マクニカホールディングス株式会社 四半期報告書 第8期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第8期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)
提出日
提出者 マクニカホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2022年11月14日

    【四半期会計期間】                   第8期第2四半期(自 2022年7月1日 至 2022年9月30日)

    【会社名】                   マクニカホールディングス株式会社

                      (旧会社名 マクニカ・富士エレ               ホールディングス株式会社)
    【英訳名】                   MACNICA    HOLDINGS,     INC.

                      (旧英訳名 MACNICA          FUJI   ELECTRONICS      HOLDINGS,     INC.)
                      (注)   2022年6月23日開催の第7回定時株主総会の決議により、2022年8月
                      1日から会社名及び英訳名を上記のとおり変更しました。
    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 原 一 将

    【本店の所在の場所】                   神奈川県横浜市港北区新横浜一丁目6番地3

    【電話番号】                   (045)470-8980(代表)

    【事務連絡者氏名】                   取締役 佐 野 繁 行

    【最寄りの連絡場所】                   神奈川県横浜市港北区新横浜一丁目6番地3

    【電話番号】                   (045)470-8980(代表)

    【事務連絡者氏名】                   取締役 佐 野 繁 行

    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/26







                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】
                             第7期           第8期
             回次              第2四半期           第2四半期            第7期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2021年4月1日         自   2022年4月1日         自   2021年4月1日
            会計期間
                          至   2021年9月30日         至   2022年9月30日         至   2022年3月31日
    売上高               (百万円)            362,343           492,562           761,823
    経常利益               (百万円)             15,343           23,707           35,487
    親会社株主に帰属する
                   (百万円)             11,988           16,821           25,798
    四半期(当期)純利益
    四半期包括利益
                   (百万円)             13,154           27,938           35,584
    又は包括利益
    純資産額               (百万円)            161,168           203,918           179,764
    総資産額               (百万円)            300,698           465,924           362,584
    1株当たり
                     (円)           192.89           270.14           414.89
    四半期(当期)純利益
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)             -           -           -
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                 (%)            50.8           41.5           46.9
    営業活動による
                   (百万円)            △ 2,605          45,491          △ 15,534
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (百万円)             △ 182         △ 1,495          △ 1,653
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (百万円)            △ 1,253         △ 21,527           14,368
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                   (百万円)             21,692           49,895           25,099
    四半期末(期末)残高
                             第7期

                                       第8期
             回次              第2四半期
                                      第2四半期
                           連結会計期間
                                      連結会計期間
                          自   2021年7月1日         自   2022年7月1日
            会計期間
                          至   2021年9月30日         至   2022年9月30日
    1株当たり
                     (円)           92.19          143.87
    四半期純利益金額
     (注)   1  当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
         載しておりません。
       2  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりま
         せん。
    2  【事業の内容】

