日揮ホールディングス株式会社 四半期報告書 第127期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第127期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)
提出日
提出者 日揮ホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】               関東財務局長
     【提出日】               2022年11月10日
     【四半期会計期間】               第127期第2四半期(自 2022年7月1日 至 2022年9月30日)
     【会社名】               日揮ホールディングス株式会社
     【英訳名】               JGC  HOLDINGS     CORPORATION
     【代表者の役職氏名】               代表取締役会長        CEO  佐藤 雅之
     【本店の所在の場所】               神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番1号
     【電話番号】               横浜045(682)1111(大代表)
     【事務連絡者氏名】               グループ財務部長  田口 信一
     【最寄りの連絡場所】               神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番1号
     【電話番号】               横浜045(682)1111(大代表)
     【事務連絡者氏名】               グループ財務部長  田口 信一
                    株式会社東京証券取引所
     【縦覧に供する場所】
                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/24













                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第126期           第127期
              回次               第2四半期           第2四半期           第126期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自   2021年4月1日         自   2022年4月1日         自   2021年4月1日
             会計期間
                            至   2021年9月30日         至   2022年9月30日         至   2022年3月31日
    売上高                  (百万円)           217,908           267,209           428,401
    経常利益                  (百万円)           12,607           30,481           30,028

    親会社株主に帰属する四半期純利益又
    は親会社株主に帰属する四半期(当                  (百万円)          △ 48,443           20,738          △ 35,551
    期)純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                  (百万円)          △ 50,293           25,301          △ 27,360
    純資産額                  (百万円)           364,694           409,252           387,662

    総資産額                  (百万円)           651,050           758,266           694,274

    1株当たり四半期純利益又は1株当た
                        (円)         △ 191.85           82.10         △ 140.77
    り四半期(当期)純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                        (円)            -           -           -
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                   (%)           55.9           53.9           55.8
    営業活動による
                       (百万円)           △ 4,803          88,919           19,311
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                       (百万円)           △ 3,963          △ 4,976          △ 7,695
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                       (百万円)            △ 901        △ 10,580           △ 148
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の四半期末
                       (百万円)           259,127           371,605           288,009
    (期末)残高
                               第126期

                                         第127期
              回次               第2四半期
                                        第2四半期
                                        連結会計期間
                             連結会計期間
                            自   2021年7月1日         自   2022年7月1日
             会計期間
                            至   2021年9月30日         至   2022年9月30日
    1株当たり四半期純利益                   (円)           26.65           32.54
    (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.第126期第2四半期連結累計期間及び第126期の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当
         たり四半期(当期)純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       3.第127期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しな
         いため記載しておりません。
     2【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
      要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/24





                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証
      券報告書に記載した事業等のリスクについて、重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりです。な
      お、文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであ
      ります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況
       当第2四半期連結累計期間において、新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の影響が和らぐなかで世界
      経済は回復傾向にあったものの、ウクライナ情勢等を受けた資源価格をはじめとする物価上昇の長期化に加えて、
      これを抑えるための金融緩和縮小や金融引き締めが加速し、世界経済が後退する懸念が強くなってきました。
       当社グループの総合エンジニアリング事業の海外マーケットにおいては、エネルギーソリューションズ分野(石
      油精製、石油化学・化学、ガス処理、LNG等)では、世界各地での経済活動の再開に伴ってエネルギー需要の回復が
      進み、さらにエネルギー安全保障等の観点から、より環境負荷が少ない天然ガス(液化天然ガス(LNG)を含む)の
      重要性が高まり、産油・産ガス諸国で多くの設備投資案件が実現に向けて進展しました。また、ファシリティイン
      フラストラクチャーソリューションズ分野(発電、受入基地、医薬、医療、水処理、鉄道等)では、世界的な低・
      脱炭素化の動きを背景に、アジア地域を中心に再生可能エネルギー発電や産業インフラ関連の投資計画が動き始め
      ました。サステナブルソリューションズ分野(水素・燃料アンモニア、小型モジュール原子炉(SMR)、スペシャリ
      ティケミカル、ケミカルリサイクル、グリーンケミカル等)においても、同様に世界的な低・脱炭素化の潮流を受
      け、水素・燃料アンモニア分野などにおいて複数の案件が具現化に向けて進展し始めました。
       同事業の国内マーケットにおいては、既存製油所の改修・保全のほか、ライフサイエンスやヘルスケア、ケミカ
      ル分野を中心としたインフラ分野への設備投資が継続的に行われるとともに、水素や持続可能な航空燃料(SAF)な
      どの低・脱炭素関連案件での進展もみられました。
       機能材製造事業においては、触媒・ファインケミカル分野では、COVID-19の影響が和らぐなかで世界各地で経済
      活動が再開し、顧客の製品需要は総じて堅調に推移しました。ファインセラミックス分野では、活況であった半導
      体市場に先行き不透明感が出てきたものの半導体製造装置関連製品などの需要は引き続き好調に推移しました。
       なお、当社グループは引き続き、激変する外部環境を注視し、適宜情報収集及びリスク対応を実施するととも
      に、COVID-19の感染拡大の防止に努め、当社グループ社員をはじめとする関係者の安全に配慮して事業を遂行しま
      した。
       以上のような経営環境のもと、当社グループの当第2四半期連結累計期間の経営成績等は、以下のとおりとなり
      ました。
      経営成績

