益者に書面を交付します。ただし、全ての受益者に書面を交付した場合は、原則として公告を行
         ないません。
      3)なお、一定の期間内に、異議を述べた受益者の受益権口数が受益権総口数の二分の一以下で、繰上償還、信託
         約款の変更を行なう場合は、異議を述べた受益者は受託会社に対し、自己に帰属する受益権を信託財産をもっ
         て買い取るべき旨を請求できます。
                                41/83



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ⑤ 公告









        公告は電子公告により行ない、委託会社のホームページに掲載します。
         ホームページ       アドレス  https://www.fivestar-am.co.jp/
        ※なお、やむを得ない事由によって公告を電子公告によって行なうことができない場合には、公告は日本経済新
         聞に掲載します。
     ⑥ 運用報告書の作成
      ・委託会社は、毎期決算後および償還後に期中の運用経過、組入有価証券の内容および有価証券の売買状況などを
        記載した運用報告書を作成します。
      ・交付運用報告書は、原則として知れている受益者に対して交付されます。
      ・運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページに掲載されます。ただし、受益者から運用報告書(全体版)
        の交付請求があった場合には、交付します。
          ホームページ       アドレス  https://www.fivestar-am.co.jp/
     ⑦ 関係法人との契約について
        販売会社との募集の取扱いなどに関する契約の有効期間は契約日より1年間とします。ただし、期間満了の3ヵ
        月前(または60日前)までに、販売会社、委託会社いずれからも別段の意思表示がないときは、自動的に1年間
        延長されるものとし、以後も同様とします。
    4【受益者の権利等】

     受益者の有する主な権利は次の通りです。
    (1)収益分配金・償還金受領権
      ・受益者は、ファンドの収益分配金・償還金を、自己に帰属する受益権の口数に応じて受領する権利を有します。
      ・ただし、受益者が収益分配金については支払開始日から5年間、償還金については支払開始日から10年間請求を
        行なわない場合はその権利を失い、その金銭は委託会社に帰属します。
    (2)解約請求権
        受益者は、自己に帰属する受益権につき販売会社を通じて、委託会社に解約の請求をすることができます。
    (3)帳簿閲覧権
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内にファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧を請求することがで
        きます。
                                42/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

     (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59

         号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133
         号)に基づいて作成しております。
         なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2) 当ファンドの計算期間は、6ヶ月であるため、財務諸表は6ヶ月ごとに作成しております。

     (3) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第32期計算期間(2022年2月26日から2022年8

         月25日まで)の財務諸表について、イデア監査法人による監査を受けております。
                                43/83
















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】
     ディープリサーチ・チャイナ・ファンド
    (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                   第31期              第32期
                                (2022年2月25日現在)              (2022年8月25日現在)
     資産の部
       流動資産
                                      10,101,284              10,670,713
        金銭信託
                                       3,964,500              3,880,500
        投資信託受益証券
                                      243,277,204              235,692,401
        投資証券
                                      257,342,988              250,243,614
        流動資産合計
                                      257,342,988              250,243,614
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        471,226             4,398,160
        未払解約金
                                         81,419              67,937
        未払受託者報酬
                                       1,921,462              1,603,279
        未払委託者報酬
                                       1,068,721              1,085,146
        その他未払費用
                                       3,542,828              7,154,522
        流動負債合計
                                       3,542,828              7,154,522
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                      232,670,623              231,824,360
        元本
        剰余金
                                      21,129,537              11,264,732
         期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                      53,730,733              47,872,888
         (分配準備積立金)
                                      253,800,160              243,089,092
        元本等合計
                                      253,800,160              243,089,092
       純資産合計
                                      257,342,988              250,243,614
     負債純資産合計
                                44/83








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                   第31期              第32期
                                自 2021年8月26日              自 2022年2月26日
                                至 2022年2月25日              至 2022年8月25日
     営業収益
                                                       27,000
      受取配当金                                     -
                                           1              1
      受取利息
                                     △ 51,203,197             △ 52,737,288
      有価証券売買等損益
                                      15,185,241              45,068,485
      為替差損益
                                                       2,624
                                           -
      その他収益
                                     △ 36,017,955              △ 7,639,178
      営業収益合計
     営業費用
                                         81,419              67,937
      受託者報酬
                                       1,921,462              1,603,279
      委託者報酬
                                       1,079,413              1,089,569
      その他費用
                                       3,082,294              2,760,785
      営業費用合計
                                     △ 39,100,249             △ 10,399,963
     営業利益又は営業損失(△)
                                     △ 39,100,249             △ 10,399,963
     経常利益又は経常損失(△)
                                     △ 39,100,249             △ 10,399,963
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                        194,655             △ 793,487
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                      65,101,448              21,129,537
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       4,959,349              2,184,019
     剰余金増加額又は欠損金減少額
      当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                           -              -
      額
      当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                       4,959,349              2,184,019
      額
                                       9,636,356              2,442,348
     剰余金減少額又は欠損金増加額
      当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       9,636,356              2,442,348
      額
      当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                           -              -
      額
                                           -              -
     分配金
                                      21,129,537              11,264,732
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                45/83








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                       第32期
             項目                       自  2022年    2月26日
                                    至  2022年    8月25日
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  投資信託受益証券及び投資証券
                      移動平均法に基づき、時価で評価しております。時価評価にあたっては、投資信
                      託受益証券及び投資証券の基準価額に基づいて評価しております。
    2.その他財務諸表作成のための基礎と                  (1)外貨建取引等の処理基準
      なる事項                外貨建取引については、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令
                      第133号)第60条に基づき、取引発生時の外国通貨の額をもって記録する方法を採
                      用しております。但し、同第61条に基づき、外国通貨の売却時において、当該外
                      国通貨に加えて、外貨建資産等の外貨基金勘定及び外貨建各損益勘定の前日の外
                      貨建純資産額に対する当該売却外国通貨の割合相当額を当該外国通貨の売却時の
                      外国為替相場等で円換算し、前日の外貨基金勘定に対する円換算した外貨基金勘
                      定の割合相当の邦貨建資産等の外国投資勘定と、円換算した外貨基金勘定を相殺
                      した差額を為替差損益とする計理処理を採用しております。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

      該当事項はありません。
    (貸借対照表に関する注記)