      当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/26





                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識し
     ている主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更は
     ありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1) 経営成績の状況
        当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の再拡大も
       ありましたが、感染対策の緩和が進み、景気は緩やかに持ち直しています。世界経済におきましては、インフレ
       抑制のため各国が政策金利を引き上げており、特に米国での大幅な金利引き上げによる急激な為替変動が発生し
       ています。また、米中貿易摩擦、ウクライナ情勢の長期化に伴ったエネルギー価格高騰の継続や、中国における
       COVID-19によるロックダウンなど、先行き不透明な状況が続いています。
        当社の属するエレクトロニクス産業におきましては、スマートフォンやパソコン向け需要の落ち着きがみられ
       ますが、半導体など電子部品の供給不足は継続しています。そのような中、産業機器市場におきましては、効率
       化や省人化、脱炭素化を背景に製造業DX(デジタルトランスフォーメーション)向けにFA機器や工作機械の設備
       投資が継続的に行われたことに加え、引き続き半導体への設備投資が積極的に行われました。また、車載市場で
       は、より高度な自動化・脱炭素化向けに、電装化やEV(電気自動車)化の動きが加速し、半導体を必要とする領
       域が増加しています。IT産業におきましては、企業業務のデジタル化や事業変革に向けた取り組みやそれに伴っ
       たセキュリティ対策を背景に、IT投資の拡大が継続しています。オフィスとリモート/在宅勤務のハイブリッド化
       が浸透し、利便性の高いクラウド利用が進んでいるため、より複雑かつ包括的なセキュリティ対策が重要となっ
       ています。また、サイバー攻撃による経済的損失発生に加え、業務やシステムの遅延・中断等ビジネスに実害が
       及ぶ企業が増加しています。さらに、製造業をはじめとして多くの企業がサプライチェーンを構成しており、サ
       イバー攻撃によりサプライヤーが供給を止めると自社の事業停止につながるといったリスク認識の高まりにより
       サプライチェーン上のセキュリティ対策も注目されています。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は、期中に大幅に円安へ為替が変動した影響を受け
       492,562百万円       (前年同四半期比        35.9%増    )、営業利益は       26,801百万円      (前年同四半期比        73.6%増    )、経常利益は
       為替差損を2,098百万円計上したものの                  23,707百万円      (前年同四半期比        54.5%増    )、親会社株主に帰属する四半期
       純利益につきましては          16,821百万円      (前年同四半期比        40.3%増    )となりました。
       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。

       ① 集積回路及び電子デバイスその他事業
         当事業におきましては、半導体等電子部品の供給について、一部メモリーなどの製品に落ち着きがみられま
        すが、全体的にはサプライチェーンの混乱は続いています。しかしながら、当社グループが主に注力している
        産業機器市場や車載市場においては世界的に高い需要が継続しています。産業機器市場は、製造業DXによる生
        産の自動化・高度化に向けたFA機器、工業用ロボットや計測機器、半導体需要の高まりに応じた各種半導体製
        造装置への設備投資もあり、幅広い分野へアナログICやその他標準ICの需要が大幅に増加しました。車載市場
        は、世界的な脱炭素化の流れによるEV化やより高度な自動化・電動化が進み、半導体搭載量も増加しているこ
        とから、アナログICやその他標準ICを中心に伸長しました。通信インフラ市場、OA・周辺機器市場や民生機器
        市場は、全ての市場において堅調に推移しました。また、期中の為替水準が、大幅な円安に変動したことによ
        り、増収、増益となりました。これらの結果、同事業の当第2四半期連結累計期間の売上高は                                            446,305百万円
        (前年同四半期比        37.4%増    )、営業利益は       23,818百万円      (前年同四半期比        109.3%増     )となりました。
                                 3/26




                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
       ② ネットワーク事業
         当事業におきましては、働き方改革やリモートワークの普及によりクライアント端末へのセキュリティ対策
        の重要性認識が浸透してきたことから、既存顧客のライセンス更新に加えて新規顧客の拡大によりエンドポイ
        ントセキュリティ関連商品が大幅に伸長しました。ログ調査を目的とした大型の官公庁案件の獲得によりデー
        タ分析関連商品も拡大しました。また、国内の米国ドル建て仕入れ日本円販売ビジネスにおいて、急激な円安
        により売上原価が上昇し、売上総利益率にマイナスの影響がありました。これらの結果、同事業の当第2四半
        期連結累計期間の売上高は             46,263百万円      (前年同四半期比        22.8%増    )、営業利益は       2,982百万円      (前年同四半
        期比  24.1%減    )となりました。
     (2) 財政状態の状況