                    当第2四半期連結累計期間
                                   前年同期増減率(%)
                        (百万円)
           売上高                  267,209               22.6
           営業利益                   18,981               82.8
           経常利益                   30,481              141.8
        親会社株主に帰属する
                              20,738                -
          四半期純利益
      受注高

                    当第2四半期連結累計期間
                                      割合(%)
                        (百万円)
            海外                 426,707               86.7
            国内                  65,710               13.3
            合計                 492,417               100.0
       この結果、当第2四半期連結会計期間末の受注残高は、為替換算による修正及び契約金額の修正・変更等による

                                 3/24


                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
      調整額を加え、       1兆6,040億円       となりました。
      セグメント別状況

      総合エンジニアリング事業
       当社グループは、当連結会計年度においてエネルギーソリューションズ分野(サステナブルソリューションズ分
      野を含む)とファシリティインフラストラクチャーソリューションズ分野を合わせた海外分野で6,700億円、国内分
      野で1,700億円の計8,400億円の受注を目指しています。顧客の設備投資が回復に向かい案件が増加するなかで、確
      実に収益をあげることができる案件を選別し、受注目標の達成に向けて取り組みました。
       当第2四半期連結累計期間において、エネルギーソリューションズ分野では、サウジアラビア国営石油会社向け
      原油・ガス分離設備建設プロジェクトを受注したほか、米国キャメロンLNGプラント拡張工事に関わる基本設計役
      務、さらにタイにおけるVCM(塩化ビニルモノマー)・PVC(ポリ塩化ビニル)生産能力増強プロジェクトやインド
      ネシア法人においてガス処理プラント建設プロジェクトなどを受注しました。加えて日揮グローバル株式会社が、
      マレーシアの国営エネルギー会社と石油資源開発株式会社が推進するマレーシアにおける二酸化炭素の回収・貯留
      (CCS)共同スタディに参画したほか、インドネシアのアンモニア生産拠点における温室効果ガス(GHG)測定実施
      に関する覚書を締結するなど、化石エネルギーの低・脱炭素化にも積極的に取り組みました。
       ファシリティインフラストラクチャーソリューションズ分野では、ベトナム法人においてテルモ株式会社のベト
      ナム工場向けに大型太陽光発電導入プロジェクトを受注したほか、アジア地域の複数の案件で受注可能性が高まる
      など、提案型・構想型での顧客開拓や案件の組成・獲得の成果が出始めました。
       また、本年9月1日付で日揮グローバル株式会社に、海外での低・脱炭素分野の案件に関して、営業活動、そし
      て事業化調査(FS)や基本設計(FEED)からプラントの設計・調達・建設(EPC)役務の受注・遂行まで一貫して取
      り組む新たな専門組織サステナブルソリューションズを新設しました。同分野では水素・燃料アンモニア関連案件
      の事業化調査や概念設計等の引き合いが複数出てきており、これらの受注に向けて鋭意営業活動に取り組んでいま
      す。
       また、中期経営計画「Building               a Sustainable      Planetary     Infrastructure        2025(BSP2025)」で掲げる重点戦略
      のなかの「将来の成長エンジンの確立」に向けた取り組みとして、東洋エンジニアリング株式会社と燃料アンモニ
      ア製造プラント及びアンモニア受入基地のFSやFEEDからEPCプロジェクトの受注・遂行に関するアライアンス契約を
      締結、また米KBR社とアンモニア製造プロセスに関するライセンス契約を締結し、当社グループ、東洋エンジニアリ
      ング株式会社及び米KBR社共同で、北米や中東・北アフリカなどで検討が進む案件獲得に向けて営業活動を推進しま
      した。
       さらに、エネルギー需要の増大によって中長期的に海外プラント市場が拡大していくことが見込まれるなかで、
      グループとして海外のプラント建設プロジェクトの遂行キャパシティを拡大させていくために、インド・チェンナ
      イ市にオペレーションセンターを新設することを決定しました。本年11月を目途にオペレーションを開始し、2023
      年3月までにエンジニア約250名体制を目指すとともに、将来的には1,000名体制へと拡大していく計画です。
       国内分野では、既存製油所や化学プラントの保全工事のほか、医薬品製造工場建設プロジェクトや病院の建設プ
      ロジェクトなどを受注しました。
       また、デジタルツインによる既存設備保全の高度化支援を目的とする新会社「ブラウンリバース株式会社」を
                      ®
      設立し、3Dビューア「INTEGNANCE                 VR」の提供を開始するなど、ビジネスモデルの多角化に向けた取り組みにも
      注力しました。
       このほか、前連結会計年度に設立したコーポレートベンチャーキャピタルファンド「JGC                                            MIRAI   Innovation
      Fund」を通じて、次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」を開発するスタートアップのほか、医療関連のス
      タートアップや、AIを搭載したウエアラブル端末、植物由来のプラスチック代替素材を製造する各種スタートアッ
      プへ出資を行いました。
      機能材製造事業

