株式会社ダイショー 四半期報告書 第57期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第57期第2四半期(令和4年7月1日-令和4年9月30日)
提出日
提出者 株式会社ダイショー
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                四半期報告書

    【根拠条文】                金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                関東財務局長

    【提出日】                2022年11月11日

    【四半期会計期間】                第57期第2四半期(自            2022年7月1日         至   2022年9月30日)

    【会社名】                株式会社ダイショー

    【英訳名】                DAISHO    CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】                代表取締役会長  松 本 洋 助

    【本店の所在の場所】                東京都墨田区亀沢一丁目17番3号

    【電話番号】                03(3626)9321(代表)

    【事務連絡者氏名】                取締役管理本部長  矢 野 宏 一

    【最寄りの連絡場所】                (福岡本社)福岡市東区松田一丁目11番17号

    【電話番号】                092(611)9321(代表)

    【事務連絡者氏名】                取締役管理本部長  矢 野 宏 一

    【縦覧に供する場所】                株式会社ダイショー 福岡本社

                      (福岡市東区松田一丁目11番17号)

                     株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/19








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】
                              第56期           第57期

              回次                                      第56期
                           第2四半期累計期間           第2四半期累計期間
                           自   2021年4月1日         自   2022年4月1日         自   2021年4月1日
             会計期間
                           至   2021年9月30日         至   2022年9月30日         至   2022年3月31日
    売上高                 (百万円)            10,811           10,963           22,673
    経常利益                 (百万円)             569           287           870

    四半期(当期)純利益                 (百万円)             379           180           561

    持分法を適用した場合の投資利益                 (百万円)              ―           ―           ―

    資本金                 (百万円)             870           870           870

    発行済株式総数                  (株)         9,868,800           9,868,800           9,868,800

    純資産額                 (百万円)            8,857           9,045           8,949

    総資産額                 (百万円)            15,249           15,517           15,664

    1株当たり四半期(当期)純利益                  (円)           39.34           18.65           58.21

    潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)             ―           ―           ―
    (当期)純利益
    1株当たり配当額                  (円)            9.00           9.00          18.00
    自己資本比率                  (%)            58.1           58.3           57.1

    営業活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)            △ 211          △ 595          1,102

    投資活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)            △ 345          △ 443          △ 354

    財務活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)            △ 282          △ 243          △ 562

    現金及び現金同等物の四半期末(期
                      (百万円)            1,805           1,550           2,831
    末)残高
                              第56期           第57期

              回次
                           第2四半期会計期間           第2四半期会計期間
                           自   2021年7月1日         自   2022年7月1日
             会計期間
                           至   2021年9月30日         至   2022年9月30日
    1株当たり四半期純利益                   (円)           29.22           17.57
     (注)    1   持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社を有しておりませんので記載しておりません。
       2 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
         ん。
    2  【事業の内容】

       当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
                                 2/19




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営
     者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識してい
     る主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はあり
     ません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
     (1) 財政状態及び経営成績の状況