        当第2四半期連結会計期間末における総資産は                      465,924百万円       となり、前連結会計年度末に比べ                103,340百万円
       増加  となりました。
        流動資産は、前連結会計年度末に比べ                 103,385百万円増加         となりました。これは主に現金及び預金が                    24,804百万
       円 、受取手形、売掛金及び契約資産が                 23,077百万円      、商品が    40,000百万円      それぞれ増加したことによるもので
       す。
        固定資産は、前連結会計年度末に比べ                 45百万円減少      となりました。これは主に            投資その他の資産のその他            が 392
       百万円   増加したものの、投資有価証券が               445百万円減少       したことによるものです。
        流動負債は、前連結会計年度末に比べ                  81,290百万円増加         となりました。これは主に支払手形及び買掛金が
       68,261百万円      、その他の流動負債が          16,681百万円      それぞれ増加したことによるものです。
        固定負債は、前連結会計年度末に比べ                  2,103百万円減少        となりました。これは主に長期借入金が                   1,835百万円      減
       少したことによるものです。
        純資産は、前連結会計年度末に比べ                 24,154百万円増加        となりました。これは主に利益剰余金が                   13,088百万円      、
       為替換算調整勘定が         10,303百万円      それぞれ増加したことによるものです。
     (3) キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末の                                          25,099百万円      に比べ
       24,796百万円増加し、          49,895   百万円となりました。
        営業活動によるキャッシュ・フローは                  45,491百万円の増加          (前年同四半期は、         2,605百万円の減少         )となりまし
       た。これは主に売上債権の増加及び棚卸資産の増加があったものの、税金等調整前四半期純利益                                             24,922百万円      の
       計上及び仕入債務の増加があったことによるものです。
        投資活動によるキャッシュ・フローは                 1,495百万円の減少          (前年同四半期は、         182百万円の減少        )となりました。
       これは主に有形固定資産及び無形固定資産の取得による支出があったことによるものです。
        財務活動によるキャッシュ・フローは                  21,527百万円の減少          (前年同四半期は、         1,253百万円の減少         )となりまし
       た。これは主に短期借入金の純減、配当金の支払い及び連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得による支
       出があったことによるものです。
     (4) 研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                       154百万円     であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 4/26






                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
     (5) 仕入、受注及び販売の実績
        当第2四半期連結累計期間における集積回路及び電子デバイスその他事業の受注残高が著しく増加しておりま
       す。これは、「第2          事業の状況      2  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュフローの状況の分析                                (1)
       経営成績の状況」に記載したとおり、世界的な半導体の需要増加を背景としたビジネスの拡大によるものです。
       また、半導体の供給リードタイム長期化の影響もありました。具体的な内容は、次のとおりであります。
          セグメントの名称               受注高(百万円)         前年同期比(%)        受注残高(百万円)         前年同期比(%)

    集積回路及び電子デバイスその他事業                        667,626         +13.7%       1,038,101          +94.3%
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/26

















                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①   【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)
               普通株式                                  200,000,000
                計                                200,000,000
      ②   【発行済株式】

               第2四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所
        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
                ( 2022年9月30日       )   (2022年11月14日)           商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                               単元株式数は100株で
       普通株式            63,030,582           63,030,582
                                                 あります。
                                      プライム市場
         計           63,030,582           63,030,582          -           -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。 
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
      2022年9月30日               -     63,030         -     14,040         -     6,540
                                 6/26









                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                 2022年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を除
                                             所有株式数
          氏名又は名称                      住所                   く。)の総数に
                                              (千株)
                                                   対する所有株式
                                                    数の割合(%)
    日本マスタートラスト信託銀行㈱(信
                       東京都港区浜松町二丁目11-3                         9,764        15.66
    託口)
    (一財)神山財団                   神奈川県横浜市青葉区新石川一丁目4-2                         6,000        9.63
    ㈱日本カストディ銀行(信託口)                   東京都中央区晴海一丁目8-12                         5,090        8.17

    神山 治貴                   神奈川県横浜市青葉区                         3,500        5.61

    シーズ・テクノロジー㈱                   神奈川県横浜市青葉区新石川一丁目4-2                         3,500        5.61