       触媒分野においては、燃料需要や化学製品需要が徐々に回復したことから、FCC触媒やケミカル・環境保全触媒事
      業を中心に、国内外で触媒の需要が堅調に推移しました。
       また、ファインケミカル分野においては、ハードディスク及び半導体用研磨材向けシリカゾルに加え、電磁鋼板
      及び自動車排ガス浄化触媒装置のサポート材向けシリカゾルの需要が増加しました。
       ファインセラミックス分野においては、半導体製造装置関連分野を中心に顧客の需要が引き続き堅調に推移しま
      した。加えて、電気自動車やハイブリッド車向け高熱伝導窒化ケイ素基板の需要も引き続き旺盛であり、本年6月
                                 4/24


                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
      に半導体製造装置用セラミックス製品も含めた増産などに向けた設備投資を決定したのに続き、本年7月に2024年
      以降のさらなる増産を見据えた追加設備投資を決定しました。また、セラミックス事業の拡大に向けて、昭和電工
      マ テリアルズ株式会社から事業譲受した同社セラミックス事業部門が、本年7月1日付でJFCマテリアルズ株式会社
      として事業を開始しました。同社は、当社グループの機能材製造事業会社である日本ファインセラミックス株式会
      社(以下、「JFC」)の子会社として、JFCグループの生産能力の向上及び業績拡大に貢献していく予定です。
       以上のような取組みのもと、当社グループの当第2四半期連結累計期間のセグメント別の経営成績については、

      以下のとおりとなりました。
              総合エンジニア

                       前年同期               前年同期               前年同期
                             機能材製造事業
                                             その他の事業
               リング事業
                        増減率               増減率               増減率
                                              (百万円)
                               (百万円)
                        (%)               (%)               (%)
                (百万円)
        売上高         241,825         23.6      23,482         9.6      1,901       127.0
        営業利益          17,348        88.7       3,892        3.0       330        -
       第1四半期連結会計期間より、業績管理方法を変更したことに伴い、従来各事業セグメントに配分していた当社

      のグループ管理運営費用は、各事業セグメントに配分しない全社費用としてセグメント別営業利益の算定に含めて
      おりません。また、前年同期比較につきましては、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報について変更後の
      算定方法より作成したものに基づき行っております。詳細は「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表  注
      記事項 (セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
       なお、当第2四半期連結会計期間末の連結財政状態は、総資産が                              7,582億66百万円        となり、前連結会計年度末比で

      639億92百万円増加         となりました。また、純資産は              4,092億52百万円        となり、前連結会計年度末比で              215億89百万円増
      加 となりました。
      (2)キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結会計期間末の連結ベースの現金及び現金同等物は、前連結会計年度末と比較し                                            835億96百万円増
      加 し、  3,716億5百万円        となりました。また、当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそ
      れらの要因は次のとおりです。
       営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前四半期純利益の                                326億67百万円       に加え、未収入金の減少など
      により、結果として         889億19百万円の増加          (前年同四半期連結累計期間は              48億3百万円の減少         )となりました。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得などにより                                 49億76百万円の減少         (前年同四半期連結
      累計期間は     39億63百万円の減少         )となりました。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入金の返済などにより                                105億80百万円の減少          (前年同四半期連結累
      計期間は    9億1百万円の減少         )となりました。
                                 5/24








                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
      (3)経営方針・経営戦略等

       当社グループは、自らのパーパス(存在意義)を“Enhancing                             planetary     health”と再定義し、パーパスを道標
      として長期経営ビジョン「2040年ビジョン」並びに中期経営計画「Building                                         a Sustainable      Planetary
      Infrastructure        2025(BSP2025)」を2021年5月に策定しました。2021年度から2025年度の5年間は、「2040年ビ
      ジョン」の1stフェーズ、挑戦の5年間と位置づけ、BSP2025において「EPC事業のさらなる深化」、「高機能材製
      造事業の拡大」、「将来の成長エンジンの確立」を重点戦略とし、戦略投資に積極的に取り組むことで収益の拡
      大、多様化を進めてまいります。
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
      りません。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

       当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費は                              41億83百万円      です。なお、当第2四半期連結累
      計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 6/24