                         第31期                      第32期
         項目
                     (2022年     2月25日現在)                 (2022年     8月25日現在)
    1.   投資信託財産に係
       る期首元本額、期
       中追加設定元本額
       及び期中一部解約
       元本額
               期首元本額               250,270,182円       期首元本額               232,670,623円
               期中追加設定元本額                19,403,886円      期中追加設定元本額                26,268,543円
               期中一部解約元本額                37,003,445円      期中一部解約元本額                27,114,806円
    2.   元本の欠損                              -                             -
    3.   計算期間末日にお                        232,670,623口                      231,824,360口
       ける受益権の総数
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                 第31期                 第32期
                              自  2021年    8月26日            自  2022年    2月26日
              項目
                              至  2022年    2月25日            至  2022年    8月25日
    分配金の計算過程
    費用控除後の配当等収益額                                   -円                 -円
    費用控除後・繰越欠損金補填後の有価証券売買
                                       -円                 -円
    等損益額
    収益調整金額                               55,824,795円                 61,285,368円
    分配準備積立金額                               53,730,733円                 47,872,888円
    当ファンドの分配対象収益額                              109,555,528円                 109,158,256円
    当ファンドの期末残存口数                              232,670,623口                 231,824,360口
    1万口当たり収益分配対象額                                4,708.61円                 4,708.66円
    1万口当たり分配金額                                   -円                 -円
    収益分配金金額                                   -円                 -円
                                46/83




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

                              第31期                   第32期
            項目
                           自  2021年    8月26日              自  2022年    2月26日
                           至  2022年    2月25日              至  2022年    8月25日
    1.金融商品の状況に関する事項                  ・金融商品に対する取組方針                   ・金融商品に対する取組方針
                       当ファンドは、投資信託及び投資法人                   同左
                      に関する法律第2条第4項に定める証券
                      投資信託であり、信託約款に規定する運
                      用の基本方針に従い、有価証券等の金融
                      商品に対して投資として運用することを
                      目的としております。
                      ・金融商品の内容及びその金融商品に係                   ・金融商品の内容及びその金融商品に係
                      るリスク                   るリスク
                       当ファンドが保有する金融商品の種類                   同左
                      は、有価証券、金銭信託等の金銭債権及
                      び金銭債務であります。
                      当ファンドが保有する有価証券の詳細は
                      「(有価証券に関する注記)」に記載して
                      おります。これらは、価格変動リスク、
                      為替変動リスク、金利変動リスクなどの
                      市場リスク、信用リスク、及び流動性リ
                      スクに晒されております。
                      ・金融商品に係るリスク管理体制                   ・金融商品に係るリスク管理体制
                       複数の部署において信託約款等の遵守                   同左
                      状況、市場リスク、信用リスク、流動性
                      リスク等のモニタリングを行いコンプラ
                      イアンス委員会において評価しておりま
                      す。信託財産全体としてのリスク管理
                      を、金融商品、リスクの種類ごとに行っ
                      ております。
                      ・金融商品の時価等に関する事項につい                   ・金融商品の時価等に関する事項につい
                      ての補足説明                   ての補足説明
                       金融商品の時価の算定においては一
                                          同左
                      定の前提条件等を採用しているため、
                      異なる前提条件等によった場合、当該
                      価額が異なることもあります。
    2.金融商品の時価等に関する事項                  ・貸借対照表計上額、時価及びその差額                   ・貸借対照表計上額、時価及びその差額
                       貸借対照表上の金融商品は、原則とし                   同左
                      てすべて時価評価されているため、貸借
                      対照表計上額と時価との差額はありませ
                      ん。
                      ・時価の算定方法                   ・時価の算定方法
                       投資信託受益証券、投資証券                   同左
                       「(重要な会計方針に係る事項に関す
                      る注記)」に記載しております。
                       デリバティブ取引

                       該当はありません。
                       金銭信託等の金銭債権及び金銭債務

                       これらの科目は短期間で決済されるた
                      め、帳簿価額は時価と近似していること
                      から、当該帳簿価額を時価としておりま
                      す。
                                47/83






                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
                            第31期                    第32期
                        (2022年     2月25日現在)               (2022年     8月25日現在)
           種類
                      損益に含まれた評価差額(円)                    損益に含まれた評価差額(円)
    投資信託受益証券                               △5,862                    △84,000
    投資証券                             △51,513,616                    △52,653,289
    合計                             △51,519,478                    △52,737,289
    (デリバティブ取引に関する注記)

    該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
    (1口当たり情報)

                              第31期                  第32期
            項目
                          (2022年     2月25日現在)              (2022年     8月25日現在)
    1口当たり純資産額                                 1.0908円                  1.0486円
    (1万口当たり)                                (10,908円)                  (10,486円)
                                48/83












                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)【附属明細表】

    第1 有価証券明細表
    ①株式
    該当事項はありません。
    ②株式以外の有価証券

      種類         通貨              銘柄            券面総額          評価額       備考

    投資信託受     日本円            iシェアーズ・コア日本国債ET
                                            1,500         3,880,500
    益証券                 F
          日本円小計                                  1,500         3,880,500
    投資信託受益証券合計                                        1,500         3,880,500
    投資証券     米ドル            Value   Partners     Classic    Equity
                                          95,857.03         1,720,633.68
                     Fund
                                          95,857.03         1,720,633.68
          米ドル小計
                                                   (235,692,401)
                                          95,857.03          235,692,401
    投資証券合計
                                                   (235,692,401)
                                                    239,572,901
    合計
                                                   (235,692,401)
    (注)投資信託受益証券、投資証券における券面総額欄の数値は、証券数を表示しております。
    有価証券明細表注記

    (注1)通貨の表示については、その通貨の表記単位で表示しています。
    (注2)通貨種類毎の小計欄の( )内は邦貨換算額であります。
    (注3)合計欄は邦貨額であります。( )内は外貨建有価証券の邦貨換算額であり、内数で表示しております。
    (注4)外貨建有価証券の内訳
                                     組入投資証券             合計金額に
          通貨               銘柄数
                                      時価比率            対する比率
    米ドル                投資証券            1銘柄         100.0%              100.00%
    第2 信用取引契約残高明細表

    該当事項はありません。
    第3   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。
                                49/83







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
    以下のファンドの現況は2022年9月30日現在です。
    【純資産額計算書】
    Ⅰ 資産総額                                234,983,727      円 
    Ⅱ 負債総額                                 3,131,752     円 
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                231,851,975      円 
    Ⅳ 発行済口数                                227,125,520      口 
    Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.0208   円 
                                50/83

