    THE  BANK   OF  NEW  YORK   -
                       BOULEVARD     ANSPACH    1,1000    BRUSSELS,
    JASDECTREATY       ACCOUNT
                       BELGIUM                         1,078        1.73
    (常任代理人       ㈱みずほ銀行)
                       (東京都港区港南二丁目15-1)
    神山 裕子                   神奈川県横浜市青葉区                         1,000        1.60
    STATE   STREET    BANK   AND
                       P.O.BOX    351  BOSTON    MASSACHUSETTS       02101
    TRUST   COMPANY    505103
                       U.S.A.                          991       1.59
    (常任代理人       ㈱みずほ銀行)
                       (東京都港区港南二丁目15-1)
    GOVERNMENT      OF  NORWAY
                       BANKPLASSEN2,0107 OSLO            1 OSLO   0107   NO
    (常任代理人       シティバンク、エヌ・                                      888       1.43
                       (東京都新宿区新宿六丁目27-30)
    エイ東京支店) 
    STATE   STREET    BANK   AND
    TRUST   COMPANY    505103
                       ONE  LINCOLN    STREET,BOSTON        MA  USA  02111
                                                 861       1.38
    (常任代理人       香港上海銀行東京支
                       (東京都中央区日本橋三丁目11-1)
    店)
             計                    -               32,675        52.42
    (注)1 上記の所有株式のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
           日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)            9,730千株
           ㈱日本カストディ銀行(信託口)                 5,024千株
       2 三井住友DSアセットマネジメント㈱及びその共同保有者から2022年7月25日付で変更報告書の提出があり

         (報告義務発生日2022年7月15日)、次のとおり株式を所有している旨報告を受けておりますが、当第2四
         半期会計期間末における実質所有株式数の確認ができておりませんので、上記大株主には含めておりませ
         ん。
                                           保有株式等の数        株券等保有割合
          氏名又は名称                      住所
                                             (千株)        (%)
    三井住友DSアセットマネジメント㈱                   東京都港区虎ノ門一丁目17番1号                        1,557        2.47
    ㈱三井住友銀行                   東京都千代田区丸の内一丁目1番2号                         956       1.52
    ㈱SMBC信託銀行                   東京都千代田区丸の内一丁目3番2号                          63       0.10
       3 野村アセットマネジメント㈱から2022年8月19日付で変更報告書の提出があり(報告義務発生日2022年8月

         15日)、次のとおり株式を所有している旨報告を受けておりますが、当第2四半期会計期間末における実質
         所有株式数の確認ができておりませんので、上記大株主には含めておりません。
                                           保有株式等の数        株券等保有割合
          氏名又は名称                      住所
                                             (千株)        (%)
    野村アセットマネジメント㈱                   東京都江東区豊洲二丁目2番1号                        2,866        4.55
                                 7/26





                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①   【発行済株式】
                                               2022年9月30日       現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    -           -             -
    議決権制限株式(自己株式等)                    -           -             -
    議決権制限株式(その他)                    -           -             -
                    (自己保有株式)                       株主としての権利内容に制限の
    完全議決権株式(自己株式等)                                -
                    普通株式       695,000                ない、標準となる株式
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                                            同上
                         62,209,800             622,098
                    普通株式
    単元未満株式                                -       1単元(100株)未満の株式
                           125,782
    発行済株式総数                                -             -
                         63,030,582
    総株主の議決権                    -                        -
                                      622,098
     (注)1 「完全議決権株式(その他)」の欄には、㈱証券保管振替機構名義の株式が3,600株含まれております。
         また、「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数36個が含まれております。
       2 「単元未満株式」欄には、㈱証券保管振替機構名義の株式が87株、当社所有の自己株式が67株含まれてお
         ります。
      ②   【自己株式等】