                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
    (参考)受注高、売上高及び受注残高            
                                                    (単位:百万円)
                                  当第2四半期         当第2四半期         当第2四半期
                        前連結会計年度末
                                  連結累計期間         連結累計期間        連結会計期間末
            区分
                          受注残高
                                   受注高         売上高        受注残高
    総合エンジニアリング事業                       1,207,832          463,460         241,825        1,592,513
     国内
      エネルギートランジション関係
       石油・ガス関係                        4,708        10,825         5,128        10,406
       LNG関係                         37         12         12         -
       化学関係                       32,971         11,391         14,238         30,124
       クリーンエネルギー関係                       123,710          7,746        15,521        115,681
                             15,476          622        7,063         9,030
       その他
              計
                            176,905         30,598         41,964        165,242
      ヘルスケア・ライフサイエンス関係                       72,672         14,920         9,689        77,904
      産業・都市インフラ関係                         62       1,282          322        1,022
      その他                          1        491         79        413
             国内計                249,642         47,292         52,055        244,582
     海外
      エネルギートランジション関係
       石油・ガス関係                       509,212         318,682         56,118        880,381
       LNG関係                       417,813         11,597        114,403         363,868
       化学関係                       11,957         60,513         10,470         66,638
       クリーンエネルギー関係                        8,093         1,450         4,447         5,694
                              748        9,034          966        8,517
       その他
              計
                            947,826         401,279         186,407        1,325,100
      ヘルスケア・ライフサイエンス関係                        7,928        13,393         1,056        20,961
      産業・都市インフラ関係                        2,434         1,385         2,195         1,868
      その他                         -        110         110         -
             海外計                958,190         416,167         189,769        1,347,931
    機能材製造事業                         7,080        24,158         23,482         7,756
    その他の事業                          998        4,798         1,901         3,761
            合計               1,215,911          492,417         267,209        1,604,031
    (注)1.第1四半期連結会計期間より受注高の集計方法を変更し、機能材製造事業の受注高を含めております。
       2.総合エンジニアリング事業の「当第2四半期連結会計期間末受注残高」は、当第2四半期連結累計期間にお
         ける為替換算による修正及び契約金額の修正・変更等による調整額163,045百万円を含んでいます。
       3.その他の事業の「当第2四半期連結会計期間末受注残高」は、当第2四半期連結累計期間における為替換算
         による修正及び契約金額の修正・変更等による調整額△134百万円を含んでいます。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 7/24




                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①  【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)
               普通株式                          600,000,000

                計                        600,000,000

        ②  【発行済株式】

              第2四半期会計期間末                       上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
        種類       現在発行数(株)                       又は登録認可金融              内容
                          (2022年11月10日)
               ( 2022年9月30日       )               商品取引業協会名
                                      東京証券取引所            単元株式数
      普通株式         259,409,926           259,409,926
                                       プライム市場            100株
        計        259,409,926           259,406,926              ―           ―
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                発行済株式
                              資本金増減額       資本金残高
                総数増減数
        年月日                総数残高                     増減額       残高
                              (百万円)       (百万円)
                 (千株)
                        (千株)                    (百万円)       (百万円)
      2022年8月9日            73      259,409        60      23,733        60      25,800
    (注)譲渡制限付株式報酬としての新株式発行による増加
      発行価格   1,649円
      資本組入額  824.5円
       割当先    社外取締役を除く当社取締役 3名
             当社の執行役員       11名
              当社子会社の取締役     15名
              当社子会社の執行役員    24名
              当社子会社の理事      3名
                                 8/24






                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                 2022年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を除
                                             所有株式数
           氏名又は名称                       住所                  く。)の総数に
                                              (千株)
                                                   対する所有株式
                                                    数の割合(%)
    日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号                      50,651         20.04
    (信託口)
    株式会社日本カストディ銀行
                         東京都中央区晴海1丁目8-12                      34,969         13.84
    (信託口)
                         神奈川県横浜市西区みなとみらい
    日揮商事株式会社                                           12,112         4.79
                         2丁目3-1
    公益財団法人日揮・実吉奨学会基本財産口
                         東京都中央区日本橋兜町15-6                      8,433         3.33
    株式会社三井住友銀行                     東京都千代田区丸の内1丁目1-2                      5,500         2.17

                         ONE  LINCOLN     STREET,     BOSTON    MA  USA

    SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT
                         02111                      5,376         2.12
    (常任代理人 香港上海銀行 東京支店)
                         (東京都中央区日本橋3丁目11-1) 
                         BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO   0107
    GOVERNMENT      OF  NORWAY
                         NO                      3,176         1.25
    (常任代理人 シティバンク、エヌ・エ
    イ 東京支店)
                         (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
    株式会社みずほ銀行
                         東京都千代田区大手町1丁目5番5号
                                                2,899         1.14
    (常任代理人 株式会社日本カストディ銀
                         (東京都中央区晴海1丁目8番12号)
    行)
                         25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
    JP  MORGAN    CHASE   BANK   385781          E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                                2,858         1.13
    (常任代理人 株式会社みずほ銀行)                     (東京都港区港南2丁目15-1               品川イン
                         ターシティA棟)
                         240  GREENWICH     STREET,    NEW  YORK,   NEW
    BNYM   AS  AGT/CLTS     NON  TREATY    JASDEC
                         YORK   10286   U.S.A.
                                                2,778         1.09
    (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
              計                     ―            128,752         50.90
     (注) 1.当社は自己株式6,750千株(2.60%)を保有しております。
        2.2022年7月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、損害保険ジャパン
         株式会社及びその共同保有者1社が、2022年6月30日現在で以下の株式を保有している旨が記載されている
         ものの、損害保険ジャパン株式会社を除き、当社としては当第2四半期会計期間末時点における実質所有株
         式数の確認ができないため、上記の大株主の状況に含めておりません。なお、当該報告書の内容は以下のと
         おりです。
                                           保有株券等の数
                                                   株券等保有割合
         氏名又は名称                     住所
                                                      (%)
                                             (千株)
    損害保険ジャパン株式会社                  東京都新宿区西新宿1丁目26番1号                          409        0.16
    SOMPOアセットマネジメント                  東京都中央区日本橋2丁目2番16号共立日
                                               8,851         3.41
    株式会社                  本橋ビル
            計                   ―                9,260         3.57
                                 9/24