      当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、原油・資材価格などの相次ぐ値上げに加え、急激な円安などの影響
     により、依然として厳しい状況で推移いたしました                        。
      食品業界におきましては、原材料価格の大幅な上昇に加え、物流費やエネルギーコストの上昇も顕著になり、業界
     を取り巻く環境が大きく変化しています。製品価格の改定に踏み切る食品メーカーも多く、消費者の節約志向は一段
     と強まりました       。
      このような状況のもと、当社は、次のステップに向けた施策の立案と実行を念頭に、2025年3月期までの3か年の
     中期経営計画に基づく取り組みをあらたに開始いたしました。当社が発展し、次世代を切り開いていくために「『ダ
     イショーらしさ』を追求し、企業価値の向上へ」をテーマとして、「“強み”に磨きをかけ、市場・顧客を開拓す
     る」「強い体力づくりへの投資で飛躍の基礎を固める」「社会・社員から信頼される企業体制を構築する」という3
     つの戦略の柱を設定し、当社発展のための施策に注力してまいります                                。
      製品群別の概況は、以下のとおりであります                    。
      液体調味料群の小売用製品においては、韓国系メニュー調味料を対象とした店頭イベント「韓国フェア」や焼肉の
     たれ全品を対象としたクローズドキャンペーン「パワーチャージキャンペーン」を実施し『ヤンニョムチキンの素』
     『秘伝    焼肉のたれ』などの精肉向けの製品が好調に推移するなか、春夏シーズンにあらたに投入した「名店監修」シ
     リーズの『名店監修          一風堂赤丸とんこつまぜそばの素』『名店監修                      麺屋武蔵だし醤油まぜそばの素』が売上を牽引
     いたしました。鍋スープでは、「名店監修」シリーズ『名店監修鍋スープ                                  すみれ札幌濃厚みそ味』をはじめ、『いと
     しの鶏鍋スープ        鶏野菜ポタージュ仕立て』や「野菜をいっぱい食べるしゃぶ鍋」シリーズ2品などの新製品が伸長い
     たしました。業務用製品では、『にんにく黒胡椒焼ソース』などの精肉向けのオイルソースが好調に推移いたしまし
     た。この結果、売上高は77億59百万円(前年同期比103.5%)となりました                                  。
      粉体調味料群においては、野菜おつまみメニュー調味料のキャンペーンを展開するなど販売促進に努めましたが、
     『味・塩こしょう』シリーズなどの小売用製品の販売環境は依然厳しい状況が続きました。この結果、売上高は19億
     66百万円(前年同期比92.8%)となりました                    。
      その他調味料群においては、「スープはるさめ」シリーズが堅調に推移するなか、新製品を投入しラインアップを
     一層充実させた「オートミールde」シリーズが売上を牽引いたしました。この結果、売上高は12億37百万円(前年
     同期比103.5%)となりました              。
      以上の結果、当第2四半期累計期間における売上高は、109億63百万円(前年同期比101.4%)となりました。利益
     につきましては、増収を達成したものの、原材料価格や燃料価格の上昇の影響が大きく営業利益は2億81百万円(前
     年同期比49.7%)、経常利益は2億87百万円(前年同期比50.4%)、四半期純利益は1億80百万円(前年同期比
     47.4%)となりました          。
      当第2四半期会計期間末の総資産は、前事業年度末に比べ1億46百万円減少し、155億17百万円となりました。固定
     資産が総資産の52.9%を占め、流動資産は総資産の47.1%を占めております。資産の変動は、主に「受取手形及び売
     掛金」が9億36百万円、「商品及び製品」が3億12百万円増加し、「現金及び預金」が12億80百万円減少したことに
     よるものです      。
                                 3/19




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
      負債は、前事業年度末に比べ2億42百万円減少し、64億72百万円となりました。流動負債が負債合計の70.7%を占
     め、固定負債は負債合計の29.3%を占めております。負債の変動は、主に「買掛金」が3億70百万円増加し、「未払
     金」が5億51百万円減少したことによるものです                       。
      純資産は、前事業年度末に比べ96百万円増加し、90億45百万円となりました。純資産の変動は、主に剰余金の配当
     86百万円の支出と四半期純利益1億80百万円の計上により「利益剰余金」が93百万円増加したことによるものです。
      自己資本比率は58.3%となり、前事業年度末に比べ1.2ポイント上昇しました                                   。
     (2) キャッシュ・フローの状況

      当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、15億50百万円となり、前事業年
     度末に比べ12億80百万円減少いたしました                   。
      営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前四半期純利益2億85百万円、仕入債務の増加額3億70百万円、減価
     償却費3億46百万円等による資金の増加と、売上債権の増加額9億36百万円、棚卸資産の増加額3億67百万円、未払
     金の減少額1億81百万円、法人税等の支払額1億55百万円等による資金の減少により、前年同期比3億83百万円収入
     減の5億95百万円の純支出となりました                  。
      投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出4億38百万円等による資金の減少により、
     前年同期比で97百万円支出増の4億43百万円の純支出となりました                               。
      財務活動によるキャッシュ・フローは、リース債務の返済1億14百万円、配当金の支払86百万円、長期借入金の返
     済42百万円の支出により、前年同期比で38百万円支出減の2億43百万円の純支出となりました                                           。
     (3)  会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