                                               2022年9月30日       現在
                           自己名義       他人名義       所有株式数
                                                 発行済株式総数に
      所有者の氏名
                 所有者の住所          所有株式数        所有株式数         の合計      対する所有株式数
       又は名称
                                                  の割合(%)
                            (株)       (株)        (株)
    (自己保有株式)
     マクニカホール         神奈川県横浜市港北区
                             695,000          -     695,000          1.10
      ディングス㈱         新横浜一丁目6-3
        計           -          695,000          -     695,000          1.10
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 8/26










                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号。)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年7月1日から2022年
     9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
     について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 9/26

















                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                25,174              49,978
                                    ※1   152,347            ※1   175,424
        受取手形、売掛金及び契約資産
                                     ※1   3,068            ※1   8,674
        電子記録債権
        商品                               138,764              178,765
        その他                                16,199              26,216
                                        △ 522             △ 640
        貸倒引当金
        流動資産合計                               335,032              438,418
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               2,128              2,078
         工具、器具及び備品(純額)                               1,432              1,566
         機械装置及び運搬具(純額)                                138              136
         土地                               3,062              3,062
                                        1,190              1,243
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               7,951              8,086
        無形固定資産
         のれん                               2,107              1,976
                                        7,038              7,041
         その他
         無形固定資産合計                               9,145              9,018
        投資その他の資産
         投資有価証券                               4,872              4,427
         その他                               5,584              5,976
                                         △ 2             △ 2
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               10,454              10,401
        固定資産合計                                27,551              27,506
      資産合計                                 362,584              465,924
                                10/26









                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                57,692              125,953
        短期借入金                                44,119              40,434
        未払法人税等                                7,245              8,247
        賞与引当金                                7,202              6,295
        役員賞与引当金                                  108               46
                                        44,882              61,563
        その他
        流動負債合計                               161,249              242,539
      固定負債
        長期借入金                                13,835              12,000
        退職給付に係る負債                                5,521              5,523
                                        2,213              1,942
        その他
        固定負債合計                                21,570              19,466
      負債合計                                 182,819              262,006
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                14,040              14,040
        資本剰余金                                45,996              46,104
        利益剰余金                                99,611              112,700
                                       △ 1,389             △ 1,185
        自己株式
        株主資本合計                               158,258              171,659
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  987              342
        繰延ヘッジ損益                                △ 503             △ 485
                                        11,388              21,692
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                11,873              21,549
      非支配株主持分                                  9,632              10,709
      純資産合計                                 179,764              203,918
     負債純資産合計                                  362,584              465,924
                                11/26









                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     売上高                                  362,343              492,562
                                       321,069              435,006
     売上原価
     売上総利益                                   41,274              57,556
                                     ※1   25,837            ※1   30,754
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   15,437              26,801
     営業外収益
      受取利息                                    22              53
      持分法による投資利益                                    -              14
      為替差益                                   100               -
                                         223              400
      その他
      営業外収益合計                                   347              468
     営業外費用
      支払利息                                   150              648
      持分法による投資損失                                    61              -
      為替差損                                    -             2,098
      債権譲渡損                                   188              747
                                          40              67
      その他
      営業外費用合計                                   440             3,562
     経常利益                                   15,343              23,707
     特別利益
      投資有価証券売却益                                    8             794
      投資有価証券交換益                                    -              503
      段階取得に係る差益                                  1,918                -
                                          1              73
      その他
      特別利益合計                                  1,928              1,371
     特別損失
      投資有価証券評価損                                    9             140
                                          10              17
      その他
      特別損失合計                                    19              157
     税金等調整前四半期純利益                                   17,252              24,922
     法人税、住民税及び事業税                                   4,591              6,854
     法人税等合計                                   4,591              6,854
     四半期純利益                                   12,660              18,068
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                    672             1,246
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   11,988              16,821
                                12/26







                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     四半期純利益                                   12,660              18,068
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    37            △ 1,097
      繰延ヘッジ損益                                   169               17
      為替換算調整勘定                                   279             10,930
                                          7              20
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                   494             9,870
     四半期包括利益                                   13,154              27,938
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 12,247              26,497
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   907             1,441
                                13/26