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

    (1)名義書換

        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券から記名
        式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求を行なわないものとします。
    (2)受益者に対する特典
        該当事項はありません。
    (3)譲渡制限の内容
     ① 譲渡制限はありません。
     ② 受益権の譲渡
      ・受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録さ
        れている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ・前述の申請のある場合には、振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少および譲受人
        の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとします。ただし、振
        替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他
        の振替機関等の上位機関を含みます。)に社債、株式等の振替に関する法律の規定にしたがい、譲受人の振替先
        口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知するものとします。
      ・前述の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている振替口座
        簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合などにおいて、委託会社が必要と
        認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができま
        す。
     ③ 受益権の譲渡の対抗要件
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗することがで
        きません。
    (4)受益証券の再発行
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発行の請求を
        行なわないものとします。
    (5)受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社債、株式等の振替に関する法律に定めるところにしたがい、一定日現在
        の受益権を均等に再分割できるものとします。
    (6)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、解約請求の
        受付、解約金および償還金の支払いなどについては、約款の規定によるほか、民法その他の法令などにしたがっ
        て取り扱われます。
                                51/83







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

    (1)資本金の額等
       2022年9月末現在の委託会社の資本金の額:                                           2億3,325万円
       発行可能株式総数:                                             20,000株
       発行済株式総数:                                              6,640株
       最近5年間における資本金の額の増減:                             2021年3月31日に資本金2億3,105万円に増資
                                     2022年3月31日に資本金2億3,325万円に増資
    (2)委託会社等の機構

     ① 委託会社の機構は次の通りとなっております。委託会社の取締役は3名以上、監査役は1名以上とし、株主総会で
       選任されます。取締役の選任決議は、累積投票によらないものとします。取締役の任期は、選任後2年以内に終了
       する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとし、補欠又は増員により選任された取締役
       の任期は、退任した取締役または他の在任取締役の任期の満了すべき時までとします。委託会社の業務上重要な事
       項は、取締役会の決議により決定します。取締役会は、その決議により、取締役会長及び取締役社長各1名を選定
       し、また必要に応じて副社長、専務取締役および常務取締役各若干名を選定することができます。
     ② 組織図

      ※ 2022年9月末現在









     ③ 投資運用の意思決定機構

       a.運用部に所属するファンドマネジャーは国内外の経済環境や投資環境を分析し、その相場展望に基づく月次又
         は臨時の運用実施方針を作成します。
                                52/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       b.「運用委員会」は運用部から提出された運用実施方針を「コンプライアンス委員会」より上程された運用リス
         ク管理案や事故報告等を踏まえて総合的に審議し、月次の運用方針および各ファンドの運用計画を決定しま
         す。
       c.各ファンドマネジャーは定められた運用方針・運用計画に基づき、日々の資産配分・銘柄選択等を決定し、ト
         レーダーに売買に関する指図をします。
       d.「コンプライアンス委員会」は、原則として月次で運用実績・パフォーマンスを分析評価し、必要に応じて運
         用リスク管理案等を「運用委員会」へ上程します。
       e.「運用委員会」は、常勤取締役、常勤監査役、運用部長、コンプライアンス部長、業務管理部長、その他代表
        取締役に指名された者で構成し、原則として月次で開催される他、必要に応じて臨時で開催されます。
      ※ 2022年9月末現在
    2【事業の内容及び営業の概況】

     ・「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設定を行うと
      ともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として投資信託の運用および投資一任契約に基づく運用(投
      資運用業)を行っています。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業に係る業務の一部および投資助
      言業務を行っています。
     ・2022年9月末現在、委託会社が、運用する投資信託(親投資信託は除きます。)は以下のとおりです。
           ファンドの種類                本数         純資産総額
                                   40,370,500,667        円
          追加型株式投資信託                 31本
                                   10,720,197,327        円
          単位型株式投資信託                 14本
                                   51,090,697,994        円
              合計              45本
                                53/83












                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3  【委託会社等の経理状況】
     1. 財務諸表の作成方法について
        委託会社であるファイブスター投信投資顧問株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は、「財
      務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸 表等規
      則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年
      8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
        なお、財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
     2. 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第13期事業年度(2021年4月1日から2022年
      3月31日まで)の財務諸表について、イデア監査法人の監査を受けております。
                                54/83
















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)  【貸借対照表】

                                                  (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                                2021年3月31日               2022年3月31日
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                                420,958               354,752
       前払費用                                 3,287               1,570
       未収運用受託報酬                                113,478               11,496
       未収委託者報酬                                109,081               164,489
       立替金                                 4,706               5,914
       1年内回収予定の役員に対する長期貸付金                                 1,099               1,117
       未収還付法人税等                                  ―             1,624
                                         58               9
       その他
       流動資産合計                                652,669               540,973
      固定資産
       有形固定資産
        建物                             ※1    966               ※1    815
        器具備品                             ※1    414               ※1    260
        その他                                1,793               1,174
        有形固定資産合計                                3,174               2,250
       無形固定資産
        ソフトウェア                                 170               110
        無形固定資産合計                                 170               110
       投資その他の資産
        投資有価証券                               16,002               15,224
        役員に対する長期貸付金                                5,707               4,589
        差入保証金                                4,520               4,520
                                       8,306               4,902
        繰延税金資産
        投資その他の資産合計                               34,536               29,237
       固定資産合計                                37,880               31,597
      資産合計                                 690,550               572,571
     負債の部

      流動負債
       預り金                                38,247               9,807
       未払手数料                                42,402               65,783
       未払費用                                66,604               19,465
       未払法人税等                                61,474                811
       未払消費税等                                10,977               10,299
       賞与引当金                                13,360               15,780
                                       3,962               4,308
       その他
       流動負債合計                                237,030               126,256
      負債合計                                 237,030               126,256
     純資産の部

      株主資本
       資本金                                231,050               233,250
       資本剰余金
                                       94,050               96,250
        資本準備金
        資本剰余金合計                               94,050               96,250
       利益剰余金
        その他利益剰余金
         繰越利益剰余金                             128,418               118,590
        利益剰余金合計                              128,418               118,590
       株主資本合計                                453,518               448,090
                                55/83

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      評価・換算差額等
                                         1            △1,775
         その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額等合計                                     1            △1,775
      純資産合計                                  453,520               446,315
     負債純資産合計                                  690,550               572,571
                                56/83



















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)  【損益計算書】

                                                  (単位:千円)
                                 前事業年度               当事業年度
                              (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                               至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業収益
                                       576,693              192,880
      運用受託報酬
                                        1,519                ―
      投資助言報酬
                                       427,946              533,857
      委託者報酬
                                      1,006,159               726,737
      営業収益合計
     営業費用