      前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
     析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について、重要な変更はありません。
     (4)  経営方針・経営戦略等

      当第2四半期累計期間において、当社の経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
     (5)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (6)  研究開発活動

      当第2四半期累計期間における当社の研究開発活動の金額は1億35百万円であります。
      なお、当第2四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     (7)  経営成績に重要な影響を与える要因

      「第2    事業の状況      1  事業等のリスク」に記載のとおり、当第2四半期累計期間において、重要な変更はありませ
     ん。
     (8)  資本の財源及び資金の流動性に係る情報

      当社の主な資金需要は、製品製造のための原材料費、労務費、経費、販売費及び一般管理費等の営業費用並びに当
     社の生産設備の更新、改修等に係る投資であります                        。
      これらの資金需要につきましては、営業活動によるキャッシュ・フロー及び自己資金のほか、金融機関からの借入
     等による資金調達にて対応していくこととしております                          。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/19




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

                普通株式                          24,000,000

                  計                         24,000,000

      ② 【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在         上場金融商品取引所

         種類       末現在発行数(株)           発行数(株)         名又は登録認可金融                内容
               ( 2022年9月30日       )  (2022年11月11日)           商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
        普通株式         9,868,800          9,868,800                    1単元の株式数 100株
                                   スタンダード市場
         計        9,868,800          9,868,800             ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
       2022年9月30日            ―     9,868,800         ―       870       ―       379
                                 5/19








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                2022年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                                   (自己株式を除
                                                     く。)の
                                             所有株式数
           氏名又は名称                      住所
                                                    総数に対する
                                              (千株)
                                                    所有株式数の
                                                     割合(%)
     有限会社山田興産                   福岡市東区舞松原五丁目21番3号                       2,442      25.30
     一般財団法人金澤記念育英財団                   福岡市東区松田一丁目11番17号                       1,488      15.41
     松 本 賢 子                   福岡市東区                        853      8.84
     ダイショー従業員持株会                   福岡市東区松田一丁目11番17号                        265      2.75
     松 本 洋 助                   福岡市東区                        206      2.13
     株式会社西日本シティ銀行                   福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号                        180      1.86
     株式会社福岡銀行                   福岡市中央区天神二丁目13番1号                        114      1.18
     松 本 俊 一                   福岡市東区                        96     0.99
     松 本 ひ か る                   福岡市東区                        75     0.77
     松 本 寿 子                   福岡市東区                        64     0.66
              計                    -              5,785      59.94
     (6)  【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                2022年9月30日       現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                      ―            ―            ―
     議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―            ―
     議決権制限株式(その他)                      ―            ―            ―
                        (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  ―            ―
                      普通株式       216,000
                      普通株式      9,644,500
     完全議決権株式(その他)                                 96,445             ―
                      普通株式        8,300
     単元未満株式                                  ―            ―
     発行済株式総数                       9,868,800           ―            ―
     総株主の議決権                      ―           96,445             ―
     (注)「単元未満株式」欄には、当社所有の自己保有株式88株が含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                                2022年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                           総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都墨田区亀沢
     (自己保有株式)
                                 216,000        ―     216,000        2.18
     株式会社ダイショー
                  一丁目17番3号
           計             ―         216,000        ―     216,000        2.18
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 6/19



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2022年7月1日から2022年9月
     30日まで)及び第2四半期累計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期財務諸表について、有限
     責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
    3.四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 7/19
