                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                 2022年9月30日       現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                       ―            ―            ―

    議決権制限株式(自己株式等)                       ―            ―            ―

    議決権制限株式(その他)                       ―            ―            ―

                      (自己保有株式)

                                                  単元株式数
    完全議決権株式(自己株式等)                                   ―
                      普通株式       6,750,300
                                                   100株
                      普通株式      252,546,200

    完全議決権株式(その他)                                     2,525,462          同上
                      普通株式        113,426

    単元未満株式                                   ―            ―
    発行済株式総数                       259,409,926            ―            ―

    総株主の議決権                       ―              2,525,462           ―

    (注)1.「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式がそれ
         ぞれ1,600株(議決権16個)及び90株含まれております。
       2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が65株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年9月30日       現在
                                                   発行済株式総数
       所有者の氏名                      自己名義所有       他人名義所有        所有株式数       に対する所有株
                   所有者の住所
                                                    式数の割合
        又は名称                     株式数(株)       株式数(株)        の合計(株)
                                                     (%)
      (自己保有株式)
                横浜市西区みなとみらい
     日揮ホールディングス
                             6,750,300         ―      6,750,300         2.60
                2丁目3番1号
        株式会社
         計            ―        6,750,300         ―      6,750,300         2.60
    (注)2022年9月30日現在の自己株式数は、6,750,365株であります。
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において、該当事項はありません。
                                10/24








                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(1949年建設省令第14号)に準じて記載しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年7月1日から2022
      年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                11/24

















                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金預金                               288,159              371,782
        受取手形・営業債権及び契約資産等                               141,222              132,790
        未成工事支出金                                23,804              29,113
        商品及び製品                                6,659              6,453
        仕掛品                                2,970              4,810
        原材料及び貯蔵品                                3,596              4,728
        未収入金                                64,423              35,106
        その他                                6,069              7,345
                                       △ 3,562             △ 4,243
        貸倒引当金
        流動資産合計                               533,343              587,887
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               74,181              76,916
         機械、運搬具及び工具器具備品                               71,133              74,187
         土地                               18,617              18,677
         リース資産                               1,079              1,091
         建設仮勘定                                803             1,721
         その他                               4,795                -
                                      △ 101,075              △ 99,093
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               69,534              73,500
        無形固定資産
         ソフトウエア                               7,228              8,246
                                        2,447               446
         その他
         無形固定資産合計                               9,676              8,692
        投資その他の資産
         投資有価証券                               55,837              60,524
         長期貸付金                               8,640              10,703
         退職給付に係る資産                               1,506              1,531
         繰延税金資産                               13,557              14,661
         その他                               16,002              16,586
                                      △ 13,824             △ 15,820
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               81,720              88,186
        固定資産合計                               160,930              170,379
      資産合計                                 694,274              758,266
                                12/24







                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形・工事未払金等                                63,258              76,037
        短期借入金                                2,167              2,687
        1年内償還予定の社債                                30,000              40,000
        1年内返済予定の長期借入金                                8,660               539
        未払法人税等                                5,244              5,890
        契約負債                               109,756              133,314
        賞与引当金                                6,880              8,073
        役員賞与引当金                                  274              151
        工事損失引当金                                  384              788
        完成工事補償引当金                                1,074              1,039
                                        26,135              33,287
        その他
        流動負債合計                               253,836              301,811
      固定負債
        社債                                20,000              10,000
        長期借入金                                11,496              15,892
        退職給付に係る負債                                15,884              16,048
        役員退職慰労引当金                                  210              213
        繰延税金負債                                1,089              1,243
        再評価に係る繰延税金負債                                1,014              1,014
                                        3,080              2,790
        その他
        固定負債合計                                52,775              47,203
      負債合計                                 306,612              349,014
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                23,672              23,733
        資本剰余金                                25,770              25,831
        利益剰余金                               342,198              359,148
                                       △ 6,740             △ 6,741
        自己株式
        株主資本合計                               384,901              401,971
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                6,311              6,362
        繰延ヘッジ損益                                3,786              3,837
        土地再評価差額金                               △ 10,891             △ 10,891
        為替換算調整勘定                                3,462              7,989
                                        △ 424             △ 485
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                2,244              6,811
      非支配株主持分                                   517              469
      純資産合計                                 387,662              409,252
     負債純資産合計                                  694,274              758,266
                                13/24