                                       193,112              201,906
      支払手数料
                                        4,005              15,745
      広告宣伝費
                                       39,551              47,473
      調査費
                                       38,108              45,988
       調査費
                                        1,442              1,484
       委託調査費
      営業雑経費                                  3,506              3,848
                                        2,295              1,996
       通信費
                                        1,210              1,775
       協会費
                                         ―              77
       諸会費
      営業費用合計                                 240,175              268,974
     一般管理費

                                       444,838              294,975
      給料
                                       54,896              73,896
       役員報酬
                                       288,551              170,174
       給与手当
                                       37,188              11,208
       役員賞与
                                       50,842              23,916
       賞与
       賞与引当金繰入額                                   13,360              15,780
      福利厚生費                                   21,167              23,673
      交際費                                   1,667              1,788
      旅費交通費                                   3,478              3,848
      租税公課                                   8,744              5,664
      不動産賃借料                                   6,908              6,908
      固定資産減価償却費                                   2,041              1,668
                                       25,628              33,531
      諸経費
      一般管理費合計                                  514,474              372,058
                                       251,508               85,704

     営業利益
     営業外収益

                                                       104
      受取利息                                   121
                                                       120
      受取配当金                                   120
                                                       300
                                         ―
      助成金収入
      営業外収益合計                                   241              524
     営業外費用

      デリバティブ損失                                   985               ―
      その他                                     0              1
      営業外費用合計                                    985               1
                                       250,764               86,227

     経常利益
                                       250,764               86,227

     税引前当期純利益
                                       58,016              27,131
     法人税、住民税及び事業税
                                        7,947              3,405
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   65,963              30,536
     当期純利益
                                       184,801               55,691
                                57/83



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【株主資本等変動計算書】

    前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                                 (単位:千円)
                                    株主資本
                               資本剰余金           利益剰余金
                                       その他利益
                                                   株主資本
                       資本金
                                        剰余金
                                  資本剰余金           利益剰余金
                                                    合計
                            資本準備金
                                   合計           合計
                                        繰越利益
                                        剰余金
      当期首残高                  211,750      74,750      74,750     △56,382      △56,382      230,117
      当期変動額
       新株の発行(新株予約権の行
                        19,300      19,300      19,300                 38,600
       使)
       当期純利益                                  184,801      184,801      184,801
       株主資本以外の項目の当期変
       動額(純額)
      当期変動額合計                  19,300      19,300      19,300     184,801      184,801      223,401
      当期末残高                  231,050      94,050      94,050     128,418      128,418      453,518
                      評価・換算差額等

                     その他有価           純資産合計

                          評価・換算
                     証券評価差
                          差額等合計
                      額金
     当期首残高                   △48      △48    230,068

     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の行
                                  38,600
      使)
      当期純利益                           184,801
      株主資本以外の項目の当期変
                        50      50      50
      動額(純額)
     当期変動額合計                    50      50   223,451
     当期末残高                    1      1   453,520
                                58/83








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                                 (単位:千円)
                                    株主資本
                               資本剰余金           利益剰余金
                                       その他利益
                                                   株主資本
                       資本金
                                        剰余金
                                  資本剰余金           利益剰余金
                                                    合計
                            資本準備金
                                   合計           合計
                                        繰越利益
                                        剰余金
      当期首残高                  231,050      94,050      94,050     128,418      128,418      453,518
      当期変動額
       剰余金の配当                                 △65,520      △65,520      △65,520
       新株の発行(新株予約権の行
                        2,200      2,200      2,200                 4,400
       使)
       当期純利益                                  55,691      55,691      55,691
       株主資本以外の項目の当期変
       動額(純額)
      当期変動額合計                   2,200      2,200      2,200     △9,829      △9,829      △5,429
      当期末残高                  233,250      96,250      96,250     118,590      118,590      448,090
                      評価・換算差額等

                    その他有価           純資産合計

                          評価・換算
                    証券評価差
                          差額等合計
                      額金
     当期首残高                    1      1   453,520

     当期変動額
      剰余金の配当                           △65,520
      新株の発行(新株予約権の行
                                  4,400
      使)
      当期純利益                            55,691
      株主資本以外の項目の当期変
                      △1,776      △1,776      △1,776
      動額(純額)
     当期変動額合計                 △1,776      △1,776      △7,205
     当期末残高                 △1,775      △1,775      446,315
                                59/83







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項

    (重要な会計方針)

     1.  有価証券の評価基準及び評価方法

      (1)その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価
        は移動平均法により算定)
     2.  固定資産の減価償却の方法

       (1)有形固定資産

         定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物に
         ついては、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物       8~15年
             器具備品     4~10年
       (2)無形固定資産

         自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採
         用しております。
     3.  引当金の計上基準

       (1)貸倒引当金

         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
         債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)賞与引当金

         従業員賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当期負担額を計上しております。
      4.  収益及び費用の計上基準

         (1)運用受託報酬
         運用受託報酬は当社が請け負う投資一任契約に係る報酬で、基本報酬と成功報酬が含まれてお
         ります。基本報酬は主に、顧客との投資顧問契約で定める受託資産額、投資顧問報酬率、計算
         期間により算出された報酬金額を、役務を提供し、かつ当該金額が確定したときに計上しま
         す。成功報酬は、顧客との投資顧問契約で定める目標を達成し、当該金額が確定したときに計
         上します。
         (2)委託者報酬
         委託者報酬は当社が運用・管理を行うファンドに係る報酬で、基本報酬と成功報酬が含まれて
         おります。基本報酬は投資信託の信託約款に基づきファンドの日々の純資産総額に一定率を乗
         じて算出された報酬金額を、役務を提供し、かつ当該金額が確定したときに計上します。成功
         報酬は対象となるファンドの信託約款に基づき超過収益が発生した場合に収益に一定率を乗じ
         て算出された報酬金額を、当該金額が確定したときに計上します。
         (3)投資助言報酬
         投資助言報酬は当社が請け負う投資助言契約に係る報酬で、顧客との投資助言契約に基づき個
         別の契約で定める契約残高に一定率を乗じて算出された報酬金額を、役務を提供し、かつ当該
         金額が確定したときに計上します。
                                60/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5.  その他財務諸表作成のための基礎となる事項

       (1)消費税等の会計処理

         消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
    (重要な会計上の見積り)

     繰延税金資産の回収可能性について
     (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額

                            前事業年度                当事業年度
                          (2021年3月31日)                (2022年3月31日)
         繰延税金資産                     8,307千円                4,902千円
     (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

       当社は、繰延税金資産について、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できること
       や回収可能性があると判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上する方針としてお
       ります。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前
       提とした条件や仮定に変更が生じた場合、繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に重要な影響
       を与える可能性があります。
    (会計方針の変更)