                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
     (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                 17,252              24,922
      減価償却費                                  1,402              1,631
      受取利息及び受取配当金                                  △ 42             △ 143
      支払利息                                   150              648
      持分法による投資損益(△は益)                                    61             △ 14
      為替差損益(△は益)                                  △ 239              △ 30
      投資有価証券売却益                                   △ 8            △ 794
      投資有価証券交換益                                    -             △ 503
      段階取得に係る差損益(△は益)                                 △ 1,918                -
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 16,420             △ 16,463
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 3,841             △ 30,937
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 1,305              66,061
                                        5,456              9,331
      その他
      小計                                   545             53,706
      利息及び配当金の受取額
                                          41              129
      利息の支払額                                  △ 149             △ 588
                                       △ 3,042             △ 7,756
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 2,605              45,491
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                  △ 12              -
      貸付けによる支出                                  △ 187             △ 342
      貸付金の回収による収入                                   346              321
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 604             △ 520
      有形固定資産の売却による収入                                    0              1
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 1,508              △ 686
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 14             △ 347
      投資有価証券の売却による収入                                    1              7
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                        1,793                -
      る収入
                                          2              71
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 182            △ 1,495
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  5,040             △ 12,450
      長期借入金の返済による支出                                 △ 4,000                -
      自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 0
      配当金の支払額                                 △ 1,555             △ 3,731
      非支配株主への配当金の支払額                                  △ 520             △ 952
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                          -            △ 4,065
      による支出
                                        △ 217             △ 326
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,253             △ 21,527
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    181             2,328
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 3,860              24,796
     現金及び現金同等物の期首残高                                   25,438              25,099
     連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                         114               -
     額(△は減少)
                                     ※1   21,692            ※1   49,895
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/26



                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
    (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                        当第2四半期連結累計期間
                    (自    2022年4月1日        至   2022年9月30日       )
    (税金費用の計算)
     当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合
    理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。
    (四半期連結貸借対照表関係)

    ※1 その他
        債権流動化に伴う買戻義務は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度           当第2四半期連結会計期間
                                 (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
       債権流動化に伴う買戻義務                            1,804   百万円           7,266   百万円
       合計                            1,804   百万円           7,266   百万円
    (四半期連結損益計算書関係)

    ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                 至   2021年9月30日       )    至   2022年9月30日       )
       給与及び賞与                            8,235   百万円          10,260    百万円
       賞与引当金繰入額                            5,236    〃         6,295    〃
       退職給付費用                             462   〃          521   〃
    (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1    現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次の
      とおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                 至   2021年9月30日       )    至   2022年9月30日       )
       現金及び預金                           21,762    百万円          49,978    百万円
       預入期間が3ケ月を超える定期預金                            △70    〃          △82    〃
       現金及び現金同等物                           21,692    百万円          49,895    百万円
                                15/26








                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    (株主資本等関係)
     前第2四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
     1.配当金支払額

                     配当金の総額       1株当たり
       決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     2021年6月24日
               普通株式          1,552      25.00    2021年3月31日         2021年6月25日         利益剰余金
      定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

       末日後となるもの
                     配当金の総額       1株当たり
       決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     2021年11月1日
               普通株式          2,488      40.00    2021年9月30日         2021年12月2日         利益剰余金
       取締役会
     当第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年9月30日       )

     1.配当金支払額

                     配当金の総額       1株当たり
       決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     2022年6月23日
               普通株式          3,732      60.00    2022年3月31日         2022年6月24日         利益剰余金
      定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

       末日後となるもの
                     配当金の総額       1株当たり
       決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     2022年10月31日
               普通株式          4,051      65.00    2022年9月30日         2022年12月2日         利益剰余金
       取締役会
                                16/26