                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     売上高                                  217,908              267,209
                                       197,068              235,118
     売上原価
     売上総利益                                   20,839              32,090
                                     ※1  10,453            ※1  13,109
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   10,386              18,981
     営業外収益
      受取利息                                   647             1,895
      受取配当金                                   535             1,454
      為替差益                                    -            7,813
      持分法による投資利益                                   888              819
                                         644              134
      その他
      営業外収益合計                                  2,716              12,116
     営業外費用
      支払利息                                    95              556
      為替差損                                   346               -
                                          53              60
      その他
      営業外費用合計                                   495              616
     経常利益                                   12,607              30,481
     特別利益
      持分変動利益                                    -            1,222
      債権売却益                                    -            2,079
                                          26               3
      その他
      特別利益合計                                    26             3,305
     特別損失
      固定資産売却損                                    -              79
      投資有価証券評価損                                   173              923
                                     ※2  58,015
      イクシス関連損失                                                  -
                                          80              116
      その他
      特別損失合計                                 58,269               1,119
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                      △ 45,635              32,667
     純損失(△)
     法人税等                                   2,813              11,959
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 48,449              20,707
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 6             △ 31
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                      △ 48,443              20,738
     に帰属する四半期純損失(△)
                                14/24







                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 48,449              20,707
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  △ 325             △ 819
      繰延ヘッジ損益                                  △ 132            △ 1,206
      為替換算調整勘定                                 △ 1,071              2,859
      退職給付に係る調整額                                  △ 36             △ 47
                                        △ 276             3,806
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 △ 1,843              4,593
     四半期包括利益                                  △ 50,293              25,301
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 50,286              25,306
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   △ 6             △ 5
                                15/24















                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                 (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                               至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四
                                      △ 45,635              32,667
      半期純損失(△)
      減価償却費                                  3,123              3,615
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 89             1,751
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,183             △ 3,349
      支払利息                                   95              556
      為替差損益(△は益)                                   554            △ 9,519
      持分法による投資損益(△は益)                                  △ 888             △ 819
      売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)                                  6,011              11,164
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 2,364             △ 6,887
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  8,384              11,651
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 32             △ 170
      工事損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,656               336
      投資有価証券評価損益(△は益)                                   173              923
      持分変動損益(△は益)                                    -           △ 1,222
      契約負債の増減額(△は減少)                                   433             22,407
      未収入金の増減額(△は増加)                                 37,178              30,232
      未払金の増減額(△は減少)                                 △ 9,489              3,412
      債権売却益                                    -           △ 2,079
                                         454              657
      その他
      小計                                 △ 5,929              95,328
      利息及び配当金の受取額
                                        2,373              3,130
      利息の支払額                                  △ 95             △ 448
      債権売却による受取額                                    -            2,079
                                       △ 1,151             △ 11,169
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 4,803              88,919
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 2,597             △ 2,655
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 1,026             △ 1,875
      投資有価証券の売却による収入                                   323               -
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 1,367             △ 2,062
      無形固定資産の売却による収入                                    -            1,680
                                         705              △ 62
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 3,963             △ 4,976
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入れによる収入                                  1,518              1,810
      長期借入金の返済による支出                                  △ 163            △ 8,841
      配当金の支払額                                 △ 3,029             △ 3,787
                                         773              238
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 901            △ 10,580
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    514             10,234
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 9,153              83,596
     現金及び現金同等物の期首残高                                  268,281              288,009
                                    ※1   259,127            ※1   371,605
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                16/24




                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
       (会計方針の変更等)
        (時価の算定に関する会計基準の適用指針の適用)
         「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日。以下「時価
        算定会計基準適用指針」という。)を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準適用指針
        第27-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準適用指針が定める新たな会計方針を将来にわ
        たって適用することとしております。なお、当該会計基準適用指針の適用が四半期連結財務諸表に与える影響
        はありません。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第2四半期連結累計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
        計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
       (追加情報)

        (グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱いの適用)
         当社及び一部の国内連結子会社は、第1四半期連結会計期間から、連結納税制度からグループ通算制度へ移
        行しております。これに伴い、法人税及び地方法人税並びに税効果会計の会計処理及び開示については、「グ
        ループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」(実務対応報告第42号 2021年8月12
        日。以下「実務対応報告第42号」という。)に従っております。また、実務対応報告第42号第32項(1)に基づ
        き、実務対応報告第42号の適用に伴う会計方針の変更による影響はないものとみなしております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