    (収益認識に関する会計基準等の適用)

    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                              2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」と
    いう。)等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点
    で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
    収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱い
    に従っており、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当
    事業年度の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
    この結果、利益剰余金の期首残高への影響はありません。また、当事業年度の営業収益及び営業費用
    がそれぞれ7,945千円減少しております。
    (時価の算定に関する会計基準等の適用)

    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                              2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」と
    いう。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
    準」(企業会計基準第10号               2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会
    計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしました。なお、財務諸表に与
    える影響はありません。
     また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注
    記を行うことといたしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基
    準適用指針第19号 2019年7月4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前事業
    年度に係るものについては記載しておりません。
    (貸借対照表関係)

    ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                            前事業年度                  当事業年度

                          (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     建物                           1,732千円                  1,883千円
     器具備品                           1,339千円                  1,493千円
    (損益計算書関係)

                                61/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    該当事項はありません。
    当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    該当事項はありません。
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    1. 発行済株式に関する事項
                当事業年度期首             増加           減少        当事業年度末

    普通株式(株)                  5,780            772           -         6,552
       (変動事由の概要)

       新株の発行(新株予約権の行使)
       ストック・オプションの権利行使による増加 772株
    2. 自己株式に関する事項

      該当なし
    3. 新株予約権等に関する事項

                             目的となる株式の数(株)

                目的となる                                   当事業年度末
         内訳
                株式の種類                                     残高
                      当事業年度
                               増加       減少     当事業年度末
                        期首
     ストック・オプショ
     ンとしての第2回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第3回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第4回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第5回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第6回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第7回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第8回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     (注)第8回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来していません。
    4. 配当に関する事項

    (1)配当金支払額
                                62/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類        配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
           -       -        -        -        -        -        -

    (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類        配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2021年6月18日
             普通株式       利益剰余金           65,520        10,000    2021年3月31日        2021年6月21日
     定時株主総会
    当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    1. 発行済株式に関する事項
                当事業年度期首             増加           減少        当事業年度末

    普通株式(株)                  6,552            88           -         6,640
       (変動事由の概要)

       新株の発行(新株予約権の行使)
       ストック・オプションの権利行使による増加 88株
    2. 自己株式に関する事項

      該当なし
                                63/83











                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3. 新株予約権等に関する事項

                             目的となる株式の数(株)

                目的となる                                   当事業年度末
         内訳
                株式の種類                                     残高
                      当事業年度
                               増加       減少     当事業年度末
                        期首
     ストック・オプショ
     ンとしての第4回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第5回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第6回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第7回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
     ストック・オプショ
     ンとしての第8回新             ―         ―       ―       ―       ―       ―
     株予約権
    4. 配当に関する事項

    (1)配当金支払額
                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類        配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2021年6月18日
             普通株式       利益剰余金           65,520        10,000    2021年3月31日        2021年6月21日
     定時株主総会
    (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類        配当の原資                        基準日       効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2022年6月17日
             普通株式       利益剰余金           19,920        3,000   2022年3月31日        2022年6月20日
     定時株主総会
    (注)2022年6月17日開催の定時株主総会において、決議する予定であります。
    (リース取引関係)

    前事業年度(自 2020年4月1日至 2021年3月31日)

    該当事項はありません。
    当事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

    該当事項はありません。
                                64/83





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)

    1. 金融商品の状況に関する事項

     (1)  金融商品に対する取組方針

        当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、一時的な余資は有金利預金により、通
        常の取引条件から著しく乖離していないことを検証した上で行っております。また、当社設定私募投
        信の当初運用資金として、有価証券を取得しております。
        デリバティブ取引については、財務健全性の観点からそのリスクを低減するために利用することと
        し、投機的な取引は行いません。なお、現在はデリバティブ取引を行っておりません。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である未収運用受託報酬は、投資一任契約に基づき、契約資産額より受け入れる基本報酬額
        のうち、未収分を計上した金額であり、契約資産額は証券会社において分別管理されていることか
        ら、当社の債権としてのリスクは、認識しておりません。
        営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から支払われる委託者に対する
        報酬の未払い金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されていることから、当社の債権と
        してのリスクは認識しておりません。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①信用リスク(預金の預入先の信用リスク)の管理
         預金の預入先の信用リスクについては、格付けの高い預入先に限定することにより、リスクの軽減
         を図っております。
       ②市場リスク(価格変動リスク及び為替変動リスク)の管理
         資金運用の状況については、取締役会で定めた基準に従い、代表取締役社長が毎月の定例取締役会
         において報告をしております。
         また市場における価格変動リスクについては、取締役会で定めた基準に従い、業務管理部が定期的
         に時価をモニタリングし、その中で時価が基準を超える下落となった場合には、速やかに代表取締
         役社長に報告し、重要であると判断した場合には臨時取締役会を開催し、対処方法について決議を
         得る体制となっております。
       ③流動性リスクの管理
         資金繰りについては、総務部が作成した年度の資金計画を取締役会において報告し、それに基づい
         た管理を行っております。また手元流動性を一定額以上維持することなどにより、流動性リスクを
         管理しております。
     (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用すること
        により、当該価額が変動することがあります。
                                65/83




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2. 金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。
    前事業年度(2021年3月31日)

                     貸借対照表計上額                時価             差額

                       (千円)             (千円)             (千円)
     (1)  役員に対する長期貸付金
                           6,806             6,806               △0
     (1年内回収予定を含む。)
     (2)  投資有価証券
         その他有価証券                      16,002             16,002                ―
          資産計                22,808             22,808                △0
    (*)現金は注記を省略しており、預金、未収運用受託報酬、未収委託者報酬、立替金、未払手数料及び未払費用
      は、短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
    当事業年度(2022年3月31日)

                     貸借対照表計上額                時価             差額

                       (千円)             (千円)             (千円)
     (1)  役員に対する長期貸付金
                           5,707             5,707               △0
     (1年内回収予定を含む。)
     (2)  投資有価証券
         その他有価証券                      15,224             15,224                ―
          資産計                20,931             20,931                △0
    (*)現金は注記を省略しており、預金、未収運用受託報酬、未収委託者報酬、立替金、未払手数料及び未払費用は、短
       期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しております。
    (注1)    金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