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
     (1)  【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                2,831              1,550
        受取手形及び売掛金                                2,984              3,920
        商品及び製品                                  984             1,296
        原材料                                  368              423
        その他                                  92              125
                                         △ 9             △ 12
        貸倒引当金
        流動資産合計                                7,252              7,304
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               2,571              2,480
         土地                               2,687              2,687
         リース資産(純額)                                757              754
                                        1,012               937
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               7,029              6,859
        無形固定資産
                                         117              101
        投資その他の資産
         投資その他の資産                               1,265              1,256
                                         △ 0             △ 4
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               1,265              1,251
        固定資産合計                                8,412              8,212
      資産合計                                 15,664              15,517
                                 8/19











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                1,847              2,217
        1年内返済予定の長期借入金                                  42              ―
        未払金                                1,835              1,283
        未払法人税等                                  197              140
        賞与引当金                                  435              475
                                         433              457
        その他
        流動負債合計                                4,791              4,574
      固定負債
        退職給付引当金                                  490              500
        役員退職慰労引当金                                  701               ―
        長期未払金                                  ―              704
                                         731              693
        その他
        固定負債合計                                1,923              1,898
      負債合計                                  6,715              6,472
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                  870              870
        資本剰余金                                  379              379
        利益剰余金                                7,742              7,835
                                        △ 114             △ 114
        自己株式
        株主資本合計                                8,878              8,971
      評価・換算差額等
                                          70              73
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                  70              73
      純資産合計                                  8,949              9,045
     負債純資産合計                                   15,664              15,517
                                 9/19










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期損益計算書】
      【第2四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     売上高                                   10,811              10,963
                                        6,286              6,568
     売上原価
     売上総利益                                   4,524              4,394
                                      ※  3,958            ※  4,113
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                    565              281
     営業外収益
      受取利息及び受取配当金                                    2              2
      不動産賃貸料                                    3              3
                                          4              7
      その他
      営業外収益合計                                    10              13
     営業外費用
                                          6              7
      支払利息
      営業外費用合計                                    6              7
     経常利益                                    569              287
     特別損失
      固定資産除売却損                                    0              1
      特別損失合計                                    0              1
     税引前四半期純利益                                    568              285
     法人税、住民税及び事業税                                    188              105
     法人税等合計                                    188              105
     四半期純利益                                    379              180
                                10/19












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
     (3)  【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                               (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年9月30日)               至 2022年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期純利益                                   568              285
      減価償却費                                   339              346
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    26             △ 701
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    44              40
      売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 803             △ 936
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 245             △ 367
      仕入債務の増減額(△は減少)                                   268              370
      未払金の増減額(△は減少)                                  △ 191             △ 181
      長期未払金の増減額(△は減少)                                    ―              704
                                          47               4
      その他
      小計                                    54             △ 435
      利息及び配当金の受取額
                                          2              2
      利息の支払額                                   △ 6             △ 7
                                        △ 261             △ 155
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 211             △ 595
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 341             △ 438
                                         △ 4             △ 4
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 345             △ 443
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入金の返済による支出                                  △ 83             △ 42
      リース債務の返済による支出                                  △ 112             △ 114
                                         △ 86             △ 86
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 282             △ 243
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      0              1
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 840            △ 1,280
     現金及び現金同等物の期首残高                                   2,645              2,831
                                      ※  1,805            ※  1,550
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                11/19









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                 当第2四半期累計期間
                            (自    2022年4月1日        至    2022年9月30日       )
     1.原価差異の繰延処理               操業度等の季節的な変動に起因して発生した原価差異につきましては、原価計算
                    期末までにほぼ解消が見込まれるため、当該原価差異を流動資産または流動負債と
                    して繰り延べる方法を採用しております。
     2.税金費用の計算               当第2四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適

                    用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じ
                    て計算する方法を採用しております。
      (四半期損益計算書関係)

      ※販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                          前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                          (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                          至    2021年9月30日       )       至    2022年9月30日       )
      販売促進費                          194  百万円               222  百万円
      配送費                         1,004                 1,002

      給料手当                         1,007                 1,014

      賞与引当金繰入額                          341                 340

      賃借料                          373                 376

      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとお
       りであります。
                          前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                          (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                          至    2021年9月30日       )       至    2022年9月30日       )
      現金及び預金                         1,805百万円                 1,550百万円
      現金及び現金同等物                         1,805                 1,550