         1 偶発債務
         (イ)他社の金融機関からの借入金等に対して次のとおり保証を行っております。
              前連結会計年度                         当第2四半期連結会計期間
             ( 2022年3月31日       )                    ( 2022年9月30日       )
    Power   Cogeneration       Plant   Company         352  百万円    かもめミライ水産株式会社                      495  百万円
                         (2,876   千USD)
    Sunrise    Healthcare      Service            319  百万円    Power   Cogeneration       Plant   Company
                                                      413  百万円
    Co.,   Ltd.
                                                    ( 2,855   千USD)
    ASH  SHARQIYAH     OPERATION     AND          173      Sunrise    Healthcare      Service            300  百万円
                            百万円
    MAINTENANCE      COMPANY    LLC          (1,414   千USD)    Co.,   Ltd.
                                ASH  SHARQIYAH     OPERATION     AND
                                                      204  百万円
                                MAINTENANCE      COMPANY    LLC
                                                    ( 1,414   千USD)
            計              844  百万円            計             1,414   百万円
     なお、上記保証債務には、複数の保証人がいる連帯保証が含まれておりますが、それら連帯保証人の支払能力が十分
    であること及び自己の負担割合が明記されていることから、自己の保証額を記載しております。
     (USD:米ドル)
         (ロ)従業員の住宅資金などの金融機関からの借入債務に対して次のとおり保証を行っております。

              前連結会計年度                         当第2四半期連結会計期間
             ( 2022年3月31日       )                    ( 2022年9月30日       )
                           3 百万円                           1 百万円
                                17/24





                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
       (四半期連結損益計算書関係)
        ※1 販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2021年4月1日               (自    2022年4月1日
                             至    2021年9月30日       )        至    2022年9月30日       )
    給料手当                               2,249   百万円               2,721   百万円
    賞与引当金繰入額                                587                1,141
    役員賞与引当金繰入額                                70                △ 38
    退職給付費用                                149                 185
    役員退職慰労引当金繰入額                                19                 21
    貸倒引当金繰入額                               △ 12                △ 170
    研究開発費                               2,777                 3,368
    その他経費                               4,610                 5,880
        ※2 イクシス関連損失

           前第2四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
            イクシスLNGプロジェクトについて損失を計上したものであります。
           当第2四半期連結累計期間(自                2022年4月1日        至    2022年9月30日       )

            該当事項はありません。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間
                                            当第2四半期連結累計期間
                             (自     2021年4月1日
                                              (自    2022年4月1日
                             至   2021年9月30日       )
                                              至       2022年9月30日       )
    現金預金                           259,127    百万円             371,782    百万円
    預入期間が3か月を超える定期預金                              -               △177
    現金及び現金同等物                           259,127                 371,605
       (株主資本等関係)

        Ⅰ 前   第2四半期     連結累計期間(自          2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
          配当に関する事項
          配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                        基準日       効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2021年6月29日
              普通株式          3,029        12.00   2021年3月31日        2021年6月30日         利益剰余金
    定時株主総会
        Ⅱ 当   第2四半期     連結累計期間(自          2022年4月1日        至    2022年9月30日       )

          配当に関する事項
          配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                        基準日       効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2022年6月29日
              普通株式          3,788        15.00   2022年3月31日        2022年6月30日         利益剰余金
    定時株主総会
                                18/24





                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         Ⅰ 前   第2四半期     連結累計期間(自          2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                     四半期連結
                                     その他      合計     調整額     損益計算書
                   総合エンジ
                                                      計上額
                        機能材製造        計
                   ニアリング
    売上高
     外部顧客への売上高               195,638      21,432     217,070        837    217,908        -   217,908

     セグメント間の内部
                      13      -      13     919      933     △ 933      -
     売上高又は振替高
          計         195,652      21,432     217,084       1,757     218,841       △ 933    217,908
    セグメント利益
                     9,191      3,780     12,971      △ 117    12,854     △ 2,468     10,386
    又は損失(△)
    (注)1.その他には、コンサルティング事業、オフィスサポート事業、造水事業、原油・ガス生産販売事業などを含
         んでおります。
       2.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、各セグメントに配分していない全社費用及びセグメント間取引
         消去であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         Ⅱ 当   第2四半期     連結累計期間(自          2022年4月1日        至    2022年9月30日       )

           1.  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                     四半期連結
                                     その他      合計     調整額     損益計算書
                   総合エンジ
                                                      計上額
                        機能材製造        計
                   ニアリング
    売上高
     外部顧客への売上高               241,825      23,482     265,307       1,901     267,209        -   267,209

     セグメント間の内部
                       9     -      9    1,173      1,182     △ 1,182       -
     売上高又は振替高
          計         241,834      23,482     265,316       3,075     268,392      △ 1,182     267,209
    セグメント利益                17,348      3,892     21,240       330    21,571     △ 2,589     18,981

    (注)1.その他には、コンサルティング事業、オフィスサポート事業、造水事業、原油・ガス生産販売事業などを含
         んでおります。
       2.セグメント利益の調整額は、各セグメントに配分していない全社費用及びセグメント間取引消去でありま
         す。
       3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.  報告セグメントの変更等に関する事項