    前事業年度(2021年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                      1年内        1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
     (1)  現金及び預金
                       420,958             ―          ―          ―
     (2)  未収運用受託報酬
                       113,478             ―          ―          ―
     (3)  未収委託者報酬
                       109,081             ―          ―          ―
     (4)  立替金
                        4,706            ―          ―          ―
     (5)  役員に対する長期貸付金
                        1,099           4,576          1,130           ―
     合計                  649,324            4,576          1,130           ―
    当事業年度(2022年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                      1年内        1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
     (1)  現金及び預金
                       354,752             ―          ―          ―
     (2)  未収運用受託報酬
                        11,496             ―          ―          ―
     (3)  未収委託者報酬
                       164,489             ―          ―          ―
     (4)  立替金
                        5,914            ―          ―          ―
     (5)  役員に対する長期貸付金
                        1,117           4,589           ―          ―
     合計                  537,770            4,589                     ―
    3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つの
      レベルに分類しております。
                                66/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当

                 該時価の算定の対象となる資産または負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:観察可能な時価に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定

                 に係るインプットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価

       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそ

      れぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しておりま
      す。
       (1)時価で貸借対照表に計上している金融商品

         時価で貸借対照表に計上している投資有価証券「その他有価証券」は、すべて投資信託で構成さ
         れております。そのため、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第
         31号 2019年7月4日)第26項の経過措置を適用し、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関す
         る事項は記載しておりません。
       (2)時価で貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

                                          (単位:千円)
          区分                       時価
                   レベル1         レベル2         レベル3          合計
      役員に対する長期                 -       5,707           -       5,707
      貸付金
         資産計              -       5,707           -       5,707
      (注1)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

     役員に対する長期貸付金

     時価は、元利金の合計額と、当該貸付金の残存期間及び信用リスクを加味した利率を基に割引現在価値法
     により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                67/83







                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)

    1.その他有価証券

    前事業年度(自 2020年4月1日至 2021年3月31日)

                     種類      貸借対照表計上額            取得原価          差額
                            (千円)         (千円)         (千円)
    貸借対照表計上額が             株式                 -         -         -
    取得原価を超えるもの             債券                 -         -         -
                 その他               2,057         2,000           57
                     小計            2,057         2,000           57
    貸借対照表計上額が             株式                 -         -         -
    取得原価を超えないもの             債券                 -         -         -
                 その他              13,944         14,000          △55
                     小計           13,944         14,000          △55
              合計                  16,002         16,000            2
    当事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

                     種類      貸借対照表計上額            取得原価          差額
                            (千円)         (千円)         (千円)
    貸借対照表計上額が             株式                 -         -         -
    取得原価を超えるもの             債券                 -         -         -
                 その他               1,031         1,000           31
                     小計            1,031         1,000           31
    貸借対照表計上額が             株式                 -         -         -
    取得原価を超えないもの             債券                 -         -         -
                 その他              14,193         16,000        △1,806
                     小計           14,193         16,000        △1,806
              合計                  15,224         17,000        △1,775
    2.売却したその他有価証券

      前期事業年度(2021年3月31日)

       該当事項はありません。
      当事業年度(2022年3月31日)

        該当事項はありません。
                                68/83





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (デリバティブ取引関係)

    前事業年度(自 2020年4月1日至 2021年3月31日)

    該当事項はありません。
    当事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

    該当事項はありません。
    (退職給付関係)

    前事業年度(自 2020年4月1日至 2021年3月31日)

    該当事項はありません。
    当事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

    該当事項はありません。
                                69/83













                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (ストック・オプション等関係)

    1. ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
     該当事項はありません。
    2. ストック・オプションの内容、規模、変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
                      第4回新株予約権            第5回新株予約権            第6回新株予約権
                                 当社取締役 2名
                     当社取締役 1名                         当社取締役3名
     付与対象者の区分及び人数                             当社監査役 2名
                     当社従業員 6名                         当社従業員5名
                                 当社従業員 5名
     株式の種類及び付与数(株)                 普通株式300株            普通株式500株            普通株式500株
     付与日                 2014年7月25日            2016年3月31日            2017年6月9日

                         (注)

     権利確定条件                                (注)            (注)
                     自 2014年6月27日            自 2016年3月31日            自 2017年6月9日
     対象勤務期間
                     至 2016年7月31日            至 2018年3月31日            至 2019年6月9日
                     自 2016年8月       1日     自 2018年4月       1日     自 2019年6月10日
     権利行使期間
                                             至 2027年6月       9日
                     至 2024年6月30日            至 2026年3月10日
                      第7回新株予約権            第8回新株予約権

                      当社取締役3名            当社取締役 3名
     付与対象者の区分及び人数
                      当社従業員5名            当社従業員 9名
     株式の種類及び付与数(株)                 普通株式500株            普通株式500株

     付与日                 2018年5月31日            2019年5月31日

     権利確定条件                   (注)             (注)

                     自 2018年5月31日            自 2019年5月31日
     対象勤務期間
                     至 2020年5月31日            至 2021年5月31日
                     自 2020年6月       1日     自 2021年6月       1日
     権利行使期間
                     至 2028年5月15日            至 2029年5月15日
    (注) ①新株予約権者は、権利行使時においても、当社の取締役、監査役又は従業員のいずれかの地位を有することを要

         する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他新株予約権者の退任又は退職後の権利行使につき正当
         な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
       ②新株予約権者が死亡した場合、新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めないものとする。
       ③新株予約権者は、その割当数の一部又は全部を行使することができる。ただし、新株予約権の1個未満の行使は
         できないものとする。
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ① ストック・オプションの数
                 第4回        第5回        第6回        第7回        第8回

                新株予約権        新株予約権        新株予約権        新株予約権        新株予約権
     権利確定前(株)
      前事業年度末                ―        ―        ―        ―        500
      付与                ―        ―        ―        ―        ―
      失効                ―        ―        ―        ―        ―
      権利確定                ―        ―        ―        ―        500
      未確定残                ―        ―        ―        ―        ―
                                70/83

                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     権利確定後(株)
      前事業年度末               248        330        380        500         ―
      権利確定                ―        ―        ―        ―        500
      権利行使                46        ―        25        ―        17
      失効                ―        ―        ―        ―        ―
      未行使残               202        330        355        500        483
      ② 単価情報

                 第4回        第5回        第6回        第7回        第8回

                新株予約権        新株予約権        新株予約権        新株予約権        新株予約権
     権利行使価格(円)               50,000        50,000        50,000        50,000        50,000
     付与日における公正
                     ―        ―        ―        ―        ―
     な評価単価(円)
     (3)付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法は、当社が未公開企業であるため、ス
       トック・オプションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積によっておりま
       す。また、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、純資産価額方式に
       よっております。
     (4)ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的予測は困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方法を採
       用しております。
     (5)ストック・オプションの単位当たりの本源的価値による算定を行った場合の当事業年度末における本源