                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                  2021年4月1日        至   2021年9月30日       )

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                             その他        合計
                集積回路及び電子          ネットワーク
                                     計
               デバイスその他事業             事業
    売上高
      外部顧客への売上高                324,768         37,575        362,343           -     362,343
      セグメント間の内部
                       -         97         97        -        97
     売上高又は振替高
         計            324,768         37,672        362,441           -     362,441
    セグメント利益                 11,381         3,930        15,311          -      15,311

     2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                                 (単位:百万円)
                利益                           金額
    報告セグメント計                                                  15,311
    セグメント間取引消去                                                    125
    四半期連結損益計算書の営業利益                                                  15,437
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (のれんの金額の重要な変動)
       「集積回路及び電子デバイスその他事業」セグメントにおいて、第1四半期連結会計期間に、持分法適用関連会
      社であったANSWER         TECHNOLOGY      CO.,   LTD.の株式を追加取得し、連結子会社としました。
       当該事象によるのれんの増加額は、当第2四半期連結累計期間において1,818百万円であります。
       なお、のれんの金額は、第1四半期連結会計期間末においては取得原価の配分が完了していなかったため、暫定
      的に算出された金額でありましたが、当第2四半期連結会計期間に確定しております。この暫定的な会計処理の確
      定に伴うのれんの金額の修正は生じておりません。
                                17/26








                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                  2022年4月1日        至   2022年9月30日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                             その他        合計
                集積回路及び電子          ネットワーク
                                     計
               デバイスその他事業             事業
    売上高
      外部顧客への売上高                446,305         46,256        492,562           -     492,562
      セグメント間の内部
                       -         7         7        -        7
     売上高又は振替高
         計            446,305         46,263        492,569           -     492,569
    セグメント利益                 23,818         2,982        26,801          -      26,801

     2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                                 (単位:百万円)
                利益                           金額
    報告セグメント計                                                  26,801
    セグメント間取引消去                                                     0
    四半期連結損益計算書の営業利益                                                  26,801
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                18/26












                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    (収益認識関係)
    顧客との契約から生じる収益を分解した情報
    前第2四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年9月30日       )

    1.財又はサービスの種類別の内訳
                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                              その他        合計
                   集積回路及び電子          ネットワーク
                                       計
                  デバイスその他事業            事業
    集積回路                   299,726          -     299,726          -     299,726
    電子デバイス                    18,796          -      18,796         -     18,796
    ハードウエア                      -      8,723        8,723         -      8,723
    ソフトウエア                      -      17,243        17,243         -     17,243
    サービス                      -      11,608        11,608         -     11,608
    その他                    6,246         -      6,246         -      6,246
    顧客との契約から生じる収益                   324,768        37,575       362,343          -     362,343
    外部顧客への売上高                   324,768        37,575       362,343          -     362,343
    2.地域ごとの情報

                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                              その他        合計
                   集積回路及び電子          ネットワーク
                                       計
                  デバイスその他事業            事業
    日本                   141,792        28,084       169,876          -     169,876
    中国                    83,314           4     83,318         -     83,318
    その他                    99,662        9,487       109,149          -     109,149
    顧客との契約から生じる収益                   324,768        37,575       362,343          -     362,343
    外部顧客への売上高                   324,768        37,575       362,343          -     362,343
                                19/26










                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    当第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至   2022年9月30日       )
    1.財又はサービスの種類別の内訳
                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                              その他        合計
                   集積回路及び電子          ネットワーク
                                       計
                  デバイスその他事業            事業
    集積回路                   407,842           -     407,842          -     407,842
    電子デバイス                    29,886          -      29,886         -     29,886
    ハードウエア                      -      8,872        8,872         -      8,872
    ソフトウエア                      -      28,700        28,700         -     28,700
    サービス                      -      8,683        8,683         -      8,683
    その他                    8,577         -      8,577         -      8,577
    顧客との契約から生じる収益                   446,305        46,256       492,562          -     492,562
    外部顧客への売上高                   446,305        46,256       492,562          -     492,562
    2.地域ごとの情報