             第1四半期連結会計期間より、業績管理方法を変更したことに伴い、従来各セグメントに配分して
            いた当社のグループ管理運営費用は、各セグメントに配分しない全社費用として「調整額」に含めて
            おります。
             なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の算定方法により作成した
            ものを記載しております。
                                19/24




                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
       (デリバティブ取引関係)
        前連結会計年度(        2022年3月31日       )                          
                                                    (単位:百万円)
                                 契約額等の
     対象物の種類          取引の種類          契約額等                   時価        評価損益
                                 うち1年超
       通貨       為替予約取引             34,743         11,850          △16         △16
       商品       スワップ取引               787         148          -         -

    (注)ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引は除いております。
        当第2四半期連結会計期間(             2022年9月30日       )

         対象物の種類が通貨及び商品であるデリバティブ取引が、企業集団の運営において重要なものとなってお
        り、かつ、前連結会計年度の末日に比べて著しい変動が認められます。
                                                    (単位:百万円)
                                 契約額等の
     対象物の種類          取引の種類          契約額等                   時価        評価損益
                                 うち1年超
       通貨       為替予約取引             68,026         10,841          △151         △151
       商品       スワップ取引               585          84         -         -

    (注)ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引は除いております。
       (収益認識関係)

        顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        前    第2四半期     連結累計期間(自          2021年4月1日        至    2021年9月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                                          売上高
                                国内          海外           計
       総合エンジニアリング                           56,532          139,105          195,638
        エネルギートランジション関係
         石油・ガス関係                          14,578          36,911          51,489
         LNG関係                            46        91,521          91,567
         化学関係                           5,944          9,182          15,126
         クリーンエネルギー関係                          20,696            64        20,760
                                   4,859           113         4,973
         その他
                計
                                   46,124          137,792          183,917
        ヘルスケア・ライフサイエンス関係                           9,123           377         9,500
        産業・都市インフラ関係                           1,233           914         2,148
        その他                            51          21          72
       機能材製造                           14,650           6,782          21,432
       その他(*1)                             336          456          792
      顧客との契約から生じる収益                            71,519          146,343          217,862
      その他の収益(*2)                              45           0          45
     外部顧客への売上高                             71,564          146,343          217,908
    (*1)その他には、コンサルティング事業、オフィスサポート事業、原油・ガス生産販売事業などを含んでおります。
    (*2)その他の収益は、リース収益であります。
                                20/24



                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
        当    第2四半期     連結累計期間(自          2022年4月1日        至    2022年9月30日       )
                                                   (単位:百万円)
                                          売上高
                                国内          海外           計
       総合エンジニアリング                           52,055          189,769          241,825
        エネルギートランジション関係
         石油・ガス関係                           5,128          56,118          61,247
         LNG関係                            12        114,403          114,415
         化学関係                          14,238          10,470          24,709
         クリーンエネルギー関係                          15,521           4,447          19,968
                                   7,063           966         8,030
         その他
                計
                                   41,964          186,407          228,371
        ヘルスケア・ライフサイエンス関係                           9,689          1,056          10,745
        産業・都市インフラ関係                            322         2,195          2,518
        その他                            79          110          189
       機能材製造                           15,008           8,473          23,482
       その他(*1)                             316          404          720
      顧客との契約から生じる収益                            67,381          198,647          266,028
      その他の収益(*2)                              36         1,144          1,180
     外部顧客への売上高                             67,417          199,791          267,209
    (*1)その他には、コンサルティング事業、オフィスサポート事業、原油・ガス生産販売事業などを含んでおります。
    (*2)その他の収益は、リース収益であります。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                 (自    2021年4月1日           (自    2022年4月1日
                                  至    2021年9月30日       )    至    2022年9月30日       )
     1株当たり四半期純利益又は  
                                       △191円85銭               82円10銭
     1株当たり四半期純損失(△)
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                        △48,443              20,738
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                        △48,443              20,738
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   252,500             252,607
    (注)当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記
       載しておりません。なお、前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たりの四半期純利益については、
       1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。        
    2【その他】

       該当事項はありません。
                                21/24




                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                22/24




















                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
                      独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年11月10日

    日揮ホールディングス株式会社
     取締役会 御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                       横浜事務所
                       指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                               根本 剛光
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                               永田  篤  
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                               井上  喬  
                       業務執行社員
    監査人の結論


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日揮ホールディ
    ングス株式会社の2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2022年7月1日
    から2022年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期連結
    財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
    シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認

    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日揮ホールディングス株式会社及び連結子会社の2022年9月30日
    現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正
    に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
                                23/24




                                                          EDINET提出書類
                                                 日揮ホールディングス株式会社(E01575)
                                                            四半期報告書
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ

    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通

    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー

     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施さ
     れる年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め

     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当
     と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められない
     かどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書に
     おいて四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注
     記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められてい
     る。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企
     業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成

     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財
     務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信
     じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査

     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監
     査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要

    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、

    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上

     ※1.上記は四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

     ※2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                24/24




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。