       的価値の合計額および当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日におけ
       る本源的価値の合計額
        ①当事業年度末における本源的価値の合計  32,194千円
        ②当事業年度において行使されたストック・オプションの本源的価値の合計 1,515千円
                                71/83








                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                            前事業年度                 当事業年度

                          (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     繰延税金資産
       未払事業税                         4,216千円                  70千円
       賞与引当金                         4,090                 4,831
                                  -               543
       その他有価証券評価差額金
      繰延税金資産小計
                                8,307                 5,445
       将来減算一時差異等の合計に係
                                  -              △543
       る評価性引当額
       評価性引当額小計(*1)                           -              △543
      繰延税金資産合計
                                8,307                 4,902
      繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金                           △0                  -
      繰延税金負債合計                           △0                  -
      繰延税金資産(純額)                          8,306                 4,902
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、

       当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
                                前事業年度               当事業年度

                               (2021年3月31日)               (2022年3月31日)
        法定実効税率                            30.6%               30.6%
        (調整)
        繰越欠損金の利用                            △11.1                  -
        評価性引当額の増減                              5.6                -
        交際費等永久に損金に算入されない項目                              4.7               4.6
        住民税均等割額                              0.1               0.3
                                     △3.7               △0.1
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                               26.3               35.4
                                72/83






                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)

      顧客との契約から生じる収益を分解した情報

      当社は、アセットマネジメント業の単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益を分解した情
      報は以下のとおりです。
                                                (単位:千円)

                                         当事業年度
                                (自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
         営業収益                                        726,737
         運用受託報酬                                        192,880
           基本報酬                                       155,090
           成功報酬                                       37,790
         委託者報酬                                        533,857
           基本報酬                                       513,626
           成功報酬                                       20,230
                                73/83













                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)

    1.  セグメント情報

       当社の事業セグメントは、アセットマネジメント事業のみの単一セグメントであり重要性に乏しいた
       め、セグメント情報の記載を省略しております。
    2.  関連情報

      (1) 製品及びサービスごとの情報
         当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
      (2) 地域ごとの情報

       ① 営業収益
       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                日本                 欧州                合計
                     427,946                 578,212               1,006,159
         (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                日本                 欧州                合計
                     533,857                 192,880                726,737
         (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

       ②有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産のみであるため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略してお
          ります。
      (3) 主要な顧客ごとの情報

       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

              顧客の名称又は氏名                   営業収益(千円)             関連するセグメント名

         SHINBI    Japan   Equity    Long   Short   Fund
                                        392,012          -
         TAIKI   Japan   Equity    Long   Short   Fund
                                        161,059          -
        委託者報酬については、委託者報酬を最終的に負担する受益者は不特定多数であるため、記載を省略しておりま

        す。
        当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

              顧客の名称又は氏名                   営業収益(千円)             関連するセグメント名

         SHINBI    Japan   Equity    Long   Short   Fund
                                        112,288          -
         TAIKI   Japan   Equity    Long   Short   Fund
                                         69,166          -
        委託者報酬については、委託者報酬を最終的に負担する受益者は不特定多数であるため、記載を省略しておりま

        す。
                                74/83




                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
    4.  報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
    5.  報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

    前事業年度(自 2020年4月1日至 2021年3月31日)

    1.関連当事者との取引

      兄弟会社等
         会社等の          資本金又は      事業の内     議決権等の      関連当
                                        取引の内     取引金額          期末残高
     種類    名称又は     所在地      出資金     容又は職     所有(被所      事者と               科目
                                         容    (千円)          (千円)
          氏名          (千円)       業   有)割合(%)      の関係
         日産証券
         株式会社
         (ユニコ
     主要株                               投資信
         ムグルー     東京都                         支払手数料
     主の子              1,500,000      証券業      -    託の販          36,885   未払手数料      10,351
         プホール     中央区                          (注)1
     会社                               売
         ディング
         ス㈱の子
         会社)
    (注)①上記の        取引  金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        ②取引条件及び取引条件の決定方針等
         一般取引条件と同様に決定しております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

    該当事項はありません。
    当事業年度(自 2021年4月1日至 2022年3月31日)

    1.関連当事者との取引

      兄弟会社等
                              議決権等の
         会社等の          資本金又は                関連当事
                         事業の内容     所有(被所                取引金額          期末残高
     種類    名称又は     所在地      出資金               者との関     取引の内容            科目
                         又は職業     有)割合               (千円)          (千円)
          氏名          (千円)                 係
                               (%)
         日産証券
         株式会社
         (ユニコ
     主要株
         ムグルー     東京都                    投資信託の     支払手数料
     主の子              1,500,000      証券業      -              32,578    未払手数料      12,536
         プホール     中央区                     販売    (注)1
     会社
         ディング
         ス㈱の子
         会社)
    (注)①上記の        取引  金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        ②取引条件及び取引条件の決定方針等
         一般取引条件と同様に決定しております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                75/83



                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)

                              前事業年度                 当事業年度

                           (自 2020年4月         1日       (自 2021年4月         1日
                            至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                              69,218.62円                67,216.14円
     1株当たり当期純利益金額                              31,622.45円                 8,490.86円
    (注)①潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた

         め期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
       ②1株当たり当期        純利  益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前事業年度              当事業年度

                               (自 2020年4月         1日     (自 2021年4月         1日
                                至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      当期純利益(千円)                                  184,801              55,691
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―              ―
      普通株式に係る当期純利益(千円)                                  184,801              55,691
      普通株式の期中平均株式数(株)                                    5,844              6,559
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。

                                76/83











                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
     委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁止され
     ています。
    (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の
        保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内
        閣府令で定めるものを除きます。)。
    (2)運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の保護に欠け、もしくは取引の
        公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きま
        す。)。
    (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等(委託会社
        の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その
        他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)、(5)において同じ。)または子法人
        等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有
        する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他
        の取引または金融デリバティブ取引を行なうこと。
    (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方針、運用財産の額
        もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと。
    (5)上記(3)、(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投資者の
        保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内
        閣府令で定める行為。
    5【その他】

    (1)定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
    (2)訴訟事件その他の重要事項
        委託会社に重要な影響を与えた事実、または与えると予想される訴訟事件などは発生していません。
                                77/83











                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

    (1)受託会社
                                  資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                               (2022年9月末現在)
                                            銀行法に基づき銀行業を営む
                                            とともに、金融機関の信託業
        野村信託銀行株式会社                             50,000百万円       務の兼営等に関する法律に基
                                            づき信託業務を営んでいま
                                            す。
    (2)販売会社