                                12/19








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第2四半期累計期間(自              2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
     1 配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      2021年6月29日
                普通株式        86       9.00      2021年3月31日         2021年6月30日        利益剰余金
       定時株主総会
     2 基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となる

      もの
                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      2021年11月2日
                普通株式        86       9.00      2021年9月30日         2021年12月1日        利益剰余金
        取締役会
     当第2四半期累計期間(自              2022年4月1日        至    2022年9月30日       )

     1 配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      2022年6月29日
                普通株式        86       9.00      2022年3月31日         2022年6月30日        利益剰余金
       定時株主総会
     2 基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となる

      もの
                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      2022年11月2日
                普通株式        86       9.00      2022年9月30日         2022年12月1日        利益剰余金
        取締役会
                                13/19











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
       当社は、食品事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (収益認識関係)

      顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     前第2四半期累計期間(自              2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
                                          売上高
                                         (百万円)
     液体調味料群              たれ                                 4,376
                    ソース                                 1,393
                    ドレッシング                                  68
                    スープ                                 1,658
                                                    7,497
                            小計
                    粉末調味料                                 2,067
     粉体調味料群
                    青汁                                  50
                                                    2,118
                            小計
                    仕入商品                                  107
     その他調味料
                    その他                                 1,088
                                                    1,195
                            小計
                                                    10,811
     顧客との契約から生じる収益
                                                    10,811
     外部顧客への売上高
     当第2四半期累計期間(自              2022年4月1日        至    2022年9月30日       )

                                          売上高
                                         (百万円)
     液体調味料群              たれ                                 4,389
                    ソース
                                                    1,449
                    ドレッシング
                                                      61
                    スープ                                 1,858
                            小計                        7,759
     粉体調味料群              粉末調味料                                 1,927
                    青汁                                  39
                            小計                        1,966
     その他調味料              仕入商品                                  114
                    その他                                 1,122
                            小計                        1,237
     顧客との契約から生じる収益                                              10,963
     外部顧客への売上高                                              10,963
                                14/19




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自    2021年4月1日            (自    2022年4月1日
                                至    2021年9月30日       )     至    2022年9月30日       )
      1株当たり四半期純利益                                 39円34銭              18円65銭
     (算定上の基礎)
      四半期純利益(百万円)                                   379              180
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    ―              ―

      普通株式に係る四半期純利益(百万円)                                   379              180

      普通株式の期中平均株式数(株)                                9,652,712              9,652,712

     (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                15/19
















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
       第57期(2022年4月1日から2023年3月31日まで)中間配当については、2022年11月2日開催の取締役会におい
      て、2022年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議い
      たしました。
        ① 配当金の総額                  86百万円
        ② 1株当たりの金額                9円00銭
        ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日   2022年12月1日
                                16/19


















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                17/19



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年11月10日

    株式会社ダイショー
     取締役会      御中
                       有限責任監査法人トーマツ

                       福岡事務所
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       池  田     徹
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          照  屋        洋      平
                                   公認会計士
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ダイ
    ショーの2022年4月1日から2023年3月31日までの第57期事業年度の第2四半期会計期間(2022年7月1日から2022年9月30
    日まで)及び第2四半期累計期間(2022年4月1日から2022年9月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸
    借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った                                                 。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ダイショーの2022年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終
    了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全て
    の重要な点において認められなかった                 。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」
    に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監
    査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断し
    ている   。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる                                         。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切であ
    るかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関
    する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある                                 。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る 。
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期財務諸表に対する結論を表明することにある                     。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する                                      。
                                18/19



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                            四半期報告書
     ・   主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠し
      て実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である                               。
     ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が
      認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥
      当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められない
      かどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      において四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事
      項が適切でない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監
      査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は
      継続企業として存続できなくなる可能性がある                     。
     ・   四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準
      に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表
      の表示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる
      事項が認められないかどうかを評価する                  。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う              。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う                        。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない                                               。
                                                      以 上
    (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                19/19










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。