                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                              その他        合計
                   集積回路及び電子          ネットワーク
                                       計
                  デバイスその他事業            事業
    日本                   201,083        32,119       233,202          -     233,202
    中国                   114,086           0     114,086          -     114,086
    その他                   131,136        14,137       145,274          -     145,274
    顧客との契約から生じる収益                   446,305        46,256       492,562          -     492,562
    外部顧客への売上高                   446,305        46,256       492,562          -     492,562
                                20/26











                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    (1株当たり情報)
     1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
    以下のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

               項目               (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                               至    2021年9月30日       )     至    2022年9月30日       )
    (1) 1株当たり四半期純利益                                 192円89銭               270円14銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                  11,988               16,821
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -               -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       11,988               16,821
     四半期純利益(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                  62,149               62,267
    (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                    -               -
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                         -               -
     (百万円)
     普通株式増加数(千株)                                    -               -
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
    当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
                                         -               -
    式で、前連結会計年度末から重要な変動があった
    ものの概要
    (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                21/26












                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    (重要な後発事象)
     自己株式の取得及び消却
       当社は、2022年10月31日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同
      法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項を決議するとともに、会社法第178条の規定に基づき、自己株
      式を消却することを決議いたしました。
    1.自己株式の取得及び消却を行う理由

      2022年5月9日に公表いたしました、2022年度~2024年度中期経営計画における株主還元方針(経営環境や各事業
     年度の連結業績及び目標とするROE(15%)などを勘案しながら、連結自己資本配当率(DOE)4%を目安として安定
     的かつ継続的な配当の実施及び総還元性向30~50%)に基づき、株主還元の拡充及び資本効率の向上を図るため、自
     己株式の取得及び消却を行うものであります。
    2.取得に係る事項の内容

      (1)取得対象株式の種類                    当社普通株式
      (2)取得し得る株式の総数                  2,500,000株(上限)
                     (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合4.0%)
      (3)株式の取得価額の総額                  6,000,000,000円(上限)
      (4)取得期間                              2022年11月1日から2023年3月24日
      (5)取得方法                              東京証券取引所における市場買付
    3.消却に係る事項の内容

      (1)消却する株式の種類                    当社普通株式
      (2)消却する株式の数                      2022年9月30日時点に保有する自己株式と、上記2より取得した自己株式のう
                      ち、譲渡制限付株式報酬への充当を見込む30万株を除いた全数
      (3)消却予定日                        2023年3月31日
                                22/26











                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】

       第8期(2022年4月1日から2023年3月31日まで)中間配当については、2022年10月31日開催の取締役会におい
      て、2022年9月30日の最終の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしまし
      た。
       ①   配当金の総額                                                   4,051百万円
       ②   1株当たりの金額                      65円00銭
       ③   支払請求権の効力発生日及び支払開始日         2022年12月2日 
                                23/26


















                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                24/26



















                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年11月14日

    マクニカホールディングス株式会社
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                       東京事務所

                        指定有限責任社員

                                            鈴    木     聡
                                   公認会計士
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                            牧   野   幸   享
                                   公認会計士
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているマクニカホール
    ディングス株式会社         (旧会社名 マクニカ・富士エレ                ホールディングス株式会社)             の2022年4月1日から2023年3月31
    日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2022年7月1日から2022年9月30日まで)及び第2四半期連結累計
    期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半
    期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、マクニカホールディングス株式会社                                          (旧会社名 マクニカ・富士
    エレ   ホールディングス株式会社)             及び連結子会社の2022年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四
    半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な
    点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                25/26


                                                          EDINET提出書類
                                               マクニカホールディングス株式会社(E31167)
                                                            四半期報告書
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
     (注)   1 .  上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2 .  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                26/26









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。