                                 資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                               (2022年9月末現在)
        アイザワ証券株式会社                              3,000百万円
        安藤証券株式会社                              2,280百万円
        SMBC日興証券株式会社                             10,000百万円
        株式会社SBI証券                             48,323百万円
                                            金融商品取引法に定める第一種
        おきぎん証券株式会社                               850百万円
                                            金融商品取引業を営んでいま
        立花証券株式会社                              6,695百万円
                                            す。
        フィリップ証券株式会社                               950百万円
        マネックス証券株式会社                             12,200百万円
        楽天証券株式会社                             19,495百万円
        松井証券株式会社                             11,945百万円
        株式会社西京銀行                             28,490百万円
                                            銀行法に基づき銀行業を営んで
                                            います。
        株式会社東和銀行                             38,653百万円
        株式会社新生銀行
                                     512,200百万円
        (委託金融商品取引業者
        マネックス証券株式会社)
       *アイザワ証券株式会社との合併に伴い日本アジア証券株式会社は2018年7月1日より取扱終了となりました。
    2【関係業務の概要】

    (1)受託会社
        ファンドの信託財産に属する有価証券の管理・計算事務などを行ないます。
    (2)販売会社
        日本におけるファンドの募集、解約、収益分配金および償還金の取扱いなどを行ないます。
    3【資本関係】

    (1)受託会社
        該当事項はありません。
    (2)販売会社
        アイザワ証券株式会社の親会社である、アイザワ証券グループ株式会社は、委託会社の株式を8.28%保有してい
        ます。(2022年9月末現在)
                                78/83





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】

    (1)目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見書)」という名

        称を使用します。
    (2)目論見書の表紙、表紙裏または裏表紙に、以下を記載することがあります。
     ① 委託会社の金融商品取引業者登録番号および設立年月日
     ② ファンドの基本的性格など
     ③ 委託会社およびファンドのロゴ・マークや図案など
     ④ 委託会社のホームページや携帯電話サイトのご案内など
     ⑤ 目論見書の使用開始日
    (3)目論見書の表紙または表紙裏に、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
     ① 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではない旨。ま
        た、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはならない旨の記載。
     ② 投資信託は、元金および利回りが保証されているものではない旨の記載。
     ③ 投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託を購入されたお客様が負う旨の記載。
     ④ 「金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である。」旨の記載。
     ⑤ 「ご購入に際しては、目論見書の内容を十分にお読みください。」という趣旨の記載。
     ⑥ 請求目論見書の入手方法(ホームページで閲覧、ダウンロードできるなど)についての記載。
     ⑦ 請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行なった場合にはその旨の記録
        をしておくべきである旨の記載。
     ⑧ 「約款が請求目論見書に掲載されている。」旨の記載。
     ⑨ 商品内容に関して重大な変更を行なう場合には、投資信託及び投資法人に関する法律に基づき事前に受益者の意
        向を確認する旨の記載。
     ⑩ 投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨の記載。
     ⑪ 有価証券届出書の効力発生およびその確認方法に関する記載。
     ⑫ 委託会社の情報として記載することが望ましい事項と判断する事項がある場合は、当該事項の記載。
    (4)交付目論見書の投資リスクに、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
     ① ファンドの取引に関して、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用がない旨の記
        載。
     ② 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではない旨。ま
        た、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはならない旨の記載。
    (5)有価証券届出書本文「第一部 証券情報」、「第二部 ファンド情報」に記載の内容について、投資者の理解を助
        けるため、当該内容を説明した図表などを付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記載することがありま
        す。
    (6)目論見書に約款を掲載し、有価証券届出書本文「第二部 ファンド情報」中「第1 ファンドの状況」「2 投資
        方針」の詳細な内容につきましては、当該約款を参照する旨を記載することで、目論見書の内容の記載とするこ
        とがあります。
    (7)投信評価機関、投信評価会社などによる評価を取得・使用する場合があります。
    (8)目論見書は電子媒体などとして使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
                                79/83





                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年6月13日
    ファイブスター投信投資顧問株式会社
     取締役会 御中
                            イデア監査法人
                             東京都中央区
                              指定社員
                                     公認会計士         立 野 晴 朗
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状
    況」に掲げられているファイブスター投信投資顧問株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第13期事業
    年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注
    記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
    ファイブスター投信投資顧問株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営
    成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が
    国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
    任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、監査した財務諸表を含む開示書類に含まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書
    以外の情報である。
     当監査法人は、その他の記載内容が存在しないと判断したため、その他の記載内容に対するいかなる作業も実
    施していない。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適
    正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示す
    るために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を
    開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽
    表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を
    表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸
    表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専
    門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監
      査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎とな
      る十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク
      評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討す
      る。
     ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合
      理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に
      基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められ
      るかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において
      財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない
      場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書
      日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できな
      くなる可能性がある。
     ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠してい
      るかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎と
      なる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
                                80/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
    な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上 
       (注)  1.上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                81/83


















                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告書

                                                   2022年11月10日
    ファイブスター投信投資顧問株式会社
     取締役会 御中
                          イデア監査法人
                            東京都中央区
                             指定社員
                                   公  認  会  計  士   立   野    晴
                                   朗
                             業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファン
    ドの経理状況」に掲げられているディープリサーチ・チャイナ・ファンドの2022年2月26日から
    2022年8月25日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記
    表並びに附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
    に準拠して、ディープリサーチ・チャイナ・ファンドの2022年8月25日現在の信託財産の状態及び
    同日をもって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているもの
    と認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
    た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
    ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、ファイブスター投信投資
    顧問株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果た
    している。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
    る。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書及び有価証券届出書(訂正有価証券届出書を含む。)に含
    まれる情報のうち、財務諸表及びその監査報告書以外の情報である。経営者の責任は、その他の記
    載内容を作成し開示することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査
    法人はその他の記載内容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、
    その他の記載内容と財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるか
    どうか検討すること、また、そのような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候が
    あるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合に
    は、その事実を報告することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
    表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
    諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
    まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
    て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
    る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
    ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
                                82/83


                                                          EDINET提出書類
                                              ファイブスター投信投資顧問株式会社(E27917)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
    る場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さ
      らに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関
      連する内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して
      重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が
      認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要
      な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意
      見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠
      に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可
      能性がある。
    ・  財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内
      容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内
    部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
    項について報告を行う。
    利害関係

     ファイブスター投信投資顧問株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、
    公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
        (注) 1. 上記の監査報告書の原本は当社が別途保管しております。

           2. XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                83/83









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。